「スケート」の記事一覧

日刊スポーツ

来年3月に予定されている2020-21年シーズンのフィギュアスケート世界選手権(スウェーデン・ストックホルム)に関するFAQ(よくある質問)が、公式サイト上で…

後で読む
東京スポーツ

フィギュアスケートのアイスダンスでコンビを組む高橋大輔(34)、村元哉中(27=ともに関大KFSC)が13日、米フロリダからユーチューブに登場した。  2人はサポートを受けるスカイコート株式会社の企…

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート女子で、昨季のジュニアGPファイナル、世界ジュニアを制したカミラ・ワリエワ(14)=ロシア=が9月12、13日にモスクワで行われるシニアの代表チームのテストスケートに“飛び級”で参加する可能性が出てきた。ロシアフィギュアスケート連盟のアレクサンドル・ゴルシコフ会長が12日、国営通信社の「タス通信」の取材に「オプションは可能だ。カミラだけそのシナリオを検討している」と、語った。 昨季、ジュニアに上がったばかりのワリエワは、圧倒的な才能をみせつけ、国際大会を4戦4勝。4回転トーループなど高難度ジャンプや、ジュニア離れした精密な演技で、3月の世界ジュニアではシニアも含めて今季世界5位の227・30点をマーク。ロシアジュニア選手権では非公認ながら238・17点を記録している。

後で読む
日刊スポーツ

スケートボードの国際統括団体、ワールドスケートは12日、オンラインで東京オリンピック(五輪)予選に関する会議を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ストリ…

後で読む
サンケイスポーツ

スケートボードの国際統括団体、ワールドスケートは12日、オンラインで東京五輪予選に関する会議を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ストリート、パークともに今年は世界選手権を開催しない方針を固めた。来年の世界選手権は両種目とも男女上位3人が五輪出場権を得る。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート男子の昨季のジュニア・グランプリ(GP)ファイナル覇者で今季シニアに転向した16歳の佐藤駿(埼玉栄高)が12日、オンラインで共同通信の取材に応じ、開催が決まった10月開幕のグランプリ(GP)シリーズについて「もっと滑り込んでGPシリーズへ向けて頑張りたい」と力を込めた。 GPシリーズは新型コロナウイルスの影響で、各大会の出場者を開催国の地元選手などに制限する異例の方式で行われる。佐藤は第6戦のNHK杯(11月27~29日・大阪)に出場する可能性が高く「NHK杯は目標だった。出られるならうれしい」と心を躍らせた。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート男子で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)を指導するブライアン・オーサー・コーチが7日、NBCスポーツ(電子版)の取材に応じ、羽生の出場大会について、スケートカナダを勧めると明かした。NBCは、オーサーコーチとトレイシー・ウィルソン・コーチの考えとして、海外選手も含め、指導するクリケットクラブのスケーターにスケートカナダ(30日~11月1日、オタワ)への出場を勧めると伝えている。ただし、羽生はNHK杯(11月27~29日、大阪)にエントリーする可能性もあるという。 羽生をはじめ、平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)や車俊煥(韓国)らはまだ自国に滞在しており、カナダ入りできていない。羽生がNHK杯に出場する場合、カナダ入国時、日本への帰国時の2度隔離が必要となることを懸念しているという。

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)が「1人1大会」などの制限付き開催を決めたフィギュアスケートの今季グランプリ(GP)シリーズについて、米NBCスポーツ電子版が6日、…

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)が1選手1大会など制限を付けて開催すると発表したフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ6大会について、18、19年世界選手権王者のネーサン・チェン(21)=米国=が6日、NBCスポーツ(電子版)の取材に応じた。 まず大会の開催について、チェンはNBCの電話取材に驚いた様子で「バーチャルで試合を行うと思っていた。そうは言っても実際に試合をする機会が得られてワクワクしている」と語ったという。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート元アイスダンス日本代表で10年バンクーバー五輪、14年ソチ五輪出場のキャシー・リードさん(33)が7日、ブログを更新。カップルとして五輪2大会をともに戦い、今年3月に30歳で急逝した弟のクリス・リードさんへの思いをつづった。「七月七日、七夕、クリスのお誕生日」というタイトルで、ちょうど1カ月前の日について語っている。

後で読む
日刊スポーツ

100年に1人の天才はリンクを去った。92年アルベールビル五輪後、伊藤みどり(48)は引退。同五輪では絶不調の中、最後にトリプルアクセル(3回転半)を決めて銀…

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ、マーリンズで、2014年のソチ冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック男子5000メートルリレーで米国の一員として銀メダルを獲得したエディ・アルバレス内野手(30)が5日、ボルティモアでのオリオールズ戦でメジャーデビューを果たした。「8番・二塁」で出場し、3打数無安打だった。

後で読む
東京スポーツ

マーリンズのオールドルーキーが注目されている。5日(日本時間6日)の敵地でのオリオールズ戦に「8番・二塁」でスタメン出場したエディ・アルバレス内野手(30)だ。4日(同5日)にメジャー初昇格したばか…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアはジャンプの時代に突入する。88年カルガリー五輪を終えると、5種類の3回転ジャンプは、もう伊藤みどり(48)だけの武器ではなくなった。「同じことをし…

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)のフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ開催発表を受け、ISUラケルニク副会長(ロシア)が日本時間5日、同国タス通信の取材に…

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)が制限付きで開催すると発表したグランプリ(GP)シリーズ6大会について、1選手1大会で実施する方針となったと5日、タス通信が報じた。出場者は開催国の選手が中心となる。22年北京五輪テスト大会を兼ねる12月のGPファイナルについては進出条件や開催概要を今後協議するが、ISUのラケルニク副会長は「いずれにせよテスト大会は必要」と語った。 日本スケート連盟はNHK杯(11月、大阪)について「9月頃に大会実施概要を発表する予定」とした。

後で読む
スポーツニッポン

今季のフィギュアスケートGPシリーズを変則開催とする国際スケート連盟(ISU)の発表を受け、ISUのアレクサンドル・ラケルニク副会長が1選手1大会の出場になる見通しを示した。ロシアのタス通信の取材に応じた。

後で読む
スポーツニッポン

日本スケート連盟は5日、11月27~29日に大阪府門真市・東和薬品ラクタブドームで開催されるフィギュアスケートGPシリーズ第6戦NHK杯について開催形式、参加選手、チケット販売などの詳細を検討中であることを公式サイトで発表した。大会の実施要項の発表予定は「9月頃」とした。

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は4日、10月に開幕するグランプリ(GP)シリーズの6大会を制限付きで開催すると発表した。新型コロナウイルスの影響で各国に渡航制限が出ていることなどから、1選手1大会で、開催国の選手、同国に練習拠点を置く選手を中心に実施する方針となった。 例年は1選手(組)2大会に出場し、順位に応じたポイントの上位6人(組)がGPファイナルに進出していたが、ISUのアレクサンドル・ラケルニク副会長はタス通信の取材に「誰もが2つではなく1つの大会に参加する」と見通しを語った。

後で読む
スポーツ報知

国際スケート連盟(ISU)が4日にフィギュアスケートの今季グランプリ(GP)シリーズ6大会を制限つきで開催することを発表したことを受け、ISUのアレクサンドル・ラケルニク副会長がタス通信の取材に応じ

後で読む
東京スポーツ

超異例の氷上シーズンが始まる。国際スケート連盟(ISU)は4日にフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ全6大会を予定通り実施すると発表したが、選手や関係者は手放しで喜ぶことはできない。新型コ…

後で読む
日刊スポーツ

4回転時代の今ほど、ジャンプに重きは置かれていなかった。84年サラエボ五輪。カタリナ・ビットは2種類の3回転ジャンプで金メダルを獲得した。ギリギリで出場権を逃…

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)が、フィギュアスケートの今季グランプリ(GP)シリーズ全6大会を開催する方針を固めたことが4日、分かった。関係者によると、3日にオン…

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は4日、10月に開幕するグランプリ(GP)シリーズの6大会を制限付きで開催すると発表した。新型コロナウイルスの影響で各国に渡航制限が出ていることなどから、国内イベントとして実施する方針。開催国の選手、同国に練習拠点を置く選手を中心に大会を行うという。 GPシリーズは世界6カ国で開催され、通常であれば、選手はこれまでの成績などから振り分けられた、最大2大会に出場可能。順位に応じてポイントが与えられ、獲得ポイント上位6人(組)が12月のGPファイナルに進出する仕組みとなっていた。

後で読む
スポーツ報知

国際スケート連盟(ISU)は4日、フィギュアスケートで2022年北京五輪プレシーズンとなる今季のグランプリ(GP)シリーズ6大会を制限付きで開催することを発表した。3日のオンライン理事会で決めた。新

後で読む
スポーツ報知

国際スケート連盟(ISU)は4日、フィギュアスケートで2022年北京五輪プレシーズンとなる今季のグランプリ(GP)シリーズ6大会を制限付きで開催すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で各国

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は4日、フィギュアで10月に開幕する今季のグランプリ(GP)シリーズの全6戦を予定通り実施すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各国に渡航制限が出ていることで通常通り開催ができないため、各大会の出場者は地元の選手や開催国で練習している選手などに制限する。ISUが3日にオンラインで開いた理事会で決めた。 2022年北京冬季五輪プレシーズンのGPシリーズは第6戦のNHK杯(11月27~29日・東和薬品ラクタブドーム)のほか、米国、カナダ、中国、フランス、ロシアで行われる。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)は4日、フィギュアスケートの今季グランプリ(GP)シリーズを制限付きで開催すると発表した。3日にオンラインで開いた理事会の決定事項を…

後で読む
サンケイスポーツ

国際スケート連盟(ISU)は4日、フィギュアで10月に開幕する今季のグランプリ(GP)シリーズの全6戦を予定通り実施すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各国に渡航制限が出ていることで通常通り開催ができないため、各大会の出場者は地元の選手や開催国で練習している選手などに制限する。ISUが3日にオンラインで開いた理事会で決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

ロシア・フィギュアスケート連盟のコガン理事長は4日までの国営テレビ「RT」のインタビューで、昨季グランプリ(GP)ファイナルと欧州選手権女王のアリョーナ・コストルナヤ(16)のコーチ変更は所属クラブ変更の届け出期間が過ぎており問題があると指摘した。

後で読む
スポーツニッポン

国際スケート連盟(ISU)は3日、オンラインで理事会を行い、フィギュアのGPシリーズ6大会を実施する方針を固めた。4日に関係者が明かした。新型コロナウイルスの影響で各国に渡航制限が出ており、開催方式については今後協議していくという。

後で読む
日刊スポーツ

オンライン開催中の都市型スポーツの国際大会「FISE」のパルクールで、島田善(ZEN、27=LDH)が決勝に進出した。同大会にはBMXパークやスケートボードの…

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートで10月に開幕するグランプリ(GP)シリーズの6大会が、予定通り実施されることが4日、関係者への取材で分かった。国際スケート連盟(ISU)が3日に開いたオンラインでの理事会で開催決定の方針を確認した。新型コロナウイルスの影響で各国に渡航制限が出ていることから通常通りの開催は困難とみられ、大会方式は今後協議する。 2022年北京冬季五輪プレシーズンの本格開幕を告げるGPシリーズは第6戦NHK杯(11月27~29日・東和薬品ラクタブドーム)のほか、米国、カナダ、中国、フランス、ロシアで行われる。

後で読む
日刊スポーツ

危険も顧みず、ピョンピョンと氷上を跳びはねる幼児がいた。4歳の伊藤みどり(48)。「普通に歩くより、一蹴りして滑る。足を振り上げると跳べて、ミニスカートをひら…

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)が、フィギュアスケートの今季グランプリ(GP)シリーズ(シニア)全6試合を予定通り開催する方針を固めたことが4日、分かった。関係者に…

後で読む
サンケイスポーツ

フィギュアスケートで10月に開幕するグランプリ(GP)シリーズの6大会が、予定通り実施されることが4日、関係者への取材で分かった。国際スケート連盟(ISU)が3日に開いたオンラインでの理事会で開催決定の方針を確認した。新型コロナウイルスの影響で各国に渡航制限が出ていることから通常通りの開催は困難とみられ、大会方式は今後協議する。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケーターの浅田真央さん(29)が座長として全国を回る「サンクスツアー」が、15日の滋賀公演(滋賀県立アイスアリーナ)から再開する。新型コロナウイル…

後で読む
日刊スポーツ

スケート靴は捨てるつもりだった。18歳、高校3年だった渡部絵美(58)は78年の全日本選手権で最多6連覇を達成。上智大進学も決まり、キャンパスライフを満喫しよ…

後で読む
スポーツニッポン

シニア参加では今季初となるフィギュアスケートの国内大会、北九州オープン競技会(飯塚杯)の最終日が2日、福岡県飯塚市内で行われた。シニア男女のフリーなどが行われ、同女子は竹野比奈(福岡大)が合計146・32点、同男子は中野紘輔(飯塚ク)が合計179・76点で優勝した。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートの北九州オープン競技会「飯塚アイスパレス杯争奪大会(飯塚杯)」が2日、福岡・飯塚アイスパレスで2日間の日程を終えた。新型コロナウイルス感染拡…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートの北九州オープン競技会「飯塚アイスパレス杯争奪大会(飯塚杯)」が2日、福岡・飯塚アイスパレスで幕を閉じた。新型コロナウイルス感染拡大後、15…

後で読む
日刊スポーツ

その笑顔が日本人の心をつかんだ。72年札幌五輪。18歳のジャネット・リン(米国)はフリーで尻もちをついたが、満面の笑みを浮かべて立ち上がる。最後まで笑顔で演技…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートの北九州オープン競技会「飯塚アイスパレス杯争奪大会(飯塚杯)」が1日、福岡・飯塚アイスパレスで始まった。新型コロナウイルス感染拡大後、15歳…

後で読む
スポーツニッポン

シニア参加では今季初となるフィギュアスケートの国内大会、北九州オープン競技会(飯塚杯)が1日、福岡県飯塚市内で開幕した。ジュニア男女、シニア男女のショートプログラム(SP)が行われ、シニア女子は竹野仁奈(筑紫女学園大)が43・17点、同男子は中野紘輔(飯塚ク)が60・37点でトップだった。2日にはフリーが行われる。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート男子で18年平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(22)=トヨタ自動車=が1日、動画投稿サイト「YouTube」に自身の公式チャンネル「宇野昌磨アップロードチャンネル」を開設した。 初投稿は3分程の動画で、チャンネル名やチャンネル開設に至った経緯を説明した。SNSについて「どれもやっていなくて。こまめに上げたりとか写真を撮ったりすることをほとんどしないもので、やったとしてもすぐにやめてしまう」としながらも、「YouTubeを利用して、自分も楽しみつつ、少しでもフィギュアスケートの普及に貢献したいと僕なりの思いで始めることになりました」と前向きに語った。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート男子で18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が1日、自身の公式YouTubeチャンネルを開設した。初回の動画では「宇野昌磨、YouTubeはじめました」と切り出し、チャンネル名「宇野昌磨アップロードチャンネル」を公開した。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート女子で昨季のGPファイナル女王のアリョーナ・コストルナヤ(16)=ロシア=が31日、これまで指導を受けてきたエテリ・トゥトベリーゼコーチとの師弟関係を解消し、男子の06年トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ氏の指導を受けることが判明した。 衝撃の移籍劇に、両陣営の舌戦も過熱している。トゥトベリーゼ氏は自身のインスタグラムで、コストルナヤが自身のもとを離れることを認めた上で「かつてユリア(リプニツカヤ)はジェーニャ(メドベージェワ)と一緒に氷上に行くことを拒み、ジェーニャはアリーナ(ザギトワ)と一緒に氷上に乗ることを拒否した。そして今、アリョーナから完全なリストを受け取りました。そこで私たちは彼女と別れました」と、グループ内でのトラブルがあったことを匂わせた。また、振り付け師のグレイヘンガウス氏はも自身のインスタグラムで「7月半ばから練習態度が一変した」と、明かした。

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート男子で平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(22)=トヨタ自動車=が1日、自身の公式ユーチューブチャンネル「宇野昌磨アップロードチャンネル」(https://www.youtube.com/

後で読む
日刊スポーツ

世界で戦うこと以上に、大事なことがあった。情報収集。浅田真央らを指導した佐藤信夫(75)は18歳の時、60年スコーバレー五輪に出場する。初の国際大会。佐藤は世…

後で読む
デイリースポーツ

【モスクワ共同】ロシアのフィギュアスケートの名コーチとして知られるエテリ・トゥトベリゼ氏は31日、昨年12月のグランプリファイナルや今年1月の欧州選手権を制したアリョーナ・コストルナヤ(16)が自身の元を去り、ロシアのエフゲニー・プルシェンコ氏の指導を受けることになったと自身のインスタグラムで発表した。 トゥトベリゼ氏は平昌冬季五輪女王のアリーナ・ザギトワ(18)らを育てた。今年5月には女子でフリー世界最高得点を保持するアレクサンドラ・トルソワ(16)もトゥトベリゼ氏の元を離れ、06年トリノ五輪王者のプルシェンコ氏に師事することになったと発表していた。

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート女子で昨年12月のGPファイナルを制したアリョーナ・コストルナヤ(16)がコーチを変更することが31日、分かった。エテリ・トゥトベリゼ氏の元を去り、06年トリノ五輪王者のエフゲニー

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート女子で19年GPファイナル優勝のアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が、男子で06年トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ氏の指導を受けることになった。コストルナヤのコーチを務めていたエテリ・トゥトベリーゼ氏が31日、インスタグラムで明かした。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケート女子で昨季グランプリ(GP)ファイナルと欧州選手権を制したアリョーナ・コストルナヤ(16=ロシア)が、コーチを長年師事してきたエテリ・トゥト…

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート女子で昨季のGPファイナルを制したアリョーナ・コストルナヤ(16)=ロシア=が電撃的にコーチ変更を行ったことが31日、わかった。ロシアの国営通信社「タス通信」などが一斉に報じた。 現地メディアによると長く指導を受けてきたエテリ・トゥトベリーゼコーチとの師弟関係を解消し、男子の06年トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ氏の指導を受ける見込み。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート女子で昨季のGPファイナルを制したアリョーナ・コストルナヤ(16)=ロシア=が電撃的にコーチ変更を行ったことが31日、わかった。ロシアの国営通信社「タス通信」などが一斉に報じた。これまで指導を受けてきたエテリ・トゥトベリーゼコーチとの師弟関係を解消し、男子の06年トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ氏の指導を受けるという。 ロシアから次々と若き才能を送り出してきたトゥトベリーゼ氏のチームだが、チーム内での争いが激化してきていることもあり、ここにきて選手の流出も目立ってきている。18年平昌五輪後には銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワがカナダのブライアン・オーサー氏のもとへ。昨季終了後には有望株の1人、アレキサンドル・トルソワがプルシェンコのもとに移籍したばかりだった。

後で読む
デイリースポーツ

スポーツ庁は31日、2022年北京冬季五輪・パラリンピックに向けて重点支援する競技を発表し、五輪ではスケートが最上位のSランク、カーリングとスキーがAランクとなった。パラリンピックは区分を設けず、アルペンスキー、ノルディックスキー距離、スノーボードを指定した。 18年平昌大会と今年5月までの世界選手権などの成績や、競技団体が策定した強化戦略プランの達成度を評価。対象の競技には競技力向上事業の助成金を加算し、Sランクは約30%、Aは約20%、パラの指定競技は20~30%程度増やす。

後で読む
日刊スポーツ

少年時代から、フィギュアスケートと真摯(しんし)に向き合っていた。長女の有香をはじめ、荒川静香、安藤美姫、中野友加里、村主章枝、そして浅田真央ら名スケーターを…

後で読む
日刊スポーツ

戦後の混乱は続いた。国民が困窮した時代。スポーツどころではない。大阪在住で元全日本女王の山下艶子(89)の練習場所はどこにもなかった。終戦の夏は終わり、冬を迎…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケート女子で今春関大に進学した白岩優奈(18)が28日、今季の新ショートプログラム(SP)に「エデンの東」を採用すると表明した。自らのインスタグラ…

後で読む
東京スポーツ

プロフィギュアスケーターで元世界女王の浅田真央(29)、男子テニスの錦織圭(30=日清食品)が10年以上も愛用する寝具メーカー「エアウィーヴ」(本社・東京都中央区)のマットレスが、運動パフォーマンス…

後で読む
日刊スポーツ

庶民に親しまれる名古屋市中区の大須観音から3分程度歩くと、国道19号沿いにスケート場がある。誕生は1953年(昭28)。プロ野球なども行われた大須球場の跡地に…

後で読む
日刊スポーツ

ロシアメディアの「Sports.ru」は27日、フィギュアスケート女子で14年ソチ五輪団体金メダルのユリア・リプニツカヤさん(22)が第1子となる女児を出産し…

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートのソチ五輪団体金メダルメンバーのユリア・リプニツカヤさん(22)が日本時間28日、自身のインスタグラムを更新し、第1子となる女児を出産したことを報告した。父親は元スケーターのウラジスラフ・タラセンコ氏。タラセンコ氏とともに娘を抱く写真とともに、「今日で1カ月です」と、綴った。 現地メディアの「sport.ru」などは「ユリア・リプニツカヤが母親になった」と、報じた。娘はカタリナと名付けられたという。

後で読む
日刊スポーツ

高橋大輔、織田信成、町田樹が滑り、宮原知子、本田真凜、白岩優奈、紀平梨花らが偉大な先輩に続けと育った場所。近年のフィギュアスケート界の一大拠点は06年7月、関…

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート男子の平昌五輪銀メダリスト・宇野昌磨(22)=トヨタ自動車=が26日、人気ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」(スマブラ)のオンライン大会「おまよわ杯」に出場した。負け上がり方式の1回戦で、自身が憧れのゲーマーにも挙げるプロゲーマーのShogunと対戦。見事な腕前と駆け引きを披露し、勝利を収めて、勝ち抜けとなった。 コンピューターが使用キャラクターをランダムで選出する形での対戦。1本目はほぼ似たキャラクターを使用しての“ミラーマッチ”を制すると、2本目はShogunが意地でサドンデスをものにしてタイに。3本目は宇野が剣士キャラで相手を圧倒した。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート男子の平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(22)=トヨタ自動車=が26日、人気ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」(スマブラ)のオンライン大会「おまよわ杯」に出場した。負け上がり方式の1回戦で、自身が憧れのゲーマーにも挙げるプロゲーマーのShogunと対戦。見事な腕前と駆け引きを披露し、勝利を収めて、勝ち抜けとなった。 エンディングでは「こういうスマブラの大会で、プロスマブラーの中に入れてもらって、1リスナー目線なんですけど、こういう特別な場で参加できるのはフィギュアスケーターだから。1リスナーの中で特別に参加させてもらってて、他のリスナーさんに申し訳ない気持ちもあります。なんか大げさかもしれないけど、フィギュアスケート頑張ってよかったなと思います。すごい楽しかったです!」と、笑顔で語った。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュア選手が憧れた「聖地」が、東京・品川にあった。「品川スケートセンター」が誕生したのは1962年(昭37)12月。78年に品川プリンスホテルが開業する前…

後で読む
日刊スポーツ

72年札幌五輪でフィギュアスケート会場となった真駒内屋内競技場の近くに大会の名残がある。かつて選手村で現在は11階建て分譲団地の一室の壁に「Peace Lov…

後で読む
スポーツニッポン

歳を重ねるごとに不思議と時間の流れは速くなり、1年間はあっという間に過ぎ去るが、成長期でもある10代の1年間は同じ365日と思えないほど濃い。それがスポーツともなれば、大きな変化をもたらすには十分。新型コロナウイルスにより東京五輪が延期となったからこそ、日本の若手選手が世界のトップに名を連ねる新競技・スケートボードに注目したい。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートが欧米から日本に伝わってきて100年余りがたつ。日本フィギュアの歴史が刻まれる中で、転機となった場所、リンクがある。「聖地巡礼」と題して、日…

後で読む
サンケイスポーツ

国際スケート連盟(ISU)は23日、来年3月にストックホルムで行われるフィギュアスケートの世界選手権の出場枠を発表し、日本は男女とも3枠となった。今年の世界選手権が新型コロナウイルスの感染拡大で中止となったため、2019年大会の成績により出場枠が決まった。

後で読む
スポーツ報知

体操男子で16年リオ五輪団体&個人総合金メダルの内村航平(31)=リンガーハット=が23日、国際オリンピック委員会(IOC)の日本語公式インスタグラムでライブ配信を行った。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルスの影響で延期となった東京五輪の開幕まで1年となった23日、体操男子の内村航平(31=リンガーハット)が、国際オリンピック委員会(IOC)のインスタグラム公式五輪アカウント(日本語)でのライブ配信に登場した。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート男子で14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(25=ANA)が「スポーツの日」の24日に1回限りの特別CMで全てのアスリートたちへエールを送る。株式会社ロッテが23日、24日午後6時30分から放送されるテレビ朝日系「ミュージックステーション3時間半SP」の中で1回限りの新CM「GUM FOR THE GAME」をオンエアすることを発表した。

後で読む
日刊スポーツ

91年世界選手権(ドイツ・ミュンヘン)。髪を留めたブルーのリボンとおそろいの色で決めた衣装を身にまとい、伊藤みどり(21=当時)はオリジナルプログラム(OP)…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートの全日本シニア合宿が7月21日、大阪府内で公開された。各選手の一問一答は以下の通り。男子シングル–鍵山…

後で読む
サンケイスポーツ

日本スケート連盟は22日、オンラインで理事会を開き、スピードスケートで11月~12月のワールドカップ(W杯)前半戦の代表選考基準を承認した。10月下旬の全日本距離別選手権の成績を基に決定する。

後で読む
日刊スポーツ

日本スケート連盟(JSF)は22日、オンラインで理事会を開き、2020-21年シーズンの国際競技会への派遣選手選考基準について協議した。フィギュアスケートは、…

後で読む
スポーツ報知

日本スケート連盟は22日、オンラインで理事会を開いた。フィギュアスケートの2022年北京五輪の枠取りがかかる来年3月の世界選手権(22~28日、スウェーデン・ストックホルム)などの国際競技会の派遣選

後で読む
日刊スポーツ

演技が終盤にさしかかった時だった。白のコスチュームをまとった筋肉質の体が宙を舞った。後ろ向きに左足で踏み切り、そのままきれいに宙返りして左足で着氷。満員の客席…

後で読む
日刊スポーツ

昨年12月、フィギュアスケートのジュニアグランプリファイナルを制した佐藤駿(16=埼玉栄高)が21日、大阪府内で公開された全日本シニア合宿に参加した。鍵山優真…

後で読む
日刊スポーツ

勝負曲は「もののけ姫」だ。フィギュアスケート男子でシニア1年目の鍵山優真(17=神奈川・星槎国際高横浜)が21日、大阪・関空アイスアリーナで行われた全日本強化…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートの全日本シニア合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。   ◇   ◇   ◇体調不良で昨季欠場が続いた女子の三原舞依(20=シスメック…

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート男子で今季シニア1年目を迎えた鍵山優真(17)=星槎国際高横浜=と佐藤駿(16)=埼玉栄高=が21日、大阪・関空アイスアリーナ(木下グループアイスアリーナ)で行われた全日本強化合宿

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートの全日本シニア合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。昨季は体調を整えることに専念し、全休した女子シングルの三原舞依(20=シスメックス…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートの全日本シニア合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。02年ソルトレークシティー五輪(オリンピック)男子シングル代表で、日本スケート連盟…

後で読む
デイリースポーツ

日本スケート連盟は21日、大阪府泉佐野市の関空アイスアリーナでフィギュアのシニア強化合宿を報道陣に公開し、2022年北京冬季五輪プレシーズンの今季からシニアに参戦する男子の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)と佐藤駿(埼玉栄高)の高校2年生コンビが複数種類の4回転ジャンプを着氷させて好調ぶりをアピールした。 冬季ユース五輪王者の鍵山はショートプログラム(SP)でジャズの「テイク・ファイブ」、フリーで映画「もののけ姫」の音楽を使う。練習で好調だったサルコーを新たに入れ、フリーでは2種類3度の4回転で勝負する意向だ。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケート男子で17年全日本ジュニア王者の須本光希(19=関大)が“オンラインの壁”を乗り越える。21日、大阪府内で公開されたシニア合宿に参加。ショー…

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート女子で2017年四大陸選手権金メダルの三原舞依(20)=シスメックス=が21日、関空アイスアリーナで行われた全日本シニア合宿に参加した。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。昨シーズンは体調が整わずに欠場が続いた17年四大陸選手権女王の三原舞依(シスメックス)は、オンライン取材で新たな刺激を受けたことを明かした。「この合宿に呼んでいただけて、ビックリしていて。去年、試合をテレビで見ていた選手と滑る機会を与えてくれてうれしい。私も頑張らなきゃと思った」と実感を込めた。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。オンライン取材に応じた男子の須本光希(関大)は心機一転で臨むシーズンを見据えた。長らく大西勝敬コーチに師事していたが、2月から本田武史コーチの指導を受けている。拠点も関学たかつきアリーナに変更したことで「今までになかった刺激を与えてくれる方がたくさんいる。練習時間はちょっと減ったけど、内容が濃くなっていい練習できて…

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートの全日本シニア合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。昨季は体調不良が続き、大会出場から遠ざかった17年四大陸選手権優勝の三原舞依(20)=シスメックス=も参加。「この合宿に呼んでいただけて、ビックリしてます。4回転バンバン跳んでいるシニア1年目の選手と一緒だったり、去年活躍している選手もいる。すごくいい刺激を受けている」と、喜びを語った。 氷上練習を再開した直後に、コロナ禍による緊急事態宣言により、自粛に。「自分の体調のこともあって、なかなか氷に立てていない時間がすごく長かったんですけど、今こうして合宿に参加できて、滑れる喜びを感じてます」と、笑顔を浮かべた。昨季、氷上から遠ざかっただけに、久々に滑った時には「あって思いました。氷ってこんなに滑るんだって」と、感じたという。現在は滑ることができる喜びを日々感じている。「練習状況は、ここに参加している選手とは、比べものにならないぐらい。詳しくはお答えできないんですけど、今少しずつ元気になってきている。心は元気なので、体もついてきてくれるようになれば」と、見据えた。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケート男子で20年ユースオリンピック(五輪)金メダリストの鍵山優真(17=星槎国際高横浜)が、シニアデビューシーズンで「もののけ姫」を演じる。21…

後で読む
日刊スポーツ

新進気鋭の4回転ジャンパーが、シニアデビューシーズンに「海賊」になる。フィギュアスケート男子で、昨年12月のジュニアグランプリファイナルを制した佐藤駿(16=…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケート女子で昨年末の全日本選手権7位の新田谷凜(22=中京大)が現役続行を決めた理由を明かした。21日に大阪府内で公開された全日本シニア合宿に参加…

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート男子で20年四大陸選手権銅メダルで今季シニアに転向した鍵山優真(16)=神奈川・星槎国際高横浜=が21日、関空アイスアリーナで行われた全日本シニア合宿に参加した。

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート男子で19年ジュニアGPファイナルを制し、今季シニアに転向した佐藤駿(16)=埼玉栄高=が21日、関空アイスアリーナで行われた全日本シニア合宿に参加した。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートの全日本強化合宿(大阪府泉佐野市・関空アイスアリーナ)が21日にあり、友野一希(22=同大)が4回転ループに挑んだ。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。オンライン取材に応じた男子で15年世界ジュニア選手権銅メダルの山本草太(中京大)はショートプログラム(SP)、フリーともプログラム曲を変更した。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。オンライン取材に応じた女子で18年世界選手権銀メダルの樋口新葉(明大)は、大技3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)をシーズン序盤から投入する考えを明かした。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。オンライン取材に応じた女子で昨季NHK杯4位の横井ゆは菜(中京大)はショートプログラム(SP)、フリーともプログラム曲の変更を明かした。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートの全日本強化合宿(大阪府泉佐野市・関空アイスアリーナ)が21日にあり、18年平昌五輪6位の坂本花織(20=シスメックス)が4回転トーループに果敢に挑んだ。曲をかけた滑りを一通り終えた終盤、がむしゃらに大技にチャレンジ。10本以上連続で挑み、着氷こそできなかったものの、意欲が垣間見えた。転倒が相次ぎ、足を強打して押さえる仕草をしながら、積極的な姿勢を崩さなかった。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートの全日本シニア合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開され、男子で平昌五輪代表の田中刑事(25)=倉敷FSC=が取材に応じた。コロナ禍もあり、スケーターたちもリンクが使用できず、練習できない日が続いた。緊急事態宣言明けから徐々に練習を再開。「滑ることができなかったのは、だいたい1カ月半ぐらい。緊急事態宣言が出て、解除後に少しずつ滑れるようになった。正解が分からない中で色んなことにチャレンジした」と、振り返った。 3月にカナダで行われる予定だった世界選手権は、現地入り後に中止の報を聞いた。「現地に行ったといっても2泊4日。自分でもビックリするぐらい弾丸だった。2週間前に入って、そんな早く入ることも出ることもなかったので。ゆづ(羽生)や昌磨(宇野)や、みんなと連絡をとりあって残念な気持ちを共有したが、日本に帰った時には(精神的に)けっこうきましたね」。好調だっただけに、練習再開後も当時のいいイメージを引きずってしまっているという。「いいイメージのまま復帰して、そこが難しかった。本当はこの時期だと新プログラム滑り込んで、気持ち新しく動いてる時期。モヤモヤすると思っていたので、潔く両方プログラム変えない作戦でいこうと思った」。

後で読む
日刊スポーツ

昨季世界選手権代表の樋口新葉(19=明大)が今季は初戦からトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を投入する構えをみせた。21日に大阪府内で公開された全日本シニア…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケート男子で昨季世界選手権代表の田中刑事(25=倉敷FSC)がプログラム継続を選んだ。21日に大阪府内での全日本シニア合宿に参加。新型コロナウイル…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートの全日本シニア合宿が21日に大阪府内で公開され、昨年末の全日本選手権5位の横井ゆは菜(20=中京大)が今季の新プログラムについて説明した。シ…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートの全日本シニア合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。女子シングルの松生理乃(15=愛知・中京大中京高1年)が初参加。山田満知子さんが振…

後で読む
サンケイスポーツ

フィギュアスケートの有力選手による強化合宿が21日、大阪・泉佐野市内で公開され、2018年平昌冬季五輪女子代表の坂本花織(シスメックス)が「男子の4回転だったり、自分が習得しなければならないジャンプを研究する機会。見て吸収したい」と力を込めた。

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート女子で18年平昌五輪代表の坂本花織(20)=シスメックス=が21日、関空アイスアリーナで行われた全日本シニア合宿に参加した。

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート男子で18年世界選手権5位の友野一希(22)=同大=が21日、関空アイスアリーナで行われた全日本シニア合宿に参加した。

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート男子の山本草太(20)=中京大=が21日、関空アイスアリーナで行われた全日本シニア合宿に参加した。

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート男子で18年平昌五輪代表の田中刑事(25)=倉敷FSC=が21日、関空アイスアリーナで行われた全日本シニア合宿に参加した。

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート女子で18年世界選手権銀メダルの樋口新葉(19)=明大/ノエビア=が21日、関空アイスアリーナで行われた全日本シニア合宿に参加した。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートの全日本強化合宿(大阪市泉佐野市・関空アイスアリーナ)が21日に報道陣に公開され、昨シーズンは体調が整わずに欠場が続いた17年四大陸女王の三原舞依(20=シスメックス)が軽やかな滑りを見せた。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートの全日本強化合宿(大阪府泉佐野市・関空アイスアリーナ)が21日にあり、今季からシニアに転向する鍵山優真(17=星槎国際高横浜)と佐藤駿(16=埼玉栄)が4回転ジャンプの共演をした。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。

後で読む
東京スポーツ

フィギュアスケートの全日本強化合宿が20日、関空アイスアリーナ(大阪・泉佐野市)で行われ、氷上練習が公開された。  合宿に参加した18―19年シーズンの全日本覇者・坂本花織(20=シスメックス)は「…

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。オンライン取材に応じた18年全日本選手権女王の坂本花織(シスメックス)は、フリー曲「マトリックス」継続を明言。ショートプログラム(SP)については「フランス語で分からない。ブノア(・リショー)さんが振付」と苦笑いした上で「フリーは持ち越しでマトリックス」と話した。「SPは今までと少し違うプログラム。大人の女性を演じ…

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開された。オンライン取材に応じた男子の友野一希(同大)は、攻めのフリー4回転3本構成の継続を宣言。「四大陸選手権で4回転3本に臨んだ。それを固定で。フリーで3本コンスタントに入れられるように。構成を上げていけるように今は練習している」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートの全日本シニア合宿が21日、大阪府内で報道陣に公開され、平昌五輪代表の坂本花織(20)=シスメックス=が取材に応じた。 コロナ禍の中で、スケーター達も自粛生活が続いたが、緊急事態宣言明けの5月末から各リンクで徐々に練習が再開。坂本は「自粛中はひたすらトレーニング。できる限り体力が落ちないように。今までこんな長期間休んだことなかったので、再開してからは追い上げないとという気持ちだけだった。1日1日大切にして、いかに日々を充実させるか、改めて考える良い機会になった」と、振り返った。

後で読む
東京スポーツ

21日に18歳の誕生日を迎えたフィギュアスケートの日本女王・紀平梨花(N高東京)が、本紙の独占取材に応じた。昨年は全日本選手権を待望の初制覇。充実期を迎える中で新型コロナウイルス禍の憂き目に遭ったが…

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート女子で18年平昌五輪団体金メダリストのガブリエル・デールマン(22)=カナダ=が21日、自身のインスタグラムなどを更新し、ミス・ワールドの地区大会を突破し、11月に行われるミス・カナダ本大会に進んだことを報告した。 「ミス・ワールドカナダナショナルズに行けるなんて、まだ信じられない。とても光栄です。ナショナルズが待ちきれないわ。11月にみんなに会えるのを楽しみにしてます」。

後で読む
日刊スポーツ

10年バンクーバー五輪フィギュア男子フリー。ショートプログラム(SP)4位と表彰台に向け絶好の位置につけた織田信成(当時22)は20番滑走だった。直前に滑った…

後で読む
スポーツ報知

スポーツブランドのプーマは20日、フィギュアスケート女子で平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が着用する「STUDIO COLLECTION(スタジオコレクション)」を発表した。「アスレチ

後で読む
スポーツニッポン

スポーツブランドのプーマ社は20日、フィギュアスケート女子で平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(18=ロシア)が着用する最新ウエア「STUDIO COLLECTION(スタジオコレクション)」を発表した。

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)は20日、20~21年シーズンのジュニアグランプリ(GP)シリーズ全大会の中止を発表した。新型コロナウイルスの影響による渡航制限など…

後で読む
スポーツ報知

国際スケート連盟(ISU)は20日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、2020―21年シーズンのジュニアGPシリーズの全大会中止を発表した。

後で読む
スポーツニッポン

スポーツブランドのプーマは20日、フィギュアスケート女子で平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が着用するウェア「STUDIO COLLECTION(スタジオコレクション)」を発表した。スタジオとストリート、美しさと意識、そして表現と進化をブレンドした多目的ウエア。ヨガやピラティスなどのワークアウトに最適となっている。

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート女子で世界選手権2度優勝の安藤美姫さん(32)が20日までに自身のインスタグラムを更新。2018年7月19日に亡くなった男子の2014年ソチ五輪銅メダリスト、デニス・テンさん(カザ

後で読む
日刊スポーツ

ロシア組とカナダ組の採点を巡る02年ソルトレークシティー五輪のペアで起きた不正疑惑は、五輪史上最大のスキャンダルに発展した。かかわったとみられるフランスの審判…

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートのペアで2018年平昌冬季五輪にオーストラリア代表として出場した20歳のエカテリーナ・アレクサンドロフスカヤがモスクワで死亡したと18日、AP通信などが報じた。英大衆紙サン(電子版)はロシアからの報道として「窓から転落して亡くなったが、原因は特定されていない」と伝えた。 ロシア出身のアレクサンドロフスカヤはオーストラリアでハーレー・ウィンザーとペアを結成し、17年に世界ジュニア選手権で金メダルを獲得した。今年に入って故障などで現役を退いた。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートのペア女子選手で、18年平昌オリンピック(五輪)にオーストラリア代表として出場したエカテリーナ・アレクサンドロフスカヤさんが出身国ロシアの首…

後で読む
サンケイスポーツ

フィギュアスケートのペアで2018年平昌冬季五輪にオーストラリア代表として出場した20歳のエカテリーナ・アレクサンドロフスカヤがモスクワで死亡したと18日、AP通信などが報じた。英大衆紙サン(電子版)はロシアからの報道として「窓から転落して亡くなったが、原因は特定されていない」と伝えた。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアは直接対決で勝敗を決するのではなく、第三者が採点をして優劣を判断する。それだけに、より良い採点法を巡り、何度も修正が行われてきた。その最大の転機とな…

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートのペアで、17年世界ジュニア選手権金メダリストのエカテリーナ・アレクサンドロフスカヤ(20)が、モスクワ市内で亡くなったことが18日、分かった。ロシアの国営通信社「タス通信」が報じた。同メディアによると、死因は自殺。18日の未明に6階の窓から飛び降りたと、報じられている。遺体は家の近くの路上で発見され、「愛」という言葉が書かれたメモを残していたという。 ロシア出身のアレクサンドロフスカヤは、ハーレー・ウィンザー(豪州)とのペアで、豪州代表として活動。17年世界ジュニアや、同年のジュニアGPファイナルなどで金メダルを獲得した。豪州所属選手がISUの主要国際大会を制したのは初めてのことだった。18年には平昌五輪にも出場した。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートのペアで、17年世界ジュニア選手権金メダリストのエカテリーナ・アレクサンドロフスカヤ(20)が、モスクワ市内で亡くなったことが18日、分かった。ロシアの国営通信社「タス通信」が報じた。同メディアによると、死因は自殺。遺体は家の近くの路上で発見され、「愛」という言葉が書かれたメモを残していたという。 ロシア出身のアレクサンドロフスカヤは、ハーレー・ウィンザー(豪州)とのペアで、豪州代表として活動。17年世界ジュニアや、18年のジュニアGPファイナルなどで金メダルを獲得した。豪州所属選手がISUの主要国際大会を制したのは初めてのことだった。18年には平昌五輪にも出場した。

後で読む
日刊スポーツ

モーリス・ラベル作曲のボレロが会場に流れ始める。2人は20秒以上、リンクに膝をついたまま。静かに始まったメロディーに合わせて何度も上体を左右に妖しく揺らす。こ…

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート女子シングルで、昨年にフリー世界最高得点をマークしたアレクサンドラ・トルソワ(16)=ロシア=が、17日のロシア南部キスロヴォツクでの合宿練習中に、5種類の4回転ジャンプとトリプル

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート男子の元五輪王者エフゲニー・プルシェンコ氏(ロシア)は17日、新たに指導する女子でフリーの世界最高得点を持つ16歳のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が練習で5種類の4回転ジャンプとトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功したと明らかにした。タス通信が報じた。 トルソワはルッツ、フリップ、サルコー、トーループの4回転を既に国際大会で決め、現在取り組む4回転ループを実戦で成功すれば女子で史上初の快挙。5月に18年平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワらを育てた名コーチのエテリ・トゥトベリゼ氏の下を離れ、プルシェンコ氏に師事することを表明した。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケート男子で06年トリノ冬季オリンピック王者のエフゲニー・プルシェンコ氏(ロシア)は17日、新たに指導する女子でフリーの世界最高得点を持つ16歳の…

後で読む
サンケイスポーツ

フィギュアスケート男子で2006年トリノ冬季五輪王者のエフゲニー・プルシェンコ氏(ロシア)は17日、新たに指導する女子でフリーの世界最高得点を持つ16歳のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が練習で5種類の4回転ジャンプとトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功したことを明らかにした。タス通信が報じた。

後で読む
日刊スポーツ

落ち着いていたミックスゾーン(報道陣と選手が接する場所)がざわついた。すでに時刻は午後10時を回っていたと記憶する。「採点ミスがあって、男子(シングル)の優勝…

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート女子で10年バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央さんが16日、インスタグラムを更新。自身が主役のアイスショー「浅田真央サンクスツアー」の再開を報告した。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケート女子で10年バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央さん(29)が、新型コロナウイルスの影響で延期していた自身が座長を務めるアイスショー「サン…

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート女子で10年バンクーバー五輪銀メダリストで世界選手権3度制覇の浅田真央さん(29)が16日、自身のインスタグラムを更新。新型コロナウイルスの影響で延期していた自身が主役のアイスショー「サンクスツアー」について8月15、16日の滋賀公演から再開することを報告した。滋賀県民限定で開催され、「滋賀県における新型コロナウイルス感染拡大防止策」に基づいた対策をとって実施するという。

後で読む
日刊スポーツ

94年リレハンメル五輪女子シングルはトーニャ・ハーディング(米国=当時23)の独り舞台のようだった。ナンシー・ケリガン(同=当時24)襲撃事件を画策した疑いを…

後で読む
デイリースポーツ

体操女子のロンドン、リオデジャネイロ五輪代表で、20年2月の左アキレス腱断裂から復活を目指す寺本明日香(24)=ミキハウス=が15日、オンラインで取材に応じた。負傷直後は引退も頭をよぎったが、盟友の村上茉愛(日体ク)らの支えもあり、順調に回復。来夏に延期となった東京五輪に向け、床運動の曲をフィギュアスケートの五輪2連覇王者、羽生結弦(ANA)が滑った「Origin」にすることを明かし、「人生を語る演技をしたい」と誓った。 夢を諦めかけたあの日から5カ月。寺本は着実に復活への道を歩み始めている。すでに演技練習に入っており「少しずつできることが増えている。体がしんどい時期だけど、耐えながらやっています」と近況を明かした。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートで昨季のグランプリ(GP)ファイナルと欧州選手権女王のアリョーナ・コストルナヤ(16)=ロシア=が2022年北京冬季五輪で区切りをつけ、脳神経外科医を目指す意向であることが14日、分かった。 国際オリンピック委員会(IOC)のインターネットテレビ「五輪チャンネル」のインタビューで「15歳の女の子たちがたくさん(高難度の)4回転ジャンプを跳んでくる。彼女たちを止めることはできない」と思いを語った。

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート女子で19~20年シーズンGPファイナルを制したアリョーナ・コストルナヤ(16)=ロシア=が14日に公開された「オリンピックチャンネル」のインタビューで22年北京五輪での引退を示唆

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケート女子で国際スケート連盟(ISU)による「ISUスケーティング・アワード」の最優秀新人賞に輝いたアリョーナ・コストルナヤ(16=ロシア)が、2…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケート女子で国際スケート連盟(ISU)による「ISUスケーティング・アワード」の最優秀新人賞に輝いたアリョーナ・コストルナヤ(16=ロシア)が、今…

後で読む
東京スポーツ

左アキレス腱断裂の大ケガから復活を期す体操ニッポン女子の寺本明日香(24=ミキハウス)が15日、リモートで取材に応じ、来年夏の東京五輪の床運動でフィギュアスケート男子の五輪2連覇・羽生結弦(25=A…

後で読む
日刊スポーツ

体操女子でオリンピック(五輪)2大会連続出場の寺本明日香(24=ミキハウス)が15日、オンラインで取材に応じ、東京五輪が行われる来季の床運動で、フィギュアスケ…

後で読む
日刊スポーツ

1994年1月6日、米デトロイト。同年のリレハンメル五輪代表選考会を兼ねた全米選手権開幕を翌日に控えた公式練習日だった。92年アルベールビル五輪銅メダリストの…

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート女子で18年平昌五輪団体金メダリストのガブリエル・デールマン(22)=カナダ=が14日、ミスコンに挑戦していることが分かった。13日に自身のツイッターで「皆さん、私はミス・オンタリオの出場者です。ミス・ワールドカナダの資格を得ようと頑張っています。投票して下さい!」と、呼びかけた。 ミス・オンタリオはミス・ワールドの地区大会で、突破すれば、ミス・カナダ本大会に挑戦できる見込み。デールマンは17年世界選手権銅メダリストの実力者。フィギュア界からの異例の挑戦に、注目が集まる。

後で読む
スポーツニッポン

国際スケート連盟(ISU)は13日、11月6日開幕のフィギュアのグランプリ(GP)シリーズ中国杯(重慶)、12月10日開幕のGPファイナル(北京)を予定通り開催する方針だと発表した。

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)がフィギュア部門で創設し、11日に授賞式が行われた「ISUスケーティング・アワード」で審査員を務めた元世界女王の安藤美姫さん(32)…

後で読む
日刊スポーツ

1882年にオーストリア・ウィーンでフィギュアスケート初の国際大会が開催されて130年以上の歴史が刻まれた。世界選手権は1896年に始まり、五輪と合わせて、長…

後で読む
デイリースポーツ

【ジュネーブ共同】新型コロナウイルスの感染防止策として中国政府がスポーツの国際大会を年内は原則的に開かないと決定したことを受け、国際スケート連盟(ISU)は13日、フィギュアのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯(11月6~8日・重慶)の開催には影響がないとの見通しを示した。 2022年北京冬季五輪の関連大会は例外とされており、中国杯などシリーズ6大会の上位選手で争う12月のGPファイナル(北京)が五輪テスト大会を兼ねるため。スピードスケート・ショートトラックで12月に五輪会場で行われるワールドカップ(W杯)も開催されると明らかにした。

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は13日、フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ中国杯(11月6~8日、重慶)とGPファイナル(12月10~13日、北京)を予定通り開催する方針だと発表した。中国の担当者から説明を受けたという。 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年内に中国で開催される予定の国際スポーツイベントについて原則キャンセルとする方針が中国のスポーツ局から発表されていたが、2022年の北京冬季五輪のテスト大会は例外となっていた。GPファイナルは五輪テスト大会を兼ねており、中国杯はそのGPシリーズの一部であるため開催される方針という。

後で読む
サンケイスポーツ

日本スケート連盟は13日、新型コロナウイルス感染症の情勢を考慮し、フィギュアスケートの国際競技会について、男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が例年、シーズン初戦としているオータム・クラシック(9月17~19日、オークビル=カナダ)など、チャレンジャー・シリーズ計5大会への選手派遣を中止すると発表した。

後で読む
スポーツ報知

日本スケート連盟は13日、新型コロナウイルスの情勢を考え、フィギュアスケートの一部国際大会への選手派遣を中止したことを発表した。

後で読む
スポーツニッポン

日本スケート連盟は13日、新型コロナウイルスによる情勢を考慮し、フィギュアのISUジュニアグランプリ(GP)、チャレンジャーシリーズの各国際大会の派遣中止決定を発表した。同連盟は「新型コロナウイルス感染拡大の影響により、国際競技会に参加することによる感染リスクや、海外から日本へ帰国した際には14日間の隔離制限措置がとられていることなどを総合的に勘案した結果、上記国際競技会への派遣は中止せざるを…

後で読む
デイリースポーツ

日本スケート連盟は13日、フィギュアスケートの国際大会への派遣を一部中止すると発表した。新型コロナウイルス感染症の情勢を考慮し決定した。対象は国際スケート連盟(ISU)ジュニアグランプリ(GP)シリーズと、チャレンジャーシリーズ。 チャレンジャーシリーズは9月中旬から開催されているB級大会で、例年は多くのシニア選手のシーズン初戦となっていた。五輪2連覇の羽生結弦(ANA)は、シーズン初戦としてカナダ国内で開催されるチャレンジャーシリーズ「オータムクラシック」に5年連続で出場。心身の状態や新プログラムの完成度を実戦の中で確認する場となっていた。

後で読む
日刊スポーツ

日本スケート連盟は13日、フィギュアスケートの国際競技会への一部派遣中止を発表した。対象はジュニアグランプリシリーズ大会5試合、チャレンジャーシリーズ大会5試…

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)がフィギュア部門で創設した「ISUスケーティング・アワード」の表彰式が11日、オンラインで行われ、男子の羽生結弦(25=ANA)が初…

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)がフィギュア部門で創設した「ISUスケーティング・アワード」の表彰式が11日、オンラインで行われ、男子の羽生結弦(25=ANA)が初…

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)がフィギュア部門で創設した「ISUスケーティング・アワード」の表彰式が11日、オンラインで行われ、男子の羽生結弦(25=ANA)が初…

後で読む
スポーツ報知

国際スケート連盟(ISU)は11日、フィギュアスケートで2019~20年シーズンに新設した「ISUスケーティング・アワード」の表彰式をオンラインで開き、羽生結弦(25)=ANA=が初代の最優秀選手賞

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)がフィギュア部門で創設した「ISUスケーティング・アワード」の表彰式が11日、オンラインで行われ、男子の羽生結弦(25=ANA)が初…

後で読む
スポーツニッポン

国際スケート連盟(ISU)は11日、フィギュアで新設した表彰式「ISUスケーティング・アワード」をオンラインで開催した。「最優秀選手賞」(MVS=Most Valuable Skater)と「最優秀衣装賞」にノミネートされた男子で14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(25=ANA)は、初代の最優秀選手賞を受賞。数々の偉業を成し遂げてきた王者の足跡に、また一つ新たな勲章が加わった。

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は11日、新設されたフィギュアスケートのISUアワードをオンラインで開催した。最優秀選手賞(MVS)は五輪2連覇王者の羽生結弦(25)=ANA=が選ばれた。世界王者のネーサン・チェン(米国)、アイスダンスのパパダキス、シゼロン組(フランス)がノミネートされていた。日本スケート連盟は12日に羽生のコメント動画を公式ツイッターで公開。新シーズン初戦は未定だが、スケートができる幸せをかみしめ、羽生は理想の滑りを求め続ける。 羽生のフリー「Origin」の衣装がノミネートされていた最優秀衣装賞はチョック、ベーツ組(米国)に譲ったが、羽生が強い衣装愛を語った。ベストパフォーマンスを披露する上で「コスチュームはすごく重要。プログラム、ストーリーを表現するために必要」と羽生。「スケーターとして羽生結弦がどれだけ唯一無二な存在であるかを見せるものでもある」と英語で応対し、衣装は表現の一部であるとした。

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は11日、新設されたフィギュアスケートのISUアワードをオンラインで開催した。最優秀選手賞(MVS)は五輪2連覇王者の羽生結弦(25)=ANA=が選ばれた。世界王者のネーサン・チェン(米国)、アイスダンスのパパダキス、シゼロン組(フランス)がノミネートされていた。日本スケート連盟は12日に羽生のコメント動画を公式ツイッターで公開。新シーズン初戦は未定だが、スケートができる幸せをかみしめ、羽生は理想の滑りを求め続ける。 輝かしい、数々の栄光を誇る羽生がまた1つ、名誉ある称号を手にした。ISUアワード初代最優秀選手賞。12日に日本スケート連盟から公開された動画で羽生は「このような賞をいただけて大変光栄に思っていると同時に、まさか賞をいただけると思わなかったので、とてもビックリしています」と喜びとともに驚きを口にした。

後で読む
サンケイスポーツ

国際スケート連盟(ISU)は11日、フィギュアで2019~20年シーズンに新設した「ISUスケーティング・アワード」の表彰式をオンラインで開き、男子の羽生結弦(ANA)が初代の最優秀選手賞に選ばれた。

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は11日、フィギュアで2019~20年シーズンに新設した「ISUスケーティング・アワード」の表彰式をオンラインで開き、男子の羽生結弦(ANA)が初代の最優秀選手賞に選ばれた。 競技実績やフィギュア界に対する貢献度が選考基準となり、ライバルのネーサン・チェン(米国)らを抑えた。羽生は日本スケート連盟を通じ「大変光栄に思っているのと同時にまさか賞をいただけるとは思わなかったのでとてもびっくりしている」と喜びを語った。

後で読む
東京スポーツ

国際スケート連盟(ISU)が新設したフィギュアスケートの「ISUスケーティング・アワード」で最優秀選手賞(MVS)を受賞した五輪2連覇中の羽生結弦(25=ANA)が12日、日本スケート連盟のツイッタ…

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は11日、新設されたフィギュアスケートのISUアワードをオンラインで開催し、最優秀スケーター賞(MVS)には五輪2連覇王者の羽生結弦(ANA)が選出された。 初代MVSに輝いた羽生を、ゆかりのあるレジェンドたちも祝福。ロシアの国営通信社「タス通信」によると、多くの名スケーターを指導してきたロシアのタチアナ・タラソワコーチは「ネイサン(チェン)は今年ブレークスルーを果たしました。ただ、羽生はそのスケートと深みで男子シングルの世界を変えた。この世界で最も輝くスターです」と、選出は“順当”との評価を下した。

後で読む
スポーツ報知

国際スケート連盟(ISU)が2019―2020年シーズンから新設したフィギュアスケートの「ISUスケーティング・アワード」で初代最優秀選手賞(MVS)に輝いた羽生結弦(25)=ANA=が12日、日本

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は11日、新設されたフィギュアスケートのISUアワードをオンラインで開催した。最優秀スケーター賞(MVS)は五輪2連覇王者の羽生結弦(ANA)が受賞し、初代MVSに輝いた。 受賞を受けて、日本スケート連盟は12日、羽生のコメント動画を公式ツイッターで公開。羽生は「この度はこのような賞をいただけて大変光栄に思っていると同時に、まさか賞をいただけると思わなかったので、とてもビックリしています」と喜びを語った。

後で読む
日刊スポーツ

18年平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)のスピードスケート・ショートトラック女子3000メートルリレーでオランダの一員として銅メダルを獲得したララ・ファンル…

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)が創設したフィギュアスケートの表彰式「ISUスケーティング・アワード」で初代「最優秀選手賞(MVS)」に輝いた、冬季オリンピック(五…

後で読む
スポーツニッポン

11日に行われた国際スケート連盟(ISU)がフィギュアで新設した「ISUスケーティング・アワード」で、最優秀選手賞に輝いた羽生結弦(25=ANA)が12日、日本連盟の公式ツイッターに動画で登場し、喜びと感謝を口にした。

後で読む
スポーツ報知

国際スケート連盟(ISU)は11日、フィギュアスケートで2019―2020年シーズンから新設された「ISUスケーティング・アワード」をオンラインで開催した。

後で読む
スポーツ報知

国際スケート連盟(ISU)は11日、フィギュアスケートで2019―2020年シーズンから新設された「ISUスケーティング・アワード」をオンラインで開催し、羽生結弦(25)=ANA=が初代最優秀選手賞

後で読む
スポーツニッポン

国際スケート連盟は11日、フィギュアで新設した表彰式「ISUスケーティング・アワード」をオンライン上で開催し、男子で14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(25=ANA)は「最優秀選手賞」を受賞した。

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は11日、オンライン形式で新設となるISUアワード授賞式を開催した。最優秀プログラム賞は、ガブリエラ・パパダキス、ギヨーム・シゼロン組(フランス)のリズムダンス「フェーム」が受賞した。

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は11日、オンラインでフィギュアスケートのISUアワードを開催した。最優秀スケーター賞(MVS)は五輪2連覇王者の羽生結弦(ANA)が受賞した。 オンラインで生出演した羽生は、黒のジャケット姿で「皆さんのおかげでこうやってスケートができていること、そして自分が追い求めるスケートが出来ていることが本当に幸せです。いつも応援ありがとうございます」と感謝。「これからも一生懸命、自分の理想のスケートを追い求めて頑張っていきます。どうか応援よろしくお願いします」とメッセージを伝えた。

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は11日、フィギュアで新設した「ISUスケーティング・アワード」の受賞者を発表し、男子の羽生結弦(ANA)が初代の「最優秀選手賞」を受賞した。最終候補者にノミネートされた中で男子のネーサン・チェン(米国)らとの争いを制した。 「ベストコスチューム」部門でも羽生は昨季途中まで演じたフリー「Origin」の衣装で候補に挙がったが、アイスダンスのマディソン・チョック、エバン・ベーツ組(米国)が選ばれた。

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)が創設したフィギュアスケートの表彰式「ISUスケーティング・アワード」が日本時間11日、オンラインで行われた。世界の選手、コーチらが…

後で読む
日刊スポーツ

アワードの大トリで「最優秀選手賞」が発表された。羽生結弦(25=ANA)が選ばれ、最終候補に名を連ねていたネーサン・チェン(21=米国)は冷静な表情で結果を受…

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)が創設したフィギュアスケートの表彰式「ISUスケーティング・アワード」が行われ、冬季オリンピック(五輪)男子シングル2連覇の羽生結弦…

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)が創設したフィギュアスケートの表彰式「ISUスケーティング・アワード」が、日本時間午後11時から行われた。世界の選手、コーチ、振付師…

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)が創設したフィギュアスケートの表彰式「ISUスケーティング・アワード」が、日本時間11日午後11時からオンラインで行われた。世界の選…

後で読む
スポーツ報知

国際スケート連盟(ISU)は11日、フィギュアスケートで最優秀選手賞や新人賞などを表彰する「ISUスケーティング・アワード」をオンラインで開催した。

後で読む
スポーツ報知

国際スケート連盟(ISU)は11日、フィギュアスケートで最優秀選手賞や新人賞などを表彰する「ISUスケーティング・アワード」をオンラインで開催した。

後で読む
スポーツ報知

国際スケート連盟(ISU)は11日、フィギュアスケートで最優秀選手賞や新人賞などを表彰する「ISUスケーティング・アワード」をオンラインで開催した。最優秀衣装賞はマディソン・チョック、エバン・ベーツ

後で読む
スポーツ報知

国際スケート連盟(ISU)は11日、フィギュアスケートで最優秀選手賞や新人賞などを表彰する「ISUスケーティング・アワード」をオンラインで開催した。

後で読む
サンケイスポーツ

国際スケート連盟(ISU)は11日、フィギュアで新設した「ISUスケーティング・アワード」の受賞者を発表し、男子の羽生結弦(ANA)が初代の「最優秀選手賞」を受賞した。最終候補者にノミネートされた中で男子のネーサン・チェン(米国)らとの争いを制した。

後で読む
スポーツニッポン

国際スケート連盟(ISU)がフィギュアで新設した表彰式「ISUスケーティング・アワード」が11日、開催され、「最優秀選手賞(Most Valuable Skater)」に男子の羽生結弦(25=ANA)が決まった。

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は11日、オンライン形式で初の試みとなるISUアワード授賞式を開催した。最優秀新人賞には、シニア転向シーズンながら昨年のGPファイナルを制したアリョーナ・コストルナヤ(16)=ロシア=が受賞した。 トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と、圧倒的美しさを誇る演技で、快進撃を見せたロシアのニューヒロイン。韓国のユ・ヨン、ロシアの同世代であるアレキサンドラ・トルソワ(ロシア)との争いを制したコストルナヤはリモートで出演し、「この賞を誇りに思います。常にベストを尽くすことを考えてきました」と、喜びを語った。

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は11日、オンライン形式で新設されたISUアワード授賞式を開催した。最優秀コーチには、五輪女王のザギトワや、最優秀新人賞に輝いたコストルナヤを指導するエテリ・トゥトベリゼコーチが受賞した。 最終ノミネートには羽生結弦らを指導するブライアン・オーサーコーチ、ネーサン・チェンらを指導するラファエル・アルトゥニアンコーチが名を連ねていた。

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は11日、オンライン形式で新設されたISUアワード授賞式を開催した。最優秀コレオグラファー(振付師)は、紀平梨花のSP「ブレックファスト・イン・バクダッド」や、羽生結弦の「Origin」「SEIMEI」など主にフリーを担当するシェイリーン・ボーン氏が受賞した。 最終ノミネートにはローリー・ニコル氏、マリーフランス・デュブレイユ氏が名を連ねていた。

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は11日、オンラインでフィギュアスケートのISUアワードを開催した。ベストコスチューム賞はアイスダンスのチョック、ベイツ組(米国)のフリーが輝いた。 最終ノミネートである3衣装には、女子のアンナ・シェルバコワ(ロシア)のフリーとともに、羽生結弦(ANA)のフリー「Origin」も選ばれていた。

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)が創設したフィギュアスケートの表彰式「ISUスケーティング・アワード」が、日本時間午後11時から始まった。世界の選手、コーチ、振付師…

後で読む
日刊スポーツ

「ロシア3人娘」の1人であるアリョーナ・コストルナヤ(16)が最優秀新人賞に輝いた。最終候補にはユ・ヨン(劉永、韓国)、トルソワ(ロシア)が残っていた。コスト…

後で読む
日刊スポーツ

ロシアから数々の名選手を送り出したエテリ・トゥトベリゼ・コーチ(46)が「最優秀コーチ賞」に輝いた。最終候補にはブライアン・オーサー氏(カナダ)、ラファエル・…

後で読む
スポーツ報知

国際スケート連盟(ISU)は1日、フィギュアスケートで最優秀選手賞や新人賞などを表彰する「ISUスケーティング・アワード」をオンラインで開催した。

後で読む
デイリースポーツ

ショートトラックの世界選手権女王、ララ・ファンライフェン(オランダ)が10日、27歳で死去したことが分かった。国際スケート連盟(ISU)が公式ウェブサイトで「悲劇的なニュース」と伝えた。 ISUによると、ピレネー山脈での合宿中に体調を崩し、フランスの病院に入院。自己免疫疾患と診断され、昏睡状態に置かれた。手術を受けたが、10日夜に27歳の若さでこの世を去ったという。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート女子で昨季のGPファイナルを制したアリョーナ・コストルナヤ(16)=ロシア=の新シーズンのフリーがビリー・アイリッシュの「lovely」であることが11日、分かった。 振り付け師のダニイル・グレイヘンガウス氏がインスタグラムに動画を投稿し、コストルナヤに振り付ける様子を公開。日本のファンから「美」と称される16歳は華麗なステップを披露していた。

後で読む
サンケイスポーツ

2018年平昌冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック女子3000メートルリレーでオランダの一員として銅メダルを獲得したララ・ファンルーフェンが自己免疫疾患のため27歳で亡くなったと10日、同国連盟が発表した。ファンルーフェンは19年世界選手権の500メートル女王。

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)が初めて創設したフィギュアスケートの表彰式「ISUスケーティングアワード」が、日本時間11日午後11時から行われる。今年3月の世界選…

後で読む
日刊スポーツ

ニッカンスポーツ・コムが新設したフィギュアスケート特集ページ「Figure365(フィギュア365)」で連載中の「色あせぬ煌(きら)めき」。日本の歴史を紡いで…

後で読む
スポーツ報知

中国のスポーツ当局は9日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2020年内は22年北京五輪のテスト大会を除く国際大会を原則開催しない方針であることを発表した。海外メディアが報じた。これにより、多くの

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート女子で18年平昌五輪8位のマリア・ソツコワ(20)=ロシア=が8日、自身のインスタグラムを更新し、競技生活から引退することを発表した。 「いつかすべてが終わる。私の道のりは苦しいものでしたが、非常にカラフルでした。私のスポーツキャリアは終わりです」と、綴った。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケート女子のマリア・ソツコワ(ロシア)が8日、20歳で現役引退を表明した。174センチの長身スケーターが最も輝いたのは、17年12月のGPファイナ…

後で読む
日刊スポーツ

日本の歴史を紡いできたフィギュアスケーターや指導者が、心を動かされた演技を振り返る「色あせぬ煌(きら)めき」。ニッカンスポーツ・コムが新設したフィギュアスケー…

後で読む
スポーツニッポン

国際スケート連盟(ISU)は8日、2020~21年シーズンから適用予定だったフィギュアの新規定を正式に取り消すことを発表した。新シーズンは昨季と同じ規定が適用される。

後で読む
サンケイスポーツ

国際スケート連盟(ISU)は8日、フィギュアで2020~21年シーズンから適用予定だった4回転などのジャンプの基礎点変更を破棄し、新シーズンも昨季と同様の基礎点で行うと発表した。これで22年北京冬季五輪は現行の基礎点で実施する可能性が高まった。

後で読む
日刊スポーツ

ロシアのイタル・タス通信は8日、フィギュアスケート女子で18年平昌五輪8位のマリア・ソツコワ(20=ロシア)が現役を引退すると報じた。ソツコワがこの日更新した…

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート男子で14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(25=ANA)が8日、仙台市地下鉄の東西線荒井駅に“サプライズ登場”した。

後で読む
デイリースポーツ

2018年平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子で8位だった20歳のマリア・ソツコワ(ロシア)が8日、自身のインスタグラムで現役引退を発表した。 平昌五輪前のロシア選手権で2位となり、アリーナ・ザギトワやエフゲニア・メドベージェワとともに五輪出場権を得たソツコワは「私の道は苦しみもあったが、とても楽しく美しかった」と振り返った。(モスクワ共同)

後で読む
日刊スポーツ

ロシアのイタル・タス通信は8日、フィギュアスケート女子で18年平昌五輪8位のマリア・ソツコワ(20=ロシア)が現役を引退すると報じた。ソツコワがこの日更新した…

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)は8日、2020-21年シーズンから適用すると一時発表していた4回転ジャンプの基礎点変更について、正式に撤回すると発表した。19年5…

後で読む
サンケイスポーツ

国際スケート連盟(ISU)は8日、2020~21年シーズンから適用する予定だった4回転のルッツとループなどジャンプの基礎点の変更を取り消し、新シーズンも昨季と同様の基礎点で実施すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は8日、2020~21年シーズンから適用する予定だった4回転のルッツとループなどジャンプの基礎点の変更を取り消し、新シーズンも昨季と同様の基礎点で実施すると発表した。 新規定は新型コロナウイルスの影響で練習再開が遅れる選手やコーチ、ISU役員から疑問視する声が上がり、ISUが6月に適用を保留する方針を示していた。新規定は4回転でルッツが11・50点から下がり、ループは10・50点から上がってフリップと同じ基礎点11・00点に。3回転はルッツが5・90点から5・30点に下がってフリップと同じ基礎点に設定されていた。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

日本の歴史を紡いできた名フィギュアスケーターや指導者が、心を動かされた演技を振り返る「色あせぬ煌(きら)めき」。ニッカンスポーツ・コムが新設したフィギュアスケ…

後で読む
スポーツ報知

2003年7月8日、稲田悦子さんが胃がんのため、79歳で亡くなった。1936年ガルミッシュパルテンキルヘン冬季五輪のフィギュアスケート女子シングルに日本の五輪史上最年少の12歳で出場。小学6年生で冬

後で読む
日刊スポーツ

日刊スポーツが開設した「Figure365」で連載する「色あせぬ煌(きら)めき」。日本の歴史を刻んできたフィギュアスケーターや指導者が、最も心を動かされた演技…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートのアイスダンス日本代表として10年バンクーバーオリンピック(五輪)14年ソチ五輪に出場したキャシー・リードさん(33)が7日、公式インスタグ…

後で読む
日刊スポーツ

日本の歴史を刻んできたフィギュアスケーターや指導者が、最も心を動かされた演技を振り返る連載「色あせぬ煌(きら)めき」。第6回は00年代に国際舞台で活躍した中野…

後で読む
日刊スポーツ

日本のフィギュアスケーターや指導者、スケート界の発展に尽力した功労者が、心を動かされた演技を振り返る連載「色あせぬ煌(きら)めき」。第5回は国際スケート連盟(…

後で読む
日刊スポーツ

日本スケート連盟(JSF)は3日、2020-21年シーズンのフィギュアスケート国際スケート連盟(ISU)公認シリーズ、ジュニアグランプリ横浜大会(第4戦、日本…

後で読む
スポーツ報知

日本スケート連盟は3日、フィギュアスケートのジュニアGP横浜大会の中止決定を発表した。9月16~19日に横浜市のKOSE新横浜スケートセンターで開催される予定だった。

後で読む
東京スポーツ

日本スケート連盟は3日、フィギュアスケートの「ジュニアグランプリ横浜大会」を中止にすると発表した。同大会は国際スケート連盟(ISU)公認で、9月16~19日、神奈川・横浜市のKOSE新横浜スケートセ…

後で読む
スポーツニッポン

日本スケート連盟は3日、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、9月に予定されていたフィギュアスケートのジュニアグランプリシリーズ・横浜大会を中止すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

ロシアの国営通信社「タス通信」は3日、フィギュアスケート女子で平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(20)=ロシア=が、モスクワで新シーズンに向けた練習を再開する、と報じた。 メドベージェワは自身が主演するアイスショーのため、4月に練習拠点のカナダから来日。その後、同アイスショーは新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となり、しばらく日本に滞在していたが、6月末にロシアへと帰国した。コロナウイルスの検査を受けた結果は、陰性だった。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートの元五輪代表でタレントの織田信成が3日、公式ブログを更新し、左膝の手術を終えてこの日、退院したことを報告した。 織田は6月29日の投稿で「今日は膝の手術を受けるため病院で術前検査に行ってきました。左膝の痛みが取れず、自粛期間中も左足を強化するトレーニングを自分なりに積んできましたが良くならず 先生方に相談して今週手術をする事にしました」と発表。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートの情報を毎日発信しています。◆今日の誕生日城田憲子(1946年)

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートの情報を毎日発信しています。◆今日の誕生日ラファエル・アルトゥニアン(1957年)庄司理紗(1996年)==…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートの情報を毎日発信しています。◆今日の誕生日デニス・コダイシン(1999年)

後で読む
日刊スポーツ

日本の名フィギュアスケーターや指導者が、心を動かされた演技を振り返る連載「色あせぬ煌(きら)めき」。第3回は紀平梨花(17=N高東京)ら、多くの実力者を指導し…

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇を成し遂げた羽生結弦(ANA)の国民栄誉賞表彰式が官邸で行われたのは、2年前の2018年7月2日。羽生は出身地の伝統織物「仙台平(せんだいひら)」のはかま

後で読む
日刊スポーツ

日本スケート連盟(JSF)が1日、本年度のフィギュアスケート強化選手紹介ページを公開した。アイスダンス強化選手Aのコメントは以下の通り。小松原美里(27=倉敷…

後で読む
日刊スポーツ

日本の名フィギュアスケーターや指導者が、最も心を動かされた演技を振り返る連載「色あせぬ煌(きら)めき」。第2回は安藤美姫(32)。ジュニア時代に出場した04年…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートのアイスダンスで18年平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)代表の村元哉中の所属先が「関大KFSC」に決まったとマネジメント会社が1日、発表し…

後で読む
スポーツニッポン

日本スケート連盟は新シーズン初日となる1日に公式サイトを更新し、20年度の各種目の強化選手ページを公開した。各選手の紹介ページには「ひとことコメント」という欄が設けられており、フィギュア男子で14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(25=ANA)は「一生懸命、全力でがんばります!」と端的につづった。

後で読む
日刊スポーツ

日本スケート連盟(JSF)が1日、本年度のフィギュアスケート強化選手紹介ページを公開した。2020-21年シーズン初日。成績欄に2月の4大陸選手権(ソウル)初…

後で読む
東京スポーツ

フィギュアスケートのアイスダンスでコンビを組む高橋大輔(34)、村元哉中(27)の所属先が「関大KFSC」に統一されることが1日、マネジメント会社「ユニバーサルスポーツマーケティング」から発表された…

後で読む
スポーツニッポン

日本スケート連盟は新シーズン初日となる1日、公式ホームページで2020年度の各種目の強化選手ページを公開した。各選手の紹介ページには「ひとことコメント」という欄が設けられており、フィギュア男子で14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(25=ANA)は「一生懸命、全力でがんばります!」と端的につづった。

後で読む
日刊スポーツ

日本スケート連盟(JSF)が1日、本年度のフィギュアスケート強化選手紹介ページを公開した。ペア強化選手Aのコメントは以下の通り。三浦璃来(18)&木原龍一(2…

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート・アイスダンスの村元哉中(27)が2020~21年シーズンからカップルを組む高橋大輔(34)と同じ「関西大学カイザーズフィギュアスケートクラブ(関大KFSC)」に所属することが1日、マネジメント会社のユニバーサル・スポーツ・マーケティングから発表された。2人が同じ所属に統一され、村元は高橋と同様にスカイコート株式会社、プーマからのサポートを受けて、シーズンに臨むことになるとい…

後で読む
デイリースポーツ

スポーツマネジメント会社のユニバーサルスポーツマーケティング(USM)は1日、フィギュアスケートのアイスダンスの村元哉中(27)の所属先が、今季からペアを組む高橋大輔と同じ関大KFSCとなることを発表した。 高橋同様にスカイコート株式会社、プーマからサポートを受けて、シーズンに臨むという。

後で読む
日刊スポーツ

日本スケート連盟(JSF)が1日、本年度のフィギュアスケート強化選手紹介ページを公開した。昨年度の全日本選手権で4連覇を達成した男子シングル特別強化選手の宇野…

後で読む
日刊スポーツ

日本スケート連盟(JSF)が1日、本年度のフィギュアスケート強化選手紹介ページを公開した。女子シングル特別強化選手のコメントは以下の通り。紀平梨花(17=N高…

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート男子で昨年12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナル王者の佐藤駿(16=埼玉栄高)が1日、IMGとマネジメント契約を締結した。宮城県仙台市出身の佐藤は、高難度の4回転ルッツを武器にさらなる飛躍が期待される逸材。シニア転向となる新シーズン初日のタイミングでの発表となった。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート女子で平昌五輪4位の宮原知子(22=関大/木下グループ)が新シーズン初日となった1日、木下グループスポーツのインスタグラムを通じてファンへ向けてメッセージ動画を送った。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート男子の佐藤駿(16)がスポーツ選手のマネジメントなどを手掛けるIMGとマネジメント契約を締結したことが1日、IMGから発表された。 佐藤はジュニアとして臨んだ19-20年シーズンでジュニアGPファイナルで優勝。全日本選手権では5位に入った。すでに4回転ジャンプを公式戦で決めており、次代を期待される一人。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケート男子ジュニアで昨年12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制した佐藤駿(16=埼玉栄高2年)がIMGとマネジメント契約を締結した。新シ…

後で読む
日刊スポーツ

日本の名フィギュアスケーターや指導者が、最も心を動かされた演技を振り返る連載「色あせぬ煌(きら)めき」を今日1日からスタートする。20-21年シーズンの初日に…

後で読む
日刊スポーツ

来年の東京五輪で実施されるスケートボードに、意外な「ブーム」が起きている。3月に学校が休校になってから、未成年者を中心に始める人が急増。各ショップの売り上げも…

後で読む
スポーツ報知

世界文化社は、創刊750号記念「家庭画報 8月号」を7月1日に発売する。フィギュアスケート男子で五輪連覇の羽生結弦(25)=ANA=が綴じ込み付録に登場。「メモリアルフォト特集 羽生結弦 栄光の軌跡

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)が7月11日にオンラインで開催するフィギュアスケートのISUアワードで、ベストコスチューム部門に最終ノミネートされている3作品の衣装のデザイナーが、同賞のサイトでそれぞれの衣装への思いを寄せている。 男子の五輪2連覇王者・羽生結弦(ANA)がフリー「Origin」で身にまとった紫の衣装を手がけた伊藤聡美さんは、「私が今作ることができる最高のもの」と語った。

後で読む
東京スポーツ

プロフィギュアスケーターの織田信成氏(33)が29日、ブログでひざの手術を受けることを明かした。  織田氏は「今日は膝の手術を受けるため病院で術前検査に行ってきました」と書き出し、「左膝の痛みが取れ…

後で読む
日刊スポーツ

ニッカンスポーツ・コムでは、フィギュアスケートの2020-21年シーズンが到来する7月1日に新たな特集ページ「Figure365(フィギュア365)」を開設し…

後で読む
日刊スポーツ

亡き母の言葉を胸に-。スピードスケートで五輪3大会出場の白幡圭史氏(46)が、今春から帯広南商高スケート部監督として指導を開始した。1万メートルで日本歴代最高…

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)は26日、フィギュアスケート競技で新設し、7月11日に行われる予定の「ISUスケーティング・アワード」の最終候補者を発表し、日本の男…

後で読む
スポーツ報知

国際スケート連盟(ISU)は26日、フィギュアで最優秀選手賞や新人賞などを表彰する「ISUスケーティング・アワード」の各部門の最終候補者3人を発表した。同アワードは2019―2020年シーズンから新

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は26日、7月11日にオンラインで開催されるフィギュアスケートで新設したISUアワードの最終候補者各部門3人を発表し、日本勢では男子で五輪2連覇王者の羽生結弦(ANA)が「最優秀スケーター(MVS)」と「ベストコスチューム」の2部門でノミネートされた。 最優秀スケーターは世界王者のネーサン・チェン(米国)、アイスダンスのパパダキス、シゼロン組(フランス)との争い。ベストコスチュームでは、羽生はフリー「Origin」がノミネートされ、女子のアンナ・シェルバコワ(ロシア)のフリー、アイスダンスのチョック、ベイツ組(米国)のフリーの衣装との争いとなる。

後で読む
デイリースポーツ

【ジュネーブ共同】国際スケート連盟(ISU)は26日、フィギュアで新設した「ISUスケーティング・アワード」の最終候補者を発表し、男子の羽生結弦(ANA)が「最優秀選手賞」と「ベストコスチューム」の2部門でノミネートされた。 ともに世界選手権を制した女子の安藤美姫さんや男子のトッド・エルドリッジさん(米国)ら審査員が最終選考し、7月11日に受賞者が発表される。

後で読む
サンケイスポーツ

国際スケート連盟(ISU)は26日、フィギュアで新設した「ISUスケーティング・アワード」の最終候補者を発表し、男子の羽生結弦(ANA)が「最優秀選手賞」と「ベストコスチューム」の2部門でノミネートされた。

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート男子で五輪連覇の羽生結弦(25)=ANA=の写真集「羽生結弦 2019-2020」(報知新聞社出版)が、29日付オリコン週間ブックランキングの「スポーツ関連」と「写真集」部門で同時

後で読む
東京スポーツ

フィギュアスケートの全日本女王・紀平梨花(17)の所属先が「N高東京」になったと日本スケート連盟が発表した。今オフに所属先だった「関大KFSC」を離れて五輪2連覇の羽生結弦(25=ANA)を指導する…

後で読む
スポーツ報知

日本スケート連盟は24日、リモートで開催した理事会で2020年度事業計画を承認。フィギュアスケートの全日本選手権(12月23~27日)は長野市・ビッグハット、GPシリーズ第6戦NHK杯(11月27~

後で読む
スポーツ報知

バンクーバー五輪の女子フィギュアスケート金メダリスト・金妍兒(キム・ヨナ、29)さんが24日、自身のインスタグラムを更新した。

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート取材で27年のキャリアを持つライターの田村明子氏の最新作「翼を羽ばたかせて」(双葉社、税込1540円)を3人にプレゼントします。

後で読む
デイリースポーツ

日本スケート連盟は24日、フィギュアスケート女子で四大陸選手権2連覇の紀平梨花(17)の新たな所属先が「N高東京」に決まったと発表した。 紀平はネット通信制で学ぶ同校の3年生。22年北京五輪での金メダル獲得を目標に掲げており、今季は以前から指導を受ける浜田美栄コーチに加え、五輪連覇の羽生結弦(ANA)を指導するカナダ人のブライアン・オーサー氏にも師事する。

後で読む
スポーツ報知

日本スケート連盟は24日、リモートで開催した理事会で2020年度事業計画を承認。フィギュアスケートの全日本選手権(12月23~27日)は長野市・ビッグハット、GPシリーズ第6戦NHK杯(11月27~

後で読む
東京スポーツ

日本スケート連盟は24日、リモートによる理事会を開催し、2020―21年シーズンの事業計画を承認した。  フィギュアスケートの年末の風物詩となっている「全日本選手権」(12月23~27日)は98年長…

後で読む
デイリースポーツ

日本スケート連盟は24日、オンラインで理事会を開いて2020~21年シーズンの事業計画を承認し、フィギュアの全日本選手権は12月23~27日に長野市ビッグハットで開催することが決まった。グランプリ(GP)シリーズ第6戦のNHK杯は11月27~29日に大阪府門真市の東和薬品ラクタブドーム、ジュニアGPシリーズの日本大会は9月16~19日に横浜市のコーセー新横浜スケートセンターで行われる。 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、9~10月に組まれた近畿選手権などの各ブロック大会と全日本ノービス選手権は無観客で実施、その後の国内大会は感染状況を見て判断する。

後で読む
スポーツニッポン

日本スケート連盟は24日、オンラインで理事会を開催し、20年度の事業計画を承認した。新型コロナウイルスの影響により競技会は今後状況を見ながらの検討となるが、フィギュアではGPシリーズ第6戦NHK杯は11月27~29日に大阪府門真市の東和薬品RACTABドーム、12月23~27日に行われる全日本選手権は長野県長野市のビッグハットでの開催。11月21~23日の全日本ジュニア選手権は青森県八戸市(フ…

後で読む
サンケイスポーツ

日本スケート連盟は24日、フィギュア女子で四大陸選手権2連覇の紀平梨花の新たな所属先がN高東京に決まったと発表した。

後で読む
デイリースポーツ

日本スケート連盟は24日、オンラインで理事会を開催し、2020-21年シーズンの事業計画について発表した。12月23~27日のフィギュアスケート全日本選手権は、長野市のビッグハットで開催されることが決まった。 また、9月末から順次行われるフィギュアスケートのブロック別競技会6大会と、全日本ノービス選手権(10月、群馬県前橋市)は無観客で実施すると報告された。

後で読む
日刊スポーツ

日本スケート連盟(JSF)は24日、オンラインで理事会を開き、20年度の事業計画を承認した。新型コロナウイルスの感染状況を見極めながらになるが、国内の大会日程…

後で読む
サンケイスポーツ

日本スケート連盟は24日のオンラインによる理事会でフィギュアの2020-21年シーズンの事業計画を承認し、全日本選手権は12月23-27日に長野市ビッグハットで、グランプリシリーズ第6戦のNHK杯は11月27-29日に大阪・門真市の東和薬品ラクタブドームで行われることが決まった。

後で読む
サンケイスポーツ

GPS(位置情報)を利用したスマホ向けゲームを多角的に調査する特別連載。最終回はプロフィギュアスケーターの本田武史さん(39)を隊長に任命した。4年前のリリース直後にゲームを開始するも中断。約2年前に再開したきっかけは、ポケモンが大好きな6歳の息子だった。父子でポケGOに熱中する日々と、その理由を明かした。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートのアイスダンスで今年結成された村元哉中(27)、高橋大輔(34)組が、息のあった掛け合いを披露した。1894年6月23日の国際オリンピック委…

後で読む
東京スポーツ

    スピードスケートの平昌五輪金メダリストの小平奈緒(34)が23日、ツイッターを更新。この夏以降の目標を投稿した。  それは地面を楽しく走る、ということ。実は小平は地面を走るのが得意で…

後で読む
日刊スポーツ

米国フィギュアスケート協会は22日、14歳で全米選手権女子2連覇を達成したアリサ・リュウがコーチを変更し、宮原知子(関大)を指導するリー・バーケル氏や過去に浅…

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケーターの宇野昌磨が22日、人気ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」(スマブラ)についてのウェブ配信番組「ケプトの定時退社」にゲスト出演し、あふれんばかりの“スマブラ愛”と、ゲームの腕前を披露した。 日頃からゲーム好きであることを公言している宇野は、この日の番組でも、スマブラを中心としたゲームについてのトークを繰り広げた。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート男子で18年平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(22=トヨタ自動車)が22日、YouTube「ケプトの定時退社」にゲスト出演した。ニンテンドースイッチ「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」について語るバラエティー番組。異色のコラボに宇野は「しゃべりたいことがたくさんある」と“スマブラ愛”があふれた。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートを長年支えてきた木下グループがこの春、世界で活躍する選手を育成する「木下アカデミー」を発足し、活動を開始している。京都府宇治市に新設した木下アカデミー京都アイスアリーナが中心拠点。浜田美栄コーチ(60)がゼネラルマネジャー(GM)に就いている。新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、難しい環境下での船出となったが、将来的にはレッスンに英会話の時間を組み込むなど、世界へ羽ばたく選手の育成を目指す。 フィギュアスケーターの育成には「アイスリンク」の問題がついて回る。多くのトップスケーターが営業時間に一般客とともに滑ったり、早朝や深夜にリンクを貸し切ったりして練習しているのが日本の現状だ。夏季はプールとして利用されるリンクも少なくない。ホームリンクを失う選手は、氷を求めて複数のリンクを転々とする。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートの本田姉妹の末の妹・紗来(13)が21日、自身のインスタグラムを更新。「父の日」に際して、父とのツーショット写真などを2枚投稿した。 記した文章は「『父の日』ありがとうと言う言葉しか浮かばない。本当に本当に感謝しかないです。だいすき」に、ハートマークを添えたもの。

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート女子の本田3姉妹の三女・紗来(13)が、「父の日」の21日、自身のインスタグラムを更新。父との仲良しショットを公開し、感謝の思いをつづった。

後で読む
スポーツ報知

平昌五輪スピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒(34)が20日、自身のインスタグラムを更新し、姉から贈られたという手作りマスクの“アネノマスク”を紹介した。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。