Jリーグは17日、J3秋田が2014年開幕戦から19年開幕戦までの主催試合計85試合で、リーグの規約に反して虚偽の入場者数を報告していたとして、罰金400万円の処分とすると発表した。