「2020年8月9日」の記事一覧

東京スポーツ

J1C大阪のMF坂元達裕(23)が攻めの姿勢を貫いている。  ホーム・ヤンマースタジアム長居で9日に行われたFC東京戦。日本代表と東京五輪代表を兼務する森保一監督(51)が視察に訪れた一戦で、左利き…

後で読む
東京スポーツ

FC東京の東京五輪世代GK波多野豪(22)がさらなる高みを見据えている。  9日に行われたアウェーでのC大阪戦。「正直緊張していたが、試合が始まったらすんなり入れた」と、J1デビュー戦で若武者が躍動…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのベルギー1部リーグで9日、シントトロイデンの鈴木優磨はヘントとの開幕戦に先発して先制点を挙げ、後半30分までプレーした。シントトロイデンに新加入した中村敬斗も先発し、後半14分に退いた。チームは2-1で勝った。

後で読む
サンケイスポーツ

オートバイの世界選手権シリーズ第4戦、チェコ・グランプリ(GP)は9日、チェコのブルノで行われ、最高峰のモトGPクラスはブラッド・ビンダー(南アフリカ、KTM)が同クラス初優勝を果たした。中上貴晶(ホンダ)は8位だった。

後で読む
サンケイスポーツ

F1シリーズ第5戦70周年記念GP決勝(9日、シルバーストーン、シルバーストーン・サーキット=1周5・891キロ×52周)レッドブル・ホンダは4番手発進のマックス・フェルスタッペン(22)=オランダ=が逆転で今季初優勝を飾り、通算9勝目を挙げた。アレクサンダー・アルボン(24)=タイ=は5位だった。

後で読む
デイリースポーツ

「広島1-5阪神」(9日、マツダスタジアム) 阪神・近本光司外野手が、ガッツあふれるスーパープレーでチームの勝利に貢献した。

後で読む
デイリースポーツ

「広島1-5阪神」(9日、マツダスタジアム) 阪神・大山悠輔内野手が決勝打を含む2打点を放ち、チームを勝利に導いた。10号ソロを放ち、3年連続の2ケタ本塁打も達成。4番のバットで連敗を脱した。

後で読む
サンケイスポーツ

安達 敏正氏(あだち・としまさ=大相撲の元幕内蔵玉錦=ざおうにしき、元武隈親方)9日午前5時56分、多発性骨髄腫のため千葉県市川市の病院で死去した。67歳で山形市出身。葬儀・告別式は13日午前11時から東京都葛飾区鎌倉3の39の20、千代田鎌倉ホールで。喪主は妻とき子(ときこ)さん。

後で読む
サンケイスポーツ

スペインのスポーツ全国紙『アス』の電子版は9日、RマドリードMF久保建英のビリャレアルへのレンタル移籍が秒読み段階に入ったと報じた。

後で読む
サンケイスポーツ

広島は9日、マツダスタジアムでの阪神8回戦に1-5で敗れ、今季初の同一カード3連勝と勝てば4位浮上の機会を逃した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島1-5阪神、8回戦、阪神4勝3敗1分、9日、マツダ)勝てば4位浮上となる好機で広島は3安打と振るわなかった。1-5の九回に1死満塁と反撃ムードを醸成しても菊池涼がボール気味の球に手を出して三振、田中広は右飛。最後まであと一本が出なかった。

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、C大阪0-0FC東京」(9日、ヤンマースタジアム長居) C大阪はFC東京と引き分け、前節の2位から暫定3位に後退した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのベルギー1部リーグで9日、シントトロイデンの鈴木優磨はヘントとの開幕戦に先発して先制点を挙げ、後半30分までプレーした。シントトロイデンに新加入した中村敬斗も先発し、後半14分に退いた。チームは2-1で勝った。(共同)

後で読む
スポーツ報知

広島・遠藤淳志投手(21)が5回3安打2失点で2敗目を喫した。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクが楽天に完封勝ちし、1日で同率首位に並んだ。6日から中2日で先発・笠谷がオープナー起用。3回無失点で3日前と同じ板東へバトンをつなぎ、2番手の右腕も7回まで無失点で踏ん張った。打線は相手

後で読む
スポーツ報知

【セ・リーグ】

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球広島大会・決勝、広島商9-1広陵」(9日、鶴岡一人記念球場) 広島商が夏の大会2年連続で頂点に立った。荒谷忠勝監督は「誇りに思います」と選手らをたたえた。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球広島大会・決勝、広島商9-1広陵」(9日、鶴岡一人記念球場) 注目のライバル対決にまさかの大敗を喫した。広陵の中井哲之監督は「ミスが止められず、負の連鎖が続いた。負けるべくして負けた試合」と、力不足を認めるしかなかった。

後で読む
スポーツニッポン

5人の日本人選手が所属するベルギー1部シントトロイデンのFW鈴木優磨(24)が、2020~21年シーズン初戦でチーム1号を決めた。

後で読む
東京スポーツ

広島が9日の阪神戦(マツダ)に1―5で敗れ、同一カード3連勝&4位浮上を逃した。  先発・遠藤淳志の粘りの投球は実らなかった。2回に大山の二塁打と連続四球から梅野の遊ゴロの間に1点を献上。続く3回は…

後で読む
東京スポーツ

広島のDJ・ジョンソン投手(30)が大荒れだ。9日の阪神戦(マツダ)では2点を追う9回に登板。反撃に向けて零封が求められたものの、四球と安打で一死二、三塁のピンチを招くと代打・中谷に犠飛を浴びて失点…

後で読む
東京スポーツ

4番が打てばチームは勝つ――。阪神は9日の広島戦(マツダ)に5―1で快勝。負ければ5位転落となる一戦で、4番・大山悠輔内野手(25)が4打数3安打2打点と獅子奮迅の活躍。窮地の虎を救った。  先頭打…

後で読む
サンケイスポーツ

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が、チャンピオンズリーグ準々決勝で対戦するAマドリードについて見解を示している。

後で読む
デイリースポーツ

7月に国内プロボクシング興行が再開された後、関西で初の観客を入れた興行が9日、大阪・枚方市立総合体育館で行われた。3500人収容の会場に前売り券のみの850人を入れ、会場入り口では1000枚のフェースシールド、500枚のマスクが準備された。試合中には換気、除菌なども入念に行われた。 主催したグリーンツダジムの本石昌也会長は、7月に大阪で別のプロ加盟ジムで16人が新型コロナに集団感染した事例があり、「初の客入れは無理だと思った」と一時はあきらめかけたことを明かした。しかし、「ここでやめたら観客を入れたボクシングはもうできなくなると思った。自分が絶対にやると思った」と安全対策を徹底して開催にこぎ着けたという。

後で読む
デイリースポーツ

「RIZIN.22」(9日、ぴあアリーナMM) 新型コロナウイルス感染拡大の影響により2月22日を最後に大会を自粛していたRIZINが約6カ月ぶりに再開。MMAルール71キロ契約5分3回戦で、女優の川口春奈との交際が報じられた矢地祐介(30)=KRAZY BEE=は、ボンサイ柔術の創始者ソウザ家の三男ホベルト・サトシ・ソウザ(31)=ブラジル=に1回1分52秒TKOで敗れた。

後で読む
日刊スポーツ

ジェフユナイテッド千葉が町田ゼルビアを下して、5試合ぶりの勝利をあげた。前半41分、千葉は正面からのFKをMF田口が直接狙ったが、相手選手に当たってコースが変…

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪とFC東京は0-0で引き分け、勝ち点1を分け合った。最初の決定機はC大阪。前半11分、MF清武弘嗣の左クロスに反応したMF坂元達裕がゴール前へ走り…

後で読む
日刊スポーツ

ジェフユナイテッド千葉MF田口泰士が今季2本目の直接FKを沈めた。前半41分にゴール正面から狙い、相手選手に当たってコースが変わったボールはゴールに吸い込まれ…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)世代となるサンフレッチェ広島MF浅野雄也(23)が「ピースマッチ」を制する決勝点を挙げ、1-0で湘南ベルマーレを撃破した。前半終了間際…

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪は2連勝はならなかったが、今季5度目の無失点で勝ち点1をつかんだ。後半終了間際にはGKキム・ジンヒョンのスーパーセーブで失点を阻止。ロティーナ監督…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト0-4DeNA、9回戦、DeNA5勝3敗1分、9日、神宮)ヤクルトの山中は立ち上がりを悔やんだ。一回1死から神里、ロペスに詰まった当たりで安打を許し、2死満塁で倉本にフルカウントからの直球を右翼席へ運ばれた。

後で読む
スポーツ報知

巨人の沼田翔平投手(20)が1点ビハインドの7回から3番手で登板し、1回1安打無失点だった。

後で読む
デイリースポーツ

自動車F1シリーズの下部レース、F2第5戦は9日、英国のシルバーストーンで第2レースが行われ、角田裕毅(カーリン)が初勝利を挙げた。角田はホンダの育成ドライバーで、今季からF2に参戦している。(共同)

後で読む
スポーツ報知

阪神の大山悠輔内野手(25)が4番の働きを見せ、チームの連敗ストップに貢献した。1打席目に左中間への二塁打をマークすると、同点の3回2死三塁では左翼へ勝ち越し適時三塁打。さらに、8回には自身3年連続

後で読む
スポーツ報知

楽天・福井優也投手(32)が先発し、6回途中2安打1失点と好投。しかし打線の援護がなく、今季初黒星を喫した。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルト・青木宣親外野手(38)が日米通算2408安打をマーク。8日に並んだ阪神・福留が広島戦(マツダ)で無安打に終わったため、日米通算で上回った。

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN.22」(9日、神奈川・ぴあアリーナMM)で〝シン・柔術マジシャン〟ことホベルト・サトシ・ソウザ(30=ブラジル)が、〝お祭り男〟こと矢地祐介(30)に完封勝ちした。  開始…

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN.23」(10日、神奈川・ぴあアリーナMM)の計量が行われ、出場全選手がクリアした。  メインでRIZINバンタム級王座戦を戦う朝倉海(26)は60.75キロで、扇久保博正…

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト0-4DeNA」(9日、神宮球場) ヤクルトが今季4度目の零封負け。本拠地で戦った今週は2勝4敗で終わり、来週からは上位チームである巨人、DeNAとの再戦となる。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト0-4DeNA」(9日、神宮球場) DeNA先発・平良が7回無失点の好投で、防御率リーグトップに躍り出た。

後で読む
デイリースポーツ

阪神が快勝した。1-1の三回に勝ち越し三塁打を放った大山が、八回は10号ソロ。九回は代打中谷の犠飛などで2点を加えた。秋山は直球で押して6回を1安打、犠飛による1点に抑えて自身4連勝。広島は打線に元気がなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球千葉大会・4回戦、銚子商8-6成田」(9日、大谷津運動公園野球場) 両チーム計23安打の乱打戦の末、成田は敗れた。2点を追いかける八回、2死満塁のチャンスで打席に立ったのはプロ注目の主将・古谷将也捕手(3年)だった。

後で読む
スポーツニッポン

町田はホームで千葉と対戦。前半に2失点を許し、0―2で2連敗を喫した。攻撃陣も2試合連続無得点に終わり、ポポヴィッチ監督(53)は「うちのナイーブな部分が出た。決して崩されてチャンスを作られた訳ではないが、決めるところで決めきったのが千葉。うちはチャンスを点に結びつけられなかった」と嘆いた。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第9節最終日(9日、ヤンマースタジアム長居ほか=2試合)前節2位のC大阪はFC東京と0-0で引き分け、勝ち点18で3位に後退した。4戦勝利のないFC東京は同15。広島は浅野のゴールで湘南に1-0で競り勝った。湘南は3連敗。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J2第10節最終日(9日、正田醤油スタジアム群馬ほか=2試合)北九州は群馬に2-1で逆転勝ちし、4連勝の勝ち点19で3位に浮上した。千葉は町田を2-0で破り、5試合ぶりの勝利を挙げた。

後で読む
東京スポーツ

再びトップに返り咲いた。DeNA・平良拳太郎(25)が9日のヤクルト戦(神宮)に先発。「いつも通り自分をしっかりコントロールして、打者一人一人という気持ちで入った」という平良はその言葉通りに投げ、7…

後で読む
東京スポーツ

悔しさをかみしめた。ヤクルトの村上宗隆内野手(21)が9日のDeNA戦(神宮)に「4番・三塁」で出場。2回の第1打席では四球を選んだが、4回二死では空振り三振。6回二死一塁では二ゴロに倒れた。9回二…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクが9日の楽天戦(楽天生命)に5―0と快勝し、再び首位に並んだ。  またしても「笠谷&板東」のリレーが決まった。6日の同カードで2人で5回1失点に抑えチームの勝利に貢献したコンビが、再び中…

後で読む
東京スポーツ

完敗だ。ヤクルトは9日のDeNA戦(神宮)に0―4で完封負け。打線はDeNA先発・平良にわずか4安打無得点といいとこなしだった。  高津監督は「平良だし、1点ずつと思ったんだけどね。それもやっぱり難…

後で読む
スポーツニッポン

ひとつのミスが試合の勝敗を左右する。それを象徴するような試合だった。3連勝を狙った楽天は0―0の5回、この試合で最大のチャンスを迎える。先頭・茂木と渡辺佳の連続内野安打で無死一、三塁とし、続く足立の初球でベンチからスクイズのサインが出た。これを足立が打ち上げて捕邪飛となり、先制機を潰してしまった。

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトは2連敗で、再び貯金がなくなった。打線がDeNA・平良の前に沈黙。反撃の糸口すらつかめぬ形に、高津監督は「(自軍の)左打者がセカンドゴロを打つ。横投げの投手はあれを目指して投げる。そういう展開、投球をされた」と分析しながら振り返った。

後で読む
スポーツニッポン

阪神は4番と先発が躍動する理想的な展開で同一カード3連敗を阻止、5位転落も免れた。

後で読む
スポーツニッポン

ソフトバンクの板東湧梧投手(24)が2番手として4回2安打無失点の好投で2勝目。6日の楽天戦でも2番手として登板し3回1安打無失点でプロ初勝利を飾っており、首位攻防6連戦(2勝4敗)で貴重な2勝を挙げる活躍に「(前回)1勝したことで自信は持てました」と気持ちの変化があったことを明かした。

後で読む
東京スポーツ

J1第9節C大阪―FC東京戦が9日、ヤンマースタジアム長居で行われ、ホームで勝ち点3を奪いたいC大阪は幾度もチャンスを作るも、FC東京ゴールを割ることができす、0―0のスコアレスドローに終わった。 …

後で読む
スポーツ報知

スポーツクライミングのリードジャパンカップは9日、岩手県営スポーツクライミング競技場で開幕。男子の予選で東京五輪代表の楢崎智亜(24)=TEAM au=がトップ通過し、10日の準決勝進出を決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は、広島に5-1で勝利した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は9日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(9日、甲子園球場) 阪神・大山悠輔内野手から八回に今季10号ソロが飛び出した。終盤に大きな1点を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(9日、マツダスタジアム) 阪神のガンケルが2番手で登板。1点リードで迎えた七回から2回を1安打無失点。リリーフ転向後初のイニングまたぎで7試合連続無失点の安定感を披露した。

後で読む
デイリースポーツ

「広島1-5阪神」(9日、甲子園球場) 負ければ5位転落となる一戦を阪神が制した。先発の秋山が6回1安打1失点と好投し4勝目を挙げた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天0-5ソフトバンク、12回戦、6勝6敗、9日、楽天生命)ソフトバンクが同率首位に並んだ。六回に暴投で1点を先制。八回は柳田のソロで加点、九回に甲斐の3ランで突き放した。先発の笠谷が3回無失点。4回無失点の2番手板東が2勝目を挙げた。楽天は零敗を喫した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は9日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト0-4DeNA、9回戦、DeNA5勝3敗1分、9日、神宮)DeNAがヤクルトに競り勝ち、2連勝。首位・巨人とのゲーム差を「2・5」に縮めた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天0-5ソフトバンク、12回戦、6勝6敗、9日、楽天生命)リーグトップの241得点を誇る打線が継投にかわされた。楽天は開幕3戦目の6月21日以来、今季2度目の零敗。痛恨だったのは0-0の五回だ。無死一、三塁で足立がスクイズを失敗し、捕邪飛に倒れる。後続も2者連続三振に終わって流れを手放した。

後で読む
デイリースポーツ

明治安田J1第9節最終日(9日・ヤンマースタジアム長居ほか=2試合)前節2位のC大阪はFC東京と0-0で引き分け、勝ち点18で3位に後退した。4戦勝利のないFC東京は同15。広島は浅野のゴールで湘南に1-0で競り勝った。湘南は3連敗。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトは三塁を踏むことができず、今季4度目の完封負け。4日ぶりに勝率5割に逆戻りした。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト0-4DeNA」(9日、神宮球場) DeNA先発・平良が7回無失点の好投で、防御率リーグトップに躍り出た。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天0-5ソフトバンク」(9日、楽天生命パーク宮城) ソフトバンクが先発の笠谷から板東-モイネロ-森と無失点リレーでつなぎ、同率首位で楽天と並んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト0-4DeNA」(9日、神宮球場) DeNAは先発の平良が7回無失点と素晴らしい投球で3勝目を挙げた。初回に倉本が放った1号満塁本塁打による4得点を、そのまま守っての勝利だった。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが同率首位に並んだ。六回に暴投で1点を先制。八回は柳田のソロで加点、九回に甲斐の3ランで突き放した。先発の笠谷が3回無失点。4回無失点の2番手板東が2勝目を挙げた。楽天は零敗を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは一回に倉本の自身初の満塁本塁打で4点を奪った。平良は7回4安打無失点で6三振を奪い、7月5日以来の3勝目を挙げた。ヤクルトは打線が振るわず零敗を喫し勝率5割に転落。山中は4回4失点で今季初黒星を喫した。

後で読む
東京スポーツ

あと一歩で巨人3連戦の〝スイープ〟に失敗した。チャンスにもう一本が出ず、9日の巨人戦(ナゴヤドーム)は2―2の引き分け。初先発で7回途中2失点と好投したヤリエル・ロドリゲス投手(23)に来日初勝利を…

後で読む
東京スポーツ

〝カメの壁〟をぶち破れ! 巨人・原辰徳監督が9日、若き1番打者候補たちにカツを入れた。  この日の中日戦(ナゴヤドーム)は、コロナ特例によって延長10回で2―2のまま引き分け。主力の坂本や丸をはじめ、…

後で読む
東京スポーツ

阪神・秋山拓己投手(29)が9日の広島戦に先発登板。負ければチームは5位転落という窮地で、6回1安打1失点の力投を披露し、勝ち投手の権利を得たままマウンドを降りた。  変化球を効果的に織り交ぜながら…

後で読む
東京スポーツ

巨人が初の「オープナー」で守り切った。9日の中日戦(ナゴヤドーム)は延長戦の末、2―2で引き分けた。打線が低調とあってロースコアの厳しい戦いだったが、それをしのいだのは、チームが誇る鉄壁の中継ぎ陣だ…

後で読む
東京スポーツ

3度目の対決も結果は変わらなかった。  DeNAのエドウィン・エスコバー投手(28)が9日のヤクルト戦(神宮)で、4―0の9回に登場。従兄のアルシデス・エスコバー内野手(33)を先頭で迎え、今季3度…

後で読む
スポーツニッポン

【CHECK! 牛島和彦】中日・ロドリゲスは150キロを超える真っすぐと、落差の大きい縦のスライダーのコンビネーションが威力十分だった。特にスライダーは左打者の膝元へ決まっていた。一番の武器と言えるだろう。

後で読む
スポーツニッポン

ソフトバンクが楽天を5―0で下し同率首位再浮上。笠谷、板東、モイネロ、森の完封リレーで楽天打線を3安打に封じた。2番手の板東が4回2安打無失点の好投で2勝目。板東は6日の楽天戦でも2番手として登板し3回1安打無失点でプロ初勝利を飾っており、首位攻防6連戦で貴重な2勝を挙げる活躍を見せた。打線も柳田の12号ソロ、甲斐の4号3ランなどで6安打5得点と効率よく援護点を奪った。

後で読む
スポーツニッポン

巨人のゼラス・ウィーラー内野手(33)が、反撃ののろしを上げる適時二塁打を放った。

後で読む
スポーツニッポン

打った瞬間だった。4番・大山が8回に2戦連続となる一発を放ち、貴重な追加点を挙げた。

後で読む
スポーツニッポン

首位・楽天は2位ソフトバンクに0―5で敗れ連勝が2でストップ。再びゲーム差なしでソフトバンクに並ばれた。先発の福井は5回2/3を2安打1失点と好投も援護なく今季初黒星。打線はわずか3安打で好機も生かせず完封リレーを許した。

後で読む
東京スポーツ

J1第9節広島―湘南戦が9日、エディオンスタジアム広島で行われ、虎の子の1点を守り切った広島が1―0で湘南を下し、勝ち点3を手にした。  序盤から試合を優位に進めた広島は前半46分、MFハイネル(2…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天0-5ソフトバンク、12回戦、6勝6敗、9日、楽天生命)ソフトバンクが同率首位に並んだ。六回に暴投で1点を先制。八回は柳田のソロで加点、九回に甲斐の3ランで突き放した。先発の笠谷が3回無失点。4回無失点の2番手板東が2勝目を挙げた。森が11セーブ目。楽天は零敗を喫した。

後で読む
サンケイスポーツ

J2金沢は9日、MF金子が「右外傷性距骨軟骨損傷で全治4~6週間」と診断されたと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J3第9節第2日(9日、ソユースタジアムほか=6試合)首位の秋田は2位熊本を2-1で振り切り、開幕からの連勝を9に伸ばした。鳥取は八戸に0-1で敗れ、熊本とともに勝ち点は19のまま。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(9日、マツダスタジアム) 阪神の先発・秋山が6回1安打1失点と好投した。

後で読む
日刊スポーツ

藤枝MYFCはアウェーでFC今治と戦い、1-1で引き分けた。前半に先制されたが、後半14分にゴール前の混戦から、MF谷沢達也(35=静岡学園高出身)が今季初得…

後で読む
サンケイスポーツ

ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、ユベントス新指揮官に就任した“盟友”アンドレア・ピルロ氏にアドバイスを送っている。

後で読む
日刊スポーツ

長崎県出身のサッカー日本代表主将で、今季はセリエAのサンプドリアでプレーしたDF吉田麻也(31)が9日、自身のSNSで、故郷・長崎が迎えた「原爆の日」にメッセ…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪世代となるサンフレッチェ広島GK大迫敬介が2試合連続完封劇で存在感を示した。日本代表の下田GKコーチが視察する中、前節の横浜FC戦に続き、無失点で抑え…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪世代5選手が先発出場した湘南ベルマーレは、ゴールが遠かった。1月のU-23アジア選手権のメンバーだったGK谷、MF斉藤をはじめ、MF鈴木、MF金子、F…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト-DeNA、9回戦、9日、神宮)DeNAの倉本がプロ6年目で初の満塁本塁打を放った。0-0の一回2死で下手投げの山中に対し、フルカウントから121キロの球を思い切りよく振り抜くと、打球は右翼席への2年ぶりの本塁打となった。右手でガッツポーズしながらダイヤモンドを一周し「最高。集中して打席に立てた。後ろにつなぐ気持ちだった」と興奮気味に振り返った。

後で読む
スポーツ報知

巨人のドラフト4位ルーキー・井上温大(はると)投手(19)が先発し、4回2/3を投げて6安打4失点だった。

後で読む
デイリースポーツ

10日に甲子園球場で開幕する「2020年甲子園高校野球交流試合」を前に、プロ野球選手が球児にエールを送った。石川・星稜高のエースとして昨夏の甲子園大会で準優勝したヤクルトの奥川恭伸投手は「昨夏の決勝の再戦となる履正社戦が決まってびっくりした。精いっぱい戦って」と期待した。 大阪・履正社高出身のロッテの安田尚憲内野手は「3年生は特に大変なことや、つらいことがあったと思う。いい思い出になるように」と願った。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの影響で中断していたスポーツクライミングの国内大会が盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で再開された。9日に始まったリードのジャパンカップは感染者が少ない岩手県での開催ということもあり、日本協会の幹部は「感染者を出すわけにはいかない」と警戒を強めている。 この大会は3月に埼玉県の加須市民体育館で開催予定だったが、ウイルスの感染拡大を受けて延期に。会場も屋外が好ましいとして変更になった。大勢の選手が同時に会場に集まるのを避けるため、昨年より1日多い3日間の日程にし、無観客で実施。登る際に安全を確保するロープは選手各自が用意した。

後で読む
デイリースポーツ

来年に延期された東京五輪のメダル候補、競泳男子の松元克央(セントラルスポーツ)が9日、千葉県国際総合水泳場で行われた競技会で得意の200メートル自由形を1分46秒69で制した。200メートルのレースは2月以来約半年ぶりだったが「悪くなく、安心した。ずっと頑張ってきたので実力は落ちていない」と納得の表情を浮かべた。 昨夏の世界選手権で日本記録をマークし銀メダルに輝いた種目だが、泳ぐ前は「すごく怖かった」という。かなり抑えて入った前半を折り返してからペースアップ。後半100メートルは54秒28と約1年前に出した日本記録よりも速いラップタイムでまとめた。

後で読む
デイリースポーツ

高校野球の今夏の甲子園大会、地方大会の中止を受けて都道府県高野連が独自に開催する代替大会は9日、各地で行われ、石川の決勝は甲子園交流試合出場校同士の対決となり、日本航空石川が星稜に2-1で競り勝って優勝した。 南北海道は札幌第一、三重はいなべ総合、広島は広島商、愛媛は松山聖陵がそれぞれ優勝した。

後で読む
デイリースポーツ

東北6県の高校野球独自大会優勝校による東北大会が9日、宮城・石巻市民球場で開幕した。1試合が雨天ノーゲームとなったが甲子園の交流試合に出場する鶴岡東(山形)が青森山田(青森)に4-1で勝ち、準決勝に進んだ。 新型コロナウイルス感染防止対策として、3年生部員の保護者と控え部員のみがスタンドで観戦。マスクを着用し、全力プレーには拍手を送った。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルト・山中浩史投手(34)が今季2度目の先発で4回4失点で降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天-ソフトバンク」(9日、楽天生命パーク宮城) 楽天・福井優也投手(32)が今季2度目の先発マウンドに立ち、5回2/3を投げて1失点という内容だった。

後で読む
デイリースポーツ

「中日2-2巨人」(9日、ナゴヤドーム) “サカマル”がそろって4タコに沈み、チームは今季3度目の延長十回引き分け。元木ヘッドコーチは「(両者とも)調子は非常に悪い。この2日間でリフレッシュして、どうにか調子を戻してほしい」と切実に願った。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球東北大会・1回戦、鶴岡東4-1青森山田」(9日、石巻市民球場) 今秋ドラフト候補で最速150キロ右腕の青森山田・小牟田龍宝投手(3年)は、阪神など6球団の視察を受ける中で2被弾し4失点と初戦で姿を消した。しかし、9回を一人で投げ抜いて、毎回の14奪三振。「高校生活の中で一番いいピッチングができた」と納得した表情で最後の夏を終えた。

後で読む
日刊スポーツ

男子200メートル個人メドレーは根岸歩夢(上越正和SS=直江津小6年)が2分23秒17の大会新記録をマークし3連覇を決めた。自身が昨年作った大会記録2分25秒…

後で読む
東京スポーツ

やっぱり好相性? DeNAの倉本寿彦内野手(29)が9日のヤクルト戦(神宮)に「6番・遊撃」で3試合ぶりにスタメン出場。初回二死満塁でいきなり打席が回り、フルカウントでヤクルト・山中から右翼スタンド…

後で読む
東京スポーツ

首位巨人が〝我慢の夏〟を迎えている。3連敗で臨んだ、9日の中日戦(ナゴヤドーム)は延長の末に2―2で今季3度目の引き分け。何とか3タテだけは阻止した。 「今日のチームで2点取ったのが最高なんじゃない…

後で読む
東京スポーツ

今季初勝利はつかめなかった。ヤクルトの山中浩史投手(34)が9日のDeNA戦(神宮)に先発するも今季最短の4回5安打4失点でKOされた。  立ち上がりから波に乗れなかった。初回一死で神里に内野安打、…

後で読む
東京スポーツ

阪神・大山悠輔内野手が9日の広島戦(マツダ)の第2打席で、適時三塁打を放った。  2回に左中間への二塁打を放って先制のホームを踏んだ大山は、3回二死三塁の第2打席でも遠藤の投じたカーブを左方向へ。ス…

後で読む
東京スポーツ

あと一歩で巨人3連戦の〝スイープ〟に失敗した。チャンスにもう一本が出ず、9日の巨人戦(ナゴヤドーム)は2―2の引き分け。初先発で7回途中2失点と好投したヤリエル・ロドリゲス投手(23)に来日初勝利を…

後で読む
スポーツニッポン

阪神・近本がガッツあふれる好プレーでアウトをもぎ取った。3回1死から坂倉が右中間へ放った大飛球をジャンピングキャッチ。勢い余ってそのままフェンスに直撃したが、ボールを落とすことなく2アウト目を奪ってみせた。フェンスにぶつかった直後しばらくは起き上がれなかった近本だが、大事には至らなかったようでその後もプレーを続行。大山のタイムリーで再び勝ち越した直後の守りで好守をみせ、先発・秋山を盛り立てた。

後で読む
スポーツニッポン

高校野球の東北大会が開幕。1回戦で青森山田が鶴岡東(山形)に1―4で敗戦。プロ注目の最速150キロ右腕・小牟田龍宝(3年)は7安打4失点で完投負けを喫し、高校生活を終えた。

後で読む
スポーツニッポン

完璧に捉えた一撃は逆風にも失速することなく右翼スタンド最前列に飛び込んだ。0―0の8回2死、関大北陽の1番・坂本壮梧(3年)は2ボール1ストライクから「狙っていた」チェンジアップを強振。それまで2安打に封じられていた興国の好右腕・浅利太門(3年)の牙城を崩す公式戦初本塁打で14年以来、6年ぶりの夏4強に導いた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム2-1西武、9回戦、日本ハム7勝2敗、9日、札幌D)日本ハムが今季初の4連勝。0-1の一回に大田の適時打で追い付き、三回に中田の適時打で勝ち越した。バーヘイゲンが7回1失点で10三振を奪い4勝目、秋吉は10セーブ目。西武は外崎の本塁打の1点止まりで今季初の4連敗。

後で読む
サンケイスポーツ

プロボクシングで、7月12日の国内興行再開後初の関東での有観客興行が9日、東京・立川市のアリーナ立川立飛で行われた。収容3200人の会場で入場者数を制限し、806人がノンタイトルマッチ6試合を観戦した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日2-2巨人=延長十回規定により引き分け、9回戦、4勝4敗1分、9日、ナゴヤD)巨人の亀井が七回、代打で同点犠飛となる中飛を放った。1点差として、なお1死満塁。内角低めの球を打ち返し「何とかしようという気持ちだけだった。超最低限の打撃です」と振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第9節最終日(9日、広島-湘南、Eスタ)被爆地をホームタウンとして活動する広島が、湘南戦を「ピースマッチ」として開催した。「原爆の日」である6日に最も近いホームゲームでの実施で、2018年8月11日の長崎戦から続いている。

後で読む
スポーツ報知

競泳の男子200メートル自由形で来年の東京五輪の金メダル候補、松元克央(かつひろ、23)=セントラルスポーツ=が同種目に出場し、1分46秒69のタイムだった。自身にとっては2月のきららカップ以来、約

後で読む
スポーツ報知

レジェンドアスリートが子どもと夢を語るオンライントークセッション「ぼくらのスポーツ」が9日、「HALF TIME」の主催で開催された。柔道男子60キロ級五輪3連覇の野村忠宏氏、競泳男子平泳ぎで2大会

後で読む
スポーツ報知

プロボクシングで、首都圏では再開後初めてとなる有観客興行が9日、東京・立川市のアリーナ立川立飛で行われた。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・大山悠輔内野手(25)が9日、広島8回戦(マツダ)の三回に適時三塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(9日、マツダスタジアム) 負ければ5位に転落する試合で、阪神が先制に成功した。広島に2連敗中で、この2戦とも先制を許していた。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(9日、マツダスタジアム) 取られたら、取り返す!阪神が同点に追いつかれた直後の三回の攻撃で、大山が適時三塁打を放ち、勝ち越した。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(9日、マツダスタジアム) 阪神・近本が守備でビッグプレーを見せた。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・小笠原慎之介投手(22)が10日の広島戦(マツダ)で今季初先発する。9日はナゴヤドームでキャッチボールなどをして調整した。

後で読む
サンケイスポーツ

徳島県は9日、30代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同県での感染発表は計58人となった。県やサッカーJ2徳島によると押谷祐樹選手。

後で読む
サンケイスポーツ

リールは9日、U-20イングランド代表MFアンヘル・ゴメスと2025年までの契約を締結したことを発表した。2020-21シーズンはポルトガルのボアヴィスタへレンタル移籍される。

後で読む
サンケイスポーツ

東北6県の高校野球独自大会優勝校による東北大会が9日、宮城・石巻市民球場で開幕した。1試合が雨天ノーゲームとなったが甲子園の交流試合に出場する鶴岡東(山形)が青森山田(青森)に4-1で勝ち、準決勝に進んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)は9日、20代の審判員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1軍戦の経験はないという。審判員の感染は初めて。

後で読む
サンケイスポーツ

広島・羽月隆太郎内野手(20)が9日、阪神8回戦(マツダ)前の練習に参加。アップ前の野手ミーティングではコーチのギャク指令に応える形で女優、剛力彩芽(27)の「友達より大事な人」を口ずさみ、キレのあるプロペラダンスを披露して笑いを誘った。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNA・武藤祐太投手(31)が、10日の阪神戦(横浜)に先発する。今季救援で5試合に登板しており、ラミレス監督は詳細を明かさなかったが“ブルペンデー”となる見込みだ。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルト・村上宗隆内野手(20)が自身の連続試合出塁を38に伸ばし、球団単独3位に躍り出た。

後で読む
スポーツ報知

西武が、3戦連続の1点差負けで、今季最長の4連敗を喫した。4年ぶりに借金を5とし、辻監督が就任後、最多となった。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの中田翔内野手(31)が、4番の仕事でチームを今季初の4連勝に導いた。同点の3回1死二塁。甘く入ったカットボールを捉えると、ライナー性の打球は三塁手の頭上を鋭く越えて決勝の適時打に。「とにか

後で読む
スポーツ報知

DeNAの武藤祐太投手(31)が、10日の阪神戦(横浜)で5年ぶりの先発マウンドに立つ。今季は中継ぎで5試合に登板している右腕。先発は中日に所属していた2015年6月27日の広島戦(マツダ)以来とな

後で読む
スポーツ報知

DeNAが初回に倉本寿彦内野手(29)の今季1号満塁本塁打で4点を先取した。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球大阪大会・準々決勝、履正社11ー2信太」(9日、豊中ローズ球場) 履正社がコールド勝ちを収め、大阪大会最終日となる10日に大阪桐蔭と対戦することが決まった。この日は5回戦で5番を打ったプロ注目の履正社の主将・関本勇輔捕手(3年)が「4番・捕手」で出場して2安打1打点で勝利に貢献した。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)は9日、20代の審判員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1軍戦の経験はないという。審判員の感染は初めて。 NPBによると、1日に知人が別の感染者の濃厚接触者と判定されたため、2日から試合を外れ自宅待機していた。3日に微熱やせき、喉の痛みなどの症状が出て、7日にPCR検査を受け陽性となった。

後で読む
東京スポーツ

ヤクルトの球団マスコット・つば九郎がプロレス愛を炸裂させた。  9日のDeNA戦(神宮)の試合前のスケッチブック芸でこの日の先発・山中浩史(34)と「なんどか いっしょに しんにちをみにいくなかです…

後で読む
スポーツニッポン

同一カード3連敗阻止へ、阪神がこのカード初めて先制に成功した。

後で読む
スポーツニッポン

中日は来日初登板初先発となったロドリゲスを打線が援護できず、今季4度目の引き分けとなった。

後で読む
スポーツニッポン

先発を託された阪神・秋山は援護をもらった直後の2回に同点を許した。

後で読む
スポーツニッポン

阪神は同点に追いつかれた直後の3回に4番・大山の一打で勝ち越しに成功した。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏の第102回全国高校野球選手権大会とその出場権を懸けた地方大会が全て中止になったことを受け、都道府県高野連が独自に開催する代替大会は9日、南北海道、三重、石川、広島、愛媛で決勝が行われた。

後で読む
サンケイスポーツ

来年に延期された東京五輪のメダル候補、競泳男子の松元克央(セントラルスポーツ)が9日、千葉県国際総合水泳場で行われた競技会で得意の200メートル自由形を1分46秒69で制した。200メートルのレースは2月以来約半年ぶりだったが「悪くなく、安心した。ずっと頑張ってきたので実力は落ちていない」と納得の表情を浮かべた。

後で読む
サンケイスポーツ

中日のダヤン・ビシエド内野手(31)が9日、巨人9回戦(ナゴヤドーム)に「4番・一塁」で出場。四回の第2打席で左前打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・根尾昂内野手(20)が9日、巨人9回戦(ナゴヤドーム)の延長十回2死で代打の代打として出場。結果は空振り三振で最後の打者となった。

後で読む
サンケイスポーツ

中日のアリエル・マルティネス捕手(24)が9日、巨人9回戦(ナゴヤドーム)の延長十回2死走者なしの場面で代打で登場。初球をフルスイングしたあと、交代した。

後で読む
サンケイスポーツ

10日に甲子園球場で開幕する「2020年甲子園高校野球交流試合」を前に、プロ野球選手が球児にエールを送った。石川・星稜高のエースとして昨夏の甲子園大会で準優勝したヤクルトの奥川恭伸投手は「昨夏の決勝の再戦となる履正社戦が決まってびっくりした。去年の負けた試合に出ていた選手も残っているので、精いっぱい戦って」と期待した。

後で読む
東京スポーツ

日本身体障がい者水泳連盟は9日までに、11月7、8日に宮城・セントラルスポーツ宮城G21プールで予定していた日本選手権の延期と会場の変更を発表した。  参加条件などは12月をメドに明らかにするとして…

後で読む
東京スポーツ

競泳男子200メートル自由形で日本記録保持者の松元克央(23=セントラルスポーツ)が9日、公認記録会(千葉・国際総合水泳場)に出場し、1分46秒69をマークした。  松元にとってこの日のレースは「久…

後で読む
東京スポーツ

競泳男子200メートル自由形で日本記録保持者の松元克央(23=セントラルスポーツ)が9日、公認記録会(千葉・国際総合水泳場)に出場し、1分46秒69をマークした。  松元にとってこの日のレースは「久…

後で読む
東京スポーツ

競泳男子200メートル自由形で日本記録保持者の松元克央(23=セントラルスポーツ)が9日、公認記録会(千葉・国際総合水泳場)に出場し、1分46秒69をマークした。  松元にとってこの日のレースは「久…

後で読む
デイリースポーツ

アマチュアを統括する日本ボクシング連盟が女子の普及や知名度向上を目指し、お笑いコンビ、南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代さんに女子の強化委員就任を要請したことが9日、関係者の話で分かった。山崎さん側は検討段階という。 山崎さんはミドル級で2012年ロンドン五輪出場を狙い、話題になった。五輪出場はかなわず、15年に引退を表明した。東京五輪ではフライ級の並木月海(自衛隊)、フェザー級の入江聖奈(日体大)が日本女子初の出場を決めている。

後で読む
デイリースポーツ

「RIZIN.22」(9日、ぴあアリーナMM) 新型コロナウイルス感染拡大の影響により2月22日を最後に大会を自粛していたRIZINが約6カ月ぶりに再開。MMAルール(肘あり)61キロ契約5分3回戦で、元レスリング世界女王で格闘家の山本美憂の長男、アーセン(23)=KRAZY BEE SPIKE22=は加藤ケンジ(29)=K.O.SHOOTO GYM/3POUND=に1回KOで敗れた。

後で読む
デイリースポーツ

「RIZIN.22」(9日、ぴあアリーナMM) 新型コロナウイルス感染拡大の影響により2月22日を最後に大会を自粛していたRIZINが約6カ月ぶりに再開。キックボクシングルール56キロ契約3分3回戦で、キックボクシングのWKBA世界スーパーバンタム級王者の江幡塁(29)=伊原道場=がシュートボクシング日本同級王者の植山征紀(24)=龍生塾ファントム道場=を3-0の判定で破り、RIZIN2戦目で初勝利を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

「RIZIN.22」(9日、ぴあアリーナMM) 新型コロナウイルス感染拡大の影響により2月22日を最後に大会を自粛していたRIZINが約6カ月ぶりに再開した。

後で読む
デイリースポーツ

「総合格闘技・RIZIN」(9日、ぴあアリーナMM) 女子MMAルール(肘あり)49キロ契約5分3回戦で、17年RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント覇者の浅倉カンナ(22)=パラエストラ松戸=が古瀬美月(19)=Y&K MMA ACADEMY=に1回1分35秒TKO勝ちした。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日2-2巨人=延長十回規定により引き分け、9回戦、4勝4敗1分、9日、ナゴヤD)首位・巨人と最下位・中日の一戦は延長を戦い抜き、引き分けとなった。巨人は延長十回に2死満塁で代打・中島が空振り三振に倒れ、勝ち越し機を逃した。

後で読む
サンケイスポーツ

福留&糸井が矢面に立つチーム編成には「もうおサラバ」。大山、梅野、近本にさあ高山よ、君らが本物の軸にならないでどうするのか! 矢野阪神は120試合制の今季、40試合を消化した時点で18勝20敗2分の借金2、首位・巨人に6ゲーム差の4位です。開幕後2勝10敗の大惨事から巻き返しましたが、矢野燿大監督(51)が宣言していたリーグVへの勢いは感じられません。どうして?なぜ?優勝をイメージできない戦いが続くのか…。それは若手から中堅の選手たちがチームをグイグイ引っ張る存在感を示さないからです。福留&糸井らベテラン勢を片隅に追いやるような自覚がなければ過酷なペナントレースを勝ち抜けません。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は9日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

中日は9日、巨人9回戦(ナゴヤドーム)で2-2で引き分け。来日初登板のヤリエル・ロドリゲス投手(23)は白星こそ逃したが、6回1/3を2安打2失点と好投した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス0-4ロッテ、12回戦、ロッテ10勝1敗1分、9日、京セラ)ロッテの4番安田が1-0の九回1死満塁で、左翼手のT-岡田の頭上を越える2点二塁打を放った。1ボール2ストライクから、左投手の山田の外角直球を捉え「何とか一本出したかった。バットに当てたら何かあると思って、必死に食らい付いていった」と貴重な追加点を喜んだ。

後で読む
東京スポーツ

女子プロレス「スターダム」9日後楽園ホール大会の「5★STAR GP」レッドスターズ公式戦で、ひめか(23)がワンダー王者・ジュリア(26)との「ドンナ・デル・モンド」同門対決を制し開幕2連勝を飾っ…

後で読む
東京スポーツ

ボランティアレスラーの邪道・大仁田厚(62)が9日、ツイッターで故郷・長崎の原爆の日について思いをつづった。  大仁田は「#私は原爆被爆者二世」のハッシュタグで「75年前の8月9日11時2分長崎に原…

後で読む
東京スポーツ

女子プロレス「スターダム」9日後楽園ホール大会の「5★STAR GP」ブルースターズ公式戦で、朱里(31)がジャングル叫女(29)を下し連勝発進を飾った。  序盤から得意の打撃と関節技で試合の主導権…

後で読む
スポーツニッポン

下肢障がいの選手が対象のパラカヌーで、東京パラリンピック内定の女子・瀬立モニカ(22=江東区協会)が9日、石川県小松市の木場潟カヌー競技場で行われたイベントに出場した。昨年9月に実施された東京パラのテスト大会以来で、今季初の実戦形式となる。「久しぶりのレースですごく楽しかった」と笑顔を見せた。この日は男子選手2人と直線200メートルのコースを競い、59秒85の1着でゴール。来月、同会場で行われ…

後で読む
スポーツ報知

巨人は中日と対戦し、2―2の引き分けに終わった。この日は「オープナー」として宮国が17年9月5日の中日戦(松本)以来の先発マウンドに上がるも、初回に阿部に2ランを被弾。それでも7人のリリーフ陣が無失

後で読む
スポーツニッポン

昨夏の競泳世界選手権の男子200メートル自由形銀メダルの松元克央(23=セントラルスポーツ)が8日、オンライン取材に応じ「来年、本当に五輪があるのか。ないもののためには頑張れない。できれば絶対に開催すると言ってほしい。開催を信じて頑張るしかない」と来年7月23日開幕予定の東京五輪の開催の確約を熱望した。

後で読む
スポーツ報知

巨人は中日と対戦し、2―2の引き分けに終わった。この日は「オープナー」として宮国が17年9月5日の中日戦(松本)以来の先発マウンドに上がるも、初回に阿部に2ランを被弾。それでも7人のリリーフ陣が無失

後で読む
デイリースポーツ

競泳の松元克央(23)=セントラルスポーツ=が9日、千葉県国際総合水泳場で行われた記録会に出場した。昨夏の世界選手権で銀メダルを獲得した男子200メートル自由形は、1分46秒69とまずまずのタイムをマークした。8日に出場した100メートル自由形は48秒94だった。 約半年ぶりの実戦。「久しぶりの試合で、怖い中で、でも、それなりに練習はできていたので実力を出そうと思った」と振り返り「タイム的にも悪くないし、安心した気持ちが今はある」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップは9日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で開幕して男子予選が行われ、東京五輪代表の楢崎智亜が1位となり、前回優勝の藤井快(ともにTEAM au)、原田海(日新火災)らとともに26人による10日の準決勝に進んだ。 本来は3月に予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で延期され、無観客での実施となった。国内大会が開催されるのは2月以来。女子は10日に競技が始まり、11日に男女の決勝が行われる。

後で読む
デイリースポーツ

自転車トラック種目男子オムニアムの東京五輪代表、橋本英也が9日、トレーニングのため宇都宮市で行われた実業団のロードレース大会に出場した。残り2周で周回遅れとなり、途中棄権。「完走はしないとだめ。ただ、強度のあるレースを走れたのは良かった」と、反省と収穫を口にした。 1日で4種目を走るオムニアムは持久力や瞬発力など総合力が求められる。今年2月の世界選手権は11位で「差は体力だけ」と感じた。国際大会の予定が立たず、国内のロードレースで勾配のある長距離を走り、体力を磨く考えだ。

後で読む
デイリースポーツ

「スポーツクライミング リード・ジャパンカップ第1日」(9日、岩手県営運動公園) リード種目の日本一を決める大会が9日、無観客で開幕した。初日は男子予選が行われ、来夏に延期された東京五輪代表に内定している楢崎智亜(24)=TEAM au=がトップで、10日に行われる準決勝進出を決めた。新型コロナウイルスにより、中止、延期が続いた中、五輪競技の日本選手権レベルの大会が開催されるのはこれが初めて。女子は10日に予選が行われる。

後で読む
デイリースポーツ

アマチュアを統括する日本ボクシング連盟が、女子ボクシングが初めて正式種目となった2012年ロンドン五輪を目指したお笑いコンビ「南海キャンディーズ」のしずちゃん(41、山崎静代)に、女子の強化、広報活動を担う委員への就任を要請していることが9日、明らかになった。同連盟によると、しずちゃんは前向きに検討しているという。 しずちゃんはミドル級でロンドン五輪を狙い、12年5月の世界選手権に出場するなどしたが、五輪出場はかなわなかった。15年に引退後も、女子の普及や底辺拡大に関心を示していた。

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルス感染で開幕から離脱しているマリナーズの平野佳寿投手が、まもなく実戦形式の投球に移行すると、サービス監督が明かした。ここまでキャンプ地アリゾナ…

後で読む
スポーツ報知

楽天は9日、一日一組限定の「1―Day Premium VIP Ticket」の発売を発表した。対象試合は25日から27日までのロッテ3連戦と28日から30日までの西武戦(いずれも楽天生命)で、この

後で読む
スポーツ報知

【DeNAスタメン】

後で読む
スポーツ報知

【阪神スタメン】

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN.22」(9日、神奈川・ぴあアリーナMM)で、吉本興業を退所し現在ユーチューバーとして活動している「雨上がり決死隊」の宮迫博之(50)が〝リングアナウンサーデビュー〟を果た…

後で読む
スポーツ報知

日本野球機構(NPB)は9日、オンライン会見を行い、審判員の一人が新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たことを明らかにした。8月8日にPCR検査を受けて陽性が判明。井原事務局長によると20代の若手

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN.22」(9日、神奈川・ぴあアリーナMM)で、7月18日に急死した俳優・三浦春馬さん(享年30)の幼なじみで親友の江幡塁(29)が、シュートボクシング日本スーパーバンタム級…

後で読む
スポーツ報知

今季未勝利の西武・本田圭佑投手(27)が先発し、6回途中を6安打2失点で今季4敗目を喫した。

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN.22」(9日、神奈川・ぴあアリーナMM)で、「皇治劇場」が繰り広げられ〝キック界の神童〟那須川天心(21)が巻き込まれた。  第5試合終了後、参戦が発表されている元K―1…

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN.22」(9日、神奈川・ぴあアリーナMM)で、2017年の女子スーパーアトム級トーナメント覇者・浅倉カンナ(22)が古瀬美月(19)に力の差を見せつけ圧勝した。  勢いに乗…

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN.22」(9日、神奈川・ぴあアリーナMM)で、前RIZIN女子スーパーアトム級王者の浜崎朱加(38)が、DEEP JEWELSアトム級王者の前澤智(32)に圧巻勝ちした。 …

後で読む
デイリースポーツ

日本野球機構(NPB)は9日、オンラインで会見を開き、NPB審判員1名に新型コロナウイルスの陽性判定が出たことを発表した。 20代の若手審判員で1軍の出場はなく、8月2日から試合出場もしていない。8日にPCR検査で陽性が判明したという。濃厚接触者は調査中だが、現時点で試合日程などへの影響はないとみられる。

後で読む
デイリースポーツ

「中日2-2巨人」(9日、ナゴヤドーム) 巨人は打線に元気なく、今季3度目の引き分けとなった。

後で読む
デイリースポーツ

中日が一回に阿部の2ランで先制し、巨人が七回にウィーラーの適時二塁打、代打亀井の犠飛で追い付いた。その後は互いに決定打を欠いて引き分けた。巨人は8投手の粘りの継投が光った。中日は初登板のロドリゲスの好投が収穫。

後で読む
デイリースポーツ

「中日2-2巨人」(9日、ナゴヤドーム) 中日の根尾が珍しい形で代打出場し、かつこの試合最後の打者となった。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグDeNA・武藤-阪神・岩貞(横浜)

後で読む
日刊スポーツ

日本ボクシング連盟が女子の普及や知名度向上を目指し、お笑いコンビ、南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代(41)に女子強化委員、普及委員への就任を要請…

後で読む
日刊スポーツ

競泳男子の松元克央(23=セントラルスポーツ)が9日、千葉県内で記録会に出場した。昨夏世界選手権で銀メダルを獲得した200メートル自由形で1分46秒69の1着…

後で読む
日刊スポーツ

スポーツビジネスのPRなどを手がける「HALF TIME」が9日、オンラインイベントを開催した。競泳五輪2大会連続2冠の北島康介氏(37)、柔道五輪3連覇野村…

後で読む
スポーツニッポン

連敗を喫し、5位の広島にゲーム差なしに迫られた阪神。同一カード3連敗、そして5位転落を阻止すべく秋山が7月28日ヤクルト戦以来の先発マウンドに上がる。試合開始は18時予定。

後で読む
スポーツニッポン

首位巨人は延長10回の末、中日と2―2で引き分けた。巨人は今季3度目、中日は4度目の引き分けとなった。

後で読む
スポーツニッポン

3連勝で今カードを10勝1敗1分けとしたロッテ・井口監督は「やっぱり連勝は大きいし、中村稔もしっかりとゲームをつくってくれた」と振り返った。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテの2年目左腕・中村稔が6回1安打無失点で今季初勝利を飾った。

後で読む
サンケイスポーツ

自転車トラック種目男子オムニアムの東京五輪代表、橋本英也(日本競輪選手会)が9日、トレーニングのため宇都宮市で行われた実業団のロードレース大会に出場した。残り2周で周回遅れとなり、途中棄権。「完走はしないとだめ。ただ、強度のあるレースを走れたのは良かった」と、反省と収穫を口にした。

後で読む
サンケイスポーツ

スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップは9日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で開幕して男子予選が行われ、東京五輪代表の楢崎智亜が1位となり、前回優勝の藤井快(ともにTEAM au)、原田海(日新火災)らとともに26人による10日の準決勝に進んだ。

後で読む
スポーツ報知

卓球女子で東京五輪代表の石川佳純(27)=全農=が、10日午後7時半からNHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」で特集される。「進化し続ける女王、石川佳純 1000日の記録」をテーマに昨年の東京

後で読む
スポーツ報知

日本学生卓球連盟は9日、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、10月21~25日に開催予定だった「第90回全日本大学総合選手権・団体の部(インカレ)」と「第87回 全日本大学総合選手権・個人の部(

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(9日、マツダスタジアム) 阪神は今日敗れると7月16日以来となる5位転落、今季5度目の3連敗、今季3度目の同一カード3連敗となる。何とか踏みとどまりたい一戦だ。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム2-1西武、9回戦、日本ハム7勝2敗、9日、札幌D)西武は今季初の4連敗を喫した。一回に外崎のソロで先制したが、得点はこれだけ。バーヘイゲンに散発5安打に抑えられた。3試合続けて1点差で敗れ、辻監督は「1点差だから悔しいのは悔しい。やっぱりなかなかいい投手は打てない」とため息をついた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は9日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
スポーツ報知

【ソフトバンクスタメン】

後で読む
スポーツ報知

 来日初登板初先発のヤリエル・ロドリゲス投手(23)が、巨人打線を6回までノーヒットに抑えるなど6回1/3を2安打1失点、8奪三振3四死球、2失点。初登板初勝利はならなかったが、デビュー戦としては合

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球広島大会・決勝、広島商9-1広陵」(9日、鶴岡一人記念球場) 広島商が広陵に9対1で大勝し、夏“連覇”を果たした。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス0-4ロッテ」(9日、京セラドーム大阪) オリックスは先発のアルバースが7回2安打1失点の好投も4番・ジョーンズを右かかと違和感で欠いた打線が散発3安打で完封負けに終わった。

後で読む
東京スポーツ

日本ハムが9日の西武戦(札幌ドーム)に2―1で勝利し、今季初の4連勝。投げては先発のドリュー・バーヘイゲン投手(29)が7回1失点の好投で、4勝目をあげた。  初回に外崎にソロ弾を浴びたバーヘイゲン…

後で読む
東京スポーツ

不振に陥っているソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手(36)が、9日の楽天戦(楽天生命パーク)でスタメンから外れた。今カード2度目となった。  現在の成績は打率1割8分8厘、8本塁打、2…

後で読む
スポーツニッポン

先発・本田は5回2/3を6安打2失点。粘って試合は作ったが4敗目を喫し「調子自体は正直良くなかった」と悔しがった。

後で読む
スポーツニッポン

今季から主将を務める西武・源田は「我慢」を強調した。

後で読む
スポーツニッポン

一発が出れば同点となる1点差の9回2死。4番・山川に代打が送られた。

後で読む
スポーツニッポン

関東近県学童野球大会の決勝戦が9日、柏市内の手賀の丘公園野球場で行われ、豊上ジュニアーズ(柏市)と磯辺シャークス(千葉市)が対戦。延長8回タイブレーク(無死一、二塁)の末、豊上ジュニアーズが3―2でサヨナラ勝ちし頂点に立った。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏の第102回全国高校野球選手権大会とその出場権を懸けた地方大会が全て中止になったことを受け、都道府県高野連が独自に開催する代替大会は9日、三重、石川、愛媛で決勝が行われた。

後で読む
サンケイスポーツ

陸上の男子3000メートル障害で2016年リオデジャネイロ五輪覇者のコンセスラス・キプルト(ケニア)が新型コロナウイルスの検査で陽性となり、14日のダイヤモンドリーグ今季第1戦(モナコ)を欠場することになった。9日、ロイター通信が報じた。自身のインスタグラムに「症状はなく、状態は良かった。世界記録を狙っていた」とつづった。

後で読む
サンケイスポーツ

今月3日に育成から支配下登録された中日の新助っ人右腕のヤリエル・ロドリゲス投手(23)が9日、巨人9回戦(ナゴヤドーム)で来日初登板。六回まで無安打投球を続けていたが、七回1死で大城に左翼線二塁打を浴び、大記録達成を逃した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム2-1西武、9回戦、日本ハム7勝2敗、9日、札幌D)日本ハムが今季初の4連勝。0-1の一回に大田の適時打で追い付き、三回に中田の適時打で勝ち越した。バーヘイゲンが7回1失点で10三振を奪い4勝目、秋吉は10セーブ目。西武は外崎の本塁打の1点止まりで今季初の4連敗。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス0-4ロッテ、12回戦、ロッテ10勝1敗1分、9日、京セラ)ロッテは四回、マーティンの3試合連続となる11号ソロで先制し、1-0の九回は安田の2点適時二塁打などで3点を加えた。中村稔が6回を1安打無失点で今季初勝利。オリックスは八回1死満塁を生かせず、今季初の借金10。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は9日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

各都道府県高野連が独自に開催する代替大会が9日、各地で行われ、広島大会決勝で広島商が広陵に9-1で勝利。広島の高校野球を引っ張ってきた両校の対決を制し、夏は24度目の優勝を飾った。

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪は9日、DF片山瑛一(28)に第1子(長女)が7日に誕生したことを発表した。J2ファジアーノ岡山から移籍して今季で3年目の片山は、7月8日清水エス…

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽阪神 秋山拓巳投手 ▽ヤクルト 中尾輝投手、今野龍太投手 ▽中日 ロドリゲス投手 【同抹消】 ▽ヤクルト 久保拓真投手

後で読む
スポーツニッポン

男子予選が行われ、来夏の東京五輪代表に決まっている楢崎智亜(24=TEAM au)が首位で10日の準決勝に駒を進めた。

後で読む
スポーツ報知

巨人の巨人のゼラス・ウィーラー内野手(33)が闘志あふれるプレーを見せた。

後で読む
デイリースポーツ

2020年甲子園高校野球交流試合は10日、甲子園球場で開幕する。新型コロナウイルスの感染拡大で中止になった今春の第92回選抜大会に選出された32校が出場、熱戦がスタートする。 開会式は午前9時15分から行われ、第1試合で対戦する大分商と花咲徳栄(埼玉)の2校だけが参加。選手宣誓は大分商の川瀬堅斗主将と花咲徳栄の井上朋也主将が務める。第2試合では明徳義塾(高知)と鳥取城北が顔を合わせる。

後で読む
デイリースポーツ

東京パラリンピックのカヌー代表に内定している女子スプリント・カヤックシングル(運動機能障害KL1)の瀬立モニカが9日、石川県小松市木場潟カヌー競技場で開かれたイベントで200mのレースに出場した。今季初めての実戦形式で「久しぶりにレースをやって、すごい楽しいと思うことができた」と声を弾ませた。 男子の2選手と競い、59秒85の1着でゴール。東京大会に向けて従来より硬くしたシートを初めて試したそうで「向かい風が強かったが、推進力を感じられた」と好感触を口にした。

後で読む
日刊スポーツ

8日(日本時間9日)に行われたヤンキースとのダブルヘッダー(7イニング制)に、2試合ともスタメン出場したレイズ筒香嘉智外野手が、7月31日以来5試合ぶりの打点…

後で読む
日刊スポーツ

右腕屈筋回内筋群を損傷し、今季登板が消滅したエンゼルス大谷翔平投手の投手復帰について、キャロウェー投手コーチが高い期待を寄せた。8日(日本時間9日)、Zoom…

後で読む
スポーツ報知

DeNAは9日、横浜スタジアム近くで運営する飲食店などの複合施設「THE BAYS」内の「CRAFT BEER DINING &9」に勤務するアルバイトスタッフが、新型コロナウイルスの陽性判定を受け

後で読む
スポーツ報知

オリックスのアンドリュー・アルバース投手(34)が、7回2安打1失点と好投した。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球DeNAは9日、横浜スタジアムに隣接する球団運営施設「THE BAYS」の飲食店に勤務するアルバイトスタッフ1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。選手、監督、コーチらとの接触はなく、チームは今後も予定通り活動を続ける。 来店した客や他のスタッフに濃厚接触者はおらず、店舗内の消毒作業も9日午前までに完了し、引き続き営業を続ける。球団によると感染したスタッフは5日に出勤し、6日に発熱して下痢や腹痛の症状を訴えた。7日にPCR検査を受け、8日に陽性が判明した。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球大阪大会・準々決勝、大阪桐蔭15-1香里丘」(9日、豊中ローズ球場) 大阪桐蔭が香里丘を圧倒し、最終戦となる明日の準決勝へ駒を進めた。今秋ドラフト候補でプロ挑戦を公言している西野力矢内野手(3年)が、3ランを含む3打数2安打3打点と躍動。今大会は納得のいかない結果が続いていたが、「やっと自分のスイングができました」と安どした。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス0-4ロッテ」(9日、京セラドーム大阪) オリックスが3連敗。12球団では今季初めて借金10となってしまった。昨年の51試合目より7試合早い、44試合目での二桁借金となった。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムが今季初の4連勝。0-1の一回に大田の適時打で追い付き、三回に中田の適時打で勝ち越した。バーヘイゲンが7回1失点で10三振を奪い4勝目、秋吉は10セーブ目。西武は外崎の本塁打の1点止まりで今季初の4連敗。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは四回、マーティンの3試合連続となる11号ソロで先制し、1-0の九回は安田の2点適時二塁打などで3点を加えた。中村稔が6回を1安打無失点で今季初勝利。オリックスは八回1死満塁を生かせず、今季初の借金10。

後で読む
デイリースポーツ

 女子ゴルフで世界ランキング5位の畑岡奈紗が9日、成田空港から今季メジャー初戦となるAIG全英女子オープン(20日開幕)などが行われる英国へ向けて出発した。マネジメント会社を通じ「米ツアーでプレーできることをずっと心待ちにしていました。体調管理に気をつけて戦います」と意気込みを表した。 英国で13日開幕のスコットランド・オープンに出場し、翌週の全英に備える。全英2連覇を狙う渋野日向子も同様の日程。

後で読む
日刊スポーツ

日本身体障がい者水泳連盟は9日までに、第37回日本パラ競泳選手権を延期し、会場を変更して開催すると発表した。11月7、8日に宮城県のセントラルスポーツ宮城G2…

後で読む
スポーツニッポン

DeNA球団の店舗スタッフが新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと9日発表した。

後で読む
スポーツニッポン

今秋ドラフト候補の大阪桐蔭・西野力矢内野手(3年)が“友情弾”で最終戦となる準決勝に向け、最高の形で弾みを付けた。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏の第102回全国高校野球選手権大会とその出場権を懸けた地方大会が全て中止になったことを受け、都道府県高野連が独自に開催する代替大会は9日、三重、石川で決勝が行われた。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのJ2徳島は9日、押谷祐樹選手(30)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。クラブ内では2人目。 徳島では別の1選手の感染が判明したため、6日にトップチームの選手やスタッフを対象にPCR検査を実施。押谷選手は再検査となり、8日に陽性判定を受けた。発熱などの症状がみられ、今後は経過観察を行う見込み。感染経路は不明という。

後で読む
サンケイスポーツ

全米プロ選手権第3日(8日、米カリフォルニア州サンフランシスコ、TPCハーディング・パーク=7251ヤード、パー70)ウッズは2バーディー、4ボギーで44位から59位に後退。メジャー16勝目は絶望的となった。「とても残念だ。次の(米ツアーの)プレーオフ、(9月の)全米オープンに向けて(最終日は)大事な一日。アンダーパーで大会を終えたい」と気持ちを切り替えた。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのJ2徳島は9日、押谷祐樹選手(30)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。クラブ内では2人目。

後で読む
サンケイスポーツ

全米プロ選手権第3日(8日、米カリフォルニア州サンフランシスコ、TPCハーディング・パーク=7251ヤード、パー70)1958年から72ホールのストロークプレーで争われている全米プロ選手権で、最終日の逆転劇としては7打差が最大。78年に5位から66で回ったジョン・マハフィーがプレーオフでトム・ワトソン(ともに米国)らに競り勝った。

後で読む
サンケイスポーツ

10日に甲子園球場で開幕する2020年甲子園高校野球交流試合は、当初発表された実施要項案では「九回同点の場合は、延長せず、引き分けとする」と明記されていたが、延長十回からタイブレークを採用することに変更された。無死一、二塁から継続打順で開始し、試合の決着がつくまで繰り返される。

後で読む
サンケイスポーツ

ツインズは前田の次回登板が敵地で12日午後6時10分(日本時間13日午前8時10分)開始予定のブルワーズ戦の見通しと公表した。前回登板は救援陣がリードを守れず、3連勝を逃したが、開幕から3戦全てで3失点以下と安定感を見せている。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球DeNAは9日、横浜スタジアムに隣接する球団運営施設「THE BAYS」の飲食店に勤務するアルバイトスタッフ1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。選手、監督、コーチらとの接触はなく、チームは今後も予定通り活動を続ける。

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルスの集団感染が起きた米大リーグ、カージナルスが主催予定だった10日のパイレーツ戦が延期になったと8日、スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。カージナルスの試合は先月29日を最後に見合わせられている。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天は9日、今シーズンから初登場の一日一組限定の「1-Day Premium VIP Ticket」(税別50万円、最大5人)を販売すると発表した。

後で読む
スポーツ報知

中日・阿部寿樹内野手(30)が初回、得意の右方向へ先制2ランを放った。1死から、四球の大島を一塁に置いて、巨人先発の宮国のストレートを流し打ち。右翼ポール際へ4号2ラン。7日の同カードでのダメ押し弾

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球DeNAは9日、同社が運営する店舗スタッフが新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表した。スタッフは5日に勤務し、翌6日に37・8度の発熱。7日にPCR検査を受け、8日に陽性判定を受けたという。勤務先は球場外の店舗。球場への出入りはなく、チームは予定通りに活動を継続する。 陽性判定後、球団は保健所との連携を進め、他の店舗スタッフや来店客など、濃厚接触者はいないことも確認済み。9日午前9時までに店舗内の消毒も完了したという。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球埼玉大会・1回戦、埼玉栄13-0大宮」(9日、大宮公園) 埼玉栄が14安打13得点の六回コールドで快勝した。1番・加藤真浩外野手(3年)が2本塁打を含む4安打7打点の活躍を見せた。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球愛媛大会・決勝、松山聖陵13-5宇和島東」(9日、坊ちゃんスタジアム) 松山聖陵が愛媛県の頂点に立った。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-巨人」(9日、ナゴヤドーム) オープナーとして3年ぶりに先発した巨人・宮国が2回2安打2失点で仕事を果たせず、マウンドを降りた。

後で読む
スポーツニッポン

西武の主砲・山川にヒヤリとするシーンがあった。

後で読む
スポーツニッポン

広瀬アリスに似ているとファンの間で評判になっているロッテ・マーティンが3戦連発となる先制11号ソロを右中間スタンドへ運んだ。

後で読む
スポーツニッポン

先月26日から母校・常総学院を指導する島田直也監督(50)が9日、同校グラウンドで日本ハム時代に「SSコンビ」と称された芝草宇宙監督(50)率いる帝京長岡(新潟)と練習試合を行った。

後で読む
スポーツニッポン

楽天は、本拠地・楽天生命パークで開催する8月25~27日のロッテ戦と同28~30日の西武戦で、各試合1組限定の特別チケット「1―Day Premium VIP Ticket」を販売すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

武豊騎手(51)=栗東・フリー=は9日、札幌7RのドゥラモットでJRA通算4200勝を達成した。1987年3月1日の初騎乗(阪神4Rアグネスディクター2着)から2万2487戦目。重賞はGI77勝を含む340勝。

後で読む
サンケイスポーツ

3試合連発! ロッテのレオニス・マーティン外野手(32)が9日、オリックス戦(京セラ)の第2打席で3試合連続本塁打となる今季11号先制ソロ弾を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、広島-阪神」(9日、由宇球場) 先発した阪神のドラフト1位・西純(創志学園)が3回4安打1失点。

後で読む
東京スポーツ

【カリフォルニア州サンフランシスコ8日(日本時間9日)発】ゴルフの「全米プロ」3日目(TPCハーディングパーク=パー70)、44位から巻き返しを狙ったタイガー・ウッズ(44=米国)は72とスコアを落と…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は9日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
東京スポーツ

昭和の「三大ヒール」といえばザ・シーク、アブドーラ・ザ・ブッチャー、タイガー・ジェット・シンの3人で異論はないだろう。  個人的に、故シークさんはどことなく不気味な雰囲気で近づき難かった。ブッチャー…

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキースのアーロン・ブーン監督は8日、ジャンカルロ・スタントン外野手が、左ハムストリングを痛めて負傷者リスト(IL)入りする見込みであると明らかにした。ML…

後で読む
スポーツ報知

【巨人スタメン】

後で読む
スポーツ報知

中日・根尾昂内野手(20)が9日の巨人戦で、3試合連続で先発メンバーから外れた。

後で読む
スポーツ報知

西武・外崎修汰内野手(27)が、2号ソロを放ち、先制点をもたらした。

後で読む
スポーツ報知

中日・根尾昂内野手(20)が9日の巨人戦で、3試合連続で先発メンバーから外れた。

後で読む
スポーツ報知

打撃好調のマーティンの一打でロッテが先制点を奪った。試合が動いたのは4回。ここまで両軍無安打無得点だったが、2死からマーティンがオリックスの先発・アルバースの変化球を完璧に仕留めた。快音とともに打球

後で読む
東京スポーツ

東京五輪の空手組手男子75キロ級でメダル獲得が期待される西村拳(24=チャンプ)が8日、自身のインスタグラムを更新し、来夏に延期された東京五輪への意気込みを示した。  本番が行われる日本武道館をバッ…

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ロッテ」(9日、京セラドーム大阪) ロッテのレオネス・マーティン外野手が3試合連続アーチを放って絶好調ぶりを見せつけた。四回2死走者なし。それまでチームが無安打に抑え込まれていたアルバースの変化球を完璧に捉えた。右中間に運ぶ先制の11号ソロとなった。ダイヤモンドを一周し、白い歯を見せ、笑みを浮かべた。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのブラジル全国選手権は8日に開幕して3試合が行われ、インテルナシオナルなどが勝った。本田圭佑のボタフォゴは9日にバイアと対戦予定だったが、バイアが州選手権決勝に進出したため延期された。

後で読む
スポーツ報知

 米女子プロゴルフツアーを主戦場とし、世界ランクで日本勢トップの5位につける畑岡奈紗(21)=アビームコンサルティング=が9日、成田空港発の航空機で渡英した。英国で行われるスコットランド女子オープン(

後で読む
スポーツニッポン

札幌第一が8―3で札幌国際情報を退け、甲子園に出場した2012年以来8年ぶりの夏の頂点をつかんだ。主将でエースの山田翔太(3年)が11安打3失点で、8日の準決勝に続いて完投。打線は8回の4番・西正真也(3年)の右中間3ランを含む大量14安打を放った。

後で読む
スポーツニッポン

 実に40試合ぶりの「アップルパンチ」だ。

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
サンケイスポーツ

中日・福田永将内野手が9日、巨人9回戦(ナゴヤドーム)に「6番・左翼」で出場する。

後で読む
サンケイスポーツ

西武・外崎修汰内野手(27)が9日、一回に先制となる2号ソロを放った。

後で読む
スポーツ報知

東京五輪の自転車トラック種目日本代表の激励会が8日、五輪会場の静岡・伊豆ベロドロームで行われた。女子オムニアム、マディソンで代表入りした梶原悠未(23)=筑波大大学院=らが出席し、五輪のレース本番ま

後で読む
サンケイスポーツ

8日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグ、ナポリはアウェーでのバルセロナ戦を1-3で落とし、2戦合計2-4で敗退となった。ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は試合後、自チームがバルセロナ相手に見せたパフォーマンスに胸を張っている。

後で読む
サンケイスポーツ

北米プロアイスホッケーNHLのプレーオフ予選は8日、カナダのトロントとエドモントンで東西カンファレンスの1~4位による上位シード決定リーグ2試合が行われ、東のフライヤーズ、西のゴールデンナイツがともに3戦全勝で第1シードに決まった。

後で読む
サンケイスポーツ

ユベントスのクリスティアーノ・ロナウドは、チームにチャンピオンズリーグ(CL)敗退からの挽回を求めた。

後で読む
サンケイスポーツ

ラツィオがダビド・シルバと間もなく契約するようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は9日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
スポーツニッポン

再開10日目を迎えたNBAは8日、フロリダ州オーランドで「シーディング・ゲーム」の5試合を行い、西地区から参加したチームの中で最下位の13位だったサンズが119―112(前半61―61)でヒートを下し、“オーランド・バブル”では唯一の5戦全勝。今季成績を31勝39敗として10位にまで順位を上げ、3試合を残した段階で9位トレイルブレイザーズに0・5ゲーム差、8位グリズリーズに2ゲーム差まで詰め寄…

後で読む
スポーツ報知

◆セ・リーグ

後で読む
スポーツ報知

オリックスのアダム・ジョーンズ外野手(35)が右かかとの違和感で、9日のロッテ戦(京セラドーム)の出場選手登録を外れて今季初めて欠場した。

後で読む
スポーツ報知

【西武スタメン】

後で読む
スポーツ報知

【ロッテスタメン】

後で読む
スポーツ報知

オリックスの張奕(ちょう・やく)投手(26)、村西良太投手(23)が9日、1軍に合流した。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ロッテ」(9日、京セラドーム大阪) オリックスのアダム・ジョーンズ外野手が、ロッテ12回戦を欠場した。右足カカトの違和感を訴えたため大事を取って。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球埼玉大会・1回戦、埼玉栄13-0大宮」(9日、大宮公園) プロ注目の埼玉栄・内田了介投手(3年)が抑えとして登板し、1回2奪三振で相手打線をねじ伏せた。埼玉では今大会は7回制を採用しており、埼玉栄は6回コールドで初戦を白星発進となった。

後で読む
スポーツニッポン

高校野球の東北大会が9日、宮城・石巻市民球場で開幕した。同大会は新型コロナウイルスの蔓延により中止となった夏の選手権の代替大会を勝ち抜いた東北6県によってトーナメントで行われる。

後で読む
スポーツニッポン

日本航空石川が17年以来、3度目の石川県の夏制覇を成し遂げ、、昨秋石川大会、北信越大会決勝ではね返された星稜の高い壁を越えた。

後で読む
スポーツニッポン

札幌国際情報のエース原田航介(3年)が、日本高野連が今年から導入した投手が1週間に公式戦で投げられる球数の上限を500球とする「投球制限」が適用された。札幌第一との決勝に先発した原田は、2―3と1点を追う5回1死で迎えた札幌第一5番・高木和真(3年)の投球中に500球に到達。高木を左飛に抑えたところで交代した。

後で読む
スポーツニッポン

オリックスの新外国人、アダム・ジョーンズ外野手(35)が9日、京セラドームでのロッテ12回戦でベンチ入りせず、欠場した。欠場するのは来日初めて。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽中日 ロドリゲス投手

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽オリックス 村西良太投手、アルバース投手 【同抹消】 ▽日本ハム マルティネス投手 ▽オリックス K-鈴木投手

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスの新外国人、アダム・ジョーンズ外野手(35)=前ダイヤモンドバックス=が9日、ロッテ戦(京セラ)で来日初となるベンチ入りメンバーから外れた。右かかとの違和感のため、大事とっての欠場となった。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。