「2020年8月7日」の記事一覧

デイリースポーツ

「広島11-6阪神」(7日、マツダスタジアム) 阪神・井上一樹打撃コーチ(49)が、福留孝介外野手(43)を20年ぶりに2番でのスタメンに抜てきした背景を明かした。

後で読む
デイリースポーツ

「広島11-6阪神」(7日、マツダスタジアム) 阪神の投手陣が開幕カードの6月20日・巨人戦(東京ドーム)以来、今季2度目の2桁失点を喫した。先発青柳は自己最短タイの3回でKOされ、10安打6失点はいずれも自己ワーストタイだった。

後で読む
デイリースポーツ

「広島11-6阪神」(7日、マツダスタジアム) 阪神が5割復帰がかかった一戦で大敗。矢野監督は無安打に終わった大山、ボーアの中軸2人の奮起を願った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島11-6阪神、6回戦、阪神3勝2敗1分、7日、マツダ)阪神は近本が4安打2打点と気を吐いた。三回の中前適時打で6試合連続安打とし、五回は左翼線にはじき返す適時二塁打。森下のカットボールを捉え「いい流れで回ってきたので、とにかく後ろにつなごうと思って打った」とチームが劣勢の中で奮闘し、その後も安打を重ねた。

後で読む
スポーツニッポン

日体大柔道部の部員計10人が、新型コロナウイルスに感染していることが7日、複数の関係者への取材で分かった。全日本柔道連盟(全柔連)が感染症対策や練習再開の指針を示す中でのクラスター発生で、今後への影響が懸念される。

後で読む
デイリースポーツ

J2徳島は7日、新型コロナウイルスの陽性反応が確認された、MF藤原志龍(19)の濃厚接触者とされた関係者2人が、PCR検査で陰性判定となったことを発表した。検査は6日に管轄保健所で実施された。 藤原は2日に38度の発熱などの体調不良を訴えたことから、3日にPCR検査を実施し、陽性反応が確認された。

後で読む
スポーツ報知

中日が久々に投打がかみ合い、連敗を3で止めた。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクは手痛い逆転負けを喫し、楽天にまたも同率首位に並ばれた。初回に1番・上林が右翼席最上段へ5号ソロ。18年9月以来、自身2年ぶりとなる先頭打者弾で口火を切り、柳田の11号ソロなどで3点をリ

後で読む
スポーツ報知

広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)が、6回6安打4失点で3勝目をマークした。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルスの影響で3月から中断していた欧州チャンピオンズリーグ(CL)は約5カ月ぶりに再開し、7、8日に決勝トーナメント1回戦第2戦の残り4試合が行われる。

後で読む
東京スポーツ

燕の若武者がハッスルプレーだ。ヤクルトの宮本丈内野手(25)が7日のDeNA戦(神宮)に「7番・二塁」でスタメン出場し、2安打3打点の活躍を見せた。  1―0の2回無死二塁の第1打席は右翼線へ適時二…

後で読む
東京スポーツ

巨人・原辰徳監督(62)が〝血まなこ〟のワケは…。7日の中日戦(ナゴヤドーム)は、中5日で先発した左腕・田口が2回にいきなり4失点するなど、序盤で主導権を握られ1―7と敗戦。前日の阪神戦に続き、2試…

後で読む
東京スポーツ

巨人の宮本和知投手チーフコーチ(56)が7日の中日戦(ナゴヤドーム)で5回5失点とKOされた田口麗斗投手(24)の投球を振り返った。 「今日、キレ悪かったね。なんでだろうな。前半3回ぐらいまでは体の…

後で読む
東京スポーツ

4度目で待ち望んだ勝利をつかんだ。ヤクルトのドラフト2位新人・吉田大喜投手(23)が7日のDeNA戦(神宮)に先発し、プロ最長の6回を投げて6安打2失点と好投し、プロ初勝利を挙げた。  本拠地・神宮…

後で読む
東京スポーツ

阪神・青柳晃洋投手が7日の広島戦(マツダ)に先発登板するも3回6失点でKO。2敗目を喫した。  ここまですでに4勝を挙げ、防御率も2・23と好調を持続してきた右腕だが、この日は立ち上がりを攻められ炎…

後で読む
スポーツニッポン

今季初めてベンチスタートとなった主砲・鈴木誠也外野手(25)の代わりに4番へ座った広島の松山竜平外野手(34)が初回の先制打に続いて2回には2戦連発となる3号3ランを放つなど、4回で猛打賞を決める3安打4打点の大活躍で存在感を見せた。

後で読む
スポーツニッポン

三田松聖が決勝に進出した14年以来、6年ぶりの8強に進出。5回戦で打ち切られるため、勝ち切って夏を終えた。最速147キロ右腕・小西総一郎(3年)が7回7安打2失点で完投。10―2の7回2死一、二塁から最後の打者を一ゴロに打ち取ると、堪えていた気持ちが涙となってあふれ出た。

後で読む
スポーツニッポン

楽天は2―3で迎えた7回にルーキー小深田の逆転三塁打とロメロの2打席連続本塁打で一挙5得点を奪って逆転勝利。ソフトバンクと同率首位に並んだ。

後で読む
スポーツニッポン

同期の存在がヤクルトドラフト2位・吉田喜の刺激になっている。ドラフト4位の大西が5日の広島戦でプロ初先発した際は「僕も広島に投げて打たれていたので、その時の打者の感覚とかよしあしを伝えた」。大西に勝ちはつかなかったが、練習後にクラブハウスに一緒に戻るなど日頃から仲の良い同期右腕にも「みんなライバル。(大西より)先に勝ちたい気持ちはある」と負けん気の強さをのぞかせていた。

後で読む
スポーツニッポン

広島のドラフト1位ルーキー、森下暢仁投手(22=明大)が阪神戦(マツダ)に先発登板。6回6安打4失点(自責3)で本拠マツダ初白星となる今季3勝目(2敗)をマークした。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス3-6ロッテ、10回戦、ロッテ8勝1敗1分、7日、京セラ)オリックスは先発全員で毎回の17安打を放ちながらも3得点に終わった。三、四、五回といずれも無死一塁の場面で3イニング連続の併殺打に倒れ、西村監督は「痛いことは痛い。その後もヒットは出ているわけだから」とぼやいた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス3-6ロッテ、10回戦、ロッテ8勝1敗1分、7日、京セラ)ロッテの益田が通算100セーブを達成した。6-1の九回無死満塁で登板。2点を返されたが、なお無死満塁で伏見を投ゴロ併殺に、ジョーンズを二ゴロに仕留め「まさか100セーブがこんなピンチで来ると思わなかった。どきどきした」と安堵の笑みを浮かべた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト8-2DeNA、7回戦、3勝3敗1分、7日、神宮)ヤクルトの宮本が2安打3打点と気を吐いた。1-0の二回に右翼線へ適時二塁打を放つと、4-0の五回には右前へ2点適時打。「毎試合自分にもプレッシャーをかけて、できることをやろうと頑張っている」と懸命だ。

後で読む
サンケイスポーツ

埼玉県高野連は7日、校内で複数の新型コロナウイルス感染者が確認されている県立岩槻高校(さいたま市)が甲子園大会、地方大会の代替大会を辞退すると明らかにした。県教育局によると、岩槻高では7日までに生徒9人と職員1人の感染が確認されている。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天のステフェン・ロメロ外野手(31)が7日、ソフトバンク10回戦(楽天生命パーク)に「3番・DH」で先発し、2打席連続本塁打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAのネフタリ・ソト内野手(31)が7日のヤクルト7回戦(神宮)を欠場した。横浜市内の病院で検査した結果、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」と発表した。

後で読む
デイリースポーツ

「広島11-6阪神」(7日、マツダスタジアム) 阪神が広島に大敗した。前夜は首位・巨人相手に9安打11得点と快勝した猛虎打線。だが、この日は序盤に6点のリードを許すなど、一度も主導権を握れず。中盤には一時2点差まで迫ったが、五回に3番手で登板した小川が2点を失うなど、中継ぎ陣が踏ん張れなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「広島11-6阪神」(7日、マツダスタジアム) 阪神の投手陣が開幕カードの6月20日・巨人戦(東京ドーム)以来、今季2度目の2桁失点を喫した。先発青柳は自己最短タイの3回でKOされ、10安打6失点はいずれも自己ワーストタイだった。

後で読む
東京スポーツ

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20=東レ)が東京五輪への思いを口にした。かねて目標にしてきた東京五輪は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で来夏に延期となったが、若きエースに悲観する様子は見られ…

後で読む
東京スポーツ

首位快走中の巨人が出鼻をくじかれ、2戦連続の大敗を喫した。7日の中日戦(ナゴヤドーム)の先発マウンドには、中5日で田口麗斗投手(24)が上がった。前回、1日の広島戦(東京ドーム)では7回108球を投…

後で読む
東京スポーツ

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20=東レ)が宣戦布告だ。  男子日本代表のエースで、イタリアでプレーをする兄・石川祐希(24=ミラノ)の妹として注目を集めていたが、近年は自らのプレーで道を切り…

後で読む
東京スポーツ

日本トライアスロン連合(JTU)は、7日に臨時理事会をウェブ会議で実施。日本選手権を11月8日に、東京・お台場海浜公園海域及び周辺特設コースで開催することを決定した。  大会開催に向けては、新型コロ…

後で読む
デイリースポーツ

女子プロレス団体のWAVEは7日、所属選手の宮崎有妃(41)がPCR検査で、新型コロナウイルス陽性と判断されたと発表した。出場を予定していた旧姓・広田さくら自主興行(9日、大阪・アゼリア大正ホール)、WAVEの愛知・中スポーツセンター大会(14日)、後楽園ホール大会(16日)を中止となった。 宮崎はツイッターに「皆様、本当にすみません。取り返しのつかない時期にこんなコトになってしまいました。本当に申し訳ありません」と謝罪の言葉を投稿した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島11-6阪神、6回戦、阪神3勝2敗1分、7日、マツダ)広島はプロ初出場先発の羽月が2安打3打点1犠打で活気づけ、11点と大勝した。二回にセーフティースクイズで初安打初打点。6-4の五回は2点三塁打を放った。森下が6回4失点で3勝目。阪神は青柳が3回6失点と誤算だった。

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟は今日8日の第10節、ホームのデンカビッグスワンスタジアムで2位大宮アルディージャ(午後6時開始)と対戦する。リーグ戦再開後から8試合す…

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌は7日、札幌・宮の沢で8日アウェー清水エスパルス戦(アイスタ)に向けた前日練習を行った。練習後に敵地入りしたメンバーに左太もも裏のケガで…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は7日、広島6回戦(マツダ)に11-6で敗れ、5割復帰はならなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス3-6ロッテ、10回戦、ロッテ8勝1敗1分、7日、京セラ)ロッテの石川は7回を投げて12安打を浴びながらも1失点と粘り、2連勝をマークした。毎回安打を許し、先頭打者に4度出塁されたが、3併殺でピンチを切り抜け「ツーシームが結構良かったので、ある程度のところに投げられれば、内野ゴロを打たせることができるかなと思っていた」と冷静に話した。

後で読む
スポーツ報知

巨人の田中豊樹投手(26)が7回から3番手で登板。最速153キロの直球を軸に1イニングを1安打無失点に抑えた。

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会は7日、松ケ根親方(46)=元幕内玉力道、本名安本栄来、東京都出身、二所ノ関部屋=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新弟子スカウトなどの外出のため受けた6日のPCR検査で陽性が判明。ウイルス量は低値で発熱などの症状はなく、7日に東京都内の医療機関に入院した。 親方の感染は4月に判明した高田川親方(元関脇安芸乃島)以来2人目。角界では三段目力士だった勝武士さんが感染し、5月に死去した。

後で読む
デイリースポーツ

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20)=東レ=が7日、オンラインで取材に応じた。現在、女子代表は都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで合宿を行っている。 男子日本代表のエース・石川祐希(ミラノ)を兄に持ち、19年7月のジュニア世界選手権、8月のアジア選手権でMVPを獲得した石川。9月からはA代表としてW杯全試合に出場した。試合が続き、後半は体力的に疲れが見えたが、現在は「プレーも体のコンディションも整っている」と調整は順調だ。

後で読む
スポーツ報知

阪神が今季ワーストの15被安打、ワーストタイの11失点で大敗。敵地・マツダでは今季3試合目で初黒星を喫した。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムは投手戦を制し西武に連勝した。6月25日以来、約1か月半ぶりに勝率5割に復帰に成功した。

後で読む
スポーツ報知

DeNAのネフタリ・ソト内野手(31)が腹痛を訴え、7日のヤクルト戦(神宮)を欠場した。横浜市内の病院で「腎盂腎炎(じんうじんえん)」と診断された。ソトの欠場は今季42戦目で初めて。

後で読む
スポーツ報知

スポーツ報知野球評論家の金村義明さん(56)が7日、TOKYO MXの「バラいろダンディ」(後9時)に出演し、現役時代は野手にもかかわらず投手としてプロのマウンドに立った思い出を語った。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは二回に井上のソロと田村の適時打で2点を先制した。三回に田村の2点適時打、八回にマーティンの2ランで加点。石川が7回1失点で2勝目。オリックスは17安打と先発全員で毎回安打を記録しながら4併殺打の拙攻だった。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAのネフタリ・ソト内野手(31)が腎盂腎炎のため、7日のヤクルト戦(神宮)を欠場した。 この日朝に腹痛を訴え、横浜市内の病院で診察を受け、自宅で静養した。8日の出場について、ラミレス監督は「恐らく大丈夫だが、様子を見て判断する」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

広島はプロ初出場先発の羽月が2安打3打点1犠打で活気づけ、11点と大勝した。二回にセーフティースクイズで初安打初打点。6-4の五回は2点三塁打を放った。森下が6回4失点で3勝目。阪神は青柳が3回6失点と誤算だった。

後で読む
デイリースポーツ

「中日7-1巨人」(7日、ナゴヤドーム) 巨人の宮本投手チーフコーチが、1回を無失点に抑えた田中豊樹投手に将来のセットアッパー候補に押した。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)の女子マラソンまでちょうど1年となった7日、札幌の本番コースでは男子代表の服部勇馬(26=トヨタ自動車)が試走をしていた。本番と同じ朝…

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20=東レ)が7日、リモート囲み取材に応じ、来夏の東京オリンピック(五輪)に向けサーブレシーブに磨きをかけると目標を語った…

後で読む
日刊スポーツ

新体操日本代表「フェアリージャパンPOLA」が写真と動画によるトライアウトを実施することになった。日本体操協会は7日にオンライン会議で常務理事会を開催し、フェ…

後で読む
日刊スポーツ

日本バスケットボール協会は7日、コロナ禍からの活動再開を念頭に20年度の代表候補選手を発表し、5人制男子ではNBAのウィザーズに所属する八村塁(22)らが23…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのドイツ・リーグは7日、開幕節を9月18~21日に迎える新シーズンの対戦カードを発表し、1部で大迫勇也のブレーメンは初戦でヘルタと本拠地で顔を合わせることになった。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの日本代表MF久保建英(19)が、スペイン1部リーグのレアル・マドリードからビリャレアルへ1シーズンの期限付きで移籍することが7日、関係者への取材で分かった。条件面で両クラブ間、個人ともに大筋で合意した。メディカルチェックなどを経て正式に決定する見通し。

後で読む
東京スポーツ

夢の〝姉妹対決〟が実現だ。7日のオリックス―ロッテ戦(京セラドーム)で女優の「広瀬すず似」とネット上で話題のオリックス・榊原が先発し「広瀬アリス似」ともっぱらのマーティンと対戦。初回の第1打席が空振…

後で読む
東京スポーツ

DeNA・上茶谷大河投手(23)が7日のヤクルト戦(神宮)で今季3度目の先発マウンドに立ち、3回を60球、7安打4失点で今季初黒星を喫した。  立ち上がりから安定感を欠き、初回二死三塁から自身の暴投…

後で読む
東京スポーツ

復活へのノロシとなるか。ソフトバンクの上林誠知外野手(25)が、7日の楽天戦(楽天生命)で、特大の先頭打者アーチを放った。快音とともに打球は右翼席上段に突き刺さる特大アーチ。相手エース・則本昂の立ち…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムが7日、西武戦(札幌ドーム)に3―2で勝利し、勝率を5割に戻した。「3番・DH」で先発出場した近藤が、0―0の4回一死走者なしの場面でニールから右中間スタンドへ先制ソロ。勢いは止まらず、6回…

後で読む
スポーツニッポン

中日はエース・大野雄が自身初となる2試合連続完投勝利に決勝打と、投打にわたる活躍で連敗を3で止めた。

後で読む
スポーツニッポン

春夏通算36度の甲子園出場を誇る名門・報徳学園が負けなしで夏を終えた。最速142キロ右腕・坂口翔颯(かすが)投手(3年)が7回2安打1失点で完投。兵庫大会は5回戦で打ち切られるため「最後だったので腕がちぎれても投げようと思った」と力強い言葉そのままに相手打線を封じた。

後で読む
スポーツニッポン

阪神は投手陣が計11失点と広島打線につかまり、大敗。勝率5割復帰はならず、借金は再び2になった。

後で読む
スポーツニッポン

9回に2点を返して1点差まで追い上げたが、最後は2死満塁でスパンジェンバーグが空振り三振。辻監督は「(追い上げたのは)おまけ、おまけ。完敗です」と話した。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテの守護神・益田が史上33人目となる通算100セーブをマークした。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス3-6ロッテ、10回戦、ロッテ8勝1敗1分、7日、京セラ)ロッテは二回に井上のソロと田村の適時打で2点を先制した。三回に田村の2点適時打、八回にマーティンの2ランで加点。石川が7回1失点で2勝目。オリックスは17安打と先発全員で毎回安打を記録しながら4併殺打の拙攻だった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は7日、セ・パ両リーグで6試合が行われた。

後で読む
スポーツ報知

日本相撲協会は7日、松ケ根親方(元幕内・玉力道)の新型コロナウイルス感染症の陽性反応が確認されたと発表した。同親方は6日に新弟子スカウト活動のため、感染を調べるPCR検査を受けていた。本人に発熱など

後で読む
スポーツ報知

空手の女子組手61キロ超級東京五輪代表の植草歩(28)=JAL=が7日、YouTubeチャンネル「植草歩のうえちゃんねる」(https://www.youtube.com/channel/UCdzC

後で読む
スポーツ報知

日本体操協会は7日、理事会後にオンラインで取材に応じ、新体操日本代表「フェアリージャパンPOLA」のトライアウトを写真と動画審査で実施することを発表した。

後で読む
スポーツ報知

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20)=東レ=が7日、オンラインで報道陣の取材に応じた。173センチと攻撃的な選手として小柄な石川だが、2日の紅白戦では強力なサーブとアタックで、1年延期となった

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天7-4ソフトバンク、10回戦、5勝5敗、7日、楽天生命)楽天が逆転勝ちで首位に並んだ。0-3の六回にロメロの2ランで追い上げ、七回に小深田の2点三塁打とロメロの13号3ランで逆転。救援陣はソフトバンクを九回の1点に封じた。ソフトバンクは東浜が5失点で今季初黒星を喫した。

後で読む
サンケイスポーツ

中日は7日、巨人7回戦(ナゴヤドーム)に7-1で勝利。大野雄大投手(31)が先発し、5安打1失点で完投勝利を挙げた。

後で読む
サンケイスポーツ

東都大学野球連盟は7日、東京都内で理事会を開き、秋季1部リーグ戦は神宮球場で早くても9月15日の開幕になることを確認した。加盟21校のうち新型コロナウイルスの影響で全体練習を再開できていない大学が多く、当初より1週間遅らせる監督会提案を承認した。

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーで代表資格を得るため当該国に継続して居住する必要のある期間を60カ月に延長する改正の施行時期について、国際統括団体のワールドラグビーは2022年1月に1年延期した。日本協会が7日までに通達を出して明らかにした。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト8-2DeNA、7回戦、3勝3敗1分、7日、神宮)ヤクルトのドラフト2位・吉田大喜投手(23)=日体大=が待望のプロ初勝利を挙げた。4試合目の先発登板となったルーキー右腕は6回6安打2失点の力投。打線も14安打8得点を挙げて新人を援護した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム3-2西武、7回戦、日本ハム5勝2敗、7日、札幌D)日本ハムが勝率を5割に戻した。四回に近藤のソロで先制し、六回に近藤の2点二塁打で加点。杉浦は7回1安打無失点で4勝目を挙げた。堀が今季初セーブ。西武は九回に1点差に迫りなお2死満塁としたが、あと一本が出なかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日7-1巨人、7回戦、巨人4勝3敗、7日、ナゴヤD)投打がかみ合った中日が、首位・巨人を圧倒。中日の先発・大野雄は、巨人・田口との左腕対決に投げ勝ち、9回5安打1失点。2試合連続の完投で、今季2勝目を挙げた。

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール女子日本代表の石川真佑(20=東レ)は7日、代表合宿の練習終了後にオンラインで取材に応じた。来夏に延期になった東京五輪について「成長できる期間が増えた。自分がどれだけできるか、強化ポイントを意識して取り組んでいきたい」と意気込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

J1C大阪は7日、次節FC東京戦(9日、ヤンマー)に向けて、大阪市内で非公開練習を行い、オンラインでの会見に応じたロティーナ監督(62)は、来季スペイン1部ビリャレアルへの期限付き移籍が決定的となった日本代表MF久保建英(19)について「彼は強いパーソナリティー(個性)を持った選手。問題なく適応して貢献できる」と活躍に太鼓判を押した。 スペイン出身のロティーナ監督は「久保は素晴らしいシーズンを送り、とても成長した。ほとんどのクラブが久保をレンタル(期限付き移籍)で欲しがったという話を聞いている。今の成長を続ければ(所属元の)レアル・マドリードでプレーするのは間違いない」と18歳の俊英を手放しで称賛した。

後で読む
デイリースポーツ

【バルセロナ共同】サッカーの日本代表MF久保建英(19)が、スペイン1部リーグのレアル・マドリードからビリャレアルへ1シーズンの期限付きで移籍することが7日、関係者への取材で分かった。条件面で両クラブ間、個人ともに大筋で合意した。メディカルチェックなどを経て正式に決定する見通し。 2019年夏にRマドリード入りした久保建は、今季はマジョルカに期限付き移籍。リーグ戦で35試合に出場して4得点4アシストをマークした。

後で読む
スポーツ報知

楽天のステフェン・ロメロ外野手(31)が反撃の12号2ランを放った。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの杉浦稔大投手(28)が7回1安打無失点と好投した。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクは7日、新型コロナウイルス感染が1日に確認された長谷川勇也外野手(35)に関し、新たにリチャード内野手(21)が濃厚接触者と判定されたと発表した。球団によると、リチャードは6日の深夜に3

後で読む
スポーツ報知

オリックスのT―岡田外野手(32)が反撃の号砲を鳴らした。4点を追う6回1死一、二塁。カウント2―2から石川の143キロを中前にはじき返した。

後で読む
スポーツ報知

DeNAの連勝は3でストップ。ヤクルトに敗れ3位に転落した。

後で読む
デイリースポーツ

中日が連敗を3で止めた。大野雄が1失点で2戦続けて完投し、2勝目。打線は二回に大野雄の先制打、京田の2点三塁打、大島の適時三塁打と畳み掛けて4点を奪った。巨人は田口が打たれ、攻撃も北村のソロだけで2連敗となった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト8-2DeNA」(7日、神宮球場) ヤクルトのドラフト2位・吉田大喜投手=日体大=が4度目の登板でうれしいプロ初勝利を飾り、2位浮上を導いた。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトが14安打で快勝した。一回に暴投で1点を先制。二回に宮本の適時二塁打で1点、三回には塩見の2ラン、五回には宮本の2点適時打などで5点を加えた。吉田喜はピンチで3併殺打を奪い6回2失点でプロ初勝利。DeNAは連勝が3で止まった。

後で読む
デイリースポーツ

「中日7-1巨人」(7日、ナゴヤドーム) 巨人が今季3度目の連敗を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

「イースタン・リーグ、DeNA5-1巨人」(7日、横須賀) 巨人は1-1の八回、3番手の沢村が4失点と炎上。4日の3軍戦で右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折から実戦復帰を果たした山下が合流し、いきなり「3番・指名打者」でスタメン出場。先発の野上も6回4安打1失点の好投を見せたが今季9敗目を喫した。

後で読む
東京スポーツ

日本ハムの杉谷拳士内野手(29)が7日の西武戦(札幌ドーム)に「2番・左翼」で先発出場し、6回一死三塁の第3打席で死球を受け、観客の笑いを誘った。  久々に「お決まり」の流れとなった。ニールが投じた…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクは7日、リチャード(砂川リチャード)内野手(21)が新型コロナウイルスに感染した長谷川勇也外野手(35)の濃厚接触者として新たに判定されたと発表した。  球団によると、リチャードは6日深…

後で読む
スポーツニッポン

中日の先発・大野雄がプロ初となる2試合連続完投勝利で、チームの連敗を3で止めた。

後で読む
スポーツニッポン

中日の投打ががっちりかみ合い巨人に快勝、連敗を3で止めた。巨人は2連敗。

後で読む
スポーツニッポン

昨夏の甲子園V右腕がようやく第一歩を記した。履正社の背番号1、岩崎峻典投手(しゅんすけ、3年)が5回戦の関大第一戦で、今大会初先発。7回3安打1失点、3四死球、9奪三振で、7回コールド勝ちに導いた。

後で読む
スポーツニッポン

阪神のリリーフ陣が踏ん張れない。

後で読む
スポーツニッポン

広島の大盛穂外野手(23)が阪神戦(マツダ)でプロ初打点をマークした。

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会は7日、松ケ根親方(46)=元幕内玉力道=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新弟子スカウトなどの外出のため受けた6日のPCR検査で陽性が判明。ウイルス量は低値で発熱などの症状はなく、7日に東京都内の医療機関に入院した。

後で読む
サンケイスポーツ

F1シリーズ第5戦70周年記念GPフリー走行1回目(7日、シルバーストーン、シルバーストーン・サーキット=1周5・891キロ)レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペン(22)=オランダ=が3番手、アレクサンダー・アルボン(24)=タイ=は6番手につけた。

後で読む
サンケイスポーツ

広島・羽月隆太郎内野手(20)が7日、プロ初昇格し、阪神6回戦(マツダ)に「2番・二塁」としてプロ初出場をスタメンで飾った。高卒2年目の左打者は相手の意表を突く、セーフティースクイズでプロ初安打打点をマークした。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天・則本昂大投手(29)が7日、ソフトバンク10回戦(楽天生命パーク)に先発し、6回7安打5三振3失点で降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(7日、マツダスタジアム) 阪神が三回、近本光司外野手の適時打で1点を返した。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(7日、マツダスタジアム) 先発した阪神・青柳晃洋投手(26)が今季最短の3回でマウンドを降り、自己ワーストタイの6失点でKOされた。被安打10もワーストタイである。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(7日、マツダスタジアム) 阪神が4連打などで五回に反撃した。

後で読む
東京スポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、東京・中央区晴海のオフィスに勤務する30代女性職員1人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性が判明したことを発表した。  組織委員会の職員の感染例は2例目。…

後で読む
東京スポーツ

日本相撲協会は7日、松ヶ根親方(46=元幕内玉力道)が新型コロナウイルスの検査で陽性反応が確認されたことを発表した。同親方は6日に民間検査機関でPCR検査を受けて陽性だったことが判明。7日から都内の…

後で読む
東京スポーツ

日本体操協会は7日、ビデオ会議による常務理事会を開催。その中で新体操フェアリージャパンおよびジュニア強化選手のトライアウトを「写真」「動画」で行うことを確認した。  本来なら拠点の国立スポーツ科学セ…

後で読む
東京スポーツ

日本パラ陸上競技連盟は7日、新型コロナウイルス感染拡大予防対策のため、9月5日、6日に埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で予定されている日本パラ陸上競技選手権大会を無観客にすると発表した。  連盟…

後で読む
サンケイスポーツ

スーパーラグビー(SR)のオーストラリア大会は7日、シドニー近郊のリリーフィールドで第6節第1日を行い、首位のブランビーズがホーム扱いのレベルズに12-30で完敗し、今大会初黒星。4勝1敗で勝ち点18から上積みできなかった。レベルズは3勝1分け1敗の勝ち点14で暫定2位に浮上し、優勝争いが面白くなってきた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス-ロッテ、10回戦、ロッテ7勝1敗1分、7日、京セラ)ロッテの井上が3年連続となる10号本塁打を放った。0-0の二回に先頭打者で、2ボール2ストライクから榊原の低めの直球を完璧に捉えて左翼席中段へ運び「投手を援護できるようにと思っている。先に点が取れて良かった」とうなずいた。

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪のMF坂元達裕(23)が7日、大阪市内での練習後、オンラインで取材に応じた。J2モンテディオ山形から移籍した今季、ここまでレギュラーの座を確保して…

後で読む
日刊スポーツ

スペイン人のセレッソ大阪ロティーナ監督が、かつて自身が指揮したビジャレアルへの移籍が決定的となっているMF久保建英について「今の成長を続ければ彼は1年後、(保…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日-巨人、7回戦、巨人4勝2敗、7日、ナゴヤD)中日の京田が昨年6月以来となる1番起用に応えた。先発・大野雄の適時打で1点を先制した直後の二回2死二、三塁から、左中間へ2点三塁打を放った。外寄りのスライダーを逆らわずにはじき返して「目の前で大野さんがつないでくれたので、絶対自分もつなぐ気持ちで打席に入った」と思いをバットに込めた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム-西武、7回戦、日本ハム4勝2敗、7日、札幌D)日本ハムの近藤が7月8日以来、約1カ月ぶりとなる2号本塁打を放った。0-0の四回1死無走者でフルカウントから6球目の低めのチェンジアップを右中間席まで運び「甘い球をしっかり捉えることができた」と満足そうに話した。

後で読む
スポーツ報知

巨人の田口麗斗投手(24)が先発するも、5回5失点で降板した。

後で読む
デイリースポーツ

全国高等学校体育連盟ボクシング専門部は7日、バンタム級世界2団体統一王者の井上尚弥(大橋)のメッセージ入りTシャツを各都道府県の専門部を通じ、選手に贈呈すると発表した。全国高校総体が中止になった高校生に向け「継続は時に力以上のものを発揮する」とエールが記されている。 Tシャツは一般販売もされる。神奈川・相模原青陵高時代にアマ7冠に輝いた井上尚は「人よりも地道な努力を重ね続けたことが今につながっている」と述懐。高校生ボクサーに「それぞれの道でボクシングを愛する気持ちを大切にして頑張ってほしい」と期待した。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、この日午前、中央区晴海の組織委員会オフィスに勤務する30代の女性職員1人が、新型コロナウイルス感染症の検査で陽性が判明したと確認したと発表した。組織委職員の感染例は2例目。 当該職員の組織委員会関連施設への直近の出勤日は7月29日で、翌30日から本日まで在宅による勤務を行っているため、オフィスには出勤していない。本人に感染症による症状は出ていないという。

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会は7日、二所ノ関部屋付きの松ケ根親方(元前頭玉力道)が新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを発表した。 同親方は6日に新弟子スカウトなどで外出や面談を行うため民間検査機関においてPCR検査を受けたところ、同日深夜に陽性と判明した。7日より都内の医療機関に入院し、経過を観察している。発熱などの症状はないという。

後で読む
デイリースポーツ

日本バスケットボール協会は7日、2020年度の代表候補選手として5人制の男子は八村塁(ウィザーズ)や渡辺雄太(グリズリーズ)、馬場雄大(メルボルン・ユナイテッド)、ロシター・ライアン(宇都宮)ら23人、女子は高田真希(デンソー)、渡嘉敷来夢(ENEOS)ら21人を選出した。 男子の23年ワールドカップ(W杯)へ向けた重点強化選手に19歳の河村勇輝(東海大)や18歳の田中力(IMGアカデミー)ら25歳以下の22選手が名を連ねた。

後で読む
デイリースポーツ

【ベルリン共同】サッカーのドイツ・リーグは7日、開幕節を9月18~21日に迎える新シーズンの対戦カードを発表し、1部で大迫勇也のブレーメンは初戦でヘルタと本拠地で顔を合わせることになった。 長谷部誠と鎌田大地のアイントラハト・フランクフルトはビーレフェルト、1部に復帰した遠藤航のシュツットガルトはフライブルク、J1横浜Mから遠藤渓太が加入したウニオン・ベルリンはアウクスブルクと、いずれもホームで対戦する。

後で読む
日刊スポーツ

60試合の短縮シーズンが始まってから約2週間が過ぎたが、マーリンズとカージナルスで新型コロナウイルスの集団感染が発生し、コロナ禍でのシーズン運営の難しさが露呈…

後で読む
日刊スポーツ

アスレチックスのライアン・クリステンセン・ベンチコーチ(46)が、レンジャーズ戦で選手を出迎える際に右腕を斜め上に掲げ、ナチス式の敬礼とも取れるポーズをしたと…

後で読む
スポーツ報知

アシックスジャパンは7日、スピードアップを追求した同社史上最軽量となる約260グラム(片足重量/27・5センチ)の野球用スパイクシューズ「GOLDSTAGE i-Pro MA-S」(税抜き1万800

後で読む
スポーツ報知

阪神・青柳晃洋投手(26)が、先発では自己最短タイの3回でKOされた。

後で読む
スポーツ報知

タレントの稲村亜美(24)が7日、自身のインスタグラムでスポーツ報知野球評論家の高木豊氏(61)との2ショット写真をアップした。

後で読む
スポーツ報知

中日の京田陽太内野手(26)、大島洋平外野手(34)の1、2番コンビが2回、連続タイムリー三塁打でエースの大野雄大投手(31)を援護した。

後で読む
スポーツ報知

オリックスの榊原翼投手(21)が、3回6安打4失点で降板した。初回は無失点に抑えたが、2回先頭の井上にソロアーチを被弾。1死三塁から田村に適時打を浴びて2点を失った。3回には2死から2連続安打と四球

後で読む
デイリースポーツ

「中日-巨人」(7日、ナゴヤドーム) 巨人の1番打者・北村が2号ソロを放ち反撃ののろしを挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-巨人」(7日、ナゴヤドーム) 巨人の先発・田口が5回5失点で降板した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人の沢村拓一投手が7日、母校の中央大学などで監督を務めた宮井勝成氏の死去に際し、コメントを寄せた。 「在学中はもちろんですが、プロ入り後も声をかけていただき、体のことも心配してくださいました。本当にショックで信じられない気持ちです。中央大を卒業した以上は、宮井さんの教えに恥じぬよう、精いっぱいプレーしていきたいです。ご冥福をお祈りいたします」

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球大阪大会・5回戦、履正社8ー1関大第一(七回コールド)」(7日、くら寿司スタジアム堺) これまで4番を打っていたプロ注目の履正社・関本勇輔捕手(3年)が、「5番・捕手」で出場し、3安打2打点で勝利に貢献。昨年の新チーム始動後の公式戦では初めて4番をはずれた中、「4番にこだわりがあって非常に悔しかったので。また戻るためには打つしかないので」と力を込めていた。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(7日、神宮球場) ヤクルトはドラフト2位・吉田大喜が先発して6回を6安打2失点の好投。4試合目の登板で、プロ初勝利の権利を残して降板した。

後で読む
日刊スポーツ

1年延期となった東京五輪の女子マラソンまで、再びちょうど1年となった7日、札幌市内のコースの気温と湿度を走る時間に合わせ、日刊スポーツが5キロごとに独自計測し…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、中央区晴海の組織委オフィスに勤務する30代の女性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。広報担当によると、感染…

後で読む
日刊スポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は7日、九州などの各地を襲った7月の豪雨被害の復興支援を目的に「チャリティーオークション」を実施することを発表した。全柔連のアスリート…

後で読む
サンケイスポーツ

6日に行われたヨーロッパリーグ・ラウンド16第2戦で、0-1と敗れたフランクフルト。この試合で先発した鎌田大地、途中出場した長谷部誠について、地元メディア『Frankfurter Rundschau』が評価を下している。

後で読む
東京スポーツ

広島・松山竜平外野手(34)がいきなり4番の仕事だ。7日の阪神戦(マツダ)では今季初めてベンチスタートとなった鈴木誠也内野手(25)に代わり「4番・一塁」で先発出場。初回二死二塁のチャンスに阪神先発…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの悩める大砲・ウラディミール・バレンティン外野手(36)が、7日の楽天戦(楽天生命パーク)でスタメン落ちした。故障以外では今季2度目となる。  工藤監督は「(前日6日の試合での)自打球の…

後で読む
東京スポーツ

   巨人の北村拓己内野手(24)が7日の中日戦(ナゴヤドーム)でチームに久々となる得点をもたらした。  4点を追う4回、中日先発・大野雄の140キロ直球をフルスイング。広いナゴヤドームの左…

後で読む
東京スポーツ

広島の高卒2年目・羽月隆太郎内野手(20)が昇格即スタメンで躍動だ。7日にプロ初の一軍昇格を果たし、同日の阪神戦(マツダ)にいきなり「2番・二塁」でスタメン出場。初回無死一塁のプロ初打席では阪神・青…

後で読む
東京スポーツ

中日・京田陽太内野手(26)が7日の巨人戦(ナゴヤドーム)で今季初となる1番で先発出場し、1―0の二死二、三塁で迎えた第2打席に左中間を破る2点三塁打を放った。  スタメンでの1番起用は昨年6月8日…

後で読む
スポーツニッポン

阪神・近本が意地の一打を放った。

後で読む
スポーツニッポン

阪神・青柳が今季最短となる3回10安打6失点でKOされた。

後で読む
スポーツニッポン

今季初めてベンチスタートとなった主砲・鈴木誠也外野手(25)の代わりに4番へ座った広島の松山竜平外野手(34)が初回の先制打に続いて2回には前日6日のヤクルト戦(神宮)から2戦連発となる右越え3号3ラン。2回で早くも4打点と大暴れした。

後で読む
スポーツニッポン

先は見ず、一歩ずつ階段を上っていく。あと1勝すれば、準決勝で昨夏甲子園大会優勝の履正社と対戦する可能性が出てきたが、大阪桐蔭・西谷浩一監督(50)は「まずは次の試合をしっかりとやりたい」と表情を引き締めた。

後で読む
スポーツニッポン

阪神・中谷が代打で連日の快音を響かせた。

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、30代の女性職員1人が新型コロナウイルスの検査で陽性になったと発表した。職員の感染が判明したのは2例目。組織委によると、ほかの職員を含めて数人の濃厚接触者がいたことが分かっているという。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・青柳晃洋投手(26)が7日、広島6回戦(マツダ)に先発。3回10安打6失点と炎上し、今季チームの先発陣で最短降板した。

後で読む
スポーツ報知

新型コロナウイルスに感染し、入院していた飛び込みの東京五輪代表・寺内健(40)=ミキハウス=が7日、退院して自宅療養に切り替えたことが分かった。

後で読む
スポーツ報知

日本バスケットボール協会は7日、20年度の男女代表強化選手を発表。5人制男子はNBAのウィザーズに所属する八村塁(22)、グリズリーズとツーウェー契約を結ぶ渡辺雄太(25)、豪州リーグのメルボルン・

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・宮本丈内野手(25)が7日、DeNA7回戦(神宮)に「7番・二塁」で先発出場。1点リードの二回無死二塁から、右翼線への適時二塁打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・塩見泰隆外野手(27)が7日、DeNA7回戦(神宮)に「5番・右翼」で先発出場。三回2死一塁から右翼席への5号2ランを放った。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球12球団と日本野球機構(NPB)は7日、ソフトバンク選手の新型コロナウイルス感染が判明した影響で公式戦1試合が中止となったことを受けて臨時実行委員会を開き、試合開催の可否を判断する手順の見直しを検討した。NPB事務局が作成したたたき台を基に、11日の実行委で再び議論する。

後で読む
スポーツニッポン

日本相撲協会は7日、松ケ根親方(46=元幕内・玉力道)が新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことが確認されたと発表した。松ケ根親方は新弟子のスカウトなどで外出や面談を行う際の対応として、6日に民間検査機関でPCR検査を受けたところ、同日深夜、陽性と判明した。7日から都内の医療機関に入院し、経過を観察している。ウイルスの量は低値で、発熱などの症状はないという。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの有原航平投手(27)が、8日の西武戦(札幌D)に先発する。昨季は15勝(8敗)を挙げて最多勝に輝いたが、今季はここまで7試合に先発して1勝5敗と苦しむ。自身2連敗中で迎える登板へ向けて、「

後で読む
スポーツ報知

豪快な一発でロッテが先制点を奪った。両チーム無得点の2回、先頭の井上晴哉内野手(31)がオリックスの先発・榊原の直球を豪快にすくい上げ、左翼席へと運んだ。ベンチでは力士が懸賞金をもらう際の手刀パフォ

後で読む
スポーツ報知

楽天は7日、「ソーシャルディスタンス楽天イーグルスコラボTシャツ」を発売したことを発表した。

後で読む
スポーツ報知

西武の斉藤大将投手(25)が7日、今季初めて1軍に昇格した。緊張した面持ちでグラウンドに現れたが、豊田投手コーチから声をかけられ、ナインに拍手で歓迎されると、笑みをこぼした。

後で読む
スポーツ報知

広島・大瀬良大地投手(29)が8日の阪神戦(マツダ)で復帰する。「チームに迷惑をかけた分、しっかり取り返したい」と意気込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンク・王貞治会長が7日、肺がんで死去した恩師の宮井勝成さんを悼んだ。 王会長が早実時代の監督が宮井さんだった。球団を通じ「私の野球人生の中で一番の強烈な思い出は甲子園での春の大会の優勝です。その時の監督の宮井さんには公私ともに、その後のプロ生活でもご指導いただき大変お世話になりました。94歳ということで大往生ですが、できればもう少し元気でいて欲しかったです。謹んでご冥福をお祈りします」とコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球12球団と日本野球機構(NPB)は7日、ソフトバンク選手の新型コロナウイルス感染が判明した影響で公式戦1試合が中止となったことを受けて臨時実行委員会を開き、試合開催の可否を判断する手順の見直しを検討した。NPB事務局が作成したたたき台を基に、11日の実行委で再び議論する。 ソフトバンクでは1日に2軍調整中だった長谷川勇也外野手の感染が判明。2軍施設利用者を介して感染が広がった可能性を否定できず、保健所による濃厚接触者の特定も同日中に終わらなかったため、2日の1軍の西武戦が中止となった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(7日、神宮球場) ヤクルトが塩見の5号2ランで突き放した。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-巨人」(7日、ナゴヤドーム) 巨人の1番打者・北村が2号ソロを放ち反撃ののろしを挙げた。

後で読む
東京スポーツ

広島・鈴木誠也外野手(25)が7日の阪神戦(マツダスタジアム)で今季初めてスタメンを外れた。試合前練習では外野をランニングしていたが、打撃練習はチーム本隊とは別に室内で行った模様だ。  今季は開幕か…

後で読む
東京スポーツ

週刊プロレス元編集長のターザン山本氏(74)が話題の原采配を7日、ツイッターで支持した。  6日のプロ野球・阪神戦で巨人の原監督(62)は0ー11でリードされた8回に野手の増田大貴(27)をマウンド…

後で読む
東京スポーツ

広島・松山竜平外野手(34)がいきなり4番の仕事だ。7日の阪神戦(マツダ)では今季初めてベンチスタートとなった鈴木誠也内野手(25)に代わり「4番・一塁」で先発出場。その初回に二死二塁のチャンスで打…

後で読む
スポーツニッポン

西武の3年目左腕・斉藤大将が今季初めて1軍に昇格した。

後で読む
スポーツニッポン

今季初めてベンチスタートとなった主砲・鈴木誠也外野手(25)の代わりに4番へ座った広島の松山竜平外野手(34)が初回に先制タイムリー。見事、主砲の重責を果たした。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテの井上が2回、先頭で3年連続2桁となる先制10号ソロを放った。2ボール2ストライクから榊原の148キロを豪快に左翼席へ運んだ。

後で読む
スポーツニッポン

巨人・鍬原拓也投手(24)が7日、母校・中大の総監督を務めていた宮井勝成さんの訃報を受け、球団を通じてコメントを寄せた。

後で読む
スポーツニッポン

開幕から抜群の安定感を誇っていた阪神・青柳が、広島の新星にかき回された。

後で読む
サンケイスポーツ

広島・鈴木誠也外野手(25)が7日、阪神6回戦(マツダ)で今季初めてスタメンから外れた。

後で読む
サンケイスポーツ

広島の予告先発が7日に発表され、大瀬良大地投手(29)が8日の阪神戦(マツダ)で先発復帰する。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(7日、マツダスタジアム) 阪神は勝てば3位浮上の可能性もある一戦。前夜は11-0の大勝で首位・巨人に一矢報いた。勢いに乗って連勝といきたい。

後で読む
東京スポーツ

大相撲の幕内高安(30=田子ノ浦)と演歌歌手の杜このみ(31)が7月に結婚していたことが明らかになった。 杜は7日、自身の公式ブログで高安と入籍したことを公表。また、第1子(来年2月に誕生予定)を妊…

後で読む
東京スポーツ

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け9月25日開幕の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子」(宮城・利府GC)を中止にすると発表した。  コロナ禍で国内女子ツアーは…

後で読む
デイリースポーツ

ボクシングの帝拳ジムは7日、元3階級制覇王者のホルヘ・リナレス(34=ベネズエラ)が新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを発表した。 リナレスは8月28日に米カリフォルニア州インディオで、元BA・Sフェザー級王者のハビエル・フォルトゥーナ(ドミニカ共和国)次戦を予定しており、試合前検査を行った際に判明した。

後で読む
サンケイスポーツ

J1鳥栖は7日、ユース所属のDF永田倖大(17)がトップチームの試合に出場可能な2種登録となったと発表した。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシングの帝拳ジムは7日、同ジム所属で世界3階級制覇の実績があるホルヘ・リナレス選手(34)=ベネズエラ=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。今月28日の米国での試合に備えてPCR検査を受け、6日に陽性が判明した。帝拳ジムは保健所、医師の指示があるまで休館する。 リナレスは無症状で元気だが、医師から10日間の静養を言い渡され、その後再検査を受ける。濃厚接触者の指定に関しては保健所の指示を待っている段階。帝拳ジムには世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太らが所属している。

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグの2月、6月、7月の月間MVPとベストゴール、優秀監督賞が7日に発表された。MVPと優秀監督賞は、各カテゴリーにおいてそれぞれ無敗で首位を快走する川崎…

後で読む
サンケイスポーツ

全国高等学校体育連盟ボクシング専門部は7日、バンタム級世界2団体統一王者の井上尚弥(大橋)のメッセージ入りTシャツを各都道府県の専門部を通じ、選手に贈呈すると発表した。全国高校総体が中止になった高校生に向け「継続は時に力以上のものを発揮する」とエールが記されている。

後で読む
日刊スポーツ

J1横浜F・マリノスなどでMFとしてプレーし、7月に引退した狩野健太氏(34)が14日、横浜市内のanelfutPark FUTSAL POINTよこはま中山…

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは7日、全選手やスタッフ、審判員を対象とした新型コロナウイルスのPCR検査で7月29日~8月2日に検体採取した3203件のうち陽性反応は3件だったと発表した。この3件はいずれもJ2の選手で、所属先から晴山岬(町田)前寛之(福岡)知念哲矢(琉球)の感染が公表されている。他の3200件は陰性だった。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは8日から、マリーンズオンラインストア限定で井上晴哉内野手(31)の「ごっちゃし」グッズを受注販売する。

後で読む
日刊スポーツ

FWカズが53歳5カ月10日で先発し、横浜FCが1-0で勝利したルヴァン杯・鳥栖戦(8月5日、駅スタ)。カズが最前線でチームを引っ張った中、最後方でチームを支…

後で読む
サンケイスポーツ

球界最年長、43歳の阪神・福留孝介外野手が7日、広島6回戦(マツダ)に「2番・右翼」で起用された。

後で読む
日刊スポーツ

J1清水エスパルスは、8日のコンサドーレ札幌戦と19日の横浜F・マリノス戦で、アジア戦略の一環としてタイ向けのプロモーションを実施する。両試合で清水の全選手が…

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグが「月間ベストゴール」2、6、7月度の受賞ゴールを発表し、MF本間至恩(19)の7月25日ホーム水戸戦(1○0)でのロングシュートが選出された。アルビ…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は7日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
東京スポーツ

インディアナポリス・コルツで名パンターとして活躍した元NFLのスーパースター、パット・マカフィー(33)と、アダム・コール(31)の遺恨決着戦が「NXTテイクオーバー:30」で行われることが電撃決定…

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球の今夏の甲子園大会、地方大会の中止を受けて都道府県高野連が独自に開催する代替大会は7日、各地で行われ、九回に2点差を追い付いた明石商は、無死一、二塁から始まる延長十回のタイブレークから、エースの中森がマウンドに上がった。十回は両チーム無得点で、十一回表に明石商が1点を勝ち越したが、その裏に中森が押し出し四球と内野安打で逆転を許し、サヨナラ負けした。

後で読む
東京スポーツ

新体制のゼロワンが、今秋から新企画「T―DASHツアー」を開催する。各都道府県のご当地レスラーナンバーワンを決めるもので、コロナ禍の終息を見据えてトーナメントかリーグ戦を全国で開催し、団体の「旗揚げ…

後で読む
東京スポーツ

女子プロレス「スターダム」の〝ジャンボ・プリンセス〟こと、ひめか(23)が真夏の大番狂わせを狙う。3月にアクトレスガールズを退団し、スターダムに新入団。ジュリア(26)率いるユニット「ドンナ・デル・…

後で読む
スポーツ報知

13勝8敗4分けでイースタン・リーグ2位の巨人2軍は、午後6時からのナイターでDeNA戦に臨む。スタメンは以下の通り発表された。右手有鈎(ゆうこう)骨骨折が完治してこの日3軍から2軍に昇格した山下が

後で読む
デイリースポーツ

大相撲の元大関の幕内高安関(30)=本名高安晃、茨城県出身、田子ノ浦部屋=と演歌歌手の杜このみさん(31)=北海道出身=が7月中旬に結婚したことが7日、分かった。杜さんの所属事務所が明らかにした。2人は昨秋に婚約を公表。杜さんは妊娠しており、来年2月に第1子の誕生を予定している。 故障に苦しんだ高安関は東前頭13枚目の7月場所で10勝を挙げ、1年ぶりに勝ち越した。「彼女の懐の深さ、たくさんの思いやりを感じ、良い時も悪い時も精神面で支えていただきました。夫婦で力を合わせて頑張ります」とコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は7日、熊本県など九州を中心に各地を襲った7月の豪雨被害の復興支援で、慈善オークションを実施すると発表した。男子73キロ級の大野将平(旭化成)や女子52キロ級の阿部詩(日体大)ら東京五輪代表が柔道着などサイン入りのグッズを提供。収益の全額を寄付する方針で、送り先は被災地の柔道連盟などと今後検討する。 総勢40人以上の協力予定者には、全柔連の山下泰裕会長や日本男子の井上康生監督の他、多数の五輪メダリストが名を連ねた。10日午後8時から3週にわたり、オークションサイト「HATTRICK」に出品される。

後で読む
日刊スポーツ

MLBと選手会が、新型コロナウイルス感染防止の規定を変更することで合意したと6日付の米メディアが報じた。チーム内集団感染が発生したことなどを受け、ルールを厳格…

後で読む
日刊スポーツ

エンゼルス大谷翔平投手(26)の復帰初打席本塁打を、米メディアも大きく伝えた。MLB公式サイトは「オオタニがケガから派手に戻ってきた」の見出しで記事を掲載。N…

後で読む
スポーツ報知

【阪神スタメン】

後で読む
スポーツ報知

【ロッテスタメン】

後で読む
スポーツ報知

◆セ・リーグ

後で読む
スポーツ報知

広島の羽月隆太郎内野手(20)が7日、1軍に昇格した。「2番・二塁」で先発出場する。

後で読む
スポーツ報知

中日・根尾昂内野手(20)は、7日の巨人戦(ナゴヤドーム)でベンチスタートとなった。

後で読む
東京スポーツ

RIZIN FFは7日、ヒップホップグループの「BAD HOP」が、格闘技イベント「RIZIN.23」(10日、神奈川・ぴあアリーナMM)に出演すると発表した。  きっかけはRIZINファンで知られ…

後で読む
東京スポーツ

ボクシングの帝拳ジムは7日、所属の元世界3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(34=ベネズエラ)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。  リナレスは今月28日にカリフォルニア州インディオで元WBA世界…

後で読む
デイリースポーツ

巨人の阿部慎之助2軍監督が7日、母校の中央大学などで監督を務めた宮井勝成氏の死去に際し、コメントを寄せた。 「僕の野球観を変えてくれた方ですし、長きにわたりアマチュア野球に貢献された方なので、大変残念に思います。来週、ジャイアンツ球場で中央大学と試合も組まれておりましたので、楽しみにしてくれていたと思います。試合を見せてあげられずに、とても残念に思います。ご冥福をお祈りいたします」

後で読む
スポーツニッポン

横浜FCは7日、Jリーグ「シャレン!」社会連携活動の一環として、これからの横浜を担っていく子供たちの未来と夢を応援するため「子供の未来応援国民運動」クラウドファンディングを実施すると発表した。目標金額は100万円(期間は7日~9月11日)。「All or Nothing」方式で実施するため、目標金額に達しなかった場合は全て返金される。

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)が「1人1大会」などの制限付き開催を決めたフィギュアスケートの今季グランプリ(GP)シリーズについて、米NBCスポーツ電子版が6日、…

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスに感染した飛び込み男子の東京五輪代表寺内健(ミキハウス)が7日、病院を退院して自宅療養となった。寺内は1日にPCR検査で陽性となって2日に入…

後で読む
日刊スポーツ

日本ハンドボールリーグ機構は7月28日、日本リーグの今シーズンの公式アンバサダー(親善大使)に、元ソフトバンクで「平成唯一の3冠王」松中信彦氏(46)が就任す…

後で読む
東京スポーツ

前日6日の巨人戦で今季初先発し、7回3安打無失点の好投で今季初勝利を挙げた阪神・高橋遥人投手(24)が7日、出場選手登録を抹消された。今季は左ヒジ、左肩のコンデション不良から開幕に間に合わず、二軍で…

後で読む
スポーツニッポン

ナゴヤドームは7日、NTTドコモと共同でドーム内で5Gスマートフォンを使った新感覚の野球観戦を楽しめるサービスを発表した。

後で読む
スポーツニッポン

1976年から中大で宮井監督(当時)に師事したヤクルト・小川淳司GMは埼玉・北本市内で中大―鷺宮製作所とのオープン戦を視察後に弔問。恩師と最期の別れを済ませると「安らかな顔をしてました。ボクが今、野球界で生きていけるのは宮井さんのお陰です。それは間違いありません」と話した。

後で読む
スポーツニッポン

阪神は2番にチーム最年長の福留を起用。日本での2番は2000年9月21日の横浜戦で遊撃で出場して以来、実に20年ぶり。先発は青柳で梅野とバッテリーを組む。広島の先発は新人の森下。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏の第102回全国高校野球選手権大会とその出場権を懸けた地方大会が全て中止になったことを受け、都道府県高野連が独自に開催する代替大会は7日、福島、西東京で決勝が行われた。

後で読む
スポーツニッポン

プロ野球のファームは4日、ソフトバンクの選手が新型コロナウイルスに感染した影響でウエスタン・リーグの広島―ソフトバンク戦(由宇)が中止。イースタン・リーグと合わせてナイターを含め4試合が行われた。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは7日、9月1日に本拠地ZOZOマリンで行われる西武戦で来場者全員(ビジター外野応援指定席を除く)にマリーンズリュックサックを配布することを発表した。配布はLゲートを除く全ゲートで行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは8日の予告先発投手を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは7日、リーグ中断前の2月と再開後の6、7月を合わせた月間表彰を発表し、J1のMVPは無敗の川崎の攻撃を3ゴール2アシストで引っ張ったMF家長が初受賞した。鬼木監督は優秀監督に選ばれた。ベストゴールには名古屋のFW前田が鳥栖戦で記録した得点が選ばれた。後方からのパスを左足ボレーで決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

西武は7日、日本ハム7回戦(札幌ドーム)を戦う。源田壮亮内野手(27)が7月28日以来、8試合ぶりに「2番・遊撃」で出場。山川穂高内野手(28)も「4番・一塁」で先発出場する。スタメンは以下の通り。

後で読む
スポーツ報知

卓球「Tリーグ」は7日、9月14日にリモートマッチ(無観客)で開催する「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」の全出場選手と大会ロゴが決定したと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は7日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAのネフタリ・ソト内野手(31)が7日のヤクルト7回戦(神宮)でスタメンから外れた。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・根尾昂内野手(20)が7日、巨人7回戦(ナゴヤドーム)で今季初のベンチスタートとなった。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(7日、マツダスタジアム) 阪神は勝てば3位浮上の可能性もある一戦。前夜は11-0の大勝で首位・巨人に一矢報いた。勢いに乗って連勝といきたい。

後で読む
サンケイスポーツ

ユベントス指揮官マウリツィオ・サッリが6日、リヨン戦の前日会見に出席してFWクリスティアーノ・ロナウドらに期待を寄せた。

後で読む
サンケイスポーツ

バレーボールのVリーグ女子1部、JTマーヴェラスは7日までに、元日本代表のOGでウイングスパイカーとして活躍した谷口雅美氏(43)がゼネラルマネジャー(GM)に就任したことを発表した。1日付。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽西武 斉藤大将投手 【同抹消】 ▽西武 小川龍也投手

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽巨人 今村信貴投手 ▽広島 羽月隆太郎内野手 【同抹消】 ▽巨人 堀岡隼人投手 ▽阪神 高橋遥人投手 ▽広島 安部友裕内野手 ▽ヤクルト 高橋奎二投手

後で読む
サンケイスポーツ

楽天の首脳陣、選手、スタッフが7日、新型コロナウイルス感染拡大抑止を呼び掛ける、ソーシャルディスタンスTシャツを着用して試合前練習を行った。

後で読む
サンケイスポーツ

6日の巨人戦(甲子園)で今季初勝利を挙げた阪神・高橋遥人投手(24)が7日、出場選手登録を抹消された。左肩のコンディション不良から復帰して、同戦で今季初登板。7回を111球、3安打無失点で自己最多11三振を奪ったが、故障明けということもあり、登板間隔をあけて次回に向けて調整するとみられる。矢野監督も試合後に「ちょっと考える」と話していた。

後で読む
スポーツ報知

西武の斉藤大将投手(25)が7日、今季初めて1軍に合流した。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムは7日、2軍本拠地・鎌ケ谷スタジアムで行われる11、12日のイースタン・リーグ、巨人戦の入場チケット(約500枚)が前売の段階で完売したと発表した。これに伴い、当日券の販売は行わない。

後で読む
スポーツ報知

8日のロッテ戦(京セラドーム)に先発するK―鈴木投手(26)が、ロッテにリベンジを誓った。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球兵庫大会・最終戦、神戸第一5-4明石商」(7日、明石トーカロ球場) 今秋ドラフト候補の中森俊介投手と来田涼斗外野手(ともに3年)を擁する明石商が代替大会の最終戦に挑んだが、延長11回タイブレークの末に逆転負けを許し、ベスト8を逃した。それでも、狭間善徳監督は「いい大会やった。3年生全員出せたし、意味のある大会になったと思う」と代替大会の開催に感謝した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は川上哲治さん(2013年没)の生誕100年を記念し、9月1日・DeNA戦(東京ドーム)で選手、監督、コーチらチーム全員が背番号16のユニホームを着て戦う。 4月8日・中日戦(熊本)で行う予定だったが、中止になったため東京ドームに変更。詳細は後日発表する。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-巨人」(7日、ナゴヤドーム) 前日の阪神戦(甲子園)でプロ初登板した巨人・増田大輝内野手(27)が、試合前に二塁、中堅、左翼の3ポジションで練習した。

後で読む
スポーツニッポン

湘南は7日、医療機器製造販売のPIA株式会社(東京都品川区)からアカデミーとスクールに次亜塩素酸水4トンが寄贈され、贈与式が同日クラブハウスで行われた。同社がコロナ渦でスポーツの健全な発展を支援するプロジェクト「Save the Sports by SALAMORE」を設立。華書道家の杉崎宗雲氏の紹介で湘南に寄贈することになったもの。PIA社の見原博道経営企画室執行役員から湘南の水谷尚人社長に…

後で読む
スポーツニッポン

J1横浜のGK朴一圭(パクイルギュ)が本拠地で迎える柏戦(8日)に向け、「まずは先制点を与えないこと」と意気込んだ。6月15日の練習中に右手を骨折。全治2カ月と診断されたが、食事面の努力やドクターなどスタッフ陣のサポートもあり、予定を半月も早めて前節の仙台戦から復帰した。柏戦では2試合連続の完封勝利へけん引する。

後で読む
東京スポーツ

J1横浜Mのアンジェ・ポステコグルー監督(54)が7日、ホームの柏戦(8日)に向けてオンラインで取材に対応した。  柏には9ゴールで得点ランクトップにつけるFWオルンガ(26)がおり、厄介な存在とな…

後で読む
スポーツニッポン

阪神の高橋遥人投手(24)が7日、出場選手登録を抹消された。

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
スポーツニッポン

今秋ドラフト候補の中森俊介と来田涼斗を擁する明石商は神戸第一に敗れ、ベスト16で代替大会を終えた。兵庫県の代替大会は8強で打ち切りとなる。この日は中森、来田ともにベンチスタートだった。

後で読む
スポーツニッポン

巨人・原辰徳監督(62)が7日、名古屋入り前の新神戸駅で、前日の阪神戦で増田大輝内野手(27)を救援登板させた理由を改めて明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

山口県宇部市の「山口プロバスケットボール」は7日、男子のBリーグ入りを目指すチーム「山口ペイトリオッツ」を発足させたと発表した。本年度はアマチュアとして活動し、来年度のBリーグ3部(B3)参入を目指す。山口県庁で記者会見した成田俊彦社長は「バスケを知らない方にも応援に来ていただき、家族で語り合えるような空間になれば」と語った。

後で読む
サンケイスポーツ

ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWエディン・ジェコが、6日のセビリア戦終了後にイタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じて敗戦を悔やんだ。

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナは、サンパウロからグスタヴォ・マイアを獲得したことを発表した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・高橋遥人投手(24)が7日、出場選手登録を抹消された。前日6日の巨人戦(甲子園)で今季初先発し、7回3安打無失点。11三振を奪う快投で、初勝利を手にしていた。 ただ春先にコンディション不良で出遅れただけに、6日の試合後に矢野監督は「ちょっと考えるわ。ローテーションで投げてもらいたいというのはあるけど」と次回登板について明言を避けていた。

後で読む
東京スポーツ

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(28=日本郵政グループ)が7日、オンライン取材に応じ、同じく女子マラソン代表の前田穂南(24=天満屋)と一山麻緒(23=ワコール)について語った。  前田と一山…

後で読む
東京スポーツ

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(28=日本郵政グループ)が7日、オンライン会見を開き、率直な心境を述べた。  五輪は戦後、当たり前のように〝真夏の祭典〟として催されてきたが、今年開催されるはず…

後で読む
東京スポーツ

卓球Tリーグは7日、リモートマッチ(無観客)で9月14日に開催する「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」に出場する全選手を発表した。  男子は張本智和(17)、水谷隼(31=ともに木下…

後で読む
サンケイスポーツ

北米プロアイスホッケーNHLのプレーオフ予選は6日、カナダのトロントとエドモントンで行われ、1回戦進出決定戦(5回戦制)は西カンファレンスでフレームズがジェッツに4-0で勝って3勝1敗でプレーオフ進出を決めた。カナックスと東のブルージャケッツがともに勝って2勝1敗とした。

後で読む
サンケイスポーツ

スタートホールでウッズの名前がアナウンスされても、いつもなら大歓声に包まれるコースは静まりかえったまま。出だしの10番で2メートル、13番では10メートル近いバーディーパットを沈めたが、声援はない。44歳のスーパースターはギャラリーのいないメジャーに「これが新様式だ。全く違うが慣れるしかない」と淡々とプレーした。

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)は本番の1年前となる7日、オンラインで取材に応じ「万全の状態で、最後まで諦めずメダルを目指して走りたい」と抱負を述べた。

後で読む
スポーツ報知

巨人の今村信貴投手(26)が7日、1軍に合流した。9日の中日戦(ナゴヤD)での先発が有力となっている。

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)が1選手1大会など制限を付けて開催すると発表したフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ6大会について、18、19年世界選手権王者のネーサン・チェン(21)=米国=が6日、NBCスポーツ(電子版)の取材に応じた。 まず大会の開催について、チェンはNBCの電話取材に驚いた様子で「バーチャルで試合を行うと思っていた。そうは言っても実際に試合をする機会が得られてワクワクしている」と語ったという。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)は本番の1年前となる7日、オンラインで取材に応じ「万全の状態で、最後まで諦めずメダルを目指して走りたい」と抱負を述べた。 1月に右太もも裏を痛め、6月ごろにも足先などに違和感が出たという。現在は体幹トレーニングなどに取り組んでおり「もう一段上に行くためには、これまでの自分を越えなければいけない。今は力をためる時」と現状を受け止めた。

後で読む
日刊スポーツ

エンゼルス大谷翔平投手(26)が復帰後の初打席で本塁打を放った。2回無死の第1打席で右腕ウォーカーのスプリットを捉えた。逆方向へ角度39度で高く上がった打球は…

後で読む
デイリースポーツ

元巨人で大リーグでも活躍した上原浩治氏が7日、自身のツイッターを更新。巨人の原監督が6日の阪神戦(甲子園)で大差をつけられた八回1死から内野手登録の増田大を登板させた采配について肯定的な意見をつづった。 「OBの方たちに喧嘩を売るわけではないですが、今回の件は何がダメなんでしょうか? 巨人だからやってはダメ?? 他球団ならオッケー?? そっちの方がおかしいと思いますが… 残ってたピッチャー陣は、勝ち試合に投げさせたい選手たち。あそこで投げてしまうと、次の日に影響しかねないと思います」

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムは、8月11、12日のイースタン・リーグ公式戦、巨人戦(鎌ケ谷スタジアム、いずれも13時試合開始)の入場チケット約500枚が前売の段階で完売したと7日に発表した。これに伴い当日券の販売はしない。 連日の炎天下にも負けず紫色の衣装を身にまとい、マイクパフォーマンスでスタンドにいるファンとのコミュニケーションは欠かさないという謎の二刀流キャラクター「DJチャス。」は、「実はそういうことなんだよ。11、12日のチケットは売り切れてしまったけど、21日からのヤクルト3連戦のチケットならまだ間に合う。FFTV(ファイターズファームTV)でリモート観戦していただくか、このコロナ禍による特別な夏は25%のお客様しか入れられないので、ぜひお早めに前売券でのご購入を…」と案内していた。

後で読む
デイリースポーツ

9日・中日戦に先発予定の巨人・今村信貴投手(26)が7日、ナゴヤドームの1軍本隊に合流し、堀岡に代わって出場選手登録された。イースタン・リーグは3試合に登板で0勝0敗、防御率1・80。今季2勝目を狙う。 前回登板した7月24日・ヤクルト戦(神宮)は二回途中5安打5失点で降板。翌日に出場選手登録を抹消された。再び巡ってきたチャンスをつかみ、先発ローテに割って入る。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は7日、堀岡隼人投手の出場選手登録を抹消した。堀岡は6日の阪神戦(甲子園)の八回から登板。0回1/3を4安打7失点と大炎上して降板。野手の増田大が登板する一因となった。 代わって今村信貴投手が登録された。

後で読む
デイリースポーツ

楽天は7日、楽天株式会社がウィズコロナ時代の社会と人を応援する「明日につなぐ応援プロジェクト」の一環として、チャリティーTシャツを発売すると発表した。 胸には「Move forward with one heart」のメッセージが入り、背面には選手らのサインをプリントされたデザイン。この日のソフトバンク戦(楽天生命)の試合前には監督、選手、スタッフら全員が着用して練習を行った。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)マラソン女子日本代表の鈴木亜由子(28=日本郵政グループ)が7日、オンラインでの合同取材に応じ、1年後に札幌で行われるレースに向けて、…

後で読む
サンケイスポーツ

J1横浜FCは7日、子どもを支援することを目的にクラウドファンディングを実施すると発表した。目標金額は100万円で、9月11日まで募る。返礼品には限定のオリジナルキャップや選手のサイン入りの感謝状などがある。

後で読む
スポーツ報知

 プロゴルファーをマネジメントする株式会社ランダムアソシエイツは7日、契約プロの成田美寿々、藤田さいき、テレサ・ルー、辻梨恵、大西葵の5選手が医療従事者支援を目的としたチャリティープロジェクトを開始し

後で読む
スポーツニッポン

広島・羽月隆太郎内野手(20)は、マツダスタジアムで行われる7日阪神戦の試合前練習に合流した。

後で読む
スポーツニッポン

6日に行われた阪神―巨人戦(甲子園)で巨人の増田大輝内野手(27)が8回裏に6番手投手として登板したことについて、日米の現役選手、OBたちから様々な声があがっている。

後で読む
スポーツ報知

橋本聖子五輪相が7日、閣議後の定例会見を行った。東京五輪代表に内定している水泳・飛び込みの寺内健(ミキハウス)の新型コロナウイルス感染が発覚したことについて「心配になってきている」と懸念を示した。そ

後で読む
スポーツ報知

帝拳ボクシングジムは7日、所属選手で元世界3階級制覇王者のホルヘ・リナレス(34)=ベネズエラ=が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応を示したと発表した。

後で読む
スポーツ報知

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(28)=日本郵政グループ=が7日、オンラインで合同取材に応じた。大一番までちょうど1年となり「テーマは『超える』。どんな状況であれ、今の自分を超えられたなと思っ

後で読む
サンケイスポーツ

巨人の増田大輝内野手が6日、阪神7回戦(甲子園)の八回にプロ初登板した。この回登板した5番手の堀岡が1死しか取れずに7点を失い、0-11とされたところで救援。近本を二ゴロ、江越に四球を与えたが、大山を右飛に打ち取った。

後で読む
スポーツ報知

10日にJR横浜駅エキナカの新飲食店舗「COFFEE AND BEER &9」がオープンする。開店を記念し、10日から1会計ごとに1枚、オリジナルのポストカードがプレゼントされる。

後で読む
スポーツ報知

ロッテは7日、9月1日の西武戦(ZOZOマリン)で「マリーンズリュックサック」を来場者全員に配布すると発表した。

後で読む
スポーツ報知

ロッテは7日、井上晴哉内野手(31)の「ごっちゃし」グッズを8日から16日まで受注販売すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球兵庫大会・5回戦、報徳学園9ー1市尼崎(七回コールド)」(7日、尼崎ベイコム) 阪神・田中秀太スカウトの長男・田中太晴(たいせい)マネジャーが、報徳学園の全戦コールド勝ちでのフィニッシュを影で支えた。この日は最後の試合ということもあり、田中スカウトもスタンドから見守っていた中、記録員としてベンチに入ってチームに貢献。「無敗で勝ったのはめちゃくちゃうれしくて。今日、強いチームを相手にも圧倒して勝てて、その目標も達成できてうれしいです」と笑顔を見せていた。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは7日、9月1日の西武戦(ZOZOマリンスタジアム、18時試合開始)で「マリーンズリュックサック」を来場者全員(ビジター外野応援指定席を除く)に配布すると発表した。 配布は、Lゲートを除く全ゲートで開場時間と同時に開始(開場時間未定)。「マリーンズリュックサック」は8月1日(楽天戦、ZOZOマリンスタジアム)にも来場者プレゼントとして配布した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは7日、マリーンズオンラインストア限定で8日から16日まで井上晴哉内野手の「ごっちゃし」グッズを受注販売すると発表した。 「ごっちゃし」グッズは、井上が今季本塁打を打った後にベンチ前で行う「ごっちゃし」パフォーマンス(力士が懸賞金を受け取る際の作法である手刀を切る行為から着想を得たパフォーマンス)を商品化したもの。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテはマリーンズオンラインストア限定で8日から16日まで井上晴哉内野手の「ごっちゃし」グッズを受注販売することを発表した。

後で読む
スポーツニッポン

日本ハムは7日、2軍本拠地・鎌ケ谷スタジアムで行われる8月11、12日のイースタン・リーグ、巨人戦(いずれも午後1時試合開始予定)の入場チケットが完売したと発表した。当日券の販売はしない。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテは9月1日の西武戦(ZOZOマリン)でマリーンズリュックサックを来場者全員に配布する(ビジター外野応援指定席を除く)。配布はLゲートを除く全ゲートにて開場時間と同時に開始。マリーンズリュックサックは1日の楽天戦でも配布し大好評だった。

後で読む
スポーツニッポン

巨人・阿部慎之助2軍監督(41)が7日、母校・中大の監督を務めた宮井勝成さんの訃報を受け、球団を通じてコメントを寄せた。

後で読む
スポーツニッポン

巨人・会田有志3軍投手コーチ(36)が7日、母校・中大の総監督を務めていた宮井勝成さんの訃報を受け、球団を通じてコメントを寄せた。

後で読む
東京スポーツ

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(28=日本郵政グループ)が7日、オンライン上で報道陣の取材に応じ、1年後への思いを口にした。  五輪本番のレースは本来なら、8日に行われるはずだった。しかし、鈴…

後で読む
東京スポーツ

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(28=日本郵政グループ)を指導する高橋昌彦監督が7日、オンライン取材で今後の〝強化プラン〟に言及した。  鈴木は昨年のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC…

後で読む
東京スポーツ

女子ゴルフの渋野日向子(21=サントリー)が7日、今季メジャー初戦で2連覇がかかる「AIG全英女子オープン」(20日開幕、英ロイヤルトルーンGC)が開催される英国へ出発した。6日のオンライン記者会見…

後で読む
東京スポーツ

【どうなる?東京五輪パラリンピック(94)】新型コロナウイルス禍で最も心配される競技といえば、新体操の日本代表「フェアリージャパン」だろう。昨年9月の世界選手権では種目別ボールで団体史上初の金メダルを…

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルスに感染し入院していた飛び込み男子で東京五輪代表に決まっている寺内健(40)=ミキハウス=が7日、退院した。

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸の加入1年目、ブラジル人FWドウグラス(32)が、節目のゴールを狙う。8日ベガルタ仙台戦(ノエスタ)で、J1通算100試合目の出場となる。現在は…

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球の福島大会は7日、福島県郡山市のヨーク開成スタジアムで決勝戦が行われ、聖光学院が6-0で光南を破り、14年連続17度目の優勝を飾った。

後で読む
日刊スポーツ

優勝争いを演じる3位ガンバ大阪は、8日にホームで17位横浜FCと戦う。7日は大阪・吹田市内で調整を終え、宮本恒靖監督(43)が得点にこだわる姿勢を示した。負傷…

後で読む
東京スポーツ

米WWE入りが決まっている女子プロレスラー・Sareee(24)が、日本での活動を再開することが分かった。2月にそれまで所属した女子プロレス「ディアナ」を退団。3月に渡米を予定していたが、新型コロナ…

後で読む
サンケイスポーツ

東京六大学野球連盟は7日、10日開幕の春季リーグ戦(1試合総当たり制、神宮)を前に6校の監督、主将がオンラインで会見した。

後で読む
東京スポーツ

【プロレスキャスター元井美貴の本日、プロレス日和】最近、あるプロレスグッズの写真を見かけて「その手があったか!」と感動しました。ドラゴンゲートで7月から発売されている、ウルティモ・ドラゴン選手のフェー…

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレスの〝レインメーカー〟オカダ・カズチカ(32)が自身提唱の新タイトル「KOPW」(26日、後楽園で開幕)の1回戦で、高橋裕二郎(39)との激突することが決定的となった。NEVER6人タッ…

後で読む
東京スポーツ

配信されたWWE・NXT大会でNXT女子王座挑戦者決定戦が行われ、ダコタ・カイ(32)が、元同王者のリア・リプリー(23)を撃破。ダコタは22日「テイクオーバー:30」で〝暗黒の逸女〟こと現王者の紫…

後で読む
東京スポーツ

配信されたWWE・NXT大会でKUSHIDA(37)が、来週大会のNXT北米王者決定ラダー戦・予選3WAY戦に出場することが発表された。キャメロン・グライムス(26)、X(未定)と対戦する。  5選…

後で読む
スポーツニッポン

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)などは7日、新型コロナウイルスの感染拡大のため9月20日に宮城・利府GCで開幕を予定していたミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンの開催中止を発表した。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート元アイスダンス日本代表で10年バンクーバー五輪、14年ソチ五輪出場のキャシー・リードさん(33)が7日、ブログを更新。カップルとして五輪2大会をともに戦い、今年3月に30歳で急逝した弟のクリス・リードさんへの思いをつづった。「七月七日、七夕、クリスのお誕生日」というタイトルで、ちょうど1カ月前の日について語っている。

後で読む
スポーツ報知

早実(東京)、東都大学リーグ・中大の監督として全国制覇を果たし、ソフトバンク・王貞治球団会長(80)、巨人・阿部慎之助2軍監督(41)ら数多くの選手をプロ、アマ球界に輩出した宮井勝成さんが7日、肺が

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。