「バレー」の記事一覧

スポーツ報知

バレーボール男子V2ヴォレアス北海道に加入した08年北京五輪代表のアウトサイドヒッター越川優(36)が13日、旭川市内で「YuMe~夢~バレーフェスタ2020」を開催した。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー元日本代表でプロラグビー選手の五郎丸歩(34=ヤマハ発動機)と、バレーボール男子日本代表の西田有志(20=ジェイテクト)が、スポーツ教育についてのトー…

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表でイタリア1部ミラノに加入した石川祐希(24)が10日、チーム合流のため成田空港から出発した。前日9日にオンラインで取材に応じ「緊張感のあるシーズンを乗り切ることが代表にもつながる」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子日本代表のエースで、イタリア・セリエAのミラノに移籍した石川祐希(24)が10日、チーム合流のためイタリアに出発した。9日に応じたオンライン取材で「トップに上り詰めるための1年」と覚悟をにじませた。 世界最高峰の同リーグでは14年からプレーし、昨季7位のパドバから、5位のミラノに移籍した。石川は「今シーズンが非常に重要。今シーズンの結果で今後のキャリアも変わると思う。緊張感を持ちながら覚悟を持って臨みたい」と新天地での活躍を見据えた。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール女子Vリーグ1部埼玉上尾メディックスは10日、来年度の新入団選手のトライアウトを埼玉県桶川市の桶川サンアリーナで行った。新型コロナウイルスの影響で…

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子日本代表のエース、石川祐希が10日、イタリア1部リーグのシーズンに備えるため成田空港から出発した。前日の9日にオンライン取材に応じ「今季の結果によって今後のキャリアが大きく変わってくると思っている。緊張感と覚悟を持って臨みたい」と抱負を述べた。 2季連続5位のミラノで新シーズンはプレーする。4強と言われるチビタノーバ、モデナなどでプレーすることを目指すだけに「僕がこれからトップに上り詰めるための1年になる」と気合も十分。プロ3季目を迎え「リーダーシップをとり、チームの中心になれるようにトライしたい」と話した。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子日本代表の石川祐希(24)が10日、イタリア・セリエAのミラノに合流するため、航空機で出発。オンラインで取材に応じた石川は「今季はトップに上り詰めるための1年。今季によっては今後のキ

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子の日本代表エースで、イタリア・セリエAのミラノに移籍した石川祐希(24)=ミラノ=が10日、イタリアに出国した。9日に応じたオンライン取材では「これからトップに上り詰めるための1年」と覚悟をにじませた。 世界最高峰の同リーグでは14年からプレーし、昨季7位のパドバから、5位のミラノに移籍した。石川は「今シーズンが非常に重要。今シーズンの結果で今後のキャリアも変わると思う。緊張感を持ちながら覚悟を持って臨みたい」と新天地での活動に意気込んだ。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール男子日本代表のエース石川祐希(24=ミラノ)が10日、イタリアプロ1部リーグ(セリエA)に参戦するため成田空港を出発した。出発前日にオンライン会見…

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表で今季からイタリア1部ミラノに加入した石川祐希(24)がチーム合流前に取材に応じ「トップに上り詰めるための1年になる。緊張感のあるシーズンを乗り切ることが代表にもつながる」と意気込みを語った。

後で読む
日刊スポーツ

「春高バレー」の愛称で知られ、来年1月に予定されているバレーボールの全日本高校選手権が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて無観客で行われる方針であること…

後で読む
スポーツ報知

都内の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で合宿中のバレーボール女子日本代表・長岡望悠(みゆ、29)=久光=と黒後愛(22)=東レ=が8日、オンラインで取材に応じた。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール女子で7月の追加招集で2年ぶりに日本代表に復帰した長岡望悠(29)=久光=が8日、オンラインで取材に応じた。エースとして16年リオ五輪に出場したが、17年に左膝前十字じん帯断裂。18年に同箇所を再受傷した。「まだ痛みも怖さもある。5割にやっと来た段階」と言うが「膝とつきあいながらパフォーマンスを上げることに集中する」と冷静に語った。 東京五輪延期が決まった3月はまだリハビリ中で「応援者」として受け止めた。今も、来夏をはっきりと見据えているわけではないが「もう少しバレーボールがやりたいという素直な気持ちが自分の中にあると気づけた」と長岡。まっすぐな気持ちを誇りに、完全復活を目指す。

後で読む
デイリースポーツ

「春高バレー」の愛称で知られ、来年1月に予定されているバレーボールの全日本高校選手権が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて無観客で行われる方針であることが8日、関係者への取材で分かった。 来年1月5~10日に東京体育館で実施予定だが、人の密集を少しでも避けるため、大会日程を長くすることや、これまで全チームが集まっていた開会式の簡素化も検討されている。

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール女子日本代表の黒後愛(22=東レ)が8日、代表合宿の練習後にオンラインで取材に応じた。豪快なアタックを武器に代表の主力に上り詰めた黒後。プレーの参考にしている選手として、下北沢成徳高からの後輩である石川真佑(20=東レ)を挙げ、ライバル心を燃やした。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール女子日本代表の黒後愛(22)=東レ=が8日、オンラインで報道陣の取材に応じた。東京五輪の1年延期が決まった当時の心境について「(中止で)なくなってしまうのかなという思いもあったので、(延

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール女子日本代表の長岡望悠(29)=久光=が8日、オンラインで報道陣の取材に応じた。2度の左膝故障を経て、約2年ぶりに代表復帰を果たしたばかり。「膝とつきあいながら、しっかりパフォーマンスを上げることに集中することが大事」と冷静に語った。 長岡は日本代表のエースとして2016年リオ五輪に出場するなど活躍したが、17年に左膝前十字靱帯(じんたい)を断裂。復帰を果たすも、18年に再び同箇所を負傷した。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール女子日本代表の長岡望悠(29=久光スプリングス)が8日、リモート取材に応じ、左膝のけがから2年ぶりに代表復帰した思いを語った。現状のコンディション…

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール女子日本代表の黒後愛(22=東レ)が8日、リモート取材に応じ、所属先の東レで主将に抜てきされた喜びを明かした。代表で主将の荒木の振る舞いなどを参考…

後で読む
スポーツ報知

バレーボール女子日本代表の長岡望悠(29)=久光=が8日、オンラインで報道陣の取材に応じた。2日に行われた紅白戦では、

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボール女子で、2度にわたる左ひざ靱帯(じんたい)断裂から日本代表の合宿に復帰した長岡望悠(29)=久光製薬=が8日、東京都内で合宿練習後にオンラインで報道陣の取材に応じ、完全復帰へ「毎日、一つでもテーマをクリアして成長できるように、一日一日を大事に過ごすことが大事」と話した。

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール女子日本代表の長岡望悠(29=久光)が8日、代表合宿の練習後にオンラインで取材に応じた。2度の左膝前十字じん帯損傷を経験し、治療やリハビリをを続けて2年ぶりに代表復帰。「今でも膝の痛みや怖さはまだある。毎日1つでも自分が成長できるようにしたい」と再起を誓った。

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボール女子日本代表の主力、黒後愛(22)=東レ=が8日、東京都内での代表合宿練習後にオンラインで報道陣の取材に応じ、プレーの参考にしている選手として後輩の石川真佑(20)=同=を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20)=東レ=が7日、オンラインで取材に応じ、東京五輪1年延期については「成長できる時間が増えた」と前向きな姿勢を示した。現在、女子代表は都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで合宿を行っている。 男子代表エースの石川祐希(ミラノ)を兄に持ち、自身も19年9月から代表に選出。W杯では全試合に出場した。19年の男子W杯を見て「サーブで点数を取っていたので大事だな」と、現在はサーブ練習に力を入れる。

後で読む
東京スポーツ

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20=東レ)が東京五輪への思いを口にした。かねて目標にしてきた東京五輪は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で来夏に延期となったが、若きエースに悲観する様子は見られ…

後で読む
東京スポーツ

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20=東レ)が宣戦布告だ。  男子日本代表のエースで、イタリアでプレーをする兄・石川祐希(24=ミラノ)の妹として注目を集めていたが、近年は自らのプレーで道を切り…

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20)=東レ=が7日、オンラインで取材に応じた。現在、女子代表は都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで合宿を行っている。 男子日本代表のエース・石川祐希(ミラノ)を兄に持ち、19年7月のジュニア世界選手権、8月のアジア選手権でMVPを獲得した石川。9月からはA代表としてW杯全試合に出場した。試合が続き、後半は体力的に疲れが見えたが、現在は「プレーも体のコンディションも整っている」と調整は順調だ。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20=東レ)が7日、リモート囲み取材に応じ、来夏の東京オリンピック(五輪)に向けサーブレシーブに磨きをかけると目標を語った…

後で読む
スポーツ報知

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20)=東レ=が7日、オンラインで報道陣の取材に応じた。173センチと攻撃的な選手として小柄な石川だが、2日の紅白戦では強力なサーブとアタックで、1年延期となった

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20=東レ)は7日、代表合宿の練習終了後にオンラインで取材に応じた。来夏に延期になった東京五輪について「成長できる期間が増えた。自分がどれだけできるか、強化ポイントを意識して取り組んでいきたい」と意気込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボールのVリーグ女子1部、JTマーヴェラスは7日までに、元日本代表のOGでウイングスパイカーとして活躍した谷口雅美氏(43)がゼネラルマネジャー(GM)に就任したことを発表した。1日付。

後で読む
スポーツニッポン

【記者フリートーク】カズは過去に対戦した中で「凄い」と感じた選手の一人にバレージを挙げる。あまりに有名なセリエAデビュー戦での“顔面激突”には「バレージの頭は硬かったね」と苦笑した。プロ生活35年目になるが、カズが体にメスを入れたのは後にも先にもこの時の顔面だけ。膝や足首に大きなケガはなく“長寿の秘訣(ひけつ)”と言える。

後で読む
スポーツニッポン

現役時代ACミランで黄金期を築いた元イタリア代表DFフランコ・バレージ氏(60)が、本紙を通じ、ルヴァン杯の最年長出場記録を更新した横浜FCのFW三浦知良(53)にお祝いのレターを寄せた。両者はカズのセリエAデビュー戦で対戦して以来、親交を深めており、かつて世界最高のリベロと称されたバレージ氏もカズの記録達成を喜んだ。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子日本代表の石川祐希(24)=ミラノ=は4日、オンラインで会見を行い、自身の発案で「これからもバレーボールを全力で楽しむために、僕たちが今、できること。」と題した全国のバレーボール選手に向けた新型コロナ感染予防の啓発活動を実施することを発表した。 現在、スポーツ界では多くの競技団体がガイドラインを作成している。これを踏まえた上で、石川は「選手が一番感染予防を徹底しないといけない」と強調した。

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表主将の柳田将洋(28=サントリー)が4日、自身のインスタグラムを更新。2日に行われた日本代表のリモート紅白戦について思いをつづった。

後で読む
デイリースポーツ

女子バレー・VプレミアリーグのJTマーヴェラスは4日、1日付けで元日本代表の谷口雅美氏がゼネラルマネジャー(GM)に就任したことを発表した。 谷口氏は小田急、日立を経て2001年から13年までJTで活躍。1999年と09年に日本代表、03年には第5回V1リーグ最優秀選手賞にも選ばれている。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子日本代表のエース、石川祐希選手(ミラノ)が4日、小中高生向けに新型コロナウイルスの感染予防を啓発する活動を始めた。8ページのガイドブックを作成し、競技をする上で注意すべき点を紹介。オンライン記者会見で「感染が怖いからと競技人口が減っていく可能性がある。バレーボールがなくなってほしくないという思いで発信した」と話した。 「体調に異変を感じたら勇気を持って練習を休む」という基本的なことから「プレー中は手で汗や靴裏を拭かない」など、無意識な行為への注意も呼びかけた。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子日本代表の石川祐希(24)=ミラノ=が4日、オンラインで会見を開き「これからも全力でバレーボールを楽しむために、僕たちが今、できること。」と題した全国のバレーボール選手たちに向けた新

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子日本代表の石川祐希(24)=ミラノ=は4日、オンラインで会見を行い、自身の発案で全国のバレーボール選手に新型コロナ感染予防啓発活動を行っていくことを発表した。石川は「今僕たちができることは感染予防の徹底。それをしながらバレーボールを楽しんでほしい」と呼びかけた。 同日には特設サイトがオープンされ、ガイドブック、ワークシートが無料でダウンロード可能となっている。ガイドブックには石川が実践している予防策が記載されている。石川は「無意識にやってしまう」という靴裏を手で拭く行為についても言及し、「僕の場合はルーティンだった。新しく作るのが一つの改善方法」と対策を明かした。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール男子日本代表の石川祐希(24=ミラノ)が4日、新型コロナウイルスの予防を呼び掛ける活動で、ガイドブックとワークシートを作成したと発表した。自身が実…

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボール男子日本代表のエース、石川祐希(24)=ミラノ=が4日、オンラインで記者会見し、新型コロナウイルス感染予防を全国のバレー選手に呼びかける企画を発表した。

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表の石川祐希(24=ミラノ)が4日、オンラインで記者会見し、選手に向けた新型コロナウイルス感染予防のガイドブックを作成したと発表した。感染が急拡大したイタリアでの経験を踏まえて自ら企画。「選手が感染予防を発信することも僕にできることの一つだと思った」と話した。

後で読む
日刊スポーツ

日本バレーボール協会は3日、理事会を開き、20年度補正予算案を承認した。コロナの影響で大会の入場料収入が見込めないことや協賛金の減額で、赤字が約5億2600万…

後で読む
スポーツニッポン

男子Vリーグ2部のヴォレアス北海道は3日、08年北京五輪男子バレーボール代表の越川優(36)の入団会見を行った。

後で読む
デイリースポーツ

デサント社の会見に出席したバレーボール男子の石川祐希(ミラノ)は「世界一の選手になる」と夢を掲げた。理想とするのは、世界のトップリーグで勝ち続ける選手。 2014年から世界最高峰リーグのイタリア・セリエAでプレーするが、新シーズンからはミラノに所属する。年々同リーグ上位チームへ移籍し、ステップアップしている。現在は「5割、6割ほど」まで夢を実現できているとし、「絶対かなえてやる」と力を込めた。

後で読む
デイリースポーツ

男子バレーボール日本代表の石川祐希(24)=ミラノ=が3日、スポーツメーカー・デサントが行う、夢を応援するキャンペーン「#DREAM with Team DESCENTE」のオンライン発表会見に参加した。同じく会見に出席した競泳男子の瀬戸大也(26)=ANA=とトークセッションを行い、夢について語り合った。 日本男子バレーのエースが掲げる夢は「世界一の選手になる」こと。理想とするのは、世界のトップリーグで勝ち続ける選手だ。14年から世界最高峰リーグのイタリア・セリエAでプレーしており、来季からは同リーグのミラノで活動することが決まっている。年々上位のチームへ移籍し、ステップアップを図る石川。現在は「5割、6割ほど」まで実現できているという。石川は「絶対かなえてやる」と力を込めた。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子V2のヴォレアス北海道は3日、旭川市内で元全日本男子主将で08年北京五輪代表のアウトサイドヒッター越川優(36)=189センチ、91キロ=の入団会見を行った。現在、プロのビーチバレー

後で読む
東京スポーツ

東京五輪の競泳男子個人メドレー2種目で代表に内定している瀬戸大也(26=ANA)、バレーボール男子全日本のエース・石川祐希(24)が3日、スポーツウエアメーカー大手の株式会社デサント(本社・大阪市天…

後で読む
デイリースポーツ

日本バレーボール協会は3日、オンラインで理事会を開き、約1億5千万円の黒字となった2019年度の決算を承認した。ワールドカップの入場料収入などが好調だった。19日の評議員会で最終承認を得る。20年度の補正予算では、新型コロナウイルスの影響で大会を開催できないことなどから、経常収益を当初予算から約15億円減の約7億7千万円とした。 女子強化委員長に鳥羽賢二氏が就任することも決まった。昨年12月から前任の寺廻太氏の代行を、鳥羽氏が務めていた。

後で読む
日刊スポーツ

競泳男子の瀬戸大也(26=ANA)が、オリンピック(五輪)延期後初めて公の場に登場した。3日、バレーボール男子石川祐希とデサント社のオンラインイベントに参加。…

後で読む
日刊スポーツ

競泳男子の瀬戸大也(26=ANA)が、五輪延期後初めて公の場に登場した。3日、バレーボール男子石川祐希と「夢」をテーマにしたデサント社のオンラインイベントに参…

後で読む
スポーツ報知

競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)=ANA=が3日、来年に延期になった五輪に、複雑な心境を吐露した。この日はデサント社の新キャンペーン発表のオンライン会見に、バレーボール全日本男子の石川祐希(24

後で読む
サンケイスポーツ

日本バレーボール協会は3日、オンラインで理事会を開き、約1億5000万円の黒字となった2019年度の決算を承認した。ワールドカップの入場料収入などが好調だった。19日の評議員会で最終承認を得る。20年度の補正予算では、新型コロナウイルスの影響で大会を開催できないことなどから、経常収益を当初予算から約15億円減の約7億7000万円とした。

後で読む
デイリースポーツ

競泳男子の瀬戸大也(ANA)が3日、1年延期となった東京五輪に対し「気持ち的にもまだ身が入らない。難しい、苦しい日々が続いている」と複雑な胸中を語った。スポーツメーカー「デサント」による、夢を応援するキャンペーン「#DREAM with Team DESCENTE」の発表会見にバレーボール男子の石川祐希(ミラノ)とともに出席。オンラインで報道陣の取材に応じた。 現状について、瀬戸は「練習は再開しているけど、気持ち的にもまだ身が入らない日が続いている。やっぱり五輪に向けてやらなきゃいけないなって気持ちもありつつ、難しい、苦しい日々が続いている」と説明。「来年(五輪)があると思って準備はしなきゃというところで、完全にスイッチは入れられないけれど、やらなきゃという思いで(練習を再び)スタートした」と振り返った。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール男子Vリーグ2部のヴォレアス北海道に入団した08年北京オリンピック(五輪)日本代表の越川優(36)が3日、旭川市内で入団会見を行った。「まずはVリ…

後で読む
スポーツ報知

日本バレーボール協会は3日、味の素トレセン(NTC)で合宿中の男女日本代表の合宿日程を短縮すると発表した。新型コロナウイルス感染再拡大の影響を踏まえ、選手を早く所属チームに戻すため。男子は8月19日

後で読む
スポーツ報知

2012年ロンドン五輪バレーボール女子銅メダリストの狩野舞子さん(32)が3日、自身のインスタグラムを更新。ともにロンドン五輪に出場した大友愛さん(38)との2ショットを公開した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本バレーボール協会は3日、寺廻太・女子強化委員長(62)が同日付で退任し、鳥羽賢二パイパフォーマンス事業本部長(61)が兼務すると発表した。同日の理事会で承認された。

後で読む
スポーツ報知

東京五輪のスポーツ報知評論家陣に、元バレーボール女子日本代表で04年アテネ、08年北京五輪に出場したスポーツコメンテーターの栗原恵さん(36)が新たに加わった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、五

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボール日本代表の紅白戦は2日、東京・アリーナ立川立飛で、女子に続いて男子も無観客で行われ、有料のネット配信では約1万3500人が観戦した。

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表は2日、無観客で紅白戦を行った。有料のネットライブ配信でファンに公開し、約1万3600人が観戦。選手18人が赤と黒に分かれて対戦した。複数のけが人がおり、チーム間でメンバーが入れ替わる変則ルールで進行。ゲームは赤チームが黒チームに2―1(23―25、25―21、25―18)で勝利した。中垣内祐一監督(52)は試合を振り返り、「いつもとは違う緊張感で練習ゲームができた。限…

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール女子日本代表が2日、無観客で紅白戦を行った。終了後にはトークイベントも実施した。イベントの様子はインターネットでライブ配信(有料)され、収益の一部は医療従事者に寄付される。 2020年度の国際大会がすべて中止となり、ファンへのお披露目の場として実施された今回の紅白戦。現在、都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われている代表合宿に参加している19人が2チームに振り分けられ、白熱した試合を繰り広げた。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子日本代表は2日、無観客で紅白戦を行った。試合終了後にはトークイベントも実施。イベントの様子はインターネットでライブ配信(有料)され、収益の一部は医療従事者に寄付される。 現在、都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われている代表合宿の参加メンバー18人が試合に参加。数人がケガで出場できなかったが、ファンに元気な姿を見せた。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール女子日本代表が2日、紅白戦を無観客で行った。新型コロナウイルスの影響で本年度の国際大会が中止となる中、ファンへ活躍する姿を見せようインターネットで…

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール女子日本代表は2日、東京都立川市・アリーナ立川立飛で無観客の紅白戦を行った。有料のネットライブ配信でファンに公開し、約4400人が観戦した。選手19人を赤と青に分けて対戦。ゲームは赤チームが青チームに2―1(25―21、25―21、12―25)で勝利した。

後で読む
スポーツ報知

バレーボールの女子日本代表が2日、無観客で代表の紅白戦を開催。選手19人を赤と青の2チームに分けて試合を行い、赤が先に2セットを連取して勝利を収めた。赤チームは3日に36歳の誕生日を迎える荒木絵里香

後で読む
サンケイスポーツ

ACミランのレジェンドである元イタリア代表DFフランコ・バレージ氏が、現在のフットボール界における「世界最高のセンターバック」について口にした。

後で読む
日刊スポーツ

世界で戦うこと以上に、大事なことがあった。情報収集。浅田真央らを指導した佐藤信夫(75)は18歳の時、60年スコーバレー五輪に出場する。初の国際大会。佐藤は世…

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール女子日本代表の中田久美監督(54)が31日、オンラインで取材に応じた。代表チームは7月5日から都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで合宿を再開。8月2日には無観客で紅白戦を行い、試合の様子はインターネットでライブ配信(有料)される。 3月中旬にチームは一時解散し、そのまま自粛期間に入った。再招集時の選手の状態について「心配していたが、思った以上に調整してきた選手が多い」と中田監督。現在は「ファン、関係者に元気な姿を見せられるように」と紅白戦へ向けて練習に励んでいる。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール女子日本代表の中田久美監督が31日、オンラインで取材に応じ、新型コロナウイルスの影響による東京五輪1年延期について「時間をチャンスにしてしっかり準備するだけ」と語った。延期決定後、公の場で話すのは初めて。女子代表は7月上旬に味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)で合宿を再開した。 6月に引退表明した2012年ロンドン五輪銅メダリスト、新鍋理沙さんには「相当悩んだ決断と思う」と思いやった。経験豊富な選手が抜けて痛手だが「足を止めるわけにはいかない。オールラウンダーな選手をどう育成し強化するかが、世界と戦っていく上での課題」と話した。

後で読む
東京スポーツ

バレーボール女子日本代表の中田久美監督(54)が31日、オンライン取材に応じ、チームの現状を明かした。  代表チームは、新型コロナウイルス禍で思うように活動を行えない日々が続いていた。それでも、7月…

後で読む
東京スポーツ

バレーボール女子日本代表の中田久美監督(54)が6月に引退を表明した新鍋理沙(30)について言及した。  新鍋はアタッカーとしては小柄ながらも、正確なサーブレシーブなどを武器に、日本代表として活躍。…

後で読む
東京スポーツ

指揮官が掲げる理想のバレーボールとは――。  新型コロナウイルス禍で活動を休止していた女子日本代表が7月5日から段階的に練習を再開。2012年ロンドン五輪以来のメダル獲得へ向け、再スタートを切った。…

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール男子Vリーグ2部のヴォレアス北海道は31日、2008年北京オリンピック(五輪)バレーボール代表で、現在は東京五輪ビーチバレーボール代表を目指す越川…

後で読む
スポーツ報知

男子バレーボールV2リーグのヴォレアス北海道は31日、08年北京五輪に出場した越川優(36)の入団を発表した。8月3日に入団会見を行う。

後で読む
スポーツ報知

都内で合宿中のバレーボール全日本女子の中田久美監督(54)が31日、オンラインで会見した。守りの要だったロンドン五輪銅メダルの新鍋理沙(30)が6月に突然、現役引退を表明したが、中田監督は6月中旬か

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子V2のヴォレアス北海道は31日、元全日本男子主将で08年北京五輪代表のアウトサイドヒッター越川優(36)=189センチ、91キロ=の入団を発表。背番号は「0」。3日に旭川市内で入団会

後で読む
スポーツニッポン

男子バレーボールV2リーグのヴォレアス北海道は31日、08年北京五輪に出場した越川優(36)の入団を発表した。背番号は「0」。8月3日に入団会見を行う。越川は「ヴォレアスが目指す、日本一のチーム、世界一のクラブに、一歩でも近付けるお手伝いが出来ればと思い、入団する事を決意しました。私も年齢は36歳とベテランの域に入ってきましたが、気持ちはまだまだ若い選手に負けるつもりはありません」とコメントし…

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール女子日本代表の中田久美監督(54)が31日、オンライン取材に応じ、6月に引退した元日本代表の新鍋理沙(30)について言及した。中田監督は6月中旬に本人から引退の報告を受けたことを明かし、「非常に残念なことだと思うが、彼女の意思も固く尊重してあげるべきだと思った」と振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール女子日本代表の中田久美監督(54)が31日、オンラインで取材に応じた。1年延期となった東京五輪について「チャンスに変えてしっかり準備するだけ」とポジティブに捉えた。女子日本代表は7月5日から都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで合宿を再開している。 3月中旬にチームは一時解散し、そのまま自粛期間に入った。再招集時は選手のコンディションを心配していたが中田監督は「思った以上に調整して合宿に参加している選手が多い」と当初の予定通りの強化プラン、ウエートの強度で合宿を行えているという。

後で読む
スポーツ報知

元バレーボール全日本女子エースの栗原恵さん(35)が29日、自身の公式インスタグラム(@megumi_kurihara_official)を更新。飼い猫とのツーショット動画を投稿し、フォロワーから「

後で読む
スポーツ報知

日本バレーボール協会は28日、8月2日に無観客で行う男女日本代表の紅白戦(女子午後2時30分、男子午後6時30分開始予定)組分けを発表した。試合のもようは有料のライブ配信で観戦が可能。また、男女各チ

後で読む
日刊スポーツ

高校女子バレーボール部のうち3冠(インターハイ、国体、春高バレー)を達成したのは、歴代でわずか10校。そのうちの1校、東京・下北沢成徳高は200…

後で読む
スポーツ報知

東京都は23日、東京五輪会場の有明アリーナ(バレーボールなど)、東京アクアティクスセンター(競泳など)はじめ都内6か所でライトアップを行った。

後で読む
スポーツ報知

2004年アテネ、08年北京両五輪のバレーボール女子代表エースの栗原恵さん(35)が、23日に更新した自身の公式インスタグラム(@megumi_kurihara_official)で、自筆の水彩画を

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子日本代表の石川祐希(24)=ミラノ=が21日、オンラインで取材に応じた。新型コロナウイルスの影響で中断していた代表合宿に約3カ月ぶりに参加。東京五輪開幕まであと1年となる中、コロナ禍終息のメドが立っていない現状に「開催を信じてやるしかない」と必死に前を向いた。 五輪延期が決まったことについては「仕方がない。今できる準備を最大限やっていく」と受け止めた。コロナの影響で3カ月間ボール練習ができず、「ジャンプや速い動きで思った通り動くことができなかった」。身体面ではブランクを感じたと話すも「ボールスキルや感覚は残っていた」と石川。大舞台へ向けて、技術面、精神面ともに「成長した姿で来年を迎えられると思う」と力を込めた。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子日本代表の石川祐希(24)=ミラノ=が21日、オンラインで取材に応じた。新型コロナウイルスの影響で中断していた代表合宿に約3カ月ぶりに参加。来夏に延期となった東京五輪開幕まで1年前を迎えるものの、コロナ禍終息のメドが立っていないが、「開催を信じてやるしかない」と必死に前を向いた。 五輪延期が決まったことについては、「仕方がない。今できる準備を最大限やっていく」と受け止めた。コロナの影響で3カ月間ボール練習ができず、「ジャンプや速い動きで思った通り動くことができなかった」と、身体面ではブランクを感じたという。それでも「ボールスキルや感覚は残っていた」と明かす。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール男子代表の石川祐希(24=ミラノ)が21日、リモート囲み取材に応じ、代表合宿に参加している大学生から刺激を受けていると明かした。今回の合宿には、い…

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール男子代表の西田有志(20=ジェイテクト)が21日、リモート取材で充実した代表合宿の様子を語った。来夏に延期となった東京オリンピック(五輪)に向け、…

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボール男子日本代表の主砲、西田有志(20)=ジェイテクト=が21日、代表合宿練習の終了後にオンラインで報道陣の取材に応じた。

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボール男子日本代表のエース、石川祐希(24)=ミラノ=が21日、代表合宿練習終了後にオンラインで報道陣の取材に応じた。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子日本代表のエース、石川祐希(24)=ミラノ=が21日、オンラインで報道陣の取材に応じた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で「3か月は自宅で自粛生活を送っていた」というが、東京・味の素

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表の石川祐希(24=ミラノ)が21日、オンラインで取材に応じ、開催まで残り1年あまりとなった東京五輪について「延期は仕方ないと受け止めている。1年後はパフォーマンスもメンタルも今とは大きく違うと思っているので、1年後に向けて今できることを準備していく」と抱負を語った。

後で読む
デイリースポーツ

自民党スポーツ立国調査会が21日に開いた会合で、バレーボールのVリーグとバスケットボール男子のBリーグが、新型コロナウイルスの影響で困難になっている外国人選手の入国を認めるよう要望した。Vリーグは選手とスタッフ約40人の大半、Bリーグは選手約110人と指導者約20人の入国のめどが立っていないとしている。 日本代表の指導者ではバスケットボール男子のアルゼンチン人のラマス監督らの入国は許可されたが、リーグ関係者は遅れている。BリーグとVリーグは10月に開幕を控え「外国籍選手によってリーグが活性化し、五輪の強化にも寄与する」(Vリーグ)と訴えた。

後で読む
スポーツニッポン

横浜FCは20日、クラブ公式YouTubeで三浦知良、中村俊輔、松井大輔による「レジェンド対談(後編)」を配信した。カズは過去に対戦して衝撃を受けたチームを問われると日本代表として対戦した95年のブラジル代表を、同じく選手ではグーリッド、バッジョ、バレージ、マルディーニらを列挙。セリエAジェノア時代のカズは94年9月、開幕戦となったACミラン戦でいきなり相手DFバレージとの空中戦で接触し、鼻骨…

後で読む
日刊スポーツ

静岡県高校バレーボール総体代替大会は男女とも、2月に行われた新人戦の優勝校が頂点に立ち、2冠を達成した。昨年の県総体から4大会連続同一カードとなった女子決勝は…

後で読む
日刊スポーツ

静岡県高校バレーボール総体代替大会は男女とも、2月に行われた新人戦の優勝校が頂点に立ち、2冠を達成した。男子決勝では、聖隷クリストファーが清水桜が丘に2-0の…

後で読む
スポーツ報知

男女の準決勝と決勝が行われ、男子は聖隷クリストファー、女子は富士見が優勝した。

後で読む
スポーツ報知

日本バレーボール協会は17日、有料のライブ配信で実施する「2020バレーボール男女日本代表紅白リモートマッチ~みんなでつなごう笑顔のボール~」の男子日本代表の出場予定選手を発表した。

後で読む
スポーツ報知

日本小学生バレーボール連盟は16日までに、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、8月4日開幕予定だった全日本小学生大会(報知新聞社後援)の開催を中止すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子日本代表の小野寺太志(24)=JT=が15日、オンラインで取材に応じ、高校バレーを題材にした人気漫画「ハイキュー!!」が完結することについて「さみしい」と話した。 週刊少年ジャンプで連載中の「ハイキュー!!」は次号での完結を発表。ジャンプではなく単行本で読んでいるという小野寺は「終わってしまう発表があって残念。さみしい」と胸中を明かした。それでも、「バレーボールの普及に力をくれた。日本代表に目を向けてくれる人もいたのでありがたいと思った」と感謝する。

後で読む
日刊スポーツ

東京・味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で合宿中のバレーボール男子代表のミドルブロッカー、小野寺太志(24=JT)が15日、リモート囲み取材で現在…

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子日本代表のミドルブロッカー・小野寺太志(24)=JT=が15日、オンラインで報道陣の取材に応じた。今月3日から代表合宿に参加している小野寺は「感覚が戻っていない状況だったけど、コミュ

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表の小野寺太志(24=JT)が15日、オンラインで取材に応じ、東京五輪1年延期について「新しい猶予期間。足りないブロック力や得点力を付けて、チームとの連携を高めたい」と前を向いた。小野寺は今月3日から代表合宿に参加。「感覚が戻っていない状態で不安だったし、今もベストではない。それでも焦らず、1日1日を大切にしていきたい」と笑顔を見せた。

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボール男子日本代表のMB(センター)小野寺太志(24)=JT=が15日、代表合宿の練習後にオンラインで取材に応じ、東京五輪の1年延期に「僕にとっては猶予期間。足りないブロック力や得点力をつけ、連係も高めていきたい」と前向きに話した。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール男子日本代表の中垣内祐一監督(52)が14日、リモート囲み取材に応じ、来夏に延期となった東京五輪に向け、若手の台頭を期待した。新型コロナウイルス感…

後で読む
スポーツニッポン

日本バレーボール協会は14日、男女日本代表の紅白戦を来月2日に行い、インターネットで有料ライブ配信すると発表した。会場は非公開で、無観客となる。新型コロナウイルスの影響で、男女日本代表が出場する国際大会が中止。ファンに向けたサービスとして実施され、収益の一部は医療従事者に寄付される。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール全日本男子の中垣内祐一監督(52)が14日、都内での代表合宿終了後にオンラインで会見した。大学生らを中心に5人で6月20日から合宿を再開し、現在は17人が参加。7月に入り、ようやくチーム

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表の中垣内祐一監督(52)が14日、オンライン取材に応じ、東京五輪1年延期について「若い選手が多いので、伸びしろがある。当然プラスになる」と前向きに語った。男子代表は6月20日から練習を再開。新型コロナウイルスの影響で練習が十分に行えなかった状況で参加した選手も多く、「正直言って頭を抱えるレベルで。特にボール練習でのギャップは大きかった。現在は全体としていい調子になってい…

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子日本代表の中垣内祐一監督(52)が14日、オンラインで取材に応じた。代表選手は6月20日から都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで活動を再開している。 新型コロナウイルスの影響で練習できない日々が続き合宿再開時は、「正直言って頭を抱えるレベルだった。体力的にも技術的にもレベルダウンしていた」と話す中垣内監督。それでも「さすがに数日間で戻った。良い調子になってきている」と選手の状態を明かした。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子日本代表の中垣内祐一監督が14日、オンラインで取材に応じ、東京五輪延期について「若い選手が多いということは、まだ伸びしろが多いということ。(強化期間が)1年加わるのはプラスでしかない」と前向きに捉えた。 新型コロナ感染拡大の影響で合宿は4月6日に打ち切られたが、全員がPCR検査を受けるなどして6月20日に再開した。現在は17人で練習しているという。フランス人のコーチも入国しており、2週間の隔離を経て20日に合流予定。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール男子日本代表の中垣内祐一監督(52)が14日、リモート囲み取材に応じ、来夏に延期となった東京五輪に向け、若手の台頭を期待した。新型コロナウイルス感…

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボール男子日本代表の中垣内祐一監督(52)が14日、代表合宿の練習後にオンラインで報道陣の取材に応じ、年内の国際試合中止で「強化に穴が開いた」と、厳しい現状を説明した。

後で読む
スポーツ報知

日本バレーボール協会は14日、男女日本代表の紅白戦を8月2日に行うと発表。会場などは非公表でリモートマッチで行うが、イベントの様子はインターネットにて有料のライブ配信を行い、収益の一部は医療従事者に

後で読む
スポーツニッポン

日本バレーボール協会は14日、来月2日に男女日本代表による紅白戦を無観客(リモートマッチ)で行い、インターネットで有料ライブ配信を実施することを発表した。新型コロナウイルスの影響で、男女日本代表が出場する国際大会が中止。ファンに向けた唯一のお披露目として、同協会が企画した。収益の一部は医療従事者に寄付される。

後で読む
サンケイスポーツ

日本バレーボール協会は14日、来月2日に男女日本代表の紅白戦を行い、インターネットで有料配信すると発表した。収益の一部は医療従事者に寄付される。大会名は「バレーボール男女日本代表紅白リモートマッチ~みんなでつなごう笑顔のボール~」。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール、Vリーグ女子の姫路は13日、日本代表経験を持つミドルブロッカー荒谷栞(21)の入団を発表した。NECからの移籍となり「たくさんコミュニケーション…

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボールのVリーグ男子1部の名古屋は13日、2012年ロンドン五輪、18年世界選手権でポーランド代表のバルトシュ・クレク(31)が加入すると発表した。

後で読む
スポーツ報知

静岡県高校総体バレーボールの代替大会が11日開幕。地区大会を勝ち抜いた男女各24校が出場し、19日に清水桜が丘高で準決勝と決勝が行われる(新型コロナ感染予防のため無観客で実施)。男子の静岡東(中部4

後で読む
日刊スポーツ

本年度の静岡県交通安全対策協議会の広報キャラクターを務めるバレーボールVリーグ男子1部・東レの選手とスタッフ計5人が10日、夏の交通安全県民運動(11~20日…

後で読む
スポーツ報知

バレーボールV2リーグのサフィルヴァ北海道を運営するNPO法人ミリーソスポーツは9日、新たに「株式会社サフィルヴァ」との業務提携と、現役東大生(経済学部4年)の三木智弘氏(24)の代表取締役CEO(

後で読む
スポーツニッポン

ハーバード、エール、プリンストンなど学業優秀の私立大学8校で形成されている米北東部のアイビーリーグは8日、今秋に始まるフットボール、バスケットボール、フィールドホッケー、バレーボール、クロスカントリーといったスポーツをすべて中止にすると発表。新型コロナウイルスの感染拡大による措置で、冬もしくは春に延期するのかどうかについては言及していない。

後で読む
日刊スポーツ

全国制覇58回の高校バスケットボール界の名門、能代工(秋田県能代市)の名前が消えることが7日、正式に決まった。この日、開かれた秋田県議会で、校名変更の条例案が…

後で読む
日刊スポーツ

2008年北京オリンピック(五輪)バレーボール男子日本代表で、現在は東京五輪ビーチバレーボール代表を目指す越川優(36)が7日、SNSなどで、8月に中学3年生…

後で読む
スポーツ報知

バレーボール全日本男子の若きエース・西田有志(20)=ジェイテクト=が7日、日本バレーボール協会の公式インスタグラムを通し、ファンにメッセージを送った。現在、都内の味の素ナショナルトレーニングセンタ

後で読む
日刊スポーツ

バレーボールVリーグ女子1部のNECレッドロケッツは6日、新シーズンに向けた初の紅白戦を練習拠点の玉川アリーナ(神奈川県川崎市)で行った。この日から東京・味の…

後で読む
スポーツ報知

バレーボール全日本男子の主将で今季からVリーグのサントリーに復帰した柳田将洋が6日、28歳の誕生日を迎え、自身のインスタグラムを更新。「今日無事に28歳を迎える事ができることができました。アラサーと

後で読む
スポーツ報知

ビーチバレー女子の坂口佳穂(24)=マイナビ・KBSC=、村上礼華(23)=ダイキアクシス=組がこのほど、川崎市のナショナルトレーニングセンターで練習を公開。来年の東京五輪出場に決意を見せた。

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスの影響で中止された静岡県高校総体の代替大会が4日、始まった。サッカー、陸上、バレーボール、新体操女子を県内各地で開催。新体操女子の演技発表会…

後で読む
スポーツ報知

女子バレーボール1部(V1)KUROBEアクアフェアリーズは4日、富山・黒部警察署から「アクア安全安心PR隊」に任命され、同署で委嘱式が行われた。全選手14人が参加して委嘱状を受け取り、今後は夏の交

後で読む
日刊スポーツ

Vリーグ女子1部の久光製薬の運営会社は3日、チーム名を「久光スプリングス」に変更すると発表した。3月に運営会社を新設していた。

後で読む
デイリースポーツ

橋本聖子五輪相は3日、閣議後の定例会見を行った。新型コロナウイルスにより中断していたスポーツイベントが徐々に再開。一方で、2、3日と東京の新規感染者は100人を超え、第2波への懸念が高まっている。「国内外の状況を引き続き注視していく」とし、来夏の東京五輪開催可否の判断時期については「現段階では時期尚早」と、強調した。 バレーボールの新鍋理沙など、延期の影響で引退を決断する選手が相次いでいることには「その決断を価値あるものにしていってほしい」と思いやった。

後で読む
デイリースポーツ

日本バレーボール協会は3日、女子日本代表の合宿を、7月6日から8月23日まで東京都北区の、味の素ナショナルトレーニングセンターで再開すると発表した。第1回国内合宿が行われた3月22日以来初となる。 新型コロナウイルス感染拡大の対策として、合宿開始直後は個別メニューを中心に行い、少しずつチーム練習に移行する。選手、スタッフも段階的に増員予定。選手は直近2週間の健康観察とPCR検査を行ってから参加し、練習前後には毎回検温と手指消毒を行う。

後で読む
スポーツ報知

バレーボールV1リーグ女子の久光製薬は3日、チーム名を「久光スプリングス」に変更すると発表。また、セッター井上美咲(25)とアウトサイドヒッターの白沢明香里(22)の加入も公表した。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボールVリーグで20-21シーズンから男子2部に昇格するサフィルヴァ北海道が2日、堺ブレイザーズでコーチを務めていた上杉徹監督(39)の就任を発表した。…

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子でV2昇格が決まったサフィルヴァ北海道は2日、上杉徹新監督(39)の就任を発表した。大阪府出身で上宮高、佛教大を経て、リベロとしてVリーグ2部のトーヨータイヤ(休部)、デンマークのト

後で読む
日刊スポーツ

バレーボールVリーグ男子2部(V2)のヴォレアス北海道は2日、鷹栖町内で約2カ月ぶりに全体練習を再開した。新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、チームはこれ…

後で読む
スポーツ報知

バレーボールV1男子・東レアローズのミドルブロッカー高橋健太郎(25)、李博(29)の2選手が2日から日本代表の国内合宿(東京・味の素ナショナルトレーニングセンター)に合流する。8月中旬まで予定され

後で読む
スポーツ報知

バレーボールの日本リーグ機構は1日、2020―21年シーズンのVリーグの開催概要を発表。V1リーグは男女ともに10月17日に開幕するが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、会場の観客を収容人数

後で読む
スポーツニッポン

日本バレーボールリーグ機構は1日、2020~21年シーズンのVリーグが10月17日に開幕すると発表した。

後で読む
日刊スポーツ

日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ)は1日、オンライン会見を開き、20-21シーズンの大会要項を発表した。北海道関連では男子で昨季2部で準優勝したヴォレアス…

後で読む
デイリースポーツ

日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)は1日、オンラインで会見を行い、2020-21シーズンの日程を発表した。コロナウイルス感染拡大の影響により今シーズンは来場者50%の制限を設けることを前提にリーグ開幕へ向けて準備を行っていく。 制限比率については随時、政府と関係自治体の方針に合わせていくとのこと。嶋岡健治会長(71)は「無観客によるリモートマッチでも試合は行っていく」と強調した。

後で読む
日刊スポーツ

日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ)は1日、オンライン会見を開き、2020-21シーズンの大会要項を発表した。来夏に延期となった東京オリンピック(五輪)に出…

後で読む
スポーツ報知

バレーボールの日本リーグ機構は1日、2020―21年シーズンのVリーグ開催概要を発表。最高峰のV1リーグは男女ともに10月17日に開幕する予定だが、新型コロナウイルス感染防止対策として観客数を会場の

後で読む
スポーツニッポン

日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)は1日、オンラインで2020~21年シーズンの大会要項や日程について会見を行った。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場者数を制限するなど感染症対策を行う。男女1部リーグは10月17日から開幕。来夏の東京五輪日本代表強化のため、男女ともに2季連続で短縮日程となる。

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボールのVリーグは1日、オンラインで記者会見し、2020-21年シーズンの日程と実施方法などを発表した。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボールのVリーグ女子1部が2020-21年シーズンを通常より1カ月以上早い2月下旬で終える計画であることが6月30日、関係者への取材で分かった。延期され…

後で読む
スポーツニッポン

バレーボールのVリーグ女子1部が2020~21年シーズンを通常より1カ月以上早い2月下旬で終える計画であることが30日、関係者への取材で分かった。延期された東京五輪の日本代表強化優先のため。19~20年シーズンも五輪に備えて1月下旬で終了しており、2季連続で異例の短縮日程となる。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボールのVリーグ女子1部が2020~21年シーズンを通常より1カ月以上早い2月下旬で終える計画であることが30日、関係者への取材で分かった。延期された東京五輪の日本代表強化優先のため。19~20年シーズンも五輪に備えて1月下旬で終了しており、2季連続で異例の短縮日程となる。 Vリーグは通常、4月にプレーオフ決勝が行われる。五輪に向けて女子代表チームには強化合宿を早期に始めたい意向があり、考慮したという。2月下旬のVリーグ終了後、代表活動に専念する選手以外による別の大会を2月下旬から3月下旬まで開催する。

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボールのVリーグ女子1部が2020~21年シーズンを通常より1カ月以上早い2月下旬で終える計画であることが30日、関係者への取材で分かった。延期された東京五輪の日本代表強化優先のため。19~20年シーズンも五輪に備えて1月下旬で終了しており、2季連続で異例の短縮日程となる。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール女子日本代表として2012年ロンドン五輪で銅メダル獲得に貢献した新鍋理沙(29)=久光製薬=が29日、オンラインで引退記者会見に臨んだ。東京五輪の1年延期が決まった後の今年4月に右人さし指を手術したことを明かし、「1年後の東京五輪で自分の納得のいく姿でコートに立てないと思った」などと、時折涙ぐみながら引退理由を語った。 数年前から指の痛みに悩んでいた新鍋は、東京五輪を目指して手術に踏み切った。リハビリを続ける中、五輪1年延期という現実が重くのしかかってきた。「絶望というか…。私にとって1年は長く感じました。もう1年、同じサイクルでコンディションを保ちながら、というのがしんどいなと思った」。葛藤の末、苦渋の決断をした。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール女子日本代表の新鍋理沙(29=久光製薬)が29日にオンラインで引退会見を行った。そのころ、急性骨髄性白血病で闘病中の小学6年生、福岡…

後で読む
スポーツ報知

ロンドン五輪バレーボール女子銅メダルで、20日に現役引退を発表した新鍋理沙さん(29)=久光製薬=が29日、オンラインで会見した。引退に至った経緯について、4月に右手人差し指の手術を行ったことと東京

後で読む
スポーツ報知

ロンドン五輪バレーボール女子銅メダルで、20日に現役引退を発表した新鍋理沙さん(29)=久光製薬=が29日、オンラインで会見した。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール女子でロンドン五輪銅メダルの新鍋理沙さん(29)が29日、オンラインの会見で現役引退を報告。本来は東京五輪で引退する意向を固めていたが、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言発令前の日本代

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール女子日本代表として12年ロンドン五輪銅メダルを獲得した新鍋理沙(29=久光製薬)が29日、オンラインで引退会見を開いた。白いワンピース姿で会見場に登場した新鍋は「ロンドン五輪がバレー人生で大きな経験だった」と11年間の現役生活を振り返った。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール女子Vリーグ1部の久光製薬は29日、今月30日付で現役生活に終止符を打つ女子代表の新鍋理沙(29)のオンライン会見を開いた。2012年ロンドンオリ…

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボール女子日本代表で2012年ロンドン五輪銅メダルのアタッカー、新鍋理沙(29)=久光製薬=が29日、オンラインで引退会見を行い、来年夏に延期された東京五輪までコンディションを保つ自信がないと引退の理由を語った。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボールの大会や講習会再開時のガイドラインは、プレーする選手への気遣いがうかがえる。日本協会が5月末に発表したガイドラインには「ハイタッチは腕のタッチにと…

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子V2(2部)ヴォレアス北海道は28日、24日のVリーグ機構理事会で20~21年のV2残留が決まったのを受け、鷹栖町で記者会見を行った。19~20年シーズンはリーグ2位でV1チームとの

後で読む
スポーツ報知

パ・リーグ6球団とコラボしたポップコーン「パ・リーグ6球団×グルメポップコーン」が29日から発売されることが、同日までに分かった。グルメポップコーン専門店「ヒルバレー」を展開する「日本ポップコーン」

後で読む
デイリースポーツ

日本バスケットボール協会は28日、三屋裕子氏(61)の会長再任と新体制を発表した。任期は21年9月の定時評議員会まで。コロナ禍での再任に、三屋会長は「やるべきこと、解決すべき事がたくさんある中での就任。気を引き締めてしっかりとこの任を全うしたい」とあいさつ。「いかにバスケットを安心してできる環境を作るか。『再開』が最大の難局」と課題を挙げた。 自身はバレーボール選手として1984年ロサンゼルス五輪に出場した一方で、80年モスクワ五輪ボイコットも経験。それだけに「なんとか五輪を経験させたい。一度五輪を逃すのは、選手にとっては大きい」と1年延期となった東京五輪への思いを明かし、「特に5人制女子は史上初のメダルを」と期待を口にした。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボールのVリーグ男子で昨季準優勝のパナソニックは27日、本拠地・パナソニックアリーナ(大阪・枚方市)で紅白戦を開催。ファンサービスでその様子を動画サイトやSNSでライブ配信した。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため無観客で実施。日本代表で北京五輪にも出場した福沢達哉(33)は「通常のゲームを配信するというバレー界として初の試み。ファンも何か感じてもらえるのでは」と意義を語った。 福沢と同期の清水邦広(33)も「こうしたゲームは久しぶりで、コンディションを上げていくというのが難しかった。けれど結果として、いい試合ができたと思います」と話した。試合中は会場内に音楽を流してリーグ戦の雰囲気を再現するなど、視聴者が楽しめるよう工夫を凝らした。

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール女子日本代表前監督の真鍋政義氏(56)が27日、全国高等学校体育連盟(全国高体連)などによる「明日へのエールプロジェクト」第11回オンラインエール授業の講師を務めた。今夏のインターハイが中止となった高校生を支える部活動顧問に向けて実施され、真鍋氏は「インターハイが中止とか今までに無い。生徒は大変だけど、フォローする先生も大変だと思う」と気遣った。

後で読む
スポーツ報知

女子バレーボールV1リーグのKUROBEアクアフェアリーズは26日、大和富山店(富山市)のスポーツコミュニティパークトヤマで、ファンクラブ募集とグッズ販売を行った。選手5人が参加し、気軽にサインに応

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール元男子日本代表の山本隆弘さん(41)が27日、全国高等学校体育連盟(全国高体連)などによる「明日へのエールプロジェクト」第10回オンラインエール授業の講師を務めた。全国高校総体(インターハイ)が新型コロナウイルス感染拡大の影響で史上初の中止。山本さんは「こういう状況は誰も経験していない。今は思うように汗がかけないけど、この後は明るい未来があると思う。自分だけで抱え込まず、頑張って欲…

後で読む
デイリースポーツ

スポーツ用品大手のアシックスは26日、オンラインで会見を行い、男子バレーボール日本代表の西田有志(20)=ジェイテクト=とアドバイザリースタッフ契約を締結したことを発表した。 西田は同社と開発した高機能バレーボールシューズ「METARISE」をお披露目した。コロナ禍で実戦から遠ざかっているが、東京五輪へ向けて「強い気持ちを持って、今できることを全力でやる。それが世界との差を縮めるために大切なこと」と前向きに語っていた。

後で読む
デイリースポーツ

男子バレーボール日本代表の西田有志(20)=ジェイテクト=が26日、スポーツ用品大手のアシックスとのアドバイザリー契約を締結。マンツーマンで開発した高機能バレーボールシューズ「METARISE」の発売を記念して高校生7人とオンライントークイベントを行った。 新型コロナウイルスの感染拡大により、夏の全国高校総体(インターハイ)が中止となったことについて西田は「人生はこれで終わりではない。お互いレベルアップしてどこかでお会いましょう」とエールを送った。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子日本代表の西田有志(20)=ジェイテクト=が26日、高校生とのオンライントークイベント「JUMP TALK」を開催した。驚異のジャンプ力を誇る西田に、高校生選手から様々な質問が飛んだ

後で読む
東京スポーツ

バレーボール男子日本代表の西田有志(20=ジェイテクト)が26日、オンライン上で行われた会見で、大手スポーツメーカー「アシックス」とアドバイザリー契約を締結したことを発表した。  26日から販売され…

後で読む
スポーツニッポン

スポーツ用品大手のアシックスは26日、オンラインで記者会見を開き、バレーボール男子日本代表の西田有志(20=ジェイテクト)と共同開発した最新シューズ「メタライズ」(税込み2万2000円)を発表した。2センチのジャンプ力向上が期待できる“魔法のシューズ”を手にした西田は「このシューズでレベルが上がったと言われるようにしたい」と力を込めた。

後で読む
デイリースポーツ

スポーツ用品大手のアシックスは26日、オンラインで会見を行い、男子バレーボール日本代表の西田有志(20)=ジェイテクト=とアドバイザリースタッフ契約を締結したことを発表した。26日には西田と同社がマンツーマンで開発してきた高機能バレーボールシューズ「METARISE」を発売。今後も西田は製品開発やPR活動を行っていく。 18年から日本代表に選出されており、昨季は日本人初となるVリーグ得点王のタイトルを獲得。今後も活躍が期待される20歳の若武者は開発に携わったシューズについて「勢いで上に跳ぶ力をしっかりつくること」にこだわったと話す。「自分のフィーリングではすごく良い。この靴を履いてレベルが上がったとわかるようなプレーヤーになる必要がある」と新たな相棒とともにさらなる成長を図る。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール男子代表の西田有志(20=ジェイテクト)が26日、アシックスとのアドバイザリースタッフ契約に関するオンライン会見に臨んだ。開発に携わった新シューズ…

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子日本代表の西田有志(20)=ジェイテクト=が26日、大手スポーツ用品メーカーのアシックスとアドバイザリー契約を締結したことを発表。来年に延期となった東京五輪でも大きな武器となるシュー

後で読む
スポーツ報知

2012年ロンドン五輪バレーボール女子銅メダリストの狩野舞子さん(31)が26日までに自身のインスタグラムを更新し、髪をショートにしたことを明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボール男子日本代表の主砲、西田有志(20)=ジェイテクト=が26日、スポーツ用品メーカー・アシックスとのアドバイザリー契約を発表するオンライン会見に出席。来夏に延期された東京五輪への意気込みを語った。

後で読む
スポーツ報知

女子銅メダリストの狩野舞子さん(31)が25日までに自身のインスタグラムを更新。1992年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した岩崎恭子さん(41)との2ショットを公開した。

後で読む
スポーツ報知

バレーボールV2(2部)ヴォレアス北海道(旭川)のエース古田史郎主将(32)は20日、旭川市内で、「一般社団法人 A―bank 旭川」の設立会見を行った。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボールのVリーグ女子の久光製薬は20日、12年ロンドン・オリンピック(五輪)銅メダリストで日本代表アタッカーの新鍋理沙(29)が現役を引退すると発表した…

後で読む
スポーツ報知

バレーボールのVリーグ女子の久光製薬は20日、2012年ロンドン五輪銅メダリストで日本代表アタッカーの新鍋理沙(29)が現役を引退すると発表した。「小学校1年生から始めたバレーボールは、生活の全てで

後で読む
スポーツニッポン

バレーボールのVリーグ女子の久光製薬は20日、12年ロンドン五輪銅メダリストの新鍋理沙(29)が現役を引退すると発表した。29日に引退会見を行う。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボールのVリーグ女子の久光製薬は20日、2012年ロンドン五輪銅メダリストで日本代表アタッカーの新鍋理沙(29)が現役を引退すると発表した。「小学校1年生から始めたバレーボールは、生活の全てでした。引退することに、まだ実感が湧きません」などとコメントした。29日にオンラインで記者会見する。関係者によるとモチベーションの維持が難しくなったという。 鹿児島県出身。身長175センチと小柄ながら、卓越した守備力と小技を生かした攻撃が持ち味だった。宮崎・延岡学園高から09年に久光製薬入り。11年に代表に初選出され、攻守の軸としてロンドン五輪で28年ぶりのメダル獲得に貢献した。

後で読む
スポーツ報知

日本バレーボール協会は20日、公式インスタグラムを更新し、東京・北区のナショナルトレーニングセンターで全日本男子の合宿を再開したことを報告した。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボールVリーグ男子2部(V2)ヴォレアス北海道主将の古田史郎(32=函館市出身)が20日、旭川市内で自身が代表理事を務める一般社団法人「A-bank旭川…

後で読む
デイリースポーツ

バレーボールのVリーグ女子の久光製薬は20日、2012年ロンドン五輪銅メダリストで日本代表アタッカーの新鍋理沙(29)が現役を引退すると発表した。「小学校1年生から始めたバレーボールは、生活の全てでした。引退することに、まだ実感が湧きません」などとコメントした。29日にオンラインで記者会見する。関係者によるとモチベーションの維持が難しくなったという。 鹿児島県出身。身長175センチと小柄ながら、卓越した守備力と小技を生かした攻撃が持ち味だった。宮崎・延岡学園高から09年に久光製薬入り。11年に代表に初選出、ロンドン五輪で28年ぶりのメダル獲得に貢献した。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール女子Vリーグ1部の久光製薬は20日、女子日本代表の新鍋理沙(29)が今月30日付で現役引退すると発表した。2012年ロンドン五輪銅メダルメンバーで…

後で読む
スポーツ報知

バレーボールVリーグ女子の久光製薬は20日、新鍋理沙(29)が、今月末をもってチームを退団し、現役を引退することを発表した。新鍋は2008年から久光製薬でプレー。2012年ロンドン五輪では、日本女子

後で読む
スポーツニッポン

バレーボールVリーグ女子の久光製薬は20日、日本代表のアウトサイドヒッター、新鍋理沙(29)が今月30日付で現役引退すると発表した。

後で読む
スポーツ報知

日本バレーボール協会は20日、男子日本代表が20日から東京・北区のナショナルトレーニングセンターでの合宿を再開すると発表した。直近2週間の健康観察と新型コロナウイルス抗体検査を実施した上で、最初は少

後で読む
スポーツ報知

来年7月23日開幕に延期された東京五輪まで、18日であと400日となった。この1年延期に、心中が揺れ動いた選手もいたのではないだろうか。「東洋の魔女」と呼ばれ、1964年東京五輪で金メダルを獲得した

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー、バレーボール、ラグビーなど団体球技のリーグで構成する日本トップリーグ連携機構(JTL)は15日、各競技で新型コロナウイルス感染防止策として実施する無観客試合に代わる名称が「リモートマッチ」に決まったと発表した。会員制交流サイト(SNS)上で応募があった約9200件の中から選ばれ、略称は「リモマ」。同機構の川淵三郎会長(83)は「(新呼称を)ぜひ使ってもらえたら」と呼び掛けた。

後で読む
スポーツ報知

ビーチバレー男子・西村晃一(46)=東京ヴェルディWINDS=が、48歳で迎える来年の東京五輪出場を目指すことを、スポーツ報知のオンライン取材に明らかにした。昨年の国内ツアーは年間総合ランク2位で、

後で読む
日刊スポーツ

練習再開に自然と笑みがこぼれる。「疲れましたよ!」。バレーボールVリーグ男子2部サフィルヴァ北海道の青島賢司主将(32)は、2時間半の練習を終えて、開口一番に…

後で読む
日刊スポーツ

サフィルヴァ北海道は13日、札幌市内で2月16日トヨタモビリティ東京との3部リーグ最終戦以来4カ月ぶりに全体活動を再開した。2部に昇格する来季に向けて新人選手…

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール男子で今年の全日本高校選手権(春高)に出場した北海道科学大高が13日、同校で約2カ月ぶりに練習を再開した。新型コロナウイルスの影響で活動が休止。昨…

後で読む
スポーツ報知

バレーボール全日本男子のエース・石川祐希(24)が11日、オンラインで会見し、2020―21年シーズンはイタリア1部リーグ・ミラノへの移籍を発表した。中大在学中にプレーしたシーズンを含めるとイタリア

後で読む
デイリースポーツ

男子バレーボール日本代表エースの石川祐希(24)は11日、オンラインでイタリア・セリエAのミラノへの移籍について会見を行った。「世界のトッププレーヤーになる」。掲げた目標を達成するため着々とステップアップを図る。 新型コロナウイルスの影響で昨季リーグは3月に中断。4月に中止が決まり石川が所属したパドバは7位に終わった。プレーオフ進出圏内だっただけに「非常に悔しい思いをした」と話すも、石川の目標がぶれることはない。「今よりもレベルが高いチームでプレーしたい」と昨季5位のミラノへ移籍を決断。「(世界のトッププレーヤーに)着実に近づいていってる」と自信をのぞかせた。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボールで19-20年シーズンVリーグ最高殊勲選手賞に輝いた西田有志(20=ジェイテクト)が、アスリートマネジメントを手がけるFIELD OF DREAM…

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子の日本代表エースで、2020~21年シーズンはイタリア1部リーグ、ミラノへの移籍が決まった石川祐希(24)が11日、オンラインで記者会見し「僕の持っている全てをぶつけたい」と意気込みを話した。 パドバに所属した昨季は新型コロナウイルスの影響でリーグが中断。プレーオフ出場圏内にいたが打ち切りとなった。ミラノではプレーオフ進出を「最低限、達成したい」と目標設定。昨季は13チーム中5位の中堅クラブで「攻守の要になることが求められていると思う」と自覚十分だった。

後で読む
デイリースポーツ

男子バレーボール日本代表エースの石川祐希(24)が11日、オンラインで会見を行い、イタリア・セリエAのミラノに移籍することを発表した。 昨季は同リーグ7位のパドバでプレー。リーグは新型コロナウイルスの影響によりリーグは3月で中断した。石川は「イタリアで今よりもレベルが高いチームでプレーしたい」と昨季5位のミラノへ移籍を決めた。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール全日本男子のエース・石川祐希(24)が11日、オンラインで会見を開き、2020―21年シーズンはイタリア1部リーグのミラノでプレーすることを発表した。

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表でイタリア1部ミラノへの加入が決まった石川祐希(24)が11日、オンラインで記者会見を行い「このような状況だが世界トップ選手になりたいという思いでミラノ移籍を決めた。新しい環境でプレーすることはすごく楽しみ」と意気込みを語った。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール男子日本代表のエース石川祐希(24)が11日、イタリアプロ1部リーグ(セリエA)のミラノに加入する思いを語った。中大在学中からイタリアでプレーする…

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボール男子日本代表のエースで、イタリア1部・セリエAのミラノへの移籍が決まった石川祐希(24)が11日、インターネット会議方式で記者会見し、新たなシーズンへの抱負を語った。

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表の石川祐希(24)がイタリア1部ミラノに加入すると同クラブが発表した。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボールのイタリアプロ1部リーグ(セリエA)のミラノは10日、男子日本代表のエース石川祐希(24)を獲得したことを発表した。新型コロナウイルスの影響で一時…

後で読む
スポーツ報知

バレーボール全日本男子のエース・石川祐希(24)が、2020―21年シーズンはイタリア1部リーグのミラノでプレーすることが決定した。クラブが10日、発表した。中大在学中にプレーしたシーズンを含めると

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボール男子で日本代表エースの石川祐希(24)が、2020~21年シーズンはイタリア1部リーグのミラノでプレーすることになった。クラブが10日、発表した。

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表の石川祐希(24)がイタリア1部のミラノに加入することが10日、分かった。所属クラブがHPで発表した。石川は「ミラノの選手になれたことをうれしく思う。イタリアに戻ることを楽しみにしている」とクラブを通じてコメントした。あす11日には記者会見を行い、新天地への思いを語る。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子で日本代表エースの石川祐希(24)が、2020~21年シーズンはイタリア1部リーグのミラノでプレーすることになった。クラブが10日、発表した。 石川は新型コロナウイルスの影響でリーグが打ち切られたシーズンは、13チーム中7位のパドバに所属。同シーズン5位のミラノに移籍と着実にステップアップしている。中大在学中にプレーしたシーズンを含めるとイタリアで6季目、プロとしては3季目に臨むことになる。(共同)

後で読む
スポーツ報知

2012年ロンドン五輪バレーボール女子銅メダリストの狩野舞子さん(31)が8日、自身のインスタグラムを更新。お尻を鍛える3週間の強化期間が終わったことを報告し、トレーニングの成果を披露した。

後で読む
スポーツ報知

2012年ロンドン五輪バレーボール女子銅メダリストの狩野舞子さん(31)が、8日に更新した自身のインスタグラム(@kanochan715)で、「夏っぽい表情が作れるのでめっちゃオススメ」と夏本番に向

後で読む
スポーツ報知

2012年ロンドン五輪バレーボール女子銅メダリストの狩野舞子さん(31)が5日、自身のインスタグラムを更新し、愛犬との激似ショットを公開した。

後で読む
スポーツ報知

日本自転車競技連盟は4日、来夏の東京五輪のトラック種目代表を発表し、男女7種目に6人が選ばれた。

後で読む
スポーツ報知

日本自転車競技連盟は4日、テレビ会議アプリ「Zoom」で会見を開き、来夏の東京五輪トラック種目代表を発表。男女7種目に6人が選ばれた。短距離の女子ケイリンとスプリントは2015年ガールズケイリン賞金

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール元女子日本代表の大山加奈さん(35)が4日、全国高等学校体育連盟(全国高体連)などによる「明日へのエールプロジェクト」第3回オンラインエール授業の講師を務めた。全国高校総体(インターハイ)が新型コロナウイルス感染拡大の影響で史上初の中止。大山さん自身も高校時代にインターハイを目標の1つとして掲げてきたことを明かし、「目標がなくなったのは辛いこと。でもその気持ちにフタをせず、正直な気…

後で読む
スポーツ報知

元バレーボール全日本女子で2004年アテネ五輪代表の大山加奈さん(35)が4日、テレビ会議アプリ「Zооm」を通し、高校生らを対象としたオンライン授業を実施した。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール元日本代表の大山加奈さんが3日、動画配信サイト「YouTube」で、日本代表の黒後愛、石川真佑(ともに東レ)、富永こよみ(上尾)、大竹里歩(デンソー)と大山さんの妹・未希さんと、下北沢成

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20=東レ)が3日、出身校の東京・下北沢成徳高バレー部OGら計6人によるYouTubeでのライブ配信に参加し、おうち時間での失敗談を明かした。「セイトーーーク!」と名付けられた本配信は、元女子日本代表の大山加奈さん(35)が発起人となり開催。1時間半の配信で約1700人が視聴した。

後で読む
スポーツ報知

2012年ロンドン五輪バレーボール女子銅メダリストの狩野舞子さん(31)が3日、自身のインスタグラム(@kanochan715)を更新し、口が隠れてしまうマスク生活に合わせた、美人度アップのアイメイ

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表主将でドイツリーグからVリーグ1部のサントリーに復帰した柳田将洋(27)が2日、クラブ公式SNSでオンライン会見を行い「3冠を勝ち取れれば自信になるし、チームに戻ってきた意味もあると思う」と決意を語った。

後で読む
デイリースポーツ

2019年のバレーボールW杯で男子日本代表の主将を務めた柳田将洋(27)が2日、インスタグラム上で、3年ぶりに復帰するVリーグ男子1部サントリーへの入団会見を行った。 今春までドイツ1部リーグでプレーしていた柳田は、1日に古巣・サントリーへの復帰を発表。「古巣に戻れることはなかなかないと思うので、受け入れてくれたサンバーズ、関係している皆さん、ファンの皆さんに感謝してプレーしたい」とコメントした。

後で読む
スポーツ報知

バレーボールVリーグ1部のサントリーに復帰することが決まった男子日本代表主将の柳田将洋(27)が2日、チームのインスタライブでオンラインの入団会見を行った。3500人のファンが視聴する中、「戻ってこ

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボール男子日本代表主将で欧州挑戦からVリーグ1部のサントリーに復帰した柳田将洋が2日、インスタグラムのライブ配信で抱負を語った。東京五輪の1年延期を踏まえ「このシーズンは非常に重要なシーズンになる。いい結果を残すことで弾みがつくと思っている」と意気込んだ。

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表主将でドイツリーグからVリーグ1部のサントリーに復帰した柳田将洋(27)が2日、クラブ公式SNSでオンライン会見を行い「3冠を勝ち取れれば自信になるし、チームに戻って来た意味もあると思う」と決意を語った。

後で読む
デイリースポーツ

昨年のバレーボールW杯で男子日本代表の主将を務めた柳田将洋(27)が2日、インスタグラム上で、3年ぶりに復帰するサントリーへの入団会見を行った。 今春までドイツ1部リーグでプレーしていた柳田は1日に古巣・サントリーへの復帰を発表。「古巣に戻れることはなかなか無いと思うので、受け入れてくれたサンバーズ、関係している皆さん、ファンの皆さんに感謝してプレーしたい」とコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子日本代表主将で欧州挑戦からVリーグ1部のサントリーに復帰した柳田将洋が2日、インスタグラムのライブ配信で抱負を語った。東京五輪の1年延期を踏まえ「このシーズンは非常に重要なシーズンになる。いい結果を残すことで弾みがつくと思っている」と意気込んだ。 27歳のアタッカーは強力なサーブも誇る。ポーランドでも経験を積み、3月までドイツ1部リーグのチームでプレーしていたが、新型コロナウイルスの影響でリーグが中断し、帰国。「3年間海外を経験し、日本のリーグに挑戦したい気持ちが強くなった。いい結果を残していきたい」と心境を述べた。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール界の現役選手やOB、OGが協力する「デリバレープロジェクト」の弁当が、関西近郊の医療機関に届けられている。新型コロナウイルス感染拡大防止へ奮闘する…

後で読む
サンケイスポーツ

サンプドリアとの契約を解除したばかりの元パラグアイ代表MFエドガル・バレートが1日、地元紙『イル・セーコロXIX』のインタビューに応じ、新型コロナウイルスが原因で契約解除を余儀なくされたことを示唆した。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボールのVリーグ男子1部のサントリーは1日、日本代表主将の柳田将洋(27)が同日付で入団したと発表した。3月までドイツ1部リーグのユナイテッド・バレーズ…

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子日本代表主将の柳田将洋(27)が1日、Vリーグ男子1部のサントリーに復帰すると発表した。3月までドイツ1部ユナイテッド・バレーズでプレーしていたが、新型コロナウイルスの影響でリーグが

後で読む
スポーツニッポン

バレーボールのVリーグ男子1部のサントリーは1日、日本代表主将の柳田将洋(27)が約3年ぶりに復帰すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール・Vリーグ男子1部のサントリーは1日、ドイツ1部ユナイテッド・バレーズでプレーしていた日本代表で主将を務める柳田将洋(27)の復帰を発表した。 柳田は15年にサントリーに入団。16年には最優秀新人賞を獲得している。17年のプロ転向を機にドイツ、ポーランドと活躍の場を広げてきた。また、13年から日本代表に選出されており、昨年9月に行われたW杯では主将としてチームを28年ぶりとなる4位に導いた。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子Vリーグ1部のサントリーは1日、新シーズンのチーム体制を決定し、ドイツ1部リーグでプレーしていた日本代表主将の柳田将洋(27)の復帰を発表した。 柳田は慶大在学中の13年に全日本に登録され、15年にサントリー入り。17年にドイツ、18年にポーランドでプレーし、19年は再びドイツでプレーしていた。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子日本代表主将の柳田将洋(27)がVリーグ男子1部のサントリーに復帰することが1日、決まった。マネジメント会社が発表した。

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表主将の柳田将洋(27)が1日、Vリーグ1部のサントリーに復帰すると所属事務所が発表した。3月までドイツ1部リーグのユナイテッド・バレーズでプレーしていたが、新型コロナウイルスの影響でリーグが中断して帰国していた。柳田は「海外へ移籍する以前に所属していた思い入れのあるチームにまた戻り、プレーすることができるのは幸せ」とコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子で日本代表主将の柳田将洋(27)がVリーグ男子1部のサントリーに復帰することが1日、分かった。3月までドイツ1部リーグのユナイテッド・バレーズでプレーしていたが、新型コロナウイルスの影響でリーグが中断して帰国していた。サントリーへの復帰は2016~17年シーズン以来。 柳田は強力なサーブが武器のアタッカー。慶大時代の13年に日本代表入りし、15年にサントリー入団。17年に退団後、ドイツとポーランドのリーグでプレーした。

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボール男子で日本代表主将の柳田将洋(27)がVリーグ男子1部のサントリーに復帰することが1日、分かった。3月までドイツ1部リーグのユナイテッド・バレーズでプレーしていたが、新型コロナウイルスの影響でリーグが中断して帰国していた。サントリーへの復帰は2016~17年シーズン以来。

後で読む
日刊スポーツ

高校女子バレーボールで全国出場63度(国体除く)の実績を誇る盛岡誠桜(岩手)が新体制で、有終の美を飾ってみせる。今春、村田基(はじめ)監督(32)が就任し、新…

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表で、Vリーグ1部のパナソニックに所属する深津英臣(29)と清水邦広(33)が28日、パナソニック「レッツノート夏モデル」発表オンライン説明会にビデオメッセージを寄せた。

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルス感染拡大を受けて、来夏に延期された東京五輪に関連する事象を取り上げる不定期連載。最終回のテーマは「金メダリストからのメッセージ」。1964年東京五輪のバレーボール女子で金メダルを獲得した“東洋の魔女”のエースアタッカー、井戸川(旧姓・谷田)絹子さん(80)が取材に応じ、いまの日本代表へ厳しくも愛のある言葉で励ました。

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルス感染拡大で東京オリンピック(五輪)は延期となった。選手が来夏の祭典で獲得を目指す五輪メダル。各競技でどのような歴史が刻まれてきたのか。「日本…

後で読む
スポーツニッポン

J2京都は24日、東城陽市の練習場で一部トレーニングを再開させた。新型コロナウイルス感染予防のた3密を避けため小グループで行い、この日は2人1組のトレーニングやパス練習、サッカーバレーなどで体を動かした。午前の部が終了した後に実好監督とFW宮吉、DF安藤がオンライン取材に応じた。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール女子日本代表ウイングスパイカーの新鍋理沙(29)が23日、所属する久光製薬のインスタグラムライブで生配信に参加。「お悩み相談室」と題して、バレーボールのことはもちろん「「プレゼンで緊張せ

後で読む
日刊スポーツ

「ラグビーって怖くない?」「バレーボール選手で大変なことは?」…。ラグビーの近鉄が企画するオンラインでのトレーニング企画「ライナーズ・ブート・キャンプ」が23…

後で読む
スポーツ報知

バスケットボール男子日本代表で、今季BリーグのMVPを受賞した田中大貴(28)=A東京=が23日、スポーツネットメディア「スポーツブル」主催で行われたオンラインでのライブインタビューに応じた。

後で読む
日刊スポーツ

未知の戦いが実現だ! ラグビーの近鉄が行うトレーニング企画「ライナーズ・ブート・キャンプ」は23日、午後1時から公式インスタグラムで実施される。舞台は家。4月…

後で読む
日刊スポーツ

1987年。高校男子バレーボールで東海大四(現東海大札幌)が1年間に3度、全国の頂点に立った。全国高校選抜、高校総体、国体を制覇し、北海道勢初、全国でも当時1…

後で読む
日刊スポーツ

バレーボールのVリーグ男子1部、パナソニックは22日、新監督として男子フランス代表を指揮するロラン・ティリ氏(56)の就任を発表した。4シーズンの契約。来年の…

後で読む
スポーツ報知

バレーボールVリーグ男子1部・パナソニック(大阪府枚方市)は22日、2020―21シーズンからの新監督に、フランス代表監督のティリ・ロラン氏(56)が就任することを発表した。任期は4年。パナソニック

後で読む
スポーツ報知

バレーボールVリーグ男子1部・パナソニック(大阪府枚方市)は22日、2020―21シーズンからの新監督に、フランス代表監督のティリ・ロラン氏(56)が就任することを発表した。任期は4年。パナソニック

後で読む
デイリースポーツ

バレーボールのVリーグ男子1部、パナソニックの新監督に、男子フランス代表を率いるロラン・ティリ氏(56)が就任することが21日分かった。海外の代表監督がVリーグの監督を兼任するのは極めて異例。4シーズンの契約で22日に発表される。 ティリ氏は2012年に男子フランス代表監督に就任し、15、17年のワールドリーグで優勝。16年リオデジャネイロ五輪で3大会ぶりの五輪に導くなど、若手育成に定評がある。

後で読む
スポーツ報知

バレーボールVリーグ男子1部・パナソニック(大阪府枚方市)の新監督に、フランス代表監督のティリ・ロラン氏(56)が就任することが21日、明らかになった。任期は4年で22日に正式発表される。パナソニッ

後で読む
スポーツまとめ

 無念の夏の甲子園中止決定――。高校野球の現場からは“どちらに転んでもイバラの道”という切実な思いがあった。 「誰かが悪いわけではない。コロナが憎い」  指導者として複数回甲子園出場経験のある現役高校監督は、深いため息をつきながら本紙に胸の内を明かした。 「個々に心のケアが必要な事案。この先も野球を志す人もいれば、区切りをつけてやめる人、別の進路に向けて勉強にいそしむ人もいる。それぞれ道があり、すべての人が大会を望んでいるかというとそうではない。(同じ甲子園を目指すにも)それぞれ…

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、来夏に延期された東京五輪を目指すアスリートに迫る不定期連載。第11回はバレーボール女子日本代表主将、荒木絵里香(35)=トヨタ車体=が登場する。延期により「人生設計」の変更を余儀なくされたが、6歳の長女とのふれあいを機に、さらなる成長を誓った。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール選手と看護師の二足のわらじを履く米村尊(33=ヴィアティン三重)が、コロナ禍の医療現場で大きな役割を果たしている。日刊スポーツの電話取材に応じ、同…

後で読む
スポーツまとめ

5月17日放送の『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)に、元ビーチバレー選手でタレントの浅尾美和が登場。 番組内で彼女の?お宝映像?が流される一幕があり、世の男性を再び虜にしてしまったようだ。 この日の番組では、「番狂わせの瞬間SP 超豪華! 夢の対決3本立て」と題した過去の企画を放送。 MCである『ダウンタウン』浜田雅功と浅尾が死闘を繰り広げた?ビーチバレー対決?が取り上げられ、 浜田率いる番組チームと、当時の日本ビーチバレー界でトップクラスの実力を持っていた 浅尾・西堀健美ペア…

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表、中垣内祐一監督(52)の下で戦略を担当するフィリップ・ブラン・コーチ(59)がスポニチの書面インタビューに応じ、新型コロナウイルスの影響で延期となった東京五輪に向けた強化の内側を明かした。昨年のW杯で日本を4位に導いた知将は、1次リーグ突破を狙う現実的な戦い方でベスト8以上を確信。日本にとって72年ミュンヘン五輪金メダル以来、49年ぶりの五輪メダル獲得に向けても、本音…

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスの影響で学校活動が制限されるなか、高校生が医療従事者への支援に取り組んでいる。昨年の全日本高校選手権(春高バレー)道代表決定戦に出場した旭川…

後で読む
デイリースポーツ

株式会社湘南ベルマーレの水谷社長は18日、神奈川県下のスポーツチームの選手が参加するチャリティーイベント「One KANAGAWA Sports AllーStar Cup2020」を5月30日、31日に映像配信することを発表した。 同イベントは新型コロナウイルス感染拡大を受けて、活動自粛による閉塞感などが高まっている中、神奈川県民やスポーツファンに少しでも楽しい時間を過ごしてほしい、医療現場の最前線で働く人々を県一丸となって応援していく機運を高めていきたいという思いから発案された。参加チームは以下の通り。

後で読む
スポーツ報知

2002年5月18日、岐阜・関市で行われたバレーボール女子日米対抗戦で、当時高校3年生の大山加奈(成徳学園高)が先発出場。17得点を挙げる活躍を見せ、米国に3―1で勝利に貢献し「緊張したけど、楽しく

後で読む
スポーツまとめ

大分県日出町の女子小学生バレーボールチームの50代男性監督が、複数のメンバーに体罰をしていた問題で、県小学生バレーボール連盟(県小連)は16日、監督を永久追放処分にすることを決めた。また体罰の隠蔽(いんぺい)があったとして、チームに解散を勧告することも決めた。  県小連が同日の倫理委員会で決めた。監督は同町の小学校教頭も務めており、町教委は3月、暴力行為があったとして監督を文書訓告とする処分を決定。この日の倫理委も、監督の行為が、県小連が設ける罰則規定「行政責任をとるような体罰・暴力行為」に…

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール女子日本代表主将の荒木絵里香(35=トヨタ車体)が16日、テレビ会議アプリ「Zoom」で合同インタビューに応じた。今年小学校入学の長女・和香ちゃん(6)は、現在休校で自宅待機中。「こんなに一緒にいるのは新生児以来」と語る荒木は、愛娘との「おうち時間」を力に、1年延期になった東京五輪での活躍を誓った。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール元全日本女子のエース・木村沙織さんが14日、元バレーボール選手で妹の美里さんとインスタライブを行い、黒髪ショートのニューヘアで登場。視聴者からは「黒髪かわいい」「ちびまる子ちゃんみたい」

後で読む
デイリースポーツ

競泳男子で東京五輪代表の瀬戸大也(ANA)ら各競技トップ選手4人が13日、オンラインで萩生田光一文部科学相、鈴木大地スポーツ庁長官との意見交換会を行い、新型コロナウイルス感染拡大の影響で使用停止となっている東京・味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)、国立スポーツ科学センター(JISS)の早期再開を要望した。 プールでの本格的な練習ができていない瀬戸は「他の選手もプールを使えないことが1カ月以上続き、不安の声が上がっている。一日でも早く施設を使えれば」。卓球男子の水谷隼(木下グループ)も施設での練習再開を望み、バレーボール女子の荒木絵理香(トヨタ車体)は「日本は連係が重要。NTCで(チームで)練習したい」と訴えた。

後で読む
デイリースポーツ

競泳男子の瀬戸大也(ANA)ら各競技のトップ選手4人が13日、オンラインで萩生田光一文部科学相、鈴木大地スポーツ庁長官との意見交換会を行い、新型コロナウイルスの影響で利用停止となっている強化施設、東京・味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)、国立スポーツ科学センター(JISS)の早期再開を要望した。 東京五輪は21年夏開催に延期となったものの、4月からプールでの本格的な練習ができていない瀬戸は「他の選手も大学のプールを使えないことが1カ月以上続いていて、不安の声が挙がっている。1日でも早く施設を使えれば」と要望。バレーボール女子の荒木絵理香(トヨタ車体)も「日本は体が小さいので連携が重要。NTCで(チーム)練習、医科学的なサポートを受けたい」と望んだ。

後で読む
スポーツ報知

東京五輪の競泳代表に内定している瀬戸大也(ANA)や卓球男子の水谷隼(木下グループ)、バレーボール女子の荒木絵里香(トヨタ車体)、フェンシング男子の見延和靖(ネクサス)の4選手が13日、萩生田光一文

後で読む
スポーツニッポン

競泳で東京五輪代表の瀬戸大也(25=ANA)らトップ選手4人が13日、萩生田光一文科相、鈴木大地スポーツ庁長官とリモートによる意見交換を行った。萩生田文科相が現場の声を聞くために設けられ、卓球の水谷隼(30=木下グループ)、フェンシング男子エペの見延和靖(32=ネクサス)、バレーボール女子の荒木絵里香(35=トヨタ車体)も参加。選手たちは緊急事態宣言を受けて31日まで閉鎖されている東京都北区の…

後で読む
スポーツ報知

新型コロナウイルスの感染拡大で練習が制限されているアスリートが、13日に萩生田光一文科相、鈴木大地スポーツ庁長官とリモートによる意見交換会を行うことが12日、明らかになった。緊急事態宣言を受けて閉鎖

後で読む
デイリースポーツ

スポーツ庁は12日、競泳男子の瀬戸大也や卓球男子の水谷隼らアスリート4人が13日に萩生田光一文部科学相、スポーツ庁の鈴木大地長官と電話会議を行い、緊急事態宣言による活動の影響について意見交換すると発表した。利用休止となった味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)など練習環境に関して要望を受ける。 他にバレーボール女子の荒木絵里香、フェンシング男子エペの見延和靖が出席する。

後で読む
スポーツ報知

スポーツアイウエアブランド「SWANS(スワンズ)」が12日、バレーボール女子の鍋谷友理枝(26)=デンソー=とアドバイザリースタッフ契約を締結したことを同ブランドの公式ホームページ上で発表した。「

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボール女子の鍋谷友理枝(26)=デンソー=が12日、スポーツアイウエアブランド「SWANS」とアドバイザリースタッフ契約を締結した。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール全日本女子で04年アテネ、08年北京両五輪でアタッカーを務めた栗原恵さん(35)が10日、自身のインスタグラムでファンとの交流をライブ配信を行い、昨年6月の現役引退から約1年を迎えるにあ

後で読む
日刊スポーツ

#お母さんいつもありがとう-。母の日に、バレーボール女子日本代表主将の荒木絵里香(35=トヨタ車体)は「母のおかげで今の自分がいます」と、母和子さんへの感謝を…

後で読む
スポーツまとめ

大原麗子と言えば、80年代にサントリーレッドのCMで「すこし愛して ながーく愛して」というセリフで人気を博すなど、日本的な女性そのままというイメージを持った、 時代を代表する女優である。 東京都文京区にある老舗和菓子屋の家に生まれた大原は、10代で東映に入社すると類いまれな美貌と演技力を買われ、高倉健の『網走番外地』シリーズ、梅宮辰夫の 『夜の青春』シリーズなど、多くの映画に出演。 主演を務めた大河ドラマの『春日局』(1989年)では、大河ドラマ歴代3位となる平均視聴率32・4…

後で読む
日刊スポーツ

国際バレーボール連盟は8日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、夏以降に延期していたネーションズリーグを中止すると発表した。5~7月の予定だったが、3月に延期…

後で読む
サンケイスポーツ

国際バレーボール連盟は8日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、夏以降に延期していたネーションズリーグを中止すると発表した。5~7月の予定だったが、3月に延期を決めていた。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボールVリーグ男子1部・東レで活躍し、今春で現役引退した瀬戸口竜也氏(31)が、第2の人生を歩み始める。国士舘大卒業後、2011年(平23)に入部。レギ…

後で読む
スポーツ報知

北海道科学大高男子バレーボール部は昨年の全国高校総体で16強進出。主力が残る今年は、初の8強以上を目指していたが、新型コロナ禍で総体、全道高校大会共に中止となった。同校OBで2016年から指揮を執る

後で読む
スポーツまとめ

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今夏に予定されていた全国高校総合体育大会(インターハイ)の中止が決まった。部活動に励んできた高校生の集大成の場であると同時に、特に3年生にとってはアスリートとしての将来も左右する重大な大会。落胆と悔しさ、そして諦念。日本一を目標に練習してきた強豪校の生徒らは、やるせない思いとともに決定を受け入れるほかなかった。(宇山友明) ■「地元でV」果たせず 「悔しい、という思いはあります」。柔道女子の強豪、兵庫・夙川高の桑形萌花主将は、全国高等学校体育連盟が史上…

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルス感染拡大を受け、バレーボール界の現役選手やOB、OGが協力し、医療従事者に弁当を無償提供する「デリバレープロジェクト」のチャリティーオークシ…

後で読む
スポーツ報知

バレーボール全日本女子・荒木絵里香主将(35)=トヨタ車体=が、このほどスポーツ報知の書面による取材に応じた。新型コロナウイルス感染拡大防止による外出自粛に伴い、長女・和香さん(6)との過ごし方を明

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子日本代表のエース・石川祐希(24)=パドバ=が、新型コロナウイルス感染拡大が深刻化するイタリアから4月下旬に帰国していたことが5日、分かった。マネジメント会社が発表した。帰国後の到着

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子で今季イタリア・セリエAのパドバでプレーした石川祐希(24)が5日、インスタグラムで4月下旬に帰国していたことを報告した。到着空港で新型コロナのPCR検査を受診し陰性。14日間の経過観察も完了した。 「皆さんに健康で元気な姿で帰国の報告をすることが、自分にできる恩返しの一つと思い、今日の報告とさせていただきました」と、支えてくれた人への感謝とともにつづった。

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表の柳田将洋(27=ユナイテッド・バレーズ)と西田有志(20=ジェイテクト)が5日、合同でインスタライブを行い、多い時間で約1万4000人が視聴した。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子の石川祐希(パドバ)が5日、自身のインスタグラムを更新。3月後半から小中高生を応援する企画として、手紙を募集し、自身のインスタグラム上でつないできた「感謝の気持ち」を締めくくった。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するイタリアの1部リーグでプレーしていたバレーボール男子日本代表のエース、石川祐希(パドバ)が4月下旬に帰国していたことを5日、マネジメント会社が発表した。帰国後は自宅での14日間の経過観察が終了。PCR検査も陰性だったという。 石川は自身のインスタグラムに「健康に生活することができている。皆さんと一緒にスポーツの素晴らしさを分かち合える日がまた戻ってくるように、これからの未来をつくっていきましょう」などとつづった。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子の石川祐希(イタリア1部・パドバ)が5日、自身のインスタグラムを更新し、「報告することが、自分にできる恩返しの一つだと思い」と、この日までにイタリアから帰国していたことを報告した。今

後で読む
スポーツニッポン

バレーボールのイタリア・セリエAでプレーしている全日本男子のエース、石川祐希(24=パドバ)が5日、インスタグラムを更新し4月下旬にイタリアから帰国したことを明かした。石川は「今季が終了し、日本へ帰国しました。14日間の経過観察を終え、健康に生活できています」と現状を報告した。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子日本代表のエースで、今季イタリア・セリエAのパドバでプレーした石川祐希(24)のマネジメント会社は5日、4月下旬に石川がイタリアから帰国したことを報告した。到着空港で新型コロナウイルスのPCR検査を受診し、陰性。その後、14日間の経過観察を完了し、現在も体調は問題なく、健康に生活しているという。 イタリアでは新型コロナウイルスの感染が爆発的に広がったことを受け、セリエAは3月にリーグ戦が中断。厳しい外出規制措置などがされた中、石川は現地に滞在し、再開を待ったが、その後、4月に正式に中止が決まった。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール男子日本代表のエースで、イタリアのプロ1部リーグ(セリエA)パドバでプレーする石川祐希(24)が、4月末に無事帰国していたことを5日、所属事務所が…

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール女子代表の石井優希(28=久光製薬)が5日の「こどもの日」、インスタライブで子どもたちの質問や相談に答えた。児童たちから小さい頃の夢やバレーボール…

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボール男子日本代表のエースで、イタリア・セリエAのパドバに所属する石川祐希(24)が5日、自身のインスタグラムを更新。すでに帰国したこと、体調に問題がないことを報告した。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナ感染症拡大による東京五輪・パラリンピックの1年延期に伴い、複数の競技で、既に調達していた設備や備品の品質保持が懸案となっていることが3日、分かった。来年の夏まで劣化を防ぐ必要があり、こまめなメンテナンスや倉庫での管理、一時的な撤去など、会場ごとに対応を迫られている。 ビーチバレーは潮風公園(東京都品川区)の仮設会場に、競技に適した砂をベトナムから搬入済み。植物の種の混入を避け虫が巣をつくらないようシートをかぶせるなどの対応が必要だが、長期間覆ったままだとかびが生えてしまうという。毎月シートをめくって掘り返し、異物を取り除く作業が想定されている。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボールの女子日本代表(世界ランキング7位)が来年の東京五輪1次リーグ初戦で戦うケニア代表(同19位)に、日本人スタッフがいる。2019年4月から青年海外…

後で読む
スポーツ報知

新型コロナウイルスの影響により3月9日以降、約1か月間中断していたリーグ戦が正式に中止となり、今季が終了しました。4試合を残し、目標としていたプレーオフ出場のためには負けられない状況が続いていた中、

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール男子Vリーグ2部に所属するヴォレアス北海道が、今季のホームゲーム2連戦中止に伴う費用救済へ、クラウドファンディング(CF)協力を呼び掛けている。広…

後で読む
日刊スポーツ

元バレーボール選手で現在は大阪市内でスペイン料理店などを営む米村信子さん(36)が、医療従事者に弁当を無償提供する「デリバレープロジェクト」を始める。新型コロ…

後で読む
日刊スポーツ

バレーボールのVリーグで今季初優勝したジェイテクトのセッター中根聡太(24)とエース西田有志(20)は、一緒にデビューした。2018年1月に広島市内で行われた…

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール男子日本代表の西田有志(20=ジェイテクト)は自宅の1人カラオケでストレスを解消している。大好きなザ・ブルーハーツの「人にやさしく」を口ずさみ、憂…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。