「ソフトバンク」の記事一覧

東京スポーツ

“喝”の真意は――。ソフトバンクのエース・千賀滉大投手(27)が19日に自主トレ先の沖縄・宮古島からオンライン取材に応じ「やりたいことができている。順調です」と好調ぶりをアピールした。  昨季終盤に得…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク周東佑京内野手(24)が20日、福岡・筑後のファーム施設を訪れ、福岡県内で参加している自主トレ「今宮塾」での成果を語った。昨季は自身初の盗塁王を獲… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 ロッテが20日、春の沖縄・石垣島キャンプ(2月1~12日)で元ソフトバンクの松中信彦氏(47)が臨時コーチを務めると発表した。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは20日、2月1日からの石垣島春季キャンプで松中信彦氏(47)が臨時コーチを務めることを発表した。松中氏は96年ドラフト会議でダイエー(現ソフトバンク)… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク椎野新投手(25)が20日、昨年11月に結婚していたことを明かした。福岡・筑後のファーム施設で自主トレ中の右腕は「報告が遅れてしまったのですが、結… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは20日、2月1日からの石垣島キャンプで元ソフトバンクの松中信彦氏を臨時コーチに招へいすると発表した。 松中氏は97年から15年までNPBではホークス一筋でプレー。現在四国IL香川でGM兼総監督を務めている。松中氏は球団を通じ「井口監督より直接、お話をいただいてこのような機会を頂けたことに感謝しています。私自身、NPBに育てていただいたという思いがあるので、少しでも恩返しになればと思っています」と話した。

後で読む
日刊スポーツ

日刊スポーツは2021年も大型連載「監督」をお届けします。日本プロ野球界をけん引した名将たちは何を求め、何を考え、どう生きたのか。ソフトバンクの前身、南海ホー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 隙のないエースを目指す。ソフトバンク・千賀滉大投手(27)が19日、自主トレ先の沖縄・宮古島からオンラインで取材に応じた。新シーズンのテーマには「不要な四球」の撲滅を掲げ、千賀らしい独特の言い回しで…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの石川柊太投手(29)が19日、自主トレ先の沖縄・宮古島からオンラインで取材に応じ、充実のトレーニング内容を報告した。  昨季、最多勝と勝率1位の投手2冠に輝いた右腕は、直球の平均球速を…

後で読む
サンケイスポーツ

 若手よ、出てこい! ソフトバンク・千賀滉大投手(27)が19日、沖縄・宮古島で行っている自主トレを公開。オンラインで取材に応じ、他球団の選手について「正直、物足りない」とバッサリ。育成ドラフトから球界のエースにまで成長した男は、若手のさらなる突き上げを願った。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク千賀滉大投手(27)が19日、自主トレ先の沖縄・宮古島からオンラインで取材に応じ、今季のテーマに「無駄な四球減」を掲げた。昨季は最優秀防御率、最多… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク千賀滉大投手(27)が19日、自主トレ先の宮古島からオンラインで取材に対応した。昨季は最優秀防御率、最多勝、最多奪三振の「投手3冠」を獲得したが、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの千賀滉大投手が、自主練習を行っている沖縄県宮古島市からオンラインで取材に応じ、2月の春季キャンプへ向け「体はしっかりつくる。とにかくけがをしないようにと意識している」と、焦らずにじっくりと調整する考えを明かした。 昨季は最多勝など3タイトルに輝いたが、右前腕の張りで開幕は出遅れたため「今年は1年間ちゃんと回りたい」と決意を示す。投球では「いらないフォアボールが圧倒的に多いので、見直さないといけない」と、昨季57四球を与えた制球の改善を課題に挙げた。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク石川柊太投手(29)が19日、千賀らとともに沖縄・宮古島で行っている自主トレについてオンライン取材に応じ「気候的にも暖かく、やりやすい環境。施設も… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンク・千賀滉大投手(27)が19日、沖縄・宮古島で行っている自主トレを公開した。オンラインにて取材に応じ、現状を語った。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクに奪われた覇権奪回を目指す西武の2021年キャンプはスローガン通り、選手個々が「殻を打ち破り」チーム力の底上げを図る鍛錬の場となりそうだ。  18日、西武はキャンプの振り分けなどを決める…

後で読む
日刊スポーツ

日刊スポーツは2021年も大型連載「監督」をお届けします。日本プロ野球界をけん引した名将たちは何を求め、何を考え、どう生きたのか。ソフトバンクの前身、南海ホー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

あふれる〝ジョー熱〟を感じさせるフロント業2年目のスタートとなった。ソフトバンクの城島健司球団会長付特別アドバイザー(44)が18日に福岡・筑後市のファーム施設で会議や新人合同自主トレの視察などを精…

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクの三笠杉彦GMが18日、オフの契約更改を総括した。  球団はこの日で日本人全選手との契約更改が終了した。昨季はリーグV奪回、4年連続日本一を達成。経営面では観客動員の大幅な減少もあり苦し…

後で読む
東京スポーツ

昨年末に新型コロナウイルスに感染した影響で契約更改がずれ込んでいたソフトバンクの東浜巨投手(30)が18日、ペイペイドームで契約更改に臨み、2300万円アップの年俸9000万円でサインした。  昨季…

後で読む
東京スポーツ

 奮闘むなしく…。巨人の石井琢朗野手総合コーチ(50)と大城卓三捕手(27)が、18日放送の「有吉ゼミSP」(日本テレビ系列)に出演。ギャル曽根(35)に大食い対決を挑み、あえなく返り討ちにされた。 …

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの東浜巨投手が18日、ペイペイドームで契約更改交渉に臨み、2300万円増の年俸9千万円でサインした。昨年末に新型コロナウイルスに感染し、更改の日程がずれ込んだ。昨季は初の開幕投手を務め、先発陣の柱として9勝を挙げた。「最大限に評価してもらってうれしく思う」と頬を緩ませた。 昨季終盤に痛めた右肩の状態はキャッチボールができるまでに回復。「体力を(以前の水準に)戻すより、向上していけたら」と進化を目指すキャンプインを見据える。今季の目標には「1年フルで戦えば到達する数字」と、最多勝に輝いた2017年以来の規定投球回到達を掲げた。(金額は推定)

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンク・城島健司会長付特別アドバイザー(44)が18日、タマホーム筑後のファーム施設を視察した。編成スタッフとの会議を終えた後、選手の練習を見守るなど精力的な動きを見せた。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの城島健司球団会長付特別アドバイザー(44)が18日、全試合出場でのキャリアハイと五輪出場を目標に掲げている正妻・甲斐にエールを送った。  昨季は鷹の正妻がもがき苦しんだシーズン序盤に寄…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク城島健司球団会長付特別アドバイザー(44)が18日、福岡・筑後のファーム施設で行われている新人合同自主トレを視察。今季から就任する小久保裕紀ヘッド… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスに感染し昨年末から自宅療養を続けていたソフトバンク東浜巨投手(30)が18日、福岡市内の球団事務所で今季の契約交渉に臨み2300万円増の年俸… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナ感染のために契約交渉が越年となっていたソフトバンクの東浜巨投手が18日、ペイペイドーム内の球団事務所を訪れて契約更改を行った。昨季は自身初の開幕投手を務めて9勝2敗、防御率2・34の好成績で3年ぶりのリーグ優勝に貢献。シーズン終盤に訴えた右肩不調により登板が見込まれた日本シリーズは回避したが、2300万円アップの年俸9000万円でサインした。(金額は推定) 現在、福岡県内に緊急事態宣言が発令されていることもあり、この日の会見はオンラインのみでの実施だった。マスク姿で臨んだ東浜は「最大級に評価をしていただいた」と感謝の言葉を述べた。

後で読む
デイリースポーツ

ドラフト1位で入団しながらも現状に苦しむ選手にスポットを当て、今季への思いや意気込みを聞く“ドラ1の逆襲”。昨年右肘痛で1軍登板がなかったソフトバンクの田中正義投手(26)は、巻き返しへ元ロッテの村田兆治をほうふつとさせる新フォームに挑戦している。現在もリハビリ組で調整しているが、16日に今年初めてブルペン入りするなど状態は右肩上がり。春季キャンプから猛アピールする。  ◇  ◇

後で読む
東京スポーツ

 1人足りない先発投手は〝あの男〟のためか。昨季のロッテはパ・リーグ2位と健闘した。今季は宿敵ソフトバンクを倒して悲願のリーグ制覇を達成したいところだが、オフの補強を見る限り不安は尽きない。先発枠の「…

後で読む
日刊スポーツ

プロ5年目を迎えるソフトバンク田中正義投手(26)が充実の心境を明かした。17日、福岡・筑後のファーム施設で「早く練習したい。自然と練習したくなってくる、いい… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの田中正義投手(26)が17日、筑後のファーム施設で練習を行い「ようやくコップの水があふれ出してきてくれた」と独特の言い回しで5年目のキャンプに向け手応えを口にした。  昨年は右ヒジ痛を…

後で読む
日刊スポーツ

レッドソックスが、昨季ソフトバンクでプレーした先発左腕マット・ムーア(31)と契約交渉を行っているとボストンのメディア「MASSライブ」が伝えた。ムーアは昨季… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

前日16日に、自身のSNSで元SDN48甲斐田樹里(32)との結婚を発表していたソフトバンク松本裕樹投手(24)が17日、福岡・筑後のファーム施設であらためて… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの松本裕樹投手(24)が17日、筑後のファーム施設で結婚を報告した。  お相手は元SDN48の甲斐田樹里(32)。2年ほどの交際期間を経てゴールインしたという。  昨年から同棲生活をスタ…

後で読む
デイリースポーツ

阪神・梅野隆太郎捕手(29)が16日、ソフトバンクの球団会長付特別アドバイザーを務める城島健司氏(44)への恩返しを誓った。この日は沖縄県内で岩崎、大山らと行っている合同自主トレをオンラインで公開。“打倒巨人”を胸に16年ぶりのリーグ優勝を果たし、日本シリーズの大舞台で“師匠”と再会する。  ◇  ◇

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスに感染して自宅待機を続けていたソフトバンク・東浜巨投手(30)が16日、筑後のファーム施設で本格的なトレーニングを再開。昨年12月24日にPCR検査で陽性判定を受け、味覚と嗅覚の異常で不安を抱えながら新年を迎えたが、ここから開幕に向けて調整する。 制約だらけの生活を余儀なくされた中、同検査で2度続けて陰性判定が出たため、3週間ぶりに自宅を飛び出した。「外で動くこと自体が昨年以来」とキャッチボールやランニングで汗を流した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・梅野隆太郎捕手(29)が16日、ソフトバンクの球団会長付特別アドバイザーを務める城島健司氏(44)への恩返しを誓った。この日は沖縄県内で岩崎、大山らと行っている合同自主トレをオンラインで公開。“打倒巨人”を胸に16年ぶりのリーグ優勝を果たし、日本シリーズの大舞台で“師匠”と再会する。 梅野は決意した。幼少期から憧れていた城島氏の代名詞ともいえる背番号2で挑む今季。正捕手として16年ぶりのリーグ優勝を成し遂げ、同氏が現在所属する王者鷹軍団と頂上決戦で戦いたい-。最高の恩返しの形を脳裏に描き、拳を握った。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク松本裕樹投手(24)と元SDN48の甲斐田樹里(32)が16日、お互いのツイッターで同日に結婚したことを発表した。松本は「さらなる自覚を持ち日々精… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンク・松本裕樹投手(24)と元SDN48の甲斐田樹里(32)が16日、双方のツイッターで同日に結婚したことを発表した。

後で読む
デイリースポーツ

元アイドルグループSDN48の甲斐田樹里(32)が16日、公式ツイッターで、プロ野球・ソフトバンクの松本裕樹投手(24)と入籍したと発表した。 2人で愛猫を抱いた写真を投稿し、「わたくし甲斐田樹里は、福岡ソフトバンクホークスの松本裕樹さんと入籍致しました」と報告した。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク甲斐拓也捕手に弟子入りする形で合同自主トレに参加している海野隆司捕手は、「日々学習」を実感している。「甲斐さんがどういう練習をしているか見たかった… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクのドラフト1位、井上朋也内野手(17=花咲徳栄)が格の違いを見せた。タマスタ筑後で16日、新人合同自主トレで初めて野外フリー打撃が行われた。井上は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクのドラフト1位・井上朋也内野手(17=花咲徳栄)が16日、ファーム施設の筑後の球場で初となる屋外フリー打撃を行った。「外でやるのは久しぶりで距離感とか難しかったですが気持ちよくやれました…

後で読む
デイリースポーツ

元アイドルグループSDN48の甲斐田樹里(32)が16日、公式ツイッターで、プロ野球・ソフトバンクの松本裕樹投手(24)と入籍したと発表した。 2人で愛猫を抱いた写真を投稿し、「わたくし甲斐田樹里は、福岡ソフトバンクホークスの松本裕樹さんと入籍致しました」と報告した。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの甲斐拓也捕手(28)が16日、鹿児島・鹿屋市で行っている自主トレを公開。侍ジャパンの正捕手となり、金メダルを目指すことを目標に掲げた。  ヤクルト・嶋のもと各球団の捕手が集まって行われ…

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が16日、鹿児島県鹿屋市内で自主練習を公開し、今季に向け「全て出て勝ちたいと思ってるし、そういう自分になりたい」と、自身初の全試合出場へ意気込んだ。 昨季は11月下旬までシーズンを戦ったが「オフが短いとは思っていない」ときっぱり。送球動作の反復練習など、昼食を挟んで約5時間、体を動かした。打撃では右方向への打球を意識し「いやらしいバッターになりたい」と目標を掲げた。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの甲斐拓也捕手(28)が16日、鹿児島・鹿屋で行っている自主トレを公開した。  捕手が集まって行っている合同自主トレ。衝撃を受けたと明かしたのが、巨人の若手・山瀬慎之助捕手(19)だった…

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルス感染が判明したソフトバンクの東浜巨投手(30)が16日、練習を再開し福岡県筑後市のファーム施設でキャッチボールやランニングを行った。「戻ってこられてホッとしている。ここからがスタート」と話した。 東浜は昨年12月24日にPCR検査で陽性と判定され、自宅療養に。球団が定める2度続けての陰性判定が出なかったことや、悪天候の影響で検査が受けられず、復帰に約3週間を要した。

後で読む
東京スポーツ

新型コロナウイルスに感染して自宅待機となっていたソフトバンクの東浜巨投手(30)が16日、筑後のファーム施設で練習を再開した。  右肩の不調でリハビリ中だった右腕は、昨年12月21日のスクリーニング…

後で読む
サンケイスポーツ

 昨年12月に新型コロナウイルスの陽性判定を受けていたソフトバンク・東浜巨投手(30)が今月16日、タマホーム筑後のリハビリ組に合流。2度連続の陰性判定を受けたことでチーム練習に復帰した。昨年開幕投手を務めた右腕が2021年のスタートを切った。

後で読む
日刊スポーツ

日刊スポーツは2021年も大型連載「監督」をお届けします。日本プロ野球界をけん引した名将たちは何を求め、何を考え、どう生きたのか。ソフトバンクの前身、南海ホー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神ドラフト5位・村上頌樹投手(22)=東洋大=が15日、鳴尾浜での新人合同自主トレ後にオンライン取材に応じ、1年目から大学の先輩3人に続く活躍を誓った。19年に65試合に登板した大学の2学年先輩であるソフトバンク・甲斐野と、矢野監督から授かった金言「挑戦」を胸に、攻めの姿勢でルーキーイヤーを戦い抜く。 憧れの先輩たちと同じ舞台にたどり着いた。ソフトバンク・甲斐野、DeNA・上茶谷、中日・梅津-。村上は東洋大2学年上の3投手を追ってプロ入りを果たした。「そういう選手になりたい」と右腕は心に誓う。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルス感染拡大を受け、宮崎県の河野俊嗣知事は15日の記者会見で、プロ野球やサッカーJリーグのキャンプを無観客で行うことと、選手らの不要不急の外出自粛を要請したと明らかにした。これを受け県内でキャンプを行う巨人、ソフトバンク、広島、オリックス、西武、ヤクルトの6球団は、政府と宮崎県双方の緊急事態宣言が解除されるまで無観客で実施することを発表した。 コロナ禍の猛威が、南国・宮崎で“春の風物詩”となっているキャンプ観戦にも暗い影を落とした。同県内でキャンプを張る6球団はこの日、河野知事の要請を受けて無観客で実施することを発表。期間は政府と宮崎県独自の緊急事態宣言が双方とも解除されるまでとした。

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンク・栗原陵矢捕手(24)が15日、三塁挑戦を表明した。  この日は自主トレ先の長崎で練習を公開した。アマチュア時代も含めて経験のないポジションに入り、ノックで守備練習。だが、セーフティーバ…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンク・栗原陵矢捕手(24)が15日、三塁挑戦を表明した。  この日は自主トレ先の長崎で練習を公開した。アマチュア時代も含めて経験のないポジションに入り、ノックで守備練習。だが、セーフティーバ…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンク・中村晃外野手(31)が15日、今季の目標に「打率プラス1割の出塁率」を掲げた。  中村晃はこの日、後輩の栗原らを帯同して長崎で行っている自主トレを公開。具体的な打撃目標を示しつつ「全試…

後で読む
サンケイスポーツ

 楽天・浅村栄斗内野手(30)が15日、愛媛県内で合同自主トレーニングを公開した。昨季は5年連続となる全試合出場に加え、32本塁打で自身初の本塁打王のタイトルを獲得した主砲は、対戦打率・186に終わったソフトバンク投手陣の攻略を宣言。石井一久新監督(47)を胴上げすることを誓った。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの小久保裕紀ヘッドコーチ(49)が15日、福岡・筑後市のファーム施設を就任後初めて視察した。常勝の礎を築いた男の隠しきれないオーラに、現場はピリッとした空気に包まれた。  新人合同自主ト…

後で読む
東京スポーツ

ピリッと初始動――。ソフトバンクの小久保裕紀ヘッドコーチ(49)が15日、福岡・筑後市のファーム施設を就任後初めて視察。育成練習や新人合同自主トレなど約6時間に渡って、精力的に情報収集した。  12…

後で読む
サンケイスポーツ

 2月1日から宮崎県内で春季キャンプを予定している巨人、ソフトバンク、オリックス、西武の4球団の1軍キャンプ、広島、ヤクルトの2球団の2軍キャンプが無観客で実施されることが15日、決まった。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク柳町達外野手が1軍定着を目標に2年目のシーズンに挑む。自主トレでは中村晃に弟子入り。左投手に対する意識などアドバイスを受け、打撃向上にも取り組んで… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

今季から就任したソフトバンクの小久保裕紀ヘッドコーチが15日、福岡県筑後市のファーム施設を視察した。合同練習を行う新人を集めて話をするなど、初仕事を終え「出会う人によって変わる子もいる。指導する側の覚悟というか、責任重大だなと思って選手を見ていた」と話した。 新人選手にはメモを取る習慣をつけ、空いた時間を有効活用するように伝えたという。自らの現役時代と同じ三塁手のスラッガー候補で、ドラフト1位の井上朋也内野手(埼玉・花咲徳栄高)については、「正直自分の18歳の頃よりは数段うまい。ボールを飛ばせる膝の使い方をしていた」と期待を口にした。

後で読む
東京スポーツ

2月1日から宮崎県内で春季キャンプを実施する埼玉西武ライオンズ、福岡ソフトバンクホークス、オリックス・バッファローズ、読売ジャイアンツ、広島東洋カープ(二軍)、東京ヤクルトスワローズの6球団は15日…

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンク・栗原陵矢捕手(24)が15日、長崎県営野球場で自主トレを公開した。首脳陣からすでに春季キャンプでの三塁挑戦を予告されている若鷹は、力強く意欲を示した。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク栗原陵矢捕手が「三塁コンバート」に向け、長崎での自主トレに励んでいる。昨年は捕手登録ながら主に外野、一塁で出場。柳田に次ぐチーム2位の17本塁打、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの栗原陵矢捕手が15日、中村晃外野手らと長崎市内で自主トレーニングを公開し、今季新たに挑戦する三塁手としての守備練習に精力的に取り組んだ。バント処理に戸惑うなど、不慣れな面も見せ「まだまだですね。本当に分からないことばかり」と、表情を引き締めた。 6年目の昨季は主に外野手として118試合に出場し、打率2割4分3厘、17本塁打、73打点と打撃力が開花。首脳陣から春季キャンプでの三塁挑戦を予告され「幅が広がる」と意欲的だ。チームでは長年松田がレギュラーを務めるポジション。「もっと自分がレベルアップしないと」と成長を誓った。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球の巨人、ソフトバンクは15日、宮崎県内で行う春季キャンプを無観客で実施することを発表した。 この日、宮崎県の「本県でキャンプを行うプロ野球、Jリーグチームの皆様へのお願い」(1月15日河野知事会見にて発表)の要請を受け、政府の緊急事態宣言と宮崎県の緊急事態宣言の双方が解除されるまでの間、同じく宮崎県内がキャンプ地のソフトバンク、巨人、ヤクルト(2軍)、広島(2軍)、西武、オリックスとも無観客で実施することを確認したことも報告した。

後で読む
スポーツニッポン

 宮崎県の河野俊嗣知事(56)は15日、2月1日から県内各所で予定されているプロ野球のキャンプについて、国および県独自の緊急事態宣言中は無観客での実施を球団に要請したと明かした。

後で読む
デイリースポーツ

昨季初のパ・リーグ本塁打王に輝いた楽天の浅村栄斗内野手が15日、愛媛県内で練習し、4年連続日本一となったソフトバンク投手陣の攻略を誓った。過去2年はソフトバンクとの対戦打率がともに1割台と低迷。オンライン取材で「それが順位、チームの対戦成績にもかなり関わっている。どうやって打っていくかがチームにとっても大事」と闘志を燃やした。 6年連続の全試合出場に向け、まずは土台固めに下半身や体幹を重点的に鍛え抜いている。「けがをしないで一年間戦い抜くための体づくりの一つ。年々良くなっている」と成果を語った。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球のソフトバンクは15日、宮崎県内で行う春季キャンプを無観客で実施することを発表した。 この日、宮崎県の「本県でキャンプを行うプロ野球、Jリーグチームの皆様へのお願い」(1月15日河野知事会見にて発表)の要請を受け、政府の緊急事態宣言と宮崎県の緊急事態宣言の双方が解除されるまでの間、同じく宮崎県内がキャンプ地の巨人、ヤクルト(2軍)、広島(2軍)、西武、オリックスとも無観客で実施することを確認したことも報告した。

後で読む
日刊スポーツ

日刊スポーツは2021年も大型連載「監督」をお届けします。日本プロ野球界をけん引した名将たちは何を求め、何を考え、どう生きたのか。ソフトバンクの前身、南海ホー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの和田毅投手(39)が14日、パ・リーグ左腕初となる40代での2桁勝利と自身5年ぶりの規定投球回到達を今季の目標に掲げた。長崎県営野球場で自主トレを公開。体の内側にも刺激を入れるエクササイズ「ピラティス」を取り入れて昨季疲労が蓄積した股関節などをじっくりと強化し、2桁星へと準備を整えている。 「規定投球回と2桁(勝利)というのは目指したい数字」。プロ19年目を迎える左腕は、はっきりと目標を口にした。2月の誕生日で40歳。40代で2桁勝利を挙げた投手は過去に6人。そのうち左腕で達成したのは、当時巨人に在籍していた工藤公康(04、05年)、中日山本昌(06、08年)、阪神下柳剛(08年)の3人だけだ。

後で読む
日刊スポーツ

阪神青柳晃洋投手が全国の横手投げ少年たちの手本になる。ソフトバンク高橋礼が“アンダースロー投手を絶滅させたくない”と発言していることを受け、虎の変則右腕もうな… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

勇ましさを増している。ソフトバンク・和田毅投手(39)が14日、長崎で行っている自主トレを公開。鷹の鉄腕が、規定投球回到達と2ケタ勝利へ腕をぶした。  2月に40歳を迎える左腕は今オフ、常勝軍団と2…

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクの7年目左腕・笠谷俊介投手(23)が、新球「森下チェンジアップ」で先発枠定着を誓った。  このオフ、地元で大分商の1学年後輩で昨季のセ・リーグ新人王・森下(広島)と練習。直々に指南を受け…

後で読む
東京スポーツ

「ギータ2世」と期待されるソフトバンクのドラフト2位ルーキー・笹川吉康外野手(18=横浜商)がアクシデントに見舞われた。  新人合同自主トレ第2クール初日(福岡・筑後)の14日、体力測定の5段飛びで着…

後で読む
日刊スポーツ

打倒ソフトバンクへ、巨人原辰徳監督が新入団選手にプロの心構えを授けた。川崎市のジャイアンツ球場で行われた新人合同自主トレ初日の冒頭、ルーキーを前に「『限界を超… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの和田毅投手が14日、長崎市内で自主トレーニングを公開し、最多勝に輝いた2016年以来の2桁勝利と規定投球回到達を誓った。昨季は8勝を挙げて復活を印象づけ、新たに2年契約を結んだ。2月に40歳を迎えるベテランは黙々と体を追い込み「来年もあるから大丈夫という気持ちはさらさらない。一年一年が勝負」と言い切った。 新たに取り入れたピラティスで体幹や股関節を鍛え「年齢を考えても、体の使い方を見つめ直さないといけない。効果は確実に出ている」と手応えを口にした。坂道ダッシュでは若手を引っ張り「中6日でずっと回れるだけの体力も大事」と強化に余念がなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンク・和田毅投手(39)が14日、長崎県営野球場で自主トレを公開した。自身5年ぶりとなる規定投球回到達と2桁勝利を目標に掲げた。

後で読む
デイリースポーツ

福岡県が緊急事態宣言の対象地域となったことを受け、ソフトバンクは今後の対応を検討していく。 現在は各地で自主トレに励んでいる選手が多いだけに、球団は改めて不要不急の外出自粛や、感染防止の徹底を呼び掛ける。本拠地のペイペイドームや同県筑後市のファーム施設については利用可能とし、新人合同自主トレなども予定通り継続。宮崎市で行う春季キャンプについては、同宣言に対する福岡県の方針などを確認した上で、宮崎県などと協議を重ねていくという。

後で読む
日刊スポーツ

プロ14年目を迎えたソフトバンク岩崎翔投手(31)が球速160キロ到達を目標に肉体改造に励んでいる。7日からスタートした沖縄・石垣島での自主トレでは1日5食の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神・平田勝男2軍監督(61)が13日、鳴尾浜で行われた新人合同自主トレを視察し、代表取材に応じてドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=を「ソフトバンクの柳田のようなスイング」と絶賛した。昨季のパ・リーグMVP男のフルスイングと重ね合わせ、“ギータ2世”への大躍進を期待した。 鳴尾浜のグラウンドに足を踏み入れると、豪快なフルスイングが目に飛び込んできた。新人合同自主トレ第2クール初日。平田2軍監督は佐藤輝のティー打撃を食い入るように見つめ、その姿をソフトバンク・柳田と重ね合わせた。

後で読む
サンケイスポーツ

 虎のギータや! 阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=が13日、鳴尾浜での新人合同自主トレに参加し、ティー打撃で衝撃のフルスイングを連発した。首脳陣で初めて打撃練習を視察した平田勝男2軍監督(61)は「120%でスイングするやつはあまりいない。ソフトバンクの柳田のよう」と早くもベタ惚れ。2月の1軍キャンプへ、黄金ルーキーの期待は膨らむばかりだ。

後で読む
東京スポーツ

今季から育成で再出発となった2018年のドラフト1位・ソフトバンクの吉住晴斗投手(20)が13日、筑後のファーム施設で育成練習に参加。〝ダルへの恩返し〟を誓った。  昨年末に戦力外通告され、球団から…

後で読む
デイリースポーツ

今季から育成で再契約を結んだソフトバンクの吉住が13日、現役続行を後押ししたダルビッシュ(パドレス)に報いることを誓った。福岡県筑後市のファーム施設での練習後、取材に応じ「1軍で投げるのが一番の恩返し」と意気込んだ。 2018年にドラフト1位で入団したが1軍での登板はなく、育成契約を打診された。引退も考えた中、面識のなかったダルビッシュから「もったいない」と連絡があり、現役続行を決めた。

後で読む
日刊スポーツ

日刊スポーツは2021年も大型連載「監督」をお届けします。日本プロ野球界をけん引した名将たちは何を求め、何を考え、どう生きたのか。ソフトバンクの前身、南海ホー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの新人が驚異の身体能力を発揮している。  新人合同自主トレは第1クールが12日に終了。オール高校生の支配下5選手の新人の中で特に注目を集めたのが、指名順位を早めて2位で指名した193セン…

後で読む
日刊スポーツ

なにげない風景に、ふと感心させられた。昨年12月5日にソフトバンク柳田をペイペイドームで取材したときのこと。柳田を中心に扇形を描くように、数人の記者が囲んでい… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

キューバから亡命しソフトバンクから自由契約になったオスカー・コラス外野手(22)が、ドミニカ共和国で公開練習を行い最速95マイル(約153キロ)の投球を披露し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 本紙専属評論家の江本孟紀氏(73)が、早くもプロ野球の順位予想に着手。といっても、ほんのさわりでウオーミングアップ程度。評論家生活40年目に突入したエモやん。今年も右肩をグルグルまわしている。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの周東佑京内野手(24)が11日、二塁手としてフルイニング出場を目指すことを誓った。50盗塁で初タイトルを獲得するなど飛躍した昨年から、定位置完全奪取を誓う今季。球団二塁手では2011年の本多以来の偉業に挑む。 「全部出てこそレギュラーだと思う。そこに近づいていけるように頑張っていきたい」

後で読む
デイリースポーツ

西武の育成ドラフト3位・宮本ジョセフ拳外野手(21)=名古屋学院大=が11日、新人合同自主トレで自慢のスピードをアピールした。50メートル走の自己ベストは5秒9。この日の100メートル走でも存在感を発揮した俊足で育成からはい上がり、獅子版の周東(ソフトバンク)を目指す。 「スピードはもちろんだけど、野球はスタートが大事。加速は自信があるので、まずはスタート。3歩目までが課題なので」。昨季50盗塁でパ・リーグ盗塁王に輝いた周東、同3位の23盗塁を記録した和田(ロッテ)も“足芸”で育成から大ブレークを果たした。

後で読む
デイリースポーツ

阪神ドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=が11日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場屋外での“初打ち”を行った。新人合同自主トレ後にオンライン取材に応じ、前日に初対面した虎の4番・大山から「配球の読み」、「思考力」などアーチストの極意をキャンプから学びたい考えを示した。 ソフトバンク・柳田ばりの思い切りのいいフルスイングを披露すると、鳴尾浜に快音が響き渡った。新人合同自主トレ3日目。第1クール最終日に、初めて屋外でティースタンド上の球を打つ「置きティー」がメニューに組まれた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・高梨雄平投手(28)が11日、川崎市内で自主トレを行い、自身と同じ変則左腕のソフトバンク・嘉弥真のスライダー習得に意欲を示した。 昨年、ソフトバンクと対決した日本シリーズで衝撃を受けた。嘉弥真の大きく曲がるスライダーを目の当たりにし「これは魔球だなと。ああいうボールを投げられれば」と決意。スライダーは持ち球だが「(打者が)バットを振ったところから真横に曲がる」ような軌道をイメージし、自身と同じ左サイドの変化球を参考にする。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンク・周東佑京内野手(24)が今季の究極目標に「フルイニング出場」を掲げた。今季のテーマは出塁率アップ、盗塁数のキャリアハイ更新だが、それも「試合に出てこそ」。そう意気込む韋駄天に、球団も大…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク周東佑京内野手(24)が今季テーマに「挑む」を掲げ、二塁レギュラー取りと2年連続盗塁王に照準を定めた。今宮らとの自主トレ後に「セカンドを守ってしっ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク川瀬晃内野手が「打倒今宮」で6年目に挑む。昨年は自身最多の70試合に出場し「今宮さんの後の駒ではなく、開幕スタメンを目指してショートにこだわってい… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人の高梨雄平投手が11日、川崎市内での練習後にオンラインで取材に応じ、新たに変化が大きいスライダーの習得に励んでいることを明らかにした。昨年の日本シリーズで嘉弥真(ソフトバンク)のスライダーを見て「これは魔球レベルだ」と衝撃を受けたという。自分と同じ変則左腕を参考に「バットを振ったところから真横に曲がる」というイメージで試行錯誤している。 楽天から移籍した昨季はチーム最多の21ホールドをマーク。今季の目標を30ホールドに定め、オフは例年以上に走り込んでいる。故障のリスクを減らすため、ダンサーの動画を見て体の動き方を研究している。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの周東佑京内野手が11日、福岡県内で練習を公開し、2年連続での盗塁王獲得へ向け「相手もいろいろと対策を考えてくると思う。挑んでいかないといけない」と決意を示した。今宮健太内野手らと室内練習場で約3時間半、フリー打撃などを行った。 プロ3年目の昨季はプロ野球新記録の13試合連続盗塁をマークし、通算50盗塁と飛躍した。自主トレーニングでは課題とする打撃と、守備の送球に重点を置くという。

後で読む
デイリースポーツ

独立リーグのBC茨城が、ラモン・カブレラ捕手と契約合意に達したことが11日、分かった。近く正式発表される。 父は西武やオリックス、ソフトバンクでプレーしてNPB通算357本塁打のアレックス・カブレラ氏。ベネズエラ出身の右投げ両打ちの捕手で、レッズ時代の2015年にメジャーデビューを果たした。MLBでは2年間で通算74試合に出場。打率・264、4本塁打、26打点を記録している。18年からは米独立リーグなどでプレーしていた。

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクは10日、キューバ出身右腕のアンディ・ロドリゲス投手(22)を育成契約で獲得したことを発表した。背番号は140。身長185センチ、体重88キロで150キロ台中盤の快速球が武器だ。2019…

後で読む
デイリースポーツ

巨人や大リーグで活躍した上原浩治氏が10日、NHK「サンデースポーツ」に生出演し、新人合同自主トレで悪戦苦闘するルーキーたちにダメ出しした。 各球団で新人合同自主トレがスタート。楽天のドラフト1位・早川や西武のドラフト1位・渡部、ソフトバンク1位の井上らのトレーニングする様子が流れたが、「すごい疲れました」と話すなど、どの選手も初日からぐったりしていた。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの新人合同自主トレが10日、福岡・筑後市のファーム施設で始まった。ドラフト1位・井上朋也内野手(17=花咲徳栄)はランニングメニューで存在感を発揮。同3位の牧原巧汰捕手(18=日大藤沢)…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの新人合同自主トレが10日、福岡・筑後市のファーム施設でスタート。この日は藤本博史二軍監督(57)、森浩之三軍監督(55)が新人選手の動きを見守った。  鷹の主砲・柳田悠岐外野手(32)…

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの新人合同自主トレが10日、福岡県筑後市の球団施設でスタートした。ドラフト1位入団の井上朋也内野手(埼玉・花咲徳栄)はハプニングにも負けず、気合十分の激走を披露した。 自身のシューズが手元に届かずに球団スタッフから借りたが、普段よりも1センチ小さなサイズで「正直しんどかった」と苦笑い。それでも「走る練習は苦手じゃない」と、高校通算50本塁打を誇る大型三塁手ながら育成枠も含めた13名の新人選手のランニングメニューでは常に先頭近くを走った。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは10日、キューバ人右腕のアンディ・ロドリゲス投手(22)を育成選手契約で獲得したと発表した。背番号は「140」で、年俸は1000万円。(金額は推定) ロドリゲスは国内リーグで過去3年プレーし、主にリリーフとして活躍。20年シーズンは28試合に登板、5勝3敗11セーブ、防御率1・94の成績を残した。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは10日、キューバ出身で、同国リーグでプレーしていたアンディ・ロドリゲス投手(22)が育成選手として入団すると発表した。150キロ超の速球が武器で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは10日、キューバ人右腕のアンディ・ロドリゲス投手(22)を育成選手契約で獲得したと発表した。背番号は「140」で、年俸は1000万円。(金額は推定) ロドリゲスは国内リーグで過去3年プレーし、主にリリーフとして活躍。20年シーズンは28試合に登板、5勝3敗11セーブ、防御率1・94の成績を残した。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの新人合同自主トレが10日、福岡県筑後市の球団施設でスタートした。ドラフト1位入団の井上朋也内野手(埼玉・花咲徳栄)はハプニングにも負けず、気合十分の激走を披露した。 自身のシューズが手元に届かずに球団スタッフから借りたが、普段よりも1センチ小さなサイズで「正直しんどかった」と苦笑い。それでも「走る練習は苦手じゃない」と、高校通算50本塁打を誇る大型三塁手ながら育成枠も含めた13名の新人選手のランニングメニューでは常に先頭近くを走った。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクの新人合同自主トレが10日、雪が残る筑後のファーム施設でスタートした。支配下選手5人、育成選手8人の計13人が、プロとしての第1歩を踏み出した。午… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンクは10日、キューバ人右腕のアンディ・ロドリゲス投手(22)の獲得を発表した。背番号は「140」。球団を通じてコメントを寄せ、常勝軍団の戦力になることを約束した。

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンクのドラフト5位・田上奏大投手(18)=履正社高=が今月6日、ペイペイドームで入団会見を行い、その後、筑後市内の『若鷹寮』に入寮した。初々しい表情で常勝軍団の一員となった。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンク・王貞治球団会長(80)が10日、TBS系「サンデーモーニング」にリモート生出演。プロ野球・ソフトバンクの圧倒的な強さに言及する場面があった。  福岡からの出演となった王会長。司会のタレ…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクのドラフト3位新人・牧原巧汰捕手(18=日大藤沢)が、バットで道を切り開く第一歩として〝刀狩り〟を予告している。  打撃が売りでドラフト前に映像を見た工藤監督が「西武の森君みたい。非情に…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクのドラフト3位、牧原巧汰捕手(18=日大藤沢)がバットにこだわって、打撃職人を目指す。10日から福岡・筑後市のファーム施設で始まる新人合同自主トレ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

昨年の日本シリーズは、セ・リーグの主催試合でもDH制が採用された。ソフトバンク工藤監督が、巨人原監督に全試合でのDH制を打診。新型コロナウイルスの影響で交流戦… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日刊スポーツは2021年も大型連載「監督」をお届けします。日本プロ野球界をけん引した名将たちは何を求め、何を考え、どう生きたのか。ソフトバンクの前身、南海ホー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンク・甲斐野が8日、静岡県出身の一般女性(25)と2日に結婚したことを明かした。昨年12月に右肘を手術した右腕は、この日から筑後のファーム施設でリハビリを再開。今月中に投球も行う見通しだ。厄年も明け「苦しい時も支えてくれた。奥さんのためにも、もっと頑張っていく」と、改めて再起を誓った。

後で読む
東京スポーツ

昨年末に新型コロナウイルスに感染したソフトバンク・東浜巨投手(30)の復帰が遅れることが8日、分かった。  東浜は先月25日のPCR検査で陽性が判明。2週間が経過したが、ここまで1度も陰性の判定が出…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの甲斐野央投手(24)が8日、結婚を公表した。お相手は静岡出身の一般女性(25)。「アナウンサーにいそう、とよく言われる」という清楚系美女で「しっかり者」という。退寮して12月から同棲を…

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンクの甲斐野央投手(24)が8日、福岡県筑後市のファーム施設で、静岡県出身の1歳年上の女性と2日に結婚したことを明らかにした。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの甲斐野央投手(24)が8日、福岡県筑後市のファーム施設で、静岡県出身の1歳年上の女性と2日に結婚したことを明らかにした。 昨季は右肘の故障で2軍戦1試合の登板にとどまり、昨年12月にはこの部位の手術を受けた。「守るものができた。奥さんのためにも、もっと頑張っていく」と力強く復活を期した。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク甲斐野央投手(24)が8日、静岡出身の一般女性と結婚したことを明かした。相手は1歳上のアナウンサー系美女。新たな守るべき存在を力に変えて、右肘手術… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの甲斐野央投手(24)が8日、結婚を発表した。お相手は静岡出身の一般女性(25)。気温0度の福岡・筑後市のファーム施設で、ホットな報告を行った。  昨季右肘の故障で一軍登板0に終わり、オ…

後で読む
日刊スポーツ

21年シーズンのブレークが期待されるイチオシ選手を各球団の担当記者が紹介します。ソフトバンクからは笠谷俊介投手(23)です。   ◇   ◇   ◇笠谷がプロ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 「ヤバイです…」  そう言った後、スマホの向こうの声が途切れた。

後で読む
デイリースポーツ

午前9時半、グラウンド一番乗りが覚悟の表れだ。ソフトバンクを戦力外となり、阪神に加入した加治屋蓮投手(29)が7日、鳴尾浜で始動した。冷たい雨風が吹き荒れる中、ダッシュなどで汗を流し、キャンプ初日から猛アピールを誓った。 「ソフトバンクの時もそうでしたけど、2月1日が一番のアピールの日で(首脳陣に)一番見ていただける日だと思っている。キャンプでアピールした結果が開幕1軍につながるように、一日一日を大切にして臨みたい」

後で読む
日刊スポーツ

日刊スポーツは2021年も大型連載「監督」をお届けします。日本プロ野球界をけん引した名将たちは何を求め、何を考え、どう生きたのか。ソフトバンクの前身、南海ホー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今オフにソフトバンクから移籍した阪神加治屋蓮投手が、この日から開放された鳴尾浜球場に一番乗りで登場した。午前9時半ごろに姿を見せ、ランニングやウエートトレーニ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

熱男イズムを継承する。ソフトバンクのドラフト1位ルーキー・井上朋也内野手(17=花咲徳栄)が7日、福岡県筑後市にある若鷹寮に入寮。サードの大先輩である松田に熱いラブコールを送った。  会いたい選手と…

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクのドラ3ルーキー・牧原巧汰捕手(18=日大藤沢)が〝ゴールデングラブ〟とともに入寮した。  手には黄金に輝くミット。「野球部のみんなで作ってくれました。賞を取る前にもらっていいのかなとも…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクドラフト2位の笹川吉康外野手(18=横浜商)がビルドアップを誓った。「体が細いのでまだまだプロでは通用しない。体作りをしっかりしていきたい」。現在… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクのドラフト1位・井上朋也内野手(17=花咲徳栄)ら4選手が7日、福岡・筑後市の若鷹寮に入寮した。近未来の正三塁手を狙うポスト松田候補は、10日から… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクのドラフト1位新人の井上朋也内野手(埼玉・花咲徳栄高)が7日、福岡県筑後市の若鷹寮に入寮し、高校のチームメートから贈られたという置き時計を持参した。部員の集合写真を背景にしたオリジナルで「同学年のみんながすごく応援してくれるので、期待に応えられるようやっていきたい」と表情を引き締めた。 長打力があり、将来の三塁手候補として期待される右のスラッガー。目標に同じポジションの松田宣浩内野手を挙げ「プレーもベンチでのあり方も、チームに必要な存在。そういう選手になりたい」と話す。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人、ソフトバンク、オリックスなどが春季キャンプを行う宮崎県でも新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、9日から県独自の「緊急事態宣言」が発出される見込みとなった。

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクは7日、コリン・レイ投手(30=カブス自由契約)の入団を発表した。背番号は26。身長196センチの米出身右腕はメジャー通算35試合に登板して8勝8敗、防御率4・79。ホークスは今オフ、通…

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンクが7日、米大リーグ・カブスを自由契約となったコリン・レイ投手(30)を獲得したことを発表した。レイは球団を通じてコメントを寄せた。

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンクのドラフト1位・井上朋也内野手(17)=花咲徳栄高=が7日、福岡県筑後市内の選手寮『若鷹寮』に入寮。チームリーダーの松田宣浩内野手(37)との対面を熱望し、熱男の継承を誓った。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクのドラフト1位・井上朋也内野手(17=花咲徳栄)が7日、福岡・筑後市にある若鷹寮に入寮した。あいにくの雪模様となったが、プロのスタートに胸を高鳴ら… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクがコリン・レイ投手(30)を獲得することが7日、わかった。近く正式発表される見込み。昨季カブスで9試合に登板したレイは5日に、NPB球団と契約する… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

米大リーグ、カブスを自由契約となったコリン・レイ投手(30)のソフトバンク入団が確実なことが7日、関係者の話で分かった。日本球界入りを希望していると伝えられていた。 身長196センチの長身から150キロ超の速球を投げ込む米国出身の右腕。昨季は9試合に登板し1勝1敗、防御率5・79だった。主に先発としてメジャー通算35試合で8勝8敗、防御率は4・79。

後で読む
サンケイスポーツ

 セ・パ両リーグで首位打者と最多安打のタイトルを獲得し、通算2171安打をマークしている内川聖一内野手(37)がヤクルトに新加入した。ソフトバンク退団後は複数球団からオファーを受けたが、ヤクルト入団を決断した背景には『縁』があった。

後で読む
日刊スポーツ

昨季、日本野球界の最高峰と呼ばれる日本シリーズは、ソフトバンクの4連覇で幕を閉じた。独走でセ・リーグを連覇した巨人が、手も足も出ずに4連敗。同じ対戦だった2年… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日刊スポーツは2021年も大型連載「監督」をお届けします。日本プロ野球界をけん引した名将たちは何を求め、何を考え、どう生きたのか。ソフトバンクの前身、南海ホー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 ソフトバンクのドラフト5位・田上奏大投手(18)=履正社高=が6日、ペイペイD内で新入団会見を行い、その後、福岡・筑後市内の若鷹寮に入寮。「1回、UFO(未確認飛行物体)を見た」と仰天エピソードを明

後で読む
東京スポーツ

  スケールのデカい新人が遅れてやってきた。ソフトバンクのドラフト5位ルーキー・田上奏大投手(18=履正社)のことだ。昨年12月の入団会見は、母校での新型コロナ陽性者確認に伴う休校措置で欠席。6日にペ…

後で読む
デイリースポーツ

オリックスの育成ドラフト6位・古長拓内野手(26)=BCL・福島=が6日、大阪市の青濤館に入寮。新庄剛志氏の著書『わいたこら。』を手に、心には3年前から自主トレを共にしてきたソフトバンク・今宮からの金言を刻み、プロ生活をスタートさせた。 48歳でトライアウトを受験した新庄氏に対して「あの年齢で挑戦する姿はかっこいいなと。たくさんのファンに愛される選手。自分もなりたい」と憧れを口にした。

後で読む
スポーツニッポン

 ソフトバンクがカブスのコリン・レイ投手(30)を獲得することが6日、分かった。近日中に正式発表される。メジャー通算8勝ながら1メートル96の長身右腕は先発候補で、5年連続日本一へ向け、ローテーションがさらに強化される。

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンクが、米大リーグ・カブスを自由契約となったコリン・レイ投手(30)の本格調査を進めていることが6日、わかった。メジャー通算8勝の右腕。コロナ禍でも新戦力獲得を狙い、5年連続日本一を目指す。

後で読む
東京スポーツ

 今春発足する九州独立リーグの新球団で熊本を本拠とする「火の国サラマンダーズ」が6日、元DeNA、ソフトバンクの吉村裕基内野手(36)がコーチ兼任で入団すると発表した。背番号は「8」に決まった。  球…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクのドラフト5位・田上奏大投手(履正社)が6日、ペイペイドームで入団会見した。高校で新型コロナウイルスの感染者が出たため、昨年12月の新入団会見を欠席していた。  常勝軍団に投手転向わずか…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは6日、新型コロナウイルス感染防止対策の一環として、2月1日からの宮崎春季キャンプで、観客半数の入場制限を行うことを発表した。例年通り生目の杜運動… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクのドラフト5位、田上奏大(そうた)投手(18=履正社)が6日、1人だけの入団会見に臨み「叔父さん超え」を誓った。昨年12月10日に新入団選手の会見… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

昨秋のドラフトでともに4球団から指名を受けた2人が6日、偶然にも同じ“お宝グッズ”を持参して入寮した。 オリックス、阪神、ソフトバンク、巨人の4球団競合の末、阪神入りした佐藤輝明内野手(21)=近大=は西宮市の選手寮「虎風荘」に入寮。持参したものは西宮市内の「畑ふとん店」で特注オーダーしたマットレスだった。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは6日、新型コロナウイルス感染防止対策の一環として、2月1日からの宮崎・生目の杜運動公園で行う春季キャンプで、メイン球場となるアイビースタジアムで… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

リーグ3連覇を目指した西武の2020年シーズンは58勝58敗4分け。優勝したソフトバンクに15・5ゲーム差の3位に終わった。  連覇の原動力だった自慢の打線がチーム打率2割3分8厘(リーグ5位)、4…

後で読む
東京スポーツ

リーグ2冠に輝いたソフトバンクの石川柊太投手(29)が5日、ペイペイドームで契約更改に臨み、3200万円アップの年俸8000万円+出来高払いでサインした。  昨季は11勝3敗、防御率2・42。わずか…

後で読む
サンケイスポーツ

 創価魂や! ソフトバンク・石川柊太投手(29)が5日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3200万円アップの8000万円プラス出来高でサインした。箱根駅伝の往路で優勝した母校・創価大の姿に「勇気をもらった」と刺激。右腕も規定投球回数を目標に、シーズンの“完走”を約束した。

後で読む
日刊スポーツ

広島坂倉将吾捕手は年明けも広島で自主トレを続ける。19年1月はソフトバンク内川(現ヤクルト)、20年1月は巨人炭谷との合同トレで成長につなげた。2番手捕手の座… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテ河合オーナー代行兼球団社長が打線の奮起を期待した。年頭会見で王者ソフトバンクとの差に言及。「得点差も失点差も(1試合平均は)どちらも1点以内。大変なこと… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの石川柊太投手が5日、ペイペイドームで契約更改交渉に臨み、3200万円増の年俸8千万円プラス出来高払いでサインした。「去年は石川らしさを確立させたシーズンだったので、引き続き頑張ってくれと言われた」と笑顔を見せた。 昨季は規定投球回には届かなかったが、主に先発として11勝(3敗)を挙げ、最多勝と最高勝率の2冠に輝いた。終盤は思うように三振が取れなかったとし「悔いの残るシーズンでもあった」と自戒を込めて言った。

後で読む
東京スポーツ

自分の城は自分で守る――。ソフトバンク・松田宣浩内野手(37)が6日、鼻息荒く「三塁死守」を誓った。  今年も福岡市東区にある大嶽神社での階段上りで本格始動。プロ16年目を迎える熱男は、109段ある…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの王貞治球団会長(80)が5日、ペイペイドームで行われた球団年賀式に出席。V5に向けて大号令をかけた。  その年度ごとに新たな変化を求めるのが王流。「去年までのことは終わったこと。202…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク石川柊太投手(29)が、福岡市内の球団事務所で契約交渉に臨み3200万円増の年俸8000万円プラス出来高払いでサインした。日程調整がつかず越年交渉… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク松田宣浩内野手(37)が5日、恒例の階段上りで新年スタートを切り、三塁手死守を誓った。福岡市東区の大嶽神社にある109段の階段を3往復、横にある坂… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの王貞治球団会長(80)が5日、ペイペイドームで行われた年賀式で、東京五輪開催への思いを語った。  本来、昨夏に予定されていた東京五輪は新型コロナ禍により延期。今夏の開催を目指している。…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの後藤芳光球団社長(57)が5日、ペイペイドームで行われた年賀式に出席。コロナ禍の球団経営について考えを述べた。  昨季は観客動員も最大50パーセントの中で試合が行われた。今季も感染拡大…

後で読む
スポーツ報知

 ソフトバンクは5日、福岡ペイペイD内で年賀式を行い王貞治会長(80)が5年連続日本一へ力を込めた。

後で読む
日刊スポーツ

日本シリーズ5連覇に向けてソフトバンクが5日、ペイペイドーム内で新年の鏡開きを行った。王貞治球団会長(80)は「去年のことは終わったこと。21年は新たなスター… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

【球界平成裏面史・楽天09年編(9)】ソフトバンクとのクライマックスシリーズ(CS)第1ステージを2連勝で制した平成21年(2009年)の楽天は、パ・リーグ覇者日本ハムとの第2ステージを前にチームのム…

後で読む
日刊スポーツ

日刊スポーツは2021年も大型連載「監督」をお届けします。日本プロ野球界をけん引した名将たちは何を求め、何を考え、どう生きたのか。ソフトバンクの前身、南海ホー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク担当記者による随時連載「期待しタカ~」。21年はプロ16年目のベテラン松田宣浩内野手(37)の巻き返しに期待する。昨年は打率2割2分8厘、13本塁… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 広島・鈴木誠也外野手(26)が、ソフトバンクを自由契約となった内川聖一内野手(38)のヤクルト移籍を歓迎した。

後で読む
サンケイスポーツ

 昨季の日本シリーズMVPのソフトバンク・栗原陵矢捕手(24)が、春季キャンプで三塁に挑戦することが4日、明らかとなった。工藤公康監督(57)は「平石コーチの方から、どうでしょうかという話はありました」と経緯を説明。世代交代を確実に推し進め、常勝時代を築く。

後で読む
東京スポーツ

逆襲に燃える鷹の鬼軍曹が腕をぶしている。ソフトバンク・今宮健太内野手(29)がリーダー役を務める合同自主トレが、今年も1月上旬から福岡・北九州市で行われる。合同トレには昨年に続き高田、周東、川瀬が参…

後で読む
東京スポーツ

【球界平成裏面史・楽天09年編(8)】ソフトバンクと楽天による平成21年(2009年)のクライマックスシリーズ(CS)第1ステージを2日後に控えた10月14日、全体練習を終えた野村克也監督はKスタ宮城…

後で読む
東京スポーツ

 常勝ソフトバンクの新リードオフマンに成長した周東佑京内野手(24)。彗星のごとく球界に登場したが、その原点は幼少時代の〝非スパルタ教育〟にある。  小学2年で野球を始めた周東。友達が熱中するゲームな…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク担当記者による随時連載企画「期待しタカ~」。21年投手陣では椎野新投手(25)の大ブレークを期待したい。昨シーズンは12試合登板で防御率5・73に… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク5年連続日本一達成のカギは、若手内野手の台頭だ!日刊スポーツ評論家、浜名千広氏(51)が、今年のイチオシ選手に三森大貴内野手(21)と野村大樹内野… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人の宮本和知投手チーフコーチ(56)が2日、セ・リーグ投手の能力向上へDH制導入の必要性を訴えた。 原監督が以前から提案してきたように、昨年の日本シリーズ4連敗でDH制の必要性を痛感したという。「DH制というのは選手を育てるのではと感じました。ソフトバンクはタフな選手が多かった。レベルの高い投手を打ってきている打線だけあります」と説明した。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク柳田悠岐外野手(32)はリーグ連覇&5年連続日本一へ「本塁打キャリアハイ」で引っ張る。これまでの最多は18年の36本塁打。ポストシーズンも合わせ、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 オリックスが〝高校生ドラフト〟にも強気な姿勢を見せている。  2020年は最速153キロ、189センチ右腕の1位・山下舜平大(18=福岡大大濠)をはじめ、2位の元謙太(18=中京)、来田涼斗(18=…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクが堂々たる「王者」として2021年シーズンを迎えることになった。昨年は未曽有のコロナ禍に見舞われながら、3年ぶりのリーグ制覇。そして再び激突した巨… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク育成出身のスピードスター、周東佑京内野手(24)が、2021年にビッグな誓いを立てた。支配下選手となって3年目の今季、72盗塁を決めれば通算147… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

5年連続日本一を目指すソフトバンクに新たな力が加わった。小久保裕紀ヘッドコーチ(49)だ。ダイエー、巨人、ソフトバンクでの現役を経て、侍ジャパン監督も務めた新… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクが堂々たる「王者」として2021年シーズンを迎えることになった。昨年は未曾有のコロナ禍に見舞われながら、3年ぶりのリーグ制覇。そして再び激突した巨… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク工藤公康監督(57)が「栗原三塁」で5年連続日本一を狙う。2021年(令3)新春、さらなるチーム強化策として「栗原に三塁手をさせる」と明言。   … – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク工藤公康監督(57)が「栗原三塁」で5年連続日本一を狙う。2021年(令3)新春、さらなるチーム強化策として「栗原に三塁手をさせる」と明言。今季一… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

2021年は常勝軍団をさらに進化させる! 新年早々、ソフトバンク・工藤公康監督(57)が気合十分だ。ここまでチーム内の競争激化が好循環を生んできたが、今年はそれもスケールアップさせ「ネクスト周東」「…

後で読む
スポーツ報知

 ソフトバンク・千賀は11勝に防御率2.16。149三振を奪って初の最多勝と最優秀防御率、2年連続2度目の奪三振王に輝いた。

後で読む
デイリースポーツ

元ソフトバンクホークスの斉藤和巳氏が30日、自身のツイッターを更新し、巨人を戦力外となった田原誠次投手の息子がテレビの取材で「最低広島」と発言し、炎上したことをフォローした。 斉藤氏は「最低広島」の炎上を取り扱ったニュースを引用。「純粋な心を持った子供の発言に… 事情も何も訳も分かってない大人がいちいち反応してどうする?もうやめようや…こういうの…。」とネット上で攻めている人をいさめた。

後で読む
日刊スポーツ

コロナ禍の特別なシーズンで、ソフトバンクは3年ぶりのリーグ優勝、4年連続日本一を果たした。無観客でのスタート、最後も通常の半分ほどしか観客を入れることができな… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

20年の阪神にとって、スアレスは素晴らしい“再生可能エネルギー”であった。19年限りでソフトバンクを自由契約となり、阪神に拾われた。17年4月に受けた右肘手術… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

楽天・牧田和久投手(36)が30日、王者ソフトバンクの強力打線を攻めの投球で封じていく考えを示した。 3年ぶり日本球界復帰となった今季は52試合で2勝2敗2セーブ(22ホールド)、防御率2・16という好成績。だが、ソフトバンクとの対戦防御率は5・79だった。

後で読む
東京スポーツ

4年連続の日本一に輝いたソフトバンクで大ブレークしたのが栗原陵矢捕手(24)だ。日本シリーズでは巨人のエース・菅野から3安打1本塁打4打点の活躍でMVPに選ばれた。シーズンも実質1年目ながら、見事に…

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクから戦力外通告を受けていた松田遼馬投手(26)が30日、自身のSNSを更新。「ご報告です 野球を引退します。」と表明した。 「9年間プロ野球という舞台で野球ができた事幸せでした そしてどんな時も応援して下さったファンの皆様本当にありがとうございました」とファンに感謝の言葉をつづり、「小さい時からやっていた野球をやめて次のステップになり不安もありますが明るく頑張っていきたいと思います」と前向きに語った。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク森唯斗投手が「無休トレ」で来年1月の宮崎での自主トレに備える。29日までペイペイドームで練習を行い「例年に比べてものすごく調子がいい。結構、最近ま… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 2020年は世の中が新型コロナウイルスに翻弄(ほんろう)され、球界もまた例外ではなかった。約3か月遅れの6月19日から120試合制で行われた過密シーズンの舞台裏ではどんなことが起こっていたのか。

後で読む
日刊スポーツ

TBS系の人気テレビ番組「プロ野球戦力外通告」が29日、深夜に放送された。ソフトバンクから戦力外通告を受けた田城飛翔(つばさ)外野手(21)が登場。「トライア… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

コロナ禍の特別なシーズンで、ソフトバンクは3年ぶりのリーグ優勝、4年連続日本一を果たした。無観客でのスタート、最後も通常の半分ほどしか観客を入れることができな… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

1軍定着を狙うソフトバンク釜元豪外野手(27)が29日、来春キャンプからの猛アピールに向けて体力アップを最重要課題に挙げた。ペイペイドームでは年内最後となる練… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

NPB12球団ジュニアトーナメントが29日、神宮と横浜で開幕した。ソフトバンク-巨人が、ソフトバンクのチーム関係者1人に新型コロナウイルス陽性者が出たため、主… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 日本野球機構(NPB)は29日、同日に予定されていた「NPB12球団ジュニアトーナメント KONAMI CUP 2020」(神宮)のソフトバンクホークスジュニア・読売ジャイアンツジュニア戦を主催者の

後で読む
日刊スポーツ

大会初日の第2試合に予定されていたジャイアンツジュニア対ソフトバンクジュニアの試合は、ソフトバンクジュニアのチーム関係者に新型コロナウイルス陽性者が出たため、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今年も強かったソフトバンク。3年ぶりのリーグ優勝と4年連続日本一という最高の結果を出した。あの興奮をもう1度味わうため「担当記者が選ぶ今季のベストゲーム」と題… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 1988年度生まれのレッズ・秋山翔吾外野手、ロッテ・沢村拓一投手、中日・大野雄大投手の32歳トリオが28日、スペシャル座談会を行った。巨人・坂本、ヤンキース・田中、ツインズ・前田、ソフトバンク・柳田

後で読む
東京スポーツ

最強・鷹は歩みを止めない。日本一4連覇を果たしたソフトバンクの三笠杉彦GM(46)がオンラインインタビューに応じ、強さの象徴である育成システムについて、さらには球団が目指す未来への展望を語った。スロ…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクのイケメン右腕、板東湧梧投手(25)が地元「徳島愛」で来季の活躍を目指す。28日、ペイペイドームで練習を行った右腕は、来季の登場曲も地元徳島県にち… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

2020年のプロ野球は、コロナ禍で開幕が大幅に遅れ特別な1年となった。今年も残すところあとわずかとなり、デイリースポーツでは各球団担当記者が独断で選んだ10大ニュースをお送りする。今回は4年連続日本一になったソフトバンク編だ。 ◆10位 コラス制限選手に

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは28日、福岡県筑後市のファーム施設、タマホームスタジアム筑後勤務の男性チームスタッフが、PCR検査の結果、陽性と判定されたと発表した。発熱、味覚… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは28日、男性チームスタッフ1名が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 男性はタマスタ筑後に勤務しており、現時点では発熱、味覚症状、倦怠感、息苦しさの症状などはないという。所轄保健所の指示で、近日中に宿泊療養施設に移動して経過観察対応となる。

後で読む
デイリースポーツ

今季限りでソフトバンクを退団し、ヤクルト入団が決まった内川聖一内野手(38)が27日、古巣相手の交流戦での活躍を誓った。来年6月11~13日にソフトバンク主催で対戦予定。「やっぱり元気な姿で帰ってきたいし、僕が実際に頑張っている姿を見せたい」と力強く言い切った。 「和田さんとやってみたい。この年齢になると年上の投手と対戦することもないので」と今季8勝で見事な復活を遂げた39歳左腕との対決を熱望。そのためには自身が新天地で存在をアピールする必要がある。

後で読む
スポーツ報知

 来季から1軍投手コーチを務める杉内俊哉コーチ(40)が27日、打倒パ・リーグに向け若手投手に鬼の“スパルタメニュー”を用意していることを明かした。ソフトバンクとの日本シリーズを振り返り「力負け」と分

後で読む
デイリースポーツ

巨人・杉内俊哉投手コーチ(40)が27日、来春キャンプでの投手陣の練習量増を予告した。「ランニング量、トレーニング量を増やしていく。体を徹底的に鍛える」。来季から1軍に配置転換となる同コーチが早速チームに変革をもたらす。 理想像はソフトバンク投手陣だ。自身も10年間在籍した古巣。当時を「バリバリ走った。200(メートル)を20本とか当たり前。めちゃくちゃ走るんだって」と思い返した。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク和田毅投手(39)が27日、新たに就任した小久保裕紀ヘッドコーチ(49)と投手陣の「橋渡し役」に名乗り出た。福岡市内でトークショーに出演した左腕は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島中田廉投手(30)が27日、広島・大野練習場での自主トレ後、新兵器「スラッター」を習得中だと明かした。カブス・ダルビッシュやソフトバンク千賀らも利用する野… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクの和田毅投手(39)がヘッドコーチに就任した小久保裕紀氏とナインとの橋渡し役を買って出た。  小久保ヘッドが現役だったのは2012年までで、今のチームで当時を知る選手は少ない。平均年齢が…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの和田毅投手(39)が27日、7月の豪雨で甚大な被害を受けた熊本・人吉市の復興支援を目的としたトークイベントを福岡市内で開催した。  会場では自身の投球フォームが描かれた水墨画のレプリカ…

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの千賀滉大投手(27)が26日、ペイペイドームで契約更改交渉に臨み、1億増の年俸4億円プラス出来高払いで1年契約した。育成ドラフト出身選手では史上最高額となり、270万円だった入団時の年俸と比べて148倍を超え「また来年もやらなくちゃいけないと。自覚を持ってやりたい」と表情を引き締めた。 今季は故障で出遅れたものの、終わってみれば最優秀防御率、最多勝、最多奪三振の「投手3冠」に輝いた。順調なら来季国内FA権を取得する。ポスティング制度を利用した米大リーグ移籍の容認も改めて訴えた。

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンク・千賀滉大投手(27)が26日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約交渉に臨み、1億円増の年俸4億円プラス出来高払いで更改。育成ドラフト出身では最高年俸となった。交渉の席では4年連続でポスティングシステムによる米大リーグ挑戦の希望を伝えたが、球団の認めない姿勢は変わらず。海外フリーエージェント(FA)の資格取得条件を満たすのは最短でも2022年。夢に向け、21年はキャリアハイを目標に掲げた。

後で読む
東京スポーツ

今季パ・リーグの投手3冠に輝いたソフトバンクのエース・千賀滉大投手(27)が26日、ペイペイドームで契約を更改し、1億円アップの年俸4億円プラス出来高でサインした。  交渉の席では、2017年オフか…

後で読む
サンケイスポーツ

 プロ野球日本ハムからポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指す有原航平投手がレンジャーズと2年契約で合意したと米メディアが25日に報じたことを受け、日本球界では応援する声が上がった。ソフトバンクの千賀滉大投手は自身もポスティングでの米大リーグ挑戦を希望している。有原とは同世代で「身近に感じる部分は結構強い」と話した。

後で読む
日刊スポーツ

サブマリンが2年連続のアップ更改で「先発浮上」を目指す。プロ3年目のソフトバンク高橋礼投手が契約交渉に臨み1750万円増の6750万円で更改した。今季は春季キ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク千賀滉大投手(27)が26日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、単年契約で1億円増の年俸4億円プラス出来高でサインした。育成出身で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの千賀滉大投手が26日、契約更改交渉に臨み、1億円増の年俸4億円プラス出来高払いでサインした。今季最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の3冠に輝いたエースは「また来年もやらなくちゃいけないという気持ちになる数字。自覚を持ってやりたい」と表情を引き締めた。 交渉の席では4年連続で、ポスティングシステムによる米大リーグ挑戦の希望を伝えた。海外FAの資格取得条件を満たすのは最短でも2022年。1時間以上の交渉では「アメリカの話が一番長かった」というが、球団は認めない姿勢を崩さず「(状況は)変わらない。なかなか難しい」と声を落とした。(金額は推定)

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの高橋礼が26日、ペイペイドームで契約更改交渉に臨み、1750万円増の年俸6750万円でサインした。今季は春季キャンプ中に左脚を痛めた影響もあり、先発枠入りを逃した。中継ぎとしてチーム最多タイの52試合に登板したが「後半は納得いく投球ができなかった」と反省した。 来季は再び先発に挑戦するという。1月には、自らと同じ下手投げの楽天の牧田、西武の与座と自主トレーニングを行う。「いろんな角度から質問したい」と心待ちにしていた。(金額は推定)

後で読む
東京スポーツ

今季のパ・リーグ投手3冠に輝いたソフトバンク・千賀滉大投手(27)が26日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1億円アップの年俸4億円プラス出来高でサインした。  今季は11勝6敗、防御率2…

後で読む
東京スポーツ

今季のパ・リーグ投手3冠に輝いたソフトバンク・千賀滉大投手(27)が26日、福岡市内の球団事務所で契約を更改し、1億円アップの年俸4億円プラス出来高でサインした。  今季は故障の影響で開幕に出遅れな…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク千賀滉大投手(27)が26日、ペイペイドーム内の球団事務所内で来季の契約交渉に臨み、1時間を超える交渉の末、3億円プラス出来高から1億円アップの4… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

パ・リーグ投手3冠のソフトバンクの千賀滉大投手が25日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約交渉を行い1億円アップの年俸4億円プラス出来高でサインをした。(金額は推定) 交渉は1時間以上に及んだ。「アメリカのことが一番長かったと思う」とじっくり時間をかけて話し合いを持ったことを明かした。

後で読む
スポーツニッポン

 ソフトバンク・千賀礼がペイペイドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1億円アップの年俸4億円プラス出来高払いでサインした。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの高橋礼投手(25)が26日、福岡市内の球団事務所で契約を更改し、1750万円アップの年俸6750万円でサインした。  昨季先発として12勝を挙げて新人王を獲得したサブマリンは、今春キャ…

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンク・高橋礼投手(25)が26日、福岡市内の球団事務所にて契約更改交渉に臨んで1750万円増の6570万円(金額は推定)でサインした。6つしか枠がない先発ローテーションへの返り咲きへ、力強く意欲を示した。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの高橋礼投手が26日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約更改に臨み、1750万円アップの年俸6750万円でサインした。(金額は推定) サブマリン右腕の高橋礼は昨季先発として規定投球回をクリアし、12勝をマークした。今季も先発の一角として期待されたが、春季キャンプ中に左太もも裏を痛めた影響から先発ローテ入りを逃した。それでも開幕から中継ぎの一角に入り登板を重ねて52試合にフル回転。4勝2敗23ホールド、防御率2・65の成績だった。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは25日、東浜巨投手(30)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。発熱の症状はなく、自宅療養するという。 球団は施設利用者の全員に対し独自の定期検査を義務づけており、東浜は21日の検査が24日に陽性と判定された。25日に病院で改めて検査し、陽性が確定した。20日に受けた検査では陰性だったという。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの甲斐拓也捕手(28)が25日に福岡市内の球団事務所で契約を更改し、5500万円アップの年俸1億6500万円でサインした。  リーグ最多得票での4年連続ゴールデングラブ賞、3年ぶり2度目…

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンクの和田毅投手が25日、ペイペイドームで契約更改交渉に臨み、5000万円増の年俸1億5000万円プラス出来高払いでの2年契約を結んだ。来年2月に40歳となるベテランには異例といえる複数年契約に「球団からもあと2年は戦力として計算していると、うれしい評価をしてもらった」と頬を緩めた。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの和田毅投手が25日、ペイペイドームで契約更改交渉に臨み、5千万円増の年俸1億5千万円プラス出来高払いでの2年契約を結んだ。来年2月に40歳となるベテランには異例といえる複数年契約に「球団からもあと2年は戦力として計算していると、うれしい評価をしてもらった」と頬を緩めた。 今季は先発枠の一角を守って8勝を挙げ、リーグ優勝奪還と4年連続日本一に貢献。完全復活を印象づけた。「複数年をもらったが、甘んじることなく頑張りたい。一年一年が勝負」と気を引き締めた。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球ソフトバンクは25日、東浜巨投手(30)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。発熱の症状はなく、自宅療養するという。 球団は施設利用者の全員に対し独自の定期検査を義務づけており、東浜は21日の検査が24日に陽性と判定された。25日に病院で改めて検査し、陽性が確定した。福岡県筑後市のファーム施設でリハビリ組での調整をしており、20日に受けた検査は陰性だった。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの和田毅投手(39)が25日、ペイペイドームで契約更改に臨み、5000万円アップとなる年俸1・5億円の2年契約でサインした。  今季は16試合に先発して8勝1敗、防御率2・94の好成績を…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク甲斐拓也捕手(28)が25日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸1億1000万円から50%増の1億6500万円で更改した。チームを… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

来年2月に40歳を迎えるソフトバンクの和田毅投手が25日、複数年契約を結んだ。ペイペイドーム内の球団事務所で契約更改に臨み、今季年俸から5000万円アップの年俸1億5千万円プラス出来高の2年契約でサインした。(金額は推定) チーム最年長だが、今季も衰え知らずの活躍を見せた。開幕ローテ入りを果たし16試合8勝1敗と貯金を大きく作るなどして、「昨年のように大きな離脱をすることなく投げられたのは良かった」とリーグ優勝に貢献した。日本シリーズでも第4戦に先発した。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは25日、東浜巨投手が新型コロナウイルス陽性と判定されたことを発表した。現時点では発熱症状はなく、保健所の指示により自宅療養をしている。 球団では症状の有無にかかわらず、球団施設利用者全員に所定日にPCR受検を義務付けている。20日の検査では陰性判定だったが、21日の検査で陽性だったことが24日に判明。25日朝、福岡市内の病院で抗原検査とPCR検査を受けた結果、陽性判定が確定した。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクは25日、東浜巨投手(30)がPCR検査の結果、新型コロナウイルス陽性と判定されたことを発表した。  ソフトバンクは症状の有無にかかわらず所定日のPCR検査を義務付けており、20日の検査…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクは25日、東浜巨投手(30)がPCR検査の結果、新型コロナウイルス陽性と判定されたことを発表した。    ソフトバンクは症状の有無にかかわらず所定日のPCR検査を義務付けており、20日の…

後で読む
デイリースポーツ

 ソフトバンクは25日、東浜巨投手が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。 現時点で発熱症状はなく、保健所の指示で自宅待機となるという。20日に球団が行ったPCR検査(スクリーニング)を受けて陰性判定だったが、21日の検査で陽性だったことが24日に判明。25日、福岡市内の病院で抗原検査、PCR検査を受検し、陽性が確定した。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは25日、東浜巨投手が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。 現時点で発熱症状はなく、保健所の指示で自宅待機となるという。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの武田翔太投手(27)が25日、ペイペイドームで契約更改に臨み、減額制限%ダウンとなる年俸6000万円でサインした。  2015年に13勝、2016年に14勝をマーク。若くしてエースへ…

後で読む
サンケイスポーツ

 フルイニング出る! ソフトバンク・甲斐拓也捕手(28)が25日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、50%増の1億6500万円でサインした。「もちろん出たい」と即答で目標に掲げたのは、捕手史上3人目となるフルイニング出場。誰にもマスクは譲らず、大先輩の背中を追う。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク嘉弥真新也投手(31)が25日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約交渉に臨み、1億1000万円から3000万円増の年俸1億4000万円で更改した。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク武田翔太投手(27)が25日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約交渉に臨み、8000万円から2000万円減の年俸6000万円でサインした。「今年は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

今季4年連続50試合登板を果たしたソフトバンクの嘉弥真新也投手が25日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約交渉を行い、3000万円増の年俸1億4000万円でサインした。 順調に行けば来季中に国内フリーエージェント権を取得する見込みだが、球団から複数年契約の提示はなかったという。「FAのことは取ってから考えたい。とりあえず来年も優勝するために頑張るだけ。あまり気にしていない」と語った。

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンク・武田翔太投手(27)が25日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2000万円ダウンの6000万円(金額は推定)でサインした。来季が10年目。“覚悟の孤独トレ”で復活を目指すことを明かした。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは25日、城島健司アドバイザーが来年度も業務継続となることを発表。また、江川智晃1軍スコアラーが今季限りで退団すると発表した。 城島氏は昨オフに会長付き特別アドバイザーに就任。任期は1年間としていたが、延長となった。今年の春季キャンプも訪問し、球団や選手をさまざまな形でサポートしていた。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの武田翔太投手が25日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約交渉を行い、減額制限いっぱいの25%ダウンとなる年俸6000万円でサインした。武田の減俸は4年連続となった。(金額は推定)。 武田は15年から13勝、14勝と2年連続二桁勝利と活躍するも、それ以降は成績が低迷している。今季も7試合2勝2敗、防御率6・48の成績と振るわなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンク・甲斐拓也捕手(28)が25日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、5500万円増の1億6500万円でサインした。主な一問一答は以下の通り。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの甲斐拓也捕手(28)が25日、福岡市内の球団事務所で契約を更改し、5500万円アップの年俸1億6500万円でサインした。  今季はリーグ最多得票での4年連続ゴールデングラブ賞を獲得。3…

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンク・甲斐拓也捕手(28)が25日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、5500万円増の1億6500万円でサインした。評価された部分について、守備面での貢献を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手が25日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約交渉に臨み5500万円アップの年俸1億6500万円プラス出来高で契約し、「ものすごく評価をしていただいたので、気持ちよくサインをしました」と笑顔を見せた(金額は推定)。 今季も正捕手として起用され、4年連続でゴールデングラブ賞を獲得。また、3年ぶり2度目のベストナインにも選ばれた。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が25日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約交渉に臨み5500万円アップの年俸1億6500万円プラス出来高で契約し、「ものすごく評価をしていただいたので、気持ちよくサインをしました」と笑顔を見せた(金額は推定)。 今季も正捕手として起用され、4年連続でゴールデングラブ賞を獲得。また、3年ぶり2度目のベストナインにも選ばれた。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの栗原陵矢捕手(24)が24日、スーパーユーティリティーとして「挑戦状」に対抗することを誓った。 続々と「挑戦状」がたたきつけられた。釜元が「栗原にプレッシャーをかけられるように仕上げたい」と言えば、上林も「負けないという思いはある」。この一年で一気に追われる立場となったが、栗原は「まだ挑戦されるような選手でもないし、僕もまだまだチャレンジャーだと思っている」と自然体だ。

後で読む
日刊スポーツ

若鷹よ、かかってこい! ソフトバンク川島慶三内野手(37)が24日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸7000万円(金額は推定)でサイン… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本プロ野球選手会は日本野球機構(NPB)と24日、事務折衝を行い、契約交渉での問題点を協議した。コロナ禍で球団経営が悪化する中で報道を通じ、ソフトバンクが年… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクの川島慶三内野手(37)が24日、ペイペイドームで契約更改に臨み、現状維持の年俸7000万円でサインした。来季が2年契約の最終年になる。  ベテランスーパーサブにして、チーム最強の左キラ…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの川島慶三内野手(37)が24日、ペイペイドームで契約更改に臨み、現状維持の年俸7000万円でサインした。来季が2年契約の最終年になる。  ベテランスーパーサブにして、チーム最強の左キラ…

後で読む
サンケイスポーツ

 西武は24日、「メットライフ生命presents ライオンズ年間ベストプレー賞」に10月24日のソフトバンク戦で逆転満塁本塁打を放った中村剛也選手(37)が選出されたと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンク・川島慶三内野手(37)が24日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸7000万円(金額は推定)でサインした。来季が2年契約の最終年。笑顔で会見場に現れると「声」について熱く語り、若鷹に猛ハッパをかけた。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク川島慶三内野手(37)が24日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸7000万円でサインした。昨年オフに2年契約を結んでおり、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

【藤井康雄「勇者の魂」(41)】これまでの野球人生で門田博光さん、清原和博、秋山幸二、イチローらいい打者を見てきたなか、最後に出会ったのがソフトバンクの内川聖一でした。ミート力、バットコントロールのう…

後で読む
デイリースポーツ

 1月に母国キューバから亡命したと報じられ、今月1日にソフトバンクを自由契約になったオスカー・コラス外野手(22)が米大リーグのFA申請を完了し、来年1月15日にメジャー球団との契約が可能性になった、と23日(日本時間24日)までにMLB公式サイトのジェシー・サンチェス記者が自身のツイッターで伝えた。 米スポーツ専門局ESPNのカイリー・マクダニエル記者によると、同外野手は年明けにメジャー球団のスカウトを集めて公開練習を予定。ツイートで「コラスの市場は公開練習後にはっきりして見えてくるだろう。7桁(100万ドル単位=億円単位)の契約は十分に考えられる。ホワイトソックスやアストロズを含む8~10球団が調査しているようだ」と伝えた。

後で読む
東京スポーツ

 今季パ・リーグMVPに輝いたソフトバンクの柳田悠岐外野手(32)が23日に福岡市内の球団事務所で契約を更改した。昨オフ変動制の7年契約を結び、来季が2年目となる年俸は4000万円アップの6億1000…

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンクから戦力外通告を受けていた西田哲朗内野手(29)が23日、現役を引退し、来季から球団広報に就くと、写真共有アプリのインスタグラムで発表した。プロ11年目の今季は36試合に出場し、1安打だった。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク柳田悠岐外野手(32)が23日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸5億7000万円から4000万円増の6億1000万円プラス出来高… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク柳田悠岐外野手の自主トレにはチームの後輩真砂、谷川原らの他、ロッテ安田尚憲内野手も初参加する。安田はライバルチームの4番候補だが「CSでも素晴らし… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクから戦力外通告を受けていた西田哲朗内野手(29)が23日、自身のインスタグラムを更新。現役引退し、球団広報となることを報告した。 西田は「プロ野球選手を引退します。11年間応援ありがとうございました。そして来季からはソフトバンクホークス球団広報を引き受けさせてもらうことになりました」とつづった。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク岩崎翔投手(31)は納得のダウン更改となった。福岡市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、700万円減の年俸6800万円でサインした。(金額は推定)… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 元プロ野球選手で本紙評論家の前田幸長氏がフリーアナウンサー・田中大貴のユーチューブにゲスト出演し、巨人時代の先輩で現ソフトバンク・工藤監督の〝体マニア〟ぶりを明かしている。 「体のケアとかサプリメン…

後で読む
東京スポーツ

今季パ・リーグMVPに輝いたソフトバンクの柳田悠岐外野手(32)が23日、福岡市内の球団事務所で契約を更改した。  昨オフ変動制の7年契約を結び、来季が2年目となる年俸は4000万円アップの6億10…

後で読む
日刊スポーツ

1月にキューバから亡命し、ソフトバンクから自由契約となったオスカー・コラス外野手(22)が、MLBから正式にFA公示されたと現地メディアが伝えた。海外選手との… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクのセットアッパー・岩崎翔投手(31)が23日、ペイペイドームで契約更改に臨み、700万ダウンの年俸6800万円でサインした。  今季はシーズン序盤こそ打ち込まれ二軍落ちとなったものの、1…

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球ソフトバンクの柳田悠岐外野手(32)が23日、ペイペイドームで契約交渉に臨み、4千万円増の年俸6億1千万円プラス出来高払いで更改した。2002年の松井秀喜外野手(巨人)と並ぶ、日本野手最高額となり「特殊なシーズンだった中でも評価していただいた」と納得の表情で話した。日本選手の歴代最高年俸は菅野智之投手(巨人)らの6億5千万円。 7年契約を結び米大リーグ挑戦を封印して臨んだ今季は、打率3割4分2厘、29本塁打、86打点。初の最多安打のタイトルを獲得するなど3年ぶりのリーグ優勝と4年連続日本一に貢献した。(金額は推定)

後で読む
デイリースポーツ

ロッテの益田直也投手が23日、ZOZOマリンスタジアムで契約更改交渉に臨み、3年契約の2年目となる来季は現状維持の2億円でサインした。今季は7年ぶりに30をクリアする31セーブを挙げ、チームの2位躍進に貢献。来季の打倒ソフトバンクに向け「大事なところで打てるか抑えるか。来年はそこで勝ち切りたい」と意気込んだ。 井上晴哉内野手は15本塁打にとどまり、300万円減の5200万円で契約を更改。30本塁打とゴールデングラブ賞を目標に掲げ「疲れたときでも力を出せる体をこのオフにつくりたい」と話した。(金額は推定)

後で読む
スポーツニッポン

 ソフトバンク・柳田がペイペイドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4000万円アップの年俸6億1000万円プラス出来高払いでサインした。

後で読む
サンケイスポーツ

 ホームランで世界を救う! ソフトバンク・柳田悠岐外野手(32)が23日、福岡市内の球団事務所にて契約交渉に臨み、4000万円増の6億1000万円プラス出来高払いでサインした。来季からは「国際連合世界食糧計画」と「SOS子どもの村」に本塁打1本につき15万円ずつを寄付することを明かした。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク岩崎翔投手(31)が23日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約交渉に臨み、700万円ダウンの年俸6800万円でサインした。完全復活を誓った今季は1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクの岩嵜翔投手が23日、ペイペイドーム内の球団事務所を訪れて700万円ダウンの6800万円で契約を更改した(金額は推定)。 18年の2度の右肘手術から完全復活を期した今季は2年ぶりに開幕一軍入りを果たした。だが、序盤は不調に苦しんだ。6月末の西武戦で2試合連続の逆転アーチを浴びるなど、6試合で防御率15.88と打ち込まれて7月9日に出場選手登録を抹消された。

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンク・柳田悠岐外野手(32)が23日、福岡市内の球団事務所にて契約交渉に臨み、4000万円増の6億1000万円プラス出来高払い(金額は推定)でサインした。主な一問一答は以下の通り。

後で読む
東京スポーツ

今季のパ・リーグMVPに輝いたソフトバンク・柳田悠岐外野手(32)が23日、福岡市内の球団事務所で契約を更改し、日本人野手歴代トップタイとなる6億1000万円プラス出来高でサインした。  昨オフに変…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク柳田悠岐外野手(32)が23日、4000万円増の6億1000万円で契約更改し、02年の松井秀喜氏(元巨人)に並び、日本人野手史上最高年俸になった。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク二保旭投手(30)が23日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約交渉に臨み600万円増の2800万円でサインした。今季は開幕ローテ入りし、12試合に… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

パ・リーグMVPに輝いたソフトバンクの柳田悠岐外野手が23日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約更改を行い、4000万円アップの年俸6億1000万円プラス出来高でサインをした。年俸6億1000万円は、2002年の松井秀喜(巨人)に並ぶ日本人野手歴代最高となった。(金額はすべて推定) 柳田は昨オフに7年契約を締結。最初の4年間は年俸変動制で、23年オフに残り3年の内容を改めて決める内容となっている。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球ソフトバンクの柳田悠岐外野手(32)が23日、ペイペイドームで契約更改交渉に臨み、4千万円増となる年俸6億1千万円プラス出来高払いでサインした。「攻撃面全てを評価していただいた。最高の1年になったが来年はまたすぐに始まる」と引き締まった表情で話した。球界最高年俸は巨人の菅野智之投手らの6億5千万円。 7年契約を結び米大リーグ挑戦を封印して臨んだ今季は打率3割4分2厘、29本塁打、86打点の成績で初の最多安打のタイトルを獲得。3年ぶりのリーグ優勝と4年連続日本一に貢献し、2015年以来2度目のパ・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いた。(金額は推定)

後で読む
東京スポーツ

今季パ・リーグMVPに輝いたソフトバンクの柳田悠岐外野手(32)が23日、福岡市内の球団事務所で契約を更改した。  昨オフに変動制の7年契約を結び、来季が2年目となる年俸は4000万円アップの6億1…

後で読む
サンケイスポーツ

 プロ野球ソフトバンクの柳田悠岐外野手(32)が23日、ペイペイドームで契約更改交渉に臨み、4000万円増となる年俸6億1000万円プラス出来高払いでサインした。「攻撃面全てを評価していただいた。最高の1年になったが、来年はまたすぐに始まる」と引き締まった表情で話した。球界最高年俸は巨人の菅野智之投手らの6億5000万円。

後で読む
デイリースポーツ

パ・リーグMVPに輝いたソフトバンクの柳田悠岐外野手が23日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約更改を行い、4000万円アップの年俸6億1000万円プラス出来高でサインをした。柳田は昨オフに7年契約を締結。最初の4年間は年俸変動制で、23年オフに残り3年の内容を改めて決める内容となっている(金額は推定)。 今季は自身5年ぶりにシーズン中に一度も登録抹消なく完走。119試合出場で打率3割4分2厘、29本塁打、86打点をマーク。146安打で初となる最多安打のタイトルを獲得した。また、ベストナイン、ゴールデングローブ賞(いずれも5度目)も手にした。

後で読む
サンケイスポーツ

 11勝を挙げて最多勝に輝いた楽天・涌井が22日、“鬼軍曹”になることを宣言した。日本シリーズを4連覇したソフトバンクの強さを「選手個人がしっかり考えて、やるべきことをやっている」と分析。自軍については「若手とベテランの考え方の違いに温度差を感じた」とし「(若手に)厳しく言えば、自分もしっかりやらなくてはいけない。いい刺激を与えられれば」と厳しい姿勢で意見交換する必要性を強調した。

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンク・周東佑京内野手(24)が22日、福岡市内の球団事務所で2度目の契約更改交渉に臨み、前回18日の提示と同じ倍増の年俸4000万円でサインした。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの今宮健太内野手(29)が22日、ペイペイドームで契約更改に臨み、現状維持の年俸2億9000万円でサインした。来季が4年契約の3年目となる。  今季は左ふくらはぎを痛めるなど故障に苦しみ…

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクの〝鬼脚盗塁王〟周東佑京内野手(24)が22日、ペイペイドームで2度目の契約更改に臨み、倍増の年俸4000万円でサインした。  前回の交渉では「金額に不満はない」としながらも「もっと走塁…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク周東佑京内野手(24)が“レジェンド”に挑む。22日、ペイペイドーム内の球団事務所で2度目の契約交渉に臨み、前回提示から上積みなしの倍増となる40… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。