「男子ゴルフ・ダンロップ・フェニックス・最終日」(22日、フェニックスCC=パー71) 金谷拓実(22)=東北福祉大4年=が、石坂友宏(21)=日本ウェルネススポーツ大3年=とのプレーオフ(PO)を4ホール目で制し、10月のプロ転向後3戦目で初優勝を飾った。アマ時代の19年11月に勝った三井住友VISA太平洋マスターズ以来の通算2勝目。現役大学生同士のPOを制した金谷は22歳183日で、大学の先輩である松山英樹が2014年に達成した日本選手の大会最年少優勝記録(22歳271日)を塗り替えた。