日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は22日、電話取材に応じ、新型コロナウイルスの影響を受けた1年を総括し「コロナ禍の中で力士は頑張ってきた。場所中に感染者が出なかったことは非常に大事」と安堵した。