「ロッテ」の記事一覧

サンケイスポーツ

ロッテは21日、ブランドン・レアード内野手(33)が米国アリゾナ州の病院で腰椎椎間板ヘルニアの手術を行ったと発表した。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは21日、23日から11月1日まで、オンラインストア限定でディズニーの人気キャラクター、ミッキーマウスとコラボレーションしたグッズを受注販売すると発表し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

パ・リーグは21日、試合日程の追加を次の通り発表した。

後で読む
日刊スポーツ

26日に運命のドラフト会議が行われる。悲喜こもごも…数々のドラマを生んできた同会議だが、過去の名場面を「ドラフト回顧録」と題し、当時のドラフト翌日付の紙面から… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは10日ロッテ戦から現在まで9連勝中。ソフトバンクが10連勝となれば、11年5月18日~6月1日以来、球団9年ぶり。工藤監督にとっては17、18、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

福岡大の準硬式野球部にセ、パ11球団が注目する異色のドラフト候補がいる。最速154キロの本格派右腕・大曲錬投手(4年=西日本短大付)だ。ロッテを除く各球団と面… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 勢いは止まりそうにない。ソフトバンクが20日の日本ハム戦(札幌ドーム)に11―2で快勝し、今季初の9連勝。2位ロッテに6・5ゲーム差をつけた。  9連勝中は4度の零封勝ち。1試合平均1・56失点で、…

後で読む
東京スポーツ

「球団としては残留してほしいでしょうが、果たしてそうなるのか…」。ロッテ関係者の間からこんな声が漏れている。今年9月に交換トレードで巨人から電撃加入した澤村拓一投手(32)の去就のことだ。  移籍当初…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武2x-1ロッテ、20日、西武13勝8敗、メットライフ)西武の平良が八回に2番手で登板し、1回を三者凡退に抑え、17試合連続で無失点とした。約1週間前に右肩に違和感を覚えた時期もあったが、ケアを重点的に増やして復活。マーティンから空振り三振を奪った直球は157キロを計測し「今は疲れをそんなに感じていない」と頼もしかった。

後で読む
東京スポーツ

 楽天は20日のオリックス戦(楽天生命)で延長10回、規定により2―2のドロー。2位・ロッテが敗れたため、その差を僅かに縮めて5ゲームとしたものの、ついに西武に同率3位で並ばれた。  先発・則本昂が7…

後で読む
東京スポーツ

 西武はロッテ、ソフトバンクと続く大事な6連戦の初戦となった20日のロッテ戦(メットライフ)に幸運な相手の落球で2ー1のサヨナラ勝ち。3位の楽天と同率で並び、CS出場圏内である2位・ロッテとの差を残り…

後で読む
東京スポーツ

向かうところ敵なしの強さだ! ソフトバンクが20日の日本ハム戦(札幌ドーム)に11―2の圧勝で今季初の9連勝を飾った。貯金は今季最多の22とし、2位ロッテとのゲーム差は6・5にまで拡大した。  試合…

後で読む
デイリースポーツ

「西武2-1ロッテ」(20日、メットライフドーム) 2位ロッテが痛恨のサヨナラ負けを喫した。同点の九回、守護神益田は2死から外崎に左翼線二塁打を浴び、続く山野辺の浅い飛球を二塁・西巻、右翼マーティンが交錯。ボールはマーティンのグラブに当たってグラウンドに落ちる間に外崎の生還を許した。

後で読む
東京スポーツ

西武・高橋光成投手(23)が20日のロッテ戦(メットライフ)に先発し、7回3安打無失点だった。  3回、藤原の痛烈なライナーを右ふくらはぎ横付近に直撃(結果は一ゴロ)されても、高橋は治療でベンチに下…

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは20日から、マリーンズオンラインストア限定で藤原恭大外野手(20)のプロ初本塁打を記念したグッズの受注販売を開始した。藤原は14日の楽天戦(ZOZOマリン)に「1番・左翼」で出場し、第1打席で楽天・涌井の初球を捉え、右翼席に飛び込むプロ初本塁打をマークした。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテが20日、荻野貴司外野手、藤岡裕大内野手を1軍出場選手登録した。両選手は新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査で陽性判定を受け、登録抹消されていた。 ヤクルト3年目の金久保優斗投手は初昇格。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは20日、新型コロナウイルスに感染していた伊志嶺翔大コーチ(32)が1軍に合流したと発表した。チーム内の集団感染で陽性と判定された8選手と、濃厚接触者と判断された5選手は、既に全員が復帰している。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽ロッテ 永野将司投手、藤岡裕大内野手、荻野貴司外野手 ▽日本ハム 福田俊投手、ロドリゲス投手、ビヤヌエバ内野手 ▽オリックス 西野真弘内野手

後で読む
デイリースポーツ

 プロ野球ドラフト会議(26日・17時開始予定)まで残り1週間を切った。各球団はギリギリまで選手を視察し、逸材の獲得を狙っている。現状では1位指名の選手を公表しているのは2球団のみ。コロナ禍の影響で前例のない様相を呈しているドラフト戦線の現況に迫った。 ドラフトの目玉は大学生2人に絞られている。オリックス・福良GMが「野手ではナンバーワン」と絶賛し、1位指名を12球団最速で公表した近大・佐藤輝明内野手(4年・仁川学院)。加えてロッテ・松本球団本部長が「1年目から2桁勝てる投手」と称えて1位指名を公表した早大・早川隆久投手(4年・木更津総合)だ。

後で読む
日刊スポーツ

9月24日、敵地仙台で3連敗した肌寒い夜でも、ロッテには“ぬくもり”があった。試合後、肩を落とすレオネス・マーティン外野手(32)の背中を、沢村拓一投手(32… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 恵みの雨となるのか――。パ・リーグ2位のロッテは19日の日本ハム戦(ZOZOマリン)が雨天中止になった。先発予定だった2年目右腕・古谷拓郎(20)は筋金入りの〝雨男〟で、初先発の予定が3度連続で流れ…

後で読む
日刊スポーツ

恵みの雨で、球団史上最多「6冠」への望みがつながった。日本ハムは19日、ロッテ24回戦(ZOZOマリン)が雨天中止となった。代替試合は来月9日以降に組み込まれ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテ3連戦中、2度目の雨天中止に日本ハム栗山英樹監督は「ちょっと差し込まれた」と驚きの表情。「(試合を)やめるにしろ、ギリギリまで引っ張ると思っていたから」… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハム・栗山英樹監督(59)は19日のロッテ戦の降雨中止決定後、「ふらふら野垂れ死ぬ系っていいよね。松尾芭蕉とか山頭火とか、世の中に何かを残した人は誰かに見送られるよりは“野垂れ死に”を望むみたいなところがある」と自身の死生観に言及。また、前日(18日)にNHK・BSで放送された「大峯千日回峰行の道を行く 修経道・塩沼亮潤の世界」を見たといい、「塩沼さんから『こういうのやるからね』と連絡があってね。感動したわ。オレ、弱っちいわ。全然、駄目だ」と話していた。

後で読む
サンケイスポーツ

19日のロッテ-日本ハム戦(ZOZOマリン)は降雨中止となり、ロッテの2年目右腕・古谷拓郎投手(20)は10月8日のオリックス戦(同)、17日の日本ハム戦(同)に続いて3試合連続でプロ初先発の予定が流れた。16日には「プロに入って、ロッテのユニホームを着て、ここ(ZOZOマリン)で投げるのが目標だった」と話していた古谷だが、“三度目の正直”はならなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-日本ハム」(19日、ZOZOマリンスタジアム) 雨天のため中止が決まった。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録抹消】 ▽ロッテ 美馬学投手、福田光輝内野手、加藤翔平外野手 ▽日本ハム 上原健太投手、井口和朋投手、秋吉亮投手、杉浦稔大投手 ▽オリックス 宮城大弥投手、勝俣翔貴内野手

後で読む
日刊スポーツ

20日ロッテ戦に先発する西武高橋光成投手が自身3連勝を目指す。安定感が一気に増した9月以降は、先発7試合で防御率1・93を誇り、現在2連勝中。前日の投手練習で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは19日、「NPB12球団ジュニアトーナメント」(12月29-31日、神宮・横浜)に参加する「マリーンズ・ジュニア2020」のメンバーが決定したと発表した。動画応募型の1次選考、8月11、12日の2次選考会、同14日の最終選考会を経て16人が選抜された。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは上茶谷大河投手の出場選手登録を抹消した。上茶谷は18日の巨人戦で3回5安打3失点で降板するなど直近3試合で結果を残せていなかった。 ロッテは美馬学投手の出場選手登録を抹消した。美馬は18日の日本ハム戦で5回1/3を7安打5失点で降板した。日本ハムは4投手を抹消した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは19日、「マリーンズ・ジュニア2020」のメンバーが決定したと発表した。マリーンズ・ジュニア2020のメンバーは動画応募型の1次選考、8月11日・12日の2次選考会、8月14日の最終選考会を経て16人が選抜された。 メンバーは以下の通り。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは19日、「マリーンズ・ジュニア2020」のメンバー16人が決定したと発表した。動画応募型の1次選考、8月中旬の2次選考会、最終選考会を経て、選抜された… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

パ・リーグは残り20試合を切ってもソフトバンクとロッテ、楽天が優勝、CS争いを続けているが、激しい攻防はそれだけではない。各部門のタイトル争いも佳境を迎えている。中でも混沌としているのが各リーグから…

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ2-5日本ハム」(18日、ZOZOマリンスタジアム) 日本ハムのエース有原は、7回4安打1失点でロッテに対し今季4戦4勝となった。

後で読む
東京スポーツ

ペナントレースも佳境を迎え、ロッテが「リーグ優勝狙い」と「2位死守か」の究極の選択を迫られている。18日の日本ハム戦(ZOZOマリン)に2―5で逆転負けし、首位ソフトバンクとは5・5ゲーム差。そのソ…

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム近藤健介外野手(27)が18日、ロッテ23回戦(ZOZOマリン)で、5回の右前2点適時打を含む2安打を放ち、打率3割4分3厘をキープした。トップのオリ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ2-5日本ハム」(18日、ZOZOマリンスタジアム) 日本ハムは先発したエースの有原が7回4安打1失点と好投。下位打線の活躍もあり逆転勝ちを収めた。

後で読む
東京スポーツ

日本ハムが18日のロッテ戦(ZOZOマリン)に5―2で勝利。エース・有原が7回1失点の好投で「お得意様」のロッテを下し、7勝目を挙げた。  今季3戦3勝と相性のいいロッテを相手に、この日も結果を残し…

後で読む
東京スポーツ

 日本ハムの小笠原道大ヘッド兼打撃コーチ(46)が18日、5―2で勝利したロッテ戦(ZOZOマリン)後に取材に応じ、この日2四球でチャンスメークに貢献した清宮幸太郎内野手(21)を評価した。  清宮は…

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ2-5日本ハム」(18日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテは痛恨の逆転負けを喫し、首位ソフトバンクとの差が5・5に広がった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ2-5日本ハム、23回戦、ロッテ13勝10敗、18日、ゾゾマリン)日本ハムは0-1の五回に宇佐見と近藤の2点適時打で4点を奪い逆転し、六回に平沼の押し出し四球で加点した。有原は7回4安打1失点で7勝目。九回は宮西が締めた。ロッテは一回に先制したが、中盤から再三の好機をつぶした。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテキラーの日本ハム有原航平投手が、7勝目を挙げた。1回に四球からつながれ先制を許すも、2回以降は緩急を織り交ぜ的を絞らせず。7回4安打1失点で、対ロッテに… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムは0-1の五回に宇佐見と近藤の2点適時打で4点を奪い逆転し、六回に平沼の押し出し四球で加点した。有原は7回4安打1失点で7勝目。九回は宮西が締めた。ロッテは一回に先制したが、中盤から再三の好機をつぶした。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク11-4楽天」(18日、ペイペイドーム) ソフトバンクが終盤の集中打で楽天を突き放し、連勝を8に伸ばした。直接対決を6試合残している2位ロッテとのゲームは5・5差。最短で20日にも優勝へのマジックが点灯する。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-日本ハム」(18日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテ先発・美馬が5回1/3を被安打7、5失点でKOされた。

後で読む
東京スポーツ

日本ハムの宇佐見真吾捕手(27)が18日のロッテ戦(ZOZOマリン)に「9番・捕手」で先発出場し、逆転打を放った。  1点ビハインドの5回、ここまで無得点に封じ込まられていた相手先発・美馬を相手に、…

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-日本ハム」(18日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテ先発・美馬が5回1/3を被安打7、5失点でKOされた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は18日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ-日本ハム、23回戦、18日、ZOZOマリン)日本ハムは17日のロッテ戦の降雨中止を受け、18日から25日まで8連戦を行い、一日あけて27日から11月4日まで9連戦という過密スケジュールをこなす。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは18日の日本ハム戦(ZOZOマリン、午後1時開始)でクーリッシュ購入者先着300人に、マリンフェスタデザインの「クーリッシュカバー」を配布すると発表し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは、18日に行われる日本ハム戦(ZOZOマリン)でマリンフェスタデザインの「クーリッシュカバー」を球場内で同商品購入者先着300人を対象に販売店舗でプレゼントする。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは、18日の日本ハム戦(ZOZOマリンスタジアム、13時試合開始)でマリンフェスタデザインの「クーリッシュカバー」を、同スタジアムでクーリッシュを購入した先着300人に販売店舗でプレゼントする。 クーリッシュカバーのデザインは井口監督、マーティン、中村奨、種市、安田の計5種類あり、ランダムでプレゼント。対象となる販売店舗はマリン食堂(内野3塁側213通路横)、リバーアイランド(内野3塁側408~409通路付近)、サンマリン(外野センター裏)となる。

後で読む
日刊スポーツ

セ、パ両リーグは17日に雨で中止となった2試合の日程追加を次の通り発表した。▽10月19日 阪神-ヤクルト(18時・甲子園)ロッテ-日本ハム(18時・ZOZO… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ロッテ・井口資仁監督(45)が17日、ブレーク中の2年目・藤原に“オレ超え”指令を出した。 今季8試合に1番で出場し打率.333、2本塁打2盗塁。昨季から通算53打席で、今後8打席に立てば来季以降の新人王資格を失うが「目指すところは、そこじゃない」とし「僕の記録ぐらいは、抜けるんじゃないですか」とニヤリだ。現役時代の指揮官の主なキャリアハイは03年の打率.340、01年の30本塁打、タイトルを獲得した44盗塁。高いハードルを設定し、超えることを求めた。

後で読む
サンケイスポーツ

 ロッテの沢村は17日、出場選手登録が9年に達し、海外フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。球団を通じ「チームが優勝争いをしているので、今はそのことしか考えていない」とコメントした。

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクが17日の楽天戦(ペイペイ)に5―0で快勝。今季最長の7連勝で2位・ロッテとのゲーム差を4・5に広げた。  スコア以上に強い勝ち方だった。投打ともに楽天を圧倒。これで対戦成績は14勝9敗…

後で読む
日刊スポーツ

俺を超えていけ-。ロッテ井口資仁監督(45)が17日、藤原恭大外野手(20)にハードルを置いた。日本ハム戦が雨天中止となり報道陣に対応。「ぼくの記録くらいは軽… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は17日、セ・パ両リーグで3試合を実施。DeNA-巨人、阪神-ヤクルト、ロッテ-日本ハムは降雨中止となった。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムの木田優夫投手コーチ(52)が17日、22日のソフトバンク戦(札幌ドーム)での先発が濃厚な吉田輝星投手(19)に改めて期待を寄せた。この日はロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)が雨天中止となり、同球場で取材に応じた。 吉田輝は今季1軍での登板は2戦未勝利ながら、ファームでは好投を続け着実な成長を示している。15日のイースタン・ヤクルト戦(鎌ケ谷)では5回パーフェクト投球を見せ、今季三度目の1軍マウンドを勝ち取った。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク5-0楽天」(17日、ペイペイドーム) 首位ソフトバンクが7連勝。この日試合中止となった2位ロッテとのゲーム差を4・5に広げた。

後で読む
サンケイスポーツ

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督は、17日の“マージーサイドダービー”に向けてコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は17日、セ・パ両リーグで3試合を実施。DeNA-巨人、阪神-ヤクルト、ロッテ-日本ハムは降雨中止となった。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは、18日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で開催する無料オンライン観戦会「マリンフェスタ Watch Party」に、AKB48元メンバーでタレントの倉持明日香(31)が参加すると発表した。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは18日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で無料オンライン観戦会「マリンフェスタ WatchParty」を開催する。17日、タレントの倉持明日香(31)が同… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは17日、タレントの倉持明日香が、18日の日本ハム戦(ZOZOマリンスタジアム、13時試合開始)で開催する無料オンライン観戦会「マリンフェスタ Watch Party」に参加すると発表した。 今回の「マリンフェスタ Watch Party」には、倉持明日香の他に球団OBで現球団職員の古谷拓哉と上野大樹も参加。裏解説やゲストトークのみの球団公式YouTubeチャンネルでの生配信に加えて、Web会議ツール「Cisco Webex」(先着1000人限定)では試合中継も含めて生配信を行う。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ-日本ハム=降雨中止、17日、ゾゾマリン)日本ハムの木田投手コーチは、20日からのソフトバンク3連戦(札幌ドーム)で先発登板する吉田輝について「できることが何なのかを分かって投げてくれたら、実力通りの投球ができるはず。そしたら勝つチャンスは十分にある」と期待した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は17日、セ・パ両リーグで4試合を実施。DeNA-巨人、ロッテ-日本ハムは降雨中止となった。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは17日、新型コロナウイルス感染が4日に判明した岩下大輝投手(24)の濃厚接触者と判定された、岡大海外野手(29)と小野郁投手(23)が2軍の練習に合流したと発表した。チーム内の集団感染において、新型コロナウイルスの陽性判定を受けた8選手と、濃厚接触者と判定された5選手は、全員が練習に復帰した。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテの沢村は17日、出場選手登録が9年に達し、海外フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。球団を通じ「チームが優勝争いをしているので、今はそのことしか考えていない」とコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは17日、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者と判定されていた岡大海外野手、小野郁投手が2軍本隊に合流したと発表した。 これで陽性者、濃厚接触者として離脱していた全13選手が現場に復帰した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは17日、新型コロナウイルス感染が4日に判明した岩下大輝投手(24)の濃厚接触者と判定された、岡大海外野手(29)と小野郁投手(23)が2軍の練習に合流したと発表した。チーム内の集団感染において、新型コロナウイルスの陽性判定を受けた8選手と、濃厚接触者と判定された5選手は、全員が練習に復帰した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテ・沢村拓一投手(32)が17日、出場選手登録が9年に達し、海外フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。 右腕は「ファン、チームメート、スタッフ、球団の皆さまに感謝をしています。チームが優勝争いをしていますので、今はその事しか考えておりません」とコメントした。 沢村は今季9月に巨人からトレード移籍し、勝利の方程式の一角として活躍。ロッテ移籍後は14試合に登板し0勝1敗1セーブ、8ホールド、防御率1・32と抜群の安定感を誇っている。

後で読む
サンケイスポーツ

 ロッテ・佐々木朗希投手(18)が17日、球団公式ツイッターに「あっという間ですね」とメッセージを寄せた。1年前の10月17日はドラフト会議。当時最大の注目だった大船渡高(岩手)の最速163キロ右腕・佐々木朗はロッテ、日本ハム、西武、楽天の4球団で1位指名が競合。抽選の結果、井口監督が交渉権獲得のクジを引き当てた。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテ・井口資仁監督(45)は17日、26日のドラフト会議での1位指名を公表した早大の最速155キロ左腕・早川隆久投手について、「左であれだけのスピードボールを投げる投手はいない。1年目から10勝ぐらいいける力のある投手。映像も何度か見ているが、今年のドラフト候補の中では群を抜いている」と評価した。

後で読む
スポーツニッポン

 ロッテの藤原恭大外野手(20)が16日、日本ハム戦に「1番・左翼」で先発出場し、14日のプロ1号に続き、またも初回に右中間席に先頭弾をマーク。1、2号がともに先頭弾はプロ野球史上3人目の快挙となった。新型コロナウイルス集団感染で離脱していた主力4選手が1軍に復帰した試合で高卒2年目の20歳が躍動。4ゲーム差の首位・ソフトバンクを必死に追う。

後で読む
日刊スポーツ

26日に運命のドラフト会議が行われる。悲喜こもごも…数々のドラマを生んできた同会議だが、過去の名場面を「ドラフト回顧録」と題し、当時のドラフト翌日付の紙面から… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

17日午後2時から予定されていたロッテ-日本ハム23回戦(ZOZOマリン)は、雨のため中止となった。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

降雨のため中止となった。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

<ロッテ5-1日本ハム>◇16日◇ZOZOマリンロッテ藤原恭大外野手(20)が、プロ1号に続く先頭打者本塁打を放った。本拠地での日本ハム戦1回、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ5-1日本ハム」(16日、ZOZOマリンスタジアム) まばゆいばかりの輝きを放った。本拠地でプロ初のヒーローインタビュー。プロ2本目の本塁打で勝利に貢献したロッテ・藤原は「甘い真っすぐだけ待って、フルスイングしようという気持ちでした」と初々しく語り、ファンを大喜びさせた。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテが、鳥谷敬内野手(39)と来季の契約を更新する方針であることが16日、明らかになった。昨季限りで阪神を退団し新天地で迎えた今季、“スーパーサブ”としてチームを支え、現場、フロントの信頼も絶大。2021年も現役を続行し、ロッテでプロ18年目を迎える。 数々の歴史を彩ってきた“レジェンド”が、40歳を迎える来年も現役を続行する。ロッテは来季の契約を更新する意向で、球団首脳は「若い選手が多い。鳥谷選手のリーダーシップは、大切に思っています」と絶大な信頼を口にした。

後で読む
東京スポーツ

 どうにももどかしい。西武・今井達也投手(22)が16日のオリックス戦(メットライフドーム)で5回1/3を2安打1失点(自責0点)に抑えながら、6四球が災いして球数が101球に達して7月21日のロッテ…

後で読む
東京スポーツ

 ロッテが藤原恭大外野手(20)の予想外の活躍に〝うれしい悲鳴〟だ。新型コロナウイルス感染による選手の大量離脱を受けて6日に一軍昇格すると、7日のオリックス戦から「1番・左翼」でスタメン出場。16日の…

後で読む
東京スポーツ

 投手にとっては脅威だろう。ロッテ・藤原恭大外野手(20)が16日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で相手先発の杉浦から初回先頭打者弾を放った。14日の楽天戦でプロ初アーチを初回先頭打者初球本塁打で飾った…

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ5-1日本ハム」(16日、ZOZOマリンスタジアム) 日本ハムは投打がかみ合わず、ロッテに完敗した。

後で読む
東京スポーツ

厳しい現実を突きつけられた。3位の楽天が16日の首位・ソフトバンク戦(ヤフオク)で3―7と敗れた。この日、2位・ロッテが勝ったため自力でのCS進出は消滅。数字上で〝復活〟する可能性は残されてはいるも…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ5-1日本ハム、22回戦、ロッテ13勝9敗、16日、ゾゾマリン)大阪桐蔭高からドラフト1位で入団して2年目のロッテ・藤原が、14日の楽天戦(ZOZOマリン)に続く初回先頭打者本塁打。鮮やかにチームに流れを呼び込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ5-1日本ハム」(16日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテ期待の2年目、藤原恭大外野手が勝利の立役者となった。

後で読む
スポーツニッポン

 ロッテの藤原恭大外野手(20)が初回に先頭打者弾を放った。カウント2ボールからの3球目、日本ハム・杉浦の投じた真ん中高めの139キロ直球を右中間席へ運ぶ2号ソロとなった。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテが1回藤原の先頭打者弾で先制。日本ハムが3回、相手のミスで同点。その裏、ロッテがマーティン25号2ランで勝ち越し。ロッテが6回捕逸と田村の4号ソロで2点… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

2軍で再調整していた日本ハム吉田輝星投手が1軍に合流した。ロッテ戦(ZOZOマリン)の試合前練習に参加。先発登板が見込まれる22日本拠地・札幌ドームでのソフト… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-日本ハム」(16日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテ・沢村拓一投手が4点リードの八回に3番手で登場し、1回を1安打無失点。味方のミスをカバーし、無失点でしのいだ。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ5-1日本ハム」(16日、ZOZOマリンスタジアム ロッテが連敗を2でストップした。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ-日本ハム、22回戦、16日、ゾゾマリン)ロッテの藤原が14日のプロ初本塁打に続き、プロ2本目も初回先頭打者本塁打でマークした。2ボールで杉浦の速球を豪快に振り抜き、右中間席中段に運び「カウントが良かったので、思い切っていった。しっかり自分のスイングができた」とうなずいた。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテが1回藤原の先頭打者弾で先制。日本ハムが3回、相手のミスで同点。その裏、ロッテがマーティン25号2ランで勝ち越し。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテ藤原恭大外野手(20)が、またも先頭打者本塁打を放った。日本ハム先発杉浦から、2ボールからの3球目、真ん中高めの139キロ直球を右中間の中段まで運んだ。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-日本ハム」(16日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテの2年目、藤原恭大外野手が先頭打者本塁打を放った。日本ハム・杉浦の直球を右中間席中段まで運んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-日本ハム」(16日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテの2年目、藤原恭大外野手が先頭打者本塁打を放った。日本ハム・杉浦の直球を右中間中段まで運んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは16日、新型コロナウイルス陽性と判定された鳥谷敬内野手(39)、清田育宏外野手(34)、角中勝也外野手(33)に加え、濃厚接触者の判定を受けた和田康士朗外野手(21)の計4選手を出場選手登録した。

後で読む
日刊スポーツ

10月16日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>巨人 今村信貴投手阪神 板山祐太郎外野手広島 島内颯太郎投手広島 田中法彦投手中… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは16日、新型コロナウイルスと陽性判定されていた角中勝也外野手、鳥谷敬内野手、清田育宏外野手、濃厚接触者と判定されていた和田康士朗外野手を出場選手登録した。隔離期間を経て、1軍に合流した。 代わりに宗接唯人捕手、松田進内野手、細谷圭内野手、高部瑛人外野手が登録抹消となった。

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルス陽性と診断されていたロッテ藤岡裕大内野手、菅野剛士外野手、濃厚接触者だった山本大貴投手、東妻勇輔投手が16日、隔離期間を終えて2軍練習に合流… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは16日、新型コロナウイルスと陽性判定されていた角中勝也外野手、鳥谷敬内野手ら4選手が隔離期間を経て、ZOZOマリンスタジアムに姿を見せた。 1軍が練習する球場に姿を見せたのは角中、鳥谷、清田育宏外野手、濃厚接触者と判定されていた和田康士朗外野手。球団の発表では和田は1軍本隊に合流する。

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発はロッテが二木、日本ハムが杉浦。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

1974年以来、46年ぶりのリーグ1位を目指すロッテは16日、明日17日から25日までマリーンズオンラインストア限定で大人気4コマ漫画・テレビアニメの「ポプテピピック」がコラボレーションしたグッズを受注販売すると発表した。 ポプテピピックコラボグッズにはポプテピピックおなじみのセリフをアレンジした「ビビってんのか オェーイ ヘイヘイヘイヘイ~」、「しょうがねーだろ マリーンズファンなんだから。」の2パターンのデザインを用意している。

後で読む
サンケイスポーツ

 ロッテは15日、ZOZOマリンスタジアム内でスカウト会議を開き、26日のドラフト会議で早大の最速155キロ左腕・早川隆久投手(4年)を1位指名することを公表した。地元・千葉の木更津総合高出身の同投手を即戦力として高く評価したもの。1位指名選手の公表はオリックスの近大・佐藤輝明内野手に次いで2球団目となった。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクが15日のオリックス戦(京セラドーム)に9―4で快勝。5連勝で2位・ロッテとの差を4ゲームに広げた。  同点の6回、松田宣に代打・川瀬を送り犠打成功。さらにバレンティンへの代打・長谷川が…

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクが15日のオリックス戦(京セラドーム)に9―4で快勝。5連勝で2位・ロッテとの差を4ゲームに広げた。  同点の6回、松田宣に代打・川瀬を送り犠打成功。さらにバレンティンへの代打・長谷川が…

後で読む
サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、ロッテ0-6楽天、21回戦、楽天14勝7敗、15日、ゾゾマリン)楽天・岸孝之投手(35)がロッテ打線から13三振を奪う力投で9回を2安打に封じ、2018年5月2日の日本ハム戦以来、2年ぶりの完封。無傷の今季4勝目をマークした。

後で読む
スポーツニッポン

 ロッテは15日、千葉市内の球団事務所でスカウト会議を開き、26日のドラフト会議で早大の早川隆久投手(22)を1位指名することを決めた。1位指名を公表したのはオリックスの近大・佐藤輝明内野手(21)に次いで2球団目。地元・千葉出身で最速155キロを誇る左腕を即戦力として評価した。同じくスカウト会議を行った日本ハムでも1位の最有力候補に挙がっており、最大6球団の争奪戦が展開される。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス4-9ソフトバンク、24回戦、ソフトバンク17勝5敗2分、15日、京セラ)ため込んでいた野球への思いが、プロ14年目で初のグランドスラムになって、あふれ出た。8月の新型コロナウイルス陽性判定を乗り越えた長谷川の大仕事で、ソフトバンクは今季5度目の5連勝、2位ロッテとは今季最大4ゲーム差。鷹が完全に独走態勢に入った。

後で読む
サンケイスポーツ

 ロッテ・松本尚樹本部長は15日、同日に発売された一部週刊誌で新型コロナウイルスに感染した岩下大輝投手(24)らが札幌遠征中の9月28日に外食していたことが報じられた件について釈明した。同部長は6日の会見で「誰1人行っていない」としていたが、「伝わり方もいろいろあって多少の誤解を与えたかもしれないが、(部外者を含まない)4人以内(の外食はOK)のルールを破った選手はいないということ。そう理解していただきたい」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ0-6楽天、21回戦、楽天14勝7敗、15日、ゾゾマリン)楽天は二回に小深田の2点二塁打と鈴木大の2点適時打で4点を先制し、六回に銀次のスクイズに悪送球が絡んで2点を加えた。岸は2安打1四球で13三振を奪い、2年ぶりの完封で4勝目を挙げた。ロッテは投打に元気がなかった。

後で読む
東京スポーツ

 投打がかみ合った。パ3位の楽天が15日の2位・ロッテ戦(ZOZOマリン)で6―0と快勝。この日勝てなければ自力でのCS進出が消滅するところだったが、前日に続く連勝で踏みとどまった。  先発・岸がロッ…

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ0-6楽天」(15日、ZOZOマリン) 楽天・岸孝之投手(35)が9回2安打無失点で18年5月2日・日本ハム戦(札幌ドーム)以来、2年ぶりとなる完封勝利を挙げた。

後で読む
東京スポーツ

大阪で独走態勢に入った。首位ソフトバンクは15日のオリックス戦(京セラ)に9―4で快勝。2位ロッテが敗れたためゲーム差は4に開き、3年ぶりV奪回がはっきりと見えてきた。  2―2で迎えた6回の攻撃。…

後で読む
東京スポーツ

楽天・岸孝之投手(35)が15日のロッテ戦(ZOZOマリン)で9回115球の完封勝利を挙げ、今季4勝目を飾った。  立ち上がりからリズムを貫き、4回まで無安打投球。球威のあるストレートを主体に要所で…

後で読む
日刊スポーツ

ロッテが楽天岸に13三振を喫し、完封負けした。井口監督は「割り切って振るしかない。どんな状況でも自分のスイングをできなくちゃいけない。それがプロなので」と打線… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ0-6楽天、21回戦、楽天14勝7敗、15日、ゾゾマリン)楽天は二回に小深田の2点二塁打と鈴木大の2点適時打で4点を先制し、六回に銀次のスクイズに悪送球が絡んで2点を加えた。岸は2安打1四球で13三振を奪い、2年ぶりの完封で4勝目を挙げた。ロッテは投打に元気がなかった。

後で読む
東京スポーツ

 ロッテの松本尚樹本部長が15日の楽天戦前に、一部週刊誌で報じられた選手の遠征先での外出について言及。6日の会見で語った発言内容に関し「誤解が多少あった」と一部訂正し、改めてチーム内に会食ルールを破っ…

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ0-6楽天」(15日、ZOZOマリンスタジアム) 2位ロッテが痛い連敗。3位楽天との差を4ゲームに詰められた。

後で読む
デイリースポーツ

楽天は二回に小深田の2点二塁打と鈴木大の2点適時打で4点を先制し、六回に銀次のスクイズに悪送球が絡んで2点を加えた。岸は2安打1四球で13三振を奪い、2年ぶりの完封で4勝目を挙げた。ロッテは投打に元気がなかった。

後で読む
東京スポーツ

早々に〝ビッグイニング〟を作った。楽天が15日のロッテ戦(ZOZOマリン)で序盤の2回、連打で大量点を奪った。相手先発の左腕・小島を攻め、まず二死満塁からルーキー・小深田大翔内野手(25)の右翼への…

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは15日、ZOZOマリンスタジアムでスカウト会議を開き、26日に行われるドラフト会議で早大の早川隆久投手を1位指名することを決めた。松本尚樹球団本部長は「1年目から2桁勝てる投手。そんなに時間はかからなかった」と高い評価を口にした。 早川は千葉・木更津総合高出身の左投手で、2016年の甲子園大会で春夏ともに8強に入った。早大では球速が155キロまで上がり、松本本部長は「高校時代からものがいいのは分かっていた。順調に成長している」と獲得を熱望した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテの松本尚樹球団本部長は15日、週刊新潮が新型コロナウイルスに感染した岩下大輝投手ら4選手が会食していたと報道したことを受け「(会食は)4人以内というルールを破った選手はいない」と強調した。ロッテは9月29日から10月1日まで札幌ドームで日本ハムとの3連戦があり、会食は9月28日に行われたとされる。 松本本部長はチーム内での集団感染を発表した6日に、札幌遠征で外食した選手は一人もいなかったという趣旨の説明をしていた。「言い方が悪かった。一つだけ言えるのは、ルールを破った選手はいなかったということ」と釈明した。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは15日、千葉市内の球団事務所でスカウト会議を開き、26日のドラフト会議で早川隆久投手(早大)を1位指名することを公表した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは15日、新型コロナウイルスに感染した8選手のうち岩下大輝投手(24)、荻野貴司外野手(34)ら5選手が、さいたま市のロッテ浦和球場で行われた2軍の練習に合流したと発表した。鳥谷敬内野手(39)、清田育宏外野手(34)、三木亮内野手(28)も練習を再開した。 球団によると日本野球機構が定めた新型コロナウイルス感染予防ガイドラインに従い、管轄の保健所の許可も得たという。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは15日、平沢大河内野手が横浜市内の病院で右肘骨棘切除・遊離軟骨除去術を行ったと発表した。 2カ月後にスローイング開始予定。今季中の復帰は絶望となった。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは15日、新型コロナウイルスに感染した8選手のうち岩下大輝投手(24)、荻野貴司外野手(34)ら5選手が、さいたま市のロッテ浦和球場で行われた2軍の練習に合流したと発表した。鳥谷敬内野手(39)、清田育宏外野手(34)、三木亮内野手(28)も練習を再開した。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは15日、平沢大河内野手(22)が横浜市内の病院で右肘骨棘(こっきょく)切除・遊離軟骨除去術を行ったと発表した。スローイング再開は術後2カ月後の予定。今… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクとの優勝争いを繰り広げるロッテは15日、今月18日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で「マリンフェスタユニホーム」を来場者先着9000人にプレゼントす… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは15日、平沢大河内野手(22)が横浜市内の病院で右肘骨棘(こっきょく)切除および遊離軟骨除去手術を行ったと発表した。術後2カ月からスローイングを開始できる見込みで、今季中の復帰は絶望的。2016年ドラフト1位で仙台育英から入団した同選手はプロ5年目の今季は1軍出場はなく、2軍で出場56試合、打率・142、1本塁打、10打点だった。

後で読む
サンケイスポーツ

1974年以来、46年ぶりとなるリーグ1位を目指すロッテは15日、10月18日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で来場者先着9000人にマリンフェスタユニホームをプレゼントすると発表した。配布はZOZOマリン外周配布ステーションで、当日の観戦チケット(ビジター外野応援席を除く)持参者を対象に午前10時から行う。

後で読む
日刊スポーツ

土俵際のチームを救った。楽天涌井秀章投手(34)がロッテ打線を7回1失点に抑え、リーグトップの11勝目を挙げた。初回、マウンドに足をとられ、藤原に初球先頭打者… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテにとっては光が見えてくるチェン・ウェインの初登板と言えた。初回から制球は安定していた。中日時代のスピードはないように感じたが、ボールにキレはあり、緩急の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 ぶっつけ本番の初登板は飾れずも今後の活躍は期待できるか。9月末にロッテに電撃加入したチェン・ウェイン投手(35)が14日の楽天戦(ZOZO)で今季初先発。1本塁打を含む6回7安打2失点で黒星を喫した…

後で読む
東京スポーツ

 ピンチを救った。楽天・涌井秀章投手(34)が14日のロッテ戦(ZOZOマリン)で先発し7回1失点の力投でリーグトップを独走する今季11勝目をマーク。チームは負ければ自力でのCS進出が消滅するところだ…

後で読む
東京スポーツ

首位ソフトバンクは14日のオリックス戦(京セラ)に4―0の快勝。球団タイ記録となる3試合連続の零封勝ちで4連勝を飾り、貯金を今季最多タイの17とした。敗れた2位ロッテとのゲーム差を3に広げ、3年ぶり…

後で読む
サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、ロッテ1-4楽天、20回戦、楽天13勝7敗、14日、ゾゾマリン)ロッテのチェン・ウェイン投手(35)が移籍後初登板。6回7安打2失点で先発の役割は果たしたが、チームは痛い敗戦で首位・ソフトバンクと3ゲーム差に開いた。

後で読む
東京スポーツ

 ぶっつけ本番の初登板は飾れずも今後の活躍は期待できるか。9月末にロッテに電撃加入したチェン・ウェイン投手(35)が14日の楽天戦(ZOZO)で今季初先発。1本塁打を含む6回7安打2失点で黒星を喫した…

後で読む
日刊スポーツ

“打ち出の小づち”が24億円左腕を打ち崩した。楽天浅村栄斗内野手(29)がリーグトップの31号決勝弾を放ち、チームの危機を救った。日本復帰初先発となるロッテの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

楽天・涌井秀章投手(34)が14日のロッテ戦(ZOZOマリン)で先発し、7回を108球、6安打3四死球1失点。チームも4―1で勝ち、今季11勝目を飾った。  初回先頭の藤原にいきなり先制ソロを被弾。…

後で読む
東京スポーツ

V大本命が本領発揮だ。ソフトバンクが14日のオリックス戦(京セラドーム)を4―0で制して今季6度目の4連勝。2位・ロッテに3ゲーム差をつけた。  先発の千賀が6回を4安打無失点に抑え、7回以降は泉、…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス0-4ソフトバンク、23回戦、ソフトバンク16勝5敗2分、14日、京セラ)今季全ての登板で守ってきた中6日の間隔を、初めて中7日に変えたソフトバンク・千賀が、チームを鼓舞する奮投だ。

後で読む
東京スポーツ

 パ・リーグ3位の楽天が14日のロッテ戦(ZOZOマリン)に4―1と勝利。負ければ自力でのCS進出の可能性が消滅するところだったが、白星をつかんで何とか踏みとどまった。  先発の涌井が7回1失点と好投…

後で読む
東京スポーツ

 楽天・涌井秀章投手(34)が14日のロッテ戦(ZOZOマリン)で先発し、7回を108球、6安打3四死球1失点。チームも4―1で勝ち、今季11勝目を飾った。  初回先頭の藤原にいきなり先制ソロを被弾。…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ1-4楽天、20回戦、楽天13勝7敗、14日、ゾゾマリン)楽天は1-1の六回に浅村の31号ソロで勝ち越し、九回に辰己の適時打と石原の適時二塁打で突き放した。涌井が7回1失点でリーグトップの11勝目。ロッテは再三の好機を生かせず、藤原の初回先頭打者本塁打の1点に終わった。

後で読む
東京スポーツ

 中日時代に36勝、メジャーで59勝の実績を誇るロッテのチェン・ウェイン投手(35)が14日の楽天戦(ZOZOマリン)に先発し、6回を7安打2失点とまずまずの投球を披露した。  日本での登板は2011…

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ1-4楽天」(14日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテが逆転負け。日本で9年ぶり登板となったチェンが6回2失点と力投したが、初黒星を喫した。

後で読む
東京スポーツ

キング独走だ。楽天・浅村栄斗内野手(29)が14日のロッテ戦(ZOZOマリン)で1―1の6回先頭で31号ソロを放った。9年ぶりの日本復帰となった相手先発のチェン・ウェインが投じた140キロの高め直球…

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-楽天」(14日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテ・チェンがデビュー戦で6回7安打2失点。1点リードを許しての交代となったが、先発として役割を果たした。

後で読む
スポーツニッポン

 ロッテの2年目・藤原がプロ初アーチを放った。「1番・左翼」で出場し、初回に涌井の初球を右翼席へ運んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

1974年以来、46年ぶりとなるリーグ優勝を目指すロッテが14日、本拠地で行われる17日の日本ハム戦(ZOZOマリン)でビジターユニホームを着用する「BLACK BLACK」イベントを開催すると発表。当日は来場者先着8000人に「BLACKポンチョ」がプレゼントされる。

後で読む
東京スポーツ

ついに出た。ロッテ・藤原恭大外野手(20)が14日の楽天戦(ZOZOマリン)でプロ初アーチを初回先頭打者初球本塁打で飾った。  昨年3月29日の同カードでデビューしてから41打席目、藤原は通算143…

後で読む
日刊スポーツ

ロッテのチェン・ウェイン投手(35)が日本球界復帰後初登板に臨む。NPBでの公式戦登板は11年10月20日広島戦以来で、白星は11年10月2日阪神戦が最後。復… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-楽天」(14日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテの2年目、藤原恭大外野手がプロ初本塁打となる先頭打者アーチを放った。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテのチェン・ウェイン投手(35)が日本球界復帰後初登板に臨む。NPBでの公式戦登板は11年10月20日広島戦以来で、白星は11年10月2日阪神戦が最後。復… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽ロッテ チェン・ウェイン投手(特例2020代替選手変更) ▽オリックス 山崎福也投手、勝俣翔貴内野手 【同抹消】 ▽ロッテ 成田翔投手(特例2020代替選手変更) ▽オリックス 杉本裕太郎外野手

後で読む
日刊スポーツ

ロッテがさらなるファンの後押しを受け、74年以来、46年ぶりとなるリーグ1位でのパ・リーグ制覇へ突き進む。14日、17日の日本ハム戦(ZOZOマリン、午後2時… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテに新加入のチェン・ウェイン投手(35)が、台湾の頼清徳副総統(61)から応援を受けた。初先発となる楽天戦に向けて大統領府でビデオメッセージを録画したとい… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 ロッテ・井口資仁監督(45)は13日、ドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡高=を今季中に1軍で登板させる可能性があることを明かした。「ブルペンでも、かなり力強い球を投げている。何とかいいところで放れれば」と非公開で行われているブルペンでの投球練習が順調に進んでいることを説明した。

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発はロッテがチェン・ウェイン、楽天が涌井。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

「令和の怪物」の今季中の一軍デビューが現実味を帯び始めている。ロッテ・井口監督は13日の楽天戦(ZOZOマリン)を前に、ドラフト1位ルーキー・佐々木朗希投手(18)について「ブルペンでもかなり力強い球…

後で読む
日刊スポーツ

ロッテのチェン・ウェイン投手(35)が日本球界復帰後初登板に臨む。NPBでの公式戦登板は11年10月20日広島戦以来で、白星は11年10月2日阪神戦が最後。復… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

オリックスが一方的にやられている天敵に、なぜか自信満々だ。首位ソフトバンクには7年連続の負け越し中で、今季の対戦成績も5勝15敗2分け。3勝16敗1分けの対ロッテと同様に大きく負け越し、低迷の原因と…

後で読む
スポーツニッポン

 アジャ、男泣き…。首位のソフトバンクを追う2位のロッテは13日、楽天戦で劇的なサヨナラ勝利。9回1死一塁で井上晴哉内野手(31)が右中間二塁打を放って試合を決めた。打撃は低調気味で7回までの3打席も凡退していた長距離砲は、歓喜の輪の中で号泣。3位チームとの接戦を制し、首位との2ゲーム差を維持した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ4x-3楽天、19回戦、楽天12勝7敗、13日、ゾゾマリン)“男泣き”のV打だ! ロッテは13日、楽天19回戦(ZOZOマリン)に4-3で今季5度目のサヨナラ勝ち。「7番・一塁」で出場した井上晴哉内野手(31)が、九回1死一塁で適時二塁打を放って試合を決めた。チームは両リーグ最多となる今季27度目の逆転勝ち、同19度目の1点差勝利で連敗を2で止め、首位・ソフトバンクとの2ゲーム差を維持。新型コロナウイルスの感染者が大量に判明し、苦しむ中、頼もしい大砲が劇的な幕切れに導いた。

後で読む
東京スポーツ

首位ソフトバンクは13日のオリックス戦(京セラ)に2―0の零封勝ち。投手陣が2試合連続で無失点リレーを決めると、鷹の韋駄天・周東佑京内野手(24)が殊勲打を放って、3連勝に貢献した。千葉で2位ロッテ…

後で読む
東京スポーツ

 3位・楽天が手痛い星を落とした。13日の2位・ロッテ戦(ZOZOマリン)で9回、3―4で屈辱のサヨナラ負け。  打線は相手先発・石川の立ち上がりを攻め、鈴木大の先制4号ソロ、足立の適時打などで2回ま…

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ4-3楽天」(13日、ZOZOマリンスタジアム) ベンチ総出の祝福を受けて、涙が止まらなかった。ロッテが九回1死一塁、7番・井上が右中間を破る一打を放ち、福田秀が一塁から生還。劇的なサヨナラ二塁打を放った巨漢は号泣で思いを表現した。

後で読む
東京スポーツ

今季6勝目とはならなかった。楽天・則本昂大投手(29)が13日のロッテ戦(ZOZOマリン)で今季15度目の先発マウンドに立ち、7回を103球、5安打無四球2失点7奪三振。  キレのある直球を主体に攻…

後で読む
サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、ロッテ4x-3楽天、19回戦、楽天12勝7敗、13日、ゾゾマリン)ロッテが劣勢をはね返しサヨナラ勝ちした。0-3の六回に1点を返し、七回に中村奨のソロで詰め寄り、八回に暴投で同点。九回1死一塁から井上の適時二塁打で試合を決めた。益田が3勝目。楽天は継投が決まらず勝率5割に転落。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ4x-3楽天、19回戦、楽天12勝7敗、13日、ゾゾマリン)楽天・鈴木大地内野手(31)が一回に先制の4号ソロを放った。石川の内角速球を完璧に捉えて右翼席へ運び、「大事な一戦なので先制できて良かった」とうなずいた。昨オフにロッテから楽天にFA移籍。これで今季4本塁打のうち3本が古巣からのアーチとなったが、サヨナラ負けに試合後の表情はさえなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ4x-3楽天、19回戦、楽天12勝7敗、13日、ゾゾマリン)ロッテの石川は7回8安打3失点で粘り、味方のサヨナラ勝ちにつなげた。二回までに3点を先行されたが、三回以降は走者を背負いながらも追加点を許さなかった。

後で読む
日刊スポーツ

楽天は初回、鈴木大の4号ソロで先制。2回も4安打などで2点を加え、ロッテ石川を攻略。楽天則本昂は3回まで1安打無失点。5回まで無得点のロッテは6回無死、緊急昇… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ4-3楽天」(13日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテが井上のサヨナラ打で劇的な勝利を収めた。連敗を2で止め、この日勝利したソフトバンクとの2ゲーム差を死守。対楽天戦の連敗も4で止め、3位とのゲーム差を6に広げた。

後で読む
東京スポーツ

下位打線も猛攻を浴びせた。楽天が13日のロッテ戦(ZOZOマリン)で1点リードの2回に2点を追加した。先頭の6番・田中、7番・小郷が連打で出塁すると、無死二、三塁から8番・辰己の二ゴロの間に三塁走者…

後で読む
東京スポーツ

古巣相手に貴重な先制弾を叩き込んだ。楽天・鈴木大地内野手(31)が13日のロッテ戦(ZOZOマリン)で初回に4号ソロ。相手先発の石川から内角148キロの2球目を捉え、右翼席へ。かつての本拠地を豪快な…

後で読む
日刊スポーツ

楽天鈴木大地内野手(31)が4号ソロを放ち、古巣相手に先制パンチを決めた。1回1死。1ストライクからロッテ石川の内角148キロ直球を捉えた。右翼手マーティンも… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は13日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球のイースタン・リーグは13日、16-18日に予定していたロッテ-西武3連戦(ロッテ浦和)を中止すると発表した。ロッテのチーム内で複数の選手が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、チーム編成が困難なため。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-楽天」(13日、ZOZOマリンスタジアム) 楽天が鈴木大の4号ソロで先制した。

後で読む
東京スポーツ

いよいよベールを脱ぐか。ロッテの井口資仁監督(45)が13日、ドラフト1位新人・佐々木朗希投手(18)を今季中に一軍で登板させる考えを示した。チームはソフトバンクとし烈な首位争いを演じている真っただ…

後で読む
サンケイスポーツ

イースタン・リーグは13日、複数の選手の新型コロナウイルス感染によりロッテのチーム編成が困難なため、16日からのロッテ-西武3連戦(ロッテ浦和)を中止にすると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテの井口資仁監督は13日、ドラフト1位ルーキー佐々木朗希投手を今季中に1軍で登板させる考えを示した。首位争いを繰り広げている中でも「戦力と思えば行けるでしょうし。何とかいいところで放れれば」と期待を寄せた。 佐々木朗は5月に実戦形式のシート打撃に登板して160キロをマーク。その後は体調面の不安から調整のペースを落とし、1軍に同行しながら練習していた。2軍戦を経験させてから昇格させる方針で、井口監督は「ブルペンでもかなり力強い球を投げている。朗希がどれくらいの状態に上がってきて、試合に投げられるか」と話した。

後で読む
日刊スポーツ

10月13日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>巨人 吉川大幾内野手巨人 香月一也内野手<抹消>巨人 増田大輝内野手巨人 パーラ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは13日、マリーンズストアミュージアム店にて「JUST GO FOR IT」グッズの販売を開始した。

後で読む
スポーツニッポン

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)が、今月中に実戦デビューする可能性が12日、高まった。5月下旬のシート打撃で160キロを計測したが、体の張りが取れないことから、1軍に同行しながら体づくりに励んできた。既にキャッチボールでは140キロ以上の直球を投げ込み、実戦で投げられる状態にまで仕上がっている。最速163キロを誇る「令和の怪物」がいよいよ、ベールを脱ぐ。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス3-0ロッテ」(2011年10月13日、京セラドーム大阪) オリックスが無失点リレーで連敗を5で止めた。先発の西勇輝は八回途中まで投げて無失点で10勝目。打線は四回に梶本勇介の適時打で1点を先制。五回に後藤光尊、T-岡田の連続適時打で2点を加えた。ロッテは5連敗。

後で読む
日刊スポーツ

3位楽天が、勝負の6連戦でリミッターを解除する。12日、楽天生命パークで予定されていた西武戦が雨で中止。13日からは5ゲーム差で追う2位ロッテ、同7差の首位ソ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 パ・リーグ3位の楽天が生き残りをかけた正念場を迎える。13日から2位・ロッテと3連戦(ZOZOマリン)、16日からは首位・ソフトバンクとの3連戦(ペイペイドーム)に臨む。  12日現在でソフトバンク…

後で読む
スポーツニッポン

 ロッテが今季で3年契約が切れる井口資仁監督(45)に来季の続投を要請することが12日、分かった。球団はソフトバンクと優勝争いを繰り広げている手腕を高く評価。複数の関係者によると、来季から2年程度の複数年契約を提示することを検討している。

後で読む
デイリースポーツ

ステージ4の大腸がんを公表している元日本ハム監督で野球解説者の大島康徳氏が12日、公式ブログを更新し、13日に「現場」復帰することを報告した。 大島氏は「お知らせ」とタイトルで、「皆様に嬉しいご報告ができます。明日、いよいよプロ野球解説者として念願の『現場で』お仕事をさせていただきます!NHK BS1で放送です。皆様、ご覧いただけると嬉しいです!」と明かした。

後で読む
日刊スポーツ

楽天三木肇監督(43)が13日からの2位ロッテ、首位ソフトバンクとのビジター連戦へ気持ちを込めた。12日、楽天生命パークで午後5時試合開始予定の西武戦が雨のた… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは12日、15日の楽天戦(ZOZOマリン、午後6時開始)で「マリーンズサマーハット&タオル」を先着9000人に配布すると発表した。球場外周配布ステーショ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは12日、ZOZOマリンスタジアムでの15日・楽天戦(18時試合開始)で「マリーンズサマーハット&タオル」を先着9000人にプレゼントすると発表した。 プレゼントの配布はZOZOマリンスタジアム外周配布ステーションにて当日の観戦チケット(ビジター外野応援席を除く)を持っているファンに15時から行う。

後で読む
日刊スポーツ

パ・リーグの首位攻防第3戦は、首位ソフトバンクが2位ロッテにゼロ封勝ちし、ゲーム差を2に広げた。日刊スポーツ評論家の上原浩治氏(45)は、この試合のポイントに… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク3-0ロッテ」(11日、ペイペイドーム) 3点リードの九回、ソフトバンクの守護神・森が登板した。先頭の井上に左前打を許したものの、福田秀、田村を続けて空振り三振に仕留める。最後は佐藤を148キロの真っすぐで一ゴロに打ち取り任務完了だ。今季26セーブ、プロ野球34人目の通算100セーブ、さらには史上最速の7年目で100セーブ&100ホールドを達成した。

後で読む
東京スポーツ

パ首位のソフトバンクが、11日の2位・ロッテとの天王山第3ラウンドに、投手7人をつぎ込んでの零封リレー。3―0で快勝した。この3連戦は初戦こそ落としたが、そこからの連勝でゲーム差を2に広げた。  チ…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク3-0ロッテ、18回戦、ロッテ11勝6敗1分、11日、ペイペイD)わずか3安打で零敗。首位攻防の3連戦で計4得点に終わり、ロッテ・井口資仁監督(45)は「塁に出れば作戦の立てようもあるが…。中軸の状態が良くない。全て振ってしまっている。若い選手の方がボールの見極めができているし、ちょっとばらすことを考えている」と打線の組み替えに言及した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク3-0ロッテ、18回戦、ロッテ11勝6敗1分、11日、ペイペイD)若さをボールで示した。いつまでも変わらない細身のシルエットが、強い鷹の象徴だ。和田が5回1安打無失点。ロッテとの大一番で7勝目を挙げ、ようやく39歳らしい表情に戻った。

後で読む
東京スポーツ

執念で白星をつかみ取った。ソフトバンクが11日、2位ロッテとの首位攻防第3ラウンド(ペイペイ)に3―0で零封勝利。連勝で天敵相手に今季初のカード勝ち越しを決め、ゲーム差を2に広げた。    最後は守…

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク3-0ロッテ」(11日、ペイペイドーム) ソフトバンクの森唯斗投手が史上34人目の通算100セーブを達成した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク3-0ロッテ」(11日、ペイペイドーム) ロッテがカモにしてきたソフトバンに今季初めて同一カードで負け越し、ゲーム差は2に広がった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク3-0ロッテ、18回戦、ソフトバンク6勝11敗1分、11日、ペイペイD)敵地での首位攻防戦に1勝2敗と負け越したロッテ。特に打線が3試合で計4得点で、フラストレーションのたまる試合が続いた。

後で読む
日刊スポーツ

2位ロッテが首位攻防戦に負け越し、ソフトバンクとのゲーム差は2に開いた。7投手の継投の前に、単打3本の完封負け。井口監督は「(2四球を選んだ)初回は一気にいき… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツニッポン

 ソフトバンクは投打をかみ合わせ3―0で2位・ロッテを下し2連勝。ゲーム差を2に広げた。先発のベテラン左腕・和田は5回無失点で7勝目(1敗)を挙げ、松田宣は史上61人目の3000塁打を達成した。ロッテは打線が振るわなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクが逃げ切り、ロッテに対して今季初のカード勝ち越し。試合後、工藤公康監督(57)が取材に応じた。主な一問一答は以下の通り。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは3回に中村晃の適時二塁打で先制し、4回に松田宣のソロと周東の遊撃内野安打で2点を加えた。和田は5回1安打無失点で自身4連勝として7勝目。ロッテは… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク3-0ロッテ、18回戦、ロッテ11勝6敗1分、11日、ペイペイD)ソフトバンクは三回に中村晃の適時二塁打で先制し、四回に松田宣のソロと周東の遊撃内野安打で2点を加えた。和田は5回1安打無失点で自身4連勝として7勝目。ロッテは美馬が7回3失点と踏ん張ったが、打線の援護がなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(11日、ペイペイドーム) ロッテ・美馬学投手が天王山第3ラウンドで先発し、7回を8安打3失点だった。三回に中村晃に左線適時二塁打を浴びて先制点を献上。四回には、松田宣に左越えにソロを浴びるなど2失点を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク3-0ロッテ」(11日、ペイペイドーム) ソフトバンクが快勝。首位攻防で勝ち越しを決め、2位ロッテとのゲーム差を2とした。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは三回に中村晃の適時二塁打で先制し、四回に松田宣のソロと周東の遊撃内野安打で2点を加えた。和田は5回1安打無失点で自身4連勝として7勝目。ロッテは美馬が7回3失点と踏ん張ったが、打線の援護がなかった。

後で読む
東京スポーツ

1ゲーム差で迎えた2位ロッテとの首位攻防戦(11日、ペイペイ)で、ソフトバンク野手陣が攻守を連発した。  魅せたのは若鷹の2人。まずは2回、周東佑京内野手(24)が田村の中堅に抜けようかという当たり…

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクの松田宣浩内野手(37)が11日のロッテとの首位攻防第3ラウンド(ペイペイ)で9号ソロを放った。  1―0の4回、ロッテ・美馬のスライダーを左翼スタンドへ運んだ。「しっかり芯で捉えられた…

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(11日、ペイペイドーム) 1勝1敗で迎えたパ・リーグ首位攻防の第3戦は、ソフトバンクが三回に先制した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(11日、ペイペイドーム) ソフトバンクの松田宣浩内野手が史上61人目の通算3000塁打を、会心の本塁打で飾った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク-ロッテ、18回戦、11日、ペイペイドーム)ソフトバンク・松田宣浩内野手(37)が「6番・三塁」で先発出場。四回先頭、左翼席に9号ソロを突き刺し公式戦通算3000塁打を達成した。

後で読む
日刊スポーツ

首位ソフトバンクと2位ロッテの首位攻防戦。先発はソフトバンクが和田、ロッテは美馬。チーム123456789計ロッ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は11日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(11日、ペイペイドーム) ソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手が8試合ぶりにスタメンに名を連ねた。「7番DH」で出場する。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは11日、「ALL for CHIBA」としてプレーする15日の楽天戦(ZOZOマリン)で、先着1000人に茂原市で生産された餅を無料配布する。配布はZOZOマリン外周配布ステーションで、当日の観戦チケット(ビジター外野応援席を除く)持参者を対象に午後3時から行う。なお、当日はCHIBAユニホームを着用し、ユニホームの右袖に「ALL for CHIBA茂原市」のロゴを掲出する。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク-ロッテ、18回戦、11日、ペイペイドーム)ソフトバンク・工藤公康監督(57)が試合前に取材に対応。1ゲーム差で迎えたロッテと第3戦に「打撃コーチとも話をしました。少し打線の方は考えさせてもらいました」と明かした。

後で読む
日刊スポーツ

<ソフトバンク5-1ロッテ>◇10日◇ペイペイドーム昭和生まれにとって「10月10日」といえば「体育の日」というのがどうしてもなじみ深い。今は「スポーツの日」… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

張本勲氏(80)が11日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」にリモート出演。ソフトバンクとロッテが熾烈な首位争いを展開中のパ・リーグについてコメントした。前… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは11日、「ALL for CHIBA」としてプレーする今月15日の楽天戦(ZOZOマリンスタジアム、午後6時試合開始)で、千葉・茂原市で生産された特産品のお餅を先着1000人に無料配布すると発表した。 配布は、ZOZOマリンスタジアム外周配布ステーションで、当日の観戦チケット(ビジター外野応援席を除く)を持っているファンを対象に午後3時から行う。なお当日はCHIBAユニホームを着用し、ユニホームの右袖に「ALL for CHIBA茂原市」のロゴを掲出する。

後で読む
日刊スポーツ

13時開始予定。予告先発はソフトバンクが和田、ロッテが美馬。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテがソフトバンクの壁にはね返された。勝てば逆転で単独首位に立つ大事な一戦で、打線がソフトバンク東浜に8回3安打と沈黙した。井口監督も「中軸がもう少し打たな… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク5-1ロッテ」(10日、ペイペイドーム) 負ければ首位陥落という大きな重圧がかかる一戦でソフトバンク・東浜が大きな仕事を果たした。チームが本拠地で6連敗を喫していたロッテに対し、8回を3安打1失点。自身5連勝、今季7勝目の白星で2位・ロッテとのゲーム差を再び1に広げた。

後で読む
日刊スポーツ

3連戦の初戦を落としていたソフトバンクが、苦手のロッテを下して首位を守った。ただ、ロッテは大量の離脱者を出している状況で、この試合はソフトバンク打線を苦手にし… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク5-1ロッテ」(10日、ペイペイドーム) 天王山第2ラウンドは完敗を喫した。ロッテは序盤から主導権を握られ、単独首位浮上はならなかった。

後で読む
スポーツニッポン

 ソフトバンクは投打がかみ合い、2位・ロッテとの首位攻防3連戦の2戦目を制して、首位をキープ。引き分けを挟んだ連敗を3でストップさせた。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクや米・大リーグなどで活躍したBC栃木・川崎宗則内野手が、阪神、ロッテ、米大リーグのツインズでプレーした同僚の西岡剛内野手と共に10日、MBS「せやねん!」に出演。デイリースポーツ評論家の狩野恵輔氏と対談した。 狩野氏が栃木の練習場に訪れて今回の対談が実現した。NPB復帰を問われた川崎は「NPBは目指してません」とキッパリ。「その代わり台湾球団CPBLを目指してます。去年、半年行かせてもらって、野球観が違う。面白いと思ったし、自分もここでもう1回プレーしたい。言葉も覚えて、台湾1位を目指して野球をやりたいなと」と語った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク5-1ロッテ、17回戦、ロッテ11勝5敗1分、10日、ペイペイD)ソフトバンクが連敗を3で止めた。二回に松田宣の適時二塁打と栗原の2ランで3点を先制し、三回に柳田の適時打、七回にグラシアルのソロで加点。東浜は8回3安打1失点で7勝目。ロッテは中村稔が2回3失点と粘れなかった。

後で読む
東京スポーツ

 勝率1厘差のゲーム差なしで迎えた2位ロッテとの首位攻防戦(ペイペイ)で、鷹の〝負けない男〟が価値ある投球を披露した。  東浜巨投手(30)が8回3安打1失点で自身5試合連続の白星となる7勝目。本拠地…

後で読む
デイリースポーツ

阪神、ロッテ、米大リーグのツインズでプレーしたBC栃木・西岡剛内野手が10日、同僚でソフトバンクや米・大リーグなどで活躍した川崎宗則内野手と共に10日、MBS「せやねん!」に出演。デイリースポーツ評論家の狩野恵輔氏と対談した。 狩野氏から“支え”を問われ「家族」を挙げた川崎。「子供が3人いて、僕は何もすることがない。嫁さんがしっかりしてる」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクや米・大リーグなどで活躍したBC栃木・川崎宗則内野手が、阪神、ロッテ、米大リーグのツインズでプレーした同僚の西岡剛内野手と共に10日、MBS「せやねん!」に出演。デイリースポーツ評論家の狩野恵輔氏と対談した。 狩野氏が栃木の練習場に訪れて今回の対談が実現した。NPB復帰を問われた川崎は「NPBは目指してません」とキッパリ。「その代わり台湾球団CPBLを目指してます。去年、半年行かせてもらって、野球観が違う。面白いと思ったし、自分もここでもう1回プレーしたい。言葉も覚えて、台湾1位を目指して野球をやりたいなと」と語った。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク和田毅投手が11日ロッテ戦に先発する。幾度となく勝負どころを経験してきているベテランは「こういう試合で投げさせてもらえることはありがたい。自然と高… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク5-1ロッテ」(10日、ペイペイドーム) ソフトバンクの東浜巨投手が8回1失点で今季7勝目(1敗)を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

元ロッテの野球評論家・里崎智也氏が10日、自身のツイッターを更新し、ロッテ・藤原恭大外野手についての「衝撃的事実!」を伝えた。 里崎氏は「ロッテ藤原のお母さんが、俺と同い年 44歳!」と現役選手の親世代に足を踏み入れていることを報告。さらに「藤原は2000年生まれ!里崎プロ2年目」と、藤原選手が、自身がプロ入り後に生まれていることを強調した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク5-1ロッテ」(10日、ペイペイドーム) ソフトバンクは負ければ首位陥落の一戦で、2位ロッテに快勝した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(10日、ペイペイドーム) ロッテ・藤原恭大外野手が、意地の一打を放った。4点を追う六回1死二塁。2ボール2ストライクから東浜の外角の変化球を巧みなバットコントロールで捉え、左線に運ぶ適時打。これで自身2試合連続打点となった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム-オリックス」(10日、札幌ドーム) 日本ハムの中田翔内野手が、10月1日のロッテ戦(札幌ドーム)以来出場7試合ぶりの打点をマークした。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク5-1ロッテ」(10日、ペイペイドーム) ソフトバンクが快勝し、連敗を3でストップ。首位を死守した。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが連敗を3で止めた。二回に松田宣の適時二塁打と栗原の2ランで3点を先制し、三回に柳田の適時打、七回にグラシアルのソロで加点。東浜は8回3安打1失点で7勝目。ロッテは中村稔が2回3失点と粘れなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテ・美馬学投手(34)が11日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)に先発。勝利投手になれば、楽天・涌井に並んでハーラートップとなる10勝目となり、自身3年ぶり2度目の2桁勝利ともなる。「前回のソフトバンク戦(9月27日、ZOZOマリン)では長いイニングを投げ切ることができなかったので(5回4失点で勝利投手)、明日(11日)は先発投手としての仕事をしっかりとしてチームに勝ちをつけたい」と意気込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(10日、ペイペイドーム) ロッテ・福田秀平外野手が、相手先発のソフトバンク・東浜巨投手のノーヒットノーランを阻止した。

後で読む
東京スポーツ

首位ソフトバンクと2位ロッテの勝率1厘差の攻防戦(ペイペイ)は10日、ホークス打線が前夜の雪辱とばかりに早々に襲いかかった。    2回だ。一死から5番に入った川島が左前打でチャンスメークすると、松…

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(10日、ペイペイドーム) ゲーム差なしで争う首位ソフトバンクと2位ロッテのパ・リーグ首位攻防の2戦目は、ソフトバンクが二回に3点を先行した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(10日、ペイペイドーム) ロッテ・中村稔弥投手が先発し2回を3安打3失点で降板した。

後で読む
日刊スポーツ

11日のプロ野球予告先発は以下の通り。<セ・リーグ>中日清水達也-巨人戸郷翔征(ナゴヤドーム=14時)阪神秋山拓巳-DeNA上茶谷大河(甲子園=14時)広島-… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

首位ソフトバンクと1厘差に迫った2位ロッテのパ・リーグ首位攻防戦。先発はソフトバンクが東浜、ロッテは中村稔。チーム12345… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは10日、成田市の特産物である干し芋「甘芋ん(あま~いもん)」を、13日の楽天戦(ZOZOマリン)で先着500人にプレゼントすることを発表した。当日は「… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

首位ソフトバンクと1厘差の2位ロッテのパ・リーグ首位攻防戦。先発はソフトバンクが東浜、ロッテは中村稔。試合開始は午後2時の予定。チーム… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク-ロッテ、17回戦、10日、ペイペイドーム)工藤公康監督(57)が試合前に取材に対応。2位・ロッテとの第2ラウンドに向けて「選手も重圧もかかると思いますけど。それはどこも一緒なので。しっかりといい戦い方をホークスはしないといけない。僕らは勝たないといけないチームなので」と闘志を燃やした。

後で読む
サンケイスポーツ

コロナ禍のロッテにも励みになったのではないか。米大リーグでは開幕直後に集団感染したマーリンズが地区シリーズ(5回戦制)に進出したが、ブレーブスに3連敗で敗退した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは10日、「ALL for CHIBA」としてプレーする13日の楽天戦(ZOZOマリンスタジアム、18時試合開始)で、成田市の特産品である干し芋「甘芋ん(あま~いもん)」を先着500人に無料配布すると発表した。 配布は、ZOZOマリンスタジアム外周配布ステーションにて当日の観戦チケット(ビジター外野応援席を除く)を持っている観客に15時から行う。なお当日はCHIBAユニホームを着用し、ユニホームの右袖に「ALL for CHIBA成田市」のロゴを掲出する。

後で読む
日刊スポーツ

ついに並ばれた。ソフトバンクが苦手ロッテとの首位攻防3連戦初戦で敗れた。本拠地ではこれで対ロッテ6連敗。5連敗時点ではダイエー時代の96年以来ワーストタイだっ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

<ソフトバンク1-3ロッテ>◇9日◇ペイペイドーム勝負の秋となった。ホークスはロッテを本拠地ペイペイドームに迎えて首位攻防の3連戦である。この時期にロッテと首… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

14時開始予定。予告先発はソフトバンクが東浜、ロッテが中村稔。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク1-3ロッテ16回戦、ロッテ11勝4敗1分、9日、ペイペイD)ロッテは不思議な勝ち方をした。一回に制球を乱したムーアの押し出し四球と、甲斐の信じられないような捕球ミスでもらった2点が、最後までソフトバンクに響くとは思わなかった。

後で読む
東京スポーツ

2位・ロッテが9日の首位・ソフトバンク戦(ペイペイ)に3―1と勝利。首位攻防3連戦の第1ラウンドを制し、ゲーム差なしの1厘差まで迫った。  投打がかみ合い、全員一丸となって勝利を手繰り寄せた。先発の…

後で読む
東京スポーツ

首位攻防戦の第1ラウンドに敗れてゲーム差0に迫られた。ソフトバンクが9日のロッテ戦(ペイペイ)に1―3で敗戦。引き分けを挟み、3連敗を喫した。  工藤監督は「同じところに立たれたので、本当に『食うか…

後で読む
日刊スポーツ

首位攻防戦の大切な初戦だったが、見飽きた展開にがっかりした。初回、またしてもソフトバンクが絵に描いたような自滅でロッテに2点を差し出す。藤原は二… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク1-3ロッテ」(9日、ペイペイドーム) 総力を挙げて宿敵を倒した。ロッテは直接対決3連戦の第1ラウンドで快勝。首位ソフトバンクにゲーム差なしと肉薄した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク1-3ロッテ16回戦、ロッテ11勝4敗1分、9日、ペイペイD)10日にも首位奪回だ。新型コロナウイルスの集団感染に揺れるロッテが9日、ソフトバンク16回戦(ペイペイドーム)に3-1で快勝。首位攻防3連戦に先勝し、ソフトバンクにゲーム差なし、勝率1厘差に肉薄した。2019年ドラフト1位の1番・藤原恭大外野手(20)がプロ初の猛打賞&盗塁で打線をけん引。投げては二木(ふたき)康太投手(25)が7回を3安打1失点の好投で、球団24年ぶりとなるソフトバンク戦7連勝を飾った。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテ二木康太投手(25)に崩れる気配がない。7回3安打1失点。今季6勝目で、自身はソフトバンク戦7連勝だ。「実際は投げづらい打者しかいないです」と恐縮しなが… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク1-3ロッテ16回戦、ロッテ11勝4敗1分、9日、ペイペイD)ロッテが首位ソフトバンクにゲーム差なしとした。一回に安田の押し出し四球などで2点を先制し、2-1の六回に藤原の適時打で加点した。二木が7回1失点で6勝目。ソフトバンクは中村晃のソロでの1点に終わり3連敗を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク1-3ロッテ」(9日、ペイペイドーム) 9日に32歳の誕生日を迎えたソフトバンクの柳田悠岐外野手だったが、悔しいバースデーとなった。

後で読む
日刊スポーツ

オリックス中嶋聡監督代行の“札幌凱旋(がいせん)試合”を、ナインが投打で飾った。15年10月1日ロッテ戦の日本ハム選手兼任コーチとしての現役最後の試合から同チ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク1-3ロッテ16回戦、ロッテ11勝4敗1分、9日、ペイペイD)凡ミスあり、横っ飛びあり。ロッテとの首位攻防戦は、初回から荒れ模様だった。先発したソフトバンク・ムーアが一回から2失点。3四死球を与え、立ち上がりを攻められた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク1-3ロッテ16回戦、ロッテ11勝4敗1分、9日、ペイペイD)190センチの長身が、さらに大きく見える。1995、96年のE・ヒルマン以来、球団24年ぶりとなるソフトバンク戦7連勝を懸け、ロッテ・二木康太投手(25)が五回まで1失点、7奪三振の力投を続けた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク1-3ロッテ16回戦、ロッテ11勝4敗1分、9日、ペイペイD)首位のソフトバンクは引き分けを挟んで3連敗。2位・ロッテとは勝率1厘差で、ゲーム差はなくなった。工藤公康監督(57)が試合後、取材に対応した。主な一問一答は以下の通り。

後で読む
東京スポーツ

 ついに尻尾をつかんだ。2位・ロッテが9日の首位・ソフトバンク戦(ペイペイ)で3―1と勝利。天王山決戦第1ラウンドで快勝し、首位とゲーム差なしにまで〝猛接近〟した。   試合後のヒーローインタビューに…

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク1-3ロッテ」(9日、ペイペイドーム) ソフトバンクが首位攻防初戦で敗れ、引き分けを挟んで3連敗となった。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは9日、1軍チームスタッフ1名が新型コロナウイルスで陽性判定を受けたと発表した。 6日に発熱の症状を訴え、37度を計測。7日に38度となり、さいたま市内の病院でPCR検査を受け、陽性となった。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク1-3ロッテ」(9日、ペイペイドーム) ソフトバンクは首位攻防の初戦を落とし、引き分けを挟み3連敗。首位の座はかろうじて守ったが、ロッテにゲーム差なしの勝率1厘差に迫られた。

後で読む
東京スポーツ

8回の鬼神だ! ロッテ・澤村拓一投手(32)が9日のソフトバンク戦(ペイペイ)で2点リードの8回から2番手でマウンドに立ち、1イニングを3人でピシャリと抑えた。  まずは先頭・甲斐を内角スプリットで…

後で読む
東京スポーツ

パ・リーグ白熱の首位攻防戦(ペイペイ)は、2位ロッテがソフトバンクに3―1で快勝し、ゲーム差なしの勝率1厘差に肉薄した。ロッテは先発・二木康太投手(25)が7回9奪三振1失点の好投で6勝目。昨季から…

後で読む
東京スポーツ

天敵攻略に失敗して首位攻防戦の第1ラウンドを落とした。ソフトバンクが9日の2位ロッテ戦(ペイペイ)に1―3で敗戦。引き分けを挟んで3連敗を喫しゲーム差0に迫られた。  工藤監督は「同じところに立たさ…

後で読む
日刊スポーツ

パ・リーグ首位攻防3連戦の初戦。ロッテが首位ソフトバンクにゲーム差なしとした。一回に安田の押し出し四球などで2点を先制し、2-1の六回に藤原の適時打で加点した… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは1回無死満塁から押し出し四球と敵失で2点を先制。ソフトバンクはその裏、中村晃の6号ソロで1点を返した。ロッテは6回2死三塁から藤原の右前適時打で1点を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 高卒2年目の若武者が大暴れだ。ロッテ・藤原恭大外野手(20)が9日のソフトバンク戦(ペイペイ)で大きなインパクトを残した。  1点リードの6回二死三塁、相手左腕・ムーアの投じた外角高めストレートをは…

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(9日、ペイペイドーム) ロッテ・沢村拓一投手が2点リードの八回から登板。わずか9球で三者凡退に抑え、危なげなく無失点に抑えた。

後で読む
東京スポーツ

首位ソフトバンクのマット・ムーア投手(31)が9日、1ゲーム差の2位ロッテを迎えての3連戦初戦(ペイペイ)に先発した。  初回、内野安打と四死球が絡んでいきなり無死満塁のピンチを背負うと、安田に押し…

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは1回無死満塁から押し出し四球と敵失で2点を先制。ソフトバンクはその裏、中村晃の6号ソロで1点を返した。ロッテは6回2死三塁から藤原の右前適時打で1点を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(9日、ペイペイドーム) ロッテの2年目・藤原恭大外野手が、大一番でプロ初の猛打賞をマークした。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(9日、ペイペイドーム) パ・リーグの首位攻防戦。その立ち上がりにソフトバンク先発のマット・ムーア投手が執念の素手キャッチを見せた。

後で読む
日刊スポーツ

パ・リーグ首位のソフトバンクと2位ロッテが、首位攻防3連戦の初戦。先発はソフトバンクがムーア、ロッテは二木。https:… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は9日、セ・パ両リーグで4試合を実施。阪神-DeNAは雨天中止となった。

後で読む
スポーツ報知

◆セ・リーグ

後で読む
サンケイスポーツ

イースタン、ウエスタン両リーグは9日、9月の月間MVPにロッテの高部と中日の渡辺を選んだと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

まさかの一報が届いた。ヤクルト・つば九郎、中日・ドアラ、ロッテ・マーくん、ソフトバンク・ハリーホークによるオフシーズン恒例の『マスコットディナーショー』が中止となることが9日、発表された。今年12月、来年1月に開催予定だったが、ともに新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から決定した。

後で読む
サンケイスポーツ

9月度「スカパー!ファーム月間MVP賞」のイースタン・リーグ受賞選手に、ロッテ・高部瑛斗外野手(22)が選ばれた。9月は17試合に出場し、リーグトップの28安打。9試合連続安打を含むマルチ安打を11度も記録した。

後で読む
デイリースポーツ

イースタン、ウエスタン両リーグが制定する「スカパー!ファーム月間MVP賞」の9月度受賞選手が9日、決定しイースタン・リーグ受賞選手としてロッテのドラフト3位・高部瑛斗外野手(国士舘大)が選ばれた。 9月は17試合に出場しリーグトップの28安打を放ち、9試合連続ヒットを含むマルチ安打を11度マーク。さらに9月は打率・431(リーグトップ)、5盗塁(リーグ2位タイ)と好成績を残した。

後で読む
スポーツ報知

ロッテは9日、レオネス・マーティン外野手(32)のパフォーマンスをモチーフにした「YESマーティン!」グッズを10日から販売することを発表した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは9日、レオネス・マーティン外野手の新グッズとしてホームラン後のパフォーマンスをモチーフにした「YESマーティン!」グッズを販売すると発表した。 「YESマーティン!」グッズは、筋肉隆々なマーティンをイメージしたキャラクターが、マーティンのホームラン後のパフォーマンス「YESマーティン!」のポーズをしているイラストがデザインされている。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは9日、レオネス・マーティン外野手(32)の「YESマーティン!」グッズを発売することを発表した。8日現在で今季24本塁打をマークするマーティンが、本塁… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球のイースタン、ウエスタン両リーグは9日、9月度の「スカパー! ファーム月間MVP賞」にロッテ・高部瑛斗外野手(22)と中日・渡辺勝外野手(26)を選んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

9月末で今季のトレードと新規契約の可能期間が終了。6件が成立したトレードの中で最も驚きを伴ったのは、年俸1億5400万円の巨人・沢村拓一投手と、650万円のロッテ・香月一也内野手の交換だろう。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。