ダンロップフェニックス最終日(22日、宮崎・フェニックスCC=7042ヤード、パー71)首位から出た石坂友宏(21)=日本ウエルネススポーツ大3年=は3バーディー、2ボギーの70で回り、通算13アンダーで並んだ金谷拓実(22)=東北福祉大4年=とプレーオフに突入。4ホール目で金谷がバーディー、石坂がパーとなり初優勝は逃したが、自己最高の2位と健闘した。