「2020年9月7日」の記事一覧

スポーツ報知

バスケットボール男子日本代表で、今季から豪州リーグのメルボルン・ユナイテッドに入団する馬場雄大(24)が7日、オーストラリア出発前に成田空港で取材に応じ、「やっとオーストラリアに行けるということで、

後で読む
サンケイスポーツ

巨人の沢村拓一投手(32)とロッテの香月一也内野手(24)のトレードが7日、両球団から発表された。強打の左打者を探していた巨人と、救援陣の整備が課題だったロッテの思惑が一致した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2-3巨人、13回戦、巨人10勝3敗、7日、甲子園)巨人のメルセデスは6回を投げて散発の2安打無失点と好投し、3勝目を挙げた。「非常にうれしい。直球をしっかりコースに投げ切れた」と納得の口ぶりだった。

後で読む
スポーツ報知

阪神・近本光司外野手(25)が、自身の失策を猛省した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人OBの上原浩治氏が7日、インスタグラムを更新。巨人からロッテにトレードが決まった沢村拓一投手へ「期待してるから」とメッセージを送った。 昨季巨人で引退した上原氏はチームメートの沢村をかわいがり、沢村も上原氏を慕っていた。沢村の画像を添付し、「決してマイナスじゃないからな!何かと日本のトレードはそう思われがち」としながら激励。ハッシュタグをつけて「チャンス」と、前を向かせた。

後で読む
スポーツニッポン

イングランド・プレミアリーグのリバプールに所属する日本代表MF南野拓実(25)について、6日付の地元紙リバプール・エコー(電子版)が特集記事を掲載した。

後で読む
東京スポーツ

元プロ野球選手の上原浩治氏(45)が7日、NPBが「田沢ルール」の撤廃が決めたことをツイッターで歓迎。自身と同じく米大リーグ・レッドソックスなどで活躍した田沢純一投手(34)にエールを送った。   …

後で読む
東京スポーツ

米大リーグ・レッドソックスなどでも活躍した元プロ野球選手の上原浩治氏(45)が7日、トレードで巨人からロッテへの移籍が決まった澤村拓一投手(32)にツイッター上でエールを送った。  上原氏は冒頭に「…

後で読む
東京スポーツ

巨人の原辰徳監督(62)が執念の継投を振り返った。  7日の阪神戦(甲子園)3点リードの7回だった。2番・糸原からの上位打線に対し指揮官は6回73球2安打無失点のメルセデスを下げ、勝ち継投の高梨、大…

後で読む
東京スポーツ

巨人の左腕C・C・メルセデス投手(26)が涙の降板劇からの復活勝利を喜んだ。  7日の阪神戦(甲子園)で6回2安打無失点の好投で3勝目をマーク。8月19日の阪神戦(東京ドーム)で左ヒジ違和感により2…

後で読む
東京スポーツ

阪神は7日の巨人戦に2―3で惜敗。対巨人4連戦を1勝2敗(1試合は悪天候により中止)で終え3位に転落し、首位とのゲーム差は8・5にまで開いた。  僅差のゲームを落とした最大の要因は、またも守備難だっ…

後で読む
スポーツニッポン

右手有鉤(ゆうこう)骨骨折から復帰し47日ぶりにスタメン出場した糸原は、9回に1点差に詰め寄る左翼ポール際へのソロ本塁打を放つなど、2安打1打点と躍動した。

後で読む
スポーツニッポン

首位巨人に4カード連続で負け越しとなった阪神。守備でのミスが敗戦に大きくつながり、失策を犯した近本は試合後「大事な試合で、自分のミスで失点してしまい、本当にやってはいけないミスをしてしまいました」と悔いた。

後で読む
スポーツニッポン

侍ジャパンの稲葉篤紀監督(48)が7日、公式YouTubeチャンネルに出演し、来年へ延期された東京五輪への意気込みや、本番への備えなどについて語った。

後で読む
スポーツニッポン

レイズの筒香は敵地ナショナルズ戦(午前7時5分開始)で打者出場予定。サイ・ヤング賞3度獲得のエース右腕シャーザーとのメジャー初対決が注目される。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2-3巨人、13回戦、巨人10勝3敗、7日、甲子園)阪神は終盤に追い上げたものの一歩、届かなかった。七回にボーアの内野安打で1点返し、九回は糸原が自身最多更新の3号ソロ本塁打。右手骨折から5日に途中出場で復帰し、7月22日以来の先発だった主将は七回には右前に運んでいたが「個人的にはいい形で打つことができたが、負けてしまったので悔しい」と笑顔はなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-3巨人」(7日、甲子園球場) 阪神・矢野監督は8日からのDeNA3連戦(横浜)へ向けて、一戦必勝を強調した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-3巨人」(7日、甲子園球場) 阪神・近本が失策を猛省した。0-0の三回1死満塁から松原の浅い飛球を捕球するとホームへ悪送球。三走・大城はスタートの構えこそ見せたが、捕球したのを見るとすぐ三塁に戻っていた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-3巨人」(7日、甲子園球場) 阪神の糸原が「リハビリ中、自分に携わってくれたすべての方々のおかげ」と感謝の思いを胸に大活躍した。チームは敗れたものの、スタメン復帰戦で見事な働き。悔しさを見せながらも、主将として前を向いた。

後で読む
東京スポーツ

日本レスリング協会は7日、オンラインで理事会を開いた。今年12月に行われる世界レスリング連合(UWW)の理事選に、日本協会副会長を務める至学館大の谷岡郁子学長(66)が立候補する予定だったが、協会事…

後で読む
日刊スポーツ

2戦3発の鹿島アントラーズMF土居聖真が、トップ下での手応えを明かした。今季は右MF起用が多かったが、ザーゴ監督は「土居はシュート意識が強い。良さを引き出した…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人3-2阪神、13回戦、巨人10勝3敗、7日、甲子園)阪神は中5日で今季初めて高橋を先発させたが、近本の守りのミスが響いた。九回にスタメン復帰の糸原のソロアーチで1点差まで追い上げたが届かなかった。矢野燿大監督の一問一答は以下の通り。

後で読む
東京スポーツ

秋山準(50)率いる「準烈」と、竹下幸之介(25)率いる「オールアウト」の抗争が激化の一途をたどっている。  DDT7日の東京・後楽園ホール大会に秋山準(50)は高木三四郎(50)とのコンビ「チーム…

後で読む
サンケイスポーツ

日本野球機構(NPB)と12球団によるプロ野球実行委員会が7日、オンラインで開かれ、日本のドラフト指名を拒否して外国のプロリーグでプレーした選手とは一定期間契約できないとする「田沢ルール」を撤廃し、今後同様の規定は作らないことを決めた。

後で読む
東京スポーツ

DDT7日の東京・後楽園ホール大会で、KO―D6人タッグ王者の赤井沙希(33)、坂口征夫(47)、樋口和貞(31)組が世志琥(27)、男色ディーノ(43)、立花誠吾(23)組を下し、V2に成功した。…

後で読む
東京スポーツ

KO―D無差別級王者の遠藤哲哉(29)が11月3日の東京・大田区総合体育館大会でのV3戦の相手に同門のカリスマ・佐々木大輔(34)を指名した。  DDT7日の東京・後楽園ホール大会で遠藤と佐々木は、…

後で読む
スポーツ報知

巨人の虎キラー復活だ。左肘のコンディション不良から復帰した先発・メルセデスが6回無失点の快投で3勝目。昨年まで4勝0敗の阪神打線を2安打に封じた。前回8月19日の同カード(東京D)では患部の不安から

後で読む
デイリースポーツ

日本レスリング協会が今年6月、国際競技団体である世界レスリング連合(UWW)の役員改選に向けた理事候補の推薦を忘れてしまい、提出期限に間に合わず無効となっていたことが明らかになった。7日、理事会後にオンラインで会見した富山英明広報委員長が明らかにした。 日本協会によれば、今年12月に予定されているUWWの役員改選に合わせ、日本協会の谷岡郁子副会長を女性理事の候補者として推薦する予定だったが、事務局のミスで提出期限の6月6日を過ぎた同10日に提出。しかし、UWWから「無効である」との通達がきたという。選出されるかはさておき、手続き上のミスで機会をフイにしてしまった。

後で読む
デイリースポーツ

日本レスリング協会は7日、理事会をオンライン上で開催し、12月に開催される世界選手権(セルビア・ベオグラード)に日本代表を派遣する方針を固めた。同時期に国内大会の全日本選手権も開催予定だが、世界選手権出場を優先する可能性もある。 派遣メンバーは強化委員会が決めるが、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった東京五輪代表に決まっている川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)、文田健一郎(ミキハウス)ら8人が実戦の機会として出場する可能性もあるといい、富山英明広報委員長は「(各選手の)意向を聞くことになると思う」と説明した。

後で読む
スポーツ報知

【セ・リーグ】

後で読む
スポーツ報知

阪神・矢野燿大監督(51)が、手痛い失策を犯した近本光司外野手(25)に、名指しで奮起を求めた。

後で読む
東京スポーツ

シュートボクシング(SB)協会は7日、19日に東京・後楽園ホールで開催予定だった「SHOOT BOXING 2020 act.2」を延期すると発表した。  延期理由を「一部関係者および出場選手数名に…

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-3巨人」7日、甲子園球場) 巨人が逃げ切り、2連勝。40勝一番乗りで貯金18、2位DeNAとのゲーム差を8とした。

後で読む
デイリースポーツ

巨人が両リーグ一番乗りで40勝到達。三回に失策に乗じて1点を先制し、四回は大城の犠飛、五回は岡本の適時二塁打で加点した。メルセデスは6回を単打2本の無失点で3勝目。拙守で劣勢を招いた阪神は追い上げ及ばず、3位後退。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-3巨人」7日、甲子園球場) 巨人が逃げ切り、2連勝。40勝一番乗りで貯金18、2位DeNAとのゲーム差を8とした。

後で読む
スポーツニッポン

スペイン3部(2部B)のデポルティボから同2部レガネスに移籍した日本代表MF柴崎岳(28)が7日、入団会見を行った。

後で読む
日刊スポーツ

日本レスリング協会は7日、オンラインで理事会を開き、12月に予定される世界選手権(セルビア)へ選手を派遣する方針を確認した。同月には全日本選手権も開催されるが…

後で読む
スポーツニッポン

阪神・糸原が右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折から復帰後初のスタメンで今季3号ソロを放った。

後で読む
スポーツニッポン

巨人が3―2で阪神を下して2連勝。両リーグを通じて40勝一番乗りを果たし、貯金を今季最多タイの18とした。連敗を喫した阪神は首位・巨人と8・5ゲーム差に開き、試合がなかったDeNAと入れ替わって3位に転落した。

後で読む
スポーツニッポン

阪神は巨人との接戦を落とし、3位に転落。首位を走る宿敵とのゲーム差が8・5に広がる痛恨の敗戦だった。

後で読む
スポーツニッポン

巨人のC・C・メルセデス投手(26)が阪神戦(甲子園)に先発登板。6回2安打無失点の好投で、7月23日の中日戦(ナゴヤD)以来46日ぶりとなる今季3勝目(4敗)を挙げた。

後で読む
スポーツニッポン

巨人在籍時の昨年5月にシーズン途中で現役を引退した元メジャーリーガーの上原浩治氏(45)が7日、自身のツイッターを更新し、「田沢ルール」撤廃についてコメント、かつてレッドソックスでともに2013年にワールドシリーズ制覇に貢献した現BCリーグ・埼玉の田沢純一投手(34)にエールを送った。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのイングランド・プレミアリーグで武藤嘉紀の所属するニューカッスルは7日、2部に降格したボーンマスからFWウィルソンを4年契約で獲得したと発表した。イングランド代表歴のある28歳のストライカーで、英スカイスポーツによると移籍金はクラブ史上3番目に高い2000万ポンド(約28億円)。

後で読む
サンケイスポーツ

テニス・全米オープン第7日(6日、米ニューヨーク)女子シングルス4回戦で第4シードの大坂なおみ(22)=日清食品=が、第14シードのアネット・コンタベイト(24)=エストニア=を6-3、6-4のストレートで下し、初優勝した2018年大会以来2年ぶりの8強進出を決めた。8日(同9日)に行われる準々決勝では、ノーシードから勝ち上がったシェルビー・ロジャース(27)=米国=と対戦する。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2-3巨人、13回戦、巨人10勝3敗、7日、甲子園)阪神は2-3で巨人に敗戦。首位・巨人とのゲーム差は8・5に広がった。三回1死満塁から松原を浅い中飛に打ち取ったが、近本が本塁へ悪送球。先制点を献上した。さらに、四回には先頭の岡本のゴロを遊撃・木浪が失策。その後、1死二、三塁となったところで大城に中犠飛を許した。チームはここまで両リーグワーストの51失策。この日も課題の守備が乱れて2点を献上した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は7日、セ・リーグで1試合を実施。広島-DeNAの一戦は台風接近のため、中止となった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(7日、甲子園球場) 阪神が3点差で迎えた七回、ボーアがの三塁内野安打で1点を返した。奇策を仕掛けた“原采配”を助っ人が打ち破り、意地を見せた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(7日、甲子園球場) 阪神・岩貞が大ピンチも無失点で切り抜けた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-3巨人」(7日、甲子園球場) 阪神が“守乱”で連敗。首位巨人の背中は、今季最大タイの8・5差まで遠のいた。

後で読む
サンケイスポーツ

ニューカッスル・ユナイテッドがカラム・ウィルソン獲得に近づいているようだ。イギリス『BBC』が伝えた。

後で読む
サンケイスポーツ

今季はバルセロナに残留することとなったFWリオネル・メッシについて、かつてトットナムやマンチェスターUなどで活躍したテリー・ギブソン氏が語った。

後で読む
サンケイスポーツ

ドルトムントFWジェイドン・サンチョが、今夏の移籍の噂について言及している。『Sport Bible』が報じた。

後で読む
サンケイスポーツ

パリサンジェルマン(PSG)のFWキリアン・ムバッペは、チャンピオンズリーグ(CL)で優勝するために賢い決断をする必要があると語った。フランス『テレフット』が報じた。

後で読む
デイリースポーツ

【バルセロナ共同】サッカーのスペイン2部リーグ、レガネスに3年契約で加入した日本代表MF柴崎岳が7日、入団会見を行い「チームの1部昇格に貢献し、全力を尽くしたい。攻撃的なボランチ(守備的MF)としてプレーしたい」などと抱負を語った。背番号は「8」に決まった。 28歳の柴崎はJ1鹿島から2017年1月、スペイン2部のテネリフェに移籍。翌シーズンから、同1部のヘタフェで2シーズンプレーし、昨季は同2部だったデポルティボに所属した。

後で読む
スポーツ報知

楽天・辛島航投手(29)が7日、楽天生命パークで行われた先発投手練習に参加し、8日・ソフトバンク戦(楽天生命)での先発へ向けてキャッチボールなどで最終調整を行った。

後で読む
スポーツ報知

楽天・福井優也投手(32)が7日、出場選手登録を抹消された。

後で読む
スポーツ報知

阪神は守備のミスが響いて首位・巨人に連敗。今カードは1勝2敗(6日は雨天中止)と負け越した。逆転優勝に向けてライバルとの距離を縮めるどころか、ゲーム差は8・5に広がり、5カードぶりの負け越しで8月3

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」7日、甲子園球場) 巨人・原辰徳監督が、打席途中での異例の継投策を選択した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」7日、甲子園球場) 巨人・原辰徳監督が、またもファンを驚かせる勝負手を繰り出した。

後で読む
東京スポーツ

【新・鬼の手帖】ロッテはいい補強をしたな、というのが今回のトレードに対する率直な感想だ。逆転勝ちは両リーグ最多の21度を数え、1点差試合も14勝6敗と粘り強さはあるが、勝ち試合の後半を担う投手が1枚足…

後で読む
東京スポーツ

阪神・高橋遥人投手(24)が7日の巨人戦(甲子園)で先発し、6回9安打3失点(自責1)の内容だった。  3回は中堅・近本の悪送球で先制、4回は木浪の後逸が追加点につながるなど、苦しい投球となった。今…

後で読む
スポーツニッポン

首位を快走する巨人の原辰徳監督(62)が7・5ゲーム差と離している2位・阪神戦(甲子園)で執念の投手継投を見せた。

後で読む
スポーツニッポン

6回までメルセデスに封じ込まれていた阪神は7回に反撃に出た。先頭の糸原が右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折から4日に1軍復帰して以来、初安打となる右前打を2番手・高梨から放つなど2死一、三塁。ここで打席に立ったボーアは3番手右腕・大竹に対してカウント1―1から右翼方向への痛烈なファウルを放つと、原監督はベンチを出て交代を告げた。

後で読む
スポーツニッポン

阪神・糸原が右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折から復帰後初のスタメンで攻守に躍動をみせた。

後で読む
スポーツニッポン

今回の「田沢ルール」の撤廃は、時代の流れと言っていい。08年オフにNPBのドラフトを回避して田沢が海を渡ってから12年。プロ野球の育成システム、練習環境などは大幅に進歩しており、日本のアマ選手が直接米球界入りするメリットは少なくなっている。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(7日、甲子園球場) 阪神先発・高橋遥人投手(24)が6回9安打3失点(自責1)。今季の対巨人戦は2試合で1勝1敗、防御率0・64と“巨人キラー”だった左腕。ただ、味方の拙守に足を引っ張られ悔しい投球となった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(7日、甲子園球場) 首位・巨人相手に、負けられない一戦を迎えた阪神だが、六回まで打線が散発の2安打で3点をリードを許す展開だ。

後で読む
東京スポーツ

日本バドミントン協会は7日、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京・北区)で行われている日本代表「バード・ジャパン」の合宿の様子を公開した。  日本代表は今月1日から強化合宿を実施中。チームとし…

後で読む
東京スポーツ

今仙技術研究所とミズノは、トップアスリート向け義足板バネ「KATANA∑」(カタナシグマ)を共同で開発した。  スパイクピンがある設置部分から上部にかけて空気抗を設けているのが大きな特徴で、空気抵抗…

後で読む
サンケイスポーツ

日本陸連は7日、東京五輪代表選手らがサイン入りグッズを出品する慈善オークションの第2弾の内容を発表した。女子マラソン代表の一山麻緒(ワコール)がTシャツを、同1500メートル日本記録保持者の田中希実(豊田自動織機TC)はタオルなどを出品する。公式サイトからアクセスでき、期間は13日午後10時まで。

後で読む
サンケイスポーツ

国際スケート連盟(ISU)は7日、日本スケート連盟が招致の意向を示していた2023年3月実施のフィギュアの世界選手権に立候補した都市を発表し、さいたま市のほかミンスクとブダペストが名乗りを上げた。日本開催が実現した場合は19年大会以来4年ぶり8度目となる。

後で読む
サンケイスポーツ

日本野球機構(NPB)と12球団が「田沢ルール」の撤廃を決めたことを受け、ルールができるきっかけとなった独立リーグ、ルートインBCリーグ埼玉の田沢純一投手は7日、球団を通じて「ルールの撤廃を決めていただき本当にうれしい。ご尽力いただいた皆さまに感謝したい」とコメントした。

後で読む
日刊スポーツ

J2京都サンガFCの実好礼忠監督(47)が、苦手な敵地で勝利を目指す。7日、次節群馬戦(9日、正田スタ)に向け、京都・城陽市内で非公開調整後に取材対応。新スタ…

後で読む
サンケイスポーツ

日本野球機構(NPB)の理事会と12球団による実行委員会が7日、オンラインで開かれ、新型コロナウイルス感染防止のため、10月26日のドラフト会議はファンを招待せずに開催することを決めた。

後で読む
スポーツニッポン

日本バドミントン協会は7日、1日から東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで行われている日本代表合宿の様子を写真などで公開した。女子ダブルスで16年リオデジャネイロ五輪金メダリストの松友美佐紀(28=日本ユニシス)は、8月末で現役引退した高橋礼華さん(30)と“タカマツ”ペア解消後、初の代表合宿。再スタートを切った松友が羽根を打つレアショットも公開された。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートのアイスショー「ドリーム・オン・アイス」(12、13日、KOSE新横浜スケートセンター)は7日、公式ツイッターで18年平昌五輪男子代表の田中刑事(倉敷FSC)が欠場すると発表した。

後で読む
スポーツニッポン

全日本テコンドー協会が7日にオンラインで理事会を開き、中国で行われる11月の国際オープン大会への日本選手の派遣を中止することを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大が続いている現状や、中国への渡航中止勧告が継続しているため。

後で読む
スポーツ報知

巨人の坂本勇人内野手(31)が守備でファインプレーを見せた。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲秋場所」(13日初日、両国国技館) 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)が7日、電話取材に応じ、前日新型コロナウイルス陽性が判明し入院中の幕下力士に対し、「熱が下がっている」と状態が回復していることを明かした。

後で読む
デイリースポーツ

バスケットボール男子日本代表でオーストラリアのメルボルン・ユナイテッドに入団した馬場雄大が7日、オーストラリアへの出発前に成田空港で取材に応じ「楽しみ。地元ファンも熱狂的だし、早くプレーしたい」と笑顔で抱負を語った。 新型コロナウイルスの影響で出発の日程が遅れ、シーズン開幕日も未定という。メルボルン・ユナイテッドの監督にはオンラインミーティングで3点シュートや守備での貢献を期待され、自身は古巣のA東京の施設などで調整してきた。

後で読む
デイリースポーツ

【ジュネーブ共同】男子テニスで右肘手術や新型コロナウイルス感染を経て約1年ぶりに復帰する世界ランキング34位の錦織圭が7日、ジェネラリ・オープン(8日開幕、オーストリア)でシングルスの第6シードに入り、1回戦で同47位のミオミル・ケツマノビッチ(セルビア)と対戦することになった。 組み合わせが7日に決まり、西岡良仁は1回戦で第7シードのギド・ペラ(アルゼンチン)と当たる。

後で読む
デイリースポーツ

国際スケート連盟(ISU)は7日、2021-22年から24-25年シーズンまでの選手権大会立候補地を発表した。 日本スケート連盟は今月2日の理事会で、2023年3月のフィギュアスケート世界選手権への立候補を承認し、ISUに申請。会場は埼玉としていた。今回、同大会へは日本のほか、ミンスク(ベラルーシ)、ブダペスト(ハンガリー)も立候補していることが判明した。

後で読む
日刊スポーツ

60試合のシーズンが早くも終盤に近づき、米メディアでは賞レースに注目が集まっている。サイ・ヤング賞のナ・リーグはカブスのダルビッシュ有投手(34…

後で読む
デイリースポーツ

実行委員会では10月26日のドラフト会議の運営方法についても各球団間で了承した。 。コロナの感染防止を図るため無観客開催に。また、会議形式も“リモート”仕様となり、例年のようにひとつの会場に集まるのではなく、各球団はそれぞれ用意される個室から会議に参加する。各球団の参加人数は例年通り6人。抽選となった場合は、別に用意される抽選用の部屋で行う。

後で読む
デイリースポーツ

日本野球機構(NPB)は7日、実行委員会を開催し、田沢ルールの撤廃を決めた。 これを受け、BCリーグ・埼玉の田沢純一投手がコメントを発表し、「ルールの撤廃を決め手いただいたこと本当に嬉しく思っています」と感謝した。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)柔道女子70キロ級代表の新井千鶴(26=三井住友海上)が7日、「不動心」を貫くことを誓った。オンライン取材に応じ、開催が危ぶまれている…

後で読む
日刊スポーツ

もう優勝しかない! 2度の4大大会優勝を誇る世界ランキング9位の大坂なおみ(22=日清食品)が壁を突破した。前哨戦で苦戦した同21位のアネット・コンタベイト(…

後で読む
日刊スポーツ

テニスの4大大会、全米オープン男子シングルス4回戦で6日、世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が試合中に失格した。同27位のカレノブスタ(スペイン)と対…

後で読む
日刊スポーツ

男子テニス日本のエースで世界34位、錦織圭(30=日清食品)の復帰戦の相手が決まった。8日開幕のジェネラリオープン(オーストリア・キッツビューエル)は7日、本…

後で読む
日刊スポーツ

19年ラグビーW杯で日本代表の8強入りに貢献し、フランス1部リーグの強豪クレルモンに移籍したFB松島幸太朗(27)が6日(日本時間7日)、開幕初戦のトゥールー…

後で読む
東京スポーツ

プロ野球界から〝田沢ルール〟が消滅することになった。NPB(日本野球機構)と12球団は7日、臨時代表者会議と理事会、実行委員会を行った。  実行委員会では、ドラフト会議での指名を拒否し、海外の球団と…

後で読む
東京スポーツ

巨人の4番・岡本和真内野手(24)が虎を突き放す適時二塁打を放った。  阪神戦(7日、甲子園)、2点リードの5回一死一、二塁で岡本は虎先発・高橋遥の初球140キロのフォークを左中間へ弾き返した。主砲…

後で読む
東京スポーツ

〝覚醒デスパ〟が起爆剤だ! ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(34)が、8日の3位・楽天戦(楽天生命)から一軍に再昇格することになった。  森ヘッドコーチは「打線のつながりもそうですし、ファ…

後で読む
東京スポーツ

【新・鬼の手帖】ロッテはいい補強をしたな、というのが今回のトレードに対する率直な感想だ。逆転勝ちは両リーグ最多の21度を数え、1点差試合も14勝6敗と粘り強さはあるが、勝ち試合の後半を担う投手が1枚足…

後で読む
スポーツ報知

 日本プロゴルフ協会は7日、都内で理事会を開いた。その後の記者会見で倉本昌弘会長(64)は10月のシニアツアーのメジャー「日本プロシニア選手権住友商事・サミットカップ」(8~11日、茨城・サミットGC

後で読む
スポーツニッポン

1、2点目をともに敵失絡みで挙げた首位・巨人が5回に主砲・岡本和真内野手(24)のタイムリー二塁打で3点目を挙げ、リードを3点に広げた。

後で読む
スポーツニッポン

首位巨人を止めたい阪神だが、5回までメルセデスの前に無得点。わずか2安打ともどかしい展開が続いている。

後で読む
スポーツニッポン

いわゆる「田沢ルール」の撤廃を受け、BCリーグ・埼玉の田沢純一投手(34)が7日、球団ホームページ上でコメントを発表した。

後で読む
スポーツニッポン

首位巨人ストップを託されて先発マウンドに上がった阪神・高橋遥人投手(24)は6回9安打3失点(自責1)で降板。味方の拙守にも足を引っ張られ、白星とはならなかった。

後で読む
デイリースポーツ

スペイン2部レガネスに加入した日本代表MF柴崎岳(28)が7日、マドリード州レガネスにあるクラブ施設で入団会見に臨み、「中盤であればどこのポジションでもやれる。試合の状況によって、監督の求めるプレーができれば」など抱負を語った。レガネスとは3年契約で、クラブ史上初の日本人選手となる。背番号は8に決まった。 レガネスは元日本代表監督のハビエル・アギーレ氏も監督を務めた昨季、1部で18位に終わり、2部に降格した。今季は柴崎がテネリフェ在籍時に指揮を執ったホセ・ルイス・マルティ氏が監督を務める。柴崎は「彼の存在はこのチームに加入するにあたって大きな鍵だった。僕のスタイル、パーソナリティーをよく分かってくれている。共にこのチームで成功できることを願っている」と語った。

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール男子日本代表でオーストラリアのメルボルン・ユナイテッドに入団した馬場雄大が7日、オーストラリアへの出発前に成田空港で取材に応じ「楽しみ。地元ファンも熱狂的だし、早くプレーしたい」と笑顔で抱負を語った。

後で読む
サンケイスポーツ

全日本テコンドー協会は7日、オンラインで理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮して11月に開催予定の中国オープンへの選手派遣中止を決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

テニス・全米オープン第7日(6日=日本時間7日、ニューヨーク)大坂は立ち上がりからサーブの調子がよく、冷静さも失わなかった。コンタベイトには8月の前哨戦で唯一てこずり、ラケットを投げる場面もあった。この試合は一転、吹っ切れた様子で、徐々に調子が上がっているように見える。

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は7日、報道陣の電話取材に応じ、幕下以下の力士1人が新型コロナウイルスに感染したことに関し「(感染者の)熱は下がっていると聞いた。濃厚接触者も検査中だ」と述べた。濃厚接触者の中で発熱の症状がある者はいないという。

後で読む
スポーツ報知

日本ホッケー協会と東京モノレールは7日、大井ホッケー場で「オフィシャル社会共創パートナー契約」を締結した。東京モノレール沿線地域での活性化事業などで相互協力を行うほか、五輪の競技場となる同ホッケー場

後で読む
スポーツ報知

タレント・マツコ・デラックス(47)が7日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)にリモート出演。好きなスポーツと、その理由を明かした。

後で読む
スポーツ報知

脳科学者の茂木健一郎氏(57)が7日、自身のツイッターを更新。来年に延期された東京五輪への思いを明かした。

後で読む
スポーツ報知

バドミントン女子シングルスで東京五輪出場を確実にしている山口茜(再春館製薬所)が7日、日本協会を通じてコメントを発表した。今月1日から半年ぶりに再開された代表合宿について「久しぶりに集合して、日本の

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(7日、甲子園球場) 阪神が三回、中堅・近本の失策で先制を許した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(7日、甲子園球場) 阪神の“守乱”が止まらない。三回に続き、四回には木浪が今季4個目の失策。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティーは7日、MFマレズとDFラポルトが新型コロナウイルスの検査で陽性だったと発表した。症状はなく自主隔離している。

後で読む
サンケイスポーツ

男子テニスで右肘手術や新型コロナウイルス感染を経て約1年ぶりに復帰する世界ランキング34位の錦織圭(日清食品)が7日、ジェネラリ・オープン(8日開幕・キッツビューエル=オーストリア)でシングルスの第6シードに入り、1回戦で同47位のミオミル・ケツマノビッチ(セルビア)と対戦することになった。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビー・トップリーグの神戸製鋼は7日、チャリティーマスクが1日で“完売”したと発表した。午前11時に受け付けを開始し、5時間後の午後4時に予定の1000枚に達し、締め切った。

後で読む
スポーツ報知

中日・大野雄大投手(31)が7日、8日の巨人戦(ナゴヤD)で投げ合う9連勝中の菅野との対戦を前に意気込みを語った。現在5連続完投勝利かつ2連続完封中の左腕はナゴヤドームのマウンドで投球練習をして、最

後で読む
スポーツ報知

阪神が今季50個目の失策で先制を許した。

後で読む
スポーツ報知

侍ジャパンの稲葉篤紀監督(48)が7日、侍ジャパン公式YouTubeチャンネルに出演し、東京五輪への意気込みなどを語った。

後で読む
スポーツ報知

全国無料放送のBS12 トゥエルビは8日放送のロッテ・日本ハム戦(午後5時59分放送開始)の副音声ゲストに、ファイターズファンで知られる蛍原徹(雨上がり決死隊)の出演が決まったことを発表した。

後で読む
スポーツ報知

プロ野球は7日、臨時12球団代表者会議、理事会、実行委員会を行った。

後で読む
デイリースポーツ

日本野球機構(NPB)と12球団によるプロ野球実行委員会が7日、オンラインで開かれ、日本のドラフト指名を拒否して外国のプロリーグでプレーした選手とは一定期間契約できないとする「田沢ルール」を撤廃し、今後同様の規定は作らないことを決めた。 米大リーグ、レッドソックスなどで活躍した田沢純一投手が2008年にメジャー挑戦を表明した際に取り決められた。高校生が直接米球界入りした場合は帰国から3年、大学生と社会人の場合は2年、12球団との契約が禁じられていた。

後で読む
東京スポーツ

中日・大野雄大投手(31)が〝エース対決〟に向けて気合十分だ。自身が先発する8日の巨人戦(ナゴヤドーム)で投げ合うのは開幕から9連勝中の菅野智之投手(30)。この日、ナゴヤドームで行われた投手練習に…

後で読む
東京スポーツ

巨人は7日、澤村拓一投手(32)とロッテの香月一也内野手(24)のトレードが成立したと発表した。澤村は7月26日に登録抹消となり、一時は三軍で調整。再起を図っていた。球界の話題は剛腕の電撃放出で一色…

後で読む
東京スポーツ

プロ野球界から〝田沢ルール〟が消滅することになった。NPB(日本野球機構)と12球団は7日、臨時代表者会議と理事会、実行委員会を行った。  実行委員会では、ドラフト会議での指名を拒否し、海外の球団と…

後で読む
スポーツニッポン

阪神はまさかの形で先制点を許した。

後で読む
東京スポーツ

イングランド・プレミアリーグのニューカッスルに所属する元日本代表FW武藤嘉紀(28)の周辺が慌ただしくなってきた。  2015年夏にFC東京からドイツ1部マインツへ加入し、18年夏からはニューカッス…

後で読む
サンケイスポーツ

F1シリーズ第8戦イタリアGP決勝(6日、モンツァ、モンツァサーキット=1周5・793キロ×53周)アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー(24)=フランス=がF1初優勝を果たした。ホンダが前身のトロロッソにパワーユニット(PU)供給を始めた2018年以降、チームの優勝は初めて。アルファタウリの兄弟チームで、昨年からホンダPUを搭載するレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表(46)は「モンツァで勝利するという偉業を達成したアルファタウリの全員、特にピエール、そしてホンダを祝福したい」とたたえた。

後で読む
サンケイスポーツ

西前頭筆頭から新三役を狙う隆の勝は7日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋で関取経験者の幕下貴源治らと15番以上、相撲を取ったという。報道陣の電話取材に「チャンスをつかめるように序盤からエンジン全開でいく」と、やる気十分だった。

後で読む
サンケイスポーツ

日本野球機構(NPB)の理事会と12球団による実行委員会がオンラインで開かれ、プロ野球を経ずに海外のプロ球団に直接入団した選手が日本野球機構(NPB)所属球団へ入団する場合に制限を設ける、通称「田沢ルール」の撤廃と、新たに同様のルールを設けないことを決めた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(7日、甲子園球場) これぞ“神整備”だ。この日の甲子園は午後1時台に約20分間、強烈な風を伴う豪雨が甲子園に降り、シートの敷かれていなかった内野は一度、水浸しになった。

後で読む
東京スポーツ

東京五輪柔道女子70キロ級代表の新井千鶴(26=三井住友海上)が7日、オンラインでの合同取材で現在の思いを語った。  五輪が来夏に延期になったことに関しては「あまり影響は感じていない。再度目標を持て…

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフの6日付最新世界ランキングが発表され、松山英樹は20位で前週と変わらなかった。今平周吾は三つ上がって61位、フジサンケイ・クラシックを制した星野陸也は前週の142位から99位に浮上した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本バドミントン協会は7日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで1日から行っている日本代表合宿の様子を動画などで公開した。1月に遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷し、久しぶりの代表活動となった男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)も元気な様子でトレーニングし「質の高い練習ができている。本当に充実している」と述べた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は7日、セ・リーグで1試合を実施。広島-DeNAの一戦は台風接近のため、中止となった。

後で読む
サンケイスポーツ

左膝痛の影響で2軍調整中だったソフトバンクのデスパイネが、8日の楽天戦で復帰する見通しとなった。8月下旬に3試合の出場だけで離脱していた。首位のチームは3連敗中とあって森ヘッドコーチは7日、球団広報を通じ「ファームの試合で好調みたいなので期待しているし、彼が入って起爆剤になってもらいたい」とコメントした。

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌MF白井康介(26)が7日、札幌・宮の沢での全体練習で、約4週間ぶりにチームに合流した。8月12日ルヴァン杯横浜FC戦で右太もも裏の肉離…

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAのドラフト2位新人の坂本が8日の阪神戦に先発して6月25日以来、プロ2度目の登板に臨む。7日は横浜スタジアムでの投手練習に参加し、マウンドから軽めに投球するなど感触を確かめ「一番は勝つこと。自分のペースで試合を支配したい」と意気込んだ。

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレの鬼木達監督が“リセット”を強調した。9日に本拠地に迎える神戸とは3週連続の対戦。初戦は2-2、2日のルヴァン杯準々決勝は6-0で大勝も「隙を…

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは7日、8日の予告先発投手を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本野球機構(NPB)と12球団によるプロ野球実行委員会が7日、オンラインで開かれ、日本のドラフト指名を拒否して外国のプロリーグでプレーした選手とは一定期間契約できないとする「田沢ルール」の撤廃を決めた。

後で読む
東京スポーツ

ゼロワンの工藤めぐみGM(50)が7日、シングルの祭典「火祭り」(10月2日、東京・新宿フェイスで開幕)に初出場する元W―1のタナカ岩石改め太嘉文(たかふみ=26)に期待のメッセージを寄せた。  例…

後で読む
デイリースポーツ

日本バドミントン協会は7日、1日から東京都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで実施している代表合宿の様子を公開した。男子シングルスの桃田賢斗(26)=NTT東日本=は「1球1球ほんとに質の高い練習ができてるので、本当に充実してます」と手応えを語った。 1月に遠征先で交通事故に巻き込まれて負傷。2月の代表合宿に参加したが、シャトルが二重に見える症状を訴え、その後右目眼窩(がんか)底骨折の手術を受けた。約7カ月ぶりの代表合宿となり、「久しぶりに代表のみんなに会うこともできました」と喜んだ。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪柔道女子70キロ級代表の新井千鶴(三井住友海上)が7日、オンラインで報道陣の取材に応じ、来夏延期で開催への懸念が消えない五輪について「必ずしも絶対というのはない。いろんな声はあるが目標を持ち続け、ぶれずにやる」と冷静な表情で語った。 緊急事態宣言解除後の6月から所属先の道場で本格的なトレーニングを再開。8月以降は実戦的な稽古の乱取りも始めたという。新型コロナウイルス感染拡大による自粛期間中は相手に投げられた過去の場面を映像で研究し「原因は組み手。そこをどう克服するか」と現在の課題を口にした。

後で読む
デイリースポーツ

日本バドミントン協会は7日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで1日から行っている日本代表合宿の様子を動画などで公開した。1月に遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷し、久しぶりの代表活動となった男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)も元気な様子でトレーニングし「質の高い練習ができている。本当に充実している」と述べた。 代表合宿は新型コロナウイルスの影響で何度も延期となっていた。今回は1日にPCR検査を実施して全員の陰性を確認。種目によって練習時間帯を分けるなど感染防止対策をしている。

後で読む
デイリースポーツ

【パリ共同】東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長は7日、新型コロナウイルスの影響で来年に延期された東京五輪はウイルスが「あろうがなかろうが」開催されるとして再延期や中止はないとの見方を示した。フランスのメディアがインタビューを伝えた。 コーツ氏は「コロナウイルスを克服した五輪となる。トンネルの先に光が見える」とも述べた。開催時には国によってウイルスの状況は異なり「流行したままの国から参加する選手もいるだろう」として受け入れる際の対策を検討する必要があると指摘した。

後で読む
日刊スポーツ

盗塁王に8度輝き歴代2位のメジャー通算938盗塁を記録した元カージナルスのルー・ブロック氏が6日、死去した。81歳だった。死因は明らかにされていないが、糖尿病…

後で読む
スポーツ報知

プロ野球の理事会、実行委員会が7日、オンラインで開かれ、ドラフト拒否選手に対する復帰制限(通称・田沢ルール)を撤廃することを決めた。

後で読む
スポーツ報知

◆セ・リーグ

後で読む
スポーツ報知

プロ野球は7日、臨時12球団代表者会議、理事会、実行委員会を行った。

後で読む
スポーツ報知

【巨人スタメン】

後で読む
スポーツ報知

ロッテの井口資仁監督(45)が7日、香月一也内野手(24)との交換トレードが成立した巨人・沢村拓一投手(32)に対し球団を通じてコメントを発表した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・沢村拓一投手(32)とロッテ・香月一也内野手(24)の交換トレードが7日に成立し、両球団から発表された。 現在、首位ソフトバンクと0・5差。逆転優勝を狙うロッテにとって、沢村は“切り札”として貴重な戦力になる可能性を秘めている。ロッテ・井口監督は「力強いスピードボールで打者を抑え込むピッチャー。今までのうちにはあまりいないタイプ」と歓迎した。

後で読む
デイリースポーツ

日本野球機構(NPB)は7日、実行委員会を開催し、田沢ルールの撤廃を決めた。 井原事務局長が「協約ドラフト改訂委員会からの報告があった。2008年10月6日の申し合わせ(田沢ルール)。この申し合わせについて撤廃をする」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

日本野球機構(NPB)と12球団によるプロ野球実行委員会が7日、オンラインで開かれ、日本のドラフト指名を拒否して外国のプロリーグでプレーした選手とは一定期間契約できないとする「田沢ルール」の撤廃を決めた。 米大リーグ、レッドソックスなどで活躍した田沢純一投手が2008年にメジャー挑戦を表明した際に作られたルールで、高校生が直接米球界入りした場合は帰国から3年、大学生と社会人の場合は2年、12球団との契約が禁じられていた。

後で読む
スポーツニッポン

9日に敵地・群馬戦を控える京都の実好礼忠監督(47)が7日、警戒すべき相手選手としてFW大前元紀(30)の名を挙げた。群馬は3試合勝ち星がなく22チーム中21位と苦しむが、大前は14試合3得点で攻撃の中心的存在。実好監督は「中央でマークから離れていく動き。いつの間にかフリーになっている質。そこからキラーパスを出したり、シュートまで持っていく。大前選手からの攻撃はチームとして警戒していきたい」と…

後で読む
日刊スポーツ

関西学生アメリカンフットボール連盟は7日、大阪市内で会見を開き、今秋に行われる公式戦の日程を発表した。10月17日に開幕する。1、2部はトーナメント形式。1部…

後で読む
日刊スポーツ

前検スタート練習中に突然、自然の猛威が襲った。6班の練習で、視界不良になるほどの大雨が降った。風も強烈だったため、この班の森下愛梨(23=静岡)と中村かなえ(…

後で読む
日刊スポーツ

日本ホッケー協会と東京モノレール株式会社が7日、来年に延期された東京五輪の競技会場の大井ホッケー競技場で『オフィシャル社会共創パートナー』契約を締結した。会場…

後で読む
東京スポーツ

7日、巨人の澤村拓一投手(32)とロッテの香月一也内野手のトレードが成立したというニュースはSNSに衝撃を与えた。  ツイッター上では「澤村マジ」「澤村まじ」という2つのワードがトレンド入りしたほど…

後で読む
東京スポーツ

巨人は7日、澤村拓一投手(32)とロッテの香月一也内野手(24)のトレードが成立したと発表した。澤村は7月26日に登録抹消となり、一時は三軍で調整し、再起を図っていた。とはいえ、過去には新人王、セー…

後で読む
東京スポーツ

リーグ優勝に向けて動き出したか。ロッテが7日、香月一也内野手(24)との交換トレードで巨人・澤村拓一投手(32)を獲得したと発表した。  ロッテは現在、ソフトバンクと熾烈な首位争いを演じているが、救…

後で読む
東京スポーツ

中日が巨人・菅野智之投手(30)との今季3度目の対戦に向けて燃えている。8日の巨人戦(ナゴヤドーム)では大野雄大投手(31)とのエース対決が実現するが、今季ここまで菅野に対しては2戦2敗。しかも2試…

後で読む
東京スポーツ

チームの窮地を救えるか。8日のヤクルト戦(マツダ)に先発する広島・九里亜蓮投手(29)は「まずは回の先頭打者をしっかりと抑えていきながら、有利に進めていけるように投げていきたい」と今季対戦した2戦で…

後で読む
スポーツニッポン

プロ野球の12球団代表者会議、理事会、実行委員会が7日、オンラインで行われ、いわゆる「田沢ルール」について撤廃することが決まった。

後で読む
スポーツニッポン

阪神は今季巨人戦2戦登板で防御率0・64の高橋を中5日で先発マウンドに送る。また、右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折から4日に1軍復帰した主将・糸原が47日ぶりにスタメンに名を連ねた。

後で読む
スポーツニッポン

巨人・沢村拓一投手(32)とロッテ・香月一也内野手(24)の交換トレードを両球団が7日、発表した。これを受け、巨人の原辰徳監督(62)が甲子園で取材に応じた。

後で読む
スポーツニッポン

きょうのプロ野球は甲子園での阪神―巨人のみ。広島―DeNAは台風接近のため中止となった。

後で読む
スポーツニッポン

中日の大野雄が7日、ナゴヤドームで行われた先発投手練習に参加。8日の巨人戦の先発に向けて、マウンドで46球を投げ込むなど、最終調整に臨んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

“晴れのち曇り”のフランスデビュー。クレルモンに移籍した日本代表FB松島幸太朗(27)が、今季初戦のトゥールーズ戦にFBで先発デビュー。切れ味鋭い突進でホームの観客を沸かせたが、右太ももを痛めて前半16分で交代した。チームは33-30で白星発進。負傷について松島は「ひどくはない」と軽傷を強調、来年6月まで続く長丁場のリーグに闘志をみせた。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲の大関朝乃山(26)は7日、秋場所(13日初日、両国国技館)へ向け、東京・墨田区の高砂部屋で幕下力士に15番ほど胸を出し、「一番一番しっかりと自分の形、攻めを意識してやっている」と、調整も最終段階に入った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-巨人、13回戦、7日、甲子園)スターティングメンバーが発表され、右手有鈎(ゆうこう)骨の骨折から回復した阪神・糸原健斗内野手(27)が「2番・二塁」で先発出場。47日ぶりに先発に名を連ねた。

後で読む
スポーツ報知

柔道女子70キロ級で東京五輪代表の新井千鶴(26)=三井住友海上=が7日、オンラインで合同取材に応じた。五輪の1年延期が決まった当時の心境を「正直になくならなくて良かったというのが一番強かった。出場

後で読む
スポーツ報知

大相撲の大関・貴景勝(24)=千賀ノ浦=が7日、都内の千賀ノ浦部屋での稽古後、電話取材に応じた。先場所は左膝の負傷で途中休場したが、「大丈夫です」と順調ぶりをアピールした。

後で読む
スポーツ報知

大相撲の西前頭筆頭・隆の勝(25)=千賀ノ浦=は7日、都内の部屋での稽古後に電話取材に応じた。自身最高位の前頭筆頭として臨む秋場所(13日初日、両国国技館)へ「一段と引き締めていかないと。このチャン

後で読む
スポーツ報知

バドミントンの男子ダブルスで今年3月の全英オープンを制した遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)が7日、日本協会を通じてコメントを発表。同大会後に新型コロナ禍で中断していた代表活動が、今月1日からの合

後で読む
スポーツ報知

バドミントンの男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)が7日、日本協会を通じて談話を発表。今月1日から日本代表合宿(味の素トレセン)に参加し、7か月ぶりに代表復帰を果たしたことに「

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトのアルバート・スアレス投手(30)が7日、1軍に合流。神宮外苑で行われた先発投手練習に参加し、キャッチボールや約70メートルのダッシュなどで汗を流した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は7日、セ・パ両リーグで1試合を実施。広島-DeNAの一戦は台風接近のため、中止となった。

後で読む
デイリースポーツ

6日の巨人戦が中止になったことで、阪神の先発ローテの順番が変更されることになった。8日のDeNA戦(横浜)は中5日でガルシアが先発することが決定。9日の2戦目は中5日で青柳、10日の3戦目は2年目の斎藤がプロ入り後、初先発を任されることになりそうだ。 その後は11日の広島戦(甲子園)の初戦に西勇が先発。中止となった巨人戦での先発を予定していた秋山が12日の2戦目、藤浪が13日の3戦目に先発することが濃厚となった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(7日、甲子園球場) 前夜のゲームは天候不良ならびにグラウンドコンディション不良のため中止となった。巨人はメルセデスがスライドで先発するが、阪神は当初の予定通り、中5日で高橋遥人投手を首位・巨人にぶつける。現在のゲーム差は7・5。これ以上離されるわけにはいかず、大事な大事な一戦となる。

後で読む
サンケイスポーツ

ブレシアのマッシモ・チェリーノ会長は、イタリア代表MFサンドロ・トナーリがACミラン移籍を選んだと明かした。

後で読む
スポーツニッポン

バドミントン日本代表合宿に参加している男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(26=NTT東日本)が7日、日本協会を通じてコメントを送った。7カ月ぶりの代表活動に「本当に久しぶりに代表のみんなに会うことができました。一球一球、本当に質の高い練習ができていて充実しています」と手応えを口にした。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーアルゼンチン代表のFWリオネル・メッシがスペイン時間の7日午後、バルセロナで新シーズンへ向けた練習を開始するという。バルセロナを中心に展開するスポーツ紙、エル・ムンド・デポルティボが伝えている。一時クラブへ退団の意思を伝えた後に考えを改め現チームでの継続を決めての再スタートだけに、メディアの高い注目を集めるとみられる。 情報によるとメッシは6日にPCR検査をパスし、7日午後にチーム合流する予定。練習は非公開のため、多くのカメラがバルセロナ市郊外にあるクラブ総合練習場の入り口前でメッシの‘初出勤’を狙うことになるとしている。

後で読む
スポーツ報知

DeNAは7日、中日戦を対象に行う子ども向けスペシャルイベントの特別企画として「夢の野球」を題材に、子どもから大人まで全世代を対象に募集した「第4回絵画コンクール」の入賞作品を発表した。

後で読む
スポーツ報知

DeNAのドラフト2位・坂本裕哉投手(23)が8日の阪神戦(横浜)で先発する。7日、ハマスタでの1軍投手練習に合流。マウンドの感触を確かめた左腕は「久しぶりにここに来られてうれしい。とにかくチームが

後で読む
スポーツ報知

阪神・斎藤友貴哉投手(25)が7日、1軍に合流した。10日のDeNA戦(横浜)でプロ初先発することが有力視されている。巨人戦(甲子園)の試合前練習で汗を流した右腕は「今回の登板に向けて準備するだけな

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは7日、9月12日の中日戦を対象に行う子ども向けスペシャルイベント「キッズSTAR☆NIGHT2020 Supported by J:COM」の特別企画「DeNAベイスターズ絵画コンクール」の入賞作品が決定したことを発表した。 新型コロナウイルスの影響で、家で過ごすことが多くなった子どもたちを中心に、「夢の野球」を題材とし、夢が詰まった野球への思いを元気いっぱいに描いてもらった。最優秀賞にあたるMVPには、小学3年生の女の子が描いた「未来は海の上にある」を選定。9月8日から13日まで、入賞作品を横浜スタジアムインフォメーションセンター横付近で掲示する。また、9月12日の試合開始前には、MVP、J:COM賞、優秀賞、特別賞の作品を球場内にメインビジョンで紹介する。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・沢村拓一投手とロッテ・香月一也内野手の交換トレードが成立したことが7日、両球団から発表された。 かつてのドラ1右腕の電撃トレード。原監督は電話で激励したことを明かし、「俺は味方だと。応援してるぜ!というところで送り出しました」と語った。入団時から沢村の実力を高く評価してきた指揮官にとって、この移籍は“最後の親心”といえるだろう。

後で読む
デイリースポーツ

巨人の原辰徳監督(62)は7日、甲子園球場での阪神戦を前に沢村拓一投手とロッテ・香月一也内野手との交換トレードが決まり、沢村との思い出を語った。 沢村は10年度のドラフト1位で入団し、11勝11敗、防御率2・03の好成績で新人王を獲得。抑えに転向した15年には36セーブ、16年には37セーブを挙げセーブ王に輝いた。

後で読む
東京スポーツ

巨人・原監督が阪神戦(7日、甲子園)の試合前、澤村拓一投手(32)とロッテ・香月一也内野手(24)のトレードに関して取材に応じた。 「両軍の思いというものがあって、澤村という選手は私にとっても非常に…

後で読む
スポーツニッポン

阪神の2年目右腕・斎藤友貴哉投手(25)が7日、今季初めて1軍に合流し巨人戦の試合前練習に参加。ランニングやバント練習などで汗を流した。10日のDeNA戦(横浜)でプロ初先発に臨む見込みだ。

後で読む
スポーツニッポン

阪神が5日の巨人戦の中止を受けて先発ローテーションを再編した。同日に先発予定だった秋山は11日からの広島戦に起用されることが濃厚。この日は甲子園でブルペン入りし、打撃練習などを行って汗を流した。

後で読む
スポーツニッポン

香月とのトレードで巨人から沢村を獲得したことによって、首位ソフトバンクを0・5ゲーム差で追いかける2位・ロッテのブルペンは、さらに厚みを増す。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・沢村拓一投手(32)とロッテ・香月一也内野手(24)の交換トレードが7日、両球団から発表された。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは7日、12日の中日戦(横浜)を対象に行う『キッズ STAR☆NIGHT 2020 Supported by J:COM』の特別企画「第4回横浜DeNAベイスターズ絵画コンクール」入賞作品を発表。最優秀賞にあたるMVPには、小学3年生の8歳の女の子が描いた『未来は海の上にある』がMVP(最優秀賞)に選ばれた。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人の沢村拓一投手(32)とロッテの香月一也内野手(24)のトレードが7日、両球団から発表された。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(7日、甲子園球場) またしても甲子園を豪雨が襲った。巨人の選手がグラウンドに続々と姿を現し始めた午後3時20分過ぎから上空が暗くなり始め、その後、強烈な風とともに一気に横殴りの細かい雨が降り始めた。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・斎藤友貴哉投手(25)が7日、巨人戦前に行われる1軍の甲子園練習に合流し、室内練習場で体を動かした。10日・DeNA戦(横浜)でプロ初先発に臨む予定だ。 5日のウエスタン・中日戦(ナゴヤ)では、調整登板として先発のマウンドに上がり、2回1安打無失点、2奪三振。万全の状態に仕上げてきた。

後で読む
東京スポーツ

大相撲秋場所(13日初日、東京・両国国技館)を控えた7日、大関朝乃山(26=高砂)が東京・墨田区の部屋で稽古を行った。四股などの基礎運動のほか、部屋の幕下力士と相撲を取って調整。自身2度目の優勝を目…

後で読む
東京スポーツ

東京五輪柔道女子70キロ級代表の新井千鶴(26=三井住友海上)が7日、オンラインでの合同取材で現在の思いを語った。  五輪が来夏に延期になったことに関しては「あまり影響は感じていない。再度目標を持て…

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲の大関貴景勝(24)は秋場所(13日初日、両国国技館)まで1週間を切った7日、東京・台東区の千賀ノ浦部屋で四股、すり足などの基礎運動で汗を流した。

後で読む
日刊スポーツ

公式戦2連敗中の名古屋グランパスFWマテウス(25)が7日、古巣からの勝利を誓った。9日のJ1第15節横浜戦(パロマ瑞穂スタジアム)に向け、オンラインの記者会…

後で読む
日刊スポーツ

横浜FCが、前節サガン鳥栖戦の反省を糧にする。下平隆宏監督が7日、9日のFC東京戦に向けオンライン取材に応じた。鳥栖戦の3失点目は、横浜FCのコーナーキックか…

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクや米大リーグで活躍し、独立リーグのルートインBCリーグ栃木に入団した川崎宗則内野手(39)と、元阪神で、栃木との昨年からの契約を更新した西岡剛内野手(36)が7日、栃木県小山市内で合同記者会見を開き、意気込みを語った。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪世代となる湘南ベルマーレDF石原広教(21)が逆襲に向け、J1初ゴールを狙う意気込みを示した。9日の大分トリニータとのアウェー戦(昭和電工ドーム)に備…

後で読む
日刊スポーツ

J1仙台の韋駄天(いだてん)ストライカーが、いよいよ戦線復帰する。FWジャーメイン良(25)は開幕戦から8試合連続出場(先発7、サブ1)も、8月1日の横浜戦後…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ2年目の阪神・斎藤友貴哉投手(25)が7日、1軍に合流した。

後で読む
スポーツニッポン

関西学生アメリカンフットボール連盟は7日、大阪市内で会見を開き、史上初めてトーナメントで開催する1部の秋季公式戦を10月17日に開幕することを発表した。関大―京大戦で熱戦は始まり、同日に昨年のリーグ王者、立命大が桃山学院大と激突。18日は学生日本一の関学大―同大戦、神大―近大戦がある。全試合無観客で、11月28日の決勝戦は上限5000人の有観客を目指す。

後で読む
スポーツ報知

巨人の沢村拓一投手(32)が、香月一也内野手(24)とのトレードでロッテに移籍することが決まった。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲秋場所」(13日初日、両国国技館) 大関朝乃山(26)=高砂=が7日、都内の部屋で幕下以下力士と相撲を15番取って調整した。朝稽古後、電話取材に応じ、「あんまりダラダラ取らないようにはしていますし、一番一番しっかりと自分の形とか攻めを意識してやっている」と、力を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

陸上男子100メートルの前日本記録保持者・桐生祥秀(24)=日本生命=が7日、伊藤園の健康ミネラルむぎ茶「健康に、いい汗かこう!キャンペーン」発表会に、落語家の笑福亭鶴瓶(68)とともに出席した。イベントでは、自宅でできる簡単な運動の動画などを紹介した。 夢の“競演”に「光栄に思います」と桐生。仕上がった肉体を見た鶴瓶が「きれいな体やな~」と褒めると、桐生は「大会が始まっているので、初めてお会いしたときより体は仕上がってると思います」と笑った。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲秋場所」(13日初日、両国国技館) 自己最高位、西前頭筆頭の隆の勝(25)=千賀ノ浦=が7日、都内の部屋で幕下らと相撲を15番以上取り、調整した。前日まで大関貴景勝とも部屋で番数を重ねてきた。

後で読む
デイリースポーツ

関西学生アメリカンフットボール連盟は7日、大阪市内で会見し、1部8校によるトーナメント日程などを発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、今秋はリーグ戦を行わない。 昨秋の順位による1回戦の顔合わせはすでに決定していたが、10月17日に神戸市王子スタジアムでの関大-京大で開幕。同日の第2試合で立命大-桃山学院大、翌18日に関学大-同大、神戸大-近大の2試合が行われる。準決勝は11月8日に王子スタジアムで、決勝は11月28日に大阪府吹田市の万博陸上競技場で開催予定。優勝校が関西代表となり、東西大学王座決定戦として12月13日に甲子園球場で開催される甲子園ボウルに出場し、関東代表と対戦する。

後で読む
デイリースポーツ

柔道女子70キロ級で東京五輪代表に決まっている新井千鶴(26)=三井住友海上=が7日、オンラインでの合同取材に応じた。新型コロナウイルスの影響で東京五輪が1年延期となったことについて「中止にならなくてよかった。延期という形で、東京五輪に出場できる希望がまだ持てただけ良かった」と語った。 2月の五輪代表内定後、コロナ禍により練習自粛を余儀なくされたが、6月から徐々に練習を再開。8月からは乱取りなどの本格的なメニューも開始し、10月以降の大会再開に備えて、課題である組み手強化に取り組んでいるという。

後で読む
日刊スポーツ

今季からマリナーズに移籍した平野佳寿投手(36)が6日(日本時間7日)、レンジャーズ戦に登板し、新天地初となるセーブを挙げた。4-2と2点リードした9回に救援…

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキース田中将大投手(31)が、オリオールズ戦に先発し、6回途中6安打4失点(自責2)で今季2敗目(1勝)を喫した。1回に先制2ランを許したものの、その後は…

後で読む
スポーツ報知

ドイツ1部ビーレフェルトに加入した日本代表MF堂安律(22)が6日、古巣でDF板倉滉(23)が所属するフローニンゲン(オランダ)との練習試合に後半から出場し、新天地デビューした。板倉は前半のみの出場

後で読む
デイリースポーツ

巨人の沢村拓一投手(32)とロッテの香月一也内野手(24)のトレードが7日、両球団から発表された。強打の左打者を探していた巨人と救援陣の整備が課題だったロッテの思惑が一致した。 沢村は巨人を通じて「マリーンズに移籍しても成長し、元気な姿を一人でも多くの方に届けられるよう頑張っていく」とコメント。香月は巨人での背番号が「68」に決まり「このチャンスを生かすべく貪欲に精いっぱい頑張る」と意気込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAのドラフト2位・坂本裕哉投手(23)=立命大=が7日、チームに勝ちをもたらす投球を誓った。8日・阪神戦(横浜)で今季2度目の先発マウンドに上がる。 横浜スタジアムで投手指名練習に参加。「とにかく久しぶりにここに来ることができてうれしい」と笑みを浮かべた。6月25日・中日戦で6回無失点と好投しプロ初勝利をマークしたが、六回にベースカバーに入った際、右足首を捻挫した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・沢村拓一投手(32)とロッテ・香月一也内野手(24)の交換トレードが7日に成立し、両球団から発表された。 これを受け、ロッテ・井口監督がコメントを発表。「力強いスピードボールで打者を抑え込むピッチャー。今までのうちにはあまりいないタイプ。今、チームは非常にいい位置にいるので優勝をするための力になって欲しい。頼もしい存在ですし期待をしています」とし、先発かリリーフでの起用については「起用法に関してはこれから考えていきます」とした。

後で読む
デイリースポーツ

巨人の原辰徳監督(62)は7日、甲子園球場での阪神戦を前に沢村拓一投手とロッテ・香月一也内野手との交換トレードが決まり、沢村との思い出を語った。 沢村は10年度のドラフト1位で入団し、11勝11敗、防御率2・03の好成績で新人王を獲得。抑えに転向した15年には36セーブ、16年には37セーブを挙げセーブ王に輝いた。先発、リリーフとして活躍した逸材で感慨深げ。「沢村という選手は私にとっても非常に思い出深い、素晴らしい選手でした。環境が変わってステップ材料とするように。求められたところが、彼にとって素晴らしいことですから」。

後で読む
日刊スポーツ

2度の4大大会優勝を誇る世界ランキング9位の大坂なおみ(22=日清食品)が大きな壁を突破した。前哨戦ウエスタン・アンド・サザン・オープン準々決勝で苦戦した同2…

後で読む
東京スポーツ

巨人は7日、澤村拓一投手(32)とロッテの香月一也内野手(24)のトレードが成立したと発表した。  制球難を克服できなかった澤村は7月26日に登録抹消となり、二軍だけでなく一時は三軍でも調整し、再起…

後で読む
スポーツニッポン

今夏甲子園交流試合に出場した花咲徳栄の新チームが秋の初戦に臨み、5回コールドで三郷工技術を下した。

後で読む
スポーツニッポン

分厚い肉体から150キロ超えの直球を投げ込む。マウンドから打者を見る表情にはふてぶてしささえ感じる。豪快なイメージを持たれがちな沢村だが、実は繊細な男だ。

後で読む
スポーツニッポン

阪神園芸の“神整備”直後に甲子園が再び猛雨に見舞われた。

後で読む
スポーツニッポン

◇出場選手登録抹消

後で読む
スポーツニッポン

ロッテ・井口監督が、巨人から香月とのトレードで獲得した沢村について「力強いスピードボールで打者を抑え込むピッチャー。今までのウチにはあまりいないタイプ」と期待した。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録抹消】 ▽DeNA 京山将弥投手、桑原将志外野手 ▽中日 岡田俊哉投手 ▽ヤクルト イノーア投手

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録抹消】 ▽ソフトバンク 明石健志内野手 ▽楽天 福井優也投手、内田靖人内野手

後で読む
スポーツ報知

卓球Tリーグ男子の岡山リベッツは7日、9月29日に「岡山リベッツ 青春ドリームマッチ」を開催すると発表した。コロナ禍でインターハイや岡山県内の大会が相次いで中止となった高校3年生が次の目標に向かって

後で読む
スポーツ報知

関西学生アメリカンフットボール連盟は7日、大阪市内で秋季報道説明会を開き、新型コロナウイルスの影響により例年の8チーム総当たりを断念してトーナメントでの代替開催、組み合わせを発表済みだった今季ディビ

後で読む
スポーツ報知

第4シードの大坂なおみ(22)=日清食品=が、第14シードのアネット・コンタベイト(24)=エストニア=を下し、2年ぶりに準々決勝に進出した。

後で読む
スポーツ報知

大相撲秋場所(13日初日、両国国技館)に向けて大関・朝乃山(26)=高砂=は7日、都内の部屋で稽古し、電話取材に応じた。この日は基礎運動のほか、幕下力士を相手に15番ほど相撲を取った。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・斎藤友貴哉投手(25)が7日、巨人戦前に行われる1軍の甲子園練習に合流し、室内練習場で体を動かした。10日・DeNA戦(横浜)でプロ初先発に臨む予定だ。 5日のウエスタン・中日戦(ナゴヤ)では、調整登板として先発のマウンドに上がり、2回1安打無失点、2奪三振。万全の状態に仕上げてきた。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムは7日、8月4~23日の主催12試合で着用した「北海道シリーズ2020 WE LOVE HOKKAIDO」の限定ユニホームを今月15~20日のソフトバンク、ロッテ各3連戦(札幌D)で再着用す

後で読む
スポーツ報知

ロッテは7日、香月一也内野手(24)と、巨人の沢村拓一投手(32)との交換トレードが成立したことを発表した。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトのアルバート・スアレス投手(30)が7日、1軍に合流した。神宮外苑で行われた投手練習に参加。11日の巨人戦(東京ドーム)で先発するとみられる。

後で読む
スポーツ報知

ドイツ1部ビーレフェルトに加入した日本代表MF堂安律(22)が6日、古巣でDF板倉滉(23)が所属するフローニンゲン(オランダ)との練習試合に後半から出場し、新天地デビューした。板倉は前半のみの出場

後で読む
デイリースポーツ

巨人・沢村拓一投手(32)とロッテ・香月一也内野手(24)の交換トレードが7日に成立し、両球団から発表された。若い左の強打者を望む巨人と、優勝へリリーフの層を厚くしたいロッテの、それぞれの補強ポイントが一致した。巨人の今季開幕後のトレードは3件目。 香月はロッテを通じてコメントを発表。「入団をして6年、マリーンズで活躍できなかったことに関してはすごく悔いがありますが、応援してくださった皆さま、お世話になった皆さまにはジャイアンツで頑張る事でいい報告ができればいいなと思っています。応援してくださいました皆さま、本当にありがとうございました。チームは変わりますがこのチャンスを生かすべく貪欲に、精一杯、頑張ります。」

後で読む
デイリースポーツ

巨人・沢村拓一投手(32)とロッテ・香月一也内野手(24)の交換トレードが7日に成立し、両球団から発表された。若い左の強打者を望む巨人と、優勝へリリーフの層を厚くしたいロッテの、それぞれの補強ポイントが一致した。巨人の今季開幕後のトレードは3件目。 沢村は10年ドラフト1位で巨人入り。1年目の11年は5完投を含む11勝11敗で新人王に選出された。15年にはクローザーに転向し36セーブ、翌16年には37セーブを挙げ、セーブ王に輝いた。17年は春季キャンプ中のトレーナーによる鍼治療により右肩にまひが残り、1軍登板はなし。18年からは中継ぎとして登板。今季は13試合に登板して防御率6・08と振るわず、7月26日に2軍降格。その後、3軍に降格し、1日から2軍に復帰していた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・沢村拓一投手(32)とロッテ・香月一也内野手(24)の交換トレードが7日に成立し、両球団から発表された。若い左の強打者を望む巨人と、優勝へリリーフの層を厚くしたいロッテの、それぞれの補強ポイントが一致した。巨人の今季開幕後のトレードは3件目。香月の背番号は「68」に決定した。 沢村は2010年度のドラフト1位で巨人に入団。今季開幕1軍を果たし13試合に登板し1勝1敗、1ホールド。防御率6・08で7月26日に出場選手登録を抹消。3軍と2軍で調整を続けていた。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクや米大リーグで活躍し、独立リーグのルートインBCリーグ栃木に入団した川崎宗則内野手(39)と、元阪神で、栃木との昨年からの契約を更新した西岡剛内野手(36)が7日、栃木県小山市内で合同記者会見を開き、意気込みを語った。 川崎は背番号がソフトバンク時代に親しんだ52に決まり、「早くプレーをして、いろんな意味で野球を楽しみたい」と表情を引き締めた。昨年プレーした台湾プロ野球への復帰を目指す考えで、熟女ならぬ「“熟男”というプレーを見せたい」と話し、会場を沸かせた。西岡は「プロ野球(復帰)を目指してプレーする」と抱負を語った。

後で読む
スポーツニッポン

リーグ連覇を狙う大阪市立大が大勝し、2勝0敗1分とした。

後で読む
スポーツニッポン

沢村とのトレード相手となったロッテ・香月一也内野手(24)が新天地で這い上がる可能性は十分にある。ロッテでは「コアラのマーチ」に似た愛嬌のある笑顔で人気だったが、本来は反骨の男だ。

後で読む
スポーツニッポン

首位ソフトバンクに0・5ゲーム差と迫る現在2位のロッテが7日、巨人と驚きのトレードを発表した。先発、リリーフで実績ある沢村を獲得した一方で、三塁を中心に一塁、二塁をこなせ、パンチ力ある打撃が魅力の6年目・香月を手放すことになった。

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が7日、自身のブログを更新。前日6日の中日戦(神宮)で8回4安打1失点と好投し、今季8勝目(2敗)をマークした「ライアン」ことヤクルトの小川泰弘投手(30)から念願のウイニングボールをもらう約束を取り付けたことを報告した。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAのドラフト2位・坂本裕哉投手が、8日阪神戦(横浜スタジアム)で右足首捻挫から約2カ月半ぶりの復帰マウンドに上がる。

後で読む
サンケイスポーツ

自動車F1シリーズのルノーは6日、来季からチーム名を傘下ブランド「アルピーヌ」に変更すると発表した。ルノーはパワーユニット(PU)の名称として残る。来季は3年ぶりにF1に復帰する元総合王者のフェルナンド・アロンソ(39)=スペイン=とエステバン・オコン(23)=フランス=のコンビで臨む。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・沢村拓一投手(32)とロッテ・香月一也内野手(24)の交換トレードが成立したことが7日、分かった。同日中にも発表される。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグは6日、第7週を終了し、ア・リーグは東地区で筒香の所属するレイズが28勝13敗として首位を固めた。山口のブルージェイズが5・5ゲーム差の2位に浮上。田中のヤンキースはさらに1ゲーム差の3位に後退した。

後で読む
東京スポーツ

【米ニューヨーク6日(日本時間7日)発】テニスの4大大会「全米オープン」で、世界ランキング9位で第4シードの大坂なおみ(22=日清食品)が同21位のアネット・コンタベイト(24=エストニア)との4回戦…

後で読む
東京スポーツ

【米ニューヨーク6日(日本時間7日)発】テニスの4大大会「全米オープン」の4回戦で、世界ランキング9位で第4シードの大坂なおみ(22=日清食品)が同21位のアネット・コンタベイト(24=エストニア)に…

後で読む
東京スポーツ

大相撲秋場所(13日初日、東京・両国国技館)を控えた7日、大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が東京・台東区の部屋で稽古を行った。  四股やすり足などの基礎運動のほか、ウエートトレーニングで汗を流した。残り…

後で読む
東京スポーツ

【KJ松井のCatch&Shoot(33)】米プロバスケットボールNBAのプレーオフは、1回戦を勝ち抜いた8チームによる東西各地区の準決勝(カンファレンス・セミファイナル)を開催中だ。その中で本紙バス…

後で読む
東京スポーツ

【ニューヨーク6日(日本時間7日)発】テニスの全米オープン男子シングルス4回戦で「危険行為」で失格となった第1シードで世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(33=セルビア)が自身のSNSで謝罪した…

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪は7日、かつて在籍し現在はスペイン1部エイバルの元日本代表FW乾貴士(32)の依頼を受け、児童養護施設12カ所に文房具などを寄贈すると発表した。C…

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2153832/

後で読む
日刊スポーツ

公式戦2戦連発と波に乗る柏レイソルFW呉屋大翔(ごや・ひろと、26)が古巣との対戦を心待ちにした。7日、9日のガンバ大阪との試合に向けオンライン取材に応じた。…

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレス11日の東京・後楽園ホール大会でオカダ・カズチカ(32)、矢野通(42)、SHO(31)組を迎え撃つNEVER無差別級6人タッグ王者の後藤洋央紀(41)、石井智宏(44)、YOSHI―…

後で読む
サンケイスポーツ

楽天は7日、本拠地の楽天生命パーク宮城で行われる11~13日の日本ハム戦を「がんばろう東北シリーズ」として開催すると発表した。東日本大震災を風化させない目的で年に1度企画しているイベントで今年が9度目。

後で読む
東京スポーツ

女子プロレス「スターダム」の“ビッグダディの三女”林下詩美(21)が、巻き返しを後押しする強力助っ人の存在を明かした。  選手2人に新型コロナウイルスの感染が確認され、8月の5大会が中止になったスタ…

後で読む
東京スポーツ

ノアの反体制派集団「金剛」入りを果たした中嶋勝彦(32)が“令和の理不尽大王”と化した。8月30日川崎大会のGHCタッグ王座決定戦で杉浦貴(50)、桜庭和志(51)組に敗れると「AXIZ」の盟友・潮…

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレスの高橋ヒロム(30)が逆襲の青写真を明かした。千葉・幕張大会(6日)ではBUSHI(37)とのコンビで出場中の「第62代IWGPジュニアタッグ王座決定リーグ戦」で連勝発進に成功。IWG…

後で読む
スポーツニッポン

テニスの全米オープン第7日は6日(日本時間7日)、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われた。女子シングルス4回戦で世界ランキング9位の第4シード、大坂なおみ(22=日清食品)は、同21位で第14シードのアネット・コンタベイト(24=エストニア)と対戦。6―3、6―4でストレート勝ちし、2年ぶりの8強入りを果たした。試合後、大坂は「とにかくよかった。今年ベストの…

後で読む
スポーツニッポン

女子シングルス4回戦で、世界ランキング9位の第4シード、大坂なおみ(22=日清食品)が、同21位の第14シード、アネット・コンタベイト(24=エストニア)に6―3、6―4で勝利した。準々決勝では同93位のシェルビー・ロジャース(27=米国)と対戦する。4大大会の8強進出は18年全米、19年全豪に続いて3度目。グランドスラムでは準々決勝以降で負けた経験がなく、データ的には優勝確立100%だ。

後で読む
スポーツニッポン

世界ランキング9位の第4シード、大坂なおみ(22=日清食品)が、規則違反で失格したノバク・ジョコビッチ(33=セルビア)の愚行を反面教師にする。女子シングルス4回戦で第14シード、アネット・コンタベイト(24=エストニア)に6―3、6―4で勝利後のインタビューで男子シングルス第1シードの失格に言及。「寝ていて見ていなかった。後で知った」とした上で「自分もああいうことはしてはいけない。ちょっとび…

後で読む
スポーツニッポン

陸上男子100メートル前日本記録保持者の桐生祥秀(24=日本生命)が7日、都内で行われた「健康ミネラル麦茶」のイベントで落語家の笑福亭鶴瓶(68)と競演した。

後で読む
スポーツ報知

巨人の沢村拓一投手(32)とロッテの香月一也内野手(24)の交換トレードが成立したことが7日、両球団から発表された。パ・リーグ優勝に向けてリリーフの層を厚くしたいロッテと、パンチ力のある左打者の層を

後で読む
デイリースポーツ

【ニューヨーク共同】女子テニスの大坂なおみ(日清食品)が6日、ニューヨークで行われた全米オープンのシングルス4回戦で、人種差別に抗議するため、2012年にフロリダ州で自警団リーダーに射殺された黒人の高校生トレイボン・マーティンさんの名前入りマスク姿で登場した。 大坂は決勝までの試合数に合わせ、黒人被害者名が入ったマスクを7枚用意。8月31日の1回戦から4試合続けて名前入りのマスクを着用した。

後で読む
デイリースポーツ

「テニス・全米オープン」(6日、ニューヨーク) 男子シングルス4回戦が行われ、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)はパブロ・カレノブスタ(スペイン)と対戦したが、いら立ちから放ったボールを線審に当ててしまうという危険行為により失格となる波乱が起きた。

後で読む
デイリースポーツ

【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン第7日は6日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、女子シングルス4回戦で第4シードの大坂なおみ(日清食品)が第14シードのアネット・コンタベイト(エストニア)を6-3、6-4で下し、初優勝した2018年大会以来2年ぶりの8強進出を決めた。準々決勝でシェルビー・ロジャース(米国)と対戦する。

後で読む
デイリースポーツ

「テニス・全米オープン」(6日、ニューヨーク) 女子シングルス4回戦が行われ、2年ぶりの優勝を狙う世界ランク9位の大坂なおみ(22)=日清食品=は、同21位のアネット・コンタベイト(エストニア)を6-3、6-4で下し、2年ぶりの8強入りを果たした。

後で読む
デイリースポーツ

「テニス・全米オープン」(6日、ニューヨーク) 女子シングルス4回戦が行われ、2年ぶりの優勝を狙う世界ランク9位の大坂なおみ(22)=日清食品=は、同21位のアネット・コンタベイト(エストニア)と対戦。6-3、6-4のストレートで下し、2年ぶりの8強進出を果たした。

後で読む
日刊スポーツ

マリナーズの指名打者、カイル・シーガーが初回に6号2ラン、4回に単打を放ち、同球団で計1256安打を達成。ジェイ・ビューナー氏の記録を上回り、歴代4位となった…

後で読む
日刊スポーツ

インディアンスは、シェーン・ビーバー投手が5回を投げて5安打1失点、1四球10三振と好投。ここまでメジャートップの三振数を誇る同投手は、これで今季6度目の2桁…

後で読む
日刊スポーツ

フィリーズは6日、ジェイ・ブルースとロマン・クイン両外野手を負傷者リスト(IL)に登録した。ブルースは5日のメッツ戦で左大腿四頭筋のケガを悪化させ、10日間。…

後で読む
スポーツ報知

◆今季の沢村の経過

後で読む
スポーツ報知

巨人の沢村拓一投手(32)とロッテの香月一也内野手(24)の交換トレードが成立したことが7日、分かった。パ・リーグ優勝に向けてリリーフの層を厚くしたいロッテと、パンチ力のある左打者の層を厚くしたい巨

後で読む
スポーツ報知

巨人・沢村との交換トレードが成立したロッテの香月一也内野手(24)は、大阪桐蔭高では1年時からベンチ入り。2年時には主に二塁手、3年時には三塁手として甲子園に出場。3年夏には打率4割4分4厘の成績を

後で読む
スポーツニッポン

J1柏のFW呉屋大翔(26)が、3戦連発でエースの座を脅かす。次節9日はホームで古巣ガンバ大阪を迎え撃つ。現在公式戦2試合連続ゴールと、乗りに乗っている背番号19は「ゴールを獲って(古巣戦を)迎えられるのは、これ以上ない。点獲りたいですね」と力を込めた。

後で読む
日刊スポーツ

関東学生アメリカンフットボール連盟は7日、今季は自動昇格の適用を見送ると発表した。新型コロナウイルスでチームの準備状況や各大学の課外活動方針がまちまちで、原則…

後で読む
日刊スポーツ

2度の4大大会優勝を誇る世界ランキング9位の大坂なおみ(22=日清食品)が女子シングルス4回戦で、同21位のコンタベイト(エストニア)との対戦。この一戦は現地…

後で読む
日刊スポーツ

2度の4大大会優勝を誇る世界ランキング9位の大坂なおみ(22=日清食品)が、大きな壁を突破した。前哨戦ウエウスタン・アンド・サザン・オープン準々決勝で苦戦した…

後で読む
日刊スポーツ

2度の4大大会優勝を誇る世界9位の大坂なおみ(22=日清食品)が、4回戦で世界21位のアネット・コンタベイト(エストニア)と対戦し、6-3、6-4で勝利し2年…

後で読む
日刊スポーツ

日本フェンシング協会は7日、今月17~19日に予選を開催する全日本選手権(東京・駒沢体育館)の個人戦トーナメント組み合わせを発表した。新型コロナウイルス感染拡…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー女子のフランス1部リーグで6日、リヨンの熊谷紗希は今季開幕戦のホームでのパリFC戦で2得点し、チームは4-0で完勝した。守備的MFでフル出場した熊谷は、ゴール以外にもボール奪取や攻撃の組み立てなど攻守で勝利に貢献した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会は7日、明大のFW佐藤凌我(21)とMF持井響太(21)を大学所属のままJリーグに出場できる特別指定選手に認定したと発表した。受け入れ先はともに来季加入が決まっているJ2東京V。

後で読む
東京スポーツ

日本野球機構(NPB)とJリーグによる「新型コロナウイルス対策連絡会議」が7日に開かれ、2団体が共同で観客数の上限緩和の要望書を8日にも政府に提出することを決定した。  現状は一律で5000人を収容…

後で読む
スポーツニッポン

ロッテは地元千葉県のために戦う日「ALL for CHIBA」としてプレーする9月11日のオリックス戦(ZOZOマリン)で、佐倉市の特産品「やまと芋」(1個)と新米「ふさこがね」(2合)のセットを先着1000人にCコアラのマーチゲート及びDトッポゲートで開場時間から配布することを発表した。

後で読む
東京スポーツ

J1柏のFW呉屋大翔(26)が眠りから目を覚ましつつある。昨季J2長崎で日本人最多得点をマークした点取り屋は、今季から柏に加入したが、当初は控えに回ることが多かった。しかし、ルヴァンカップ準々決勝の…

後で読む
サンケイスポーツ

テニスの全米オープン第7日は6日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、女子シングルス4回戦で第4シードの大坂なおみ(日清食品)が第14シードのアネット・コンタベイト(エストニア)を6-3、6-4で下し、初優勝した2018年大会以来2年ぶりの8強進出を決めた。準々決勝でシェルビー・ロジャース(米国)と対戦する。

後で読む
サンケイスポーツ

【支配下選手登録】 ▽ヤクルト 歳内宏明投手

後で読む
サンケイスポーツ

米プロバスケットボールNBAのプレーオフは6日、フロリダ州オーランド近郊で東西カンファレンス準決勝(7回戦制)2試合が行われ、東は第1シードのバックスがヒートに延長の末118-115で競り勝ち、1勝3敗とした。西はレーカーズがロケッツに117-109で勝ち、1勝1敗となった。

後で読む
サンケイスポーツ

北米プロアイスホッケーNHLのプレーオフは6日、カナダのエドモントンで西カンファレンス決勝(7回戦制)第1戦が行われ、スターズがゴールデンナイツに1-0で競り勝った。

後で読む
スポーツ報知

衝撃的な幕切れで優勝大本命が大会を去った。第1セット第11ゲーム終了後、サービスゲームを落とした世界ランク1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(33)=セルビア=が、持っていたボールをコート後方に

後で読む
スポーツ報知

B1レバンガ北海道はB2越谷に100―73で快勝し、今季就任した宮永雄太HC(39)のもと、実戦2試合目で初白星をつかんだ。帯広市出身のPG多嶋朝飛(31)が3ポイント4本を含む16得点とチームをけ

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球秋季埼玉県大会の東部地区予選が7日、埼玉・越谷市民球場などで行われ、越谷市民球場の第1試合(1回戦)花咲徳栄-三郷工技術は、花咲徳栄が14-0、五回コールド勝ちした。

後で読む
スポーツニッポン

NBA西地区準決勝のレイカーズ対ロケッツの第2戦が6日にフロリダ州オーランドで行われ、第1シードのレイカーズが苦しみながらも第4シードのロケッツを117―109(前半67―51)で退けて1勝1敗。アンソニー・デービス(27)がフィールドゴール(FG)を24本中15本成功させて両軍最多の34得点をマークし、レブロン・ジェームズ(35)も28得点、11リバウンド、9アシスト、4スティール、2ブロッ…

後で読む
スポーツニッポン

テニスの全米オープン第7日は6日(日本時間7日)、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われた。女子シングルス4回戦で世界ランキング9位の第4シード、大坂なおみ(22=日清食品)は、同21位で第14シードのアネット・コンタベイト(24=エストニア)と対戦。6―3、6―4でストレート勝ちし8強入りした。

後で読む
スポーツ報知

「俺だったらめちゃくちゃ悔しいと思います」

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球とサッカーのJリーグが連携して設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第15回会議が7日、オンラインで開かれ、プロ野球とJリーグが共同で、観客数の上限緩和の要望書を8日にも政府に提出することを決めた。現状の一律5千人ではなく、球場やスタジアムの収容人数に応じた制限に移行することなどを求める。 プロ野球の斉藤惇コミッショナーは記者会見で、感染状況が全国的に落ち着きつつあるとの認識を示し「来年の五輪、パラリンピックへのテストも必要。状況の変化に対応し、来年に向けて入場者数の見直しをお願いしたい」と話した。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。