「柔道」の記事一覧

東京スポーツ

 東京五輪で復活を目指す柔道男子の最重量級が思わぬ難題に直面している。  世界ランキング上位者らで争う国際大会「ワールドマスターズ」(カタール・ドーハ)が13日に終了。日本勢にとっては昨年2月のグラン…

後で読む
東京スポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)の金野潤強化委員長(53)が15日、オンライン取材に応じ、世界ランキング上位者らで争う国際大会「ワールドマスターズ」(カタール・ドーハ)の結果を総括した。  初戦の2回戦で右…

後で読む
日刊スポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)の金野潤強化委員長(53)が15日、オンライン取材に応じ、世界ランキング上位者で争うワールドマスターズ大会(ドーハ)を総括した。新型コ…

後で読む
日刊スポーツ

全国高校柔道選手権の県予選が16日、新潟市鳥屋野総合体育館で開かれる。全国選手権(3月=日本武道館)は団体戦が中止となったため、今回は男女個人5階級で熱闘を繰…

後で読む
スポーツニッポン

全日本柔道連盟の金野潤強化委員長が15日、世界ランキング上位者で争うマスターズ大会(カタール・ドーハ)の結果を受けてオンライン取材に応じ、試合で右肩を負傷したと見られる東京五輪男子100キロ超級代表の原沢久喜(百五銀行)の状態について「深刻ではないと思う。長期間、稽古ができないというものではない」との見解を示した。

後で読む
東京スポーツ

 柔道の世界ランキング上位者らで争う国際大会「ワールドマスターズ」(カタール・ドーハ)を終え、男子の井上康生監督(42)、女子の増地克之監督(50)が14日、総括を書面で寄せた。  男子では、東京五輪…

後で読む
サンケイスポーツ

 柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会最終日は13日、ドーハで男女計5階級が行われ、東京五輪女子78キロ級代表で2018年世界女王の浜田尚里(自衛隊)が決勝でマドレーヌ・マロンガ(フランス)に優勢で敗れた。初戦の2回戦から3試合連続で一本勝ちしたが、19年世界選手権決勝で敗れた相手に再び屈した。

後で読む
東京スポーツ

 和解の裏にあった“幻の対決”とは――。柔道の国際大会「ワールドマスターズ」(11~13日、カタール・ドーハ)に出場した東京五輪男子90キロ級代表の向翔一郎(24)は昨年6月、男子66キロ級の丸山城志…

後で読む
東京スポーツ

 柔道マスターズ大会(カタール・ドーハ)最終日(13日)、東京五輪女子78㌔級代表の浜田尚里(30=自衛隊)は決勝でマドレーヌ・マロンガ(27=フランス)に敗れた。  開始直後に大外刈りで技ありを奪わ…

後で読む
デイリースポーツ

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会最終日は13日、ドーハで男女計5階級が行われ、東京五輪女子78キロ級代表で2018年世界女王の浜田尚里(自衛隊)が決勝でマドレーヌ・マロンガ(フランス)に優勢で敗れた。初戦の2回戦から3試合連続で一本勝ちしたが、19年世界選手権決勝で敗れた相手に再び屈した。 東京五輪男子100キロ超級代表で16年リオデジャネイロ五輪2位の原沢久喜(百五銀行)は初戦の2回戦でウクライナ選手に一本負けし、敗退した。足技に倒れた際に右肩を負傷したとみられる。

後で読む
東京スポーツ

大相撲の幕内栃ノ心(33=春日野)が母国ジョージアの英雄の死を悼んだ。1992年バルセロナ五輪柔道男子95キロ超級金メダリストのダビド・ハハレイシビリさんが49歳で死去。栃ノ心によると、ハハレイシビ…

後で読む
東京スポーツ

 柔道マスターズ大会(カタール・ドーハ)最終日(13日)はまさかの結果に終わった。  東京五輪男子100キロ超級の原沢久喜(28=百五銀行)が初戦の2回戦で一本負け。同90キロ代表の向翔一郎(24=A…

後で読む
日刊スポーツ

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会最終日は13日、ドーハで男女計5階級が行われ、東京五輪男子100キロ超級代表で16年リオデジャネイロ五輪2位の原…

後で読む
サンケイスポーツ

 大相撲初場所4日目(13日、両国国技館) ○…豊山(3日目にリモート取材をつなぐインターネットの回線不調で取材なし)「しゃべりたかったが、ためて帰った。(この日は)ちゃんとしゃべることができて良かった」 ●…翠富士(新入幕は明瀬山に敗れて初黒星)「ベテランの相撲にうまくやられた。連敗しないように頑張りたい」 ●…天空海(先場所は5日目の場所入り途中でダンプカーの追突事故に遭う)「まずは気をつけて帰ります。明日は何も起きなければいい。祈ります」 ○…明生(幕内で自身初の初日から4連勝)「集中している。今年は三役、それ以上の番付にいきたい」 ○…栃ノ心(母国ジョージアに初の五輪金メダルをもたらした柔道のダビド・ハハレイシビリさんが死去)「日本にも来て、すごく仲良くしてもらった。(昨年12月)31日にも電話をした。すごくいい人で残念です」 ○…隆の勝(連敗を阻止して3勝目)「このまま下半身がぶれずに攻める相撲を取れたらいい」 ●…琴勝峰(21歳の新鋭は4連敗。5日目の貴景勝戦に向け)「圧力が足りない。思い切っていくだけ」 ○…宝富士(貴景勝を撃破)「辛抱して相撲を取ったのが良かった。明日(5日目)も結びで取れるので、お客さんが喜ぶような自分の相撲を取りたい」4日目結果へ5日目取組へ

後で読む
デイリースポーツ

「柔道・マスターズ大会」(13日、カタール・ドーハ) 男子100キロ超級で、東京五輪代表の原沢久喜(28)=百五銀行=が出場した。初戦の2回戦でヤキフ・ハンモ(ウクライナ)と対戦したが、一本負けで敗退した。

後で読む
デイリースポーツ

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会最終日は13日、ドーハで男女計5階級が行われ、東京五輪男子100キロ超級代表で16年リオデジャネイロ五輪2位の原沢久喜が初戦の2回戦でウクライナ選手に一本負けし、敗退した。足技に倒れた際に右肩を負傷したとみられる。五輪2連覇中のテディ・リネール(フランス)は準々決勝に進んだ。 東京五輪代表は男子90キロ級の向翔一郎が2回戦でベカ・グビニアシビリ(ジョージア)に寝技で一本負けして敗退。女子78キロ級で2018年世界女王の浜田尚里は準決勝に進出した。男子100キロ級と女子78キロ超級に日本勢は出場しない。(共同)

後で読む
サンケイスポーツ

 柔道・マスターズ大会第2日(12日、ドーハ)世界ランキング上位者で争う大会。男女各2階級が無観客で行われ、女子70キロ級で東京五輪代表補欠の大野陽子(31)=コマツ=が決勝でマディナ・タイマゾワ(21)=ロシア=に縦四方固めで一本勝ちし、優勝した。男子73キロ級で2017年世界王者の橋本壮市(29)=パーク24=と女子63キロ級の鍋倉那美(23)は、ともに決勝で負けて2位だった。

後で読む
サンケイスポーツ

 国際柔道連盟は12日、旧ソ連合同チームの一員として参加した1992年バルセロナ五輪男子95キロ超級決勝で、小川直也を倒して金メダルに輝いたダビド・ハハレイシビリさん(ジョージア)が49歳で死去したと伝えた。心臓病を患っていたという。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲初場所・4日目」(13日、両国国技館) ジョージア出身の元大関、平幕栃ノ心(春日野)が同国の英雄、バルセロナ五輪・柔道の金メダリスト、ダビド・ハハレイシビリ氏の死去を悲しんだ。

後で読む
日刊スポーツ

国際柔道連盟は12日、旧ソ連合同チームの一員として参加した1992年バルセロナ五輪男子95キロ超級決勝で、小川直也を倒して金メダルに輝いたダビド・ハハレイシビ…

後で読む
東京スポーツ

 1992年バルセロナ五輪柔道男子95キロ超級金メダリストのダビド・ハハレイシビリさんが49歳で死去したことを受け、同五輪決勝で対戦した〝元暴走王〟小川直也氏(52)が本紙の取材に応じ、ライバルを追悼…

後で読む
東京スポーツ

 ロシア柔道連盟は11日、1992年バルセロナ五輪柔道95キロ超級金メダリストのダビド・ハハレイシビリさんが亡くなったと発表した。49歳だった。  ハハレイシビリさんはジョージア出身。バルセロナ五輪で…

後で読む
日刊スポーツ

“令和の巌流島決戦”と称された、阿部一二三(23=パーク24)と丸山城志郎(27=ミキハウス)の東京オリンピック(五輪)柔道男子66キロ級代表決定戦から、13…

後で読む
サンケイスポーツ

 柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会第2日は12日、ドーハで男女各2階級が行われ、橋本壮市は男子73キロ級決勝でまさかの反則負け。持ち前の組み手技術で主導権を握り、先に指導二つを引き出す有利な展開だったが、とっさに放った片手の袖釣り込み腰が右腕の関節を取る危険な行為と判定された。2018年世界選手権決勝で敗れた安昌林への雪辱はならなかった。

後で読む
日刊スポーツ

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会第2日は、ドーハで男女各2階級が行われ、女子63キロ級の鍋倉那美は決勝で世界選手権3連覇中のクラリス・アグベニェ…

後で読む
日刊スポーツ

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会第2日は、ドーハで男女各2階級が行われ、女子70キロ級で31歳の大野陽子(コマツ)が初戦の2回戦から全4試合を一…

後で読む
日刊スポーツ

“令和の巌流島決戦”と称された東京オリンピック(五輪)柔道男子66キロ級代表決定戦から13日で1カ月となる。代表に決まった17、18年世界王者の阿部一二三(2…

後で読む
東京スポーツ

 柔道マスターズ大会(カタール・ドーハ)第2日(12日)、男女各2階級が行われ、女子70㌔級で大野陽子(31=コマツ)が決勝でマディナ・タイマゾワ(ロシア)に一本勝ちし、優勝した。国際柔道連盟(IJF…

後で読む
デイリースポーツ

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会第2日は12日、ドーハで男女各2階級が行われ、女子70キロ級で31歳の大野陽子(コマツ)が決勝でロシア選手に寝技で一本勝ちし、優勝した。 男子73キロ級で2017年世界王者の橋本壮市(パーク24)は初戦の2回戦から3試合を勝ち抜いて進んだ決勝で、京都市育ちの在日3世で18年世界一の安昌林(韓国)に反則負けした。

後で読む
デイリースポーツ

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会第2日は12日、ドーハで男女各2階級が行われ、男子73キロ級で2017年世界王者の橋本壮市(パーク24)は初戦の2回戦から3試合を勝ち抜いて進んだ決勝で、京都市育ちの在日3世で18年世界一の安昌林(韓国)に反則負けした。 女子63キロ級の鍋倉那美は決勝で世界選手権3連覇中のクラリス・アグベニェヌ(フランス)に一本負け。女子70キロ級の大野陽子(コマツ)はロシア選手と決勝を争う。男子81キロ級に日本勢は出場していない。

後で読む
日刊スポーツ

柔道の総本山の東京・講道館は12日までに、新春恒例の鏡開き式を行った。例年は約500畳の大道場に300人以上が参加するが、今年は新型コロナウイルス感染拡大によ…

後で読む
日刊スポーツ

女子48キロ級の渡名喜風南は決勝で敗れたものの、準決勝で過去4戦全敗のビロディドから価値ある初勝利をもぎ取った。相手の不用意な攻撃に即座に反応。自身の背中に絡…

後で読む
日刊スポーツ

女子52キロ級の志々目愛は決勝で指導3による反則負けを喫した。執拗(しつよう)に組み手を切ってくるフランス選手に得意の内股を放てず、ペースをつかめなかった。肩…

後で読む
日刊スポーツ

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会は、ドーハで開幕して男女計5階級が行われ、東京オリンピック(五輪)代表で女子57キロ級の芳田司(コマツ)が初戦の…

後で読む
東京スポーツ

 柔道の世界ランキング上位者らで争う国際大会「ワールドマスターズ」(カタール・ドーハ)が11日、開幕した。女子57キロ級決勝で、東京五輪代表の芳田司(25=コマツ)がサラレオニー・シシケ(22=フラン…

後で読む
デイリースポーツ

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会は11日、ドーハで開幕して男女計5階級が行われ、女子57キロ級で東京五輪代表の芳田司(コマツ)は決勝でサラレオニー・シシケ(フランス)に一本勝ちして優勝した。 女子48キロ級で東京五輪代表の渡名喜風南(パーク24)は決勝で2019年世界選手権3位のディストリア・クラスニチ(コソボ)に一本負け。準決勝で世界選手権2連覇中のダリア・ビロディド(ウクライナ)に優勢勝ちして初勝利を挙げたが、最後に力尽きた。

後で読む
デイリースポーツ

「柔道・マスターズ大会」(11日、カタール・ドーハ) 世界ランク上位者で争われる大会が開幕し、初日は男女の軽量級が行われた。

後で読む
デイリースポーツ

柔道女子52キロ級で東京五輪代表の阿部詩(20)=日体大=が11日、自身のインスタグラムで華やかな赤の振り袖姿を披露した。 投稿の冒頭で「今日、成人の日を迎えることができました」と報告。「感謝の気持ちを忘れず、大人としての自覚を持ち日々精進して参ります!」と新成人としての抱負をつづった。

後で読む
デイリースポーツ

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会は11日、ドーハで開幕して男女計5階級が行われ、女子48キロ級で東京五輪代表の渡名喜風南(パーク24)が決勝で2019年世界選手権3位のディストリア・クラスニチ(コソボ)に一本負けした。 渡名喜は準決勝で世界選手権2連覇中のダリア・ビロディド(ウクライナ)に優勢勝ち。5度目の対戦で初勝利を挙げたが、最後に力尽きた。ビロディドは3位だった。

後で読む
デイリースポーツ

「柔道・マスターズ大会」(11日、カタール・ドーハ) 世界ランク上位者で争われる大会が開幕し、初日は男女の軽量級が行われた。女子48キロ級は、東京五輪代表の渡名喜風南(25)=パーク24=が出場し、準決勝では世界選手権2連覇中のダリア・ビロディド(20)=ウクライナ=に優勢勝ち。決勝は世界ランク1位のクラスニキ(コソボ)に一本負けした。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪女子48キロ級代表の渡名喜風南(25=パーク24)が準決勝で、世界選手権2連覇のダリア・ビロディド(ウクライナ)に優勢勝ちし、決勝に駒を進めた。ライバ…

後で読む
デイリースポーツ

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会は11日、ドーハで開幕して男女計5階級が行われ、女子48キロ級で東京五輪代表の渡名喜風南(パーク24)が準決勝で世界選手権2連覇中のダリア・ビロディド(ウクライナ)に優勢勝ちして決勝に進んだ。渡名喜は5度目の対戦でビロディドに初勝利。 女子の57キロ級で東京五輪代表の芳田司(コマツ)、52キロ級で元世界女王の志々目愛(了徳寺大職)も決勝に進出。男子の60キロ級と66キロ級に日本勢は出場していない。

後で読む
デイリースポーツ

「柔道・マスターズ大会」(11日、カタール・ドーハ) 世界ランク上位者で争われる大会が開幕し、初日は男女の軽量級が行われた。

後で読む
東京スポーツ

【藤田太陽「ライジング・サン」(4)】父から小学4年時に言われた言葉「柔道ではメシは食えない」というひと言を聞いた数日後、僕はテレビ中継で巨人戦を観戦していました。すると当時、巨人で正遊撃手だった川相…

後で読む
スポーツニッポン

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会(11~13日、カタール・ドーハ)に出場する日本選手団が7日、成田空港から現地へ向け出発。女子57キロ級東京五輪代表の芳田司(コマツ)らを引率する女子日本代表の増地克之監督が出発前に取材に応じ、「日本国内がこういう状況で海外渡航を決めたことで、非常に複雑な気持ちはある。医療従事者が非常に苦労されている中で、われわれが柔道をやっていいのかという気持ち…

後で読む
東京スポーツ

【藤田太陽「ライジング・サン」(3)】僕は実は野球少年ではありませんでした。投げるスポーツは投げるスポーツでもボールは投げません。人間を投げます。実は小学1年生から4年生までは柔道とレスリングをやって…

後で読む
日刊スポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)の金野潤強化委員長(53)は6日、代表取材に応じ、世界ランキング上位者で争うワールドマスターズ大会(11~13日、ドーハ)に選手派遣を…

後で読む
東京スポーツ

 柔道の世界ランキング上位者らで争う国際大会「ワールドマスターズ」(11~13日、カタール・ドーハ)に、日本の9選手を予定通り派遣することになり、全日本柔道連盟の金野潤強化委員長(53)が6日、代表取…

後で読む
スポーツニッポン

全日本柔道連盟(全柔連)は6日、緊急事態宣言の発令を鑑み、派遣可否を慎重に検討していた世界ランキング上位者で争うマスターズ大会(11~13日、ドーハ)について、予定通り東京五輪男子100キロ超級代表の原沢久喜(百五銀行)ら五輪代表5人を含む9選手を派遣すると発表した。一方、男子60キロ級の永山竜樹(了徳寺大職)は新型コロナウイルス感染の濃厚接触者と認定され、その後のPCR検査で陰性が確認された…

後で読む
東京スポーツ

北京五輪の柔道100キロ超級金メダリストで格闘家の石井慧(34)が5日、ツイッターでボクシングの井岡一翔のタトゥー問題に言及した。  WBO世界スーパーフライ級王者の井岡は昨年大みそかに3階級制覇王…

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は6日、世界ランキング上位者で争うマスターズ大会(11~13日・ドーハ)へ、東京五輪男子100キロ超級代表の原沢久喜(百五銀行)ら日本勢9人を予定通り派遣すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大で首都圏1都3県に緊急事態宣言が発令される見通しとなり、派遣の可否を慎重に検討していた。 日本勢は昨年2月以来の国際大会出場となる。全柔連の金野潤強化委員長は今夏の東京五輪を見据え「これからの試合は数がかなり少なく、全てが重要になる。派遣は必要だと判断した」と説明。医科学委員会の医師らと入念に協議したことを強調した。

後で読む
東京スポーツ

 全日本柔道連盟は6日、世界ランキング上位者らで争う国際大会「ワールドマスターズ」(11~13日、カタール・ドーハ)に、男子100キロ超級の原沢久喜(28=百五銀行)ら日本の9選手を予定通り派遣すると…

後で読む
東京スポーツ

北京五輪の柔道100キロ超級金メダリストで格闘家の石井慧(34)が5日、ツイッターでボクシングの井岡一翔のタトゥー問題に言及した。  WBO世界スーパーフライ級王者の井岡は昨年大みそかに3階級制覇王…

後で読む
日刊スポーツ

柔道の東京五輪代表で男子66キロ級の阿部一二三(パーク24)と女子78キロ超級の素根輝が5日、オンラインで報道陣の取材に応じ、新型コロナウイルス感染拡大により…

後で読む
日刊スポーツ

柔道日本男子の井上康生監督は5日、オンラインで取材に応じ、首都圏に緊急事態宣言が発令される見通しとなった状況について「(東京オリンピック)開催を前提に一つ一つ…

後で読む
日刊スポーツ

全日本柔道連盟は5日、強化選手を対象にコンプライアンス(法令順守)や反ドーピングの重要性を学ぶ講習会をオンラインで開き、男子66キロ級の阿部一二三(パーク24…

後で読む
東京スポーツ

 新型コロナウイルス第3波が猛威を振るう中、今夏の東京五輪は開催できるのだろうか。5日にオンライン取材に応じた柔道の男子日本代表・井上康生監督(42)は「Aプランが1分後にはBプランになるような状況。…

後で読む
日刊スポーツ

政府が首都圏に緊急事態宣言を出す方針を固めたことを受け、全日本柔道連盟(全柔連)は5日、世界ランキング上位者で争うワールドマスターズ大会(11~13日、ドーハ…

後で読む
東京スポーツ

 柔道の東京五輪男子66キロ級代表の阿部一二三(23=パーク24)が「勝負の年」にさらなる進化を誓った。  2020年度A・B強化選手講習会(5日)の終了後にオンライン取材に応じた。昨年12月の代表決…

後で読む
東京スポーツ

 柔道の東京五輪男子66キロ級代表の阿部一二三(23=パーク24)が「勝負の年」にさらなる進化を誓った。  2020年度A・B強化選手講習会(5日)の終了後にオンライン取材に応じた。昨年12月の代表決…

後で読む
スポーツニッポン

柔道の東京五輪女子78キロ級代表の素根輝(無所属)が5日、オンラインで行われた全日本柔道連盟の強化選手を対象とした講習会後に取材に応じ、「(五輪開催に)いろんな意見があるが、金メダルを獲る目標があるので達成したい」と信念の抱負を述べた。

後で読む
スポーツニッポン

柔道の東京五輪男子66キロ級代表の阿部一二三(パーク24)が5日、オンラインで行われた全日本柔道連盟の強化選手を対象とした講習会後に取材に応じ、「最高に輝く1年にしたい。五輪で優勝するのが一番の目標なので、何が何でも優勝する気持ちで取り組みたい」と抱負を述べた。

後で読む
東京スポーツ

 柔道の東京五輪女子78キロ超級代表の素根輝(20)が〝20歳の誓い〟だ。5日の2020年度A・B強化選手講習会の終了後に、オンライン取材に応じた。  昨夏に環太平洋大を退学。その後は母校の福岡・南筑…

後で読む
デイリースポーツ

柔道の東京五輪代表で男子66キロ級の阿部一二三と女子78キロ超級の素根輝が5日、オンラインで報道陣の取材に応じ、新型コロナウイルス感染拡大により首都圏1都3県に緊急事態宣言が発令される見通しとなる中で、阿部は「五輪が開催されると信じ、絶対に優勝すると思っている」と意気込んだ。 素根は「不安な気持ちはあるが、必ず金メダルを取るという目標を達成できるように準備したい」と述べた。

後で読む
デイリースポーツ

柔道日本男子の井上康生監督は5日、オンラインで取材に応じ、首都圏に緊急事態宣言が発令される見通しとなった状況について「(東京五輪)開催を前提に一つ一つ準備していくしかない。世の中のことを考えた上で、さまざまな判断をしなければいけない」と冷静に受け止めを語った。 今年のテーマには「感謝」と「新」を掲げた。新型コロナ禍で、世界中が苦境に立つ社会情勢を踏まえ「五輪が開催された暁には、人々に元気、勇気を与えられる新たな価値を届けたい」と表情を引き締めた。

後で読む
サンケイスポーツ

 柔道の東京五輪代表で男子66キロ級の阿部一二三(パーク24)と女子78キロ超級の素根輝が5日、オンラインで報道陣の取材に応じ、新型コロナウイルス感染拡大により首都圏1都3県に緊急事態宣言が発令される見通しとなる中で、阿部は「五輪が開催されると信じ、絶対に優勝すると思っている」と意気込んだ。

後で読む
スポーツニッポン

全日本柔道連盟(全柔連)は5日、政府が今週中にも緊急事態宣言を発出する見込みとなったことを受けて、今月11~13日にカタール・ドーハで開催されるマスターズ大会への選手派遣の可否を検討すると発表した。強化委員会を中心に議論し、あす6日中に結論を出す。

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟は4日、世界ランキング上位者で争うマスターズ大会(11~13日・ドーハ)の派遣選手を発表し、東京五輪代表勢では男子が100キロ超級の原沢久喜、90キロ級の向翔一郎、女子は78キロ級の浜田尚里、57キロ級の芳田司、48キロ級の渡名喜風南の計5人が名を連ねた。 女子52キロ級の阿部詩は参加の意向を示していたが、関係者によると状態が万全ではなく回避したという。

後で読む
スポーツ報知

 1年延期された東京五輪が7月23日に開幕する。日本オリンピック委員会(JOC)が「金メダル30個」を目標に掲げるなか、大きな注目を集めるのが柔道女子52キロ級の五輪代表で世界選手権2連覇の阿部詩(2

後で読む
日刊スポーツ

柔道の21年世界選手権が東京オリンピック(五輪)開幕約1カ月前に当たる6月にブダペストで開催されることが30日、複数の関係者の話で分かった。6月6~13日に男…

後で読む
スポーツニッポン

全国大会出場回数1位と10位の対決は、最多68回の秋田工に軍配が上がった。FWの当たりの強さで、40回出場の西陵を後退させた。特に目立ったのがNo・8土肥。「格闘技好き」というレスリング&柔道経験者が、ゴール前のパワープレーと、モールの最後尾で計3トライを挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

柔道の2021年世界選手権が東京五輪開幕約1カ月前に当たる6月にブダペストで開催されることが30日、複数の関係者の話で分かった。国際柔道連盟(IJF)は各国・地域に通達し、6月6~13日に男女各7階級と混合団体を実施。五輪に次ぐビッグイベントが五輪直前に設定される異例の日程となった。 IJFは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、五輪予選期間を21年6月29日まで延長。世界選手権は最後の予選対象大会に組み込まれた。だが直後の五輪と連戦になった場合は選手の体重調整や体調管理が大きく懸念され、日本サイドは「どういう意図で決まったのか」などと困惑している。

後で読む
スポーツ報知

 師走に2年続けて、五輪代表切符の重みを改めて感じる場面を見届けた。12月13日。柔道男子66キロ級の代表決定戦が行われ、阿部一二三が丸山城志郎に勝利。新旧世界王者による意地のぶつかり合いは24分間に

後で読む
東京スポーツ

【闘魂師弟対談・前編】〝燃える闘魂〟アントニオ猪木氏(77)が2021年へ雄たけびだ。今年9月30日には猪木氏がデビュー60周年を迎えたこともあり、弟子でバルセロナ五輪柔道95キロ超級銀メダルの〝元暴…

後で読む
東京スポーツ

【闘魂師弟対談・後編】〝燃える闘魂〟アントニオ猪木氏(77)が2021年へ雄たけびだ。今年9月30日には猪木氏がデビュー60周年を迎えたこともあり、弟子でバルセロナ五輪柔道95㌔超級銀メダルの〝元暴走…

後で読む
東京スポーツ

 この判断は正しかったのか。体重無差別で柔道男子日本一を決める全日本選手権(26日)での対応をめぐり、波紋が広がっている。全日本柔道連盟(全柔連)は大会当日の開始直前に同じパーク24に所属する73キロ…

後で読む
デイリースポーツ

国際柔道連盟(IJF)は27日、2019~20年シーズンに活躍した選手、指導者らを表彰する「IJF柔道アウオーズ」の受賞者を発表し、コーチ部門で日本男子の井上康生監督が選ばれた。昨年の世界選手権東京大会で、優勝した2階級を含む6階級でメダル獲得に導いた。 選手部門では、世界選手権東京大会で2連覇を達成した女子48キロ級のダリア・ビロディド(ウクライナ)と、初制覇を果たした男子60キロ級のルフミ・チフビミアニ(ジョージア)が選ばれた。(共同)

後で読む
東京スポーツ

体重無差別で女子柔道日本一を決める全日本女子選手権が27日、東京・講道館で行われ、78キロ超級元世界女王で、東京五輪同級代表補欠の朝比奈沙羅(24=ビッグツリー)が初戦で高校生に敗れる波乱があった。…

後で読む
東京スポーツ

体重無差別で女子柔道日本一を決める皇后盃全日本女子柔道選手権が27日、東京・講道館で行われ、初出場した東京五輪女子48キロ級代表補欠の角田夏実(28=了徳寺大職)は初戦で敗退となった。  今大会唯一…

後で読む
東京スポーツ

 2024年パリ五輪へ大アピールだ。体重無差別で女子柔道日本一を決める全日本女子選手権が27日、東京・講道館で行われ、女子78キロ超級の冨田若春(23=コマツ)が4回目の出場で初優勝を果たした。  1…

後で読む
スポーツニッポン

体重無差別で争われ、78キロ超級の冨田若春(わかば、23=コマツ)が決勝で橋本朱未(26)との同門対決を制し、4度目の出場で初優勝を果たした。冨田は10月の講道館杯に続く大会2連勝。4年後の24年パリ五輪代表入りに名乗りを上げた。

後で読む
デイリースポーツ

「柔道・全日本女子選手権」(27日、講道館) 体重無差別で争われ、70キロ級の桑形萌花(くわがた・もか、18)=兵庫・夙川高=が18年世界選手権78キロ超級女王の朝比奈沙羅(24)=ビッグツリー=から金星を奪うなどの快進撃で、殊勲の3位に入った。

後で読む
サンケイスポーツ

 体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権は27日、東京・講道館で行われ、昨年3位の冨田若春(コマツ)や2016年リオデジャネイロ五輪78キロ級代表の梅木真美(ALSOK)、18歳の桑形萌花(兵庫・夙川高)らが準々決勝に進出した。

後で読む
東京スポーツ

 2024年パリ五輪へ大アピールだ。体重無差別で女子柔道日本一を決める全日本女子選手権が27日、東京・講道館で行われ、女子78キロ超級の冨田若春(23=コマツ)が4回目の出場で初優勝を果たした。  1…

後で読む
デイリースポーツ

体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権は27日、東京・講道館で行われ、昨年3位の冨田若春がコマツ勢同士の決勝で橋本朱未を下して初優勝した。14分56秒に及ぶ熱戦の末、指導3で反則勝ちを収めた。 23歳の冨田は払い腰や小外掛けなど立ち技がさえ、初戦の2回戦から5試合を勝ち抜いた。18歳の桑形萌花(兵庫・夙川高)と稲森奈見(三井住友海上)が3位。2016年リオデジャネイロ五輪78キロ代表の梅木真美(ALSOK)は準々決勝で稲森に敗れた。

後で読む
東京スポーツ

 体重無差別で女子柔道日本一を決める全日本女子選手権が27日、東京・講道館で行われ、78キロ超級元世界女王で、東京五輪同級代表補欠の朝比奈沙羅(24=ビッグツリー)が初戦で高校生に敗れる波乱があった。…

後で読む
東京スポーツ

 体重無差別で女子柔道日本一を決める皇后盃全日本女子柔道選手権が27日、東京・講道館で行われ、初出場した東京五輪女子48キロ級代表補欠の角田夏実(28=了徳寺大職)は初戦で敗退となった。  今大会唯一…

後で読む
スポーツニッポン

体重無差別で争われ、いずれも東京五輪代表補欠の57キロ級の玉置桃(26=三井住友海上)、52キロ級の志々目愛(26=了徳寺大職)、48キロ級の角田夏実(28=了徳寺大職)の3選手は、3回戦までに敗退した。

後で読む
スポーツニッポン

体重無差別で争われ、東京五輪女子78キロ超級代表補欠で17年大会覇者の朝比奈沙羅(24=ビッグツリー)は、初戦の2回戦で桑形萌花(兵庫・須磨学園夙川学院)に敗れた。

後で読む
日刊スポーツ

12年全日本王者で前大会準優勝の加藤博剛(35=千葉県警)は3回戦で、18年ワールドマスターズ大会81キロ級金メダルの佐々木健志(24=ALSOK)に敗れた。…

後で読む
日刊スポーツ

所属内から新型コロナウイルスの陽性者が出たため、今大会を欠場した海老沼匡(30=パーク24)が、自身のツイッターを更新した。「試合出たかったです。楽しみにして…

後で読む
東京スポーツ

東京・講道館で26日に開催された、体重無差別で柔道日本一を決める全日本柔道選手権は、2015年世界選手権100キロ級王者&リオ五輪同級銅メダルの羽賀龍之介(29=旭化成)の優勝で幕を閉じた。しかし大…

後で読む
サンケイスポーツ

 柔道の全日本女子選手権(27日・講道館)に出場する有力選手が26日までに記者会見し、78キロ超級元世界女王で3年ぶり2度目の優勝を狙う朝比奈沙羅(ビッグツリー)は「かつて女王だった誇りがある。王座奪還したい」と決意を語った。

後で読む
サンケイスポーツ

 体重無差別で争う柔道の伝統ある大会・全日本選手権は26日、東京・講道館で行われ、29歳の羽賀は決勝で太田に得意の内またを決めるなど、母校の東海大や同じ所属の後輩たちを次々と破って初の頂点に立った。コロナ禍の自粛期間中は先頭に立ち、SNSを通して日本柔道界や次世代のアスリートを励ましてきた。リオ五輪銅メダリストは、東京五輪代表落選の悔しさを糧に稽古を積んできた。「『まだ自分はいるぞ』と意地を持って闘った。結果が伴ってよかった」と胸を張った。

後で読む
東京スポーツ

 体重無差別で柔道日本一を決める全日本柔道選手権が26日、東京・講道館で行われ、2015年世界選手権100キロ級王者&リオ五輪同級銅メダルの羽賀龍之介(29=旭化成)が優勝し、令和最初の全日本王者の称…

後で読む
東京スポーツ

 体重無差別で柔道日本一を決める全日本柔道選手権が26日、東京・講道館で行われ、東京五輪男子100キロ超級代表補欠の影浦心(25=日本中央競馬会)は3回戦で姿を消した。  10月の講道館杯同級で優勝し…

後で読む
デイリースポーツ

体重無差別で争う柔道の全日本選手権は26日、東京・講道館で行われ、2016年リオデジャネイロ五輪男子100キロ級銅メダルの羽賀龍之介が旭化成勢同士の対戦となった決勝で昨年3位の太田彪雅を破り、初優勝を果たした。延長戦の2分に内股で一本を奪った。 29歳の羽賀は1回戦からの全6試合を一本勝ち。得意の内股を軸に積極的な攻めが光った。東京五輪代表で今大会を欠場したウルフ・アロンから2年連続で100キロ級の選手が頂点に立った。石内裕貴、81キロ級ながら大健闘の佐々木健志が3位。

後で読む
デイリースポーツ

「柔道・全日本選手権」(26日、講道館) 体重無差別で争われ、リオデジャネイロ五輪男子100キロ級銅メダルの羽賀龍之介(29)=旭化成=が3度目の出場で初優勝を果たした。決勝は、100キロ超級の太田彪雅(23)=旭化成=を6分、得意技の内股による一本勝ちで破った。

後で読む
サンケイスポーツ

 体重無差別で争う柔道の伝統ある大会・全日本選手権は26日、東京・講道館で行われ、東京五輪男子90キロ級代表で初出場の向翔一郎(24)=ALSOK=は3回戦敗退に終わったが、来夏の五輪へ収穫を得た。2016年リオデジャネイロ五輪男子100キロ級銅メダルの羽賀龍之介(29)=旭化成=が1回戦からの全6試合で一本勝ちし、初優勝を果たした。新型コロナウイルスの影響で4月29日から延期され、無観客で行われた。

後で読む
スポーツニッポン

体重無差別で争われ、16年リオデジャネイロ五輪100キロ級銅メダリストの羽賀龍之介(29=旭化成)が、決勝で太田彪雅(23=旭化成)を内股一本で破り、3度目の出場で初優勝を果たした。

後で読む
デイリースポーツ

体重無差別で柔道日本一を決める伝統の全日本選手権は26日、東京都文京区の講道館で行われ、旭化成勢同士の対戦となった決勝は羽賀龍之介(29)が太田彪雅(23)を下して初優勝した。羽賀は2016年リオデジャネイロ五輪100キロ級銅メダリスト。決勝は得意の内股で一本勝ちした。 例年4月29日に行われている大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響で約8カ月遅れて開催。会場は千葉ポートアリーナから柔道の総本山、講道館の大道場に変更され、関係者のみが見守る中で争われた。

後で読む
東京スポーツ

 体重無差別で柔道日本一を決める全日本柔道選手権が26日、東京・講道館で行われ、初出場の東京五輪男子90キロ級代表の向翔一郎(24=ALSOK)は3回戦敗退で終わった。  2回戦から登場し、腕がらみで…

後で読む
スポーツニッポン

優勝候補の一角だった東京五輪男子100キロ超級代表補欠の影浦心(25=日本中央競馬会)は、3回戦で16年リオデジャネイロ五輪100キロ級銅メダリストの羽賀龍之介(29=旭化成)に敗れた。

後で読む
スポーツニッポン

出場選手で唯一の東京五輪代表だった90キロ級の向翔一郎(24=ALSOK)は、3回戦で太田彪雅(23=旭化成)に敗れて敗退が決まった。

後で読む
東京スポーツ

 体重無差別で柔道日本一を決める全日本柔道選手権が26日、東京・講道館で行われ、初出場した東京五輪男子60キロ級代表補欠の永山竜樹(24=了徳寺大職)は2回戦で敗退となった。  156センチ65キロと…

後で読む
デイリースポーツ

「柔道・全日本選手権」(26日、講道館) 体重無差別で行われ、男子60キロ級東京五輪代表補欠の永山竜樹(24)=了徳寺大職=が初出場。1回戦で171センチ、93キロの河坂有希(愛媛県警)に延長優勢勝ちで1勝を挙げる快挙を果たした。2回戦は100キロ級五輪代表補欠の飯田健太郎(22)=国士舘大=相手に健闘したが、5分1秒小外掛けで一本負けした。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪男子60キロ級代表補欠で、18、19年世界選手権銅メダルの永山竜樹(24=了徳寺大職)が、2回戦で同五輪男子100キロ級代表補欠の飯田健太郎(22=国…

後で読む
スポーツニッポン

体重無差別で争われる同大会に初出場し、1回戦を突破した男子60キロ級の永山竜樹(24=了徳寺大職)は、2回戦で100キロ級東京五輪代表補欠の飯田健太郎(22=国士舘大)に敗れた。

後で読む
スポーツニッポン

体重無差別で争われる同大会に初出場した男子60キロ級の永山竜樹(24=了徳寺大職)が、1回戦で90キロ級の河坂有希(32=愛媛県警察)を破り、2回戦進出を決めた。男子最軽量級選手による、価値ある1勝となった。

後で読む
デイリースポーツ

「柔道・全日本選手権」(26日、講道館) 体重無差別で行われ、男子60キロ級で東京五輪代表補欠の永山竜樹(24)=了徳寺大職=が初出場。1回戦で171センチ、93キロの河坂有希(愛媛県警)と対戦し、6分11秒延長優勢勝ちを果たし、2回戦に進んだ。

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は26日、男子でパーク24所属の海老沼匡、長沢憲大、小川雄勢が同日の全日本選手権(東京・講道館)を欠場すると発表した。全柔連は「新型コロナウイルス陽性者が出たため、チームとして出場をしない」と理由を説明したが、具体的な陽性者は明らかにしていない。 大会は新型コロナの影響で4月29日から延期され、無観客で実施。出場する全選手は大会前にPCR検査を受けた。全柔連は個人情報保護の観点から、結果を公表していない。

後で読む
東京スポーツ

全日本柔道連盟は26日、同日に講道館で開催される全日本柔道選手権に出場予定だった海老沼匡(30)、長沢憲大(27)と小川雄勢(24=いずれもパーク24)の3選手が大会を欠場すると発表した。新型コロナ…

後で読む
スポーツニッポン

全日本柔道連盟は26日、きょう東京・講道館で8カ月遅れで開催される全日本選手権に出場予定だった海老沼匡(30)、長沢憲大(27)、小川雄勢(24=いずれもパーク24)の3選手が、同所属内から新型コロナウイルス陽性者が出たため、欠場すると発表した。

後で読む
東京スポーツ

 全日本柔道連盟は26日、同日に講道館で開催される全日本柔道選手権に出場予定だった海老沼匡(30)、長沢憲大(27)と小川雄勢(24=いずれもパーク24)の3選手が大会を欠場すると発表した。新型コロナ…

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟は26日、この日開催される体重無差別の全日本選手権(東京・講道館)に出場予定だった海老沼匡(30)、長沢憲大(27)、小川雄勢(24)=いずれもパーク24=が欠場すると発表した。「新型コロナウイルス陽性者が出たため、チームとして出場しないと判断」したという。代替選手はいない。 全日本選手権は体重無差別で日本一を争う大会。今年は東京五輪代表、同補欠、19年グランドスラム大阪大会覇者にも推薦枠が与えられたため、73キロ級の海老沼は初出場する予定だった。

後で読む
東京スポーツ

 全日本柔道連盟は26日、同日に講道館で開催される全日本柔道選手権に出場予定だった海老沼匡(30)、長沢憲大(27)と小川雄勢(24=いずれもパーク24)が体調不良のために大会を欠場すると発表した。3…

後で読む
日刊スポーツ

12年ロンドン、16年リオデジャネイロオリンピック(五輪)柔道男子66キロ級銅メダルで、現在は73キロ級の海老沼匡(30=パーク24)が26日、体重無差別で争…

後で読む
東京スポーツ

 体重無差別で女子柔道日本一を決める皇后盃全日本女子柔道選手権(27日、東京・講道館)の前々日会見が25日、都内で開かれ、今春に独協医大医学部に入学した〝戦う医学生〟女子78キロ超級の朝比奈沙羅(24…

後で読む
東京スポーツ

 体重無差別で柔道日本一を決める全日本柔道選手権(26日、東京・講道館)の前日会見が25日、都内で行われ、男子100キロ超級の影浦心(25=日本中央競馬会)が意気込みを語った。  10月の講道館杯では…

後で読む
スポーツニッポン

あす26日に8カ月遅れで開催される柔道の体重無差別で争われる全日本選手権(東京・講道館)の前日会見が25日にオンラインで開かれ、初出場で東京五輪代表として唯一の出場となる男子90キロ級の向翔一郎(24=ALSOK)が「コロナ禍で柔道界全体が元気がない。大変な時期だが、その中で五輪選手が1人だけでも出ることによって盛り上げられれば」と思いを語った。

後で読む
スポーツニッポン

あす26日に8カ月遅れで開催される柔道の体重無差別で争われる全日本選手権(東京・講道館)の前日会見が25日にオンラインで開かれ、優勝候補の一角に挙がる男子100キロ超級の影浦心(25=日本中央競馬会)は「(11月の)講道館杯を優勝して、凄く充実している。今年こそ絶対に優勝する気持ちが強い」と堂々宣言した。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪柔道男子90キロ級代表の向翔一郎(24)=ALSOK=が25日、オンラインで会見し、体重無差別で日本一を争う全日本選手権(26日、東京・講道館)への意気込みを語った。五輪代表らに与えられた推薦枠での初出場となるが、「コロナで柔道界全体が元気がない中で、五輪代表が1人でも出ることで盛り上げたい」と気炎を上げた。 今大会に向けては、日大の先輩である100キロ超級五輪代表の原沢久喜(28)=百五銀行=とも何度か練習したといい、「とりあえず超級で一番強い原沢先輩とやっておけば大丈夫だろうと。でもめちゃめちゃ強い(笑)」。自身はしゃがみ込む背負い投げなどを得意にしているが、技に入るまでの崩しが難しいようで、「大きい選手はフェイントに反応してくれない。技を単発にしてもいけないし、(相手を)動かして入らないとダメ」と対策の一端を明かした。

後で読む
東京スポーツ

 俺が大会を盛り上げる! 東京五輪柔道男子90キロ級代表の向翔一郎(24=ALSOK)が、体重無差別で柔道日本一を決める全日本柔道選手権(26日、東京・講道館)に向けて怪気炎を上げた。  25日に都内…

後で読む
東京スポーツ

 体重無差別で女子柔道日本一を決める皇后盃全日本女子柔道選手権(27日、東京・講道館)の前々日会見が25日、都内で開かれ、10月の講道館杯女子78キロ超級で大会2連覇を果たした冨田若春(23=コマツ)…

後で読む
サンケイスポーツ

 久々にドキドキ、ワクワクしながら柔道の試合を見つめていた。13日に行われた東京五輪男子66キロ級代表決定戦だ。勝つのは阿部一二三か、丸山城志郎か。24分間の攻防は見ごたえがあった。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪柔道男子73キロ級補欠で17年世界王者の橋本壮市(29=パーク24)が、一般女性と結婚したことを発表した。24日までにインスタグラムを更新し「突然の報…

後で読む
日刊スポーツ

18、19年柔道世界選手権男子60キロ級銅メダルの永山竜樹(24=了徳寺大職、美唄市出身)が、無差別級で争う全日本選手権(26日、東京・講道館)に初出場する。…

後で読む
スポーツニッポン

全日本柔道連盟は23日、体重無差別で争われる全日本選手権(26日、東京・講道館)に出場予定だった東京五輪男子100キロ級代表のウルフ・アロン(24=了徳寺大職)が、右膝関節炎・関節水腫のため、欠場すると発表した。ウルフは現在リハビリ中で、4週間の加療を要する見込みだという。欠場に伴う追加の出場はない。

後で読む
日刊スポーツ

全日本柔道連盟は23日、東京五輪男子100キロ級代表のウルフ・アロン(24=了徳寺大職)が、体重無差別で争う全日本選手権(26日、講道館)を欠場すると発表した…

後で読む
東京スポーツ

 全日本柔道連盟(全柔連)は23日、体重無差別で争う全日本選手権(26日、東京・講道館)に出場を予定していた、昨年大会覇者で東京五輪100キロ級代表のウルフ・アロン(24=了徳寺大職)の欠場を発表した…

後で読む
日刊スポーツ

北海道出身のオリンピアンを紹介する「北のオリンピアン」。今回は88年ソウルオリンピック(五輪)95キロ級に出場した須貝等です。 ◇   ◇   ◇柔道では北海…

後で読む
日刊スポーツ

柔の道はどこまでも-。柔道女子70キロ級でアテネ、北京の2大会連続オリンピック(五輪)金メダリスト上野雅恵氏(41)が、12月1日付けで三井住友海上女子柔道部…

後で読む
デイリースポーツ

【ジュネーブ共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は21日、国際柔道連盟(IJF)が2016年リオデジャネイロ五輪女子57キロ級金メダルのラファエラ・シルバ(ブラジル)にドーピング違反があったとして科した2年間の資格停止処分を巡り、撤回や軽減を求めた同選手の訴えを棄却したと発表した。昨年8月の大会での違反が認定され、東京五輪に出場できなくなった。 ぜんそくなどの治療に用いられる禁止物質の陽性反応を示したが、シルバは意図的な摂取を否定していた。同階級で日本の五輪代表には芳田司(コマツ)が決まっている。

後で読む
スポーツニッポン

全日本柔道連盟は21日、オンラインで臨時理事会を開き、兵庫県宝塚市の中学校で部員の男子生徒2人に体罰を加えたとして傷害罪で起訴された50代男性の元顧問を、除名処分とすることを決めた。

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は21日、オンラインで臨時理事会を開き、教え子への体罰で重傷を負わせた指導者を除名処分とした。氏名や学校名などの詳細はこれまでの手続きと同じように非公表だったが、関係者によると、兵庫県の公立中の柔道部顧問だった元男性教諭とみられる。 全柔連の倫理・懲戒規定には他に注意、戒告、期間を定めた登録停止があり、除名は最も重い。中里壮也専務理事は「はっきりとした暴力で、結果が重大。命を脅かすものになりかねない」と説明した。

後で読む
日刊スポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は21日、今年9月に兵庫県宝塚市の中学校で柔道部員の男子生徒2人に寝技などをかけて重軽傷を負わせ、傷害罪で起訴された男性顧問に対し、「…

後で読む
東京スポーツ

 全日本柔道連盟(全柔連)は21日、臨時理事会を開き、今年9月に兵庫県宝塚市の中学校で、柔道部1年生の男子生徒2人に体罰を加えて骨折などを負わせ、傷害罪で起訴された顧問の元教諭に対し、同日付で登録会員…

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は21日、今年9月に兵庫県宝塚市の中学校で顧問を務めていた柔道部員の男子2人に柔道技をかけて背骨を折るなどの重軽傷を負わせて傷害罪で起訴された男性指導者に対し、同日付で除名処分とすることを理事会で決定した。懲戒処分の中で最も重く、事実上の永久追放となる。指導と称してのものだったが、全柔連は指導上での暴力を禁じており、「これらの行為は命を脅かすものとなりかねない」と悪質性を指摘した。 この指導者は9月25日、校内の冷凍庫で保管していたアイスを部員の生徒2人が無断で食べたとして立腹。他の柔道部員の目前で柔道の投げ技や寝技を連発して負傷させた。生徒の1人は絞め技で失神した後も平手打ちで無理やりに起こされ技をかけられ続けたといい、胸椎骨折で全治3カ月の重傷。もう1人は首を打撲する軽傷を負った。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)柔道男子66キロ級代表決定戦から20日で1週間が経過した。19年世界王者の丸山城志郎(27=ミキハウス)と17、18年世界王者の阿部一…

後で読む
スポーツニッポン

柔道の12年ロンドン五輪男子73キロ級銀メダリストの中矢力(31=ALSOK)がオンラインで引退会見に臨み「柔道で忍耐力、諦めない気持ちを強くしてもらった。今後はコーチとして世界で活躍できる選手を育成したい。教え子に五輪金メダルを獲ってもらいたい」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

現役引退を発表した12年ロンドン五輪柔道男子73キロ級銀メダルの中矢力(31)が17日、オンラインで会見し「東京五輪まで続けるつもりだった。五輪が延期になり、(最後に)出場する大会がなかったのは残念だが、これをもって引退と考えた」と話した。今後は所属のALSOKでコーチとして後進を指導する予定で「技が切れる選手よりもしつこい選手をつくるのが目標。僕が成し遂げられなかった金メダルを教え子にとってほしい」と語った。 日本国内でも激戦区の階級で世界選手権を2度制した中矢だが、現役時代の印象深い試合としてはロンドン五輪決勝を挙げた。「あまり記憶がなくなることはないが、五輪決勝の舞台に上がると頭が真っ白になり、自分の柔道ができなかった」。この試合ではイサエフ(ロシア)に腕関節を決められたものの、「参った」はせず。寝技を得意としているプライドがあったといい「普通なら『参った』してもおかしくない(腕の)曲がり方だったが、寝技では負けたくなかった。(腕が)折れても『参った』はしたくない、寝技師として負けたくないと。それが心に残っています」。

後で読む
東京スポーツ

 2012年ロンドン五輪柔道男子73キロ級銀メダリストの中矢力(31=ALSOK)が17日、オンラインで引退会見を行った。  現役生活は東京五輪が開催されるはずだった今年までと決めていたが、新型コロナ…

後で読む
デイリースポーツ

柔道男子73キロ級で2012年ロンドン五輪銀メダルの中矢力(31)=ALSOK=が17日、オンラインで現役引退の記者会見を開き「柔道を続けて26年間でたくさんの経験ができた。感謝の気持ちでいっぱい」と晴れやかな笑顔で語った。 愛媛県出身の中矢は愛媛・新田高、東海大で力をつけた。代名詞の寝技や背負い投げを武器に、世界選手権は11、14年と2度制覇。最も印象に残る試合には惜敗したロンドン五輪決勝を挙げ「頭が真っ白になって、自分の柔道ができなかった」と明かした。

後で読む
日刊スポーツ

12年ロンドン五輪柔道男子73キロ級銀メダルの中矢力(31=ALSOK)が17日、オンラインで引退会見を行った。20年東京五輪を競技人生の節目と考え、現役生活…

後で読む
デイリースポーツ

大相撲初場所(来年1月10日初日・両国国技館)で初の綱とりに挑む大関貴景勝は15日、東京都台東区の常盤山部屋で四股やてっぽうの基本運動を入念に行い「自分の体としては非常にいい感覚でつくれてきている」と好感触を口にした。18日からの合同稽古で相撲勘に磨きをかける意向だ。 柔道男子66キロ級で、同じ兵庫県出身の阿部一二三が大熱戦を制し五輪代表を決めたことに「すごくきつかったと思う。4年に1回のオリンピックを目指しているわけだから」と精神面を指摘した。

後で読む
東京スポーツ

 スポーツ界のトップも大絶賛だ。柔道男子66キロ級で東京五輪代表となった阿部一二三(23=パーク24)が、丸山城志郎(27=ミキハウス)との代表決定戦から一夜明けた14日にオンラインで会見。「改めて試…

後で読む
スポーツニッポン

日本柔道界史上初のワンマッチ五輪代表決定戦を制し、晴れて東京五輪男子66キロ級代表に内定した阿部一二三(23=パーク24)が、決戦から一夜明けた14日、オンライン会見に臨んだ。丸山城志郎(27=ミキハウス)との24分間に及んだ激闘を振り返り、女子52キロ級の妹・詩(20=日体大)とともに臨む220日後の「きょうだい金メダル」へ向け、今後は対海外勢対策にシフトする考えを示した。

後で読む
日刊スポーツ

12・13は一二三の日だった!? 阿部一二三(23=パーク24)が24分もの激闘を制した東京オリンピック(五輪)柔道男子66キロ級代表決定戦前から柔道関係者の…

後で読む
デイリースポーツ

柔道男子73キロ級で2012年ロンドン五輪銀メダルの中矢力(31)が14日、所属先のALSOKを通じて現役引退を発表した。来年1月から同社柔道部のコーチに就任し、後進の指導に当たる。 愛媛県出身の中矢は愛媛・新田高から東海大に進み、寝技と背負い投げを得意として活躍。世界選手権は11、14年の2度制覇した。16年リオデジャネイロ五輪は大野将平(旭化成)との代表争いに敗れ、その後は81キロ級に階級変更したが目立った実績を残せなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

柔道男子73キロ級で2012年ロンドン五輪銀メダルの中矢力(31)が14日、所属先のALSOKを通じて現役引退を発表した。来年1月から同社柔道部のコーチに就任し、後進の指導に当たる。17日にオンラインで記者会見を開く予定。

後で読む
東京スポーツ

 2012年ロンドン五輪柔道男子73キロ級銀メダルの中矢力(31)が14日、今年限りで現役を引退することを発表した。所属のALSOK柔道部が明らかにした。今後は同部のコーチとして後進の指導にあたる。 …

後で読む
サンケイスポーツ

柔道男子73キロ級で2012年ロンドン五輪銀メダルの中矢力(31)が14日、所属先のALSOKを通じて現役引退を発表した。来年1月から同社柔道部のコーチに就任し、後進の指導に当たる。17日にオンラインで記者会見を開く予定。

後で読む
東京スポーツ

 柔道男子66キロ級で東京五輪代表に内定した阿部一二三(23=パーク24)が代表決定戦から一夜明けた14日、オンラインで会見を行い、7か月後の本番へさらなる進化を誓った。  丸山城志郎(27=ミキハウ…

後で読む
東京スポーツ

 柔道男子66キロ級で東京五輪代表に内定した阿部一二三(23=パーク24)が代表決定戦から一夜明けた14日、オンラインで会見を行い、今年を〝漢字一文字〟で振り返った。  丸山城志郎(27=ミキハウス)…

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪の柔道男子66キロ級代表となった阿部一二三(23)=パーク24=が代表決定戦から一夜明けた14日、オンラインで記者会見を開き「最後まで集中力を切らさずに自分の柔道を貫き通せた。やっとスタートラインに立って、ほっとしている」と喜びを語った。 日本柔道史上初となる1試合限定の五輪代表決定戦で、24分にも及ぶ大熱戦の末に丸山城志郎(27)=ミキハウス=を下した。妹で女子52キロ級代表の阿部詩(20)=日体大=との「きょうだい五輪代表」の快挙を実現させ「僕も決めなければいけないと思っていた。やっときょうだいで五輪の優勝を目指せる」と意欲を新たにした。

後で読む
デイリースポーツ

柔道男子66キロ級で13日に行われた東京五輪代表決定戦を制した阿部一二三(23)=パーク24=が14日、オンラインで一夜明け会見を行った。日本柔道史上初となるワンマッチでの最終決戦で、世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と24分に及ぶ死闘を繰り広げ、大内刈りで勝利。「丸山選手の分も、東京五輪では絶対に金メダルを獲りたい」と宿敵の思いも背負って戦うことを誓った。 前日は歴史的死闘となった。息もつかせない一瞬一瞬の攻防はみるみる積み重なり、24分超。最後は阿部がワンチャンスに懸けて宿敵をねじ伏せた。「改めて見返したが、すごく濃い24分間の試合だった。長い戦いになったが、最後まで集中を切らさず自分の柔道を貫き通せたのが一番の勝因」と胸を張った。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪柔道男子66キロ級の代表決定戦は17、18年世界王者の阿部一二三(23=パーク24)が、19年世界王者の丸山城志郎(27=ミキハウス)に24分の死闘の…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)柔道男子66キロ級の代表決定戦が行われ、17、18年世界王者の阿部一二三(27=パーク24)が19年世界王者の丸山城志郎(23=ミキハ…

後で読む
スポーツニッポン

ALSOK柔道部は14日、柔道男子73キロ級・中矢力選手(31)が現役を引退し、来年1月から同柔道部のコーチに就任することを発表した。

後で読む
デイリースポーツ

柔道男子ロンドン五輪銀メダリストの中矢力が14日、現役引退を発表した。 中矢は引退報告と併せて関係者やライバルへ「最高の環境の中で様々なライバル達と切磋琢磨しながら柔道家として成長させていただけたことに、今は感謝の気持ちで一杯です」とあいさつ。続けて、「私の柔道人生を振り返ると2012年のロンドンオリンピックで銀メダルを獲得することができました。メダルの色こそ悔いの残るものではありましたが、オリンピックという大舞台での敗退を味わったからこそ精神的に成長でき、2014年の世界大会で世界一に返り咲くことができたのは、私にとってかけがえのない経験となりました」などと振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

柔道男子66キロ級で13日に行われた東京五輪代表決定戦を制した阿部一二三(23)=パーク24=が一夜明けた14日、オンラインで会見した。日本柔道史上初となるワンマッチでの最終決戦で、世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と24分に及ぶ死闘を繰り広げ、最後は大内刈りで勝利。改めて試合映像を見返したといい、「すごく濃い24分間の試合だった。長い戦いになったが、最後まで集中を切らさず自分の柔道を貫き通せたのが一番の勝因」と胸を張った。 歴史的死闘の後、夜はテレビ番組に生出演。極限の戦闘モードが収まらなかったのか、その後もなかなか寝付けず、午前4時に寝て8時頃に目が覚めたという。「試合終わってからはあまり眠れなかった、興奮しているというか、アドレナリンが出ているのかなと」。

後で読む
スポーツニッポン

柔道男子66キロ級で、13日に行われた日本柔道界史上初のワンマッチ代表決定戦を制して東京五輪代表に内定した阿部一二三(23=パーク24)が14日、オンラインでの一夜明け会見に臨み、「改めて見返すと、凄く濃い、24分間の試合だったなと思う。しっかり最後まで集中を切らさずに自分の柔道を貫けた。そこが一番の勝因だったかなと思う」と振り返った。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪柔道男子66キロ級の代表決定戦は17、18年世界王者の阿部一二三(23=パーク24)が、19年世界王者の丸山城志郎(27=ミキハウス)に24分の死闘の…

後で読む
サンケイスポーツ

 「東京五輪の星」が24分の死闘を制した!! 2017、18年世界選手権2連覇の阿部一二三(ひふみ、23)=パーク24=が19年世界一の丸山城志郎(27)=ミキハウス=に大内刈りで優勢勝ち。五輪代表選考で日本柔道史上初となる1試合限定の「ワンマッチ」を延長で制し、初の五輪代表を決めた。妹で女子52キロ級の阿部詩(うた、20)=日体大=と日本柔道初のきょうだい五輪代表を実現。きょうだいでの金メダルへ、大きく前進した。

後で読む
デイリースポーツ

「柔道・男子66キロ級東京五輪代表決定戦」(13日、講道館) 世紀の一戦を制したのは阿部一二三(23)=パーク24=だった。五輪代表選考で日本柔道史上初となる一騎打ちのワンマッチで17、18年世界王者の阿部が、19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と24分にも及ぶ死闘を大内刈りで延長優勢勝ち。女子52キロ級の阿部詩(20)=日体大=と日本柔道初のきょうだい代表を決めるとともに、来夏の金メダル獲得に向けてようやくスタートラインに立った。

後で読む
日刊スポーツ

24分超の激闘が幕を閉じた。男女14階級で唯一、決まっていなかった代表を決める日本柔道史上初のワンマッチが行われ、17年から世界選手権2連覇の阿部一二三(23…

後で読む
日刊スポーツ

24分超の激闘が幕を閉じた。男女14階級で唯一、決まっていなかった代表を決める日本柔道史上初のワンマッチが行われ、17年から世界選手権2連覇の阿部一二三(23…

後で読む
スポーツニッポン

経験豊富な天野安喜子さんが主審を務めた。全日本柔道連盟の関係者が「今、日本で一番うまい」と評価する女性審判員の第一人者。24分間にも及んだ熱戦を冷静に裁いた。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪代表が出そろい日本男子の井上監督は「ただ勝った負けたの世界だけでなく、スポーツの価値を世界に見せることで、未来に(影響を)与えるような五輪にしたい」と思いを語った。

後で読む
デイリースポーツ

「柔道・男子66キロ級東京五輪代表決定戦」(13日、講道館) 五輪代表選考で日本柔道史上初となる一騎打ちのワンマッチで17、18年世界王者の阿部一二三(23)=パーク24=が、19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と24分にも及ぶ死闘を大内刈りで延長優勢勝ち。女子52キロ級の阿部詩(20)=日体大=と日本柔道初のきょうだい代表を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

「柔道・男子66キロ級東京五輪代表決定戦」(13日、講道館) 世紀の一戦を制したのは阿部一二三(23)=パーク24=だった。五輪代表選考で日本柔道史上初となる一騎打ちのワンマッチで17、18年世界王者の阿部が、19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と24分にも及ぶ死闘を大内刈りで延長優勢勝ちした。

後で読む
デイリースポーツ

「柔道・男子66キロ級東京五輪代表決定戦」(13日、講道館) 世紀の一戦を制したのは阿部一二三(23)=パーク24=だった。五輪代表選考で日本柔道史上初となる一騎打ちのワンマッチで17、18年世界王者の阿部が、19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と24分にも及ぶ死闘を大内刈りで延長優勢勝ち。女子52キロ級の阿部詩(20)=日体大=と日本柔道初のきょうだい代表を決めるとともに、来夏の金メダル獲得に向けてようやくスタートラインに立った。以下は阿部の一問一答。

後で読む
デイリースポーツ

「柔道・男子66キロ級東京五輪代表決定戦」(13日、講道館) 世紀の一戦を制したのは阿部一二三(23)=パーク24=だった。五輪代表選考で日本柔道史上初となる一騎打ちのワンマッチで17、18年世界王者の阿部が、19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と24分にも及ぶ死闘を大内刈りで延長優勢勝ち。女子52キロ級の阿部詩(20)=日体大=と日本柔道初のきょうだい代表を決めるとともに、来夏の金メダル獲得に向けてようやくスタートラインに立った。

後で読む
スポーツニッポン

 日本柔道界史上初のワンマッチによる五輪代表決定戦は、24分間に及ぶ異例の長期戦の末、阿部一二三(23=パーク24)が丸山城志郎(27=ミキハウス)を大内刈りで技ありを奪い優勢勝ち。その後の強化委員会を経て、正式に東京五輪の男子66キロ級代表に決まった。

後で読む
東京スポーツ

 注目を集めた柔道男子66キロ級の東京五輪代表決定戦(13日、東京・講道館)で丸山城志郎(27=ミキハウス)は阿部一二三(23=パーク24)に死闘の末に敗れ、代表の座を逃した。試合後「まだ僕の柔道人生…

後で読む
東京スポーツ

 俺の人生、邪魔すんじゃねえ! 東京五輪柔道男子66キロ級代表決定戦(13日、東京・講道館)で2017、18年世界王者の阿部一二三(23=パーク24)が昨年王者で宿命のライバル丸山城志郎(27=ミキハ…

後で読む
日刊スポーツ

19年世界王者の丸山城志郎(27=ミキハウス)は阿部一二三(23=パーク24)に敗れた。  ◇   ◇   ◇敗れた丸山は23分56秒で力尽きた。押し込まれた…

後で読む
スポーツニッポン

柔道男子66キロ級の阿部一二三(23=パーク24)が13日放送のNHK「サンデースポーツ2020」(日曜後9・50)に中継で生出演。同日に行われた丸山城志郎(27=ミキハウス)との24分にも及んだ五輪代表決定戦を振り返った。

後で読む
スポーツニッポン

柔道男子66キロ級の阿部一二三(23=パーク24)が13日放送のNHK「サンデースポーツ2020」(日曜後9・50)に中継で生出演。同日に行われた24分にも及んだ五輪代表決定戦で対戦した丸山城志郎(27=ミキハウス)への思いを口にした。

後で読む
デイリースポーツ

テレビ東京は13日、東京・講道館で行われた柔道・男子66キロ級東京五輪代表決定戦・丸山城志郎-阿部一二三戦の生中継が、試合途中で打ち切りとなったことについて謝罪した。 同局広報部はデイリースポーツの取材に対し「これまでの柔道中継の実績を踏まえて、試合時間を想定しましたが、放送時間を超える大熱戦となり、試合終了まで放送することができませんでした。視聴者の皆さまには大変申し訳ありませんでした」とした。

後で読む
日刊スポーツ

24分超の激闘が幕を閉じた。男女14階級で唯一、決まっていなかった代表を決める日本柔道史上初のワンマッチが行われ、17年から世界選手権2連覇の阿部一二三(23…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪柔道男子66キロ級の代表決定戦が行われ、17、18年世界王者の阿部一二三(27=パーク24)が19年世界王者の丸山城志郎(23=ミキハウス)に24分の…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪柔道男子66キロ級の代表決定戦が行われ、17、18年世界王者の阿部一二三(27=パーク24)が19年世界王者の丸山城志郎(23=ミキハウス)に24分の…

後で読む
日刊スポーツ

24分超の激闘が幕を閉じた。男女14階級で唯一、決まっていなかった代表を決める日本柔道史上初のワンマッチが行われ、17年から世界選手権2連覇の阿部一二三(23…

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪の柔道男子66キロ級代表決定戦は13日、東京都文京区の講道館で行われ、阿部一二三(23)=パーク24=が丸山城志郎(27)=ミキハウス=に優勢勝ちし、初の五輪代表を決定的とした。

後で読む
サンケイスポーツ

元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(40)が13日、ツイッターを更新。この日、東京・講道館で行われた柔道・東京五輪男子66キロ級代表決定戦に言及し、阿部一二三(23)=パーク24=に敗れた丸山城志郎(27)=ミキハウス=に「丸山選手国籍変えてモンゴルの同士として戦って欲しい。決勝でまた会うぜて感じ! 凄くドキドキ」(原文ママ)とメッセージを送った。

後で読む
デイリースポーツ

柔道日本代表男子代表の井上康生監督が、13日、直接対決の結果を受けて決まった東京五輪男子66キロ級代表について思いを語った。勝って代表に内定した阿部一二三(23)=パーク24=と、敗れた丸山城志郎(27)=ミキハウス=の両者を気遣うように、「本戦(五輪本大会)で戦わせたかったというのが心からの思い」と複雑な胸中を明かした。 井上監督は、会見で正式に阿部に代表が内定したことを発表した後、「本戦で戦わせたかったというのが心からの思いで、2人が予選でどちらかが本戦に出られないということを残念に思う気持ちしかない」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪の柔道男子66キロ級代表に、阿部一二三(23)=パーク24=が内定し、妹の阿部詩(20)が自身のツイッターで思いを投稿した。丸山城志郎(27)=ミキハウス=との死闘に「全身震えてました」など、強い印象を受けたことを明かした。 詩は自身のアカウント(@aaa001utan)で「おめでとう。尊敬します。もっと上を目指し2人で優勝します」と兄妹での東京五輪での金メダル獲得を誓った。

後で読む
デイリースポーツ

「柔道・男子66キロ級東京五輪代表決定戦」(13日、講道館) 日本柔道史上初めてとなったワンマッチでの五輪代表決定戦は、延長戦の末、阿部一二三(23)=パーク24=が丸山城志郎(27)=ミキハウス=を破り、東京五輪切符をつかんだ。

後で読む
日刊スポーツ

24分超の激闘が幕を閉じた。男女14階級で唯一、決まっていなかった代表を決める日本柔道史上初のワンマッチが行われ、17年から世界選手権2連覇の阿部一二三(23…

後で読む
サンケイスポーツ

 来夏の東京五輪柔道女子52キロ級代表に内定している阿部詩(うた、20)が13日、ツイッターを更新。この日行われた東京五輪男子66キロ級代表決定戦を制した代表に内定した兄、阿部一二三(23)=パーク24=を祝福した。

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪の柔道男子66キロ級代表決定戦は13日、東京都文京区の講道館で行われ、阿部一二三(23)=パーク24=が丸山城志郎(27)=ミキハウス=に優勢勝ちし、初の五輪代表を決定的とした。新旧世界王者による激突は日本柔道史上初の1試合限定で五輪代表を決める一戦となり、大きな注目が集まっていた。

後で読む
スポーツニッポン

24分間の激闘の末、阿部一二三(23=パーク24)に敗れた丸山城志郎(27=ミキハウス)が取材に応じた。インタビュアーに最初の質問をされてから約15秒間、言葉を口にすることができずに沈黙。周囲へ感謝の言葉を述べるあたりから涙声になり、無念さをにじませた。

後で読む
スポーツニッポン

柔道の東京五輪女子52キロ級代表の阿部詩(20=日体大)が13日、自身のツイッターを更新し、兄・一二三(23=パーク24)の柔道東京五輪男子66キロ級代表内定を祝福した。

後で読む
東京スポーツ

 柔道の東京五輪代表14階級で唯一決まっていなかった男子66キロ級代表決定戦が13日、東京・講道館で行われ、阿部一二三(23=パーク24)が丸山城志郎(27=ミキハウス)との延長戦と合わせて24分以上…

後で読む
東京スポーツ

〝柔道巌流島〟の勝負の分かれ目は――。注目を集めた柔道男子66㌔級の東京五輪代表決定戦(13日、東京・講道館)は阿部一二三(23=パーク24)が丸山城志郎(27=ミキハウス)を破り、代表の座を射止めた…

後で読む
東京スポーツ

 柔道の東京五輪代表14階級で唯一決まっていなかった男子66キロ級代表決定戦が13日、東京・講道館で行われ、阿部一二三(23=パーク24)が丸山城志郎(27=ミキハウス)に延長戦と合わせて24分以上に…

後で読む
デイリースポーツ

 「柔道・男子66キロ級東京五輪代表決定戦」(13日、講道館) 日本柔道史上初めてとなったワンマッチでの五輪代表決定戦は、阿部一二三(23)=パーク24=が丸山城志郎(27)=ミキハウス=を本戦4分、延長戦約20分のおよそ24分にわたる死闘の末に破り、東京五輪切符をつかんだ。

後で読む
東京スポーツ

柔道の東京五輪代表14階級で唯一決まっていなかった男子66キロ級代表決定戦が13日、東京・講道館で行われ、阿部一二三(23=パーク24)が丸山城志郎(27=ミキハウス)に延長戦と合わせて24分以上に…

後で読む
サンケイスポーツ

柔道・東京五輪男子66キロ級代表決定戦(13日、東京・講道館)五輪代表選考で日本柔道史上初となる1試合限定の「ワンマッチ」方式で行われ、阿部一二三(23)=パーク24=がゴールデンスコア方式の延長戦の末、丸山城志郎(27)=ミキハウス=に優勢勝ちした。全日本柔道連盟は講道館で強化委員長らが協議し、阿部を正式に五輪代表に内定した。

後で読む
スポーツニッポン

日本柔道界史上、初のワンマッチでの五輪代表決定戦が行われ、阿部一二三(23=パーク24)が24分ちょうどの激闘の末、丸山城志郎(27=ミキハウス)に優勢勝ちを収めた。阿部は同日中の全日本柔道連盟の強化委員会を経て、正式に東京五輪代表に内定する。

後で読む
スポーツニッポン

「海老沼を倒して僕がリオデジャネイロに出るんで」

後で読む
デイリースポーツ

「柔道・男子66キロ級東京五輪代表決定戦」(13日、講道館) 日本柔道史上初めてとなったワンマッチでの五輪代表決定戦は、延長戦の末、阿部一二三(23)=パーク24=が丸山城志郎(27)=ミキハウス=を破り、東京五輪切符をつかんだ。

後で読む
デイリースポーツ

「柔道・男子66キロ級東京五輪代表決定戦」(13日、講道館) 日本柔道史上初めてとなったワンマッチでの五輪代表決定戦は、延長戦の末、阿部一二三(23)=パーク24=が丸山城志郎(27)=ミキハウス=を本戦4分、延長戦約20分のおよそ24分にわたる死闘の末に破り、東京五輪切符をつかんだ。一二三は妹の詩が女子52キロ級の代表に内定しており、兄妹揃っての代表となった。

後で読む
デイリースポーツ

「柔道・男子66キロ級東京五輪代表決定戦」(13日、講道館) 日本柔道史上初めてとなったワンマッチでの五輪代表決定戦、丸山城志郎と阿部一二三との戦いは延長戦にもつれ込む死闘となった。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪柔道代表の男女14階級で唯一決まっていなかった男子66キロ級代表決定戦が行われ、17、18年世界王者の阿部一二三(23=パーク24)が、19年世界王者…

後で読む
日刊スポーツ

24分超の激闘が幕を閉じた。男女14階級で唯一、決まっていなかった代表を決める日本柔道史上初のワンマッチが行われ、17年から世界選手権2連覇の阿部一二三(23…

後で読む
サンケイスポーツ

柔道・東京五輪男子66キロ級代表決定戦(13日、東京・講道館)五輪代表選考で日本柔道史上初となる1試合限定の「ワンマッチ」方式で行われ、阿部一二三(23)=パーク24=がゴールデンスコア方式の延長戦の末、丸山城志郎(27)=ミキハウス=に優勢勝ちした。全日本柔道連盟は講道館で強化委員長らが協議し、阿部を正式に五輪代表に内定した。

後で読む
サンケイスポーツ

柔道・東京五輪男子66キロ級代表決定戦(13日、東京・講道館)五輪代表選考で日本柔道史上初となる1試合限定の「ワンマッチ」方式で行われ、阿部一二三(23)=パーク24=がゴールデンスコア方式の延長戦の末、丸山城志郎(27)=ミキハウス=に優勢勝ちした。全日本柔道連盟は講道館で強化委員長らが協議し、阿部を正式に五輪代表に内定した。

後で読む
デイリースポーツ

 「柔道・男子66キロ級東京五輪代表決定戦」(13日、講道館) 日本柔道史上初めてとなったワンマッチでの五輪代表決定戦は、延長戦の末、阿部一二三(23)=パーク24=が丸山城志郎(27)=ミキハウス=を本戦4分、延長戦約20分のおよそ24分にわたる死闘の末に破り、東京五輪切符をつかんだ。

後で読む
サンケイスポーツ

柔道・東京五輪男子66キロ級代表決定戦(13日、東京・講道館)五輪代表選考で日本柔道史上初となる1試合限定の「ワンマッチ」方式で行われ、阿部一二三(23)=パーク24=がゴールデンスコア方式の延長戦の末、丸山城志郎(27)=ミキハウス=を破った。全日本柔道連盟は講道館で強化委員長らが協議し、勝者を正式に五輪代表に選ぶ。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)柔道代表の男女14階級で唯一決まっていない男子66キロ級代表決定戦は13日、東京・講道館の大道場で行われる。19年世界王者の丸山城志郎…

後で読む
デイリースポーツ

柔道男子66キロ級の東京五輪代表決定戦、19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と、17、18年世界王者の阿部一二三(23)=パーク24=の決戦は13日に東京・講道館で行われる。日本柔道史上初となる一騎打ちのワンマッチの行方を、2000年シドニー五輪男子81キロ級金メダリストの瀧本誠氏(46)が分析。これまでの直接対決の内容などを基に、間合いの部分を含めて丸山が若干有利と予想した。  ◇  ◇

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)柔道代表の男女14階級で唯一決まっていない男子66キロ級代表決定戦は13日、東京・講道館の大道場で行われる。19年世界王者の丸山城志郎…

後で読む
スポーツニッポン

柔道の東京五輪男子66キロ級代表決定戦は13日、東京都文京区の講道館で開催される。19年世界選手権覇者の丸山城志郎(27=ミキハウス)と同17、18年連覇の阿部一二三(23=パーク24)の直接対決による、日本柔道界史上初のワンマッチによる五輪代表決定戦。注目の一戦の見どころを、本紙評論家の上水研一朗氏(46=東海大体育学部武道学科教授、男子柔道部監督)が解説した。

後で読む
スポーツニッポン

柔道の東京五輪男子66キロ級代表決定戦は13日、東京都文京区の講道館で開催される。19年世界選手権覇者の丸山城志郎(27=ミキハウス)と同17、18年連覇の阿部一二三(23=パーク24)が日本柔道界史上初のワンマッチによる五輪代表決定戦で直接対決する。

後で読む
デイリースポーツ

「柔道男子66キロ級東京五輪代表決定戦」(13日、講道館) 柔道界最大の注目の一戦が行われる。19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と、17、18年世界王者の阿部一二三(23)=パーク24=が日本柔道史上初となる五輪代表の座をかけた一騎打ちのワンマッチを行う。

後で読む
サンケイスポーツ

 東京五輪柔道男子66キロ級の代表決定戦は、13日午後4時40分に東京・文京区の講道館で行われる。2019年世界選手権優勝の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と17、18年大会連覇の阿部一二三(ひふみ、23)=パーク24=が対決し、勝者が初の五輪代表となる。17年から本紙柔道担当の石井文敏記者(28)が世紀の一騎打ちを展望した。

後で読む
デイリースポーツ

柔道男子66キロ級の東京五輪代表決定戦が13日に東京・講道館で行われる。19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と、17、18年世界王者の阿部一二三(23)=パーク24=が日本柔道史上初となる一騎打ちのワンマッチで争う。歴史的一戦を前に、阿部が小学生時代に1度も勝てなかった現女子63キロ級五輪代表補欠の鍋倉那美(23)が、エールを送った。 今や柔道界の第一人者となった阿部も小学生時代は体も小さく、毎年団体戦で対戦する女子選手に6年間で1度も勝てなかった悔しさが原点となった。泣かせた張本人である鍋倉は「最初は秒殺でした。弱くはなかったけど、あんな別格なほど強くなるとは思わなかったですね」と当時を笑いながら振り返る。

後で読む
デイリースポーツ

柔道男子66キロ級の東京五輪代表決定戦が13日に東京・講道館で行われる。19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と、17、18年世界王者の阿部一二三(23)=パーク24=が日本柔道史上初となる一騎打ちのワンマッチで争う。歴史的一戦を前に、丸山の天理大の1年先輩である男子73キロ級の土井健史(28)が、エールを送った。 天理大で1年先輩の土井が語る丸山は、畳の上で見せる闘争心あふれる姿とは別人の素顔だ。「普段は本当におとなしい。先輩にも後輩にもいじられる。かわいがられて慕われる」。ただ、柔道においては入学時から抜けていた。「天才でした。習得率が人の何倍もある。人と同じだけ練習しても習得が3倍くらい早い感じだった」

後で読む
デイリースポーツ

柔道男子66キロ級の東京五輪代表決定戦が13日に東京・講道館で行われる。19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と、17、18年世界王者の阿部一二三(23)=パーク24=が日本柔道史上初となる一騎打ちのワンマッチで争う。歴史的一戦を前に、阿部が小学生時代に1度も勝てなかった現女子63キロ級五輪代表補欠の鍋倉那美(23)が、エールを送った。 今や柔道界の第一人者となった阿部も小学生時代は体も小さく、毎年団体戦で対戦する女子選手に6年間で1度も勝てなかった悔しさが原点となった。泣かせた張本人である鍋倉は「最初は秒殺でした。弱くはなかったけど、あんな別格なほど強くなるとは思わなかったですね」と当時を笑いながら振り返る。

後で読む
東京スポーツ

 柔道界初となる注目マッチの行方は? 東京五輪代表男女14階級のうち、唯一決まっていない男子66キロ級の決定戦(13日、東京・講道館)に注目が集まっている。新旧世界王者の丸山城志郎(27=ミキハウス)…

後で読む
デイリースポーツ

柔道男子66キロ級で、日本柔道史上初となる一騎打ちのワンマッチでの五輪代表決定戦が13日に東京・講道館で行われる。19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と、17、18年世界王者の阿部一二三(23)=パーク24=の両者は10日、全日本柔道連盟(全柔連)を通じて最終決戦に向けたコメントを発表した。デイリースポーツ柔道担当の藤川資野記者が2人の戦いを振り返りながら、歴史的一戦の持つ意味をひもとく。 ◇ ◇

後で読む
デイリースポーツ

柔道男子66キロ級で、日本柔道史上初となる一騎打ちのワンマッチでの五輪代表決定戦が13日に東京・講道館で行われる。19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と、17、18年世界王者の阿部一二三(23)=パーク24=の両者は10日、全日本柔道連盟(全柔連)を通じて最終決戦に向けたコメントを発表した。 日本柔道史上、前例のない戦いまで残り2日。粛々と鍛錬を続けてきた両者は、ワンマッチ決定戦実施が決まって以降初めてとなるコメントを発表し、最終決戦への決意をにじませた。

後で読む
サンケイスポーツ

 13日に行われる東京五輪柔道男子66キロ級代表決定戦(東京・講道館)で対戦する世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と17、18年世界王者の阿部一二三(ひふみ、23)=パーク24=が10日、全日本柔道連盟を通じてコメントを発表した。丸山は「強い気持ちで戦う」、阿部は「豪快な一本を取りにいく」と、日本柔道初の1試合代表決定戦へ決意表明した。

後で読む
東京スポーツ

柔道男子66キロ級の東京五輪代表決定戦(13日、東京・講道館)に臨む新旧世界王者の丸山城志郎(27=ミキハウス)と阿部一二三(23=パーク24)が10日、全日本柔道連盟(全柔連)を通じてコメントを発…

後で読む
デイリースポーツ

13日に行われる柔道男子66キロ級東京五輪代表決定戦(東京・講道館)で一騎打ちを行う19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と、17、18年世界王者の阿部一二三(23)=パーク24=の両者が10日、全日本柔道連盟(全柔連)を通じてコメントを発表した。日本柔道史上初となるワンマッチでの代表決定戦に臨む両者のコメントは以下の通り。 ▽丸山城志郎

後で読む
スポーツニッポン

今月13日に柔道の東京五輪男子66キロ級代表決定戦(東京・講道館)を控える丸山城志郎(27=ミキハウス)と阿部一二三(23=パーク24)が10日、全日本柔道連盟を通じてコメントを発表。3日後に控える日本柔道界史上初の大一番への思いを明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

柔道の東京五輪男子66キロ級代表決定戦(13日、東京・文京区の講道館)に挑む丸山城志郎(27)=ミキハウス=と阿部一二三(ひふみ、23)=パーク24=が10日、全日本柔道連盟を通じてコメントを出した。日本柔道初の1試合代表決定戦に向け決意表明した。

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪柔道日本代表の男女14階級で唯一決まっていない男子66キロ級の代表決定戦が13日、東京・文京区の講道館で行われる。世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と17、18年世界王者の阿部一二三(ひふみ、23)=パーク24=が、日本柔道初の1試合代表決定戦に挑む。世界王座防衛13度の日本記録を持つプロボクシング元WBA世界ライトフライ級王者、具志堅用高氏(65)が9日までに取材に応じ、「1対1」勝負の“必勝3カ条”を説いた。

後で読む
デイリースポーツ

コロナ禍で中断していた女子代表合宿が約1年ぶりに実施され、五輪代表7人と同補欠6人が参加した。練習相手として実業団選手約30人も参加し、増地克之監督は「競り合った相手に勝つことがテーマ」と狙いを説明。 年明けから国際大会が再開するのに合わせ、月1回ペースで合宿を実施する方針を示し、来夏の五輪に向けて「今後の(海外勢との)戦いが試金石になる」と気を引き締めた。

後で読む
デイリースポーツ

柔道女子52キロ級で東京五輪代表の阿部詩(20)=日体大=が8日、都内で行われた代表合宿に参加し、練習後にオンラインで取材に応じた。兄の阿部一二三(23)=パーク24=と丸山城志郎(27)=ミキハウス=の新旧世界王者が一騎打ちで争う男子66キロ級五輪代表決定戦(13日、東京・講道館)が今週末に迫る中、「信じて応援するだけ」と兄の勝利への祈りを込めた。 日ごとに増してくる緊張感-。兄一二三が最終決戦に臨む“12・13”を5日後に控える中、阿部詩が改めて胸の内を明かした。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)柔道女子52キロ級代表の阿部詩(20=日体大)が8日、13日に東京・講道館で行われる男子66キロ級五輪代表決定戦に出場する兄一二三(2…

後で読む
東京スポーツ

 柔道女子日本代表・増地克之監督(50)が8日、オンライン取材に応じ、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で開催中の強化合宿について語った。  全体での合宿は約1年ぶりとなるが「…

後で読む
デイリースポーツ

柔道女子52キロ級で東京五輪代表の阿部詩(20)=日体大=が8日、都内で約1年ぶりに行われた代表強化合宿に参加し、練習後にオンラインで取材に応じた。13日に開催される男子66キロ級五輪代表決定戦(東京・講道館)では、兄の一二三(23)=パーク24=と丸山城志郎(27)=ミキハウス=が一騎打ちで決着をつけるが、「選手として2人を尊敬しています」と同じ柔道家として丸山にも敬意を表した。 会場は無観客のため、阿部は入場できずテレビ画面を通して応援することになりそうだが、「信じて応援するだけ。しっかり最後まで見守り続けて、妹として家族としてしっかり応援したい」。一方で、同じ選手としては想像を超える極限の戦いに臨む2人に対し、「強い覚悟を持って挑まないとできる試合ではない。自分に置き換えると、その覚悟はつくれるのかなと。今までに無かったことなので、選手として2人を尊敬しています」と最大限の敬意を表した。

後で読む
日刊スポーツ

柔道女子代表の増地克之監督(50)が8日、報道陣のオンライン取材に応じた。7日から東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで東京五輪代表合宿を実施している。…

後で読む
東京スポーツ

 柔道女子日本代表が東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で強化合宿を開催。52キロ級の阿部詩(20=日体大)が8日、オンライン取材で現在の思いを語った。  久しぶりの全体合宿とい…

後で読む
東京スポーツ

柔道女子日本代表が東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で強化合宿を開催。78キロ級の浜田尚里(30=自衛隊)が8日、オンライン取材で現在の思いを語った。  全体合宿は実に約1年…

後で読む
スポーツニッポン

柔道の東京五輪女子52キロ級代表の阿部詩(20=日体大)が8日、13日に東京五輪代表決定戦を控える兄・一二三(23=パーク24)にエールを送った。阿部は現在、新型コロナウイルス感染拡大後では初めて実施している女子日本代表合宿に参加中。午前の練習を終えた後にオンライン取材に応じ、「私は信じて応援するだけ。本当にしっかり最後まで見守り続けて、妹として、家族としてしっかり応援したい」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は7日、オンライン形式の理事会後に記者会見し、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった東京五輪の感染予防策として、選手村での滞在を各競技の開始5日前から終了後48時間(2日)以内に制限する新たなガイドライン(指針)を発表した。大会組織委員会と合意し、IOC選手委員会も了承したという。 大会後半の陸上やレスリングの選手は開会式に、前半に登場する柔道や競泳、体操の選手は閉会式に参加できない可能性が出てきたが、同会長は「感染リスクを最小限に抑えるために滞在者数を減らす必要がある」と述べた。

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟は7日、丸山城志郎(ミキハウス)と阿部一二三(パーク24)の新旧世界王者による柔道男子66キロ級の東京五輪代表決定戦(13日、東京・講道館)の開催概要を報道向けに説明した。当日は午後4時からテレビ東京系列で生中継され、インターネット配信でも全世界に発信されるが、試合開始は4時40分頃になる見込みだという。 新型コロナウイルス禍の中、無観客開催など異例ずくめの決戦に運営側も最大限の配慮する。両者は試合数日前にPCR検査を受け、丸山は拠点の奈良県から陰性を確認してから上京し、両者とも試合前日までに指定宿舎に入り外部との接触を遮断。当日に同行できるのは指導者ら各5人までで、その他の関係者や報道陣ら約100人は動線を分ける。

後で読む
東京スポーツ

 全日本柔道連盟(全柔連)の中里壮也専務理事が7日、オンラインでメディアの取材に応じ、男子66キロ級の丸山城志郎(27=ミキハウス)と阿部一二三(23=パーク24)が争う代表決定戦(13日、東京・講道…

後で読む
デイリースポーツ

丸山城志郎(ミキハウス)と阿部一二三(パーク24)の新旧世界王者による柔道男子66キロ級の東京五輪代表決定戦は13日に東京・講道館で行われる。全日本柔道連盟(全柔連)によると、1試合限定の「ワンマッチ」方式で五輪代表を決めるのは日本柔道史上初。新型コロナウイルス禍の中、無観客開催など異例ずくめの決戦に、運営側も最大限の配慮をしている。 新型コロナ感染対策で両者は試合数日前にPCR検査を受ける。陰性ならば試合前日までに指定宿舎に入り、外部との接触を遮断する。当日に同行できるのは指導者ら各5人に制限。

後で読む
日刊スポーツ

柔道界の“闘う医学生”が、いばらの道を歩む。18年柔道世界選手権女子78キロ超級金メダルで今春に獨協医大医学部に入学した朝比奈沙羅(24)が5日、「三足のわら…

後で読む
東京スポーツ

健常者の柔道選手に視覚障がい者であるとうそをつかせ、パラリンピックなど複数の国際大会に出場させたとして、パラ柔道・韓国代表の元監督が身柄を拘束されたと複数の韓国メディアが伝えている。  元監督は、2…

後で読む
スポーツニッポン

柔道の2018年世界選手権女子78キロ超級金メダリストの朝比奈沙羅(24)が5日、栃木県宇都宮市で会見し、同市の「ビッグツリースポーツクラブ」加入を発表した。医師を目指すため今年4月に独協医大医学部(同県下都賀郡)に入学し、前所属のパーク24を退社。普段の練習拠点としている同クラブが「ビッグツリー柔道クラブ」を創設して全柔連にチーム登録を行い、その所属選手として国内大会出場が可能となった。

後で読む
スポーツニッポン

柔道の2018年世界選手権女子78キロ超級金メダリストで東京五輪同級代表補欠の朝比奈沙羅(24)が5日、新たな所属先として栃木県宇都宮市の「ビッグツリースポーツクラブ」加入を発表した。週に2~4回トレーニングを行っている同クラブを筆頭に、地元企業など12社がスポンサーについたことも発表。整形外科、医学部進学予備校、キックボクシングやトランポリンのジム、練習器具やトレーニング機会の提供など、さま…

後で読む
サンケイスポーツ

柔道の女子78キロ超級で2018年世界選手権を制し、現役医学部生の朝比奈沙羅が5日、練習拠点の宇都宮市内で会見し、ビッグツリーへの所属を発表した。通学している独協医大に近いトレーニング施設で、学業との両立を図る。

後で読む
東京スポーツ

 健常者の柔道選手に視覚障がい者であるとうそをつかせ、パラリンピックなど複数の国際大会に出場させたとして、パラ柔道・韓国代表の元監督が身柄を拘束されたと複数の韓国メディアが伝えている。  元監督は、2…

後で読む
サンケイスポーツ

全日本柔道連盟は4日、東京五輪女子日本代表合宿を7~12日に東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで実施すると発表した。代表決定後では初めて。新型コロナウイルスの影響で2月以降は全体での強化合宿を見送っていた。男子日本代表は10月から始め、既に2度実施している。

後で読む
日刊スポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は3日、オンラインで理事会を開き、来年以降の全日本選抜体重別選手権と講道館杯での青道着導入を決めた。全柔連主催の両大会は、これまで白道…

後で読む
日刊スポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)のアスリート委員会の新委員として、原沢久喜や松本薫さんらが来年1月に就任することになった。3日の全柔連理事会で承認された。他には中村美…

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は3日、理事会を開催し、国内大会では見送ってきた青色のカラー柔道衣を来年からの全日本選抜体重別選手権、講道館杯全日本体重別選手権で初めて導入することを決めた。視認性の向上が目的で、中里壮也専務理事は「白柔道着だけでやるより(審判が)はるかに判定しやすい。見てる方にもわかりやすい」と説明した。 青色の柔道衣は国際柔道連盟(IJF)が1998年から導入。2000年シドニー大会以降の五輪でもおなじみとなるなど国際大会では定着しているが、全柔連主催の国内大会では白色柔道衣のみで争われてきた。

後で読む
サンケイスポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は3日、オンラインで理事会を開き、10月の講道館杯全日本体重別選手権男子60キロ級決勝での誤審を受け、来年から国内の主要2大会で青色柔道着の導入を決めた。これまで全柔連主催の国内大会は白色柔道着のみで争われてきた。

後で読む
東京スポーツ

 全日本柔道連盟(全柔連)は3日、理事会を開き、今後の講道館杯と全日本選抜体重別選手権において、ブルー柔道着を導入することを正式に決定した。  きっかけは10月の講道館杯全日本体重別選手権男子60キロ…

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は3日、理事会を開催し、国内大会では導入を見送ってきたブルー柔道衣について、全日本選抜体重別選手権、講道館杯全日本体重別選手権の2大会で初めて導入することを決めた。来年度から採用する。画期的な決定だが、視認性を高めることが目的で、中里壮也専務理事は「白柔道着だけでやるより(審判が)はるかに判定しやすい。見てる方にもわかりやすい」と説明した。 白柔道衣同士の対戦よりも見分けがつきやすい青色のカラー柔道衣は、国際柔道連盟(IJF)が1998年から導入。2000年シドニー大会以降の五輪でもおなじみとなるなど、国際大会ではブルー柔道衣が既に定着している。しかし、柔道の発祥国である日本の全柔連は国内大会での使用を認めず、従来通り白柔道衣のみで、対戦者は赤帯と白帯で識別していた。

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は3日、オンラインで理事会を開き、10月の講道館杯全日本体重別選手権男子60キロ級決勝での誤審を受け、来年から国内の主要2大会で青色柔道着の導入を決めた。これまで全柔連主催の国内大会は白色柔道着のみで争われてきた。 適用されるのはシニアの国際大会派遣に直結する春の全日本選抜体重別選手権と秋の講道館杯。体重無差別の全日本選手権と全日本女子選手権は適用外となった。

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟は30日、体重無差別で争う全日本選手権(12月26日・講道館)の組み合わせを発表し、東京五輪代表では昨年覇者で100キロ級のウルフ・アロン、90キロ級の向翔一郎がともに2回戦から登場する。60キロ級からの挑戦となる永山竜樹は1回戦を勝てば2018年アジア大会100キロ級王者飯田健太郎と2回戦で当たる。73キロ級海老沼匡も1回戦から。 全日本女子選手権(12月27日・講道館)の組み合わせも発表され、78キロ超級で18年世界選手権優勝の朝比奈沙羅は2回戦から出場。軽量級で初挑戦となる52キロ級志々目愛、48キロ級角田夏実も2回戦が初戦となる。

後で読む
日刊スポーツ

全日本柔道連盟は30日、体重無差別で争う全日本女子選手権(12月27日、東京・講道館)の組み合わせを発表した。17年世界選手権52キロ級銀メダルで、推薦枠で初…

後で読む
サンケイスポーツ

全日本柔道連盟は30日、体重無差別で争う全日本選手権(12月26日・講道館)の組み合わせを発表し、東京五輪代表では昨年覇者で100キロ級のウルフ・アロン(了徳寺大職)、90キロ級の向翔一郎(ALSOK)がともに2回戦から登場する。100キロ超級の原沢久喜(百五銀行)は不参加。

後で読む
日刊スポーツ

全日本柔道連盟は30日、体重無差別で争う全日本女子選手権(12月27日、東京・講道館)の組み合わせを発表した。17年世界選手権52キロ級銀メダルで、推薦枠で初…

後で読む
日刊スポーツ

全日本柔道連盟は30日、体重無差別で争う全日本選手権(12月26日、東京・講道館)の組み合わせを発表した。これまで「推薦枠」は前年の決勝進出者や五輪・世界選手…

後で読む
サンケイスポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は26日、オンラインで常務理事会を開き、定款で「20人以上30人以下」となっている理事定数の上限を33人に引き上げる方針を確認した。競技団体に健全運営を促す国の指針「ガバナンスコード」に沿って、女性理事の増加を促す狙いがある。

後で読む
東京スポーツ

 全日本柔道連盟(全柔連)は26日、常務理事会を開き、今後の講道館杯と全日本選抜体重別選手権において、青柔道着を導入する方向であることを明らかにした。12月3日の理事会で正式に決定される。  10月の…

後で読む
スポーツニッポン

国際柔道連盟(IJF)は23日、世界ランキング上位36人で争われるマスターズ大会を、来年1月11~13日にカタールの首都ドーハで開催すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

国際柔道連盟(IJF)は23日、来年の東京五輪シーズン開幕戦に位置付けるマスターズ大会を1月11~13日にカタールの首都ドーハで開催すると発表した。新型コロナウイルスの影響で中断している主要国際大会の再開戦となる。各階級の世界ランキング上位36人で争い、12月20日のアフリカ選手権終了後に出場者が決まる。感染状況に応じて延期の可能性もある。

後で読む
東京スポーツ

 国際柔道連盟(IJF)は23日、来年の東京五輪シーズンの開幕戦として、マスターズ大会を1月11~13日にカタール・ドーハで開催することを発表した。  新型コロナウイルス禍でIJFは今年3月から国際大…

後で読む
デイリースポーツ

【ジュネーブ共同】国際柔道連盟(IJF)は23日、来年の東京五輪シーズン開幕戦に位置付けるマスターズ大会を1月11~13日にカタールの首都ドーハで開催すると発表した。新型コロナウイルスの影響で中断している主要国際大会の再開戦となる。各階級の世界ランキング上位36人で争い、12月20日のアフリカ選手権終了後に出場者が決まる。感染状況に応じて延期の可能性もある。 マスターズ大会は五輪と世界選手権に次ぐ格付けで、昨年12月の前回大会(中国)では男子100キロ超級の原沢久喜(百五銀行)らが優勝した。

後で読む
日刊スポーツ

国際柔道連盟(IJF)は23日、来年の東京オリンピック(五輪)シーズン開幕戦に位置付けるマスターズ大会を1月11~13日にカタールの首都ドーハで開催すると発表…

後で読む
日刊スポーツ

来年の東京パラリンピックで複数のメダル獲得を目指すボッチャ日本代表が、女子柔道五輪2大会連続金メダリストの谷本歩実さん(39)からメンタル強化術を学ぶことにな…

後で読む
デイリースポーツ

【上海共同】中国で柔道の指導拠点になっている江蘇省南京市の「中日友好南京柔道館」が、日中両国の交流促進や競技の普及に貢献したとして日本の外務大臣表彰を受け、21日に同館で表彰状授与式が行われた。 上海の日本総領事館などによると、柔道館は2010年3月、ロサンゼルス五輪の柔道金メダリスト山下泰裕氏と中国の訓練学校関係者の交流がきっかけでオープン。今年10年目を迎えた。日本で指導方法を学んだコーチや日本から招いた講師の下で、約200人の子どもたちが練習に励んでいる。

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は20日、10月31日に行われた講道館杯男子60キロ級決勝で不明瞭な裁定により混乱が生じたことに関し、大会運営上のミスを認めた上で、特例的に米村克麻(センコー)と小西誠志郎(国士舘大)の両者を優勝とする異例の対応を発表した。 試合は「技あり」を先行されていた小西が相手を抑え込んだが、逆に米村が抑え込んでいることになっており中断。誤って止められなければ逆転優勝の可能性もあった上に、10秒経過で入るはずの「技あり」さえないまま米村の優勝となった。

後で読む
サンケイスポーツ

 全日本柔道連盟(全柔連)は20日、10月の講道館杯全日本体重別選手権で判定を巡って混乱した男子60キロ級決勝について誤審があったと認め、勝者となっていた米村克麻(センコー)とともに小西誠志郎(国士舘大)も優勝とすると発表した。26日の常務理事会に報告する。確定した判定が覆るのは極めて異例。審判委員会、強化委員会などで検証した。

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は20日、10月の講道館杯全日本体重別選手権で判定を巡って混乱した男子60キロ級決勝について誤審があったと認め、勝者となっていた米村克麻(センコー)とともに小西誠志郎(国士舘大)も優勝とすると発表した。26日の常務理事会に報告する。確定した判定が覆るのは極めて異例。審判委員会、強化委員会などで検証した。 問題の試合は、技ありで先行していた米村が小西に抑え込まれたにもかかわらず、時計係が誤って米村の寝技とカウント。米村の一本勝ちが宣告された。その場で映像確認が行われ、小西が寝技で攻め込む状態から再開したが、最終的に米村が勝利した。

後で読む
日刊スポーツ

柔道男子代表の井上康生監督(42)が理事長を務めるNPO法人「JUDOs」が20日、エベレストの標高3790メートルにあるヒラリー学校へ畳50枚と柔道着50着…

後で読む
日刊スポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は20日、10月の講道館杯全日本体重別選手権男子60キロ級決勝での判定を巡る混乱に関して、説明と今後の対応を発表した。大会委員長を務め…

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟は20日、講道館杯の男子60キロ級決勝で審判の不明瞭な裁定で混乱が生じたことに関して、大会運営上のミスを認めた上で、特例的に両者を優勝とするなどの対応をとることを決めた。審判委員会、強化委員会、アスリート委員会などの4委員会が共同で提言したもので「大会運営上の誤謬(ごびゅう)を認め、決勝戦の勝敗がついていなかったものとし、特例的かつ限定的に遡って両者優勝とすることで意見が一致した」と報告。26日の常務理事会で報告される。 今回提言されたのは以下の6つで、両者を優勝扱いとすることや再発防止に向けた対策を盛り込んだ。

後で読む
スポーツニッポン

竜電は調子のいい宝富士の十分な左四つになって右上手を取られ、非常に悪い流れでした。しかし、そこで前さばきのうまさが出ました。竜電の右上手は1枚まわしで伸びていましたが、絞り込んで頭をつけて上手を切りました。左下手も殺し、左四つでも何もさせず、なおかつ出し投げを打ちながら後ろを向かせました。しっかり下味を付けながら、じわじわと料理した感じ。大きい体なので頭を付けるのはあり得ないような気もしますが…

後で読む
デイリースポーツ

柔道男子60キロ級で東京五輪代表の高藤直寿(27)=パーク24=が18日、オンラインで取材に応じた。コロナ禍による自粛期間を経て夏から練習を再開したが、新技や防御力などの課題強化に取り組んだといい「(自粛前が)10なら、今は11くらいの強さ」と一割増し宣言。人気漫画「鬼滅の刃」にもハマっており、「常に“全集中”でやっている」と来夏に向けて力を込めた。 来月には66キロ級の五輪代表決定戦が行われるが、同学年の丸山城志郎(ミキハウス)と同僚の阿部一二三が大一番に向けて準備する姿を間近で目撃。「まだ周りが試合ムードじゃない中、突き詰めてピリピリした感じでやっているのはすごい。(2人は)雰囲気が違うし、オーラが出ている」。両雄の“鬼”を倒さんばかりの気迫に刺激を受けていた。

後で読む
デイリースポーツ

柔道女子48キロ級で東京五輪代表の渡名喜風南(25)=パーク24=が18日、オンラインで取材に応じた。同学年のライバルで、リオデジャネイロ五輪銅メダルの近藤亜美(25)が10月に現役を引退したことを受けて、「近藤選手は高校生の時から常に自分が(背中を)追い続ける立場だった。自分を強くしてくれた1人だと思う。近藤選手の存在で、今自分はここ(五輪代表)までこられた」と感謝の言葉を述べた。 近藤は高校時代から第一線で活躍。13年インターハイ決勝は渡名喜を破って優勝している。19歳で出場した14年世界選手権で金メダルを獲得し、16年リオ五輪出場を果たすなど同世代をリードする存在だったが、今年10月に引退を表明した。

後で読む
デイリースポーツ

柔道男子60キロ級で東京五輪補欠代表の永山竜樹(24)=了徳寺大職=が18日、体重無差別の全日本選手権(12月26日、講道館)に初挑戦する意向を示した。自身のツイッターで「全日本選手権挑戦します!ずっと無差別で試合してみたかったので楽しみです!」と投稿した。 永山は男子最軽量の60キロ級で現在世界ランク1位。右組みだが、左右の担ぎ技、内股、捨て身技など抜群の身体能力から繰り出す投げ技のキレは随一。惜しくも東京五輪代表は逃したが、国際大会では無類の強さを誇り、世界選手権では2大会連続で銅メダルを獲得している。

後で読む
サンケイスポーツ

体重無差別で争う柔道の全日本選手権(12月26日、講道館)の参加申し込みが18日までに締め切られ、東京五輪代表では男子100キロ超級の原沢久喜(百五銀行)が出場を回避し、100キロ級で昨年覇者のウルフ・アロン(了徳寺大職)と90キロ級の向翔一郎(ALSOK)はエントリーした。

後で読む
スポーツニッポン

柔道の東京五輪男子60キロ級代表の高藤直寿(27=パーク24)が18日、オンライン取材に応じ、来夏に延期となった大舞台に向け「五輪は夢であり目標であり、人生全てを出し切る場だと思っている。(16年の)リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲れなかった悔しさを晴らしたい」などと意気込みを語った。

後で読む
スポーツニッポン

柔道の東京五輪女子48キロ級代表の渡名喜風南(25=パーク24)が18日、オンライン取材に応じ、来夏に延期となった東京五輪に向けて「(コロナ禍で)柔道ができること、周りでサポートして下さっている人にも、改めて感謝の気持ちを感じている。五輪で恩返しできるように、優勝を目指して頑張りたい」と意気込みを語った。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪柔道女子48キロ級代表の渡名喜風南(25=パーク24)が18日、オンライン取材に応じ、10月に現役引退した16年リオデジャネイロ五輪同階級銅メダルの近…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)柔道男子60キロ級代表の高藤直寿(27=パーク24)が、男子66キロ級代表決定戦(12月13日、東京・講道館)で争う19年世界王者の丸…

後で読む
東京スポーツ

 東京五輪柔道女子48キロ級代表の渡名喜風南(25=パーク24)が18日、オンラインでの合同取材で現在の思いを語った。  新型コロナウイルス感染拡大の影響で練習も制限されてきたが、7月の終わりから徐々…

後で読む
東京スポーツ

 東京五輪柔道男子60キロ級代表の高藤直寿(27=パーク24)が18日、オンラインでの合同取材で来夏の大一番に向けての思いを語った。  新型コロナウイルス感染拡大の影響で乱取りなど、実践的な稽古が再開…

後で読む
日刊スポーツ

18、19年柔道世界選手権男子60キロ級銅メダルの永山竜樹(24=了徳寺大職)が、体重無差別で争う全日本選手権(12月26日、東京・講道館)に出場することが1…

後で読む
サンケイスポーツ

来日中の国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が17日夕、東京・新宿区のオリンピックミュージアムを訪れた。視察には、既に代表入りが内定している東京五輪で2連覇がかかる柔道男子73キロ級の大野将平(28)=旭化成、パラリンピック競泳で東京大会代表の木村敬一(30)=東京ガス=らが同行した。

後で読む
日刊スポーツ

リオデジャネイロ五輪柔道男子73キロ級金メダルの大野将平(28=旭化成)が17日、来日中の同日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長から直接…

後で読む
日刊スポーツ

18年柔道世界選手権男子81キロ級銀メダルの藤原崇太郎(22=日体大)が体重無差別で争う全日本選手権(12月26日、講道館)に出場することが16日、分かった。…

後で読む
サンケイスポーツ

 全日本柔道連盟は16日、東京五輪柔道日本代表で唯一決まっていない男子66キロ級代表決定戦を12月13日に東京・文京区の講道館で実施すると発表した。新旧世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と阿部一二三(ひふみ、23)=パーク24=による1試合限定の異例の形式で、勝者が五輪代表に選ばれる。試合開始は午後4時半ごろの予定。

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は16日、男子66キロ級の東京五輪代表決定戦を12月13日に東京・講道館で開催すると発表した。19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と17、18年世界王者の阿部一二三(23)=パーク24=による一騎打ちの1試合を行い、勝った方が五輪代表となる。 新型コロナウイルス感染対策で無観客で実施される“令和の巌流島決戦”。テレビ東京系列で午後4時から生中継され、インターネット配信も予定している。試合は国際(IJF)ルールで行い、柔道着も国際大会に倣って白(丸山)と青(阿部)を採用予定。試合畳も国際規格の黄色と赤に張り替える。全柔連の中里専務理事は「両者反則負けになったら再試合という議論もある」と“完全決着”マッチを示唆した。

後で読む
日刊スポーツ

全日本柔道連盟の中里壮也専務理事は16日、東京五輪男女代表で唯一決まっていない男子66キロ級の代表決定戦(12月13日、東京・講道館)について報告した。柔道の…

後で読む
東京スポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)の中里壮也専務理事が16日、オンラインでメディアの取材に応じ、男子66キロ級の丸山城志郎(27=ミキハウス)と阿部一二三(23=パーク24)が争う代表決定戦について言及した。…

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は16日、男子66キロ級の東京五輪代表決定戦を12月13日に東京・文京区の講道館大道場で開催することを発表した。19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と17、18年世界王者の阿部一二三(23)=パーク24=による一騎打ちで1試合のみを行い、勝った方が五輪代表となる。新型コロナウイルス対策で無観客となるが、テレビ東京系列で午後4時から生中継され、インターネットでもライブ配信を実施予定だという。 この日取材に応じた全柔連の中里壮也専務理事によれば、感染対策で来場者は限られるものの、審判員などの大会スタッフや両選手の監督者、打ち込みパートナーは会場に入る見込み。試合は国際柔道連盟(IJF)の国際ルールを採用し、審判は日本人が務める。

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は16日、東京五輪男子66キロ級代表決定戦を12月13日に東京・講道館で実施すると発表した。丸山城志郎と阿部一二三の新旧世界王者による1試合限定の極めて異例な形式。勝者が五輪代表に選ばれる。新型コロナウイルス感染対策のため、無観客開催となった。 男子66キロ級は男女14階級で唯一代表が決まっていない。4月の全日本選抜体重別選手権が当初の最終選考会だったが、新型コロナの影響で延期。再設定された12月のグランドスラム東京大会も中止となった。来夏の五輪までの準備期間を考慮し、注目の争いを「ワンマッチ」での決着とした。

後で読む
日刊スポーツ

全日本柔道連盟は16日、東京五輪男女代表で唯一決まっていない男子66キロ級の代表決定戦を12月13日に東京・講道館の大道場で開催すると発表した。19年世界王者…

後で読む
東京スポーツ

全日本柔道連盟は16日、来夏の東京五輪に臨む男女14階級で唯一代表の決まっていない男子66キロ級の最終選考会を12月13日に講道館(東京・文京区)で開催すると発表した。  同階級で代表の座を争ってい…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。