「2020年8月13日」の記事一覧

サンケイスポーツ

テニスの四大大会、全米オープン(31日開幕・ニューヨーク)にエントリーしている男子世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が13日、自身の公式サイトで大会に出場するとの声明を出し「簡単な決断ではなかったが再び戦えることに興奮している」とコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武4-7楽天、8回戦、楽天6勝2敗、13日、メットライフ)楽天の牧田が西武時代の2015年以来、米球界から日本復帰後初セーブを挙げた。7-4の九回に登板し、先頭打者に四球を与えたが、緩急を巧みに使って後続を打たせて取り「特にない。いつも通り自分の投球をしただけ」と冷静に振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ8-6日本ハム、9回戦、ロッテ5勝4敗、13日、ゾゾマリン)ロッテのフローレスが来日初勝利を挙げた。5-5の七回に3番手で登板。近藤、中田、渡辺の中軸を三者凡退に片付けると、その裏の攻撃で味方が勝ち越した。

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフで米、欧州の両ツアーを兼ねるスコットランド・オープンは13日、英ノースバーウィックのルネサンス・クラブ(パー71)で第1ラウンドが行われ、渋野日向子は前半で3ボギー、1ダブルボギーの5オーバーとスコアを落とした。

後で読む
スポーツ報知

プロボクシングの“聖地”後楽園ホールで、5か月半ぶりの客入れ興行が行われた。新型コロナウイルス感染拡大のため、2月27日の興行を最後に中止または延期に。7月12日の愛知・刈谷興行から再開されたが、後

後で読む
スポーツ報知

プロボクシングの“聖地”後楽園ホールで、2月27日以来となる有観客興行が行われ、日本フェザー級タイトルマッチは王者・佐川遼(26)=三迫=が同級9位・竹本雄利(24)=クラトキ=に6回3分9秒、KO

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人4x-3ヤクルト、10回戦、巨人5勝4敗1分、13日、東京D)巨人のヘラルド・パーラ外野手(33)が「2番・右翼」で先発出場したが、六回の守備からベンチに下がった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ8-6日本ハム、9回戦、ロッテ5勝4敗、13日、ゾゾマリン)ロッテが逆転勝ちした。4-5の六回に菅野の適時二塁打で追い付き、七回に代打佐藤の2点適時打などで3点を勝ち越した。3番手のフローレスが来日初勝利。益田が14セーブ目。日本ハムは七回に2失策など守備にミスが重なった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ8-6日本ハム、9回戦、ロッテ5勝4敗、13日、ゾゾマリン)日本ハムは同点の七回に内野陣に守備のミスが相次いで勝ち越された。先頭打者のマーティンの一塁へのゴロを清宮が後逸。1死一、三塁のピンチではゴロを捕球した三塁手の横尾が併殺を狙った二塁への送球がそれてアウトを取れず、この回の3失点につながった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ8-6日本ハム、9回戦、ロッテ5勝4敗、13日、ゾゾマリン)ロッテのドラフト2位ルーキー佐藤が代打で貴重な2点適時打を放ち勝利に貢献した。6-5の七回2死満塁で金子の外角球を中前へはじき返し「チャンスで打席を頂いたので、何とかしたい気持ちだった」と喜んだ。

後で読む
スポーツ報知

2018、19年シーズンを連覇したパ・リーグの王者・西武が7連敗を喫した。チームの7連敗は、球団ワースト13連敗を喫した2015年7月15日~8月4日以来、5年ぶりとなった。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクの大竹耕太郎投手(25)が今季初登板初先発。5回2/3を5安打1失点で今季初勝利を飾った。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトの山田哲人内野手(28)が出場選手登録されて「2番・二塁」で先発出場。打撃結果は四球、二ゴロ、三ゴロ、遊ゴロで3打数無安打。6回の守備から交代した。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムは、同点の7回に守備の乱れから勝ち越しを許し敗戦。最大4点差あったリードを守り切れず、3位浮上のチャンスを逃した。12日に右手首に死球を受けた西川を欠場させた栗山英樹監督(59)は「いろんな

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ8-6日本ハム」(13日、ZOZOマリンスタジアム) 日本ハム・栗山英樹監督(59)は痛恨の逆転負けで、監督通算600勝はお預けとなった。試合後、栗山監督「全て、一生懸命やります。誰が悪いとかない、こっちが悪い」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人4-3ヤクルト」(13日、東京ドーム) 巨人が今季初のサヨナラ勝ちで、貯金を11に伸ばし、2位DeNAとのゲーム差を4に広げた。代打の切り札・亀井が初球で仕事をしたが、勝負の打席に至るまでには、原監督の詰将棋のような采配があった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人4-3ヤクルト」(13日、東京ドーム) 巨人・原監督が出場20試合ぶりの4号ソロを放った中島を絶賛。「あの~ジャイアンツに入ってきてくれて一番の当たりだったと思いますね」と評した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-ヤクルト」(13日、東京ドーム) 巨人・増田大が今季10個目の盗塁を決め、チームを今季初のサヨナラ勝ちに導いた。

後で読む
スポーツニッポン

ポルトガル・リスボンで集中開催されている欧州チャンピオンズリーグ(CL)は13日(日本時間14日午前4時キックオフ)に準々決勝(2)でアトレチコ・マドリード(スペイン)とライプチヒ(ドイツ)が対戦する。

後で読む
東京スポーツ

途中交代も問題なしだ。13日の巨人戦(東京ドーム)で復帰した山田哲人内野手(28)だが、6回の守備から交代。一度はグラウンドに向かい二塁の守備に就いたが、その後、宮本と交代した。  高津監督は「いろ…

後で読む
東京スポーツ

泥沼にはまり込みつつある。ヤクルトは13日の巨人戦(東京ドーム)に3―4でサヨナラ負けを喫し、8月8日のDeNA戦から4連敗。初回に3点を先制した打線だが2回以降、チャンスを作りながらも巨人投手陣か…

後で読む
東京スポーツ

西武は13日の楽天戦(メットライフ)に4―7で敗れ、辻政権ワーストの7連敗。借金も8に増え、首位とのゲーム差も8となった。  捕手・森が休養、負傷中の主砲・山川がスタメンを外れる中、1番・高木、4番…

後で読む
東京スポーツ

痛恨の逆転負けだ。日本ハムが13日、ロッテ戦(ZOZOマリン)に6―8で敗戦。栗山英樹監督(59)の通算600勝と3位浮上をかけて臨んだ一戦だったが、ともにお預けとなった。  3回の渡辺の2点適時打…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクのスピードスター・周東佑京内野手(24)が、13日のオリックス戦(ペイペイ)で決勝打を放った。この日は1番・二塁でスタメン出場。同点の2回、二死一塁の場面で右中間を破ると、快足を飛ばして…

後で読む
スポーツニッポン

楽天は13安打7打点で快勝し、3連勝を飾った。

後で読む
スポーツニッポン

首位・巨人が4位・ヤクルトを相手に4―3で9回サヨナラ勝ちを収めて2連勝、貯金11とした。

後で読む
スポーツニッポン

ソフトバンクの3年目左腕・大竹が、今季初登板で初勝利を挙げた。初回、先頭の山足に一発を浴びたが、5回2/3を5安打1失点で踏ん張り「切り替えられたのが大きかった」と振り返った。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテ新助っ人のフローレスがうれしい来日初勝利を挙げた。同点の7回に登板して主軸を3者凡退。近藤を3球三振に斬るなどの好投で、その裏に味方が3点を勝ち越した。

後で読む
スポーツニッポン

カブスのダルビッシュがブルワーズ戦(午前8時15分開始)に先発する。ここまで3試合で2勝1敗。7月31日のパイレーツ戦で6回無失点、8月5日のロイヤルズ戦は7回1失点で連勝中。ブ軍は今季初登板となった7月25日の相手で、その試合では4回6安打3失点で負け投手となっている。ブ軍は打線が不調も、主力の18年ナ・リーグMVP、イエリチが最近7試合で打率・304、3本塁打と復調気配。カブスは1970年…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武4-7楽天、8回戦、楽天6勝2敗、13日、メットライフ)楽天が3連勝。1-1の三回に辰己のソロや浅村の適時打などで3点を勝ち越し、五回に茂木の適時打、七回に暴投とロメロの適時二塁打で2点を加点した。酒居が2勝目、牧田が5年ぶりのセーブを挙げた。西武は5年ぶりの7連敗。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク3-1オリックス、9回戦、ソフトバンク8勝1敗、13日、ペイペイD)ソフトバンクの周東が二回に勝ち越しの三塁打を放った。今宮の5号ソロで同点とした後、2死一塁の場面で打席へ。2球目を振り抜き、右中間への鋭い当たりで快足を飛ばした。ともに育成ドラフトで同期入団した大竹を援護し「すごく気合が入って試合に臨んでいたのでよかった」と声を弾ませた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人4x-3ヤクルト、10回戦、巨人5勝4敗1分、13日、東京D)ヤクルトは一回に3点を先行しながら、二回以降は無得点でサヨナラ負けした。八回まで毎回走者を出しながら追加点が奪えず、高津監督は「4点目、5点目を奪えなかった。負けてしまった要因の一つ」と悔しそうに振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武4-7楽天、8回戦、楽天6勝2敗、13日、メットライフ)西武は投手陣が踏ん張れず、球団ワーストの13連敗を喫した2015年以来の7連敗を喫した。辻監督は「下を向かずにやるしかない」と言うしかなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ8-6日本ハム、9回戦、ロッテ5勝4敗、13日、ゾゾマリン)日本ハムのルーキー河野は5回6安打4失点と試合をつくれなかった。毎回走者を許しながらも四回まで1失点で粘ったが、5-1の五回に球が浮いて3本のソロを浴び「投げミスで3本塁打を打たれる形になり悔しい」と肩を落とした。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク3-1オリックス、9回戦、ソフトバンク8勝1敗、13日、ペイペイD)今季初登板したオリックスの張奕は、5回6安打3失点で黒星を喫し「勝負どころの投球は反省」と悔やんだ。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ8-6日本ハム、9回戦、ロッテ5勝4敗、13日、ゾゾマリン)ロッテが逆転勝ちした。4-5の六回に菅野の適時二塁打で追い付き、七回に代打佐藤の2点適時打などで3点を勝ち越した。3番手のフローレスが来日初勝利。益田が14セーブ目。日本ハムは七回に2失策など守備にミスが重なった。

後で読む
東京スポーツ

国内女子ゴルフの今季第2戦「NEC軽井沢72」(14日~、長野・軽井沢72G北C)の主催者と日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は13日、事前に行った新型コロナウイルスのPCR検査で2人が判定不能だ…

後で読む
東京スポーツ

フィギュアスケートのアイスダンスでコンビを組む高橋大輔(34)、村元哉中(27=ともに関大KFSC)が13日、米フロリダからユーチューブに登場した。  2人はサポートを受けるスカイコート株式会社の企…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク3-1オリックス、9回戦、ソフトバンク8勝1敗、13日、ペイペイD)ソフトバンクが4連勝。今季初登板の大竹が六回2死まで1失点で白星を得た。0-1の二回に今宮の5号ソロで追い付き、周東の適時三塁打で勝ち越し。五回は2死から3連打で加点した。好機を生かせなかったオリックスは6連敗。

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグ村井満チェアマン(61)が13日、金明輝(キム・ミョンヒ)監督(39)ら10人が新型コロナウイルスに感染したサガン鳥栖が15日のG大阪戦(駅スタ)から…

後で読む
デイリースポーツ

新日本プロレスは13日、開催を予定していた愛媛・宇和島市総合体育館大会を、開始直前に出場選手の一部に発熱が確認されたため急きょ中止すると発表した。 選手は病院で検査を行い、結果はまだ出ていないが、新型コロナウイルス感染拡大を鑑み、来場した観客の安全確保を最優先したと説明している。

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは13日、12日までに金明輝(キム・ミョンヒ)監督(39)ら10人が新型コロナウイルスに感染しクラスター(感染者集団)が発生したサガン鳥栖について、今…

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは13日、新型コロナウイルスに10人が感染したサガン鳥栖がかかわる今後3試合のJ1リーグ戦の中止(延期)を発表した。その対象試合で、15日に鳥栖と対戦…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武4-7楽天、8回戦、楽天6勝2敗、13日、メットライフ)楽天が3連勝。1-1の三回に辰己のソロや浅村の適時打などで3点を勝ち越し、五回に茂木の適時打、七回に暴投とロメロの適時二塁打で2点を加点した。酒居が2勝目、牧田が5年ぶりのセーブを挙げた。西武は5年ぶりの7連敗。

後で読む
日刊スポーツ

コンサドーレ札幌のルヴァン杯決勝トーナメント準々決勝(9月2日、札幌厚別)の相手が横浜に決まった。横浜FC戦引き分けで8強進出を決めて一夜明けた13日、オンラ…

後で読む
東京スポーツ

DDTは13日、東京・練馬区の遊園地「としまえん」で会見を開き、27日に同所で路上電流爆破マッチを行うことを発表。〝邪道〟大仁田厚(62)が高木三四郎(50)、クリス・ブルックス(28)と組み、〝バ…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は13日、セ・パ両リーグで4試合が行われた。

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレスは13日、所属選手1人に発熱者が出たため、同日に予定されていた愛媛・宇和島市総合体育館での興行を急きょ、中止した。  当該選手は午後3時過ぎに発熱の症状を訴え、団体側は対応を協議。午後…

後で読む
東京スポーツ

13日の新日本プロレス、愛媛・宇和島市総合体育館大会が開始直前に中止になったことについて、ハロルド・メイ社長(56)が同団体公式サイト内の自身のコラムを更新し、謝罪した。  観客の安全確保を最優先に…

後で読む
スポーツニッポン

霧による影響で約2時間遅れで第1ラウンドがスタートした。今季海外ツアー初戦となった渋野日向子(21=サントリー)は1番(パー4)をパー発進した。AIG全英女子オープン(20日開幕、ロイヤルトルーンGC)の前哨戦に位置付けられる今大会で好成績を収め、メジャー連覇への弾みをつける。

後で読む
スポーツ報知

巨人が今季初のサヨナラ勝ちを決めた。3―3の9回2死一、三塁、代打の亀井がマクガフから中前打を放った。8回途中から登板した中川が今季初勝利を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート女子で、昨季のジュニアGPファイナル、世界ジュニアを制したカミラ・ワリエワ(14)=ロシア=が9月12、13日にモスクワで行われるシニアの代表チームのテストスケートに“飛び級”で参加する可能性が出てきた。ロシアフィギュアスケート連盟のアレクサンドル・ゴルシコフ会長が12日、国営通信社の「タス通信」の取材に「オプションは可能だ。カミラだけそのシナリオを検討している」と、語った。 昨季、ジュニアに上がったばかりのワリエワは、圧倒的な才能をみせつけ、国際大会を4戦4勝。4回転トーループなど高難度ジャンプや、ジュニア離れした精密な演技で、3月の世界ジュニアではシニアも含めて今季世界5位の227・30点をマーク。ロシアジュニア選手権では非公認ながら238・17点を記録している。

後で読む
デイリースポーツ

競泳男子の瀬戸大也(ANA)や萩野公介(ブリヂストン)、女子の大橋悠依(イトマン東進)ら日本代表の主力選手が月末の競技会で実戦復帰することになった。13日、関係者が明らかにした。新型コロナウイルスの影響で2月中旬のコナミオープンを最後に約半年、レースに出場できていなかった。 瀬戸は28日に東京辰巳国際水泳場で開かれる母校早大と慶大の対抗戦で200メートル個人メドレーに出場する。萩野、大橋は29、30日に同じ会場で行われる東京都特別水泳大会に出る。同大会では、白血病からの復帰を目指す池江璃花子(ルネサンス)が約1年7カ月ぶりの実戦に臨む。

後で読む
スポーツ報知

2018、19年シーズンを連覇したパ・リーグの王者・西武が7連敗を喫した。チームの7連敗は、球団ワースト13連敗を喫した2015年7月15日~8月4日以来、5年ぶりだ。

後で読む
日刊スポーツ

敵地レッドソックス戦に6番左翼で出場したレイズ筒香嘉智外野手が7月24日の開幕戦以来15試合、53打席ぶりの2号2ランを放った。4点リードの3回1死二塁。右腕…

後で読む
スポーツ報知

オリックスは泥沼の6連敗となった。右肘痛を克服し、今季初先発だった張奕が5回を3失点と粘投。ところが12日に完封負けした打線が、この日も低調だった。初回に山足がプロ3年目で初の先頭打者弾。2回以降は

後で読む
スポーツ報知

【セ・リーグ】

後で読む
スポーツ報知

楽天が3連勝を飾った。打線が3回までに4得点を奪い試合を優位に進めると、5回には茂木が適時打、7回には先頭打者の小深田の安打から2死三塁とすると相手の暴投で本塁へ生還。さらにロメロにも適時二塁打が生

後で読む
スポーツ報知

DeNAは13日、来月8日からの阪神3連戦(横浜)で着用するスペシャルユニホームのデザインをみなとみらいの観覧車の前で発表した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人が今季初のサヨナラ勝ちを収めた。0-3の四回に丸、中島の連続ソロで追い上げ、五回に岡本の適時打で同点。九回に代打亀井の中前打で試合を決めた。中川が八回途中から好救援して今季初勝利。ヤクルトは4連敗を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

楽天が3連勝。1-1の三回に辰己のソロや浅村の適時打などで3点を勝ち越し、五回に茂木の適時打、七回に暴投とロメロの適時二塁打で2点を加点した。酒居が2勝目、牧田が5年ぶりのセーブを挙げた。西武は5年ぶりの7連敗。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人4-3ヤクルト」(13日、東京ドーム) 巨人が九回、亀井のサヨナラ安打で、連勝を果たした。巨人のサヨナラ勝利は今季初。この日試合がなかった2位・DeNAとのゲーム差を4に広げた。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ8-6日本ハム」(13日、ZOZOマリンスタジアム) 日本ハム・栗山英樹監督(59)は痛恨の逆転負けで、監督通算600勝はお預けとなった。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテが逆転勝ちした。4-5の六回に菅野の適時二塁打で追い付き、七回に代打佐藤の2点適時打などで3点を勝ち越した。3番手のフローレスが来日初勝利。益田が14セーブ目。日本ハムは七回に2失策など守備にミスが重なった。

後で読む
日刊スポーツ

競泳男子の萩野公介(25=ブリヂストン)と女子の大橋悠依(24=イトマン東進)が13日、東京都特別大会(29、30日、東京辰巳国際水泳場)で五輪延期後初レース…

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは13日、サガン鳥栖が今後予定している明治安田生命J1リーグ3試合を中止にすることを発表した。

後で読む
東京スポーツ

2勝目が遠かった。ヤクルトの高梨裕稔投手(29)が13日の巨人戦(東京ドーム)で6回3失点の粘投を見せた。立ち上がりは順調。3回までは無失点も、0―3の4回に落とし穴があった。二死から丸、中島に2者…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの大竹耕太郎投手(25)が13日のオリックス戦(ペイペイ)に先発で今季初登板し、5回2/3を投げて5安打1失点で今季初勝利。チームを4連勝に導いた。  初回、山足に先頭打者本塁打を浴びた…

後で読む
東京スポーツ

巨人が13日のヤクルト戦(東京ドーム)を4―3で下し、今季初のサヨナラ勝ちを飾った。  3―3で迎えた9回、二死一、三塁のチャンスで登場したのが、とっておきの代打・亀井だった。ヤクルト5番手・マクガ…

後で読む
スポーツニッポン

ロッテの先発・岩下は5回を7安打5失点。今季4勝目を手にできず「不甲斐ないです。それしか言葉が出てきません」と球団広報を通じてコメントした。

後で読む
スポーツニッポン

日本ハム・河野が5回にまさかの1イニング3本塁打を浴びた。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAは13日、9月8~10日阪神戦(横浜)で開催する「YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2020 Supported by 横浜銀行」で着用するスペシャルユニホームのデザイン発表を、よこはまコスモワールドで行った。

後で読む
スポーツニッポン

首位・巨人が4位・ヤクルトを相手に4―3で9回サヨナラ勝ちを収めて2連勝、貯金11とした。ヤクルトは4連敗で借金2。

後で読む
スポーツニッポン

楽天は13安打7打点で快勝し、3連勝を飾った。敗れた西武は15年8月以来の7連敗を喫した。借金は今季ワーストの8となった。

後で読む
デイリースポーツ

【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグ、ウニオン・ベルリンに加入した遠藤渓太が13日、本拠地のスタジアムで記者会見し「10点には絡みたい。5ゴール、5アシストとかを目標にできればと思う」と欧州初挑戦の意気込みを語った。 22歳の遠藤渓は来年の東京五輪代表入りを目指すアタッカー。昨年のJ1横浜Mのリーグ制覇に貢献し、今夏に1シーズンの期限付きでウニオン・ベルリンへ移籍した。

後で読む
東京スポーツ

Jリーグは13日、クラスター(感染者集団)が発生したJ1鳥栖の3試合を中止すると発表した。  中止が決定したのは15日のG大阪戦(駅スタ)、19日の仙台戦(ユアスタ)、23日の札幌戦(駅スタ)の3試…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのドイツ1部リーグ、ウニオン・ベルリンに加入した遠藤渓太が13日、本拠地のスタジアムで記者会見し「10点には絡みたい。5ゴール、5アシストとかを目標にできればと思う」と欧州初挑戦の意気込みを語った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ-日本ハム、9回戦、13日、ゾゾマリン)楽天の松井は今季先発に再転向して4試合目の登板でも勝利はならなかった。3失点し今季最短の3回でKO。1-0の二回に同点を許すと、4-1とした三回に1点差に迫られて降板した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人4x-3ヤクルト、10回戦、巨人5勝4敗1分、13日、東京D)巨人がサヨナラ勝ちで2連勝。3-3で迎えた九回2死一、三塁から代打・亀井が中前にサヨナラ打を放ち、ヤクルトとの激闘を制した。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクが13日、オリックス9回戦(ペイペイドーム)で3-1で逆転勝利。工藤公康監督(57)は今季初先発だった大竹耕太郎投手(25)の内容にうなずいた。一問一答は以下の通り。

後で読む
スポーツ報知

日本レスリング協会が、国などからコーチに支払われる報酬を巡り、過去に不適切な会計処理を行った疑いが浮上し、日本オリンピック委員会(JOC)から調査の指示を受けたことが12日、分かった。4月に元コーチ

後で読む
スポーツ報知

大相撲の大関・朝乃山の付け人を務める東幕下38枚目・寺沢(25)=ともに高砂=が7月場所中(7月19日初日、8月2日千秋楽)にまわしの盗難被害に遭っていた。

後で読む
サンケイスポーツ

西武の与座が自己最短の2回1/3でKOされた。味方が1-1と追い付いた直後の三回、先頭打者の辰己に初球を本塁打され、さらに1点を失ってなお1死三塁で4番浅村を迎え、交代を告げられた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク3-1オリックス、9回戦、ソフトバンク8勝1敗、13日、ペイペイD)ソフトバンクが4連勝。今季初登板の大竹が六回2死まで1失点で白星を得た。0-1の二回に今宮の5号ソロで追い付き、周東の適時三塁打で勝ち越し。五回は2死から3連打で加点した。好機を生かせなかったオリックスは6連敗。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーくじを運営する日本スポーツ振興センターは13日、新型コロナウイルスの感染者が出て中止となった15日のJ1鳥栖-G大阪について、第1180回のトトなどでいずれの投票も合致したものとして取り扱うと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフで米、欧州の両ツアーを兼ねるスコットランド・オープンは13日、英ノースバーウィックのルネサンス・クラブ(パー71)で第1ラウンドが行われ、渋野日向子が1番からスタートした。霧のために競技開始が2時間遅れた。

後で読む
サンケイスポーツ

東京ドームで13日に行われた巨人-ヤクルト10回戦で、ハプニング(?)が起きた。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは13日、9月8日-10日の阪神3連戦(横浜)を対象に行う夏の人気イベント「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」で選手が着用し、来場者に配布されるスペシャルユニホームのデザインを発表した。

後で読む
デイリースポーツ

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は13日、J1鳥栖において発生した新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)発生を受けて、延期としていたYBCルヴァン杯の広島-鳥栖戦(Eスタ)の代替試合を開催せずに中止とすること、および鳥栖のリーグ戦3試合(15日・G大阪戦=駅スタ、19日・仙台戦=ユアスタ、23日・札幌戦=駅スタ)の開催を延期すると発表した。 以下、Jリーグ発表の村井満チェアマン(61)のコメント。

後で読む
デイリースポーツ

J1G大阪の宮本恒靖監督(43)は13日、鳥栖戦(15日、駅スタ)が開催延期となったことを受け、クラブを通じて「昨今の社会情勢を考えると、どこの世界にも、どのクラブにも起こり得ることだと思いますし、起こってしまったことをしっかりと受け入れて、あとはJリーグの判断を我々は受け入れるのみ。我々はJリーグの構成員というクラブとしての立場なので、それを受け入れてまた次の日程に合わせていくということだと思います」とコメントした。 チームは14日の練習が急きょオフとなり、次節浦和戦(19日、パナスタ)に向けて調整を続けていく。未曾有の事態に直面しているJリーグだが、G大阪は首位川崎に勝ち点6差の2位と好調を維持している。宮本監督は「(コロナ渦での戦いに)難しさは最近特に感じます。ただそれでも各方面の方々がそれにうまく対応してシーズンを戦っていこうというところがあるので、みんながある意味、運命共同体というか、そういう形で今シーズンをしっかりと乗り切っていくしかないなと思います」と決意を新たにした。

後で読む
スポーツ報知

西武のE・メヒア一塁手(34)が、2点を追う3回1死三塁で、楽天先発の松井から左中間へ適時二塁打を放った。

後で読む
スポーツ報知

西武の高木渉中堅手(20)がプロ3年目、7打席目にして初安打を放った。「1番・中堅」で先発出場すると、3回先頭の2打席目に、松井から右前安打を放った。

後で読む
スポーツ報知

先発した西武・与座海人投手(24)が、プロ最短KOとなる3回途中6安打4失点で降板した。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクの大竹耕太郎投手(25)が今季初登板初先発。6回途中5安打1失点と好投した。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの河野竜生投手(22)が5回6安打4失点で降板した。4回までは1失点と好投。4点リードの5回に3本のソロ弾を浴び、1点差に詰め寄られた。勝利投手の権利を持ったまま降板。6回から2番手・井口和

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-オリックス」(13日、ペイペイドーム) オリックス・張奕は今季初先発。初回は2四球などで1死一、二塁のピンチを迎えるが、栗原を右飛、明石を三邪飛に打ち取る。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-ヤクルト」(13日、東京ドーム) 巨人の高梨が七回に2番手として登板し、1回を無失点に抑え、楽天から移籍後の無失点記録を11試合に延ばした。投球回は10回1/3。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク3-1オリックス」(13日、福岡ペイペイドーム) 最下位のオリックスが今季初先発の張奕投手をマウンドに送ったが、5回6安打3失点。先頭打者アーチで挙げた先制点を守れず、今季2度目の6連敗。借金は13にまでふくらんだ。

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグは13日、鳥栖において選手、スタッフに複数名の新型コロナウイルス陽性判定者が発生したことを受け、当該クラブからこれ以上の感染が広がらないことが十分に確認されるまでの間、当該クラブに係る公式試合の中止を決定した。

後で読む
スポーツニッポン

15日に予定されていたリーグ鳥栖戦(駅前ス)が延期されたことを受け、G大阪の宮本恒靖監督(43)はクラブを通じて「どの世界にも、どのクラブにも起こりえることだと思います。起きてしまったことを受け入れて、あとは我々はJリーグの判断を受け入れるのみ。我々はJリーグの構成員としての立場なので、それを受け入れてまた次の日程に合わせていく」とコメントした。

後で読む
東京スポーツ

西武・与座海人投手(24)が自己最短2回1/3、4失点で降板した。13日の楽天戦(メットライフ)に先発した与座は初回、浅村を中飛に打ち取りながら中堅・高木の目測ミスで不運な先制点を許した。  2回裏…

後で読む
東京スポーツ

久々の〝おにぎり弾〟だ。日本ハムの横尾俊建内野手(27)が13日、ロッテ戦(ZOZOマリン)に「6番・三塁」で先発出場し、1点リードの5回、一死二、三塁のチャンスで2号3ランを放った。  打った瞬間…

後で読む
東京スポーツ

復帰初戦で快音、とはいかなかった。ヤクルトの山田哲人内野手(28)は一軍選手登録された13日の巨人戦(東京ドーム)で「2番・二塁」で先発出場。初回無死二塁での第1打席ではストレートの四球を選んだ。2…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムのドラフト1位・河野竜生投手(22)が13日、ロッテ戦(ZOZOマリン)に先発し、5回を投げて3被弾を含む6安打4失点だった。  悪夢の5回となった。4回まで安定した投球を見せていた河野。と…

後で読む
スポーツニッポン

巨人・岡本和真内野手(24)の適時打で同点に追いついた。

後で読む
スポーツニッポン

ソロソロソロの1イニング3発だ。

後で読む
スポーツニッポン

楽天から今季途中にトレードで加入した巨人・高梨雄平投手(28)が、移籍からの無失点を11試合に伸ばした。

後で読む
スポーツニッポン

巨人のクリストファー・クリソストモ・メルセデス投手(26)が、力投も今季3勝目とはならなかった。6回8安打3失点に「初回に失点してしまい、チームによい流れをつくれなかったことを反省しています」と振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのJリーグは13日、J1鳥栖で金明輝監督ら10人が新型コロナウイルスに感染したことを受け、15日の鳥栖-G大阪、19日の仙台-鳥栖、23日の鳥栖-札幌のリーグ戦3試合を延期すると発表した。代替日はいずれも未定。

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルスの感染が判明し、自動車のF1シリーズの2レースを欠場していたセルヒオ・ペレス(メキシコ、レーシングポイント・メルセデス)が16日決勝のスペイン・グランプリで復帰すると13日、所属チームが発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・大竹耕太郎投手(25)が13日、オリックス戦(ペイペイドーム)で今季初先発。5回2/3を投げ1失点。勝利投手の権利を手に入れて、降板した。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人2軍は13日、中大とのプロアマ交流戦(ジャイアンツ球場)に7-20で敗れた。母校との対戦での大敗に、阿部慎之助2軍監督(41)は吹っ切れた表情で口を開いた。

後で読む
サンケイスポーツ

14日のDeNA戦(横浜)に先発するヤクルトのD2位・吉田大喜投手(日体大)は13日、短距離ダッシュなどで調整した。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテの田村が2試合連続で複数安打を記録した。0-0の二回に左中間へ適時二塁打を放ち「何とかバットに当たってくれた。走者をかえせて良かった」とうなずくと、1-5の五回には先頭打者で内角高めの直球を左中間席へ運び、今季初本塁打をマークした。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・大竹耕太郎投手(25)が13日、オリックス戦(ペイペイドーム)で今季初先発。5回2/3を投げ1失点。勝利投手の権利を手に入れて、降板した。

後で読む
日刊スポーツ

ベガルタ仙台は15日の清水エスパルス戦でホーム初勝利を目指す。前節8日のアウェー・ヴィッセル神戸戦では、左サイドバック(SB)のDF蜂須賀が2得点に絡む活躍で…

後で読む
日刊スポーツ

静岡学園高DF田辺秀斗(3年)が、来季の新戦力として川崎フロンターレに加入することが内定した。13日、静岡市内で仮契約を結び、クラブから正式発表された。中学ま…

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌FW鈴木武蔵(26)にベルギー1部のベールスホットから獲得の打診を受けていることが13日、分かった。この日、札幌・宮の沢で行われた全体練…

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは13日、サガン鳥栖の金明輝(キム・ミョンヒ)監督(39)ら10人が新型コロナウイルスに感染したことで中止となっていたルヴァン杯サンフレッチェ広島-サ…

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは13日、12日までに金明輝(キム・ミョンヒ)監督(39)ら10人が新型コロナウイルスに感染したサガン鳥栖の公式戦日程について、リーグ戦は15日のガン…

後で読む
スポーツ報知

巨人の丸佳浩外野手(31)と中島宏之内野手(38)が2者連続アーチを架けた。

後で読む
デイリースポーツ

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は13日、J1鳥栖において発生した新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)発生を受けて、延期としていたYBCルヴァン杯の広島-鳥栖戦(Eスタ)の代替試合を開催せずに中止とすること、および鳥栖のリーグ戦3試合(15日・G大阪戦=駅スタ、19日・仙台戦=ユアスタ、23日・札幌戦=駅スタ)の開催を延期すると発表した。 以下、Jリーグ発表の村井満チェアマン(61)のコメント。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのJリーグは13日、J1鳥栖で金明輝監督ら10人が新型コロナウイルスに感染したことを受け、15日の鳥栖-G大阪、19日の仙台-鳥栖、23日の鳥栖-札幌のリーグ戦3試合を延期すると発表した。代替日はいずれも未定。 Jリーグのクラブで初のクラスター(感染者集団)となった鳥栖は保健所の指導で2週間程度、活動を休止する方針。

後で読む
日刊スポーツ

選手の生の表情や反応から、その時の気持ちを理解できることがある。新型コロナウイルスの感染予防により、メジャーリーグの取材現場ではメディアと選手や…

後で読む
日刊スポーツ

ツインズ前田健太投手(32)が節目のメジャー通算50勝目に到達した。12日(日本時間13日)、ブルワーズ戦に先発し、6回2/3を5安打2失点にまとめ、今季3勝…

後で読む
スポーツ報知

西武のC・スパンジェンバーグ左翼手(29)が、1点を追う2回1死一塁で、一時同点に追いつく左翼フェンス直撃の適時二塁打を放った。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの渡辺諒内野手(25)が逆転の2点適時打を放った。

後で読む
スポーツ報知

楽天の松井裕樹投手(24)が3回6安打3失点で降板した。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの横尾俊建内野手(23)が2号3ランで突き放した。「6番・三塁」で先発。今季2度目のおにぎりパフォーマンスも披露した。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクが今宮健太内野手(29)、周東佑京内野手(24)の活躍で逆転に成功した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-オリックス」(13日、ペイペイドーム) この日1軍に昇格して、今季初登板初先発のソフトバンクの大竹耕太郎投手が勝ち投手の権利を得た。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-ヤクルト」(13日、東京ドーム) 巨人が丸と中島の2者連続本塁打で1点差に詰め寄った。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-ヤクルト」(13日、東京ドーム) 巨人が五回、岡本のタイムリーで同点に追いついた。

後で読む
デイリースポーツ

「西武-楽天」(13日、メットライフドーム) 楽天・松井裕樹投手(24)が、1軍復帰後2試合目の先発マウンドとなったが、3回6安打3失点で今季最短でのKOとなった。

後で読む
デイリースポーツ

 【ロンドン共同】女子ゴルフで米、欧州の両ツアーを兼ねるスコットランド・オープンは13日、英ノースバーウィックのルネサンス・クラブ(パー71)で第1ラウンドが行われた。霧のために競技開始が2時間遅れ、渋野日向子は午後0時21分(日本時間同8時21分)にスタートする。 世界ランキング5位の畑岡奈紗や河本結、野村敏京、山口すず夏も出場。今大会は今季メジャー初戦、AIG全英女子オープン(20日開幕)の前哨戦と位置付けられ、無観客で実施された。

後で読む
日刊スポーツ

東日本卓球練習会(トップアスリート東北ブロック研修会)が10日、宮城・大崎市三本木総合体育館で行われた。開催16度目の今回は東北4県から中学3年~高校3年の女…

後で読む
東京スポーツ

楽天・浅村栄斗内野手(29)が13日の古巣・西武戦(メットライフ)で連続タイムリーを放った。初回二死一塁の第1打席で相手先発・与座から中飛と思われた飛球を中堅・高木が目測を誤るラッキーな適時打で先制…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムの渡辺諒内野手が13日、ロッテ戦(ZOZOマリン)に「5番・二塁」で先発出場し、1点を追う3回一死満塁のチャンスで逆転の2点適時打を放った。  直球に勝負強さを発揮し〝直球破壊王子〟の称号で…

後で読む
東京スポーツ

巨人の中島宏之内野手(38)が13日のヤクルト戦(東京ドーム)でメモリアルにリーチをかける追撃の一発を放った。  3点を追う4回、直前の丸の9号ソロのざわめきがまだ収まらない中、中島はツバメ先発・高…

後で読む
東京スポーツ

巨人の二軍が赤っ恥だ。13日、ジャイアンツ球場で中大とのプロ・アマ交流戦が行われ、阿部慎之助二軍監督率いる巨人は7―20で歴史的な大敗を喫した。  投手陣が出だしからつまづいた。まずは先発右腕の桜井…

後で読む
スポーツ報知

 プレーヤーズ委員長の青木瀬令奈(27)=マツシマHD=、有村智恵(32)=日本HP=が裏方スタッフらを支援する基金の「トーナメント・プレーヤーズ・ファウンデーション」のオリジナルグッズ(キャップ、マ

後で読む
スポーツニッポン

初回に3点を先制された巨人が4回、丸佳浩外野手(31)と中島宏之内野手(38)の連続ソロ本塁打で1点差に迫った。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー元日本代表の香川真司(サラゴサ)が7月の豪雨災害に遭った熊本県内の小学校やサッカークラブに向け、サッカーボール千個を寄贈すると13日、マネジメント会社が発表した。 香川は同県出身で元日本代表の巻誠一郎さんと親交があり「子どもたちのボールが流されてしまい、サッカーができなくて困っていると巻さんから聞いた。少しでも笑顔を届けられればと思っている」とコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

J1横浜FCの下平隆宏監督(48)が13日、オンライン取材に応じた。ルヴァン杯2試合にスタメン出場し、好プレーを見せたFW三浦知良(53)について「ルヴァンに限らずリーグでも力になってくれる」とリーグ戦でも起用する方針を明かした。 カズは、5日の鳥栖戦で惜しいヘディングシュートを放った。12日の札幌戦でも積極的にシュート打った上に体を張った守備でも存在感を示した。下平監督は「守備のところが緩くなることを懸念したが、そこで僕が望んでいるような守備のパフォーマンスをしてくれた。さらに攻撃でもチャンスを作って、驚いている。ここまでパフォーマンスを出せるのは、ちょっと意外」と絶賛した。

後で読む
東京スポーツ

J1鳥栖でクラスターが発生し、新型コロナウイルス感染者が続出する直前に対戦した横浜FCの下平隆宏監督(48)が複雑な胸中をのぞかせた。  鳥栖では選手やスタッフ合計10人の感染が判明したが、その端緒…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー元日本代表の香川真司(サラゴサ)が7月の豪雨災害に遭った熊本県内の小学校やサッカークラブに向け、サッカーボール1000個を寄贈すると13日、マネジメント会社が発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

J1横浜FCの下平監督が13日、オンライン取材に応じ、12日のYBCルヴァン・カップの札幌戦で先発した53歳の元日本代表FW三浦知良について「ここまでパフォーマンスを出せるのかというのは失礼だけど、ちょっと驚いている。リーグ戦でも十分に力になってくれると思う」と話し、今後のJ1での起用を示唆した。

後で読む
サンケイスポーツ

アーセナルのメスト・エジルが、新型コロナウイルス禍による減給拒否報道について口を開いた。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・青木宣親外野手(38)が13日、巨人10回戦(東京ドーム)に「3番・左翼」で先発出場。一回無死一、二塁から、先制の左越え適時二塁打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・西浦直亨内野手(29)が13日、巨人10回戦(東京ドーム)に「5番・三塁」で先発出場。1点を先制した後の一回1死二、三塁から、右翼線へ2点二塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーの香川真司(31)が13日、所属事務所を通じ、今年7月の豪雨災害で被害を受けた、熊本の子どもたちのために、サッカーボール1000個を寄贈すると発表した。 今年7月の豪雨の影響で、ボールを失った子どもたちが多数いることを、親交のある元日本代表の巻誠一郎氏から聞いた香川が発案したとしている。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは13日、YBCルヴァン・カップの準々決勝の組み合わせ抽選をオンライン上で行い、2連覇を狙う川崎は神戸との対戦が決まった。他のカードは札幌-横浜M、C大阪-柏、FC東京-名古屋。11月7日の決勝を国立競技場で実施することも発表した。 新型コロナウイルスの影響で大会方式が大幅に変更となり、決勝まで1試合制のトーナメントで争う。準々決勝は9月2日、準決勝は10月7日。

後で読む
デイリースポーツ

J1横浜FCの下平監督が13日、オンライン取材に応じ、12日のYBCルヴァン・カップの札幌戦で先発した53歳の元日本代表FW三浦知良について「ここまでパフォーマンスを出せるのかというのは失礼だけど、ちょっと驚いている。リーグ戦でも十分に力になってくれると思う」と話し、今後のJ1での起用を示唆した。 J1での最年長出場や最年長得点記録更新に期待が懸かる三浦は、今季まだリーグ戦で出番がない。下平監督は札幌戦でゲーム主将を務めた三浦のプレーだけでなく、統率力も評価し「チームの一体感や出すパワーが明らかに違う」と話した。

後で読む
スポーツ報知

14日の巨人戦(東京D)に先発する中日・松葉貴大投手(29)がG倒に向けて意気込んだ。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクの和田毅投手(39)が13日、出場選手登録を抹消された。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトの青木宣親外野手(38)が初回無死1、2塁で左翼へ先制の適時二塁打。「連敗中なので、とにかく先に点を取ってチームをいい流れにしたかったです」と汗をぬぐった。

後で読む
スポーツ報知

先発した西武・与座海人投手(24)が、プロ最短KOとなる3回途中6安打4失点で降板した。

後で読む
スポーツ報知

楽天の浅村栄斗内野手(29)が2打席連続適時打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-ヤクルト」(13日、東京ドーム) 昨夜4位に転落した高津ヤクルトの、逆襲が始まった。主力の山田哲がついに昇格。巨人先発のメルセデスから、二塁打3本で一気に先制攻撃をしかけた。

後で読む
デイリースポーツ

日本高野連は13日、公式ホームページのプロ志望届提出者一覧を更新して最速153キロ右腕で今秋ドラフト上位候補の福岡大大濠・山下舜平大(しゅんぺいた)投手(3年)ら新たに17人が加わった。山下は188センチ、93キロの大型右腕。球種は直球とカーブのみながら、昨秋の大阪桐蔭との交流試合では強豪から12三振を奪うなど注目度が高まった。 今夏の福岡代替大会にも複数のNPBスカウトが各試合に集結していた。視察した阪神・田中スカウトも「全国でもトップクラス」と評価。3日の福岡地区大会決勝で敗れた時点では自身の進路について明言を避けていたが、プロ入りへの思いに傾いた形だ。

後で読む
東京スポーツ

J1横浜FCのカズことFW三浦知良(53)の出場機会が今後急増しそうだ。  カズは12日のルヴァンカップ1次リーグ札幌戦で2試合連続スタメン出場し、積極的なプレーで攻撃をけん引するなど奮闘。チームは…

後で読む
東京スポーツ

J1鳥栖でクラスターが発生し、新型コロナウイルス感染者が続出する直前に対戦した横浜FCの下平隆宏監督(48)が複雑な胸中をのぞかせた。  鳥栖では選手やスタッフ合計10人の感染が判明したが、その端緒…

後で読む
東京スポーツ

ついに復帰だ。ヤクルトの山田哲人内野手(28)が13日に一軍の選手登録された。さらに同日に行われた巨人戦(東京ドーム)に「2番・二塁」で先発出場。 山田哲は7月27日に上半身のコンディション不良のた…

後で読む
東京スポーツ

辻政権ワースト6連敗中の西武が13日の楽天戦(メットライフ)オーダーを再び変更してきた。  1番に3年目・高木を抜てき。4番にここ3試合のスタメンで4本塁打のメヒアを据えた。そして、ここ10試合で打…

後で読む
東京スポーツ

  幸先のいいスタートを切った。ヤクルトは13日の巨人戦(東京ドーム)で初回に3点を上げた。まず先頭・坂口が二塁打で出塁。この日、一軍復帰した山田哲が巨人先発・メルセデスからストレートの四球…

後で読む
東京スポーツ

25打席ノーヒットからの…。巨人・丸佳浩外野手(31)が、13日のヤクルト戦(東京ドーム)の第1打席で投強襲の内野安打を放ち、これで前日から4打席連続安打となった。  この日も「6番・中堅」で出場。…

後で読む
スポーツニッポン

西武はきょう13日の本拠地・楽天戦で、チームシンボルのライオンを絶滅の危機から救う保全活動「SAVE(セイブ) LIONS(ライオンズ) DAY」を開催している。ライオン保全の募金活動などが行われている。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏の第102回全国高校野球選手権大会とその出場権を懸けた地方大会が全て中止になったことを受け、都道府県高野連が独自に開催する代替大会は13日、山梨、香川で決勝が行われた。

後で読む
スポーツニッポン

巨人2軍は中大とプロ・アマ交流戦(ジャイアンツ球場)を行い、7―20と完敗した。

後で読む
東京スポーツ

Jリーグは13日、ルヴァンカップの決勝トーナメントの組み合わせ抽選会をオンラインで開催し、昨季王者の川崎は準々決勝で神戸との対戦が決まった。  1次リーグを勝ち上がった柏、川崎、札幌、C大阪、名古屋…

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・東浜巨投手(30)が13日、ペイペイドームでランニングなどで調整。14日のオリックス戦(同ドーム)での先発登板に向けて、力を込めた。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-ヤクルト」(13日、東京ドーム) 巨人が初回に3失点を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-オリックス」(13日、ペイペイドーム) オリックスは初回先頭の山足達也内野手が大竹の2球目を捉え左翼スタンド中段に運ぶ1号ソロで先制した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-ヤクルト」(13日、東京ドーム) 昨夜4位に転落した高津ヤクルトの、逆襲が始まった。主力の山田哲がついに昇格。巨人先発のメルセデスから、二塁打3本で一気に先制攻撃をしかけた。

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナのジャン=クレア・トディボは、新型コロナウイルス検査で陽性だったことを明かした。

後で読む
デイリースポーツ

総合格闘技団体・RIZINを主催するRIZIN FF事務局は13日、公式ツイッターに「『RIZIN大好きさん』の件についてのご報告とお願い」と題した文書を掲載し、がんと闘う人たちを支援するため同社が販売したチャリティーTシャツをめぐる混乱を謝罪した。 RIZINは昨年12月にアパレル2社との共同でがんと闘う人たちへチャリティーTシャツを作成し、販売した。売り上げはすべて埼玉県健康づくり安心基金に寄付した。きっかけはRIZINファンだという「RIZIN大好きさん」の「癌で闘病している」という発言をRIZIN FF事務局が信じ込んだことからだが、このほど事態を知ったという「RIZIN大好き」さんの夫人から届いたメールを、許可を得た上で公開。

後で読む
サンケイスポーツ

JリーグYBCルヴァンカップ・プライムステージの組み合わせ決定オープンドロー(抽選会)が13日に行われ、ベスト8の対戦カードが決定した。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人2軍は13日、阿部慎之助2軍監督の母校、中大とのプロ・アマ交流戦(ジャイアンツ球場)に7-20で敗れた。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・浜田太貴外野手(19)が13日、東京ドームでの巨人戦前練習後、前日12日の同戦で放ったプロ初安打について振り返った。

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟にJ1浦和レッズから期限付き移籍で加入したDF荻原拓也(20)が13日、合流初日の練習後に取材に応じた。積極的なドリブル、強烈な左足を武…

後で読む
日刊スポーツ

サガン鳥栖でJリーグ初のクラスターが発生したことを受け、川崎フロンターレの鬼木達監督があらためて新型コロナウイルスへの警戒心を強めた。13日の練習後にオンライ…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は13日、セ・パ両リーグで4試合が行われた。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・山田哲人内野手(28)が13日、出場選手登録され、同日の巨人戦(東京ドーム)に「2番・二塁」で即スタメンに名を連ねた。

後で読む
デイリースポーツ

東京六大学野球リーグは13日、神宮球場で行われ、慶大が明大に11-2で大勝し、3勝目を挙げた。明大は3敗。今季は1回戦総当たりで実施されている。 慶大は二回に萩尾がリーグ初打席で本塁打、六回には正木が2ランを放つなど16安打の猛攻だった。

後で読む
スポーツ報知

【楽天スタメン】

後で読む
スポーツ報知

【オリックススタメン】

後で読む
スポーツ報知

【ヤクルトスタメン】

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトの山田哲人内野手(28)が出場選手登録されて「2番・二塁」で先発出場。初回無死2塁で迎えた第1打席は四球で出塁した。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの3年目左腕・北浦竜次投手(20)が今季1軍初登板で勝利を誓った。14日のロッテ戦(ZOZO)で先発。「いよいよという感じです」と腕をぶした。

後で読む
東京スポーツ

立ち技打撃格闘技「RISE」が13日、緊急記者会を開き、今秋開催予定だった「RISE WORLD SERIES 2020」を延期し、新たに「RISE DEAD OR ALIVE」の大会名で10月11…

後で読む
東京スポーツ

ボクシングのWBA&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(27)が12日夜、自身のツイッターを更新。  新型コロナ感染拡大の影響で延期となっていた次戦に動きがあったことに井上は「対戦相手の噂がちらほら…

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグは13日、11月7日のルヴァン杯決勝を国立競技場で開催すると発表した。国立での決勝は改築前の13年以来7年ぶり。

後で読む
デイリースポーツ

 国内女子ゴルフツアーの今季第2戦、NEC軽井沢72の開幕を翌日に控えた13日、長野県軽井沢72で各選手が最終調整し、昨季賞金女王で6月の開幕戦で2位だった鈴木愛は「ショットはだいぶ良くなっている。パットのフィーリングはまだしっくりしていない」と、いつもと変わらぬ慎重な姿勢だった。 鈴木は次週のメジャー第1戦、AIG全英女子オープンの欠場について「健康第一。今年は無理して行かなくていい」と説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

ユベントスは、フランス代表MFブレーズ・マテュイディの退団を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

ユベントスは、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトが肩の手術を受けたことを発表した。

後で読む
東京スポーツ

原巨人が2日連続で「サカマル」を離した。13日のヤクルト戦(東京ドーム)の先発オーダーが発表され前日に引き続き「1番・坂本」「6番・丸」と「サカマル」は離された。打順変更について原監督は「自分の中で…

後で読む
スポーツ報知

 6月以来となる今季2戦目は14日から3日間、無観客試合で行われる。プロデビュー戦となった開幕戦のアース・モンダミンカップで最終日最終組を回り5位と健闘した西郷真央(18)=大東建託=は練習後、屋外で

後で読む
スポーツニッポン

慶大が16安打11得点の猛攻で明大を圧倒し、3連勝を飾った。今春から4番に座る正木智也外野手(3年)が1号2ランを含む5打点をマーク。中日に入団した郡司裕也捕手(22)から受け継いだ打順で輝きを増した。

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
デイリースポーツ

スペイン1部リーグ、ビリャレアルにレンタル移籍した日本代表MF久保建英がいきなりネットでその怪物ぶりを発揮、ツイッターやインスタグラム、ユーチューブといったソーシャルサイトでこれまでのクラブ記録を優に超える数字を叩き出しているという。スペインのスポーツ紙、アスなどが伝えている。 同紙などによると、入団発表前後の2日でクラブのツイッターとインスタグラムのフォロワーが3万人増加。ツイッターのインプレッションは20倍に激増している。通常日で70万のインプレッションが入団発表の11日には825万となったため。同日24時間では1200万で、これは先月合計の2200万の半分以上になる。特に英語版がブームとなり、18万5000のリツイートと14万4000の「いいね」が生まれている。

後で読む
サンケイスポーツ

国内女子ゴルフツアーの今季第2戦、NEC軽井沢72の開幕を翌日に控えた13日、長野県軽井沢72で各選手が最終調整し、昨季賞金女王で6月の開幕戦で2位だった鈴木愛は「ショットはだいぶ良くなっている。パットのフィーリングはまだしっくりしていない」と、いつもと変わらぬ慎重な姿勢だった。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハム・西川遥輝外野手(28)が13日、ロッテ9回戦(ZOZOマリン)でスタメンを外れた。西川は12日のロッテ戦の九回、右手首に死球を受けていた。代わって、12日に今季初めて出場選手登録された浅間大基外野手(24)が「1番・中堅」で今季初のスタメン出場を果たす。

後で読む
サンケイスポーツ

国内女子ゴルフツアーの今季第2戦、NEC軽井沢72の開幕を翌日に控えた13日、新型コロナウイルスの感染拡大を理由に、AIG全英女子オープン(20日開幕)の欠場を決めている鈴木は、その後のメジャーも回避の意向を口にした。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは14日の予告先発投手を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

現役引退を発表した元スペイン代表GKイケル・カシージャス氏が、古巣Rマドリード帰還の可能性があることを明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球の今夏の甲子園大会、地方大会の中止を受けて都道府県高野連が独自に開催する代替大会は13日、各地で行われ、香川の決勝は甲子園交流試合に出場する尽誠学園が、高松商を5-0で下して優勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

J1名古屋は13日、J3岩手に期限付き移籍中のFW大垣勇樹(20)とプロA契約を結んだと発表した。7月25日の相模原戦でA契約の締結条件を満たした。

後で読む
サンケイスポーツ

パリサンジェルマン(PSG)のFWキリアン・ムバッペは、大一番アタランタ戦出場に間に合い、メディカルスタッフに感謝を伝えた。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテ13日、少年マガジンで連載中の人気漫画「炎炎ノ消防隊」とのコラボグッズをマリーンズストアミュージアム店とオンラインストアで15日から販売すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

東京六大学野球春季リーグ戦は13日、東京・神宮球場で行われ、第2試合の早大-東大戦は、雷雨のため、五回終了で中断し、午後4時42分にノーゲームとなった。この試合は18日午前11時から行われることになった。

後で読む
スポーツ報知

ロッテは13日、人気漫画「炎炎(えんえん)ノ消防隊」とのコラボレーショングッズを15日から販売すると発表した。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクの工藤公康監督(57)が13日、アルフレド・デスパイネ外野手(34)とジュリスベル・グラシアル内野手(34)が14日のウエスタン・リーグ、広島戦(タマ筑後)で今季実戦初出場することを明か

後で読む
スポーツ報知

DeNAの梶谷隆幸外野手(31)、ネフタリ・ソト内野手(31)が休日返上で横浜スタジアムで汗を流した。

後で読む
スポーツ報知

14日の楽天戦(メットライフ)で先発する西武のZ・ニール投手(31)が13日、キャッチボールやランニングを行って最終調整した。

後で読む
スポーツ報知

来日1年目で、西武ファンに大きな印象を与えているリード・ギャレット投手(27)は、このコロナ禍の状況で、今年1月に誕生した長男とも会えない日々が続いている。愛妻や長男にプレゼントを贈るため、この楽天

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球・阪神の藤川球児投手、広島のDJ・ジョンソン投手らの出場選手登録抹消が13日、公示された。また、ヤクルトの山田哲人内野手が出場選手登録された。 藤川は7月12日に一度、出場選手登録を抹消。2軍では実戦登板などで調整し、。7月21日に40歳を迎えた後、同23日に再昇格した。その後は、中継ぎとして起用されたが、昇格後の6試合で三者凡退に打ち取った試合は一度もなく、直近の2試合連続で失点していた。

後で読む
デイリースポーツ

阪神の藤川球児投手(40)が13日、出場選手登録を外れた。球団によると、右上肢のコンディション不良のため、再調整するという。7月にも右肩のコンディション不良で登録を外れており、今季2度目の離脱。 復帰後は中継ぎで起用されていた。日米通算250セーブの偉業が迫るが、復調の兆しは見られず、ここまで登板11試合で1勝3敗2セーブ、防御率7・20だった。

後で読む
スポーツニッポン

J2群馬DF船津徹也(33)が母校・立正大淞南の後輩たちにエールを送った。サッカー部部員を含み、同校で新型コロナウイルスの大規模なクラスター(感染者集団)が発生。自らのTwitterで「立正大淞南サッカー部に関わった人はみんなわかっている。先生や生徒がサッカーがうまくなるため、強くなるためにどれだけ毎日努力してどれだけ色々なことを犠牲にしてきたか。どれだけ注意してもコロナになってしまうことも知…

後で読む
スポーツニッポン

欧州チャンピオンズリーグ(CL)は12日にポルトガル・リスボンで準々決勝の1試合が行われ、パリ・サンジェルマン(フランス)がアタランタ(イタリア)を2―1と逆転で破り、1994~95年以来、25季ぶりに4強入りを果たした。

後で読む
スポーツニッポン

FC東京は13日、都内で非公開練習を行った。あさって15日にホームで名古屋と対戦する。チームは7月22日の札幌戦から4戦勝ちなし(3分け1敗)と苦戦する中、日本代表FW永井は「しっかりと選手同士や長谷川監督を交えて修正できている。先に失点することが多いので、先制点を取って自分たちのリズムでゲームを進めたい」と話した。

後で読む
東京スポーツ

チームの危機を救う。ヤクルトの山田哲人内野手(28)が13日、一軍の出場選手登録をされた。山田哲は上半身のコンディション不良で7月27日に登録を抹消されていた。  遠征を除いて一軍に帯同していた山田…

後で読む
東京スポーツ

阪神・藤川球児投手(40)が13日、出場選手登録を抹消された。球団は「右上肢のコンディション不良で再調整」と理由を発表した。  藤川は「自分自身残念ですが、再びコンディション不良で投球することが難し…

後で読む
東京スポーツ

中日・根尾昂内野手(20)が13日に出場選手登録を抹消された。  この日午前、遠征先の広島から新幹線に乗り、明日14日から巨人3連戦(東京ドーム)が控えている中、東京入りはせず、名古屋で下車。同日に…

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
スポーツニッポン

プロ野球のファームは13日、イースタン・リーグのヤクルト―DeNA戦(戸田)の1試合が行われ、6回裏2死、降雨コールドでDeNAが11―3で勝利した。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテは週刊少年マガジン(講談社)に連載中の人気漫画「炎炎ノ消防隊」とコラボしたグッズを、8月15日からマリーンズストアミュージアム店とオンラインストアで販売すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

中日の根尾が13日、出場選手登録を外れた。2年目の今季は今月4日に1軍に上がり、11日の広島戦でプロ初安打を放ったが、出場6試合で15打数1安打、7三振と伸び悩んでいた。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽ヤクルト 山田哲人内野手 【同抹消】 ▽阪神 藤川球児投手 ▽広島 ジョンソン投手 ▽中日 佐藤優投手、山本拓実投手、根尾昂内野手 ▽ヤクルト 星知弥投手

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽ソフトバンク 大竹耕太郎投手 ▽ロッテ 東妻勇輔投手 ▽オリックス 張奕投手 【同抹消】 ▽ソフトバンク 和田毅投手 ▽ロッテ 成田翔投手 ▽オリックス 太田椋内野手

後で読む
サンケイスポーツ

球団公式サイトは前田について「ベテラン右腕はこの日対戦した最初の18人の打者中17人を打ち取るなど、ツインズ移籍後最長の6回2/3を投げて5安打2失点の内容で、好調を維持。メジャー通算50勝目をマークし、今季の成績を3勝0敗、防御率2・66とした」と伝えた。

後で読む
デイリースポーツ

阪神の藤川球児投手(40)が13日、出場選手登録を抹消された。 球団広報は抹消理由について「右上肢のコンディショニング不良で再調整」と発表。7月12日以来、今季2度目の2軍調整となった。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・岩貞祐太投手(28)が中継ぎに配置転換された。 阪神・金村曉投手コーチ(44)が13日、甲子園での投手練習後に広報を通して取材に応じ「中継ぎでやってもらいます」と明言。「開幕前にも中継ぎを少し経験しているので、短いイニングで力を発揮してくれると思ってます」と期待を寄せた。

後で読む
東京スポーツ

国内女子ゴルフの今季第2戦「NEC軽井沢72」(14日~、長野・軽井沢72G北C)の練習ラウンドが13日に行われ、勝みなみ(22=明治安田生命)が最終調整した。  昨季は「笑顔でプレーすること」をテ…

後で読む
サンケイスポーツ

国際サッカー連盟(FIFA)は12日、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選を年内は実施せず、来年へ再延期すると発表した。南米予選も開始が大幅に遅れており、各大陸予選の日程消化は楽観できない情勢となっている。

後で読む
サンケイスポーツ

J1川崎は13日、静岡学園高のDF田辺秀斗(18)が来季加入すると発表した。

後で読む
日刊スポーツ

名古屋グランパスは13日、今季J3いわてグルージャ盛岡へ期限付き移籍しているFW大垣勇樹(20)が、7月25日のJ3リーグ戦のSC相模原戦に出場し、規定の出場…

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレは13日、来季の新戦力として静岡学園高DF田辺秀斗(3年)の加入が内定したことを正式発表した。田辺は身長180センチの大型サイドバックで、50…

後で読む
サンケイスポーツ

西武は13日の楽天8回戦(メットライフドーム)で、チームのシンボルであるライオンを絶滅の危機から救う「SAVE LIONS DAY」を開催する。監督、コーチ、選手が同プロジェクトのオリジナルキャップを一日限定で着用し、ネクストバッターズサークルも「SEIBU LIONS」から「SAVE LIONS」の特別仕様となる。同プロジェクトは2019年シーズンにスタート。西武選手の本塁打1本につき1万円を、ライオンの保全活動を行っている英国オックスフォード大学の動物研究機関「WildCRU(ワイルドクルー)」へ寄付している。森友哉捕手(25)は「1本でも多くホームランを打ってチームの勝利に貢献し、さらに野生のライオンの保護にも貢献できるよう頑張ります。Let’s SAVE LIONS!!」とコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

上半身のコンディション不良で抹消されていたヤクルト・山田哲人内野手(28)が13日、出場選手登録された。

後で読む
日刊スポーツ

J1北海道コンサドーレ札幌の日本代表FW鈴木武蔵(26)にベルギー1部リーグのベールスホットから獲得の打診を受けていることが13日、分かった。すでに同クラブの…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は13日、甲子園球場で9月1~3日に開催するヤクルト3連戦の入場券を、8月までと同様に1試合当たり上限5000人として販売すると発表した。球団は観客数の上限について「今後、政府などの方針により急きょ変更となる場合がある」としている。

後で読む
スポーツ報知

巨人の小林誠司捕手(31)がジャイアンツ球場で練習を行った。開幕直後の6月下旬に左尺骨を骨折し、現在はリハビリに奮闘中。この日は、戸根とキャッチボールを行った後、ノックやティー打撃、マシン打撃を行い

後で読む
デイリースポーツ

北米プロアイスホッケーNHLのプレーオフは12日、カナダのトロントとエドモントンで1回戦(7回戦制)5試合の第1戦が行われ、西カンファレンスはカナックスが昨季王者のブルースを5-2で破って先勝。アバランチはコヨーテスに3-0で勝った。 東カンファレンスはブルーインズがハリケーンズに4-3で競り勝ち、アイランダーズはキャピタルズに4-2で勝利、フライヤーズはカナディアンズを2-1で退けた。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

9日に多発性骨髄腫のため67歳で亡くなった大相撲の元幕内蔵玉錦(ざおうにしき)さん=先代武隈親方、本名・安達敏正=の葬儀・告別式が13日、東京都内でしめやかに営まれた。最後に在籍した時津風部屋の時津風親方(元幕内時津海)と井筒親方(元関脇豊ノ島)、同学年で親交が深かった大島親方(元関脇魁輝)らが参列した。 井筒親方は7月場所中に見舞いに行き、「正代らも調子がいい。見守ってやってください」と伝えて手を握ると、力強く握り替えされた、という。長い闘病生活で入退院を繰り返していた。「(7月)場所も持たない」と言われていたが、場所を見届けて旅立った。「やはり力士だなと思った」と井筒親方はうなずいた。

後で読む
デイリースポーツ

日本陸連は13日までに、新型コロナウイルスの影響で休止していた全国規模の競技会に際し、再開の先駆けとして7月に北海道内の各地で開催されたホクレン中長距離チャレンジ4大会の実施報告を公式サイトに掲載した。 新型コロナウイルス対策の実施報告書として、実施したことを競技者およびチーム関係者、競技役員、メディア、観客、ライブ配信、大会運営、競技運営と、各項目に分けて列挙。競技者およびチーム関係者については、参加標準記録とターゲットナンバーによる参加人数の制限で、競技時間の短縮と常時競技場の滞在人数および1レースの人数をコントロールしたこと。また、競技役員やメディアを含めて、大会1週間前からの体調管理チェックシートの提出などを記している。

後で読む
日刊スポーツ

敵地レッドソックス戦に6番左翼で出場したレイズ筒香嘉智外野手が7月24日の開幕戦以来15試合、53打席ぶりとなる2号2ランを放った。4点リードの3回1死二塁。…

後で読む
日刊スポーツ

マリナーズ菊池雄星投手(29)の次回登板が、14日(日本時間15日午前10時10分)の敵地でのアストロズ戦になったと、球団が公表。今季は3試合に登板し、0勝1…

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキース田中将大投手(31)が12日(日本時間13日)、今季3戦目となるブレーブス戦に先発し、4回5安打2失点と上々の投球を披露した。2回に先制2ランを許し…

後で読む
スポーツ報知

中日・根尾昂内野手(20)が13日、出場選手登録を抹消された。4日のDeNA戦(横浜)から今季初めて1軍に昇格。6試合に出場し、11日の広島戦(マツダ)ではデビューから17打席目でプロ初安打も放った

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球香川大会・決勝、尽誠学園5-0高松商」(13日、レクザムスタジアム) 香川県代替大会決勝が行われ、尽誠学園が高松商を破って優勝を果たした。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは13日、15日からマリーンズストアミュージアム店とオンラインストアにて週刊少年マガジン(講談社)で連載中の大人気漫画「炎炎ノ消防隊」とのコラボレーショングッズを販売すると発表した。 「炎炎ノ消防隊」とのコラボレーショングッズは以下の通り。

後で読む
デイリースポーツ

「プロアマ交流戦、巨人7-20中大」(13日、ジャイアンツ球場) 巨人が阿部2軍監督の母校・中大に大敗。1軍再昇格を目指す桜井が先発し、3被弾するなど4回6安打5失点でKOを食らった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-ヤクルト」(13日、東京ドーム) 上半身のコンディション不良で登録を抹消されていた、ヤクルトの山田哲人内野手(28)が13日、満を持して1軍に復帰した。7月27日に4年ぶりの抹消となっていた。

後で読む
スポーツニッポン

J2京都は13日、GK若原智哉(20)が入籍したことを発表した。お相手の女性は一般人で氏名や年齢などは非公表。若原はクラブを通じて「私事ですが、このたび、入籍させていただきましたことをご報告させていただきます。これからは家族のために、そしてクラブのために、より一層、責任感をもって頑張っていきたいと思います」とコメント。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー元日本代表でプロラグビー選手の五郎丸歩(34=ヤマハ発動機)と、バレーボール男子日本代表の西田有志(20=ジェイテクト)が、スポーツ教育についてのトー…

後で読む
東京スポーツ

J1札幌の日本代表FW鈴木武蔵(26)のベルギー移籍が有力になった。鈴木のもとにベルギー1部ベールスホットから獲得の申し入れがあり、13日にウェブ上で取材に応じた札幌の三上大勝GM(48)は「武蔵選…

後で読む
スポーツニッポン

日大藤沢が延長タイブレークの末、15―7で藤沢翔陵を下し、4回戦を突破した。日大藤沢は、同点の5回に3番・姫木陸斗(3年)の右前打などで4点を勝ち越すが、粘る藤沢翔陵が9回に同点に追い付き、試合は延長タイブレークに突入。10回、日大藤沢は先頭5番・山崎隼(3年)の右中間への適時三塁打などで一挙8得点。最後は宮本柚之介(3年)が無失点で熱戦を締めた。プロ注目の捕手・牧原巧汰(3年)は1番・捕手で…

後で読む
スポーツニッポン

阪神の藤川球児投手(40)が13日、出場選手登録を抹消された。『右上肢のコンディショニング不良』が原因。球団を通じて、コメントを発表した。

後で読む
スポーツニッポン

巨人の坂本は、前日のヤクルト戦で2ホーマーを含む3安打。今季東京ドームでは打率・319、7本塁打、11打点。他球場の合計が打率・171、2本塁打、7打点だから本拠地でよく打っている。

後で読む
スポーツニッポン

イースタン・ウエスタン両リーグは13日、6、7月のファーム月間MVPを発表。イースタンは日本ハムの育成選手・樋口竜之介内野手、ウエスタンは広島・大盛穂外野手がそれぞれ受賞した。

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフの国内ツアー今季第2戦となる「NEC軽井沢72」は14日に長野・軽井沢72G北C(6710ヤード、パー72)で開幕する。13日にオンライン会見した上田桃子(34)=フリー=は「順調に仕上がっていると思う」と、昨年の5位など過去10度出場でトップ10入り3度の大会に自信をのぞかせた。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー元日本代表MF本田圭佑(34)=ボタフォゴ=が12日、ツイッターを更新。新型コロナウイルスの大規模なクラスター(感染者集団)が発生した立正大淞南高(島根県松江市)サッカー部にエールを送った。

後で読む
サンケイスポーツ

東京六大学野球春季リーグ戦は13日、東京・神宮球場で行われ、第1試合は、慶大が明大を11-2で下し、開幕から3連勝とした。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・藤川球児投手(40)が13日、出場選手登録を抹消された。球団広報は「右上肢のコンディショニング不良で再調整」と明らかにし、本人は「自分自身残念ですが、再びコンディション不良で投球することが難しい状態になってしまいました。投球再開まで必要な期間ははっきりとは答えられませんが、どんな時も最善の努力をしていきます」とコメントを発表した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神のチアリーディングチーム「Tigers Girls」が13日、今シーズンの夏用ユニホームを発表した。テーマは「ジャパニーズクール」。黒を基調とし、トップスとスカートのアシンメトリーデザインは着物を思わせる和テイストとなっている。14日の広島戦(京セラ)から着用する。 Moemiさんは「左胸の黄色の部分がキラキラのシースルー!ホルターネックについているラインストーン!!そして私たちのパフォーマンスで球場をキラキラと華やかに演出したいと思います!!!」とコメント。

後で読む
デイリースポーツ

阪神の藤川球児投手(40)が13日、出場選手登録を抹消された。 球団広報は抹消理由について「右上肢のコンディショニング不良で再調整」と発表。7月12日以来、今季2度目の2軍調整となった。

後で読む
サンケイスポーツ

北米プロアイスホッケーNHLのプレーオフは12日、カナダのトロントとエドモントンで1回戦(7回戦制)5試合の第1戦が行われ、西カンファレンスはカナックスが昨季王者のブルースを5-2で破って先勝。アバランチはコヨーテスに3-0で勝った。

後で読む
サンケイスポーツ

レッドソックス5-9レイズ(12日、ボストン)レイズの筒香は「6番・左翼」で先発出場し、4打数1安打2打点、1得点で1三振だった。内容は中飛、右越え本塁打(打点2)、見逃し三振、二ゴロ併殺打で打率1割6分。九回の守りから退いた。チームは9-5で勝って5連勝。

後で読む
サンケイスポーツ

ブルージェイズ11-14マーリンズ(12日、バファロー)ブルージェイズの山口は4-11の五回途中から3番手で登板し、2回1/3を無安打無失点、4三振で勝敗は付かなかった。防御率は9・00。チームは延長十回タイブレークで、11-14で敗れた。

後で読む
サンケイスポーツ

左肘の張りで2軍調整中の阪神・岩崎優投手(29)が早ければ、14日にも1軍復帰する可能性があることが13日、わかった。金村投手コーチが、甲子園での投手指名練習後に球団広報を通じ、「(2軍から)いい報告を受けていますし、(矢野)監督の許可をもらいながらになりますが、すぐに(1軍に)上がってもらうのもありかなと思っています」と明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

東京六大学野球春季リーグ戦は13日、東京・神宮球場で行われ、第1試合は、慶大が明大を11-2で下し、開幕から3連勝とした。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハムは13日、千葉・鎌ケ谷スタジアムで8月29日に行うイースタン・リーグDeNA戦、9月5日に行う楽天戦(いずれも13時開始)で、オンラインを使ったリモートでのスコア教室「DJチャス。のおうちでスコアの書き方教室」を実施すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

【ベルリン共同】国際サッカー連盟(FIFA)は12日、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選を年内は実施せず、来年へ再延期すると発表した。南米予選も開始が大幅に遅れており、各大陸予選の日程消化は楽観できない情勢となっている。 FIFAは6月の理事会で、各大陸予選の期間確保のために大陸間プレーオフを22年3月から同6月へ移すことを決めた。さらにアジアなどでは来年6月に代表戦を2試合ではなく、4試合できる措置も講じた。

後で読む
スポーツ報知

阪神・藤川球児投手(40)が13日、右上肢のコンディション不良のため出場選手登録を抹消された。7月12日にも右肩のコンディション不良で抹消されており、早くも今季2度目の抹消となった。「自分自身残念で

後で読む
東京スポーツ

阪神の藤浪晋太郎投手(26)が13日に甲子園での投手指名練習に参加した。14日の広島戦(京セラドーム)に先発予定の右腕は、キャッチボールやダッシュなどで調整した。  リベンジを誓う。広島戦は今季初先…

後で読む
スポーツニッポン

日本ハムは13日、2軍本拠地・鎌ケ谷スタジアムで行われる8月29日のイースタン・リーグ、DeNA戦と、9月5日の同楽天戦(いずれも午後1時試合開始)でリモートでのスコア教室「DJチャス。のおうちでスコアの書き方教室」を実施すると発表した。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAのネフタリ・ソト内野手、梶谷隆幸外野手が13日、休日返上で横浜スタジアムを訪れ調整した。腎盂(じんう)腎炎を患い6試合ベンチ外となっているソトは、室内練習場で打撃練習などを行い「練習量が落ちていたので量を確保するために来ました」とバットを振った。14日ヤクルト戦の出場については「僕が決められることではないので、監督、コーチと話します」とした。

後で読む
スポーツニッポン

山梨の代替大会決勝が13日、山日YBS球場で行われた。東海大甲府が山梨学院に5―4で勝利し、有終の美を飾った。

後で読む
スポーツニッポン

西武は13日、チームが誇る「4バックシステム」の一角を担う最速162キロの新助っ人右腕、リード・ギャレット投手のトピックスを公開した。

後で読む
サンケイスポーツ

世界ボクシング協会(WBA)は12日(日本時間13日)、ヒルベルト・メンドサ会長(50)=ベネズエラ=が今週、新型コロナウイルス感染を調べる検査に陽性反応を示したと発表した。軽度の症状があり、現在自宅で療養中。

後で読む
サンケイスポーツ

今季初勝利を目指す阪神・藤浪晋太郎投手(26)が13日、甲子園での投手指名練習に参加。先発予定の14日の広島戦(京セラ)に向けてランニング、キャッチボールなどで調整した。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(34)とジュリスベル・グラシアル内野手(34)が14日のウエスタン・広島戦(タマホーム筑後)で出場することが、13日にわかった。7月下旬にキューバから再来日した2人にとって、今季初の実戦となる。この日はタマホーム筑後にてノックなどで汗を流した。復帰が待ち遠しい大砲たちが、ようやく一歩目を踏み出す。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・藤浪晋太郎投手(26)が13日、投手指名練習に参加。14日・広島戦(京セラ)の先発に向けて、甲子園球場で汗を流した。 前回5日巨人戦(甲子園)は8回4安打4失点。力投報われず、今季初勝利を逃した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・金村曉投手コーチ(44)が13日、甲子園での投手練習後に球団広報を通して取材に応じた。 12日・ウエスタン・オリックス戦(オセアンBS)で実戦復帰した岩崎について「いい報告を受けていますし、昨日投げて今日の状態も聞いています。後は連投ができるのかという確認は必要だと思います」とした上で「当然監督の許可をもらいながらになりますが、すぐに上がってもらうのもありなのかなとは思っています」と説明。早ければ14日広島戦(京セラ)から1軍復帰する可能性が浮上した。

後で読む
東京スポーツ

1年後に延期された東京五輪は、感染再拡大で開催が危ぶまれている。そんな厳しい現実から離れた「バーチャル空間」では今、五輪の公式ビデオゲームが大人気。“五輪ゲーム”がファンをひきつけるものとは何なのだ…

後で読む
サンケイスポーツ

日本ボクシングコミッションは13日、この日の午後7時開始のダイヤモンドグローブ(東京・後楽園ホール=サンケイスポーツ後援)に向けて12日に行ったPCR検査の結果は全員が陰性だったと発表した。当日の検温などで異常がなければ、試合は予定通り行われる。国内興行再開後初めて、同会場で行われる有観客興行となる。

後で読む
サンケイスポーツ

イースタン、ウエスタン両リーグは13日、6、7月の月間MVPに日本ハムの樋口と広島の大盛を選んだと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球のイースタン、ウエスタン両リーグは13日、6・7月度の「スカパー! ファーム月間MVP賞」を発表。イースタンは日本ハム・樋口龍之介内野手(26)、ウエスタンは広島・大盛穂外野手(23)が選ばれた。

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレスの29日明治神宮野球場大会で内藤哲也(38)とのV2戦に臨むIWGPヘビー級&インターコンチネンタル王者・EVILが、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)に“解体勧告”を突き…

後で読む
スポーツニッポン

NBAは12日、フロリダ州オーランドで「シーディング・ゲーム」の4試合を行い、西地区全体2位のクリッパーズは3位のナゲッツを124―111(前半50―58)で下して48勝23敗。ポール・ジョージ(30)が27得点、カワイ・レナード(29)が26得点を挙げ、再開シーズンを1試合残してプレーオフでの地区第2シードが確定した。この結果、クリッパーズはプレーオフ1回戦では西地区7位が決まっているマーベ…

後で読む
スポーツ報知

巨人の桜井俊貴投手(26)が13日、2軍のプロ・アマ交流戦、阿部慎之助2軍監督の母校・中大戦に先発した。

後で読む
デイリースポーツ

【ニューヨーク共同】米大リーグは12日、各地で行われ、ツインズの前田がブルワーズ戦に先発し、6回2/3を5安打2失点で3勝目を挙げた。メジャー通算50勝目で、試合は12-2で大勝した。 ヤンキースの田中はブレーブス戦に先発し、4回を5安打2失点。勝敗は付かなかった。

後で読む
日刊スポーツ

ツインズ前田健太投手(32)が、ブルワーズ戦で今季3勝目(0敗)を挙げ、メジャー通算50勝目に到達した。試合後のオンライン会見で50勝について「50勝勝って別…

後で読む
日刊スポーツ

レッズ秋山翔吾外野手(32)が「1番左翼」で出場し、3打数1安打2四球の結果だった。1回の第1打席、ロイヤルズ先発の右腕ケラーと対戦。カウント2-2から8球目…

後で読む
日刊スポーツ

ブルージェイズ山口俊が4日以来と間隔が空いた登板でも好投した。大量リードされた5回のピンチをしのぐと、6、7回は3者凡退とし、味方の反撃につなげた。猛追した打…

後で読む
スポーツ報知

阪神の藤浪晋太郎投手(26)が14日の広島戦(京セラD)の先発に向け、気合をみなぎらせた。13日は甲子園での投手指名練習に参加し、キャッチボールや短距離ダッシュで調整。「広島打線はかき乱してきたり、

後で読む
デイリースポーツ

「高校野球滋賀大会・準決勝、近江8-2滋賀学園」(13日、皇子山球場) 近江が夏の県の公式戦では7年連続となる決勝進出を決めた。14日の決勝戦に勝てば3年連続の優勝となる。プロ志望届を提出した近江・長谷川勝紀捕手(3年)が、高校での自身初アーチを放つなど勝利に貢献した。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターUとポール・ポグバがヨーロッパリーグ(EL)終了後に契約延長交渉を開始するようだ。イギリス『スカイスポーツ』が伝えた。

後で読む
スポーツ報知

 6月以来となる今季2戦目は14日から3日間、無観客試合で行われる。ツアー通算4勝の勝みなみ(22)=明治安田生命=がリモート会見に応じ「目標は優勝したい。優勝に向けて調整をしてきた。楽しく頑張ってい

後で読む
スポーツニッポン

阪神の藤浪晋太郎投手(26)が13日、先発が予想されるあす14日の広島戦へ向けて甲子園球場での指名練習に参加した。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。