「soccer」の記事一覧

サンケイスポーツ

スペイン・サッカー連盟は21日、ビリャレアルの久保建英が18日のバレンシア戦で受けた2度の警告のうち一つを取り消すと発表した。警告2度による退場処分も取り消しとなり、出場停止となる予定だった25日のカディス戦は出場可能となった。

後で読む
サンケイスポーツ

 スペイン・サッカー連盟は21日、ビリャレアルの久保建英が18日のバレンシア戦で受けた2度の警告のうち一つを取り消すと発表した。警告2度による退場処分も取り消しとなり、出場停止となる予定だった25日のカディス戦は出場可能となった。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドは21日、2019年7月~20年6月期の決算を発表し、収益は前年から1億1810万ポンド(約162億円)減の5億900万ポンド(約697億円)だった。昨季の欧州チャンピオンズリーグ出場を逃し、新型コロナウイルスによる公式戦の中断などが影響した。

後で読む
スポーツニッポン

イングランド・プレミアリーグのアーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(32)が20日、今季リーグ戦の登録メンバー(25人)から外されたことについてクラブを非難した。

後で読む
サンケイスポーツ

 シュツットガルトに所属するMF遠藤航は、ドイツのスポーツメディアで大きな注目を集めつつある。ドイツ『SPOX』も日本代表MFのプレーを紹介した。

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナFWリオネル・メッシが、チャンピオンズリーグ(CL)で新たな金字塔を打ち立てた。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターUFWマーカス・ラッシュフォードは、パリサンジェルマン(PSG)撃破に満足感を示した。

後で読む
サンケイスポーツ

チャンピオンズリーグ(CL)は20日にグループリーグ第1節が行われ、パリサンジェルマン(PSG)とマンチェスターUが対戦した。

後で読む
サンケイスポーツ

チャンピオンズリーグ(CL)は20日にグループリーグ第1節が行われ、ユベントスはディナモ・キエフと対戦した。

後で読む
日刊スポーツ

京都サンガが4試合ぶりに勝ち点3を獲得した。3連敗中で10位に沈んだチームを託されたのは、19歳のMF川崎颯太と20歳のMF福岡慎平のダブルボランチだった。1…

後で読む
日刊スポーツ

名古屋グランパスが後半35分の失点で横浜F・マリノスに敗れ、今季初の連敗を喫した。0-3で敗れた川崎フロンターレ戦から中2日。関東圏に残って調整したが疲労感は…

後で読む
日刊スポーツ

東京ヴェルディはジュビロ磐田と0-0の引き分けに終わった。磐田が予想の3バックでなく4バックの布陣で入り、序盤は東京Vの攻撃の組み立てが封じられるも、徐々にボ…

後で読む
日刊スポーツ

サガン鳥栖は、スコアレスドローで7戦連続未勝利(3分け4敗)となった。金明輝監督(39)が「湘南の組織守備に対して前半は特に活路が見いだせなかった。点を取らな…

後で読む
日刊スポーツ

横浜F・マリノスが競り勝った。1-1の後半35分、渡辺が左折り返しを押し込んで勝ち越した。前半から押し込み、41分にエジガルジュニオが先制。後半24分に追いつ…

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドは21日、2019年7月~20年6月期の決算を発表し、収益は前年から1億1810万ポンド(約162億円)減の5億900万ポンド(約697億円)だった。昨季の欧州チャンピオンズリーグ出場を逃し、新型コロナウイルスによる公式戦の中断などが影響した。(ロンドン共同)

後で読む
東京スポーツ

手痛い敗戦となった。J1名古屋は、21日に横浜M(日産)と対戦。後半24分にFWマテウス(26)のゴールで同点に追いつくも、同35分に勝ち越し点を献上し、1―2で敗れた。  マッシモ・フィッカデンテ…

後で読む
東京スポーツ

スペインサッカー連盟は21日、ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)が18日の第6節バレンシア戦で受けた2枚目のイエローカードを取り消したことを発表した。その上で1枚目について180ユーロ(約2…

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第13節最終日(21日、湘南0-0鳥栖、BMWス)湘南は今季初の2連勝を逃した。18日に柏を破って連敗を6でストップ。この日は8試合ぶりの無失点だったが、点も奪えなかった。両サイドの畑や岡本のクロスが合わず、浮嶋監督は「中(の選手)が準備して入っていけなかった」と反省点を挙げた。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第33節第1日(21日、横浜M2-1名古屋、日産ス)名古屋は今季初の2連敗を喫した。序盤から動きが重く、押し込まれて先制も許した。後半にマテウスのゴールで1点を返したが、終盤に勝ち越されて持ち前の粘り強さを示せなかった。

後で読む
東京スポーツ

 東京五輪代表のストライカー争いへ、J1鹿島のFW上田綺世(22)が再アピールした。  21日の神戸戦(ノエスタ)に先発出場した上田が、前半12分に巧みなフェイントから右足で強烈なシュートを突き刺して…

後で読む
東京スポーツ

 底力を見せつけた。J1横浜Mは、21日に名古屋(日産)と対戦。MF渡辺皓太(22)のゴールが決勝点となり、2―1で勝利を収めた。  後半35分だった。DF小池龍太(25)がペナルティーエリア中央へパ…

後で読む
スポーツニッポン

イングランド・プレミアリーグのアーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(32)が20日、今季リーグ戦の登録メンバー(25人)から外されたことについてクラブを非難した。

後で読む
スポーツニッポン

鳥栖に新型コロナウイルス観戦者が出たために延期され、湘南は中3日でホーム&アウェーで対戦。なかなかチャンスがつくれず引き分けで、今季初の連勝はならなかった。

後で読む
スポーツニッポン

スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)が受けた自身プロ初の退場処分が取り消された。

後で読む
日刊スポーツ

ホームの湘南ベルマーレが今季初の連勝を逃した。前半26分にFW石原直が空中戦で左側頭部を強打して途中交代のアクシデント。急きょMF松田がFWに入り、ノルウェー…

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸が厳しい現実に直面した。鹿島アントラーズに1-3と完敗し、三浦淳寛監督(46)就任7戦目で初の2連敗を喫し、4戦未勝利。攻守ともに競り負けて、今…

後で読む
日刊スポーツ

サガン鳥栖はスコアレスドローで7試合連続未勝利となった。チーム得点王のFW林大地ら快足3トップを軸に押し込んだが、またしても最後の詰めが甘く不発。シュート15…

後で読む
日刊スポーツ

FC町田ゼルビアは首位アビスパ福岡と引き分けた。福岡は連勝が12でストップした。前半15分に町田MFジョン・チュングンのシュートがバーに直撃するなど、町田が多…

後で読む
日刊スポーツ

湘南ベルマーレがホームで今季初の連勝を逃した。チームトップの6得点を挙げているFW石原直樹が空中戦で左側頭部を強打し、前半26分に途中交代。病院に救急搬送され…

後で読む
スポーツニッポン

J2松本は0―1の後半7分にFW阪野豊史(30)の得点で追い付き引き分けに持ち込んだが、4戦勝利なしとなった。柴田監督は「攻撃の形は進歩したけど1点しかとれていない」とシュート16本でわずか1点に終わったことを嘆いた。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田生命J1リーグは21日に第33節前倒し分が行われ、横浜F・マリノスは名古屋グランパスと対戦した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会は21日、ドーハで11月に再開するアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の試合開始時間を発表し、日本勢の再開初戦で11月24日に行われる1次リーグF組のFC東京-上海申花(中国)は午後1時(日本時間同7時)のキックオフに決まった。

後で読む
デイリースポーツ

明治安田J1(21日・ノエビアスタジアム神戸ほか=3試合)アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のため変則日程となった第33節は、鹿島が上田らのゴールで神戸を3-1で下し、勝ち点42とした。横浜Mは名古屋に2-1で競り勝ち、3試合ぶり勝利で同41。 鳥栖のチーム内で新型コロナウイルスの集団感染が起きて延期となった第13節は、湘南と鳥栖が0-0で引き分けた。

後で読む
東京スポーツ

J1横浜Mは21日に名古屋(日産)と対戦し、2―1で勝利を収めた。  横浜Mは序盤から試合を優位に進めた。前半41分にペナルティーエリア手前からMF天野純(29)が左サイドにボールを送ると、走り込ん…

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、神戸1-3鹿島」(21日、ノエビアスタジアム神戸) 監督交代時の勢いは完全に失われてしまった。神戸は鹿島に3失点を喫して2連敗。トルステン・フィンク前監督(52)を事実上の解任としてから4連勝と波に乗ったが、その後は1分け3敗で4試合未勝利となった。三浦淳寛監督(46)は「前半の失点を含む全ての失点でチームとしての甘さが出た」と悔やんだ。

後で読む
スポーツニッポン

サッカーJ1の仙台は21日、SNにおいて所属選手に対する誹謗中傷が投稿されているとして、クラブの公式サイトで「許されるものではない」などと声明を発表。警察、弁護士に相談していることを明かし、投稿を止めるよう呼びかけている。

後で読む
東京スポーツ

1年ぶりの日本代表活動となった森保ジャパンのオランダ遠征の裏側とは――。  日本サッカー協会は21日に技術委員会を開催し、反町康治技術委員長(56)が終了後にオンライン取材に応じた。反町委員長は新型…

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第33節第1日(21日、神戸1-3鹿島、ノエスタ)神戸の三浦監督は「疲れもあり、選手起用は慎重に考えたい」と、連戦の疲労を考慮してフェルマーレンや酒井ら守備の主力をベンチ外とした。だが、守りの隙を突かれた前半の2失点が重かった。

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟の是永大輔社長(43)と玉乃淳GM(36)が、試合開始1時間前の午後6時3分に、ファビオの酒気帯び運転に端を発した一連の騒動についてサポ…

後で読む
日刊スポーツ

J1ベガルタ仙台に逆風が吹いている。現在13戦未勝利(4分け9敗)で17位と低迷。前節18日のアウェー浦和戦は0-6で大敗した。さらに20日発売の週刊誌で知人…

後で読む
日刊スポーツ

日本協会は21日、技術委員会を開いた。終了後に反町康治技術委員長(56)がオンラインで取材対応し、11月にメキシコとの国際親善試合(オーストリア)が決まってい…

後で読む
日刊スポーツ

鹿島アントラーズが3発で完勝した。先制点は前半12分。敵陣左サイドで相手から球を奪うと、最後はFW上田が個人技で右足のゴールを決めた。約3カ月ぶりの先発で今季…

後で読む
東京スポーツ

 日本サッカー協会は21日に技術委員会を開催し、終了後に反町康治技術委員長(56)がオンラインで取材に応じた。  1月のU―23アジア選手権で1次リーグ敗退以来、活動が中断している東京五輪世代の代表チ…

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会の反町康治技術委員長が21日、オンラインで取材に応じ、男子の東京五輪世代(1997年以降生まれ)の国内組を集めた強化試合や合宿を年内に行う方針を明らかにした。「Jリーグで頭角を現してきた選手がいる。そういう選手を集め、現状把握をしたい」と話した。

後で読む
東京スポーツ

日本サッカー協会は21日に技術委員会を開催し、終了後に反町康治技術委員長(56)がオンラインで取材に応じた。  1年ぶりのA代表活動となったオランダ遠征に関する報告も行われ「技術委員からの感想など話…

後で読む
サンケイスポーツ

チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節が21日に行われる。一昨季の王者であるリバプールの初戦はアヤックスが相手だ。

後で読む
スポーツニッポン

欧州チャンピオンズリーグ(CL)が20日に開幕。各地で1次リーグ8試合が行われ、H組でマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)がアウェーで昨季準優勝のパリ・サンジェルマン(フランス)を2―1で破った。

後で読む
日刊スポーツ

浦和レッズMFエヴェルトン(27)が残り10戦に向け、一戦必勝の決意で(ACL)アジア・チャンピオンズリーグ出場権(リーグ3位以内)獲得に挑む姿勢を示した。2…

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌ミハイロ・ペトロビッチ監督(63)が、24日ホーム横浜FC戦(札幌ドーム)での偉業達成を約束した。札幌・宮の沢で練習した21日、63歳の…

後で読む
日刊スポーツ

ベガルタ仙台は、週刊誌による知人女性への暴行報道を受け主力だったMF道渕諒平(26)を契約解除してから一夜明けた21日、仙台市内で24日の名古屋戦(アウェー)…

後で読む
スポーツニッポン

欧州チャンピオンズリーグ(CL)が20日に開幕。各地で1次リーグ8試合が行われ、G組で6季ぶりの優勝を目指すバルセロナ(スペイン)はホームでフェレンツバロシュ(ハンガリー)を5―1で下し、快勝発進した。

後で読む
スポーツニッポン

J1はきょう21日に第13節の湘南―鳥栖、ACL出場チームの第33節神戸―鹿島、横浜―名古屋の3試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は20日に開幕して1次リーグの8試合が行われ、G組はバルセロナ(スペイン)がフェレンツバロシュ(ハンガリー)に5-1で圧勝し、イタリア王者のユベントスはディナモ・キエフ(ウクライナ)に2-0で快勝。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は20日に開幕して1次リーグの8試合が行われ、F組はラツィオ(イタリア)がドルトムント(ドイツ)を3-1で破った。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー元日本代表MF香川真司が今週中にも移籍先を決める見通しだという。スペインのスポーツ紙マルカが21日までに伝えている。 報道によると、本人の希望はスペインでのプレー継続だが、現状では条件に合うものがない。一方で、欧州大会に出場しているスペイン国外のチームからは複数のオファーがあり、そのいずれかに決める流れだという。

後で読む
スポーツニッポン

イングランド・プレミアリーグのアーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(32)が、20日に発表された今季リーグ戦の登録メンバー(25人)から外れた。既に欧州リーグの登録メンバー(25人)からも外れていた。

後で読む
日刊スポーツ

ケニア代表で柏レイソルのFWオルンガが、11月7日のルヴァン杯決勝・FC東京戦後にケニア代表に合流することが決まった。20日、ネルシーニョ監督がオンライン取材…

後で読む
東京スポーツ

【多事蹴論(6)】2006年ドイツW杯に臨んだ日本代表は「史上最強」と言われながらも1次リーグを1分け2敗で敗退した。現役時代に“サッカーの神様”と呼ばれた元ブラジル代表10番のジーコ監督をもってして…

後で読む
デイリースポーツ

J1柏のケニア代表FWオルンガ(26)が11月7日のルヴァン杯決勝(FC東京戦)に出場することが21日、明らかになった。 ネルシーニョ監督(70)は同日、オンライン取材に応じ「(11月)7日のルヴァンの決勝にオルンガは出場します」と明言した。

後で読む
東京スポーツ

J1柏のネルシーニョ監督(70)が〝オール決勝戦〟の精神でリーグ終盤戦に挑む。  柏は現在、勝ち点37で8位。上位3チームに与えられるアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を獲得するためには、…

後で読む
東京スポーツ

なでしこジャパンのGK山根恵里奈(29)が感謝の思いを胸に、代表候補合宿に挑んでいる。  山根は高校入学時に福島の地に足を踏み入れ、JFAアカデミー福島と東京電力マリーゼでプレーした経験がある。21…

後で読む
サンケイスポーツ

すでに現役を引退した元チェコ代表GKペトル・チェフに、今季現役復帰の可能性が浮上している。

後で読む
サンケイスポーツ

先月22日にヴィッセル神戸はドイツ人指揮官トルステン・フィンク氏の退任を発表。現在52歳の同氏は、母国メディア『シュポルト1』のインタビューに応じ、日本で過ごした時間を振り返った。

後で読む
スポーツニッポン

J1柏のケニア代表FWオルンガ(26)が、来月7日のルヴァン杯決勝(対FC東京)に出場できることが21日、明らかになった。11月に同国代表のアフリカ選手権予選が控えており、ルヴァン杯決勝の出場は微妙だったが、この日オンラインで取材対応したネルシーニョ監督(70)は「ルヴァンの決勝にオルンガは出場します。その試合が終わって、代表へ行く流れになる」と明言した。

後で読む
東京スポーツ

J1柏に朗報だ。チームのエースでケニア代表FWマイケル・オルンガ(26)が11月7日のルヴァンカップ決勝(FC東京戦、国立)に出場する予定であることが21日、分かった。  ケニア代表は11月にアフリ…

後で読む
東京スポーツ

 J1柏のMF江坂任(28)がルヴァンカップ制覇に向け、気持ちを高ぶらせている。  7年ぶりの優勝を目指す柏は、11月7日の決勝でFC東京(国立)と対戦する。21日のオンライン取材では「シーズン始める…

後で読む
東京スポーツ

 なでしこジャパンのMF伊藤美紀(25=INAC神戸)が代表定着へ己の武器をアピールしている。  高倉麻子監督(52)が「小柄だが、ゲームの流れを読むのが得意。技術もしっかりしている」と初招集した期待…

後で読む
日刊スポーツ

横浜FCは21日、MF松尾佑介(23)が左肩鎖関節の脱臼で全治6~8週間と診断されたと発表した。14日の仙台戦で負傷し、20日に手術を受けた。松尾は第22節ま…

後で読む
サンケイスポーツ

J1の横浜FCは21日、MF松尾が左肩鎖関節の脱臼で全治6~8週間と診断されたと発表した。14日の仙台戦で負傷し、20日に手術を受けた。

後で読む
東京スポーツ

≪16季連続ゴール!≫サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)が20日(日本時間21日)に開幕した。1次リーグG組で優勝候補のバルセロナ(スペイン)はホームでフェレンツバロシュ(ハンガリー)に5―1…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのオランダ1部リーグで菅原由勢の所属するAZアルクマールは20日、新型コロナウイルスの検査で選手8人の陽性を確認したと発表した。16日には選手を含むチーム関係者9人の陽性を公表したが、そのうち3人が陰性となった。チームは22日にアウェーでナポリ(イタリア)との欧州リーグ初戦に臨む。

後で読む
サンケイスポーツ

パリサンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督は、マンチェスターU戦の敗戦を振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

セビリア指揮官フレン・ロペテギがUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ第1節、チェルシーとの引き分け後にコメントを発した。

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは20日、オンラインで臨時実行委員会を開いて新型コロナウイルス対応ガイドラインを改訂し、30日から試合会場でのアルコール飲料の販売を容認した。アルコー…

後で読む
日刊スポーツ

日本協会は20日、第42回皇后杯全日本女子選手権の組み合わせを発表し、なでしこリーグ1部勢は2回戦からの登場で、4連覇を狙う日テレは日テレ・メニーナとヴィアテ…

後で読む
日刊スポーツ

日本代表の森保一監督が20日、オンラインで取材に応じ、オランダ遠征から帰国後の新型コロナウイルス対策の待機措置生活について語った。16日に帰国してから千葉県内…

後で読む
日刊スポーツ

J1清水エスパルスは20日、MF鈴木唯人(18)とプロA契約を締結したと発表した。8月のリーグ川崎フロンターレ戦で通算450分出場の締結条件を満たしていた。

後で読む
サンケイスポーツ

20日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第1節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのフェレンツェヴァロシュ戦に5-1で大勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

ラツィオFWチーロ・インモービレが、ドルトムント撃破を喜んでいる。

後で読む
デイリースポーツ

【ロンドン共同】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は20日に開幕、各地で1次リーグ8試合が行われ、H組で昨季準優勝のパリ・サンジェルマンがホームでマンチェスター・ユナイテッドに1-2で敗れ黒星発進となった。 G組では6季ぶりの優勝を目指すバルセロナがホームでフェレンツバロシュに5-1で快勝し、ユベントスは敵地でディナモ・キエフを2-0で下した。

後で読む
スポーツニッポン

神戸の元日本代表DF西が“イニエスタ依存”に警鐘を鳴らした。

後で読む
スポーツニッポン

日本代表と東京五輪代表を率いる森保一監督(52)がオンライン取材に応じ、仙台と新潟の一連の不祥事について言及した。仙台は現役、新潟は指導者時代に携わった。「寂しいような悲しい気持ち」と率直な心境を明かした上で、選手の人間性や社会性について私論を述べた。

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグは20日、都内で臨時実行委員会を開催した。冒頭でJ2新潟、仙台と相次いだコンプライアンス案件について情報を共有。新潟の是永社長から謝罪もあったようでオンラインで対応した村井チェアマンは「コロナ禍で少しでもJリーグが希望の存在になろうとやってきた中、地域の方々の期待を裏切る形となり本当に残念」と肩を落とした。

後で読む
スポーツニッポン

【記者の目】経営陣に当事者意識はどれほどあるのか。約1時間10分の会見。記者の質問に菊池社長は手元のマイクを左右に受け渡し、渡辺取締役も肝心な部分の歯切れが悪い。事件発覚後に契約解除の判断が揺れ動いた理由を「刑罰法規に抵触するかどうかの見極め」としながら、道渕の弁護士から「逮捕状を執行されたようだ」と説明されても、すぐに対応しなかった。その揚げ句、週刊誌に掲載された写真やメールが判断の決め手だ…

後で読む
デイリースポーツ

サッカーJ1仙台は20日、同日付でMF道渕諒平(26)との契約を解除したと発表した。この日発売の週刊誌で知人女性への暴行が報じられた。仙台市内で記者会見した菊池秀逸社長は、クラブが認知していなかった事実があり「秩序、風紀が著しく乱れた内容が載った。本人に確認して決断した」と説明した。 クラブは女性とのトラブルを8月14日に認識して事情聴取した。選手の弁護士によると9月5日に示談が成立したといい、同8日から練習に復帰させ、20日からは試合に出場していた。報じられた9月7日の逮捕については、事実が確認できていないという。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグの村井満チェアマン(61)は20日、オンラインでの記者会見を行い、J2新潟でファビオとペドロ・マンジーが酒気帯び運転で書類送検され、契約解除となった事案についてヒアリングを行う考えを示した。 9月17日に事案が発生していたが、第三者の通報を受けたJリーグが10月12日に新潟へ事実確認の問い合わせを行い、同14日に新潟から正式に報告があったという。新潟は15日の発表で「Jリーグへの報告と情報共有を行い」としていたが、約1カ月間も情報を伏せていたことは報告義務違反に抵触する可能性があるという。

後で読む
デイリースポーツ

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は20日、臨時実行委員会をオンライン上で開催。新型コロナウイルス感染症対策のガイドラインを一部改定し、10月30日以降に試合会場でのアルコール販売を容認することになった。 販売・提供の有無や方法については主催する各クラブの判断に委ねられる。提供する場合には応援マナーの順守の呼びかけ強化が求められる。

後で読む
デイリースポーツ

J1神戸の三浦監督が20日、「コンディションを見極めながら考えたい」と先発メンバー入れ替えを示唆した。次節鹿島戦(21日、ノエスタ)に向けて最終調整。 ベスト布陣で敗れた前節広島戦から中2日でMFイニエスタ、DF酒井ら主力に「連戦の疲労がたまっている」という。11月下旬にアジア・チャンピオンズリーグ再開を控えて負傷者を出す訳にはいかず指揮官は「起用に関しては慎重に考える必要がある」とした。

後で読む
サンケイスポーツ

 サッカーのJ1仙台は20日、同日付でMF道渕諒平(26)との契約を解除したと発表。菊池秀逸社長(68)が仙台市内で会見し、謝罪した。この日発売の週刊誌で知人女性への暴行が報じられ、クラブが認知していない事実があり「秩序、風紀を著しく乱す内容が含まれていた」と説明した。道渕は甲府時代の2017年にも別の知人女性を殴るなどの暴行容疑で逮捕され、不起訴処分となってクラブから出場停止処分を受けた。

後で読む
スポーツニッポン

 サッカーJ1の仙台は20日、週刊誌に交際女性への暴力行為で逮捕されたと報じられたMF道渕(みちぶち)諒平(26)との契約を解除したと発表した。菊池秀逸社長(68)らが仙台市内で会見を行い、問題が起こってからの経緯などを報告して謝罪。報じられた内容はおおむね事実だと認めた上で、同誌に掲載された包丁を手に持つ写真など、認知していない事実が発覚したことが解雇の決め手になったと説明した。

後で読む
東京スポーツ

【サッカー情報局】  サッカー担当記者:J1仙台のMF道渕諒平(26)が交際女性への暴行により20日付で契約解除になりました。  デスク:20日発売の週刊誌「フラッシュ」で報じられて慌てて処分したんだ…

後で読む
サンケイスポーツ

パリサンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督は、マンチェスターU戦を前にエディンソン・カバーニについて語った。

後で読む
サンケイスポーツ

元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、19日付のイタリア紙『イル・ジョルナーレ』のインタビューに応じて教え子であるナポリ指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾや古巣のユベントスなどについて語った。

後で読む
サンケイスポーツ

ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋のサッスオーロ戦でのパフォーマンスについて、イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が19日に評価を下した。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは20日、クラブの代表者による臨時実行委員会をオンラインで開き、記者会見を行った村井満チェアマン(61)は、J2新潟でファビオとペドロ・マンジーが酒気帯び運転で書類送検され契約解除となった事案について、ヒアリング調査を行う考えを示した。 9月17日に事案が発生していたが、新潟は約1カ月間Jリーグに報告していなかった。第三者の“通報”を受けたJリーグが10月12日に新潟へ事実確認の問い合わせを行い、同14日に新潟から正式に報告があったという。新潟は15日のリリースで「Jリーグや関係各所への報告と情報共有を行い」としていたが、実際は約1カ月間も報告を怠っており、Jリーグ規約の報告義務違反に抵触する可能性があるという。

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグで不祥事が続く。19日にJ2新潟で酒気帯び運転などの疑いがもたれた複数選手のうちFWファビオが、そしてこの日、ベガルタ仙台の知人女性への暴力が報じられ…

後で読む
日刊スポーツ

J1ベガルタ仙台は20日、仙台市内で会見し、同日付でMF道渕諒平(26)との契約を解除したと発表した。この日発売の週刊誌で知人女性への暴行とともに、9月7日に…

後で読む
スポーツニッポン

【記者の目】経営陣に当事者意識はどれほどあるのか。約1時間10分の会見。記者の質問に菊池社長は手元のマイクを左右に受け流し、渡辺取締役も肝心な部分の歯切れが悪い。事件発覚後に契約解除の判断が揺れ動いた理由を「刑罰法規に抵触するかどうかの見極め」としながら、道渕の弁護士から「逮捕状を執行されたようだ」と説明されても、すぐに対応できなかった。その揚げ句、週刊誌に掲載された写真やメールが判断の決め手…

後で読む
スポーツニッポン

仙台は新型コロナウイルスの影響による入場料収入の減少などが響き、今期末は3億800万円の債務超過に陥る見通し。18年から2期連続の赤字で、Jリーグの規定では3期連続赤字もしくは、債務超過でクラブライセンス剥奪となる。

後で読む
スポーツニッポン

神戸の三浦淳寛監督が20日、非公開練習後にオンラインで取材に応じ、あす21日の鹿島戦(ノエスタ)でのスタメン変更を示唆した。ACLによる変則日程の影響で、前節広島戦から中2日で迎える一戦。「選手が連戦で非常に溜まっている中、コンディションを見極めながら明日のメンバーを考えたい」と語った。

後で読む
スポーツニッポン

J1仙台は20日、週刊誌に女性とのトラブルが報じられたMF道渕諒平(26)との契約解除を発表した。道渕は甲府時代の2017年にも知人女性を殴るなどの暴行容疑で逮捕、不起訴処分となりクラブから出場停止処分を受けていた。

後で読む
デイリースポーツ

J1C大阪は20日、10月31日に行われる「オンラインファン感謝デー」に出演する選手8人が決まったと発表した。8人が挑戦するコスプレ姿のメインビジュアルも合わせて公開された。 MF坂元達裕(23)は社会現象となった人気漫画「鬼滅の刃」の主人公竈門炭治郎(かまど・たんじろう)、主将のMF清武弘嗣(30)は炭治郎の妹禰豆子(ねずこ)のコスプレ姿を披露し、FW柿谷曜一朗(30)は「ONE PIECE」に登場するゾロに扮(ふん)した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのJ1仙台は20日、仙台市内で記者会見を開き、週刊誌で知人女性への暴行が報じられ、契約を解除したMF道渕諒平選手(26)について、菊池秀逸社長はクラブが認知していなかった事実があり「秩序、風紀が著しく乱れた内容が載った。本人に確認して決断した」と説明した。 クラブは女性とのトラブルを8月14日に認識して事情聴取した。選手の弁護士によると9月5日に示談が成立したといい、同8日から練習に復帰させ、20日からは試合に出場していた。報じられた9月7日の逮捕については、事実が確認できていないという。

後で読む
東京スポーツ

Jリーグは20日、新型コロナウイルス感染対策のガイドラインを改定し、30日からスタジアムにおけるアルコール販売を可能にすると発表した。  販売に踏み切るかどうかは各クラブの判断に任される。販売する場…

後で読む
東京スポーツ

日本代表の森保一監督(52)が20日、オンラインで取材に対応し、かつて在籍したクラブで起こった不祥事について言及した。  2002~03年に現役最後のクラブとしてプレーした仙台では、交際女性への暴行…

後で読む
東京スポーツ

Jリーグの臨時実行委員会が20日、行われ、J2新潟とJ1仙台のコンプライアンス案件について報告があった。  新潟ではブラジル人FWファビオ(23)が道路交通法違反(飲酒運転)で書類送検され、同乗して…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのJ1仙台は20日、仙台市内で記者会見を開き、週刊誌で知人女性への暴行が報じられ、契約を解除したMF道渕諒平選手(26)について、菊池秀逸社長はクラブが認知していなかった事実があり「秩序、風紀が著しく乱れた内容が載った。本人に確認して決断した」と説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは20日、オンラインで臨時実行委員会を開いて新型コロナウイルス対応ガイドラインを改訂し、30日から試合会場でのアルコール飲料の販売を容認した。アルコールの提供は各クラブが判断し、販売する場合は応援マナーの順守を呼び掛けるよう定めた。

後で読む
デイリースポーツ

J1C大阪は20日、10月31日に行われる「オンラインファン感謝デー」に出演する選手8人が決まったと発表した。8人が挑戦するコスプレ姿のメインビジュアルも合わせて公開された。 MF坂元達裕(23)は社会現象となった人気漫画「鬼滅の刃」の主人公竈門炭治郎(かまど・たんじろう)、主将のMF清武弘嗣(30)は炭治郎の妹禰豆子(ねずこ)のコスプレ姿を披露し、FW柿谷曜一朗(30)は「ONE PIECE」に登場するゾロに扮(ふん)した。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは20日、オンラインで臨時実行委員会を開いて新型コロナウイルス対応ガイドラインを改訂し、30日から試合会場でのアルコール飲料の販売を容認した。アルコールの提供は各クラブが判断し、販売する場合は応援マナーの順守を呼び掛けるよう定めた。 今季は降格がないためJ1が20チームとなる来季の昇降格枠についても議論。2022年シーズンに現状の18チームに戻すため自動的に降格4チーム、J2からの昇格2チームとする案も出たが、J2勢からは経営的な視点からJ1参入プレーオフを望む声が強かったという。来月の理事会で決める。

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪は20日、31日にオンラインで行うファン感謝デーの参加選手を発表した。ファン、サポーターの事前投票で選ばれた8人はGKキム・ジンヒョン、DF松田陸…

後で読む
日刊スポーツ

J1ベガルタ仙台は20日、同日付でMF道渕諒平(26)と契約解除したことを発表した。道渕はこの日発売された一部週刊誌で交際女性に暴行し、9月7日に傷害容疑で逮…

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは20日、臨時実行委員会を開き、終了後にオンラインで会見を行った。新型コロナウイルスの感染対策ガイドラインを改定した。アルコール飲料の提供が10月30…

後で読む
スポーツニッポン

J1横浜は20日、株式会社マネーフォワードとトップパートナー契約を結んだことを発表した。公式ユニホームのパンツ左前部分に同社のロゴが入る。21日のホーム名古屋戦から使用する。契約期間と契約金額は非公表。

後で読む
スポーツニッポン

週刊誌に女性とのトラブルが報じられたMF道渕諒平(26)との契約を解除したと20日に発表した仙台は同日、選手の処分に関する会見を市内で行った。

後で読む
スポーツニッポン

日本代表と東京五輪代表を率いる森保一監督(52)が20日、オンライン取材に応じ、隔離生活中の生活について明かした。日本代表のオランダ遠征から16日に帰国後、新型コロナ禍の政府方針に従い、ホテルでの待機生活を続けている。

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会は20日、第42回皇后杯全日本女子選手権の組み合わせを発表し、なでしこリーグ1部勢は2回戦からの登場で、4連覇を狙う日テレは日テレ・メニーナとヴィアティン三重の勝者と対戦する。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表の森保一監督が20日、オンラインで取材に応じ、オランダ遠征から帰国後の新型コロナウイルス対策の待機措置生活について語った。16日に帰国してから千葉県内のホテルで過ごし、連日10試合は国内外の候補選手の試合映像を精力的にチェックしているという。

後で読む
デイリースポーツ

サッカースペイン1部リーグ、ウエスカの元日本代表FW岡崎慎司が負傷から回復へ向かっており、今節のレアル・ソシエダ戦(現地時間25日、日本時間26日早朝)で戦線復帰する可能性があるという。地元一般紙エラルドなどが伝えている。 報道によると、岡崎はチーム練習への合流には達していないもののリハビリの最終段階を迎えているという。ミチェル監督は岡崎の復帰を期待しておリ今節の戦力として計算している。一方でチームには他にもFWがおり頭数は足りているため、今節試合に近い段階で起用の如何を判断すると考えられる。万全の状態でなければ次節のレアル・マドリード戦(日本時間31日22時)出場へ目標を切り替えることになる。

後で読む
東京スポーツ

日本代表の森保一監督(52)が20日、オンラインで取材に対応し、隔離生活の一端を明かした。  オランダ遠征を終えて16日に帰国し、新型コロナウイルス対策のため政府が定める2週間の隔離生活に入った。現…

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表の森保一監督が20日、オンラインで取材に応じ、オランダ遠征から帰国後の新型コロナウイルス対策の待機措置生活について語った。16日に帰国してから千葉県内のホテルで過ごし、連日10試合は国内外の候補選手の試合映像を精力的にチェックしているという。 スーパーなどへの買い出し以外の外出を控えており、食事は部屋の外に弁当などが用意される。「行動を制限されているが、ストレスはない。試合を見ることに追われて時間が足りないくらい」と笑った。

後で読む
スポーツニッポン

C大阪は20日、10月31日に実施される「中西金属工業 presents 2020C大阪オンラインファン感謝デー」の参加選手が決まったことを発表した。新型コロナウイルスの影響で毎年恒例のファン感謝デー開催が危ぶまれた中、クラブスタッフらが知恵を絞り、史上初めてオンラインで行われる。

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸の元日本代表DF西大伍(33)が20日、MFイニエスタに依存しがちなチームに問題を提起した。卓越した能力の主将にパスを預けるケースが多く、「彼か…

後で読む
日刊スポーツ

名古屋グランパスのマッシモ・フィッカデンティ監督(52)が20日、21日の横浜Fマリノス戦(日産ス)へ向けたオンライン取材に応じた。この日は関東圏で練習を行っ…

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟は21日、ホームで15位ファジアーノ岡山FCと対戦する。クラブは19日、酒気帯び運転の疑いで書類送検されたファビオ(23)とペドロ・マン…

後で読む
東京スポーツ

日本代表の〝退場処分コンビ〟が、互いを励まし合った。  MF伊東純也(27=ゲンク)とMF久保建英(19=ビリャレアル)は、偶然にも18日のそれぞれの試合で、イエローカード2枚によって退場処分となっ…

後で読む
日刊スポーツ

J1は10月21日に3試合が行われる。各カードのoptaファクトは以下の通り。※ファクト内の数字はJ1での成績湘南ベルマーレ – サガン鳥栖】…

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸の元日本代表FW田中順也(33)がサッカー人生の極意を明かした、20日、神戸市内での練習後、オンライン取材に応じた。今季は8月に左内転筋を肉離れ…

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部バリャドリードが、同ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)に再アタックの姿勢を見せている。  ビリャレアルの久保は、ウナイ・エメリ監督(48)の信頼をつかみきず、リーグ開幕から6戦連…

後で読む
サンケイスポーツ

J2大宮は20日、J1のFC東京からDF山田将之(26)が来年1月31日までの期限付き移籍で加入すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのブラジル全国選手権でボタフォゴの本田圭佑は19日、ホームのゴイアス戦にフル出場した。攻撃の起点となり、シュートも放ったが得点はなかった。チームは0-0で引き分けた。

後で読む
デイリースポーツ

【リオデジャネイロ共同】サッカーのブラジル全国選手権でボタフォゴの本田圭佑は19日、ホームのゴイアス戦にフル出場した。攻撃の起点となり、シュートも放ったが得点はなかった。チームは0-0で引き分けた。

後で読む
東京スポーツ

J1仙台は20日、所属するMF道渕諒平(26)と同日付で契約を解除したと発表した。この日発売の週刊誌「フラッシュ」で知人女性への暴行が報じられ、クラブが認知していない事実など、秩序、風紀を著しく乱す…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのブラジル全国選手権でボタフォゴの本田圭佑は19日、ホームのゴイアス戦にフル出場した。攻撃の起点となり、シュートも放ったが得点はなかった。チームは0-0で引き分けた。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターUは、20日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループH第1節でパリサンジェルマン(PSG)と対戦する。この試合では、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが主将を務めることになる見込みだ。

後で読む
サンケイスポーツ

元リバプールのグレアム・スーネス氏は、ヴィルヒル・ファン・ダイクに危険なチャージを見舞ったジョーダン・ピックフォードに苦言を呈した。

後で読む
日刊スポーツ

J3藤枝MYFCは19日、J2ファジアーノ岡山からDF増田繁人(28)が完全移籍で加入したと発表した。

後で読む
日刊スポーツ

今季は新システム4-3-3に変更して首位を独走する川崎フロンターレが、ピッチ外でも新たなチャレンジを実施した。同一シーズンの90分試合でのJ1連勝新記録となる…

後で読む
日刊スポーツ

J1ベガルタ仙台は20日、MF道渕諒平(26)と同日付で契約解除したことを発表した。道渕はこの日発売された週刊誌「FLASH」の記事において交際女性へ暴行し、…

後で読む
東京スポーツ

 J1仙台は20日、所属するMF道渕諒平(26)と同日付で契約を解除したと発表した。  クラブ公式ホームページで「本日発売の週刊誌におきまして、当クラブに所属する道渕諒平選手にかかわる記事が掲載されて…

後で読む
東京スポーツ

 J1仙台は20日、所属するMF道渕諒平(26)と同日付で契約を解除したと発表した。この日発売の週刊誌「フラッシュ」で知人女性への暴行が報じられ、クラブが認知していない事実など、秩序、風紀を著しく乱す…

後で読む
サンケイスポーツ

ジュピラーリーグ第9節ヘンクvsシャルルロワで退場処分となった伊東純也。同じく現地時間18日に行われたラ・リーガ第6節ビリャレアルvsバレンシアで同じく退場となった久保建英と、SNSでやり取りを行っている。

後で読む
サンケイスポーツ

【No Ball、No Life】今シーズンのJ1はコロナ禍による中断期間が明けて以降、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)を設けずに開催している。運営上の制限がいろいろとあり、人材確保も難しく運用不可能と判断されたためだ。結果として、例年どおり判定に関する問題が噴出している。「Jリーグジャッジリプレー」のネタには困らないだろうが、本来取り上げるケースがないのが望ましい。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのJ1仙台は20日、同日付でMF道渕諒平選手(26)との契約を解除したと発表した。この日発売の週刊誌で知人女性への暴行が報じられ、クラブが認知していない事実など、秩序、風紀を著しく乱す内容が含まれていたとしている。 クラブによると、女性とのトラブルを8月14日に認識して事情聴取。弁護士に相談して対応し、同選手から9月5日に解決の報告を受けていたという。主力としてプレーし、今季のリーグ戦はここまで13試合に出場して1得点だった。

後で読む
サンケイスポーツ

 バレンシアは現地時間17日、ラ・リーガ第6節でビリャレアルと対戦して1-2で敗北した。開始早々の6分にパコ・アルカセルがPKを沈めると、37分にゴンサロ・ゲデスのミドルで追いついたバレンシアだったが、69分に途中出場の日本代表MF久保建英からボールを受けたダニエル・パレホが決勝点を奪取。終盤には久保が2枚目の警告を受けて退場する騒動もあったが、バレンシアが数的優位を生かすことはできなかった。

後で読む
スポーツニッポン

 J1仙台は20日、MF道渕諒平(26)との契約解除を発表した。同日発売の週刊誌に道渕に関する記事が掲載。クラブが認知していなかった事実、クラブの秩序、風紀を著しく乱す内容が含まれていたことから、同選手に事実関係を確認した上で、10月20日付けで契約解除を決定した。クラブは公式サイトで「この度は、皆様にこのようなご報告をすることになりまして、深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございません」と謝罪…

後で読む
デイリースポーツ

サッカーJ1仙台は20日、MF道渕諒平と契約解除したと発表した。道渕はこの日、一部で女性とのトラブルが報じられており、クラブ側は「当クラブが認知していなかった事実など、クラブの秩序、風紀を著しく乱す内容が含まれていた」として、本人に事実確認を行い、契約解除となった。 道渕は20日発売の写真週刊誌で9月7日に傷害罪の容疑で宮城県警に逮捕されていたと報じられた。交際中の女性タレントへDVをしていたという。

後で読む
スポーツニッポン

J1仙台は20日、MF道渕諒平(26)との契約解除を発表した。同日発売の週刊誌に道渕に関する記事が掲載。クラブが認知していなかった事実、クラブの秩序、風紀を著しく乱す内容が含まれていたことから、同選手に事実関係を確認した上で、10月20日付けで契約解除を決定した。クラブは公式サイトで「この度は、皆様にこのようなご報告をすることになりまして、深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございません」と謝罪…

後で読む
日刊スポーツ

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は19日、福島県内のサッカー施設「Jヴィレッジ」で候補選手による強化合宿を開始した。新型コロナウイルスの影響で休止して…

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟は19日、酒気帯び運転などの疑いで書類送検されたFWファビオ(23=ブラジル)とFWペドロ・マンジー(32=スペイン)との契約を解除した…

後で読む
日刊スポーツ

J2大宮アルディージャは、DF河面旺成(26)が左肩関節脱臼で全治5カ月と発表した。10日の栃木SC戦で痛めた。MF酒井宣福(27)は左母趾(ぼし)末節骨剥離…

後で読む
サンケイスポーツ

ビリャレアルは19日、MFダニ・パレホが左足内転筋を負傷したことを発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、長期離脱が確実視されるフィルジル・ファン・ダイクの復帰を焦らせたくはないようだ。

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会(JFA)は、19日、今冬の第99回高校サッカー選手権を開催すると発表した。2連覇を狙う静岡学園の川口監督は電話取材で「県民の後押しを肌で感じ…

後で読む
サンケイスポーツ

チェルシーのフランク・ランパード監督は、失点が重なるチームのディフェンスについて言及した。

後で読む
スポーツニッポン

川崎Fは19日、FW小林が左太腿裏の肉離れで全治6~8週間と診断されたと発表した。

後で読む
スポーツニッポン

スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)は18日、ホームでのバレンシア戦に後半19分から出場した。ヒールパスで今季初となる“アシスト”で決勝点を演出した一方で、後半アディショナルタイムには2枚目のイエローカードでプロ初の退場。そのプレーぶりに現地メディアも軒並み低評価を与えた。久保に今、何が起きているのか――。スポニチ本紙評論家の川本治氏(68=元ジェフ市原強化部長)が読み解いた。

後で読む
スポーツニッポン

まさかのプロ初退場だった。2―1で迎えた後半47分、久保は競り合いで滑り込みながらパスを出した。そこへスライディングしてきた相手と交錯する形となり2枚目の警告を受け退場。久保は両手を広げて抗議し、不満顔でピッチを離れた。

後で読む
スポーツニッポン

【記者の目】酒気帯び運転は言語道断だが、新潟の対応の拙さも大問題だ。事案発生から公表まで約1カ月を要しており、「隠蔽」と取られても仕方のないものだ。是永社長は「刑が確定してからと思っていた」としたが、その間も当該選手を試合に起用し、Jリーグへの報告も怠っており、説明は破綻している。

後で読む
スポーツニッポン

J2新潟は19日、道交法違反の疑いで書類送検されたFWファビオ(23=ブラジル)、FWペドロ・マンジー(32=スペイン)との契約解除を発表した。是永大輔社長(43)が新潟市内で会見し、公表が遅れた経緯を説明し、謝罪。臨時取締役会では是永社長の12月31日まで100%の減俸処分、玉乃淳GM(36)はけん責処分、同じく12月31日まで報酬100%を自主返納することも決めた。  

後で読む
サンケイスポーツ

J1川崎は19日、エースFWの小林悠(33)が左太もも裏の肉離れで全治6~8週間と診断されたと発表した。今季中の復帰は微妙となった。14日の広島戦で後半37分から途中出場し、3分後に負傷交代した。

後で読む
デイリースポーツ

冬の風物詩、全国高校サッカー選手権の開催が決まった。日本サッカー協会が19日に発表。新型コロナ感染状況を考慮しながら慎重に実施の可能性を探ってきたが、全国高校野球選手権大会やインターハイなどの中止が決まった今春と異なり、夏以降、Jリーグやプロ野球などが感染対策を徹底しながら開催されていることが後押しとなった。 開幕は例年の12月30日ではなく、同31日となった。組み合わせ抽選会は11月16日にオンラインで実施。決勝は来年1月11日に埼玉スタジアムで行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

 スペイン1部リーグ(18日、ビリャレアルほか)ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)はホームで行われたバレンシア戦で1-1の後半19分から出場して勝ち越し点に絡んだが、2度の警告を受けて試合終了間際にプロ初の退場処分となった。今季最長の26分間のプレーで、同24分には勝ち越しゴールに絡んだ。チームは2-1で勝利した。

後で読む
東京スポーツ

 欧州サッカーの今季のカップ戦線がいよいよスタートを切る。新型コロナウイルス感染拡大の影響で例年より約1か月遅れとなる欧州チャンピオンズリーグ(CL)は20日(日本時間21日)、欧州リーグ(EL)は2…

後で読む
サンケイスポーツ

17日のラツィオ戦に出場したサンプドリアの日本代表DF吉田麻也に対し、18日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が賛辞を贈った。

後で読む
サンケイスポーツ

マルセイユのアンドレ・ヴィラス=ボアス監督は、同クラブで指揮を執り続けることを望んでいるようだ。

後で読む
サンケイスポーツ

ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋が18日、サッスオーロ戦にフル出場し、イタリア『メディアセット』などが評価を下した。

後で読む
サンケイスポーツ

エバートンGKジョーダン・ピックフォードに処分が科されることはないようだ。

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナは19日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第1節、本拠地カンプ・ノウでのフェレンツヴァローシュ戦に臨む。前日会見に出席したロナルド・クーマン監督は、週末にクラシコを控えた状況で臨むこのCL初戦で、勝利を手にする重要性を語っている。

後で読む
サンケイスポーツ

ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは、ジェイドン・サンチョ獲得を目指したマンチェスターUが状況を見誤っていたと話した。

後で読む
サンケイスポーツ

Bミュンヘン戦でドイツでの初得点を記録したアルミニア・ビーレフェルトの日本代表MF堂安律が、ドイツ誌『キッカー』でチーム単独最高評価を得ている。

後で読む
サンケイスポーツ

ミラノダービーで通算8得点目を記録したACミランのFWズラタン・イブラヒモヴィッチについて、18日のイタリアメディア『スカイスポーツ』が注目している。

後で読む
サンケイスポーツ

RマドリードMFマルティン・ウーデゴールが、負傷により約1カ月の戦線離脱を強いられることになった。スペイン『マルカ』と『アス』が報じている。

後で読む
サンケイスポーツ

リバプールのジョエル・マティプが、チャンピオンズリーグ(CL)開幕節アヤックス戦を欠場する可能性が浮上している。『Goal』の取材で明らかになった。

後で読む
日刊スポーツ

J2東京ヴェルディの元日本代表FW大久保嘉人(38)が19日、21日に行われる古巣ジュビロ磐田戦での今季初ゴールを誓った。大久保は磐田について「もう監督も代わ…

後で読む
サンケイスポーツ

フランクフルトは18日に行われたブンデスリーガ第4節で敵地にてケルンと対戦し、1-1で引き分けた。ドイツ『キッカー』は、日本代表MF鎌田大地をこの試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出した。

後で読む
スポーツニッポン

エジプト3部リーグのシックスオクトバーに所属する74歳のFWエゼルディン・バハダーが17日、世界最年長のプロサッカー選手としてギネス記録に認定された。

後で読む
日刊スポーツ

強力助っ人を警戒だ。名古屋グランパスMF米本拓司(29)が19日、次節横浜Fマリノス戦(21日、日産スタジアム)に向けてオンライン会見に臨んだ。18日の川崎フ…

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟は19日、酒気帯び運転などの疑いで書類送検されたFWファビオ(23=ブラジル)とFWペドロ・マンジー(32=スペイン)との契約を解除した…

後で読む
日刊スポーツ

鹿島アントラーズは14日の鳥栖戦で14戦ぶりに先発して決勝点を決めたMF白崎凌兵が、16日の練習で右太もも裏を損傷して全治約2カ月と診断された。ザーゴ監督は「…

後で読む
スポーツニッポン

ファビオ(23)、ペドロ・マンジー(32)の道交法違反問題でJ2新潟の是永大輔社長(43)が19日、新潟市内で記者会見を行い「対外発表のタイミング、ファビオ選手の任意捜査中の試合出場について道義的に間違った判断をした。おわびを申し上げる。トップとして責任を感じている」と謝罪した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は19日、福島県内のサッカー施設「Jヴィレッジ」で候補選手による強化合宿を開始した。 新型コロナウイルスの影響で休止していた代表活動は、3月の米国遠征以来。延期された東京五輪への再スタートとなり、高倉監督は「延期を自分たちの力でプラスにしていくことが非常に大事」と意気込みを語った。

後で読む
サンケイスポーツ

J1鹿島は19日、MF白崎が右大腿二頭筋損傷で全治約2カ月と診断されたと発表した。16日の練習で負傷した。

後で読む
サンケイスポーツ

J2大宮は19日、DF河面が左肩関節脱臼で全治5カ月と発表した。10日の栃木戦で痛めた。MF酒井は左母趾末節骨剥離骨折で全治2カ月、MF嶋田が左太もも裏の肉離れで全治4週間。ともに14日の千葉戦で負傷した。

後で読む
サンケイスポーツ

J2新潟は19日、酒気帯び運転などの疑いで書類送検されたファビオ(23)とペドロ・マンジー(32)との契約を解除したと発表した。是永大輔社長は12月31日まで100%の減俸、玉乃淳ゼネラルマネジャーはけん責とし、年末まで報酬を自主返納する。

後で読む
サンケイスポーツ

全国高校サッカー選手権の開催決定が19日発表され、前回大会で決勝に進んだ両校の監督、選手も安堵した。2連覇を狙う静岡学園の川口修監督は電話取材で「県民の後押しを肌で感じることで、生徒の人生観が大きく変わる」と大会の意義を熱く説いた。

後で読む
デイリースポーツ

「スペインリーグ、ビリャレアル2-1バレンシア」(18日、ビリャレアル) サッカースペイン1部リーグ、ビリャレアルのウナイ・エメリ監督(48)がバレンシア戦で交代出場ながら2枚のイエローカードで退場処分となった日本代表MF久保建英(19)について「一つの経験」だと前向きな見方を示した。

後で読む
東京スポーツ

J1鹿島は19日、MF白崎凌兵(27)が右大腿二頭筋損傷で2か月の治療期間を要すると発表した。16日の練習中に負傷し、18日の札幌戦のメンバーから外れていた。  清水から移籍加入2年目の今季はケガに…

後で読む
東京スポーツ

Jリーグ)と日本野球機構(NPB)による新型コロナウイルス対策連絡会議が19日に開かれ、ルヴァンカップ決勝の柏―FC東京戦(11月7日、国立)の開催に向けて専門家が注意喚起した。  当日は満席時の5…

後で読む
東京スポーツ

ベルギー1部ゲンクの日本代表MF伊東純也(27)は18日(日本時間19日)、元日本代表MF森岡亮太(29)が所属するシャルルロワ戦で2得点に絡んで2―1の勝利に貢献した。  前半25分には右クロスで…

後で読む
日刊スポーツ

鹿島アントラーズは19日、MF白崎凌兵(27)が右大腿(だいたい)二頭筋(=もも裏)損傷で全治約2カ月と診断されたと発表した。16日の練習で負傷したという。白…

後で読む
スポーツニッポン

18日の敵地群馬戦でクラブ記録となる12連勝を達成し、J2首位に浮上した福岡の長谷部茂利監督(49)がオンライン会見に応じた。

後で読む
デイリースポーツ

【ロンドン共同】サッカーの欧州各リーグ(12~18日)はスペインで昨季王者レアル・マドリードがカディスに敗れて首位から陥落した。レアル・ソシエダード、ビリャレアルが勝ち点11でリード。 イングランドはエバートンが連覇を狙うリバプールと2-2で引き分けて勝ち点13で1位を守った。

後で読む
日刊スポーツ

全日本高校女子サッカー選手権静岡県大会の決勝リーグ第2戦が18日、沼津市・愛鷹多目的競技場で行われた。勝利した藤枝順心と常葉大橘が1勝1分けで勝ち点を4に伸ば…

後で読む
日刊スポーツ

清水ジュニアユース(JY)が頂点に立った。今季Jリーグでは実現しない「静岡ダービー」となった決勝で、磐田U-15に4-1で快勝。8-1で大勝した東海リーグ第4…

後で読む
日刊スポーツ

清水ジュニアユース(JY)が頂点に立った。今季Jリーグでは実現しない「静岡ダービー」となった決勝で、磐田U-15に4-1で快勝。8-1で大勝した東海リーグ第4…

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟は19日、午前9時から臨時取締役会を開催し、道路交通法違反(酒気帯び運転)で16日に書類送検されたファビオ(23)と、その同乗者のペドロ…

後で読む
デイリースポーツ

J2新潟は19日、酒気帯び運転で任意捜査を受けたファビオ選手(23)とペドロ・マンジー選手(32)との契約を解除したと発表した。同日の臨時取締役会で決めた。 是永大輔社長は12月31日まで100%の減俸処分とする。玉乃淳ゼネラルマネジャーはけん責とし、年末まで報酬を自主返納する。

後で読む
デイリースポーツ

J2新潟が19日、臨時取締役会を開き、道路交通法違反のブラジル人FWファビオ、スペイン人FWペドロ・マンジーの2選手の契約解除を発表した。 是永大輔社長の年内の減俸処分(100%減額)、玉乃淳ゼネラルマネジャー兼強化部長のけん責処分も発表された。

後で読む
スポーツニッポン

ファビオ(23)、ペドロ・マンジー(32)の道交法違反問題でJ2新潟は19日午前9時から臨時取締役会を開き、両選手らの正式な処分を決定した。

後で読む
東京スポーツ

J2新潟は19日、臨時取締役会を開き、道路交通法違反で書類送検されるブラジル人FWファビオ(23)とスペイン人FWペドロ・マンジー(32)を同日付で契約解除したと発表した。  ファビオは9月17日の…

後で読む
サンケイスポーツ

川崎フロンターレは19日、FW小林悠の負傷の程度を発表した。

後で読む
日刊スポーツ

J1川崎フロンターレは19日、離脱中のFW小林悠(33)が川崎市内の病院で検査を受け、左ハムストリング肉離れで全治6~8週間程度と診断されたと発表した。小林は…

後で読む
サンケイスポーツ

ブレーメンのFW大迫勇也は17日に行われたブンデスリーガ第4節フライブルク戦ではメンバー入りせず。フロリアン・コーフェルト監督は1-1のドローに終わった試合後の記者会見で判断を説明した。

後で読む
日刊スポーツ

日本野球機構(NPB)とJリーグによる第18回新型コロナウイルス対策連絡会議が19日に開催され、終了後に合同会見が行われた。NPBの斉藤惇コミッショナー、Jリ…

後で読む
日刊スポーツ

帯広北MF相沢匠(2年)がJリーガー仕込みの動きで勝ち越しゴールを決めた。2点差を追いつかれ後半36分、左CKから流れてきたボールを右サイドで胸トラップ。コー…

後で読む
日刊スポーツ

東海大札幌が死闘を制し、7年連続の8強に進出した。0-0のままPK戦に突入。最初のキッカーが外し3人目まで2-3も、GK野沢匡志(2年)が4、5人目のシュート…

後で読む
日刊スポーツ

昨年度王者の北海が、前回大会決勝で対戦した札幌第一との再戦を3-1で制し、8強に進出した。187センチ、74キロのFW寒河江健人(3年)が前半25分、後半3分…

後で読む
東京スポーツ

 J1川崎は19日、元日本代表FW小林悠(33)が左ハムストリング肉離れと診断され、全治6~8週間程度と発表した。小林は14日の広島戦に後半37分から出場した直後に負傷し、40分に途中交代していた。 …

後で読む
スポーツニッポン

明治安田生命J1リーグは18日に8試合が行われ、首位の川崎Fはホームで名古屋を3―0で破り、今年8月に達成した単一シーズンの90分間でのJ1最多記録を更新する11連勝を飾った。大卒ルーキーのMF三笘薫(23)が前半44分に今季11ゴール目となる決勝弾。前回記録更新を阻まれた相手にリベンジを果たし、2年ぶり3度目のリーグ優勝へまた一歩前進した。

後で読む
東京スポーツ

日本サッカー協会は19日、全国高等学校体育連盟、民間放送43社と協議の上、第99回全国高校サッカー選手権の開催を決定したと発表した。  大会は12月31日開幕とし、決勝は2021年1月11日。組み合…

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)はレギュラーの座を奪えるのか。森保ジャパンのオランダ遠征を終え、所属クラブでの戦いが再開した。18日のバレンシア戦では6試合連続のベンチスタート…

後で読む
東京スポーツ

イングランド・プレミアリーグで日本代表MF南野拓実(25)の所属するリバプールは18日、公式サイトでオランダ代表DFファンダイク(29)がヒザの靱帯を損傷して手術を受けると発表した。全治は未定。  …

後で読む
東京スポーツ

〈18日の欧州サッカー〉 【ロシア】ロストフのMF橋本拳人(27)は3―0で勝利したグロズヌイ戦で先制点を決めた。今季5得点目。 【ドイツ】EフランクフルトのMF長谷部誠(36)と日本代表MF鎌田大地…

後で読む
デイリースポーツ

日本サッカー協会は19日、今冬の第99回全国高校サッカー選手権の開催を決めたと発表した。新型コロナウイルスの感染対策のため開会式の規模を縮小するため開幕は例年の12月30日ではなく、同31日となった。閉会式の縮小や観客の人数制限なども行う方針。決勝は来年1月11日。 11月16日に組み合わせ抽選会をオンラインで実施する。今後の感染拡大状況などにより開催内容の変更が生じる場合があるとした。

後で読む
スポーツニッポン

日本サッカー協会は公益財団法人全国高等学校体育連盟及び民間放送43社と協議の上、第99回全国高等学校サッカー選手権大会の開催を決定したと発表した。開閉会式縮小、観客制限など新型コロナウイルス感染症防止対策の上、大会は12月31日に開幕、来年1月11日に決勝を迎える。

後で読む
サンケイスポーツ

リバプールDFフィルジル・ファン・ダイクが、サポーターへメッセージを発信している。

後で読む
サンケイスポーツ

ビリャレアルは18日のラ・リーガ第6節、本拠地エル・マドリガルでのバレンシア戦に2-1で勝利した。この試合の2点目を演出したMF久保建英のヒールパスは、スペインでも話題となっている。

後で読む
サンケイスポーツ

AマドリードFWジエゴ・コスタは、負傷により約3週間戦列を離れるようだ。スペイン『アス』が報じている。

後で読む
サンケイスポーツ

18日のラ・リーガ第6節、エル・マドリガルでのビリャレアル対バレンシアは2-1でビリャレアルが勝利した。6試合連続でベンチスタートとなったビリャレアルMF久保建英は64分から出場し、チームの勝ち越し弾を演出。そして、後半アディショナルタイムに2回の警告によって退場している。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターUDFハリー・マグワイアは、シーズンは長い道のりであることを強調した。

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナのロナルド・クーマン監督は、リヨンFWメンフィス・デバイを獲得したいと改めて強調した。

後で読む
サンケイスポーツ

リバプールは18日、マージ-サイドダービーで負傷退場したDFフィルジル・ファン・ダイクがひざの手術を受けると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

トットナムのジョゼ・モウリーニョ監督は、まさかの同点劇も相手を称えている。

後で読む
日刊スポーツ

元Jリーガーの弁護士がいる。八十(やそ)祐治氏(50)。大阪弁護士会に所属し、大阪市内の法律事務所に勤務。優しい語り口ながら、少年事件や成年後見人、時には国選…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの海外各リーグは18日、各地で行われ、スペイン1部リーグでビリャレアルの久保建英はバレンシア戦に1-1の後半19分から出場したが、終了間際に2度目の警告を受けて退場した。チームは2-1で勝った。

後で読む
サンケイスポーツ

サンテティエンヌのクロード・ピュエル監督は、ウィリアム・サリバの対応を巡ってアーセナルを非難した。

後で読む
デイリースポーツ

【バルセロナ共同】サッカーのスペイン1部リーグで18日、ビリャレアルの久保建英はホームで行われたバレンシア戦で1-1の後半19分から出場して勝ち越し点に絡んだが、2度の警告を受けて試合終了間際に退場処分となった。チームは2-1で勝った。 前節に左太もも裏を負傷したウエスカの岡崎慎司は2-2で引き分けたホームのバリャドリード戦でベンチ外だった。

後で読む
デイリースポーツ

【フローニンゲン(オランダ)共同】サッカーのオランダ1部リーグで18日、ズウォレの中山雄太とファンウェルメスケルケン際はホームで行われたPSVアイントホーフェン戦で、ともにフル出場した。チームは0-3の完敗。フローニンゲンの板倉滉は0-0で引き分けたホームのユトレヒト戦にフル出場した。

後で読む
デイリースポーツ

【ケルン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで18日、アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠と鎌田大地は敵地で1-1と引き分けたケルン戦にフル出場した。鎌田は前半終了間際に先制点につながるPKを獲得。ウニオン・ベルリンの遠藤渓太は1-1で引き分けた敵地のシャルケ戦で終了間際から出場した。

後で読む
デイリースポーツ

【ゲンク(ベルギー)共同】サッカーのベルギー1部リーグで18日、ゲンクの伊東純也はホームのシャルルロワ戦で前半25分に先制点をアシストしたが、後半37分に2度目の警告を受けて退場した。チームは2-1で競り勝った。シャルルロワの森岡亮太はフル出場し、後半3分にCKで同点ゴールをアシストした。

後で読む
日刊スポーツ

8年連続2ケタ得点中の浦和レッズFW興梠が今季初の2得点を挙げ、歴代4位に並ぶJ1通算154得点に到達した。2-0で迎えた前半39分に自ら獲得したPKを決め、…

後で読む
サンケイスポーツ

ビリャレアルがMF久保建英の退場処分取り消しを求める意向であることが明らかとなった。

後で読む
スポーツニッポン

名古屋は同一シーズンでクラブタイ記録となる4試合連続無失点を狙ったが、今季ワーストタイの3失点。連勝は「3」で止まり、フィッカデンティ監督は「大差になったが、内容は一方通行だったとは思わない。失点の仕方がもったいない」と全てセットプレー絡みに無念の表情を浮かべた。

後で読む
スポーツニッポン

明治安田生命J1リーグは18日に8試合が行われ、首位の川崎Fはホームで名古屋を3―0で破り、今年8月に達成した単一シーズンの90分間でのJ1最多記録を更新する11連勝を飾った。大卒ルーキーのMF三笘薫(23)が前半44分に今季11ゴール目となる決勝弾。前回記録更新を阻まれた相手にリベンジを果たし、2年ぶり3度目のリーグ優勝へまた一歩前進した。

後で読む
スポーツニッポン

サッカー元女子日本代表で、米女子プロリーグNWSLのレッドスターズから男子の神奈川県社会人2部「はやぶさイレブン」に期限付き移籍したFW永里優季(33)が18日、公式戦デビューを果たした。第3節の山王FC戦の後半40分すぎからアディショナルタイムを含めて約8分間出場し、3―1の勝利に貢献。男子チームでプロ契約の女子選手が初めてプレーする、歴史的な日となった。

後で読む
スポーツニッポン

ビーレフェルトの日本代表MF堂安律(22)がドイツ1部移籍後の初得点を決めた。開幕から4試合連続で先発し、後半45分までプレー。昨季欧州CL制覇、国内リーグ8連覇など3冠に輝いたBミュンヘンからゴールを奪い「世界一のクラブから点を取れたのはうれしい」と喜びをかみしめた。

後で読む
スポーツニッポン

“日本の至宝”が美技で決勝弾を演出した。スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)はバレンシア戦の後半19分から出場し、今季初アシストを記録。スペインに挑戦して2年目、Rマドリードからレンタル移籍した新天地での6試合目で大きな一歩を刻んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第23節最終日(18日、川崎市等々力陸上競技場ほか)首位の川崎がMF三笘薫(みとま・かおる、23)らのゴールで名古屋に3-0で快勝し、同一シーズンでのJ1最多記録(延長を除く)となる11連勝をマークした。今季の8月に達成した10連勝の記録を塗り替えて勝ち点を65に伸ばした。FC東京は横浜FCに0-1で競り負け、勝ち点47で前節2位から3位に後退した。

後で読む
デイリースポーツ

「ドイツリーグ、ビーレフェルト1-4バイエルン・ミュンヘン」(17日、ビーレフェルト) ドイツ1部ビーレフェルトのMF堂安律(22)は昨季欧州CLなど「3冠」のバイエルン・ミュンヘン戦で後半13分に今季加入後の初ゴールを決めた。

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、広島2-1神戸」(18日、エディオンスタジアム広島) J1神戸は不運な判定もあって惜敗。広島戦4連敗となった。

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、川崎3-0名古屋」(18日、川崎市等々力陸上競技場) 首位の川崎がFW三笘薫(23)らのゴールで名古屋に3-0で快勝し、同一シーズンでのJ1最多記録(延長を除く)となる11連勝をマークした。今季の8月に達成した10連勝の記録を塗り替えて勝ち点を65に伸ばした。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのイタリア1部リーグで18日、ボローニャの冨安健洋はホームでのサッスオロ戦にフル出場した。3-3の後半32分に自身のオウンゴールで勝ち越され、試合は3-4で競り負けた。

後で読む
サンケイスポーツ

ブンデスリーガ第4節が18日に行われ、ケルンとフランクフルトが対戦した。

後で読む
サンケイスポーツ

18日のラ・リーガ第6節、エル・マドリガルでのビリャレアル対バレンシアは2-1でビリャレアルが勝利した。6試合連続でベンチスタートとなったビリャレアルMF久保建英は64分から出場し、チームの勝ち越し弾を演出。そして、後半アディショナルタイムに2回の警告によって退場している。

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレがセットプレーから3点を挙げた。前半44分、右CKを三笘が詰めて先制。後半12分、左FKからジェジエウのヘディングが相手に当たって入り、同20…

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)が18日、ホームのバレンシア戦で1―1の後半19分から途中出場し、同24分の決勝ゴールをアシストしたが、後半アディショナルタイムにこの日2回目の…

後で読む
スポーツニッポン

スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)が今季初アシストをマークしたが、退場処分となった。

後で読む
日刊スポーツ

サッカー神奈川県2部の社会人チーム「はやぶさイレブン」に加入した元女子日本代表FW永里優季(33)が18日、第3節山王FC戦の後半41分から途中出場した。プロ…

後で読む
日刊スポーツ

元なでしこジャパンのFW永里優季(33)が歴史的一歩を刻んだ。先月加入した神奈川県2部の社会人チーム「はやぶさイレブン」の一員として18日、神奈川県内で行われ…

後で読む
日刊スポーツ

元なでしこジャパンのFW永里優季(33)が歴史的一歩を刻んだ。   ◇   ◇   ◇歴史的なデビューの裏では、スタッフらの奮闘もあった。本来であれば移籍期間…

後で読む
日刊スポーツ

サッカー神奈川県2部の社会人チーム「はやぶさイレブン」に加入した元女子日本代表FW永里優季(33)が18日、第3節山王FC戦の後半41分から途中出場した。プロ…

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのドイツ2部リーグで18日、原口元気と室屋成のハノーバーは敵地でパーダーボルンに0-1で敗れた。原口はフル出場し、室屋は後半10分から途中出場した。(デュッセルドルフ共同)

後で読む
東京スポーツ

元なでしこジャパンのFW永里優季(33)が、米女子プロリーグNWSLのレッドスターズから期限付きで加入した神奈川県2部リーグの男子チーム「はやぶさイレブン」でついに〝男子デビュー〟を果たした。  1…

後で読む
サンケイスポーツ

17日のラ・リーガ第6節、Rマドリードはホームのアルフレド・ディ・ステファノでのカディス戦を0-1で落とした。MFカセミロは、自身がベンチから見守っていた自チームの前半のパフォーマンスに憤りを覚えていたようだ。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのベルギー1部リーグで18日、アントワープの三好康児はアウェーのワーレゲム戦に先発し、後半43分までプレーした。チームは3-1で逆転勝ちした。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのドイツ2部リーグで18日、原口元気と室屋成のハノーバーは敵地でパーダーボルンに0-1で敗れた。原口はフル出場し、室屋は後半10分から途中出場した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー女子の元日本代表FWで、神奈川県2部リーグの男子チーム「はやぶさイレブン」に加入した永里優季が18日、神奈川県平塚市で行われたリーグ戦の後半途中から出場し、男子チームでのデビューを果たした。永里は「ステップアップできる大事な一歩」と初戦を振り返った。 2-1の後半40分すぎからピッチへ。終了間際に兄源気の得点に絡むなど、わずかな出番でも勝利に貢献し「出場時間は短かったが、ボールに関わる回数もそれなりにあった。イメージしていたようなプレーが出せた」と手応えを口にした。

後で読む
スポーツニッポン

サッカー元女子日本代表で、米女子プロリーグNWSLのレッドスターズから男子の神奈川県社会人2部「はやぶさイレブン」に期限付き移籍したFW永里優季(33)が18日にデビューを果たした。第3節の山王FC戦(場所非公開)に後半40分過ぎからから約8分間出場し、3―1の勝利に貢献した。

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)が18日、ホームのバレンシア戦でベンチスタートとなった。これでリーグ開幕6戦連続でスタメンを外れた。  エースのスペイン代表FWジェラール・モレ…

後で読む
東京スポーツ

今年のJリーグは新型コロナウイルスの影響で大幅に日程を変更、観客入場も制限されたまま行われている。元日本代表FW佐藤寿人(38=千葉)が本紙直撃に応じ、コロナ禍で痛烈に感じた思いを明かした。また、現…

後で読む
サンケイスポーツ

Aマドリードからバルセロナに加入して以降、一気にその輝きが失われたFWアントワーヌ・グリーズマンだが、スペインメディアでも辛辣な意見が出始めている。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第23節最終日(18日、川崎3-0名古屋、等々力)名古屋はボールを保持して攻め込む場面をつくったが、ゴールをこじ開ける迫力を欠いた。8月に土を付けた川崎にシーズン2勝はならず、古巣との対戦だった阿部は「(川崎とは)ポジション取りの精度、速さに差があった」と敗戦を受け止めた。

後で読む
日刊スポーツ

サッカー神奈川県2部の社会人チーム「はやぶさイレブン」に加入した元女子日本代表FW永里優季(33)が18日、第3節山王FC戦の後半41分から途中出場した。プロ…

後で読む
日刊スポーツ

ガンバ大阪が1-0で敵地大分戦を制し、勝ち点45の4位に再浮上した。途中出場のFWパトリック(32)が決勝点を挙げるなど、宮本恒靖監督(43)の選手起用がズバ…

後で読む
日刊スポーツ

名古屋グランパスのフィッカデンティ監督は、前半終了間際の失点を悔いた。前半は一進一退の攻防の中で同44分に先制点を奪われ、後半は開始から主導権を握られ突き放さ…

後で読む
日刊スポーツ

首位を独走する川崎フロンターレが因縁の相手へのリベンジを決め、同一シーズンの90分試合でのJ1連勝新記録となる11連勝を達成した。前半44分、MF三笘薫(23…

後で読む
日刊スポーツ

サッカー神奈川県2部の社会人チーム「はやぶさイレブン」に加入した元女子日本代表FW永里優季(33)が18日、第3節山王FC戦の後半41分から途中出場した。プロ…

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのフランス1部リーグで18日、ストラスブールのGK川島永嗣はホームのリヨン戦でベンチ入りしたが出場機会はなかった。チームは2-3で敗れた。(共同)

後で読む
スポーツニッポン

スペイン1部エイバルのMF乾貴士(32)が今季初ゴールを逃した。

後で読む
スポーツニッポン

セリエA・ボローニャの日本代表DF冨安健洋(21)が開幕から4試合連続フル出場を果たしたが、チームは大量4失点で逆転負けを喫した。

後で読む
サンケイスポーツ

セリエA第4節が18日に行われ、13位のボローニャと5位のサッスオーロが対戦した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー女子の元日本代表FWで、神奈川県2部リーグの男子チーム「はやぶさイレブン」に加入した永里優季が18日、神奈川県平塚市で行われたリーグ戦の後半途中から出場し、男子チームでデビューを果たした。 2011年女子ワールドカップ(W杯)優勝や12年ロンドン五輪銀メダルに貢献した33歳の永里は9月に米女子プロリーグNWSLのレッドスターズから期限付きで移籍。女子のトップ選手としては異例の挑戦を表明した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのスペイン1部リーグで18日、乾貴士と武藤嘉紀の所属するエイバルはホームでオサスナと0ー0で引き分けた。両選手は先発し、乾は後半25分、武藤は同12分までプレーした。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのイタリア1部リーグで18日、ボローニャの冨安健洋はホームでのサッスオロ戦にフル出場した。3-3の後半32分に自身のオウンゴールで勝ち越され、試合は3-4で競り負けた。(共同)

後で読む
東京スポーツ

J1川崎が18日、名古屋戦(等々力)に3―0で勝ってリーグ新記録となる同一シーズン11連勝を達成した。  8月23日に敵地で0―1で敗れたのがリーグ戦唯一の黒星だったが、ホームできっちりお返しをした…

後で読む
東京スポーツ

ドロ沼から抜け出せない。J1仙台は18日にアウェーで浦和と対戦し、0―6で敗戦。13戦未勝利(4分け9敗)で17位に転落した。  前半だけで3失点を喫する苦しい展開。木山隆之監督(48)は「ハーフタ…

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部エイバルは18日、オサスナ戦で0―0のドローに終わった。  元日本代表MF乾貴士(32)は左サイドハーフ、同FW武藤嘉紀(28)は2トップの一角でともに先発したが、ゴールを奪えなかった。…

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第23節最終日(18日、川崎市等々力陸上競技場ほか=8試合)首位の川崎が三笘らのゴールで名古屋に3-0で快勝し、同一シーズンでのJ1最多記録(延長を除く)となる11連勝をマークした。今季の8月に達成した10連勝の記録を塗り替えて勝ち点を65に伸ばした。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー女子の元日本代表FWで、神奈川県2部リーグの男子チーム「はやぶさイレブン」に加入した永里優季が18日、神奈川県平塚市で行われたリーグ戦の後半途中から出場し、男子チームでデビューを果たした。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第23節最終日(18日、広島2-1神戸、Eスタ)14日の大分戦から先発11人を入れ替え、主力組で臨んだ神戸は終盤に猛攻撃を仕掛けたものの一歩及ばなかった。三浦監督は「自分たちのミスで失点してしまい、非常にもったいない」と悔しさをにじませた。

後で読む
東京スポーツ

 J1浦和の元日本代表FW興梠慎三(34)が上位進出のキーマンになりそうだ。  18日の仙台戦(埼スタ)では、前半39分に「キーパーとの勝負に勝てた」とPKを冷静に決めると、後半6分にはMF汰木康也(…

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、川崎3-0名古屋」(18日、等々力陸上競技場) 首位を走る川崎は、本拠で名古屋を圧倒し、延長戦を含まない同一シーズンでの連勝記録を11連勝に伸ばした。

後で読む
デイリースポーツ

明治安田J1第23節最終日(18日・川崎市等々力陸上競技場ほか=8試合)首位の川崎が三笘らのゴールで名古屋に3-0で快勝し、同一シーズンでのJ1最多記録(延長を除く)となる11連勝をマークした。今季の8月に達成した10連勝の記録を塗り替えて勝ち点を65に伸ばした。

後で読む
スポーツニッポン

J2福岡が1―0で勝ち破竹の12連勝を達成。勝ち点55で首位に浮上した。

後で読む
東京スポーツ

J1川崎のMF三苫薫(23)が18日、名古屋戦(等々力)で今季11ゴール目を挙げた。  0―0の前半44分。MF田中碧(22)の右CKからニアでDF谷口彰悟(29)が頭でフリック。そのボールを右足で…

後で読む
東京スポーツ

J1広島が18日の神戸戦(Eスタ)で指揮官不在の緊急事態の中、2―1と勝利した。  神戸戦当日に城福浩監督(59)が親族の不幸により不在となることが決まった広島。試合は沢田謙太郎ヘッドコーチ(50)…

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第23節最終日(18日、大分0-1G大阪、昭和電ド)前節に連勝が止まったG大阪だが、アウェーで着実に勝ち点3をつかんだ。大仕事をやったのは途中出場のパトリックだ。後半から投入されると空中戦の強さを存分に発揮。27分に宇佐美の右CKを頭で合わせて、均衡を破った。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第23節最終日(18日、大分0-1G大阪、昭和電ド)大分は好機でシュートを決め切れなかった。3試合勝利のない片野坂監督は「決定機の数では上回ったと思うが、決めることができず、足りない部分が出た」と、チームの抱える課題を強く再認識した様子だ。

後で読む
日刊スポーツ

サンフレッチェ広島が逃げ切った。前半43分にMF森島の右CKから、DF佐々木が今季初得点となるヘディングシュートで先制。さらに前半終了間際にFWレアンドロ・ペ…

後で読む
日刊スポーツ

浦和レッズFW興梠慎三(34)が2ゴールを挙げ、歴代4位に並ぶJ1通算154得点に伸ばして50日ぶりの本拠地勝利に貢献した。2-0で迎えた前半39分に自ら獲得…

後で読む
日刊スポーツ

J1史上最長キーパー、北海道コンサドーレ札幌GK中野小次郎が、リーグ戦5試合目で初完封した。シュート7本を打たれたが、大きなピンチはなく、得点を許さなかった。…

後で読む
日刊スポーツ

ベガルタ仙台は浦和レッズに今季ワーストの6失点で完敗し、17位に転落した。右膝故障で出遅れ、3日に加入後初出場したMFイサック・クエンカ(29)が、3試合目し…

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸MFイニエスタらの審判への抗議も届かなかった。1点を追う後半終了間際、FW古橋のクロスは、ペナルティーエリア内にいた広島MF東の左手に当たったよ…

後で読む
東京スポーツ

 J1川崎のMF三苫薫(23)が18日、名古屋戦(等々力)で今季11ゴール目を挙げた。  0―0の前半44分。MF田中碧(22)の右CKからニアでDF谷口彰悟(29)が頭でフリック。そのボールを右足で…

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、広島2-1神戸」(18日、エディオンスタジアム広島) 神戸が不運な判定もあって、敵地で広島に競り負けた。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)が2試合ぶりに先発復帰した神戸だったが、前半終了間際の43分と48分に立て続けに失点を喫した。

後で読む
スポーツニッポン

神戸がまたしても鬼門の前に屈した。アウェーに乗り込んだ広島戦は、チャンスを作れないまま試合が進み、前半43分と同アディショナルタイムに失点。後半に入っても流れは変わらなかった中で、39分にDFダンクレーがミドルシュートを決めて追い上げた。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第23節最終日(18日、湘南3-2柏、BMWス)10月は無敗だった柏が最下位の湘南に痛い黒星を喫した。オルンガ、神谷の得点で逆転したところまでは良かったが、安易なロングパスなどで攻撃がつながらず、試合をひっくり返された。ネルシーニョ監督が「3点目を取り急ぎすぎた」と振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田生命J1リーグは18日に第23節が行われ、サンフレッチェ広島はヴィッセル神戸と対戦した。

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、広島2-1神戸」(18日、エディオンスタジアム広島) 神戸が敵地で競り負け、広島戦4連敗となった。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)が2試合ぶりに先発復帰した神戸だったが、前半終了間際の43分と48分に立て続けに失点を喫した。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。