「野球」の記事一覧

日刊スポーツ

中日が沖縄・北谷で行う春季キャンプが無観客で開催される可能性が出てきた。宮崎県がプロ野球キャンプの無観客を要請。沖縄県が14日にファンの県外からのキャンプ見学… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ついに「ハヤト塾」入門だ。阪神北條史也内野手(26)が15日、国内で行われている巨人坂本勇らとの合同自主トレを公開した。光星学院(現八戸学院光星)の6学年先輩… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

オリックスのドラフト4位中川颯投手(22=立大)が「七色の変化球」でプロの世界に挑む。サブマリンは持ち球を「スライダー、チェンジアップ、シンカー、カーブ、カッ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

大学先輩の直伝のフォークでルーキーイヤーから飛躍を‐‐。ドラフト5位ルーキー・村上頌樹投手(22=東洋大)がオンライン取材に対応。「ずっとそれを投げてきています」と自らの持ち球であるフォークの精度ア…

後で読む
東京スポーツ

母校の先輩の力を借りて9年目の覚醒を――。阪神・北條史也内野手(26)が15日、巨人・坂本らと行っている自主トレを公開。球団を通じて取材に応じた。  今年から母校・光星学院高の大先輩に弟子入りし「シ…

後で読む
東京スポーツ

変則投手としての奥儀を吸収‐‐。新人合同自主トレに参加している阪神の育成1位・岩田将貴投手(22=九産大)が15日、オンライン取材に対応した。  背中を大きくひねり、右足をインステップさせる投球フォ…

後で読む
東京スポーツ

広島・今村猛投手(29)が復権を誓っている。廿日市市内の大野練習場で15日、自主トレを行った右腕はキャッチボールやランニングなどで汗を流し「もちろん勝ち試合で投げたい。しっかり勝負できるように、いい…

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキースからFAとなっていたD・J・ラメーヒュー内野手(32)が、6年9000万ドル(約94億5000万円)でヤンキースと合意間近であることが明らかになった… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンク・栗原陵矢捕手(24)が15日、三塁挑戦を表明した。  この日は自主トレ先の長崎で練習を公開した。アマチュア時代も含めて経験のないポジションに入り、ノックで守備練習。だが、セーフティーバ…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンク・栗原陵矢捕手(24)が15日、三塁挑戦を表明した。  この日は自主トレ先の長崎で練習を公開した。アマチュア時代も含めて経験のないポジションに入り、ノックで守備練習。だが、セーフティーバ…

後で読む
東京スポーツ

MLBネットワークのジョン・モロシ記者は15日、自身のツイッターで「DJラメーヒュー、ヤンキース復帰に向けた合意の最終段階に。早ければ一両日中に契約完了へ」と伝えた。  19年に2年総額2400万ド…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンク・中村晃外野手(31)が15日、今季の目標に「打率プラス1割の出塁率」を掲げた。  中村晃はこの日、後輩の栗原らを帯同して長崎で行っている自主トレを公開。具体的な打撃目標を示しつつ「全試…

後で読む
日刊スポーツ

宮崎県で春季キャンプを行うプロ野球6球団は15日、新型コロナウイルスの感染拡大による政府の緊急事態宣言と宮崎県独自の緊急事態宣言が解除されるまで、キャンプを無… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは15日、清田育宏外野手(34)に無期限の謹慎(活動停止)処分を下したと発表した。   ◇   ◇   ◇清田はチームの日本人選手では2番目の年長者であ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

広島・野間峻祥外野手(27)がレギュラー奪取を誓った。  15日、マツダスタジアムでランニングや打撃練習を行い「一年間試合の頭から出ることはずっと求めてきた。一回つかみかけて手放した。もう一回つかみ…

後で読む
サンケイスポーツ

 ロッテ・平沢大河内野手(23)が15日、さいたま市のロッテ浦和球場で自主トレを公開。東日本大震災から10年を迎える今季、故障からの完全復活を誓った。

後で読む
サンケイスポーツ

 楽天・浅村栄斗内野手(30)が15日、愛媛県内で合同自主トレーニングを公開した。昨季は5年連続となる全試合出場に加え、32本塁打で自身初の本塁打王のタイトルを獲得した主砲は、対戦打率・186に終わったソフトバンク投手陣の攻略を宣言。石井一久新監督(47)を胴上げすることを誓った。

後で読む
サンケイスポーツ

 ヤクルトの新人合同自主トレーニングは15日、埼玉・戸田球場で第2クールが終了。ドラフト2位の最速150キロ左腕・山野太一投手(21)=東北福祉大=が、同世代のライバルたちに闘志を燃やした。

後で読む
東京スポーツ

拳闘から学んだ中日の又吉克樹投手(30)が今季の健闘を誓っている。  又吉は8日から13日まで訪れていた鳥取のトレーニング研究施設「ワールドウィング」でボクシングの元WBC世界スーパーバンタム級王者…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの小久保裕紀ヘッドコーチ(49)が15日、福岡・筑後市のファーム施設を就任後初めて視察した。常勝の礎を築いた男の隠しきれないオーラに、現場はピリッとした空気に包まれた。  新人合同自主ト…

後で読む
サンケイスポーツ

 国内で自主トレーニング中の巨人・坂本勇人内野手(32)が15日、オンラインで取材に応じ、日本ハム・西川遥輝外野手(28)から直伝された“ジャンプトレ”を導入していることを明かした。また、今オフの米大リーグ移籍を断念して残留した菅野智之投手(31)を大歓迎。投打の柱がタッグを組み、リーグ3連覇を狙う。

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは15日、アルバート・スアレス投手(31)とスコット・マクガフ投手(31)が来日したと発表した。2投手は球団を通してコメントを発表。スアレスは「無事来… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島塹江敦哉投手(23)が新たな球種の習得を目指している。昨季チーム2位52試合登板と飛躍した左腕は、安定感向上のためチェンジアップを習得中。150キロ超の直… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 ヤクルトはスコット・マクガフ投手(31)とアルバート・スアレス投手(31)が15日、来日したと発表した。  2投手はともに来日3年目。球団を通じマクガフは「世界中がコロナ禍で苦しんでいる状況ですが、…

後で読む
デイリースポーツ

女優の美馬アンナが15日、インスタグラムを更新。夫のロッテ・美馬学投手と7年目の結婚記念日を迎えたことを報告した。 昨年の結婚記念日に撮影したという、長男の「ミニっち」を抱く美馬、アンナの家族写真を投稿。出会いから10年目というが「お付き合いしていた時も結婚してからも子供ができてからも美馬っちは何にも変わらない。この変わらないというのはもちろん良い意味です。笑 心の美しさ。これピカイチだと思います」と感謝した。一方で、アンナ自身について「私は完全に変わりましたよ。結婚した途端 鬼嫁に早変わり。笑 何事もバランスです。笑」と冗談まじりに記した。

後で読む
サンケイスポーツ

 ヤクルトは15日、宮崎県内での自主トレーニング中に発熱し、新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性と判定された村上宗隆内野手(20)が、病院を退院したと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

 沖縄県内で自主トレーニング中の巨人・坂本勇人内野手(32)が15日、オンラインで取材に応じ、日本ハム・西川遥輝外野手(28)から直伝された“ジャンプトレ”を導入していることを明かした。また、今オフの米大リーグ移籍を断念して残留した菅野智之投手(31)を大歓迎。投打の柱がタッグを組み、リーグ3連覇を狙う。

後で読む
日刊スポーツ

巨人は15日、政府の緊急事態宣言と宮崎県の緊急事態宣言の双方が解除されるまでの間、宮崎県内でのキャンプを無観客で実施すると発表した。双方の緊急事態宣言が解除さ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神元投手コーチで日刊スポーツ評論家の中西清起氏(58)が好評企画「解体新書」で阪神藤浪晋太郎投手(26)の投球フォームを分析した。前回分析した昨年の春先から… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

昨年8月に右肘のトミー・ジョン手術を受けた日本ハム石川直也投手が、千葉・鎌ケ谷での自主トレを終えて、リハビリのため沖縄入りした。年末にネットスローを再開し、年… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球で2月1日から宮崎県で春季キャンプを行う6球団は15日、新型コロナウイルスの感染拡大による政府の緊急事態宣言と宮崎県独自の緊急事態宣言が解除されるまで、キャンプを無観客で実施すると発表した。 宮崎県の河野俊嗣知事が15日の記者会見で、プロ野球やサッカーJリーグのキャンプを無観客で行うことと、選手らの不要不急の外出自粛を要請したことを明らかにした。プロ野球は感染状況が改善し次第、観客を入れるかどうかを県や受け入れ自治体と再度協議する方針。

後で読む
東京スポーツ

昨年、新型コロナウイルスに感染したロッテの清田育宏外野手(34)が、球団に虚偽の説明をしていたことを写真週刊誌「FRIDAY」が報じた一件で、ロッテは15日、清田を無期限謹慎(無期限活動停止)処分、…

後で読む
東京スポーツ

ピリッと初始動――。ソフトバンクの小久保裕紀ヘッドコーチ(49)が15日、福岡・筑後市のファーム施設を就任後初めて視察。育成練習や新人合同自主トレなど約6時間に渡って、精力的に情報収集した。  12…

後で読む
東京スポーツ

ヤクルトのドラフト2位ルーキーの山野太一投手(21=東北福祉大)が第2クールの最終日の15日、ブルペン入りした。前日14日にも投球を行い、2日連続でのブルペンとなった。力加減は「まだ半分ぐらい」(山…

後で読む
サンケイスポーツ

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、宮崎県の河野俊嗣知事は15日、プロ野球やサッカーJリーグのキャンプを無観客で行うことに加え、選手らの不要不急の外出自粛を要請した。同知事は無観客キャンプについて「(昨年)80万人の観客が訪れ、120億円に上る経済効果を考えると苦渋の決断」とした上で、選手らのキャンプ地での行動についても「県民に求めるものと同様」と最大限の行動要請の順守を求めた。

後で読む
サンケイスポーツ

 2月1日から宮崎県内で春季キャンプを予定している巨人、ソフトバンク、オリックス、西武の4球団の1軍キャンプ、広島、ヤクルトの2球団の2軍キャンプが無観客で実施されることが15日、決まった。

後で読む
サンケイスポーツ

 ロッテは15日、清田育宏外野手(34)に無期限謹慎(無期限活動停止)、同外野手に対する監督不行き届きのため松本尚樹球団本部長(50)に厳重注意の処分を科したと発表した。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク柳町達外野手が1軍定着を目標に2年目のシーズンに挑む。自主トレでは中村晃に弟子入り。左投手に対する意識などアドバイスを受け、打撃向上にも取り組んで… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテ平沢大河内野手が埼玉・浦和球場で自主トレを行った。昨季は右肘痛を抱え、初めて1軍出場なしに終わった。10月の手術後は経過良好で、自重を生かした守備動作の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島野間峻祥外野手がレギュラー再奪取と盗塁王争い参戦を誓った。今オフは課題の打撃向上とともに、瞬発系のメニューを多く取り入れてきた。昨年末に取り入れた初動負荷… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

今季から就任したソフトバンクの小久保裕紀ヘッドコーチが15日、福岡県筑後市のファーム施設を視察した。合同練習を行う新人を集めて話をするなど、初仕事を終え「出会う人によって変わる子もいる。指導する側の覚悟というか、責任重大だなと思って選手を見ていた」と話した。 新人選手にはメモを取る習慣をつけ、空いた時間を有効活用するように伝えたという。自らの現役時代と同じ三塁手のスラッガー候補で、ドラフト1位の井上朋也内野手(埼玉・花咲徳栄高)については、「正直自分の18歳の頃よりは数段うまい。ボールを飛ばせる膝の使い方をしていた」と期待を口にした。

後で読む
デイリースポーツ

巨人が12日、桑田真澄氏の1軍チーフ投手コーチ補佐への就任を発表した。15年ぶりの古巣復帰で、チームにはどのような効果が期待されるのか。桑田氏が現役時代、巨人で打撃コーチを務めていた内田順三氏(デイリースポーツ・ウェブ評論家)に聞いた。 ◇ ◇

後で読む
東京スポーツ

ヤクルトは15日、新型コロナウイルスの陽性判定を受けた村上宗隆内野手(20)が退院したと発表した。村上は宮崎県内で自主トレを行っていた6日朝に38・2度の発熱と倦怠感があり病院を受診。PCR検査で陽…

後で読む
東京スポーツ

2月1日から宮崎県内で春季キャンプを実施する埼玉西武ライオンズ、福岡ソフトバンクホークス、オリックス・バッファローズ、読売ジャイアンツ、広島東洋カープ(二軍)、東京ヤクルトスワローズの6球団は15日…

後で読む
サンケイスポーツ

 ロッテ・平沢大河内野手(23)が15日、さいたま市南区のロッテ浦和球場で自主トレを公開した。昨年10月に受けた右肘手術から復帰を目指す宮城県多賀城市出身の遊撃手は、東日本大震災発生から10年となる「3・11」オープン戦出場と、被災地を勇気づける活躍の青写真を描いた。

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンク・栗原陵矢捕手(24)が15日、長崎県営野球場で自主トレを公開した。首脳陣からすでに春季キャンプでの三塁挑戦を予告されている若鷹は、力強く意欲を示した。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人は15日、春季キャンプを行う宮崎県の河野俊嗣知事(56)がこの日の会見で、緊急事態宣言中は無観客での実施を球団に要請すると発表したことを受け、政府と宮崎県の緊急事態宣言の双方が解除されるまでの間、宮崎キャンプを無観客で実施すると発表した。

後で読む
スポーツニッポン

 ヤクルトは15日、新型コロナウイルスの陽性判定を受けた村上宗隆内野手(20)が同日に退院したと発表した。今後1週間はチーム関係者への接触、チーム施設の使用を自粛する。

後で読む
日刊スポーツ

日本プロ野球選手会は15日、日本野球機構(NPB)と事務折衝を行い、コロナ特例について意見交換した。選手からは濃厚接触者の扱いを明確にしてほしいなどの要望が出… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク栗原陵矢捕手が「三塁コンバート」に向け、長崎での自主トレに励んでいる。昨年は捕手登録ながら主に外野、一塁で出場。柳田に次ぐチーム2位の17本塁打、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中日又吉克樹投手(30)がボクシング世界王者の遺伝子を持つ男に刺激を受けた。15日にナゴヤ球場で自主練習。8日から13日まで鳥取・ワールドウィングで初動負荷ト… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの栗原陵矢捕手が15日、中村晃外野手らと長崎市内で自主トレーニングを公開し、今季新たに挑戦する三塁手としての守備練習に精力的に取り組んだ。バント処理に戸惑うなど、不慣れな面も見せ「まだまだですね。本当に分からないことばかり」と、表情を引き締めた。 6年目の昨季は主に外野手として118試合に出場し、打率2割4分3厘、17本塁打、73打点と打撃力が開花。首脳陣から春季キャンプでの三塁挑戦を予告され「幅が広がる」と意欲的だ。チームでは長年松田がレギュラーを務めるポジション。「もっと自分がレベルアップしないと」と成長を誓った。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは15日、清田育宏外野手に無期限謹慎処分(無期限活動停止)としたことを発表した。松本球団本部長は厳重注意処分とした。 清田は昨年新型コロナウイルスへの感染が確認された際、9月末からの札幌遠征で部外者との会食をしていたにも関わらず、虚偽報告。週刊誌でこの事実とともに、不倫関係にあった女性に口止めしていたことなども報じられていた。

後で読む
日刊スポーツ

日本ブラインドサッカー協会は15日までに、1月31日に広島県熊野町のゼロ・バランスサッカーフィールド、2月7日に東京都墨田区のフクシ・エンタープライズ墨田フィ…

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球の巨人、ソフトバンクは15日、宮崎県内で行う春季キャンプを無観客で実施することを発表した。 この日、宮崎県の「本県でキャンプを行うプロ野球、Jリーグチームの皆様へのお願い」(1月15日河野知事会見にて発表)の要請を受け、政府の緊急事態宣言と宮崎県の緊急事態宣言の双方が解除されるまでの間、同じく宮崎県内がキャンプ地のソフトバンク、巨人、ヤクルト(2軍)、広島(2軍)、西武、オリックスとも無観客で実施することを確認したことも報告した。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスは15日、宮崎県の河野俊嗣知事の記者会見を受け、2月1日から宮崎市清武町で行うキャンプを無観客で実施すると発表した。 期間は政府の緊急事態宣言と宮崎県の緊急事態宣言が解除されるまでとした。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテのフローレス投手、サントス投手が15日、メキシコ発、成田着の全日空機で来日した。 来日時にPCR検査を行い、陰性の結果がでた。16日からは2週間自宅待機となり、その後、春季キャンプに臨む。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは15日、清田育宏外野手に無期限謹慎処分(無期限活動停止)としたことを発表した。 清田は昨年9月末からの札幌遠征で部外者との会食を報告せず、週刊誌で女性との不倫問題が報じられていた。球団は「ルールに反する不適切な行動を行い、これに関する虚偽報告を行っていたこと等が判明致しました」と説明した。

後で読む
東京スポーツ

J1柏は15日、ブラジル1部フルミネンセからMFドッジ(24)、ブラガンチーノからMFアンジェロッティ(22)が完全移籍することで合意したと発表した。  柏は公式ホームページで「日本政府による新型コ…

後で読む
スポーツニッポン

 宮崎県の河野俊嗣知事(56)は15日、2月1日から県内各所で予定されているプロ野球のキャンプについて、国および県独自の緊急事態宣言中は無観客での実施を球団に要請したと明かした。

後で読む
日刊スポーツ

楽天ドラフト4位の内間拓馬投手(22=亜大)が15日、仙台市内で初のブルペン投球を行った。捕手を立たせ、35球(うちカーブ1球)を丁寧に投げ込んだ。新人合同自… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテのホセ・フローレス投手(31)サンディ・サントス外野手(26)が成田空港着の航空機で来日。ともに来日前と来日時にPCR検査を行い、陰性だった。16日から… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武は15日、宮崎県の河野俊嗣知事が発表した「本県でキャンプを行うプロ野球、Jリーグチームの皆様へのお願い」を受け、2月1日から宮崎・日南市南郷町で実施する春… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

昨季初のパ・リーグ本塁打王に輝いた楽天の浅村栄斗内野手が15日、愛媛県内で練習し、4年連続日本一となったソフトバンク投手陣の攻略を誓った。過去2年はソフトバンクとの対戦打率がともに1割台と低迷。オンライン取材で「それが順位、チームの対戦成績にもかなり関わっている。どうやって打っていくかがチームにとっても大事」と闘志を燃やした。 6年連続の全試合出場に向け、まずは土台固めに下半身や体幹を重点的に鍛え抜いている。「けがをしないで一年間戦い抜くための体づくりの一つ。年々良くなっている」と成果を語った。

後で読む
デイリースポーツ

元プロ野球選手の新庄剛志氏が15日、インスタグラムを更新。鍛え抜かれた上半身を披露し、「同世代のみんな 勝負だ!!」とつづった。 48歳ながら、理想的な逆三角形ボディーに、フォロワーからは「誰も勝てない」「日々の努力に脱帽です」などと称賛の声。新庄氏は「You can do it」(あなたならできる)と、鼓舞した。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球のソフトバンクは15日、宮崎県内で行う春季キャンプを無観客で実施することを発表した。 この日、宮崎県の「本県でキャンプを行うプロ野球、Jリーグチームの皆様へのお願い」(1月15日河野知事会見にて発表)の要請を受け、政府の緊急事態宣言と宮崎県の緊急事態宣言の双方が解除されるまでの間、同じく宮崎県内がキャンプ地の巨人、ヤクルト(2軍)、広島(2軍)、西武、オリックスとも無観客で実施することを確認したことも報告した。

後で読む
日刊スポーツ

楽天内田靖人内野手が恩師へ、バットで恩返しする。昨年11月に89歳で死去した母校・常総学院の木内幸男元監督に「結果を出すことが一番の恩返し。結果を残して恩返し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

世代NO・1左腕になる。ヤクルトのドラフト2位、山野太一投手(21=東北福祉大)が15日、新人合同自主トレの第2クール最終日にブルペン入りした。2日連続の投球… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは15日、公式ファンクラブ「TEAM26」(チームにじゅうろく)会員限定の来場特典である「ボブルヘッド人形」にマーティン選手、安田尚憲選手、中村奨吾選手の3選手を起用すると発表した。 3選手のボブルヘッド(1選手ごと計3種類)はTEAM26有料会員限定の特典として「ファンクラブデー」に来場者に渡す(対象試合は後日発表)。

後で読む
東京スポーツ

J1柏は15日、ブラジル1部フルミネンセからMFドッジ(24)、ブラガンチーノからMFアンジェロッティ(22)が完全移籍することで合意したと発表した。  柏は公式ホームページで「日本政府による新型コ…

後で読む
日刊スポーツ

メッツが14日、ベテランのホセ・マルティネス内野手と分離条項(メジャー登録時とマイナー登録時で異なる給与を規定するもの)を含む契約を結んだことが分かった。ML… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天浅村栄斗内野手(30)が15日、愛媛県内での自主トレを公開した。5日から、昨年に続き同僚の内田、西武熊代、外崎、愛斗らとともにコロナ対策を万全にしてのトレ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 オリックスは15日、タイラー・ヒギンス投手(29)と今季の契約を締結したと発表した。契約年数は単年で、年俸は9000万円プラス出来高。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人・坂本勇人内野手(32)が15日、オンライン取材に応じ、国内を拠点に行っている合同自主トレについて明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(26)は15日(日本時間16日)に年俸調停の権利を保有する選手と所属球団が希望額を提出する期限を迎える。調停を回避し、年俸を抑えられてきた昨季までのメジャー3年間から大幅増額となるかどうかに注目が集まる。

後で読む
日刊スポーツ

ゴールドグラブ賞9回など現役屈指の実績を誇るヤディエル・モリーナ捕手(38)が、適切なオファーがない場合は引退も検討していることが分かった。MLB公式サイトが… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

BCリーグの栃木が15日、今季のコーチングスタッフを発表した。昨季限りで日本ハムを退団した黒羽根利規氏(33)が現役を引退し、バッテリーコーチに就任した。「こ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは15日、公式ファンクラブ「TEAM26」会員限定の来場特典である「ボブルヘッド人形」に、レオネス・マーティン外野手、安田尚憲内野手、中村奨吾内野手の3… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

柏レイソルは15日、フルミネンセMFドッジ(24)、レッドブル・ブラガンチーノMFアンジェロッティ(22)が完全移籍で加入することを発表した。ともにブラジル出…

後で読む
デイリースポーツ

楽天の浅村栄斗内野手(30)が15日、愛媛県内で行っている自主トレを公開した。昨年に引き続いて、同じ楽天の内田や西武・外崎らと練習に励む主砲。新型コロナウイルスが猛威を振るう中でも「できるところは徹底して避けて。団体でやってるわけなので」と感染対策には万全を施して、新シーズンに備えている。 昨季まで5年連続、全試合出場&ベスナインを獲得している浅村。秘訣(ひけつ)は、この時期に行う下半身のトレーニングにあると明かし、「(下半身のトレーニングを)やり続けて今全試合出られてますし。キツいですけど、やっていく意味はあると思ってやってます」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスは15日、タイラー・ヒギンス投手と1年契約の年俸9000万円プラス出来高払いで契約更新したと発表した。(金額は推定) ヒギンスは近く来日の予定。

後で読む
東京スポーツ

この男の向上心は底なしなのか――。巨人のキャプテン坂本勇人内野手(32)が、パ・リーグ屈指のスピードスターから、新たなトレーニング術を吸収した。  15日、坂本は自主トレ終了後にリモート取材に応じた…

後で読む
日刊スポーツ

メジャー18年をヤンキース一筋でプレーし、米野球殿堂入りしたミッキー・マントル氏のサイン入り野球カードが、史上最高の520万ドル(約5億4600万円)で落札さ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人坂本勇人内野手(32)が15日、国内で自主トレを行い、リモートで取材対応した。昨年12月に日本ハム西川から教わったというジャンプ系のトレーニングを取り入れ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

J1仙台は15日、J1横浜FCのFW皆川佑介(29)が完全移籍で加入することを発表した。 皆川は前橋育英出身で中大から2014年に広島に入団。18年に熊本に期限付き移籍した。19年に広島復帰を果たし、同年7月に横浜FCへ移籍した。20年は29試合に出場して3得点を挙げた。通算では、J1で94試合8得点、J2で57試合12得点。日本代表にも選出された経験があり国際Aマッチ1試合に出場した。

後で読む
デイリースポーツ

春夏通算47度の甲子園を出場を誇る広陵(広島)。昨秋の広島県大会では準々決勝で敗れ、今春のセンバツ出場はならなかった。夏の甲子園も18年から2年間遠ざかっている。 逆襲に燃える2021年。広陵のグラウンドには、厳しい寒さにも負けず、黙々と練習に取り組むナインの姿があった。対外試合が解禁される3月までは「暖かい冬」をチームのスローガンとして掲げている。蜷川大主将(2年)は「寒いのはきついが、笑顔を絶やさずポジティブに、気持ちを熱くやっていこうという意味があります」とキャッチフレーズの意図を説明する。

後で読む
東京スポーツ

メッツ戦などの中継を行っているニューヨークのテレビ局「スポーツネット・ニューヨーク」(電子版)は14日(日本時間15日)、ヤンキースからFAになった田中将大投手(32)について「『今年は日本に戻るだ…

後で読む
東京スポーツ

米大リーグ機構(MLB)は14日(日本時間15日)、昨年カブスの編成本部長を退任したセオ・エプスタイン氏が、コンサルタントに就任したと発表した。  仕事内容は「これまで検討されてきたルール変更を、コ…

後で読む
スポーツニッポン

 巨人残留を決めた菅野智之投手(31)が14日、都内の待機先で契約更改交渉を行い、日本球界最高となる年俸8億円で更改した。昨季までは日本選手最高額6億5000万円で佐々木主浩(横浜=現DeNA)と並んでいたが、1億5000万円増で03、04年ペタジーニ(巨人)の年俸7億2000万円を超えて最高峰に立った。1年契約を選択し、日本一の先にある来季の米再挑戦を見据えた。

後で読む
日刊スポーツ

日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントの共催でゲーム「パワフルプロ野球」(パワプロ)を使ったeスポーツの「eBASEBALL プロリーグ」は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本野球機構(NPB)は審判員の公式用具としてウエアをSSK、防具をウイルソンを販売するアメアスポーツジャパン、スパイクをミズノと3年契約を結んだと15日、発… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

鎌ケ谷市出身で野球観戦に足繁く通う元AKB48&NMB48で女優の藤江れいな、日本ハムの大ファン本郷杏奈、AKB48宮崎美穂が、週替わりでコラムに登場します。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ベガルタ仙台は15日、FW皆川佑介(29)が横浜FCから完全移籍で加入すると発表した。皆川は前橋育英から中大へ進み、14年にサンフレッチェ広島に加入。18年に…

後で読む
東京スポーツ

大量7人を獲得した西武の“野手ドラフト”が一軍半クラス野手の尻に火をつけている。  昨年10月のドラフトで支配下、育成合わせて7人の大学、高校生野手を指名獲得した西武。内訳は内野手3人、外野手4人だ…

後で読む
日刊スポーツ

MLB公式サイトは14日、各球団が過去に獲得した外国人選手のなかから、同サイトの記者たちが選んだ歴代最高プレーヤーを紹介。同サイトは同じ企画を5月にも行ってい… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DH制を採用することによって生じる「野球の厳しさ」を裏付けるデータもある。DHが始まった1975年から2020年までの死球数は、セが1万1578… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム育成ドラフト1位松本遼大投手(18=花巻東)が“新人キャプテン”に就任だ。ドラフト6位今川優馬外野手(23=JFE東日本)に「人を引き込む魅力がある」… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

【藤田太陽「ライジング・サン」(7)】東北地方の私立強豪校ではなく地元、秋田県内の公立高校の新屋高に進学しました。環境やブランドではなく、監督の人柄にほれて。思えば阪神の佐野スカウトに熱心に誘われ入団…

後で読む
東京スポーツ

【球界平成裏面史 阪神・鳥谷編(3)】指揮官の〝寵愛〟を受けてきた阪神の黄金ルーキー・鳥谷敬内野手は、平成16年(2004年)4月2日の巨人との開幕戦(東京ドーム)に「7番・遊撃」でスタメンに名を連ね…

後で読む
デイリースポーツ

野球は今、いわゆるオフシーズンだ。プロ、アマに限らず、試合のないこの時期をどう過ごすかによって、今春、大きな差がついてくると言われる。名投手コーチと名高いデイリースポーツ評論家・佐藤義則氏(66)が、神戸西リトルシニアに協力いただき、指導する模様を掲載する。選手はもちろん、指導者、親御さんまで必ず役立つ核心指導で、ぜひレベルアップを!  ◇  ◇

後で読む
デイリースポーツ

阪神ドラフト2位の伊藤将司投手(24)=JR東日本=が14日、新人合同自主トレ後のオンライン取材に応じ、キャンプで“矢野捕手”に受けてほしいと熱望した。矢野監督は19年の春季キャンプで馬場の球を受けたことがあり、伊藤将も指揮官相手に投げることでアピールする考えだ。 「やっぱり矢野監督はキャッチャーをやってたので、自分の球を捕ってほしいなと思いますね。自分の見えにくいフォームを実感してもらえたらいいなと思ってます」

後で読む
デイリースポーツ

阪神ドラフト4位の栄枝裕貴捕手(22)=立命大=が新人合同自主トレ後に、「ピッチャー陣と心を通じ合わせたい」という思いを明かした。 そのために大切にしているのは“雑談力”だ。「どこ出身なん?とか、趣味とか」。相手を知るため、野球以外の話から入ることを心掛けている。

後で読む
デイリースポーツ

猛牛ルーキーに“ペーパー試験”が課せられた。近鉄のドラフト4位・中村紀洋(渋谷)ら新人選手がテストを受けたのは1992年の新人合同自主トレだった。 内容は、当時の立花コンディショニングコーチが講義した「メジャーリーグ式野球調整法」。合格ラインは100点満点中、70点以上。赤点の選手は仰木彬監督へ報告も…。片や、法大からドラフト1位で入団した高村祐は「大学時代に分厚い本も読んだから」と自信を見せていた。

後で読む
日刊スポーツ

レンジャーズは、昨年7月に肘手術を受け今季ほぼ絶望の救援右腕ジャスティン・アンダーソン(28=エンゼルスFA)と2年間のマイナー契約で合意した。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

シーズンオフ恒例「ヨネちゃんのおシャレ野球学」。野球取材歴40年超の米谷輝昭記者が、だじゃれを駆使しながら意外なデータやエピソードを紹介します。   ◇ ◇ … – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日刊スポーツは2021年も大型連載「監督」をお届けします。日本プロ野球界をけん引した名将たちは何を求め、何を考え、どう生きたのか。ソフトバンクの前身、南海ホー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

元プロ野球選手に新たな肩書が加わった。元ロッテ投手の香月良仁氏(36)は1月1日付で、熊本市のeスポーツ専門企業「e-spear(イースピア)」の代表取締役社… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神ドラフト2位の伊藤将司投手(24=JR東日本)が指揮官との「バッテリー結成」を熱望した。矢野監督は2年前の1軍キャンプで馬場のブルペン投球を受けたこともあ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

昨秋からサイドスローに挑戦している4年目の阪神石井将希投手は、青柳先輩からエキスを吸収中だ。クオータースローの青柳からトレーニング方法などを学んだようで「それ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

野球殿堂入りが14日発表され、川島勝司氏、佐山和夫氏の2人が表彰された。今年、新たに2人が殿堂入りし計209人となった。過去の受賞者は以下の通り。<1959年… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムのドラフト2位・五十幡亮汰外野手(22)=中大=が14日、俊足を生かす専用スパイクで勝負する考えを披露した。 50メートル5秒6の五十幡のスパイクは「走りやすい、足の回転がしやすいということで…」と歯が8本。野球ではつま先側を5本、かかと側を3本にすることが多いが、五十幡はつま先側の歯が6本。陸上競技のスパイクに近い配置にしており、「(地面を)かみやすいというのはあります」とニヤリだ。大学時代から専用スパイクを使っており、プロでは軽量化。「ミズノ」の担当者も「前に進みやすいような設計になっています」と語る。

後で読む
デイリースポーツ

中日は14日、名古屋市内でスタッフ会議を開き、ドラフト1位の高橋宏斗投手(18)=中京大中京=の2軍キャンプスタートを決定した。「じっくりというわけではないけど、いきなりペースを上げさせるようなことはしたくない」と与田監督。 阪神から移籍した福留の2軍スタートも併せて決定した。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの和田毅投手(39)が14日、パ・リーグ左腕初となる40代での2桁勝利と自身5年ぶりの規定投球回到達を今季の目標に掲げた。長崎県営野球場で自主トレを公開。体の内側にも刺激を入れるエクササイズ「ピラティス」を取り入れて昨季疲労が蓄積した股関節などをじっくりと強化し、2桁星へと準備を整えている。 「規定投球回と2桁(勝利)というのは目指したい数字」。プロ19年目を迎える左腕は、はっきりと目標を口にした。2月の誕生日で40歳。40代で2桁勝利を挙げた投手は過去に6人。そのうち左腕で達成したのは、当時巨人に在籍していた工藤公康(04、05年)、中日山本昌(06、08年)、阪神下柳剛(08年)の3人だけだ。

後で読む
デイリースポーツ

西武ドラフト7位の仲三河(大阪桐蔭)が14日、若獅子寮の「出世部屋」からの飛躍を誓った。 昨季新人王の平良が昨年まで使っていた部屋での生活に「じっくりやって、自分もその部屋にふさわしいような記録をつくれたら」と目を輝かせた。この日の新人合同自主トレでは、インターバル走で先頭に立つなどアピールした。

後で読む
日刊スポーツ

楽天ドラフト1位の早川隆久投手(22=早大)が「プロの体作り」へ意識を高めた。現在は身長180センチで体重76・1キロ、体脂肪率9・6%とプロとしてはやや細身… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

バリバリ現役のメジャー野手が、続々と日本球界にやってくる。巨人にはジャスティン・スモーク内野手(34=ジャイアンツ)とエリック・テームズ内野手(34=ナショナ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神青柳晃洋投手が全国の横手投げ少年たちの手本になる。ソフトバンク高橋礼が“アンダースロー投手を絶滅させたくない”と発言していることを受け、虎の変則右腕もうな… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神の小幡竜平内野手(20)が14日、兵庫県西宮市の球団事務所で、川原陸投手(20)とともに成人式記念品授与式に出席した。藤原オーナー兼社長からネーム入りのボールペンを手渡された小幡は、新成人の目標にレギュラー争いを掲げるとともに、将来の「1番・遊撃」、ゴールデングラブ賞獲得を宣言した。 思わず表情が引き締まる。「どんなプロ野球選手になりたいのかをしっかりイメージして、これからどういうことをしなければいけないのかを、この機会にもう一度よく考えて日々取り組んでいってもらえたら」。藤原オーナー兼社長から言葉を掛けられた小幡は、真剣な表情で背筋を伸ばした。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・西純矢投手(19)が14日、鳴尾浜のブルペンで圧巻の仕上がりを披露し、視察に訪れた平田勝男2軍監督(61)の度肝を抜いた。昨秋から挑戦中の「マエケンフォーム」が完成の域に近づいており、体調管理もバッチリ。初の1軍キャンプから、プロ2年目の飛躍を狙う。 年をまたぎ、西純がブレークの予感を漂わせた。今年3度目の投球練習は直球、カーブを計53球。捕手を立たせたままでも進化のスピードは想像以上だった。強烈なデモンストレーションに平田2軍監督は絶賛の嵐だ。

後で読む
東京スポーツ

 阪神のドラフト1位ルーキー・佐藤輝明内野手(21=近大)は2月1日のキャンプインを目指し、新人合同自主トレで連日ハードなメニューを消化している。  昨秋のドラフト会議で4球団競合の末に引き当てた黄金…

後で読む
東京スポーツ

 中日は14日、ナゴヤ球場でコーチ会議を開き、沖縄春季キャンプでの一、二軍の振り分けを決定した。若手では根尾、岡林、石垣らのほか、新人では唯一、ドラフト6位の三好大倫外野手(23=JFE西日本)が一軍…

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表の新コーチに、昨季までJ1浦和のヘッドコーチを務めた上野優作氏(47)が就任することが14日、複数の関係者の話で分かった。21日の日本サッカー協会理事会で正式に決まる見通し。現役時代はJ1の福岡や広島などでプレーし、引退後はJ2栃木と浦和で指導した。 東京五輪世代のU-24日本代表のフィジカルコーチには、J1のFC東京やJ2岡山で同職を務めた矢野由治氏(51)が加わる。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)が14日、川崎市内のジャイアンツ球場で行われた新人合同自主トレを初視察。12日に電撃的に就任が発表された新コーチにとっては初仕事で、現役時代に鍛錬を積んだ同球場に「自分が新人として初めて足を踏み入れたことを回想しました」と懐かしそうに語った。 久しぶりの“庭”で原監督やコーチ陣とも顔を合わせた。「皆さんから学ぶこともたくさんあると思います。情報交換が必要。チームの課題と強化策を皆さんと一緒に考えていきたい」と淡々とした口調に強い決意をにじませた。

後で読む
デイリースポーツ

野球殿堂博物館は14日、今年の野球殿堂入りを発表し、アマチュア野球関係者などから選ばれる特別表彰でアトランタ五輪日本代表監督の川島勝司氏(77)、ノンフィクション作家の佐山和夫氏(84)が選出された。 今年の野球殿堂では、競技者表彰が23年ぶりに選出なしとなった。プレーヤー表彰は2年連続の選出者なしで、現ヤクルト監督の高津臣吾氏は選出に必要な得票率75%に10票及ばず。6年ぶりに選出なしのエキスパート表彰は元阪神のバース氏が6票及ばなかった。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・菅野智之投手(31)が14日、都内の滞在先で書面のやり取りなどを通じた契約更改交渉に臨み、日本球界史上最高年俸となる年俸8億円で更改した。今オフはポスティングシステムで米球界挑戦を目指したが残留を選択。球団からは4年契約を提示されたとみられるが、これを断って単年契約の道を選んだ。今季中に海外FA権を取得できる見込みで、秋に日本一を勝ち取り、再度メジャー挑戦を目指す。(金額は推定) 史上最高の評価を得た。03、04年の巨人・ペタジーニを超える1億5000万増の年俸8億円。菅野は「やっぱりそれだけプレッシャーもありますし、その金額に見合った活躍をしないといけない。身が引き締まる思いです」と決意を新たにした。

後で読む
デイリースポーツ

野球殿堂博物館は14日、今年の野球殿堂入りを発表し、アマチュア野球関係者などから選ばれる特別表彰でアトランタ五輪日本代表監督の川島勝司氏(77)、ノンフィクション作家の佐山和夫氏(84)が選出された。アトランタ五輪で川島氏の下で一緒にプレーしていた谷佳知氏が祝福した。  ◇  ◇

後で読む
デイリースポーツ

野球殿堂博物館は14日、今年の野球殿堂入りを発表し、アマチュア野球関係者などから選ばれる特別表彰でアトランタ五輪日本代表監督の川島勝司氏(77)、ノンフィクション作家の佐山和夫氏(84)が選出された。プロ野球の元選手や指導者が対象の競技者表彰は98年以来、23年ぶりに選出なしとなった。 社会人野球、そして日本代表で功績を残した名将が万感の思いに浸る。「大変な名誉であり身に余る光栄であります」と川島氏。そして「多くの関係者の支えがあったからこそと心から感謝しています」と思いを語った。

後で読む
日刊スポーツ

MLBは14日(日本時間15日)、レッドソックス、カブスなどでGM(ゼネラルマネジャー)などを務めたセオ・エプスタイン氏(47)がコンサルタントに就任したこと… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島は14日、今季から投打の主将を務める大瀬良大地投手(29)と鈴木誠也外野手(26)のユニホーム左胸に「キャプテンマーク」を貼ることを発表した。独特なデザイ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

オリックス張奕投手(26)が14日、大阪・舞洲の球団施設で始動し、新型コロナウイルス感染拡大防止への高い意識を示した。今オフ、海外の出身地から日本に戻り、隔離… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中日は14日、アリエル・マルティネス捕手(24)と年俸3000万円の2年契約、ジャリエル・ロドリゲス投手(23)と年俸6000万円の1年契約を結んだと発表した… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 ヤクルトのドラフト4位・元山飛優内野手(22=東北福祉大)が一軍キャンプのメンバー入りに燃えている。「おこがましいかもしれないが、レギュラー取る気持ちで入ってきた」という元山は「一軍に入らないと話に…

後で読む
東京スポーツ

 ついに日本球界の頂点に――。巨人・菅野智之投手(31)が14日に契約更改を行い、ペタジーニ(元巨人)の7億2000万円を上回るプロ野球史上最高額となる8億円で単年契約した。球史に新たな金字塔を打ち立…

後で読む
東京スポーツ

 番長流の〝センス〟は見事な形でマッチングしそうだ。DeNAが2021年シーズンのスローガンを「横浜一心」に決定。今季からチームを率いる三浦大輔監督(47)はその意味について「シーズンを勝ち抜いていく…

後で読む
日刊スポーツ

中日は14日、2月の沖縄キャンプに向けてナゴヤ球場でスタッフ会議を開き、1、2軍のメンバーを振り分けた。コロナ禍などで支配下外国人6人のうち5人が来日が遅れる… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

勇ましさを増している。ソフトバンク・和田毅投手(39)が14日、長崎で行っている自主トレを公開。鷹の鉄腕が、規定投球回到達と2ケタ勝利へ腕をぶした。  2月に40歳を迎える左腕は今オフ、常勝軍団と2…

後で読む
東京スポーツ

巨人の絶対的エース・菅野智之投手(31)が14日、東京都内の待機先で球団と書面のやり取りなどを通じた契約更改交渉を行い、プロ野球史上最高額となる単年8億円でサインした。ポスティングシステムを利用した…

後で読む
サンケイスポーツ

 新人合同自主トレは14日、第2クールがスタート。D7位・仲三河(大阪桐蔭高)が“出世部屋”からの活躍を誓った。若獅子寮では、このオフに退寮した平良の部屋に入った。入団3年目に新人王を獲得した救援右腕にあやかり、高校通算11本塁打の外野手は「じっくりやって、自分もその部屋にふさわしいような記録を作れたら」と意気込みを語った。

後で読む
サンケイスポーツ

 レジェンドが帰ってきた!! 巨人・桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)が14日、川崎市のジャイアンツ球場で初日を迎えた新人合同自主トレを視察し“初仕事”に臨んだ。巨人の一員としては15年ぶりに訪れた原点の地で、早速“桑田イズム”を全開にした。

後で読む
日刊スポーツ

中日は2月の沖縄キャンプに向けてナゴヤ球場でスタッフ会議を開き、14年ぶりに古巣へ復帰した球界最年長43歳の福留孝介外野手は2軍スタートが決まった。与田監督は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中日の新人ではドラフト6位の三好大倫外野手(23=JFE西日本)が唯一1軍キャンプに抜てきされた。俊足の左打ちで、与田監督は「3拍子そろってレベルが高い。レギ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神は14日、ロッテから移籍したチェン・ウェイン投手(35)が来日したと発表した。チェンは「あらためて、歴史のある阪神タイガースに入団することができ光栄に思い… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神は14日、新助っ人のチェン・ウェイン投手(35)が来日したと発表した。チェンは球団を通して「改めて、歴史のある阪神タイガースに入団することができ光栄に思います。タイガースファンの方々の応援はとても熱くて、心強く感じますし、今回もう一度日本で野球をプレーできる機会を与えていただいたタイガースにとても感謝しています。シーズンに向けて、しっかり準備していきます」とコメントを寄せた。 球団によると、出国前、到着後に検査を受診し、新型コロナウイルス「陰性」を確認。来日翌日となる15日から14日間は自宅待機となるという。

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクの7年目左腕・笠谷俊介投手(23)が、新球「森下チェンジアップ」で先発枠定着を誓った。  このオフ、地元で大分商の1学年後輩で昨季のセ・リーグ新人王・森下(広島)と練習。直々に指南を受け…

後で読む
東京スポーツ

「ギータ2世」と期待されるソフトバンクのドラフト2位ルーキー・笹川吉康外野手(18=横浜商)がアクシデントに見舞われた。  新人合同自主トレ第2クール初日(福岡・筑後)の14日、体力測定の5段飛びで着…

後で読む
東京スポーツ

阪神は14日、ロッテから新加入したチェン・ウェイン投手(35)が来日したと発表した。  V奪回の切り札として期待される実績十分の左腕は「改めて歴史のある阪神タイガースに入団することができて光栄に思い…

後で読む
日刊スポーツ

中日は14日、2月1日から沖縄で行う春季キャンプの1、2軍メンバーを発表した。【1軍=アグレフィールド北谷】▽投手 小笠原、橋本、又吉、柳、岡田、大野雄、福谷… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島中村恭平投手(31)が先発復帰にチャレンジする。14日、マツダスタジアムで自主トレを行い、明らかにした。19年に中継ぎとしてブレークしたが、昨季は故障離脱… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中日は14日、沖縄での春季キャンプ中に行う練習試合の日程を発表した。2月11日 ヤクルト戦(午後1時・北谷)2月13日 DeNA戦(午後1時・北谷)2月14日… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人・菅野智之投手が14日、契約更改交渉を行い、日本球界史上最高年俸の8億円で更改した。(金額は推定) 昨年は6億5000万円で佐々木主浩(横浜)と並んでNPB日本人最高年俸だった。外国人選手を含めたNPB史上最高年俸は03、04年の巨人・ペタジーニの7億2000万円だったが、これを超えたことも明かした。

後で読む
スポーツニッポン

 ポスティングシステムによる移籍を目指して大リーグ球団と交渉し、残留を決めた巨人・菅野智之投手(31)が14日、契約更改交渉に臨み、推定年俸8億円でサインした。

後で読む
サンケイスポーツ

 ロッテ・井口資仁監督(46)と今岡真訪ヘッドコーチ(46)が14日、1996年アトランタ五輪日本代表監督の川島勝司氏(77)の野球殿堂入りをそろって祝福し、球団を通じてコメントした。

後で読む
日刊スポーツ

「巨人・桑田」が5226日ぶりにジャイアンツ球場に帰ってきた。桑田真澄1軍投手チーフコーチ補佐(52)が14日、新人合同自主トレを視察。06年9月24日の2軍… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

球界の功労者をたたえる野球殿堂入りが14日、野球殿堂博物館から発表され、オンラインで通知式が行われた。アマチュアや審判員、野球発展に顕著な貢献をした人が対象と… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今春センバツの21世紀枠で近畿地区候補校の東播磨(兵庫)は出場を目指してレベルアップを図る。昨秋の明治神宮大会中止で、センバツでの従来の神宮枠が21世紀枠に振… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りのメンバーを発表し、アマチュア野球関係者などから選ばれる特別表彰でアトランタ五輪日本代表監督の川島勝司氏、ノンフィクション作家の佐山和夫氏が選出された。 川島氏の快挙を受けて、ロッテ・井口資仁監督と今岡真訪ヘッドコーチが球団を通じてコメントを寄せた。ともにアトランタ五輪に出場。二遊間を組んで銀メダル獲得に貢献した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテが2月1日より行われる石垣島キャンプで石垣市と協議の結果、新型コロナウィルス感染症予防の観点から無観客とすることが14日、決まった。 1、2軍球場スタンド、陸上競技場スタンド、室内練習場、ブルペン一般見学は不可となる。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテのドラフト1位・鈴木昭汰投手(法大)が14日、ロッテ浦和休場で行われた新人合同自主トレで初めてブルペン入りした。 相手役を務めた育成ドラフト1位・谷川を立たせたまま、約20球。同2位の小沼、同4位の佐藤奨も同じくブルペンで立ち投げを終えた後、往復40メートルの距離を連続して走る持久力系「YOYOテスト」もこなすなど精力的に調整を進めた。

後で読む
東京スポーツ

新成人へ記念品―。阪神は14日、今年、新成人を迎えた小幡竜平内野手(20)、川原隆投手(20)の2選手に記念品を贈呈した。  西宮市内の球団事務所で藤原崇起オーナー兼球団社長(68)が〝大人〟の仲間…

後で読む
サンケイスポーツ

 2021年の野球殿堂入りが14日、オンラインで発表され、特別表彰で1996年アトランタ五輪日本代表監督の川島勝司氏(77)と、ノンフィクション作家で日本高野連顧問の佐山和夫氏(84)が選出された。競技者表彰はプレーヤー表彰、エキスパート表彰ともに当選に必要な得票率(有効投票数の75%)に届いた候補者がおらず、1998年以来23年ぶりに該当者なし。殿堂入りは計209人となった。

後で読む
日刊スポーツ

球界の功労者をたたえる野球殿堂入りが14日、野球殿堂博物館から発表され、オンラインで通知式が行われた。アマチュアや審判員、野球発展に顕著な貢献をした人が対象と… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天育成ドラフト1位の石田駿投手(23=BC栃木)が、今季の新人トップクラスの身体能力を武器に、1年目の支配下入りを狙う。14日、仙台市内での新人合同自主トレ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

打倒ソフトバンクへ、巨人原辰徳監督が新入団選手にプロの心構えを授けた。川崎市のジャイアンツ球場で行われた新人合同自主トレ初日の冒頭、ルーキーを前に「『限界を超… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神の小幡竜平内野手(20)、川原陸投手(20)が14日、兵庫・西宮市の球団事務所で、成人式記念品授与式に出席した。 藤原球団オーナー兼社長から「二十歳を迎えて、これからどういう自分になっていきたいのかを一生懸命考えてほしいと思います。どんなプロ野球選手になりたいのかをしっかりイメージして、今なにを、これからどういうことをしなければいけないのかをこの機会にもう一度よく考えて、日々取り組んでいってもらえたらと思います」という言葉とともに、ネーム入りのボールペンを手渡された。

後で読む
デイリースポーツ

ポスティングシステムでの米大リーグ移籍がまとまらず、プロ野球巨人に残留した菅野智之投手(31)が14日、日本球界最高となる年俸8億円で契約を更改した。巨人は複数年契約を用意していたが、今季中に海外フリーエージェント(FA)権を取得する見込みで、来季の米再挑戦を見据えて1年契約を選択した。 これまではペタジーニ外野手が2003年から巨人と結んだ2年契約の年俸7億2千万円が最高とされていた。9日に米国から帰国し、東京都内の待機先から書面のやりとりなどを通じて交渉した。

後で読む
日刊スポーツ

球界の功労者をたたえる野球殿堂入りが14日、野球殿堂博物館から発表され、オンラインで通知式が行われた。アマチュアや審判員、野球発展に顕著な貢献をした人が対象と… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武の仲三河(なかみがわ)優太外野手(18=大阪桐蔭)が、「出世部屋にも3年計画」で成長を遂げる。14日、埼玉・所沢での新人合同自主トレ後にオンライン取材に応… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天育成1位の石田駿投手(23=BC栃木)が、こだわりのグラブで支配下契約をつかみ取る。独立リーグ時代から「ワールドペガサス」を愛用。中指と薬指部分にリングが… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りのメンバーを発表し、アマチュア野球関係者などから選ばれる特別表彰でアトランタ五輪日本代表監督の川島勝司氏(77)、ノンフィクション作家の佐山和夫氏(84)が選出された。プロ野球の元選手や指導者が対象となる競技者表彰は1998年以来、23年ぶりに選出なしとなった。 川島氏は社会人野球の都市対抗大会でヤマハ(日本楽器時代を含む)を3度優勝に導き、96年のアトランタ五輪では日本代表を率いて銀メダルを獲得した。佐山氏は日米の野球史を題材にした作品を数多く手がけた。

後で読む
デイリースポーツ

エイジェックスポーツマネジメントは14日、オンラインで「NPB専門養成アカデミー」を目的としたトレーニング・プロフェッショナル・アカデミー(TPA)の設立記者会見を開いた。 同アカデミーは元巨人・星野真澄氏や元西武・中崎雄太氏といったNPBを経験した選手が講師役を務め、野球の技術指導をするとともに座学ではトレーニング学や栄養学などの専門知識を身につけることができる。練習ではトラックマンを常に活用。責任者の江部達也氏は「一人でも多くNPBに輩出できるような環境を」と意気込んだ。同グループである社会人野球のエイジェックやBC栃木との交流で、実戦感覚を養っていくことも視野に入れている。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・菅野智之投手が14日、契約更改交渉を行い、日本球界史上最高年俸の8億円で更改した。(金額は推定) 昨年は6億5000万円で佐々木主浩(横浜)と並んでNPB日本人最高年俸だった。外国人選手を含めたNPB史上最高年俸は03、04年の巨人・ペタジーニの7億2000万円だったが、これを超えたことも明かした。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・菅野智之投手が14日、契約更改交渉に臨み、日本球界最高年俸の8億円で更改。交渉後のリモート取材では、メジャーリーグ挑戦を目指して渡米中、あふれていた情報は誤りだとし、報道陣に自身の考えを示した。 菅野自ら口を開き、「渡米している間にいろんな情報が錯綜していたと思う。出ていた金額は根も葉もない情報だった。それだけは言っておきたいなというのはあります」と切り出した。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの和田毅投手が14日、長崎市内で自主トレーニングを公開し、最多勝に輝いた2016年以来の2桁勝利と規定投球回到達を誓った。昨季は8勝を挙げて復活を印象づけ、新たに2年契約を結んだ。2月に40歳を迎えるベテランは黙々と体を追い込み「来年もあるから大丈夫という気持ちはさらさらない。一年一年が勝負」と言い切った。 新たに取り入れたピラティスで体幹や股関節を鍛え「年齢を考えても、体の使い方を見つめ直さないといけない。効果は確実に出ている」と手応えを口にした。坂道ダッシュでは若手を引っ張り「中6日でずっと回れるだけの体力も大事」と強化に余念がなかった。

後で読む
スポーツニッポン

 野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りを発表した。競技者表彰はプレイヤー部門、エキスパート部門ともに選出者はいなかった。競技者表彰が両部門別に分れた08年以降、どちらも選出者が出ないことは初めて。競技者表彰で一人も殿堂入りしないのは、98年以来23年ぶりとなった。

後で読む
日刊スポーツ

西武ドラフト1位・渡部健人内野手(22=桐蔭横浜大)が減量に成功した。新人合同自主トレ第2クールを迎え、打撃練習では鋭いスイングを披露し、ランニングメニューで… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

球界最高年俸を更新した。巨人菅野智之投手(31)が14日、契約更改交渉に臨み「そこは超えました」と03年、04年のペタジーニ(巨人)の年俸7億2000万円を超… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武の育成ドラフト1位の赤上優人投手(21=東北公益文科大)が、新人一番乗りでブルペン投球を行った。14日、埼玉・所沢で行われている新人合同自主トレで捕手を立… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人の新人合同練習が14日、川崎市のジャイアンツ球場で始まり、ドラフト1位の平内龍太投手(亜大)は「思ったより体もしっかり動けていたので、ここまで準備できていたかなと思う」と充実した表情でうなずいた。 約50メートルのキャッチボールや守備練習などをこなし順調な調整ぶりを首脳陣にアピール。「まだキャンプも始まっていない。そこに向けての準備が今の自分のテーマ」と落ち着いた口調で話した。

後で読む
デイリースポーツ

今年の野球殿堂入りが14日、発表された。競技者表彰ではプレーヤー表彰が昨年に続き2年連続、エキスパート表彰は15年以来、6年ぶりの該当者なしとなった。競技者表彰の該当者なしは98年以来で23年ぶりとなる。 また、特別表彰では監督として都市対抗野球を3度制し、96年のアトランタ五輪では日本代表の監督として銀メダル獲得に導いた川島勝司氏、ノンフィクション作家で野球を題材とした著書で数多くの受賞をしている佐山和夫氏が選出された。

後で読む
東京スポーツ

巨人の新人合同自主トレが14日、神奈川・川崎市内のジャイアンツ球場でスタートし、グラウンドには初日から豪華なメンバーが集結した。  原監督、阿部二軍監督、そして先日、15年ぶりとなるチーム復帰を果た…

後で読む
日刊スポーツ

元西武の先発左腕ウェード・ルブラン(36=オリオールズFA)が、昨年8月の左肘圧迫骨折から回復。現役続行を目指し公開投球練習を行うと、MLBネットワークが伝え… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

年俸調停権を持つ選手が球団と希望額を交換する期限の15日(日本時間16日)が迫り、MLB公式サイトが特集を掲載。エンゼルス大谷翔平投手は「二刀流で調停1年目は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

東都大学野球の東洋大は14日、21年度の野球部合格者32人を発表した。履正社(大阪)・岩崎峻典投手は、最速148キロ右腕。エースとして、昨夏の甲子園交流試合の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人ドラフト2位山崎伊織投手(22=東海大)が14日、新人合同自主トレ初日を終えた。昨年6月に右肘のトミー・ジョン手術を受け、現在はリハビリ中だ。この日はキャ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人の桑田真澄投手チーフコーチ補佐が14日、川崎市ジャイアンツ球場で始まった新人合同練習を視察し“初仕事”に臨んだ。自身のルーキー時代を回想し「野球はうまくならないと楽しめない。早くうまくなって楽しんで1軍でも活躍してもらいたい」と期待した。 15年ぶりに巨人に復帰し、他のコーチ陣とあいさつを交わした。「久しぶりに中に入ると、勝負の世界の緊張感を少し感じた。どんな形でもいいので力になりたい、貢献したい思いが強かった」と表情を引き締めた。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテが2月1日より行われる石垣島キャンプで石垣市と協議の結果、新型コロナウィルス感染症予防の観点から無観客とすることが14日、決まった。 1、2軍球場スタンド、陸上競技場スタンド、室内練習場、ブルペン一般見学は不可となる。

後で読む
デイリースポーツ

巨人のドラフト1位・平内龍太投手(22)=亜大=、山崎伊織投手(22)=東海大=が14日、ジャイアンツ球場で新人合同自主トレに臨んだ。 キャッチボール、ペッパー、ノックなどで体を動かした。平内は「思ったよりも動けていた。ここまでしっかり準備できていたと思う」と手応え。今後はキャンプに向けての準備をテーマに合同自主トレに臨んでいく。

後で読む
デイリースポーツ

元巨人で大リーグでも活躍した上原浩治氏が14日、インスタグラムを更新。プレゼント企画として、ロッテからFAとなっている沢村拓一投手のサインボールを紹介した。 巨人のチームメートとして上原氏と沢村は自身のYouTubeチャンネル「上原浩治の雑談魂」で対談。動画内でプレゼント企画をしていた。

後で読む
デイリースポーツ

東都大学野球リーグの東洋大が14日、2021年度の合格者を発表した。19年夏の甲子園で優勝に貢献した履正社・岩崎峻典投手(3年)や、ヤクルト・奥村展征内野手の弟で昨秋にプロ志望届を提出していた龍谷大平安・奥村真大内野手ら32人に吉報。合格者一覧は以下の通り。【投手】

後で読む
東京スポーツ

早くも〝桑田節〟が全開だ。巨人に新入閣したばかりの桑田真澄投手チーフコーチ補佐が、14日に行われた新人合同自主トレを視察した。  2日前の12日に就任したばかりのレジェンドOBは、この日がコーチ業と…

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンク・和田毅投手(39)が14日、長崎県営野球場で自主トレを公開した。自身5年ぶりとなる規定投球回到達と2桁勝利を目標に掲げた。

後で読む
サンケイスポーツ

 中日は14日、ライデル・マルティネス投手(24)、アリエル・マルティネス捕手(24)、ジャリエル・ロドリゲス投手(23)との契約が、キューバ政府との間で合意に至ったことを発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人・阿部慎之助2軍監督(41)が14日、川崎市のジャイアンツ球場での新人合同自主トレ初日を視察し、新人選手へ金言を授けた。

後で読む
サンケイスポーツ

 新任の巨人・桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)が14日、初日を迎えた新人合同自主トレを視察した。川崎市のジャイアンツ球場で、就任後“初仕事”となった。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人・原辰徳監督(62)が14日、川崎市のジャイアンツ球場で行われた新人合同自主トレの初日を視察した。

後で読む
日刊スポーツ

DeNA仁志敏久2軍監督(49)が14日、オンラインで行われたイースタン・リーグの監督会議に参加した。巨人阿部慎之助監督(41)西武松井稼頭央監督(45)ら、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは14日、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、石垣島キャンプ(2月1日~)を無観客で行うと発表した。沖縄・石垣市と協議の結果、決定した。石垣市中央運… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人ドラフト1位の平内龍太投手(22=亜大)が14日、18人の同期入団選手とともに新人合同自主トレに臨んだ。50メートルほどの距離でキャッチボールやランニング… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人は12日、OBの桑田真澄氏が巨人の1軍投手チーフコーチ補佐に就任したと発表した。同氏の現役時代を知る広島OBでデイリースポーツウェブ評論家の北別府学氏は「必ずやいいコーチになると思う」と早くも太鼓判を押した。  ◇  ◇

後で読む
東京スポーツ

巨人・原辰徳監督が14日、ドラフト1位ルーキーの平内龍太投手(亜大)らを春季キャンプで一軍スタートする考えを明かした。  ジャイアンツ球場ではこの日から新人合同自主トレが始まり、首脳陣とともにルーキ…

後で読む
東京スポーツ

巨人の阿部慎之助二軍監督(41)が14日、新人合同自主トレを視察。期待の若武者たちに訓示を行った。  川崎市内のジャイアンツ球場でドラ1・平内(22=亜大)らの動きを注視した阿部二軍監督は「みんな体…

後で読む
日刊スポーツ

巨人桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)が14日、川崎市のジャイアンツ球場で始まった新人合同自主トレを視察した。「引退してから、ずっと外から野球を見ていた。久… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人阿部慎之助2軍監督(41)が14日、新人合同自主トレを視察し、ルーキーに訓示した。新人選手19人の前であいさつし「今の気持ちを継続してほしい。この世界はそ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中日は14日、キューバ人のアリエル・マルティネス捕手(24)、ジャリエル・ロドリゲス投手(23)と契約についてキューバ政府と合意に至ったことを発表した。A・マ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人の新人合同自主トレが14日、川崎市内のジャイアンツ球場で行われ、原辰徳監督(62)、新任の桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)らが視察した。 12日に電撃的に就任が発表された桑田コーチにとってはこの日が“初仕事”。現役時代に鍛錬を積んだ同球場を首脳陣として訪れ「自分が、新人として初めて、このよみうりランドに足を踏み入れたことを回想しました」としみじみと語った。

後で読む
デイリースポーツ

中日は14日、ライデル・マルティネス、アリエル・マルティネス、ジャリエル・ロドリゲスの3選手について、キューバ政府と契約合意に至ったことを発表した。来日時は未定という。 R・マルティネスは昨季守護神として40試合に登板。2勝0敗21セーブ、防御率1・13と活躍した。A・マルティネスも打力を生かした捕手として存在感を示し、39試合の出場で打率・295と結果を残した。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人・原辰徳監督(62)が14日、菅野智之投手(31)のキャンプ「S班」スタートを明言した。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人の1軍投手チーフコーチ補佐に就任した桑田真澄氏(52)。これまでアマ球界で指導するにあたって、持論としていたのが「指導者と選手が服従で結ぶつく時代は終わった」。その原体験は小学時代の“ケツバット”にさかのぼる。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテのドラフト1位・鈴木昭汰投手(22=法大)が14日、ロッテ浦和球場での新人合同自主トレで初めてブルペンに入った。育成ドラフト1位・谷川唯人捕手(18=立… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテのドラフト5位・西川僚祐外野手(18=東海大相模)が“4球場目制覇”の時を待ちこがれる。強豪・佐倉リトルシニアに所属した中学時代、全国大会で東京ドームと… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 米大リーグ、マリナーズの球団OB、元投手で特命コーチに就任した岩隈久志氏(39)=前巨人=が14日、オンライン会見を行った。

後で読む
サンケイスポーツ

 【ニューヨーク13日(日本時間14日)=竹濱江利子通信員】先月末にダルビッシュ有投手(34)、ブレーク・スネル投手(28)をトレードで獲得したパドレスが、更なる先発補強を目指しヤンキースからFAとなっている田中将大投手(32)の獲得を検討していると、「ジ・アレチック」が報道。これを受け複数のヤンキース地元メディアも右腕の去就について取り上げている。

後で読む
日刊スポーツ

今季から古巣マリナーズの特任コーチに就任する岩隈久志氏(39)が14日、オンライン会見に応じ、指導者として新たな抱負を語った。昨年の引退発表後、2012年から… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人原辰徳監督(62)が14日、ジャイアンツ球場で始まった新人合同自主トレを視察した。ドラフト1位の平内龍太投手(22=亜大)らルーキーの動きに熱い視線を送り… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

新たな挑戦をスタートさせる。昨夏の福島県独自大会と東北大会で2冠に導いた聖光学院(福島)内野手の内山連希主将(3年)が12日、東都大学リーグ1部の東洋大総合情… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

【藤田太陽「ライジング・サン」(6)】遊撃守備で強肩をひけらかす、という快感を覚えた中学3年の僕なのですが、相手校が強豪校の時などはアピールに必死でした。たくさん高校のスカウトの方々が見に来ますからね…

後で読む
東京スポーツ

 米スポーツサイトのアスレチックは13日(日本時間14日)に、ヤンキースからFAになった田中将大投手(32)の獲得をパドレスが検討していると伝えた。パドレスは昨年末にトレードでブレーク・スネル投手(2…

後で読む
東京スポーツ

【球界平成裏面史 阪神・鳥谷編(2)】阪神・鳥谷敬内野手の存在感は並のルーキーとは違っていた。早大時代には2度の首位打者に輝き、遊撃手としてベストナインに選ばれること5度。4年時には日米大学野球で日本…

後で読む
デイリースポーツ

巨人の新人合同自主トレが14日、川崎市内のジャイアンツ球場で行われ、原辰徳監督(62)、新任の桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)ら首脳陣が視察した。 ドラフト1位・平内龍太投手(亜大)らルーキーの動きを確認した原監督は「元気な姿でやってくれている。安心してます」と頰を緩めた。そして「(春季キャンプで)ジャイアンツのユニホームを着て元気にグラウンドに立つと。2月1日にジャイアンツのユニホームを着て、自分の背番号を背負って、そういう姿を楽しみにしています」と大きな期待を寄せた。

後で読む
東京スポーツ

レンジャーズからFAになったサイ・ヤング賞2度受賞のコリー・クルバー投手(34)が13日(日本時間14日)に投球練習を公開し、状態をアピールした。  米スポーツ専門局ESPNのジェフ・パッサン記者は…

後で読む
東京スポーツ

パドレスがヤンキースからFAになった田中将大投手(32)を獲得候補に挙げているとの報道を受け、ニューヨーク・ポスト紙(電子版)は13日(日本時間14日)に「ヤンキースの待機戦術は田中を獲り逃す可能性…

後で読む
東京スポーツ

ロサンゼルス・タイムズ紙(電子版)は13日(日本時間14日)、アリゾナ州当局者の話として「MLB(米大リーグ機構)が春季キャンプの開始を1か月遅らせることを望んでいる」と伝えた。  米国では年末から…

後で読む
スポーツニッポン

 日本高野連は13日、第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園)の運営委員会を開き、同大会を有観客で開催する準備を進めると発表した。新型コロナウイルス感染防止対策として抽選会の前倒しや、開会式の全体の入場行進実施なしなどを決定。例年の21世紀枠は3校から4校となる。昨年、春夏連続で中止を余儀なくされた甲子園の3季ぶり復活。令和初開催となるセンバツの出場32校は、29日の選考委員会で決定す…

後で読む
スポーツニッポン

 マリナーズの特命コーチに就任した球団OBの岩隈久志氏が13日(日本時間14日)、オンライン会見に臨み、「マリナーズから声がかかるのは光栄なことですので、僕が出来ることはやっていきたいです。コーチという立場でしっかり自分が積んできた経験などを伝えていきたいなと思います」と意気込みを語った。

後で読む
日刊スポーツ

トランプ米大統領の支持者による連邦議会議事堂襲撃を受け、大リーグ機構(MLB)があらゆる政治献金を一時停止すると13日、AP通信が報じた。主要プロスポーツでは… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

注目フリーエージェントの一人であるベテラン右腕コリー・クルバー投手が13日、自身に関心を寄せる約25球団の関係者の前で投球練習を公開した。MLB公式サイトのマ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今年で38歳となる通算163勝のベテラン左腕コール・ハメルズ投手が、今季も現役続行を希望。ジャイアンツなどが同投手に関心を寄せていると、MLBネットワークのジ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

何事にも「きっかけ」をつかむことは大切なことだ。どんなスター選手でも、シーズン中の好不調の波は必ずと言っていいほど訪れる。広島鈴木誠也外野手(26)も、5年連… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

“27”を目指す。ヤクルトのドラフト3位、内山壮真捕手(18=星稜)は、目標とする捕手にOBの古田敦也氏を挙げる。理想は打てる捕手。高校通算34本塁打を放った… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人の新人合同自主トレが14日、ジャイアンツ球場でスタートした。原辰徳監督(62)はじめ首脳陣が視察した。12日に就任が発表された桑田真澄投手チーフコーチ補佐… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 緊急事態宣言の対象地域が甲子園球場所在地の兵庫県を含む計11都府県に拡大する中でも、3季ぶりの開催に向けて準備を進めるのは妥当な判断だろう。もちろん、全国大会は移動や長期の宿泊に伴う感染リスクが大きく、先日の春高バレーの東山(京都)のように途中棄権する高校が出ないとはかぎらない。ただ、ゼロリスク思考から脱却しない限り、再び球児の夢を奪うことになる。

後で読む
サンケイスポーツ

 ヤンキースからフリーエージェント(FA)になっている田中将大投手(32)について、パドレスが先発ローテーションの補強として獲得を検討しているとスポーツ専門局メディア「ジ・アスレチック」が13日(日本時間14日)、報じた。ダルビッシュ有投手(34)と同じチーム、先発ローテを組む“夢タッグ”の実現はあるのか-。

後で読む
デイリースポーツ

阪神ドラフト7位の高寺望夢内野手(18)=上田西=が13日、新人合同自主トレ後のオンライン取材に応じ、「最初に比べるとだんだん慣れてきました」と練習を振り返り、「先輩撃ち」でアピールすることを誓った。 唯一の高卒ルーキーにとって、同期入団でも社会人出身の選手との練習も刺激となるが、同2位の伊藤将(JR東日本)とは、プロ入り前から縁があった。19年秋にJR東日本の練習に参加した際、伊藤将から紅白戦でレフト前に安打を放っていた。

後で読む
デイリースポーツ

阪神の木浪聖也内野手(26)が13日、改めて守備力向上を誓い、キャンプで臨時コーチを務める川相昌弘氏(56)に“弟子入り”を志願した。守備の名手として知られ、通算533犠打の世界記録を持つレジェンドから技術を学び、吸収する構えだ。この日は鳴尾浜で約1時間半、守備練習に取り組み、失策数削減に向けて準備を進めていく。 課題克服に全力を注いだ。この日、木浪が鳴尾浜での自主トレで守備練習に充てた時間は約1時間半。キャッチボールと三塁ファウルゾーンで個別ノックをこなすと、小幡、熊谷と共に遊撃のポジションに入り、打球に食らいついた。

後で読む
デイリースポーツ

野球は今、いわゆるオフシーズンだ。プロ、アマに限らず、試合のないこの時期をどう過ごすかによって、今春、大きな差がついてくると言われる。名投手コーチと名高いデイリースポーツ評論家・佐藤義則氏(66)が、神戸西リトルシニアに協力いただき、指導する模様を掲載する。選手はもちろん、指導者、親御さんまで必ず役立つ核心指導で、ぜひレベルアップを!  ◇  ◇

後で読む
デイリースポーツ

アマ時代に輝かしい成績を残し、ドラフト1位の金看板を背負ってプロの世界に飛び込みながら、壁にブチ当たるなどして苦しみ、伸び悩んでいる選手の今を紹介する『ドラ1の逆襲』。第1回は日本ハムの斎藤佑樹投手(32)。どん底からの復活を目指す“ハンカチ王子”は、右肘故障の影響で昨年、プロ生活で初めて1軍登板がなかった。プロ11年目。野球人生の岐路に立たされているかつての甲子園優勝投手が、かすかな希望を信じて再起を図る。  ◇  ◇

後で読む
日刊スポーツ

◆初4番 7月25日 デビュー戦翌日のブルージェイズ戦で「4番DH」で出場し、日本選手最速となるデビュー2戦目で4番に。4打数無安打1三振だった。◆初マルチ … – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神の遠藤成内野手がプロ2年目の目標を設定した。「ファームで昨年は打率1割5分(7厘)くらいだったので、1割増やして2割5分以上。守備では守備率9割以上を目標… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

佐藤輝は柳田級だ! 阪神ドラフト1位の佐藤輝明内野手(21=近大)が13日、鳴尾浜での新人合同自主トレで視察した平田勝男2軍監督(61)を驚嘆させた。即戦力ス… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神ドラフト7位の高寺望夢内野手(18=上田西)が13日、新人合同自主トレ後にオンライン取材に応じ「プロでも遊撃手を守る」と、将来の正遊撃手を誓った。50メー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神が来春キャンプの臨時コーチとして巨人や中日などで活躍した川相昌弘氏(56)を招聘(しょうへい)する。熊谷敬宥内野手も川相臨時コーチに学ぶ。「ボールへの入り… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

福岡県が緊急事態宣言の対象地域となったことを受け、ソフトバンクは今後の対応を検討していく。 現在は各地で自主トレに励んでいる選手が多いだけに、球団は改めて不要不急の外出自粛や、感染防止の徹底を呼び掛ける。本拠地のペイペイドームや同県筑後市のファーム施設については利用可能とし、新人合同自主トレなども予定通り継続。宮崎市で行う春季キャンプについては、同宣言に対する福岡県の方針などを確認した上で、宮崎県などと協議を重ねていくという。

後で読む
日刊スポーツ

筋骨隆々の“V9戦士”が加わる! 巨人が日本選手権9連覇の実績を誇るボディービルダー鈴木雅氏(40)と球団スタッフとして契約する。若手を中心に年100日ほどウ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム野村佑希内野手(20)が「世代ナンバーワン」を目指す。沖縄の離島で杉谷拳士内野手(29)らと自主トレを行っており、オンライン取材に応じた。11日には成… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

プロ14年目を迎えたソフトバンク岩崎翔投手(31)が球速160キロ到達を目標に肉体改造に励んでいる。7日からスタートした沖縄・石垣島での自主トレでは1日5食の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神・谷本修球団本部長(56)が13日、甲子園で代表取材に応じ、コロナ禍の中、厳戒態勢でキャンプに臨む指針を示した。2月1日キャンプインが確認された臨時12球団代表者会議から一夜明け、「その予定で自治体の方々とも連携しながら準備を進めています」と現状を説明。PCR検査をした上で、1月下旬からの先乗り自主トレ実施も明言した。 「同じ緊張感を持って。会食が一番危ないと言われていますけど、基本は全面禁止になると思います」

後で読む
デイリースポーツ

阪神の近本光司外野手(26)、大山悠輔内野手(26)が今オフ、取り組んでいたトレーニングとは一体どんな内容なのか。付きっきりで指導する「こころ整骨院」代表・仲林久善氏(35)が解説した。脳への伝達速度を高めるトレーニング、その効果とは-。  ◇  ◇

後で読む
デイリースポーツ

阪神・平田勝男2軍監督(61)が13日、鳴尾浜で行われた新人合同自主トレを視察し、代表取材に応じてドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=を「ソフトバンクの柳田のようなスイング」と絶賛した。昨季のパ・リーグMVP男のフルスイングと重ね合わせ、“ギータ2世”への大躍進を期待した。 鳴尾浜のグラウンドに足を踏み入れると、豪快なフルスイングが目に飛び込んできた。新人合同自主トレ第2クール初日。平田2軍監督は佐藤輝のティー打撃を食い入るように見つめ、その姿をソフトバンク・柳田と重ね合わせた。

後で読む
東京スポーツ

 広島の新助っ人ケビン・クロン内野手(27=前ダイヤモンドバックス)が並々ならぬ意気込みでスタンバっている。マイナー通算151発の実績を誇り、打線の中軸として期待される大砲は年明け早々の3日に来日。現…

後で読む
デイリースポーツ

オリックスのドラフト1位・山下舜平大投手(18)=福岡大大濠=の計り知れないポテンシャルが13日、明らかになった。 この日はオセアンBSで行われた新人合同自主トレに参加。キャッチボールの相手を務めたドラフト5位・中川拓(豊橋中央)は、愛知選抜でチームメートだった中日1位の高橋宏(中京大中京)を例に挙げ「宏斗も相当スゴいんですけど、舜平大の球は破壊力が違う」と驚きの声。高校No.1と言われた高橋宏をしのぐ破壊力だと評した。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトのドラフト3位・内山壮真捕手(18)=星稜=が13日、理想の捕手像に球団OBの古田敦也氏を掲げた。目を輝かせながら、「打てるキャッチャーになりたい」と決意表明。黄金期を支えた名捕手を目指す。 今キャンプでは古田氏が臨時コーチに就任。育成メインの内山は2軍キャンプスタートが濃厚だが、「(いつか)技術を学びたい」と早くも興味津々だ。そして「誰からも信頼されていた。自分も信頼される捕手になりたい」と思いを寄せた。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAのドラフト1位・入江大生投手(22)=明大=が13日、新人合同自主トレで初のブルペン入り。捕手を立たせて直球を25球投じると「傾斜を使っての指先の感覚と体重移動を確認できたので良かった」と充実感を示した。 複数の球団関係者が見守る中、「当初の予定は5割くらいの力で投げようと思っていたが、力が入って7割くらいですかね」と苦笑い。球を受けた宮下ブルペン捕手は「バランス良くまとまっていて回転軸もきれい」と話し、ともにブルペン入りした同5位の池谷からは「いいボールいってました」と言われたという。

後で読む
デイリースポーツ

節目の年に希望を届ける-。楽天の銀次内野手(32)が13日、宮城県内で行っている自主トレを公開。チーム唯一の岩手県出身者であり、今年は東日本大震災から10年を迎える。「まだまだ苦労されている人もいっぱいいるので元気にしたい」と被災地復興を誓った。 昨季は88試合で打率.236に終わった悔しさを秘め、原点回帰だ。約10年ぶりとなる宮城県での自主トレ。極寒の中、調整を進めるが「(試合に)出たら、結果を残す自信もある」と定位置再奪取へ気持ちは燃えている。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・吉川尚輝内野手(25)が13日、長風呂&ストレッチで故障防止していく考えを口にした。これまでケガに苦しめられてきたが、昨季は初めて1軍でシーズンを完走。今季も体に細心の注意を払っていく。 「ストレッチとかは今年も入念に。風呂上がりとかもそうですし、時間があったら家ではストレッチとか。コロナ禍ですし、そういう時間が増えて僕的にはプラスになっている」と吉川。前向きに、おうち時間を有効活用している。

後で読む
サンケイスポーツ

 ヤクルトは13日、埼玉・戸田球場で新人合同自主トレーニングの第2クールがスタート。ドラフト3位・内山壮真捕手(18)=星稜高=が、“古田2世”になることを誓った。

後で読む
サンケイスポーツ

 阪神・谷本修球団副社長兼本部長(56)が13日、代表取材に応じ、春季キャンプに向けた万全の準備を約束した。この日、新たに大阪、兵庫、京都など7府県に緊急事態宣言が追加発令されたが、すでに2月1日のキャンプインを12球団で確認済み。谷本副社長は密を避けるためにチームバスを増便するなど、徹底的な新型コロナウイルス感染対策を予告した。

後で読む
サンケイスポーツ

 ボディービル界のレジェンドも!! 巨人がボディービル日本選手権で9連覇を果たした鈴木雅氏(40)に指導を要請することが13日、分かった。大手の「ゴールドジム」から派遣され、若手選手を中心にウエートトレーニングなどの指導を担当する。前日12日に入閣が発表された桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)に続く話題性十分の“補強”が実現する。

後で読む
サンケイスポーツ

 阪神・木浪聖也内野手(26)が13日、鳴尾浜で自主トレを行い、代表取材に応じた。虎は昨季も2年連続12球団ワーストとなる85失策にまみれたが、その中でも木浪は遊撃で8失策を犯した。今春キャンプでは臨時コーチとして元巨人、中日の川相昌弘氏(56)からの指導も受けられるだけに、自分自身の課題と徹底的に向き合い、完璧な予習を済ませて入塾する。

後で読む
サンケイスポーツ

 虎のギータや! 阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=が13日、鳴尾浜での新人合同自主トレに参加し、ティー打撃で衝撃のフルスイングを連発した。首脳陣で初めて打撃練習を視察した平田勝男2軍監督(61)は「120%でスイングするやつはあまりいない。ソフトバンクの柳田のよう」と早くもベタ惚れ。2月の1軍キャンプへ、黄金ルーキーの期待は膨らむばかりだ。

後で読む
日刊スポーツ

#愛を語ろう。レイズ筒香嘉智外野手(29)が日刊スポーツのインタビューに応じた。コロナ禍で異例のシーズンを強いられたメジャー1年目を踏まえ、2年契約の2年目と… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

レイズ筒香嘉智外野手(29)が日刊スポーツのインタビューに応じた。コロナ禍で異例のシーズンを強いられたメジャー1年目を踏まえ、2年契約の2年目となる今季への胸… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人吉川尚輝内野手が「長風呂ケア」でステイホームを有効活用する。昨季は初の規定打席に達するなどキャリアハイの成績をマークしたが、19年は腰痛の影響で11試合の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 最も恩恵を受けるのは背番号18の後輩か――。仰天人事で原巨人に入閣した桑田真澄一軍投手チーフコーチ補佐(52)には高卒3年目右腕・戸郷ら若手投手の底上げが期待されている。ただ、メジャー挑戦から一転、…

後で読む
東京スポーツ

 新天地にフィットするか――。昨季途中のロッテ加入で日本球界に復帰し、今季は阪神でプレーするチェン・ウェイン投手(35)が活躍できるかどうかには、いろいろと条件が付きそうだ。  中日やメジャーで実績を…

後で読む
東京スポーツ

昨季限りで現役を引退した中日の元エース・吉見一起さん(36)が2月から社会人野球・トヨタ自動車硬式野球部のテクニカルアドバイザーに就任することが13日、同社から発表された。  吉見さんは金光大阪高か…

後で読む
東京スポーツ

2年連続で規定打席到達を狙う巨人・吉川尚輝内野手(25)が13日、2学年後輩・岡本和真内野手(24)との意外な関係性を明かした。  公私ともに仲が良く、2年連続で合同自主トレを行っている両者。チーム…

後で読む
日刊スポーツ

センバツ復活!! 日本高野連が13日、第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園)に向けて大阪市内で運営委員会を開き、具体的な開催プランを示した。有観客… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

センバツ復活!! 日本高野連が13日、第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園)に向けて大阪市内で運営委員会を開き、具体的な開催プランを示した。有観客… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

日本高野連は13日、第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕・甲子園)に向けた運営委員会をリモートで開いた。白紙になっていた明治神宮大会枠に代わり、21世紀枠を3から4に増やすことを正式決定。西から1校、東から1校、全体から2校となる。 有観客での開催へ向けて同連盟・小倉好正事務局長は「47都道府県の加盟校に調査し、現場を把握しながら準備していきたい」と尽力していく姿勢を改めて示した。大会実現へのカギは“ウィズ・コロナ”を想定したさまざまな様式。この日も具体的な対策が明かされた。

後で読む
東京スポーツ

中日のドラフト1位新人・高橋宏斗投手(18=中京大中京)がバドレスのダルビッシュ有投手(34)に〝弟子入り〟志願だ。13日の新人合同自主トレ後に「ずっと動画で見てきたので自分からは発信することができ…

後で読む
サンケイスポーツ

 DeNAのドラフト1位・入江大生投手(22)=明大=が13日、神奈川・横須賀市の2軍施設「DOCK」での新人合同自主トレに参加し、D5位・池谷蒼大投手(21)=ヤマハ=とともにチームの新人最速でブルペンでの投球練習を行った。

後で読む
日刊スポーツ

日本高野連が13日、第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園)に向けて大阪市内で運営委員会を開き、具体的な開催プランを示した。有観客で開催する準備を進… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは13日から、新人合同自主トレの第2クールが千葉・鎌ケ谷でスタート。新たにゴロ捕球などを行った。12日は初の休養日で、ドラフト4位細川凌平内野手(18… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

第93回選抜高校野球大会(3月19日から13日間・甲子園)の運営委員会が13日、大阪市内で行われ、入場料金の改定が発表された。改定の理由として主催者側は「新型… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

3府県が対象となった関西など、13日に緊急事態宣言が再発令された地域のスポーツ界は新型コロナウイルス感染防止へ警戒を一段と強める。予定される大会の関係者は開催への準備に万全を期す構えを改めて示した。 プロ野球阪神は昨年、開幕前とシーズン中に感染者が続出。年明けに選手と球団職員の計2人の陽性が確認され、谷本修球団本部長は「臨戦態勢」と表現する。選手らの行動を制限。

後で読む
東京スポーツ

 広島・床田寛樹投手(25)が〝優等生〟への進化を狙っている。昨季は期待されながらも5勝8敗、防御率4・93に終わった左腕は現在、マツダスタジアムで先輩の九里とともに自主トレを行っており「去年は悔しい…

後で読む
デイリースポーツ

今秋ドラフト候補で最速151キロ左腕の筑波大・佐藤隼輔投手(3年・仙台)が13日、茨城・つくば市内の同大学グラウンドで年明け初となる全体練習に参加した。正月は約1年ぶりに帰省。初詣では「ドラフト1位で指名されますように」と誓いを立てた。 公立である仙台時代からプロ注目の存在ながら、「成長が必要」と強豪がそろう首都大学リーグに所属する同大学の門をたたいた。進学後も最速が7キロアップするなど順調に成長。大学2年生だった2019年には侍ジャパン大学代表入りを果たした。国立大では1996年度ドラフトでオリックスから1位指名された筑波大・杉本友以来、25年ぶりの最上位指名を狙う。

後で読む
日刊スポーツ

首都大学野球リーグの筑波大が13日、茨城・つくば市内のグラウンドで全体練習をスタートさせた。今年のチームは、今秋ドラフト候補の最速151キロ左腕、佐藤隼輔投手… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今春のセンバツ出場を確実にしている大阪桐蔭の最速150キロ左腕、松浦慶斗(2年=旭川明星中出)が、21年の目標に史上最多3度目となる甲子園春夏連覇を掲げた。旭… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

1年目の昨季、育成枠から支配下へはい上がった日本ハム樋口龍之介内野手(26)が目指すのは、昭和の大スター級の活躍だ。千葉・鎌ケ谷で内野ノックなどをこなした13… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 ヤクルトの新人合同自主トレの第2クールが13日、埼玉県戸田市の戸田球場で始まった。ドラフト3位ルーキーの内山壮真捕手(18=星稜)は「キャンプに向けて体を仕上げていくことがこの期間の目的。しっかりと…

後で読む
デイリースポーツ

一般社団法人日本プロ野球選手会(理事長・松田宣浩)とネットの大学managara(新潟産業大学 経済学部 経済経営学科 通信教育課程、学長・星野三喜夫)は13日、「プロ野球選手のセカンドキャリアに係る特待生制度」に関する協定を締結したと発表した。 この協定は元プロ野球選手を対象とし、年間授業料の免除によって学業を奨励する制度。プロ野球界で課題となっている引退選手のセカンドキャリアを支援するものだ。

後で読む
東京スポーツ

今季から育成で再出発となった2018年のドラフト1位・ソフトバンクの吉住晴斗投手(20)が13日、筑後のファーム施設で育成練習に参加。〝ダルへの恩返し〟を誓った。  昨年末に戦力外通告され、球団から…

後で読む
サンケイスポーツ

 日本は高野連は13日、オンラインで第93回選抜高校野球大会第2回運営委員会を開いた。コロナ禍の中、開催された昨夏の甲子園交流大会では保護者と部員以外は無観客としたが、選抜では有観客で実施することなどを承認した。消毒、備品の準備、警備費、販売システムなど感染症対策の経費がかかるため、入場料は中央指定席が現行の2500円→3900円、外野指定席が現行の無料→700円など入場料金が改定になる。アルプス席は学校関係者のみとして一般発売はしない。

後で読む
日刊スポーツ

DeNAのドラフト1位入江大生投手(22=明大)が、新人合同自主トレで12球団のルーキー一番乗りでブルペン入りした。横須賀市の球団施設で捕手を立たせ25球。「… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

首都大学野球リーグの筑波大が13日、茨城・つくば市内のグラウンドで全体練習をスタートさせた。今秋ドラフト候補の最速151キロ左腕、佐藤隼輔投手(3年=仙台)は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

オリックスのドラフト1位山下舜平大投手(18=福岡大大濠)が「マッチョ宣言」で球速アップを誓った。大阪・舞洲で新人合同自主トレの第2クール初日に参加。練習後に… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ロッテのドラフト3位・小川龍成内野手(22)=国学院大=が13日、ロッテ浦和球場での新人合同自主トレ後、オンライン取材に応じ、メジャー時代正遊撃手として鳴らした新外国人エチェバリアに負けずに、レギュラーを目指す意欲を明かした。 大学ナンバーワンショートの呼び声高い小川は、西武・源田を理想のショートとしているが、チームメートになるエチェバリアにも興味を示した。一人の時間に動画では華麗なショートの守備を見ているという。「体の強さ、肩の強さもありますし、メジャーで活躍されている選手なのですごいなと思いました」とせん望のまなざしをむけるが、レギュラー争いには負けるつもりはない。「自分のアピールすべきところは守備力、長所である守備力、バッティングでも自分なりのスタイルを見つけていってアピールしていきたい」と力を込めた。

後で読む
デイリースポーツ

日本高野連は13日、第93回選抜高校野球大会の運営委員会を開き、兵庫県西宮市の甲子園球場で、3月19日に開幕する同大会を有観客で開催する準備を進めると発表した。新型コロナウイルスの感染症対策に経費がかかることや、観客数が制限されて従来の大会より入場者が減少する可能性があることなどから、入場料金を改定する。 この日、兵庫県を含む近畿3府県などに緊急事態宣言が再発令される。コロナ禍の収束が見通せない中、日本高野連の対応が注目されていた。出場32校は29日の選考委員会で決定する。

後で読む
デイリースポーツ

日本高野連は13日、第93回選抜高校野球大会の運営委員会を開き、21世紀枠の出場校を1校増やして、4校にすると発表した。21世紀枠の候補は9校。 例年は秋に開催される明治神宮大会の優勝校の地区に出場枠が与えられるが、昨秋は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった。運営委は「高校球児が新型コロナウイルスによる感染症と向き合ってきたことを踏まえた」とした上で、「それぞれ創意工夫を続け、高校生活や部活動に真摯に取り組んでいる学校に光を当てることが、全国の球児や高校野球ファンを勇気づけることにつながる」として、21世紀枠の増加を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

日本高野連は13日、第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園)に向けた運営委員会をリモートで開催し、大会入場行進曲が2大会連続で「パプリカ」(作詞・作曲:米津玄師、歌唱:Foorin)に決まったと発表した。「前回大会と同じ曲を採用することで、すべての高校野球ファンに『復活』というメッセージを伝えたい」としている。 前回大会も「パプリカ」を入場行進曲として編曲し、開会式で演奏する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で大会は中止。高野連は「『高校野球が阪神甲子園球場に帰ってくる』という意味を込め、『パプリカ』に再度、スポットライトを当てさせていただきました」とコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

日本高野連は13日、第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕・甲子園)に向けた運営委員会を開いた。白紙になっていた明治神宮大会枠に代わり、21世紀枠を3から4に増やすことを正式決定した。西から1校、東から1校、全体から2校となる。 21世紀枠は2001年の73回大会で2校でスタートし、08年の80回大会から3校を選出した。85回大会の13年以来、4校が選ばれた。全出場校は29日に発表される。

後で読む
スポーツニッポン

 日本高野連は13日、大阪市内で「第93回選抜高等学校野球大会」(3月19日から13日間、甲子園)の第2回運営委員会をリモートで開催。昨秋の明治神宮大会の中止に伴う「神宮大会枠」の扱いを検討した結果、第93回大会では21世紀枠の出場校を「3」から「4」に1枠増やすことを決めた。

後で読む
日刊スポーツ

西武が13日、コーリー・スパンジェンバーグ内野手(29)と今季契約を結んだことを発表した。スパンジェンバーグは1年目の昨季、三塁と外野を守れるユーティリティー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテのドラフト3位・小川龍成内野手(22=国学院大)は右投げ左打ちの遊撃手で、ドラフト戦線でも「毎年出るタイプ」とされやすい属性だ。指名直後には「プロになっ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕・甲子園)の運営委員会が13日、大阪市内で行われ、開会式の入場行進曲にFoorin(フーリン)の「パプリカ」に決定した… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

楽天の島内が13日、宮城県内での練習後にオンライン取材に応じ、4年契約の1年目の今季へ「今年だめだったら、複数年にしたから、みたいな感じになってしまう。キャリアハイ(自己最高)を目指して鍛えていきたい」と意気込んだ。 昨季は114試合に出場して打率2割8分1厘をマークしたが、本塁打は8本にとどまり、2桁本塁打が3年連続で途切れた。練習では室内でティー打撃などに励み「スイング数を減らしてでも強く振る回数を例年よりも増やそうかなと思っている。とにかく確率ではなく強く振っていく」と話した。

後で読む
東京スポーツ

西武は13日、コーリー・スパンジェンバーグ外野手(29)との延長契約を締結したことを発表した。単年契約で年俸は8000万円(推定)。スパンジェンバーグは来日1年目の昨季、左翼と三塁を中心に111試合…

後で読む
日刊スポーツ

元広島の内野手キラ・カアイフエ氏(36)が、故郷のハワイ大野球チームのコーチに就任。同氏はロイヤルズとアスレチックスで4年間プレー後、13年から2年間広島に所… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

立大は13日、埼玉の新座グラウンドで自主トレを開始した。年末年始のオフを終え、前日に集合。18日から始まる全体練習を前に、各自がトレーニングを続ける。最後の優… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。