「2020年7月」の記事一覧

スポーツ報知

卓球メーカー「日本卓球株式会社(ニッタク)」は31日、抗菌ボール「Jトップクリーントレ球」を8月1日に発売すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(31日、甲子園球場) 阪神・サンズがビッグプレーでチームを救った。十回、1死一、二塁で大和が放った左越えの飛球を背走キャッチ。二走が飛び出しており、ボールが二塁へ送られて併殺となった。

後で読む
サンケイスポーツ

アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督は、所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの残留を信じているようだ。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神3-3DeNA=延長十回規定により引き分け、7回戦、3勝3敗1分、31日、甲子園)互いに終盤の好機を生かせず、延長十回引き分け。梅野の3点本塁打で先手を取った阪神は八回の勝ち越し機で原口が倒れた。DeNAは七回にオースティンの適時打などで2得点して同点。十回はチャンスでサンズの好捕に遭った。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球オリックスは31日、チームの管理部門に所属する大阪府東大阪市在住の40代の男性球団職員が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。札幌市で行われている日本ハム戦の遠征には同行しておらず、保健所が球団内の濃厚接触者の特定を行っている。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は31日、セ・パ両リーグで6試合が行われた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神3-3DeNA=延長十回規定により引き分け、7回戦、3勝3敗1分、31日、甲子園)互いに終盤の好機を生かせず、延長十回引き分け。梅野の3点本塁打で先手を取った阪神は八回の勝ち越し機で原口が倒れた。DeNAは七回にオースティンの適時打などで2得点して同点。十回はチャンスでサンズの好捕に遭った。

後で読む
スポーツ報知

阪神・藤川球児投手(40)が同点の延長10回から5番手でマウンドに上がり、無失点で切り抜けた。

後で読む
スポーツ報知

DeNAが終盤の好機を生かせず、今季2度目の引き分けとなった。

後で読む
スポーツ報知

阪神はDeNAに追いつかれ、今季2度目の引き分けとなった。

後で読む
スポーツ報知

阪神はDeNAに3点リードを追いつかれ、今季2度目の引き分けとなった。4回に梅野の3号3ランで先取点を奪ったが、6、7回に同点に追いつかれ、その後は両チーム無得点に終わった。

後で読む
スポーツ報知

阪神のジェリー・サンズ外野手(32)が起死回生のファインプレーでチームを救った。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球オリックスは31日、チームの管理部門に所属する大阪府東大阪市在住の40代の男性球団職員が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。札幌市で行われている日本ハム戦の遠征には同行しておらず、保健所が球団内の濃厚接触者の特定を行っている。 当該職員の同居家族が26日に体調不良を訴え、翌27日にPCR検査を受けて29日に陽性と判定された。職員は27日からチームを離れて自主隔離した上で30日に検査を受けて陽性と判定された。現在、職員に体調の異常はないという。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神3-3DeNA」(31日、甲子園球場) DeNAが今季2度目の引き分け。先発の上茶谷は6回3失点と粘りの投球をみせ、打線は青柳に苦しめられながら七回に代打・山下とオースティンの適時打で追いついた。

後で読む
デイリースポーツ

互いに終盤の好機を生かせず、延長十回引き分け。梅野の3点本塁打で先手を取った阪神は八回の勝ち越し機で原口が倒れた。DeNAは七回にオースティンの適時打などで2得点して同点。十回はチャンスでサンズの好捕に遭った。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム2-7オリックス」(31日、札幌ドーム) オリックスは4試合連続先制を許す苦しい展開だったが、四回にこの日、昇格したばかりの福田とモヤの二塁打で1点をかえすと、五回には若月の3号ソロで同点に追いついた。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム2-7オリックス」(31日、札幌ドーム) 日本ハムはエースの有原が6回1/3を10安打6失点と誤算だった。復調気配の大田が3試合連続の適時打を放つなど序盤はリードする理想的な展開だったが、守り切れず逆転負けを喫した。

後で読む
東京スポーツ

鷹打線が〝獅子の不沈艦〟の攻略に成功した。ソフトバンクが31日の西武戦(ペイペイ)に快勝。昨季から13連勝中だったニールに土をつけた。  4―4の同点で迎えた6回。7番・明石が試合を決めた。ニールの…

後で読む
東京スポーツ

巨人・原辰徳監督(62)が〝謎の含み〟でリリーフ陣の踏ん張りをたたえた。  31日の広島戦(東京ドーム)は2―1で辛勝。連敗を2で止めた。先発・畠が4回まで1失点ピッチングも、5回に会沢に頭部死球を…

後で読む
東京スポーツ

コイの扇の要がまた災難に見舞われた。広島の会沢翼捕手(32)が31日の巨人戦(東京ドーム)の5回一死で巨人先発・畠の149キロ直球が頭部に当たった。  頭を押さえて倒れた会沢にすぐにトレーナが駆け寄…

後で読む
東京スポーツ

粘投も初白星とはならなかった。DeNA・上茶谷が31日の阪神戦(甲子園)で今季2度目の先発マウンドに立ち、6回を95球、5安打2四球3失点。4回二死一、二塁から梅野に高めに浮いたカットボールをとらえ…

後で読む
東京スポーツ

貧打に泣いた。広島は31日の巨人戦(東京ドーム)に1―2で逆転負け。先発のルーキー森下は5回2失点の粘投を見せたが、打線が巨人投手陣を攻略できず、今季ワーストの3安打に終わった。唯一奪った得点は4回…

後で読む
スポーツニッポン

今季最多4連勝を狙った日本ハムは、エース有原が登板した試合でまさかの逆転負け。連勝が3でストップした栗山監督は「昨日までの流れでどうしても取りたい試合だった」と厳しい表情で振り返った。

後で読む
スポーツニッポン

阪神は延長10回に左翼・サンズの好守でピンチを切り抜けた。

後で読む
スポーツニッポン

入団6年目のオリックス・斎藤が、地元・札幌でうれしいプロ初勝利を手にした。

後で読む
スポーツニッポン

延長でも両チーム譲らず、試合は3―3で引き分けに終わった。

後で読む
スポーツニッポン

オリックスは31日、チームの管理部門に所属する40代の社員が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判断されたことを発表した。名前は公表していない。

後で読む
サンケイスポーツ

チェルシーのFWオリヴィエ・ジルーはティモ・ヴェルナーの加入により、激しいポジション争いとなることを認めている。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ5-4楽天、10回戦、楽天7勝3敗、31日、ゾゾマリン)ロッテは1-2の六回に井上の犠飛、田村の2点適時打、藤岡の適時打で4点を奪い逆転した。石川は6回8安打2失点で粘り今季初勝利。九回は益田が締めて10セーブ目。楽天は則本昂が六回途中5失点と崩れ自身3連敗となった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ5-4楽天、10回戦、楽天7勝3敗、31日、ゾゾマリン)ロッテの21歳の安田が3年目で初めて1試合3安打をマークした。二回に中前打、四回に右翼線二塁打を放つと六回には右越えへの安打でチームの逆転につなげた。相手エースの則本昂を攻略し「1年目に対戦した時は三振ばかりだった。ここ2試合は打てていなかったので、何とかチームに貢献したかった」とうなずいた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム2-7オリックス、10回戦、オリックス5勝4敗1分、31日、札幌D)日本ハムの有原は6回1/3で10安打を浴び、今季ワーストの6失点で5敗目を喫した。同点の七回の勝負どころで、浮いた球をことごとく痛打され「序盤に点を取ってくれていただけに、リードを守り切らなければいけなかった」とうなだれた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク5-4西武、10回戦、5勝5敗、31日、ペイペイD)ソフトバンクの東浜は六回途中3失点で勝敗はつかなかった。制球に苦しみ、三回は山川にスタンド中段まで運ばれると、中村にも2ランを浴びる。その後は立ち直って試合をつくり「1イニング3失点は反省しないと。三回以外は何とか耐えることができた」と息をついた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球オリックスは31日、チームの管理部門に所属する大阪府東大阪市在住の40代の男性球団職員が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。札幌市で行われている日本ハム戦の遠征には同行しておらず、保健所が球団内の濃厚接触者の特定を行っている。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ5-4楽天、10回戦、楽天7勝3敗、31日、ゾゾマリン)楽天の則本昂は六回途中まで5失点と崩れ3敗目を喫した。2-1の六回1死二、三塁で井上の犠飛で追い付かれると、田村に2点適時打を浴びて降板。今季最多の125球の力投が実らず「粘り切れませんでした。申し訳ない」と悔しそうに振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(31日、甲子園球場) 阪神・ガンケルが同点の八回に3番手で登板。3本の安打は許したもののなんとか無失点で抑えた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(31日、甲子園球場) 球界屈指の好打者が、節目の日に表情をゆがめた。この日39歳の誕生日を迎えた糸井が、2019年5月8日・ヤクルト戦以来450日ぶりとなる3三振を喫した。

後で読む
東京スポーツ

ラグビーのトップリーグ・NTTドコモは31日、選手1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。選手の氏名は公表していない。  当該選手は、オフ日だった24日昼過ぎ37・3度の発熱を確認。同選手は2…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日5-3ヤクルト、7回戦、3勝3敗1分、31日、ナゴヤD)5回2失点で勝ち投手の権利を持って交代したヤクルトのルーキー吉田喜は、リリーフが逆転を許して3度目の挑戦でも初白星に届かなかった。

後で読む
デイリースポーツ

覆面レスラー初代タイガーマスクのライバル、ブラック・タイガーで知られる英国の元プロレスラー、マーク・ロコ(本名マーク・ハッシー)さんが死去したと31日に複数の現地メディアが報じた。69歳。死因は不明。 ロコさんは70年にイギリスでプロレスデビュー。日本でも有名なダイナマイト・キッドと抗争するなど活躍。79年には“ローラーボール”マーク・ロッコの名で国際プロレスに初来日し、阿修羅・原の持つWWU世界ジュニアヘビー級王座に挑戦した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク5-4西武、10回戦、5勝5敗、31日、ペイペイD)ソフトバンクが競り勝った。0-3の三回に今宮の2点三塁打と中村晃、栗原の連続適時打で4点。一度は追い付かれたが、六回に明石のソロで勝ち越した。嘉弥真が今季初勝利、森が9セーブ目。西武はニールが粘れなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ5-4楽天、10回戦、楽天7勝3敗、31日、ゾゾマリン)ロッテは1-2の六回に井上の犠飛、田村の2点適時打、藤岡の適時打で4点を奪い逆転した。石川は6回8安打2失点で粘り今季初勝利。九回は益田が締めて10セーブ目。楽天は則本昂が六回途中5失点と崩れ自身3連敗となった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム2-7オリックス、10回戦、オリックス5勝4敗1分、31日、札幌D)オリックスが連敗を4で止めた。2-2の七回に安達の適時打や西浦の適時二塁打など打者一巡の猛攻で5点を勝ち越した。3番手の斎藤が6年目でプロ初勝利。日本ハムは有原が七回途中6失点と誤算でチームの連勝は3でストップ。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人2-1広島、7回戦、巨人5勝1敗1分、31日、東京D)広島のルーキー森下は5回4安打2失点で2敗目を喫した。味方が1点を先制した四回に2死二塁から3連打で逆転され「点を取ってもらって、抑えないといけないところ。それができなかった」と反省した。

後で読む
日刊スポーツ

J2のレノファ山口は7月31日、FW河野孝汰(16)が8月1日付でトップに昇格しプロ契約を結ぶと発表した。下部組織、U-18所属ながら、7月29日の前節、長崎…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク5-4西武、10回戦、5勝5敗、31日、ペイペイD)ソフトバンクの柳田が三回、栗原の適時打で勝ち越しのホームを踏み、7月の得点を32に伸ばしてプロ野球の月間最多記録に並んだ。「自分一人の力じゃ無理な記録なのでチームメートに感謝している」と話した。

後で読む
スポーツ報知

巨人が中継ぎ陣の踏ん張りで広島に競り勝った。畠が1048日ぶりの先発白星を目指したが、5回1死で会沢の頭部に死球を当てて危険球退場。鍵谷の好救援から大江、大竹、高梨、中川とつないで1点差を守り切った

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー、トップリーグのNTTドコモは31日、所属選手1人が新型コロナウイルスに感染したと公式サイトで発表した。プライバシー保護のため、氏名などは非公表としている。 発表によると、当該選手は練習がなかった24日に37・3度の発熱があり、27日に大阪市内の医療機関を受診した。29日に新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査を受け、30日に陽性が判明した。この選手は23日の練習に参加して以降、自宅待機しているという。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクが明石健志内野手(34)の一撃で“不沈艦”を沈めた。同点の6回2死からニールの139キロのツーシームを右中間スタンドへ運ぶ、勝ち越し2号ソロ。「ツーシームとチェンジアップが多かったので、

後で読む
スポーツ報知

日本ハムは、オリックスに逆転で敗れて連勝が3で止まった。

後で読む
スポーツ報知

DeNAの上茶谷大河投手(23)が6回3失点の好投も今季初勝利とはならなかった。

後で読む
スポーツ報知

オリックスは31日、球団職員1人が新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査で陽性判定が確認されたと発表した。

後で読む
スポーツ報知

広島は接戦を落とし、巨人戦4連敗となった。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスが連敗を4で止めた。2-2の七回に安達の適時打や西浦の適時二塁打など打者一巡の猛攻で5点を勝ち越した。3番手の斎藤が6年目でプロ初勝利。日本ハムは有原が七回途中6失点と誤算でチームの連勝は3でストップ。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは1-2の六回に井上の犠飛、田村の2点適時打、藤岡の適時打で4点を奪い逆転した。石川は6回8安打2失点で粘り今季初勝利。九回は益田が締めて10セーブ目。楽天は則本昂が六回途中5失点と崩れ自身3連敗となった。

後で読む
デイリースポーツ

「中日5-3ヤクルト」(31日、ナゴヤドーム) 連勝中と勢いに乗る高津ヤクルトが、まさかの逆転負け。塩見の3戦連発弾と村上の6号特大2ランが空砲となり、先発のドラフト2位・吉田喜(日体大)のプロ初勝利がまたしても消えた。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ5-4楽天」(31日、ZOZOマリンスタジアム) 楽天・則本昂大投手(29)が粘りの投球も、5回2/3を5失点で自身3連敗。チームも7月の負け越しが決まった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム2-7オリックス」(31日、札幌ドーム) 日本ハムの有原航平投手は6回1/3を10安打、今季ワーストの6失点で降板。味方の作ったリードを守り切れず5敗目を喫した。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの元ドイツ代表で2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会優勝メンバーのDFヘベデス(32)が、31日付の同国の有力誌シュピーゲルのインタビューで現役引退を表明した。ヘベデスは内田篤人(現J1鹿島)がかつて所属したシャルケで主将として活躍。その後はユベントス(イタリア)ロコモティフ・モスクワ(ロシア)でプレーした。

後で読む
サンケイスポーツ

リバプールはベティスのアルジェリア代表DFアイサ・マンディにオファーを出したようだ。スペイン『コープ』が報じた。

後で読む
東京スポーツ

中日・高橋周平内野手(26)が本調子を取り戻してきた。31日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)で1点リードの7回一死二塁の好機に左中間へ適時二塁打を放ち「スライダー。センター中心にしっかり入っていくことが…

後で読む
東京スポーツ

西武ザック・ニール投手(31)が31日のソフトバンク戦(ペイペイ)で6回8安打5失点。3回と6回、2度の味方打線の先制、同点機直後にいずれも逆転を許し4ー5の逆転負け。来日1年目だった昨年4月9日の…

後で読む
東京スポーツ

アクシデントを全員野球で乗り越えた。巨人が31日の広島戦(東京ドーム)を2―1で辛勝し、連敗を2で止めた。  まさかの事態は2―1と1点リードで迎えた5回に起きた。一死後、今季初の先発となった畠が会…

後で読む
スポーツニッポン

小柄はハンデにはなり得ない。身長156・7センチの高田商5番・森田楓大(ふうだい)内野手が躍動。猛攻撃をけん引した。

後で読む
スポーツニッポン

31日の試合で先発した中日の大野雄大投手(31)と、ロッテの石川歩投手(32)が今季初勝利を挙げた。ともに88年生まれで、今季の開幕投手を務めた2人は、6月19日からこの日まで中6日で先発を続け、7試合目でようやくうれしい今季初勝利をものにした。

後で読む
スポーツニッポン

コールドゲームも見えていた。だが10―1の3回裏終了時、吹田にとっては無情の雨が天から落ちてきた。まずは落雷のため、試合中断。22分後、激しい降雨のためノーゲームとなった。林恭平監督(27)は「仕方がない。人生はそういうときもあるんで…」と苦笑いだった。

後で読む
スポーツニッポン

中日はエースが投げて、主砲が打つ理想の形でヤクルトに勝利した。

後で読む
スポーツニッポン

首位・巨人がアクシデントを乗り越え、広島に1点差勝ち。連敗を2で止め、再び貯金10とした。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日5-3ヤクルト、7回戦、3勝3敗1分、31日、ナゴヤD)中日の大野雄が3失点完投で今季初勝利。2本塁打を浴びたが立ち直り、5安打に封じた。0-3の四回にビシエドの2点二塁打で反撃。六回はビシエド、阿部の短長打で逆転した。ヤクルトは淡泊な攻めでいい流れを手放した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人2-1広島、7回戦、巨人5勝1敗1分、31日、東京D)巨人は0-1の四回に亀井と丸の適時打で2点を奪い逆転した。畠が五回途中で危険球により退場したが、救援5投手が無失点でつないだ。3番手の大江がプロ初勝利。広島は打線が3安打の1点止まりで、巨人戦4連敗を喫した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人2-1広島、7回戦、巨人5勝1敗1分、31日、東京D)巨人は0-1の四回に亀井と丸の適時打で2点を奪い逆転した。畠が五回途中で危険球により退場したが、救援5投手が無失点でつないだ。3番手の大江がプロ初勝利。広島は打線が3安打の1点止まりで、巨人戦4連敗を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(31日、甲子園球場) 阪神の先発・青柳が6回1/3を5安打3失点。巨人・菅野と並ぶリーグトップタイの5勝目を目指したマウンドだったが白星をつかめず。また、この日規定投球回をクリア。防御率は2・23となった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(31日、甲子園球場) 七回の途中から2番手で登板した阪神・馬場が同点打を許した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク5-4西武、10回戦、5勝5敗、31日、ペイペイD)ソフトバンクが競り勝った。0-3の三回に今宮の2点三塁打と中村晃、栗原の連続適時打で4点。一度は追い付かれたが、六回に明石のソロで勝ち越した。嘉弥真が今季初勝利、森が9セーブ目。西武はニールが粘れなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は31日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日5-3ヤクルト、7回戦、3勝3敗1分、31日、ナゴヤD)開幕投手を務めた中日のエース・大野雄が完投で、今季初勝利(3敗)を挙げた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人2-1広島、7回戦、巨人5勝1敗1分、31日、東京D)巨人が危険球により退場した先発・畠の後を受けた救援陣の好投で連敗を2で止めた。3番手で登板した4年目の大江がプロ初勝利。広島は巨人の6投手に3安打と封じられた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日5-3ヤクルト、7回戦、3勝3敗1分、31日、ナゴヤD)開幕投手を務めた中日のエース・大野雄が完投で、今季初勝利(3敗)を挙げた。

後で読む
スポーツニッポン

新旧大関対決は旧大関に軍配が上がった。幕尻・照ノ富士が朝乃山を破り、1敗を守って優勝争いのトップに立った。立ち合いで右四つに組んだが、すぐに相手の左上手を切って、十分の形になると、朝乃山の下手投げにも動じずにそのまま寄り切った。

後で読む
スポーツニッポン

12日目の御嶽海戦で敗れ優勝争いから一歩後退していた横綱・白鵬が休場した。日本相撲協会に「右膝半月板損傷、膝蓋(しつがい)大腿じん帯損傷、関節内血症により約2週間の加療を要する見込み」との診断書を提出した。

後で読む
スポーツニッポン

朝乃山の敗因は、左上手を取った位置が深かったことだろう。照ノ富士とは右の相四つ。立ち合いすぐに右を差すことができたが、相手は体が大きく懐も深い。組んだところで左上手が伸びる感じになり、照ノ富士に右肘を器用に使われ、上手を切られてしまった。その後、下手投げで形勢逆転を狙ったが、腕力のある照ノ富士の引き付けに上体が浮いて、そのまま寄り切られてしまった。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトのドラフト2位、吉田大喜投手(23)が中6日で先発し、5回2失点で勝利投手の権利を持って降板。6回に救援陣が逆転され、3度目の登板もプロ初勝利はならなかった。

後で読む
スポーツ報知

オリックスの榊原翼投手(21)が5回もたずにマウンドを降りた。初回先頭の西川にいきなり四球。杉谷に犠打で二塁に送られ、近藤の中前適時打であっさり先制を許した。3回には2四球で2死一、二塁の危機を招く

後で読む
スポーツ報知

開幕投手がチーム初完投のおまけ付きで待望の今季初勝利を挙げた。

後で読む
スポーツ報知

楽天・則本昂大投手(29)が先発し、6回途中6安打5失点で降板した。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが競り勝った。0-3の三回に今宮の2点三塁打と中村晃、栗原の連続適時打で4点。一度は追い付かれたが、六回に明石のソロで勝ち越した。嘉弥真が今季初勝利、森が9セーブ目。西武はニールが粘れなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-楽天」(31日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテの4番打者・安田尚憲内野手が、思わぬ“アクシデント”に見舞われた。

後で読む
デイリースポーツ

「中日5-3ヤクルト」(31日、ナゴヤドーム) 中日・大野雄が完投。開幕戦から7試合目で今季初勝利を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は0-1の四回に亀井と丸の適時打で2点を奪い逆転した。畠が五回途中で危険球により退場したが、救援5投手が無失点でつないだ。3番手の大江がプロ初勝利。広島は打線が3安打の1点止まりで、巨人戦4連敗を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

中日の大野雄が3失点完投で今季初勝利。2本塁打を浴びたが立ち直り、5安打に封じた。0-3の四回にビシエドの2点二塁打で反撃。六回はビシエド、阿部の短長打で逆転した。ヤクルトは淡泊な攻めでいい流れを手放した。

後で読む
東京スポーツ

西武の一本柱、ザック・ニール投手(31)がよもやの1イニング4失点だ。31日のソフトバンク戦(ペイペイ)に今季7度目の先発登板したニール。3回に山川12号ソロ、中村5号2ランと大きな3点の援護を受け…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンク・柳田悠岐外野手(31)が31日の西武戦(ペイペイドーム)でプロ野球の月間最多得点記録に並んだ。3回一死三塁から四球で出塁。二盗を決めた後、中村晃の右前打で三進すると、栗原の左前適時打で…

後で読む
東京スポーツ

今季初の2戦連発だ。広島の西川龍馬内野手(25)が31日の巨人戦(東京ドーム)で4回に先制の3号ソロを放った。  この日は巨人先発・畠の前に3回までパーフェクトに抑えられていたが、4回の先頭で打席に…

後で読む
東京スポーツ

中日・ビシエドの勢いが止まらない。4回の2点適時二塁打に続き、1点を追う6回の第3打席でも主砲のバットが火を噴いた。無死一、二塁で3番手・星の初球126キロのスライダーを捉え、左前へ適時打を放ち、同…

後で読む
東京スポーツ

阪神の梅野隆太郎捕手が31日のDeNA戦(甲子園)の4回、第2打席で先制の3号3ランを放った。  18時開始予定が、降雨の影響により57分遅れでプレーボールとなったこの日の試合、猛虎打線は3回まで相…

後で読む
スポーツニッポン

阪神の青柳晃洋投手(26)がDeNA打線を相手に5回まで無失点と好投を続けている。

後で読む
スポーツニッポン

大阪府高野連は31日、全国高校野球選手権・大阪大会の代替大会として開催している「令和2年大阪府高等学校野球大会」の決勝戦を行わず、準決勝で打ち切ることを発表した。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏の第102回全国高校野球選手権大会とその出場権を懸けた地方大会が全て中止になったことを受け、都道府県高野連が独自に開催する代替大会が31日、各地で行われ、鳥取では倉吉東が逆転で昨秋の中国大会準優勝校の鳥取城北を7―5で下して優勝。また、大分では津久見が8回に決勝スクイズを決め2―1で大分舞鶴を下して優勝した

後で読む
スポーツニッポン

ソフトバンクは4―4で迎えた6回に明石の一発で勝ち越し、接戦をものにした。敗れた西武は先発のニールが今季初黒星となり、昨季から続いていた連勝記録は「13」でストップした。

後で読む
スポーツニッポン

リーグ連覇を目指す首位・巨人が5位・広島に1点差勝ちして連敗を2でストップ。再び貯金10とした。広島は今季最少の3安打に終わり、再び今季ワーストタイの借金6。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人-広島、7回戦、31日、東京D)巨人の畠は先発して今季初登板を果たしたが、2-1の五回1死で会沢の頭部への死球で危険球退場となった。勝利投手の権利を目前にして降板した。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲の東横綱白鵬(35)=本名白鵬翔、モンゴル出身、宮城野部屋=が7月場所13日目の31日、日本相撲協会に「右膝半月板損傷、膝蓋大腿靱帯損傷、関節内血症で今後約2週間の加療を要する見込み」との診断書を提出し、休場した。

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球の今夏の甲子園大会、地方大会の中止を受けて各高野連が独自に開催する代替大会が31日、各地で行われ、鳥取の決勝では、倉吉東が甲子園交流試合に出場する鳥取城北を7-5で破って優勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人-広島、7回戦、31日、東京D)広島の西川が2試合連発となる3号ソロを放った。0-0の四回、先頭打者で畠のチェンジアップを捉えると、打球は右翼席へ飛び込んだ。チームの初安打が一発となり「先制点になって良かった」とうなずいた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム-オリックス、10回戦、31日、札幌D)日本ハムの近藤が0-0の一回1死二塁で適時打を放ち、11試合連続安打とした。1ストライクから榊原の2球目の甘い速球を中前にはじき返し「初回からしっかりと点を取ることができて良かった」とうなずいた。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・明石健志内野手(34)が31日、西武10回戦(ペイペイドーム)に「7番・一塁」で先発。同点の六回2死から右中間テラスに2号ソロを突き刺し、勝ち越した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ-楽天、10回戦、31日、ゾゾマリン)楽天の茂木が適時二塁打を放ち、4試合ぶりの打点をマークした。1-1とした三回1死二塁で、石川の甘く入った変化球を振り抜いて右翼線へ運び「つなぐことができて良かった」と振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-DeNA、7回戦、31日、甲子園)阪神は四回、梅野が右中間に3号3ランを放って先制した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(31日、甲子園) 阪神が梅野の3ランで先制した。

後で読む
東京スポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)のアスリート委員会は、31日にオンライン上で、来夏の東京五輪を目指すアスリート等を対象にしたミーティングを開催し、男子フェンシングで2012年ロンドン五輪フルーレ団体…

後で読む
東京スポーツ

大相撲7月場所13日目(31日、東京・両国国技館)、元大関で再入幕の幕内照ノ富士(28=伊勢ヶ浜)が、1敗で並んだ大関朝乃山(26=高砂)との大一番を制して12勝目。明日の14日目に照ノ富士が勝って…

後で読む
東京スポーツ

大相撲7月場所13日目(31日、東京・両国国技館)、横綱白鵬(35=宮城野)の休場により、不戦勝となった関脇正代(28=時津風)は2桁となる10勝目を挙げた。 「あと2日残っているんで、気持ちを切ら…

後で読む
東京スポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)のアスリート委員会は、31日にオンライン上で、来夏の東京五輪を目指すアスリート等を対象にしたミーティングを開催し、女子重量挙げのエースで2012年ロンドン五輪銀メダル…

後で読む
東京スポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)のアスリート委員会は、31日にオンライン上で、来夏の東京五輪を目指すアスリート等を対象にしたミーティングを開催し、7人制ラグビー日本代表の藤田慶和(26=パナソニック…

後で読む
東京スポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)のアスリート委員会は、31日にオンライン上で、来夏の東京五輪を目指すアスリート等を対象にしたミーティングを開催した。  19競技から61選手が参加し、一部の選手が現状…

後で読む
東京スポーツ

米プロバスケットNBAのワシントン・ウィザーズは30日(日本時間31日)、サンズとのリーグ再開初戦(31日=日本時間8月1日)に向け、チーム公式ツイッターで八村塁(22)のインタビュー動画を公開した…

後で読む
サンケイスポーツ

ナポリに所属するベルギー代表FWドリース・メルテンスが30日、地元ラジオ局『ラディオ・キス・キス・ナポリ』のインタビューに応じ、チャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦へ意欲を見せた。

後で読む
日刊スポーツ

J2ジュビロ磐田が過酷な連戦をチーム一丸で乗り切る。8月2日のアウェー愛媛戦(ニンスタ、午後7時)に備え、31日は磐田市内で午後練習を行った。前節はアウェーで…

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクが31日、西武10回戦(ペイペイドーム)に臨み、3点リードされた直後の三回に一挙4得点で逆転した。

後で読む
スポーツ報知

巨人の鍵谷陽平投手(29)がピンチを救った。

後で読む
デイリースポーツ

スポーツ庁は31日、2022年北京冬季五輪・パラリンピックに向けて重点支援する競技を発表し、五輪ではスケートが最上位のSランク、カーリングとスキーがAランクとなった。パラリンピックは区分を設けず、アルペンスキー、ノルディックスキー距離、スノーボードを指定した。 18年平昌大会と今年5月までの世界選手権などの成績や、競技団体が策定した強化戦略プランの達成度を評価。対象の競技には競技力向上事業の助成金を加算し、Sランクは約30%、Aは約20%、パラの指定競技は20~30%程度増やす。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲7月場所13日目(31日・両国国技館)1敗同士の対決で、元大関の平幕照ノ富士が新大関朝乃山を力強く寄り切って単独首位に立った。14日目に照ノ富士が関脇正代に勝ち、ただ一人2敗の朝乃山が平幕照強に敗れれば、2015年夏場所以来となる照ノ富士の2度目の優勝が決まる。 横綱白鵬が右膝負傷で休場し、正代が不戦勝で10勝目。関脇御嶽海も輝を引き落として10勝3敗とした。小結隠岐の海は勝ち越した。3敗は白鵬を除き、両関脇の2人。

後で読む
デイリースポーツ

鹿児島県での年内開催を断念した第75回国民体育大会と第20回全国障害者スポーツ大会の開催時期に関して同県の塩田康一知事が31日、2023年の開催が内定している佐賀県の山口祥義知事と佐賀県庁で会談し、鹿児島で23年に国体を開催し、佐賀は24年へ1年延期することを要望した。塩田氏は「地元としてはできるだけ早期に開催したい」と強調した。 山口氏は会談後、報道陣に「24年を念頭に調整していきたい。結論は分からないが全力を尽くしたい」と語り、前向きに検討する姿勢を示した。

後で読む
デイリースポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)が31日、1年延期となった東京五輪を目指すアスリートを対象に「アスリートミーティング」を開催した。19競技61人の選手が参加。練習状況や五輪の準備状況などを選手同士が競技の枠を超えて共有し合うことで、モチベーションの維持を目的としている。 JOCアスリート委員長で陸上競技男子棒高跳びの沢野大地(富士通)は「競技の枠を超えて意見交換ができたのは良かった。いろんなアイデア、意見をもらった。実際に実行できる形を取っていきたい」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)のアスリート委員会は31日、東京五輪を目指す選手らが新型コロナウイルス禍での練習など近況を共有し、大会に向けて意欲の維持を図るミーティングをオンラインで開催した。 19競技から61人が参加。制限された環境でのトレーニングの苦労や国内外での大会再開の見通しを報告し合った。終了後に取材に応じた重量挙げ女子の三宅宏実は「他の選手はどうしているのかと気になっていた。顔を見られてほっとし、前向きになれた」と語った。

後で読む
スポーツ報知

ロッテの安田尚憲内野手(21)は楽天戦の4回無死、右翼へ二塁打を放った。続く井上の二ゴロで三進。2死後、レアードのゴロのファウルがお尻を直撃。手でお尻をさすりながら懸命に痛みをこらえる姿に、両チーム

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクの柳田悠岐外野手(31)が月間32得点のプロ野球タイ記録をマークした。

後で読む
スポーツ報知

1軍昇格即スタメンに起用されたオリックスのスティーヴン・モヤ外野手(28)が、いきなり結果を出した。

後で読む
スポーツ報知

オリックスの若月健矢捕手(24)が同点ソロを放った。

後で読む
スポーツ報知

DeNAの梶谷隆幸外野手(31)が好相性の阪神先発・青柳から3回までに2安打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

7月18日に開幕した「令和2年大阪府高校野球大会」が31日、当初の予定から変更されて準決勝で打ち切りとなったことが分かった。雨による試合中止が増えたことが理由で、大阪府高野連の伊原登理事長は「決勝はできません。準決勝までです。残念ですが」と明かした。 当初の予定では、大会最終日の8月10日にシティ信金スタジアムで決勝戦の予定だったが、雨による中止が増えたこともあり、全日程を消化することが困難に。そのため、8月10日に準決勝2試合を行い、大会終了となる形で今後の日程が組まれた。そのため、代替大会とは言え、大阪の王者が決まらず2強までの夏となることになった。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-ヤクルト」(31日、ナゴヤドーム) ヤクルト先発のドラフト2位ルーキー吉田大喜投手が5回3安打2失点、5三振を奪う好投。プロ初勝利の権利を持って降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-楽天」(31日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテの4番打者・安田尚憲内野手が、思わぬ“アクシデント”に見舞われた。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム-オリックス」(31日、札幌ドーム) 1点を追うオリックスは五回先頭の若月が有原のカウント1-1からの133キロを右中間スタンドへ運ぶ3号ソロで同点に追いついた。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-広島」(31日、東京ドーム) 巨人・畠世周投手が危険球退場となった。

後で読む
デイリースポーツ

 男子シニアゴルフの今季ツアー初戦となる「ISPSコロナに喝!!シニア」は31日、静岡県の朝霧CC(6788ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、柳沢伸祐が1打リードの首位から67と伸ばして通算13アンダーの131で優勝した。賞金は500万円。 河村雅之と篠崎紀夫が3打差の2位、谷口徹ら4人がさらに1打差の4位に入った。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー・トップリーグ(TL)のNTTドコモは31日、選手1人に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを発表した。当該選手はチーム練習がオフだった24日…

後で読む
日刊スポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)は28日、オンラインで評議員会を開き、アスリート委員会の委員長を務める陸上男子棒高跳びの沢野大地理事(39)が2年の任期満了で…

後で読む
日刊スポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)のアスリート委員会は31日、オンライン形式で東京五輪を目指す選手を対象とした「アスリートミーティング」を開いた。陸上の沢野大地…

後で読む
日刊スポーツ

スポーツ栄養や食育などをテーマに活動する株式会社「しょくスポーツ」(本社・東京)は、9月20日に静岡市内でイベント「食育アドベンチャーランド2020」を開く。…

後で読む
サンケイスポーツ

元ユベントスMFで解説者を務めるマッシモ・マウロ氏が31日、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューで古巣について見解を示した。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは31日、ラ・リーガとの戦略的連携協定の締結期間を延長したことを発表した。

後で読む
東京スポーツ

原辰徳〝全権監督〟の組織改革はシーズン中も着々と進んでいる。巨人は31日、二岡智宏三軍総合コーチ(44)の3軍監督就任を発表した。また、井上真二三軍監督はファーム・ディレクターの職に就くことも併せて…

後で読む
東京スポーツ

巨人の澤村拓一投手が31日、イースタン・リーグの西武戦(ジャイアンツ球場)で8回から救援登板し、2回を投げて3安打、1四球で1失点だった。  収穫と課題を得た登板となった。沢村は8回の先頭打者・戸川…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの東浜巨投手(30)が31日の西武戦(ペイペイドーム)で、獅子打線の一発攻勢を浴びた。3回、1番から始まる上位打線から簡単に二死を奪った後に落とし穴が待っていた。まずは山川にカウント2―…

後で読む
東京スポーツ

今季初先発した巨人の畠世周投手(26)が31日の広島戦(東京ドーム)の5回一死、会沢への頭部死球により危険球退場となった。  味方打線が4回に2点を奪い逆転に成功。今季初勝利の権利がかかる5回だった…

後で読む
スポーツ報知

 米女子プロゴルフはドライブ・オン選手権(31日~8月2日、米オハイオ州)で2月以来のツアー再開となる。日本勢は野村敏京、河本結、山口すず夏の3人が出場する。WOWOWライブでは日本時間8月1日の午前

後で読む
スポーツニッポン

巨人の4年目右腕・畠世周投手(26)が広島戦(東京D)で今季初登板初先発。勝利投手の権利を得る目前の5回に危険球退場となり、2018年10月9日の阪神戦以来2年ぶり白星を逃した。畠が危険球退場になるのは2017年9月30日の阪神戦以来2度目。セ・リーグでは今季初、両リーグ通じて3人目の危険球退場となった。

後で読む
スポーツニッポン

レッドソックスなどで活躍し、独立リーグのルートインBCリーグ埼玉に入団した田沢純一投手(34=前レッズ)が31日、栃木戦(熊谷)に2番手で登板し、6回の1イニングを投げて無安打無失点。2三振を奪って三者凡退に抑えた。最速は147キロだった。日本での公式戦登板は、新日本石油ENEOS時代の08年11月22日、社会人野球・日本選手権準決勝のJR東海戦以来、4269日ぶりとなった。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテ・安田が臀部(でんぶ)に打球を当てると、跳び上がるようにして苦しんだ。

後で読む
スポーツニッポン

広島のドラフト1位ルーキー、森下暢仁投手(22=明大)がプロ5度目の先発マウンドで巨人戦(東京D)に初登板。初回から3連続四球を与えるなど乱調で5回4安打2失点降板、プロ3勝目はならなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・村上宗隆内野手(20)が31日、中日7回戦(ナゴヤドーム)に「4番・一塁」で先発出場。1点リードの四回1死一塁から、右翼席中段へ6号2ランをたたき込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

ACミランに所属するアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセルが30日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、同僚のFWズラタン・イブラヒモヴィッチなどについて語った。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・柳田悠岐外野手(31)が31日、西武10回戦(ペイペイドーム)に「3番・中堅」で先発出場。一回2死から四球を選び、連続試合出塁を「19」に伸ばした。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・畠世周投手(26)が31日の広島戦(東京ドーム)に先発し、五回1死走者なしで会沢に頭部死球を与え、危険球退場となった。

後で読む
スポーツ報知

日本ボクシング連盟は31日、11月の全日本選手権、全日本女子選手権(ともに2~6日、東京・墨田区総合体育館)と、12月の全日本社会人選手権、全日本女子ジュニア選手権(ともに9~13日、三重・志摩市阿

後で読む
スポーツ報知

新大関・朝乃山(26)=高砂=と、2018年初場所以来約2年半ぶりに幕内に復帰した東前頭17枚目・照ノ富士(28)=伊勢ケ浜=の新旧大関による1敗対決は、照ノ富士に軍配が上がり、12勝目を挙げて単独

後で読む
スポーツ報知

日本オリンピック委員会(JOC)のアスリート委員会は31日、オンライン上で東京五輪を目指す選手対象の「アスリートミーティング」を開催した。

後で読む
スポーツ報知

日本フェザー級(57・1キロ以下)タイトルマッチ10回戦(8月13日・後楽園ホール)に出場する同級10位・竹本雄利(24)=クラトキ=が31日、和歌山市内の所属ジムで初挑戦初奪取を誓った。王者・佐川

後で読む
スポーツ報知

柔道男子73キロ級で東京五輪で2連覇が期待される大野将平(28)=旭化成=が監修したトレーニングウェアが31日、発売された。

後で読む
サンケイスポーツ

神奈川の高校野球界の名門、横浜と東海大相模の練習試合が31日、平塚市のバッティングパレス相石スタジアムひらつかで行われ、東海大相模が横浜を6-3で下した。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・畠世周投手(26)が31日、広島7回戦(東京ドーム)に先発。2-1の五回1死で広島・会沢の頭部に死球を与え、危険球で退場となった。

後で読む
サンケイスポーツ

F1シリーズ第4戦英国GPフリー走行1回目(31日、シルバーストーン、シルバーストーン・サーキット=1周5・891キロ)レーシングポイント・メルセデスは新型コロナウイルスに感染したセルヒオ・ペレス(30)=メキシコ=に代わり、ニコ・ヒュルケンベルグ(32)=ドイツ=を起用した。ヒュルケンベルグは昨季までルノーに所属していたが、今季はシートを失っていた。

後で読む
サンケイスポーツ

Bミュンヘンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOが、所属するオーストリア代表DFダヴィド・アラバへの信頼を強調した。ドイツ『スカイ』に語っている。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・小川泰弘投手(30)が31日、ナゴヤドームで短距離ダッシュなどを行い、先発予定になっている8月1日の中日戦に向けて調整した。今季は6試合に登板して4勝負けなし。自身開幕5連勝を目指し、マウンドに立つ。

後で読む
サンケイスポーツ

西武・山川穂高内野手(28)がソフトバンク10回戦(ペイペイドーム)に「3番・一塁」で先発出場。三回に12号ソロを放った。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神-DeNAの7回戦(甲子園)はプレーボール前に豪雨となり、試合開始が遅れた。阪神の先発はハーラートップタイの5勝目に挑む青柳晃洋投手(26)。今季は登板日に雨が多く、この日も試合前練習中は雲一つない晴天だっただけに、まさかの“本領発揮”となった。

後で読む
スポーツニッポン

日本オリンピック委員会(JOC)は31日、来年に延期となった東京五輪を目指すアスリートらを対象に、各選手の取り組みや大会準備状況の共有を目的としたオンラインミーティングを開催。JOCアスリート委員会で委員長を務める陸上棒高跳びの沢野大地(39=富士通)、重量挙げ女子48キロ級の三宅宏実(34=いちご)ら、19競技から61人のアスリートが参加した。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビー・トップリーグのNTTドコモは31日、選手1人が新型コロナウイルスに感染したと、ホームページで発表した。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルト・塩見泰隆外野手(27)が3試合連続本塁打をマークした。

後で読む
スポーツ報知

8月1日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)に先発する中日・勝野昌慶投手(23)が今季初勝利に意気込んだ。

後で読む
スポーツ報知

阪神の青柳晃洋投手(26)の雨男ぶりをイメージした「雨柳さん」フェイスタオルが店頭販売初日の31日、即日完売した。商品を発表した当初からSNSなどで話題になっており、午後5時半頃に売り切れ。8月1日

後で読む
スポーツ報知

日本ハムのドリュー・バーヘイゲン投手(29)が、8月1日のオリックス戦(札幌D)に先発する。前回登板、23日のソフトバンク戦(ペイペイD)では6回2失点の好投で2勝目をマーク。中8日と休養十分で臨む

後で読む
スポーツ報知

W主砲が一気に流れを呼び寄せた。西武の山川穂高内野手(28)が、12号ソロで先制すると、中村も負けじと5号2ラン。2人で一気に3点を挙げ、試合を動かした。

後で読む
デイリースポーツ

日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は31日、新型コロナウイルスの感染拡大で地方自治体が独自の緊急事態宣言を出した場合に「内容を確認し、大規模イベントの制限が入っていれば対応することになる」との認識を示した。 プロ野球は政府の指針に従い、8月末まで観客数の上限を5千人に据え置くことを決めている。4月から5月にかけて全国に緊急事態宣言が発令されていた際は、公式戦開幕を延期して試合を行っていなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-ヤクルト」(31日、ナゴヤドーム) ヤクルトの村上宗隆内野手(20)が、中日・大野雄の高めに浮いた直球をフルスイング。打った瞬間に本塁打と分かる確信の6号で、追加点を奪った。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は31日、8月1日付で二岡智宏3軍総合コーチの3軍監督と井上真二3軍監督のファームディレクターへのそれぞれ就任を発表した。 若手選手の計画的な育成と戦力の底上げが狙いで井上3軍監督の1、2、3軍コーチ、スカウトなど豊富な経験を生かした人事と言う。大塚淳弘球団副代表(60)は「3軍監督ではなくて、まず、ファームディレクターを誰にするかというのが先にあった」と明かした。今後も育成選手を含めた若手強化への充実を図る。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-西武」(31日、ペイペイドーム) 甲斐キャノンで一旦は二塁でアウトの判定も、結局不発に終わった。

後で読む
スポーツニッポン

FC東京は31日、あす8月1日のホーム鳥栖に向けて都内で非公開練習を行った。22日のアウェー札幌戦、26日のアウェー鹿島戦と2試合連続で引き分けており、3試合ぶりの白星を目指す。

後で読む
東京スポーツ

中日は31日、石川昂弥内野手(19)と岡野祐一郎投手(26)の出場選手登録を抹消した。  石川昂は左太もも裏を痛めて離脱した正三塁手の高橋の代役として12日に高卒新人最速となる一軍デビューを飾った。…

後で読む
東京スポーツ

明日8月1日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)で中日・勝野昌慶投手(23)が先発する。  今季はここまで3試合に登板して0勝2敗、防御率6・00といまだに未勝利。しかし、前回の阪神戦(ナゴヤドーム)では相…

後で読む
東京スポーツ

「雨柳さん」タオル発売後、初の登板で…。日の甲子園球場での阪神―DeNA戦は試合直前に雷を伴った激しい豪雨があり、当初時の試合開始予定が、整備のために送れる運びとなった。  くしくもこの日の猛虎の…

後で読む
スポーツニッポン

神奈川県高野連は31日、あす8月1日から開幕する独自大会に参加予定だった浅野が出場を辞退したと発表した。

後で読む
スポーツニッポン

全国的にも珍しい「左投げ捕手」が躍動した。和泉総合・高野巧捕手(3年)が右手にキャッチャーミットをはめ、左手の大きなジェスチャーで投手陣をリード。試合には大差で敗れたが「全力を尽くして戦いました」と胸を張った。

後で読む
スポーツニッポン

試合直前のにわか雨で試合開始(午後6時予定)が遅れた甲子園に虹が架かった。雨が上がりかけた午後6時過ぎ、左翼後方に見えたのは鮮やかな虹。一塁側後方の雲の切れ間から太陽の光が差し込んで現れた。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏の第102回全国高校野球選手権大会とその出場権を懸けた地方大会が全て中止になったことを受け、都道府県高野連が独自に開催する代替大会が31日、各地で行われ、鳥取では倉吉東が逆転で昨秋の中国大会準優勝校の鳥取城北を7―5で下して優勝した。

後で読む
スポーツニッポン

26日に雨天で延期となった一戦が、仕切り直しで行われた。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・塩見泰隆外野手(27)が31日、中日7回戦(ナゴヤドーム)に「2番・右翼」で先発出場。一回1死の第1打席に、右翼ポール際へ先制の4号ソロを放った。

後で読む
サンケイスポーツ

日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は31日、新型コロナウイルスの感染拡大で地方自治体が独自の緊急事態宣言を出した場合に「内容を確認し、大規模イベントの制限が入っていれば対応することになる」との認識を示した。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神-DeNAの7回戦(甲子園)はプレーボール前に豪雨となり、試合開始が遅れた。この日の阪神の先発はハーラートップタイの5勝目に挑む青柳晃洋投手(26)。今季は登板日に雨が多く、この日も試合前練習中は雲一つない晴天だっただけにまさかの“本領発揮”に。チームメートから『雨柳さん』とニックネームをつけられ、特注のフェースタオルが販売されたばかりだったが、この日から店頭販売された分は試合開始前に売り切れる大盛況に。緊急納品が決まった。

後で読む
デイリースポーツ

脳腫瘍の闘病を経て昨年、現役を引退した元阪神の横田慎太郎氏(25)が31日、甲子園を訪れ、YouTuberとしてデビューすることを明かした。阪神OB会長の川藤幸三氏とともに動画配信を始めるという。 現在はイベントや講演活動を行っており、「そういうのでこっち(関西)に来ています。これからも川藤さんとのユーチューブも始まっていくので、ひとつひとつの仕事を必死にやっていこうと思います」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(31日、甲子園球場) 阪神の試合前シートノックが17時25分から突然降り始めた大雨によって中断となった。甲子園球場の上空には雨雲があり雷も鳴り響いた。内野には急きょシートが敷かれた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(31日、甲子園球場) 突然の大雨によって試合開始が遅れることとなった。17時25分から雨が降り始め阪神のシートノックは中断。急きょ内野にシートが敷かれたが、ファウルゾーンには水たまりができている。阪神の先発は“雨男”の青柳。スタンドには28日から発売となった「雨柳さんフェースタオル」と広げるファンの姿も。

後で読む
東京スポーツ

大相撲7月場所13日目(31日、東京・両国国技館)、1敗で並んだ大関朝乃山(26=高砂)と幕内照ノ富士(28=伊勢ヶ浜)の新旧大関対決は、照ノ富士が制してVレース単独トップに躍り出た。  この日から…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は31日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲7月場所13日目(31日、両国国技館)再入幕の照ノ富士(28)が新大関朝乃山(26)を寄り切り、1敗を守って単独トップに立った。NHKでテレビ解説を務めた北の富士勝昭氏(78)=元横綱=は「照ノ富士の方が上手がうまい。小指でひっかけているから、肘がしまって、相手の差し手が窮屈になる」と指摘。「かいなの返しの使い方、上手の取り方、一枚上だった」とたたえていた。

後で読む
サンケイスポーツ

西武は31日、ソフトバンク10回戦(ペイペイドーム)の先発メンバーを発表。3戦連続で2番・森、3番・山川で臨む。前日9番だった源田は8番、川越が9番で先発出場する。スタメンは以下の通り。

後で読む
日刊スポーツ

清水エスパルスが、今季初の連勝を狙う。31日は静岡市内で約1時間の練習。1日のアウェー浦和レッズ戦(埼スタ、午後7時)に備えた。MF金子翔太(25)と、ピータ…

後で読む
サンケイスポーツ

巨人は31日、二岡智宏3軍総合コーチ(44)が3軍監督に、井上真二3軍監督(54)が編成本部ファームディレクターに就任すると発表した。8月1日付。今季は高田誠前2軍監督(56)がファームディレクターに就任していたが、4月にスカウト部参与に異動したことで空席となっていた。

後で読む
日刊スポーツ

清水エスパルスは31日、1日の浦和レッズ戦(埼スタ、午後7時)で、投げ銭企画を実施することを発表した。「しずな~びpresents PULive!(パルライブ…

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌MF駒井善成(27)が連続得点に意欲を見せた。31日、札幌・宮の沢での全体練習後にオンラインで取材に応じた。前節横浜戦ではJ1初得点を記…

後で読む
サンケイスポーツ

広島・堂林翔太内野手(28)が31日、巨人7回戦(東京ドーム)に「7番・三塁」でスタメン出場した。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・平石洋介打撃兼野手総合コーチ(40)が31日、西武戦(ペイペイドーム)の試合前に取材対応。上林誠知外野手(24)の状態について言及した。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビートップリーグ(TL)のホンダは31日、20年度の新加入選手およびスタッフを発表し、同チーム所属の日本代表プロップ具智元(26)の父で、元韓国代表プロップの具東春氏(グ・トンチュン、57)がスクラムコーチに就任することが決まった。具にとって最愛にして最高のコーチ加入で、来年1月に開幕予定の新シーズンでの躍進にはずみを付ける。

後で読む
スポーツニッポン

4カ月ぶりの本場所となった大相撲7月場所は31日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、1敗同士の対決は幕尻で元大関の照ノ富士が新大関の朝乃山を寄り切りで下して単独トップに立った。あす14日目に照ノ富士が勝ち、朝乃山が敗れると照ノ富士の2015年夏場所以来2度目の優勝が決まる。

後で読む
スポーツ報知

【広島スタメン】

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール女子日本代表の中田久美監督が31日、オンラインで取材に応じ、新型コロナウイルスの影響による東京五輪1年延期について「時間をチャンスにしてしっかり準備するだけ」と語った。延期決定後、公の場で話すのは初めて。女子代表は7月上旬に味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)で合宿を再開した。 6月に引退表明した2012年ロンドン五輪銅メダリスト、新鍋理沙さんには「相当悩んだ決断と思う」と思いやった。経験豊富な選手が抜けて痛手だが「足を止めるわけにはいかない。オールラウンダーな選手をどう育成し強化するかが、世界と戦っていく上での課題」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

日本陸連は31日、国内トップ選手が多数出場する「セイコーゴールデングランプリ陸上2020東京」の男子100メートルに出場が予定されている選手を発表した。 日本人初の9秒台を樹立した桐生祥秀(24)=日本生命、2019年ダイヤモンドリーグで日本人3人目の9秒台をマークした小池祐貴(25)=住友電工、日本歴代4位タイとなる10秒00の記録を持ち、約1年ぶりのレースとなる山県亮太(28)=セイコー、2019年ドーハ世界選手権男子400メートルリレーで2大会連続の銅メダルをもたらした多田修平(24)=住友電工、さらにケンブリッジ飛鳥(27)=ナイキ=も出場を予定している。

後で読む
デイリースポーツ

【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBAで八村塁が所属するウィザーズの公式ツイッターが30日、八村のインタビューを公開した。シーズン再開初戦については「あまりプレッシャーも感じていないし、思い切ってできるんじゃないかなと思う」と落ち着いた様子で話した。 中断中に体づくりを意識して体重を約4・5キロ増やしたことで「当たり負けしないとか、体を使ってゴールまで行ってファウルをもらうとか、成果が出てきている」と手応えを口にする。初戦の相手サンズについては「全力で勝ちにくる。僕らもそういうチームに勝たないとプレーオフには行けない」と気を引き締めた。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲7月場所・13日目」(31日、東京・両国国技館) 1敗同士の“新旧大関”直接対決となった新大関朝乃山(高砂)と前頭17枚目の照ノ富士(伊勢ケ浜)の初顔合わせの一番は、照ノ富士が寄りきりで勝ち、単独トップの12勝1敗。2度目の優勝へ大きく前進した。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲7月場所・13日目」(31日・両国国技館) ホープ琴勝峰が千代大龍を下して新入幕勝ち越しを決めた。立ち合いは押し込まれたが、判断よく体を右に開いてはたき込んだ。

後で読む
日刊スポーツ

エンゼルス大谷翔平投手(26)が、2試合連続アーチで本領を発揮した。マリナーズ戦に「5番DH」で出場し、6点を追う9回1死一、二塁から中堅スタンドへ3ランを放…

後で読む
日刊スポーツ

【アナハイム(米カリフォルニア州)7月30日(日本時間31日)=斎藤庸裕】エンゼルス大谷翔平投手(26)が、2試合連続アーチで本領を発揮した。マリナーズ戦に「…

後で読む
日刊スポーツ

エンゼルス大谷翔平投手は試合前の練習でブルペン入りし、8月2日のアストロズ戦登板へ向けて調整を行った。座った捕手を相手に34球、全球種の精度を確認。その後は水…

後で読む
スポーツ報知

8月1日の日本ハム戦(札幌ドーム)に先発するオリックスの田嶋大樹投手(23)が自然体で2勝目を目指す。今季はここまで6試合で防御率2・56と安定しながら、1勝にとどまっている左腕。それでも「勝ち星は

後で読む
スポーツ報知

【西武スタメン】

後で読む
スポーツ報知

【オリックススタメン】

後で読む
スポーツ報知

脳腫瘍の闘病を経て昨季限りで現役を引退した横田慎太郎氏(25)が31日、DeNA戦の試合前に甲子園を訪問。同じ鹿児島出身の福留らと旧交を温めた。仕事の関係で30日に鹿児島から訪れたといい「(甲子園は

後で読む
スポーツ報知

ロッテの種市篤暉投手(21)は31日、ZOZOマリンで、4勝目を目指す1日の楽天戦先発に備えて、軽めの練習を行った。

後で読む
スポーツニッポン

J2大宮の元セルビア代表GKクリャイッチ(29)が、クラブ初の3戦連続ウノゼロ勝利を誓った。チームは31日、次節8月2日のホーム福岡戦に向けて非公開で調整。リーグ再開後、5戦連続でゴールマウスを守る新守護神は「相手がどこであろうと、自分たちが勝ちに行くことには変わらない。最大限の準備をするだけ」と、目の前の相手に集中した。

後で読む
日刊スポーツ

日本陸連は30日、8月23日に国立競技場で開催されるセイコー・ゴールデングランプリ(日刊スポーツ新聞社共催)の男子100メートルにエントリーした選手を発表した…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー女子のプレナスなでしこリーグ1部、マイナビ仙台は31日、来年9月に始まるプロリーグ「WEリーグ」へ入会申請したと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは31日、審判員を対象にした新型コロナウイルスのPCR検査で、25、26日に採取した112件の検体から陽性反応はなかったと発表した。選手らを含む検査結果は8月7日に発表される。

後で読む
スポーツニッポン

29日のヤクルト戦の2回から17イニング連続無得点と、貧打にあえぐ矢野阪神は、今日から甲子園でDeNAと対戦する。スタメンは以下の通り。

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
スポーツニッポン

西武は31日、8月7~9日の敵地・日本ハム戦において、本拠地・メットライフドームに新設された大型フードエリア「グリーンフォレスト デリ&カフェ」と大型ビジョンを備えた「DAZN デッキ」で、「ライオンズビジターゲーム観戦会@グリーンフォレスト デリ&カフェ」を開催すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

スペイン1部リーグ、レアル・マドリード所属の日本代表MF久保建英がフランスフットボール誌とのインタビューでレアルでのプレーを熱望、さらにスペインリーグでのプレーを気に入っているとした。 インタビューで久保は「僕の夢は世界最高の選手の1人になることで、そうなるまで戦うことを止めない」「ずっと言っているけど僕の目標はマドリードでプレーすること。そのために練習していて、何が起こるか分からないけど、できる限り最高のことをする。世界最高リーグの一つでプレーできるのがとても嬉しくて、それは見ていて分かるでしょ?」と話している。

後で読む
サンケイスポーツ

セリエA最下位のSPALが拠点を置く施設の入り口付近で、切断された豚の頭部が置かれていたことが明らかになった。フェラーラの地元紙『ラ・ヌオヴァ・フェラーラ』が30日、報じている。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲7月場所13日目(31日、両国国技館)平幕阿武咲(24)が松鳳山(36)にはたき込まれ、13連敗を喫した。NHKでテレビ解説を務めた北の富士勝昭氏(78)=元横綱=は、松鳳山の左変化に対応できなかったことに、「もう足がついていかないんだね。気ばかり、いっているんだろう」と指摘。「大丈夫。あと2日か。全敗は全勝するより難しいからね」とエールを送った。

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビー・トップリーグ(TL)のホンダは31日、南アフリカ代表キャップ39を持ち、優勝した昨秋のW杯日本大会では準々決勝の日本代表戦に途中出場したLOフランコ・モスタート(29)、ニュージーランド代表キャップ2のFB・WTBマット・ダフィー(29)ら4人の外国人選手の加入を発表した。

後で読む
スポーツ報知

西幕下2枚目・王輝(24)=錣山=が、西十両10枚目・朝弁慶(31)=高砂=を突き落としで下して5勝目。来場所の新十両昇進に向け、大きな白星を手にした。

後で読む
スポーツ報知

卓球Tリーグ女子「木下アビエル神奈川」は31日、木村香純(20)=専大=の加入を発表した。

後で読む
スポーツ報知

全国農業協同組合連合会(全農)は「響け!大地のエール『#農家の皆さんありがとう』プロジェクト」を開始する。コロナ禍でも安心、安全な農畜産物を届ける農家の皆さんへ感謝と応援の気持ちを届ける企画で、第1

後で読む
スポーツ報知

幕内下位で奮闘する元大関4人全員の勝ち越しが決まった。7勝だった西前頭11枚目・栃ノ心(32)=春日野=が、同15枚目・千代丸(29)=九重=を寄り切って勝ち越し。同じく7勝だった東同13枚目・高安

後で読む
スポーツ報知

日本陸連は31日、セイコーゴールデングランプリ(8月23日、国立競技場)の男子100メートルに出場予定の選手を発表した。

後で読む
スポーツ報知

12連敗中だった西前頭2枚目・阿武咲(24)=阿武松=は、同12枚目・松鳳山(36)=二所ノ関=に敗れて、初日から13連敗となった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は31日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(31日、甲子園球場) 3位・DeNAと、ゲーム差なしの4位・阪神のスタメンが発表された。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲7月場所13日目(31日、両国国技館)元大関の高安(30)が石浦(30)をはたき込み、昨年の名古屋場所以来、1年ぶりの勝ち越しを決めた。「ホッとした。1年ぶりは長かった? そうでもない。まだあと2日あるから」とサバサバした表情。NHKでテレビ解説を務めた北の富士勝昭氏(78)=元横綱=は「ホッとしましたね。やれやれです。とにかく腰の悪いところを治して。そうすると、まだまだ」と復活を期待していた。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・石川柊太(しゅうた)投手(28)が31日、ダッシュなどで調整。先発登板する8月1日の西武戦(ペイペイドーム)に向けて意気込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽オリックス 福田周平内野手、モヤ外野手 【同抹消】 ▽オリックス 中川圭太内野手

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・城島健司会長付特別アドバイザー(44)が31日、西武戦(ペイペイドーム)の試合前練習を視察。工藤公康監督(57)も笑顔で迎えた。

後で読む
スポーツ報知

◆セ・リーグ

後で読む
スポーツ報知

楽天は31日、8月29日・西武戦(楽天生命)で乃木坂46・久保史緒里(19)が始球式を務めることを発表した。

後で読む
スポーツ報知

【ヤクルトスタメン】

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは31日、マリーンズオンラインストア限定で8月1日から10日までマリーンズとミニオンがコラボレーションしたクールマスクを受注販売すると発表した。 詳細は以下の通り。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球奈良大会・準々決勝、高田商13-6橿原学院」(31日、佐藤薬品スタジアム) 「ハマの番長」三浦大輔氏の母校・高田商が、15安打13得点の猛攻で七回コールドを決め、4強に進出した。

後で読む
スポーツニッポン

中日の大野雄大投手(31)が31日、出場選手登録が7年となり、国内フリーエージェント(FA)権取得の条件を満たした。

後で読む
スポーツニッポン

NPBから31日の出場選手登録の公示が発表され、中日のドラフト1位・石川昂弥は登録抹消となった。

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
スポーツニッポン

脳腫瘍の闘病を経て、昨年限りで現役引退した元阪神タイガースの横田慎太郎氏(25)が31日、甲子園球場を訪問し旧交を温めた。川藤幸三OB会長(71)のYouTubeチャンネルに出演するため、関西を訪れており、かつての本拠地にも足を運んだ。矢野監督、チームメートとも言葉を交わし故郷・鹿児島の大先輩である福留からは「これからも体調に気をつけろよ」と気遣われた。

後で読む
スポーツニッポン

打線が5安打に抑えられて完封負け。平田2軍監督の61歳の誕生日を勝利で祝うことができなかった阪神だったが、投手陣からは大きな収穫を得た一戦となった。

後で読む
サンケイスポーツ

中日のドラフト1位・石川昂弥内野手(19)=東邦高=が31日、登録を抹消された。

後で読む
サンケイスポーツ

日本陸連は31日、セイコー・ゴールデングランプリ(8月23日、国立競技場)の男子100メートルの出場予定選手を発表し、ともに9秒98の記録を持つ桐生祥秀(日本生命)や小池祐貴(住友電工)が名を連ねた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球ソフトバンクは31日、業務委託先のアルバイト従業員として、本拠地ペイペイドームで場内案内業務をしていた福岡市内在住の20代男性が、PCR検査により新型コロナウイルス陽性と判定されたと発表した。従業員は来場者やチームと接触する機会はなく、チームは予定通りに活動を継続する。

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーのトップリーグ、ホンダは31日、昨年のワールドカップ(W杯)日本大会で南アフリカ代表の優勝に貢献したロックのフランコ・モスタート(29)やニュージーランド代表歴があり、FBなどをこなすマット・ダフィー(29)ら4選手が加入したと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・大野雄大投手(31)が31日、国内フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。京都外大西高、佛教大をへて2011年に入団。「大きなけがなくやってこられて、10年目に取得ということで、いつも体のコンディションを整えてくれる球団のトレーナーさんに感謝したいです」とコメントした。権利の行使については「先のことはまだ考えていないです。とにかくシーズンに集中したいと思います」と話すにとどめた。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、阪神-オリックス」(31日、鳴尾浜球場) 右肘痛からの復活を目指す阪神・才木が八回から4番手で登板。1回3安打2失点、2奪三振。実戦登板は6月14日のプロ社会人交流戦・大和高田クラブ戦(鳴尾浜)以来で公式戦は今季初登板となった。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、阪神-オリックス」(31日、鳴尾浜球場) プロ2年目の阪神・川原陸投手が3番手で登板し2回無安打無失点、最速は146キロ。昨季は腰痛の影響もあり公式戦の登板なし。そのためこの日の登板が公式戦初登板となった。

後で読む
東京スポーツ

バレーボール女子日本代表の中田久美監督(54)が31日、オンライン取材に応じ、チームの現状を明かした。  代表チームは、新型コロナウイルス禍で思うように活動を行えない日々が続いていた。それでも、7月…

後で読む
東京スポーツ

バレーボール女子日本代表の中田久美監督(54)が6月に引退を表明した新鍋理沙(30)について言及した。  新鍋はアタッカーとしては小柄ながらも、正確なサーブレシーブなどを武器に、日本代表として活躍。…

後で読む
東京スポーツ

指揮官が掲げる理想のバレーボールとは――。  新型コロナウイルス禍で活動を休止していた女子日本代表が7月5日から段階的に練習を再開。2012年ロンドン五輪以来のメダル獲得へ向け、再スタートを切った。…

後で読む
東京スポーツ

ラグビーのトップリーグ・神戸製鋼は31日、元ニュージーランド代表FBベン・スミス(34)と元同国代表SOアーロン・クルーデン(31)が加入すると発表した。  代表通算84キャップを誇るスミスは、FB…

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲7月場所13日目(31日、両国国技館)朝乃山は照ノ富士、御嶽海は輝と対戦。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲7月場所13日目(31日、両国国技館)横綱白鵬(35)=が日本相撲協会に「右膝半月板損傷、膝蓋大腿靱帯損傷、関節内血症で今後約2週間の加療を要する見込み」との診断書を提出し、休場した。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽巨人 畠世周投手 ▽中日 堂上直倫内野手 【同抹消】 ▽中日 岡野祐一郎投手、石川昂弥内野手

後で読む
日刊スポーツ

浦和レッズの大槻毅監督(47)が8月から始まる愛知以西への長距離移動に備え、細心の注意を払う姿勢を示した。8月1日の清水エスパルスとのホーム戦に向けて7月31…

後で読む
日刊スポーツ

浦和レッズの大槻毅監督(47)が選手のコンディションを優先し、積極的に先発メンバーを変更する方針を示した。7月31日、さいたま市内での非公開練習後、オンライン…

後で読む
スポーツニッポン

男子ゴルフツアーを統括する日本ゴルフツアー機構(JGTO)などは31日、京都府・城陽CCで9月24日から開催を予定していた「パナソニック・オープン」の開催中止を発表した。今季の男子国内ツアーは16試合目の中止。

後で読む
スポーツニッポン

男子ツアーを統括する日本ゴルフツアー機構は31日、新型コロナウイルスの影響で9月24日に開幕予定だったパナソニック・オープン(京都・城陽CC)の開催中止を発表した。今季男子ツアーで16大会目。1月にシンガポールで開幕戦を実施して以降、国内では開催できていない。

後で読む
スポーツ報知

巨人2軍戦のスタメンが発表された。以下の通り。

後で読む
デイリースポーツ

【アナハイム共同】米大リーグは30日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアナハイムでのマリナーズ戦に「5番・指名打者」で出場し、第4打席で第2号の3点本塁打を放った。七回には二盗に成功し、今季初盗塁。チームは5-8で敗れた。 レイズの筒香はブレーブス戦で4試合ぶりに先発を外れ、1-2の八回に代打で空振り三振だった。守備には就かず、1打数無安打。チームは1-2で敗れた。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲7月場所・13日目」(31日、両国国技館) 2度の右膝手術から復活ロードを歩む元幕内、幕下19枚目の宇良(28)=木瀬=が元十両の一山本(二所ノ関)を倒し、6勝目(1)を挙げ、締めた。相手の突きに後退しながら、腕をたぐって攻勢。最後は反転させて、後ろを取って投げた。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲7月場所・13日目」(31日、両国国技館) 大好きな阪神タイガースをしこ名にする東序二段93枚目の朝阪神(20)=高砂=が自身初の6連勝で締め6勝1敗。立ち合いから一気に持って行く完勝。「2回突っかけたけど焦らずに。土俵際、相手の突き落としに気を付けてあとは自分の相撲が取れた。(6連勝は)少しは力が付いたかな」とうなずいた。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲7月場所・13日目」(31日、両国国技館) “昭和の大横綱”大鵬(故人)の孫で元関脇貴闘力の三男・東幕下5枚目納谷(20)=大嶽=が宝香鵬(宮城野)を押し出して3連勝で勝ち越して今場所を締めた。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲7月場所・13日目」(31日、両国国技館) 元幕内の西幕下12枚目千代の国(30)=九重=が栃飛龍(春日野)との全勝対決を制し、7戦全勝で幕下優勝を果たした。来場所、昨年夏場所以来の十両復帰を確実にした。

後で読む
日刊スポーツ

エンゼルスは30日、オールスター8回選出でア・リーグMVP3回受賞を誇るマイク・トラウト外野手を産休制度の「父親リスト」に入れた。MLB公式サイトが伝えている…

後で読む
日刊スポーツ

ブレーブスの右腕マイク・フォルテネービッチ投手(28)がウェーバー公示を経て、同球団3Aへ降格となった。フォルテネービッチは27日のレイズ戦で先発するも、3回…

後で読む
スポーツ報知

ロッテは31日、マリーンズオンラインストア限定で8月1日から同10日まで、ミニオンとコラボレーションしたクールマスクを受注販売することを発表した。

後で読む
スポーツ報知

中日の大野雄大投手(31)が31日、出場選手登録期間が7年に達し、国内フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。プロ10年目で権利を取得。「大きなけがなくやってこられた。10年目に取得と

後で読む
デイリースポーツ

巨人は7月26日のヤクルト戦でプロ野球史上43人目の通算1000得点を達成した坂本勇人選手の記念グッズを、31日から販売開始すると発表した。球団公式通販サイト「ジャイアンツオンラインストア」(https://store.giants.jp/store/)にて行う。 記念グッズはTシャツやフェイスタオルなど計20商品。記録達成時に坂本選手がベンチ前で掲げたボードと同じ記念ロゴがあしらわれ、一部商品を除き、達成当日の写真も使用している。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-楽天」(31日、ZOZOマリンスタジアム) 1軍同行中のロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡=が、同スタジアムで4日連続のキャッチボールを行った。試合前の練習で、吉井投手コーチを相手に約10分間、軽めにボールを投げた。その後は、同コーチとグラウンドで話し込むシーンもあった。

後で読む
デイリースポーツ

 パナソニック株式会社と日本ゴルフツアー機構(JGTO)は31日、パナソニック・オープンゴルフチャンピオンシップを中止にすると発表した。9月24日から27日、京都府城陽市の城陽CCで開催予定だった。 主催者は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、協議を重ねた結果、選手、開催地域、大会関係者の安全確保を第一と判断。また、同大会はアジアンツアーとの共同主管で開催される国際大会で、世界的に感染拡大防止へ取組む現状も考慮した。

後で読む
日刊スポーツ

日本スポーツ協会は31日、都内で臨時理事会を開いた。新型コロナウイルス感染拡大で、延期となった鹿児島国体の開催時期決定に関して、伊藤雅俊会長、大野敬三国体委員…

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール男子Vリーグ2部のヴォレアス北海道は31日、2008年北京オリンピック(五輪)バレーボール代表で、現在は東京五輪ビーチバレーボール代表を目指す越川…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー・トップリーグ(TL)のホンダは31日、19年ワールドカップ(W杯)日本大会の南アフリカ代表として優勝に貢献したロックのフランコ・モスタート(29)ら…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビーのトップリーグ(TL)神戸製鋼は31日、ニュージーランド(NZ)代表50キャップのSOアーロン・クルーデン(31)と、同84キャップを誇るBKベン・ス…

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会は31日、新型コロナウイルス影響で中止となった高円宮杯U-18プレミアリーグに代わる今年度限定の大会の開催を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

湘南ベルマーレは31日、GK堀田大暉がツエーゲン金沢より復帰することを発表した。

後で読む
東京スポーツ

巨人の山本泰寛内野手(26)と朝井秀樹広報(36)が31日、イースタン・西武戦の試合前、即興の寸劇を披露。周囲の空気を和ませた。  練習中に、トス打撃のサポートを探していた山本。近場に同広報の姿を見…

後で読む
東京スポーツ

〝バースデー指導〟は実を結ぶか。巨人・原辰徳監督が、31日の広島戦前の練習で中島宏之内野手にワンポイントアドバイスを送った。以前は目についた選手がいると、大きなアクションで熱血指導することも珍しくなか…

後で読む
スポーツ報知

 国内男子プロゴルフツアーを主管する日本ゴルフツアー機構と主催者は31日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、パナソニックオープン(9月24~27日、京都・城陽CC)の開催中止を発表した。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは31日、登録選手の追加・抹消を発表し、J1神戸は同U-18(18歳以下)所属のDF尾崎優成(17)を2種登録した。 山口県生まれの尾崎は26日に17歳を迎えたばかりの高校2年生。身長186センチの長身センターバックで、昨年5月にはU-16日本代表候補にMFとして選出されていた。

後で読む
東京スポーツ

スポーツ動画配信サービス大手「DAZN」は31日、公式ツイッターを通じ、今季のサッカー欧州チャンピオンズリーグ(CL)と欧州リーグ(EL)を決勝戦まで配信すると発表した。  新型コロナウイルス感染拡…

後で読む
東京スポーツ

J1のFC東京・長谷川健太監督(54)が31日、オンラインで取材に対応した。  直近2戦は敵地で2分けと勝ちきれていない中、ホームの鳥栖戦(8月1日、味スタ)へ向けて「ホームのサポーターの皆さんの期…

後で読む
東京スポーツ

日本サッカー協会は31日、U―19日本代表候補メンバーを発表し、J1横浜FCで活躍中のFW斉藤光毅(18)ら26人が選ばれた。10月のU―19アジア選手権(ウズベキスタン)に向けて8月1日から5日ま…

後で読む
スポーツ報知

男子バレーボールV2リーグのヴォレアス北海道は31日、08年北京五輪に出場した越川優(36)の入団を発表した。8月3日に入団会見を行う。

後で読む
スポーツ報知

都内で合宿中のバレーボール全日本女子の中田久美監督(54)が31日、オンラインで会見した。守りの要だったロンドン五輪銅メダルの新鍋理沙(30)が6月に突然、現役引退を表明したが、中田監督は6月中旬か

後で読む
スポーツ報知

日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は31日、電話取材に応じ、この日の休場者などを報告した。親方衆1人の親族の職場で新型コロナウイルス陽性者が出たため、当該親方が抗原検査を受けたが陰性だっ

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子V2のヴォレアス北海道は31日、元全日本男子主将で08年北京五輪代表のアウトサイドヒッター越川優(36)=189センチ、91キロ=の入団を発表。背番号は「0」。3日に旭川市内で入団会

後で読む
スポーツ報知

新型コロナウイルスの影響で3月12日から中断していたNBAが30日(日本時間31日)、米フロリダ州のディズニー・ワールド・リゾートにて再開した。2試合が行われ、ジャズが106―104でペリカンズに勝

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。