「プロレス」の記事一覧

東京スポーツ

 プロレスのリングアナウンサー・田中ケロ(61)が23日、ツイッターでプロレスラーの〝逮捕未遂事件〟を報告した。  23日、愛媛県西条市で行われた格闘技イベント「CHAKURIKI 7」でリングアナを…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスのオカダ・カズチカ(32)が、新たな敵に宣戦布告だ。先のG1クライマックスでは優勝を逃し、CHAOSを離脱したウィル・オスプレイ(27)率いる新ユニット「ジ・エンパイア」との抗争が勃発…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(23日、後楽園ホール) IWGPヘビー級・同インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也が、前2冠王者EVILとの再戦での初防衛戦(11月7日、エディオンアリーナ大阪)を決めた新日本を批判した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(23日、後楽園ホール) IWGPヘビー級・同インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也が、11・7大阪大会でのEVILとの初防衛戦を決めた新日本を批判した。この日はタッグの前哨戦で激突し、相棒SANADAがディック東郷をTKOで料理。だが、内藤は「オレの提案は却下するくせに、EVILのお願いは即採用。新日本に判断をゆだねたオレがバカだった」と不満をぶちまけた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(23日、後楽園ホール) IWGPヘビー級・同インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也が、前2冠王者EVILとの再戦での初防衛戦(11月7日、エディオンアリーナ大阪)を決めた新日本を批判した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(23日、後楽園ホール) 11月7日のエディオンアリーナ大阪でグレート-O-カーンと一騎打ちするオカダ・カズチカがタッグの前哨戦で敗れた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(23日、後楽園ホール) NEVER6人タッグ選手権試合が行われ、王者のYOSHI-HASHI、石井智宏、後藤洋央紀組が挑戦者のDOUKI、ザック・セイバーJr.、タイチ組を破って2度目の防衛に成功。YOSHI-HASHIはIWGPタッグ王座を保持するタイチとザックに、後藤と組んで挑戦することを要求した。

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス23日の後楽園ホール大会で、NEVER無差別級6人タッグ王者の後藤洋央紀(41)、石井智宏(44)、YOSHI―HASHI(38)組がタイチ(40)、ザック・セイバーJr.(33)、D…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス23日の後楽園ホール大会で、高橋ヒロム(30)、BUSHI(37)組がIWGPジュニアタッグ王者のエル・デスぺラード、金丸義信(44)組に挑戦を表明した。    9月に行われた同王座の…

後で読む
東京スポーツ

 WWEのNXT女子王座を保持する〝暗黒の逸女〟こと紫雷イオ(30)が強気の防衛宣言を放った。「NXT:ハロウィン・ハボック」(30日配信)の王座戦で迎え撃つキャンディス・レラエ(35)との試合形式は…

後で読む
東京スポーツ

 WWE・NXTで活躍する元新日本プロレスのKUSHIDA(37)が、NXT王座取りに大きく前進した。  配信されたNXT大会では抗争を展開する強豪ベルベティーン・ドリーム(25)、トマソ・チャンパ(…

後で読む
東京スポーツ

 世界最大のプロレス団体、米WWEのトップ戦線で活躍したカイリ・セイン(32)が次回PPV大会「ヘル・イン・ア・セル」(25日=日本時間26日)の見どころを熱く語った。今月に帰国したカイリは所属選手の…

後で読む
デイリースポーツ

プロレスラーの故ジャイアント馬場さん23回忌追善興行を来年2月4日に東京・後楽園ホールで開催することが22日、発表された。参加選手は未定だが、全日本と新日本、ドリー・ファンク・ジュニアが協力。大会プロデューサーは全日本の和田京平名誉レフェリーと木原文人リングアナウンサーが務める。 和田レフェリーは「昔の全日本プロレスの雰囲気を出す。裏切らない興行にしたい」と決意表明。コロナ禍での外国人招へいについては「スタン・ハンセン、ドリーさん、太陽ケアにしても来てほしい人はいっぱいいる。はっきりとは言えませんが呼ぶ方向」との考えを示した。

後で読む
東京スポーツ

ついに初代タイガーマスク(62=佐山聡)が〝復活〟する。  主宰するリアルジャパンプロレス(RJ)「ストロングスタイルプロレスVol.7」(11月9日、東京・神田明神ホール)に、米WWE入りが決まっ…

後で読む
東京スポーツ

初代タイガーマスク(62=佐山総)が主宰するリアルジャパン(RJ)が、11月9日に東京・千代田区の神田明神ホールで開催する「ストロングスタイルプロレスVol.7」への初参戦が決まったSareeeは、…

後で読む
デイリースポーツ

初代タイガーマスクこと佐山サトルが総監を務めるプロレス団体リアルジャパンは22日、都内で会見を開き、11月9日に東京・神田明神ホールで約9カ月ぶりに有観客で開催する次回大会で、同団体に初参戦する女子プロレスラーのSareee(WWE Count Down)に、初代タイガーマスクのストロングスタイルとチャリティー魂を伝承するマスクの贈呈式を行うことを発表した。 昨年に世界最大手団体の米WWEと契約したものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響により渡米が延期となっているSareeeは、ストロングスタイルプロレスの復興を目指しているだけでなく、精力的にチャリティー活動にも取り組んでいる初代タイガーマスクの魂を受け継ぐことを自ら申し出て、初代タイガーマスク後援会の新間寿会長と初代タイガーマスクに女子として初めて承認された。

後で読む
東京スポーツ

【世界のレジェンド ライガーが語る獣神激論(6)】獣神サンダー・ライガーが気になる話題やプロレス論を語る「獣神激論」。今回のテーマは飯伏幸太(38)の連覇で幕を閉じた「G1クライマックス」だ。解説席か…

後で読む
デイリースポーツ

1999年1月に死去したプロレスラー、ジャイアント馬場さんの23回忌追善興行を来年2月4日に後楽園ホールに開催することが22日、発表された。参加選手は未定だが、全日本プロレスと新日本プロレスが協力し、他団体のレスラーも参戦する予定で、馬場さんのライバルであり親友でPWF会長を務めるドリー・ファンク・ジュニアも協力を表明。大会プロデューサーには馬場さんが創設した全日本プロレスの和田京平名誉レフェリーと木原文人リングアナウンサーが務める。 この日、都内で会見を開いた主催者のH.J.Tプロダクションは、昨年2月に両国国技館で馬場さんの没20年興行、同年11月に大田区総合体育館でザ・デストロイヤー追悼興行を開催しているが、同プロダクションの緒方公俊代表取締役は、プロレス興行開催はこの大会で最後とし、「ジャイアント馬場の冠がついた集大成の大会にしたい」との考えを示した。

後で読む
東京スポーツ

〝世界の16文〟として一時代を築いた故ジャイアント馬場さん(享年61)の「23回忌追善興行」(東京スポーツ新聞社後援)が来年2月4日、後楽園ホールで開催されることが本紙既報通り22日、正式発表された。…

後で読む
東京スポーツ

 初代タイガーマスク(62=佐山総)が主宰するリアルジャパン(RJ)が22日、都内で会見を開き、11月9日に東京・千代田区の神田明神ホールで開催する「ストロングスタイルプロレスVol.7」でスーパー・…

後で読む
東京スポーツ

 初代タイガーマスク(62=佐山総)が主宰するリアルジャパン(RJ)が22日、都内で会見を開き、11月9日に東京・千代田区の神田明神ホールで開催する「ストロングスタイルプロレスVol.7」に米WWE入…

後で読む
東京スポーツ

 大日本プロレス21日の東京・後楽園ホール大会で行われたBJW認定世界ストロングヘビー級選手権は、岡林裕二(37)が王者・橋本大地(28)を破り、第17代王者となった。  試合は力と力の真っ向勝負。岡…

後で読む
東京スポーツ

 大日本プロレス21日の東京・後楽園ホール大会でBJW認定デスマッチヘビー級選手権が行われ、王者の藤田ミノル(43)が高橋匡哉(34)を下して初防衛に成功した。 「Dark night death H…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「アイスリボン」のエース・藤本つかさ(37)が「浮気者」の烙印を押された。  31日の東京・後楽園ホール大会ではシードリングの中島安里紗(31)との名コンビ「ベストフレンズ」を結成し、つ…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「アイスリボン」のICE×∞王者の鈴季すず(18)が若き女王の貫禄を示す。  21日に埼玉・蕨市内で会見し、V2戦(31日、東京・後楽園ホール)で迎え撃つディアナの梅咲遥(19)と対峙。…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「アイスリボン」のFantastICE王座を保持する世羅りさ(28)が、雪妃真矢の別人格・雪妃魔矢とのV4戦(31日、東京・後楽園ホール)へ闘志を燃やした。  同王座は王者が自由にルール…

後で読む
東京スポーツ

 WWE・NXTで活躍する元新日本プロレスのKUSHIDA(37)が21日、国際電話で本紙のインタビューに応じ、新たな未来を目指す胸中を語った。現在の同王者は同じ元新日本のフィン・ベイラー(39=プリ…

後で読む
東京スポーツ

“世界の16文”として一時代を築いた故ジャイアント馬場さんの「23回忌追善興行」が来年2月4日、東京・後楽園ホールで開催される。最後となる馬場さんの名を冠した大会のテーマは1982年の同日に全日本プロ…

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2318607/

後で読む
東京スポーツ

【プロレスPLAY BACK(102)】本紙で「龍魂激論」を好評連載中のミスタープロレスこと天龍源一郎が所属する天龍プロジェクトは、11月15日に後楽園ホールで興行を開催する。2015年11月15日両…

後で読む
東京スポーツ

 大日本プロレス21日の東京・後楽園ホール大会で、高橋匡哉(34)との初防衛戦に臨むBJW認定デスマッチヘビー級王者・藤田ミノル(43)が20日後楽園大会の前哨戦で苦杯をなめさせられた。  アブドーラ…

後で読む
東京スポーツ

 大日本プロレス20日の東京・後楽園ホール大会で最侠タッグトーナメントの決勝戦が行われ、ストロングブロックを勝ち上がった「大神(おおかみ)」(橋本大地&神谷英慶)がデスマッチブロック勝者の「瞬竜(シュ…

後で読む
デイリースポーツ

新日本プロレスの棚橋弘至が20日未明、「特大チート」と言うタイトルで自身のブログを更新。大食いタレントも真っ青の19日の食事を披露した。 「※このブログは夜に見ると危険かもしれませんが更新します」と注意書きから始めると、そこからは、大盛り、爆買い料理の写真が、これでもか、と続いていた。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド19日(日本時間20日)発】WWEのロウ大会が配信され、〝女帝〟ことロウ女子王者のアスカ(39=華名)は非実力派のラナ(34)をアスカロックで一蹴。王座防衛を果たした。  先週大…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド19日(日本時間20日)発】WWEのロウ大会が配信され、先週のドラフトでスマックダウン(SD)から移籍を果たした〝ザ・フィーンド(悪魔)〟ことブレイ・ワイアット(33)が恐怖のロ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド19日(日本時間20日)発】WWEのロウ大会が配信され、先週のドラフトでスマックダウン(SD)から移籍を果たした〝ザ・フィーンド(悪魔)〟ことブレイ・ワイアット(33)が恐怖のロ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド19日(日本時間20日)発】WWEのロウ大会が配信され、次回PPV大会「ヘル・イン・ア・セル」(25日)で行われるWWE王者ドリュー・マッキンタイア(35)と〝毒蛇〟ことランディ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド19日(日本時間20日)発】WWEのロウ大会が配信され、〝巨獣〟ブラウン・ストローマン(37)と〝リミットレス〟キース・リー(35)が2週間ぶりに再戦。ストローマンがまさかの急所…

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2311764/

後で読む
東京スポーツ

 ゴールデン☆スターの進むべき道とは――。新日本プロレス「G1クライマックス」で連覇を果たした飯伏幸太(38)が、来年1月4日東京ドーム大会でのIWGPヘビー級&インターコンチネンタル(IC)2冠王座…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスは19日、次期ビッグマッチ11月7日大阪大会の全対戦カードを発表した。  IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者・内藤哲也(38)はG1公式戦(11日、名古屋)で敗れている前…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスのG1クライマックスで連覇を果たした飯伏幸太(38)が19日、来年1月4日東京ドーム大会でのIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王座(現王者は内藤哲也)への挑戦権利証を獲得した…

後で読む
東京スポーツ

 東京女子プロレスのエース・山下実優(25)が、11月7日東京ドームシティホール大会でレジェンド勢との対戦を熱望した。  初進出となる年間最大興行では王者・坂崎ユカ対瑞希(25)のプリンセス・オブ・プ…

後で読む
東京スポーツ

 11月3日のDDT東京・大田区総合体育館大会でKO―D無差別級王座を争う王者・遠藤哲哉(29)とカリスマ・佐々木大輔(34)の抗争が泥沼化している。  18日の大阪大会で遠藤は高尾蒼馬(32)、交通…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(18日、両国国技館) オカダ・カズチカ率いるケイオスを裏切ったウィル・オスプレイと英国武者修行から凱旋帰国した岡倫之改めグレート-O-カーンの初タッグを組み、がオカダ、SHO組を破った。

後で読む
東京スポーツ

 16年ぶりの偉業達成だ。新日本プロレスの祭典「G1クライマックス」優勝決定戦(18日、東京・両国国技館)で、Aブロック1位の飯伏幸太(38)がBブロック1位のSANADA(32)を下し史上3人目の連…

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2308194/

後で読む
東京スポーツ

 16年ぶりの偉業達成だ。新日本プロレスの祭典「G1クライマックス」優勝決定戦(18日、東京・両国国技館)で、Aブロック1位の飯伏幸太(38)がBブロック1位のSANADA(32)を下し史上3人目の連…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(18日、両国国技館) 20選手が争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」の優勝決定戦が行われ、飯伏幸太(38)がSANADA(32)を破って蝶野正洋、天山広吉に続く史上3人目の連覇を達成した。優勝決定戦史上最長35分12秒の激闘の末、最後は飯伏が相手の両腕をつかみながら放つヒザ蹴りカミゴェでトドメ。自身初のIWGPヘビー級王座奪取に意欲を示し、ジェイ・ホワイトから対戦を要求された。

後で読む
東京スポーツ

 ノアの〝ファンキーアフロ男〟ことモハメドヨネ(44)が、自らのデビュー25周年記念大会(18日、東京・後楽園ホール)で暴れ回った。  藤原組の1995年8月18日南足柄大会で同期のアレクサンダー大塚…

後で読む
デイリースポーツ

新日本プロレスは18日、来年1月4、5日に東京ドーム大会2連戦を行うことを発表した。 毎年1月4日に東京ドーム大会を開催してきた新日本は今年は初めて1月4、5日に2連戦を開催し、約7万人の観衆を集める成功を収めた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(18日、両国国技館) 20選手がA、Bの2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」の優勝決定戦が行われ、Aブロック1位の飯伏幸太がBブロック1位のSANADAを破って蝶野正洋、天山広吉に続く史上3人目の連覇を達成した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(18日、両国国技館) オカダ・カズチカ率いるケイオスを裏切ったウィル・オスプレイと英国武者修行から凱旋帰国した岡倫之改めグレート‐O‐カーンの初タッグを組み、がオカダ、SHO組を破った。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(18日、両国国技館) EVILがタッグマッチでIWGPヘビー級・同インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也に勝利し、王座挑戦を要求した。

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレス18日の両国国技館大会で、棚橋弘至(43)がKENTA(39)の持つIWGP・USヘビー級王座挑戦権利証(現王者はジョン・モクスリー)への挑戦を表明した。  棚橋はこの日の8人タッグマ…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス18日の両国国技館大会で、英国遠征から凱旋帰国した岡倫之改めグレート―O―カーンとオカダ・カズチカ(32)の遺恨がさらに深まった。  16日両国大会で電撃登場し、ウィル・オスプレイ(2…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス18日の両国国技館大会で、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)と前王者EVILの〝再々戦〟が浮上した。  Bブロックから3年ぶり3度目のG1制覇を狙った内…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」は18日両国国技館大会で優勝決定戦が行われ、飯伏幸太(38)がSANADA(32)を破り大会史上3人目の連覇を達成した。  前年度覇者にして18年…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス18日の両国国技館大会で、鷹木信悟(37)がNEVER無差別級王者・鈴木みのる(52)への挑戦を表明した。  8月29日明治神宮野球場でみのるにベルトを奪われた鷹木は、G1公式戦(16…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」18日の東京・後楽園ホール大会で、Hカップのグラドルレスラー、白川未奈が厳しい洗礼を浴びた。 〝ジャンボプリンセス〟こと、ひめか(23)とシングルで対戦。ショルダータックル…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」18日の東京・後楽園ホール大会で、極悪軍団「大江戸隊」が6人タッグのアーティスト王座挑戦を表明した。  8人タッグ戦で大江戸隊(刀羅ナツコ、鹿島沙希、ビー・プレストリー、小…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスは18日、来年1月4、5日に東京ドーム大会2連戦を開催することを発表した。  団体の年間最大興行となる東京ドーム大会は、今年初めて4、5日の2日間にわたって開催され、計7万人以上の観衆…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」18日の東京・後楽園ホール大会で行われたタッグリーグ戦「第10回ゴッデス・オブ・スターダム」公式戦で林下詩美(22)、上谷沙弥(23)組が渡辺桃(20)、AZM(18)組に…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」18日の東京・後楽園ホール大会で、ワールド王者の岩谷麻優(27)が、マーベラスの彩羽匠(27)を下しV5に成功した。  序盤から激しくやりあった2人だが、パワーと体格で劣る…

後で読む
東京スポーツ

〝燃える闘魂〟アントニオ猪木といえば延髄斬りの考案者。延髄斬りの使い手は多かったが、猪木の延髄斬りは美しかった。両手を広げ右足の甲で相手の後頭部を捕らえた時のバランスがよく、何しろ格好よかった。  だ…

後で読む
東京スポーツ

〝燃える闘魂〟アントニオ猪木といえば延髄斬りの考案者。延髄斬りの使い手は多かったが、猪木の延髄斬りは美しかった。両手を広げ右足の甲で相手の後頭部を捕らえた時のバランスがよく、何しろ格好よかった。  だ…

後で読む
東京スポーツ

【ミスター・デンジャー松永弘光 この試合はヤバかった】松永光弘氏を「ミスター・デンジャー」に変えた瞬間。後楽園ホールでのバンクハウスデスマッチ(銃刀類の使用以外の全ての反則OK)で、あまりに危険な“伝…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(17日、両国国技館) G1クライマックスのBブロック最後の公式戦が行われ、SANADAがEVILを破って内藤哲也、EVILと勝ち点12で並ぶ1位となり、直接対決の結果により初の優勝決定戦進出を決めた。19日にAブロック1位の飯伏幸太と対戦する。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(17日、両国国技館) 20選手がA、Bの2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」Bブロック最後の公式戦が行われ、内藤哲也はKENTAに敗れて勝ち点12でEVIL、SANADAと首位に並んだが、直接対決の勝敗により優勝決定戦進出を逃した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(17日、両国国技館) 20選手がA、Bの2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」Bブロック最後の公式戦が行われ、SANADAがEVILに勝利。内藤哲也、EVILと勝ち点12で並ぶ首位となり、直接対決の結果によって初の優勝決定戦進出を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(17日、両国国技館) 20選手がA、Bの2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」Bブロック最後の公式戦が行われ、棚橋弘至はザック・セイバーJr.を破って4勝5敗で終えた。ザックは5勝4敗。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(17日、両国国技館) 20選手がA、Bの2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」Bブロック最後の公式戦が行われ、矢野通はYOSHI-HASHIに敗れ3勝6敗で終えた。YOSHI-HASHIは2勝7敗。

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」17日両国国技館大会Bブロック最終公式戦で、SANADA(32)がEVILを撃破し、優勝決定戦(18日、両国)進出を決めた。  Bブロックの突破争…

後で読む
東京スポーツ

 DDT11月3日の東京・大田区総合体育館大会で一騎打ちする竹下幸之介(25)と秋山準(51)が前哨戦で激しくやり合った。  17日に無観客試合「DDT TV SHOW! #10」が配信され、セミでは…

後で読む
東京スポーツ

 DDT11月3日の東京・大田区総合体育館でKO―D無差別級王座に挑戦する〝カリスマ〟佐々木大輔(34)が、最後の前哨戦で王者の遠藤哲哉(29)組に勝利した。  17日に配信された無観客試合「DDT …

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレス17日のエディオンアリーナ大阪・第2競技場大会で、3冠ヘビー級王者の諏訪魔(43)が〝筋肉獣〟ゼウス(38)を下し、3度目の防衛に成功した。  試合は祭典「チャンピオン・カーニバル(C…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」17日両国国技館大会Bブロック最終公式戦で、棚橋弘至(43)がザック・セイバーJr.(33)から意地の4勝目を挙げた。  今年のIWGPタッグ王座…

後で読む
デイリースポーツ

初代タイガーマスクこと佐山サトルが総監を務めるプロレス団体リアルジャパンは17日、次回大会を11月9日に東京・神田明神ホールで開催すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響により6月の大会は無観客で開催、9月の大会は中止しており、今回は3月19日以来8カ月ぶりに有観客で開催する。 また、リアルジャパンは今年、神田明神をコラボレーションを続けており、今回は“勝負の神に捧ぐ”ストロングプロレスがテーマ。出場予定選手はスーパー・タイガー、船木誠勝、日高郁人、間下隼人、岩崎孝樹ら。

後で読む
東京スポーツ

 東京女子プロレス17日の東京・新木場1stRING大会で「第5代インターナショナルプリンセス王座決定トーナメント」の1回戦が行われ、乃蒼(のあ)ヒカリ(22)が原宿ぽむを下し、準決勝進出を決めた。 …

後で読む
東京スポーツ

 東京女子プロレスの王者勢が、年間最大興行となる11月7日東京ドームシティ(TDC)ホール大会へ弾みをつけた。  17日の東京・新木場1stRING大会でプリンセス王者の坂崎ユカは、プリンセスタッグ王…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド16日(日本時間17日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が配信され、〝黒いロックスター〟こと中邑真輔(40)&セザーロ(39)がシェイマス(42)とタッグを組んでニュー・デ…

後で読む
東京スポーツ

 東京女子プロレス17日の東京・新木場1stRING大会で、「第5代インターナショナルプリンセス王座決定トーナメント」1回戦が行われ、上福ゆき(27)が準決勝(11月7日、東京ドームシティホール=TD…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド16日(日本時間17日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が配信され、〝黒いロックスター〟こと中邑真輔(40)&セザーロ(39)がシェイマス(42)とタッグを組んでニュー・デ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド16日(日本時間17日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が配信され、王者ローマン・レインズ(35)と〝巨獣〟ブラウン・ストローマン(37)がシーズンプレミアとなるSDでユニ…

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2300499/

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(16日、両国国技館) G1クライマックスのAブロック最終戦が行われ、前年優勝の飯伏幸太が3年連続の優勝決定戦に(18日、両国国技館)進出。蝶野正洋、天山広吉に続く史上3人目の連覇に王手をかけた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(16日、両国国技館) 20選手がA、Bの2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」Aブロック公式戦の最終戦が行われ、オカダ・カズチカ、ジェイ・ホワイトと勝ち点12の首位に並んでいた飯伏幸太がタイチを破り、オカダとホワイトが敗れたためブロック1位が決定。18日に両国国技館で行われる優勝決定戦に3年連続で進出し、蝶野正洋、天山広吉に続く史上3人目の連覇に王手をかけた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(16日、両国国技館) 20選手がA、Bの2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」Aブロック公式戦の最終戦が行われ、飯伏幸太、ジェイ・ホワイトと並んで首位に立っていたオカダ・カズチカがウィル・オスプレイとのケイオス同門対決に敗れて優勝決定戦進出を逃した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(16日、両国国技館) 20選手がA、Bの2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」Aブロック公式戦の最終戦が行われ、オカダ・カズチカ、飯伏幸太と勝ち点12で並ぶ首位に立っていたジェイ・ホワイトが、3勝5敗でブロック敗退が決まっていた石井智宏に敗れて優勝決定戦(18日、両国国技館)進出を逃した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(16日、両国国技館) 20選手がA、Bの2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」Aブロック公式戦の最終戦が行われ、鷹木信悟が鈴木みのるを破って4勝5敗で終えた。鈴木は3勝6敗。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(16日、両国国技館) 20選手がA、Bの2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」Aブロック公式戦の最終戦が行われ、8戦全敗だった高橋裕二郎がジェフ・コブから初勝利を挙げた。コブは4勝5敗。

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」16日両国国技館大会Aブロック最終公式戦で、オカダ・カズチカ(32)がウィル・オスプレイ(27)にまさかの3敗目を喫し、終戦。オスプレイと、電撃凱…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」16日両国国技館大会Aブロック最終公式戦で、ジェイ・ホワイト(28)が石井智宏(44)に痛恨の3敗目を喫し、ブロック敗退が決定した。  この日まで…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」16日両国国技館大会Aブロック最終公式戦で、前年度覇者・飯伏幸太(38)がタイチ(40)を下し7勝目。史上初の3年連続優勝決定戦(18日、両国)進…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」16日両国国技館大会Aブロック最終公式戦で、鷹木信悟(37)がNEVER無差別級王者・鈴木みのる(52)から4勝目を挙げた。  すでに優勝決定戦の…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「シードリング」20日の東京・新木場1stRING大会でタッグを結成する〝最恐スイーツ女子〟こと世志琥(27)とWWE入りを控えるSareee(24)が、早くも空中分解の危機に陥った。 …

後で読む
東京スポーツ

 16日に配信されたWWE・NXT大会で、NXT女子王者の〝暗黒の逸女〟こと紫雷イオ(30)が、キャンディス・レラエ(35)を迎え、30日配信の「NXT:ハロウィン・ハボック」で防衛戦を行うことが決ま…

後で読む
東京スポーツ

 王道の「クラシック・マスター」となる。全日本プロレスの筋肉獣・ゼウス(38)が原点回帰による3冠奪還を誓った。祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」で全勝優勝を果たし、17日に地元大阪のエディオン…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・GLEAT」(15日、後楽園ホール) ノアの元親会社リデットエンターテインメント社による新団体のプレ旗揚げ戦が開催。元UWFの田村潔司氏がエグゼクティブディレクター(ED)を務め、2試合がUWFルールで行われた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・GLEAT」(15日、後楽園ホール) ノアの元親会社リデットエンターテインメントが立ち上げた新団体のプレ旗揚げ戦が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため入場者数が制限された中、612人の観衆を集めて開催された。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・GLEAT」(15日、後楽園ホール) ノアの元親会社リデットエンターテインメントが立ち上げた新団体のプレ旗揚げ戦が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため入場者数が制限された中、612人の観衆を集めて開催された。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・GLEAT」(15日、後楽園ホール) 元ノアの親会社リデットエンターテインメントが立ち上げた新団体のプレ旗揚げ戦が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため入場者数が制限された中、612人の観衆を集めて開催された。

後で読む
東京スポーツ

〝孤高の天才〟田村潔司(50)がエグゼクティブプロデューサーを務める新団体「GLEAT(グレイト)」の旗揚げ戦(15日、東京・後楽園ホール)でUWFルール戦が行われた。  ダブルバウト形式で行われた第…

後で読む
東京スポーツ

「リデットエンターテインメント社」による新団体「GLEAT(グレイト)」の旗揚げ戦が(15日、東京・後楽園ホールで行われ、全6試合行われ612人を集める上々の滑り出しを見せた。  これにリデット社の鈴…

後で読む
東京スポーツ

〝孤高の天才〟田村潔司(50)がエグゼクティブプロデューサーを務める新団体「GLEAT(グレイト)」の旗揚げ戦(15日、東京・後楽園ホール)では、女子のUWFルール戦も行われた。  スターダムにも参戦…

後で読む
東京スポーツ

「リデットエンターテインメント社」による新団体「GLEAT(グレイト)」の旗揚げ戦(15日、東京・後楽園ホール)で〝野獣〟藤田和之(49)がDDTの秋山準(51)と初遭遇を果たした。  2人はこの日、…

後で読む
東京スポーツ

〝孤高の天才〟田村潔司(50)がエグゼクティブプロデューサーを務める新団体「GLEAT(グレイト)」の旗揚げ戦(15日、東京・後楽園ホール)でUWFルール戦2試合が行われた。  ダブルバウト形式で行わ…

後で読む
東京スポーツ

 ドラゴンゲートのKzy(34)が“七色の引き出し”を開けて王座を奪う。11月3日のエディオンアリーナ大阪第1競技場大会では同じドラゲー世代のEita(28)が持つオープン・ザ・ドリームゲート王座に挑…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスのIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)が注目発言だ。「G1クライマックス」14日横浜大会のBブロック公式戦で矢野通(42)を下し首位タイをキープ。史上3人…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスのIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)が注目発言だ。「G1クライマックス」14日横浜大会のBブロック公式戦で矢野通(42)を下し首位タイをキープ。史上3人…

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」14日横浜大会Bブロック公式戦で、EVILが後藤洋央紀(41)を下して2敗を守った。  試合に介入しワイヤーチョーク攻撃を見舞ったセコンド・ディッ…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」14日横浜大会Bブロック公式戦で、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)が矢野通(42)を下し6勝目を挙げた。  コー…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」14日横浜大会Bブロック公式戦で、SANADA(32)が棚橋弘至(43)を撃破。3敗をキープし、優勝戦線に生き残った。  互いにヒザへの集中砲火を…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」14日横浜大会Bブロック公式戦で、KENTA(39)がYOSHI―HASHI(38)を下し4勝目を挙げた。   SNS上での挑発から注目を集めてい…

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」13日浜松大会Aブロック公式戦で、連覇を狙う前年度覇者の飯伏幸太(38)が高橋裕二郎(39)を下し6勝目。首位タイの座をキープした。  ともに20…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」13日浜松大会Aブロック公式戦で、ジェイ・ホワイト(28)がNEVER無差別級王者・鈴木みのる(52)から6勝目を挙げ初制覇へ前進した。  セコン…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」13日浜松大会Aブロック公式戦で、ウィル・オスプレイ(27)がジェフ・コブ(38)に3敗目を喫し、優勝争いから後退した。  スワンダイブ式ファイヤ…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」13日浜松大会Aブロック公式戦で、オカダ・カズチカ(32)が石井智宏(44)とのCHAOS同門対決を制し、2敗を死守した。  旋回式ツームストーン…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」は13日、公式ユーチューブチャンネルで調印式を行い、18日東京・後楽園ホール大会のワールド・オブ・スターダム選手権で激突する王者・岩谷麻優(27)とマーベラス所属の挑戦者・…

後で読む
東京スポーツ

ノアのファンキーアフロ男・モハメドヨネ(44)が18日に「デビュー25周年記念大会」(東京・後楽園ホール)を迎える。藤原組の1995年8月18日南足柄大会で同期のアレクサンダー大塚(49)を相手にデ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド12日(日本時間13日)発】WWEのロウ大会が配信され〝女帝〟ことロウ女子王者アスカ(39=華名)の次期挑戦者が非実力派のラナ(34)に決定した。  実に15選手が参加したバトル…

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレスの3冠ヘビー級&世界タッグ王者の諏訪魔(43)が天国の父に勝利をささげる。両王座の防衛戦を控える中、9日に最愛の父・諏訪間幸男さん(享年80)が急逝した。プロレス界に導いてくれ、「プロ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド12日(日本時間13日)発】WWEのロウ大会が配信され、先週のスマックダウン(SD)大会に続き、最終ドラフト(選手入れ替え)第4ラウンドの結果がステファニー・マクマホン(44)か…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド12日(日本時間13日)発】WWEのロウ大会が配信され、先週のスマックダウン(SD)大会に続き、最終ドラフト(選手入れ替え)第5ラウンドの結果がステファニー・マクマホン(44)か…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド12日(日本時間13日)発】WWEのロウ大会が配信され、9日のスマックダウン(SD)大会に続き、最終ドラフト(選手入れ替え)の結果が発表された。  冒頭ではステファニー・マクマホ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド12日(日本時間13日)発】WWEのロウ大会が配信され、9日のスマックダウン(SD)大会に続き、最終ドラフト(選手入れ替え)第2ラウンドの結果が発表された。  第1試合後にステフ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド12日(日本時間13日)発】WWEのロウ大会が配信され、先週のスマックダウン(SD)大会に続き、最終ドラフト(選手入れ替え)第3ラウンドの結果がステファニー・マクマホン(44)か…

後で読む
東京スポーツ

 DDTは12日、公式ユーチューブチャンネルで会見し、シングル最強を決めるリーグ戦「D王 GRAND PRIX 2021」(11月22日、東京・後楽園ホールで開幕)の一部日程の変更について説明した。 …

後で読む
東京スポーツ

いつも東京スポーツをご愛読いただきましてありがとうございます。前回、大変好評をいただきました秋の「東スポ プロレス格闘技担当 Twitter フォロー&リツイートキャンペーン」の第2弾を開催します。…

後で読む
東京スポーツ

東スポ(東京スポーツ)のWebニュースでは、野球やサッカーなどのスポーツをはじめ、芸能・プロレス・競馬など豊富なジャンルのニュースを提供しています。

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2271549/

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス「G1クライマックス」11日名古屋大会のBブロック公式戦で、EVILがIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)を撃破し、単独首位から引きずり降ろした。勢いづく…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・ノア」(11日、エディオンアリーナ大阪) 12人が2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦の決勝が行われ、中嶋勝彦がノアの“超新星”清宮海斗を破って前身のグローバル・リーグ戦を含めて初の優勝を果たした。

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」11日名古屋大会Bブロック公式戦で、KENTA(39)が矢野通(42)を下し3勝目を挙げた。  曲者を手玉にとってみせた。矢野から強奪した消毒用ア…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」11日名古屋大会Bブロック公式戦で、SANADA(32)がジュース・ロビンソン(31)を下し4勝目を挙げた。  雪崩式ブレーンバスター、ジャックハ…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」11日名古屋大会Bブロック公式戦で、棚橋弘至(43)が後藤洋央紀(41)に敗れ痛恨の4敗目を喫した。  首折り弾にカウンターのスリングブレイドを決…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」11日名古屋大会Bブロック公式戦で、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)がEVILに敗れ2敗目を喫した。  単独首位…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・ノア」(11日、エディオンアリーナ大阪) 12人がA、Bの2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦「N-1ビクトリー」の優勝決定戦が行われ、Bブロック1位の中嶋勝彦がAブロック1位の“超新星”清宮海斗を破り、前身のグローバル・リーグ戦を含めて初の優勝を果たした。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・ノア」(11日、エディオンアリーナ大阪) 武藤敬司と丸藤正道が率いるイニシャルの頭文字にMがついている大物を集めたユニット「エムズアライアンス」(Mアラ)に、条件付きでモハメド・ヨネが加入する可能性が出てきた。

後で読む
東京スポーツ

 ノア「N―1 VICTORY 2020」優勝決定戦(11日、エディオンアリーナ大阪第1競技場)はBブロック代表の中嶋勝彦(32)がAブロック代表の清宮海斗(24)を撃破して初優勝を決めた。  中嶋は…

後で読む
東京スポーツ

 ノア11日の大阪・エディオンアリーナ大阪第1競技場大会で行われたGHCジュニアタッグ王座戦は、9月23日後楽園大会で約3年9か月ぶりに復活した地元大阪のコンビ「桃の青春」こと原田大輔(33)、小峠篤…

後で読む
東京スポーツ

 ノア11日の大阪・エディオンアリーナ大阪第1競技場で行われたGHCジュニアヘビー級選手権は、王者の鈴木鼓太郎(42)が反体制派集団「金剛」の覇王(34)を撃破して5度目の防衛に成功した。  いきなり…

後で読む
東京スポーツ

 ノア11日のエディオンアリーナ大阪第1競技場でプロレスリングマスター・武藤敬司(57)と天才・丸藤正道(41)が率いるユニット「エムズアライアンス」が8月29日川崎大会以来、約2か月ぶりに復活。ハイ…

後で読む
東京スポーツ

 約7か月ぶりにノアマット参戦を果たした野獣・藤田和之(49)が復活ののろしを上げた。  11日のエディオンアリーナ大阪第1競技場で藤田はGHCタッグ王者の杉浦貴(50)とIQレスラー・桜庭和志(51…

後で読む
東京スポーツ

 ノア11日のエディオンアリーナ大阪第1競技場大会開始前に、元GHCタッグ王者の佐野巧真(55)の「プロレス卒業セレモニー」が行われた。  選手を代表してノアからは丸藤正道(51)、かつてのUWFイン…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・ノア」(11日、エディオンアリーナ大阪) 大会開始間に、新日本プロレス、SWS、UWFインターナショナル、ノアなどで活躍し、今年1月7日に引退した佐野巧真さん(55)のプロレス引退セレモニーが行われた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・ノア」(11日、エディオンアリーナ大阪) “野獣”藤田和之が3月29日にGHCヘビー級王者の潮崎豪に挑戦して敗れて以来7カ月ぶりのノア参戦を勝利で飾った。

後で読む
東京スポーツ

 天龍プロジェクトは10日、2015年に現役生活にピリオドを打った〝ミスタープロレス〟こと天龍源一郎(70)の引退5周年大会「革命伝承」(11月15日、東京・後楽園ホール)の一部出場選手を発表した。 …

後で読む
東京スポーツ

 WWE入りを控える女子プロレスラーのSareee(24)とシードリングの〝最恐スイーツ女子〟こと世志琥(27)のライバルタッグ結成が決定した。  2人は紙面上やSNSでの舌戦の末、14日と24日にシ…

後で読む
東京スポーツ

 アントニオ猪木や獣神サンダー・ライガーのユーチューブチャンネルで、71才の藤原喜明が元気な姿を披露している。  組長こと藤原喜明は、新日本プロレス時代から若手のコーチ役として知られるが、それは道場に…

後で読む
東京スポーツ

【ミスター・デンジャー松永弘光 この試合はヤバかった】ミスター・デンジャーが東スポに帰ってきた! 数々のデスマッチでプロレスファンに衝撃を与えた松永光弘氏が、中でも“ヤバかった”試合を振り返り、自らつ…

後で読む
東京スポーツ

【猪木に挑んだモンスター】昭和プロレス黄金時代、多くの「異種格闘技戦」が行われた。記念すべき第1戦は1976年2月6日、東京・日本武道館で行われたアントニオ猪木―ウィリエム・ルスカ戦。その後、多くの格…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(10日、エディオンアリーナ大阪) G1クライマックスが行われ、オカダ・カズチカが鷹木信悟を破って5勝2敗の勝ち点10とし、飯伏幸太、ジェイ・ホワイト、ウィル・オスプレイと並ぶ首位タイを守ってブロック戦残り2戦に臨むことになった。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(10日、エディオンアリーナ大阪) 20選手がA、Bの2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」Aブロック公式戦の5試合が行われ、ウィル・オスプレイがタイチを破って5勝2敗の勝ち点10とし、オカダ・カズチカ、ジェイ・ホワイト、飯伏幸太と並ぶ首位タイを守った。タイチは3勝4敗となり、ブロック敗退が決まった。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(10日、エディオンアリーナ大阪) 20選手がA、Bの2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」Aブロック公式戦の5試合が行われ、ジェイ・ホワイトが高橋裕二郎を破って5勝2敗の勝ち点10とし、オカダ・カズチカ、ウィル・オスプレイ、飯伏幸太と並ぶ首位タイをキープした。裕二郎は0勝7敗。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(10日、エディオンアリーナ大阪) 20選手がA、Bの2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」Aブロック公式戦の5試合が行われ、オカダ・カズチカが鷹木信悟を破って5勝2敗の勝ち点10とし、飯伏幸太、ジェイ・ホワイト、ウィル・オスプレイと並ぶ首位タイを守った。鷹木は3勝4敗となり、ブロック敗退が決まった。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(10日、エディオンアリーナ大阪) 20選手がA、Bの2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」Aブロック公式戦の5試合が行われ、前回優勝の飯伏幸太が鈴木みのるを破って5勝2敗の勝ち点10とし、オカダ・カズチカ、ジェイ・ホワイト、ウィル・オスプレイと並ぶ首位タイを守った。鈴木は3勝4敗となり、ブロック敗退が決まった。

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」10日大阪大会のAブロック公式戦で、ジェイ・ホワイト(27)が高橋裕二郎(39)とのバレットクラブ同門対決を制し5勝目を挙げた。  この日まで6戦…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」10日大阪大会のAブロック公式戦で、ウィル・オスプレイ(27)がタイチ(40)を下し、2敗をキープした。  サスケスペシャルをはじめとした空中殺法…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」10日大阪大会のAブロック公式戦で、オカダ・カズチカ(32)が鷹木信悟(37)を下し5勝目を挙げた。  注目のシングル初対決は、ハイレベルな攻防が…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」10日大阪大会のAブロック公式戦で、前年度覇者・飯伏幸太(38)がNEVER無差別級王者・鈴木みのる(52)を下し、5勝目を挙げた。  ローキック…

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレスは10日、暮れの祭典「2020世界最強タッグ決定リーグ戦」(11月18日、東京・新宿フェイスで開幕)の出場チームを発表した。  世界タッグ王者の諏訪魔&石川修司の「暴走大巨人」をはじめ…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスの棚橋弘至(43)が10日、ツイッターでデビューから21年がたったことを報告した。  棚橋は「プロレスラーになり、22年目を迎えました。あのときの気持ちをいつまでも」とツイート。これに…

後で読む
東京スポーツ

 現役アイドルグループ「アップアップガールズ(プロレス)」のメンバーで、東京女子プロレスのプリンセスタッグ王座を保持する渡辺未詩(20)が、V5戦に向け弾みをつけた。  ソフトボールで鍛えたパワーファ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド9日(日本時間10日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が配信され、恒例のドラフト(選手入れ替え)が行われた。  第2試合後にはステファニー・マクマホン(44)からラウンド2…

後で読む
東京スポーツ

 センダイガールズの“美仙女”岩田美香(24)の約1年5か月ぶりとなる復帰戦が、11月22日の宮城・仙台PIT大会(対戦相手未定)に決定した。岩田は昨年6月に首を負傷して長期欠場。新型コロナウイルス感…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド9日(日本時間10日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が配信され、恒例のドラフト(選手入れ替え)第3ラウンドが、第3試合の前に発表された。  何と怨敵セス・ロリンズ(34)…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド9日(日本時間10日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が配信され、SDタッグ王者の〝黒いロックスター〟こと中邑真輔(40)、セザーロ(39)組がニュー・デイ(コフィ・キング…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド9日(日本時間10日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が配信され、恒例のドラフト(選手入れ替え)が行われた。  第2試合後にはステファニー・マクマホン(44)からラウンド2…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド9日(日本時間10日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が配信され、恒例のドラフト(選手入れ替え)が行われた。  大会オープニングではステファニー・マクマホン(44)がドラフ…

後で読む
東京スポーツ

〝野獣〟藤田和之(49)が活動再開の雄たけびを上げた。約7か月ぶりにノアに参戦し、11日のエディオンアリーナ大阪第1競技場大会に出場。続いて15日には新団体「GLEAT(グレイト)」の旗揚げ戦(東京・…

後で読む
東京スポーツ

 ボランティアレスラーの〝邪道〟大仁田厚(62)が9日、自身のツイッターで動画を公開。電流爆破生誕30周年企画の第1弾として、11月29日に神奈川・鶴見青果市場で「爆破甲子園」を開催すると発表した。 …

後で読む
東京スポーツ

【赤坂英一 赤ペン!!】先日、アントニオ猪木氏がプロレスデビュー60周年を迎えたと聞いて、元巨人・清原和博氏に強烈なビンタを見舞ったことを思い出した。昔はそれぐらい、プロレスや格闘技が大好きで、観戦に…

後で読む
東京スポーツ

 9日に配信されたWWE・NXT大会で、〝暗黒の逸女〟紫雷イオ(30)のNXT女子王者を巡る戦いがますますヒートアップした。  4日配信の「NXTテイクオーバー」でキャンディス・レラエ(35)を下し、…

後で読む
東京スポーツ

 9日に配信されたWWE・NXT大会で、KUSHIDA(37)が飛躍を宣言した。  この日、KUSHIDAはオープニングで強豪トマソ・チャンパ(35)とシングル戦で激突。序盤からドロップキックやアーム…

後で読む
スポーツ報知

 1980年代前半に初代タイガーマスクと激闘を展開し“虎ハンター”と呼ばれた小林邦昭氏(64)が2000年4月21日に引退してから今年で20年となった。1972年10月に旗揚げ間もない新日本プロレスに

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」のタッグリーグ戦「ゴッデス・オブ・スターダム」(10日、エディオンアリーナ大阪第2競技場で開幕)に中野たむとのコンビで臨む白川未奈が、真のグラドルレスラーを目指す。  20…

後で読む
スポーツ報知

 プロレス新団体「GLEAT(グレイト)」が15日、東京・後楽園ホールでプレ旗揚げ戦「GLEAT Ver.0」を開催する。同団体は、エグゼクティブディレクターにUWF、リングスなどで活躍した田村潔司(

後で読む
スポーツ報知

 10月8日は長州力(68)の革命記念日だった。38年前の1982年10月8日に東京・後楽園ホールで、メキシコからの凱旋帰国試合となった6人タッグマッチで藤波辰爾(当時・辰巳)と仲間割れし、師匠のアン

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」8日岡山大会のBブロック公式戦で、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者・内藤哲也(38)がジュース・ロビンソン(31)を下し、1敗を守…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」8日岡山大会のBブロック公式戦で、ザック・セイバーJr.(33)が矢野通(42)との〝技巧派対決〟を制して3勝目を挙げた。  テクニックと狡猾さを…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」8日岡山大会のBブロック公式戦で、SANADA(32)がKENTA(39)を破り3勝目を挙げた。  GAME OVER(変型フェースロック)を許さ…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」8日岡山大会のBブロック公式戦で、EVILが棚橋弘至(43)との2敗対決を制した。  ハイフライアタックからテキサスクローバーホールドに捕らえられ…

後で読む
東京スポーツ

世界最大のプロレス団体・WWE(米国)のトップ戦線で活躍したカイリ・セイン(32)が、日本に帰ってきた。今後は国内に拠点を置き、所属選手のままWWEのプロモーションをサポートする役割を担うと発表した…

後で読む
スポーツ報知

 新日本プロレスの最強シングル決定リーグ戦「G1クライマックス30」に史上3人目の連覇をかけて参戦中の飯伏幸太(38)が8日までに自身のツイッターを更新。惜敗した前夜の鷹木信悟(37)との一戦を振り返

後で読む
スポーツ報知

 1980年代前半に初代タイガーマスクと激闘を展開し“虎ハンター”と呼ばれた小林邦昭氏(64)が2000年4月21日に引退してから今年で20年となった。1972年10月に旗揚げ間もない新日本プロレスに

後で読む
東京スポーツ

 ドラゴンゲートのオープン・ザ・ドリームゲート王者Eita(28)が悪のクーデターをもくろんでいる。Kzy(34)との初防衛戦(11月3日、エディオンアリーナ大阪)に向け「どう考えても負けないだろ。デ…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスの鷹木信悟(37)が不敵予告だ。リーグ戦「G1クライマックス」7日広島大会のAブロック公式戦では前年度覇者・飯伏幸太(38)との初の一騎打ちを制して3勝目。同じく注目の初対決となるオカ…

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2258268/

後で読む
スポーツ報知

 プロレス新団体「GLEAT(グレイト)」が15日、東京・後楽園ホールでプレ旗揚げ戦「GLEAT Ver.0」を開催する。同団体は、エグゼクティブディレクターにUWF、リングスなどで活躍した田村潔司(

後で読む
東京スポーツ

ドラゴンゲート7日の東京・後楽園ホール大会で、吉田隆司(38)とドラゴン・ダイヤのシングルマッチ後に、謎のマスクマンが乱入するハプニングがあった。  試合は序盤から吉田が持ち前のパワーでダイヤを圧倒…

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」7日広島大会のAブロック公式戦で、前年度覇者・飯伏幸太(38)が鷹木信悟(37)に敗れ2敗目を喫した。  ともに2004年デビューで同い年の両雄の…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」7日広島大会のAブロック公式戦で、ジェイ・ホワイト(27)がタイチ(40)を下して4勝目を挙げた。  セコンド・外道(51)の介入やローブローをこ…

後で読む
東京スポーツ

 ドラゴンゲート7日の東京・後楽園ホール大会でオープン・ザ・ドリームゲート王者・Eita(28)が〝スパイ〟にしてやられた。  Eitaは11月3日のエディオンアリーナ大阪・第1競技場大会の初防衛戦の…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」7日広島大会のAブロック公式戦で、ウィル・オスプレイ(27)がNEVER無差別級王者・鈴木みのる(52)との初シングルマッチを制して4勝目を挙げた…

後で読む
東京スポーツ

 東京女子プロレスは7日、第4代インターナショナルプリンセス王者のサンダー・ロサ(29)が王座を返上すると発表した。  1月に王座を戴冠したが、3月に東京、4月に米フロリダ州で予定されていた防衛戦は新…

後で読む
東京スポーツ

 ドラゴンゲートが7日、東京・後楽園ホールで会見を行い、北海道を拠点に全国展開するドラッグストアチェーン「サツドラ」が毎年開催するビッグイベント「サツドラフェス」に今年も参戦することを発表した。  期…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス団体「スターダム」は7日、「GODDESS OF STARDOM~タッグリーグ戦2020~」(10日、大阪大会で開幕)の出場選手を発表した。  リーグ戦は出場10チームをレッド、ブルーゴ…

後で読む
スポーツ報知

 1980年代前半に初代タイガーマスクと激闘を展開し“虎ハンター”と呼ばれた小林邦昭氏(64)が2000年4月21日に引退してから今年で20年となった。1972年10月に旗揚げ間もない新日本プロレスに

後で読む
スポーツ報知

 プロレス新団体「GLEAT(グレイト)」が15日、東京・後楽園ホールでプレ旗揚げ戦「GLEAT Ver.0」を開催する。同団体は、エグゼクティブディレクターにUWF、リングスなどで活躍した田村潔司(

後で読む
デイリースポーツ

全日本プロレスは6日、都内で会見を開き、24日の後楽園ホール大会で世界タッグ王者の“暴走大巨人”諏訪魔、石川修司組にアンファンテリブルの芦野祥太郎、羆嵐組が挑戦すると発表した。 前日の6人タッグで芦野、羆嵐と対戦し、誤爆から小競り合いを演じるなど不協和音を響かせて敗れた暴走大巨人。この日も「笑ってるじゃん。バカにしてるだろ」と詰め寄る諏訪魔に、石川が「しっかりせえってことですよ。誤爆したぐらいでガタガタ言って、ちっちゃい」と言い返すなど口論を続け、諏訪魔は「ケンカばっかりしてもしょうがない。負けたら暴走大巨人は解散する」と一方的に宣言してしまった。

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」6日広島大会のBブロック公式戦で、SANADA(32)がザック・セイバーJr.(33)を下して2勝目を挙げた。  過去に幾度も名勝負を繰り広げてき…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」6日広島大会のBブロック公式戦で、EVILがジュース・ロビンソン(31)を下して3勝目を挙げた。  またしても対戦相手を暗黒世界に葬り去った。カウ…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」6日広島大会のBブロック公式戦で、荒武者・後藤洋央紀(41)が矢野通(42)を相手にG1史上最速記録となる18秒での勝利を収めた。  負傷した右肩…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」6日広島大会のBブロック公式戦で、棚橋弘至(43)がKENTA(39)を下して3勝目を挙げた。  序盤から左ヒザに集中攻撃を受けた棚橋は、ドラゴン…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」6日広島大会のBブロック公式戦で、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者・内藤哲也(38)がYOSHI―HASHI(38)を下して1敗を…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスは6日、ジュニアの祭典「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア(BOSJ)」と「ワールドタッグリーグ」を年末に同時開催することを発表した。  BOSJは今年5月12日から6月6日までの開催…

後で読む
東京スポーツ

 5日に終了した全日本プロレスの祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」で全勝優勝を果たし、〝5冠王〟諏訪魔(43)の持つ3冠ベルトに挑戦が決定したゼウス(38)が6日、都内の事務所で王者・諏訪魔とと…

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレス5日の東京・後楽園ホール大会で6人タッグで激突し、試合後に「アンファン テリブル」の芦野祥太郎(30)と羆嵐(29)から世界タッグベルトへの挑戦を受けた「暴走大巨人」諏訪魔(43)&石…

後で読む
デイリースポーツ

全日本プロレスは6日、都内で会見を開き、5日にチャンピオン・カーニバル(CC)を全勝で初優勝したゼウスが、17日のエディオンアリーナ大阪第2競技場大会で三冠ヘビー級王者の諏訪魔に挑戦することを発表した。 前日に優勝を決めた後に2度目の同王座奪取に狙いを定めたゼウスは、この日も「昨日は勝った喜びに浸らせていただきましたが、今朝起きたときから気が引き締まる状態で、さあ次は三冠や、絶対獲ろうと、それしか考えてないです」と改めてアピール。「地元大阪で諏訪魔さんと、最高の舞台で、最高の相手と、最高のベルトをかけた試合ができるということで本当に気合が入っています。大阪のボクのファンのみなさん、たくさん来て下さるので、こういうコロナの時期なので、必ずベルトを獲って、喜んで帰っていただきたい」と意気込みを示した。

後で読む
デイリースポーツ

全日本プロレスは6日、都内で会見を開き、24日の後楽園ホール大会で世界タッグ王者の“暴走大巨人”諏訪魔、石川修司組にアンファンテリブルの芦野祥太郎、羆嵐組が挑戦することを発表した。 前日の後楽園ホール大会で、6人タッグ戦ながら暴走大巨人に勝利した芦野と羆嵐が挑戦を要求したことで実現した一戦。暴走大巨人はその試合で誤爆から小競り合いを演じ、試合後も口論するなど不協和音を響かせていた。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド5日(日本時間6日)発】WWEのロウ大会が配信され、〝女帝〟ことロウ女子王者アスカ(39=華名)が、次期挑戦者候補との6人タッグ戦で快勝した。  アスカは先週大会で突然、ロウ登場…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド5日(日本時間6日)発】WWEのロウ大会が配信され、レイ・ミステリオ一家を崩壊寸前に追いつめた〝マンデーナイト・メサイア〟ことセス・ロリンズ(34)が、配下のマーフィー(32)に…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド5日(日本時間6日)発】WWEのロウ大会が配信され、次回PPV大会「ヘル・イン・ア・セル」(25日=日本時間26日)で、WWE王者ドリュー・マッキンタイア(35)とレジェンドキラ…

後で読む
スポーツ報知

 1980年代前半に初代タイガーマスクと激闘を展開し“虎ハンター”と呼ばれた小林邦昭氏(64)が2000年4月21日に引退してから今年で20年となった。1972年10月に旗揚げ間もない新日本プロレスに

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレスの祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」を全勝で初制覇した“筋肉獣”ゼウス(38)が「生涯現役」を掲げた。Aブロックを4戦全勝で突破し、5日後楽園大会の優勝決定戦で、Bブロック1位の…

後で読む
スポーツ報知

 プロレス新団体「GLEAT(グレイト)」が15日、東京・後楽園ホールでプレ旗揚げ戦「GLEAT Ver.0」を開催する。同団体は、エグゼクティブディレクターにUWF、リングスなどで活躍した田村潔司(

後で読む
スポーツ報知

 40回目となる全日本プロレスの「2020チャンピオン・カーニバル」優勝決定戦が5日、東京・後楽園ホールで開催され、Aブロック1位のゼウス(38)とBブロック1位で前年覇者の宮原健斗(31)が激突し、

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・全日本」(5日、後楽園ホール) ゼウスが前年優勝の宮原健斗を破り、7度目の出場にして初優勝を史上3人目の全勝で果たした。場外でのフロントスープレックス、雪崩式脳天砕きなどの荒技を繰り出して激闘を展開。終盤に宮原の必殺シャットダウンスープレックスホールドを浴びて大ピンチに陥るが、カウント2で返す驚異の粘りを発揮し、最後はバイセップスクスロージョンからのジャックハマーで葬った。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・全日本」(5日、後楽園ホール) 大会開始前、日本時間の9月23日に60歳で死去した米国の人気タッグチーム、ザ・ロード・ウォリアーズのアニマル・ウォリアーさん(本名ジョセフ・マイケル・ロウリネイティス)の追悼セレモニーが行われた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・全日本」(5日、後楽園ホール) 10選手がA、Bの2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦「チャンピオン・カーニバル」の優勝決定戦が行われ、Aブロック1位のゼウスが前年優勝者でB組1位の宮原健斗を破り、初優勝をジャンボ鶴田、スタン・ハンセンに続く史上3人目の全勝で果たした。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・全日本」(5日、後楽園ホール) 世界タッグ王者の“暴走大巨人”諏訪魔、石川修司組が空中分解の危機に陥った。2人は田村男児を加えた3人で大森北斗、羆嵐、芦野祥太郎のアンファンテリブルトリオと対戦。だが、暴走大巨人は同士打ちの後に胸を突き合うなど不穏な空気を漂わせ、その後もギクシャクしたチームワークを続けて主導権利を握れず、最後は羆嵐が田村をダイビングセントーンで圧殺した。

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」5日高松大会のAブロック公式戦で、ジェフ・コブ(38)が前年度準Vのジェイ・ホワイト(27)から金星を挙げた。  新日本マット最強外国人の座を欲し…

後で読む
東京スポーツ

全日本プロレス5日の東京・後楽園ホール大会で、諏訪魔(43)、石川修司(45)、田村男児(21)の「エボリューション」と、芦野祥太郎(30)、羆嵐(29)、大森北斗(25)の「アンファン テリブル」…

後で読む
スポーツ報知

 40回目となる全日本プロレスの「2020チャンピオン・カーニバル」優勝決定戦が5日、東京・後楽園ホールで開催され、Aブロック1位のゼウス(38)とBブロック1位で前年覇者の宮原健斗(31)が激突し、

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」5日高松大会のAブロック公式戦で、前年度覇者・飯伏幸太(38)がウィル・オスプレイ(27)を下し、単独首位に立った。  ヘビー級転向後も驚異の空中…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」5日高松大会のAブロック公式戦で、石井智宏(44)がタイチ(40)を撃破し、2勝目を挙げた。  互いの意地と意地がぶつかり合う壮絶な消耗戦を制した…

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレス5日の東京・後楽園ホール大会での祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」優勝決定戦で〝筋肉獣〟ことゼウス(38)が前3冠ヘビー級王者の宮原健斗(31)に勝利して初制覇を果たした。  A…

後で読む
スポーツ報知

 1980年代前半に初代タイガーマスクと激闘を展開し“虎ハンター”と呼ばれた小林邦昭氏(64)が2000年4月21日に引退してから今年で20年となった。1972年10月に旗揚げ間もない新日本プロレスに

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド4日(日本時間5日)発】WWE・NXTの「NXTテイクオーバー31」が配信され、NXT王者のフィン・ベイラー(39=プリンス・デヴィット)がカイル・オライリー(33)の挑戦を退け…

後で読む
東京スポーツ

 ノアの前GHCヘビー級王者・清宮海斗(24)が“キック界の神童”こと那須川天心(22)から得た“教訓”を武器に、リーグ戦「N―1 VICTORY」優勝を狙う。4日後楽園大会のAブロック最終公式戦では…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」のワールド王者・岩谷麻優(27)が過酷な防衛ロードを覚悟した。前夜の横浜大会で朱里(31)を退けV4に成功した王者は、4日に「顎関節症みたいな感じになっていて痛いし、アザも…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド4日(日本時間5日)発】WWE・NXTの「NXTテイクオーバー31」が配信され、NXT女子王者で〝暗黒の逸女〟こと紫雷イオ(30)がかつての元盟友で怨敵キャンディス・レラエ(35…

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2248296/

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド4日(日本時間5日)発】WWE・NXTの「NXTテイクオーバー31」が配信され、NXT北米王者のダミアン・プリースト(38)が挑戦者のジョニー・ガルガノ(33)を退けて王座を防衛…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド4日(日本時間5日)発】WWE・NXTの「NXTテイクオーバー31」が配信され、元新日本プロレスのKUSHIDA(37)が、ベルベティーン・ドリーム(25)との遺恨決着戦を制した…

後で読む
スポーツ報知

 プロレス新団体「GLEAT(グレイト)」が15日、東京・後楽園ホールでプレ旗揚げ戦「GLEAT Ver.0」を開催する。同団体は、エグゼクティブディレクターにUWF、リングスなどで活躍した田村潔司(

後で読む
スポーツ報知

 プロレスリング・ノアは4日、東京・後楽園ホールで「N―1 VICTORY2020」のA、B両ブロックの最終戦を行った。

後で読む
東京スポーツ

 ドラゴンゲートの堀口元気(42)、横須賀ススム(42)組がタッグ2冠を狙う。  九州プロレスのタッグ王座を保持する2人は、4日のドラゴンゲート・アクロス福岡大会で、九州プロレスのめんたい☆キッド&野…

後で読む
東京スポーツ

   ノア4日の東京・後楽園ホール大会で行われたシングルリーグ戦「N―1 VICTORY」Bブロック公式戦で、清宮海斗(24)がGHCヘビー級王者の潮﨑豪(3 8)に勝利。3勝1敗1分けの勝ち点7でリ…

後で読む
東京スポーツ

 ドラゴンゲートの堀口元気(42)、横須賀ススム(42)組がタッグ2冠を狙う。  九州プロレスのタッグ王座を保持する2人は、4日のドラゴンゲート・アクロス福岡大会で、九州プロレスのめんたい☆キッド&野…

後で読む
東京スポーツ

 ノア4日の東京・後楽園ホール大会で行われたシングルリーグ戦「N―1 VICTORY」Bブロック公式戦で、中嶋勝彦(32)が丸藤正道(41)に勝利。4勝1敗の勝ち点8でリーグ戦を終え、優勝決定戦(11…

後で読む
東京スポーツ

 センダイガールズのワールド王者で怪物こと橋本千紘(28)と優宇の「チーム200キロ」が4日の東京・新宿フェイス大会でワールドタッグ王者のDASH・チサコ(32)、松本浩代(34)組を撃破。第10代王…

後で読む
スポーツ報知

 プロレスリング・ノアは4日、東京・後楽園ホールで「N―1VICTORY2020」のA、B両ブロックの最終戦を行った。

後で読む
東京スポーツ

 センダイガールズの総帥で女子プロ界の横綱・里村明衣子(40)が、急性胃腸炎のためドクターストップがかかり、4日の東京・新宿フェイス大会を緊急欠場した。同日朝8時に新型コロナウイルス抗原検査を受けた結…

後で読む
スポーツ報知

 プロレスリング・ノアは4日、東京・後楽園ホールで「N―1VICTORY2020」のA、B両ブロックの最終戦を行った。

後で読む
スポーツ報知

 1980年代前半に初代タイガーマスクと激闘を展開し“虎ハンター”と呼ばれた小林邦昭氏(64)が2000年4月21日に引退してから今年で20年となった。1972年10月に旗揚げ間もない新日本プロレスに

後で読む
スポーツ報知

 東京女子プロレスは3日、東京・成増アクトホールで「フォールツアー’20~WOMM(レスリング・オブ・マイ・マインド)~」を開催。今春、大学に進学した小橋マリカがギャルレスラーに変貌を遂げ、1年5か月

後で読む
東京スポーツ

〝大巨人〟アンドレ・ザ・ジャイアントがオジさんとのぼりを持っている写真。今から37年前の1983年11月20日、千葉公園体育館でのもの。  よーく写真を見ると何やら様子がおかしい。オジさんの顔が心なし…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・スターダム」(3日、横浜武道館) スターダムが横浜武道館のプロレスこけら落とし大会を開催。ドンナ・デル・モンド(DDM)率いるジュリアが予告していた新メンバーは、9月30日に東京女子を退団した万喜なつみだった。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・スターダム」(3日、横浜武道館) 王者の岩谷麻優が朱里を破って4度目の防衛に成功した。総合格闘技UFCで日本人女子初勝利を挙げた“モノが違う女”朱里の蹴り、関節技に圧倒されるも、驚異の粘りで反撃。最後はダブルダウンとなった後、蹴り連打からの原爆固め、飛龍原爆固めで葬った。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・スターダム」(3日、横浜武道館) スターダムが7月に竣工した横浜武道館のプロレスこけら落とし大会を開催。ワンダー・オブ・スターダム選手権試合は王者のジュリアが挑戦者の中野たむに勝ち初防衛に成功した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・スターダム」(3日、横浜武道館) スターダムが7月に竣工した横浜武道館のプロレスこけら落とし大会を開催。ワールド・オブ・スターダム選手権試合は、王者の岩谷麻優が朱里を破って4度目の防衛に成功した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・スターダム」(3日、横浜武道館) スターダムが7月に竣工した横浜武道館のプロレスこけら落とし大会を開催。ゴッデス・オブ・スターダム選手権試合は王者の林下詩美、上谷沙弥組が挑戦者の舞華とひめかのドンナ・デル・モンドコンビを破って初防衛に成功した。

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」3日の横浜武道館大会で、ゴッデス王者の林下詩美(22)、上谷沙弥(23)組が「ドンナ・デル・モンド(DDM)」の舞華、ひめか(23)組を下し初防衛に成功した。  挑戦者組の…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」3日の横浜武道館大会で、ワンダー王者のジュリア(26)が宿敵・中野たむを下し、V1に成功した。  雪崩式のグロリアスドライバーなど、王者は序盤から大技ラッシュ。中野の粘りに…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・スターダム」(3日、横浜武道館) スターダムが7月に竣工した横浜武道館のプロレスこけら落とし大会を開催。ドンナ・デル・モンド(DDM)率いるジュリアが予告していた新メンバーは、9月30日に東京女子プロレスを退団した万喜なつみだった。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・スターダム」(3日、横浜武道館) スターダムが7月に竣工した横浜武道館のプロレスこけら落とし大会を開催。大江戸隊とTCS(トーキョー・サイバー・スクワッド)の敗者ユニット解散ノーDQ(反則裁定なし)マッチが行われ、大江戸隊の鹿島沙希、刀羅ナツコ組がTCSの小波、ジャングル叫女組を破って解散に追い込んだ。

後で読む
東京スポーツ

 DDT3日の東京・成増アクトホール大会で、悪のユニット「ダムネーション」を追放されたカリスマ・佐々木大輔(34)が1対2のハンディキャップマッチで古巣のKO―D無差別級王者・遠藤哲哉(29)、T―H…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」3日の横浜武道館大会で、ワールド王者の岩谷麻優(27)が朱里(31)を下しV4に成功した。  序盤から一進一退の攻防を展開。そんな中、岩谷はエプロンでの原爆固めや雪崩式フラ…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」3日の横浜武道館大会で、ジュリア(26)率いるお騒がせユニット「ドンナ・デル・モンド(DDM)」の新メンバー「X」として、9月いっぱいで東京女子プロレスのレギュラー参戦契約…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」3日の横浜武道館大会での「敗者ユニット解散ノーDQマッチ」で、木村花さん(享年22)が立ち上げた「トーキョー・サイバー・スクワッド(TCS)」が「大江戸隊」に敗れ解散した。…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド2日(日本時間3日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が行われ、SDタッグ王者の中邑真輔(40)、セザーロ(39)のコンビが6人タッグ戦でルチャ・ハウス・パーティ相手にまさか…

後で読む
東京スポーツ

 東京・お台場で開催中のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL(TIF) オンライン2020」3日の屋外ステージ・スマイルガーデンでDDTが路上プロレスを開催した。  高木三四郎、納谷…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド2日(日本時間3日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が行われ、ユニバーサル王者のローマン・レインズ(35)とその従兄弟、ジェイ・ウーソ(35)による〝お家騒動〟がさらに過熱…

後で読む
東京スポーツ

 東京女子プロレス3日の東京・成増アクトホール大会で、大学受験のため昨年5月から休業中だった小橋マリカ(19)が復帰した。  タッグ戦で乃蒼ヒカリと組み、山下実優、伊藤麻希組と対戦。大日本プロレスのア…

後で読む
東京スポーツ

 東京女子プロレス3日の東京・成増アクトホール大会で、大学受験のため昨年5月から休業中だった小橋マリカ(19)が復帰した。  タッグ戦で乃蒼ヒカリと組み、山下実優、伊藤麻希組と対戦。大日本プロレスのア…

後で読む
東京スポーツ

 東京女子プロレス3日の東京・成増アクトホール大会で「プリンセスタッグ王座次期挑戦者決定戦」が行われ、天満のどかと愛野ユキの「爆れつシスターズ」が、原宿ぽむ&桐生真弥を下し、挑戦権を獲得した。  実の…

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2244402/

後で読む
東京スポーツ

プロレスユニット「ストロングハーツ」のカリスマ・CIMA(42=米AEW)が9月29日に大阪・堺市内を自転車で走行中、自動車との交通事故に遭い救急車で病院に搬送され、鼻骨骨折などで「全治1か月」の重…

後で読む
スポーツ報知

 1980年代前半に初代タイガーマスクと激闘を展開し“虎ハンター”と呼ばれた小林邦昭氏(64)が2000年4月21日に引退してから今年で20年となった。1972年10月に旗揚げ間もない新日本プロレスに

後で読む
東京スポーツ

 マット界のカリスマはやっぱり鉄人だった。プロレスユニット「ストロングハーツ」のカリスマ・CIMA(42=米AEW)が9月29日に大阪・堺市内を自転車で走行中、自動車との交通事故に遭い救急車で病院に搬…

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレスの祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」の優勝決定戦(5日、東京・後楽園ホール)、“筋肉獣”ゼウス(38)戦を控える前3冠ヘビー級王者の宮原健斗(31)が必勝を誓った。2連覇を狙う宮…

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレスの祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」の優勝決定戦(5日、東京・後楽園ホール)、前3冠ヘビー級王者の宮原健斗(31)戦を控える“筋肉獣”ゼウス(38)が必勝を誓った。初優勝を目指す…

後で読む
デイリースポーツ

元プロレスラーのアントニオ猪木氏(77)が9月30日、デビュー60周年を迎え、都内で記念会見を開いた。ボクシングWBA・IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27)=大橋=ら多くの著名人からビデオメッセージで祝福され、新型コロナウイルス感染症の収束後に「世界中にもう一回飛び出していこうと思っています」と意気込んだ。 1960年9月30日に東京・台東区体育館での大木金太郎戦でデビューしてから60年。記念の日に猪木氏はいつものように「元気ですかー!」と絶叫したが、世間はコロナ禍とあって「大きな声を出しちゃいけないんですね」と苦笑した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(1日、アオーレ長岡) 20人がA、Bの2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」Bブロック公式戦の4戦目が行われ、SANADAがIWGPヘビー級・同インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也を破り、1勝3敗とした。内藤は3勝1敗。

後で読む
サンケイスポーツ

サンケイスポーツの公式サイト、サンスポ・コム(SANSPO.COM)スポーツページです。格闘技、プロレス、ボクシングや一般スポーツのニュース、大相撲速報などを掲載しています。

後で読む
東京スポーツ

 WWEの〝海賊姫〟カイリ・セイン(32)が3日、自身のツイッターを更新し、今後の活動方針を明らかにした。 「ご報告」と題した文の中で、カイリは「今後の活動についてご報告させていただきます。選手として…

後で読む
東京スポーツ

 2日に配信されたWWE・NXT大会で、KUSHIDA(37)が「NXTテイクオーバー31」で対戦する因縁のベルベティーン・ドリーム(25)に対し「踏み台にさせてもらう」と勝利宣言。トニー・ニース(3…

後で読む
東京スポーツ

 2日に配信されたWWE・NXT大会で、NXT女子王者の〝暗黒の逸女〟紫雷イオ(30)がNXT北米王者ダミアン・プリースト(38)とタッグを組み、挑戦者&夫婦タッグのキャンディス・レラエ(35)&ジョ…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス「G1クライマックス」1日長岡大会のBブロック公式戦で、SANADA(32)がIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)を破り公式戦初勝利を挙げた。挫折からスタ…

後で読む
東京スポーツ

【和田京平 王道を彩った戦士たち】全日本プロレス和田京平名誉レフェリー(65)の連載「王道を彩った戦士たち」。第6回は先日亡くなったアニマル・ウォリアーさん(享年60)がホーク・ウォリアーさん(享年4…

後で読む
スポーツ報知

 新日本プロレスの最強シングル決定リーグ戦「G1クライマックス30」参戦中のKENTA(39)が1日の試合直後に自身のツイッターを更新。今大会で対戦する9人のレスラーを漢字1文字で表現して、話題を呼ん

後で読む
東京スポーツ

 プロレスリングZERO ONEは2日、#STRONGHEARTS所属のCIMA(42=OWE)が9月29日に自転車で走行中、自動車との交通事故(左折車と接触)に遭い、救急車で病院に搬送されたことを発…

後で読む
スポーツ報知

 1980年代前半に初代タイガーマスクと激闘を展開し“虎ハンター”と呼ばれた小林邦昭氏(64)が2000年4月21日に引退してから今年で20年となった。1972年10月に旗揚げ間もない新日本プロレスに

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス「G1クライマックス」1日長岡大会のBブロック公式戦で、SANADA(32)がIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)を破り公式戦初勝利を挙げた。挫折からスタ…

後で読む
スポーツ報知

 “東洋の神秘”ザ・グレート・カブキさん(72)=本名・米良明久=が東京・文京区小石川で経営する居酒屋「かぶき うぃず ふぁみりぃ」がコロナ禍でどうなってるか気になって立ち寄ってみると、ちょうどプロレ

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」1日新潟・長岡大会Bブロック公式戦で、ザック・セイバーJr.(33)が後藤洋央紀(41)を破り、リーグ戦2勝目を挙げた。  右肩にテーピングをして…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」1日新潟・長岡大会で、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)が、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのSANADA(3…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」1日新潟・長岡大会Bブロック公式戦で、EVILがKENTA(39)とのバレットクラブ同門対決を制し、2勝目をあげた。  極悪軍団同士の公式戦は、レ…

後で読む
東京スポーツ

 人気タレントで元女子プロレスラーの〝鬼嫁〟こと北斗晶(53)の呼びかけで発足した、新たな女子プロレス組織「アッセンブル」が1日、東京・上野恩賜公園野外ステージで第1回大会を開催した。  今大会には賛…

後で読む
東京スポーツ

 人気タレントで元女子プロレスラーの〝鬼嫁〟こと北斗晶(53)の呼びかけで発足した、新たな女子プロレス組織「アッセンブル」が1日、東京・上野恩賜公園野外ステージで第1回大会を開催した。  もともとは同…

後で読む
東京スポーツ

〝炎の戦士〟こと大谷晋二郎(48)率いる「ゼロワン」が1日、東京・千代田区の靖国神社で奉納プロレス「第18回大和神州ちから祭り」(11月3日)の公開記者会見を行った。当初、3月29日に開催予定だったが…

後で読む
東京スポーツ

 ゼロワンが1日、東京・千代田区の靖国神社で、秋炎の祭典「火祭り2020」(2日、東京・新宿フェイスで開幕)に向けての公開会見を行った。  毎年夏に開催されるのが通例の大会だが、コロナ禍で延期に。Aブ…

後で読む
スポーツ報知

 1980年代前半に初代タイガーマスクと激闘を展開し“虎ハンター”と呼ばれた小林邦昭氏(64)が2000年4月21日に引退してから今年で20年となった。1972年10月に旗揚げ間もない新日本プロレスに

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2238234/

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスの祭典「G1クライマックス」Aブロックが30日、後楽園ホールで行われた。  前年度覇者の飯伏幸太(38)がジェフ・コブ(38)を下し3勝目を挙げた。レスリングのグアム代表として、200…

後で読む
スポーツ報知

 新日本プロレスの「ゴールデン☆スター」飯伏幸太(38)が1日、自身のツイッターを更新。歯科医院で歯の本格的治療に臨むことを明かした。

後で読む
デイリースポーツ

 「プロレス・新日本」(9月30日、後楽園ホール) G1クライマックスが行われ、オカダ・カズチカが3戦全勝のタイチを破って2勝2敗とした。公式戦2戦目からテーピングを施している腰をタイチに集中攻撃され、金的攻撃からのタイチ式外道クラッチで丸め込まれる危機に陥るも脱出。最後はブラックメフィストを切り返して今大会からマネークリップと名付けられた変型コブラクラッチで失神させた。

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」30日後楽園大会のAブロック公式戦で、前年度覇者の飯伏幸太(38)がジェフ・コブ(38)を下し3勝目を挙げた。  アテネ五輪出場経験のあるレスリン…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。