今秋から1軍に配置転換された阪神・北川博敏打撃コーチ(48)が21日、甲子園での秋季練習後、オンライン取材に応じ、井上広大外野手(19)を来春1軍キャンプに抜てきする可能性を示唆した。コロナ禍の今季は振り込み不足で、今秋のみやざきフェニックス・リーグから過酷な練習を続けている。高卒2年目でのブレークへ、2月の沖縄で井上の姿が見られるかもしれない。 かわいい愛弟子へ、アンパンマンが愛のムチだ。この1年間、北川打撃コーチは2軍担当として井上と接し、パワー、センス、ポテンシャルの高さにほれぼれ。ただ「スイング力、対応力は1軍レベルに達していない」と指摘。宮崎を離れる前には、ラストメッセージを残してきた。