「五輪」の記事一覧

デイリースポーツ

バスケットボール男女5人制の日本代表監督らが14日、オンラインで記者会見して今後の強化方針などを語り、来年の東京五輪で強豪からの白星を狙う男子のラマス監督は「新型コロナの世界的大流行を乗り越え、五輪の舞台にみんなで立ちたい」と述べた。 ラマス監督は五輪前に欧州勢らと強化試合を組みたい意向を示した。5人制の男女は新型コロナの影響で代表合宿を行えず、金メダル獲得を目指す女子は世界ランキング1位の米国や米女子プロリーグWNBAのチームとの練習試合が中止になったという。ホーバス監督は「日本は他の国に比べたら練習をやっている。できたら米国遠征をしたい」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)が九州を中心に各地を襲った7月の豪雨被害への復興支援として実施している慈善オークションで、14日17時現在、男子66キロ級前世界王者の阿部一二三(23)=パーク24=が出品したサイン入り柔道着に早くも28万円超の最高入札額がついている。16日22時で終了となる。 この慈善オークションは、現役選手らアスリート委員会からの発案で実現したもので、歴代の五輪メダリストや東京五輪代表選手ら40人以上が協力。3週にわたってオークションサイト「HATTRICK」に特別グッズを出品し、収益の全額を被災地支援などに寄付するというものだ。

後で読む
日刊スポーツ

競泳で五輪2大会連続2冠の北島康介氏(37)が会長を務める東京都水泳協会は14日、「プール及び水泳での正しい感染対策ガイドライン」を説明する動画を作成した。同…

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール日本代表4カテゴリー(5人制、3人制各男女)の監督らが14日、オンラインで記者会見し、5人制男子のフリオ・ラマス監督は来夏の東京五輪への準備として事前に8試合程度の国際試合を行いたいと構想を明かした。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子V2ヴォレアス北海道に加入した08年北京五輪代表のアウトサイドヒッター越川優(36)が13日、旭川市内で「YuMe~夢~バレーフェスタ2020」を開催した。

後で読む
デイリースポーツ

J1のFC東京は14日、DF室屋成(26)がドイツ2部リーグのハノーバーに移籍すると発表した。15日の名古屋戦がFC東京での最後の試合になる。室屋はクラブを通じ「東京での経験を糧にチャレンジしてきます」とコメントした。 豊富な運動量と鋭い仕掛けが持ち味のサイドバックで、青森山田高、明大を経て2016年にFC東京入り。同年のリオデジャネイロ五輪に出場した。17年12月にフル代表に初招集され、国際Aマッチ10試合に出場している。FC東京はロストフ(ロシア)入りした橋本拳人に続く主力の移籍となる。

後で読む
東京スポーツ

J1FC東京は14日、DF室屋成(26)がドイツ2部ハノーバーに完全移籍すると発表した。  明大在学中の2015年に特別指定選手となり、16年にFC東京入り。同年のリオデジャネイロ五輪に出場した。翌…

後で読む
東京スポーツ

【東スポ60周年記念企画 フラッシュバック(17)】日本のお家芸「柔道」だが、その重量級は長く低迷が続く。特に最も重い男子100キロ超級での五輪金メダルは、2008年北京五輪で石井慧(33)が獲得した…

後で読む
サンケイスポーツ

新聞記者は時間が不規則とはいえ、やはり早起きはつらい。いちばん大変だったのは、女子マラソンの五輪旗メダリスト、高橋尚子さんの“走り初め”取材だ。

後で読む
デイリースポーツ

1996年アトランタ五輪の開会式で、聖火リレーの最終ランナーを務めたボクシングのヘビー級元世界王者、故ムハマド・アリさんが聖火台点火の際に使用したトーチを巡り、波紋が広がっている。7月に国際オリンピック委員会(IOC)がトーチが寄贈されたと発表。しかしアリさんの出身地にある記念館は同館が保管するトーチこそが本物と主張している。 60年ローマ五輪の金メダリストで、パーキンソン病だったアリさんが震える手でトーチを握った姿は五輪史に残る名場面として知られる。

後で読む
デイリースポーツ

J1、FC東京のDF室屋成(26)がドイツ2部リーグのハノーバーに移籍することが14日、関係者の話で分かった。15日の名古屋戦がFC東京での最後の試合になるという。 室屋は豊富な運動量と鋭い仕掛けが持ち味のサイドバック。青森山田高、明大を経て2016年にFC東京入りし、同年のリオデジャネイロ五輪に出場した。17年12月にフル代表に初招集され、国際Aマッチ10試合に出場している。FC東京はこのほどロストフ(ロシア)入りした橋本拳人に続く主力の移籍となる。

後で読む
日刊スポーツ

今からちょうど100年前の1920年8月14日、アントワープ・オリンピック(五輪)の開会式が行われた。日本を含む史上最多の29カ国から2591人…

後で読む
スポーツニッポン

創設2年目を迎えた競泳の国際リーグ(ISL)の20年シーズン決勝大会の開催地に、東京が有力候補として挙がっていることが13日、分かった。ISL関係者によると、ハンガリー・ブダペストとともに最終候補に残り、会場は東京五輪会場の東京アクアティクスセンターで調整を進めているという。当初は9月~来年4月に世界各地で27大会を開催予定だったが、コロナ禍で大会形式を変更。合同練習期間も含めて10月14日~…

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・NEC軽井沢72」(14日開幕、軽井沢72G北C=パー72) 女子ゴルフの今季第2戦、NEC軽井沢72が14日開幕する。6月の開幕戦、アース・モンダミンカップ以来、約1カ月半ぶりの開催。前日13日はオンライン会見が開かれた。

後で読む
日刊スポーツ

競泳男子の萩野公介(25=ブリヂストン)と女子の大橋悠依(24=イトマン東進)が13日、東京都特別大会(29、30日、東京辰巳国際水泳場)で五輪延期後初レース…

後で読む
デイリースポーツ

【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグ、ウニオン・ベルリンに加入した遠藤渓太が13日、本拠地のスタジアムで記者会見し「10点には絡みたい。5ゴール、5アシストとかを目標にできればと思う」と欧州初挑戦の意気込みを語った。 22歳の遠藤渓は来年の東京五輪代表入りを目指すアタッカー。昨年のJ1横浜Mのリーグ制覇に貢献し、今夏に1シーズンの期限付きでウニオン・ベルリンへ移籍した。

後で読む
スポーツ報知

日本レスリング協会が、国などからコーチに支払われる報酬を巡り、過去に不適切な会計処理を行った疑いが浮上し、日本オリンピック委員会(JOC)から調査の指示を受けたことが12日、分かった。4月に元コーチ

後で読む
スポーツニッポン

J2京都は13日、GK若原智哉(20)が入籍したことを発表した。お相手の女性は一般人で氏名や年齢などは非公表。若原はクラブを通じて「私事ですが、このたび、入籍させていただきましたことをご報告させていただきます。これからは家族のために、そしてクラブのために、より一層、責任感をもって頑張っていきたいと思います」とコメント。

後で読む
東京スポーツ

1年後に延期された東京五輪は、感染再拡大で開催が危ぶまれている。そんな厳しい現実から離れた「バーチャル空間」では今、五輪の公式ビデオゲームが大人気。“五輪ゲーム”がファンをひきつけるものとは何なのだ…

後で読む
東京スポーツ

【どうなる東京五輪パラリンピック(97)】開催がお預けになっても注目度は健在ということか。新型コロナウイルス禍で来夏に延期となった東京五輪は本来であれば9日に閉会式を迎えたはずだが、お祭りムードから一…

後で読む
スポーツニッポン

久しぶりの感覚が心地よかった。スポーツクライミングのリード・ジャパンカップが9―11日に岩手・盛岡で行われ、女子で来夏の東京五輪代表に決まっている野口啓代(TEAM au)は2位。連覇には届かなかったが、ライバルと争う緊張感と全力を尽くした疲労感が全身を包んだ。

後で読む
日刊スポーツ

世界陸連は12日、東京オリンピック(五輪)のマラソン実施日の1年前に合わせて8日に行った医事委員会のメンバー2人による札幌市での現地調査について「来年同じ条件…

後で読む
サンケイスポーツ

世界陸連は12日、東京五輪のマラソン実施日の1年前に合わせて8日に行った医事委員会のメンバー2人による札幌市での現地調査について「来年同じ条件で行われるならば、選手は素晴らしいレースができるだろう」との評価を発表した。

後で読む
デイリースポーツ

J1札幌の日本代表FW鈴木武蔵(26)に、ベルギー1部リーグのベールスホットから獲得の申し入れがあったことが13日、札幌のクラブ関係者への取材で分かった。札幌は公式サイトに「本人の意思を確認しつつ、交渉してまいります」と今後の方針を示した。 スピードが武器の鈴木は、群馬・桐生第一高から2012年にJ1新潟(現J2)に加入。その後複数のJクラブを渡り歩き、19年からは札幌でプレーしている。父はジャマイカ人、母は日本人で、原則23歳以下で争った16年リオデジャネイロ五輪に出場した。フル代表では7試合1得点。J1通算は163試合36得点。

後で読む
日刊スポーツ

スケートボードの国際統括団体、ワールドスケートは12日、オンラインで東京オリンピック(五輪)予選に関する会議を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ストリ…

後で読む
サンケイスポーツ

スケートボードの国際統括団体、ワールドスケートは12日、オンラインで東京五輪予選に関する会議を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ストリート、パークともに今年は世界選手権を開催しない方針を固めた。来年の世界選手権は両種目とも男女上位3人が五輪出場権を得る。

後で読む
スポーツ報知

卓球女子世界ランク2位で東京五輪代表の伊藤美誠(19)=スターツ=が12日、宇宙から五輪への決意のメッセージを届けた。

後で読む
日刊スポーツ

競泳男子で東京五輪代表の瀬戸大也(26=ANA)が、五輪延期後初レースとして、28日の早大慶大対抗戦(東京辰巳国際水泳場)に出る計画があることが12日、分かっ…

後で読む
スポーツニッポン

日本オリンピック委員会(JOC)は12日、日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬の一部を巡って2012年ごろまで不適切な会計処理を行っていた疑いがあるとして、報告を求めていることを明らかにした。

後で読む
デイリースポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)は12日、日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬の一部を巡って、12年ごろまで不適切な会計処理を行っていた疑いがあるとして、月内に報告を求めていることを明らかにした。 関係者によると、日本協会は代表クラスの専任コーチに支払われる報酬の一部を協会に寄付させ、海外遠征の時の会食代や記念品の購入などに使用していた可能性があるという。20年4月に告発文がJOCに届いた。日本協会は「調査中としか言えない」としている。

後で読む
デイリースポーツ

【モスクワ共同】ロシア陸連は12日、世界陸連から科されていた罰金など631万ドル(約6億7500万円)を支払ったと発表した。世界陸連は組織的なドーピング問題を抱えるロシア陸連が15日までに罰金を支払わなければ除名処分にするとしていた。 2015年11月から資格停止処分を受けているロシア陸連は、総額1千万ドルの罰金の半分と諸経費を今年7月1日までに支払うことが、一部のロシア選手に個人資格の「中立選手」として東京五輪参加を認める条件だった。しかし財政難を理由に期日を守れず、世界陸連から8月15日までの納付を求められていた。

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレの東京五輪世代、MF三笘薫(23)が公式戦3試合連続ゴールを挙げ、ルヴァン杯連覇へ望みをつないだ。前半6、38分に、いずれも同点ゴールをマーク…

後で読む
スポーツ報知

日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬を巡って過去に不適切な会計処理を行った疑いが浮上し、日本オリンピック委員会(JOC)から調査の指示を受けたことが12日、分かった。4月に元コーチか

後で読む
サンケイスポーツ

日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬の一部を巡り、2012年ごろまで不適切な会計処理を行っていた疑いがあるとして、日本オリンピック委員会(JOC)が月内に報告を求めていることが12日、分かった。

後で読む
デイリースポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)は12日、日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬の一部を巡って、2012年ごろまで不適切な会計処理を行っていた疑いがあるとして、月内に報告を求めていることを明らかにした。 関係者によると、日本協会は代表クラスの専任コーチに支払われる報酬の一部を協会に寄付させ、海外遠征の時の会食代や記念品の購入などに使用していた可能性があるという。今年4月に告発文がJOCに届いた。日本協会は「調査中としか言えない」としている。

後で読む
日刊スポーツ

日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬をめぐり、過去に不適切な会計処理をしていた疑いが12日までに浮上した。4月に元コーチから日本オリンピック委…

後で読む
スポーツ報知

名古屋競輪のG1「第63回オールスター」初日ドリームレース(ファン投票上位9選手)が、12日第11レースで争われた。

後で読む
東京スポーツ

国内女子ゴルフの今季第2戦「NEC軽井沢72」(14日~、長野・軽井沢72G北C)に向け、開幕戦で復活優勝を飾った渡辺彩香(26=大東建託)が12日の会見で、再びの優勝争いに向け自信をのぞかせた。 …

後で読む
デイリースポーツ

日本ハンドボール協会は12日、女子日本代表のウルリック・キルケリー監督(48)との契約を、来夏に延期となった東京五輪まで継続すると発表した。従来の契約は今月末までで、9月からデンマークの強豪オーデンセの監督に就任するが、同クラブと兼務することになった。 デンマーク出身のキルケリー監督は2016年に就任。昨年に熊本で行われた世界選手権で、1997年大会以降で最高の10位に躍進させた。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハンドボール協会は12日、東京五輪の1年延期に伴い、女子日本代表監督のウルリック・キルケリー氏(48)と契約を継続することを発表した。今季から就任予定のデンマークトップリーグ・オーデンセの監督と兼任する。女子日本代表監督の任期は2021年8月31日まで。 2016年6月から女子日本代表の監督として指揮を執ってきたキルケリー氏。昨年12月には世界選手権(熊本)でチームを過去最高となる10位に導いた。キルケリー氏は「様々な成果を収めてきた強化活動を今後も続けられることとなり、精進する所存です」と協会を通じてコメントした。

後で読む
日刊スポーツ

西田秀聖(ひでまさ、17=奈良県連盟)が、東京五輪代表の楢崎智亜(24=TEAM au)らを抑え、初優勝した。「黒縁めがねクライマー」こと西田が、決勝で変幻自…

後で読む
東京スポーツ

J1浦和は12日、東京五輪世代のDF荻原拓也(20)がJ2新潟に期限付き移籍をすることを発表した。移籍期間は8月13日~来年1月31日まで。  荻原は浦和の下部組織出身で、2018年にトップチームへ…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)世代となる浦和レッズDF荻原拓也(20)がJ2アルビレックス新潟にレンタル移籍すると10日、発表された。移籍期間は8月13日から21年…

後で読む
東京スポーツ

スポーツクライミング女子の第一人者が来夏の東京五輪へ上々の再スタートだ。到達した高さを競うリードのジャパンカップ(岩手・盛岡)が行われ、五輪代表の野口啓代(31=TEAM au)は決勝(11日)に進…

後で読む
スポーツニッポン

J2新潟は12日、浦和から東京五輪世代のDF荻原拓也(20)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。期間は来年1月末まで。今季は浦和との公式戦に出場できない。

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスの感染拡大で来夏に延期となった東京オリンピック(五輪)で、大会組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)がコスト削減のため、中央区晴海の選…

後で読む
日刊スポーツ

男子は西田秀聖(17=奈良県連盟)が初優勝。東京オリンピック(五輪)男子代表の楢崎智亜(24=TEAM au)は4位だった。楢崎は終盤の難関で落下し、4位に終…

後で読む
スポーツ報知

決勝が行われ、女子は東京五輪出場の可能性を残している16歳の森秋彩(あい)=茨城県連盟=が完登で3回目の優勝を果たした。五輪代表の野口啓代(31)=TEAM au=も完登したが、準決勝の結果により2

後で読む
スポーツニッポン

女子は森秋彩(16=茨城県連盟)が2大会ぶり3度目の優勝を飾った。新型コロナウイルスによる自粛期間が明けてから、五輪競技では初の日本一決定戦。来夏の夢舞台への可能性を残す16歳が、得意種目で輝いた。東京五輪代表勢は女子の野口啓代(31=TEAM au)が2位、男子の楢崎智亜(24=同)は4位だった。

後で読む
スポーツニッポン

自転車BMXフリースタイル・パークの室内強化施設「ライトBMXパーク」が岡山市に完成し、11日に報道陣に公開された。一般利用が可能な施設としては国内最大級で、東京五輪でメダル獲得を目指す中村輪夢(18=ウイングアーク1st)ら強化選手の新たな拠点となる。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪代表に決まっている女子の野口と、男子の楢崎智はともにタイトルを逃した。

後で読む
スポーツニッポン

女子は森秋彩(16=茨城県連盟)が2大会ぶり3度目の優勝を飾った。新型コロナウイルスによる自粛期間が明けてから、五輪競技では初の日本一決定戦。来夏の夢舞台への可能性を残す16歳が、得意種目で輝いた。東京五輪代表勢は女子の野口啓代(31=TEAM au)が2位、男子の楢崎智亜(24=同)は4位だった。

後で読む
デイリースポーツ

「スポーツクライミング・リード・ジャパンカップ・最終日」(11日、岩手県営運動公園) 男女決勝が行われ、男子で五輪代表に決まっている楢崎智亜(24)=TEAM au=は4位だった。

後で読む
デイリースポーツ

「スポーツクライミング・リード・ジャパンカップ・最終日」(11日、岩手県営運動公園) 男女決勝が行われ、女子は来夏に延期された東京五輪代表入りの可能性を残す昨年の世界選手権銅メダリスト、森秋彩(16)=茨城県連盟=が準決勝、決勝と課題を完登し、2大会ぶり3度目の優勝を飾った。東京五輪代表に内定している野口啓代(31)=TEAM au=は2位。五輪代表の権利を持つ野中生萌(23)=XFLAG=は準決勝で敗退した。男子で五輪代表に決まっている楢崎智亜(24)=TEAM au=は4位だった。

後で読む
デイリースポーツ

「スポーツクライミング・リード・ジャパンカップ・最終日」(11日、岩手県営運動公園) 男女決勝が行われ、女子は来夏に延期された東京五輪代表入りの可能性を残す昨年の世界選手権銅メダリスト、森秋彩(16)=茨城県連盟=が準決勝、決勝と課題を完登し、2大会ぶり3度目の優勝を飾った。東京五輪代表に内定している野口啓代(31)=TEAM au=は2位。五輪代表の権利を持つ野中生萌(23)=XFLAG=は準決勝で敗退した。男子で五輪代表に決まっている楢崎智亜(24)=TEAM au=は4位だった。

後で読む
スポーツ報知

女子決勝が行われ、準決勝1位通過の森秋彩(あい、16)=茨城県連盟=が完登し、3度目の優勝を果たした。五輪代表の野口啓代(31)=TEAM au=も完登したが、準決勝の結果により2位。ボルダリング、

後で読む
サンケイスポーツ

白血病で長期休養していた競泳女子の池江璃花子(20)=ルネサンス、日大2年=が、29日に行われる東京都特別水泳大会(東京辰巳国際水泳場)の50メートル自由形で実戦復帰することが11日、分かった。レース出場は昨年1月以来、1年7カ月ぶり。2024年パリ五輪でのメダル獲得へ、大きな一歩を踏み出す。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの感染拡大で来夏に延期となった東京五輪で、大会組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)がコスト削減のため、中央区晴海の選手村のオープンを従来の計画より2日遅らせ、稼働期間を短縮する方針で一致したことが11日、分かった。開村日は開幕8日前の来年7月15日となる。複数の関係者が明らかにした。 前回2016年リオデジャネイロ五輪では開幕12日前に開村した。延期が決まる前の東京五輪は10日前を予定していた。今回、期間をさらに短縮することで、選手村の運営にかかる諸経費を圧縮する狙いがある。

後で読む
日刊スポーツ

19年世界選手権銅メダルの森秋彩(もり・あい、16=茨城県連盟)が2大会ぶり3度目の優勝を飾った。16歳の女子高生は3度目の日本一に輝いたが、試合中とは変わら…

後で読む
サンケイスポーツ

女子で東京五輪代表に決まっている野口啓代(TEAM au)は、決勝で完登したものの2位だった。昨夏の世界選手権銅メダリストの森秋彩(茨城県連盟)も完登し、準決勝の成績で野口を上回って優勝した。

後で読む
デイリースポーツ

「スポーツクライミング・リード・ジャパンカップ 最終日」(11日、岩手県営運動公園) 男女決勝が行われ、女子は東京五輪代表入りの可能性を残す昨年の世界選手権銅メダリストの森秋彩(もり・あい、16)=茨城県連盟=が準決勝、決勝と課題を完登し、2大会ぶり3度目の優勝を飾った。来夏に延期された東京五輪代表に内定している野口啓代(31)=TEAM au=は2位。五輪代表の権利を持つ野中生萌(23)=XFLAG=は準決勝で敗退した。男子で五輪代表に決まっている楢崎智亜(24)=TEAM au=は4位だった。

後で読む
デイリースポーツ

「スポーツクライミング・リード・ジャパンカップ・最終日」(11日、岩手県営運動公園) 男女決勝が行われ、女子は東京五輪代表入りの可能性を残す昨年の世界選手権銅メダリストの森秋彩(16)=茨城県連盟=が準決勝、決勝と課題を完登し、2大会ぶり3度目の優勝を飾った。来夏に延期された東京五輪代表に内定している野口啓代(31)=TEAM au=は2位。五輪代表の権利を持つ野中生萌(23)=XFLAG=は準決勝で敗退した。男子で五輪代表に決まっている楢崎智亜(24)=TEAM au=は4位だった。

後で読む
デイリースポーツ

「スポーツクライミング・リード・ジャパンカップ 最終日」(11日、岩手県営運動公園) 男女決勝が行われ、女子は東京五輪代表入りの可能性を残す昨年の世界選手権銅メダリストの森秋彩(16)=茨城県連盟=が準決勝、決勝と課題を完登し、2大会ぶり3度目の優勝を飾った。来夏に延期された東京五輪代表に内定している野口啓代(31)=TEAM au=は2位。ジャパンカップ3冠の懸かった伊藤ふたば(18)=TEAM au=は7位だった。五輪代表の権利を持つ野中生萌(23)=XFLAG=は準決勝で敗退した。

後で読む
日刊スポーツ

過去に撮影した膨大な写真の中から、えりすぐりのシーンを抜き取った連続写真「思い出のパラパラ写真」。動画とは違った味わいとともに思い出のシーンを振り返ります。今…

後で読む
東京スポーツ

日本代表と東京五輪代表を兼務する森保一監督(51)が、スペイン1部ビリャレアル入団が決まったMF久保建英(19)の東京五輪の招集について現段階での見解を示した。  久保の保有元はレアルマドリードで、…

後で読む
デイリースポーツ

競泳女子で白血病からの復活を目指す池江璃花子(20)=ルネサンス=が、東京都特別大会(29~30日、東京辰巳国際水泳場=長水路)にエントリーしたことが11日、関係者への取材で分かった。種目は29日に実施される50メートル自由形のみ。27日に出場予定だった日大・中央大対抗戦が新型コロナウイルスの影響で中止となったため、出場すれば病気公表後初のレースで19年1月以来の復帰戦となる。 池江は昨年2月に病気が発覚し、12月まで長期入院していた。競技復帰に向けては2024年パリ五輪に照準を合わせていることを明かしており、今年3月に練習を再開。7月には報道陣に練習を公開し「20歳の抱負は何らかの試合に出ること。今の状況をしっかりチェックして、それ以上に強くなれる方法をどんどん見つけていければ」と復帰戦への意欲を見せていた。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪で新採用となる自転車BMXフリースタイル・パーク専用の室内練習施設「ライトBMXパーク」が岡山市に完成し、11日に報道陣に公開された。五輪でメダル獲得が期待される男子の中村輪夢は「いろいろなライダーと乗れるのはうれしい。これからが楽しみ」と話した。 一般利用が可能な施設としては国内最大級で、W杯と同じ大きさのジャンプ台や着地時の衝撃を和らげるスポンジプールなどを設置。岡山に拠点を置く女子の大池水杜は既に練習を積んでおり「スキルが伸びたと実感している」と手応えを口にした。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表と東京五輪男子代表を兼務する森保一監督が11日、オンラインで取材に応じ、19歳のMF久保建英がスペイン1部リーグのビリャレアルに期限付き移籍することを受け「確実にステップアップしている。また違ったチームで新しい久保建英を積み上げて」とエールを送った。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表と東京五輪男子代表を兼務する森保一監督が11日、オンラインで取材に応じ、19歳のMF久保建英がスペイン1部リーグのビリャレアルに期限付き移籍することを受け「確実にステップアップしている。また違ったチームで新しい久保建英を積み上げて」とエールを送った。 久保建は昨夏にレアル・マドリードに加入。2019~20年シーズンに期限付きで移籍したマジョルカは格上相手に守備重視で戦ったが、ビリャレアルではより攻撃的にプレーできそうだ。「違ったサッカー観の中で自分を高めてほしい。得点に絡み、数字にこだわって頑張ってほしい」と期待を寄せた。

後で読む
東京スポーツ

日本代表と東京五輪代表を兼務する森保一監督(51)が、12日のルヴァンカップ1次リーグ札幌戦(札幌ド)の出場が濃厚なFW三浦知良(53)にカズダンス披露を熱望した。  5日の鳥栖戦に続いてスタメン出…

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪で新採用となる自転車BMXフリースタイル・パーク専用の室内練習施設が岡山市に完成し、11日に報道陣に公開された。五輪でメダル獲得が期待される男子の中村輪夢(ウイングアーク1st)は「いろいろなライダーと乗れるのはうれしい。これからが楽しみ」と話した。

後で読む
スポーツニッポン

日本代表と五輪代表を兼任する森保一監督(51)が11日にオンラインで取材に応じ、スペイン1部レアル・マドリードから同ビリャレアルへの期限付き移籍が決まった日本代表MF久保建英(19)について言及し、エールを送った。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪で初めて実施されるBMXフリースタイル・パークの室内型強化施設「ライトBMXパーク」が岡山市に誕生した。11日にはオープン(15日)を控えて「お披露目…

後で読む
東京スポーツ

日本代表と東京五輪代表を兼務する森保一監督(51)が、スペイン1部ビリャレアル入団が決まったMF久保建英(19)に〝ゴール量産指令〟を出した。  注目された久保の新天地がビリャレアルに決定したことを…

後で読む
スポーツ報知

橋本聖子五輪相(55)は11日、都内で閣議後に会見を行い、新型コロナウイルスのワクチン開発に期待を寄せた。政府が英製薬大手から供給を受けることで基本合意したと発表したことなどを受け、「IOCや組織委

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表と東京五輪の男子代表を兼任する森保監督が11日、オンラインでの取材に応じ、スペイン1部・ビリャレアルへの移籍が決まった久保建英について期待をかけた。 世界的名門・バルセロナの下部組織で育った久保だが、昨夏からは、レアルマドリードからマジョルカへのレンタル移籍となり、スペイン1部に初挑戦。開幕当初は途中出場が目立ったものの、後半戦にかけて存在感を高め、終盤では攻撃陣をけん引する活躍を見せた。

後で読む
デイリースポーツ

白血病で長期休養していた競泳女子の池江璃花子(20)=ルネサンス=が29日に行われる東京都特別水泳大会(東京辰巳国際水泳場)の50メートル自由形で実戦復帰することが11日、関係者への取材で分かった。レース出場は昨年1月以来となる。 池江は昨年2月に病が発覚して12月まで長期入院。2024年パリ五輪でのメダル獲得を目標に掲げて、今年3月にプールでの練習を再開した。日本大2年生で、10月上旬に開催が予定されている日本学生選手権の出場を目指している。

後で読む
デイリースポーツ

橋本聖子五輪相(55)は11日、閣議後の定例会見を行った。新型コロナウイルス感染症の予防ワクチンについて、政府がこのほど、英製薬大手アストラゼネカ社から21年初頭より1億2千万回分の供給を受けることで基本合意したことに言及した。 開発成功が前提となるが、来夏の東京五輪への影響について「IOC(国際オリンピック委員会)や組織委員会がワクチン開発を(五輪)開催の条件にした事実はない」と改めて前置きしつつ、「今回の感染症にワクチンの果たす役割は大変大きいと認識している。出入国の管理、検査・医療体制、会場運営等を総合的に検討する」と大会におけるコロナ対策の柱の一つとして期待を込めた。

後で読む
日刊スポーツ

白血病から復帰を目指す競泳女子の池江璃花子(20=ルネサンス)が、29日に東京都特別大会(東京辰巳国際水泳場)の50メートル自由形にエントリーしたことが11日…

後で読む
日刊スポーツ

日本知的障がい者陸上連盟は11日までに、世界パラ陸上連盟公認の日本ID選手権を10月11日に東京都の駒沢オリンピック公園陸上競技場で開催すると発表した。同選手…

後で読む
スポーツニッポン

橋本聖子五輪相が11日、閣議後の定例会見で政府が英製薬会社と基本合意に達した新型コロナウイルスのワクチン提供について言及した。

後で読む
東京スポーツ

【どうなる?東京五輪・パラリンピック(96)】 新型コロナウイルス禍がなければ9日には東京五輪のフィナーレを迎え、ラスト2日は札幌開催となった男女マラソンが盛り上がっていたはずだった。そのマラソンにつ…

後で読む
東京スポーツ

中国卓球界が、東京五輪代表・伊藤美誠(19=スターツ)の“コピー選手”まで用意し、大規模な五輪シミュレーションを敢行している。  8日から中国代表は海南島で「東京五輪模擬大会」を開催中。ズバリ名前の…

後で読む
デイリースポーツ

世界陸連(WA)は10日、先月28日に発表したトラック競技におけるシューズの新規性について、同日よりすでに適応されていることを発表した。当初は12月1日から適用とされていた。これにより、現在、長距離界を席巻しているナイキのヴェイパーフライ、アルファフライを初めとした厚底シューズはトラックでの使用は禁止となり、違反した場合の記録は認定されないこととなった。 世界陸連は7月28日に延期となった東京五輪に向けたシューズに関する規定の改定を発表。新規定では各種目における使用可能なシューズのソールの厚さの数値が決められ、フィールド競技では20ミリ(三段跳びのみ25ミリ)まで、トラック種目では400メートルまでは20ミリ、800メートル以上、クロスカントリーでは25ミリまでに定められた。現在、長距離界を席巻するナイキの厚底シューズは、ヴェイパーフライが36ミリ、最新のアルファフライが39・5ミリとされており、規制対象となった。

後で読む
日刊スポーツ

橋本聖子五輪相(55)は11日の閣議後会見で、政府が新型コロナウイルスのワクチン供給について英製薬会社と基本合意したと発表したことを受け「大会主催者のIOC(…

後で読む
スポーツ報知

女子の予選が行われ、東京五輪代表の野口啓代(31)=TEAM au=が参加47選手で唯一、全2課題を完登する圧倒的なパフォーマンスで首位通過した。五輪の延期決定後、最初の大会で好スタートを切った。五

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)代表の野口啓代(31=TEAM au)は、2課題を完登して首位通過で準決勝進出を決めた。気温32度の炎天下の中、頂点だけを狙って淡々と…

後で読む
スポーツ報知

 地元・カリフォルニア州出身で日本人の父を持つコリン・モリカワ(23)=米国=が2打差4位から出て着実なゴルフで1イーグル、4バーディー、ボギーなしの64をマーク。大会初出場ながら通算13アンダーでメ

後で読む
スポーツニッポン

【キヨシスタイル!】熱いぜ!高校野球。甲子園でセンバツに出場予定だった32校による「2020甲子園高校野球交流試合」が開幕すれば、東京ではダイワハウススタジアム八王子で東西優勝校が激突した。球児の夏、真っ盛りだ。

後で読む
スポーツニッポン

7人制ラグビー男子日本代表の羽野一志(29=NTTコム)が都内での合宿後にオンライン取材に応じ、「あまり東京五輪をイメージすると(本番まで)長い。今はラグビーを一生懸命やり、(積み重ねが)五輪につながれば」と心境を明かした。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪代表を目指す体操界のホープ、北園丈琉(17=大阪・清風高)が10日、大阪市内での試技会に出場し、跳馬の大技ロペスに手応えを見せた。着地で乱れたものの、「一応立つことができた」と納得の表情。実戦形式で試すのは2度目で、今回は「感じが良くて、もう少しでしっくりくるところまで来ていると思う」と前進を感じていた。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪の男子代表、楢崎智は準決勝5位で11日の決勝に駒を進めた。「持てると思ったところと持てないと思ったところが逆だった」と課題の下部から誤算があり、納得のパフォーマンスは見せられず。

後で読む
スポーツニッポン

来夏の東京五輪の女子代表に決まっている野口啓代(31=TEAM au)が、女子予選を首位通過した。新型コロナウイルスの影響で半年ぶりの実戦となったが、1人だけ2課題をともに完登して連覇へ好発進。11日は女子の準決勝、男女決勝が行われる。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪に出場するラグビー7人制男子日本代表候補が10日、東京と大分で練習を行い、都内で参加したバックスの羽野一志(29)=NTTコミュニケーションズ=がオンライン取材に応じた。 名古屋出身で小中学校の3学年下には姫野和樹(トヨタ自動車)がおり、19年の15人制W杯日本代表で大活躍した親しい後輩から刺激を受けたという。来夏に延期された五輪を見据え「自分たちセブンズも続きたい。ラグビー熱をまた燃やせるように一丸となってやっていく」と誓った。

後で読む
デイリースポーツ

「スポーツクライミング・リード・ジャパンカップ・第2日」(10日、岩手県営運動公園) 女子予選が行われ、来夏に延期された東京五輪代表に内定している野口啓代(31)=TEAM au=が唯一2ルートとも完登し、首位で11日の準決勝進出を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

体操男子で来夏の東京五輪出場を目指す北園丈琉(17)=大阪・清風高=が10日、大阪市内の同校で開かれた社会人クラブ・徳州会との合同試技会に参加し、跳馬で高難度のロペスを披露した。 2018年ユース五輪で5冠に輝き、内村航平(リンガーハット)からも評価される北園。習得を目指す大技・ロペスは着地が乱れたものの「今日の感じは結構良くて、もう少しでしっくりくるところまで来ている」と手応え十分。一方で「力がコントールできてない」と課題も挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

2016年リオデジャネイロ五輪バスケットボール女子日本代表の大崎佑圭(旧姓間宮)が10日、自身のインスタグラムで現役引退を発表した。出産を経験し、ママさんアスリートとして東京五輪出場を目指していた30歳の大崎は「私のチャレンジはここで終わり。バスケット人生に終止符です。引退します」などと記した。 リオ五輪後の16年末に結婚し、18年末に女児を出産。その後は一時競技から離れて引退状態となっていたが、東京五輪出場を目指し現役復帰。今年2月の東京五輪予選で日本代表としてプレーした。

後で読む
スポーツニッポン

川崎Fは“五輪メシ”で連勝街道ばく進だ!1次リーグ突破が懸かるルヴァン杯の名古屋戦を2日後に控えた10日、特別な昼ご飯が用意された。日本一の漁獲量を誇る千葉県船橋産のブランド魚「幻の瞬〆スズキ」だ。

後で読む
サンケイスポーツ

2016年リオデジャネイロ五輪バスケットボール女子日本代表の大崎佑圭(旧姓間宮)が10日、自身のインスタグラムで現役引退を発表した。出産を経験し、ママさんアスリートとして東京五輪出場を目指していた30歳の大崎は「バスケット人生に終止符。チャレンジは終わり」と記した。

後で読む
スポーツ報知

バスケットボール女子の16年リオ五輪8強入りメンバーで、出産を経て、東京五輪に向けて代表復帰した大崎佑圭(30)が10日、自身のインスタグラムで現役引退を表明した。「遂にバスケット人生に終止符です。

後で読む
サンケイスポーツ

アジア・オリンピック評議会(OCA)は10日、中国・三亜で11月28日~12月6日に予定していたアジア・ビーチ大会を新型コロナウイルスの影響で来年4月2日~10日に延期すると発表した。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪の1年延期で「幻」になりかけた「幻の魚」を、J1川崎フロンターレが感謝の思いできれいに平らげた。10日の全体練習後、クラブの食堂で用意された献立に「ス…

後で読む
スポーツ報知

男子の準決勝が行われ、東京五輪代表の楢崎智亜(24)=TEAM au=が5位で11日の決勝進出を決めた。大会連覇を狙う藤井快(27)=TEAM au=も2位で通過。19年世界選手権複合4位の実力者・

後で読む
スポーツ報知

女子予選が行われ、東京五輪代表の野口啓代(31)=TEAM au=が唯一、2課題とも完登し、首位で予選を通過した。リードを得意とし、3度目Vを目指す森秋彩(16)=茨城県連盟=、東京五輪出場を狙う実

後で読む
デイリースポーツ

「スポーツクライミング リード・ジャパンカップ」(10日、岩手県営運動公園) 女子予選が行われ、来夏に延期された東京五輪代表に内定している野口啓代(31)=TEAM au=が唯一2ルートとも完登し、首位で11日の準決勝進出を決めた。五輪代表候補の野中生萌(23)=XFLAG=と昨年の世界選手権銅メダリストの森秋彩(16)=茨城県連盟=が2位。史上初のジャパンカップ3冠がかかる伊藤ふたば(18)=TEAM au=は15位で通過した。男子準決勝は五輪代表に決まっている楢崎智亜(24)=TEAM au=が5位で、決勝進出を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

体操男子で来夏の東京五輪出場を目指す北園丈琉(17)=大阪・清風高=が10日、大阪市内の同高で開かれた社会人クラブ・徳州会との合同試技会に参加し、跳馬で高難度のロペスを着地した。同校と同クラブが合同試技会を公開するのは初となる。 2018年ユース五輪で5冠に輝き、内村航平(リンガーハット)も評価する北園が、習得を目指す大技・ロペスを披露した。着地は乱れたものの「今日の感じは結構良くて、もう少しでしっくりくるところまで来ている」と手応え十分。一方で「出る力がコントールできてない」と課題も語った。

後で読む
デイリースポーツ

スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップ第2日は10日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で行われ、男子準決勝は東京五輪代表の楢崎智亜や前回優勝の藤井快(ともにTEAM au)ら8人が決勝に進んだ。原田海(日新火災)は敗退した。 二つのルートを登る女子予選では五輪代表の野口啓代(TEAM au)が2完登し、首位通過した。野中生萌(XFLAG)や森秋彩(茨城県連盟)、ボルダリングとスピードのジャパンカップを制した伊藤ふたば(TEAM au)らも26人による準決勝に進出。

後で読む
サンケイスポーツ

スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップ第2日は10日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で行われ、男子準決勝は東京五輪代表の楢崎智亜や前回優勝の藤井快(ともにTEAM au)ら8人が決勝に進んだ。原田海(日新火災)は敗退した。

後で読む
デイリースポーツ

サーフィンのプロ最高峰チャンピオンシップツアー(CT)を主管する世界サーフリーグが主催する特別イベントが9日、米カリフォルニア州の人工波で行われ、条件付きで東京五輪の出場権を獲得している男子の五十嵐カノアがペアで準優勝を果たした。「この緊張感を何カ月も待ち望んでいた」と、久々の実戦での好結果に声を弾ませた。 男女2人一組の変則的なトーナメント戦で、各選手が左へと崩れる波と右方向に崩れる波に1本ずつ乗ってライディングを競った。今季のCTは新型コロナで全試合が中止。五十嵐は12月の来季開幕戦まで待ち切れない気持ちをぶつけるように多彩な技を繰り出した。(共同)

後で読む
サンケイスポーツ

サーフィンのプロ最高峰チャンピオンシップツアー(CT)を主管する世界サーフリーグが主催する特別イベントが9日、米カリフォルニア州の人工波で行われ、条件付きで東京五輪の出場権を獲得している男子の五十嵐カノア(木下グループ)がペアで準優勝を果たした。「この緊張感を何カ月も待ち望んでいた」と、久々の実戦での好結果に声を弾ませた。

後で読む
スポーツ報知

16年リオ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダルの桐生祥秀(24)=日本生命=が10日、「IWAKABE Time Attack」(埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)で今季200メートル初戦に

後で読む
スポーツ報知

競泳の男子200メートル自由形で東京五輪の金メダル候補、松元克央(かつひろ、23)=セントラルスポーツ=が9日、千葉県公認記録会(千葉県国際総合水泳場)で同種目に出場し、1分46秒69のタイムをマー

後で読む
日刊スポーツ

男子3000メートル障害で16年リオデジャネイロ・オリンピック(五輪)覇者のコンセスラス・キプルト(25=ケニア)が新型コロナウイルスの検査で陽性となり、14…

後で読む
スポーツ報知

新型コロナウイルス禍による緊急事態宣言を経て、東京五輪実施競技では初めてとなる日本選手権クラスの大会が始まった。感染防止対策が徹底される中、初日は男子予選に51人が参加。2月以来、約半年ぶりの実戦と

後で読む
スポーツニッポン

自転車トラック種目男子オムニアムの東京五輪代表、橋本英也(日本競輪選手会、写真)が9日、トレーニングのため宇都宮市で行われた実業団のロードレース大会に出場した。残り2周で周回遅れとなり、途中棄権。「完走はしないとだめ。ただ、強度のあるレースを走れたのは良かった」と、反省と収穫を口にした。

後で読む
スポーツニッポン

昨夏の競泳世界選手権男子200メートル自由形銀メダルの松元克央(23=セントラルスポーツ)が9日、オンライン取材に応じ「来年、本当に五輪があるのか。ないもののためには頑張れない。できれば絶対に開催すると言ってほしい。開催を信じて頑張るしかない」と不安を吐露し、来年7月23日開幕予定の東京五輪の開催の確約を熱望した。

後で読む
スポーツニッポン

来夏の東京五輪代表に決まっている男子の楢崎智亜(24=TEAM au)が、予選首位で10日の準決勝に進出した。Aルートで1位タイの高度を稼ぐとBルートはただ1人、完登する貫禄の登りを披露。新型コロナウイルスの影響がなければ東京五輪閉会式だった日に、1年延期となった夢舞台へ再スタートを切った。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの影響で来年に延期された東京パラリンピックの新たな日程が3日に発表され、代表内定選手や競技団体関係者らは意欲を新たにした。発表会見にリモート参加したテコンドー男子61キロ級の田中光哉(28)=ブリストル・マイヤーズスクイブ=は「最大の安全管理をして、いい準備をしていきたい」と1年後の祭典を見据えた。 五輪同様に同一会場、同一日程で調整され、日付が1日ずつスライドとなった。日本パラ陸連の増田明美会長は「大会最終日にマラソンがある。東京の街を選手が駆け抜け、いい締めくくりになる」と期待。視覚障害選手と伴走者の密接が避けられないなどパラ特有の感染対策問題については「PCR検査を含め感染予防を徹底したい。知恵を出し、工夫をこらして考えたい」と述べた。

後で読む
デイリースポーツ

競泳の松元克央(23)=セントラルスポーツ=が9日、千葉県国際総合水泳場で行われた記録会に出場した。昨夏の世界選手権で銀メダルを獲得した男子200メートル自由形は、1分46秒69。約半年ぶりの実戦に「タイム的にも悪くない。安心した」と語った。 東京五輪は1年延期。心はまだ100%の状態には遠く、練習の局面でも「何のために頑張るんだろうとか、そういう気持ちが邪魔している」。追い込み切れない自分に対し、葛藤の毎日だ。

後で読む
デイリースポーツ

「スポーツクライミング・リード・ジャパンカップ・第1日」(9日、岩手県営運動公園) リード種目の日本一を決める大会が9日、無観客で開幕した。初日は男子予選が行われ、来夏に延期された東京五輪代表に内定している楢崎智亜(24)=TEAM au=がトップで、10日に行われる準決勝進出を決めた。新型コロナウイルスにより、中止、延期が続いた中、五輪競技の日本選手権レベルの大会が開催されるのはこれが初めて。女子は10日に予選が行われる。

後で読む
スポーツニッポン

新たなライバル物語の幕開けだった。広島GK大迫敬介(21)と湘南GK谷晃生(19)がプロ入り後初対戦。来年に延期された東京五輪の正守護神の座を争う2人が存在感を見せ、大迫が意地の2試合連続無失点で2連勝に貢献した。

後で読む
スポーツニッポン

明治安田生命J1リーグは各地で2試合が行われ、FC東京はアウェーでC大阪と0―0で引き分けた。J1デビュー戦となった五輪世代のGK波多野豪(22)は前半11分にビッグセーブを披露するなど、4試合ぶりの無失点に貢献。J1で出場した日本人としては史上最長身となる1メートル98の大男が、長谷川健太監督(54)の抜てきに応えた。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第9節最終日(9日、C大阪0-0FC東京、ヤンマー)FC東京はC大阪に0-0で引き分けた。198センチの長身を誇る東京五輪世代のGK波多野豪(22)がJ1初出場で無失点に抑えた。4戦勝利のないFC東京は勝ち点15。前節2位のC大阪は同18で3位に後退した。広島がMF浅野雄也(23)のゴールで湘南に1-0で競り勝ち、2連勝で勝ち点13とした。湘南は3連敗。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAは9日、神宮球場のヤクルト戦で4―0で快勝。「6番・遊撃」でスタメン出場した倉本寿彦内野手(29)が初回に右翼席に今季1号グランドスラムを放った。今季はここまで12球団で24本の満塁本塁打が飛び出しているが、初回の満塁弾による「スミ4」勝利はセ・リーグでは東京五輪が行われた1964年以来、56年ぶり2度目の珍事だった。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAは9日、神宮球場のヤクルト戦で4―0で快勝。「6番・遊撃」でスタメン出場した倉本寿彦内野手(29)が初回に右翼席に今季1号グランドスラムを放った。今季はここまで12球団で24本の満塁本塁打が飛び出しているが、初回の満塁弾による「スミ4」勝利はセ・リーグでは東京五輪が行われた1964年以来、56年ぶり2度目の珍事だった。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪世代の湘南GK谷が1失点ながらも好守を連発した。日本代表の下田GKコーチが視察する中、FWペレイラら広島の強力な攻撃陣から計20本のシュートを浴び、何…

後で読む
日刊スポーツ

東京は敵地でC大阪と0-0で引き分けた。東京五輪世代のGK波多野豪(22)が先発し、J1デビューを果たした。ジュニアユース時代から東京の下部組織育ち。17年シ…

後で読む
東京スポーツ

J1C大阪のMF坂元達裕(23)が攻めの姿勢を貫いている。  ホーム・ヤンマースタジアム長居で9日に行われたFC東京戦。日本代表と東京五輪代表を兼務する森保一監督(51)が視察に訪れた一戦で、左利き…

後で読む
東京スポーツ

FC東京の東京五輪世代GK波多野豪(22)がさらなる高みを見据えている。  9日に行われたアウェーでのC大阪戦。「正直緊張していたが、試合が始まったらすんなり入れた」と、J1デビュー戦で若武者が躍動…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)世代となるサンフレッチェ広島MF浅野雄也(23)が「ピースマッチ」を制する決勝点を挙げ、1-0で湘南ベルマーレを撃破した。前半終了間際…

後で読む
スポーツ報知

スポーツクライミングのリードジャパンカップは9日、岩手県営スポーツクライミング競技場で開幕。男子の予選で東京五輪代表の楢崎智亜(24)=TEAM au=がトップ通過し、10日の準決勝進出を決めた。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪世代となるサンフレッチェ広島GK大迫敬介が2試合連続完封劇で存在感を示した。日本代表の下田GKコーチが視察する中、前節の横浜FC戦に続き、無失点で抑え…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪世代5選手が先発出場した湘南ベルマーレは、ゴールが遠かった。1月のU-23アジア選手権のメンバーだったGK谷、MF斉藤をはじめ、MF鈴木、MF金子、F…

後で読む
デイリースポーツ

来年に延期された東京五輪のメダル候補、競泳男子の松元克央(セントラルスポーツ)が9日、千葉県国際総合水泳場で行われた競技会で得意の200メートル自由形を1分46秒69で制した。200メートルのレースは2月以来約半年ぶりだったが「悪くなく、安心した。ずっと頑張ってきたので実力は落ちていない」と納得の表情を浮かべた。 昨夏の世界選手権で日本記録をマークし銀メダルに輝いた種目だが、泳ぐ前は「すごく怖かった」という。かなり抑えて入った前半を折り返してからペースアップ。後半100メートルは54秒28と約1年前に出した日本記録よりも速いラップタイムでまとめた。

後で読む
スポーツ報知

競泳の男子200メートル自由形で来年の東京五輪の金メダル候補、松元克央(かつひろ、23)=セントラルスポーツ=が同種目に出場し、1分46秒69のタイムだった。自身にとっては2月のきららカップ以来、約

後で読む
スポーツ報知

レジェンドアスリートが子どもと夢を語るオンライントークセッション「ぼくらのスポーツ」が9日、「HALF TIME」の主催で開催された。柔道男子60キロ級五輪3連覇の野村忠宏氏、競泳男子平泳ぎで2大会

後で読む
サンケイスポーツ

来年に延期された東京五輪のメダル候補、競泳男子の松元克央(セントラルスポーツ)が9日、千葉県国際総合水泳場で行われた競技会で得意の200メートル自由形を1分46秒69で制した。200メートルのレースは2月以来約半年ぶりだったが「悪くなく、安心した。ずっと頑張ってきたので実力は落ちていない」と納得の表情を浮かべた。

後で読む
東京スポーツ

競泳男子200メートル自由形で日本記録保持者の松元克央(23=セントラルスポーツ)が9日、公認記録会(千葉・国際総合水泳場)に出場し、1分46秒69をマークした。  松元にとってこの日のレースは「久…

後で読む
デイリースポーツ

アマチュアを統括する日本ボクシング連盟が女子の普及や知名度向上を目指し、お笑いコンビ、南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代さんに女子の強化委員就任を要請したことが9日、関係者の話で分かった。山崎さん側は検討段階という。 山崎さんはミドル級で2012年ロンドン五輪出場を狙い、話題になった。五輪出場はかなわず、15年に引退を表明した。東京五輪ではフライ級の並木月海(自衛隊)、フェザー級の入江聖奈(日体大)が日本女子初の出場を決めている。

後で読む
スポーツニッポン

下肢障がいの選手が対象のパラカヌーで、東京パラリンピック内定の女子・瀬立モニカ(22=江東区協会)が9日、石川県小松市の木場潟カヌー競技場で行われたイベントに出場した。昨年9月に実施された東京パラのテスト大会以来で、今季初の実戦形式となる。「久しぶりのレースですごく楽しかった」と笑顔を見せた。この日は男子選手2人と直線200メートルのコースを競い、59秒85の1着でゴール。来月、同会場で行われ…

後で読む
スポーツニッポン

昨夏の競泳世界選手権の男子200メートル自由形銀メダルの松元克央(23=セントラルスポーツ)が8日、オンライン取材に応じ「来年、本当に五輪があるのか。ないもののためには頑張れない。できれば絶対に開催すると言ってほしい。開催を信じて頑張るしかない」と来年7月23日開幕予定の東京五輪の開催の確約を熱望した。

後で読む
デイリースポーツ

競泳の松元克央(23)=セントラルスポーツ=が9日、千葉県国際総合水泳場で行われた記録会に出場した。昨夏の世界選手権で銀メダルを獲得した男子200メートル自由形は、1分46秒69とまずまずのタイムをマークした。8日に出場した100メートル自由形は48秒94だった。 約半年ぶりの実戦。「久しぶりの試合で、怖い中で、でも、それなりに練習はできていたので実力を出そうと思った」と振り返り「タイム的にも悪くないし、安心した気持ちが今はある」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップは9日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で開幕して男子予選が行われ、東京五輪代表の楢崎智亜が1位となり、前回優勝の藤井快(ともにTEAM au)、原田海(日新火災)らとともに26人による10日の準決勝に進んだ。 本来は3月に予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で延期され、無観客での実施となった。国内大会が開催されるのは2月以来。女子は10日に競技が始まり、11日に男女の決勝が行われる。

後で読む
デイリースポーツ

自転車トラック種目男子オムニアムの東京五輪代表、橋本英也が9日、トレーニングのため宇都宮市で行われた実業団のロードレース大会に出場した。残り2周で周回遅れとなり、途中棄権。「完走はしないとだめ。ただ、強度のあるレースを走れたのは良かった」と、反省と収穫を口にした。 1日で4種目を走るオムニアムは持久力や瞬発力など総合力が求められる。今年2月の世界選手権は11位で「差は体力だけ」と感じた。国際大会の予定が立たず、国内のロードレースで勾配のある長距離を走り、体力を磨く考えだ。

後で読む
デイリースポーツ

「スポーツクライミング リード・ジャパンカップ第1日」(9日、岩手県営運動公園) リード種目の日本一を決める大会が9日、無観客で開幕した。初日は男子予選が行われ、来夏に延期された東京五輪代表に内定している楢崎智亜(24)=TEAM au=がトップで、10日に行われる準決勝進出を決めた。新型コロナウイルスにより、中止、延期が続いた中、五輪競技の日本選手権レベルの大会が開催されるのはこれが初めて。女子は10日に予選が行われる。

後で読む
デイリースポーツ

アマチュアを統括する日本ボクシング連盟が、女子ボクシングが初めて正式種目となった2012年ロンドン五輪を目指したお笑いコンビ「南海キャンディーズ」のしずちゃん(41、山崎静代)に、女子の強化、広報活動を担う委員への就任を要請していることが9日、明らかになった。同連盟によると、しずちゃんは前向きに検討しているという。 しずちゃんはミドル級でロンドン五輪を狙い、12年5月の世界選手権に出場するなどしたが、五輪出場はかなわなかった。15年に引退後も、女子の普及や底辺拡大に関心を示していた。

後で読む
日刊スポーツ

競泳男子の松元克央(23=セントラルスポーツ)が9日、千葉県内で記録会に出場した。昨夏世界選手権で銀メダルを獲得した200メートル自由形で1分46秒69の1着…

後で読む
日刊スポーツ

スポーツビジネスのPRなどを手がける「HALF TIME」が9日、オンラインイベントを開催した。競泳五輪2大会連続2冠の北島康介氏(37)、柔道五輪3連覇野村…

後で読む
サンケイスポーツ

自転車トラック種目男子オムニアムの東京五輪代表、橋本英也(日本競輪選手会)が9日、トレーニングのため宇都宮市で行われた実業団のロードレース大会に出場した。残り2周で周回遅れとなり、途中棄権。「完走はしないとだめ。ただ、強度のあるレースを走れたのは良かった」と、反省と収穫を口にした。

後で読む
サンケイスポーツ

スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップは9日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で開幕して男子予選が行われ、東京五輪代表の楢崎智亜が1位となり、前回優勝の藤井快(ともにTEAM au)、原田海(日新火災)らとともに26人による10日の準決勝に進んだ。

後で読む
スポーツ報知

卓球女子で東京五輪代表の石川佳純(27)=全農=が、10日午後7時半からNHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」で特集される。「進化し続ける女王、石川佳純 1000日の記録」をテーマに昨年の東京

後で読む
サンケイスポーツ

陸上の男子3000メートル障害で2016年リオデジャネイロ五輪覇者のコンセスラス・キプルト(ケニア)が新型コロナウイルスの検査で陽性となり、14日のダイヤモンドリーグ今季第1戦(モナコ)を欠場することになった。9日、ロイター通信が報じた。自身のインスタグラムに「症状はなく、状態は良かった。世界記録を狙っていた」とつづった。

後で読む
スポーツニッポン

男子予選が行われ、来夏の東京五輪代表に決まっている楢崎智亜(24=TEAM au)が首位で10日の準決勝に駒を進めた。

後で読む
デイリースポーツ

東京パラリンピックのカヌー代表に内定している女子スプリント・カヤックシングル(運動機能障害KL1)の瀬立モニカが9日、石川県小松市木場潟カヌー競技場で開かれたイベントで200mのレースに出場した。今季初めての実戦形式で「久しぶりにレースをやって、すごい楽しいと思うことができた」と声を弾ませた。 男子の2選手と競い、59秒85の1着でゴール。東京大会に向けて従来より硬くしたシートを初めて試したそうで「向かい風が強かったが、推進力を感じられた」と好感触を口にした。

後で読む
東京スポーツ

東京五輪の空手組手男子75キロ級でメダル獲得が期待される西村拳(24=チャンプ)が8日、自身のインスタグラムを更新し、来夏に延期された東京五輪への意気込みを示した。  本番が行われる日本武道館をバッ…

後で読む
スポーツ報知

東京五輪の自転車トラック種目日本代表の激励会が8日、五輪会場の静岡・伊豆ベロドロームで行われた。女子オムニアム、マディソンで代表入りした梶原悠未(23)=筑波大大学院=らが出席し、五輪のレース本番ま

後で読む
日刊スポーツ

アマチュアを統括する日本ボクシング連盟が女子の普及や知名度向上を目指し、お笑いコンビ、南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代に女子の強化委員就任を要請…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)のマラソンと競歩の発着点となる札幌・大通公園では8日、朝7時の気温が19・5度という涼しさだった。実施1年前に合わせ、札幌市内のコース…

後で読む
日刊スポーツ

マラソンは「五輪の華」といわれる。9日は男子マラソンが東京オリンピック(五輪)の最終日を彩っているはずだった。昨年9月15日の代表選考会マラソン・グランドチャ…

後で読む
スポーツ報知

都内の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で合宿中のバレーボール女子日本代表・長岡望悠(みゆ、29)=久光=と黒後愛(22)=東レ=が8日、オンラインで取材に応じた。

後で読む
スポーツニッポン

日体大柔道部で複数の部員が新型コロナウイルスに感染した件で、東京五輪女子52キロ級代表の阿部詩は感染していないことが確認された。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった東京五輪で初めて実施される、スポーツクライミングのリード・ジャパンカップが9日、盛岡市の岩手県営運動公園で開幕する。コロナの収束が見通せない中、五輪競技で日本タイトルを争う大会は初めて。日本協会がさまざまな感染防止策を講じていることが分かった。

後で読む
スポーツニッポン

体操男子で2018年ユース五輪5冠に輝いた北園丈琉(17=清風高3年)が8日、大阪市内の同校で練習を公開した。東京五輪の1年延期に伴い、更なる成長が期待されるホープ。来年4月から徳洲会に所属するものの、東京五輪までは今の拠点を変えないことが判明した。大阪で腕を磨き、ナニワが誇る名門15人目のオリンピアンを目指す。

後で読む
デイリースポーツ

来年の東京五輪出場を目指す体操の北園丈琉(17)=清風高=が8日、大阪市内の同校で練習を公開。18年ユース五輪で5冠達成のホープは、コロナ禍の日々にボクシングのWBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)から刺激を受けたことを明かした。 4月から6月までの2カ月は部活動も完全停止。自主練習の不安な時期に見たのが井上の密着動画だった。「自分を追い込んでトレーニングしていた。自分もがむしゃらにやってみたいと思いました」とチャンプの姿に心を奮い立たせた。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール女子で7月の追加招集で2年ぶりに日本代表に復帰した長岡望悠(29)=久光=が8日、オンラインで取材に応じた。エースとして16年リオ五輪に出場したが、17年に左膝前十字じん帯断裂。18年に同箇所を再受傷した。「まだ痛みも怖さもある。5割にやっと来た段階」と言うが「膝とつきあいながらパフォーマンスを上げることに集中する」と冷静に語った。 東京五輪延期が決まった3月はまだリハビリ中で「応援者」として受け止めた。今も、来夏をはっきりと見据えているわけではないが「もう少しバレーボールがやりたいという素直な気持ちが自分の中にあると気づけた」と長岡。まっすぐな気持ちを誇りに、完全復活を目指す。

後で読む
サンケイスポーツ

首位の川崎はFW三笘薫(23)らのゴールで大分を2-0で下し、8連勝で勝ち点を25に伸ばした。鹿島は鳥栖を下して今季初の2連勝。名古屋はFW前田直輝(25)の4得点などで浦和を6-2と圧倒して勝ち点17。G大阪は終了間際の得点で横浜FCに2-1で競り勝った。FWオルンガ(26)が今季10点目を決めた柏は1-1で横浜Mと引き分けた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本陸連の科学委員会が東京五輪の陸上男子マラソンまでちょうど1年となった8日、競歩の会場ともなる札幌市のコースで暑熱対策に向けた実地検証を行った。杉田正明科学委員長(54)は本来の舞台だった東京に比べて涼しいと明言し、暑熱対策とは逆の準備も必要になる可能性を示唆した。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は8日、札幌市内のマラソンと競歩のコースの実地検証を行い、気象条件について、特例で入国を認められた世界陸連の医事委員会のメン…

後で読む
スポーツ報知

東京五輪の自転車トラック種目代表の激励会が8日、五輪会場の静岡・伊豆ベロドロームで開かれた。女子オムニアム、マディソンで代表入りした梶原悠未(筑波大大学院)、男子スプリントとケイリン代表の脇本雄太、

後で読む
スポーツニッポン

体操男子で2018年ユース五輪5冠に輝いた大阪・清風高3年の北園丈琉(17)が8日、大阪市内の同高で練習を公開した。来年4月から入る徳洲会の所属会見も行った。大学に進学せず、実業団入りするのは体操界では珍しい。その理由について、「人とは違うチャレンジをして、そのチャレンジをすることに不安もあった。何が一番いいのかというのをたくさん悩んで決めました」と競技力向上を最優先にして決断したことを明かし…

後で読む
デイリースポーツ

体操男子で18年ユース五輪5冠に輝いた大阪・清風高3年の北園丈琉が8日、大阪市内の同高で練習を公開した。東京五輪の延期で、小学生の頃から目標だった高校生での五輪代表入りはならなかったが「東京五輪がなくなったわけではない。そこを見据えてやっていきたい」と決意を新たにした。 約2カ月間は器具を使用した練習ができなかったが、ボクシング世界王者の井上尚弥に密着した動画を見て「自分を追い込んでいた。あれくらいがむしゃらにやってみたい」と刺激を受けたという。現在は跳馬で大技のロペスや床運動でG難度のリ・ジョンソン(後方抱え込み2回宙返り3回ひねり)の習得を目指す。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート男子で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)を指導するブライアン・オーサー・コーチが7日、NBCスポーツ(電子版)の取材に応じ、羽生の出場大会について、スケートカナダを勧めると明かした。NBCは、オーサーコーチとトレイシー・ウィルソン・コーチの考えとして、海外選手も含め、指導するクリケットクラブのスケーターにスケートカナダ(30日~11月1日、オタワ)への出場を勧めると伝えている。ただし、羽生はNHK杯(11月27~29日、大阪)にエントリーする可能性もあるという。 羽生をはじめ、平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)や車俊煥(韓国)らはまだ自国に滞在しており、カナダ入りできていない。羽生がNHK杯に出場する場合、カナダ入国時、日本への帰国時の2度隔離が必要となることを懸念しているという。

後で読む
日刊スポーツ

自転車トラック種目の東京五輪代表内定選手の激励会が8日、本番会場となる伊豆市・伊豆ベロドロームで開催された。男子の新田祐大(34=日本競輪選手会)や脇本雄太(…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は8日、中央区晴海の組織委オフィスに勤務する20代の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。組織委職員の感染例は前…

後で読む
スポーツ報知

体操男子で18年ユース五輪5冠の北園丈琉(たける、17)が8日、大阪・清風高で会見し、高校卒業後の来年4月から実業団の徳洲会に所属することについて「全てが自分にとって魅力的で、ここで強くなりたいって

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は8日、東京都中央区晴海の事務局に勤務する20代の男性職員1人が、新型コロナウイルスの検査で陽性だったと発表した。組織委職員の感染が判明したのは3人目。

後で読む
サンケイスポーツ

体操男子で2018年ユース五輪5冠に輝いた大阪・清風高3年の北園丈琉が8日、大阪市内の同高で練習を公開した。東京五輪の1年延期で、小学生の頃から目標だった高校生での五輪代表入りはならなかったものの「東京五輪がなくなったわけではない。そこを見据えてやっていきたい」と決意を新たにした。

後で読む
デイリースポーツ

自転車トラック種目の東京五輪代表選手の激励会が8日、五輪本番会場となる静岡県伊豆市の伊豆ベロドロームで行われた。女子オムニアムで今年の世界選手権女王の梶原悠未(筑波大院)は、「世界チャンピオンということを自信にしてしっかり走りたい。必ずメダルを獲得できるように頑張ります」と来夏に意気込んだ。 東京五輪に向け、五輪代表選手は7月28日から8月2日に、五輪本番と同じスケジュールで非公開のシミュレーションを実施した。開催国だからこそできる練習は選手に好評。梶原も「五輪当日のイメージがすごく湧きました。モチベーションがもう一段階上がった」とうなずく。

後で読む
デイリースポーツ

自転車トラック種目の東京五輪代表選手の激励会が8日、五輪本番会場となる静岡県伊豆市の伊豆ベロドロームで行われた。出席した東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は「(取材で)もし五輪ができなくなったらどうされるんですか、と聞かれるけど。(五輪中止は)考えてない。コロナに負けたら人類が滅亡する。五輪は実現させていかないといけない」と強く語った。 激励会は参加者を制限し、フェースシールドの使用など、新型コロナウイルス感染に注意して行われた。森会長は「『コロナだから(五輪を)やめましょう』とみんながマイナス思考になるが、今日は密にならないように、ずいぶん配慮をしている。これは大事なこと。そういうことに負けちゃいけない」と強調していた。

後で読む
デイリースポーツ

カヌー・スプリントの男子カヤックフォア500メートルで東京五輪代表の松下桃太郎と藤嶋大規(ともに自衛隊)が8日、合宿先の石川県小松市で取材に応じた。新型コロナウイルス禍による延期がなければ五輪決勝だった日に水上練習をこなし、松下は「集中を切らさず合宿ができている。五輪では上位を目指せるように頑張っていきたい」と1年後の大舞台へ成長を誓った。 松下と組んで2012年ロンドン五輪ペアで10位となった藤嶋は「五輪に向けてのモチベーションは下がっていないが、今季は目標となるものがない」と、大会中止が相次ぐ異例のシーズンに複雑な思いも口にした。

後で読む
日刊スポーツ

日本陸連の科学委員会は、ちょうど1年後が東京オリンピック(五輪)の男子マラソンとなる8日、札幌市内のコースの気象コンディションなどを計測した。男女の競歩とマラ…

後で読む
日刊スポーツ

体操男子で18年ユース五輪5冠の北園丈琉(17=大阪・清風高)が、ボクシングの世界王者の「がむしゃらさ」を刺激にした。8日、大阪府内の高校で、来年4月から社会…

後で読む
サンケイスポーツ

日本陸連の科学委員会が8日、東京五輪のマラソンと競歩が開かれる札幌市で暑熱対策に向けた実地検証を行った。オンラインで報道各社の取材に応じた杉田正明科学委員長は「東京に比べて涼しいのは間違いない」と説明した。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール女子日本代表の黒後愛(22)=東レ=が8日、オンラインで報道陣の取材に応じた。東京五輪の1年延期が決まった当時の心境について「(中止で)なくなってしまうのかなという思いもあったので、(延

後で読む
サンケイスポーツ

日本陸連の科学委員会が8日、東京五輪のマラソンと競歩が開かれる札幌市で暑熱対策に向けた実地検証を行った。オンラインで報道各社の取材に応じた杉田正明科学委員長は「東京に比べて涼しいのは間違いない」と説明した。

後で読む
東京スポーツ

金メダルコンプリートの可能性は――。女子マラソンが盛んな東海3県(愛知、岐阜、三重)の関係者の間で、1年延期となった東京五輪の女子マラソン代表・鈴木亜由子(28=日本郵政グループ)への期待が高まって…

後で読む
スポーツニッポン

自転車トラック種目の東京五輪出場内定者の激励会が8日、静岡県伊豆市の本番会場「伊豆ベロドローム」で行われた。短距離男子の新田祐大、脇本雄太、女子の小林優香(以上、日本競輪選手会)、女子中距離の梶原悠未(筑波大大学院)、中村妃智(日本写真判定)の5選手が参加し、大会組織委員会の森喜朗会長や橋本聖子五輪相ら来賓がメッセージを送った。男子中距離の橋本英也(日本競輪選手会)は欠席した。

後で読む
デイリースポーツ

日本陸連は8日、来夏に延期された東京五輪のマラソン、競歩が行われる札幌で、暑熱に関する実地調査を行い、科学委員会の杉田正明委員長がオンラインで取材に応じた。 調査は明日までの5日間で、各ポイントの気温、湿度、WGBT(暑さ指数)、路面温度、風などを測定。札幌はこの4日間、雨、曇りが続いており、晴天時の測定はできていないが、東京との比較で「東京はWGBTで30度を超えるぐらいの酷暑な環境。(WGBT指標の)厳重警戒を超えて、運動中止になることもある。札幌は今のところ上がっても、(指標の)警戒にあたる25度から28度。今日の午前も25度まで上がらなかった。東京より涼しいのは間違いない」と、説明した。今後は日を改めて、晴天時の測定も行う予定。集めたデータは選手強化にフィードバックしていく。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール女子日本代表の長岡望悠(29)=久光=が8日、オンラインで報道陣の取材に応じた。2度の左膝故障を経て、約2年ぶりに代表復帰を果たしたばかり。「膝とつきあいながら、しっかりパフォーマンスを上げることに集中することが大事」と冷静に語った。 長岡は日本代表のエースとして2016年リオ五輪に出場するなど活躍したが、17年に左膝前十字靱帯(じんたい)を断裂。復帰を果たすも、18年に再び同箇所を負傷した。

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボール女子で、2度にわたる左ひざ靱帯(じんたい)断裂から日本代表の合宿に復帰した長岡望悠(29)=久光製薬=が8日、東京都内で合宿練習後にオンラインで報道陣の取材に応じ、完全復帰へ「毎日、一つでもテーマをクリアして成長できるように、一日一日を大事に過ごすことが大事」と話した。

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール女子日本代表の長岡望悠(29=久光)が8日、代表合宿の練習後にオンラインで取材に応じた。2度の左膝前十字じん帯損傷を経験し、治療やリハビリをを続けて2年ぶりに代表復帰。「今でも膝の痛みや怖さはまだある。毎日1つでも自分が成長できるようにしたい」と再起を誓った。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪、パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が8日、静岡県伊豆市の東京五輪会場「伊豆ベロドローム」で自転車トラック競技の日本代表内定選手の激励会に出席した。

後で読む
東京スポーツ

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(28=日本郵政グループ)が7日、オンラインで報道陣の取材に応じ「しっかりと戦える状態でスタートラインに立って、最後まで諦めずにメダルを目指して走りたい」と決意を…

後で読む
サンケイスポーツ

体操女子で成長著しい畠田瞳(19)はサラブレッドとして知られる。父は五輪メダリストで日体大監督の好章氏(48)で、母は元ユニバーシアード代表の友紀子さん(46)。妹の千愛(ちあき、16)=ともにセントラルスポーツ=と2人でコーチの母に師事し、来夏の東京五輪を目指している。二世としての才器に頼らず、努力で道を切り開く。

後で読む
デイリースポーツ

自転車トラック種目の東京五輪代表に決まっている、男子の脇本雄太や新田祐大、女子の梶原悠未らの激励会が8日、本番会場となる静岡県伊豆市の伊豆ベロドロームで行われた。ケイリン発祥国として悲願の金メダルを目指す脇本は「この五輪を人生のゴールと思い、全身全霊を込める」と決意を語った。 激励会には東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長や橋本聖子五輪相、静岡県の川勝平太知事らが参加。

後で読む
日刊スポーツ

自転車トラック種目の東京五輪代表に決まっている、男子の脇本雄太や新田祐大(ともに日本競輪選手会)、女子の梶原悠未(筑波大大学院)らの激励会が8日、本番会場とな…

後で読む
スポーツ報知

スポーツ報知のカメラマンが、五輪の現場で撮影した瞬間を振り返る企画の第3回は2000年シドニー大会。柔道男子100キロ超級決勝で、篠原信一が「世紀の大誤審」に見舞われた。カメラマンは当時、会場で入り

後で読む
スポーツ報知

スポーツ報知のカメラマンが、五輪の現場で撮影した瞬間を振り返る企画の第3回は2000年シドニー大会。カメラマンは当時、会場で入り乱れたさまざまな感情を感じ取っていた。

後で読む
スポーツ報知

スポーツ報知のカメラマンが、五輪の現場で撮影した瞬間を振り返る企画の第3回は2000年シドニー大会。カメラマンは当時、会場で入り乱れたさまざまな感情を感じ取っていた。

後で読む
スポーツ報知

スポーツ報知のカメラマンが、五輪の現場で撮影した瞬間を振り返る企画の第3回は2000年シドニー大会。カメラマンは当時、会場で入り乱れたさまざまな感情を感じ取っていた。

後で読む
スポーツ報知

男子50キロ競歩代表の鈴木雄介です。今回から1年間、コラムを通して皆さまにいろいろと考えをお伝えできればと思っています。よろしくお願いします。

後で読む
スポーツ報知

1年は短いようで長い。特にベテランと呼ばれる年齢に達している選手にとっては、長い。東京五輪の延期を受け、引退を選んだ選手もいれば、指導者を代え心機一転した選手もいる。手術に懸けた選手もいた。

後で読む
スポーツ報知

日本の団体球技で初の五輪メダルは、1932年ロサンゼルス大会のホッケー男子でもたらされた。初出場の日本は3チームの争いで1勝1敗。2戦2勝のインドに次いで銀メダルを手にし、大会報告書で広瀬藤四郎監督

後で読む
日刊スポーツ

1年延期となった東京五輪の女子マラソンまで、再びちょうど1年となった7日、札幌市内のコースの気温と湿度を走る時間に合わせ、日刊スポーツが5キロごとに独自計測し…

後で読む
スポーツ報知

東京五輪サーフィン男子で条件付き出場権を獲得している五十嵐カノア(22)=木下グループ=が、9日(日本時間10日)に米・カリフォルニア州レモアで開催される「Rumble at the Ranch(ラ

後で読む
スポーツ報知

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(28)=日本郵政グループ=が7日、合宿中の北海道・網走市でオンラインの合同取材に応じた。2度目のマラソンとなった昨年9月の代表選考会・MGC(マラソングランドチ

後で読む
スポーツニッポン

全柔連は7日、7月の豪雨被害の復興支援で、慈善オークションを実施すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20)=東レ=が7日、オンラインで取材に応じ、東京五輪1年延期については「成長できる時間が増えた」と前向きな姿勢を示した。現在、女子代表は都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで合宿を行っている。 男子代表エースの石川祐希(ミラノ)を兄に持ち、自身も19年9月から代表に選出。W杯では全試合に出場した。19年の男子W杯を見て「サーブで点数を取っていたので大事だな」と、現在はサーブ練習に力を入れる。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(28)=日本郵政グループ=が7日、オンラインによる合同取材に応じた。新型コロナウイルスの影響で来夏に五輪が延期され、本番のちょうど1年前に、合宿地の北海道網走市で心境を語った。 「もし本番が今日だったら、ベストな状態だったのか疑問符がつく」。1月に右太もも裏を肉離れした。指導する高橋昌彦監督によると、5月末から走り始めたものの、足先などに違和感が出たという。現在は慎重を期して、体幹トレーニングなどを積んでいる。

後で読む
スポーツニッポン

横浜からドイツ1部ウニオン・ベルリンに移籍したU―23日本代表MF遠藤渓太(22)がスポニチの単独取材に応じ、初の移籍に懸ける思いを語った。東京五輪まで1年のタイミングで「順調」だった道を断ち、未知の世界へ――。下部組織から一筋で育ってきた横浜を離れ、海外挑戦を志すきっかけとなった2つの背景とは? 

後で読む
サンケイスポーツ

モナコに本部があるワールドアスレチックス(世界陸連)の医事委員会のメンバー2人が、札幌市で始まった東京五輪のマラソン、競歩コースの実地検証に参加するため、特例で入国を認められたことが7日、関係者への取材で分かった。

後で読む
デイリースポーツ

モナコに本部があるワールドアスレチックス(世界陸連)の医事委員会のメンバー2人が、札幌市で始まった東京五輪のマラソン、競歩コースの実地検証に参加するため、特例で入国を認められたことが7日、関係者への取材で分かった。 新型コロナウイルス感染症の影響で、日本政府はモナコや2人が居住するフランスを原則入国拒否の対象にしている。大会組織委員会が今回の来日は開催準備に不可欠だとして政府と協議。出入国時のPCR検査による陰性証明や、滞在時に一般市民との接触を控えるなど感染防止策の徹底を条件に、政府が例外的に入国を認めた。

後で読む
東京スポーツ

東京五輪の空手組手女子61キロ超級の植草歩(28=JAL)が7日、自身のインスタグラムを更新し、ユーチューブチャンネルを開設したことを明かした。  植草は「来年の今日8月7日がオリンピックの試合の日…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪金メダリスト候補が、ユーチューバーになった。空手の女子組手で東京五輪61キロ超級代表の植草歩(28=JAL)が7日、ユーチューブに「植草歩のうえちゃん…

後で読む
東京スポーツ

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20=東レ)が東京五輪への思いを口にした。かねて目標にしてきた東京五輪は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で来夏に延期となったが、若きエースに悲観する様子は見られ…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)の女子マラソンまでちょうど1年となった7日、札幌の本番コースでは男子代表の服部勇馬(26=トヨタ自動車)が試走をしていた。本番と同じ朝…

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20=東レ)が7日、リモート囲み取材に応じ、来夏の東京オリンピック(五輪)に向けサーブレシーブに磨きをかけると目標を語った…

後で読む
スポーツ報知

空手の女子組手61キロ超級東京五輪代表の植草歩(28)=JAL=が7日、YouTubeチャンネル「植草歩のうえちゃんねる」(https://www.youtube.com/channel/UCdzC

後で読む
スポーツ報知

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20)=東レ=が7日、オンラインで報道陣の取材に応じた。173センチと攻撃的な選手として小柄な石川だが、2日の紅白戦では強力なサーブとアタックで、1年延期となった

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20=東レ)は7日、代表合宿の練習終了後にオンラインで取材に応じた。来夏に延期になった東京五輪について「成長できる期間が増えた。自分がどれだけできるか、強化ポイントを意識して取り組んでいきたい」と意気込んだ。

後で読む
東京スポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、東京・中央区晴海のオフィスに勤務する30代女性職員1人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性が判明したことを発表した。  組織委員会の職員の感染例は2例目。…

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、この日午前、中央区晴海の組織委員会オフィスに勤務する30代の女性職員1人が、新型コロナウイルス感染症の検査で陽性が判明したと確認したと発表した。組織委職員の感染例は2例目。 当該職員の組織委員会関連施設への直近の出勤日は7月29日で、翌30日から本日まで在宅による勤務を行っているため、オフィスには出勤していない。本人に感染症による症状は出ていないという。

後で読む
日刊スポーツ

1年延期となった東京五輪の女子マラソンまで、再びちょうど1年となった7日、札幌市内のコースの気温と湿度を走る時間に合わせ、日刊スポーツが5キロごとに独自計測し…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、中央区晴海の組織委オフィスに勤務する30代の女性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。広報担当によると、感染…

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、30代の女性職員1人が新型コロナウイルスの検査で陽性になったと発表した。職員の感染が判明したのは2例目。組織委によると、ほかの職員を含めて数人の濃厚接触者がいたことが分かっているという。

後で読む
スポーツ報知

新型コロナウイルスに感染し、入院していた飛び込みの東京五輪代表・寺内健(40)=ミキハウス=が7日、退院して自宅療養に切り替えたことが分かった。

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は7日、熊本県など九州を中心に各地を襲った7月の豪雨被害の復興支援で、慈善オークションを実施すると発表した。男子73キロ級の大野将平(旭化成)や女子52キロ級の阿部詩(日体大)ら東京五輪代表が柔道着などサイン入りのグッズを提供。収益の全額を寄付する方針で、送り先は被災地の柔道連盟などと今後検討する。 総勢40人以上の協力予定者には、全柔連の山下泰裕会長や日本男子の井上康生監督の他、多数の五輪メダリストが名を連ねた。10日午後8時から3週にわたり、オークションサイト「HATTRICK」に出品される。

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスに感染した飛び込み男子の東京五輪代表寺内健(ミキハウス)が7日、病院を退院して自宅療養となった。寺内は1日にPCR検査で陽性となって2日に入…

後で読む
東京スポーツ

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(28=日本郵政グループ)が7日、オンライン取材に応じ、同じく女子マラソン代表の前田穂南(24=天満屋)と一山麻緒(23=ワコール)について語った。  前田と一山…

後で読む
東京スポーツ

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(28=日本郵政グループ)が7日、オンライン会見を開き、率直な心境を述べた。  五輪は戦後、当たり前のように〝真夏の祭典〟として催されてきたが、今年開催されるはず…

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)は本番の1年前となる7日、オンラインで取材に応じ「万全の状態で、最後まで諦めずメダルを目指して走りたい」と抱負を述べた。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)は本番の1年前となる7日、オンラインで取材に応じ「万全の状態で、最後まで諦めずメダルを目指して走りたい」と抱負を述べた。 1月に右太もも裏を痛め、6月ごろにも足先などに違和感が出たという。現在は体幹トレーニングなどに取り組んでおり「もう一段上に行くためには、これまでの自分を越えなければいけない。今は力をためる時」と現状を受け止めた。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)マラソン女子日本代表の鈴木亜由子(28=日本郵政グループ)が7日、オンラインでの合同取材に応じ、1年後に札幌で行われるレースに向けて、…

後で読む
スポーツ報知

橋本聖子五輪相が7日、閣議後の定例会見を行った。東京五輪代表に内定している水泳・飛び込みの寺内健(ミキハウス)の新型コロナウイルス感染が発覚したことについて「心配になってきている」と懸念を示した。そ

後で読む
スポーツ報知

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(28)=日本郵政グループ=が7日、オンラインで合同取材に応じた。大一番までちょうど1年となり「テーマは『超える』。どんな状況であれ、今の自分を超えられたなと思っ

後で読む
東京スポーツ

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(28=日本郵政グループ)が7日、オンライン上で報道陣の取材に応じ、1年後への思いを口にした。  五輪本番のレースは本来なら、8日に行われるはずだった。しかし、鈴…

後で読む
東京スポーツ

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(28=日本郵政グループ)を指導する高橋昌彦監督が7日、オンライン取材で今後の〝強化プラン〟に言及した。  鈴木は昨年のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC…

後で読む
東京スポーツ

【どうなる?東京五輪パラリンピック(94)】新型コロナウイルス禍で最も心配される競技といえば、新体操の日本代表「フェアリージャパン」だろう。昨年9月の世界選手権では種目別ボールで団体史上初の金メダルを…

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルスに感染し入院していた飛び込み男子で東京五輪代表に決まっている寺内健(40)=ミキハウス=が7日、退院した。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート元アイスダンス日本代表で10年バンクーバー五輪、14年ソチ五輪出場のキャシー・リードさん(33)が7日、ブログを更新。カップルとして五輪2大会をともに戦い、今年3月に30歳で急逝した弟のクリス・リードさんへの思いをつづった。「七月七日、七夕、クリスのお誕生日」というタイトルで、ちょうど1カ月前の日について語っている。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(28)=日本郵政グループ=が7日、オンラインで取材に応じた。新型コロナウイルスの影響で五輪が延期となり、女子マラソンは来年の8月7日に行われる。ちょうど1年後に向けて「正直なところ、もし本番が今日だったら、ベストな状態で立てたのか疑問符がつくところもある。1年できて、前向きにとらえて、1年後はベストの状態で立てるように最大限努力していきたい」と誓いを立てた。 鈴木は1月下旬の米国合宿中に右太もも裏の肉離れを起こした。指導する高橋昌彦監督によると、5月末ぐらいから走り始めたものの、別の箇所に気になるところが表れた。足首の下付近に炎症が起こりやすいことなどから、慎重にトレーニングをしており、現在は距離を踏むような練習はできていないという。

後で読む
デイリースポーツ

橋本聖子五輪相は7日、閣議後の定例会見を行った。 飛び込みで東京五輪代表に内定していた寺内健(ミキハウス)が新型コロナウイルスに感染したことが発表されたことを受け「内定者に感染が出たことで心配になってきているが、選手のベストコンディションを確保し、観客の皆さんにも安心安全な状況にしていくことが重要」と、改めて強調。

後で読む
デイリースポーツ

19年ラグビーW杯で日本代表8強入りに貢献したWTB福岡堅樹(27)=パナソニック=が7日、テレビ朝日系「徹子の部屋」に出演。福岡は医学の道に進むため、来夏に延期となった東京五輪代表入りを断念。現在の心境や結婚観などを語った。 「今は半日以上は基本的に勉強をメインに置いているので、午前中は少しトレーニングして、午後から夜にかけてほとんど勉強に優先順位を置いている状態です。今は受験勉強の形なので、問題を解いたり、家でも映像で授業を受けられるのでそういうものも使って忘れたところを復習しています」と“受験生”としての近況を明かした。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(28=日本郵政グループ)が本番の1年前となった7日、オンラインで取材に応じた。今年1月に右太もも裏を肉離れし、メダル獲得に黄信号が点ったが五輪の1年延期で“九死に一生”を得た。再起を誓う鈴木は「しっかりと準備期間がある。有効に使って1年後に戦える状態でスタートラインに立ちたい」と意気込んでいる。

後で読む
東京スポーツ

【Restart パラヒーローズ その壁を乗り越えろ(12)】東京五輪代表の座を巡り、柔道男子66キロ級の丸山城志郎(26=ミキハウス)と阿部一二三(22=パーク24)が死闘を繰り広げる一方で、視覚障…

後で読む
スポーツニッポン

橋本聖子五輪相は7日、閣議後の定例会見を行い、東京五輪内定選手の感染者が確認されるなど新型コロナウイルスが猛威を振るっていることについて「心配になってきている」と述べた。

後で読む
日刊スポーツ

100年に1人の天才はリンクを去った。92年アルベールビル五輪後、伊藤みどり(48)は引退。同五輪では絶不調の中、最後にトリプルアクセル(3回転半)を決めて銀…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)で初めて正式種目に採用される空手。その“顔”ともいえる存在が女子組手の植草歩(28=JAL)で、本来なら8日、61キロ超級代表として日…

後で読む
スポーツニッポン

20日開幕のAIG全英女子オープンで大会連覇を目指す女子ゴルフの渋野日向子(21=サントリー)が6日、リモートで会見した。

後で読む
スポーツニッポン

名古屋のMF相馬が東京五輪世代同士のマッチアップに自信を見せた。

後で読む
スポーツ報知

新体操日本代表の「フェアリージャパンPOLA」が7日までに取材に応じた。 新型コロナウイルスの影響で、拠点のJISS(国立スポーツ科学センター)は4月上旬から使用できず。チームは一時解散し、約2か月

後で読む
スポーツ報知

東京五輪ボクシング女子ミドル級の日本代表候補で、看護師との二足のわらじを履く、津端ありさ(27)=西埼玉中央病院=が6日、東京・赤羽の味の素トレセンで特例の特訓を行い、オンラインで取材に応じた。

後で読む
東京スポーツ

日本体操協会は7日、新体操の日本ナショナル選抜団体チーム「フェアリージャパン」が国立スポーツ科学センター(東京・北区)で行った練習風景を公開した。  東京五輪は新型コロナウイルス感染拡大の影響で来年…

後で読む
デイリースポーツ

本来なら東京五輪の新体操競技初日だった7日、日本体操協会が日本代表らの練習動画を報道陣に公開し、初の金メダルを狙う団体のボールとフープ・クラブの2種目で息の合った連係技を披露した主将の杉本早裕吏(トヨタ自動車)は「五輪延期をプラスと捉え、金メダルにふさわしい演技ができるように努力していきたい」と1年後に向けた決意を語った。 東京都北区の国立スポーツ科学センター(JISS)での全体練習は、新型コロナウイルス禍による4月上旬からの中断から6月10日に再開した。杉本は「延期が決まった時は前向きにはなれなかったが、練習をして少しずつ気持ちが戻ってきた」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪のボクシング女子ミドル級日本代表候補で、現役看護師でもある津端ありさ(27)=西埼玉中央病院=が6日、都内の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で特別練習に参加した。医療現場の最前線で働く津端が練習環境に苦心していることから、日本ボクシング連盟が個別に練習機会を設けたもので、日本代表コーチのウラジミール・シン氏らが約2時間指導した。津端にとっては通常の代表合宿とは違い、孤軍奮闘の練習となった。 練習後にオンラインで取材に応じた津端は、普段は勤務の合間に病院の体育館で練習していることを明かし、「サンドバッグとかリングを使った練習がまったくできてなかったので感謝している」と笑顔。日勤8時間、夜勤15時間という通常勤務をこなす日々で、先月末の日本代表合宿(富山)も、終了翌日から職場に復帰した。「練習は仕事の休みを使わせてもらってやらせてもらっているが、(職場の)周りの人が調整してくれている。看護師もボクシングもできているのは周囲の協力があってこそ」と頭を下げる。

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会は6日の理事会で、2022年までの本場所日程を承認した。芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、新型コロナウイルスの感染状況を注視しつつ、来年3月に大阪で予定されている春場所から地方場所を再開する予定。今年11月の九州場所は東京に変更して実施する。 来年7月の名古屋場所は東京五輪との重複を避けるため、1週間前倒しで設定された。

後で読む
東京スポーツ

埼玉県所沢市内の西埼玉中央病院に勤務しながら東京五輪を目指すミドル級の〝看護師ボクサー〟津端ありさ(27)が6日、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで〝特訓〟を行った。  新型コロナウ…

後で読む
東京スポーツ

〝空手界の綾瀬はるか〟のこと女子形で金メダルが期待される清水希容(26=ミキハウス)が6日、自身のインスタグラムを更新し、来夏に延期された東京五輪への思いを明かした。  本来であれば、6日から史上初め…

後で読む
デイリースポーツ

ボクシング女子ミドル級で東京五輪出場を目指す津端ありさ(西埼玉中央病院)が6日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で練習した。看護師として多忙な生活を送る津端のために日本ボクシング連盟が特別に練習環境を用意した「特訓練習」。津端はオンライン取材で「本当にありがたい」と感謝した。 スパーリングやミット打ちなどで約2時間、汗を流した。「働きながら続けることに意味がある」と病院勤務との両立にこだわる津端は、来年に開催が見込まれる世界最終予選での出場権獲得へ「五輪に出場して、医療現場で働く人や患者さんの励みになれば」と意欲を示した。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ、マーリンズで、2014年のソチ冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック男子5000メートルリレーで米国の一員として銀メダルを獲得したエディ・アルバレス内野手(30)が5日、ボルティモアでのオリオールズ戦でメジャーデビューを果たした。「8番・二塁」で出場し、3打数無安打だった。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪の大会組織委員会などは6日、マラソン・競歩会場の札幌市で、競技日と同じ曜日、時間帯にコース上の気象や人の往来などを調べる「実地検証」を始めた。9日まで。救護ステーションや給水ポイントの配置など運営計画に生かす。 小雨が降る午後3時ごろ、大通公園に集まった組織委や道、市などの関係者に対し、組織委の森泰夫大会運営局次長が「付近に迷惑がかからないよう、細心の注意を払ってほしい」と呼び掛けた。その後、風速計や棒状の尺を手に持った職員らが気象や木の高さなどを確認した。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)に向けて東京・お台場海浜公園の海上に設置されていた五輪シンボルが6日午前、撤去された。五輪ムードを盛り上げるために、開幕まで半年の1月…

後で読む
スポーツ報知

東京五輪のオリンピックシンボルは6日、安全点検のため、東京・台場から2そうの船に引かれて離れた。シンボルが製作された神奈川県横浜市鶴見区の工場で、4か月間のメンテナンスを行う。

後で読む
スポーツ報知

日本陸連は6日、セイコーゴールデングランプリ(23日、国立競技場)に参戦するフィールド種目の選手を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本陸連は6日、セイコー・ゴールデングランプリ(23日、国立競技場)のフィールド種目出場予定選手を発表し、男子走り幅跳びで2019年世界選手権8位の橋岡優輝(日大)や同走り高跳び日本記録保持者の戸辺直人(JAL)らが名を連ねた。

後で読む
スポーツニッポン

18年平昌五輪カーリング女子銅メダルのロコ・ソラーレが6日、北海道稚内市で行われている強化指定チームを対象とした合同強化合宿で北海道銀行と練習試合を行い、8―4で快勝した。

後で読む
東京スポーツ

2016年リオ五輪レスリング女子48キロ級金メダルの登坂絵莉(26=東新住建)が元レスリンググレコローマン全日本王者で総合格闘家の倉本一真(33)と入籍したと発表し、大きな注目を集めている。静かに愛…

後で読む
デイリースポーツ

【ジュネーブ共同】世界反ドーピング機関(WADA)は5日、組織的な不正で東京五輪・パラリンピックなど主要国際大会から4年間除外の処分を受けたロシアに、改革を主導する同国反ドーピング機関(RUSADA)のガヌス代表を解任する動きがあるとして「強い懸念」を表明した。独立性を欠く処遇には、追加措置で応じる可能性があると警告した。 WADAの声明は、RUSADA監督委員会によるロシア・オリンピック委員会(ROC)などへの解任勧告を受けたもの。ロイター通信によると、ROCはガヌス氏による不正経理の疑いを追及しているが、本人は否認した。

後で読む
日刊スポーツ

「東京五輪はもうダメでしょう」そう言われることが多くなりました。確かに世界中の状況を見ても、新型コロナウイルスの影響が収まる気配はなく、とても世界的なイベント…

後で読む
スポーツ報知

お台場海浜公園水域に設置されていた東京五輪の巨大マーク「五輪シンボル」が6日、メンテナンスを行うため、同会場を離れた。横浜市内に運ばれ、4か月程度のシンボルと台船の安全点検、およびメンテナンスを行い

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪に向けて東京・お台場海浜公園(港区)内の水上に1月から設置されていた五輪マークのモニュメントが6日、来夏への大会延期に伴う安全点検とメンテナンスのため一時的に撤去された。約4カ月で作業を終え、再設置される予定。 モニュメントは大きさが横約33メートル、縦約15メートルで重さ約69トン。制作された横浜市内の工場に運んで一部を解体し、超音波なども使って各パーツの劣化状況などを調べる。設置時は夜間にライトアップするため、内部の配電機器も確認する。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアはジャンプの時代に突入する。88年カルガリー五輪を終えると、5種類の3回転ジャンプは、もう伊藤みどり(48)だけの武器ではなくなった。「同じことをし…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)に向けて東京・お台場海浜公園(港区)内の水上に1月から設置されていた五輪マークのモニュメントが6日、来夏への大会延期に伴う安全点検とメ…

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪へ向けて今年1月に港区・お台場海浜公園に設置された五輪シンボルの巨大モニュメントが6日、一時撤去された。新型コロナウイルスの影響で五輪が1年延期されたことを受け、モニュメントを製作した横浜市内の工場へ移設して安全点検とメンテナンス作業を実施するもの。点検と作業には約4カ月かかる見通しで、作業終了後の12月頃に再びお台場に設置される予定という。

後で読む
スポーツ報知

陸上男子短距離のサニブラウン・ハキーム(21)が4日、来夏の東京五輪に向け「もちろん金メダルを目指す。金メダルを日本にもたらしたい」と宣言した。国際オリンピック委員会(IOC)のインターネットテレビ

後で読む
スポーツニッポン

16年リオデジャネイロ五輪レスリング女子48キロ級金メダルの登坂絵莉(26=東新住建)が5日、元レスリング選手で総合格闘家の倉本一真(33)と結婚したことを自身のSNSで発表した。

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)が制限付きで開催すると発表したグランプリ(GP)シリーズ6大会について、1選手1大会で実施する方針となったと5日、タス通信が報じた。出場者は開催国の選手が中心となる。22年北京五輪テスト大会を兼ねる12月のGPファイナルについては進出条件や開催概要を今後協議するが、ISUのラケルニク副会長は「いずれにせよテスト大会は必要」と語った。 日本スケート連盟はNHK杯(11月、大阪)について「9月頃に大会実施概要を発表する予定」とした。

後で読む
デイリースポーツ

女子レスリングで16年リオデジャネイロ五輪金メダルの登坂絵莉(26)が5日、元レスリング全日本王者で総合格闘家の倉本一真(33)と結婚したことを発表した。 ツイッターでツーショット写真と共に直筆メッセージを添付し「リオ五輪後、けがで思うような練習ができない日々が続き、気持ちが落ちていた頃、良き理解者として支えてもらい前を向くことができました。これからの人生も共にしたいと思うようになりました」と報告した。

後で読む
デイリースポーツ

陸上男子100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(21)=米フロリダ大=が日本時間5日、国際オリンピック委員会(IOC)のインターネットメディア「五輪チャンネル」のインスタグラムでのライブインタビューに登場した。 来夏に延期となった東京五輪に向けて「本当にわくわくする」とうなずき「金メダルを日本にもたらしたい」と、力強く宣言。“人類最速の男”ウサイン・ボルトの持つ200メートルの不滅の世界記録19秒19についても「本当に速いけど、超えたい」と、意気込んだ。

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレのFW三笘薫とFW旗手怜央の東京五輪世代の大卒ルーキーコンビがアベックゴールを決めた。前半43分、三笘がペナルティーエリア左からドリブルで切れ…

後で読む
サンケイスポーツ

2016年リオデジャネイロ五輪レスリング女子48キロ級金メダリストの登坂絵莉(26)=東新住建=が5日、元レスリング選手で総合格闘家の倉本一真(34)と結婚したことを自身のツイッターで発表。アスリート仲間から祝福の声が相次いだ。

後で読む
デイリースポーツ

レスリングで16年リオデジャネイロ五輪女子48キロ級金メダルの登坂絵莉選手(26)が5日、SNSで元世界選手権男子グレコローマンスタイル代表で現在は総合格闘家の倉本一真さん(33)と結婚したことを明らかにした。 リオ五輪後、度重なるけがに苦しんでいたが「(倉本さんに)良き理解者としていつも支えてもらい、前を向くことができました。そして時間を過ごす中で、これからの人生をともにしていきたいと思うようになりました」とつづった。

後で読む
デイリースポーツ

レスリングの元五輪女王・吉田沙保里(37)が5日、自身のツイッターを更新し、この日、結婚を発表した女子レスリング、リオデジャネイロ五輪48キロ級金メダリストの登坂絵莉(26)を祝福した。登坂は自身のツイッターでこの日、元レスリング全日本王者で総合格闘家の倉本一真(33)との入籍を発表した。 登坂は同じ至学館大学出身であり、吉田の後継者の1人と見られる選手。結婚では妹分に“先を越された”形となった。

後で読む
日刊スポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(63)が5日、部員の頭につまようじを刺すなど信じ難い行為が明らかになった日大ラグビー部の元ヘッドコーチについて…

後で読む
東京スポーツ

レスリング女子で五輪3連覇の吉田沙保里(37)が5日、自身のSNSで妹分の五輪金メダリスト・登坂絵莉(26=東新住建)の結婚を祝福した。  吉田は「絵莉! おめでとう。昔から知っている2人がゴールイ…

後で読む
デイリースポーツ

日本カーリング協会は5日、日本代表強化合宿を稚内市みどりスポーツパークで開始したと発表した。合宿は8日まで行われる。 18年平昌冬季五輪の女子で銅メダルを獲得したロコ・ソラーレの藤沢五月は、同協会を通じてコメントを発表し、「今何ができるか考え、常に前向きに取り組んでいきたい」とコロナ禍の練習に意気込んだ。

後で読む
日刊スポーツ

今季を1、2日に行われた県陸上選手権で始動した16年リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダリストの飯塚翔太(29=御前崎市出身、藤枝明誠高出)が、…

後で読む
スポーツ報知

レスリングの16年リオデジャネイロ五輪女子48キロ級金メダリストの登坂絵莉(26)が5日、3年交際していた総合格闘技の倉本一真と結婚したことを自身のSNSで発表した。

後で読む
スポーツニッポン

陸上男子100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(21=米フロリダ大)が4日、来夏の東京五輪に向け「もちろん金メダルを目指す。金メダルを日本にもたらしたい」と力強く宣言した。IOCのインターネットテレビ「五輪チャンネル」がインスタグラムを通じて行ったインタビューで話した。

後で読む
東京スポーツ

2016年リオデジャネイロ五輪女子レスリング48キロ級金メダリストの登坂絵莉(26=東新住建)が5日、自身のSNSで、レスリンググレコローマンの元全日本王者で総合格闘家の倉本一真(33)と結婚したこ…

後で読む
スポーツニッポン

16年リオデジャネイロ五輪女子レスリング48キロ級金メダリストの登坂絵莉(26=東新住建)が5日、自身のツイッターで総合格闘技の倉本一真(34)と結婚したことを報告した。

後で読む
デイリースポーツ

女子レスリングで16年リオデジャネイロ五輪48キロ級金メダリストの登坂絵莉(26)が5日、ツイッターを更新。元レスリング全日本王者で総合格闘家の倉本一真(33)と入籍したことを発表した。 登坂はツーショット写真とともに直筆メッセージを添付。「この度、私、登坂絵莉はかねてよりお付き合いしていた元レスリング選手で総合格闘家の倉本一真さんと入籍致しましたことをご報告させて頂きます」と伝えた。続けて「リオオリンピック後、けがでなかなか思うような練習ができない日々が続き、気持ちが落ちていた頃、良き理解者としていつも支えてもらい、前を向くことができました。そして時間を過ごす中で、これからの人生も共にしていきたいと思うようになりました」と報告した。

後で読む
デイリースポーツ

陸上男子100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(21)=米フロリダ大=が日本時間5日早朝、国際オリンピック委員会(IOC)のインターネットメディア「オリンピックチャンネル」のインスタグラムアカウントでのライブインタビューに登場した。 プロ転向を表明し、先日、練習拠点を大学から「タンブルウィードトラッククラブ(TC)」に変更したことを発表したばかり。同クラブはサニブラウンが17年に城西大城西高を卒業してから、大学入学までの間に指導を受けたレイナ・レイダー氏がコーチを務めている。男子三段跳び五輪2連覇王者のクリスチャン・テイラー(米国)や男子200メートルリオ五輪銀メダリストのアンドレ・ドグラス(カナダ)らが所属しており、一緒に練習に励んでいる。「経験豊富で、自分より速い選手がいることはモチベーションになる。彼らから毎日多くの事を学べている」と、刺激的な日々を過ごしていることを明かした。

後で読む
日刊スポーツ

飛び込み男子のオリンピック(五輪)代表に内定している寺内健(39=ミキハウス)が新型コロナウイルスに感染したことに伴って、濃厚接触者と認定されていた練習仲間の…

後で読む
日刊スポーツ

陸上男子100メートルで9秒97の日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(21)が4日(日本時間5日早朝)、国際オリンピック委員会(IOC)のインターネットテレ…

後で読む
日刊スポーツ

16年リオデジャネイロ五輪女子レスリング48キロ級金メダリストの登坂絵莉選手(26=東新住建)が5日、総合格闘技の倉本一真(34)と結婚したことを発表した。5…

後で読む
デイリースポーツ

飛び込み男子の寺内健(39)=ミキハウス=が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応となったことを受け、濃厚接触者としてPCR検査を受けた玉井陸斗(13)=JSS宝塚=ら選手、コーチ5人全員が陰性判定だったことが5日、分かった。拠点であるJSS宝塚が5日、発表した。 寺内は五輪に5度出場した第一人者。来夏の東京五輪代表にも内定している。寺内の練習参加は7月24日が最後だったが、メダル候補の玉井、五輪内定の荒井祭里(19)ら選手4人と馬淵崇英コーチの計5人が濃厚接触者と認定され、3日にPCR検査を実施していた。

後で読む
日刊スポーツ

日本カーリング協会は5日、北海道・稚内で日本代表強化合宿をスタートしたことを発表した。22年北京オリンピック(五輪)につながるパシフィック・アジア選手権(11…

後で読む
スポーツ報知

スヴェンソンホールディングスは5日、卓球男子で東京五輪代表の丹羽孝希(25)と2021年1月からの所属契約を更新したと発表した。ラケットやラバーの提供を受ける卓球メーカー「VICTAS」とのスポンサ

後で読む
東京スポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会が東京パラリンピックの新たな競技日程を発表したことを受け、テコンドー男子61キロ級代表に内定している田中光哉選手(28=ブリストル・マイヤーズスクイブ)が胸中を明か…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。