「五輪」の記事一覧

東京スポーツ

【球界平成裏面史・中日WBCボイコット騒動(1)】「ある球団においては、誰ひとりも協力しないということだった。やや寂しい部分がある」。平成20年(2008年)11月21日、東京都内のホテルで行われたワ…

後で読む
日刊スポーツ

2012年ロンドンオリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会で副会長を務めたキース・ミルズ氏が19日放送の英BBCラジオで、新型コロナウイルスの世界的な感…

後で読む
スポーツニッポン

【THE STORY】あの音が今も耳に残る。嫌な音だった。12年ロンドン五輪陸上男子やり投げ決勝。ディーン元気(29=ミズノ)は、1投目に、右脇腹に異変を覚えた。

後で読む
スポーツニッポン

【THE STORY】サーフィンで東京五輪代表入りを目指す前田マヒナ(22)は、昨年11月のジャパンオープンを制し、世界最終予選となる今年5月のワールドゲームズ(WG=世界選手権に相当、エルサルバドル)出場権を獲得した。ハワイに滞在していた前田に大会開催の知らせが届いたのは、わずか1カ月前の10月。新型コロナウイルスで行動制限を強いられる中、ハンデを乗り越えた道のりに迫る。

後で読む
スポーツニッポン

【THE WEAPON】国産車で、黄金ロードを駆け抜ける。自転車トラック種目の日本代表が東京五輪で使用するバイクはタイヤメーカー「ブリヂストン」、自転車メーカー「ブリヂストンサイクル」、日本自転車連盟が総力を結集した傑作。東京五輪は19年末までに市販された機材での出場が義務付けられており、短距離用バイク「PRZ」は530万円。メード・イン・ジャパンの超高級車で、メダルラッシュを狙う。

後で読む
スポーツニッポン

【THE PERSON】逆風が強くても、夢舞台への歩みは止めない。スポーツクライミング男子の東京五輪代表・楢崎智亜(24=TEAM au)がスポニチのインタビューに応じた。新型コロナウイルスの収束は見えず、首都圏などに緊急事態宣言が再発令。五輪開催への否定的な声も多い厳しい状況だが、心は乱さず金メダルへ進撃する。

後で読む
デイリースポーツ

テニスの全豪オープン(2月8日開幕)などに出場するため搭乗したチャーター機の同乗者が新型コロナウイルスの陽性反応を示し、錦織圭を含め70人以上の選手がホテルの部屋から2週間、外出を禁じられており、現地では困惑が広がっている。 選手たちが14日間の隔離を余儀なくされている問題を受け、海外メディアからは半年後の東京五輪でもさらなる混乱が起こることを不安視する指摘が出てきた。

後で読む
デイリースポーツ

【ジュネーブ共同】2012年ロンドン五輪・パラリンピック組織委員会で副会長を務めたキース・ミルズ氏が19日放送のBBCラジオでインタビューに応じ、新型コロナウイルスの影響で開催に懐疑論が出ている東京大会について「東京の組織委には中止計画があると思う」と述べ、世界の感染状況を見ると開催は困難との見解を示した。 ミルズ氏は、可否の判断は1、2カ月以内だろうとし、「厳しい決断だ。彼らの立場にはなりたくない」と語った。24年への再延期は、調整が至難として否定的だった。

後で読む
サンケイスポーツ

イングランド・サッカー協会(FA)は19日、退任した女子代表のネビル監督の後任に元ノルウェー女子代表のリーセ氏が就くと発表した。51歳の同氏は現役時代に1995年ワールドカップ(W杯)と2000年シドニー五輪で優勝し、日本の日興証券でもプレーした。

後で読む
デイリースポーツ

 英BBC電子版は19日、2012年ロンドン五輪組織委員会で副会長を務めたキース・ミルズ氏が、進化型コロナウイルスの感染拡大のため今夏に延期された東京五輪について、「ありそうもない」と述べたと報じた。

後で読む
デイリースポーツ

卓球Tリーグのファンイベントが19日、オンラインで行われた。宮崎義仁理事長補佐は東京五輪に向け「複数メダルは間違いない。できれば金メダルを取っていただきたい。(金メダルで)1000万円あげます」と“夢の報奨金”を提示した。 1000万円は日本卓球協会の報酬規定の金額。強化本部長も務める宮崎氏は「(予算は)2500万円作りました」と明かし、「全ての種目のメダルよりも、一つの金メダルがあったら、という思いがある」と、日本卓球界初の金メダル獲得に期待を込めた。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会が、新型コロナウイルス感染症対策で観客の削減が必要になった場合、国内のチケット購入者を対象にした再抽選を行う可能性に備えてシステム開発を進めていることが19日、分かった。組織委幹部が明らかにした。今春の完成を目指しているという。 政府と組織委は、観客数の上限や海外からの観客受け入れ可否について春に判断することにしている。

後で読む
デイリースポーツ

2月に開幕するテニス・全豪オープン(メルボルン)を前に、入国の際に搭乗したチャーター機で新型コロナウイルスの陽性者が出たため、同乗した選手たちが14日間の隔離を余儀なくされ不満が噴出している問題で、海外メディアからは半年後の東京五輪でもさらなる混乱が起こることを不安視する指摘が出てきた。 全豪オープンでは約1200人の選手、スタッフ、メディアがオーストラリア入りする予定で、現在、同乗者に陽性が出たため厳しい隔離措置がとられている選手は72人に及ぶ。ホテルの部屋からの外出は許されず、練習ができず、食事も自由に取れないため、選手からは不満が噴出。一方で厳しい措置で感染者数を押さえ込んできたオーストラリア国民からは不満や緩和を求める選手たちへ厳しい批判がとんでおり、大きな問題となっている。

後で読む
デイリースポーツ

【ジュネーブ共同】重量挙げのドーピング問題を調査している国際検査機関(ITA)は18日、2016年リオデジャネイロ五輪の男子77キロ級で金メダルを獲得したニヤト・ラヒモフ(カザフスタン)と同級のドゥミトル・カプタリ(ルーマニア)が16年に尿検体すり替えの違反を犯したとして暫定的な資格停止処分を科したと発表した。 12年ロンドン五輪で女子58キロ級銅メダルのラティカン・グルノイ(タイ)は禁止物質の使用が認められた。ITAによると、国際重量挙げ連盟の不正を調べた独立調査委員会の報告書を受けて146件の疑惑解明が進められており、今春までに完了する見通し。

後で読む
デイリースポーツ

2月に開幕するテニスの全豪オープン(メルボルン)を前に、入国の際に登場したチャーター機で新型コロナウイルスの陽性者が出たため、同乗した選手たちが14日間の隔離を余儀なくされ、不満が噴出している問題で、海外メディアからは半年後の東京五輪でもさらなる混乱が起こることを不安視する指摘が出てきた。 全豪オープンでは約1200人の選手、スタッフ、メディアが豪州入りする予定で、現在、同乗者に陽性が出たため厳しい隔離措置がとられている選手は72人に及ぶ。ホテルの部屋からの外出は許されず、練習ができず、食事も自由に取れないため、選手からは不満が噴出。一方で厳しい措置で感染者数を抑え込んできたオーストラリア国民からは不満や緩和を求める選手たちへ厳しい批判がとんでおり、大きな問題となっている。

後で読む
スポーツニッポン

卓球女子団体で五輪2大会連続メダリストの福原愛さん(32)が19日、自身のツイッターを更新。15日に一般男性との結婚を発表したロンドン五輪女子団体のチームメートの平野早矢香さん(35)を祝福した。

後で読む
デイリースポーツ

橋本聖子五輪相が19日、閣議後の定例会見を行った。 東京五輪について、菅首相が18日の施政方針演説で「コロナに打ち勝った証」として開催することを表明。橋本五輪相は「どうすればコロナに打ち勝った証なのか」と問われ、「個人としてはコロナ禍、アフターコロナを見つめる中で、レガシーとして世界が自然災害や感染症などあらゆる危機、直面している課題を東京五輪を通じて一丸となってやっていく。先進国として成熟した国家としてやり遂げることが重要だと思っている」と、見解を述べた。

後で読む
スポーツニッポン

橋本聖子五輪相が19日、閣議後会見を行った。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの米プロリーグMLSのマイアミは18日、元イングランド代表のフィル・ネビル氏(43)が監督に就任すると発表した。2018年1月からイングランド女子代表監督を務め、東京五輪で英国代表を率いることが有力視されていたが、7月までの契約を残して同日付で退任した。

後で読む
スポーツニッポン

テニスの全豪オープン(2月8日開幕)に向けて現地入りした選手や関係者に新型コロナウイルス陽性者が続いている問題で混乱が拡大してきた。18日に新たに選手1人を含む4人の陽性が判明し、全豪関係者の陽性者が9人となる中、厳しい隔離措置で練習できない選手が不満を訴える一方でオーストラリア国民も反発。東京五輪を控える日本も人ごとではない状況だ。

後で読む
デイリースポーツ

水球男子のリオデジャネイロ五輪日本代表主将でセルビアの名門クラブ、レッドスターに5月末までレンタル移籍する志水祐介(32)=ブルボンKZ=が18日、新潟県柏崎市内で会見を行った。 同チームはリオデジャネイロ五輪金メダルのセルビアで、2020年末に開催されたセルビア杯で優勝するなど実力あるクラブ。志水は「強豪国で頑張ってきて、東京オリンピックで良い結果を残せるようにつなげていきたい」と意気込んだ。

後で読む
東京スポーツ

 体操界のキングこと五輪2連覇の内村航平(32)が思わぬ被害を受けている。現在、新型コロナウイルス禍で今夏の東京五輪開催の賛否が飛び交う中、政府や大会組織委員会の要人は開催をアピール。その決めゼリフと…

後で読む
サンケイスポーツ

イングランド・サッカー協会(FA)は18日、女子代表のフィル・ネビル監督(43)の退任を発表した。契約は7月まで残っており東京五輪で英国代表を率いることが有力視されていたが、英メディアは男子の米プロリーグMLSでマイアミの監督に就くと報じている。

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権(17日、丸善インテックアリーナ大阪)女子シングルスで5年ぶりの優勝を果たした東京五輪代表の石川佳純(27=全農)へ、卓球強国・中国のファンも祝福だ。  中国語が堪能で、愛らしいル…

後で読む
サンケイスポーツ

 開催国枠で東京五輪出場が決まっているハンドボール男子日本代表は、世界選手権(エジプト)に出場中。C組で通算1分け1敗の日本を、主将として引っ張る土井レミイ杏利(あんり、31)=大崎電気=は、もう一つの“顔”を持つ。動画アプリ「TikTok(ティックトック)」で、アカウント名「レミたん」として人気を誇り、フォロワー数は170万人を超える。世間にはやる“バズる動画”で、ハンドボール普及に努める。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長(77)は18日、都内で取材に応じ、IOC元副会長で名誉委員のケバン・ゴスパー氏が新型コロナウイルスの影響で不透明な状況となっている東京大会の開催可否について、国連に助言を求めることを提案したことについて、「理解に苦しむ。WHO(世界保健機関)が国連の機関だからなのか…」と、困惑した様子で話した。 開催が「不確実」と話した最古参委員のディック・パウンド氏など重鎮メンバーからの発言が相次いでいるが、バッハ会長らとIOC中枢と組織委は開催に向けた方針は一致していることを強調した。

後で読む
デイリースポーツ

日本レスリング協会は18日、臨時理事会をオンラインで開催し、国庫補助金などから日本代表コーチらに支払われる報酬の一部を不適切に使用していた問題で、責任の処遇をめぐって全役員がいったん辞任する案も浮上した。次回の理事会で決定する方針。当時のコーチ16人から計約1400万円を不適切に集めていたことなどをまとめた報告書を昨年末、日本オリンピック委員会(JOC)に提出したことを報告した。 問題は2010年から3年ほどの間、当時の強化責任者がコーチから寄付金を募り、本来の選手強化を目的とした使途とは異なる食事代などに充てていたというもの。日本協会は昨年8月に不適切な会計処理を認める報告書をJOCに提出したが、再調査を求められ、当時のコーチ39人にヒアリングを行った上で、16人から総額1400万円弱の寄付を募っていたとの報告書を昨年12月24日に提出していた。

後で読む
日刊スポーツ

競泳五輪2大会連続2冠の北島康介氏(38)が18日、アスリートがセカンドキャリアを考える講座のアンバサダーに就任した。スポーツビジネスの採用・転職支援を行う「…

後で読む
日刊スポーツ

卓球の全日本選手権で東京オリンピック(五輪)女子シングルス代表の石川佳純(27=全農)が5年ぶり5度目の優勝を果たし18日、一夜が明けた。同代表の伊藤美誠(2…

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長が18日、都内で取材に応じ、菅義偉首相が施政方針演説で大会開催に改めて意欲を示したことについて「従来と同じで、ぶれていない」とコメントした。日本国内では新型コロナウイルス感染者数の急増で開催に厳しい目が向けられているが、「(コロナ対策の)政策効果を上げていただいて、状況が変化することを期待したい」と述べた。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの城島健司球団会長付特別アドバイザー(44)が18日、全試合出場でのキャリアハイと五輪出場を目標に掲げている正妻・甲斐にエールを送った。  昨季は鷹の正妻がもがき苦しんだシーズン序盤に寄…

後で読む
日刊スポーツ

19年世界選手権覇者のネーサン・チェン(21)がフィギュアスケート界のレジェンド以来となる5連覇を果たした。ショートプログラム1位から迎えたフリーは208・3…

後で読む
東京スポーツ

競泳男子200メートル平泳ぎの前世界記録保持者・渡辺一平(23=トヨタ自動車)が、さらなる進化を遂げている。  現在、長野・東御の準高地トレーニング施設で調整中。昨年12月の日本選手権では同種目で2…

後で読む
デイリースポーツ

水球男子のリオデジャネイロ五輪日本代表主将でセルビアの強豪クラブ・レッドスターにレンタル移籍する志水祐介(32)=ブルボンKZ=が18日、新潟県柏崎市内で会見を行った。志水は「セルビアという強豪国でしっかりと頑張ってきて、東京オリンピックで良い結果を残せるようにつなげていきたい」と意気込んだ。レンタル期限は5月末まで。 「水球をやっている人なら誰もが知っている」という強豪チームへの移籍に最初は「雲の上の存在で、そんなところでできるのか」と驚いたという。海外選手に比べて体格は劣るが、「パワー勝負ではなく技術だったり、スピードを生かした攻撃で勝負していきたい」と気合は十分だ。

後で読む
日刊スポーツ

東海大は18日、硬式野球部の新指導体制を発表した。新監督に、OBで日本生命の監督や96年アトランタオリンピック(五輪)日本代表コーチも務めた井尻陽久氏(68)… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

河野太郎行政改革担当相は18日、自身が東京五輪・パラリンピック開催中止の可能性に言及したとの海外メディア報道を巡り、ツイッターで釈明した。「世界的な新型コロナウイルスの状況を見れば、今後起こり得ることを考えて、さまざまな対応策を考えておくのは当たり前のことではないか」と投稿した。 同時に「一部だけ(自身の発言を)切り取って曲解して流すのは、メディアの矜持が問われる」と主張した。

後で読む
東京スポーツ

 後輩の壁になった――。卓球の全日本選手権最終日(17日、丸善インテックアリーナ大阪)、東京五輪代表の石川佳純(27=全農)が女子シングルス決勝で同代表の伊藤美誠(20=スターツ)を4―3で破り、5年…

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート女子で平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(18=ロシア)が18日までに自身のインスタグラムを更新し、温泉を満喫している様子を披露した。

後で読む
サンケイスポーツ

 卓球・全日本選手権最終日(17日、丸善インテックアリーナ大阪)東京五輪代表同士の決勝となった女子シングルスは石川佳純(27)=全農=が伊藤美誠(20)=スターツ=に4-3で逆転勝ちし、5大会ぶり5度目の日本一に輝いた。準決勝では16歳の木原美悠(エリートアカデミー)を4-2で退けた。男子シングルス決勝は及川瑞基(23)=木下グループ=が森薗政崇(25)=BOBSON=を4-3で破って初優勝した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、無観客でシングルスのみが行われた。

後で読む
スポーツニッポン

女子シングルスで東京五輪対決を制した、石川佳純(27=全農)の勝因は何だったのか。五輪4大会連続出場の松下浩二氏(53)は、緩急やコースでメリハリをつけた攻撃と、伊藤美誠(20=スターツ)が放つ強打への対応を高く評価した。かつて6年ぶりの日本一返り咲きを経験している松下氏は、女子で5年ぶり優勝の価値にも言及した。

後で読む
東京スポーツ

競泳男子200メートル平泳ぎの前世界記録保持者・渡辺一平(23=トヨタ自動車)が、さらなる進化を遂げている。  現在、長野・東御の準高地トレーニング施設で調整中。昨年12月の日本選手権では同種目で2…

後で読む
スポーツニッポン

国際オリンピック委員会(IOC)元副会長で名誉委員のケバン・ゴスパー氏(87=オーストラリア)が、東京五輪の開催可否の判断を国連に委ねることを提案した。

後で読む
スポーツニッポン

日本卓球協会の星野一朗専務理事は「五輪に向けて全日本選手権を開催できたことは大きな意義がある」と大会を総括した。出場選手から新型コロナ陽性者1人が出たものの「発熱者が出たときのルールが徹底できた」と対策の成果を強調した。

後で読む
スポーツニッポン

男女シングルスの準決勝と決勝が行われ、男子は、前日の準々決勝で張本智和(17)に勝利した及川瑞基(23=ともに木下グループ)が初優勝した。

後で読む
スポーツニッポン

男女シングルスの準決勝と決勝が行われ、女子は石川佳純(27=全農)が女子最長ブランクとなる5年ぶりの優勝を果たした。決勝で伊藤美誠(20=スターツ)との東京五輪シングルス代表対決を1―3から逆転して4―3で制した。

後で読む
スポーツニッポン

男女シングルスの準決勝と決勝が行われ、女子は石川佳純(27=全農)が女子最長ブランクとなる5年ぶりの優勝を果たした。決勝で伊藤美誠(20=スターツ)との東京五輪シングルス代表対決を1―3から逆転して4―3で制し、涙を流した。2000年生まれの「みうみまひな」が4年連続で女王に就く若手台頭の流れを止め、歴代3位タイの5度目の栄冠で健在をアピールした。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(17日、丸善インテックアリーナ大阪) 東京五輪代表同士の決勝となった女子シングルスで、2年ぶりの優勝を狙った伊藤美誠(20)=スターツ=は石川佳純(27)=全農=にフルゲームの末、3-4で敗れた。前回女王の早田ひな(20)=日本生命=は準々決勝で伊藤に3-4で惜敗した。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(17日、丸善インテックアリーナ大阪) 27歳の石川佳純(全農)が1827日ぶりの涙の復活Vだ。女子シングルス決勝で、ともに東京五輪代表の伊藤美誠(20)=スターツ=と対戦。1-3と後がなくなってから4-3と逆転勝ちし、16年大会以来5年ぶり5度目の優勝を果たした。5度目の制覇は女子歴代3位タイで、5年ぶりの全日本女王返り咲きは史上最長記録。日本卓球界を長年けん引してきた第一人者が、東京五輪イヤーに復権を果たした。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(17日、丸善インテックアリーナ大阪) 27歳の石川佳純(全農)が1827日ぶりの涙の復活Vだ。女子シングルス決勝で、ともに東京五輪代表の伊藤美誠(20)=スターツ=と対戦。1-3と後がなくなってから4-3と逆転勝ちし、16年大会以来5年ぶり5度目の優勝を果たした。5度目の制覇は女子歴代3位タイで、5年ぶりの全日本女王返り咲きは史上最長記録。日本卓球界を長年けん引してきた第一人者が、東京五輪イヤーに復権を果たした。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(17日、丸善インテックアリーナ大阪) 27歳の石川佳純(全農)が1827日ぶりの涙の復活Vだ。女子シングルス決勝で、ともに東京五輪代表の伊藤美誠(20)=スターツ=と対戦。1-3と後がなくなってから4-3と逆転勝ちし、16年大会以来5年ぶり5度目の優勝を果たした。5度目の制覇は女子歴代3位タイで、5年ぶりの全日本女王返り咲きは史上最長記録。日本卓球界を長年けん引してきた第一人者が、東京五輪イヤーに復権を果たした。

後で読む
スポーツニッポン

 男女シングルスの準決勝と決勝が行われ、女子は石川佳純(27=全農)が女子最長ブランクとなる5年ぶりの優勝を果たした。決勝で伊藤美誠(20=スターツ)との東京五輪シングルス代表対決を1―3から逆転して4―3で制し、涙を流した。2000年生まれの「みうみまひな」が4年連続で女王に就く若手台頭の流れを止め、歴代3位タイの5度目の栄冠で健在をアピールした。

後で読む
サンケイスポーツ

 陸上女子・京都中長距離競技会(17日、京都市・たけびしスタジアム京都)女子1万メートルは、東京五輪の5000メートル代表に内定している田中希実(21)=豊田自動織機TC=が31分59秒89で制した。一時は10秒以上の差を広げられながら終盤にスパートし、ラスト1周で安藤友香(26)=ワコール=を鮮やかに逆転してV。今後は日本女子初となる1500メートルや1万メートルでも五輪切符を獲得を目指し、さらなる進化を誓った。

後で読む
サンケイスポーツ

 卓球・全日本選手権最終日(17日、丸善インテックアリーナ大阪)東京五輪代表同士の決勝となった女子シングルスは石川佳純(27)=全農=が伊藤美誠(20)=スターツ=に4-3で逆転勝ちし、5大会ぶり5度目の日本一に輝いた。準決勝では16歳の木原美悠(エリートアカデミー)を4-2で退けた。男子シングルス決勝は及川瑞基(23)=木下グループ=が森薗政崇(25)=BOBSON=を4-3で破って初優勝した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、無観客でシングルスのみが行われた。

後で読む
東京スポーツ

〝極秘計画〟の存在が明らかに――。今夏の東京五輪開催は、再び猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で国民の間で微妙な雰囲気が漂いつつある。日本政府をはじめ五輪関係者は口を揃えて「開催」をアピールするが、…

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権最終日(17日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルス決勝は東京五輪代表の石川佳純(27=全農)が伊藤美誠(20=スターツ)を4―3で破って5年ぶり5度目の優勝を飾った。  …

後で読む
日刊スポーツ

河野太郎行革担当相は17日夜、恒例のインターネット番組「河野太郎のLIVE配信 たろうとかたろう」に生出演した。河野氏をめぐっては、東京五輪・パラリンピックに…

後で読む
日刊スポーツ

<卓球:全日本選手権>◇最終日◇17日◇丸善インテックアリーナ大阪◇女子シングルス決勝◇無観客開催東京オリンピック(五輪)で女子シングルス代表の石川佳純(27…

後で読む
東京スポーツ

 競泳男子200メートル平泳ぎで2019年の世界選手権銅メダルの渡辺一平(23=トヨタ自動車)が17日、オンラインで報道陣の取材に応じ、オリンピックイヤーの抱負を語った。  東京五輪が延期になり「勝負…

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権最終日(17日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルス決勝は東京五輪代表の伊藤美誠(20=スターツ)が、同代表の石川佳純(27=全農)を3―4(11―4、7―11、11―7、…

後で読む
デイリースポーツ

競泳男子200メートル平泳ぎ日本記録保持者の渡辺一平(23)=トヨタ自動車=が17日、オンラインで取材に応じ、2021年の抱負を「記録と共に記憶に残るスイマーに」と掲げた。 世界選手権では2度銅メダルを獲得。前世界記録保持者でもあるが「なかなか皆さんの記憶に残っていないので、もっと記憶に残るレースがしたい」と言う。勝負の場はもちろん、東京五輪。開催へ向けた風向きの厳しさは重々承知しており「色んな意見が合って当たり前」としながらも「僕にできるのは金メダルを取る準備をすることだけ」とした。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)陸上女子5000メートル代表の田中希実(21=豊田自動織機TC)が、阪神・淡路大震災から丸26年目の日に、今年初レースの1万メートルで…

後で読む
日刊スポーツ

日本選手権の大会委員長を務めた日本卓球協会の星野一朗専務理事が会見し、開催地の大阪も緊急事態宣言が出る中、大会を完遂したことについて語った。「感染対策を徹底し…

後で読む
日刊スポーツ

女子決勝は、北海道銀行が18年ピョンチャン・オリンピック(平昌五輪)銅の本橋麻里(34)がスキップを務めるLS北見(ロコ・ステラ)を7-2で下し2年ぶり5度目…

後で読む
日刊スポーツ

女子決勝は、北海道銀行が18年ピョンチャン・オリンピック(平昌五輪)銅の本橋麻里(34)がスキップを務めるLS北見(ロコ・ステラ)を7-2で下し2年ぶり5度目…

後で読む
サンケイスポーツ

 卓球の全日本選手権は最終日の17日、丸善インテックアリーナ大阪で女子決勝が行われ、東京五輪代表同士の対決で石川佳純(27)=全農=がフルゲームで伊藤美誠(20)=スターツ=を下し、5年ぶり5度目の優勝を果たした。

後で読む
サンケイスポーツ

 卓球の全日本選手権は最終日の17日、丸善インテックアリーナ大阪で女子決勝を行い、東京五輪代表同士の対決で石川佳純(27)=全農=がフルゲームで伊藤美誠(20)=スターツ=を下し、5年ぶり5度目の優勝を果たした。

後で読む
スポーツニッポン

卓球男子で東京五輪代表に内定している水谷隼(31=木下グループ)が17日、自身のツイッターを更新。同日に行われた全日本卓球選手権男子シングルス決勝で勝利し、初優勝を飾ったチームメートの及川瑞基(23=木下グループ)を祝福し“秘策”を伝授していたことを明かした。

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権最終日(17日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルス決勝は東京五輪代表の石川佳純(27=全農)が、同代表の伊藤美誠(20=スターツ)を4―3(4―11、11―7、7―11、…

後で読む
デイリースポーツ

陸上女子の京都中長距離競技会は17日、京都市のたけびしスタジアム京都で行われ、1万メートルは東京五輪5000メートル代表の田中希実(豊田自動織機TC)が31分59秒89で優勝した。2位は32分5秒48の安藤友香(ワコール)、3位は清水真帆(ヤマダホールディングス)だった。 ともにタイムレースで実施された5000メートルは信桜空(パナソニック)が16分20秒15で制し、3000メートルは細谷愛子(京都・立命館宇治高)が9分18秒86で勝った。

後で読む
デイリースポーツ

「スピードスケート・ショートトラック・全日本選手権」(17日、帝産アイススケートトレーニングセンター) 男子2種目が行われ、18年平昌五輪代表の渡辺啓太(28)=阪南大職=が1000メートルで1位、3000メートルで2位に入り、2大会連続の総合優勝を果たした。今大会は3月にオランダで開催予定の世界選手権の代表選考会を兼ねて実施された。

後で読む
デイリースポーツ

スピードスケート・ショートトラックの全日本選手権最終日は17日、長野県帝産アイススケートトレーニングセンターで男女各2種目が行われ、前日の2種目を合わせて男子は2018年平昌冬季五輪代表の渡辺啓太(阪南大職)が2大会連続3度目、女子は21歳の山名里奈(山梨学院大)が初の総合優勝を果たした。渡辺と山名は世界選手権(3月・オランダ)代表に選ばれた。 渡辺は1000メートルで1位、3000メートルで2位だった。3000メートルを制した斎藤慧(栃木県スポーツ協会)が総合2位。

後で読む
日刊スポーツ

2018年ピョンチャン・オリンピック(平昌五輪)代表の渡辺啓太(28=阪南大)が2年連続3度目の総合優勝を果たした。前日の2種目を終えて首位で迎え、1000メ…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)陸上女子5000メートル代表の田中希実(21=豊田自動織機TC)が今年初レースの1万メートルで優勝した。2度目の1万メートルで自己ベス…

後で読む
スポーツニッポン

12年ロンドン五輪卓球女子団体銀メダリストの平野早矢香さん(35)が17日、自身のインスタグラムを更新。2021年全日本卓球選手権の決勝で、5年ぶり5度目の優勝を果たした石川佳純(27=全農)を称えた。

後で読む
スポーツニッポン

全日本卓球選手権最終日が17日、大阪市・丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子シングルス決勝では、ともに五輪代表内定選手の伊藤美誠(20=スターツ)と石川佳純(27=全農)が対戦。石川が4―3で大逆転勝利し、5年ぶり5度目の優勝を飾った。2011年に17歳10カ月で初優勝を飾ってから10年、5度目の優勝は歴代3位タイとなった。

後で読む
スポーツニッポン

全日本卓球選手権最終日が17日、大阪市・丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子シングルス決勝では、ともに五輪代表内定選手の伊藤美誠(20=スターツ)と石川佳純(27=全農)が対戦。伊藤は3―4で逆転負けし、2大会ぶり3度目の優勝はならなかった。

後で読む
スポーツニッポン

全国都道府県対抗女子駅伝の代替大会として行われ、東京五輪女子5000メートル代表の田中希実(21=豊田自動織機TC)が1万メートルを31分59秒89の自己ベストで制した。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(17日、丸善インテックアリーナ大阪) 女子シングルス決勝が行われ、ともに東京五輪代表の石川佳純(27)=全農=と伊藤美誠(20)=スターツ=が対戦。石川が1-3と後がなくなってから4-3と逆転勝ちし、16年大会以来5年ぶり5度目の優勝を果たした。日本女子を長年支えてきた第一人者が五輪イヤーに復権を果たし、涙を浮かべた。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(17日、丸善インテックアリーナ大阪) 女子シングルス決勝が行われ、東京五輪代表で2年ぶりの優勝を狙った伊藤美誠(20)=スターツ=は同代表の石川佳純(27)=全農=に3-4(11-4、7-11、11-7、11-7、10-12、5-11、9-11)のフルゲームの死闘の末に敗れた。

後で読む
デイリースポーツ

加藤勝信官房長官は17日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、欧米各紙が今夏の東京五輪が中止となる可能性を相次いで報じたことに対し、開催方針に変更はないと報道内容を否定した。「場所やスケジュールが決まっており、関係者が感染対策を含め準備に取り組んでいる」と述べた。 東京五輪の開催を巡っては河野太郎行政改革担当相が14日、ロイター通信のインタビューに対し「どちらに転ぶかは分からない」と言及した。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)で女子シングルス代表の石川佳純(27=全農)が涙の優勝を飾った。同代表の伊藤美誠(20=スターツ)を熱戦の末に4-3で下し、5年ぶり5…

後で読む
デイリースポーツ

 「卓球・全日本選手権」(17日、丸善インテックアリーナ大阪) 女子シングルス決勝は、ともに東京五輪代表の石川佳純(27)=全農=と伊藤美誠(20)=スターツ=が対戦。最終第7ゲームまでもつれた大接戦は石川が4-3(4-11、11-7、7-11、7-11、12-10、11-5、11-9)で制した。優勝を決めた瞬間。目に涙を浮かべた。

後で読む
スポーツニッポン

全日本卓球選手権最終日が17日、大阪市・丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子シングルス決勝では、ともに五輪代表内定選手の伊藤美誠(20=スターツ)と石川佳純(27=全農)が対戦。伊藤は3―4で逆転負けし、2大会ぶり3度目の優勝はならなかった。

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権最終日(17日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルス決勝は東京五輪代表の石川佳純(27=全農)が、同代表の伊藤美誠(20=スターツ)を4―3(4―11、11―7、7―11、…

後で読む
スポーツニッポン

全日本卓球選手権最終日が17日、大阪市・丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子シングルス決勝では、ともに五輪代表内定選手の伊藤美誠(20=スターツ)と石川佳純(27=全農)が対戦。石川が4―3で大逆転勝利し、5年ぶり5度目の優勝を飾った。2011年に17歳10カ月で初優勝を飾ってから10年、5度目の優勝は歴代3位タイとなった。

後で読む
スポーツニッポン

全日本卓球選手権最終日が17日、大阪市・丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子シングルス決勝では、ともに五輪代表内定選手の伊藤美誠(20=スターツ)と石川佳純(27=全農)が対戦。石川が4―3で大逆転勝利し、5年ぶり5度目の優勝を飾った。2011年に17歳10カ月で初優勝を飾ってから10年、5度目の優勝は歴代3位タイとなった。

後で読む
デイリースポーツ

卓球の全日本選手権最終日は17日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子シングルス準決勝で東京五輪代表の伊藤美誠(スターツ)が前回女王の早田ひな(日本生命)を4-3で退けた。五輪代表の石川佳純(全農)は木原美悠(エリートアカデミー)に4-2で勝ち、2大会連続の決勝進出を決めた。 決勝で伊藤は2大会ぶり3度目、石川は5大会ぶり5度目の優勝を懸けて対戦する。

後で読む
デイリースポーツ

AP通信は17日、新型コロナウイルスの影響で開催が不透明な状況が続く7月の東京五輪について、国際オリンピック委員会(IOC)の元副会長で名誉委員のケバン・ゴスパ氏(87)が国連に判断を委ねることを提案したと報じた。 ゴスパー氏は地元豪州のテレビで「パンデミックにより、これはスポーツの問題、国益に関連する問題を超えている。第三者を探している場合、国連に行き、ゲームが進むかどうか関与を求めては」と、話したという。AP通信は「延期された東京五輪の運命を決定する場所は国連かも知れないと示唆している」と、した。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(17日、丸善インテックアリーナ大阪) 女子シングルス決勝は、ともに東京五輪代表の石川佳純(27)=全農=と伊藤美誠(20)=スターツ=が対戦。最終第7ゲームまでもつれた大接戦は石川が4-3(4-11、11-7、7-11、7-11、12-10、11-5、11-9)で制した。優勝を決めて目に涙を浮かべた。

後で読む
スポーツニッポン

女子シングルス準決勝では、前回大会優勝の早田ひな(20=日本生命)と東京五輪代表の伊藤美誠(20=スターツ)が対戦。2連覇を目指す早田はフルゲームの末に3―4で敗れ、準決勝で姿を消した。

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権最終日(17日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルス準決勝は昨年覇者の早田ひな(20=日本生命)が、東京五輪代表の伊藤美誠(20=スターツ)に3―4(11―4、9―11、9…

後で読む
スポーツニッポン

女子シングルス準決勝では、東京五輪代表の伊藤美誠(20=スターツ)が、前回大会優勝の早田ひな(20=日本生命)に4―3で勝利。2大会ぶり3度目の優勝を目指し、決勝の舞台に臨む。

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権最終日(17日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルス準決勝は東京五輪代表の伊藤美誠(20=スターツ)が、昨年覇者の早田ひな(20=日本生命)を4―3(4―11、11―9、1…

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権最終日(17日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルス準決勝は東京五輪代表の石川佳純(27=全農)が、木原美悠(16=エリートアカデミー)を4―2(11―5、11―6、11―…

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(16日、丸善インテックアリーナ大阪) 女子シングルス準決勝で、東京五輪代表の石川佳純(27)=全農=が、19年大会準優勝の木原美悠(16)=エリートアカデミー=を4-2で下し、2年連続で決勝進出。5年ぶり5度目の頂点に王手を懸けた。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(17日、丸善インテックアリーナ大阪) 女子シングルス準決勝が行われ、18、19年大会女王で東京五輪代表の伊藤美誠(20)=スターツ=が、前回覇者の早田ひな(20)=日本生命=を4-3で下した。2年ぶり3度目の優勝に王手を懸け、決勝は石川佳純(27)=全農=と対戦する。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート女子で18年平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(18)=ロシア=が17日、自身のインスタグラム(@azagitova)を更新し、水着姿で温泉やサウナを楽しむ姿を公開した。 雪に包まれた露天の温泉プールから上がった後、寒さで慌てて室内に駆け込む動画も投稿。満喫している様子だった。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(17日、丸善インテックアリーナ大阪) 女子準決勝が行われ、19年大会で準優勝の木原美悠(16)=エリートアカデミー=は、東京五輪代表の石川佳純(27)=全農=との11歳差対決に2-4(5-11、6-11、8-11、11-2、11-7、6-11)で敗れた。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)で女子シングルス代表の石川佳純(27=全農)が2年連続で決勝進出を果たした。Tリーグ神奈川のチームメート木原美悠(16=JOCエリート…

後で読む
日刊スポーツ

女子シングルス準決勝で東京オリンピック(五輪)シングルス代表の伊藤美誠(20=スターツ)が早田ひな(20=日本生命)をフルゲームの末、4-3で破り、決勝進出を…

後で読む
スポーツニッポン

全日本卓球選手権最終日が17日、大阪市・丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子シングルス準決勝では、東京五輪代表の伊藤美誠(20=スターツ)と前回大会優勝の早田ひな(20=日本生命)が対戦。2大会ぶり3度目の優勝を目指す伊藤が4―3でフルゲームの死闘を制し、決勝進出を果たした。

後で読む
東京スポーツ

【The インタビュー~本音を激白~(3)】覚悟はできている――。東京五輪の体操女子団体総合で57年ぶりのメダル獲得を狙う日本代表をけん引するのは寺本明日香(25=ミキハウス)だ。16歳でロンドン五輪…

後で読む
東京スポーツ

【The インタビュー~本音を激白~(3)】覚悟はできている――。東京五輪の体操女子団体総合で57年ぶりのメダル獲得を狙う日本代表をけん引するのは寺本明日香(25=ミキハウス)だ。16歳でロンドン五輪…

後で読む
日刊スポーツ

静岡北高の日高裕太(3年)が、強い決意を胸に新たなステージに向かう。14日に日本競輪選手養成所の選手候補生入所試験に合格。夢実現への大きな1歩を刻んだ。LIN…

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(16日、丸善インテックアリーナ大阪) 男女シングルスの準々決勝が行われ、男子は3年ぶりの優勝を狙う東京五輪代表の張本智和(17)=木下グループ=が、及川瑞基(23)=木下グループ=に1-4で敗れ、8強で散った。出場していない水谷隼(木下グループ)を含め五輪代表3人、優勝経験者が誰も4強に残らない波乱の展開となった。準決勝、決勝は17日に行われる。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)代表の張本智和(17=木下グループ)と丹羽孝希(26=スヴェンソン)がそろって8強で姿を消した。張本が4大会ぶりに4強入りを逃した。T…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)で女子シングルス代表の石川佳純(27=全農)が2年連続で4強入りした。横井咲桜(16=四天王寺高)を4-1で下し、5年ぶり5度目の優勝…

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪・パラリンピックで選手村の村長を務める川淵三郎氏(84)が16日、五輪・パラリンピック開催の見通しについて自身のツイッターで「最終決定は私見だが3月末頃か。IOCの判断に日本は従う事になる」とつづった。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪男子代表の丹羽は3年連続で8強の壁に阻まれた。「押されっぱなしの試合。相手の方が強かったということ」と淡々と振り返った。今年からラケットのバック側を相手の回転に負けない中国製ラバーに変更するなど試行錯誤していたがかみ合わなかった。

後で読む
スポーツニッポン

16歳の木原は、25歳の平を力で圧倒した。サーブで崩し、迫力あるボールを叩き込んで得点を重ねた。「1ゲーム目から得意なサーブが決まっていたのと、最後まで我慢して戦えた」。6回戦で東京五輪団体代表の平野を破り、ジュニア初戦敗退の悪夢を払しょくした。

後で読む
スポーツニッポン

男女のシングルス準々決勝が行われ、女子は東京五輪代表の石川佳純(27=全農)がジュニア準優勝の横井咲桜(16=四天王寺高)を4―1で下して17日の準決勝に駒を進めた。石川が2011年に17歳10カ月で初優勝を飾ってから10年の節目の大会。27歳のベテランは円熟味が増したプレーで歴代3位タイとなる5度目Vを狙っている。男子は張本智和(17=木下グループ)が及川瑞基(23=木下グループ)に1―4で…

後で読む
スポーツニッポン

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、河野太郎行政改革担当相が日本の閣僚で初めて東京五輪・パラリンピック開催中止の可能性に言及したと16日までに海外メディアが報じた。ロイター通信が河野氏の「(無観客の可能性を含めて)五輪に備えて最善を尽くす必要があるが、どちらに転ぶかは分からない」との発言を紹介し、フランス紙フィガロも「日本の閣僚、五輪が開催されない可能性に言及」と伝えた。スポーツ専門放送局ユー…

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、河野太郎行政改革担当相が日本の閣僚で初めて東京オリンピック(五輪)・パラリンピック開催中止の可能性に言及したと16日までに…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)・パラリンピックで選手村の村長を務める川淵三郎氏(84)が16日、五輪・パラリンピック開催についてつづった。自身のツイッターで「最終決…

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(16日、丸善インテックアリーナ大阪) 女子シングルス準々決勝で、5年ぶりの王座奪還を目指す東京五輪代表の石川佳純(27)=全農=は、今大会ジュニア準優勝の横井咲桜(16)=四天王寺高=に4-1で勝利し、4強入りを決めた。

後で読む
デイリースポーツ

【ジュネーブ共同】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、河野太郎行政改革担当相が日本の閣僚で初めて東京五輪・パラリンピック開催中止の可能性に言及したと16日までに海外メディアが報じた。ロイター通信が河野氏の「(無観客の可能性を含めて)五輪に備えて最善を尽くす必要があるが、どちらに転ぶかは分からない」との発言を紹介し、フランス紙フィガロも「日本の閣僚、五輪が開催されない可能性に言及」と伝えた。 スポーツ専門放送局ユーロスポーツ(ともに電子版)は「日本の大臣が『どんなことも起こり得る』と認めた」と報道した。

後で読む
日刊スポーツ

2018年ピョンチャン・オリンピック(平昌五輪)代表の渡辺啓太(28=阪南大)が、1500メートル優勝、500メートル3位で総合成績1位に立った。「1500は…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)・パラリンピックで選手村の村長を務める川淵三郎氏(84)が16日、五輪・パラリンピック開催についてつづった。自身のツイッターで「最終決…

後で読む
デイリースポーツ

 「卓球・全日本選手権」(16日、丸善インテックアリーナ大阪) 男子シングルス準々決勝が行われ、東京五輪代表の張本智和(17)=木下グループ=は、及川瑞基(23)=木下グループ=に1-4で敗れた。3年ぶりの日本一を狙ったが、8強で散った。

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権第6日(16日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルスは準々決勝4試合が行われた。東京五輪代表の伊藤美誠(20=スターツ)は長崎美柚(18=エリートアカデミー)を破り、昨年覇…

後で読む
東京スポーツ

 東京五輪・パラリンピックで選手村の村長を務める川淵三郎氏(84)が16日、自身のツイッターを更新。昼と夕方の2度にわたって私見を述べた。  昼には、新型コロナウイルス禍の影響で開催が危ぶまれている東…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)で女子シングルス代表の石川佳純(27=全農)が2年連続で4強入りした。横井咲桜(16=四天王寺高)を4-1で下し、5年ぶり5度目の優勝…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)女子代表の石川佳純(27=全農)と高校1年の木原美悠(16=JOCエリートアカデミー)がベスト4進出を決めた。両者は17日の準決勝で対…

後で読む
日刊スポーツ

女子でLS北見のチーム名で出場したロコ・ステラは3位で決勝トーナメントに進出した。18年ピョンチャン(平昌)五輪銅メダルのロコ・ソラーレの育成チームで、今大会…

後で読む
サンケイスポーツ

 卓球 全日本選手権第6日(16日、大阪・丸善インテックアリーナ大阪)男女シングルスの準々決勝が16日に行われ、男子の東京五輪代表で2018年以来2度目の優勝を狙った張本智和(17)は1-4で及川瑞基(23)=ともに木下グループ=に敗れた。同じく五輪代表の丹羽孝希(26)=スヴェンソン=も敗退した。女子は五輪代表の石川佳純(27)=全農、伊藤美誠(20)=スターツ=が順当に4強入り。連覇を目指す早田ひな(20)=日本生命=も準決勝に進んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

 卓球 全日本選手権第6日(16日、大阪・丸善インテックアリーナ大阪)男女シングルスの準々決勝が16日に行われ、女子は五輪代表の石川佳純(27)=全農、伊藤美誠(20)=スターツ=が順当に4強入り。連覇を目指す早田ひな(20)=日本生命=も準決勝に進んだ。

後で読む
スポーツニッポン

卓球全日本選手権は16日、第6日として男女シングルスの準々決勝が行われた。今回エントリーされている東京五輪代表選手では、女子の石川佳純(全農)と伊藤美誠(スターツ)が順調に4強入り。一方で男子の張本智和(木下グループ)と丹羽孝希(スヴェンソン)は準決勝進出を逃した。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの甲斐拓也捕手(28)が16日、鹿児島・鹿屋市で行っている自主トレを公開。侍ジャパンの正捕手となり、金メダルを目指すことを目標に掲げた。  ヤクルト・嶋のもと各球団の捕手が集まって行われ…

後で読む
サンケイスポーツ

 卓球の全日本選手権第6日は16日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で男女シングルスの準々決勝が行われ、東京五輪代表勢は女子の伊藤美誠(スターツ)と石川佳純(全農)が4強入りを決め、男子の張本智和(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)はともに敗れた。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)世代の清水エスパルスDF立田悠悟(22)が、守備再建へ覚悟を示した。2年連続でリーグ最多失点。昨季は16位に沈んだ。巻き返しに向けて守…

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権第6日(16日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルス準々決勝は、東京五輪代表の石川佳純(27=全農)が、高校1年の横井咲桜(四天王寺高)に4―1(12―10、1―11、11…

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(16日、丸善インテックアリーナ大阪) 男子シングルス準々決勝が行われ、前回大会のダブルスを制した及川瑞基(23)=木下グループ=は、東京五輪代表の張本智和(17)=木下グループ=を4-1(11-5、11-8、11-4,5-11、11-8)で破り、初の4強入りを果たした。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピックで選手村の村長を務める川淵三郎氏(84)が16日、五輪・パラリンピック開催の見通しについて自身のツイッターで「最終決定は私見だが3月末頃か。IOC(国際オリンピック委員会)の判断に日本は従う事になる」とつづった。 新型コロナウイルスの感染拡大で、世論調査では今夏の開催に否定的な意見が多数を占める現状に「中止は8割の人が納得し決行は2割の人が喜ぶ。その割合が増えない限り国を挙げての成功は難しい」とした。

後で読む
デイリースポーツ

13日終了の柔道のマスターズ大会(ドーハ)から帰国した日本代表の男女両監督が16日、オンラインで取材に応じ、女子57キロ級を制した芳田司ら東京五輪代表3人を含む全6選手が決勝に進んだ女子の増地克之監督は「選手は落ち着いて試合に臨めていた。今できる最善の力は出した」と及第点を与えた。選手団は15日の帰国時のPCR検査で、全員が陰性だったという。 日本代表として約1年ぶりの国際大会参加で、増地監督は「非常に収穫があった。(他の選手にも)できるだけ早く経験させたい」との思いを強くした。芳田は談話を出し「試合勘を取り戻しながら闘えた」と手応えを示した。

後で読む
日刊スポーツ

柔道男子代表の井上康生監督(42)が16日、オンライン取材に応じ、世界ランキング上位者で争うワールドマスターズ大会(ドーハ)で負傷した東京五輪100キロ超級代…

後で読む
日刊スポーツ

世界ランク91位の及川瑞基(23=木下グループ)が、東京五輪代表の張本智和(17=木下グループ)を準々決勝で破った。自分から“番狂わせ”と言わんばかりだった。…

後で読む
日刊スポーツ

女子500メートルでソチオリンピック(五輪)代表の菊池萌水(28=KHネオケム)が4年ぶり4度目、涙の優勝を飾った。18年ピョンチャン(平昌)五輪落選につなが…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪代表の丹羽孝希(26=スヴェンソン)が3年連続準々決勝で姿を消した。学生の田中佑汰(愛工大)に2-4で敗れて「(ゲームカウント2-2で迎えた)5ゲーム…

後で読む
日刊スポーツ

田中佑汰(20=愛工大)が、東京五輪代表の丹羽孝希(26=スヴェンソン)を破り、準決勝進出を決めた。4-2での勝利に「この大舞台で勝てて、すごく自信になります…

後で読む
デイリースポーツ

 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めが掛からない中、1年延期され今年7月に開幕予定の東京五輪にも暗雲が漂っている。東京では2度目の緊急事態宣言が発令され、各種世論調査でも約8割が中止、再延期という今年の開催に否定的な意見。年明けから海外メディアも悲観的な論調が相次いでおり、15日の米ブルームバーグ通信は「東京2020五輪がまだ確実ではない理由」と題し、「第二次世界大戦以来、最初の中止となる可能性がある」と報じた。 中止となる理由について、3点を挙げ「1つは各国が予防接種を実施しているにも関わらず、依然として猛威をふるうパンデミック(世界的流行)」、「2つ目は日本政府が1月に大都市圏で緊急事態宣言を出しており、日本で依然として感染が高く推移していること」、そして最後の理由として「3つ目は、パンデミックの最中に世界的なイベントを開催することが壊滅的なコロナウイルスの波をもたらす可能性があることを多くの人が心配している。開催国のサポートの喪失です」とし、NHKの世論調査で開催支持が16%しかなかったことを指摘した。

後で読む
スポーツニッポン

男子シングルス準々決勝が行われ、東京五輪代表で世界ランキング4位の張本智和(木下グループ)は1―4で及川瑞基(木下グループ)に敗れた。4強入りを逃し、昨年の準優勝の悔しさも晴らすことなく姿を消した。

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権第6日(16日、丸善インテックアリーナ大阪)、男子シングルス準々決勝は、東京五輪代表の張本智和(17=木下グループ)が、及川瑞基(23=同)に1―4(5―11、8―11、4―11、…

後で読む
スポーツニッポン

男子シングルス準々決勝が行われ、東京五輪代表で世界ランキング4位の張本智和(木下グループ)は1―4で及川瑞基(木下グループ)に敗れた。4強入りを逃し、昨年の準優勝の悔しさも晴らすことなく姿を消した。

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権第6日(16日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルス準々決勝は東京五輪代表の伊藤美誠(20=スターツ)が、長崎美柚(18=エリートアカデミー)に4―0(11―8、13―11…

後で読む
デイリースポーツ

「スピードスケート・ショートトラック・全日本選手権」(16日、帝産アイススケートトレーニングセンター) 女子500メートルが行われ14年ソチ五輪代表の菊池萌水(28)=KHネオケム=が4大会ぶり4度目の優勝を果たした。今大会は新型コロナウイルス感染対策として無観客で開催された。

後で読む
デイリースポーツ

【ジュネーブ共同】組織的なドーピング問題でロシア選手団を東京五輪・パラリンピックから除外した処分を巡り、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が処分期間を短縮するなど軽減した裁定に国際オリンピック委員会(IOC)の意向が影響していた可能性が明らかになった。CASはロシア当局が「隠蔽の隠蔽を行った」と認定しており、矛盾する判断に非難の声が噴出している。 CASが14日に公表した186ページの裁定報告書によると、IOCは世界反ドーピング機関(WADA)が科した4年間の処分がロシアの若い選手やIOC委員に及ぼす影響について配慮を求めていた。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(16日、丸善インテックアリーナ大阪) 男子シングルス準々決勝が行われ、東京五輪代表の張本智和(17)=木下グループ=は、及川瑞基(23)=木下グループ=に1-4で敗れた。3年ぶりの日本一を狙ったが、8強で散った。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(16日、丸善インテックアリーナ大阪) 男子シングルス準々決勝が行われ、東京五輪代表の張本智和(17)=木下グループ=は、及川瑞基(23)=木下グループ=に1-4で敗れた。3年ぶりの日本一を狙ったが、8強で散った。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)で男子シングルス、団体戦代表の丹羽孝希(26=スヴェンソン)が田中佑汰(20=愛知工大)に2-4で敗れ、3年連続の準々決勝敗退となった…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪女子代表の石川佳純(27=全農)と高校1年の木原美悠(16=JOCエリートアカデミー)がベスト4進出を決めた。両者は17日の準決勝で対戦する。石川は横…

後で読む
スポーツニッポン

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会(11~13日、カタール・ドーハ)を終え、15日に選手らとともに帰国した男子日本代表の井上康生監督と同女子の増地克之監督が16日、オンライン会見に臨んだ。井上監督は2回戦敗退時に負傷した東京五輪100キロ超級代表の原沢久喜(百五銀行)の状態について、「脇腹というか、肋(ろく)軟骨あたりを少々痛めた。詳しくはドクターの診断が必要」と話し、右肩の負傷は…

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権第6日(16日、丸善インテックアリーナ大阪)、男子シングルス準々決勝は東京五輪代表の丹羽孝希(26=スヴェンソン)が、田中佑汰(20=愛工大)に2―4(11―9、5―11、9―11…

後で読む
スポーツニッポン

女子シングルス準々決勝が行われ、東京五輪代表の石川佳純(全農)は横井咲桜(四天王寺高)を4―1で下した。

後で読む
サンケイスポーツ

 卓球・全日本選手権第5日(15日、丸善インテックアリーナ大阪)男女シングルスの4回戦から6回戦までを行い、日本代表など上位シード選手が初登場。東京五輪女子代表の伊藤美誠(20)=スターツ=は、順当に16日の準々決勝へ進出した。一方、男子シングルスに出場していた明大の選手1人が新型コロナウイルス陽性と診断されたと発表。濃厚接触の疑いで3選手が棄権となるなど、コロナ禍がこの大会にも忍び寄ってきた。

後で読む
サンケイスポーツ

 卓球の全日本選手権第6日は16日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で男女シングルスの準々決勝が行われ、女子で2大会ぶり3度目の優勝を目指す東京五輪代表の伊藤美誠(スターツ)が、長崎美柚(エリートアカデミー)に4-0でストレート勝ちしてベスト4入りを決めた。前回優勝の早田ひな(日本生命)は佐藤瞳(ミキハウス)を4-1で破り、準決勝は伊藤との顔合わせとなった。

後で読む
スポーツニッポン

男子シングルス準々決勝が行われ、東京五輪男子代表の丹羽孝希(スヴェンソン)は2―4で田中佑汰(愛知工業大)に敗れた。

後で読む
スポーツニッポン

男子シングルス準々決勝が行われ、田中佑汰(愛知工業大)は4―2で東京五輪男子代表の丹羽孝希(スヴェンソン)を下した。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(16日、丸善インテックアリーナ大阪) 女子シングルス準々決勝が行われ、東京五輪代表で2年ぶりの優勝を狙う伊藤美誠(20)=スターツ=が、19年世界ジュニア女王の長崎美柚(18)=エリートアカデミー=に4-0(11-8、13-11、11-9、11-4)でストレート勝ちし、17日の準決勝に進出した。

後で読む
デイリースポーツ

卓球の全日本選手権第6日は16日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で男女シングルスの準々決勝が行われ、女子で2大会ぶり3度目の優勝を目指す東京五輪代表の伊藤美誠(スターツ)が、長崎美柚(エリートアカデミー)に4-0でストレート勝ちしてベスト4入りを決めた。前回優勝の早田ひな(日本生命)は佐藤瞳(ミキハウス)を4-1で破り、準決勝は伊藤との顔合わせとなった。 男子の五輪代表で2013年以来、2度目の優勝を狙った丹羽孝希(スヴェンソン)は田中佑汰(愛知工大)に2-4で敗れた。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグ初代チェアマン、元日本サッカー協会会長で、東京五輪では選手村の村長を務める川淵三郎氏が16日、ツイッターを更新。コロナ禍の中、東京五輪、パラリンピック開催について世論調査では否定的な意見が多くを占める中、思いをつづった。 「感染拡大時にオリパラなんて以っての外と世論の8割の意見。オリパラの最終決定は私見だが3月末頃か。IOCの判断に日本は従う事になる。それまで選手は勿論オリパラ関係者は必死で準備しなければならない。中止は8割の人が納得し決行は2割の人が喜ぶ。その割合が増えない限り国を挙げての成功は難しい。」

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(16日、丸善インテックアリーナ大阪) 男子シングルス準々決勝が行われ、東京五輪代表の丹羽考希(26)=スヴェンソン=は、14年全日本ジュニア王者の田中祐汰(20)=愛知工大=に2-4(11-9、5-11、9-11、13-11、9-11、7-11)で破れ、3年連続の準々決勝敗退となった。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪女子代表の伊藤美誠(20=スターツ)と昨年大会優勝の早田ひな(20=日本生命)が準決勝進出を決めた。伊藤は長崎美柚(18=JOCエリートアカデミー)に…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪で女子シングルス、混合ダブルス代表の伊藤美誠(20=スターツ)が2年ぶり3度目の優勝に向け、4年連続の4強入りを果たした。4-0で長崎美柚(18=JO…

後で読む
スポーツニッポン

女子シングルス準々決勝が行われ、長崎美柚(JOCエリートアカデミー)は東京五輪シングルス代表の伊藤美誠(スターツ)に4―0のストレート負け。4強入りを逃した。

後で読む
スポーツニッポン

女子シングルス準々決勝が行われ、東京五輪シングルス代表の伊藤美誠(スターツ)は長崎美柚(JOCエリートアカデミー)を4―0のストレートで下し、ベスト4進出。2大会ぶり3度目の優勝を目指し、準決勝に駒を進めた。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めが掛からない中、1年延期され今年7月に開幕予定の東京五輪にも暗雲が漂っている。東京では2度目の緊急事態宣言が発令され、各種世論調査でも約8割が中止、再延期という今年の開催に否定的な意見。年明けから海外メディアも悲観的な論調が相次いでおり、15日の米「ニューヨーク・タイムズ」紙も「見通しは暗くなってきた」と報じ、中止の可能性にも言及した。 同紙は「東京五輪の計画は日ごとに不確実になっている。日本全土と欧米の大国でコロナの症例が増加するにつれて、東京と国際オリンピック委員会双方の当局者は、安全な大会を開催することは不可能である可能性があることを認め始めている。第二次世界大戦以降、初の五輪中止を余儀なくされる可能性がある」とし、「これは五輪準備のために120億ドル以上を費やし、さらに延期で数十億ドルを費やしてきた五輪組織と日本にとって大きな財政的打撃になる」と報じた。否定的な国内世論にも触れ、IOCなどが期待するワクチンについても、同紙は「ワクチンの展開は予想よりも遅く、人類の多くはこの夏までにワクチン接種を受けないままになる」と指摘した。

後で読む
東京スポーツ

【The インタビュー~本音を激白~(2)】1年延期となった東京五輪は今夏の開催を前に、新型コロナウイルス感染拡大の影響で再び緊急事態宣言が発令されるなど厳しい状況だ。各競技関係者は開催を信じて調整を…

後で読む
デイリースポーツ

【ニューヨーク共同】米有力紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は15日、新型コロナウイルスの影響で今夏の東京五輪の開催見通しが日々厳しさを増しており、第2次大戦後、初の五輪開催中止に追い込まれる可能性があると伝えた。 同紙は、日本と米国、欧州主要国で感染拡大が続き、国際オリンピック委員会(IOC)らの間で、安全な五輪開催は不可能との声が出始めたと指摘。ディック・パウンドIOC委員(カナダ)が開催に「確信が持てない」と述べたことなどを挙げた。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)の卓球男子シングルス代表の張本智和(17=木下グループ)がコロナ禍の全日本で、もう1つの戦いを強いられている。6回戦で御内健太郎(31…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪へJUMP! 巨人坂本勇人内野手(32)が15日、国内の自主トレ先からオンラインで取材対応。かねて出場に意欲を見せている五輪に向け意気込んだ。若手選手… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

〝病み上がり〟の状態はいかに――。卓球の全日本選手権第5日(15日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルス6回戦で東京五輪代表の平野美宇(20=日本生命)が木原美悠(16=エリートアカデミー)に…

後で読む
スポーツニッポン

女子シングルスで石川が3戦連続ストレート勝ちをし「今日は凄く良かった」と笑顔がはじけた。6回戦で強敵の前田を圧倒し「自信になりました」。12年ロンドン五輪団体銀メダルの仲間、平野早矢香さんがこの日の朝にテレビ番組で一般男性との結婚を報告した。苦手な朝を「めっちゃウキウキで準備ができました」と力に変え、自身の大会初日で好発進を決めた。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪女子シングルス代表の伊藤は滴る「汗」に申し訳なさを覚えながら8強入りした。

後で読む
スポーツニッポン

女子卓球東京五輪代表の平野は一昨年にも苦杯を喫した木原に再び敗れた。2年連続で敗退していた“魔の5回戦”こそ突破したが、続く6回戦で力尽き「最後は相手のペースになってしまった」と悔しさをにじませた。

後で読む
デイリースポーツ

サーフィン女子で東京五輪出場権を条件付きで持つ松田詩野(18)が15日、海のきらめきをイメージしたカラーコンタクト「SEA BLINK」のイメージモデルに起用されたことを受け、マネジメント会社を通じてコメントを発表した。 「カラーコンタクトはいつもと違う自分になれる。良さや楽しさを伝えたい」と意気込んだ。さらに新年の抱負として「今まで以上にやりきったと言える一年にしたい」と活躍を誓った。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(15日、丸善インテックアリーナ大阪) 男女シングルスの4回戦から6回戦までが行われ、上位シード勢が4回戦から登場した。女子は五輪代表の石川佳純(27)=全農=と伊藤美誠(スターツ)が順当に準々決勝に進み、前回覇者の早田ひな(日本生命)もベスト8入り。五輪代表の平野美宇(日本生命)は6回戦で木原美悠(エリートアカデミー)に0-4で敗れた。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(15日、丸善インテックアリーナ大阪) 男女シングルスの4回戦から6回戦までが行われ、上位シード勢が4回戦から登場した。男子は東京五輪代表の張本智和(17)=木下グループ=が御内健太郎(シチズン時計)に4-3で逆転勝ちし、4年連続で8強入りを決めた。

後で読む
デイリースポーツ

楽天の浅村栄斗内野手(30)が15日、愛媛県内で西武・外崎らと行っている自主トレを公開。コロナ禍の影響で開催に懐疑的な意見もある東京五輪について「やりたいっていう気持ちも、出たいって気持ちも当然あるんですけど、全世界の問題なのでなんとも言えないですね」と複雑な胸の内を明かした。 五輪が1年延期となり、いまだ開催が不透明な見通しにも主砲は希望を捨てていない。「(コロナ禍が)1日でも早く落ち着いてもらって、1年でも早くできるように」

後で読む
デイリースポーツ

巨人・坂本勇人内野手(32)が15日、国内で自主トレを行い、21年に開催が延期となっている東京五輪出場に強い意気込みを示した。 日の丸を背負って大舞台に立つ-。今年の大きな発奮材料だ。「僕の野球人生の中で新しくできた目標の1つ。そこに選ばれるためには、しっかり結果を出すしかない。そのためにも今、ムチを打って頑張っている」と胸を高鳴らせた。

後で読む
スポーツニッポン

 卓球男女シングルスの「スーパーシード」が4回戦から登場し、男子の張本智和(17=木下グループ)が苦しみながら8強入りした。6回戦ではカット型の御内健太郎(31=シチズン時計)にマッチポイントを握られながら、フルゲームの末に逆転勝ち。東京五輪イヤー初戦となる今大会は、新型コロナウイルス感染防止の観点から大声は禁止で、審判に「チョレイ!」を注意される場面もあったが、17歳は止まらない。

後で読む
東京スポーツ

卓球の全日本選手権第5日(15日、丸善インテックアリーナ大阪)、男子シングルス6回戦は東京五輪代表の張本智和(17=木下グループ)が、御内健太郎(31=シチズン時計)を4―3(11―5、12―14、…

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権第5日(15日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルス6回戦は東京五輪代表の伊藤美誠(20=スターツ)が、安藤みなみ(23=十六銀行)を4―1(11―13、11―9、11―9…

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権第5日(15日、丸善インテックアリーナ大阪)、男子シングルス6回戦は東京五輪代表の丹羽孝希(26=スヴェンソン)が、吉田海偉(東京アート)を4―0(12―10、11―3、11―8、…

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪新種目のサーフィンで、国内外で活躍する選手らが15日、マネジメント会社を通じて新年の抱負を発表した。 18年ワールドゲームズ(WG=世界選手権に相当)代表で今年成人の日を迎えた女子の川合美乃里(20)は、「地元(の徳島県)で成人式に参加できました」と報告。「改めて地元の皆さんからすごく応援してもらえてることを再認識できました」と喜び、「試合があればベストを尽くせるように頑張っていきたいです!!」と力を込めた。

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権第5日(15日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルス6回戦は東京五輪代表の石川佳純(27=全農)が、前田美優(24=日本生命)に4―0(11―8、11―4、11―5、12―…

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(15日、丸善インテックアリーナ大阪) 女子シングルス6回戦で、東京五輪女子団体代表の平野美宇(20)=日本生命=が木原美悠(16)=JOCエリートアカデミー=に0-4のストレート負けを喫した。2年前の同大会5回戦で敗れた相手に、苦杯をなめた。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(15日、丸善インテックアリーナ大阪) 女子シングルス4回戦から6回戦までが行われた。東京五輪代表の石川佳純(27)=全農=は、6回戦で前田美優(24)=日本生命=に4-0で勝利し、16日の準々決勝に進んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(15日、丸善インテックアリーナ大阪) 女子シングルス4回戦から6回戦までが行われた。東京五輪代表で2年ぶりの優勝を目指す伊藤美誠(20)=スターツ=は、初戦の4回戦から3戦を勝ち進み、4年連続8強入り。「自分らしい卓球ができた。色んなタイプの選手と試合ができてすごく楽しかった」と笑顔だった。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)女子代表の伊藤美誠(スターツ)は1日3試合を順当に勝ち抜き、ベスト8を決めた。「ハードだけど、いろんなタイプの選手と試合ができて楽しか…

後で読む
日刊スポーツ

もう1人の東京五輪男子代表丹羽孝希(スヴェンソン)は、クールに3年連続8強を決めた。「初日で3試合ある今日が勝負と思っていた。体力は削られたけど、勝ちきれてよ…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪の卓球男子シングルス代表の張本智和(17=木下グループ)がコロナ禍の全日本で、もう1つの戦いを強いられている。6回戦で御内健太郎(31=シチズン時計)…

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権第5日(15日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルス6回戦は東京五輪代表の平野美宇(20=日本生命)が、木原美悠(16=エリートアカデミー)に0―4(7―11、11―13、…

後で読む
スポーツニッポン

男子シングルス6回戦が行われ、東京五輪代表で世界ランキング4位の張本智和(木下グループ)は接戦を制し、4―3で御内健太郎(シチズン時計)に勝利。ベスト8進出を決めた。

後で読む
東京スポーツ

 東京五輪で復活を目指す柔道男子の最重量級が思わぬ難題に直面している。  世界ランキング上位者らで争う国際大会「ワールドマスターズ」(カタール・ドーハ)が13日に終了。日本勢にとっては昨年2月のグラン…

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグ初代チェアマン、元日本サッカー協会会長で、東京五輪では選手村の村長を務める川淵三郎氏が15日、ツイッターを更新した。 コロナ禍の中、世論調査では開催に否定的な意見が多くを占める中、「IOCがオリパラを強行開催しようとするのは高額な放送権料の為だとメディアはいう。仮にそうであっても日本社会に与えるポジティブな影響という視点から見てみよう」とした上で「暗く陰鬱な社会を、十分なコロナ対策を講じた上でのオリパラ開催は人々に夢と勇気と希望を与える唯一最大のイベントだと思う」と、大会開催の意義を強調した。

後で読む
デイリースポーツ

卓球の全日本選手権第5日は15日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪でシングルスの上位シード勢初戦となる4回戦から6回戦までが行われ、女子の東京五輪代表は伊藤美誠(スターツ)と石川佳純(全農)が順当に準々決勝に進んだが、平野美宇(日本生命)は6回戦で木原美悠(エリートアカデミー)にストレートで敗れた。前回覇者の早田ひな(日本生命)はベスト8入りした。 男子は五輪代表の張本智和(木下グループ)と丹羽孝希(スヴェンソン)が8強進出。昨年王者の宇田幸矢(明大)は初戦の4回戦で高校生に3-4で競り負けた。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪日本代表で3年ぶりの優勝を狙う張本智和(木下グループ)がヒヤヒヤの準々決勝進出だ。スーパーシードでこの日が初日となり、3試合目の6回戦で御内健太郎(シ…

後で読む
日刊スポーツ

高校1年のジュニア木原美悠(16=JOCエリートアカデミー)が、6回戦で東京五輪代表の平野美宇(日本生命)に4-0とストレート勝ちした。「平野さんは連続攻撃が…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪女子団体代表の平野美宇(20=日本生命)が出場初日に姿を消した。シード選手としてシングルス5回戦から登場も、6回戦で木原美悠(16=JOCエリートアカ…

後で読む
スポーツニッポン

男子シングルス6回戦が行われ、東京五輪代表で世界ランキング4位の張本智和(木下グループ)は接戦を制し、4―3で御内健太郎(シチズン時計)に勝利。ベスト8進出を決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

 卓球の全日本選手権は15日、丸善インテックアリーナ大阪で第5日を行い、男女4回戦で日本代表クラスの「スーパーシード」選手が登場。東京五輪女子代表の伊藤美誠(20)=スターツ、石川佳純(27)=全農、平野美宇(20)=日本生命=や、男子の張本智和(17)=木下グループ=や丹羽孝希(26)=スヴェンソン=は順当に5回戦に進出した。

後で読む
東京スポーツ

卓球の全日本選手権第5日(15日、丸善インテックアリーナ大阪)、男子シングルス5回戦は東京五輪代表の張本智和(17=木下グループ)が、藤村友也(26=日鉄物流ブレイザーズ)を4―1(11―8、7―1…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪世代のMF原輝綺(てるき、22)はサガン鳥栖から完全移籍で加入した。複数クラブが獲得に動いたが、J1清水エスパルス入りを決断。中盤から最終ラインまで幅…

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めが掛からない中、1年延期され今年7月に開幕予定の東京五輪にも暗雲が漂っている。東京では2度目の緊急事態宣言が発令され、各種世論調査でも約8割が中止、再延期という今年の開催に否定的な意見。年明けから海外メディアも悲観的な論調が相次いでおり、15日の米「ニューヨーク・タイムズ」紙も「見通しは暗くなってきた」と、報じた。 同紙は「東京五輪の計画は日ごとに不確実になっている。日本全土と欧米の大国でコロナの症例が増加するにつれて、東京と国際オリンピック委員会双方の当局者は、安全な大会を開催することは不可能である可能性があることを認め始めている。第二次世界大戦以降、初の五輪キャンセルを余儀なくされる可能性がある」とし、「これは五輪準備のために120億ドル以上を費やし、さらに延期で数十億ドルを費やしてきた五輪組織と日本にとって大きな財政的打撃になる」と報じた。否定的な国内世論にも触れ、IOCなどが期待するワクチンについても、同紙は「ワクチンの展開は予想よりも遅く、人類の多くはこの夏までにワクチン接種を受けないままになる」と指摘した。

後で読む
デイリースポーツ

卓球の全日本選手権第5日は15日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪でシングルスの上位シード勢初戦となる4回戦と5回戦が行われ、女子は東京五輪代表の伊藤美誠(スターツ)石川佳純(全農)平野美宇(日本生命)がいずれも快勝し、16強入りとなる6回戦に進んだ。 男子は五輪代表の張本智和(木下グループ)と丹羽孝希(スヴェンソン)が順当に6回戦進出。昨年王者の宇田幸矢(明大)は、初戦の4回戦で高校生に3-4で競り負けた。

後で読む
日刊スポーツ

フェンシング女子フルーレ日本代表の東莉央(22=日体大)が、明治安田生命「地元アスリート応援プログラム」の支援を受けて今夏の東京五輪を目指す。17年にも同社の…

後で読む
日刊スポーツ

日本の車いすテニス界は、東京パラリンピック前の国内最大大会を、昨年に引き続き今年も失った。4月20日から福岡・飯塚市で開催予定だった車いすテニスの世界ツアー公…

後で読む
日刊スポーツ

日本水連は15日、水球女子代表合宿で選手1人が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。水球女子は12日から都内の国立スポーツ科学センターで代表合宿を行って…

後で読む
日刊スポーツ

女子シングルス5回戦が終了した。東京五輪日本代表の伊藤美誠(スターツ)石川佳純(全農)平野美宇(日本生命)、昨年大会優勝の早田ひな(日本生命)は順当勝ち。女子…

後で読む
スポーツニッポン

男子シングルス5回戦が行われ、東京五輪代表で世界ランキング4位の張本智和(木下グループ)は4―1で藤村友也(日鉄物流ブレイザーズ)を下し、ベスト16進出を果たした。

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権第5日(15日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルス5回戦は、東京五輪代表の平野美宇(20=日本生命)が、高校2年の宮沢柚花里(四天王寺高)を4―0(11―9、11―5、1…

後で読む
スポーツニッポン

女子シングルス5回戦が行われ、東京五輪シングルス代表の伊藤美誠(スターツ)は皆川優香(大阪成蹊大)を4―0のストレートで下し、ベスト16進出を果たした。

後で読む
デイリースポーツ

日本バドミントン協会は15日、今年の日本代表を発表し、格付けの高い国際大会を回る主力のA代表に男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗、2016年リオデジャネイロ五輪女子ダブルス金メダルの松友美佐紀が金子祐樹と組む混合ダブルスのペアなどが選ばれた。 女子シングルスは奥原希望や山口茜、同ダブルスは福島由紀、広田彩花組や永原和可那、松本麻佑組が入った。男子ダブルスは遠藤大由、渡辺勇大組、園田啓悟、嘉村健士組などがA代表となった。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪新種目のサーフィンで五輪出場権を条件付きで持つ女子の松田詩野(18)が15日、海のきらめきをイメージしたカラーコンタクト「SeaBlink」のイメージモデルに起用されたことを受け、マネジメント会社を通じてコメントを発表した。 普段、競技中には付けることがないコンタクトだが、爽やかなキャラクターや、18歳の若さで世界に挑戦する姿がブランドイメージにぴったりだと起用された。松田にとってカラーコンタクトは「いつもとはまた違う自分になれる」と気分転換になるという。イメージモデルとして「カラーコンタクトの良さや楽しさを伝えたい」と意気込んだ。

後で読む
日刊スポーツ

昨年の男子シングルス王者が高校生に敗れ初戦で姿を消した。宇田幸矢(19=明大)が3-4で鈴木笙(静岡学園高2年)に敗戦。昨年の決勝では東京五輪代表の張本智和(…

後で読む
日刊スポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)の金野潤強化委員長(53)が15日、オンライン取材に応じ、世界ランキング上位者で争うワールドマスターズ大会(ドーハ)を総括した。新型コ…

後で読む
日刊スポーツ

スーパーシード選手が登場する男子シングルス4回戦が終了した。東京五輪日本代表の張本智和(木下グループ)丹羽孝希(スヴェンソン)は順当勝ち。一方で、昨年大会優勝…

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権第5日(15日、丸善インテックアリーナ大阪)、男子シングルス4回戦は東京五輪代表の張本智和(17=木下グループ)が、中村光人(19=愛工大)を4―1(11―1、11―8、11―7、…

後で読む
サンケイスポーツ

 卓球の全日本選手権は15日、丸善インテックアリーナ大阪で第5日を行い、男女4回戦で日本代表クラスの「スーパーシード」選手が登場。東京五輪女子代表の伊藤美誠(20)=スターツ、石川佳純(27)=全農、平野美宇(20)=日本生命=や、男子の張本智和(17)=木下グループ=や丹羽孝希(26)=スヴェンソン=は順当に5回戦に進出した。

後で読む
サンケイスポーツ

 2012年ロンドン五輪卓球女子団体銀メダリストの平野早矢香さん(35)が15日、コメンテーターを務めるテレビ朝日系「グッド!モーニング」(月~金曜前4・55)に出演。一般男性と結婚したことを生報告した。

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権第5日(15日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルス4回戦は東京五輪代表の伊藤美誠(20=スターツ)が、森田彩音(23=デンソー)を4―0(11―3、11―7、11―9、1…

後で読む
スポーツニッポン

男子シングルス4回戦が行われ、東京五輪代表で世界ランキング4位の張本智和(木下グループ)は4―1で中村光人(愛知工業大)を下し、3年ぶり2度目の日本一へスタートを切った。

後で読む
東京スポーツ

 卓球の全日本選手権第5日(15日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルス4回戦は東京五輪代表の石川佳純(27=全農)が、鈴木李茄(26=昭和電工マテリアルズ)を4―0(11―9、11―2、13…

後で読む
デイリースポーツ

日本バドミントン協会は15日、2021年の日本代表選手を発表した。昨年末の全日本総合選手権の混合ダブルスで準優勝した金子祐樹、松友美佐紀組(日本ユニシス)は初のA代表入りが決まった。 松友は、16年リオ五輪の女子ダブルスで金メダルをともに獲得した高橋礼華さんが昨年8月に競技を引退したことで、主軸を混合ダブルスに変更。「カネマツペア」として再出発の大会となった全日本総合で準優勝し、「世界で戦えるペアになりたい」と誓っていた。

後で読む
デイリースポーツ

楽天の浅村栄斗内野手(30)が15日、愛媛県内で行っている自主トレを公開した。昨年に引き続いて、同じ楽天の内田や西武・外崎らと練習に励む主砲。新型コロナウイルスが猛威を振るう中でも「できるところは徹底して避けて。団体でやってるわけなので」と感染対策には万全を施して、新シーズンに備えている。 昨季まで5年連続、全試合出場&ベスナインを獲得している浅村。秘訣(ひけつ)は、この時期に行う下半身のトレーニングにあると明かし、「(下半身のトレーニングを)やり続けて今全試合出られてますし。キツいですけど、やっていく意味はあると思ってやってます」と語った。

後で読む
スポーツニッポン

サーフィンの東京五輪代表に条件付き内定している松田詩野(18)が、カラーコンタクト「SeaBlink」のイメージモデルに起用され、15日までに各種広告などに登場した。広告イメージでは18歳の女性らしい愛らしい表情を披露。海のきらめきをイメージしたという商品をピーアールしている。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・全日本選手権」(15日、丸善インテックアリーナ大阪) 女子シングルス4回戦が行われ、東京五輪代表で4年ぶりの優勝を目指す平野美宇(20)=日本生命=が木塚陽菜(愛媛・済美高)に4-1(12-10、9-11、11-7、11-5、11-3)で勝利し、5回戦に進出した。

後で読む
スポーツニッポン

12年ロンドン五輪卓球女子団体銀メダリストの平野早矢香さん(35)が15日、コメンテーターを務めるテレビ朝日「グッド!モーニング」(月~金曜前4・55)に出演。スタジオから結婚を報告した。

後で読む
スポーツニッポン

全日本柔道連盟の金野潤強化委員長が15日、世界ランキング上位者で争うマスターズ大会(カタール・ドーハ)の結果を受けてオンライン取材に応じ、試合で右肩を負傷したと見られる東京五輪男子100キロ超級代表の原沢久喜(百五銀行)の状態について「深刻ではないと思う。長期間、稽古ができないというものではない」との見解を示した。

後で読む
日刊スポーツ

国際体操連盟は14日、新型コロナウイルスの影響で、体操の東京オリンピック(五輪)予選を兼ねて3月に実施する個人総合のワールドカップ(W杯)シリーズの開催地をド…

後で読む
デイリースポーツ

元卓球日本代表でロンドン五輪女子団体銀メダルの平野早矢香さん(35)が15日、コメンテーターを務めるテレビ朝日系「グッド!モーニング」で、結婚を生報告した。お相手は一般男性ですでに婚姻届は提出したという。 MCの坪井直樹アナが「速報をお伝えします」と切り出し、平野の結婚を報じたスポーツ紙の記事を紹介。坪井アナから「心当たりは?」と聞かれると、平野は照れ笑いで「こんな時期に私事で恐縮ですが、先日入籍いたしました」とうれしそうに報告した。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート男子のバンクーバー五輪銅メダリストで22年北京五輪出場を見据えてアイスダンスへ転向した高橋大輔(34)=関大KFSC=は14日までに、スポンサー契約する不動産販売の「スカイコート」を通じ「2021年は全日本選手権で表彰台の真ん中に乗ることを最大の目標に掲げたい」と抱負を語った。 村元哉中(関大KFSC)と組んで2020年にアイスダンスにデビューし、年末の全日本選手権は2位。今後へ「トップとの差は一番はテクニカルの部分。時間をかけてやっていくしかない」と分析した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表の新コーチに、昨季までJ1浦和のヘッドコーチを務めた上野優作氏(47)が就任することが14日、複数の関係者の話で分かった。21日の日本サッカー協会理事会で正式に決まる見通し。現役時代はJ1の福岡や広島などでプレーし、引退後はJ2栃木と浦和で指導した。 東京五輪世代のU-24日本代表のフィジカルコーチには、J1のFC東京やJ2岡山で同職を務めた矢野由治氏(51)が加わる。

後で読む
デイリースポーツ

野球殿堂博物館は14日、今年の野球殿堂入りを発表し、アマチュア野球関係者などから選ばれる特別表彰でアトランタ五輪日本代表監督の川島勝司氏(77)、ノンフィクション作家の佐山和夫氏(84)が選出された。 今年の野球殿堂では、競技者表彰が23年ぶりに選出なしとなった。プレーヤー表彰は2年連続の選出者なしで、現ヤクルト監督の高津臣吾氏は選出に必要な得票率75%に10票及ばず。6年ぶりに選出なしのエキスパート表彰は元阪神のバース氏が6票及ばなかった。

後で読む
デイリースポーツ

野球殿堂博物館は14日、今年の野球殿堂入りを発表し、アマチュア野球関係者などから選ばれる特別表彰でアトランタ五輪日本代表監督の川島勝司氏(77)、ノンフィクション作家の佐山和夫氏(84)が選出された。アトランタ五輪で川島氏の下で一緒にプレーしていた谷佳知氏が祝福した。  ◇  ◇

後で読む
デイリースポーツ

野球殿堂博物館は14日、今年の野球殿堂入りを発表し、アマチュア野球関係者などから選ばれる特別表彰でアトランタ五輪日本代表監督の川島勝司氏(77)、ノンフィクション作家の佐山和夫氏(84)が選出された。プロ野球の元選手や指導者が対象の競技者表彰は98年以来、23年ぶりに選出なしとなった。 社会人野球、そして日本代表で功績を残した名将が万感の思いに浸る。「大変な名誉であり身に余る光栄であります」と川島氏。そして「多くの関係者の支えがあったからこそと心から感謝しています」と思いを語った。

後で読む
東京スポーツ

 柔道の世界ランキング上位者らで争う国際大会「ワールドマスターズ」(カタール・ドーハ)を終え、男子の井上康生監督(42)、女子の増地克之監督(50)が14日、総括を書面で寄せた。  男子では、東京五輪…

後で読む
東京スポーツ

 卓球の女子団体で東京五輪代表に内定している平野美宇(20=日本生命)が新成人としての抱負を約1分間の動画にまとめ、故郷・山梨県中央市のホームページ上に公開した。  本来であれば、東京五輪終了後に成人…

後で読む
日刊スポーツ

ボクシングで東京オリンピック(五輪)女子フェザー級代表の入江聖奈(20=日体大)が11日、成人の日を迎えた。新型コロナウイルスの影響で地元の鳥取県米子市での式…

後で読む
スポーツニッポン

今月12日から東京都府中市で新年初の合宿を行っている7人制ラグビー男子日本代表に10カ月ぶりに合流した石田吉平(20=明大)が14日、オンライン取材に応じ、「東京五輪は選手でいるうちで一度しかないこと。一番大きな大会。チャレンジしたい」と五輪代表入りへの意気込みを語った。

後で読む
デイリースポーツ

日本バレーボール協会は14日、オンラインで理事会を開催した。 新型コロナウイルスの感染拡大により、東京五輪開催への不安がより一層高まる中、嶋岡健治会長(71)は「21年にオリンピックが開催されるという目標に向かって努力をしていくということで協会全体で意思の統一を図っている。(開催を信じて)最大限の努力をして準備をしたい」と強調。入国制限などを踏まえて今後の強化スケジュールは未定としたが「いろんなところに情報を聞きながら進めていくように頑張りたい」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

 ラグビー7人制男子で第3次五輪スコッドに入った石田吉平(明大2年)が14日、東京・府中市での練習後にオンライン会見に応じた。

後で読む
サンケイスポーツ

 ロッテ・井口資仁監督(46)と今岡真訪ヘッドコーチ(46)が14日、1996年アトランタ五輪日本代表監督の川島勝司氏(77)の野球殿堂入りをそろって祝福し、球団を通じてコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りのメンバーを発表し、アマチュア野球関係者などから選ばれる特別表彰でアトランタ五輪日本代表監督の川島勝司氏、ノンフィクション作家の佐山和夫氏が選出された。 川島氏の快挙を受けて、ロッテ・井口資仁監督と今岡真訪ヘッドコーチが球団を通じてコメントを寄せた。ともにアトランタ五輪に出場。二遊間を組んで銀メダル獲得に貢献した。

後で読む
サンケイスポーツ

 柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会最終日は13日、ドーハで男女計5階級が行われ、東京五輪女子78キロ級代表で2018年世界女王の浜田尚里(自衛隊)が決勝でマドレーヌ・マロンガ(フランス)に優勢で敗れた。初戦の2回戦から3試合連続で一本勝ちしたが、19年世界選手権決勝で敗れた相手に再び屈した。

後で読む
サンケイスポーツ

 2021年の野球殿堂入りが14日、オンラインで発表され、特別表彰で1996年アトランタ五輪日本代表監督の川島勝司氏(77)と、ノンフィクション作家で日本高野連顧問の佐山和夫氏(84)が選出された。競技者表彰はプレーヤー表彰、エキスパート表彰ともに当選に必要な得票率(有効投票数の75%)に届いた候補者がおらず、1998年以来23年ぶりに該当者なし。殿堂入りは計209人となった。

後で読む
日刊スポーツ

球界の功労者をたたえる野球殿堂入りが14日、野球殿堂博物館から発表され、オンラインで通知式が行われた。アマチュアや審判員、野球発展に顕著な貢献をした人が対象と… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りのメンバーを発表し、アマチュア野球関係者などから選ばれる特別表彰でアトランタ五輪日本代表監督の川島勝司氏(77)、ノンフィクション作家の佐山和夫氏(84)が選出された。プロ野球の元選手や指導者が対象となる競技者表彰は1998年以来、23年ぶりに選出なしとなった。 川島氏は社会人野球の都市対抗大会でヤマハ(日本楽器時代を含む)を3度優勝に導き、96年のアトランタ五輪では日本代表を率いて銀メダルを獲得した。佐山氏は日米の野球史を題材にした作品を数多く手がけた。

後で読む
デイリースポーツ

今年の野球殿堂入りが14日、発表された。競技者表彰ではプレーヤー表彰が昨年に続き2年連続、エキスパート表彰は15年以来、6年ぶりの該当者なしとなった。競技者表彰の該当者なしは98年以来で23年ぶりとなる。 また、特別表彰では監督として都市対抗野球を3度制し、96年のアトランタ五輪では日本代表の監督として銀メダル獲得に導いた川島勝司氏、ノンフィクション作家で野球を題材とした著書で数多くの受賞をしている佐山和夫氏が選出された。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪女子代表で、15日のシングルス4回戦から出場する伊藤美誠(20=スターツ)がリモート会見を行い、抱負を語った。伊藤は、五輪イヤーの初実戦を前に「すごく…

後で読む
デイリースポーツ

トランプ米大統領の支持者らによる連邦議会襲撃に参加したと報じられていた競泳の元米国代表で五輪金メダリストのクリート・ケラー氏が不法侵入などの疑いで告発されたと13日、AP通信が報じた。38歳の同氏は2000年から3大会連続で五輪に出場し04年アテネ大会と08年北京大会の男子800メートルリレーで金メダルを獲得した。(共同)

後で読む
東京スポーツ

 米男子ツアー「ソニー・オープン」(14日開幕、ハワイ・ワイアラエCC)で2021年初戦を迎える金谷拓実(22=東北福祉大)が、東京五輪出場へ向けて世界ランキングアップを目指している。  世界アマラン…

後で読む
東京スポーツ

 和解の裏にあった“幻の対決”とは――。柔道の国際大会「ワールドマスターズ」(11~13日、カタール・ドーハ)に出場した東京五輪男子90キロ級代表の向翔一郎(24)は昨年6月、男子66キロ級の丸山城志…

後で読む
スポーツニッポン

五輪の競泳男子で計5つのメダルを獲得している元米国代表、クリート・ケラー氏(38)が13日、不法侵入や公務執行妨害などの容疑で起訴された。米連邦捜査局(FBI)が寄せられた情報をもとに6日に連邦議会の議事堂(ワシントンDC)で発生した暴動をビデオで解析した結果、乱入した暴徒の中に身長198センチのケラー氏の姿を確認。暴力行為におよんだ場面はなかったものの、元チームメートと競泳関係者もその人物は…

後で読む
東京スポーツ

 柔道マスターズ大会(カタール・ドーハ)最終日(13日)、東京五輪女子78㌔級代表の浜田尚里(30=自衛隊)は決勝でマドレーヌ・マロンガ(27=フランス)に敗れた。  開始直後に大外刈りで技ありを奪わ…

後で読む
デイリースポーツ

 米男子ゴルフのソニー・オープンが14日(日本時間15日)、米ハワイ州ホノルルで開幕する。出場する金谷拓実(22)=東北福祉大4年=が12日(同13日)、会場のワイアラエCCでリモート記者会見した。世界アマランク1位から2020年10月にプロ転向し、11月にプロ初勝利(日本ツアー通算2勝目)を挙げた金谷は改めて東京五輪出場を熱望した。日本人選手はほかに松山英樹、石川遼、小平智、香妻陣一朗、木下稜介が出場する。 約15分の会見中、金谷は2度もはっきりと意欲を示した。「東京五輪は今年の大きな目標。それまで一つひとつが大事になってくる。どの大会も優勝を目指したい」

後で読む
デイリースポーツ

日本体操協会は13日、常務理事会を開催し、今夏に延期となった東京五輪の代表選考基準を部分承認した。継続審議となったが、鉄棒に専念し、個人での東京五輪出場を目指している内村航平(32)らスペシャリストにも団体メンバー入りの可能性が浮上した。 団体メンバー4人については、延期前の基準では全6種目をこなす個人総合の選手が想定されていたが、今回、個人総合で選出される2選手との組み合わせで最も高い得点となる、チーム貢献度選出の条件の1つに、種目別の世界ランキング1位という案が提示された。継続審議となったが、水鳥寿思男子強化本部長は「スペシャリストでも得点を押し上げることができる。ただ、複数種目をやっていない選手を団体に使うことがふさわしいかどうか、よく考えた方がいいということになった」と説明。今後、慎重に議論される。

後で読む
スポーツニッポン

日本代表と東京五輪代表を率いる森保一監督がオンライン取材に応じ、A代表の3月のW杯カタール大会アジア2次予選を国内組のみで戦うことを選択肢に入れていると明かした。日本は25日に日産スタジアムでミャンマー、30日に敵地でモンゴルと対戦する。

後で読む
スポーツニッポン

日本代表と東京五輪代表を率いる森保一監督(52)が、元日本代表FW中山雅史(53)のJ2磐田コーチ就任を喜んだ。

後で読む
デイリースポーツ

 女子ゴルフの「ミレニアム世代」の一人、西村優菜(20)が13日、オンライン会見を開き、3月1日からスターツコーポレーション株式会社と所属契約を締結したと発表した。 同社は高山忠洋、松森彩夏、浅井咲希らゴルファーだけでなく、卓球女子五輪代表の伊藤美誠の競技活動もサポート。既に世界を舞台に活躍する同学年の伊藤と同じ所属となることに「本当にありがたく、自分の中ですごく高いモチベーションとなっています」と前向きに語った。

後で読む
デイリースポーツ

日本体操協会は13日、オンラインで常務理事会を開催し、東京五輪の代表選考基準を部分承認した。 団体メンバー4人については、延期前の基準では個人総合によるNHK杯の上位2人を選出することになっていたが、5月に行われるW杯東京大会で4月の全日本選手権との合計得点で最上位選手を1人、NHK杯の最上位選手1人に変更。その他の2人については、前述の2人との組み合わせによるチーム貢献度で選出される。

後で読む
デイリースポーツ

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会最終日は13日、ドーハで男女計5階級が行われ、東京五輪女子78キロ級代表で2018年世界女王の浜田尚里(自衛隊)が決勝でマドレーヌ・マロンガ(フランス)に優勢で敗れた。初戦の2回戦から3試合連続で一本勝ちしたが、19年世界選手権決勝で敗れた相手に再び屈した。 東京五輪男子100キロ超級代表で16年リオデジャネイロ五輪2位の原沢久喜(百五銀行)は初戦の2回戦でウクライナ選手に一本負けし、敗退した。足技に倒れた際に右肩を負傷したとみられる。

後で読む
日刊スポーツ

日本体操協会は13日に常務理事会を開き、東京五輪代表選考基準を一部承認した。男子の団体総合代表(4人)は、5月に個人総合で争われるW杯東京大会(有明体操競技場…

後で読む
東京スポーツ

大相撲の幕内栃ノ心(33=春日野)が母国ジョージアの英雄の死を悼んだ。1992年バルセロナ五輪柔道男子95キロ超級金メダリストのダビド・ハハレイシビリさんが49歳で死去。栃ノ心によると、ハハレイシビ…

後で読む
東京スポーツ

 柔道マスターズ大会(カタール・ドーハ)最終日(13日)はまさかの結果に終わった。  東京五輪男子100キロ超級の原沢久喜(28=百五銀行)が初戦の2回戦で一本負け。同90キロ代表の向翔一郎(24=A…

後で読む
東京スポーツ

 やはり体操ニッポンにキングは必要なのか。日本体操協会は13日、オンラインで常務理事会を開き、東京五輪の代表選考基準を一部承認した。  今回、新たに加わった選考基準には五輪2連覇・内村航平(32)の団…

後で読む
デイリースポーツ

日本体操協会は13日、オンラインで開いた常務理事会で東京五輪代表選考基準の一部を承認し、男子の団体総合メンバーは5月に個人総合で争われるワールドカップ(W杯)東京大会(有明体操競技場)とNHK杯(高崎アリーナ)でそれぞれ1人を決定する。 W杯には4月の全日本選手権2位までが出場し、全日本とW杯の合計得点で上位となった選手を代表に選出。NHK杯では、この1人をのぞいた最上位が代表入りする。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪代表・張本智和の妹美和(12=木下グループ)が一般の女子シングルス2回戦で敗退した。皆川優香(大阪成蹊大)に1-3。第1ゲームを取ったが、その後3ゲー…

後で読む
日刊スポーツ

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会最終日は13日、ドーハで男女計5階級が行われ、東京五輪男子100キロ超級代表で16年リオデジャネイロ五輪2位の原…

後で読む
サンケイスポーツ

 大相撲初場所4日目(13日、両国国技館) ○…豊山(3日目にリモート取材をつなぐインターネットの回線不調で取材なし)「しゃべりたかったが、ためて帰った。(この日は)ちゃんとしゃべることができて良かった」 ●…翠富士(新入幕は明瀬山に敗れて初黒星)「ベテランの相撲にうまくやられた。連敗しないように頑張りたい」 ●…天空海(先場所は5日目の場所入り途中でダンプカーの追突事故に遭う)「まずは気をつけて帰ります。明日は何も起きなければいい。祈ります」 ○…明生(幕内で自身初の初日から4連勝)「集中している。今年は三役、それ以上の番付にいきたい」 ○…栃ノ心(母国ジョージアに初の五輪金メダルをもたらした柔道のダビド・ハハレイシビリさんが死去)「日本にも来て、すごく仲良くしてもらった。(昨年12月)31日にも電話をした。すごくいい人で残念です」 ○…隆の勝(連敗を阻止して3勝目)「このまま下半身がぶれずに攻める相撲を取れたらいい」 ●…琴勝峰(21歳の新鋭は4連敗。5日目の貴景勝戦に向け)「圧力が足りない。思い切っていくだけ」 ○…宝富士(貴景勝を撃破)「辛抱して相撲を取ったのが良かった。明日(5日目)も結びで取れるので、お客さんが喜ぶような自分の相撲を取りたい」4日目結果へ5日目取組へ

後で読む
デイリースポーツ

「柔道・マスターズ大会」(13日、カタール・ドーハ) 男子100キロ超級で、東京五輪代表の原沢久喜(28)=百五銀行=が出場した。初戦の2回戦でヤキフ・ハンモ(ウクライナ)と対戦したが、一本負けで敗退した。

後で読む
デイリースポーツ

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会最終日は13日、ドーハで男女計5階級が行われ、東京五輪男子100キロ超級代表で16年リオデジャネイロ五輪2位の原沢久喜が初戦の2回戦でウクライナ選手に一本負けし、敗退した。足技に倒れた際に右肩を負傷したとみられる。五輪2連覇中のテディ・リネール(フランス)は準々決勝に進んだ。 東京五輪代表は男子90キロ級の向翔一郎が2回戦でベカ・グビニアシビリ(ジョージア)に寝技で一本負けして敗退。女子78キロ級で2018年世界女王の浜田尚里は準決勝に進出した。男子100キロ級と女子78キロ超級に日本勢は出場しない。(共同)

後で読む
サンケイスポーツ

 【ホノルル(米ハワイ州)12日(日本時間13日)】米男子ゴルフの「ソニーオープン・イン・ハワイ」は14日(日本時間15日)から4日間、当地のワイアラエCC(7044ヤード、パー70)で行われる。昨年プロ転向した国内ツアー2勝の金谷拓実(22)=東北福祉大4年=は会場で練習し、オンライン会見で「優勝を目指したい」と宣言。今夏の東京五輪出場にも意欲を燃やした。

後で読む
サンケイスポーツ

 柔道・マスターズ大会第2日(12日、ドーハ)世界ランキング上位者で争う大会。男女各2階級が無観客で行われ、女子70キロ級で東京五輪代表補欠の大野陽子(31)=コマツ=が決勝でマディナ・タイマゾワ(21)=ロシア=に縦四方固めで一本勝ちし、優勝した。男子73キロ級で2017年世界王者の橋本壮市(29)=パーク24=と女子63キロ級の鍋倉那美(23)は、ともに決勝で負けて2位だった。

後で読む
サンケイスポーツ

 国際柔道連盟は12日、旧ソ連合同チームの一員として参加した1992年バルセロナ五輪男子95キロ超級決勝で、小川直也を倒して金メダルに輝いたダビド・ハハレイシビリさん(ジョージア)が49歳で死去したと伝えた。心臓病を患っていたという。

後で読む
日刊スポーツ

日本代表と東京五輪世代のU-24日本代表を兼任する森保一監督(52)が13日、オンラインで取材対応した。昨年はサッカー界もコロナの影響を大きく受けた中、日本代…

後で読む
東京スポーツ

 日本ボッチャ協会は13日までに、世界ランキングなどを基準に選考した東京パラリンピック代表の追加内定選手を発表した。  開催国の日本には個人、団体戦合わせて10選手の開催国枠が与えられている。すでに、…

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲初場所・4日目」(13日、両国国技館) ジョージア出身の元大関、平幕栃ノ心(春日野)が同国の英雄、バルセロナ五輪・柔道の金メダリスト、ダビド・ハハレイシビリ氏の死去を悲しんだ。

後で読む
日刊スポーツ

国際柔道連盟は12日、旧ソ連合同チームの一員として参加した1992年バルセロナ五輪男子95キロ超級決勝で、小川直也を倒して金メダルに輝いたダビド・ハハレイシビ…

後で読む
東京スポーツ

 1992年バルセロナ五輪柔道男子95キロ超級金メダリストのダビド・ハハレイシビリさんが49歳で死去したことを受け、同五輪決勝で対戦した〝元暴走王〟小川直也氏(52)が本紙の取材に応じ、ライバルを追悼…

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート女子で10年バンクーバー五輪銀メダル、世界選手権3度制覇の浅田真央さんが主役を務めるアイスショー「浅田真央サンクスツアー」の千葉公演(2月5~7日、アクアリンクちば)、埼玉公演(2月26~28日、埼玉アイスアリーナ)が延期となった。

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグの初代チェアマンで、日本サッカー協会会長も務めた川淵三郎氏(84)が13日、自身のツイッターを更新。今夏に開催を予定している東京五輪について「一番重要な事は日本国民に安全安心を担保して開催できるか否かだ」とし、無観客開催については「意味がない」との私見を発表した。川淵氏は東京五輪・パラリンピックで選手らが宿泊する選手村の村長を務める。

後で読む
東京スポーツ

 ロシア柔道連盟は11日、1992年バルセロナ五輪柔道95キロ超級金メダリストのダビド・ハハレイシビリさんが亡くなったと発表した。49歳だった。  ハハレイシビリさんはジョージア出身。バルセロナ五輪で…

後で読む
デイリースポーツ

9月に開幕するサッカー女子のプロリーグ「WEリーグ」へ参入する大宮は13日、同じくWEリーグ入りするINAC神戸から日本代表DF鮫島彩(33)ら3選手が加入すると発表した。鮫島は日本代表で2011年ワールドカップ(W杯)優勝や12年ロンドン五輪銀メダル獲得などに貢献。INAC神戸には15年から所属していた。 昨年の日本代表候補合宿に招集されたGKスタンボー華(22)や、MF仲田歩夢(27)も加入する。大宮はJ2大宮が運営する新規チームで、女子日本代表前監督の佐々木則夫氏が総監督を務める。

後で読む
デイリースポーツ

トランプ米大統領の支持者らによる連邦議会襲撃に、競泳の元米国代表で五輪金メダリストのクリート・ケラー氏が参加していたと12日、ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)が報じた。米国五輪代表のジャケット姿で動画に映っており、元同僚や指導者が本人と特定した。 38歳のケラー氏は2000年シドニー五輪から3大会連続で出場。04年アテネ大会と08年北京大会の男子800メートルリレーで金メダルを獲得した。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

日本ボッチャ協会は13日までに、世界ランキングなどを基準に選考した東京パラリンピック代表の追加内定5選手を発表し、前回リオデジャネイロ大会のチームで銀メダルを獲得したメンバーで脳性まひBC2クラスの杉村英孝(伊豆介護センター)と同BC1クラスの藤井友里子(アイザック)が名を連ねた。世界ランキング2位の杉村は3大会連続の出場。 運動機能障害BC3クラスの高橋和樹(フォーバル)と田中恵子(石川県協会)、同BC4クラスの古満渉(広島市役所)も代表に内定した。

後で読む
日刊スポーツ

日本ボッチャ協会は13日までに、東京パラリンピック代表内定選手として16年リオデジャネイロ大会団体戦(チーム)銀メダリストのBC1(脳性まひ)藤井友里子(48…

後で読む
日刊スポーツ

男子マラソン日本記録保持者で、東京オリンピック(五輪)代表の大迫傑(29=ナイキ)が13日、緊急事態宣言下での心境を明かした。「最初の緊急事態宣言が出た時と変…

後で読む
日刊スポーツ

“令和の巌流島決戦”と称された、阿部一二三(23=パーク24)と丸山城志郎(27=ミキハウス)の東京オリンピック(五輪)柔道男子66キロ級代表決定戦から、13…

後で読む
デイリースポーツ

【ベルリン共同】アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は12日、オーストリアのフラッハウで女子回転第5戦が行われ、24歳で2018年平昌冬季五輪代表の安藤麻(日清医療食品)は合計タイム1分51秒99で26位だった。3戦連続のW杯得点(30位以内)獲得。1回目は19位だったが2回目に順位を落とした。 ミカエラ・シフリン(米国)が合計1分47秒92で今季2勝目。男子のマルセル・ヒルシャー(オーストリア)を抜き、男女を通じて歴代単独3位の68勝目とした。カタリナ・リーンスベルガー(オーストリア)が0秒19差の2位、ウェンディ・ホルデナー(スイス)が3位だった。

後で読む
日刊スポーツ

“令和の巌流島決戦”と称された東京オリンピック(五輪)柔道男子66キロ級代表決定戦から13日で1カ月となる。代表に決まった17、18年世界王者の阿部一二三(2…

後で読む
日刊スポーツ

日本カーリング協会は12日、2022年北京冬季オリンピック(五輪)の代表権が懸かる2月の日本選手権が新型コロナウイルスの影響で開催できなかった場合に行う代表決…

後で読む
デイリースポーツ

外食チェーンのリンガーハットは12日、体操男子で五輪2連覇の内村航平(32)との所属契約を終了したことを発表した。同社はホームページで「コロナ禍における想定をはるかに上回る業績悪化により、苦渋の決断ながら、20年12月31日をもって継続を断念したことをお知らせいたします」と説明した。内村も自身のSNSを更新し「プロ転向から4年間サポートしていただき、本当に感謝しています」とつづった。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が12日、都内で行われた組織委職員への年頭あいさつと講演会に出席し、東京五輪への決意を語った。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、緊急事態宣言の真っただ中。世論調査では今年の開催に否定的な声が8割を占めるなど、逆風が吹く中だが「私がここで考え込んだり、迷ったりすれば、すべてに影響する。あくまで進める」と強調。一方で「私の立場で今年難しいとは口が裂けても言えない」と葛藤もにじませた。 吹きすさぶ逆風は、身に染みている。午前に行われた年頭あいさつで森会長は、自嘲気味に笑いながら明かした。

後で読む
デイリースポーツ

 日本ゴルフ協会の五輪競技対策本部は12日、2021年の男女各8人の強化指定選手を発表し、女子は畑岡奈紗、古江彩佳、渋野日向子ら、男子は松山英樹、今平周吾、石川遼らが名を連ねた。20年の国内ツアー終了時の世界ランキングを基に申請のあった上位選手が指定を受けた。 東京五輪に向けて強化拠点のフェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎市)をほぼ自己負担なしで利用できる。

後で読む
サンケイスポーツ

 外食チェーンのリンガーハットは12日、体操男子で五輪個人総合2連覇の内村航平(32)との所属契約を昨年12月31日で終了したと発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で業績が悪化し、「苦渋の決断」として断念した。

後で読む
東京スポーツ

 ただならぬ事態だ。体操界のキングこと五輪2連覇の内村航平(32)と所属先の株式会社リンガーハットとの契約が打ち切りとなり、衝撃が走っている。原因は新型コロナウイルス禍による同社の業績悪化だ。コロナ禍…

後で読む
デイリースポーツ

J1柏は13日、2020年の最優秀選手と得点王に輝いたケニア出身のFWマイケル・オルンガ(26)がカタール1部リーグのアルドハイルに、18年ワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表GK中村航輔(25)はポルトガル1部リーグのポルティモネンセへ移籍すると発表した。 18年途中に柏に加入したストライカーは昨季、32試合に出場して28ゴールを決めた。中村は下部組織から柏で育ち、13年にトップ昇格。16年のリオデジャネイロ五輪代表にも選出された。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が12日、都内で行われた組織委職員への年頭あいさつと講演会に出席し、東京五輪への決意を語った。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、緊急事態宣言の真っただ中。世論調査では今年の開催に否定的な声が8割を占めるなど、逆風が吹く中だが「私がここで考え込んだり、迷ったりすれば、すべてに影響する。あくまで進める」と、強調。一方で「私の立場で今年難しいとは口が裂けても言えない」と葛藤もにじませた。 世論調査では再延期が最も多く、約45%を占めた。ただ、森会長は再延期について「絶対に不可能だ」と断言。「お金の問題ではない」とし、開催準備にあたる約5000人の組織委職員の多くが都などからの出向で、さらに延ばすのは困難だと指摘した。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が12日、都内で行われた組織委職員への年頭あいさつと講演会に出席し、東京五輪への決意を語った。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、緊急事態宣言の真っただ中。世論調査では今年の開催に否定的な声が8割を占めるなど、逆風が吹く中だが「私がここで考え込んだり、迷ったりすれば、すべてに影響する。あくまで進める」と、強調。一方で「私の立場で今年難しいとは口が裂けても言えない」と葛藤もにじませた。 開催に自信をみせる森会長には批判も集中。この日、自嘲気味に笑いながら「うちの家内がスマホばかりみているんですが、私の悪口ばかりだったそうです。『森は何を考えているのか、バカじゃないか』と。菅さん以上に悪口ばかり。もうすぐ84になるが、こんなのは長い人生で初めて。森内閣でもこんなに酷くなかった」と明かした。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。