「巨人」の記事一覧

スポーツニッポン

 史上初の東京ドームキャンプインだ。巨人は19日、春季キャンプのS班のキャンプ概要の変更を発表。坂本勇人内野手(32)、菅野智之投手(31)に加えて、梶谷隆幸外野手(32)ら新加入選手も含めた主力19選手が、2月1日に東京ドームでキャンプインする。短いオフの調整最優先と、コロナ対策などを総合的に判断。感染拡大が続く異常事態のなか、異例の本拠地キャンプでスタートを切る。

後で読む
サンケイスポーツ

 フリーエージェント(FA)で加入した巨人・梶谷隆幸外野手(32)が20日、自主トレーニングを行っている神奈川県内でオンライン取材に応じた。

後で読む
日刊スポーツ

国内FA権を行使しDeNAから加入した巨人梶谷隆幸外野手(32)が20日、神奈川県内で自主トレを行った。体幹トレーニングを重点的に行い、その後、打撃練習などで… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

FAでDeNAから巨人に移籍した梶谷隆幸外野手(32)が20日、自主トレを公開した。オフのテーマは体幹強化。ケガに強い体を作り上げ、思う存分実力を発揮していく。 練習の合間にオンライン取材に応じ、「やっぱり体幹部分ですね。ケガをしないように、弱かった部分や足りないと思うところを」と腹筋、側筋を中心に体幹を重点的に鍛えているという。

後で読む
日刊スポーツ

セ・リーグの弱体化が本格化したのはいつごろなのか?2002年(平14)に巨人が日本シリーズを制した後、06年までの4年間はパ・リーグが連勝。この間、04年から… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 セ・リーグ理事会が19日に開かれ、巨人が再提案した今季のDH(指名打者)制の暫定的導入案は昨年12月14日に続いて見送られた。巨人は(1)3月26日-5月23日+6月18日-27日(2)3月26日-4月29日の期間限定導入を提案したが、他5球団の賛同を得られなかった。新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからない中で、開幕まで残り約2カ月。DH制導入のリミットは刻一刻と迫っている。

後で読む
日刊スポーツ

巨人が提案したDH制がまたも否決された。セ・リーグは19日、理事会を開き、巨人から今季暫定的にDH制を導入することが昨年12月に続き提案されたが、他球団が反対… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神・西勇輝投手(30)が19日、甲子園の室内練習場で自主トレを公開し、オンライン取材に応じて“打倒菅野”を宣言した。師と仰ぐ巨人・菅野が今オフの米メジャー挑戦を断念し、1年契約で残留。右腕は「優勝チームのエースを打ち崩す」とチーム一丸で完全攻略すると決意し、自身も“三度目の正直”で投げ合いを制する覚悟を示した。 避けては通れない“師匠”との戦い。西勇は菅野との直接対決を思い描き、投げ合いを制する覚悟を示した。「自分のパフォーマンスを出せたらいい。言葉ではなく、体で感じながら対戦していければ」。巨人の大黒柱を倒せば、16年ぶりのリーグ優勝に近づく。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・西勇輝投手(30)が19日、甲子園の室内練習場で自主トレを公開し、オンライン取材に応じて“打倒菅野”を宣言した。師と仰ぐ巨人・菅野が今オフの米メジャー挑戦を断念し、1年契約で残留。右腕は「優勝チームのエースを打ち崩す」とチーム一丸で完全攻略すると決意し、自身も“三度目の正直”で投げ合いを制する覚悟を示した。  ◇  ◇

後で読む
デイリースポーツ

巨人・元木大介ヘッドコーチ(49)が19日、ジャスティン・スモーク内野手(34)とエリック・テームズ内野手(34)の新助っ人コンビに大きな期待を寄せた。チームの構想では5、6番を任せる予定で「勝負強いところを見せてほしい」と言葉に力を込めた。 スモークが大リーグ通算196本塁打、テームズが同96本塁打で「やっぱりパワフル。大きいのを打てるのは魅力だなと思う」。チーム待望の長距離砲を4番・岡本の後ろに座らせる構想がある。

後で読む
東京スポーツ

〝静寂キャンプ〟を打ち破るキーマンは――。新型コロナウイルスの感染拡大は、球春到来を告げる春季キャンプにも暗い影を落としている。巨人では宮崎キャンプを無観客に変更し、2次キャンプ地の沖縄の見通しも不透…

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人・元木大介ヘッドコーチ(49)が19日、新加入のエリック・テームズ外野手(34)=前ナショナルズ、ジャスティン・スモーク内野手(34)=前ジャイアンツ=ら8人の助っ人に競争意識を求めた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は19日、ウィーラーが来日したと発表した。移籍2年目に向けてウィーラーは「短いオフだったが、しっかり休むことと練習することのメリハリをつけて過ごしてきた。去年以上の活躍ができるように、しっかり調整する」と球団を通じてコメントした。

後で読む
東京スポーツ

巨人のゼラス・ウィーラー内野手(34)が19日に米国から来日した。  空港での所定の検査や手続きを経て無事に入国し、今後は2週間の隔離期間を経て春季キャンプに合流する予定。ウィーラーは「S班」に組み…

後で読む
サンケイスポーツ

 阪神の谷本修球団本部長は19日、オンラインで行われたセ・リーグ理事会で巨人が指名打者(DH)制導入を求めたことを明らかにし「巨人さんからご提案があったのは事実。各球団からの意見を持ち寄って話し合った結果、採用しないという結論に落ち着いている」と述べた。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人は19日、ゼラス・ウィーラー内野手(34)が来日したと発表した。ウィーラーは球団を通じて「短いオフでしたが、しっかりと休むことと練習することのメリハリをつけて過ごしてきました。隔離期間はルールを守り、去年以上の活躍ができるように、しっかり調整していきます」と意気込んだ。

後で読む
日刊スポーツ

巨人が19日、帰国していたゼラス・ウィーラー内野手(34)が来日したと発表した。ウィーラーは球団を通じて「短いオフでしたが、しっかり休むことと練習することのめ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人は19日、帰国していたゼラス・ウィーラー内野手が来日したと発表した。 球団を通じて「短いオフでしたが、しっかり休むことと練習することのメリハリをつけて過ごしてきました。隔離期間はルールを守り、去年以上の活躍ができるように、しっかり調整していきます」とコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

 エースに託す-。阪神・矢野燿大監督(52)が19日、スカイAの番組「虎ヲタ 2月号」の収録にリモート出演。3月26日(ヤクルト戦、神宮)の開幕投手について問われ、西勇輝投手(30)に「任せたい」と話した。この日、西勇は甲子園室内練習場で自主トレを公開。オンライン取材に応じ、“師”の巨人・菅野智之投手(31)への思い、そしてG倒への決意を語った。

後で読む
日刊スポーツ

セ・リーグは19日、理事会を開き、巨人から今季暫定的にDH制を導入することが提案されたが、他球団が反対し、同案の採用は見送られた。阪神谷本球団副社長兼本部長は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

沖縄県の玉城デニー知事は19日、新型コロナウイルス感染拡大防止のためにプロ野球とサッカーのJリーグに対し、2月7日までの県独自の緊急事態宣言中はキャンプを無観客にするよう要請することを明らかにした。どちらも自治体の求めに従う方針で、宮崎県に続き沖縄県でも無観客でキャンプを迎えることになった。 プロ野球は阪神、中日、DeNA、広島、ヤクルト、ロッテ、楽天、日本ハムの8球団が沖縄県内で2月1日にキャンプインし、6日には巨人の一部選手も那覇市でキャンプに入る。既に無観客を決めていた宮崎組も含め、1軍は全12球団が観客なしでスタートすることになった。

後で読む
日刊スポーツ

セ・リーグは19日、理事会を開き、巨人から今季暫定的にDH制を導入することが提案されたが、他球団が反対し、同案の採用は見送られた。阪神谷本球団副社長兼本部長は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

セ・リーグは19日、理事会を開き、巨人から今季暫定的にDH制を導入することが提案されたが、他球団が反対し、同案の採用は見送られた。阪神谷本球団副社長兼本部長は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球セ・リーグの理事会が19日、オンラインで行われた。巨人側から新たなDH制案が提示され、1時間以上にわたり議論がなされたが、導入については見送られた。 巨人は新型コロナ禍での投手の負担軽減を目的に、今季から期間限定でのDH制導入を提案。昨年12月の同理事会で棄却されていた。今回の新提案についてリーグ理事長の阪神・谷本球団本部長は「十分に各球団からの意見を持ち寄って話し合った結果、採用しないという結論に落ち着いた」と説明した。

後で読む
東京スポーツ

西武、巨人、オリックスでプレーした元プロ野球選手の清原和博氏(53)が19日、ツイッターを更新。極寒の中、打撃練習中のワンショットを投稿した。  ツイッターにアップされた写真で清原氏は黒地のTシャツ…

後で読む
サンケイスポーツ

 日本野球機構(NPB)の理事会と12球団による実行員会が19日、オンラインで開かれ、セ、パ両リーグのアグリーメント(試合実施要項)の一部改定を確認。外国人選手の登録人数についての特記事項を設けないことになった。また、昨季チームから新型コロナウイルスの感染者が出た場合に選手の入れ替えをスムーズに行うために設けた「特例2020」の改訂版「特例2021」を承認した。

後で読む
サンケイスポーツ

 三井不動産は19日、東京ドームへの株式公開買い付け(TOB)に議決権ベースで84・8%の応募が集まり、成立したと発表した。今後は完全子会社化した上で、株式の2割を読売新聞グループ本社(東京)に譲渡。プロ野球巨人の本拠地である東京都文京区の球場や商業施設など一帯の再整備に共同で乗り出す。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人が19日、春季キャンプ1軍S班のメンバーを発表した。6日からの沖縄・那覇キャンプ前の練習場所は、川崎市のジャイアンツ球場から東京ドームに変更になった。S班は2月1日に東京ドームでキャンプインする。メンバーは以下の通り。

後で読む
日刊スポーツ

巨人が「ウィズコロナ仕様」の春季キャンプにモデルチェンジする。19日に首脳陣がミーティングを行い、ベテランや外国人が中心のS班19人を決定した。最年長38歳の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 西武、巨人、オリックスでプレーした元プロ野球選手の清原和博氏(53)が19日、ツイッターを更新。極寒の中、打撃練習中のワンショットを投稿した。  ツイッターにアップされた写真で清原氏は黒地のTシャツ…

後で読む
東京スポーツ

巨人は19日、春季キャンプの1軍S班のメンバーを発表した。  当初はベテラン数人と外国人選手がS班の予定だった。だが、宮崎県に独自の緊急事態宣言が出され、宣言中のキャンプは無観客開催になるなど状況も…

後で読む
日刊スポーツ

巨人が19日、3軍の春季キャンプの日程が変更になったと発表した。【変更後】◆2月1日~12日=ジャイアンツ球場(川崎市)・6日=休養日・13日=移動日◆同14… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人は19日、キャンプで1軍のベテランが主体の「S班」のメンバーを発表し、米大リーグとの交渉の影響で調整が遅れている菅野智之投手や坂本勇人内野手、丸佳浩外野手らが入った。DeNAからフリーエージェント(FA)で加入した梶谷隆幸外野手と井納翔一投手もS班となった。 S班は2月1日から4日まで東京ドーム、同6日から14日まで那覇市で練習を行う。16日からは宮崎での1次キャンプを終えて那覇市に移動する1軍本隊に合流する予定。

後で読む
東京スポーツ

 巨人は19日、春季キャンプの1軍S班のメンバーを発表した。  当初はベテラン数人と外国人選手がS班の予定だった。だが、宮崎県に独自の緊急事態宣言を出され、宣言中のキャンプは無観客開催になるなど状況も…

後で読む
デイリースポーツ

巨人は19日、春季キャンプ1軍S班のメンバーが決定したと発表した。那覇移動前のキャンプ場所がジャイアンツ球場(川崎市)から東京ドームに変更となった。S班のキャンプインは2月1日の東京ドームとなる。 S班のメンバーは以下の通り。

後で読む
デイリースポーツ

巨人の投手チーフコーチ補佐に桑田真澄氏が就任。17日のTBS系「サンデーモーニング」では桑田氏の指導理論に野球評論家・張本勲氏に反論し、話題となった。 番組では桑田コーチの「たくさん走ってたくさん投げるという時代じゃないので、スポーツ科学の発展で出てきている。それを活用して」という発言を紹介。これに対して張本氏は桑田コーチの加入を歓迎したうえで、その指導理論については「何を言っとるんじゃ!ダメだよ。科学的にやれるなら東大生はみんなうまくなるわ」などと、“喝”を入れた格好となった。

後で読む
デイリースポーツ

FA移籍3年目を迎えた阪神・西勇輝投手(30)が19日、甲子園球場の室内練習場で自主トレを公開し、オンライン取材に応じた。 例年はハワイを拠点に開幕に向けた準備をしているが、今年はコロナ禍で国内に変更。「思った以上に寒い」と環境の違いを実感する中で、6勤1休のペースを保ち故障しない体作りに励んでいる。

後で読む
デイリースポーツ

リーグ3連覇、悲願の日本一奪還を目指す巨人。今オフは野手の補強でDeNAから梶谷、メジャー通算196発のスモークと同96発のテームズを獲得したが、若手の成長なくして戦力の底上げにはつながらない。元巨人コーチで、デイリースポーツウエブ評論家・内田順三氏に期待の若手3野手を挙げてもらった。 ◇ ◇

後で読む
東京スポーツ

阪神・西勇輝投手(30)が19日、兵庫・西宮市内の甲子園球場での自主トレ終了後に、オンライン形式の記者取材に応対。シーズンへ向けた意気込みとともに、「師」と仰ぐ巨人・菅野智之投手(31)への思いを語…

後で読む
東京スポーツ

【赤坂英一 赤ペン!!】桑田真澄氏(52)の巨人復帰で、借金や原監督との確執はどうなった、次期監督は阿部二軍監督とのマッチレースか、というウワサ話がかまびすしい。が、まず現時点で桑田投手チーフコーチ補…

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレスの“大巨人”こと石川修司(45)が、新境地を開拓する。2日の後楽園大会では諏訪魔(44)と保持した世界タッグ王座から陥落し、「暴走大巨人」の解散を発表。東京スポーツ新聞社制定「プロレス…

後で読む
日刊スポーツ

日刊スポーツは2021年も大型連載「監督」をお届けします。日本プロ野球界をけん引した名将たちは何を求め、何を考え、どう生きたのか。ソフトバンクの前身、南海ホー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

西武や巨人などで活躍した清原和博氏(53)の長男・正吾さん(18)が、今春進学予定の慶大で野球部への入部を希望していることが18日、分かった。慶大・堀井哲也監督(58)が取材に応じ、入部を歓迎した。 正吾さんは在学中の慶応高でアメリカンフットボール部に在籍。高校野球を経験していない選手の入部は極めて異例だが、堀井監督は「他の競技ではあるが、トップクラスの選手だったというし、やりたいという強い気持ちがある。喜んで迎え入れたい」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

高校生離れした長打力で甲子園を沸かした星稜・松井秀喜は、1992年度ドラフトで中日、ダイエー、阪神、巨人の4球団が競合。復帰した巨人・長嶋茂雄監督自らが引き当てた。 93年年明けの1月11日に松井の背番号が55に決定。同14日には川崎市の巨人寮に入寮。「眠いスよ」と大あくびを連発する余裕すら見せていた。翌15日はジャイアンツ球場室内練習場で西山一宇ら同期生3人と東京初練習を行った。

後で読む
サンケイスポーツ

 2月1日から阪神、ヤクルトなど8球団(巨人1軍は同16日~)が春季キャンプを行う沖縄県でも無観客で実施することが18日、有力となった。沖縄では同日に67人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表し、県独自の緊急事態宣言を検討している。この日は中日が沖縄・北谷町での1軍キャンプを無観客で行う方針が判明。緊急事態宣言が解除されるまでの無観客が15日に決まった宮崎県に続き、19日にも全12球団の無観客キャンプが決まる。

後で読む
東京スポーツ

 DeNAからFAで巨人に加入した井納翔一投手(34)の「超人コミュ力」が注目されている。リーグ3連覇と日本一を目指す原巨人で先発ローテーションの一角と期待される右腕は、言語のカベも超越する対話力を持…

後で読む
サンケイスポーツ

 DeNAからフリーエージェント(FA)で巨人に加入した井納翔一投手(34)が18日、川崎市のジャイアンツ球場で今年初のブルペン入り。先発ローテの一角として期待される右腕は、4年ぶりの規定投球回数到達を目標に掲げた。

後で読む
日刊スポーツ

DeNAから巨人にFA加入した井納翔一投手(34)が日刊スポーツに新愛称の命名権を委ねた。18日、川崎市のジャイアンツ球場での自主トレ後、リモートで取材に応じ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 奮闘むなしく…。巨人の石井琢朗野手総合コーチ(50)と大城卓三捕手(27)が、18日放送の「有吉ゼミSP」(日本テレビ系列)に出演。ギャル曽根(35)に大食い対決を挑み、あえなく返り討ちにされた。 …

後で読む
サンケイスポーツ

 西武、巨人、オリックスで通算525本塁打を放った清原和博氏(53)の長男・正吾さん(18)=慶応高3年=が慶大野球部への入部を希望していることが18日、分かった。

後で読む
デイリースポーツ

 西武や巨人で活躍した清原和博氏(53)が18日、自身のツイッターを更新。トレーニングジムで筋トレ中の写真を掲載し、「今日はええ天気や 散髪して気合い入った 負けへんで 今からプロテイン一気のみや」とつぶやいた。 この日、長男の正吾さんが進学予定の慶大で野球部への入部を希望していることが明らかになったが、この件に関して清原氏からはコメントされていない。

後で読む
東京スポーツ

DeNAからFAで巨人に加入した井納翔一投手(34)が、新天地で「吸収と還元」をテーマにシーズンに臨む。  18日、川崎市内のジャイアンツ球場で自主トレを公開。今年初となる16球のブルペン投球を行っ…

後で読む
デイリースポーツ

巨人にフリーエージェント(FA)でDeNAから加入した井納翔一投手が18日、川崎市のジャイアンツ球場で今年初めて投球練習を行った。東京ドームと同じ仕様のブルペンで15球程度を投げ「初日にしては思ったより良かった。ホームで投げていくマウンド。体の使い方も合うようなフォームにしないといけない」と意欲的に話した。 4年ぶりの規定投球回到達をまずは目標に掲げる。34歳になる年に新天地での挑戦を選び「ルーキーの時のような不安もあり楽しみもある。それをずっと覚えておくのはなかなか難しいかもしれないが、少しでも忘れずにやっていきたい」と表情を引き締めた。

後で読む
サンケイスポーツ

 DeNAからFAで加入した巨人・井納翔一投手(34)が18日、川崎市のジャイアンツ球場での自主トレーニングの合間にオンライン取材に応じ「今シーズン、けがをしないようにというのが大きなテーマ。技術的には質のいい真っすぐを投げるということをやっています」と自主トレのテーマを明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

 プロ野球セ、パ両リーグは18日、今季オープン戦日程の一部変更を発表。オープン戦がスタートする2月23日に組まれていた中日-広島(北谷)は練習試合に変更され、同日のオープン戦は日本ハム-楽天(名護)、ヤクルト-巨人(浦添)の2試合となった。

後で読む
デイリースポーツ

FAで巨人に移籍した井納翔一投手(34)が18日、ジャイアンツ球場で自主トレを公開した。先発として4年ぶりに規定投球回に到達するため、エース菅野の技術を見て、盗む考えを示した。 この日は今年初めてマウンドを使い投球練習を行った。先発ローテーションの一角として期待されているFA戦士は「ここ何年か、1年間ローテーションで投げていない。体の調整方法など、そういうところが1年間投げる上で大事」と力を込めた。

後で読む
デイリースポーツ

西武や巨人などで活躍した清原和博氏の長男・正吾さんが今春に進学予定の慶大野球部への入部を希望していることが18日、わかった。 正吾さんは在学中の慶応ではアメリカンフットボール部に所属しているが、内部進学を目指す慶大では父と同じ競技へ転身する意思を示しているという。堀井哲也監督ら首脳陣も正吾さんの思いを受け、昨年末には同大学の練習会に参加させて実力を確かめた。

後で読む
東京スポーツ

原巨人の目利き力が試されそうだ。巨人のドラフト1位・平内龍太投手(22=亜大)らルーキーは14日から新人合同自主トレで汗を流している。近未来のチームを担う育成を含む19選手は昨年4月にスカウト体制を…

後で読む
日刊スポーツ

西武、巨人などで活躍した清原和博氏(53)の長男で慶応高3年の正吾さんが、慶大野球部に入部する希望を持っていることが明らかになった。正吾さんは小学校から慶応で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武、巨人などで活躍した清原和博氏(53)の長男で慶応高3年の正吾さんが、慶大野球部に入部する希望を持っていることが明らかになった。正吾さんは小学校から慶応で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツニッポン

 西武、巨人、オリックスでプレーし、プロ野球通算525本塁打を放った清原和博氏(53)の長男・正吾さん(18)が慶大野球部入りを希望していることが17日、分かった。慶応普通部(中学)―慶応高の6年間は他球技でプレーしていたが、今春の慶大進学を機に、父が一時代を築いた野球を選択。周囲からの反響は覚悟の上で、神宮球場でのプレーを目標に東京六大学の名門に挑む決意を固めた。

後で読む
デイリースポーツ

中日・大野雄大投手(32)が17日、沖縄・北谷球場で自主トレを行った。竜の絶対的エースは今季開幕戦の広島戦(3月26日・マツダ)と、2カード目の本拠地開幕戦となる巨人戦(同26日・バンテリンドームナゴヤ)の両にらみで調整。どちらの大役を任されても、沢村賞左腕がチームをV奪回へと導く。 名実ともに開幕投手の筆頭候補だが「もちろん投げられることは見せていかなくてはいけない」と2年連続4度目の大役を視野に入れる一方、「あとはチームの方針です」と続けた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・戸郷翔征投手(20)が17日、体力向上でプロ初完投を目指していくと誓った。オフ期間に4キロの体重増に成功。馬力をつけて3年目のシーズンに挑む。 今季テーマの一つが完投だ。「昨シーズンは中継ぎの方にたくさん、助けてもらった。何とか完投できればと思っています」。昨季9勝をマークするも完投はなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人・戸郷翔征投手(20)が17日、シーズンフル回転へ「サウナ浴」を導入するプランを明かした。昨季は高卒2年目で9勝を挙げたが、シーズン終盤に失速。エースの菅野智之投手(31)からの勧めもあり、今季はサウナで疲労回復を図る。年間を通じた活躍、目標の「15勝」達成へ“サ道”が若き右腕の秘策となる。

後で読む
サンケイスポーツ

 阪神の今春1軍キャンプで臨時コーチを務める川相昌弘氏(56)=元巨人、中日=が、主催する岡山県内での少年野球大会が中止となった17日、オンライン取材に応じた。ゴールデングラブ賞に6度輝き、引退後は中日、巨人で指導者を歴任した守備の名手は、3年連続12球団ワーストの失策数を記録した虎について「何十個かというのは全然減る」と断言。そのための3つのポイントを挙げた。

後で読む
日刊スポーツ

巨人名手の血を入れ猛虎革命だ。阪神の今春キャンプで臨時コーチを務める川相昌弘氏(56)が17日、少年野球大会「川相昌弘杯」がコロナ禍で中止になったことを受けて… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 2年目のジンクス打破への秘策とは――。巨人の戸郷翔征投手(20)が17日、地元・宮崎での自主トレ終了後、今季に向けた取り組みを明かした。  プロ2年目の昨季は、19試合(先発として18試合)に登板し…

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人は17日、24日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS・ジャイアンツスペシャル」に元木大介ヘッドコーチ(49)、岡本和真内野手(24)らが出演することを発表した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・元木大介ヘッドコーチ(49)、岡本和真内野手(24)らが、24日の午後7時からフジテレビ系で放送される「ジャンクSPORTS」に出演する。 元木ヘッドコーチや4番の岡本、さらに・炭谷銀仁朗と大城卓三の捕手コンビ、若手売り出し中の松原聖弥外野手と湯浅大内野手、左腕コンビの田口麗斗投手と今村信貴投手が登場。MCのダウンタウン・浜田雅功、さらに巨人ファンのナイツ・塙宣之、野球ユーチューバーのトクサンも参加する。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人は12日、球団OBで現役時代に通算173勝を挙げた桑田真澄氏(52)が1軍の投手チーフコーチ補佐に就任すると発表した。東大大学院で特任研究員として研究してきた実績もあり、科学的な指導にも期待がかかる桑田氏は、「われわれの時代はたくさん走ってたくさん投げろという時代だった。でも今はテクノロジーの進化で、フォームをすぐにコマ送りで見られる時代。自分の感覚と実際の動きが一致することが大事」と語った。

後で読む
日刊スポーツ

新生・日大が17日、スタートした。千葉・習志野のグラウンドで今年の練習を開始。巨人片岡治大コーチの兄で、1月1日付で就任した片岡昭吾監督(42)は140人超の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人に入団したジャスティン・スモーク内野手(34=前ジャイアンツ)が16日、故郷サウスカロライナ州の地元紙のインタビューで家族で日本行きを楽しみにしている様子… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 野球評論家の張本勲氏(80)が17日、TBS系「サンデーモーニング」にリモート生出演。プロ野球・巨人がOBの桑田真澄氏(52)の「投手チーフコーチ補佐」就任を発表したことを受けて、自身の見解を述べた…

後で読む
デイリースポーツ

元巨人投手で野球評論家の上原浩治氏が17日、ツイッターを更新し、発生から26年となる阪神・淡路大震災について思いを明かした。 当時は大学受験浪人生だったとし「1月17日…あの日から26年が経ちました。阪神・淡路大震災…浪人生だった自分。警備員のバイト先の事務所で当時の状況を知りました」と当時を振り返った。「自分の家の方も震度5ぐらいだったかな…自然災害が多い昨今、自分に何が出来るんだろうか…出来ることをすればいいとは思うけど」と、災害に備えることの大切さを改めて伝えた。

後で読む
日刊スポーツ

張本勲氏(80)が17日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」にリモート出演。巨人の投手チーフコーチ補佐に就任した桑田真澄氏についてコメントした。「若い人がど… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

野球評論家の張本勲氏が17日、TBS系「サンデーモーニング」にリモート出演し、巨人の投手チーフコーチに就任した桑田真澄氏の指導理論について「何を言っとるんじゃ!ダメだよ」と反論した。 スポーツコーナーで、桑田氏のコーチ就任会見の様子を伝えた。張本氏は「こういう若い人が出てくれないと。指導者は要領のいい人ではなく内容。指導によって選手の人生が変わるんだから」と期待を寄せた。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・梅野隆太郎捕手(29)が16日、ソフトバンクの球団会長付特別アドバイザーを務める城島健司氏(44)への恩返しを誓った。この日は沖縄県内で岩崎、大山らと行っている合同自主トレをオンラインで公開。“打倒巨人”を胸に16年ぶりのリーグ優勝を果たし、日本シリーズの大舞台で“師匠”と再会する。  ◇  ◇

後で読む
日刊スポーツ

巨人を抑えて、打って、優勝へ! 阪神梅野隆太郎捕手(29)が16日、沖縄県内のグラウンドで岩崎、大山らとともに行う自主トレを公開した。昨季は優勝した巨人に7・… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神・梅野隆太郎捕手(29)が16日、ソフトバンクの球団会長付特別アドバイザーを務める城島健司氏(44)への恩返しを誓った。この日は沖縄県内で岩崎、大山らと行っている合同自主トレをオンラインで公開。“打倒巨人”を胸に16年ぶりのリーグ優勝を果たし、日本シリーズの大舞台で“師匠”と再会する。 梅野は決意した。幼少期から憧れていた城島氏の代名詞ともいえる背番号2で挑む今季。正捕手として16年ぶりのリーグ優勝を成し遂げ、同氏が現在所属する王者鷹軍団と頂上決戦で戦いたい-。最高の恩返しの形を脳裏に描き、拳を握った。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・小林誠司捕手(31)は2017年に自己最多の138試合でマスクをかぶり、ゴールデングラブ賞も獲得したが、昨季は故障もあり10試合の出場にとどまった。もう一度ケガに強い体を作り上げ、正捕手の座を取り戻す。 復活に燃える小林について、巨人・元木大介ヘッドコーチ(49)は「去年、何もやってないから。誠司(小林)も悔しい思いをしているから」と巻き返しに期待した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・丸佳浩外野手(31)が16日、オンラインのファンミーティング(ファイテン主催)に参加。菅野が8日に巨人残留が決まった直後に「『今年もよろしく。日本一、目指して頑張ろうね』と連絡をくれました」と明かした。 同学年の菅野が残留を決断するまでに「悩んでいるふうに見えました。本人の口からそういう言葉が出ていました」と振り返る。右腕の心中も察し「一区切りつけて、落ち着ける。良かった」とし、「戦う上で心強いと思いました」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

ドラフト1位で入団しながらも現状に苦しむ選手にスポットを当て、今季への思いや意気込みを聞く“ドラ1の逆襲”。巨人・小林誠司捕手(31)は2017年に自己最多の138試合でマスクをかぶり、ゴールデングラブ賞も獲得したが、昨季は故障もあり10試合の出場にとどまった。もう一度ケガに強い体を作り上げ、正捕手の座を取り戻す。  ◇  ◇

後で読む
日刊スポーツ

巨人を抑えて、打って、優勝へ! 阪神梅野隆太郎捕手(29)が16日、沖縄県内のグラウンドで岩崎、大山らとともに行う自主トレを公開した。昨季は優勝した巨人に7・… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

〝白い巨人〟から、期待の若手FWが去った。これがスペイン1部ヘタフェに加入した日本代表MF久保建英(19)の去就に大きな影響を及ぼすかもしれない。  久保の保有元である同1部レアル・マドリードは、セル…

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人・丸が16日、スポーツ健康関連の商品などを販売する「ファイテン」主催のオンラインファンミーティングに登場。DeNAからFAで加入した梶谷とはオフに通うジムが同じという縁があり、「パンチ力がある選手だったが、確率がよくなった。話を聞きたい」と共闘を心待ちにした。残留が決まった同い年の菅野については「日本一を目指して頑張ろう、と連絡が来た。悩んでいるようだったが、落ち着けてよかった」とおもんぱかった。

後で読む
デイリースポーツ

昨季、28本塁打で巨人・岡本らと本塁打王争いを演じた阪神・大山。19年シーズン終了後から20年シーズンの開幕まで、本人が課題としていた“数字”がどうだったか気になった。口にしていたのは空振り率と四球数。それは矢野政権1年目、開幕から4番で起用されたシーズンの反省点。“答え合わせ”をすると、見事に克服されていたことが分かった。 (1)空振り率(19年・143試合、587打席で37・8%→20年・116試合、471打席で45・2%)

後で読む
デイリースポーツ

巨人・丸佳浩外野手が16日、オンラインのファンミーティング(ファイテン主催)に参加。8日にメジャー挑戦を目指した菅野智之投手の巨人残留が決まった直後、「『今年もよろしく。日本一、目指して頑張ろうね』と連絡をくれました」と明かした。 ポスティングシステムを利用して、米大リーグ移籍を目指していた同僚。同学年でもあり決断するまでに「悩んで、いるふうに見えました。本人の口からそういう言葉が出ていました」と丸。本人の心中も察し「一区切りつけて、落ち着ける。良かった」とし、今季も共に戦えるだけに「心強いと思いました」と語った。

後で読む
日刊スポーツ

巨人丸佳浩外野手(31)が、岡本和真内野手(24)とのプチブームを明かした。16日、契約を結ぶファイテンのオンラインミーティングに登場。ファンからの「とってお… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 旅行の相棒にエース指名!? 巨人の丸佳浩外野手(31)が16日、ファイテン主催のオンラインファンミーティングに登場。軽快なトークでイベントを盛り上げた。  この日はコロナ禍により、リモートツール「Z…

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人・丸佳浩外野手(31)が16日、健康関連の商品などを販売する「ファイテン」が主催したオンラインファンミーティングに登場。昨季を振り返りながら、ファンの質問に直接答えた。

後で読む
サンケイスポーツ

 ポスティングシステムでの米大リーグ移籍がまとまらず、プロ野球巨人に残留した菅野智之投手(31)が14日、日本球界最高となる年俸8億円で契約を更改した。巨人は複数年契約を用意していたが、今季中に海外フリーエージェント(FA)権を取得する見込みで、来季の米再挑戦を見据えて1年契約を選択した。

後で読む
日刊スポーツ

2年連続の開幕マスクを狙う日本ハム宇佐見真吾捕手が、盗塁阻止率アップを目指して新ミットを採用した。現在、千葉・鎌ケ谷で自主トレ中。「ハンドリングの面で扱いやす… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの甲斐拓也捕手(28)が16日、鹿児島・鹿屋で行っている自主トレを公開した。  捕手が集まって行っている合同自主トレ。衝撃を受けたと明かしたのが、巨人の若手・山瀬慎之助捕手(19)だった…

後で読む
東京スポーツ

【球界平成裏面史 阪神世界一編(1)】今や万年Aクラス争いのチームと化している阪神だが、シーズン4位に泣いた平成16年(2004年)は“世界一”を決めている。  開幕直前の3月29日、敵地・東京ドーム…

後で読む
日刊スポーツ

宮崎県で春季キャンプを行うプロ野球6球団は15日、新型コロナウイルスの感染拡大による政府の緊急事態宣言と宮崎県独自の緊急事態宣言が解除されるまで、キャンプを無… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪へJUMP! 巨人坂本勇人内野手(32)が15日、国内の自主トレ先からオンラインで取材対応。かねて出場に意欲を見せている五輪に向け意気込んだ。若手選手… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神・北條史也内野手(26)が15日、国内で球団を通じて取材に応じ、合同自主トレ中の巨人・坂本勇人内野手(32)から数々の金言を授かったことを明かした。昨季出場機会が激減した北條から、光星学院(現八戸学院光星)の先輩・坂本勇に弟子入りを志願し、初めて実現した。偉大な先輩の技術を吸収し、レギュラー奪回を目指す。 北條は大先輩の一挙手一投足を目に焼き付けている。濃密な時間を無駄にはできない。「シンプルに技術を磨けと言われました」。悩める北條の心に、坂本勇の言葉が突き刺さった。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・坂本勇人内野手(32)が15日、国内で自主トレを行い、21年に開催が延期となっている東京五輪出場に強い意気込みを示した。 日の丸を背負って大舞台に立つ-。今年の大きな発奮材料だ。「僕の野球人生の中で新しくできた目標の1つ。そこに選ばれるためには、しっかり結果を出すしかない。そのためにも今、ムチを打って頑張っている」と胸を高鳴らせた。

後で読む
デイリースポーツ

斬新な企画や内容で大いに注目を集める巨人の公式YouTube。389万再生回数(1月15日現在)で球団トップを誇る菅野の超人気動画には、“誕生秘話”があった。 ジャイアンツ球場の室内ブルペンで投球練習をするエース。投球前と投球後にそれぞれ球速を予測し、ほぼ正確に数字を当てる。例えば投球後に137・5キロと予想したが、実際の計測と同じ137・5キロだった-。その驚異の“感覚”に周囲も度肝を抜かれ、ほとんどの民放テレビ局が放送するほど話題になった。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルス感染拡大を受け、宮崎県の河野俊嗣知事は15日の記者会見で、プロ野球やサッカーJリーグのキャンプを無観客で行うことと、選手らの不要不急の外出自粛を要請したと明らかにした。これを受け県内でキャンプを行う巨人、ソフトバンク、広島、オリックス、西武、ヤクルトの6球団は、政府と宮崎県双方の緊急事態宣言が解除されるまで無観客で実施することを発表した。 コロナ禍の猛威が、南国・宮崎で“春の風物詩”となっているキャンプ観戦にも暗い影を落とした。同県内でキャンプを張る6球団はこの日、河野知事の要請を受けて無観客で実施することを発表。期間は政府と宮崎県独自の緊急事態宣言が双方とも解除されるまでとした。

後で読む
東京スポーツ

巨人のキャプテン坂本勇人内野手(32)が日本一へ向けて全集中だ。昨季通算2000安打を達成したGの主将はキャンプインを前に「打ちまくりたい」と目を輝かせ、グラウンド外でもオフ返上で〝野球漬け〟状態に…

後で読む
日刊スポーツ

ついに「ハヤト塾」入門だ。阪神北條史也内野手(26)が15日、国内で行われている巨人坂本勇らとの合同自主トレを公開した。光星学院(現八戸学院光星)の6学年先輩… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

母校の先輩の力を借りて9年目の覚醒を――。阪神・北條史也内野手(26)が15日、巨人・坂本らと行っている自主トレを公開。球団を通じて取材に応じた。  今年から母校・光星学院高の大先輩に弟子入りし「シ…

後で読む
サンケイスポーツ

 国内で自主トレーニング中の巨人・坂本勇人内野手(32)が15日、オンラインで取材に応じ、日本ハム・西川遥輝外野手(28)から直伝された“ジャンプトレ”を導入していることを明かした。また、今オフの米大リーグ移籍を断念して残留した菅野智之投手(31)を大歓迎。投打の柱がタッグを組み、リーグ3連覇を狙う。

後で読む
サンケイスポーツ

 沖縄県内で自主トレーニング中の巨人・坂本勇人内野手(32)が15日、オンラインで取材に応じ、日本ハム・西川遥輝外野手(28)から直伝された“ジャンプトレ”を導入していることを明かした。また、今オフの米大リーグ移籍を断念して残留した菅野智之投手(31)を大歓迎。投打の柱がタッグを組み、リーグ3連覇を狙う。

後で読む
日刊スポーツ

巨人は15日、政府の緊急事態宣言と宮崎県の緊急事態宣言の双方が解除されるまでの間、宮崎県内でのキャンプを無観客で実施すると発表した。双方の緊急事態宣言が解除さ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 2月1日から宮崎県内で春季キャンプを予定している巨人、ソフトバンク、オリックス、西武の4球団の1軍キャンプ、広島、ヤクルトの2球団の2軍キャンプが無観客で実施されることが15日、決まった。

後で読む
デイリースポーツ

巨人が12日、桑田真澄氏の1軍チーフ投手コーチ補佐への就任を発表した。15年ぶりの古巣復帰で、チームにはどのような効果が期待されるのか。桑田氏が現役時代、巨人で打撃コーチを務めていた内田順三氏(デイリースポーツ・ウェブ評論家)に聞いた。 ◇ ◇

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人は15日、春季キャンプを行う宮崎県の河野俊嗣知事(56)がこの日の会見で、緊急事態宣言中は無観客での実施を球団に要請すると発表したことを受け、政府と宮崎県の緊急事態宣言の双方が解除されるまでの間、宮崎キャンプを無観客で実施すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球の巨人、ソフトバンクは15日、宮崎県内で行う春季キャンプを無観客で実施することを発表した。 この日、宮崎県の「本県でキャンプを行うプロ野球、Jリーグチームの皆様へのお願い」(1月15日河野知事会見にて発表)の要請を受け、政府の緊急事態宣言と宮崎県の緊急事態宣言の双方が解除されるまでの間、同じく宮崎県内がキャンプ地のソフトバンク、巨人、ヤクルト(2軍)、広島(2軍)、西武、オリックスとも無観客で実施することを確認したことも報告した。

後で読む
スポーツニッポン

 宮崎県の河野俊嗣知事(56)は15日、2月1日から県内各所で予定されているプロ野球のキャンプについて、国および県独自の緊急事態宣言中は無観客での実施を球団に要請したと明かした。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球のソフトバンクは15日、宮崎県内で行う春季キャンプを無観客で実施することを発表した。 この日、宮崎県の「本県でキャンプを行うプロ野球、Jリーグチームの皆様へのお願い」(1月15日河野知事会見にて発表)の要請を受け、政府の緊急事態宣言と宮崎県の緊急事態宣言の双方が解除されるまでの間、同じく宮崎県内がキャンプ地の巨人、ヤクルト(2軍)、広島(2軍)、西武、オリックスとも無観客で実施することを確認したことも報告した。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人・坂本勇人内野手(32)が15日、オンライン取材に応じ、国内を拠点に行っている合同自主トレについて明かした。

後で読む
東京スポーツ

この男の向上心は底なしなのか――。巨人のキャプテン坂本勇人内野手(32)が、パ・リーグ屈指のスピードスターから、新たなトレーニング術を吸収した。  15日、坂本は自主トレ終了後にリモート取材に応じた…

後で読む
日刊スポーツ

巨人坂本勇人内野手(32)が15日、国内で自主トレを行い、リモートで取材対応した。昨年12月に日本ハム西川から教わったというジャンプ系のトレーニングを取り入れ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツニッポン

 巨人残留を決めた菅野智之投手(31)が14日、都内の待機先で契約更改交渉を行い、日本球界最高となる年俸8億円で更改した。昨季までは日本選手最高額6億5000万円で佐々木主浩(横浜=現DeNA)と並んでいたが、1億5000万円増で03、04年ペタジーニ(巨人)の年俸7億2000万円を超えて最高峰に立った。1年契約を選択し、日本一の先にある来季の米再挑戦を見据えた。

後で読む
東京スポーツ

【球界平成裏面史 阪神・鳥谷編(3)】指揮官の〝寵愛〟を受けてきた阪神の黄金ルーキー・鳥谷敬内野手は、平成16年(2004年)4月2日の巨人との開幕戦(東京ドーム)に「7番・遊撃」でスタメンに名を連ね…

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの和田毅投手(39)が14日、パ・リーグ左腕初となる40代での2桁勝利と自身5年ぶりの規定投球回到達を今季の目標に掲げた。長崎県営野球場で自主トレを公開。体の内側にも刺激を入れるエクササイズ「ピラティス」を取り入れて昨季疲労が蓄積した股関節などをじっくりと強化し、2桁星へと準備を整えている。 「規定投球回と2桁(勝利)というのは目指したい数字」。プロ19年目を迎える左腕は、はっきりと目標を口にした。2月の誕生日で40歳。40代で2桁勝利を挙げた投手は過去に6人。そのうち左腕で達成したのは、当時巨人に在籍していた工藤公康(04、05年)、中日山本昌(06、08年)、阪神下柳剛(08年)の3人だけだ。

後で読む
日刊スポーツ

バリバリ現役のメジャー野手が、続々と日本球界にやってくる。巨人にはジャスティン・スモーク内野手(34=ジャイアンツ)とエリック・テームズ内野手(34=ナショナ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人・桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)が14日、川崎市内のジャイアンツ球場で行われた新人合同自主トレを初視察。12日に電撃的に就任が発表された新コーチにとっては初仕事で、現役時代に鍛錬を積んだ同球場に「自分が新人として初めて足を踏み入れたことを回想しました」と懐かしそうに語った。 久しぶりの“庭”で原監督やコーチ陣とも顔を合わせた。「皆さんから学ぶこともたくさんあると思います。情報交換が必要。チームの課題と強化策を皆さんと一緒に考えていきたい」と淡々とした口調に強い決意をにじませた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・菅野智之投手(31)が14日、都内の滞在先で書面のやり取りなどを通じた契約更改交渉に臨み、日本球界史上最高年俸となる年俸8億円で更改した。今オフはポスティングシステムで米球界挑戦を目指したが残留を選択。球団からは4年契約を提示されたとみられるが、これを断って単年契約の道を選んだ。今季中に海外FA権を取得できる見込みで、秋に日本一を勝ち取り、再度メジャー挑戦を目指す。(金額は推定) 史上最高の評価を得た。03、04年の巨人・ペタジーニを超える1億5000万増の年俸8億円。菅野は「やっぱりそれだけプレッシャーもありますし、その金額に見合った活躍をしないといけない。身が引き締まる思いです」と決意を新たにした。

後で読む
東京スポーツ

 ついに日本球界の頂点に――。巨人・菅野智之投手(31)が14日に契約更改を行い、ペタジーニ(元巨人)の7億2000万円を上回るプロ野球史上最高額となる8億円で単年契約した。球史に新たな金字塔を打ち立…

後で読む
東京スポーツ

巨人の絶対的エース・菅野智之投手(31)が14日、東京都内の待機先で球団と書面のやり取りなどを通じた契約更改交渉を行い、プロ野球史上最高額となる単年8億円でサインした。ポスティングシステムを利用した…

後で読む
サンケイスポーツ

 レジェンドが帰ってきた!! 巨人・桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)が14日、川崎市のジャイアンツ球場で初日を迎えた新人合同自主トレを視察し“初仕事”に臨んだ。巨人の一員としては15年ぶりに訪れた原点の地で、早速“桑田イズム”を全開にした。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・菅野智之投手が14日、契約更改交渉を行い、日本球界史上最高年俸の8億円で更改した。(金額は推定) 昨年は6億5000万円で佐々木主浩(横浜)と並んでNPB日本人最高年俸だった。外国人選手を含めたNPB史上最高年俸は03、04年の巨人・ペタジーニの7億2000万円だったが、これを超えたことも明かした。

後で読む
スポーツニッポン

 ポスティングシステムによる移籍を目指して大リーグ球団と交渉し、残留を決めた巨人・菅野智之投手(31)が14日、契約更改交渉に臨み、推定年俸8億円でサインした。

後で読む
日刊スポーツ

「巨人・桑田」が5226日ぶりにジャイアンツ球場に帰ってきた。桑田真澄1軍投手チーフコーチ補佐(52)が14日、新人合同自主トレを視察。06年9月24日の2軍… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

打倒ソフトバンクへ、巨人原辰徳監督が新入団選手にプロの心構えを授けた。川崎市のジャイアンツ球場で行われた新人合同自主トレ初日の冒頭、ルーキーを前に「『限界を超… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ポスティングシステムでの米大リーグ移籍がまとまらず、プロ野球巨人に残留した菅野智之投手(31)が14日、日本球界最高となる年俸8億円で契約を更改した。巨人は複数年契約を用意していたが、今季中に海外フリーエージェント(FA)権を取得する見込みで、来季の米再挑戦を見据えて1年契約を選択した。 これまではペタジーニ外野手が2003年から巨人と結んだ2年契約の年俸7億2千万円が最高とされていた。9日に米国から帰国し、東京都内の待機先から書面のやりとりなどを通じて交渉した。

後で読む
デイリースポーツ

エイジェックスポーツマネジメントは14日、オンラインで「NPB専門養成アカデミー」を目的としたトレーニング・プロフェッショナル・アカデミー(TPA)の設立記者会見を開いた。 同アカデミーは元巨人・星野真澄氏や元西武・中崎雄太氏といったNPBを経験した選手が講師役を務め、野球の技術指導をするとともに座学ではトレーニング学や栄養学などの専門知識を身につけることができる。練習ではトラックマンを常に活用。責任者の江部達也氏は「一人でも多くNPBに輩出できるような環境を」と意気込んだ。同グループである社会人野球のエイジェックやBC栃木との交流で、実戦感覚を養っていくことも視野に入れている。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・菅野智之投手が14日、契約更改交渉を行い、日本球界史上最高年俸の8億円で更改した。(金額は推定) 昨年は6億5000万円で佐々木主浩(横浜)と並んでNPB日本人最高年俸だった。外国人選手を含めたNPB史上最高年俸は03、04年の巨人・ペタジーニの7億2000万円だったが、これを超えたことも明かした。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・菅野智之投手が14日、契約更改交渉に臨み、日本球界最高年俸の8億円で更改。交渉後のリモート取材では、メジャーリーグ挑戦を目指して渡米中、あふれていた情報は誤りだとし、報道陣に自身の考えを示した。 菅野自ら口を開き、「渡米している間にいろんな情報が錯綜していたと思う。出ていた金額は根も葉もない情報だった。それだけは言っておきたいなというのはあります」と切り出した。

後で読む
日刊スポーツ

球界最高年俸を更新した。巨人菅野智之投手(31)が14日、契約更改交渉に臨み「そこは超えました」と03年、04年のペタジーニ(巨人)の年俸7億2000万円を超… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人の新人合同練習が14日、川崎市のジャイアンツ球場で始まり、ドラフト1位の平内龍太投手(亜大)は「思ったより体もしっかり動けていたので、ここまで準備できていたかなと思う」と充実した表情でうなずいた。 約50メートルのキャッチボールや守備練習などをこなし順調な調整ぶりを首脳陣にアピール。「まだキャンプも始まっていない。そこに向けての準備が今の自分のテーマ」と落ち着いた口調で話した。

後で読む
東京スポーツ

巨人の新人合同自主トレが14日、神奈川・川崎市内のジャイアンツ球場でスタートし、グラウンドには初日から豪華なメンバーが集結した。  原監督、阿部二軍監督、そして先日、15年ぶりとなるチーム復帰を果た…

後で読む
日刊スポーツ

巨人ドラフト2位山崎伊織投手(22=東海大)が14日、新人合同自主トレ初日を終えた。昨年6月に右肘のトミー・ジョン手術を受け、現在はリハビリ中だ。この日はキャ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人の桑田真澄投手チーフコーチ補佐が14日、川崎市ジャイアンツ球場で始まった新人合同練習を視察し“初仕事”に臨んだ。自身のルーキー時代を回想し「野球はうまくならないと楽しめない。早くうまくなって楽しんで1軍でも活躍してもらいたい」と期待した。 15年ぶりに巨人に復帰し、他のコーチ陣とあいさつを交わした。「久しぶりに中に入ると、勝負の世界の緊張感を少し感じた。どんな形でもいいので力になりたい、貢献したい思いが強かった」と表情を引き締めた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人のドラフト1位・平内龍太投手(22)=亜大=、山崎伊織投手(22)=東海大=が14日、ジャイアンツ球場で新人合同自主トレに臨んだ。 キャッチボール、ペッパー、ノックなどで体を動かした。平内は「思ったよりも動けていた。ここまでしっかり準備できていたと思う」と手応え。今後はキャンプに向けての準備をテーマに合同自主トレに臨んでいく。

後で読む
デイリースポーツ

元巨人で大リーグでも活躍した上原浩治氏が14日、インスタグラムを更新。プレゼント企画として、ロッテからFAとなっている沢村拓一投手のサインボールを紹介した。 巨人のチームメートとして上原氏と沢村は自身のYouTubeチャンネル「上原浩治の雑談魂」で対談。動画内でプレゼント企画をしていた。

後で読む
東京スポーツ

早くも〝桑田節〟が全開だ。巨人に新入閣したばかりの桑田真澄投手チーフコーチ補佐が、14日に行われた新人合同自主トレを視察した。  2日前の12日に就任したばかりのレジェンドOBは、この日がコーチ業と…

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人・阿部慎之助2軍監督(41)が14日、川崎市のジャイアンツ球場での新人合同自主トレ初日を視察し、新人選手へ金言を授けた。

後で読む
サンケイスポーツ

 新任の巨人・桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)が14日、初日を迎えた新人合同自主トレを視察した。川崎市のジャイアンツ球場で、就任後“初仕事”となった。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人・原辰徳監督(62)が14日、川崎市のジャイアンツ球場で行われた新人合同自主トレの初日を視察した。

後で読む
日刊スポーツ

DeNA仁志敏久2軍監督(49)が14日、オンラインで行われたイースタン・リーグの監督会議に参加した。巨人阿部慎之助監督(41)西武松井稼頭央監督(45)ら、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人ドラフト1位の平内龍太投手(22=亜大)が14日、18人の同期入団選手とともに新人合同自主トレに臨んだ。50メートルほどの距離でキャッチボールやランニング… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人は12日、OBの桑田真澄氏が巨人の1軍投手チーフコーチ補佐に就任したと発表した。同氏の現役時代を知る広島OBでデイリースポーツウェブ評論家の北別府学氏は「必ずやいいコーチになると思う」と早くも太鼓判を押した。  ◇  ◇

後で読む
東京スポーツ

巨人・原辰徳監督が14日、ドラフト1位ルーキーの平内龍太投手(亜大)らを春季キャンプで一軍スタートする考えを明かした。  ジャイアンツ球場ではこの日から新人合同自主トレが始まり、首脳陣とともにルーキ…

後で読む
東京スポーツ

巨人の阿部慎之助二軍監督(41)が14日、新人合同自主トレを視察。期待の若武者たちに訓示を行った。  川崎市内のジャイアンツ球場でドラ1・平内(22=亜大)らの動きを注視した阿部二軍監督は「みんな体…

後で読む
日刊スポーツ

巨人桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)が14日、川崎市のジャイアンツ球場で始まった新人合同自主トレを視察した。「引退してから、ずっと外から野球を見ていた。久… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人阿部慎之助2軍監督(41)が14日、新人合同自主トレを視察し、ルーキーに訓示した。新人選手19人の前であいさつし「今の気持ちを継続してほしい。この世界はそ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人の新人合同自主トレが14日、川崎市内のジャイアンツ球場で行われ、原辰徳監督(62)、新任の桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)らが視察した。 12日に電撃的に就任が発表された桑田コーチにとってはこの日が“初仕事”。現役時代に鍛錬を積んだ同球場を首脳陣として訪れ「自分が、新人として初めて、このよみうりランドに足を踏み入れたことを回想しました」としみじみと語った。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人・原辰徳監督(62)が14日、菅野智之投手(31)のキャンプ「S班」スタートを明言した。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人の1軍投手チーフコーチ補佐に就任した桑田真澄氏(52)。これまでアマ球界で指導するにあたって、持論としていたのが「指導者と選手が服従で結ぶつく時代は終わった」。その原体験は小学時代の“ケツバット”にさかのぼる。

後で読む
サンケイスポーツ

 米大リーグ、マリナーズの球団OB、元投手で特命コーチに就任した岩隈久志氏(39)=前巨人=が14日、オンライン会見を行った。

後で読む
日刊スポーツ

巨人原辰徳監督(62)が14日、ジャイアンツ球場で始まった新人合同自主トレを視察した。ドラフト1位の平内龍太投手(22=亜大)らルーキーの動きに熱い視線を送り… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人の新人合同自主トレが14日、川崎市内のジャイアンツ球場で行われ、原辰徳監督(62)、新任の桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)ら首脳陣が視察した。 ドラフト1位・平内龍太投手(亜大)らルーキーの動きを確認した原監督は「元気な姿でやってくれている。安心してます」と頰を緩めた。そして「(春季キャンプで)ジャイアンツのユニホームを着て元気にグラウンドに立つと。2月1日にジャイアンツのユニホームを着て、自分の背番号を背負って、そういう姿を楽しみにしています」と大きな期待を寄せた。

後で読む
日刊スポーツ

巨人の新人合同自主トレが14日、ジャイアンツ球場でスタートした。原辰徳監督(62)はじめ首脳陣が視察した。12日に就任が発表された桑田真澄投手チーフコーチ補佐… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神が来春キャンプの臨時コーチとして巨人や中日などで活躍した川相昌弘氏(56)を招聘(しょうへい)する。熊谷敬宥内野手も川相臨時コーチに学ぶ。「ボールへの入り… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

筋骨隆々の“V9戦士”が加わる! 巨人が日本選手権9連覇の実績を誇るボディービルダー鈴木雅氏(40)と球団スタッフとして契約する。若手を中心に年100日ほどウ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人・吉川尚輝内野手(25)が13日、長風呂&ストレッチで故障防止していく考えを口にした。これまでケガに苦しめられてきたが、昨季は初めて1軍でシーズンを完走。今季も体に細心の注意を払っていく。 「ストレッチとかは今年も入念に。風呂上がりとかもそうですし、時間があったら家ではストレッチとか。コロナ禍ですし、そういう時間が増えて僕的にはプラスになっている」と吉川。前向きに、おうち時間を有効活用している。

後で読む
サンケイスポーツ

 ボディービル界のレジェンドも!! 巨人がボディービル日本選手権で9連覇を果たした鈴木雅氏(40)に指導を要請することが13日、分かった。大手の「ゴールドジム」から派遣され、若手選手を中心にウエートトレーニングなどの指導を担当する。前日12日に入閣が発表された桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)に続く話題性十分の“補強”が実現する。

後で読む
サンケイスポーツ

 阪神・木浪聖也内野手(26)が13日、鳴尾浜で自主トレを行い、代表取材に応じた。虎は昨季も2年連続12球団ワーストとなる85失策にまみれたが、その中でも木浪は遊撃で8失策を犯した。今春キャンプでは臨時コーチとして元巨人、中日の川相昌弘氏(56)からの指導も受けられるだけに、自分自身の課題と徹底的に向き合い、完璧な予習を済ませて入塾する。

後で読む
日刊スポーツ

巨人吉川尚輝内野手が「長風呂ケア」でステイホームを有効活用する。昨季は初の規定打席に達するなどキャリアハイの成績をマークしたが、19年は腰痛の影響で11試合の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 最も恩恵を受けるのは背番号18の後輩か――。仰天人事で原巨人に入閣した桑田真澄一軍投手チーフコーチ補佐(52)には高卒3年目右腕・戸郷ら若手投手の底上げが期待されている。ただ、メジャー挑戦から一転、…

後で読む
東京スポーツ

2年連続で規定打席到達を狙う巨人・吉川尚輝内野手(25)が13日、2学年後輩・岡本和真内野手(24)との意外な関係性を明かした。  公私ともに仲が良く、2年連続で合同自主トレを行っている両者。チーム…

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人は12日、球団OBで現役時代に通算173勝を挙げた桑田真澄氏(52)が1軍の投手チーフコーチ補佐に就任すると発表。巨人には2006年の退団以来、実に15年ぶりの復帰となり、ファンをアッと驚かせた。

後で読む
日刊スポーツ

巨人の9連覇までが日本プロ野球の「前期」とするなら、1974年(昭49)から、フリーエージェント制と高校生以外の新人選手に逆指名制度が適用される93年までが「… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人は12日、球団OBで現役時代に通算173勝を挙げた桑田真澄氏(52)が1軍の投手チーフコーチ補佐に就任すると発表した。同氏がプロ野球の指導者になるのは初めて。背番号は恩師でもある元監督の藤田元司氏が付けた「73」に決定。原辰徳監督(62)とともにオンライン会見に臨み、「指導者としてもエースになれるように」と決意を語った。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・原監督が12日、今季の開幕日が決定した状態で調整を進めていきたい考えを示した。 キャンプインは通常通り2月1日、開幕は3月26日の予定だが、コロナ禍で先行きは不透明な情勢。NPBの判断に従っていくとした上で、「できれば逆算できる、開幕日が決まっている状況でスタートできれば」と希望を口にした。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・原辰徳監督(62)が12日、桑田氏の入閣を大歓迎した。「大いに暴れてもらって。強い味方、強い同志が加わったという点では、すごく喜んでいます」と笑みを浮かべた。 昨年12月下旬に山口オーナーと会談した際に「OBで非常に気になる後輩がいる」と伝え、それが桑田氏だった。自ら年明け、同氏に会ってオファーを出し、実現した。事前に相談した宮本投手チーフコーチも大賛成だったという。「彼(桑田氏)の全てを知らないがために逆に興味がある」と独特の言い回しで語り、現役引退後、評論家として勉強する姿も高評価してきた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は12日、球団OBの桑田真澄氏(52)が、1軍の投手チーフコーチ補佐に就任したことを発表した。昨年12月に今季の組閣を発表し、年明け1月に入っての大物コーチ招聘(しょうへい)は超異例。レジェンドは、恩師の故・藤田元司氏(元巨人監督)と同じ背番号73を背負い、指導者のエースになると誓った。  ◇  ◇

後で読む
デイリースポーツ

巨人は12日、球団OBの桑田真澄氏(52)が、1軍の投手チーフコーチ補佐に就任したことを発表した。昨年12月に今季の組閣を発表し、年明け1月に入っての大物コーチ招聘(しょうへい)は超異例。レジェンドは、恩師の故・藤田元司氏(元巨人監督)と同じ背番号73を背負い、指導者のエースになると誓った。 電撃的な入閣だった。現役時代に巨人を退団した06年以来、実に15年ぶりとなる古巣復帰。原監督とともにリモート取材に応じた桑田氏の表情は、晴れやかだった。

後で読む
東京スポーツ

 原巨人に強力な頭脳が加わった。巨人は球団OBの桑田真澄氏(52)が投手チーフコーチ補佐に就任すると12日に正式発表した。初入閣となるレジェンド右腕は、さっそく新たな育成方針を示すなど意欲十分だ。そん…

後で読む
デイリースポーツ

成人T細胞白血病を治療中の元広島投手の北別府学氏(デイリースポーツウェブ評論家)が12日、「桑田コーチ」というタイトルで公式ブログを更新。古巣の巨人で投手チーフコーチ補佐に就任する桑田真澄氏の復帰を歓迎した。 「これ程に野球を探求し理論派のOBが現場に戻ってくれる。桑田コーチがいるだけである意味選手に良い緊張感が見られるのではないでしょうか。ジャイアンツファンならずとも野球界にとっては大歓迎で今年の楽しみが一つ増えました」とつづった。

後で読む
スポーツニッポン

 巨人は12日、OBの桑田真澄氏(52)が「投手チーフコーチ補佐」に就任すると発表した。背番号は同氏の恩師である藤田元司元監督が背負った「73」に決まった。

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「アイスリボン」の藤本つかさ(37)が、全日本プロレスの〝暴走男〟こと諏訪魔(44)に猛抗議だ。  諏訪魔と石川修司(45)の暴走大巨人は昨年、所属ユニットの女子部門「エボリューションガ…

後で読む
デイリースポーツ

西武、巨人で活躍し、楽天で監督を務めた野球評論家のデーブ大久保氏(53)が12日、自身のツイッターを更新し、桑田真澄氏(52)を投手チーフコーチ補佐として、15年ぶりにチームに復帰させた巨人・原辰徳監督(62)を絶賛した。 デーブ氏は「『桑田真澄』巨人軍に入閣!さすが原監督です。この時期に新しいコーチを招くのは異例中の異例です…」と、年をまたいだ1月に大物新コーチを招聘(しょうへい)した“奇策”と“手腕”に敬意を表した。

後で読む
東京スポーツ

リーグ3連覇、9年ぶり日本一を目指す原巨人に朗報だ。12日、レジェンドOBである桑田真澄氏(52)の一軍投手チーフコーチ補佐就任が決定。原辰徳監督(62)とオンライン会見に臨んだ。  現役時代、背番…

後で読む
デイリースポーツ

巨人の丸佳浩外野手が12日、川崎市のジャイアンツ球場で自主トレーニングを行い、広島から移籍3年目となる今季は筋力トレーニングに重点を置いていることを明かした。「強度を上げている。体のケアをしつつ、もう一度しっかりやろうと思った」と説明した。 移籍後の2年間は全試合出場を果たしているが、出塁率が4割に届いていない。今季は1番打者候補の梶谷がフリーエージェント(FA)で加入し、丸は3番に座ることが予想される。「出塁率は僕の中ですごく重要なもの。今季はそこをより意識してやっていきたい」と課題を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

日本野球機構(NPB)とJリーグが合同で立ち上げた「新型コロナウイルス対策連絡会議」が12日、開かれ、終了後にプロ野球の斉藤惇コミッショナー(81)、Jリーグの村井満チェアマン(61)らがオンライン会見した。 緊急事態宣言の再発令を受け、この日の会議では目前に迫ったキャンプ開催について議論。現状では中止、延期は考えず、自治体などキャンプ地の理解を得ながら予定通り開催するための情報交換が専門家を交えて行われた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は12日、球団OBの桑田真澄氏(52)が1軍投手チーフコーチ補佐に就任したと発表した。背番号は「73」。1月のコーチ就任は異例で、巨人を退団した06年以来、15年ぶりに古巣復帰となる。通算173勝を挙げた元エースはポスティング制度を利用してメジャー挑戦も交渉が不成立で巨人に残留となった菅野智之投手への思いも語った。 就任リモート会見で桑田コーチは期待の選手について問われると「個人名は控えさせていただきますが、全ての選手にまだまだチャンスはあると思っている」と話した。

後で読む
東京スポーツ

力強いエールだ。巨人の投手チーフコーチ補佐として15年ぶりの〝古巣復帰〟が決定した桑田真澄氏が、さっそく独自色を打ち出した。  12日に原辰徳監督と並び、リモートでの就任会見に臨んだ桑田氏は選手の育…

後で読む
デイリースポーツ

巨人は12日、球団OBの桑田真澄氏(52)が1軍投手チーフコーチ補佐に就任したと発表した。巨人を退団した06年以来、15年ぶりに古巣復帰となる。原監督と桑田氏はリモート会見を行った。昨年中に組閣が固まった中での異例の大物コーチ招聘(しょうへい)。原監督の狙いは…。 オーナーに直談判しての桑田氏招聘。原監督は「私の中での持論は今日より明日。明日になればあさって。そういう中で桑田真澄というOB、野球人として非常に魅力がある人がユニホームを着られる環境にあると。彼の全てを知らないがために逆に興味がある」とコーチ就任の理由を説明した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は12日、球団OBの桑田真澄氏(52)が1軍投手チーフコーチ補佐に就任したと発表した。巨人を退団した06年以来、15年ぶりに古巣復帰となる。年明け1月に大物コーチの就任発表。桑田氏とリモート会見を行った原辰徳監督は、宮本和知1軍投手チーフコーチへ気づかいを見せていた。 笑顔で会見に臨んだ原監督は「春から縁起がいい。ジャイアンツにとっていいニュースを発信することができました」と桑田氏の就任を喜んだ。

後で読む
東京スポーツ

残留を決めたエースの思いに報いる。巨人の丸佳浩外野手(31)が12日、自主トレ終了後、リモート取材に応じ今季へかける思いを語った。  この日はウエイトトレーニングを中心に、キャッチボールや、緩い速度…

後で読む
日刊スポーツ

巨人が12日、オンライン会見を行い、桑田真澄氏(52)の投手チーフコーチ補佐への就任を発表した。桑田氏は「ジャイアンツのユニホームを着られて非常にうれしく思う… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人が12日、オンライン会見を行い、桑田真澄氏(52)の投手チーフコーチ補佐への就任を発表した。背番号は故藤田元司監督の背負った「73」に決まった。主な一問一… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人は12日、球団OBの桑田真澄氏(52)が1軍投手チーフコーチ補佐に就任したと発表した。巨人を退団した06年以来、15年ぶりに古巣復帰となる。 リモート会見した桑田氏は「今年に入って原監督から大変やりがいのあるお話をいただきました。巨人のOBとして少しでも力になりたいとお受けしました」と抱負を語った。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は12日、球団OBの桑田真澄氏(52)が1軍投手チーフコーチ補佐に就任したと発表した。巨人を退団した06年以来、15年ぶりに古巣復帰となる。原辰徳監督と桑田氏はリモート会見を行った。 原監督は桑田氏招聘(しょうへい)の経緯について「昨年12月28日、最後にオーナとお話しました。その時、ジャイアンツOBで非常に気になる後輩がいると。それが桑田真澄でありました。オーナーと話したとき、全面的に賛成であると答えをいただきました」と説明した。

後で読む
東京スポーツ

【赤坂英一 赤ペン!!】ポスティングシステムでの大リーグ移籍を断念した巨人・菅野が10日にオンライン会見で心境を語った。「いろんな話をする中で、100%自分の中で納得できるものがなかった」のだそうだ。…

後で読む
日刊スポーツ

巨人丸佳浩外野手(31)が12日、残留が決まった菅野に恩返しを誓った。川崎市のジャイアンツ球場で自主トレを行い、オンラインで取材対応。「僕らからしたらすごい頼… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人・丸佳浩外野手(31)が12日、川崎市のジャイアンツ球場で自主トレを公開。今季から新加入する梶谷隆幸外野手(32)との共闘を誓った。 オンラインでの取材に応じ、「去年はかじさん(梶谷)に痛い思いをさせられたので。そういった選手が来てくれたのは心強いです」。昨季は対巨人戦打率・296、チーム別トップとなる6本塁打を打たれたリードオフマンの加入を喜んだ。

後で読む
デイリースポーツ

巨人OBで大リーグでも活躍した上原浩治氏が12日、ツイッターを更新。巨人が桑田真澄氏(52)をコーチとして招へいする見通しであるニュースに素早く反応した。 「わぉ、桑田さんが巨人のコーチに…これは楽しみだなぁ」とツイート。続けて「ピッチャー陣が変わるかもしれませんね いろいろ期待してます!!」ともつぶやいた。

後で読む
東京スポーツ

正直、驚いた。と同時に原監督の強烈な本気度も感じ、今後への大きな期待感がふくらんでいる。  もともと一部読売内部には桑田氏の入閣待望論は根強くあった。しかし、桑田氏自身の人脈の少なさや、巨人退団時の…

後で読む
サンケイスポーツ

 現役時代に通算173勝を挙げた桑田真澄氏(52)が、巨人のコーチに就任することが11日、分かった。近日中に発表される。同氏がプロ野球の球団でコーチ職に就くのは初めてで、1軍に帯同して主に投手への技術面での指導を行う予定。その実績のみならず、近年は東大大学院の特任研究員として科学的に野球を研究するなど豊富な知識や幅広い視点にも定評があり、リーグ3連覇、日本一奪還を目指すチームの大きな力になりそうだ。

後で読む
スポーツニッポン

 巨人の今季コーチングスタッフに、OBの桑田真澄氏(52)が入閣することが11日、分かった。近日中にも球団から発表される。プロ入りから背番号18を背負い、巨人のエースとして活躍。21年間在籍し、通算173勝を挙げたレジェンドが投手陣の強化に着手する。桑田氏にとっては06年オフの退団後初めて、指導者として古巣のユニホームに袖を通すことになる。

後で読む
東京スポーツ

 巨人がOBの桑田真澄氏(52)をコーチとして招へいすることが11日に分かった。担当は投手部門の予定で、近日中に発表される。桑田氏は1985年にドラフト1位で入団すると1年目の86年に2勝をマーク。8…

後で読む
デイリースポーツ

巨人が球団OBの桑田真澄氏(52)をコーチとして招へいする見通しであることが12日、分かった。投手部門のコーチになるとみられる。現役時代に巨人を退団した06年以来、15年ぶりにレジェンドが古巣に復帰する。 桑田氏は巨人で背番号18を背負うエースとして活躍し、通算173勝をマーク。歴代屈指の名投手が技術はもちろん、卓越した理論を古巣の投手陣に“注入”することになりそうだ。

後で読む
日刊スポーツ

昨年11月7日、日体大硬式野球部の公式YouTubeチャンネル「NITTAI BASEBALL CHANNEL」から軽妙な掛け合いが流れてきた。「巨人から1位… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人の投手部門のコーチに球団OBの桑田真澄氏(52)が就任する見通しであることが12日、分かった。2006年に退団して以来15年ぶりの巨人復帰で、プロ野球でコーチを務めるのは初となる。 桑田氏は大阪・PL学園高時代に甲子園大会に5季連続で出場して2度の優勝を経験。1986年にドラフト1位で巨人に入団した。2年目に15勝を挙げてから6年連続で2桁勝利をマークするなどエースとして巨人を支えた。2007年から米大リーグに挑戦し、08年3月に現役引退を表明した。プロ野球での通算成績は442試合に登板して173勝141敗14セーブ、防御率3・55。

後で読む
デイリースポーツ

阪神のドラフト6位・中野拓夢内野手(24)=三菱自動車岡崎=が11日、新人合同自主トレ後にオンライン取材に応じ、巨人・菅野や中日・大野雄ら各球団のエース攻略に向けて動画研究や情報収集をしていることを明かした。 1年目から即戦力としてチームに貢献するために、準備はバッチリと進めていた。「各球団のエースクラスの投手を打っていかないと、1軍で試合に出続けることはできない。そういった代表する投手をイメージしながらやっています」。動画サイト「YouTube」で特徴や配球など確認し、イメトレに生かしている。

後で読む
日刊スポーツ

広島大瀬良大地投手が国内残留となった巨人菅野斬りへ闘志を燃やした。11日、広島・廿日市市内の大野練習場で自主トレを公開。米大リーグ行きを見送った菅野について「… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 本紙専属評論家の江本孟紀氏(73)が、早くもプロ野球の順位予想に着手。といっても、ほんのさわりでウオーミングアップ程度。評論家生活40年目に突入したエモやん。今年も右肩をグルグルまわしている。

後で読む
日刊スポーツ

古くさい言い回しで申し訳ないが「わが意を得たり」とばかりに感じた阪神指揮官・矢野燿大の談話だ。このオフ、ポスティングシステムでの大リーグ挑戦を断念した巨人菅野… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

5年目を迎えた巨人の中継ぎ左腕・大江が11日、同僚の高梨とともに自主トレを行った。 昨季は自己最多の43試合に登板し3勝9ホールドと台頭した。今季に向けて「30ホールドが目標です。1試合でも多く投げていけたらと思います」と強い意気込みを示した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・高梨雄平投手(28)が11日、川崎市内で自主トレを行い、自身と同じ変則左腕のソフトバンク・嘉弥真のスライダー習得に意欲を示した。 昨年、ソフトバンクと対決した日本シリーズで衝撃を受けた。嘉弥真の大きく曲がるスライダーを目の当たりにし「これは魔球だなと。ああいうボールを投げられれば」と決意。スライダーは持ち球だが「(打者が)バットを振ったところから真横に曲がる」ような軌道をイメージし、自身と同じ左サイドの変化球を参考にする。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の再発令を受け、プロ野球が春季キャンプを1週間程度遅らせる可能性があることが11日、球界関係者への取材で分かった。12日の臨時12球団代表者会議で協議する。 12球団は2月1日に宮崎、沖縄両県で一斉にキャンプインする予定だが、巨人、DeNAなど5球団が同7日まで緊急事態宣言が出された首都圏の1都3県に本拠を置く。阪神、オリックスが本拠地とする関西3府県も政府に発令を要請。キャンプ地の宮崎県も感染拡大で独自の緊急事態宣言を出した。

後で読む
東京スポーツ

メジャー移籍を目指していた菅野智之投手(31)が巨人残留。リーグV3、日本一を目指す球団内からは歓迎の声一色も、次期投手リーダー育成は急務となっている。  期限ギリギリまで現地で交渉し9日に帰国した…

後で読む
日刊スポーツ

元巨人の桑田真澄氏(52)が古巣に初入閣することが11日、分かった。ポストなどは最終調整中で、近日中にも正式発表される見込み。桑田氏は85年にPL学園(大阪)… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

元巨人の桑田真澄氏(52)が古巣に初入閣することが11日、分かった。ポストなどは最終調整中で、近日中にも正式発表される見込み。桑田氏は85年にPL学園(大阪)… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナ感染拡大による緊急事態宣言の再発令を受け、プロ野球が春季キャンプを1週間程度遅らせる可能性があることが11日、球界関係者への取材で分かった。12日の臨時12球団代表者会議で協議する。 12球団は2月1日に宮崎、沖縄両県で一斉にキャンプインする予定だが、巨人、DeNAなど5球団が同7日まで緊急事態宣言が出された首都圏の1都3県に本拠を置く。阪神、オリックスが本拠地とする関西3府県も政府に発令を要請。宮崎県も感染拡大で独自の緊急事態宣言を出した。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人・高梨雄平投手(28)が11日、川崎市で行っている自主トレ後にオンライン取材に応じ、ダンスにヒントを得たメニューに取り組んでいることを明かした。

後で読む
デイリースポーツ

巨人OBで大リーグでも活躍した上原浩治氏が11日、ツイッターを更新。PK戦での決着となった全国高校サッカー選手権大会決勝・山梨学院-青森山田戦について思いをつづった。 試合は延長でも2-2と決着がつかず、山梨学院がPK戦を4-2で制した。「高校サッカー… 決勝でPK戦かぁ…両校優勝にしてほしいぐらい、素晴らしい試合でした」。2度目の優勝を果たした山梨学院とともに、2年連続準優勝となった青森山田をたたえた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人の高梨雄平投手が11日、川崎市内での練習後にオンラインで取材に応じ、新たに変化が大きいスライダーの習得に励んでいることを明らかにした。昨年の日本シリーズで嘉弥真(ソフトバンク)のスライダーを見て「これは魔球レベルだ」と衝撃を受けたという。自分と同じ変則左腕を参考に「バットを振ったところから真横に曲がる」というイメージで試行錯誤している。 楽天から移籍した昨季はチーム最多の21ホールドをマーク。今季の目標を30ホールドに定め、オフは例年以上に走り込んでいる。故障のリスクを減らすため、ダンサーの動画を見て体の動き方を研究している。

後で読む
東京スポーツ

 ダンス技術を投球術に応用だ! 巨人のセットアッパー左腕・高梨雄平投手(28)がさらなるレベルアップを目指し〝異業種の動き〟を自身に注入する。  11日、神奈川・川崎市内の練習施設での自主トレ後、高梨…

後で読む
日刊スポーツ

巨人高梨雄平投手(28)が「変則サウスポー会」でさらなる成長を目指す。自身と同じく変則左腕の巨人大江、楽天渡辺佑と11日、川崎市内で自主トレを行った。初めての… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 カブスのダルビッシュ有投手が11日、プレミアム音声サービス「Now Voice」に投稿。巨人・菅野や日本ハム・西川など、ポスティングシステムの交渉不成立で今オフのメジャーリーグ移籍を断念した背景について言及した。 菅野は「いろんな話をする中で、100%自分が納得できるものがなかった」と話しているが、ダルビッシュはここ数年においてメジャーリーグの移籍市場の動きが鈍いことを指摘。「各チームお金をいっぱい払いたくないというチームが増えている状況で、コロナでさらにお金があったとしてもお金がないと言える状況で、進みがすごく悪いらしくて。相当、大変なんじゃないかと思います」とした。

後で読む
東京スポーツ

【越智正典 ネット裏】大阪タイガースの打倒巨人の大型1番打者、ノッシノッシと打席に向かって行った松木謙治郎の歩く姿は勇ましかった…。ずっと後のことになるが、昔、私は阪神電車を甲子園駅で降りると土堤の茶…

後で読む
デイリースポーツ

大物ルーキーだけに余暇は大事な息抜きの時間だった。1985年度ドラフト1位でPL学園から巨人に入団した桑田真澄が東京の街を満喫している。86年1月13日に合同自主トレがスタート。14日の練習後に新宿、練習休日の同20日に渋谷を散策した。 高校時代など常に注目を集めてきた。それだけにつかの間の余暇を満喫して「自由っていいな」と、思わず本音を漏らす一幕も。「渋谷は僕の庭にした」と冗談まで飛ばしている。

後で読む
日刊スポーツ

巨人戸郷翔征投手、日本ハム吉田輝星投手、中日根尾昂内野手、ロッテ藤原恭大外野手ら「ミレニアム世代」が11日、成人の日を迎えた。プロ野球の新成人は52人(育成1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

#新成人の仲間たちへ-。巨人戸郷翔征投手(20)ら「ミレニアム世代」が11日、成人の日を迎えた。松井秀喜氏らの20歳を回顧する。◆松井秀喜(95年=当時巨人)… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

侍ジャパン稲葉篤紀監督(48)が巨人残留となった菅野に今夏の東京五輪での活躍を期待した。10日、札幌市内にあるモエレ沼公園で行われた籍を置く日本ハムのイベント… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

#新成人の仲間たちへ-。巨人戸郷翔征投手(20)ら「ミレニアム世代」が11日、成人の日を迎えた。昨季9勝を挙げた戸郷は宮崎・都城市の成人式に参加する予定だった… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神の矢野燿大監督(52)が10日、菅野智之投手(31)の巨人残留決定に対して「面白くなった」と闘志を燃やした。昨季も1勝4敗とやられた宿敵のエース。新外国人やドラ1・佐藤輝の加入で厚みを増した新猛虎打線での攻略に意欲を見せた。一方、菅野はこの日、「20勝」と「日本一」の目標を掲げ、来季も阪神などセ・リーグ球団の“壁”となる意気込みを示した。 日本を代表する超一流投手が、今季も16年ぶりのリーグVを目指す矢野阪神の前に立ちはだかる。菅野残留の話題を振られた矢野監督は「本心はちょっと違う部分もある、もちろん」と笑みを浮かべながらも、信条である前を向く姿勢を崩さなかった。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスのドラフト2位・元謙太(げん・けんだい)外野手(18)=中京=が10日、新人合同自主トレで“強打者コレクター”ぶりを披露した。 こだわりのティー打撃は計4種類。まずは右手と左手を逆さに持つ「広島・鈴木誠式」で打ち始め、オープン、クローズと構えを変える「吉田正式」に移り、最後は左足を高くあげて、バットをヒッチさせて間を取る「巨人・丸式」で締めた。

後で読む
デイリースポーツ

ポスティングシステムによる米大リーグ球団との交渉が合意に至らず、巨人に残留した菅野智之投手(31)が10日、リモート取材に応じ心境を明かした。一問一答は次の通り。  ◇  ◇

後で読む
デイリースポーツ

ポスティングシステムによる米大リーグ球団との交渉が合意に至らず、巨人に残留した菅野智之投手(31)が10日、リモート取材に応じ心境を明かした。夢を実現できなかった悔しさもにじませつつ、今年の20勝と日本一達成、開催が21年に延期となっている東京五輪出場に強い意欲を示した。 元日に渡米し、9日に帰国したばかりだったが、あまり疲れた様子を見せなかった。菅野は、メジャー移籍を断念した経緯を「いろんな話をする中で100%、自分の中で納得できるものがなかった」と明かした。

後で読む
日刊スポーツ

阪神高橋遥人投手は巨人菅野智之投手との対戦を心待ちにした。残留が決まった巨人のエースとは昨季3試合で投げ合い1勝2敗。「僕はただ挑むというだけで、あんまり意識… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人や大リーグで活躍した上原浩治氏が10日、NHK「サンデースポーツ」に生出演し、新人合同自主トレで悪戦苦闘するルーキーたちにダメ出しした。 各球団で新人合同自主トレがスタート。楽天のドラフト1位・早川や西武のドラフト1位・渡部、ソフトバンク1位の井上らのトレーニングする様子が流れたが、「すごい疲れました」と話すなど、どの選手も初日からぐったりしていた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人や大リーグで活躍した上原浩治氏が10日、NHK「サンデースポーツ」に生出演し、今オフのメジャー移籍を断念し、巨人残留を決めた菅野智之投手について改めて言及した。 菅野が巨人残留を決めたことについて意見を求められた上原氏は「行く行かないというのは本人の気持ちなので。僕たちには分からない部分ですから」とした上で、「来年以降も目指すということを言っていますから。今年の成績というのもいろいろ関わってきますから、もう頑張ってほしいと思っています」とエールを送っていた。

後で読む
サンケイスポーツ

 ポスティングシステムによる米大リーグ球団との交渉が合意に至らず、巨人に残留した菅野智之投手(31)が10日、オンラインで取材に応じ、決断の理由を語った。順調なら今季中に海外フリーエージェント(FA)権が取得可能で、巨人と単年契約を結んだ上で来オフのメジャー再挑戦を示唆。2021年シーズンに向け「個人は20勝、チームは日本一」と目標を掲げた。

後で読む
日刊スポーツ

侍ジャパン稲葉篤紀監督(48)が巨人残留となった菅野智之投手(31)に大きな期待を寄せた。10日、札幌にあるモエレ沼公園で日本ハム球団のイベントに球団のスポー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

思わぬ副産物だ。メジャー移籍を断念し巨人残留が決まった菅野智之投手(31)が、東京五輪出場へ前向きな姿勢を見せた。  巨人残留が決まったことで右腕は今夏の五輪出場が可能となった。稲葉監督率いる侍ジャ…

後で読む
東京スポーツ

 目指すは20勝と日本一――。 ポスティングシステムによるメジャー移籍を断念し巨人残留が決まった菅野智之投手(31)が10日、リモートで取材に応じた。  前日、米国から帰国したエースは「いろんな話する…

後で読む
デイリースポーツ

ポスティングシステムを利用しての米大リーグ移籍を断念し、巨人残留を決めた菅野智之投手(31)が10日、リモート取材に応じた。ダルビッシュ有投手、前田健太投手からアドバイスを得たことに感謝をし、自身の肌で感じたメジャーへの移籍事情についても語った。 ダルビッシュ、前田の両投手とコミュニケーションをとっていたことについては、詳細な具体的な内容について明かすことは控えたが、「本当に僕が判断する上ですごく参考になりました」と第一線で活躍している立場から見た、メジャーの現場について話を聞けたことを感謝していた。

後で読む
デイリースポーツ

ポスティングシステムによる米大リーグ球団との交渉が合意に至らず、巨人に残留した菅野智之投手(31)が10日、オンラインで取材に応じ「いろいろな話をする中で、100パーセント納得できるものがなかった。気持ちは今季の日本一に向いている」と心境を語った。 元日に渡米し、米東部時間7日午後5時(日本時間8日午前7時)の期限直前まで直接交渉した。「どのチームも心から獲得したいと言ってくれた。次のステップに行く上で、自分の野球人生にプラスになったと確信している」と述べた。今後の巨人との契約更改交渉では単年契約を希望し、来季以降の米挑戦を見据える考えも明らかにした。

後で読む
デイリースポーツ

ポスティングシステムを利用しての米大リーグ移籍を断念し、巨人残留を決めた菅野智之投手(31)が10日、リモート取材に応じた。「100%自分の中で納得できるものがなかった」と、今オフでの移籍を見送った理由を明かし、日本で迎える新たなシーズンについて語った。 9日に帰国したという菅野は、「日本一になれるチャンスをもらったと思ってますし。(それもまた)素晴らしい野球人生だと思いますし。まだアメリカで挑戦するチャンスは残っていると思うので。まずはジャイアンツの日本一というところをそこのチャンスをつかみにいく。そこに向けて全力で頑張ります」と現在の心境を語った。

後で読む
スポーツニッポン

 巨人への残留を決めた菅野智之投手(31)が10日、オンラインでの取材に応じた。昨年12月にポスティング申請し、渡米してMLB球団との交渉を重ねてきたが「100%自分で納得できるものがなかったので」と残留理由を説明した。

後で読む
日刊スポーツ

巨人菅野智之投手(31)が10日、巨人残留決断後の現在の心境をオンライン取材で語った。ポスティングシステムを申請し、複数の大リーグ球団と交渉。元日には渡米し、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人菅野智之投手(31)が10日、巨人残留を決めた現在の心境をオンライン取材で語った。主な一問一答は以下の通り。-残留を決めた要因いろんな話をする中で100パ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ポスティングシステムを利用しての米大リーグ移籍を断念し、巨人残留を決めた菅野智之投手(31)が10日、リモート取材に応じた。 今オフ、大きな夢に向かって動き出し、ポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指した。メジャー複数球団が移籍先として候補に挙がったが合意に至らなかった。元日の渡米後、新型コロナウイルスの影響が深刻化する中、大リーグの今季の動向などを見極めた。その結果、今季も巨人でプレーすることを決意した。

後で読む
サンケイスポーツ

 野球評論家の張本勲氏(80)が10日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜前7・30)の名物コーナー「週刊・御意見番」にリモート出演。巨人への残留が決まった菅野智之投手(31)について言及した。

後で読む
日刊スポーツ

張本勲氏(80)が10日、今年初めての放送となったTBS系テレビ「サンデーモーニング新春スペシャル」にリモート出演。ポスティングシステムでのメジャー移籍を目指… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

メジャー移籍を断念した巨人菅野智之投手(31)の代理人を務める「ワッサーマン・グループ」のジョエル・ウルフ氏が8日(日本時間9日)、オンライン会見で日本報道陣… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人・元木大介ヘッドコーチ(49)が9日、大阪府豊中市の「アクア文化ホール」でトークショーに参加し、メジャー挑戦を目指していたエース・菅野の残留に満面の笑みを浮かべた。 「メジャーにいって、一緒にやっていた智之(菅野)が何勝するのか見たい気持ちもあった」と率直な思いを口にしつつ、「でもヘッドコーチですから」。昨季14勝2敗で貯金12を作った右腕の残留を大いに喜んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

 日本ハムの新人合同練習が9日、スタート。D2位・五十幡(中大)は大学の先輩、巨人・阿部2軍監督から電話で激励されたことを明かした。日本ハムには大田や矢野2軍打撃コーチら元G戦士が在籍しており「面倒をみてもらうように言っておくから“頑張れ”と言ってもらいました」。ポスティングシステムでメジャー移籍を目指した同じ外野手の西川が残留したことには「走攻守で尊敬している方。早くお会いして話ができたら」と心待ちにした。

後で読む
東京スポーツ

 リーグ3連覇、そして9年ぶり日本一に燃える原巨人。エース菅野智之投手(31)の残留が決まり、補強も一段落した。日本シリーズ2年連続4連敗の屈辱を晴らすためチーム一丸となっているが、2年目を迎える元木…

後で読む
東京スポーツ

 中日のドラフト1位新人・高橋宏斗投手(18=中京大中京)が巨人残留を決めた菅野との投げ合いを熱望だ。「まだ自分はその舞台に立てるほどの実力はないんですけど、いずれはその舞台に立って投げ合いたいという…

後で読む
日刊スポーツ

9年ぶりの日本一へ。巨人元木大介ヘッドコーチがコーチとして菅野の残留を喜んだ。9日、大阪・豊中市内で行われたトークショーに参加。今季も巨人でプレーすることを決… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 巨人の元木大介ヘッドコーチが9日、大阪・豊中市内でトークショーを行い、今オフのメジャー挑戦を封印した菅野智之投手について言及した。  ポスティングシステムを使い、移籍交渉を続けてきた無双エースが前日…

後で読む
東京スポーツ

レギュラーを奪い取れ! 巨人・元木大介ヘッドコーチ(49)が9日、新年一発目の下克上指令を発した。  この日、大阪府内でトークショーを行った元木ヘッドがあえて名指しで奮起を求めたのが、5年目の松原聖…

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人・元木大介ヘッドコーチ(49)が9日、大阪・豊中市のアクア文化ホールでトークショーを行い、残留が決まった菅野について「コーチとしてはうれしい。個人的には(メジャーで)何勝するか見てみたかったけど」と歓迎した。

後で読む
デイリースポーツ

昨年巨人を戦力外になった田原誠次投手が8日、インスタグラムを更新。現状報告とともに、岡山で自主トレを行っていることを明かした。 田原は「近い将来世界で活躍できるメンバーで自主トレできて良かったです」と、阪神・守屋や楽天・引地らとの写真を投稿。トライアウトを受験するなど現役続行の道を模索しており、「自分はまだ進路は決まってませんが良い報告が皆さんに出来るように頑張っていきます!!」と、前向きにつづった。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人・元木大介ヘッドコーチ(49)が9日、大阪・豊中市のアクア文化ホールでトークショーを行い、残留が決まった菅野智之投手(31)について「よかったね。個人的には一緒に戦った智之が何勝するか見てみたかったけど、ヘッドコーチだから」と胸中を明かした。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAのドラフト2位新人の牧(中大)が9日、神奈川県横須賀市での新人合同練習後にオンライン取材に応じ、巨人残留が決まった菅野との対戦を心待ちにした。「そういう投手を経験できるのはありがたい。機会を逃さず、一打席でも多く打ちたい」と鼻息を荒くした。 まずは1軍での出場を目指す。プロで活躍するためにバットを大学時代より軽量化して新調した。打撃練習に取り組み「1年目でも開幕1軍をがつがつ取りにいきたい」と意欲を高めた。

後で読む
日刊スポーツ

メジャー移籍を断念した巨人菅野智之投手(31)の代理人を務める「ワッサーマン・グループ」のジョエル・ウルフ氏が8日(日本時間9日)、オンライン会見で日本報道陣… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNAのドラフト2位ルーキー、牧秀悟内野手(22=中大)が9日、巨人菅野智之投手との対戦を心待ちにした。神奈川・横須賀市のDOCK OF BAYSTARS … – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

DeNAのドラフト2位・牧秀悟内野手(22)=中大=が「開幕一軍」を目標に掲げた。 この日は新人合同自主トレの後のオンライン取材に応じた。開幕カードで対戦するのは巨人。前日に残留を表明した巨人・菅野智之とも対戦する可能性があり「自分のスイングを忘れず。甘い球を捉えるのが持ち味。1球でアジャストしたい」と話した。

後で読む
スポーツニッポン

 巨人からポスティングシステムを申請し大リーグ移籍を目指していた菅野智之投手(31)の代理人を務めるジョエル・ウルフ氏(50)が8日(日本時間9日)、オンライン会見に応じ、大リーグ6球団から正式にオファーを受けたが、菅野の求める額に及ばなかったと明かした。

後で読む
デイリースポーツ

 米大リーグ移籍を断念し、巨人残留を決断した菅野智之投手の代理人を務めるエージェント会社「ワッサーマン」のジョー・ウルフ氏が8日(日本時間9日)、オンライン取材に応じ、メジャー6球団から最長4年の契約オファーが届いたが、いずれも同投手が希望する条件に届かなかったことを明かした。 ウルフ氏は球団名こそ口にしなかったが、「交渉期限数日前に6球団から考慮すべきオファーがテーブル上にあった」と、交渉過程を説明。提示された条件は最長4年で3年、2年もあったという。

後で読む
東京スポーツ

菅野の移籍断念は世界最大の新型コロナ感染国である米国の実情を考えると、賢明な選択だったと言えそうだ。ある米西海岸のメディア関係者は「今は各球団のオーナーがコロナを理由に資金を出し渋っている。FA市場…

後で読む
日刊スポーツ

昨年の日本シリーズは、セ・リーグの主催試合でもDH制が採用された。ソフトバンク工藤監督が、巨人原監督に全試合でのDH制を打診。新型コロナウイルスの影響で交流戦… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 米大リーグ移籍を断念し、巨人残留を決断した菅野智之投手の代理人を務めるエージェント会社「ワッサーマン」のジョー・ウルフ氏が8日(日本時間9日)、オンライン取材に応じ、メジャー6球団から最長4年の契約オファーが届いたが、いずれも同投手が希望する条件に届かなかったことを明かした。 ウルフ氏は球団名こそ口にしなかったが、「交渉期限数日前に6球団から考慮すべきオファーがテーブル上にあった」と、交渉過程を説明。提示された条件は最長4年で3年、2年もあったという。

後で読む
東京スポーツ

巨人残留が決まった菅野の代理人を務めるジョエル・ウルフ氏が8日(日本時間9日)オンラインでの電話会見に応じ、交渉期限ギリギリまでの「数日間、6球団と真剣な交渉を行っていた。4年契約、3年契約、2年契…

後で読む
サンケイスポーツ

 プロ野球巨人からポスティングシステムでの米大リーグ移籍を目指した菅野智之投手の残留が決まったことを受け、代理人を務めたジョエル・ウルフ氏が8日、オンラインで取材対応し「メジャーの各球団は契約に必要な努力をせず、後悔することになるだろう。彼のような投手を探すのは至難だ」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

 ポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指していたプロ野球巨人の菅野智之投手(31)が残留することが8日、決まった。新型コロナウイルス感染の影響で今季も大リーグの状況は不透明で残留も視野に入れて米球団と交渉していた。元巨人監督の堀内恒夫氏(72)は同日、自身のブログで「菅野が残留決めたってね。彼がいれば勝てる、だな」と歓迎していた。

後で読む
日刊スポーツ

ポスティングでのメジャー移籍を断念した巨人菅野智之投手(31)の代理人を務めるジョエル・ウルフ氏が8日(日本時間9日)、オンライン会見に対応し、1カ月間にわた… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 ポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指していた巨人・菅野智之投手(31)が8日、巨人残留を決断した。米東部時間7日午後5時(日本時間8日午前7時)にメジャー球団との交渉期限を迎え、合意に至らなかった。新型コロナウイルス感染拡大の影響を含め、総合的に判断したとみられる。巨人は菅野に対し4年総額30億円超、オプトアウト(契約破棄条項)付きの大型契約を用意していることが判明。来オフ、再度メジャーとの交渉が可能になる。

後で読む
サンケイスポーツ

 うわあ、菅野が巨人に残ってしまった…なんて嘆かないでおきましょうよ、みなさん。この冬一番の寒波が襲来している中、トラ番も、そしてタイガースの選手たちも元気いっぱいです。

後で読む
デイリースポーツ

 米大リーグ移籍を断念し、巨人残留を決断した菅野智之投手(31)についてMLBネットワークのジョン・ヘイマン記者は8日(日本時間9日)、自身のツイッターでブルージェイズとパドレスの2球団からオファーがあった、と伝えた。 ブルージェイズはカナダ・トロントを本拠地とし、19年オフに巨人からポスティングシステムを使って移籍した山口俊投手が所属。西海岸のサンディエゴを拠点とするパドレスは今オフにカブスとのトレードでダルビッシュ有投手を獲得している。

後で読む
東京スポーツ

メジャー球団との合意に至らず巨人残留を決定した菅野智之投手(31)について、交渉を続けていたとされる球団のファンが移籍情報メディアのMLBトレード・ルーモアズに様々なコメントを寄せている。菅野にはブ…

後で読む
日刊スポーツ

ポスティングシステムを申請し、メジャー移籍を目指した巨人菅野智之投手(31)が8日、残留を決めた。複数のメジャー球団と交渉し、日本時間8日午前7時の交渉期限直… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ポスティングシステムでのメジャー移籍を目指していた巨人菅野智之投手(31)の巨人残留が8日、決まった。   ◇   ◇   ◇◆巨人の今季の予想先発ローテーシ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

西武のドラフト7位・仲三河(大阪桐蔭)が8日、巨人・坂本勇モデルのバットでプロの世界に飛び込む。木製への対応に自信を見せ「同期だけでなく先輩にも負けないように頑張っていきたい」と意気込んだ。「(5月に)夏の甲子園の中止が決まったその日から木製を振っていた」と言い「飛距離が自分の持ち味」と胸を張った。

後で読む
デイリースポーツ

中日・大野雄が8日、巨人残留が決まった菅野との対戦に闘志を燃やした。菅野との先発での投げ合いは通算1勝4敗で、唯一の白星は14年までさかのぼる。 「日本の野球的には盛り上がると思う。菅野投手率いるジャイアンツを倒して、ウチは一番上に立つんだという気持ちを持って、シーズンに挑んでいくことになる」と気合を入れていた。

後で読む
日刊スポーツ

ポスティングシステムを申請し、メジャー移籍を目指した巨人菅野智之投手(31)が8日、残留を決めた。複数のメジャー球団と交渉し、日本時間8日午前7時の交渉期限直… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神・藤浪晋太郎投手(26)が8日、甲子園の室内練習場で自主トレを公開し、オンライン取材で打倒巨人を掲げた。昨季チームは8勝16敗と負け越し、藤浪も0勝2敗、防御率7・07と苦戦した。巨人は今オフも大型補強し、メジャーを目指していた菅野の残留も決定。V奪回&完全復活へ5年ぶり巨人戦白星から弾みをつける。 年明けから、刺激たっぷりの知らせに闘志が沸き立った。メジャーを目指していた菅野の残留が決定。藤浪は新年の誓いに、打倒巨人への思いを込めた。

後で読む
デイリースポーツ

「2021NPB新人研修会」が8日、オンラインで開催され、12球団の新人選手が出席。侍ジャパン・建山義紀投手コーチ(45)の講義中、阪神ドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=の“強心臓”ぶりが発揮された。その後、球団を通じてオンライン取材に応じ、入団会見で対戦を熱望していた巨人・菅野撃ちへの決意を強くした。 佐藤輝は自信を持って手を挙げた。“強心臓”ぶりが発揮されたのは、研修会の終盤に実施された侍ジャパン・建山投手コーチの特別講義。建山コーチから「緊張はするが、大舞台で力を発揮できるか」という問いに、画面越しから真っすぐ挙手をしていた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・岡本和真内野手(24)が8日、都内のトレーニング施設で自主トレを公開した。昨季の2冠王はリーグ3連覇、日本一への貢献に加え、念願のゴールデングラブ賞獲得を目標に掲げた。 個人として欲し続けるのは守備部門の賞だ。「それが目標なんで。それが一番の目標。それを取れるように、もっと練習しないといけない」。球界屈指のスラッガーは三塁守備に高い意識を持つ。

後で読む
デイリースポーツ

巨人ドラフト1位・平内(亜大)が8日、残留が決まった菅野への弟子入りを熱望した。「いろいろ聞いてみたいことがたくさんある。スライダーを聞きたい。自分に必要な制球力も聞いてみたい」と意気込んだ。 この日は他の新人選手とオンラインで新人研修会を受講した。

後で読む
デイリースポーツ

ポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指していた巨人・菅野智之投手(31)の巨人残留を複数の米メディアが7日(日本時間8日)、伝えた。 AP通信電子版は「failed to agree(合意しそこなった)」との表現を用いて「日本のスター投手、トモユキ・スガノは交渉期限までにメジャーリーグ球団との契約に合意できなかった」との書き出しで速報。

後で読む
デイリースポーツ

ポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指していた巨人・菅野智之投手(31)の残留が8日、決まった。巨人は同日、交渉期限を前に交渉を打ち切り巨人でプレーすることを決意したと連絡があったことを発表。絶対的エースは周囲への感謝の思いを口にし、日本一奪回を目指すと力強く誓った。 大きな決断を下した。ポスティングシステムを利用し、去就が注目を集めていた中、菅野が巨人残留を決意した。

後で読む
東京スポーツ

巨人からポスティングシステムでメジャー移籍を目指した菅野智之投手(31)の残留が正式決定した。現役時代にロッテ、中日、巨人などで活躍した本紙評論家の前田幸長氏は、エースの責任感の強さを指摘。その上で…

後で読む
スポーツニッポン

 ポスティングシステムを利用して大リーグ移籍を目指していた巨人の菅野智之投手(31)が残留することが8日、決まった。交渉期限の米東部時間7日午後5時(日本時間8日午前7時)を前に交渉を打ち切り、今季も巨人でプレーすることを伝えた。複数の球団が獲得に乗り出す中、夢をいったん封印し、残留に至った背景には何があったのか。メジャー取材歴25年の奥田秀樹通信員(57)が舞台裏に迫った。 

後で読む
サンケイスポーツ

 菅野サン、撃ちます! 阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=が8日、NPBの新人選手研修会終了後にオンライン取材に応じた。対戦を熱望してきた菅野智之投手(31)が、ポスティングシステムによる米大リーグ(MLB)移籍検討から一転、残留することが巨人から発表され「いい投手から打てば余計に(ファンに)喜んでもらえる」と胸を躍らせた。

後で読む
サンケイスポーツ

 阪神・青柳晃洋投手(27)が8日、今年初めて鳴尾浜を訪れ、自主トレを行った。巨人に新加入した2人のメジャーリーガーを封じるべく、徹底研究することを明かした。昨季、巨人戦では0勝3敗と勝てなかった原因をチャートなどで分析。その答えを見つけ出した。今年は“脳トレ”で、G倒を果たす。

後で読む
日刊スポーツ

阪神秋山拓巳投手(29)が、巨人菅野とのマッチアップも今季の発奮材料の1つにする。昨年末のテレビ出演で、今季の巨人戦の登板増を希望。「菅野さんがメジャーで投げ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ポスティングシステムを申請し、メジャー移籍を目指した巨人菅野智之投手(31)が8日、残留を決めた。複数のメジャー球団と交渉し、日本時間8日午前7時の交渉期限直… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 無双エース流出危機は免れたものの、新たな難題――。巨人からポスティングシステムでメジャー移籍を目指した菅野智之投手(31)の残留が8日に正式決定し、ひとまず夢舞台への進出はお預けとなった。現場サイド…

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球巨人の原辰徳監督と宮根誠司キャスターが、10日放送の読売テレビ・日本テレビ系「ダイワハウススペシャル プロ野球No.1決定戦 バトルスタジアム」(後1・00)でスペシャル対談を行ったことが8日、わかった。 「なぜパ・リーグは強いのか?」「セ・リーグにもDH制導入が必要?」「野球界への提言」「多様化する選手との関係」「電撃トレード・澤村との絆」「甥っ子・エース菅野への思い」など。ここでしか聞けない名将の本音を宮根キャスターがたっぷりと聞き出す。

後で読む
サンケイスポーツ

 昨季、31本塁打&97打点でセ・リーグの打撃2冠に輝いた巨人・岡本和真内野手(24)が8日、東京都内で行っている自主トレーニング後にオンライン取材に応じ、“守備の栄冠”を今季の目標に掲げた。

後で読む
日刊スポーツ

巨人は8日、ポスティング制度を利用して米大リーグ各球団との移籍交渉を進めていた菅野智之投手(31)から、来季も巨人でプレーすることを決意したとの連絡があったと… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

菅野が巨人に残留することが決まった8日、日本球界では歓迎する声が上がった。巨人では菅野の伯父でもある原監督が「巨人軍のエース、大黒柱であり、一緒に戦えることをうれしく、頼もしく感じている。監督としては最高の形になった」と球団を通じてコメントした。 リーグ3連覇と9年ぶりの日本一奪還に向けて欠かせない戦力だけに「先頭に立ってチームを引っ張ってもらう」と期待を込めた。4番打者の岡本和は「今年も一緒にプレーさせてもらえるのはうれしく思う」と言葉を選びながら話した。ドラフト1位ルーキー平内(亜大)は「聞いてみたいことがたくさんある」と対面を心待ちにした。

後で読む
東京スポーツ

NPB新人選手研修会に参加した巨人のドラフト1位・平内龍太投手(22=亜大)が、8日早朝にチームへの残留が決まったエース・菅野への熱い思いを語った。  原監督からも「菅野2世」との高い評価を受けてい…

後で読む
日刊スポーツ

巨人は8日、ポスティング制度を利用して米大リーグ各球団との移籍交渉を進めていた菅野智之投手(31)から、来季も巨人でプレーすることを決意したとの連絡があったと… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツニッポン

 巨人は8日、ポスティング制度を利用して米大リーグ各球団との移籍交渉を進めていた菅野智之投手(31)が、同制度の期限である米国東部時間1月7日午後5時(日本時間1月8日午前7時)を前に交渉を打ち切り、巨人でプレーすることを決意したとの連絡があったと発表した。今後、早期に選手契約を締結する。

後で読む
東京スポーツ

新・若大将の話術は今年も健在だ。巨人の岡本和真内野手(24)が8日、都内の練習施設で、吉川尚輝内野手(25)と自主トレを行った。  この日は、午前中にウエートトレーニング、午後にグラウンドでキャッチ…

後で読む
日刊スポーツ

巨人菅野智之投手が期限切れ間際まで交渉を続けたパドレスの地元紙、サンディエゴ・ユニオントリビューン電子版は「パ軍は日本のスター投手を獲得できなかった」と題し、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人は8日、ポスティング制度を利用して米大リーグ各球団との移籍交渉を進めていた菅野智之投手(31)から、来季も巨人でプレーすることを決意したとの連絡があったと… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

昨季セ・リーグで本塁打と打点の2冠に輝いた巨人の岡本和真内野手が8日、東京都内で自主トレーニングを行い、オンライン取材で「昨年よりもいい成績が残せるように、チームにもっと貢献できるように頑張っていきたい」と今季の抱負を語った。 午前中にウエートトレーニングに励み、午後はグラウンドでの技術練習に時間を割いた。自慢の打撃よりも守備の強化に重点を置いている。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。