「2020年7月7日」の記事一覧

サンケイスポーツ

女子ゴルフのメジャー大会、AIG全英女子オープンを主催するR&Aは7日、今年の大会を当初予定通り来月20~23日に北西部のロイヤルトルーンGCで開催すると発表した。新型コロナウイルスの影響で無観客となる。

後で読む
スポーツ報知

日本野球機構(NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、7日、「eBASEBALL プロリーグ」2020シーズンの概要を発表した。

後で読む
スポーツ報知

地元の萩原秀人(41)=福井=が、最高のスタートを決めた。2Rは4カドからコンマ06のトップスタートで一気まくり。イン戦の8Rは瓜生のまくり差しが入ったが、2Mで俊敏に差し返した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日1-2ヤクルト=延長十回、4回戦、2勝2敗、7日、ナゴヤD)ヤクルトが延長戦を制した。十回2死満塁から井野の押し出し四球で勝ち越した。九回を抑えた寺島が4年目でプロ初勝利。中日は十回の岡田が申告敬遠1を含む4四球と乱れた。打線も1点を追う十回のサヨナラ機を生かせなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフのメジャー大会、AIG全英女子オープンを主催するR&Aは7日、今年の大会を当初予定通り来月20~23日に北西部のロイヤルトルーンGCで開催すると発表した。新型コロナウイルスの影響で無観客となる。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日1-2ヤクルト=延長十回、4回戦、2勝2敗、7日、ナゴヤD)野手を使い果たした中日は延長十回2死満塁のサヨナラ機、代打に投手の三ツ間を起用した。結果は空振り三振で試合終了。十回表に最後の野手だった加藤を捕手に入れたためで、与田監督は「完全に僕のミス。1人残しておかないといけないところで交代に迷ってしまった」と反省の言葉を並べた。

後で読む
スポーツニッポン

昨年、渋野日向子(21=サントリー)が日本人選手として42年ぶりの海外メジャーを果たした女子ゴルフのAIG全英女子オープン(8月20~23日、ロイヤルトルーンGC)が無観客で開催されることが決まった。7日、主催するR&Aが発表した。女子の海外メジャーでは今季初戦となる。

後で読む
スポーツ報知

「代打・三ツ間」は、荷が重すぎた―。中日が1点を追う延長10回2死一、三塁。7番・京田は申告敬遠で投手の8番・岡田に打順が回ったが、もうベンチに野手がいない。9回終了時点で残っていた唯一の野手・加藤

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトの寺島成輝投手(21)が、プロ4年目で初勝利を手にした。

後で読む
スポーツ報知

確信の一打だったが運に恵まれなかった。西武・山川穂高内野手(28)が、1点を追う6回無死二塁で、有吉の高め直球をはじき返した。快音と共に打球は飛距離を伸ばし柵越えかと思われたが、フェンス間際で風に戻

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス7-1日本ハム」(7日、京セラドーム大阪) 日本ハムの野村佑希内野手が、4回の守備時に打球を右手小指に受け負傷した。5回の打席で代打を送られて途中交代し、検査のため大阪市内の病院に向かった。

後で読む
デイリースポーツ

「中日1-2ヤクルト」(7日、ナゴヤドーム) 中日は延長の末に競り負け、3位浮上を逃した。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス7-1日本ハム」(7日、京セラドーム大阪) オリックスが今季初の3連勝。吉田正が2ランを含む4安打、さらにジョーンズ&ロドリゲスと先発・アルバースの助っ人勢の活躍が光り快勝した。

後で読む
デイリースポーツ

「中日1-2ヤクルト」(7日、ナゴヤドーム) 七夕の夜に、願いが叶った。ヤクルトの寺島成輝投手(21)が、プロ4年目で初勝利を手にする。握られたウイニングボールの重みが、心に染みた。

後で読む
東京スポーツ

プロ野球歴代16位の415本塁打をマークする西武・中村剛也内野手(36)が7日のロッテ戦(ZOZOマリン)でスタメンを外れた。  原因は5日のオリックス戦(メットライフ)6回に山本由伸投手から右手首…

後で読む
スポーツニッポン

七夕の夜を、今季2度目の“ヤナクリ砲”が彩った。2―0の初回1死一塁で3番柳田が逆方向の左翼テラス席への4号2ランで振り出しに戻すと、2回1死では1番栗原がライナーで右翼スタンドに運ぶ3号ソロで続いた。さらに柳田は、2―2の5回無死二塁で決勝点となる中前適時打とし2安打3打点。今季4度目のマルチ安打とした。

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトは延長10回にノーヒットながら4四球(うち1つは申告敬遠)で勝ち越し点を挙げて勝利。貯金を1とし、3位の座を守った。6番手で9回に登板して無失点に抑えた4年目の寺島がプロ初勝利を手にした。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテは乱打戦を制して、ホーム無傷の7連勝で連敗を3で止めた。先発の有吉は6回87球を投げて、5安打2失点で今季初勝利をマークした。

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトの4年目、寺島成輝投手(21)が、うれしいプロ初勝利を挙げた。

後で読む
スポーツニッポン

中日はベンチワークのミスで接戦を落とした。

後で読む
サンケイスポーツ

現地時間7日、セリエA第31節で18位レッチェはホームに2位ラツィオを迎え撃つ。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトの4年目左腕、寺島成輝投手(21)が7日、中日戦(ナゴヤドーム)でプロ初勝利を挙げた。1-1の9回に6番手で登板し無失点に抑えると、十回にチームが勝ち越した。以下、試合後の一問一答。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ8-6西武、1回戦、ロッテ1勝、7日、ゾゾマリン)西武の高橋光は6回9安打6失点と粘れず今季初黒星を喫した。四回まではフォークボールを低めに集め、無失点で7三振と快投したが、1-0の五回2死三塁で藤岡に同点打を浴びると、四球を与え、マーティンに2点二塁打を許した。六回にも3点を失い「ずるずると失点してしまい、相手の流れを止めることができなかった」とうなだれた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス7-1日本ハム、1回戦、オリックス1勝、7日、京セラ)オリックスの左腕アルバースは7回を2安打無失点で今季初勝利を手にした。右打者の内角を突く速球が効果的で「両サイドをしっかり使おうと(捕手の若月と)話はしていた。内角の方が制球が良かったというのは一つの要因だと思う」とうなずいた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク4-3楽天、1回戦、ソフトバンク1勝、7日、ペイペイD)ペイペイドームではこの日から四足歩行の犬型ロボット「スポット」が左中間席に20台陣取った。七回裏の攻撃前は、球団応援歌に合わせてお尻を振って踊った。

後で読む
デイリースポーツ

BS朝日は7日、新日本プロレス34年ぶりとなる「金曜夜8時」枠での生中継となった今月3日の「ワールドプロレスリングリターンズ」で、ハッシュタグ「#金8はプロレス」がTwitterトレンド1位を獲得し、世界トレンドでも3位となったことを明らかにした。 当日は「NEW JAPAN CUP 2020」準決勝を放送したが、注目の一戦「オカダ・カズチカ対高橋ヒロム」が時間切れで放送終了に。10日の午後8時から「『ワールドプロレスリングリターンズ』7・3『NEW JAPAN CUP 2020』準決勝 オカダ・カズチカ VS 高橋ヒロム」として、大一番を完全ノーカット版で放送することも決定した。

後で読む
デイリースポーツ

総合格闘技イベントのRIZINは7日、動画共有サービスのユーチューブで会見を開き、榊原信行CEO(56)が8月9、10日に横浜市のぴあアリーナMMで大会を開催し、それに合わせてクラウドファンディングを募ることを発表した。 RIZINは4月3日に新型コロナウイルス感染拡大の影響により4月19日の横浜アリーナ大会と5月に開催を予定していた仙台大会を中止するなど、6月いっぱいまで大会を休止することを発表。同時に、新型コロナウイルス感染の終息を条件として夏にメガイベントを開催する意向を示していた。

後で読む
デイリースポーツ

総合格闘技イベントのRIZINは7日、新型コロナウイルス観戦拡大のため2月22日を最後に休止していた大会を8月9、10日に横浜市のぴあアリーナMMで再開することに合わせてクラウドファンディングを募集することを発表した。 RIZINは大会休止の影響により、榊原信行CEOが6月にツイッターで「7億円の売上が飛んだ。このままでは座して死を待つのみになる」とつぶやくなど窮地に陥っていた。この日、榊原CEOはクラウドファンディングについて「次のボクらのチャレンジへ、みんなの支援をいただきたい。やせ我慢していられる状況ではない」と語った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス7-1日本ハム、1回戦、オリックス1勝、7日、京セラ)オリックスが今季初の3連勝。二回にロドリゲスのソロで先制し、三回にジョーンズの2点二塁打、七回に宗の適時打と吉田正の2ランで差を広げた。アルバースが7回2安打無失点で今季初勝利。日本ハムは打線が抑え込まれて完敗。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日1-2ヤクルト、4回戦、2勝2敗、7日、ナゴヤD)ヤクルトは十回に井野の押し出し四球で奪った1点を守りきり、貯金を「1」とした。九回に登板した4年目の寺島がプロ初勝利。中日は十回に登板した4番手・岡田の制球が定まらず押し出し四球で勝ち越し点を奪われた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は7日、セ・パ両リーグで4試合が行われた。

後で読む
デイリースポーツ

日本水連は7日、オンラインで常務理事会を開き、東京辰巳国際水泳場で予定されている競泳の日本学生選手権など9、10月の8大会を開催する方針を決めた。 6月に策定した「感染拡大予防ガイドライン」に則し「3密(密閉、密集、密接)」を回避して実施を目指す。観客の動員は今後の新型コロナウイルスの感染状況を注視しながら検討する。

後で読む
スポーツ報知

楽天・弓削隼人投手(26)が先発し、6回6安打4失点(自責3)で今季初黒星を喫した。千賀との投げ合いに「日本を代表する投手なので、そこのプレッシャーはありました。でも、相手がどうこうではなく、もう少

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトが、同点の延長10回に、プロ15年間でわずか9打点の井野卓捕手(36)が2死満塁から勝ち越しの押し出し四球を選んで、勝ち越した。カウント3ボール、1ストライクから岡田の内角の139キロを見送

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの野村佑希内野手(20)が、オリックス戦(京セラD)の4回に三塁守備で打球を右手小指に当て負傷。5回の打席で代打を送られて途中交代し、検査のため大阪市内の病院に向かった。

後で読む
スポーツ報知

【セ・リーグ】

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトが、延長戦を制して、貯金1とした。同点の延長10回に3つの四球で2死満塁のチャンスを作ると、9回裏の守備から出場していたプロ15年間でわずか9打点だった井野卓捕手(36)が、押し出し四球を選

後で読む
東京スポーツ

【格闘技情報局】ボクシング担当記者 WBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(31=英国)と前王者デオンテイ・ワイルダー(34=米国)の3度目の対戦が、12月19日に行われる見通しだと米スポーツ専門…

後で読む
東京スポーツ

全日本テコンドー協会は7日までに、来夏へ延期された東京五輪・パラリンピックの代表に内定した選手らにPCR検査を実施することを決めた。  協会によると、今後の代表合宿に備え、合宿参加予定者全員と協会の…

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN」の榊原信之CEO(56)が7日、YouTubeで会見を開き、「RIZIN.22(8月9日)、RIZIN.23(同10日、横浜・ぴあアリーナMM)」の開催を発表。同時にクラ…

後で読む
スポーツ報知

サッカー日本代表と東京五輪(U―23)代表を兼務する森保一監督(51)が7日、オンライン取材に応じ、故郷の長崎県も被害を受けた九州地方の豪雨について心境を語った。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ8-6西武」(7日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテが打ち合いを制し、連敗を3で止めた。本拠地では負けなしの7連勝となった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-中日」(7日、ナゴヤドーム) 中日の守護神・岡田が、まさかの大乱調で失点した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト2-1中日」(7日、ナゴヤドーム) 中日が競り負け、3位浮上を逃した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト2-1中日」(7日、ナゴヤドーム) 中日は競り負け、3位浮上を逃した。

後で読む
スポーツニッポン

日本代表の森保監督が7日にオンライン取材に応じ、九州で甚大な被害をもたらしている豪雨について「犠牲になられた方々にお悔やみ申し上げたい。被災された方もたくさんいますし、苦しんでいらっしゃる方もいる。痛みが少しでも和らぐように過ごしていただけたら」と思いを馳せた。長崎県在住の指揮官の両親も妹宅へ避難しているという。

後で読む
日刊スポーツ

日本水泳連盟は7日、オンラインで常務理事会を開いた。開催を保留していた8月以降の主催大会について、同連盟の「感染拡大予防ガイドライン」を順守しつつ、開催を目指…

後で読む
日刊スポーツ

関西大学ラグビーのリーグ委員会が7日、大阪・吹田市内で行われ、今秋のAリーグ(1部)を10月10日開幕とする日程案を固めた。今月に行われる関西協会の理事会など…

後で読む
東京スポーツ

鷹のエースが帰ってきた。右前腕部の張りなどで出遅れていたソフトバンクの千賀滉大投手(27)が、7日の楽天戦(ペイペイ)で復帰登板。5回3失点ながら随所で今後に大きな期待を抱かせる投球を見せた。  鮮…

後で読む
スポーツニッポン

ソフトバンクは6月21日以来16日ぶりに本拠地でのゲーム。首位楽天に競り勝って、5割復帰まであと1勝とした。

後で読む
スポーツニッポン

ソフトバンクは柳田の本塁打を含む3打点の活躍で、首位楽天との6連戦の初戦に競り勝って5割復帰まであと1勝とした。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテは、両チーム合わせて21安打14得点の乱打戦を制して、連敗を3で止めた。先発の有吉は6回87球を投げて、5安打2失点で今季初勝利をマークした。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス7-1日本ハム、1回戦、オリックス1勝、7日、京セラ)日本ハムの野村が三塁の守備で右手小指を痛めて途中交代した。四回に強い打球が当たり、五回の打席で代打を送られた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス7-1日本ハム、1回戦、オリックス1勝、7日、京セラ)日本ハムは完敗だった。杉浦は変化球が決まらず、頼りの直球が甘くなったところを痛打されて4回1/3を3失点。三回は2死無走者からの連打で2点を失い「何とか粘らないといけなかった」と今季初黒星に反省の言葉を繰り返した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク4-3楽天、1回戦、ソフトバンク1勝、7日、ペイペイD)楽天は2年目左腕の弓削が6回4失点(自責点3)で今季初黒星を喫し、連勝が3で止まった。2点を先制した直後の一回に柳田に2ランを浴び、3-3の五回には先頭を失策で出塁させると、再び柳田に勝ち越し打を許した。

後で読む
スポーツ報知

大相撲の新大関・朝乃山(26)=高砂=は7日、7月場所(19日初日、東京・両国国技館)に向けて、都内の高砂部屋で若い衆と計13番ほど相撲を取って調整した。

後で読む
スポーツ報知

カヌースラロームの東京五輪代表・羽根田卓也(32)=ミキハウス=が7日、自身のインスタグラムを更新。パドルボードを使った練習風景動画などをアップした。

後で読む
スポーツ報知

日本水泳連盟は7日、オンラインでの常務理事会を開催し、新型コロナウイルスの感染拡大により判断を保留していた8月以降の主催大会を開催する方針を決めた。白血病からの復帰を目指す池江璃花子(20)=ルネサ

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は7日、セ・パ両リーグで4試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス7-1日本ハム、1回戦、オリックス1勝、7日、京セラ)オリックスが今季初の3連勝。二回にロドリゲスのソロで先制し、三回にジョーンズの2点二塁打、七回に宗の適時打と吉田正の2ランで差を広げた。アルバースが7回2安打無失点で今季初勝利。日本ハムは打線が抑え込まれて完敗。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク4-3楽天、1回戦、ソフトバンク1勝、7日、ペイペイD)ソフトバンクは0-2の一回に柳田の4号2ランで追いつき、3-3の五回にも柳田の中前適時打で1点を勝ち越した。今季初登板の千賀が5回3失点で勝利を挙げた。九回を抑えた森が3セーブ目。楽天は連勝が3で止まった。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトのアルバート・スアレス投手(30)が7日、中日4回戦(ナゴヤドーム)に先発。6回78球を投げ7四球を与えたが、1安打無失点と粘りの投球。「立ち上がり、コントロールに苦しんで四球を出してしまったが、集中力を切らさず粘りのピッチングができました。なかなかお互い得点がとれないゲームの流れでしたが、先制点を与えないように最後まで集中したピッチングでした」と振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

【ロンドン共同】サッカーの欧州クラブ協会(ECA)は7日、新型コロナウイルスの影響で、今季と来季の欧州55カ国・地域のクラブチームの減収が合計で40億ユーロ(約4840億円)に上る見込みだとの調査結果を発表した。コロナ禍で各クラブは放送権料の見直しや、観客の入場制限もしくは無観客試合の実施などを強いられ、歳入に打撃を与えている。 イングランドやスペインなど主要10リーグでは、チケットの売り上げで今季は4億ユーロ、来季は11億ユーロの減少に直面すると試算した。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムのクリスチャン・ビヤヌエバ内野手(29)が復帰初戦で初安打を放った。「6番・指名打者」で先発出場。第1打席は中飛、第2打席は三邪飛。8回先頭で迎えた第3打席にカウント2―2から142キロの直

後で読む
スポーツ報知

オリックスの吉田正尚外野手(26)が7回、4号2ランでリードを広げた。7回に宗の適時打で4点差として、なお2死一塁。金子の初球、141キロを力強くはじき返した。右中間に飛び込む一発は、T―岡田に並ぶ

後で読む
スポーツ報知

中日・柳裕也投手(26)が7回6安打1失点と力投した。7イニング中5イニングで走者を背負ったが、ここ一番で踏ん張り今季最多の10三振を奪った。

後で読む
スポーツ報知

先発した西武・高橋光成投手(23)が、6回9安打6失点で降板した。140キロ後半の直球と、鋭く落ちる130キロ後半のフォークを決め球に4回まで7奪三振。上空16メートルの強風にあおられながら序盤は試

後で読む
スポーツ報知

中日のダヤン・ビシエド内野手(31)が1点を追う8回1死一塁で、2番手・マクガフから中堅フェンス直撃の同点適時二塁打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの欧州クラブ協会(ECA)は7日、新型コロナウイルスの影響で、今季と来季の欧州55カ国・地域のクラブチームの減収が合計で40億ユーロ(約4840億円)に上る見込みだとの調査結果を発表した。コロナ禍で各クラブは放送権料の見直しや、観客の入場制限もしくは無観客試合の実施などを強いられ、歳入に打撃を与えている。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-西武」(7日、ZOZOマリンスタジアム) 西武・森友哉捕手が不運に見舞われた。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス7-1日本ハム」(7日、京セラドーム大阪) オリックスが快勝。3連勝で借金5まで減らした。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク4-3楽天」(7日、ペイペイドーム) ソフトバンクが接戦を制した。右前腕部の張りなどで出遅れていたソフトバンク・千賀が今季初登板初先発で初勝利を飾った。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスが今季初の3連勝。二回にロドリゲスのソロで先制し、三回にジョーンズの2点二塁打、七回に宗の適時打と吉田正の2ランで差を広げた。アルバースが7回2安打無失点で今季初勝利。日本ハムは打線が抑え込まれて完敗。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは0-2の一回に柳田の4号2ランで追いつき、3-3の五回にも柳田の中前適時打で1点を勝ち越した。今季初登板の千賀が5回3失点で勝利を挙げた。九回を抑えた森が3セーブ目。楽天は連勝が3で止まった。

後で読む
東京スポーツ

巨人にも〝密な〟スケジュールが待ち受ける。7日の阪神戦(甲子園)が雨天中止となったことで、9月7日もしくは10月5日、いずれかの予備日に組み込まれることになった。  仮に9月に入れば13連戦。10月…

後で読む
東京スポーツ

広島・堂林翔太内野手(28)が三塁再挑戦で出場機会増を目指す。DeNA戦(マツダ)が雨天中止となった7日、数日前から三塁での守備練習を再開した堂林は室内練習場で汗を流し「試合に出るために何でもやろう…

後で読む
東京スポーツ

古巣相手に苦戦を強いられた。日本ハムの金子弌大投手が7日、古巣・オリックス戦(京セラ)の3点ビハインドの6回から3番手で救援登板し、2回3失点だった。  代わりばなは順調だった。好調の先頭打者・T―…

後で読む
東京スポーツ

オリックスの吉田正の勢いが止まらなくなってきた。7日の日本ハム戦(京セラ)は第1打席で右前に運ぶと、第2打席で左前打。第3打席も左前に運んで猛打賞をマークすると、7回には金子から右中間席に4号2ラン…

後で読む
東京スポーツ

西武・高橋光成投手(23)が7日のロッテ戦(ZOZO)に6回9安打6失点で降板した。  レフトから本塁へ、瞬間最大16メートルの強風が吹くマリンでその風をうまく味方につけながらストレート、決め球フォ…

後で読む
スポーツニッポン

ロッテの3年目・安田が2年ぶりとなるプロ2号を放った。6回1死一塁、2ボール2ストライクから高橋光の138キロのフォークを捉え、右翼席にライナーで2ランを叩き込んだ。

後で読む
スポーツニッポン

中日の先発・柳は7回6安打1失点と好投も、援護に恵まれず2勝目はお預けとなった。

後で読む
スポーツニッポン

ZOZOマリンススタジアム名物の強風で珍しい「ライト前スリーベース」が生まれた。

後で読む
スポーツニッポン

ソフトバンクが首位楽天に競り勝ち、5割復帰へあと1勝とした。今季初登板の千賀が5回3失点で初勝利を挙げた。楽天は連勝が3でストップした。

後で読む
サンケイスポーツ

日本代表DF冨安健洋らボローニャの若手選手について、イタリアのウェブメディア『Fanpage.it』が6日に特集を組んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-巨人=雨天中止、7日、甲子園)開幕から首都圏で試合を重ねてきた巨人は今季初の遠征で、最初から中止となった。「しょうがない。雨で流れるのは昔からあることだから」と原監督。今後に過密日程が予想されることにも「望むところだよ。そういう環境の中でスタートしているし、もう覚悟はしている」と力強い。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・西浦直亨内野手(29)が7日、中日4回戦(ナゴヤドーム)に「5番・三塁」で先発出場。0-0の六回無死一塁から、右中間へ先制の適時二塁打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・千賀滉大投手(27)が7日の楽天戦(ペイペイドーム)で今季初先発。5回94球で3失点で降板した。球団広報を通じたコメントには、反省の思いがあふれていた。

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟DF、舞行龍ジェームズ(31)が右足ふくらはぎ痛から完全復帰。開幕3試合で8失点の守備の立て直しを誓った。7日の練習でも、アップの段階か…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス-日本ハム、1回戦、7日、京セラ)オリックスのロドリゲスが豪快な一発を放った。0-0の二回1死無走者で、杉浦が外角低めへ投じた速球を思いきりのいいスイングで中堅右へ運び「外野を越えるとは思っていたけど、ホームランになるとは思っていなかったから入ってくれて良かったよ」と声を弾ませた。

後で読む
日刊スポーツ

昨年末に左アキレス腱(けん)断裂の重傷を負った京都サンガDF本多勇喜が、完全復帰をアピールした。7日、11日アビスパ福岡戦(サンガS)に向けた練習後に取材対応…

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球の強豪、浦和学院(埼玉)と二松学舎大付(東東京)が7日、さいたま市内の浦和学院グラウンドで練習試合を行い、5-5で引き分けた。国内6球団のスカウトが視察する中、プロ注目の浦和学院の最速148キロ右腕・美又王寿投手(3年)が先発し、3回2安打無失点、5三振、3四死球。身長200センチの二刀流右腕・秋広優人投手(3年)は先発し3回3安打2失点だった。

後で読む
日刊スポーツ

帝京安積(福島)サッカー部が、東北の強豪に果敢に挑んでいく。今季は高円宮杯U-18プリンスリーグ東北に初参戦予定だった。しかし、コロナ禍で長距離移動を伴う最高…

後で読む
サンケイスポーツ

5日のインテルミラノ戦に先発出場したボローニャの日本代表DF冨安健洋について、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが6日、評価を下した。

後で読む
日刊スポーツ

C大阪の7季ぶり開幕3連勝へ、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(62)が7日、中3日の清水戦で前節からのメンバー入れ替えを示唆した。J1再開のG大阪との大阪ダ…

後で読む
サンケイスポーツ

西武・山川穂高内野手が7日のロッテ戦(ZOZOマリン)で風に泣いた。

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪は7日、「なんかせなあかん!」プロジェクト第1弾として企画していた30万円“チケット”が完売したと発表した。同プロジェクトは新型コロナウイルス感染…

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・栗原陵矢捕手(24)が7日の楽天戦(ペイペイドーム)で「1番・左翼」で先発。同点の二回1死、右翼席に一時勝ち越しの3号ソロを突き刺した。

後で読む
サンケイスポーツ

2003年に20勝をマークした元阪神・井川慶氏(40)と元ソフトバンク・斉藤和巳氏(42)がそろって、きょう8日(水曜後11・56)のMBS「戦え!スポーツ内閣」に出演することが7日、明らかになった。番組内で星野仙一氏(享年70)と王貞治氏、それぞれ当時監督だった恩師に言われた忘れられない一言を語った。

後で読む
スポーツ報知

巨人のチアゴ・ビエイラ投手(27)が7日、1軍に合流した。この日は甲子園の室内練習場で短距離ダッシュなどで調整。「阿部2軍監督、杉内2軍投手コーチに熱心に指導してもらったおかげで、いい状態で投げるこ

後で読む
デイリースポーツ

体操の全日本シニア選手権(9月20~22日、高崎アリーナ)の開催発表会見が7日、都内で行われた。新型コロナウイルスの影響で大会の開催が中断していた体操界にとって、今年初となる全国規模の大会となる。全日本シニア連盟の塚原光男専務理事は「選手にとって競技会が1つのモチベーション。やれる可能性があるなら、やるべきだと思った」と、開催を決断した理由を説明した。 感染拡大防止対策のガイドラインを定め、観客も全席指定で1000~1500人を集客する予定。手洗い・消毒や、体操ディスタンス(1メートル以上、両手間隔)確保の徹底のほか、体操特有の「ガンバ!」など声援の自粛や、バルーンスティックなど鳴り物での応援は禁止する。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲で人気の小兵、平幕炎鵬が7日、報道陣の電話取材に応じ、日本相撲協会が無観客での開催を目指すとしている7月場所(19日初日・両国国技館)へ「(無観客は)大阪で経験しているので、気持ちのつくり方などはイメージできる。どんな環境でも力を出せるようにやっていく」と3月の春場所を引き合いに、意気込みを語った。 動画で見た大関貴ノ花(故人)の足腰の強さを見習い、下半身を重点的に鍛えてきたという。瞬発系のトレーニングでは、持ち前のスピードに磨きをかけた。ぶつかり稽古や相撲を取る稽古は約3週間前から再開。この日は部屋の幕下以下の力士と相撲を取った。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は7日、大会延期に伴い、国連総会が「五輪休戦決議」の対象期間を来年7~9月に変更したことを受け「東京大会がスポーツを通じて平和でより良い世界を築く重要な機会となるよう、一層の努力を重ねていく」とのコメントを出した。 休戦決議は法的拘束力はないが、加盟国に大会に合わせて武力紛争を控えるよう呼び掛けるもので、昨年12月の総会で採択された。

後で読む
デイリースポーツ

日本水泳連盟は7日、オンラインで常務理事会を行い、8月以降に予定されていながら「保留」となっていた主催大会について、開催を目指す方針を決定した。 日大2年で白血病からの復活を目指す池江璃花子(20)=ルネサンス=が1年9カ月ぶりの復帰戦として目標に掲げていた10月の日本学生選手権(東京辰巳国際水泳場)も従来とは形態を変えて開催を目指すという。

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で今季参加を辞退する選手やコーチが続出する中、大病を患い感染リスクが高いにもかかわらず今季参加を決めた選手がいる。インディアン…

後で読む
スポーツ報知

オリックスのアデルリン・ロドリゲス内野手(28)が2回、先制の3号ソロを放った。1死から杉浦の初球、外角低めの144キロストレートをとらえた。高々と舞い上がった打球は、バックスクリーン右へ飛び込んだ

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクの千賀滉大投手(27)が、今季1軍初登板で自己最速タイの球速をマークした。初回先頭の茂木への4球目に、161キロを計時。その回の2死一、二塁から島内に中越えの2点二塁打で先制を許し、3回

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターCとマンチェスターUが、カリドゥ・クリバリとACミラン・シュクリニアルに強い関心を抱いているようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えた。

後で読む
サンケイスポーツ

ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、元同僚のバルセロナFWリオネル・メッシや日本移籍を決めた理由などについて語った。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-楽天」(7日、ペイペイドーム) 右前腕部の張りなどで出遅れていたソフトバンク・千賀が今季初登板初先発。5回4安打3失点6奪三振4与四球、勝ち投手の権利を得たまま降板した。

後で読む
スポーツニッポン

マジョルカの日本代表MF久保建英(19)は、ゲームでも大幅スキルアップか!スペインYahoo!は6日、ここ3カ月以内に発売される予定のサッカービデオゲーム「FIFA21」に関し、19年9月27日に発売された最新版「FIFA20」より大幅な能力アップが予想される9選手をピックアップ。ここ数試合の活躍で評価をさらに上げている久保が4位に選出された。

後で読む
日刊スポーツ

日本陸連は7日、3月から10月に延期された世界ハーフマラソン選手権(ポーランド)の代表選手の変更をした。新たに東京五輪女子マラソン代表の前田穂南(23=天満屋…

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボールBリーグのレバンガ北海道は7日、米国出身のジョーダン・テイラー(30)と20-21シーズンの契約に同意したと発表した。187センチ、88キロの…

後で読む
日刊スポーツ

2008年北京オリンピック(五輪)バレーボール男子日本代表で、現在は東京五輪ビーチバレーボール代表を目指す越川優(36)が7日、SNSなどで、8月に中学3年生…

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボールBリーグ2部(B2)の熊本ヴォルターズは、被災現場で不足している飲料水などの受け入れ窓口を熊本市内の球団事務所に設置した。前日に告知。7日には…

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルス感染拡大に伴い中止になった東京五輪の聖火リレーの関連で、出発地の福島県が既に支出した費用が約2億5千万円に上ることが7日、分かった。中止決定…

後で読む
サンケイスポーツ

J2とJ3に続き、J1でも始まった無観客のリモートマッチ。清水エスパルスはこの試合に向け、Jリーグが作成した「新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」を基に6月15日から『エスパルス #新たな観戦スタイル プロジェクト』をスタートした。無観客試合でのコレオグラフィ企画やスタジアムへのフォトパネルの設置、さらには普段スタジアムで食べることができるスタグルを簡単レシピで再現できる『おうちde愛スタグルメ!』などの企画を打ち出した。

後で読む
サンケイスポーツ

アーセナルは、今夏の移籍市場でMFマッテオ・グエンドウジの放出に動いているようだ。『The Athletic』が伝えている。

後で読む
サンケイスポーツ

イタリア人指揮官のファビオ・カペッロ氏が、イタリアメディア『スカイスポーツ』の番組に出演し、ユベントスGKジャンルイジ・ブッフォンのかつての弱点を明かした。

後で読む
東京スポーツ

日本代表と東京五輪代表を兼務する森保一監督(51)が、五輪世代の選手たちに猛ゲキを飛ばした。  昨年9月から始まったA代表のカタールW杯アジア2次予選では、東京五輪世代からMF堂安律(22=PSVア…

後で読む
東京スポーツ

西武の5年目・川越誠司外野手(27)が7日のロッテ戦(ZOZO)で攻守に躍動している。  この日の試合に「8番・中堅」で2試合連続でスタメン出場した川越。3回に回ってきた第1打席で相手先発・有吉のス…

後で読む
スポーツニッポン

巨人は7日、阪神4回戦(甲子園)が雨天中止となった。ナインは甲子園の室内練習場で練習を行い、8日に備えた。

後で読む
スポーツニッポン

雨天中止となった7日の阪神戦(甲子園)に先発予定だった巨人・戸郷翔征投手(20)は11日のヤクルト戦(ほっと神戸)に回る見込みとなった。

後で読む
スポーツニッポン

ソフトバンクの千賀が楽天戦で今季初登板、5回4安打3失点で勝利投手の権利を持って降板した。

後で読む
サンケイスポーツ

J1のG大阪は7日、FW小野が左眼窩底骨折と診断されたと発表した。4日のC大阪戦で負傷した。

後で読む
サンケイスポーツ

昨季ラグビー大学選手権を11季ぶりに制した早大が7日、新型コロナウイルスによる練習中断からの再開後初めて東京・上井草での練習取材に応じた。NO・8丸尾崇真主将(4年)は「グラウンドで練習ができることは素直にうれしい」と喜びを語った。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天・島内宏明外野手(30)が7日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)の一回2死一、二塁から先制となる中堅フェンス直撃の2点二塁打を放った。

後で読む
スポーツ報知

大相撲の新大関・朝乃山(26)=高砂=が7日、都内の高砂部屋での稽古後、電話取材に応じた。7月7日は七夕。「優勝」「体調管理をしてコロナに負けない」の2つを願いとして挙げ、新大関場所となる7月場所(

後で読む
スポーツ報知

バレーボール全日本男子の若きエース・西田有志(20)=ジェイテクト=が7日、日本バレーボール協会の公式インスタグラムを通し、ファンにメッセージを送った。現在、都内の味の素ナショナルトレーニングセンタ

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島-DeNA=降雨中止、7日、マツダ)広島は2日続けて雨天中止となった。佐々岡監督は、3日に出場選手登録を外れたスコットに代わる抑えとして菊池保を抜てきする考えを示した。「制球で乱れるところもなく、安定感のある投球をしてくれる」と期待を寄せた。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクは7日、記録的な豪雨に見舞われている九州各地の被災地支援のため、球団から100万円、選手会から100万円を義援金として寄付すると発表した。ペイペイドームで行われた楽天戦の前には黙とうし、国旗に黒リボンをかけて弔旗として掲揚した。観客が入れるようになる10~12日はペイペイドームに募金箱を設置する。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス-日本ハム、1回戦、7日、京セラ)オリックスは7日、京セラドームで日本ハム戦を行い、二回にアデルリン・ロドリゲス内野手(前パドレス3A)が中堅右へソロ本塁打。チームとしては6月26日のロッテ戦(ZOZマリン)から10試合続けて本塁打を記録した。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・柳田悠岐外野手(31)が7日、楽天戦(ペイペイドーム)に「3番・中堅」で先発出場。一回1死一塁から左翼テラスに4号2ランを突き刺した。

後で読む
スポーツニッポン

男子ゴルフの星野陸也(24=フリー)が住宅、介護保育事業などを展開するヒノキヤグループ(本社・東京都千代田区)とスポンサー契約を締結したと発表した。

後で読む
スポーツ報知

今季初白星を狙う西武・今井達也投手(23)が、8日のロッテ戦(ZOZOマリン)に先発する。

後で読む
スポーツ報知

楽天・島内宏明外野手(30)が初回に先制の2点適時二塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(7日、甲子園球場) 巨人の大竹寛投手が、1軍に合流した。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-日本ハム」(7日、京セラドーム大阪) オリックスが、ロドリゲスの3号ソロで先制に成功した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(7日、甲子園球場) 試合は雨天中止となったが、巨人の原辰徳監督は前向きに次戦へ目を向けた。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-楽天」(7日、ペイペイドーム) 楽天・島内宏明外野手(30)が、謎のおばあちゃんに感謝?の先制打を放った。

後で読む
スポーツニッポン

G大阪は7日、MF小野裕二(27)が左眼窩底骨折したと発表した。

後で読む
スポーツニッポン

FC東京は7日、あす8日のホーム川崎F戦に向けて都内で非公開練習を行った。18、19年と複数失点で負けている“多摩川クラシコ”で勝利すれば、12年以来、8年ぶりの開幕3連勝となる。

後で読む
スポーツニッポン

G大阪は7日、有観客試合へ向けてパナソニックスタジアム吹田のローピング作業を行った。雨の中、アカデミースタッフや広報らクラブ職員総出で、約40000席のうち35000席を座れないようにロープで固定。各座席の間隔を空けて“密”にならないように細心の注意を払った。

後で読む
スポーツニッポン

広島は7日、MF柏好文(32)が「右大腿二頭筋筋損傷」により全治まで4~6週間を要することを発表した。4日の神戸戦で負傷と途中交代。その後、広島県内の病院で検査を受けた結果、4週間以上の離脱を強いられることが明らかになった。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンク・千賀滉大投手(27)が7日の楽天戦(ペイペイドーム)に今季初先発。初回、先頭・茂木の4球目に自己最速タイ161キロをマークした。  今春キャンプ中に発症した右前腕の張りの影響で出遅れた…

後で読む
スポーツニッポン

ソフトバンクの千賀が今季初登板、初回先頭打者の楽天・茂木に対して自己最速タイの161キロをマークした。

後で読む
スポーツニッポン

右肩周辺の肉離れで2軍調整中だった巨人・大竹寛投手(37)が7日、1軍に合流し「とにかくチームのために、勝利に貢献できるように頑張ります」と球団を通じてコメントした。

後で読む
スポーツニッポン

0―0の3回表、西武は先頭の8番・川越誠司外野手が右中間三塁打を放つと、続く9番の鈴木将平外野手が、ロッテ先発・有吉の直球を先制の左犠飛。「ゴエさんがスリーベースを打ってつないでくれました。打席には何とかそれを生かせるように入りました。スイングはよかったと思います。結果がついてきてよかったです!」と話した。

後で読む
スポーツニッポン

巨人のチアゴ・ビエイラ投手(27)が7日、1軍に合流し「1軍の戦力になれるように精いっぱい頑張ります」と球団を通じてコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハムは7日、観客を入れて14日から札幌ドームで主催する試合で「北海道コロナ通知システム」を導入すると発表した。登録することで、同じ施設の利用者に新型コロナウイルス感染者がいた場合に北海道から通知を受けられる。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表の森保監督が7日、オンラインで取材に応じ、九州が記録的な豪雨に見舞われていることに「犠牲になられた方々にお悔やみ申し上げたい。被災された方もたくさんいる。その方々の心に寄り添っていきたい」と思いを述べた。長崎市に暮らす両親も避難したという。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムは7日、7月14日のロッテ戦から札幌ドームで開催する主催試合において「北海道コロナ通知システム」を導入することを発表した。 海道ならび札幌市が提供している通知システムで、不特定多数の観客が利用する施設やイベント等での新型コロナウイルス拡大防止を目的としている。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは7日、記録的な豪雨に見舞われている九州各地の被災地支援のため、球団から100万円、選手会から100万円を義援金として寄付すると発表した。ペイペイドームで行われた楽天戦の前には黙とうし、国旗に黒リボンをかけて弔旗として掲揚した。観客が入れるようになる10~12日はペイペイドームに募金箱を設置する。 工藤監督は試合前に取材に応じ「朝8時ぐらいからずっとテレビを見ていたけど、筑後川や他のところでも大きな河川の氾濫がある。一刻も早い避難をしていただきたい」と心配そうに話した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(7日、甲子園球場) 左ふくらはぎを痛めている阪神のジェフリー・マルテ内野手(29)の試合復帰について、井上一樹打撃コーチ(48)は慎重な姿勢を示した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(7日、甲子園球場) 阪神は、甲子園開幕戦となる予定だった巨人戦が雨天中止。選手会長の梅野隆太郎捕手(29)は、大雨被害を受けている地元・九州の状況に胸を痛め、熱い試合を届けることをちかった。

後で読む
東京スポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、昨年12月の国連総会で採択された五輪休戦決議について、その対象期間を2021年7月16日~9月12日に変更する国連総会決定が同日に採択されたことを発表した。…

後で読む
東京スポーツ

体操の全日本シニア選手権(9月22日、群馬・高崎アリーナ)で復帰戦を行う男子個人総合五輪2連覇・内村航平(31=リンガーハット)が同大会で「鉄棒」のみに出場することが7日、全日本シニア体操クラブ連盟…

後で読む
東京スポーツ

全日本シニア体操クラブ連盟は7日、群馬・高崎アリーナで開催する全日本シニア・マスターズ選手権(9月20~22日)の概要を発表した。  今大会は男子個人総合五輪2連覇の内村航平(31=リンガーハット)…

後で読む
東京スポーツ

大相撲7月場所(19日初日、東京・両国国技館)を控えた7日、小兵の人気力士、幕内炎鵬(25=宮城野)が東京・墨田区の部屋で稽古を再開。部屋の若い衆と相撲を取るなどして調整した。  新型コロナウイルス…

後で読む
東京スポーツ

日本体操協会は7日、新型コロナウイルス感染拡大の影響でインターハイ中止のあおりを受けたジュニア選手たちの演技発表の場を提供するべく「男子新体操オンライン選手権2020」の開催を発表した。  参加資格…

後で読む
日刊スポーツ

FC東京の悔しさを晴らすカギはデュエル(球際の攻防)にある。今季ホーム初戦でぶつかる川崎Fには昨季、味スタで0-3と完敗している。長谷川監督は「球際、好守の切…

後で読む
サンケイスポーツ

全国野球振興会(日本プロ野球OBクラブ)は7日、元ロッテ監督の八木沢荘六理事長(75)の再選を理事会で決定したと発表した。任期は2年。

後で読む
日刊スポーツ

サンフレッチェ広島は7日、MF柏好文(32)が右大腿(だいたい)二頭筋筋損傷で全治4~6週間の診断を受けたと発表した。4日のJ1リーグ戦ヴィッセル神戸戦で負傷…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-巨人=降雨中止、7日、甲子園)阪神は雨天中止で本拠地開幕は持ち越しとなった。先発予定だった青柳は8日にスライド登板することが決まり「やるべきことは変わらない。どこが相手でも全部勝つという気持ちでやっている。しっかり準備をして、自分の投球をするだけ」と気を引き締めた。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシングの東京五輪男子ウエルター級代表の岡沢セオン(鹿児島県体協)が7日、電話取材に応じ、豪雨により拠点の鹿児島県鹿屋市のジムが浸水被害を受けたことに「このジムから五輪に出たい。少しでもいつもの状態に戻して、恩返しをしたい」と復旧への思いを語った。クラウドファンディングの申請も進めている。 ランニングマシンは4台全て故障し、思い出のグローブや横断幕は泥だらけ。「災害の怖さを侮っていた」と率直に話した。

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会は7日、新型コロナウイルスの影響により財政面で苦しむ地域クラブへの第1次支援として、総額4億9667万円の融資を決めたと発表した。この日に実施…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は7日、セ・パ両リーグで4試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島-DeNA=降雨中止、7日、マツダ)DeNAのラミレス監督は、広島戦が雨で中止となり、今季まだ本塁打のない4番の佐野に打撃指導を行った。テークバックの際に無駄な動きがあってバットが内側から正しく出ず、凡打になっていたと指摘。「修正することでライナーが多くなり、本塁打につながる」と説明した。

後で読む
日刊スポーツ

今季から復帰の横浜F・マリノスMF水沼宏太が10年ぶりとなる三ツ沢球技場での躍動を狙う。8日の同地での湘南戦に向け、横浜市内で調整。三ツ沢は10年夏のJ2栃木…

後で読む
サンケイスポーツ

7日の阪神戦(甲子園)が雨天中止となったことを受け、この日先発予定だった巨人・戸郷翔征投手(20)は11日のヤクルト戦(ほっと神戸)に回る見込みとなった。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクは8日の楽天戦(ペイペイドーム)に先発予定だったムーア投手が7日の試合前練習中に痛みを訴え、自力で歩けずスタッフの肩を借りて引き揚げた。工藤監督は「アップの時にふくらはぎ(を痛めた)という話だった」と説明。

後で読む
日刊スポーツ

J1サガン鳥栖は、8日のホーム神戸戦(駅スタ)を予定通り開催する方向だ。九州各地が豪雨災害に襲われている状況だが、クラブ内は被災者なし。7日も佐賀・鳥栖市内で…

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・大竹寛投手(37)、チアゴ・ビエイラ投手(27)=前ホワイトソックス=が7日、1軍に合流した。この日は甲子園の室内練習場で調整した。2月下旬に右肩周辺の肉離れによりリハビリ組で調整していた大竹は、今季初の1軍合流。「とにかくチームのために勝利に貢献できるように頑張ります」と言葉に力を込めた。

後で読む
デイリースポーツ

8月に兵庫県西宮市の甲子園球場で開催される「2020年甲子園高校野球交流試合」の組み合わせ抽選会が8日午後5時から、オンラインで実施される。交流試合は8月10~12日、15~17日の計6日間で、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった今春の第92回選抜高校野球大会の出場校に選ばれていた32校を招待し、各校が1試合ずつ行う。 最初に対戦カードを決め、試合日や試合順は都道府県高野連独自の代替大会との兼ね合いなどを考慮し主催者が決定。開会式は第1日の第1試合出場の2校で行う。

後で読む
デイリースポーツ

日本体操協会は7日、コロナ禍でインターハイが中止になった高校生と小学4年から中学3年の新体操選手に向け、「男子新体操オンライン選手権2020」を開催すると発表した。 新型コロナウイルスの感染拡大に配慮し、審査はオンライン上で行われる。競技は団体のみで、小学4年から中学3年までのジュニア部門と、高校生部門に分けて開催される。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルス感染拡大に伴い中止になった東京五輪の聖火リレーの関連で、出発地の福島県が既に支出した費用が約2億5千万円に上ることが7日、分かった。中止決定が出発2日前だったことから、設営や警備にあたる業者に契約通り経費を支払う必要があったためで、結果的に多くが無駄な支出となった。 来春に同規模のリレーを実施する場合、同程度の費用が再びかかる可能性がある。他の自治体でもリレーの準備などで一部の経費が支出されており、福島県などは国が必要な経費を手当てするよう求めていく方針だ。

後で読む
デイリースポーツ

暴力問題などで昨年引退した大相撲の元十両貴ノ富士の上山剛氏(23)が7日、電話取材に応じ、格闘家転向を表明した。「角界では2回もファンを裏切ってしまった。三度目の正直じゃないけど、応援してもらえる選手になりたい」と再出発の決意を語った。 昨年9月に付け人への2度目の暴力行為が発覚し、引退につながった。角界を去ってしばらくは自責の念に駆られ、周囲からの勧めで格闘技挑戦を決断した。約50キロ減量して体重は約115キロになったといい、髪を短く刈り上げた。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲7月場所」(7月19日初日、両国国技館) 幕内最小兵の炎鵬(25)=宮城野=が7日、電話での代表取材に応じ、元大関の初代貴乃花の映像を見て取り口を研究していることを明かした。朝稽古では若い衆相手に相撲を取り、7月場所へ向け、精力的に調整した。

後で読む
スポーツ報知

【楽天スタメン】

後で読む
日刊スポーツ

レンジャーズはこの3年間で103本塁打を放つジョイ・ギャロ外野手(26)が、ダイヤモンドバックスは昨オフにエンゼルスからFAで移籍したコール・カルフーン外野手…

後で読む
スポーツ報知

8日の中日戦(ナゴヤD)で先発するG・イノーア投手(27)が7日、同カードの試合前にナゴヤDでランニングやキャッチボールを行って最終調整した。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトの川端慎吾内野手(32)が7日、今季初めて1軍登録された。

後で読む
スポーツ報知

DeNAの高城俊人捕手(27)が7日、1軍選手登録された。

後で読む
スポーツ報知

DeNAのラミレス監督(45)が7日、雨天中止となった広島戦(マツダ)の練習後、取材に応じ、桜井周斗投手(21)の中継ぎ起用を示唆した。

後で読む
サンケイスポーツ

J1広島は7日、MF柏が右大腿二頭筋損傷と診断され、全治4~6週間と発表した。4日の神戸戦で負傷し、6日に検査を受けた。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-中日」(7日、ナゴヤドーム) 勝率5割で初夏のロードへ。高津ヤクルトのビジター15連戦は、名古屋の場所から始まる。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-西武」(7日、ZOZOマリンスタジアム) 3連敗中のロッテが打線を組み替えて臨む。開幕から7番に座ってきた強打者の井上晴哉内野手を5番に上げた。不振のレオネス・マーティン外野手を2番に入れ、7番に安田尚憲内野手を起用。攻撃型のオーダーに変更した。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-日本ハム」(7日、京セラドーム大阪) オリックスは3連勝を目指す。打線は6月26日のロッテ戦から7月5日の西武戦まで9試合連続本塁打。本拠地に戻ったこの日の試合で10戦連続アーチが飛び出すか注目される。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグ中日・山本-ヤクルト・イノーア(ナゴヤドーム)

後で読む
デイリースポーツ

「広島-DeNA」(7日、マツダスタジアム) DeNAのアレックス・ラミレス監督(45)が、佐野に本塁打が出始めることを予言した。新4番はここまで打率・350、8打点と実力を発揮しているが、本塁打はゼロ。この日の広島(マツダ)は降雨中止となり、チームは室内練習場で汗を流した。

後で読む
デイリースポーツ

 IT大手のGMOインターネットは7日、東京都内で記者会見し、女子ゴルフの脇元華(22)と所属契約を結んだと発表した。脇元は目標に「ナンバーワンの選手になること」を掲げ、今後の5年半を“5・5年計画”として「賞金女王、米ツアーでも優勝できることを目標に突っ走っていきたい」と抱負を語った。 2018年夏のプロテストに合格した身長174センチの大型選手。ツアー本格参戦1年目の昨季は最高で4位に入ってシード権を獲得し、今季に初優勝を狙う。一つ年下の渋野日向子ら活躍する「黄金世代」には「負けたくない」と語気を強めた。

後で読む
日刊スポーツ

全国制覇58回の高校バスケットボール界の名門、能代工業(秋田県能代市)の名前が消えることが7日、正式に決まった。この日午後、開かれた秋田県議会で校名変更の条例…

後で読む
日刊スポーツ

B1新潟の20-21シーズン新体制会見が7日、アオーレ長岡で行われ、日本人選手9人がお披露目された。福田将吾監督(36)は、今季のスローガン「SYNERGY~…

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボールB3リーグ・ベルテックス静岡の関係者が7日、静岡県の藤枝市役所を表敬訪問し、大畑直已副市長(60)に昨季の報告を行った。チームはリーグ初参戦の…

後で読む
サンケイスポーツ

かつてリバプールでプレーしたスペイン人DFホセ・エンリケ氏が、リバプールにとってフィリペ・コウチーニョの復帰は、補強対象として最適だと主張している。

後で読む
東京スポーツ

西武は7日のロッテ戦(ZOZO)で売り出し中の5年目・川越誠司(27)、4年目・鈴木将平(22)両外野手を同時スタメン起用する勝負手に出た。  この日は5日のオリックス戦(メットライフ)で右手首に死…

後で読む
スポーツニッポン

プロ野球のファームは7日、イースタン・リーグの巨人―日本ハム戦(ジャイアンツ)、西武―楽天戦(森林どり泉)、ウエスタン・リーグの阪神―ソフトバンク戦(鳴尾浜)、広島―オリックス戦(由宇)の4試合が雨天中止。残り試合が行われた。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAはマツダスタジアムで開催予定だった広島戦が降雨のため、今季初めての中止となった。

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
スポーツニッポン

DeNAは7日、マツダスタジアムで開催予定だった広島戦(マツダスタジアム)が雨天中止となり、室内練習場で練習を行った。

後で読む
スポーツニッポン

日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントが共催し、今年で3年目となるプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」のプロテストが、8月下旬からオンラインで実施されることになった。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは7日、広島戦(マツダ)が雨天のため中止となった。チームとしては今季初の雨天中止に、アレックス・ラミレス監督(45)は「もちろん試合をしたかったが、こういう状況では仕方ない」と語った。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは7日、湘南乃風のHAN-KUNが昨年8月にリリースした楽曲「Sky’s The Limit」をチームの公式中継ソングとして使用することが決定したと発表した。

後で読む
スポーツ報知

日本陸連は7日、ポーランド・グディーニャで行われる予定の世界ハーフマラソン選手権(10月17日)で国内の代表に辞退者が出たため、女子では来年の東京五輪女子マラソン代表の前田穂南(23)=天満屋=らを

後で読む
スポーツ報知

9月に開催される体操の全日本シニア選手権(9月・高崎アリーナ)の会見が7日、都内で行われ、全日本シニア連盟の塚原光男専務理事(72)が7日、都内で会見。新型コロナウイルスの影響で国内大会が相次いで延

後で読む
スポーツ報知

Bリーグ1部レバンガ北海道は7日、米国出身のPGジョーダン・テイラー(30)=187センチ、88キロ=との契約合意を発表した。北海道初の外国籍司令塔となる。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は7日、セ・パ両リーグで4試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

高卒4年目右腕の西武・今井達也投手(22)が、8日のロッテ戦(ZOZOマリン)に先発する。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(7日、甲子園球場) 阪神は、甲子園開幕戦となる予定だった巨人戦が雨天中止となった。

後で読む
デイリースポーツ

セ・リーグは7日、屋外球場で行われる予定だった2カードが雨天中止となった。 阪神にとっては本拠地・甲子園開幕戦の予定だった巨人戦が15時45分に中止決定。広島はマツダスタジアムでのDeNA戦が同じく雨天のため、16時30分に中止となった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(7日、甲子園球場) 阪神・青柳晃洋投手(26)が、今季初のスライド登板へ気持ちを引き締めた。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・工藤公康監督(57)が7日の楽天戦(ペイペイドーム)の試合前に取材に対応し、今季初先発の千賀滉大投手(27)に期待を込めた。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神の本拠地開幕戦となる予定だった7日の巨人戦は雨天中止が決定。矢野燿大監督(51)は「もちろん残念やし、まあでも同じことになっちゃうけど、こればっかりはどうしようもない」と話した。コロナ禍の影響で開幕から5カード連続のビジター15連戦が組まれ、4カード連続で負け越し。最後に広島に2連勝し、ようやく調子を上げて帰ってきただけに複雑な表情だった。6日の広島戦(マツダ)に続いて2戦連続の中止となった。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクのマット・ムーア投手(31)が7日の楽天戦(ペイペイドーム)の試合前にウオーミングアップを途中で切り上げた。左ふくらはぎをさする動きもあり、取材に応じた工藤公康監督(57)は「トレーナーの報告を聞いていないので。ふくらはぎということは聞きました」と説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテ・有吉優樹投手(29)が7日、本拠地ZOZOマリンで行われる西武との1回戦に先発する。有吉が先発マウンドに上がるのは昨年4月7日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)以来。その登板を最後に、右肘の鏡視下関節クリーニング手術を受け昨季は2試合の登板に終わっていた。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・長谷川勇也外野手(35)が7日、登録抹消。佐賀市内の病院でMRI・CT検査を受け「右脇腹の筋挫傷」と球団が発表した。工藤公康監督(57)は早期復帰を願った。

後で読む
デイリースポーツ

J1神戸は7日、次節鳥栖戦(8日、駅スタ)に向けて神戸市内で非公開の最終調整を行い、オンラインでの取材に応じたGK飯倉大樹(34)は“肉弾戦”も辞さない覚悟を示した。 0-3で完敗した4日の広島戦では「戦う姿勢がいつもより足りなかった」と振り返り、「それを教訓に次はもっとファイトできるんじゃないかな」と変化を期待した。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグの村井満チェアマンは7日、実行委員会後にオンラインで記者会見し、審判員のPCR検査を4日から始めたことを明らかにした。選手同様に全審判員も公式戦再開前の検査対象としていたが、プロではなく他の仕事を持つ審判員から検体を集める準備が整えられなかった。割り当てられた試合の会場で、今後も検査を実施する。 村井チェアマンは「しっかり浸透させていく」と説明し、検査を受けずに試合に臨んだ審判がいたとの公表が遅れたことは陳謝した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表の森保一監督が7日、オンラインでの取材に応じた。 新型コロナウイルス感染症の問題で中断していたJ1が4日に再開。Jリーグも全てのカテゴリーで公式戦が始まった。同日は埼玉スタジアムでの浦和-横浜Mを視察した指揮官は「選手たちにサッカーができる喜びにあふれていることと、勝利への思いを感じた。それに加えて局面の激しさがすごく伝わってくる。交代枠5人使えることで、試合のインテンシティーが最後まで保たれている」と振り返った。

後で読む
スポーツ報知

◆セ・リーグ

後で読む
スポーツ報知

ロッテは7日、湘南乃風のボーカル、HAN―KUNの「Sky’s The Limit」を公式中継ソングとして採用すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグの村井満チェアマンは7日、実行委員会後にオンラインで記者会見し、審判員のPCR検査を4日から始めたことを明らかにした。選手同様に全審判員も公式戦再開前の検査対象としていたが、プロではなく他の仕事を持つ審判員から検体を集める準備が整えられなかった。割り当てられた試合の会場で、今後も検査を実施する。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは7日、千賀滉大投手と釜元豪外野手を出場選手登録。長谷川勇也外野手の登録を抹消した。 ヤクルトは川端慎吾内野手、日本ハムはビヤヌエバ内野手が昇格した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは7日、湘南乃風のボーカリストでもあるHAN-KUNが昨年8月にリリースした楽曲「Sky’s The Limit」をマリーンズ公式中継ソングとして採用すると発表した。 7日・西武戦(ZOZOマリンスタジアム18時試合開始)の中継からCS放送日テレNEWS24やDAZN、球団公式YouTubeチャンネルなどの試合ダイジェスト映像時などで流される。

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグは7日、ウェブによる実行委員会を開催した。10日以後の公式戦では5000人か収容50%の少ない方を上限とした制限付きの観客動員が始まるが、アルコール類を除く飲食、グッズの販売も解禁となることが改めて明かされた。アルコール類の販売解禁については観客動員の上限が収容50%以下へとさらに緩和される8月以後となる見込み。

後で読む
スポーツニッポン

「傘」を持った日本ハム・西川の姿がグッズになった。球団は西川の背番号7にちなんだ7日、公式オンラインストアなどで「アンブレラハルキ」グッズを発売。受注生産の折り畳み傘(税別2100)や、Tシャツなどがラインアップされた。

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
スポーツニッポン

ロッテがマリーンズ公式中継ソングに湘南乃風のボーカリストでもあるHAN-KUNの楽曲「Sky’s The Limit」を採用することが決まったと発表した。

後で読む
スポーツニッポン

イースタン・リーグで打撃絶好調のロッテ・菅野剛士外野手(27)が今季初めて1軍に昇格した。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテがZOZOマリンスタジアムの無観客試合で実施している左翼席の「ホームランターゲット」をバージョンアップ。観客が入る10日の試合までの残り3試合は、当選者を従来の5人から10人とし、本塁打を当てた選手にはこれまでアイス90個のプレゼントだったところを倍の180個とすることになると発表した。

後で読む
日刊スポーツ

午後6時から予定されていた広島-DeNA4回戦は、雨天のため試合中止が発表された。広島は2日連続で、早くも今季4度目の中止となった。

後で読む
サンケイスポーツ

テニスの男子ツアーを統括するATPは新型コロナウイルスの影響により3月16日付で凍結している世界ランキングについて、8月のツアー再開後からの新たな算出方法を7日までに発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽ソフトバンク 千賀滉大投手、釜元豪外野手 ▽ロッテ 菅野剛士外野手 ▽日本ハム 生田目翼投手、ビヤヌエバ内野手 ▽オリックス 斎藤綱記投手、金田和之投手 【同抹消】 ▽ソフトバンク 長谷川勇也外野手

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽DeNA 高城俊人捕手 ▽広島 島内颯太郎投手 ▽ヤクルト 川端慎吾内野手

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(7日、甲子園球場) 阪神にとっては本拠地開幕戦の予定だったが、雨天のため、15時45分に中止が発表された。

後で読む
東京スポーツ

GMOインターネットグループは7日、女子プロゴルファーの脇元華(22)と所属契約を結んだと発表した。  昨季賞金ランク47位で初シードを獲得した脇元は都内で行われた会見で、今後の目標を2025年末ま…

後で読む
東京スポーツ

大相撲7月場所(19日初日、東京・両国国技館)を控えた7日、新大関朝乃山(26=高砂)が東京・墨田区の部屋で稽古を再開した。四股、テッポウ、すり足などで体を動かした後、部屋の若い衆を相手に相撲を12…

後で読む
東京スポーツ

日本陸連は7日、ハーフマラソンの世界選手権(10月、ポーランド)に出場予定だった東京五輪男子マラソン代表の中村匠吾(27=富士通)が辞退したことに伴い、派遣選手を佐藤悠基(33=日清食品グループ)に…

後で読む
東京スポーツ

練習制限は問題ないのか。1年延期となった東京五輪に向けて、卓球男女代表が6月から合宿を再開。しかし新型コロナウイルス感染予防のため日本協会の方針で、当面はダブルスの練習ができない状態が続く。五輪で初…

後で読む
サンケイスポーツ

リーグ戦では1年に2度、明らかにスタジアム内での体感温度が上がる顔合わせがある。

後で読む
日刊スポーツ

ガンバ大阪宮本恒靖監督(43)が7日、大阪・吹田市内で調整し、J1リーグ戦再開2戦目、アウェーの8日名古屋グランパス戦へ準備を整えた。4日の大阪ダービーは無観…

後で読む
サンケイスポーツ

ライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーは、来季からチェルシーに加わることとなった。最大の得点源を失ったライプツィヒだが、同チームは夏の移籍市場で代案確保のために大きな出費をするつもりはないという。

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)が、8日のアウェー鳥栖戦でも先発する見込みとなった。フィンク監督は7日、神戸市内での練習後に取…

後で読む
サンケイスポーツ

楽天・銀次内野手(32)、島内宏明外野手(30)らが、7日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)前に昨季楽天の監督を務めたソフトバンク・平石洋介打撃兼野手総合コーチ(40)と新型コロナウイルスの影響で交流できず、残念がった。

後で読む
サンケイスポーツ

西武は7日、ZOZOマリンスタジアムでロッテ1回戦(午後6時開始)に臨む。

後で読む
スポーツニッポン

体操男子で種目別・鉄棒に絞って来夏の東京五輪を目指す内村航平(リンガーハット)らが出場する全日本シニア選手権(9月20~22日、群馬・高崎アリーナ)の主催者が7日、都内で会見を行った。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲7月場所」(19日初日、両国国技館) 新大関朝乃山(26)=高砂=が7日、七夕の願いとして「優勝」、「コロナに負けない」と語った。7月場所へ向け、稽古も本格化させ、若い衆相手に相撲も13番取って、調整した。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲の新大関朝乃山が7日、報道陣の電話取材に応じ、7月場所(19日初日・両国国技館)に向け「地位も上がったし、一緒に稽古している幕下力士を関取に上げるのも僕の役目」と看板力士の自覚を新たにした。 この日も四股やすり足などの基礎で汗を流し、所属する高砂部屋の幕下力士と相撲を13番取ったという。後援会などから化粧まわしを新たに二つ贈られたそうで、本場所へ向け、身の回りの準備も着々と進んでいる。

後で読む
デイリースポーツ

日本陸連は7日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で当初の3月から10月に延期された世界ハーフマラソン選手権(ポーランド)の代表選手変更を発表し、女子は新たに東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)が出場することになった。 延期に伴い、男子で東京五輪マラソン代表の中村匠吾(富士通)は参加を辞退した。所属先によると、秋から冬にかけてマラソン出場を検討しているという。代わりに佐藤悠基(日清食品グループ)を派遣する。

後で読む
デイリースポーツ

J1神戸は7日、次節鳥栖戦(8日、駅スタ)に向けて神戸市内で非公開の最終調整を行い、オンラインでの取材に応じたトルステン・フィンク監督(52)は、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)のメンバー入りを示唆した。 イニエスタはJ1再開初戦となった4日のホーム広島戦にフル出場。鳥栖戦は中3日となり、11日には中2日でアウェー大分戦も控えている。強行日程の中、5月に36歳を迎えたイニエスタの起用法が注目されたが、フィンク監督は「選手の入れ替えはいつも考えているし、入れ替えないといけないのは分かっているが、まだ再開して2試合目なので大きな変化はしなくていい」と語り、広島戦のメンバーが基本になるとの考えを示した。

後で読む
日刊スポーツ

MLBが6日(日本時間7日)、60試合で行われる今季の日程を発表した。23日(同24日)にナショナルズ-ヤンキース、ドジャース-ジャイアンツの2試合で開幕。メ…

後で読む
日刊スポーツ

4日の練習中に打球を頭部に受け軽度の脳振とうと診断されたヤンキースの田中将大投手が、ヤンキースタジアムの室内でトレーニングを行った。ブーン監督によると、約15…

後で読む
日刊スポーツ

レッズ秋山翔吾外野手はシンシナティの本拠地でフリー打撃などで調整した。球場は蒸し暑いが、実戦形式で打者相手に登板した救援右腕クーネルが首から鼻までを布で覆った…

後で読む
スポーツ報知

降雨のため、午後3時45分に中止が発表された。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は7日、着物のフォルムを大胆にアレンジした新感覚のTシャツ「GIANTS KI-MONO T(ジャイアンツ・キモノット)」を、本日正午から球団公式通販サイト「ジャイアンツオンラインストア」で販売開始したと発表した。 着物のような長い袖のフォルムがユニークで、デザインはジャビット(全面)、ジャビット(総柄)、カモグラフィック、プライマリーの4種類。それぞれS、M、Lの3サイズを用意しており、カップルやファミリーなどでコーディネートを楽しむことができる。

後で読む
日刊スポーツ

全国制覇58回の高校バスケットボール界の名門、能代工業(秋田県能代市)の名前が消えることが7日、正式に決まった。この日午後、開かれた秋田県議会で校名変更の条例…

後で読む
日刊スポーツ

全国制覇58回の高校バスケットボール界の名門、能代工業(秋田県能代市)の名前が消えることが7日、正式に決まった。この日午後、開かれた秋田県議会で校名変更の条例…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会は7日、昨年12月の国連総会で採択された「スポーツとオリンピックの理念を通じた平和でより良い世界の構築(通称…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの助っ人左腕・マット・ムーア投手(31)が7日、試合前練習のアップ中に左ふくらはぎを痛めてベンチに引き上げた。8日の楽天戦(ペイペイドーム)に先発する予定だった。  ムーアは期待の新助っ…

後で読む
スポーツ報知

 女子プロゴルフで昨年初の賞金シードを獲得した脇元華(はな、22)がGMOインターネットグループと所属契約を締結したことが7日、発表された。この日、オンラインとオフラインによる記者会見が行われた。

後で読む
スポーツニッポン

中日の勝野昌慶投手(23)が7日、1軍に合流。ナゴヤドームで行われたヤクルト戦の試合前練習に参加した。

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナFWリオネル・メッシは現在、契約が2021年までとなっており、去就が不透明となっている。一部メディアによると、今夏にも退団の可能性があるとも伝えられているが、かつて代表でメッシともプレーした現エストゥディアンテス会長フアン・セバスティアン・ベロンは、自チームへ迎え入れたい意向のようだ。

後で読む
サンケイスポーツ

全国制覇58回を誇る高校バスケットボールの強豪校「能代工業」(秋田県能代市)が来春「能代西」と統合されるのを受け、新校名を「能代科学技術」とする条例改正案が7日、県議会本会議で全会一致により可決された。高校バスケの一時代を築いた能代工の名前は本年度で消滅する。

後で読む
スポーツ報知

橋本聖子五輪相(55)は7日、閣議後の定例記者会見で、東京都知事選で小池百合子氏(67)が再選したことに「選挙戦でも五輪に向けて『安心、安全、簡素化』というIOCの3つの原則を訴えて当選した。また力

後で読む
スポーツ報知

卓球Tリーグ男子「木下マイスター東京」は7日、11月開幕予定の3季目に韓国代表の張禹珍(24)が加入すると発表した。2013年世界ジュニア選手権優勝などの実績を持ち、昨年の世界選手権個人戦で8強に入

後で読む
スポーツ報知

卓球Tリーグ女子「木下アビエル神奈川」は7日、11月開幕予定の3季目に韓国代表の申裕斌(シン・ユビン、16)が加入すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

大阪創刊65周年を迎えたサンケイスポーツと10周年の甲子園歴史館が、7月10日に初のオンライントークショーを開催します。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ、ダイヤモンドバックスの外野手カルフーンが新型コロナウイルスに陽性反応を示したと6日、AP通信が報じた。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲の新大関朝乃山が7日、報道陣の電話取材に応じ、7月場所(19日初日・両国国技館)に向け「地位も上がったし、一緒に稽古している幕下力士を関取に上げるのも僕の役目」と看板力士の自覚を新たにした。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は7日、開幕後初めて甲子園球場で公式戦を行う。雨のため、巨人戦に向けた試合前練習は室内練習場でスタートした。

後で読む
スポーツ報知

ロッテは7日、マリンフェスタのタイトルスポンサーを大正製薬株式会社が務めることになったと発表した。今年のマリンフェスタは「マリンフェスタ supported by リポビタンD」というネーミングとな

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクのマット・ムーア投手(31)をアクシデントが襲った。7日の試合前練習中に下半身を故障した模様で、球団スタッフらに肩を借り、ベンチ裏に引き上げた。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテが企画開催するマリンフェスタのタイトルスポンサーを大正製薬株式会社が務めると発表した。マリンフェスタにタイトルスポンサーが決定するのは初めてで、今年の同フェスタは「マリンフェスタ supported by リポビタンD」というネーミングとなる。

後で読む
東京スポーツ

Jリーグが7日に実行委員会を開催し、有観客試合を解禁する7月10日からのアルコール飲料の販売は見送ることを決定した。  プロ野球ではアルコール飲料の販売は各球団ごとの判断に委ねているが、Jリーグは統…

後で読む
サンケイスポーツ

日本陸連は7日、10月にポーランドで開催される世界ハーフマラソン選手権の代表を変更し、女子は東京五輪代表の前田穂南(天満屋)と安藤友香(ワコール)、男子は佐藤悠基(日清食品グループ)の派遣を決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

J1神戸のフィンク監督は7日、神戸市内で練習後にオンライン取材に応じ、リーグ再開初戦から中3日となる8日の鳥栖戦は、大幅なメンバー変更なしで臨む方針を示した。明言は避けたが、イニエスタも先発するとみられ「まだ再開したばかりで2戦目。そこまで大きな変化はしなくていいのでは」と語った。

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪ロティーナ監督(62)が7日、前節からのメンバー入れ替えを示唆した。J1再開後、初のホームとなる8日の清水エスパルス戦を前に、大阪・舞洲で練習後に…

後で読む
サンケイスポーツ

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督は、ジェームズ・マディソンとベン・チルウェルがアーセナル戦を欠場する可能性を認めた。

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪MF藤田直之(33)とDF木本恭生(26)が7日、大阪・舞洲で練習後にオンラインで取材に応じた。ともに4日のガンバ大阪との大阪ダービーでフル出場し…

後で読む
サンケイスポーツ

元リバプールのマイケル・オーウェン氏は、古巣の近年の移籍市場に疑問を抱いているようだ。

後で読む
東京スポーツ

女子プロレス界の横綱ことセンダイガールズの里村明衣子(40)が、興行再開に向けて闘志を燃やした。新型コロナウイルス感染拡大の影響で興行を中止していた同団体は、8月2日の宮城野区文化センター、同22日…

後で読む
サンケイスポーツ

ACミランのイヴァン・ガジディスCEOは、来シーズンに向けてドイツ人指揮官ラルフ・ラングニック氏を招へいする意向をすでに固めていると、イタリアメディア『スカイスポーツ』が6日に報じている。

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸トルステン・フィンク監督(52)は7日、神戸市内での練習後にオンラインで取材に応じた。J1リーグ戦の8日サガン鳥栖戦(駅スタ)へ向け、この日はミ…

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレスに所属するタイチ(40)のディーバとして活躍中の〝みほ様〟ことあべみほ(32)が7日、ツイッターを更新。地下アイドルデビューのオファーを受けていると明かした。  あべは「地下アイドルに…

後で読む
日刊スポーツ

11日のアビスパ福岡戦(サンガS)から有観客試合が開始されるJ2京都サンガFCのMF荒木大吾(26)が7日、サポーターの前でゴールを誓った。Jリーグでは10日…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド6日(日本時間7日)発】WWEのロウ大会で〝女帝〟ことロウ女子王者のアスカ(38)が、スマックダウン(SD)女子王者ベイリー(31)との王者対決を制し、事実上の〝統一王者〟達成の…

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトは7日、ファンクラブ(Swallows CREW)会員を対象に「つば九郎リモトーーク ~あなたの願い事叶えたくて~2020」を開催すると発表した。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド6日(日本時間7日)発】WWEロウ大会で、右目負傷により長期欠場を続けていたレイ・ミステリオが約2か月ぶりに復帰。怨敵の〝マンデーナイト・メサイア〟ことセス・ロリンズ(34)との…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド6日(日本時間7日)発】WWEのロウ大会で、レジェンドキラーに戻った〝毒蛇〟ランディ・オートン(40)が、〝大巨人〟ビッグ・ショー(48)と6人タッグ戦で激突。オートンが勝利する…

後で読む
スポーツニッポン

NFLスーパーボウルでチーフスの50年ぶりの優勝に貢献し、MVPとなったQBパトリック・マホームズ(24)が、2022年からの10年契約に合意。総額は5億300万ドル(約538億2000万円=保証額は4億7700万ドル)で、これは大リーグ・エンゼルスのマイク・トラウト(28)が同球団と交わした4億2650万ドル(約456億4000万円=12年契約)を超える北米4大スポーツの中での最高額となった。

後で読む
日刊スポーツ

米大リーグは6日、各地でキャンプが行われ、エンゼルスの大谷翔平が本拠地アナハイムで約80メートルの遠投やキャッチボールを行い、一昨年の右肘手術後初の実戦登板と…

後で読む
日刊スポーツ

フィリーズのアンドリュー・マカチェン外野手(33)は、ヤンキースのひげ禁止令について持論を展開。MLBの暗黙のルールには変化が必要との見方を示した。NBCスポ…

後で読む
サンケイスポーツ

トットナムGKウーゴ・ロリスが、ソン・フンミンとの衝突について語っている。

後で読む
東京スポーツ

あの“トカちゃん”がボクシング界ユーチューバーの「ビートたけし」になった?  元WBA世界ライトフライ級王者の渡嘉敷勝男(59)はボクシング引退後、テレビタレントとして大活躍。ビートたけしの番組にも…

後で読む
東京スポーツ

【格闘技情報局】ボクシング担当記者 WBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(31=英国)と前王者デオンテイ・ワイルダー(34=米国)の3度目の対戦が、12月19日に行われる見通しだと米スポーツ専門…

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは7日、球団が企画開催する「マリンフェスタ」のタイトルスポンサーを「大正製薬株式会社」が務めることになったと発表した。 これに伴い2020年のマリンフェスタは「マリンフェスタ supported by リポビタンD」というネーミングとなる。なお、マリンフェスタにタイトルスポンサーが決定するのは初となった。

後で読む
デイリースポーツ

 GMOインターネットグループは7日、都内で記者会見を開き、女子ゴルフの脇元華(22)と所属契約を結んだことを発表した。 脇元は宮崎県出身で2018年のプロテストに合格。ルーキーイヤーの昨年は賞金ランク47位で初シードを獲得した。あいさつでは「目標はナンバーワンの選手になることです。まず賞金女王になって、アメリカツアーでも優勝できるようになりたい」と抱負を口にした。

後で読む
日刊スポーツ

橋本聖子五輪相(55)が7日、閣議後会見を行い、東京都知事選で小池百合子知事(67)が再選を果たしたことについて「強かったですね。小池知事はやっぱり」と話した…

後で読む
東京スポーツ

J1・FC東京は7日、明日の川崎との多摩川クラシコを前に、都内で最終調整を行った。  練習後、オンライン取材に応じた長谷川健太監督(54)は「(4日の柏戦から)中3日という時間的な制約があるので、コ…

後で読む
東京スポーツ

J1・FC東京のMF髙萩洋次郎(33)が7日の全体練習終了後、オンライン取材に応じ、昨年のリベンジを誓った。  J1再開初戦となった柏戦は1―0で勝利。「前節アウェーで勝ち点3を取れたので、いい流れ…

後で読む
東京スポーツ

J1・FC東京のMFレアンドロ(27)が7日の全体練習終了後、オンライン取材に応じ、多摩川クラシコでの勝利を誓った。  4日のJ1再開初戦では、柏に1―0で勝利。「前回の(柏)レイソル戦は厳しい試合…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。