第91回都市対抗野球が22日に開幕し、1回戦2試合が行われた。2年ぶりに出場したセガサミー(東京都)は昨年準優勝のトヨタ自動車(豊田市)を2―0で撃破。8番の北阪真規内野手(25)が2回に広島からドラフト1位で指名された栗林良吏投手(24)から大会1号で決勝となる先制2ランを放った。元広島で今季就任した西田真二監督(60)は初陣を白星で飾った。