「baseball」の記事一覧

日刊スポーツ

▼3年ぶりのリーグ優勝を狙うソフトバンクに優勝マジック8が点灯した。2位以下で唯一自力Vの可能性があったロッテは残り全勝で71勝47敗2分け、勝率6割2厘。ソ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、日本ハム1-9ソフトバンク、23回戦、ソフトバンク16勝6敗1分、21日、札幌D)この男の成長こそが、3年ぶりのリーグVへと加速するソフトバンクに今季備わったニューエンジンだ。周東が飛ばした。0-1の五回1死二塁で左中間突破の同点三塁打。直後の犠飛で逆転のホームに滑り込んだ。先制点献上につながったミスも、目にも止まらぬ速さで帳消しだ。

後で読む
日刊スポーツ

巨人岡本和真内野手は3打数無安打に終わり、打点は78のままだった。2試合連続でノーヒットも、9回1死一塁では四球を選んだ。元木ヘッドコーチは「(岡本)和真もヒ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神 マルテの三塁復帰を受け、4番大山悠輔内野手がプロ4年目で初となる右翼でスタメン出場した。試合前練習から右翼でノックを受けて感覚を養い、試合では7回に会沢… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト2-1巨人」(21日、神宮球場) ヤクルト・村上宗隆内野手(20)が1点を追う六回、逆転の24号2ランを放ち、勝利に貢献した。

後で読む
東京スポーツ

日本ハムは21日、ソフトバンク戦(札幌ドーム)に1―9で敗れ連敗。優勝の可能性が完全消滅した。  先発・バーヘイゲンが5回、周東の適時三塁打と中村の犠飛などから2点を失った。後を託された救援陣も傷口…

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日4-2DeNA、20回戦、中日11勝9敗、21日、ナゴヤドーム)中日がDeNAに勝利し、6カード連続の勝ち越しを決めた。与田剛監督(54)の主な一問一答は下記の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日4-2DeNA、20回戦、中日11勝9敗、21日、ナゴヤD)DeNA・ラミレス監督のデータ野球が打ち砕かれた。2-1の七回、5番手で送り込んだエスコバーがビシエドに逆転3ランを浴びた。試合前まで今季の中日戦は7試合無失点。ナゴヤドームでは昨季から7戦連続で得点を与えていなかったが、まさかの乱調で逃げ切りに失敗した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日4-2DeNA、20回戦、中日11勝9敗、21日、ナゴヤD)中日が6カード連続の勝ち越しを決めた。1-2の七回、ビシエドの来日通算100号となる16号3ランで逆転した。2番手の谷元が2年ぶりの勝利を、福がプロ初セーブを挙げた。DeNAは継投が誤算。打線も11残塁の拙攻だった。

後で読む
日刊スポーツ

オリックス山本由伸投手(22)が21日、疲労と上半身のコンディション不良を考慮され、今季初めて出場選手登録を抹消された。ここまで18試合に先発し、8勝4敗。防… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは21日、ソフトバンク23回戦(札幌ドーム)に敗れ、4年連続のV逸が決まった。2回に1点を先制したが追加点を奪えず、5回に逆転を許すと追いつくことがで… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人坂本勇人内野手が、9月23日の広島戦以来21試合ぶりの先制17号ソロを放ったが、逆転負けで優勝マジック7のまま足踏みとなった。ヤクルト石川の120キロシン… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム1-9ソフトバンク、23回戦、ソフトバンク16勝6敗1分、21日、札幌D)9年ぶりの10連勝でマジック8が点灯したソフトバンク・工藤監督の一問一答は以下の通り --千賀の投球は 「(甲斐)拓也からは『ボールは悪くない』と。『調子はそんなに悪くないです、良い方だと思います』という話は聞いていました。低めにもいっていましたしね」 --攻撃は周東の足が生きた 「そうですね、やっぱりあの三塁打で同点に追いついて、と。あの三塁まで行ったことがね、あの中村(晃)くんの犠飛につながって逆転というところにつながりましたのでね。非常に大きい三塁打だったと思いますし、よく走ったなというふうにも思います」 --工藤監督自身も10連勝は初めてだが「10」という数字はどうか 「そうですね、たしかにチームが10連勝するというのは素晴らしいことだと思うんですけど。選手が一生懸命にやった結果ということで、本当によくやってくれているというふうに思います。今年にかんして言えば、日々新たに、というふうに常々言っているので。勝つことに関しては本当に、みんなの力でよく勝った、と」 --優勝マジック「8」がついた 「これは選手も、当然そうなれば意識はすると思います。意識するなと言ってもですね、新聞見れば意識すると思うんですけど。大事なのはあしたの試合だ、と。これが急にゼロになるわけではないのでね。僕らはとにかく、あと8個勝つための、あしたがまたそのね、1つ目だというくらいの強い気持ちを持って、あしたに臨むことが何より大事だと思います」

後で読む
東京スポーツ

 日本ハムは21日、ソフトバンク戦(札幌ドーム)に1―9で敗れ連敗。優勝の可能性が完全消滅した。  先発・バーヘイゲンが5回、周東の適時三塁打と中村の犠飛などから2点を失った。後を託された救援陣も傷口…

後で読む
東京スポーツ

 阪神は21日の広島戦に2―0で零封勝ち。先発の青柳が6回途中を1安打無失点に抑え、8試合ぶりとなる7勝目を挙げた。岩貞―岩崎―藤浪―スアレスによる先手先手の継投策も吉と出て、僅差のゲームを完封リレー…

後で読む
デイリースポーツ

「楽天5-6オリックス」(21日、楽天生命パーク宮城) オリックスは同点の九回に大城の1号ソロで勝ち越し。その裏2死満塁のピンチを迎えるがディクソンが抑え逃げ切った。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天5-6オリックス」(21日、楽天生命パーク宮城) 楽天が引き分けを挟んでの4連敗で、西武に抜かれ今季初めて4位に転落した。

後で読む
東京スポーツ

負の連鎖が止まらない。楽天が21日のオリックス戦(楽天生命)で5―6と競り負け。これで引き分けを挟み4連敗となり、借金も2に膨れ上がった。さらに、この日は3位で並んでいた西武が2位・ロッテに勝ったた…

後で読む
東京スポーツ

西武が21日のロッテ戦(メットライフ)に2夜連続の2―1のサヨナラ勝ち。7月31日以来、82日ぶりの勝率5割に復帰し、単独3位に浮上。CS出場圏内の2位・ロッテとの差を残り17試合で4ゲームに縮めた…

後で読む
東京スポーツ

中日などがドラフト1位の最有力候補に挙げている中京大中京(愛知)の高橋宏斗投手(18)が21日、名古屋市内の同校で会見し「世代ナンバーワン」となる誓いを立てた。  慶大進学がかなわず一転、プロ入りを…

後で読む
東京スポーツ

阪神・青柳晃洋投手が21日の広島戦(甲子園)に先発登板。6回途中を1安打無失点に抑える快投で、8月27日の中日戦(甲子園)以来となる8試合ぶりの白星を手に入れた。  長く勝ち星から遠ざかる中、試行錯…

後で読む
サンケイスポーツ

 東海大が、硬式野球部の寮内で部員が大麻の疑いがある薬物を使用したとして同部を無期限活動停止とした問題で、大学は21日、部員2人の大麻使用を確認したと発表した。年齢や学年などは公表していない。現時点での結果としており、今後も調査を続けるとしている。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト2-1巨人、18回戦、巨人11勝5敗2分、21日、神宮)巨人の高橋は一発に泣き、今季初黒星を喫した。五回まで無得点に抑えたが、1-0の六回1死二塁で村上に低めの変化球を捉えられ、左翼フェンスをぎりぎり越える逆転2ランとされて降板。「一番やってはいけない本塁打を打たれてしまった。一球の重みをもう一度考えて突き詰めていきたい」と反省した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、ヤクルト2-1巨人、18回戦、巨人11勝5敗2分、21日、神宮)4番の意地を見せた。0-1の六回1死二塁。ヤクルト・村上が逆転の24号2ランを放った。巨人先発・高橋が投じた外角のスライダーを体勢を崩されながらも左翼席まで運んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神2-0広島、22回戦、阪神12勝7敗3分、21日、甲子園)阪神・スアレスが2点リードの九回に登板し、3人でピシャリ。この日、体幹のコンディショニング不良で抹消された中日のR・マルティネスを抜いて、22セーブでリーグ単独トップに立った。「セーブのつく場面でバトンを回してもらって、少ない球数(10球)で3人で抑えることができたから、よかったよ。自分の仕事ができてよかったね」と語っていた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2-0広島、22回戦、阪神12勝7敗3分、21日、甲子園)広島のドラフト2位ルーキー宇草が五回に青柳の投球を右脚に受け、代走を送られて退いた。松原チーフトレーナーは病院に行ったことを説明し「経過を見て今後を検討する」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神2-0広島、22回戦、阪神12勝7敗3分、21日、甲子園)復帰のあいさつとして十分なインパクトを残す快音が響いた。今季初の甲子園での打席で、豪快な一発。3カ月半ぶりに復帰したマルテが存在感を示した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム1-9ソフトバンク、23回戦、ソフトバンク16勝6敗1分、21日、札幌D)ソフトバンクが9季ぶりの10連勝。0-1の五回に周東の適時三塁打と中村晃の犠飛で逆転し、七回に柳田の適時打とグラシアルの2点二塁打で突き放した。千賀が七回途中1失点で9勝目。日本ハムは好機を生かし切れず大敗した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム1-9ソフトバンク、24回戦、ソフトバンク16勝6敗1分、21日、札幌ドーム)日本ハムはソフトバンクに逆転負けを喫し、今季の優勝の可能性が消滅した。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム先発のドリュー・バーヘイゲン投手がソフトバンク打線を抑えきれず、6敗目を喫した。4回まで無失点と粘っていたが、5回につかまった。1死二塁から周東に左中… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク周東佑京内野手が、守備のミスをバットで取り返した。1点を追う5回1死二塁の打席で左中間を破る同点三塁打。「守りでミスしてしまったので、何とか取り返… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島宇草孔基外野手(23)が21日、阪神22回戦(甲子園)の5回に阪神青柳から右足かかと付近に死球を受けて途中交代した。試合中に西宮市内の病院へ行った。松原チ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武2x-1ロッテ、22回戦、西武14勝8敗、21日、メットライフ)ロッテは連日のサヨナラ負けで自力優勝の可能性が消滅した。打線が八、九回の好機を逃すと、1-1の九回に抑えの益田が四球から崩れて決勝打を浴びた。井口監督は「一本が出ていないのはずっと。投手陣には申し訳ない」と嘆いた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト2-1巨人、18回戦、巨人11勝5敗2分、21日、神宮)ヤクルトの石川が桑田(巨人)らに並ぶ通算173勝目を挙げた。6回を本塁打の1点に抑えて今季2勝目。40歳となって本拠地では初勝利を挙げ「今季は全然働けていなかった。何とか勝てて良かった」とお立ち台で笑みを浮かべた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天5-6オリックス、20回戦、オリックス10勝8敗2分、21日、楽天生命)楽天は4連敗を喫し、今季初めての4位に後退した。八回に下水流の適時三塁打で追い付いた直後の九回に松井が大城に手痛い一発を浴びて勝ち越された。対照的に九回裏は2死満塁と攻めながらあと一本が出ず、もどかしい幕切れとなった。

後で読む
東京スポーツ

 ついに今季初のマジックが点灯した。ソフトバンクが21日の日本ハム戦(札幌ドーム)に9―1で快勝。工藤政権下6年間で初となる10連勝でM8をともした。3年ぶりのV奪回は目前だ。  1点を追いかける5回…

後で読む
東京スポーツ

 阪神・ジェフリー・マルテ内野手が21日の広島戦(甲子園)に、およそ3か月ぶりのスタメン出場。初回に決勝の3号2ランを放ち勝利に大きく貢献した。  お立ち台に上がったマルテは満面の笑みで「ミンナ! タ…

後で読む
東京スポーツ

 引退するチームメートの後押しを受けてさらなる飛躍を目指す。ヤクルトの石川雅規投手(40)が21日の巨人戦(神宮)に先発し6回1失点で今季2勝目を上げた。本拠地・神宮球場で初勝利で、逆転2ランの村上と…

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト2-1巨人」(21日、神宮球場) 巨人が逆転負け。1引き分けを挟んで3連敗となった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム1-9ソフトバンク」(21日、札幌ドーム) ソフトバンクが逆転勝ちで10連勝。敗れた2位ロッテとのゲーム差が7・5となり、優勝マジック「8」が点灯した。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが21日、札幌ドームで日本ハムに逆転勝ち。猛打で9得点を奪い、10連勝を飾った。敗れた2位ロッテとのゲーム差は7・5となり、優勝マジック「8」が点灯した。 一方、セ・リーグは巨人がヤクルトに敗れて3連敗。2引き分けを含めて5試合勝ち星がなく、足踏みが続いている。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが9季ぶりの10連勝。0-1の五回に周東の適時三塁打と中村晃の犠飛で逆転し、七回に柳田の適時打とグラシアルの2点二塁打で突き放した。千賀が七回途中1失点で9勝目。日本ハムは好機を生かし切れず大敗した。

後で読む
デイリースポーツ

パ・リーグは21日、首位ソフトバンクが日本ハムに9-1で勝って10連勝とし、2位ロッテが西武に1-2でサヨナラ負けしたため、3年ぶりの優勝へのマジックナンバーが「8」で今季初点灯した。 ソフトバンクは残り14試合でロッテとの直接対決6試合に全敗しても8勝すれば、ロッテが残り16試合に全勝した場合でも勝率が上回る。

後で読む
東京スポーツ

西武のドラフト2位ルーキー・浜屋が21日のロッテ戦(メットライフ)で7回4安打1失点の好投を見せた。  立ち上がりからテンポのいいリズムでロッテ打線を打ち取って試合をつくった浜屋。7回一死一、三塁の…

後で読む
東京スポーツ

巨人の2年目左腕・高橋優貴投手(23)が21日のヤクルト戦(神宮)で1球に泣かされた。 「マジックも1桁になり、それを意識した中で勝ちにつながる投球をしたい」と今回意気込んでいた背番号26だったが、…

後で読む
東京スポーツ

広島は21日の阪神戦(甲子園)に0―2で零封負け。優勝の可能性が完全に消滅した。  先発・遠藤淳志投手(21)は「(シーズンは)あと投げて3試合程度。今まで悪かった分を取り返せるようにしたい。『打て…

後で読む
スポーツニッポン

 東海大は21日、硬式野球部の部員数人が寮内で大麻の疑いがある薬物を使用していた問題について調査結果を公表。部員2人の大麻使用が確認されたと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天5-6オリックス、20回戦、オリックス10勝8敗2分、21日、楽天生命)オリックスは5-5の九回に大城の1号ソロで勝ち越した。4番手のヒギンスが3勝目、ディクソンが15セーブ目を挙げた。楽天は九回に松井が打たれて4連敗。打線は八回に追い付き粘ったが、九回2死満塁で攻め切れなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日4-2DeNA、20回戦、中日11勝9敗、21日、ナゴヤドーム)DeNAは逆転負けで2位・中日に連敗を喫した。先発のD2位・坂本(立命大)が5回1失点と粘るも、七回に5番手・エスコバーがビシエドに逆転3ランを浴びた。佐野、梶谷がスタメンを外れた打線も12安打を放ちながら2得点とつながらず、ナゴヤドームで7連敗となった。以下、ラミレス監督の一問一答 --ロペスが2安打。日米通算2000安打まであと1本に 「すごくよかった。2本打って、1本目もよかったですが、2本目もチャンスの起点にもなった。非常にいい働きをしてくれたと思います」 --あすは今季苦手としている左腕が先発だがスタメン起用は 「それはまたこれから考えて決めたい」 --エスコバーが逆転を許した 「左打者(1、2番)にチャンスをつくられたことがキーポイントかなと。エスコバーはビシエドを今まで抑えていた。本塁打になるのは仕方ない。その前に左打者にチャンスをつくられたことが痛かった」 --八回は無死一、二塁で伊藤光がバントミス 「もちろんミスは大きかったが、あり得ること。ベストを尽くしたので仕方ない」 --宿舎で治療に専念し、今季初めて欠場した佐野のその後 「だいぶよくなったということなので、またあす、新しい情報がきてから判断したい」試合結果へプロ野球日程へ

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は21日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2-0広島、22回戦、阪神12勝7敗3分、21日、甲子園)広島に2-0で完封勝ちを収めた阪神・矢野監督は試合後、4番手で登板した藤浪に言及した。報道陣とのやりとりは以下の通り。

後で読む
日刊スポーツ

西武は先発浜屋が1回荻野に安打を許すも、3回まで無失点。ロッテのチェン・ウェインも3回1安打無失点の立ち上がり。西武は4回1死二塁で、4番メヒアが左前適時打で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトが巨人戦の連敗を9で止めた。0-1の六回に村上の24号2ランで逆転した。石川は6回3安打1失点で2勝目を挙げ、九回は石山がしのぎ17セーブ目。巨人は坂… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

オリックスは1回、吉田正が13号ソロ。楽天はその裏、4点を奪い逆転。オリックスは3回、吉田正の適時打などで2点。オリックスは4回にも若月の適時打など3安打と涌… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト2-1巨人、18回戦、巨人11勝5敗2分、21日、神宮)巨人の高橋優貴投手(24)が今季2度目の先発。好投したが六回、村上に24号逆転ツーランを被弾し、競り負けた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2-0広島、22回戦、阪神12勝7敗3分、21日、甲子園)阪神は広島に2-0で勝利。左ふくらはぎを痛めて離脱していたマルテが3カ月半ぶりに1軍復帰し、一回の第1打席で左中間に先制の3号2ラン。3年ぶりにチーム本塁打を100に乗せた助っ人は「打ったのはスライダー。素直にうれしい」とコメント。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト2-1巨人、18回戦、巨人11勝5敗2分、21日、神宮)ヤクルトが巨人戦の連敗を9で止めた。0-1の六回に村上の24号2ランで逆転した。石川は6回3安打1失点で2勝目を挙げ、九回は石山がしのぎ17セーブ目。巨人は坂本の本塁打の1点だけで、九回1死二、三塁も生かせず3連敗。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト2-1巨人」(21日、神宮球場) 巨人が逆転負け。1引き分けを挟んで3連敗となった。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトが巨人戦の連敗を9で止めた。0-1の六回に村上の24号2ランで逆転した。石川は6回3安打1失点で2勝目を挙げ、九回は石山がしのぎ17セーブ目。巨人は坂本の本塁打の1点止まりで九回1死二、三塁も生かせなかった。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は復帰したマルテが一回に先制の2点本塁打を放ち、5投手による無失点リレーで逃げ切った。青柳は球が走り、5回2/3を1安打に抑えて8奪三振で8月27日以来の7勝目。広島は遠藤が立て直したが、打線が単打3本に終わった。

後で読む
デイリースポーツ

「西武2-1ロッテ」(21日、メットライフドーム) ロッテが悪夢の2夜連続サヨナラ負け。悲願のVが遠のき、3位西武に4ゲーム差と詰め寄られた。

後で読む
デイリースポーツ

「中日4-2DeNA」(21日、ナゴヤドーム) 中日がビシエドの来日通算100号となる3ランで逆転勝ち。ナゴヤドーム7連勝、6カード連続の勝ち越しを決めた。

後で読む
東京スポーツ

今季12勝目とはならなかった。楽天・涌井秀章投手(34)が21日のオリックス戦(楽天生命)で先発マウンドに立ち、5回を98球、5安打3四球5失点。  初回に吉田の先制ソロを被弾した。4点の援護をもら…

後で読む
東京スポーツ

燕のベテラン左腕が調子を上げている。ヤクルトの石川雅規投手(40)が21日の巨人戦(神宮)に先発し6回をわずか3安打1失点の好投を見せた。  立ち上がりから安定していた。3回までパーフェクト投球。4…

後で読む
東京スポーツ

ロッテ・澤村拓一投手がミラクル・リリーフを見せた。  21日の西武戦(メットライフ)1ー1の同点で迎えた8回に3番手でマウンドに上がった澤村。すると、いきなり先頭に金子に右線二塁打を打たれ栗山への四…

後で読む
サンケイスポーツ

中日のダヤン・ビシエド内野手(31)が「4番・一塁」で出場。七回の第4打席に右翼へ3ランを放ち、史上298人目となるNPB通算100号本塁打を記録した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武-ロッテ、21戦、メットライフ)ロッテのチェン・ウェインが6回1失点と好投しながらも日本球界復帰後初勝利はならなかった。「前回の試合のように一球一球集中して、丁寧に投げて試合をつくりたい」と話していた通り、初登板だった14日の楽天戦での6回2失点に続き、粘りの投球を披露した。

後で読む
日刊スポーツ

阪神ドラフト2位の井上広大外野手(19)が21日、出場選手登録を抹消された。再調整となった2軍で逆転での打撃2冠を目指す。この日はウエスタン・リーグのオリック… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト村上宗隆内野手が逆転の24号2ランを放った。1点を追う6回1死二塁。巨人高橋の低めに沈む122キロスライダーを捉えた。逆方向への一撃を「初回のチャンス… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト-巨人、18回戦、21日、神宮)巨人の坂本が原監督を超える13年連続13度目のシーズン100安打を本塁打でマークした。0-0の四回2死で、9月23日以来、21試合ぶりの17号ソロ。チーム初安打となる一打で入団2年目の2008年から続けている節目の数字に到達。原監督は新人から12年連続で12度だった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(21日、神宮球場) 巨人・若林が左翼守備でファインプレーを見せた。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天-オリックス」(21日、楽天生命パーク宮城) 1点を追うオリックスは四回に安達、小田の連打で一、三塁とすると、若月の初球に涌井が暴投で同点。さらに無死三塁から若月が中前適時打で勝ち越した。

後で読む
デイリースポーツ

東海大学は21日、硬式野球部の寮内で複数の部員による薬物使用の疑いがあったことに関して、同大学調査委員会による調査の結果、部員2名の大麻使用が確認されたと発表した。 該当の2名については、東海大学医学部付属病院で更生に向けた対応を開始しているという。

後で読む
デイリースポーツ

「西武-ロッテ」(21日、メットライフドーム) ロッテ・マーティンが痛恨のアクシデントに見舞われた。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(21日、神宮球場) 巨人の先発・高橋が5回1/35安打2失点で降板。1-0の6回1死二塁で村上に逆転の2ランを食らい、マウンド上で唇をかんだ。

後で読む
東京スポーツ

日本ハムの大田泰示外野手が21日、ソフトバンク戦(札幌ドーム)に「6番・右翼」で先発出場し、2回に先制の適時打を放った。  相手先発は千賀。エースを相手に、周東の失策と渡辺の内野安打から無死一、二塁…

後で読む
東京スポーツ

ド派手に節目到達だ。巨人・坂本勇人内野手が21日のヤクルト戦(神宮)で先制17号ソロをかっ飛ばした。  さすがの一打だった。打線は燕先発の石川の前に3回まで一人の走者も出せない完全投球を許した。両軍…

後で読む
東京スポーツ

ツバメの若き主砲が存在感を見せた。ヤクルトの村上宗隆内野手(20)が21日の巨人戦(神宮)に「4番・一塁」で先発出場。1回無死満塁では空振り三振、3回一死一塁では遊ゴロに倒れたが、6回一死二塁で〝ら…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天-オリックス、20回戦、21日、楽天生命パーク)楽天・島内宏明内野手(30)が「4番・DH」で先発出場。1点を追う一回1死一、二塁から、左前適時打を放って同点とした。次打者のロメロが、勝ち越しとなる右越え21号3ランで続いた。島内は、球団広報を通じて、「10月17日がロメロの(32回目の)誕生日でした。プレゼントにグッドシューズを買ったので打ってくれたと思います。自分のタイムリーよりも、ロメロが打ってくれてうれしいです。まだ、商品が届いてないけど楽しみにしといてな! ロメロへ」とコメントした。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム大田泰示外野手(30)が、相手エース千賀から貴重な先制適時打を放った。2回無死一、二塁。カウント1-1からの3球目145キロ高めカットボールを振り抜き… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

9月下旬に支配下登録された阪神横山雄哉投手が、ウエスタン・リーグのオリックス戦に先発し、6回2/3を2安打無失点に抑えた。「この前より全然良かったですし、球の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 久々の波状攻撃でひっくり返した。楽天が21日のオリックス戦(楽天生命)で初回に一挙4点を奪った。1点を先制されたものの、その裏に一死一、二塁から4番・島内が左翼へ同点適時打。続けて5番・ロメロも走者…

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(21日、神宮球場) 巨人・坂本勇人内野手が先制の17号ソロを放った。

後で読む
東京スポーツ

来季の戦力構想から外されていることが報じられた阪神・福留孝介外野手が21日、ウエスタン・オリックス戦(舞洲)に「5番・DH」として先発出場。4打数無安打の内容に終わった。  三振、二ゴロ併殺打、二飛…

後で読む
日刊スポーツ

ワールドシリーズ(WS=7回戦制)第1戦は、ドジャースが走攻守でレイズを圧倒した。ムーキー・ベッツ外野手(28)が、WSで史上初となる1試合2盗塁2得点1本塁… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天辛島航投手(30)が21日、イースタン・リーグの日本ハム12回戦に先発。6回を投げ3失点も7三振を奪い、5安打1四球の投球内容だった。この日の直球は最速1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。先発はヤクルトが石川、巨人は高橋。40歳のヤクルト石川雅規投手(40)は巨人戦で現役最多の31勝しているが、今季は未勝利。巨… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

来日初の4番に座ったDeNAタイラー・オースティン内野手(29)が、先制適時打を放った。ここまで全試合に4番で先発してきた佐野が背中の張りのためスタメンを外れ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(21日、神宮球場) お笑いタレントの狩野英孝が始球式に登場した。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天-オリックス」(21日、楽天生命パーク宮城) オリックスは初回2死から吉田正が涌井の外角142キロを捉え、左翼スタンドに運ぶ13号ソロで先制した。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクのマット・ムーア投手(31)がキャッチボールなどで調整。22日の先発登板に向けて「まず(目指すの)はリーグ優勝だと思う。自分たちが勝てばそれでいいと思うので。1試合でも多くチームが勝てるように」と力を込めた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は21日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグヤクルト・吉田喜-巨人・サンチェス(神宮)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は21日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-広島、22回戦、21日、甲子園)先発メンバーが発表され、リーグトップの26本塁打でタイトルを争っている阪神・大山が「4番右翼」でスタメン出場する。6月20日の巨人戦(東京ドーム)など左翼での先発は過去にもあったが、右翼は自身初。試合前の練習でも右翼でノックを受けていた。大山の定位置である三塁には、この日から1軍に合流したマルテが入った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム-ソフトバンク、23回戦、21日、札幌ドーム)ソフトバンク・工藤公康監督(57)が試合前に取材に対応。前日20日に6回無失点で4勝目を挙げた笠谷俊介投手(23)について「結果だけを考えれば、当然、次もあるということは間違いない」と明言した。

後で読む
日刊スポーツ

オリックス山本由伸投手(22)が21日、出場選手登録を抹消された。今季初めての出場選手登録抹消となる。球団広報によると、疲労と上半身のコンディション不良を考慮… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。予告先発はヤクルトが石川、巨人は高橋。40歳のヤクルト石川雅規投手(40)は巨人戦で現役最多の31勝しているが、今季は未勝利… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「中日-DeNA」(21日、ナゴヤドーム) DeNA・佐野恵太内野手が背中の張りで今季初めて欠場することが決まった。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスの山本由伸投手、富山凌雅投手が21日、出場選手登録を抹消された。 山本は上半身のコンディション不良があり疲労を考慮されたもの。

後で読む
東京スポーツ

コロナ陽性判定を受けた2人が一軍復帰――。9月下旬に新型コロナウイルスに感染した陽川尚将内野手(29)と小川一平投手(23)の2人が21日、一軍に合流した。  陽川は感染後、発熱の症状を起こし、一時…

後で読む
東京スポーツ

3か月ぶりの1軍昇格で残留アピールへ――。阪神の助っ人、ジェフリー・マルテ内野手(29)が21日に一軍に合流した。  今季来日2年目の助っ人は開幕戦に三塁を任され2本塁打、5打点と定位置を獲得したか…

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日-DeNA、20回戦、21日、ナゴヤドーム)DeNA・佐野恵太内野手(25)が今季初めて欠場となる見込みとなった。試合前、ラミレス監督が明かした。これでチームは今季全試合出場選手がゼロとなる。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽オリックス 榊原翼投手、鈴木優投手 【同抹消】 ▽ソフトバンク 笠谷俊介投手 ▽日本ハム 上沢直之投手 ▽オリックス 山本由伸投手、富山凌雅投手

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽阪神 小川一平投手、マルテ内野手、陽川尚将内野手 ▽中日 ゴンサレス投手 【同抹消】 ▽阪神 ガルシア投手、伊藤和雄投手、井上広大外野手 ▽中日 R・マルティネス投手

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは21日、新型コロナウイルスの影響によりスタージェット風船を使用した応援ができない中、新たな演出としてクラッカーを使用した応援演出23日の広島戦にてテスト実施すると発表した。

後で読む
日刊スポーツ

地区シリーズで8日の試合に出場していたパドレスのルイス・カンプサノ捕手(22)が、故郷のジョージア州で大麻79グラムを所持していたため逮捕。79グラム所持はパ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

マリナーズの公式ツイッターが、引退を発表した巨人岩隈久志投手に感謝のメッセージを送った。岩隈は12年から6年間マ軍に所属。「思い出をありがとう。引退後の幸運を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショー投手が6回2安打1失点でリズム良く投球した。8奪三振の力投で、7つ目の三振を奪った時点でポストシーズン通算200三… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

10月21日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>阪神 小川一平投手阪神 J・マルテ内野手阪神 陽川尚将内野手中日 L・ゴンサレス… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神の高卒ドラフト2位、井上広大外野手(19)が21日、出場選手登録を抹消された。井上は14日に初昇格。同日の中日戦(ナゴヤドーム)で球団高卒新人野手では68… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中日のライデル・マルティネス投手(24)が21日、体幹のコンデショニング不良のため、出場選手登録を抹消された。今季は抑えに定着して40試合に登板。防御率1・1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは21日、ブランドン・レアード内野手(33)が米国アリゾナ州の病院で腰椎椎間板ヘルニアの手術を行ったと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

ワールドシリーズ(WS=7回戦制)が開幕。1988年以来、32年ぶり7度目の頂点を狙うドジャース(ナ・リーグ)が初制覇を目指すレイズ(ア・リーグ)に8-3で先勝した。日本選手で唯一、ここまで勝ち残ったレイズの筒香嘉智外野手(28)は28人の登録メンバー入りを果たすが、出場機会はなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神ー広島、22回戦、21日、甲子園)阪神のドラフト2位・井上広大外野手(19)、オネルキ・ガルシア投手(31)、伊藤和雄投手(30)が出場選手登録を抹消された。

後で読む
スポーツニッポン

 大リーグは20日(日本時間21日)、米テキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールドでワールドシリーズ(WS)が開幕し、ドジャースとレイズが激突。それぞれリーグ最高勝率を誇った両軍のWS初対決は、ドジャースが8―3で先勝した。レ軍の筒香嘉智外野手(28)は出場機会がなかった。

後で読む
日刊スポーツ

1988年以来となる、悲願のワールドシリーズ制覇を目指すドジャースは、走攻守で圧倒し、白星スタートを切った。6回を投げて、2安打1失点、1四球、8三振の快投を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人岩隈久志投手(39)が、今季限りで現役引退する。日米通算170勝。マリナーズ時代の05年にはノーヒットノーランを達成した。日本球界で最も高い制球力を誇る投… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

球団の来季戦力構想から外れたとみられる阪神福留孝介外野手(43)が21日、ウエスタン・リーグのオリックス戦の先発メンバーに入り「5番・DH」で出場した。プロ2… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは21日、23日から11月1日まで、オンラインストア限定でディズニーの人気キャラクター、ミッキーマウスとコラボレーションしたグッズを受注販売すると発表し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-広島、22回戦、21日、甲子園)左ふくらはぎを痛めて2軍で調整していた阪神のジェフリー・マルテ内野手(29)が1軍練習に合流した。7月4日の広島戦(マツダ)で左ふくらはぎを負傷し、出場選手登録を外れた。リハビリを経て、実戦復帰した8月8日のウエスタン・広島戦(由宇)で再発していた。20日のウエスタン・オリックス戦(オセアンBS)に「5番・三塁」で先発出場し、3打数1安打。矢野監督はマルテについて「ずっとタイミングというか、どうしようかなというのはあるんだけど、ちょっと今から考えます」と話していた。

後で読む
サンケイスポーツ

来季の構想から外れたとみられる阪神・福留孝介外野手(43)が21日、ウエスタン・オリックス戦(オセアン)に「5番・DH」でスタメン出場し、七回までで3打数無安打だった。

後で読む
サンケイスポーツ

 また一人、レジェンドがユニホームを脱ぐ。ヤクルト・五十嵐亮太投手(41)が、今季限りで現役を引退することを決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りでの引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が21日の広島戦(甲子園)を欠場することがわかった。20日の同戦で約2カ月ぶりに1軍登板して1回1安打無失点に抑えたが、連投を避ける形となった。福原投手コーチは「球児は今日はベンチから外します。もちろん本人とも相談しながらになりますが、今後はベンチから外れる日を作りながら、最後までしっかりチームを支えていってもらえたらと思います」と話した。右上肢コンディション不良で手術が必要といわれていることも明らかにしており、今後も連投は避けることになる。

後で読む
日刊スポーツ

ドジャースの1番打者ムーキー・ベッツ外野手(28)が、ワールドシリーズでは史上初の1試合2盗塁、2得点、1本塁打をマークし、第1戦の勝利に大きく貢献した。1点… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーは20日、来季以降もプレーオフ枠の拡大と、無死二塁から始まるタイブレーク制を継続したいとの意向を示している。新型コロ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは21日、2軍本拠地の千葉・鎌ケ谷で行われる今季最終戦、11月1日イースタン・リーグヤクルト戦の入場チケット1100枚が前売り段階で完売したと発表した… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは21日、新型コロナウイルスの影響でスタージェットを使用した応援ができない中、クラッカーを使用した応援演出を10月23日・広島戦でテスト実施すると発表した。 実施のタイミングは7回表終了後の「HOT PEPPER LUCKY7」。対象席種はJ:COmベイディスカバリーBOXシート、Paraviネット裏BOXシート、エントリープレミアムテラス、東京日商エステム リビングBOXシート、レイズネクスト スカイバーカウンター、日総工産パーティースカイデッキ、横浜銀行BOXシート。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグのワールドシリーズ(WS=7回戦制)は20日、アーリントンで開幕し、32年ぶり7度目の頂点を狙うドジャース(ナ・リーグ)が初制覇を目指す筒香のレイズ(ア・リーグ)に8-3で快勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

パ・リーグは21日、試合日程の追加を次の通り発表した。

後で読む
日刊スポーツ

走攻守で圧倒したドジャースが、初戦で快勝した。4回1死一塁、右肩を負傷していたコディ・ベリンジャー内野手(28)の右越え2ランで先制すると、5回に足を絡めた攻… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

MLB公式サイトは20日、今季のワールドシリーズ(WS)に関し、同サイトの記者とアナリストの大半がドジャースの優勝を予想したと明かした。ドジャースは8年連続で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ア・リーグ覇者のレイズが、初戦でドジャースに完敗した。筒香嘉智外野手(28)は、出場機会がなかった。4回に2点を先制され、1点差に詰め寄った直後の5回、重盗を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNAは、23日広島戦(横浜)で新型コロナウイルスの影響により現在は使用禁止となっている「スタージェット」の代替として、応援クラッカーを使用した新たな球場演… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグのワールドシリーズ(WS=7回戦制)は20日、アーリントンで開幕し、32年ぶり7度目の頂点を狙うドジャース(ナ・リーグ)が初制覇を目指す筒香のレイズ(ア・リーグ)に8-3で快勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグのワールドシリーズ(WS=7回戦制)は20日、アーリントンで開幕し、32年ぶり7度目の頂点を狙うドジャース(ナ・リーグ)が初制覇を目指す筒香のレイズ(ア・リーグ)に8-3で快勝した。

後で読む
スポーツニッポン

 阪神は来季構想外から外れていることがわかった福留孝介外野手(43)が「5番・DH」で3試合ぶりのスタメン出場。18日の同広島戦では、6回から代打で出場し、コロナ禍による離脱から復帰後初アーチを放った。1軍復帰を目指してアピールを続ける。

後で読む
スポーツニッポン

 阪神の福留孝介外野手(43)が球団から戦力外通告を受けていたことが21日、わかった。この日までに来季の契約を結ばないことを通告され、今後は未定となっている。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーは20日、AP通信のインタビューに応じ、新型コロナウイルスのためレギュラーシーズンを162試合から60試合に短縮し、無観客開催した今季は全30球団で計30億ドル(約3150億円)の損失を出したと明らかにした。

後で読む
日刊スポーツ

ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショー投手(32)が、6回2安打1失点、8奪三振と好投した。7つ目の三振を奪った時点でポストシーズン(PS)通算200三… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーは20日、AP通信のインタビューに応じ、新型コロナウイルスのためレギュラーシーズンを162試合から… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

MLB公式サイトは20日、今季のワールドシリーズ(WS)について同サイトの記者とアナリストに行ったアンケート調査の結果を発表。MVP予想ではドジャースのムーキ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発は楽天が涌井、オリックスが榊原。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発は日本ハムがバーヘイゲン、ソフトバンクが千賀。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

球団の来季戦力構想から外れたとみられる阪神福留孝介外野手(43)が21日、ウエスタン・リーグのオリックス戦の先発メンバーに入った。「5番・DH」で出場する。プ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球阪神は、日米通算2407安打を誇る福留孝介外野手(43)について、来季の戦力構想外を検討していることが21日、関係者への取材で分かった。現役最年長で、プロ22年目の今季は出場43試合にとどまり、打率1割5分4厘、1本塁打、12打点と振るわなかった。 不振が長引き、代打要員となっていた中、9月に球団ルールを上回る人数での会食に参加していたことが判明。出席者の新型コロナウイルス感染が確認され、球団独自の濃厚接触者扱いとして9月25日に出場選手登録を外れた。

後で読む
サンケイスポーツ

今季で結成10周年を迎えた、東京ヤクルトスワローズのオフィシャルダンスチーム「Passion」のメンバー15人を日替わりで紹介します! 持ち前のルックスと、ハイレベルなダンスレッスンで鍛え上げられた彼女たちの情熱的でエネルギッシュなパフォーマンスにご期待ください。

後で読む
日刊スポーツ

右肩が万全ではないドジャースのコディ・ベリンジャー内野手(25)が、先制2ランを放った。4回、1死二塁からレイズ先発グラスノーの初球、98・2マイル(約158… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

MLBオーナー会議が、ヘッジファンドマネジャーで資産家のスティーブ・コーエン氏(64)へのメッツ売却を承認したことが分かった。情報に近い筋が20日に明かした。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

左肘痛を乗り越えた巨人高橋優貴投手が2勝目を目指し、21日ヤクルト戦に先発する。先発復帰を果たした前回14日広島戦では、5回1失点で今季初勝利を挙げた。「マジ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

来春センバツ出場が懸かる第73回秋季高校野球東海大会が、24日に三重県で開幕する。秋の静岡連覇を果たした藤枝明誠は、25日の2回戦で、松阪商(三重2位)-岐阜… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグのワールドシリーズ(WS=7回戦制)は20日、アーリントンで開幕し、32年ぶり7度目の頂点を狙うドジャース(ナ・リーグ)が初制覇を目指す筒香のレイズ(ア・リーグ)を四回まで2-0とリード。

後で読む
東京スポーツ

アストロズのサイン盗みに関わったとして米大リーグ機構(MLB)から1月に今季終了までの職務停止処分を科され、直後に球団から解任された元GMのジェフ・ルノー氏が19日(日本時間20日)に騒動後初めてメ…

後で読む
東京スポーツ

ヤンキースが今オフに検討すべき項目の一つに、来季もゲーリー・サンチェス(27)に正捕手を託すのかという問題がある。  サンチェスは今季のレギュラーシーズン60試合のうち38試合で先発マスクを被ったが…

後で読む
東京スポーツ

2008年以来の112年ぶりの出場で初制覇を狙うレイズと2年ぶりの出場で1988年以来、32年ぶり7度目の世界一を目指すドジャースが対戦するワールドシリーズ(WS)が20日(日本時間21日)にテキサ…

後で読む
東京スポーツ

【藤井康雄「勇者の魂」(6)】 上田利治監督から言われたことで忘れられないのは1年目のオフに結婚した時、披露宴で上田監督にあいさつしてもらって「細く長くでいいからやっていきなさい」と。長くやりたいな、…

後で読む
日刊スポーツ

26日に運命のドラフト会議が行われる。悲喜こもごも…数々のドラマを生んできた同会議だが、過去の名場面を「ドラフト回顧録」と題し、当時のドラフト翌日付の紙面から… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

40歳のヤクルト石川雅規投手(40)は巨人戦で現役最多の31勝しているが、今季は未勝利。巨人戦で白星を挙げた40代の先発投手は16年9月10日黒田(広島)が最… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは10日ロッテ戦から現在まで9連勝中。ソフトバンクが10連勝となれば、11年5月18日~6月1日以来、球団9年ぶり。工藤監督にとっては17、18、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

8年ぶりのAクラス入りを目指す中日ナインに朗報だ。地元の岐阜県出身で大の中日ファンを公言している歌手のLiSA(33)が、11月4日のDeNA戦(ナゴヤドーム)でセレモニアルピッチを行うことになった…

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグのワールドシリーズ(WS=7回戦制)は20日、アーリントンで開幕し、初制覇を目指す筒香のレイズ(ア・リーグ)と32年ぶり7度目の頂点を狙うドジャース(ナ・リーグ)が対戦した。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグのワールドシリーズ(WS=7回戦制)は20日、アーリントンで開幕し、初制覇を目指す筒香のレイズ(ア・リーグ)と32年ぶり7度目の頂点を狙うドジャース(ナ・リーグ)が対戦した。

後で読む
日刊スポーツ

球界最年長の阪神福留孝介外野手(43)が事実上の戦力外通告を受けたことが20日、球界関係者の話で明らかになった。この日までに球団の来季戦力構想から外れたとみら… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

福岡大の準硬式野球部にセ、パ11球団が注目する異色のドラフト候補がいる。最速154キロの本格派右腕・大曲錬投手(4年=西日本短大付)だ。ロッテを除く各球団と面… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

「栃木の林昌勇」がNPB入りをつかむ。BC・栃木の石田駿投手(23)は、最速153キロのサイドハンド右腕。躍動感ある投球フォームから繰り出す伸びのある直球が最… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・福留孝介外野手(43)が来季の構想外となっていることが21日までにわかった。本人は現役続行を望んでおり、他球団移籍を模索していくことになりそうだ。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト1-1巨人=延長十回規定により引き分け、17回戦、巨人11勝4敗2分、20日、神宮)戸郷に白星をつかんでもらいたい-。原監督の思いが伝わってきた。

後で読む
サンケイスポーツ

川藤幸三阪神OB会長が始球式に登場。「代打・川藤」として打席に立ちました。

後で読む
日刊スポーツ

仙台育英(宮城1位)が地元開催の同県対決に圧勝し2年連続11度目、創部90年で初の秋東北連覇を飾った。県1位校を3連破して勝ち上がった柴田(宮城3位)を18-… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

秋の深まりとともに、運命の日が近づいてきた。26日のドラフト会議で上位候補と評価されているのが、今年の高校野球界の顔ともいえる、明石商(兵庫)の最速151キロ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

秋の深まりとともに、運命の日が近づいてきた。26日のドラフト会議で上位候補と評価されているのが、今年の高校野球界の顔ともいえる、明石商(兵庫)の最速151キロ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

現役最年長投手の中日・山井大介投手(42)が20日、現役続行の意思を明らかにした。 ナゴヤ球場での練習後、「コロナでこういう状況。これで辞めるとしたら悔やんでも悔やみきれないところがある。来年もやれるならやりたい」と現役への強いこだわりを口にした。今季は中継ぎで6試合に登板し、0勝0敗、防御率9・00。阪神・藤川、ヤクルト・五十嵐、巨人・岩隈ら次々に年下の投手たちがユニホームを脱ぐ中、球団の判断が注目される。

後で読む
日刊スポーツ

米大リーグ、レイズは20日、ワールドシリーズの出場登録メンバーの28人を発表し、筒香嘉智も外野手でベンチ入りを果たした。投手が13人で、野手が15人。メジャー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

おなじみの曲が流れる中、マウンドに足を進める藤川球児の姿には、やはり心を動かされた。引退表明後の初登板は5点をリードされた6回だった。「あと何度、この姿を見ら… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

2年ぶりに支配下選手登録された阪神横山雄哉投手が、21日のウエスタン・リーグ、オリックス戦(オセアンBS)に先発する。背番号が2桁に戻ってからは2度目の登板。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

腰痛でリハビリ中の阪神北條史也内野手が屋外でのフリー打撃を再開した。鳴尾浜の残留練習に参加し、屋宜打撃投手を相手に47スイングで安打性の打球は17本。患部の状… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 勢いは止まりそうにない。ソフトバンクが20日の日本ハム戦(札幌ドーム)に11―2で快勝し、今季初の9連勝。2位ロッテに6・5ゲーム差をつけた。  9連勝中は4度の零封勝ち。1試合平均1・56失点で、…

後で読む
東京スポーツ

 パ・リーグ新人王候補でもある「投げるおかわり」こと西武・平良海馬投手(20)にメジャー関係者がちょっと気の早いアドバイスをしている。  3年目の今季はここまで45試合に登板し、1勝26ホールド、50…

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) ヤクルトは土壇場で追いつき、引き分けにこそ持ち込んだが、高津監督は厳しい表情を貫いた。

後で読む
デイリースポーツ

「中日6-1DeNA」(20日、ナゴヤドーム) 10勝目はお預けとなった。先発したDeNA・大貫は六回途中8安打3失点で5敗目。1点のリードを必死に守ってきたが、試合後半に入ったところで崩れた。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 巨人・坂本が先制打を放つも勝利にはつながらなかった。六回無死三塁。高梨の直球をしぶとく中前へ運んだ。「何とかバットに当てようと思っていた。戸郷が頑張っていたので、援護できてよかった」と振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 先発の巨人・戸郷は三塁ベンチで今季6度目のドローを見届けた。プロ入り最多134球の力投も報われず、リーグ連覇へのマジックも「7」で足踏み。冷たい秋風が吹く中、静かに神宮を後にした。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は20日、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を開き、指名候補選手の順位づけや最終確認を行った。1位指名は即戦力の野手に決定。名前こそ公表しなかったが、近大・佐藤輝明内野手(4年・仁川学院)が濃厚で、当日のくじ引き役は原辰徳監督(62)が務める。 約3時間にも及んだ会議。金の卵の映像を見た原監督もスケールの大きさにほれ直したようだ。報道陣に応対した大塚球団副代表は「10年に一人の逸材ですから、それはもう間違いない」と評価は不変と会議出席者の中で一致。最大級の評価であると明かした。

後で読む
東京スポーツ

今年は開運なるか。巨人は20日に東京都内でスカウト会議を開き、26日のドラフト会議に向けて選手の順位付けや当日のシミュレーションなどを行った。すでに近大・佐藤輝明内野手(21)の指名が確実視される中…

後で読む
サンケイスポーツ

 西武・高橋朋己投手(31)が20日、今季限りでの現役引退を表明した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日6-1DeNA、19回戦、中日10勝9敗、20日、ナゴヤD)4番の意地がバットに乗った。中日・ビシエドが六回に左中間へ、決勝の勝ち越し二塁打。13試合ぶりの猛打賞と、大暴れした。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人は20日、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を開き、26日のドラフト会議ではこれまで明かしていた通り、即戦力野手を1位指名する方針を固めた。明言はしなかったが、近大・佐藤輝明内野手(4年)が最有力。原辰徳監督(62)ら首脳陣も参加して映像を確認した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神1-5広島、21回戦、阪神11勝7敗3分、20日、甲子園)阪神のオネルキ・ガルシア投手(31)が、21日にも出場選手登録を抹消されることになった。矢野監督が20日の広島戦(甲子園)後に「抹消しようかなと思って」と明かした。今季はここまで14試合の登板で2勝6敗、防御率4・42。約1億6400万円という高年俸からも、来季の契約が極めて厳しくなってきた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神1-5広島、21回戦、阪神11勝7敗3分、20日、甲子園)盛り上がったのは藤川の登板と、九回の攻撃だけだった。八回まで九里にわずか1安打。またシーズン終盤に失速気味のチームに、矢野監督は危機感をつのらせた。

後で読む
サンケイスポーツ

【アーリントン(米テキサス州)19日(日本時間20日)=山田結軌】米大リーグのワールドシリーズ(WS=7回戦制)は20日午後7時9分(日本時間21日午前9時9分)に開幕する。12年ぶりの出場で初制覇を目指すレイズ(ア・リーグ)と、2年ぶりの出場で1988年以来、32年ぶり7度目の頂点を狙うドジャース(ナ・リーグ)が対戦。レイズの筒香嘉智外野手(28)は開幕前日、会場で練習して大舞台に備えた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神1-5広島、21回戦、阪神11勝7敗3分、20日、甲子園)今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が、広島戦(甲子園)で8月10日のDeNA戦(横浜)以来となる1軍復帰登板。六回に登場して、1安打無失点に抑えた。1-5で敗れたが、試合後にはナインに団結の大切さを説いた。首位巨人とは12・5ゲーム差と絶望的な状況にいるものの、ファイティングポーズは崩さない。

後で読む
東京スポーツ

今年は開運なるか。巨人は20日に東京都内でスカウト会議を開き、26日のドラフト会議に向けて選手の順位付けや当日のシミュレーションなどを行った。すでに近大・佐藤輝明内野手(21)の指名が確実視される中、…

後で読む
東京スポーツ

 土壇場での大逆転もあるかもしれない。来週26日に迫ったドラフト会議で、阪神の1位指名最有力と見られているのが関西学生リーグで通算15本塁打のリーグ新記録を樹立した近大・佐藤輝明外野手(21)だ。ドラ…

後で読む
東京スポーツ

「球団としては残留してほしいでしょうが、果たしてそうなるのか…」。ロッテ関係者の間からこんな声が漏れている。今年9月に交換トレードで巨人から電撃加入した澤村拓一投手(32)の去就のことだ。  移籍当初…

後で読む
日刊スポーツ

球界最年長の阪神福留孝介外野手(43)が事実上の戦力外通告を受けたことが20日、球界関係者の話で明らかになった。この日までに球団の来季戦力構想から外れたとみら… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 巨人が逃げ切りに失敗。引き分けに終わり、2位中日も勝利したためマジックは7のまま変わらなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 高津ヤクルトが土壇場で同点に追いつき、対巨人戦10連敗は阻止。試合後の高津監督は、投手陣の踏ん張りに目尻を下げ、打線の奮起を願った。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天2-2オリックス」(20日、楽天生命パーク宮城) オリックスの先発・山本は7回5安打2失点、10三振で降板した。先制点をもらってから2失点で逆転を許す展開だったが、7回自責点2以下の「ハイクオリティースタート」を連続8試合に伸ばした。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 巨人が継投策が裏目に出て逃げ切りに失敗。引き分けに終わり、2位中日も勝利したためマジックは7のまま変わらなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、ヤクルト1-1巨人=延長十回規定により引き分け、17回戦、巨人11勝4敗2分、20日、神宮)ヤクルトは3度の満塁機で決定打が出なかった。0-1の九回2死満塁で山田哲が田中豊から押し出し四球をもぎ取ったが、続く村上は一ゴロに倒れた。高津監督は「走者をためてのもう一本が出るか出ないか。今はそこで出せない」と、もどかしげに話した。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人はヤクルト戦に1-1で引き分け、18試合を残して全球団からの負け越しなしを決めた。中日、阪神、広島には既に勝ち越しを決めており、DeNA、ヤクルトに全敗しても上回られることがなくなった。DeNA、ヤクルトについては1試合でも勝つか引き分ければ勝ち越しが決まる。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日6-1DeNA、19回戦、中日10勝9敗、20日、ナゴヤD)いきなり、ド派手なアーチをかけた。DeNAの3番・オースティンが一回、先制の18号ソロを放った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日6-1DeNA、19回戦、中日10勝9敗、20日、ナゴヤD)14安打の中日が逆転勝ちした。0-1の六回に阿部の適時打、ビシエドの適時二塁打など5安打で3点。七、八回も加点した。福谷はテンポ良く7回3安打1失点に封じ、自身5連勝の7勝目。DeNAは四回以降無安打だった。

後で読む
日刊スポーツ

2020年のワールドシリーズ(WS=7回戦制)は20日(日本時間21日)、筒香嘉智外野手(28)が所属するレイズとドジャースの顔合わせで、中立地テキサス州アー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人原監督は試合後「何とか1点をね、みんなで守ろうとしたんだけどね。1点を守り切るのは非常に至難の業ですな」と切り出した。先発戸郷は6回無失点で粘り、目標の新… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人の戸郷翔征投手(20)は自己最多の134球の熱投実らず、9勝目はお預けとなった。6四球を与えながら6回3安打無失点。6回に2死満塁のピンチを背負ったが、代… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

首位巨人が最下位ヤクルトに引き分けた。https://www.nikkansports.com/baseball/pro… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武2x-1ロッテ、20日、西武13勝8敗、メットライフ)西武の平良が八回に2番手で登板し、1回を三者凡退に抑え、17試合連続で無失点とした。約1週間前に右肩に違和感を覚えた時期もあったが、ケアを重点的に増やして復活。マーティンから空振り三振を奪った直球は157キロを計測し「今は疲れをそんなに感じていない」と頼もしかった。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天2-2オリックス」(20日、楽天生命パーク宮城) オリックスは1点ビハインドの九回に伏見の6号ソロで同点に追いついたが、延長戦の末、引き分けとなった。今季10度目の延長戦で3敗7分けと勝ちはない。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天2-2オリックス」(20日、楽天生命パーク宮城) オリックスの先発・山本由伸投手は7回5安打2失点、10三振で降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天2-2オリックス」(20日、楽天生命パーク宮城) オリックスの先発・山本は7回5安打2失点、10三振で降板した。先制点をもらってから2失点で逆転を許す展開だったが、7回自責点2以下の「ハイクオリティースタート」を連続8試合に伸ばした。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 巨人が継投策が裏目に出て逃げ切りに失敗。引き分けに終わり、2位中日も勝利したためマジックは7のまま変わらなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 巨人が最終回の継投策が裏目に出て逃げ切りに失敗。引き分けに終わり、2位中日も勝利したためマジックは7のまま変わらなかった。先発の戸郷が6回無失点の好投。新人王のライバルの広島・森下に1勝差をつける9勝目の権利は同点劇によって消えた。

後で読む
東京スポーツ

勝ってもなお反省が…。20日の阪神戦で9回途中まで猛虎打線を4安打1失点に封じ、今季7勝目を挙げた九里亜蓮投手(29)が試合後、自らをブッタ切った。  8回まで1安打無失点と完封ペースながら、結果的…

後で読む
東京スポーツ

あと一歩届かなかった。ヤクルトは20日の巨人戦(神宮)に延長10回、1―1で今季8度目の引き分け。先発・高梨が5回2/3を1失点と粘り、後続の投手も無失点でつないだ。しかし、打撃陣が8回までに2度の…

後で読む
東京スポーツ

新人王を狙う巨人の期待株・戸郷翔征投手(20)が20日のヤクルト戦(神宮)で一回り成長した姿を披露した。自己最多となる6回134球を投げ3安打無失点9奪三振。勝利投手の権利を持って降板したが、後続の…

後で読む
東京スポーツ

巨人は20日のヤクルト戦(神宮)に延長10回、1―1で引き分けに終わった。2位の中日は勝利し、優勝マジックは7のまま足踏みとなった。  最少リードを守り、1―0で迎えた9回にバタついた。逃げ切りを図…

後で読む
東京スポーツ

今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が20日の広島戦で、引退表明後、初めてとなる本拠地・甲子園のマウンドに登場した。  5点を追う6回に3番手で「ピッチャー・藤川」がコールさ…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト1-1巨人=延長十回規定により引き分け、17回戦、巨人11勝4敗2分、20日、神宮)気合がみなぎっていた。夜風が肌寒くなってきた神宮のマウンドで、戸郷は1球、1球に力を込めた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神1-5広島、21回戦、阪神11勝7敗3分、20日、甲子園)虎党が初めて沸いたのは五回だ。大山がそれまで走者を一人も出していなかった広島の先発・九里のスライダーをたたくと、打球は左翼へ。27号か…と思ったらフェンス際で失速し、左翼手のグラブに収まった。歓声はため息に変わった。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は広島に1-5で敗れた。以下、矢野監督の一問一答。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神1-5広島、21回戦、阪神11勝7敗3分、20日、甲子園)広島は九里が九回途中1失点で3連勝の7勝目。低めの変化球が切れ、六回2死まで安打を許さなかった。三回に西川と坂倉がそれぞれ2点打で4点先制し、四回は長野が犠飛。ガルシアが崩れた阪神は零敗を免れるのがやっとだった。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムの5回、清宮の2打席目がさみしかった。2回はカーブを空振りして3球三振。「次は絶対に打ってやるぞ」と臨むはずの打席で、初球のストライクのカーブに腰を引… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムのブライアン・ロドリゲス投手の1軍復帰戦は、ほろ苦いものとなった。6月中旬に左膝軟骨除去手術を受け、戦列離脱していた右腕が今季初昇格し、7回に3番手と… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神近本光司外野手が意地のマルチ安打を決めた。広島九里の前に打線全体が無安打で迎えた6回2死、右翼線二塁打でチーム初安打を記録した。無得点の9回は1死からチー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム2-11ソフトバンク、22回戦、ソフトバンク15勝6敗1分、20日、札幌D)日本ハムの上沢は5回を投げて8安打2四球を許した。球威、制球とも本来の出来にはほど遠く、ピンチでも粘れずに痛打され今季ワーストの7失点で6敗目。「無駄な四球が失点に絡んでしまい、2試合続けて結果を残せず悔しい」と肩を落とした。

後で読む
サンケイスポーツ

中日のダヤン・ビシエド内野手が決勝打を含む3安打2打点でナゴヤドーム6連勝に貢献した。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクが2試合連続の2桁得点で9連勝。工藤公康監督(57)の就任以降、最長タイとなった。試合後の工藤監督の主な一問一答は以下の通り。

後で読む
東京スポーツ

 楽天は20日のオリックス戦(楽天生命)で延長10回、規定により2―2のドロー。2位・ロッテが敗れたため、その差を僅かに縮めて5ゲームとしたものの、ついに西武に同率3位で並ばれた。  先発・則本昂が7…

後で読む
東京スポーツ

 西武はロッテ、ソフトバンクと続く大事な6連戦の初戦となった20日のロッテ戦(メットライフ)に幸運な相手の落球で2ー1のサヨナラ勝ち。3位の楽天と同率で並び、CS出場圏内である2位・ロッテとの差を残り…

後で読む
デイリースポーツ

両チームともに決め手を欠いて引き分けた。楽天は1点を先制された六回に浅村の2点二塁打で2-1と逆転したが、抑えのブセニッツが九回に伏見にソロを浴びた。オリックスは9残塁と再三の好機を生かせなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 巨人が逃げ切りに失敗。引き分けに終わり、2位中日も勝利したためマジックは7のまま変わらなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天2-2オリックス」(20日、楽天生命パーク宮城) 楽天が痛恨のドローで、4位・西武に並ばれた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人が九回に追い付かれ、引き分けた。六回に松原が三塁打で出て、続く坂本が適時打を放って先制。追加点を奪えずに迎えた九回裏2死満塁で山田哲に押し出し四球を許した。延長十回は両チームとも三者凡退に終わった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 高津ヤクルトが土壇場で同点に追いつき、対巨人戦10連敗は阻止。試合後の高津監督は、投手陣の踏ん張りに目尻を下げ、打線の奮起を願った。

後で読む
東京スポーツ

向かうところ敵なしの強さだ! ソフトバンクが20日の日本ハム戦(札幌ドーム)に11―2の圧勝で今季初の9連勝を飾った。貯金は今季最多の22とし、2位ロッテとのゲーム差は6・5にまで拡大した。  試合…

後で読む
東京スポーツ

エースが大乱調だ。日本ハムが20日、ソフトバンク戦(札幌ドーム)に2―11で大敗。Wエースの片翼を担う上沢直之投手が先発するも、5回7失点と炎上し、6敗目を喫した。  初回から二死一、三塁とピンチを…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムの中田翔内野手が20日、ソフトバンク戦(札幌ドーム)に「4番・DH」で出場し、9回に29号2ランを放ち、2年ぶりとなる100打点超えを記録した。  それまで3打数無安打と持ち味を発揮できずに…

後で読む
東京スポーツ

投打がかみ合わなかった。ヤクルトは20日の巨人戦(神宮)に延長10回、1―1で引き分けた。先発の高梨は6回途中を1失点の粘投を見せ、2番手・寺島から星、梅野、石山が無失点リレー。しかし、打線が援護で…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天2-2オリックス=延長十回規定により引き分け、19回戦、オリックス9勝8敗2分、20日、楽天生命)両チームともに決め手を欠いて引き分けた。楽天は1点を先制された六回に浅村の2点二塁打で2-1と逆転したが、抑えのブセニッツが九回に伏見にソロを浴びた。オリックスは9残塁と再三の好機を生かせなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は20日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト1-1巨人、17回戦、巨人11勝4敗2分、20日、神宮)ヤクルトが九回に追いついて引き分けた。巨人は優勝へのマジックナンバーを減らせず7のままとなった。

後で読む
日刊スポーツ

近鉄戦士として最後の投手となったヤクルト近藤一樹投手(37)が、イースタン・リーグ今季2勝目を挙げた。巨人岩隈久志投手(39)の今季限りでの現役引退発表から一… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は広島に1-5で敗れた。先発したガルシアは三回2死満塁から西川に左前へ2点打を浴びて先制を許した。その後、再び満塁となったところで坂倉に投手強襲の2点打を浴び、3回5安打4失点で降板となった。

後で読む
サンケイスポーツ

お笑いコンビ、尼神インターの誠子(31)が20日、本名の狩野誠子名義で先月28日に発売した初エッセー「B あなたのおかげで今の私があります」の出版記念オンライントークイベントを都内で開催した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は20日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンク・周東佑京内野手(24)が20日の日本ハム戦(札幌ドーム)でシーズン40盗塁をマークした。  6回二死から左前打で出塁すると、続く中村晃の2球目に二盗を成功。4試合連続の盗塁で、2位の日…

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(20日、神宮球場) 新人王を争う巨人先発の戸郷が、6回無失点。ライバルの広島・森下に1勝差をつける9勝目の権利を手に降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(20日、神宮球場) 巨人・坂本が先制の中前適時打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「西武2-1ロッテ」(20日、メットライフドーム) 2位ロッテが痛恨のサヨナラ負けを喫した。同点の九回、守護神益田は2死から外崎に左翼線二塁打を浴び、続く山野辺の浅い飛球を二塁・西巻、右翼マーティンが交錯。ボールはマーティンのグラブに当たってグラウンドに落ちる間に外崎の生還を許した。

後で読む
デイリースポーツ

14安打の中日が逆転勝ちした。0-1の六回に阿部の適時打、ビシエドの適時二塁打など5安打で3点。七、八回も加点した。福谷はテンポ良く7回3安打1失点に封じ、自身5連勝の7勝目。DeNAは四回以降無安打だった。

後で読む
東京スポーツ

楽天・浅村栄斗内野手(29)が20日のオリックス戦(楽天生命)で逆転打を放った。1点を追う6回二死一、三塁、相手先発・山本から右前へポトリと落ちる適時二塁打。走者が2人還り、試合をひっくり返した。 …

後で読む
東京スポーツ

九州独立プロ野球リーグ設立準備室(田中敏弘設立委員長)は19日、来年3月20日の開幕を予定し、熊本と大分で立ち上げる2球団の入団トライアウトを11月7日に熊本・川上哲治記念球場(人吉市)で開催すると…

後で読む
東京スポーツ

あと少しが粘れなかった。ヤクルトの高梨裕稔投手(29)が20日の巨人戦(神宮)に先発し、6回途中を5安打1失点の内容だった。  5回まで強力巨人打線をわずか3安打に抑えた。それでも6回に先頭・松原に…

後で読む
東京スポーツ

反省ばかりが口をついた。ヤクルトの高梨裕稔投手(29)が20日の巨人戦(神宮)に先発し5回2/3を5安打1失点。高梨は「今日は状態も良く、低めへの投球意識をしっかりと持って投げることができました」と…

後で読む
東京スポーツ

西武・高橋光成投手(23)が20日のロッテ戦(メットライフ)に先発し、7回3安打無失点だった。  3回、藤原の痛烈なライナーを右ふくらはぎ横付近に直撃(結果は一ゴロ)されても、高橋は治療でベンチに下…

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは高梨、巨人は戸郷の先発。戸郷は初回、3四球を出すも無失点。高梨は、3回まで巨人打線から5奪三振。巨人は6回、坂本の適時中前打で1点を先制した。高梨は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ファーストピッチセレモニーに阪神川藤幸三OB会長(71)がサプライズ登場し、球場を盛り上げた。この日は、今季から球団公式のオーダースーツを作るスーツサプライヤ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。先発はヤクルトが高梨、巨人は戸郷。https://www.nikkansports.c… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りで現役を引退する阪神・藤川球児投手(40)が引退表明後、初登板した。1軍のマウンドは8月10日DeNA戦(横浜)以来、71日ぶり。

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球屈指のエースが事故も抑え込む-。愛知県警昭和署は20日、強豪校・中京大中京とコラボして交通安全の啓発イベントを開いた。プロ注目の高橋宏斗投手(18)らが、交通事故が増える夕方から夜にかけて街頭に立ち「思いやりの心で事故を防いでほしい」と呼び掛けた。

後で読む
東京スポーツ

 遠征の移動時などに着る球団の公式スーツを製作するオーダースーツの「SADA」によるスポンサードゲームとして行われた20日の広島戦で、川藤幸三OB会長(71)が「ファーストピッチ・セレモニー」に打者役…

後で読む
東京スポーツ

 既に今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が20日の広島戦(甲子園)で8月10日のDeNA戦(横浜)以来、71日ぶりに一軍登板を果たした。  0―5の6回に3番手でマウンドに上…

後で読む
デイリースポーツ

「楽天-オリックス」(20日、楽天生命パーク宮城) 0-0で迎えた六回、オリックスは2死からスティーブン・モヤ外野手が則本昴のカーブを右中間スタンドに運ぶ10号を放ち先制した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(20日、神宮球場) ヤクルト先発の高梨が六回途中で降板した。

後で読む
東京スポーツ

遠征の移動時などに着る球団の公式スーツを製作するオーダースーツの「SADA」によるスポンサードゲームとして行われた20日の広島戦で、川藤幸三OB会長(71)が「ファーストピッチ・セレモニー」に打者役…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神の公式スーツを手がける株式会社SADAの佐田展隆(のぶたか)代表取締役社長と、川藤OB会長が20日、スーツ姿で広島戦(甲子園)のファーストピッチセレモニーに登場。佐田社長が投じた1球は大きくそれ、打席に立った川藤会長が体をかがめてボールを避けた。

後で読む
日刊スポーツ

21日広島戦(甲子園)に先発する阪神青柳晃洋投手が、約2カ月ぶりとなる7勝目を目指す。「前回も調子は良かったと思いますし、そのイメージで明日も投げることができ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

2軍オリックス戦に先発した阪神斎藤友貴哉投手が6回2安打無失点と好投した。直球の最速は149キロで、フォークとカーブがさえた。「0で抑えられたことはよかった」… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 遠征の移動時などに着る球団の公式スーツを製作するオーダースーツの「SADA」によるスポンサードゲームとして行われた20日の広島戦で、川藤幸三OB会長(71)が「ファーストピッチ・セレモニー」に打者役…

後で読む
東京スポーツ

バドミントンの元日本代表の潮田玲子(37)が20日に神宮球場で行われたヤクルト―巨人戦で始球式に登場した。  黒地に白い水玉のパーカーを着てマウンドに上がった潮田の放ったボールは山なりながらノーバウ…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト-巨人17回戦、20日、神宮)元バドミントン日本代表でタレントの潮田玲子(37)が始球式に登場し、ノーバウンド投球を披露した。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは20日、21日の予告先発投手を発表した。

後で読む
日刊スポーツ

米大リーグ選手会は、選手会や選手の権利向上に寄与した人物に贈る「カート・フラッド賞」の創設を発表した。元カージナルスのフラッド氏は選手を拘束する保留条項に対し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

仙台育英(宮城1位)が地元開催の同県対決に圧勝し2年連続11度目、創部90年で初の秋東北連覇を飾った。県1位校を3連破して勝ち上がった柴田(宮城3位)を18-… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

始球式に、元バドミントン日本代表の潮田玲子さん(37)が登場した。ドット柄のパーカーでマウンドに上がり、大きく振りかぶり、ノーバウンドでストライク投球。笑顔で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。先発はヤクルトが高梨、巨人は戸郷。https://www.nikkansports.c… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(20日、神宮球場) バドミントン女子ダブルスで07年世界選手権銅メダル、08年北京五輪5位、12年ロンドン五輪混合ダブルス代表の潮田玲子が始球式に登場した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は20日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは20日から、マリーンズオンラインストア限定で藤原恭大外野手(20)のプロ初本塁打を記念したグッズの受注販売を開始した。藤原は14日の楽天戦(ZOZOマリン)に「1番・左翼」で出場し、第1打席で楽天・涌井の初球を捉え、右翼席に飛び込むプロ初本塁打をマークした。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・千賀滉大選手(27)がランニングなどで調整。21日の日本ハム戦(札幌ドーム)での先発登板に向けて「自分のピッチングをすることを心掛けて。自分のペースに持っていけるように。それだけです」と意気込んだ。

後で読む
東京スポーツ

 中日は20日、現在大ヒット中のアニメ映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の主題歌「炎(ほむら)」を歌う注目のアーティスト・LiSA(33)が11月4日のDeNA戦(ナゴヤドーム)でセレモニアルピッチ…

後で読む
デイリースポーツ

「阪神大学野球、関西国際大7-3大体大」(20日、南港中央球場) 秋季リーグ戦の最終日が行われ、投打で圧倒した関西国際大が2018年秋以来、9度目となるリーグ制覇を果たした。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグヤクルト・石川-巨人・高橋(神宮)

後で読む
デイリースポーツ

中日は20日、アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の主題歌「炎」が大ヒット中の歌手LiSA(33)が11月4日のDeNA戦(ナゴヤドーム)で試合前にセレモニアルピッチに登板すると発表した。 岐阜出身のLiSAは「今シーズン応援し続けたドラゴンズのセレモニアルピッチ@ナゴヤドームに初登場です。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天-オリックス」(20日、楽天生命パーク宮城) オリックスのアダム・ジョーンズ外野手が20日、楽天戦の出場メンバーから外れた。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(20日、神宮球場) バドミントン女子ダブルスで08年北京五輪5位、07年世界選手権銅メダル、12年ロンドン五輪混合ダブルス代表の潮田玲子が始球式に登場した。

後で読む
東京スポーツ

巨人は20日、都内の球団事務所でスカウト会議を開き、26日に行われるドラフト会議に向け、選手の順位付けや当日のシミュレーションなど、約3時間にわたって行った。会議には原監督をはじめ、元木ヘッドコーチ…

後で読む
スポーツニッポン

 育成契約の西武・高橋朋己投手(31)が20日、今季限りでの引退を発表し、午後2時30分から埼玉県所沢市内の球団事務所で会見を行った。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は20日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
日刊スポーツ

うれしい初完封だ。日本学園のエース左腕・浅井颯斗投手(2年)が散発4安打、練習試合を含めても初めてとなる完封で勝利に貢献した。3回には先頭に二塁打を許し、ピン… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。予告先発はヤクルトが高梨、巨人は戸郷。試合開始は午後6時の予定。ニッカンスポーツ・コムではライブ速報をします。–《redb… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

両チームのスタメンが発表された。先発投手は阪神がオネルキ・ガルシア投手(31)、広島が九里亜蓮投手(29)。ガルシアは9月18日中日戦(ナゴヤドーム)以来の1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは20日、金曜日に横浜スタジアムで開催する主催試合を対象にしたスペシャル企画『BLUE FRIDAY~FRIDAY OVATION PROJECT~』で新たな取り組みを23日から実施すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

IT大手ミクシィのエンターテインメント事業ブランド「XFLAG(エックスフラッグ)」が、12月6日に神宮球場で開催される「東京ヤクルトスワローズファン感謝DAY2020」で、スマートフォンから参加できるバーチャルイベント「XFLAG VIRTUAL STAGE at SHIBUYA SKY」を開催すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテが20日、荻野貴司外野手、藤岡裕大内野手を1軍出場選手登録した。両選手は新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査で陽性判定を受け、登録抹消されていた。 ヤクルト3年目の金久保優斗投手は初昇格。

後で読む
スポーツニッポン

 巨人は20日、東京大手町の球団事務所でスカウト会議を開き、原監督、元木ヘッドコーチ、宮本投手チーフコーチらが出席。10月26日に行われるドラフト会議に向け、約80人リストアップしている選手の指名方針や順位付けなどを、約3時間確認した。

後で読む
東京スポーツ

今季限りでの現役引退を発表した西武・高橋朋巳投手(31)の「引退試合」が30日のイースタンリーグ・巨人戦(カーミニーク)に決まった。  20日、メットライフドームに隣接する球団事務所で引退会見を開い…

後で読む
東京スポーツ

今季限りでの現役引退を発表した西武・高橋朋己投手(31)に対し、ゆかりのある3選手がコメントした。  2012年ドラフトの同期入団である増田は「一緒にライオンズに入団してから、同級生として切磋琢磨し…

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは20日、新型コロナウイルスに感染していた伊志嶺翔大コーチ(32)が1軍に合流したと発表した。チーム内の集団感染で陽性と判定された8選手と、濃厚接触者と判断された5選手は、既に全員が復帰している。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。