サッカースペイン1部リーグ・エイバルに期限付き移籍した元日本代表FW武藤嘉紀(28)は、早ければ来週末の次節アスレティック・ビルバオ戦でスペインリーグデビューする可能性が高くなった。同リーグのコロナウイルス規約により、今週は個別練習をせざるを得ない状況だという。スペインのスポーツ紙・アスが17日までに報じた。 同紙によると、武藤はすでに1回目のPCR検査を受け問題無かったが、来週に2度目の検査を受けなければならない決まりになっている。それまでは個人練習で、2度目の陰性が確認されてからチーム練習に参加する流れ。今週のビリャレアル戦には出場できず、来週末から実戦での起用が可能になる。