「五輪」の記事一覧

東京スポーツ

 東京五輪代表のストライカー争いへ、J1鹿島のFW上田綺世(22)が再アピールした。  21日の神戸戦(ノエスタ)に先発出場した上田が、前半12分に巧みなフェイントから右足で強烈なシュートを突き刺して…

後で読む
デイリースポーツ

レスリング女子の日本代表合宿が21日、7月以来、3カ月ぶりに都内で始まり、東京五輪代表5人らが参加した。新型コロナウイルスの影響で五輪は1年延期となったが、12月にはセルビア・ベオグラードで世界選手権が開催予定。57キロ級代表の川井梨紗子(25)=ジャパンビバレッジ=は「今のところ参加したい。2月から試合に出ていないので(来夏の)五輪前にもう一度、試合の感覚を肌で感じたい」と出場への意欲を燃やした。 この日は、選手全員がマスクを着用しながらスパーリングまで行うという異例の練習を敢行した。日本協会によれば、1968年メキシコ五輪時にマスクを着用して練習していたことがあるといい、呼吸が制限される苦しい状況下でのレスリング練習を体感する狙いだという。

後で読む
デイリースポーツ

東京都は21日、東京五輪・パラリンピックの開催期間中に駅などで観戦客らの道案内をする都市ボランティア「シティキャスト」に実施したアンケート結果を公表した。「大会について心配していること」の質問では、「新型コロナウイルス感染症の状況」との回答が79・0%に上り、都に対する要望では「安全安心に活動できる環境を整備してほしい」が75・1%だった。 心配な点で2番目に多かったのは「大会延期による活動の機運・モチベーションへの影響」が49・3%。

後で読む
東京スポーツ

 レスリングの女子代表強化合宿が21日、都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われた。東京五輪57キロ級代表の川井梨紗子(25=ジャパンビバレッジ)らが参加。この日は新型コロナウイルス感染予防…

後で読む
サンケイスポーツ

レスリング女子の東京五輪代表、57キロ級の川井梨紗子と62キロ級の川井友香子(ともにジャパンビバレッジ)姉妹らが21日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を始めた。川井梨は東京五輪が延期になったため12月に新設された世界選手権(セルビア)に出場する意向を示し「出るからには優勝したい。五輪のために感覚を確かめ直したい」と抱負を語った。

後で読む
スポーツニッポン

レスリング女子の全日本合宿が21日、味の素ナショナルトレーニングセンターで再開し、57キロ級の川井梨紗子(25=ジャパンビバレッジ)ら東京五輪代表の5選手を含む約20人が参加した。女子の代表合宿は7月上旬以来で、26日まで行われる。

後で読む
東京スポーツ

 日本サッカー協会は21日に技術委員会を開催し、終了後に反町康治技術委員長(56)がオンラインで取材に応じた。  1月のU―23アジア選手権で1次リーグ敗退以来、活動が中断している東京五輪世代の代表チ…

後で読む
デイリースポーツ

柔道女子日本代表の増地克之監督が21日、オンラインで取材に応じ、12月開催予定の国際大会、グランプリ(GP)ザグレブ大会に東京五輪代表を派遣する可能性があることを明かした。日本選手が出場すれば新型コロナウイルス感染拡大以降初となるが、選手の意向を聞いた上で検討するといい「条件が整えば(派遣も)視野に置く」と明かした。 国際柔道連盟(IJF)は今月23日開幕のグランドスラム(GS)ブダペスト大会(ハンガリー)から国際大会を再開するが、日本選手は出場しない。全日本柔道連盟としては12月開催予定だったGS東京大会が中止となったことで、国際大会への派遣再開は年明け以降とする方針だったが、政府による帰国後14日間の待機措置の特例的緩和もあり、転換する可能性も出てきた。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、観客らが競技会場に入る際に通る手荷物検査エリア運営の実証実験を東京都内で報道陣に公開した。新型コロナウイルス対策として、入場時の検温はサーモグラフィー、非接触型の検温計、手首に貼るだけで発熱しているかどうかが分かる「検温シール」の3方法をテスト。待機列は1~1・5メートルの間隔を空けて並んでもらう形を試し、検査する警備員はマスクやフェースシールドなどを着用した。 今回の検証結果などを踏まえ、本番時の対策を協議する。

後で読む
デイリースポーツ

レスリング女子の東京五輪代表、57キロ級の川井梨紗子と62キロ級の川井友香子姉妹らが21日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を始めた。川井梨は東京五輪が延期になったため12月に新設された世界選手権(セルビア)に出場する意向を示し「出るからには優勝したい。五輪のために感覚を確かめ直したい」と抱負を語った。 合宿は新型コロナウイルスの影響で7月上旬以来、約3カ月半ぶり。他に五輪代表に決まっている53キロ級の向田真優、68キロ級の土性沙羅、76キロ級の皆川博恵も参加し、初日はマスクをつけながらランニングや打ち込みに励んだ。

後で読む
日刊スポーツ

レスリングの東京五輪女子日本代表選手らが21日、都内で合宿を開始した。選手はランニング用のマスクを着用。笹山秀雄委員長(52)は「(日本協会の)福田会長から(…

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会の反町康治技術委員長が21日、オンラインで取材に応じ、男子の東京五輪世代(1997年以降生まれ)の国内組を集めた強化試合や合宿を年内に行う方針を明らかにした。「Jリーグで頭角を現してきた選手がいる。そういう選手を集め、現状把握をしたい」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

来夏に延期された東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会は21日、観客らが競技会場に入る際の入場検査の実証実験を東京都内で報道陣に公開した。新型コロナウイルス対策を検討する材料として、検温方法や係員の人数などを44の異なるシナリオで検証し、必要な時間などデータを収集。「安全・安心」な大会実現を目指す。

後で読む
デイリースポーツ

産業能率大スポーツマネジメント研究所は7月末に実施した「コロナ禍のスポーツ観戦意識調査」の結果を21日までに発表し、東京五輪・パラリンピックについて84・8%が「現実問題として、来年の開催も難しいと思う」と回答した。「コロナ禍が収まり、来年無事に開催されてほしい」の設問は74・7%が同意した。 プロスポーツの実施や観客の有無についての設問では「自粛で行われない日々はつまらなかった」が74・0%、「完全に終息するまでは会場での観戦は控えたい」は66・6%、「有観客試合開始のタイミングは早すぎた」は45・9%だった。

後で読む
デイリースポーツ

柔道日本女子の増地克之監督が21日、オンラインで報道陣の取材に応じ、新型コロナウイルスの影響で1月を最後に行われていない強化合宿を年内に実施したい意向を示した。「再スタート。チームとして五輪を闘うという意識を再確認したい」と狙いを語った。 2月までに出そろった東京五輪代表7選手は所属先での活動が中心で、月に1度は約1週間の少人数練習。増地監督は52キロ級の阿部詩(日体大)を「すぐにでも試合に出られる状態」と説明し、今月は63キロ級の田代未来、57キロ級の芳田司(ともにコマツ)と一緒に山形県の高地施設で心肺機能強化に励んだという。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、都内で新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった本大会に向けて、手荷物検査などの実証実験を報道陣に公開した。19日から3日間に渡り、コロナ対策、手荷物検査の強度など44シナリオを検証。検温も非接触型検温器、サーモグラフィ、体に張るだけで体温が分かる検温シールの3パターンをテストし1時間に何人が入れるかなどを分析した。 組織委の岩下剛警備局長は「必要なデータをとることができた」と、成果を強調。「手荷物がない場合は通常の2倍速く入っていただける。キャッチフレーズは“入場は手荷物少なくストレスフリー~大きな感動をお持ち帰りいただきますので、手荷物は最小限でお願いします”」と、手ぶら観戦を推奨した。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は21日、東京ビッグサイト(江東区)で、観客や関係者が会場に入る際に行う、スクリーニング(審査)の実証実験を行った。新型…

後で読む
日刊スポーツ

柔道女子代表の増地克之監督(50)が21日、オンライン取材に応じ、12月に開催が予定されているグランプリ・ザグレブ大会(クロアチア)に東京五輪代表選手を派遣す…

後で読む
サンケイスポーツ

産業能率大スポーツマネジメント研究所は7月末に実施した「コロナ禍のスポーツ観戦意識調査」の結果を21日までに発表し、東京五輪・パラリンピックについて84・8%が「現実問題として、来年の開催も難しいと思う」と回答した。「コロナ禍が収まり、来年無事に開催されてほしい」の設問は74・7%が同意した。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、新型コロナウイルスの影響で来年へ延期となった大会の安全な実施へ向け、競技会場などへの入場時における手荷物検査の実証実験をメディアに公開した。19日から3日間行われた実験では、東京ビッグサイトの一角にプレハブの検査エリアを設け、大会で実際に使用する金属探知機や顔認証装置などを設置。コロナ対策の検温、手荷物検査の強度、持ち込み可能なペットボトルの試飲など…

後で読む
東京スポーツ

 さくらジャパンに衝撃が走った。東京五輪に出場するホッケー日本女子代表のアンソニー・ファリー監督(47=オーストラリア)が退任することが21日までに分かった。日本協会と結んでいた10月末までの契約が満…

後で読む
スポーツニッポン

柔道女子日本代表の増地克之監督(50)が21日、オンライン取材に応じ、12月に開催が予定される国際大会のグランプリ(GP)ザグレブ大会(クロアチア)に、五輪代表選手を派遣する可能性があることを明言した。実現すれば日本人選手の国際大会出場は、新型コロナウイルス感染拡大後、初めて。

後で読む
デイリースポーツ

広島大は21日、陸上女子100m障害の木村文子が1日付で同大大学院人間社会科学研究科人文社会科学専攻人間総合科学プログラムの博士課程前期に入学したことを発表した。 広島市内の同大で記者会見した木村は「セカンドキャリアの準備を進めながら、五輪に向けての準備を同時に進めていきたいという思いがあった」と語った。

後で読む
日刊スポーツ

柔道女子代表の増地克之監督(50)が21日、オンライン取材に応じ、現役引退した16年リオデジャネイロ五輪48キロ級銅メダルの近藤亜美(25=三井住友海上)にね…

後で読む
東京スポーツ

“V字復活”は可能なのだろうか。競泳男子個人メドレー2種目で東京五輪代表の瀬戸大也(26)が不倫騒動を引き起こし、日本中に波紋を広げた。現在は所属先がなくなり、代表活動も年内停止。1年延期となった大舞…

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪に出場するホッケー日本女子代表のアンソニー・ファリー監督(47)=オーストラリア=が退任することが21日、関係者の話で分かった。新型コロナウイルスへの懸念や家庭の事情を理由に挙げているという。日本協会とは10月末までの契約だった。米国のホッケー統括団体は公式サイトで20日、ファリー氏が女子代表監督に就任すると発表した。 後任は、山梨学院大女子監督でオーストラリア出身のジョン・シアン日本代表コーチ(48)、2016年リオ五輪で指揮を執った日本リーグ女子、ソニーの永井祐司監督(57)に他の外国人指導者も候補に入れて選定を進め、今月中に決定する見込み。

後で読む
日刊スポーツ

さくらに衝撃-。ホッケー女子の日本代表「さくらジャパン」のアンソニー・ファリー監督(47)が東京五輪を9カ月後に控えて退任することを21日、わかった。10月末…

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪に出場するホッケー日本女子代表のアンソニー・ファリー監督(47)=オーストラリア=が退任することが21日、関係者の話で分かった。新型コロナウイルスへの懸念や家庭の事情を理由に挙げているという。日本協会とは10月末までの契約だった。米国のホッケー統括団体は公式サイトで20日、ファリー氏が女子代表監督に就任すると発表した。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の遠藤利明副会長は20日の国会内の会合で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の来日が11月中旬になるとの見方を示し…

後で読む
日刊スポーツ

安倍晋三前首相(66)が日刊スポーツの単独インタビューに応じた。2回目は、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの招致に成功した13年招致演説や、世界中に東…

後で読む
日刊スポーツ

アーティスティックスイミング(AS)東京オリンピック(五輪)代表が、日本選手権(11月12~15日、山口)にオープン参加で出場することが20日、分かった。井村…

後で読む
日刊スポーツ

卓球女子で東京オリンピック(五輪)代表の石川佳純(全農)が20日、中国で11月に行われる大会出場を前にオンラインで取材に応じ、3月のカタール・オープン以来とな…

後で読む
サンケイスポーツ

【ロンドン19日(日本時間20日)】東京五輪がサイバーテロに狙われた。英政府は今夏に開催予定だった東京五輪・パラリンピックを標的として、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)がサイバー攻撃を仕掛けていたと発表した。

後で読む
スポーツニッポン

来夏の東京五輪・パラリンピックに向けた新型コロナウイルス対策の政府・競技団体間連絡会議が20日、オンラインで行われた。スポーツ庁の室伏広治長官(46)も参加し、冒頭に「競技団体のみなさまが東京大会を目指す選手を海外に派遣したり、国内で国際大会を安全に開催するために必要な支援を行いたい」とあいさつした。

後で読む
スポーツニッポン

卓球の東京五輪シングルスと団体代表、石川佳純(27=全農)が、8カ月ぶりの国際大会へ変身をアピールした。

後で読む
スポーツニッポン

来年の東京五輪で卓球女子シングルス、団体、混合の3種目に出場する伊藤美誠(スターツ)が、21日で20歳となった。

後で読む
デイリースポーツ

橋本聖子五輪相(56)は20日、五輪・パラリンピックを狙ったサイバー攻撃が発表されたことを受け、会見で「海外との情報共有を進めながら、関係省庁をはじめ関係組織が一丸となって、東京大会成功へ向けたセキュリティー対策を推進していきたい」と語った。「事柄の性質上、詳細についてのコメントはできない状況」とし、実害の有無についても「情報共有を図りながら対応していかないと。今の段階では申し上げることができない」と明言しなかった。 また国際オリンピック委員会(IOC)は「IOCと大会組織委員会はサイバーセキュリティーを優先分野だと認識し、できる限り最善な環境を整えるために注力している」との談話を発表。近年、サイバー攻撃が急増しているが「問題の性質上、これらの対策については公表していない」としている。

後で読む
スポーツニッポン

日本代表と東京五輪代表を率いる森保一監督(52)がオンライン取材に応じ、仙台と新潟の一連の不祥事について言及した。仙台は現役、新潟は指導者時代に携わった。「寂しいような悲しい気持ち」と率直な心境を明かした上で、選手の人間性や社会性について私論を述べた。

後で読む
スポーツニッポン

 来年の東京五輪で卓球女子シングルス、団体、混合の3種目に出場する伊藤美誠(スターツ)が、21日で20歳となった。オンラインでのインタビューに応じた伊藤は、小学校の卒業文集に記した「オリンピックで金メダルをとる」という目標に向かいつつ、現在は「脱完璧主義者」の新境地で競技に取り組んでいるという。節目のハタチを迎え、「変わらないこと」と「変わったこと」に迫った。

後で読む
サンケイスポーツ

【ロンドン19日(日本時間20日)】東京五輪がサイバーテロに狙われた。英政府は今夏に開催予定だった東京五輪・パラリンピックを標的として、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)がサイバー攻撃を仕掛けていたと発表した。英政府が妨害を阻止して事なきを得たが、かねてうわさされていた大規模サイバー攻撃が白日の下にさらされた形で、さらに厳重な対応が求められる。

後で読む
サンケイスポーツ

 卓球女子で東京五輪代表の石川佳純(全農)が20日、中国で11月に行われる大会出場を前にオンラインで取材に応じ、3月のカタール・オープン以来となる国際大会へ「東京五輪に向けてゼロからのスタートという気持ちで頑張りたい」と抱負を語った。

後で読む
サンケイスポーツ

 【サンスポ評論家 ここだけの話】Vリーグが開幕し、今月下旬からは来年1月に行われる全日本高校選手権(春の高校バレー)の地区代表が続々と決まるなど、本格的に動き出したバレーボール界。本紙評論家で元女子日本代表の大林素子氏(53)も取材や解説で東奔西走する。そんな大林氏が語った現役時代の「思い出の一戦」は、自身が初めて五輪に臨んだソウル大会の初戦、1988年9月20日のソ連戦だ。青春をかけた試合で最大のライバルから勝利をもぎ取ったが…。

後で読む
デイリースポーツ

【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は20日、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)が東京五輪を標的にサイバー攻撃を仕掛けていたと英政府が発表したことを受け「IOCと大会組織委員会はサイバーセキュリティーを優先分野だと認識し、できる限り最善な環境を整えるために注力している」との談話を発表した。 五輪をターゲットにしたサイバー攻撃は近年の大会で急増しているが、IOCは「問題の性質上、これらの対策については公表していない」としている。

後で読む
デイリースポーツ

卓球女子で東京五輪代表の石川佳純(全農)が20日、中国で11月に行われる大会出場を前にオンラインで取材に応じ、3月のカタール・オープン以来となる国際大会へ「東京五輪に向けてゼロからのスタートという気持ちで頑張りたい」と抱負を語った。 中国には今週中に出発し、女子ワールドカップ(8~10日)とITTFファイナル(19~22日)に出場する。世界トップクラスが集まる大会としては新型コロナウイルスで実戦がなくなって以降初の大会となり「不安な部分もあるが、タフな気持ちをもってやらないと」と気持ちを込めた。

後で読む
サンケイスポーツ

国際オリンピック委員会(IOC)は20日、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)が東京五輪を標的にサイバー攻撃を仕掛けていたと英政府が発表したことを受け「IOCと大会組織委員会はサイバーセキュリティーを優先分野だと認識し、できる限り最善な環境を整えるために注力している」との談話を発表した。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪の卓球シングルスと団体代表の石川佳純(27=全農)が20日、11月の中国遠征を前に、合同オンライン取材に応じた。

後で読む
デイリースポーツ

政府は20日、東京五輪・パラリンピックに向けた新型コロナウイルス対策に関する競技団体との連絡会議をオンラインで開催した。国内45団体が参加し、冒頭で橋本聖子五輪相、室伏広治スポーツ庁長官があいさつした。 スピードスケート、自転車で夏冬合わせて7回の五輪に出場した橋本氏。一方の室伏氏も陸上ハンマー投げで4回の五輪を経験した。橋本五輪相は「室伏長官はアスリートとして、五輪の舞台をはじめ、華々しいご活躍をされたことに加え、組織委員会でもスポーツディレクターとして実績を残されたきたところであります。この度、スポーツ庁長官になられたということで、前任の鈴木長官から引き継ぎ、私とアスリート出身同士と言うことで、しっかりとタッグを組みながら、東京都、組織委員会とも連携をし、東京大会の成功に向けて取り組んでいきたいと思っております」などとあいさつした。

後で読む
東京スポーツ

 東京五輪・パラリンピックに向けた新型コロナウイルス感染症対策に関する政府と国内競技45団体との連絡会議が20日、オンラインで開かれた。  冒頭では橋本聖子五輪相(56)から国、東京都、大会組織委によ…

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(20日、神宮球場) バドミントン女子ダブルスで07年世界選手権銅メダル、08年北京五輪5位、12年ロンドン五輪混合ダブルス代表の潮田玲子が始球式に登場した。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の遠藤利明副会長は20日の国会内の会合で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の来日が11月中旬になるとの見方を示した。 遠藤氏は「まだ確定していないが、多分、11月中旬にもバッハ氏が日本に来る」と言及。「菅義偉首相と会い、東京大会開催に向けて一緒に頑張ろうと言っていただけるだろうと期待している」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

政府は20日、東京五輪・パラリンピックに向けた新型コロナウイルス対策に関し、国内競技団体との連絡会議をオンラインで実施した。複数の団体から、年明け以降に日本で開く予定の国際大会に際して外国人選手らの入国などについて協力要請があり、橋本聖子五輪相は「政府としても必要な努力はさせていただく。早めに情報提供してほしい」と応じた。 国際体操連盟が11月8日に東京で国際競技会を開催するなど、コロナ禍での国際大会再開の動きが進む。政府は他の大会についても、東京五輪・パラリンピックに向け安全、安心な大会開催を世界に発信する機会と位置付け、積極的に支援する方針だ。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(20日、神宮球場) バドミントン女子ダブルスで08年北京五輪5位、07年世界選手権銅メダル、12年ロンドン五輪混合ダブルス代表の潮田玲子が始球式に登場した。

後で読む
スポーツニッポン

日本代表と東京五輪代表を率いる森保一監督(52)が20日、オンライン取材に応じ、隔離生活中の生活について明かした。日本代表のオランダ遠征から16日に帰国後、新型コロナ禍の政府方針に従い、ホテルでの待機生活を続けている。

後で読む
サンケイスポーツ

政府は20日、東京五輪・パラリンピックに向けた新型コロナウイルス対策に関し、国内競技団体との連絡会議をオンラインで実施した。橋本聖子五輪相は、強化のため海外渡航した日本選手について、帰国後に求められる原則14日間の待機措置が特例的に緩和され、練習できるようになったことを報告した。

後で読む
デイリースポーツ

ロシアの国営通信社のタス通信は20日、フィギュアスケート女子で18年平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(18)が年内の大会には出場しない、と報じた。昨年12月に競技生活の一時中断を発表したザギトワは引退の可能性も取りざたされたが、今年度のロシアの強化選手に名を連ねている。ただ、来年の欧州選手権や世界選手権代表選考に繋がる12月のロシア選手権の予選として、現在ロシア各地で行われているロシアカップの参加を保留していた。 同メディアは関係者の「GPだけでなく、ロシアカップやロシア選手権でも演技する予定はない」というコメントを掲載。今季中の競技復帰の可能性は極めて低くなった。

後で読む
デイリースポーツ

橋本聖子五輪相(56)は20日、閣議後に定例会見を行った。ロシアの情報機関が東京五輪・パラリンピックを標的としたサイバー攻撃を仕掛けたとされていることについて「海外との情報共有を進めながら、関係省庁をはじめ関係組織が一丸となって、東京大会成功へ向けたセキュリティー対策を推進していきたい」と語った。 橋本五輪相は「東京大会等を狙ったというような、サイバー攻撃に対する情報があったことは承知しています」としながらも「事柄の性質上、詳細についてのコメントはできない状況ですので、ご理解いただきたい」とだけ言及。実害の有無についても「今の段階では申し上げることができない状況です」と話すにとどめた。

後で読む
デイリースポーツ

超党派のスポーツ議員連盟は20日、東京五輪・パラリンピックのレガシー(遺産)づくりに向けたプロジェクトチーム(PT)などの合同会議を開き、バスケットボールのBリーグをスポーツ振興くじの対象に加えるための法案を26日召集の臨時国会に提出する方針を確認した。 法案を早期に成立させ、2022年に新商品販売を目指す。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケート男子で18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(22=トヨタ自動車)が20日、出場予定だったグランプリ(GP)シリーズ第4戦フランス杯(11月13~…

後で読む
サンケイスポーツ

超党派のスポーツ議員連盟は20日、東京五輪・パラリンピックのレガシー(遺産)づくりに向けたプロジェクトチーム(PT)などの合同会議を開き、バスケットボールのBリーグをスポーツ振興くじ(サッカーくじ)の対象に加えるための法案を26日召集の臨時国会に提出する方針を確認した。

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)が大会を標的としてサイバー攻撃を仕掛けていたと英政府が発表したことを受け「サイバー攻撃対策については、事柄の性質上詳細を公にできないが、引き続き、関係機関と緊密に連携し、対策の徹底を図っていく」とのコメントを出した。

後で読む
スポーツニッポン

19日にフィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第4戦フランス杯の中止が発表されたことを受け、出場を予定していた男子で18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が20日、自身の公式サイトを更新。ファンに向けてメッセージを発した。

後で読む
デイリースポーツ

橋本聖子五輪相(56)は20日、閣議後に定例会見を行った。ロシアの情報機関が東京五輪・パラリンピックを標的としたサイバー攻撃を仕掛けたとされていることについて「海外との情報共有を進めながら、関係省庁をはじめ関係組織が一丸となって、東京大会成功へ向けたセキュリティー対策を推進していきたい」と語った。 橋本五輪相は「東京大会等を狙ったというような、サイバー攻撃に対する情報があったことは承知しています」としながらも「事柄の性質上、詳細についてのコメントはできない状況ですので、ご理解いただきたい」とだけ言及。実害の有無についても「今の段階では申し上げることができない状況です」と話すにとどめた。

後で読む
日刊スポーツ

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は19日、福島県内のサッカー施設「Jヴィレッジ」で候補選手による強化合宿を開始した。新型コロナウイルスの影響で休止して…

後で読む
デイリースポーツ

【ワシントン共同】米司法省は19日、有害ソフトを使って2018年の平昌冬季五輪などを標的にサイバー攻撃を行ったとして、コンピューター犯罪に関する取締法に違反した疑いなどで、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)のハッカー6人を訴追したと発表した。 司法省によると、6人は15年11月ごろから、ドーピングを理由にロシア選手団が排除された平昌五輪の運営に関わるコンピューターや大会関係者、選手へのハッキングを行った。

後で読む
日刊スポーツ

カヌー・スラローム男子カナディアンシングル東京五輪(オリンピック)代表の羽根田卓也(ミキハウス)は19日、自身のインスタグラムで、11月にフランスのポーで開催…

後で読む
サンケイスポーツ

英政府は19日、今夏に開催予定だった東京五輪・パラリンピックを標的として、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)がサイバー攻撃を仕掛けていたと発表した。攻撃の詳細や被害の有無は不明。ロシアはドーピング問題で両大会からの除外処分を受けており、BBC放送は、これに反発して妨害工作を計画していた可能性を指摘した。

後で読む
デイリースポーツ

【ロンドン共同】英紙タイムズ電子版は19日、サイバー攻撃を通じて東京五輪の妨害を狙ったロシアの計画を、英政府のサイバーセキュリティー当局などが阻止したと伝えた。

後で読む
日刊スポーツ

安倍晋三前首相(66)が19日、日刊スポーツの単独インタビューに応じた。新型コロナウイルスの影響で東京五輪・パラリンピックの1年延期を決断した背景として、対国…

後で読む
日刊スポーツ

安倍晋三前首相(66)が19日、日刊スポーツの単独インタビューに応じた。新型コロナウイルスの影響で東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの1年延期を決断した…

後で読む
デイリースポーツ

総合格闘技のRIZINは19日、都内で会見し、11月21日に大阪城ホールで「RIZIN.25」を開催すると発表した。 テコンドーで日本選手権9連覇中の江畑秀範(28)がRIZINに初参戦する。83キロ契約で佐野勇海との対戦が決定。「足技を生かして、派手なKOを見せたい」と決意表明した。東京五輪出場は逃したが、今後もテコンドーの競技生活は続ける意向。並行してRIZINのリングに上がる。「(日本の格闘技界には)重量級で目立った選手はいないかな、と感じている。テコンドーではオリンピックを目指し、メダルを取っていける選手になりたい」と“二刀流”での奮闘を誓った。

後で読む
デイリースポーツ

陸上男子やり投げで12年ロンドン五輪代表のディーン元気(28)=ミズノ=が19日、オンライン取材に応じ、故障からの復活を印象づけた今季を振り返った。8月のセイコー・ゴールデングランプリでは、7年ぶりの80メートル超えとなる84メートル05で優勝。10月の日本選手権でも80メートル07で2位と好記録を連発した。 ロンドン五輪後は右脇腹や右肩、左腰などの故障に見舞われ、7年以上低迷。今年は「実際に投げたことで脳が覚えたなというのはある」と手応えを口にした。昨年11月から今年3月までやり投げの本場フィンランドや南アフリカで武者修行を敢行。コロナ禍で緊急帰国したが「冬場にやってきたことは間違いなかった」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

カヌー・スラローム男子カナディアンシングル東京五輪代表の羽根田卓也(ミキハウス)は19日、自身のインスタグラムで、11月にフランスのポーで開催されるワールドカップ(W杯)今季最終戦を欠場する意向を明らかにした。欧州での新型コロナウイルス感染再拡大を理由に挙げ「来年に向けてまた日本で鍛え直していきたい」と述べた。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、観客らが競技会場に入る際に通る手荷物検査エリア運営の実証実験を東京都内で開始した。21日まで3日間行う。新型コロナウイルスの感染対策を踏まえた手順を検証し、本番時の計画策定に生かす。 入場時の検温は一般的なサーモグラフィーや非接触型の検温計のほか、手首などに貼るだけで発熱しているかどうかがすぐに分かる海外製の「検温シール」もテストする。ソーシャルディスタンス(社会的距離)を確保した待機列を設定した場合や、各種対策を取った場合にどれだけスムーズに検査エリアを通過できるかなどを調べる。

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、観客らが競技会場に入る際に通る手荷物検査エリア運営の実証実験を東京都内で開始した。21日まで3日間行う。新型コロナウイルスの感染対策を踏まえた手順を検証し、本番時の計画策定に生かす。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は19日、福島県内のサッカー施設「Jヴィレッジ」で候補選手による強化合宿を開始した。 新型コロナウイルスの影響で休止していた代表活動は、3月の米国遠征以来。延期された東京五輪への再スタートとなり、高倉監督は「延期を自分たちの力でプラスにしていくことが非常に大事」と意気込みを語った。

後で読む
デイリースポーツ

陸上・男子やり投げで2012年ロンドン五輪代表のディーン元気(28)=ミズノ=が19日、オンラインで報道陣の取材に応じ、故障からの復活を印象づけた今季を振り返った。 8月23日の「セイコー・ゴールデングランプリ」(国立競技場)では、7年ぶりの80メートル超えとなる84メートル05で優勝。16年リオデジャネイロ五輪代表の新井涼平を最終6投目で逆転した。10月2日の日本選手権(新潟)では新井に敗れたが、80メートル07で2位。「体の変化や進化を感じながらパフォーマンスにつなげられない日々だった。(今年は)実際に投げたことによって脳が覚えたなというのがある」と手応えを口にした。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪・パラリンピック組織委員会が新型コロナウイルスの影響で来年へ延期された大会で、競技会場などへの入場時の検査に「検温シール」の導入を検討していることが分かった。コロナ対策も踏まえて19日から都内で始まった入場時の実証実験で、非接触型検温器やサーモグラフィーなどと合わせてテストし、検査にかかる時間を測定。データを収集した上で、大会本番での観客・関係者のスムーズな入場を目指す。

後で読む
デイリースポーツ

日本プロ野球機構(NPB)と日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が合同して行う、第18回新型コロナウイルス対策連絡会議が19日、行われた。 前回に引き続いて、マスギャザリングや疫学の専門家もオブザーバーとして参加。球団やJクラブ内における移動時や会食時などの感染症対策について話し合われた他に、今月30日から11月1日まで横浜スタジアムで行われる、観客満員の実証実験についても議題となったという。

後で読む
東京スポーツ

〝鬼〟のいぬ間に完全復活か。競泳でリオ五輪男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(26=ブリヂストン)が日本短水路選手権(17、18日、東京辰巳国際水泳場)の男子200&400メートル個人メ…

後で読む
デイリースポーツ

卓球女子五輪代表の伊藤美誠(19)=スターツ=が18日、女子W杯(11月8日開幕・威海)から8カ月ぶりに再開する国際大会に出場するため成田空港から中国に出発した。出発前にオンラインで取材に応じ「久々の試合で楽しみ。色んな選手と試合できるようにしたい」と意気込んだ。 ただ、新型コロナウイルス感染対策のための現地での隔離期間や練習環境などの情報が直前まで二転三転しており、困惑した様子ものぞかせた。入国時はPCR検査のため3日間隔離される見込みだったが、日本協会の関係者によれば10日程度に延びる可能性もあり、練習もできないという。異例の遠征となりそうだが、五輪のシード争いにも直結するだけに、伊藤は「命がけで行くみたいなもの」と覚悟を明かした。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪卓球男子代表の水谷隼(木下グループ)が18日、母校明大卓球部の90周年記念試合に出場した。明大現役生の全日本選手権王者、宇田幸矢に0-3で敗れたが、8…

後で読む
東京スポーツ

 バドミントンのデンマーク・オープン(オーデンセ)の女子シングルス決勝が18日に行われ、日本期待の奥原希望(25=太陽HD)がリオ五輪金メダルのカロリナ・マリン(27=スペイン)を21―19、21―1…

後で読む
デイリースポーツ

バドミントンのデンマーク・オープン最終日は18日、デンマークのオーデンセで各種目の決勝が行われ、女子ダブルスは福島由紀、広田彩花組、女子シングルスは奥原希望が優勝した。 世界ランキング2位で第1シードの福島、広田組は、同3位で第2シードの永原和可那、松本麻佑組との日本勢対決を2-1で制した。奥原は2016年リオデジャネイロ五輪覇者のカロリナ・マリン(スペイン)をストレートで破った。

後で読む
デイリースポーツ

「バドミントン・デンマークオープン」(18日、オーデンセ) 女子シングルス決勝で、奥原希望が16年リオ五輪の女子シングルス金メダリスト、カロリナ・マリン(スペイン)を21-19、21-17で破り優勝した。

後で読む
日刊スポーツ

女子シングルスの奥原希望(太陽ホールディングス)が5戦すべてストレートで勝利し、19年1月のプロ転向後、初の国際大会での優勝を飾った。大会前から「対戦したい」…

後で読む
サンケイスポーツ

ノルディックスキー複合で2018年平昌冬季五輪代表の山元豪(ダイチ)が18日、自身のインスタグラムでジャンプに転向すると表明した。富山県出身で25歳の山元は飛躍を得意としており、ワールドカップ(W杯)の個人戦では17~18年シーズンに2度、7位に入った実績がある。

後で読む
デイリースポーツ

バドミントンのデンマーク・オープン最終日は18日、デンマークのオーデンセで各種目の決勝が行われ、女子ダブルスは世界ランキング2位で第1シードの福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)が同3位で第2シードの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)を2-1で下して優勝した。 女子シングルスは奥原希望(太陽ホールディングス)が2016年リオデジャネイロ五輪覇者のカロリナ・マリン(スペイン)と顔を合わせる。

後で読む
日刊スポーツ

来夏に延期された東京オリンピック(五輪)で卓球女子代表の伊藤美誠(19=スターツ)が18日、新型コロナウイルスによる中断から11月に再開する国際大会(中国)に…

後で読む
日刊スポーツ

来夏に延期された東京オリンピック(五輪)で卓球女子代表の伊藤美誠(19=スターツ)が18日、新型コロナウイルスによる中断から11月に再開する国際大会(中国)に…

後で読む
デイリースポーツ

サッカー女子の元日本代表FWで、神奈川県2部リーグの男子チーム「はやぶさイレブン」に加入した永里優季が18日、神奈川県平塚市で行われたリーグ戦の後半途中から出場し、男子チームでデビューを果たした。 2011年女子ワールドカップ(W杯)優勝や12年ロンドン五輪銀メダルに貢献した33歳の永里は9月に米女子プロリーグNWSLのレッドスターズから期限付きで移籍。女子のトップ選手としては異例の挑戦を表明した。

後で読む
サンケイスポーツ

全日本スキー連盟は18日の評議員会で役員改選を行い、北野貴裕会長(57)の退任が決まった。皆川賢太郎競技本部長(43)とともに理事選出に必要な過半数の賛成を得られず、選任が否決された。その後の臨時理事会で、勝木紀昭副会長が暫定的な新会長に就いた。

後で読む
東京スポーツ

 卓球女子で東京五輪代表の伊藤美誠が(19=スターツ)が18日、女子W杯(11月8~10日)、ITTFファイナル(同19~22日、いずれも中国)に向けて出発前に報道陣のオンライン取材に応じた。  期待…

後で読む
東京スポーツ

 卓球女子で東京五輪代表の伊藤美誠が(19=スターツ)が18日、女子W杯(11月8~10日)、ITTFファイナル(同19~22日、いずれも中国)に向けて出発前に報道陣のオンライン取材に応じた。  8か…

後で読む
サンケイスポーツ

卓球女子の東京五輪代表で、世界ランキング2位の伊藤美誠(19)=スターツ=が18日、8カ月ぶりに国際大会が行われる中国に向けて、成田空港から出発した。

後で読む
サンケイスポーツ

国際ボート連盟(FISA)は18日、オンラインで臨時総会を開き、2024年パリ五輪の実施種目として、日本が注力してきた軽量級種目を除外し、海や波のある水域でこぐ新種目のコースタルローイングを含める案を、国際オリンピック委員会(IOC)に提案することを決めた。

後で読む
日刊スポーツ

16年リオデジャネイロ・オリンピック(五輪)7人制男子日本代表を率いた摂南大・瀬川新監督が、一定の手応えをつかんだ。関西王者に完封されたが、前半16分の先制ト…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)柔道女子52キロ級代表の阿部詩(20=日体大)が18日、握力測定を公開した。都内で行われた三菱地所主催のイベント「MARUNOUCHI…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)柔道女子52キロ級代表の阿部詩(20=日体大)が18日、都内で行われた三菱地所主催のイベント「MARUNOUCHI SPORTS FE…

後で読む
東京スポーツ

 競泳の日本短水路選手権(17~18日、東京辰巳国際水泳場)の男子100メートル背泳ぎ決勝が18日に行われ、ロンドン五輪同種目銅メダリストの入江陵介(30=イトマン東進)が50秒22で優勝した。  レ…

後で読む
東京スポーツ

 競泳の日本短水路選手権(17~18日、東京辰巳国際水泳場)の男子200メートル個人メドレー決勝が18日に行われ、リオ五輪同400メートル金メダルの萩野公介(26=ブリヂストン)が1分52秒73をマー…

後で読む
スポーツニッポン

卓球男子の東京五輪代表、丹羽孝希(スヴェンソン)が18日、都内で「明大卓球90周年記念事業・ドリームゲーム」に出場した。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール女子日本代表主将でトヨタ車体のミドルブロッカー、荒木絵里香(36)が今季のVリーグ初戦に臨む。新型コロナウイルスの影響で来夏の東京オリンピック(五…

後で読む
日刊スポーツ

中継所まで残り50メートルだった。京セラの1区(7・0キロ)岡田佳子(22)は突如、倒れ込んだ。2区の兼友良夏の姿を、はっきりと視界に捉えられる距離での悲劇。…

後で読む
日刊スポーツ

1992年バルセロナ・オリンピック(五輪)競泳女子200メートル平泳ぎ金メダリストの岩崎恭子さん(42=静岡・沼津市出身)がこのほど、沼津二中でオンライン講演…

後で読む
スポーツニッポン

鹿島は、18日にアウェーで札幌と対戦する。

後で読む
スポーツニッポン

 46校が参加して行われ、順大が10時間23分34秒で10年連続62度目の本戦出場を決めた。1年の三浦龍司は日本選手トップとなる1時間1分41秒をマークし、全体5位でフィニッシュ。東京五輪マラソン代表の大迫傑(29=ナイキ)が早大時代に記録したハーフマラソンの20歳以下日本記録を6秒更新した。順大は89回大会(2013年)の日体大以来となる予選会からの本戦優勝を狙う。7年ぶり69度目の出場を果た…

後で読む
東京スポーツ

【スポーツ情報局】  水泳担当記者 競泳男子の東京五輪代表、瀬戸大也(26)の不倫騒動で思わぬトバッチリを受けた人物がいましたよ。  デスク 家族、スポンサー以外にも〝被害者〟がいたか。  記者 ソウ…

後で読む
日刊スポーツ

日本テレビ系で大学女子駅伝日本一を決める「第38回全日本大学女子駅伝」がで25日正午から放送される。解説を担当するシドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚…

後で読む
デイリースポーツ

バドミントンのデンマーク・オープン第5日は17日、デンマークのオーデンセで各種目の準決勝が行われ、女子ダブルスは第1シードの福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)と第2シードの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が勝ち上がり、18日の決勝は日本勢対決となった。福島、広田組はデンマークのペアを、永原、松本組はブルガリアのペアをともに2-0で退けた。 シングルスで女子の奥原希望(太陽ホールディングス)はカナダ選手にストレート勝ちし、決勝でリオ五輪金のカロリナ・マリン(スペイン)と対戦する。男子の西本拳太(岐阜県協会)はデンマーク選手に0-2で敗れた。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの影響でスポーツクライミングの大会が少なくなっている中、現役選手が企画したボルダリングの大会「THE BOULDER BATTLE」が17日に東京都内で開催された。東京五輪女子代表の野口啓代(31)=TEAM au=ら日本のトップ選手が貴重な機会で熱戦を繰り広げた。 男子でワールドカップ(W杯)優勝経験を持つ杉本怜(28)=マイナビ=が「大会がないのは辛いもの。選手として何ができるのか、日々考えていた」と企画。出場する男女各8選手は会員制交流サイト(SNS)での人気投票で選ばれ、1対1のトーナメント形式で争った。

後で読む
サンケイスポーツ

バドミントンのデンマーク・オープン第5日は17日、デンマークのオーデンセで各種目の準決勝が行われ、シングルスで女子の奥原希望(太陽ホールディングス)はカナダ選手にストレート勝ちし、決勝で2016年リオデジャネイロ五輪金メダルのカロリナ・マリン(スペイン)と対戦する。

後で読む
デイリースポーツ

カヌー・スラロームのワールドカップ(W杯)の今季初戦は17日、スロベニアのリュブリャナで行われ、女子カヤックシングル決勝で東京五輪代表の矢沢亜季(昭和飛行機都市開発)が7位に入った。日本連盟によると、この種目では日本勢女子過去最高。 矢沢は20人で競った準決勝で7位となり、上位10人による決勝に進んだ。矢沢は「決勝で戦ったことはいい経験になったし、自信につながる。まだまだトップ選手との差はあるのでしっかり練習していきたい」と話した。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は17日、オーストリアのセルデンで今季が開幕して女子大回転第1戦が行われ、2018年平昌冬季五輪代表の安藤麻(日清医療食品)は1回目に途中棄権した。マルタ・バッシーノ(イタリア)が合計2分19秒69で通算2勝目を挙げた。 今季W杯は新型コロナウイルスの流行を受けて北米ではレースを実施せず、来年2月に女子の高速系2種目を北京で行う以外は全て欧州開催となる。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

陸上の世界ハーフマラソン選手権は17日、ポーランドのグディニャで行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が女子のみで争われたレースでの世界新記録となる1時間5分16秒で優勝した。男子のペースメーカーが付くレースを含めた世界記録は1時間4分31秒。男子は19歳のジェーコブ・キプリモ(ウガンダ)が大会新となる58分49秒で制した。 東京五輪女子マラソン代表の前田穂南(天満屋)らが出る予定だったが、新型コロナウイルスの影響を考慮し日本陸連が派遣を見合わせた。(共同)

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が17日、神奈川県秦野市で開かれた記録会の女子5000メートルに出場し、15分57秒16で1位となった。今年初の実戦だった。

後で読む
スポーツニッポン

女子5000メートルは故障からの完全復活を目指す東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(29=日本郵政グループ)が昨年5月以来のトラックレースに出場し、15分57秒16の1着でゴール。鈴木は「まずはけが明けでようやくトラックレースの舞台に戻って来られてうれしく思っている」とチーム関係者を通じてコメントした。

後で読む
東京スポーツ

競泳の日本短水路選手権(17~18日、東京辰巳国際水泳場)で女子400メートル個人メドレーの決勝が17日に行われ、昨年夏の世界選手権銅メダルの大橋悠依(24=イトマン東進)が4分24秒87で優勝した…

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルスの影響でスポーツクライミングの大会が少なくなっている中、現役選手が企画したボルダリングの大会「THE BOULDER BATTLE」が17日に東京都内で開催された。東京五輪女子代表の野口啓代(31)=TEAM au=ら日本のトップ選手が貴重な機会で熱戦を繰り広げた。

後で読む
デイリースポーツ

陸上女子1600メートルリレーで2008年北京五輪に出場した青木沙弥佳(33)=東邦銀行=が17日、横浜市の日産スタジアムで行われた日本選手権リレーで現役引退を表明した。予選1組を2着で通過した後に「すこしさみしいけど、しっかり走り切れた」と笑顔で話した。18日の決勝は出場しない。 2日に日本選手権の400メートル障害予選で敗退し「心残りはない」と決心したという。印象深いのは大阪で開催された2007年世界選手権。選手紹介で歓声を浴び「自分も主役になれるんだ」と感動を振り返った。

後で読む
東京スポーツ

 競泳の日本短水路選手権(17~18日、東京辰巳国際水泳場)で男子400メートル個人メドレー決勝が17日に行われ、リオ五輪同種目金メダルの萩野公介(26=ブリヂストン)が4分2秒75で優勝した。ライバ…

後で読む
サンケイスポーツ

アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は17日、オーストリアのセルデンで今季が開幕して女子大回転第1戦が行われ、2018年平昌冬季五輪代表の安藤麻(日清医療食品)は1回目に途中棄権した。マルタ・バッシーノ(イタリア)が1分9秒54で1回目首位に立った。

後で読む
サンケイスポーツ

体操女子の畠田瞳と男子の谷川航(ともにセントラルスポーツ)が17日、東京都内で取材に応じ、11月に東京で開催される国際大会に向けて畠田瞳は「しっかり試合を行って、東京五輪もできるぞとアピールしたい」と語った。

後で読む
サンケイスポーツ

アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は17日、オーストリアのセルデンで今季が開幕して女子大回転第1戦が行われ、2018年平昌冬季五輪代表の安藤麻(日清医療食品)が出場。

後で読む
デイリースポーツ

体操の谷川航(24)、畠田瞳(20)=ともにセントラルスポーツ=と、白井健三(24)=日体大大学院=が17日、都内で行われた「MARUNOUCHI SPORTS FES2020」のトークライブに参加した。 谷川と畠田は11月8日に代々木第一体育館で行われる米国、中国、ロシアとの国際交流大会に出場予定。新型コロナウイルス感染拡大により入国制限などが設けられて以降、日本で初の五輪競技の国際大会として、体操が先陣を切ることになる。畠田が「楽しみ。実力を測りたい」と話せば、谷川は「来年五輪をやるためには、ここで大会ができるというのは大きいと思う。細心の注意を払いながら、うまくできれば東京で五輪ができることを世界にアピールできる」と、力を込めた。大会には出場しないが、白井も「この難しいご時世で体操が動くことは大きな一歩になる」と、期待を込めた。

後で読む
東京スポーツ

 新型コロナウイルス禍で来年7月開幕に延期された東京五輪は、簡素化で経費削減につなげることが開催への大きなテーマになっている。7日には大会組織委員会は削減額が300億円に上ったと報告。森喜朗会長(83…

後で読む
東京スポーツ

 高度経済成長期の日本に夢を与えた東京五輪は、1964年10月に秋晴れの下で開催された。あれから56年、「東京五輪」が皮肉にも批判の対象となっている。その“元凶”は新型コロナウイルス禍への不安、そして…

後で読む
日刊スポーツ

来夏に延期された東京五輪で卓球男子代表の水谷隼(31=木下グループ)が約10カ月ぶりに実戦形式の試合に臨むのを前に16日、インタビューに応じた。18日、母校明…

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナ禍で実施した、日本代表のオランダ遠征。対戦国カメルーン代表から2人の陽性者と1人の濃厚接触者が出たが、日本の選手・スタッフからは感染者ゼロ。今年初と…

後で読む
日刊スポーツ

17日に開幕するバレーボールのVリーグでは、選手たちのユニホームにも注目だ。女子1部の姫路がVリーグ初の「スコート」を取り入れるなど、新しい試みも出てきた。正…

後で読む
東京スポーツ

来夏の東京五輪に臨むなでしこジャパンの高倉麻子監督(52)は、約7か月ぶりの活動となる合宿(19~26日、福島・Jヴィレッジ)のメンバーを発表し、注目選手の一人にMF猶本光(26=浦和)の名前を挙げ…

後で読む
デイリースポーツ

「サーフィン・さわかみチャレンジシリーズ鴨川」(16日、東条海岸) サーフィンの国内プロツアーを管轄する日本プロサーフィン連盟の特別戦が、無観客で行われた。東京五輪種目のショートボード女子決勝は、19年ワールドゲームズ(WG=世界選手権に相当)代表の脇田紗良(18)が15・50点で優勝。条件付きで五輪出場権を持つ松田詩野(18)は11・37点で2位だった。

後で読む
デイリースポーツ

柔道男子日本代表の井上康生監督が16日、オンラインで取材に応じた。新型コロナウイルスで1年延期の東京五輪に向けて、今週から都内を拠点に約9カ月ぶりに代表合宿を再開。五輪代表は全員参加しており「もう一度、一丸となって戦うのが一番の目的」と団結をテーマに掲げた。 代表最年長が“王道”を注入だ。73キロ級代表でリオ五輪金メダルの大野将平(28)=旭化成=が練習を先導しており「チームの核的存在が、リーダーシップを持って引っ張ってくれて非常に頼もしい」と井上監督。他の選手に指導する姿も見るといい「彼の存在は大きい」と目を細めた。

後で読む
デイリースポーツ

来夏に延期された東京五輪・パラリンピックで選手、コーチらが滞在する選手村(東京都中央区晴海)の新型コロナウイルス対策として、検体回収や感染経路の追跡調査などを行う専用の保健所機能の設置が検討されていることが16日、分かった。通常の診療所とは別に、発熱やせきなど感染が疑われる症状が出た人が受診する発熱外来を設け、検査施設を整備する案も出ている。 感染者が発生する事態も想定して、きめ細かい医療体制を整え、クラスター(感染者集団)化を防ぐ狙いがある。今月下旬に開かれる政府、東京都、大会組織委員会によるコロナ対策調整会議の第4回会合で協議する。

後で読む
スポーツニッポン

日本A代表と五輪代表を率いる森保一監督(52)が16日にオランダ遠征から帰国し、オンライン取材に応じた。

後で読む
スポーツニッポン

日本A代表と五輪代表を率いる森保一監督(52)が16日にオランダ遠征から帰国し、オンライン取材に応じた。新型コロナ禍の政府方針に伴い、今後14日間は自主待機となるが、その“巣ごもり時間”からメキシコと親善試合を行う来月のオーストリア遠征のメンバー選考に着手。国内外総ざらえチェックで、A代表では来年3月のW杯アジア予選前最後となる活動に“最強布陣”を集結させたい考えだ。

後で読む
日刊スポーツ

16年リオデジャネイロ五輪柔道女子48キロ級銅メダルの近藤亜美(25=三井住友海上)が16日、現役引退を発表した。自身のツイッターなどのSNSを更新し、「私、…

後で読む
東京スポーツ

 もう何も言うことはない――。柔道男子の井上康生監督(42)が、東京五輪代表が決まっていない66キロ級で、新旧世界王者の丸山城志郎(27=ミキハウス)と阿部一二三(23=パーク24)の最終決戦に言及し…

後で読む
スポーツニッポン

男子決勝が行われ、西慶司郎(22)が昨年のワールドゲームズ(WG、世界選手権に相当)日本代表で東京五輪代表候補の大原洋人(23)を下し、優勝した。西は10・37点(5・27、5・10)、大原は9・90点(5・33、4・57)だった。

後で読む
デイリースポーツ

日本パラリンピック委員会(JPC)アスリート委員会が主催する第1回アスリートミーティングが16日、オンライン形式で開かれ、20競技の55選手が参加して東京五輪・パラリンピック組織委員会から報告された大会準備状況の情報などを共有した。 選手が日本に入国する際の隔離措置を免除する条件などの検討状況も説明された。東京パラ代表に内定している陸上男子走り高跳びの鈴木徹(SMBC日興証券)は「直に意見をもらい、貴重な機会だった。選手は気持ちが入ったと思う」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

「サーフィン・さわかみチャレンジシリーズ鴨川」(16日、東条海岸) サーフィンの国内プロツアーを管轄する日本プロサーフィン連盟の特別戦が、無観客で行われた。東京五輪種目のショートボード女子決勝は、19年ワールドゲームズ(WG=世界選手権に相当)代表の脇田紗良(18)が15・50点で優勝。条件付きで五輪出場権を持つ松田詩野(18)は11・37点で2位だった。

後で読む
デイリースポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)は16日、オンラインで開いた加盟競技団体の幹部との会議で、海外遠征した日本選手が帰国後14日間の待機措置を特例で緩和されたことを受け、可能になった練習だけでなく、試合も出場できるように制限を緩和する要望が相次いだことを明らかにした。 現在は感染対策を条件に、宿泊場所と事前登録した練習場所の往復に限って外出が認められている。籾井圭子常務理事は「強化に実戦形式のものは欠かせないということだった。関係機関と調整したい」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本パラリンピック委員会(JPC)アスリート委員会が主催する第1回アスリートミーティングが16日、オンライン形式で開かれ、20競技の55選手が参加して東京五輪・パラリンピック組織委員会から報告された大会準備状況の情報などを共有した。

後で読む
スポーツニッポン

女子決勝が行われ、昨年のワールドゲームズ(WG、世界選手権)日本代表の脇田紗良(18)が、東京五輪条件付き出場権を獲得している松田詩野(18)を下し、優勝。今大会最高得点となる9・50点を含む、15・50点を叩き出し、同い年のライバル対決を制した。

後で読む
サンケイスポーツ

在日オランダ大使館は16日、ユリの命名式をオンラインで開き、新品種を「kodaira」と名付けた。2018年平昌冬季五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒(相沢病院)にちなみ、日本とオランダの懸け橋となる願いを込めた。

後で読む
スポーツニッポン

今年3月の東京五輪1年延期決定後、初の合宿を実施中の柔道男子日本代表の井上康生監督(42)が16日、オンライン取材に応じ、「久しぶりの全体合宿で選手、コーチ、スタッフが改めて五輪へ気持ちを引き締めた。(コロナ禍の)期間中、やるべきことをやっていた姿を見られて安心した」などと語った。合宿には73キロ級の大野将平(旭化成)ら東京五輪代表内定6選手と、66キロ級で12月に代表決定戦を控える丸山城志郎…

後で読む
東京スポーツ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は、16日に東京・中央区晴海のオフィスに勤務する20代の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。組織委職員の感染例は今回が6例目となる。  組織委によると…

後で読む
デイリースポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)は16日、オンラインで国内競技団体の専務理事、事務局長との会議を行った。 JOCは選手が競技会場で性的な意図で写真を撮影されたり、会員制交流サイト(SNS)にみだらな文章や画像を拡散されたりする被害拡大を受け、選手の環境を守るための対策に乗り出している。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの影響で今季の全戦が中止されたサーフィンの国内プロツアーで「特別戦」として開催されたさわかみチャレンジシリーズ鴨川は16日、千葉県鴨川市で決勝が行われ、東京五輪予選を兼ねた昨年のワールドゲームズ(WG)の日本代表同士が対決した女子は脇田紗良が松田詩野を破って優勝した。 男子は西慶司郎が、昨年のWGに出場した大原洋人を抑えて制した。

後で読む
デイリースポーツ

カヌー・スプリントの男子カヤックフォア500メートルで東京五輪代表の4選手が16日、東京都江東区にある五輪会場の海の森水上競技場で練習を公開した。本番会場で一緒の艇に乗るのは今回の合宿が初めてで、リーダー格の松下桃太郎(自衛隊)は「海だが、うねりはなく、風も悪いところはなかった。ベストのパフォーマンスを出せる」と好感触を口にした。 松下は水本圭治(チョープロ)藤嶋大規(自衛隊)宮田悠佑(和歌山県教育センター学びの丘)と息を合わせてスタートやスパートを繰り返し、東京湾の水路を活用したコースの感触を確かめた。

後で読む
デイリースポーツ

カヌー・スプリントで男子カヤックフォア500メートルの東京五輪代表に内定している松下桃太郎、藤嶋大規(ともに自衛隊)、水本圭治(チョープロ)、宮田悠佑(和歌山県教育センター学びの丘)が16日、東京・海の森水上競技場で公開練習を行った。 12日から16日まで行われた今合宿では、東京五輪の同種目が行われる会場を使用。チームでの初乗りに松下は「こぎやすい。海だけど、ベストなパフォーマンスが出せる」とうなずいた。

後で読む
デイリースポーツ

在日オランダ大使館は16日、ユリの命名式をオンラインで開き、新品種を「kodaira」と名付けた。2018年平昌冬季五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒選手(相沢病院)にちなみ、日本とオランダの懸け橋となる願いを込めた。 小平選手は14年からスピードスケートが国技とされるオランダへ留学し、飛躍。平昌五輪の1000メートルでも銀メダルを獲得するなど功績をたたえられ「(ユリが)多くの人々の心を温かくし、前に進む勇気を届けてくれる存在になることを願う」とメッセージを送った。自身の名が付いた品種はオレンジ色の鮮やかな花を咲かせる。

後で読む
日刊スポーツ

昨年のサーフィンワールドゲームズ(WG)日本代表の脇田紗良(18)が、ショートボード女子決勝で、条件付きで東京五輪の出場権を持つ松田詩野(18)を破り優勝した…

後で読む
日刊スポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)は16日、オンラインで国内競技団体(NF)と新型コロナウイルス対策などについて会議を行った。加盟55団体中52団体の専務理事ら…

後で読む
日刊スポーツ

カヌー・スプリントの男子カヤックフォア500メートルで東京オリンピック(五輪)代表に内定している4人乗りチームが16日、本番が行われる海の森水上競技場で合宿を…

後で読む
日刊スポーツ

柔道男子代表の井上康生監督(42)が、強化合宿で練習試合形式のメニューを取り入れる考えを示した。16日、オンライン取材に応じ、東京五輪代表の国際大会への派遣が…

後で読む
サンケイスポーツ

カヌー・スプリントの男子カヤックフォア500メートルで東京五輪代表の4選手が16日、東京都江東区にある五輪会場の海の森水上競技場で練習を公開した。本番会場で一緒の艇に乗るのは今回の合宿が初めてで、リーダー格の松下桃太郎(自衛隊)は「海だが、うねりはなく、風も悪いところはなかった。ベストのパフォーマンスを出せる」と好感触を口にした。

後で読む
スポーツニッポン

日本オリンピック委員会(JOC)に加盟する国内競技団体(NF)の専務理事・事務局長会議が16日、オンラインで行われた。

後で読む
スポーツニッポン

カヌー・スプリント男子カヤックフォア(4人乗り)で東京五輪代表の松下桃太郎(自衛隊)、藤嶋大規(同)、水本圭治(チョープロ)、宮田悠佑(和歌山県教育センター学びの丘)が16日、東京五輪会場の海の森水上競技場で練習を公開した。

後で読む
東京スポーツ

 リオ五輪柔道女子48キロ級で銅メダルの近藤亜美(25=三井住友海上)が16日、現役引退を発表した。同日までに全日本柔道連盟(全柔連)強化指定選手辞退届を提出。所属先を通じ「世界チャンピオンや五輪メダ…

後で読む
日刊スポーツ

日本車いすカーリング協会が16日、オンラインで会見を開き、新たに採用した日本代表選考・強化方式で21年世界選手権、22年北京冬季パラリンピック出場を目指してい…

後で読む
デイリースポーツ

日本サッカー協会は16日、女子日本代表「なでしこジャパン」候補による国内合宿のメンバーに、菅沢(浦和)岩渕(INAC神戸)の両FWら23人を選んだと発表した。代表活動は新型コロナウイルスの影響で休止していたため、3月の米国遠征以来。合宿は19日から26日まで福島県のJヴィレッジで行われる。 オンラインで取材に応じた高倉監督は「五輪に向かって新たに進んでいきたい。世界の中で勝っていくための課題を思い出し、上積みをしたい」と話した。全選手が国内でプレーしており、MFの伊藤(INAC神戸)塩越(浦和)脇阪(C大阪堺)が初めて招集された。

後で読む
サンケイスポーツ

柔道女子48キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの近藤亜美(25)=三井住友海上=が16日、現役引退を表明した。所属先を通じ「世界チャンピオンや五輪メダリストになったことは大きな誇り。本当に良い競技人生だったと思っており、悔いはありません」などとコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

日本車いすバスケットボール連盟は16日、来年に千葉市で開催を予定していた男子のU23(23歳以下)世界選手権を2022年5、6月に延期すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大と東京パラリンピックの1年延期を受けての措置。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)世代の湘南ベルマーレGK谷晃生(20)が、柏レイソルFWオルンガ封じに向け、静かな闘志を燃やした。18日に控える柏とのホーム戦に備え、…

後で読む
東京スポーツ

 日本車いすカーリング協会は16日、今季のシーズンインを前に、オンライン会見を行った。  当競技は健常者のカーリングと異なり、男女混合で実施。パラリンピックでは、2006年トリノ大会から正式種目に採用…

後で読む
デイリースポーツ

競泳男子で、東京五輪代表に内定している瀬戸大也(26)が不倫問題を受けて、日本水泳連盟から年内の活動停止などの処分を受けた問題は、五輪金メダル候補の世界王者ということもあり、世界でも英BBCや米紙「ワシントンポスト」、「NBCスポーツ」など主要メディアで報じられ、反響を呼んでいる。 淡々と事実のみを伝える報道が多い一方で、犯罪ではない不倫での厳しい処分に同情の声もある。アルゼンチンの「TyCスポーツ」は、「日本は不誠実であることで最高のスイマーを制裁する」との見出しで報じ、「アスリートの不貞はプロとしてのキャリアに問題を引き起こす可能性がある。ただ、それが日本のアスリートである場合、実質的に犯罪者であるような道徳的負担を伴う」と、驚きをもって伝えた。

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟は16日、新型コロナウイルスの感染拡大後で柔道では初の全国規模の大会となる講道館杯全日本体重別選手権(10月31日、11月1日・千葉ポートアリーナ)の組み合わせを発表し、男子73キロ級は66キロ級で五輪2大会連続銅メダルの海老沼匡が2回戦から登場する。来年の東京五輪代表13人は男女ともエントリーしなかった。 男子100キロ級は2016年リオ五輪3位の羽賀龍之介、18年アジア大会覇者の飯田健太郎が出場。同90キロ級で村尾三四郎が2連覇に挑む。

後で読む
デイリースポーツ

スポーツ庁の室伏広治長官は16日、陸上の全国中学生大会の視察で訪れた横浜市の日産スタジアムで取材に応じ、女子選手への性的な撮影被害や画像拡散の問題について「選手を守っていくことが大切。しっかりスポーツ庁としても取り組んでいきたい」と述べ、日本オリンピック委員会(JOC)と積極的に連携していく考えを示した。 会員制交流サイト(SNS)の普及で被害は悪質化し、トップ選手に限らず中高生など若年層にも広がっている。約20年前から続くとされる問題に、室伏氏は「認識していた」と言及。「選手にとって安心安全な環境を目指し、JOCと歩調を合わせていきたい」と強調した。

後で読む
スポーツニッポン

 柔道女子48キロ級で、16年リオデジャネイロ五輪銅メダル、14年世界選手権チェリャビンスク大会覇者の近藤亜美(25=三井住友海上)が16日、自身のツイッターで現役引退を発表した。

後で読む
日刊スポーツ

化粧品大手コーセーは15日、ブランドの最高峰シリーズ「雪肌精 みやび」から、フィギュアスケート男子で冬季オリンピック(五輪)2連覇の羽生結弦(25=ANA)と…

後で読む
日刊スポーツ

16年リオデジャネイロ五輪女子48キロ級銅メダルの近藤亜美(25=三井住友海上)が16日、現役引退を発表した。自身のツイッターを更新し、「私、近藤亜美は競技生…

後で読む
日刊スポーツ

柔道男子代表の井上康生監督(42)が16日、16年リオデジャネイロ五輪男子73キロ級金メダルの大野将平(28=旭化成)のリーダーシップを称賛した。東京五輪男子…

後で読む
サンケイスポーツ

スポーツ庁の室伏広治長官は16日、陸上の全国中学生大会の視察で訪れた横浜市の日産スタジアムで取材に応じ、女子選手への性的な撮影被害や画像拡散の問題について「選手を守っていくことが大切。しっかりスポーツ庁としても取り組んでいきたい」と述べ、日本オリンピック委員会(JOC)と積極的に連携していく考えを示した。

後で読む
サンケイスポーツ

全日本柔道連盟は16日、新型コロナウイルスの感染拡大後で柔道では初の全国規模の大会となる講道館杯全日本体重別選手権(10月31日、11月1日・千葉ポートアリーナ)の組み合わせを発表し、男子73キロ級は66キロ級で五輪2大会連続銅メダルの海老沼匡(パーク24)が2回戦から登場する。来年の東京五輪代表13人は男女ともエントリーしなかった。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートのペアで14年ソチ、18年平昌五輪代表の木原龍一(28=木下グループ)が16日、自身が出場予定だったグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケート…

後で読む
東京スポーツ

 日本ゴールボール協会は、15日に日本代表チームの強化体制を再構築をすると発表した。  東京パラリンピックを約10か月後に控え、男女別々に設置していた強化委員会を統合。新たにゴールボール強化委員会を立…

後で読む
デイリースポーツ

橋本聖子五輪相(56)が16日、閣議後に会見した。東京五輪競泳男子代表の瀬戸大也(26)が不倫問題で、日本水泳連盟から年内の活動停止などの処分を受けたことについて「日本水連において適切に判断された」と理解を示した上で、「日本代表は国民の大きな期待を背負い、社会の模範となる行動を期待されているところもある。(本人が)反省しているということで、これから復帰を目指して期待に応えられるように頑張ってほしい」と再起を促した。 日本オリンピック委員会(JOC)としても、橋本大臣が強化本部長を務めていた時代から「人間力なくして競技力向上なし」というスローガンを掲げて選手の行動規範の厳守に努めてきた。瀬戸もこの度、改めてJOCのインテグリティ教育プログラムを受講することになるが、「しっかりとした人間形成、そして競技力向上の両方で模範となるような指導をお願いしたい」と反省した上での再出発を期待した。

後で読む
日刊スポーツ

2008年北京オリンピック(五輪)の競泳女子200メートル自由形金メダリストで、32歳のフェデリカ・ペレグリニ(イタリア)が新型コロナウイルスの検査に陽性反応…

後で読む
スポーツニッポン

橋本聖子五輪相は16日、閣議後会見で、競泳男子の東京五輪代表・瀬戸大也について言及した。不倫を認めた瀬戸には、日本水連から年内の活動停止処分が科された。橋本五輪相は「代表選手は大きな期待を背負う。社会の模範となるような行動を期待されている。復帰を目指して、期待に応えられるように頑張っていただきたい」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

2008年北京五輪の競泳女子200メートル自由形金メダリストで、32歳のフェデリカ・ペレグリニ(イタリア)が新型コロナウイルスの検査に陽性反応を示したと15日、ロイター通信が報じた。本人がインスタグラムで「痛みを感じて練習を中止した。家に帰る途中で喉の痛みも感じた。検査を受けたら陽性だった」と明らかにした。

後で読む
デイリースポーツ

2008年北京五輪の競泳女子200メートル自由形金メダリストで、32歳のフェデリカ・ペレグリニ(イタリア)が新型コロナウイルスの検査に陽性反応を示したと15日、ロイター通信が報じた。本人がインスタグラムで「痛みを感じて練習を中止した。家に帰る途中で喉の痛みも感じた。検査を受けたら陽性だった」と明らかにした。 東京大会を最後の五輪として目指すペレグリニは世界選手権でも同種目で09年、11年、17年、19年と金メダルを獲得している。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

自転車BMXレース女子の東京オリンピック(五輪)代表、畠山紗英(日体大)が15日、練習拠点のスイスに戻る前に取材に応じ「五輪でベストの走りができるように一日一…

後で読む
サンケイスポーツ

 来夏の東京五輪柔道男子の強化合宿が今月12日、東京・北区のナショナルトレーニングセンター(NTC)を拠点に始まった。男子100キロ超級で金メダルを狙う原沢久喜(28)=百五銀行=ら既に内定している6選手が参加し、新型コロナ対策に努めながら強化に励む。最重量級エースの原点は山口・下関市立文関小時代の6年間続けた特訓「240段の階段ダッシュ」。生まれ育った思い出の地を、本紙記者が訪ねた。

後で読む
スポーツニッポン

五輪種目のショートボード女子1回戦で、松田詩野(18)が全体トップとなる12・43点を叩き出し、16日の2回戦に進んだ。昨年9月のワールドゲームズ(WG、世界選手権に相当)でアジア最上位の15位に入り、条件付きで東京五輪出場権を獲得したホープは「大会が決まってから、早くゼッケンをつけて試合をしたかった」と、約半年ぶりの実戦を楽しんだ。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、夏季競技の国際競技連盟(IF)を対象にしたセミナーをオンラインで開催し、新型コロナウイルス対策と、大会の簡素化について説明した。 IFからは、入国直後の行動に関する質問が相次いだ。それに対しては、一定のルールを守ればトレーニングなどができると説明し、納得していたという。組織委の小谷実可子スポーツディレクターは「IFと密にコミュニケーションを取りながら、完全なアスリートファーストの大会につなげたい」と、来夏を見据えていた。

後で読む
デイリースポーツ

「サーフィン・さわかみチャレンジシリーズ鴨川」(15日、東条海岸) サーフィンの国内プロツアーを管轄する日本プロサーフィン連盟の特別戦が無観客で開催された。東京五輪種目のショートボード女子1回戦では条件付きで五輪出場権を持ち、約7カ月ぶりの実戦となった松田詩野(18)が2組を全体トップの12・43点で1位となり、2回戦に進出した。

後で読む
日刊スポーツ

スポーツ庁の室伏広治長官が15日、都内のイベントに参加後、取材に応じ、来夏の東京五輪・パラリンピックでメイン会場となる国立競技場(東京都新宿区)で将来的に、陸…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球DeNAや神奈川県などが15日、横浜スタジアムで開催される今月30日からの阪神3連戦で、新しい感染防止策を講じた上で満員に近い観客を収容し、その効果を調べる技術実証を行うと発表した。大規模イベントは収容人数の50%に制限しており、上限を緩和した際の影響を見極める。来年の東京五輪・パラリンピックを見据えた試み。IT企業が連携し、スーパーコンピューター「富岳」を導入するなど日本の技術を結集した“一大検証”となる。

後で読む
東京スポーツ

 フィギュアスケートの平昌五輪4位・宮原知子(22=関大)が15日、自身のブログを更新し、新型コロナウイルス禍の影響で中止となったグランプリ(GP)シリーズ第2戦のスケートカナダ(10月30~31日、…

後で読む
デイリースポーツ

「サーフィン・さわかみチャレンジシリーズ鴨川」(15日、東条海岸) サーフィンの国内プロツアーを管轄する日本プロサーフィン連盟の特別戦が無観客で開催された。東京五輪種目のショートボード女子1回戦では条件付きで五輪出場権を持ち、約7カ月ぶりの試合となった松田詩野(18)が2組を全体トップの12・43点で1位となり、2回戦に進出した。

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京五輪・パラリンピックに向け、大会組織委員会は15日、夏季競技の国際競技連盟(IF)を対象に準備状況などを説明するセミナーをオンラインで開いた。会議の冒頭、1日付で競技運営の国際的な調整役となるスポーツディレクターに就任した小谷実可子さんは「IFとの緊密な連携が大会成功には極めて重要だ」と協力を呼び掛けた。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、夏季競技の国際競技連盟(IF)を対象に、新型コロナウイルスの影響で来年へ延期となった大会の準備状況を説明するオンラインセミナーを開いた。冒頭、今月就任したばかりの元シンクロナイズドスイミング(現アーティスティックスイミング)五輪銅メダリストの小谷実可子スポーツディレクター(SD=54)が自己紹介を兼ねてあいさつ。前SDの室伏広治スポーツ庁長官が築いた…

後で読む
東京スポーツ

 競泳男子個人メドレー2種目で東京五輪代表の瀬戸大也(26)が不倫騒動により日本水連から処分が下されたことを受け、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(63)が15日、都内で取材に応じ「イバ…

後で読む
スポーツニッポン

コロナ禍では国内初のトップカテゴリーの大会はショートボート2日目が行われ、女子1回戦8組が行われた。東京五輪の条件付き内定を獲得した松田詩野(18)は2組に登場。全体トップとなる12・43点(6・00、6・43)をマークし、あす16日の2回戦進出を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

条件付きで東京五輪の出場権を持つサーフィン女子の松田詩野が15日、千葉県鴨川市で国内プロ戦のさわかみチャレンジシリーズ鴨川に出場し、新型コロナウイルス感染拡大後初の実戦に臨んだ。3月以来の真剣勝負で持ち味の鋭いターンを連発し、全体トップの12・43点で1回戦を突破。「試合のイメージはできていた」と胸を張った。 序盤は波の形を気にせずに乗り「心も体も試合に集中した」という。徐々に技の切れが増し、終盤にはS字に滑る得意の「カービング」などで6・43点をマーク。実戦不足を感じさせない落ち着いた試合運びで得点を伸ばした。2回戦以降は16日に行われる。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京五輪・パラリンピックに向け、大会組織委員会は15日、夏季競技の国際競技連盟(IF)を対象に準備状況などを説明するセミナーをオンラインで開いた。会議の冒頭、小谷実可子スポーツディレクターは「IFとの緊密な連携が大会成功には極めて重要だ」と協力を呼び掛けた。 五輪シンクロナイズドスイミング(現アーティスティックスイミング)メダリストの小谷さんは、室伏広治氏の後任として1日付で競技運営の国際的な調整役となるスポーツディレクターに就任した。IOCマコネル競技部長は「来年の大会開催に自信を持っている」と述べた。

後で読む
東京スポーツ

不倫スキャンダルを起こした競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)は先日の日本水泳連盟臨時理事会で「年会の活動停止」の処分が下された。  五輪代表は維持され、国立スポーツ科学センターでの練習は可能だが、…

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート女子で18年平昌五輪4位の宮原知子(22=関大)が15日、自身のブログを更新。出場を予定していたグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ(オタワ)中止について「また小さな空白が生まれてしまったような気持ちになってしまいました」と心境をつづった。それでも、12月には全日本選手権(長野)が控えているだけに「でも!わたしには全日本に向け、練習すべきこと、取り組むべきことは沢山…

後で読む
デイリースポーツ

スポーツ庁の室伏広治長官が15日、東京・丸の内で、スポーツへの意識を高めるトークイベントに出席し、新型コロナウイルスによる「新たな生活様式」を踏まえて「健康という観点でスポーツが今、求められている。運動してもらえるように盛り上げていきたい」と意欲を語った。 1日の就任後、初のイベント参加となり、ラグビーの元日本代表、広瀬俊朗さんらとともに登壇した。五輪の陸上ハンマー投げ金メダリストの室伏長官は、新聞紙を片手で握りつぶして握力を鍛える現役時代のトレーニング法を紹介し、「家でも工夫すればいろんなことができる。日常生活で取り組んでもらいたい」と呼び掛けた。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)サーフィン女子で条件付き出場権を得ている現役高校生プロサーファーの松田詩野(18)が、1回戦から実力を発揮。12・43点をあげ、出場選…

後で読む
日刊スポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)山下泰裕会長(63)が15日、女性問題で日本水連の処分を受けた競泳男子の瀬戸大也(26)について言及した。「世間を騒がせたこと…

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルス感染拡大の影響でフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ(30、31日、オタワ)が中止となったことを受け、女子で出場予定だった平昌冬季五輪4位の宮原知子(関大)が15日、自身のブログで「また小さな空白が生まれてしまったような気持ちになってしまいました」と心境をつづった。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪男子マラソン代表で日本記録保持者の大迫傑(29)=ナイキ=が15日、都内で行われた「Galaxy Note20 Ultra 5G 記者発表会」に米国からオンラインで出演した。 「Team Galaxy」の一員で、現在もSNSなどに投稿する際に同社のスマートフォンを「フル活用しています」という大迫。「先ほど届きました」と15日発売の「Galaxy Note20 Ultra 5G」を手にし、「ペンとか入っていてどう使うのか楽しみ」と笑顔を見せた。

後で読む
デイリースポーツ

自転車BMXレース女子の東京五輪代表、畠山紗英が15日、練習拠点のスイスに戻る前に取材に応じ「五輪でベストの走りができるように一日一日、後悔がないようにやっていきたい」と抱負を語った。17日に出発予定。 新型コロナウイルスの影響で3月下旬に帰国して以来、地元の神奈川県寒川町で鍛錬を積んだが、練習環境が整うスイスの施設を使える状況になった。現地には切磋琢磨するライバルや、オンラインでやりとりしていたコーチもおり「練習に集中できるのが楽しみ」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

自転車BMXレース女子の東京五輪代表、畠山紗英(日体大)が15日、練習拠点のスイスに戻る前に取材に応じ「五輪でベストの走りができるように一日一日、後悔がないようにやっていきたい」と抱負を語った。17日に出発予定。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケート女子で18年平昌五輪4位の宮原知子(22=関大)が日本時間15日、自身が出場予定だったグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ中止につ…

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪男子マラソン代表で、日本記録保持者の大迫傑(29)=ナイキ=が15日、「Galaxy Note20 Ultra 5G 記者発表会」に米国からリモート出演した。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪男子マラソン代表の大迫傑(29=ナイキ)が15日、都内で行われた「Galaxy Note20 Ultra 5G」の発表記者会に米国からオンライン出演。同日発売した最新機種を前に「日本にいたときからSNSにアップするときなどGalaxyは使っていた。今回は新しいスマホなので、ペンとかも入っていてどう使うか楽しみ」と感想を語った。

後で読む
東京スポーツ

 最新スマートフォン「Galaxy Note20 Ultra 5G」の発売を記念したオンライン記者発表会が15日に行われ、男子マラソン日本記録保持者で東京五輪代表内定の大迫傑(29=ナイキ)が、練習拠…

後で読む
サンケイスポーツ

不正発覚で組織改革を求められている国際重量挙げ連盟(IWF)は14日、理事会決議でパパンドレア副会長の会長代行任務を解いたと発表した。解任について国際オリンピック委員会(IOC)は「非常に懸念している」との声明を出した。

後で読む
デイリースポーツ

不正発覚で組織改革を求められている国際重量挙げ連盟(IWF)は14日、理事会決議でパパンドレア副会長の会長代行任務を解いたと発表した。解任について国際オリンピック委員会(IOC)は「非常に懸念している」との声明を出した。 解任は13日に開かれた臨時理事会で決まった。AP通信によると、理事会を欠席したパパンドレア氏はIWFが「機能不全だ」と主張した。

後で読む
スポーツニッポン

バドミントン女子ダブルスの16年リオデジャネイロ五輪金メダリストで、8月末で現役引退した高橋礼華さん(30)が18日に“解説者デビュー”を飾ることが14日、分かった。現在開催中のデンマーク・オープン決勝が放送される18日の「J SPORTS」にゲスト解説として初参加するという。

後で読む
東京スポーツ

 競泳男子個人メドレー2種目で東京五輪代表の瀬戸大也(26)が不倫騒動を引き起こして日本水連の処分を受けた。これに対し、数々のスキャンダルを乗り越えてきた〝燃える闘魂〟アントニオ猪木氏(77)は「男と…

後で読む
東京スポーツ

 求められる〝アスリート像〟とは? 競泳男子個人メドレー2種目で東京五輪代表の瀬戸大也(26)が不倫騒動を引き起こして日本水連の処分を受け、新たな波紋が広がっている。ネット上では今回の対応や処分内容を…

後で読む
デイリースポーツ

「バドミントン・デンマーク・オープン」(14日、オーデンセ) 女子シングルス1回戦で、世界ランク4位のリオデジャネイロ五輪銅メダリスト、奥原希望(25)=太陽ホールディングス=が同27位のスコットランド選手を2-0(21-7、21-19)で破り、2回戦へ進んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「サーフィン・さわかみチャレンジシリーズ鴨川」(14日、東条海岸) サーフィンの国内プロツアーを管轄する日本プロサーフィン連盟の特別戦が、無観客で行われた。東京五輪種目のショートボードの男子1回戦では19年ワールドゲームズ(WG=世界選手権に相当)代表の大原洋人(23)が、20組を全体トップとなる15・00点で1位通過した。15日からは女子1回戦が開始予定。

後で読む
デイリースポーツ

「サーフィン・さわかみチャレンジシリーズ鴨川」(14日、東条海岸) サーフィンの国内プロツアーを管轄する日本プロサーフィン連盟の特別戦が、無観客で行われた。東京五輪種目のショートボードの男子1回戦では19年ワールドゲームズ(WG=世界選手権に相当)代表の大原洋人(23)が、20組を全体トップとなる15・00点で1位通過した。15日からは女子1回戦が開始予定。条件付きで五輪出場権を持つ松田詩野、19年WG代表の脇田紗良が登場する。

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、広島0-2川崎」(14日、エディオンスタジアム広島) 首位の川崎が広島を下し、J1史上初となるシーズン2度目の10連勝で勝ち点62。東京五輪世代のMF三笘薫(23)が1-0の後半ロスタイムにダメ押し弾を決め、史上5人目の新人2桁得点を達成した。

後で読む
東京スポーツ

 競泳男子個人メドレー2種目で東京五輪代表の瀬戸大也(26)が不倫騒動を引き起こして日本水連の処分を受けた。これに対し、数々のスキャンダルを乗り越えてきた〝燃える闘魂〟アントニオ猪木氏(77)は「男と…

後で読む
東京スポーツ

 求められる〝アスリート像〟とは? 競泳男子個人メドレー2種目で東京五輪代表の瀬戸大也(26)が不倫騒動を引き起こして日本水連の処分を受け、新たな波紋が広がっている。ネット上では今回の対応や処分内容を…

後で読む
東京スポーツ

日本サッカー協会の田嶋幸三会長(62)が14日にオンラインで取材に応じ、日本代表のオランダ遠征のノウハウを来夏の東京五輪開催に生かす考えを示した。  森保ジャパンにとって1年ぶりの活動となったオラン…

後で読む
デイリースポーツ

バドミントンで約7カ月ぶりのツアーとなるデンマーク・オープンが14日、デンマークのオーデンセで行われ、女子シングルス1回戦は16年リオ五輪で銅メダルを獲得した奥原希望(25)=太陽ホールディングス=が2-0でスコットランド選手を下した。 第1ゲームは序盤から引き離し、21-7と圧倒。第2ゲームは終盤まで接戦となったが、21-19で制した。

後で読む
東京スポーツ

 日本パラ陸上競技連盟は13日、来年の日本選手権を3月20、21日に東京・駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で開催すると発表した。  東京パラリンピックの出場権が懸かるランキングへの記録登録期限…

後で読む
デイリースポーツ

埼玉県熊谷市で合宿中のラグビー7人制女子の日本代表候補が14日、新型コロナウイルスでストップした活動を再開して以降で初めて報道陣に練習を公開した。今回の合宿から接触を伴った練習が本格的にスタートし、2016年リオデジャネイロ五輪で主将を務めた中村(ナナイロプリズム福岡)は「以前よりもいい環境、いい状況になって前向き」と語った。 代表活動は8月に再開。この日は接点でボールを出す動きやタックルで体を慣らした後、時折激しい当たりを見せながら攻守の練習を行った。リオ五輪代表の大黒田は「貴重な時間。試合ができないので練習の質にこだわりたい」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

「サーフィン・さわかみチャレンジシリーズ鴨川」(14日、東条海岸) 五輪種目のショートボードの男子1回戦が行われ、19年ワールドゲームズ(WG=世界選手権に相当)代表の大原洋人(23)が、20組を15・00点で1位通過した。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)7人制ラグビー女子日本代表候補の大黒田裕芽(おおくろだ・ゆめ、26=名古屋レディース)が14日、さらなる強化を図るために練習拠点を変更…

後で読む
東京スポーツ

【東スポ60周年記念企画 フラッシュバック(26)】秋晴れの下、1964年10月10日に開幕した東京五輪から早くも半世紀以上が経過した。そんな中でも“東洋の魔女”の愛称で親しまれた女子バレーボール日本…

後で読む
デイリースポーツ

競泳元日本代表の松田丈志氏が14日、日本テレビ系「スッキリ」で、女性スキャンダルにより日本水泳連盟から年内の活動停止という処分を受けた瀬戸大也について“日本競泳界の顔”だったことから「自覚が足りなかった」と猛省を促した。 番組では水泳連盟から処分を科された瀬戸について特集。コメンテーターの近藤サトは騒動の広がりに「瀬戸選手というのは改めて日本競泳界の顔だったんだなということはすごく思った」とコメント。これに競泳の先輩でもある松田も、「日本水泳界の顔、なんなら東京オリンピックに向けて日本代表の顔という存在だった」と瀬戸の立場を説明した。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)の自転車ロードレース代表に、男子の新城幸也(バーレーン・マクラーレン)と増田成幸(宇都宮ブリッツェン)、女子の与那嶺恵理(アレ・BTC…

後で読む
日刊スポーツ

日本パラ陸連は13日、来年の日本選手権を3月20、21日に東京・駒沢陸上競技場で開催すると発表した。東京パラリンピックの出場権が懸かるランキングへの記録登録が…

後で読む
サンケイスポーツ

 日本水泳連盟は13日、オンラインで臨時常務理事会を開き、不倫問題で東京五輪の競泳日本代表主将を辞退した瀬戸大也(26)について「スポーツマンシップに違反した」などとして、年内の活動停止処分を科した。

後で読む
スポーツニッポン

競泳・五輪メダリストの松田丈志氏(36)が14日、水曜コメンテーターを務める日本テレビ「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。女性問題により日本水連から年内の活動停止処分を受けた競泳男子の瀬戸大也(26)についてコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

久しぶりに、日本スポーツ協会や日本オリンピック委員会が入居する日本スポーツ・オリンピック・スクエアに足を向けた。最寄りの東京メトロ外苑前駅がすっかり明るくリニューアルされていて目を見張った。

後で読む
日刊スポーツ

古い話で恐縮だが釜本邦茂に長いインタビューをしたことがある。68年メキシコ五輪で銅メダルを獲得した代表のストライカー。言うまでもない日本サッカー界のレジェンド… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

ついに我慢の限界だ。女子アスリートが性的な意図で写真を撮影され、ネット上にみだらな文章とともに拡散される被害を受け、日本オリンピック委員会(JOC)が対策に乗り出した。  事態が動いたのは今年8月。…

後で読む
スポーツニッポン

日本水連は13日、都内で臨時常務理事会を開き、不倫を認めた競泳男子の瀬戸大也(26)に年内の活動停止処分を科すことを決めた。日本水連主催の公式大会や強化合宿、海外遠征への参加ができない。12月の日本選手権だけでなく、日本水連主催ではないが海外遠征となる10月下旬からの賞金大会「国際リーグ」(ブダペスト)も対象となる。スポーツ振興基金助成金の20年下半期の推薦停止も決定。日本オリンピック委員会(…

後で読む
スポーツニッポン

剣豪・宮本武蔵の兵法書「五輪書」にちなんで、五輪競技の指導者のモットーを紹介する。今回は、陸上トラック中長距離の星、田中希実(21=豊田自動織機TC)の父、健智コーチ(かつとし、49)に「親子鷹の極意」を聞いた。

後で読む
スポーツニッポン

【THE STORY】男女合わせて22種目でメダルを争う自転車競技は、多士済々だ。トラック男子オムニアム代表の橋本英也(26=日本競輪選手会)は、父の書いたスポーツ小説の主人公となった異色のアスリート。メダル獲得を目指す東京五輪への道のりを紹介する。

後で読む
スポーツニッポン

【THE PERSON】男女合わせて22種目でメダルを争う自転車競技は、多士済々だ。MTB(マウンテンバイク)男子で東京五輪出場が内定している山本幸平(35=DREAM SEEKER RACING TEAM)は4度目の五輪。自国で集大成を迎える先駆者の生きざまに迫った。

後で読む
スポーツニッポン

【THE TOPICS】体操男子の内村航平(31=リンガーハット)が、来夏の東京五輪以降も現役続行の意欲を持っていることが13日までに分かった。五輪連覇中の個人総合ではなく、鉄棒に専念して狙う自国開催の夢舞台。黄金のキャリアに唯一、欠けている五輪種目別の金メダルを獲得した後も日本初のプロ体操選手の物語は終わらない。

後で読む
デイリースポーツ

菅義偉首相は13日、橋本聖子五輪相と官邸で会い、来夏に延期となった東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策について報告を受けた。首相は「順調に進んでいる」と述べ、今後も対策に万全を期すよう指示した。橋本氏が記者団に明らかにした。 政府は9月にコロナ対策を検討する調整会議を立ち上げ、これまで3回の会合で選手の出入国管理や選手村、競技会場での密集回避策を協議してきた。今後焦点となる観客の扱いについて、橋本氏は国際オリンピック委員会(IOC)に決定権があるとし「IOC、大会組織委員会、東京都と寄り添い、国としてどう対応していくか、しっかり議論していく」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

「サーフィン・さわかみチャレンジシリーズ鴨川」(13日、東条海岸) サーフィンの国内プロツアーを管轄する日本プロサーフィン連盟が実施する特別戦が無観客で開催され、ロングボードの決勝までが行われた。大会は厳重な新型コロナ感染対策下で実施。選手やスタッフが傘とフラットフープで“社会的距離”を取る姿が目立った。14日からは五輪種目のショートボードが行われる。

後で読む
スポーツニッポン

英プレミアリーグの強豪マンチェスターCが横浜FCのU―19日本代表FW斉藤光毅(19)の今冬の獲得に向けて動いていることが13日、分かった。複数の関係者によれば移籍金も100万ポンド(約1億3800万円)前後となる見込み。東京五輪出場も期待される若き才能へ、期待値の高さがうかがえる。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪世代のU―23代表GK小久保玲央ブライアン(19=ポルトガル1部ベンフィカ)がA代表の招集候補にリストアップされていることが13日、分かった。早ければ来月に予定している欧州での親善試合に初招集される可能性もある。成長著しい大型GKが、22年W杯カタール大会への“秘密兵器”になるかもしれない。

後で読む
サンケイスポーツ

 日本水泳連盟は13日、オンラインで臨時常務理事会を開き、不倫問題で東京五輪の競泳日本代表主将を辞退した瀬戸大也(26)について「スポーツマンシップに違反した」などとして、年内の活動停止処分を科した。参戦を検討していた10~11月にブダペストで開かれる国際リーグ(ISL)や12月の日本選手権に出場できなくなり、五輪への強化プランは大きく狂うことになったが、瀬戸はコメントを発表して「一からやり直す」と誓った。

後で読む
東京スポーツ

 不倫スキャンダルに揺れる競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)にようやく審判が下された。日本水泳連盟の臨時理事会(13日)による処分は「年内の活動停止」。来年夏の五輪代表の座は守られたが、名誉、信頼、…

後で読む
デイリースポーツ

日本水泳連盟は13日、オンラインで臨時常務理事会を開き、不倫問題で東京五輪の競泳日本代表主将を辞退した瀬戸大也選手(26)に年内の活動停止などの処分を科した。昨年の世界選手権で男子個人メドレー2冠に輝いて獲得した東京五輪出場権は取り消さなかったが、強化プランが大きく狂うことになった。 日本水連は12日に倫理委員会を開き、本人から事情聴取。競技者資格規則の「スポーツマンシップに違反したとき」などに該当するとして処分を決めた。瀬戸選手は12月の日本選手権を含む日本水連の公式大会、強化合宿、海外遠征に年内は参加できない。

後で読む
東京スポーツ

 一連の不倫スキャンダルで日本水泳連盟から「年内の活動停止」の処分を下された競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)が13日深夜、マネジメント会社を通してコメントを発表した。 ◇瀬戸のコメントは以下の通り…

後で読む
デイリースポーツ

日本水連は13日、オンラインで臨時の常務理事会を開き、競泳の東京五輪日本代表で、女性問題に揺れる瀬戸大也(26)に年内の活動停止などの処分を下した。処分の理由として「スポーツマンシップに違反した」ことと、「その他本連盟及び本連盟の加盟団体の名誉を著しく傷つけたとき」(注・本連盟とは日本水連のこと)が適用された。 日本水連による競技者資格規定によると、第2条に「スポーツマンシップ」について定められた項目がある。その第2項には、「善良な市民、健全な社会人としての品性を保ち、市民社会における水泳スポーツの地位の向上に寄与すること」と定められている。

後で読む
デイリースポーツ

日本水泳連盟は13日、オンラインで臨時の常務理事会を開き、競泳の東京五輪日本代表で、女性問題に揺れる瀬戸大也(26)に年内の活動停止などの処分を下した。 瀬戸はマネジメント会社を通じてコメントを発表し、「今回の処分を厳粛に受け止め、私の行動でご迷惑をおかけしている関係者の皆様、そして応援してくださっている皆様に改めてお詫びいたします」と謝罪した。

後で読む
サンケイスポーツ

 カヌー・スラローム男子カヤックシングル東京五輪代表の足立和也(29)=山口県体協=が13日までにサンケイスポーツのインタビューに応じた。海外遠征にかかる費用などを捻出するため、山口・萩市内の山奥にある家賃7000円の長屋で市場大樹コーチ(43)と共同生活。貧乏生活に耐え、東京五輪の切符をつかんだ“カヌー界の風雲児”が、同種目で日本勢初のメダル獲得を狙う。

後で読む
サンケイスポーツ

オーストラリア・バスケットボール協会は13日、東京五輪に出場する同国男子代表監督で米プロバスケNBA、セブンティシクサーズ元監督のブレット・ブラウン氏が辞任すると発表した。

後で読む
スポーツニッポン

日本水連は13日、都内で臨時常務理事会を開き、週刊新潮に報じられた不倫を認めて謝罪した競泳男子の瀬戸大也(26)に年内の活動停止処分を科すことを決めた。日本水連の主催する公式大会への出場、強化合宿、海外遠征の参加ができない。11月の日本社会人選手権、12月の日本選手権などが対象となる。加えて、政府出資金250億円と民間からの寄付金を財源としているスポーツ振興基金助成金の20年下半期の推薦停止も…

後で読む
東京スポーツ

 日本水泳連盟は13日、リモートで臨時理事会を開き、不倫スキャンダルを起こした競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の処分を「年内の活動停止」と発表した。  前日に瀬戸から事情聴取を行っていた水連は「連…

後で読む
サンケイスポーツ

日本水泳連盟は13日、オンラインで臨時常務理事会を開き、不倫問題で東京五輪の競泳日本代表主将を辞退した瀬戸大也(26)に年内活動停止などの処分を下した。前日12日、倫理委員会を開き事情聴取。瀬戸の口から説明を受けたうえで、処分を決定した。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシング男子東京五輪代表が13日、鹿児島県鹿屋市での約2週間の強化合宿を打ち上げた。ウエルター級でメダルが期待される岡沢セオン(鹿児島県体協)は「国内トップの選手と練習できて充実していた。もっとボクシングを突き詰めたい。工夫できることはたくさんある」と表情を引き締めた。 新型コロナウイルスの影響で控えていたスパーリングも9月後半に再開。今回の合宿では積極的に行い実戦感覚の回復に努めた。ライト級の成松大介(自衛隊)は「県をまたいで集まって練習もできるようになった。少しずつ先に進んでいる。五輪はあると思い、考えて練習していく」と来夏の大舞台を見据えた。

後で読む
スポーツニッポン

日本水連は13日、オンラインで臨時常務理事会を開き、週刊新潮に報じられた不倫問題で東京五輪競泳日本代表の主将を辞退した瀬戸大也(26)に対して年内の活動停止処分とした。五輪内定選手が問題を起こしたことに「大変遺憾」としたが、五輪内定の取り消しはしなかった。

後で読む
東京スポーツ

 日本水泳連盟は13日、リモートで臨時理事会を開き、不倫スキャンダルを起こした競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の処分を「年内の活動停止」と発表した。  前日に瀬戸から事情聴取を行っていた水連は「連…

後で読む
デイリースポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は13日、東京都内で常務理事会後に取材に応じ、女性アスリートの性的な撮影被害や画像拡散の問題について、近日中に加盟する各競技団体から実態や意見を聞く方針を明らかにした。「JOCだけでやっても効果が薄い。どこまで踏み込めるか分からないが、みんなで知恵を出し合っていく」と述べ、関係機関と連携してスポーツ界一丸で対策に取り組む必要性を強調した。 SNSの普及で被害は悪質化し、トップ選手に限らず、中高生など若年層にも広がっている。JOCは日本スポーツ協会や全国高等学校体育連盟などとも幅広く協力したい考え。

後で読む
デイリースポーツ

卓球の女子日本代表・平野美宇(日本生命)が、腰痛のためITTFファイナルを欠場することが13日、マネジメント企業により発表された。 リリース文によると、延期された東京五輪が予定されている来年を、「大舞台を控えている来シーズン」と位置づけ、「大事をとっての判断となります。大変ご心配をおかけ致しますが、今後ともご声援よろしくお願いいたします」としている。

後で読む
デイリースポーツ

日本水連は13日、オンラインで臨時の常務理事会を開き、競泳の東京五輪日本代表で、女性問題に揺れる瀬戸大也(26)に年内の活動停止などの処分を下した。瀬戸は12日に日本水連倫理委員会による事情聴取を受け、その内容が常務理事会で報告され、処分が決まった。 この決定により、年内の公式大会への出場、強化合宿、海外遠征への参加ができなくなった。また、内定している200メートル、400メートル個人メドレーの東京五輪代表は維持した。

後で読む
デイリースポーツ

日本水泳連盟は13日、オンラインで臨時常務理事会を開き、不倫問題で東京五輪の競泳日本代表主将を辞退した瀬戸大也選手(26)に年内の活動停止などの処分を科した。12月の日本選手権に出場できなくなり、五輪への強化プランが狂うことになった。 日本水連は12日に倫理委員会を開き、本人から事情聴取。競技者資格規則に違反したとして、活動停止に加え、日本水連や日本オリンピック委員会(JOC)の教育プログラムの受講も求めた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は13日、東京都内で常務理事会後に取材に応じ、女性アスリートの性的な撮影被害や画像拡散の問題について、近日中に加盟する各競技団体から実態や意見を聞く方針を明らかにした。「JOCだけでやっても効果が薄い。どこまで踏み込めるか分からないが、みんなで知恵を出し合っていく」と述べ、関係機関と連携してスポーツ界一丸で対策に取り組む必要性を強調した。

後で読む
スポーツニッポン

体操男子の内村航平(31=リンガーハット)が、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった東京五輪以降も現役続行の意欲を持っていることが13日までに分かった。

後で読む
東京スポーツ

 卓球女子で東京五輪代表の平野美宇(20=日本生命)が13日、ITTFファイナル(11月19~22日、中国)を腰痛のため欠場することを決めた。  マネジメント会社は「大舞台を控えている来シーズンに向け…

後で読む
デイリースポーツ

卓球女子で東京五輪代表の平野美宇(日本生命)が、出場を予定していた国際卓球連盟(ITTF)ファイナル(11月19~22日・中国)を腰痛のため欠場すると、マネジメント会社が13日、発表した。平野は9月のTリーグのオールスター戦も腰痛で欠場。ITTFファイナルを目指して調整していたが、マネジメント会社によると大事を取って判断したという。 大会には世界ランキング上位が集まり、日本女子は伊藤美誠(スターツ)石川佳純(全農)佐藤瞳(ミキハウス)加藤美優(日本ペイントホールディングス)が参加する。

後で読む
デイリースポーツ

東京都医師会の尾崎治夫会長は13日の記者会見で、東京五輪・パラリンピックの開催について「(新型コロナウイルスの)感染者が増えている国もあり、全世界から観客を呼んで従来の五輪ができるかといえば限りなく難しい。医療界としては、やるとすれば無観客という形が現実的には妥当な線ではないか」と述べた。 尾崎会長は「どうやって収束するのか先が見えない状況だ」と強調した。

後で読む
日刊スポーツ

来夏に延期された東京オリンピック(五輪)で卓球女子代表の平野美宇(20=日本生命)は13日、11月に中国で行われる国際卓球連盟(ITTF)ファイナルへの欠場を…

後で読む
日刊スポーツ

東京都医師会の尾崎治夫会長は13日の記者会見で、東京五輪・パラリンピックの開催について「(新型コロナウイルスの)感染者が増えている国もあり、全世界から観客を呼…

後で読む
サンケイスポーツ

ボクシング男子東京五輪代表が13日、鹿児島県鹿屋市での約2週間の強化合宿を打ち上げた。ウエルター級でメダルが期待される岡沢セオン(鹿児島県体協)は「国内トップの選手と練習できて充実していた。もっとボクシングを突き詰めたい。工夫できることはたくさんある」と表情を引き締めた。

後で読む
サンケイスポーツ

卓球女子で東京五輪代表の平野美宇(日本生命)が、出場を予定していた国際卓球連盟(ITTF)ファイナル(11月19~22日・中国)を腰痛のため欠場すると、マネジメント会社が13日、発表した。平野は9月のTリーグのオールスター戦も腰痛で欠場。ITTFファイナルを目指して調整していたが、マネジメント会社によると大事を取って判断したという。

後で読む
デイリースポーツ

日本パラ陸連は13日、来年の日本選手権を3月20、21日に東京・駒沢陸上競技場で開催すると発表した。東京パラリンピックの出場権が懸かるランキングへの記録登録が4月1日に締め切られるため、アスリート委員会などと検討した上でこの期日に合わせた。 例年の日本選手権は5、6月ごろに開催。新型コロナウイルスの影響で延期された今年は9月に実施された。

後で読む
サンケイスポーツ

日本パラ陸連は13日、来年の日本選手権を3月20、21日に東京・駒沢陸上競技場で開催すると発表した。東京パラリンピックの出場権が懸かるランキングへの記録登録が4月1日に締め切られるため、アスリート委員会などと検討した上でこの期日に合わせた。

後で読む
デイリースポーツ

橋本聖子五輪相(56)は9日、閣議後に定例会見を行った。 女子選手が競技会場で性的な意図で撮影される被害や、画像拡散の問題へ日本オリンピック委員会(JOC)が対策に乗り出す構えであることについて「選手が安心して競技に打ち込める環境作りがやはり一番重要」と話した。

後で読む
日刊スポーツ

橋本聖子五輪相(56)は13日、閣議後会見を行い、日本オリンピック委員会(JOC)が女子選手の環境を守るため、対策に乗り出す構えであることを受け、「検討を見守…

後で読む
サンケイスポーツ

菅義偉首相は13日、橋本聖子五輪相と官邸で会い、来夏に延期となった東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策について報告を受けた。首相は「順調に進んでいる」と述べ、今後も対策に万全を期すよう指示した。橋本氏が記者団に明らかにした。

後で読む
サンケイスポーツ

橋本聖子五輪相は13日の閣議後の記者会見で、日本オリンピック委員会(JOC)が女性アスリートの性的な撮影被害や画像拡散の問題について競技横断的な対策に乗り出すことを歓迎した。「関係者間で検討が進められ、何よりも選手に寄り添いながらしっかりと防止につなげていっていただければと思っている」と述べた。

後で読む
東京スポーツ

「週刊新潮」で複数女性との不倫が報じられた競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の〝スキャンダル余波〟が、思わぬところまで広がっている。かねて瀬戸が参拝に訪れていた地元の埼玉・毛呂山町の神社が、今回の不…

後で読む
デイリースポーツ

橋本聖子五輪相は13日の閣議後の記者会見で、日本オリンピック委員会(JOC)が女性アスリートの性的な撮影被害や画像拡散の問題について競技横断的な対策に乗り出すことを歓迎した。「関係者間で検討が進められ、何よりも選手に寄り添いながらしっかりと防止につなげていっていただければと思っている」と述べた。 元五輪選手の橋本氏は「撮影行為で心を傷つけられた選手もいると思う。競技以外のことで(選手が)いろいろと不安に思うことはやはり避けなければいけない」と強調。「選手を預かる側のJOCや各競技団体が重要な問題点として受け入れていかなければいけない」と話した。

後で読む
東京スポーツ

「週刊新潮」で複数女性との不倫が報じられた競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の“スキャンダル余波”が、思わぬところまで広がっている。かねて瀬戸が参拝に訪れていた地元の埼玉・毛呂山町の神社が、今回の不…

後で読む
東京スポーツ

「週刊新潮」で複数女性との不倫が報じられた競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の〝スキャンダル余波〟が、思わぬところまで広がっている。かねて瀬戸が参拝に訪れていた地元の埼玉・毛呂山町の神社が、今回の不…

後で読む
東京スポーツ

オランダ遠征中の日本代表は、来年3月に再開する2022年カタールW杯アジア2次予選や来夏の東京五輪へ向けて貴重な活動を行っている。13日には国際親善試合コートジボワール戦(ユトレヒト)に臨む中で、元…

後で読む
日刊スポーツ

1952年ヘルシンキ五輪で陸上男子400メートル障害の金メダルを獲得したチャールズ・ムーア氏(米国)が8日、膵臓(すいぞう)がんのため死去した。91歳だった。…

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪の自転車ロードレース代表に、男子の新城幸也(バーレーン・マクラーレン)と増田成幸(宇都宮ブリッツェン)、女子の与那嶺恵理(アレ・BTCリュブリャナ)と金子広美(イナーメ信濃山形)が選ばれることが確実になった。

後で読む
スポーツニッポン

日本体操協会は12日に都内で会見し、11月8日に東京・国立代々木競技場で行う体操の国際大会の概要を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大後、五輪競技では国内初の国際大会で、日本、米国、ロシア、中国が参加。16人ずつ2チームに分け、男女混合の団体戦で実施する。種目別の鉄棒に絞って東京五輪を狙う内村航平(31=リンガーハット)らが出場する。

後で読む
デイリースポーツ

競泳の東京五輪日本代表で、女性問題に揺れる瀬戸大也(26)が12日、日本水連倫理委員会による事情聴取を受けた。13日に開催される臨時の常務理事会で聴取の内容が報告され、処分が正式決定する見通し。 瀬戸はスーツ姿で都内の日本水連事務局を訪問。倫理委員長を務める坂元要専務理事(65)らから約1時間、話を聞かれた。事務局を後にする際には報道陣から「どんな説明をされたんですか?」と問いかけられたが、瀬戸は無言で会釈。マネジャーとタクシーに乗り込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

女子選手が競技会場で性的な意図で写真を撮影されたり、会員制交流サイト(SNS)にみだらな文章や画像を拡散されたりする被害拡大を受け、日本オリンピック委員会(JOC)が選手の環境を守るため競技横断的な対策に乗り出すことが12日、関係者への取材で分かった。中高生や全国に広がる問題を踏まえ、各競技団体へ実態把握のヒアリングを実施。日本スポーツ協会や全国高等学校体育連盟などとも連携を目指し、連名で被害防止の声明文を出すなど具体策の検討に入る。 8月ごろ、複数の現役女子選手から日本陸上競技連盟のアスリート委員会へ相談があった。日本の女性アスリートが声を上げ始めた。

後で読む
サンケイスポーツ

 日本水泳連盟は12日、東京都内で倫理委員会を開き、不倫問題で東京五輪の競泳日本代表主将を辞退した瀬戸大也(26)を事情聴取した。13日に開く臨時常務理事会で処分を正式決定する。

後で読む
東京スポーツ

 日本水泳連盟は12日、倫理委員会を開催して不倫スキャンダルを起こした競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の事情聴取を行った。  瀬戸から一連の騒動の説明を受けた水連は「同委員会での報告は明日(13日…

後で読む
サンケイスポーツ

女子選手が競技会場で性的な意図で写真を撮影されたり、会員制交流サイト(SNS)にみだらな文章や画像を拡散されたりする被害拡大を受け、日本オリンピック委員会(JOC)が選手の環境を守るため競技横断的な対策に乗り出すことが12日、関係者への取材で分かった。中高生や全国に広がる問題を踏まえ、各競技団体へ実態把握のヒアリングを実施。日本スポーツ協会や全国高等学校体育連盟などとも連携を目指し、連名で被害防止の声明文を出すなど具体策の検討に入る。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪の自転車ロードレース代表に、男子の新城幸也(バーレーン・マクラーレン)と増田成幸(宇都宮ブリッツェン)、女子の与那嶺恵理(アレ・BTCチポリニ)と金子広美(イナーメ信濃山形)が選ばれることが確実になった。関係者が12日、明らかにした。 17日までの選考期間内の関連ポイント対象レースが12日までに終了した。日本は2019年中に男女各2の五輪出場枠を獲得。女子は個人ロードタイムトライアルの1枠も与えられており、与那嶺が代表となる見通し。新城は世界最高峰のレース、ツール・ド・フランスで日本勢初を含む7度の完走を誇る第一人者。五輪は3大会連続出場となる。

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪の自転車ロードレース代表に、男子の新城幸也(バーレーン・マクラーレン)と増田成幸(宇都宮ブリッツェン)、女子の与那嶺恵理(アレ・BTCチポリニ)と金子広美(イナーメ信濃山形)が選ばれることが確実になった。関係者が12日、明らかにした。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、各国のオリンピック委員会、パラリンピック委員会の選手団長を集めた会議をオンラインで開催した。新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった大会に向けて、コロナ対策や大会簡素化によってさまざまな変更が生じる中、英語、フランス語、スペイン語の3カ国語で合計8000枚にわたる資料を用意して最新情報を共有した。 30日まで計6回行われる今回の会合には201カ国・地域の選手団が参加予定。大会期間中や大会までの事務的なスケジュールを確認するほか、各国からの要望や疑問点などを情報収集した上で、政府と共に12月にとりまとめる予定の中間報告をめどに、さらに詳しい情報を各国に提供する予定だという。

後で読む
デイリースポーツ

柔道日本男子の東京五輪代表が12日、昨年12月以来となる国内での強化合宿を開始した。東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)を拠点とし、73キロ級で2連覇を狙う大野将平(旭化成)ら既に代表決定の6人と指導陣ら約15人が参加。新型コロナウイルスの影響で中断していた強化活動が、ようやく再始動した。 合宿は非公開で実施。関係者によると、12日に集合したチームは都内の大学に出稽古し、約2時間にわたって乱取りや寝技で汗を流したという。合宿は17日までで、NTCでの筋力トレーニングなども計画されている。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、新型コロナウイルスの影響で来夏へ延期された大会へ向け、各国・地域の選手団団長を対象にしたオンラインセミナーを開催した。各オリンピック委員会(NOC)と各パラリンピック委員会(NPC)それぞれに対し、英語、フランス語、スペイン語の3言語で、今月中に計6回開催。組織委国際局の小林亨NOC/NPC部長によると、今回は全世界206のNOCのうちセミナー登録が…

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京五輪・パラリンピックで、各国・地域の国内オリンピック委員会が参加する選手団団長会議が12日、オンラインで開催され…

後で読む
東京スポーツ

 体操の五輪2連覇〝キング〟内村航平(31=リンガーハット)が11月8日に東京・国立代々木競技場で開催される国際大会「Friendship and Salidarity(友情と絆の大会)」に出場予定で…

後で読む
デイリースポーツ

日本水泳連盟は12日、東京都内で倫理委員会を開き、不倫問題で東京五輪の競泳日本代表主将を辞退した瀬戸大也選手(26)を事情聴取した。13日に開く臨時常務理事会で処分を正式決定する。 昨年の世界選手権で男子個人メドレー2冠に輝き、競泳で1人だけ東京五輪代表に決まっている瀬戸選手は、夫人でない女性とラブホテルに入ったとの報道を認めて謝罪。所属先だったANAとの契約は9月末に解除となり、日本オリンピック委員会(JOC)の肖像権事業「シンボルアスリート」の契約も打ち切りとなった。

後で読む
デイリースポーツ

国際体操連盟と日本体操協会は12日、4カ国が参加して11月8日に東京・国立代々木競技場で開催する国際競技会の概要を発表した。日本、米国、ロシア、中国から男女各4選手が集い、日本男子の内村航平(31)ら計32人を2チームに分け、男女混合の団体戦を実施。来夏に延期された東京五輪のテストケースとして注目される。 昨年の世界選手権男子3冠のニキータ・ナゴルニー(23)=ロシア=ら海外選手に、出国前72時間以内のPCR検査実施など新型コロナ感染対策を徹底。入国後14日間の待機は求めないが、宿泊先と練習会場以外への移動は認めない。2千人程度の観客を入れる予定。

後で読む
デイリースポーツ

国際体操連盟は12日、11月に同連盟主催の体操国際大会「Friendship and Solidarity competition(友情と絆の大会)」(11月8日、代々木第一体育館)を開催することを発表した。日本、中国、ロシア、米国による交流大会で、新型コロナウイルスによってスポーツが中断して以降、日本では初となる国際スポーツ大会となる。 日本からは男子個人総合五輪2連覇王者で、今季から鉄棒に専念する内村航平(31)=リンガーハット=や、萱和磨(23)=セントラルスポーツ=、寺本明日香(24)=ミキハウス=が出場予定。ロシアからは19年世界選手権個人総合金メダリストのニキータ・ナゴルニー、同銀メダリストのアルトゥル・ダラロヤンのダブルエースなどトップ選手が参加する。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。