「プロレス」の記事一覧

東京スポーツ

〝燃える闘魂〟アントニオ猪木氏(77)が15日、自身のツイッターを更新し、入院を報告した。 「腰の治療の為にしばらく入院致します。必ず元気になって戻って来ますので、応援よろしくお願い致します。アントニ…

後で読む
東京スポーツ

 米WWE・NXTが配信され、KUSHIDA(37)が次週の「ダスティ・ローズ・タッグチームクラシック1回戦」で対戦するNXT北米王者ジョニー・ガルガノ(33)を襲撃して王座挑戦を表明した。  王者の…

後で読む
東京スポーツ

 米WWE・NXT大会が配信され、NXT王座戦線に新たな動きがあった。  王者フィン・ベイラー(39)がリングに登場すると「まだ俺はNXT王者だぞ」と、防衛に成功したカイル・オライリーとの王座戦を振り…

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレスの3冠ヘビー級選手権(24日、東京・後楽園ホール)で王者の“暴走男”こと諏訪魔(44)と芦野祥太郎(31)が激突する。雪辱がかかる芦野は初の3冠取りに気合十分だ。  王者からの指名を受…

後で読む
東京スポーツ

 DDTのKO―D無差別級王者・遠藤哲哉(29)が、秋山準(51)とのV4戦(2月14日、神奈川・カルッツかわさき)を控えた複雑な胸中を語った。  昨年は王者として団体をけん引し、プロレス大賞で技能賞…

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレスの3冠ヘビー級選手権(24日、東京・後楽園ホール)で王者の〝暴走男〟こと諏訪魔(44)と芦野祥太郎(31)が激突する。昨年度の東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」で、全日勢は受賞者な…

後で読む
東京スポーツ

 尊敬する先輩をぶん回してベルト奪取だ。東京女子プロレスで活動する現役アイドルグループ「アップアップガールズ(プロレス)」のメンバーである渡辺未詩(21)が、王者・辰巳リカとのプリンセス・オブ・プリン…

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレスの〝暴走男〟こと諏訪魔(44)が、アイスリボンの藤本つかさ(37)に弁明した。  諏訪魔と石川修司(45)は女子部門「エボリューションガールズ(エボ女子)」を立ち上げ、藤本をアドバイザ…

後で読む
東京スポーツ

【天龍源一郎vsレジェンド対談「龍魂激論」(9=後編)】“伝説の一戦”の裏に何が――。ミスタープロレスこと天龍源一郎(70)がホスト役を務める「龍魂激論」に元プロレスラーでRⅠZⅠNキャプテンの高田延…

後で読む
東京スポーツ

 WWE公式サイトは13日(日本時間14日)、インド国内での2時間特別番組「WWEスーパースター・スペクタクル」(26日)の配信を正式発表した。  大会にはインド初のWWE王者となった〝インドの怪人〟…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスの天山広吉(49)が「ジ・エンパイア」改め「ユナイテッド・エンパイア」のグレート―O―カーンを制裁する。6日の東京ドームシティホール大会では、試合後に掟破りのTTDを浴びて担架で運ばれ…

後で読む
東京スポーツ

人気ユーチューバー・シバター(35)が〝RIZIN特需〟で荒稼ぎし「月収2000万円」になったことを自身のユーチューブチャンネル「プロレスリングシバター」で明かした。  シバターはタイトル「RIZI…

後で読む
東京スポーツ

 ドラゴンゲートのKzy(34)が2021年の逆襲を誓った。  13日の東京・後楽園ホール大会では復活した「ナチュラルヴァイブス」の横須賀ススム(42)、堀口元気(42)と組み、オープン・ザ・トライア…

後で読む
東京スポーツ

 ドラゴンゲートのYAMATO(39)がドラゴン・キッド(44)とのタッグ結成を決意した。  13日の東京・後楽園ホール大会で2人はシングルで対戦。キッドの月面水爆を食らったYAMATOが垂直落下式ブ…

後で読む
東京スポーツ

 初代タイガーマスク(63=佐山聡)が主催する「ストロングスタイルプロレス」は、28日に予定していた東京・後楽園ホール大会を延期すると発表した。  延期の理由についてストロングスタイルプロレスは「コロ…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」のワールド王者・林下詩美(22)が王者の貫禄を見せた。  団体の10周年記念日大会で行われるV2戦(17日、東京・後楽園ホール)で激突する舞華とともに13日、オンラインで行…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」のワンダー王者・ジュリア(26)が、V5戦(17日、東京・後楽園ホール)で迎え撃つ刀羅ナツコ(29)と火花を散らした。  13日にオンラインで行われた調印式で、ジュリアは「…

後で読む
東京スポーツ

【天龍源一郎vsレジェンド対談「龍魂激論」(9=中編)】ミスタープロレスこと天龍源一郎(70)がホスト役を務める「龍魂激論」に元プロレスラーでRIZINキャプテンを務める高田延彦氏(58)を迎えたスペ…

後で読む
東京スポーツ

 怪物が大スランプだ。女子プロレス界最大のカリスマ・長与千種(56)率いる「マーベラス」12日の新木場大会で、センダイガールズとの対抗戦2Rが行われ、ワールド2冠王者の橋本千紘(28)が、6人タッグ戦…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスのIWGPヘビー級&インターコンチネンタル(IC)2冠王者の飯伏幸太(38)が、ベルト統一プランの真意を明かした。2月11日の広島サンプラザホール大会でSANADA(32)とのV2戦が…

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2614713/

後で読む
デイリースポーツ

新日本プロレスは12日、次期シリーズに関する会見をオンライン配信し、2月11日の広島サンプラザホール大会で、IWGPヘビー級・同インターコンチネンタル2冠王者の飯伏幸太がSANADAと2度目の防衛戦を行うと発表した。 1月4、5日の東京ドーム大会でに2冠を奪取し初防衛に成功した飯伏は「総合的にそろっている選手なので早く戦いたい」と腕ぶす。初防衛後に提案した2冠統一に改めて言及し、「物質的に1本にできるのであれば、1本にした方がいいと思っている。合体して違う形なのかデザインなのか…」と希望した。

後で読む
東京スポーツ

 12日のドラゴンゲート東京・後楽園ホール大会でオープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王者のB×Bハルク(40)、KAI(37)組が、新ユニット「マスカレード」の挑戦者・箕浦康太(22)、ジェイソン・リ…

後で読む
東京スポーツ

 12日のドラゴンゲート東京・後楽園ホール大会で、復活した「ナチュラルヴァイブス」が王座奪取に弾みをつけた。  ナチュラルヴァイブスは2018年にKzy(34)をリーダーに横須賀ススム(42)、堀口元…

後で読む
デイリースポーツ

新日本プロレスは12日、次期シリーズに関する会見を配信し、2月11日の広島サンプラザホール大会で、IWGPヘビー級・同インターコンチネンタル2冠王者の飯伏幸太がSANADAと2度目の防衛戦を行うことを発表した。 飯伏は今年1月4、5日に行われた東京ドーム大会の初日に内藤哲也から2冠王座を奪取。2日目にジェイ・ホワイトの挑戦を退けて初防衛に成功した後、SANADAに挑戦を要求されていた。SANADA戦決定を受けて、飯伏は会見で「総合的にそろっている選手なので早く戦いたい」と腕ぶす。「何度もシングルで戦っているので、彼に関して何も言うことはない。何も穴はない」とSANADAを高く評価しつつ、「その部分が逆に穴なんじゃないかなと思う」と指摘した。

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「アイスリボン」の藤本つかさ(37)が、全日本プロレスの〝暴走男〟こと諏訪魔(44)に猛抗議だ。  諏訪魔と石川修司(45)の暴走大巨人は昨年、所属ユニットの女子部門「エボリューションガ…

後で読む
東京スポーツ

【天龍源一郎vsレジェンド対談「龍魂激論」】ミスタープロレスこと天龍源一郎(70)がホスト役を務める「龍魂激論」の2021年一発目は、元プロレスラーでRIZINキャプテンを務める高田延彦氏(58)が登…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスは12日、次期シリーズ(17日、後楽園ホールで開幕)の主要カードを発表した。  23日大田区大会ではIWGPジュニアタッグ王者のエル・デスペラード、金丸義信(44)組が石森太二(37)…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ11日(日本時間12日)発】WWEのロウ大会が配信され、〝女帝〟ことロウ女子王者で〝女王様〟シャーロット・フレアー(34)とWWE女子タッグ王座を保持する2冠王・アス…

後で読む
東京スポーツ

【天龍源一郎vsレジェンド対談「龍魂激論」】ミスタープロレスこと天龍源一郎(70)がホスト役を務める「龍魂激論」の2021年一発目は、元プロレスラーでRIZINキャプテンを務める高田延彦氏(58)が登…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスのIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の飯伏幸太(38)が12日に会見に出席し、改めてベルト統一を提案した。  飯伏は4日東京ドーム大会で内藤哲也(38)を破り2冠王座を奪…

後で読む
東京スポーツ

 タレントで元女子プロレスラーの〝鬼嫁〟北斗晶(53)の呼びかけで発足した女子プロレス組織「アッセンブル」は12日、今月31日に東京・上野恩賜公園野外ステージで開催を予定していた試合及びファン感謝祭を…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ11日(日本時間12日)発】WWEのロウ大会が配信され、レジェンドキラーで〝毒蛇〟ことランディ・オートン(40)と〝ザ・ゲーム〟ことトリプルH(51)が緊急激突。しか…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ11日(日本時間12日)発】WWEのロウ大会が配信され、父親の〝狂乱の貴公子〟ことリック・フレアー(71)と壮絶な親子ゲンカを展開した〝女王様〟シャーロット・フレアー…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ11日(日本時間12日)発】WWE王者のドリュー・マッキンタイア(35)が新型コロナウイルス感染のため、この日のロウ大会を欠場した。復帰時期は未定。  マッキンタイア…

後で読む
東京スポーツ

 ノアの天才・丸藤正道(41)が、団体では約10年ぶりの開催となる2月12日東京・日本武道館大会への思いを語った。ラブコールが実り、2006年9月9日、同会場で初めてGHCヘビー級王座を奪った秋山準(…

後で読む
東京スポーツ

 11日の大日本プロレスの後楽園ホール大会で、BJW認定デスマッチヘビー王者の塚本拓海(30)が目指す王者像を語った。  2014年から毎年挑戦し続け、2日後楽園大会で藤田ミノルを破り悲願のベルトを初…

後で読む
東京スポーツ

 11日のDDT・名古屋市枇杷島スポーツセンター第2競技場大会で、〝大鵬3世〟納谷幸男(26)が火野裕士(35)に完敗を喫した。  28日の東京・新宿フェイス大会での一騎打ちを控え行われたタッグマッチ…

後で読む
東京スポーツ

 大日本プロレスの11日・後楽園ホール大会で、昨年1月12日に死去したケンドー・ナガサキさん(享年71=本名・桜田一男)のメモリアルマッチが行われた。  1995年3月の旗揚げから苦楽をともにしたグレ…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「シードリング」の2冠王者・世志琥(27)が、スターダムのアイコン・岩谷麻優(27)に改めてメッセージを送った。  昨年12月26日に「スターダム」の後楽園ホール大会に乗り込み、かねて対…

後で読む
東京スポーツ

 11日の女子プロレス「シードリング」東京・後楽園ホール大会で、中島安里紗(31)と藤本つかさ(37)の名コンビ「ベストフレンズ」が新局面を迎えた。  メインで行われた「中島安里紗15周年記念スペシャ…

後で読む
東京スポーツ

【プロレスキャスター・元井美貴の本日、プロレス日和】プロレスの神様が降臨しました! 4日と5日に開催された新日本プロレス東京ドーム大会で、両日ともにメインイベントの激闘を制した飯伏幸太選手がIWGPヘ…

後で読む
東京スポーツ

【昭和~平成 スター列伝】新日本プロレスは今年も1月4、5日の東京ドーム2連戦でスタートを切った。1・4東京ドーム大会が定着したのは1992年から。その10年前の82年には、史上初の元日興行を後楽園ホ…

後で読む
東京スポーツ

【長与千種・レジェンドの告白(最終回)】実はプロレスに戻るという考えは、会長(故松永高司氏=2009年7月死去)が亡くなった直後からあった。「もう一度、横浜アリーナで(大会を)やりたい」という遺言を託…

後で読む
東京スポーツ

10日の全日本プロレス千葉・2AWスクエア大会で、24日東京・後楽園ホール大会での世界ジュニアヘビー級選手権を控える王者・岩本煌史(30)と挑戦者・阿部史典(26)がタッグマッチによる前哨対決で激突…

後で読む
東京スポーツ

歴史を刻む! 10日の全日本プロレス千葉・2AWスクエア大会で、24日東京・後楽園ホール大会での3冠ヘビー級選手権を控える王者・諏訪魔(44)と挑戦者・芦野祥太郎(31)が6人タッグによる前哨対決で…

後で読む
東京スポーツ

 10日のノア・後楽園ホール大会で、GHCジュニアヘビー級王者の原田大輔(34)が大原はじめ(36)を下しV2に成功した。  試合は原田のパワーと大原のスピーディーな関節技が激突する一進一退の攻防とな…

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレス世界タッグ王者である宮原健斗(31)&青柳優馬(25)のユニット「ネクストリーム」が戦力拡大だ。10日の千葉・2AWスクエア大会で、青柳の弟・亮生(あつき=21)とライジングHAYAT…

後で読む
東京スポーツ

 10日に行われたノアの東京・後楽園ホール大会で、無頼派集団「金剛」を率いるGHCナショナル王者の拳王(36)が存在感を見せつけた。  メインの8人タッグ戦に出場した拳王は、GHCヘビー級王者の潮﨑豪…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス界の横綱こと里村明衣子(41)率いる「センダイガールズ」10日の東京・新宿フェイス大会で、女子プロレス界最大のカリスマ・長与千種(56)率いるマーベラスとの7対7シングル勝ち抜き戦が行わ…

後で読む
東京スポーツ

〝元祖ルチャドーラ〟ことKAORU(51=マーベラス)が現役ラストイヤーを迎えた。  KAORUは1986年8月に全日本女子プロレスでデビュー。ルチャリブレに開眼して、年には当時日本初のルチャ団体だ…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス界の横綱こと里村明衣子(41)が率いる「センダイガールズ」10日の東京・新宿フェイス大会で、女子プロレス界最大のカリスマ・長与千種(56)率いるマーベラスとの7対7勝ち抜き戦が行われ、ワ…

後で読む
東京スポーツ

 ノアは10日の後楽園大会で、2月12日の日本武道館大会「DESTINATION 2021 BACK TO BUDOUKAN」に秋山準(51)が参戦し、丸藤正道(41)と組んで清宮海斗(24)、稲村愛…

後で読む
東京スポーツ

 大きなスーツケースを手に、肩には衣装バッグ、そして脇に大きな荷物を挟んで列車を降りてきたのは〝美獣〟ハーリー・レイス。奥にはビクター・リベラの姿も見える(写真)。    見た目はまるで荷物を運ぶポー…

後で読む
東京スポーツ

【長与千種・レジェンドの告白(14)】母(スエ子さん=80)は現在、大村市内の介護施設で暮らしている。心臓とぼうこうに重い病を患って、進行性のリュウマチとも闘っている。身体障害者1級で要介護のレベルは…

後で読む
東京スポーツ

 DDTの9日・後楽園ホール大会で、全日本プロレスを昨年末付で退団し、フリーとなった岡田佑介(27)が初参戦した。  3日の後楽園大会での参戦直訴が実り、第4試合で秋山準率いる「準烈」の大石真翔(41…

後で読む
東京スポーツ

 DDTの9日・後楽園ホール大会で〝荒鷲2世〟こと坂口征夫(47)がリング内外で大暴れした。  まずはセミで樋口和貞(32)と持つKO―Dタッグ王座V1戦に臨んだ。CIMA(43)と高尾蒼馬(32)組…

後で読む
東京スポーツ

 DDTの9日・後楽園ホール大会で、ユニバーサル王者の上野勇希(25)が翔太(32)を下し、V2に成功した。  雪崩式フランケンシュタイナーやフロッグスプラッシュと苦しみながらも全て受け切ると、WRで…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ8日(日本時間9日)発】WWEのスマックダウン大会が配信され、〝黒いロックスター〟中邑真輔(40)が、PPV「ロイヤルランブル」でのユニバーサル王座挑戦権をかけたガン…

後で読む
東京スポーツ

【長与千種・レジェンドの告白(13)】両親の話をしよう。父(故長與繁さん=享年78)と母(スエ子さん=80)は、年老いても2人で手をつないでいるような夫婦だった。ボートレーサーだった父は2012年7月…

後で読む
東京スポーツ

 ドラゴンゲートのオープン・ザ・ドリームゲート王者シュン・スカイウォーカー(24)が、2021年のさらなる飛躍を誓った。  昨年11月の神戸ワールド記念ホール大会で、団体最高峰王座の史上最年少戴冠記録…

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレスは8日、24日の東京・後楽園ホール大会で3冠ヘビー級王者の諏訪魔(44)が芦野祥太郎(30)の挑戦を受ける5度目の防衛戦を開催すると発表した。  諏訪魔は3日の後楽園大会で青柳優馬(2…

後で読む
東京スポーツ

 配信されたWWE・NXT大会「NXT:New Year’s Evil」で、KUSHIDA(37)が2021年の大爆発を誓った。  リングに登場したNXT北米王者ジョニー・ガルガノ(33)とキャンディ…

後で読む
東京スポーツ

 WWE・NXT大会「NXT:New Year’s Evil」が配信され、NXT王者フィン・ベイラー(39)とカイル・オライリー(33)が、昨年の年間最優秀マッチの再戦となる同王座戦で激突した。  前…

後で読む
東京スポーツ

〝世界の16文〟として一時代を築いた故ジャイアント馬場さん(享年61)の「23回忌追善興行」(東京スポーツ新聞社後援=2月4日、後楽園ホール)の全カードが8日、発表された。  新たに新日本プロレスから…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスの棚橋弘至(44)が、NEVER無差別級王座取りからのエース復権を予告した。王者の鷹木信悟(38)から指名を受け、同王座への初参入が決定的。2019年2月にIWGPヘビー級王座から陥落…

後で読む
東京スポーツ

〝世界の16文〟として一時代を築いた故ジャイアント馬場さん(享年61)の「23回忌追善興行」(東京スポーツ新聞社後援=2月4日、後楽園ホール)のメインカードと第3弾参加選手が8日、発表された。  新日…

後で読む
東京スポーツ

【長与千種・レジェンドの告白(12)】1989年5月10日の横浜アリーナ大会を最後に私は引退した。総収入は2億円を超えたと聞く。でも限界を感じての引退ではなかった。私はいまだに「燃え尽きる」という感覚…

後で読む
東京スポーツ

 7日に1都3県に発令された緊急事態宣言は、プロレス界にどのような影響を及ぼすのか。  今回の緊急事態宣言では大規模イベントの開催条件が「収容人数の50%」を上限に「最大5000人」となっている。現状…

後で読む
東京スポーツ

 DDTは7日、秋山準(51)が左膝半月板損傷による関節鏡下半月板切除術のため欠場することを発表した。  9日の後楽園ホール大会から28日の新宿フェイス大会まで欠場し、31日の板橋グリーンホール大会か…

後で読む
デイリースポーツ

新日本プロレスは7日、公式ホームページで「天山広吉選手の容体に関しまして」のタイトルで、負傷状況を説明。「幸い大事には至っておりません」とつづった。 公式ホームページの説明は以下の通り。

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスは7日、先日6日の東京ドームシティホール大会で担架で搬送された天山広吉(49)の容体について「大事には至っていない」と発表した。  天山は同大会で6人タッグマッチに出場。試合後のリング…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスのSANADA(32)が、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル(IC)2冠王者の飯伏幸太(38)に挑戦を表明した真意を説明した。荒れ模様が続いた王座戦線に思うところがあっての出撃だ…

後で読む
東京スポーツ

【長与千種・レジェンドの告白(11)】ここ数年間の男子プロレス界では「レインメーカー」という言葉が華やかに踊っている。「金の雨が降る」という意味では、クラッシュギャルズはまさに早過ぎた「レインメーカー…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(6日、東京ドームシティーホール) NEVER無差別級王者の鷹木信悟が棚橋弘至を挑戦者に指名した。前日の東京ドーム大会で激闘の末にジェフ・コブの挑戦を退けた鷹木は10人タッグ戦で棚橋と対戦。棚橋の得意技ツイストアンドシャウトを繰り出すなどして挑発し、最後は相棒BUSHIがマスター・ワトを料理。鷹木は棚橋にベルトを見せつけ、「(挑戦を)イエスかハイか答えろ」と迫った。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(6日、東京ドームシティホール) 1月4、5日の東京ドーム大会で全敗したウィル・オスプレイ、グレート‐O‐カーン、ジェフ・コブのユニット、ジ・エンパイアが天山広吉の首を破壊し、ジ・ユナイテッド・エンパイアと改名宣言して逆襲へののろしを上げた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(6日、東京ドームシティホール) オカダ・カズチカが元IWGPヘビー級・同インターコンチネンタル2冠王者EVILに宣戦布告した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(6日、東京ドームシティホール) NEVER無差別級王者の鷹木信悟が棚橋弘至を次期挑戦者に指名した。

後で読む
東京スポーツ

 6日の新日本プロレス東京ドームシティホール大会で、NEVER無差別級王者・鷹木信悟(38)がV2戦の挑戦者に棚橋弘至(44)を指名した。  鷹木は前日5日の東京ドーム大会でジェフ・コブ(38)の挑戦…

後で読む
東京スポーツ

 6日の新日本プロレス東京ドームシティホール大会で、猛牛・天山広吉(49)が「ジ・エンパイア」の襲撃を受け担架で搬送された。  天山はこの日、小島聡(50)、辻陽太(27)と組みウィル・オスプレイ(2…

後で読む
東京スポーツ

 東京女子プロレスは6日、中島翔子(29)のリングネームを「シン・ウルトラショヲコ」に改名すると発表した。  都内で行われた会見には、4日の後楽園大会で改名をかけたシングルマッチで勝利したハイパーミサ…

後で読む
東京スポーツ

 東京女子プロレスのプリンセス・オブ・プリンセス王者、辰巳リカが渡辺未詩(21)との初防衛戦(2月11日、東京・後楽園ホール)に向けて意気込みを語った。  4日後楽園大会では坂崎ユカを破り、同王座を初…

後で読む
東京スポーツ

【長与千種・レジェンドの告白(10)】飛鳥との関係に少しずつヒビが入っていたのは、分かっていた。人気のバランスが崩れ、私のウエートが重くなってしまったからだ。この時期には正直、話すこともなくなっていた…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(5日、東京ドーム) 新型コロナウイルス感染拡大下で初めて行われた東京ドーム大会2連戦の2日目は7801人と史上最少となった1日目をさらに下回った。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(5日、東京ドーム) タレントの“ビッグダディ”こと林下清志の三女でワールド・オブ・スターダム王者の林下詩美が東京ドームデビューを白星で飾った。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(5日、東京ドーム) 金丸、デスペラード組が田口、ワト組を破りIWGPジュニアタッグ2度目の防衛に成功した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(5日、東京ドーム) ジュニア最強は俺だ-。誰よりも意地を燃やした高橋ヒロムが、前夜からの頂上決戦2連戦を制し、IWGPジュニアヘビー級のベルトを奪還した。王者石森に対し、旋回式のビクトリー・ロイヤルからのTIME BOMB 2をさく裂させ、3カウントを奪取した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(5日、東京ドーム) SANADAがともにIWGPタッグ王座を保持した元相棒EVILを制裁した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(5日、東京ドーム) 2冠王者の飯伏幸太(38)が自身から王座挑戦権利証を奪ったジェイ・ホワイト(28)を破り、初防衛に成功した。前日に内藤哲也から2冠を奪取した飯伏は、史上初の東京ドームのメインイベント2日連続勝利。IWGPヘビー級選手権試合としては1989年9月のビッグバン・ベイダー以来2人目の2日連続勝利となった。試合後はSANADAの挑戦表明を受諾した。

後で読む
東京スポーツ

 ゴールデン☆スターが2021年の「顔」になった。新日本プロレスの年間最大興行「レッスルキングダム15」2日目(5日、東京ドーム)でIWGPヘビー級&インターコンチネンタル(IC)2冠王者の飯伏幸太(…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(5日、東京ドーム) 「KOPW2021」決定戦4WAYマッチが行われ、「KOPW2020」覇者の矢野通が制した。矢野、バッドラック・ファレ、チェーズ・オーエンズ、BUSHIの4人が入り乱れた乱戦は最後、同門ファレとオーエンズが合体技でBUSHIをKO状態に追い込み、ファレが押さえ込んだが、オーエンズが勝利を横取りしようと妨害。2人の口論が始まり、仲裁に入ったレフェリーの首を2人でつかんでつるし上げたが、その背後から矢野が2人の股間を攻撃し、BUSHIからまんまと3カウントを奪った。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(5日、東京ドーム) 昨年の東京ドーム大会に続いて女子プロレス団体スターダム提供の2試合が行われ、ドンナ・デル・モンドのジュリア、朱里組が岩谷麻優、中野たむ組に勝利した。ジュリアは抗争を続ける中野と激しくやり合い、最後は自らグロリアスドライバーで中野を粉砕した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・スターダム」(5日、東京ドーム) 女子プロレス団体スターダムの提供試合で、レントの“ビッグダディ”こと林下清志の三女でワールド・オブ・スターダム王者の林下詩美が東京ドームデビューを白星で飾った。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(5日、東京ドーム) IWGPジュニアタッグ選手権試合が行われ、王者の金丸義信、エルデスペラード組が挑戦者の田口隆祐、マスター・ワト組を破り2度目の防衛に成功した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(5日、東京ドーム) SANADAがともにIWGPタッグ王座を保持した元相棒のEVILから制裁の白星を挙げた。EVILの裏切りによってたもとを分かった2人。EVILがSANADAに悪逆攻撃を繰り返したことで遺恨が深まっていた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(5日、東京ドーム) 新型コロナウイルス感染拡大下で初めて行われた東京ドーム大会2連戦2日目の観衆は7801人と史上最少だった1日目の1万2689人をさらに下回った。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(5日、東京ドーム) IWGPヘビー級・同インターコンチネンタル2冠王者の飯伏幸太が、自身から王座挑戦権利証を奪取したジェイ・ホワイトを破り、2冠王座初防衛に成功した。

後で読む
東京スポーツ

5日の新日本プロレス東京ドーム大会で、SANADA(32)がEVILとの因縁マッチを制した。  昨年7月にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを裏切りバレットクラブ入りした元パートナーとの遺恨対決は…

後で読む
東京スポーツ

5日の新日本プロレス東京ドーム大会で行われた女子プロレス団体「スターダム」提供試合で、上谷沙弥(24)がパートナー・林下詩美(22)の持つワールド王座への挑戦を熱望した。  上谷はこの日、詩美、AZ…

後で読む
東京スポーツ

 5日の新日本プロレス東京ドーム大会で、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の飯伏幸太(38)がジェイ・ホワイト(28)の挑戦を退け初防衛に成功した。  前夜の4日大会で内藤哲也(38)か…

後で読む
東京スポーツ

「KOPW2021」決定戦4WAYマッチは昨年度王者の矢野通(42)が勝利。2年連続で王者となった。  前夜4日の決定戦進出者争奪ニュージャパンランボー(21選手参加)では21番目に登場してリングに上…

後で読む
東京スポーツ

 5日の新日本プロレス東京ドーム大会で行われた女子プロレス団体「スターダム」提供試合で、ワンダー王者・ジュリア(26)が昨年度東京スポーツ新聞社制定女子プロレス大賞受賞者の貫禄を見せつけた。  この日…

後で読む
デイリースポーツ

 元プロレスラーでタレントの北斗晶が4日に更新したブログで、スーパーに買い物に行ったところ品物がほとんどなかったと記した。 北斗は「今日の夕食は…牡蠣の胡麻味噌鍋」と写真を投稿。「スーパーに夕食の買い物に出たら、ほとんど品物がなかった」とし、「まだお正月明けだからねー」とも。「でも、牡蠣が意外と安かったのでフライは面倒なので鍋にしちゃいました」と記した。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ4日(日本時間5日)発】WWEのロウ大会「レジェンズ・ナイト」が配信され、元WWEユニバーサル王者で〝怪物〟ことゴールドバーグ(54)がPPV大会「ロイヤルランブル」…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ4日(日本時間5日)発】WWEのロウ大会「レジェンズ・ナイト」が配信され、WWE女子タッグ王者の〝女帝〟アスカ(39)と〝女王様〟シャーロット・フレアー(34)が20…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」のワールド王者・林下詩美(22)が2021年最初のタイトル戦へ気合十分だ。4日の両国KFCホール大会では17日東京・後楽園ホール大会のV2戦での激突が確実な舞華とタッグ戦で…

後で読む
デイリースポーツ

 女子プロレス団体の最大手「スターダム」のエース、岩谷麻優(27)が4日深夜に放送されたテレビ朝日系「ピン様×キリ様 あらゆる世界の上と下を調査」に出演し、自身の収入を明かした。 番組では岩谷と、2019年デビューの若手、飯田沙耶(23)のプロレス生活に密着取材。まず飯田が「月収ですか?15万円です」と収入を明かした。番組では基本給だと補足説明があった。

後で読む
東京スポーツ

【長与千種・レジェンドの告白(9)】目に見えないスピードで、クラッシュ人気は過熱していった。19847月からは、フジテレビの中継が8年ぶりにゴールデンタイム(月曜午後7時)に復活した。取材が殺到して、…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(4日、東京ドーム) 東京ドーム大会に長州力(69)がサプライズ登場し、リング上で開会を宣言した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(4日、東京ドーム) 新型コロナウイルス感染拡大下で初めて行われた恒例1月4日の東京ドーム大会は2020年の3分の1以下となる1万2689人の集客にとどまった。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(4日、東京ドーム) 高橋ヒロムがエル・ファンタズモを撃破し、IWGPジュニアヘビー級王者の石森太二への挑戦を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(4日、東京ドーム) トンガ組がIWGPタッグ王座に返り咲いた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(4日、東京ドーム) 棚橋弘至がグレート‐O‐カーンを“成敗”した。かつての付け人オーカーンに試合後の暴行で古傷の左膝を徹底攻撃、罵倒され続けた棚橋が怒りの対戦要求をして実現した一戦。棚橋は左膝の痛みに耐えながらリングに立つも、花道でのボディースラム、リバースブレーンバスターなどの荒々しい攻めに苦しんだ。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(4日、東京ドーム) 因縁の相手に、封印していた伝家の宝刀をついに抜いた。オカダ・カズチカは必殺技のレインメーカーを完璧に決め、3カウントを奪取。かつての盟友オスプレイとの35分を超える激闘にピリオドを打った。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(4日、東京ドーム) 挑戦者の飯伏幸太(38)が、2冠王者の内藤哲也(38)を破り、IWGPヘビー級は初、同インターコンチネンタルは2度目の奪取に成功した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(4日、東京ドーム) 挑戦者の飯伏幸太(38)が、2冠王者の内藤哲也(38)を破り、IWGPヘビー級は初、同インターコンチネンタルは2度目の奪取に成功した。飯伏は30分を超える激闘の末、必殺の膝蹴りカミゴェを2度返す粘りを見せた内藤を3発目のカミゴェで粉砕。5日の東京ドーム大会で2冠王座挑戦権利証保持者ジェイ・ホワイト(28)の挑戦を受ける。

後で読む
東京スポーツ

 ついに監督に就任した「ハマの番長」があの〝黒のカリスマ〟と22年ぶりの電撃合体を果たした。2021年からDeNAを率いる三浦大輔新監督(47)と、プロレスラー・蝶野正洋(57)の新春ビッグ対談だ。実…

後で読む
東京スポーツ

 ついに監督に就任した「ハマの番長」があの〝黒いカリスマ〟と22年ぶりの電撃合体を果たした。2021年からDeNAを率いる三浦大輔新監督(47)と、プロレスラー・蝶野正洋(57)の新春ビッグ対談だ。実…

後で読む
東京スポーツ

 ついに悲願達成だ。新日本プロレスの年間最大興行「レッスルキングダム15」(4日、東京ドーム)で行われたIWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権は、挑戦者の飯伏幸太(38)が内藤哲…

後で読む
東京スポーツ

 ついに監督に就任した「ハマの番長」があの〝黒のカリスマ〟と22年ぶりの電撃合体を果たした。2021年からDeNAを率いる三浦大輔新監督(47)と、プロレスラー・蝶野正洋(57)の新春ビッグ対談だ。実…

後で読む
東京スポーツ

 ついに監督に就任した「ハマの番長」があの〝黒いカリスマ〟と22年ぶりの電撃合体を果たした。2021年からDeNAを率いる三浦大輔新監督(47)と、プロレスラー・蝶野正洋(57)の新春ビッグ対談だ。実…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(4日、東京ドーム) IWGPヘビー級・同インターコンチネンタル2冠選手権試合が行われ、挑戦者の飯伏幸太が2冠王者の内藤哲也を破り、ヘビー級は初、インターコンチネンタルは2度目の奪取に成功した。

後で読む
東京スポーツ

 新型コロナウイルス第3波の中で行われた新日本プロレス東京ドーム2連戦初日(4日)は、1万2689人の観衆を動員した。  昨年はドーム2連戦で2日間合計で約7万人を動員したが、今年はコロナ感染拡大の影…

後で読む
東京スポーツ

 4日のノア東京・後楽園ホール大会メインで、GHCヘビー級王者・潮﨑豪(38)、清宮海斗(24)、馳浩(59)組と丸藤正道(41)、武藤敬司(58)、田中将斗(47)組の6人タッグマッチが行われた。 …

後で読む
東京スポーツ

 4日のノア東京・後楽園ホール大会で、〝平成のテロリスト〟村上和成(47)が、またもや存在感を見せつけた。  昨年12月29日の杉浦軍興行で「杉浦軍」の一員として約10年ぶりにノアのリングに復活し大暴…

後で読む
東京スポーツ

 IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王座から転落した内藤哲也(38)は、試合後のリング上で自らの手で飯伏幸太(38)にベルトを手渡し勝者をたたえた。  リスクを承知であえて2日連続のタイトル…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(4日、東京ドーム) ベスト・オブ・ザ・スーパー・ジュニア27優勝者の高橋ヒロムがスーパーJカップ2020優勝者のエル・ファンタズモを撃破し、5日のIWGPジュニアヘビー級王者の石森太二への挑戦を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(4日、東京ドーム) IWGP USヘビー級王座挑戦権利証争奪戦が行われ、保持者のKENTAが小島聡の挑戦を退けて5度目の防衛に成功した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(4日、東京ドーム) 棚橋弘至がグレート-O-カーンとの一騎打ちを制した。

後で読む
東京スポーツ

 4日の新日本プロレス東京ドーム大会で行われたIWGPヘビー級&インターコンチネンタルダブル選手権は、挑戦者の飯伏幸太(38)が内藤哲也(38)を撃破し新2冠王者となった。  昨年のG1クライマックス…

後で読む
東京スポーツ

 4日の新日本プロレス東京ドーム大会で、棚橋弘至(44)がグレート―O―カーンを下し2021年の好スタートを切った。  前哨戦で古傷の左ヒザを徹底的に痛めつけられた棚橋は、この日もヒザ十字固めをはじめ…

後で読む
東京スポーツ

 セミファイナルのスペシャルシングルマッチは〝レインメーカー〟ことオカダ・カズチカ(33)が、ウィル・オスプレイ(27)に激勝。昨年10月のG1公式戦で造反して「CHAOS」を離脱した遺恨の相手に制裁…

後で読む
東京スポーツ

 IWGP USヘビー級王座挑戦権利証争奪戦は、権利証保持者のKENTA(39)が小島聡(50)を撃破。権利証防衛を果たし、同王者の〝狂犬〟ことジョン・モクスリー(35=AEW)への挑戦権をキープした…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(4日、東京ドーム) 新日本プロレス出身の元プロレスラー、長州力がリングに立ち、東京ドーム大会2連戦の開会を宣言した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(4日、東京ドーム) 第0試合の時間差バトルロイヤル「『KOPW2021』進出権争奪ニュージャパンランボー」が21選手によって争われ、「KOPW2020」覇者の矢野通、チェーズ・オーエンズ、BUSHI、バッドラック・ファレが5日に行われる「KOPW2021」決定戦4WAY進出を決めた。

後で読む
東京スポーツ

IWGPタッグ選手権は挑戦者のGOD(タマ・トンガ=39、タンガ・ロア=37)が、鈴木軍の王者ザック・セイバーJr(33)、タイチ(40)組を撃破して第88代王者に輝いた。  約11か月ぶり7度目の…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」のワールド王者・林下詩美(22)が、初の東京ドーム決戦に向けて気合十分だ。  4日の東京・両国KFCホール大会ではセミのタッグ戦に出場。同じ「クイーンズ・クエスト」のAZM…

後で読む
東京スポーツ

 4日に行われた新日本プロレス東京ドーム大会で「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」覇者の高橋ヒロム(31)が「スーパーJカップ」覇者のエル・ファンタズモ(34)を撃破。5日大会でIWGPジュニアヘビ…

後で読む
東京スポーツ

 4日の「東京女子プロレス」東京・後楽園ホール大会で行われたプリンセスタッグ選手権で、王者組の「爆れつシスターズ」天満のどか&愛野ユキ(26)が挑戦者組の「東洋大学同期生コンビ」上福ゆき(27)&桐生…

後で読む
東京スポーツ

 プロレス界の年間最大興行・新日本プロレス東京ドーム大会が4日に行われ、第0試合の「KOPW 2021」進出権争奪ニュージャパンランボーは矢野通(42)、バッドラック・ファレ(38)、BUSHI(37…

後で読む
東京スポーツ

 プロレス界の年間最大興行・新日本プロレス東京ドーム大会が4日に行われ、木梨憲武(58)扮するドン・キナシと革命戦士・長州力(69)がオープニングを飾った。  今大会のテーマソングには木梨が歌う「生き…

後で読む
東京スポーツ

 4日の「東京女子プロレス」東京・後楽園ホール大会でエース・山下実優(25)と伊藤麻希(25)がスペシャルシングルマッチで対戦した。  試合は昨年12月19日の愛知・日本ガイシスポーツプラザ大会で、1…

後で読む
東京スポーツ

 5日の新日本プロレス東京ドーム大会でIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王座に挑戦するジェイ・ホワイト(28)が唯我独尊の怪気炎だ。ドーム初日の4日大会で激突する現王者・内藤哲也(38)と挑…

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2583051/

後で読む
東京スポーツ

【長与千種・レジェンドの告白(8)】最初は、ほんの十数本の紙テープしか舞わなかった。  1983年8月27日、「クラッシュギャルズ」として初めて臨んだWWWA世界タッグ選手権(王者はジャンボ堀、大森ゆ…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・全日本」(3日、後楽園ホール) 2021 NEW YEAR WARSが行われ、王者の諏訪魔が青柳優馬の挑戦を退けて4度目の防衛に成功した。前日、青柳優に新必殺技エンドゲームでレフェリーストップ負けし、世界タッグ王座を失った雪辱に燃える諏訪魔。史上最年少25歳2カ月での戴冠で5冠を狙う青柳優にパワフルで厳しい攻撃を加え、またもエンドゲームで失神寸前に追い込まれるも、最後はバックドロップ3発をたたみ掛けて葬った。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・全日本」(3日、後楽園ホール) GAOLA TVチャンピオンシップが行われ、挑戦者の“デスマッチのカリスマ”葛西純(フリーダムズ)が王者のヨシタツを破って新王者となった。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・全日本」(3日、後楽園ホール) 三冠ヘビー級選手権試合が行われ、王者の諏訪魔が青柳優馬の挑戦を退けて4度目の防衛に成功した。

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレス2021年新春興行(3日、東京・後楽園ホール)のGAORA TVチャンピオンシップで、〝狂猿〟葛西純(46)が王者のヨシタツ(43)を撃破し、第18代王者に輝いた。  試合のルールはT…

後で読む
東京スポーツ

 3日の全日本プロレス後楽園ホール大会で3冠ヘビー級王者の諏訪魔(44)が青柳優馬(25)を下して4度目の防衛に成功した。  前日の世界タッグ王座戦では石川修司(45)との暴走大巨人で宮原健斗(31)…

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレス2021年新春興行(3日、東京・後楽園ホール)のアジアタッグ選手権で、王者のゼウス(38)、イザナギ組が大森北斗(25)、土肥こうじ(30)組を下し、2度目の防衛に成功した。  試合は…

後で読む
東京スポーツ

 3日のDDT後楽園ホール大会に全日本プロレスを昨年末付で退団しフリーとなっていた岡田佑介(27)が現れ、高木三四郎社長(50)に参戦を直訴した。  この日は高木と青木真也(37)、男色ディーノ(43…

後で読む
東京スポーツ

 DDTの2021年新春興行(3日、東京・後楽園ホール大会)で、9日の後楽園大会でのDDTユニバーサル選手権を控える王者・上野勇希(25)と挑戦者・翔太(32=ガンバレ☆プロレス)が8人タッグによる前…

後で読む
東京スポーツ

 DDTの2021年新春興行(3日、東京・後楽園ホール大会)で、2月14日のカルッツかわさき大会において、女子プロレス「アイスリボン」の雪妃真矢が、赤井沙希(33)とのタッグでゲスト参戦し、安納サオリ…

後で読む
東京スポーツ

 プロレス界の年間最大興行・新日本プロレス東京ドーム大会が、いよいよ4、5日の2日間にわたって行われる。  今年のドーム2連戦の目玉は「3つどもえの2冠争い」だ。4日大会では現IWGPヘビー級&インタ…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・全日本」(2日、後楽園ホール) 21年最初の大会で世界タッグ選手権試合が行われ、挑戦者の“ネクストリーム”宮原健斗、青柳優馬組が王者の“暴走大巨人”諏訪魔、石川修司組を破って新王者となった。

後で読む
東京スポーツ

「ドン荒川?」「イヤ、荒川じゃないよ。藤波だよ。藤波」。藤波が登場し、リングに上がった姿を見た観客から声が上がり、館内には戸惑いムードが…。〝炎の飛龍〟藤波辰爾が、力道山ばりの黒のロングタイツを履いて…

後で読む
東京スポーツ

【ミスター・デンジャー松永光弘 この試合はヤバかった】プロレスファン待望だったピラニアデスマッチを成功させた3か月後、大日本プロレスのリングで松永光弘氏が新たに挑んだのは、“戦う中年”と呼ばれた中牧昭…

後で読む
東京スポーツ

【長与千種・レジェンドの告白(7)】1983年1月4日、後楽園ホール。当時、ライオネス飛鳥が持っていた全日本シングル選手権のベルトに挑戦することになった。防衛戦の相手がいなくなっていた時期に「長与でも…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・全日本」(2日、後楽園ホール) 世界タッグ選手権で宮原健斗、青柳優馬組が王者の“暴走大巨人”諏訪魔、石川修司組を破って新王者となった。一進一退の熱戦は終盤、青柳が諏訪魔の猛攻を浴び、トドメの岩石落とし固めを浴びる寸前のピンチに陥ったが、ハンマーロック式フロントネックロックの新必殺技エンドゲームで切り返し、逆転勝利した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテ・井上晴哉内野手(31)が2日、女子プロレスラーのアジャコングから猛ゲキを受け、本塁打王奪取を誓った。 19年12月に初対面した“本家アジャ”から、新年の熱い激励メッセージが送られた。「『俺が何とかしてやるから、お前はしっかりついてこい!』ぐらいの精神で、去年の悔しさを晴らしてみんなで笑いましょう」。アジャコングは、昨年2位に終わった悔しさをバネに井上がチームを引っ張り、リーグ優勝することを期待した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・全日本」(2日、後楽園ホール) 21年最初の大会で世界タッグ選手権試合が行われ、挑戦者の“ネクストリーム”宮原健斗、青柳優馬組が王者の“暴走大巨人”諏訪魔、石川修司組を破って新王者となった。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・全日本」(2日、後楽園ホール) 大会開始前に行われた新年のあいさつで、TAJIRI(50)と本田竜輝(20)が1日付で正式入団したことが発表された。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・全日本」(2日、後楽園ホール) 世界タッグ選手権試合が行われ、王者の“暴走大巨人”諏訪魔、石川修司組が挑戦者の“ネクストリーム”宮原健斗、青柳優馬組に敗れて6度目の防衛に失敗し、タッグ解散を宣言した。

後で読む
東京スポーツ

大日本プロレスの新春興行(2日、東京・後楽園ホール)で行われたBJW認定世界ストロングヘビー級選手権で、中之上靖文(34)が王者・岡林裕二(38)を破り、第18代王者となった。  試合は岡林ペースで…

後で読む
東京スポーツ

全日本プロレス2021年の開幕戦(2日、東京・後楽園ホール)で行われた新春スペシャルマッチで、1日にゼロワン世界ヘビー級王座を奪取したばかりの〝弾丸男〟田中将斗(47)が元3冠ヘビー級王者のゼウス(…

後で読む
東京スポーツ

 新時代の幕開けだ。全日本プロレス2021年開幕戦(2日、東京・後楽園ホール)の世界タッグ選手権で、宮原健斗(31)&青柳優馬(25)の「ネクストリーム」が、王者諏訪魔(44)&石川修司(45)の「暴…

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレスは2日、フリーで参戦していた元WWEのスーパースター、TAJIRI(50)が1日付で所属になったと発表した。  この日の東京・後楽園ホール大会前には選手会長の諏訪魔(44)が「今年は選…

後で読む
東京スポーツ

 プロレス界屈指の名タッグがまさかの終焉を迎えた。全日本プロレス2021年開幕戦(2日、東京・後楽園ホール)の世界タッグ選手権で、王者・諏訪魔(44)&石川修司(45)の「暴走大巨人」が、宮原健斗(3…

後で読む
東京スポーツ

 大日本プロレスの新春興行(2日、東京・後楽園ホール)で行われたBJW認定デスマッチヘビー級選手権で、挑戦者の塚本拓海(29)が藤田ミノル(43)を撃破し、第42代王者となった。  今回のルールは塚本…

後で読む
東京スポーツ

 東京女子プロレスは、4日東京・後楽園ホール大会前に参戦選手のPCR検査を受けた結果、小橋マリカ(19)が新型コロナウイルスの陽性判定だったと2日に発表した。  発熱や体調不良の症状は全くなく、現在は…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ1日(日本時間2日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が配信され、中邑真輔(40)&セザーロ(40)がダニエル・ブライアン(39)&オーティス(29)(withチ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ1日(日本時間2日)】WWEのスマックダウン(SD)大会が配信され、〝トライバルチーフ〟ことユニバーサル王者ローマン・レインズ(35)がケビン・オーエンズ(36)を返…

後で読む
東京スポーツ

【現場のウラ側 現場ノート】女子プロレス「スターダム」のジュリア(26)が東京スポーツ新聞社制定「2020年度プロレス大賞」で女子プロレス大賞を初受賞した。デビューが17年10月だったことを考えると、…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスの高橋ヒロム(31)が、4、5日の東京ドーム2連戦への思いを明かした。  昨年の「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」覇者は、米国で開催された「スーパーJカップ」覇者のエル・ファンタズ…

後で読む
東京スポーツ

【長与千種・レジェンドの告白(6)】プロテストに合格した私は巡業に同行することになる。同じ日には大森ゆかりやダンプ(当時は松本香)さんも合格していた。この年に全女は2リーグ制を導入。2つのチームで全国…

後で読む
東京スポーツ

 WWE・NXT大会が12月31日(日本時間1月1日)に配信され、「NXTイヤーエンド・アワード2020」のNXT年間最優秀マッチとして「テイクオーバー:31」で行われたフィン・ベイラー(39)対カイ…

後で読む
東京スポーツ

 ゼロワン恒例の元日興行(東京・後楽園ホール)で世界ヘビー級選手権が行われ、挑戦者の田中将斗(47)が田村ハヤト(25)を破り、第29代王者となった。  試合は序盤から田中のペース。ロープに固定しての…

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレスのヨシタツ(43)が、自軍の勢力拡大へ超大物の勧誘計画を明かした。  新年を迎え「今年は〝ヨシタツ・キングダム〟の礎を作ります。去年はメンバーが急にいなくなったり、ケガをしたりと安定し…

後で読む
東京スポーツ

 WWE・NXT大会が12月31日(日本時間1月1日)に配信され、〝暗黒の逸女〟紫雷イオ(30)が「NXTイヤーエンド・アワード2020」でNXT年間最優秀女子選手だけでなく、NXT年間最優秀選手を受…

後で読む
東京スポーツ

 今年で旗揚げ20周年を迎える、〝炎の戦士〟こと大谷晋二郎(48)が率いるゼロワン恒例の元日興行(東京・後楽園ホール)で「ホットジャパン」vs「ストロングハーツ」と銘打たれた6人タッグ戦が行われた。 …

後で読む
東京スポーツ

 今年で旗揚げ20周年を迎える「ゼロワン」が1日、恒例の元日興行を東京・後楽園ホールで開催。団体を率いる〝炎の戦士〟こと大谷晋二郎(48)がさらなる飛躍を誓った。  試合前に行われた会見では、工藤めぐ…

後で読む
東京スポーツ

 東京女子プロレスのプリンセス・オブ・プリンセス選手権(来年1月4日、東京・後楽園ホール)で王者の坂崎ユカに挑戦する辰巳リカが、王座奪取を機に生活水準をアップさせる。  同期の坂崎とはプロレスラーにな…

後で読む
東京スポーツ

【取材のウラ側 現場ノート】2020年の新日本プロレスで最も印象に残っているのが、10月6日の広島大会だ。メインイベントの「G1クライマックス公式戦」で棚橋弘至(44)がKENTA(39)をテキサスク…

後で読む
東京スポーツ

【取材のウラ側 現場ノート】東京女子プロレスのプリンセス・オブ・プリンセス選手権(来年1月4日、東京・後楽園ホール)で王者の坂崎ユカに挑戦する辰巳リカが、王座奪取を機に生活水準をアップさせる。  同期…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス1月4日東京ドーム大会でIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者・内藤哲也(38)に挑戦するG1クライマックス覇者・飯伏幸太(38)が、年間最大興行で実現する頂上決戦への特別な…

後で読む
東京スポーツ

【長与千種・レジェンドの告白(5)】当時の全日本女子プロレス道場と事務所は目黒の4階建てのビルの1階にあって、屋上にバラック建ての寮があった。風が吹けばすぐに吹き飛ぶようなトタン屋根だった。私は声を失…

後で読む
東京スポーツ

 明けましておめでとうございます。いつも東京スポーツをご愛読いただきましてありがとうございます。日ごろのご愛顧に感謝を込めまして、2021年最初の「東スポ プロレス格闘技担当 Twitter フォロー…

後で読む
デイリースポーツ

元プロレスラーの長州力が31日、自身のツイッターを新規投稿。「スッキリ!しました。少しキレましたが、、、!新年にまにあいました!」とつづった。 かつて長州小力が「キレてないですよー」のネタで長州を表現していたが、ついにキレた?いや、その真相は…。

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「アイスリボン」の藤本つかさ(37)が、2021年は王者として10人の新人をデビューさせる。  年内最終興行(31日、後楽園ホール)では6人タッグ戦(藤本、高橋奈七永、星ハム子組対山下り…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「アイスリボン」のFantast ICE王者・世羅りさ(29)が、王者の貫禄を示した。  31日の後楽園ホール大会ではV7戦で藤田あかね(33)と対戦。同王座は王者が自由にルールを決めら…

後で読む
東京スポーツ

〝絶対不屈彼女〟こと安納サオリ(29)が、2020年最後のベルト取りのチャンスを逃した。  31日の女子プロレス「アイスリボン」後楽園ホール大会ではICE×∞王者の鈴季すず(18)に挑戦。序盤は王者の…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「アイスリボン」の年内最終興行(31日、後楽園ホール)で「Rebel&Enemy」の雪妃真矢、尾﨑妹加(29)組がインターナショナルリボンタッグ王座を奪取した。  尾﨑にとって〝三度目の…

後で読む
東京スポーツ

【取材のウラ側 現場ノート】暮れに〝燃える闘魂〟アントニオ猪木氏(77)と〝元暴走王〟小川直也氏(52)の対談企画に立ち会う機会があった。  2人の師弟関係が始まったのは1997年2月。それから紆余曲…

後で読む
東京スポーツ

【長与千種・レジェンドの告白(4)】お医者さんになりたいという夢はあった。でもそれはとてもお金が必要だという現実も、もう分かる年齢になっていた。有名高校から空手で推薦入学の話もあったが、妥協で進学した…

後で読む
東京スポーツ

 30日の大日本プロレスの東京・後楽園ホール大会で、木高イサミ(39)がBJW認定ジュニアヘビー級王者の吉野達彦(35)を破り王座奪取に成功した。  2人は序盤からじっくりとした関節の取り合いを展開。…

後で読む
東京スポーツ

 30日の大日本プロレスの東京・後楽園ホール大会で、BJW認定タッグ王者の〝アストロノーツ〟こと野村卓矢(27)、阿部史典(25)組がクリス・ブルックス(29)、ドリュー・パーカー(23)組を下し、V…

後で読む
東京スポーツ

 30日の大日本プロレスの東京・後楽園ホール大会で、木高イサミ(39)がBJW認定ジュニアヘビー級王者の吉野達彦(35)を破り王座奪取に成功した。  2人は序盤からじっくりとした関節の取り合いを展開。…

後で読む
東京スポーツ

〝元暴走王〟小川直也氏(52)のプロレス復帰の可能性はあるのか。配信中の映像コンテンツ「全日本プロレス配信」で解説を務めたが、その会見などで3冠ヘビー級&世界タッグ5冠王者の〝暴走男〟こと諏訪魔(44…

後で読む
東京スポーツ

【取材のウラ側 現場ノート】ノアの杉浦貴(50)は桜庭和志(51)とのコンビで、東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」最優秀タッグ賞を獲得。50代にしてなお進化を続けている。  実は杉浦は、ラグビー元…

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレスの青柳優馬(25)が、2021年のロケットスタートを決める。団体恒例の新春興行2連戦(来年1月2、3日、東京・後楽園ホール)はいきなりの大一番を迎える。  2日大会では「世界最強タッグ…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「センダイガールズ(仙女)」の〝怪物〟ことワールド2冠王者の橋本千紘(28)が2021年、無敗ロードを再開させる。11月29日後楽園大会の「戦場トーナメント」決勝戦ではDASH・チサコ(…

後で読む
東京スポーツ

 ノアの杉浦貴(50)は桜庭和志(51)とのコンビで、東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」最優秀タッグ賞を獲得。50代にしてなお進化を続けている。  実は杉浦は、ラグビー元日本代表で史上最多キャップ…

後で読む
東京スポーツ

【長与千種・レジェンドの告白(3)】中2の冬に父が大村に帰ってきて一緒に住むことになった。小さな家を借りて、父娘2人での生活が始まった。しかし引きこもりになっていた私は、何も変わることはなかった。住み…

後で読む
東京スポーツ

 東京スポーツ新聞社制定「2020年度プロレス大賞」で、桜庭和志(51)と最優秀タッグ賞を受賞したノアの杉浦貴(50)が、29日の杉浦軍興行(後楽園ホール)でデビュー20周年記念試合に出場した。  7…

後で読む
東京スポーツ

〝平成のテロリスト〟こと村上和成(47)がノアマットで復活だ。  29日の杉浦軍興行(後楽園ホール)では杉浦貴(50)率いる「杉浦軍」(桜庭和志、ケンドー・カシン、NOSAWA論外、カズ・ハヤシ、村上…

後で読む
東京スポーツ

 ノア・杉浦軍興行(29日・後楽園ホール)で、野獣・藤田和之(50)がGHCヘビー級王者の潮﨑豪(38)と9か月ぶりにリングで再会した。  セミのタッグ戦で鈴木秀樹(40)と組み、潮﨑、稲村愛輝(28…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ28日(日本時間29日)発】WWEのロウ大会が配信され、〝小悪魔〟アレクサ・ブリス(29)が〝毒蛇〟ランディ・オートン(40)に放火を要求だ。  先日のPPV大会「T…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ28日(日本時間29日)発】WWEのロウ大会が配信され、新旧WWE女子タッグ王者の遺恨が激化した。 〝女帝〟アスカ(39)と同王座を保持する〝女王様〟シャーロット・フ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ28日(日本時間29日)発】WWEのロウ大会が配信され、王者ドリュー・マッキンタイア(35)とキース・リー(36)のWWE王座戦が2021年最初のロウ大会「レジェンズ…

後で読む
東京スポーツ

【闘魂師弟対談・前編】〝燃える闘魂〟アントニオ猪木氏(77)が2021年へ雄たけびだ。今年9月30日には猪木氏がデビュー60周年を迎えたこともあり、弟子でバルセロナ五輪柔道95キロ超級銀メダルの〝元暴…

後で読む
東京スポーツ

【闘魂師弟対談・後編】〝燃える闘魂〟アントニオ猪木氏(77)が2021年へ雄たけびだ。今年9月30日には猪木氏がデビュー60周年を迎えたこともあり、弟子でバルセロナ五輪柔道95㌔超級銀メダルの〝元暴走…

後で読む
東京スポーツ

【取材のウラ側 現場ノート】会場で試合を見つめていた私は、一人の少年の勇姿に思わず涙ぐんでしまった。  女性ダンス&ボーカルグループ「SPEED」の元メンバーで自民党の今井絵理子参院議員(37)の長男…

後で読む
東京スポーツ

【長与千種・レジェンドの告白(2)】10歳の時、一家は離散した。姉はもう働いていたので、2歳の弟と私は、それぞれ別の大村市内の親戚の家に預けられ、父と母は関西へ働きに出かけた。家族はバラバラになり、人…

後で読む
東京スポーツ

【世界のレジェンド ライガーが語る獣神激論(特別編)】獣神サンダー・ライガーが気になる話題やプロレス論を語る「獣神激論」。1年を締めくくる今回は「特別編」として、ライガー選考の「2020年度プロレス大…

後で読む
東京スポーツ

 来年2月14日のDDT神奈川・カルッツかわさき大会で行われるKO―D無差別級選手権の調印式が28日、都内で開かれ、王者・遠藤哲哉(29)と挑戦者・秋山準(51)が決戦に闘志を燃やした。  秋山は27…

後で読む
東京スポーツ

 来年1月9日後楽園ホール大会で行われるDDTユニバーサル選手権の調印式が28日に開かれ、王者・上野勇希(25)と挑戦者・翔太(32=ガンバレ☆プロレス)が火花を散らした。  前日27日後楽園大会でK…

後で読む
東京スポーツ

 頸髄完全損傷でリハビリ中のプロレスラー髙山善廣(54)の妻が28日、ブログを更新。1年の最後の感謝の言葉を投稿した。  髙山の妻は新日本プロレスの大張社長に会い、スマートフォン用アプリ「新日コレクシ…

後で読む
東京スポーツ

【長与千種・レジェンドの告白(1)】女子プロレス界最大のカリスマ・長与千種(56)は2020年8月にデビュー40周年を迎えた。新型コロナウイルス感染拡大の年にありながら〝鬼嫁〟北斗晶(53)らと女子プ…

後で読む
デイリースポーツ

ルーク・ハーパー、ブロディ・リーなどのリングネームで活動した米国のプロレスラー、ジョン・フーバーさんが26日に死去したとWWEの公式ホームページなどが発表した。41歳。詳細な死因は不明だが、新型コロナウイルス感染症とは無関係の肺病を患っていたという。 フーバーさんは14年にWWEインターコンチネンタル王座、18年にはWWEスマックダウン・タッグ王座を獲得。2020年3月に米国の新興有力団体AEWと契約していた。

後で読む
デイリースポーツ

米国の元プロレスラー、ダニー・ホッジさんが24日に死去したと、米国の世界最大手プロレス団体WWEの公式ホームページなどが伝えた。88歳。死因は不明。 ホッジさんは56年メルボルン五輪レスリング・フリー79キロ級で銀メダルを獲得。59年にプロレスデビューし、60年に当時の世界最高峰団体NWAのジュニアヘビー級王座を獲得し、12年以上も保持した。来日も多く、67年に国際プロレスに参戦し、68年には“鉄人”ルー・テーズからTWWA世界ヘビー級王座を奪取。69年には日本プロレスに参戦し、ウィルバー・スナイダーとのタッグでジャイアント馬場、アントニオ猪木組からインターナショナル・タッグ王座を奪取した。

後で読む
東京スポーツ

 ドラゴンゲートは27日、2021年から沖縄を拠点とする琉球ドラゴンプロレスリングと業務提携すると発表した。  選手間の交流だけでなく、両団体の若手選手育成やハード面とソフト面の技術交流など、従来のプ…

後で読む
デイリースポーツ

ルーク・ハーパー、ブロディ・リーなどのリングネームで活動した米国のプロレスラー、ジョン・フーバーさんが26日に死去したと米国の世界最大手プロレス団体WWEの公式ホームページなどが発表した。41歳。詳細な死因は不明だが、新型コロナウイルス感染症とは無関係の肺病を患っていたという。 フーバーさんはブロディ・リーのリングネームで01年からインディー団体で活動。12年にはWWE傘下団体入りしてルーク・ハーパーと名乗り、人気ユニットのワイアット・ファミリーのメンバーとなる。13年にはWWEに参戦し、14年にはWWEインターコンチネンタル王座、18年にはWWEスマックダウン・タッグ王座を獲得した。20年3月に、米国の新興有力団体AEWと契約。再びブロディ・リーと名乗り、コーディ・ローデスからAEW・TNT王座を奪取した。

後で読む
東京スポーツ

〝鳥人〟の異名を取りNWA世界ジュニアヘビー級王者として一世を風靡したプロレスラーのダニー・ホッジさん(本名ダニエル・アレン・ホッジさん)が24日、米オクラホマ州ペリーの病院で死去した。WWE公式サイ…

後で読む
東京スポーツ

 WWEでルーク・ハーパー、AEWでブロディ・リーのリングネームで活動した米国のプロレスラー、ジョン・フーバーさんが26日に死去したとWWEの公式サイトが日本時間27日に発表した。41歳だった。死因は…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」は27日、所属の白川未奈が鼻骨骨折により全治2か月と診断されたと発表した。  26日後楽園大会の6人タッグ戦で、試合中のアクシデントにより負傷したという。このため来年1月2…

後で読む
東京スポーツ

 27日に行われたDDTの東京・後楽園ホール大会で、KO―D6人タッグ王者の彰人(33)、平田一喜(33)、翔太(32)組が、上野勇希(25)、勝俣瞬馬(28)、MAO(23)組を下し初防衛に成功した…

後で読む
東京スポーツ

 27日に行われたDDTの東京・後楽園ホール大会で、悪のユニット「ダムネーション」に新加入した元ゼロワンの火野裕士(35)が存在感をみせつけた。  火野はダムネーションメンバーの遠藤哲哉(29)、高尾…

後で読む
東京スポーツ

 27日のDDTシングルリーグ戦「D王 GRAND PRIX」東京・後楽園ホール大会で優勝決定戦が行われ、秋山準(51)が竹下幸之介(25)を下し初優勝。KO―D無差別級王者の遠藤哲哉(29)を「プロ…

後で読む
デイリースポーツ

米国の元プロレスラー、ダニー・ホッジさんが25日に死去したと、米国の世界最大手プロレス団体WWEの公式ホームページなどが伝えた。88歳。死因は不明。 ホッジさんは56年のメルボルン五輪レスリング・フリー79キロ級で銀メダルを獲得。ボクシングでも58年に米国のアマチュア大会ゴールデングローブでヘビー級王者となり、59年にプロレスデビュー。60年には当時の世界最高峰団体NWAのジュニアヘビー級王座を獲得し、12年以上も保持した。

後で読む
スポーツ報知

 日本でも人気を誇ったプロレスラーのダニー・ホッジさんが24日、米オクラホマ州ペリーの病院で死去した。88歳だった。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ25日(日本時間26日)】WWEのスマックダウン(SD)大会が配信され、メインのインターコンチネンタル(IC)王座ランバージャック戦では、ニュー・デイのビッグE(34…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ25日(日本時間26日)】WWEのスマックダウン(SD)大会が配信され、WWEユニバーサル王者ローマン・レインズ(35)が、遺恨深まるケビン・オーエンズ(36)とのス…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ25日(日本時間26日)】WWEのスマックダウン(SD)大会が配信され、〝女帝こと〟ロウ女子タッグ王者で、WWE女子タッグ王者のアスカ(39=華名)と〝女王様〟ことシ…

後で読む
東京スポーツ

【ミスター・デンジャー松永光弘 この試合はヤバかった】さあ有馬記念ウイーク!ということで、松永光弘氏に馬券の思い出、エピソードを披露してもらおうとしたところ、実はギャンブルは全く素人とのこと。しかし、…

後で読む
東京スポーツ

 天下御免の向こう傷――「旗本退屈男」の主人公・早乙女主水之介を地で行ったのが、新日本プロレスの常連外国人レスラーだった〝入れ墨獣〟クラッシャー・バンバン・ビガロ。  頭部全体に彫られた刺青がトレード…

後で読む
東京スポーツ

 次は日本マット界初の〝傘寿王者〟だ。26日の新潟プロレス・新潟東区プラザホール大会で行われた新潟プロレスタッグ選手権は、国内最高長齢現役選手のグレート小鹿大日本プロレス会長(78)が、同団体総帥のシ…

後で読む
東京スポーツ

 ノアの「金剛興行 DIAMOND3」(26日、東京・後楽園ホール)で、〝平成のテロリスト〟こと村上和成(47)が杉浦軍の新メンバーとして登場した。  杉浦軍は29日に後楽園ホールで自軍の興行となる「…

後で読む
東京スポーツ

 ノアの「金剛興行 DIAMOND3」(26日、東京・後楽園ホール)で、反体制派集団「金剛」を率いる拳王(35)が新崎人生(54)と師弟タッグを結成した。  拳王がプロレスラーになったのは、同じ徳島出…

後で読む
東京スポーツ

 東京女子プロレスの年内最終興行が26日、東京・板橋グリーンホールで行われ、イッテンヨン(来年1月4日、東京・後楽園ホール)でプリンセス・オブ・プリンセス王者の坂崎ユカに挑戦する辰巳リカが、王座取りに…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・スターダム」(26日、後楽園ホール) スターダムが年内最終戦を打ち上げた。国内年間観客動員は2万1316人(53大会)で、新型コロナウイルス感染拡大の影響で3年ぶりに2万人台へダウン。同団体最多の3万2813人(84大会)を動員した昨年と比較すると1万1497人減となった。

後で読む
東京スポーツ

来年1月5日の新日本プロレス・東京ドーム大会のダークマッチで行われる女子プロレス「スターダム」の対戦カードが決まった。  26日に行われたスターダム・後楽園大会のメイン前に大型ビジョンにて「林下詩美…

後で読む
東京スポーツ

 26日の女子プロレス「スターダム」東京・後楽園ホール大会で、〝お騒がせ女〟ことジュリア(26)率いるユニット「ドンナ・デル・モンド(DDM)」と中野たむ率いる「コズミック・エンジェルス(CA)」との…

後で読む
東京スポーツ

 26日に行われた女子プロレス「スターダム」の東京・後楽園ホール大会でゴッデス王座戦が行われ、小波(24)、ビー・プレストリー(24)組が林下詩美(22)、上谷沙弥(24)組を破り王座奪取に成功した。…

後で読む
東京スポーツ

 26日の女子プロレス「スターダム」東京・後楽園ホール大会に、シードリングの高橋奈七永(42)と世志琥(27)が乱入した。  ともにスターダムOGでもある2人は、メイン後に今年を振り返る映像が流れた後…

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2553972/

後で読む
東京スポーツ

 広島・九里亜蓮投手(29)が〝制御不能男〟から刺激を受けている。今季は8勝6敗、防御率2・96の数字を残し、飛躍のシーズンを送った右腕が熱視線を送るのは、新日本プロレス所属で「プロレス界一の鯉党」で…

後で読む
東京スポーツ

〝悪魔仮面〟ケンドー・カシンが謎の「フン害事件」に遭遇。名推理の末、「杉浦軍」を率いる杉浦貴(50)が怪しいとの結論にいたり、不信感を募らせている。 「先日、とんだクリスマスプレゼントをトナカイならぬ…

後で読む
東京スポーツ

 来年1月6日「NXTニュー・イヤーズ・イービル」のラストウーマンスタンディングマッチで激突する元NXT女子王者リア・リプリー(24)と、183センチの大女ラケル・ゴンザレス(29)が、配信されたWW…

後で読む
東京スポーツ

 WWE・NXT大会が24日(日本時間25日)に配信され、〝暗黒の逸女〟紫雷イオ(30)がメルセデス・マルチネス(40)の襲撃を受け、失神する大ハプニングが起きた。  第4試合後だ。イオはイスを手にリ…

後で読む
東京スポーツ

〝世界の16文〟として一時代を築いた故ジャイアント馬場さん(享年61=全日本プロレス創設者)をしのぶ「ジャイアント馬場23回忌追善興行」(2021年2月4日、後楽園ホール=東京スポーツ新聞社後援)開催…

後で読む
東京スポーツ

 来年1月4日の新日本プロレス東京ドーム大会でウィル・オスプレイ(27)とのスペシャルシングルマッチに臨むオカダ・カズチカ(33)が、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王座(王者は内藤哲也)…

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2550279/

後で読む
東京スポーツ

「チャクリキ8 Girls Bravo」が24日に東京・後楽園ホールで行われ、〝鬼に金棒〟こと世志琥(27)、Sareee(24)組が藤本つかさ(37)、青木いつ希(23)組と対戦した。  前夜にビヨ…

後で読む
東京スポーツ

 来年1月4日の東京女子プロレスの東京・後楽園ホール大会で辰巳リカの挑戦を受けるプリンセス・オブ・プリンセス王者、坂崎ユカが団体の世界進出を目指す。  辰巳とはプロレスラーになる前も音楽ユニット「DP…

後で読む
東京スポーツ

 23日の女子プロレス「シードリング」東京・新宿フェイス大会で、ビヨンドザシータッグ王者の世志琥(27)、Sareee(24)組が高橋奈七永(42)、水波綾(32)組を下し初防衛に成功した。  左足の…

後で読む
東京スポーツ

 WWE・NXTで2020年に最も活躍したスーパースターに贈られる「WWE NXTイヤーエンド・アワード2020」が今年も開催される。  すでにツイッターやWWE公式サイトでのファン投票がスタートして…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスは24日、頸髄完全損傷で治療中のプロレスラー・高山善廣(54)に、152万6217円の寄付金を贈呈したことを発表した。  新日本プロレスの公式スマートフォンアプリ「新日コレクション」内…

後で読む
東京スポーツ

 WWEは23日(日本時間24日)、「WWE版プロレス大賞」ともいえる年間表彰の「スラミー賞」を発表し、最高峰のスーパースター・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手賞)と年間最優秀男子選手賞には、WWE王…

後で読む
デイリースポーツ

新日本プロレスは23日の後楽園ホール大会で今年の興行日程を打ち上げた。国内年間観客動員は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で22万3903人(104大会)と低迷。昨年は41万7000人を動員したが、今年は19万3748人減とショッキングな数字が出た。旗揚げ10周年(82年)以降ではワースト記録で、20万人台は07年~13年の低迷期から7年ぶりだ。 旗揚げ48周年イヤーの今年は、年頭に初の東京ドーム2連戦に挑戦し、7万71人を動員して船出。だが新型コロナ対策として3月から興行の延期・中止を余儀なくされて大ブレーキがかかった。

後で読む
東京スポーツ

〝世界の16文〟として一時代を築いた故ジャイアント馬場さん(享年61)の「23回忌追善興行」(東京スポーツ新聞社後援=来年2月4日、後楽園ホール)参加第2弾選手が24日、発表された。 〝プロレスリング…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスのIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者・内藤哲也(38)が、東京ドーム2連戦(来年1月4、5日)への思いを激白だ。初日の1・4大会でG1クライマックス覇者・飯伏幸太(38)…

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2546397/

後で読む
デイリースポーツ

新日本プロレスは23日、都内で会見を開き、来年1月4、5日の東京ドーム大会の全対戦カードを発表。4日にIWGPヘビー級・同インターコンチネンタル2冠選手権試合を行う2冠王者の内藤哲也と挑戦者の飯伏幸太、その勝者と5日に対戦する2冠王座挑戦権利証保持者のジェイ・ホワイトが舌戦をくり広げた。 会見にはまず内藤と飯伏が登壇。「1・4勝って、1・5も恨みのあるジェイ、ここも勝ちたい」と意気込んだ飯伏を、内藤が「『勝ってオレは神になる』と言ってほしかったな」などと挑発すると、そこにホワイトが現れ、2人に次々と質問を浴びせた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(23日、後楽園ホール) 来年1月4日の東京ドーム大会でIWGP2冠王者の内藤に挑戦する飯伏が最後の前哨戦で勝利し、本番での健闘を誓い合った。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(23日、後楽園ホール) 来年1月4日の東京ドーム大会でIWGP USヘビー級王座挑戦権利証保持者KENTAに挑戦する予定だったジュース・ロビンソンが左眼窩底骨折のため欠場することが発表され、代わって小島聡が挑戦を要求し、KENTAが受諾した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(23日、後楽園ホール) 来年1月4日の東京ドーム大会でIWGPヘビー級・同インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也に挑戦する飯伏幸太が最後の前哨戦で勝利し、本番での健闘を誓い合った。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(23日、後楽園ホール) オカダ・カズチカが提唱した新タイトル「KOPW2020」の最後の争奪戦が行われ、保持者の矢野通がバッドラック・ファレの挑戦を退けてKOPW2020を確定させた。

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス22日後楽園大会で行われた「KOPW 2020」争奪戦は矢野通(42)がバッドラック・ファレ(38)との「ボディスラムоrラストコーナーパッドマッチ」を制し2020年度のタイトル保持者…

後で読む
東京スポーツ

 来年1月4日新日本プロレス東京ドーム大会でKENTA(39)の持つIWGP・USヘビー級王座(現王者はジョン・モクスリー)挑戦権利証に挑戦予定だったジュース・ロビンソン(31)が左目眼窩底骨折のため…

後で読む
東京スポーツ

 まさかの〝新邪道〟が誕生だ。お笑いトリオ「安田大サーカス」クロちゃん(44)が23日、本紙を通じ対戦を要求されていた〝邪道〟大仁田厚(63)と「スカイツリー路上電流爆破プロレス」でついに激突。誰もが…

後で読む
デイリースポーツ

新日本プロレスは23日、都内で会見を開き、来年1月4、5日の東京ドーム大会の全対戦カードを発表。4日にIWGPヘビー級・同インターコンチネンタル2冠選手権試合を行う2冠王者の内藤哲也と挑戦者の飯伏幸太、その勝者と5日に対戦する2冠王座挑戦権利証保持者ジェイ・ホワイトが舌戦をくり広げた。 会見にはまず内藤と飯伏が登壇。「1・4勝って、1・5も恨みのあるジェイ、ここも勝ちたい」と意気込んだ飯伏を、内藤が「『勝ってオレは神になる』と言って欲しかったな」などと挑発すると、そこにホワイトが現れ、2人に次々と質問を浴びせた。

後で読む
東京スポーツ

 来年1月4日の東京女子プロレス東京・後楽園ホール大会でデビューする遠藤有栖(ありす=22)が23日、都内で練習を公開した。  訪れたのはアイドルグループ「Cheer♡1(チアワン)」の先輩で、筋肉ア…

後で読む
東京スポーツ

 来年1月4日の東京女子プロレス東京・後楽園ホール大会でデビューする遠藤有栖(ありす=22)が23日、都内で練習を公開した。  訪れたのはアイドルグループ「Cheer♡1(チアワン)」の先輩で、筋肉ア…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス来年1月4、5日東京ドーム大会の全体会見が23日に行われ、2日目1・5で激突するIWGPジュニアタッグ王者のエル・デスペラード、金丸義信(44)組と挑戦者の田口隆祐(41)、マスター・…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス来年1月4、5日東京ドーム大会の全体会見が23日に行われ、初日1・4で棚橋弘至(44)と激突するグレート―O―カーンが唯我独尊な挑発劇を繰り広げた。  10月に凱旋帰国しウィル・オスプ…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス来年1月4、5日東京ドーム大会の全体会見が23日に行われ、初日の4日大会でスペシャルシングルマッチに出場するオカダ・カズチカ(33)とウィル・オスプレイ(27)が敵対心を向けあった。 …

後で読む
東京スポーツ

 いつも東京スポーツをご愛読いただきましてありがとうございます。日ごろのご愛顧に感謝を込めまして、「東スポ プロレス格闘技担当 Twitter フォロー&リツイートキャンペーン」の第5弾を開催します。…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス来年1月4、5日東京ドーム大会の全体会見が23日に行われ、初日の4日大会で激突するIWGPヘビー級、インターコンチネンタル2冠王者・内藤哲也(38)とG1クライマックス覇者・飯伏幸太(…

後で読む
東京スポーツ

〝ミスター女子プロレス〟こと神取忍(56=LLPW―X)監修による「カンドリーチキンカレー」が23日、新発売される。  以前から大のカレー好きとして知られる神取が、レシピを徹底監修。厳正された素材のう…

後で読む
東京スポーツ

 WWE女子タッグ王者で〝女帝〟ことロウ女子王者のアスカ(39=華名)と〝女王様〟ことシャーロット・フレアー(34)組の初防衛戦が、25日(日本時間26日)配信のスマックダウン(SD)大会で行われるこ…

後で読む
東京スポーツ

 来年1月5日の新日本プロレス東京ドーム大会でEVILとのスペシャルシングルマッチを控えるSANADA(32)が、IWGPヘビー級王座(現王者は内藤哲也)のトップコンテンダーを狙う。7月にロス・インゴ…

後で読む
東京スポーツ

 来年1月5日東京ドーム大会でNEVER無差別級王者・鷹木信悟(38)に挑戦する「ジ・エンパイア」のジェフ・コブ(38)が、22日の後楽園ホール大会で猛デモを敢行した。  コブはこの日の前哨戦でグレー…

後で読む
東京スポーツ

 来年1月5日東京ドーム大会でIWGPヘビー級、インターコンチネンタル2冠王座(現王者は内藤哲也)に挑戦するジェイ・ホワイト(28)が22日の後楽園大会でG1クライマックス覇者・飯伏幸太(38)との〝…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ21日(日本時間22日)発】WWEのロウ大会が行われ、WWE王者のドリュー・マッキンタイア(35)が6人タッグ戦で勝利した。  前夜の「TLC」でマッキンタイアはAJ…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「アイスリボン」の2020年最終興行「RIBBONMANIA2020」(31日、東京・後楽園ホール)で、鈴季すず(18)が保持するICE×∞王座に挑戦する〝絶対不屈彼女〟こと安納サオリ(…

後で読む
東京スポーツ

 米WWEは21日(日本時間22日)、来年1月4日(同5日)のロウ大会で「レジェンズ・ナイト」を開催すると発表した。  WWEの過去と現在のスーパースターが共演し、ハルク・ホーガン(67)を筆頭に〝狂…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ21日(日本時間22日)発】WWEのロウ大会で、〝小悪魔〟アレクサ・ブリス(29)が〝毒蛇〟ランディ・オートン(40)に不気味な予告を放った。  前夜の「TLC」で〝…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「アイスリボン」のFantastICE王座を保持する世羅りさ(29)が「RIBBONMANIA2020」(31日、東京・後楽園ホール)で、藤田あかね(33)を迎えて行われるV7戦に向けて…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「アイスリボン」の2020年最終興行「RIBBONMANIA2020」(31日、東京・後楽園ホール)で、「フランクシスターズ」柊くるみ(20)&宮城もち(34)の保持するインターナショナ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ21日(日本時間22日)発】WWEのロウ大会が開催され、前夜の「TLC」でWWE女子タッグ王座を獲得した〝女帝〟アスカ(39)、〝女王様〟シャーロット・フレアー(34…

後で読む
東京スポーツ

 来年1月4日の新日本プロレス東京ドーム大会でグレート―O―カーンとのスペシャルシングルマッチに臨む棚橋弘至(44)が、決戦に向けた心境を語った。「ワールドタッグリーグ」公式戦でオーカーンに左ヒザを破…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(21日、後楽園ホール) 来年1月5日に東京ドーム大会でIWGPヘビー級・同インターコンチネンタル2冠王座に挑戦する権利証を保持しているジェイ・ホワイトが、同4日に飯伏幸太との防衛戦を控える2冠王者の内藤哲也との“前哨戦”で勝利し、2本のベルトを持ち去った。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(21日、後楽園ホール) 来年1月5日の東京ドーム大会でIWGPヘビー級・同インターコンチネンタル2冠王座に挑戦する権利証を保持しているジェイ・ホワイトが、来年1月4日に飯伏幸太との防衛戦を控える2冠王者の内藤哲也との“前哨戦”で勝利し、IWGPのベルト2本を持ち去った。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(21日、後楽園ホール) 4月末に大腸憩室炎穿孔の緊急手術を受け、2月26日の試合を最後に欠場を続けていたタイガーマスクが約10カ月ぶりの復帰戦を白星で飾った。

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス21日の東京・後楽園ホール大会で、マスター・ワト(23)、田口隆祐(41)組がIWGPジュニアタッグ王者エル・デスペラード、金丸義信(44)組への挑戦に大きく前進した。  ワトと田口は…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス21日の東京・後楽園ホール大会で、タイガーマスクが約10か月ぶりの復帰を果たした。  タイガーは今年4月末に大腸に穴が空く「大腸憩室炎穿孔(けいしつえんせんこう)」の手術を受け、欠場が…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス来年1月5日東京ドーム大会でIWGPヘビー級、インターコンチネンタル2冠王座(現王者は内藤哲也)に挑戦するジェイ・ホワイト(28)が21日、ベルト取りへ猛デモを敢行した。  ジェイは1…

後で読む
東京スポーツ

 DDTは21日、公式ユーチューブで会見し、KO―D10人タッグ王座を暫定的に8人タッグ王座として運用すると発表した。  当初は2021年最初のビッグマッチとなる来年2月14日神奈川・カルッツかわさき…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州セントピーターズバーグ20日(日本時間21日)】WWE年内最後のPPV大会「TLC」が開催され、〝トライバルチーフ〟ことWWEユニバーサル王者のローマン・レインズ(35)とケビン・オーエン…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。