「2020年8月6日」の記事一覧

サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天1-3ソフトバンク、9回戦、ソフトバンク5勝4敗、6日、楽天生命)楽天の鈴木大が連続試合安打を11に伸ばした。0-0の一回無死二塁で笠谷の甘く入った変化球を逃さず振り抜く。強烈な右翼線二塁打で先制点を奪い「うまく反応できた」とコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト9-5広島、8回戦、ヤクルト4勝3敗1分、6日、神宮)ヤクルトの高橋は5点の援護をもらいながら、3本塁打を浴びて5回5安打4失点で降板した。救援が追い付かれて勝敗は付かず、チームの勝利にも表情はさえなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神11-0巨人」(6日、甲子園球場) 阪神は今季初登板となった先発・高橋が7回無失点、11奪三振の快投で今季初勝利を挙げ、このカードの3連敗を阻止した。打線も先制点から終盤の猛攻で11得点を奪取した。矢野監督は高橋について、「期待通り素晴らしいピッチングでした」と絶賛した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天1-3ソフトバンク、9回戦、ソフトバンク5勝4敗、6日、楽天生命)ソフトバンクが単独首位に立った。0-1の三回に柳田の適時打で追い付き、四回は明石の適時打、甲斐のスクイズで加点した。2番手の板東が3回無失点でプロ初勝利を挙げ、森が10セーブ目。楽天は松井が今季初黒星を喫した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神11-0巨人、7回戦、巨人5勝2敗、6日、甲子園)阪神の高橋がファンサービスの一環として降板後、試合中にテレビ中継でインタビューを受けた。球宴やオープン戦ではよく行われるものの、シーズン公式戦では異例で、球団によると阪神で実施したのは初めて。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム5-3西武、6回戦、日本ハム4勝2敗、6日、札幌D)日本ハムは西武に競り勝って4位に浮上し、勝率5割まであと1勝とした。六回から継投でしのいだ栗山監督は「これがうちの特長なので。玉井と堀がよく抑えてくれた」と褒めた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天1-3ソフトバンク、9回戦、ソフトバンク5勝4敗、6日、楽天生命)ソフトバンクの柳田が攻守に躍動した。

後で読む
スポーツ報知

広島・K・ジョンソン投手(35)が、7安打5失点で3回KOされた。

後で読む
スポーツ報知

楽天は、同率首位だったソフトバンクとの直接対決に敗れて、7月23日以来、14日ぶりの単独首位を逃して、2位に転落した。

後で読む
スポーツ報知

一度は「試合終了」となりながら、リクエストで判定が覆り試合続行となるハプニングはあったものの、ヤクルトが連敗を4で止め、借金生活転落を免れた。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが単独首位に立った。0-1の三回に柳田の適時打で追い付き、四回は明石の適時打、甲斐のスクイズで加点した。2番手の板東が3回無失点でプロ初勝利を挙げ、森が10セーブ目。楽天は松井が今季初黒星を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト9-5広島」(6日、神宮球場) 高津ヤクルトが連敗を「4」でストップ。途中出場した井野が、プロ15年目で初の三塁打を放ち、これが勝利への起点となった。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天1-3ソフトバンク」(6日、楽天生命パーク宮城) 楽天が好機にあと一本が出ず、2位に転落した。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス3-1ロッテ」(6日、京セラドーム大阪) オリックスが先発山崎福の6回無失点の好投に、2番・吉田正、3番・伏見の打順変更が当たり快勝。ロッテ戦の連敗を7で止め8月初勝利をようやくモノにした。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム5-3西武」(6日、札幌ドーム) 日本ハムは西武の猛追をかわし、逃げ切り勝ち。4位に再浮上した。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクが6日の楽天戦(楽天生命)を3―1で制し、単独首位に立った。  イケメン右腕・板東湧梧がうれしいプロ初勝利だ。オープナーとして先発した笠谷が2イニングを投げて3安打3四球と走者を許しなが…

後で読む
東京スポーツ

阪神は6日の巨人戦(甲子園)で巨人に11―0と大勝し連敗を止めた。この試合中に画期的な取り組みが行われた。それは、まだ試合が終了していない時点での先発投手のテレビインタビュー。これは、オールスター戦…

後で読む
東京スポーツ

巨人OBで元監督の堀内恒夫氏が6日、自身のブログを更新。「これはやっちゃいけない。」と題し、同日の阪神―巨人戦(甲子園)で原監督が内野手の増田大樹を投手起用した采配を厳しく批判した。  普段は〝悪太…

後で読む
東京スポーツ

巨人・原辰徳監督が6日の阪神戦(甲子園)で超サプライズ采配を振るった。0―11となった8回一死走者なしの場面から、増田大輝内野手をプロ初マウンドに送り込んだのだ。  大量リードに沸いた虎党も思わず目…

後で読む
東京スポーツ

巨人の誇る〝虎キラー〟C・C・メルセデス投手が6日の阪神戦(甲子園)で4回途中4失点でKOされた。  7月23日の中日戦(ナゴヤドーム)以来の白星を狙った左腕は2回まで無安打投球も3回一死から陽川に…

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトが一度は5点差を追いつかれながらも最後は広島を突き放して9―5で勝利。借金突入の危機を阻止して貯金1とし、今季初の4連敗(1分け挟む)を止めた。

後で読む
スポーツニッポン

ソフトバンクは、1―1の4回に明石の中前適時打で勝ち越しに成功。連敗を2で止めて再び単独首位となった。3回から2番手で登板した板東がプロ初勝利をマークした。

後で読む
スポーツニッポン

楽天の内田靖人内野手(25)が、プロ7年目にして初の猛打賞をマークした。8日のソフトバンク戦で「7番・一塁」でフル出場。4回に右中間を深々と破る二塁打を放つと、その後も内野安打と左前打。1試合3安打はプロ入り後初めてだったが、チームの勝利には結びつかなかった。

後で読む
スポーツニッポン

現役時代にV9巨人のエースとして通算203勝をマークし、巨人監督も務めた野球解説者の堀内恒夫さん(72)が6日、自身のブログを更新。同日の阪神―巨人戦(甲子園)で増田大輝内野手(27)が8回裏に6番手投手として登板したことに激怒した。

後で読む
スポーツニッポン

巨人の増田大輝内野手が6日、阪神7回戦(甲子園)で0―11の7回1死からプロ初登板し、打者3人に1四球を与えただけで無失点に抑えた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト9-5広島、8回戦、ヤクルト4勝3敗1分、6日、神宮)広島は今季最長の連勝が3で止まった。七回に鈴木誠の左前適時打で最大5点差を追い付いたが、その裏に5番手の薮田がつかまった。先頭打者の井野に三塁打を浴び、続く広岡の犠飛で簡単に勝ち越しを許すと、その後も連続適時二塁打で計3点を失った。

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスの田嶋が、発熱による体調不良のため、先発予定だった8日のロッテ戦の登板を回避することになった。6日の試合前練習を欠席し、西村監督は「体調が悪いので飛ばすしかない。土曜日も厳しいという判断」と語った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス3-1ロッテ、9回戦、ロッテ7勝1敗1分、6日、京セラ)オリックスがロッテから今季9試合目でようやく初勝利を挙げた。2010年にロッテを率いて日本一になっている西村監督は「ちょっと遅かった。まさかここまで連敗するとは思っていなかった」と苦笑いした。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス3-1ロッテ、9回戦、ロッテ7勝1敗1分、6日、京セラ)ロッテは拙守で試合の流れを手放した。0-1の五回2死一、二塁で伏見の右前打を処理したマーティンが無人の一塁に返球して一塁走者まで生還させ、井口監督は「無駄な1点だった。あれでは、チームが乗っていけない」と厳しい表情だった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は6日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神11-0巨人、7回戦、巨人5勝2敗、6日、甲子園)巨人の増田大輝内野手が6日、阪神7回戦(甲子園)の八回にプロ初登板した。この回登板した5番手の堀岡が1死しか取れずに7点を失い、0-11とされたところで救援。近本を二ゴロ、江越に四球を与えたが、大山を右飛に打ち取った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(6日、甲子園球場) 今季初の9連戦を、連敗でスタートした阪神。試合前に野手が集まり、青空の下で緊急ミーティングを開いた。同一カード3連戦3連敗だけは阻止したい一戦。高橋が今季初先発に臨む。

後で読む
東京スポーツ

女子ゴルフの海外メジャー「AIG全英女子オープン」(20日~)で2連覇を狙う渋野日向子(21=サントリー)が6日、渡英を前にリモート会見を行った。前哨戦の「スコットランド女子オープン」(13日~)に…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天1-3ソフトバンク、9回戦、ソフトバンク5勝4敗、6日、楽天生命)ソフトバンクが単独首位に立った。0-1の三回に柳田の適時打で追い付き、四回は明石の適時打、甲斐のスクイズで加点した。2番手の板東が3回無失点でプロ初勝利を挙げ、森が10セーブ目。楽天は松井が今季初黒星を喫した。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・増田大輝内野手(26)が6日の阪神戦(甲子園)の八回1死でプロ初登板した。0-11と大差がつき、緊急で投手としてマウンドに上がった。

後で読む
日刊スポーツ

5日のルヴァン杯鳥栖戦で53歳5カ月10日の大会最年長出場記録を更新したFWカズ(三浦知良)が、さらなる飛躍を誓った。6日に遠征から羽田空港に戻り、決勝点のM…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は6日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
日刊スポーツ

左太もも裏のケガで離脱していたコンサドーレ札幌FW鈴木武蔵(26)の試合復帰が見えてきた。6日、札幌・宮の沢での練習後、オンライン取材に応じた。すでに全体練習…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト9-5広島、8回戦、ヤクルト4勝3敗1分、6日、神宮)ヤクルトは広島に9-5で競り勝ち、1分けを挟んでの連敗を4で止めた。

後で読む
スポーツ報知

巨人は0-11で迎えた8回裏1死、内野手の増田大輝がマウンドに立った。変化球も織り交ぜ、13球で後続を断ち、「プロ初マウンド」で好リリーフ。ワンサイドゲームにもかかわらず、SNS上では驚きの声が書き

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪のボクシング女子ミドル級日本代表候補で、現役看護師でもある津端ありさ(27)=西埼玉中央病院=が6日、都内の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で特別練習に参加した。医療現場の最前線で働く津端が練習環境に苦心していることから、日本ボクシング連盟が個別に練習機会を設けたもので、日本代表コーチのウラジミール・シン氏らが約2時間指導した。津端にとっては通常の代表合宿とは違い、孤軍奮闘の練習となった。 練習後にオンラインで取材に応じた津端は、普段は勤務の合間に病院の体育館で練習していることを明かし、「サンドバッグとかリングを使った練習がまったくできてなかったので感謝している」と笑顔。日勤8時間、夜勤15時間という通常勤務をこなす日々で、先月末の日本代表合宿(富山)も、終了翌日から職場に復帰した。「練習は仕事の休みを使わせてもらってやらせてもらっているが、(職場の)周りの人が調整してくれている。看護師もボクシングもできているのは周囲の協力があってこそ」と頭を下げる。

後で読む
デイリースポーツ

阿炎の師匠の錣山親方(元関脇寺尾)は6日、報道陣との電話取材に応じ、引退届を受理せずに再起の道が残された日本相撲協会の処分について「寛大な処置をしていただき、感謝しかない。本当にありがたい」と神妙な口調で語った。 過去にも不適切な言動で厳重注意を受けるなど、阿炎は土俵外での騒動が目立った。さらに今回の自覚を欠いた行動。師匠の前では反省の言葉を繰り返したそうだが「悪い人間ではない。まだお子さまで羽目を外してしまう。自業自得」と断じた。自らも報酬減額処分を受け「私の監督責任の問題」と反省した。

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会は6日の理事会で、2022年までの本場所日程を承認した。芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、新型コロナウイルスの感染状況を注視しつつ、来年3月に大阪で予定されている春場所から地方場所を再開する予定。今年11月の九州場所は東京に変更して実施する。 来年7月の名古屋場所は東京五輪との重複を避けるため、1週間前倒しで設定された。

後で読む
スポーツ報知

中日から“貧打トンネル”の出口が一向に見えてこない。DeNA打線に2桁安打を浴びながらもしのいでいた投手陣とは対照的に、この日も打線が先発・大貫の前に完全に沈黙し4安打。7月24日の借金「8」以降は

後で読む
スポーツ報知

【セ・リーグ】

後で読む
スポーツ報知

中日・与田剛監督(54)は試合後、この日「上肢のコンディション不良」のため出場選手登録を抹消された中日・梅津晃大投手(26)に軽傷の見通しと説明した。

後で読む
スポーツ報知

楽天は、同率首位だったソフトバンクとの直接対決に敗れて、7月23日以来、14日ぶりの単独首位を逃した。

後で読む
東京スポーツ

埼玉県所沢市内の西埼玉中央病院に勤務しながら東京五輪を目指すミドル級の〝看護師ボクサー〟津端ありさ(27)が6日、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで〝特訓〟を行った。  新型コロナウ…

後で読む
東京スポーツ

〝空手界の綾瀬はるか〟のこと女子形で金メダルが期待される清水希容(26=ミキハウス)が6日、自身のインスタグラムを更新し、来夏に延期された東京五輪への思いを明かした。  本来であれば、6日から史上初め…

後で読む
デイリースポーツ

「阪神11-0巨人」(6日、甲子園球場) 巨人が11点差のついた八回に、野手の増田大輝を登板させた。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトが連敗を4で止めた。5-5に追い付かれた七回、井野の三塁打を足場に広岡の犠飛で勝ち越すと坂口と塩見の連続適時二塁打で突き放した。広島は5点差を追い付く粘りを見せたが、救援陣が踏ん張れず連勝は3でストップ。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス3-1ロッテ」(6日、京セラドーム大阪) ロッテは打線が精彩を欠き対オリックス戦の開幕連勝は7(1分け挟む)で止まった。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天1-3ソフトバンク」(6日、楽天生命パーク宮城) 首位攻防6連戦は前日まで楽天が連勝。22勝17敗1分で並んで迎えた第3戦は、2連敗中だったソフトバンクが制して、単独首位に返り咲いた。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA3-0中日」(6日・横浜スタジアム) DeNAが今季中日戦2度目のカード3連勝。先発の大貫は7回4安打無失点で自身4連勝をマークした。

後で読む
スポーツニッポン

スペイン2部デポルティボに所属する日本代表MF柴崎岳(28)について、スペイン2部ラスパルマスが獲得に動いていると、スペイン紙マルカなど複数の地元メディアが5日までに報じた。

後で読む
デイリースポーツ

 女子ゴルフの渋野日向子(21)=サントリー=が6日、オンライン会見を開き、20日開幕の全英女子オープン(ロイヤルトルーンGC)連覇を高らかに宣言した。全英出場後はその足で米国へ渡り、ANAインスピーレーション(カリフォルニア州)から10月の全米女子プロ選手権(ペンシルベニア州)まで約2カ月の大型遠征を行うことも発表。シブコが生涯最大の目標に掲げる5大メジャー制覇へ動き出した。 輝く目で真っ正面を向いて答えた。連覇がかかる全英女子オープン開幕まであとわずか2週間。渋野は7日の渡英を前に「2連覇ができるのは私だけという思いはある。イギリスから世界へ元気を与えられるようなプレーをしたい。優勝?そこが目標です」と歯切れよく言い切った。

後で読む
東京スポーツ

勢いが止まらない。広島・長野久義外野手(35)が6日のヤクルト戦(神宮)で5戦連続のマルチ安打をマークした。 「3番・中堅」でスタメン出場し、初回一死一塁の第1打席で右前打、3―5の5回先頭で迎えた…

後で読む
東京スポーツ

夏男の勢いが止まらない。広島・長野久義外野手(35)が6日のヤクルト戦(神宮)で5戦連続のマルチ安打をマークした。 「3番・中堅」で5試合連続スタメン出場し、初回一死一塁の第1打席で右前打、3―5の…

後で読む
東京スポーツ

オリックスが開幕から続いていたロッテ戦の連敗を7で止めた。6日のロッテ戦(京セラドーム)は岩下から3回に8試合ぶりとなる先制点を奪い、5回には二死一、二塁から打撃好調の伏見の右前適時打とマーティンの…

後で読む
東京スポーツ

DeNAが6日の中日戦(横浜)で3―0と完勝。今季2度目の同一カード3連勝で貯金を3とし、首位・巨人とのゲーム差を4に縮めた。  投打がかみ合った。まず2回に中井のソロで先制すると、神里が3回にソロ…

後で読む
東京スポーツ

巨人・原辰徳監督(62)が、6日の阪神戦(甲子園)で、増田大輝内野手(27)を投手として起用する〝奇策〟を披露し、野球ファンを仰天させた。  0―11と大量リードされた8回一死走者なしの場面。巨人ブ…

後で読む
スポーツニッポン

イタズラ被害を受けていた!?阪神・高橋遥人投手(24)が6日の巨人戦に先発し、7回3安打無失点の好投で今季初勝利を挙げた。ヒーローインタビューでは「ファンもっと!」プロジェクトの一環として「ファンから募集した質問に答える」というイベントが行われたが、そこで「打席の登場曲である鈴木雅之の違う、そうじゃないにした理由は何ですか」と聞かれた。

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトが一度は5点差を追いつかれながらも最後は広島を突き放して9―5で勝利。借金突入の危機を阻止して貯金1とし、今季初の4連敗(1分けを挟む)を止めた。広島は今季初の4連勝を逃して今季20敗目を喫し、借金5となった。

後で読む
スポーツニッポン

今季4勝目を目指して、ロッテ・岩下が先発したが、6回6安打3失点で3敗目を喫した。

後で読む
スポーツニッポン

立命館慶祥―札幌第一が日没コールドでの決着となった。

後で読む
スポーツニッポン

阪神は巨人から11点を奪って大勝。矢野監督は7回無失点と快投した高橋に「期待してましたけど、その期待通り素晴らしいピッチングでした」と賛辞を惜しまなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム5-3西武、6回戦、日本ハム4勝2敗、6日、札幌D)日本ハムが4位に浮上した。一回に中田の2点二塁打と大田の適時二塁打で3点を先制。四回に西川の適時打、七回には石井の適時打で加点した。河野が5回2失点で2勝目を挙げ、秋吉が9セーブ目。西武は打線がつながりを欠いた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球広島カープは6日、広島市にある本拠地のマツダスタジアムで平和への願いを込めた5色のライトを点灯した。

後で読む
サンケイスポーツ

中日は6日、DeNA9回戦(横浜)に0-3で敗戦。「8番・左翼」で出場した根尾昂内野手(20)は2打数無安打に終わった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス3-1ロッテ、9回戦、ロッテ7勝1敗1分、6日、京セラ)オリックスがロッテに今季9戦目で初勝利を挙げた。三回に吉田正の二ゴロの間に先制。五回には伏見の適時打に失策が絡んで2点を加えた。山崎福が6回3安打無失点で2勝目。ロッテは打線が振るわず、勝率5割に逆戻りした。

後で読む
サンケイスポーツ

中日は6日、DeNA9回戦(横浜)に0-3で敗戦。借金は両リーグ最多の9となった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(6日、甲子園球場) 試合中に7回無失点で降板した阪神の先発・高橋のテレビインタビューが行われた。オープン戦などでは見られるが、公式戦では異例。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神11-0巨人」(6日、甲子園球場) 阪神が連敗を2で止め、同一カード3連敗を阻止した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-巨人、7回戦、6日、甲子園)巨人・増田大輝内野手(26)が6日の阪神戦(甲子園)の八回1死でプロ初登板した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は6日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA3-0中日、9回戦、DeNA7勝2敗、6日、横浜)DeNAが完封リレーで、同一カード3連勝を飾った。先発の大貫は今季4勝目。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は巨人に11-0で勝利し、今季初の零封勝利。連敗を2で止めた。左肩のコンディション不良から復帰し今季初先発となった高橋が、7回3安打無失点の快投で今季初勝利をつかんだ。

後で読む
サンケイスポーツ

中日は6日、DeNA9回戦(横浜)に0-3で敗れた。

後で読む
スポーツ報知

DeNAの大貫晋一投手(26)が7回4安打無失点で自身4連勝となる今季4勝目を挙げた。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの先発・河野竜生投手(22)が西武打線を5回4安打2失点に封じた。栗山監督は5回98球のドラ1左腕から、2番手・玉井に継投した。

後で読む
スポーツ報知

中日から“貧打トンネル”の出口が一向に見えてこない。DeNA打線に2桁安打を浴びながらもしのいでいた投手陣とは対照的に、この日も打線が先発・大貫の前に完全に沈黙。7月24日の借金「8」以降は、約2週

後で読む
スポーツ報知

オリックスの山崎福也投手(27)が、6回3安打無失点の好投で救援陣につないだ。

後で読む
スポーツ報知

阪神は投打がかみ合い、3タテを阻止した。立役者は今季初登板初先発した高橋遥人投手(24)だ。7回3安打無失点で勝ち投手に。2回2死から圧巻の5者連続三振を奪い、5回1死一、三塁のピンチでは若林を低め

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(6日、甲子園) 巨人が大差のついた八回に、野手の増田大輝を登板させた。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球神奈川大会・2回戦、日大藤沢17-9慶応湘南藤沢」(6日、藤沢八部球場) 流血しながらハッスルした。今秋ドラフト候補の日大藤沢・牧原巧汰捕手(3年)が決勝ソロを含む3安打3打点。初回の守備で右翼からの本塁送球を顔面で受けて鼻血が出るアクシデントにも屈せず、初戦突破に貢献した。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは大貫が尻上がりに調子を上げて7回無失点で4勝目。打線は二回に中井の1号ソロで先制し、神里が三回にソロ、五回に適時打を放った。中日には今季2度目の3連戦3連勝。中日は4安打で封じられ、借金は今季最多の9。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスがロッテに今季9戦目で初勝利を挙げた。三回に吉田正の二ゴロの間に先制。五回には伏見の適時打に失策が絡んで2点を加えた。山崎福が6回3安打無失点で2勝目。ロッテは打線が振るわず、勝率5割に逆戻りした。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は今季初登板の高橋が7回を3安打無得点に抑えて白星。球に切れがあり、11三振を奪った。三回に近本が先制打を放ち、四回は植田の2点二塁打などで3得点。八回は代打中谷が満塁本塁打を放った。巨人は今季2度目の零敗。

後で読む
東京スポーツ

まさに「ウエルカムバック」だ。DeNA・神里が6日の中日戦(横浜)で今季初本塁打を放った。1点リードの3回、先頭の第2打席で松葉の投じた外角高めの直球をとらえて左中間スタンドへ運んだ。 「すごくうれ…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクは6日、デニス・サファテ投手(39)が手術歴のある右股関節の診察、治療のため7日に米国に一時帰国すると発表した。  通算234セーブを誇る右腕は、2018年4月に患部を手術。地道なリハビ…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの石川柊太投手(28)が6日、出場選手登録を抹消された。今季開幕ローテーション入りを果たした右腕は、ここまで無傷の4勝を挙げ、防御率2・39と安定した成績をマーク。1日の西武戦では、プロ…

後で読む
東京スポーツ

巨人の育成出身右腕・沼田翔平投手(20)が6日の阪神戦(甲子園)でプロデビュー登板を果たした。4回二死二塁で2番手としてマウンドに立った沼田は、陽川に中前適時打を浴びたものの、続く近本を左飛に打ち取…

後で読む
スポーツニッポン

巨人のクリストファー・クリソストモ・メルセデス投手(26)が、4回途中4失点で降板。「自分の投球ができなかった」と球団を通じてコメントした。

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトの5年目左腕・高橋奎二投手(23)が今季初対戦となる広島戦(神宮)に先発登板。3回までに大量5点の援護をもらうも本塁打3本を浴びて1点差に詰め寄られ、5回5安打4失点で降板した。

後で読む
スポーツニッポン

5月31日に育成から支配下登録された高卒2年目右腕の巨人・沼田翔平投手(20)が、プロ初登板を果たした。4日に1軍に初昇格していた。

後で読む
スポーツニッポン

楽天の松井裕樹投手(24)の1軍復帰戦は、5回8安打3失点という結果だった。6日のソフトバンク戦に先発。1―0の3回、柳田に適時打を浴びて同点に追いつかれると、4回にも2点を失った。

後で読む
スポーツニッポン

今季初の4連勝を狙う5位・広島が5点ビハインドを7回に追いついた。

後で読む
東京スポーツ

新型コロナウイルスの感染が急拡大している愛知県で緊急事態宣言が発令される中、J1名古屋は宣言期間中の主催試合を予定通り開催すると発表した。  愛知県では感染者数が6日までに10日連続で100人超えを…

後で読む
サンケイスポーツ

楽天・松井裕樹投手(24)が6日、ソフトバンク戦(楽天生命パーク)に先発し、5回8安打3三振3失点で降板した。

後で読む
サンケイスポーツ

広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=が6日、神宮球場で練習を行い、7日の阪神戦(マツダ)に備えキャッチボールなどで汗を流した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会は6日、東京都墨田区の両国国技館で理事会を開き、新型コロナウイルス禍の中で外出して会食した幕内阿炎(26)=本名堀切洸助、埼玉県出身、錣山部屋=に出場停止3場所と5カ月の報酬減額50%の処分を決めた。阿炎は処分を受け、現役を続ける。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・沼田翔平投手(20)が6日、阪神7回戦(甲子園)で、0-3の四回2死二塁でマウンドに上がり、1軍初登板を果たした。結果は中前適時打、左飛で0回1/3、11球無失点だった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(6日、甲子園球場) 阪神が今季の巨人戦7試合目で、初めて3点以上を奪った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(6日、甲子園球場) 今季初先発に挑む高橋遥人投手が、5回まで巨人打線を相手に無失点の投球。早くも自己最多を更新する11奪三振と、圧巻の投球でリードを守っている。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(6日、甲子園球場) 今季初先発に挑む高橋遥人投手が、7回まで3安打無失点と快投。自己最多を更新する11奪三振で4点のリードを持って降板し、今季初登板初先発で勝利投手の権利を手にした。

後で読む
サンケイスポーツ

Rマドリードとビリャレアルが、久保建英の期限付き移籍で合意に達したようだ。スペイン『アス』が伝えた。

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、リオネル・メッシが“3年か4年”後にクラブの選手として引退すると語った。

後で読む
サンケイスポーツ

サンプドリアに所属する日本代表DF吉田麻也が、2019-20シーズンを終えて思いを語っている。

後で読む
日刊スポーツ

就任半年を迎えた清水エスパルスの山室晋也社長(60)がこのほど取材に応じ、本拠地・IAIスタジアム日本平(アイスタ)の単独での指定管理者を目指す意向を明かした…

後で読む
サンケイスポーツ

名古屋グランパスは6日、愛知県に独自の緊急事態宣言が発出されたことを受けて、今後の主催試合について発表した。

後で読む
日刊スポーツ

J2のFC琉球は6日、MF茂木駿佑(23)が、新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと発表した。同クラブでは5日にDF知念哲也の陽性が判明したばかりで、2人…

後で読む
日刊スポーツ

J2徳島ヴォルティスは6日、MF藤原志龍(19)が、新型コロナウイルスの陽性反応を確認したと発表した。2日午前にチーム練習に参加し、その後、午後5時すぎに38…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神が足を絡めた攻撃と伏兵・植田の今季初打点で追加点を挙げた。

後で読む
スポーツ報知

先発のC・C・メルセデス投手(26)は4回途中まで投げ、4安打3四球3奪三振で3失点だった。3回に1点を先制され、4回1死から四球で走者を背負い、木浪、植田に連打を浴び、さらに2点を失った。2死二塁

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会は6日、東京・両国国技館で理事会を開き、コロナ禍の中、7月場所前後に接待を伴う「夜の店」に複数回通っていた幕内阿炎(26)=錣山=の懲戒処分に関し検討し、出場停止3場所および5カ月50%の報酬減額と決まった。問題が発覚した7月場所7日目(7月25日)から師匠の錣山親方(元関脇・寺尾)の判断で強制休場となり、8月1日に協会に引退届を提出していた。 協会は場所前に感染予防のためのガイドラインを作成し、7月場所を開催。阿炎は「不要不急の外出禁止」に違反した。阿炎とともに同店に行った幕下極芯道(錦戸)は出場停止2場所の懲戒処分となった。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの影響で、鹿児島県での年内開催を断念した国民体育大会(国体)に関連し、日本スポーツ協会の伊藤雅俊会長らは6日、佐賀県の山口祥義知事と会談した。伊藤氏は2023年大会内定の佐賀が24年への延期に応じる場合、同様に国体の「国民スポーツ大会」(国スポ)への名称変更も23年から1年遅らせることを確約した。山口氏はこれまで、佐賀での国スポ初開催を「譲れない一線だ」としてきた。 会談は佐賀県庁で開かれ、山口氏は「ほっとした。良い方向になるように、お互い努力させてほしい」と応じ、前向きに検討する考えを示した。

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会は6日、東京都墨田区の両国国技館で理事会を開き、新型コロナウイルス禍の中で外出して会食した幕内阿炎(26)=本名堀切洸助、埼玉県出身、錣山部屋=に出場停止3場所と5カ月の報酬減額50%の処分を決めた。 既に引退届が出されているが、再び問題を起こした場合に受理することやそれを了承する誓約書の提出、住居を錣山部屋に移すことを条件として、預かりのままとした。

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会は6日、東京・両国国技館で理事会を開き、コロナ禍の中、7月場所前後に接待を伴う「夜の店」に複数回通っていた幕内阿炎(26)=錣山=の懲戒処分に関し検討し、出場停止3場所および5カ月50パーセントの報酬減額と決まった。師匠の錣山親方(元関脇・寺尾)は、処分の決定後、電話取材に応じ、「寛大な処置を受けられました。感謝、ありがたいと思いました」と思いを語ると同時に、「気づかなかった自分が全部悪い」と自身を責めた。 問題が発覚した7月場所7日目(7月25日)から師匠の錣山親方の判断で強制休場となり、8月1日に協会に引退届を提出していた。引退届は今後、協会預かりとなる。今後、程度を問わず協会に迷惑をかける行為をした場合には預かっている引退届を受理すること、そのことを了承する旨の誓約書を提出すること、住居を錣山部屋に移し師匠の直接的な監督下に入ること、の3点を条件として引退届を未受理とした。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシング女子ミドル級で東京五輪出場を目指す津端ありさ(西埼玉中央病院)が6日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で練習した。看護師として多忙な生活を送る津端のために日本ボクシング連盟が特別に練習環境を用意した「特訓練習」。津端はオンライン取材で「本当にありがたい」と感謝した。 スパーリングやミット打ちなどで約2時間、汗を流した。「働きながら続けることに意味がある」と病院勤務との両立にこだわる津端は、来年に開催が見込まれる世界最終予選での出場権獲得へ「五輪に出場して、医療現場で働く人や患者さんの励みになれば」と意欲を示した。

後で読む
日刊スポーツ

ツインズのジョンソン投手コーチは、前田健太投手が今季2勝目を挙げた1日のインディアンス戦で苦手にしていた左打者を抑えた要因を「既に持っていた武器の使い方を少し…

後で読む
スポーツ報知

西武のメヒア外野手(34)が、今季12打席目で待望の1号を放った。

後で読む
スポーツ報知

阪神の高橋遥人投手(24)が5回を投げ終えた時点で、自己最多を更新する11三振をマークした。

後で読む
スポーツ報知

阪神打線が4回に難敵のメルセデスをKOした。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトの村上宗隆内野手(20)が、4回2死二塁で申告敬遠四球で出塁。6月25日の阪神戦(神宮)から35試合連続出塁を記録した。ヤクルトでは青木宣親の43試合(2010年)、ペタジーニの40試合(2

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトの青木宣親外野手(38)が、立ち上がりから連敗脱出を図るチームを勢いづけるプレーを連発した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(6日、甲子園球場) 巨人のメルセデス投手が先発し、3回2/3を4安打4失点で降板。7月23日・中日戦以来の3勝目はお預けとなった。

後で読む
デイリースポーツ

 女子ゴルフの渋野日向子が6日、2連覇が懸かる今季メジャー初戦のAIG全英女子オープン(20日開幕)など2試合の英国遠征から帰国せずに渡米し、10月11日終了の全米女子プロ選手権まで帰国しない計画を明らかにした。9月のANAインスピレーションを含めたメジャー3大会出場を優先させる。 7日の渡英を前にしたオンライン記者会見で公表した渋野は「目標は5大メジャー制覇。(新型コロナウイルスの影響で)今年は予選会がなくなり、優勝するしか米ツアーに行く手段がない。だったら挑戦しないと、という思いが強かった」と理由を語った。

後で読む
東京スポーツ

DeNA・中井が6日の中日戦(横浜)で今季初本塁打を放った。6試合ぶりの先発出場で2回、相手左腕・松葉の投じた外角高めの直球をとらえ、左中間スタンド中段へ先制弾を叩き込んだ。  昨年8月3日の巨人戦…

後で読む
東京スポーツ

連敗ストップを期す阪神で今季初先発の左腕・高橋遥人(25)が巨人相手に4回まで圧巻の奪三振ショーを展開した。  初回、同じ亜細亜大の同学年・北村を空振り三振に仕留めると、4回先頭まではパーフェクト投…

後で読む
スポーツ報知

 女子プロゴルフで日米通算5勝の渋野日向子(21)=サントリー=が6日、20日開幕の海外メジャー、AIG全英女子オープン(ロイヤルトルーンGC)などの出場に向けて、オンライン会見に臨んだ。日本人初の連

後で読む
スポーツニッポン

阪神が4回に追加点。8番・植田が今季初打点を記録した。

後で読む
スポーツニッポン

西武・メヒアがうれしい今季1号アーチを放った。

後で読む
スポーツニッポン

広島のクリス・ジョンソン投手(35)が今季初勝利をかけてヤクルト戦(神宮)で6度目の先発マウンドに上がったが、3回7安打5失点(自責4)で降板。またも今季初白星を手にすることはできなかった。

後で読む
スポーツニッポン

今季初の4連勝を狙う5位・広島が5点ビハインドから反撃を開始した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で3度の優勝を誇るローマは、クラブ所有権を米国のフリードキン・グループに5億9100万ユーロ(約740億円)で売却することで合意したと5日付で発表した。8月末までに全ての交渉を終了する見込みという。 ローマではかつて元日本代表MF中田英寿がプレーし、2000~01年に3度目のセリエA制覇に貢献した。(共同)

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会は6日、東京都墨田区の両国国技館で理事会を開き、新型コロナウイルス禍の中で外出して会食した幕内阿炎(26)=本名堀切洸助、埼玉県出身、錣山部屋=に出場停止3場所と5カ月の報酬減額50%の処分を決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で3度の優勝を誇るローマは、クラブ所有権を米国のフリードキン・グループに5億9100万ユーロ(約740億円)で売却することで合意したと5日付で発表した。8月末までに全ての交渉を終了する見込みという。

後で読む
サンケイスポーツ

西武のエルネスト・メヒア内野手(34)が6日、日本ハム6回戦(札幌ドーム)に「7番・DH」で先発出場。2点を追う四回に今季初安打となる1号ソロを放った。

後で読む
スポーツ報知

日本相撲協会は6日、理事会を開き、7月場所中に新型コロナ禍での不適切行動が明らかとなった元十両で幕下・極芯道について、2場所出場停止の処分とした。

後で読む
スポーツ報知

日本相撲協会は6日、理事会を開き、7月場所中に不適切行動が明らかとなった東前頭5枚目・阿炎(26)=錣山=について「出場停止3場所および5か月50%の報酬減額の懲戒処分」を決定。この日、本人に通達し

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(6日、甲子園球場) 今季初先発に挑む高橋遥人投手が、三回までパーフェクト投球。4者連続三振を含む7奪三振と、完璧な立ち上がりで巨人打線を封じている。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(6日、甲子園球場) 阪神が2番・近本のタイムリーで先制した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(6日、甲子園球場) 阪神が四回に植田の今季初タイムリーで2点を追加した。

後で読む
サンケイスポーツ

野球殿堂博物館(東京・文京区)は6日、今年殿堂入りした元慶大監督の前田祐吉、元早大監督の石井連蔵両氏(いずれも故人)の表彰式を、15日の東京六大学リーグ春季リーグ戦、慶大-早大(神宮)の試合前に行うと発表した。当日は両家の家族に、野球殿堂ホールに掲額されるレリーフのレプリカと花束の贈呈が行われる予定。

後で読む
サンケイスポーツ

2連敗中の阪神は三回、近本の中前適時打で5試合ぶりの先制点を挙げた。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・青木宣親外野手(38)が6日、広島8回戦(神宮)に「3番・左翼」で先発出場。一回1死二塁から、先制の中前適時打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・根尾昂内野手(20)が6日、DeNA9回戦(横浜)に「8番・左翼」で出場。三回にレーザービームを披露した。

後で読む
スポーツニッポン

日本相撲協会は6日、東京都墨田区の両国国技館で理事会を開き、7月場所前および場所中に「夜の店」に繰り返し通うなど不適切な行動を取った平幕・阿炎(錣山部屋)について、出場停止3場所処分および5カ月50%の報酬減額の懲戒処分と決定した。阿炎は結婚したばかりだが、今後は住居を錣山部屋に移し、当面は稽古および日常生活に支障のある場合を除き、外出禁止となった。

後で読む
スポーツニッポン

8月20日開幕のAIG全英女子オープン(英国・ロイヤルトルーンGC)で日本人史上初の海外メジャー連覇を目指す渋野日向子(21=サントリー)が出国を前にリモートでの会見を行った。

後で読む
スポーツ報知

阪神・青柳晃洋投手(26)が、7日の広島戦(マツダ)に先発する。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの中田翔内野手(31)が初回に左翼フェンス直撃の2点二塁打を放った。「4番・一塁」で先発。第1打席に放った10打席ぶりの安打で、先発のドラ1左腕・河野を援護した。

後で読む
スポーツ報知

勝てば7月23日以来、14日ぶりに単独首位に立つ楽天が、初回にたった2人で先取点を奪った。

後で読む
スポーツ報知

DeNAの中井大介内野手(30)が今季1号ソロを放った。

後で読む
スポーツ報知

DeNAの神里和毅外野手(26)が今季1号ソロを放った。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-広島」(6日、神宮球場) 4連敗中とチームが苦しいときこそ、頼りになるのが主将・青木の存在だった。守ってよし、打ってよしで際だつプレーを披露した。

後で読む
デイリースポーツ

7日のプロ野球の予告先発が6日、発表された。マツダスタジアムでの広島-阪神戦では、広島がルーキーの森下、阪神が今季5勝目を目指す青柳が先発する予定となっている。 楽天は3連敗中と結果が出ていない楽天の則本昂が先発する。対するソフトバンクは東浜。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム-西武」(6日、札幌ドーム) 日本ハムの中田翔内野手が先制の2点二塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは6日、通算234セーブを誇るサファテ投手が手術歴のある右股関節の診療、治療を米国で受けるため、7日に一時帰国すると発表した。2年ぶりの1軍復帰を目指す今季は家庭の事情で帰国した後、7月上旬にチームに再合流したが、その後は2軍での登板もなかった。 工藤監督は「手術をしてもらった先生のところに行って、もう一回見てもらうという話は聞いている」と説明し、診断次第では再手術の可能性もあるとの認識を示した。

後で読む
東京スポーツ

中日・梅津晃大投手(23)が6日、出場選手登録を抹消された。2日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)に先発し、プロ初の完投で10回を5安打無失点で投げ抜いていた。しかし、打線の援護に恵まれず0―0の引き分け…

後で読む
東京スポーツ

   日本ハムの斎藤佑樹投手が6日、イースタン・リーグのヤクルト戦(鎌ヶ谷スタジアム)で延長10回から救援登板し、1回1失点だった。  前日のヤクルト戦で二軍戦ながら今季初勝利を飾った斎藤。…

後で読む
東京スポーツ

鯉の正捕手がスタメンマスクに復帰した。広島の会沢翼捕手(32)が6日のヤクルト戦(神宮)に「6番・捕手」で先発出場。7月31日の巨人戦(東京ドーム)で頭部死球を受けた会沢は8月1日の試合から前日5日…

後で読む
スポーツニッポン

元プロ野球捕手の智弁和歌山・中谷仁監督の采配が光った。1点を追う2回無死一塁。7番・角井翔一朗左翼手(2年)、8番・中西聖輝投手(2年)に強攻策を命じ、連打で同点。9番の石平創士捕手(2年)には、イケイケから一転して犠打で1死二、三塁とし、続く1番・細川凌平遊撃手(3年)の左翼フェンス直撃となる勝ち越し2点二塁打を引き出した。今秋のドラフト候補の細川は、巨人、広島、中日、阪神、DeNA、日本ハ…

後で読む
スポーツニッポン

巨人は、7月31日広島戦で好救援を見せ、初勝利を挙げた大江竜聖投手(21)の記念グッズを、6日正午から球団公式通販サイト「ジャイアンツオンラインストア」で販売開始した。

後で読む
スポーツニッポン

巨人戦3連敗阻止に燃える矢野阪神が、3回に先制した。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAの中井大介内野手が先制ソロを放った。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏の第102回全国高校野球選手権大会とその出場権を懸けた地方大会が全て中止になったことを受け、都道府県高野連が独自に開催する代替大会は6日、新潟、奈良、和歌山で決勝が行われた。

後で読む
東京スポーツ

サッカーJ2で6日、新型コロナウイルス感染者が相次いだ。琉球は4日に選手、スタッフ37人を対象に実施したPCR検査結果を発表し、MF茂木駿佑(23)に陽性反応が出たことを明らかにした。他の36人につ…

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ、マーリンズで、2014年のソチ冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック男子5000メートルリレーで米国の一員として銀メダルを獲得したエディ・アルバレス内野手(30)が5日、ボルティモアでのオリオールズ戦でメジャーデビューを果たした。「8番・二塁」で出場し、3打数無安打だった。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトのドラフト2位・吉田大喜投手(23)=日体大=が6日、神宮外苑でキャッチボールなどを行い、先発する7日のDeNA戦(神宮)に向けて調整した。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球奈良大会・決勝、天理6-4奈良大付」(6日、佐藤薬品スタジアム) 昨秋近畿王者の天理が奈良大付を6-4で下し、優勝を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(6日、甲子園球場) 巨人の岡本和真内野手が好守備でメルセデスを救った。

後で読む
東京スポーツ

日本相撲協会は6日、東京・両国国技館で理事会を開き、幕内阿炎(26=錣山)の処分について協議。「出場停止3場所」および「報酬減額50%、5か月」の懲戒処分とした。相撲協会の定款では懲戒は重い順に「懲…

後で読む
東京スポーツ

日本相撲協会は6日、東京・両国国技館で理事会を開き、田子ノ浦親方(44=元幕内隆の鶴)の処分について協議。「けん責」の懲戒処分とした。相撲協会の定款では懲戒は重い順に「懲戒解雇」「引退(退職)勧告」…

後で読む
デイリースポーツ

みちのくプロレス神戸大会「神戸市垂水区出身のはしたろう凱旋大会SP2020」が、9月6日に神戸サンボーホールで開催される。のはしたろう(37)にとっては、5年連続7回目となる凱旋大会。メーンイベントでザ・グレート・サスケ、新崎人生、ディック東郷と組み、デビュー当時に所属した闘龍門で縁があるドラゴンゲート勢との8人タッグマッチに挑む。 生まれ育った街で、プロレスラーとしての「原点」といえる男たちと相まみえる。闘龍門時代の先輩である望月成晃、ドン・フジイにGamma、同じ日にデビューしたKAGETORA。今年1月の闘龍門同窓会興行(後楽園ホール)で再会した際に、「やってみたい」と心が躍った面々だ。「1月があったから実現するカード。今年でなければできない」と意気込む。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのJ2琉球は6日、MF茂木駿佑選手(23)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応が出たと発表した。琉球ではDF知念哲矢選手(22)の感染を受けて選手、スタッフ37人が4日に受検。他の36人は陰性で、チームは休止していた練習を6日から再開した。

後で読む
サンケイスポーツ

西武は6日、日本ハム6回戦(札幌ドーム)を戦う。スタメンは以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーJ2の徳島は6日、ミッドフィールダー藤原志龍選手(19)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。クラブによると、2日に発熱を訴えた。3日にクラブ独自のPCR検査を受け、5日に陽性と判定された。症状は安定しており、自宅で経過観察をしているという。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は6日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

中日は6日、上肢のコンディショニング不良を理由に梅津晃大投手(23)の登録を抹消した。全治などは明らかになっていない。

後で読む
日刊スポーツ

ブラジルから再来日して4日から現場復帰した鹿島アントラーズのテクニカルディレクターのジーコ氏が、53歳でルヴァン杯に先発出場した横浜FC・FWカズの偉業をたた…

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球の和歌山代替大会決勝が6日、紀三井寺公園野球場で行われ、智弁和歌山が10-1で初芝橋本を下した。「夏の公式戦優勝」は4年連続25度目となった。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクは6日、通算234セーブを誇るサファテ投手が手術歴のある右股関節の診療、治療を米国で受けるため、7日に一時帰国すると発表した。2年ぶりの1軍復帰を目指す今季は家庭の事情で帰国した後、7月上旬にチームに再合流したが、その後は2軍での登板もなかった。

後で読む
スポーツニッポン

日本相撲協会は6日、東京都墨田区の両国国技館で理事会を開き、7月場所前および場所中に「夜の店」に繰り返し通うなど不適切な行動を取った平幕・阿炎(錣山部屋)について、出場停止3場所処分および5カ月50%の報酬減額の懲戒処分と決定した。阿炎は結婚したばかりだが、今後は住居を錣山部屋に移し、当面は稽古および日常生活に支障のある場合を除き、外出禁止となった。

後で読む
スポーツ報知

【巨人スタメン】

後で読む
デイリースポーツ

競輪を統括するJKAは6日、競輪選手1人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。 当該選手は4日に感染が判明した選手の濃厚接触者で、5日にPCR検査を受け、陽性と判定された。現在は無症状だが入院中。感染者との接触を認定された日から1週間前までを含めて競輪には参加していない。

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会は6日、東京都墨田区の両国国技館で理事会を開き、新型コロナウイルス禍の中で外出して会食した幕内阿炎(26)=本名堀切洸助、埼玉県出身、錣山部屋=に出場停止3場所と報酬減額の処分を決めた。既に出されていた引退届は預かりとし、受理しないままとした。 元小結の阿炎はコロナ対策のガイドラインに反し、大相撲7月場所の前と場所中に「夜の店」とされる接待を伴う飲食店で会食したことが発覚。当初の説明より多い頻度で店を訪れていたことが判明した。同席した違う部屋の幕下以下の力士に口止めもした。

後で読む
デイリースポーツ

高校野球の今夏の甲子園大会、地方大会の中止を受けて都道府県高野連が独自に開催する代替試合は6日、各地で行われ、和歌山の決勝は、8月の甲子園での交流試合に出場する智弁和歌山が初芝橋本に10-1で快勝して優勝した。 奈良の決勝は、甲子園交流試合に出場する天理が奈良大付に6-4で競り勝った。新潟では、中越が日本文理を9-3で破って頂点に立った。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのJ2琉球は6日、MF茂木駿佑選手(23)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応が出たと発表した。琉球ではDF知念哲矢選手(22)の感染を受けて選手、スタッフ37人が4日に受検。他の36人は陰性で、チームは休止していた練習を6日から再開した。 茂木選手は1日の岡山戦ではベンチに入らなかった。5日夜に発熱、頭痛の症状があり、自宅で静養している。茂木選手の他に選手1人が知念選手の濃厚接触者とされており、陰性判定を受けたが自宅で健康観察を継続する。茂木選手の濃厚接触者は知念選手のみと判断された。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪の大会組織委員会などは6日、マラソン・競歩会場の札幌市で、競技日と同じ曜日、時間帯にコース上の気象や人の往来などを調べる「実地検証」を始めた。9日まで。救護ステーションや給水ポイントの配置など運営計画に生かす。 小雨が降る午後3時ごろ、大通公園に集まった組織委や道、市などの関係者に対し、組織委の森泰夫大会運営局次長が「付近に迷惑がかからないよう、細心の注意を払ってほしい」と呼び掛けた。その後、風速計や棒状の尺を手に持った職員らが気象や木の高さなどを確認した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーJ2の徳島は6日、ミッドフィールダー藤原志龍選手(19)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。クラブによると、2日に発熱を訴えた。3日にクラブ独自のPCR検査を受け、5日に陽性と判定された。症状は安定しており、自宅で経過観察をしているという。 クラブ内の濃厚接触者は2人。6日、選手やチーム関係者50人のPCR検査を実施した。8日の鳴門ポカリスエットスタジアムでの長崎戦は、実施する予定で準備を進めている。

後で読む
日刊スポーツ

カブスのダルビッシュ有投手(33)が5日(日本時間6日)、敵地ロイヤルズ戦に先発し、7回5安打1失点1四球4奪三振と好投し、今季2勝目(1敗)を挙げた。3回に…

後で読む
日刊スポーツ

エンゼルス大谷翔平投手(26)が二刀流継続へ変わらぬ思いを示した。5日(日本時間6日)、オンラインで「可能性があればやりたい」と心境を語った。2日(同3日)の…

後で読む
スポーツ報知

【ソフトバンクスタメン】

後で読む
スポーツ報知

【ロッテスタメン】

後で読む
スポーツ報知

【中日スタメン】

後で読む
スポーツ報知

【広島スタメン】

後で読む
スポーツ報知

7日の巨人戦(ナゴヤD)に先発する大野雄大投手(31)が好調の4番・岡本和真内野手(24)を警戒した。

後で読む
スポーツニッポン

J1鹿島のジーコ・テクニカルディレクターが6日、オンライン取材に応じ、選手に闘争心あふれるプレーをすることを求めた。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)に向けて東京・お台場海浜公園の海上に設置されていた五輪シンボルが6日午前、撤去された。五輪ムードを盛り上げるために、開幕まで半年の1月…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの工藤監督が6日の楽天戦(楽天生命パーク)で〝奇襲オーダー〟で勝負に出た。  この日の打順は1番・松田宣、2番・バレンティンという異例のもの。平石打撃兼野手総合コーチは「2人とも本調子で…

後で読む
東京スポーツ

阪神・藤浪晋太郎投手への〝失礼動画〟を流出させてしまった巨人が6日、球団公式ツイッターに謝罪文を掲載した。  発端となったのは5日の甲子園球場での試合前。円陣で声出し役を務めた北村拓己内野手が「相手…

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
スポーツニッポン

大森学園の決勝進出はならなかった。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAの上茶谷大河投手が7日のヤクルト戦(神宮)で今季初勝利を目指す。

後で読む
スポーツニッポン

傷を負ったその目で、スタンドに入る瞬間を見届けた。智弁和歌山の2番・綾原創太二塁手(3年)が5回2死一、二塁から左翼へ3ラン。代わったばかりの初芝橋本の右腕・大西慧尚投手(2年)のチェンジアップを引っ張り、10―1と大きく突き放した。守っては、4、7回に難しい打球を軽快にさばいた。攻守で優勝を支えた。

後で読む
スポーツニッポン

関東第一が大森学園を下し、決勝に進出した。

後で読む
デイリースポーツ

J1川崎の大島が6日、オンラインで取材に応じ、静岡学園高の先輩に当たる横浜FCの三浦が53歳5カ月10日の史上最年長で5日のYBCルヴァン・カップに出場したことに「体を投げ出してヘディングシュートがあった。ああいうプレーはサポーターの皆さんに与えるものも大きい。そういう姿を僕も見せられるようになりたい」と刺激を受けた様子だった。 大島自身はリーグ戦とルヴァン杯で公式戦2試合連続ゴールと好調。これまではパサーの印象が強かったが「なるべく打つ選択を取ろうと心掛けている。気持ちの持ち方は今までとちょっと違う」と内面の変化を口にした。

後で読む
サンケイスポーツ

競輪を統括するJKAは6日、競輪選手1人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは7日の予告先発投手を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

J1川崎の大島が6日、オンラインで取材に応じ、静岡学園高の先輩に当たる横浜FCの三浦が53歳5カ月10日の史上最年長で5日のYBCルヴァン・カップに出場したことに「体を投げ出してヘディングシュートがあった。ああいうプレーはサポーターの皆さんに与えるものも大きい。そういう姿を僕も見せられるようになりたい」と刺激を受けた様子だった。

後で読む
スポーツ報知

東京五輪のオリンピックシンボルは6日、安全点検のため、東京・台場から2そうの船に引かれて離れた。シンボルが製作された神奈川県横浜市鶴見区の工場で、4か月間のメンテナンスを行う。

後で読む
スポーツ報知

日本陸連は6日、セイコーゴールデングランプリ(23日、国立競技場)に参戦するフィールド種目の選手を発表した。

後で読む
スポーツ報知

日本相撲協会は6日、理事会を開き、7月場所中に新型コロナ禍での不適切行動が明らかになった東前頭5枚目・阿炎(26)=錣山=について、3場所出場停止と5か月の減俸50%の処分とした。阿炎は7月場所7日

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は6日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・大野雄大投手(31)が7日の巨人7回戦(ナゴヤドーム)で先発する。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・藤浪晋太郎投手(26)は6日、試合前練習でキャッチボールやジョギングなどクールダウンのメニューを消化し、バント練習で汗を流した。 前日5日・巨人戦(甲子園)は今季最長8回4安打4失点(自責1)。最速157キロの直球にスプリットなどを交えて、今季初の中5日登板で113球を投げた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(6日、甲子園球場) 今季初の9連戦を、連敗でスタートした阪神。試合前に野手が集まり、青空の下で緊急ミーティングを開いた。同一カード3連戦3連敗だけは阻止したい一戦。高橋が今季初先発に臨む。

後で読む
サンケイスポーツ

北米プロアイスホッケーNHLのプレーオフ予選は5日、カナダのトロントとエドモントンで東西カンファレンスの1~4位による上位シード決定リーグ2試合が行われ、東はライトニングがブルーインズに3-2で勝ち、西はアバランチが4-0でスターズに快勝してともに2戦2勝とした。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽楽天 松井裕樹投手、池田駿投手 ▽日本ハム 河野竜生投手 ▽オリックス 小林慶祐投手、沢田圭佑投手 【同抹消】 ▽ソフトバンク 石川柊太投手 ▽楽天 近藤弘樹投手、辛島航投手 ▽日本ハム 吉田侑樹投手 ▽オリックス 左沢優投手、鈴木優投手、大城滉二内野手

後で読む
サンケイスポーツ

米プロバスケットボールNBAの理事会は5日、黒人コミュニティーの経済力を高めるために選手会と協力して基金を立ち上げ、各球団のオーナーが今後10年間にわたって計3億ドル(約318億円)を寄付すると発表した。高校生や大学生への支援やキャリア形成などに使われる。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽阪神 高橋遥人投手 【同抹消】 ▽中日 梅津晃大投手

後で読む
サンケイスポーツ

中日が7日以降にナゴヤドームで予定している主催試合を通常通り開催することが6日、分かった。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人は6日、イースタン・リーグ、DeNA戦(横須賀、平塚)の遠征参加選手を発表し、7月6日に左脇腹肉離れで出場選手登録を外れていたルビー・デラロサ投手(31)がメンバー入りした。実戦復帰すれば約1カ月ぶりとなる。

後で読む
デイリースポーツ

世の中の評価はすべからく相対的につけられる。「彼よりも上か下か」。それはビジネスもスポーツも同様だ。「ナンバーワンでなくオンリーワン」という言葉は絶対的な価値の重要性を訴えるものだが、これを殊更に主張しないといけないという事実が「絶対評価よりも相対評価」という現実を証明している。 昨年、日本代表に選出されたボランチ・松本泰志は、今季も決して状態は悪くない。しかし、ここまで青山敏弘と川辺駿の2人が絶好調。攻守にわたって高質なプレーを見せて他者の追随を許さない。さらに今季からボランチに転向した野津田岳人が左足の破壊力を表現し始めたことで「ゲームの流れを変える戦力」として重用されている。松本泰だけでなく経験と技術に長けた柴崎晃誠すらメンバーに入れない。競争は本当に厳しい。

後で読む
デイリースポーツ

J2徳島は、所属するMF藤原志龍(19)に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを発表した。 藤原は先月31日にJリーグの行うPCR検査を受けた際には陰性だったが、2日に38度の発熱などの体調不良を訴えたことから、3日に保健所の指導の下、クラブ独自のPCR検査を実施。陽性反応が確認された。

後で読む
スポーツ報知

◆セ・リーグ

後で読む
スポーツ報知

7日のソフトバンク戦で先発予定の楽天・則本昂大投手(29)が6日、キャッチボールやランニングを行って最終調整した。

後で読む
スポーツ報知

7日のロッテ戦(京セラドーム)に先発する榊原翼投手(21)が、ロッテ打線封じを誓った。6日は京セラドームで最終調整。チームは前日5日の同カードで敗れ、開幕から1分けを挟み、このカードでは阪急時代の1

後で読む
スポーツ報知

中日の加藤宏幸球団代表(61)は6日、横浜市内で代表取材に応じ7日からの巨人戦(ナゴヤドーム)を予定通り開催すると明かした。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は高橋遥人投手を出場選手登録。巨人戦に今季初登板初先発する。昨季は巨人戦4試合に登板。1勝2敗だったが、防御率は2・73だった。 楽天はソフトバンク戦に先発する松井を登録。先発転向した今季は2試合に登板、0勝0敗、防御率5・19の成績。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は6日、「WITH FANSプロジェクト」の一環として、8月12日(水)・13日(木)のヤクルト戦、14日(金)~16日(日)の中日戦の入場者に、東京ドームのスタンドアートに使用した「WITH FANSパネル」や「ハリセン応援ボード」をプレゼントすると発表した。 「WITH FANSパネル」は、無観客で行われた6月19日から8月2日までの試合で、「WITH FANS」の文字を描くために外野席に置かれたもの。また、「ハリセン応援ボード」は、今シーズン初めて東京ドームにファンを迎えた7月28日・29日の試合で、「THANKS FANS」「WELCOME HOME」の文字を描くのに用いられたもので、裏面には原辰徳監督のスペシャルメッセージが掲載され、打ち鳴らして応援グッズとして使用することができる。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球愛媛大会・準々決勝、松山聖陵10-1今治西」(6日、西条) 今大会初登板となった松山聖陵のエース右腕・平安山陽(へんざん・よう)投手(3年)が、毎回の12奪三振、7回1失点の好投で4強進出に貢献した。

後で読む
スポーツニッポン

サッカーJ2の徳島ヴォルティスは6日、MF藤原志龍(19)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。2日に発熱を伴う体調不良を訴え、3日に保健所の指導のもとクラブ独自のPCR検査を受けたところ陽性反応が確認された。

後で読む
東京スポーツ

夏季千葉県高校野球大会が6日に行われ、地区トーナメント第2地区3回戦で、習志野が船橋東に4―2で勝った。  習志野の〝試合巧者〟らしさをうかがわせるプレーが飛び出したのが、同校2点リードで迎えた終盤…

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
スポーツニッポン

阪神の青柳晃洋投手(26)があす7日の広島戦(マツダスタジアム)での先発へ向けてリリーフの負担を減らす快投を誓った。

後で読む
スポーツニッポン

西武・木村が「メットライフ生命presentsライオンズ6月ベストプレー賞」に選ばれ、賞金50万円をゲットした。

後で読む
スポーツニッポン

愛知県が6日から24日を対象として独自に緊急事態宣言を出したことを受け、中日の加藤宏幸球団代表は7日からの巨人戦(ナゴヤドーム)を通常通り開催することを明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

日本陸連は6日、セイコー・ゴールデングランプリ(23日、国立競技場)のフィールド種目出場予定選手を発表し、男子走り幅跳びで2019年世界選手権8位の橋岡優輝(日大)や同走り高跳び日本記録保持者の戸辺直人(JAL)らが名を連ねた。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・藤浪晋太郎投手(26)は6日、試合前練習でキャッチボールやジョギングなどクールダウンのメニューを消化し、バント練習で汗を流した。 前日5日・巨人戦(甲子園)は今季最長8回4安打4失点(自責1)。最速157キロの直球にスプリットなどを交えて、今季初の中5日登板で113球を投げた。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・青柳晃洋投手(26)は6日、先発予定の7日・広島戦(マツダ)に向けて、キャッチボールやショートダッシュなどで汗を流した。 今季はここまで6試合に先発し、4勝1敗、防御率2・23。抜群の安定感を誇る右腕は「9連戦中ですし、先発として長いイニングを投げきって、中継ぎ陣にも負担をかけないよう、しっかり準備して自分のピッチングができるよう頑張ります」と意気込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

J1鹿島のジーコ・テクニカルディレクター(TD)が6日、オンライン取材に応じ、リーグ12位、YBCルヴァン・カップ1次リーグ敗退と苦しむチームに奮起を求めた。「攻撃的だろうと守備的だろうと、闘争心を出さなければ何も成し遂げられないと選手たちに話した」と明かした。

後で読む
日刊スポーツ

鹿島アントラーズのジーコ・テクニカルディレクター(67)が6日、練習後のオンライン取材に応じた。2月のJリーグ中断後、定期通院のため母国ブラジルに帰国していた…

後で読む
日刊スポーツ

関東大学サッカー連盟は6日、1部リーグ所属の立正大、2部リーグ所属の神奈川大に新型コロナウイルス感染症の陽性疑いのある選手がいるとして、2大学の絡む試合を延期…

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレのMF大島僚太(27)が、静岡学園高の先輩でもある横浜FCのFWカズ(三浦知良)にあらためて敬意を表した。6日の練習後、オンライン上で対応。5…

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球の東東京代替大会準決勝が6日、東京・大田スタジアムで行われ、第2試合で関東一が大森学園を7-1で下して決勝に進出した。

後で読む
スポーツニッポン

18年平昌五輪カーリング女子銅メダルのロコ・ソラーレが6日、北海道稚内市で行われている強化指定チームを対象とした合同強化合宿で北海道銀行と練習試合を行い、8―4で快勝した。

後で読む
スポーツ報知

巨人の育成選手、山川和大投手(25)が1点リードの8回2死一、二塁から登板。和田を右飛に抑えて1/3無失点と仕事を果たし、チームの勝利に貢献した。

後で読む
デイリースポーツ

新日本プロレスの棚橋弘至(43)が5日深夜、自身のブログを更新。新型コロナウイルスの検査結果が陰性だったことを報告し、感染した人に対する誹謗中傷や差別、いじめなどの「コロナ差別」が社会問題化する中で、「コロナを憎んで人を憎まず」と呼びかけた。 棚橋は1日のTBS系「炎の体育会TV」に出演。共演した「三代目 J SOUL BROTHERS」のELLY(32)の感染の発表を受け、検査を実施していた。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーJ1鹿島のジーコ・テクニカルディレクター(TD)が6日、オンラインでの取材に応じた。現状の鹿島について言及した。 今季の鹿島はザーゴ新監督のもと、新たなスタイル構築を模索。全公式戦で2勝8敗1分けと苦杯をなめている状況だ。ジーコTDは、スタイルだけではなく選手やスタッフを大幅に入れ替えて臨んでいることを踏まえ「時間がかかるのはやむを得ない」と理解を示す。その一方で「選手に言ったのは、攻撃的であっても守備的であっても、まずは戦うところを出さないと、サッカーでは何も成し遂げられない」と闘争心に火を付けたという。

後で読む
日刊スポーツ

カブス・ダルビッシュ有投手が、投手としては今季絶望となったエンゼルス大谷への思いを語った。自らも15年にトミー・ジョン手術を受け、復帰までの過程で原因不明の激…

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球愛媛大会・準々決勝、松山聖陵10-1今治西(7回コールド)」(6日、西条) 金属バットがポッキリと折れた。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球和歌山大会・決勝、智弁和歌山10ー1初芝橋本」(6日、紀三井寺公園野球場) 智弁和歌山が大勝で「夏の公式戦」では4年連続25度目となる優勝を果たした。九回には今秋ドラフト候補の小林樹斗投手(3年)が、自己最速を1キロ更新する152キロを記録して3者連続三振で締めくくる圧巻のフィニッシュとなった。

後で読む
スポーツニッポン

J1清水は6日、今月8日のリーグ札幌戦と同19日の同横浜戦でタイ向けのプロモーションを実施すると発表した。背面の選手名がタイ語表記のユニホームを清水の全選手が着用。遠隔応援システム「リモートチアラー」を使用したタイ国内からのリモート応援や、場内看板でタイ語によるクラブPRを行う。

後で読む
サンケイスポーツ

インテルミラノのジュゼッペ・マロッタCEOは、6日にアレクシス・サンチェスの完全移籍を発表すると明言した。

後で読む
スポーツニッポン

東京の午後2時半現在の気温は32度。風もあまり吹かない神宮球場。ヤクルト・杉村コーチが普段している首にかける小型扇風機を、高津監督と山田哲が手に取り、トス打撃をする山田哲が首にかけて2度3度と素振り。ちょっと無理のあるような気も…。

後で読む
スポーツニッポン

8月の甲子園交流試合に出場する天理が決勝で奈良大付に競り勝ち、奈良の独自大会を制した。

後で読む
デイリースポーツ

スペイン1部リーグ、レアル・マドリードの日本代表MF久保建英がビジャレアルへのレンタル移籍で基本合意に達し、6日にも正式発表される見通しだという。同日までにスペインのスポーツ紙アスが伝えている。 同紙によると、レンタル期間は1年で買い取りオプションはなし。これは来季中に外国人枠のひとつが空き、翌シーズンには久保を取り戻したいレアル・マドリードの意向と合致する。また、ビジャレアルが来季ヨーロッパリーグに出場すること、さらにウナイ・エメリ新監督が久保の加入を熱望していることも決め手になったという。5日の段階で両クラブと久保自身による3者の交渉は合意に達しており、あとは細部調整が残る状況だとされる。

後で読む
デイリースポーツ

J1鹿島のジーコ・テクニカルディレクター(TD)が6日、オンライン取材に応じ、リーグ12位、YBCルヴァン・カップ1次リーグ敗退と苦しむチームに奮起を求めた。「攻撃的だろうと守備的だろうと、闘争心を出さなければ何も成し遂げられないと選手たちに話した」と明かした。 新型コロナの影響で母国ブラジルでの生活が続いたが、7月20日に来日し、待機生活を経て今月4日にチームへ合流した。41歳3カ月12日のJ1最年長得点記録を持つ名手は、記録更新の可能性がある53歳のFW三浦(横浜FC)にも触れ「記録は破るためにある。彼は真のプロフェッショナル」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球の奈良代替大会決勝が6日、佐藤薬品スタジアムで行われ、昨秋近畿王者の天理が6-4で奈良大付を下し優勝した。天理は11日に甲子園交流試合で広島新庄と対戦する。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(6日、甲子園球場) 連敗中の阪神が全体練習開始前に、右翼の守備位置付近に円陣を組み、青空の下で緊急ミーティングを開いた。

後で読む
サンケイスポーツ

J2福岡は6日、ユース所属のDF森山公弥(18)が来季からトップチームに昇格すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天が6日、楽天生命パークで使用された内野座席64脚を、仙台駅東まちづくり協議会に寄贈したと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神が6日、巨人戦(甲子園)の試合前練習開始前に青空ミーティングを行った。炎天下の中、野手陣が甲子園の外野芝生に集まった。

後で読む
スポーツ報知

オリックスは6日、ほっともっと神戸で開催を予定していた9月3日のソフトバンク戦、同18日の西武戦の開催球場を京セラドームに変更することを発表した。移動に伴う新型コロナウイルスの感染リスクを軽減させる

後で読む
スポーツニッポン

現役時代にV9巨人のエースとして通算203勝をマークし、巨人監督も務めた野球解説者の堀内恒夫さん(72)が5日、自身のブログを更新。同日の阪神―巨人戦(甲子園)で投げ合った先発投手2人に言及した。

後で読む
スポーツニッポン

レッズの秋山翔吾外野手(32)は5日(日本時間6日)、インディアンス戦に「1番左翼」で出場。3年連続2桁勝利の相手先発・クレビンジャーの直球を初球から果敢に狙った。3回に95マイル(約153キロ)直球を芯で捉えると、打球は左翼手の頭上を越える二塁打となった。1死二、三塁の先制機を作ったが得点にはつながらなかった。

後で読む
スポーツニッポン

中越が昨夏甲子園出場の日本文理を9―3で破り、夏は2年ぶりの優勝を果たした。

後で読む
サンケイスポーツ

4日にバレンシアからマンチェスターCに移籍したU-21スペイン代表FWフェラン・トーレスが、バレンシアのラジオ番組で、自身とチームメイトであった韓国代表MFイ・ガンインが受けた苦難について吐露した。

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフのメジャー初戦、全米プロ選手権は6日、サンフランシスコのTPCハーディングパークで開幕。5年ぶりのメジャー出場となる28歳の石川遼は1番から第1ラウンドに臨む。

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフのメジャー初戦、全米プロ選手権は6日、サンフランシスコのTPCハーディングパークで開幕。ケプカは上り調子でメジャー3連覇の偉業に挑む。

後で読む
東京スポーツ

2016年リオ五輪レスリング女子48キロ級金メダルの登坂絵莉(26=東新住建)が元レスリンググレコローマン全日本王者で総合格闘家の倉本一真(33)と入籍したと発表し、大きな注目を集めている。静かに愛…

後で読む
東京スポーツ

卓球Tリーグの星野一朗理事長(65)が9月14日に開催する「2020 JAPAN オールスター」に向けて意気込んでいる。  ドリームマッチの実現へ先月14日にスタートしたクラウドファンディングは開始…

後で読む
日刊スポーツ

5日のルヴァン杯・サガン鳥栖戦で先発し、53歳5カ月10日の同大会の最年長出場記録を更新した横浜FCFWカズ(三浦知良、53)が6日、遠征先から帰京した。1月…

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手(33)が5日(日本時間6日)、ロイヤルズ戦の登板後、右前腕を痛め、今季は投手として登板できなくなったエンゼルスの大谷翔平投手(26)にも言及した。自身も2015年3月にトミー・ジョン手術を受け、その後も故障に苦しんだ経験がある。

後で読む
サンケイスポーツ

パ・リーグは6日、ほっともっとフィールド神戸で行われる予定だった9月3日のオリックス-ソフトバンクと同18日のオリックス-西武の開催地を、ともに京セラドーム大阪に変更すると発表した。

後で読む
東京スポーツ

ノアのGHCヘビー級王者・潮﨑豪(38)が、40代で絶対王者時代を築く。旗揚げ20周年記念日興行(5日、後楽園)では団体の象徴である丸藤正道(40)の挑戦を退け、V3に成功。今後は三沢光晴さん(享年…

後で読む
東京スポーツ

ドラゴンゲートの新オープン・ザ・ドリームゲート王者、Eita(28)が団体の象徴を狙う。「KING OF GATE(KOG)」覇者として2日の和歌山大会では土井成樹(39)を破り、同王座を初戴冠。史…

後で読む
スポーツ報知

巨人の石川慎吾外野手(27)が「3番・右翼」で出場した。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲7月場所で2015年夏場所以来、30場所ぶり2度目の優勝を飾った元大関で平幕の照ノ富士関(28)=本名ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が6日、母校の鳥取城北高(鳥取市)を表敬訪問し、石浦外喜義校長(59)らに優勝を報告した。喜びを共有し「鳥取は日本の故郷。懐かしく思う」とかみしめた。 モンゴルから鳥取城北高に10年に相撲留学し、インターハイでの団体優勝に導くなど活躍。角界入り後は大関に上り詰めたが、両膝の負傷や内臓疾患で序二段まで転落。それでも諦めず土俵に上がり続け、再入幕した7月場所での優勝劇に母校は喜びに沸いた。

後で読む
デイリースポーツ

【ジュネーブ共同】世界反ドーピング機関(WADA)は5日、組織的な不正で東京五輪・パラリンピックなど主要国際大会から4年間除外の処分を受けたロシアに、改革を主導する同国反ドーピング機関(RUSADA)のガヌス代表を解任する動きがあるとして「強い懸念」を表明した。独立性を欠く処遇には、追加措置で応じる可能性があると警告した。 WADAの声明は、RUSADA監督委員会によるロシア・オリンピック委員会(ROC)などへの解任勧告を受けたもの。ロイター通信によると、ROCはガヌス氏による不正経理の疑いを追及しているが、本人は否認した。

後で読む
日刊スポーツ

ブルージェイズ山口俊投手は敵地でのブレーブス戦で出番がなかった。チームは2-1で競り勝った。先発左腕、柳賢振が5回無失点で移籍後初勝利を挙げた。元日本ハムのバ…

後で読む
日刊スポーツ

カブスのダルビッシュ有投手(33)が、7回5安打1失点1四球4奪三振と好投し、今季2勝目(1敗)を挙げた。1回は3者凡退と順調に滑り出した。2回1死一、二塁の…

後で読む
日刊スポーツ

レッズ秋山翔吾外野手は1番左翼で出場し、3打数1安打。8回に代打を送られて退いた。打率は2割1分2厘。チームは0-2で敗れた。レイズ筒香嘉智外野手は出場機会が…

後で読む
デイリースポーツ

オリックスは6日、9月3日のソフトバンク戦と18日の西武戦の試合会場をほっともっとフィールド神戸から京セラドーム大阪に変更すると発表した。 移動に伴う新型コロナウイルスの感染リスクを軽減させるため。

後で読む
日刊スポーツ

「東京五輪はもうダメでしょう」そう言われることが多くなりました。確かに世界中の状況を見ても、新型コロナウイルスの影響が収まる気配はなく、とても世界的なイベント…

後で読む
東京スポーツ

新型コロナウイルスの影響で中断していた欧州チャンピオンズリーグ(CL)がいよいよ再開する。未消化となっていた決勝トーナメント1回戦第2戦の4試合が7、8日(日本時間8、9日)に行われるが、注目はユベ…

後で読む
スポーツ報知

 米女子プロゴルフツアーの再開後2戦目、マラソン・クラシックは6日から4日間、オハイオ州ハイランドメドーズGCで無観客で行われる。日本勢は、先週のドライブオン選手権で自己最高の4位となった河本結、とも

後で読む
スポーツニッポン

帝京が逆転で東亜学園を下し、決勝進出を決めた。

後で読む
スポーツニッポン

遠征先のフィラデルフィアで選手18人が新型コロナウイルスに感染したマーリンズが5日、ボルティモアでオリオールズとの7イニング制のダブルヘッダーに臨み、第1試合はわずか2安打で1―0、ホーム扱いとなった第2試合でも2―1で勝って4連勝。7月27日から8日間もブランクがあったために試合数は少ないものの、今季の成績を5勝1敗として、所属のナ・リーグ東地区ではブレーブス(8勝5敗)に0・5ゲーム差をつ…

後で読む
スポーツニッポン

カブスのダルビッシュ有投手(33)が5日(日本時間6日)、敵地・カンザスシティでのロイヤルズ戦に今季3度目の先発登板。7回93球を投げ5安打1失点で、今季2勝目を挙げた。チームは6―1で勝利した。

後で読む
スポーツニッポン

阪神の北條史也内野手(26)と熊谷敬宥内野手(24)が6日、甲子園球場で早出特守を行った。

後で読む
スポーツニッポン

カブスのダルビッシュ有投手(33)が5日(日本時間6日)、敵地・カンザスシティでのロイヤルズ戦後に取材対応し、「右肘付近の屈筋回内筋痛」と診断され、今季の打者専念が決まったエンゼルスの大谷翔平投手(26)について言及した。

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスは6日、試合会場の変更を発表した。対象は9月3日のソフトバンク戦、同18日の西武戦。どちらも当初予定していたほっともっとフィールド神戸から、京セラドーム大阪に変更した。ソフトバンク戦は1日から、西武戦は18日から、ともに京セラで3連戦となる。

後で読む
スポーツ報知

お台場海浜公園水域に設置されていた東京五輪の巨大マーク「五輪シンボル」が6日、メンテナンスを行うため、同会場を離れた。横浜市内に運ばれ、4か月程度のシンボルと台船の安全点検、およびメンテナンスを行い

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手(33)が5日(日本時間6日)、カンザスシティーで行われたロイヤルズ戦に先発し、7回5安打1失点、1四球、4三振の好投で今季2勝目(1敗)を挙げた。球数は93球。チームは6-1で勝利し、6連勝。10勝2敗で開幕ダッシュに成功し、ナ・リーグ中地区で首位を快走している。

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会は6日、東京都墨田区の両国国技館で理事会を開いた。新型コロナウイルス禍の状況で外出しての会食が発覚し、大相撲7月場所を途中休場した幕内阿炎(26)=本名堀切洸助、埼玉県出身、錣山部屋=の処分などを協議する。阿炎は4日に協会へ引退届を提出したが、受理されなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグは5日、各地で行われたが、ブルージェイズの山口俊は敵地でのブレーブス戦で出番がなかった。チームは2-1で競り勝った。

後で読む
サンケイスポーツ

ロイヤルズ-カブス(5日、カンザスシティー)カブスのダルビッシュが先発し、7回を5安打1失点、4三振1四球、1暴投で2勝目(1敗)を挙げた。防御率は2・12。チームは6-1で快勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクは6日、同日からのファーム活動再開を発表した。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。