「スキー」の記事一覧

デイリースポーツ

スポーツ庁は31日、2022年北京冬季五輪・パラリンピックに向けて重点支援する競技を発表し、五輪ではスケートが最上位のSランク、カーリングとスキーがAランクとなった。パラリンピックは区分を設けず、アルペンスキー、ノルディックスキー距離、スノーボードを指定した。 18年平昌大会と今年5月までの世界選手権などの成績や、競技団体が策定した強化戦略プランの達成度を評価。対象の競技には競技力向上事業の助成金を加算し、Sランクは約30%、Aは約20%、パラの指定競技は20~30%程度増やす。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第7節(26日、清水4-2大分、アイスタ)ようやく清水が今季初勝利をつかみ、クラブワーストに並ぶ開幕から6戦勝ちなしの不名誉な記録に終止符を打った。雷雨による約1時間の中断も乗り越え、クラモフスキー監督は「エキサイティングなサッカーができて選手たちを誇りに思う。献身的に戦ってくれた」とたたえた。

後で読む
デイリースポーツ

 女子ゴルフで昨季賞金女王の鈴木愛が8月20日開幕のメジャー、AIG全英女子オープンの出場を見送ったことが24日、関係者の話で分かった。帰国後に2週間の自主隔離が求められ、調整への影響を懸念したという。昨年大会優勝の渋野日向子は英国で前週の米ツアー大会から2週続けて出場する見通し。 鈴木は国外への遠征について6月に「海外の方が感染者が多い。隔離とかリスキーな部分を考えると行く確率は20パーセントぐらい。なかなか厳しい」と語っていた。世界ランキングは15位で、日本勢では畑岡奈紗、渋野に続く3番手。6月の日本ツアー初戦は2位に入った。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪のボクシング男子日本代表と同候補が21日、山形・蔵王坊平での合宿中にオンライン取材に応えた。高地トレーニング施設がある同地での合宿は20日に始まった。 ウエルター級の日本代表、岡澤セオン(鹿児島県体協)は、山形市出身。日本代表として故郷での合宿に臨んでいるが、「今回はこの施設から出ないで合宿を終わろうと思っている」と“巣ごもり”するという。山形市の実家は飲食関係で、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中で帰省を自粛する意向だ。「自分の地元で合宿を組んでいただけるのはうれしいし、(蔵王は)スキーで来たこともあるので懐かしい。でも、山形市に帰れないのはすごく残念」と話した。

後で読む
スポーツ報知

本格デビュー戦の大宮競輪2日目・準決勝3Rに出場した、2018年平昌五輪フリースタイルスキー男子モーグルの銅メダリスト・原大智(23)=宮城=がレース中にバランスを崩して落車、バンクに叩きつけられた

後で読む
スポーツ報知

日本の女子スキージャンプのパイオニア、山田いずみさん(41)が新たな一歩を踏み出している。現役時代は国内外で活躍し、引退後は指導者として全日本コーチ、平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(23)=クラレ=の個

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第4節最終日(12日、清水1-2G大阪、アイスタ)清水は開幕4連敗を喫した。観客の戻った本拠地でも敗れ、クラモフスキー監督は「非常に残念。勝つことができた試合だ。ファンを笑顔で帰したかったので申し訳ない」と嘆いた。

後で読む
日刊スポーツ

J1清水エスパルスは11日、静岡市内で約1時間の練習を行い、12日のホームG大阪戦(午後6時開始)へ備えた。ピーター・クラモフスキー監督(41)とFWカルリー…

後で読む
デイリースポーツ

アルペンスキー男子回転で1992年アルベールビル冬季五輪金メダルのフィンクリスチャン・ヤッゲ(ノルウェー)氏が死去したと8日、米NBCスポーツ(電子版)が報じた。54歳だった。 ヤッゲ氏は1990年代にワールドカップ(W杯)で通算7勝を挙げた。アルベールビル五輪では日本製スキーを履いた選手として史上初めて金メダルに輝いた。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

全日本スキー連盟は8日、新型コロナウイルス感染防止のため、ジャンプのグランプリ(GP)など夏の国際大会への選手派遣を見送る方針を明らかにした。同日にオンラインで開いた理事会で、9月末までの主催事業中止を再確認した。 感染状況が改善すれば、臨時理事会を開いて見直す可能性もあるという。海外遠征再開を見据え、強化指定選手にPCR検査を実施する態勢も整備する予定。

後で読む
サンケイスポーツ

全日本スキー連盟は8日、新型コロナウイルス感染防止のため、ジャンプのグランプリ(GP)など夏の国際大会への選手派遣を見送る方針を明らかにした。同日にオンラインで開いた理事会で、9月末までの主催事業中止を再確認した。

後で読む
日刊スポーツ

ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(23=クラレ)が2日、オンライン取材に応じ、22年北京オリンピック(五輪)のプレシーズンとなる20-21年シーズン…

後で読む
スポーツ報知

スキージャンプ女子で2018年平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(23)=クラレ=が2日、オンライン上で会見し、22年北京五輪プレシーズンとなる20~21年季へ意気込んだ。

後で読む
日刊スポーツ

ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(23=クラレ)が2日、オンライン取材に応じ、22年北京五輪のプレシーズンとなる20~21年シーズンへの意気込みを語…

後で読む
東京スポーツ

スキージャンプ女子で平昌五輪銅メダリストの高梨沙羅(23=クラレ)が2日、2022年北京五輪プレシーズンとなる20―21年シーズンに向け始動したことを受け、オンライン会見を開いた。  例年ゴールデン…

後で読む
デイリースポーツ

ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)が2日、オンラインで記者会見し、約3週間前から北海道でジャンプ練習を開始して既に100本程度飛んだことを報告した。2022年北京冬季五輪を見据え「自分のスタイルを築き上げたい」と決意を語った。 新型コロナウイルス感染防止のため、練習では1本飛ぶごとにアルコールで手を消毒しているという。自粛期間だった3月末からはヨガを本格的に取り入れるようになり「精神の安定や集中するためにもいい。感覚をより鋭くしてくれる」と効果を口にした。

後で読む
スポーツ報知

スキージャンプ女子で18年平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(クラレ)が2日、オンライン上で取材に応じ、22年北京五輪プレシーズンとなる20―21年シーズンへ意気込みを新たにした。

後で読む
日刊スポーツ

スキーアルペン女子で全日本連盟強化指定選手の畠中悠生乃(18=日体大、札幌第一)が29日、札幌市内で新型コロナウイルスの感染予防物資を北海道医師会に贈った。「…

後で読む
デイリースポーツ

日本クレー射撃協会は26日、東京都内で理事会を開き、既に東京五輪の代表に決まっていた女子トラップの中山由起枝(日立建機)ら計4人について、五輪の1年延期決定後も代表権を維持することを承認した。 他は男子トラップの大山重隆(大山商事)、スキートで女子の石原奈央子(古峯神社)、男子の井川寛之(モダンビル管理)。4人は合同で「改めて感謝の気持ちと身の引き締まる思い。一日一日を大切に自身が『今』できることをしていきたい」とのコメントを出した。

後で読む
スポーツ報知

日本クレー射撃協会は26日、都内で理事会を行い、来夏に延期になった東京五輪代表にすでに決定していたトラップ女子の中山由起枝(日立建機)、同男子の大山重隆(大山商事)、スキート女子の石原奈央子(古峯神

後で読む
スポーツ報知

今春、土屋ホームに加わったノルディックスキー・ジャンプの小林龍尚(たつなお)と竹花大松(ともに18)が、24日までに報道陣へ入社後初対応を行った。新型コロナ禍で入社式も中止となるなど前例なき船出とな

後で読む
日刊スポーツ

ルーキーコンビが世界への飛躍を誓う。ノルディックスキー・ジャンプの土屋ホームに、4年ぶりに2人の新人が加入した。小林龍尚(18)は18-19年W杯で日本人男子…

後で読む
日刊スポーツ

ルーキーコンビが世界への飛躍を誓う。ノルディックスキー・ジャンプの土屋ホームに、4年ぶりに2人の新人が加入した。小林龍尚(18)は18-19年W杯で日本人男子…

後で読む
サンケイスポーツ

ノルディックスキー・ジャンプ男子のワールドカップ(W杯)総合を4度制したアダム・マリシュ氏(ポーランド)が22日、新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したと自身のフェイスブックで明らかにした。DPA通信が伝えた。

後で読む
日刊スポーツ

2018年平昌オリンピック(五輪)のフリースタイルスキー男子モーグル銅メダリストで、先月15日に競輪でプロデビューした原大智(日本スキー場開発ク)が21日、宮…

後で読む
スポーツニッポン

18年平昌冬季五輪のフリースタイルスキー男子モーグル銅メダリストで、先月15日に競輪でプロデビューした原大智(23=日本スキー場開発ク)が21日、22年北京五輪出場へ向け、約10カ月ぶりにモーグルの練習を再開した。

後で読む
サンケイスポーツ

2018年平昌冬季五輪のフリースタイルスキー男子モーグル銅メダリストで、先月15日に競輪でプロデビューした原大智(日本スキー場開発ク)が21日、22年北京五輪出場へ向け、約10カ月ぶりにモーグルの練習を再開した。

後で読む
デイリースポーツ

2018年平昌冬季五輪のフリースタイルスキー男子モーグル銅メダリストで、先月15日に競輪でプロデビューした原大智(日本スキー場開発ク)が21日、22年北京五輪出場へ向け、約10カ月ぶりにモーグルの練習を再開した。 この日の初練習は宮城県川崎町のウオータージャンプ施設で約1時間半、久々となるエアの感触を確認。オンラインで取材に応じ「モーグル一本だったときより動けている。瞬発力が良くなった」と好感触を口にした。

後で読む
デイリースポーツ

日本人の母を持ち、BMXレースでオーストラリア代表候補の榊原爽(20)が20日、2月の大会中の事故で大けがを負った兄・魁のリハビリを支援する事業のPRの一環として、オンラインでのサイクリングトレーニングプログラムを開催。世界中のバーチャル参加者と一緒に走り「こんな大人数でのライドは初めて」と声を弾ませた。 日本からもノルディックスキー複合で冬季五輪2大会連続銀メダルの渡部暁斗や、BMXフリースタイル・パークで東京五輪代表の中村輪夢らも参加し、エールを送った。

後で読む
スポーツ報知

ノルディックスキー・ジャンプ男子で2018―19年W杯個人総合王者の小林陵侑(23)=土屋ホーム=が、サッカー元日本代表MF本田圭佑(34)=ブラジル1部ボタフォゴ=がCEOを務める「Now Do」

後で読む
日刊スポーツ

ノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(48=土屋ホーム)が、W杯メンバー復帰を目標に掲げた。18日、札幌・宮の森ジャンプ競技場で練習。20-21年シーズ…

後で読む
スポーツニッポン

米国の国家運輸安全委員会(NTSB)は17日、NBA元レイカーズのコービー・ブライアント氏を含む9人が死亡した1月26日のヘリコプター事故に関しての報告書を公表。1700ページにおよぶ文書の中で、中型ヘリの「シコルスキーS―76」を操縦していたアラ・ゾバヤン氏が「霧の中で方向感覚を失っていた」と事故原因について言及した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー元日本代表MF本田圭佑(33)=ボタフォゴ=がCEOを務める『Now Do』による音声サービス「Now Voice(ナウボイス)」の新メンバーとして、ノルディックスキージャンプの葛西紀明(48)が参画することになった。18日、発表された。 ナウボイスには本田を筆頭に、テニスの錦織圭、ボクシングの村田諒太ら豪華な顔ぶれがそろい、自らの声でさまざまなテーマを語っている。スキーのジャンプ界では女子の高梨沙羅に続いて2人目。葛西は1992年のアルベールビルから18年の平昌まで、冬季五輪8大会連続で出場。14年のソチ五輪での男子ラージヒルでの銀メダルなど、個人と団体を含めて3つのメダルを獲得。いまだに現役を続け“レジェンド”と呼ばれる。

後で読む
スポーツニッポン

ノルディックスキー・ジャンプ男子W杯で昨季個人総合3位の小林陵侑(23=土屋ホーム)が16日、札幌市・宮の森ジャンプ競技場で本格的なジャンプ練習をスタートした。

後で読む
日刊スポーツ

ノルディックスキー・ジャンプ男子の小林陵侑(23=土屋ホーム)が16日、札幌・宮の森ジャンプ競技場での今季初の練習を行った。新型コロナウイルスの影響で結果的に…

後で読む
東京スポーツ

パラリンピック界の二刀流を目指す! 2018年冬季平昌大会・女子アルペンスキー座位で大回転の金を含む5つのメダルを獲得した村岡桃佳(23=トヨタ自動車)が大偉業に挑む。  村岡は、夏季東京大会出場を…

後で読む
スポーツニッポン

かのナポレオンはこう言ったとされている。「わが辞書に不可能の文字はない」。18年平昌冬季パラリンピックの女子アルペンスキー大回転(座位)金を含む5個のメダルを獲得した村岡桃佳(23=トヨタ自動車)の辞書には「諦める」という文字がないのかもしれない。

後で読む
スポーツニッポン

18年平昌冬季パラリンピック女子アルペンスキー座位で大回転の金を含む5つのメダルを獲得した村岡桃佳(23=トヨタ自動車)が14日、オンラインの合同取材に応じた。来夏に延期された東京大会と22年北京大会を目指し、「両競技でのパラリンピック出場へ全身全霊を注ぎたい」と夏冬二刀流を明言した。

後で読む
デイリースポーツ

2018年平昌冬季パラリンピックのアルペンスキー女子座位で金を含むメダル5個を獲得し、19年から本格的に陸上短距離に挑戦する村岡桃佳(23)=トヨタ自動車=が14日、オンラインで取材に応じ、1年延期となった東京夏季大会と、その半年後の22年北京冬季大会の出場を目指すと明言した。 当初は20年夏まで陸上に集中する予定だった。だが、両大会の間がわずか半年になったことで「両立か、どちらか選ぶことも考えました」。活躍してきたアルペンスキーと日本記録を持つ陸上の間で揺れ動いた。1週間悩み「すごく欲張りなんですけど、両方どうしてもあきらめたくなかった」と“二刀流”での挑戦続行を決断した。

後で読む
スポーツ報知

18年平昌パラリンピックのアルペンスキーで5つのメダルを獲得した村岡桃佳(23)=トヨタ自動車=が14日、オンライン上で取材に応じ、来夏に延期された東京パラリンピックと、2022年北京パラリンピック

後で読む
スポーツニッポン

18年平昌パラリンピック女子アルペンスキー座位で大回転の金メダルを含む5つのメダルを獲得し、昨春から本格的に陸上に挑戦している村岡桃佳(23=トヨタ自動車)が14日、オンラインの合同取材に応じた。来夏に延期された東京パラリンピックと22年北京パラリンピックを目指し、「私自身の決意と覚悟として、両競技でパラリンピック出場に向けて全身全霊を注ぎたい」と夏冬“二刀流”を明言した。

後で読む
デイリースポーツ

2018年平昌冬季パラリンピックのアルペンスキー女子座位でメダル5個を獲得し、陸上短距離で東京大会出場を狙う村岡桃佳(トヨタ自動車)が14日、オンラインでの取材に応じ、東京大会からわずか半年後に開催される22年北京冬季大会にアルペンスキーで出場を目指すと明言した。今年9月から来春にかけて、国内外で、陸上とスキーの両大会に出場する。 もともとは東京大会終了まで陸上に専念してからスキーに復帰する計画だったが、新型コロナウイルスの影響で東京大会が1年延期となり、両パラリンピックの出場資格を得るため、2競技を同時にこなすことになった。

後で読む
デイリースポーツ

2018年平昌パラリンピックアルペンスキー女子大回転(座位)金メダリストで、同大会で計5個のメダルを獲得した村岡桃佳(23)=トヨタ自動車=が14日、オンラインで合同取材に応じ、昨年から本格的に挑戦を始めた陸上での東京パラリンピック出場と北京パラリンピック出場を目指すと表明した。 当初は20年夏まで陸上に集中し、その後北京パラリンピックを目指す予定だったが、東京パラリンピックが1年延期となったことで、両大会の間は約半年に短縮された。“二刀流”を続けることに悩みもしたが「欲張りなんですけど、どちらもあきらめきれなかった」と決断した。

後で読む
サンケイスポーツ

東京運動記者クラブのスキー分科会は11日、2019~20年シーズンに最も印象的な活躍をした選手に贈る「スノーリート賞」に、ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)を選んだと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

米TMZ(電子版)は8日(日本時間9日)、 米総合格闘技団体「UFC」元2階級同時王者で6日(同7日)に自身のSNSで3度目の現役引退を表明したコナー・マクレガー(31)=アイルランド =が、母国アイルランドのリゾートでジェットスキーを楽しむ姿が目撃されたと報じた。

後で読む
日刊スポーツ

ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(23=クラレ)が8日、新型コロナウイルス感染症対策を支援するため、試合で着用したゼッケンとゴーグルに直筆のサインを…

後で読む
スポーツニッポン

ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)が8日、新型コロナウイルス感染症対策を支援するため、実際に試合で着用したゼッケンとゴーグルに直筆のサインを入れ「ヤフオク!エールオークション」に出品したと公式サイトで発表した。落札金は支援活動に充てられる。

後で読む
デイリースポーツ

ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)が8日、新型コロナウイルス感染症対策を支援するため、実際に試合で着用したゼッケンとゴーグルに直筆のサインを入れ、慈善競売サイトの「ヤフオク!エールオークション」に出品したと公式ホームページで発表した。 落札金は支援活動に充てられる。高梨は「微力ではありますが、1日でも早く安心して暮らせる日々が来ることを願って、私もできる限りのことで頑張っていきたい」とコメントを出した。

後で読む
デイリースポーツ

スキージャンプ女子・平昌五輪銅メダリストの高梨沙羅(23)=クラレ=が8日、新型コロナウイルス感染症対策のチャリティー活動に参画したことを発表した。 インターネットオークションサイト「ヤフオク!」で開催中の慈善オークションにW杯蔵王大会で着用したゴールドビブスと、オークリーのゴーグルをともにサイン入りで出品。落札金額を支援金として寄付する。

後で読む
スポーツ報知

スキージャンプ女子で18年平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(23)=クラレ=が8日、インターネットオークションサイト「ヤフオク!」で新型コロナウイルス感染症に対する活動支援策として開催中の「エールオークシ

後で読む
日刊スポーツ

J1清水エスパルスは30日、静岡市内のグラウンドで選手を2組に分け、非公開でのトレーニングに励んだ。練習後、ピーター・クラモフスキー監督(41)とMF中村慶太…

後で読む
サンケイスポーツ

国際スキー連盟は25日、オンラインで理事会を開き、新型コロナウイルスの影響で、来年2月にイタリアのコルティナダンペッツォで開催予定だったアルペンの世界選手権を2022年に延期したいと同国側が要望したことを受け、7月1日まで状況を再調査することを決めた。

後で読む
日刊スポーツ

国際スキー連盟は25日、オンラインで理事会を開き、新型コロナウイルスの影響で、来年2月にイタリアのコルティナダンペッツォで開催予定だったアルペンの世界選手権を…

後で読む
スポーツニッポン

イタリア・オリンピック委員会のジョバンニ・マラゴ会長らを含む同国のスキー関係各団体が、国際スキー連盟(FIS)に対し、2021年2月7日から21日までコルチナ・ダンペッツォ(イタリア北部)で開催されることになっているアルペンスキーの世界選手権を、北京冬季五輪が終了する1カ月後の2022年3月に延期するように求めた。

後で読む
日刊スポーツ

アルペンスキー女子のスーパー大回転で2014年ソチ冬季五輪金メダル、18年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)銀メダルのアナ・ファイト(オーストリア=…

後で読む
サンケイスポーツ

アルペンスキー女子のスーパー大回転で2014年ソチ冬季五輪金メダル、18年平昌冬季五輪銀メダルのアナ・ファイト(オーストリア=旧姓フェニンガー)が23日、現役引退を表明した。AP通信が報じた。ワールドカップ(W杯)では通算15勝を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

アルペンスキー女子のスーパー大回転で2014年ソチ冬季五輪金メダル、18年平昌冬季五輪銀メダルのアナ・ファイト(オーストリア=旧姓フェニンガー)が23日、現役引退を表明した。AP通信が報じた。ワールドカップ(W杯)では通算15勝を挙げた。 30歳のファイトは昨年1月に右膝前十字靱帯を断裂し手術を経て復帰するなど、たびたび大けがを乗り越えてきた。「レースをするのは好きだけど、平昌以後、本来の競争心がなくなってきた」と語った。(共同)

後で読む
スポーツまとめ

配信 デイリースポーツ  女子プロレス「スターダム」は23日、所属する木村花さんが同日に死去したことを発表した。22歳だった。木村さんは人気テレビ番組「テラスハウス」に出演中で、SNSなどで多くの誹謗中傷が届いていたとされている。多くの女性アスリートもSNSなどでの中傷に対して思いを綴った。木村さんの早すぎる死を受けてとみられる。  スキージャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)は、インスタグラムのストーリー機能を更新。「言葉は人を癒やし、時にナイフのように人を傷つけてしまう。受け取る側に…

後で読む
デイリースポーツ

女子プロレス「スターダム」は23日、所属する木村花さんが同日に死去したことを発表した。22歳だった。木村さんは人気テレビ番組「テラスハウス」に出演中で、SNSなどで多くの誹謗中傷が届いていたとされている。多くの女性アスリートもSNSなどでの中傷に対して思いを綴った。木村さんの早すぎる死を受けてとみられる。 スキージャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)は、インスタグラムのストーリー機能を更新。「言葉は人を癒やし、時にナイフのように人を傷つけてしまう。受け取る側によって感じ方も大小変わってしまう。だからこそ言葉を発する前に一瞬でも相手のことや、先のことを考えなくてはならないんじゃないかな。でも、実際その余裕がないことが多いんですよね。会話をしてる時は少しでも相手に思いやりを持って話せたら素敵だなって思います。心に余裕がない時は他にストレスをぶつけがちだけどその時間やエネルギーがあるなら自分を磨く為に、頑張る自分を愛する為に使ってほしいです。時間の使い方は個人の自由だけど、限りのある時間は大切に人を傷つける為じゃなく自分の為に。大切な誰かのために」と、長文で思いを綴った。

後で読む
スポーツまとめ

元レスリング世界女王で、総合格闘家の山本美憂(45)が22日、自身の公式インスタグラム(@miyuu_krazybeeee)のストーリーズで、フォロワーから4度目の結婚を祝福される画像を投稿した。 自身の非公開のアカウント(@miyuu_yamamoto)の画像で、夕日を背景にお相手のグアムを活動拠点に置く、米国人総合格闘家、カイル・アグオン(31)とのツーショットを披露し、「とてもいい1日でした」とつづった。フォロワーからは「美憂姉さんめでとう」と祝福された。 山本は2004年アテネ…

後で読む
スポーツ報知

2018年平昌五輪フリースタイルスキー男子モーグルで銅メダルを獲得した、原大智(23)=宮城=が17日、広島競輪場の7R「A級男子新人戦一般」(7車立て)に出場。デビュー3戦目での初勝利を目指したが

後で読む
スポーツまとめ

1月にロサンゼルス近郊のカラバサスでヘリコプター墜落事故死した元NBAレーカーズのコービー・ブライアント氏と、13歳だった次女ジアナさんらの検視報告書が発表され、41歳だったブライアント氏の体内から精神刺激薬メチルフェニデードが検出された。操縦士からアルコール、薬物などは検出されなかった。15日のAP通信などが報じた。  メチルフェニデードは中枢神経系を興奮させ、睡眠障害のナルコレプシーや注意欠陥多動性障(ADHD)に処方される。精神依存があり、極めて強い快情動を起こすため、3月20日の英紙…

後で読む
スポーツニッポン

米カリフォルニア州ロサンゼルス郡の検視局は15日、NBA元レイカーズのコービー・ブライアント氏ら9人が死亡したヘリコプターの墜落事故に関しての調査結果を公表。AP通信が報じているもので、中型機となる「シコルスキー・S―76B」を操縦していたアラ・ゾバヤン氏(50)の体内からはアルコールや薬物などは検出されなかったと発表した。

後で読む
日刊スポーツ

18年平昌五輪フリースタイルスキー男子モーグルで銅メダルを獲得した原大智(23=宮城)が、競輪デビューした。ルーキーシリーズ2020の予1・9Rに登場。勝負ど…

後で読む
デイリースポーツ

全日本スキー連盟は15日、2020~21年シーズンの強化指定選手を発表し、ジャンプで男子の小林陵侑(土屋ホーム)や女子の高梨沙羅(クラレ)、ノルディック複合の渡部暁斗(北野建設)らが名を連ねた。ジャンプ男子で47歳の葛西紀明(土屋ホーム)は外れた。 男子モーグルでは堀島行真(中京大)や、競輪で15日にプロデビューした原大智(日本スキー場開発ク)らが選ばれた。スノーボードではアルペン種目の女子で竹内智香(広島ガス)が3季ぶりに復帰。男子ハーフパイプの戸塚優斗(ヨネックス)、女子スロープスタイルの鬼塚雅(星野リゾート)らも入った。

後で読む
スポーツ報知

日本スキー連盟は15日、2020―21年シーズンの強化選手を発表。12種目に142選手(男子83、女子59)が名を連ねた。

後で読む
サンケイスポーツ

2018年の平昌五輪フリースタイルスキー男子モーグルで銅メダルを獲得し、競輪選手との二刀流を目指して日本競輪選手養成所を卒業した原大智(23)=宮城・117期=が、15日の広島競輪場の第9Rでデビュー戦を迎えた。

後で読む
デイリースポーツ

全日本スキー連盟は15日、2020~21年シーズンの強化指定選手を発表した。ジャンプ女子の平昌五輪銅メダリスト、高梨沙羅(23)=クラレ=、ノルディック複合の渡部暁斗(31)=北野建設=らが順当に選出された一方で、冬季五輪に史上最多の8度出場したジャンプ男子の葛西紀明(47)=土屋ホーム=が外れることになった。 葛西は1988年12月にワールドカップ(W杯)に初出場して以降、故障で離脱したシーズンを除いてW杯に出続けてきたが、19~20年シーズンはW杯で30位以内に一度も入れないなど不振で、強化指定の基準をクリアできず。来季は国内大会やW杯の下部大会で好成績を残す必要がある立場となった。

後で読む
日刊スポーツ

18年平昌五輪フリースタイルスキー男子モーグルで銅メダルを獲得した原大智(23=宮城)が、競輪デビューした。ルーキーシリーズ2020の予1・9Rに登場。内に包…

後で読む
スポーツ報知

18年平昌五輪フリースタイルスキー・男子モーグルで銅メダルを獲得した原大智(23)=宮城=が15日、競輪デビューを果たした。広島競輪第9Rに登場した原は、3着だった。

後で読む
スポーツ報知

18年の平昌五輪フリースタイルスキー・男子モーグルで同種目初のメダルとなる銅メダルを獲得した原大智(23)=宮城・117期=の競輪デビュー戦が15日、広島競輪第9Rで行われた。

後で読む
スポーツまとめ

 人気SF映画『マトリックス』シリーズ第4弾の撮影が、7月頭にも再開される可能性があるとVarietyが独占で報じた。  今年2月より撮影がスタートした第4弾は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月半ばより撮影が休止状態となっている。同サイトによると、配給の米ワーナー・ブラザースは7月の撮影再開を見込んでおり、ネオ役のキアヌ・リーヴスらキャストは少なくとも7月6日まで待機できるよう、8週間の延長契約にサインしたという。  に全米公開を予定している本作だが、今後の製作…

後で読む
スポーツまとめ

コロナ風俗発言で思い出される「嫌なら見るな」 岡村の余計な一言 「ナインティナイン」の岡村隆史が5月7日深夜に自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、 物議を醸した「新型コロナで貧困女性の風俗嬢になることが楽しみ」と言った発言を改めて謝罪した。 そして先週に引き続き、相方の矢部浩之も出演し、岡村と共に改めて謝罪した。 岡村は矢部に対し「すごいリスキーやと思うし、来てもらったことは本当に感謝」と素直に気…

後で読む
スポーツニッポン

2020年1月26日。コービー・ブライアントら9人を乗せた中型ヘリの「シコルスキー・S―76B」はロサンゼルス南部のジョン・ウェイン空港を飛び立ってすぐに濃霧に巻き込まれた。必要な視程を得られず、50歳のアラ・ゾバヤン操縦士は苦しむ。雲の中を飛行する際にはレーダーに誘導してもらう計器飛行規程(IFR)に従えば可能だが、ヘリを所有していたアイランド・エクスプレス社はその資格を与えられておらず、雲…

後で読む
スポーツニッポン

全日本スキー連盟は11日、オンラインで常務理事会を開いて2020~21年シーズンの強化指定選手を承認し、冬季五輪に史上最多の8度出場したジャンプ男子の47歳、葛西紀明(土屋ホーム)が外れることになった。

後で読む
日刊スポーツ

全日本スキー連盟は11日、オンラインで常務理事会を開いて2020~21年シーズンの強化指定選手を承認し、冬季オリンピック(五輪)に史上最多の8度出場したジャン…

後で読む
デイリースポーツ

全日本スキー連盟は11日、オンラインで常務理事会を開いて2020~21年シーズンの強化指定選手を承認し、冬季五輪に史上最多の8度出場したジャンプ男子の47歳、葛西紀明(土屋ホーム)が外れることになった。 1988年12月にワールドカップ(W杯)に初出場した葛西は、故障で離脱したシーズンを除いてW杯に出続けてきた。しかし、19~20年シーズンはW杯で30位以内に一度も入れないなど不振で、強化指定の基準をクリアできなかった。来季は国内大会やW杯の下部大会で好成績を残す必要がある立場となった。

後で読む
サンケイスポーツ

全日本スキー連盟は11日、オンラインで常務理事会を開いて2020~21年シーズンの強化指定選手を承認し、冬季五輪に史上最多の8度出場したジャンプ男子の47歳、葛西紀明(土屋ホーム)が外れることになった。

後で読む
スポーツまとめ

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(56)が10日、フジテレビ「ワイドナショー」に出演。お笑いコンビ「ナインティナイン」岡村隆史(49)の不適切発言について持論を述べた。 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、岡村は4月23日深夜のニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)で、「コロナが終息したら美人さんがお嬢(風俗嬢)やる」などと発言。批判を浴びて、その後謝罪した。 「岡村の場合は1人でしょ。1人で2時間の生放送はリスキー。目の前にい…

後で読む
スポーツまとめ

松本人志、岡村隆史は「悪いやつじゃない」 ラジオ発言は「イエローカード以上レッドカード未満」 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、10日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。 先月23日放送のニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)での発言をめぐって、 その後2週にわたって番組内で謝罪を行った岡村隆史に対して「今の時代2時間、岡村の場合はひとりでしょ? ひとりで2時間生放送のラジオっていうのは…

後で読む
スポーツまとめ

アイドルグループ「日向坂46」のメンバーで、4作連続で“グループの顔”ともいうべきセンターを務める小坂菜緒さん。 デビュー時から“圧倒的なビジュアル”が話題になり、モデル、女優としても活躍の場を広げている。 日向坂46がデビュー1周年を迎えた今、これまでの小坂さんの活動を、改めて振り返っていきたい。 ◇デビュー曲でセンター大抜てき グループ初のモデルにも 小坂さんは生まれ、大阪府出身の17歳で、ニックネームは「こさかな」。 2017年8月に前身グループ「けやき坂46」の2期生としてデ…

後で読む
スポーツニッポン

ノルディックスキーのジャンプ男子で47歳の葛西紀明(土屋ホーム)がW杯個人最多出場試合数を569に更新したとして、ギネス世界記録認定証を受け取った。6日、ギネスワールドレコーズジャパンの公式ツイッターで「またこの記録を更新できるよう、これからも頑張っていきたい」と笑顔で語った。

後で読む
日刊スポーツ

ノルディックスキーのジャンプ男子で47歳の葛西紀明(土屋ホーム)がワールドカップ(W杯)個人最多出場試合数を569に更新したとしてギネス世界記録認定証を受け取…

後で読む
デイリースポーツ

ノルディックスキーのジャンプ男子で47歳の葛西紀明(土屋ホーム)がワールドカップ(W杯)個人最多出場試合数を569に更新したとしてギネス世界記録認定証を受け取った。6日、ギネスワールドレコーズジャパンの公式ツイッターで「またこの記録を更新できるよう、これからも頑張っていきたい」と笑顔で語った。 葛西は冬季五輪8度出場などでもギネス記録の認定を受けている。新型コロナウイルスが猛威を振るう世界に向け「心を一つにして、この危機を乗り越えましょう」と呼びかけた。

後で読む
スポーツニッポン

ノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(47)がワールドカップ個人出場回数でギネス世界記録の認定証を授与された。ギネスワールドレコーズジャパンの公式ツイッターで発表されたもの。

後で読む
スポーツまとめ

元ソフトバンクのニコースキー氏「ローズは恐らく殿堂入りに値するんだ。何が問題なのか僕には理解できない」 近鉄・巨人・オリックスで活躍したタフィ・ローズ氏(写真はレッズ傘下所属時)【写真:Getty Images】 タフィ・ローズも野球殿堂入りできないの? 元ソフトバンク投手のCJ・ニコースキー氏、元西武のライアン・スピルボーグス氏(スピリー)が 両選手のYouTubeチャンネル「スピリー&CJ」で近鉄、巨人、オリックスで通算464本塁打を放ったローズ氏が殿堂入り漏れに疑問を呈した。 …

後で読む
スポーツまとめ

お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史と離婚したタレントのユッキーナこと木下優樹菜に、男たちが 群れをなしているという。 「木下は藤本と離婚しましたが、すべてが吹っ切れたのか、さらに色気が増し、いい女になったともっぱらの  評判ですよ。フリーに なった木下を狙って、芸能人だけではなくIT社長など、さまざまな男たちが彼女に  近づこうとしています」(アパレル関係者) 木下といえば藤本との離婚直後、サッカー日本代表で、スペインリーグSDエイバルに所属する乾貴士選手 と不倫疑…

後で読む
スポーツまとめ

 シャンソン歌手の高木椋太さんが2日に新型コロナウイルス感染症で亡くなったことを受け、夫婦で親交があった女優の藤田朋子(54)が5日、自身のインスタグラムで追悼した。  藤田は「朝が来ました 何故か昨日、ベランダの掃除をした私は、パーティで外に出したままになっていた瓶ビールを見つけ片付けようとしたら、珍しく桑山君が『エビス?あ、なら何本か冷やしておいて』と言うので冷蔵庫に入れました  入れてもいつ呑むんだろなって思いながら 棚に寝かせました 桑山は家呑みしない人ですから でも 夜通し呑んで…

後で読む
日刊スポーツ

タイガースのジョーダン・ジマーマン投手は今月で34歳になるが、引退については考えていないという。デトロイト・ニュース紙のクリス・マコスキー記者が報じている。ジ…

後で読む
デイリースポーツ

アルペンスキーでともに現役を引退した男子のマルセル・ヒルシャー(オーストリア)と女子のリンゼイ・ボン(米国)らが慈善活動を目的としたスマートフォンのアプリを使って走るレースに参加し、約280万ユーロ(約3億3千万円)が集まった。ロイター通信が4日、報じた。 レースには約7万7千人が参加し、集まった寄付金は脊髄損傷の研究活動に贈られる。(共同)

後で読む
スポーツまとめ

映画好きから「驚く…」というレビューが多数寄せられるびっくりする映画まとめ。『シックス・センス』など名作ホラーから『ゲット・アウト』などの人怖系、『パラサイト 半地下の家族』などストーリー展開に驚かされる作品など10本厳選。 『クワイエット・プレイス』(2018)アメリカ  ジョン・クラシンスキー監督作。ジョン・クラシンスキー自身と、妻であるエミリー・ブラントが出演。 『ドント・ブリーズ』(2016)アメリカ  『蜘蛛の巣を払う女』などのフェデ・アルバレスが監督・脚本を担当。ジェー…

後で読む
スポーツまとめ

4月29日放送の『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)3時間SPに出演した俳優・杉野遥亮が、視聴者をイライラさせてしまったようだ。 杉野が出演したのは、シベリアンハスキーの超能力犬・ジャーマンが反応したスポットからネタを探す「ネタ掘れワンワンの旅」というコーナー。訪問先はジャーマンの反応にかかっているため、ラーメンが好物という杉野は「ジャーマン止まってくんねぇかなぁ!」と中華料理店の前で止まることを期待する。見事ジャーマンが店前で止まると、ここでチンジャオロース麺をいただく…

後で読む
スポーツまとめ

様々なドラマが繰り広げられるSF映画。決して子供向けにとどまらず、圧倒的なクオリティで作り出されたその作品たちには、映画史に残る傑作も数多く存在する。 今回は、あくまで独断と偏見に基づくものの、厳選に厳選を重ね、思わず唸る面白さのSF映画の傑作たち30本を、ランキングにまとめておすすめしたい。 1位:『2001年宇宙の旅』(68) 監督:スタンリー・キューブリック 141分 2位:『スター・ウォーズ』(77) 監督:ジョージ・ルーカス 121分 3位:『ブレードランナー』(82) …

後で読む
スポーツまとめ

「長くJリーグを支えてくれた」という基準で選んだ  4月23日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。ここでは、辛口な評論でも知られるセルジオ越後氏の“マイベストイレブン”を紹介しよう。  選手の「質」に着目して考えたら、ジーコ、ドゥンガ、ピクシー(ストイコビッチの愛称)、レオナルド、サンパイオ、ブッフバルト、エムボ…

後で読む
スポーツまとめ

カップ麺は、強い味方です。しかし、たくさん食べていると、どうにも飽きがくるときもあるのではないでしょうか。  そこで“味変”やアレンジとなるわけですが、味変は味が強いともとの味わいが失われてしまいますし、あんまり凝ったものだと、ちょっと手間がかかります。  もちろん、否定するわけではありません。味変には無限ともいえる自炊の可能性が広がっていますし、かつてアスキーグルメのナベコさんが提案したように、アレンジでカップ麺も気の利いた一品に進化するのです(カップヌードルを家で食べるなら絶対やってみ…

後で読む
デイリースポーツ

J1清水のクラモフスキー監督が2日、オンラインで取材に応じ、新型コロナ感染拡大に伴う緊急事態宣言の延長が4日にも決定する厳しい現状を「自分がコントロールできるところではない。どうやって毎日成長して、乗り越えていけるかだけを考えている」と冷静に受け止めた。 活動休止中の選手には個別で練習プログラムを課し、報告を義務づけて監督が日々状態などを観察しているという。2月下旬から中断が続くリーグ戦の再開にめどは立っていないが「何が起こってもポジティブな捉え方をしている。この期間も最大限に生かして、できることをやっていく」と前向きに語った。

後で読む
スポーツニッポン

清水のクラモフスキー監督がオンラインで取材に応じ、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の延長が4日にも決定する現状を「自分がコントロールできるところではない。どうやって毎日成長して、乗り越えていけるかだけを考えている」と冷静に受け止めた。

後で読む
デイリースポーツ

J1清水のクラモフスキー監督が2日、オンラインで取材に応じ、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の延長が4日にも決定する厳しい現状を「自分がコントロールできるところではない。どうやって毎日成長して、乗り越えていけるかだけを考えている」と冷静に受け止めた。 活動休止中の選手には個別で練習プログラムを課し、報告を義務づけて監督が日々状態などを観察しているという。2月下旬から中断が続くリーグ戦の再開にめどは立っていないが「何が起こってもポジティブな捉え方をしている。この期間も最大限に生かして、できることをやっていく」と前向きに語った。

後で読む
日刊スポーツ

J1清水エスパルスのピーター・クラモフスキー監督(41)が2日、オンライン会議システム「Zoom」で取材に応じた。クラブは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、…

後で読む
スポーツまとめ

Filmarksで高評価が集まるヒューマンドラマ。『フォレスト・ガンプ/一期一会』『ギルバート・グレイプ』など、観終わったあと、観てよかった!と心温まる10本を紹介。 『ワンダー 君は太陽』(2017)監督・スティーヴン・チョボスキー 『リトル・ミス・サンシャイン』(2006)監督・ジョナサン・デイトン 『LIFE!』(2013)監督・ベン・スティラー 『ギルバート・グレイプ』(1993)監督・ラッセ・ハルストレム 『最強のふたり』(2011)監督・エリック・トレダノ …

後で読む
デイリースポーツ

ノルディックスキー・ジャンプ男子で2006年トリノ冬季五輪代表の伊藤謙司郎(30)が30日、現役を引退したと明らかにした。5月1日付で土屋ホームに入社する。3月末に雪印メグミルクを退社。現役続行の道を模索していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で支援先確保が難しく、断念した。 伊藤は北海道・下川商高1年時の16歳でトリノ五輪代表に選ばれたが、出場機会はなかった。札幌で行われた07年世界選手権やワールドカップ(W杯)39試合に出場した。今後は同郷の先輩、葛西紀明や小林陵侑が所属し、自身も08年に在籍した土屋ホームのスキー部を裏方として支える。

後で読む
サンケイスポーツ

ノルディックスキー・ジャンプ男子で2006年トリノ冬季五輪代表の伊藤謙司郎(30)が30日、現役を引退したと明らかにした。5月1日付で土屋ホームに入社する。3月末に雪印メグミルクを退社。現役続行の道を模索していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で支援先確保が難しく、断念した。

後で読む
スポーツまとめ

ジャンプ  ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(23=クラレ)が30日から、資生堂アネッサの公式SNS上で自撮り動画を公開し“ステイホーム”を呼び掛ける。  高梨はヨガやストレッチをする映像とともに「なるべく外に出ないように、おうちでトレーニングを続けています」と近況報告。「大切な人たちを守るためにもそれぞれできる限りのことで頑張っていきましょう。一緒に乗り越えよう」とメッセージを添えた。  高梨のほか女子テニスの大坂なおみ(22=日清食品)やカヌー・スラローム…

後で読む
スポーツニッポン

ノルディックスキー・ジャンプ男子の06年トリノ冬季五輪代表、伊藤謙司郎(30)が現役を引退することが29日、分かった。今年3月に雪印メグミルクを退社。競技を続ける道を模索したが、新型コロナウイルス感染拡大が経済にも影響を及ぼす中で、競技を続ける環境を整えることが難しいと判断した。今後は5月1日付で08年に在籍した土屋ホームの社員となる。

後で読む
スポーツニッポン

ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(23=クラレ)が30日から、資生堂アネッサの公式SNS上で自撮り動画を公開し“ステイホーム”を呼び掛ける。

後で読む
デイリースポーツ

スキージャンプ女子の高梨沙羅(23)=クラレ=が30日から始まる資生堂の新企画「Keep Shining」の第1弾として登場する。 同企画は新型コロナ感染拡大に伴う自粛生活を応援するため、同社の契約アスリートがリレー形式で公式YouTubeやSNSに動画を公開していく。高梨は自宅で入念にストレッチやヨガを行う姿を披露しつつ「私はなるべく外に出ないように、おうちでトレーニングを続けています。皆さんの大切な人を守るためにも、できる限りのことを頑張っていきましょう。一緒に乗り越えよう」と結束を呼び掛ける。

後で読む
スポーツニッポン

日本中学校体育連盟(中体連)は28日、今夏に東海地方で予定された全国中学校体育大会(全中)の中止を決めたと正式に発表した。同日、都道府県レベルの中学校体育連盟などに通達した。中体連によると、全中の中止は初めて。冬季大会の駅伝やスキーなどの開催可否は引き続き検討する。

後で読む
デイリースポーツ

日本中学校体育連盟(中体連)は28日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、今夏に東海地方で予定された全国中学校体育大会(全中)の中止を決めたと発表した。同日、都道府県レベルの中学校体育連盟などに通達した。中体連によると、全中の中止は初めて。冬季大会の駅伝やスキー、スケートなどは引き続き検討する。 全中は8月17~25日に岐阜県、静岡県、愛知県、三重県で陸上や水泳などを行う計画だった。中体連は「中学生アスリートにとって五輪に匹敵する夢舞台」と意義を強調した上で「感染拡大に伴い、関係する全ての皆さまの命と安全を守るため、苦渋の決断をするに至った」と説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

国際スキー連盟(FIS)は27日、ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合の2020~21年シーズンの暫定日程を発表した。新たに女子のW杯が始まり、12月4日にリレハンメルで開幕戦を実施。来年3月までに数試合が計画されている。FISは将来的に女子の五輪種目採用を目指している。

後で読む
スポーツニッポン

ノルディックスキー複合で五輪2大会連続銀メダルの渡部暁斗(31=北野建設)が自身のSNSを更新。自宅での練習にバーチャルサイクリングを取り入れていることを明かし、5月2日までのツイッターのリツイート数×100メートルの距離をバーチャル上で走る「リツイートチャレンジ!」企画を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

米マイナーリーグの元剛速球左腕で映画「さよならゲーム」のモデルになったスティーブ・ダルコウスキーさんが19日に新型コロナウイルスと持病の合併症で死去していたと24日、AP通信が報じた。80歳だった。

後で読む
デイリースポーツ

国際スキー連盟は24日、2020~21年のノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男女の暫定日程を発表し、日本では男子が来年2月6、7日に札幌で個人戦2試合が組まれた。女子は1月9、10日に札幌で個人戦2試合、同15~17日に山形市蔵王で個人戦2試合、団体戦1試合が開催される。 新型コロナウイルスの感染拡大で、今年3月から延期となった男子のフライング世界選手権は12月11~13日にスロベニアで実施される。W杯開幕戦は男子が11月21日にポーランド、女子が12月5日にリレハンメルで行われる。

後で読む
デイリースポーツ

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で2018~19年シーズンに日本人初の個人総合王者に輝いた小林陵侑や葛西紀明(ともに土屋ホーム)らを指導したヤンネ・バータイネン氏が、母国フィンランドのヘッドコーチに復帰すると24日、国際スキー連盟の公式サイトが伝えた。 45歳のバータイネン氏は、08年から10年までフィンランドを率いた経験がある。11年4月に土屋ホームのコーチに就任して小林陵らを育て、18~19年シーズン限りで退任していた。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

国際スキー連盟は24日、2020~21年のノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男女の暫定日程を発表し、日本では男子が来年2月6、7日に札幌で個人…

後で読む
日刊スポーツ

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で2018~19年シーズンに日本人初の個人総合王者に輝いた小林陵侑や葛西紀明(ともに土屋ホーム)らを指導…

後で読む
サンケイスポーツ

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で2018~19年シーズンに日本人初の個人総合王者に輝いた小林陵侑や葛西紀明(ともに土屋ホーム)らを指導したヤンネ・バータイネン氏が、母国フィンランドのヘッドコーチに復帰すると24日、国際スキー連盟の公式サイトが伝えた。

後で読む
日刊スポーツ

球速200キロを超える豪速球を投げたと言われる伝説的なマイナーリーガー、スティーブ・ダルコウスキー氏が新型コロナウイルス感染による持病悪化で現地19日に死去し…

後で読む
デイリースポーツ

スポーツ専門局ESPN(電子版)は21日、米プロフットボールNFLのペイトリオッツで活躍し、2018~19年シーズン限りで引退したTEグロンコウスキーが現役復帰してバッカニアーズにトレードされると報じた。ペイトリオッツとは契約が1年残っていた。 グロンコウスキーはオールスター戦(プロボウル)に5度選出。ペイトリオッツでともに攻撃の要として一時代を築いたQBブレイディと再び組むことになる。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

スポーツ専門局ESPN(電子版)は21日、NFLのペイトリオッツで活躍し、2018~19年シーズン限りで引退したTEグロンコウスキーが現役復帰してバッカニアー…

後で読む
デイリースポーツ

昨年3月に現役引退を表明したNFLペイトリオッツのTEロブ・グロンコウスキー(30)が現役復帰し、QBトム・ブレイディ(42)が所属するバッカニアーズにトレードされた、と21日(日本時間22日)、米スポーツ専門局ESPN(電子版)が伝えた。同選手の代理人が認めたという。 グロンコウスキーはペイトリオッツ一筋9シーズンで3度のスーパーボウル制覇に貢献。ブレイディから受けた78タッチダウンパスは10年から18年スパンでリーグ最多だった。18-19年シーズンを最後に1年の契約を残して現役引退。今月4日にはプロレス団体WWEの「レッスルマニア36」に出場していきなり24/7王座を獲得し、話題になった。

後で読む
スポーツニッポン

NFLペイトリオッツでスーパーボウル3度の優勝に貢献したタイトエンド(TE)のロブ・グロンコウスキー(30=198センチ、122キロ)がドラフト指名権との交換でバッカニアーズにトレードされることになった。21日までに合意に達したもので、同選手の代理人を務めるドリュー・ローゼンハウス氏は「まだ身体検査が残っているが、ロブはバッカニアーズでプレーすることに同意した」と語っている。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルスの感染拡大で来年の開催も危ぶむ声が出てきた東京五輪について、12年ロンドン五輪で公衆衛生ディレクターを務めたブライアン・マクロスキー博士(英国)は18日、再延期を検討するのは時期尚早との見方を示した。

後で読む
サンケイスポーツ

全日本スキー連盟は17日、オンラインによる理事会を開き、9月末まで事業を中止することを決めた。当初の4月末までから延長した。新型コロナウイルスの感染状況が好転すれば再検討するが、夏場には例年、サマージャンプの大会が開催されており、中止になる可能性がある。

後で読む
デイリースポーツ

スキージャンプ女子18年平昌五輪銅メダリストの高梨沙羅(23)=クラレ=が17日、自身のインスタグラムに動画を投稿し、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、最前線で闘う医療従事者などへの感謝を語った。 「医療関係者の皆様をはじめ、私たちの生活を守るためにたくさんの方々が頑張ってくださっています。本当にありがとうございます」。そして、緊急事態宣言が出され、全国的に自粛生活が続く中、「早く安心して暮らせる日が、心からスポーツを楽しめる日がくることを願って、私たちもできる限りのことで頑張っていきましょう!」と、人々に呼びかけた。

後で読む
サンケイスポーツ

元西ドイツ代表MFのピエール・リトバルスキー氏は、「心の中では日本人」と感じているようだ。ドイツ誌『11 Freunde』のインタビューで人生を振り返るなかで明かした。

後で読む
日刊スポーツ

MLBで11年間にわたり救援投手としてプレーしたスコット・ラジンスキー氏(52)は現役時代、パンクロッカーとしても活動していたという。NBCスポーツが報じてい…

後で読む
日刊スポーツ

元レッドソックスのスター選手、デービッド・オルティス氏は俳優のジョン・クラシンスキー氏とともに、新型コロナウイルスと闘っているボストンの医療従事者に、生涯にわ…

後で読む
サンケイスポーツ

【ニューヨーク13日(日本時間14日)=竹濱江利子通信員】大リーグ、ボストン・レッドソックスなどで活躍したデービッド・オルティス氏(44)と、俳優、ジョン・クラシンスキー氏(40)がレッドソックスとタッグを組み、新型コロナウイルス患者の治療を行う病院スタッフにレッドソックス戦の生涯チケットをプレゼントしたとボストン・ヘラルド(電子版)などが伝えた。

後で読む
日刊スポーツ

カヌースプリントの照井咲頼(18)が、ハンガリー武者修行で24年パリオリンピック(五輪)を目指す。高校時代にはカヌーと距離スキーで夏冬国体に出場し“水陸二刀流…

後で読む
日刊スポーツ

大きな瞳を輝かせ、未来に希望を抱く。ノルディックスキー・ジャンプ女子の渡辺陽(みなみ=22)が、社会人として新たなスタートを切った。4月から東部ダイハツ所属と…

後で読む
スポーツニッポン

清水のブラジル人DFエウシーニョ(30)が9日、今季初めて全体練習に合流した。股関節痛の治療のため始動から別メニューが続き、この日は約2時間のフルメニューを消化。ピーター・クラモフスキー監督(41)の前で、完全復活に向け一歩前進した。

後で読む
サンケイスポーツ

ノルディックスキーのジャンプ男子で4個の冬季五輪金メダルを獲得しているシモン・アマン(スイス)が8日、40歳で迎える2022年北京五輪でも優勝を狙う意欲を示した。スイス代表チームを通じ「再び素晴らしい成績を挙げられると確信している」とコメントした。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド4日(日本時間5日)発】史上初の無観客試合となった世界最大のプロレス団体WWEの祭典「レッスルマニア36」2日目が開催され、NFLスーパーボウルでニューイングランド・ペイトリオッ…

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルス感染拡大で長引くJリーグの中断期間を、J1清水が有効活用している。今季から指揮するクラモフスキー監督は「難しい状況だが、この期間をしっかり使って発展させられている」と、自らが掲げる攻撃サッカーの成熟に手応えを示している。 最終節まで残留を争い、J1ワーストの69失点だった昨季から社長、ゼネラルマネジャー、監督を代えて体制を一新した。新監督は昨季優勝した横浜Mでヘッドコーチを務め、ポステコグルー監督の参謀役としてJ1最多得点の戦術を支えた。攻撃力を前面に出し、守備に割く時間帯を減らす狙いも持ち「どこが相手でも信念を持って戦いたい」と話す。

後で読む
スポーツ報知

新型コロナウイルスはノルディックスキー・ジャンプなどの冬季競技にも影響を及ぼしている。同競技で30年以上、第一線で活躍する葛西紀明(47)=土屋ホーム=はW杯組復帰へ再起を図っていた矢先、3月中の国

後で読む
デイリースポーツ

「練習試合、清水8-0磐田」(28日、IAIスタジアム日本平) 今季から指揮するクラモフスキー監督が目指す攻撃的サッカーが清水に浸透しつつある。J2磐田との練習試合で1試合目は3得点で逆転勝ちし、2試合目は8得点の大勝。監督は「自分たちのサッカーがどう発展しているか見せられたし、ゲームをコントロールできた」とうなずいた。

後で読む
スポーツニッポン

今季から指揮する清水のクラモフスキー監督が目指す攻撃的サッカーが浸透しつつある。1試合目は3得点で逆転勝ちし、2試合目は8得点の大勝。監督は「自分たちのサッカーがどう発展しているか見せられたし、ゲームをコントロールできた」とうなずいた。

後で読む
スポーツ報知

ノルディックスキー95年世界選手権複合団体金メダリストの荻原次晴さん(50)が21日、自身のブログで今年の正月にスキーで転倒して負傷していたことを明らかにした。「右膝半月板損傷」と「変形性膝関節症」

後で読む
スポーツ報知

スキージャンプ女子で18年平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(クラレ)が19日、個人総合4位で終えた19―20年シーズンを総括した。

後で読む
日刊スポーツ

雪印メグミルクは16日、06年トリノ五輪ノルディックスキー・ジャンプ男子日本代表の伊藤謙司郎(30)が今月31日をもって同スキー部を退部することを発表した。下…

後で読む
日刊スポーツ

国際スキー連盟(FIS)は15日、フリースタイルスキー女子の今季の最優秀新人賞にワールドカップ(W杯)総合7位に入った15歳の川村あんり(ジョックス)を選出し…

後で読む
サンケイスポーツ

国際スキー連盟(FIS)は15日、フリースタイルスキー女子の今季の最優秀新人賞にワールドカップ(W杯)総合7位に入った15歳の川村あんり(ジョックス)を選出したと発表した。W杯に初出場した昨年12月の開幕戦で2位に入るなどの活躍が評価された。

後で読む
デイリースポーツ

国際スキー連盟(FIS)は15日、フリースタイルスキー女子の今季の最優秀新人賞にワールドカップ(W杯)総合7位に入った15歳の川村あんり(ジョックス)を選出したと発表した。W杯に初出場した昨年12月の開幕戦で2位に入るなどの活躍が評価された。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国際スキー連盟は14、15日にカナダのケベックで予定されていたノルディック距離のワールドカップ(W杯)を中止した。これ以降…

後で読む
スポーツニッポン

清水は降りしきる雨の中、課題の克服に取り組んだ。14日は主にエリア内の攻守を想定した戦術練習を実施。攻撃側3人、守備側2人でクロス対応や狭いエリアでのゲーム形式を行った。

後で読む
スポーツ報知

国際スキー連盟(FIS)は12日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、W杯ジャンプ男女の今季残り全試合を中止すると発表した。年間成績は10日のリレハンメル大会までの結果で決まり、個人総合男子は小林陵

後で読む

【トロンヘイム(ノルウェー)共同】新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国際スキー連盟は12日にノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプの残り全試合の中止を発表した。男子の小林陵侑(土屋ホーム)は「悔しいけど、しょうがない」と残念そうな表情を浮かべながら、決定を受け入れた。 個人総合王者として臨んだ今季は3度の優勝を含めて表彰台に8度立った。昨季のような圧倒的な強さではなかったが、個人総合3位とトップレベルで争う力は示した。「苦しんだにしろ、そんなに最悪なジャンプではなかった。いいシーズンだったという印象」と総括した。

後で読む

国際スキー連盟(FIS)は12日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、今月に予定されていたスキージャンプW杯男女の今季残り全試合を中止すると発表した。

後で読む

日本障害者スキー連盟は13日、新型コロナウイルスの感染拡大により、スウェーデンのエステルスンドで開催予定だったバイアスロンの世界選手権(12~15日)とノルディックスキーのワールドカップ(W杯)最終戦(17~22日)が中止となり、遠征中の日本代表が帰国すると発表した。

後で読む

国際スキー連盟は12日、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ノルディックのワールドカップ(W杯)ジャンプの残り全試合を男女とも中止すると発表した。代替はない。2…

後で読む

【トロンヘイム(ノルウェー)共同】国際スキー連盟は12日、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ノルディックのワールドカップ(W杯)ジャンプの残り全試合を男女とも中止すると発表した。代替はない。20~22日にプラニツァ(スロベニア)で予定されていた男子のフライング世界選手権は来季に延期する。 全日本スキー連盟は同日の臨時理事会で、ジャンプ男子の小林陵侑(土屋ホーム)や同女子の高梨沙羅(クラレ)ら海外転戦中の選手を日本に緊急帰国させる方針を決めた。

後で読む

国際スキー連盟は12日、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ノルディックのワールドカップ(W杯)ジャンプの残り全試合を男女とも中止すると発表した。代替はない。2…

後で読む

国際スキー連盟は12日、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ノルディックのワールドカップ(W杯)ジャンプの残り全試合を男女とも中止すると発表した。代替はない。20~22日にプラニツァ(スロベニア)で予定されていた男子のフライング世界選手権は来季に延期する。

後で読む

【トロンヘイム(ノルウェー)共同】国際スキー連盟(FIS)は12日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、14、15日にクラニスカゴラ(スロベニア)で予定していたアルペンスキーのワールドカップ(W杯)男子大回転と回転を中止すると発表した。 W杯は今季の全日程を終了。男子の日本勢は1975年シーズン以来、45季ぶりに一人もW杯得点(30位以内)を獲得できなかった。

後で読む

国際スキー連盟(FIS)は11日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う変更を発表し、ノルディックのジャンプは男女のワールドカップ(W杯)の残り試合全てと20~22日にプラニツァ(スロベニア)で予定されていた男子のフライング世界選手権を無観客で実施することになった。

後で読む

国際スキー連盟(FIS)は11日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、12~14日にスウェーデンのオーレで予定していたアルペンスキーのワールドカップ(W杯)で女子の最終戦を中止にすると発表した。フェデリカ・ブリニョネがイタリア勢初の総合女王に輝いた。

後で読む

【トロンヘイム(ノルウェー)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は11日、ノルウェーのトロンヘイムで個人第28戦(ヒルサイズ=HS138メートル)の予選が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が135メートルを飛び、146・2点の1位で12日の本戦に進んだ。 日本勢は6人全員が予選通過。小林潤志郎は15位、伊東大貴は24位、佐藤幸椰は36位、佐藤慧一(以上雪印メグミルク)は43位、中村直幹(東海大札幌ク)は45位だった。

後で読む

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は11日、ノルウェーのトロンヘイムで個人第28戦(ヒルサイズ=HS138メートル)の予選が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が135メートルを飛び、146・2点の1位で12日の本戦に進んだ。

後で読む

 【オスロ共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は7日、オスロで個人最終第17戦が行われ、渡部暁斗(北野建設)は4位だった。前半飛躍(ヒルサイズ=HS134メートル)は131メートルを飛び、128・4点の4位。後半距離(10キロ)は首位と1分8秒差でスタートし、終盤まで表彰台を争ったが、順位を上げられなかった。 山本涼太(早大)は飛躍で134・5メートルを飛んで2位につけたが、距離で9位に後退した。

後で読む

 【オスロ共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は7日、オスロで個人最終第17戦が行われ、前半飛躍(ヒルサイズ=HS134メートル)で山本涼太(早大)が134・5メートルを飛び、135・0点で2位につけた。渡部暁斗(北野建設)は131メートルの128・4点で4位。 既に個人総合2連覇を決めているヤールマグヌス・リーベル(ノルウェー)が首位で、山本は41秒差、渡部暁は1分8秒差で後半距離(10キロ)に臨む。

後で読む

 国際スキー連盟(FIS)は6日、雪不足などを理由に中止されたノルディックスキー複合のワールドカップ(W杯)ドイツ・ショーナッハ大会の代替開催はしないと発表した。7日にオスロで行われる個人第17戦が最終戦となる。

後で読む

 札幌スキー連盟は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため札幌市内で3月までに開催予定の今季の残り全大会を中止すると発表した。ノルディックスキー・ジャンプの札幌五輪記念大会(3月4日)や伊藤杯大倉山ナイター大会(3月21日)、距離の全日本選手権(3月11~14日)、フリースタイルスキー・モーグルの全日本ジュニア選手権(3月15日)などが予定されていた。

後で読む

 札幌スキー連盟は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため札幌市内で3月までに開催予定の今季の残り全大会を中止すると発表した。ノルディックスキー・ジャンプの札幌五輪記念大会(3月4日)や伊藤杯大倉山ナイター大会(3月21日)、距離の全日本選手権(3月11~14日)、フリースタイルスキー・モーグルの全日本ジュニア選手権(3月15日)などが予定されていた。

後で読む

 【リュブノ(スロベニア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は23日、スロベニアのリュブノで個人第14戦(ヒルサイズ=HS94メートル)が行われ、高梨沙羅(クラレ)は88メートル、90メートルの合計243・8点で5位だった。 マーレン・ルンビ(ノルウェー)が93メートル、89メートルの254・8点で今季4勝目、通算29勝目を挙げた。勢藤優花(北海道ハイテクAC)は9位、丸山希(明大)は10位、伊藤有希(土屋ホーム)は17位だった。

後で読む

 アルペンスキーのW杯にいがた湯沢苗場大会実行委員会事務局は23日、同日に開催予定だった男子回転競技を天候不良のため中止とすることを発表した。 チケットの払い戻しは25日から3月2日18時まで行う。問い合わせは0570(000)777まで。払い戻し期間を過ぎたチケットの払い戻しはしない。

後で読む

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)にいがた湯沢苗場大会第1日は22日、新潟県の苗場スキー場で男子大回転第6戦が行われ、27歳のフィリップ・ズブチッチ(クロアチア)が1回目の12位から2回目に逆転、合計タイム2分37秒25でW杯初優勝を遂げた。 日本勢は1回目で加藤聖五(野沢温泉ク)が39位だったのが最高で、上位30人が進む2回目に誰も進出できなかった。小山陽平(日体大)が48位、若月隼太(近大)が50位、大越龍之介(東急リゾートサービス)が51位、石井智也(ゴールドウイン)が52位。

後で読む

 国民体育大会冬季大会スキー競技会第3日は18日、富山市のあわすの平クロスカントリーコースなどで行われ、ノルディック複合の少年男子は西方優人(長野・飯山高)が優勝した。天候不良により前半飛躍が実施できなかったため、17日の予備飛躍(ヒルサイズ=HS83メートル)の結果が採用され、トップからスタートした西方は後半距離(10キロ)でも1位を守り切った。成年男子Aは曽根原郷(新潟・東京美装)が制した。

後で読む

 ノルディックスキー複合の渡部暁斗(北野建設)が18日、ワールドカップ(W杯)終盤戦に向け成田空港から欧州へ出発した。今季は6位が最高と苦しんでいるが、残り6試合の個人戦をにらみ「もう少し走りを改善できる手応えを感じている。よりいいレースができるようにやっていきたい」と語った。 不振だった飛躍は持ち直してきた。深刻なのは距離で「海外選手の走力がかなり上がってきていて、取り残されている」と実感する。ただ2日のW杯終了後は技術練習に取り組み、体の使い方も見直した。巻き返しを期し「自分の意識するレベルを、もう1段階上げて考えないといけない」と表情を引き締めた。

後で読む

 国民体育大会冬季大会スキー競技会第2日は17日、富山市の立山シャンツェなどで競技が始まり、ジャンプ(ヒルサイズ=HS83メートル)の成年男子Aは岩佐勇研(北海道・東京美装)が79・0メートルと77・5メートルを飛び、240・8点で優勝した。少年男子は全国高校大会覇者の二階堂蓮(北海道・下川商高)が制した。

後で読む

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)距離は16日、スウェーデンのエステルスンドで6レースの合計で争うスキー・ツアーの第2戦が行われ、第1戦の結果を持ち越して実施した男子15キロクラシカルで吉田圭伸(自衛隊)は31位だった。宮沢大志(JR東日本スポーツ)は44位、馬場直人(ゴールドウイン)は45位だった。ポール・ゴルベリ(ノルウェー)が1位。

後で読む

 YBCルヴァン・カップ1次リーグ第1節(16日、川崎5-1清水、等々力)清水はクラモフスキー新監督の下で後方からパスをつなぐスタイルに挑戦したが、初戦は大敗に終わった。昨季は横浜MのヘッドコーチとしてJ1制覇を味わった同監督は「最初の20分がスローだった」と立ち上がりの鈍さを悔やんだ。

後で読む

 全国高校スキー大会最終日は7日、新潟県妙高市の赤倉観光リゾートスキー場などで行われ、アルペン女子回転は世界ジュニア選手権代表の1年生、渡辺愛蓮(長野俊英)が合計1分44秒51で優勝した。1回目に52秒51でトップに立ち、逃げ切った。 距離リレーは飯山(長野)が男子(40キロ)を1時間46分18秒4で、女子(15キロ)を49分35秒5で制し、ともに3連覇を達成した。

後で読む

 開催地富山県の雪不足により開催が危ぶまれていた第75回国民体育大会冬季大会スキー競技会(16~19日)について、日本スポーツ協会は7日、全競技を予定通り実施すると発表した。 同協会によると、アルペンと距離の会場となる同県南砺市のたいらスキー場周辺で90センチ~1メートル、ジャンプや複合の会場となる富山市の立山シャンツェ周辺で60~70センチの雪が同日までに積もり、全ての種目が実施できる見通しとなった。

後で読む

 全国高校スキー大会第3日は5日、新潟県妙高市の妙高高原赤倉シャンツェなどで行われ、ノルディック複合の男子は木村幸大(秋田・花輪)が2大会ぶりに優勝した。前半飛躍(ヒルサイズ=HS100メートル)で2位につけ、後半距離(10キロ)で30秒差を逆転した。初実施で公開競技の女子は葛西優奈(北海道・東海大札幌)が制した。

後で読む

 アルペンスキーのスポニチ主催第143回スポニチ杯争奪軽井沢プリンスホテルスキー場大回転競技大会◇ 3日、4部門(全長800メートル、平均斜度11度、最大斜度20度、旗門数27)に合計108人が参加して行われた。レギュラーの部は八重樫宏(27)、シニアの部は武石博晃(41)、マスターズの部は沼田雅人(56)、レディースの部は町田智美(24)がそれぞれ制した。第144回大会は3月6日に行われる。

後で読む

 第69回全国高校スキー大会は3日、新潟県妙高市の赤倉体育センターで開会式が行われ、開幕した。大会スローガンは「飛べ!はね馬のように、妙高の白き大地をかけぬけろ」。距離男子の山川走(新潟・新井)が「令和最初のインターハイが記憶に残る大会となるよう、正々堂々、最後まではね馬のように走り抜くことを誓います」と選手宣誓した。 競技は4日から7日まで、男女のアルペンと距離、男子のジャンプとノルディック複合が行われる。女子のジャンプとノルディック複合は公開競技として実施。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。