アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場するJ1の横浜Mは22日、開催地のドーハ到着時に実施した新型コロナウイルスのPCR検査でスタッフ1人が陰性の結果を得られなかったと発表した。その他の選手、関係者ら遠征メンバー計56人は陰性だった。