群馬県内で合宿を行うソフトボールの日本代表が22日、オンライン取材に応じた。今年日本リーグの1部で新人賞を獲得したばかりの左腕・後藤希友(みう・19)=トヨタ自動車=は、次世代エースとして「(今後)チームの中心人物になる」と覚悟をにじませた。 ソフトボールが五輪競技となったのは、日本が金メダルを獲得した08年の北京大会以来。当時活躍した上野由岐子(ビックカメラ高崎)は今も最前線で活躍している。次世代の成長に期待が掛かる中、後藤は「今後五輪があるか分からないけど、ピッチャーとして引っ張っていければ」と目標を語った。