西武が独自戦略の手応えをつかんでいる。  10月26日のドラフト会議で1位・渡部健人内野手(21=桐蔭横浜大)、3位・山村崇嘉内野手(18=東海大相模)をはじめ支配下で5人、育成で2人の計7人の野手...