「ラグビー」の記事一覧

スポーツニッポン

日本ラグビー協会は21日、日本代表が来年6月26日に英エディンバラのマレーフィールドで、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ(全英アイルランド代表)と対戦すると発表した。ライオンズは4年に一度、イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの4カ国(協会)で編成される代表チーム。日本が対戦するのは史上初で、対戦実現自体が歴史的な快挙と言える。

後で読む
スポーツニッポン

日本ラグビー協会は21日、オンラインで理事会を開き、岩渕健輔専務理事(44)が同日発表された来年6月の日本代表―全英アイルランド代表ライオンズ戦決定までの経緯などについて説明した。

後で読む
日刊スポーツ

日本ラグビー協会の岩渕健輔専務理事(44)が21日夜、理事会後のオンライン取材に応じ、25年の全英代表ライオンズ戦について日本での開催に意欲を示した。日本協会…

後で読む
東京スポーツ

 日本ラグビーフットボール協会は21日、日本代表が来年6月26日に英国・エディンバラのマレーフィールド・スタジアムで全英代表ライオンズとテストマッチを行うと発表した。  1888年に始まったライオンズ…

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は21日、日本代表が来年6月26日に英国のエディンバラで全英代表ライオンズと対戦すると発表した。伝統あるライオンズはイングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランドの選抜チーム。日本とは初対戦で、歴史的な一戦となる。 1888年に始まったライオンズは近年、4年に1度編成されて南半球に遠征しており、来年7~8月に南アフリカで8試合を行う予定。日本戦は遠征前にテストマッチとして開催する。

後で読む
日刊スポーツ

ドリームマッチが実現した。日本ラグビー協会は21日、日本代表が「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」と21年6月26日にスコットランドで対戦すると発表し…

後で読む
スポーツニッポン

日本ラグビー協会は21日、来年6月26日に英エディンバラのマレーフィールドで、日本代表がブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ(全英愛代表)と対戦すると発表した。全英愛代表は4年に一度、イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの4カ国から選抜されるチーム。日本が対戦するのは史上初で、対戦自体が歴史的な快挙と言える。

後で読む
サンケイスポーツ

【ノーサイドの精神】関東大学ラグビーは対抗戦、リーグ戦ともに、開幕して各校3試合を消化した。全ての試合をくまなくチェックしているわけではないが、今年の傾向として何となく「FWのトライが多い」気がしたので、ちょっと調べてみた。

後で読む
日刊スポーツ

世界最高峰リーグ、スーパーラグビーのハイランダーズ(ニュージーランド)は20日、昨年のワールドカップ(W杯)でコーチとして日本代表の8強入りに貢献したトニー・…

後で読む
サンケイスポーツ

 昨年のラグビーW杯日本大会準々決勝で、日本が南アフリカに3-26で敗れてから20日で1年。全5戦に先発したCTB中村亮土(29)=サントリー=が、三菱地所主催のオンライントークイベントに出席した。

後で読む
スポーツニッポン

昨年のラグビーW杯日本大会準々決勝で日本代表が南アフリカ代表に敗れてちょうど1年となった20日、三菱地所株式会社主催の「オンライントークラグビー世界大会2020」が開かれ、日本代表からはCTB中村亮土(29=サントリー)、南アフリカ代表からはフッカーのマルコム・マークス(26=クボタ)が出席し、約1時間のトークショーを盛り上げた。司会は元日本代表のWTB山田章仁(35=NTTコム)が務めた。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビーの世界最高峰リーグ、スーパーラグビーのハイランダーズ(ニュージーランド)は20日、昨年のワールドカップ(W杯)でコーチとして日本代表の8強入りに貢献したトニー・ブラウン・コーチが監督に昇格すると発表した。同チームでは来季、W杯日本代表のFW姫野和樹がプレーする。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

ラグビーの国際統括団体ワールドラグビーは19日、来年9~10月に開催する15人制の女子ワールドカップ(W杯)ニュージーランド大会の1次リーグ組み合わせ抽選会を…

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーの世界最高峰リーグ、スーパーラグビーのハイランダーズ(ニュージーランド)は20日、昨年のワールドカップ(W杯)でコーチとして日本代表の8強入りに貢献したトニー・ブラウン・コーチが監督に昇格すると発表した。同チームでは来季、W杯日本代表のFW姫野和樹がプレーする。

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーの国際統括団体ワールドラグビーは19日、来年9~10月に開催する15人制の女子ワールドカップ(W杯)ニュージーランド大会の1次リーグ組み合わせ抽選会を、11月20日にオークランドで行うと発表した。

後で読む
日刊スポーツ

クレルモンの松島幸太朗はホームでのパリ戦にWTBでフル出場し、41-27での勝利に貢献した。9月6日の開幕戦で右内転筋を痛めた松島は、新型コロナウイルスの感染…

後で読む
日刊スポーツ

クレルモンの松島幸太朗はホームでのパリ戦にWTBでフル出場し、41-27での勝利に貢献した。チームの一員として確かな存在感を見せた約1カ月ぶりの復帰戦だった。…

後で読む
スポーツニッポン

ラグビー元日本代表監督の平尾誠二さんが2016年10月20日に胆管細胞がんのために53歳で他界し、きょうで4年になる。公私で交流があった日本代表10キャップで11年W杯に出場した神戸製鋼のロック・フランカー谷口到(36)は、天国に「連覇」を報告することを誓った。トップリーグは来年1月16日に開幕する。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビーのフランス1部リーグ、クレルモンは18日にホームでパリと対戦し、41―27で今季3勝目を挙げた。4週間ぶりの出場となった日本代表の松島幸太朗(27)は移籍3戦目で初めて右ウイング(14番)に入り先発フル出場。3トライに絡んで白星に貢献した。

後で読む
日刊スポーツ

函館ラサールが3年ぶり3度目の花園出場を決めた。南北準優勝校で争う北海道第3代表決定戦で遠軽を59-12で下した。前日18日南大会決勝で札幌山の手に敗れるも、…

後で読む
日刊スポーツ

遠軽は大黒柱の復帰も、5年ぶりの全国には届かなかった。9月29日北見地区代表決定戦で脳振とうを起こし、規定で3週間試合に出られなかったNO8佐藤大輝主将が先発…

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビー・フランス1部リーグ(18日=日本時間19日、クレルモンフェランほか)クレルモンに移籍した日本代表の松島幸太朗(27)が、ホームでのパリ戦に右WTBでフル出場。ほぼ1カ月ぶりの試合で41-27の勝利に貢献した。松島は自身のトライこそなかったが、3トライに絡むなど好機を演出。スピードスターに勢いづけられたチームは3勝1敗の勝ち点13で、4位につけた。

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビー・トップリーグ(TL)のNTTドコモは19日、ニュージーランド(NZ)代表キャップ65を持つSH、TJ・ペレナラ(28)が新加入すると発表した。ペレナラは2015、19年のW杯に出場。12年から所属するスーパーラグビーのハリケーンズ(NZ)で、今季は共同主将を務めた。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビートップリーグのNTTドコモは19日、スーパーラグビー・ハリケーンズのTJ・ペレナラ(28)が新加入すると発表した。 ペレナラは184センチ、90キロの長身SHで、ニュージーランド代表65キャップ。W杯は15年イングランド大会、昨年の日本大会に出場した。試合前のハカを先頭でリードすることでも知られる。

後で読む
日刊スポーツ

3連覇を目指す静岡聖光学院は焼津水産に100-0で圧勝し、初戦を順当に突破した。準決勝の静岡聖光学院対科学技術、東海大静岡翔洋対浜松工は、25日に行われる。コ…

後で読む
日刊スポーツ

今大会唯一の合同チーム、沼津工・清水南・静岡東は前回準優勝の東海大静岡翔洋に敗れた。無得点に終わったが、意地を見せた。前半は守備で健闘。強豪を4トライに抑え、…

後で読む
日刊スポーツ

4年ぶりの優勝を狙う浜松工は、常葉大橘を60-7で退けた。準決勝の静岡聖光学院対科学技術、東海大静岡翔洋対浜松工は、25日に行われる。浜松工は9人が10トライ…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグ(TL)のNTTドコモが、またもや大型補強に成功した。チームは19日、ニュージーランド(NZ)代表SHとして15、19年W杯に出場したS…

後で読む
東京スポーツ

 ラグビーのフランス1部クレルモンの日本代表WTB松島幸太朗(27)は18日(日本時間19日)、パリ戦にフル出場。トライこそなかったものの、41―27の勝利に貢献した。  新型コロナウイルス感染拡大の…

後で読む
デイリースポーツ

【クレルモンフェラン(フランス)共同】ラグビーのフランス1部リーグ第5節最終日は18日、各地で行われ、クレルモンの松島幸太朗はホームでのパリ戦にWTBでフル出場し、41-27での勝利に貢献した。 9月6日の開幕戦で右内転筋を痛めた松島は、新型コロナウイルスの感染拡大で前節のボルドー戦が延期になったこともあり約1カ月ぶりの実戦だったが、攻撃ではライン参加してトライに絡んだほか、キック処理も確実にこなした。

後で読む
スポーツニッポン

クレルモンが計5トライを奪いホームでパリに快勝。移籍後初めて右ウイング(14番)で先発した日本代表の松島幸太朗(27)は、フル出場で勝利に貢献した。

後で読む
日刊スポーツ

南北海道は札幌山の手が3年連続19度目の優勝を果たした。9年連続決勝対決となった函館ラサールを47-3で下し、花園全国一番乗り。新型コロナウイルスの影響でニュ…

後で読む
日刊スポーツ

北北海道は旭川龍谷が遠軽を31-28で退け、初の3連覇で5度目の優勝を達成した。南北海道は札幌山の手が3年連続19度目の優勝を果たした。9年連続決勝対決となっ…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグ(TL)の神戸製鋼は18日、神戸市内の練習場で「コベルコスティーラーズからの贈り物」を実施した。内容は新型コロナウイルスの影響で目標の試…

後で読む
日刊スポーツ

11月7日開幕の関西大学リーグで5連覇を目指す天理大が、前哨戦といえる交流試合で2連勝を飾った。開始15分間は均衡した攻防となったが、前半16分に左ラインアウ…

後で読む
日刊スポーツ

11月7日開幕の関西大学リーグで5連覇を目指す天理大が摂南大を65-0で下し、前哨戦となる交流試合2連勝を飾った。先発に3人の外国人留学生を起用した相手に“先…

後で読む
日刊スポーツ

春の近畿大会優勝校である東海大大阪仰星が北野に大勝し、花園への第1歩を踏み出した。第100回の記念大会はコロナ禍に揺れながら、関係各所の尽力で開催が決まった。…

後で読む
日刊スポーツ

16年リオデジャネイロ・オリンピック(五輪)7人制男子日本代表を率いた摂南大・瀬川新監督が、一定の手応えをつかんだ。関西王者に完封されたが、前半16分の先制ト…

後で読む
スポーツニッポン

接戦に持ち込んだ筑波大だが、終盤はFW戦やセットプレーで差を見せつけられて敗戦。開幕から慶大戦、帝京大戦と続いた“魔の3連戦”は1勝2敗と負け越したが、手応えも残す黒星となった。

後で読む
スポーツニッポン

第100回全国高校ラグビーの大阪府予選2回戦が18日、大阪府内で行われ、東海大大阪仰星が143―0で北野に圧勝し、記念大会出場へ好発進した。5度の全国優勝を誇り、2月の近畿大会も制した東海大大阪仰星が圧勝することは想定内。特筆すべきは、“仰星プライド”を示したことだろう。

後で読む
日刊スポーツ

Bリーグ(2部)が開幕し、昨季3位の追手門学院大が同11位の大工大に競り勝った。17-17の後半37分、ゴール前でスクラムを選択。狭い左サイドを突いて途中出場…

後で読む
スポーツニッポン

昨年度大学日本一の早大が計10トライを奪って快勝し、開幕3連勝で勝ち点15とした。日体大は3戦3敗で勝ち点0。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビー・トップリーグの神戸製鋼が18日、神戸市内のグラウンドで兵庫県内の中学3年生ラガーマンにラグビー教室を開いた。新型コロナウイルスの感染拡大で公式戦がなくなったために開催したもので、県内13のラグビースクールとクラブを持つ中学校に声をかけた。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、フランス1部リーグのクレルモンは17日、ホームで18日に行われるパリ戦のメンバーを発表し、昨年のワールドカップ(W杯)日本代表バックスの松島幸太朗は…

後で読む
スポーツニッポン

ラグビーのフランス1部「TOP14」のクレルモンは17日、第5節パリ戦(日本時間19日4時10分開始、クレルモンフェラン)の登録メンバー23人を発表し、日本代表の松島幸太朗(27)は14番(右ウイング)での先発が決まった。松島の出場は9月19日に行われた欧州チャンピオンズカップ準々決勝のラシン92戦以来、4週間ぶり。リーグ戦では同6日の開幕トゥールーズ戦以来の出場となる。

後で読む
日刊スポーツ

今季から15年ラグビーワールドカップ(W杯)日本代表の伊藤鐘史新監督(39)率いる京産大が、初陣を飾った。11月8日のリーグ初戦で戦う立命大に31-12。全国…

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー日本代表の稲垣啓太(パナソニック)が17日、TBS系「体育会TV生放送!!」に出演。元プロ野球投手で、元WBC日本代表として紹介されたマスクマン2人と野球対決した。 小、中学校では野球チームに所属していた稲垣は木製バットで挑戦。金のマスクをかぶった右投手との対決では二ゴロ、銀のマスクをかぶった左投手の対決ではセンター正面に飛ぶ中直となった。

後で読む
スポーツニッポン

Aリーグ8大学による交流試合が行われ、同大は関大を35―12で下した。伊藤鐘史新監督(39)率いる京産大は31―12で立命大に快勝。指揮官の初陣を白星で飾った。変則の2リーグ制で実施されるリーグ戦は11月7日に開幕する。

後で読む
デイリースポーツ

「ラグビー・関西大学交流試合、京産大31-12立命大」(17日、大阪・鶴見緑地球技場) 2015年ラグビーW杯イングランド大会日本代表で、今春に就任した伊藤鐘史監督(39)率いる京産大が、交流試合初戦で立命館大に31-12で勝った。

後で読む
日刊スポーツ

15年W杯イングランド大会日本代表で今季京産大監督に就任した伊藤鐘史監督(39)が初陣を飾った。前半は大半の時間を相手陣での攻撃に費やし、4分にラックサイドを…

後で読む
日刊スポーツ

南大会2連覇中の札幌山の手が小樽潮陵を57-3で下し、21年連続で決勝に駒を進めた。9トライを挙げた攻撃陣の起点となったCTB仲野優輝(2年)は「敵陣に入って…

後で読む
日刊スポーツ

18年に男子部員5人で再出発した小樽潮陵は4強で散った。同校OB佐藤幹夫監督(59)が率いる強豪札幌山の手との対戦前には、2年生7人が背中に「潮陵タックル祭」…

後で読む
日刊スポーツ

旭川龍谷が初の北大会3連覇に王手をかけた。前後半3トライの計6トライを挙げ、芦別を38-7で下した。FWとBKが一体となる組織力を武器に終始圧倒。遠軽を迎え撃…

後で読む
日刊スポーツ

北北海道で遠軽が富良野を82-7で下し、2年連続決勝に進出した。NO8目時有斗夢(めとき・あとむ=2年)が3トライのハットトリックと活躍。本職はフランカーも、…

後で読む
サンケイスポーツ

関東大学ラグビー対抗戦で2連覇を目指す明大が16日、今季初の有観客試合となる18日の筑波大戦(熊谷)へ向けて、東京・世田谷区の八幡山グラウンドで約2時間調整した。今季ここまでの2試合は練習拠点での無観客開催。主将のNO・8箸本龍雅(はしもと・りゅうが、4年)は「八幡山じゃないので楽しみ」と笑顔を見せた。

後で読む
日刊スポーツ

南北海道で単独では15年ぶり出場の小樽潮陵が北嶺を17-14の逆転で下し、03年以来17年ぶりの道大会1勝を挙げた。17年には男子部員がゼロとなり休部状態に。…

後で読む
日刊スポーツ

富良野SO杉本塁(3年)はチームメートに告げた。「僕ができることは全てした」。地元・帯広柏葉との一戦は60分で決着がつかなかった。抽選に臨んだゲーム主将は、大…

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーの南半球4カ国対抗の主催者は16日、昨年のワールドカップ(W杯)日本大会で優勝した南アフリカが、オーストラリアで31日から集中開催される大会に参加しないと発表した。

後で読む
スポーツニッポン

鹿児島市で合宿中の7人制ラグビー男子日本代表のバックス本村直樹(28=ホンダ)が15日、オンライン取材に応じ、今合宿中に3月以降では初めて、チーム内で練習試合を実施したことを明かした。

後で読む
デイリースポーツ

スポーツ庁の室伏広治長官が15日、東京・丸の内で、スポーツへの意識を高めるトークイベントに出席し、新型コロナウイルスによる「新たな生活様式」を踏まえて「健康という観点でスポーツが今、求められている。運動してもらえるように盛り上げていきたい」と意欲を語った。 1日の就任後、初のイベント参加となり、ラグビーの元日本代表、広瀬俊朗さんらとともに登壇した。五輪の陸上ハンマー投げ金メダリストの室伏長官は、新聞紙を片手で握りつぶして握力を鍛える現役時代のトレーニング法を紹介し、「家でも工夫すればいろんなことができる。日常生活で取り組んでもらいたい」と呼び掛けた。

後で読む
日刊スポーツ

全国高校ラグビー南北北海道大会が15日、帯広の森球技場で開幕する。開催されれば今年度で第100回を迎える全国大会では、50、60年代に北海道の高校が名をはせた…

後で読む
デイリースポーツ

埼玉県熊谷市で合宿中のラグビー7人制女子の日本代表候補が14日、新型コロナウイルスでストップした活動を再開して以降で初めて報道陣に練習を公開した。今回の合宿から接触を伴った練習が本格的にスタートし、2016年リオデジャネイロ五輪で主将を務めた中村(ナナイロプリズム福岡)は「以前よりもいい環境、いい状況になって前向き」と語った。 代表活動は8月に再開。この日は接点でボールを出す動きやタックルで体を慣らした後、時折激しい当たりを見せながら攻守の練習を行った。リオ五輪代表の大黒田は「貴重な時間。試合ができないので練習の質にこだわりたい」と話した。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)7人制ラグビー女子日本代表候補の大黒田裕芽(おおくろだ・ゆめ、26=名古屋レディース)が14日、さらなる強化を図るために練習拠点を変更…

後で読む
サンケイスポーツ

埼玉・熊谷市で合宿を行っているラグビー7人制女子日本代表候補の大黒田裕芽(26)=名古屋レディース=が14日、オンライン取材に対応した。9月から中京大男子ラグビー部の練習に参加していると明かし、「私たちの中だけでは出せないスピードを感じるが、目が慣れてきた。守備でこれまでは全く手が出せなかった所も、追いつくようになってきた」と充実の表情を見せた。

後で読む
スポーツニッポン

埼玉県熊谷市で合宿中の7人制ラグビー女子日本代表、大黒田裕芽(26=名古屋レディース)が14日、オンライン取材に応じた。今合宿原から新型コロナウイルスの感染防止の観点で行っていなかった対人練習を解禁。4対4までの制限付きとなったが、60%ほどの強度で汗を流した。「みんなでやっとここまでできるようになった。コロナによって制限が掛かった中で強度を上げていく。試合でのトライ、修正の時間ができないので…

後で読む
スポーツニッポン

埼玉県熊谷市で合宿中の7人制ラグビー女子日本代表、大黒田裕芽(26=名古屋レディース)が14日、オンライン取材に応じた。

後で読む
サンケイスポーツ

 【ノーサイドの精神】10月4日に開幕した関東大学ラグビーで、ルーキーたちの活躍が目覚ましい。

後で読む
スポーツニッポン

アスリートの“手”は口ほどに物を言う。競技のこだわりがそこに詰まっている。

後で読む
日刊スポーツ

全国高校ラグビー静岡県大会は11日に開幕し、18日には2回戦4試合が行われる。休部の危機が迫る静岡東で唯一の部員、CTB勝又颯太郎主将(3年)は、同じく部員不…

後で読む
サンケイスポーツ

 昨年のラグビーW杯日本大会で日本がスコットランドを28-21で破り、史上初の8強入りを果たしてから13日でちょうど1年。主力として顔を合わせたSHグレイグ・レイドロー(35)=NTTコミュニケーションズ=とFB山中亮平(32)=神戸製鋼=が三菱地所主催のオンライントークイベントに出席し、日本を沸かせた激闘を振り返った。

後で読む
日刊スポーツ

15年ラグビーワールドカップ(W杯)日本代表のWTB山田章仁(35=NTTコミュニケーションズ)が13日夜、三菱地所主催の「オンライントークラグビー世界大会2…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー元スコットランド代表主将でSHのグレイグ・レイドロー(35=NTTコミュニケーションズ)が13日、愛用のキックティーを20年以上使用していることを明か…

後で読む
日刊スポーツ

19年ラグビーW杯日本代表FB山中亮平(32=神戸製鋼)が13日、海外挑戦に意欲を示した。三菱地所主催の「オンライントークラグビー世界大会2020」に出演。山…

後で読む
デイリースポーツ

茨城県龍ケ崎市は13日、19年ラグビーW杯で史上初の8強入りに貢献した日本代表プロップ中島イシレリ(神戸製鋼)が「ふるさと大使」に就任したことを発表した。 中島は龍ケ崎市にある流通経済大出身。W杯でスコットランド代表を破りベスト8進出を決めた日が昨年の10月13日で、中島自身が最も印象に残る試合と話している。それからちょうど1年後となる13日付の就任となった。

後で読む
スポーツニッポン

関西大学ラグビーを4連覇中の天理大の主力3人が13日、1日天理警察署長に就任し、天理市内の金融機関を回る「特殊詐欺被害防止啓発活動」を行った。パトカーで各所に移動する前に取材に応じたフランカー松岡大和主将(4年)は「普段はできない貴重な経験。詐欺防止で天理警察署と地域に貢献したい」と背筋を伸ばした。

後で読む
日刊スポーツ

規格外の大きさに警察官もビックリ!? 全国大学ラグビー選手権で初優勝を目指す天理大のCTBシオサイア・フィフィタ(4年)が13日、奈良・天理警察署の一日署長を…

後で読む
日刊スポーツ

関西大学ラグビー5連覇と初の大学日本一を目指す天理大のフランカー松岡大和主将(4年)が13日、地域住民へ恩返しを誓った。奈良・天理警察署の一日署長をCTBシオ…

後で読む
サンケイスポーツ

奈良県警天理署は13日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した天理大ラグビー部の男子部員3人に、一日署長を委嘱した。

後で読む
サンケイスポーツ

 ラグビー、トップリーグ(TL)のトヨタ自動車は12日、昨年のW杯日本大会で日本代表として活躍したNO・8姫野和樹(26)が世界最高峰リーグ、スーパーラグビーのハイランダーズ(ニュージーランド)に移籍すると発表した。1シーズンの期限付きで、契約期間は来年1月から6月まで。同1月開幕予定のTLには出場しない予定。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビートップリーグ(TL)のトヨタ自動車は12日、19年W杯日本代表でNo・8/フランカーの姫野和樹(26)が、スーパーラグビー(SR)のハイランダーズ(ニュージーランド)に期限付き移籍すると発表した。期間は来年1~6月で、シーズンが重複する来季のTLは出場しない見込み。将来の日本代表主将を嘱望される大器が、初の海外挑戦に踏み出す。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビートップリーグ(TL)のトヨタ自動車は12日、昨年のW杯で活躍した日本代表のNo・8/フランカー姫野和樹(26)が、スーパーラグビー(SR)のハイランダーズに期限付き移籍すると発表した。期間は来年1~6月で、来季のTLには出場せずに海外挑戦することが決まった。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビートップリーグ(TL)のトヨタ自動車は12日、昨年のW杯で活躍した日本代表のNo・8/フランカー姫野和樹(26)が、スーパーラグビー(SR)のハイランダーズに期限付き移籍すると発表した。期間は来年1~6月で、来季のTLには出場せずに海外挑戦することが決まった。

後で読む
東京スポーツ

 ラグビーのトップリーグ(TL)、トヨタ自動車は12日、日本代表ナンバー8の姫野和樹(26)が、スーパーラグビー(SR)のハイランダーズ(ニュージーランド)入りすると発表した。  来年1月に開幕する新…

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー・トップリーグ(TL)のトヨタ自動車は12日、日本代表のナンバー8姫野和樹(26)=トヨタ自動車=がスーパーラグビー(SR)の「オタゴ・ハイランダーズ」へ海外挑戦することを発表した。 2021年シーズン(1月~6月)のSRでプレーする。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビーのトップリーグ(TL)、トヨタ自動車は12日、昨年のワールドカップ(W杯)日本大会の日本代表として活躍した姫野和樹(26)が世界最高峰リーグ、スーパーラグビーのハイランダーズ(ニュージーランド)で来季プレーすると発表した。来年1月開幕のTLには参加しない見通しという。 愛知県出身の姫野は帝京大から2017年にトヨタ自動車入りし、1年目から主将を務めた。日本代表は17キャップ。W杯はFW第3列の主力として初の8強入りに貢献した。ハイランダーズは日本代表のジョセフ・ヘッドコーチが過去に監督を務めたチーム。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグのトヨタ自動車は12日、19年W杯日本代表NO8姫野和樹(26)が海外挑戦することを発表した。世界最高峰スーパーラグビー(SR)のハイラ…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグのトヨタ自動車は12日、19年W杯日本代表NO8姫野和樹(26)が海外挑戦することを発表した。世界最高峰スーパーラグビー(SR)のハイラ…

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーのトップリーグ(TL)のトヨタ自動車は12日、昨秋のW杯日本大会で活躍した日本代表のNO・8姫野和樹(26)が海外挑戦することを発表した。南半球最高峰リーグ、スーパーラグビー(SR)のハイランダーズに加入し、来年1月から6月までプレーする。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビーのニュージーランドとオーストラリアの定期戦、ブレディスロー杯第1戦は11日、ニュージーランドのウェリントンで行われ、16-16で引き分けた。新型コロナ…

後で読む
日刊スポーツ

2大会連続の花園出場を狙う県立浦和が、9トライ8ゴールで快勝発進した。開始2分半、強力FW陣が得意のモールで押し込み先制トライ。順調な滑り出しに見えたが、その…

後で読む
日刊スポーツ

今年の県新人大会優勝の川越東が、9トライを挙げて初戦を突破した。FWが縦を突き、BKが数的優位を切り裂く。前半に7トライ、42点を奪い主導権を握った。新型コロ…

後で読む
日刊スポーツ

2大会ぶりの花園を狙う深谷が14トライを奪って勝利し、準決勝に進出した。自慢のバックス陣が快足を飛ばし、トライを量産した。後半開始直後にトライを決めたWTB牧…

後で読む
デイリースポーツ

19年ラグビーW杯で組織委員会事務総長代理を務めた鶴田友晴氏が、著書「国際スポーツイベント 成功の舞台裏」をぴあ株式会社から出版した。 鶴田氏はラグビーW杯のほか、02年W杯サッカー日韓大会、07年大阪世界陸上など数多くのスポーツイベントを手掛けてきた。

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーのニュージーランドとオーストラリアの定期戦、ブレディスロー杯第1戦は11日、ニュージーランドのウェリントンで行われ、16-16で引き分けた。新型コロナウイルスの影響のため、代表戦が開催されたのは3月の欧州6カ国対抗以来、初めて。

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスの影響でトップチームの今季初戦となった天理大が、課題を残しながらも勝利した。前半早々にCTB市川敬太(4年=日新)のトライで先制。着実に加点…

後で読む
日刊スポーツ

今季就任した同大の伊藤紀晶ヘッドコーチ(HC)が初陣を飾った。試合開始早々に、トライを決めると、14-7の前半30分頃、日本代表の1つ下のカテゴリーであるジュ…

後で読む
スポーツニッポン

関西大学ラグビーの交流試合が11日に始まり、部員168人中62人が新型コロナウイルスに感染した天理大が関大に48―12で完勝し、新チーム初戦を白星で飾った。

後で読む
スポーツニッポン

関西大学ラグビーの交流試合が11日に始まり、部員168人中62人が新型コロナウイルスに感染した天理大が関大に48―12で完勝し、新チーム初戦を白星で飾った。

後で読む
スポーツニッポン

関西大学ラグビーの同大が今季公式戦初戦を勝利で飾った。11日、神戸市内で摂南大との交流戦に臨み、前半早々に先制。主導権を握り、前半で22点、後半で15点を奪い37―19で下した。

後で読む
スポーツニッポン

関西大学ラグビーの摂南大の瀬川智広監督(49)が初陣を白星で飾れなかった。11日、神戸市内で同大との交流戦に臨んだが、19―37で敗れた。

後で読む
スポーツニッポン

昨年のラグビーW杯日本大会の会場だった岩手県の釜石鵜住居復興スタジアムで10日、1周年記念イベントが開催された。メモリアルマッチはクボタが日本選手権7連覇の新日鉄釜石を前身とする釜石シーウェイブス(SW)を73―12で破った。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビーW杯開催1年を記念するイベント「いわて・かまいしラグビーメモリアルマッチ」が10日、岩手県釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムで開催された。記念試合には地元の釜石シーウェイブスRFCが登場。会場には2000人以上が詰めかける中、トップリーグのクボタに12―73で敗れた。

後で読む
スポーツニッポン

昨年のラグビーW杯日本大会の会場の一つだった岩手県釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムで10日、1周年を記念し「いわて・かまいしラグビーメモリアルイベント」が開催された。メモリアルマッチでは日本選手権7連覇の新日鉄釜石を前身とする地元の釜石シーウェイブス(SW)がトップリーグ(TL)のクボタと対戦。計11トライを奪ったクボタが73―12で勝った。

後で読む
デイリースポーツ

東日本大震災で被災した岩手県釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムで10日、昨年のラグビー・ワールドカップ(W杯)開催1年を記念し、地元・釜石シーウェイブス(SW)とトップリーグのクボタ(千葉県船橋市)が試合を行った。新型コロナウイルスの感染対策で声を出しての応援は禁止。ファンらは「ガンバレカマイシ!」「ナイストライ!」とのメッセージを掲げ応援した。 試合途中から雨も降る中、スタジアムには2千人以上が集まり拍手などで両チームの選手を鼓舞。トライが決まると、高校生らが大漁旗を振って盛り上げた。試合はクボタが73-12で勝った。

後で読む
スポーツニッポン

日本ラグビー協会は9日、今年度の第57回全国大学選手権の大会概要を発表し、11月21日開幕、来年1月11日決勝(会場未定)の日程などが固まった。

後で読む
スポーツニッポン

鹿児島合宿中の7人制ラグビー男子日本代表の副島亀里ララボウラティアナラ(コカ・コーラ)がオンライン取材に応じ、東京五輪でロッカーでの行動制限案が出ていることに危機感を示した。

後で読む
サンケイスポーツ

東日本大震災で被災し、昨年のラグビー・ワールドカップ(W杯)の開催地となった岩手県釜石市で9日、W杯の経験や感動を継承し、開催1年を祝う2日間の記念イベントが始まった。市中心部のホールでは、釜石鵜住居復興スタジアムでの唯一の試合となったフィジー-ウルグアイ戦が上映され、市民らが1年前の興奮を再体験した。

後で読む
スポーツニッポン

鹿児島市で合宿中の7人制ラグビー男子日本代表の副島亀里ララボウラティアナラ(37=コカ・コーラ)が9日、オンライン取材に応じ、37歳の今なお進化中であることを明かした。16年のリオ五輪時点でチーム最年長の33歳だったがが、1年延期となった東京五輪は38歳で迎えることになる。それでも「今のところ体は付いてきている。(4年前より)足は速くなっている。ガッツと強い意志(が秘けつ)」と語ってニヤリ。リ…

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は9日、第57回全国大学選手権の概要を発表した。11月21日に開幕し、14チームが出場する。2回戦までは無観客試合となるが、3回戦からは有料試合(有観客)となる。 11月21日に福岡・春日公園球技場で1回戦が行われ、愛知・パロマ瑞穂ラグビー場で同29日に2回戦が開催される。12月13日の東京・秩父宮ラグビー場、大阪・花園ラグビー場で行われる3回戦から関東、関西勢が登場する。決勝は1月11日(会場未定)となった。

後で読む
日刊スポーツ

日本ラグビー協会は9日、全国大学選手権の概要を発表した。11月21日に福岡・春日公園球技場で1回戦が行われ、愛知・パロマ瑞穂ラグビー場で開催される同29日が2…

後で読む
スポーツニッポン

日本ラグビー協会は9日、今年度の第57回全国大学選手権の大会概要を発表した。新型コロナウイルスの影響が懸念される中、出場校は全14チーム、1、2回戦は無観客試合となるが、3回戦は有料試合(有観客試合)とするなど、例年通りのフォーマットを維持して開催することが決まった。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ラグビー協会は9日、第57回全国大学選手権が11月21日に開幕し、決勝を来年1月11日に行うと発表した。準決勝2試合は東京・秩父宮ラグビー場で行い、決勝の会場は未定。

後で読む
スポーツ報知

 ラグビートップリーグ・ヤマハ発動機のプロップ山本幸輝(29)が8日、浜松市立与進小を訪問。体育館に集まった6年生に夢について話した。市のトップアスリート連携事業の一環として同校の総合学習授業に参加。

後で読む
スポーツ報知

 ラグビー・トップリーグのNECは7日、8日からチーム活動を再開させると発表した。9月17日に部員2人の新型コロナウイルス感染が発覚。チーム内で計7人が感染し、拠点を置く千葉県がクラスター(感染者集団

後で読む
サンケイスポーツ

関東大学ラグビーがこのほど開幕し、ファンが生の試合の迫力を感じる日が戻ってきた。サンケイスポーツ評論でおなじみ明大OBの元日本代表WTB吉田義人氏(51)が語る「思い出の一戦」は1992年4月22日、世界選抜の一員としてウェリントンでニュージーランド(NZ)代表と戦った試合だ。この試合で「伝説のトライ」を決めた吉田氏は、今だから明かせる秘話も披露した。

後で読む
サンケイスポーツ

 10月4日に関東大学ラグビーが開幕した。勝敗とともに注目していたのが、ブレークダウン(BD=タックル直後のボール争奪の局面)でのレフェリーの判定だ。

後で読む
スポーツニッポン

入場も、ウィズコロナの時代に沿ったものなのか。10月4日の関東大学ラグビー開幕試合。入場曲が掛かると、まずブルーのジャージーの筑波大フィフティーンだけが、列を成して秩父宮のピッチに現れた。これまでのように、スタンドから部員たちの野太い声援が飛ぶこともない。だが緑のじゅうたんと表現するに値するピッチは、久しぶりに心をすがすがしくしてくれた。球春到来。そんな表現がぴったりくる情景だった。

後で読む
日刊スポーツ

19年ラグビーW杯日本代表でトンガ出身のプロップ、バル・アサエリ愛(31=パナソニック)が5日夜、来日時に衝撃を受けた出来事を明かした。三菱地所主催のオンライ…

後で読む
サンケイスポーツ

帝京大を2年で中退し、ラグビー・トップリーグ(TL)の神戸製鋼に加入した李承信(り・すんしん、19)が5日、神戸市内で行われたチームの全体練習に初めて参加。「W杯に出場したい」という将来の夢とともに、来年1月の新シーズン開幕に向けて「TLデビューを果たしたい」と意気込みを語った。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビーのトップリーグ(TL)神戸製鋼が5日、神戸市内で始動し、新主将に就任した元日本代表SH日和佐篤(33)が所信表明した。サントリーから加入3季目でロック…

後で読む
スポーツ報知

 ラグビー・トップリーグの神戸製鋼が5日、神戸市内の灘浜グラウンドで始動した。2018年度のリーグ優勝に導いたウェイン・スミス総監督(63)、デーブ・ディロンヘッドコーチ(HC、45)体制3シーズン目

後で読む
スポーツニッポン

ラグビー・トップリーグ(TL)の神戸製鋼が5日、来年1月16日に開幕する新シーズンへ向け、全体練習を初めて行った。神戸市内のグラウンドには、ビザの発給が遅れている新加入のニュージーランド代表組(アーロン・クルーデン、ベン・スミス)をのぞくメンバーが集結。体力測定で最も目立ったのは、もう1人のオールブラックス、世界最高のロックと言われる同国代表81キャップのブロディ・レタリック(29)だった。

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーのトップリーグ、トヨタ自動車は5日、オーストラリア代表で2019年ワールドカップ(W杯)で主将を務めたフランカーのマイケル・フーパー(28)が加入すると発表した。フーパーはチームを通じて「プレーで可能な限りベストを尽くす」とコメントした。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビートップリーグ(TL)のトヨタ自動車は5日、オーストラリア代表主将でフランカーのマイケル・フーパー(28)の新入団を発表した。15、19年W杯に主将として出場し、通算99キャップを誇る世界屈指のオープンサイドフランカーの来日は大きな話題を呼びそうだ。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグ(TL)のトヨタ自動車は5日、オーストラリア代表主将として19年ワールドカップ(W杯)日本大会に出場したフランカー、マイケル・フーパー(…

後で読む
サンケイスポーツ

2023年の次回ラグビーW杯フランス大会の組み合わせ抽選が、12月14日にパリで行われることが発表された。そして、昨年の日本大会で史上初の8強に躍進した日本は、この抽選で初めて第2グループに振り分けられた。

後で読む
サンケイスポーツ

 関東大学ラグビー(4日、明大グラウンドほか)新型コロナウイルスの影響で例年より1カ月遅れ、対抗戦とリーグ戦が一斉に開幕。昨季の大学王者で対抗戦の早大は青学大に苦しみながらも7トライを決めて、47-21で白星発進した。帝京大は日体大に98-10と圧勝。リーグ戦では3連覇を狙う東海大が1部に復帰した関東学院大を52-24で下したが、昨年4位の大東大は同5位の専大に19-29で敗れた。

後で読む
スポーツニッポン

関東大学ラグビーは対抗戦Aグループ、リーグ戦1部ともに、新型コロナウイルス感染拡大の影響で例年より約1カ月遅れで一斉に開幕した。昨年のW杯で日本中を熱狂させたラグビーだが、今年の日本代表戦は全て中止となり、トップリーグの開幕は来年1月を予定。今年2月から止まっていた国内トップカテゴリーの公式戦が、ようやく再開を果たした。開幕試合は筑波大が慶大を30―19で破った。

後で読む
デイリースポーツ

「関東大学ラグビー・対抗戦、早大47-21青学大」(4日、秩父宮ラグビー場) 各4試合が行われて開幕し、対抗戦は昨季の全国大学選手権を制した早大が青学大を47-21で下して白星発進した。対抗戦の昨季王者明大は立大に73-15で大勝、筑波大は慶大に30-19で勝った。リーグ戦は昨季覇者の東海大が関東学院大を52-24で退けた。今季は新型コロナウイルスの影響で例年より遅れて開幕。ラグビーはトップリーグや日本代表戦がなくなる中で本格的な競技再開となった。

後で読む
スポーツ報知

 関東大学ラグビーの対抗戦、リーグ戦が4日、約1か月遅れで開幕した。昨季21年ぶりの対抗戦単独優勝を挙げた明大は東京・世田谷区の八幡山グラウンドに、5季ぶりにAグループに昇格した立大を迎えた。FWとバ

後で読む
サンケイスポーツ

関東大学ラグビーは4日、対抗戦、リーグ戦が8試合で一斉に開幕。新型コロナウイルスの影響で観客を5000人に制限した秩父宮で行われた慶大-筑波大は、30-19で筑波大が白星発進した。

後で読む
サンケイスポーツ

関東大学ラグビーが4日、開幕した。対抗戦2連覇と2季ぶりの大学日本一奪還を目指す明大は、5季ぶりにAグループ(1部)に昇格した立大に73-15で快勝。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、例年より約1カ月遅れた開幕で好スタートを切った。感染防止策として試合は無観客で行われ、学生の医療スタッフは防護服を着用。厳戒態勢の中、待ちに待ったラグビーシーズンが幕を開けた。

後で読む
スポーツ報知

 今年1月の部員による大麻取締法違反事件など不祥事明けの日大は、中大に33―28で逆転勝ちし、白星発進を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

「関東大学ラグビー・対抗戦、早大47-21青学大」(4日、秩父宮ラグビー場) 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、関東大学ラグビーの対抗戦は例年の約1カ月遅れで開幕。昨季大学選手権王者の早大は、7トライで青学大に勝利した。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビーの関東大学リーグは4日、東京・秩父宮ラグビー場などで対抗戦、リーグ戦各4試合が行われて開幕し、対抗戦は昨季の全国大学選手権を制した早大が青学大を47-21で下して白星発進した。対抗戦の昨季王者明大は立大に73-15で大勝、筑波大は慶大に30-19で勝った。 リーグ戦は昨季覇者の東海大が関東学院大を52-24で退けた。元部員の薬物事件や元ヘッドコーチによる暴行問題があった日大は中大に33-28で逆転勝ちした。

後で読む
スポーツ報知

 関東大学ラグビーの対抗戦、リーグ戦が4日に開幕した。リーグ戦昨季3位の流通経大は法大に28―10で勝利した。自校グラウンドで行われた試合前、9月28日に急死した元日本代表フッカー湯原祐希さん(享年3

後で読む
スポーツニッポン

ラグビー大学日本一奪回を目指す明大が今季初戦で11トライを奪い、白星スタートを切った。1年生のロック山本嶺二郎(京都成章)とSO池戸将太郎(東海大相模)が開幕スタメンでプレーし、勝利に貢献した。

後で読む
スポーツ報知

 関東大学ラグビーの対抗戦、リーグ戦が4日に開幕した。慶大は筑波大に19―30で敗れ、12年以来8年ぶりの黒星スタートとなった。

後で読む
スポーツニッポン

昨年度大学王者の早大は、青学大を47―21で下し、白星発進した。

後で読む
日刊スポーツ

昨季3位の筑波大が、マンオブザマッチに選ばれたFB植村陽彦(2年)の2トライなどで同5位の慶大に勝利した。5点リードで折り返した後半開始2分。味方のノールック…

後で読む
サンケイスポーツ

4日に開幕した関東大学ラグビーで、昨季全国大学選手権を制した対抗戦の早大は、東京・秩父宮ラグビー場で青学大と対戦し、7トライを奪って47-21で勝った。

後で読む
スポーツ報知

 関東大学ラグビーの対抗戦、リーグ戦が4日、開幕した。2試合が行われた東京・港区の秩父宮ラグビーでは例年にない新型コロナウイルス感染防止対策がとられた。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、関東大学対抗戦Aグループは例年の約1カ月遅れで開幕し、開幕試合は筑波大が慶大を30―19で破り、勝ち点4を獲得した。4日は他の3試合、リーグ戦1部の4試合も一斉に行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

関東大学ラグビーは4日、対抗戦、リーグ戦が8試合で一斉に開幕。新型コロナウイルスの影響で観客を5000人に制限した秩父宮で行われた慶大-筑波大は、30-19で筑波大が白星発進した。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー元日本代表WTB山田章仁(35=NTTコム)が3日、妻でタレントのローラさん(32)が第3子の女児を出産したことをブログで報告した。「ご報告」と題し、…

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー日本代表の山田章仁(35)と、タレント、コラムニスト、ヨガインストラクターの山田ローラ(32)夫妻に9月30日、第3子次女が誕生したことが3日、分かった。夫妻がそれぞれの公式ブログで報告した。 ローラは「9/30/2020 第三子となる次女を出産しました」と報告。在住する米ハワイに戻った章仁も2週間の自宅隔離が明けており、「無事に立ち会えることができました。早速空気が読める娘には感謝しています」と、出産に立ち会ったという。

後で読む
東京スポーツ

 日本ラグビー協会は30日、第100回全国高校ラグビー大会(12月27日開幕、大阪・花園ラグビー場)の開会式を中止すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の観点から決断したという。大会の大会の開催可…

後で読む
スポーツ報知

 日本ラグビーフットボール協会は30日、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、第100回全国高校ラグビー大会(12月27日から東大阪市花園ラグビー場で開催予定)の開会式を中止することなどを発表した

後で読む
東京スポーツ

 ラグビーのトップリーグ(TL)東芝は30日、コーチを務めている元日本代表の湯原祐希さんが29日に死去したと発表した。36歳。  29日に東京・府中市内のクラブハウスで倒れ、病院に運ばれていたという。…

後で読む
サンケイスポーツ

 ラグビーのトップリーグの東芝は30日、FWコーチを務めていた湯原祐希さんが29日に亡くなったと発表した。36歳だった。死因は非公表。チームによれば、29日朝にクラブハウスでの自主トレーニング中に倒れ、病院に緊急搬送されていたという。

後で読む
スポーツニッポン

 ラグビー元日本代表で、トップリーグ(TL)の東芝のFWコーチ・湯原祐希(ひろき)さんが29日に亡くなったことが30日、分かった。公式サイトで発表された。36歳。死因については公表していない。29日に東京都府中市内のクラブハウスで倒れ、病院に運ばれていたという。

後で読む
スポーツ報知

 ラグビー・トップリーグの東芝は30日、FWコーチの湯原祐希さんが29日に亡くなったと発表した。36歳だった。フッカーで日本代表でも活躍し、2011、15年W杯のメンバーだった。死因は公表されていない

後で読む
サンケイスポーツ

 【ノーサイドの精神】高校ラグビー界最古とされる大阪府屈指の伝統校同士の定期戦、北野-天王寺が9月20日、花園ラグビー場で行われた。24-12で快勝し、通算成績を66勝2分け29敗とした天王寺、敗れた北野とも積極的にボールを動かす好ゲームだった。

後で読む
スポーツ報知

 日本ラグビー協会は28日、21年シーズンのトップリーグ(TL)開催概要を発表した。21年1月16日に開幕し、変則的な2ステージ制で行う。新リーグ(22年1月開幕予定)へ移行するため、現行のTLとして

後で読む
東京スポーツ

 日本ラグビー協会は28日、来年1月16日に開幕するトップリーグ(TL)の大会概要を発表した。  まずは1月16日~3月6日の日程でTL16チームを2組に分けて1回戦総当たりの第1ステージ(S)を行う…

後で読む
サンケイスポーツ

 日本ラグビー協会は28日、2021年1月に開幕するトップリーグ(TL)日程を発表した。開幕は1月16日で5月末終了を予定している。

後で読む
スポーツ報知

 ラグビー元日本代表ウィング福岡堅樹(28)=パナソニック=が27日、静岡エコパスタジアムでW杯1周年記念イベントに参加した。1次リーグ第2戦のアイルランド戦で決勝トライを挙げた自身をモチーフにした銅

後で読む
スポーツ報知

 ラグビーW杯開催1周年イベントが27日、静岡エコパスタジアムで開催された。19年9月28日に日本代表が1次リーグ第2戦でアイルランド代表を撃破した一戦で、後半18分に逆転トライを挙げた福岡堅樹(28

後で読む
サンケイスポーツ

 ラグビー日本代表主将のFLリーチ・マイケル(31)=東芝=が26日、東京・府中市のグラウンドで行われた医療従事者らを支援する「ラゾーナ川崎プラザ募金」贈呈式に出席した。

後で読む
スポーツニッポン

 来年9月開幕のラグビーW杯ニュージーランド大会で2大会連続出場を目指し、北海道で合宿中の女子日本代表のフランカー斉藤聖奈(28=パールズ)とSH津久井萌(20=横河武蔵野)が26日、オンライン取材に応じ、日本協会が検討している25、29年のW杯招致に賛同した。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。