「2020年8月12日」の記事一覧

デイリースポーツ

「DeNA6-7阪神」(12日、横浜スタジアム) 阪神・馬場が、6ホールド目を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA6-7阪神」(12日、横浜スタジアム) 阪神は中谷の逆転3ランが飛び出すなど7得点でDeNAに勝利。ヒーローとなった中谷や10日から1軍昇格を果たし2安打を放った高山など外野の争いはさらに過熱してきた。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA6-7阪神」(12日、横浜スタジアム) 今季初の2番に座った阪神・中谷将大外野手(27)が四回に逆転の2号3ランを放ち、これが決勝打となった。「しっかり結果を残すことだけを考え、一球一球後悔のないようにプレーしようと思ってやりました」と充実感をにじませた。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのJ1鳥栖は12日、金明輝監督(39)の他に、新たに9人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。Jリーグのクラブで初のクラスター(感染者集団)とみられ、保健所の指導を受けて2週間をめどに全体練習を含むトップチームの活動を休止する。当該期間の公式戦の実施は難しい見通しで、Jリーグと協議する。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武2-6楽天、7回戦、楽天5勝2敗、12日、メットライフ)西武の森が10試合ぶりの5号ソロを放った。0-6の七回、涌井の内角カットボールを右翼席へ運び「しっかり捉えることができたし、手応えは良かったと思う」と振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島1-4中日、12回戦、広島6勝5敗1分、12日、マツダ)中日の井領が貴重な2打点を挙げた。1-0の四回2死から適時打を放ち、7月25日以来の打点。六回も押し出し四球で加点し「どんな打席でも、後につなぐ意識でいる。それが形で表れてくれてよかった」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ4-12日本ハム、8回戦、4勝4敗、12日、ゾゾマリン)ロッテは連勝が4で止まった。先発の小島が二回までに4点を失い、1-4の七回2死一、二塁で代わった2番手の南が中田に3ランを献上。3番手の成田も打ち込まれた。井口監督は12失点の敗戦に「自分たちで結果を出して、はい上がっていかないといけない」と厳しい口調だった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武2-6楽天、7回戦、楽天5勝2敗、12日、メットライフ)楽天の太田が2安打3打点で勝利に貢献した。二回に中前へ先制適時打を放ち、7月22日以来、16試合ぶりの打点をマーク。1-0の四回1死三塁では中越えへ2号2ランを運んだ。「最近は打撃で貢献できていなかった。後ろにつなぐ気持ちで打席に入った」と喜んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「ルヴァン杯・1次リーグ、札幌1-1横浜FC」(12日、札幌ドーム) 横浜FCのFW三浦知良が53歳5カ月17日で5日の鳥栖戦に続き、ルヴァン杯2戦連続の先発を果たした。自身が更新した同杯最年長出場記録を塗り替え、55分間を全力で駆け抜けた。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのJ1鳥栖は12日、オンライン上で会見を開き、抗原検査による新型コロナウイルス感染症の陽性が確定していた2人に加え、陽性疑いとなっていた7人もPCR検査の結果として、確定陽性となったと発表。11日に陽性が発表された金明輝監督に引き続き、クラブ内で同時に10人の感染者が出た。 同日夕に佐賀県が行った会見で、今回の事例をクラスター(集団感染)が発生したという認識を示したことを受け、竹原社長は「今は感染拡大を広げないという意識でいる」。そして「結果から見ると、起こるべくして起こってしまったというところがあるかもしれないが、この中の選手には、クラブハウスと家以外は一切行っていないという選手もいる。(現時点では)私たちしか(クラスターが)出ていないが、どのクラブで起きてもおかしくはない」と語った。

後で読む
スポーツ報知

ロッテが12失点の大敗で今季2度目の5連勝を逃した。

後で読む
スポーツ報知

DeNAの山崎康晃投手(27)が中継ぎ転向後、7戦目にして初めて負けている場面で登板。2点ビハインドの9回を2者連続三振など3者凡退に抑えた。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの中田翔内野手(31)が今季2度目の1試合2本塁打と、自身初の6打点の大暴れでチームの大勝に貢献した。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルト・高津臣吾監督(51)は、この日出場選手登録され、ともに菅野からプロ初安打をマークしたドラフト6位の武岡龍世内野手(19)、2年目の浜田太貴外野手(19)の結果を喜んだ。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの宮西尚生投手(35)が自身の持つ日本記録を更新する前人未到の350ホールドを達成した。ロッテ戦で7―4の8回に6番手で救援。先頭の田村に四球を与えたが、続く代打・佐藤を右飛。1死一塁から角

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA6-7阪神」(12日、横浜スタジアム) DeNA・ラミレス監督が悔しい逆転負けにも、攻撃陣がみせた粘りを評価した。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA6-7阪神」(12日、横浜スタジアム) 最後は追い上げたもののDeNAが逆転負けを喫し、連敗となった。先発の浜口が4回6失点。“虎キラー”がまさかの炎上でリードを守れなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人8-1ヤクルト」(12日、東京ドーム) 連敗を3で止めた巨人の原辰徳監督(62)が、坂本とエース菅野の活躍を冗舌に振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人8-1ヤクルト」(12日、東京ドーム) 巨人・ビエイラが日本球界歴代2位の163キロを計測した。

後で読む
スポーツニッポン

サッカー元日本代表MF本田圭佑(34=ブラジル1部ボタフォゴ)が12日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルス感染によるクラスターが生じた松江市の私立立正大淞南高サッカー部員と関係者にエールを送った。

後で読む
スポーツニッポン

J1鳥栖は12日、選手6人、スタッフ3人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性となったことを発表した。11日に感染が判明した金明輝監督を含めチーム内の感染者は10名となった。

後で読む
スポーツニッポン

日本代表MF久保建英(19)が期限付き移籍で加入したスペイン1部ビリャレアルは12日、同バレンシアからMFフランシス・コクラン(29=フランス)を4年契約で獲得したと発表した。

後で読む
東京スポーツ

西武は12日の楽天戦(メットライフ)に2―6と敗れ辻政権ワーストの6連敗。同借金は7に膨れ、首位2強の姿は7ゲーム差と遠ざかった。  打線は相手先発・涌井の前に森、メヒアの一発による2得点のみ。投げ…

後で読む
東京スポーツ

敗戦にも一筋の光があった。ヤクルトは12日の巨人戦(東京ドーム)に1―8で逆転負け。先発の原が2回5失点と大炎上し、打線も巨人エースの菅野から6安打しながらも1得点しか奪えなかった。  それでもこの…

後で読む
東京スポーツ

熱男が意地の一打を放ち試合を決めた。ソフトバンク・松田宣浩内野手が12日のオリックス戦(ペイペイ)で値千金の決勝打を含む2安打3打点の活躍でチームを3連勝に導いた。  0―0で迎えた5回だった。二死…

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトは1―8で巨人に完敗して3連敗。19勝20敗5分けで借金生活に突入し、阪神に抜かれて4位に転落した。

後で読む
スポーツニッポン

これも涌井の危機回避能力といっていい。

後で読む
スポーツニッポン

4回に起死回生の今季2号逆転3ランを放った阪神の中谷は、開幕から長い時間を過ごしたファームでの日々を振り返り、首脳陣に感謝した。

後で読む
スポーツニッポン

広島のクリス・ジョンソン投手(35)が中日戦(マツダ)に先発登板。6回途中5安打4失点で今季4敗目を喫し、待望の今季初勝利はまたもお預けとなった。

後で読む
スポーツニッポン

エンゼルスの大谷は本拠地アスレチックス戦(午前5時10分開始)にDHで出場予定。前日まで自身4度目の3試合連続複数安打中と調子を上げている。4試合連続となればメジャー自己最多となる。日本ハム時代の自己最多は17年8月16日のロッテ戦~同20日の西武戦までの5試合連続。相手先発は右腕バジットで今季1勝0敗、防御率1・08。大谷は今季を含め過去3度対戦し、8打数1安打(打率・125)と抑えられてい…

後で読む
東京スポーツ

なかなか暗いトンネルから抜け出せない。ルヴァンカップ1次リーグ第3節で大分はアウェーで柏と対戦。序盤は試合を優位に進めるも、後半だけで3失点を喫し、1―3で敗れた。  公式戦ではJ1第3節広島戦(7…

後で読む
東京スポーツ

J1横浜FCは12日、ルヴァンカップ1次リーグ最終節の札幌戦(札幌ドーム)で1―1の引き分けに終わり、1次リーグ敗退が決まった。  下平隆宏監督(48)は「決勝トーナメントにいけなかったのは悔しいが…

後で読む
東京スポーツ

J1鳥栖で新型コロナウイルスの感染者が10人に達し、Jリーグ初のクラスターと認定された。  鳥栖では11日に金明輝監督(39)の感染が判明。その後クラブで独自に89人の検査を実施したところ、12日に…

後で読む
東京スポーツ

ニューヒーローが誕生だ。柏の若手有望株FW細谷真大(18)がルヴァンカップ1次リーグ第3節の大分戦に後半から途中出場。1得点1アシストの活躍でチームの勝利に貢献した。  ネルシーニョ監督(70)が「…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武2-6楽天、7回戦、楽天5勝2敗、12日、メットライフ)西武が4年ぶりの6連敗を喫した。打線が涌井の術中にはまり、五回まで二塁すら踏めず、走者を出しても3併殺で好機をつぶした。2試合続けて得点は本塁打だけで、辻監督は「なかなか安打が続かないね」と嘆いた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA6-7阪神、12回戦、阪神6勝5敗1分、12日、横浜)DeNAの浜口は得意球のチェンジアップを捉えられた。3-1の四回に2死までこぎつけながら一挙5点を奪われてKOされた。中谷の逆転3点本塁打、続くサンズの一発とも浮いたチェンジアップだった。2敗目を喫し「テンポが単調になった。2本の本塁打は一番やってはいけないこと」と唇をかんだ。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク6-0オリックス、8回戦、ソフトバンク7勝1敗、12日、ペイペイD)ソフトバンクの松田宣が先制の2点適時打を含む3打点でチームを引っ張った。0-0の五回、2死二、三塁の好機で「追い込まれたら良くない」と初球を振り抜き左前へ3試合ぶりの安打。ベンチでは先発の和田から「頼むぞ」と声を掛けられていたという。貴重な先制点で援護し「ここしかないという思いで打てた」と胸を張った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人8-1ヤクルト、9回戦、4勝4敗1分、12日、東京D)ヤクルトの原は2回5失点と崩れて今季3試合目で初黒星を喫した。制球が不安定で、1-0の二回は先頭にストレートの四球を与えた。味方の失策と犠打でピンチを迎えると、吉川尚にスライダーを捉えられ、右前へ2点打を許して逆転された。その後も坂本とパーラに連続で本塁打を浴びた。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・矢野耀大監督(51)は7ー6の接戦を制した12日のDeNA(横浜)の試合後、5カードぶりの勝ち越しと9連戦を4勝5敗で終えたことについて、安どの表情を浮かべた。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA6-7阪神」(12日、横浜スタジアム) 阪神が連勝で5カードぶりの勝ち越しに成功した。ここまで6戦未勝利(5敗、1分け)だった水曜日の勝利。ようやく“鬼門”を突破し、ヤクルトを抜いて3位に浮上した。

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレの東京五輪世代、MF三笘薫(23)が公式戦3試合連続ゴールを挙げ、ルヴァン杯連覇へ望みをつないだ。前半6、38分に、いずれも同点ゴールをマーク…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神7ー6DeNA、12回戦、6勝5敗1分け 12日、横浜)阪神が競り勝ち、5カードぶりの勝ち越しを決め、ヤクルトが敗れたため、7月29日以来の3位に浮上した。

後で読む
日刊スポーツ

J2・20位モンテディオ山形がアウェーで19位愛媛FCを1-0で下し、連敗を止めて、9戦ぶりの勝ち点3となる今季2勝目を挙げた。前半32分にFW山岸祐也(26…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ4-12日本ハム、8回戦、4勝4敗、12日、ゾゾマリン)日本ハムが快勝した。一回に中田の2ランで先制。二回に宇佐見の適時打と石井の犠飛で2点を加え、七回には中田の15号3ランで突き放した。小刻みな継投で相手に主導権を渡さなかった。ロッテの連勝は4で止まった。

後で読む
日刊スポーツ

ベガルタ仙台が前半の3失点でセレッソ大阪に早々と試合を決められた。GK小畑、DF照山、MF田中と10代の3人が先発するなど、平均年齢24・00歳の若きイレブン…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は12日、セ・パ両リーグで6試合が行われた。

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪がベガルタ仙台に3-0と快勝し、3連勝でB組1位通過を決めた。前半15分に柿谷の今季初ゴールで先制し、33分にケガによる長期離脱から戻ってきた高木…

後で読む
日刊スポーツ

中止となったサンフレッチェ広島-サガン鳥栖戦は、結果的に消化試合となった。この日の試合前、村井チェアマンは「代替日程をどう設定するか今後協議する。鳥栖のコンデ…

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハム・宮西尚生投手(35)が12日、ロッテ8回戦(ZOZOマリン)で7-4の八回から6番手で途中登板し、1回を無安打無失点に抑えた。日本ハムは12-4で勝利。宮西は今季13ホールドをマークして、自身のプロ野球記録を更新する通算350ホールドを達成した。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは12日、阪神12回戦(横浜)に6-7で敗れ、連敗を喫した。「3番・三塁」で出場した宮崎敏郎内野手(31)が七回の第4打席で、ガンケルの投球を右手首に受け、しばらく立ち上がれず。患部を抑えながら険しい表情でベンチへと戻り、代走に大和が送られた。

後で読む
東京スポーツ

コーヒーソムリエでボランティアレスラーの〝邪道〟こと大仁田厚(62)がメカ・パンディータなるロボットを開発したと主張した。 「ラオスで新たな可能性を発掘したんじゃ」  東南アジアのラオスからコーヒー…

後で読む
デイリースポーツ

全日本学生柔道連盟は12日、理事会を開催し、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、全日本学生体重別選手権(9月26~27日、千葉)、全日本学生体重別団体優勝大会(10月17~18日、尼崎)の中止を決定した。 代替日程での開催も検討していたものの、同連盟は「8月中旬になっても新型コロナウイルスの感染が収束していないことから、選手や関係者の安全を考慮し、誠に残念ではありますが、中止の判断をいたしました」とした。

後で読む
スポーツ報知

DeNAは浜口が4回、中谷に逆転3ランを浴び、7カードぶりの負け越し。先月28日以来の2連敗となった。

後で読む
スポーツ報知

オリックスは早くも今季2度目の5連敗を喫し、借金は12に膨らんだ。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトは今季9度目の逆転負け。2度目の3連敗で、6月30日以来、43日ぶりに借金生活に突入した。

後で読む
スポーツ報知

中日のリードオフマン・大島洋平外野手(34)が2試合ぶりに「1番・中堅」でスタメンに戻った。3回2死、K・ジョンソンに追い込まれながらも左前へ運び、メモリアルの通算1500安打まで残り「6」とした。

後で読む
スポーツ報知

【セ・リーグ】

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ4-12日本ハム」(12日、ZOZOマリンスタジアム) 日本ハムが12安打12点の猛攻でこの6連戦を1勝1敗とした。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人8-1ヤクルト」(12日、東京ドーム) 投打がかみ合って、巨人が連敗を3で止めた。

後で読む
デイリースポーツ

「西武2-6楽天」(12日、メットライフドーム) 楽天・涌井が自身最長の7連勝を飾った。六回まで三塁も踏ませない投球。七回に森、メヒアに2者連続本塁打を浴びたあと、右足のアクシデントで降板したが6回2/3を7安打2失点の好投だった。

後で読む
デイリースポーツ

「西武2-6楽天」(12日、メットライフドーム) 楽天・涌井秀章投手(34)が、アクシデントで七回途中で降板となったが、開幕から自己最長となる7連勝。球団での開幕7連勝は13年の田中将大(現ヤンキース)以来となった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人8-1ヤクルト」(12日、東京ドーム) 高津ヤクルトが、逆転負けで3連敗。巨人打線に4被弾するなど、勢いを止めることができなかった。試合後の高津監督は「失点の内容がよくなかったですね」と唇をかんだ。

後で読む
スポーツニッポン

欧州チャンピオンズリーグ(CL)は12日(日本時間13日)からポルトガル・リスボンで準々決勝が行われる。

後で読む
スポーツニッポン

J2松本は千葉に今季最悪の3失点を喫し、完封負けで5連敗。布啓一郎監督(59)は「選手は勝ちたいと思って全力を出していた。ただ、こういう形での失点が続くと他者評価は高い試合ではなかった」と選手をかばっていたが、ミスでの失点が最後まで尾を引いた。

後で読む
デイリースポーツ

 【ロンドン共同】女子ゴルフで米、欧州の両ツアーを兼ねるスコットランド・オープンは13日に英国のルネサンス・クラブで開幕する。今季メジャー初戦のAIG全英女子オープン(20日開幕)の前哨戦となる大会に向けて渋野日向子が12日、記者会見し「出るからには予選通過し、上位争いしたい」と抱負を語った。 昨年の全英女子で日本勢42年ぶりのメジャー制覇を果たして2連覇を狙う渋野にとって、今大会は海沿いのリンクスコースを回る貴重な機会となる。10、11日と練習ラウンドで回り「風の影響をかなり受けそう。(全英女子会場の)ロイヤルトルーンの練習になる」と印象を口にした。

後で読む
日刊スポーツ

男子マラソンでプロランナーとして活躍する川内優輝(33=あいおいニッセイ同和損保)が実業団選手になる? 12日、防府読売マラソンの開催が発表されたことを受け、…

後で読む
サンケイスポーツ

YBCルヴァン・カップ1次リーグ第3節(12日、湘南-G大阪、BMWス)試合前に雷を伴う雨雲が接近し、キックオフが30分遅れた。既に入場していた観客はコンコースなどに避難。新型コロナウイルス感染予防のため、一定の間隔を保つよう求めるアナウンスもあった。

後で読む
サンケイスポーツ

JリーグYBCルヴァンカップは、新型コロナウイルスの影響で中止になったサンフレッチェ広島vsサガン鳥栖を除く、グループステージ第3節の6試合が12日に開催。次に駒を進めるチームが出揃った。

後で読む
東京スポーツ

西武打線がかつてのエース、楽天・涌井秀章投手(34)から14イニング目にしてようやく得点をもぎ取った。  12日の同戦(メットライフ)は7回表まで0―6と完全な楽天のワンサイドゲームだった。  相手…

後で読む
東京スポーツ

楽天・涌井秀章投手(34)が12日の西武戦(メットライフ)、6―2とリードした7回二死一塁の場面でアクシデントを訴え途中降板した。  開幕7連勝に向け6回までゼロ行進と快調な投球を続けていた涌井。と…

後で読む
東京スポーツ

またしても勝利は遠かった。今季初勝利を目指して12日の中日戦(マツダ)に登板した広島のK・ジョンソン投手は「立ち上がりに関しては最近で一番いい状態で入れたんじゃないかな」(横山投手コーチ)というほど…

後で読む
東京スポーツ

巨人・菅野智之投手が、12日のヤクルト戦(東京ドーム)に先発。7回1失点で3連敗中のチームを8―1の快勝に導き、自身は無傷の7勝目を飾った。  連敗を止めたのはやっぱりエースだった。「先に点をやらな…

後で読む
スポーツ報知

 米女子プロゴルフツアーのスコットランド女子オープンが13日から4日間、英国のルネサンスC(6427ヤード、パー71)で開催される。新型コロナウイルス感染対策として無観客で行われ、日本からは世界ランク

後で読む
スポーツニッポン

西武は本拠地で首位・楽天に連敗。これで連敗は16年7月2日の楽天戦以来の6となり、借金は今季ワーストを更新し7となった。

後で読む
スポーツニッポン

楽天は6―2で西武を下し首位をキープ。先発の涌井が6回2/3を7安打2失点で開幕から無傷の7連勝。楽天では09年田中(7連勝)、13年田中(24連勝)に次ぎ3度目の快挙となった。7回途中に緊急降板となったがベンチで最後までチームの勝利を見届けた。打線も11安打6得点で涌井の勝利を後押した。

後で読む
スポーツニッポン

巨人の新外国人、チアゴ・ビエイラ投手(27)が、日本プロ野球史上2番目の163キロを計測した。2軍での再調整を経て、8日に出場登録されてから初めてのマウンドだった。

後で読む
スポーツニッポン

巨人のエース菅野智之投手(30)がヤクルト戦(東京D)に先発登板。7回6安打1失点の好投で開幕から無傷の7勝目をマークした。巨人投手の開幕7連勝は1990年斎藤雅樹の8連勝以来30年ぶり。

後で読む
スポーツニッポン

阪神が8月初めての連勝を飾った。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのJ1鳥栖で12日、計10人の新型コロナウイルス感染が確認されたことが分かった。Jリーグのクラブで初のクラスター(感染者集団)の疑いがある。今後のチームの活動については保健所の指導に従って可否を判断する。 鳥栖では11日にJリーグの監督として初めて金明輝監督(39)の感染が判明し、選手ら89人にPCR検査を実施。新たに選手、スタッフら計9人が陽性だった。Jリーグは同日にエディオンスタジアム広島で開催予定だったYBCルヴァン・カップの広島-鳥栖を中止した。代替日は未定。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグ・YBCルヴァン・カップ1次リーグ最終節(12日・札幌ドームほか=6試合)札幌と川崎、名古屋、C大阪が準々決勝進出を決め、8強が出そろった。 C組の札幌は横浜FCと1-1で引き分けて勝ち点7の同組1位で8強入り。横浜FCの三浦は2試合続けて先発し、自らの大会最年長出場記録を53歳5カ月17日に伸ばした。

後で読む
東京スポーツ

ルヴァンカップ1次リーグ第3節が各地で行われ、柏はホームで大分と対戦。後半に本来の力を見せつけ、3―1で勝利。盤石の強さを見せた。  最初にチャンスをつくったのは大分だった。前半10分、MF小塚和季…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は12日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
スポーツ報知

プロボクシング元統一世界ヘビー級王者マイク・タイソン氏(54)と元世界4階級制覇のロイ・ジョーンズJr.氏(51)のエキシビションマッチが9月12日(日本時間13日)から11月28日(同29日)に延

後で読む
スポーツ報知

日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬を巡って過去に不適切な会計処理を行った疑いが浮上し、日本オリンピック委員会(JOC)から調査の指示を受けたことが12日、分かった。4月に元コーチか

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク6-0オリックス、8回戦、ソフトバンク7勝1敗、12日、ペイペイD)ソフトバンクが3連勝。和田が七回途中まで3安打無失点で4勝目を挙げた。五回2死二、三塁で松田宣が先制の2点打を放ち、六回は柳田、中村晃の連打で加点。松田宣は八回にも適時打で3打点。オリックスは5連敗を喫した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島1-4中日、12回戦、広島6勝5敗1分、12日、マツダ)中日は四回に高橋の二ゴロと井領の適時打で2点を先制し、六回も井領の押し出し四球などで2点を追加。柳は7回2/3を4安打1失点で2勝目、R・マルティネスは7セーブ目。広島は3併殺が響き、K・ジョンソンも四球から崩れた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は12日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武2-6楽天、7回戦、楽天5勝2敗、12日、メットライフ)楽天が快勝した。二回に太田の適時打で先制し、四回は太田が2ラン。七回は茂木の適時打と島内の2点三塁打でリードを広げた。涌井は七回途中まで2失点と好投し、開幕7連勝を飾った。西武は4年ぶりの6連敗。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人8-1ヤクルト、9回戦、4勝4敗1分、12日、東京D)巨人が8-1でヤクルトに快勝。引き分けを挟んで続いていた連敗を「3」で止め、ヤクルトとの対戦成績を4勝4敗(1分け)に戻した。打線が4本のホームランを放ち、一発攻勢で試合を優位に進めた。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-阪神」(12日、横浜スタジアム) 中4日で先発した阪神・青柳が六回途中7安打4失点で降板した。前回登板した7日・広島戦(マツダスタジアム)では3回6失点で敗戦投手となっていた。ただ、この日も序盤から失点を許す。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-阪神」(12日、横浜スタジアム) 六回1死二、三塁のピンチでマウンドに上がった阪神・ガンケルが、1回2/3を2安打無失点。リードを守り抜いた。

後で読む
サンケイスポーツ

今季4勝2敗の阪神・青柳晃洋投手(26)が12日のDeNA戦(横浜)に先発し、勝ち投手の権利を残したまま、5回0/3を投げて7安打4失点(自責は3)で能見にマウンドを譲った。「立ち上がりから失点してしまい、リズムも悪くなってしまいましたが、野手の方々が逆転してくれたので、5回までは粘ることができました」。一回に2点を失うなど、苦しい展開だったが、粘りの投球で意地を見せた。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人のエース菅野が、4戦連続白星なしと苦しんでいたチームを救う好投を見せた。

後で読む
サンケイスポーツ

7度目の先発でも勝てなかった。広島のK・ジョンソンが六回途中5安打4失点で降板した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのJ1鳥栖は12日、オンライン上で会見を開き、抗原検査による新型コロナウイルス感染症の陽性が確定してた2人に加え、陽性疑いとなっていた7人もPCR検査の結果として、確定陽性となったと発表した。 クラブによると、内訳はトップチームのスタッフ3人と、同選手6人。11日に陽性が発表された金明輝監督に引き続き、クラブ内で同時に10人の感染者がいたことになる。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの中田翔内野手(31)が、リーグトップタイに並ぶ14号2ランを放った。初回2死一塁。カウント3―1から、相手先発・小島が投じた内角低めの131キロの変化球に反応。フルスイングではじき返した打

後で読む
スポーツ報知

DeNAの浜口遥大投手(25)が今季最短の4回8安打6失点でKOされた。

後で読む
スポーツ報知

鬼門のマツダで2年ぶりに勝ち越した。昨季2勝10敗と大きく負け越していた敵地で2018年8月24~26日以来、約2年ぶりの勝ち越し。さらに今季初となる2カード連続勝ち越しを決めた。

後で読む
スポーツ報知

阪神・矢野燿大監督(51)が勝負所での代打を見送った。

後で読む
スポーツ報知

中日・柳裕也投手(26)が8回途中1失点の好投で6月30日の阪神戦(ナゴヤD)以来となる2勝目を手にした。敵地でヒーローとなった右腕は「けがして1か月くらい1軍で投げられなかった。(久しぶりの勝利は

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-ヤクルト」(12日、東京ドーム) 本塁打王争い単独トップをひた走る巨人・岡本が、16号ソロを放った。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク6-0オリックス」(12日、ペイペイドーム) ソフトバンクが完封勝ちで3連勝、オリックスは今季2度目の5連敗で借金は12となった。

後で読む
デイリースポーツ

中日は四回に高橋の二ゴロと井領の適時打で2点を先制し、六回も井領の押し出し四球などで2点を追加。柳は7回2/3を4安打1失点で2勝目、R・マルティネスは7セーブ目。広島は3併殺が響き、K・ジョンソンも四球から崩れた。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-阪神」(12日・横浜スタジアム) DeNA・宮崎敏郎内野手にアクシデントが襲った。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが3連勝。和田が七回途中まで3安打無失点で4勝目を挙げた。五回2死二、三塁で松田宣が先制の2点打を放ち、六回は柳田、中村晃の連打で加点。松田宣は八回にも適時打で3打点。オリックスは5連敗を喫した。

後で読む
スポーツニッポン

横浜FCのFW三浦知良(53)が12日、ルヴァン杯札幌戦(札幌ド)に同杯2戦連続で先発出場。53歳5カ月17日で、自身のルヴァン杯最年長出場記録を更新した。

後で読む
スポーツニッポン

C大阪がルヴァン杯1次リーグ仙台戦に臨み、FW柿谷曜一朗(30)の今季初ゴールなどで3―0と快勝し、ベスト8へと駒を進めた。

後で読む
東京スポーツ

広島のK・ジョンソン投手(35)がまたしても白星を手にできなかった。今季初勝利を目指して12日の中日戦(マツダ)に登板。「立ち上がりに関しては最近で一番良い状態で入れたんじゃないかな」(横山投手コー…

後で読む
東京スポーツ

若手が猛アピールした。12日の巨人戦(東京ドーム)でヤクルトのドラフト6位ルーキー・武岡が3回にプロ初打席初安打を記録。さらに5回一死一塁では2年目の浜田太貴外野手(19)が星の代打で登場した。相手…

後で読む
東京スポーツ

巨人・丸佳浩外野手(31)が26打席ぶりに安打を放った。「サカマル」コンビが解体され「6番・中堅」で出場した12日のヤクルト戦(東京ドーム)の4点リードの5回一死走者なしで、相手3番手・中尾の初球1…

後で読む
東京スポーツ

J1横浜FCのカズこと元日本代表FW三浦知良(53)が12日、ルヴァンカップ1次リーグ第3節の札幌戦(札幌ドーム)に先発出場し、自身が持つルヴァンカップの最年長出場記録を53歳5か月17日に更新した…

後で読む
東京スポーツ

阪神が一発攻勢で逆転に成功した。12日のDeNA戦(横浜)の4回、1―3と2点ビハインドの場面で、まず近本の右前適時打で1点差。なおも二死一、二塁のチャンスでこの日7月24日以来の先発、2番ではプロ…

後で読む
東京スポーツ

巨人の坂本勇人内野手(31)が12日のヤクルト戦(東京ドーム)の6回、この日、2本目となる中押しの9号ソロを 放った。ヤクルト3番手・中尾の125キロのスライダーをうまく拾って左翼スタンドへ。2回の…

後で読む
スポーツニッポン

巨人・丸佳浩外野手(31)が6試合26打席ぶりの安打を放った。5―1の5回1死で迎えた第3打席。ヤクルトの3番手・中尾の直球を中前に弾き返し、すかさず今季3つ目となる盗塁も決めた。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAの浜口遥大投手は4回8安打6失点で降板した。

後で読む
スポーツニッポン

中4日で先発した阪神・青柳は6回途中4失点。苦しみながら5勝目の権利を得た。

後で読む
スポーツニッポン

走者を出しても、柳は動じない。制球に絶対的な自信があり、事態を収束する術(すべ)を心得ているからだ。2回1死一塁は会沢を低めのカットボールで遊ゴロ併殺。5回1死一塁も、菊池を同じくカットボールで投ゴロ併殺に仕留めた。6回1死一塁で迎えた西川には、勝負球に緩いカーブを選択する。右腕のイメージ通りに引っかけさせて、再び遊ゴロ併殺が完成した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬の一部を巡り、2012年ごろまで不適切な会計処理を行っていた疑いがあるとして、日本オリンピック委員会(JOC)が月内に報告を求めていることが12日、分かった。

後で読む
サンケイスポーツ

今季、ここまで0勝3敗の広島のクリス・ジョンソン投手(35)が12日、中日12回戦(マツダ)で先発し、5回1/3を5安打4四球4失点(自責3)で降板した。今季7度目の先発でも勝てなかった。四回無死一、三塁で高橋の二ゴロ併殺崩れの間に先制点を失った。なお2死二塁で井領に中前打を浴び2点目を献上。六回1死満塁で井領に押し出し四球を与えたところで降板した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハム・中田翔内野手(31)が12日、ロッテ8回戦(ZOZOマリン)で1試合2本塁打を放ち、単独トップに踊り出た。一回2死一塁で先発の小島から左越え先制2ラン。8試合ぶりの一発で楽天・浅村、ロメロ、西武・山川、ソフトバンク・柳田に並ぶと、七回2死一、二塁では、2番手・南から右越えに3ランをたたき出した。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-阪神」(12日、横浜スタジアム) 阪神が四回に中谷の2号3ラン、サンズ8号ソロなどで一挙5点を奪い、逆転に成功した。

後で読む
サンケイスポーツ

東北6県の高校野球独自大会優勝校による東北大会は12日、宮城・石巻市民球場で決勝が行われ、聖光学院(福島)が甲子園の交流試合に出場する仙台育英(宮城)に8-0で快勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

全日本学生柔道連盟は12日、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、全日本学生体重別選手権(9月26-27日、千葉ポートアリーナ)、全日本学生体重別団体優勝大会(10月17-18日、兵庫・ベイコム総合体育館)を中止することを発表した。感染が収束していないため、選手や関係者の安全を考慮して、この日開かれた理事会で決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

東京六大学野球リーグは12日、神宮球場で2試合が行われ、慶大と法大が2勝目を挙げた。慶大は立大を6-4で破り、法大は延長十回タイブレークの末、早大に2-1でサヨナラ勝ちした。新型コロナウイルスの影響による特別措置のタイブレークが初めて行われた。立大と早大はともに1勝1敗。今季は1回戦総当たりで実施されている。

後で読む
日刊スポーツ

雷雲接近のため、午後7時3分のキックオフ時間が同7時33分にずれこんだ。同5時30分すぎから雷が相次ぎ、同6時前からは大雨になるなど天候が急変。落雷の危険があ…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・中谷将大外野手(27)がプロ初の「2番」(右翼)に入った12日のDeNA戦(横浜)の四回2死一、二塁で浜口から左越えに逆転の2号3ランを放ち、笑顔がはじけた。

後で読む
日刊スポーツ

ルヴァン杯は新型コロナウイルスの影響で方式が変更となり、1次リーグは12日の第3節が最終節となった。B組で2連勝中のセレッソ大阪はベガルタ仙台戦で引き分け以上…

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ機構は11日(日本時間12日)、アスレチックスの本拠地で9日(日本時間10日)に行われたアストロズ戦で起きた乱闘騒ぎに関わったとして、アストロズのアレックス・シントロン打撃コーチ(41)に20試合、アスレチックスのラモン・ラウレアーノ外野手(26)に6試合の出場停止処分を科した。シントロンコーチは処分を直ちに受け入れたが、ラウレアーノは異議を申し立てた。

後で読む
日刊スポーツ

横浜FCのFWカズ(三浦知良、53)が札幌戦で先発。5日の鳥栖戦で自らが更新した53歳5カ月10日での最年長記録を再び更新する。札幌1…

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・浜田太貴外野手(19)が12日、巨人9回戦(東京ドーム)の五回に代打で出場し、プロ初安打をマーク。先発の菅野が投じた初球のカットボールをライナーで中前に運んだ。

後で読む
スポーツニッポン

全日本学生柔道連盟は12日、理事会を開き、全日本学生体重別選手権(9月26、27日、千葉)および全日本学生体重別団体優勝大会(10月17、18日、尼崎)の中止を決定した。同連盟では7月の理事会でも両大会の開催可否を審議。最終判断を先送りしてこの日の理事会を迎えたが、全国的に新型コロナウイルスの感染収束が見通せないことから、両大会の中止を決めた。

後で読む
スポーツ報知

巨人の坂本勇人内野手(31)が6回、この日2本目となる9号ソロを放った。4点リードの6回先頭。中尾の125キロをすくい上げ、左翼席へ放り込んだ。

後で読む
スポーツニッポン

20日に開幕する女子ゴルフのメジャー大会、AIG全英女子オープンで大会連覇を目指す渋野日向子(21=サントリー)が12日、前哨戦となるスコットランド・オープン(13日開幕、ルネサンスC)の前日会見に臨み「出るからには、やっぱりしっかり予選通過して上位争いしたいなという思いはありますけど。初めてのことが多いのでしっかり自分のプレーが出来ればいいなと思います」と抱負を述べた。

後で読む
スポーツ報知

巨人の丸佳浩外野手(31)が、26打席ぶりの安打を5回に放った。1死からヤクルトの3番手・中尾の143キロをはじき返した。

後で読む
デイリースポーツ

東北6県の高校野球独自大会優勝校による東北大会は12日、宮城・石巻市民球場で決勝が行われ、聖光学院(福島)が甲子園の交流試合に出場する仙台育英(宮城)に8-0で快勝した。 聖光学院は1点リードの五回、制球難につけ込んで6点を奪い突き放した。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート男子の昨季のジュニア・グランプリ(GP)ファイナル覇者で今季シニアに転向した16歳の佐藤駿(埼玉栄高)が12日、オンラインで共同通信の取材に応じ、開催が決まった10月開幕のグランプリ(GP)シリーズについて「もっと滑り込んでGPシリーズへ向けて頑張りたい」と力を込めた。 GPシリーズは新型コロナウイルスの影響で、各大会の出場者を開催国の地元選手などに制限する異例の方式で行われる。佐藤は第6戦のNHK杯(11月27~29日・大阪)に出場する可能性が高く「NHK杯は目標だった。出られるならうれしい」と心を躍らせた。

後で読む
デイリースポーツ

東京六大学野球リーグは12日、神宮球場で2試合が行われ、慶大と法大が2勝目を挙げた。慶大は立大を6-4で破り、法大は延長十回タイブレークの末、早大に2-1でサヨナラ勝ちした。新型コロナウイルスの影響による特別措置のタイブレークが初めて行われた。立大と早大はともに1勝1敗。今季は1回戦総当たりで実施されている。 慶大は四回2死満塁から失策と暴投で3点を挙げて逆転し、終盤に加点。先発木沢が八回途中まで投げ、16三振を奪った。法大は十回一死満塁から神野の犠飛で試合を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)は12日、日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬の一部を巡って、2012年ごろまで不適切な会計処理を行っていた疑いがあるとして、月内に報告を求めていることを明らかにした。 関係者によると、日本協会は代表クラスの専任コーチに支払われる報酬の一部を協会に寄付させ、海外遠征の時の会食代や記念品の購入などに使用していた可能性があるという。今年4月に告発文がJOCに届いた。日本協会は「調査中としか言えない」としている。

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキース田中将大投手がレイズ筒香嘉智外野手を2打数無安打に抑えた。田中は今季初勝利目指し先発。筒香は「6番DH」でスタメン出場し日米通じて初対決した。2回1…

後で読む
スポーツ報知

DeNAのラミレス監督が1イニングにバントを2度成功させ、1点を奪うスモールベースボールを披露した。

後で読む
スポーツ報知

楽天・太田光捕手(23)が7月22日・オリックス戦(楽天生命)以来18試合ぶりの一発となる2号2ランを放った。

後で読む
スポーツ報知

阪神が鮮やかな一発攻勢で逆転に成功した。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトの高卒2年目、浜田太貴外野手(19)が待望のプロ初安打をマークした。今季初めて出場選手登録され、4点を追う5回1死一塁で代打で登場。菅野の初球を思い切り振りぬくと、打球は中前へ弾んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-ヤクルト」(12日、東京ドーム) 巨人・ウィーラーが“闘魂キャッチ”で先発・菅野を援護した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-ヤクルト」(12日、東京ドーム) ヤクルトのドラフト6位ルーキー武岡龍世内野手(19)=八戸学院光星=が巨人・菅野からプロ初打席初安打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-オリックス」(12日、ペイペイドーム) ソフトバンクが9番スタメンの松田宣浩内野手の2点適時打で均衡を破った。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-ヤクルト」(12日、東京ドーム) 昇格したばかりの若き2人が、巨人・菅野相手に安打を記録。ヤクルトの2年目、浜田太貴外野手(19)が五回、中前打を放ち、今季初打席でプロ初安打を記録した。

後で読む
スポーツニッポン

スペイン1部バルセロナは12日、2020~21年シーズンに向けたプレシーズンに参加する若手ら9選手のうち、1人が新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したと発表した。

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボール女子WリーグのアイシンAWは12日、所属する20代の選手の新型コロナウイルス感染を発表した。同選手は8日練習後、喉の痛みや倦怠(けんたい)感を…

後で読む
日刊スポーツ

日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬をめぐり、過去に不適切な会計処理をしていた疑いが12日までに浮上した。4月に元コーチから日本オリンピック委…

後で読む
日刊スポーツ

大会初日(9日)の女子400メートルで優勝した常盤木学園・竹内心良(3年)が女子200メートルを25秒63で制して個人種目2冠。さらに400メートルリレー、1…

後で読む
東京スポーツ

J1浦和は、15日のの広島戦(埼スタ)で「オンラインギフティングイベント」を実施する。  浦和OBたちをゲストに迎え、東京天竜が運営するプリン専門店「vuke(ブーケ)」のプリンを食べながら、送金ア…

後で読む
東京スポーツ

巨人・原監督の打順変更がさっそく機能した。12日のヤクルト戦(東京ドーム)で「サカマル」を解体した巨人は1点を追う2回無死一塁で「6番・丸」が三失で出塁。犠打で一死二、三塁から吉川尚が右前へ逆転の2…

後で読む
東京スポーツ

突然崩れた。ヤクルトの原樹理投手(27)が12日の巨人戦(東京ドーム)に先発するも、今季最短の2回を4安打5失点(自責1)でKOされた。  初回は一死からパーラに安打されながら無失点で切り抜けたが、…

後で読む
東京スポーツ

デビューを華々しく飾った。ヤクルトのドラフト6位・武岡龍世内野手(19)が12日の巨人戦(東京ドーム)で一軍初昇格。3回に先発・原の代打でプロ初打席を迎えた。相手投手は巨人のエース・菅野。初球の13…

後で読む
スポーツニッポン

女房役の楽天・太田がバットで涌井を援護した。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAの神里和毅外野手が貴重な追加点をたたき出した。

後で読む
スポーツニッポン

プロ初の2番で先発出場した阪神・中谷が逆転本塁打を放った。

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトの5年目右腕・原樹理投手(27)が巨人戦(東京D)に先発登板。坂本、パーラに2者連続アーチを浴び、2回4安打5失点で早々に降板した。

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトの2年目・浜田太貴外野手(19)が巨人戦(東京D)で武岡龍世内野手(19)に続いて巨人エース菅野からプロ初安打をマークした。

後で読む
東京スポーツ

J1横浜FCのカズこと元日本代表FW三浦知良(53)が12日、ルヴァンカップ1次リーグ第3節の札幌戦(札幌ドーム)に先発出場し、自身が持つルヴァンカップの最年長出場記録を53歳5か月17日に更新した…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーJ1の広島は12日、YBCルヴァン・カップの鳥栖戦が中止となったことを受け、仙田信吾社長が広島市内で記者会見した。7月26日のJ1リーグの名古屋戦に続き、新型コロナウイルスの影響でホームゲームが急に開催できなくなったことに関し「(2度目の中止で)もどかしい気持ちはあるが、いつ自分たちのチームが感染してもおかしくない状況にある」と受け止めた。

後で読む
スポーツ報知

名古屋競輪のG1「第63回オールスター」初日ドリームレース(ファン投票上位9選手)が、12日第11レースで争われた。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-阪神」(12日、横浜スタジアム) 阪神の大山悠輔内野手が初回、守備で審判と交錯するアクシデントがあった。足を痛めたようで、治療中には陽川がキャッチボールを始め、出場準備をするなどヒヤリとするシーンだったが、数分後、駆け足でグラウンドに戻った。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-阪神」(12日、横浜スタジアム) 今季初の中4日で先発した阪神の先発・青柳が初回に先制を許した。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-阪神」(12日、横浜スタジアム) 阪神が2点を先制された直後の二回、木浪聖也内野手の中前適時打で1点を返した。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのJ1鹿島は12日、茨城県鹿嶋市のカシマスタジアムで8日に対戦した鳥栖から新型コロナウイルスの感染者が複数出たことを受け、同日までにスタジアムの消毒作業を行ったと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

東北6県の高校野球独自大会優勝校による東北大会は12日、宮城・石巻市民球場で決勝が行われ、聖光学院(福島)が甲子園の交流試合に出場する仙台育英(宮城)に8-0で快勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトのドラフト6位・武岡龍世内野手(19)=八戸学院光星高=が12日、巨人9回戦(東京ドーム)でプロ初出場を果たし、菅野から初安打を放った。2回5失点の先発・原の代打として三回に登場。2球で追い込まれたが、3球目のフォークにバットを当て、高いバウンドの二塁内野安打となった。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・木浪聖也内野手(26)が12日のDeNA戦(横浜)に「7番・遊撃」で出場。0ー2で迎えた二回無死2塁で、浜口から中前に適時打を放った。「打ったのはストレート。点を取られた後にすぐに点を取ることができてよかったです」。中4日の先発・青柳が一回に2点を失っていただけに、チームを勢いづかせるタイムリーだった。

後で読む
デイリースポーツ

スペイン1部リーグのレアル・マドリードから同リーグのビリャレアルに1シーズンの期限付き移籍で入団会見を行った日本代表MF久保建英(19)が、日本時間の12日未明にインスタグラムを更新するとともに、ビリャレアルのユニホームを着た写真も添付した。 久保はスペイン語で「ビジャレアルのような素晴らしいクラブの一員であることをとても嬉しく思います!!素晴らしい季節を過ごせることを願っています!」とつづった。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは12日、同日夜にエディオンスタジアム広島で開催予定だったYBCルヴァン・カップ広島-鳥栖戦の中止を発表、オンラインで会見した。鳥栖で新たに選手とスタッフ1人に陽性反応が出た他、7人に陽性の可能性があるため、開催が不可能と判断された。公式戦再開後、新型コロナウイルスの影響による中止は3例目となる。 鳥栖は金明輝監督(39)の新型コロナウイルス感染を受け、選手ら計89人に独自のPCR検査を実施。発熱があった選手1人とスタッフ1人の計2人が抗原検査で陽性反応を示した。さらに7人に陽性が疑われ、金監督を含めると最大10人に感染の可能性があるという。クラスター(感染者集団)と認定されれば、Jリーグでは初めての事例となる。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムのドラ1左腕・河野竜生投手(22)が13日のロッテ戦(ZOZO)でプロ3勝目を狙う。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトのアルシデス・エスコバー内野手(33)が菅野から先制の適時打を放った。

後で読む
スポーツ報知

楽天・太田光捕手(23)が先制適時打を放った。

後で読む
スポーツ報知

3勝目を目指す西武・与座海人投手(24)が、13日の楽天戦(メットライフ)に先発する。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトのドラフト6位、武岡龍世内野手(19)が、菅野からプロ初打席初安打をマークした。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-ヤクルト」(12日、東京ドーム) 今季初めて1番打者に起用された巨人・坂本が左越え8号2ランを放った。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-ヤクルト」(12日、東京ドーム) ヤクルトのドラフト6位ルーキー武岡龍世内野手(19)=八戸学院光星=が巨人・菅野からプロ初打席初安打を放った。

後で読む
スポーツニッポン

BMWスタジアムで開催予定のルヴァン杯湘南対G大阪戦は、スタジアム周辺に雷雲が接近したため開始が30分遅れることになった。キックオフは19時30分の予定。

後で読む
スポーツニッポン

日本代表MF久保建英(19)が期限付き移籍で加入したスペイン1部ビリャレアルは12日、同バレンシアからMFフランシス・コクラン(29=フランス)を4年契約で獲得したと発表した。

後で読む
東京スポーツ

日本ハムの中田翔内野手が12日、ロッテ戦(ZOZOマリン)に「4番・三塁」で先発出場。初回二死一塁の第1打席に14号先制2ランを放った。  相手先発・小島の5球目、131キロの変化球を完璧に捉えると…

後で読む
スポーツニッポン

「颯君」との約束の地で、ともに戦った。「1番・遊撃」でフル出場した智弁学園・三田智也(3年)にとって昨夏以来2度目の聖地での戦いは、2人分の思いを背負っていた。

後で読む
スポーツニッポン

高校球児が必勝祈願で訪れる兵庫県西宮市の「甲子園素戔嗚(すさのお)神社」に、メッセージを認めた絵馬が飾られ始めている。

後で読む
スポーツニッポン

巨人・丸佳浩外野手(31)が、移籍後初めて6番に入った。6番は広島時代の15年8月以来5年ぶりだ。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏の第102回全国高校野球選手権大会とその出場権を懸けた地方大会が全て中止になったことを受け、都道府県高野連が独自に開催する代替大会は12日、埼玉、神奈川で行われた。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAの佐野恵太内野手が先制打を放った。

後で読む
東京スポーツ

新型コロナウイルスの感染者が出たため12日のルヴァンカップ1次リーグ広島―鳥栖戦(Eスタ)が急きょ中止となり、Jリーグが緊急会見を開いた。  鳥栖で抗原検査により2人の陽性が判明し、さらに7人が「陽…

後で読む
東京スポーツ

J1浦和は、15日のの広島戦(埼スタ)で「オンラインギフティングイベント」を実施する。  浦和OBたちをゲストに迎え、東京天竜が運営するプリン専門店「vuke(ブーケ)」のプリンを食べながら、送金ア…

後で読む
サンケイスポーツ

プロボクシング世界ヘビー級王者として1980年代後半に君臨したマイク・タイソン氏(54)=米国=が出場するエキシビションマッチを、11月28日に変更したと11日(日本時間12日)、イベント主催者が発表した。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-日本ハム」(12日、ZOZOマリンスタジアム) 日本ハムの中田翔内野手が、先制の14号2ランを放った。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトの塩見泰隆外野手(27)が12日、上半身のコンディション不良のため選手登録を抹消された。 好調だった男の突然の離脱となった。7月28日に昇格後は、9試合で打率・406。4本塁打と当たっていた。直前の9日のDeNA戦では強敵だった平良からチーム唯一2安打を放っていたのも塩見だった。

後で読む
東京スポーツ

国内女子ゴルフの今季第2戦「NEC軽井沢72」(14日~、長野・軽井沢72G北C)を前にルーキーの安田祐香(19=NEC)が12日、記者会見に臨み、デビュー2戦目への意気込みを語った。  早くも初の…

後で読む
東京スポーツ

国内女子ゴルフの今季第2戦「NEC軽井沢72」(14日~、長野・軽井沢72G北C)に向け、開幕戦で復活優勝を飾った渡辺彩香(26=大東建託)が12日の会見で、再びの優勝争いに向け自信をのぞかせた。 …

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は12日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人ーヤクルト、9回戦、12日、東京ドーム)巨人の先発メンバーが発表され、今季初めて坂本勇人内野手(31)が1番に、丸佳浩外野手(31)が6番に入った。原辰徳監督(62)は坂本と丸の“サカマル”を解体し、大幅な打線改造に踏み切った。

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは12日、同日午後7時から開催予定だったルヴァン杯1次リーグのサンフレッチェ広島-サガン鳥栖(Eスタ)が、開催中止になったことを発表した。鳥栖では既に…

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハム・中田翔内野手(31)が12日、ロッテ8回戦(ZOZOマリン)でリーグトップタイの14号本塁打を放った。一回2死一塁で先発の小島から左越えに先制2ラン。8試合ぶりの一発で楽天・浅村、ロメロ、西武・山川、ソフトバンク・柳田に並んだ。

後で読む
日刊スポーツ

横浜FCのルヴァン杯・札幌戦の先発メンバーが発表され、FWカズ(三浦知良、53)がスタメンに名を連ねた。2トップの一角で出場する見込みだ。カズの先発出場は5日…

後で読む
日刊スポーツ

横浜FCのFWカズ(三浦知良、53)が札幌戦で先発。5日の鳥栖戦で自らが更新した53歳5カ月10日での最年長記録を再び更新する。試合開始は午後7時予定。ニッカ…

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・大竹耕太郎投手が(25)が12日、ペイペイドームでキャッチボールなどで調整。13日のオリックス戦(同ドーム)での今季初先発に向けて、力を込めた。

後で読む
サンケイスポーツ

左脇腹肉離れで離脱していた巨人のルビー・デラロサ投手(31)が12日、出場選手登録され、7月6日に抹消されて以来約1カ月ぶりに1軍に復帰した。最速161キロ右腕はここまで6試合に登板して4セーブを挙げ、防御率1・80と好調だったが、7月5日の中日戦(東京ドーム)で負傷により緊急降板。リハビリを経て8月8日のイースタン・リーグ、DeNA戦(横須賀)で実戦復帰していた。ほかに田中俊太内野手(26)と石川慎吾外野手(27)も登録された。

後で読む
東京スポーツ

4月1日の後楽園大会を最後に無期限の活動休止に入ったW―1の元所属選手で、現在フリーの河野真幸(40)とアンディ・ウーが12日、自主興行2大会を共同開催すると発表した。 「河野真幸&アンディ・ウー自…

後で読む
スポーツ報知

巨人の丸佳浩外野手(31)が「6番・中堅」でスタメンに名を連ねた。主に中軸や上位を任されてきた丸が6番に入るのは、広島時代の15年8月21日の巨人戦(マツダ)以来、実に1818日ぶりだ。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハンドボール協会は12日、女子日本代表のウルリック・キルケリー監督(48)との契約を、来夏に延期となった東京五輪まで継続すると発表した。従来の契約は今月末までで、9月からデンマークの強豪オーデンセの監督に就任するが、同クラブと兼務することになった。 デンマーク出身のキルケリー監督は2016年に就任。昨年に熊本で行われた世界選手権で、1997年大会以降で最高の10位に躍進させた。

後で読む
デイリースポーツ

株式会社モビリティランドは12日、10月30日から11月1日に鈴鹿サーキットで開催予定だった「2019-2020 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」について、本年度の開催を中止すると発表した。 開催に向けた準備を進めてきたものの、国内外における新型コロナウイルスの感染拡大状況や各地域での防止対策などを踏まえ、現段階で海外からの渡航に関する規制解除の見通しが立っておらず、海外チームの入国が難しい状況を鑑み、開催中止を判断した。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で全国高校総合体育大会が中止されたことを受け、岐阜県の各務原市ホッケー協会が独自に主催した「高校女子サマーチャレンジカップ」が12日、同市の川崎重工ホッケースタジアムで開幕した。 1月の強化大会、ウインターリーグの上位校を中心に8チームで開催予定だったが、同県が独自の緊急事態宣言を出したこともあって出場辞退した学校もあった。大会は6校が2組に分かれて1次リーグを戦い、強豪の岐阜各務野や丹生(福井)などが登場した。今夏の高校総体でホッケー開催県だった栃木の今市も出場する。

後で読む
デイリースポーツ

オートバイの鈴鹿8時間耐久ロードレース(8耐)の主催者は12日、三重県の鈴鹿サーキットで、10月30日~11月1日に予定されていた今年の大会を中止すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、7月開催からの延期が4月に発表されていた。国内外のウイルス感染拡大状況を踏まえ、渡航規制で海外チームの入国も困難なことから中止を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは12日、同日夜にエディオンスタジアム広島で開催予定だったYBCルヴァン・カップ広島-鳥栖戦の中止を発表、オンラインで会見した。鳥栖で新たに選手とスタッフ1人に陽性反応が出た他、7人に陽性の可能性があるため、開催が不可能と判断された。 鳥栖は11日に金明輝監督の新型コロナウイルス感染を公表。金監督の濃厚接触者はスタッフ3人とされていたが、クラブは全選手、スタッフら計89人にに独自のPCR検査を実施した。その結果、新たに選手、スタッフ9人に「陽性の可能性が高い」との診断及び検査結果があった。

後で読む
日刊スポーツ

打って走って快勝に貢献した。エンゼルス大谷翔平投手が、11日(日本時間12日)のアスレチックス戦に「5番DH」で出場。4回無死、先発ファイアーズのチェンジアッ…

後で読む
日刊スポーツ

MLBのマンフレッド・コミッショナーが、集団感染の影響で試合延期が続いているカージナルスに関し「現時点で60試合を実施するのは難しい」とした上で「(順位決定に…

後で読む
スポーツ報知

【楽天スタメン】

後で読む
スポーツ報知

【ヤクルトスタメン】

後で読む
スポーツ報知

11日の同カードでプロ初安打を放った中日・根尾昂内野手(20)、プロ初打点を含む2安打の郡司裕也捕手(22)の若手2人はスタメンから外れ、ベンチスタートとなった。

後で読む
スポーツ報知

【中日スタメン】

後で読む
スポーツ報知

ヤクルト・塩見泰隆外野手(27)が12日、上半身コンディション不良のため出場選手登録を外れた。

後で読む
東京スポーツ

ボクシング元世界ヘビー級統一王座のマイク・タイソン(54=米国)のエキシビションマッチが11月28日に延期することが12日までに分かった。主催者が発表した。  タイソンは9月12日にカルフォルニア州…

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球交流試合、智弁学園3-4中京大中京」(12日、甲子園球場) 劇的な幕切れで無敗のまま中京大中京3年生の夏が終わった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-ヤクルト」(12日、東京ドーム) 巨人は“サカマル”を解体し、浮上のきっかけをつかみたい。直近4試合勝ちなし(3敗1分け)の巨人は、現在18打席連続無安打中の坂本が今季初めて「1番・遊撃」、23打席連続無安打中の丸が同初めて「6番・中堅」でスタメン出場する。

後で読む
デイリースポーツ

セ、パ両リーグは12日、6、7月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、セは巨人の菅野とヤクルトの村上、パは楽天の涌井とソフトバンクの柳田が選ばれた。菅野は7度目、柳田は6度目、涌井は4度目で、村上はプロ3年目で初受賞。 菅野はリーグトップの5勝(0敗)を挙げ、2018年9、10月以来の受賞。村上は打率3割3分9厘、6本塁打でリーグ最多の37打点を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグ巨人・メルセデス-ヤクルト・高梨(東京ドーム)

後で読む
デイリースポーツ

右肘痛で出遅れていたオリックス・張奕投手が12日、ブルペン入り、13日・ソフトバンク戦(ペイペイドーム)の先発に備えた。 「ソフトバンク戦ということで、リベンジというか、挑戦者の気持ちで臨んでいきたい」

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグは12日、新型コロナウイルス感染症の検査でJ1鳥栖から新たに複数人の陽性者が出たため同日開催のルヴァン杯広島―鳥栖戦(エディオンスタジアム広島)が中止になったことを受け、鳥栖、広島と共同会見を開き、中止に至った経緯を説明した。

後で読む
スポーツニッポン

横浜FCのFWカズは5日の鳥栖戦に続き先発が決まった。53歳5カ月17日で、自身のルヴァン杯最年長出場記録を更新する。得点を挙げれば、甲府DF土屋征夫が17年5月10日神戸戦で記録した42歳9カ月10日の最年長得点記録も更新する。

後で読む
サンケイスポーツ

アジア・サッカー連盟(AFC)は12日、各国の新型コロナウイルス感染状況を考慮し、10、11月に開催を予定していたワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選を来年に延期すると発表した。日本にとって今年の初戦となるはずだった3月から延期が続いている。代替日はあらためて発表する。

後で読む
東京スポーツ

最後の追い上げも実らなかった。鹿児島城西(鹿児島)が大会3日目の12日、第2試合で加藤学園(静岡)と対戦し、1―3と敗れた。  先発マウンドに立ったプロ注目のエース右腕・八方悠介(3年)は粘投し、7…

後で読む
東京スポーツ

「2020甲子園交流試合」3日目の12日、第2試合は春夏通じて初めて甲子園の舞台に立った加藤学園(静岡)が、鹿児島城西(鹿児島)を3―1で下した。  6回に大村の中前適時打で先制すると、8回二死二塁か…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの主砲・柳田悠岐外野手(31)が11日のオリックス戦(ペイペイドーム)で3安打2本塁打5打点の大活躍。グラウンドでのパフォーマンスだけでなく、失策を重ねた後輩を救った「人間力」も注目を集…

後で読む
東京スポーツ

高卒ルーキーの一軍一番乗りだ。ヤクルトのドラフト6位ルーキーの武岡龍世内野手(19)が12日、一軍初昇格した。武岡はプロ初一軍に「思ったよりも早く呼ばれてびっくりしました。早く慣れてヒットを打てたら…

後で読む
東京スポーツ

巨人の「サカマルコンビ」が解体された。12日のヤクルト戦(東京ドーム)の先発オーダーが発表され、1番・坂本に続く2番に座ったのはパーラ。丸は6番に入った。  引き分けを挟んで3連敗中の原監督は前日、…

後で読む
スポーツニッポン

U18日本代表を率いる馬淵史郎監督(明徳義塾)が今大会前半戦の視察を終えた。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAは左かかと打撲の梶谷隆幸外野手が2試合連続の先発落ちとなった。この日は室内練習場で別メニュー調整となり、ラミレス監督は「かなり状態は良くなっている」と話したが、先発からは外れた。

後で読む
スポーツニッポン

連勝を狙う阪神は、左腕・浜口対策で2番に中谷を起用する。スタメンは以下の通り。

後で読む
スポーツニッポン

高校野球の東北大会は12日、決勝を行い、聖光学院(福島)が仙台育英(宮城)を8―0で圧倒し、優勝した。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAは12日、ハンバーガー専門の新飲食店舗「BALLPARK BURGER &9」が誕生し、18日からウェブ注文でデリバリーをスタートさせると発表した。20年秋には横浜公園内に実店舗オープンを予定している。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは12日、同日夜にエディオンスタジアム広島で開催予定だったYBCルヴァン・カップ広島-鳥栖戦の中止を発表、オンラインで会見した。鳥栖で新たに選手とスタッフ1人に陽性反応が出た他、7人に陽性の可能性があるため、開催が不可能と判断された。 鳥栖は11日に金明輝監督の新型コロナウイルス感染を公表。金監督の濃厚接触者はスタッフ3人とされていたが、クラブは全選手、スタッフら計89人にに独自のPCR検査を実施した。その結果、新たに選手、スタッフ9人に「陽性の可能性が高い」との診断及び検査結果があった。

後で読む
東京スポーツ

J1横浜FCの元日本代表FW三浦知良(53)が12日、ルヴァンカップ1次リーグ第3節の札幌戦(札幌ドーム)にスタメン入りを果たした。  今季のリーグ戦で出場機会はないが、ルヴァンカップでは1―0で勝…

後で読む
サンケイスポーツ

横浜FCが北海道コンサドーレ札幌戦のスターティングメンバーを発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは13日の予告先発投手を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本野球機構(NPB)は12日、マツダスタジアムで11日に行われた広島-中日11回戦の三回に記録された中日の京田の打席結果を、二直失策から中前安打に訂正したと発表した。これに伴い、京田の安打数を2から3、中日のチーム安打数を14から15に変更。広島は菊池涼の失策が取り消され、チーム失策数が1から0、野村の被安打数が6から7、チーム被安打数が14から15にそれぞれ訂正された。

後で読む
スポーツ報知

日本フェザー級王者・佐川遼(26)=三迫=と挑戦者で日本同級9位・竹本雄利(24)=クラトキ=が12日、都内で前日計量や新型コロナウイルスのPVR検査などに臨んだ。計量は佐川、竹本ともにリミットで一

後で読む
スポーツ報知

日本フェザー級王者・佐川遼(26)=三迫=と挑戦者で日本同級9位・竹本雄利(24)=クラトキ=が12日、都内で前日計量や新型コロナウイルスのPVR検査などに臨んだ。計量は佐川、竹本ともにリミットで一

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は12日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-阪神」(12日、横浜スタジアム) 両チームのスタメンが発表された。

後で読む
デイリースポーツ

アジア・サッカー連盟(AFC)は12日、各国の新型コロナウイルス感染状況を考慮し、10、11月に開催を予定していたワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選を来年に延期すると発表した。日本にとって今年の初戦となるはずだった3月から延期が続いている。代替日はあらためて発表する。 10月と11月は4試合が組まれていた。2次予選F組の日本はミャンマー、タジキスタン、キルギスとのホーム戦、モンゴルとのアウェー戦を残している。

後で読む
デイリースポーツ

アジア・サッカー連盟(AFC)は12日、国際サッカー連盟(FIFA)とともに、今年の10月と11月の国際マッチデーに行う予定だった、サッカーW杯カタール大会のアジア2次予選兼アジアカップ予選(以後、W杯アジア2次予選と表記する)を来年に延期する決定をしたと、AFCの公式ウェブサイトなどで発表した。新型コロナウイルスの影響によるもの。 そもそもは、2020年開催分のW杯アジア2次予選は今年の3月と6月に行う予定だった。それが新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、今年の10月と11月の開催を目指す方針になっていた。今回の決断で再度の変更となる。

後で読む
デイリースポーツ

新シーズンへ向けての準備が始まったサッカースペインリーグで、11日までに1部、2部の計9クラブで選手らに新型コロナウイルス感染者が出ていることが分かった。スペイン紙マルカなどが伝えている。 情報によるとプレシーズン練習を前にしたメディカルチェック(PCR検査)で判明した。11日午前にバレンシアに2人の感染者がいることがわかった。同午後には元日本代表のFW岡崎慎司が所属する1部昇格したウエスカにも2人の感染者がいることが明らかになった。ほか1部ではベティス(1人)、グラナダ(1人)、アラベス(3人)、2部ではラスパルマス、エスパニョール、マジョルカ、テネリフェ(各1人)で同様の発表がなされている。

後で読む
デイリースポーツ

「ルヴァン杯・1次リーグ、札幌-横浜FC」(12日、札幌ドーム) 横浜FCのFW三浦知良が最年長出場記録を更新した前節5日の鳥栖戦(駅スタ)に続き、ルヴァン杯で2試合連続の先発メンバーに名を連ねた。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは12日、エディオンスタジアム広島で同日に開催予定だったYBCルヴァン・カップの広島-鳥栖を中止した。鳥栖は金明輝監督(39)の新型コロナウイルス感染を受けて11日に選手ら89人にPCR検査を実施し、新たに選手1人とスタッフ1人の計2人が陽性反応を示した。この他、7人に陽性が疑われ、金監督を含めて最大で10人に感染の可能性があるという。 Jリーグで初めて監督が感染した鳥栖は11日、スタッフ3人以外に濃厚接触者はいないと発表。竹原稔社長が広島戦について「濃厚接触者は確認されているので、開催はできると思っている」と見解を示していた。

後で読む
スポーツ報知

DeNAは今秋、横浜公園内にハンバーガーをメインに提供する新飲食店『BALLPARK BURGER &9』をオープンすると発表した。

後で読む
スポーツ報知

左肘の張りで2軍調整中の阪神・岩崎優投手(29)が、3―3と同点の8回から登板。7月24日の中日戦(ナゴヤD)以来、19日ぶりの実戦マウンドで1回を3者凡退に封じ、格の違いを示した。

後で読む
スポーツ報知

◆セ・リーグ

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球交流試合、加藤学園3-1鹿児島城西」(12日、甲子園球場) 鹿児島城西(鹿児島)はあと一歩及ばず、甲子園初勝利はならなかった。九回に1点を返したものの、最後まで加藤学園のエース・肥沼を打ち切れなかった。

後で読む
スポーツニッポン

アジア・サッカー連盟(AFC)は12日、各国の新型コロナウイルスの状況を考慮し、10月と11月に予定していたW杯カタール大会アジア2次予選を来年に延期すると発表した。代替日程など詳細は明らかにしていない。

後で読む
東京スポーツ

左脇腹肉離れで離脱していた巨人の守護神ルビー・デラロサ投手(31)が12日のヤクルト戦(東京ドーム)前の練習から一軍に合流し出場選手として登録された。同じドミニカ共和国出身のメルセデスらと再会を喜ん…

後で読む
スポーツニッポン

鹿児島城西は加藤学園に1―3で敗戦。プロ野球のダイエー、西武などで活躍した佐々木誠監督の甲子園初陣を飾ることはできなかった。

後で読む
スポーツニッポン

加藤学園(静岡)は鹿児島城西に3―1で勝利。エースの肥沼が9安打を浴びながらも1失点完投で甲子園初勝利に導いた。

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
スポーツニッポン

日本野球機構(NPB)は12日、前日11日に行われた広島―中日11回戦(マツダ)の公式記録を訂正すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽西武 野田昇吾投手 ▽日本ハム 加藤貴之投手、村田透投手、浅間大基外野手 【同抹消】 ▽西武 佐野泰雄投手 ▽日本ハム 高浜祐仁内野手、谷口雄也外野手

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽巨人 デラロサ投手、田中俊太内野手、石川慎吾外野手 ▽広島 中田廉投手 ▽ヤクルト 原樹理投手、武岡龍世内野手、浜田太貴外野手 【同抹消】 ▽広島 一岡竜司投手 ▽ヤクルト 塩見泰隆外野手

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーのサモア代表監督にかつてトップリーグのクボタでプレーしたセイララ・マプスア氏が就任したとロイター通信が12日、報じた。選手としてサモア代表で2007年と11年にワールドカップ(W杯)に出場した経験がある。

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーのトップリーグ、NECは12日、イングランド代表経験のあるアレックス・グッド(32)らが加入すると発表した。グッドはSOとFBでプレーできる。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトのドラフト6位・武岡龍世内野手(19)=八戸学院光星高=が12日、初めて1軍に昇格した。試合前練習では遊撃でノックを受け、軽快な動きを見せた。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、オリックス-阪神」(12日、オセアンバファローズスタジアム舞洲) 全く相手を寄せ付けなかった。左肘の張りで7月25日に出場登録抹消となった阪神・岩崎が実戦復帰登板を果たした。八回から4番手でマウンドに上がり1回無安打無失点、2三振を奪った。12球中10球が直球で最速143キロを計測した。

後で読む
サンケイスポーツ

2020年甲子園高校野球交流試合は12日、2試合が行われた。

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは12日、同日午後7時から開催予定だったルヴァン杯1次リーグのサンフレッチェ広島-サガン鳥栖(Eスタ)が、開催中止になったことを発表した。鳥栖での新型…

後で読む
サンケイスポーツ

左肘の張りで2軍調整中の阪神・岩崎優投手(29)が12日、実戦復帰し、1回を無安打無失点、2奪三振に抑えた。ウエスタン・オリックス戦(オセアンBS)で3-3の八回に4番手として登板。紅林を空振り三振。西野は二ゴロ、最後は松井佑を見逃し三振に斬り、三者凡退に仕留めた。今季は1軍で15試合に登板して2勝1敗6ホールド、防御率2・51。7月24日の中日戦(ナゴヤドーム)で三者凡退に抑えたが、翌25日に左肘の張りのため出場選手登録を抹消されていた。

後で読む
日刊スポーツ

オーストラリアU-23(23歳以下)代表主将の浦和レッズDFトーマス・デン(23)が3試合ぶりのホーム戦勝利に自信を示した。12日、さいたま市大原サッカー場で…

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは12日、ハンバーガーをメインに提供する新しい飲食店舗『BALLPARK BURGER &9』を横浜公園内に2020 年秋にオープンすると発表した。オープンに先駆け、18日から本拠地・横浜スタジアムの非試合日・イベント実施などがない非イベント日に限り、デリバリーでの提供を開始する。

後で読む
サンケイスポーツ

セ、パ両リーグは12日、6、7月度の「大樹生命月間MVP賞」を発表。セの投手部門は巨人・菅野智之投手(30)、打者部門はヤクルト・村上宗隆内野手(20)、パは楽天・涌井秀章投手(34)とソフトバンク・柳田悠岐外野手(31)が選ばれた。

後で読む
スポーツニッポン

陸上男子短距離の多田修平(24=住友電工)が12日、埼玉県内で行われた記録会の100メートルの2本目に出場し、10秒49(向かい風1・1メートル)でゴール、同組の白石黄良々(24=セレスポ)は15秒60。1本目の多田は10秒37(追い風0・5メートル)、白石は10秒46だった。

後で読む
スポーツ報知

セ、パ両リーグは12日、6、7月度の「大樹生命月間MVP賞」を発表し、巨人の菅野智之投手(30)が選出された。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハンドボール協会は12日、東京五輪の1年延期に伴い、女子日本代表監督のウルリック・キルケリー氏(48)と契約を継続することを発表した。今季から就任予定のデンマークトップリーグ・オーデンセの監督と兼任する。女子日本代表監督の任期は2021年8月31日まで。 2016年6月から女子日本代表の監督として指揮を執ってきたキルケリー氏。昨年12月には世界選手権(熊本)でチームを過去最高となる10位に導いた。キルケリー氏は「様々な成果を収めてきた強化活動を今後も続けられることとなり、精進する所存です」と協会を通じてコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

2020年甲子園高校野球交流試合第3日は12日、甲子園球場で2試合が行われ、中京大中京(愛知)と加藤学園(静岡)が勝った。 中京大中京は延長十回タイブレークの末、智弁学園(奈良)に4-3でサヨナラ勝ち。十回に相手のミスを突いて、決勝点を奪った。高橋は11三振を奪い、3失点完投。交流試合でのタイブレークは初。

後で読む
デイリースポーツ

加藤学園は肥沼が緩急をつけた投球で打たせて取った。9安打を許しながらも、要所を締めて1失点完投。打線は六回に大村の適時打で1点を挙げると、八回には杉山の2点ランニング本塁打で加点した。 鹿児島城西は先発の八方が8三振を奪い粘り強く投げたが、打線が好機を生かし切れず。九回に1点を挙げるだけにとどまった。

後で読む
デイリースポーツ

北米プロアイスホッケーNHLのプレーオフは11日、カナダのトロントとエドモントンでの1回戦で開幕し、東カンファレンスはライトニングがブルージャケッツに第5延長の末に3-2で先勝した。この試合が長引いたため、同会場で次に予定されていたブルーインズ-ハリケーンズは12日に延期となった。 西はフレームズがスターズに3-2で競り勝った。ゴールデンナイツは4-1でブラックホークスに快勝した。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

パドレスが11日、ブレーブスのヨンダー・アロンソ内野手をトレードで獲得した。MLB公式サイトが情報筋の話として伝えている。アロンソは新型コロナウイルスの感染防…

後で読む
日刊スポーツ

ナショナルズのエース、マックス・シャーザー投手(36)が6回を投げて、6安打1失点、2四球、7三振の内容で今季初勝利(1敗)を挙げた。シャーザーは先週にナショ…

後で読む
日刊スポーツ

山口俊投手(33)が所属するブルージェイズが11日、ようやく本拠地開幕を迎えた。カナダ政府からトロントの球場使用を認められず、代替本拠地探しに難航した末に傘下…

後で読む
スポーツ報知

阪神・青柳晃洋投手(26)が先発マウンドに上がる。チームは午後3時過ぎから球場で練習を始めたが、突如として落雷が…。現時点で降雨はなく、晴れ間が広がっているものの、球界屈指の雨男の登板日だけに、一抹

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトのドラフト6位、武岡龍世内野手(19)、2年目の浜田太貴外野手(19)が出場選手登録された。

後で読む
スポーツ報知

アジア・サッカー連盟(AFC)は12日、新型コロナウイルスの影響により、10、11月に予定していた2022年W杯カタール大会アジア2次予選を来年に延期すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球交流試合、加藤学園3-1鹿児島城西」(12日、甲子園球場) あと一歩及ばなかった。甲子園初勝利まで九回に1点を返したものの、最後まで加藤学園のエース・肥沼を打ち切れなかった。

後で読む
デイリースポーツ

巨人のルビー・デラロサ投手(31)、田中俊太内野手(26)、石川慎吾外野手(27)が出場選手登録され、チーム本隊に合流した。 デラロサは開幕から守護神として4セーブを挙げていたが、左脇腹肉離れで7月6日に登録抹消。その間は沢村や中川が代役でクローザーを務めてきた。

後で読む
デイリースポーツ

楽天・涌井秀章投手(34)が12日、6・7月期の大樹生命月間MVPを受賞。移籍1年目の今季6・7月は6試合に登板して5勝0敗、防御率2・89で楽天の開幕からのスタートダッシュ成功に貢献。自身4年ぶり4度目の同賞受賞となった。 涌井は同賞受賞に「自分が調整期間でやってきたことが良かったんだなと。改めて練習は大事だなと思いました」と感想を語った。

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグは12日、新型コロナウイルス感染症の検査でJ1鳥栖から複数人が「陽性」「陽性の可能性が高い」の診断を受けたため、同日開催のルヴァン杯広島―鳥栖戦(エディオンスタジアム広島)を感染拡大防止のため中止すると発表した。

後で読む
日刊スポーツ

ウィザーズのルーキー八村塁(22)がバックス戦に先発し、29分の出場でチーム最多の20得点、5リバウンド、1アシストだった。前試合に続き、開始から1度もリード…

後で読む
日刊スポーツ

西田秀聖(ひでまさ、17=奈良県連盟)が、東京五輪代表の楢崎智亜(24=TEAM au)らを抑え、初優勝した。「黒縁めがねクライマー」こと西田が、決勝で変幻自…

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルスの影響で中止となった今春センバツに出場予定だった32チームによる「2020年甲子園高校野球交流試合」が12日、甲子園球場で3日目が行われた。第2試合では、初の甲子園となった加藤学園(静岡)が鹿児島城西を3―1で下した。

後で読む
スポーツ報知

 6月以来となる今季2戦目は14日から3日間、無観客試合で行われる。開幕戦のアース・モンダミンカップ(千葉)で3位に入った田中瑞希(21)=フリー=はリモート会見で「一日60台を出していければ、いい位

後で読む
スポーツニッポン

おかわり君こと西武の中村は通算1500安打(過去126人)まであと3本。本拠地・メットライフドームでの通算200本塁打にもあと1本と迫っており、ダブル達成を狙う。

後で読む
スポーツニッポン

ロッキーズのチャーリー・ブラックモン外野手(34)が11日、地元デンバーで行われたダイヤモンドバックス戦に「3番・右翼」で先発。4打数3安打1打点と活躍し、今季18試合での打率は通算68打数34安打となって前日の・484から5割ちょうどにアップした。

後で読む
スポーツニッポン

今秋のドラフト上位候補・木沢尚文(4年、慶応)が今春リーグ戦初登板で「K」の文字を積み上げた。

後で読む
スポーツニッポン

左肘の張りで先月25日に出場選手登録を抹消された阪神・岩崎優投手(29)がオリックス戦の8回から4番手として登板した。7月24日中日戦(ナゴヤドーム)以来の実戦マウンドで1回無安打無失点。2三振を奪うなど格の違いを見せつけた。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは12日、エディオンスタジアム広島で同日に開催予定だったYBCルヴァン・カップの広島-鳥栖を中止とした。鳥栖は金明輝監督(39)の新型コロナウイルス感染を受けて11日に選手ら89人にPCR検査を実施し、新たに複数の陽性者や陽性の疑いがある者が見つかった。試合の代替日は未定。 Jリーグで初めて監督が感染した鳥栖は11日、スタッフ3人以外に濃厚接触者はいないと発表。竹原稔社長が広島戦について「濃厚接触者は確認されているので、開催はできると思っている」と見解を示していた。

後で読む
東京スポーツ

Jリーグは12日、J1鳥栖で新型コロナウイルス感染の陽性判定者が複数名出たため同日午後7時開始予定のルヴァンカップ1次リーグ広島戦(Eスタ)の中止を発表した。  鳥栖では11日に金明輝監督(39)の…

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは12日、エディオンスタジアム広島で同日に開催予定だったYBCルヴァン・カップの広島-鳥栖を中止とした。鳥栖は金明輝監督(39)の新型コロナウイルス感染を受けて11日に選手ら89人にPCR検査を実施し、新たに複数の陽性者や陽性の疑いがある者が見つかった。試合の代替日は未定。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグで山口俊投手が所属するブルージェイズは11日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で今季暫定的に本拠地とするニューヨーク州バファローのセーレン・フィールドで初戦に臨んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

北米プロアイスホッケーNHLのプレーオフは11日、カナダのトロントとエドモントンでの1回戦で開幕し、東カンファレンスはライトニングがブルージャケッツに第5延長の末に3-2で先勝した。この試合が長引いたため、同会場で次に予定されていたブルーインズ-ハリケーンズは12日に延期となった。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。