「レスリング」の記事一覧

デイリースポーツ

DDTプロレスリングが13日、今月いっぱいで94年の歴史に終止符を打つ東京都練馬区の「としまえん」で記者会見を開き、27日に同所で、路上電流爆破デスマッチを開催することを発表した。 会見には、高木三四郎社長、“バカサバイバー”青木真也のほか、大仁田厚が佐賀からリモートで参加。同デスマッチの対戦カードは、大仁田、高木、クリス・ブルックス組VS青木、宇野薫、竹下幸之介組による、大仁田軍VS青木軍に決定。大会は無観客で全5試合程度を予定。試合のもようは、インターネットテレビ局「ABEMA」で生中継される。

後で読む
スポーツ報知

日本レスリング協会が、国などからコーチに支払われる報酬を巡り、過去に不適切な会計処理を行った疑いが浮上し、日本オリンピック委員会(JOC)から調査の指示を受けたことが12日、分かった。4月に元コーチ

後で読む
スポーツニッポン

日本オリンピック委員会(JOC)は12日、日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬の一部を巡って2012年ごろまで不適切な会計処理を行っていた疑いがあるとして、報告を求めていることを明らかにした。

後で読む
デイリースポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)は12日、日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬の一部を巡って、12年ごろまで不適切な会計処理を行っていた疑いがあるとして、月内に報告を求めていることを明らかにした。 関係者によると、日本協会は代表クラスの専任コーチに支払われる報酬の一部を協会に寄付させ、海外遠征の時の会食代や記念品の購入などに使用していた可能性があるという。20年4月に告発文がJOCに届いた。日本協会は「調査中としか言えない」としている。

後で読む
スポーツ報知

日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬を巡って過去に不適切な会計処理を行った疑いが浮上し、日本オリンピック委員会(JOC)から調査の指示を受けたことが12日、分かった。4月に元コーチか

後で読む
サンケイスポーツ

日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬の一部を巡り、2012年ごろまで不適切な会計処理を行っていた疑いがあるとして、日本オリンピック委員会(JOC)が月内に報告を求めていることが12日、分かった。

後で読む
デイリースポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)は12日、日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬の一部を巡って、2012年ごろまで不適切な会計処理を行っていた疑いがあるとして、月内に報告を求めていることを明らかにした。 関係者によると、日本協会は代表クラスの専任コーチに支払われる報酬の一部を協会に寄付させ、海外遠征の時の会食代や記念品の購入などに使用していた可能性があるという。今年4月に告発文がJOCに届いた。日本協会は「調査中としか言えない」としている。

後で読む
日刊スポーツ

日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬をめぐり、過去に不適切な会計処理をしていた疑いが12日までに浮上した。4月に元コーチから日本オリンピック委…

後で読む
東京スポーツ

10日に行われたノア・横浜文化体育館大会で、〝プロレスリングマスター〟武藤敬司(57)に敗れた、若きエース・清宮海斗(24)が11日、都内の事務所で一夜明け会見に臨んだ。  しっかり前を見据え会見場…

後で読む
東京スポーツ

ノア10日の横浜文化体育館で行われた20周年記念大会で〝プロレスリングマスター〟武藤敬司(57)が、若きエース・清宮海斗(24)を下して貫録を示した。  試合はグラウンドの攻防から静かに立ち上がるも…

後で読む
デイリースポーツ

「RIZIN.22」(9日、ぴあアリーナMM) 新型コロナウイルス感染拡大の影響により2月22日を最後に大会を自粛していたRIZINが約6カ月ぶりに再開。MMAルール(肘あり)61キロ契約5分3回戦で、元レスリング世界女王で格闘家の山本美憂の長男、アーセン(23)=KRAZY BEE SPIKE22=は加藤ケンジ(29)=K.O.SHOOTO GYM/3POUND=に1回KOで敗れた。

後で読む
東京スポーツ

故・三沢光晴さんが立ち上げたプロレスリング・ノアも今年で20周年。その旗揚げ記念日に行われた王者・潮崎豪VS挑戦者・丸藤正道のGHCヘビー級選手権は、ノアの歴史を体現する一戦となった。  王者・潮﨑…

後で読む
スポーツ報知

1年は短いようで長い。特にベテランと呼ばれる年齢に達している選手にとっては、長い。東京五輪の延期を受け、引退を選んだ選手もいれば、指導者を代え心機一転した選手もいる。手術に懸けた選手もいた。

後で読む
東京スポーツ

2016年リオ五輪レスリング女子48キロ級金メダルの登坂絵莉(26=東新住建)が元レスリンググレコローマン全日本王者で総合格闘家の倉本一真(33)と入籍したと発表し、大きな注目を集めている。静かに愛…

後で読む
スポーツニッポン

16年リオデジャネイロ五輪レスリング女子48キロ級金メダルの登坂絵莉(26=東新住建)が5日、元レスリング選手で総合格闘家の倉本一真(33)と結婚したことを自身のSNSで発表した。

後で読む
デイリースポーツ

女子レスリングで16年リオデジャネイロ五輪金メダルの登坂絵莉(26)が5日、元レスリング全日本王者で総合格闘家の倉本一真(33)と結婚したことを発表した。 ツイッターでツーショット写真と共に直筆メッセージを添付し「リオ五輪後、けがで思うような練習ができない日々が続き、気持ちが落ちていた頃、良き理解者として支えてもらい前を向くことができました。これからの人生も共にしたいと思うようになりました」と報告した。

後で読む
サンケイスポーツ

2016年リオデジャネイロ五輪レスリング女子48キロ級金メダリストの登坂絵莉(26)=東新住建=が5日、元レスリング選手で総合格闘家の倉本一真(34)と結婚したことを自身のツイッターで発表。アスリート仲間から祝福の声が相次いだ。

後で読む
デイリースポーツ

レスリングで16年リオデジャネイロ五輪女子48キロ級金メダルの登坂絵莉選手(26)が5日、SNSで元世界選手権男子グレコローマンスタイル代表で現在は総合格闘家の倉本一真さん(33)と結婚したことを明らかにした。 リオ五輪後、度重なるけがに苦しんでいたが「(倉本さんに)良き理解者としていつも支えてもらい、前を向くことができました。そして時間を過ごす中で、これからの人生をともにしていきたいと思うようになりました」とつづった。

後で読む
デイリースポーツ

レスリングの元五輪女王・吉田沙保里(37)が5日、自身のツイッターを更新し、この日、結婚を発表した女子レスリング、リオデジャネイロ五輪48キロ級金メダリストの登坂絵莉(26)を祝福した。登坂は自身のツイッターでこの日、元レスリング全日本王者で総合格闘家の倉本一真(33)との入籍を発表した。 登坂は同じ至学館大学出身であり、吉田の後継者の1人と見られる選手。結婚では妹分に“先を越された”形となった。

後で読む
東京スポーツ

レスリング女子で五輪3連覇の吉田沙保里(37)が5日、自身のSNSで妹分の五輪金メダリスト・登坂絵莉(26=東新住建)の結婚を祝福した。  吉田は「絵莉! おめでとう。昔から知っている2人がゴールイ…

後で読む
スポーツ報知

レスリングの16年リオデジャネイロ五輪女子48キロ級金メダリストの登坂絵莉(26)が5日、3年交際していた総合格闘技の倉本一真と結婚したことを自身のSNSで発表した。

後で読む
東京スポーツ

2016年リオデジャネイロ五輪女子レスリング48キロ級金メダリストの登坂絵莉(26=東新住建)が5日、自身のSNSで、レスリンググレコローマンの元全日本王者で総合格闘家の倉本一真(33)と結婚したこ…

後で読む
スポーツニッポン

16年リオデジャネイロ五輪女子レスリング48キロ級金メダリストの登坂絵莉(26=東新住建)が5日、自身のツイッターで総合格闘技の倉本一真(34)と結婚したことを報告した。

後で読む
デイリースポーツ

女子レスリングで16年リオデジャネイロ五輪48キロ級金メダリストの登坂絵莉(26)が5日、ツイッターを更新。元レスリング全日本王者で総合格闘家の倉本一真(33)と入籍したことを発表した。 登坂はツーショット写真とともに直筆メッセージを添付。「この度、私、登坂絵莉はかねてよりお付き合いしていた元レスリング選手で総合格闘家の倉本一真さんと入籍致しましたことをご報告させて頂きます」と伝えた。続けて「リオオリンピック後、けがでなかなか思うような練習ができない日々が続き、気持ちが落ちていた頃、良き理解者としていつも支えてもらい、前を向くことができました。そして時間を過ごす中で、これからの人生も共にしていきたいと思うようになりました」と報告した。

後で読む
日刊スポーツ

16年リオデジャネイロ五輪女子レスリング48キロ級金メダリストの登坂絵莉選手(26=東新住建)が5日、総合格闘技の倉本一真(34)と結婚したことを発表した。5…

後で読む
スポーツ報知

大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手(33)の妻で元レスリング世界女王・山本聖子(39)が4日までに自身のブログを更新。姉でレスリング元世界女王の山本美憂(46)がYouTubeを開設したことに触れ

後で読む
東京スポーツ

レスリング元世界女王で格闘技イベント「RIZIN」で活躍する山本美憂(45)が3日、公式ユーチューブチャンネル「山本美憂MiyuuYamamoto」を開設した。  先日は同じく格闘家のカイル・アグォ…

後で読む
スポーツニッポン

元レスリング世界女王の山本聖子さん(39)が1日、自身のブログを更新。7月31日(日本時間8月1日)のパイレーツ戦で6回2安打無失点と好投し、今季初勝利を挙げた夫のダルビッシュ有投手(33=カブス)から勝利球をプレゼントされたことを報告した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(31日、後楽園ホール) 鈴木みのるが永田裕志に6月のニュージャパンカップ1回戦で敗れた雪辱を果たした。同じ52歳、高校2年時にレスリングで対戦して以来“水と油”と呼ばれる敵対関係を続けてきた2人。これまでの前哨戦と同じく、意地をぶつけ合う壮絶な打撃戦を展開し、最後は鈴木が張り手の連打からのエルボーでダウンさせ、ゴッチ式脳天くい打ちで葬った。

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレス7月31日後楽園ホール大会で、〝プロレス王〟鈴木みのる(52)が永田裕志(52)との因縁対決を制した。  高校レスリング部時代から実に35年にわたりいがみ合ってきた両者の抗争は、「NE…

後で読む
東京スポーツ

ノア8月5日の東京・後楽園ホール大会でGHCヘビー級王者の潮﨑豪(38)に挑戦する丸藤正道(40)が、4年半ぶりの同王座返り咲きに意気込んでいる。糧となるのは同じユニットに所属する“プロレスリングマ…

後で読む
デイリースポーツ

プロレスリング・ノアの絶対王者で「鉄人」と称された元プロレスラー、小橋建太氏が29日、ツイッターで、前日28日放送のテレビ東京系「開運!なんでも鑑定団」で惨敗を喫したことに頭を抱えた。 小橋氏は前回2014年の出演時、義父から結婚祝いに贈られた曾我蕭白の屏風を持参して参戦したが、結果は偽物だった。今回の参戦にあたり、「『チーム青春の握りこぶし』のみんな今夜だ。一緒に盛り上がろうぜ!!『いくぞー』!!」とツイート。リベンジに燃えていた。

後で読む
東京スポーツ

新型コロナウイルス感染者の再増加で強化合宿が再び中止になったレスリング女子日本代表に、2つの“課題”が出されている。  今月上旬、約3か月半ぶりに都内で代表合宿を再開。東京五輪57キロ級代表の川井梨…

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった東京五輪開幕まで1年を切った。レスリング女子で唯一代表が決まっていない50キロ級の代表候補、元世界女王の須崎優衣(21)=早大=がデイリースポーツのインタビューに応じ、自粛期間の過ごし方や、自力での五輪出場が絶望的だった昨年からの奇跡の復活劇を振り返った。 当時中学2年生。招致が決まった13年から東京五輪を人生の指針にしてきた須崎にとって、ただの目標というにはあまりに大きな大会が突然2020年夏から消えた。「正直、最初はビックリしました」。来夏への延期に伴い、23日に異例となる2度目の五輪1年前を迎えた。ただ前回、つまり昨年7月には絶望のふちにいた須崎にとっては、練習自粛を余儀なくされた日々も希望の火が消えることはなかった。

後で読む
スポーツ報知

1年後に延期になった東京五輪の開会式が当初行われる予定だった24日、2012年ロンドン五輪で旗手の大役を果たしたレスリング女子の吉田沙保里さん(37)がスポーツ報知の取材に応じ、当時を振り返った。五

後で読む
デイリースポーツ

レスリング男子フリースタイル86キロ級で、3大会連続の五輪出場を目指す高谷惣亮(31)=ALSOK=が21日、今夏のインターハイが中止になった高校生にオンライン授業を行い、“嫌われる勇気”の大事さを説いた。 他人の目線に緊張しない方法を聞かれると、唐突に心理学者アドラーの教えを持ちだし「『人間の悩みは人間が起こしてる』と言われてる。レスリングは(自分の)夢のためにやっているのであって、周りの目は重要じゃない」と助言。同心理学を紹介したベストセラー「嫌われる勇気」も「読んでほしい」と、我が道を進むようアドバイスした。

後で読む
スポーツニッポン

レスリング男子86キロ級で3大会連続の五輪出場を目指す高谷惣亮(31=ALSOK)が21日、今年の主要大会が中止になった高校生たちにエールを送る企画「インハイTV」でオンライン授業を行った。

後で読む
デイリースポーツ

レスリング男子フリースタイル86キロ級で、旧階級も含めて3大会連続の五輪出場を目指す高谷惣亮(31)=ALSOK=が21日、今夏の総体(インターハイ)が中止になった高校生にオンライン授業を行い、“嫌われる勇気”のススメを説いた。 質問に丁寧に答えながら、約1時間配信した。他人の目線に緊張しない方法を聞かれると、高谷が唐突に引っ張り出したのは心理学者アドラーの名前。「アドラー心理学では『人間の悩みは人間が起こしてる』と言われてる。なぜレスリングをやってるのか考えた時に、将来の目標や夢があるわけで、周りの目は重要じゃない。自信を持ったらいい」と、心理学を用いながら助言した。

後で読む
デイリースポーツ

日本レスリング協会は20日、新型コロナウイルスの感染者が再び増加している状況に応じ、22日から東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で実施予定だった男子フリースタイルの強化合宿を延期すると発表した。今月初めから約3カ月半ぶりに女子や男子グレコローマンスタイルの合宿を再開したばかりだった。 NTCでの8月の女子強化合宿なども延期した。選手らは9月までにPCR検査を受けられる見込みで、その後合宿を再開する予定。西口茂樹強化本部長は「選手の安全を一番に考えた。大学など各所属では練習ができているので、そんなに心配していない」と説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本レスリング協会は20日、新型コロナウイルスの感染者が再び増加している状況に応じ、22日から東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で実施予定だった男子フリースタイルの強化合宿を延期すると発表した。今月初めから約3カ月半ぶりに女子や男子グレコローマンスタイルの合宿を再開したばかりだった。

後で読む
東京スポーツ

日本レスリング協会は20日、22~28日まで東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で開催を予定していた男子フリーの代表合宿を中止すると発表した。同協会によると、全国的な新型コロナ…

後で読む
スポーツ報知

今回からアスリートコラムのメンバーに加わることになったレスリングの土性沙羅です。68キロ級で代表選手になった東京五輪までよろしくお願いします。

後で読む
スポーツ報知

今回からアスリートコラムのメンバーに加わることになったレスリングの土性沙羅です。68キロ級で代表選手になった東京五輪までよろしくお願いします。

後で読む
デイリースポーツ

BS朝日は7日、新日本プロレス34年ぶりとなる「金曜夜8時」枠での生中継となった今月3日の「ワールドプロレスリングリターンズ」で、ハッシュタグ「#金8はプロレス」がTwitterトレンド1位を獲得し、世界トレンドでも3位となったことを明らかにした。 当日は「NEW JAPAN CUP 2020」準決勝を放送したが、注目の一戦「オカダ・カズチカ対高橋ヒロム」が時間切れで放送終了に。10日の午後8時から「『ワールドプロレスリングリターンズ』7・3『NEW JAPAN CUP 2020』準決勝 オカダ・カズチカ VS 高橋ヒロム」として、大一番を完全ノーカット版で放送することも決定した。

後で読む
東京スポーツ

本当にできるのか。世界レスリング連合(UWW)は12月にセルビアで世界選手権を開催する計画を発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で大会が軒並み延期、中止になるなか、年内最後にビッグイベントを持…

後で読む
日刊スポーツ

レスリング男子グレコローマンスタイル日本代表が6日、約4カ月ぶりに合宿を再開した。コロナ禍で、各自が自宅や所属先などで自主練習をしていた。都内のナショナルトレ…

後で読む
スポーツ報知

レスリングのグレコローマンスタイル日本代表が6日、都内の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で約4か月ぶりに合宿を再開した。通常の5割程度の強度で汗を流した東京五輪60キロ級代表の文田健一

後で読む
スポーツニッポン

レスリング男子グレコローマンの日本代表が6日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで約4カ月ぶりに強化合宿を再開し、60キロ級で東京五輪出場を決めている文田健一郎(24=ミキハウス)ら選手22人が参加した。

後で読む
デイリースポーツ

レスリング男子グレコローマンスタイルの日本代表合宿が6日、新型コロナウイルスの影響による中断を経て、東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで約3カ月ぶりに再開された。60キロ級で東京五輪代表の文田健一郎(24)=ミキハウス=は「思ったより動けていてホッとした」と不安を一掃した。 必殺技「反り投げ」を武器に17、19年と世界王者に輝いた文田。しかし、3月に五輪延期が決まり「気持ちが不安定になり、1年モチベーションを持ち続けられるか…」と不安に駆られたという。ただ、自粛期間も腐らず自宅でトレーニングを継続。久々の合宿となったこの日は軽めのメニューだったが、「技の感覚や勘は思っていたより落ちてない」と安どの表情を見せた。

後で読む
デイリースポーツ

レスリング男子グレコローマンスタイル60キロ級で東京五輪代表に決まっている文田健一郎(24)=ミキハウス=が6日、約3カ月ぶりに東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで再開された日本代表の強化合宿に参加し、オンラインで取材に応じた。新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった東京五輪について改めて言及し「(延期は)目標が先に延びただけ。このまま強化を続ければ今年でも来年でもしっかり金メダルは獲れる。来年に向けて、もっともっと伸ばしていける」と変わらぬ自信を口にした。 必殺技「反り投げ」を武器に、17、19年と世界王者に輝いている文田。しかし、金メダル候補として迎えた五輪イヤーにまさかの1年延期が決まり、「(延期は)考えてもいなかった。気持ちが不安定になり、1年モチベーションを持ち続けられるか…」と当初は不安に駆られたという。

後で読む
東京スポーツ

レスリング男子グレコローマンの日本代表強化合宿が6日から、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターでスタートした。新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月中旬以来、約4か月ぶりの実施。東京五輪…

後で読む
デイリースポーツ

レスリング男子グレコローマンスタイル60キロ級で東京五輪代表の文田健一郎(ミキハウス)が6日、オンライン取材に応じ、新型コロナウイルスの影響で延期になった大舞台に向け「目標が先に延びただけなので、今はマイナスと捉えていない。強化していけば今年でも来年でも金メダルを取れると思う」と自信を示した。 昨年の世界選手権王者はこの日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで始まったグレコの強化合宿に参加。通常の5割程度の強度で動きを確認しながら汗を流し「(得意技の)そり投げの感覚はそこまで落ちていない。思ったよりも動けた」とほっとした表情だった。

後で読む
デイリースポーツ

レスリング男子グレコローマンスタイル60キロ級で東京五輪代表に決まっている文田健一郎(24)=ミキハウス=が6日、約3カ月ぶりに東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで再開された日本代表の強化合宿に参加し、オンラインで取材に応じた。新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった東京五輪について改めて言及し「(延期は)目標が先に延びただけ。このまま強化を続ければ今年でも来年でもしっかり金メダルは獲れる。来年に向けて、もっともっと伸ばしていける」と変わらぬ自信を口にした。 必殺技「反り投げ」を武器に、17、19年と世界王者に輝いている文田。しかし、金メダル候補として迎えた五輪イヤーにまさかの1年延期が決まり、「(延期は)考えてもいなかった。気持ちが不安定になり、1年モチベーションを持ち続けられるか…」と当初は不安に駆られたという。

後で読む
日刊スポーツ

レスリング男子グレコローマンスタイル日本代表が6日、約4カ月ぶりに合宿を再開した。コロナ禍で、各自が自宅や所属先などで自主練習をしていた。都内のナショナルトレ…

後で読む
スポーツ報知

レスリングのグレコローマンスタイル日本代表が6日、都内の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で約4か月ぶりに合宿を再開した。参加した22選手とコーチ陣は抗体検査を受け、全員が陰性だった。

後で読む
サンケイスポーツ

レスリング男子グレコローマンスタイル日本代表が6日、東京・北区のナショナルトレーニングセンター(NTC)での強化合宿を再開。来夏の東京五輪代表に内定している60キロ級世界王者の文田健一郎(24)=ミキハウス=は「(得意の)そり投げなどレスリング勘はそこまで落ちていない。思ったより動けていたので、ホッとしている」と息をついた。

後で読む
スポーツニッポン

レスリング男子グレコローマンの日本代表が6日、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで、3月中旬以来約4カ月ぶりに強化合宿を再開した。60キロ級で来年の東京五輪出場を決めている文田健一郎(ミキハウス)ら選手22人やコーチらが抗体検査を受け、陰性と判定されて参加。オンラインで取材に応じた松本慎吾男子グレコローマン強化委員長は、自粛期間中に各所属先で練習を積んできた選手のコンディションに…

後で読む
デイリースポーツ

元女子レスリング日本王者でRIZINなどで活躍中の村田夏南子(27)が5日、自身のツイッターで世界最大の格闘技団体UFCと契約したことを発表した。 村田はツイッターで「UFCとの契約書にサインしました!いろんな人たちのサポートのおかげでスタートラインに立つことができました!」と報告。「これからも2015年RIZINのリングで挨拶したときの気持ちを忘れず突き進んでいきたいと思います!」と総合格闘技に参戦を表明した5年前の決意を持ち出した。

後で読む
デイリースポーツ

生中継による「金曜8時のプロレス」が帰ってきた。BS朝日は3日、東京都内で行われた新日本プロレスの無観客大会(場所非公表)を午後8時から生中継で放映。昭和のプロレス・ファンになじみの時間帯に、1986年9月以来、約34年ぶりにプロレス生中継が復活した。 BS朝日は今年4月から金曜午後8時に「ワールドプロレスリングリターンズ」を放映。同時間帯は力道山時代に定着し、その後アントニオ猪木や初代タイガーマスクらが活躍してブームとなり、高視聴率をマークした。

後で読む
スポーツ報知

再発しないよう レスリング女子の東京五輪代表が2日、都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで3月以来の合宿を再開させた。参加した8選手とコーチ陣は合宿前にウイルスの抗体検査を受け、いずれも陰性だ

後で読む
スポーツニッポン

レスリング女子76キロ級の皆川は6月末に右膝半月板の手術を受けたことを明かした。

後で読む
スポーツニッポン

レスリング女子の日本代表合宿が2日、味の素ナショナルトレーニングセンターで約4カ月ぶりに行われ、53キロ級の向田を除く五輪代表4選手と50キロ級で来年の五輪予選に臨む須崎優衣(早大)が参加した。開始前には抗体検査を実施。スタッフなどを含む全員の陰性を確認した。

後で読む
スポーツ報知

レスリング女子の東京五輪代表が2日、都内の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で3月以来となる合宿をスタートした。参加した8選手とコーチ陣は全員が合宿前に抗体検査を受けて陰性だった。また、

後で読む
東京スポーツ

レスリング女子の日本代表合宿が2日、都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われ、東京五輪女子57キロ級代表の川井梨紗子(25=ジャパンビバレッジ)ら8人が参加した。新型コロナウイルス感染拡大…

後で読む
デイリースポーツ

レスリング女子代表の強化合宿が2日、東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで3月以来、約3カ月半ぶりに行われた。新型コロナウイルス感染拡大による自粛期間後の合宿再開は3スタイルを通じて初めてで、抗体検査や検温などを経た東京五輪代表ら8選手が参加。スパーリングは行わず、軽いメニューで汗を流した。 リオデジャネイロ五輪金メダリストで東京五輪57キロ級代表の川井梨紗子(25)=ジャパンビバレッジ=はオンラインで取材に応じ、「久しぶりの合宿で新鮮。体力的には落ちているが、レスリングの感覚は変わってない」と上々の様子。1年後に延期となった五輪については「優勝したい(という気持ち)よりも、安全な状況で開催してほしいのが一番」とコロナ禍の終息を何より切望した。

後で読む
スポーツ報知

レスリング女子の東京五輪代表が2日、都内の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で3月以来となる合宿をスタートした。参加した8選手とコーチ陣は全員が新型コロナの抗体検査を受けたほか、2週間前

後で読む
スポーツニッポン

レスリング女子の日本代表合宿が2日、東京都北区・味の素ナショナルトレーニングセンターで行われ、57キロ級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)ら五輪代表4選手と50キロ級で来年の五輪予選に臨む須崎優衣(早大)が参加した。代表合宿は3月以来で、開始前には抗体検査を実施。スタッフや練習パートナーを含む全員の陰性を確認し、再スタートを切った。

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルス感染拡大で中断していたレスリング女子日本代表の合宿が2日、東京・北区のナショナルトレーニングセンター(NTC)で約3カ月半ぶりに再開した。

後で読む
デイリースポーツ

レスリング女子の東京五輪代表が2日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で強化合宿を始めた。新型コロナウイルスの影響で約3カ月半ぶりとなり、五輪2連覇を目指す57キロ級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)はオンラインで取材に応じ「新鮮な気持ちでやれた。レスリングの感覚は変わっていない印象」と語った。 川井梨は約1カ月前のぎっくり腰が8割程度回復、体幹トレーニングなどで汗を流した。62キロ級の妹、川井友香子は「五輪への思いは何も変わってない」。68キロ級の土性沙羅は「焦らずできたらいい」と落ち着いた表情だった。

後で読む
日刊スポーツ

レスリング女子日本代表が2日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで合宿を約4カ月ぶりに再開した。練習前の抗体検査では参加8選手らの陰性も確認し、…

後で読む
東京スポーツ

プロレスリング・ノアは26日、8月の日程を発表し、8月4、5日に東京・後楽園ホール大会2連戦、同10日には横浜文化体育館で旗揚げ20周年記念第3弾のビッグマッチなどを開催する。同体育館は年内で閉館す…

後で読む
スポーツ報知

山梨学院大レスリング部が、このほど本格的な練習を再開。男子フリースタイル65キロ級で東京五輪代表に決まっている4年生の乙黒拓斗(21)も精力的に汗を流している。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(22日、会場非公表=無観客試合) 大会開始前に菅林直樹会長がリング上であいさつし、7月3日に行われるシングルトーナメント「ニュージャパンカップ」準決勝(会場非公表=無観客試合)をBS朝日「ワールドプロレスリングリターンズ」で生中継(午後8時~同8時54分)することを発表した。新日本プロレスの試合が金曜8時に生中継されるのは86年9月以来34年ぶり。

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレスは22日、7月3日のBS朝日「ワールドプロレスリングリターンズ」(毎週金曜日20時~)で「NEW JAPAN CUP」の準決勝を生中継することを発表した。  IWGPヘビー、インターコ…

後で読む
東京スポーツ

新型コロナウイルス禍で中断していた日本代表合宿を7月から開始するレスリングは、外食禁止や事前の行動チェックなど厳格なルールを設けている。  3スタイルの代表合宿は東京・北区の味の素ナショナルトレーニ…

後で読む
スポーツ報知

プロボクシング元世界2階級制覇の亀田和毅(28)が22日、「メキシコ時間で、今日は父の日!」と題した自身のインスタグラム(@tomokikameda)を更新した。5月27日に滞在先のメキシコ市で第一

後で読む
スポーツ報知

プロボクシングWBA世界ライトフライ級(48・9キロ以下)スーパー王者・京口紘人(26)=ワタナベ=が22日、東日本ボクシング協会のインスタグラムで、新型コロナウイルス感染拡大の影響に負けないよう、

後で読む
スポーツ報知

日本レスリング協会は20日、新型コロナウイルス感染拡大の影響により全国高校選抜大会、全国高校総体の中止に続き、鹿児島国体の来年以降への延期が発表となったことに伴い、10月に高校生の代替大会(男子・新

後で読む
スポーツニッポン

日本レスリング協会の富山英明副会長は20日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで予定している強化合宿の全参加者に対し、新型コロナウイルスの抗体検査実施を決めたことを明らかにした。最初に女子が7月2日から合宿を行う。

後で読む
デイリースポーツ

日本レスリング協会は20日、都内で評議員会を開催し、東京五輪代表内定者8人を新型コロナウイルスの影響で延期となった来夏まで維持するとしていた理事会の決定を正式承認した。 7月からは東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで代表合宿を再開予定。まずは女子代表が2日から合宿を行うが、参加は五輪代表と練習パートナーらに限るといい、富山英明広報委員長は「最小限の人数でやる」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

2012年ロンドン五輪近代五種女子代表で、18年に現役引退した黒須成美さん(28)が20日、自身のインスタグラムを更新し、レスリング男子グレコローマンスタイル77キロ級の阪部創(26)=自衛隊=と結婚したことを発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本レスリング協会の富山英明副会長は20日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで予定している強化合宿の全参加者に対し、新型コロナウイルスの抗体検査実施を決めたことを明らかにした。最初に女子が7月2日から合宿を行う。

後で読む
スポーツ報知

土性沙羅は、吉田沙保里さんと同じ「一志ジュニア」(三重)で小学1年からレスリングを始めた。タックルを授けてくれたのは、14年3月に亡くなった吉田さんの父・栄勝さん(享年61)だった。足の踏み込む位置

後で読む
東京スポーツ

“プロレスリングマスター”こと武藤敬司(57)が、観客を入れた興行を再開したマット界に一石を投じた。緊急事態宣言の解除を受けてDDTが通常興行をスタートし、7月からこの流れは本格化する。業界の盟主・新…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・新日本」(17日、会場非公表=無観客試合) 永田裕志が鈴木みのるを破って2回戦に進出した。永田とこの日が誕生日の鈴木はともに52歳で出場選手最年長。一騎打ちは13年8月(永田が勝利)以来約7年ぶりだが、初めて戦ったのは高2時のレスリング関東大会で、30年以上のライバル関係にある。

後で読む
デイリースポーツ

初代タイガーマスクこと佐山サトルが総監を務めるプロレス団体のリアルジャパンは17日、都内で会見を開き、無観客試合で行われる26日のストロングスタイルプロレス特設ホール大会のメインイベントがリアルジャパン軍のスーパー・タイガー、船木誠勝、アレクサンダー大塚、スーパー・ライダー(予定)組と藤田軍の藤田和之、杉浦貴、ケンドー・カシン、NOSAWA論外組の8人タッグ戦になると発表した。 当初は、3月の前回大会で藤田にタッグ戦で敗れたスーパーがリベンジを直訴したことで6人タッグ戦が行われる予定だった。だが、藤田がこれに反発。「リアルジャパンは佐山先生の団体なんだけど、佐山先生の次はスーパー・タイガーじゃなくスーパー・ライダーだと、何度もNOSAWAから聞いている。このマッチメークもいいんだけど、タイガーをライダーに変更したらいいんじゃないか。タイガーとは何度もやっているけど、いくらやっても結果が出ない。ライダーは実を言うとオレの大学(日大)のレスリングの大先輩なんでね。オレも一度も戦ったことないから、ぜひ手を合わせたいなと思う」と、体調不良のため17年9月から欠場しているライダーとの対戦を提案した。

後で読む
東京スポーツ

ノアの14日放送回で“プロレスリングマスター”武藤敬司(57)が、前GHC王者の清宮海斗(23)を圧倒した。  清宮からのラブコールを受けて実現した6人タッグの初対決では、グラウンドの攻防で完封。力…

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、都内で理事会を開いた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で来夏に延期となった大会の競技会場確保状況について、森喜朗会長は「8割程度までは利用について基本的に了解をいただいている」と明らかにした。 東京大会の競技会場は43あり、組織委は今夏と同じ施設の使用を希望している。この日までに確保できたのは五輪スタジアム(陸上、サッカー)、さいたまスーパーアリーナ(バスケットボール)、馬事公苑(馬術)など。交渉中の残り2割は幕張メッセ(レスリング、フェンシング、テコンドーなど)のほか、選手村や報道機関の拠点となる東京ビッグサイトも含まれており、来夏にイベントなどの先約が入っているものもあるためという。

後で読む
東京スポーツ

【天龍源一郎vsレジェンド対談「龍魂激論」】2009年に死去したプロレスリング・ノアの創業者、三沢光晴さん(享年46)が13日に命日を迎える。ミスタープロレスこと天龍源一郎(70)がホスト役を務める「…

後で読む
デイリースポーツ

覆面のミスターレスリング2号として知られる元プロレスラーのジョニー・ウォーカー(本名ジョン・ウォーカー)さんが死去したと米国のメディアが10日に報じた。85歳。死因は不明。 米国出身のウォーカーさんは56年にハワイでデビューし、“ラバーマン”ジョニー・ウォーカーと名乗って北米で活動。71年には覆面レスラーのザ・グラップラーとなった。73年には白覆面の人気レスラー、ミスター・レスリングに続いてミスター・レスリング2号に転身して人気者となり、多くの王座を獲得。ミスター・レスリングともタッグを結成した。

後で読む
日刊スポーツ

全国クラスの強さを誇る静岡・飛龍高のレスリング部は部活動を本格化させ、予定されている大会へ向け準備を進めている。レスリング部は、新型コロナウイルスの影響で約2…

後で読む
日刊スポーツ

新潟県内の県立高校では8日、新型コロナウイルスの影響で休止していた部活動が再開された。八海のレスリング部はウエートトレーニングを中心に約2カ月ぶりに全員で体を…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・全日本」(7日、会場非公表=無観客試合) テレビマッチが放送され、元WRESTLE-1の芦野祥太郎、羆嵐組が三冠ヘビー級王者の諏訪魔、岡田佑介組に勝利した。芦野は同じレスリング出身の諏訪魔と得意のアンクルロック、スープレックスの応酬などを繰り広げ、最後は岡田をアンクルロックで仕留めた。

後で読む
スポーツニッポン

愛くるしい動物たちは人々の心を癒やしてくれます。芸能人やスポーツ選手の可愛いペットを紹介する「我が家のアイドル」。今回はレスリング・川井梨紗子の愛犬「きなこちゃん」です。

後で読む
東京スポーツ

日本レスリング協会は理事会(5日)で、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2021年に延期された東京五輪の代表について、女子57キロ級の川井梨紗子(25)と62キロ級の川井友香子(22=ともにジャパン…

後で読む
スポーツ報知

日本レスリング協会は5日、都内で理事会を開き、東京五輪延期決定前に内定した57キロ級・川井梨紗子ら男女8人の代表権を維持することを正式に承認した。富山英明副会長は「いろんな意見があったが、現場の意見

後で読む
スポーツニッポン

日本レスリング協会の理事会が5日に都内で行われ、東京五輪代表に決まっていた女子57キロ級の川井梨紗子(25=ジャパンビバレッジ)ら男女8選手については延期後も代表を維持することが正式に承認された。

後で読む
デイリースポーツ

日本レスリング協会は5日、都内で理事会を開催し、女子57キロ級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)ら東京五輪代表に内定していた8選手を、新型コロナの影響で延期となった来夏まで維持する方針を固めた。日本が五輪出場枠獲得を目指す残り10階級は来春に中国で開催予定の五輪アジア予選に昨年の全日本選手権優勝者を派遣する。会見した富山英明広報委員長は「いろんな意見も出たが、現場の声を優先した結果」と説明した。 7月には代表合宿再開を予定しており、参加者には事前に抗体検査を実施する方針だという。また、12月に開催予定の全日本選手権に五輪代表選手の出場を促すとし、富山広報委員長は「試合経験がないのは危険なので、できるだけ参加してほしい」と話した。

後で読む
東京スポーツ

日本レスリング協会は5日、都内で理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2021年に延期された東京五輪代表について、女子57キロ級の川井梨紗子(25=ジャパンビバレッジ)ら8選手の代表資格を…

後で読む
スポーツニッポン

日本レスリング協会の理事会が5日に都内で行われ、男子グレコローマンスタイル60キロ級の文田健一郎(24=ミキハウス)、女子57キロの川井梨紗子(25=ジャパンビバレッジ)ら男女8選手の東京五輪代表権を維持することが正式に承認された。協会は3月下旬に今日が委員会を開催し、代表選手を変更せずに大会に臨む方針を固めていた。残り男女10階級については、五輪アジア予選(21年3月末、中国予定)や世界最終…

後で読む
デイリースポーツ

日本レスリング協会は5日、東京都内で理事会を開き、東京五輪代表に決まっていた女子57キロ級の川井梨紗子と62キロ級の川井友香子(ともにジャパンビバレッジ)姉妹や男子グレコローマンスタイル60キロ級の文田健一郎(ミキハウス)ら8人について五輪の延期後も代表を維持することを正式に承認した。 他は男子フリースタイル74キロ級の乙黒圭祐(自衛隊)と65キロ級の乙黒拓斗(山梨学院大)兄弟や女子53キロ級の向田真優(ジェイテクト)、68キロ級の土性沙羅(東新住建)、76キロ級の皆川博恵(クリナップ)。いずれも昨年の世界選手権などで同協会の代表選考基準を満たしていた。

後で読む
デイリースポーツ

日本レスリング協会は5日、都内で理事会を開催し、女子57キロ級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)ら東京五輪代表に内定していた8選手を、新型コロナウイルスの影響で延期となった来夏まで維持する方針を固めた。また、五輪予選に出場予定だった代表候補選手もそのまま維持する見込み。記者会見した富山英明広報委員長は「色んな意見も出たが、現場の声を優先した結果」と説明した。 7月には3スタイルともに、東京・味の素ナショナルトレーニングセンターでの代表合宿再開を予定しており、参加者には事前に抗体検査を実施する方針だという。

後で読む
日刊スポーツ

日本レスリング協会は5日に都内で理事会を開き、東京五輪代表に決定していた男子グレコローマン60キロ級の文田健一郎(24=ミキハウス)ら8人について、五輪延期後…

後で読む
サンケイスポーツ

日本レスリング協会は5日、東京都内で理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大により1年延期となった東京五輪代表8人の維持を正式に承認したと発表した。代表は女子57キロ級の川井梨紗子(25)=ジャパンビバレッジ、男子グレコローマンスタイル60キロ級の文田健一郎(24)=ミキハウス=ら。3月下旬に強化委員会を開催し、このまま代表選手を変えずに大会に臨む方針を決めていた。

後で読む
デイリースポーツ

元格闘家でタレントの高田延彦が5日、自身のツイッターを6連続投稿。新型コロナウイルス禍における総合格闘技(MMA)や柔道、レスリング、ラグビーなどのコンタクトスポーツ開催の難しさを指摘した。 「野球、サッカー選手に微陽性、陽性者が出たが、ハードコンタクトスポーツの検査タイミングも難しいんじゃないのか?PCRで6時間、試合当日にやらないと意味がない?数日前に検査して陰性でもどこで感染するか分からない。選手スタッフ共にだ。レスリング、柔道、ラグビー、MMAなどは喫緊の課題だ。」と問題点を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

レスリングの元五輪女王・吉田沙保里が5日、ツイッターを更新。韓国ドラマ「愛の不時着」で大号泣したことを明かした。 吉田は「皆さんに勧められてた…“愛の不時着”見終わりました!!」と、フォロワーに報告。話題作に吉田も心を動かされたようで「あ~本当に最高すぎました。号泣、号泣、大号泣」と、泣き顔の絵文字を3連発して感動を伝えた。

後で読む
スポーツ報知

外出自粛を続けていたアスリートが、取材で明かしたり、自身のSNSで発信したお気に入り、おすすめの本&漫画を紹介する。2016年リオ五輪レスリング女子69キロ級金メダリストの土性沙羅(25)=東新住建

後で読む
東京スポーツ

プロレスリングマスターVS超新星が実現する。ノアが14日放送の「TVマッチ」の追加対戦カードを発表し、武藤敬司(57)、丸藤正道(40)、望月成晃(50)組VS清宮海斗(23)、谷口周平(43)、モ…

後で読む
スポーツまとめ

5月30日(土)、総合格闘技団体RIZINに参戦中の山本美憂(45=KRAZY BEE/SPIKE22)がインスタライブを行い、ファンとの交流を深めた。 山本は先日グアムを拠点とする総合格闘家のカイル・アグォン(31=アメリカ/SPIKE22)と婚約を発表したばかり。今回のインスタライブは、サポートを受けているサンクロレラと「このような時期だからこそ何かできないか」という相談の上配信を決めたという。 ファンからの質問でカイルとのなれそめを聞かれた山本は「もともとコーチと選手という関係で…

後で読む
東京スポーツ

“プロレスリングマスター”武藤敬司(57)が「プロレス版星一徹」になることを決めた。  天才を揺り動かしたのは、ノアの前GHCヘビー級王者の清宮海斗(23)だ。24日配信の「ノアTVマッチ」で「武藤敬…

後で読む
東京スポーツ

【プロレスキャスター元井美貴の本日、プロレス日和】毎週土曜はテレプロの日! 動画配信サービス「新日本プロレスワールド」では5月16日から6月6日まで、4週連続「テレプロレスリング(通称テレプロ)」が配…

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルス感染拡大で東京オリンピック(五輪)は延期となった。選手が来夏の祭典で獲得を目指す五輪メダル。各競技でどのような歴史が刻まれてきたのか。「日本…

後で読む
東京スポーツ

【どうなる?東京五輪・パラリンピック(49)】 大躍進なるか――。東京五輪で念願の初採用が決まった空手は、複数種目での金メダル獲得が期待されている。一方、新型コロナウイルス感染拡大の影響で本番が史上初…

後で読む
スポーツ報知

政府による25日の緊急事態宣言全面解除を受け、五輪競技など各スポーツ界も、本格的な活動再開に向けて動き始めた。東京五輪代表選手らが練習拠点とする東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NT

後で読む
サンケイスポーツ

日本レスリング協会は25日、新型コロナウイルス対策のガイドラインを発表し、練習再開などへの指針を示した。

後で読む
東京スポーツ

元レスリング世界女王でRIZINを主戦場とする格闘家の山本美憂(45)が、同じく格闘家のカイル・アグォン(31=米国)と婚約して話題になっている。美憂はこれまで1995年にJリーガーの池田伸康、20…

後で読む
スポーツ報知

1896年の第1回アテネ五輪では陸上、競泳、テニス、体操、レスリング、自転車、フェンシング、射撃の8競技が行われた。開催した43種目の中には、現在は競技として独立している重量挙げもあり、ギリシャ海軍

後で読む
スポーツまとめ

元レスリング世界女王で、総合格闘家の山本美憂(45)が22日、自身の公式インスタグラム(@miyuu_krazybeeee)のストーリーズで、フォロワーから4度目の結婚を祝福される画像を投稿した。 自身の非公開のアカウント(@miyuu_yamamoto)の画像で、夕日を背景にお相手のグアムを活動拠点に置く、米国人総合格闘家、カイル・アグオン(31)とのツーショットを披露し、「とてもいい1日でした」とつづった。フォロワーからは「美憂姉さんめでとう」と祝福された。 山本は2004年アテネ…

後で読む
スポーツ報知

元レスリング世界女王で、総合格闘家の山本美憂(45)が22日、自身の公式インスタグラム(@miyuu_krazybeeee)のストーリーズで、フォロワーから4度目の結婚を祝福される画像を投稿した。

後で読む
スポーツ報知

リオデジャネイロ五輪女子レスリング48キロ級金メダルの登坂絵莉(26)=東新住建=が、サッカー元日本代表MF本田圭佑(33)が展開する音声コンテンツの定額配信サービス「NowVoice」に参画するこ

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルス感染拡大を受けて、来夏に延期された東京五輪に関連する事象を取り上げる不定期連載。第11回のテーマは「金メダリストからのメッセージ」。レスリング男子フリースタイルバンタム級で1964年東京五輪、68年メキシコ五輪を連覇した小幡(旧姓・上武)洋次郎さん(77)が取材に応じ、孤独な練習と目標設定の大切さを説いた。

後で読む
スポーツ報知

日本レスリング協会は15日、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、7月に予定されていた全国高校生グレコローマン選手権(和歌山)の中止を決めた。

後で読む
スポーツ報知

レスリング五輪3大会連続金メダルの吉田沙保里さん(37)が15日、自身のインスタグラム(@saori___yoshida)を更新し、巣ごもり中に上達したギターの弾き語り動画を投稿した。

後で読む
デイリースポーツ

韓国の大韓体育会が14日、新型コロナウイルスの影響により閉鎖されている五輪強化拠点・鎮川選手村の再開について保留することを決定したと、「朝鮮日報」などが報じた。当初は11日から選手たちの入村を認める予定だったが、ソウルのナイトクラブで新型コロナウイルスのクラスターが発生したため、延期された。 韓国では同ウイルスの日ごと新規感染者が一ケタ台に減り、6日に一部外出規制などが緩和された。それを受け、当初は11日から検査を通過した選手を入村させ、柔道、レスリング、卓球、バドミントンなど9種目360人の練習再開を許可する予定だった。ただ、ソウルのナイトクラブで集団感染が発生。この日までに100人を超える感染者が判明し、クラブに出入りした人は7~8000人にのぼるとされることから、第2波への緊張感が高まり、延期を余儀なくされた。

後で読む
スポーツまとめ

初代三冠ヘビー級王者のジャンボ鶴田さん(享年49)が2000年5月13日に亡くなって今年で20年になる。全日本プロレスでは毎年、5月の東京・後楽園ホール大会でジャンボ鶴田メモリアルマッチを行ってきたが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止に。鶴田さんの命日の13日に「永遠の最強王者 ジャンボ鶴田」(ワニブックス、1800円+税)を出版する元「週刊ゴング」編集長の小佐野景浩さん(58)に今でも根強い「鶴田最強説」について聞いた。  ジャンボ鶴田さんが亡くなって20年になる。本来ならば…

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛の「ステイホーム」が続いている。アスリートも同じだが、世界を舞台に戦ってきた、たくましい選手たちのスマートフォンなどには「…

後で読む
スポーツまとめ

配信 デイリースポーツ  レスリングのユニホームを見直す声がにわかに熱を帯びている。五輪などに出場した現役選手やOB選手が12日までに、競技イメージ向上のために、いわゆる“つりパン”と呼ばれる上下一体型のつなぎ状のユニホーム(シングレット)しか認められていない現行ルールを廃止すべきではないかという意見に賛同した。  発端は、シドニー五輪代表で総合格闘家の宮田和幸(44)から発せられた「前から思ってたけどレスリングはシングレット廃止してラッシュガードとショーツにすれば人気あがるはず。…

後で読む
デイリースポーツ

レスリングのユニホームを見直す声がにわかに熱を帯びている。五輪などに出場した現役選手やOB選手が12日までに、競技イメージ向上のために、いわゆる“つりパン”と呼ばれる上下一体型のつなぎ状のユニホーム(シングレット)しか認められていない現行ルールを廃止すべきではないかという意見に賛同した。 発端は、シドニー五輪代表で総合格闘家の宮田和幸(44)から発せられた「前から思ってたけどレスリングはシングレット廃止してラッシュガードとショーツにすれば人気あがるはず。フィジークが人気出たように」というツイートだった。“つりパン”を着用しなければ試合に出場できないというルールが競技人気を妨げる要因になっているのではないかと指摘し、上下別で、サーフィンなどで着られるカジュアルなアンダーウエアなどをユニホームとして認めることを提案したものだ。

後で読む
デイリースポーツ

韓国の大韓体育会は11日、同日から再開を予定していた五輪強化拠点・鎮川選手村について、選手たちの入村を延期することを発表した。ソウルのナイトクラブで新型コロナウイルスのクラスターが発生したため。「聯合ニュース」など現地メディアが報じた。 韓国では同ウイルスの日ごと新規感染者が1桁台に減り、6日に一部外出規制などが緩和された。ただ、ソウルのナイトクラブで集団感染が発生。11日から柔道、レスリング、卓球など9種目360人の練習再開を許可する予定だったが、第2波への緊張感が高まり、延期を余儀なくされた。

後で読む
デイリースポーツ

韓国の大韓体育会は11日、同日から再開を予定していた五輪強化拠点・鎮川選手村について、選手たちの入村を延期することを発表した。ソウルのナイトクラブで新型コロナウイルスのクラスターが発生したため。「聯合ニュース」など現地メディアが報じた。 韓国では同ウイルスの日ごと新規感染者が一ケタ台に減り、6日に一部外出規制などが緩和された。それを受け、当初は11日から検査を通過した選手を入村させ、柔道、レスリング、卓球、バドミントンなど9種目360人の練習再開を許可する予定だった。ただ、ソウルのナイトクラブで集団感染が発生。この日までに80人前後の感染者が判明し、クラブに出入りした人は7~8000人にのぼるとされることから、第2波への緊張感が高まり、延期を余儀なくされた。

後で読む
スポーツ報知

レスリング女子で東京五輪で姉妹金メダルを目指す川井梨紗子(25)と、友香子(22)=ともにジャパンビバレッジ=が、母の日に感謝のメッセージを寄せた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・DDT」(9日、DDT TV SHOWスタジオ) 全日本プロレスの“重鎮”秋山準(50)がDDTプロレスリングのゲストコーチに就任し、「DDT TV SHOW!」にレギュラー参戦することが決まった。 

後で読む
東京スポーツ

“プロレスリングマスター”武藤敬司(57)がレジェンドレスラーたちを語る新シリーズ(随時掲載)がスタート。第1弾は“燃える闘魂”アントニオ猪木氏(77)について存分に語った。天才は師匠でもある猪木氏を…

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレスはゴールデンウイーク恒例の「レスリングどんたく」が予定された3日と4日に動画配信サービス「新日本プロレスワールド」で、過去の試合を選手と観戦する「テレプロレスリング」を配信して話題を呼…

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレスは3、4日の2日間にわたり、インターネット配信サービス「新日本プロレスワールド」で、過去の試合を選手と観戦する「テレプロレスリング」を配信した。3日に出演した棚橋弘至(43)は新たな試…

後で読む
スポーツ報知

後にレスリング世界王者となる18歳の高校生・文田健一郎(現ミキハウス)が泣きじゃくっていた。五輪の東京開催が決まったばかりの2013年12月21日、全日本選手権男子グレコローマン55キロ級3位決定戦

後で読む
スポーツまとめ

Filmarksで高評価が集まるヒューマンドラマ。『フォレスト・ガンプ/一期一会』『ギルバート・グレイプ』など、観終わったあと、観てよかった!と心温まる10本を紹介。 『ワンダー 君は太陽』(2017)監督・スティーヴン・チョボスキー 『リトル・ミス・サンシャイン』(2006)監督・ジョナサン・デイトン 『LIFE!』(2013)監督・ベン・スティラー 『ギルバート・グレイプ』(1993)監督・ラッセ・ハルストレム 『最強のふたり』(2011)監督・エリック・トレダノ …

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレスは1日、ゴールデンウイーク恒例ビッグマッチ「レスリングどんたく(福岡大会)」が開催される予定だった3日と4日に「新日本プロレスワールド」で過去の名勝負を出場選手本人と一緒に視聴して盛り…

後で読む
スポーツ報知

今、新型コロナウイルス感染者のための臨時病院となっている英ロンドンのエクセル展覧会センターは、2012年の五輪会場だった。ここでレスリングの吉田沙保里、伊調馨が3連覇を達成し、村田諒太がボクシング史

後で読む
スポーツニッポン

金メダル量産が期待されるレスリングは、1年延期となった東京五輪の内定選手の代表権維持を決めた。88年ソウル五輪フリースタイル52キロ級金メダリストの佐藤満氏(58=専大教授、元日本男子強化委員長)は、1年の延期によって優勝候補の選手への試練を示すと同時に、代表権を維持することへの懸念も指摘した。

後で読む
デイリースポーツ

プロレスリング・ノアは29日、GHCヘビー級王者の潮崎豪(38)が急性虫垂炎で手術を受けたことを公式サイトで発表した。潮崎は手術を終えて無事に退院しているという。 これに伴い、術後の免疫力低下により感染症リスクが高まるため、5月3日、9日、10日のTVマッチを、大事を取って欠場する。

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルス感染拡大を受けて、来夏に延期された東京五輪開幕まで29日で450日。出身大学別で夏季五輪最多のメダリスト62人を輩出している日体大とコラボレーションした長期連載の第23回は特別編として、元衆院議員で日本レスリング協会副会長などを歴任した松浪健四郎理事長(73)が登場する。本紙の電話インタビューに応じ、このままコロナ禍の終息が見えない状況でも「東京五輪の火を消してはいけない」と主張。かつての文部科学副大臣が提言する中止を避けるための代替案とは-。

後で読む
デイリースポーツ

RIZINを振り返る4回目は2016年の前半2大会だ。 まずは、初めて大会名にナンバーが入れられた4月17日の愛知・日本ガイシホールでの「RIZIN・1」。ここでは15年大みそかの大会で総合格闘技転向を発表していた、12年女子レスリング55キロ級全日本王者の村田夏南子が第4試合でデビューした。

後で読む
デイリースポーツ

RIZINを振り返る4回目は2016年の前半2大会だ。 まずは、初めて大会名にナンバーが入れられた4月17日の愛知・日本ガイシホールでの「RIZIN・1」。ここでは15年大みそかの大会で総合格闘技転向を発表していた、12年女子レスリング55キロ級全日本王者の村田夏南子が第4試合でデビューした。

後で読む
スポーツ報知

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で今夏の全国高等学校総合体育大会「北関東総体」(インターハイ=8月10~24日、群馬など21府県)が史上初の中止になったことを受け、日本レスリング協会の富山英明副会

後で読む
サンケイスポーツ

おーっと。本紙専属評論家の江本孟紀氏(72)の口から「組長」「ライオン」「虎」「グレコローマン」と、過激な(?!)言葉が飛び出したあぁぁ! 武闘派エモやんの大技、炸裂(さくれつ)かあぁぁぁ!!(構成=内井義隆) --外出自粛で体がなまりそうです 「ルームランナーで走るか、3キロのダンベルを上げ下げするくらい。単純な隠居生活だよ」 --いえいえ、さすがです 「そんなとき、テレビを見ていたら、エモトが尊敬するアントニオ猪木さんの弟子、藤原組長のトークにうなったね」 --関節技の鬼、プロレスラーの藤原喜明ですか 「その組長も師事していて、日本のプロレスに大きな影響を与えたカール・ゴッチの話題だ」 --ジャーマンスープレックスの使い手として有名ですね 「で、藤原さんが今日あるのはカール・ゴッチのおかげでしょう? たっぷりベンチプレスとか、やらされたんでしょう? そう聞かれた組長は…」 --はい 「やらされたことはない。だってカール・ゴッチは自分を猛獣に例えて『ライオンや虎はベンチプレスをしない!』。トレーニングは厳しいものながら、技術を教える人だった-。それが答えよ」 --投げ技、組み技、関節技など、プロレスで使う技の練習に勝るものナシ、ということでしょうか 「何かとはやりのウエートトレーニングではなく、あくまで元々のレスリングのスタイル、グレコローマンの基本を追求したわけだ。同時に、プロフェッショナルとしての強さに、プライドを持っていたわけだ」 --なるほど 「さすが組長、とグッときたね。野球に置き換えても、トレーニング法とか、プロ本来の姿とか、通じるものがあるじゃないか」 --投げ込み、打ち込み、走り込みに勝る練習ナシ、と 「サンスポでも最近、野村克也さん、関根潤三さんの生前の言葉が特集されている。いろいろなプロスポーツの偉人の言葉こそ、後世に残されるべきもの。現役選手諸君も何かを感じ取ってほしいね」

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲夏場所」(5月24日初日、両国国技館) 先場所、自己最多を更新する44度目の優勝を果たした横綱白鵬(35)=宮城野=は27日、電話取材で1年延期となった東京五輪に関し初めて言及した。父がレスリングのモンゴル代表として1964年の東京五輪に出場しており、自身も2020年東京五輪まで現役を一つの目標にしてきた。

後で読む
スポーツまとめ

 新型コロナウイルスの影響で外出ができず、部屋を整理したり、何年も放置していた物置を片付けたり……といった人も多いと聞きます。  もし、ファミコンのカセットを見つけたら、そのカセット、プレミアが付いているかもしれません。今回のコラムはファミコンのプレミアソフトを紹介します。 ・公式大会の賞品として贈られた『キン肉マン マッスルタッグマッチ ゴールドカートリッジ』(市場価格80万円程度) ・抽選で限定600本の『タッグチームプロレスリング スペシャル版』(市場価格10万円程度) ・カ…

後で読む
スポーツニッポン

レスリング男子で3大会連続の五輪出場を目指すフリースタイル86キロ級の高谷惣亮(31=ALSOK)がスポニチ本紙の電話取材に応じ、自粛生活と32歳で迎える東京五輪の金メダルへの前向きな思いを語った。

後で読む
スポーツ報知

2016年リオ五輪レスリング女子69キロ級金メダルの土性沙羅や同バドミントン女子シングルス銅の奥原希望ら、1994年度生まれの14人の女子アスリートが25日、それぞれのインスタグラムに合同で「STA

後で読む
スポーツ報知

2016年リオ五輪女子レスリング金メダルの土性沙羅(東新住建)、川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)や同バドミントン女子銅メダルの奥原希望(太陽ホールディングス)ら1994年度生まれの14人の女子スポー

後で読む
スポーツまとめ

【識者コラム】右肩上がりの参加種目と参加者、東京五輪はリオ大会から5競技増加 実は“サッカー王国”ブラジルでも、国民全体が諸手を挙げてワールドカップの開催を歓迎しているわけではなかった。 「もっと病院や学校を作るなど、先にやるべきことがある」  行く先々で不満の声が漏れていた。溺愛するサッカーの祭典でそうなのだから、五輪は言うまでもないだろう。  今、ブラジルのジャイール・ボルソナーロ大統領は「70%は感染する。どうすることもできない」と、逆に隔離措置の緩和を訴えているそう…

後で読む
デイリースポーツ

2016年リオデジャネイロ五輪女子レスリング69キロ級金メダリストの土性沙羅(25)=東新住建=が22日、自身のツイッターを更新。医療従事者への感謝の言葉を伝え、感染拡大を防ぐ行動を呼びかけた。 「防護服など医療物資が不足している現場で、様々な知恵を振り絞りながら治療に当たって下さっている姿をテレビで見て、とても胸が熱くなりました。感染の危険から大切な人や家族とも会えず、心も体も休まる時間が取れない過酷な毎日に本当に頭が下がります。今、私が出来ることは、感染しない、感染させない行動を最優先でとることです。それが医療従事者の皆さんの応援につながると思っています。そして国民の皆さんとこの大きな困難を乗り越えていきたいです。」

後で読む
東京スポーツ

【どうなる?東京五輪・パラリンピック 緊急連載(21)】新型コロナウイルスの感染拡大でスポーツ界が大打撃を受けている。1952年ヘルシンキ五輪からメダルを取り続け、東京五輪でも金メダル量産の可能性が高…

後で読む
東京スポーツ

プロレスリングマスターこと武藤敬司(57)が、マット界の統一組織設立への全面協力を表明した。かつて全日本プロレス社長時代に携わった経験も生かし、自らが“接着剤”になって各団体を取りまとめる。4月から…

後で読む
デイリースポーツ

プロレスラーの武藤敬司(57)が18日、自身のブログを更新。「明日19日(日)19時からabema TVで放送のプロレスリングNOAHに緊急参戦!」と記し、「無料で観れるらしいので、是非自宅でプロレスを楽しんで下さい!」と外出自粛下のプロレステレビ観戦を呼びかけた。 ノアでは18、19日に後楽園ホール大会を開催する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大のため中止とした。

後で読む
東京スポーツ

“IQレスラー”桜庭和志(50)が新時代のプロレスの活路を「昭和」に見いだした。19日配信の「ノアTVマッチ」参戦を控え“プロレスリングマスター”こと武藤敬司(57)から送られた「新しいプロレスをつく…

後で読む
東京スポーツ

シドニー五輪レスリングフリースタイル63キロ級代表で、2018年の大みそか決戦で総合格闘技を引退した宮田和幸(44)が「Road tо ONE:2nd」グラップリングマッチに参戦。元UFCファイター…

後で読む
デイリースポーツ

JOCアスリート委員会が企画した新たな試みをスタートさせ、呼び掛けに応じた各競技のトップ選手がSNSで「#いまスポーツにできること」というハッシュタグをつけて動画を投稿。新型コロナ終息に向けてメッセージを発信した。 バドミントン男子の桃田賢斗(NTT東日本)は「手洗い、うがいをしっかりすること、必要以上の外出をしないこと。各自の意識が必要です」と協力を要請。レスリング女子の登坂絵莉(東新住建)は「日本の緊急事態宣言に法的拘束力はありませんが、思いやりの精神で乗り越えることができたらやっぱり日本はすごいと思います。力を合わせて日本人の強さを見せましょう」と、外出自粛などで一致団結することを呼び掛けた。

後で読む
東京スポーツ

ノアの前GHCヘビー級王者・清宮海斗(23)が、プロレスリングマスターこと武藤敬司(57)との再会を熱望した。  19日配信の「ノアTVマッチ」には武藤の出場が決定。カードは当日発表となるが、清宮は…

後で読む
デイリースポーツ

女子レスリングでリオ五輪48キロ級金メダリストの登坂絵莉(26)が17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、自身のツイッターでファンにメッセージを送った。 1分を超える動画を投稿し、「海外の国に比べると、日本の緊急事態宣言に法的拘束力はありませんが、日本人の思いやりの精神で乗り越えることができたら、やっぱり日本はすごいと思います。皆さん力を合わせて日本人の強さを見せましょう。私たちならできる。一緒に頑張りましょう」と協力を呼びかけた。

後で読む
日刊スポーツ

レスリングの全日本選抜選手権が史上初めて中止されることになった。日本レスリング協会は17日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、5月28~31日に東京・駒沢…

後で読む
デイリースポーツ

世界最大のプロレス団体WWE(本部・米コネティカット州)は15日(日本時間16日)、公式ホームページでスター選手やレフェリーら20人の解雇を発表。新型コロナウイルスの感染拡大の影響による経営悪化が理由で、米メディアによると、WWEパフォーマンスセンターでコーチを務めるケンドー・カシンらも含まれており、約30人が対象だという。 解雇されたのは、アトランタ五輪レスリング金メダリストとしても知られる元WWEヘビー級王者でWWE殿堂入りも果たしているカート・アングルやドレイク・マーベリック、元タッグ王者のカール・アンダーソン&ルーク・ギャローズら、同団体を支えてきた選手たちばかり。解雇通告を受けたマーベリックは自身のツイッターに動画メッセージを投稿し、涙ながらに「俺が心から愛するたくさんの人たちに別れを告げるチャンスはないだろうな」などと語った。

後で読む
デイリースポーツ

政府の緊急事態宣言発令を受け、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)と国立スポーツ科学センター(JISS)の利用ができなくなった。トップ選手の練習環境が失われただけでなく、次代を担うジュニア選手の育成事業や医療面のサポートに影響が及んでいる。 日本オリンピック委員会(JOC)は2008年から、卓球やレスリングなどの有望な中高生を寄宿制で鍛えるエリートアカデミー事業を行っているが、新型コロナウイルスの感染拡大で今年は入校式を取りやめた。生活拠点のNTCは8日から利用が中止され、選手は自宅に戻った。

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルス感染拡大を受けて、来夏に延期された東京五輪を目指すアスリートに迫る新連載「選手はいま何を思う」(随時掲載)がスタート。第1回は昨秋の世界選手権で銀メダルを獲得し初の五輪代表に内定したレスリング女子76キロ級の皆川博恵(ひろえ、32)=クリナップ。女子最重量級のベテランが母国での大会への思いをつづった。

後で読む
スポーツ報知

2016年リオデジャネイロ五輪のレスリング女子69キロ級金メダリストで、東京五輪代表の土性沙羅(25)=東新住建=が13日までにスポーツ報知の電話取材に応じた。新型コロナ禍で練習拠点は閉鎖中。マット

後で読む
スポーツニッポン

五輪で3度の金メダルに輝くなど「霊長類最強女子」の異名を持つ元女子レスリングの吉田沙保里さん(37)が13日、自身のツイッターで貴重なトレーニング動画を公開した。

後で読む
東京スポーツ

“プロレスリングマスター”こと武藤敬司(57)が、「新時代のプロレス」構築への思いを語った。19日配信の「ノアTVマッチ」への参戦が決まり、“IQレスラー”桜庭和志(50)との超刺激的な初対決へ意欲満…

後で読む
スポーツ報知

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、1年延期となった東京五輪。既に代表権を勝ち取っていた選手には複雑な思いもあったが、「21年7月23日開幕」という明確な目標が決まった。気持ち新たに再スタートを切っ

後で読む
スポーツ報知

日本カヌー連盟は8日、来年に延期になった東京五輪で、既に代表に内定していた8選手の出場権を維持すると発表した。男子スラロームでリオ五輪銅メダリストの羽根田卓也(32)=ミキハウス=らの出場がこれで確

後で読む
デイリースポーツ

新日本プロレスは8日、現在の新型コロナウイルス感染状況ならびに感染拡大防止に向けた判断として、19日から5月4日までの12大会を中止すると発表した。5月3、4日には福岡国際センターでの2連戦「レスリングどんたく」が予定されていた。また、今後の状況と安全面を慎重に考慮しつつ、無観客試合の実施を検討するとも発表した。

後で読む
スポーツ報知

世界レスリング連合(UWW)は7日(日本時間8日)、来年7月に延期された東京五輪で、すでに各国・地域が獲得した出場枠を維持する方針を明らかにした。

後で読む
デイリースポーツ

新日本プロレスは8日、現在の新型コロナウイルス感染状況ならびに感染拡大防止に向けた判断として、19日から5月4日までの12大会を中止すると発表した。5月3、4日には福岡国際センターでの2連戦「レスリングどんたく」が予定されていた。 また、今後の状況と安全面を慎重に考慮しつつ、無観客試合の実施を検討するとも発表した。

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレスは8日、新型コロナウイルス感染拡大のため、19日の東京・後楽園ホール大会から5月4日の福岡国際センター大会までの12大会を中止すると発表した。  これにより5月3、4日の福岡国際センタ…

後で読む
サンケイスポーツ

世界レスリング連合(UWW)は7日、新型コロナウイルスの感染拡大で東京五輪が1年延期になったことを受け、既に各国・地域が獲得している五輪出場枠の割り当てを変更しないと発表した。延期になっている五輪アジア予選などは今後の状況に応じ、実施時期を調整する。

後で読む
スポーツ報知

新型コロナウイルス感染拡大を受け、レスリング五輪3大会連続金メダルの吉田沙保里さん(37)、リオ五輪63キロ級金メダルで東京五輪57キロ級代表に内定している川井梨紗子(25)=ジャパンビバレッジ=ら

後で読む
デイリースポーツ

米NBCスポーツ(電子版)は6日、東京五輪開催国日本で「最も偉大なオリンピアンは誰だ」との特集記事を掲載し、フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇を達成した羽生結弦(ANA)ら6人の名前を挙げた。 他の5人は夏季五輪で活躍した選手。レスリング女子で4連覇の伊調馨(ALSOK)、体操男子で8個の金メダルを獲得した加藤沢男氏と個人総合2連覇の内村航平(リンガーハット)、競泳男子平泳ぎで2大会連続2冠の北島康介氏、柔道男子で3連覇の野村忠宏氏。記事では羽生を最初に紹介し「史上最も偉大なフィギュアスケーターとして広く認識されている」と評した。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

新日本プロレスの「ワールドプロレスリングリターンズ」(毎週金曜・午後8時)が3日、BS朝日で放送を開始した。新日本プロレスがゴールデンタイムで放送されるのは1986年9月以来、34年ぶり。「金曜夜8時」の新日復活に、昭和、平成、令和と時代を超えた新日ファンがネット上で歓喜の声をあげた。 初回は2月9日、大阪城ホールで開催されたIWGPヘビー級・同インターコンチネンタルのダブル選手権試合。史上初の2冠王者・内藤がKENTAの挑戦を受けた大流血戦で「リターンズ」はスタートした。

後で読む
東京スポーツ

【東スポ創刊60周年!各界から祝福メッセージ】レスリング女子五輪3連覇・吉田沙保里(37)  創刊60周年、おめでとうございます。東京スポーツさんは女子レスリングがまだ五輪種目になる前の、世間で知られ…

後で読む
東京スポーツ

【東スポ創刊60周年!各界から祝福メッセージ】レスリング女子五輪銅メダリスト・浜口京子(42)  東京スポーツの記者さん、カメラマンさんたちは、私がレスリングを始めたころからいつも試合や合宿でそばにい…

後で読む
東京スポーツ

【東スポ創刊60周年!各界から祝福メッセージ】日本レスリング協会・福田富昭会長(78)  私が東京スポーツさんとお付き合いさせていただいたのは1976年、友人のウィリエム・ルスカがアントニオ猪木さんと…

後で読む
スポーツ報知

日本レスリング協会の富山英明副会長は31日、大会日程が1年後にスライドした東京五輪の代表選考に関し、日本協会が延期決定前に内定した男女8人は、代表権を維持する方針を固めていることを明らかにした。

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレスは31日、次期シリーズ「Rоad tо レスリングどんたく」の5大会を中止することを発表した。  新型コロナウイルス感染拡大防止に向け、新日本は4月11日の相模原大会までの中止を決定し…

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの感染拡大で東京五輪が延期になるなど不透明な情勢の中、五輪での活躍を期すアスリートは進学、就職の節目を迎え、新たな道へと進む。 2017、18年柔道世界選手権の男子66キロ級覇者で五輪代表を目指す阿部一二三は日体大を卒業し、パーク24へ就職する。レスリング女子の強豪、至学館大からは五輪代表に決まっている53キロ級の向田真優がジェイテクトへ進み、練習拠点も名古屋から東京に移す。62キロ級の川井友香子は、16年リオデジャネイロ五輪金メダルで東京五輪57キロ級代表の姉梨紗子と同じジャパンビバレッジで姉妹金メダルを目指す。

後で読む
スポーツ報知

決勝で敗れた吉田は、よく眠れず翌朝を迎えた。選手村は妹分で48キロ級金メダルの登坂絵莉と同部屋。隣のベッドからゴソゴソと寝返る音が聞こえた。「ごめんね。一緒に金メダルを取ろうって約束したのに私が取れ

後で読む
スポーツ報知

2016年リオデジャネイロ五輪のレスリング女子53キロ級は、4連覇が期待された吉田沙保里さん(37)が決勝で敗れ、泣きながら「申し訳ない」と繰り返した。01年12月から続いていた個人戦での連勝は20

後で読む
スポーツニッポン

レスリングの00年シドニー五輪銀メダリスト・永田克彦(46)一家が、28日放送のTBSドキュメンタリー番組「バース・デイ」(土曜後5・00)に出演する。「父を超える」という思いで五輪金メダルを目指す永田家の息子たちと、必死にサポートする両親の激闘に日々に密着する。

後で読む
スポーツ報知

東京五輪の1年程度の延期が24日に決まった。開幕まで4か月を迎えたこの時期の急展開。レスリングの吉田沙保里さんが、延期による影響や選手の思いを代弁した。

後で読む
東京スポーツ

東京五輪の1年程度延期の流れを受け、すでに代表が決まっている競技はどうするのか。  日本レスリング協会の西口茂樹強化本部長(54)は代表選考について「世界レスリン グ連合(UWW)が今後の方向性を決…

後で読む
スポーツ報知

東京五輪の1年程度延期の決定を受け、レスリングの男子フリースタイル65キロ級代表で18年世界選手権覇者の乙黒拓斗(21)=山梨学院大=は25日、自身のツイッターにコメントを投稿した。

後で読む
スポーツ報知

東京五輪の1年程度延期の決定を受け、レスリング女子57キロ級代表の川井梨紗子(25)=ジャパンビバレッジ=が25日、コメントを寄せた。

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレスの「ワールドプロレスリングリターンズ」が、4月から毎週金曜午後8時にBS朝日で放映されることが決まった。新日がゴールデンタイムで放送されるのは1986年9月以来、約34年ぶりとなる。 …

後で読む
スポーツ報知

五輪で柔道男子60キロ級3連覇の野村忠宏さん(45)とレスリング女子で3大会連続金メダルの吉田沙保里さん(37)が、到着した輸送機から聖火を受け取り、森会長に渡した。

後で読む
サンケイスポーツ

レスリング女子で五輪3連覇の吉田沙保里さんは20日の東京五輪の聖火到着式で「私たちは『幻の聖火ランナー』になっているので、どこかで走る機会があればいいなと思っている」と希望を述べた。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪の聖火が20日、ギリシャ・アテネからの聖火特別輸送機「TOKYO2020号」によって午前9時36分、宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地に到着。その後、強風の中、到着式が行われた。 ともに五輪で3連覇した柔道男子の野村忠宏氏、レスリング女子の吉田沙保里氏がタラップ上に上がって機内隣接場所でランタンを受け取った。そしてタラップを降り、下で待ち受けた東京2020組織委員会の森喜朗会長へ渡した。

後で読む
サンケイスポーツ

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、宮城県の航空自衛隊松島基地で20日に行う五輪聖火の到着式で、五輪金メダリストで柔道男子の野村忠宏さん、レスリング女子の吉田沙保里さんが会場で聖火の到着を待ち受けると明らかにした。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は18日夜に都内で会見し、19日にギリシャ・アテネで開かれる五輪聖火の引き継ぎ式の詳細を明らかにした。当初は元柔道の野村忠宏氏と元レスリングの吉田沙保里さんが聖火ランナーとしてパナシナイコ競技場を走るなどの式典が予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大によりギリシャ政府が入国制限を実施したため、日本からの参加を断念。代わりに、競泳の19…

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪の聖火をギリシャから日本へ運ぶ特別輸送機「TOKYO2020号」が18日、羽田空港から出発した。古代五輪の舞台、ギリシャ西部のオリンピア遺跡で採火した聖火を首都アテネでのせ、20日に宮城県の航空自衛隊松島基地に到着する見込みだ。 新型コロナの影響で、大会組織委員会は、アテネで開かれる聖火引き継ぎ式に日本からの参加見送りを決定。羽田空港で予定されていた、ともに五輪3連覇の柔道男子の野村忠宏さんとレスリング女子の吉田沙保里さんが出席するセレモニーも取りやめになった。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は17日夜、アテネで19日に行われる五輪聖火の引継式に日本からの参加を見送ると発表した。当初は18日に森会長をはじめ、聖火リレーアンバサダーの元柔道の野村忠宏氏、元レスリングの吉田沙保里さんらが聖火をギリシャから日本へ運ぶ特別輸送機で現地へ向かう予定だったが、ギリシャ政府が新型コロナウイルスへの対応策として、入国した外国人に14日間の隔離を要請する…

後で読む
サンケイスポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)は16日、就職支援制度「アスナビ」を利用し、レスリング男子グレコローマンスタイル63キロ級で昨年の全日本選手権で優勝した山田義起(日体大)がエムアンドケイに採用されるなど、4人の就職が決まったと発表した。入社はいずれも4月1日付。

後で読む
スポーツ報知

レスリングでプレーオフ(8日)を制し、東京五輪男子フリースタイル74キロ級代表に決まった乙黒圭祐(23)=自衛隊=が16日、出身地の山梨・笛吹市で山下政樹市長を表敬訪問。「出るからには金メダルを目指

後で読む
東京スポーツ

再びマット界の中心に返り咲けるか。プロレスリングマスターこと武藤敬司(57)が、5年ぶりのシングル王座戦線復帰を見据えた。会長を務めるW―1の活動休止に、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大と厳しい…

後で読む
デイリースポーツ

【アテネ共同】ギリシャ・オリンピック委員会は15日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、19日にアテネで行われる東京五輪の聖火引き継ぎ式を報道陣も含めて非公開で実施すると明らかにした。国際オリンピック委員会(IOC)や大会組織委員会の一部来賓だけが出席する。ともに五輪を3連覇した柔道男子の野村忠宏さんとレスリング女子の吉田沙保里さんが聖火をリレーする演出に変更はない。 聖火は20日に専用機で宮城県の航空自衛隊松島基地に到着し、26日の福島県出発から7月24日の開幕まで121日間で47都道府県を回る。

後で読む
サンケイスポーツ

ギリシャ・オリンピック委員会は15日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、19日にアテネで行われる東京五輪の聖火引き継ぎ式を報道陣も含めて非公開で実施すると明らかにした。国際オリンピック委員会(IOC)や大会組織委員会の一部来賓だけが出席する。ともに五輪を3連覇した柔道男子の野村忠宏さんとレスリング女子の吉田沙保里さんが聖火をリレーする演出に変更はない。

後で読む
スポーツニッポン

ギリシャ・オリンピック委員会は15日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、19日にアテネで行われる東京五輪の聖火引き継ぎ式を報道陣も含めて非公開で実施すると明らかにした。国際オリンピック委員会(IOC)や大会組織委員会の一部来賓だけが出席する。ともに五輪を3連覇した柔道男子の野村忠宏さんとレスリング女子の吉田沙保里さんが聖火をリレーする演出に変更はない。

後で読む

全米大学体育協会(NCAA)は12日、春季に予定されていたバスケットボールのほか、野球、アイスホッケー、陸上、テニス、体操、レスリング、ラクロスなど18競技の「全米大学選手権」を中止にすると発表。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急措置で、同協会の年間予算(10億5000万ドル=約1103億円)の80%をその収入で賄っている男子バスケットボールのNCAAトーナメント(全米大学選手権)も、その出…

後で読む

トランプ米大統領が東京五輪の1年延期に言及したことを受け、関係者からは戸惑いの声が上がった。日本水連の坂元要専務理事は13日「どうなんだろう、という感じ。まずは(予定通り)開かれることを祈るのみ」と不安げな表情を浮かべた。日本レスリング協会の幹部は「現状では五輪予選ができず延期の現実味が出てきたが、選手のことを考えたら中止はやめてほしい」と話した。

後で読む

「プロレス・DDT」(11日、さいたまスーパーアリーナ) まさに前代未聞。世界初となる路上電流爆破は、大仁田厚がタッグパートナーの男色ディーノの尻を誤爆するハプニングで幕を閉じた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、主要なプロレス団体は興行を自粛し、中止や延期が相次いでいる。DDTグループでも、その事態が続いており、プロレスファンのなかでは閉塞感が漂っている。そこで、DDTプロレスリングでは、ファンに元気を届けるべく、無観衆での「DDT LIVE!不要不急の路上電流爆破プロレス」を開催。その模様は、インターネットTV局のAbemaTVで午後7時から生配信され、4万5000の視聴数を記録した。

後で読む

世界レスリング連合(UWW)は11日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月30日から5月3日までソフィアで開催予定だった東京オリンピック(五輪)の世界最終…

後で読む

世界レスリング連合(UWW)は11日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月30日から5月3日までソフィアで開催予定だった東京五輪の世界最終予選を6月に延期すると発表した。五輪アジア予選も延期になっている。

後で読む

英国のプロレスラー、ウェイン・ブリッジさんが9日に死去したと複数の海外メディアが伝えた。83歳。死因は不明。 ブリッジさんは水泳選手からレスリングに転向し、64年にプロデビュー。英国ジョイントプロモーションの世界ヘビー級王座、欧州ヘビー級王座を獲得するなど英国を代表するレスラーだった。

後で読む

男子フリー74キロ級の乙黒圭祐が乙黒家の夢を叶えた。第2ピリオドにテイクダウンを奪うと、寝技でも加点して勝負を決めた。18年世界選手権65キロ級王者の弟、拓斗… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む

女子68キロ級でリオデジャネイロ五輪金メダリストの土性沙羅(25=東新住建)が五輪2連覇へ前進した。森川美和(20=日体大)との一騎打ちを3-1で制した。新型… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む

 レスリングの東京五輪代表を争うプレーオフは8日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で行われ、男子フリースタイル74キロ級は乙黒圭祐が世界選手権5位の奥井真生(ともに自衛隊)に勝ち、初の五輪出場を決めた。65キロ級の弟、乙黒拓斗(山梨学院大)と兄弟で五輪代表となった。 女子68キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの土性沙羅(東新住建)が森川美和(日体大)を下し、2大会連続の五輪代表。

後で読む

  昨年9月の世界選手権で出場枠を獲得した男子フリースタイル74キロ級と女子68キロ級の代表入りをかけて報道陣非公開で行われ、74キロ級は昨年12月の全日本選手権覇者の乙黒圭祐(自衛隊)が世界選手権5位の奥井眞生(同)を5―2で破り、初の五輪代表を決めた。弟で65キロ級代表の拓斗(山梨学院大)との兄弟五輪を実現した。

後で読む

男子フリースタイル74キロ級で乙黒圭祐(23)が昨年の世界選手権代表の奥井真生(24)を5-2で下して、東京オリンピック(五輪)代表に内定した。弟で同65キロ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む

女子68キロ級でリオデジャネイロ五輪金メダリストの土性沙羅(25=東新住建)が2大会連続の五輪代表を決めた。森川美和(20=日体大)との一騎打ちを3-1で制し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む

レスリングの東京オリンピック(五輪)代表を決めるプレーオフは8日に都内の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で強行される。新型コロナウイルスの感染拡… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む

 日本レスリング協会は5日、東京五輪代表を決めるため、8日に東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で実施するプレーオフについて、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、報道陣に原則非公開とすると発表した。テレビは五輪に向けた資料映像として代表撮影をする。試合はインターネットで中継し、試合後には近隣施設で選手が記者会見に臨む。

後で読む

日本レスリング協会は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京オリンピック(五輪)代表を決めるプレーオフ(8日・味の素ナショナルトレーニングセンター)はテ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む

 日本レスリング協会は28日、東京五輪アジア予選(3月27~29日・ビシケク)を開催する予定だったキルギスから大会を中止するとの連絡を受けたことを明らかにした。キルギスは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本や中国などから入国する人を対象に隔離措置を始めていた。 従来、五輪アジア予選は中国の西安で行われる予定だった。世界レスリング連合(UWW)が今月20日にキルギスでの代替開催を発表したばかりだったが、再び開催地を探すことになり難航が予想される。

後で読む

日本レスリング協会は28日、東京五輪アジア予選(3月27~29日・ビシケク)を開催する予定だったキルギスから大会を中止するとの連絡を受けたことを明らかにした。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む

レスリングのアジア最終予選に出場する日本代表が、隔離措置を受ける可能性が浮上した。開催国のキルギスが25日から、新型コロナウイルスの感染拡大が続く日本、中国、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む

 レスリングで男子フリースタイル65キロ級東京五輪代表の乙黒拓斗(山梨学院大)が25日、初優勝したアジア選手権から成田空港に帰国した。五輪でメダルを期待される若手の実力者は2020年最初の大会を制し「いいスタートが切れた。攻撃力も復活して、しっかり得点も取れたので良かった」と収穫を強調した。 18年の世界選手権で優勝したものの、昨年はけがに苦しんで世界選手権の表彰台を逃した。今大会は状態良く臨めて実力を発揮し「これで油断せず、周りももっと対策してくると思うので、その上をいけるようにやっていきたい」と慢心なく本番を見据えた。

後で読む

 レスリングのアジア選手権(ニューデリー)で優勝した東京五輪代表の女子57キロ級・川井梨紗子(25)=ジャパンビバレッジ、62キロ級・友香子(22)=至学館大=姉妹ら女子代表が23日、成田空港に帰国した。国際大会で初めてダブル優勝を果たした川井姉妹は「まだ上がある。五輪で一緒に金メダルを取る」と声をそろえた。 初めてアジア女王となった友香子は、初戦で2連敗中だった世界女王チニベコワ(キルギス)に終了間際の得点で逆転勝ち。「内容的にはよくないが、五輪までに一度は勝っておきたかった」。五輪金メダルへ、最大のライバルをここで撃破した意味は大きい。

後で読む

 レスリングのアジア選手権(ニューデリー)に出場した女子の日本代表が23日、成田空港に帰国した。東京五輪代表で57キロ級を制した川井梨紗子は、妹で62キロ級の川井友香子と姉妹アベック優勝を果たし「2人で一緒に世界一になるのを目標にやっている。もう一度、五輪でという気持ちになった」と喜びを口にした。 初めてアジアの頂点に立った川井友は、初戦で昨年の世界女王を破る大金星。「一度は勝っておきたかった相手。勝てて良かった」とうなずいた。76キロ級で5年ぶりの優勝を飾った皆川博恵は「練習してきたことを多少は出せた」と話した。

後で読む

 【ニューデリー共同】レスリングのアジア選手権第5日は22日、ニューデリーで男子フリースタイルの5階級が行われ、65キロ級では2018年世界選手権王者で東京五輪代表の乙黒拓斗(山梨学院大)が1回戦からの3試合を勝ち、決勝でインド選手を下して初優勝を果たした。 57キロ級で17年世界王者の高橋侑希(ALSOK)は初戦でインド選手に屈したが、敗者復活戦を勝ち、3位決定戦でカザフスタン選手を退けた。79キロ級の奥井真吉(国士舘大)は準決勝で敗れたが、3位決定戦でモンゴル選手を破った。

後で読む

 レスリングのアジア選手権第4日は21日、ニューデリーで女子の5階級が行われ、いずれも東京五輪代表で57キロ級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が3年ぶりに優勝し、62キロ級の川井友香子(至学館大)が初制覇した。53キロ級の向田真優(至学館大)は2位だった。

後で読む

 【ニューデリー共同】レスリングのアジア選手権第4日は21日、ニューデリーで女子の5階級が行われ、いずれも東京五輪代表で57キロ級の川井梨紗子と62キロ級の川井友香子(至学館大)の姉妹、53キロ級の向田真優(至学館大)が決勝に進出した。 昨年の世界選手権3位の川井友は初戦で世界女王のアイスルー・ティニベコワ(キルギス)を破り、準決勝でインド選手を下した。2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの川井梨は2試合を無失点で勝ち、昨年の世界2位の向田も2試合を勝った。

後で読む

 レスリング男子グレコローマン60キロ級で東京五輪代表を決めている文田健一郎(24=ミキハウス)が21日、3年ぶりに優勝したアジア選手権(インド)から成田空港に帰国した。今回の優勝で東京五輪の第1シードを確実にし、「自分にとって良い重荷になる。第1シードにふさわしい結果と内容にこだわりたい」と気を引き締めた。

後で読む

 世界レスリング連合(UWW)は20日、新型コロナウイルスの感染拡大のため、3月27~29日に中国・西安で開催予定だった東京五輪アジア予選をキルギスの首都ビシケクで代替開催すると発表した。 日本は五輪出場枠を獲得していない階級に出場し、女子50キロ級で元世界女王の須崎優衣(早大)や男子フリースタイル57キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの樋口黎(日体大助手)らが出る。2位以内に入れば、そのまま五輪代表に決まる。中国も参加する。(共同)

後で読む

 レスリングで男子グレコローマンスタイル60キロ級東京五輪代表の文田健一郎(ミキハウス)が21日、3年ぶりに優勝したアジア選手権(ニューデリー)から成田空港に帰国し「自分が思うようにコントロールして試合を展開できたのは収穫」と手応えを口にした。 昨年の世界選手権覇者として臨んだ文田は全3試合を無失点で貫禄勝ちした。ただ、得意の投げ技への相手の対策は上回れず「全く組ませてくれなかった。そこでもう一つ取り切る力が身に付けられていない」と反省。今後に向け「もう少し他の選手の技術も見ないといけない。視野を広げていきたい」と海外選手の研究に意欲を示した。

後で読む

 【ニューデリー共同】レスリングのアジア選手権第3日は20日、ニューデリーで女子の5階級が行われ、76キロ級は昨年の世界選手権2位で東京五輪代表の皆川博恵(クリナップ)が1次リーグを2連勝して進出した準決勝を勝ち、決勝でキルギス選手を下し、5年ぶりに優勝した。 50キロ級の五十嵐未帆(明光ネットワークジャパン)が1回戦、準決勝を勝ち、決勝でインド選手を破って初優勝した。

後で読む

 レスリングのアジア選手権第3日は20日、ニューデリーで女子の5階級が行われ、76キロ級は昨年の世界選手権2位で東京五輪代表の皆川博恵(クリナップ)が1次リーグを2連勝して進出した準決勝を勝ち、決勝でキルギス選手を下し、5年ぶりに優勝した。

後で読む

 レスリングのアジア選手権は18日、ニューデリーで開幕して男子グレコローマンスタイルの5階級が行われ、東京五輪アジア予選に出場する130キロ級の園田新(ALSOK)は1回戦でイラク選手にテクニカルフォール勝ちしたが、準決勝でイラン選手に敗れ、3位決定戦でカザフスタン選手にテクニカルフォール負けした。

後で読む

 レスリングのアジア選手権は18日、ニューデリーで開幕して男子グレコローマンスタイルの5階級が行われ、東京五輪アジア予選に出場する130キロ級の園田新(ALSOK)は1回戦でイラク選手にテクニカルフォール勝ちしたが、準決勝でイラン選手に敗れ、3位決定戦でカザフスタン選手にテクニカルフォール負けした。

後で読む

 レスリングで男子グレコローマンスタイル60キロ級東京五輪代表の文田健一郎(ミキハウス)が15日、代表決定後初の実戦となるアジア選手権(18日開幕・ニューデリー)への出発前に成田空港で取材に応じ「(優勝した昨年9月の)世界選手権が終わってから五輪に向けてやってきたことを出すことをすごく意識している」と意気込みを口にした。

後で読む

 レスリングで男子グレコローマンスタイル60キロ級東京五輪代表の文田健一郎(ミキハウス)が15日、代表決定後初の実戦となるアジア選手権(18日開幕・ニューデリー)への出発前に成田空港で取材に応じ「(優勝した昨年9月の)世界選手権が終わってから五輪に向けてやってきたことを出すことをすごく意識している」と意気込みを口にした。 新型コロナウイルスによる肺炎の影響で出場を回避した他国選手もいるが「自分のやるべきことをやる」とマスク姿できっぱり。昨年のアジア選手権は敗者復活戦を勝ち上がっての銅メダルにとどまっただけに「取り返す気持ちが大きい」と雪辱を期した。

後で読む

 BS朝日は10日、4月から金曜夜8時に新日本プロレスの試合、大会を伝える「ワールドプロレスリングリターンズ」を放送すると発表した。この時間帯に「ワールドプロレスリング」が放送されるのは、テレビ朝日で放送された1986年9月以来、約34年ぶりとなる。 9日に行われた新日本大阪城ホール大会でも発表されたが、かつて放送されていた「金曜夜8時」の告知に、拍手喝采の大歓声がわき起こった。

後で読む

 日本レスリング協会は5日、昨年12月の全日本選手権の2試合で選手が相手の足を踏みながらタックルをする禁止行為を見落とす重大な判定ミスがあったとして、担当した審判員6人に2月から3カ月間、国内大会での資格停止処分を科したと発表した。勝敗は覆らない。 対象となった2試合のうち1試合は東京五輪アジア予選の出場権を懸けた男子フリースタイル57キロ級決勝で勝者の樋口黎(日体大助手)が高橋侑希(ALSOK)の足を踏んでタックルに入り、得点につなげた。日本協会の審判委員会は「故意でなく行われたとしても、得点は取り消さなければならない」としている。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。