「巨人」の記事一覧

日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。先発はヤクルトが石川、巨人は高橋。40歳のヤクルト石川雅規投手(40)は巨人戦で現役最多の31勝しているが、今季は未勝利。巨… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(21日、神宮球場) お笑いタレントの狩野英孝が始球式に登場した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は21日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグヤクルト・吉田喜-巨人・サンチェス(神宮)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は21日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-広島、22回戦、21日、甲子園)先発メンバーが発表され、リーグトップの26本塁打でタイトルを争っている阪神・大山が「4番右翼」でスタメン出場する。6月20日の巨人戦(東京ドーム)など左翼での先発は過去にもあったが、右翼は自身初。試合前の練習でも右翼でノックを受けていた。大山の定位置である三塁には、この日から1軍に合流したマルテが入った。

後で読む
日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。予告先発はヤクルトが石川、巨人は高橋。40歳のヤクルト石川雅規投手(40)は巨人戦で現役最多の31勝しているが、今季は未勝利… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

マリナーズの公式ツイッターが、引退を発表した巨人岩隈久志投手に感謝のメッセージを送った。岩隈は12年から6年間マ軍に所属。「思い出をありがとう。引退後の幸運を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人岩隈久志投手(39)が、今季限りで現役引退する。日米通算170勝。マリナーズ時代の05年にはノーヒットノーランを達成した。日本球界で最も高い制球力を誇る投… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

左肘痛を乗り越えた巨人高橋優貴投手が2勝目を目指し、21日ヤクルト戦に先発する。先発復帰を果たした前回14日広島戦では、5回1失点で今季初勝利を挙げた。「マジ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

40歳のヤクルト石川雅規投手(40)は巨人戦で現役最多の31勝しているが、今季は未勝利。巨人戦で白星を挙げた40代の先発投手は16年9月10日黒田(広島)が最… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト1-1巨人=延長十回規定により引き分け、17回戦、巨人11勝4敗2分、20日、神宮)戸郷に白星をつかんでもらいたい-。原監督の思いが伝わってきた。

後で読む
デイリースポーツ

現役最年長投手の中日・山井大介投手(42)が20日、現役続行の意思を明らかにした。 ナゴヤ球場での練習後、「コロナでこういう状況。これで辞めるとしたら悔やんでも悔やみきれないところがある。来年もやれるならやりたい」と現役への強いこだわりを口にした。今季は中継ぎで6試合に登板し、0勝0敗、防御率9・00。阪神・藤川、ヤクルト・五十嵐、巨人・岩隈ら次々に年下の投手たちがユニホームを脱ぐ中、球団の判断が注目される。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) ヤクルトは土壇場で追いつき、引き分けにこそ持ち込んだが、高津監督は厳しい表情を貫いた。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 巨人・坂本が先制打を放つも勝利にはつながらなかった。六回無死三塁。高梨の直球をしぶとく中前へ運んだ。「何とかバットに当てようと思っていた。戸郷が頑張っていたので、援護できてよかった」と振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 先発の巨人・戸郷は三塁ベンチで今季6度目のドローを見届けた。プロ入り最多134球の力投も報われず、リーグ連覇へのマジックも「7」で足踏み。冷たい秋風が吹く中、静かに神宮を後にした。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は20日、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を開き、指名候補選手の順位づけや最終確認を行った。1位指名は即戦力の野手に決定。名前こそ公表しなかったが、近大・佐藤輝明内野手(4年・仁川学院)が濃厚で、当日のくじ引き役は原辰徳監督(62)が務める。 約3時間にも及んだ会議。金の卵の映像を見た原監督もスケールの大きさにほれ直したようだ。報道陣に応対した大塚球団副代表は「10年に一人の逸材ですから、それはもう間違いない」と評価は不変と会議出席者の中で一致。最大級の評価であると明かした。

後で読む
東京スポーツ

今年は開運なるか。巨人は20日に東京都内でスカウト会議を開き、26日のドラフト会議に向けて選手の順位付けや当日のシミュレーションなどを行った。すでに近大・佐藤輝明内野手(21)の指名が確実視される中…

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日6-1DeNA、19回戦、中日10勝9敗、20日、ナゴヤD)4番の意地がバットに乗った。中日・ビシエドが六回に左中間へ、決勝の勝ち越し二塁打。13試合ぶりの猛打賞と、大暴れした。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人は20日、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を開き、26日のドラフト会議ではこれまで明かしていた通り、即戦力野手を1位指名する方針を固めた。明言はしなかったが、近大・佐藤輝明内野手(4年)が最有力。原辰徳監督(62)ら首脳陣も参加して映像を確認した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神1-5広島、21回戦、阪神11勝7敗3分、20日、甲子園)今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が、広島戦(甲子園)で8月10日のDeNA戦(横浜)以来となる1軍復帰登板。六回に登場して、1安打無失点に抑えた。1-5で敗れたが、試合後にはナインに団結の大切さを説いた。首位巨人とは12・5ゲーム差と絶望的な状況にいるものの、ファイティングポーズは崩さない。

後で読む
東京スポーツ

今年は開運なるか。巨人は20日に東京都内でスカウト会議を開き、26日のドラフト会議に向けて選手の順位付けや当日のシミュレーションなどを行った。すでに近大・佐藤輝明内野手(21)の指名が確実視される中、…

後で読む
東京スポーツ

「球団としては残留してほしいでしょうが、果たしてそうなるのか…」。ロッテ関係者の間からこんな声が漏れている。今年9月に交換トレードで巨人から電撃加入した澤村拓一投手(32)の去就のことだ。  移籍当初…

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 巨人が逃げ切りに失敗。引き分けに終わり、2位中日も勝利したためマジックは7のまま変わらなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 高津ヤクルトが土壇場で同点に追いつき、対巨人戦10連敗は阻止。試合後の高津監督は、投手陣の踏ん張りに目尻を下げ、打線の奮起を願った。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 巨人が継投策が裏目に出て逃げ切りに失敗。引き分けに終わり、2位中日も勝利したためマジックは7のまま変わらなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、ヤクルト1-1巨人=延長十回規定により引き分け、17回戦、巨人11勝4敗2分、20日、神宮)ヤクルトは3度の満塁機で決定打が出なかった。0-1の九回2死満塁で山田哲が田中豊から押し出し四球をもぎ取ったが、続く村上は一ゴロに倒れた。高津監督は「走者をためてのもう一本が出るか出ないか。今はそこで出せない」と、もどかしげに話した。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人はヤクルト戦に1-1で引き分け、18試合を残して全球団からの負け越しなしを決めた。中日、阪神、広島には既に勝ち越しを決めており、DeNA、ヤクルトに全敗しても上回られることがなくなった。DeNA、ヤクルトについては1試合でも勝つか引き分ければ勝ち越しが決まる。

後で読む
日刊スポーツ

巨人原監督は試合後「何とか1点をね、みんなで守ろうとしたんだけどね。1点を守り切るのは非常に至難の業ですな」と切り出した。先発戸郷は6回無失点で粘り、目標の新… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人の戸郷翔征投手(20)は自己最多の134球の熱投実らず、9勝目はお預けとなった。6四球を与えながら6回3安打無失点。6回に2死満塁のピンチを背負ったが、代… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

首位巨人が最下位ヤクルトに引き分けた。https://www.nikkansports.com/baseball/pro… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 巨人が継投策が裏目に出て逃げ切りに失敗。引き分けに終わり、2位中日も勝利したためマジックは7のまま変わらなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 巨人が最終回の継投策が裏目に出て逃げ切りに失敗。引き分けに終わり、2位中日も勝利したためマジックは7のまま変わらなかった。先発の戸郷が6回無失点の好投。新人王のライバルの広島・森下に1勝差をつける9勝目の権利は同点劇によって消えた。

後で読む
東京スポーツ

あと一歩届かなかった。ヤクルトは20日の巨人戦(神宮)に延長10回、1―1で今季8度目の引き分け。先発・高梨が5回2/3を1失点と粘り、後続の投手も無失点でつないだ。しかし、打撃陣が8回までに2度の…

後で読む
東京スポーツ

新人王を狙う巨人の期待株・戸郷翔征投手(20)が20日のヤクルト戦(神宮)で一回り成長した姿を披露した。自己最多となる6回134球を投げ3安打無失点9奪三振。勝利投手の権利を持って降板したが、後続の…

後で読む
東京スポーツ

巨人は20日のヤクルト戦(神宮)に延長10回、1―1で引き分けに終わった。2位の中日は勝利し、優勝マジックは7のまま足踏みとなった。  最少リードを守り、1―0で迎えた9回にバタついた。逃げ切りを図…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト1-1巨人=延長十回規定により引き分け、17回戦、巨人11勝4敗2分、20日、神宮)気合がみなぎっていた。夜風が肌寒くなってきた神宮のマウンドで、戸郷は1球、1球に力を込めた。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 巨人が逃げ切りに失敗。引き分けに終わり、2位中日も勝利したためマジックは7のまま変わらなかった。

後で読む
デイリースポーツ

巨人が九回に追い付かれ、引き分けた。六回に松原が三塁打で出て、続く坂本が適時打を放って先制。追加点を奪えずに迎えた九回裏2死満塁で山田哲に押し出し四球を許した。延長十回は両チームとも三者凡退に終わった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 高津ヤクルトが土壇場で同点に追いつき、対巨人戦10連敗は阻止。試合後の高津監督は、投手陣の踏ん張りに目尻を下げ、打線の奮起を願った。

後で読む
東京スポーツ

投打がかみ合わなかった。ヤクルトは20日の巨人戦(神宮)に延長10回、1―1で引き分けた。先発の高梨は6回途中を1失点の粘投を見せ、2番手・寺島から星、梅野、石山が無失点リレー。しかし、打線が援護で…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は20日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト1-1巨人、17回戦、巨人11勝4敗2分、20日、神宮)ヤクルトが九回に追いついて引き分けた。巨人は優勝へのマジックナンバーを減らせず7のままとなった。

後で読む
日刊スポーツ

近鉄戦士として最後の投手となったヤクルト近藤一樹投手(37)が、イースタン・リーグ今季2勝目を挙げた。巨人岩隈久志投手(39)の今季限りでの現役引退発表から一… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は20日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(20日、神宮球場) 新人王を争う巨人先発の戸郷が、6回無失点。ライバルの広島・森下に1勝差をつける9勝目の権利を手に降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(20日、神宮球場) 巨人・坂本が先制の中前適時打を放った。

後で読む
東京スポーツ

あと少しが粘れなかった。ヤクルトの高梨裕稔投手(29)が20日の巨人戦(神宮)に先発し、6回途中を5安打1失点の内容だった。  5回まで強力巨人打線をわずか3安打に抑えた。それでも6回に先頭・松原に…

後で読む
東京スポーツ

反省ばかりが口をついた。ヤクルトの高梨裕稔投手(29)が20日の巨人戦(神宮)に先発し5回2/3を5安打1失点。高梨は「今日は状態も良く、低めへの投球意識をしっかりと持って投げることができました」と…

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは高梨、巨人は戸郷の先発。戸郷は初回、3四球を出すも無失点。高梨は、3回まで巨人打線から5奪三振。巨人は6回、坂本の適時中前打で1点を先制した。高梨は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。先発はヤクルトが高梨、巨人は戸郷。https://www.nikkansports.c… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(20日、神宮球場) ヤクルト先発の高梨が六回途中で降板した。

後で読む
東京スポーツ

バドミントンの元日本代表の潮田玲子(37)が20日に神宮球場で行われたヤクルト―巨人戦で始球式に登場した。  黒地に白い水玉のパーカーを着てマウンドに上がった潮田の放ったボールは山なりながらノーバウ…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト-巨人17回戦、20日、神宮)元バドミントン日本代表でタレントの潮田玲子(37)が始球式に登場し、ノーバウンド投球を披露した。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは20日、21日の予告先発投手を発表した。

後で読む
日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。先発はヤクルトが高梨、巨人は戸郷。https://www.nikkansports.c… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(20日、神宮球場) バドミントン女子ダブルスで07年世界選手権銅メダル、08年北京五輪5位、12年ロンドン五輪混合ダブルス代表の潮田玲子が始球式に登場した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は20日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグヤクルト・石川-巨人・高橋(神宮)

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(20日、神宮球場) バドミントン女子ダブルスで08年北京五輪5位、07年世界選手権銅メダル、12年ロンドン五輪混合ダブルス代表の潮田玲子が始球式に登場した。

後で読む
東京スポーツ

巨人は20日、都内の球団事務所でスカウト会議を開き、26日に行われるドラフト会議に向け、選手の順位付けや当日のシミュレーションなど、約3時間にわたって行った。会議には原監督をはじめ、元木ヘッドコーチ…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は20日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。予告先発はヤクルトが高梨、巨人は戸郷。試合開始は午後6時の予定。ニッカンスポーツ・コムではライブ速報をします。–《redb… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツニッポン

 巨人は20日、東京大手町の球団事務所でスカウト会議を開き、原監督、元木ヘッドコーチ、宮本投手チーフコーチらが出席。10月26日に行われるドラフト会議に向け、約80人リストアップしている選手の指名方針や順位付けなどを、約3時間確認した。

後で読む
東京スポーツ

今季限りでの現役引退を発表した西武・高橋朋巳投手(31)の「引退試合」が30日のイースタンリーグ・巨人戦(カーミニーク)に決まった。  20日、メットライフドームに隣接する球団事務所で引退会見を開い…

後で読む
サンケイスポーツ

巨人は20日、東京・大手町の球団事務所で原辰徳監督(62)ら首脳陣が参加したスカウト会議を開き、26日のドラフト会議で1位に即戦力の野手を指名することを再確認した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人のスカウト会議が20日、都内の球団事務所で行われ、原監督らが出席。絞り込んだ80人を順番づけした、 1位候補には即戦力野手を挙げ、近大の佐藤輝明内野手の名前が挙がったもよう。1位指名選手が重複した場合、大塚球団副代表は「監督以外いないですよね。本人は嫌がってますけど」と笑いながらも、強運に期待した。

後で読む
東京スポーツ

【赤坂英一 赤ペン!!】巨人・原監督の「補強期限撤廃」発言が波紋を広げている。通常は7月末、今季はコロナ特例で9月末だったトレードや外国人の補強期限を取っ払い、「一年中」必要な選手を取れるようにするべ…

後で読む
日刊スポーツ

巨人岩隈久志投手(39)が、今季限りで現役引退する。日米通算170勝。マリナーズ時代の05年にはノーヒットノーランを達成した。日本球界で最も高い制球力を誇る投… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

米・メジャーリーグ、ヤンキースの田中将大投手(31)が20日、ツイッターで今季限りで引退する巨人の岩隈久志投手(39)への感謝の気持ちをつづった。  岩隈投手から連絡があったといい「僕にまで発表前に…

後で読む
スポーツニッポン

 巨人は19日、岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退すると発表した。23日に東京ドームで会見を行う予定。日米通算170勝を挙げるなど輝かしい実績を残したが、17年9月に右肩を手術した影響もあり、巨人では今季までの2年間で1軍登板はなかった。プロ21年の現役生活に別れを告げる右腕は苦しい時も支えてくれた家族、声援で背中を押してくれたファンへの感謝の思いを独占手記としてスポニチ本紙に寄せた。

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発はヤクルトが高梨、巨人が戸郷。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・岩隈久志投手(39)が今季限りでの現役引退を発表。マリナーズ時代を取材した本紙の大リーグ担当でシアトル在住の丹羽政善通信員(53)が同投手の逸話を紹介。活躍の背景には鋭い観察眼があった。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・岩隈久志投手(39)が今季限りでの現役引退を発表。2005年に楽天初代監督を務めた田尾安志氏(66)=本紙専属評論家=はねぎらいの言葉を送った。

後で読む
日刊スポーツ

巨人岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退すると19日、発表された。99年ドラフト5位で近鉄に入団。05年からは楽天に移籍し、12年からは大リーグのマリナ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退すると19日、発表された。99年ドラフト5位で近鉄に入団。05年からは楽天に移籍し、12年からは大リーグのマリナ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

20日の中日戦(ナゴヤドーム)に先発するDeNA・大貫晋一投手(26)が19日、自身初の2桁勝利に向けて意気込んだ。プロ2年目の今季はここまで9勝4敗、防御率2・21。快投で大台に乗せる。 横浜スタジアムでの投手指名練習後、「一試合一試合できることをやって、とにかく一つ勝てるように。チームの勝ちに貢献したい」と力を込めた。巨人・菅野、阪神・西に次ぐリーグ3人目の2桁勝利投手に名乗りを上げた。

後で読む
デイリースポーツ

20日のヤクルト戦に先発する巨人・戸郷が「長いイニングを投げられるように頑張ります。マジックを減らせられるようにチームに貢献したいです」と意気込んだ。 マジック対象チームの阪神が引き分け、優勝マジック7と最短優勝日は23日で変わらず。また、ここまで火曜日に先発してきた菅野は23日の阪神戦に回る見込み。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は19日、岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退すると発表した。99年度ドラフト5位で近鉄に入団後、楽天、マリナーズでプレー。19年に巨人に移籍したが、在籍2年間は右肩痛の影響で、1軍登板なしで終わった。日米通算170勝の右腕が、21年間の現役生活にピリオドを打つ。23日に引退会見を開く。 日米で輝かしい記録を残したレジェンド右腕がユニホームを脱ぐ。09年のWBCで世界一の喜びを分かち合った原監督のラブコールを受け、19年から巨人でプレー。しかし、コンディションが上がらず、現役引退を決断した。

後で読む
東京スポーツ

最後まで〝孤高の男〟だった。巨人・岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退する。19日に球団から発表された。日米通算170勝。原辰徳監督(62)のラブコールを受け、昨年8年ぶりに日本球界復帰したが…

後で読む
東京スポーツ

 最後まで〝孤高の男〟だった。巨人・岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退する。19日に球団から発表された。日米通算170勝。原辰徳監督(62)のラブコールを受け、昨年8年ぶりに日本球界復帰したが…

後で読む
東京スポーツ

 セ・リーグは巨人の2年連続リーグVが決定的な状況でファンの興味は個人タイトル争いへと移りつつある。中でも特に注目を集めているのが本塁打王争いだ。阪神・大山悠輔内野手(25)を筆頭に世代の近い和製大砲…

後で読む
スポーツニッポン

 阪神・藤川球児投手が19日にツイッターを更新。自身と同じく今季限りでの引退を表明した巨人の岩隈久志投手をねぎらった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球巨人は19日、日米通算170勝を挙げている岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退すると発表した。2017年に右肩の手術を受け、19年に巨人で日本球界に復帰したが、これまで1軍での登板はなかった。23日に東京ドームで記者会見を行う。

後で読む
日刊スポーツ

3位阪神が最下位ヤクルトと対戦。26本でセ本塁打トップの阪神大山は2位の巨人岡本、3位広島鈴木誠也との差を広げられるか。先発は阪神ガンケルとヤクルト・スアレス… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人の岩隈久志投手(39)の現役引退発表を受けて、最後の近鉄戦士となったヤクルトの近藤一樹投手(37)と坂口智隆外野手(36)がコメントした。 近藤は「僕は岩隈さんが近鉄バファローズのエースとしてブレイクした年のドラフトで、『細身で長身でスケールは違うけど同じタイプになるのではないか』と岩隈さんの担当スカウトの方の意見もあり、僕も近鉄にドラフトで指名されたと聞いていました」と入団時を回顧。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグヤクルト・高梨-巨人・戸郷(神宮)

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・藤川球児投手(40)が19日、自身のツイッターを更新し、現役引退を表明した巨人・岩隈久志投手(39)への思いを語った。

後で読む
日刊スポーツ

巨人岩隈久志投手(39)が今季限りで現役引退することが19日、分かった。同日中に発表される。岩隈は19年から巨人に入団したが右肩痛のため2年間1軍登板はなかっ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神の藤川球児投手(40)が19日、自身と同じく今季限りでの現役引退が明らかになった巨人・岩隈久志投手(39)について、自身の公式ツイッターで思いをつづった。 WBCでも日本代表としてともに戦ったこともあり、「大会中、肘が痛いって言いながらもずっと凄いピッチングで技術の高さがズバ抜けていました」と思い出を振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退することが19日、発表された。2000年に堀越高からドラフト5位で近鉄に入団した右腕がユニホームを脱ぐことにより、元近鉄戦士はヤクルト・近藤一樹投手(37)、坂口智隆外野手(36)の2人となった。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは上茶谷大河投手の出場選手登録を抹消した。上茶谷は18日の巨人戦で3回5安打3失点で降板するなど直近3試合で結果を残せていなかった。 ロッテは美馬学投手の出場選手登録を抹消した。美馬は18日の日本ハム戦で5回1/3を7安打5失点で降板した。日本ハムは4投手を抹消した。

後で読む
サンケイスポーツ

日米通算170勝を挙げている巨人の岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退することが19日、分かった。2019年に巨人で日本球界に復帰したが、右肩の手術を受けた影響などもあり、これまで1軍での登板はなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人は19日、岩隈久志投手(39)が今季限りで引退することを発表した。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球巨人は19日、日米通算170勝を挙げている岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退すると発表した。2017年に右肩の手術を受け、19年に巨人で日本球界に復帰したが、これまで1軍での登板はなかった。23日に東京ドームで記者会見を行う。 岩隈は東京・堀越高から00年にドラフト5位で近鉄に入団。楽天時代の08年に21勝を挙げてパ・リーグ最優秀選手(MVP)と沢村賞に選ばれた。12年から米大リーグ、マリナーズに移籍し、15年に無安打無得点試合を達成。19年に巨人に加入し、昨季2軍で中継ぎとして2試合に登板しただけだった。

後で読む
東京スポーツ

日米通算170勝の巨人・岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退することが19日、明らかになった。  岩隈は2000年にドラフト5位で近鉄に入団。04年に新規参入した楽天に入り、08年には21勝を…

後で読む
日刊スポーツ

阪神、巨人などが今秋ドラフト1位候補に挙げ、オリックスがすでに1位指名を公表している近大・佐藤輝明内野手(4年=仁川学院)が4年生で最後のリーグ戦に臨み、本塁… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人岩隈久志投手(39)が今季限りで現役引退することが19日、分かった。同日中に発表される。岩隈は19年から巨人に入団したが右肩痛のため2年間1軍登板はなかっ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 巨人の岩隈久志投手(39)が引退することが19日、分かった。 岩隈は18年にマリナーズを退団。12月6日に巨人と契約したが、2年間で1軍では1試合も登板することはなかった。日米通算成績は170勝108敗。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・岩隈久志投手(39)が今季限りで引退することが19日、分かった。

後で読む
デイリースポーツ

日米通算170勝を挙げているプロ野球巨人の岩隈久志投手(39)が19日、今季限りでの現役引退の意思を固めたことが分かった。

後で読む
デイリースポーツ

巨人の岩隈久志投手が引退することが19日、分かった。 岩隈は18年にマリナーズを退団。12月6日に巨人と契約したが、1試合も登板することはなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、DeNA10-6巨人、20回戦、巨人12勝8敗、18日、横浜)スタンドを見つめ、ぼうぜんと立ち尽くした。2-5の七回無死満塁。巨人2番手の高梨雄平投手(28)が梶谷に痛恨の逆転満塁弾を浴び、今季初黒星を喫した。

後で読む
日刊スポーツ

巨人、阪神、オリックスなどが今秋ドラフト1位候補に挙げる近大・佐藤輝明内野手(4年=仁川学院)が、秋季リーグ関大戦で、リーグ通算本塁打記録を更新する14号を放… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人、阪神、オリックスなどが今秋ドラフト1位候補に挙げる近大・佐藤輝明内野手(4年=仁川学院)が、秋季リーグ関大戦で、リーグ通算本塁打記録を更新する14号を放… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人、阪神、オリックスなどが今秋ドラフト1位候補に挙げる近大・佐藤輝明内野手(4年=仁川学院)が、秋季リーグ関大戦で、リーグ通算本塁打記録を更新する14号を放… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神6-5ヤクルト」(18日、甲子園球場) 阪神の大山悠輔内野手(25)が1点を追う初回、右翼線へ逆転の2点適時打を放った。これで今季74打点とし、リーグトップの巨人・岡本に4差と接近。目の前で5打点を稼いだヤクルト・村上に抜かれたが、それでもリーグ3位タイだ。残り19試合。26本でトップを走る本塁打との2冠へ、全力で走り抜ける。デイリースポーツ評論家の狩野恵輔氏が大山の打撃を分析した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神6-5ヤクルト」(18日、甲子園球場) 2つのタイトルの文字は視界に捉えた。阪神の大山悠輔内野手(25)が1点を追う初回、右翼線へ逆転の2点適時打を放った。これで今季74打点とし、リーグトップの巨人・岡本に4差と接近。目の前で5打点を稼いだヤクルト・村上に抜かれたが、それでもリーグ3位タイだ。残り19試合。26本でトップを走る本塁打との2冠へ、全力で走り抜ける。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA10-6巨人」(18日、横浜スタジアム) 巨人・吉川尚がプロ4年目で初の先頭打者本塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA10-6巨人」(18日、横浜スタジアム) 逆転満塁アーチに歓声が巻き起こる中、一塁を回ったDeNA・梶谷は何かに気付き、素早く一塁ベースを踏みに戻った。慌てた様子は一切なく、悠々とダイヤモンドを一周。八回にも2ランを放ち、2発6打点で勝利の立役者となった。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA10-6巨人」(18日、横浜スタジアム) 中継ぎ陣が崩れての逆転負けに、巨人・原監督は自身の継投失敗を責めた。5点リードを守りきれず2連敗。「替え時を、私自身が我慢できなかったというところですかね。我慢すべきだったのかもしれない」と振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神6-5ヤクルト、20回戦、阪神11勝9敗、18日、甲子園)2冠いける!! 阪神はヤクルトに6-5で勝利。0-1の一回に大山悠輔内野手(25)が逆転の2点打を放った。セ・リーグトップの巨人・岡本和真内野手(24)に4差に迫る74打点。26発でキングに立っている本塁打との2冠が見えてきた。

後で読む
東京スポーツ

いわゆる消化試合も無駄にはできない。2年連続リーグ優勝を目前にしている巨人は18日のDeNA戦(横浜)で7回表終了まで5点リードしながら6―10と逆転負け。しかし、2位・中日が敗れたため優勝マジック…

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、DeNA10-6巨人、20回戦、巨人12勝8敗、18日、横浜)巨人は序盤に主導権を握ったが、中継ぎ陣がDeNA打線に捕まり逆転負け。2位・中日が敗れたため、優勝へのマジックは1つ減って「7」となった。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA10-6巨人」(18日、横浜スタジアム) 巨人の原辰徳監督が、18日に出場選手登録を抹消した小林誠司捕手に、本来の姿で1軍復帰することを願った。

後で読む
東京スポーツ

我慢できなかった――。巨人・原辰徳監督(62)が敗戦の責任を一人で背負い込んだ。  優勝へのマジック「8」で迎えた18日のDeNA戦(横浜)は、5点リードで迎えた7回、2失点の後、梶谷に満塁弾を浴び…

後で読む
スポーツニッポン

 巨人は5―0とリードした7回に先発の畠、2番手の高梨がDeNA打線につかまり、この回だけで一挙6失点。まさかの逆転負けを喫した。2位の中日が敗れたため、優勝へのマジックは1つ減って「7」となった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA10-6巨人、20回戦、巨人12勝8敗、18日、横浜)巨人の吉川尚がプロ4年目で初の初回先頭打者本塁打を放った。上茶谷の初球を引っ張って右翼席へ運び、敵地をどよめかせ「結果を恐れずに思い切って振っていった」と振り返った。

後で読む
日刊スポーツ

「ハマの韋駄天(いだてん)」が大仕事! DeNA梶谷隆幸外野手(32)が、値千金の逆転満塁本塁打を放った。7回、3点差に迫りなお無死満塁、巨人高梨の2球目を右… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「関甲新学生野球リーグ秋季リーグ戦・チャンピオンシップラウンド、平成国際大5-3上武大」(18日、白鷗大グラウンド) 今秋ドラフト上位候補の上武大・古川裕大捕手(4年・久留米商)が、阪神など7球団のスカウトらの前でユーティリティーぶりを発揮した。3年時に侍ジャパン大学代表に選出されるなど大学屈指の扇の要ながら、六回からマスクを脱いで遊撃へと守備位置を変更。打球は飛んでこなかったが、「内野を守れる準備はできている」と持ち味をアピールした。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA10-6巨人」(18日、横浜スタジアム) 巨人が5-0とリードした七回に6点を失って逆転を許した。八回にも4点を失い2イニングで10失点。中日が敗れたためマジックは1つ減って「7」になった。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA10-6巨人」(18日、横浜スタジアム) DeNAが梶谷の2発6打点の活躍で大逆転勝利を飾った。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAが勝率5割に戻った。0-5の七回に柴田、代打伊藤光の適時打と梶谷の満塁本塁打で6点を奪い逆転し、八回に梶谷の2ランなどで4点を加えた。エスコバーが今季初勝利。巨人は七回途中から継投し救援陣が打ち込まれた。

後で読む
東京スポーツ

まさに天国から地獄――。巨人が18日のDeNA戦(横浜)で5―0で迎えた7回に、まさかの6失点で大逆転負けを喫した。  先発・畠が6回まで無失点投球。プロ初完投まで見えてきた7回に悲劇が訪れた。先頭…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は18日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
日刊スポーツ

巨人は1回、吉川尚の8号先頭打者本塁打で先制。3回にも敵失と田中俊の適時打で2点を加えた。先発畠は3回まで無失点。DeNA上茶谷は3回3失点で降板。2番手京山… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

4位DeNAが、M8の首位巨人に逆転勝ち。DeNAは6回まで無得点も7回、8回で10得点。巨人は中継ぎ陣が誤算だった。11日阪神戦から5試合連続本塁打中のDe… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(18日、横浜スタジアム) 巨人が5-0とリードした七回に6点を失って逆転を許した。

後で読む
日刊スポーツ

4位DeNAが、M8の首位巨人と対戦。先発はDeNAが上茶谷、巨人は畠。DeNA佐野恵太外野手(25)は11日阪神戦から5試合連続本塁打中。DeNAの連続試合… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

目にも止まらぬ早業だ。巨人・吉川尚輝内野手が18日のDeNA戦(横浜)で、初回に初球先頭打者アーチを放った。  プレーボールからおよそ10秒で白球が右翼スタンドに着弾した。「1番・二塁」でスタメン出…

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(18日・横浜スタジアム) DeNA・ソトが故意落球の判定を下された。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(18日、横浜スタジアム) 巨人の吉川尚が先頭打者初球本塁打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA-巨人、20回戦、18日、横浜) 巨人・田中俊太内野手(27)がプロ初となる「6番・左翼」でスタメン入りした。

後で読む
日刊スポーツ

4位DeNAが、M8の首位巨人と対戦。先発はDeNAが上茶谷、巨人は畠。DeNA佐野恵太外野手(25)は11日阪神戦から5試合連続本塁打中。DeNAの連続試合… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は18日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は18日、小林誠司捕手と香月一也内野手の登録を抹消。田口麗斗投手と岸田行倫捕手を出場選手登録した。 オリックスはドラフト1位の宮城大弥投手(興南)を登録。この日の西武戦でプロ2戦目の先発マウンドに上がった。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(18日、横浜スタジアム) 巨人の吉川尚が先頭打者初球本塁打を放った。

後で読む
東京スポーツ

巨人・小林誠司捕手(31)が18日、出場選手登録を抹消された。小林は開幕3戦目の6月21日の阪神戦(東京ドーム)で、死球を受けるアクシデントに見舞われて左尺骨を骨折。約3か月間、戦列を離れ、9月18…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA-巨人、20回戦、18日、横浜)巨人・小林誠司捕手(30)が出場選手登録を抹消された。代わって、3年目の岸田行倫捕手(24)が1軍に昇格した。

後で読む
スポーツニッポン

 大学球界の名門、東海大硬式野球部の複数の部員が寮内で大麻の疑いがある薬物を使用していたことが判明し東海大が17日、同部を無期限活動停止としたと発表した。神奈川県警が部員から事情聴取し、16日に大麻取締法違反容疑で寮を家宅捜索。当該部員も薬物使用を認めているという。全日本大学野球選手権でも4度の優勝を果たした名門で起きた不祥事に、球界には激震が走った。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽巨人 田口麗斗投手、岸田行倫捕手 ▽DeNA 京山将弥投手 【同抹消】 ▽巨人 小林誠司捕手、香月一也内野手

後で読む
日刊スポーツ

巨人から9月末に金銭トレードで楽天に加入した田中貴也捕手(28)が移籍後、1軍に初合流した。練習前にチームメートに囲まれ、あいさつ。ベンチ前でのウオーミングア… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

張本勲氏(80)が18日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」にリモートで出演し、15日の巨人戦で広島菊池涼介が延長10回に中島の二飛を捕球、連続無失策「43… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神(降雨中止)ヤクルト」(17日、甲子園球場) 元阪神監督でデイリースポーツ評論家の岡田彰布氏(62)が、阪神・大山悠輔内野手について言及した。16日のヤクルト戦(甲子園)では4打数4安打と絶好調。巨人・岡本和真内野手とし烈な本塁打王争いを繰り広げている。タイトル獲得が視界に入るなか、岡田氏が大山に求めるものとは。

後で読む
サンケイスポーツ

井上の1軍での打席を見ているが、現時点なら私が指導してきた高卒ルーキーたち、松井稼頭央(西武2軍監督)、中島宏之(巨人)、中村剛也、栗山巧(ともに西武)ら以上の素質を感じる。さすがに清原和博(元西武など)は別格だが、軸回転の強いスイングができて、センター方向へ伸びる打球は、清原に通じる部分もある。長距離砲の魅力は十分だ。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA(降雨中止)巨人」(17日、横浜スタジアム) DeNA・佐野恵太内野手(25)の6試合連続本塁打は持ち越しとなった。17日の巨人戦が雨天中止。18日の同戦は仕切り直しの一戦となった。現在は球団タイ。次戦でアーチをかければ球団新記録となり、王貞治とバースの持つ日本記録の7戦連発に王手がかかる。ラミレス監督は「記録は長いほどいい」と更新を願った。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA(降雨中止)巨人」(17日、横浜スタジアム) 巨人・原辰徳監督(62)が17日、今季5度目の雨天中止を“恵みの雨”と超前向きに捉えた。2位の中日が勝ったため優勝マジックは「8」と変わらず、最短Vは22日。歓喜の瞬間へ、再進撃する。

後で読む
日刊スポーツ

巨人がDeNA戦(横浜)の雨天中止を受け、先発ローテーションを再編することが17日、分かった。この日、先発予定だった畠を18日の同戦にスライド。開幕からローテ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

首都大学野球リーグの名門・東海大が17日、神奈川県平塚市内の同大学湘南キャンパスで緊急記者会見を開き、無期限活動停止を発表。寮内で複数の部員による大麻使用の疑いがあったことを明かした。 野球界、スポーツ界に激震が走り、OBの巨人・原辰徳監督(62)も球団を通じてコメントを発表。「詳しい状況は分かりませんが、本当であれば絶対にあってはいけないことです。母国でこのようなことが起き、大変ショックです」と落胆の色をにじませた。

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りでの現役引退を表明している藤川球児投手(40)が、18日のヤクルト戦(甲子園)でベンチ入りする。同戦が雨天中止となった17日に、矢野燿大監督(51)が明言した。球団は、引退セレモニーを行う11月10日の巨人戦(甲子園)について、来場者にメモリアルポスターをプレゼントするなど詳細も発表。花道への準備は、着々と整っていく。

後で読む
東京スポーツ

優勝マジックを「8」としている巨人で、鉄壁だった救援陣が正念場を迎えている。  17日のDeNA戦は雨天中止。原辰徳監督(62)は球団を通じ「天候のことは致し方ない。連戦中ということもありますし、す…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は17日、セ・パ両リーグで3試合を実施。DeNA-巨人、阪神-ヤクルト、ロッテ-日本ハムは降雨中止となった。

後で読む
日刊スポーツ

阪神は17日、今季限りで現役を引退する藤川球児投手(40)の引退記念グッズ発売、甲子園歴史館で開催する引退特別展示を発表した。11月10日巨人戦(甲子園)後に… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

大学球界の名門で、OBに巨人・原辰徳監督やエースの菅野智之がいる東海大野球部で〝薬物蔓延〟が発覚した。複数の部員が大麻を使用した疑いがあるという。  同大は17日、神奈川県平塚市内の湘南キャンパスで…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は17日、セ・パ両リーグで3試合を実施。DeNA-巨人、阪神-ヤクルト、ロッテ-日本ハムは降雨中止となった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA-巨人=降雨中止、17日、横浜)DeNAのラミレス監督が、球団記録に並ぶ5試合連続本塁打中の佐野に記録更新を期待した。

後で読む
日刊スポーツ

元阪神のヤクルト歳内宏明投手(27)が17日、1633日ぶりの甲子園での登板を振り返った。16日の阪神戦で、16年4月27日巨人戦以来となるマウンドに立ち「慣… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は17日、セ・パ両リーグで4試合を実施。DeNA-巨人、ロッテ-日本ハムは降雨中止となった。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグDeNA・上茶谷-巨人・畠(横浜)

後で読む
サンケイスポーツ

DeNA・京山将弥投手(22)は17日の巨人戦(横浜)で今季4度目の先発が予定されていたが、雨天中止となった。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(17日、横浜スタジアム) 今季5度目の雨天中止が決まり、巨人・原監督は「天候のことは致し方ないですからね。連戦中ということもありますし、全てをプラスに受け止めて進んでいきたいと思います」と前向きに語った。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテ・沢村拓一投手(32)が17日、出場選手登録が9年に達し、海外フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。 右腕は「ファン、チームメート、スタッフ、球団の皆さまに感謝をしています。チームが優勝争いをしていますので、今はその事しか考えておりません」とコメントした。 沢村は今季9月に巨人からトレード移籍し、勝利の方程式の一角として活躍。ロッテ移籍後は14試合に登板し0勝1敗1セーブ、8ホールド、防御率1・32と抜群の安定感を誇っている。

後で読む
日刊スポーツ

広島は17日、野村祐輔投手(31)が16日に広島市内の病院で「右鎖骨下静脈血栓症除去術」の手術を行ったことを発表した。野村は15日の巨人21回戦(東京ドーム)… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

降雨のため中止となった。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

17日のDeNA戦に先発する巨人畠世周投手が警戒を強めた。前回対戦の9月20日は6回無失点に封じたが「DeNA打線は長打を警戒するバッターが多いので、メリハリ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人は、予定していた日本ハム戦が、雨天ならびに天候の回復が見込めないため、中止となったと発表した。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA2-1巨人」(16日、横浜スタジアム) 鉄壁の救援陣が崩れた。巨人・坂本が均衡を破る先制の中犠飛を放った直後の八回。3番手の大江が佐野に5試合連発となる同点ソロを浴びた。さらに、4番手のビエイラが大和に決勝の適時二塁打を献上。優勝マジックは「8」で足踏みとなった。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA2-1巨人」(16日、横浜スタジアム) 一振りでチームを救った。DeNA・佐野恵太内野手(25)が八回に5試合連続となる同点の20号ソロ。77年・田代、04年・ウッズ、08年・村田らの球団記録に並び、逆転勝ちを呼び込んだ。

後で読む
東京スポーツ

キャプテン、どうかお願いします――。残り20試合でマジック8とリーグV2をほぼ手中に収めている原巨人だが、営業サイドの心配の種となっているのがV決定後のホームの観客の入りだ。新型コロナ禍で観客動員に…

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA2-1巨人」(16日、横浜スタジアム) DeNAが逆転勝ちを収めた。ラミレス監督は「今のところ、このゲームが今年ベストだと思います」と喜びを爆発させた。

後で読む
東京スポーツ

〝昇格人事〟の是非はこれからか。巨人が16日のDeNA戦に1―2で敗れた。2位・中日が勝ったため、優勝へのマジックは「8」と変わらず。好機をことごとく逸した内容に、原辰徳監督(62)も「今日は両軍、そ…

後で読む
日刊スポーツ

巨人は1点を追う9回無死三塁のチャンスを生かせず、逆転負けで優勝マジック8で足踏みとなった。原辰徳監督は「こっちももう1本というところでしたね。1点で勝とうと… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA2-1巨人、19回戦、巨人12勝7敗、16日、横浜)巨人の今村は2日以来、中13日での登板で力強い直球とフォークボールのコンビネーションがさえた。打線の援護がなく白星は得られなかったが、要所を締めて6回を4安打無失点と好投し「ストレートが良く、フォークボールも角度がついていて良かった」と自賛した。

後で読む
デイリースポーツ

 「DeNA2-1巨人」(16日、横浜スタジアム) 巨人が逆転負けを喫した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA2-1巨人、19回戦、巨人12勝7敗、16日、横浜)巨人は競り負け、自力でマジックを減らすことはできなかった。DeNA・佐野は球団6人目となる5試合連続弾でチームに勢いをつけた。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(16日、横浜スタジアム) 巨人が八回、息詰まる投手戦の均衡を破った。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(16日、横浜スタジアム) DeNA・佐野が八回に右翼へ5試合連続本塁打となる同点の20号ソロを運んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA2-1巨人」(16日、横浜スタジアム) 巨人が逆転負け。1点リードの八回にリリーフ陣が打たれた。

後で読む
日刊スポーツ

4位DeNAが、M8の首位巨人と対戦。先発はDeNAが井納、巨人は今村。DeNA佐野恵太内野手(25)が、5試合連続本塁打となる20号ソロを放ち、球団記録に並… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNA佐野恵太内野手(25)が、5試合連続本塁打となる20号ソロを放ち、球団記録に並んだ。1点を追う8回無死、巨人3番手大江の初球を捉え、右翼席に運んだ。1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(イースタン・リーグ、巨人10-1日本ハム、16日、ジャイアンツ球場)日本ハム・斎藤佑樹投手(32)が1-3の六回から3番手で登板。2/3回を4安打5失点でKOされた。

後で読む
日刊スポーツ

4位DeNAが、M8の首位巨人と対戦。先発はDeNAが井納、巨人は今村。DeNA佐野恵太外野手(25)は11日阪神戦から4試合連続本塁打中。DeNAの連続試合… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグDeNA・京山-巨人・畠(横浜)

後で読む
日刊スポーツ

4位DeNAが、M8の首位巨人と対戦。予告先発はDeNAが井納、巨人は今村。DeNA佐野恵太外野手(25)は11日阪神戦から4試合連続本塁打中。DeNAの連続… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-ヤクルト、19回戦、16日、甲子園)かつての本拠地に戻ってきた。ヤクルト・歳内宏明投手(27)が、甲子園で阪神時代の2016年4月27日の巨人戦以来、4年ぶりに登板する。

後で読む
日刊スポーツ

10月16日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>巨人 今村信貴投手阪神 板山祐太郎外野手広島 島内颯太郎投手広島 田中法彦投手中… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人は16日、東京ドームの試合をスマートフォンでコメント投稿などをしながら視聴できる参加型ライブ配信を23日阪神戦からドーム最終戦の11月8日ヤクルト戦までの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「イースタン、巨人-日本ハム」(16日、ジャイアンツ球場) 日本ハム・斎藤佑樹投手が、2点ビハインドの六回から登板。1イニング持たず、2/3回で4安打を浴びて5失点KOとなった。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球のドラフト会議が26日に行われる。1位競合が確実視されているのが、近大・佐藤輝明内野手。オリックスがすでに1位指名を公表し、巨人や阪神など複数球団の有力候補として名前が挙がっている。プロ野球で多くの強打者育成に携わり、今年はJR東日本の外部コーチとして佐藤を実際に見た経験を持つ内田順三氏(デイリースポーツウェブ評論家)に、その印象を聞いた。 ◇ ◇

後で読む
日刊スポーツ

16日のDeNA戦に先発する巨人今村信貴投手が4勝目を狙う。5回途中3失点で2敗目を喫した2日阪神戦から中13日と休養十分で「中継ぎの皆さんを助けられるような… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

満員の観衆をのみこんだ、後楽園球場での巨人-阪神戦。マウンド上には江夏豊。長嶋茂雄、王貞治の両雄は打席にはいない。それぞれ三塁と一塁にいる。白とオレンジのユニ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「中日5-3阪神」(15日、ナゴヤドーム) 阪神は1点リードの九回、守護神のロベルト・スアレス投手が中日・高橋に逆転サヨナラ3ランを浴びた。デイリースポーツ評論家の藤田平氏(72)が終盤に大きく動いた試合を振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、巨人5-5広島=延長十回規定により引き分け、21回戦、巨人12勝7敗2分、15日、東京D)今季2番目に長い4時間5分のロングゲーム。巨人・原辰徳監督(62)は延長十回で引き分け、あきれ気味に口を開いた。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクが15日のオリックス戦(京セラドーム)に9―4で快勝。5連勝で2位・ロッテとの差を4ゲームに広げた。  同点の6回、松田宣に代打・川瀬を送り犠打成功。さらにバレンティンへの代打・長谷川が…

後で読む
東京スポーツ

巨人は15日の広島戦(東京ドーム)に延長10回、5―5で引き分けた。優勝マジックは8に減り、リーグ連覇にまた一歩近づいたが、不安が残るのは菅野と同等の活躍が求められて加入したエンジェル・サンチェス投…

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクが15日のオリックス戦(京セラドーム)に9―4で快勝。5連勝で2位・ロッテとの差を4ゲームに広げた。  同点の6回、松田宣に代打・川瀬を送り犠打成功。さらにバレンティンへの代打・長谷川が…

後で読む
東京スポーツ

 広島・菊池涼介内野手(30)が15日の巨人戦(東京ドーム)でセ・リーグ記録となる同一シーズン434連続守備機会無失策を達成した。7回、丸の打球をさばいて和田豊(阪神)の持つ「432」に並ぶと延長10…

後で読む
デイリースポーツ

「巨人5-5広島」(15日、東京ドーム) 巨人・岡本が一時勝ち越しとなる2点適時二塁打。三回2死一、二塁で高めに浮いた変化球を右中間にはじき返した。「チャンスだったのでなんとかしたかった。いい方向に打てましたね。打てて良かった」。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人5-5広島」(15日、東京ドーム) 4時間5分にも及ぶ接戦を終え、巨人・原監督は笑顔でG党に一礼した。今季5度目の引き分けで、連覇へのマジックは一つ減って「8」。歓喜の瞬間にまた一歩近づいた。

後で読む
スポーツニッポン

 早大の早川と同じく最大で6球団の競合の可能性が出てきたのが、大学No.1野手の呼び声が高い近大の佐藤だ。1位指名を公表したオリックスをはじめ、筆頭候補に挙げている巨人や阪神などが獲得を目指している。

後で読む
東京スポーツ

 巨人は15日の広島戦(東京ドーム)に延長10回、5―5で引き分けた。優勝マジックは8に減り、リーグ連覇にまた一歩近づいたが、不安が残るのは菅野と同等の活躍が求められて加入したエンジェル・サンチェス投…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人5-5広島=延長十回規定により引き分け、21回戦、巨人12勝7敗2分、15日、東京D)広島は今季最後の東京ドームで4点差に追いつき執念のドロー。佐々岡真司監督(53)の主な一問一答は以下の通り。

後で読む
日刊スポーツ

広島野村祐輔投手(31)が15日、先発した巨人21回戦(東京ドーム)で、コンディション不良のため2回1安打1失点で降板した。3回表の第1打席で代打を送られ交代… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人5-5広島=延長十回規定により引き分け、21回戦、巨人12勝7敗2分、15日、東京D)広島の野村がコンディション不良で2回1失点、33球で降板した。松原チーフトレーナーはチーム方針で詳細は明かさず「病院に行く予定。今後は経過を見ます」とだけ説明した。

後で読む
東京スポーツ

 巨人・原辰徳監督(62)が15日の広島戦(東京ドーム)で4点のリードを守れず、6回途中5失点KOされた先発サンチェスを突き放した。  右腕の乱調を救援陣5人による無失点継投でカバー。何とか延長10回…

後で読む
東京スポーツ

あと一歩が届かなかった。広島は15日の巨人戦(東京ドーム)に延長10回、5―5で引き分けた。  先発・野村がコンディション不良によって2回1失点で降板。2番手の高橋樹が4失点した。それでも打線が5回…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人5-5広島=延長十回規定により引き分け、21回戦、巨人12勝7敗2分、15日、東京D)広島の野村がコンディション不良で2回1失点、33球で降板した。松原チーフトレーナーはチーム方針で詳細は明かさず「病院に行く予定。今後は経過を見ます」とだけ説明した。

後で読む
日刊スポーツ

再三のピンチにも巨人の左腕2人が勝ち越しを許さず、引き分けでマジックを8に減らした。6回1死二、三塁、まずは大江がマウンドへ。小園を空振り三振に切ると、続く長… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 チームの苦境にさらなる追い打ちとなりそうだ。広島の野村祐輔投手(31)が15日の巨人戦(東京ドーム)に先発したが、2回を33球で降板。3回無死一塁で打席が回ると、代打・上本が送られた。2回1失点での…

後で読む
デイリースポーツ

延長十回引き分け、巨人の優勝マジックは8となった。巨人は1-1の三回に岡本の2点二塁打などで4点を勝ち越し。広島は五回に田中広の2点打と松山の8号2ランで4点差を追い付いた。終盤は互いに救援陣が踏ん張った。

後で読む
東京スポーツ

粘りに粘った。広島は15日の巨人戦(東京ドーム)に延長10回を5―5で引き分けた。  先発・野村がアクシデントにより、2回33球1失点で想定外の降板。1―1の3回から登板した2番手・高橋樹が4安打4…

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、巨人5-5広島=延長十回規定により引き分け、21回戦、巨人12勝7敗2分、15日、東京D)巨人が引き分け、優勝へのマジックナンバーを8とした。広島は4点のビハインドを追いつきながらもあと1点が奪えなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人5-5広島=延長十回規定により引き分け、21回戦、巨人12勝7敗2分、15日、東京D)主砲の一打で幸先よく先制した。今季最後の東京ドームでの巨人戦。0-0の一回1死二塁で広島・鈴木誠がサンチェスの1球目の150キロを捉え、中前へ先制打を放った。

後で読む
日刊スポーツ

巨人2代目若大将・岡本和真内野手が初の打点王へ、また1歩前進した。同点の3回2死一、二塁から右中間へ一時勝ち越しの2点適時二塁打。「打ったのは落ちる系の球です… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「巨人5-5広島」(15日、東京ドーム) 今季5度目の延長戦となった巨人は今季5度目の引き分け。マジックを1つ減らし8とした。十回、1死二塁のサヨナラ機を作ったが、中島が二飛に倒れた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人-広島、21回戦、15日、東京ドーム)広島・菊池涼介内野手(30)が、元阪神・和田豊氏が2013年に記録した二塁手としての同一シーズン432連続守備機会無失策のセ・リーグ記録に並んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は15日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-広島」(15日、東京ドーム) 兄弟によるリプレー検証が起こった。

後で読む
東京スポーツ

兄弟同士のタッチプレーに対するリクエストは兄に軍配が上がった。  巨人―広島戦(15日、東京ドーム)で巨人2点リードの5回一死一塁で巨人先発・サンチェスが一塁・田中俊(弟)にけん制球を投げた。逆を突…

後で読む
東京スポーツ

巨人の新助っ人、エンジェル・サンチェス投手(30)が15日の広島戦(東京ドーム)に先発し、6回途中5失点の乱調でKOされた。  4点のリードをもらいながら、最後までピリッとしなかった。球は高めに浮き…

後で読む
デイリースポーツ

 「巨人-広島」(15日、東京ドーム) 巨人先発サンチェスが8勝目を逃した。

後で読む
東京スポーツ

 コイのアンパンマンが値千金の一打だ。広島の松山竜平外野手(35)が15日の巨人戦(東京ドーム)に「4番・一塁」で先発出場し、大きな一打を放った。  初回一死一塁では併殺打、4回無死二塁に倒れた松山だ…

後で読む
日刊スポーツ

優勝マジック9の首位巨人が5位広島と対戦。予告先発は巨人がサンチェス、広島は野村。https://www.nikkansp… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「巨人-広島」(15日、東京ドーム) 広島先発の野村が三回の打席で代打を送られて降板となった。

後で読む
東京スポーツ

広島の主砲・鈴木誠也外野手(26)が15日の巨人戦(東京ドーム)に「3番・右翼」で先発出場。初回、先頭・宇草の中前打、二盗で得た一死二塁の好機で巨人先発・サンチェスの150キロ直球を中前にはじき返し…

後で読む
東京スポーツ

早すぎる降板に球場がざわついた。広島の野村祐輔投手(31)が15日の巨人戦(東京ドーム)に先発するも2回1安打1失点で降板した。  1回を三者凡退。1―0の2回も先頭・岡本に二塁打されるなどし、一死…

後で読む
日刊スポーツ

優勝マジック9の首位巨人が5位広島と対戦。予告先発は巨人がサンチェス、広島は野村。試合は午後6時開始予定。ニッカンスポーツ・コムで試合の模様を速報します。–… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「巨人-広島」(15日、東京ドーム) 広島先発の野村が三回の打席で代打を送られて降板となった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は15日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグDeNA・井納-巨人・今村(横浜)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は15日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
日刊スポーツ

16日のプロ野球予告先発は以下の通り。<セ・リーグ>DeNA井納翔一-巨人今村信貴(横浜=18時)阪神西勇輝-ヤクルト歳内宏明(甲子園=18時)広島床田寛樹-… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

10月15日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>DeNA 平良拳太郎投手阪神 藤川球児投手中日 松葉貴大投手ヤクルト 吉田大喜投… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽DeNA 平良拳太郎投手 ▽阪神 藤川球児投手 ▽中日 松葉貴大投手 ▽ヤクルト 吉田大喜投手 【同抹消】 ▽巨人 藤岡貴裕投手 ▽ヤクルト 風張蓮投手

後で読む
デイリースポーツ

今季限りで現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が15日、1軍出場選手登録された。8月13日に抹消されてから63日ぶり。今季のナゴヤドーム最終戦に合わせ、敵地ファンに別れを告げる意味もある。藤川は今後も1軍に帯同。全国のファンと現役最後の時間を過ごす。 巨人は藤岡投手をヤクルトは風張投手を抹消。オリックスは吉田凌投手が昇格した。

後で読む
日刊スポーツ

巨人はエンジェル・サンチェス投手(30)が先発。岡本はサンチェスが先発した試合で打率4割2分1厘、4本塁打、13打点とよく打ち、同投手の1、5、7勝目でV打を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人6-1広島、20回戦、巨人12勝7敗1分、14日、東京D)菅野、戸郷、サンチェスに続く先発投手が手薄な中、高橋の復帰はチームにとって心強い。もちろん、日本シリーズをにらんだ上で、だ。

後で読む
日刊スポーツ

<巨人6-1広島>◇14日◇東京ドーム巨人高橋優貴投手(23)が、1年ぶりの先発で5回2安打1失点に抑え、昨季8月17日阪神戦以来424日ぶりの勝利を挙げた。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人は14日、ヘラルド・パーラ外野手(33)が右膝の治療で米国に帰国すると発表した。 来日1年目の今季は47試合の出場で打率・267、4本塁打、13打点。パーラは球団を通じて「100パーセントの状態でプレーできるよう、治療に専念します。また戦力として復帰し、日本のファンの皆さんに全力プレーをお見せしたいと思っています」とコメントしたが、今季中の復帰は絶望的となった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人6-1広島」(14日、東京ドーム) 巨人・坂本が2戦連続のマルチ安打と気を吐き、通算2000安打まで残り21本とした。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人6-1広島」(14日、東京ドーム) 雌伏の時を経た2018年度ドラフト1位左腕が東京ドームで躍動した。約1年ぶりに先発した巨人・高橋が5回1失点で今季初白星を挙げ、打撃でも決勝の適時三塁打。日本シリーズの先発枠入りへ猛烈にアピールした。

後で読む
スポーツニッポン

 まさに無双状態だ。中日・大野雄大投手(32)が14日の阪神戦で今季5度目の完封勝利を挙げ、9勝目をマークした。防御率は1・92とし、巨人・菅野智之投手(31)の2・02を上回るリーグトップに。2年連続の最優秀防御率のタイトルへ大きく前進した。9月15日広島戦から36イニング連続無失点を継続中。圧倒的な投球を続けるエースが、チームを6月23日以来113日ぶりとなる2位に浮上させた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人6-1広島、20回戦、巨人12勝7敗1分、14日、東京D)巨人は14日、広島20回戦(東京ドーム)に6-1で快勝した。2年目の高橋優貴投手(24)が今季初先発で5回2安打1失点。二回にはプロ初の長打となる決勝の適時三塁打を放つなど投打で活躍し、424日ぶりの白星をつかんだ。チームは連敗を3で止め、優勝へのマジックナンバーは「9」。いよいよ、連覇へのカウントダウンが始まった。

後で読む
東京スポーツ

背広組の努力も報われた1勝だ――。巨人が14日の広島戦(東京ドーム)に6―1で勝利し、6年ぶりとなる対広島の勝ち越しを決めた。優勝マジックも9となったが、そこには球団による2016年からリーグ3連覇を…

後で読む
デイリースポーツ

阪神の矢野燿大監督は14日、今季限りでの現役引退を表明している藤川球児投手を15日に1軍に昇格させると明らかにした。ナゴヤドームでの中日戦後に「明日(15日に)上げるよ」と語った。 開幕から抑えを担った今季は11試合で1勝3敗2セーブ、防御率7・20と不振が続き、8月13日に右上肢のコンディション不良を理由に離脱。日米通算250セーブに迫る中、球団から引退が発表された。球団は11月10日に甲子園球場で行われる巨人戦の試合後に、引退セレモニーを予定している。

後で読む
東京スポーツ

巨人は14日の広島戦(東京ドーム)に6―1で快勝。6年ぶりに同カードの勝ち越しも決め、優勝マジックを2つ減らして9とした。  いよいよV2が間近に迫ってきた。左ヒジの故障で出遅れ、今季初登板初先発と…

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、巨人6-1広島、20回戦、巨人12勝7敗1分、14日、東京D)巨人が連敗を3で止め、優勝へのマジックナンバーを9とした。今季初先発の高橋が5回を投げ1安打1失点と好投し、今季初勝利を挙げた。広島は巨人投手陣の前に3安打と抑えられ、連勝は3でストップした。

後で読む
東京スポーツ

 6年ぶりの屈辱だ。広島は14日の巨人戦(東京ドーム)に1―6で敗れた。この日の敗戦で対巨人は7勝12敗1分け。残り4試合を残すが、負け越しが決定した。  広島の巨人戦負け越しは2014年以来。巨人が…

後で読む
デイリースポーツ

「巨人6-1広島」(14日、東京ドーム) 巨人が快勝。先発の高橋が力投し、424日ぶりの白星を飾った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人6-1広島、20回戦、巨人12勝7敗1分、14日、東京D)広島が巨人に敗れ、2014年以来6年ぶりのシーズン負け越しが決まった。佐々岡真司監督(53)の主な一問一答は以下の通り。

後で読む
日刊スポーツ

巨人原辰徳監督(62)が、先発高橋優貴投手の復帰勝利を祝福した。5回77球の内容に「球数は考えていたんですけども、非常にいいピッチングをしてくれました。もう少… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 粘り切れなかった。広島は14日の巨人戦(東京ドーム)に1―6で敗れて、連勝が3で止まった。先発の遠藤は相手先発の高橋に勝ち越しの適時三塁打を許すなど6回途中4失点。前日に菅野の連勝を止めた打線も高橋…

後で読む
デイリースポーツ

巨人が連敗を3で止め、優勝マジックを9とした。今季初先発の高橋が5回1失点で昨年8月以来の勝ち星。打っては1-1の二回に勝ち越し三塁打を放った。六回は大城が2点打で七回は丸が2点二塁打。広島は連勝が3でストップ。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人6-1広島」(14日、東京ドーム) 今季初先発の巨人・高橋が連敗を3で止め、マジックを一桁となる9に減らす原動力となった。5回77球を投げて2安打1失点の好投。昨年8月17日の阪神戦以来、424日ぶりの白星を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-広島」(14日、東京ドーム) 今季初先発となった巨人・高橋は5回を2安打1失点で、勝利投手の権利を持って降板した。

後で読む
東京スポーツ

巨人の新助っ人、ヘラルド・パーラ外野手(33)が右ヒザの治療を受けるため、米国へ帰国することが決まった。球団が14日に正式発表した。  パーラは8月中旬に右ヒザを痛め、その後は一軍昇格と再調整を繰り…

後で読む
東京スポーツ

 巨人・若林晃弘内野手が14日の広島戦(東京ドーム)でスーパーキャッチを披露した。  今季初先発の2年目左腕・高橋が2回二死から会沢に7号ソロを浴び、1―1の同点に追いつかれた直後の場面だ。堂林に2球…

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-広島」(14日、東京ドーム) 今季初先発の巨人・高橋が、まずはバットで活躍した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は14日、ヘラルド・パーラ外野手が右膝の治療のため、米国に帰国すると発表した。 パーラは「右膝が良くない状態が続いていました。100%の状態でプレーできるよう、治療に専念します。また戦力として復帰し、日本のファンの皆さんに全力プレーをお見せしたいと思います」とコメントした。

後で読む
東京スポーツ

中日・大野雄大投手(32)が14日の阪神戦(ナゴヤドーム)に先発。序盤の3回を無失点に抑え、この時点で巨人・菅野を抜いて防御率単独トップとなった。  菅野は13日の広島戦で6回4失点(自責点3)と打…

後で読む
東京スポーツ

広島・会沢翼捕手(32)が14日の巨人戦(東京ドーム)に「6番・捕手」で2試合ぶりにスタメン出場し、0―1の2回二死走者なしの第1打席で相手先発・高橋のスライダーをとらえて左中間席へ7号ソロを放り込…

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグ巨人・サンチェス-広島・野村(東京ドーム)

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-広島」(14日、東京ドーム) 3連敗中の巨人は前夜のオーダーからウィーラーに代えて左翼に若林を、中島に代えて一塁に田中俊を起用。それぞれ6、7番に配置した。

後で読む
東京スポーツ

巨人・菅野智之投手(31)が13日の試合後、自身のツイッターを更新。開幕からの連勝が「13」でストップしたことについての思いをつづった。  13日の広島戦(東京ドーム)に先発した菅野は6回4失点で今…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は14日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

阪神の高橋遥人投手(24)が14日、出場選手登録を抹消された。疲労を考慮し、登板間隔をあけるための措置。今後は1軍帯同を続けながら再調整させる方針で、福原投手コーチは「一回、登板を飛ばして、このまま1軍に帯同しながら再調整させます。次の登板は状態を見ながら考えます」とした。 この日、高橋は軽めのランニングや、キャッチボールなどで調整。前日13日の中日戦(ナゴヤドーム)では、今季最短の4回3失点で降板。5日の巨人戦(甲子園)では、プロ初の完投勝利を手にしたが、中7日の登板で精彩を欠いた。

後で読む
サンケイスポーツ

右膝違和感のため8月中旬からファームで約1カ月調整。9月に再昇格したが5日間で出場選手登録を外れ、今月8日に1軍に合流したが、13日に今季3度目の抹消となっていた。

後で読む
デイリースポーツ

セ・パ両リーグが選定し、月間を通じて最もインパクトのあるサヨナラ打を放った選手に贈られる月間「スカパー!サヨナラ賞」の9月度受賞者が発表され、セ・リーグ部門で巨人の吉川尚輝内野手(25)が受賞した。 9月には2度のサヨナラ打でチームを勝利に導いた吉川尚。一度目は9月1日のDeNA戦、「川上哲治生誕100周年記念試合」で九回無死満塁から右前へ劇的打を運んだ。2度目は9月22日の広島戦で九回に同点に追いつかれた直後、2死三塁から、またしても右前にはじき返した。

後で読む
サンケイスポーツ

 “異例の戴冠”は厳しくなった。巨人・増田大輝内野手(27)が13日、今季初めて出場選手登録を抹消された。12日の中日戦(ナゴヤドーム)の九回に今季19盗塁となる二盗を決めた後、右ひざに痛みが生じたためと発表された。チームの2連覇は目前だが、手痛い離脱だ。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・吉川尚輝内野手(25)が14日、9月度「スカパー! サヨナラ賞」を受賞した。

後で読む
日刊スポーツ

セ・パ両リーグが制定する「スカパー! サヨナラ賞」の9月度受賞選手が14日、発表された。セ・リーグは巨人吉川尚輝内野手(25)パ・リーグは楽天茂木栄五郎内野手… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

セ・パ両リーグが選定し、月間を通じて最もインパクトのあるサヨナラ打を放った選手に贈られる月間「スカパー!サヨナラ賞」の9月度受賞者が発表され、セ・リーグ部門で巨人の吉川尚輝内野手(25)が受賞した。 9月には2度のサヨナラ打でチームを勝利に導いた。一度目は9月1日のDeNA戦、「川上哲治生誕100周年記念試合」で九回無死満塁から右前へ劇的打を運んだ。2度目は9月22日の広島戦で九回に同点に追いつかれた直後、2死三塁から、またしても右前にはじき返した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は13日、今季限りでの現役引退を表明している藤川球児投手(40)の引退セレモニーを11月10日の巨人戦(甲子園)で行うと発表した。当日来場者へのプレゼントや引退グッズ、セレモニーに付随する情報は後日、公式サイトなどで発表する。鳴尾浜で取材に応じた藤川はファンへの恩返しを約束し、15日にも1軍に合流予定。残り4週間で全国のファンに感謝の思いを示し、最後は火の玉ストレート復活で有終の美を飾る。 「家族」と表現するタイガースファンへ、ラストメッセージを届ける。秋晴れの鳴尾浜。藤川は現役最後まで「粉骨砕身」を貫く覚悟を口にした。

後で読む
日刊スポーツ

巨人山口寿一オーナーが13日、東京ドームを訪れ、来季3年契約の3年目を迎える原辰徳監督に続投を要請する方針を示した。一問一答は以下の通り。  ◇   ◇   … – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「巨人3-4広島」(13日、東京ドーム) 広島は打線が難敵・菅野を攻略して3連勝を飾った。二回に併殺ゴロの間に先制すると、四回は松山と菊池涼の適時打、相手の失策も絡んで3点を奪い、完全に試合の主導権を握った。

後で読む
日刊スポーツ

無双の男が、ついに敗れた。球団新の開幕14連勝を目指した巨人菅野智之投手(31)が、6回4失点で敗れ、昨年9月4日の中日戦以来405日ぶりの黒星を喫した。<セ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

「伝統の一戦」で完全燃焼する。阪神は11月10日の巨人戦(甲子園)で、今季限りで現役引退する藤川球児投手(40)の引退セレモニーを開催することを13日、発表し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「中日4-2阪神」(13日、ナゴヤドーム) 豪快なアーチに試合開始早々、敵地ナゴヤドーム左翼席に陣取った虎党が沸いた。初回に飛び出した阪神・大山の2戦連発となる26号先制2ラン。ついに巨人・岡本を抜き去り、ホームラン王争いで今季初めてリーグ単独トップに立った。

後で読む
デイリースポーツ

巨人の山口寿一オーナー(63)が13日、東京ドームを訪れ広島戦を視察。来季が3年契約の3年目となる原辰徳監督(62)の続投を明言した。 原監督は山口オーナーが来季続投を明言したことを受け、「あの、何て言ったらいいのか分からないね。もう明日のゲームのことで頭がいっぱいだしね」。そう言葉を濁しつつも「チームを預かっている人間としてありがたい言葉」と感謝した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人の山口寿一オーナー(63)が13日、東京ドームを訪れ広島戦を視察。来季が3年契約の3年目となる原辰徳監督(62)の続投を明言した。また、長嶋茂雄終身名誉監督(84)が健康状態が良好であることや、渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆(94)が日本一奪回を期待していることを明かした。 両リーグ最速で60勝に到達し、独走Vへ突き進む原監督の戦い方について、山口オーナーは「本当に立派な手腕だと思います。1、2、3軍をワンチームに束ねて、ジャイアンツ全体を活性化させている」と高く評価。3年契約の最終年となる来季についても「当然、続投」と引き続き指揮権を託すことを明言した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人3-4広島」(13日、東京ドーム) 約4カ月間に及んだ歴史への挑戦に終止符が打たれた。巨人先発・菅野が6回4失点(自責3)で今季初黒星。「今まで順調に行きすぎたところもある。なんとか粘ろうとしましたがうまくいかないこともあると思います」。開幕から幾多の記録を塗り替えてきた男が、ついに軍門に下った。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人・山口寿一オーナー(63)が13日、広島19回戦(東京ドーム)の試合前に代表取材に応じ、原辰徳監督(62)の来季続投の方針を明言した。リーグ2連覇を目前にしている指揮官の手腕を高く評価し「当然、続投」と説明。原監督は就任時に3年契約を結んでおり、契約最終年となる来季もチームを託す考えを明かした。この日の試合は3-4で敗れた。

後で読む
東京スポーツ

 無双エースの真意はどこに――。巨人・菅野智之投手(31)が13日の広島戦(東京ドーム)に先発し、6回4失点(自責3)で今季初の敗戦投手となり、開幕投手からの連勝記録は13でストップした。とはいえ、こ…

後で読む
東京スポーツ

巨人の原辰徳監督(62)はエース菅野の連勝ストップにも冷静だった。  13日の広島戦(東京ドーム)で菅野は味方の守乱もあり6回4失点(自責3)で降板。9回、丸とウィーラーの連続ソロで1点差に迫ったが…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島4-3巨人、19回戦、広島7勝11敗1分け、13日、東京ドーム)広島が“開幕13連勝右腕”巨人・菅野智之投手(31)を攻略し、3連勝を飾った。佐々岡真司監督(53)の主な一問一答は以下の通り。

後で読む
東京スポーツ

 何とか勝った。広島は13日の巨人戦(東京ドーム)に4―3の僅差で勝利した。  投打がかみ合った。先発の九里は8回1失点の好投。打撃陣も開幕から13連勝中だった菅野から6回までに7安打して4得点を奪っ…

後で読む
デイリースポーツ

巨人・山口寿一オーナーが13日、原辰徳監督に来季続投を要請する方針を示した。来季が3年契約の3年目となり、「来年、当然続投」と明言した。 これを受け、原監督は広島戦後に「もう明日のゲームのことでいっぱいだしね」としながら「チームを預かっている人間として、ありがたいお言葉であったというところですね」とした。

後で読む
東京スポーツ

巨人・山口寿一オーナー(63)が、13日の広島戦前に報道陣に対応し、今季が3年契約の2年目となる原辰徳監督(62)について「来年、当然続投ですね」と明言した。直接の要請はまだしていないが、試合後にそ…

後で読む
東京スポーツ

巨人・菅野智之投手(30)の連勝記録がついにストップした。開幕13連勝のプロ野球記録を更新すべく、13日の広島戦(東京ドーム)に先発したが、4回に3失点するなど6回4失点で降板。打線も9回に一発攻勢…

後で読む
東京スポーツ

球界を代表するエースに投げ勝った。広島の九里亜蓮投手(29)が13日の巨人戦(東京ドーム)に先発し8回1失点の好投で6勝目(5敗)を挙げた。相手先発は開幕から13連勝中の菅野だったが攻撃陣が奮起し4…

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、巨人3-4広島、19回戦、巨人11勝7敗1分、13日、東京D)巨人は追い上げ及ばず3連敗。ここまで開幕戦から13連勝を続けていた先発・菅野は6回7安打4失点(自責3)と本来の投球ができず、今季初の負け投手となった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト1-8DeNA、22回戦、ヤクルト10勝11敗1分、13日、神宮)DeNAは佐野、宮崎、大和が本塁打を放ち、この試合で9戦連続の1試合2本塁打以上をマーク。1968年の広島、77年の大洋と並ぶセ・リーグ記録となった。DeNAの9試合の本塁打内訳は以下の通り ◆2日、対中日 オースティン(10号)、佐野(15号)、戸柱(4号) ◆3日、対中日 柴田(2号)、ソト(18号) ◆4日、対中日 オースティン(11、12、13号)、神里(2号) ◆6日、対巨人 ロペス(5号)、オースティン(14号) ◆7日、対巨人 ロペス(6号)、ソト(19号) ◆8日、対巨人 戸柱(5号)、オースティン(15号)、ロペス(7号) ◆10日、対阪神 オースティン(16号)、ソト20、21号) ◆11日、対阪神 佐野恵太(16号)、オースティン(17号)、ロペス(8号) ◆13日、対ヤクルト 佐野(17号)、宮崎(14号)、大和(3号)試合結果へプロ野球日程へ

後で読む
デイリースポーツ

広島が菅野の開幕からの連勝を13で止めた。二回に併殺打の間に1点を先制。四回は松山の適時打、菊池涼の適時三塁打などで3点を加えた。九里は8回1失点で6勝目。菅野が6回4失点だった巨人は九回の反撃も届かず、3連敗。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人3-4広島」(13日、東京ドーム) 巨人・菅野智之投手が、ついに初黒星。開幕からの連勝記録は13で止まった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人3-4広島」(13日、東京ドーム) 巨人・菅野智之投手が、ついに負けた。開幕からの連勝記録は13で止まった。

後で読む
東京スポーツ

ついに止めた。広島が13日の巨人戦(東京ドーム)に4―3で勝利した。巨人先発は開幕から13連勝中の菅野だったが、6回までに7安打4得点と打撃陣が奮起した。  先発・九里は8回1失点の好投で6勝目。敵…

後で読む
スポーツニッポン

 巨人は3―4で5位・広島に敗れ、3連敗。最大30あった貯金が27となった。それでもマジック対象チームの2位・阪神が敗れたため、巨人のリーグ連覇へ向けた優勝マジックは1つ減って11となっている。広島は3連勝で今季40勝目をマークし、最大13あった借金は8となった。

後で読む
日刊スポーツ

プロ野球巨人の菅野智之投手が13日、東京ドームで行われた広島19回戦で先発して6回4失点で今季初黒星を喫し、プロ野球記録を塗り替えた開幕投手からの連勝は13で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「巨人3-4広島」(13日、東京ドーム) 広島が巨人菅野を止めた。今季4度目の対戦で攻略に成功し、3連勝となった。

後で読む
東京スポーツ

 投打で粘りを見せた。広島の九里亜蓮投手(29)が13日の巨人戦(東京ドーム)に先発し8回6安打1失点の好投を見せた。相手先発は開幕から13連勝の菅野。それでも九里は「しっかり向かっていく中で勝負して…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。