「投手」の記事一覧

日刊スポーツ

楽天辛島航投手(30)が21日、イースタン・リーグの日本ハム12回戦に先発。6回を投げ3失点も7三振を奪い、5安打1四球の投球内容だった。この日の直球は最速1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。先発はヤクルトが石川、巨人は高橋。40歳のヤクルト石川雅規投手(40)は巨人戦で現役最多の31勝しているが、今季は未勝利。巨… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神・岩田稔投手が21日、甲子園で汗を流し、先発予定の22日・広島戦へ意気込んだ。甲子園での登板は1日・中日戦以来。「頑張るのみです」と気合を入れた左腕は「今できることをしっかりやった上でチームの勝利につながるような投球ができるように頑張ります」と力を込めた。 今季は4試合に先発し1勝1敗、防御率4・58。前日20日には国内フリーエージェント(FA)件の資格取得条件を満たしていた。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクのマット・ムーア投手(31)がキャッチボールなどで調整。22日の先発登板に向けて「まず(目指すの)はリーグ優勝だと思う。自分たちが勝てばそれでいいと思うので。1試合でも多くチームが勝てるように」と力を込めた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム-ソフトバンク、23回戦、21日、札幌ドーム)ソフトバンク・工藤公康監督(57)が試合前に取材に対応。前日20日に6回無失点で4勝目を挙げた笠谷俊介投手(23)について「結果だけを考えれば、当然、次もあるということは間違いない」と明言した。

後で読む
日刊スポーツ

オリックス山本由伸投手(22)が21日、出場選手登録を抹消された。今季初めての出場選手登録抹消となる。球団広報によると、疲労と上半身のコンディション不良を考慮… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。予告先発はヤクルトが石川、巨人は高橋。40歳のヤクルト石川雅規投手(40)は巨人戦で現役最多の31勝しているが、今季は未勝利… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

オリックスの山本由伸投手、富山凌雅投手が21日、出場選手登録を抹消された。 山本は上半身のコンディション不良があり疲労を考慮されたもの。

後で読む
東京スポーツ

コロナ陽性判定を受けた2人が一軍復帰――。9月下旬に新型コロナウイルスに感染した陽川尚将内野手(29)と小川一平投手(23)の2人が21日、一軍に合流した。  陽川は感染後、発熱の症状を起こし、一時…

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽オリックス 榊原翼投手、鈴木優投手 【同抹消】 ▽ソフトバンク 笠谷俊介投手 ▽日本ハム 上沢直之投手 ▽オリックス 山本由伸投手、富山凌雅投手

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽阪神 小川一平投手、マルテ内野手、陽川尚将内野手 ▽中日 ゴンサレス投手 【同抹消】 ▽阪神 ガルシア投手、伊藤和雄投手、井上広大外野手 ▽中日 R・マルティネス投手

後で読む
日刊スポーツ

マリナーズの公式ツイッターが、引退を発表した巨人岩隈久志投手に感謝のメッセージを送った。岩隈は12年から6年間マ軍に所属。「思い出をありがとう。引退後の幸運を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショー投手が6回2安打1失点でリズム良く投球した。8奪三振の力投で、7つ目の三振を奪った時点でポストシーズン通算200三… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

10月21日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>阪神 小川一平投手阪神 J・マルテ内野手阪神 陽川尚将内野手中日 L・ゴンサレス… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中日のライデル・マルティネス投手(24)が21日、体幹のコンデショニング不良のため、出場選手登録を抹消された。今季は抑えに定着して40試合に登板。防御率1・1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神ー広島、22回戦、21日、甲子園)阪神のドラフト2位・井上広大外野手(19)、オネルキ・ガルシア投手(31)、伊藤和雄投手(30)が出場選手登録を抹消された。

後で読む
日刊スポーツ

巨人岩隈久志投手(39)が、今季限りで現役引退する。日米通算170勝。マリナーズ時代の05年にはノーヒットノーランを達成した。日本球界で最も高い制球力を誇る投… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(21日、甲子園球場) 阪神の福原忍投手コーチが20日の同戦で約2カ月ぶりに登板した藤川球児投手について言及した。

後で読む
サンケイスポーツ

 また一人、レジェンドがユニホームを脱ぐ。ヤクルト・五十嵐亮太投手(41)が、今季限りで現役を引退することを決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りでの引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が21日の広島戦(甲子園)を欠場することがわかった。20日の同戦で約2カ月ぶりに1軍登板して1回1安打無失点に抑えたが、連投を避ける形となった。福原投手コーチは「球児は今日はベンチから外します。もちろん本人とも相談しながらになりますが、今後はベンチから外れる日を作りながら、最後までしっかりチームを支えていってもらえたらと思います」と話した。右上肢コンディション不良で手術が必要といわれていることも明らかにしており、今後も連投は避けることになる。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(21日、甲子園球場) 阪神の福原忍投手コーチが20日の同戦で約2カ月ぶりに登板した藤川球児投手について言及した。

後で読む
日刊スポーツ

ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショー投手(32)が、6回2安打1失点、8奪三振と好投した。7つ目の三振を奪った時点でポストシーズン(PS)通算200三… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

左肘痛を乗り越えた巨人高橋優貴投手が2勝目を目指し、21日ヤクルト戦に先発する。先発復帰を果たした前回14日広島戦では、5回1失点で今季初勝利を挙げた。「マジ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

40歳のヤクルト石川雅規投手(40)は巨人戦で現役最多の31勝しているが、今季は未勝利。巨人戦で白星を挙げた40代の先発投手は16年9月10日黒田(広島)が最… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

福岡大の準硬式野球部にセ、パ11球団が注目する異色のドラフト候補がいる。最速154キロの本格派右腕・大曲錬投手(4年=西日本短大付)だ。ロッテを除く各球団と面… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

「栃木の林昌勇」がNPB入りをつかむ。BC・栃木の石田駿投手(23)は、最速153キロのサイドハンド右腕。躍動感ある投球フォームから繰り出す伸びのある直球が最… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

現役最年長投手の中日・山井大介投手(42)が20日、現役続行の意思を明らかにした。 ナゴヤ球場での練習後、「コロナでこういう状況。これで辞めるとしたら悔やんでも悔やみきれないところがある。来年もやれるならやりたい」と現役への強いこだわりを口にした。今季は中継ぎで6試合に登板し、0勝0敗、防御率9・00。阪神・藤川、ヤクルト・五十嵐、巨人・岩隈ら次々に年下の投手たちがユニホームを脱ぐ中、球団の判断が注目される。

後で読む
日刊スポーツ

米大リーグ、レイズは20日、ワールドシリーズの出場登録メンバーの28人を発表し、筒香嘉智も外野手でベンチ入りを果たした。投手が13人で、野手が15人。メジャー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

2年ぶりに支配下選手登録された阪神横山雄哉投手が、21日のウエスタン・リーグ、オリックス戦(オセアンBS)に先発する。背番号が2桁に戻ってからは2度目の登板。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

腰痛でリハビリ中の阪神北條史也内野手が屋外でのフリー打撃を再開した。鳴尾浜の残留練習に参加し、屋宜打撃投手を相手に47スイングで安打性の打球は17本。患部の状… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-5広島」(20日、甲子園球場) 甲子園が沸いた!今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が六回から登板し、1回を1安打無失点。8月10日・DeNA戦以来となる1軍マウンドで時折、笑顔をのぞかせながらも、12球中11球が直球の真剣勝負で1万282人のファンを魅了した。残り17試合。“炎のストレート”で別れを告げる。

後で読む
東京スポーツ

 パ・リーグ新人王候補でもある「投げるおかわり」こと西武・平良海馬投手(20)にメジャー関係者がちょっと気の早いアドバイスをしている。  3年目の今季はここまで45試合に登板し、1勝26ホールド、50…

後で読む
サンケイスポーツ

 西武・高橋朋己投手(31)が20日、今季限りでの現役引退を表明した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神1-5広島、21回戦、阪神11勝7敗3分、20日、甲子園)阪神のオネルキ・ガルシア投手(31)が、21日にも出場選手登録を抹消されることになった。矢野監督が20日の広島戦(甲子園)後に「抹消しようかなと思って」と明かした。今季はここまで14試合の登板で2勝6敗、防御率4・42。約1億6400万円という高年俸からも、来季の契約が極めて厳しくなってきた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神1-5広島、21回戦、阪神11勝7敗3分、20日、甲子園)今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が、広島戦(甲子園)で8月10日のDeNA戦(横浜)以来となる1軍復帰登板。六回に登場して、1安打無失点に抑えた。1-5で敗れたが、試合後にはナインに団結の大切さを説いた。首位巨人とは12・5ゲーム差と絶望的な状況にいるものの、ファイティングポーズは崩さない。

後で読む
東京スポーツ

「球団としては残留してほしいでしょうが、果たしてそうなるのか…」。ロッテ関係者の間からこんな声が漏れている。今年9月に交換トレードで巨人から電撃加入した澤村拓一投手(32)の去就のことだ。  移籍当初…

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 高津ヤクルトが土壇場で同点に追いつき、対巨人戦10連敗は阻止。試合後の高津監督は、投手陣の踏ん張りに目尻を下げ、打線の奮起を願った。

後で読む
日刊スポーツ

巨人の戸郷翔征投手(20)は自己最多の134球の熱投実らず、9勝目はお預けとなった。6四球を与えながら6回3安打無失点。6回に2死満塁のピンチを背負ったが、代… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-5広島」(20日、甲子園球場) 今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手が甲子園に帰ってきた。六回に3番手として「ピッチャー・藤川」がコールされると、球場中のファンから歓声、そして拍手が起こった。8月10日のDeNA戦(横浜)以来となるマウンド。最速147キロの直球で1イニングを1安打無失点に抑えた。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天2-2オリックス」(20日、楽天生命パーク宮城) オリックスの先発・山本由伸投手は7回5安打2失点、10三振で降板した。

後で読む
東京スポーツ

勝ってもなお反省が…。20日の阪神戦で9回途中まで猛虎打線を4安打1失点に封じ、今季7勝目を挙げた九里亜蓮投手(29)が試合後、自らをブッタ切った。  8回まで1安打無失点と完封ペースながら、結果的…

後で読む
東京スポーツ

あと一歩届かなかった。ヤクルトは20日の巨人戦(神宮)に延長10回、1―1で今季8度目の引き分け。先発・高梨が5回2/3を1失点と粘り、後続の投手も無失点でつないだ。しかし、打撃陣が8回までに2度の…

後で読む
東京スポーツ

新人王を狙う巨人の期待株・戸郷翔征投手(20)が20日のヤクルト戦(神宮)で一回り成長した姿を披露した。自己最多となる6回134球を投げ3安打無失点9奪三振。勝利投手の権利を持って降板したが、後続の…

後で読む
東京スポーツ

今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が20日の広島戦で、引退表明後、初めてとなる本拠地・甲子園のマウンドに登場した。  5点を追う6回に3番手で「ピッチャー・藤川」がコールさ…

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムのブライアン・ロドリゲス投手の1軍復帰戦は、ほろ苦いものとなった。6月中旬に左膝軟骨除去手術を受け、戦列離脱していた右腕が今季初昇格し、7回に3番手と… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-5広島」(20日、甲子園球場) 今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手が1軍のマウンドに帰ってきた。「ピッチャー・藤川」がコールされると、球場中のファンから歓声、そして拍手が起こった。8月10日のDeNA戦(横浜)以来となるマウンドで六回の1イニングを1安打無失点に抑えた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-5広島」(20日、甲子園球場) 阪神・谷川昌希投手(28)が同門の先輩・長野を抑えるなど、2回無安打無失点の好投を披露した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 高津ヤクルトが土壇場で同点に追いつき、対巨人戦10連敗は阻止。試合後の高津監督は、投手陣の踏ん張りに目尻を下げ、打線の奮起を願った。

後で読む
東京スポーツ

エースが大乱調だ。日本ハムが20日、ソフトバンク戦(札幌ドーム)に2―11で大敗。Wエースの片翼を担う上沢直之投手が先発するも、5回7失点と炎上し、6敗目を喫した。  初回から二死一、三塁とピンチを…

後で読む
日刊スポーツ

近鉄戦士として最後の投手となったヤクルト近藤一樹投手(37)が、イースタン・リーグ今季2勝目を挙げた。巨人岩隈久志投手(39)の今季限りでの現役引退発表から一… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(20日、甲子園球場) 今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が約2カ月ぶりに1軍のマウンドに帰ってきた。「ピッチャー・藤川」がコールされると、球場中のファンからのどよめき、そして拍手が起こった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-5広島」(20日、甲子園球場) 阪神・藤川球児投手の71日ぶりの1軍登板に沸いた甲子園だったが、打線が沈黙し続けた。相手先発・九里を打ち崩せない展開が続き、五回までは無安打に抑え込まれていた。9回に3安打をまとめて1点を返したが、反撃は遅すぎた。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は広島に1-5で敗れた。先発したガルシアは三回2死満塁から西川に左前へ2点打を浴びて先制を許した。その後、再び満塁となったところで坂倉に投手強襲の2点打を浴び、3回5安打4失点で降板となった。

後で読む
東京スポーツ

あと少しが粘れなかった。ヤクルトの高梨裕稔投手(29)が20日の巨人戦(神宮)に先発し、6回途中を5安打1失点の内容だった。  5回まで強力巨人打線をわずか3安打に抑えた。それでも6回に先頭・松原に…

後で読む
東京スポーツ

反省ばかりが口をついた。ヤクルトの高梨裕稔投手(29)が20日の巨人戦(神宮)に先発し5回2/3を5安打1失点。高梨は「今日は状態も良く、低めへの投球意識をしっかりと持って投げることができました」と…

後で読む
東京スポーツ

西武・高橋光成投手(23)が20日のロッテ戦(メットライフ)に先発し、7回3安打無失点だった。  3回、藤原の痛烈なライナーを右ふくらはぎ横付近に直撃(結果は一ゴロ)されても、高橋は治療でベンチに下…

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(20日、甲子園球場) 今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が約2カ月ぶりに1軍のマウンドに帰ってきた。「ピッチャー・藤川」がコールされると、球場中のファンからのどよめき、そして拍手が起こった。

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りで現役を引退する阪神・藤川球児投手(40)が引退表明後、初登板した。1軍のマウンドは8月10日DeNA戦(横浜)以来、71日ぶり。

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球屈指のエースが事故も抑え込む-。愛知県警昭和署は20日、強豪校・中京大中京とコラボして交通安全の啓発イベントを開いた。プロ注目の高橋宏斗投手(18)らが、交通事故が増える夕方から夜にかけて街頭に立ち「思いやりの心で事故を防いでほしい」と呼び掛けた。

後で読む
東京スポーツ

 既に今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が20日の広島戦(甲子園)で8月10日のDeNA戦(横浜)以来、71日ぶりに一軍登板を果たした。  0―5の6回に3番手でマウンドに上…

後で読む
日刊スポーツ

21日広島戦(甲子園)に先発する阪神青柳晃洋投手が、約2カ月ぶりとなる7勝目を目指す。「前回も調子は良かったと思いますし、そのイメージで明日も投げることができ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

2軍オリックス戦に先発した阪神斎藤友貴哉投手が6回2安打無失点と好投した。直球の最速は149キロで、フォークとカーブがさえた。「0で抑えられたことはよかった」… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(20日、甲子園球場) 試合前にファーストピッチセレモニーが行われた。投手は冠スポンサー・SADAの佐田展隆社長(46)が務め、打席には川藤幸三阪神OB会長(71)が入った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(20日、甲子園球場) 約1カ月ぶりに1軍で先発を務めた阪神のオネルキ・ガルシア投手(31)が今季最短の3回5安打4失点とKOされた。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは20日、21日の予告先発投手を発表した。

後で読む
スポーツニッポン

 育成契約の西武・高橋朋己投手(31)が20日、今季限りでの引退を発表し、午後2時30分から埼玉県所沢市内の球団事務所で会見を行った。

後で読む
日刊スポーツ

うれしい初完封だ。日本学園のエース左腕・浅井颯斗投手(2年)が散発4安打、練習試合を含めても初めてとなる完封で勝利に貢献した。3回には先頭に二塁打を許し、ピン… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

両チームのスタメンが発表された。先発投手は阪神がオネルキ・ガルシア投手(31)、広島が九里亜蓮投手(29)。ガルシアは9月18日中日戦(ナゴヤドーム)以来の1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が20日、球団直営グッズショップ「タイガースショップアルプス」をお忍びで初訪問したことを報告した。 藤川は15日に開設した自身のツイッターを更新。「先程、#チームショップアルプスにお忍びで行ってきました」と明かした。「初めて入りましたが中々面白い… しっかり消毒して、、沢山自分のグッズ抱えて来たよ~ みんなは なにが ほしいのかな?」とつぶやき、黒マスクにサングラス姿でグッズを抱え込む写真とともに投稿した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテが20日、荻野貴司外野手、藤岡裕大内野手を1軍出場選手登録した。両選手は新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査で陽性判定を受け、登録抹消されていた。 ヤクルト3年目の金久保優斗投手は初昇格。

後で読む
スポーツニッポン

 巨人は20日、東京大手町の球団事務所でスカウト会議を開き、原監督、元木ヘッドコーチ、宮本投手チーフコーチらが出席。10月26日に行われるドラフト会議に向け、約80人リストアップしている選手の指名方針や順位付けなどを、約3時間確認した。

後で読む
東京スポーツ

今季限りでの現役引退を発表した西武・高橋朋巳投手(31)の「引退試合」が30日のイースタンリーグ・巨人戦(カーミニーク)に決まった。  20日、メットライフドームに隣接する球団事務所で引退会見を開い…

後で読む
東京スポーツ

今季限りでの現役引退を発表した西武・高橋朋己投手(31)に対し、ゆかりのある3選手がコメントした。  2012年ドラフトの同期入団である増田は「一緒にライオンズに入団してから、同級生として切磋琢磨し…

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽DeNA 笠井崇正投手 ▽阪神 ガルシア投手 ▽ヤクルト 金久保優斗投手 【同抹消】 ▽阪神 ガンケル投手 ▽ヤクルト 久保拓真投手

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽ロッテ 永野将司投手、藤岡裕大内野手、荻野貴司外野手 ▽日本ハム 福田俊投手、ロドリゲス投手、ビヤヌエバ内野手 ▽オリックス 西野真弘内野手

後で読む
デイリースポーツ

西武の高橋朋己投手(31)が20日、埼玉県所沢市の球団事務所で記者会見し、今季限りでの現役引退を表明した。抑えとして活躍したが、左肩の故障などで2018年を最後に登板はなく「8年間、プロ野球選手としては短いけど、濃くいい時間を過ごせたのですごく幸せで終わることができた」としみじみ語った。30日の2軍戦で、打者1人限定の引退登板が予定されている。 16年に左肘手術を受け、18年には左肩を痛めて19年から育成契約となった。今年8月に打撃投手を務めて今季初めてマウンドから投げたが左肩に激痛が走り「投げながら自分の中で決断していた。もう無理だと」と説明した。

後で読む
デイリースポーツ

第73回秋季四国地区高等学校野球大会の抽選会が20日、高知市内のホテルで行われた。大会は24日に開幕し、11月1日に春野球場で決勝が行われる。 三密を避けるために、部長、監督は出席せず、責任教師が抽選を行い、最速151キロ右腕・森木大智投手(2年)を擁する高知(高知2位)は、1回戦で高松商と対戦することがきまった。前年度優勝の明徳義塾(高知1位)は2回戦で英明-徳島北の勝者と対戦。佐藤洋部長は「うちの野球を考えたら春野球場でやりたかった。警戒する高校は全てです」と語った。

後で読む
サンケイスポーツ

 プロ3年目のヤクルト・金久保優斗投手(20)が20日、シーズン中に初めて1軍に合流した。中継ぎ要員として同日に出場選手登録される見込み。

後で読む
サンケイスポーツ

西武・高橋朋己投手(31)が20日、今季限りでの現役引退を表明した。

後で読む
日刊スポーツ

巨人岩隈久志投手(39)が、今季限りで現役引退する。日米通算170勝。マリナーズ時代の05年にはノーヒットノーランを達成した。日本球界で最も高い制球力を誇る投… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武の左腕・高橋朋己投手(31)が、現役引退を決めた。20日、会見を行った。プロ8年間で、西武の守護神を担いながら、何度も大けがに見舞われた浮き沈みの激しかっ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ3年目のヤクルト・金久保優斗投手(20)が20日、シーズン中に初めて1軍に合流した。中継ぎ要員として同日に出場選手登録される見込み。

後で読む
東京スポーツ

西武は20日、元守護神左腕・高橋朋己投手(31)の現役引退を発表した。  高橋は2012年のドラフト4位で西濃運輸から西武に入団。2年目の14年シーズン途中に抑えに抜擢され2勝1敗29セーブ、防御率…

後で読む
サンケイスポーツ

西武・高橋朋己投手(31)が20日、今季限りでの現役引退を表明した。同投手は社会人野球・西濃運輸から2013年ドラフト4位で入団。2年目から守護神に抜擢(ばってき)され、14年には29セーブ、翌15年にも開幕から4試合連続セーブのプロ野球記録を樹立するなど22セーブを挙げた。

後で読む
日刊スポーツ

西武の左腕・高橋朋己投手(31)が、現役引退を決めた。20日、会見を行う。12年ドラフト4位で入団。1年目の13年は左肩のリハビリで始まったが、8月15日のソ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

米・メジャーリーグ、ヤンキースの田中将大投手(31)が20日、ツイッターで今季限りで引退する巨人の岩隈久志投手(39)への感謝の気持ちをつづった。  岩隈投手から連絡があったといい「僕にまで発表前に…

後で読む
東京スポーツ

米NBCスポーツ・ワシントン(電子版)は19日(日本時間20日)、ナショナルズは今オフにFAになるヤンキースの田中将大投手(31)を獲得すべきと提言した。昨年、球団初のワールドチャンピオンとなりなが…

後で読む
日刊スポーツ

ナショナルズは19日、ジム・ヒッキー氏(59)が投手コーチに就任したと発表した。ナショナルズでは今月、ポール・メンハート投手コーチが退団していた。ヒッキー氏は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ドラフト会議まであと6日。大学生では近大・佐藤輝明内野手、早大・早川隆久投手に注目が集まる中、プロ志望届を提出している筑波大の最速147キロ左腕・加藤三範(みづき)投手(4年)もドラフトの日を心待ちにしている一人だ。

後で読む
サンケイスポーツ

 米大リーグのレイズは19日(日本時間20日)、ワールドシリーズ(WS=7回戦制)の会場となるテキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールドで全体練習を行った。筒香嘉智外野手(28)も参加。28人のベンチ入りメンバーの発表は20日(同21日)だが、キャッシュ監督は「(登録選手は)何度も話し合いを重ねてきめた。13投手は、今シリーズはオフデーが入るから、投手もいい状態で望めるだろう」と投手13人、野手15人という内訳を明かした。筒香もベンチ入りを果たせば、野手としては2014年の青木(当時ロイヤルズ)以来となるWS出場に期待がかかる。

後で読む
スポーツニッポン

 巨人は19日、岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退すると発表した。23日に東京ドームで会見を行う予定。日米通算170勝を挙げるなど輝かしい実績を残したが、17年9月に右肩を手術した影響もあり、巨人では今季までの2年間で1軍登板はなかった。プロ21年の現役生活に別れを告げる右腕は苦しい時も支えてくれた家族、声援で背中を押してくれたファンへの感謝の思いを独占手記としてスポニチ本紙に寄せた。

後で読む
日刊スポーツ

ドジャースのデーブ・ロバーツ監督(48)が、相手投手陣を警戒した。レイズとのワールドシリーズ第1戦は20日(日本時間21日午前9時9分)、中立地のテキサス州ア… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

23日に行われるワールドシリーズ第3戦では、ドジャースのウォーカー・ビューラー投手が先発する。MLB公式サイトが報じている。第2戦のドジャースの先発投手は未定… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

三菱パワーの伊藤優輔投手(23=中大)は、最速155キロの真っすぐで強気に押す投球に自信を持つ。「社会人に入り、メンタル面で成長できた」と胸を張る。きっかけは… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ピンチにはダイナが助けに来る! ホンダの守護神・小野大夏投手(21=高崎健康福祉大高崎)は試合終盤にマウンドに上がると最速150キロの力強い真っすぐとフォーク… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

<阪神1-1ヤクルト>◇19日◇甲子園阪神藤浪晋太郎投手(26)が球団最速、NPB日本人2位の162キロをたたき出した。同点で迎えたヤクルト戦の7回2死。代打… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNA大貫晋一投手(26)は今季中日戦で5試合に登板して3勝1敗、防御率1・57と好投。ビシエド13打数1安打、高橋11打数1安打と主軸の2人を抑えている。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 「選手の尻をなでるな!」。おっと、本紙専属評論家の江本孟紀氏(73)から、ちょいと気になるお言葉が。どんな文脈なのでしょう。

後で読む
日刊スポーツ

関西6大学野球連盟は19日、秋季リーグのベストナインを発表した。受賞者は次の通り。▽投手 藤本翔(京産大)▽捕手 三藤成一郎(大院大)▽一塁手 山内光太郎(神… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 2月11日に急逝した野村克也さん(享年84)が、専属評論家としてサンケイスポーツに残した言葉を振り返る、ヘリテージ(遺産)連載。プロの投手にとって真の制球力とは-。それが今回のテーマ。

後で読む
日刊スポーツ

▼この試合はヤクルトのアルバート・スアレス投手が先発し、9回に阪神の5番手で弟のロベルト・スアレス投手が登板。兄弟が同じ試合で敵味方に分かれて登板したのは、9… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 広島の九里亜蓮投手(29)が19日、自身初の規定投球回到達へ意気込んだ。先発する20日・阪神戦(甲子園)を含め、順当なら残りの先発機会は4試合。現在96回2/3であと23回1/3でクリアする。達成可能な数字である一方、油断はできない状況だ。この日はマツダスタジアムでの投手指名練習で調整。今季初の“虎狩り”で目標へ望みをつなぐ。 視界に捉えたチャンスは逃さない。本拠地の秋空に見守られながら、九里はキャッチボールなどで体を動かした。シーズンも終盤、優勝争いから遠ざかる中、チームの勝利と自身の目標が腕を振る原動力になる。右腕にとっては初となる、シーズン終了時点での規定投球回到達が見えてきた。

後で読む
デイリースポーツ

 プロ野球ドラフト会議(26日・17時開始予定)まで残り1週間を切った。各球団はギリギリまで選手を視察し、逸材の獲得を狙っている。現状では1位指名の選手を公表しているのは2球団のみ。コロナ禍の影響で前例のない様相を呈しているドラフト戦線の現況に迫った。 ドラフトの目玉は大学生2人に絞られている。オリックス・福良GMが「野手ではナンバーワン」と絶賛し、1位指名を12球団最速で公表した近大・佐藤輝明内野手(4年・仁川学院)。加えてロッテ・松本球団本部長が「1年目から2桁勝てる投手」と称えて1位指名を公表した早大・早川隆久投手(4年・木更津総合)だ。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・岩隈久志投手(39)が今季限りでの現役引退を発表。マリナーズ時代を取材した本紙の大リーグ担当でシアトル在住の丹羽政善通信員(53)が同投手の逸話を紹介。活躍の背景には鋭い観察眼があった。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・岩隈久志投手(39)が今季限りでの現役引退を発表。2005年に楽天初代監督を務めた田尾安志氏(66)=本紙専属評論家=はねぎらいの言葉を送った。

後で読む
日刊スポーツ

巨人岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退すると19日、発表された。99年ドラフト5位で近鉄に入団。05年からは楽天に移籍し、12年からは大リーグのマリナ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

9月24日、敵地仙台で3連敗した肌寒い夜でも、ロッテには“ぬくもり”があった。試合後、肩を落とすレオネス・マーティン外野手(32)の背中を、沢村拓一投手(32… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退すると19日、発表された。99年ドラフト5位で近鉄に入団。05年からは楽天に移籍し、12年からは大リーグのマリナ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場) 驚がくの数字がビジョンに躍った。阪神・藤浪晋太郎投手(26)が同点の七回から登板し、自己最速&球団最速を更新する162キロを計測。中村、西浦、代打・松本友を3者連続空振り三振に仕留める圧巻の内容で、完全復活へまた歩を進めた。悩み、もがき、苦しんだ右腕が、長引く不振からの出口を見つけた気配が漂う。

後で読む
東京スポーツ

 再起なるか――。ソフトバンクはデニス・サファテ投手(39)が14日に米コロラド州の病院で右股関節変形性股関節症の人工股関節置換術を受けたと19日に発表した。2017年にプロ野球記録のシーズン54セー…

後で読む
デイリースポーツ

20日の中日戦(ナゴヤドーム)に先発するDeNA・大貫晋一投手(26)が19日、自身初の2桁勝利に向けて意気込んだ。プロ2年目の今季はここまで9勝4敗、防御率2・21。快投で大台に乗せる。 横浜スタジアムでの投手指名練習後、「一試合一試合できることをやって、とにかく一つ勝てるように。チームの勝ちに貢献したい」と力を込めた。巨人・菅野、阪神・西に次ぐリーグ3人目の2桁勝利投手に名乗りを上げた。

後で読む
デイリースポーツ

オリックス・山本由伸投手(22)が19日、楽天生命パークで調整を行い、自身初の2桁勝利へ向けて意欲を見せた。 20日・楽天戦の相手は則本昂。相手エースとの対決にも動じるところはない。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は19日、岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退すると発表した。99年度ドラフト5位で近鉄に入団後、楽天、マリナーズでプレー。19年に巨人に移籍したが、在籍2年間は右肩痛の影響で、1軍登板なしで終わった。日米通算170勝の右腕が、21年間の現役生活にピリオドを打つ。23日に引退会見を開く。 日米で輝かしい記録を残したレジェンド右腕がユニホームを脱ぐ。09年のWBCで世界一の喜びを分かち合った原監督のラブコールを受け、19年から巨人でプレー。しかし、コンディションが上がらず、現役引退を決断した。

後で読む
東京スポーツ

最後まで〝孤高の男〟だった。巨人・岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退する。19日に球団から発表された。日米通算170勝。原辰徳監督(62)のラブコールを受け、昨年8年ぶりに日本球界復帰したが…

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神1-1ヤクルト=延長十回規定により引き分け、21回戦、阪神11勝9敗1分、19日、甲子園)スアレスが1-1の九回に登板して三者凡退。ヤクルトの先発は2歳年上の兄・アルバートで、外国人兄弟投手が史上初めて、敵味方に分かれて同一試合に登板した。「お兄さんもヤクルト側からするといい投球(6回1失点、自責0)をしていたと思うし、自分もいい仕事ができた。われわれにとっては大きな一日になった。楽しく熱い試合になったと思う」と声を弾ませていた。

後で読む
サンケイスポーツ

 東京六大学野球秋季リーグ第5週第2日(19日、神宮)2回戦2試合が行われ、慶大が明大に7-2で快勝。四回から登板した長谷川聡太投手(3年)がリーグ戦史上初となる初打席で満塁本塁打を放ち、5勝1分けのポイント5・5で首位に立った。立大は6-2で東大を下し、今季初勝利を挙げた。

後で読む
スポーツニッポン

 「猛虎最速」襲名! 阪神・藤浪晋太郎投手(26)が、19日のヤクルト戦で球団史上最速を1キロ更新する162キロをマークした。プロ野球歴代3位タイで、日本人投手では歴代単独2位に躍り出た。7回に3番手で登板し、3者 連続三振と圧巻の投球を展開。7試合連続無失点と、与えられた役割に全力投球で応えた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神1-1ヤクルト=延長十回規定により引き分け、21回戦、阪神11勝9敗1分、19日、甲子園)阪神はヤクルトと延長十回の末、1-1で引き分けた。七回に登板した藤浪晋太郎投手(26)が、球団最速を更新する162キロをマークして三者凡退。この日は有観客となって以降、最少の入場者数3593人だったが、秋風の中、足を運んだ虎党を熱くした。

後で読む
東京スポーツ

 中日では今ドラフトの1位指名候補に中京大中京の最速154キロ右腕・高橋宏斗投手と早大の最速155キロ左腕・早川隆久投手の名前が挙がっている。最終結論は出ていないが、どちらを1位指名しても26日のドラ…

後で読む
東京スポーツ

 最後まで〝孤高の男〟だった。巨人・岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退する。19日に球団から発表された。日米通算170勝。原辰徳監督(62)のラブコールを受け、昨年8年ぶりに日本球界復帰したが…

後で読む
日刊スポーツ

阪神藤浪晋太郎投手(26)が球団最速、NPB日本人2位の162キロをたたき出した。同点で迎えたヤクルト戦の7回2死。代打松本友から高めの真っすぐで空振りを奪っ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

6番手の阪神桑原謙太朗投手が救援陣の0封リレーを締めた。1-1同点の10回にマウンドへ。2死から代打の西田に中前打されたが、続く宮本を遊直に打ち取った。「しっ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

兄弟で熱投!! 阪神守護神のロベルト・スアレス投手(29)が、ヤクルト先発の兄アルバートと初競演した。外国人兄弟では球界初となる敵味方に分かれての同一試合登板… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場) 阪神の藤浪晋太郎投手が同点の七回、3番手で登板した。代打・松本友との対戦で球団最速の162キロを計測するなど、3者連続三振でヤクルト打線を完璧に封じた。流れを引き寄せる投球だったが、打線はヤクルト投手陣を攻略できず、今季6度目の引き分けに終わった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場) 阪神の藤浪晋太郎投手が同点の七回、3番手で登板した。代打・松本友との対戦で球団最速の162キロを計測するなど、3者連続三振でヤクルト打線を完璧に封じた。今季限りでの引退を表明し、現在は1軍に昇格している藤川球児からもアドバイスを受け、救援投手として日々、結果を残している。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場) 阪神の藤浪晋太郎投手が同点の七回、3番手で登板した。代打・松本友との対戦で球団最速の162キロを計測するなど、3者連続三振でヤクルト打線を完璧に封じた。球速が表示された瞬間は自分では気付いていなかったというが、「『オー』ってなったので」と甲子園のどよめきで記録更新に気が付いたと振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場) 阪神の矢野燿大監督が、中継ぎ投手として日々、結果を残している藤浪晋太郎投手について言及した。七回に3番手として登板し、球団最速を更新する162キロを記録したことには、「もうね、持ち味なんで。どんどん速い球を投げて勝負していってもらえたらいいなと思ってます」と語った。

後で読む
東京スポーツ

 阪神の藤浪晋太郎投手(26)が19日のヤクルト戦(甲子園)に1―1の7回から3番手で登板。自己最速を更新する球団最速の162キロをマークし、球場を沸かせた。この日対戦したのは7番からの下位打線だった…

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場) 阪神の藤浪晋太郎投手が同点の七回、3番手で登板した。代打・松本友との対戦で球団最速の162キロを計測するなど、3者連続三振でヤクルト打線を完璧に封じた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(19日、甲子園球場) ヤクルトはアルバート・スアレス投手が先発。阪神は九回にアルバートの弟、ロベルト・スアレス投手が登板し、対戦両チームで、外国人選手の兄弟として初の同一試合登板を果たした。

後で読む
東京スポーツ

広島・薮田和樹投手(28)が一軍生き残りを誓った。右鎖骨手術のため戦線離脱した野村祐輔投手(31)に代わって19日、マツダスタジアムで行われた投手練習に参加。先発予定の22日阪神戦(甲子園)に向けて…

後で読む
スポーツニッポン

 阪神・藤川球児投手が19日にツイッターを更新。自身と同じく今季限りでの引退を表明した巨人の岩隈久志投手をねぎらった。

後で読む
日刊スポーツ

近大が2年生左腕・大石晨慈(しんじ)投手(近大付)の連投で、18年秋以来の優勝をグッとたぐり寄せた。前日18日の関大との初戦は総力戦となり、大石も8回から4番… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神藤浪晋太郎投手(26)が162キロを計測し、球団最速記録を塗り替えた。日本プロ野球では日本ハム大谷が16年10月16日のCSファイナルステージ・ソフトバン… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(19日、甲子園球場) 阪神の藤浪晋太郎投手が同点の七回、3番手で登板した。代打・松本友との対戦で球団最速の162キロを計測するなど、3者連続三振でヤクルト打線を完璧に封じた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-ヤクルト、21回戦、19日、甲子園)甲子園がどよめた。3番手として七回に登板した阪神・藤浪晋太郎投手(26)が、球団最速&自己最速を更新する162キロをマークした。

後で読む
スポーツニッポン

豊田自動織機が先を見越した投手起用をした。ノーヒットノーランをしていたダラス・エスコベドを4回でスパッと降板。5回に大量7点を加えて10点差としたことを引き金にして、海部栞菜(28)、秋元菜穂(26)に登板機会を設けた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球巨人は19日、日米通算170勝を挙げている岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退すると発表した。2017年に右肩の手術を受け、19年に巨人で日本球界に復帰したが、これまで1軍での登板はなかった。23日に東京ドームで記者会見を行う。

後で読む
日刊スポーツ

20日のDeNA戦に先発する中日福谷浩司投手は「特にだれを特別にということではなく、スコアラーさんやキャッチャーと一緒に考えていきたい」と自然体を強調した。A… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人の岩隈久志投手(39)の現役引退発表を受けて、最後の近鉄戦士となったヤクルトの近藤一樹投手(37)と坂口智隆外野手(36)がコメントした。 近藤は「僕は岩隈さんが近鉄バファローズのエースとしてブレイクした年のドラフトで、『細身で長身でスケールは違うけど同じタイプになるのではないか』と岩隈さんの担当スカウトの方の意見もあり、僕も近鉄にドラフトで指名されたと聞いていました」と入団時を回顧。

後で読む
サンケイスポーツ

19日のロッテ-日本ハム戦(ZOZOマリン)は降雨中止となり、ロッテの2年目右腕・古谷拓郎投手(20)は10月8日のオリックス戦(同)、17日の日本ハム戦(同)に続いて3試合連続でプロ初先発の予定が流れた。16日には「プロに入って、ロッテのユニホームを着て、ここ(ZOZOマリン)で投げるのが目標だった」と話していた古谷だが、“三度目の正直”はならなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・藤川球児投手(40)が19日、自身のツイッターを更新し、現役引退を表明した巨人・岩隈久志投手(39)への思いを語った。

後で読む
日刊スポーツ

巨人岩隈久志投手(39)が今季限りで現役引退することが19日、分かった。同日中に発表される。岩隈は19年から巨人に入団したが右肩痛のため2年間1軍登板はなかっ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

両チームのスタメンが発表された。先発は阪神がジョー・ガンケル投手(28)、ヤクルトがアルバート・スアレス投手(31)。阪神はヤクルトのスアレスに対して過去2戦… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神の藤川球児投手(40)が19日、自身と同じく今季限りでの現役引退が明らかになった巨人・岩隈久志投手(39)について、自身の公式ツイッターで思いをつづった。 WBCでも日本代表としてともに戦ったこともあり、「大会中、肘が痛いって言いながらもずっと凄いピッチングで技術の高さがズバ抜けていました」と思い出を振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退することが19日、発表された。2000年に堀越高からドラフト5位で近鉄に入団した右腕がユニホームを脱ぐことにより、元近鉄戦士はヤクルト・近藤一樹投手(37)、坂口智隆外野手(36)の2人となった。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録抹消】 ▽ロッテ 美馬学投手、福田光輝内野手、加藤翔平外野手 ▽日本ハム 上原健太投手、井口和朋投手、秋吉亮投手、杉浦稔大投手 ▽オリックス 宮城大弥投手、勝俣翔貴内野手

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽ヤクルト 星知弥投手 【同抹消】 ▽DeNA 上茶谷大河投手 ▽中日 清水達也投手 ▽ヤクルト 浜田太貴外野手

後で読む
日刊スポーツ

「ハマの豆苗」ことDeNA大貫晋一投手(26)が19日、横浜スタジアムで行われた投手練習に参加した。チームでは16年山口俊(現ブルージェイズ)以来となる日本人… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

20日ロッテ戦に先発する西武高橋光成投手が自身3連勝を目指す。安定感が一気に増した9月以降は、先発7試合で防御率1・93を誇り、現在2連勝中。前日の投手練習で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「東京六大学野球、慶大7-2明大」(19日、神宮球場) 慶大が明大に快勝して勝ち点を5・5ポイントとし、単独首位に浮上した。長谷川聡太投手(3年・慶応)が決勝グランドスラム。リーグ史上初となる初打席での満塁本塁打となった。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは上茶谷大河投手の出場選手登録を抹消した。上茶谷は18日の巨人戦で3回5安打3失点で降板するなど直近3試合で結果を残せていなかった。 ロッテは美馬学投手の出場選手登録を抹消した。美馬は18日の日本ハム戦で5回1/3を7安打5失点で降板した。日本ハムは4投手を抹消した。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNA・大貫晋一投手(26)が20日の中日戦(ナゴヤドーム)に先発する。チーム勝ち頭の9勝(4敗)を挙げている右腕は、自身初の2桁勝利を目指す。

後で読む
日刊スポーツ

10月19日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>なし<抹消>DeNA 上茶谷大河投手中日 清水達也投手【パ・リーグ】<登録>なし… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

慶大・長谷川聡太投手(3年=慶応)が、リーグ戦初打席で満塁本塁打を放った。初打席で満塁本塁打はリーグ史上初めて。まずは、2-2の4回に3番手で登板。リーグ戦初… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・笠谷俊介投手(23)が19日、ペイペイドームで行われた投手練習に参加。20日の日本ハム戦(札幌ドーム)での先発登板へ意気込みを明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

日米通算170勝を挙げている巨人の岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退することが19日、分かった。2019年に巨人で日本球界に復帰したが、右肩の手術を受けた影響などもあり、これまで1軍での登板はなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人は19日、岩隈久志投手(39)が今季限りで引退することを発表した。

後で読む
デイリースポーツ

「秋季近畿大会・1回戦、京都国際4-3和歌山東」(19日、わかさスタジアム) 京都国際(京都3位)が和歌山東(和歌山2位)に逆転勝ちし、初のセンバツ出場に王手をかけた。1年生エースの森下瑠大投手が先発し、9回完投。「プレッシャーはありますがエースを任された以上、学年は関係ないので」とリードを許しながらも、6安打3失点(自責点2)の粘りのピッチングで勝利に貢献した。

後で読む
デイリースポーツ

「東京六大学野球秋季リーグ戦、慶大7-2明大」(19日、神宮球場) 慶大が明大に快勝して勝ち点を5・5ポイントとし、単独首位に浮上した。長谷川聡太投手(3年・慶応)が決勝グランドスラム。リーグ史上初となる初打席での満塁本塁打となった。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球巨人は19日、日米通算170勝を挙げている岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退すると発表した。2017年に右肩の手術を受け、19年に巨人で日本球界に復帰したが、これまで1軍での登板はなかった。23日に東京ドームで記者会見を行う。 岩隈は東京・堀越高から00年にドラフト5位で近鉄に入団。楽天時代の08年に21勝を挙げてパ・リーグ最優秀選手(MVP)と沢村賞に選ばれた。12年から米大リーグ、マリナーズに移籍し、15年に無安打無得点試合を達成。19年に巨人に加入し、昨季2軍で中継ぎとして2試合に登板しただけだった。

後で読む
東京スポーツ

日米通算170勝の巨人・岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退することが19日、明らかになった。  岩隈は2000年にドラフト5位で近鉄に入団。04年に新規参入した楽天に入り、08年には21勝を…

後で読む
サンケイスポーツ

(東京六大学野球秋季リーグ戦第5週第2日、19日、東京・神宮球場、慶大7-2明大)明大が一回に先制し、三回にも1点を加えたが、慶大が四回に2本の安打などで同点に追いつき、四回から救援し、五回に初打席に立った横手投げ右腕・長谷川聡太投手(3年)が2死満塁で左越え満塁本塁打を放って勝ち越し、九回にも1点を加え、5投手の継投で逃げ切った。長谷川は初勝利。

後で読む
日刊スポーツ

巨人岩隈久志投手(39)が今季限りで現役引退することが19日、分かった。同日中に発表される。岩隈は19年から巨人に入団したが右肩痛のため2年間1軍登板はなかっ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 巨人の岩隈久志投手(39)が引退することが19日、分かった。 岩隈は18年にマリナーズを退団。12月6日に巨人と契約したが、2年間で1軍では1試合も登板することはなかった。日米通算成績は170勝108敗。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・岩隈久志投手(39)が今季限りで引退することが19日、分かった。

後で読む
デイリースポーツ

日米通算170勝を挙げているプロ野球巨人の岩隈久志投手(39)が19日、今季限りでの現役引退の意思を固めたことが分かった。

後で読む
デイリースポーツ

巨人の岩隈久志投手が引退することが19日、分かった。 岩隈は18年にマリナーズを退団。12月6日に巨人と契約したが、1試合も登板することはなかった。

後で読む
日刊スポーツ

MLB公式サイトは18日、ポストシーズンの決戦の場となる第7戦または第8戦で先発を任された新人投手は、ワールドシリーズ(WS)が現在の形となった1903年以降… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

慶大・長谷川聡太投手(3年=慶応)が、リーグ戦初打席で満塁本塁打を放った。東京6大学野球連盟のホームページによると、初打席で満塁本塁打はリーグ史上初めて。まず… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、DeNA10-6巨人、20回戦、巨人12勝8敗、18日、横浜)スタンドを見つめ、ぼうぜんと立ち尽くした。2-5の七回無死満塁。巨人2番手の高梨雄平投手(28)が梶谷に痛恨の逆転満塁弾を浴び、今季初黒星を喫した。

後で読む
日刊スポーツ

数々の球団で投手コーチとして尽力し、かつてはレッズの監督も務めたブライアン・プライス氏がフルタイムでの指導業にピリオドを打つことが分かった。MLB公式サイトが… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

八王子学園八王子のプロ注目左腕・羽田(はだ)慎之介投手(2年)が8回4安打3失点10奪三振の投球で初戦突破に貢献した。191センチの長身と長いリーチから投じら… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「秋季近畿大会・1回戦、智弁和歌山8-1東海大仰星(7回コールド)」(19日、わかさスタジアム) 智弁和歌山(和歌山3位)が東海大仰星(大阪2位)を投打で圧倒し、7回コールドで準々決勝進出を決めた。先発したエース・中西聖輝投手(2年)が、7回を4安打1失点(自責点0)10奪三振と好投。センバツ当確へ王手をかけた。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクは19日、デニス・サファテ投手(39)が現地時間の14日に米国・コロラド州の病院で「右股関節変形関節症 人工股関節置換術」を受け、無事に終了したことを発表した。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは19日、米国で治療中のデニス・サファテ投手(39)が14日(現地時間)に、米コロラド州の病院で、右股関節・変形性股関節症の人工股関節置換術を受け… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト高津臣吾監督が、エースの小川泰弘投手(30)へかける期待を口にした。小川は、先発した18日の阪神戦で自己最短タイとなる1回2/3で降板した。指揮官は「… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトが、ドラフト1位の最終候補に早大・早川隆久投手(4年=木更津総合)とともに、亜大・平内(へいない)龍太投手(4年=神戸国際大付)を挙げていることが18… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

逆転残留なるか!? 阪神の中継ぎ助っ人ジョン・エドワーズ投手(32)が、ここへきて徐々に存在感を高めている。18日のヤクルト戦(甲子園)では8回に4番手で登板し、1イニングを無失点に抑えて6ホールド…

後で読む
東京スポーツ

ポスティングシステムでのメジャー挑戦の意向を表明している日本ハムの有原航平投手(28)に対し、母校の早大野球部OBから〝異変〟を指摘する声が上がった。  今季の有原は、開幕戦を含む18試合に登板し、…

後で読む
日刊スポーツ

阪神ドラフト1位の西純矢投手(19)が自己最長となる6回2/3を1失点と好投し、チーム単独トップの4勝目を挙げた。ウエスタン・リーグ広島戦(鳴尾浜)に先発。「… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

部員の大麻使用で東海大が出場辞退した首都大学野球リーグの最終戦が行われ、ドラフト上位候補の最速155キロ右腕、日体大・森博人投手(4年=豊川)が好救援したが、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

関学大の左腕・石丸慶次郎投手(4年=西条)が京大相手に1失点完投勝利を挙げた。「今日は本調子じゃなかった。自然と力が入るので、悪い時こそ適当に、軽く投げるイメ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

栃木は、神奈川に敗れて東地区優勝を逃した。先発した手塚俊二投手(21)が1回2/34安打5失点と誤算。2番手で登板した堀越歩夢投手(22)も1回3安打4失点と… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

最速147キロ右腕の花巻東・菱川一輝投手(2年)の1失点(自責0)好投は報われなかった。4回に遊撃手の悪送球間に先制点を献上。8回には2死一、二塁の好機も相手… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球秋季東京大会1回戦・早実9-2修徳」(18日、ダイワハウススタジアム八王子) 4年ぶりのセンバツ出場を狙う早実が秋季東京都大会の1回戦に登場し、甲子園出場8回を誇る修徳相手に7回コールド勝ちを収めた。主将で日本ハム・清宮幸太郎の弟、清宮福太郎内野手(2年)が4打数1安打1打点の活躍。エースの田和廉投手(2年)も7回2失点の好投を見せた。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球秋季近畿大会・1回戦、市和歌山2-1東播磨」(18日、わかさスタジアム) 来秋ドラフト目玉候補で最速152キロの市和歌山・小園健太投手(2年)が、5安打1失点、11奪三振で9回完投。東播磨のエース・鈴木悠仁投手(2年)との好投手戦を制し、センバツ当確へ王手をかけた。

後で読む
日刊スポーツ

今オフFAとなり動向が注目されるヤンキース田中将大投手が、同僚でエースのコールと「ダブルデート」を楽しんだ。コールがインスタグラムのストーリーに「僕らのお気に… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテキラーの日本ハム有原航平投手が、7勝目を挙げた。1回に四球からつながれ先制を許すも、2回以降は緩急を織り交ぜ的を絞らせず。7回4安打1失点で、対ロッテに… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場) 阪神・藤浪晋太郎投手(26)が2点リードの六回から登板し、1回無安打無失点に抑えた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場) プロ通算100試合目のマウンドに立った阪神・秋山拓巳投手(29)が5回8安打4失点(自責3)で、8勝目の権利を持ってマウンドを降りた。

後で読む
日刊スポーツ

阪神オネルキ・ガルシア投手が約1カ月ぶりに1軍に合流した。20日広島戦(甲子園)に先発する見込み。9月18日中日戦で4回途中3失点の後、出場選手を登録抹消。ウ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場) プロ通算100試合目のマウンドに立った阪神・秋山拓巳投手(29)が5回8安打4失点(自責3)で、8勝目の権利を持ってマウンドを降りた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場) ヤクルトの小川泰弘投手(30)が、自己最短タイでKOされる屈辱にまみれた。1回2/3を6安打4失点と打ち込まれ、早期降板に。1回2/3での降板は、2014年4月18日阪神戦(甲子園)以来の屈辱だった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島-中日、20回戦、18日、マツダ)中日・清水達也投手(20)が先発し、5回4失点で降板。「我慢しなくてはいけないところでしっかりと投げ切ることができないので、今後の課題としてできるようにしたいです」とコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、阪神-広島」(18日、鳴尾浜) 先発した阪神・西純矢投手(19)=創志学園=は6回2/3を5安打1失点で球数は102球。大きく制球を乱すこともなく、与えた四死球は3つだった。直球の最速は147キロ。スライダーやカーブ、フォークといった変化球もうまく織り交ぜ、プロ入り後、自己最長イニングを投げた。

後で読む
日刊スポーツ

プロ初勝利を目指すオリックスドラフト1位ルーキーの宮城大弥投手(19)が先発し、先制された。2回、2死満塁のピンチを招くと金子に低く沈むチェンジアップをすくわ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは18日、19日の予告先発投手を発表した。

後で読む
デイリースポーツ

【サンディエゴ共同】米大リーグの優勝決定シリーズ(7回戦制)は17日、サンディエゴなどで行われ、第7戦のア・リーグは筒香のレイズ(東地区1位)がアストロズ(西地区2位)を4-2で下し、4勝3敗で12年ぶりのワールドシリーズ(WS)進出を決めた。アロザレーナの先制2点本塁打などで六回までに4点を先行し、逃げ切った。筒香は出番がなかった。 ナ・リーグは第6戦で、ドジャース(西地区1位)がブレーブス(東地区1位)を3-1で破り、3勝3敗のタイとした。一回にシーガー、ターナーの連続本塁打などで3点を挙げ、4投手の継投で最少得点に抑えた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は18日、小林誠司捕手と香月一也内野手の登録を抹消。田口麗斗投手と岸田行倫捕手を出場選手登録した。 オリックスはドラフト1位の宮城大弥投手(興南)を登録。この日の西武戦でプロ2戦目の先発マウンドに上がった。

後で読む
日刊スポーツ

ドジャース先発のウォーカー・ビューラー投手が、6回で7安打を許しながらも無失点に抑え、ポストシーズン1勝目(0敗)を挙げた。指にマメを作りながらもストライク先… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽巨人 田口麗斗投手、岸田行倫捕手 ▽DeNA 京山将弥投手 【同抹消】 ▽巨人 小林誠司捕手、香月一也内野手

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグの優勝決定シリーズ(7回戦制)は17日、アーリントンなどで行われ、第6戦のナ・リーグはドジャース(西地区1位)がブレーブス(東地区1位)を3-1で破り、3勝3敗のタイとした。一回にシーガー、ターナーの連続本塁打などで3点を挙げ、4投手の継投で逃げ切った。

後で読む
東京スポーツ

トレード情報をメインに情報発信している米スポーツサイトのトレード・ルーモアーズは17日(日本時間18日)、大リーグ球団による『クオリファイング・オファー(QO)市場予想・投手編』特集を行った。  記…

後で読む
日刊スポーツ

阪神オネルキ・ガルシア投手(31)が18日、1軍に合流した。先発した9月18日中日戦(ナゴヤドーム)4回途中6安打3失点で降板後、翌19日に登録抹消。その後は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場) 阪神のオネルキ・ガルシア投手(31)が18日、試合前練習に参加し、1軍に合流した。

後で読む
東京スポーツ

【越智正典 ネット裏】昭和31年、毎日の荒川博、のちの王貞治の師匠が一軍で投げ出したばかりの西鉄の稲尾和久と後楽園球場で対戦した。3球三振。 「内角ヒザ、同じところにストレートが3つ来た。あの球は打っ…

後で読む
デイリースポーツ

「阪神(降雨中止)ヤクルト」(17日、甲子園球場) 阪神・秋山拓巳投手(29)は当初の予定通り18日・ヤクルト戦に先発することが17日、決まった。今季は5戦3勝と好相性。得意のツバメ狩りで2017年以来、3年ぶり2桁勝利に望みをつなぐ。

後で読む
日刊スポーツ

東都リーグ3部からプロを目指すバッテリーがいる。東農大の近久輝投手(4年=東邦)と白石翔樹捕手(4年=大村工)の2人だ。近久は最速153キロの本格派。白石は二… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神(降雨中止)ヤクルト」(17日、甲子園球場) 今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が18日・ヤクルト戦(甲子園)で1軍復帰登板する可能性が17日、浮上した。雨天中止となった17日の同戦は2試合ぶりにベンチ入り。矢野監督は「明日も入れるというのは決めている」と明言した。

後で読む
デイリースポーツ

「西武1-4オリックス」(17日、メットライフドーム) 小林幸子扮(ふん)する“媽祖(まそ)さま”がオリックスの悪運も退散させてくれた。この日、敵地メットライフドームは『台湾デー』。最も躍動したのが台湾出身の張奕投手だった。

後で読む
サンケイスポーツ

先輩の意地を示した。中日が今季初の7連勝。2015年4月15日以来、5年ぶりに貯金「5」とした勝利の立役者は、17年ドラフト1位で4年目の柳裕也投手(26)だった。この日1軍登録されて先発し、4勝目を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー日本代表の稲垣啓太(パナソニック)が17日、TBS系「体育会TV生放送!!」に出演。元プロ野球投手で、元WBC日本代表として紹介されたマスクマン2人と野球対決した。 小、中学校では野球チームに所属していた稲垣は木製バットで挑戦。金のマスクをかぶった右投手との対決では二ゴロ、銀のマスクをかぶった左投手の対決ではセンター正面に飛ぶ中直となった。

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りでの現役引退を表明している藤川球児投手(40)が、18日のヤクルト戦(甲子園)でベンチ入りする。同戦が雨天中止となった17日に、矢野燿大監督(51)が明言した。球団は、引退セレモニーを行う11月10日の巨人戦(甲子園)について、来場者にメモリアルポスターをプレゼントするなど詳細も発表。花道への準備は、着々と整っていく。

後で読む
日刊スポーツ

守護神の中日R・マルティネス投手が、セ・リーグ新記録となる24イニング連続奪三振をマークした。9回に菊池涼、大盛、長野を3者連続三振に仕留め、逆転勝利を完結。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島のドラフト1位森下暢仁投手(23)が7回1失点、8奪三振と力投も、9勝目はならなかった。最速153キロの直球と変化球を低めに集め、中日打線を圧倒。1点のリ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

広島のドラフト1位・森下暢仁投手(23)が「憧れの人」と投げ合った。17日の中日戦(マツダ)に先発したルーキー右腕は2点リードの4回二死一、三塁から高橋に適時打を浴び1点を失ったが、6回一死一塁の場…

後で読む
日刊スポーツ

阪神矢野燿大監督が藤川球児投手について「明日(18日)も入れるよ」とベンチ入りを明言した。前日16日はベンチ外でこの日はベンチ入りが発表された。ただ、万全な状… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神秋山拓巳投手は18日ヤクルト戦に予定通り先発する。今季5戦3勝と好相性のカード。ここ2試合は6回を持たず「ストレートの走りが重要になると思う。走りが良くな… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

ルーキー右腕の9勝目は幻となった。広島のドラフト1位・森下暢仁投手(23)が17日の中日戦(マツダ)に先発。「いい投げ合いができるようにと思って準備していた」と明大時代の先輩である中日・柳とのプロ初…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日5-2広島、19回戦、中日9勝9敗1分け、17日、マツダ)中日・柳裕也投手(26)が先発し、7回8安打2失点と粘投。9月11日のDeNA戦(横浜)以来、約1カ月ぶりの勝利を手にした。

後で読む
日刊スポーツ

今季後にFAとなるヤンキース田中将大投手(31)について、16日付のニューヨーク・ポスト電子版が球界関係者の予想を掲載した。60試合の短縮シーズンだったことや… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神は17日、今季限りで現役を引退する藤川球児投手(40)の引退記念グッズ発売、甲子園歴史館で開催する引退特別展示を発表した。11月10日巨人戦(甲子園)後に… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

「藤川球児展」開催へ―。甲子園球場に隣接の「甲子園歴史館」で、阪神・藤川球児投手(40)の功績を称える特別展示を開催することが発表された。藤川投手は今季限りでの現役引退を表明している。  1998年の…

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムの木田優夫投手コーチ(52)が17日、22日のソフトバンク戦(札幌ドーム)での先発が濃厚な吉田輝星投手(19)に改めて期待を寄せた。この日はロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)が雨天中止となり、同球場で取材に応じた。 吉田輝は今季1軍での登板は2戦未勝利ながら、ファームでは好投を続け着実な成長を示している。15日のイースタン・ヤクルト戦(鎌ケ谷)では5回パーフェクト投球を見せ、今季三度目の1軍マウンドを勝ち取った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク-楽天、23回戦、17日、ペイペイドーム)楽天・石橋良太投手(29)が先発し、5回5安打5失点で降板した。

後で読む
デイリースポーツ

 「広島-中日」(17日、マツダスタジアム) 広島の森下暢仁投手が、柳から二塁打を放った。1-0の二回2死で打席に立つと直球に振り負けず、右翼線へ運んだ。これが今季3安打目。

後で読む
デイリースポーツ

運営会社のKPBプロジェクト(熊本市)は17日、熊本県を拠点とする独立リーグのプロ野球新球団にソフトバンクとオリックスで通算182セーブを挙げるなど活躍した元投手の馬原孝浩氏(38)が加入し、コーチなどを務めると発表した。編成にも関わるといい、熊本市内で記者会見した馬原氏は「球団、選手にプロ野球で培った感覚、経験、知識を存分に提供したい」と述べた。 チーム名は公募の結果、「火の国サラマンダーズ」に決まった。来春から新たに設立する独立リーグで、大分の球団などと対戦する。

後で読む
デイリースポーツ

楽天が17日、塩見貴洋投手の出場選手登録を抹消した。16日のソフトバンク戦で初回に腰に痛みを訴え、自ら降板を申し出ていた。 かわって近藤弘樹投手が出場選手登録された。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・歳内宏明投手(27)=前四国IL香川=が17日、約4年ぶりに甲子園球場での登板となった16日の先発登板を振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ-日本ハム=降雨中止、17日、ゾゾマリン)日本ハムの木田投手コーチは、20日からのソフトバンク3連戦(札幌ドーム)で先発登板する吉田輝について「できることが何なのかを分かって投げてくれたら、実力通りの投球ができるはず。そしたら勝つチャンスは十分にある」と期待した。

後で読む
日刊スポーツ

ドジャースが逆転勝ちで対戦成績を2勝3敗とした。6回、ウィル・スミス捕手が同姓同名のウィル・スミス投手から逆転3ランを放った。チーム1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

元阪神のヤクルト歳内宏明投手(27)が17日、1633日ぶりの甲子園での登板を振り返った。16日の阪神戦で、16年4月27日巨人戦以来となるマウンドに立ち「慣… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・和田毅投手(39)がランニングなどで調整。18日の楽天戦(ペイペイドーム)での先発登板に向けて「残り20試合も切っている。自分の1球が大事な1球になる。後ろには素晴らしい投手が控えているので」と前半から全力投球を誓った。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは17日、新型コロナウイルス感染が4日に判明した岩下大輝投手(24)の濃厚接触者と判定された、岡大海外野手(29)と小野郁投手(23)が2軍の練習に合流したと発表した。チーム内の集団感染において、新型コロナウイルスの陽性判定を受けた8選手と、濃厚接触者と判定された5選手は、全員が練習に復帰した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは17日、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者と判定されていた岡大海外野手、小野郁投手が2軍本隊に合流したと発表した。 これで陽性者、濃厚接触者として離脱していた全13選手が現場に復帰した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは17日、新型コロナウイルス感染が4日に判明した岩下大輝投手(24)の濃厚接触者と判定された、岡大海外野手(29)と小野郁投手(23)が2軍の練習に合流したと発表した。チーム内の集団感染において、新型コロナウイルスの陽性判定を受けた8選手と、濃厚接触者と判定された5選手は、全員が練習に復帰した。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは17日、18日の予告先発投手を発表した。

後で読む
日刊スポーツ

両チームのスタメンが発表された。先発は阪神がジョー・ガンケル投手(28)、ヤクルトがアルバート・スアレス投手(31)。阪神ガンケルは先発再転向後は4度目の登板… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

広島が17日、コンディション不良で出場選手登録抹消となっていた野村祐輔投手(31)が、前日16日に広島市内の病院で「右鎖骨下静脈血栓症除去術」を受けたと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNA・京山将弥投手(22)は17日の巨人戦(横浜)で今季4度目の先発が予定されていたが、雨天中止となった。

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスのドラフト1位・宮城大弥投手=興南高=が17日、プロ2度目の先発となる翌18日の西武戦(メットライフ)に向けて、意気込みを語った。

後で読む
東京スポーツ

 広島は17日、野村祐輔投手(31)が16日に市内の病院で手術を受けたことを発表した。術式名は「右鎖骨下静脈血栓症除去術」で、今後については未定としている。9年目の今季は春季キャンプで右ふくらはぎ痛を…

後で読む
デイリースポーツ

ロッテ・沢村拓一投手(32)が17日、出場選手登録が9年に達し、海外フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。 右腕は「ファン、チームメート、スタッフ、球団の皆さまに感謝をしています。チームが優勝争いをしていますので、今はその事しか考えておりません」とコメントした。 沢村は今季9月に巨人からトレード移籍し、勝利の方程式の一角として活躍。ロッテ移籍後は14試合に登板し0勝1敗1セーブ、8ホールド、防御率1・32と抜群の安定感を誇っている。

後で読む
サンケイスポーツ

 ロッテ・佐々木朗希投手(18)が17日、球団公式ツイッターに「あっという間ですね」とメッセージを寄せた。1年前の10月17日はドラフト会議。当時最大の注目だった大船渡高(岩手)の最速163キロ右腕・佐々木朗はロッテ、日本ハム、西武、楽天の4球団で1位指名が競合。抽選の結果、井口監督が交渉権獲得のクジを引き当てた。

後で読む
サンケイスポーツ

 米大リーグでリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)に残った4球団のうち、前評判が最も低かったのはブレーブスだろう。ポストシーズンを勝ち抜く鍵である先発投手陣の今季防御率が、ナ・リーグワーストの5・51だったからだ(ちなみに1位は対戦中のドジャースで3・29)。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテ・井口資仁監督(45)は17日、26日のドラフト会議での1位指名を公表した早大の最速155キロ左腕・早川隆久投手について、「左であれだけのスピードボールを投げる投手はいない。1年目から10勝ぐらいいける力のある投手。映像も何度か見ているが、今年のドラフト候補の中では群を抜いている」と評価した。

後で読む
日刊スポーツ

10月17日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>広島 羽月隆太郎内野手中日 柳裕也投手<抹消>中日 橋本侑樹投手【パ・リーグ】<… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島は17日、野村祐輔投手(31)が16日に広島市内の病院で「右鎖骨下静脈血栓症除去術」の手術を行ったことを発表した。野村は15日の巨人21回戦(東京ドーム)… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽西武 十亀剣投手 ▽ソフトバンク 椎野新投手 ▽楽天 近藤弘樹投手 【同抹消】 ▽西武 松岡洸希投手 ▽ソフトバンク 津森宥紀投手 ▽楽天 塩見貴洋投手

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽広島 羽月隆太郎内野手 ▽中日 柳裕也投手 【同抹消】 ▽中日 橋本侑樹投手

後で読む
日刊スポーツ

2019年7月に急死したエンゼルスの右腕タイラー・スカッグス投手の死に関与したとして、エンゼルスの元球団職員がテキサス州連邦当局から起訴された。米ヤフースポー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

17日のDeNA戦に先発する巨人畠世周投手が警戒を強めた。前回対戦の9月20日は6回無失点に封じたが「DeNA打線は長打を警戒するバッターが多いので、メリハリ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

MLB公式サイトは16日、オフのフリーエージェント市場で注目を集めること間違いなしの先発右腕トレバー・バウアー投手の獲得に名乗りを挙げそうなチームを予想。今季… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

エンゼルスの元球団職員エリック・ケイ容疑者(45)が、昨年7月に危険薬物の過剰摂取で亡くなったエ軍タイラー・スカッグス投手の死に関連しているとして、2件の連邦麻薬犯罪でテキサス州連邦当局から起訴され…

後で読む
日刊スポーツ

プロ野球ドラフト会議が10月26日に行われます。中京大中京・高橋宏斗投手(18)、近大・佐藤輝明内野手(21=仁川学院)ら、注目選手を巡る各球団の動き、過去の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

すっかり絶対的守護神の風格を漂わせてきた。中日は16日の広島戦(マツダ)で8―3の9回に5番手の藤嶋が鈴木の3ランで2点差に迫られ、ライデル・マルティネス投手(23)が緊急登板。きっちりと火消しして…

後で読む
東京スポーツ

〝一宿一飯の恩義〟ということか。ソフトバンクの助っ人左腕マット・ムーア投手(31)が16日の楽天戦(ペイペイドーム)に先発。7回3失点(自責2)で5勝目を挙げ「この時期に優勝争いができているのは、チー…

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトは16日、今季限りで現役を引退する五十嵐亮太投手(41)の引退試合を25日・中日戦(神宮)で行うと発表した。 また23日からの同3連戦では、各試合先着1万人に五十嵐のクリアファイルを配布する。

後で読む
スポーツニッポン

 ヤクルトの歳内宏明投手(27)が16日、独立リーグ・香川からNPB復帰後で初めて古巣・阪神戦に先発。16年4月27日以来、1633日ぶりとなる甲子園での登板は5回途中90球、2失点でチームも敗れたが、降板時にはスタンドから大きな拍手を浴びた。右肩故障、戦力外など幾多の困難を乗り越えた右腕が力投。最下位に低迷するチームにおいて存在感は増している。

後で読む
東京スポーツ

 どうにももどかしい。西武・今井達也投手(22)が16日のオリックス戦(メットライフドーム)で5回1/3を2安打1失点(自責0点)に抑えながら、6四球が災いして球数が101球に達して7月21日のロッテ…

後で読む
東京スポーツ

 引退行脚中に置き土産を――。今季限りで現役を引退する阪神・藤川球児投手(40)が16日のヤクルト戦でベンチ入りこそ外れたが引退表明後初めて聖地・甲子園での一軍公式戦に臨んだ。残り20試合、各地で有終…

後で読む
東京スポーツ

執念の継投策も実らなかった。広島は16日の中日戦(マツダ)を6―8で落とし、再び借金を10とした。  7回からの続投で2イニング目に入った菊池保則投手(31)が1点を追う8回一死一、二塁のピンチを招…

後で読む
サンケイスポーツ

広島は引き分けを挟み2連敗を喫した。投手陣が13被安打8失点。佐々岡真司監督(53)の一問一答は以下の通り。

後で読む
東京スポーツ

 投手にとっては脅威だろう。ロッテ・藤原恭大外野手(20)が16日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で相手先発の杉浦から初回先頭打者弾を放った。14日の楽天戦でプロ初アーチを初回先頭打者初球本塁打で飾った…

後で読む
東京スポーツ

阪神は16日のヤクルト戦(甲子園)の5―0と快勝。敗れれば4連敗となり貯金が底をつく正念場の一戦だったが、先発の西勇輝投手(29)が8回を5安打無失点に抑える快投で節目の10勝目をマークした。  野…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク7-3楽天、22回戦、ソフトバンク13勝9敗、16日、ペイペイD)ソフトバンクが6連勝で楽天戦の6年連続勝ち越しを決めた。一回にグラシアルの適時打など6連打で4点を先制。二回に甲斐のソロ、三回は松田宣の2ランで加点した。ムーアは7回3失点で5勝目。楽天は投手陣が崩れた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武2-1オリックス、22回戦、オリックス11勝10敗1分、16日、メットライフ)オリックスの山岡は6回2失点で5敗目を喫し「課題でもあった六回で粘り切れなかったところ」と振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

中日が今季初の6連勝。0-1の二回に遠藤の適時打と木下拓の3ランで4点を奪い、逆転した。4-3の八回は高橋と遠藤の適時打で加点した。ロドリゲスが3勝目。広島は終盤に投手陣が崩れ、鈴木誠の2本塁打も実らなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「四国ILp、徳島5-3愛媛」(16日、東予運動公園野球場) 四国ILp・徳島インディゴソックスの最速150キロ右腕・行木俊投手(19)が先発したが、二回無死一塁で頭部死球を与え、危険球により降板した。

後で読む
東京スポーツ

借金で首が回らない。ヤクルトは16日の阪神戦(甲子園)に0―5で今季8度目の完封負けを喫した。先発・歳内は5回途中を2失点と踏ん張った。それでも2番手・梅野から寺島、久保とこの日、投げた投手は全員失…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島6-8中日、18回戦、広島9勝8敗1分、16日、マツダ)中日が今季初の6連勝。0-1の二回に遠藤の適時打と木下拓の3ランで4点を奪い、逆転した。4-3の八回は高橋と遠藤の適時打で加点した。ロドリゲスが3勝目。広島は終盤に投手陣が崩れ、鈴木誠の2本塁打も実らなかった。

後で読む
日刊スポーツ

2軍で再調整していた日本ハム吉田輝星投手が1軍に合流した。ロッテ戦(ZOZOマリン)の試合前練習に参加。先発登板が見込まれる22日本拠地・札幌ドームでのソフト… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 元阪神のヤクルト・歳内宏明投手(27)が、古巣である阪神と初対戦。4年ぶりとなった甲子園の登板で、4回1/3を8安打2失点、5奪三振だった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神・西勇輝投手(29)が最大のピンチを脱した。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(16日、横浜スタジアム) 巨人が八回、息詰まる投手戦の均衡を破った。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-日本ハム」(16日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテ・沢村拓一投手が4点リードの八回に3番手で登場し、1回を1安打無失点。味方のミスをカバーし、無失点でしのいだ。

後で読む
東京スポーツ

〝恩返し勝利〟とはいかなかった。ヤクルトの歳内宏明投手(27)が16日の阪神戦(甲子園)に先発し、5回途中8安打2失点。昨年まで所属した古巣のチームメート相手に白星を挙げることはできなかった。  4回…

後で読む
東京スポーツ

待望の対戦も勝利はつかめなかった。ヤクルトの歳内宏明投手(27)が16日の阪神戦(甲子園)に先発。4回1/3を投げ8安打2失点だった。  入団会見でも「阪神戦で投げたいという気持ちがある」と話してい…

後で読む
東京スポーツ

西武・今井達也投手(22)が16日のオリックス戦(メットライフ)に先発。5回1/3で6四球を与えながら2安打1失点(自責0)でしのぐ今井らしい微妙な投球だった。  立ち上がりからボールが先行する危な…

後で読む
サンケイスポーツ

気温10度台と肌寒い風が吹く中、球場を包む拍手が温かった。ヤクルト・歳内宏明投手(27)=前四国IL香川=が、古巣相手に先発。久々に上がるマウンドの感触を確かめながら、思い切り腕を振った。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム杉浦稔大投手(28)が4回途中3失点でマウンドを降りた。1回先頭の藤原に139キロの球を右中間席への1発を浴び先制点を献上。2回は3者凡退に抑えたもの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神・西勇輝投手(29)が五回終了時点で3安打無失点と好投を続けている。自身10勝目、そしてチームの連敗を「3」で止めるべくマウンドでの“奮投”ぶりが光っている。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク-楽天、22回戦、16日、ペイペイドーム)楽天・塩見貴洋投手(32)が先発し、今季最短となる2/3回を6安打4失点で緊急降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 元阪神のヤクルト・歳内宏明投手(27)が、古巣である阪神と初対戦。4年ぶりとなった甲子園での登板だったが、4回1/3を投げたところで降板となった。

後で読む
東京スポーツ

楽天・下水流昂投手(32)が16日のソフトバンク戦(ヤフオク)で今季初本塁打を放った。    この日、出場選手登録されると8番・右翼で先発出場。5点ビハインドの3回無死一塁、相手先発・ムーアから高め…

後で読む
デイリースポーツ

 米メジャーリーグのナ・リーグ最多勝に輝いたカブスのダルビッシュ有投手が、在シカゴ日本国総領事に表彰されたことを、妻で元レスリング世界女王のダルビッシュ聖子さんが16日、自身のオフィシャルブログで報告した。 「今日は凄い所にご招待頂きました^ ^」のタイトルで、ダルビッシュが表彰されている様子を、写真とともに報告。別途、在シカゴ日本国総領事の岡田健一氏の名前で記された表彰状のアップ写真も掲載されている。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-楽天」(16日、ペイペイドーム) 楽天・塩見貴洋投手(32)が、初回にアクシデントで降板となった。初回1死から川島の左前打を皮切りに6連打を浴びて、瞬く間に4点を失った。

後で読む
東京スポーツ

西武は16日のオリックス戦(メットライフ)に先発復帰3戦目の今井達也投手(22)が先発した。  今季はここまで先発、救援合わせて16試合に登板し3勝3敗、防御率6・08と迷走する今井が背水の登板でど…

後で読む
サンケイスポーツ

(イースタン・リーグ、巨人10-1日本ハム、16日、ジャイアンツ球場)日本ハム・斎藤佑樹投手(32)が1-3の六回から3番手で登板。2/3回を4安打5失点でKOされた。

後で読む
サンケイスポーツ

スターティングメンバーが発表され、阪神のドラフト2位・井上広大外野手(19)=履正社高=はベンチスタートとなった。この日の試合前まで2試合連続でスタメン出場もプロ初安打を放つことができていなかった。また、今季限りでの現役引退を表明している藤川球児投手(40)は、ベンチ入りメンバーから外れた。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・柳裕也投手(26)が17日の広島戦(マツダ)で先発する。16日は敵地で、ダッシュなどで最終調整を行った。

後で読む
日刊スポーツ

日本投手初の最多勝に輝いたカブスのダルビッシュ有投手(34)が、在シカゴ日本国総領事館から表彰されたことをツイッターで報告。「最多勝祝いで夕食会を開いていただ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今オフに年俸調停権を取得するエンゼルス大谷翔平投手(26)の来季年俸を、移籍情報サイト「MLBTR」が300万ドル(約3億3000万円)と予想。今季60試合で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

両チームのスタメンが発表された。先発は阪神が西勇輝投手(29)、ヤクルトが歳内宏明投手(27)。阪神西勇は現在、防御率2・18でリーグ3位につける。自身3連勝… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神ジョー・ガンケル投手が16日、甲子園で汗を流し、先発予定の17日・ヤクルト戦へ意気込みを語った。 「シンプルに考えてボールを低めに集めたい。低めにいいボールを投げようと意識し過ぎるとカウントを悪くしてしまうこともあるから、打者にゴロを打ってもらえるようにツーシームなどを上手く使って、カウントを有利にして抑えていきたい」

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-ヤクルト、19回戦、16日、甲子園)かつての本拠地に戻ってきた。ヤクルト・歳内宏明投手(27)が、甲子園で阪神時代の2016年4月27日の巨人戦以来、4年ぶりに登板する。

後で読む
日刊スポーツ

10月16日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>巨人 今村信貴投手阪神 板山祐太郎外野手広島 島内颯太郎投手広島 田中法彦投手中… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が16日、久々に甲子園で汗を流した。14時28分にグラウンドに現れると、御子柴スコアラーと握手。ショートダッシュ中に能見と話し込むなど、リラックスした表情で調整した。 藤川は前日15日・中日戦(ナゴヤドーム)から1軍に復帰。ブルペンで出番を待っていたが、登板機会は訪れなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「イースタン、巨人-日本ハム」(16日、ジャイアンツ球場) 日本ハム・斎藤佑樹投手が、2点ビハインドの六回から登板。1イニング持たず、2/3回で4安打を浴びて5失点KOとなった。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。