「ヤクルト」の記事一覧

デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(21日、神宮球場) 巨人・坂本勇人内野手が先制の17号ソロを放った。

後で読む
日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。先発はヤクルトが石川、巨人は高橋。40歳のヤクルト石川雅規投手(40)は巨人戦で現役最多の31勝しているが、今季は未勝利。巨… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(21日、神宮球場) お笑いタレントの狩野英孝が始球式に登場した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神ドラフト2位の井上広大外野手(19)が21日、出場選手登録を抹消された。この日はウエスタン・リーグのオリックス戦に出場し、2打席に立っていた。 14日に1軍昇格し、同日の中日戦(ナゴヤドーム)でデビュー。16日・ヤクルト戦(甲子園)でプロ初安打初打点をマーク。6試合に出場し、11打数1安打1打点、打率・091だった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は21日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグヤクルト・吉田喜-巨人・サンチェス(神宮)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は21日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。予告先発はヤクルトが石川、巨人は高橋。40歳のヤクルト石川雅規投手(40)は巨人戦で現役最多の31勝しているが、今季は未勝利… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神ドラフト2位の井上広大外野手(19)が21日、出場選手登録を抹消された。この日はウエスタン・リーグのオリックス戦に出場し、2打席に立っていた。 14日に1軍昇格し、同日の中日戦(ナゴヤドーム)でデビュー。16日・ヤクルト戦(甲子園)でプロ初安打初打点をマーク。6試合に出場し、11打数1安打1打点、打率・091だった。

後で読む
サンケイスポーツ

 また一人、レジェンドがユニホームを脱ぐ。ヤクルト・五十嵐亮太投手(41)が、今季限りで現役を引退することを決めた。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは21日、2軍本拠地の千葉・鎌ケ谷で行われる今季最終戦、11月1日イースタン・リーグヤクルト戦の入場チケット1100枚が前売り段階で完売したと発表した… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

今季で結成10周年を迎えた、東京ヤクルトスワローズのオフィシャルダンスチーム「Passion」のメンバー15人を日替わりで紹介します! 持ち前のルックスと、ハイレベルなダンスレッスンで鍛え上げられた彼女たちの情熱的でエネルギッシュなパフォーマンスにご期待ください。

後で読む
日刊スポーツ

左肘痛を乗り越えた巨人高橋優貴投手が2勝目を目指し、21日ヤクルト戦に先発する。先発復帰を果たした前回14日広島戦では、5回1失点で今季初勝利を挙げた。「マジ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

40歳のヤクルト石川雅規投手(40)は巨人戦で現役最多の31勝しているが、今季は未勝利。巨人戦で白星を挙げた40代の先発投手は16年9月10日黒田(広島)が最… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト1-1巨人=延長十回規定により引き分け、17回戦、巨人11勝4敗2分、20日、神宮)戸郷に白星をつかんでもらいたい-。原監督の思いが伝わってきた。

後で読む
デイリースポーツ

現役最年長投手の中日・山井大介投手(42)が20日、現役続行の意思を明らかにした。 ナゴヤ球場での練習後、「コロナでこういう状況。これで辞めるとしたら悔やんでも悔やみきれないところがある。来年もやれるならやりたい」と現役への強いこだわりを口にした。今季は中継ぎで6試合に登板し、0勝0敗、防御率9・00。阪神・藤川、ヤクルト・五十嵐、巨人・岩隈ら次々に年下の投手たちがユニホームを脱ぐ中、球団の判断が注目される。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) ヤクルトは土壇場で追いつき、引き分けにこそ持ち込んだが、高津監督は厳しい表情を貫いた。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 巨人・坂本が先制打を放つも勝利にはつながらなかった。六回無死三塁。高梨の直球をしぶとく中前へ運んだ。「何とかバットに当てようと思っていた。戸郷が頑張っていたので、援護できてよかった」と振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 先発の巨人・戸郷は三塁ベンチで今季6度目のドローを見届けた。プロ入り最多134球の力投も報われず、リーグ連覇へのマジックも「7」で足踏み。冷たい秋風が吹く中、静かに神宮を後にした。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 巨人が逃げ切りに失敗。引き分けに終わり、2位中日も勝利したためマジックは7のまま変わらなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 高津ヤクルトが土壇場で同点に追いつき、対巨人戦10連敗は阻止。試合後の高津監督は、投手陣の踏ん張りに目尻を下げ、打線の奮起を願った。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 巨人が継投策が裏目に出て逃げ切りに失敗。引き分けに終わり、2位中日も勝利したためマジックは7のまま変わらなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、ヤクルト1-1巨人=延長十回規定により引き分け、17回戦、巨人11勝4敗2分、20日、神宮)ヤクルトは3度の満塁機で決定打が出なかった。0-1の九回2死満塁で山田哲が田中豊から押し出し四球をもぎ取ったが、続く村上は一ゴロに倒れた。高津監督は「走者をためてのもう一本が出るか出ないか。今はそこで出せない」と、もどかしげに話した。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人はヤクルト戦に1-1で引き分け、18試合を残して全球団からの負け越しなしを決めた。中日、阪神、広島には既に勝ち越しを決めており、DeNA、ヤクルトに全敗しても上回られることがなくなった。DeNA、ヤクルトについては1試合でも勝つか引き分ければ勝ち越しが決まる。

後で読む
日刊スポーツ

首位巨人が最下位ヤクルトに引き分けた。https://www.nikkansports.com/baseball/pro… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 巨人が継投策が裏目に出て逃げ切りに失敗。引き分けに終わり、2位中日も勝利したためマジックは7のまま変わらなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 巨人が最終回の継投策が裏目に出て逃げ切りに失敗。引き分けに終わり、2位中日も勝利したためマジックは7のまま変わらなかった。先発の戸郷が6回無失点の好投。新人王のライバルの広島・森下に1勝差をつける9勝目の権利は同点劇によって消えた。

後で読む
東京スポーツ

あと一歩届かなかった。ヤクルトは20日の巨人戦(神宮)に延長10回、1―1で今季8度目の引き分け。先発・高梨が5回2/3を1失点と粘り、後続の投手も無失点でつないだ。しかし、打撃陣が8回までに2度の…

後で読む
東京スポーツ

新人王を狙う巨人の期待株・戸郷翔征投手(20)が20日のヤクルト戦(神宮)で一回り成長した姿を披露した。自己最多となる6回134球を投げ3安打無失点9奪三振。勝利投手の権利を持って降板したが、後続の…

後で読む
東京スポーツ

巨人は20日のヤクルト戦(神宮)に延長10回、1―1で引き分けに終わった。2位の中日は勝利し、優勝マジックは7のまま足踏みとなった。  最少リードを守り、1―0で迎えた9回にバタついた。逃げ切りを図…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト1-1巨人=延長十回規定により引き分け、17回戦、巨人11勝4敗2分、20日、神宮)気合がみなぎっていた。夜風が肌寒くなってきた神宮のマウンドで、戸郷は1球、1球に力を込めた。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 巨人が逃げ切りに失敗。引き分けに終わり、2位中日も勝利したためマジックは7のまま変わらなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-1巨人」(20日、神宮球場) 高津ヤクルトが土壇場で同点に追いつき、対巨人戦10連敗は阻止。試合後の高津監督は、投手陣の踏ん張りに目尻を下げ、打線の奮起を願った。

後で読む
東京スポーツ

投打がかみ合わなかった。ヤクルトは20日の巨人戦(神宮)に延長10回、1―1で引き分けた。先発の高梨は6回途中を1失点の粘投を見せ、2番手・寺島から星、梅野、石山が無失点リレー。しかし、打線が援護で…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト1-1巨人、17回戦、巨人11勝4敗2分、20日、神宮)ヤクルトが九回に追いついて引き分けた。巨人は優勝へのマジックナンバーを減らせず7のままとなった。

後で読む
日刊スポーツ

近鉄戦士として最後の投手となったヤクルト近藤一樹投手(37)が、イースタン・リーグ今季2勝目を挙げた。巨人岩隈久志投手(39)の今季限りでの現役引退発表から一… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は20日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(20日、神宮球場) 新人王を争う巨人先発の戸郷が、6回無失点。ライバルの広島・森下に1勝差をつける9勝目の権利を手に降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(20日、神宮球場) 巨人・坂本が先制の中前適時打を放った。

後で読む
東京スポーツ

あと少しが粘れなかった。ヤクルトの高梨裕稔投手(29)が20日の巨人戦(神宮)に先発し、6回途中を5安打1失点の内容だった。  5回まで強力巨人打線をわずか3安打に抑えた。それでも6回に先頭・松原に…

後で読む
東京スポーツ

反省ばかりが口をついた。ヤクルトの高梨裕稔投手(29)が20日の巨人戦(神宮)に先発し5回2/3を5安打1失点。高梨は「今日は状態も良く、低めへの投球意識をしっかりと持って投げることができました」と…

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは高梨、巨人は戸郷の先発。戸郷は初回、3四球を出すも無失点。高梨は、3回まで巨人打線から5奪三振。巨人は6回、坂本の適時中前打で1点を先制した。高梨は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。先発はヤクルトが高梨、巨人は戸郷。https://www.nikkansports.c… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(20日、神宮球場) ヤクルト先発の高梨が六回途中で降板した。

後で読む
東京スポーツ

バドミントンの元日本代表の潮田玲子(37)が20日に神宮球場で行われたヤクルト―巨人戦で始球式に登場した。  黒地に白い水玉のパーカーを着てマウンドに上がった潮田の放ったボールは山なりながらノーバウ…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト-巨人17回戦、20日、神宮)元バドミントン日本代表でタレントの潮田玲子(37)が始球式に登場し、ノーバウンド投球を披露した。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは20日、21日の予告先発投手を発表した。

後で読む
日刊スポーツ

始球式に、元バドミントン日本代表の潮田玲子さん(37)が登場した。ドット柄のパーカーでマウンドに上がり、大きく振りかぶり、ノーバウンドでストライク投球。笑顔で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。先発はヤクルトが高梨、巨人は戸郷。https://www.nikkansports.c… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(20日、神宮球場) バドミントン女子ダブルスで07年世界選手権銅メダル、08年北京五輪5位、12年ロンドン五輪混合ダブルス代表の潮田玲子が始球式に登場した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は20日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグヤクルト・石川-巨人・高橋(神宮)

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(20日、神宮球場) バドミントン女子ダブルスで08年北京五輪5位、07年世界選手権銅メダル、12年ロンドン五輪混合ダブルス代表の潮田玲子が始球式に登場した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は20日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。予告先発はヤクルトが高梨、巨人は戸郷。試合開始は午後6時の予定。ニッカンスポーツ・コムではライブ速報をします。–《redb… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(20日、甲子園球場) 前夜のヤクルト戦では延長十回の末、1-1で引き分けた阪神。この日の先発マウンドには、ガルシアが上がる。1カ月ぶりとなる1軍登板で、8月26日・中日戦(甲子園)以来となる3勝目を目指す。坂本が「7番・捕手」で先発マスクとなった。

後で読む
サンケイスポーツ

IT大手ミクシィのエンターテインメント事業ブランド「XFLAG(エックスフラッグ)」が、12月6日に神宮球場で開催される「東京ヤクルトスワローズファン感謝DAY2020」で、スマートフォンから参加できるバーチャルイベント「XFLAG VIRTUAL STAGE at SHIBUYA SKY」を開催すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテが20日、荻野貴司外野手、藤岡裕大内野手を1軍出場選手登録した。両選手は新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査で陽性判定を受け、登録抹消されていた。 ヤクルト3年目の金久保優斗投手は初昇格。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽DeNA 笠井崇正投手 ▽阪神 ガルシア投手 ▽ヤクルト 金久保優斗投手 【同抹消】 ▽阪神 ガンケル投手 ▽ヤクルト 久保拓真投手

後で読む
サンケイスポーツ

 プロ3年目のヤクルト・金久保優斗投手(20)が20日、シーズン中に初めて1軍に合流した。中継ぎ要員として同日に出場選手登録される見込み。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ3年目のヤクルト・金久保優斗投手(20)が20日、シーズン中に初めて1軍に合流した。中継ぎ要員として同日に出場選手登録される見込み。

後で読む
日刊スポーツ

<阪神1-1ヤクルト>◇19日◇甲子園阪神藤浪晋太郎投手(26)が球団最速、NPB日本人2位の162キロをたたき出した。同点で迎えたヤクルト戦の7回2死。代打… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

先週、阪神のドラフト2位ルーキー井上が1軍昇格した。16日ヤクルト戦では甲子園初打席で適時二塁打。非凡なところを本拠で示した。矢野監督は言う。「今回呼んだのも… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発はヤクルトが高梨、巨人が戸郷。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場) 同点の九回にマウンドに上がった阪神・スアレスが、先頭の村上を160キロ直球で空振り三振に斬る。前夜には1点差に迫られる適時二塁打を浴びたヤクルトの4番に対して、すぐさま借りを返した。続く坂口を二ゴロに仕留め、山崎は159キロ直球で3球三振。打者3人でピシャリと抑えた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場) 阪神・藤浪が七回に登板して、162キロというボールを投げた。本当に素晴らしい球だった。今、彼が持っているものの中で、最高のタイミングで腕を振ることができたと言える。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神1-1ヤクルト=延長十回規定により引き分け、21回戦、阪神11勝9敗1分、19日、甲子園)2位を目指すためには勝ちたかったが、勝率5割を保てている状況での引き分けは価値がある。救援陣の好投に尽きる。

後で読む
日刊スポーツ

▼この試合はヤクルトのアルバート・スアレス投手が先発し、9回に阪神の5番手で弟のロベルト・スアレス投手が登板。兄弟が同じ試合で敵味方に分かれて登板したのは、9… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト坂口智隆外野手(36)が、通算1500安打を達成した。プロ野球129人目。現役野手では最後の近鉄戦士の達成となった。近鉄にドラフト1位で入団してから、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場) バットを短く持って振り抜いた打球が、レフトの芝生で弾んだ。2試合連続でスタメンを外れた阪神・糸原が1点を追う五回1死三塁に代打で登場。一打席の真剣勝負を制した一打に、一塁ベンチは総立ちだ。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場) 驚がくの数字がビジョンに躍った。阪神・藤浪晋太郎投手(26)が同点の七回から登板し、自己最速&球団最速を更新する162キロを計測。中村、西浦、代打・松本友を3者連続空振り三振に仕留める圧巻の内容で、完全復活へまた歩を進めた。悩み、もがき、苦しんだ右腕が、長引く不振からの出口を見つけた気配が漂う。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場) ヤクルト・坂口がようやく笑った。言葉にし続けたのは「僕なんかが…」の思い。練習に励み、支えられ、走り続けてきた。苦節18年で届いた。地元で奏でた節目の一打は、史上129人目となる通算1500安打となった。

後で読む
デイリースポーツ

20日のヤクルト戦に先発する巨人・戸郷が「長いイニングを投げられるように頑張ります。マジックを減らせられるようにチームに貢献したいです」と意気込んだ。 マジック対象チームの阪神が引き分け、優勝マジック7と最短優勝日は23日で変わらず。また、ここまで火曜日に先発してきた菅野は23日の阪神戦に回る見込み。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神1-1ヤクルト=延長十回規定により引き分け、21回戦、阪神11勝9敗1分、19日、甲子園)スアレスが1-1の九回に登板して三者凡退。ヤクルトの先発は2歳年上の兄・アルバートで、外国人兄弟投手が史上初めて、敵味方に分かれて同一試合に登板した。「お兄さんもヤクルト側からするといい投球(6回1失点、自責0)をしていたと思うし、自分もいい仕事ができた。われわれにとっては大きな一日になった。楽しく熱い試合になったと思う」と声を弾ませていた。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神1-1ヤクルト=延長十回規定により引き分け、21回戦、阪神11勝9敗1分、19日、甲子園)ヤクルト・坂口智隆外野手(36)が19日の阪神戦(甲子園)で通算1500安打を達成。恩師の神戸国際大付高・青木尚龍(よしろう)監督(56)が本紙に祝福のメッセージを寄せた。

後で読む
スポーツニッポン

 「猛虎最速」襲名! 阪神・藤浪晋太郎投手(26)が、19日のヤクルト戦で球団史上最速を1キロ更新する162キロをマークした。プロ野球歴代3位タイで、日本人投手では歴代単独2位に躍り出た。7回に3番手で登板し、3者 連続三振と圧巻の投球を展開。7試合連続無失点と、与えられた役割に全力投球で応えた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神1-1ヤクルト=延長十回規定により引き分け、21回戦、阪神11勝9敗1分、19日、甲子園)ヤクルト・坂口智隆外野手(36)が19日の阪神戦(甲子園)で通算1500安打を達成。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神1-1ヤクルト=延長十回規定により引き分け、21回戦、阪神11勝9敗1分、19日、甲子園)阪神はヤクルトと延長十回の末、1-1で引き分けた。七回に登板した藤浪晋太郎投手(26)が、球団最速を更新する162キロをマークして三者凡退。この日は有観客となって以降、最少の入場者数3593人だったが、秋風の中、足を運んだ虎党を熱くした。

後で読む
日刊スポーツ

阪神が追い付いて、引き分けた。ヤクルトは四回に、坂口が通算1500安打となる左翼線への適時打で1点を先制した。阪神は五回に、代打糸原の左前打で同点とした。その… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト坂口智隆外野手が現役野手で最後の近鉄戦士として通算1500安打を達成した。▼ヤクルト高津監督(坂口について)「気持ちの強さと技術の高さをしっかり証明し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神藤浪晋太郎投手(26)が球団最速、NPB日本人2位の162キロをたたき出した。同点で迎えたヤクルト戦の7回2死。代打松本友から高めの真っすぐで空振りを奪っ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神1-1ヤクルト=延長十回規定により引き分け、21回戦、阪神11勝9敗1分、19日、甲子園)阪神が追い付いて、引き分けた。ヤクルトは四回に、坂口が通算1500安打となる左翼線への適時打で1点を先制した。阪神は五回に、代打糸原の左前打で同点とした。その後は両チームともに、救援陣が踏ん張った。

後で読む
日刊スポーツ

兄弟で熱投!! 阪神守護神のロベルト・スアレス投手(29)が、ヤクルト先発の兄アルバートと初競演した。外国人兄弟では球界初となる敵味方に分かれての同一試合登板… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト坂口智隆外野手が現役野手で最後の近鉄戦士として通算1500安打を達成した。4回無死一、二塁、阪神先発ガンケルから先制左前打を放った。女性スタッフが記念… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場) 阪神の藤浪晋太郎投手が同点の七回、3番手で登板した。代打・松本友との対戦で球団最速の162キロを計測するなど、3者連続三振でヤクルト打線を完璧に封じた。流れを引き寄せる投球だったが、打線はヤクルト投手陣を攻略できず、今季6度目の引き分けに終わった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場) 阪神の藤浪晋太郎投手が同点の七回、3番手で登板した。代打・松本友との対戦で球団最速の162キロを計測するなど、3者連続三振でヤクルト打線を完璧に封じた。今季限りでの引退を表明し、現在は1軍に昇格している藤川球児からもアドバイスを受け、救援投手として日々、結果を残している。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場) 阪神の藤浪晋太郎投手が同点の七回、3番手で登板した。代打・松本友との対戦で球団最速の162キロを計測するなど、3者連続三振でヤクルト打線を完璧に封じた。球速が表示された瞬間は自分では気付いていなかったというが、「『オー』ってなったので」と甲子園のどよめきで記録更新に気が付いたと振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場) 阪神の矢野燿大監督が、中継ぎ投手として日々、結果を残している藤浪晋太郎投手について言及した。七回に3番手として登板し、球団最速を更新する162キロを記録したことには、「もうね、持ち味なんで。どんどん速い球を投げて勝負していってもらえたらいいなと思ってます」と語った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神1-1ヤクルト=延長十回規定により引き分け、21回戦、阪神11勝9敗1分、19日、甲子園)阪神はヤクルトと1-1で引き分けた。以下、矢野燿大監督の試合後の一問一答。

後で読む
東京スポーツ

 阪神の藤浪晋太郎投手(26)が19日のヤクルト戦(甲子園)に1―1の7回から3番手で登板。自己最速を更新する球団最速の162キロをマークし、球場を沸かせた。この日対戦したのは7番からの下位打線だった…

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場) 高津ヤクルトは、阪神救援陣を攻略できず、今季7度目の引き分けを喫した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神が追い付いて、引き分けた。ヤクルトは四回に、坂口が通算1500安打となる左翼線への適時打で1点を先制した。阪神は五回に、代打糸原の左前打で同点とした。その後は両チームともに、救援陣が踏ん張った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神1-1ヤクルト=延長十回規定により引き分け、21回戦、阪神11勝9敗1分、19日、甲子園)阪神はヤクルトと1-1で引き分けた。甲子園がどよめいたのは七回。3番手としてマウンドに上がった藤浪が球団史を塗り替えた。2死とし代打・松本友に投じた2球目が、球団最速を更新する162キロをマーク。この回、3者連続三振と圧巻の投球で虎党を沸かせた。

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト・スアレス、阪神ガンケルの両先発が3回まで無失点の立ち上がり。ヤクルトは4回に坂口の左前適時打で先制。坂口は通算1500安打を達成。阪神は5回に代打糸… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場) 阪神の藤浪晋太郎投手が同点の七回、3番手で登板した。代打・松本友との対戦で球団最速の162キロを計測するなど、3者連続三振でヤクルト打線を完璧に封じた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場) 阪神が攻め手に欠く1得点で、最下位ヤクルトに痛恨のドロー。今季8度目の延長戦突入で、1勝1敗6分けとなった。また、この日は雨天中止となった17日の予備日開催で、観客は2005年の実数発表以降、最少の3593人。それでも、藤浪が球団最速162キロを記録するなど、球場を沸かせた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(19日、甲子園球場) ヤクルトはアルバート・スアレス投手が先発。阪神は九回にアルバートの弟、ロベルト・スアレス投手が登板し、対戦両チームで、外国人選手の兄弟として初の同一試合登板を果たした。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(19日、甲子園球場) 阪神が1点ビハインドの五回、大山の今季6失策目で、チームとして両リーグワーストの72失策となった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(19日、甲子園球場) 17日、土曜日に雨で流れた試合の予備日で、しかも平日の開催とあってスタンドはガラガラ。それでも阪神打線が五回にアツい攻撃で得点を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(19日、甲子園球場) 阪神の藤浪晋太郎投手が同点の七回、3番手で登板した。代打・松本友との対戦で球団最速の162キロを計測するなど、3者連続三振でヤクルト打線を完璧に封じた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(19日、甲子園球場) この日の甲子園の観客数が3593人と発表された。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(19日、甲子園球場) 阪神のドラ2ルーキー・井上が七回に代打で登場。マクガフの前に空振り三振に倒れた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-ヤクルト、21回戦、19日、甲子園)甲子園がどよめた。3番手として七回に登板した阪神・藤浪晋太郎投手(26)が、球団最速&自己最速を更新する162キロをマークした。

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト・スアレス、阪神ガンケルの両先発が3回まで無失点の立ち上がり。両軍とも1回に好機をつくったが、無得点だった。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(19日、甲子園球場) 長打力が魅力の阪神・ボーアが、セーフティーバントで“ボーアシフト”をけん制した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(19日、甲子園球場) 阪神の先発・ガンケルが四回、坂口に左前適時打を浴び、先制点を許した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-ヤクルト、21回戦、19日、甲子園)ヤクルト・坂口智隆外野手(36)が、史上129人目となる通算1500安打を達成した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(19日、甲子園球場) ヤクルトの坂口智隆外野手(36)が、129人目となる通算1500安打を達成した。通算1481試合目で届いた節目の記録となった。

後で読む
日刊スポーツ

3位阪神が最下位ヤクルトと対戦。26本でセ本塁打トップの阪神大山は2位の巨人岡本、3位広島鈴木誠也との差を広げられるか。先発は阪神ガンケルとヤクルト・スアレス… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は19日、セ・リーグで1試合が行われる。

後で読む
デイリースポーツ

巨人の岩隈久志投手(39)の現役引退発表を受けて、最後の近鉄戦士となったヤクルトの近藤一樹投手(37)と坂口智隆外野手(36)がコメントした。 近藤は「僕は岩隈さんが近鉄バファローズのエースとしてブレイクした年のドラフトで、『細身で長身でスケールは違うけど同じタイプになるのではないか』と岩隈さんの担当スカウトの方の意見もあり、僕も近鉄にドラフトで指名されたと聞いていました」と入団時を回顧。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグヤクルト・高梨-巨人・戸郷(神宮)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は19日、セ・リーグで1試合が行われる。

後で読む
日刊スポーツ

両チームのスタメンが発表された。先発は阪神がジョー・ガンケル投手(28)、ヤクルトがアルバート・スアレス投手(31)。阪神はヤクルトのスアレスに対して過去2戦… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(19日、甲子園球場) 最下位ヤクルト相手に3連勝を狙う阪神の先発はガンケル。17日の雨天中止で登板がずれ込んだが、「変わらず試合に向けて準備しているよ」と力を込める。左打者には・321と相性が悪いだけに「甘いコースに行かないように丁寧にボールを動かしていく」と決意。先発として来日初勝利を狙う。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退することが19日、発表された。2000年に堀越高からドラフト5位で近鉄に入団した右腕がユニホームを脱ぐことにより、元近鉄戦士はヤクルト・近藤一樹投手(37)、坂口智隆外野手(36)の2人となった。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽ヤクルト 星知弥投手 【同抹消】 ▽DeNA 上茶谷大河投手 ▽中日 清水達也投手 ▽ヤクルト 浜田太貴外野手

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神6-5ヤクルト、20回戦、阪神11勝9敗、18日、甲子園)高々と舞い上がった白球が右中間席最前列へ着弾した。阪神・ボーアが6試合ぶりの本塁打となる貴重な2ラン。お立ち台に登場すると、ほとんど日本語で返答してスタンドを盛り上げた。

後で読む
サンケイスポーツ

今季で結成10周年を迎えた、東京ヤクルトスワローズのオフィシャルダンスチーム「Passion」のメンバー15人を日替わりで紹介します! 持ち前のルックスと、ハイレベルなダンスレッスンで鍛え上げられた彼女たちの情熱的でエネルギッシュなパフォーマンスにご期待ください。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神6-5ヤクルト」(18日、甲子園球場) 阪神の大山悠輔内野手(25)が1点を追う初回、右翼線へ逆転の2点適時打を放った。これで今季74打点とし、リーグトップの巨人・岡本に4差と接近。目の前で5打点を稼いだヤクルト・村上に抜かれたが、それでもリーグ3位タイだ。残り19試合。26本でトップを走る本塁打との2冠へ、全力で走り抜ける。デイリースポーツ評論家の狩野恵輔氏が大山の打撃を分析した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神6-5ヤクルト」(18日、甲子園球場) 阪神・糸井がバットでチームに貢献した。まずは1死一塁で迎えた初回の第1打席。小川の140キロカットボールを捉えた。鋭い打球は一、二塁間を抜け、右翼の前へ。快足を飛ばし二塁に到達。大山の逆転打を演出した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神6-5ヤクルト」(18日、甲子園球場) “矢野チルドレン”が、スタメン起用に見事に応えてみせた。16日に今季初昇格した阪神・板山が「2番・二塁」で先発。ファームでここ5試合、20打数10安打と調子を上げていた2軍のヒットマンが1軍の舞台でも、その片りんをのぞかせた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神6-5ヤクルト、20回戦、阪神11勝9敗、18日、甲子園)大山が一回に放った右前適時打は「打点を稼げる打撃」だった。フルカウントから内角球をおっつけて右方向へ。状況に応じた理想的な打ち方ができていた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神6-5ヤクルト、20回戦、阪神11勝9敗、18日、甲子園)九回、1点差に迫られ、なお2死一、三塁のピンチ…。マウンド上の虎の守護神・スアレスの姿に、15日の中日・高橋に浴びた悪夢の逆転サヨナラ3ランが重なって…くわばら、くわばら…。

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト高津臣吾監督が、エースの小川泰弘投手(30)へかける期待を口にした。小川は、先発した18日の阪神戦で自己最短タイとなる1回2/3で降板した。指揮官は「… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトが、ドラフト1位の最終候補に早大・早川隆久投手(4年=木更津総合)とともに、亜大・平内(へいない)龍太投手(4年=神戸国際大付)を挙げていることが18… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

長い試合だったが「いいな」と思った場面はゲームが始まってすぐに訪れた。ヤクルトの先頭打者エスコバーが内野への飛球を打ち上げた。これに対し、今季初スタメンだった… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神6-5ヤクルト」(18日、甲子園球場) 手に残る感触は、完璧だった。長い滞空時間で大きな弧を描いた白球。スタンドに消えるのを確認しながら、淡々とダイヤモンドを一周した。これぞ大砲の一撃。湿っぽかった阪神・ボーアのバットから、久々に、心地よい、乾いた打球音が響いた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神6-5ヤクルト」(18日、甲子園球場) 2つのタイトルの文字は視界に捉えた。阪神の大山悠輔内野手(25)が1点を追う初回、右翼線へ逆転の2点適時打を放った。これで今季74打点とし、リーグトップの巨人・岡本に4差と接近。目の前で5打点を稼いだヤクルト・村上に抜かれたが、それでもリーグ3位タイだ。残り19試合。26本でトップを走る本塁打との2冠へ、全力で走り抜ける。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神6-5ヤクルト」(18日、甲子園球場) 成績以上に、勝利へと導けなかった現実を見つめた。4安打5打点と気を吐いたヤクルト・村上に、笑みはない。「僕が打って、勝たせたい」。打点はリーグ2位となる76打点、本塁打は同4位の23号。この試合の全打点をたたき出したが、思いはあと一歩届かなかった。

後で読む
東京スポーツ

逆転残留なるか!? 阪神の中継ぎ助っ人ジョン・エドワーズ投手(32)が、ここへきて徐々に存在感を高めている。18日のヤクルト戦(甲子園)では8回に4番手で登板し、1イニングを無失点に抑えて6ホールド…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神6-5ヤクルト、20回戦、阪神11勝9敗、18日、甲子園)2冠いける!! 阪神はヤクルトに6-5で勝利。0-1の一回に大山悠輔内野手(25)が逆転の2点打を放った。セ・リーグトップの巨人・岡本和真内野手(24)に4差に迫る74打点。26発でキングに立っている本塁打との2冠が見えてきた。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神6-5ヤクルト、20回戦、阪神11勝9敗、18日、甲子園)3つ目のアウトを奪うと、ほっとした表情でゆっくりベンチへと歩を進めた。藤浪は1回をゼロに抑え、登板6戦連続無失点で今季5ホールド目。中継ぎという新境地で、ブルペン陣になくてはならない存在になっている。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神6-5ヤクルト、20回戦、阪神11勝9敗、18日、甲子園)阪神はヤクルトに勝ち、2連勝とした。矢野燿大監督(51)の一問一答は以下の通り。

後で読む
デイリースポーツ

セ・リーグの打撃3部門(打率、本塁打、打点)の上位選手が活躍を続けている。ヤクルトの村上は23号3ランを放つなど4安打5打点の活躍。阪神の大山も2打点を挙げている。各部門のタイトル争いをまとめる。 上位3選手に続く数字が現在の成績。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神6-5ヤクルト」(18日、甲子園球場) 初回に17号2ランを放ち勝利に貢献した阪神のボーアがお立ち台で“ほぼ日本語”でインタビューに答えた。

後で読む
東京スポーツ

阪神は18日のヤクルト戦(甲子園)に6―5で勝利。2点リードの9回に守護神スアレスが打ち込まれ1点差まで詰め寄られるも、辛くも接戦をものにした。  初回にヤクルトに先制を許したが、その裏に鮮やかに逆…

後で読む
デイリースポーツ

「阪神6-5ヤクルト」(18日、甲子園球場) 阪神の矢野燿大監督が、代打で送り出した井上の飛球について、振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神6-5ヤクルト」(18日、甲子園球場) 高津ヤクルトが、雨天中止を挟んで連敗。今季ワーストとなる借金は22まで膨れあがった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神6-5ヤクルト」(18日、甲子園球場) 阪神が最下位ヤクルト相手に連勝し、貯金を2に増やした。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は一回に大山の2点適時打で逆転し、ボーアが17号2ランを放った。四回は糸井の適時打などで2点を加えた。秋山は5回4失点で8勝目。継投で逃げ切った。ヤクルトは九回に1点差としたが及ばず。今季の負け越しが決まった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場) 阪神・藤浪晋太郎投手(26)が2点リードの六回から登板し、1回無安打無失点に抑えた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場) プロ通算100試合目のマウンドに立った阪神・秋山拓巳投手(29)が5回8安打4失点(自責3)で、8勝目の権利を持ってマウンドを降りた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場) 阪神のドラフト2位・井上広大外野手(19)=履正社=が、七回二死一塁から代打で登場した。

後で読む
東京スポーツ

2年ぶり一軍昇格の板山祐太郎外野手(26)が18日のヤクルト戦で躍動を見せた。 「2番・二塁」で今季初先発。1点を追う初回一死でヤクルト先発・小川泰弘(30)から中前打で出塁。その後、4番・大山俊輔…

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場) 捕球体勢に入ったが、ボールをつかむことができなかった。そのプレーは5点リードの五回1死走者なしで起こった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場) プロ通算100試合目のマウンドに立った阪神・秋山拓巳投手(29)が5回8安打4失点(自責3)で、8勝目の権利を持ってマウンドを降りた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場) ヤクルトの小川泰弘投手(30)が、自己最短タイでKOされる屈辱にまみれた。1回2/3を6安打4失点と打ち込まれ、早期降板に。1回2/3での降板は、2014年4月18日阪神戦(甲子園)以来の屈辱だった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場) ヤクルトの村上が23号3ランを放った。本塁打、打点の2部門でトップを追っている。

後で読む
東京スポーツ

阪神のジャスティン・ボーア外野手(32)が18日のヤクルト戦(甲子園)で17号2ランを放った。  初回に1点を先制されたが、その裏に大山の2点適時打で逆転に成功。さらに二死一塁で第1打席を迎えたボー…

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場) 阪神が初回、大山悠輔内野手の2点適時打で逆転し、ジャスティン・ボーア内野手の17号2ランで追加点を奪った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場) 初回に1点の先制を許した阪神がその裏に4番・大山の一打で即座に逆転した。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは18日、19日の予告先発投手を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は18日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグ阪神・ガンケル-ヤクルト・スアレス(甲子園)

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-ヤクルト、20回戦、18日、甲子園)スターティングメンバーが発表され、阪神の板山祐太郎外野手(26)が「2番・二塁」で先発出場。1軍戦は2018年10月13日の中日戦(ナゴヤドーム)以来、736日ぶりとなる。ウエスタンではここまで67試合に出場し、打率・258。チームトップの57安打を放っている。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場) 阪神の先発は秋山。前日の試合は雨天中止となったが、先発を予定していたガンケルは19日に回ることになったため、秋山が予定通り先発のマウンドに上がる。

後で読む
サンケイスポーツ

今季で結成10周年を迎えた、東京ヤクルトスワローズのオフィシャルダンスチーム「Passion」のメンバー15人を日替わりで紹介します! 持ち前のルックスと、ハイレベルなダンスレッスンで鍛え上げられた彼女たちの情熱的でエネルギッシュなパフォーマンスにご期待ください。

後で読む
日刊スポーツ

セ、パ両リーグは17日に雨で中止となった2試合の日程追加を次の通り発表した。▽10月19日 阪神-ヤクルト(18時・甲子園)ロッテ-日本ハム(18時・ZOZO… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場) 阪神のオネルキ・ガルシア投手(31)が18日、試合前練習に参加し、1軍に合流した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神(降雨中止)ヤクルト」(17日、甲子園球場) 元阪神監督でデイリースポーツ評論家の岡田彰布氏(62)が、阪神・大山悠輔内野手について言及した。16日のヤクルト戦(甲子園)では4打数4安打と絶好調。巨人・岡本和真内野手とし烈な本塁打王争いを繰り広げている。タイトル獲得が視界に入るなか、岡田氏が大山に求めるものとは。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神(降雨中止)ヤクルト」(17日、甲子園球場) 阪神・秋山拓巳投手(29)は当初の予定通り18日・ヤクルト戦に先発することが17日、決まった。今季は5戦3勝と好相性。得意のツバメ狩りで2017年以来、3年ぶり2桁勝利に望みをつなぐ。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神(降雨中止)ヤクルト」(17日、甲子園球場) 試合の中止を告げるアナウンスに、悲鳴とともに怒号が交じる。テレビカメラは泣きじゃくる少女を映した。週末、スタンドを埋め尽くしたファンの願いも届かない。ギリギリまで開催を粘ったが、この判断が結果的にドタバタ劇を生んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神(降雨中止)ヤクルト」(17日、甲子園球場) 今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が18日・ヤクルト戦(甲子園)で1軍復帰登板する可能性が17日、浮上した。雨天中止となった17日の同戦は2試合ぶりにベンチ入り。矢野監督は「明日も入れるというのは決めている」と明言した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神(降雨中止)ヤクルト」(17日、甲子園球場) 阪神ドラフト2位・井上広大外野手(19)=履正社=が、大山悠輔内野手(25)から打撃の極意を学んでいることが17日、明らかになった。この日も打撃の助言を受ける姿が見られた。矢野燿大監督(51)も井上に対し「(大山)悠輔を見といてみ」と指示。将来的に2人の本塁打王争いを期待した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-ヤクルト=雨天中止、17日、甲子園)大山に学べ! ヤクルト戦(甲子園)が雨天中止となった17日、阪神・矢野燿大監督(51)は、前日16日にプロ初安打初打点を記録したドラフト2位・井上広大外野手(19)=履正社高=の“先生”として、本塁打王争いでトップに立つ大山悠輔内野手(25)を挙げた。高卒新人に過度な期待はしないが、成長著しい4番打者から技術も心得も吸収し、大きく成長していくことを願った。

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りでの現役引退を表明している藤川球児投手(40)が、18日のヤクルト戦(甲子園)でベンチ入りする。同戦が雨天中止となった17日に、矢野燿大監督(51)が明言した。球団は、引退セレモニーを行う11月10日の巨人戦(甲子園)について、来場者にメモリアルポスターをプレゼントするなど詳細も発表。花道への準備は、着々と整っていく。

後で読む
日刊スポーツ

阪神矢野燿大監督(51)が雨降る甲子園で、ドラフト2位の井上広大外野手(19)と大山による夢の本塁打王争いを語った。17日のヤクルト戦は雨天中止。前日にプロ初… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

17日午後2時開始予定だった阪神-ヤクルト戦(甲子園)は天候不良のため中止となった。コロナ禍で日程が大きく変更された今季、試合開催はリーグ連盟の判断で決定。午後0時の開門から最大で3時間35分待ったファンからは大きなため息がもれた。

後で読む
日刊スポーツ

阪神秋山拓巳投手は18日ヤクルト戦に予定通り先発する。今季5戦3勝と好相性のカード。ここ2試合は6回を持たず「ストレートの走りが重要になると思う。走りが良くな… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

17日に甲子園で行われる予定だった阪神-ヤクルト戦は、悪天候によるグラウンド不良により中止。阪神・矢野燿大監督(51)の一問一答は以下の通り。

後で読む
東京スポーツ

 90分粘ったが…。17日の阪神対ヤクルト戦(甲子園)は午後3時35分に降雨中止が発表され、19日の予備日に行われる運びとなった。  中止決定後の矢野燿大監督(51)が案じたのが、週末ということもあり…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は17日、セ・パ両リーグで3試合を実施。DeNA-巨人、阪神-ヤクルト、ロッテ-日本ハムは降雨中止となった。

後で読む
デイリースポーツ

 「阪神(降雨中止)ヤクルト」(17日、甲子園球場) 阪神ドラフト2位・井上広大外野手(19)=履正社=がプロ初安打&初打点から一夜明け、喜びの声を口にした。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神(降雨中止)ヤクルト」(17日、甲子園球場) 天候不良により、NPBの判断で15時35分に試合中止が決定した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神(降雨中止)ヤクルト」(17日、甲子園球場) プレーボール開始予定時刻から1時間半もの間、降雨が弱まるのを待ったが、阪神VSヤクルト戦は雨天中止に…。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムの木田優夫投手コーチ(52)が17日、22日のソフトバンク戦(札幌ドーム)での先発が濃厚な吉田輝星投手(19)に改めて期待を寄せた。この日はロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)が雨天中止となり、同球場で取材に応じた。 吉田輝は今季1軍での登板は2戦未勝利ながら、ファームでは好投を続け着実な成長を示している。15日のイースタン・ヤクルト戦(鎌ケ谷)では5回パーフェクト投球を見せ、今季三度目の1軍マウンドを勝ち取った。

後で読む
東京スポーツ

90分粘ったが…。17日の阪神対ヤクルト戦(甲子園)は午後3時35分に降雨中止が発表され、19日の予備日に行われる運びとなった。  中止決定後の矢野燿大監督(51)が案じたのが、週末ということもあり…

後で読む
サンケイスポーツ

甲子園で予定されていた阪神-ヤクルト戦は17日、降雨のため中止となった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神(降雨中止)ヤクルト」(17日、甲子園球場) 天候不良により15時35分に中止が決まった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神(降雨中止)ヤクルト」(17日、甲子園球場) 天候不良により15時35分に試合中止が決定した。プレーボールを待ちわびたファンは大ブーイング。泣き出すファンも現れる中、ドラフト2位・井上、小幡、熊谷が登場。雨の中、スタンドに手を振り、グラウンドを一周した。

後で読む
スポーツニッポン

 甲子園で14時から予定されていた阪神―ヤクルト戦は天候不良のため15時35分に中止が発表された。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は17日、セ・パ両リーグで3試合を実施。DeNA-巨人、阪神-ヤクルト、ロッテ-日本ハムは降雨中止となった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(17日、甲子園球場) 遅延が発表された。球場の大型ビジョンに「天候不良のため試合開始を遅らせます。ご了承くださいませ」とアナウンスされた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(17日、甲子園球場) 甲子園は午前中から降り続いた雨で試合開始が遅れた。小降りとなった15時前には内野に敷かれたシートを外し、阪神園芸の整備により試合開始の準備が行われた。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・歳内宏明投手(27)=前四国IL香川=が17日、約4年ぶりに甲子園球場での登板となった16日の先発登板を振り返った。

後で読む
日刊スポーツ

元阪神のヤクルト歳内宏明投手(27)が17日、1633日ぶりの甲子園での登板を振り返った。16日の阪神戦で、16年4月27日巨人戦以来となるマウンドに立ち「慣… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(17日、甲子園球場) 両チームのスタメンが発表された。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(17日、甲子園球場) 遅延が発表された。球場の大型ビジョンに「天候不良のため試合開始を遅らせます。ご了承くださいませ」とアナウンスされた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は17日、セ・パ両リーグで4試合を実施。DeNA-巨人、ロッテ-日本ハムは降雨中止となった。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは17日、18日の予告先発投手を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-ヤクルト、20回戦、17日、甲子園)午後2時予定だった試合開始が、雨天のため遅延されることが発表された。午前から雨が降り続いており、両軍ともに試合前練習は室内練習場で行っていた。グラウンドの内野土部分にはシートかぶせられたままで、午後1時30分に遅延の場内アナウンスが流された。

後で読む
日刊スポーツ

両チームのスタメンが発表された。先発は阪神がジョー・ガンケル投手(28)、ヤクルトがアルバート・スアレス投手(31)。阪神ガンケルは先発再転向後は4度目の登板… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(17日、甲子園球場) 阪神は甲子園に隣接する室内練習場で試合前練習を行った。西宮市内は朝から雨が降り続き、前日16日の試合後から内野にはシートが敷かれている。

後で読む
東京スポーツ

虎の金の卵の記念一打が早くも…。16日のヤクルト戦でプロ初安打&初打点を記録した阪神の高卒1年目新人・井上広大外野手(19)のバットとプロ初安打の記念球が17日から、甲子園球場に隣接する甲子園歴史館…

後で読む
サンケイスポーツ

今季で結成10周年を迎えた、東京ヤクルトスワローズのオフィシャルダンスチーム「Passion」のメンバー15人を日替わりで紹介します! 持ち前のルックスと、ハイレベルなダンスレッスンで鍛え上げられた彼女たちの情熱的でエネルギッシュなパフォーマンスにご期待ください。

後で読む
デイリースポーツ

甲子園歴史館は、ドラフト2位・井上広大外野手(履正社)が16日・ヤクルト戦(甲子園)でプロ初安打を放った際のボールと、使用したバットを17日から展示した。 井上は「プロ入り初ヒットを打つことができましたが、ファンのみなさんの声援があり打つことができましたし、あの声援は一生忘れられないものになりました。ボールとバットを歴史館に展示いただけることになって、ファンのみなさんに見ていただけることは僕自身もすごく嬉しいことなので、ぜひたくさんのファンの方々に見ていただきたいです。ボールは自分の手元に戻ってきたら、感謝の気持ちを込めて、お母さんに渡したいと思います。これからも応援よろしくお願いします!」とコメント。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神5-0ヤクルト」(16日、甲子園球場) 将来の大砲候補に甲子園初打席で待望の一本が飛び出した。阪神ドラフト2位ルーキーの井上広大外野手(19)が八回無死一塁に代打で登場。ヤクルト・久保から右中間へ、球団の高卒新人野手では1968年・川藤幸三以来となるプロ初安打初打点の適時二塁打を放った。若虎の一打で快勝劇を締めくくり、チームは連敗を3で止め、貯金1とした。井上のプロ初安打に母・貴美さんが思いを寄せた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神5-0ヤクルト」(16日、甲子園球場) 連敗を3で止めた勝ちゲームだからこそ、あえて声を大にして言いたい。阪神はダメを押したいところで押せない積年の課題が依然として解消できていないし、このままでは来年も同じ結果に終わってしまうよと。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神5-0ヤクルト」(16日、甲子園球場) ベンチ後方に座ったまま、勝利の瞬間を見届けた。ようやく重圧から解かれ、阪神・西勇の顔にも笑みが浮かぶ。悪夢の3連敗で迎えた一戦。チームを背負うエースは、8回を無失点の熱投で応えた。節目となる3年連続7度目の10勝。Bクラス転落危機で連敗を止めた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神5-0ヤクルト」(16日、甲子園球場) 将来の大砲候補に甲子園初打席で待望の一本が飛び出した。阪神ドラフト2位ルーキーの井上広大(こうた)外野手(19)が八回無死一塁から代打で登場。ヤクルト・久保から右中間へ、球団の高卒新人野手では1968年・川藤幸三以来となるプロ初安打初打点の適時二塁打を放った。若虎の一打で快勝劇を締めくくり、チームは連敗を3で止め、貯金1とした。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトは16日、今季限りで現役を引退する五十嵐亮太投手(41)の引退試合を25日・中日戦(神宮)で行うと発表した。 また23日からの同3連戦では、各試合先着1万人に五十嵐のクリアファイルを配布する。

後で読む
スポーツニッポン

 ヤクルトの歳内宏明投手(27)が16日、独立リーグ・香川からNPB復帰後で初めて古巣・阪神戦に先発。16年4月27日以来、1633日ぶりとなる甲子園での登板は5回途中90球、2失点でチームも敗れたが、降板時にはスタンドから大きな拍手を浴びた。右肩故障、戦力外など幾多の困難を乗り越えた右腕が力投。最下位に低迷するチームにおいて存在感は増している。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神5-0ヤクルト、19回戦、阪神10勝9敗、16日、甲子園)西勇さんに2桁勝利を届ける!! 打球は、グングンと伸びて右翼ポールを直撃した。2-0の六回、梅野が、梅野撃ち。ヤクルトの2番手同姓右腕の150キロ直球を一閃。1日の中日戦以来の6号ソロを放ち、西勇をバットでも強力に援護した。

後で読む
東京スポーツ

 引退行脚中に置き土産を――。今季限りで現役を引退する阪神・藤川球児投手(40)が16日のヤクルト戦でベンチ入りこそ外れたが引退表明後初めて聖地・甲子園での一軍公式戦に臨んだ。残り20試合、各地で有終…

後で読む
東京スポーツ

16日のヤクルト戦(甲子園)での8回に代打で中越えの適時二塁打を放ち、球団としては1997年の浜中治以来の高卒新人初安打、さらに初打点をマークした阪神のドラフト2位新人・井上広大外野手(19)が試合…

後で読む
デイリースポーツ

「阪神5-0ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神のドラフト2位ルーキー・井上広大が八回にタイムリーを放ち、初安打・初打点をマークした。試合後は、1軍で安打がでなくても母親から届くメールに励まされ、気持ちを切り替えていたことなどを明かした。以下、一問一答の要旨。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神5-0ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神の矢野燿大監督が、ドラフト2位ルーキーで、初安打・初打点をマークした井上広大について今後の飛躍につなげることを期待した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神5-0ヤクルト、19回戦、阪神10勝9敗、16日、甲子園)阪神は投打がかみ合い、5-0でヤクルトに快勝。連敗を3で止めた。貯金を再び1とした矢野燿大監督の一問一答。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神5-0ヤクルト、19回戦、阪神10勝9敗、16日、甲子園)阪神の大山がタイムリー2本を含む今季初の4安打。4番の働きに「しっかり走者がいるところでかえせたことは良かった」と胸を張った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神5-0ヤクルト」(16日、甲子園球場) 高津ヤクルトが今季8度目の完封負けを喫し、借金はワーストタイの「21」。打線がつながりを欠き、シーズン勝ち越しの可能性が消滅した。

後で読む
東京スポーツ

阪神は16日のヤクルト戦(甲子園)の5―0と快勝。敗れれば4連敗となり貯金が底をつく正念場の一戦だったが、先発の西勇輝投手(29)が8回を5安打無失点に抑える快投で節目の10勝目をマークした。  野…

後で読む
東京スポーツ

阪神・梅野隆太郎捕手が16日のヤクルト戦の6回に、貴重な中押し点となる6号ソロ。直近5試合で無安打と打撃不振に苦しんでいたが、この日は4打数2安打と復調の兆しを見せた。盟友の先発・西勇をリードだけで…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神5-0ヤクルト、19回戦、阪神10勝9敗、16日、甲子園)阪神が連敗を3で止めた。西勇は走者を背負っても冷静で、8回無失点。3年連続2桁勝利に達した。四回に先制二塁打の梅野が2-0の六回は一発。大山は4安打2打点。歳内が五回途中2失点のヤクルトは好機で一本が出なかった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神5-0ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神のドラフト2位ルーキー・井上広大外野手が八回にタイムリーを放ち、プロ初安打と初打点を本拠地でマークした。試合後は、10勝目の西勇、本塁打を放った梅野とともに初お立ち台も経験した。

後で読む
東京スポーツ

阪神の井上広大外野手(19)が16日のヤクルト戦(甲子園)でプロ初安打初打点をマークした。  14日に一軍初昇格後、2日連続でスタメン出場していたが、この日は9回に代打で甲子園デビューとなった井上。…

後で読む
東京スポーツ

借金で首が回らない。ヤクルトは16日の阪神戦(甲子園)に0―5で今季8度目の完封負けを喫した。先発・歳内は5回途中を2失点と踏ん張った。それでも2番手・梅野から寺島、久保とこの日、投げた投手は全員失…

後で読む
デイリースポーツ

 「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 元阪神のヤクルト・歳内宏明投手(27)が、古巣である阪神と初対戦。4年ぶりとなった甲子園の登板で、4回1/3を8安打2失点、5奪三振だった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神・大山が大爆発だ。3-0の七回1死一塁。3番手寺島から中堅フェンス直撃の適時二塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神・西勇輝投手(29)が最大のピンチを脱した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神のドラフト2位井上がプロ初安打初打点で甲子園デビューを飾った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神5-0ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神が連敗を「3」で止め、今季の甲子園勝ち越しを決めた。元阪神のヤクルト先発・歳内を攻略。小刻みに得点を重ね、再び貯金を「1」とした。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は16日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
東京スポーツ

 阪神・梅野隆太郎捕手(29)が16日のヤクルト戦(甲子園)で6号ソロ本塁打を放った。2点リードの6回先頭で打席に入ると、ヤクルト2番手・梅野の4球目の150キロを叩き、右翼ポールに直撃させた。  1…

後で読む
東京スポーツ

阪神・大山悠輔内野手(25)が16日のヤクルト戦(甲子園)の5回に3打席連続安打となる左前適時打をマーク。チームに貴重な追加点をもたらすとともに、この時点で今季71打点とし、セ・打点王争い3位タイに…

後で読む
東京スポーツ

〝恩返し勝利〟とはいかなかった。ヤクルトの歳内宏明投手(27)が16日の阪神戦(甲子園)に先発し、5回途中8安打2失点。昨年まで所属した古巣のチームメート相手に白星を挙げることはできなかった。  4回…

後で読む
東京スポーツ

待望の対戦も勝利はつかめなかった。ヤクルトの歳内宏明投手(27)が16日の阪神戦(甲子園)に先発。4回1/3を投げ8安打2失点だった。  入団会見でも「阪神戦で投げたいという気持ちがある」と話してい…

後で読む
東京スポーツ

阪神・梅野隆太郎捕手(29)が16日のヤクルト戦(甲子園)で6号ソロ本塁打を放った。2点リードの6回先頭で打席に入ると、ヤクルト2番手・梅野の4球目の150キロを叩き、右翼ポールに直撃させた。  1…

後で読む
サンケイスポーツ

気温10度台と肌寒い風が吹く中、球場を包む拍手が温かった。ヤクルト・歳内宏明投手(27)=前四国IL香川=が、古巣相手に先発。久々に上がるマウンドの感触を確かめながら、思い切り腕を振った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神・西勇輝投手(29)が五回終了時点で3安打無失点と好投を続けている。自身10勝目、そしてチームの連敗を「3」で止めるべくマウンドでの“奮投”ぶりが光っている。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神・大山が追加点をたたき出した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神・梅野が“梅野撃ち”だ。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 元阪神のヤクルト・歳内宏明投手(27)が、古巣である阪神と初対戦。4年ぶりとなった甲子園での登板だったが、4回1/3を投げたところで降板となった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神はNPB新型コロナウイルス感染予防ガイドラインに則った形式で、甲子園ライトスタンドでの太鼓、電子笛を使用しての応援活動を再開した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神が先制した。ヤクルトの先発は、元阪神の歳内で三回まで無得点だったが、四回に梅野がタイムリーを放った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神打線は初回、ヤクルトの先発・歳内の前に三者凡退に終わった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神打線がヤクルトの先発・歳内に苦戦している。

後で読む
日刊スポーツ

両チームのスタメンが発表された。先発は阪神が西勇輝投手(29)、ヤクルトが歳内宏明投手(27)。阪神西勇は現在、防御率2・18でリーグ3位につける。自身3連勝… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは、2試合ぶりに「1番三塁」でエスコバー内野手がスタメンに名を連ねた。2番には、今季2試合目となる田代将太郎外野手が入った。「7番右翼」で山崎晃大朗外… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 両チームのスタメンが発表された。

後で読む
デイリースポーツ

阪神ジョー・ガンケル投手が16日、甲子園で汗を流し、先発予定の17日・ヤクルト戦へ意気込みを語った。 「シンプルに考えてボールを低めに集めたい。低めにいいボールを投げようと意識し過ぎるとカウントを悪くしてしまうこともあるから、打者にゴロを打ってもらえるようにツーシームなどを上手く使って、カウントを有利にして抑えていきたい」

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神・板山祐太郎外野手(26)が16日、1軍戦が行われる甲子園の試合前練習に合流し、この日、出場選手登録された。1軍での出場は18年10月13日・中日戦以来遠ざかっている。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-ヤクルト、19回戦、16日、甲子園)かつての本拠地に戻ってきた。ヤクルト・歳内宏明投手(27)が、甲子園で阪神時代の2016年4月27日の巨人戦以来、4年ぶりに登板する。

後で読む
日刊スポーツ

巨人は16日、東京ドームの試合をスマートフォンでコメント投稿などをしながら視聴できる参加型ライブ配信を23日阪神戦からドーム最終戦の11月8日ヤクルト戦までの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神ドラフト2位・井上広大外野手(19)=履正社=が1軍の公式戦では初めて甲子園の練習に参加し、フリー打撃でかっ飛ばした。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神・板山祐太郎外野手(26)が16日、1軍戦が行われる甲子園の試合前練習に合流した。1軍での出場は18年10月13日・中日戦以来遠ざかっているだけにこのまま昇格となれば、2年ぶりとなる。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・五十嵐亮太投手(41)が今季限りでの現役引退を発表した。誰もが愛する人柄に、引退を惜しむ声が尽きなかった。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトの五十嵐亮太投手(41)が15日、東京都内の球団事務所で引退会見を行った。向上心を支えに、情熱で走り続けてきた23年。「もう泣いてきちゃった、たくさん」。涙はない。最後まで笑顔が似合う男だった。 日米通算905試合の思い出が走馬燈のように駆け巡る。晴れやかな表情で登壇すると赤、青、白のヤクルトカラーの花々に出迎えられた。「結果が出なかったら引退」と腹をくくって迎えた今季。「ギリギリまで自分の可能性を信じた」と生まれて初めてサイドスローにも挑戦するなど、現役続行への道を模索し続けたが…。最後にはユニホームを脱ぐ決断を下した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト4-3DeNA」(15日、神宮球場) 技ありの一発だ。DeNAの佐野が二回に右翼へ19号ソロを放った。勝利にはつながらなかったが、球団の日本選手では2008年の吉村以来となる4試合連続本塁打。首位打者を走る4番が長打力も開花させつつある。

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りで現役を退くヤクルト・五十嵐亮太投手(41)が15日、東京・北青山の球団事務所で引退会見を行った。今季はここまで1軍登板がなかったが、復活の道を探るべく横手投げに挑戦していたことを明かした。同学年の石川雅規投手(40)に「200勝してほしい」とエールを送り、予定されている引退試合では「引退を撤回するぐらいの勢いでやりたい」と覚悟を示した。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトの五十嵐亮太投手(41)が15日、東京都内の球団事務所で引退会見を行った。 澄み切ったような笑顔で登壇すると、五十嵐はヤクルトカラーの鮮やかな花々に出迎えられた。まずは「プロ野球選手になれてよかった、23年間ありがとうございました」とあいさつ。引退決断に至った理由については「今シーズンに入る前から、結果が出なかったら引退すると決めていました」と説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、ヤクルト4-3DeNA、24回戦、DeNA12勝11敗1分、15日、神宮)ヤクルトの村上が熊本・九州学院高の2年先輩の伊勢から22号ソロを放った。3-1の五回1死で、フォークボールを右翼席へ運び「その前に2打席連続で併殺を打っていたので、何とか貢献できて良かった」と安堵した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト4-3DeNA、24回戦、DeNA12勝11敗1分、15日、神宮)ヤクルトのドラフト2位ルーキー吉田喜が6回2失点で2勝目を挙げた。二回に佐野、六回には梶谷にソロ本塁打を浴びたが、カーブを効果的に使って的を絞らせず「本塁打以外は攻めの気持ちを持って、リズム良く投げられた」と胸を張った。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト4-3DeNA」(15日、神宮球場) DeNAは強力打線が機能せず、勝率5割復帰を逃した。

後で読む
スポーツニッポン

 日米通算905試合登板の全てをリリーフフで築いたヤクルトの五十嵐亮太投手(41)が15日、都内の球団事務所で引退会見を行った。濃紺のスーツに身を包んだ右腕は「今シーズンで引退することを決意しました。平たんな道のりではありませんでしたが、人の縁にも恵まれ、ここまで来ることができました。“プロ野球選手になれて良かったな”と心から思えるということに感謝してます。23年間、本当にありがとうございました…

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトの五十嵐亮太投手(41)が15日、東京都内の球団事務所で記者会見を行い、今季限りでの現役引退を表明した。救援一筋で日米通算905試合に登板し「縁に恵まれて23年間もプロ野球選手をやってこられた。感謝している」とすがすがしい表情で語った。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(15日、神宮球場) DeNA先発・平良が2回4安打3失点で降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(15日、神宮球場) DeNAが4番・佐野の4試合連続となる本塁打で先制した。

後で読む
日刊スポーツ

16日のプロ野球予告先発は以下の通り。<セ・リーグ>DeNA井納翔一-巨人今村信貴(横浜=18時)阪神西勇輝-ヤクルト歳内宏明(甲子園=18時)広島床田寛樹-… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトの五十嵐亮太投手(41)が15日、東京都内の球団事務所で記者会見を行い、今季限りでの現役引退を表明した。救援一筋で日米通算905試合に登板し「縁に恵まれて23年間もプロ野球選手をやってこられた。感謝している」とすがすがしい表情で語った。 千葉・敬愛学園高から1998年にドラフト2位でヤクルトに入団。速球を武器に2004年に最優秀救援投手に輝き、10年から米大リーグ3球団でプレーした。13年にソフトバンクで日本球界に戻り、昨季ヤクルトに復帰。今季は1軍登板がなく「シーズン前から結果が出なければ覚悟していた」と8月には現役引退を考えたという。

後で読む
日刊スポーツ

10月15日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>DeNA 平良拳太郎投手阪神 藤川球児投手中日 松葉貴大投手ヤクルト 吉田大喜投… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽DeNA 平良拳太郎投手 ▽阪神 藤川球児投手 ▽中日 松葉貴大投手 ▽ヤクルト 吉田大喜投手 【同抹消】 ▽巨人 藤岡貴裕投手 ▽ヤクルト 風張蓮投手

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りでの現役引退を発表したヤクルト・五十嵐亮太投手(41)が15日、東京・北青山の球団事務所で会見した。「今シーズンで引退することを決意しました。きょうまで平坦な道ではありませんでしたが、人の縁にも恵まれここまでやってくることができました」と安堵(あんど)したような表情だった。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトの五十嵐亮太投手(41)が15日、東京都内の球団事務所で引退会見を行った。 澄み切ったような笑顔で登壇すると、五十嵐はヤクルトカラーの鮮やかな花々に出迎えられた。まずは「プロ野球選手になれてよかった、23年間ありがとうございました」とあいさつ。引退決断に至った理由については「今シーズンに入る前から、結果が出なかったら引退すると決めていました」と説明した。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトの五十嵐亮太投手(41)が15日、東京都内の球団事務所で引退会見を行った。終始晴れやかな笑顔で穏やかに進められた会見。最後にはつば九郎が大きな花束を持って登場し、つば九郎節の効いた言葉が贈られた。 愛くるしいマスコットと過ごしたこれまでの多くの時間が、五十嵐の目尻を下げた。登場した際には「つば九郎は若いときから知っているけど、おなか出てきたね」とニヤリ。五十嵐はプロ野球選手として23年間、つば九郎は27年間。共に過ごした年月を分かち合った。

後で読む
デイリースポーツ

今季限りで現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が15日、1軍出場選手登録された。8月13日に抹消されてから63日ぶり。今季のナゴヤドーム最終戦に合わせ、敵地ファンに別れを告げる意味もある。藤川は今後も1軍に帯同。全国のファンと現役最後の時間を過ごす。 巨人は藤岡投手をヤクルトは風張投手を抹消。オリックスは吉田凌投手が昇格した。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトの五十嵐亮太投手(41)が15日、東京都内の球団事務所で引退会見を行った。 澄み切ったような笑顔で登壇すると、五十嵐はヤクルトカラーの鮮やかな花々に出迎えられた。まずは「プロ野球選手になれてよかった、23年間ありがとうございました」とあいさつ。引退決断に至った理由については「今シーズンに入る前から、結果が出なかったら引退すると決めていました」と説明した。

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト五十嵐亮太投手(41)が15日、都内で現役引退の発表会見を行った。スーツ姿で登壇。「今シーズンで引退することを決意いたしました。今日まで平らな道のりで… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

 背中の違和感で戦線を離脱していたDeNA・平良拳太郎投手(25)が、15日のヤクルト戦(神宮)に先発する。約2カ月ぶりの1軍復帰の裏には、木塚敦志投手コーチの葛藤もあった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト6-9DeNA」(14日、神宮球場) ヤクルトは終盤に追い上げを見せたが、4連敗で優勝の可能性が完全消滅した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト6-9DeNA」(14日、神宮球場) ハマの4番がまたも神宮の夜空に放物線を描いた。4-0の五回、DeNA佐野が、ここまで2三振に抑えられていたヤクルト先発・石川のシンカーを捉え、右翼席への18号ソロ。自身2度目の3試合連発となった。貴重な中押し弾となり「甘い球をしっかりと捉えられたのが良かったなと思います」とうなずいた。

後で読む
東京スポーツ

ドラフト巧者・西武の動きが秘かに注目を集めている。10・26ドラフトの野手の目玉、近大・佐藤輝明内野手(4年)詣でが14日に終了。この日、奈良県生駒市の近大グラウンドを西武、ヤクルト、オリックスのス…

後で読む
サンケイスポーツ

 ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(19)=星稜高=が14日、イースタン・リーグ、日本ハム戦(鎌ケ谷)に先発し、3回を1安打無失点に封じた。プロ入り最長イニングを投げ、直球、変化球ともに両コーナーに集め、相手打線を寄せ付けなかった。高津臣吾監督(51)は「見たいのは、見たい」と今季中の1軍登板を期待した。

後で読む
日刊スポーツ

就任1年目のヤクルト高津臣吾監督(51)が、来季も続投する方針であることが14日、明らかになった。近く正式要請する予定で、来年が3年契約の2年目になる。衣笠オ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトが高津臣吾監督(51)の続投方針を決めたことが14日、分かった。3年契約の1年目となった今季は同日のDeNA23回戦(神宮)に6-9で敗れ、リーグ優勝の可能性が消滅。35勝56敗6分けで最下位に沈む一方で高卒3年目の村上宗隆内野手(20)を不動の4番に成長させるなど、若手を積極的に起用しており、再建への糧とする。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト6-9DeNA、23回戦、DeNA12勝10敗1分、14日、神宮)DeNAのドラフト2位新人の坂本が5回3安打1失点で4勝目を挙げた。二回までに3四球と乱れたが、打線の援護を受け「本当に心強い。余裕を持って投げられるようになった」と冷静に投球を修正。本来の制球を取り戻し山田哲、村上、青木の中軸を無安打に封じ、ヤクルト戦は3戦3勝とした。

後で読む
デイリースポーツ

「イースタン、日本ハム3-5ヤクルト」(14日、鎌ケ谷スタジアム) ヤクルトの奥川恭伸投手(19)が、2軍の日本ハム戦に先発。プロ最長となる3回を1安打無失点、2奪三振と好投し、「3回をゼロで抑えられてよかった」と胸をなで下ろした。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト6-9DeNA、23回戦、ヤクルト10勝12敗1分、14日、神宮)DeNA・佐野恵太内野手は、4-0の五回の第3打席に右越え18号ソロを放つなど5打数1安打だった。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAが逃げ切った。一回に宮崎の適時打で先制。三回にも宮崎の適時打などで3点を加え、その後も佐野の3戦連続の18号ソロなどでリードを広げた。坂本は5回1失点で4勝目。ヤクルトは4連敗で優勝の可能性が完全に消えた。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト6-9DeNA」(14日、神宮球場) DeNA打線が12安打9点を奪い2連勝。今季のヤクルト戦の勝ち越しを決め、借金1とした。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト6-9DeNA」(14日、神宮球場) ヤクルトが、投壊で優勝の可能性が完全消滅した。チームはこれで4連敗。DeNA戦の負け越しが決まり、借金は今季ワーストの21に膨れあがった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は14日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

「中日3-0阪神」(14日、ナゴヤドーム) 阪神が投打に元気なく連敗。中日の先発・大野雄に、2戦連続の完封負けを喫する屈辱で、ついに3位に転落した。また、4位のDeNAがヤクルトに大量リードを奪う展開。勝てば0・5差と肉薄し、Bクラス転落危機に陥った。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は14日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(14日、神宮球場) DeNAが4番・佐野の18号ソロで突き放した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(14日、神宮球場) ヤクルト先発石川が5回7安打5失点で降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(14日、神宮球場) DeNAドラフト2位の坂本が先発し、5回3安打1失点の好投。勝利投手の権利を手に降板した。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトの奥川が14日、日本ハムとの2軍戦(鎌ケ谷)に先発し、プロでは最長の3回を投げて1安打無失点だった。2三振を奪い「真っすぐで追い込んで落ちる球で三振を取れた。ゼロに抑えられて良かった」と手応えを話した。

後で読む
日刊スポーツ

DeNAが1回、宮崎の適時打で先制。3回は宮崎、倉本、ロペスの3連続適時打で3点。ヤクルトは3回まで無安打で得点なし。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

前代未聞の対決だ。中日・ドアラと、ヤクルト・つば九郎のマスコット同士による「笑ったら負け!にらめっこ対決!」が実現。YouTubeの中日の「マスコットチャンネル」で、動画を披露した。 イスに座って向かい合う両者。ともに微動だにしない。動画なのに動かない?これでいいいのか?というシュールな勝負が展開された。第1ラウンド、第2ラウンドともに引き分けに終わった。

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは14日、西田明央捕手(28)に第1子の長男が誕生したと発表した。10日に生まれ、母子ともに健康という。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(イースタン・リーグ、日本ハム-ヤクルト、14日、鎌ケ谷)ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(19)=星稜高=が先発し、プロ入り後最長となる3回を投げ1安打無失点。球数は37球で直球の最速は151キロだった。

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトのドラフト1位、奥川恭伸投手(19)が、7月20日以来となる公式戦先発に臨んだ。3回、打者10人に1安打2奪三振1四球で無失点。外角への制球も安定し、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(19)=星稜高=が14日、イースタン・リーグ日本ハム戦(鎌ケ谷)で今季5度目の先発マウンドに立つ。

後で読む
日刊スポーツ

「よく本当に頑張ったと思う」。ヤクルト高津臣吾監督が、入団当時から知る五十嵐亮太投手の現役引退を受けて13日、思いを明かした。監督コーチからも、後輩からも、フ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-8DeNA」(13日、神宮球場) DeNAの大貫が、自身3連勝で初の2桁勝利に王手をかけた。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-8DeNA」(13日、神宮球場) 看板の強力打線が、またも本領を発揮した。1-1の六回にDeNAは佐野の17号2ランで勝ち越し。続く七回には宮崎の14号3ラン、大和のキャリアハイとなる3号ソロが飛び出した。1試合3発でチームは9戦連続のマルチ弾。1968年の広島、77年の自軍の前身・大洋がマークしたセ・リーグ記録に並んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-8DeNA」(14日、神宮球場) DeNAがリーグ記録に並ぶ一発攻勢で快勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、ヤクルト1-8DeNA、22回戦、DeNA11勝10敗1分、13日、神宮)ヤクルトの高梨は1-1の六回無死二塁で佐野に勝ち越し2ランを浴びた。2球目のフォークボールの落ちが甘くバックスクリーンへたたき込まれ「それまで粘り強く投げられていたが、あの本塁打は反省点」と肩を落とした。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト1-8DeNA、22回戦、ヤクルト10勝11敗1分、13日、神宮)DeNAは佐野、宮崎、大和が本塁打を放ち、この試合で9戦連続の1試合2本塁打以上をマーク。1968年の広島、77年の大洋と並ぶセ・リーグ記録となった。DeNAの9試合の本塁打内訳は以下の通り ◆2日、対中日 オースティン(10号)、佐野(15号)、戸柱(4号) ◆3日、対中日 柴田(2号)、ソト(18号) ◆4日、対中日 オースティン(11、12、13号)、神里(2号) ◆6日、対巨人 ロペス(5号)、オースティン(14号) ◆7日、対巨人 ロペス(6号)、ソト(19号) ◆8日、対巨人 戸柱(5号)、オースティン(15号)、ロペス(7号) ◆10日、対阪神 オースティン(16号)、ソト20、21号) ◆11日、対阪神 佐野恵太(16号)、オースティン(17号)、ロペス(8号) ◆13日、対ヤクルト 佐野(17号)、宮崎(14号)、大和(3号)試合結果へプロ野球日程へ

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。