SMBC日本シリーズ第2戦(巨人2-13ソフトバンク、ソフトバンク2勝、22日、京セラ)ソフトバンクの栗原がシリーズ記録に並ぶ1試合4安打を放った。打点こそつかなかったがいずれも好機をつくり、その後の得点につなげた。第1戦で4打点を挙げて上がったお立ち台では「(次は)どうなるか分からない」と謙虚だった。しかし、再び打線を引っ張って勝利を呼び込み「毎打席集中して打席に入れた」と胸を張った。