「2020年9月」の記事一覧

日刊スポーツ

水曜日の男、ロッテ小島和哉投手(24)が6勝目を挙げた。「四球が多かったですが、とりあえず先発としての役目は果たすことができたと思います」とホッとした表情を見… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今季先発転向した楽天松井裕樹投手がリリーバーに復帰することが決まった。この日は登板機会がなかったが、ブルペン待機し、今季の残り試合はリリーフの役割を担う。三木… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

甲子園にヤジが飛んだ。「いつまでたっても終わらんぞ!」。3点ビハインドの5回だ。阪神先発青柳がサンドバッグ状態になった。先頭の京田に左中間への三塁打を浴び、続… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

J2金沢は敵地で松本に1-0で勝利し、7試合ぶりの勝利を挙げた。松本とのリーグ戦は過去1分け6敗で、これが初の白星ともなった。

後で読む
スポーツ報知

 横浜Mは鳥栖に1―1で引き分け、連勝は4で止まった。ホームのニッパツでは2018年9月29日仙台戦から7連勝中と相性抜群だったが、今季初の5連勝は飾れなかった。

後で読む
スポーツ報知

 F東京は30日、敵地で浦和と対戦し、1―0で勝利した。前半37分に日本代表FW永井謙佑が左足でゴールを決め、これが決勝点となった。浦和の本拠・埼玉スタジアムでの勝利は、2003年7月以来でリーグ戦で

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、神戸1-0名古屋」(30日、ノエビアスタジアム神戸) 元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)の魔法に導かれ、神戸が今季初の3連勝を飾った。

後で読む
スポーツ報知

◆広島・スコット―巨人・サンチェス(18時・マツダスタジアム)

後で読む
スポーツ報知

中日・大野雄大投手(32)が、チームにとって鬼門だった甲子園で阪神打線を2安打無四球に抑え、今季8度目の完投、同4度目の完封勝利。7勝目を挙げた。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムはロッテに1点差で敗れ、今季4度目の3連敗を喫した。先発のドリュー・バーヘイゲン投手(29)は7回6安打2失点と試合を作ったが、打線が4安打に封じ込められた。

後で読む
スポーツ報知

広島の野村祐輔投手(31)が5回4安打無失点でチームトップタイの6勝をマークした。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム1-2ロッテ」(30日、札幌ドーム) 日本ハムは2試合連続での1点差の敗戦。3連敗で2カード連続の負け越しとなった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム1-2ロッテ」(30日、札幌ドーム) 日本ハムの渡辺が、粘りに粘ってロッテ沢村を攻略した。150キロ台後半の速球と150キロ前後のスプリットという一級品のボールを、直球はファウルでカットしつつ、10球目を仕留めた。

後で読む
デイリースポーツ

「広島4-1巨人」(30日、マツダスタジアム) 巨人・宮本投手チーフコーチが制球難の田中豊に苦言を呈した。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス5-0西武」(30日、京セラドーム大阪) 打線が5試合連続のに先取点を挙げ、ジョーンズの一発や安達の適時三塁打など追加点を挙げる理想的な形を見せれば、6回無失点の先発増井を吉田凌、山田、富山、漆原と若いリリーフ陣が無失点に抑えて逃げ切った。

後で読む
デイリースポーツ

「広島4-1巨人」(30日、マツダスタジアム) リーグ2冠の巨人・岡本が4試合ぶりの24号ソロを放ち、敗戦の中で一矢報いた。

後で読む
スポーツニッポン

大宮が2試合連続の逆転勝ちを収めた。ホームで水戸に2―1で勝利。後半アディショナルタイムにDF畑尾大翔(30)が、左CKから2試合連続となる決勝ゴールを挙げた。1点を追う後半3分にはMF奥抜侃志(21)が同点ゴールを挙げるなど、2試合連続のアベック弾で約2カ月ぶりの2連勝を飾った。

後で読む
スポーツニッポン

スペイン2部サラゴサのMF香川真司(31)の移籍先候補に浮上したスペイン2部サバデルについて、香川にオファーできる年俸はわずか10万ユーロ(約1230万円)前後になる見通しと、30日付の地元ニュースサイトのデスマルケが報じた。

後で読む
スポーツニッポン

スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)が、30日(日本時間10月1日午前2時キックオフ)のアラベス戦で今季初先発する可能性が高いと、30日付マルカ、スポルトなど複数の地元紙(電子版)が報じた。

後で読む
東京スポーツ

阪神は30日の中日戦(甲子園)に0―9でいいところなく完敗。開幕からの甲子園での中日戦の連勝も7で止まった。  中日戦は今季4戦3勝(1敗)、防御率2・08と好相性の青柳が先発だったが大誤算だった。…

後で読む
東京スポーツ

やっぱり頼れる男だ。楽天・涌井秀章投手(34)が30日のソフトバンク戦(楽天生命パーク)で今季15度目の先発マウンドに立ち、8回を108球、6安打5奪三振3四球2失点と快投。チームも9―3で快勝し、…

後で読む
東京スポーツ

パ・リーグ首位のソフトバンクは、30日の楽天戦(楽天生命)に3―9の大敗を喫した。  先発の武田翔太投手(27)が初回に2四球2暴投が絡む形で4失点。2回も先頭の9番・小郷にソロを被弾するなど3失点…

後で読む
東京スポーツ

J1名古屋のマッシモ・フィッカデンティ監督(52)が神戸に怒り爆発だ。試合は0―1と敗れた名古屋だが、試合後のフィッカデンティ監督は結果よりも別の部分に矛先を向けた。 「実際に選手がプレーする中でグ…

後で読む
東京スポーツ

J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)が〝三浦流サッカー〟に太鼓判だ。  30日の名古屋戦(ノエスタ)で、後半15分に前線で流れるようなパスワークから最後は自身の強烈なシュートで…

後で読む
日刊スポーツ

<ワイルドカードシリーズ:レイズ3-1ブルージェイズ>◇29日(日本時間30日)◇トロピカーナフィールドア・リーグ最高勝率のレイズは、ブルージェイズ相手のワイ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人は球団53年ぶりの月間20勝は逃したが、阪神が敗れ優勝マジック22とした。4回2死満塁など序盤の好機を生かせず、岡本の24号ソロによる1点止まり。原監督は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人田口麗斗投手が5回5安打3失点で4敗目を喫した。5回1死一、三塁、田中広を投ゴロに打ち取り併殺を狙ったが、自身の送球がそれ1死しか奪えず。併殺崩れの間に先… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

逆転優勝がかかる10月へ、アクセルを踏んだ。ロッテが3連勝で、ついに首位ソフトバンクとのゲーム差を「0」にした。1-0の緊迫を打破したのは、今季19盗塁、スピ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神0-9中日」(30日、甲子園球場) 阪神・矢野監督は先発・青柳の投球に苦言を呈した。5回9安打8失点(自責7)の投球について「得点は全部四球が絡んでいる。味方も足を引っ張っているところもあるし、2死から粘れないっていうね」と指摘。「(失敗の)回数を減らして、成長していかないとね」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神0-9中日」(30日、甲子園球場) 阪神・福原投手コーチが先発青柳の投球に厳しい評価を下した。5回9安打8失点。毎回のように走者を背負うと、ピンチでも粘れなかった。同コーチは「最初の3イニングで2個の先頭打者への四球がどちらも点に絡んでいる。不運なヒットもあったけれども、投手に打たせてしまったりと、反省材料が多い登板だった」と苦言。「青柳にとって課題になっている部分だし、頑張ってもらわないといけない」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神0-9中日」(30日、甲子園球場) 両リーグ最多10度目の完封負けを喫した阪神。中日先発・大野雄を前に2安打無得点と打線が沈黙した。

後で読む
日刊スポーツ

新潟は1-0で琉球を破り、5試合ぶりに勝ち点3を手にした。前半5分、FWで先発出場のロメロ・フランク(33)が自身の今季4得点目となる決勝ゴールを挙げた。アグ…

後で読む
日刊スポーツ

京都がスコアレスで引き分けた。前半はシュートが1本と千葉の守備に苦しんだ。後半40分、相手のパスミスを、自陣ペナルティーエリア手前でカットしたDF飯田貴敬(2…

後で読む
日刊スポーツ

FC東京が約17年ぶりに浦和レッズとのアウェー戦で白星を飾った。前半37分、敵陣でのMFシルバのボール奪取を起点にペナルティーエリア内まで一気に攻め込むと、F…

後で読む
スポーツ報知

 柔道女子63キロ級で東京五輪代表の田代未来(26)=コマツ=が30日、オンラインで合同取材に応じた。五輪の1年延期について、「延期になった時は少し残念だったけど、1年後の自分を想像して、もっと強くな

後で読む
日刊スポーツ

2連勝を逃した名古屋グランパスのフィッカデンティ監督が、前半31分のヴィッセル神戸MFサンペールのプレーを厳しく非難した。MF米本が左すね内側をスパイクで踏ま…

後で読む
スポーツ報知

 早大競技会が30日、埼玉・所沢市の早大織田幹雄記念陸上競技場で行われ、男子5000メートルで、実業団のGMOインターネットグループ勢が好記録をマークした。13分35秒19でトップだったケニア人選手の

後で読む
スポーツ報知

 柔道女子57キロ級で東京五輪代表の芳田司(24)=コマツ=が30日、オンラインで合同取材に応じた。1年延期された初の五輪へ「試合に向けて気持ちも体も作っていたのですぐに切り替えることはできなかったけ

後で読む
日刊スポーツ

ジェフユナイテッド千葉は京都サンガとホームで0-0のスコアレスドローに終わった。尹晶煥監督は「相手ゴール前に入ってからのアイデアが少し足りなかった」と無得点に…

後で読む
スポーツ報知

 浦和は17年ぶりにホーム・埼玉スタジアムでF東京に敗れた。

後で読む
スポーツ報知

 巨人は広島に敗れ、連勝は2でストップした。9月は月間19勝で、川上哲治監督が率いた1967年(V9の3年目)以来53年ぶりとなる月間20勝はならなかった。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の坂本勇人内野手(31)の通算2000安打達成が期待される今季。スポーツ報知では「坂本勇人2000安打への道」と題して、これまでの勇人の活躍を、当時の記事で振り返る。

後で読む
スポーツ報知

 巨人先発の田口は広島を相手に4回まで無失点と好投したが5回に一気に3点を失い降板。6回には2番手・田中豊が1点を追加された。打線は8回に岡本が4試合ぶりとなるリーグトップ24号ソロで1点を返すのがや

後で読む
東京スポーツ

 大会記録更新もある!? ゴルフの「日本女子オープン」(1日~、福岡・ザ・クラシックGC)で、メジャー2冠を狙う永峰咲希(25=ニトリ)は「優勝スコアは20アンダーぐらいいくと思います」と伸ばし合いを…

後で読む
東京スポーツ

 首位独走中の巨人は30日の広島戦(マツダ)に完敗。9月3連勝中だった先発・田口麗斗投手(25)は5回3失点で降板し、8月21日広島戦以来の4敗目を喫した。  粘投も実らなかった。4回まで無失点でこら…

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1 横浜M1-1鳥栖」(9月30日・ニッパツ) 昨季王者の横浜Mは、本拠で鳥栖を迎えて1-1のドローに終わった。前半は互いに決めきれずに0-0、後半立ち上がりに鳥栖DF森下にセットプレーから先制点を許した。その後の反撃はなかなか実らなかったが、後半39分に途中出場のFWエリキが何とか決めて引き分けた。先制されながらも、何とか勝ち点1をもぎとった形だが、ポステコグルー監督はぶ然とした表情だった。

後で読む
スポーツ報知

オリックスの増井浩俊投手(36)が、今季3度目の先発で初の白星を手にした。

後で読む
スポーツ報知

DeNAの上茶谷大河投手(24)が3回5失点で今季2敗目を喫した。

後で読む
スポーツ報知

西武はわずか2安打で今季6度目の零封負けを喫した。チームは8四球で、4回と8回以外は走者を出したが、好機での一打が出ず、残塁数は10。今季初めて、森をDH起用するなど、試行錯誤で臨んだが、歯車がかみ

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクは、いいところなく大敗を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム1-2ロッテ」(30日、札幌ドーム) ロッテがマーティンのタイムリー、藤岡のスクイズで得た2点を先発・小島からの継投で守り抜いた。小島は6勝目(6敗)。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム1-2ロッテ」(30日、札幌ドーム) 日本ハムの大田が4打数無安打に終わり、連続試合安打が21でストップした。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天9-3ソフトバンク」(30日、楽天生命パーク宮城) 楽天先発・涌井が8回6安打2失点の好投でチームの連敗を4で止めた。力のある直球を主体にボールを内外角低めに配球。四、六回には走者を置いてデスパイネを併殺に仕留めて打線を寸断。リーグ一番乗りとなる、4年ぶりの2ケタ勝利となる10勝目を飾った。

後で読む
デイリースポーツ

「広島4-1巨人」(30日、マツダスタジアム) 巨人は連勝が2で止まった。1967年の8月以来、53年ぶり3度目の月間20勝のかかった試合でもあったが、果たせなかった。

後で読む
スポーツニッポン

J2松本は過去6勝1分けと“お得意様”だった金沢に初黒星を喫した。後半34分にCKから失点。就任2試合目の柴田峡監督は「後半戦ホーム最初の試合で(勝利という)結果をプレゼントできないのは悔しい」と唇をかんだ。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1(30日、ノエビアスタジアム神戸ほか)アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の関係で変則日程となった節の異なる3試合が行われ、第29節では神戸がイニエスタのゴールで名古屋を1-0で破り、3連勝とした。3位のFC東京は浦和を1-0で退けた。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第25節第2日(30日、横浜M1-1鳥栖、ニッパツ)後半から出場した横浜Mのエリキが39分に同点ゴールを挙げ、6試合連続得点とした。天野が敵陣でパスをカットしたのを見るとすかさずゴール前へ。パスを受け、左足で流し込んだ。「何分出るか分からなかったが常に集中して準備していた」との言葉通り、冷静で勝負強かった。

後で読む
東京スポーツ

J1浦和は30日にホームでFC東京と対戦し、0―1で敗れた。前節の横浜FC戦(26日、埼スタ)では、0―2で敗戦。大槻毅監督(47)は「戦えるメンバーをそろえた」と試合前に語っていたものの、嫌な流れ…

後で読む
東京スポーツ

オリックス・増井浩俊投手(36)が4年ぶりの先発白星を上げた。30日の西武戦(京セラドーム)に今季3度目の先発マウンドに上がった増井は、5四球と苦しみながらも6回を2安打、無失点の好投。打線も序盤か…

後で読む
東京スポーツ

広島・鈴木誠也外野手(26)が30日の巨人戦(マツダ)で13試合ぶりの一発を放った。 「3番・右翼」で先発出場すると5回、田中広の投ゴロで1点を先制しなおも二死一塁の場面で相手先発・田口のスライダー…

後で読む
東京スポーツ

10度目で決めた。ヤクルトの石川雅規投手(40)が30日のDeNA戦(横浜スタジアム)に先発し5回2/3を4安打2失点で今季初勝利を上げた。  石川は今年、史上5人目での40代での開幕投手に抜擢され…

後で読む
東京スポーツ

〝三浦神戸〟がスターの一撃で連勝だ。J1神戸は30日の名古屋戦(ノエスタ)で元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)のゴールで1―0と勝利した。  後半15分、神戸は前線で流れるようなパスワー…

後で読む
日刊スポーツ

楽天が1回に鈴木大の適時打、暴投、野選などで4点を先制した。2回にも小郷の1号ソロ、暴投などで3点を追加した。5回にソフトバンクが高谷の適時打で1点を返した。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武山賊打線が沈黙し、2試合連続無得点で敗れた。これで19回連続無得点。2試合連続は18年5月以来、2年5カ月ぶりとなった。辻監督は「練習見てるとそんなにみん… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「楽天9-3ソフトバンク」(30日、楽天生命パーク宮城) 3位楽天が涌井の力投で連敗を4で止めた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(30日、甲子園球場) 阪神打線が中日の先発・大野の前に沈黙を続けている。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神0-9中日」(30日、甲子園球場) 阪神が大敗した。完封負けは両リーグ最多10度目。甲子園での中日戦は7戦7勝だったが大野雄に止められた。

後で読む
スポーツ報知

 ロッテの沢村拓一投手(32)が2点リードの8回に登板。先頭の西川に左前安打を浴び、続く松本と近藤を151キロのスプリットで二者連続三振。続く中田に四球を与え、2死一、二塁の場面から渡辺にスプリットを

後で読む
スポーツ報知

 巨人先発の田口麗斗投手(25)は、両軍無得点の5回に鈴木誠也外野手(26)に19号2ランを浴びるなど3点先制を許した。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の田口麗斗投手(25)が広島戦に先発。5回81球5安打3四球3失点、4奪三振でマウンドを降りた。

後で読む
東京スポーツ

 女子ゴルフの国内メジャー第2戦「日本女子オープン」(1日~、福岡・ザ・クラシックGC)で2試合連続優勝がかかる古江彩佳(20)が30日、リモート会見に臨み「勝てたらうれしいけど、自分の力はまだまだだ…

後で読む
東京スポーツ

 ロッテ・澤村拓一投手(32)が30日の日本ハム戦(札幌ドーム)で2―0の8回に3番手で登板し、巨人からの移籍後初失点を喫した。先頭の西川に左前打され、代打の杉谷、近藤は連続三振に仕留めたものの、西川…

後で読む
デイリースポーツ

明治安田J1(30日・ノエビアスタジアム神戸ほか)アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の関係で変則日程となった節の異なる3試合が行われ、第29節では神戸がイニエスタのゴールで名古屋を1-0で破り、3連勝とした。3位のFC東京は浦和と対戦。 第25節の横浜M-鳥栖は1-1で引き分けた。横浜Mの連勝は4でストップ。

後で読む
デイリースポーツ

明治安田J2第23節(30日・トランスコスモススタジアム長崎ほか=11試合)首位徳島が1-0で長崎を下し、勝ち点47とした。2位北九州は町田と1-1で引き分けて同45。福岡は栃木に勝って8連勝。同43で長崎に代わり3位に浮上した。

後で読む
スポーツ報知

オリックスの増井浩俊投手(36)が、今季3度目の先発で6回2安打無失点の好投を見せた。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの先発ドリュー・バーヘイゲン投手(29)が、7回6安打2失点。試合を作ったが、またもロッテの機動力に崩された。

後で読む
スポーツ報知

阪神が、12球団最速で今季10度目の完封負け。昨季ノーヒットノーランを食らった大野雄を前に今季最少タイの2安打で二塁すら踏めず。甲子園での中日戦は8試合目で初黒星、昨季からの連勝も9で止まった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム-ロッテ」(30日、札幌ドーム) ロッテに移籍後、無失点投球を続けていた沢村が2点リードの八回に登板した。渡辺に粘られた末にタイムリーを打たれ、ロッテでの初失点を喫した。ただ、その後に続いたピンチは切り抜け、同点にはさせなかった。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスが3連勝。二回にロドリゲスの適時二塁打などで2点を先制し、三回に吉田正の犠飛とジョーンズのソロ、八回に安達の適時三塁打で加点した。増井が6回無失点で4年ぶり先発勝利。西武は2試合連続の零敗を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトは一回に山田哲の犠飛で先制し、三回に山田哲の適時打と村上の19号3ランで4点を加えた。石川は六回途中4安打2失点で今季初勝利。継投で逃げ切った。DeNAは上茶谷が3回5失点と崩れ、打線の反撃も及ばなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム0-2ロッテ」(30日、札幌ドーム) ロッテがマーティンのタイムリー、藤岡のスクイズで得た2点を小島からの継投で守り抜いた。小島は6勝目(6敗)。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス5-0西武」(30日、京セラドーム大阪) オリックスは先発転向3戦目となる増井が6回84球を投げて2安打無失点。日本ハム在籍時の2016年9月24日の楽天戦以来1467日ぶりの先発での勝利となった。

後で読む
東京スポーツ

中日モイセ・シエラ外野手(32)のバットが止まらない。  30日の阪神戦(甲子園)に「6番・右翼」で2試合連続でスタメン出場。前日は来日初打席で初安打、初得点も記録していたが、この日は初適時打、初打…

後で読む
東京スポーツ

10度目の正直となるか。ヤクルトの石川雅規投手(40)が30日のDeNA戦(横浜スタジアム)に先発し、6回途中を4安打2失点の好投。立ち上がりから抜群の安定感を見せた。  5回まで被安打1。それでも…

後で読む
東京スポーツ

最後の日にきっちり決めた。DeNAの梶谷隆幸外野手(32)が30日のヤクルト戦(横浜スタジアム)で0―5の6回二死二塁で左中間を破る適時二塁打を放った。梶谷は「逆らわず素直に打ち返すことができました…

後で読む
日刊スポーツ

前回9月23日阪神戦でプロ2度目の完封を達成したDeNA上茶谷大河投手が、この日は3回5失点でKOされた。初回から制球が定まらず、3回には村上に左翼席へ豪快な… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神先発の青柳晃洋投手(26)が、プロ5年目で自己ワーストとなる8失点。5回9安打5四球と乱れ、マウンドを降りた。4回以外はすべて先頭打者に出塁を許した。1、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(30日、甲子園球場) 阪神先発の青柳晃洋投手が、中日打線の猛攻を浴びた。

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌の高卒2年目、MF檀崎竜孔(20)がアピールに燃えている。30日、札幌市内での練習後に取材に対応し、今季さらなる出場機会を求めた。26日…

後で読む
日刊スポーツ

鹿島アントラーズは30日、昌平(埼玉)のMF須藤直輝、MF小川優介(ともに3年)の来季入団が決まったと発表した。須藤は1年時から背番号10を背負い、昨年度の全…

後で読む
スポーツ報知

 男女シングルス2回戦が始まった。女子第6シードのセリーナ・ウィリアムズ(39)=米国=はT・ピロンコバ(33)=ブルガリア=との試合を前に棄権を表明した。大会前から不安があった左アキレス腱の痛みを理

後で読む
スポーツ報知

 C大阪が30日、本拠地として使用していた長居球技場を改修する「桜スタジアムプロジェクト」の選手向けの説明会と内覧会を実施した。

後で読む
スポーツ報知

 DeNAの梶谷隆幸外野手(32)が、5点を追う6回2死二塁の好機に左中間を破る適時二塁打。9月の月間安打数を42本とし、パチョレック(1980年8月)と佐伯貴弘(96年5月)が持つ球団記録41本を更

後で読む
東京スポーツ

 東京五輪柔道女子57キロ級代表の芳田司(24=コマツ)が30日、オンラインでの合同取材で現在の胸中を明かした。  五輪の延期については社会の状況を鑑みて、覚悟はしていたというものの「気持ち、体と試合…

後で読む
スポーツ報知

 巨人の坂本勇人内野手(31)が中前安打を放ち、通算2000安打まで残り33本とした。

後で読む
東京スポーツ

 ミズノは30日、競泳女子日本代表の白井璃緒(21=東洋大)とブランドアンバサダー契約を結んだと発表した。  今後はミズノスイムブランドの競泳用水着やスポーツウエアの提供などを通じて、白井の競技活動を…

後で読む
東京スポーツ

 最終日に達成だ。DeNAの梶谷隆幸外野手(32)が30日のヤクルト戦(横浜スタジアム)に「1番・中堅」で先発出場。初回の第1打席では三ゴロ、4回の先頭でも二ゴロに倒れたが、0―5の6回二死二塁の第3…

後で読む
東京スポーツ

 中日の高橋周平内野手(26)が2試合連続で打点をマークした。  30日の阪神戦(甲子園)に「5番・三塁」で先発出場。初回に先頭の大島が四球で出塁し、京田の遊ゴロ失策で無死一、三塁。その後、ビシエドが…

後で読む
スポーツ報知

楽天・小郷裕哉外野手(24)が1軍再昇格後、即スタメン出場し、今季1号ソロを放った。

後で読む
スポーツ報知

10月1日のオリックス戦(京セラD)に先発する西武・今井達也投手(22)が約2か月ぶりの先発マウンドに臨む。

後で読む
スポーツ報知

阪神・青柳晃洋投手(26)が5回を投げて9安打を浴び、自己ワーストの8失点を喫した。

後で読む
スポーツ報知

中日の新外国人モイセ・シエラ外野手(32)が、1軍2試合目で初タイムリー&初打点をマークした。

後で読む
スポーツ報知

DeNAの梶谷隆幸外野手(32)が、5点を追う6回2死二塁の好機に左中間を破る適時二塁打。9月の月間安打数を42本とし、パチョレック(1980年8月)と佐伯貴弘(96年5月)が持つ球団記録41本を更

後で読む
デイリースポーツ

「交流試合ヤクルト2軍2-4BCリーグ選抜」(30日、ヤクルト戸田球場) ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(19)が先発した。上半身のコンディション不良のため、7月20日のイースタン・リーグ楽天戦以来72日ぶりとなる復帰戦で1イニング限定での登板。二塁打を3本浴び、1回3安打2失点という結果だった。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-ヤクルト」(30日、横浜スタジアム) ヤクルトの石川雅規投手が今季初勝利の権利をもって降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-ヤクルト」(30日・横浜) DeNA・梶谷がパチョレック、佐伯の持つ球団の月間安打記録41安打を更新した。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-西武」(30日、京セラドーム大阪) オリックスは先発の増井が6回84球を投げて2安打無失点に抑える好投。2安打とも栗山の二塁打で、栗山以外には安打を許さなかった。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトのドラフト1位ルーキー奥川が30日、埼玉県戸田市の戸田球場で行われたルートインBCリーグ選抜との練習試合に先発し、1回を投げて3安打2失点で1三振だった。上半身の一部を痛めて投げる練習を控え、実戦登板は7月20日以来となり「まずは試合で投げられたことが一番の収穫」と語った。 直球は最速151キロをマークしたが、二塁打を3本許し「久しぶりで球が浮くのは仕方ないとも思うがもう少し低く抑えたかった」と首をひねった。高津監督は今季中の1軍登板について「条件が整えば投げさせたい」と語り、奥川は「昇格したい気持ちはもちろん持って取り組みたい」と意欲を見せた。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの第100回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第3日は30日、広島広域公園第一球技場で2回戦の残り1試合が行われ、福山シティ(広島)がバレイン下関(山口)に1-0で競り勝った。

後で読む
サンケイスポーツ

現地時間10月1日、リバプールはカラバオカップ4回戦でアーセナルと激突する。この試合で南野拓実は再び先発のピッチに立つことになるかもしれない。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンク・武田翔太投手(27)が30日の楽天戦(楽天生命)で2回途中3四球7失点と乱れ、2試合連続の早期降板となった。1回0/3でマウンドを降りるのは、昨年5月1日の危険球退場と並ぶ自己最短。前…

後で読む
東京スポーツ

即座に結果を出した。楽天・小郷裕哉外野手(24)が30日のソフトバンク戦(楽天生命パーク)で今季初本塁打を放った。4点リードで迎えた2回先頭の第1打席、相手先発・武田の投じた146キロの外角球をとら…

後で読む
日刊スポーツ

楽天が1回に鈴木大の適時打、暴投、野選などで4点を先制した。2回にも小郷の1号ソロ、暴投などで3点を追加した。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

星槎道都大が7勝で並んでいた北海学園大を2-1で下し、19年春以来、秋は2年ぶりのリーグ制覇を果たした。0-1の5回2死一塁、今秋デビューの岡崎翔太(2年=北… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 水泳の瀬戸大也が報じられた不倫問題について、影響が拡大する一方となっている。30日、所属していたANAが瀬戸との契約解除を認めた。さらに、瀬戸は日本オリンピック委員会(JOC)の公式ウェブサイトで公開されている「シンボルアスリート(SA)」からも名前が削除された。 ANAとの所属契約について、同社の広報部は「瀬戸選手ご本人、マネジメント会社とも話し合いを続けてきた結果、本日付で双方納得の上で、契約解除に合意した」と説明した。所属契約は21年3月までだった。瀬戸からは「深い謝罪を受けた」という。なお、26日の時点で公式ウェブサイト上の「ANA所属アスリート」のページから瀬戸の名前が外れていた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(30日、甲子園球場) 阪神が三回にも失策絡みで失点した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(30日、甲子園球場) 阪神打線が中日の先発大野の前に苦戦している。1点ビハインドの初回は2死から3番スタメンの大山が中前に抜けそうな強烈な打球を放ったが、遊撃京田の美技に阻まれた。

後で読む
スポーツ報知

 陸上の日本選手権が10月1~3日、新潟・ビッグスワンスタジアムで行われる。開幕前日となった30日は、男子100メートルに出場するケンブリッジ飛鳥(27)=ナイキ=や桐生祥秀(24)=日本生命=らが会

後で読む
スポーツ報知

 日本相撲協会は30日、11月場所(11月8日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議を開き、西幕下5枚目・宇良(28)=木瀬=の十両復帰が決まった。2度の右膝手術を乗り越え、約3年ぶりの関取の土俵に立

後で読む
スポーツ報知

 柏のネルシーニョ監督(70)が30日、練習後のオンライン取材に対応。27日の横浜M戦(1●3)で負傷し、29日に左脛腓骨骨折のため治療に約4~6か月を要すると発表したMF戸嶋祥郎(25)について言及

後で読む
スポーツ報知

 柏のDF北爪健吾(28)が30日、非公開練習を行った後のオンライン取材に応じ、10月3日の横浜C戦(ニッパツ)に向け、並々ならぬ思いを語った。

後で読む
スポーツ報知

 巨人―広島の試合は、雨天により開始時間が遅れている。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の岡本和真内野手(24)がファインプレーで球場を沸かせた。

後で読む
東京スポーツ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、ソウル五輪シンクロナイズドスイミング(現、アーティスティックスイミング)銅メダルの小谷実可子氏(54)が10月1日付で新たにスポーツディレクターに就任する…

後で読む
東京スポーツ

 日本ラグビー協会は30日、第100回全国高校ラグビー大会(12月27日開幕、大阪・花園ラグビー場)の開会式を中止すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の観点から決断したという。大会の大会の開催可…

後で読む
東京スポーツ

 東京五輪柔道女子63キロ級代表の田代未来(26=コマツ)が30日、オンラインでの合同取材で現在の思いを語った。  五輪の延期に関しては「(今年の)7月に向けて準備をしてきたので残念な思いはあったが、…

後で読む
東京スポーツ

 ヤクルトのドラフト1位ルーキーの奥川恭伸投手(19)が30日、ルートインBCL選抜との交流試合(戸田)に先発した。奥川は7月20日のイースタン・リーグ楽天戦で登板後に上半身のコンディション不良で二軍…

後で読む
東京スポーツ

 新型コロナウイルス感染が広がっている阪神は30日、新たに一軍チームスタッフ1人が陽性判定を受けたことを発表した。  取材に応じた信本秀夫総務本部長は「これ以上拡大しないように最善を尽くしてまいりたい…

後で読む
東京スポーツ

 このまま勢いをつけられるか。楽天・鈴木大地内野手(31)が30日のソフトバンク戦(楽天生命パーク)で先制打を放った。  初回無死一塁、追い込まれながらも三塁線を破る適時二塁打。「打ったのはストレート…

後で読む
デイリースポーツ

サッカーの第100回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第3日は30日、広島広域公園第一球技場で2回戦の残り1試合が行われ、福山シティ(広島)がバレイン下関(山口)に1-0で競り勝った。 3回戦は10月28日と11月11日に行われる。

後で読む
デイリースポーツ

J1C大阪は30日、大阪市内で桜スタジアムの内覧会と概要説明会を選手に向けて行った。主将のMF清武弘嗣(30)やFW柿谷曜一朗(30)らトップチーム全員が参加し、改修途中のスタンドなどを見学。クラブから選手に対し、募金の説明とお願いもあった。 桜スタジアムは長居球技場(キンチョウスタジアム)を改修するもので、総事業費66億円を募金によって賄う。完成予定は来年3月で、募金総額は約34億9千万円(30日現在)となっている。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトのドラフト1位、奥川恭伸投手(19)が、72日ぶりに実戦登板を果たし、先発で1イニングを3安打、2失点。最速は151キロだった。

後で読む
スポーツ報知

阪神は課題の守備に綻びが生まれ、先発・青柳晃洋投手(26)のリズムが崩れた。

後で読む
スポーツ報知

オリックスのアデルリン・ロドリゲス内野手(28)が先制の適時二塁打を放った。

後で読む
スポーツ報知

楽天が初回に鈴木大地内野手(31)の適時二塁打などで4点を先制した。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-ヤクルト」(30日、横浜スタジアム) ヤクルトが主砲・村上の一発で大量リードを奪った。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-西武」(30日、京セラドーム大阪) オリックスは二回、吉田正の死球、ジョーンズの四球で無死一、二塁とし、ロドリゲスの左線二塁打で先制点を挙げた。

後で読む
スポーツニッポン

イタリア・セリエAの名門ACミランが、同ボローニャの日本代表DF冨安健洋(21)の獲得に向けて本格交渉を開始する見通しと29日付のガゼッタ・デロ・スポルト紙、地元衛星放送スカイ・スポーツ(電子版)など複数の地元主要メディアが報じた。

後で読む
スポーツニッポン

C大阪は30日、改修中の桜スタジアム(旧キンチョウスタジアム)で選手向けの内覧会を実施した。練習後にトップチームの選手たちが訪れ、ヘルメットを着用してスタンドやピッチを見学。その後は選手たちに対する募金の説明とお願いもあった。

後で読む
東京スポーツ

ヤクルトのドラフト1位ルーキーの奥川恭伸投手(19)が30日、ルートインBCL選抜との交流試合(戸田)に先発した。奥川は7月20日のイースタン・リーグ楽天戦で登板後に上半身のコンディション不良で二軍…

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)が、世界を揺るがせた今夏の退団騒動に終止符を打った。  スペイン紙「スポルト」のインタビューで、自らが退団を希望したことで大きな波紋を呼んだ…

後で読む
日刊スポーツ

阪神が痛恨の失策から先制点を献上した。1回表無死一塁。2番京田の遊ゴロを小幡竜平内野手(20)がトンネル。捕球していれば少なくとも二塁は封殺できたが、無死一、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

セ・リーグ5位の広島が、首位の巨人と対戦。先発は広島が野村、巨人は田口。9月の巨人は29日終了時点で19勝5敗1分けで、今日勝てば月間20勝に到達。月間20勝… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武栗山巧外野手(37)が、通算1900安打に到達した。5番左翼で先発し、2回先頭の打席で初球を左中間へ運び二塁打。節目の2000安打まで残り100となった。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 水泳の瀬戸大也が報じられた不倫問題について、影響が拡大する一方となっている。30日、所属していたANAが瀬戸との契約解除を認めた。さらに、瀬戸は日本オリンピック委員会(JOC)の公式ウェブサイトで公開されている「シンボルアスリート(SA)」からも名前が削除された。 ANAとの所属契約について、同社の広報部は「瀬戸選手ご本人、マネジメント会社とも話し合いを続けてきた結果、本日付で双方納得の上で、契約解除に合意した」と説明した。所属契約は21年3月までだった。瀬戸からは「深い謝罪を受けた」という。なお、26日の時点で公式ウェブサイト上の「ANA所属アスリート」のページから瀬戸の名前が外れていた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(30日、甲子園球場) 阪神が初回に、12球団ワーストとなる61失策目が絡んで先制を許した。

後で読む
日刊スポーツ

クラブワーストに並ぶ6連敗中のJ1ベガルタ仙台は、3日にアウェーで北海道コンサドーレ札幌と対戦する。連敗脱出へチームは一時3-4-3に布陣変更。その後、4-3…

後で読む
日刊スポーツ

J3藤枝MYFCの元日本代表FW森島康仁(33)がJ2昇格への強い決意を示した。30日は藤枝市内で調整。28日に来季のJ2ライセンス交付が正式決定してから初の…

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪は9月30日、建設中の「桜スタジアム」の選手に向けた内覧会を行い、MF清武弘嗣(30)らが参加した。トップチームの全選手を対象に、内覧会と募金の説…

後で読む
スポーツ報知

 女子プロゴルフツアーのメジャー第2戦、日本女子オープンは1日から4日間、福岡・ザ・クラシックGC(6761ヤード、パー72)で無観客で行われる。2週前のデサント東海クラシックを1988年のツアー制施

後で読む
スポーツ報知

 柏は10月3日の次節・横浜C戦(ニッパツ)に向けて、30日にオンライン取材を行い、ネルシーニョ監督(70)が対応した。

後で読む
東京スポーツ

 ゼロワンの世界ヘビー級王座を保持する「JUST TAP OUT」所属の田村ハヤト(25)が、秋炎の祭典「火祭り」(10月2日、東京・新宿フェイスで開幕)に向けて意気込みを語った。  外敵王者ながら、…

後で読む
スポーツ報知

 「第50回関西秋季大会」(報知新聞社など主催、10月17日開幕・淡路佐野運動公園野球場ほか)の大阪中央支部代表決定戦が行われ、松原ボーイズが代表切符を手にした。松原はチームエースの南が好投した。

後で読む
スポーツ報知

【西武スタメン】

後で読む
スポーツ報知

【ソフトバンクスタメン】

後で読む
スポーツ報知

【巨人スタメン】

後で読む
スポーツ報知

楽天の松井裕樹投手(24)がベンチ入りメンバーに入った。登板がない先発投手は普段ベンチ入りメンバーを外れることから、救援に回ることが有力となった。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの杉浦稔大投手(28)が30日、先発する10月1日のロッテ戦(札幌D)へ向け最終調整を行った。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球阪神は30日、1軍のチームスタッフ1人に新型コロナウイルスの陽性判定が検出されたと発表した。球団では5選手を含む計9人となった。1、2軍の監督、コーチ、選手、スタッフに濃厚接触者はいない。同日は兵庫県西宮市の甲子園球場で中日戦を開催する。 阪神では29日も1軍チームスタッフ1人の感染が判明。30日は同じ部門の数人が同市内で検査を受けた。新たに感染したスタッフは28日に遠征先の東京から帰宅し、29日は甲子園での中日戦に同行した。30日は37・5度の発熱があり、自宅隔離している。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグDeNA・武藤-ヤクルト・歳内(横浜)

後で読む
スポーツニッポン

サッカー明治安田生命J1リーグはきょう30日、ACL出場チームの3試合が各地で開催される。

後で読む
サンケイスポーツ

ドイツ育ちのアーセナルDFは、間もなくブンデスリーガへと帰還することになるかもしれない。

後で読む
東京スポーツ

右腹斜筋の筋挫傷のため二軍で調整中だった阪神の梅野隆太郎捕手(29)が30日、一軍に昇格した。  梅野は「一軍に合流したからには結果で示さないといけないですし、チームの一員として元気な姿でプレーして…

後で読む
デイリースポーツ

サッカースペイン2部リーグ、サラゴサの元日本代表MF香川真司が29日までにクラブとの契約を解消することで基本合意したという。新天地の候補として同カテゴリーのサバデルの名前が挙がっているが、今季受け取るはずだった年棒に達しなかった場合その差額をサラゴサが穴埋めするという。サラゴサの地元一般紙、エル・ペリオディコ・デ・アラゴンが伝えている。 報道によると、事実上決定した契約解消に際しサラゴサが今季の香川への年棒約53万ユーロ(約6600万円)を今後1年半の間に支払うという。しかし香川が新チームへ移籍した場合、そこでの年棒を考慮した差額がサラゴサの受け持ち額になる。

後で読む
東京スポーツ

J1柏のネルシーニョ監督がキング・カズこと元日本代表FW三浦知良(53)の偉業を絶賛した。  カズは23日の川崎戦(等々力)に今季初先発し、2012年にFW中山雅史(当時札幌)がマークした45歳2か…

後で読む
東京スポーツ

J1柏がリーグ終盤に正念場を迎えるかもしれない。得点ランキングトップを独走中のケニア代表FWマイケル・オルンガ(26)が同国の代表戦に招集される可能性が高まってきた。  ケニア代表は、10月に国際親…

後で読む
東京スポーツ

フランス1部パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマール(28)が、日本代表DF酒井宏樹(30)に対し「クソ中国人」と人種差別的発言をした動画が30日、スペインメディアによって公開された。間接的…

後で読む
日刊スポーツ

カブスのダルビッシュ有投手が、1日(日本時間2日)のマーリンズとのシリーズ第2戦に先発すると、ロス監督が公表した。「ユウに1日多く休みを与えたかった」と説明し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

敵地アトランタでポストシーズン(PS)初戦を迎えるレッズ秋山翔吾外野手は、試合を翌日に控えた29日、普段通りの表情を見せた。「勝っていくことによってチームがし… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ア・リーグのワイルドカードシリーズが29日(日本時間30日)に開幕し、ツインズ前田健太投手(32)が日本人選手の先陣を切った。アストロズ戦に先発し、5回2安打… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

1日のプロ野球予告先発は以下の通り。<セ・リーグ>DeNA武藤祐太-ヤクルト歳内宏明(横浜=18時)阪神岩田稔-中日Y・ロドリゲス(甲子園=18時)広島スコッ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

両チームのスタメンが発表された。先発は阪神が青柳晃洋投手(26)、中日が大野雄大投手(32)。阪神はクリーンアップの3番と5番を組み替え、大山、サンズ、原口の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

セ・リーグ5位の広島が、首位の巨人と対戦する。予告先発は広島が野村、巨人は田口。9月の巨人は29日終了時点で19勝5敗1分けで、今日勝てば月間20勝に到達。月… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(30日、甲子園球場) 阪神・藤浪が虎柄のハチマキを巻いて試合前練習に参加。キャッチボールやゴロ捕球、ダッシュなどで汗を流した。練習中はガンケルと談笑するなど、終始リラックスした表情だった。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・岩田稔投手が30日、先発予定の1日中日戦(甲子園)に備えて甲子園でキャッチボールやダッシュなどで調整した。今季初先発した9月21日DeNA戦(甲子園)は5回3失点。中9日の登板も「登板期間は少し空きましたが、普段通りやるべきことをしっかりやってきました」と問題なしを強調した。 チームは新型コロナウイルス集団感染に見舞われ、ブルペンも苦しい状況だ。ベテランは「確かに厳しい状況ではありますが、この状況を乗り切るためにも、自分のピッチングがしっかりできるように準備したいと思います」と力を込めた。

後で読む
デイリースポーツ

17日の巨人戦で途中交代し、右腹斜筋の筋挫傷で離脱していた梅野隆太郎捕手が30日、1軍に昇格。「1軍に合流したからには結果で示さないといけないですし、チームの一員として元気な姿でプレーしているところをファンの皆さんに見てもらいたいなと思います。最後まで闘い抜くことをモットーに今日からまた頑張っていきたいと思います」と活躍を誓った。 梅野は17日の巨人戦でスタメン出場も右脇腹の張りで途中交代。翌18日に出場選手登録を抹消。29日のウエスタン・オリックス戦では、3打数3安打1打点の活躍を見せ、1軍に昇格した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(30日、甲子園球場) 2位・阪神と4位・中日のスタメンが発表された。

後で読む
スポーツ報知

 10月1日からスポーツ庁長官に就任する東京五輪パラリンピック組織委員会の室伏広治スポーツディレクター(SD、45)が30日、都内の組織委で出社最後のあいさつを行った。様子はオンラインで組織委関係者に

後で読む
スポーツ報知

 女性問題に揺れる競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)=ANA=が30日、都内の日本水連事務局を訪れ、五輪の日本代表主将を辞退する意思を伝えた。また、日本オリンピック委員会(JOC)のシンボルアスリー

後で読む
スポーツ報知

 日本ラグビーフットボール協会は30日、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、第100回全国高校ラグビー大会(12月27日から東大阪市花園ラグビー場で開催予定)の開会式を中止することなどを発表した

後で読む
スポーツ報知

 女子プロゴルフツアーのメジャー第2戦、日本女子オープンは10月1日、福岡・ザ・クラシックGC(6761ヤード、パー72)で開幕する。今季ツアー2勝でルーキーの笹生優花(19)=ICTSI=は30日の

後で読む
スポーツ報知

 開幕3試合で1勝1分1敗の滑り出しとなり、リーグ8位に沈むトットナムのモウリーニョ監督は、この試合の直前会見で「我々はリーグ杯を戦う余裕はない」と発言。これで戦前は俄然チェルシー優勢のムードとなって

後で読む
スポーツ報知

 柏のネルシーニョ監督(70)が30日、練習後のオンライン取材に対応。27日の横浜M戦(1●3)で負傷し、29日に左脛腓骨骨折のため治療に約4~6か月を要すると発表したMF戸嶋祥郎(25)について言及

後で読む
スポーツ報知

 昌平が細田学園を振り切って、春夏秋を通して初の県優勝を果たした。

後で読む
スポーツ報知

 【ロッテスタメン】

後で読む
東京スポーツ

〝燃える闘魂〟ことアントニオ猪木氏(77)が30日、都内でデビュー60周年記念会見を行った。  1960年9月30日の大木金太郎戦でのデビューから60年を迎え、猪木氏は「このコロナもいずれ終わると思い…

後で読む
東京スポーツ

 米女子ゴルフツアーの「ショップライト・クラシック」(1日開幕、ニュージャージー州)の予選ラウンド組み合わせが発表され、世界ランキング14位の渋野日向子(21=サントリー)は、マリア・ファッシ(22=…

後で読む
東京スポーツ

 ラグビーのトップリーグ(TL)東芝は30日、コーチを務めている元日本代表の湯原祐希さんが29日に死去したと発表した。36歳。  29日に東京・府中市内のクラブハウスで倒れ、病院に運ばれていたという。…

後で読む
スポーツ報知

巨人から金銭トレードで楽天に加入した田中貴也捕手(28)が30日、オンラインで入団会見を行った。石井一久GM(47)は獲得の狙いについて「太田選手、足立選手のケガというところも1つの獲得の部分には入

後で読む
スポーツ報知

10月1日の西武戦(京セラD)で先発するオリックスの田嶋大樹投手(24)が22日ぶりにレオ斬りを誓った。

後で読む
デイリースポーツ

「イースタン、巨人6-4楽天」(30日、ジャイアンツ球場) 巨人の松井義弥内野手(20)がイースタンリーグ今季初本塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

楽天に金銭トレードで巨人から加入した田中貴が30日、オンラインで入団記者会見に臨み「楽天のリーグ優勝、日本一のためにやってやるぞ、という気持ちでいっぱい」と決意を込めた。 チームでは太田や足立が離脱しており、捕手が手薄な状況にある。ただ、石井ゼネラルマネジャーは、捕手を指名しない方針のドラフト戦略も踏まえて獲得を決めたといい「スローイング能力では素早く、安定して投げられている。打撃能力もある」と期待を寄せた。

後で読む
デイリースポーツ

楽天・茂木栄五郎内野手(26)が30日、腰痛で出場選手登録を抹消された。 茂木は26日・西武戦(メットライフ)の試合前に、腰の張りを訴えて欠場。試合復帰に向けて回復に努めてきたが、万全な状態に戻すことを優先することになった。

後で読む
東京スポーツ

スポーツ動画配信大手のDAZN(ダゾーン)は30日、元日本代表の内田篤人氏(32)が自身初の冠番組となる「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」を10月1日から毎週木曜日に配信…

後で読む
東京スポーツ

巨人の桜井俊貴投手が30日、イースタン・リーグの楽天戦(ジャイアンツ球場)に先発し、3回を投げ1安打無失点と好投した。  この日の桜井は、終始冷静な投球が光った。初回を三者凡退に打ち取ると、続く2回…

後で読む
東京スポーツ

コンサルディング大手デロイトトーマツグループが30日、Jリーグ全55クラブを対象にして経営面を分析した「Jリーグマネジメントカップ2019」の結果を発表した。  J1は浦和が2年ぶり4度目の優勝、J…

後で読む
サンケイスポーツ

 阪神は30日、新たに1軍のチームスタッフ1人が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。チーム内で9人目。29日のスタッフ1人の「陽性」を受けて、この日、近い人間数名に核酸増幅法による検査を実施したところ、判明した。

後で読む
日刊スポーツ

9月30日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>阪神 梅野隆太郎捕手ヤクルト 古賀優大捕手<抹消>阪神 上本博紀内野手ヤクルト 松… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天の“駆け込みトレード”は中長期的なビジョンの一端だった。トレード締め切り前日の9月29日に、巨人から金銭トレードで田中貴也捕手(28)を獲得した。翌30日… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

オリックス田嶋大樹投手(24)が10月1日西武戦(京セラドーム大阪)で予定されている先発で自身3連勝を狙う。9月30日は同カードの試合前練習に参加。「充実感は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、阪神2-12オリックス」(30日、鳴尾浜球場) コロナ禍で人員不足に陥る阪神2軍は12失点の大敗で、4連敗を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は30日、新たに1軍チームスタッフ1人(スタッフD)が、新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。9月末から阪神のコロナ感染者は選手、スタッフ合計9人目となった。 球団は29日にスタッフCが陽性判定を受けたことを受け、30日に同部門の1軍スタッフ数名に、西宮市内の病院で核酸増幅法による検査を実施した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神が30日、梅野隆太郎捕手を出場選手登録した。また、上本博紀内野手が登録を抹消された。 パ・リーグでは楽天が茂木栄五郎内野手が抹消され、小郷裕哉外野手が登録された。

後で読む
デイリースポーツ

阪神が育成選手の横山雄哉投手(26)、石井将希投手(25)の支配下選手登録を発表したことを受けて30日、矢野燿大監督(51)が代表取材に応じた。 2014年ドラフト1位で支配下返り咲きとなった横山については「ファームでずっと投げて成績も残していますし。今年はキャンプ1軍で一緒にやっていて、今年に懸ける思いというのは、そういうところにもしっかり出ていました。今の状況であれば、チャンスがあっていいんじゃないかなと」と評価。

後で読む
日刊スポーツ

鹿島アントラーズが、9月27日の大分トリニータ戦(カシマ)で「マルチアングル映像体験」を実施した。スタジアム内の一部座席に専用端末を設置し、観客にはこれを操作…

後で読む
日刊スポーツ

柏レイソルのネルシーニョ監督(70)が、J1最年長出場記録を更新した横浜FCのFWカズ(53)に敬意を表した。30日、10月3日の横浜FC戦に向けオンラインで…

後で読む
スポーツ報知

 陸上男子短距離の小池祐貴(住友電工)が30日、日本選手権(10月1日開幕、新潟・デンカビックスワンスタジアム)に向けて試合会場併設のサブトラックで最終調整。「今季の体で一番状態がいい。順位にはこだわ

後で読む
スポーツ報知

 米女子プロゴルフツアーのショップライト・クラシックが米国時間10月1日から4日間、ニュージャージー州ストックトン・シービューGC(パー71、6190ヤード)で開催される。米国時間29日(日本時間30

後で読む
スポーツ報知

 巨人は30日、世界初のバーチャルYouTuber「キズナアイ」とのコラボレーショングッズを、10月3日正午から球団公式通販サイト「ジャイアンツオンラインストア」で販売すると発表した。

後で読む
スポーツ報知

 巨人2軍は、本拠地で楽天と対戦し、勝利した。

後で読む
東京スポーツ

 競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26=ANA)の不倫騒動が波紋を広げる中、所属するANAが30日、ついに瀬戸サイドへ契約解除を申し出たことが明らかになった。  騒動以来、スポンサー企業は続々とCM広告…

後で読む
東京スポーツ

 競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26=ANA)の不倫騒動が波紋を広げる中、所属するANAが30日、ついに瀬戸サイドへ契約解除を申し出た。 ANAの広報は本紙の取材に対し「先程、ANAとしてスポンサー契…

後で読む
東京スポーツ

 国内ゴルフの日本ゴルフツアー機構(JGTO)、日本プロゴルフ協会(PGA)、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)は30日、各ツアーの選抜選手による団体対抗戦の「日立3ツアーズ選手権」(12月13日、千…

後で読む
スポーツ報知

巨人から金銭トレードで加入した楽天・田中貴也捕手(28)が30日、オンラインで入団会見を行った。「まだ実感はあまりないですが、チームのリーグ優勝、日本一のためにやってやるぞという思いでいっぱいです」

後で読む
スポーツ報知

「パーソルパ・リーグTV」を運営するパシフィックリーグマーケティング株式会社は30日、「『パーソルパ・リーグTV』をご利用の皆さまへ」と題した根岸友喜代表取締役CEOのメッセージを発表。パ・リーグT

後で読む
スポーツ報知

◆セ・リーグ

後で読む
スポーツ報知

阪神は30日、また新たに1軍チームスタッフ1人(D)が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は30日、育成選手の横山雄哉投手(26)と支配下選手契約を結んだと発表した。2年前に左肩を手術し、同年オフに育成契約となっていた。背番号は91。山形中央高から新日鉄住金鹿島(現日本製鉄鹿島)を経て15年にドラフト1位で入団し、1軍では通算3勝。 横山は兵庫県西宮市で「やっとここまで来たのであとは1軍の舞台で発揮するだけ。チームに勢いをつけられるような投球をしたい」と語った。

後で読む
東京スポーツ

【赤坂英一 赤ペン!!】巨人ファンは昔から、“ヨソの子”より“ウチの子”が好きだ。そんなファンに「やっとウチの子がレギュラーの二塁手になれるかも」と期待されている選手が、4年目の吉川尚輝内野手(25)…

後で読む
東京スポーツ

左脚内転筋の違和感により二軍での調整が続いている巨人の亀井善行外野手が30日、ジャイアンツ球場で打撃練習を行った。  この日は午前10時ごろから室内練習場に姿を現すと、アップをしたのち、トス打撃、フ…

後で読む
サンケイスポーツ

 東都大学野球秋季リーグ戦第2週第2日(30日、神宮)立正大が中大を1-0で下した。六回に高橋翔大外野手(4年)の適時打で先制。先発の渡部勝太投手(4年)が3安打無四球5三振で完封し、今季初勝利(通算8勝目)を挙げた。立正大は2勝1敗、中大は1勝2敗となった。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人は、9月21日に川崎市のジャイアンツ球場で入団テストを行った。18歳以上26歳までで、学生はプロ野球志望届の提出を完了している、などの条件を満たせば誰でも受験が可能だ。

後で読む
日刊スポーツ

昌平が細田学園を破り、春夏秋通じて初の優勝を決めた。1回1死二塁で、3番吉野創士外野手(2年)が左越えに高校通算36号となる2ランを放って先制した。「直球待ち… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは30日、北海道北広島市ボールパーク推進期成会の事業として、10月4日に「HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGE(北海道ボールパークF… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人は30日、世界初のバーチャルYouTuber「キズナアイ」とのコラボレーショングッズを、10月3日正午から球団公式通販サイトで販売開始すると発表した。コラ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

https://www.hochi.co.jp/info/20200930.html

後で読む
スポーツ報知

 元プロレスラーで前参院議員のアントニオ猪木氏(77)が30日、東京・虎ノ門のホテルオークラでデビュー60周年記念会見を行った。

後で読む
スポーツ報知

 元プロレスラーで前参院議員のアントニオ猪木氏(77)が30日、東京・虎ノ門のホテルオークラでデビュー60周年記念会見を行った。

後で読む
スポーツ報知

 元プロレスラーで前参院議員のアントニオ猪木氏(77)が30日、東京・虎ノ門のホテルオークラでデビュー60周年記念会見を行った。

後で読む
スポーツ報知

 東京五輪パラリンピック組織委員会は30日、新しいスポーツディレクター(SD)に1988年ソウル五輪シンクロナイズドスイミング・ソロ、デュエット銅メダルの小谷実可子氏(54)が就任すると発表。10月1

後で読む
スポーツ報知

  トップリーグの神戸製鋼は30日、2020年度の新体制を発表した。18年度シーズンに神鋼を15季ぶりリーグ優勝へと導いたウェイン・スミス総監督、デーブ・ディロン・ヘッドコーチが3季目続投。新たにフッ

後で読む
スポーツ報知

 プロゴルフで、12月13日に千葉・グリッサンドGCで開催予定だった男子、シニア、女子ツアーの対抗戦「日立3ツアーズ選手権」の中止が30日、3団体の連名で発表された。新型コロナウイルス感染拡大によるも

後で読む
スポーツ報知

 巨人2軍は30日、G球場で楽天と対戦。先発の桜井俊貴投手(26)は、3回を投げて1安打無四球1奪三振で無失点と好投した。「とにかく攻める気持ちで腕を振り抜きました。カウントも有利に進める事ができ、手

後で読む
スポーツ報知

 巨人2軍は30日、G球場で楽天と対戦。1点リードの4回1死、増田陸内野手(20)が、楽天の先発左腕・辛島から左越え2号ソロを放った。「手応えバッチリです。めちゃくちゃ嬉しいです。この1本を自信にして

後で読む
スポーツ報知

 巨人2軍は30日、G球場で楽天と対戦。高卒2年目の松井義弥内野手(20)が、3点リードの6回2死、楽天の先発左腕・辛島から右越え1号ソロを放った。「2打席三振して悪い結果でしたが、それでも同じ投手に

後で読む
東京スポーツ

 巨人から楽天に金銭トレードで移籍した田中貴也捕手(28)が30日、オンラインで入団会見を行った。  スーツ姿で会見に応じ、引き締まった表情を見せながら「まだ実感はあまりないが、今日から楽天イーグルス…

後で読む
デイリースポーツ

巨人から金銭トレードで移籍した田中貴也捕手(28)が30日、リモートによる入団会見を楽天生命パーク宮城で行った。 「今日から楽天イーグルスで、チームのリーグ優勝、日本一のためにやってやるぞという気持ち。ガッツのあるプレーでチームを引っ張っていきたい」と意気込みを語った。

後で読む
スポーツニッポン

J1柏のケニア代表FWオルンガ(26)が今シーズンの終盤に長期離脱する可能性が30日、浮上した。チームはこの日、次節10月3日のアウェー横浜FC戦に向けて非公開調整。11月に控えるケニア代表のアフリカ・ネーションズ杯予選の招集について、ネルシーニョ監督(70)は「11月に関してはFIFAカレンダーに沿って行われる代表活動になるので、間違いなく(オルンガは)招集されるんじゃないかと思っている」と…

後で読む
日刊スポーツ

ツインズ先発の前田健太投手について、ロッコ・バルデリ監督が「ゲームで勝つチャンスを与えてくれた」と称賛の言葉を贈っている。MLB公式サイトが伝えた。前田は5回… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

インディアンス先発のシェーン・ビーバー投手が、9安打7失点と大乱れし、4回2/3で降板する事態となった。レギュラーシーズンでは先発12試合で8勝1敗、防御率1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神梅野隆太郎捕手(29)が30日、甲子園でナイターで行われる中日戦前の練習で1軍に合流した。右腹斜筋の筋挫傷から前日29日のウエスタン・リーグオリックス戦(… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 セットアッパー藤浪への期待が日ごとに高まっている。阪神は新型コロナウイルスの集団感染に襲われ、藤浪は25日に1軍に緊急昇格。26日・ヤクルト戦(神宮)で7年ぶりに中継ぎ登板した。2イニング目に決勝弾を浴び黒星を喫したが、翌27日も連投した。そして、29日・中日戦(甲子園)では3点リードの八回に登板。先頭に与えたものの、後続を断ち、プロ初ホールドを記録した。 実はプロ入り前から「守護神プラン」は浮上していた。2012年11月の秋季キャンプで当時の中西投手コーチが、「球児の後を任せるのも面白いな」とニヤリ。当時のチームは藤川のメジャー挑戦によって、守護神の後任探しが混迷を極めていた。獲得を目指していた五十嵐亮太投手はソフトバンクに入団。ボールが強く、奪三振能力に優れるルーキーは抑えに適任だった。

後で読む
日刊スポーツ

元サッカー日本代表で、日本サッカー協会(JFA)のロールモデルコーチを務める内田篤人氏(32)が、DAZN(ダゾーン)で自身初の冠番組「Atsuto Uchi…

後で読む
日刊スポーツ

鹿島アントラーズは30日、埼玉・昌平高のMF須藤直輝(17)と、MF小川優介(18)の来季加入が決まったと発表した。須藤は大宮アルディージャの下部組織出身で各…

後で読む
スポーツ報知

 大相撲秋場所で優勝を飾った正代(28)=時津風=の大関昇進伝達式に30日、故郷・熊本県のマスコットキャラクター「くまモン」らが訪問した。正代はくまモンと会うのは「3、4回目くらいですかね」。大関昇進

後で読む
スポーツ報知

 巨人2軍は30日、G球場で楽天と対戦。先発のマウンドには桜井俊貴投手(26)が上がり、3回まで無失点と好投している。以下、スタメン。

後で読む
スポーツ報知

 巨人2軍は30日、G球場で楽天と対戦。3回1死一、二塁で北村拓己内野手(25)が先制の中前適時打を放ち、「昨日やられているので今日は何とか先制して有利に進めていきたい中、打てて良かったです。次の打席

後で読む
東京スポーツ

 日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で大相撲11月場所(11月8日初日、国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇正代(28、本名・正代直也=時津風)の大関昇進を正式に決定した。八角理事長(5…

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナFWリオネル・メッシが、サポーターにメッセージを送っている。

後で読む
サンケイスポーツ

J1鹿島は30日、埼玉・昌平高のMF須藤直輝(17)と、MF小川優介(18)の来季加入が決まったと発表した。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手(36)が30日、前夜のインスタグラム上の投稿について釈明をした。  バレンティンは2019年まで在籍したヤクルト時代のユニホーム姿の画像を投稿。「M…

後で読む
サンケイスポーツ

 ラグビーのトップリーグの東芝は30日、FWコーチを務めていた湯原祐希さんが29日に亡くなったと発表した。36歳だった。死因は非公表。チームによれば、29日朝にクラブハウスでの自主トレーニング中に倒れ、病院に緊急搬送されていたという。

後で読む
スポーツニッポン

 ラグビー元日本代表で、トップリーグ(TL)の東芝のFWコーチ・湯原祐希(ひろき)さんが29日に亡くなったことが30日、分かった。公式サイトで発表された。36歳。死因については公表していない。29日に東京都府中市内のクラブハウスで倒れ、病院に運ばれていたという。

後で読む
日刊スポーツ

両軍の球団関係者や選手の家族が観客として応援した。ミネソタ州知事とMLBのマンフレッド・コミッショナーから許可を得たもので、250人に満たないが、観客席から声… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ア・リーグのワイルドカードシリーズが29日(日本時間30日)に開幕し、ツインズ前田健太投手(32)が日本人選手の先陣を切った。アストロズ戦に先発し、5回2安打… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

レイズ先発のブレーク・スネル投手が5回2/3を1安打無失点、2四球、9三振と快投を見せ、ポストシーズンで初めての勝利を味わった。MLB公式サイトが伝えている。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天涌井秀章投手が、プロ野球史上初となる「パ・リーグ3球団で2桁勝利」をかけ先発する。初めての2桁クリアは西武時代、入団2年目の06年。当時の記事を復刻する。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人が、チームでは1967年(昭42)8月以来となる月間20勝に挑戦する。29日終了時点で19勝5敗1分け。67年はV9の3年目。巨人は盤石の強さを誇った。5… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

立正大の渡部勝太投手(4年=上尾)が、3安打無四球で18年春以来となる完封勝利。立正大は昨秋優勝の中大に2連勝した。9回、渡部は最後の打者を中飛で打ち取ると、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 29日にすい臓炎の緊急手術を受けた時津風親方(46)=元幕内時津海=の状況に関し、30日、おかみさんの坂本美由紀さんが説明した。前日、急に腹痛を訴え、午後2時ごろに胃痛がどんどん悪化し、4時ごろに吐いたという。 「検査をしたところ、石が十二指腸まで動いて引っかかっていて、すい臓が炎症を起こしていました。内視鏡手術を受けたのは10時半ごろ。医師からは『明日まで放置していたら大変だった。重篤な状況』と言われました。(時津風親方は)どうしても(伝達式に)行きたいと言っていたのですが、先生の方から危険な状況と言われました」と、かなり危険な状態だった。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は30日、育成選手の横山雄哉投手(26)、石井将希投手(25)を支配下選手登録すると発表した。背番号は横山が91、石井が93。 2014年ドラフト1位の横山は2年ぶりの支配下返り咲きだ。18年8月に左肩を手術し育成契約となったが、今春は1軍キャンプに抜てきされた。ウエスタン・リーグでも好投を続け、13試合の登板2勝2敗、防御率3・26を記録していた。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、阪神-オリックス」(30日、鳴尾浜球場) 3連敗中の阪神2軍は、板山祐太郎外野手の先頭打者アーチで先制した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は30日、育成選手の横山雄哉投手(26)、石井将希投手(25)を支配下選手登録すると発表した。背番号は横山が91、石井が93。 2014年ドラフト1位の横山は2年ぶりの支配下返り咲きだ。18年8月に左肩を手術し育成契約となったが、今春は1軍キャンプに抜てきされた。ウエスタン・リーグでも好投を続け、13試合の登板2勝2敗、防御率3・26を記録していた。

後で読む
スポーツ報知

 ラグビー・トップリーグの東芝は30日、FWコーチの湯原祐希さんが29日に亡くなったと発表した。36歳だった。フッカーで日本代表でも活躍し、2011、15年W杯のメンバーだった。死因は公表されていない

後で読む
スポーツ報知

 神奈川県卓球協会が元日本代表監督らとタッグを組み、ジュニア世代の育成を目的に「神奈川県特別強化プロジェクト」をスタートさせた。プロジェクトには2008年北京五輪女子日本代表監督の近藤欽司氏、日産自動

後で読む
スポーツ報知

 ヤンキースが29日(日本時間30日)、ワイルドカードシリーズ第1戦、インディアンズに12―3で大勝。第2戦はポストシーズン5勝3敗、防御率1・76の大舞台に強い田中将大投手が先発、一気に地区シリーズ

後で読む
スポーツ報知

 プレーオフが始まった。上位4シードの本拠地で開催されるワイルドカードシリーズは無観客のままだが、大リーグ機構は選手らの家族の観戦を許可。この日の客席には、声援を送る夫人、子供、両親、兄弟らファミリー

後で読む
東京スポーツ

 日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で大相撲11月場所(11月8日初日、国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇正代(28、本名・正代直也=時津風)の大関昇進を正式に決定。使者の鏡山理事(6…

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは30日、新加入したチェン・ウェイン投手のグッズ「加油!チェン・ウェイン投手!」フェイスタオルの予約販売を開始した。入団発表時の写真とチェン・ウェインを応援する「加油!」(台湾語で頑張れ!の意味)というメッセージが台湾の国旗を背景にデザインされている。 なお、商品を入荷でき次第、マリーンズストアミュージアム店でも販売予定。

後で読む
東京スポーツ

今季の支配下登録期限最終日となった30日、阪神は2人の育成選手を支配下登録に切り替え契約を締結したことを発表した。  新たに支配下登録になったは、横山雄哉投手(26)と石井将希投手(25)の左投手の…

後で読む
サンケイスポーツ

 阪神は支配下登録期限となる30日、育成選手だった横山雄哉投手(26)と石井将希投手(25)を支配下登録することを発表した。横山は「91」、石井は「93」に背番号が変更される。

後で読む
サンケイスポーツ

 日本相撲協会は30日、東京都墨田区の両国国技館で11月場所(11月8日初日・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、東関脇正代(28)=本名正代直也、熊本県出身、時津風部屋=の大関昇進を満場一致で正式に決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

 【ノーサイドの精神】高校ラグビー界最古とされる大阪府屈指の伝統校同士の定期戦、北野-天王寺が9月20日、花園ラグビー場で行われた。24-12で快勝し、通算成績を66勝2分け29敗とした天王寺、敗れた北野とも積極的にボールを動かす好ゲームだった。

後で読む
サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、楽天2-6ソフトバンク、19回戦、ソフトバンク11勝8敗、29日、楽天生命)編成面でドツボにはまった。楽天の現状には、がっかりしている。

後で読む
日刊スポーツ

ツインズがプレーオフで球団史上最悪となる17連敗を喫した。北米の主要スポーツにおけるポストシーズンの連敗成績ではNHL(ナショナルホッケーリーグ)のブラックホ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

昌平が細田学園を破り、春夏秋通じて初の優勝を決めた。1回1死二塁で、3番吉野創士外野手(2年)が左越えに高校通算36号となる2ランを放って先制。細田学園に追い… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

J1大分トリニータは29日、MF前田凌佑が右足関節捻挫で全治4週間と診断されたと発表した。23日のサンフレッチェ広島戦で負傷し、大分市内の病院で検査を受けた。…

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟のFW鄭大世(36)が、今日30日のアウェーFC琉球戦での活躍を誓った。29日は黄金森運動公園陸上競技場(沖縄)で練習。9位の新潟は、7…

後で読む
日刊スポーツ

アルビレックス新潟MFシルビーニョ(30)が、新ポジションでのプレーに手応えを感じている。前節ヴァンフォーレ甲府戦で後半途中からピッチに立つと、3トップ気味の…

後で読む
日刊スポーツ

J1清水エスパルスの高卒ルーキーMF鈴木唯人(18)が、プロ初ゴールを挙げてチームを連敗ストップに導く。29日は静岡市内で約2時間の練習に参加。ミニゲームで得…

後で読む
スポーツ報知

 大相撲の秋場所で初優勝し、大関昇進を決めた正代(28)=時津風=の昇進伝達式が30日、都内の時津風部屋で行われた。師匠の時津風親方(元幕内・時津海)は、前日29日夜に急性すい炎のため緊急手術を受け欠

後で読む
スポーツ報知

 ヤンキースが29日(日本時間30日)、ワイルドカードシリーズ第1戦、インディアンズに12―3で大勝。

後で読む
東京スポーツ

 日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で大相撲11月場所(11月8日初日、国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇正代(28、本名・正代直也=時津風)の大関昇進を正式に決定した。正代の兄弟子に…

後で読む
デイリースポーツ

左足内転筋の違和感で1軍登録抹消中の巨人の亀井義行外野手(38)が川崎市のジャイアンツ球場でのリハビリ組の練習に参加した。 午前中に室内練習場に姿を見せ、塁間でのランニングやティー打撃で汗を流した。その後、同じくリハビリ組の重信と並んで、フリー打撃やマシン打撃を行い、快音を響かせた。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのイングランド・プレミアリーグで南野拓実の所属するリバプールは29日、MFティアゴが新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示して自主隔離していると発表した。バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)から加入したティアゴは20日のチェルシー戦で移籍後初出場したが、28日のアーセナル戦はベンチ外だった。

後で読む
東京スポーツ

レイズの筒香嘉智外野手(28)は29日(日本時間30日)に本拠地でのブルージェイズとのワイルドカードシリーズ(WCS)第1戦に「1番・DH」でスタメン出場し、2打数無安打1三振。5回に代打を送られた…

後で読む
東京スポーツ

   プレーオフに出場する喜びについて聞かれると「(162試合の)レギュラーシーズンを経験していないので、喜び方とか、どれくらいしんどいものを乗り越えてきたかっていう実感が正直ない。ずっとレ…

後で読む
サンケイスポーツ

 テニスの全仏オープン第3日は29日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス1回戦でノバク・ジョコビッチ(セルビア)は順当勝ちし、2回戦に進んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

 開幕戦からの12連勝を達成した巨人・菅野智之投手(30)の“原点”を、元高校球児の巨人担当・谷川直之記者(29)が訪ねた。少年時代の日課で、抜群の制球力の礎となった神奈川・相模原市にある松蔭公園の門柱での「壁当て」を実際にトライしてみた。

後で読む
スポーツニッポン

 大リーグのポストシーズン(PS)は29日(日本時間30日)、ア・リーグのワイルドカードシリーズ(WCS=3回戦制)が開幕し、ツインズ(中地区1位)の前田健太投手(32)は本拠地ミネアポリスでのアストロズとの第1戦に先発。5回、91球を投げ2安打5奪三振3四球無失点で好投するも救援陣が崩れて勝敗は付かなかった。チームは1―4で大事な初戦を落とした。

後で読む
スポーツニッポン

 日本相撲協会は30日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、大相撲秋場所で初優勝を果たした正代(28=時津風部屋)の大関昇進を満場一致で決定した。熊本県出身では、62年夏場所後に昇進した栃光以来、58年ぶりの新大関。

後で読む
日刊スポーツ

ツインズ前田健太投手(32)が、5回2安打無失点と好投した。球数は91球で3四球5奪三振。メジャー1年目の16年以来、4年ぶりのポストシーズン(PS)先発で力… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ブルージェイズは打線が振るわなかった。先発左腕スネルに5回まで無安打。零敗を免れるのがやっとで、モントーヨ監督は「投手陣は6回まで1失点で、われわれにもチャン… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

リーグ最高勝率で第1シードのレイズが、巧みな継投で競り合いを制し、初戦を白星で飾った。「1番DH」で出場した筒香嘉智外野手(28)は、中飛、空振り三振と2打数… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発は楽天が涌井、ソフトバンクが武田。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神は30日、育成選手の横山雄哉投手(26)、石井将希投手(25)を支配下選手登録すると発表した。背番号は横山が91、石井が93。 2014年ドラフト1位の横山は2年ぶりの支配下返り咲きだ。18年8月に左肩を手術し育成契約となったが、今春は1軍キャンプに抜てきされた。ウエスタン・リーグでも好投を続け、13試合の登板2勝2敗、防御率3・26を記録していた。

後で読む
スポーツ報知

 大相撲秋場所で初優勝を飾った正代(28)=時津風=が30日、都内の時津風部屋で大関昇進伝達式に臨み、「謹んでお受け致します。大関の名に恥じぬよう、至誠一貫の精神で相撲道に邁進して参ります」と口上を述

後で読む
スポーツ報知

 巨人の亀井善行外野手(38)が30日、ジャイアンツ球場で球団スタッフが務める打撃投手を相手にフリー打撃を行った。

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2233557/

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスの「G1クライマックス」29日後楽園大会のBブロック公式戦で、KENTA(39)がザック・セイバーJr.(33)を破り2勝目を挙げた。「NEW JAPAN CUP USA」覇者としてI…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。