「2020年9月2日」の記事一覧

東京スポーツ

狙い通りの戦いを見せた。柏は2日にルヴァンカップ準々決勝でC大阪(ヤンマー)と対戦。FW呉屋大翔(26)とFW江坂任(28)の活躍で3―0と快勝。準決勝へコマを進めた。  この一戦では、J1で得点ラ…

後で読む
東京スポーツ

悔しい結果となった。C大阪は、2日にルヴァンカップ準々決勝で柏と(ヤンマー)と対戦。海外の強豪クラブが熱視線を送るMF西川潤(18)がプロ初先発を果たしたものの、不発に終わり、チームも0―3で完敗。…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのフランス1部リーグ、パリ・サンジェルマンは2日、所属する3選手が新型コロナウイルスの検査に陽性反応を示したと発表した。クラブは選手名を明かしていないが、現地メディアはネイマール、ディマリアが含まれると報じている。昨季王者のパリSGは10日に今季の国内リーグ初戦を迎える。

後で読む
サンケイスポーツ

プロボクシング元世界3階級制覇王者で、1日に現役引退を表明した大橋ジムトレーナーの八重樫東氏(37)が2日、オンラインサロン「激闘王」を開設した。同ジムが発表した。

後で読む
スポーツ報知

大相撲秋場所(9月13日初日・両国国技館)で2度目の賜杯を狙う大関・朝乃山(26)=高砂=は2日、東京・墨田区の高砂部屋で稽古して電話取材に応じた。前日1日から相撲を取る稽古を再開。この日は幕下の朝

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ2-4西武、13回戦、西武9勝4敗、2日、ゾゾマリン)西武のルーキー宮川がチームの窮地を救った。七回に平良の押し出し四球で2-1と追い上げられてなおも1死満塁のピンチで登板。代打角中を直球で見逃し三振に仕留め、続く中村奨は変化球で遊ゴロに打ち取った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム3-5楽天、14回戦、楽天7勝6敗1分、2日、札幌D)日本ハムは3-0の九回に登板した抑えの秋吉が1死から5連打を浴びて逆転された。栗山監督は「クローザーを出しているので。それはこちら(首脳陣)の責任」と言うしかなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ2-4西武、13回戦、西武9勝4敗、2日、ゾゾマリン)ロッテは打線が振るわず今季2度目の3連敗を喫した。ここ3試合の得点は0、1、2と貧打が深刻で、井口監督は「中軸がなかなかつながらない。四球は取れているが、その後の一本が出ない」と悩ましそうに語った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム3-5楽天、14回戦、楽天7勝6敗1分、2日、札幌D)楽天の池田駿が巨人から移籍後初勝利を挙げた。0-3の八回1死一、二塁のピンチで登板し、平沼を二ゴロ併殺に仕留めた。直後にチームが逆転して白星が付き「ビハインドで投げることが多いので、自分の投げた後は追い付け追い越せと思っている。実際、こうなると驚きでいっぱい」と喜びをかみしめた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム3-5楽天、14回戦、楽天7勝6敗1分、2日、札幌D)日本ハムの上原は先発で今季初登板し5回2安打無失点と好投した。チームが逆転負けして勝利はならなかったが、自己最速を1キロ更新する152キロをマークし「真っすぐにこだわって思い切って投げることができた」と手応えを語った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-3ヤクルト」(2日、甲子園球場) 阪神・矢野監督はガルシアの投球に合格点を与えた。6回5安打2失点(自責1)と粘投していたが、2点を追う六回、先頭で代打を送られた。指揮官は「ガルシアはよく投げてくれたよ。ガルの時はちょっと援護も少ないんでね。そういうところでは、あの回で、球数も100球ぐらいいってたんでね。先頭打者だったんで代えるしかなかったけど、内容的にはしっかり投げてくれたと思います」とうなずいた。

後で読む
サンケイスポーツ

YBCルヴァン・カップ準々決勝(2日、C大阪0-3柏、ヤンマー)柏は得意のカウンター攻撃でゲームを支配し、敵地で快勝。2018年以来の4強入りを決めた。リーグ14得点のエース、オルンガをベンチからも外していたが、主力の江坂が3得点に絡むなど危なげなかった。ネルシーニョ監督は「貴重な1勝になった。実戦に絡まなかった選手も出場機会を得られた」と満足そうに語った。

後で読む
サンケイスポーツ

YBCルヴァン・カップ準々決勝(2日、C大阪0-3柏、ヤンマー)C大阪は柏のカウンター攻撃に苦しみ3失点、攻撃も不発で無得点に終わり、優勝した2017年以来の準決勝進出を逃した。ロティーナ監督は「相手の強みはカウンターだと分かっていたが、ボールを失ってカウンターを受けてしまった。カップ戦敗退はつらい」と肩を落とした。

後で読む
サンケイスポーツ

YBCルヴァン・カップ準々決勝(2日、札幌1-1横浜M=PK4-5、札幌厚別)札幌は川崎に屈した前回大会決勝に続き、PKに泣いた。ペトロビッチ監督は「私はPKでは不運な宿命を背負った監督。選手にも背負わせているようで悲しく、残念だ。そろそろ引退も考える年齢。宿命とどう向き合うか考えなければ」と唇をかみしめた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日5-9広島、14回戦、広島7勝6敗1分、2日、ナゴヤD)広島の野村は六回途中まで5失点だったものの、打線の援護にも助けられて4勝目を手にした。イニングの途中で救援を仰いだ結果に「投げ切りたかったが、リリーフに負担を掛けて申し訳ない」と反省の言葉が口を突いて出た。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人3-1DeNA、11回戦、巨人8勝3敗、2日、東京D)巨人の中川が好救援でチームの4連勝に貢献した。3-1の八回1死一、二塁のピンチで登板し、ソトと佐野を2者連続で空振り三振に仕留めた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2-3ヤクルト=延長十回、14回戦、7勝7敗、2日、甲子園)阪神のガルシアは6回2失点と踏ん張った。本人の希望で、先日、今季限りでの現役引退を表明した藤川の登場曲で登板。「球児さんの思いを背負って、マウンドに上がった。粘りのピッチングはできた」と感慨深げに語った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人3-1DeNA、11回戦、巨人8勝3敗、2日、東京D)DeNAのラミレス監督は、勝負どころと位置づけて臨んだ首位巨人との3連戦で2連敗し、ゲーム差は今季最大の7・5に開いた。打線が振るわず、サンチェスに六回まで1安打に抑えられ、終盤は継投でかわされた。

後で読む
デイリースポーツ

「ルヴァン杯・準々決勝、FC東京3-0名古屋」(2日、味の素スタジアム) ホームのFC東京が完勝し、4年ぶりの4強進出を決めた。前半37分にMF安部柊斗が先制点を決めると、後半8分にも安部が加点。前掛かりになった名古屋を相手に、途中出場のFWアダイウトンがカウンターからダメ押し弾を決めた。

後で読む
スポーツ報知

オリックスはあと1死から執念を見せ、引き分けに持ち込んだ。2点を追う9回2死満塁で安達が左前へ2点打。

後で読む
スポーツ報知

 中日の左腕2人が、またも背信の投球だ。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムは痛恨の逆転負けで、わずか1日で借金生活に逆戻りとなった。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクは森唯斗投手(28)が誤算。守護神右腕が7月2日の日本ハム戦(札幌D)以来、今季3度目のセーブ失敗でドローに終わった。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムのニック・マルティネス投手(30)が2番手で1回を3者凡退に抑えた。来日3年目で初の中継ぎ登板で初ホールドを記録。8月20日の楽天戦(札幌ドーム)で右手薬指に打球を受け1軍登録抹消後、復帰登

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-3ヤクルト」(2日、甲子園球場) 僅差のゲームを、今度は取った。延長戦までもつれこんだ3時間47分の死闘。試合後の高津監督は選手たちをたたえ、目尻を下げた。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス3-3ソフトバンク」(2日、京セラドーム大阪) オリックスは土壇場の九回2死満塁から安達の適時打で同点に追いつく粘りを見せたが、延長戦の末引き分けに終わった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム3-5楽天」(2日、札幌ドーム) 楽天が九回に怒濤(どとう)の7連打で逆転勝利を収めた。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人3-1DeNA」(2日、東京ドーム) 巨人の原辰徳監督は首位独走ムードも打順を固定せず、今後も大胆オーダーを組むことをほのめかした。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム3-5楽天」(2日、札幌ドーム) 今年7月にウィーラーとの交換トレードで巨人から移籍した池田駿投手(27)が、好リリーフで移籍後初勝利を挙げた。

後で読む
スポーツニッポン

C大阪は2日、ブラジルのシャペコエンセから期限付き移籍で加入していたMFルーカス・ミネイロ(24)が退団することを発表した。ポルトガル1部ジル・ヴィセンテに期限付き移籍することも発表された。

後で読む
東京スポーツ

〝ハラノケア〟が、失意の左腕を勇気づけた。巨人が、2日のDeNA戦(東京ドーム)に3―1で勝利し4連勝。右肩の違和感からおよそ1か月半ぶりに一軍復帰、即先発で6回1失点と好投したサンチェスに、久々の4…

後で読む
東京スポーツ

J1名古屋は2日、ルヴァンカップ準々決勝FC東京戦(味スタ)に0―3で敗れ、4強進出はならなかった。  マッシモ・フィッカデンティ監督(52)は「今日でひと区切り。リーグ戦は今の順位(4位)なら、ま…

後で読む
東京スポーツ

イケメン左腕はチームの人気スタイリストだ! 日本ハムの上原健太投手(26)が2日、楽天戦(札幌ドーム)に今季初先発し、5回無失点と好投。勝ち星こそつかなかったが、後半戦の先発ローテ入りアピールに成功…

後で読む
東京スポーツ

西武・内海哲也投手(38)が2日のロッテ戦(ZOZOマリン)で両足ハムストリングをつりながら5回2安打無失点投球で4ー2の勝利に貢献。ライオンズ移籍2年目での初勝利は巨人時代の2018年8月21日D…

後で読む
東京スポーツ

やっとの連敗ストップにも喜び切れなかった。広島は2日の中日戦(ナゴヤドーム)に9―5で勝利し、連敗を3で止めた。すんなりいくはずだった。初回に先頭・ピレラ、菊池涼が2者連続本塁打。試合開始わずか2分…

後で読む
東京スポーツ

〝アツ〟い男がチームを救った。広島は2日の中日戦(ナゴヤドーム)に9―5で勝った。ヒーローは愛称が「アツ」の会沢翼捕手(32)だ。5号満塁弾を含む4打数2安打5打点と大活躍し、8月29日から続いていた…

後で読む
スポーツニッポン

西武先発の内海が5回無失点の好投で今季初勝利をマーク。巨人時代の18年8月21日のDeNA戦以来、743日ぶりの復活勝利となった。

後で読む
スポーツニッポン

渾身の114球が報われない。田嶋がまたも白星から見放された。7回3失点。「6回までは走者を出しても、粘ることができていた。それだけに7回は何とかゼロに抑えたかったし、粘りたかった」。後悔が口をついた。

後で読む
スポーツニッポン

日本ハムは守護神・秋吉が3点リードを守り切れず、痛恨の逆転負けを喫した。勝てば楽天に並んで3位に浮上する一戦を落とした栗山監督は「クローザーを出しているのでこちらの責任」と厳しい表情。9回途中で秋吉を代える選択肢については「もちろん考えていた。(秋吉を救援した)堀の状態も含め、どういう選択をする方がいいかというのは考えていたけど」と説明した。

後で読む
スポーツニッポン

巨人在籍時の昨年5月にシーズン途中で現役を引退した元メジャーリーガーの上原浩治氏(45)が2日、自身のツイッターを更新。この日のロッテ戦で今季初勝利をマークした西武先発の内海哲也投手(38)を祝福した。

後で読む
スポーツニッポン

2試合連続安打中のエンゼルス・大谷は本拠地パドレス戦(午前8時10分開始)に打者出場予定。相手先発は28歳右腕ラメットで、今季7試合に投げ2勝1敗、防御率2・35。大谷はこれまで対戦機会がない。

後で読む
サンケイスポーツ

YBCルヴァン・カップ準々決勝(2日、札幌1-1横浜M=PK4-5、札幌厚別)横浜MはPK戦を制し、準決勝に駒を進めた。殊勲はGK朴一圭。札幌の5人目、福森の右へのキックを見事にセーブし「無心だった」と安堵の表情で語った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム3-5楽天、14回戦、楽天7勝6敗1分、2日、札幌D)楽天が逆転勝ちで連敗を3で止めた。0-3の九回に岡島の3点二塁打、田中の適時二塁打、銀次の適時打で一挙5点を奪った。八回のピンチを抑えた池田駿が移籍後初勝利。日本ハムは抑えの秋吉が乱調で勝率5割を切った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ2-4西武、13回戦、西武9勝4敗、2日、ゾゾマリン)西武が4連勝した。六回に外崎の足を絡めた攻撃から失策で1点を先行し、七回に木村の4号ソロ、八回に木村と柘植の押し出し四球で2点を加点した。内海が5回2安打無失点で移籍後初勝利。ロッテは好機で攻め切れず3連敗。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2-3ヤクルト=延長十回、14回戦、7勝7敗、2日、甲子園)ヤクルトが延長戦を制した。延長十回に山田哲が中堅に勝ち越し犠飛を放った。石山が3勝目、近藤が今季初セーブ。阪神は七回にサンズの14号2ランで追い付いたが、十回に馬場が失点した。連勝は3で止まった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ2-4西武、13回戦、西武9勝4敗、2日、ゾゾマリン)2018年8月21日のDeNA戦以来、743日ぶりの白星をめざし、西武・内海がマウンドに上がった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人3-1DeNA、11回戦、巨人8勝3敗、2日、東京D)指揮官のゲームプランはあっさりと崩壊した。DeNAのラミレス監督は、先発の浜口に高い期待を寄せてマウンドへ送ったが、左腕は3回4安打、3失点でマウンドを降りた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2-3ヤクルト=延長十回、14回戦、7勝7敗、2日、甲子園)“虎キラー”が粘りの投球を披露した。ヤクルトのサブマリン右腕・山中が阪神戦に先発。地上約10センチから浮き上がる球で、阪神打線を手玉に取った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2-3ヤクルト=延長十回、14回戦、7勝7敗、2日、甲子園)ヤクルトが延長戦で阪神に競り勝った。勝負を決めたのは山田哲人内野手(28)の犠飛だった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-3ヤクルト」(2日、甲子園球場) 阪神が延長の末に破れ、4連勝を逃した。首位巨人とのゲーム差は7・5となった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-3ヤクルト」(2日、甲子園球場) 阪神・矢野監督の通算100勝はお預けとなった。

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪は3季ぶり優勝を狙ったが、柏に0-3で敗退した。18歳のMF西川がプロ初先発も不発に終わり、後半30分で退いた。ロティーナ監督は「後半はリスクをお…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス3-3ソフトバンク=延長十回規定により引き分け、17回戦、ソフトバンク13勝3敗1分、2日、京セラ)オリックスの中嶋監督代行は逆転勝利に一歩届かず「惜しかった。決めきれなかった」と、悔しがった。

後で読む
日刊スポーツ

ジュビロ磐田が2試合連続で引き分けに終わった。試合開始前に照明が消えるアクシデントもあった一戦は助っ人が本領を発揮。1点を追う前半11分にFWルリーニャ(30…

後で読む
デイリースポーツ

「OPBF東洋太平洋・WBOアジアパシフィック・日本ライト級タイトルマッチ」(3日、後楽園ホール) 前日計量(上限61・2キロ)が2日、都内で行われ、3冠王者の吉野修一郎(28)=三迫=と、OPBF東洋太平洋ライト級8位・WBOアジアパシフィック同級2位・日本同級2位の挑戦者の細川バレンタイン(39)=角海老宝石=は、ともに1回目に61・2キロでパスした。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は2日、セ・パ両リーグで6試合を実施した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2ー3ヤクルト(延長10回)、14回戦、7勝7敗、2日、甲子園)阪神・矢野耀大監督(51)は延長戦の末に競り負けた試合後、報道陣の取材に応じた。

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレが6得点無失点と攻守で神戸を圧倒した。前線からの激しい守備でボールを奪っての速攻という、持ち前の積極性を存分に発揮。FW小林の2得点やFW宮代…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム3-5楽天、14回戦、楽天7勝6敗1分、2日、札幌D)楽天が逆転勝ちで連敗を3で止めた。0-3の九回に岡島の3点二塁打、田中の適時二塁打、銀次の適時打で一挙5点を奪った。八回のピンチを抑えた池田駿が移籍後初勝利。日本ハムは抑えの秋吉が乱調で勝率5割を切った。

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸は今季公式戦最多6失点の惨敗に、MF山口は「川崎Fは全員が球にかかわり連動していた。うちはサポートがなく孤立する場面が多かった」と肩を落とした。…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2-3ヤクルト=延長十回、14回戦、7勝7敗、2日、甲子園)ヤクルトが延長戦で阪神に競り勝った。勝負を決めたのは山田哲人内野手(28)の犠飛だった。

後で読む
日刊スポーツ

柏レイソルがFW呉屋(ごや)の得点などでセレッソ大阪を下し2年ぶりの4強進出を決めた。リーグ得点王のFWオルンガがベンチ外でつかんだ先発に呉屋が“1発回答”。…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人3-1DeNA、11回戦、巨人8勝3敗、2日)DeNAのアレックス・ラミレス監督は2日の巨人戦(東京ドーム)後、過去5試合で先発し、直近2試合で2勝していたピープルズを六回から3番手で起用したことについて説明した。

後で読む
スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 巨人3―1DeNA(2日・東京ドーム)

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J2、水戸2-1徳島」(2日、鳴門大塚) 8月負けなしと好調だったJ2徳島が、7月29日・北九州戦以来の敗戦を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

【マルセイユ(フランス)共同】サッカーのフランス1部リーグのマルセイユに加入した日本代表DF長友佑都(33)は2日、フランスのマルセイユにあるクラブの練習施設で記者会見し「チーム内のスタメン争いもそうだし、CL(欧州チャンピオンズリーグ)もリーグ戦も含めて厳しい戦いが始まる。しっかりチームに貢献できるように頑張る」と意気込んだ。 長友はJ1のFC東京からチェゼーナを経て、2011年からインテル・ミラノ(ともにイタリア)で活躍。18年からはガラタサライ(トルコ)でプレーし、昨季限りで退団した。マルセイユには酒井宏樹も在籍する。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルト・山中浩史投手(34)が17日ぶりに先発。7回途中2失点で勝敗はつかなかった。

後で読む
スポーツ報知

DeNAが首位・巨人との3連戦で連敗スタートを喫し、7・5差に後退した。

後で読む
スポーツ報知

阪神が延長戦今季5試合目で初黒星。連勝は3で止まり、首位・巨人とは7・5ゲーム差に広がった。

後で読む
スポーツ報知

【セ・リーグ】

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム3-5楽天」(2日、札幌ドーム) 日本ハムが痛恨の逆転負けで、連勝を逃した。3点リードの九回に守護神・秋吉が崩れ、一挙5点を奪われた。

後で読む
デイリースポーツ

楽天が逆転勝ちで連敗を3で止めた。0-3の九回に岡島の3点二塁打、田中の適時二塁打、銀次の適時打で一挙5点を奪った。八回のピンチを抑えた池田駿が移籍後初勝利。日本ハムは抑えの秋吉が乱調で勝率5割を切った。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトが延長戦を制した。延長十回に山田哲人が中堅に勝ち越し犠飛を放った。石山が3勝目、近藤が今季初セーブ。阪神は七回にサンズの14号2ランで追い付いたが、十回に馬場が失点した。連勝は3で止まった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人3-1DeNA」(2日、東京ドーム) DeNAが序盤から主導権を握られ、3連敗を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ1-4西武」(2日、ZOZOマリンスタジアム) 勝利の瞬間を見届けて、それまで硬かった表情がゆるんだ。西武・内海哲也投手(38)は「勝つことを信じて応援していたので、最後、アウトになるまで気が抜けないなと必死に応援していました」。5回2安打無失点の好投で移籍初勝利、18年8月21日のDeNA戦(横浜)以来、743日ぶりの白星を飾った。

後で読む
スポーツニッポン

C大阪のルーキーMF西川潤(18)が公式戦初先発を飾るも、ルヴァン杯準々決勝柏戦は0―3で敗れた。

後で読む
スポーツニッポン

J2首位の長崎は2点リードを守れず、手痛いドロー。連勝は3で止まったが、2位の北九州が引き分けたため首位は守った。

後で読む
サンケイスポーツ

JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝の4試合が9月2日に各地で行われた。

後で読む
東京スポーツ

オリックス・中嶋聡監督代行(51)のマスク姿がネットで話題を呼んでいる。  中嶋監督代行は就任時からベンチで通常のマスクではなく、フェースカバーと呼ばれる上からかぶるものを着用。テレビ中継で何度も映…

後で読む
東京スポーツ

まずはひと安心といったところか。右肩の違和感で離脱していた巨人の新助っ人、エンジェル・サンチェス投手(30)が、2日のDeNA戦(東京ドーム)に先発復帰し、6回1安打1失点で今季4勝目を挙げた。  …

後で読む
東京スポーツ

日本ハムが2日、楽天戦(札幌ドーム)に3―5で敗戦。3点リードで迎えた9回に守護神・秋吉が楽天打線に捕まり、痛恨の逆転負けを喫した。  またもや悪夢の9回となった。今季絶好調の相手先発・涌井から3点…

後で読む
スポーツニッポン

阪神は延長10回に勝ち越しを許した。

後で読む
スポーツニッポン

西武先発の内海が5回無失点の好投で今季初勝利をマークし、チームは4連勝を飾った。内海は巨人時代の18年8月21日のDeNA戦以来、743日ぶりの復活勝利となった。

後で読む
スポーツニッポン

阪神は延長10回に勝ち越しを許して敗戦。連勝は3でストップし、首位巨人とのゲーム差は「7・5」に広がった。

後で読む
スポーツニッポン

再三の得点機を逸したロッテが3連敗。38歳の内海の緩急を付けた投球の前に5回2安打無得点。井口監督は「そういうピッチャーとは分かっている。そのへんをしっかり考えていこうと話はしたんですけど。初対戦の人ばかりだったのでね」と、お手上げだった。

後で読む
スポーツニッポン

敗戦の中で、ラミレス監督は今季5試合に先発していた新助っ人・ピープルズを初めて中継ぎで起用した。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグ・YBCルヴァン・カップ準々決勝(2日・ノエビアスタジアム神戸ほか=4試合)2連覇を狙う川崎のほか、横浜M、柏、FC東京が勝ち上がった。 川崎は神戸に6-0で大勝。前回準優勝の札幌と対戦した横浜Mは1-1からのPK戦を5-4で制し、2年ぶりに4強入りした。柏はC大阪を3-0で破って2年ぶり、FC東京は名古屋を3-0で下して4年ぶりに準決勝に進んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「ルヴァン杯・準々決勝、神戸0-6川崎」(2日、ノエビアスタジアム神戸) 神戸がホームで今季最多となる大量6失点を喫し、初制覇を目指したルヴァン杯から姿を消した。

後で読む
東京スポーツ

英公共放送局「BBC」の公式ツイッターが2日、英紙「デーリーレコード」の記事を引用する形でスペイン1部バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)が、イングランド・プレミアリーグの強豪マ…

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグ・YBCルヴァン・カップ準々決勝(2日、ノエビアスタジアム神戸ほか=4試合)2連覇を狙う川崎のほか、横浜M、柏、FC東京が勝ち上がった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロボクシングダイヤモンドグローブ(東京・後楽園ホール)の前日計量が2日、東京都内で行われた。東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック、日本ライト級王者の吉野修一郎(28)=三迫=と、挑戦者で東洋太平洋同級8位、WBOアジア・パシフィック、日本同級2位の細川バレンタイン(39)=角海老宝石=はともにリミットの61・2キロでパスした。出場選手らは計量前にPCR検査を受けた。試合は観客を入れて行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は2日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

リオ・アヴェは、マンチェスターCからMF食野亮太郎を期限付きで獲得したことを発表した。

後で読む
スポーツ報知

米スポーツ専門局ESPN電子版は1日(日本時間2日)、プロボクシングWBA・IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27)=大橋=が10月31日に米ラスベガスでWBA3位、IBF4位のジェーソン・モ

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(2日、甲子園球場) 阪神が勝ち越し機を逃した。

後で読む
サンケイスポーツ

国際自転車連合(UCI)は2日、ロード種目の世界選手権を24~27日にイタリアのイモラで行うと発表した。当初予定していたスイスでの開催が新型コロナウイルスの影響で中止され、代替地を探していた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は2日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人3-1DeNA、11回戦、巨人8勝3敗、2日、東京D)7月末に右肩違和感で離脱した巨人・サンチェス投手(30)が復帰。6回1安打1失点の好投で4勝目(2敗)を挙げた。巨人は4連勝。

後で読む
スポーツ報知

移籍後、2度目の先発となった西武・内海哲也投手(38)が、5回2安打無失点で降板した。

後で読む
スポーツ報知

6点ビハインドの中日が6回、ダヤン・ビシエド内野手(31)、井領雅貴外野手(30)の適時打などで5点を取り返した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(2日、東京ドーム) 巨人の高梨雄平投手が、七回から2番手で登板。佐野を遊ゴロで打ち取った後、細川に右越え二塁打を浴び、右打者に移籍後初被安打を浴びた。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-西武」(2日、ZOZOマリンスタジアム) 西武・内海哲也投手(38)が今季2度目、移籍2度目の先発。5回2安打無失点、75球で降板した。チームは六回に1点を先制。勝利投手の権利が発生している。このまま勝利投手となれば18年8月21日のDeNA戦(横浜)以来、743日ぶりの白星となる。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人3-1DeNA」(2日、東京ドーム) 巨人が4連勝。今季最多の貯金を16に増やした。

後で読む
デイリースポーツ

巨人が連勝を4に伸ばした。二回に丸のソロや吉川尚の適時三塁打などで3点を先制。サンチェスは6回1安打1失点で4勝目。七回以降は小刻みな継投でピンチをしのいだ。DeNAは終盤の好機を生かせず3連敗を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人3-1DeNA」(2日、東京ドーム) 巨人が4連勝。今季最多の貯金を16に増やした。

後で読む
東京スポーツ

日本ハムの中田翔内野手が2日、楽天戦(札幌ドーム)に「4番・DH」で先発出場。1点リードの5回一死一塁の場面で相手先発の涌井からリーグトップ独走の22号の2ランを放った。  涌井の投じた初球、147…

後で読む
東京スポーツ

西武・内海哲也投手(38)が2日のロッテ戦(ZOZOマリン)に移籍後2度目の先発。5回まで打者24人に75球を投げわずか2安打無失点6奪三振の好投を見せていたが、5回の守備で両足ハムストリングをつり…

後で読む
東京スポーツ

阪神のジェリー・サンズ外野手が2日のヤクルト戦(甲子園)の7回、第3打席で起死回生、同点の14号2ランを放った。  チームは6回まで相手先発・山中の前に沈黙。だが7回に、先頭の3番・糸井が中前打で出…

後で読む
東京スポーツ

オリックス・中嶋聡監督代行(51)のマスク姿がネットで話題を呼んでいる。  中嶋監督代行は就任時からベンチで通常のマスクではなく、フェイスカバーと呼ばれる上から被るものを着用。テレビ中継で何度も映し…

後で読む
東京スポーツ

4勝目が遠い。DeNA・浜口遥大投手(25)が2日、巨人戦(東京ドーム)で今季11度目の先発マウンドに立ち、3回を70球、4安打3四球3失点。今季4敗目を喫した。  初回こそ三者凡退としたものの、2…

後で読む
スポーツニッポン

今秋ドラフト候補の150キロ左腕、ENEOSの藤井聖投手が3番手で登板。3球団のスカウトが視察する中、最速148キロを軸に2回1安打無失点と圧倒した。

後で読む
スポーツニッポン

頼れる“S砲”がこの日もチームを救った。0―2の7回にサンズの3試合連続となる14号2ランで同点に追いついた。

後で読む
スポーツニッポン

西武移籍後2度目の先発となった内海は、5回2安打無失点で降板。巨人時代の18年8月21日DeNA戦以来となる白星へ、勝利投手の権利を持ってマウンドを下りた。

後で読む
スポーツニッポン

巨人が5番・丸佳浩外野手(31)の先制ソロや7番・吉川尚輝内野手(25)の適時三塁打でDeNAを下し4連勝。原辰徳監督(62)は監督通算勝利数を1061勝とし、川上哲治氏の球団歴代最多1066勝にあと5勝とした。

後で読む
スポーツニッポン

内海と左腕対決となったロッテ・小島は7回4安打2失点でマウンドを降り、「今日はいい形で試合に入ることができた。内容的には悪くなかったと思いますが、詰めの甘さがあったのかなと思います。それでも最低限の仕事はできたかなと思う」とコメントした。

後で読む
東京スポーツ

イタリア1部インテルでスポーツディレクター(SD)を務めているピエロ・アウリシオ氏がスペイン1部バルセロナからの退団を表明したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)の獲得を完全否定した。  ス…

後で読む
東京スポーツ

サッカーのイタリア1部リーグが新シーズンの日程を発表した。  9月20日の開幕節で日本代表DF吉田麻也(32)が所属するサンプドリアは、リーグ9連覇中の絶対王者で、ポルトガル代表FWクリスチアーノ・…

後で読む
サンケイスポーツ

元日本代表監督ヴァイッド・ハリルホジッチ氏の元アシスタントコーチで、現在サンテティエンヌのコーチを務めるジャッキー・ボヌベー氏が、マルセイユ加入が決定した長友佑都について語った。

後で読む
サンケイスポーツ

RBライプツィヒに所属するフランス代表DFダヨ・ウパメカノは、他クラブと話し合い中であることを認めた。

後で読む
サンケイスポーツ

ベン・チルウェルをチェルシーに売却したレスターだったが、その穴埋め役の確保はまもなく決することになりそうだ。

後で読む
サンケイスポーツ

ユベントスは、バルセロナ退団が濃厚となったFWルイス・スアレス獲得に本腰を入れている。『Goal』の取材で明らかとなった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(2日、甲子園球場) 「7番・二塁」でスタメン出場する阪神・小幡竜平内野手(19)が守備でファインプレーを魅せた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(2日、甲子園球場) 前回8月26日・中日戦で甲子園での先発初白星をつかんだ阪神・オネルキ・ガルシア投手(31)。聖地連勝を狙ったが、達成することはできなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(2日、甲子園球場) 阪神・俊介が今季初出場した。2点を追う六回、ガルシアの代打で登場。ファンの拍手に迎えられ今季初打席に立ったが、山中の前に3球三振に倒れた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(2日、甲子園球場) 阪神・糸井がマルチ安打を記録した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(2日、甲子園球場) 阪神・サンズが起死回生の14号同点2ランを放った。2点を追う七回、先頭・糸井が中前打で出塁すると、サンズが山中の109キロスライダーを捉え、左中間席に運んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

イングランド・ラグビー協会は2日、新型コロナウイルスの影響で延期されたイングランド代表とバーバリアンズの親善試合を10月25日にロンドン郊外のトゥイッケナム競技場で行うと発表した。8万2000人収容の会場に、上限2万人まで観客の入場を認める予定。

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪MF西川潤(18)が初先発する。柏レイソルとのルヴァン杯準々決勝(2日、ヤンマー)の先発メンバーが発表され、西川もFWで先発メンバーに入った。ロテ…

後で読む
日刊スポーツ

大分トリニータ片野坂監督が、5日に対戦するFC東京の元日本代表DF森重を警戒した。大分市内で練習後、オンラインで会見。大分スカウト時の05年に獲得に携わり、ボ…

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハムの中田翔内野手(31)が2日、楽天戦に「4番・DH」で先発出場し、ド派手な22号2ランを放った。1点を先制した五回、なお1死一塁。8勝を誇る涌井の初球、147キロの直球を強振し、バックスクリーンにほうり込んだ。球団広報を通じて、「(西川)遥輝が先に点を取ってくれたので、楽な気持ちで打席に入れました。自分のスイングを心がけて、最高の結果になってよかったです。上原、サマサマです」とコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人のエンジェル・サンチェス投手(30)が2日のDeNA戦(東京ドーム)に先発し、6回1安打1失点と試合をつくった。7月18日のDeNA戦(横浜)以来の1軍登板で好投した。

後で読む
スポーツ報知

巨人のエンジェル・サンチェス投手(30)が、6回1安打1失点6奪三振の好投で4勝目の権利を持って降板した。

後で読む
デイリースポーツ

日本スケート連盟のフィギュア委員会は2日、2018年平昌冬季五輪女子4位の宮原知子(関大)について、全日本選手権(12月23~27日・長野市ビッグハット)の予選を兼ねた国内のブロック大会出場を免除することを決めた。 昨年の全日本で4位の宮原は3位までのシード権を得られなかったが、新型コロナウイルスの影響で中止となった3月の世界選手権代表に選ばれていた実績やカナダを練習拠点としていることで帰国した際に2週間の自主隔離を求められることを考慮した。

後で読む
デイリースポーツ

日本スケート連盟は2日、オンラインで理事会を開き、フィギュアで2022年北京冬季五輪出場枠が懸かる世界選手権(来年3月・ストックホルム)代表などの選考基準を承認した。3枠を持つ男女ともに全日本選手権(12月23~27日・長野市ビッグハット)の優勝者が最優先で代表に決まる。 2枠目は全日本2位、3位やグランプリ(GP)シリーズで表彰台に立った中で上位2人、全日本終了時の3シーズンを対象とした世界ランキング上位3人のいずれかを満たす選手から総合的に判断し、3枠目はここで漏れた選手やGPシリーズで出した得点の上位3人などの候補から選考する。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲秋場所」(9月13日初日、東京・両国国技館) 大関朝乃山(26)=高砂=が2日、都内の部屋で朝玉勢ら幕下力士と相撲を10番取って調整した。前日から申し合いを再開。「しっかり自分の形になったり、前に出て相撲が取れているので、そこまで悪くないんじゃないかと思う。相撲の面で、自分の形をつくれるように初日までにもっていきたい」と、まずまずの手応えだ。

後で読む
デイリースポーツ

政府は2日、来夏に延期された東京五輪・パラリンピックに向けた新型コロナウイルスの対策調整会議の初会合を、4日に開くと発表した。第1回は感染状況や対策の現状などについて情報を共有する見通し。年内に数回、会合を開き、中間取りまとめを示す方針。年明け以降も議論を続け、本番に備える。 関係者によると、有識者として川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長と、国立保健医療科学院健康危機管理研究部の斎藤智也部長がオブザーバーとして出席する。会議は杉田和博官房副長官がトップを務め、東京都から多羅尾光睦副知事、大会組織委員会から武藤敏郎事務総長が参加する。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルト・風張蓮投手(27)が3日の阪神戦(甲子園)で先発することが予告された。

後で読む
スポーツ報知

DeNAのラミレス監督が一戦必勝の継投策を講じた。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの中田翔内野手(31)が「4番・指名打者」で先発出場。第3打席に中越えの22号2ランを放った。

後で読む
スポーツ報知

DeNAのラミレス監督が首位・巨人との戦いで予想外のタクトをふるった。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの上原健太投手(26)が今季初登板で5回無失点と好投した。6回からは来日初リリーフ登板のニック・マルティネス投手(30)がマウンドに上がった。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-西武」(2日、ZOZOマリンスタジアム) 西武・内海哲也投手(38)が今季2度目、移籍2度目の先発。5回2安打無失点、75球で降板した。チームは六回に1点を先制。勝利投手の権利が発生している。このまま勝利投手となれば18年8月21日のDeNA戦(横浜)以来、743日ぶりの白星となる。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(2日、東京ドーム) 右肩の違和感で戦列を離れていた巨人のエンジェル・サンチェス投手が7月18日以来の先発。6回を1安打1失点と好投した。

後で読む
スポーツニッポン

スペイン1部バルセロナに対して退団意思を通達したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)の代理人を務める父ホルヘ氏(62)が2日、自宅のあるアルゼンチンから空路でバルセロナ入りした。

後で読む
日刊スポーツ

日本スケート連盟(JSF)は2日、2020-21年シーズンのフィギュア国際競技会派遣選手の選考基準を発表した。以下の選考基準に従って強化部が候補を決定し、フィ…

後で読む
日刊スポーツ

しずちゃんが金メダルのために一肌脱ぐ。日本ボクシング連盟の女子強化委員、普及委員に就任したお笑いコンビの南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代(41)…

後で読む
日刊スポーツ

世界49位の西岡良仁(24=ミキハウス)が、4時間39分の大激戦の末、復帰初戦で金星を逃した。ロンドン、リオ連続の五輪金メダルで、3度の4大大会優勝を誇るアン…

後で読む
東京スポーツ

イタリア1部インテルでスポーツディレクター(SD)を務めているピエロ・アウリシオ氏がスペイン1部バルセロナからの退団を表明したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)の獲得を完全否定した。  ス…

後で読む
東京スポーツ

打てる捕手が〝らしさ〟を発揮だ。広島の会沢翼捕手(32)が2日の中日戦(ナゴヤドーム)に「7番・捕手」で先発出場。2回の先頭での第1打席は二ゴロに倒れたが、4回無死満塁で中日先発・小笠原の141キロ…

後で読む
東京スポーツ

中日・小笠原慎之介投手(22)が2日の広島戦(ナゴヤドーム)で先発。3本塁打を含む6安打6失点の大乱調で、3回0/3でKOされた。  立ち上がりから〝制御不能〟に陥った。いきなり初回に先頭のピレラに…

後で読む
東京スポーツ

殊勲のサヨナラ男がノリノリだ。巨人・吉川尚輝内野手(25)が2日のDeNA戦(東京ドーム)で、打って走っての大暴れをみせている。  1打席目は2回、丸の14号ソロで1点を先制し、なおも一死一塁の場面…

後で読む
スポーツ報知

 男子プロゴルフツアーのフジサンケイクラシックは3日から4日間、山梨・富士桜CC(7566ヤード、パー71)で行われる。1月以来の今季ツアー2戦目で、国内初戦となる大会を前に2009、10年大会王者の

後で読む
スポーツニッポン

中日の先発・小笠原が3被弾し、3回0/3を6失点でノックアウトされた。

後で読む
スポーツニッポン

阪神2年目・小幡竜平内野手(19)が好守を連発し、先発ガルシアを盛り立てた。

後で読む
スポーツニッポン

3連勝中の阪神だが、この日はヤクルト・山中の前に5回まで苦戦を強いられている。アンダースロー右腕に対して狙い球を絞りきることができず、3回までパーフェクト投球を許す展開。

後で読む
スポーツニッポン

阪神先発のガルシアは6回5安打2失点(自責点1)で降板。今季3勝目とはならなかった。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAの先発・浜口はわずか3回を4安打3失点でKOされた。

後で読む
スポーツ報知

大相撲秋場所(9月13日初日・両国国技館)に向けて新関脇の大栄翔(26)=追手風=が2日、埼玉・草加市の部屋で稽古を行い、電話での代表取材に応じた。この日は、関取衆との申し合いを実施。「立ち合いしっ

後で読む
スポーツ報知

日本スケート連盟は2日、都内で理事会を開き、国際競技会派遣選考基準を承認した。男女シングルは世界選手権(3月22~28日、スウェーデン・ストックホルム)、四大陸選手権(2月8~14日、オーストラリア

後で読む
スポーツ報知

3冠王者・吉野修一郎(28)=三迫=と挑戦者・細川バレンタイン(39)=角海老宝石=が2日、都内で新型コロナウイルス感染症のPCR検査、前日計量などに臨み、計量は両者ともにリミットの61・2キロで一

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・山田哲人内野手(28)が2日、阪神14回戦(甲子園)に「3番・二塁」で先発出場。1点リードの三回1死一、二塁から中前適時打を放った。先発・ガルシアのチェンジアップを捉え「チャンスだったので、ランナーをかえすことだけを考えて打席に入りました」。好投を続けている山中を援護した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(2日、甲子園球場) 阪神は失策が追加点につながってしまった。1点ビハインドの三回1死。ヤクルトの1番・坂口が放った打球を遊撃・木浪がエラー。これでチームの失策数が「45」となり、リーグワースト数をさらに一つ更新した形となった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(2日、甲子園球場) 「7番・二塁」でスタメン出場する阪神・小幡竜平内野手(19)が守備でファインプレーを魅せた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(2日、甲子園球場) 阪神打線はアンダースロー右腕山中の前に五回まで無得点。初回を三者凡退で終えると、二回は前夜サヨナラアーチを放ったサンズが空振り三振。大山、ボーアも倒れた。三回もわずか9球で攻撃が終わった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロボクシングダイヤモンドグローブが3日、東京・後楽園ホールで行われる。メインイベントでは東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック、日本ライト級王者の吉野修一郎(28)=三迫=が、3つの王座をかけた防衛戦で東洋太平洋同級8位、WBOアジア・パシフィック、日本同級2位の細川バレンタイン(39)=角海老宝石=の挑戦を受ける。

後で読む
サンケイスポーツ

無観客開催の「フジサンケイクラシック」で、中継するフジテレビはファンに楽しんでもらうため“新様式”での放送を試みる。目玉はドローンを使用した、今までに見たことのない角度からのプレー映像だ。

後で読む
サンケイスポーツ

日本スケート連盟は2日、オンラインで理事会を開き、フィギュアで2022年北京冬季五輪出場枠が懸かる世界選手権(来年3月、ストックホルム)代表などの選考基準を承認した。3枠を持つ男女ともに全日本選手権(12月23~27日、長野市ビッグハット)の優勝者が最優先で代表に決まる。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルト・村上宗隆内野手(20)がプロ初三塁打をマークした。

後で読む
スポーツ報知

広島がホセ・ピレラ外野手(30)と菊池涼介内野手(30)の連続アーチで2点をもぎ取った。

後で読む
スポーツ報知

 巻き返しを期す中日・小笠原慎之介投手(22)が、いきなり初回先頭打者と2番打者に連続本塁打を浴びた。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクの川島慶三内野手(36)が左翼スタンド上段に先制弾となる3号ソロを放った。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの加藤貴之投手(28)が、3日の楽天戦(札幌D)に先発する。前回、楽天と対戦した8月21日の試合では、先発で3回無失点と好投しているが「同じ相手ですけど、どうなるかわからない。そこは明日やっ

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ソフトバンク」(2日、京セラドーム大阪) 1点を追うオリックスは初回、福田の中前打から2死二塁とし、4番・吉田正は和田のフルカウントからの129キロを左前にはじき返す同点適時打とした。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(2日、東京ドーム) 巨人・丸が先制の14号ソロを放った。

後で読む
デイリースポーツ

3日の予告先発が発表され、DeNAは中継ぎのパットンが来日4年目で初先発することになった。 チームは13連戦中で、3日はその3戦目。今永、平良と先発が離脱する状況の中、オープナーを採用し、首位・巨人の撃破を狙う。先発は13年に経験があり、「マイナーリーグ以来だと思います」と振り返った助っ人右腕は「明日はいつも通りアウトを取って、次の投手につなぐだけです」と意気込んだ。

後で読む
東京スポーツ

連敗ストップへ最高の形でスタートを切った。3連敗中の5位・広島は2日の中日戦(ナゴヤドーム)で初回に先頭のピレラがカウント1―1で中日先発・小笠原の140キロ直球を右翼スタンドへ8号ソロで先制した。…

後で読む
東京スポーツ

【目撃】3日のロッテ戦(ZOZOマリン)に今季2度目の先発登板する西武・平井克典投手(28)が〝顔芸〟で前日調整を終えた。  2日の試合前練習でのひとコマだった。ストレッチ中のエルネスト・メヒア内野手…

後で読む
スポーツニッポン

プロ野球のファームは2日、ウエスタン・リーグの阪神―広島戦(鳴尾浜)が2回表1死の場面で降雨ノーゲーム。イースタン・リーグと合わせてナイターを含めて4試合が行われた。

後で読む
スポーツニッポン

亡きチームメートに捧げる勝利だった。今季初の公式戦に臨んだNTT西日本が13安打13得点で快勝発進。今年4月13日に骨肉腫のため、23歳の若さで亡くなった遊撃手の中井諒さんとともに戦った勝利に、大原周作監督(46)は「非常にいい1勝。これからも変わらない。29人で戦っていく」と言葉を絞り出し、男泣きにむせんだ。

後で読む
スポーツニッポン

えっ、オープナー?ブルペンデー?3日の予告先発が発表され、ネット上では「中継ぎ投手ばかりだ」と話題となっている。

後で読む
スポーツニッポン

巨人の丸佳浩外野手(31)が2日のDeNA戦に「5番・中堅」で先発出場。2回に先制となる14号ソロを放った。

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪代表に内定している競泳男子の瀬戸大也(26)=ANA=が2日、東京・港区で行われた電動歯ブラシのイベントに出席した。来夏の東京五輪に向けて「今週から徐々にスイッチを入れていきたい。試合も少ないし、試合勘を取り戻したい」と語った。

後で読む
サンケイスポーツ

日本高野連は2日、甲子園交流試合に出場した智弁和歌山の小林樹斗投手、細川凌平内野手が新たにプロ志望届を提出したとホームページ上で公表した。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは2日、3日の予告先発投手を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神のオネルキ・ガルシア投手(31)が、今季限りでの現役引退を発表した藤川球児投手(40)の登場曲、LINDBERGの「every little thing every precious thing」に乗って、先発マウンドに向かった。ガルシアの通常の登場曲はFoorinが歌う「パプリカ」。この日は、本人の希望でレジェンドの曲を流し、また虎に勢いがついた。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・風張蓮投手(27)が2日、甲子園球場の室内練習場でキャッチボールなどで調整。3日の阪神戦で、プロ1年目だった2015年5月3日の広島戦(神宮)以来、1950日ぶりに先発する。「かなり久しぶりの先発ですが、チームの勝ちに貢献できるように努めたいです」。6年目の今季もリリーフとして迎え、開幕は2軍だったが、ここまで5試合に登板している。「一人一人、一球一球丁寧に投げたいと思います」。18年には53試合に登板した実績もあるだけに、力強い直球で勝負する。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトの風張蓮投手(27)が、3日の阪神戦(甲子園)で約5年ぶりに先発する。まっさらなマウンドへは、2015年5月3日の広島戦以来。 予告先発が発表されると、右腕は球団広報を通して、「かなり久しぶりの先発ですが、チームの勝利に貢献できるように努めたい」とコメント。長年ブルペンを支えてきたからこそ、「一球一球丁寧に投げたい」と意気込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「都市対抗近畿地区2次予選・第1代表トーナメント1回戦、NTT西日本13ー1NOMOベースボールクラブ」(2日、わかさスタジアム京都) NTT西日本が、七回規定によるコールド勝ちで1回戦を突破。プロ11球団23人のスカウトが集まった中、プロ注目の最速151キロ右腕のNTT西日本・大江克哉投手(24)が5回4安打1失点の投球を見せ、同じくプロ注目の野村勇内野手(23)が2ランを含む2安打2打点2盗塁でアピール。今後に向け弾みをつける1勝となったが、この日チームは特別な思いで戦っていた。試合後、野村はこう話した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(2日、甲子園球場) 阪神の先発、オネルキ・ガルシア投手(31)がマウンドに上がる際、今季限りでの現役引退を表明している藤川球児投手(40)の登場曲でLINDBERGの「every little thing every precious thing」が流れた。

後で読む
東京スポーツ

競泳男子の個人メドレー2種目で東京五輪代表に内定している瀬戸大也(26=ANA)が2日、都内で行われた日用消費財メーカー「P&G」のオーラルBiO新製品発表イベントに出席した。  この日のテーマは歯…

後で読む
東京スポーツ

日本ブラインドサッカー協会(JBFA)は2日、昨季イングランド・プレミアリーグを制したリバプールの日本公式サポーターズクラブ「リバプール・サポーターズクラブ日本支部」(LSCJ)が、5日に開催を予定…

後で読む
東京スポーツ

大相撲秋場所(13日初日、東京・両国国技館)を控えた2日、大関朝乃山(26=高砂)が報道陣の電話取材に応じた。前日1日から相撲を取る稽古を再開。この日は部屋の幕下力士を相手に約10番取って汗を流し「…

後で読む
東京スポーツ

男子ゴルフの今季国内初戦「フジサンケイ・クラシック」(3日~、山梨・富士桜CC=パー71)を前に石川遼(28=CASIO)が2日、リモート会見を行い、今大会で5Wを投入することを明かした。  意識す…

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビートップリーグ(TL)東芝の日本代表FL徳永祥尭(28)=東芝=が2日、東京都府中市での午前練習後にオンライン取材に応じた。8月下旬から日本選手だけで全体練習が始まっており、「みんなでできるのが楽しい」と率直な思いを口にした。この日はスクラム練習などで調整。「若手たちがすごく元気で、チームを鼓舞してくれる」とチームの雰囲気に笑顔を見せた。

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルスの影響で中止が続いていた男子ゴルフツアーの今季国内初戦「第48回フジサンケイクラシック」(サンケイスポーツなど主催)は3日、山梨・富士桜CCで開幕する。

後で読む
日刊スポーツ

J1大分トリニータのFW伊佐耕平(28)が、感謝の気持ちをモチベーションに東京撃破を目指す。2日、大分市内での午前練習後、オンライン取材に応じ「サイドからのク…

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸の主将MFアンドレス・イニエスタ(36)が、公式戦に4試合ぶりに戻ってきたが、先発ではなくベンチスタートとなった。8月19日のJ1リーグ戦柏レイ…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は2日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
日刊スポーツ

J1大分トリニータの片野坂知宏監督(49)が2日、練習後のオンライン取材に応じ、東京戦(5日、昭和電ド)でのリベンジを誓った。J1初采配となった昨季、2戦2敗…

後で読む
サンケイスポーツ

脳しんとうで離脱中のDeNAの新外国人、タイラー・オースティン内野手(28)が2日、イースタン・リーグ、ロッテ戦(ロッテ浦和)に「3番・DH」で出場した。7月31日以来の実戦で、打席結果は中飛、空振り三振、空振り三振だった。

後で読む
スポーツニッポン

バレーボール女子Vリーグ1部の姫路が2日、姫路市内で会見をし、3月で監督を退いた元日本代表の竹下佳江前監督(42)が退任のあいさつをした。日本初のプロバレーボールチームの指揮を、創設された16年から執った。地域リーグ、2部を勝ち抜いて、昨年初めて1部を戦った。これまでを振り返り、「チームの土台を作ることをテーマにしてきた。それはできたのかなと思っています。これからチームは転換期を迎え、新しい監…

後で読む
スポーツ報知

【DeNAスタメン】

後で読む
デイリースポーツ

バレーボールVリーグのヴィクトリーナ姫路が2日、姫路市内で10月に開幕する新シーズンへ向けて記者会見を行った。会見では、Vリーグ初というスコートタイプの新ユニホームも披露した。 従来のショートパンツに、スリットの入ったスコート(ミニスカート)を重ねた新ユニホームは、真鍋政義球団オーナーの発案。同オーナーは「3、4年前にイタリア、ブラジルにバレーの視察に行って、スコートのチームが2、3チームあってびっくりした。いつかヴィクトリーナで作りたいと思っていた」と明かした。橋本明球団社長も「女子チームとして選択の自由があるなら新しいものを採用し、選手が少しでも美しく見えるならトライしてみようと考えた。女子の団体競技ではプロチームとして、卓球が成功されていると思うが、何とか近づいていきたい」と説明した。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲の新関脇大栄翔が2日、報道陣の電話取材に応じ、秋場所(13日初日・両国国技館)へ向けた意気込みを語った。周囲の期待を感じており「プレッシャーとは考えず気合に変えていきたい。出るからには毎場所優勝を目指す」と初の賜杯への意欲も口にした。 この日は埼玉県草加市の追手風部屋で、十両大翔丸らと19番相撲を取ったという。

後で読む
デイリースポーツ

日本スケート連盟は2日、都内で理事会を開催し、フィギュアスケートの世界選手権(3月、ストックホルム)などの代表選考基準を承認した。 選考会を兼ねる12月の全日本選手権(長野)参加は必須。世界選手権の男女シングル出場枠は3あり、全日本選手権優勝者は内定となる。

後で読む
デイリースポーツ

日本カーリング協会は2日、11月7日~14日まで北海道・稚内市内で開催予定としていたパシフィック・アジア選手権を中止にすることを発表した。新型コロナウイルスの影響により世界カーリング連盟が決定した。 昨年の同大会準優勝のコンサドーレ・松村雄太(30)は「安全を第一に考えた決定だと受け止め、世界連盟の決定を支持します」とコメント。平昌五輪女子3位でロコ・ソラーレの藤沢五月(29)も「残念なニュースではありますが、カーリング関係者全員の健康と安全を1番に考えると、最善の道」と理解を示した。

後で読む
デイリースポーツ

日本スケート連盟は2日の理事会で、フィギュアの2023年世界選手権招致に名乗りを上げることを承認した。3月20~26日にさいたま市のさいたまスーパーアリーナで開催する計画で近く立候補する。 同連盟によると、開催地は来年5~6月の国際スケート連盟(ISU)総会で決まる見通し。22年北京冬季五輪の翌シーズンで、日本開催が実現すれば19年大会以来4年ぶり8度目となる。

後で読む
日刊スポーツ

ブレーブスのマルセル・オズナ指名打者が初回に9号2ラン、7回に10号ソロ、8回に11号3ランを放ち、ナ・リーグの選手で初めてフェンウェイパークで3本塁打を記録…

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキースは1日のレイズ戦を前に、左腕ザック・ブリトン投手(32)が負傷者リスト(IL)から復帰。頼もしい救援が戻ったことで、アーロン・ブーン監督が喜びの声を…

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキース田中将大投手(31)が、6回3安打2失点2四死球7奪三振と好投し、今季6戦目で初勝利(1敗)を挙げた。   ◇   ◇   ◇ヤンキースの抑え左腕チ…

後で読む
スポーツ報知

【西武スタメン】

後で読む
スポーツ報知

【ソフトバンクスタメン】

後で読む
スポーツ報知

◆セ・リーグ

後で読む
スポーツ報知

DeNAのスペンサー・パットン投手(32)が3日の巨人戦で来日4年、194戦目で初先発する。予告先発投手として2日、公示された。

後で読む
スポーツ報知

中日・福谷浩司投手(29)が、3日の広島戦(ナゴヤドーム)に先発する。

後で読む
デイリースポーツ

3日の予告先発が発表され、DeNAは中継ぎのパットンが来日4年目で初先発することになった。 チームは13連戦中で、3日はその3戦目。今永、平良と先発が離脱する状況の中、オープナーを採用し、首位・巨人の撃破を狙う。「先発は2012年のマイナーリーグ以来だと思います」と振り返った助っ人右腕は「明日はいつも通りアウトを取って、次の投手につなぐだけです」と意気込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

 新型コロナの影響で中止が続いていた男子ゴルフツアーは3日からのフジサンケイ・クラシックで国内初戦を迎える。開幕前日の2日、各選手は山梨県富士桜CCで最終調整し、2年連続賞金王の今平周吾は「楽しみ。練習してきたことを試合に出していきたい」と意欲的に語った。 今平は、ラフやグリーンなどを確認。一昨年に2位に入るなど相性のいいコースで「結果が悪くないので結構いけそうな感じはある」と自信を見せる。

後で読む
日刊スポーツ

日本スケート連盟(JSF)は2日、都内で理事会を開き、注目されているグランプリ(GP)シリーズの今季方式に関しても議論した。8月28日にオンラインで理事会を開…

後で読む
日刊スポーツ

競泳男子の瀬戸大也(26=ANA)が2日、都内でP&Gの新製品発表イベントに参加した。お笑いコンビのチョコレートプラネット、フリーアナウンサー宇垣美里らととも…

後で読む
日刊スポーツ

日本スケート連盟(JSF)は2日、2020-21年シーズンのフィギュア国際競技会派遣選手の選考基準を発表した。以下の選考基準に従って強化部が候補を決定し、フィ…

後で読む
日刊スポーツ

日本カーリング協会は2日、パシフィック・アジア選手権(11月)、北海道稚内の中止に伴って、男女日本代表チームのコメントを発表した。コロナ禍の影響で大会を主催す…

後で読む
日刊スポーツ

日本スケート連盟(JSF)は2日、2020-21年シーズンのフィギュア国際競技会派遣選手の選考基準を発表した。以下の選考基準に従って強化部が候補を決定し、フィ…

後で読む
スポーツニッポン

きょう勝てば4カード連続勝ち越しとなる好調な阪神。スタメンは以下の通りだ。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAのパットンが、3日の巨人戦で来日初先発する。

後で読む
スポーツニッポン

阪神先発・ガルシアが粋な演出を背にマウンドに上がった。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAのスペンサー・パットン投手(32)が、3日の巨人戦(東京ドーム)で来日4年目で初先発する。

後で読む
スポーツ報知

3冠王者・吉野修一郎(28)=三迫=と挑戦者・細川バレンタイン(39)=角海老宝石=が2日、都内で新型コロナウイルス感染症のPCR検査、前日計量などに臨み、計量は両者ともにリミットの61・2キロで一

後で読む
スポーツ報知

日本スケート連盟は2日、都内で理事会を開き、フィギュアスケート女子で平昌五輪4位の宮原知子(22)=関大=は、12月の全日本選手権(24~27日、長野)への予選を兼ねたブロック大会が免除されることが

後で読む
スポーツ報知

新型コロナウイルス感染拡大による国内ボクシング興行自粛が7月に明け、私が担当する関西でも8月9日、再開後初の客入れ興行が大阪・枚方市立総合体育館で開催された。主催は「西の名門」グリーンツダジム。本石

後で読む
スポーツ報知

フランス1部リーグ「トップ14」は1日、開幕節(4日)のパリ対ボルドー戦を延期すると発表した。両チームとリーグ側が協議し、健康と安全を最優先する決定を下した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は2日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・加藤匠馬捕手(28)が2日、広島14回戦(ナゴヤドーム)に「8番・捕手」で出場する。先発マスクは8月9日の巨人戦(ナゴヤドーム)以来、20試合ぶり。昨季は開幕マスクを任されるなど92試合に出場してブレークしたが、今季は大野雄とのコンビを木下拓に譲り、D4位・郡司(慶大)も存在感を示しているため、スタメンが今回で11試合と悔しいシーズンとなっている。昨季は先発・小笠原の登板7試合中、4試合でバッテリーを組んで2勝に貢献しており、存在感を示したい。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(2日、甲子園球場) 阪神は今季3度目の4連勝を狙い、ガルシアが先発する。勝てば、矢野監督通算100勝となる。3番は糸井がスタメン復帰。前夜はサンズがサヨナラ本塁打。8月25日・中日戦から7試合連続で本塁打が出ており、打線が活発だ。ヤクルトは山中が先発する。

後で読む
サンケイスポーツ

28歳で新入幕の翔猿は2日、埼玉県草加市の追手風部屋で四股などの基礎運動で汗を流した。徐々に幕内力士としての自覚が芽生えているそうで、報道陣の電話取材に「番付にも載ったので。少しずつ実感している」と声を弾ませた。

後で読む
スポーツニッポン

日本スケート連盟は2日に理事会を開き、フィギュアで今季の世界選手権(21年3月22~28日、スウェーデン・ストックホルム)などの代表選考基準を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

「ルヴァン杯・準々決勝、神戸-川崎」(2日、ノエビアスタジアム神戸) 両チームの先発メンバーが発表され、右足首の負傷でリーグ戦を3試合連続で欠場していた元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)がベンチ入りした。出場すれば公式戦4試合ぶりとなる。また、ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン(34)もベンチスタートとなった。右膝を痛めているブラジル人FWドウグラス(32)は欠場した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのフランス1部マルセイユに移籍した日本代表DF長友佑都が1日、ツイッターを更新。マルセイユの練習に初参加したことをつづった。 16年からマルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹とともにランニングする写真を添付し「マルセイユ初練習。日本代表の宏樹と共に。同じチームに日本人が2人。初めてで新鮮な気持ち。チームの雰囲気は最高。」と記した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカースペイン2部リーグ、サラゴサの元日本代表、MF香川真司が同チームでのプレー続行を望んでいるという。スペインサッカー情報などを扱うウェブサイト、エル・デスマルケが伝えている。 情報によると、香川は書類手続きによりチーム始動に間に合わないが、クラブの許可を得ており問題は無いという。またカタールからの獲得オファーがあるが香川はスペインでのプレーする夢の継続を望んでおり、サラゴサのルベン・バラハ新監督も同選手を戦力として計算しているとしている。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの杉谷拳士内野手(29)が2日、「第3捕手」に向けた極秘練習?に着手した。この日の楽天戦(札幌D)前、打撃練習を終えた杉谷は鶴岡バッテリーコーチ兼捕手が見守る前で、キャッチャーミットをはめて

後で読む
スポーツ報知

脳しんとう、むちうちの症状で2軍調整中のDeNA・タイラー・オースティン内野手(28)が2日、イースタンリーグ・ロッテ戦(浦和)で「3番DH」で実戦復帰した。7月31日の阪神戦(甲子園)以来の実戦は

後で読む
デイリースポーツ

巨人は2日、モタ外野手の出場選手登録を抹消した。モタは今季支配下登録され、8月21日に1軍昇格。同22日の広島戦でプロ初安打となる本塁打を放った。だが9試合出場、9打数2安打、1本塁打、打率・222、打点4だった。 この日先発するサンチェス投手が昇格。サンチェスは7月25日のヤクルト戦の登板前に右肩の違和感を訴え、翌日に出場選手登録を抹消。8月中旬のイースタン・リーグで実戦復帰を果たし、戦列に復帰していた。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは2日、3日の西武戦(ZOZOマリンスタジアム、18時試合開始)で本拠地公式戦でビジターユニホームを着用してプレーをする「BLACK BLACKイベント」を開催。「BLACK BLACKグッズ」を販売すると発表した。 同イベントは毎年恒例のファンサービスイベントで14年連続の開催。主なグッズは以下の通り(全て税込み価格)。

後で読む
スポーツニッポン

◇出場選手登録公示

後で読む
スポーツニッポン

DeNA・宮崎が3試合連続でスタメンを外れることになった。

後で読む
スポーツニッポン

ヤンキース・田中がレイズ戦に先発。6回2失点の好投で、今季6試合目にして初勝利を挙げた。スポニチ評論家の森繁和氏(65)が投球を分析した。

後で読む
スポーツニッポン

「脳震とう」と「むちうち」の診断でリハビリを行っていたDeNA・オースティンが2日、イースタン・ロッテ戦で実戦復帰した。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのフランス1部リーグのマルセイユに加入した日本代表DF長友佑都(33)は2日、フランスのマルセイユにあるクラブの練習施設で記者会見に臨む。

後で読む
東京スポーツ

大相撲秋場所(13日初日、東京・両国国技館)を控えた2日、新関脇の大栄翔(26)が埼玉・草加市の追手風部屋で稽古を行った。十両大奄美(27)らを相手に相撲を19番取って16勝。精力的に汗を流した。 …

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは、9月3日の西武戦(ZOZOマリン)で開催する「BLACK BLACK」イベントを受け、「BLACK BLACK」グッズを発売する。同イベントは本拠地公式戦でビジターユニホームを着用してプレーをする毎年恒例のファンサービで14年連続での開催。主なグッズは「BLACK BLACK」キーホルダー(税込700円)、「BLACK BLACK」巾着(税込800円)など。発売は3日午前10時からマリーンズオンラインストア、午後1時からマリーンズストアミュージアム店で開始。ロッテ広報室は「今年はビジターユニホームのデザインをリニューアルしており、ぜひ楽しんでください」とコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽西武 内海哲也投手 ▽楽天 青山浩二投手、石原彪捕手 ▽日本ハム 上原健太投手 ▽オリックス 山田修義投手 【同抹消】 ▽西武 西川愛也外野手 ▽楽天 シャギワ投手、太田光捕手 ▽日本ハム 鶴岡慎也捕手 ▽オリックス 荒西祐大投手、斎藤綱記投手

後で読む
日刊スポーツ

浦和レッズのMFエヴェルトン(27)が新システムの要としての自覚を示した。2日、さいたま市の大原サッカー場でのトレーニングに参加した後、オンラインで報道陣に対…

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽巨人 サンチェス投手 ▽ヤクルト 山中浩史投手 【同抹消】 ▽巨人 モタ外野手

後で読む
スポーツニッポン

日本スケート連盟は2日、都内で理事会とともにフィギュア委員会を開き、カナダを練習拠点とする18年平昌五輪4位の宮原知子(22=関大)について、12月の全日本選手権への選考を兼ねた国内ブロック大会出場を免除することを決めた。

後で読む
スポーツニッポン

日本スケート連盟は2日、都内で理事会を開き、今季のジャパン・オープン開催を承認した。詳細については主催のテレビ東京から発表されるという。

後で読む
スポーツ報知

巨人2軍は2日、東京ガスとプロ・アマ交流戦を行い、4―3で勝利した。

後で読む
デイリースポーツ

日本スケート連盟は2日、都内で理事会を開催した。フィギュアスケートの2023年世界選手権の開催地に、日本のさいたまスーパーアリーナが立候補することを承認した。3月20~26日の予定。 日本は、19年世界選手権を同会場で開催。20年大会はカナダ・モントリオールで開催予定だったが、コロナ禍によって中止となっていた。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲秋場所」(13日初日、両国国技館) 新入幕を果たした翔猿(28)=追手風=が2日、埼玉県草加市の部屋で基礎運動を中心に汗を流した。周囲の祝福もあり、幕内力士の自覚も徐々に実感。「少しずつ。番付とかにも載っていたので。少しずつ実感しています」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

競泳男子で東京五輪代表に内定している瀬戸大也(26)=ANA=が2日、都内でP&Gのイベント「オーラルBiO新製品発表会」に出席した。 瀬戸は8月28日の早慶対抗水上競技大会(辰巳)で約半年ぶりに実戦に復帰。「1つ1つ、自分の調子やレベルを戻していこうとスイッチが入った」と振り返り「基礎を作って、ケガをしない体でトレーニングしたい。徐々にスイッチを入れていく」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

米プロバスケットボールNBAのプレーオフは1日、フロリダ州オーランド近郊で行われ、東カンファレンス準決勝では、セルティックスがラプターズとの第2戦を102-99で制し、2勝目を挙げた。 西カンファレンス1回戦ではナゲッツがジャズに80-78で競り勝ち、4勝3敗で準決勝に進んだ。(共同)

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトのドラフト5位、長岡秀樹内野手(18)が待望のプロ初本塁打を放った。

後で読む
スポーツ報知

ロッテは2日、本拠地公式戦でビジターユニホームを着用をする「BLACK BLACKイベント」を3日の西武戦に開催することに伴い「BLACK BLACKグッズ」の販売を行うことを発表した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は2日、モタ外野手の出場選手登録を抹消した。モタは今季支配下登録され、8月21日に1軍昇格。同22日の広島戦でプロ初安打となる本塁打を放った。だが9試合出場、11打数2安打、1本塁打、打率・222だった。 この日先発するサンチェス投手が昇格。サンチェスは7月25日のヤクルト戦の登板前に右肩の違和感を訴え、翌日に出場選手登録を抹消。8月中旬のイースタン・リーグで実戦復帰を果たし、戦列に復帰していた。

後で読む
スポーツニッポン

サッカー元日本代表MF鈴木啓太氏(39)が代表取締役を務めるAuB株式会社が元オリンピック選手の腸内環境からヒトに有効な新種の腸内細菌(ビフィズス菌の菌株)を発見し、近く商品化することを発表した。

後で読む
日刊スポーツ

日本水連は、11月に開催予定のアーティスティックスイミング(AS)日本選手権について、大会要項を発表した。期間は11月12~15日で、場所は山口市内の山口きら…

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール女子Vリーグ1部(V1)のヴィクトリーナ姫路が、リーグ初となる「スコートユニホーム」を導入した。2日、姫路市内で行われたシーズン公式会見で披露。ア…

後で読む
日刊スポーツ

日本スケート連盟(JSF)は2日、都内で理事会を開き、2023年の世界フィギュアスケート選手権の開催地に立候補する計画が承認された。同年の3月20~26日とい…

後で読む
スポーツ報知

 女子プロゴルフのゴルフ5レディスは4日から3日間、岐阜・ゴルフ5CみずなみC(6571ヤード、パー72)で行われる。2日に予選ラウンド第1日(4日)の組み合わせが発表され、ツアー史上3例目の3戦連続

後で読む
スポーツニッポン

中日の平田は通算1000安打にあと1本。広島の予告先発・野村を通算62打数19安打の打率・306と打っており、得意の相手から記念の一打を放つか注目だ。

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルスの影響で中止が続いていた男子ゴルフツアーの今季国内初戦「第48回フジサンケイクラシック」(サンケイスポーツなど主催)は3日、山梨・富士桜カントリー倶楽部で開幕する。2年連続賞金王の今平周吾(27)=フリー=が2日、オンラインで会見し、「やっと開幕するので、すごく楽しみ。練習してきたことを出したい」と胸を高鳴らせた。

後で読む
サンケイスポーツ

パラ陸上の日本選手権が5、6日に埼玉県熊谷市で開催される。新型コロナウイルスの影響で中止や延期が続いたパラスポーツの公式大会が約半年の空白を経て再開するが、同選手権では障害が重いクラスを中心に有力選手の欠場表明が相次いでいる。依然高い感染リスクへの危惧が、来夏の東京パラリンピックへの再始動に影を落とす。

後で読む
スポーツ報知

こんにちは、仙台89ERSの月野雅人です。見てください、僕のこの満面の笑み。最近自粛生活が長く続いたせいで、すっかりひとり時間が長かったせいか、チームメイトの寒竹隼人選手と笹倉怜寿選手と宮城県加美町

後で読む
スポーツ報知

競泳東京五輪代表の瀬戸大也(26)=ANA=が2日、都内でP&Gの新製品発表イベントに出席した。8月28日の早慶対抗水上競技大会(東京・辰巳)で、約半年ぶりの実戦に出場。一時は五輪延期でモチベーショ

後で読む
スポーツ報知

東洋太平洋・WBOアジアパシフィック・日本ライト級の3冠王者・吉野修一郎(28)=三迫=と挑戦者・細川バレンタイン(39)=角海老宝石宝石=が2日、都内で新型コロナウイルス感染症のPCR検査、前日計

後で読む
スポーツ報知

日本スケート連盟は2日、都内で理事会を開き、フィギュアスケートの2023年世界選手権の開催国に立候補することを承認した。会場はさいたまスーパーアリーナで期間は3月20~26日。来年6月の国際スケート

後で読む
スポーツニッポン

新関脇の大栄翔(26=追手風部屋)が2日、電話での代表取材に応じた。この日は大相撲秋場所(13日初日、東京・両国国技館)に向けて埼玉県草加市の追手風部屋で申し合いを行い、「立ち合いでしっかり当たることと突き押しで攻めること」を意識し、十両の大奄美、大翔丸らに19番取って16勝。部屋には自身を含めて7人の関取がいるだけに「いろんなタイプがいるので自分にとってもプラスになる」と納得の稽古となった。…

後で読む
スポーツニッポン

日本スケート連盟は2日、都内で理事会を開き、23年フィギュアスケート世界選手権の開催地に立候補することを決めた。23年3月20―26日で会場は、さいたまスーパーアリーナ。伊東秀仁フィギュア委員長は「他に競合が出てくる可能性はある」とし、正式決定は来年6月になると説明した。

後で読む
スポーツ報知

中日球団とナゴヤドームは、新型コロナウイルス感染拡大予防対策を徹底した上で、9月18~20日の阪神戦を入場5000人上限で開催する。新型コロナウイルス感染防止のため、チケット販売窓口や販売席種を限定

後で読む
スポーツニッポン

ファームで調整中の巨人・沢村拓一投手(32)が5回に3番手で登板した。最速は156キロを計時し、1回1安打無失点だった。「課題として投手有利のカウントを続けて常に打者にアプローチしていくことです。全体的に感じ良く投げられましたが、もっと状態を上げて早くチームに貢献したいです」とコメントした。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテが3日の西武戦(ZOZOマリン)でビジター黒ユニホームを着用する「BLACK BLACKイベント」を開催。同時に「BLACK BLACKグッズ」を販売すると発表した。BLACK BLACKイベントは本拠地公式戦でビジターユニホームを着用する恒例イベントで、今回で14年連続での開催となる。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、阪神(降雨ノーゲーム)広島」(2日、鳴尾浜球場) 阪神2軍は鳴尾浜で広島との試合だったが、二回の広島攻撃中に雨が強くなりノーゲームとなった。

後で読む
サンケイスポーツ

元イングランド代表FWのダレン・ベント氏は、リバプールにさらなる補強を求めた。

後で読む
サンケイスポーツ

契約延長交渉が難航する日本代表MF鎌田大地について、フランクフルトのブルーノ・ヒューブナーSD(スポーツディレクター)が語っている。ドイツ『LIGA INSIDER』が伝えた。

後で読む
デイリースポーツ

日本ボクシング連盟の女子の強化委員、普及委員に就任したお笑いコンビ、南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代さん(41)が2日、オンラインで記者会見し「芸能界でやらせてもらっているのもボクシングなしではありえない。恩返しをしたい」と意欲を語った。山崎さんは2012年ロンドン五輪を目指していた。 女子の知名度向上などを担う。来年の東京五輪にはフライ級の並木月海(自衛隊)、フェザー級の入江聖奈(日体大)が日本女子初の出場を決めており、山崎さんは「レベルが上がっているし、すごいこと。メダルを取ってほしい」とエールを送った。

後で読む
サンケイスポーツ

日本代表MF遠藤渓太が加わったウニオン・ベルリンに所属する元セルビア代表DFネヴェン・スボティッチに日本行きの可能性があったようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えた。

後で読む
デイリースポーツ

元プロレスラーの長州力が2日、ツイッターを更新。1日に行われた製菓会社でのイベントで記者とのやりとりに怒ったとされる記事が拡散されたことに「質疑応答の対応が少しまずい方向になりました!大変申し訳ありませんでした」と謝罪。だがファンからは「長州さんは悪くないです」など同情の声があがった。 長州は1日に製菓会社のイベントに長州小力とともに登場。イベント後の囲み取材で、同郷である安倍晋三首相の辞任について聞かれ「大変立派な総理」と答え「その質問、本当に関係あるかな」と語り、会場が一瞬緊張に包まれたことがネットニュースなどで報じられていた。

後で読む
日刊スポーツ

J1第14節が9月5日に行われる。各カードのoptaファクトは以下の通り。※ファクト内の数字はJ1での成績北海道コンサドーレ札幌 – サンフレ…

後で読む
東京スポーツ

全日本プロレスの前3冠ヘビー級王者・宮原健斗(31)が、西郷隆盛像にささげる復活Vを誓った。新型コロナウイルス感染拡大の影響で春からスライド開催される祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」(12日…

後で読む
東京スポーツ

大日本プロレスのBJW認定世界ストロングヘビー級王者・橋本大地(28)が長期政権樹立を狙っている。2デイズの横浜文化体育館ラスト興行初日(8月29日)では入江茂弘(32)を退け、同王座のV6に成功。…

後で読む
東京スポーツ

BJW認定デスマッチヘビー級王者の藤田ミノル(42)が新たな王者像を描いている。8月29日に伊東竜二(44)を破り、同王座を初戴冠。V1戦の相手を「フレッシュなチャレンジャーを待ちたい」と呼びかけた…

後で読む
東京スポーツ

【プロレスPLAY BACK(98)】米国から来日する選手が激減した現在、逆に日本人選手が世界最大のプロレス団体「WWE」で活躍している。スマックダウンタッグ王座を中邑真輔、ロウ女子王座をアスカが持ち…

後で読む
スポーツ報知

巨人の沢村拓一投手(32)が1点リードの5回に登板。1イニングを1安打無失点に抑えた。「課題として投手有利のカウントを続けて常に打者にアプローチしていくことです。全体的に感じ良く投げられましたが、も

後で読む
デイリースポーツ

【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン第2日は1日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス1回戦で世界ランキング49位の西岡良仁は2012年大会覇者のアンディ・マリー(英国)に6-4、6-4、6-7、6-7、4-6で逆転負け。 ダニエル太郎はグレゴワール・バレール(フランス)に3-6、4-6、6-3、1-6で敗れた。添田豪は第6シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)に6-7、1-6、4-6で屈した。杉田祐一はウーゴ・アンベール(フランス)に3-6、4-6、3-6で敗れ、同種目の日本勢は姿を消した。

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキース田中将大投手(31)が本拠地でのレイズ戦に先発し、今季6度目の登板で初勝利(1敗)を挙げた。6回88球を投げ、3安打2失点7奪三振2四死球の力投だっ…

後で読む
東京スポーツ

日本ボクシング連盟は2日、オンラインで会見を行い、女子強化委員・普及委員に就任したお笑いコンビ・南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代(41)が女子ボクシングの強化と普及へ向けた所信表明を行…

後で読む
東京スポーツ

ボクシングの元世界3階級制覇王者・八重樫東(37=大橋)が“節目の日”に引退を発表した。「本日(1日)をもって引退します。ボクシングが僕の人生を豊かにしてくれた。感謝してもしきれない」とコメントした…

後で読む
日刊スポーツ

東京パラリンピック開幕まで1年を切り、パラスポーツ界も新型コロナウイルス禍の中で動き始めた。5、6日には世界パラ陸連(WPA)公認の日本パラ陸上選手権(埼玉・…

後で読む
日刊スポーツ

日本アメリカンフットボール協会は2日、日本選手権ライスボウルの開催を正式発表した。来年1月3日に東京ドームで、社会人と学生の両代表が対戦する。いずれも変則の公…

後で読む
日刊スポーツ

2028年ロサンゼルスオリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会は1日、「多様性」を表現する大会の公式エンブレムを発表した。デジタル時代に対応した「初の変…

後で読む
日刊スポーツ

東カンファレンス準決勝では、セルティックスがラプターズとの第2戦を102-99で制し、2勝目を挙げた。西カンファレンス1回戦ではナゲッツがジャズに80-78で…

後で読む
日刊スポーツ

男子シングルス1回戦で世界ランキング49位の西岡良仁(ミキハウス)は2012年大会覇者のアンディ・マリー(英国)に6-4、6-4、6-7、6-7、4-6で逆転…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。