「ラグビー」の記事一覧

デイリースポーツ

ラグビーの全国大学選手権で初優勝した天理大の小松節夫監督(57)と松岡大和主将(22)が19日、地元の奈良県天理市役所を訪問し、並河健市長に優勝を報告した。松岡主将は「優勝の実感は徐々にどころか、めちゃくちゃ感じている」と笑顔で語った。 並河市長が「人柄がにじみ出ていた。全国でファンも増えたのでは」と松岡主将の優勝時のインタビューを絶賛すると、主将は苦笑い。小松監督は「これだけ立派なあいさつができる主将は初めて」と笑顔で応じた。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビーの15年W杯日本代表で、今季限りで引退するトップリーグ・ヤマハ発動機のFB五郎丸歩(34)が、ラストシーズンに懸ける決意を新たにした。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビートップリーグのヤマハ発動機は19日、静岡県磐田市内で練習を行った。今季限りで現役を引退する元日本代表FB五郎丸歩(34)は、今季の開幕延期について「想…

後で読む
サンケイスポーツ

 コロナ禍で影響を受けた各界の現状や今後の展望を探る新連載。今回は、史上最多の63校が参加し桐蔭学園(神奈川)の2連覇で幕を閉じた第100回全国高校ラグビー大会(昨年12月27日-今年1月9日、大阪・花園)を検証する。開催さえ危ぶまれた中、感染者を出すことなく最後まで実施できた創意工夫、苦労とは。

後で読む
サンケイスポーツ

 全国大学ラグビー選手権で初優勝した天理大の祝勝対談が18日に行われ、小松節夫監督(57)、FL松岡大和主将(4年)らが関西ラグビー協会の萩本光威会長(61)らと語り合い、オンラインで生配信された。

後で読む
東京スポーツ

2月26日に開幕するスーパーラグビー(SR)のハイランダーズ(ニュージーランド)でプレーする日本代表ナンバー8の姫野和樹(26=トヨタ自動車)の今季トップリーグ(TL)の限定参戦がTL開幕延期で消滅…

後で読む
日刊スポーツ

将来は桜のジャージーで共演を-。全国大学ラグビー選手権で初優勝を飾った天理大の小松節夫監督(57)、フランカー松岡大和主将(4年=甲南)、CTBシオサイア・フ…

後で読む
スポーツニッポン

全国大学ラグビー選手権で初の日本一になった天理大の小松節夫監督(57)、フランカー松岡大和主将(4年)、CTBシオサイア・フィフィタ(4年)が18日、関西協会のユーチューブチャンネルに出演し、萩本光威会長(61)、中尾晃大学リーグ委員長(53)と「祝勝対談」をした。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー日本代表の松島幸太朗(27)擁するクレルモンは、ボルドーに16-16で引き分けた。クレルモンは前半13分までに2人が一時退場となり数的不利な状況に。そ…

後で読む
デイリースポーツ

【パリ共同】ラグビーのフランス1部リーグ、クレルモンの松島幸太朗は16日、敵地ボルドーで行われたボルドー戦にFBでフル出場した。チームは16-16で引き分けた。 試合は新型コロナウイルスの感染拡大で延期されていた第4節のカード。当初予定されていた国際大会の欧州チャンピオンズカップが新型コロナで中断となったことを受けて実施された。

後で読む
スポーツニッポン

クレルモンは敵地でボルドーと対戦し、16―16で今季初の引き分け。通算成績を13試合7勝5敗1分け、勝ち点35とした。2試合ぶりに先発復帰した日本代表のFB松島幸太朗(27)はフル出場を果たした。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグ(TL)の神戸製鋼は、地元神戸に笑顔を届けようと、追悼動画を公開する。阪神・淡路大震災から26年となる17日、発生時刻午前5時46分に合…

後で読む
スポーツニッポン

ラグビートップリーグ(TL)のクボタが16日、当初開幕戦のキックオフ時間だった同日午後1時から、オンラインのファンミーティングを開催し、フラン・ルディケ・ヘッドコーチ(HC)、立川理道主将が出席。1時間30分、Q&Aなどで約100人のファンと交流した。

後で読む
日刊スポーツ

関西ラグビー協会は16日、11日に閉幕した全国大学選手権で初優勝を飾った天理大の祝勝対談を行うと発表した。18日午後3時から同協会の公式YouTubeチャンネ…

後で読む
日刊スポーツ

日本ラグビー協会は15日、トップリーグ(TL)を刷新して来年1月の開幕を目指す新リーグの概要を発表した。下部のトップチャレンジリーグ(TCL)9チームを加えた…

後で読む
東京スポーツ

 2021年1月開幕予定の新リーグ参加25チームは、今季のトップリーグ(TL)成績などを基準にカテゴリーを振り分けるが、新型コロナウイルスの影響でTL不成立となった場合はどうなるのだろうか。  すでに…

後で読む
日刊スポーツ

スポーツ庁は15日、都内でラグビーの振興に関する関係者会議を開き、東京・外苑前に建設する新秩父宮ラグビー場を全面屋根付きのアリーナ型にする検討を進めた。昨年9…

後で読む
日刊スポーツ

日本ラグビー協会は15日、トップリーグ(TL)を刷新して来年1月の開幕を目指す新リーグの概要を発表した。下部のトップチャレンジリーグ(TCL)9チームを加えた…

後で読む
東京スポーツ

 日本ラグビー協会は15日、2022年1月からスタートするトップリーグ(TL)に代わる新リーグの概要を発表した。  新リーグは25チーム、3つのディビジョンで構成され、1部は12、2部は7、3部は6の…

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は15日、オンライン会見を行い、現行のトップリーグ(TL)に代わり、来年1月に開幕を目指す新リーグについて概要を発表した。 新リーグは参戦表明したTLなど25チームを1部12チーム、2部7チーム、3部6チームに分けた3部制を採用。谷口真由美新リーグ法人準備室室長は開幕時の振り分け基準について「最後のTLの順位は影響いたします。成績と事業運営力の観点です」と答えた。今季のTLの順位と観客動員など事業運営が初回の振り分けの判断材料になることを明言した。

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会が15日、ラグビー・トップリーグ(TL)に代わり、来年1月の開幕を目指す新リーグについて会見を行い、3部制の最上位となる1部を12チームとすることを発表した。すでに新リーグには25チームが参加表明済みで、2部については7チーム、3部は6チームとなる。 現行のTLから4チーム減った12チームの1部では2つのカンファレンスに分け、ホスト&ビジターで各カンファレンス6チーム総当たりの2回戦、カンファレンス間の交流戦も各1回戦(ホスト3試合、ビジター3試合)を行う。順位は勝ち点で決める。上位チームは他国のクラブと対戦するクロスボーダーマッチの出場権を得る。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビーの関東、関西、九州の3協会は15日、トップリーグの下部リーグであるトップチャレンジリーグの開幕(17日)を延期すると発表した。新型コロナウイルス感染拡…

後で読む
日刊スポーツ

日本ラグビー協会は15日、トップリーグ(TL)を刷新して22年1月の開幕を目指す新リーグの概要を発表した。新リーグは3部制で実施される。1部は12チーム、2部…

後で読む
スポーツニッポン

日本ラグビー協会は15日、トップリーグ(TL)を刷新して22年1月の開幕を目指す新リーグの概要を発表し、3部制(ディビジョン制)の最上位に当たる1部は12チームでの構成に決まった。新リーグは現TL16チームなど全25チームが参加申請を済ませており、2部は7チーム、3部は6チームとなる。

後で読む
サンケイスポーツ

 日本ラグビー協会は15日、トップリーグ(TL)を刷新して来年1月の開幕を目指す新リーグの概要を発表し、最上位の1部は12チーム構成となった。現在16チームのTLから4チーム減ることになる。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビーの関東、関西、九州の各協会は15日、今週末に予定していた3協会が主催するトップチャレンジリーグ(TCL=トップリーグの実質2部)の開幕を延期すると発表した。TCLは豊田自動織機の選手複数名に新型コロナウイルスの感染者が出たため、13日に中国電力―豊田自動織機戦の中止を発表。その後、14日にはトップリーグの開幕延期が決まったことで、各チームと協議し、TCLも開幕延期を決定した。

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は15日、オンライン会見を行い、現行のトップリーグに代わり、来年1月に開幕を目指す新リーグについて概要を発表した。 国内リーグの発展、日本代表の強化、19年W杯のような熱狂を日常とすることを目的として発足する新リーグには、TLのチームなど25チームが参加を表明しており、3部制を採用。毎年入れ替え戦を行うオープンリーグで、初回の振り分けは今季のTLの成績を参考にする予定となっている。世界基準競技レベルを求める最上位のディビジョン1(1部)は12チームの2カンファレンス制となる。ディビジョン2は7チーム、ディビジョン3は6チームとなる。またサッカーなどで定着している「ホーム&アウェー」の呼称を「ホスト&ビジター」とすることを徹底する。

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は15日、トップリーグ(TL)を刷新して来年1月の開幕を目指す新リーグの概要を発表し、最上位の1部は12チーム構成となった。現在16チームのTLから4チーム減ることになる。 新リーグは3部制で、TL全16チームと下部のトップチャレンジリーグ全9チームの計25チームが参加。2部は7チーム、3部は6チームで構成する。

後で読む
東京スポーツ

 まさに“自業自得”ということか。ラグビーのトップリーグ(TL)は16日に予定されていた開幕の延期を発表。複数のチームで多数の新型コロナウイルス感染者が出た影響で12日に開幕節2試合の中止が決定してい…

後で読む
スポーツニッポン

日本ラグビー協会は4つの代替大会方式を想定し、開幕前に中止が決まった今回は「各8チーム2組の1回戦総当たり(各チーム7試合)+下部に当たるトップチャレンジリーグ(TCL、9チーム)の4強を加えた計20チームによるトーナメント」方式での開催を目指す。

後で読む
スポーツニッポン

チーム関係者10人に陽性が出たラグビートップリーグ・神戸製鋼の福本正幸チームディレクターは「ご心配をおかけし、関係各所に申し訳ない思いでいる。同じことを繰り返さないようにしたい」と語った。

後で読む
スポーツニッポン

【記者の目】合計62人の感染者というショッキングな数字は、トップリーグ特有の事情や、ラグビーにおける感染防止対策の難しさを露見させた。

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は14日、緊急記者会見を行い、1月16、17日に開幕を予定していたトップリーグ(TL)の延期を発表した。同日までに6チームで計62人の新型コロナ陽性者が判明したため決定。出席した岩渕健輔専務理事(45)は「濃厚接触の確定にも時間がかかっており、グレーな状態で試合を進めることは難しい」と説明。大会成立要件の75%以上の試合消化が不可能となったことから大会フォーマットの変更も決まり、開幕を2月上旬から中旬に設定して大会成立を目指す。 コロナ禍により、またしてもラグビー界が激震に襲われた。16、17日から始まるはずだったTL開幕の延期が決定。岩渕専務理事は「3チームから新たな陽性者が出た。現状すでに2試合が中止で、濃厚接触者の確定にも時間がかかっており、グレーな状況のまま試合を進めることはできない」と苦渋の決断を説明した。

後で読む
スポーツニッポン

 日本ラグビー協会は14日、今週末に予定していたトップリーグ(TL)2021の開幕を、2月に延期すると発表した。12日に3チーム44人の新型コロナウイルスの感染者を発表し、2試合の中止を発表していたが、この日までに新たに3チーム計18人の陽性者が判明し、安全な大会運営が困難だと判断した。日本協会では大会方式を見直した上で、2月初旬から中旬の開幕を目指す考えを示した。

後で読む
スポーツニッポン

今月12日から東京都府中市で新年初の合宿を行っている7人制ラグビー男子日本代表に10カ月ぶりに合流した石田吉平(20=明大)が14日、オンライン取材に応じ、「東京五輪は選手でいるうちで一度しかないこと。一番大きな大会。チャレンジしたい」と五輪代表入りへの意気込みを語った。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビートップリーグ(TL)ヤマハ発動機のFB五郎丸歩(34)が14日夜、自身のツイッターに「自分自身でコントロールできること、できないことあるけど、できないことより出来ることにフォーカスするほうが人生は楽しい。」と投稿した。この日、開幕延期が決まったトップリーグに関し、自身の思いをつづったとみられる。

後で読む
日刊スポーツ

日本ラグビー協会は14日、トップリーグ(TL)の3チームに新たな新型コロナウイルス感染者が計18人出たことを受け、16日の開幕を延期すると発表した。12日に発…

後で読む
サンケイスポーツ

 ラグビー7人制男子で第3次五輪スコッドに入った石田吉平(明大2年)が14日、東京・府中市での練習後にオンライン会見に応じた。

後で読む
サンケイスポーツ

 日本ラグビー協会は14日、トップリーグ(TL)のチームに新型コロナウイルスの感染が拡大していることから16日の開幕を延期すると発表した。既に発表していた3チーム、44人の感染に加え、新たに3チームの計18人が陽性者となり、安全な大会運営が困難と判断した。2月上旬から中旬の開幕を目指し、期間短縮に伴って大会方式も変更する。

後で読む
日刊スポーツ

今季限りで引退を表明しているラグビー元日本代表FB五郎丸歩(34)のラストシーズン開幕戦も延期になった。所属するヤマハ発動機は16日に神戸製鋼と対戦する予定だ…

後で読む
東京スポーツ

 ラグビーのトップリーグ(TL)は、複数のチームに新型コロナウイルスの陽性者が出たことで16日の開幕が延期となり、今季の国立競技場開催を断念した。  今季の国立開催は、16日に日本代表キャプテンのリー…

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は14日、緊急会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大により16日に予定していたトップリーグ(TL)の開幕を延期することを発表した。それにより、大会フォーマットの変更も決定した。 会見に出席した岩渕健輔専務理事は「決定の背景ですが、3チームから新たな陽性者が出た。現状すでに2試合の中止で、さらに多くの試合の中止をする必要が出てきた。濃厚接触者の確定にも時間がかかっており、グレーな状況のまま試合を進めることはできない。現状のフォーマットではリーグ成立(要件)の75%が難しい」と説明した。

後で読む
スポーツニッポン

日本ラグビー協会は14日、今週末の開幕を予定していたトップリーグ(TL)2021について、約1カ月をめどに延期すると発表した。年明けから同日までに、計6チームの62人の選手・スタッフが新型コロナウイルス感染症の検査で陽性反応を示したため。12日に発表していたトヨタ自動車―サントリー戦など2試合に加え、新たに3試合の中止を余儀なくされたことで、開幕自体を延期する措置に踏み切った。新たな開幕日を2…

後で読む
東京スポーツ

 日本ラグビー協会は14日、選手などに新型コロナウイルスの陽性者が多数出たため、16日に予定されていたトップリーグ(TL)の開幕を延期すると発表した。  この日は神戸製鋼で10人、東芝で5人、NECで…

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は14日、オンラインで臨時会見を行い、16日に開幕予定だったラグビートップリーグ(TL)の開幕日を延期することを発表した。大会は代替フォーマットを変更し、新たに2月中旬を目標に開幕日を設定して開催する。 岩渕専務理事は「決定の背景として、3チームから新たな陽性者が出ています。相当数の陽性者があり、濃厚接触者の確定にも時間がかかっており、現状2試合の中止をお伝えしていますが、さらに多くの試合の中止となる状況になりました」と説明した。

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は14日、新型コロナの感染者が多数出て開幕節2試合の中止が決まっていたトップリーグに関し、16日の開幕を延期すると発表した。新たに3チームから計18人の陽性者が出たことで、安全な大会運営が困難と判断した。トップリーグの太田治チェアマンは、2月初旬から中旬の開幕を目指す考えを示した。大会方式を変更して実施する。 日本協会は12日にキヤノンで24人、トヨタ自動車で13人、サントリーで7人の陽性者が出たと発表。各チームには定期的な検査結果の報告を義務付けており、14日には神戸製鋼で10人、東芝で5人、NECで3人が新たに陽性者として発表された。

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は14日、緊急会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大により16日に予定していたトップリーグ(TL)の開幕を延期することを発表した。感染者の回復、濃厚接触者の特定の状況を見極めながら大会フォーマットの変更も含めて2月初旬から中旬にかけての開幕を目指す。 会見に臨んだTLの太田治チェアマンは国立競技場での開幕戦開催を断念する方針を明らかにした。当初、16日の東芝-NTTコミュニケーションズが国立競技場で行われる予定だったが、今回の延期を受け「国立での開催につきましては、あの日時がギリギリ。新たに国立でやることは厳しいかなと認識しています」と難しいことを示した。

後で読む
日刊スポーツ

開幕2日前の異例の決断となった。ラグビーのトップリーグ(TL)は14日、オンラインで記者会見を開き、新型コロナウイルスの影響で16日に予定していた開幕の延期を…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビーのトップリーグ(TL)は14日、オンラインで記者会見を開き、新型コロナウイルスの影響で16日に予定していた開幕の延期を発表した。開幕日は2月初旬から中…

後で読む
スポーツニッポン

日本ラグビー協会は14日、今週末に予定していたトップリーグ(TL)2021の開幕について、計6チームに新型コロナウイルス感染症の検査で陽性反応を示す選手が出ていることから、延期すると発表した。当初の大会フォーマットを変更し、2月初旬~中旬をめどに、改めて開幕を目指す。

後で読む
サンケイスポーツ

 ラグビートップリーグ(TL)の神戸製鋼は14日、チーム関係者10人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。チームは12日午後以降、全員に自宅待機を指示し、活動を停止している。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビーのトップリーグ(TL)の神戸製鋼は14日、チーム関係者10人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。

後で読む
スポーツニッポン

日本ラグビー協会は14日、今週末に予定していたトップリーグ(TL)2021の開幕について、複数のチームに新型コロナウイルス感染症の検査で陽性反応を示す選手が出ていることから、延期することを決定した。少なくとも1カ月程度は開幕を遅らせる見込み。同日午後に緊急のオンライン記者会見を開き、詳細を説明する。

後で読む
東京スポーツ

 ラグビートップリーグ(TL)の神戸製鋼は14日、チーム関係者10人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを明らかにした。  チームによると、11日以降に体調不良を訴えた関係者2人が12日に抗原検…

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの感染者が多数出て開幕節2試合の中止が決まったラグビーのトップリーグに関し、日本ラグビー協会が16日の開幕を延期することが14日、関係者への取材で分かった。日程がずれ込むため、大会方式の見直しも検討する。大会運営の観点から、感染拡大が落ち着くまで待つ必要があると判断したとみられる。同日午後に記者会見を開いて説明する。 日本協会は12日にキヤノンで24人、トヨタ自動車で13人、サントリーで7人の陽性者が出たと発表。東芝でも2人の感染者が明らかになった。各チームには定期的な検査結果の報告を義務付けているが、感染が拡大している恐れがある。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビートップリーグの神戸製鋼は14日、チーム関係者10人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表した。 チームによると、11日以降に体調不良を訴えた関係者2人が12日に抗原検査を行い、陽性判定を受けた。また、11日にチーム関係者の定期PCR検査を実施したところ、抗原検査陽性者を含む10人が陽性判定を受けた。現在は陽性判定者の一部は保健所の指示に従い療養を開始している。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー、トップリーグ(TL)の神戸製鋼は14日、チーム関係者10人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。 チームによると、11日以降に関係者2人が体調不良を訴え、12日の抗原検査でそれぞれ陽性反応を示した。また11日に関係者全員に実施した定期的なPCR検査の結果、抗原検査で陽性だった2人を含む10人が陽性判定を受けた。

後で読む
日刊スポーツ

日本ラグビー協会は14日、16日開幕予定のトップリーグ(TL)の大会開催に関する記者会見(オンライン)を、14日午後0時半から行うと発表した。新型コロナウイル…

後で読む
日刊スポーツ

全国大学ラグビー選手権で、天理大が早大を55-28と圧倒し、悲願の日本一をつかみ取った。勝利にはトンガ人留学生のCTBシオサイア・フィフィタ(4年)と、ロック…

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスの感染者が多数出て開幕節2試合の中止が決まったラグビーのトップリーグに関し、日本ラグビー協会が16日の開幕を延期することが14日、関係者への…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグ(TL)の神戸製鋼は14日、チーム関係者10人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表した。16日には今季限りで現役引退を表明し…

後で読む
サンケイスポーツ

 新型コロナウイルスの感染者が多数出て開幕節2試合の中止が決まったラグビーのトップリーグに関し、日本ラグビー協会が16日の開幕を延期することが14日、関係者への取材で分かった。大会運営の観点から、感染拡大が落ち着くまで待つ必要があると判断したとみられる。同日午後に記者会見を開いて説明する。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー・トップリーグのNECが13日、今月16、17日のリーグ開幕へ向けてオンライン取材に応じた。NECでは昨年9月、部員7人の新型コロナ陽性が判明し、活動休止を経験。主将のフランカー亀井亮依(26)は「チームにとってはいい機会になった」と振り返り、対策への意識がより高まったという。 浅野良太ヘッドコーチ(HC)は「特に室内、ミーティング時間の設定、冬で非常に寒いが、かなり換気しながらクラブハウスを利用している。選手はウエートトレーニング中のマスクの着用。特に室内での飛沫の感染対策を行っている」と具体的な感染防止策を明かした。

後で読む
デイリースポーツ

緊急事態宣言に愛知、岐阜両県が追加されたことを受け、東海地区のスポーツ関係者はさまざまな反応を示した。 愛知県豊田市に拠点を置くラグビーのトップリーグ、トヨタ自動車は13人の新型コロナウイルス陽性者が出て16日の今季初戦が中止となっている。広報担当者は「県をまたぐ移動が制限されたら試合はできるのか」と今後へ不安を漏らした。

後で読む
日刊スポーツ

関東ラグビー協会は13日、トップリーグ(TL)下部のトップチャレンジリーグで開幕日の17日に行う予定だった中国電力-豊田自動織機(福岡)を中止すると発表した。…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグ(TL)のNECが13日、日本協会主催のオンライン会見を行った。17日の開幕戦(埼玉・熊谷)では、5季ぶりの優勝を狙うパナソニックと対戦…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグ(TL)のパナソニックは13日、21年度の新加入選手を発表した。SO山沢京平(22=明大)とSH本堂杏虎(あとら、22=日体大)の2人が…

後で読む
デイリースポーツ

関東ラグビー協会は13日、トップリーグ(TL)下部のトップチャレンジリーグで17日の開幕日に行われる予定だった中国電力-豊田自動織機(福岡・ベスト電器スタジアム)を中止すると発表した。豊田自動織機の選手8人が新型コロナウイルスに感染し、チームが出場見合わせを申し出た。 豊田自動織機のホームページによると8人の体調に異常はない。中止に伴い、両チームに勝ち点2が与えられる。17日の同会場での九州電力-コカ・コーラは実施する。

後で読む
日刊スポーツ

あっという間に2021年になった。そんな感覚だ。年が明け、箱根駅伝で駒大が13年ぶり7度目の優勝を果たした。大学ラグビーは全国選手権の準決勝と決勝が行われ、早…

後で読む
日刊スポーツ

関東ラグビー協会は13日、トップリーグ(TL)下部のトップチャレンジリーグで17日の開幕日に行われる予定だった中国電力-豊田自動織機(福岡・ベスト電器スタジア…

後で読む
サンケイスポーツ

 ラグビー・トップリーグ(TL)のパナソニックは13日、明大でSOとFBを務めた山沢京平(22)と、日体大SHの本堂杏虎(あとら、22)のU-20(20歳以下)日本代表経験者2人が新加入すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

 ■1月13日 「過度の防御反応や警戒で互いを傷つけ合うことこそコロナ禍」。奈良県天理市の並河健市長(42)が訴えたのは昨年8月だった。天理大ラグビー部で新型コロナウイルスのクラスターが発生。一般学生まで教育実習受け入れ拒否やバイトの出勤停止に遭った。見かねた市長は自ら会見に臨み「不当な差別につながる」と力説した。

後で読む
東京スポーツ

 ラグビー界に衝撃が走った。16日に開幕するトップリーグ(TL)を前に、サントリーで7人、トヨタ自動車で13人、キヤノンで24人の選手、スタッフらが新型コロナウイルス陽性と判明。サントリ―トヨタ自動車…

後で読む
スポーツニッポン

全国大学ラグビー選手権でチーム初、関西勢36大会ぶりの日本一になった天理大が12日、試合から一夜明け、雪が降る中、奈良県天理市の天理教の施設に参拝して優勝を報告した。フランカー松岡大和主将(4年)は「ひた向きにがんばり続ければいいことがある。そこが天理のカラー。出身高校や個人の実績の名前で勝負するのではなく、ひた向きにやってほしい」と後輩にバトンを渡した。

後で読む
スポーツニッポン

今季のトップリーグ(TL)には大物外国人選手が続々と加入したが、今回感染者が出たサントリーではニュージーランド代表SO/FBボーデン・バレットのTLデビューが先送りになった。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビー・トップリーグ(TL)は現行制度最後のシーズンとなる今季は、各8チーム2組で総当たり戦を行う第1ステージ後に、トップチャレンジリーグ(TCL、9チーム総当たり戦)の4強を加えた計20チームが各5チーム4組で総当たり戦を行う第2ステージを実施。各組上位2チームが5月8日開始のプレーオフに進出し、同23日の決勝(秩父宮)で最後のタイトルが争われる。

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は12日、開幕するトップリーグ(TL)第1節のトヨタ自動車-サントリー(16日、豊田スタジアム)と、リコー-キヤノン(17日、駒沢陸上競技場)の2試合の中止を発表した。 同日までにトヨタ自動車13人、サントリー7人、キヤノン24人の新型コロナ陽性者が確認され、開催に必要な体制が整わないことから中止が決定した。規定により代替試合をせず、引き分け扱いとなり両チームに勝ち点2を加算する。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビー界での感染拡大について、太田チェアマンは「現時点で、ラグビー活動で(濃厚接触の)認定された事例は聞いていない」と説明し、競技活動が原因ではないことを強調した。

後で読む
スポーツニッポン

 日本ラグビー協会は12日、今週末に開幕を迎えるトップリーグ(TL)の第1節8試合のうち、16日のトヨタ自動車―サントリー戦(豊田ス)、17日のリコー―キヤノン戦(駒沢)の2試合を中止すると発表した。リコーを除く3チームに、選手・スタッフ計44人の新型コロナウイルス感染症陽性者が確認されたため。また東芝も、選手2人の陽性を確認したと発表。濃厚接触者は4チームで計95人となった。新型コロナによる開…

後で読む
サンケイスポーツ

 日本ラグビー協会は12日、16日に開幕するトップリーグ(TL)で初日に行われるサントリー-トヨタ自動車(愛知・豊田スタジアム)と、17日のキヤノン-リコー(東京・駒沢陸上競技場)の2試合を中止すると発表した。当該3チームで新型コロナウイルスの感染者が計44人確認された。昨季は第6節までを消化して中止となったTLが、早くも窮地に立たされた。

後で読む
サンケイスポーツ

 ラグビーの全国大学選手権最終日は11日、東京・国立競技場で決勝が行われ、天理大(関西1位)が2連覇を狙った早大(関東対抗戦2位)を55-28で破り、初優勝を果たした。関西勢では1984年度に3連覇した同大以来36大会ぶりの大学日本一に輝いた。

後で読む
サンケイスポーツ

 16日に開幕するラグビーのトップリーグで新型コロナウイルスの感染者が多数出たため2試合を中止にしたことを受け、太田治チェアマンが12日、オンラインで記者会見し「予防策、行動管理を徹底し、安全な大会運営を目指して大会の成立に尽力したい」と述べ、移動時などの対策を強化する考えを示した。感染防止のガイドラインを見直す。

後で読む
東京スポーツ

 コロナから身を守るためには――。ラグビー・トップリーグ(TL)で複数チームから多数の新型コロナウイルス感染者が出たことを受け、太田治チェアマン(55)が今後の予防案について言及した。  ラグビーなど…

後で読む
デイリースポーツ

16日に開幕するラグビーのトップリーグで新型コロナの感染者が多数出たため2試合を中止にしたことを受け、太田治チェアマンが12日、オンラインで記者会見し「予防策、行動管理を徹底し、安全な大会運営を目指して大会の成立に尽力したい」と述べ、移動時などの対策を強化する考えを示した。感染防止のガイドラインを見直す。 各チームには2週間に1度の定期検査を義務付けている。今回の結果報告は14日が締め切りで、今後結果が出るチームもある。感染者が出たチームによると、一緒に練習したことで濃厚接触者に認定された可能性もある。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー・トップリーグ(TL)の太田治チェアマンは12日、今月16、17日に開幕するトップリーグ(TL)第1節のトヨタ自動車-サントリー(16日、豊田スタジアム)とリコー-キヤノン(17日、駒沢陸上競技場)の2試合の中止決定を受けてオンライン会見を行った。「楽しみにしていたファンには申し訳なく思っている。政府が出している方針のもとに安心安全を担保しつつガイドラインも準備していたが、コロナの怖さ、脅威を感じている」と語った。 同日までにトヨタ自動車で13人、サントリーで7人、キヤノンで24人の計44人の新型コロナ陽性者が確認され、各チームで開催に必要な体制が整わないことから中止が決定した。

後で読む
デイリースポーツ

2019年のラグビーW杯で史上初のベスト8進出に貢献し、笑わない男として有名な稲垣啓太(30)=パナソニックワイルドナイツ=が12日、自身のツイッターを更新し、「地元新潟のみんな、大雪で大変だとお聞きしました。コロナだの大雪だの色々あるが、こんな時こそ皆で助け合おうぜ」とつづった。 また、中華料理チェーン大手の「餃子の王将」が、福井県内の国道で立ち往生する車の運転手らに無料でギョーザやチャーハンなどの温かい料理を無料で振る舞ったことに触れ、「餃子の王将さんのニュース、漢だと思った。カッケェよ」と書き込んだ。きっと“笑顔”で拍手を送っていたに違いない。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビートップリーグのヤマハ発動機は12日、静岡県磐田市内で全体練習を行った。今季限りで現役引退する元日本代表FB五郎丸歩(34)は小雨の中、16日のリーグ開…

後で読む
日刊スポーツ

日本ラグビー協会は12日、16日に開幕するトップリーグ(TL)第1節2試合の中止を発表した。16日のトヨタ自動車-サントリー(愛知・豊田ス)と17日のリコー-…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグ(TL)のパナソニックのフッカー坂手淳史主将(27)が12日、日本協会主催のオンライン会見に出席し、新型コロナウイルス感染拡大により開幕…

後で読む
日刊スポーツ

長らく止まっていた、時計の針が動き始めた。2021年1月11日、全国大学ラグビー選手権決勝。3度目の決勝に臨んだ天理大は早大を55-28で圧倒し…

後で読む
東京スポーツ

 ラグビー・トップリーグ(TL)の太田治チェアマン(55)が12日、オンライン取材に応じ、ラグビー界を襲う新型コロナウイルス禍について語った。  TLでは、トヨタ自動車で13人、サントリーで7人、キヤ…

後で読む
デイリースポーツ

16日に開幕するラグビー・トップリーグのパナソニックが12日、オンラインで記者会見し、フッカーの坂手主将は「準備万端で試合を楽しみに待っている。タイトル獲得を目指して全員で戦っていければ」と2015~16年シーズン以来の優勝へ意気込んだ。 新型コロナウイルス禍で昨季は途中で打ち切られ、今季も開幕節の2試合が中止に。坂手は「大変な時期でも、ラグビーができる幸せをかみしめながらゲームをしたい」と熱っぽく語った。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビーのトップリーグ(TL)で「トップ8」を目指すNTTドコモのヨハン・アッカーマン新ヘッドコーチ(HC、50)が12日、世界的スターの仕上がりに太鼓判を押…

後で読む
スポーツニッポン

11日の全国大学ラグビー選手権決勝で早大を下し、36大会ぶりに関西勢で優勝した天理大ラグビー部の松岡大和主将(4年)とシオサイア・フィフィタ(4年)が12日、NHKの「ほっと関西」(後6・10、月~金、関西ローカル)に生出演。日本一に立った喜びを語った。

後で読む
東京スポーツ

 ラグビー日本代表のリーチ・マイケル(32)らが所属するトップリーグ(TL)の東芝は12日、選手2人が9日までに新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。  7日にチーム全選手とスタッフがPCR…

後で読む
日刊スポーツ

日本車いすラグビー連盟は12日、千葉市の千葉ポートアリーナで24日に開催予定だった無観客リモートマッチ2試合の延期を発表した。同試合は22~24日に同会場で予…

後で読む
スポーツニッポン

ラグビートップリーグ(TL)の東芝は12日、選手2人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。日本ラグビー協会も同日午前、トヨタ自動車、サントリー、キヤノンの3チームの選手・スタッフ計44人が陽性判定を受けたと発表。開幕節となる16日のトヨタ自動車―サントリー戦(愛知・豊田スタジアム)、17日のリコー―キヤノン戦(東京・駒沢陸上競技場)の中止を決定しており、影響が広がっている。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー・トップリーグ(TL)の東芝は12日、選手2人が9日までに新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。11日には所属選手5人が濃厚接触者に指定され、チームは8日から全選手・スタッフにチーム活動の停止と自宅待機を指示し、9日にはクラブハウスおよび関連施設の消毒を実施したという。活動再開の時期については所管する公的機関やチームドクターとも相談しながら決めていく。 東芝は開幕となる16日にNTTコミュニケーションズ戦(東京・国立競技場)を控えており、開催については今後検討される。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビートップリーグ(TL)の東芝は12日、選手2人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。日本ラグビー協会も同日午前、トヨタ自動車、サントリー、キヤノンの3チームの選手・スタッフ計44人が陽性判定を受けたと発表。開幕節となる16日のトヨタ自動車―サントリー戦(愛知・豊田スタジアム)、17日のリコー―キヤノン戦(東京・駒沢陸上競技場)の中止を決定しており、影響が広がっている。

後で読む
東京スポーツ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の大会組織委員会の森喜朗会長(83)が12日、組織委職員へ向けた年頭あいさつを行った。  新型コロナウイルス禍で開催ピンチの東京五輪について、森会長は「皆さんの力合…

後で読む
東京スポーツ

ラグビーの欧州チャンピオンズカップの主催者は11日、新型コロナウイルス変異種の感染拡大のため、大会を中断すると発表した。公衆衛生上のリスクが高すぎるとして、フランス政府から1月に予定されていた同国チ…

後で読む
スポーツニッポン

日本ラグビー協会は12日、今月16日に開幕するラグビートップリーグ(TL)のトヨタ自動車―サントリー戦(16日、愛知・豊田スタジアム)、リコー―キヤノン戦(17日、東京・駒沢陸上競技場)の開催中止を発表した。日本協会によれば、同日までに実施した新型コロナの各種検査で、トヨタ自動車に13人、サントリーに7人、キヤノンに24人の陽性者が確認されたため。22年1月の新リーグ創設を控え、今季が現行では…

後で読む
東京スポーツ

 ラグビー・トップリーグ(TL)は12日、トヨタ自動車―サントリー(16日、豊田スタジアム)とリコー―キヤノン(17日、駒沢オリンピック公園陸上競技場)の開幕カード2試合を中止することを発表した。  …

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は12日、トップリーグ(TL)第1節のトヨタ自動車-サントリー(16日、豊田スタジアム)とリコー-キヤノン(17日、駒沢オリンピック公園陸上競技場)の2試合の開催中止を決定したと発表した。 同日までにトヨタ自動車で13人、サントリーで7人、キヤノンで24人の新型コロナウイルス感染症陽性者が確認され、各チームにおいて試合開催に必要な体制が整わないことから協議の上、2試合の開催中止を決定した。

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は12日、16日に開幕するトップリーグ(TL)で初日に行われるサントリー-トヨタ自動車(愛知・豊田スタジアム)と、17日のキヤノン-リコー(東京・駒沢陸上競技場)の2試合を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染者が多数出たためで、陽性の人数はキヤノンが24人、トヨタ自動車が13人、サントリーが7人。試合は引き分け扱いとなり、両チームに勝ち点2が与えられる。 今季は第1ステージで16チームが2組に分かれて1回戦総当たりのリーグ戦を実施。全てのチームが進む第2ステージを経て8チームによるプレーオフを実施する。

後で読む
日刊スポーツ

日本ラグビー協会は12日、16日に開幕するトップリーグ(TL)2試合の中止を発表した。16日のサントリー-トヨタ自動車(愛知・豊田ス)と17日のキヤノン-リコ…

後で読む
サンケイスポーツ

 日本ラグビー協会は12日、16日開幕予定のトップリーグ(TL)第1節のトヨタ自動車-サントリー(16日、豊田スタジアム)とリコー-キヤノン(17日、駒沢陸上競技場)の2試合の開催を中止とすると発表した。

後で読む
スポーツニッポン

日本ラグビー協会は12日、今月16日に開幕するラグビートップリーグ(TL)のトヨタ自動車―サントリー戦(16日、愛知・豊田スタジアム)、リコー―キヤノン戦(17日、東京・駒沢陸上競技場)の開催中止を発表した。日本協会によれば、同日までに実施した新型コロナのPCR検査で、トヨタ自動車に13人、サントリーに7人、キヤノンに24人の陽性者が確認されたため。22年1月の新リーグ創設を控え、今季が現行で…

後で読む
デイリースポーツ

「ラグビー・全国大学選手権・決勝、天理大55-28早大」(11日、国立競技場) 3度目の決勝に臨んだ天理大(関西1位)が2連覇を狙った早大(関東対抗戦2位)を55-28で破り、初優勝を果たした。前半を29-7で折り返すと、後半も猛攻を続けて計8トライを奪い、決勝では史上最多となる55得点で快勝した。大黒柱のCTBシオサイア・フィフィタ(4年)の2アシストを受けたCTB市川敬太(4年)が4トライと暴れ回った。関西勢の制覇は1984年度に故平尾誠二さんを擁して3連覇した同大以来36大会ぶり。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビーの欧州チャンピオンズカップの主催者は11日、新型コロナウイルス変異種の感染拡大により大会を中断すると発表した。フランス政府が今月予定されていた同国チー…

後で読む
日刊スポーツ

天理大(関西1位)が、3度目の決勝で初優勝を飾った。2連覇を懸けた早大(関東対抗戦2位)に55-28。決勝最多55得点で圧倒した。関西勢の優勝は故平尾誠二さん…

後で読む
日刊スポーツ

天理大のCTBシオサイア・フィフィタ(4年)が日本一に貢献した。前半41分、ゴール前5メートルでボールを受け取った際、寄せてくる相手に反応し、CTB市川に素早…

後で読む
スポーツニッポン

18年度から3シーズン、早大ラグビー部を指揮した相良南海夫(なみお)監督(51)が、本年度限りで勇退することが11日、複数の関係者への取材で分かった。

後で読む
デイリースポーツ

「全国大学ラグビー選手権・決勝、天理大55-28早大」(11日、国立競技場) “東高西低”の大学ラグビーについに風穴を開けた。コーチ時代からチームを作り上げて28年目となる天理大の小松節夫監督(57)は3度目の決勝舞台でついに悲願を達成した。関西勢で前回優勝した1984年度の同大に当時、1年生として所属していた指揮官。関東勢に挑み、はね返され続けてきたラグビー人生だった。

後で読む
デイリースポーツ

「全国大学ラグビー選手権・決勝、天理大55-28早大」(11日、国立競技場) 3度目の決勝に臨んだ天理大(関西1位)が2連覇を狙った早大(関東対抗戦2位)を55-28で破り、初優勝を果たした。前半を29-7で折り返すと、後半も猛攻を続けて計8トライを奪い、決勝では史上最多となる55得点で快勝した。大黒柱のCTBシオサイア・フィフィタ(4年)の2アシストを受けたCTB市川敬太(4年)が4トライと暴れ回った。関西勢の制覇は1984年度に故平尾誠二さんを擁して3連覇した同大以来36大会ぶり。

後で読む
サンケイスポーツ

 ラグビー大学選手権準決勝(11日、天理大55-28早大、国立)天理大(関西1位)が昨季王者の早大(関東対抗戦2位)に計8トライの猛攻で55-28で快勝し、3度目の決勝で初優勝を果たした。55得点は決勝史上最多で、関西勢の優勝は平尾誠二さん(故人)を擁した同志社大が3連覇した1984年度以来36大会ぶり。昨年8月に部員62人が新型コロナウイルスに集団感染した困難を乗り越え、史上10校目の頂点に立った。2連覇の夢が絶たれた早大NO・8丸尾崇真主将(4年)にとっては、これが第一線で最後の試合となった。

後で読む
サンケイスポーツ

 ラグビー大学選手権準決勝(11日、天理大55-28早大、国立)早大NO・8丸尾崇真主将(4年)の思いは、かなわなかった。2連覇を目指し、関西王者の天理大に立ち向かったが、相手CTB市川敬太(4年)に4トライを許すなど計8トライを奪われ、28-55の完敗。丸尾にとって、これが第一線で最後の試合となった。本紙評論でおなじみ元日本代表WTB吉田義人氏(51)は天理大の密集戦、ディフェンスでの圧力を勝因に挙げた。

後で読む
サンケイスポーツ

 ラグビー大学選手権準決勝(11日、天理大55-28早大、国立)天理大(関西1位)が昨季王者の早大(関東対抗戦2位)に計8トライの猛攻で55-28で快勝し、3度目の決勝で初優勝を果たした。55得点は決勝史上最多で、関西勢の優勝は平尾誠二さん(故人)を擁した同志社大が3連覇した1984年度以来36大会ぶり。昨年8月に部員62人が新型コロナウイルスに集団感染した困難を乗り越え、史上10校目の頂点に立った。2連覇の夢が絶たれた早大NO・8丸尾崇真主将(4年)にとっては、これが第一線で最後の試合となった。

後で読む
デイリースポーツ

「全国大学ラグビー選手権決勝・天理大55-28早大」(11日、国立競技場) 3度目の決勝に臨んだ天理大(関西1位)が2連覇を狙った早大(関東対抗戦2位)を55-28で破り、初優勝した。関西勢では1984年度に3連覇した同大以来36大会ぶりの大学日本一。天理大は計8トライを奪い、決勝では史上最多となる55得点で圧倒した。

後で読む
日刊スポーツ

天理大(関西1位)が、3度目の決勝で初優勝を飾った。2連覇を懸けた早大(関東対抗戦2位)に55-28。決勝最多55得点で圧倒した。関西勢の優勝は故平尾誠二さん…

後で読む
スポーツニッポン

昨年度は5万7345人だった新しい国立競技場での決勝の観衆は、1万1411人だった。

後で読む
デイリースポーツ

「全国大学ラグビー選手権・決勝、天理大55-28早大」(11日、国立競技場) 早大(関東対抗戦2位)は決勝史上最多失点となる55失点で、27点差をつけられ2007、08年度以来の連覇を逃した。前後半4トライずつを奪われ計8トライを許した。相良南海夫監督は「想定したより天理大の力があった」と認めるしかなかった。

後で読む
日刊スポーツ

天理大(関西1位)が、3度目の決勝で初優勝を飾った。2連覇を懸けた早大(関東対抗戦2位)に55-28。決勝最多55得点で圧倒した。関西勢の優勝は故平尾誠二さん…

後で読む
日刊スポーツ

天理大(関西1位)が、3度目の決勝で初優勝を飾った。2連覇を懸けた早大(関東対抗戦2位)に55-28。決勝最多55得点で圧倒した。関西勢の優勝は故平尾誠二さん…

後で読む
日刊スポーツ

“無名の男”が日本一の主将になった。天理大フランカーの松岡大和主将は、部員168人をまとめ上げた。コロナ禍で迎えた日本一決定戦。昨秋から徹底していた天理市外へ…

後で読む
日刊スポーツ

天理大(関西1位)が、3度目の決勝で初優勝を飾った。2連覇を懸けた早大(関東対抗戦2位)に55-28。決勝最多55得点で圧倒した。関西勢の優勝は故平尾誠二さん…

後で読む
日刊スポーツ

天理大(関西1位)が、3度目の決勝で初優勝を飾った。2連覇を懸けた早大(関東対抗戦2位)に55-28。決勝最多55得点で圧倒した。関西勢の優勝は故平尾誠二さん…

後で読む
サンケイスポーツ

 ラグビーの全国大学選手権最終日は11日、東京・国立競技場で決勝が行われ、天理大(関西1位)が2連覇を狙った早大(関東対抗戦2位)を55-28で破り、初優勝を果たした。

後で読む
日刊スポーツ

天理大の初優勝は、関西勢の悲願だった。岡仁詩監督(故人)率いる同志社が84年度に3連覇して以降、関西の大学は「打倒関東」を合言葉にしてきたが、勝てない暗黒時代…

後で読む
サンケイスポーツ

 ラグビーの全国大学選手権最終日は11日、東京・国立競技場で決勝が行われ、天理大(関西1位)が2連覇を狙った早大(関東対抗戦2位)を55-28で破り、初優勝を果たした。関西勢では1984年度に3連覇した同大以来36大会ぶりの大学日本一に輝いた。

後で読む
デイリースポーツ

「全国大学ラグビー選手権・決勝、天理大55-28早大」(11日、国立競技場) 天理大が8トライの猛攻で、悲願の初優勝。2年連続17回目の優勝を狙った早大を圧倒した。

後で読む
日刊スポーツ

早大(関東対抗戦2位)が、歴代最多失点を喫して2連覇を逃した。悲願の初優勝を遂げた天理大(関西1位)に55点を奪われ、最後まで前回王者として健闘したものの、今…

後で読む
スポーツニッポン

ラグビーの第57回全国大学選手権は11日、国立競技場で早大―天理大の決勝が行われ、天理大が8トライするなど全国大学選手権決勝最多の55点を奪って快勝し、悲願の初優勝を勝ち取った。3度目進出の決勝でついにつかんだ大学日本一。関西勢では第19回大会から21回大会まで3連覇した同大以来36大会ぶりの快挙となった。

後で読む
東京スポーツ

 全国大学ラグビー選手権の決勝が11日、国立競技場で行われ、天理大が早稲田大を55―28で下し、初の大学日本一に輝いた。関西勢の優勝は、1984年度の同志社大以来、36大会ぶりとなった。  天理大は前…

後で読む
デイリースポーツ

ラグビーの大学日本一を決める第57回全国大学選手権決勝は11日、東京・国立競技場で行われ、天理大が連覇を狙った早稲田大に55-28で勝ち、3度目の挑戦で初優勝を飾った。関西勢の制覇は1984年度に故平尾誠二さんを擁して3連覇した同志社大以来36大会ぶり。 新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が再発令された中、観客を入れて開催された。天理大はシーズン前のクラスター(感染者集団)発生を乗り越え、史上10校目の頂点に立った。

後で読む
日刊スポーツ

天理大が悲願の日本一に輝いた。前半3分、ゴール前5メートルからターンオーバー。CTB市川に渡り先制トライを奪った。前半だけ4トライと29-7で前半を折り返した…

後で読む
日刊スポーツ

天理大が悲願の日本一に輝いた。前半3分、ゴール前5メートルからターンオーバー。CTB市川に渡り先制トライを奪った。前半だけで4トライと29-7で前半を折り返し…

後で読む
日刊スポーツ

天理大が初の大学日本一に輝いた。関西勢としては3連覇した同大以来、36大会ぶりの快挙。天理大の攻撃の中心にいたのが、トンガ出身のCTBシオサイア・フィフィタ(…

後で読む
日刊スポーツ

天理大が初優勝を決めた。関西勢の優勝は、82~84年度に同志社が史上初の3連覇を達成して以来、36大会ぶりとなった。3連覇した当時の同志社を振り返る。★82年…

後で読む
日刊スポーツ

天理大が悲願の日本一を手にした。この日、4トライを決めたCTB市川敬太(4年)は高校時代、大阪の公立校である日新高出身。距離的に花園から近いが、全国大会という…

後で読む
スポーツニッポン

ラグビーの第57回全国大学選手権は11日、国立競技場で早大―天理大の決勝が行われ、天理大が8トライするなど全国大学選手権決勝最多の55点を奪って快勝し、悲願の初優勝を勝ち取った。3度目進出の決勝でついにつかんだ大学日本一。関西勢では第19回大会から21回大会まで3連覇した同大以来36大会ぶりの快挙となった。早大は序盤からペースをつかめず連覇はならなかった。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビーの第57回全国大学選手権は11日、国立競技場で早大―天理大の決勝が行われ、天理大が8トライするなど全国大学選手権決勝最多の55点を奪って快勝し、悲願の初優勝を勝ち取った。3度目進出の決勝でついにつかんだ大学日本一。関西勢では第19回大会から21回大会まで3連覇した同大以来36大会ぶりの快挙となった。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビーの第57回全国大学選手権は11日、国立競技場で早大―天理大の決勝が行われ、天理大が8トライするなど全国大学選手権決勝最多の55点を奪って快勝し、悲願の初優勝を勝ち取った。3度目進出の決勝でついにつかんだ大学日本一。関西勢では第19回大会から21回大会まで3連覇した同大以来36大会ぶりの快挙となった。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビーの第57回全国大学選手権は11日、国立競技場で早大―天理大の決勝が行われ、天理大が8トライするなど全国大学選手権決勝最多の55点を奪って快勝し、悲願の初優勝を勝ち取った。3度目進出の決勝でついにつかんだ大学日本一。関西勢では第19回大会から21回大会まで3連覇した同大以来36大会ぶりの快挙となった。

後で読む
デイリースポーツ

「全国大学ラグビー選手権・決勝、早大-天理大」(11日、国立競技場) 2年連続17回目の優勝を狙う早大と、悲願の初Vを目指す天理が激突。試合開始直後から天理が主導権を握り、29-7とリードして前半を折り返した。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー全国大学選手権決勝が11日、東京・国立競技場で行われた。初優勝を狙う天理大(関西1位)と12大会ぶりの2連覇を目指す早大(関東対抗戦2位)が激突した。…

後で読む
スポーツニッポン

緊張。東京都杉並区上井草にある早大ラグビー部の施設には、その2文字が揮毫された大きな紙が、クラブハウスエリアとグラウンドエリアを分ける金網ゲートに掲示されている。書いたのは、副務を務める中谷百音(もね)さん。「丸尾組」世代の1人として、天理大との大学選手権決勝で、4年間のマネジャー生活に別れを告げる。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー全国大学選手権の決勝が11日、東京・国立競技場で行われる。午後1時15分キックオフ。早大は2連覇、天理大は初優勝を狙う。<対戦成績(大学選手権)>早大…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー全国大学選手権決勝が今日11日、東京・国立競技場で行われる。12大会ぶりの2連覇を目指す早大(関東対抗戦2位)は10日、上井草グラウンドで最終調整。天…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー全国大学選手権決勝が11日、東京・国立競技場で行われる。初優勝を狙う天理大(関西1位)と12大会ぶりの2連覇を目指す早大(関東対抗戦2位)が激突する。…

後で読む
日刊スポーツ

全国大学ラグビー選手権で2連覇を目指す早大(関東対抗戦2位)が10日、東京・上井草で翌11日の決勝(東京・国立競技場)に向けた最後の練習を行った。ファイナルに…

後で読む
日刊スポーツ

全国大学ラグビー選手権で初優勝を狙う天理大(関西1位)が、過去16度優勝で2連覇を目指す早大(関東対抗戦2位)に立ち向かう。11日に東京・国立競技場で行われる…

後で読む
東京スポーツ

日本サッカー協会は10日、にフットボールカンファレンスをオンラインで開催し、J1名古屋やイングランド・プレミアリーグのアーセナルなどを率いたアーセン・ベンゲル氏(71)が日本サッカー強化のために提言…

後で読む
サンケイスポーツ

 ラグビーの全国大学選手権は11日、東京・国立競技場で早大(関東対抗戦2位)-天理大(関西1位)の決勝が行われる。2連覇を狙う早大は10日、東京・上井草で1時間足らずの前日練習。9日に全国高校大会で2連覇を果たした桐蔭学園(神奈川)出身のSH小西泰聖(たいせい、2年)は「後輩に自信をもらった」と、闘志を新たにした。関西勢として同大以来、36大会ぶりの頂点を目指す天理大は会場を視察するなど、初優勝へ気合を入れた。

後で読む
日刊スポーツ

全国大学ラグビー選手権で2連覇を目指す早大(関東対抗戦2位)が10日、東京・上井草で翌11日の決勝(東京・国立競技場)に向けた最後の練習を行った。天理大(関西…

後で読む
日刊スポーツ

全国大学ラグビー選手権で2連覇を目指す早大(関東対抗戦2位)が10日、東京・上井草で翌11日の決勝(東京・国立競技場)に向けた最後の練習を行った。ファイナルに…

後で読む
東京スポーツ

 ラグビーのフランス1部クレルモン・日本代表FB松島幸太朗(27)が、自身のツイッターで母校・桐蔭学園の全国高校ラグビー大会連覇を祝福した。  桐蔭学園が9日の決勝で京都成章に32―15で勝利し、2年…

後で読む
デイリースポーツ

桐蔭学園OBのラグビー日本代表FB松島幸太朗(27)=クレルモン=が10日、自身のツイッターを更新し、母校の全国高校ラグビー連覇を祝福した。 松島は自身のアカウント(@kouta121315)で「今の高校生はスキルレベルが高い!改めて2連覇おめでとうございます!とにかく強かった!」と後輩たちを称えた。(1月10日午前7時12分の投稿より引用)

後で読む
日刊スポーツ

第100回全国高校ラグビー大会決勝戦から一夜明けた10日、2連覇を達成した桐蔭学園(神奈川)の選手たちは家路についた。新型コロナウイルスの影響で例年行われてい…

後で読む
日刊スポーツ

節目の第100回記念大会を、桐蔭学園(神奈川)が制した。決勝で初優勝を狙った京都成章を32-15で下し、2大会連続3度目の優勝を飾った。2連覇は第89~91回…

後で読む
デイリースポーツ

「全国高校ラグビー大会・決勝、桐蔭学園32-15京都成章」(9日、花園ラグビー場) 桐蔭学園(神奈川)が史上9校目の連覇を達成した。初優勝を狙った京都成章に32-15で勝利し3度目の優勝を飾った。前半を10-10の同点で折り返したが、後半に3トライを重ねて、ディフェンスが自慢の京都成章を突き放した。今大会はシード校が1回戦から登場したため、桐蔭学園は史上初めて6勝を挙げての優勝となった。第100回の今大会は史上最多63校が出場して無観客で開催された。

後で読む
スポーツニッポン

後半2分に勝ち越しの決勝トライを決めた桐蔭学園のフランカー粟飯原(あいはら)は「全て想定内でした」と胸を張った。「成章さんはターンオーバーすると必ず外にボールを運ぶ」と踏んで守備に入ったところに相手のパスミスのボールが転がってきた。ミーティングでは書記を務め、チームの先頭で対戦相手の戦力分析を進めてきた。決勝でも試合直前までラグビーノートをチェック。スカウティング力も光る大会連覇だった。

後で読む
デイリースポーツ

「全国高校ラグビー大会・決勝、桐蔭学園32-15京都成章」(9日、花園ラグビー場) 桐蔭学園(神奈川)が史上9校目の連覇を達成した。初優勝を狙った京都成章に32-15で勝利し3度目の優勝を飾った。前半を10-10の同点で折り返したが、後半に3トライを重ねて、ディフェンスが自慢の京都成章を突き放した。今大会はシード校が1回戦から登場したため、桐蔭学園は史上初めて6勝を挙げての優勝となった。第100回の今大会は史上最多63校が出場して無観客で開催された。

後で読む
スポーツニッポン

11日のラグビー全国大学選手権決勝(東京・国立競技場)で対戦する早大と天理大は9日、登録メンバー23人を発表した。2大会連続17度目の大学日本一を目指す早大は、2日の準決勝・帝京大戦から先発1名を変更。伊藤大祐(1年)に代わり12番で先発する平井亮佑(4年)が、天理大のスーパーエース、CTBシオサイア・フィフィタ(4年)封じに挑む。

後で読む
スポーツニッポン

今年3月にW杯ニュージーランド大会のアジア最終予選(香港)を控えるラグビー女子日本代表候補のンドカ・ジェニファ(流通経大)が9日、合宿を行っている千葉県勝浦市でオンライン取材に応じた。合宿は6日に始まり、あす10日が最終日。父がナイジェリア出身のンドカは「まだ合宿参加回数は少ないが、みなさん優しく、整った環境でラグビーができている。(立場は)チャレンジャー。常に高みを目指す」と充実した表情で語…

後で読む
デイリースポーツ

「全国高校ラグビー大会・決勝、桐蔭学園32-15京都成章」(9日、花園ラグビー場) 京都成章の“ジャイアン”こと193センチの大型ロック本橋拓馬(3年)は終了間際の後半30分に1トライ返して意地を見せた。17点差の敗戦に「悔しいですけど、やることはやった。相手がすべて一枚上でした。本当に強かった」と完敗を認めた。

後で読む
日刊スポーツ

初の花園決勝で、京都成章が力尽きた。連覇を狙う桐蔭学園に対し、前半2分にFB辻野隼大(3年)が先制PG、同30分にSH宮尾昌典(3年)がトライを決め、前半を1…

後で読む
日刊スポーツ

2連覇を達成した桐蔭学園の藤原秀之監督は、教え子を素直にたたえた。特に、コロナ禍でも愚直に頑張り続けた3年生への賛辞が絶えなかった。「難しいシーズンの中で、選…

後で読む
日刊スポーツ

2連覇を果たした桐蔭学園(神奈川)の藤原監督が日頃心掛けていることに、ユーモアを織り交ぜる点がある。「大事なのは緩急。緩めるところと、厳しくするところを分けて…

後で読む
日刊スポーツ

優勝した桐蔭学園(神奈川)のOBで元日本代表WTBの四宮洋平さん(42)は、母校が初めて花園の地を踏んだ時に主力で活躍した1人だ。後輩たちの頑張りを「桐蔭らし…

後で読む
サンケイスポーツ

 ラグビーの全国大学選手権決勝(11日、国立競技場)で2連覇が懸かる早稲田大は新型コロナウイルス対策のため、優勝した時だけ歌うことが許される部歌「荒ぶる」をグラウンドで歌わないことになった。早稲田大の相良南海夫監督が9日、明らかにし「(会場外で)歌を歌う場所だけはつくろうかなと思っている」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

 第100回全国高校ラグビー大会決勝(9日、京都成章15-32桐蔭学園、花園)瞳に涙を浮かべつつも、満足感を漂わせた。京都成章の大黒柱、LO本橋拓馬(3年)は穏やかな表情で試合を振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

 “東の横綱”が2連覇だ! シード校同士の決戦は、桐蔭学園(神奈川)が後半に22得点を挙げて突き放し、京都成章(京都)に32-15で勝利。2大会連続3度目の優勝を果たした。連覇は2009~11年度に3連覇した東福岡以来で、史上9校目(11度目)。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため全試合が無観客で実施された異例の大会で、史上最多63校の頂点に立った。

後で読む
日刊スポーツ

広島ドラフト2位の森浦大輔投手(22=天理大)が早大との全国大学ラグビー選手権決勝(11日、国立)に進んだ大学の同級生にエールを送った。チームの中心選手でもあ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

全国大学ラグビー選手権(11日、東京・国立競技場)決勝で対戦する早大と天理大のスターティングメンバーが9日、発表された。ともに準決勝から1人ずつメンバーを入れ…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビーの名門・明大フランカー繁松哲大(4年=札幌山の手)が本家仕込みのジャッカルを武器にトップリーグで暴れる。今春のNTTドコモ入りが内定。大学2年の終わり…

後で読む
日刊スポーツ

京都成章は花園出場13度目で初の決勝に臨んだが、優勝はならなかった。試合終了の瞬間、万歳で飛び上がる桐蔭学園(神奈川)フィフティーンを横に肩を落とした。前半2…

後で読む
スポーツニッポン

史上最多63校がそろう第100回全国高校ラグビー大会の決勝が9日、花園ラグビー場(大阪府東大阪市)で行われ、前回大会の覇者・桐蔭学園(神奈川)が、32-15で、初優勝を狙う京都成章(京都)を破り、大会連覇を達成した。桐蔭学園は2大会連続で3度目の優勝。89回から91回まで3連覇した東福岡以来、史上9校目の連覇を果たした。

後で読む
スポーツニッポン

史上最多63校がそろう第100回全国高校ラグビー大会の決勝が9日、花園ラグビー場(大阪府東大阪市)で行われ、前回大会の覇者・桐蔭学園(神奈川)が、32-15で、初優勝を狙う京都成章(京都)を破り、大会連覇を達成した。桐蔭学園は2大会連続で3度目の優勝。89回から91回まで3連覇した東福岡以来、史上9校目の連覇を果たした。

後で読む
デイリースポーツ

第100回全国高校ラグビー大会は9日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で決勝が行われ、桐蔭学園(神奈川)が京都成章を32-15で下し、2大会連続3度目の優勝を果たした。2連覇は第89~91回大会を3連覇した東福岡以来。 桐蔭学園は前半を10-10で折り返した。後半、フランカー粟飯原のトライで勝ち越し、その後も着実に得点した。初の決勝に臨んだ京都成章は、京都勢では第85回大会の伏見工(現京都工学院)以来となる頂点を逃した。

後で読む
日刊スポーツ

桐蔭学園(神奈川)が京都成章(京都)を32-15で下し、前回大会に続けて優勝。戦後6校目となる連覇を達成した。東日本勢では、第73回大会(1993年度)と第7…

後で読む
日刊スポーツ

桐蔭学園(神奈川)が京都成章(京都)を32-15で下し、前回大会に続けて優勝。史上9校目となる連覇を達成した。東日本勢では、第73回大会(1993年度)と第7…

後で読む
日刊スポーツ

全国大学ラグビー選手権(11日、東京・国立競技場)決勝で対戦する早大と天理大のスターティングメンバーが9日、発表された。ともに準決勝から1人ずつメンバーを入れ…

後で読む
デイリースポーツ

 「全国高校ラグビー大会・決勝、桐蔭学園32-15京都成章」(9日、花園ラグビー場) 桐蔭学園(神奈川)が10-10で迎えた後半に強力な突破力で京都成章(京都)を突き放して2大会連続3度目の優勝(両校優勝含む)を果たした。

後で読む
スポーツニッポン

史上最多63校がそろう第100回全国高校ラグビー大会の決勝が9日、花園ラグビー場(大阪府東大阪市)で行われ、前回大会の覇者・桐蔭学園(神奈川)が、32-15で、初優勝を狙う京都成章(京都)を破り、大会連覇を達成した。

後で読む
デイリースポーツ

「全国高校ラグビー・決勝、京都成章-桐蔭学園」(9日、花園ラグビー場) 京都成章(京都)-桐蔭学園(神奈川)の決勝の先発メンバーが発表された。初優勝を狙う京都成章は準決勝・東福岡戦を負傷で回避したCTB松沢駿平(3年)が12番で復帰。準決勝で12番に入った辻野隼大主将(3年)がFBに回った。

後で読む
日刊スポーツ

第100回全国高校ラグビー大会は9日、大阪・花園ラグビー場で決勝戦を行う。<決勝戦アラカルト>◆初の6試合V 1回戦~決勝戦が最大6試合の大会(50、60、6…

後で読む
日刊スポーツ

全国高校ラグビー大会は9日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で決勝が行われ、ともにシード校の桐蔭学園(神奈川)と京都成章が対戦する。総合力で桐蔭学園が優位に立つ…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビーのトップリーグ(TL)を刷新して設立し、来年1月の開幕を目指す新リーグに関し、3部制の1部を12チームで開催する案が有力となっていることが8日、関係者…

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、無観客で開催されてきた第100回全国高校ラグビー大会は9日、東大阪市の花園ラグビー場で決勝を迎える。2大会連続3回目の優勝を狙う桐蔭学園(神奈川)と決勝初進出で初頂点を目指す京都成章(京都)の激突。本紙評論家の砂村光信氏(61=元U―23日本代表監督)が決戦のポイントを指摘した。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグ(TL)のヤマハ発動機のロック大戸裕矢主将(30)が8日、今季限りで現役引退する元日本代表FBの五郎丸歩(34)に花道を飾ることを宣言し…

後で読む
スポーツニッポン

現行のラグビー・トップリーグ(TL)に代わり、来年1月の開幕を目指す新リーグについて、3部制の1部を12チームで開催する案が有力となっていることが8日、関係者への取材で分かった。新リーグには合計25チームが参加表明済みで、2部については7チーム、3部は6チームとなることが有力。日本ラグビー協会が来週にも説明する見込み。

後で読む
デイリースポーツ

「全国高校ラグビー大会・決勝、京都成章-桐蔭学園」(9日、花園ラグビー場) 初優勝を狙う京都成章(京都)は8日、奈良市内のグラウンドで約1時間半の最終確認を行った後、オンライン会見を行い、決戦への意気込みを語った。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビーのトップリーグ(TL)を刷新して設立し、来年1月の開幕を目指す新リーグに関し、3部制の1部を12チームで開催する案が有力となっていることが8日、関係者への取材で分かった。現在のTL16チームから4チーム減らし、拮抗した試合の増加を図る。 昨年発表する予定だったが、調整が遅れて先送りしていた。より実力の近いチームで競わせる8チームや10チームの案も候補に挙がるが、注目度の高い1部のチーム数が大きく減ることの懸念や海外リーグと交流する可能性を残して日程を確保するため、12チームを2組に分けて開催する案で調整している。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー・トップリーグ(TL)東芝のトッド・ブラックアダーヘッドコーチ(HC、49)と共同主将のSH小川高廣(29)、フランカー徳永祥尭(28)が8日、開幕へ向けてオンライン取材に応じた。 開幕戦は有観客での実施方針が正式に発表され、東京・国立競技場でNTTコミュニケーションズとの初戦に臨む東芝。トッド・ブラックアダーHCは「コロナの状況の中でも試合ができることは、うれしい」と実施することに感謝し「ファンにとってわくわくした時間が訪れるようにしたい」と誓った。

後で読む
スポーツニッポン

第100回全国高校ラグビー大会(東花園市・花園ラグビー場)決勝を翌日に控えた8日、決勝へ進出した両校がオンライン取材に応じた。戦後6校目の大会2連覇に挑む桐蔭学園(神奈川)は神戸市内で約1時間の最終調整後に会見に臨み、藤原秀之監督は「相手は非常に守りが堅いし、今年は例年に増して攻撃力もアップしている」と決勝初進出の京都成章(京都)を評価。「我々としてはしっかりとトライを防いで、得点できればと思…

後で読む
デイリースポーツ

全国高校ラグビー大会は9日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で決勝が行われ、2連覇を狙う桐蔭学園(神奈川)と初優勝を目指す京都成章が対戦する。決勝前日の8日は両校がプレーを最終確認した。 選手の動きをチェックした桐蔭学園の藤原監督は「体が軽くなっている。雰囲気は非常に明るい」と語った。

後で読む
日刊スポーツ

第100回全国高校ラグビー大会は9日、大阪・花園ラグビー場で決勝戦を行う。両校は8日、リモート取材に応じ、決勝への意気込みを語った。初優勝を狙う京都成章は昨年…

後で読む
日刊スポーツ

高校ラグビー界の常識を変える。2連覇を目指す桐蔭学園の藤原秀之監督やNO8佐藤健次主将(3年)が決勝の京都成章戦前日の8日、会見を開き、意気込みを語った。前回…

後で読む
スポーツニッポン

ラグビー・トップリーグの神戸製鋼の関係者が8日、神戸市役所を表敬訪問した。フランカーのトム・フランクリン共同主将(30=ニュージーランド)は「去年はシーズンが途中で打ち切りになり優勝ができなかった。その分、今年のチームはハングリー精神がある。開幕2戦が、ヤマハ発動機とパナソニックという強豪と戦う。最初から力を出さないといけない」と開幕ダッシュを宣言した。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビートップリーグ(TL)ヤマハ発動機の堀川隆延監督、ロック大戸裕矢主将が8日、今月16日の開幕を控え、日本協会主催のオンライン合同取材会に出席。今季限りの引退を表明した元日本代表のFB五郎丸歩の花道を飾ることを誓った。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビートップリーグ(TL)日野の箕内拓郎新ヘッドコーチ(HC)、No・8堀江恭祐、SHオーガスティン・プルの両共同主将が8日、今月16日の開幕を控え、日本協会主催のオンライン合同取材会に出席。昨年3月に発生した部員の麻薬取締法違反容疑での逮捕・起訴から出直しを図るシーズンに向け、元日本代表主将の箕内HCは「まずラグビーをやる以前に、チームで話し合い、チームにカルチャーをつくろうと半年間やって…

後で読む
日刊スポーツ

全国大学ラグビー選手権決勝(11日、東京・国立競技場)の早大-天理大戦は観客を入れて開催される。日本協会の岩渕健輔専務理事(45)が8日、オンラインで会見し、…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグ(TL)の神戸製鋼が8日、神戸市役所を表敬訪問した。16日の開幕戦で、今季限りで引退する元日本代表FB五郎丸歩(34)が在籍するヤマハ発…

後で読む
東京スポーツ

 日本ラグビー協会は8日、全国大学選手権決勝の早大―天理大(11日、東京・国立競技場)を観客を入れて開催すると発表した。  緊急事態宣言により、イベントは最大5000人かつ収容率50%以下に制限される…

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は8日、東京・国立競技場で11日に行われる全国大学選手権決勝の早大-天理大について、観客を入れて開催すると発表した。緊急事態宣言でイベントは最大5千人かつ収容率50%以下に制限されるが、既に販売したチケットは適用されないとの政府見解を受け、約1万7千枚は入場可能とする。 16日開幕のトップリーグ(TL)も販売済みチケットは有効とし、今後はチケット販売に上限を設けて開催する方針。払い戻しには応じる。オンラインで記者会見した日本協会の岩渕健輔専務理事は「全ての人の協力を得て、ワンチームになって乗り越えたい」と述べた。

後で読む
スポーツニッポン

日本ラグビー協会は8日、11日に東京・国立競技場で行われる全国大学選手権決勝(早大―天理大)について、観客を入れて開催すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令で、大規模イベントは最大5000人かつ収容率50%以下に制限されるが、既に販売したチケットは適用されないとの政府見解を受け、販売済みの約1万7000枚は入場可能とする。希望者には払い戻しにも応じる。

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は8日、1都3県への緊急事態宣言発令を受けて今後の対応に関するオンライン会見を行った。11日に東京・国立競技場で行われる全国大学選手権決勝(早大-天理大)について、予定通り観客を入れて開催することを発表した。 出席した岩渕健輔専務理事は「大前提として、政府の指針に従ってやっていく」とした上で「今回の緊急事態宣言の中では、スポーツそのものが制限される要請はないと思っている。スポーツそのものが置かれている立場は不明確だが、不要不急の活動に当たらないのではないかと考えている。十分な対策をして大会そのものは活動していきたい」と説明した。

後で読む
スポーツ報知

 日本ラグビー協会の岩渕健輔専務理事は8日、オンラインで取材に応じ、新型コロナ感染拡大による緊急事態宣言を受け、11日の全国大学選手権決勝(東京・国立競技場)、16日開幕のトップリーグなど有観客を予定

後で読む
日刊スポーツ

緊急事態宣言の再発令で、日本ラグビー協会は、全国大学選手権決勝(11日・国立競技場)を観客を入れて開催する方針であることが7日、関係者への取材で分かった。イベ…

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー・トップリーグ(TL)NTTコミュニケーションズのフランカー金正奎(29)が7日、今月16日のTL開幕に向けたオンライン取材に応じ、今季新加入した元スコットランド代表SHグレイグ・レイドロー(35)を改めて絶賛した。 昨年11月に合流し、すでに練習試合にも出場しているレイドロー。金は「グレイグはとにかく若手にもコミュニケーションを取ってくれる。時には日本語を交えながら分かりやすく伝えてくれる」と謙虚になじもうとしている姿を明かした。

後で読む
デイリースポーツ

緊急事態宣言の再発令でイベントの観客数が制限される中、日本ラグビー協会は、早稲田大と天理大が対戦する全国大学選手権決勝(11日・国立競技場)を観客を入れて開催する方針であることが7日、関係者への取材で分かった。イベントでは最大5千人かつ収容率50%以下などに厳格化されたが、既に販売したチケットには適用されないとの政府見解を受け、先行抽選で売った約1万7千枚は入場可能とする。 日本協会は8日に今後の対応を説明する。16日開幕のトップリーグ(TL)も、販売済みチケットは同様に扱って開催することを検討している。

後で読む
スポーツニッポン

 11日に東京・国立競技場で行われるラグビーの全国大学選手権決勝(早大―天理大)について、大会を主催する日本ラグビー協会が観客を入れて開催する方針を固めたことが7日、関係者への取材で分かった。

後で読む
サンケイスポーツ

 緊急事態宣言の再発令でイベントの観客数が制限される中、日本ラグビー協会は、早稲田大と天理大が対戦する全国大学選手権決勝(11日、国立競技場)を観客を入れて開催する方針であることが7日、関係者への取材で分かった。イベントでは最大5000人かつ収容率50%以下などに厳格化されたが、既に販売したチケットには適用されないとの政府見解を受け、先行抽選で売った約1万7000枚は入場可能とする。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビー・トップリーグの神戸製鋼が7日、開幕前の最後の練習試合をホンダと行った。昨夏に日本国籍を取得したNo・8ルイ・ナエアタ(26)が後半大暴れ。1トライを含む3トライに絡み、58―26の大勝に貢献した。

後で読む
日刊スポーツ

全国高校ラグビー大会は9日、大阪・花園ラグビー場で決勝戦・京都成章(京都)-桐蔭学園(神奈川)を行う。出場13度目で初の決勝に臨む京都成章・湯浅泰正監督(56…

後で読む
日刊スポーツ

第100回全国高校ラグビー大会は京都成章と桐蔭学園(神奈川)の決勝(9日、大阪・花園ラグビー場)を残すのみとなった。昨季準優勝だった御所実(奈良)は、順々決勝…

後で読む
サンケイスポーツ

 16日に開幕するラグビー、トップリーグ(TL)のNTTコミュニケーションズなど4チームの主将らが7日、オンライン取材に応じた。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令されても、既にチケットが販売済みの第1、2節は約2万枚が売れた東京・国立競技場での東芝-NTTコミュニケーションズを含め観客数を減らさず開催する予定。第3、4節以降は5000枚を上限とする方針だ。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビートップリーグ(TL)宗像サニックスのコーリー・ブラウン・ヘッドコーチ(HC)、ロック福坪龍一郎、No・8ダン・プライアーの両共同主将が7日、今月16日の開幕を控え、日本協会が主催したオンラインでの合同取材会に出席。コロナ禍を乗り越え、チーム一丸で最後のTLシーズンに臨む決意を明かした。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビートップリーグ(TL)NTTコミュニケーションズのヒュー・リースエドワード・ヘッドコーチ(HC)、フランカー金正奎、ロック中島進護の両共同主将が7日、今月16日の開幕を控え、日本協会が主催したオンラインでの合同取材会に出席。今季からチームに加わったスコットランド代表前主将のSHグレイグ・レイドローについて、異口同音に絶賛した。

後で読む
日刊スポーツ

全国高校ラグビー大会に出場した熊本西で、ラグビー部員による暴力があり、暴力をふるった3年生2人は、昨年12月28日から停学処分中であることが7日、分かった。同…

後で読む
日刊スポーツ

9日の全国高校ラグビー大会決勝(大阪・花園ラグビー場)に進出した桐蔭学園(神奈川)は、大会2連覇まであと1勝に迫っている。99回大会(2019年度)で母校を初…

後で読む
日刊スポーツ

日本車いすラグビー連盟は7日までに、新型コロナウイルス感染拡大の影響で千葉市の千葉ポートアリーナで22~24日に開催予定だった日本選手権を中止すると発表した。…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグ(TL)のサントリーに新加入したニュージーランド代表88キャップを誇るSOボーデン・バレット(29)が6日、都内で入団会見を行った。16…

後で読む
日刊スポーツ

全国高校ラグビー大会は、ともにシード校の桐蔭学園(神奈川)と京都成章が決勝に進んだ。桐蔭学園は2大会連続3度目、京都成章は初優勝を狙う。   ◇   ◇   …

後で読む
スポーツニッポン

日本ラグビー協会は6日、トップリーグ(TL)第1節で17日に埼玉・熊谷ラグビー場で行われるパナソニック―NECのチケット販売を7日で終了すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、埼玉県から販売停止の要請を受けたため。既に約8000枚が売れている。

後で読む
デイリースポーツ

初の大学ラグビー日本一を狙う天理大が大学選手権決勝・早大戦(11日・国立)に向けて6日、天理市内で練習を公開した。新型コロナウイルス対策で声を出しての応援が制限される中、フランカー松岡大和主将(4年)は「アウェーの雰囲気もなくなる」と追い風に受け止めた。 松岡は「『メイジコール』がすごかった」と2年前の明大戦を思い返す。有利の予想の中、天理大は17-22で準優勝に終わった。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー・トップリーグ(TL)のサントリーに新加入したニュージーランド代表SOボーデン・バレット(29)が6日、都内で入団会見を行った。 12月1日に来日したバレットは、すでに1カ月以上を過ごし、より日本に夢中になっている。特に食については「新鮮さに驚いている」と絶賛。好きな日本食に「刺し身、すし、豚骨ラーメン、焼き肉」を挙げた。ただ「コロナ禍で外食する機会がなく、チームメートから誘ってもらっているが行けていない」と嘆いた。日本語習得にも意欲的で「ありがとうございます、おはようございます」と披露した。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー・トップリーグ(TL)のサントリーに新加入したニュージーランド代表SOボーデン・バレット(29)が6日、都内で入団会見を行った。2019年のW杯日本大会では“バレット3兄弟”としても名をはせた世界的名選手は「予測できないようなプレーをファンの皆さんに見せたい」と16日開幕のシーズンへ意気込んだ。サントリーは初戦でトヨタ自動車と対戦する。 2度も世界年間最優秀選手に輝いた現役オールブラックスのB・バレットは、変わらない爽やかな笑顔で登場した。「予測できないプレーを皆さんに見せたい。ラン、キック、パスからどんなプレーを選択するのか見てほしい」。自身初の海外リーグ挑戦に自信をのぞかせた。

後で読む
日刊スポーツ

日本ラグビー協会は6日、17日に埼玉・熊谷ラグビー場で開催されるトップリーグ第1節のパナソニックとNECの開幕戦チケットの販売を7日で終了すると発表した。新型…

後で読む
スポーツニッポン

今月11日に全国大学選手権決勝・天理大戦(東京・国立競技場)を控える早大ラグビー部は6日午後、東京都杉並区の自校グラウンドで約2時間の練習を行った。早大は勝てば2大会連続17度目の大学日本一に。スクラムの鍵を握る右プロップの小林賢太(3年)は「天理大のスクラムに対抗できるように、低さを意識したい」と言葉に力を込めた。

後で読む
スポーツニッポン

日本ラグビー協会は6日、トップリーグ第1節で17日に埼玉・熊谷ラグビー場で行われるパナソニック―NEC戦のチケット販売を、7日23時59分で終了すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、首都圏の1都3県では8日に緊急事態宣言が発令されることが決定的となり、埼玉県から販売停止の要請があったため。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビートップリーグは6日、21年シーズンのファーストステージ第1節「パナソニック-NEC」(17日、熊谷ラグビー場)の入場チケット販売を、7日の午後11時59分をもって終了すると発表した。 新型コロナウイルス感染拡大を受けた埼玉県からの要請によるものとしている。

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は6日、トップリーグ(TL)第1節で17日に埼玉・熊谷ラグビー場で行われるパナソニック-NECのチケット販売を7日で終了すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、埼玉県から販売停止の要請を受けたため。既に約8千枚が売れている。 7日には首都圏1都3県に緊急事態宣言が発令される見通しとなったが、日本協会は16日開幕のTL開催に向けて準備を進めている。11日に東京・国立競技場で予定される全国大学選手権決勝、天理大-早大についても実施する意向。TL、大学選手権ともに観客を入れるかどうかなどは、最終的に今後の政府方針に沿って決定する。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー・トップリーグ(TL)のサントリーに加入したニュージーランド代表SOボーデン・バレット(29)が6日、都内で入団会見を行い、日本の生活や16日に開幕するTLへの思いを語った。 先月15日にチームに合流した。「サンゴリアスの一員になれてうれしいし、サンゴリアスのプレーするラグビーのスタイルが自分に合っている。開幕が楽しみ」と日本生活をスタートさせている。“デビュー戦”となった先月26日の東芝との練習試合ではトライも決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

 日本ラグビー協会は6日、トップリーグ(TL)第1節で17日に埼玉・熊谷ラグビー場で行われるパナソニック-NECのチケット販売を7日で終了すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、埼玉県から販売停止の要請を受けたため。既に約8000枚が売れている。

後で読む
東京スポーツ

 ラグビー・トップリーグ(TL)、サントリーのニュージーランド代表SOボーデン・バレット(29)が、日本での生活に素早く順応している。  6日に都内で会見を行ったラグビー界のスーパースターは、昨年末に…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグ(TL)のサントリーに新加入したニュージーランド代表88キャップを誇るSOボーデン・バレット(29)が6日、都内で入団会見を行った。16…

後で読む
サンケイスポーツ

 16日に開幕するラグビー、トップリーグ(TL)のサントリーに新加入したニュージーランド(NZ)代表88キャップのBKボーデン・バレット(29)が6日、東京都内で入団記者会見に臨んだ。世界年間最優秀選手に2度輝いたスター選手は「予測できないようなプレーを見せたい」と気合十分。2017~18年シーズン以来の優勝を目指す名門に、世界屈指の司令塔が新風を吹かせる。

後で読む
東京スポーツ

 ラグビー・トップリーグ(TL)、サントリーのニュージーランド代表SOボーデン・バレット(29)が6日、都内で入団会見を行い、16日に開幕するTLでの意気込みなどを語った。  オールブラックス(ニュー…

後で読む
デイリースポーツ

16日に開幕するラグビーのトップリーグ、サントリーに加入したニュージーランド代表バックスで世界的スターのボーデン・バレットが6日、東京都内で記者会見し「アグレッシブな攻撃ラグビーが自分にとても合っている。すごく楽しみ」と語り、トヨタ自動車との初戦の先発出場にも意欲を見せた。 司令塔役のSOとして世界最優秀選手に2度選出された29歳。2019年ワールドカップ(W杯)日本大会で3位に入った代表「オールブラックス」の中心選手で、23年W杯でも活躍が期待されている。「フランスに行くチャンスもあったが、日本の印象が良かった」と加入の経緯を明かした。

後で読む
デイリースポーツ

初の大学ラグビー日本一を狙う天理大(関西1位)が大学選手権決勝・早大(関東対抗戦2位)戦(11日・国立)に向けて6日、天理市内で練習を公開。準決勝で対抗戦王者の明大を41-15と圧倒したことから期待が高まっているが、小松節夫監督(57)は過去2度の決勝での敗戦を教訓に「惑わされず挑戦者としていきたい」と強調した。 天理大は2年前の大学選手権で大会9連覇中の帝京大を29-7で撃破。決勝も優位と予想されたが、明大に17-22で苦杯をなめた。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグ(TL)のサントリーに新加入したニュージーランド代表88キャップを誇るボーデン・バレット(29)が6日、都内で入団会見を行った。昨年末に…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグ(TL)のサントリーに新加入したニュージーランド代表のボーデン・バレット(29)が6日、都内で入団会見を行い、日本文化の魅力を語った。1…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグ(TL)のサントリーに新加入したニュージーランド代表88キャップを誇るボーデン・バレット(29)が6日、都内で入団会見を行い、コロナ禍で…

後で読む
サンケイスポーツ

 ラグビー、トップリーグのサントリーに新加入したニュージーランド代表SOボーデン・バレット(29)が6日、東京都内で会見を行い、「予測できないようなプレーを見せたい。ラン、キック、パスというオプションから、自分がどのような選択をするのか見てほしい」と呼びかけた。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビーのトップリーグ(TL)サントリーに新加入したニュージーランド代表SO/FBボーデン・バレット(29)が6日、東京都内で入団記者会見に臨み、「サントリーの一員になれて光栄。チームのアグレッシブアタックラグビーが自分に合っていると思うので、開幕が非常に楽しみだ」などと今月1月16日に開幕するシーズンに向け抱負を述べた。サントリーは16日の開幕戦でトヨタ自動車と対戦する。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー・トップリーグ(TL)のサントリーに加入したニュージーランド代表SOボーデン・バレット(29)が6日、都内で加入会見を行った。 「まず日本に来られて非常にうれしい。家族も含めて快適に過ごせている。TL開幕を非常に楽しみにしているサンゴリアスの一員になれてうれしい。サンゴリアラグビーが自分に合っている」と喜びを語った。

後で読む
日刊スポーツ

ともにシード校の桐蔭学園(神奈川)と京都成章が決勝に進んだ。桐蔭学園は2大会連続3度目、京都成章は初優勝を狙う。桐蔭学園はシード校の大阪朝鮮高(大阪第2)に4…

後で読む
日刊スポーツ

京都成章(京都)がついに初優勝に手を掛けた。東福岡(福岡第1)から、大型ロック“ジャイアン”本橋拓馬(3年)の先制劇など4トライ。FB小林修市(2年)のタック…

後で読む
スポーツニッポン

桐蔭学園は93、94年度の相模台工(神奈川)以来、東日本勢26大会ぶりの大会連覇に王手をかけた。決勝での神奈川―京都対決は05年度の伏見工―桐蔭学園(36―12)以来、史上2度目。桐蔭学園と京都成章の花園での対戦は17年度準々決勝の1度だけで、桐蔭学園が36―14で勝っている。

後で読む
デイリースポーツ

「全国高校ラグビー・準決勝、京都成章24-21東福岡」(5日、花園ラグビー場) 準決勝2試合が行われ、東福岡は8大会連続となった準決勝で涙を飲んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「全国高校ラグビー・準決勝、京都成章24-21東福岡」(5日、花園ラグビー場) 準決勝2試合が行われ、京都成章(京都)が伝統の守備力を発揮して24-21で優勝6度の東福岡(福岡第1)に競り勝ち、初の決勝進出を決めた。史上最多の63校で争われた第100回記念大会決勝戦は9日午後2時5分から行われる。

後で読む
デイリースポーツ

「全国高校ラグビー・準決勝、桐蔭学園40-12大阪朝鮮高」(5日、花園ラグビー場) 準決勝2試合が行われ、京都成章(京都)が伝統の守備力を発揮して24-21で優勝6度の東福岡(福岡第1)に競り勝ち、初の決勝進出を決めた。前回覇者の桐蔭学園(神奈川)は後半に地力を見せつけ、大阪朝鮮高(大阪第2)を40-12で退けて3大会連続8度目の決勝舞台に進んだ。史上最多の63校で争われた第100回記念大会決勝戦は9日午後2時5分から行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

 第100回全国高校ラグビー大会準々決勝(5日、花園)2連覇を狙う桐蔭学園(神奈川)は1年生FB矢崎由高(よしたか)の3トライなどで後半に大阪朝鮮高(大阪第2)を突き放し、40-12で勝って3大会連続の決勝進出を決めた。大会史上11度目(9校目)の連覇に挑む。京都成章(京都)は東福岡(福岡第1)との接戦を24-21で制し、初の決勝切符を得た。決勝は9日午後2時5分にキックオフの予定。

後で読む
サンケイスポーツ

 第100回全国高校ラグビー大会準々決勝(5日、花園)2連覇を狙う桐蔭学園(神奈川)は1年生FB矢崎由高(よしたか)の3トライなどで後半に大阪朝鮮高(大阪第2)を突き放し、40-12で勝って3大会連続の決勝進出を決めた。大会史上11度目(9校目)の連覇に挑む。京都成章(京都)は東福岡(福岡第1)との接戦を24-21で制し、初の決勝切符を得た。決勝は9日午後2時5分にキックオフの予定。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー全国大学選手権決勝は11日に国立競技場で行われる予定で、2連覇を狙う早大と初優勝を目指す天理大が対戦する。チケットは先行抽せんで約1万7000枚を販売…

後で読む
日刊スポーツ

4大会ぶりの優勝を目指した東福岡(福岡第1)が3点差で決勝進出を逃した。8大会連続の準決勝で京都成章に21-24で屈した。2日前の準々決勝は東海大大阪仰星(大…

後で読む
スポーツニッポン

史上最多63校がそろう第100回全国高校ラグビー大会の準決勝が5日、花園ラグビー場(大阪府東大阪市)で行われ、前回大会の覇者・桐蔭学園(神奈川)と、初優勝を狙う京都成章(京都)が決勝にコマを進めた。

後で読む
スポーツニッポン

京都成章(京都)が24-21で東福岡(福岡第1)を破り、初の決勝進出を決めた。過去3度阻まれた準決勝の壁を越えて、悲願の初優勝へ、あと1勝に。9日の決勝戦の相手は桐蔭学園(神奈川)に決まり、久しぶりに京都に優勝旗が運ばれるか、注目が集まる。

後で読む
デイリースポーツ

「全国高校ラグビー・準決勝、桐蔭学園40-12大阪朝鮮高」(5日、花園ラグビー場) 大阪朝鮮高(大阪第2)悲願の決勝進出はならなかった。“東の横綱”と前半を12-12と渡り合いながら、後半4トライを奪われて屈した。過去2度の準決勝で敗れた桐蔭学園に今回も勝てなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

 ラグビーの全国高校大会第6日は5日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で準決勝が行われ、ともにシード校の京都成章と桐蔭学園(神奈川)が決勝に進んだ。京都成章は初優勝を狙い、桐蔭学園は2大会連続3度目の高校日本一を目指す。

後で読む
サンケイスポーツ

 第100回全国高校ラグビー大会準々決勝(5日、大阪朝鮮高12-40桐蔭学園、花園)準決勝の第2試合で、桐蔭学園(神奈川)が大阪朝鮮(大阪第2)を40-12で下し、連覇に王手をかけた。

後で読む
デイリースポーツ

「全国高校ラグビー・準決勝、京都成章24-21東福岡」(5日、花園) 全国制覇6度を誇る東福岡は8大会連続の準決勝に臨んだが、3点差の接戦の末、敗退した。

後で読む
デイリースポーツ

 「全国高校ラグビー・準決勝、桐蔭学園40-12大阪朝鮮」(5日、花園ラグビー場) 桐蔭学園(神奈川)が大阪朝鮮に勝ち、2連覇へ王手をかけた。

後で読む
日刊スポーツ

8大会連続の準決勝に臨んだ東福岡(福岡第1)が粘り及ばず、3点差で決勝進出を逃した。10点を追う後半27分、ゴール前ラックからプロップ本田啓(3年)がトライ。…

後で読む
日刊スポーツ

京都成章(京都)が東福岡(福岡第1)を破り、初の決勝進出を決めた。劇的な幕切れだった。3点リードで時計表示が後半30分を回った。ロスタイムのアナウンスは「1分…

後で読む
日刊スポーツ

初の決勝進出を狙った大阪朝鮮(大阪第2)が、再び準決勝で前回大会王者、桐蔭学園に阻まれた。前半、先制を許すも食らいついた。同15分、ゴール前のモールからSH李…

後で読む
デイリースポーツ

 「全国高校ラグビー・準決勝、京都成章24-21東福岡」(5日、花園ラグビー場) 京都成章(京都)が7度目の優勝を狙った東福岡(福岡第1)を3点差で退け、初の決勝進出を決めた。

後で読む
スポーツニッポン

今月16日に開幕するラグビー・トップリーグ(TL)の太田治チェアマンが4日にオンライン取材に応じ、今週中にも1都3県に緊急事態宣言が出た場合の対応について、「政府要請に対応していく。(宣言が)出た場合はそれに沿って粛々と進める」と話した。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビーのフランス1部リーグ第13節が3日行われた。クレルモンはホーム(クレルモンフェラン)でラシン92に22―24で逆転負けを喫し、3連敗で今季5敗目(6勝)を喫した。

後で読む
スポーツニッポン

第100回全国高校ラグビー大会準決勝が5日に大阪府東大阪市の花園ラグビー場で行われる。初優勝を狙う京都成章(京都)は東福岡(福岡第1)と、同じく初優勝を目指す大阪朝鮮高(大阪第2)は桐蔭学園(神奈川)と激突する。節目の記念大会も頂点まであと2つ。テストマッチ通算69トライの世界記録を持ち、ラグビー世界殿堂入りも果たした大畑大介氏(45)が4校の注目選手を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビートップリーグの太田治チェアマン(55)が4日、オンライン会見し、16日に開幕する新シーズンについて新型コロナ対策を施した上で開催する方針を示した。「政府の方針に沿う。イベント全部がNGとなれば、やるのは厳しい」と前提を置きながらも、収容の50%の観客を入れて開幕戦を行う。16日に国立競技場で行われる東芝-NTTコミュニケーションズのチケットは既に2万枚近く売れているという。 各チームには2週間に一度のPCR検査を要請。登録選手23人がそろわない場合は不成立となるが、「コロナではどこにも責任はない」と、両チームに引き分け相当の勝ち点を与える。75%の試合が消化された時点でシーズン成立と見なす。

後で読む
サンケイスポーツ

 16日に開幕するラグビーのトップリーグ(TL)のキックオフカンファレンスが4日、オンラインで開催。各16チームの主将が登場し、意気込みを語った。サントリーで新しく主将に就任した日本代表CTB中村亮土(29)は、「毎試合いい準備をして、最後のシーズンを優勝で終わりたい」と力を込めた。

後で読む
スポーツニッポン

今月16日に開幕するラグビーのトップリーグ(TL)2021を前に、太田治チェアマン(55)が4日、オンラインで取材に応じた。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビートップリーグの太田治チェアマン(55)が4日、オンライン会見し、16日に開幕する新シーズンについて「何とか成立させたい」と新型コロナウイルス対策を十分に施した上で、開催する方針を示した。 この日もキヤノンの選手1人が陽性反応を示したことが発表されるなど新型コロナウイルスの感染は拡大している。首都圏の1都3県に緊急事態宣言が発令される見通しもあり、リーグの開催は簡単な話ではない。

後で読む
デイリースポーツ

16日に開幕するラグビーのトップリーグ(TL)に向け、参加16チームの記者会見が4日、オンラインで行われ、2季前の王者、神戸製鋼のSH日和佐・共同主将は「一日一日、すごくハードトレーニングをしている。開幕でいいスタートが切れるようにチーム一丸となって頑張りたい」と抱負を語った。 TLは、2019年ワールドカップ(W杯)日本大会後の昨年1月に開幕した昨季が新型コロナウイルスの影響で第6節までで中止となった。来年1月からは新リーグへの移行が決まっており、太田チェアマンは「最後のTLになる。安全を担保しながら運営し、世界レベルのラグビーを見てほしい」と訴えた。

後で読む
日刊スポーツ

日本ラグビー協会は4日、16日に開幕する今季トップリーグ(TL)のアンバサダーを発表した。お笑い芸人のスリムクラブ、全国大学選手権のイメージモデルを4年間務め…

後で読む
スポーツニッポン

今月16日に開幕するラグビーのトップリーグ(TL)2021キックオフカンファレンスが4日、トップリーグ公式YouTubeなどで開催され、参戦する全16チームの主将らが出席。カンファレンスはラグビー実況でおなじみの矢野武氏が司会を務め、TLのアンバサダーに就任したお笑いコンビ・スリムクラブの真栄田賢、内間政成がゲストで登場。約1時間、軽妙なトークを展開した。

後で読む
日刊スポーツ

4大会ぶり7度目の優勝を狙う東福岡(福岡第1)は、東海大大阪仰星(大阪第1)との死闘から一夜明けた4日、神戸市内で1時間、軽めの調整で、準決勝の京都成章戦へ向…

後で読む
日刊スポーツ

第100回を迎えた全国高校ラグビー大会は5日、大阪・花園ラグビー場で準決勝2試合が行われる。初の決勝進出を目指す大阪朝鮮高(大阪第2)は4日、2連覇が懸かる桐…

後で読む
日刊スポーツ

全国高校ラグビー大会は5日、大阪・花園ラグビー場で準決勝2試合を行う。初の決勝進出をかけ、東福岡と対戦する京都成章(京都)は4日、奈良市内で調整した。京都成章…

後で読む
東京スポーツ

【フランス・クレルモンフェラン3日(日本時間4日)発】ラグビーのフランス1部リーグ第13節、クレルモンの松島幸太朗(27)はホームでのラシン92戦にFBでフル出場した。チームは22―24で逆転負けし、…

後で読む
日刊スポーツ

日本代表の松島幸太朗(27)擁するクレルモンは、ラシン92に逆転負けし、今季5敗目を喫した。21年初戦は氷点下2度で雪が降る中、厳しい戦いとなった。前半は一進…

後で読む
デイリースポーツ

【クレルモンフェラン(フランス)共同】ラグビーのフランス1部リーグ第13節最終日は3日、各地で行われ、クレルモンの松島幸太朗はホームでのラシン92戦にFBでフル出場した。チームは22-24で逆転負けし、今季5敗目(6勝)を喫した。 前半は16-9とリードして折り返したが、後半は防御が乱れ、終盤に逆転のトライを許した。

後で読む
スポーツニッポン

巨人在籍時の2019年5月にシーズン途中で現役を引退した元メジャーリーガーの上原浩治氏(45)が3日、自身のツイッターを更新。同日行われた高校ラグビー大会準々決勝で抽選の末に敗退が決まった母校・東海大大阪仰星のラグビー部を労った。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビーの全国高校大会第5日は3日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で準々決勝4試合が行われ、2連覇を狙う桐蔭学園(神奈川)は前回大会の決勝で対戦した御所実(奈良)に50-7で快勝し、準決勝に進んだ。 4大会ぶりの頂点を目指す東福岡(福岡第1)は東海大大阪仰星(大阪第1)と21-21で引き分け、抽選で準決勝に進出。京都成章は中部大春日丘(愛知第1)を14-3で下し、6大会ぶりの4強入り。大阪朝鮮高(大阪第2)は流通経大柏(千葉)に14-10で競り勝ち、10大会ぶりに準決勝に進んだ。抽選の結果、5日の準決勝は京都成章-東福岡、大阪朝鮮高-桐蔭学園に決まった。

後で読む
スポーツニッポン

優勝候補同士の一戦ともいわれた準々決勝の東海大大阪仰星(大阪第1)―東福岡(福岡第1)戦は、21-21で引き分けに終わり、抽選の結果、東福岡が準決勝進出となった。

後で読む
スポーツニッポン

史上最多63校がそろう第100回全国高校ラグビー大会の準々決勝4試合が3日、花園ラグビー場(大阪府東大阪市)で行われた。前回大会決勝戦と同じ組み合わせとなった第2試合は、桐蔭学園(神奈川)が50-7で御所実(奈良)に圧勝。大阪朝鮮高は10大会ぶりの準決勝進出を決めた。優勝候補同士の一戦と言われた第4試合は、21-21で引き分けに終わり、抽選の結果、東福岡が準決勝進出を決めた。以下、3日の全試合…

後で読む
スポーツニッポン

史上最多63校がそろう第100回全国高校ラグビー大会の準々決勝が3日、花園ラグビー場(大阪府東大阪市)で行われた。全試合終了後には、再抽選が行われ、5日に行われる準決勝2試合の対戦カードが、以下のように決定した。

後で読む
日刊スポーツ

連覇を狙う桐蔭学園(神奈川)が、前回大会準優勝の御所実(奈良)と対戦して8トライを奪い50-7と完勝した。4強入りを果たし、2連覇まであと2勝とした。前回大会…

後で読む
日刊スポーツ

東福岡(福岡第1)と東海大大阪仰星(大阪第1)はともに3トライと譲らない大激戦で引き分け、抽選の結果、東福岡が準決勝に進んだ。先手をとったのは東海大大阪仰星だ…

後で読む
スポーツ報知

 前回大会決勝の再戦は、連覇を狙う桐蔭学園(神奈川)が御所実(奈良)に快勝し、6大会連続で4強入りした。

後で読む
スポーツニッポン

流通経大柏(千葉)は、準々決勝で大阪朝鮮高(大阪第2)に10-14で敗れ、前回大会同様に準々決勝での敗退となり、2度目の準決勝進出はならなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「全国高校ラグビー・準々決勝、大阪朝鮮14-10流通経済大柏」(3日、花園ラグビー場) 大阪朝鮮(大阪第2)が、身長201センチのナンバー8ディアンズ・ワーナー擁する流通経済大柏(千葉)との激闘を14-10で制し、10大会ぶりに花園4強入りを決めた。

後で読む
日刊スポーツ

大阪朝鮮高(大阪第2)が終盤のピンチをしのぎきって10大会ぶり3度目の4強進出を決めた。主導権を握ったのは大阪朝鮮高だった。前半17分にNO・8金勇哲主将(3…

後で読む
日刊スポーツ

4季連続で決勝進出を狙った明大(関東対抗1位)は、天理大(関西1位)に完敗した。前半から天理大のCTBフィフィタ(4年)らの圧力を受け、前に進めない展開が続い…

後で読む
日刊スポーツ

日本ラグビー協会は2日、首都圏1都3県の各知事が新型コロナウイルスの緊急事態宣言の発令を政府に要請したことを受け、コメントを発表した。この日は東京・秩父宮ラグ…

後で読む
日刊スポーツ

悲願の初優勝を狙う天理大(関西1位)が、2大会ぶり3度目の決勝進出を決めた。2季前の決勝で敗れた明大(関東対抗戦1位)に41-15で雪辱。3連覇した84年度の…

後で読む
日刊スポーツ

悲願の初優勝を狙う天理大(関西1位)が、2大会ぶり3度目の決勝進出を決めた。2季前の決勝で敗れた明大(関東対抗戦1位)に41-15で雪辱。3連覇した84年度の…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。