「2020年9月1日」の記事一覧

サンケイスポーツ

マンチェスターUが、RBライプツィヒに所属するU-21フランス代表DFダヨ・ウパメカノ獲得への動きを進めるようだ。イギリス『talkSPORT』などが報じている。

後で読む
サンケイスポーツ

ACミランとの新契約を締結した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、背番号11を選んだ理由を明かした。クラブ公式サイトを通して伝えている。

後で読む
サンケイスポーツ

ブレーメン率いるフロリアン・コーフェルト監督は、審判に日本代表FW大迫勇也のような選手を守るべきだと要求。地元紙『クライスツァイトゥング』がコメントを紹介している。

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナに所属するデンマーク代表FWマーティン・ブレイスウェイトが、一部メディアの報道を否定した。

後で読む
スポーツ報知

世界ランク51位コリ・ガウフ(16)=米国=は、同45位で第31シードのアナスタシア・セバストワ(30)=ラトビア=にフルセットで敗れた。昨年は3回戦で敗退し、大坂なおみ(22)=日清食品=に促され

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-1ヤクルト」(1日、甲子園球場) 阪神が今季初のサヨナラ勝ちを決めた。1-1で迎えた九回、サンズが左中間へ決勝の13号ソロを放った。これで今季4度目の3連勝となり、2位に浮上した。

後で読む
サンケイスポーツ

右手骨折からの復帰を目指す阪神の糸原が1日、ウエスタン・リーグの広島戦(鳴尾浜)で「2番・二塁」の先発で実戦復帰した。第2打席に右前打を放った。視察した矢野監督は早期の1軍復帰を期待し「違和感なくやれていた。早いので、びっくりしている」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーのフランス1部リーグで4日に予定されていた新シーズンの開幕戦2試合のうち1試合が、新型コロナウイルスの影響で延期となることが1日、発表された。ボルドーと対戦するパリに感染者が続出し、試合は困難との判断に至った。日本代表の松島幸太朗が加入したクレルモンは6日の初戦でトゥールーズと当たる。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス5-0ソフトバンク、16回戦、ソフトバンク13勝3敗、1日、京セラ)オリックスの西野が3試合連続の安打を放った。一回1死走者なしで千賀の内角直球を中前にはじき返した。1軍昇格即先発した8月28日から出場全3試合、全て一回の打席で的確に球を捉えた。六回無死一塁では四球を選んで好機を広げ、先制点につなげた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム8-1楽天、13回戦、6勝6敗1分、1日、札幌D)楽天の辛島は今季初先発して好投したが、四回2死無走者で近藤に1球目を投じた直後に左ふくらはぎがつって降板し、3回2/3で3安打無失点だった。病院には行かずに治療した。「調子自体はぼちぼちだった。五回までは投げたかった」と悔やんだ。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人3x-2DeNA、10回戦、巨人7勝3敗、1日、東京D)DeNAはサヨナラ負けで8月7日以来の3位に転落した。1-2の八回2死から連続四球を選んで菅野を交代に追い込み、代わった中川から佐野の適時打で追い付いたが、後が続かなかった。九回にエスコバーの乱調で屈した。

後で読む
デイリースポーツ

J1神戸は1日、YBCルヴァン・カップ準々決勝の川崎戦(2日、ノエスタ)に向けて、神戸市内で非公開の最終調整を行い、オンラインでの取材に応じたトルステン・フィンク監督(52)は、右足首の負傷でリーグ戦を3試合連続で欠場している元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)やベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン(34)の復帰を示唆した。 フィンク監督はイニエスタが練習に合流していることを認めた上で、起用については「この場で伝えられることはない。その情報を共有すると相手も備えてくる。明日はどのような形で試合に参加するのか、週末(5日、湘南戦)まで待つのか、スタメンなのかベンチから入ってくるのか、いろんなパターンがある。見てのお楽しみ」と含みを持たせた。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー・フランス1部・マルセイユに加入したDF長友佑都の高いコミュニケーション能力を、チームメートになったDF酒井宏樹が日本時間の1日、自身のインスタグラムで伝えている。 酒井が所属するフランス1部リーグの強豪マルセイユに、長友の加入が決まった。そして、この日に投稿されたインスタグラム(hiroki.sakai_19)のストーリー機能による動画には、スタッフとフランス語で言葉をかわしながらロッカールームになじむ長友の姿が映し出されていた。

後で読む
スポーツ報知

西武の高橋光成投手(23)が7回1安打無失点の好投で今季4勝目を挙げた。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクの連勝が8で止まった。誤算は先発の千賀で、無安打投球が6回に暗転。押し出しを含む自己ワーストタイの1イニング4四球で、3失点と均衡を破られた。打線は初回の逸機が痛恨。2死満塁で松田宣が中

後で読む
スポーツ報知

広島の九里亜蓮投手(29)が、7回2/3を投げ5失点で、バースデー登板初勝利を逃した。

後で読む
スポーツ報知

中日・大野雄大投手(31)が赤ヘル打線相手に2安打完封勝利を飾り、球団タイ記録となる5試合連続完投勝利を達成した。55年の石川克彦氏、61年の権藤博氏、06年の佐藤充氏に並ぶ4人目の快挙。しかも5試

後で読む
スポーツ報知

楽天は逆転負けを喫し、今季5度目の3連敗。貯金2は7月28日以来約1か月ぶりとなった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(1日、東京ドーム) 巨人が「川上哲治生誕100年記念試合」をサヨナラ勝利で飾り、3連勝。貯金を今季最多の15、2位とのゲーム差を今季最大の6・5差とした。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人3-2DeNA」(1日、東京ドーム) 巨人・菅野は7回2/3を4安打2失点の力投も、開幕10連勝はお預けとなった。

後で読む
東京スポーツ

ことごとくつながらなかった。広島は1日の中日戦(ナゴヤドーム)に0―5で完封負け。中日先発の大野雄を攻略できなかった。今季最少の2安打、そして今季初の零封負けを喫し、8月29日の阪神戦から3連敗とな…

後で読む
東京スポーツ

オリックスが難敵ソフトバンクを5―0で撃破。今季3勝目を挙げた。1日のソフトバンク戦(京セラドーム)は山本と千賀の今季3度目のエース対決は6回に無死満塁から吉田正の2点適時打などで3点を先制。7回に…

後で読む
東京スポーツ

2度目も白星は付けられなかった。広島の九里亜蓮投手が1日の中日戦(ナゴヤドーム)に先発した。この日は右腕の29回目の誕生日。今季自己最長の7回2/3、自身最多の142球を投げたが5失点で4敗目(2勝…

後で読む
東京スポーツ

巨人・原監督が今季2度目のサヨナラ勝ちの場面を振り返った。  60試合目とシーズン折り返しとなった1日のDeNA戦(東京ドーム)同点の9回無死満塁。原監督は左腕・エスコバーに対し左打者・吉川尚をその…

後で読む
東京スポーツ

エースの力投で連敗を4で止めた。日本ハムが1日、楽天戦(札幌ドーム)に8―1で勝利。先発した上沢直之投手が9回1失点と約2年ぶりとなる完投勝利でチームトップタイの5勝目を挙げ、連敗を4で止めた。  …

後で読む
スポーツニッポン

巨人が4年目・吉川尚輝内野手(25)の自身初となるサヨナラ打で今季2度目のサヨナラ勝ち。13連戦初戦を劇的な勝利で飾って3連勝を決め、今季初の貯金15とした。

後で読む
スポーツニッポン

中日の与田監督も球団記録に並ぶ5試合連続完投勝利を2試合連続完封で成し遂げた先発・大野雄を絶賛した。

後で読む
スポーツニッポン

【CHECK! 牛島和彦】今の大野雄は、力を入れすぎていないのがいい。これまで力を入れて高めに行くことが多かった。力が上手く抜けるから、直球のコントロールがよく、ツーシームもいい高さから落ちていた。

後で読む
スポーツニッポン

中日・京田が自慢の足で先制点を生み出した。0―0の5回、先頭で三塁打。九里のフォークを拾うと、打球は右翼へ転がり、一気に三塁へ。1死から大野雄のぼてぼてのゴロの間に生還し、先制のホームを踏んだ。

後で読む
スポーツニッポン

中日・平田が大台に王手をかけた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス5-0ソフトバンク、16回戦、ソフトバンク13勝3敗、1日、京セラ)オリックスは山本が7回無失点の好投で4勝目。六回に吉田正の2点適時打などで3点を奪い、七回は吉田正の適時二塁打、八回は大城のスクイズで加点した。ソフトバンクの連勝は8で止まり、千賀が七回途中4失点で3敗目。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム8-1楽天、13回戦、6勝6敗1分、1日、札幌D)日本ハムが連敗を4で止め、勝率を5割に戻した。1-1の七回に松本の適時打と中田の犠飛で2点を勝ち越し、八回に中田の2点打など打者一巡で5点を加えた。上沢は1失点の2年ぶりの完投で5勝目。楽天は救援陣が崩れ3連敗。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2x-1ヤクルト、13回戦、阪神7勝6敗、1日、甲子園)ヤクルトはシーズン後半戦最初の試合を落とし、自力優勝の可能性が消滅した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-1ヤクルト」(1日、甲子園球場) 阪神は今季初のサヨナラ勝ちを収めた。サンズの劇的なサヨナラ本塁打で13連戦の初戦を勝利で飾り、これで今季4度目の3連勝となり2位に浮上した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-1ヤクルト」(1日、甲子園球場) 阪神の矢野監督はこの日の試合前に今季限りで引退する藤川からエールを送られたことを明かした。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-1ヤクルト」(1日、甲子園球場) 劇的なサヨナラ本塁打を放った阪神・サンズが今季で引退する藤川への思いを語った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-1ヤクルト」(1日、甲子園球場) 阪神・スアレスは九回の大ピンチを切り抜け、今季初勝利を挙げた。サンズのサヨナラ弾で劇的な勝利を収めた阪神は2位浮上。スアレスに勝ち星が舞い込み、移籍後初勝利となった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は1日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

世界カーリング連盟は1日、来春の世界選手権出場権の懸かるパシフィック・アジア(PA)選手権(11月、北海道稚内市)を、新型コロナウイルスの影響で中止すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・大野雄大投手(31)が1日、広島13回戦(ナゴヤドーム)に先発し、2安打11奪三振で完封勝利。球団タイ記録となる5試合連続の完投勝利を達成した。

後で読む
デイリースポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)は1日、東京にある日本プロボクシング協会加盟ジムでプロ5人、トレーナー3人が新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。ジムは現在閉鎖中で保健所の指示待ちという。 プロは4人が自宅で、1人がホテルで待機中。トレーナーは70代と30代の2人が入院中、もう1人は自宅待機中という。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日5-0広島、13回戦、6勝6敗1分、1日、ナゴヤD)広島は左の大野雄に手も足も出ず、今季初の零敗で3連敗を喫した。先発に投手を含めて右打者を9人並べた打線は直球と落ちる球に翻弄され、今シーズン最少の2安打で二塁すら踏めなかった。佐々岡監督は「何も策ができなかった。ナイスピッチングで終わらせるわけにはいかないんだけど…」と声を落とした。

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌は2日ルヴァン杯準々決勝の横浜F・マリノス戦(札幌厚別)に臨む。ミハイロ・ペトロビッチ監督(62)が1日、札幌・宮の沢での前日練習後オン…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ1-9西武、12回戦、西武8勝4敗、1日、ゾゾマリン)4年ぶりに2番で先発出場した西武の栗山が3安打で打線を勢いづかせた。三回無死満塁で迎えた第2打席。2ボールから内角寄りの直球を右前へ痛烈にはじき返す先制の2点適時打を放ち「走者をかえすことができて良かった」と息をついた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム8-1楽天、13回戦、6勝6敗1分、1日、札幌D)日本ハムが連敗を4で止め、勝率を5割に戻した。1-1の七回に松本の適時打と中田の犠飛で2点を勝ち越し、八回に中田の2点打など打者一巡で5点を加えた。上沢は1失点の2年ぶりの完投で5勝目。楽天は救援陣が崩れ3連敗。

後で読む
スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 巨人3x―2DeNA(1日・東京ドーム)

後で読む
デイリースポーツ

スペイン1部バルセロナは1日、セビリアとクロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(32)の完全移籍で合意したと発表した。7シーズンぶりの古巣復帰で2024年6月末までの4年契約。バルセロナによると、計1050万ユーロ(約13億3千万円)の移籍金を得るという。現地時間2日午前11時(日本時間同午後6時)から送別イベントとオンラインでの記者会見が行われる。 スイス生まれのラキティッチはスイス1部バーゼル、ドイツ1部シャルケ、セビリアを経て14年夏にバルセロナに入団した。加入1年目には欧州チャンピオンズリーグ決勝のユベントス戦でゴールを決めるなど、バルセロナの5度目の欧州制覇に貢献し、在籍6シーズンで13のタイトルを獲得。公式戦310試合に出場し、36得点40アシストを記録した。

後で読む
スポーツ報知

DeNAがサヨナラ負けを喫し、首位・巨人と6・5ゲーム差に開いた。また、阪神が勝ったためゲーム差なしながら3位に転落した。

後で読む
スポーツ報知

 DeNAの宮崎敏郎内野手(31)が今季63戦目で初めて欠場した。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトは今季2度目のサヨナラ負け。61試合目で自力優勝の可能性が消滅した。

後で読む
スポーツ報知

【セ・リーグ】

後で読む
スポーツ報知

阪神が9回にサンズの決勝ソロで今季初のサヨナラ勝利を収めた。チームは3連勝で2位浮上。13連戦の白星発進に矢野燿大監督(51)も手応えを口にした。以下は一問一答。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスは山本が7回無失点の好投で4勝目。六回に吉田正の2点適時打などで3点を奪い、七回は吉田正の適時二塁打、八回は大城のスクイズで加点した。ソフトバンクの連勝は8で止まり、千賀が七回途中4失点で3敗目。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム-楽天」(1日、札幌ドーム) 日本ハムの中田翔が両リーグ1番乗りで今季70打点を突破した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人3-2DeNA」(1日、東京ドーム) DeNAがサヨナラ負けで3位に転落した。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム8-1楽天」(1日、札幌ドーム) 日本ハム先発の上沢が1失点で9回125球を投げ抜き5勝目を挙げた。2018年6月26日のソフトバンク戦(那覇)で完封して以来となる798日ぶりの完投勝利となった。チームは連敗を4で止め勝率5割に復帰した。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムが連敗を4で止め、勝率を5割に戻した。1-1の七回に松本の適時打と中田の犠飛で2点を勝ち越し、八回に中田の2点打など打者一巡で5点を加えた。上沢は1失点の2年ぶりの完投で5勝目。楽天は救援陣が崩れ3連敗。

後で読む
日刊スポーツ

日本水連は1日、常務理事会を開いて、コロナ禍で開催されなかった5月のアーティスティックスイミング(AS)日本選手権について、11月中旬に行う方向で調整すること…

後で読む
日刊スポーツ

アメリカンフットボールのXリーグが1日、X1エリアのパイレーツが今季公式戦を辞退したと発表した。新型コロナウイルスの影響を受け、現在までにチームとしての活動が…

後で読む
東京スポーツ

「頂上対決」に屈した。ソフトバンクのエース千賀滉大投手(27)が1日のオリックス戦(京セラドーム)に先発。7回途中4失点で3敗目を喫し、チームの連勝が8でストップした。  2週連続となったオリックスの…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー女子プレナスなでしこリーグ1部のマイナビベガルタ仙台レディースは1日、クラブ支援企業で、就職活動サイトなどを運営するマイナビに来年2月1日付で経営権を譲渡することで基本合意したと発表した。

後で読む
東京スポーツ

またも今季初勝利には届かなかった。DeNA・上茶谷大河投手(24)が1日の巨人戦(東京ドーム)で、今季5度目の先発登板に臨み、6回を85球2失点(3安打4四球)。1点ビハインドでリリーフ陣にマウンド…

後で読む
東京スポーツ

〝記録〟づくしの試合だった。5位・広島は1日の中日戦(ナゴヤドーム)に0―5で敗れて3連敗。今季初の零封負けを喫した。先発の九里は今季自身最長の7回2/3、自己最多の142球を投げたが、4敗目(2勝)…

後で読む
東京スポーツ

中日は1日の広島戦(ナゴヤドーム)に5ー0で勝利。先発の大野雄大投手(31)は広島打線をわずか2安打に抑える完璧な内容で球団タイ記録となる5試合連続完投勝利を2試合連続の完封で達成した。  初回から…

後で読む
東京スポーツ

西武が1日のロッテ戦(ZOZOマリン)に9―1と勝利し、3連勝。借金をひとつ減らし5とした。  先発・高橋光が7回1安打無失点の好投、栗山を2番に繰り上げ山川、森、メヒア、スパンジェンバーグ、中村を…

後で読む
スポーツ報知

 男子プロゴルフツアーのフジサンケイクラシックは3日から4日間、山梨・富士桜CC(7566ヤード、パー71)で行われる。1月以来の今季ツアー2戦目で、国内初戦となる大会を前に1日、時松隆光選手会長(2

後で読む
スポーツニッポン

昨年1月に右肘を手術し、17年6月18日の巨人戦以来1171日ぶりの1軍マウンドに先発で上がりながらも、5回7失点で負け投手になった大嶺について、井口監督は「次も先発で行こうかなと思っている」と8日の西武戦でも先発機会を与える意向を明かした。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAは9回にエスコバーが崩れ、今季初のサヨナラ負けを喫した。

後で読む
スポーツニッポン

巨人の吉川尚輝内野手(25)がプロ4年目にして自身初となるサヨナラ打を放ち、チームに今季初の貯金15をもたらした。

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトは阪神にサヨナラ負けを喫し、自力優勝の可能性が消滅した。広島が中日に敗れたため勝てば8月25日以来の5位浮上だったが、最下位脱出はならなかった。

後で読む
スポーツニッポン

ソフトバンクのエース千賀滉大投手(27)が突然の制球難に陥った。オリックスを5回まで2安打5三振1四球無失点ながら、6回に突如、リズムを崩した。

後で読む
デイリースポーツ

【ベルリン共同】サッカーのポルトガル1部リーグのリオアベは1日、FW食野亮太郎(22)がイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーから期限付き移籍で加入すると発表した。契約期間は2シーズンで、完全移籍に移行するオプションが付く。 東京五輪世代の食野は昨年8月、J1G大阪からマンチェスターCに完全移籍。その後、スコットランド・プレミアリーグのハーツへ期限付き移籍した。昨季のリーグでは3得点をマークし、6月に退団が発表されていた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ1-9西武、12回戦、西武8勝4敗、1日、ゾゾマリン)西武が3連勝。三回に栗山の2点適時打と山川の19号3ランで5点を先制し、その後も小刻みに加点した。高橋光は七回1死まで無安打に封じるなど7回を1安打無失点で4勝目。ロッテは3年ぶり登板の大嶺が5回7失点と崩れた。

後で読む
サンケイスポーツ

中日は1日、広島13回戦(ナゴヤドーム)に5-0で勝利した。大野雄大投手(31)が2安打11奪三振で完封。1955年の石川克彦、61年の権藤博、2006年の佐藤充に並ぶ球団記録、左腕に限れば初となる5試合連続完投勝利を達成した。

後で読む
スポーツ報知

大相撲の中村親方(元関脇・嘉風)=尾車=が1日、都内で「APOLLO PROJECT」(アポロ・プロジェクト)の設立会見にリモート参加した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2x-1ヤクルト、13回戦、阪神7勝6敗、1日、甲子園)「喉から手が出るほど勝ちが欲しい」-。40歳のヤクルト・石川はそう決意をにじませる。これまで幾多の困難を乗り越えてきた男は、甲子園のマウンドで懸命に腕を振った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ1-9西武、12回戦、西武8勝4敗、1日、ゾゾマリン)幕張の夜空に、大きなアーチを描いた。三回、2-0とした後の1死二、三塁で迎えた第2打席。西武・山川が19号3ランを放った。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神が今季初のサヨナラ勝ちで、ヤクルトに2-1で競り勝った。チームは3連勝で、貯金を「2」とした。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス5-0ソフトバンク、16回戦、ソフトバンク13勝3敗、1日、京セラ)オリックスは山本が7回無失点の好投で4勝目。六回に吉田正の2点適時打などで3点を奪い、七回は吉田正の適時二塁打、八回は大城のスクイズで加点した。ソフトバンクの連勝は8で止まり、千賀が七回途中4失点で3敗目。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-1ヤクルト」(1日、甲子園球場) 阪神が今季初のサヨナラ勝ちで、3連勝。2位に浮上し、貯金を2とした。試合前には、今季限りで引退を表明した藤川球児投手が、引退会見を開いた。その後、ナインの前で猛ゲキを飛ばした中での一戦。球団レジェンドに捧ぐ1勝にもなった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日5-0広島、13回戦、6勝6敗1分、1日、ナゴヤD)中日の先発・大野雄が11三振を奪い2安打完封。球団タイ記録となる5試合連続の完投、2試合連続の完封で5勝目(3敗)を挙げた。チームの連敗は2でストップ。広島の先発・九里も七回まで2失点と好投したが八回に崩れ、打線も援護できなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日5-0広島、13回戦、6勝6敗1分、1日、ナゴヤD)球団タイ記録となる5試合連続完投勝利の快挙を2安打完封で飾った。中日のエース・大野雄が力強く左腕を振り、その姿勢を示した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人3x-2DeNA、10回戦、巨人7勝3敗、1日、東京D)巨人が接戦を制し、川上哲治氏の「生誕100年記念試合」に花を添えた。先発のエース菅野は7回2/3を4安打2失点で勝敗はつかず。開幕10連勝はお預けとなったが、好投でチームのサヨナラ勝ちへつないだ。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は1日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
スポーツニッポン

優勝した18年全米や19年全豪で見せた工夫や我慢は見られなかった。大坂さんは相手が打った球を打ち返す一本調子のテニスだった。第1サーブ成功率も51%と高くない中、それでも押し切れるのだから相当レベルは高い。特にフォアハンドのパワーが増したように感じる。サーブはトスが少し低く、左右や後方にもズレていたが、打ち方自体は良かった。トスの感覚さえ合えば、この試合で6本だったエースが何倍にも増える可能性…

後で読む
スポーツ報知

オリックスの吉田正尚外野手(27)が、均衡を破る先制の2点適時打を放った。両軍無得点で迎えた6回無死満塁の絶好機。カウント2ボール1ストライクから、千賀の高めに浮いた153キロ直球を鋭いスイングで捉

後で読む
スポーツ報知

楽天・田中和基外野手(26)が「6番・中堅」で出場し、2号先制ソロを放った。

後で読む
スポーツ報知

西武の高橋光成投手(23)が7回1安打無失点の好投で今季4勝目を挙げた。

後で読む
スポーツ報知

阪神が今季初のサヨナラ勝ちを収め、勝負の13連戦は白星スタートとなった。同点の9回、先頭・サンズがイノーアから左中間にサヨナラの13号ソロを放った。

後で読む
スポーツ報知

阪神が今季初のサヨナラ勝ちで2位に浮上した。同点で迎えた9回に先頭・サンズがフルカウントからスライダーを強振。サヨナラの13号ソロが左中間スタンドに吸い込まれた。無類の勝負強さを誇る4番打者は試合後

後で読む
デイリースポーツ

「中日5-0広島」(1日、ナゴヤドーム) 中日・大野雄大投手が、圧巻の2安打完封勝利。球団タイ記録で14年ぶり4人目となる、5試合連続完投で5勝目を飾った。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人3-2DeNA」(1日、東京ドーム) 巨人がサヨナラ勝ち。九回、無死満塁で吉川尚が右前に運び、試合を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

中日の大野雄大が5試合連続完投を2戦続けての完封で飾って5勝目を挙げた。速球と落ちる変化球で寄せ付けず、2安打11奪三振に封じた。打撃でも五回に投ゴロで先取点をもたらした。広島は二塁すら踏めず、今季初の零敗で3連敗。

後で読む
デイリースポーツ

西武が3連勝。三回に栗山の2点適時打と山川の19号3ランで5点を先制し、その後も小刻みに加点した。高橋光成は七回1死まで無安打に封じるなど7回を1安打無失点で4勝目。ロッテは3年ぶり登板の大嶺が5回7失点と崩れた。

後で読む
スポーツニッポン

ポルトガル1部ポルトの日本代表MF中島翔哉(26)が、約3カ月ぶりにチーム練習に合流した。8月31日、クラブが公式ツイッターなどSNSで中島がトップチームで練習する様子を伝えた。

後で読む
東京スポーツ

阪神の高橋遥人投手(24)が1日、ヤクルト戦(甲子園)に先発し、7回3安打1失点の内容だった。キレのある直球にツーシーム、カットボールを織り交ぜ、ヤクルト打線を翻弄。2回は二塁・小幡の失策があったも…

後で読む
スポーツニッポン

2013年創部のカナフレックスが「単打攻撃」で全国最多60回の都市対抗大会出場、4度の優勝を誇る強豪に打ち勝った。放った23安打のうち、22本が単打と確実にボディブローを打ち続け、延長12回タイブレークで振り切った。

後で読む
スポーツニッポン

中日の先発・大野雄が球団記録に並ぶ5試合連続完投勝利を完封で成し遂げ、5勝目を挙げた。

後で読む
スポーツニッポン

大学生のプロ志望届提出者の公示が1日、開始され、全日本大学野球連盟の公式サイトに掲載された。

後で読む
スポーツニッポン

巨人のエース、菅野智之投手(30)がDeNA戦(東京D)に先発登板。2―1と1点リードで迎えた8回に2死走者なしから連続四球を与えて降板し、2番手左腕・中川が同点打を許したため、開幕10連勝と4年連続7度目の2桁勝利達成は持ち越しとなった。

後で読む
スポーツニッポン

阪神が頼れる4番・サンズの一発で、今季初のサヨナラ勝ちを飾った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日-広島、13回戦、1日、ナゴヤD)中日の主砲ビシエドが久しぶりの打点を挙げた。1-0で迎えた六回無死一、三塁。九里が投じた外角低めの変化球を遊ゴロとし、併殺崩れとなる間に三塁走者の平田が生還して追加点となった。ビシエドにとっては8月27日の阪神戦の第1打席に放った適時二塁打以来、19打席ぶりとなった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-ヤクルト、13回戦、1日、甲子園)阪神のサンズが四回1死一塁で左翼線に先制二塁打を放ち、3試合続けて打点を挙げた。連続試合安打も5に伸ばすなど好調の4番は「木浪も出塁してくれたし、かえすことができて良かった」とコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム-楽天、13回戦、1日、札幌D)楽天の辛島は今季初先発し好投したが、四回2死無走者で近藤に1球目を投じた直後に左ふくらはぎがつって降板し、3回2/3で3安打無失点だった。球団によると病院には行かずに治療した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(1日、甲子園球場) 先発した阪神の高橋遥人投手が、1点リードの七回、エスコバーに痛恨の同点打を浴びた。

後で読む
東京スポーツ

来夏に延期となった東京五輪の聖火の一般公開が1日、東京・新宿区の日本オリンピックミュージアムで始まった。  会場に訪れた来場者は展示台に設置された聖火に向かってシャッターを切り、記念写真を収めていた…

後で読む
日刊スポーツ

9月1日の「防災の日」に合わせて、Jリーグの東海地区6クラブによる防災プロジェクト「ソナエル東海」の発表記者会見がオンライン上で開かれた。県勢はJ1清水エスパ…

後で読む
日刊スポーツ

株式会社ベガルタ仙台は1日、マイナビベガルタ仙台レディースの経営権を株式会社マイナビに譲渡すると発表した。同レディースは12年になでしこリーグに参入。マイナビ…

後で読む
日刊スポーツ

C大阪MF西川潤(18)の“成長”が止まらない-。ルヴァン杯準々決勝柏戦(2日、ヤンマー)を前に1日は大阪・舞洲で調整。その後、リモート取材に応じたロティーナ…

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌に“超ビッグ”な高卒ルーキーがやって来る。来季加入が内定している国見FW中島大嘉(3年)が1日、長崎・雲仙市内の同校で行われた会見に出席…

後で読む
サンケイスポーツ

楽天・田中和基外野手(26)が1日、日本ハム戦(札幌ドーム)に「6番・中堅」で先発し、先制2号ソロを放った。

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌は2日ルヴァン杯準々決勝の横浜F・マリノス戦(札幌厚別)に臨む。ミハイロ・ペトロビッチ監督(62)が1日、札幌・宮の沢での前日練習後オン…

後で読む
サンケイスポーツ

かつての盟友も引退を惜しんだ。阪神の矢野監督は現役時代、藤川の試合の締め方にもこだわっていたという。「最後はストレートで三振を取ってくれよという期待があるのでね。分かっていても打たれない魔球。近い将来、伝説に残る投手を受けられたのは僕の誇り」と感慨深げに語った。

後で読む
スポーツ報知

巨人の大城卓三捕手(27)が特大アーチを架けた。

後で読む
デイリースポーツ

2場所ぶりに再入幕の明生は1日、茨城県つくばみらい市の立浪部屋での稽古後、報道陣の電話取材に応じた。四股など基礎運動の他、関取衆と相撲を20番取るなど精力的で「暑いので長々とはできない。一番一番集中して、どんどん稽古していく」と意欲十分に話した。 7月場所は同部屋の豊昇龍、天空海を含む6人での決定戦を制した。負傷していた左上腕の状態は良好という。上位戦の経験もあり「また、あの感触がほしい。こつこつ自分で考え、勉強しながら攻める相撲を取っていきたい」と意気込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲7月場所を右膝負傷で途中休場した横綱白鵬について、本格的な稽古再開の見通しが立っていないことが1日、関係者の話で分かった。治療を最優先にしており、8月には内視鏡による手術を受けたという。調整が遅れ、秋場所(13日初日・両国国技館)の出場が懸念される。 柔軟運動はしているが、四股やすり足を行うまでには至っていないという。史上最多の44度の優勝を誇る白鵬は、4カ月ぶりの再開となった先場で古傷の右膝を痛め、優勝の可能性を残しながら13日目から休場。半月板損傷などで今後約2週間の加療を要する見込みと診断されていた。

後で読む
スポーツ報知

楽天・辛島航投手(29)が今季初先発したが、アクシデントのため、4回途中3安打無失点で緊急降板した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人の監督として9年連続日本一を達成した故川上哲治氏の生誕100年記念試合が1日、行われ、選手、監督、コーチらチーム全員が永久欠番となっている背番号16番のユニホームを着用した。 川上氏の長男の貴光さんも来場した。原監督は巨人の監督通算勝利数2位で、1位の川上氏の1066勝に迫っている。貴光さんは「(川上氏は)その試合でベストを尽くすことを自分に課していた。原監督は勝負の心で戦っている。今が円熟期」と姿を重ね合わせた。(東京ドーム)

後で読む
デイリースポーツ

1日、プロ野球阪神の藤川球児投手(40)が引退記者会見を行った。この日のヤクルト戦で、兵庫県西宮市の甲子園球場を訪れた阪神ファンからは今季限りでの現役引退を惜しむ声が聞かれた。 藤川の背番号「22」のユニホームを着たファンも多かった。神戸市の大学生の男性(22)は「引退はそろそろかな、と覚悟はしていた。おとこ気のある選手。今までありがとうと伝えたい」と感謝を口にした。京都市の会社員太田隆公さん(59)は「藤川が出てきたら抑えてくれる、という安堵感があった。これからもユニホームを着てチームに残ってほしい」と期待を込めた。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ソフトバンク」(1日、京セラドーム大阪) パ・リーグ屈指の好投手、オリックス・山本由伸とソフトバンク・千賀滉大の今季3度目の投げ合いは、先に千賀が失点した。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム-楽天」(1日、札幌ドーム) 楽天・辛島航投手(29)が3回2/3を無失点の好投を見せながら、負傷で降板となった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(1日、東京ドーム) 巨人の大城卓三捕手が6号2ランを放ち、先制した。

後で読む
スポーツニッポン

マンチェスター・シティーのU-23日本代表FW食野亮太郎(22)が、ポルトガル1部リオ・アヴェFCへ期限付き移籍することが決まった。リオ・アヴェFCは昨季リーグ5位。80年代にはモウリーニョ氏も在籍していた。

後で読む
日刊スポーツ

やるぞ、中岡杯! 日本ホッケー協会は1日、東京都、神奈川県の高校ホッケー部を対象として、6日に「2020大井・高等学校ホッケー大会」を開催することを発表した。…

後で読む
日刊スポーツ

トライアスロン女子の上田藍(36=ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター)が1日、世界選手権(5日、ドイツ・ハンブルク)出場のためドイツに出発した…

後で読む
日刊スポーツ

気分転換はリポート!? 陸上女子で今季1500メートルと3000メートルの日本記録を樹立した田中希実(20=豊田自動織機TC)が1日、快進撃を続けた夏の裏話を…

後で読む
日刊スポーツ

2度の4大大会優勝を誇る世界9位の大坂なおみ(22=日清食品)が、全米としては26年ぶりの日本女子対決を制した。同81位の土居美咲(29=ミキハウス)に6-2…

後で読む
サンケイスポーツ

2日のルヴァン杯準々決勝の柏戦を前にロティーナ監督は1日、「ベスト4をかけた、重要な一戦」と位置付けた。

後で読む
東京スポーツ

日本ハムの上沢直之投手(26)が1日、楽天戦(札幌ドーム)に先発し、3回無死二塁で迎えた岡島の打席で、投手強襲の鋭い打球が脇腹付近を通過するハプニングに襲われた 。  上沢は初球に投じた146㌔の直…

後で読む
サンケイスポーツ

イングランド1部マンチェスター・シティ所属のFW食野(めしの)亮太郎(22)がポルトガル1部のリオ・アヴェに期限付き移籍することが1日、決定した。リオ・アヴェは昨季ポルトガル1部5位で、今季は欧州リーグ(EL)の予備予選に出場する。

後で読む
東京スポーツ

阪神の藤川球児投手(40)の今季限りでの引退を受け1日、かつて鉄壁のリリーフトリオ「JFK」を形成し、2005年のリーグ優勝に大きく貢献した久保田智之プロスカウトとジェフ・ウィリアムス駐米スカウトが…

後で読む
東京スポーツ

楽天の辛島航投手(29)にアクシデント発生だ。1日の日本ハム戦(札幌ドーム)に先発した辛島が、4回途中無失点ながら緊急降板した。  4回二死の場面で迎えた近藤の打席で、初球・137キロの直球を投じた…

後で読む
東京スポーツ

巨人の〝打てる捕手〟大城卓三捕手(27)がエース・菅野に最高の援護点をもたらした。  1日のDeNA戦(東京ドーム)は4回表まで両軍1安打無得点の投手戦。均衡を破ったのはエースの女房役・大城だった。…

後で読む
東京スポーツ

【目撃】〝ゴールデン・ココ〟で巻き返しだ。二軍調整中のソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手(36)が心機一転、髪を金色に染めて調整に取り組んでいる。  新天地では打撃不振に陥り、47試合の…

後で読む
スポーツニッポン

巨人の大城卓三捕手(27)がDeNA戦(東京D)で先制の6号ソロ。開幕10連勝を狙うエース、菅野智之投手(30)を強力援護した。

後で読む
スポーツニッポン

楽天の辛島航投手(29)が、今季初先発となった1日の日本ハム戦(札幌ドーム)で負傷降板するアクシデントに見舞われた。4回2死から近藤に1球目を投げた直後だった。違和感を訴えると、足を引きずるような様子でベンチに下がった。そのまま交代が告げられ、3回2/3で52球を投げて3安打無失点で降板となった。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテ・大嶺が17年6月18日の巨人戦で中継ぎ登板して以来1171日ぶりの1軍マウンドに先発で上がった。3回に山川の3ランを浴びるなど、5回7失点で降板したが、初回には150キロを計測した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー女子プレナスなでしこリーグ1部のマイナビ仙台は1日、クラブを支援してきた、就職活動サイトなどを運営するマイナビに来年2月1日付で経営権を譲渡することで基本合意したと発表した。マイナビ仙台はJ1仙台の女子チームで、新型コロナウイルス禍によるクラブ経営状況の悪化が理由。 マイナビ仙台は来年9月に開幕するプロリーグ「WEリーグ」への参入を申請している。オンラインでの記者会見で、仙台の菊池秀逸社長は「経営は来季も前途多難で、経営資源の全てを男子トップチームに注がざるを得ない」と述べた。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー・イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティに所属する食野亮太郎(22)がポルトガル1部のリオ・アヴェFCに2シーズンの期限付き移籍することが1日、発表された。 リオ・アヴェFCの公式ウェブサイトには漢字表記された食野の名前とともに契約が伝えられている。

後で読む
東京スポーツ

大器が新たな一歩を踏み出した。J1札幌への入団が内定した長崎・国見高校のFW中島大嘉(3年)が1日、同校で会見を行い「これからも感謝の気持ちを忘れずに、プレーでも言葉でも示していきたい」と意気込みを…

後で読む
スポーツ報知

日本ボクシングコミッション(JBC)は1日、都内の日本プロボクシング協会加盟ジムで関係者8人が新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたことを明らかにした。クラスター(感染者集団)が発生

後で読む
スポーツ報知

右足首痛でリーグ戦3試合を欠場している神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)が、2日のルヴァン杯準々決勝・川崎戦(ノエスタ)で復帰する可能性が1日、高まった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人-DeNA、10回戦、1日、東京D)巨人の監督として9年連続日本一を達成した故川上哲治氏の生誕100年記念試合として行われ、選手、監督、コーチらチーム全員が永久欠番となっている背番号16番のユニホームを着用した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(1日、甲子園球場) 阪神がジェリー・サンズ外野手の適時二塁打で先制した。

後で読む
サンケイスポーツ

元ラグビー日本代表主将の広瀬俊朗氏(38)が1日、都内で行われた「一般社団法人 APOLLO PROJECT」設立の記者会見に出席した。アスリートのセカンドキャリアなどを支援する団体で、広瀬氏は専務理事を務める。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー女子プレナスなでしこリーグ1部のマイナビ仙台は1日、クラブを支援してきた、就職活動サイトなどを運営するマイナビに来年2月1日付で経営権を譲渡することで基本合意したと発表した。マイナビ仙台はJ1仙台の女子チームで、新型コロナウイルス禍によるクラブ経営状況の悪化が理由。

後で読む
サンケイスポーツ

1日、プロ野球阪神の藤川球児投手(40)が引退記者会見を行った。この日のヤクルト戦で、兵庫県西宮市の甲子園球場を訪れた阪神ファンからは今季限りでの現役引退を惜しむ声が聞かれた。

後で読む
サンケイスポーツ

西武・山川穂高内野手(28)が1日、ロッテ12回戦(ZOZOマリン)に「4番・DH」で先発出場。三回に19号3ランを放った。

後で読む
スポーツニッポン

バドミントン日本代表の合宿が1日、東京都の味の素ナショナルトレーニングセンターで始まり、今年1月に遠征先マレーシアでの交通事故で負傷し、手術を行った男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)が途中離脱した2月の合宿以来7カ月ぶりに代表活動に復帰した。くしくも、この日は26歳の誕生日。歳を一つ重ね、新たなスタートを切った。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの助っ人右腕2人が、後半戦へ向けて気合いの入った姿を見せた。この日の楽天戦(札幌D)の試合前練習に、ニック・マルティネス投手(30)、ドリュー・バーヘイゲン投手(29)がそろってスッキリとし

後で読む
スポーツ報知

中日・小笠原慎之介投手(22)が、2日の広島戦(ナゴヤドーム)で今季4度目の先発マウンドを踏む。8月に1軍昇格し、ここまで1勝2敗、防御率5・06。前回登板した8月25日の阪神戦(甲子園)では制球に

後で読む
スポーツ報知

西武の山川穂高内野手(28)が19号3ランを放った。

後で読む
スポーツ報知

西武の栗山巧外野手(36)が4シーズンぶりの2番起用で先制適時打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

1日、プロ野球阪神の藤川球児投手が兵庫県西宮市内で引退記者会見を行った。今季限りで22年間の現役生活にピリオドを打つ。 挫折、故障を乗り越え、球界を代表するストッパーに成長した。「家族」と呼ぶ熱狂的なファンの時に厳しい声にも耐え、腕を懸命に振った。米球界に挑戦。独立リーグにも在籍した。自分の歩みを振り返り「前向きであり続けてきたことが良かった」と感極まった。

後で読む
東京スポーツ

巻き返しへの手を打った。借金6で前半戦を終えた2連敗中の5位・広島が1日の中日戦(ナゴヤドーム)でスタメンに投手の九里を含む9人全員を右打者にした。 「5番・一塁」に堂林を据え「6番・三塁」にはこの…

後で読む
東京スポーツ

阪神・矢野燿大監督(51)が1日、今季限りでの現役引退を表明した藤川球児投手(40)について、取材に応じた。  指揮官は引退を伝え聞いた際の心境を「複雑、寂しいという部分もあった。(自分が)一番組ん…

後で読む
スポーツニッポン

「JFKトリオ」としてともにかつての阪神のブルペン陣を支えたジェフ・ウィリアムス阪神駐米スカウト、久保田智之プロスカウトが代理取材に応じ、藤川の引退に関してメッセージを送った。

後で読む
スポーツニッポン

独立リーグのルートインBCリーグ・栃木は1日、西岡剛内野手(36)との契約を更新したと発表した。2日の茨城戦(小山)から出場可能となる。昨季は栃木でプレーしてNPB復帰を目指していたが、声は掛からず。今季は栃木との契約をここまで更新せず、2月には古巣ロッテの石垣島キャンプへ練習補助員として参加していた。

後で読む
スポーツニッポン

プロ野球のファームは1日、イースタン、ウエスタン両リーグでナイターを含めて計5試合が行われた。

後で読む
デイリースポーツ

読売巨人軍と読売巨人軍選手会は1日、川上哲治さんの出身地である熊本県人吉市に災害義援金200万円を寄付したと発表した。 発災直後にオレンジタオル等6000枚を寄贈。今回の「川上哲治生誕100年記念試合」に合わせて、チャリティーオークション売上金など100万円と、選手会からの寄付金100万円を合わせ、計200万円を災害義援金として同市に贈った。

後で読む
東京スポーツ

日本身体障害者アーチェリー連盟は1日、株式会社エスエスケイ(SSK)とオフィシャルサプライヤー契約を締結。男女日本代表の公式ゲームシャツをデンマークのスポーツブランド「hummel(ヒュンメル)」に…

後で読む
東京スポーツ

【東スポ60周年記念企画 フラッシュバック(21)】1997年7月12日。元プロレスラー・アニマル浜口氏の長女、浜口京子がフランス・クレルモンフェランで行われた世界選手権75キロ級で初優勝した。本来は…

後で読む
サンケイスポーツ

西武は1日、ロッテ12回戦(ZOZOマリン)で今季3度目の3連勝を狙う。スタメンは以下の通り。栗山が2016年9月25日のソフトバンク戦以来、4年ぶりの2番に入った。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシングで世界3階級制覇した八重樫東(37)が1日、オンラインで記者会見し、現役引退を表明した。「決して体力の限界を感じたわけではないが、自分一人で現役を続けることはできない。(大橋秀行)会長に『もういいのでは』と言われて受け入れた」と説明した。今後は大橋ジムでトレーナーを務める。 岩手県出身の八重樫は拓大を経て2005年3月にプロデビュー。11年に世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級、13年に世界ボクシング評議会(WBC)フライ級、15年に国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級で王座奪取に成功。日本選手3人目(当時)となる3階級制覇を果たした。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは1日、2日の予告先発投手を発表した。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシングの元世界3階級制覇王者の八重樫東(37)が1日、オンライン上で会見を開き、この日で引退することを発表した。今後は現在手がけている飲食店などの事業、評論家、タレントのほか、大橋ジムのトレーナーとしても活動していく。 “激闘王”と呼ばれた不屈の男が、04年9月1日に大橋ジム入りしてからちょうど16年がたった日、ボクサー生活にピリオドを打った。昨年12月にIBF世界フライ級王者モルティ・ムザラネ(南アフリカ)に敗れたのが最後の試合となった八重樫。引退の考えを固めたのは今年の2月25日だった。「体力に限界を感じた訳ではない」と話しながらも、所属ジムの大橋会長、松本トレーナーとともにキャリアを築いてきたことで「自分一人で現役を続けることはできない」と考え、大橋会長に「やる気はありますが、チャンスがないのなら引退しようと思っています」と伝えたところ、「もういいんじゃないか」と言われ、受け入れたと説明した。

後で読む
日刊スポーツ

J1清水エスパルスから期限付き移籍で加入のFW鄭大世(36)が、J2アルビレックス新潟でのデビューに向け調整を進めている。全体練習終了後には、DF荻原拓也(2…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は1日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
日刊スポーツ

J2新潟FWファビオ(23)のコンディションが上がってきた。チームは1日、聖籠町で2日のホーム長崎戦へ向け最終調整、ファビオは10対10のボール回しで軽快な動…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド31日(日本時間1日)発】WWEのロウ大会が開催され、〝女帝〟ことロウ女子王者アスカ(38=華名)への挑戦候補者が一気に倍増。〝女帝包囲網〟が完成した。  前夜のPPV大会「ペイ…

後で読む
日刊スポーツ

J1仙台は1日、仙台市内で約2時間の練習を行った。5日にホームで行われるG大阪戦(午後6時30分開始)ヘ向け、大阪出身で現在4試合連続で先発フル出場中のDF浜…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神の藤川球児投手が引退会見した1日、プロ野球界では「火の玉」と称されたストレートで鮮烈な記憶を残した40歳の剛腕投手をねぎらう声が広がった。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド31日(日本時間1日)発】WWEのロウ大会メインでWWE王座挑戦者決定トリプルスレッド戦が行われ〝毒蛇〟ランディ・オートン(40)が勝利。次回PPV大会「クラッシュ・オブ・チャン…

後で読む
日刊スポーツ

FC東京の長谷川健太監督がルヴァン杯準々決勝・名古屋戦の勝利のカギに先制点を挙げた。名古屋には8月15日にリーグ戦で1-0で勝利したばかり。ただ指揮官は「前回…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド30日(日本時間31日)発】WWEロウ大会で忍者軍団を率いる24/7王者・戸澤陽(35)が怨敵Rトゥルースの術中にはまって24日「サマースラム」で奪った王座から陥落した。   戸…

後で読む
サンケイスポーツ

巨人は1日、7月の豪雨で被害に遭った熊本県人吉市に義援金200万円を寄付したと発表した。人吉市は、監督として9年連続日本一に導いた故川上哲治氏の出身地で、今年は生誕100年に当たる。

後で読む
東京スポーツ

8月29日に行われた大日本プロレス横浜文化体育館ラスト興行2連戦初日、「Last BUNTAI at BJW」メインのBJW認定デスマッチヘビー級選手権で、〝デスマッチドラゴン〟伊東竜二(44)を破…

後で読む
東京スポーツ

8月29日に行われた大日本プロレス横浜文化体育館ラスト興行2連戦初日、「Last BUNTAI at BJW」で行われたBJW認定世界ストロングヘビー級選手権で、ストロングハーツ・入江茂弘(32)の…

後で読む
スポーツ報知

【DeNAスタメン】

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲秋場所」(9月13日初日、東京・両国国技館) 新入幕を果たした元横綱朝青龍のおい、豊昇龍(21)=立浪=が1日、兄弟子の明生らと相撲を5番取るなど調整した。朝稽古後、電話での代表取材に応じ、「番付発表の次の、初の稽古なので軽くトレーニングしたり軽く相撲を取ったりした」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

北京五輪競泳メダリストでスポーツキャスター、タレントとしても活躍する宮下純一(36)に1日、第2子となる長男が誕生した。3078グラム。母子ともに健康。所属事務所が発表した。 宮下は16年11月1日に一般女性(38)と結婚。17年7月24日に第1子長女が誕生している。

後で読む
デイリースポーツ

バドミントンの日本ユニシスは1日、女子ダブルスで16年リオデジャネイロ五輪で五輪金メダルを獲得し、現役引退した高橋礼華さん(30)が8月31日に退社したことを公式ホームページで発表した。 松友美佐紀(28)との“タカマツペア”として、日本バドミントン界初の五輪金メダルを獲得するなど、数々の偉業を達成してきたが、先月19日に現役引退すると記者会見で発表していた。公式ホームページには「たくさんの方に応援いただき、とても幸せな現役生活だった」と感謝をつづった。

後で読む
デイリースポーツ

J1浦和の立花洋一代表は1日、8月31日まで実施したクラウドファンディング(CF)を終えて公式ホームページにコメントを掲載。「今回ご支援いただきましたみなさま、そしてクラブを気にかけ、温かいお言葉をかけていただいたすべてのみなさまへ、浦和レッズを代表して感謝の気持ちをお伝えいたします」とお礼の言葉を掲載した。 新型コロナウイルスの影響での収入減は各クラブに大きな打撃を与えている。このため、浦和では6月20日にCFを立ち上げた。設定した目標金額1億円は7月7日に到達。8月31日の終了時点で7778人が支援、支援額は1億2642万9678に達した。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲の元横綱朝青龍のおいで、21歳のホープ豊昇龍が1日、報道陣の電話取材に応じ、新入幕で臨む秋場所(13日初日・両国国技館)に向けて心境を語った。この日は、茨城県つくばみらい市の立浪部屋で再入幕の明生らと15番ほど取ったという。腰痛が持病だけに「番付発表後、初の稽古なので軽めにやった」と慎重に調整している。 激しい取り口が持ち味で「まわしを取っても突き放しても、相手に動き負けない相撲を取りたい」と理想を口にする。

後で読む
日刊スポーツ

レッズ秋山翔吾外野手(32)が31日(日本時間9月1日)、本拠地カージナルス戦に7番中堅で出場し、3打数無安打だった。第1打席は、中前へ抜けそうな打球を二塁手…

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキースの右腕ミゲル・ヤフレ(22)がレイズ戦でデビューし、メジャー史上初めて背番号89をつけて出場した選手となった。MLB公式サイトによると、これで公式戦…

後で読む
スポーツ報知

【ヤクルトスタメン】

後で読む
スポーツ報知

2日のソフトバンク戦に先発するオリックス・田嶋大樹投手(24)が1日、8試合ぶりの勝利に向けて鷹斬りを意気込んだ。

後で読む
スポーツ報知

中日の中継ぎ右腕・又吉克樹投手(29)が1日、出場選手登録された。又吉は今季、3試合に登板(計2回1/3)して0勝0敗、防御率0・00。しかし、開幕1週間後の6月26日・広島戦(ナゴヤドーム)で左脇

後で読む
スポーツ報知

阪神・藤川球児投手(40)の現役引退を受け、2000年代に藤川(F)と鉄壁の救援トリオ「JFK」を形成したジェフ・ウィリアムス氏(48=J)、久保田智之氏(39=K)がコメントを発表した。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの上原健太投手(26)が今季初先発に平常心で挑む。2日の楽天戦(札幌ドーム)で、19年8月30日以来、1年ぶりの1軍登板。「こうやってもらえたチャンスをしっかりものにしたい。できることを、ど

後で読む
東京スポーツ

ボクシングの元世界3階級制覇王者の八重樫東(37=大橋)が1日にオンライン会見を行い、現役引退を発表した。  2004年9月1日にジムに入門したのに合わせて行われた会見で八重樫は「本日をもって引退し…

後で読む
デイリースポーツ

香川高野連は1日、秋季県大会の組み合わせ抽選会を行った。大会は来月19日に開幕し、10月11日に決勝を行う予定。上位3校が10月の四国大会に出場する。 夏の代替大会決勝で惜しくも敗れた高松商は初戦で坂出商と対戦が決定。新主将の山崎悠矢捕手(2年)は「うちは力がないので1人1人が役割を果たしていく。チームワークはいいと思う」と、総力戦での勝利を誓った。坂出商とは先月30日に練習試合を行ったばかりで、主力が対戦した第1試合は10-10で引き分けたという。

後で読む
デイリースポーツ

香川県高野連は1日、丸亀市内でキャプテン研修会を開催。夏の代替大会で優勝した尽誠学園の前主将・菊地柚内野手(3年)が、36チーム37校の新主将への講演を行った。 菊地は自らの高校野球生活を振り返りながら、出場が決まっていた春のセンバツ、そして最大の目標だった夏の甲子園が中止となる中でチームをまとめてきた経験談を披露。講演の最後には新主将たちへ「自分たちの可能性を信じ、心の底からワクワクしてください。そしてキャプテンがチームで一番努力をしてください」と、語りかけた。

後で読む
デイリースポーツ

全日本大学野球連盟が1日、連盟ホームページでプロ入り希望の大学生に義務付けられている「プロ志望届」の提出者の掲載を開始した。この日は八戸学院大の3選手が公示。提出は10月12日に締め切られる。 八戸学院大からは右腕の大道温貴投手(4年・春日部共栄)と左腕・中道佑哉投手(4年・八戸学院野辺地西)のWエースがそろってプロ入りへ挑戦することになる。野手ではヤクルト6位・武岡龍世の兄である大聖内野手(4年・生光学園)も提出。兄弟そろってプロ入りとなるか注目される。

後で読む
デイリースポーツ

阪神の藤川球児投手が引退会見した1日、プロ野球界では「火の玉」と称されたストレートで鮮烈な記憶を残した40歳の剛腕投手をねぎらう声が広がった。 昨季まで阪神に在籍したロッテの鳥谷敬内野手は1学年上の藤川とともにチームを支えた。「本当にお疲れさまでした。マウンドでの投げている姿で、タイガースにいい影響を与え続けてこられた方」と述懐。残るシーズンで「投げている姿を見たいと思っているし、多くの人に見てもらいたい」などとロッテ球団を通じてコメントした。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー部で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した天理大は1日、ラグビー部寮への入所を2日から開始すると報告した。同部からは8月27日までに部…

後で読む
日刊スポーツ

男子マラソンの川内優輝(33=あいおいニッセイ同和損保)が1日、自身のツイッターを更新し、実業団連合への登録を済ませたことを報告した。「無事に本登録が完了した…

後で読む
スポーツニッポン

DeNAの宮崎敏郎内野手が2試合連続で先発メンバーを外れた。ラミレス監督は「今日から13連戦ということで無理せずに。きょう1日休めば大丈夫だと思う」と話した。宮崎は試合前練習やシートノックには参加した。

後で読む
スポーツニッポン

 8月31日に今季限りでの現役引退を球団が発表した藤川球児投手(40)が1日、兵庫県西宮市内で会見にのぞんだ。以下は一問一答((4)から続く)。

後で読む
スポーツニッポン

8月31日に今季限りでの現役引退を球団が発表した藤川球児投手(40)が1日、兵庫県西宮市内で会見にのぞんだ。以下は一問一答((5)から続く)。

後で読む
スポーツニッポン

元巨人のエースで、昨年西武に移籍した通算133左腕の内海哲也投手が、あす2日のロッテ戦(ZOZOマリン)に先発する。

後で読む
スポーツニッポン

左脇腹を痛めていた中日の又吉克樹投手(29)が1日、1軍に再昇格。ナゴヤドームでの試合前練習に参加し「結果を出すのはもちろんですが、ケガなどで再び離脱することなく、シーズン最後までこのまま1軍にいられるようにしたいです」とコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグの東海地区6クラブ(J1清水、名古屋、J2磐田、J3藤枝、沼津、岐阜)は「防災の日」である1日、南海トラフ地震などの災害に対応する社会連携活動として「ソナエル東海」プロジェクトを発足したと発表した。 公式LINE(ライン)を開設し、6クラブのサポーターを中心に災害発生時の情報や防災知識を届ける。防災グッズの販売など各クラブ独自の活動も始める。元名古屋GKの楢崎正剛クラブスペシャルフェローは「日ごろから備えることが命を守ることにつながる。みんなで災害に備えましょう」とした。

後で読む
東京スポーツ

J1清水、J1名古屋、J2磐田、J3藤枝、J3沼津、J3岐阜の東海地区6クラブが1日、Jリーグが推進する社会連携活動の一つである防災をテーマにした新プロジェクト「ソナエル東海」の発足を発表した。  …

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは1日、マリーンズオンラインストアで、2005年誠ユニホームのレプリカの受注販売を開始した。

後で読む
サンケイスポーツ

万感の思いとは、ああした涙をいうのだろう。8月29日、無観客の東京辰巳国際水泳場で開催された競泳の東京都特別大会。およそ1年7カ月ぶりにレースに戻った池江璃花子が、50メートルを泳ぎ切った後の涙である。

後で読む
スポーツ報知

バドミントン実業団の日本ユニシスは1日、16年リオ五輪女子ダブルス金メダリストで、先月末で現役引退した高橋礼華さんが退社したことを発表した。高橋礼さんはチームの公式サイト上で「これまでたくさんの方に

後で読む
スポーツ報知

8月12日以降、寮生活を送っていたラグビー部員60人の新型コロナウイルス集団感染が確認されている天理大は1日、公式ホームページで現状報告などを行った。

後で読む
スポーツ報知

日本ボクシングコミッション(JBC)は1日、都内の日本プロボクシング協会加盟ジムで関係者8人が新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたことを明らかにした。

後で読む
スポーツ報知

2010年を最後に箱根駅伝出場から遠ざかっている亜大に、復活の切り札として、ケニア出身のパトリック・ムワカ新コーチ(27)が1日、就任した。今年の4月まで実業団の愛三工業に所属していたムワカコーチは

後で読む
スポーツ報知

バドミントンの日本代表は1日、都内の味の素トレセンで合宿を開始した。この日、26歳の誕生日を迎えた男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)も参加。今年1月の交通事故で負った右眼窩底骨折

後で読む
スポーツ報知

競泳の08年北京五輪メドレーリレー銅メダリストで、スポーツキャスターの宮下純一(36)が、1日に第2子となる長男が誕生したことを同日、所属事務所を通じて発表した。長男の体重は3078グラムで、母子共

後で読む
サンケイスポーツ

中日・又吉克樹投手(29)が1日、1軍に昇格した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は1日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

テニスの四大大会、全米オープンが31日(日本時間1日)、米ニューヨークで開幕。女子シングルスで2018年覇者の第4シード、大坂なおみ(22)=日清食品=は1回戦で、世界ランキング81位の土居美咲(29)=ミキハウス=と対戦。6-2、5-7、6-2のセットカウント2-1で勝利し2回戦へ進出した。

後で読む
サンケイスポーツ

テニス・全米オープン第1日(8月31日=日本時間9月1日、ニューヨーク)世界ランキング1位のジョコビッチは1セットも失わず、2年ぶりの優勝へ好発進。勝利後に恒例としている胸の前から両手を突き出す感謝のポーズを無観客のスタンドに向かって行った。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・矢野燿大監督(51)が1日、今シーズン限りの現役引退を表明した藤川球児投手(40)について言及した。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトは1日、ガブリエル・イノーア投手(27)、中山翔太外野手(23)、塩見泰隆外野手(27)を出場選手登録した。

後で読む
サンケイスポーツ

右手骨折からの復帰を目指す阪神の糸原が1日、ウエスタン・リーグの広島戦(鳴尾浜)で「2番・二塁」の先発で実戦復帰した。第2打席に右前打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表の森保一監督が1日、オンラインで取材に応じ、フランス1部リーグのマルセイユに加入した長友佑都について「レベルの高い所属先が見つかって良かった。欧州チャンピオンズリーグも戦う。素晴らしい環境だ」と喜んだ。 昨季まで所属したトルコのガラタサライで長友は外国人枠の関係で選手登録を外れ、出番を失っていた。退団後、33歳ながら強豪から声が掛かり「彼の能力、実績が評価された。レギュラーを取ってほしい」と話した。

後で読む
スポーツ報知

プロ野球は1日から後半戦に入る。セは巨人が独走し、パは混戦状態。12球団の番記者が、前半戦のMVPを紹介する。

後で読む
スポーツ報知

プロ野球は1日から後半戦に入る。セは巨人が独走し、パは混戦状態。12球団の番記者が、後半戦に期待する選手を紹介する。

後で読む
スポーツ報知

プロ野球は1日から後半戦に入る。セは巨人が独走し、パは混戦状態。12球団の番記者が、前半戦のMVPを紹介する。

後で読む
スポーツ報知

プロ野球は1日から後半戦に入る。セは巨人が独走し、パは混戦状態。12球団の番記者が、後半戦に期待する選手を紹介する。

後で読む
スポーツ報知

プロ野球は1日から後半戦に入る。セは巨人が独走し、パは混戦状態。12球団の番記者が、後半戦に期待する選手を紹介する。

後で読む
スポーツ報知

日本代表と東京五輪代表を兼任する森保一監督(52)が1日、オンラインで取材に応じ、フランス1部マルセイユに移籍が決まった日本代表DF長友佑都(33)にエールを送った。1日未明に移籍が発表された長友に

後で読む
デイリースポーツ

DeNA・ラミレス監督が今季限りで現役を引退する阪神・藤川にねぎらいの言葉を送った。 現役時代に幾度となく対戦し、対戦打率は・347。藤川から最も多い17安打を放っている指揮官。「クローザーとして対戦した選手ではベストの投手だったと思う」とし「クローザーの時期に(打者と)今日はどう対戦するかプランを持ってマウンドに上がっていたのが印象的。対戦するのは僕にとってもチャレンジだった」と振り返った。

後で読む
スポーツニッポン

阪神の俊介外野手(33)が1日、今季初めて1軍登録された。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテは1日から13日までマリーンズオンラインストアで05年誠ユニホームのレプリカユニホームを受注販売を行うことを発表した。

後で読む
スポーツニッポン

 8月31日に今季限りでの現役引退を球団が発表した藤川球児投手(40)が1日、兵庫県西宮市内で会見にのぞんだ。以下は一問一答((2)から続く)。

後で読む
スポーツニッポン

◇出場選手登録公示

後で読む
スポーツニッポン

阪神の矢野燿大監督(51)が1日、ヤクルト戦の試合前練習後に報道陣の取材に応じ、今季限りでの現役引退を表明した藤川について、言及した。

後で読む
東京スポーツ

日本代表と東京五輪代表を兼務する森保一監督(52)が1日にオンラインで取材に応じ、欧州組の若手に〝個人タイトル奪取指令〟を出した。  近年は欧州でプレーする日本人選手の若手が急増し、MF久保建英(1…

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りでの現役引退を発表した阪神・藤川球児投手(40)と同級生で、阪神時代にはともに2005年のリーグ優勝に貢献したオリックス・杉山直久1軍マネジャー(39)が1日、戦友の決断に思いを口にした。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天・三木肇監督(43)にとって、日本ハム戦は特別な感情が湧く。2008年に日本ハムで現役を終えた後もチームにとどまり、翌年から13年まで1、2軍で内野守備コーチなどを務めた。

後で読む
サンケイスポーツ

東都大学野球連盟は1日、秋季リーグ戦1部を22日に開幕する日程を発表した。原則1日3試合で5週にわたり神宮球場で行う。3試合日の開始時間は午前9時。15日開幕で準備を進めていたが再調整した。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽DeNA 百瀬大騎内野手 ▽阪神 俊介外野手 ▽広島 メヒア内野手 ▽中日 又吉克樹投手 ▽ヤクルト イノーア投手、中山翔太外野手、塩見泰隆外野手

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽西武 十亀剣投手 ▽楽天 辛島航投手 ▽ロッテ 大嶺祐太投手 ▽日本ハム マルティネス投手 ▽オリックス 飯田優也投手

後で読む
デイリースポーツ

阪神の矢野燿大監督(51)が1日、今季限りでの現役引退を発表した阪神・藤川球児投手(40)をねぎらった。 2日前に報告を受けたことを明かし、話もしたという。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・俊介が1日、今季初めて1軍に昇格した。 キャンプから2軍暮らしが続いたが、ウエスタン・リーグでは好調をキープ。26試合出場で打率・309の成績を残している。

後で読む
サンケイスポーツ

日本選手対決でやりにくさが見えた。大坂のバックにボールを集める土居の作戦でフルセットの熱戦となったが、大坂のネットプレーの精度も良く、最後は大坂の踏ん張り勝ちだった。

後で読む
スポーツニッポン

日本ユニシスは1日、8月31日をもってバドミントン女子ダブルスで16年リオデジャネイロ五輪金メダリストで現役引退した高橋礼華さん(30)が退職したことを発表した。09年4月に同社に入社し、高校時代から組む松友美佐紀(28)と“タカマツ”ペアとして活躍。同社は「高橋選手の新たなステージでの活躍を祈念いたします」とした。

後で読む
スポーツニッポン

日本ユニシスは1日、8月31日をもってバドミントン女子ダブルスで16年リオデジャネイロ五輪金メダリストで現役引退した高橋礼華さん(30)が退職したことを発表した。09年4月に同社に入社し、高校時代から組む松友美佐紀(28)と“タカマツ”ペアとして活躍。同社は「高橋選手の新たなステージでの活躍を祈念いたします」とした。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルスの感染者がチーム内に出ていたラグビー・トップリーグのNTTドコモが1日、2日から練習を再開すると発表した。7月30日から活動を休止していた。これまで、選手1人が感染したと明らかにしていた。

後で読む
スポーツ報知

巨人のエンジェル・サンチェス投手(30)が1日、1軍に合流した。東京ドームで行われた試合前練習に参加。キャッチボールや短距離ダッシュなどで調整した。2日のDeNA戦(東京D)で先発する可能性が高く、

後で読む
デイリースポーツ

米プロバスケットボールNBAのプレーオフは8月31日、フロリダ州オーランド近郊で行われ、東カンファレンス準決勝では、ヒートがバックスとの第1戦を115-104で制し、先勝した。 西カンファレンス1回戦ではサンダーがロケッツに104-100で競り勝ち、3勝3敗とした。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

北米プロアイスホッケーNHLのプレーオフは8月31日、カナダのトロントとエドモントンで東西カンファレンスの準決勝(7回戦制)2試合が行われ、東ではライトニングがブルーインズに3-2で競り勝ち、4勝1敗で決勝に進出した。 西はアバランチがスターズを6-3で下し、2勝3敗とした。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

ハンドボールの日本リーグが開幕し、女子のイズミメイプルレッズ(広島市)は9月5日、広島市のコジマホールディングス中区スポーツセンターでHC名古屋との今季初戦を迎える。 今季は日本代表の堀川真奈(26)が新主将となり、新たに3選手が加入した。日本代表GKの板野陽(27)も故障から復帰した。コロナ自粛期間中は全体練習が中止となり、各自が個人練習に励む一方、親会社のイズミ各店では学校の休校に伴い、パート不足が深刻化。選手も店舗に出て業務を手伝った。

後で読む
デイリースポーツ

パラリンピックの人気競技、車いすバスケットボールの出場資格問題で、来夏の東京大会に出場するカナダやドイツなど10カ国の選手が8月31日、国際パラリンピック委員会(IPC)に一部選手の資格回復を求める声明を発表した。 2012年ロンドン大会でカナダを金メダルに導いたボー・ヘッジズが代表者となり、障害クラス分けの見直しで出場資格を失った選手への対応に「基本的権利に反している」と再考を訴えた。

後で読む
スポーツ報知

―22年間、タイガースで777試合の登板。どんな野球人生か

後で読む
スポーツ報知

―周囲に相談はした方は

後で読む
スポーツ報知

阪神・矢野燿大監督(51)が1日、藤川球児投手(40)の現役引退を受け、逆転優勝への思いを新たにした。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは1日、今月13日までマリーンズオンラインストアにて「2005年誠ユニホーム」のレプリカユニホームを受注販売すると発表した。 「誠ユニホーム」はマリーンズが日本一に輝いた2005年シーズンにおいてホームユニホームの1つとして着用し、10月2日から4日の西武戦(ZOZOマリンスタジアム)では選手の着用も予定している。

後で読む
デイリースポーツ

広島のアレハンドロ・メヒア内野手(27)が1日、1軍に合流、出場選手登録された。メヒアはウエスタン・リーグでは17試合に出場。1本塁打4打点、打率は・245をマークしている。なお、代わって野間が8月31日に出場選手登録を抹消されている。 ロッテは17年以来3年ぶりに登板する大嶺祐太投手を登録した。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグ(TL)のNTTドコモは1日、2日からチーム活動を再開すると発表した。チーム内で新型コロナウイルスの感染者が出たため、7月30日以降は活…

後で読む
日刊スポーツ

土居美咲(29=ミキハウス)は大坂なおみ(22=日清食品)から第2セットを奪ったが、最終セットで息切れし、全米で2015年大会以来の白星を逃した。「第3セット…

後で読む
東京スポーツ

【多事蹴論(6)】Jリーグで「史上最強の助っ人」と称されるのは元ブラジル代表MFビスマルクだ。プロサッカーのJリーグが創設された1993年シーズン途中にヴェルディ川崎(現東京V)に加入すると、堅実なプ…

後で読む
東京スポーツ

阪神・藤川球児投手が1日、兵庫・西宮市内で引退会見を行い、タテジマへの愛着とファンへの感謝の言葉を並べた。  今季ここまで右肩のコンディション不良に悩まされ、本来の力を出せずに苦しんでいた火の玉守護…

後で読む
スポーツ報知

 男子プロゴルフツアーのフジサンケイクラシックは3日から4日間、山梨・富士桜CC(7566ヤード、パー71)で行われる。1月以来の今季ツアー2戦目で、国内初戦となる大会は1日、予選ラウンド2日間の組み

後で読む
スポーツニッポン

オリックスからトレードで阪神に移籍した小林慶祐投手(27)が移籍後初登板も、手痛い一発を浴びた。

後で読む
スポーツニッポン

8月31日に今季限りでの現役引退を球団が発表した藤川球児投手(40)が1日、兵庫県西宮市内で会見にのぞんだ。以下は一問一答((1)から続く)。

後で読む
スポーツニッポン

開幕から9連勝中の菅野(巨)は3戦連続2桁安打中のDeNAと対戦する。開幕10連勝となれば巨人ではスタルヒン(2度)、藤本英雄、堀内恒夫に次いで4人目となる。

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が1日、自身のブログを更新。ヤクルトの19年目左腕・石川雅規投手(40)へ向けて「きょうかったら~おごっちゃうぞ!」と約束した。

後で読む
東京スポーツ

J1柏は1日、DF高橋祐治(27)が、右膝前十字靭帯断裂、右膝内側側副靭帯損傷、右膝外側半月板後節損傷で、全治約8~9か月と診断されたことを発表した。  女優の高橋メアリージュン(32)、高橋ユウ(…

後で読む
東京スポーツ

J1FC東京の長谷川健太監督(54)が8月の戦いぶりを振り返った。  チームは真夏の8月に7試合を消化。MF橋本拳人(27)がロシア1部ロストフに、DF室屋成(26)がドイツ2部ハノーバーに移籍した…

後で読む
東京スポーツ

日本代表と東京五輪代表を兼務する森保一監督(52)が1日、オンラインで取材に応じ、フランス1部マルセイユに入団したDF長友佑都(33)について語った。  長友は昨季まで所属したガラタサライで今年に入…

後で読む
サンケイスポーツ

ボクシングで世界3階級制覇した八重樫東(37)=大橋=が1日、オンラインで記者会見し、現役引退を表明した。「決して体力の限界を感じたわけではないが、自分一人で現役を続けることはできない。会長に『もういいのでは』と言われて受け入れた」と説明した。今後は大橋ジムでトレーナーを務める。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人は1日、菅野智之投手が政府の「コロナ対策サポーター」に就任したと発表した。新型コロナウイルス感染症への知識や理解を深める普及啓発活動に協力し、感染拡大防止を呼び掛けるメッセージの発信などを行う。西村康稔経済再生担当相から委嘱され、任期は来年3月31日までの予定。

後で読む
スポーツ報知

大相撲のドキュメンタリー映画「相撲道―サムライを継ぐ者たち―」が、10月30日からTOHOシネマズ錦糸町、10月31日からポレポレ東中野など、全国の映画館で公開される。 

後で読む
スポーツ報知

日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)は1日、共催する「eBASEBALL プロリーグ」2020シーズンのエキシビションマッチとして「eBASEBALL プロリーグ

後で読む
スポーツ報知

プロボクシング元世界3階級制覇王者・八重樫東(あきら、37)=大橋=が1日、横浜市の所属ジムからリモートでの記者会見を開き、現役引退を表明した。今後は飲食店経営、解説者のほか、同ジムのトレーナーとし

後で読む
スポーツ報知

全米では26年ぶりの日本人対決は、第4シードの大坂なおみ(22)=日清食品=が2時間3分の熱戦を制した。

後で読む
サンケイスポーツ

アマチュア野球人に向けたオンライン野球学校がある。「B SPORTS ACADEMIA」だ。技術・進路相談・食育。そのすべてをサポートするオンライン野球学校だ。発起人で運営全体を担当する延田寛基さん(28)は報徳学園高の野球部OB。第92回高校野球選手権大会でベスト4進出時にベンチ入りしていた。その後は中大で準硬式野球部に所属し、大学日本代表にも選出されるなど、野球に深く携わってきた。

後で読む
サンケイスポーツ

8月31日に今季限りでの現役引退を発表した阪神・藤川球児投手(40)が1日、兵庫・西宮市内のホテルで会見。約1時間、引退を決断したいきさつやファンへの感謝、若手選手への思いなどを語った。

後で読む
デイリースポーツ

阪神の藤川球児投手(40)が1日、兵庫・西宮市内のホテルで会見し、今季限りでの現役引退を表明した。 午後1時、スーツ姿で、1人でひな壇に上がると、自ら口を開いた。

後で読む
デイリースポーツ

阪神の藤川球児投手(40)が1日、兵庫・西宮市内のホテルで会見し、今季限りでの現役引退を表明した。 1時間に及ぶ会見の中では、何度か言葉に詰まるシーンも。22年の現役生活に「いつも最後だと思っていた。全く悔いはない」とし、ファンに向けた感謝、後輩に向けたエールを語り尽くした。

後で読む
デイリースポーツ

8月31日に今季限りでの現役引退を発表した阪神・藤川球児投手(40)が1日、西宮市内で現役引退発表会見を行い、会見中に言葉を詰まらせた。 22年間の野球人生は「幸せなことにあと2カ月半あるので、精一杯タイガースに貢献したい。いつ潰れてもいい覚悟でやってきたんですけど」と話すと涙を流した。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、阪神-広島」(1日、鳴尾浜) オリックスからトレードで移籍してきた阪神・小林が移籍後、初登板を果たした。八回から3番手で登板し1回1安打3失点。2つの四死球を与え、2死から逆転3ランを浴びる悔しい結果となった。

後で読む
サンケイスポーツ

テニスの四大大会、全米オープンは8月31日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで開幕し、女子シングルスで2018年大会覇者の第4シード、大坂なおみ(日清食品)が1回戦で世界ランキング81位の土居美咲(ミキハウス)を6-2、5-7、6-2で下し、5年連続で初戦を突破した。2回戦でカミラ・ジョルジ(イタリア)と対戦する。

後で読む
サンケイスポーツ

テニスの四大大会、全米オープンは8月31日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで開幕し、女子シングルスで2018年大会覇者の第4シード、大坂なおみ(日清食品)が1回戦で世界ランキング81位の土居美咲(ミキハウス)を6-2、5-7、6-2で下し、5年連続で初戦を突破した。2回戦でカミラ・ジョルジ(イタリア)と対戦する。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表の森保一監督が1日、オンラインでの取材に応じて、フランス1部・マルセイユへの移籍が決まった代表DF長友佑都(ガラタサライ)へのエールを送った。 長友は外国籍選手枠の関係で、昨季後半戦の選手登録から外れてプレーできない状況が続いていた。それでもトレーニングを継続できる環境で踏ん張り、欧州CLにも出場するマルセイユへの移籍を勝ち取った。森保監督は「レベルの高い中での戦いをしながらシーズンを過ごせる。本人にとっても素晴らしい環境かなと思っています」と語った。

後で読む
スポーツ報知

プロ野球は1日から後半戦に入る。セは巨人が独走し、パは混戦状態。12球団の番記者が、後半戦に期待する選手を紹介する。

後で読む
スポーツ報知

プロ野球は1日から後半戦に入る。セは巨人が独走し、パは混戦状態。12球団の番記者が、後半戦に期待する選手を紹介する。

後で読む
スポーツ報知

プロ野球は1日から後半戦に入る。セは巨人が独走し、パは混戦状態。12球団の番記者が、前半戦のMVPを紹介する。

後で読む
スポーツ報知

プロ野球は1日から後半戦に入る。セは巨人が独走し、パは混戦状態。12球団の番記者が、後半戦に期待する選手を紹介する。

後で読む
スポーツ報知

プロ野球は1日から後半戦に入る。セは巨人が独走し、パは混戦状態。12球団の番記者が、前半戦のMVPを紹介する。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は1日、菅野智之投手が政府の「コロナ対策サポートメンバー」に委嘱されたと発表した。 「コロナ対策サポーター」は新型コロナウイルス感染症への知識や理解を深めることを目的とした政府の普及啓発活動に協力する。西村康稔・新型コロナウイルス感染症対策担当大臣から委嘱され、任期は来年の3月31日まで。任期中は新型コロナウイルスの感染拡大防止を呼びかけるメッセージの発信や名刺の配布などを行う。

後で読む
デイリースポーツ

巨人の岡本和真内野手(24)が1日、東京ドーム「ビッグボード賞」の贈呈式に出席し、特別スポンサー賞の賞品として「びゅう賞品券」100万円分が贈呈された。 岡本は7月30日のDeNA戦で左中間後方にあるJR東日本の「大人の休日倶楽部」の広告看板を直撃。「打球の行方を見てなかったので、当たったっていうのを知ってびっくりました」と振り帰った。使い道を問われると、「まだ、決めていないです」とはにかんだ。

後で読む
デイリースポーツ

東都大学野球連盟は1日、1部と2部の今秋リーグ戦日程を発表した。1部は関係各所との調整により開幕が22日へ変更され、2部は予定通り15日からスタート。いずれも1日3試合を基本線とし、2戦総当たりの勝率制で争われる。 1部は秋連覇の懸かる中大と東洋大の一戦で幕を開ける。中大には昨夏の侍ジャパン大学代表で4番を務めた牧秀悟内野手(4年・松本第一)や抜群の走力を誇る五十幡亮汰外野手(4年・佐野日大)が所属。東洋大には高校時代にセンバツ優勝投手に輝いた村上頌樹投手(4年・智弁学園)がエースとして君臨しており、いきなりドラフト候補対決として注目が集まる。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(1日、東京ドーム) 巨人のエンジェル・サンチェス投手(30)が1日のDeNA戦で1軍に合流した。デラロサらと談笑した助っ人は外野でキャッチボール、ランニングなどを行い調整した。

後で読む
東京スポーツ

巨人の岡本和真内野手(24)が1日、東京ドームビッグボード賞授賞式に出席。7月30日のDeNA戦(東京ドーム)の9回、左中間席後方の「JR東日本」の看板を直撃する13号ソロを放った岡本はこの日、「特…

後で読む
スポーツニッポン

阪神・糸原健斗内野手(27)が右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折から7月22日の広島戦以来、41日ぶりの実戦を終えた。

後で読む
スポーツニッポン

巨人・岡本和真内野手(24)が1日、東京ドームで「JR東日本ビッグボード賞」の贈呈式に出席した。同社から全国の百貨店や家電量販店などで利用できる100万円分のびゅう商品券が贈られ「僕自身初めての看板弾だったので、うれしかったです」と喜んだ。

後で読む
スポーツニッポン

8月31日に今季限りでの現役引退を球団が発表した藤川球児投手(40)が1日、兵庫県西宮市内で会見にのぞんだ。以下は一問一答。

後で読む
スポーツニッポン

ア・リーグ東地区で首位に立っているレイズは31日、敵地ニューヨークで2位ヤンキースを5―3で下して25勝11敗。203センチの長身右腕、タイラー・グラスノー(27)が5回まで相手打線をノーヒットに抑え、6回2安打無失点で今季2勝目(1敗)を挙げた。

後で読む
スポーツニッポン

東都大学野球連盟は1日、東都大学秋季リーグ戦の1部日程を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

テニスの四大大会、全米オープンは8月31日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで開幕し、男子シングルス1回戦で世界86位の内山靖崇(積水化学)は第20シードのパブロ・カレノブスタ(スペイン)に6-4、3-6、6-1、3-6、3-6で逆転負けした。第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)、第4シードのステファノス・シチパス(ギリシャ)は2回戦に進んだ。

後で読む
デイリースポーツ

8月31日に今季限りでの現役引退を発表した阪神・藤川球児投手(40)が1日、西宮市内で現役引退発表会見を行い、会見中に涙した。 22年間の野球人生は「幸せなことにあと2カ月半あるので、精一杯タイガースに貢献したい。いつ潰れてもいい覚悟でやってきたんですけど」と話すと涙を流した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神の藤川球児投手(40)が1日、兵庫・西宮市内のホテルで会見し、今季限りでの現役引退を表明した。 午後1時、スーツ姿で、1人で登壇。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。