阪神OBの桧山進次郎氏(51)が22日、兵庫県西宮市内の甲子園歴史館で一日館長を務め、ドラフト1位指名の佐藤輝明内野手(21)=近大=に金言を授けた。強く説いたのはポジションの固定。内外野どちらかに専念して臨む重要性を語った。自身は虎一筋22年の現役生活。人気球団で戦う難しさ、楽しさを明かしながらエールを送った。 黄金ルーキーの加入に、OBとしても期待が膨らむ。同じ大卒の左打者。桧山氏は「佐藤」の名を聞くと、語る口調も次第に熱を帯びてきた。「自分よりもパワーはあるし、足も速いし、肩も強い」。素質の高さを感じるからこそ、懸念材料に持論を持ち出した。