「DeNA」の記事一覧

日刊スポーツ

来日初の4番に座ったDeNAタイラー・オースティン内野手(29)が、先制適時打を放った。ここまで全試合に4番で先発してきた佐野が背中の張りのためスタメンを外れ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「中日-DeNA」(21日、ナゴヤドーム) DeNA・佐野恵太内野手が背中の張りで今季初めて欠場することが決まった。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日-DeNA、20回戦、21日、ナゴヤドーム)DeNA・佐野恵太内野手(25)が今季初めて欠場となる見込みとなった。試合前、ラミレス監督が明かした。これでチームは今季全試合出場選手がゼロとなる。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは21日、新型コロナウイルスの影響によりスタージェット風船を使用した応援ができない中、新たな演出としてクラッカーを使用した応援演出23日の広島戦にてテスト実施すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは21日、新型コロナウイルスの影響でスタージェットを使用した応援ができない中、クラッカーを使用した応援演出を10月23日・広島戦でテスト実施すると発表した。 実施のタイミングは7回表終了後の「HOT PEPPER LUCKY7」。対象席種はJ:COmベイディスカバリーBOXシート、Paraviネット裏BOXシート、エントリープレミアムテラス、東京日商エステム リビングBOXシート、レイズネクスト スカイバーカウンター、日総工産パーティースカイデッキ、横浜銀行BOXシート。

後で読む
日刊スポーツ

DeNAは、23日広島戦(横浜)で新型コロナウイルスの影響により現在は使用禁止となっている「スタージェット」の代替として、応援クラッカーを使用した新たな球場演… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

8年ぶりのAクラス入りを目指す中日ナインに朗報だ。地元の岐阜県出身で大の中日ファンを公言している歌手のLiSA(33)が、11月4日のDeNA戦(ナゴヤドーム)でセレモニアルピッチを行うことになった…

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-5広島」(20日、甲子園球場) 甲子園が沸いた!今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が六回から登板し、1回を1安打無失点。8月10日・DeNA戦以来となる1軍マウンドで時折、笑顔をのぞかせながらも、12球中11球が直球の真剣勝負で1万282人のファンを魅了した。残り17試合。“炎のストレート”で別れを告げる。

後で読む
デイリースポーツ

「中日6-1DeNA」(20日、ナゴヤドーム) 10勝目はお預けとなった。先発したDeNA・大貫は六回途中8安打3失点で5敗目。1点のリードを必死に守ってきたが、試合後半に入ったところで崩れた。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日6-1DeNA、19回戦、中日10勝9敗、20日、ナゴヤD)4番の意地がバットに乗った。中日・ビシエドが六回に左中間へ、決勝の勝ち越し二塁打。13試合ぶりの猛打賞と、大暴れした。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神1-5広島、21回戦、阪神11勝7敗3分、20日、甲子園)今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が、広島戦(甲子園)で8月10日のDeNA戦(横浜)以来となる1軍復帰登板。六回に登場して、1安打無失点に抑えた。1-5で敗れたが、試合後にはナインに団結の大切さを説いた。首位巨人とは12・5ゲーム差と絶望的な状況にいるものの、ファイティングポーズは崩さない。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人はヤクルト戦に1-1で引き分け、18試合を残して全球団からの負け越しなしを決めた。中日、阪神、広島には既に勝ち越しを決めており、DeNA、ヤクルトに全敗しても上回られることがなくなった。DeNA、ヤクルトについては1試合でも勝つか引き分ければ勝ち越しが決まる。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日6-1DeNA、19回戦、中日10勝9敗、20日、ナゴヤD)いきなり、ド派手なアーチをかけた。DeNAの3番・オースティンが一回、先制の18号ソロを放った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日6-1DeNA、19回戦、中日10勝9敗、20日、ナゴヤD)14安打の中日が逆転勝ちした。0-1の六回に阿部の適時打、ビシエドの適時二塁打など5安打で3点。七、八回も加点した。福谷はテンポ良く7回3安打1失点に封じ、自身5連勝の7勝目。DeNAは四回以降無安打だった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-5広島」(20日、甲子園球場) 今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手が甲子園に帰ってきた。六回に3番手として「ピッチャー・藤川」がコールされると、球場中のファンから歓声、そして拍手が起こった。8月10日のDeNA戦(横浜)以来となるマウンド。最速147キロの直球で1イニングを1安打無失点に抑えた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-5広島」(20日、甲子園球場) 今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手が1軍のマウンドに帰ってきた。「ピッチャー・藤川」がコールされると、球場中のファンから歓声、そして拍手が起こった。8月10日のDeNA戦(横浜)以来となるマウンドで六回の1イニングを1安打無失点に抑えた。

後で読む
デイリースポーツ

14安打の中日が逆転勝ちした。0-1の六回に阿部の適時打、ビシエドの適時二塁打など5安打で3点。七、八回も加点した。福谷はテンポ良く7回3安打1失点に封じ、自身5連勝の7勝目。DeNAは四回以降無安打だった。

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りで現役を引退する阪神・藤川球児投手(40)が引退表明後、初登板した。1軍のマウンドは8月10日DeNA戦(横浜)以来、71日ぶり。

後で読む
東京スポーツ

 既に今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が20日の広島戦(甲子園)で8月10日のDeNA戦(横浜)以来、71日ぶりに一軍登板を果たした。  0―5の6回に3番手でマウンドに上…

後で読む
東京スポーツ

 中日は20日、現在大ヒット中のアニメ映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の主題歌「炎(ほむら)」を歌う注目のアーティスト・LiSA(33)が11月4日のDeNA戦(ナゴヤドーム)でセレモニアルピッチ…

後で読む
デイリースポーツ

中日は20日、アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の主題歌「炎」が大ヒット中の歌手LiSA(33)が11月4日のDeNA戦(ナゴヤドーム)で試合前にセレモニアルピッチに登板すると発表した。 岐阜出身のLiSAは「今シーズン応援し続けたドラゴンズのセレモニアルピッチ@ナゴヤドームに初登場です。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは20日、金曜日に横浜スタジアムで開催する主催試合を対象にしたスペシャル企画『BLUE FRIDAY~FRIDAY OVATION PROJECT~』で新たな取り組みを23日から実施すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽DeNA 笠井崇正投手 ▽阪神 ガルシア投手 ▽ヤクルト 金久保優斗投手 【同抹消】 ▽阪神 ガンケル投手 ▽ヤクルト 久保拓真投手

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは20日、新型コロナウイルスに立ち向かう医療、介護従事者への感謝を示すため行う、金曜日の横浜スタジアムでの主催試合を対象にしたスペシャル企画「BLUE FRIDAY~FRIDAY OVATION PROJECT~」の企画趣旨に賛同した神奈川県とともに、新たな取り組みを実施すると発表した。 「BLUE FRIDAY~FRIDAY OVATION PROJECT~」では、選手たちが感謝の意を示すブルーを基調としたビジターユニホームを着用することや、試合開始前にクラップ・フォー・ケアラーズなどを実施している。

後で読む
日刊スポーツ

DeNAは20日、新型コロナウイルスに立ち向かう医療・介護従事者への感謝を示すため横浜スタジアムで金曜日に実施してきた「BLUE FRIDAY~FRIDAY … – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNA大貫晋一投手(26)は今季中日戦で5試合に登板して3勝1敗、防御率1・57と好投。ビシエド13打数1安打、高橋11打数1安打と主軸の2人を抑えている。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

20日の中日戦(ナゴヤドーム)に先発するDeNA・大貫晋一投手(26)が19日、自身初の2桁勝利に向けて意気込んだ。プロ2年目の今季はここまで9勝4敗、防御率2・21。快投で大台に乗せる。 横浜スタジアムでの投手指名練習後、「一試合一試合できることをやって、とにかく一つ勝てるように。チームの勝ちに貢献したい」と力を込めた。巨人・菅野、阪神・西に次ぐリーグ3人目の2桁勝利投手に名乗りを上げた。

後で読む
東京スポーツ

NPB(日本野球機構)と12球団は19日、臨時代表者会議を開催した。同日午前中にJリーグと合同で行った「新型コロナウイルス対策連絡会議」の内容について情報を共有。DeNAからは今月30日からの阪神3…

後で読む
日刊スポーツ

20日のDeNA戦に先発する中日福谷浩司投手は「特にだれを特別にということではなく、スコアラーさんやキャッチャーと一緒に考えていきたい」と自然体を強調した。A… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽ヤクルト 星知弥投手 【同抹消】 ▽DeNA 上茶谷大河投手 ▽中日 清水達也投手 ▽ヤクルト 浜田太貴外野手

後で読む
日刊スポーツ

「ハマの豆苗」ことDeNA大貫晋一投手(26)が19日、横浜スタジアムで行われた投手練習に参加した。チームでは16年山口俊(現ブルージェイズ)以来となる日本人… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは上茶谷大河投手の出場選手登録を抹消した。上茶谷は18日の巨人戦で3回5安打3失点で降板するなど直近3試合で結果を残せていなかった。 ロッテは美馬学投手の出場選手登録を抹消した。美馬は18日の日本ハム戦で5回1/3を7安打5失点で降板した。日本ハムは4投手を抹消した。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNA・大貫晋一投手(26)が20日の中日戦(ナゴヤドーム)に先発する。チーム勝ち頭の9勝(4敗)を挙げている右腕は、自身初の2桁勝利を目指す。

後で読む
日刊スポーツ

10月19日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>なし<抹消>DeNA 上茶谷大河投手中日 清水達也投手【パ・リーグ】<登録>なし… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 日本野球機構(NPB)とJリーグが合同で設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第18回会合が19日、Web会議システムにて実施された。  プロ野球では今月30日から11月1日までのDeNA対阪…

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、DeNA10-6巨人、20回戦、巨人12勝8敗、18日、横浜)スタンドを見つめ、ぼうぜんと立ち尽くした。2-5の七回無死満塁。巨人2番手の高梨雄平投手(28)が梶谷に痛恨の逆転満塁弾を浴び、今季初黒星を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA10-6巨人」(18日、横浜スタジアム) 巨人・吉川尚がプロ4年目で初の先頭打者本塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA10-6巨人」(18日、横浜スタジアム) 逆転満塁アーチに歓声が巻き起こる中、一塁を回ったDeNA・梶谷は何かに気付き、素早く一塁ベースを踏みに戻った。慌てた様子は一切なく、悠々とダイヤモンドを一周。八回にも2ランを放ち、2発6打点で勝利の立役者となった。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA10-6巨人」(18日、横浜スタジアム) 中継ぎ陣が崩れての逆転負けに、巨人・原監督は自身の継投失敗を責めた。5点リードを守りきれず2連敗。「替え時を、私自身が我慢できなかったというところですかね。我慢すべきだったのかもしれない」と振り返った。

後で読む
東京スポーツ

いわゆる消化試合も無駄にはできない。2年連続リーグ優勝を目前にしている巨人は18日のDeNA戦(横浜)で7回表終了まで5点リードしながら6―10と逆転負け。しかし、2位・中日が敗れたため優勝マジック…

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、DeNA10-6巨人、20回戦、巨人12勝8敗、18日、横浜)巨人は序盤に主導権を握ったが、中継ぎ陣がDeNA打線に捕まり逆転負け。2位・中日が敗れたため、優勝へのマジックは1つ減って「7」となった。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA10-6巨人」(18日、横浜スタジアム) 巨人の原辰徳監督が、18日に出場選手登録を抹消した小林誠司捕手に、本来の姿で1軍復帰することを願った。

後で読む
東京スポーツ

我慢できなかった――。巨人・原辰徳監督(62)が敗戦の責任を一人で背負い込んだ。  優勝へのマジック「8」で迎えた18日のDeNA戦(横浜)は、5点リードで迎えた7回、2失点の後、梶谷に満塁弾を浴び…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA10-6巨人、20回戦、巨人12勝8敗、18日、横浜)巨人の吉川尚がプロ4年目で初の初回先頭打者本塁打を放った。上茶谷の初球を引っ張って右翼席へ運び、敵地をどよめかせ「結果を恐れずに思い切って振っていった」と振り返った。

後で読む
日刊スポーツ

「ハマの韋駄天(いだてん)」が大仕事! DeNA梶谷隆幸外野手(32)が、値千金の逆転満塁本塁打を放った。7回、3点差に迫りなお無死満塁、巨人高梨の2球目を右… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA10-6巨人」(18日、横浜スタジアム) 巨人が5-0とリードした七回に6点を失って逆転を許した。八回にも4点を失い2イニングで10失点。中日が敗れたためマジックは1つ減って「7」になった。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA10-6巨人」(18日、横浜スタジアム) DeNAが梶谷の2発6打点の活躍で大逆転勝利を飾った。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAが勝率5割に戻った。0-5の七回に柴田、代打伊藤光の適時打と梶谷の満塁本塁打で6点を奪い逆転し、八回に梶谷の2ランなどで4点を加えた。エスコバーが今季初勝利。巨人は七回途中から継投し救援陣が打ち込まれた。

後で読む
東京スポーツ

まさに天国から地獄――。巨人が18日のDeNA戦(横浜)で5―0で迎えた7回に、まさかの6失点で大逆転負けを喫した。  先発・畠が6回まで無失点投球。プロ初完投まで見えてきた7回に悲劇が訪れた。先頭…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は18日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
日刊スポーツ

巨人は1回、吉川尚の8号先頭打者本塁打で先制。3回にも敵失と田中俊の適時打で2点を加えた。先発畠は3回まで無失点。DeNA上茶谷は3回3失点で降板。2番手京山… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

4位DeNAが、M8の首位巨人に逆転勝ち。DeNAは6回まで無得点も7回、8回で10得点。巨人は中継ぎ陣が誤算だった。11日阪神戦から5試合連続本塁打中のDe… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(18日、横浜スタジアム) 巨人が5-0とリードした七回に6点を失って逆転を許した。

後で読む
日刊スポーツ

4位DeNAが、M8の首位巨人と対戦。先発はDeNAが上茶谷、巨人は畠。DeNA佐野恵太外野手(25)は11日阪神戦から5試合連続本塁打中。DeNAの連続試合… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

目にも止まらぬ早業だ。巨人・吉川尚輝内野手が18日のDeNA戦(横浜)で、初回に初球先頭打者アーチを放った。  プレーボールからおよそ10秒で白球が右翼スタンドに着弾した。「1番・二塁」でスタメン出…

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(18日・横浜スタジアム) DeNA・ソトが故意落球の判定を下された。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(18日、横浜スタジアム) 巨人の吉川尚が先頭打者初球本塁打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA-巨人、20回戦、18日、横浜) 巨人・田中俊太内野手(27)がプロ初となる「6番・左翼」でスタメン入りした。

後で読む
日刊スポーツ

4位DeNAが、M8の首位巨人と対戦。先発はDeNAが上茶谷、巨人は畠。DeNA佐野恵太外野手(25)は11日阪神戦から5試合連続本塁打中。DeNAの連続試合… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は18日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(18日、横浜スタジアム) 巨人の吉川尚が先頭打者初球本塁打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA-巨人、20回戦、18日、横浜)巨人・小林誠司捕手(30)が出場選手登録を抹消された。代わって、3年目の岸田行倫捕手(24)が1軍に昇格した。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽巨人 田口麗斗投手、岸田行倫捕手 ▽DeNA 京山将弥投手 【同抹消】 ▽巨人 小林誠司捕手、香月一也内野手

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA(降雨中止)巨人」(17日、横浜スタジアム) DeNA・佐野恵太内野手(25)の6試合連続本塁打は持ち越しとなった。17日の巨人戦が雨天中止。18日の同戦は仕切り直しの一戦となった。現在は球団タイ。次戦でアーチをかければ球団新記録となり、王貞治とバースの持つ日本記録の7戦連発に王手がかかる。ラミレス監督は「記録は長いほどいい」と更新を願った。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA(降雨中止)巨人」(17日、横浜スタジアム) 巨人・原辰徳監督(62)が17日、今季5度目の雨天中止を“恵みの雨”と超前向きに捉えた。2位の中日が勝ったため優勝マジックは「8」と変わらず、最短Vは22日。歓喜の瞬間へ、再進撃する。

後で読む
東京スポーツ

優勝マジックを「8」としている巨人で、鉄壁だった救援陣が正念場を迎えている。  17日のDeNA戦は雨天中止。原辰徳監督(62)は球団を通じ「天候のことは致し方ない。連戦中ということもありますし、す…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日5-2広島、19回戦、中日9勝9敗1分け、17日、マツダ)中日・柳裕也投手(26)が先発し、7回8安打2失点と粘投。9月11日のDeNA戦(横浜)以来、約1カ月ぶりの勝利を手にした。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は17日、セ・パ両リーグで3試合を実施。DeNA-巨人、阪神-ヤクルト、ロッテ-日本ハムは降雨中止となった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は17日、セ・パ両リーグで3試合を実施。DeNA-巨人、阪神-ヤクルト、ロッテ-日本ハムは降雨中止となった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA-巨人=降雨中止、17日、横浜)DeNAのラミレス監督が、球団記録に並ぶ5試合連続本塁打中の佐野に記録更新を期待した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は17日、セ・パ両リーグで4試合を実施。DeNA-巨人、ロッテ-日本ハムは降雨中止となった。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグDeNA・上茶谷-巨人・畠(横浜)

後で読む
サンケイスポーツ

DeNA・京山将弥投手(22)は17日の巨人戦(横浜)で今季4度目の先発が予定されていたが、雨天中止となった。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(17日、横浜スタジアム) 今季5度目の雨天中止が決まり、巨人・原監督は「天候のことは致し方ないですからね。連戦中ということもありますし、全てをプラスに受け止めて進んでいきたいと思います」と前向きに語った。

後で読む
日刊スポーツ

降雨のため中止となった。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

17日のDeNA戦に先発する巨人畠世周投手が警戒を強めた。前回対戦の9月20日は6回無失点に封じたが「DeNA打線は長打を警戒するバッターが多いので、メリハリ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA2-1巨人」(16日、横浜スタジアム) 鉄壁の救援陣が崩れた。巨人・坂本が均衡を破る先制の中犠飛を放った直後の八回。3番手の大江が佐野に5試合連発となる同点ソロを浴びた。さらに、4番手のビエイラが大和に決勝の適時二塁打を献上。優勝マジックは「8」で足踏みとなった。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA2-1巨人」(16日、横浜スタジアム) 一振りでチームを救った。DeNA・佐野恵太内野手(25)が八回に5試合連続となる同点の20号ソロ。77年・田代、04年・ウッズ、08年・村田らの球団記録に並び、逆転勝ちを呼び込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA2-1巨人」(16日、横浜スタジアム) DeNAが逆転勝ちを収めた。ラミレス監督は「今のところ、このゲームが今年ベストだと思います」と喜びを爆発させた。

後で読む
東京スポーツ

〝昇格人事〟の是非はこれからか。巨人が16日のDeNA戦に1―2で敗れた。2位・中日が勝ったため、優勝へのマジックは「8」と変わらず。好機をことごとく逸した内容に、原辰徳監督(62)も「今日は両軍、そ…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA2-1巨人、19回戦、巨人12勝7敗、16日、横浜)巨人の今村は2日以来、中13日での登板で力強い直球とフォークボールのコンビネーションがさえた。打線の援護がなく白星は得られなかったが、要所を締めて6回を4安打無失点と好投し「ストレートが良く、フォークボールも角度がついていて良かった」と自賛した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は16日、セ・パ両リーグで6試合が行われた。

後で読む
デイリースポーツ

 「DeNA2-1巨人」(16日、横浜スタジアム) 巨人が逆転負けを喫した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA2-1巨人、19回戦、巨人12勝7敗、16日、横浜)巨人は競り負け、自力でマジックを減らすことはできなかった。DeNA・佐野は球団6人目となる5試合連続弾でチームに勢いをつけた。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(16日、横浜スタジアム) 巨人が八回、息詰まる投手戦の均衡を破った。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(16日、横浜スタジアム) DeNA・佐野が八回に右翼へ5試合連続本塁打となる同点の20号ソロを運んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA2-1巨人」(16日、横浜スタジアム) 巨人が逆転負け。1点リードの八回にリリーフ陣が打たれた。

後で読む
日刊スポーツ

4位DeNAが、M8の首位巨人と対戦。先発はDeNAが井納、巨人は今村。DeNA佐野恵太内野手(25)が、5試合連続本塁打となる20号ソロを放ち、球団記録に並… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNA佐野恵太内野手(25)が、5試合連続本塁打となる20号ソロを放ち、球団記録に並んだ。1点を追う8回無死、巨人3番手大江の初球を捉え、右翼席に運んだ。1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNAの地元ファンから絶大な人気を誇るテレビ神奈川(tvk)の吉井祥博アナウンサー(55)が、30日のDeNA-阪神戦(横浜、18時開始)で始球式を行う。1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

4位DeNAが、M8の首位巨人と対戦。先発はDeNAが井納、巨人は今村。DeNA佐野恵太外野手(25)は11日阪神戦から4試合連続本塁打中。DeNAの連続試合… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグDeNA・京山-巨人・畠(横浜)

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは16日、十分な感染症対策を講じた上で、観客数の上限を緩和し80%を目安として開催する10月30日から11月1日の阪神戦を対象に、チケットをフレックスプライス「☆5」の一般料金から、最大35%割引した特別価格の「みらいチケット」を発売すると発表した。 観客数上限緩和につては、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室と協議し、専門家で構成される新型コロナウイルス感染症対策分科会に報告、了解を得て実施される。コロナ対策に関する技術実証を行うため。実際に観戦するファンの協力が必要不可欠となることから、割引価格でチケットを発売することになった。10月19日10時より順次発売する。詳細は球団公式ホームページまで。

後で読む
日刊スポーツ

4位DeNAが、M8の首位巨人と対戦。予告先発はDeNAが井納、巨人は今村。DeNA佐野恵太外野手(25)は11日阪神戦から4試合連続本塁打中。DeNAの連続… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは16日、大規模イベントガイドライン策定に向けた技術実証として、本拠地・横浜スタジアムで30日から行われる阪神3連戦で、実際に観戦するファンの方の協力が不可欠となることから、チケットをフレックスプライス「☆5」の一般料金から、最大35%割引した特別価格の「みらいチケット」を発売すると発表した。

後で読む
東京スポーツ

 阪神が15日の中日戦(ナゴヤドーム)に3―5で逆転サヨナラ負けを喫し、貯金がついになくなった。4位のDeNAとは1ゲーム差とAクラスを守れるかどうかも怪しくなってきたが、そんなチームの中で気がかりな…

後で読む
東京スポーツ

阪神が15日の中日戦(ナゴヤドーム)に3―5で逆転サヨナラ負けを喫し、貯金がついになくなった。4位のDeNAとは1ゲーム差とAクラスを守れるかどうかも怪しくなってきたが、そんなチームの中で気がかりな…

後で読む
日刊スポーツ

DeNA佐野恵太外野手(25)は11日阪神戦から4試合連続本塁打中。DeNAの連続試合本塁打記録は68年長田、77年田代、04年ウッズ、08年村田、13年ブラ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト4-3DeNA」(15日、神宮球場) 技ありの一発だ。DeNAの佐野が二回に右翼へ19号ソロを放った。勝利にはつながらなかったが、球団の日本選手では2008年の吉村以来となる4試合連続本塁打。首位打者を走る4番が長打力も開花させつつある。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球DeNAや神奈川県などが15日、横浜スタジアムで開催される今月30日からの阪神3連戦で、新しい感染防止策を講じた上で満員に近い観客を収容し、その効果を調べる技術実証を行うと発表した。大規模イベントは収容人数の50%に制限しており、上限を緩和した際の影響を見極める。来年の東京五輪・パラリンピックを見据えた試み。IT企業が連携し、スーパーコンピューター「富岳」を導入するなど日本の技術を結集した“一大検証”となる。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、ヤクルト4-3DeNA、24回戦、DeNA12勝11敗1分、15日、神宮)ヤクルトの村上が熊本・九州学院高の2年先輩の伊勢から22号ソロを放った。3-1の五回1死で、フォークボールを右翼席へ運び「その前に2打席連続で併殺を打っていたので、何とか貢献できて良かった」と安堵した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト4-3DeNA、24回戦、DeNA12勝11敗1分、15日、神宮)ヤクルトのドラフト2位ルーキー吉田喜が6回2失点で2勝目を挙げた。二回に佐野、六回には梶谷にソロ本塁打を浴びたが、カーブを効果的に使って的を絞らせず「本塁打以外は攻めの気持ちを持って、リズム良く投げられた」と胸を張った。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト4-3DeNA」(15日、神宮球場) DeNAは強力打線が機能せず、勝率5割復帰を逃した。

後で読む
日刊スポーツ

DeNAは15日、withコロナにおける大規模イベントガイドライン策定に向けた技術実証として、横浜スタジアムで行う10月30日~11月1日の阪神戦で、観客数上… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

政府は15日、新型コロナウイルス感染症対策分科会を開き、プロ野球の試合で球場に満員近い定員の8割程度の観客を収容し、影響を調べる実証実験を始めると決めた。神奈川県と横浜市、IT企業ディー・エヌ・エー(DeNA)が、横浜スタジアム(横浜市)で30日から3日間行う。スポーツ分野以外でも同様の取り組みを進め、社会経済活動の一層の引き上げにつなげる考えだ。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは15日、10月30日からの阪神戦を対象に、十分な感染症対策を講じた上で観客数の上限を緩和して試合を開催し、コロナ対策に関する技術実証に取り組むことを発表した。内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室と協議し、専門家で構成される新型コロナウイルス感染症対策分科会に報告、了解を得て実施される。 現在は観客1万6000人を上限に試合を開催しているが、当日は最大収容人数約3万4000人の80%を一つの目安として開催する。また、今回の技術実証にはファンの協力が不可欠となることから、通常価格から最大35%の割引価格でチケットを発売する。詳細は球団公式ホームページで改めて発表される。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(15日、神宮球場) DeNA先発・平良が2回4安打3失点で降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(15日、神宮球場) DeNAが4番・佐野の4試合連続となる本塁打で先制した。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグDeNA・井納-巨人・今村(横浜)

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(15日、ナゴヤドーム) 前夜は大野雄に2試合連続完封負けを喫した阪神。4連勝を決めた中日に抜かれて9月10日以来、約1カ月ぶりに3位に転落。4位・DeNAにも1ゲーム差に迫られ、Bクラス落ちも目前となった。完全V逸も最短で10月18日に迫っている。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽DeNA 平良拳太郎投手 ▽阪神 藤川球児投手 ▽中日 松葉貴大投手 ▽ヤクルト 吉田大喜投手 【同抹消】 ▽巨人 藤岡貴裕投手 ▽ヤクルト 風張蓮投手

後で読む
サンケイスポーツ

 背中の違和感で戦線を離脱していたDeNA・平良拳太郎投手(25)が、15日のヤクルト戦(神宮)に先発する。約2カ月ぶりの1軍復帰の裏には、木塚敦志投手コーチの葛藤もあった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト6-9DeNA」(14日、神宮球場) ヤクルトは終盤に追い上げを見せたが、4連敗で優勝の可能性が完全消滅した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト6-9DeNA」(14日、神宮球場) ハマの4番がまたも神宮の夜空に放物線を描いた。4-0の五回、DeNA佐野が、ここまで2三振に抑えられていたヤクルト先発・石川のシンカーを捉え、右翼席への18号ソロ。自身2度目の3試合連発となった。貴重な中押し弾となり「甘い球をしっかりと捉えられたのが良かったなと思います」とうなずいた。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトが高津臣吾監督(51)の続投方針を決めたことが14日、分かった。3年契約の1年目となった今季は同日のDeNA23回戦(神宮)に6-9で敗れ、リーグ優勝の可能性が消滅。35勝56敗6分けで最下位に沈む一方で高卒3年目の村上宗隆内野手(20)を不動の4番に成長させるなど、若手を積極的に起用しており、再建への糧とする。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日3-0阪神、20回戦、阪神11勝9敗、14日、ナゴヤD)Bクラス転落危機-。阪神は中日に0-3で敗れて2連敗。中日に抜かれ、9月10日以来の3位に落ちた。竜のエース・大野雄に2試合連続で完封を許すなど元気なく、矢野燿大監督(51)も「個人個人がちょっと状態が悪い」と言葉に力がない。4位DeNAとも、1ゲーム差。このままでは、2位奪回どころか3位も危ない状況だ。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト6-9DeNA、23回戦、DeNA12勝10敗1分、14日、神宮)DeNAのドラフト2位新人の坂本が5回3安打1失点で4勝目を挙げた。二回までに3四球と乱れたが、打線の援護を受け「本当に心強い。余裕を持って投げられるようになった」と冷静に投球を修正。本来の制球を取り戻し山田哲、村上、青木の中軸を無安打に封じ、ヤクルト戦は3戦3勝とした。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト6-9DeNA、23回戦、ヤクルト10勝12敗1分、14日、神宮)DeNA・佐野恵太内野手は、4-0の五回の第3打席に右越え18号ソロを放つなど5打数1安打だった。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAが逃げ切った。一回に宮崎の適時打で先制。三回にも宮崎の適時打などで3点を加え、その後も佐野の3戦連続の18号ソロなどでリードを広げた。坂本は5回1失点で4勝目。ヤクルトは4連敗で優勝の可能性が完全に消えた。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト6-9DeNA」(14日、神宮球場) DeNA打線が12安打9点を奪い2連勝。今季のヤクルト戦の勝ち越しを決め、借金1とした。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト6-9DeNA」(14日、神宮球場) ヤクルトが、投壊で優勝の可能性が完全消滅した。チームはこれで4連敗。DeNA戦の負け越しが決まり、借金は今季ワーストの21に膨れあがった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は14日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

「中日3-0阪神」(14日、ナゴヤドーム) 阪神が投打に元気なく連敗。中日の先発・大野雄に、2戦連続の完封負けを喫する屈辱で、ついに3位に転落した。また、4位のDeNAがヤクルトに大量リードを奪う展開。勝てば0・5差と肉薄し、Bクラス転落危機に陥った。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は14日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(14日、神宮球場) DeNAが4番・佐野の18号ソロで突き放した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(14日、神宮球場) ヤクルト先発石川が5回7安打5失点で降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(14日、神宮球場) DeNAドラフト2位の坂本が先発し、5回3安打1失点の好投。勝利投手の権利を手に降板した。

後で読む
日刊スポーツ

DeNAが1回、宮崎の適時打で先制。3回は宮崎、倉本、ロペスの3連続適時打で3点。ヤクルトは3回まで無安打で得点なし。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

セ・パ両リーグが選定し、月間を通じて最もインパクトのあるサヨナラ打を放った選手に贈られる月間「スカパー!サヨナラ賞」の9月度受賞者が発表され、セ・リーグ部門で巨人の吉川尚輝内野手(25)が受賞した。 9月には2度のサヨナラ打でチームを勝利に導いた吉川尚。一度目は9月1日のDeNA戦、「川上哲治生誕100周年記念試合」で九回無死満塁から右前へ劇的打を運んだ。2度目は9月22日の広島戦で九回に同点に追いつかれた直後、2死三塁から、またしても右前にはじき返した。

後で読む
デイリースポーツ

セ・パ両リーグが選定し、月間を通じて最もインパクトのあるサヨナラ打を放った選手に贈られる月間「スカパー!サヨナラ賞」の9月度受賞者が発表され、セ・リーグ部門で巨人の吉川尚輝内野手(25)が受賞した。 9月には2度のサヨナラ打でチームを勝利に導いた。一度目は9月1日のDeNA戦、「川上哲治生誕100周年記念試合」で九回無死満塁から右前へ劇的打を運んだ。2度目は9月22日の広島戦で九回に同点に追いつかれた直後、2死三塁から、またしても右前にはじき返した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-8DeNA」(13日、神宮球場) DeNAの大貫が、自身3連勝で初の2桁勝利に王手をかけた。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-8DeNA」(13日、神宮球場) 看板の強力打線が、またも本領を発揮した。1-1の六回にDeNAは佐野の17号2ランで勝ち越し。続く七回には宮崎の14号3ラン、大和のキャリアハイとなる3号ソロが飛び出した。1試合3発でチームは9戦連続のマルチ弾。1968年の広島、77年の自軍の前身・大洋がマークしたセ・リーグ記録に並んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-8DeNA」(14日、神宮球場) DeNAがリーグ記録に並ぶ一発攻勢で快勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、ヤクルト1-8DeNA、22回戦、DeNA11勝10敗1分、13日、神宮)ヤクルトの高梨は1-1の六回無死二塁で佐野に勝ち越し2ランを浴びた。2球目のフォークボールの落ちが甘くバックスクリーンへたたき込まれ「それまで粘り強く投げられていたが、あの本塁打は反省点」と肩を落とした。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト1-8DeNA、22回戦、ヤクルト10勝11敗1分、13日、神宮)DeNAは佐野、宮崎、大和が本塁打を放ち、この試合で9戦連続の1試合2本塁打以上をマーク。1968年の広島、77年の大洋と並ぶセ・リーグ記録となった。DeNAの9試合の本塁打内訳は以下の通り ◆2日、対中日 オースティン(10号)、佐野(15号)、戸柱(4号) ◆3日、対中日 柴田(2号)、ソト(18号) ◆4日、対中日 オースティン(11、12、13号)、神里(2号) ◆6日、対巨人 ロペス(5号)、オースティン(14号) ◆7日、対巨人 ロペス(6号)、ソト(19号) ◆8日、対巨人 戸柱(5号)、オースティン(15号)、ロペス(7号) ◆10日、対阪神 オースティン(16号)、ソト20、21号) ◆11日、対阪神 佐野恵太(16号)、オースティン(17号)、ロペス(8号) ◆13日、対ヤクルト 佐野(17号)、宮崎(14号)、大和(3号)試合結果へプロ野球日程へ

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは1-1の六回に佐野の17号2ランで勝ち越し、七回にロペスの犠飛、宮崎の14号3ラン、大和のソロで5点を挙げ、突き放した。大貫は6回5安打1失点で8三振を奪い9勝目を挙げた。ヤクルトは3連敗で借金20となった。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日-阪神、19回戦、13日、ナゴヤドーム)阪神・藤浪晋太郎投手(26)が自己最速となる161キロを計測した。2-4の七回に登板。2死からアルモンテに対しての4球目。外角へボール球となったが、161キロを計測した。自己最速を1キロ更新。さらに、2017年にドリス、11日のDeNA戦(甲子園)でスアレスが計測した球団の最速記録にも並んだ。 試合速報へプロ野球日程へ

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは1回無死一、三塁から山田哲の併殺打の間に1点を先制。DeNAは2回1死三塁から大貫の犠飛で同点に追いついた。DeNAは6回、佐野の17号2ランで勝ち… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は13日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(13日、神宮球場) DeNAが主砲佐野の一発で勝ち越した。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは13日、横浜市内でスカウト会議を行い、ポジション別に選手の評価を確認した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は13日、甲子園での主催試合の入場券発売を発表した。11月10日・巨人戦、11日・DeNA戦は公式ファンクラブ会員への先行発売の後、10月27日から発売する。今回の2試合は全席種1席空けた座席配置となる。今後政府などの方針により急きょ変更となる可能性もあるという。 10日・巨人戦は今季限りでの現役引退を発表している藤川の引退セレモニー開催されるため、「プレミアチケット」となりそうだ。

後で読む
東京スポーツ

【赤坂英一 赤ペン!!】今週は火、水、木曜日と神宮でヤクルト―DeNA3連戦を取材する予定だ。つい最近、この球場の記者席から阪神に対して、ルール違反の情報伝達が行われていたのでは…と一部審判があらぬ疑…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は13日、今季限りで引退を発表している藤川球児投手(40)の引退セレモニーを11月10日巨人戦(甲子園)で開催することを発表した。この日、日本プロ野球機構(NPB)から同日と翌11日DeNA戦(甲子園)が追加日程として発表され、開催が決まった。

後で読む
デイリースポーツ

 阪神・大山悠輔内野手(25)が巨人・岡本とし烈な本塁打王争いを繰り広げている。ここまで92試合に出場し、自己最多の25本塁打。昨季は143試合で14本。球団では86年・バース、日本選手では84年・掛布雅之、日本選手の右打者では75年・田淵幸一以来となるタイトル獲得が見えてきた。プロ4年目の進化とキングの可能性に迫った。(データは共同通信デジタル) 巨人・岡本が本塁打を打てば、大山もすぐさま並ぶ。コロナ禍のペナントレース終盤。セ・リーグの本塁打王争いが熱い。この2人に現在21本のDeNA・ソト、広島・鈴木誠、巨人・丸、ヤクルト・村上が続く展開だ。

後で読む
東京スポーツ

 今季限りで引退することが決まった広島・石原慶幸捕手(41)に早くも〝現場復帰〟を望む声が上がっている。プロ19年生の大ベテランは8月27日のDeNA戦(横浜)での走塁中に左脚を痛めて担架で運ばれ、翌…

後で読む
デイリースポーツ

15日・ヤクルト戦(神宮)で先発するDeNA・平良拳太郎投手(25)が12日、残り試合を全力で戦うと誓った。背中の張りからこの日、1軍に合流。2カ月ぶりの先発登板で白星をつかむ。 8月20日の練習中に背中の違和感を訴え、出場選手登録を抹消された。残り22試合だが、今季中に1軍復帰。「試合数は少ないですが、一試合一試合、自分の役割を果たせるように」と意気込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

15日・ヤクルト戦(神宮)で先発するDeNA・平良拳太郎投手(25)が12日、残り試合を全力で戦うと誓った。背中の張りからこの日、1軍合流。2か月ぶりの先発登板で白星をつかむ。 8月20日の練習中に背中の違和感を訴え出場選手登録を抹消された。残り22試合だが今季中に1軍復帰。「試合数は少ないですが、1試合1試合、自分の役割を果たせるように」と意気込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・高梨裕稔投手(29)が12日、神宮外苑で行われた先発投手練習に参加。先発する13日のDeNA戦(神宮)に向けて調整した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神4-3DeNA、20回戦、阪神10勝8敗2分、11日、甲子園)右腕の投じる1球ごとに甲子園が大きく沸く。阪神・藤浪が中継ぎになってから初めて1点リードの場面でマウンドへ。1回を3人でピシャリと抑えてベンチに戻ると、笑顔をみせた。

後で読む
東京スポーツ

阪神・大山悠輔内野手(25)が11日のDeNA戦で決勝の25号2ランを含む3安打2打点をマーク。4―3の勝利に貢献するとともに、セ本塁打王争いのトップを走る巨人・岡本にも再び並んだ。打点も現在リーグ…

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-3DeNA」(12日、甲子園球場) 1万9274人の甲子園がドッと沸いた。4-3の八回だ。セットアッパー阪神・藤浪が先頭大和への2球目に自己最速タイの160キロをたたき出した。1日・中日戦以来の大台到達にスタンドは大喜び。ただ3球目の153キロはすっぽ抜け頭上を通過。尻もちをついた大和に鋭い眼光を向けられたが、心は乱れなかった。打席を外す間、フーッと大きく息をつくと、157キロで押し込み、右飛に打ち取った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-3DeNA」(12日、甲子園球場) ベテラン右腕が輝きを取り戻した。阪神・桑原が昨年4月17日ヤクルト戦以来、543日ぶりとなるホールドを記録。1点リード、イニング途中からの登板にも動じなかった。先発・秋山からバトンを受けた緊迫する場面。DeNAの強力助っ人2人を手玉に取った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-3DeNA」(12日、甲子園球場) 球団史に名を刻んだ。阪神・スアレスが球団最速タイ(17年・ドリス)で、自己最速タイの161キロを計測。1回無失点で、リーグトップを独走する節目の20セーブ目を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-3DeNA」(12日、甲子園球場) 阪神・大山の逆転2ランは価値ある一打だと言えるだろう。打撃内容を見ていると、穴が少なくなってきたように感じる。要因として挙げられるのは、右方向に打てるようになったことで“逃げ道”を作れていることだ。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神4-3DeNA、20回戦、阪神10勝8敗2分、11日、甲子園)大山は理想の打撃の形ができあがっている。具体的には、軸足(右足)にしっかり体重が乗り、自分のポイントに球を引き付けて打てる「軸回転の打撃」が維持できているのだ。昨年までの悪い時や、ことしの開幕当時は、軸足が伸びあがるようになって、余裕のない打撃になっていた。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神4-3DeNA、20回戦、阪神10勝8敗2分、11日、甲子園)セットアッパーに負けじと、クローザーが快速球を連発した。阪神・スアレスが藤浪と夢の160キロリレーで、リーグトップのセーブを20個に乗せた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-3DeNA」(12日、甲子園球場) 1万9274人の甲子園がドッと沸いた。4-3の八回だ。セットアッパー阪神・藤浪が先頭大和への2球目に自己最速タイの160キロをたたき出した。1日・中日戦以来の大台到達にスタンドは大喜び。ただ3球目の153キロはすっぽ抜け頭上を通過。尻もちをついた大和に鋭い眼光を向けられたが、心は乱れなかった。打席を外す間、フーッと大きく息をつくと、157キロで押し込み、右飛に打ち取った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-3DeNA」(12日、甲子園球場) キングの座はオレだ!阪神の大山悠輔内野手(25)が逆転の25号2ランを放ち、本塁打争いでトップを走る巨人・岡本に再び並んだ。2-3の五回、上茶谷から左翼席へ完璧な一発。シーズン25本塁打は球団の日本選手では2010年の城島健司以来10年ぶりだ。残り24試合。タイトル奪取へ、アーチ量産頼んまっせ!

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-3DeNA」(11日、甲子園球場) 先発したDeNA・上茶谷が大山に痛恨の決勝2ランを食らった。

後で読む
デイリースポーツ

「中日7-0巨人」(11日、ナゴヤドーム) 巨人・岡本は六回に中前打を放つもノーアーチ。この日甲子園でのDeNA戦で阪神・大山が一発を放ち、25本塁打で並ばれた。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神4-3DeNA、20回戦、阪神10勝8敗2分、11日、甲子園)またまたトップタイ!! 阪神はDeNAに4-3で競り勝った。五回に大山悠輔内野手(25)が逆転の25号2ラン。セ・リーグの本塁打王争いで首位の巨人・岡本和真内野手(24)に並んだ。逆転優勝が厳しくなる中、球団34年ぶりのキングへ、必死に戦っていく。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神4-3DeNA、20回戦、阪神10勝8敗2分、11日、甲子園)目の覚めるような打球が、甲子園の左翼席に一直線で飛び込んだ。阪神・大山悠輔内野手(25)が、リーグトップの巨人・岡本に並ぶ25号アーチ。チームを勝利に導く逆転2ランを放ち「この一本で勝てたことが大きい」と胸を張った。

後で読む
東京スポーツ

頼れる4番だ。阪神が接戦となった11日のDeNA戦(甲子園)を4―3で制した。ヒーローは逆転の25号2ランを含む3安打と大暴れした大山悠輔内野手(25)だ。  先発の秋山は5回までにソロ3発を浴びた…

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神4-3DeNA、20回戦、阪神10勝8敗2分け、11日、甲子園)阪神は1点リードを守り切り、接戦を制した。矢野燿大監督(51)は五回に逆転の決勝2ランを放った大山の一発を「1番ポイント」と称賛。25号で本塁打王争いでもトップタイに立った大砲に、さらさる進化も期待した。以下、矢野監督の試合後主な一問一答。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神4-3DeNA、20回戦、阪神10勝8敗2分、11日、甲子園)阪神は先発の秋山が六回1死で降板後、救援陣が一人の走者も許さず、逃げ切った。

後で読む
東京スポーツ

 阪神の藤浪晋太郎投手(26)が11日のDeNA戦(甲子園)の8回にリリーフ登板し、1イニングを3人で締めた。    1点リードの緊迫した場面で〝新勝利の方程式〟の一角として登場。名前がコールされると…

後で読む
デイリースポーツ

阪神は2-3の五回、大山のリーグトップに並ぶ25号2ランで逆転した。秋山は5回1/3をソロ3本による3失点で7勝目。20セーブにリーグ一番乗りのスアレスら救援4投手は一人の走者も許さなかった。DeNAの上茶谷は3敗目。

後で読む
東京スポーツ

中日が11日の巨人戦(ナゴヤドーム)に7―0で勝利。この日敗れたDeNAを抜いて3位に浮上した。  竜のキャプテン・高橋がチャンスで決めた。4回二死一、三塁から中前打。「少し詰まりましたけど、いいと…

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-3DeNA」(11日、甲子園球場) 阪神が4番の一発で逆転勝ちを収めた。1点を追う五回。大山が巨人岡本に並ぶ25号逆転2ランを放った。阪神選手のシーズン25本塁打は2014年ゴメス以来。日本選手では10年城島以来。球団生え抜きでは05年今岡以来15年ぶり。3位DeNAとゲーム差は再び「3」に広がった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-3DeNA」(11日、甲子園球場) 阪神は救援陣が勝利の立役者となった。

後で読む
東京スポーツ

阪神の大山悠輔内野手(25)が11日のDeNA戦(甲子園)で逆転の25号2ランを放ち、リーグトップの巨人岡本に並んだ。  1点を追う5回一死一塁の場面で相手先発・上茶谷の6球目のスライダーを叩き、左…

後で読む
東京スポーツ

阪神・秋山拓巳投手(29)が11日のDeNA戦(甲子園)に先発登板。5回1/3を投げ6安打3失点の内容で、勝ち投手の権利を手にして、マウンドを後続に譲った。  佐野、オースティン、ロペスにソロアーチ…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神が接戦をものにした。先発の秋山が3本塁打を浴びて2-3とビハインドの五回、1死一塁から大山が左翼に決勝の25号2ランをたたき込んだ。ホームラン王争いでトップの巨人・岡本に再び並ぶ一発。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(11日、甲子園球場) 阪神・大山が逆転25号2ランを放った。これでリーグトップの岡本に並んで本塁打ランキングトップタイとなった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(12日、甲子園球場) 阪神の先発・秋山は5回1/36安打4失点で降板となった。4-3の六回1死、2番ソトを迎え、2番手・桑原にスイッチ。秋山はこの日3被弾を許したが、球数は62球だった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(11日、甲子園球場) 阪神・藤浪が自己最速160キロを2度記録した。4-3の八回に3番手で登板。先頭・大和への2球目。外角低めが大台突破した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は11日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(11日、甲子園球場) 阪神がサンズの適時打で同点とし、相手のミスで勝ち越しに成功した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(12日、甲子園球場) 阪神の先発・秋山が先制点を許した。二回、先頭の4番佐野に痛恨の被弾だ。130キロの変化球を捉えられ、右中間席へ16号ソロを運ばれた。スタンドはため息に包まれた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(12日、甲子園球場) 阪神の先発・秋山がこの日3本目の一発を浴びた。2-2同点の五回、先頭の6番ロペスに左翼ポール際へ8号ソロを運ばれた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(11日、甲子園球場) 「3番・右翼」でスタメン出場したDeNA・オースティンが痛恨の適時失策を犯した。

後で読む
日刊スポーツ

両チームのスタメンが発表された。先発は阪神が秋山拓巳投手(29)、DeNAが上茶谷大河投手(24)。阪神は、外国人枠の関係で前日10日はベンチ外となったジャス… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(10日、甲子園球場) 前日は2点を先制しながらも、終わってみれば逆転負けに終わった阪神。3位・DeNA、4位・中日に2ゲーム差となり、再びBクラス転落の危機に陥った。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNA・浜口遥大投手(25)が11日、出場選手登録から抹消された。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-巨人」(11日、ナゴヤドーム) 巨人・吉川尚輝内野手がチームに合流し、試合前練習に参加した。8日のDeNA戦で頭部に死球を受け、10日・中日戦のベンチを外れていた。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは11日、浜口遥大投手の出場選手登録を抹消した。 今季は16登板で6勝5敗、防御率4・60。3日の中日戦は二回途中8失点、前日10日の阪神戦も二回途中2失点、38球で降板していた。

後で読む
日刊スポーツ

DeNAネフタリ・ソト内野手(31)は今季、本拠地で45試合6本塁打に対し、ビジターでは46試合15本塁打。ビジターで15発は中田(日本ハム)と並んで両リーグ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神3-5DeNA」(10日、甲子園球場) 阪神は現状の弱点が出た敗戦となった。初回に3、4番の連続適時打で2点を先制したゲームも、終わってみれば逆転負け。3位・DeNA&4位・中日に2ゲーム差と迫られ、再びBクラス転落の危機に陥った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神3-5DeNA」(10日、甲子園球場) 私が手元で計測したタイムは1秒27~1秒3。阪神ベンチ内の首脳陣もストップウオッチでタイムを計っていた。八回から登板したエスコバーのクイックモーションは、明らかに盗塁を仕掛けられる遅さだった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神3-5DeNA、19回戦、阪神9勝8敗2分、10日、甲子園)二回が勝敗を分けた。無死満塁で得点できなかった阪神と、早めの継投がハマったDeNA。押せ押せとしなければいけない状況で、北條はバットの先に当てただけの投ゴロに終わった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神3-5DeNA」(10日、甲子園球場) DeNAが逆転勝ちを決めた。オースティンに1発、ソトに2発が飛び出しての豪快な逆転劇のようにも見える。しかし、元阪神コーチの岡義朗氏(デイリースポーツ評論家)は、逆転劇の裏側にラミレス監督の繊細かつ大胆な采配が見えたという。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神3-5DeNA」(10日、甲子園球場) 見どころを求めたスタンドが、阪神・藤浪の登場に沸き立った。抑えて歓声、ピンチで激励。1球、1球に球場が熱を帯びた。2点リードされた展開で登板し、1回を無安打無失点。2四球でピンチを背負ったが、2戦連続の0封で見せ場を作った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神3-5DeNA」(10日、甲子園球場) 阪神はDeNAに逆転負けを喫したが、1番打者として輝きを放っているのが近本光司外野手(25)だ。初回に右前打を放って先制のホームを踏むと、連続四球でチャンスメーク。今季の出塁率は・346へと上昇し、打率3割も射程圏に捉えた中、本紙トラ番の井上記者がその要因を背番号5の言葉を交えて分析した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神3-5DeNA」(10日、甲子園球場) ヒーローインタビューを終えると、DeNA・伊勢は初々しく帽子を取って声援に応えた。同点の五回から3番手で登板し、2回を無安打無失点。高校時代に辛酸をなめた甲子園で相手の勢いを完璧に止め、プロ初勝利を手にした。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神3-5DeNA」(10日、甲子園球場) 阪神が痛恨の逆転負けでカード初戦を落とした。これで4位・中日とは2差。再びBクラス転落の危機に陥っている。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日1-7巨人、22回戦、巨人12勝8敗2分、10日、ナゴヤD)8日のDeNA戦で頭部に投球を受けた巨人の吉川尚が、大事を取って欠場した。11日の試合には復帰する予定。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神3-5DeNA、19回戦、阪神9勝8敗2分、10日、甲子園)DeNAが逆転勝ち。五回にオースティンが同点打を放ち、六回はソトの2打席連続本塁打の21号ソロで勝ち越した。両者で全5打点。3番手で2回無失点のルーキー伊勢がプロ初勝利。阪神は二回無死満塁をふいにしたのが痛かった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神3-5DeNA」(10日、甲子園球場) 五回から3番手で登板したドラフト3位・伊勢(明大)が2回無安打無失点。六回にソトの21号ソロで勝ち越し、プロ初勝利を手にした。

後で読む
日刊スポーツ

DeNAネフタリ・ソト内野手が華麗な連弾で逆転勝ちに貢献した。4回に3年連続20発を決めるソロを放り込むと、6回にも21号ソロ。「自分のスイングで振り抜くこと… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神3-5DeNA」(10日、甲子園球場) 阪神が痛恨の逆転負けでカード初戦を落とした。

後で読む
東京スポーツ

 阪神は10日のDeNA戦に3―5で敗北。先発マウンドを任されたジョー・ガンケル投手が来日最長タイとなる6回を投げるも9安打4失点の内容で2敗目を喫した。  初回に幸先よく2点を先制。だがその後、4イ…

後で読む
デイリースポーツ

DeNAが逆転勝ち。五回にオースティンが同点打を放ち、六回はソトの2打席連続本塁打の21号ソロで勝ち越した。両者で全5打点。3番手で2回無失点のルーキー伊勢がプロ初勝利。阪神は二回無死満塁をふいにしたのが痛かった。

後で読む
東京スポーツ

阪神のジョー・ガンケル投手(28)が10日のDeNA戦(甲子園)に先発登板。来日最長タイとなる6回を投げるも9安打4失点で降板した。  3―3の5回の攻撃で打席に回ったガンケルに矢野監督は代打を送ら…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神3-5DeNA、19回戦、DeNA8勝9敗2分け 10日、甲子園)逆転負けを喫した阪神・矢野監督の試合後の報道陣とのやりとりは以下の通り。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(10日、甲子園球場) 2点ビハインドの八回に、阪神の藤浪晋太郎投手が登板した。2つの四球でピンチを招いたが、1イニングを無安打無失点。反撃への流れを作った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神3-5DeNA」(10日、甲子園球場) 阪神が痛恨の逆転負けでカード初戦を落とした。これでDeNAとは2差。再びBクラス転落の危機に陥っている。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神ーDeNA、19回戦、10日、甲子園)阪神・藤浪が3番手として、3ー5で迎えた八回に登板。二死から2四球を与えたが、1万8569人の観客が見守る中、窮地を脱した。打者5人に対して、1回無安打2四球で16球の内容に「ランナーを出してしまいましたが、何とか0点で抑えることができてよかったです」と広報を通じてコメントを残した。

後で読む
東京スポーツ

巨人・坂本勇人内野手(31)が10日の中日戦(ナゴヤドーム)で3試合ぶりにスタメン復帰し、難敵のロドリゲスから2点適時打を放ってKOした。  足の張りの影響で6日のDeNA戦(東京ドーム)で途中交代…

後で読む
東京スポーツ

阪神のジョー・ガンケル投手(28)が10日のDeNA戦(甲子園)に先発登板。来日最長タイとなる6回を投げるも9安打4失点で降板した。  3―3の5回の攻撃で打席に回ったガンケルに矢野監督は代打を送ら…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は10日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

 「阪神-DeNA」(10日、甲子園球場) DeNA・オースティンが甲子園でまたも超特大本塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(10日、甲子園球場) 阪神が1点リードの五回、遊撃・小幡の失策から同点に追い付かれた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(10日、甲子園球場) 阪神が相手のミスも生かし先制した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(10日、甲子園球場) 阪神の先発・ガンケルが6回を投げ、3本の本塁打を浴びるなど9安打4失点(自責点3)で降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(10日、甲子園球場) DeNA・ソトが四回に一時同点に追いつく20号ソロを放った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-DeNA、19回戦、10日、甲子園)DeNAのネフタリ・ソト内野手(31)が1-2の四回に、左中間席へ20号の同点ソロを放った。

後で読む
日刊スポーツ

阪神は1回、糸井と大山の連続タイムリーで2点先制した。DeNAは3回、オースティンの16号ソロ本塁打で1点を返した。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(10日、甲子園球場) 阪神が相手のミスも生かし先制した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(10日、甲子園球場) 阪神が無死満塁のチャンスを生かせなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(10日、甲子園球場) 阪神の先発・ガンケルが2本のソロを被弾し、試合を振り出しに戻された。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-DeNA、19回戦、10日、甲子園)DeNA・浜口遥大投手(25)が二回途中で降板した。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNA・梶谷隆幸外野手(32)が「1番・中堅」で5試合ぶりにスタメン復帰した。今季は打率・318、16本塁打、39打点(いずれも9日時点)で不動のリードオフマンとして活躍していたが、3日の中日戦(横浜)の第4打席で空振りした際に背中の張りを訴えて交代していた。一回の打席は見逃し三振だった。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-巨人」(10日、ナゴヤドーム) 巨人・坂本勇人内野手が3試合ぶりにスタメン復帰。前カードのDeNA戦は右足の張りで2試合欠場していた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(10日、甲子園球場) 13連戦の11戦目が台風の接近により中止となった阪神。突然の社長辞任表明というショッキングな出来事があったが、チームは目の前の一戦に全力で臨むしかない。3ゲーム差の4位・DeNAを相手に本拠地・甲子園での熱い戦いが期待される。

後で読む
デイリースポーツ

打率・337でリーグ首位打者に立つDeNA・佐野恵太内野手(25)。2016年度ドラフト9位で入団し4年目の今季に大ブレーク。打撃スタイルは“超積極”で、初球スイング数はリーグ3位。チーム方針でもあるファーストストライクを逃さない姿勢が、好結果を生み出している。(データは共同通信デジタル) 野球において、ファーストストライクを狙うべきというのは周知の事実で、打者のカウント別打率を見れば、その理由は一目瞭然だ。佐野は“常識”に従い、結果に結びつけている選手と言える。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は9日、DeNA戦が雨天中止となり、甲子園の室内練習場で自主練習を行った。矢野燿大監督(51)は揚塩健治球団社長(60)の辞任について「複雑な気持ち」と胸中を吐露。シーズン途中でまたお家騒動が繰り返されることとなったが、去り行く球団トップの思いに応える戦いを続けていくことを誓った。

後で読む
東京スポーツ

 中日が〝オレ流DeNA〟誕生の可能性におびえている。  DeNAのラミレス監督が今季限りで退任する見込みで、後任は三浦二軍監督を軸に検討を進めているという一部報道を受けて、6日にDeNAの三原球団代…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-DeNA=台風接近のため中止、9日、甲子園)先月29日から連戦が続いていた阪神には恵みの雨となった。広島から移動しての試合が中止となり、自主練習に充てられた。打ち込みに励む選手、体のケアに時間を割いた選手とそれぞれ有効に使い、矢野監督は「みんな、自分のいいことを選択してやった」と前向きに捉えた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は9日、セ・パ両リーグで4試合を実施。阪神-DeNAは雨天中止となった。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は10月6日のDeNA戦で通算100勝とプロ野球新記録となる「開幕戦から13試合連続勝利」を達成した菅野智之投手の記念グッズを、9日に球団公式通販サイトで販売開始したと発表した。 この試合は7回120球を投げて4安打4奪三振3失点の好投で、プロ通算100勝とともに、プロ野球史上初となる開幕戦から無傷の13連勝を達成。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-DeNA=台風接近のため中止、9日、甲子園)DeNAのラミレス監督が、打率3割3分7厘と首位打者争いをリードする4番佐野のタイトル獲得の鍵に四球を挙げた。積極的な打撃スタイルもあって124安打も堂々のリーグトップだが、96試合で38個にとどまる四球について「増えれば打率が下がりづらい。4、5打数無安打という日をできるだけ無くすことだ」と説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

 DeNAのアレックス・ラミレス監督は9日、台風14号接近の影響による阪神戦(甲子園)が中止になったことを“歓迎”した。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は9日、台風接近による天候不良のためDeNA戦が中止。甲子園の室内で自主練習を行った。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神のジョー・ガンケル投手(28)が9日、甲子園室内で自主練習を行った。先発予定だった9日のDeNA戦(甲子園)が台風接近による天候不良のため中止となったことで、10日にスライド登板することになった。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAが9日、三上朋也投手の出場選手登録を抹消した。 巨人では中川皓太投手が抹消。ヤクルトは中村悠平捕手が出場選手登録された。

後で読む
日刊スポーツ

9日の阪神-DeNA19回戦(甲子園)は、雨天のため試合中止が発表された。近畿地方は午前中から雨脚が強まっており、阪神の試合前練習の開始前に発表された。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神(降雨中止)DeNA」(9日、甲子園球場) 9日に甲子園で開催予定だった「阪神-DeNA」戦が、台風接近による天候不良のため中止と発表された。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は9日、13時10分に台風接近による天候不良のため、甲子園で予定されていたDeNA戦の中止を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人9-7DeNA、18回戦、巨人12勝6敗、8日、東京D)岡本の打撃は、ますます伸びている。先制2ランは、実にうまく打った。技術面だけでなく、精神面でも、大したものだと思う。

後で読む
デイリースポーツ

中日はラスト1カ月の戦いに備え、2位奪取ローテを編成する。大野雄大投手(32)と福谷浩司投手(29)を2位争いを繰り広げる阪神、DeNAにぶつけることが8日、濃厚となった。 10日・巨人戦は、中6日の福谷ではなく、ロドリゲスを中8日で投入する見込み。福谷は中8日で12日の月曜日、巨人との3戦目に回す作戦に出る。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人9-7DeNA」(8日、東京ドーム) 序盤の大量失点が響いた。四回までに9失点とDeNA投手陣が崩壊。守備も乱れた。3カード連続負け越しで借金3。2位・阪神と3位・中日の背中が遠のいた。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人9-7DeNA」(8日、東京ドーム) 巨人の原辰徳監督(62)が審判団に抗議し、試合が一時中断する一幕があった。DeNA戦の三回、先頭・岡本の中前打の後、ベンチから出て球審に左翼席の方を指さして訴えた。審判団、後藤野手総合コーチが左翼方向へ出向き、スタンドのスタッフともやりとりし、左翼席のファンをチェック。橋本球審が場内アナウンスで「レフトスタンドから試合の妨げになる反射物がありまして、確認をしています」と説明後、試合は再開された。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人9-7DeNA」(8日、東京ドーム) 巨人・丸が3戦連発の21号2ランを放った。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人9-7DeNA」(8日、東京ドーム) これぞ、優勝を狙うチームの4番の存在感だ。巨人・岡本は初回に8試合ぶりとなる25号決勝2ラン。阪神・大山を突き放し、本塁打キング単独トップに躍り出た。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人9-7DeNA、18回戦、巨人12勝6敗、8日、東京D)勝利を呼ぶOMアベック弾だ! 巨人は8日、DeNA18回戦(東京ドーム)に9-7で勝利した。4番・岡本和真内野手(24)が一回にリーグ単独トップの25号2ランを放って先制すると、三回には丸佳浩外野手(31)が3戦連発でリーグ3位となる21号2ランをマークして今季3度目のアーチ共演。チームは終盤のDeNA打線の猛追をしのぎ、優勝へのマジックナンバーを1つ減らして「14」とした。

後で読む
東京スポーツ

「若き4番」進化の秘密は下半身にあった。巨人の岡本和真内野手(24)が8日のDeNA戦(東京ドーム)でセ本塁打キング単独トップとなる先制の25号2ランを放ち、9―7での勝利に貢献。優勝マジックを14と…

後で読む
東京スポーツ

「アレ」があっても、勝ち切った。巨人が8日のDeNA戦(東京ドーム)を9―7で下し、優勝へのマジックを「14」とした。  岡本、丸のアベック弾などで7回まで9―2と一方的だった展開も、8回に敵軍の猛攻…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人9-7DeNA、18回戦、巨人12勝6敗、8日、東京D)巨人の丸が3試合連発の21号2ランで勝利に貢献した。4-1の三回無死一塁で、フルカウントから砂田の甘く入ったスライダーを右翼席中段へ運び「いい間合いでいいスイングができた。追加点につながって良かった」と満足げに話した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人9-7DeNA、18回戦、巨人12勝6敗、8日、東京D)巨人の吉川尚が頭部死球で途中交代した。四回の打席で砂田の直球が頭部に直撃してそのまま退いた。球団によると、意識ははっきりしており脳振とうの症状も見られないため、病院には行かなかったという。

後で読む
スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 巨人9―7DeNA(8日・東京ドーム)

後で読む
スポーツ報知

DeNAのタイラー・オースティン内野手(29)が8回、左中間席に15号2ラン。最近4試合で5本目となった本塁打について「打ったのはスライダーです。強いスイングを心掛けて打席に向かいました。ランナーを

後で読む
デイリースポーツ

「巨人9-7DeNA」(8日、東京ドーム) 巨人は楽勝ムードが一転、最後はなんとか逃げ切ってマジックを14とした。先発・サンチェスは7回5安打2失点で7勝目。6三振を奪い、無四球と制球力も安定し、5イニングを三者凡退に抑える好投だった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人9-7DeNA」(8日、東京ドーム) 巨人は楽勝ムードが一転、最後はなんとか逃げ切ってマジックを14とした。三回に思わぬ形で試合が中断する珍事が起こった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人9-7DeNA」(8日、東京ドーム) DeNA伊藤光捕手が三回の守備から交代した。

後で読む
東京スポーツ

まずはひと安心といったところか。8日のDeNA戦(東京ドーム)で後頭部に死球を受けた巨人・吉川尚輝内野手(25)について、試合後の段階で脳震とうの症状はなく、病院に行く予定はないと球団から発表された…

後で読む
スポーツ報知

 【セ・リーグ】

後で読む
スポーツ報知

 巨人がDeNAに9―7で逃げ切った。

後で読む
東京スポーツ

 首位独走中の巨人が、今季3度目となる〝オカマルコンビ弾〟で8日のDeNA戦(東京ドーム)に辛勝。優勝へのマジックを「14」とした。  この日、坂本が2試合連続でスタメンを回避。波乱含みが予想されたが…

後で読む
デイリースポーツ

巨人が逃げ切り、シーズンの勝ち越しを決めた。一回に岡本の2ランで先制。その後も三回に丸の2ランなどで四回までに9点を奪った。サンチェスは7回2失点で7勝目。DeNAは八回に5点を挙げて追い上げたが及ばなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人9-7DeNA」(8日、東京ドーム) 巨人は楽勝ムードが一転、最後は2点差で逃げ切ってマジックを14とした。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は8日、セ・パ両リーグで4試合を実施。ロッテ-オリックスは雨天中止となった。

後で読む
日刊スポーツ

優勝マジック15が点灯しているセ・リーグ首位の巨人が、同4位のDeNAと対戦。チーム123456789計DeNA… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNAタイラー・オースティン内野手(29)が、2試合ぶりとなる15号2ランを放った。7点を追う8回1死一塁、巨人の2番手大江の4球目、真ん中付近に甘く入った… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(8日、東京ドーム) 巨人先発・サンチェスが7回5安打2失点の好投。7勝目の権利を手にして降板した。

後で読む
日刊スポーツ

巨人は1回に岡本の25号2ランで先制。DeNAは2回に1点返すも巨人は2回に2点追加。3回は丸の21号2ランで突き放した。巨人は4回、中島の2点適時打などで3… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAの砂田毅樹投手が8日、東京ドームで行われた巨人18回戦で危険球による退場処分を受けた。退場は今季両リーグで6人目、セ・リーグでは3人目。四回に先頭打者の吉川尚への投球が頭部を直撃した。

後で読む
スポーツ報知

 3点リードの3回無死一塁、丸佳浩外野手(31)が3戦連発となる21号2ランを右翼席に運んだ。フルカウントからDeNAの2番手左腕・砂田の7球目、123キロを捉えた。初回には4番の岡本和真内野手(24

後で読む
スポーツ報知

 巨人―DeNA戦が一時中断された。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の吉川尚輝内野手(25)が4回先頭の打席で頭部死球を受け、途中交代した。DeNAの砂田は危険球退場となった。

後で読む
東京スポーツ

 さすがの貫禄だ。巨人・丸佳浩外野手(31)が8日のDeNA戦(東京ドーム)で自身3度目となる3戦連発の21号2ランを放った。  4―1の3回無死一塁で迎えた第2打席、左翼席に陣取ったDeNAファンか…

後で読む
スポーツ報知

DeNAの砂田毅樹投手(25)が4回、巨人の吉川尚輝内野手(25)の頭部に死球を当て、危険球退場となった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(8日、東京ドーム) 思わぬ形で試合が中断する珍事が起こった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(8日、東京ドーム) 巨人が丸の3試合連続となる21号2ランで序盤から大量点を奪った。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(8日、東京ドーム) 巨人・吉川尚が頭部に死球を受けて途中交代した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(8日、東京ドーム) DeNA・砂田が危険球退場となった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(8日、東京ドーム) 大量得点を奪った巨人が早くも五回までに主力2人をベンチに下げた。

後で読む
東京スポーツ

意外な理由から8日の巨人―DeNA戦(東京ドーム)が中断するアクシデントに見舞われた。  巨人3点リードの3回に先頭の岡本が中前打を放った直後だった。原監督が一塁側ベンチから出てきて、左翼席を指差し…

後で読む
東京スポーツ

波乱含みの一戦となった。巨人・吉川尚輝内野手が、8日のDeNA戦(東京ドーム)で後頭部に死球を受けるアクシデントが発生した。  巨人が6―1とリードした4回、先頭打者で登場した吉川尚だったが、カウン…

後で読む
日刊スポーツ

優勝マジック15が点灯しているセ・リーグ首位の巨人が、同4位のDeNAと対戦する。予告先発は巨人がサンチェス、DeNAは井納。チーム1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 巨人・岡本和真内野手(24)が8日のDeNA戦(東京ドーム)で初回二死二塁の場面で右翼席に25号先制2ランを放った。9月30日の広島戦(マツダ)以来で8試合、30打席ぶりの本塁打。キング争いで並んで…

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(8日、東京ドーム) DeNA・先発の井納が2回4失点で降板した。

後で読む
日刊スポーツ

優勝マジック15が点灯しているセ・リーグ首位の巨人が、同4位のDeNAと対戦する。予告先発は巨人がサンチェス、DeNAは井納。チーム1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(8日、東京ドーム) 巨人が初回、岡本の本塁打王争い単独トップに立つ25号2ランで先制した。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(8日、マツダスタジアム) 前夜は広島に逆転負けを喫し、3位・中日が1・5ゲーム差、4位・DeNAが2ゲーム差に迫ってきた。カード負け越しだけは回避したい一戦のマウンドには西勇が上がる。

後で読む
スポーツ報知

 【DeNAスタメン】

後で読む
東京スポーツ

 巨人・坂本勇人内野手(31)が、8日のDeNA戦(東京ドーム)もスタメン出場を回避し、これで2戦連続となった。  坂本は右足の張りのため7日の同カードをベンチスタート。しかし、終盤に代打でスタンバイ…

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグ阪神・ガンケル-DeNA・浜口(甲子園)

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(8日、東京ドーム) 通算2000安打まであと26安打としている巨人・坂本は前日に続いてベンチスタートとなった。6日のDeNA戦では1点リードの五回の守備から途中交代。試合後、球団は「右足の張りで大事を取って交代」と発表していた。

後で読む
東京スポーツ

巨人・坂本勇人内野手(31)が、8日のDeNA戦(東京ドーム)もスタメン出場を回避し、これで3戦連続となった。  坂本は右足の張りのため、6、7日の同カードをベンチスタート。7日には出場こそしなかっ…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は8日、セ・パ両リーグで4試合を実施。ロッテ-オリックスは雨天中止となった。

後で読む
日刊スポーツ

DeNA山崎康晃投手(28)が8日、再調整のため出場選手登録を抹消された。6年目で初めて、不調による2軍降格となる。巨人戦を前にオンライン取材に応じたラミレス… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人-DeNA、18回戦、8日、東京ドーム)巨人のヘラルド・パーラ外野手(33)が1軍に昇格した。右膝の違和感から8月16日に出場選手登録を抹消され、その後9月18日に1軍復帰したが、14打数2安打と調子が上がらず。原監督は「私自身が早く上げすぎた。まだ本人のコンディショニングが本来のものに戻っていない」と説明し、同23日に再び抹消となっていた。

後で読む
スポーツ報知

◆セ・リーグ

後で読む
スポーツ報知

DeNAの山崎康晃投手(28)が8日、出場選手登録を抹消された。過去、クライマックスシリーズに備えてシーズン終盤での抹消はあるが、リフレッシュを目的としたものは初めてとなる。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは8日、山崎康晃投手の出場選手登録を抹消した。 巨人では、ヘラルド・パーラ外野手を出場選手登録した。かわって田口麗斗投手を抹消した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(8日・東京ドーム) 巨人のヘラルド・パーラ外野手が1軍に合流。フリー打撃では快音を響かせた。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(8日・東京ドーム) DeNA・山崎康晃投手が出場選手登録を抹消された。不振での2軍降格はプロ入り初となる。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNA・山崎康晃投手(28)が8日、出場選手登録を抹消された。

後で読む
日刊スポーツ

10月8日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>巨人 パーラ外野手阪神 中田賢一投手阪神 伊藤和雄投手<抹消>巨人 田口麗斗投手D… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。