「2020年8月4日」の記事一覧

サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天7-6ソフトバンク、7回戦、ソフトバンク4勝3敗、4日、楽天生命)楽天の新人、津留崎が11試合目の登板でプロ初勝利を挙げた。4-6の八回に登板し、無失点。直後に味方が逆転して白星が転がり込んだ。ウイニングボールは両親に送るといい「チームにいい流れを持ってこられるようにと思っていた。うれしいです」と初々しく話した。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのドイツ・リーグは4日、政府と各州が観客入場を認めた場合に備えて来季の試合運営を議論し、年内はアウェーのサポーター向け入場券を販売しないなど新型コロナウイルス対策を決めた。少なくとも10月末まで立ち見席は閉鎖し、会場で酒類は扱わない。感染経路の追跡のため入場者の個人情報を収集する。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト3-6広島、6回戦、ヤクルト3勝2敗1分、4日、神宮)ヤクルトの高津監督は継投が裏目に出て逆転負けしても救援陣への信頼を口にした。3-0の七回2死一、二塁でマウンドに送ったマクガフが3ランを浴び、八回には清水が勝ち越し3ランを許したが「ただ打たれたという事実が残っただけ」と淡々と振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム11-4西武、4回戦、日本ハム3勝1敗、4日、札幌D)日本ハムの上沢が5回2/3を投げて4点を失ったが、打線の援護を受けて2勝目を挙げた。落ちる変化球がさえて五回まで8三振を奪い、1失点でしのぐ好投だったが、六回に「慎重にいきすぎてカウントを悪くした」ところを狙われた。「中継ぎに負担をかけてしまった」と反省した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト3-6広島、6回戦、ヤクルト3勝2敗1分、4日、神宮)ヤクルトの高津監督は継投が裏目に出て逆転負けしても救援陣への信頼を口にした。3-0の七回2死一、二塁でマウンドに送ったマクガフが3ランを浴び、八回には清水が勝ち越し3ランを許したが「ただ打たれたという事実が残っただけ」と淡々と振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

ロシア・フィギュアスケート連盟のコガン理事長は4日までの国営テレビ「RT」のインタビューで、昨季グランプリ(GP)ファイナルと欧州選手権女王のアリョーナ・コストルナヤ(16)のコーチ変更は所属クラブ変更の届け出期間が過ぎており問題があると指摘した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム11-4西武、4回戦、日本ハム3勝1敗、4日、札幌D)西武は投手陣が10四球で11失点と崩れた。先発の高橋光は1-1の三回2死から四球を与えて大田に2ランを許し、五回は1死二塁から3連続四球で降板を告げられた。7四球6失点で4敗目を喫し「5回を投げきることすらできず、本当にふがいない」とうなだれた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト3-6広島、6回戦、ヤクルト3勝2敗1分、4日、神宮)広島の塹江が好救援で2勝目を手にした。長野の一発で追い付いた七回、その裏に2死一、二塁のピンチで4番手として登板した。村上を敬遠四球で満塁として山崎をフルカウントから速球で空振り三振に仕留めた。「ピンチを抑えれば、いい流れになるとマウンドに上がった。割り切って、ゾーンで勝負できたのは良かった」と表情を緩めた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス5-5ロッテ=延長十回規定により引き分け、7回戦、ロッテ6勝1分、4日、京セラ)ロッテは鳥谷の三塁守備のミスが失点に絡んだ。5-4の九回に安達の打球をはじいて先頭打者の出塁を許す。2死二塁では吉田正のゴロが手前でイレギュラー。同点の適時二塁打となり、井口監督は「最初のはあれだけど、その後の打球はしょうがない」とため息をついた。

後で読む
スポーツ報知

楽天・浅村栄斗二塁手(29)が、1点を追う8回に、モイネロから14号逆転2ランを放った。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトは7度目の逆転負け。1分けを挟んで昨年8月27~30日以来の3連敗となった。

後で読む
スポーツ報知

広島が長野、田中広の3ラン競弾で逆転勝ち。19試合ぶりの連勝をマークして最下位を脱出した。

後で読む
スポーツ報知

ロッテが最大4点リードを守れず、今季初の引き分けに終わった。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクは痛恨の逆転負けを喫した。チームから新型コロナウイルスの感染者が出る中で、1軍は活動継続が決定。この日は試合終盤まで2点リードしていたが、8回に登板したモイネロが誤算だった。2死からの3

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-7巨人」(4日、甲子園球場) 巨人・原辰徳監督が、1番で活躍した北村拓己内野手を称えた。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス5-5ロッテ」(4日、京セラドーム大阪) オリックスは延長十回の末、引き分け。一時は4点差を付けられていたが、終盤に追いついた。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス5-5ロッテ」(4日、京セラドーム大阪) ロッテが土壇場で同点に追いつかれ、引き分けに終わった。昨季限りで阪神を退団し、新加入した鳥谷敬内野手(39)の珍しい守備のミスがきっかけだった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-7巨人」(4日、甲子園球場) 巨人・北村拓己内野手(24)が、プロ初本塁打を放った試合後に元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん(24)と結婚していたことを明かした。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天7-6ソフトバンク」(4日、楽天生命パーク宮城) 楽天が浅村栄斗内野手の逆転弾で首位攻防戦の初戦を勝利し、ソフトバンクとのゲーム差を「1」に縮めた。

後で読む
東京スポーツ

さすがエースだ。巨人・菅野智之投手(30)が4日の阪神戦(甲子園)で7回に打球を右すねに受けるアクシデントに見舞われながらも続投を志願。7回を2失点にまとめて開幕から無傷の6連勝を飾った。チームは7…

後で読む
東京スポーツ

5度目でついに悪夢を振り払った。広島は4日のヤクルト戦(神宮)に6―3で逆転勝ち。開幕してから、この試合の前まで6度の火曜日があったが2試合が雨天中止。残りの4試合すべてで敗れていたが、5度目に火曜…

後で読む
東京スポーツ

首位・ソフトバンクが4日の楽天戦(楽天生命パーク)に6―7で痛恨の逆転負けを喫した。  2点リードの8回にセットアッパーのモイネロがつかまった。簡単に二死までこぎ着けながら、鈴木に150キロの直球を…

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトは引き分けを挟み、今季初の3連敗を喫した。高津監督は「連敗という言葉に我々は敏感だし、できるだけ連敗は短い方がいい」としながら「今日は反省して、明日どうやって勝とうか、どうやって戦うかが大事」と前を見据えた。

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトは継投が裏目に出て広島に3―6で逆転負け。1分けを挟んで今季初の3連敗を喫した。

後で読む
スポーツニッポン

楽天は5ー6の8回に浅村の逆転2ランで試合をひっくり返し、勝利を飾った。4番手として登板した津留崎が8回1イニングを無安打2奪三振で無失点に抑え、プロ初勝利をマークした。

後で読む
スポーツニッポン

身長2メートルの札幌大谷のエース左腕・阿部剣友(3年)が力を見せた。満を持しての今夏初先発。「チームに流れを持ってくるという意識で最初から全力でいった」と初回に3者連続三振を奪った。

後で読む
スポーツニッポン

勝利目前で白星を逃したが、負けもしなかった。ロッテ・井口監督は「イレギュラーが余計でしたけれど、その前の9回の満塁のチャンス、ああいうところで点を取らないと流れが一気に向こうに行ってしまう」と振り返った。

後で読む
東京スポーツ

サッカーの元スペイン代表GKイケル・カシージャス(39)が4日、自身のSNSで現役引退を表明した。2015年から5季所属したポルト(ポルトガル)での契約を満了。昨年、練習中に心筋梗塞を患い、昨季は選…

後で読む
サンケイスポーツ

日本大ラグビー部で元ヘッドコーチの40代の男性が部員の頭につまようじを刺すなど暴行を繰り返していたことが4日、部関係者への取材で分かった。男性は「一身上の都合」で既に辞任した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA3-0中日、7回戦、DeNA5勝2敗、4日、横浜)DeNAの神里が今季2度目の先発出場で4安打と大暴れした。2得点で勝利に貢献し「これまでチャンスをもらいながら、しょうもない結果だった。何とかしたい思いで臨んだ」と晴れやかに言った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA3-0中日、7回戦、DeNA5勝2敗、4日、横浜)今季2度目の登板だった中日の福谷は六回、先頭の梶谷から4連打を許し、この回2点を失って途中降板した。2017年以来の勝利を狙っていたが、黒星を喫し「粘り強く、途中まで投げられたが、最後にああいう形でリリーフに渡してしまったので、申し訳ない」と悔しがった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス5-5ロッテ=延長十回規定により引き分け、7回戦、ロッテ6勝1分、4日、京セラ)オリックスが土壇場で追い付き、引き分けた。1-5の七回に代打伏見の2点適時打などで3点を奪い、九回2死二塁で吉田正の三塁強襲の適時二塁打で同点とした。ロッテは四回までに5得点と山本を攻略したが逃げ切れなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-7巨人」(4日、甲子園球場) 阪神ドラフト6位・小川一平投手(23)=東海大九州=が九回からマウンドに上がり、1回1安打無失点に抑えた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-7巨人」(4日、甲子園球場) 阪神のジェリー・サンズ外野手(32)が巨人のエース菅野からの2ランを含む2安打2打点の活躍。火曜日の成績は打率・733、3本塁打、9打点と当たりに当たっている。

後で読む
デイリースポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)は4日、名古屋市内の日本プロボクシング協会加盟ジムに所属する10代のプロボクサーが同日に新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。JBCはプライバシーおよび人権への配慮から個人名、ジム名の公表はしていない。 プロボクサーは現在37・5度程度の発熱があり、自宅待機中。1日にジムで練習を行った後に頭痛があり、3日昼に38・4度の高熱が出たためPCR検査を受けた。ジムは現在閉鎖中で、濃厚接触者の指定は保健所の指示待ちという。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天7-6ソフトバンク、7回戦、ソフトバンク4勝3敗、4日、楽天生命)楽天が逆転勝ちした。3-6の七回にロメロの適時打で追い上げ、八回には2死からブラッシュの適時打と浅村の14号2ランで試合をひっくり返した。ルーキーの津留崎がプロ初勝利。ソフトバンクはモイネロら救援陣が誤算だった。

後で読む
サンケイスポーツ

日本水連は4日、オンラインで常務理事会を開き、10月に予定している競泳の日本学生選手権(東京辰巳国際水泳場)は規模を縮小して実施することを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、昨年より延べ人数で出場者を約45%減らし、約1500人で行う方針。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト3-6広島、6回戦、ヤクルト3勝2敗1分、4日、神宮)広島が終盤の2本塁打で逆転して最下位を脱出。4番手・塹江が2勝目(1敗6H)を挙げた。ヤクルトは高梨の粘りの投球を生かせず、1引き分けを挟む3連敗を喫した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2-7巨人、5回戦、巨人4勝1敗、4日、甲子園)阪神はサンズの2ランで一時1点差に迫ったが、終盤守りのミスが出て、巨人に2-7で敗れた。再び借金生活となった矢野燿大監督は相手先発菅野について「そんなに状態がいいとはみえなかったんでね。前半にもっと点が取れないっていうのが、大きいかな。打線の仕掛けがもっと早くっていう方が、俺の中ではある」などと話した。

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌は4日、ルヴァン杯1次リーグ第2節サンフレッチェ広島戦(札幌厚別)に向けて会場で前日練習を行った。第1節鳥栖戦で勝利しているため、2勝目…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2-7巨人、5回戦、巨人4勝1敗、4日、甲子園)巨人の坂本が一回に先制の7号ソロ本塁打を放ち、通算3千塁打を達成した。ガルシアのチェンジアップをバックスクリーンに運ぶ力強い一発で節目の数字に到達し「打者を評価してもらえる記録の一つだと思うので、これからもっと伸ばしていけるように頑張る」と喜びを語った。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は4日、セ・パ両リーグで6試合が行われた。

後で読む
スポーツ報知

巨人の北村拓己内野手(24)が、記念すべきプロ1号を放った。

後で読む
デイリースポーツ

日本大ラグビー部で元ヘッドコーチの男性が部員の頭につまようじを刺すなど暴行を繰り返していたことが4日、部関係者への取材で分かった。男性は「一身上の都合」で既に辞任した。 関係者によると、ヘッドコーチは昨年、未成年の部員に飲酒を強要したり、熱いヘラを体に押しつけたりした。ラグビー部の第三者委員会が調査した結果、暴行の事実は認定されて懲戒処分が相当とされたというが、ことし3月に本人からの辞任の申し出を受け入れた。部は大学側に経過などを随時報告していた。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪新種目のサーフィンでは、コロナ禍で五輪選考大会が延期となり、プロツアーも中止となるなど、選手が翻弄(ほんろう)される日々が続いている。現状を受け、国内外で活躍する選手たちが4日、マネジメント会社を通じてコメントを発表した。 インドネシア代表で、日本人の母とインドネシア人の父を持つ男子のリオ・ワイダ(和井田理央、20)は「とても残念に思いましたが…すぐに気持ちを切り替えました」という。昨年五輪代表権獲得を惜しくも逃し、来年5月の五輪最終予選での獲得を狙う。試合再開に向け「今はただただ楽しみてしょうがありません!!!!」と思いを募らせていた。

後で読む
デイリースポーツ

日本水連は4日、オンラインで常務理事会を開き、10月に予定している競泳の日本学生選手権(東京辰巳国際水泳場)は規模を縮小して実施することを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、昨年より延べ人数で出場者を約45%減らし、約1500人で行う方針。 個人種目は、エントリーした選手のうち、昨年4月以降に記録した長水路(50メートルプール)のタイムで上位32人(種目によっては40人)にのみ出場を認める。大会を安全に開催できる規模にするため。

後で読む
スポーツ報知

中日・浜田達郎投手(26)が4シーズンぶりに1軍登板を果たした。

後で読む
スポーツ報知

阪神が1点ビハインドの8回に守備のミスから自滅し、巨人に突き放された。

後で読む
スポーツ報知

パ・リーグ2位の楽天は、2ゲーム差の首位・ソフトバンクに8回、浅村のリーグ最多14号2ランが出て逆転した。

後で読む
スポーツ報知

パ・リーグ2位の楽天は、2ゲーム差だった首位・ソフトバンクに逆転勝ちして、1ゲーム差に迫った。

後で読む
スポーツ報知

阪神が巨人に勝負どころで突き放され、今季の伝統の一戦は1勝4敗となった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-7巨人」(4日、甲子園球場) 巨人・菅野が7回2失点の力投。自身6年ぶりとなる開幕6連勝を飾った。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ロッテ」(4日、京セラドーム大阪) ロッテは九回1死満塁から井上が遊ゴロ。三塁走者・中村奨は本塁封殺となったが、スライディングした際に一塁へ送球しようとした松井雅の足を掛け悪送球を誘った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-7巨人」(4日、甲子園球場) 巨人・北村拓己内野手(24)が、プロ初本塁打を放った試合後に元アイドリング・伊藤祐奈(24)と結婚していたことを発表した。

後で読む
デイリースポーツ

広島が終盤の2本塁打で逆転して最下位を脱出した。0-3の七回に長野の1号3ランで追いつき、八回は田中広の3号3ランで勝ち越した。ヤクルトは高梨の粘りの投球を生かせず、1引き分けを挟む3連敗を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

楽天が逆転勝ちした。3-6の七回にロメロの適時打で追い上げ、八回には2死からブラッシュの適時打と浅村の14号2ランで試合をひっくり返した。ルーキーの津留崎がプロ初勝利。ソフトバンクはモイネロら救援陣が誤算だった。

後で読む
東京スポーツ

〝令和の剛腕〟オリックス・山本由伸投手(21)がまさかの乱調だ。4日のロッテ戦(京セラドーム)に先発したが、初回から走者を背負う苦しい展開を招き、4回には福田に特大の移籍第1号を被弾するなど、6回を8…

後で読む
東京スポーツ

夏男がいよいよ本領発揮だ。広島・長野久義外野手が4日のヤクルト戦(神宮)で起死回生の今季1号同点3ランを放った。  ここ3試合連続スタメン出場の長野。0―3の7回二死一、二塁で打席は役者に回ってきた…

後で読む
東京スポーツ

巨人のエース・菅野智之投手(30)が4日の阪神戦(甲子園)に先発。7回に打球を右すねに受けるアクシデントがありながらも続投を志願し、7回2失点。開幕から無傷の6連勝を決めた。  投手の本能だった。1…

後で読む
東京スポーツ

DeNAが4日の中日戦(横浜)に3―0で快勝し、貯金1とした。投げては先発の井納が7回無失点の力投で3勝目をマーク。打線もソトと佐野の適時打などで3点をもぎ取り、投打がかみ合った。ラミレス監督は会心…

後で読む
東京スポーツ

DeNA井納が7回82球無失点で3勝目 中日・根尾を見下ろす快投  DeNA・井納が4日の中日戦(横浜)で7回を82球、6安打無失点の快投。チームは3―0で快勝し、自身も今季3勝目を飾った。  34…

後で読む
スポーツニッポン

勢いそのままに、昨夏甲子園大会覇者にぶつかる。関大第一の2年生左腕の鷲尾大智投手が2失点完投。「昨日からの連投だったので、少し疲れもありましたが、三振を狙いに行くよりはコースをついて緩急を使いました」と笑顔で振り返った。

後で読む
スポーツニッポン

上宮の2年生4番・大薗元輝(おおぞの・げんき)が3安打3打点の活躍で、チームを準決勝に進出した17年以来の5回戦進出に導いた。

後で読む
スポーツニッポン

広島が0―3の劣勢から7回に長野の1号3ランで追いつくと、8回には田中広の3号3ランで試合をひっくり返して2連勝。借金を5に減らして最下位を脱出した。広島が火曜日に勝利するのは今季初。好リリーフの塹江がプロ2勝目を挙げている。ヤクルトは1分けを挟んで3連敗。

後で読む
スポーツニッポン

先発ローテーションの一角を務めていた今井が、今季初めて救援のマウンドに上がった。

後で読む
スポーツニッポン

巨人・北村拓巳内野手(24)が、プロ本塁打を放った。

後で読む
東京スポーツ

J2福岡は4日、3日に選手、チーム関係者45人を対象に行った新型コロナウイルスのPCR検査の結果、全員が陰性だったと発表した。  2日に陽性の可能性が高いとされた選手が確認され、大宮―福岡戦(2日、…

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・北村拓己内野手(24)が4日、結婚と第1子誕生を発表した。お相手は元「アイドリング!!!」メンバーで、現在は実業家として活躍する伊藤祐奈さん(24)。結婚は今オフの1月だといい、第1子は女児で同日4日に誕生した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は4日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・浜田達郎投手(26)が4日、DeNA7回戦(横浜)の八回に3番手で登板し、1回無失点と好投した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2-7巨人、5回戦、巨人4勝1敗、4日、甲子園)巨人は一回に坂本が先制ソロ本塁打、三回は北村がプロ1号ソロを放ち、五回は丸が適時打。3-2の八回は失策にも乗じて4点を加えた。菅野は7回2失点で開幕6連勝を飾った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(4日、甲子園球場) 阪神が失策絡みで追加点を許した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-7巨人」(4日、甲子園球場) 阪神が9連戦の初戦で巨人に大敗。再び借金生活に転落し、これで開幕からの対戦成績は、1勝4敗と苦しい戦いが続いている。1点差まで迫ったが、八回の2失策がいずれも失点に直結。失策数がリーグワーストのチームが、またもミスに泣く形の敗戦となった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA3-0中日、7回戦、DeNA5勝2敗、4日、横浜)中日は4日、DeNA7回戦(横浜)に0-3で敗れた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA3-0中日、7回戦、DeNA5勝2敗、4日、横浜)中日・根尾昂内野手(20)が4日、DeNA7回戦(横浜)に「1番・右翼」でプロ初のスタメン出場。3打数無安打だった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA3-0中日、7回戦、DeNA5勝2敗、4日、横浜)DeNAは井納が7回を6安打無失点で3勝目を挙げた。三嶋が3セーブ目。四回に併殺の間に先制し、六回は先頭の梶谷から4連打で2点を追加した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は4日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は巨人に2-7で敗れ、勝率5割から借金1に逆戻りだ。チームが今季4勝1敗と得意にしてきた火曜日の連勝も「3」で止まった。

後で読む
スポーツ報知

DeNAの神里和毅外野手(26)が今季2戦目のスタメン起用に応えた。

後で読む
スポーツ報知

オリックスの山本由伸投手(21)が、6回8安打5失点で降板して4勝目を逃した。

後で読む
スポーツ報知

プロ初のスタメン「1番・右翼」で出場した中日・根尾昂内野手(20)は3打数無安打とホロ苦スタメンデビューとなった。初回先頭の第1打席。先発・井納に3球で追い込まれると、最後は148キロ直球が内角いっ

後で読む
スポーツ報知

オリックスの伏見寅威捕手(30)が、代打で貴重な一打を放った。

後で読む
スポーツ報知

阪神が巨人に力負けし、借金生活に転落した。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球大阪大会・4回戦、履正社7-3阿武野」(4日、南港中央野球場) 先制を許す苦しい展開にあって、2番手の背番号「11」の衣笠遼投手(3年)の好投が履正社に勝利を導いた。二回を終え2-3とリードを許す展開の中、三回から2番手で登板すると、4回2安打無失点で4奪三振というピッチングを見せた。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA3-0中日」(4日、横浜スタジアム) 中日が今季5度目の完封負け。打線がつながらず、借金7となった。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA3-0中日」(4日、横浜スタジアム) DeNAが9連戦の初戦を完封リレーで飾った。先発の井納が7回無失点で3勝目。7月16日・中日戦以来となるスタメン起用された神里が4安打2得点と躍動し、ソト、佐野が適時打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球大阪大会・4回戦、興国2-0北野」(4日、豊中ローズ球場) 大阪屈指の進学校・北野が白熱の投手戦の末、敗退した。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは井納が7回を6安打無失点で3勝目を挙げた。三嶋が3セーブ目。四回に併殺の間に先制し、六回は先頭の梶谷から4連打で2点を追加。中日は決定打を欠いた。プロ初の先発出場だった1番根尾は3打数無安打に終わった。

後で読む
スポーツニッポン

C大阪のルーキーMF西川潤(18)が、フランス1部リールに移籍する可能性が浮上した。地元メディア『Le10sport』によれば、昨年のU―20W杯にも出場していたレフティーに対し、今季を4位で終えたリール側が着目。「移籍金は約250万ユーロ(約3億1200万円)あたりで議論されており、間もなく合意に達する可能性がある」と報じられた。

後で読む
東京スポーツ

J2福岡は4日、3日に選手、チーム関係者45人を対象に行った新型コロナウイルスのPCR検査の結果、全員が陰性だったと発表した。  2日に陽性の可能性が高いとされた選手が確認され、大宮―福岡戦(2日、…

後で読む
東京スポーツ

阪神、ジェリー・サンズ外野手が4日の巨人戦(甲子園)に「3番・左翼」で先発出場。6回に巨人先発の菅野から7号2ランを放った。  球界のエースを前に、阪神打線は5回まで3安打無得点と沈黙。自軍先発のガ…

後で読む
東京スポーツ

中日の福谷浩司投手(29)が4日のDeNA戦(横浜)に先発し、6回途中3失点で無念の降板となった。5回まで併殺の間に失った1点に抑えていたが、6回に先頭の梶谷から4連打され、2点を追加された。  今…

後で読む
スポーツニッポン

DeNAの神里和毅外野手が4安打の固め打ちで勝利を呼び込んだ。

後で読む
スポーツニッポン

巨人先発の菅野は7回6安打2失点で2014年にマークした自己最多に並ぶ開幕6連勝の権利を持って降板した。

後で読む
スポーツニッポン

サンズの2ランで6回に1点差に迫った阪神は、守備にミスが連発し8回に突き放された。

後で読む
スポーツニッポン

先発ローテーションの一角を務めていた今井が、今季初めて救援のマウンドに上がった。

後で読む
スポーツニッポン

広島の長野久義外野手(35)がヤクルト戦(神宮)の7回に今季1号となる劇的な同点3ランを放った。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・坂口智隆外野手(36)が4日、広島6回戦(神宮)に「1番・一塁」で先発出場。2点リードの四回1死三塁から、中前適時打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天-ソフトバンク、7回戦、4日、楽天生命)ソフトバンクのバレンティンが打撃不振のため来日10年目で初の8番に入り、最初のスイングで本塁打を放った。二回に1ボールからのカーブを強振し、左中間席へ放り込んだ。8号ソロで追加点をもたらし「打撃練習の時から、自分の感覚も良かった。ゲームでそのまま結果が出てくれて良かった」と笑った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(4日、甲子園球場) 先発した阪神のオネルキ・ガルシア投手が5回5安打3失点で降板した。バックスクリーンへ2本のアーチを浴びるなど苦戦。リードを許したままマウンドを降り、またしても今季初勝利を挙げることはできなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(4日、甲子園球場) 阪神は六回、ジェリー・サンズ外野手の7号2ランで、1点差に迫った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(4日、甲子園球場) 3点ビハインドの六回から登板した阪神・望月惇志投手が2回無安打無失点と、安定感抜群の投球を披露した。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテにソフトバンクからフリーエージェント(FA)で加入した福田秀が、移籍後初本塁打となるソロを放った。4-1の四回2死無走者で、山本が投じた150キロの高めの直球を右翼席上段に運んだ。新天地での51打席目で一発が飛び出し「ずっと打ててなかったので、やっと一本出て良かった」と喜んだ。

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスの影響で2月16日の第1戦以降中断していたルヴァン杯が、8月5日に再開される。B組で初戦は松本山雅FCに4-1で快勝したセレッソ大阪は、ホー…

後で読む
サンケイスポーツ

中日・根尾昂内野手(20)が4日、DeNA7回戦(横浜)に「1番・右翼」でプロ初のスタメン出場。3打数無安打だった。

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスの影響で2月16日の第1戦以降中断していたルヴァン杯が、8月5日に再開される。B組で初戦は松本山雅FCに4-1で快勝したセレッソ大阪は、ホー…

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪MF西川潤(18)のフランス1部リールへの移籍情報が4日、浮上した。情報サイトのルディススポールが「合意間近」と報じ、フランスの他の情報サイトや地…

後で読む
サンケイスポーツ

中日・福谷浩司投手(29)が4日、DeNA4回戦(横浜)に先発。六回途中、7安打3失点で降板した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハムの近藤が13試合連続安打をマークした。0-0の一回1死二塁で甘い速球を逃さず、左翼手の頭を越える適時二塁打を放った。開幕直後こそ不振だったが、7月は打率3割4分1厘と復調。8月に入っても本来の打棒を発揮している。

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表主将の柳田将洋(28=サントリー)が4日、自身のインスタグラムを更新。2日に行われた日本代表のリモート紅白戦について思いをつづった。

後で読む
スポーツ報知

巨人・菅野智之投手の右すね付近にピッチャー返しが直撃。自力で歩行できず、宮本投手チーフコーチらの肩を借りてベンチへと戻り、治療を受けた。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪新種目のサーフィンで、五輪代表権を条件付きで獲得している女子の松田詩野(17)が4日、13日の誕生日を前にマネジメント会社を通じてコメントを発表し、18歳の目標を示した。 松田に取って、17歳は東京五輪出場をほぼ手中にするなど、飛躍の1年だった。注目を浴びることも増え、「これから先、なりたい自分がイメージできたり、目標・夢についてしっかりと考えることができた1年間でした」と充実感をにじませた。「試合やそれ以外の生活の中でも“自分で考えて行動する”ことができました」と成長を感じたと言う。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビーの関西大学リーグで4回の優勝を誇る京産大が4日、京都市内の同校グラウンドで約4カ月ぶりに練習を再開した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う大学の方針を受け、3月30日から各部の課外活動が禁止されていた。 朝練習ではウエートトレーニングを行い、夕方からは約2時間、パスのドリルや、密接にならないようにチームランなどを行った。47年指導した大西健前監督の後を受け、今季就任した伊藤鐘史監督は電話での代表取材に「コロナの状況は先行きが不透明だし、一喜一憂はできないが、それでも寮に戻ってきた選手たちの笑顔を見ると、うれしい気持ちになった。あの笑顔はオンラインでは出ない笑顔だと思った」と口にした。

後で読む
デイリースポーツ

J1G大阪の元日本代表DF昌子源(27)がルヴァン杯大分戦(5日、昭和電ド)でG大阪デビューする可能性が高まった。4日、吹田市内で非公開の最終調整を行い、オンラインでの取材に応じた宮本恒靖監督(43)は「試合のできるコンディションにある」と語り、起用を示唆した。 2月にフランス1部トゥールーズから加入した昌子だが、昨年に負った右足首の負傷の影響で2月の開幕戦を回避。公式戦中断期間の3月には練習試合に出場するなど状態を上げていたが、負傷を再発させ欠場が続いていた。

後で読む
スポーツ報知

オリックスのスティーブン・モヤ外野手(28)が、反撃の適時打を放った。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの大田泰示外野手(30)が勝ち越しの4号2ランを放った。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルト・西田明央捕手(28)が先制の2点二塁打をマーク。チームの連続イニング無得点を16で止めた。

後で読む
スポーツ報知

ロッテの福田秀平外野手(31)が移籍後初本塁打を放った。

後で読む
スポーツ報知

阪神のオネルキ・ガルシア投手(31)が5回を5安打3失点と踏ん張り切れず、またしても今季初白星、聖地での先発勝利を逃した。「とにかくいつもチームに貢献したいと思っている」と話すサウスポーが待望の1勝

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ロッテ」(4日、京セラドーム大阪) ロッテ・福田秀平外野手がソフトバンクからFA移籍後、初本塁打をかっ飛ばした。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム-西武」(4日、札幌ドーム) 日本ハムの大田泰示外野手が4号2ランを放った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(4日、甲子園球場) 巨人・丸が左前適時打を放ち、貴重な3点目をたたき出した。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球神奈川大会・交流試合、舞岡8-7足柄」(4日、大和スタジアム) トーナメントに参加せず1試合のみを希望した両校による“交流試合”は激闘の末、舞岡が勝利を挙げた。舞岡はマネジャー含めた3年生9人で2週間かけて、足柄は部員21人全員で4時間の話し合いで決断した一戦のみの真剣勝負。ゲームセットとなると、両軍ベンチからは涙や笑顔があふれた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(4日、甲子園球場) 巨人・菅野に打球が直撃し、ヒヤリとする場面があった。

後で読む
日刊スポーツ

陸上男子110メートル障害の高山峻野(25=ゼンリン)は、日本勢初となる同種目の決勝に進出する可能性を秘めている。本来なら4日は東京オリンピック(五輪)の予選…

後で読む
日刊スポーツ

関西大学ラグビーで4度の優勝を誇る京産大が4日、10月10日開幕予定のリーグ戦に向けて練習を再開した。新型コロナウイルスの影響で3月下旬から練習を休止。15年…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表と東京五輪男子代表を兼務する森保一監督が4日、オンラインで取材に応じ、新型コロナウイルスの陽性者が出てU-19(19歳以下)日本代表合宿が中止になったことを受け、「活動を継続するためにどうするか、良い前例にしていければ。検証して生かしたい」と語った。

後で読む
サンケイスポーツ

C大阪MF西川潤(18)が5日のルヴァン杯・浦和戦(ヤンマー)で復帰する可能性が高まった。ロティーナ監督は西川について、負傷でリーグ戦4試合連続欠場中のFWブルーノメンデス(26)とともに「招集メンバーには入っています」と明言した。

後で読む
東京スポーツ

日本代表と東京五輪代表を兼務する森保一監督(51)が、今季のJリーグを始め世界各国で導入された5人交代制の継続を訴えた。  新型コロナウイルスの影響で公式戦が過密日程となったことを考慮して各国リーグ…

後で読む
東京スポーツ

巨人・原辰徳監督が〝変形〟エア・グータッチで若武者の一撃をたたえた。4日の阪神戦(甲子園)で、巨人・北村拓己内野手(24)が、先発左腕・ガルシアからプロ初アーチを放った。  3回一死無走者、カウント…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手(36)が、4日の楽天戦(楽天生命パーク)で3―1の2回先頭で迎えた第1打席に相手先発の長身左腕・弓削から8号ソロを放った。打率1割台と極度の打撃不振…

後で読む
東京スポーツ

阪神のオネルキ・ガルシア投手(31)が4日の巨人戦(甲子園)に先発し、2本塁打を含む5回5安打3失点で降板した。相手先発・菅野の前に打線の援護もなく、今季7度目の先発でも白星をつかむことはできなかっ…

後で読む
スポーツニッポン

阪神のオネルキ・ガルシア投手(31)は5回5安打3失点で降板。今季7度目の先発も、またしても初勝利を挙げることはできなかった。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏の第102回全国高校野球選手権大会とその出場権を懸けた地方大会が全て中止になったことを受け、都道府県高野連が独自に開催する代替大会は4日、各地で行われ、島根は益田東が10―5で立正大淞南を下し、佐賀では龍谷が延長13回、タイブレークの末に8―7で敬徳にサヨナラ勝ちして優勝を決めた。

後で読む
スポーツニッポン

中日の根尾昂内野手(20)が4日、今季1軍に初めて昇格。いきなり同日のDeNA戦に「1番・右翼」でプロ初先発した。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAが1―0の6回に3、4番の連続適時打が飛び出し、貴重な追加点を挙げた。

後で読む
スポーツニッポン

阪神のジェリー・サンズ外野手が巨人・菅野から1点差に迫る7号2ランを放った。

後で読む
デイリースポーツ

J1C大阪のMF西川潤(18)がルヴァン杯浦和戦(5日、ヤンマー)の招集メンバーに入った。4日、大阪市内で非公開の最終調整を行い、オンラインでの取材に応じたロティーナ監督(62)が明言した。 西川は7月3日の練習で負傷し、左大腿四頭筋筋損傷で全治4週間と診断されていた。ロティーナ監督によると、西川は先週から全体練習に合流しており1日の湘南戦(BMW)にも出場可能な状態だったが、メディカルから「焦らない方がいい」との進言があったため、起用を見送ったという。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・北村拓己内野手(24)が4日、阪神5回戦(甲子園)に「1番・二塁」で先発。1-0の三回、プロ初本塁打となる中越え1号ソロを放った。

後で読む
スポーツ報知

大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手(33)の妻で元レスリング世界女王・山本聖子(39)が4日までに自身のブログを更新。姉でレスリング元世界女王の山本美憂(46)がYouTubeを開設したことに触れ

後で読む
スポーツ報知

テニス4大大会の全仏オープン(OP、9月27日開幕・パリ)の前哨戦、マドリードOP(9月13日開幕・スペイン)が中止される可能性が高くなった。複数のスペイン地元紙などが3日に報じた。新型コロナウイル

後で読む
スポーツ報知

湘南国際マラソンの主催者は14日、都内で会見し、来年2月28日に開催予定の第15回大会を世界初の「マイボトル・マラソン」として実施すると発表した。大会名誉会長を務める河野太郎防衛相は「世界最初の試み

後で読む
スポーツ報知

関西大学ラグビーAリーグの京産大は4日、京都市北区の同大学グラウンドで、新型コロナウイルスの影響で3月30日から休止していたチーム練習を約4か月ぶりに再開した。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・坂本勇人内野手(31)が4日、阪神5回戦(甲子園)で一回、2試合連発となる先制の7号ソロを放った。阪神の先発・ガルシアのチェンジアップをバックスクリーンへ運んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(4日、甲子園球場) 阪神先発のオネルキ・ガルシア投手が初回、坂本に先制ソロを浴びた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(4日、甲子園球場) 阪神のジャスティン・ボーア内野手が二回、シフトを破る“技あり打”で3試合、10打席ぶりの安打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

日本野球機構(NPB)は4日、新型コロナウイルスの感染を調べるために12球団の全選手、監督、コーチ、スタッフらが月に1度受けているPCR検査の7月分(ロッテの1軍は8月1日に受診)の結果を公表。計2174人と審判員59人全員が陰性だった。

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球の今夏の甲子園大会、地方大会の中止を受けて都道府県高野連が独自に開催する代替試合は4日、各地で行われ、島根の決勝は益田東が立正大淞南を10-5で下して優勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・西田明央捕手(28)が4日、広島6回戦(神宮)に「8番・捕手」で先発出場。二回1死二、三塁の好機で、一塁線を破る先制の2点二塁打を放った。

後で読む
スポーツニッポン

女子ゴルフツアー外競技の「ISPS医療従事者応援!!チャリティー女子」は4日、静岡県の伊豆大仁CC(レギュラー=6513ヤード、シニア=5939ヤード、いずれもパー72)で最終ラウンドが行われ、通算12アンダーで吉川桃(22=フリー)が優勝を飾った。4バーディー、ボギーなしの68と伸ばし、2日間首位を守り賞金600万円を獲得した。賞金の一部を医療機関に寄付する今大会には111選手が出場。1打差…

後で読む
スポーツニッポン

国際スケート連盟(ISU)は3日、オンラインで理事会を行い、フィギュアのGPシリーズ6大会を実施する方針を固めた。4日に関係者が明かした。新型コロナウイルスの影響で各国に渡航制限が出ており、開催方式については今後協議していくという。

後で読む
スポーツニッポン

日本サーフィン連盟は4日、オンラインで理事会を開き、来年5月の開催が決まった東京五輪の予選となるワールドゲームズ(WG=世界選手権に相当、エルサルバドル)の出場権を争うジャパンオープンを、年内に開催する方針を決めた。会場は五輪と同じ千葉県一宮町の予定で、現在地元行政などと日程などを調整している。

後で読む
スポーツニッポン

関西大学ラグビーAリーグの強豪・京産大が4日、京都市の大学グラウンドで3月30日以来、4カ月ぶりに全体練習を行った。関西Aリーグの8チームの中では、最も遅い活動再開になった。元日本代表の伊藤鐘史新監督(39)は「コロナの状況は先行きが不透明ですし、一喜一憂はできませんが、それでも寮に戻ってきた選手たちの笑顔を見ると、うれしい気持ちになりました。あの笑顔はオンラインでは出ない笑顔だと思いました」…

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表と東京五輪男子代表を兼務する森保一監督が4日、オンラインで取材に応じ、新型コロナウイルスの陽性者が出てU-19(19歳以下)日本代表合宿が中止になったことを受け、「活動を継続するためにどうするか、良い前例にしていければ。検証して生かしたい」と語った。 集合時の検査で無症状の感染者をあぶり出し、濃厚接触者はいなかった。日本サッカー協会が用意した機器での「スマートアンプ法」による迅速な判定も寄与。検査や隔離のタイミングを精査し、ワールドカップ(W杯)予選などにつなげたいという。

後で読む
スポーツ報知

阪神のジャスティン・ボーア内野手(32)が巨人の特別シフトを打破する幸運なヒットを放った。

後で読む
スポーツ報知

オリックス戦7連勝に向けて、打線が球界屈指の好投手を攻略した。

後で読む
スポーツ報知

1点を追う2回2死、栗山巧外野手(36)が日本ハム先発の上沢から右翼席に4号ソロを放って同点に追いついた。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの近藤健介外野手(26)が初回の第1打席に先取点を奪う左越え適時二塁打を放った。

後で読む
スポーツ報知

西武の伊藤翔投手(21)が4日、キャッチボールなどを軽めの調整を行って5日の日本ハム戦(札幌D)の先発に備えた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(4日、甲子園球場) 巨人・坂本が2戦連発の先制7号ソロを放ち、史上60人目のプロ通算3000塁打をマークした。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ロッテ」(4日、京セラドーム大阪) オリックス先発の山本由伸投手が序盤の二回までに4失点を喫している。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(4日、甲子園球場) 巨人・北村がプロ初本塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ロッテ」(4日、京セラドーム大阪) ロッテ・安田尚憲内野手が地元で先制打を放った。一回2死三塁。相手先発・山本の初球、フォークを捉え、鮮やかに中前に運び適時打となった。

後で読む
スポーツニッポン

スペイン・リーグは3日、新型コロナウイルスの影響で延期となっているスペイン2部の昇格プレーオフの日程を発表した。3~6チームがホーム&アウェー方式で対戦。13、16日に1回戦、20、23日に決勝を行い、勝者が来季1部に昇格する。スペイン2部3位だったMF香川真司のサラゴサは、1回戦で対戦する6位が未定。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクは4日、新型コロナウイルスの陽性判定を受けた男性スタッフと控え室が同じだった別のスタッフ2人について、所轄保健所から濃厚接触者に該当しないとの判定を受けたと発表した。球団は独自の判断で2…

後で読む
東京スポーツ

阪神・藤浪晋太郎投手(26)が5日の巨人戦(甲子園)で、676日ぶりの白星を目指して今季3度目の先発マウンドに臨む。登板を翌日に控えた4日は甲子園球場でダッシュやキャッチボールなどのメニューで最終調…

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトの青木宣親外野手(38)が年齢を感じさせないハッスルプレーで神宮のファンを喜ばせた。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテ・安田が故郷・大阪で先制適時打をマークした。初回2死三塁から山本の変化球をコンパクトに捉えた。

後で読む
スポーツニッポン

巨人の北村拓己内野手(24)が4日の阪神戦(甲子園)でプロ初本塁打を放った。

後で読む
スポーツニッポン

昨夏の甲子園大会を制した履正社が苦しみながらも5回戦に進出した。先発した内星龍投手(3年)は制球に苦しみ、2回3失点で降板。重苦しい試合展開を打ち破ったのが1番・池田凜内野手(3年)だ。

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトが西田明央捕手(28)の2点適時二塁打で2回に2点を先取した。

後で読む
東京スポーツ

日本代表と東京五輪代表を兼務する森保一監督(51)が、5日のルヴァンカップ鳥栖戦(駅スタ)で今季初出場が濃厚なJ1横浜FCのFW三浦知良(53)にエールを送った。  4日にウェブ上で取材に応じた森保…

後で読む
東京スポーツ

日本代表と東京五輪代表を兼務する森保一監督(51)が、日本代表の新型コロナウイルスの検査体制の現状と今後の対策方針を示した。  4日にウェブ上で取材に応じた森保監督は、全国で感染が急拡大している状況…

後で読む
サンケイスポーツ

日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は4日、新型コロナウイルスの感染を調べるために12球団の全選手と監督、コーチ、球団スタッフらが月に1度行うPCR検査について、7月分は計2174人が全員陰性だったことを明らかにした。審判員59人も陰性だった。

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスの大城が4日、京セラドーム大阪で行われたロッテ戦を急性咽頭炎のために欠場した。球団によると3日に大阪市内の病院で診察を受け、新型コロナウイルスのPCR検査は陰性だった。

後で読む
サンケイスポーツ

神奈川代替大会2回戦で東海大相模に0-7で敗れた川崎北のサイドスロー右腕・横山寿紀(3年)は序盤に7点を失ったが、四回以降は4イニング連続で無失点に抑え、「同い年なので(東海大相模打線を)全然怖いとは思わなかったけど、凄いとは思った」と振り返った。特に高校通算55本塁打を誇る4番の西川僚祐外野手(3年)に対しては、4打数無安打1三振と完璧に封じ込めた。野手(遊撃手)出身だが、1年秋から「自分たちの代にピッチャーが1人もいなかったので」と投手に転向。昨夏に上手からサイドに変えた。サイ・ヤング賞3度受賞のマックス・シャーザー(ナショナルズ)の投球動画を見て研究を重ねてきたという右腕は「もう野球はこれで終わり。後輩たちには自分たちが目標にしてきた県ベスト8にいってほしい」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(4日、甲子園球場) 巨人・坂本が2戦連発の先制7号ソロを放ち、史上60人目のプロ通算3000塁打をマークした。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(4日、甲子園球場) 阪神先発のオネルキ・ガルシア投手が初回、坂本に先制ソロを浴びた。

後で読む
東京スポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソン(42)は4日、都内で会見を開き、新型コロナウイルス感染症で来年夏に延期した東京五輪の1年前イベントが大反響だったことを明かした。  こ…

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは4日、J1の第14節~第25節、J2の第16節~第29節、J3の第13節~第24節の開催日、カード、開始時刻、会場を発表した。J1で詳細が決まった対…

後で読む
日刊スポーツ

鹿島アントラーズは4日、ビジネススクールを経営する「グロービス」と共同で、「アントラーズビジネスカレッジ」を開講すると発表した。スポーツビジネスの分野でリーダ…

後で読む
日刊スポーツ

名古屋グランパスは4日、中止となった7月26日のサンフレッチェ広島戦(Eスタ)の代替試合が11月11日(会場未定)に決まったと発表した。名古屋に選手ら3人の新…

後で読む
日刊スポーツ

5日のルヴァン杯川崎F戦、8日のJ1鳥栖戦(ともにカシマ)と今季初の中2日での連戦に、鹿島アントラーズのザーゴ監督は「全選手が準備することが重要。ルヴァン杯も…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪代表も指揮する日本代表の森保一監督(51)が4日、横浜FCのFWカズにエールを送った。オンライン上で対応。5日のルヴァン杯鳥栖戦で出場の可能性があると…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は4日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
東京スポーツ

ボランティアレスラーの邪道・大仁田厚(62)が4日、ツイッターで〝電流爆破30年の歴史〟について語った。  初めて行われた電流爆破戦は、1990年8月4日に大仁田とターザン後藤(56)が汐留で対戦し…

後で読む
スポーツニッポン

女子ゴルフの澁澤莉絵留(19=フリー)は3日、東京バツテリー(東京都中央区)とスポンサー契約を締結したと発表した。同社は官庁情報システムバッテリーや企業のデータセンターなど幅広い分野に展開している。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大はスポーツ界にも打撃を与え、多くのプロチームが経営危機に直面している。だが米経済誌フォーブス(電子版)によると、北米四大プロスポーツや欧州サッカーなどのトップチームは評価額が昨年より上がっているという。 同誌は毎年7月末に資産価値ランキングを発表。55億ドル(約5830億円)で5年連続トップとなった米プロフットボールNFLのカウボーイズを筆頭に、上位50チームの大半は価値が上がったと分析。

後で読む
デイリースポーツ

女子バレー・VプレミアリーグのJTマーヴェラスは4日、1日付けで元日本代表の谷口雅美氏がゼネラルマネジャー(GM)に就任したことを発表した。 谷口氏は小田急、日立を経て2001年から13年までJTで活躍。1999年と09年に日本代表、03年には第5回V1リーグ最優秀選手賞にも選ばれている。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子日本代表のエース、石川祐希選手(ミラノ)が4日、小中高生向けに新型コロナウイルスの感染予防を啓発する活動を始めた。8ページのガイドブックを作成し、競技をする上で注意すべき点を紹介。オンライン記者会見で「感染が怖いからと競技人口が減っていく可能性がある。バレーボールがなくなってほしくないという思いで発信した」と話した。 「体調に異変を感じたら勇気を持って練習を休む」という基本的なことから「プレー中は手で汗や靴裏を拭かない」など、無意識な行為への注意も呼びかけた。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソンは4日の記者会見で、五輪開幕1年前の7月23日に国立競技場から配信した競泳の池江璃花子選手によるメッセージ動画の当日の視聴回数が、日本国内だけで500万回に達したと明らかにした。 国際オリンピック委員会(IOC)によると、動画は130カ国・地域以上で中継、配信されたといい、高谷氏は「協力いただいた関係者に感謝申し上げる」と述べた。パラリンピック開幕1年前の8月24日については「特別なイベントを計画しているわけではない」と説明した。

後で読む
日刊スポーツ

【アナハイム(米カリフォルニア州)3日(日本時間4日)=斎藤庸裕】エンゼルス大谷翔平投手(26)の今季中の投手復帰が絶望的となった。前日2日の登板後に右腕の違…

後で読む
スポーツ報知

【巨人スタメン】

後で読む
スポーツ報知

 楽天・田中和基外野手(25)が4日、今季初めて1軍に昇格した。

後で読む
スポーツ報知

【西武スタメン】

後で読む
スポーツ報知

5日のロッテ戦(京セラD)に先発する鈴木優投手(23)が、“アジャ封じ”を宣言した。4日の最終調整後、取材に応じた右腕はロッテ打線でポイントとする選手に井上を指名。今季初対戦した6月26日に適時打を

後で読む
スポーツ報知

【ロッテスタメン】

後で読む
スポーツニッポン

広島は4日、先月26日に新型コロナウイルス感染症の影響により中止となった、明治安田生命J1第7節・名古屋戦の代替開催を11月11日に行うことを発表した。

後で読む
日刊スポーツ

ウィザーズの八村塁(22)がペーサーズ戦に先発し、34分の出場で9得点、7リバウンド、6アシストを記録した。チームは100-110で敗れ、再開後3連敗。プレー…

後で読む
日刊スポーツ

白血病から復帰を目指す競泳女子の池江璃花子(20=ルネサンス)が、新型コロナウイルスに感染した同じ日大水泳部の男子部員1人の濃厚接触者ではない、と判断された。…

後で読む
日刊スポーツ

オンライン開催中の都市型スポーツの国際大会「FISE」のパルクールで、島田善(ZEN、27=LDH)が決勝に進出した。同大会にはBMXパークやスケートボードの…

後で読む
サンケイスポーツ

J2新潟は4日、FWファビオが右足関節外側靱帯損傷で全治4~6週間と診断されたと発表した。7月29日の東京V戦で負傷した。

後で読む
サンケイスポーツ

J2福岡は4日、選手とチーム関係者45人に実施したPCR検査で、全員の陰性が確認されたと発表した。3日にはMF前に、新型コロナウイルスの陽性判定が出ていた。8日の本拠地ベスト電器スタジアムでの甲府戦は、開催の方向で準備を進める。

後で読む
東京スポーツ

中日の2年目・根尾昂内野手(20)が4日、今季初めて出場選手登録され、いきなり同日のDeNA戦(横浜)に「1番・右翼」でプロ初のスタメンに名を連ねた。  1年目の昨季は9月29日の阪神戦(甲子園)で…

後で読む
スポーツ報知

 日米通算5勝の女子プロゴルファー・渋野日向子(21)=サントリー=が4日、自身のインスタグラムでオフィシャルサイトを開設したことを発表した。自身のプロフィールや写真、メッセージやニュースのほか、自身

後で読む
スポーツニッポン

勝率5割できょうから今季初の9連戦に臨む阪神は、本拠甲子園で5ゲーム差を追う首位・巨人と対戦する。

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
スポーツニッポン

首の張りを訴えていたDeNAのタイラー・オースティン内野手が3試合連続でベンチ入りメンバーを外れた。

後で読む
スポーツニッポン

中日の根尾昂内野手(20)が4日、今季1軍に初めて昇格。いきなり同日のDeNA戦に「1番・右翼」でプロ初先発した。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの感染再拡大でスペイン2部リーグの最終節、デポルティーボ対フエンラブラダ戦が延期になっていた問題で、同試合が5日に行われることが決まった。 これにより開催時期が未定となっていた1部昇格プレーオフの日程も合わせて決定。準決勝が13、16日、決勝が20日と23日(ともにホームアンドアウェー)となる。

後で読む
デイリースポーツ

スペイン1部リーグ、レアル・マドリードの日本代表、MF久保建英の来季去就で、現在のところビジャレアルが他候補に差をつけての有力候補となっているという。スペインのスポーツ紙、アスなど複数メディアが伝えている。 報道によると久保獲得レースでは他にセルタ、グラナダ、オサスナがトップグループを形成しているが、その中でもビジャレアルが一歩抜きに出ているという。新監督のウナイ・エメリが選手の獲得を熱望しているとされる。

後で読む
東京スポーツ

日本代表と東京五輪代表を兼務する森保一監督(51)が、新型コロナウイルスの影響により緊急中止された2日の大宮―福岡戦(NACK5)で〝ニアミス〟だった状況を明かした。  福岡の選手に「陽性の可能性が…

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・沼田翔平投手(20)が4日、出場選手登録され、自身初の1軍昇格を果たした。昨年に育成ドラフト3位で北海道・旭川大高から入団し、今年6月に支配下選手登録された右腕で、投げっぷりの良さが持ち味。前日に抹消された高木京介に代わる救援として期待される。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・柳裕也投手(26)が5日のDeNA8回戦(横浜)で先発する。

後で読む
サンケイスポーツ

5月に右手有鈎骨鈎骨折で離脱していた巨人・山下航汰外野手(19)が4日、3軍の中大戦(ジャイアンツ球場)で「2番・DH」で先発出場。実戦復帰を果たし、3打数1安打だった。

後で読む
スポーツ報知

東京2020組織委員会は4日、都内で定例の記者ブリーフィングを行い、7月23日に行った東京五輪1年前イベントのライブ配信について、当日の国内での視聴回数が約500万回だったと明らかにした。国民の約4

後で読む
スポーツ報知

バレーボール男子日本代表の石川祐希(24)=ミラノ=が4日、オンラインで会見を開き「これからも全力でバレーボールを楽しむために、僕たちが今、できること。」と題した全国のバレーボール選手たちに向けた新

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は4日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(4日、甲子園球場) ここまで17勝17敗2分けと勝率5割の阪神。きょうから首位・巨人を甲子園に迎え、その後は広島、横浜と9連戦が続く。重要な連戦最初のカードだ。

後で読む
サンケイスポーツ

今季初の1軍昇格を果たした2年目の中日・根尾昂内野手(20)が4日、DeNA7回戦(横浜)に「1番・右翼」でプロ初スタメン出場する。

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球の兵庫独自大会4回戦で、昨春夏の甲子園4強の強豪・明石商が4日、明石トーカロ球場で小野と対戦し、7-0で8回コールド勝ち。今大会の最終戦となる5回戦進出を決めた。七回終了時まで1-0の緊張する展開が続く中、ドラフト上位候補の151キロ右腕・中森俊介投手(3年)が7回を3安打無得点に抑え、チームを勝利に導いた。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAのタイラー・オースティン内野手が4日、中日戦(横浜)に3試合連続でベンチ入りメンバーから外れた。7月31日の阪神戦(甲子園)で、右翼の守備で打球を追った際にフェンスに激突し、首の張りを訴えていた。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーJリーグは4日、沖縄県で発令されている緊急事態宣言を受け、12日に沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで開催を予定しているJ2第11節、琉球-甲府を無観客で実施すると発表した。15日まで発令された宣言内で、県内イベントの縮小検討などが言及されていた。 Jリーグは7月10日から5千人を上限に観客の受け入れを開始。8月から予定していた収容人員50%への上限引き上げは見送り、8月中も上限5千人を維持することとしていた。

後で読む
スポーツ報知

中日は4日、ナゴヤ球場で1試合200人を上限とした有観客で開催される予定だった16日までのウエスタン・リーグ公式戦(8月11、12日の広島戦、14~16日のオリックス戦)を、新型コロナウイルス感染拡

後で読む
スポーツ報知

【中日スタメン】

後で読む
スポーツ報知

【広島スタメン】

後で読む
スポーツ報知

【ソフトバンクスタメン】

後で読む
デイリースポーツ

元中国新聞記者でカープ取材に30年以上携わった永山貞義氏(71)がデイリースポーツで執筆するコラム「野球爺のよもやま話」。広島商、法大でプレーした自身の経験や豊富な取材歴からカープや高校野球などをテーマに健筆を振るいます。  ◇  ◇

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ロッテ」(4日、京セラドーム大阪) オリックス・大城滉二内野手が、咽頭炎のためロッテ戦(京セラドーム大阪)を欠場することになった。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-中日」(4日、横浜スタジアム) 中日はこの日、出場選手登録された根尾昂内野手が1番・右翼でスタメン出場。ウエスタン・リーグでは22試合に出場し、打率・282の成績を残して今季初昇格となった。バッテリーは福谷-A.マルティネス。

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグは4日、沖縄県で発令されている緊急事態宣言を受け、12日に沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで予定しているJ2第11節、琉球―甲府を無観客のリモートマッチで開催すると発表した。

後で読む
スポーツニッポン

中日は4日、1試合200人上限の有観客試合として開催する予定だったナゴヤ球場開催のウエスタン・リーグ公式戦の5試合について、無観客試合に変更すると発表した。

後で読む
スポーツニッポン

楽天の田中和基外野手(25)が4日、今季初めて1軍に合流した。開幕から2軍で調整を続け、イースタン・リーグでは20試合に出場して打率・300、11打点、2本塁打の成績を残していた。

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
スポーツニッポン

楽天の安部井寛チーム統括本部長は、4日からのソフトバンク戦(楽天生命パーク宮城)の試合開催の判断についてコメントを発表した。ソフトバンクの長谷川勇也外野手(35)と30代の1軍チームスタッフが新型コロナウイルスに感染していることが確認され、両球団とNPBなどが開催の可否について協議していた。

後で読む
サンケイスポーツ

中日は4日、11日の広島戦以降、5試合で予定されていたナゴヤ球場での有観客試合の開催を取りやめることを発表した。

後で読む
東京スポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソン(42)は4日、都内で会見を開き、新型コロナウイルス感染症によって来年夏に延期した東京五輪の準備状況などを語った。  最重要課題のコロナ…

後で読む
東京スポーツ

男女を通じて今年最初の海外メジャー大会となるゴルフの「全米プロ選手権」(カリフォルニア州、TPCハーディングパーク)が6日に開幕する。無観客開催の中で松山英樹(28=LEXUS)やタイガー・ウッズ(…

後で読む
日刊スポーツ

子どもも大人も、サッカーを楽しみながらもっと上手になろう!日本サッカー協会(JFA)は4日、動画配信ツール「JFAサッカーキッズ動画」(https://kid…

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽巨人 沼田翔平投手、若林晃弘内野手 ▽中日 浜田達郎投手、根尾昂内野手

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽西武 高橋光成投手 ▽楽天 田中和基外野手

後で読む
スポーツニッポン

車いすラグビー日本代表は4日、オンラインで報道陣の取材に応じた。7月18~24日まで、約5カ月ぶりに強化合宿を実施。新型コロナウイルスの感染リスクを鑑み、関東在住の選手のみで行われた。主将の池透暢(40=日興アセットマネジメント)は高知県在住のため合宿をリモートで見守り、「参加はできなかったが、地元でトレーニングを積むモチベーションになった」と語った。今月17日からも1週間の合宿が計画されてお…

後で読む
スポーツニッポン

サーフィン女子で東京五輪条件付き出場権を獲得している松田詩野(17)が4日、自身が18歳を迎える今月13日を前に、マネジメント会社を通じて1年間を振り返るメッセージを発表した。コメントは以下の通り。

後で読む
スポーツ報知

巨人2軍が土壇場で試合をひっくり返し、逆転勝ちした。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソン(SP)が4日、都内で取材に応じた。来夏に延期された東京五輪まであと1年となる7月23日に、白血病からの再起を目指す競泳女子の池江璃花子が新国立競技場から世界に発信したメッセージについて、国内で約500万回の視聴があったことを明かした。 同イベントで池江は上下が白色の衣装で聖火を灯したランタンを掲げ、コロナ禍の現状においてスポーツを行うことへの反対意見があることを踏まえた上で「ただ、一方で思うのは、逆境から這い上がっていく時には、どうしても希望の力が必要だということです」を呼びかけ、「1年後の今日、この場所で希望の炎が輝いてほしい」と、語った。イベント後、会場の去る際にはこみ上げてきた涙を拭った。

後で読む
デイリースポーツ

車いすラグビーで前回リオデジャネイロ・パラリンピック銅メダルの日本代表が4日、オンライン取材に応じ、主将の池透暢(日興アセットマネジメント)は「金メダルの目標は揺るぎない。いろんな不安はあるが、自分たちにできる最高の形を作りたい」と来年の東京大会に向けて意気込みをのぞかせた。 関東地方を拠点とする選手は7月18日から24日まで、東京都北区のナショナルトレーニングセンターで合宿を実施。新型コロナで日本への渡航制限があるため、体育館に設置したカメラの映像を利用して米国からリモートで指導したケビン・オアー監督は「うまくいった。早く日本で指導がしたい」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール男子日本代表の石川祐希(24)=ミラノ=は4日、オンラインで会見を行い、自身の発案で全国のバレーボール選手に新型コロナ感染予防啓発活動を行っていくことを発表した。石川は「今僕たちができることは感染予防の徹底。それをしながらバレーボールを楽しんでほしい」と呼びかけた。 同日には特設サイトがオープンされ、ガイドブック、ワークシートが無料でダウンロード可能となっている。ガイドブックには石川が実践している予防策が記載されている。石川は「無意識にやってしまう」という靴裏を手で拭く行為についても言及し、「僕の場合はルーティンだった。新しく作るのが一つの改善方法」と対策を明かした。

後で読む
デイリースポーツ

北米プロアイスホッケーNHLのプレーオフ予選は3日、カナダのトロントとエドモントンで東西カンファレンスの1~4位による上位シード決定リーグ2試合が行われ、東はライトニングがキャピタルズに3-2で競り勝ち、西はゴールデンナイツがスターズを5-3で下した。 1回戦進出決定戦(5回戦制)は4試合が行われ、ハリケーンズがレンジャーズを4-1で下し2連勝とした。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表と東京五輪の男子代表を兼任する森保一監督が4日、オンライン上で取材に応じ、5日のルヴァン杯・鳥栖-横浜FC戦(駅スタ)でのメンバー入りが予想される横浜FCのカズことFW三浦知良にエールを送った。 カズと森保監督は、1993年のW杯米国大会予選での「ドーハの悲劇」などを共に経験した戦友同士。現在53歳のカズは、今季ここまで公式戦の出場がないが、チームを率いる下平監督が3日に「カズさんは遠征メンバーで行ってもらおうと思っている」とコメント。今季初出場が期待される。

後で読む
日刊スポーツ

カブスのダルビッシュ有投手(33)の次回登板が、5日(日本時間6日)の敵地でのロイヤルズ戦に決まった。3日の投球練習では打者を立たせ、課題のフォークボールなど…

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスの陽性者が続出しているカージナルスで13人の新規陽性者が判明し、3日からのタイガースとの4連戦がすべて中止となった。13人中7人が選手、8人…

後で読む
日刊スポーツ

米メディアは、エンゼルスの大谷翔平投手が、投手としては今季復帰が難しいとの見通しを伝えた。地元紙オレンジカウンティ・レジスター電子版は「短縮シーズンで残り8週…

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球徳島大会・準決勝、徳島商7-2阿南光」(4日、オロナミンC球場) 徳島商が序盤のリードを守り切り、2011年以来の夏の決勝進出を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球兵庫大会・4回戦、明石商7-0小野」(4日、明石トーカロ球場) 明石商が八回コールド勝ちを決め、最終戦へ駒を進めた。

後で読む
デイリースポーツ

中日は4日、根尾昂内野手を出場選手登録した。2年目の根尾は今季初昇格。ウエスタン・リーグでは22試合に出場し、打率・282の成績を残していた。 巨人は沼田翔平投手、若林晃弘投手が昇格した。

後で読む
スポーツニッポン

スペインの有力紙AS(電子版)は3日、日本代表MF久保建英(19)の来季レンタル先に関し、セルタ、グラナダ、オサスナ、ビリャレアルの4チームに絞られたとし、その中で現時点でビリャレアルが最有力候補だと報じた。

後で読む
日刊スポーツ

東地区9位ウィザーズのルーキー八村塁(22)が同5位のペーサーズ戦に先発し、9得点、7リバウンド、6アシストを記録した。チームは敗れて再開後3連敗。プレーオフ…

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール男子日本代表の石川祐希(24=ミラノ)が4日、新型コロナウイルスの予防を呼び掛ける活動で、ガイドブックとワークシートを作成したと発表した。自身が実…

後で読む
日刊スポーツ

女子テニスで、18年全米、19年全豪優勝の大坂なおみ(22=日清食品)が、第2の「なおみ」発掘に手を差し伸べる。ウエアを契約するナイキと、ローレウス・スポーツ…

後で読む
サンケイスポーツ

JリーグのYBCルヴァン・カップは5日に再開され、1次リーグ第2節が行われる。新型コロナウイルスの影響で2月以来、約半年ぶりの実施。A-D組に分かれた1次リーグが当初の2回戦総当たりから1回戦総当たりになるなど大会方式は大幅に変更された。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの三笠杉彦GMが4日午後にオンライン会見を行い、陽性判定を受けたスタッフAと、同じ控え室を利用していたスタッフB、スタッフCの3人を除く形で、一軍は通常通りの活動を行うことを発表した。 …

後で読む
スポーツニッポン

日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントが共催し、今年で3シーズン目を迎える「eBASEBALL プロリーグ」のプロテストが、今月24日から開始されることが決定した。

後で読む
スポーツニッポン

阪神・藤浪晋太郎投手(26)が先発が予想されるあす5日の巨人戦(甲子園)へ向けて最終調整を終えた。

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球の東東京代替大会準々決勝が4日、東京・大田スタジアムなどで行われ、二松学舎大付の2メートル二刀流、秋広優人内野手(3年)が大森学園に5-6で敗退して高校野球を終えた。

後で読む
サンケイスポーツ

北米プロアイスホッケーNHLのプレーオフ予選は3日、カナダのトロントとエドモントンで東西カンファレンスの1~4位による上位シード決定リーグ2試合が行われ、東はライトニングがキャピタルズに3-2で競り勝ち、西はゴールデンナイツがスターズを5-3で下した。

後で読む
スポーツ報知

競泳の強豪、日大水泳部の男子部員1人が新型コロナウイルスに感染したことが3日に明らかになったが、同じ水泳部に所属し、白血病からの復帰を目指している池江璃花子(20)=ルネサンス=は、濃厚接触はなかっ

後で読む
スポーツ報知

eスポーツのプロゲーマーを発掘する「スカウトリーグ」の発足会見が4日、オンラインで行われ、日本フェンシング協会の太田雄貴会長(34)がゲスト参加。「ウィズコロナにおけるスポーツとeスポーツ」をテーマ

後で読む
サンケイスポーツ

上半身のコンディション不良で出場選手登録を抹消されているヤクルト・山田哲人内野手(28)が4日、神宮球場で広島戦前の練習に参加。キャッチボールとティー打撃で汗を流した。

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボール男子日本代表のエース、石川祐希(24)=ミラノ=が4日、オンラインで記者会見し、新型コロナウイルス感染予防を全国のバレー選手に呼びかける企画を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

パ・リーグ首位のソフトバンクは3日、当初予定されていた投手練習を変更し、ペイペイドームで全体練習を行った。1日に長谷川勇也外野手(35)に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを受け、前日2日の西武戦(ペイペイドーム)は中止。練習前の円陣で工藤公康監督(57)は「シーズンを戦い切ることが最優先」と訓示した。4日から2位楽天と6連戦(楽天生命パーク)を戦う予定だ。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクが4日、チーム活動の継続を発表した。三笠杉彦取締役GM(46)がオンラインで記者会見を行い、詳細を説明した。会見における代表質問、個別質問の一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・根尾昂内野手(20)が4日、今季初めて1軍の練習に合流した。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、新型コロナウイルスの影響で来年へ延期された東京五輪の開幕1年前にあたる7月23日に、競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)が国立競技場から世界へメッセージを発信した動画の視聴回数が、当日の国内だけで500万に達していたことを明らかにした。白血病からの競技復帰を目指す池江は無観客の国立競技場に白い衣装で登場し、ちょうど1年後に開会式が始まる予定時刻の午後8時…

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソンは4日、新型コロナウイルスの影響で来年へ延期となった大会の開催へ向けたスポンサーとの契約見直しについて、組織委幹部も直接交渉にあたっていると明かした。緊急事態宣言解除後、スポンサーを集めたオンラインでのミーティングを皮切りに個別交渉を開始。「スポンサーとの向き合いは極めて重要。具体的に誰が出向いているかは言及しないが、幹部も各社様に…

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのU-23日本代表FW前田大然が4日、オンライン上で移籍が決まった横浜Mの加入会見を行った。前田はポルトガル1部・マリティモから、1年ぶりとなるJ復帰となった。 前田は「去年のチャンピオンでもあるし、攻撃的なチームなので、そこで自分がどこまで表現できるかということでマリノスを選びました。連覇にちょっとでも貢献できるように頑張りたい」と所信表明。欧州での挑戦断念については、新型コロナウイルス感染症の影響で家族の安全性などを考慮しての決断と明かし「今はマリノスの選手なので、ここで活躍することだけしか考えていない」と前を向いた。

後で読む
スポーツ報知

DeNAが自宅にいながら球場の雰囲気を味わい試合観戦を楽しみ、選手を応援することができる国内初の「バーチャルハマスタ」無料トライアルを11日に実施する。

後で読む
スポーツ報知

上半身のコンディション不良で離脱しているヤクルト・山田哲人内野手(28)が4日、神宮球場のグラウンドで9日ぶりに練習を行った。

後で読む
スポーツ報知

4日の楽天―ソフトバンク戦(楽天生命)は予定通り開催されることになった。ソフトバンク2軍の長谷川勇也外野手(35)と30代のチームスタッフに新型コロナウイルス陽性判定が出たことで開催が危ぶまれていた

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは4日、1軍帯同チームスタッフの新型コロナウイルス陽性判定を受けて、通常通りの活動を行うとの結論に至ったことを発表した。 1日に長谷川勇也外野手、3日に30代の1軍スタッフの陽性が判明。日本野球機構および日本野球機構・日本プロサッカーリーグ連絡会議専門家チーム・地域アドバイザーおよび、所轄保健所と連携のうえ、今後の活動方針について検討していた。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球神奈川大会・2回戦、東海大相模7-0川崎北」(4日、サーティーフォー相模原) 今秋ドラフト候補の東海大相模・山村崇嘉内野手(3年)が公式戦で初めて遊撃を守った。これまでは一塁が本職で中止となった今春センバツへ向けて投手も挑戦していたが、最後の夏は新ポジションにコンバート。2度の守備機会を無難にこなし、「内野ならどこでも守れるように」と七回からは三塁へ回った。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは4日、1軍が通常通りの活動をしていくと発表した。今週は敵地で楽天との6連戦。1軍の30代男性チームスタッフの新型コロナウイルス感染が3日に判明したことを受けて日本野球機構などと連携の上、活動方針を検討していた。 2軍調整中だった長谷川勇也外野手のコロナ感染でPCR検査を実施。1軍では唯一陽性だったこのスタッフと、同じ球場控室を使用し自宅待機するスタッフ2人を除く人員で活動する。三笠杉彦ゼネラルマネジャーはオンライン会見し「活動を続けるのであれば、当然試合を実施するということで楽天さんなどとも了承している」と説明した。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの三笠杉彦GMが4日午後にオンライン会見を行い、陽性判定を受けたスタッフAと、同じ控え室を利用していたスタッフB、スタッフCの3人を除く形で、一軍は通常通りの活動を行うことを発表した。 …

後で読む
スポーツニッポン

川崎北の横手投げ右腕・横山寿紀投手(3年)が東海大相模の強打線に堂々と立ち向かった。

後で読む
スポーツニッポン

今秋ドラフト候補の中森俊介と来田涼斗を擁する明石商が小野を下し、16強進出を決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

パ・リーグ首位のソフトバンクは3日、当初予定されていた投手練習を変更し、ペイペイドームで全体練習を行った。1日に長谷川勇也外野手(35)に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを受け、前日2日の西武戦(ペイペイドーム)は中止。練習前の円陣で工藤公康監督(57)は「シーズンを戦い切ることが最優先」と訓示した。4日から2位楽天と6連戦(楽天生命パーク)を戦う予定だ。

後で読む
サンケイスポーツ

1軍チームスタッフの新型コロナウイルス陽性が前日(3日)に判明したソフトバンクは4日、1軍は通常通りの活動を行うと発表した。陽性判定を受けたチームスタッフ、そのスタッフと同室の球場控室を使用していた、別の2人のチームスタッフを除いた1軍監督、コーチ、選手、スタッフについては、チーム活動を続行する。日本野球機構(NPB)、NPB・日本プロサッカーリーグ連絡会議 専門家チーム、地域アドバイザー、所轄保健所と連携のうえ、検討した上で結論を出した。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクが4日、チーム活動の継続を発表した。三笠杉彦取締役GM(46)がオンラインで記者会見を行い、詳細を説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは4日、KDDIと協力し、自宅にいながら横浜スタジアムの雰囲気を味わえる「バーチャルハマスタ」の無料トライアルを、阪神戦が行われる11日に実施すると発表した。

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟は4日、右足を負傷していたFWファビオ(23)が診察の結果、右足関節外側靱帯(じんたい)損傷で全治4~6週間と診断されたと発表した。ファ…

後で読む
東京スポーツ

女子プロレス「スターダム」の“ビッグダディの三女”林下詩美(21)が逆襲の夏を迎える。シングルのリーグ戦「5★STAR GP 2020」(8日、東京・後楽園ホールで開幕)に向け「三度目の正直で、今年…

後で読む
東京スポーツ

ノアの前GHCヘビー級王者・清宮海斗(24)が、“キック界の神童”こと那須川天心(21)にラブコールを送った。本紙を通じて賛辞を贈った神童に対し、プロレス界の未来を担うエースは敏感に反応。まさかのリ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド3日(日本時間4日)発】WWEのロウ大会が行われ、ロウ女子王座奪還に失敗したばかりの〝女帝〟ことアスカ(38=華名)が、早くも真夏の祭典「サマースラム」(8月23日)での王座奪還…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド3日(日本時間4日)発】WWEのロウ大会が行われ、謎の忍者軍団を率いる元ドラゴンゲートの戸澤陽(35)が、軍団総出で24/7王座奪還に成功した。  第3試合でRトゥルース(48)…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド3日(日本時間4日)発】WWEのロウ大会が行われ、真夏の祭典「サマースラム」(8月23日)で激突するWWE王者ドリュー・マッキンタイア(35)と、レジェンドキラーの〝毒蛇〟ことラ…

後で読む
スポーツニッポン

再開5日目を迎えたNBAは3日、フロリダ州オーランドで6試合を行い、西地区全体1位のレイカーズは同5位のジャズを116―108(前半58―56)で下して51勝15敗。8試合の「シーディング・ゲーム」を5試合残した段階で2位クリッパーズ(45勝21敗=残り6試合)に6ゲーム差をつけてプレーオフでの地区第1シードが確定した。

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール男子日本代表の石川祐希(24=ミラノ)が4日、オンラインで記者会見し、選手に向けた新型コロナウイルス感染予防のガイドブックを作成したと発表した。感染が急拡大したイタリアでの経験を踏まえて自ら企画。「選手が感染予防を発信することも僕にできることの一つだと思った」と話した。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、新型コロナウイルスの影響で来年へ延期された東京五輪の開幕1年前にあたる7月23日に、競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)が国立競技場から世界へメッセージを発信した動画の視聴回数が、当日の国内だけで500万に達していたことを明らかにした。白血病からの競技復帰を目指す池江は無観客の国立競技場に白い衣装で登場し、ちょうど1年後に開会式が始まる予定時刻の午後8時…

後で読む
デイリースポーツ

女子テニスの大坂なおみ(日清食品)は3日、自身のツイッターなどで、女子のスポーツ参加を促進するための助成プログラム「プレー・アカデミー」を設立すると発表した。東京でスタートし、助成金の提供やイベントなどを行う。大坂は「女の子がスポーツや遊びをすることで喜びを感じ、自分たちの潜在能力に気づくことを望んでいます」とコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

日大は4日、水泳部の男子部員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。7月30日に医療機関でPCR検査を受け、今月1日に感染が判明したという。隔離している5人の濃厚接触者の検査結果が判明するまでは関係者の外出を禁じ、部活動も自粛する。 白血病から復帰を目指す池江璃花子(ルネサンス)も日大水泳部に所属しているが、普段は男子部員と一緒に練習はしていない。関係者によると、池江は体調に問題がなく自宅で過ごしているという。

後で読む
日刊スポーツ

レッズ秋山翔吾外野手(32)が「1番中堅」でスタメン出場し、4打数1安打だった。第1打席は二ゴロ。第2打席は中飛。1-2とリードされた6回、先頭として迎えた第…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。