「ソフトバンク」の記事一覧

サンケイスポーツ

ソフトバンクのマット・ムーア投手(31)がキャッチボールなどで調整。22日の先発登板に向けて「まず(目指すの)はリーグ優勝だと思う。自分たちが勝てばそれでいいと思うので。1試合でも多くチームが勝てるように」と力を込めた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は21日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は21日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム-ソフトバンク、23回戦、21日、札幌ドーム)ソフトバンク・工藤公康監督(57)が試合前に取材に対応。前日20日に6回無失点で4勝目を挙げた笠谷俊介投手(23)について「結果だけを考えれば、当然、次もあるということは間違いない」と明言した。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽オリックス 榊原翼投手、鈴木優投手 【同抹消】 ▽ソフトバンク 笠谷俊介投手 ▽日本ハム 上沢直之投手 ▽オリックス 山本由伸投手、富山凌雅投手

後で読む
サンケイスポーツ

 また一人、レジェンドがユニホームを脱ぐ。ヤクルト・五十嵐亮太投手(41)が、今季限りで現役を引退することを決めた。

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発は日本ハムがバーヘイゲン、ソフトバンクが千賀。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは10日ロッテ戦から現在まで9連勝中。ソフトバンクが10連勝となれば、11年5月18日~6月1日以来、球団9年ぶり。工藤監督にとっては17、18、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 勢いは止まりそうにない。ソフトバンクが20日の日本ハム戦(札幌ドーム)に11―2で快勝し、今季初の9連勝。2位ロッテに6・5ゲーム差をつけた。  9連勝中は4度の零封勝ち。1試合平均1・56失点で、…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム2-11ソフトバンク、22回戦、ソフトバンク15勝6敗1分、20日、札幌D)日本ハムの上沢は5回を投げて8安打2四球を許した。球威、制球とも本来の出来にはほど遠く、ピンチでも粘れずに痛打され今季ワーストの7失点で6敗目。「無駄な四球が失点に絡んでしまい、2試合続けて結果を残せず悔しい」と肩を落とした。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクが2試合連続の2桁得点で9連勝。工藤公康監督(57)の就任以降、最長タイとなった。試合後の工藤監督の主な一問一答は以下の通り。

後で読む
東京スポーツ

 西武はロッテ、ソフトバンクと続く大事な6連戦の初戦となった20日のロッテ戦(メットライフ)に幸運な相手の落球で2ー1のサヨナラ勝ち。3位の楽天と同率で並び、CS出場圏内である2位・ロッテとの差を残り…

後で読む
東京スポーツ

向かうところ敵なしの強さだ! ソフトバンクが20日の日本ハム戦(札幌ドーム)に11―2の圧勝で今季初の9連勝を飾った。貯金は今季最多の22とし、2位ロッテとのゲーム差は6・5にまで拡大した。  試合…

後で読む
東京スポーツ

エースが大乱調だ。日本ハムが20日、ソフトバンク戦(札幌ドーム)に2―11で大敗。Wエースの片翼を担う上沢直之投手が先発するも、5回7失点と炎上し、6敗目を喫した。  初回から二死一、三塁とピンチを…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムの中田翔内野手が20日、ソフトバンク戦(札幌ドーム)に「4番・DH」で出場し、9回に29号2ランを放ち、2年ぶりとなる100打点超えを記録した。  それまで3打数無安打と持ち味を発揮できずに…

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンク・周東佑京内野手(24)が20日の日本ハム戦(札幌ドーム)でシーズン40盗塁をマークした。  6回二死から左前打で出塁すると、続く中村晃の2球目に二盗を成功。4試合連続の盗塁で、2位の日…

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・千賀滉大選手(27)がランニングなどで調整。21日の日本ハム戦(札幌ドーム)での先発登板に向けて「自分のピッチングをすることを心掛けて。自分のペースに持っていけるように。それだけです」と意気込んだ。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク周東佑京内野手(24)はここまでリーグ最多の39盗塁。40盗塁すると、ソフトバンクでは11年本多(60個)以来。また、育成出身の40盗塁は11年岡… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの永井智浩編成育成本部本部長兼スカウト・育成部部長が19日、オンライン取材に応じ、26日に行われるドラフト会議に向けての方針を示した。1位指名について「ほぼほぼ決まっている」と説明。「1位入札に関してはその年のナンバーワンにいく」と強調した。 現状では近大・佐藤、早大・早川が投打の「目玉」とみられている。チームの補強ポイントと近年の指名傾向を踏まえても、佐藤の1位指名が濃厚とみられる。

後で読む
東京スポーツ

 再起なるか――。ソフトバンクはデニス・サファテ投手(39)が14日に米コロラド州の病院で右股関節変形性股関節症の人工股関節置換術を受けたと19日に発表した。2017年にプロ野球記録のシーズン54セー…

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクの永井智浩編成育成本部長兼スカウト育成部長(45)が19日、ドラフト会議(26日開催)に向けた方針について語った。  この日、オンライン取材に応じた永井本部長は公表こそしなかったが「1位…

後で読む
日刊スポーツ

日本バスケットボール協会(JBA)は19日、12月に行われる「ソフトバンク ウインターカップ2020」(23~29日)の開催概要を発表した。会見した三屋裕子会…

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・笠谷俊介投手(23)が19日、ペイペイドームで行われた投手練習に参加。20日の日本ハム戦(札幌ドーム)での先発登板へ意気込みを明かした。

後で読む
東京スポーツ

パ・リーグは残り20試合を切ってもソフトバンクとロッテ、楽天が優勝、CS争いを続けているが、激しい攻防はそれだけではない。各部門のタイトル争いも佳境を迎えている。中でも混沌としているのが各リーグから…

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・永井智浩編成育成本部本部長兼スカウト・育成部部長(45)が19日、オンラインで取材に対応。17日に行った編成会議での方針を明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクは19日、デニス・サファテ投手(39)が現地時間の14日に米国・コロラド州の病院で「右股関節変形関節症 人工股関節置換術」を受け、無事に終了したことを発表した。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクがスピードスターの活躍で、今季2度目の8連勝を決めた。1番の周東佑京内野手(24)が、先制&中押し打を含む4安打2打点、プロ初の3盗塁に3得点のお… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

<ソフトバンク11-4楽天>◇18日◇ペイペイドーム野球はより多くの点を取る競技であり、いかに少ない失点でしのぐか、の競技でもある。ソフトバンクはこの日、終盤… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは19日、米国で治療中のデニス・サファテ投手(39)が14日(現地時間)に、米コロラド州の病院で、右股関節・変形性股関節症の人工股関節置換術を受け… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

26日に運命のドラフト会議が行われる。悲喜こもごも…数々のドラマを生んできた同会議だが、過去の名場面を「ドラフト回顧録」と題し、当時のドラフト翌日付の紙面から… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

ペナントレースも佳境を迎え、ロッテが「リーグ優勝狙い」と「2位死守か」の究極の選択を迫られている。18日の日本ハム戦(ZOZOマリン)に2―5で逆転負けし、首位ソフトバンクとは5・5ゲーム差。そのソ…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク11-4楽天、24回戦、ソフトバンク15勝9敗、18日、ペイペイD)球界一のエンジンを乗せた鷹特急は、もう止まらない。スタートを切るだけで、スタンドがどよめいた。ソフトバンク・周東がプロ初の1試合3盗塁。今季2度目の8連勝&リーグ60勝一番乗りに貢献した。

後で読む
東京スポーツ

確変中だ――。ソフトバンクの韋駄天・周東佑京内野手(24)が18日の楽天戦(ペイペイ)で4安打2打点、初の1試合3盗塁を決めて、11―4の大勝に貢献。チームは8連勝で貯金を今季最多の21とし、2位ロ…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクがスピードスターの活躍で、今季2度目の8連勝を決めた。1番の周東佑京内野手(24)が、先制&中押し打を含む4安打2打点、プロ初の3盗塁に3得点のお… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク7年目の真砂勇介外野手が3年ぶりアーチとなる今季1号3ランを放った。リードを4点に広げた8回、なお2死一、二塁。宋家豪のスライダーを左翼へかっ飛ば… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 悲願のリーグV奪回へ一直線だ。首位ソフトバンクが18日の楽天戦(ペイペイ)に11―4の大勝。同点の8回、代打・明石健志内野手(34)の勝ち越し打を皮切りに打線が爆発し、一挙7点を奪った。  今季最長…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク11-4楽天、24回戦、ソフトバンク15勝9敗、18日、ペイペイドーム)ソフトバンクが今季2度目の8連勝。周東佑京内野手(24)がプロ初の1試合3盗塁を決めるなど、勝利に貢献した。試合後、工藤公康監督(57)が取材に応じた。主な一問一答は以下の通り。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ2-5日本ハム」(18日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテは痛恨の逆転負けを喫し、首位ソフトバンクとの差が5・5に広がった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は18日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク11-4楽天、24回戦、ソフトバンク15勝9敗、18日、ペイペイドーム)3位・楽天が同一カード3連敗し、借金1となった。三木肇監督(43)が試合後にオンライン取材に応じた。一問一答は以下の通り。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク11-4楽天」(18日、ペイペイドーム) ソフトバンクが終盤の集中打で楽天を突き放し、連勝を8に伸ばした。直接対決を6試合残している2位ロッテとのゲームは5・5差。最短で20日にも優勝へのマジックが点灯する。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが今季最多の11得点で8連勝とし、リーグ一番乗りで60勝に到達した。4-4の八回に代打の明石、周東の連続適時二塁打などで一挙7点を勝ち越した。5番手のモイネロが2勝目。楽天は3連敗で勝率5割を切った。

後で読む
東京スポーツ

〝鬼脚〟炸裂で荒稼ぎだ。ソフトバンクの韋駄天・周東佑京内野手(24)が18日の楽天戦(ペイペイ)で5回までに自身初となる1試合3盗塁をマークした。  3回に先制の中前適時打を放った直後に、すかさず初球…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は18日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は18日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
日刊スポーツ

<ソフトバンク5-0楽天>◇17日◇ペイペイドームペイペイドーム名物の勝利の花火が終わると、屋根がゆっくりと開いて行く。暗闇のグラウンドに、まばゆい光が降り注… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・長谷川勇也外野手(35)が15日のオリックス戦(京セラ)で今季1号となる満塁弾。自身プロ初のグランドスラムでチームを5連勝に導いた。

後で読む
日刊スポーツ

13時開始予定。予告先発はソフトバンクが和田、楽天が滝中。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクが17日の楽天戦(ペイペイ)に5―0で快勝。今季最長の7連勝で2位・ロッテとのゲーム差を4・5に広げた。  スコア以上に強い勝ち方だった。投打ともに楽天を圧倒。これで対戦成績は14勝9敗…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク栗原陵矢捕手が満塁男の本領発揮だ。2点リードの5回2死満塁で走者一掃の適時二塁打。「(カーブは)狙っていなかったけど、積極的にいくのが僕の持ち味。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク5-0楽天、23回戦、ソフトバンク14勝9敗、17日、ペイペイD)ソフトバンクが7連勝で貯金を20に伸ばした。一回に柳田の27号ソロで先制。四回にはグラシアルの10号ソロ、五回は栗原の3点二塁打で加点した。東浜が7回無失点で自身6連勝とし、8勝目を挙げた。楽天は勝率5割に戻った。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが7連勝で貯金を20に伸ばした。一回に柳田の27号ソロで先制。四回にはグラシアルの10号ソロ、五回は栗原の3点二塁打で加点した。東浜が7回無失点で自身6連勝とし、8勝目を挙げた。楽天は勝率5割に戻った。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク5-0楽天」(17日、ペイペイドーム) 楽天が投打の歯車がかみ合わず、今季8度目の完封負け。首位・ソフトバンクとの3連戦で痛恨の連敗となり、三木肇監督(43)も「チャンスは何度か作って、選手は必死に戦ってくれたが、結果得点もできず残念な結果となった」と肩を落とした。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は17日、セ・パ両リーグで3試合を実施。DeNA-巨人、阪神-ヤクルト、ロッテ-日本ハムは降雨中止となった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク5-0楽天、23回戦、ソフトバンク14勝9敗、17日、ペイペイD)ソフトバンクが7連勝で貯金を20に伸ばした。一回に柳田の27号ソロで先制。四回にはグラシアルの10号ソロ、五回は栗原の3点二塁打で加点した。東浜が7回無失点で自身6連勝とし、8勝目を挙げた。楽天は勝率5割に戻った。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムの木田優夫投手コーチ(52)が17日、22日のソフトバンク戦(札幌ドーム)での先発が濃厚な吉田輝星投手(19)に改めて期待を寄せた。この日はロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)が雨天中止となり、同球場で取材に応じた。 吉田輝は今季1軍での登板は2戦未勝利ながら、ファームでは好投を続け着実な成長を示している。15日のイースタン・ヤクルト戦(鎌ケ谷)では5回パーフェクト投球を見せ、今季三度目の1軍マウンドを勝ち取った。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク5-0楽天」(17日、ペイペイドーム) 首位ソフトバンクが7連勝。この日試合中止となった2位ロッテとのゲーム差を4・5に広げた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク-楽天、23回戦、17日、ペイペイドーム)楽天・石橋良太投手(29)が先発し、5回5安打5失点で降板した。

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクのグラシアルが17日の楽天戦(ペイペイ)で10号ソロを放った。4回、楽天・石橋のフォークをとらえて左中間のホームランテラスに運んだ。「少し詰まったけど、入ってくれて良かった」という。  …

後で読む
デイリースポーツ

運営会社のKPBプロジェクト(熊本市)は17日、熊本県を拠点とする独立リーグのプロ野球新球団にソフトバンクとオリックスで通算182セーブを挙げるなど活躍した元投手の馬原孝浩氏(38)が加入し、コーチなどを務めると発表した。編成にも関わるといい、熊本市内で記者会見した馬原氏は「球団、選手にプロ野球で培った感覚、経験、知識を存分に提供したい」と述べた。 チーム名は公募の結果、「火の国サラマンダーズ」に決まった。来春から新たに設立する独立リーグで、大分の球団などと対戦する。

後で読む
デイリースポーツ

楽天が17日、塩見貴洋投手の出場選手登録を抹消した。16日のソフトバンク戦で初回に腰に痛みを訴え、自ら降板を申し出ていた。 かわって近藤弘樹投手が出場選手登録された。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は17日、セ・パ両リーグで3試合を実施。DeNA-巨人、阪神-ヤクルト、ロッテ-日本ハムは降雨中止となった。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-楽天」(17日、ペイペイドーム) 確信歩きの一発だ。ソフトバンクの柳田悠岐外野手が27号の先制ソロを放った。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの柳田悠岐外野手(32)が17日の楽天戦(ペイペイ)で先制の27号ソロを放った。  楽天・石橋の147キロ直球を振り抜き右中間スタンド中段に運んだ。「久しぶりにド真芯で打つことができまし…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ-日本ハム=降雨中止、17日、ゾゾマリン)日本ハムの木田投手コーチは、20日からのソフトバンク3連戦(札幌ドーム)で先発登板する吉田輝について「できることが何なのかを分かって投げてくれたら、実力通りの投球ができるはず。そしたら勝つチャンスは十分にある」と期待した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は17日、セ・パ両リーグで4試合を実施。DeNA-巨人、ロッテ-日本ハムは降雨中止となった。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・和田毅投手(39)がランニングなどで調整。18日の楽天戦(ペイペイドーム)での先発登板に向けて「残り20試合も切っている。自分の1球が大事な1球になる。後ろには素晴らしい投手が控えているので」と前半から全力投球を誓った。

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル内野手(35)が17日の楽天戦(ペイペイ)に4番・左翼でスタメン出場した。  グラシアルは前日の同カードで、5点リードで迎えた2回の第2打席に代打を送られた。工…

後で読む
日刊スポーツ

10月17日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>広島 羽月隆太郎内野手中日 柳裕也投手<抹消>中日 橋本侑樹投手【パ・リーグ】<… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク-楽天、23回戦、17日、ペイペイドーム)前日16日に途中交代したソフトバンクのジュリスベル・グラシアル内野手(35)がグラウンドに姿を見せて、通常通りのメニューを消化した。工藤公康監督(57)は「今確認をしています。本人はきのうよりはいいと言っているので。練習して確認しようという話をしています」と説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽西武 十亀剣投手 ▽ソフトバンク 椎野新投手 ▽楽天 近藤弘樹投手 【同抹消】 ▽西武 松岡洸希投手 ▽ソフトバンク 津森宥紀投手 ▽楽天 塩見貴洋投手

後で読む
スポーツニッポン

 ロッテの藤原恭大外野手(20)が16日、日本ハム戦に「1番・左翼」で先発出場し、14日のプロ1号に続き、またも初回に右中間席に先頭弾をマーク。1、2号がともに先頭弾はプロ野球史上3人目の快挙となった。新型コロナウイルス集団感染で離脱していた主力4選手が1軍に復帰した試合で高卒2年目の20歳が躍動。4ゲーム差の首位・ソフトバンクを必死に追う。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク7-3楽天」(16日、ペイペイドーム) ソフトバンク・松田宣が10号2ランを放ち8年連続で本塁打数を2桁に乗せた。

後で読む
東京スポーツ

〝一宿一飯の恩義〟ということか。ソフトバンクの助っ人左腕マット・ムーア投手(31)が16日の楽天戦(ペイペイドーム)に先発。7回3失点(自責2)で5勝目を挙げ「この時期に優勝争いができているのは、チー…

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクの松田宣浩内野手(37)が16日の楽天戦(ペイペイ)で、10号2ランを含む3安打3打点の活躍。チームを勝利に導いた。  勝負の10月に入り14試合で打率3割、3本塁打、10打点と調子は上…

後で読む
東京スポーツ

首位ソフトバンクは16日の楽天戦(ペイペイ)に7―3で快勝し、6連勝を飾った。打線が初回に6連続単打を集めて4点を奪取。14安打と活発でムーアの5勝目を強力援護した。  好調な打線の中で気がかりだっ…

後で読む
東京スポーツ

 首位ソフトバンクは16日の楽天戦(ペイペイ)に7―3で快勝し、6連勝を飾った。打線が初回に6連続単打を集めて4点を奪取。14安打と活発でムーアの5勝目を強力援護した。  好調な打線の中で気がかりだっ…

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク7-3楽天」(16日、ペイペイドーム) ソフトバンクが6連勝を果たした。「素晴らしい攻撃だった」と工藤監督が振り返る、初回の猛攻で試合の大勢を早々に決めた。

後で読む
東京スポーツ

厳しい現実を突きつけられた。3位の楽天が16日の首位・ソフトバンク戦(ヤフオク)で3―7と敗れた。この日、2位・ロッテが勝ったため自力でのCS進出は消滅。数字上で〝復活〟する可能性は残されてはいるも…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク7-3楽天、22回戦、ソフトバンク13勝9敗、16日、ペイペイドーム)ソフトバンクが6連勝。貯金を今季最多の「19」とした。試合後、工藤公康家督(57)が取材に応じた。主な一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク7-3楽天、22回戦、ソフトバンク13勝9敗、16日、ペイペイD)ソフトバンクが6連勝で楽天戦の6年連続勝ち越しを決めた。一回にグラシアルの適時打など6連打で4点を先制。二回に甲斐のソロ、三回は松田宣の2ランで加点した。ムーアは7回3失点で5勝目。楽天は投手陣が崩れた。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク7-3楽天」(16日、ペイペイドーム) 楽天・下水流昂外野手(32)が、“左キラー”ぶりを発揮だ。

後で読む
東京スポーツ

Vへ勢いは増す一方だ。ソフトバンクが16日の楽天戦(ペイペイ)に7―3で快勝。今季2度目の6連勝で、貯金は今季最多の19となった。  今季2戦2敗、防御率0・66と苦手にしている楽天・塩見を初回に怒…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは初回、6連打で4点を先制。2、3回にも甲斐、松田宣の1発で3点追加。楽天は3回に下水流が1号2ラン。楽天は4回2死一、二塁から下水流の左前適時打… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク-楽天、22回戦、16日、ペイペイドーム)楽天・塩見貴洋投手(32)が先発し、今季最短となる2/3回を6安打4失点で緊急降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-楽天」(16日、ペイペイドーム) ソフトバンクの松田宣浩内野手が8年連続の2ケタ本塁打を達成した。三回に10号2ランを右中間のホームランテラス席に放った。

後で読む
東京スポーツ

楽天・下水流昂投手(32)が16日のソフトバンク戦(ヤフオク)で今季初本塁打を放った。    この日、出場選手登録されると8番・右翼で先発出場。5点ビハインドの3回無死一塁、相手先発・ムーアから高め…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは初回、6連打で4点を先制。2、3回にも甲斐、松田宣の1発で3点追加。楽天は3回に下水流が1号2ラン。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-楽天」(16日、ペイペイドーム) 5連勝中でパ・リーグ首位を快走するソフトバンクが初回に早くも“天敵”を攻略。一気の6連打、4者連続タイムリーで4点を先制した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-楽天」(16日、ペイペイドーム) 楽天・塩見貴洋投手(32)が、初回にアクシデントで降板となった。初回1死から川島の左前打を皮切りに6連打を浴びて、瞬く間に4点を失った。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-楽天」(16日、ペイペイドーム) ソフトバンクの4番・グラシアルが二回裏の第2打席を前に早くも代打・釜元を送られて交代した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-楽天」(16日、ペイペイドーム) 楽天の先発・塩見が初回に4失点を喫し、1回を終えられずに降板した。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは16日、SNS上での誹謗中傷や虚偽の書き込みなどに対して注意喚起を行った。 公式ツイッターや公式Facebookで、「ホークスについての応援や批判、議論などいずれも大歓迎ですが、みなさんが気持ちよく利用できるようご配慮ください」と注意。そして、「また、度を過ぎた誹謗中傷や虚偽等、違法な投稿であると判断した場合、当球団として公的な措置をとることがありますのでご了解ください」(原文まま)と強調した。

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発はソフトバンクがムーア、楽天が塩見。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクが15日のオリックス戦(京セラドーム)に9―4で快勝。5連勝で2位・ロッテとの差を4ゲームに広げた。  同点の6回、松田宣に代打・川瀬を送り犠打成功。さらにバレンティンへの代打・長谷川が…

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクが15日のオリックス戦(京セラドーム)に9―4で快勝。5連勝で2位・ロッテとの差を4ゲームに広げた。  同点の6回、松田宣に代打・川瀬を送り犠打成功。さらにバレンティンへの代打・長谷川が…

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス4-9ソフトバンク」(15日、京セラドーム大阪) オリックスがシーズン終了後に中嶋聡監督代行(51)に対して監督就任を要請することが15日、分かった。

後で読む
サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、オリックス4-9ソフトバンク、24回戦、ソフトバンク17勝5敗2分、15日、京セラ)オリックス・中嶋聡監督代行(51)が来季、監督に昇格することが有力であることが15日、分かった。西村徳文前監督(60)の辞任により、8月下旬から代行を務め、若手を積極起用。その手腕が評価された。同日のソフトバンク24回戦で敗れ、リーグ優勝の可能性が消滅。24年連続のV逸となったが、来季に向け、中嶋オリックスが再出発する。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス4-9ソフトバンク、24回戦、ソフトバンク17勝5敗2分、15日、京セラ)ため込んでいた野球への思いが、プロ14年目で初のグランドスラムになって、あふれ出た。8月の新型コロナウイルス陽性判定を乗り越えた長谷川の大仕事で、ソフトバンクは今季5度目の5連勝、2位ロッテとは今季最大4ゲーム差。鷹が完全に独走態勢に入った。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンク・長谷川勇也外野手(35)が15日のオリックス戦(京セラ)でプロ14年目で初の満塁弾を放った。6回、チームが1点を勝ち越した直後に代打で登場。一死満塁のチャンスで追い込まれながら「あんな…

後で読む
スポーツニッポン

 首位のソフトバンクが5連勝を飾った。工藤監督の潮目を見抜いた起用に選手が応える。2―2の6回無死一、二塁の場面で5番の松田宣に代えて、代打・川瀬を起用。カウント1―1から投前にキッチリ犠打を決めて1死二、三塁とすると、続く中村晃が右前へ運んで勝ち越した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス4-9ソフトバンク、24回戦、ソフトバンク17勝5敗2分、15日、京セラ)チームの危機を救い、自身初の4連勝へ、オリックス・田嶋が先発のマウンドに上がった。左のエースとして期待される24歳。プロ入り後、通算10試合で4勝2敗と好相性のソフトバンク打線と対峙した。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク工藤公康監督(57)がポストシーズンさながらの「鬼采配」で勝利をたぐり寄せた。同点の6回無死一、二塁。ベテラン松田宣への代打川瀬が送りバントに成功… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス4-9ソフトバンク、24回戦、ソフトバンク17勝5敗2分、15日、京セラ)ソフトバンクが5連勝。2-2の六回に中村晃の適時打、代打長谷川の自身初の満塁本塁打で5点を奪った。七回に川瀬の犠飛、九回は真砂の適時打で1点ずつ追加。石川は5回2失点で8勝目。オリックスは優勝の可能性が消えた。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス4-9ソフトバンク」(15日、京セラドーム大阪) オリックスが3連敗を喫し、優勝の可能性が完全消滅した。現12球団では最長となる24年連続のV逸となった。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス4-9ソフトバンク」(15日、京セラドーム大阪) オリックスが3連敗で優勝の可能性が完全消滅した。現12球団では最長となる24年連続のV逸。中嶋聡監督代行は「優勝は、なくなったわけですけど、これでシーズン終わったわけじゃないので」と残りのシーズンを見据えた。

後で読む
東京スポーツ

大阪で独走態勢に入った。首位ソフトバンクは15日のオリックス戦(京セラ)に9―4で快勝。2位ロッテが敗れたためゲーム差は4に開き、3年ぶりV奪回がはっきりと見えてきた。  2―2で迎えた6回の攻撃。…

後で読む
東京スポーツ

オリックスの24年間連続のV逸が決まった。15日のソフトバンク戦(京セラドーム)は2―2で迎えた6回、先発の田嶋が中村に勝ち越し打を許すと、一死満塁のピンチを招いて降板。代わった比嘉が代打・長谷川に…

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ソフトバンク」(15日、京セラドーム大阪) オリックスのドラフト5位・勝俣翔貴内野手=国際武道大=が代打で登場。空振り三振に倒れ、デビューから8打席連続三振となった。野手では06年・鉄平(楽天)の9打席連続に次ぐ数字で、同年のG・G佐藤(西武)と並ぶ記録。新人野手はワーストとなる。

後で読む
日刊スポーツ

オリックスは初回、T-岡田の押し出し死球で先制。ソフトバンクは3回、周東が右中間三塁打を放ち同点。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ソフトバンク」(15日、京セラドーム大阪) 2試合連続完封負け中のオリックスが初回にT-岡田の押し出し死球で先制した。

後で読む
東京スポーツ

首位ソフトバンクの連続無失点が30イニングでストップした。  先発・石川柊太投手(28)が15日のオリックス戦(京セラ)で、初回に二死満塁からT―岡田に押し出し死球を与えた。その後の満塁のピンチは切…

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ソフトバンク」(15日、京セラドーム大阪) オリックスは2試合連続で零敗中。ソフトバンク先発・石川には今季2戦2敗で防御率0・00と無得点に抑えられているだけに、何とか打開したい。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハム・栗山英樹監督(59)が15日、吉田輝星投手(19)を1軍に昇格させることを明らかにした。22日のソフトバンク戦(札幌ドーム)先発が有力視される。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトの五十嵐亮太投手(41)が15日、東京都内の球団事務所で記者会見を行い、今季限りでの現役引退を表明した。救援一筋で日米通算905試合に登板し「縁に恵まれて23年間もプロ野球選手をやってこられた。感謝している」とすがすがしい表情で語った。 千葉・敬愛学園高から1998年にドラフト2位でヤクルトに入団。速球を武器に2004年に最優秀救援投手に輝き、10年から米大リーグ3球団でプレーした。13年にソフトバンクで日本球界に戻り、昨季ヤクルトに復帰。今季は1軍登板がなく「シーズン前から結果が出なければ覚悟していた」と8月には現役引退を考えたという。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクとの優勝争いを繰り広げるロッテは15日、今月18日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で「マリンフェスタユニホーム」を来場者先着9000人にプレゼントす… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク先発の石川柊太投手(28)は、オリックスを相手に今季2戦2勝で11回2/3を投げて無失点。通算でも6勝1敗、防御率2・24で、17年7月4日から6… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

首位ソフトバンクは14日のオリックス戦(京セラ)に4―0の快勝。球団タイ記録となる3試合連続の零封勝ちで4連勝を飾り、貯金を今季最多タイの17とした。敗れた2位ロッテとのゲーム差を3に広げ、3年ぶり…

後で読む
サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、ロッテ1-4楽天、20回戦、楽天13勝7敗、14日、ゾゾマリン)ロッテのチェン・ウェイン投手(35)が移籍後初登板。6回7安打2失点で先発の役割は果たしたが、チームは痛い敗戦で首位・ソフトバンクと3ゲーム差に開いた。

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクの千賀滉大投手(27)が14日のオリックス戦(京セラ)で8勝目を挙げた。お立ち台ではV戦線のラストスパートに向けて「チームがしっかり勝てるように、いい流れを持ってこられるような投球をした…

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス0-4ソフトバンク」(14日、京セラドーム大阪) オリックスが2試合連続、両リーグワーストとなる12度目の完封負けを喫した。

後で読む
東京スポーツ

V大本命が本領発揮だ。ソフトバンクが14日のオリックス戦(京セラドーム)を4―0で制して今季6度目の4連勝。2位・ロッテに3ゲーム差をつけた。  先発の千賀が6回を4安打無失点に抑え、7回以降は泉、…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス0-4ソフトバンク、23回戦、ソフトバンク16勝5敗2分、14日、京セラ)今季全ての登板で守ってきた中6日の間隔を、初めて中7日に変えたソフトバンク・千賀が、チームを鼓舞する奮投だ。

後で読む
東京スポーツ

首位ソフトバンクは14日のオリックス戦(京セラ)に4―0の快勝。投打の柱が仕事を果たし、4連勝を飾った。  投手戦となった試合が動いたのは7回。それまで相手先発左腕・山崎福に抑え込まれていた鷹打線が…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は14日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ソフトバンク」(14日、京セラドーム大阪) オリックスは、今季のソフトバンク戦5勝15敗2分け。一方で、吉田正は相手先発・千賀に対して打率・615、1本塁打、5打点と相性の良さが光る。また、右腓腹筋の筋損傷で出場選手登録を抹消された杉本に代わり、1軍昇格した勝俣が「7番・三塁」でスタメン出場する。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲秋場所で初優勝し新大関に昇進した正代(28)=時津風=が14日、都内の部屋で基礎運動で汗を流した。前夜のサッカー日本代表対コートジボアール戦では同じ熊本県宇土市のDF植田直通が決勝ゴールを決めて勝利に貢献。「へえ~すごい。同じ地元ですからね。同郷の人が活躍するのはうれしいですね」と大喜びした。 プロ野球もネットなどで日々チェック。ひいきはやはり九州のソフトバンク。「携帯もソフトバンクで優勝キャンペーンか何かで買った。野球自体が好きなので、特にどこかのチームだけを応援するとかはないですけど」と話した。

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発はオリックスが山崎福、ソフトバンクが千賀。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

オリックスが一方的にやられている天敵に、なぜか自信満々だ。首位ソフトバンクには7年連続の負け越し中で、今季の対戦成績も5勝15敗2分け。3勝16敗1分けの対ロッテと同様に大きく負け越し、低迷の原因と…

後で読む
スポーツニッポン

 アジャ、男泣き…。首位のソフトバンクを追う2位のロッテは13日、楽天戦で劇的なサヨナラ勝利。9回1死一塁で井上晴哉内野手(31)が右中間二塁打を放って試合を決めた。打撃は低調気味で7回までの3打席も凡退していた長距離砲は、歓喜の輪の中で号泣。3位チームとの接戦を制し、首位との2ゲーム差を維持した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ4x-3楽天、19回戦、楽天12勝7敗、13日、ゾゾマリン)“男泣き”のV打だ! ロッテは13日、楽天19回戦(ZOZOマリン)に4-3で今季5度目のサヨナラ勝ち。「7番・一塁」で出場した井上晴哉内野手(31)が、九回1死一塁で適時二塁打を放って試合を決めた。チームは両リーグ最多となる今季27度目の逆転勝ち、同19度目の1点差勝利で連敗を2で止め、首位・ソフトバンクとの2ゲーム差を維持。新型コロナウイルスの感染者が大量に判明し、苦しむ中、頼もしい大砲が劇的な幕切れに導いた。

後で読む
東京スポーツ

首位ソフトバンクは13日のオリックス戦(京セラ)に2―0の零封勝ち。投手陣が2試合連続で無失点リレーを決めると、鷹の韋駄天・周東佑京内野手(24)が殊勲打を放って、3連勝に貢献した。千葉で2位ロッテ…

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス0-2ソフトバンク」(13日、京セラドーム大阪) オリックスは九回2死一、二塁と森を攻めるが、頼みの吉田正は一ゴロでゲームセット。今季11度目の完封負けに終わった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス0-2ソフトバンク、22回戦、ソフトバンク15勝5敗2分、13日、京セラ)オリックスの山本は自身最多に並ぶ124球を費やして8回を投げ1失点と好投したが、援護なく4敗目。「ボールが先行したり、三者凡退で終われる回が少なかったり、流れを引き込んでこられる投球じゃなかったと思う」と責任を背負った。

後で読む
東京スポーツ

 首位ソフトバンクは13日のオリックス戦(京セラ)に2―0で零封勝ち。3連勝を飾った。    3年ぶりのV奪回へラストスパートに入った鷹が難敵・山本に黒星をつけた。ハイライトは何といっても3回だ。周東…

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ4-3楽天」(13日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテが井上のサヨナラ打で劇的な勝利を収めた。連敗を2で止め、この日勝利したソフトバンクとの2ゲーム差を死守。対楽天戦の連敗も4で止め、3位とのゲーム差を6に広げた。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが3連勝。三回に周東の適時三塁打で1点を先制し、九回に栗原の適時三塁打で加点した。笠谷が5回無失点で3勝目。救援陣4人も無失点でつなぎ、森が27セーブ目。オリックスは8回1失点の山本を援護できなかった。

後で読む
東京スポーツ

オリックス・山本由伸投手(22)にメジャー3球団のスカウトが熱視線を送った。13日のソフトバンク戦(京セラドーム)を訪れたのはツインズ、レンジャーズ、ブルージェイズのスカウトで、ネット裏から山本の投…

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ソフトバンク」(13日、京セラドーム大阪) オリックス・山本由伸の連続イニング無失点が31で止まった。

後で読む
東京スポーツ

いよいよベールを脱ぐか。ロッテの井口資仁監督(45)が13日、ドラフト1位新人・佐々木朗希投手(18)を今季中に一軍で登板させる考えを示した。チームはソフトバンクとし烈な首位争いを演じている真っただ…

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクは13日、板東湧梧投手(24)が12日に横浜市内の病院で手術を受けたことを発表した。右肘の「鏡視下骨棘および遊離体切除術」で、復帰まで4カ月を要する見込みだという。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンク・工藤監督が12日、本拠地での投手練習を見守り、ローテを再編する考えを明かした。 13日からのオリックス3連戦の初戦には笠谷を投入。これまで「週頭」を任せてきた千賀は中7日で2戦目に回り、石川が3戦目に続く。指揮官は「(千賀の)疲労の蓄積だったり、1日空けた方がよりいいコンディションで投げられるというところ」と説明した。

後で読む
東京スポーツ

 パ・リーグ3位の楽天が生き残りをかけた正念場を迎える。13日から2位・ロッテと3連戦(ZOZOマリン)、16日からは首位・ソフトバンクとの3連戦(ペイペイドーム)に臨む。  12日現在でソフトバンク…

後で読む
スポーツニッポン

 ロッテが今季で3年契約が切れる井口資仁監督(45)に来季の続投を要請することが12日、分かった。球団はソフトバンクと優勝争いを繰り広げている手腕を高く評価。複数の関係者によると、来季から2年程度の複数年契約を提示することを検討している。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・笠谷俊介投手(23)が12日、ペイペイドームで行われた投手練習に参加。ブルペン投球で33球など、13日のオリックス戦(京セラ)での先発登板に備えた。託された週の頭に闘志を燃やした。

後で読む
日刊スポーツ

楽天三木肇監督(43)が13日からの2位ロッテ、首位ソフトバンクとのビジター連戦へ気持ちを込めた。12日、楽天生命パークで午後5時試合開始予定の西武戦が雨のた… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

パ・リーグの首位攻防第3戦は、首位ソフトバンクが2位ロッテにゼロ封勝ちし、ゲーム差を2に広げた。日刊スポーツ評論家の上原浩治氏(45)は、この試合のポイントに… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク3-0ロッテ」(11日、ペイペイドーム) 3点リードの九回、ソフトバンクの守護神・森が登板した。先頭の井上に左前打を許したものの、福田秀、田村を続けて空振り三振に仕留める。最後は佐藤を148キロの真っすぐで一ゴロに打ち取り任務完了だ。今季26セーブ、プロ野球34人目の通算100セーブ、さらには史上最速の7年目で100セーブ&100ホールドを達成した。

後で読む
東京スポーツ

パ首位のソフトバンクが、11日の2位・ロッテとの天王山第3ラウンドに、投手7人をつぎ込んでの零封リレー。3―0で快勝した。この3連戦は初戦こそ落としたが、そこからの連勝でゲーム差を2に広げた。  チ…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク3-0ロッテ、18回戦、ロッテ11勝6敗1分、11日、ペイペイD)わずか3安打で零敗。首位攻防の3連戦で計4得点に終わり、ロッテ・井口資仁監督(45)は「塁に出れば作戦の立てようもあるが…。中軸の状態が良くない。全て振ってしまっている。若い選手の方がボールの見極めができているし、ちょっとばらすことを考えている」と打線の組み替えに言及した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク3-0ロッテ、18回戦、ロッテ11勝6敗1分、11日、ペイペイD)若さをボールで示した。いつまでも変わらない細身のシルエットが、強い鷹の象徴だ。和田が5回1安打無失点。ロッテとの大一番で7勝目を挙げ、ようやく39歳らしい表情に戻った。

後で読む
東京スポーツ

執念で白星をつかみ取った。ソフトバンクが11日、2位ロッテとの首位攻防第3ラウンド(ペイペイ)に3―0で零封勝利。連勝で天敵相手に今季初のカード勝ち越しを決め、ゲーム差を2に広げた。    最後は守…

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク3-0ロッテ」(11日、ペイペイドーム) ソフトバンクの森唯斗投手が史上34人目の通算100セーブを達成した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク3-0ロッテ」(11日、ペイペイドーム) ロッテがカモにしてきたソフトバンに今季初めて同一カードで負け越し、ゲーム差は2に広がった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク3-0ロッテ、18回戦、ソフトバンク6勝11敗1分、11日、ペイペイD)敵地での首位攻防戦に1勝2敗と負け越したロッテ。特に打線が3試合で計4得点で、フラストレーションのたまる試合が続いた。

後で読む
日刊スポーツ

2位ロッテが首位攻防戦に負け越し、ソフトバンクとのゲーム差は2に開いた。7投手の継投の前に、単打3本の完封負け。井口監督は「(2四球を選んだ)初回は一気にいき… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツニッポン

 ソフトバンクは投打をかみ合わせ3―0で2位・ロッテを下し2連勝。ゲーム差を2に広げた。先発のベテラン左腕・和田は5回無失点で7勝目(1敗)を挙げ、松田宣は史上61人目の3000塁打を達成した。ロッテは打線が振るわなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクが逃げ切り、ロッテに対して今季初のカード勝ち越し。試合後、工藤公康監督(57)が取材に応じた。主な一問一答は以下の通り。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは3回に中村晃の適時二塁打で先制し、4回に松田宣のソロと周東の遊撃内野安打で2点を加えた。和田は5回1安打無失点で自身4連勝として7勝目。ロッテは… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク3-0ロッテ、18回戦、ロッテ11勝6敗1分、11日、ペイペイD)ソフトバンクは三回に中村晃の適時二塁打で先制し、四回に松田宣のソロと周東の遊撃内野安打で2点を加えた。和田は5回1安打無失点で自身4連勝として7勝目。ロッテは美馬が7回3失点と踏ん張ったが、打線の援護がなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(11日、ペイペイドーム) ロッテ・美馬学投手が天王山第3ラウンドで先発し、7回を8安打3失点だった。三回に中村晃に左線適時二塁打を浴びて先制点を献上。四回には、松田宣に左越えにソロを浴びるなど2失点を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク3-0ロッテ」(11日、ペイペイドーム) ソフトバンクが快勝。首位攻防で勝ち越しを決め、2位ロッテとのゲーム差を2とした。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは三回に中村晃の適時二塁打で先制し、四回に松田宣のソロと周東の遊撃内野安打で2点を加えた。和田は5回1安打無失点で自身4連勝として7勝目。ロッテは美馬が7回3失点と踏ん張ったが、打線の援護がなかった。

後で読む
東京スポーツ

1ゲーム差で迎えた2位ロッテとの首位攻防戦(11日、ペイペイ)で、ソフトバンク野手陣が攻守を連発した。  魅せたのは若鷹の2人。まずは2回、周東佑京内野手(24)が田村の中堅に抜けようかという当たり…

後で読む
サンケイスポーツ

(ウエスタン・リーグ、ソフトバンク-阪神、11日、タマホーム筑後)阪神のドラフト1位・西純矢投手(19)が先発した。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、ソフトバンク-阪神」(11日、タマホームスタジアム筑後) 阪神ドラフト1位・西純矢投手(19)=創志学園=が自己最長の5回2/3を投げ7安打6失点。4奪三振と力を発揮した場面もあったが、4与四球と制球にも苦しむ姿が見られた。

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクの松田宣浩内野手(37)が11日のロッテとの首位攻防第3ラウンド(ペイペイ)で9号ソロを放った。  1―0の4回、ロッテ・美馬のスライダーを左翼スタンドへ運んだ。「しっかり芯で捉えられた…

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(11日、ペイペイドーム) 1勝1敗で迎えたパ・リーグ首位攻防の第3戦は、ソフトバンクが三回に先制した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(11日、ペイペイドーム) ソフトバンクの松田宣浩内野手が史上61人目の通算3000塁打を、会心の本塁打で飾った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク-ロッテ、18回戦、11日、ペイペイドーム)ソフトバンク・松田宣浩内野手(37)が「6番・三塁」で先発出場。四回先頭、左翼席に9号ソロを突き刺し公式戦通算3000塁打を達成した。

後で読む
日刊スポーツ

首位ソフトバンクと2位ロッテの首位攻防戦。先発はソフトバンクが和田、ロッテは美馬。チーム123456789計ロッ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は11日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(11日、ペイペイドーム) ソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手が8試合ぶりにスタメンに名を連ねた。「7番DH」で出場する。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク-ロッテ、18回戦、11日、ペイペイドーム)ソフトバンク・工藤公康監督(57)が試合前に取材に対応。1ゲーム差で迎えたロッテと第3戦に「打撃コーチとも話をしました。少し打線の方は考えさせてもらいました」と明かした。

後で読む
日刊スポーツ

<ソフトバンク5-1ロッテ>◇10日◇ペイペイドーム昭和生まれにとって「10月10日」といえば「体育の日」というのがどうしてもなじみ深い。今は「スポーツの日」… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

張本勲氏(80)が11日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」にリモート出演。ソフトバンクとロッテが熾烈な首位争いを展開中のパ・リーグについてコメントした。前… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク・グラシアルが貴重なダメ押し弾を放った。3点差の7回裏2死走者なしから佐々木千のフォークボールをバックスクリーン左に突き刺した。「久々のホームラン… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、ソフトバンク3-2阪神」(10日、タマホームスタジアム筑後) 阪神のドラフト2位ルーキー・井上広大外野手(19)=履正社=が10日、ウエスタン・リーグ打撃部門の2冠に躍り出た。同ソフトバンク戦(タマスタ筑後)に「4番・右翼」でスタメン出場。初回に先制の右前適時打を放って32打点目を挙げ、リーグトップの広島・林に並んだ。本塁打数も8本で単独トップに立っており、高卒新人では史上初となるウエスタン2冠獲得を射程圏に捉えた。

後で読む
日刊スポーツ

13時開始予定。予告先発はソフトバンクが和田、ロッテが美馬。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテがソフトバンクの壁にはね返された。勝てば逆転で単独首位に立つ大事な一戦で、打線がソフトバンク東浜に8回3安打と沈黙した。井口監督も「中軸がもう少し打たな… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク5-1ロッテ」(10日、ペイペイドーム) 負ければ首位陥落という大きな重圧がかかる一戦でソフトバンク・東浜が大きな仕事を果たした。チームが本拠地で6連敗を喫していたロッテに対し、8回を3安打1失点。自身5連勝、今季7勝目の白星で2位・ロッテとのゲーム差を再び1に広げた。

後で読む
日刊スポーツ

3連戦の初戦を落としていたソフトバンクが、苦手のロッテを下して首位を守った。ただ、ロッテは大量の離脱者を出している状況で、この試合はソフトバンク打線を苦手にし… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク5-1ロッテ」(10日、ペイペイドーム) 天王山第2ラウンドは完敗を喫した。ロッテは序盤から主導権を握られ、単独首位浮上はならなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・五十嵐亮太投手(41)が今季限りで現役を引退することが10日、分かった。1998年にヤクルト入団後、当時の日本選手最速となる158キロを計測した速球を武器に、救援陣の柱として活躍。米大リーグのメッツ、ブルージェイズ、ヤンキースなどを経て、2013年にソフトバンクで日本球界に戻り、昨季から古巣に復帰していた。現役最長のプロ23年間で日米通算905試合に登板し、一時代を築いた剛腕がユニホームを脱ぐ。

後で読む
日刊スポーツ

虎の希望や! 阪神ドラフト2位の井上広大外野手(19)がウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦で先制適時打を放ち、リーグトップの広島林に並ぶ32打点目を挙げた。1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、ソフトバンク3-2阪神」(10日、タマホームスタジアム筑後) 阪神2軍は五回の1イニング4失策が響き、決勝点を許した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は10日、セ・パ両リーグで5試合を実施。

後で読む
スポーツニッポン

 ソフトバンクは投打がかみ合い、2位・ロッテとの首位攻防3連戦の2戦目を制して、首位をキープ。引き分けを挟んだ連敗を3でストップさせた。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクや米・大リーグなどで活躍したBC栃木・川崎宗則内野手が、阪神、ロッテ、米大リーグのツインズでプレーした同僚の西岡剛内野手と共に10日、MBS「せやねん!」に出演。デイリースポーツ評論家の狩野恵輔氏と対談した。 狩野氏が栃木の練習場に訪れて今回の対談が実現した。NPB復帰を問われた川崎は「NPBは目指してません」とキッパリ。「その代わり台湾球団CPBLを目指してます。去年、半年行かせてもらって、野球観が違う。面白いと思ったし、自分もここでもう1回プレーしたい。言葉も覚えて、台湾1位を目指して野球をやりたいなと」と語った。

後で読む
日刊スポーツ

阪神ドラフト1位の西純矢投手は11日の2軍ソフトバンク戦に先発する。前回3日の2軍広島戦では5回3失点と粘った。ただボールが高めに浮くなど制球に苦しんだだけに… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク5-1ロッテ、17回戦、ロッテ11勝5敗1分、10日、ペイペイD)ソフトバンクが連敗を3で止めた。二回に松田宣の適時二塁打と栗原の2ランで3点を先制し、三回に柳田の適時打、七回にグラシアルのソロで加点。東浜は8回3安打1失点で7勝目。ロッテは中村稔が2回3失点と粘れなかった。

後で読む
東京スポーツ

 勝率1厘差のゲーム差なしで迎えた2位ロッテとの首位攻防戦(ペイペイ)で、鷹の〝負けない男〟が価値ある投球を披露した。  東浜巨投手(30)が8回3安打1失点で自身5試合連続の白星となる7勝目。本拠地…

後で読む
デイリースポーツ

阪神、ロッテ、米大リーグのツインズでプレーしたBC栃木・西岡剛内野手が10日、同僚でソフトバンクや米・大リーグなどで活躍した川崎宗則内野手と共に10日、MBS「せやねん!」に出演。デイリースポーツ評論家の狩野恵輔氏と対談した。 狩野氏から“支え”を問われ「家族」を挙げた川崎。「子供が3人いて、僕は何もすることがない。嫁さんがしっかりしてる」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクや米・大リーグなどで活躍したBC栃木・川崎宗則内野手が、阪神、ロッテ、米大リーグのツインズでプレーした同僚の西岡剛内野手と共に10日、MBS「せやねん!」に出演。デイリースポーツ評論家の狩野恵輔氏と対談した。 狩野氏が栃木の練習場に訪れて今回の対談が実現した。NPB復帰を問われた川崎は「NPBは目指してません」とキッパリ。「その代わり台湾球団CPBLを目指してます。去年、半年行かせてもらって、野球観が違う。面白いと思ったし、自分もここでもう1回プレーしたい。言葉も覚えて、台湾1位を目指して野球をやりたいなと」と語った。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク和田毅投手が11日ロッテ戦に先発する。幾度となく勝負どころを経験してきているベテランは「こういう試合で投げさせてもらえることはありがたい。自然と高… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク5-1ロッテ」(10日、ペイペイドーム) ソフトバンクの東浜巨投手が8回1失点で今季7勝目(1敗)を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、ソフトバンク-阪神」(10日、タマホームスタジアム筑後) 勢いはとどまることを知らない。阪神ドラフト2位・井上広大外野手(19)=履正社=が第1打席に先制適時打をマーク。試合前時点でウエスタン・リーグ打点トップの広島・林と1差としていたが、このタイムリーが飛び出し、同じ32打点となり、8本放っている本塁打数とあわせてリーグ2冠に躍り出た。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク5-1ロッテ」(10日、ペイペイドーム) ソフトバンクは負ければ首位陥落の一戦で、2位ロッテに快勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は10日、セ・パ両リーグで5試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(10日、ペイペイドーム) ロッテ・藤原恭大外野手が、意地の一打を放った。4点を追う六回1死二塁。2ボール2ストライクから東浜の外角の変化球を巧みなバットコントロールで捉え、左線に運ぶ適時打。これで自身2試合連続打点となった。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク5-1ロッテ」(10日、ペイペイドーム) ソフトバンクが快勝し、連敗を3でストップ。首位を死守した。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが連敗を3で止めた。二回に松田宣の適時二塁打と栗原の2ランで3点を先制し、三回に柳田の適時打、七回にグラシアルのソロで加点。東浜は8回3安打1失点で7勝目。ロッテは中村稔が2回3失点と粘れなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテ・美馬学投手(34)が11日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)に先発。勝利投手になれば、楽天・涌井に並んでハーラートップとなる10勝目となり、自身3年ぶり2度目の2桁勝利ともなる。「前回のソフトバンク戦(9月27日、ZOZOマリン)では長いイニングを投げ切ることができなかったので(5回4失点で勝利投手)、明日(11日)は先発投手としての仕事をしっかりとしてチームに勝ちをつけたい」と意気込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は10日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
日刊スポーツ

両チームのスタメンが発表された。先発は阪神が斎藤友貴哉投手(25)で、ソフトバンクが二保旭投手(30)。阪神ドラフト2位の井上は現在リーグ単独トップの8本塁打… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、ソフトバンク-阪神」(10日、タマホームスタジアム筑後) 前日の同戦で実戦復帰した阪神・木浪聖也内野手と江越大賀外野手がこの日もスタメン出場。木浪は9日に途中交代していたが、今試合ではフル出場となるか。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(10日、ペイペイドーム) ロッテ・福田秀平外野手が、相手先発のソフトバンク・東浜巨投手のノーヒットノーランを阻止した。

後で読む
東京スポーツ

首位ソフトバンクと2位ロッテの勝率1厘差の攻防戦(ペイペイ)は10日、ホークス打線が前夜の雪辱とばかりに早々に襲いかかった。    2回だ。一死から5番に入った川島が左前打でチャンスメークすると、松…

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(10日、ペイペイドーム) ゲーム差なしで争う首位ソフトバンクと2位ロッテのパ・リーグ首位攻防の2戦目は、ソフトバンクが二回に3点を先行した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(10日、ペイペイドーム) ロッテ・中村稔弥投手が先発し2回を3安打3失点で降板した。

後で読む
日刊スポーツ

11日のプロ野球予告先発は以下の通り。<セ・リーグ>中日清水達也-巨人戸郷翔征(ナゴヤドーム=14時)阪神秋山拓巳-DeNA上茶谷大河(甲子園=14時)広島-… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

首位ソフトバンクと1厘差に迫った2位ロッテのパ・リーグ首位攻防戦。先発はソフトバンクが東浜、ロッテは中村稔。チーム12345… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

首位ソフトバンクと1厘差の2位ロッテのパ・リーグ首位攻防戦。先発はソフトバンクが東浜、ロッテは中村稔。試合開始は午後2時の予定。チーム… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク-ロッテ、17回戦、10日、ペイペイドーム)工藤公康監督(57)が試合前に取材に対応。2位・ロッテとの第2ラウンドに向けて「選手も重圧もかかると思いますけど。それはどこも一緒なので。しっかりといい戦い方をホークスはしないといけない。僕らは勝たないといけないチームなので」と闘志を燃やした。

後で読む
日刊スポーツ

ついに並ばれた。ソフトバンクが苦手ロッテとの首位攻防3連戦初戦で敗れた。本拠地ではこれで対ロッテ6連敗。5連敗時点ではダイエー時代の96年以来ワーストタイだっ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

<ソフトバンク1-3ロッテ>◇9日◇ペイペイドーム勝負の秋となった。ホークスはロッテを本拠地ペイペイドームに迎えて首位攻防の3連戦である。この時期にロッテと首… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、ソフトバンク3-4阪神」(9日、タマホームスタジアム筑後) リーグ2冠へ視界良好だ。完璧な弾道。スタンドのファンの視線が上がる。本塁打数でリーグ単独トップに躍り出る阪神ドラフト2位・井上広大外野手(19)=履正社=のアーチが、筑後の夜空に舞い上がった。

後で読む
日刊スポーツ

14時開始予定。予告先発はソフトバンクが東浜、ロッテが中村稔。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク1-3ロッテ16回戦、ロッテ11勝4敗1分、9日、ペイペイD)ロッテは不思議な勝ち方をした。一回に制球を乱したムーアの押し出し四球と、甲斐の信じられないような捕球ミスでもらった2点が、最後までソフトバンクに響くとは思わなかった。

後で読む
東京スポーツ

2位・ロッテが9日の首位・ソフトバンク戦(ペイペイ)に3―1と勝利。首位攻防3連戦の第1ラウンドを制し、ゲーム差なしの1厘差まで迫った。  投打がかみ合い、全員一丸となって勝利を手繰り寄せた。先発の…

後で読む
東京スポーツ

首位攻防戦の第1ラウンドに敗れてゲーム差0に迫られた。ソフトバンクが9日のロッテ戦(ペイペイ)に1―3で敗戦。引き分けを挟み、3連敗を喫した。  工藤監督は「同じところに立たれたので、本当に『食うか…

後で読む
日刊スポーツ

首位攻防戦の大切な初戦だったが、見飽きた展開にがっかりした。初回、またしてもソフトバンクが絵に描いたような自滅でロッテに2点を差し出す。藤原は二… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク1-3ロッテ」(9日、ペイペイドーム) 総力を挙げて宿敵を倒した。ロッテは直接対決3連戦の第1ラウンドで快勝。首位ソフトバンクにゲーム差なしと肉薄した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク1-3ロッテ16回戦、ロッテ11勝4敗1分、9日、ペイペイD)10日にも首位奪回だ。新型コロナウイルスの集団感染に揺れるロッテが9日、ソフトバンク16回戦(ペイペイドーム)に3-1で快勝。首位攻防3連戦に先勝し、ソフトバンクにゲーム差なし、勝率1厘差に肉薄した。2019年ドラフト1位の1番・藤原恭大外野手(20)がプロ初の猛打賞&盗塁で打線をけん引。投げては二木(ふたき)康太投手(25)が7回を3安打1失点の好投で、球団24年ぶりとなるソフトバンク戦7連勝を飾った。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテ二木康太投手(25)に崩れる気配がない。7回3安打1失点。今季6勝目で、自身はソフトバンク戦7連勝だ。「実際は投げづらい打者しかいないです」と恐縮しなが… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク1-3ロッテ16回戦、ロッテ11勝4敗1分、9日、ペイペイD)ロッテが首位ソフトバンクにゲーム差なしとした。一回に安田の押し出し四球などで2点を先制し、2-1の六回に藤原の適時打で加点した。二木が7回1失点で6勝目。ソフトバンクは中村晃のソロでの1点に終わり3連敗を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク1-3ロッテ」(9日、ペイペイドーム) 9日に32歳の誕生日を迎えたソフトバンクの柳田悠岐外野手だったが、悔しいバースデーとなった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク1-3ロッテ16回戦、ロッテ11勝4敗1分、9日、ペイペイD)凡ミスあり、横っ飛びあり。ロッテとの首位攻防戦は、初回から荒れ模様だった。先発したソフトバンク・ムーアが一回から2失点。3四死球を与え、立ち上がりを攻められた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク1-3ロッテ16回戦、ロッテ11勝4敗1分、9日、ペイペイD)190センチの長身が、さらに大きく見える。1995、96年のE・ヒルマン以来、球団24年ぶりとなるソフトバンク戦7連勝を懸け、ロッテ・二木康太投手(25)が五回まで1失点、7奪三振の力投を続けた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク1-3ロッテ16回戦、ロッテ11勝4敗1分、9日、ペイペイD)首位のソフトバンクは引き分けを挟んで3連敗。2位・ロッテとは勝率1厘差で、ゲーム差はなくなった。工藤公康監督(57)が試合後、取材に対応した。主な一問一答は以下の通り。

後で読む
東京スポーツ

 ついに尻尾をつかんだ。2位・ロッテが9日の首位・ソフトバンク戦(ペイペイ)で3―1と勝利。天王山決戦第1ラウンドで快勝し、首位とゲーム差なしにまで〝猛接近〟した。   試合後のヒーローインタビューに…

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク1-3ロッテ」(9日、ペイペイドーム) ソフトバンクが首位攻防初戦で敗れ、引き分けを挟んで3連敗となった。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク1-3ロッテ」(9日、ペイペイドーム) ソフトバンクは首位攻防の初戦を落とし、引き分けを挟み3連敗。首位の座はかろうじて守ったが、ロッテにゲーム差なしの勝率1厘差に迫られた。

後で読む
東京スポーツ

8回の鬼神だ! ロッテ・澤村拓一投手(32)が9日のソフトバンク戦(ペイペイ)で2点リードの8回から2番手でマウンドに立ち、1イニングを3人でピシャリと抑えた。  まずは先頭・甲斐を内角スプリットで…

後で読む
東京スポーツ

パ・リーグ白熱の首位攻防戦(ペイペイ)は、2位ロッテがソフトバンクに3―1で快勝し、ゲーム差なしの勝率1厘差に肉薄した。ロッテは先発・二木康太投手(25)が7回9奪三振1失点の好投で6勝目。昨季から…

後で読む
東京スポーツ

天敵攻略に失敗して首位攻防戦の第1ラウンドを落とした。ソフトバンクが9日の2位ロッテ戦(ペイペイ)に1―3で敗戦。引き分けを挟んで3連敗を喫しゲーム差0に迫られた。  工藤監督は「同じところに立たさ…

後で読む
日刊スポーツ

パ・リーグ首位攻防3連戦の初戦。ロッテが首位ソフトバンクにゲーム差なしとした。一回に安田の押し出し四球などで2点を先制し、2-1の六回に藤原の適時打で加点した… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは1回無死満塁から押し出し四球と敵失で2点を先制。ソフトバンクはその裏、中村晃の6号ソロで1点を返した。ロッテは6回2死三塁から藤原の右前適時打で1点を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 高卒2年目の若武者が大暴れだ。ロッテ・藤原恭大外野手(20)が9日のソフトバンク戦(ペイペイ)で大きなインパクトを残した。  1点リードの6回二死三塁、相手左腕・ムーアの投じた外角高めストレートをは…

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(9日、ペイペイドーム) ロッテ・沢村拓一投手が2点リードの八回から登板。わずか9球で三者凡退に抑え、危なげなく無失点に抑えた。

後で読む
東京スポーツ

首位ソフトバンクのマット・ムーア投手(31)が9日、1ゲーム差の2位ロッテを迎えての3連戦初戦(ペイペイ)に先発した。  初回、内野安打と四死球が絡んでいきなり無死満塁のピンチを背負うと、安田に押し…

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは1回無死満塁から押し出し四球と敵失で2点を先制。ソフトバンクはその裏、中村晃の6号ソロで1点を返した。ロッテは6回2死三塁から藤原の右前適時打で1点を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、ソフトバンク-阪神」(9日、タマホームスタジアム筑後) 阪神ドラフト2位・井上広大外野手(19)=履正社=がウエスタン・リーグ本塁打数単独トップに躍り出る8号ソロをバックスクリーンに放った。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、ソフトバンク-阪神」(9日、タマホームスタジアム筑後) 阪神先発のオネルキ・ガルシア投手が7回4安打1失点と力投した。前回先発した9月29日のウエスタン・オリックス戦は7回5失点と苦しんでいた左腕が変わり身を示した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(9日、ペイペイドーム) ロッテの2年目・藤原恭大外野手が、大一番でプロ初の猛打賞をマークした。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、ソフトバンク-阪神」(9日、タマホームスタジアム筑後) “野人”のバットが火を噴いた。チームのコロナ禍により、球団独自の濃厚接触者に指定されていた阪神・江越大賀外野手が第2打席に左中間フェンス直撃の二塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(9日、ペイペイドーム) パ・リーグの首位攻防戦。その立ち上がりにソフトバンク先発のマット・ムーア投手が執念の素手キャッチを見せた。

後で読む
日刊スポーツ

パ・リーグ首位のソフトバンクと2位ロッテが、首位攻防3連戦の初戦。先発はソフトバンクがムーア、ロッテは二木。https:… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は9日、セ・パ両リーグで4試合を実施。阪神-DeNAは雨天中止となった。

後で読む
日刊スポーツ

両チームのスタメンが発表された。先発は阪神がオネルキ・ガルシア投手(31)で、ソフトバンクが古谷優人投手(21)。阪神木浪は「6番遊撃」、江越は「1番中堅」で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、ソフトバンク-阪神」(9日、タマホームスタジアム筑後) チームのコロナ禍により、球団独自の濃厚接触者に指定されていた阪神・木浪聖也内野手と江越大賀外野手がそろってスタメン出場する。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、ソフトバンク-阪神」(9日、タマホームスタジアム筑後) チームのコロナ禍により、球団独自の濃厚接触者となっていた阪神・木浪聖也内野手と江越大賀外野手がウエスタン・ソフトバンク戦に帯同した。

後で読む
サンケイスポーツ

まさかの一報が届いた。ヤクルト・つば九郎、中日・ドアラ、ロッテ・マーくん、ソフトバンク・ハリーホークによるオフシーズン恒例の『マスコットディナーショー』が中止となることが9日、発表された。今年12月、来年1月に開催予定だったが、ともに新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から決定した。

後で読む
東京スポーツ

最後は何とかドローで粘った形となった。ソフトバンクが8日の西武戦(メットライフ)に4―4で引き分け。同一カード3連敗を免れた。  次は本拠地でゲーム差1で臨む首位攻防戦だ。工藤監督は「明日からは大一…

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは4連勝中の二木康太投手(25)が先発。同投手は今季ソフトバンク戦2勝0敗で、このカードは19年4月6日から6連勝中。ロッテ投手がソフトバンク戦7連勝と… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

勝てる試合に勝てなかったソフトバンクにとって、悔やまれる試合になった。3点をリードした7回裏、4番のグラシアルに守備固め。9回に打席が回る主砲を外した狙いは、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

コロナ禍のロッテが天を味方につけ、9日からソフトバンクとの首位攻防3連戦(ペイペイD)に臨む。8日のオリックス戦(ZOZO)は雨天中止。新型コロナウイルス感染者8人、濃厚接触者5人の計13選手が離脱

後で読む
スポーツ報知

絶体絶命のピンチを切り抜けた。首位ソフトバンクは同点の9回1死満塁を森が、10回無死一、二塁を高橋礼がしのいで、何とか引き分け。ゲームのなかった2位・ロッテとの1ゲーム差を死守した。「1点取られたら

後で読む
日刊スポーツ

コロナ禍に見舞われながらも首位と1ゲーム差に付けるロッテが、ソフトバンクとの首位攻防3連戦に乗り込む。オリックス戦が降雨中止になった8日、井口監督は「1試合、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツニッポン

 ロッテが「恵みの雨」を追い風にする。オリックス戦の雨天中止が午後1時30分に決まるとすぐ、井口監督は、9日からのソフトバンクとの首位攻防3連戦(ペイペイドーム)へ気持ちを切り替えた。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクのリリーフ陣が執念の投球で引き分けに持ち込んだ。獅子打線を相手に終盤、何度もピンチを招きながら、勝ち越しのホームベースを死守した。2位ロッテは試合… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクが9日から1ゲーム差で迫る2位ロッテと、首位攻防3連戦(ペイペイドーム)を戦う。8日の西武戦は延長10回の執念ドロー。日刊スポーツ評論家の浜名千広… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武4-4ソフトバンク=延長十回規定により引き分け、17回戦、8勝8敗1分、8日、メットライフ)ソフトバンクの中村晃がプロ13年目で通算1000試合出場に到達。「試合に使ってくれた監督、ケアも含めて体を鍛えてくださったトレーナーやスタッフの方々に感謝したい」と殊勝に言った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武4-4ソフトバンク=延長十回規定により引き分け、17回戦、8勝8敗1分、8日、メットライフ)西武は1-4の七回に山川の24号3ランで追い付いたが、その後の好機は生かせず引き分けた。今井が4失点、四回以降は6投手が無失点でつないだ。ソフトバンクは先発石川が七回に踏ん張れず、西武との3連戦を白星なしで終えた。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクが何とか引き分けに持ち込み、2位・ロッテとの1ゲーム差を死守した。9回は1死満塁を森が、延長10回は無死一、二塁を高橋礼が抑え、サヨナラを許さなかった。

後で読む
デイリースポーツ

西武は1-4の七回に山川の24号3ランで追い付いたが、その後の好機は生かせず引き分けた。今井が4失点、四回以降は6投手が無失点でつないだ。ソフトバンクは先発石川が七回に踏ん張れず、西武との3連戦を白星なしで終えた。

後で読む
デイリースポーツ

「西武4-4ソフトバンク」(8日、メットライフドーム) 首位・ソフトバンクが3点のリードを守れず痛い引き分け。雨天中止だった2位・ロッテとのゲーム差は1・0のまま広げることができなかった。

後で読む
東京スポーツ

無念のドローだ。ソフトバンクが8日の西武戦(メットライフ)に延長10回、4―4で引き分けた。  中盤までは完全に勝ち展開だった。鷹打線は相手先発・今井を攻略。先陣を切ったのはベテラン・松田宣浩内野手…

後で読む
デイリースポーツ

「西武-ソフトバンク」(8日、メットライフドーム) 西武・山川が起死回生の一発を放った。

後で読む
東京スポーツ

会心の「どすこい弾」をレオ党の待つ左翼席に突き刺した。西武・山川穂高内野手(28)が8日のソフトバンク戦(メットライフドーム)で24号3ランを放った。  1―4の7回だ。一死一、三塁の場面で相手先発…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの田中正義投手(26)が7日の三軍交流試合・徳島インディゴソックス戦(タマスタ筑後)に先発した。今春に右ヒジ痛を発症し、長いリハビリを経て、この日が今季初の実戦登板。1回を1安打無失点、…

後で読む
スポーツ報知

【ソフトバンクスタメン】

後で読む
スポーツニッポン

 8日のオリックス戦が雨天中止となったロッテ・井口監督は、9日からの首位攻防となるソフトバンク3連戦戦に向け、「1試合1試合勝っていくだけ。やることは一緒。今のチームでどうやって攻略していくか」と、コロナ禍でメンバーが入れ替わってもいつも通り戦うことを宣言した。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンク・森唯斗投手(28)が8日、出場選手登録日数が7年に達し、国内フリーエージェント(FA)権の取得条件を満たした。昨オフに今季からの4年の複数年契約を結んでいる。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの田中正義投手(26)が7日の三軍交流試合・徳島インディゴソックス戦(タマスタ筑後)に先発した。今春に右ヒジ痛を発症し、長いリハビリを経て、この日が今季初の実戦登板。1回を1安打無失点、…

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク0-3オリックス」(2012年10月8日、ヤフオクドーム) オリックス・西勇輝投手が史上76人目(通算87度目)の無安打無得点試合を達成した。パ・リーグでは2000年の近鉄・エルビラ以来26人目で、オリックスでは1995年の佐藤義則以来となった。西は三重の公立校、菰野高から08年ドラフト3位でオリックス入りした。

後で読む
スポーツ報知

コロナ禍で最大の危機にあるロッテが一致団結して勝利をものにし、首位・ソフトバンクに1ゲーム差に迫った。岡とチームスタッフ2人が新たに、新型コロナウイルス陽性の岩下の濃厚接触者と特定されるなど、混乱が

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの福山龍太郎アマスカウトチーフら3人のスカウト陣が7日、奈良県生駒市の近大グラウンドを訪れ、ドラフト1位候補に挙げる佐藤輝明内野手(4年・仁川学院)と約30分の面談を行った。 福山チーフは「ポスト松田宣」という球団側の高評価を伝えたことを明かした。佐藤は球団からの説明を受け、24時間練習可能という筑後のファーム施設を「野球選手にとってはありがたい環境」と好意的に話した。佐藤は中日との面談も行った。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ4-1オリックス」(7日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテは逆境をはね返した。新型コロナウイルスの感染が拡大し6日に1軍選手が大量離脱後、初白星。緊急事態でナインが奮起し、井口監督は「今日の勝ちは大きい」と目を細め、たたえた。

後で読む
スポーツニッポン

 新型コロナウイルスの大量感染で揺れる2位・ロッテは7日、オリックスに快勝し、敗れた首位・ソフトバンクと1ゲーム差。初回に井上晴哉内野手(31)が右翼席に決勝の13号3ランを放った。感染や濃厚接触の特定などで離脱者が続出する中、この日は岡大海外野手(29)が濃厚接触者に追加特定され計14人が戦線を離脱。厳しい状況が続くが、チーム一丸で乗り越える。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ4-1オリックス、20回戦、ロッテ16勝3敗1分、7日、ゾゾマリン)新型コロナウイルスの感染者、濃厚接触者で計13選手が離脱したロッテは7日、オリックス20回戦(ZOZOマリン)に4-1で勝利。井上晴哉内野手(31)が一回に先制の13号3ランを放ち、リードを守り切った。同日は新たに濃厚接触者が追加特定されるなど非常事態が続く中で、首位・ソフトバンクに再び1ゲーム差と肉薄。15年ぶりのリーグ優勝に向けて、チーム一丸でリスタートを切った。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク先発笠谷俊介投手は悔しいマウンドになった。9月19日の楽天戦以来、18日ぶりに先発も3回途中2安打4四球で1失点。「打者と勝負することができなかっ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武4-3ソフトバンク、16回戦、8勝8敗、7日、メットライフ)西武は七回に栗山のこの日2本目の適時打で3-3の同点とし、八回は木村の適時二塁打で勝ち越した。1回無失点の平良が今季初勝利、増田が25セーブ目。ソフトバンクは七回の小刻みな継投が決まらず、八回はモイネロが打たれた。

後で読む
東京スポーツ

 3年ぶりのV奪回を目指すソフトバンクが7日の西武戦(メットライフ)に3―4で逆転負け。連敗で2位・ロッテに1ゲーム差に迫られた。  1点リードの7回に嘉弥真が痛い2四球でピンチを招き、栗山に中前適時…

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクはリバン・モイネロ投手(24)がまさかの失点を喫し、西武に連敗。3カードぶりの負け越しも決まり、2位ロッテに1ゲーム差に詰め寄られた。

後で読む
東京スポーツ

西武が7日のソフトバンク戦(メットライフ)に4ー3の逆転勝ち。今カード勝ち越しを決めた。  先発・浜屋が3回までに許した3失点を2番手・平井が落ち着かせ、ギャレットー平良ー増田の無失点リレーで味方の…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武4-3ソフトバンク、16回戦、8勝8敗、7日、メットライフ)西武は七回に栗山のこの日2本目の適時打で3-3の同点とし、八回は木村の適時二塁打で勝ち越した。1回無失点の平良が今季初勝利、増田が25セーブ目。ソフトバンクは七回の小刻みな継投が決まらず、八回はモイネロが打たれた。

後で読む
デイリースポーツ

西武は七回に栗山のこの日2本目の適時打で3-3の同点とし、八回は木村の適時二塁打で勝ち越した。1回無失点の平良が今季初勝利、増田が25セーブ目。ソフトバンクは七回の小刻みな継投が決まらず、八回はモイネロが打たれた。

後で読む
東京スポーツ

西武のエルネスト・メヒア内野手(34)が7日のソフトバンク戦(メットライフ)で追撃の11号ソロを放った。  1―3と2点を追う6回。その直前まで2番手・平井が4回一死一、三塁のピンチで登板し2回1/…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの田中正義投手(26)が7日、タマスタ筑後で行われた三軍交流試合・徳島インディゴソックス(四国アイランドリーグplus)戦に先発登板した。今春キャンプ中に右ヒジ痛を発症。この日が今季実戦…

後で読む
スポーツ報知

 ソフトバンクが柳田悠岐外野手(31)の26号2ランで先制した。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクの中村晃外野手(30)が、3試合ぶりにスタメン復帰した。

後で読む
スポーツ報知

26日のドラフト会議で巨人の1位候補に浮上している近大・佐藤輝明内野手(4年)が7日、奈良・生駒市内の同大学グラウンドで、ソフトバンク、中日と面談した。

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発は西武が浜屋、ソフトバンクが笠谷。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム大田泰示外野手(30)は4日ソフトバンク戦、6日楽天戦と2試合続けて本塁打中。大田は昨季まで連続試合本塁打を7度記録しているが、すべて2試合止まり。楽… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

決して対岸の火事とは言い切れない怖さがある。V争いの相手であるロッテのコロナ集団感染を受けて、3年ぶりのV奪回が至上命令のソフトバンクでも警戒レベルをMAXに強めている。  工藤監督は「感染された選…

後で読む
サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、ロッテ0-3オリックス、19回戦、ロッテ15勝3敗1分、6日、ゾゾマリン)コロナショックを勝利で払拭することはできなかった。ロッテは6日、オリックス19回戦(ZOZOマリン)で打線がわずか2安打に抑え込まれ、0-3で敗れた。昨年から続く本拠地でのオリックス戦での連勝も11でストップ。首位・ソフトバンクも敗れたため、2ゲーム差は変わらないが、今後の厳しい戦いを予感させる零敗だった。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクはエースで取りたかった週の頭を落とした。千賀滉大投手(27)が自己ワーストタイの7四球と乱れた。粘投で6回1失点にまとめたが、毎回のようにピンチの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクは西武に競り負け、連勝が4でストップした。2位・ロッテもオリックスに敗れたため、2ゲーム差は変わらなかった。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクのエース・千賀滉大投手(27)が、6日の西武戦(メットライフドーム)で悔しい6敗目を喫し、チームの連勝は4でストップした。    0―0の5回一死一、二塁で源田の当たりを二塁手・周東が失…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。