「2020年9月8日」の記事一覧

スポーツ報知

ボートレース住之江の高松宮記念特別競走は6日間で107億7827万300円の売り上げ。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA7-7阪神」(8日、横浜スタジアム) 阪神の近本光司外野手が、攻守で存在感を見せた。前夜の借りを返す好返球に、初回には大山の満塁アーチを導く先頭出塁。矢野監督の激辛エールに応える意地の活躍だった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日0-2巨人、16回戦、巨人8勝7敗1分、8日、ナゴヤD)巨人は菅野が7回無失点で開幕から10連勝とした。直球に豊富な変化球を交え、5安打に封じた。打線は三回に坂本の適時二塁打で先制。八回は亀井の犠飛で加点し、チームは3連勝。中日は2失点で完投した大野雄が報われなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA7-7阪神=延長十回引き分け、13回戦、阪神6勝5敗2分、8日、横浜)阪神の近本が好返球で窮地を救った。六回に1点差に迫られた後の2死二、三塁で大和の中前打を処理して捕手へ素早く返球。本塁を狙った二塁走者を刺して逆転を阻止し「自分のできることをやろうと思って、それができた結果」と胸を張った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島5-1ヤクルト、9回戦、広島4勝4敗1分け、8日、マツダ) 広島がヤクルトに5-1で勝利し、引き分けを挟んだ連敗を3で止め、最下位を脱出した。佐々岡真司監督(53)の主な一問一答は下記の通り。  --先発・九里が6回3安打無失点で今季3勝目を挙げた 「(満塁のピンチを招いた)四、五回に先頭を出したけど、カバーできた。先に点を取ったが、守りに入らなかった。先頭はしっかりしないといけないところ」 --続けて 「先制するか、しないかで、変わってくるだろうけど、きょうは先制できて、エラー絡みで大きな2点が入った。前回140球を超えた中でのきょうだった。6回無失点は評価してあげたい」 --島内-塹江-フランスアで逃げ切りに成功した 「(島内は)ゼロに抑えたことで、次につなげてほしい。きつい場面で出る中で、技術もそうだけど、気持ちというところもね。先頭に四球を出してね。まだまだ課題もある」 --松山が4試合連続タイムリーと調子が良い 「最初の2点が大きかった。5番は重要と思っている。誠也(鈴木)の後なのでね」 --本拠地6試合ぶりの勝利 「当然、あしたもまた頑張ります」

後で読む
スポーツ報知

DeNAは5回までに7点のリードを許したが、6回、打者11人の猛攻で一挙7点を奪い同点に追いついた。チームは05年以来15年ぶりの5試合連続2ケタ安打をマークした。ラミレス監督は「非常に大きな引き分

後で読む
スポーツ報知

楽天は今季6度目の完封負けで2連敗。首位相手に縮めたかったゲーム差は5に広がった。

後で読む
スポーツ報知

阪神が1イニング7失点で7点リードを吐き出し、痛恨のドローとなった。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクが連敗を3で止め、首位の座をキープした。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ3-2日本ハム」(8日、ZOZOマリンスタジアム) 日本ハム先発の上沢直之投手は7回4安打3失点(自責2)で、ロッテに対し今季3戦3敗となった。

後で読む
スポーツニッポン

日本代表と五輪代表を率いる森保一監督(52)が、横浜FCで活躍を続ける五輪世代のMF松尾佑介(23)について言及した。8月は15日の湘南戦の2得点を皮切りに、同30日のC大阪戦まで4戦4発の活躍。成長著しい存在で、指揮官は「爆発的なスピードを発揮できて、かつそこに技術がある選手かなと思いますね」と評価した。

後で読む
スポーツニッポン

英紙リバプール・エコー(電子版)が8日、イングランド・プレミアリーグで連覇を目指すリバプールについて、プレシーズンを査定する特集記事を掲載。日本代表MF南野拓実(25)を高く評価した。

後で読む
東京スポーツ

投壊現象に悩む広島が7年目右腕の奮起で最下位脱出を決めた。九里亜蓮投手(29)が8日のヤクルト戦(マツダ)で6回無失点と力投し、8月10日の中日戦以来の3勝目を挙げた。  チームの窮地を救う快投だっ…

後で読む
東京スポーツ

巨人の吉川尚輝内野手(25)が8日の中日戦(ナゴヤドーム)で2試合連続の猛打賞の活躍を見せた。 「8番・二塁」で出場した吉川尚は3回に中前打を放ち坂本のフェン直二塁打で先制のホームを踏んだ。5回に中…

後で読む
東京スポーツ

執念でドローに持ち込んだ。DeNAは8日、阪神戦(横浜)で延長10回規定により、7―7と引き分けた。先発マウンドに立ったルーキー左腕・坂本は5回7失点と誤算だったが、6回に佐野の11号3ランや大和の…

後で読む
東京スポーツ

巨人の菅野智之投手(30)が開幕から無傷の10連勝をマークした。大野雄とのエース対決となった8日の中日戦(ナゴヤドーム)で7回101球5安打6奪三振無失点の好投。チームも2―0で3連勝を飾り、貯金を…

後で読む
スポーツニッポン

DeNAは7点差を追いつき、今季5度目の引き分けとなった。

後で読む
スポーツニッポン

初回から猛攻を見せるも、延長戦を制すことはできなかった。

後で読む
スポーツニッポン

日本ハムはロッテに2―3で敗れ2連敗。先発の上沢は7回4安打3失点(自責点2)ながら3敗目。ロッテの倍となる2桁の10安打を放ちながらも好機を生かせず2得点のみに終わった。

後で読む
スポーツニッポン

日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントが共催する「eBASEBALL プロリーグ」が、9月28日にスペシャルマッチとして「eオールスター2020」を配信。現在、ファン投票を受け付け中だ。

後で読む
スポーツニッポン

エンゼルスの大谷は敵地レンジャーズ戦(午前9時5分開始)で打者出場予定。相手先発の右腕リンは今季9試合に投げ4勝2敗、防御率2・67。大谷は過去4度対戦し、9打数4安打(打率・444)と好相性で今季も8月9日の対戦で中前打を放っている。エンゼルスは5連勝中と好調。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ3-2日本ハム、13回戦、ロッテ8勝5敗、8日、ゾゾマリン)ロッテのマーティンが全3打点をたたき出し、チームを5連勝に導いた。0-0の一回1死無走者で、来日2年目で初の20号本塁打をマークすると、1-2の五回2死満塁では中前へ逆転の2点適時打を放った。本塁打を放った試合でチームは11連勝で「それを聞くとすごくうれしい。勝利に貢献できている」と白い歯をのぞかせた。

後で読む
サンケイスポーツ

試合後、ソフトバンク・工藤公康監督(57)が取材に応じた。主な一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ3-2日本ハム、13回戦、ロッテ8勝5敗、8日、ZOZOマリン)巨人からトレード加入した沢村拓一投手(32)が3-2の六回から登板し、圧巻の3者三振でチームの5連勝に貢献した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天0-2ソフトバンク、13回戦、ソフトバンク7勝6敗、8日、楽天生命)ソフトバンク・千賀が楽天打線を圧倒。8回を投げて3安打無失点、13個の三振を奪った。最速は159キロだった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島5-1ヤクルト、9回戦、4勝4敗1分、8日、マツダ)広島が1分けを挟んだ連敗を3で止めた。二回に松山の適時二塁打と田中広の適時打で2点を先制。四回に2点、八回は会沢のソロで加点した。九里は6回無失点で3勝目。ヤクルトは拙攻が響き、最下位に転落した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA7-7阪神=延長十回引き分け、13回戦、阪神6勝5敗2分、8日、横浜)好調のDeNA打線が大量失点をはね返した。ルーキー坂本の乱調で0-7となったが、六回にソトの適時二塁打、佐野の3ランなど6長短打の猛攻で一挙同点とした。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日0-2巨人、16回戦、巨人8勝7敗1分、8日、ナゴヤD)巨人の坂本が三回、先制の二塁打を放った。菅野と大野雄の両エースが投げ合った緊迫の一戦。この試合最初の好機だった2死二塁から外角の変化球を捉えると、あと少しで本塁打という当たりで左翼フェンスを直撃した。大野雄から貴重な1点をもぎ取り「チャンスが少ないと思っていたのでその中で何とか打ちたいなと思っていた」と笑顔だった。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA7-7阪神」(8日、横浜スタジアム) 阪神が大勝ムード一転、痛恨ドローで勝機を逃した。大山が満塁アーチを含む2打席連発、6打点と大暴れも、先発のガルシアが六回に突如の暗転。5回0/3を7安打6失点の乱調で、同点に追いつかれた。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA7-7阪神」(8日、横浜スタジアム) 阪神は五回までに3本塁打で7点をリードしながら、六回に暗転。先発のガルシアが崩れ、守りのミスもあって一挙7点を奪われ同点とされ、結局引き分けに終わった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武2-0オリックス、13回戦、6勝6敗1分、8日、メットライフ)ノーヒッターへの夢が再び膨らむ快投だった。西武・高橋光成投手(23)が圧巻の投球。九回、先頭の代打・西野に中前打を浴びて快挙は逃したが、許した安打はこの1本だけ。完封で5勝目を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

「ボクシング・ライト級8回戦」(8日、後楽園ホール) ラーメンを年間300杯以上食べ、プロ手品師の顔も持つジロリアン陸(32)=フラッシュ赤羽=が、竹中関汰(23)=姫路木下=を一撃で失神させる1回2分34秒TKOで3連勝を飾り、戦績を11勝(10KO)3敗とした。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武2-0オリックス、13回戦、6勝6敗1分、8日、メットライフ)西武の山川が1-0の六回1死一、二塁で適時打を放った。山本のカットボールを捉え、鋭いゴロで中前へ転がして大きな追加点をもたらし「(ここ最近は)得点圏の場面の方がいい感じで打つことができていたので、楽な気持ちで打席に入った」と笑った。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神はDeNAに7-7で引き分けた。序盤に7点リードまで点差を広げたが、追いつかれた。以下、矢野燿大監督の一問一答。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日0-2巨人、16回戦、巨人8勝7敗1分、8日、ナゴヤドーム) ナゴヤドームは緊張感に満ちていた。開幕9連勝の巨人・菅野と、5試合連続完投勝利中の中日・大野雄の今季2度目の投げ合い。この日も息詰まる展開となった。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天が零封負けを喫し、2連敗。三木肇監督(43)が、試合後にオンライン取材に応じた。試合後の一問一答は以下のとおり。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪に出場するラグビー7人制男子代表候補が7日から強化合宿を開始した。これまでは東京と大分などに分かれ、合宿を実施していたが今回はコロナ禍による自粛明け後、初めて1箇所で全体練習を行った。8日の練習後、前回のリオ五輪に出場した坂井克行(32)=豊田自動織機=がオンライン取材に応じ「きつい合宿がまた始まったという感覚です」と笑顔を見せた。 1年延期の東京五輪については「1年で良かったのが正直な感想。4年後になると若い選手が経験を積んでお役御免も考えられた」とベテランの立場を語った。チームとしても延期により「パスや守備の立ち位置などベーシックな部分は見つめ直せる」と前向きに捉えている。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトの中山翔太外野手(23)が今季1号ソロを放った。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムは先発の上沢直之投手(26)が7回3失点(自責は2点)と試合を作ったが、打線が10安打で2得点と機能せず逆転負け。連敗で借金2となり、5位西武に0・5ゲーム差に迫られた。

後で読む
スポーツ報知

広島の九里亜蓮投手(29)が、6回無失点で3勝目を挙げた。

後で読む
スポーツ報知

【セ・リーグ】

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトの青木宣親外野手(38)が上半身のコンディション不良で試合に出場しなかった。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが連敗を3で止めた。四回に栗原の適時打で先制、五回にグラシアルの7号ソロで加点した。千賀は力のある直球を軸に8回を無失点、13三振を奪い6勝目を挙げた。森が19セーブ目。楽天は散発の4安打で零敗を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

「広島5-1ヤクルト」(8日、マツダスタジアム) 9カード連続で、カード初戦を落とした最下位に転落した高津ヤクルトに“不安”が募った。この日欠場した青木について、高津監督が「上半身のコンディション不良」と説明した。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAが0-7から引き分けに持ち込んだ。六回に佐野の3ランや大和の適時打など6長短打で7点を挙げた。坂本が5回7失点と乱れたが、救援陣が踏ん張った。阪神は大山の2発などで大量リードを奪いながら逃げ切れなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「中日0-2巨人」(8日、ナゴヤドーム) 巨人の菅野智之投手が、7回を投げ5安打無失点に抑える好投で開幕10連勝を飾った。巨人の開幕投手の10連勝は、1938年のスタルヒン以来2人目の快挙だ。

後で読む
日刊スポーツ

大阪の公立校を、花園へ-。ラグビーのトップチャレンジリーグ(トップリーグ2部相当)で昨季優勝を果たした近鉄のコーチ陣が8日、花園ラグビー場(東大阪市)内の練習…

後で読む
東京スポーツ

同世代ゆえか、ドライにエールを送った。巨人・坂本勇人内野手(31)が、ロッテに移籍した澤村拓一投手(32)について言及した。  坂本は高卒、澤村は大卒での入団だが1988年生まれの、いわゆる〝ハンカ…

後で読む
スポーツニッポン

菅野を攻略できず、今季6度目の零敗を喫した中日・与田監督は「菅野なので、チャンスはそう多くない。やっぱり2死からでもチャンスで何とかあと1本、そういうゲームだったと思う」と序盤の得点機に打てなかった打線を敗因に挙げた。

後で読む
スポーツニッポン

阪神は7点のリードを追いつかれて、2位DeNAと痛恨の引き分け。首位・巨人とのゲーム差は「9」に広がった。

後で読む
スポーツニッポン

“連敗ストッパー”の異名を持つ広島の九里亜蓮投手(29)がヤクルト打線を6回3安打無失点に抑え、8月10日の中日戦(マツダ)以来29日ぶりとなる今季3勝目(4敗)をマーク。チームの連敗を3で止め、最下位脱出に貢献した。

後で読む
スポーツニッポン

ソフトバンクは先発の千賀が8回無失点13奪三振の力投で今季6勝目をマーク。チームは連敗を3で止めて首位をキープした。

後で読む
スポーツニッポン

ソフトバンクは先発の千賀が8回無失点13奪三振の力投で今季6勝目をマークし、チームは連敗を3で止めて首位をキープした。

後で読む
東京スポーツ

いよいよ本格始動だ。スペイン1部バルセロナに残留を表明したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)が7日、チーム練習に合流。クラブの公式サイトは、ドイツ1部バイエルン・ミュンヘンから復帰したブラ…

後で読む
東京スポーツ

イングランド・プレミアリーグのニューカッスルから退団が濃厚なFW武藤嘉紀(28)の新天地はドイツの3クラブに絞られたようだ。ドイツメディア「フースバル」が獲得候補に挙がっていた古巣の同国1部マインツ…

後で読む
東京スポーツ

フランス代表に招集されていたFWキリアン・エムバペ(21)が新型コロナウイルスに感染したことに、同国1部パリ・サンジェルマンのスポーツディレクター(SD)を務めているレオナルド氏(51)が激高した。…

後で読む
スポーツ報知

来夏に延期になった東京五輪で、2大会連続の7人制ラグビー男子代表入りを目指す坂井克行(32)=豊田自動織機=が8日、オンライン取材に応じた。7日から始まった北海道での代表候補合宿に参加。コロナ禍で五

後で読む
スポーツ報知

ボートレース住之江のG1「第48回高松宮記念特別競走」優勝戦は8日、最終日第12Rで準優勝戦を勝ち上がった6選手により行われた。

後で読む
サンケイスポーツ

9月1日の広島戦(ナゴヤドーム)で5試合連続完投勝利を決めた中日・大野雄大投手(31)が先発。この試合で完投勝利を6試合連続に伸ばせば球団新記録となるなかで6安打2失点と好投したが、打線の援護がなく、7月17日の阪神戦(甲子園)以来の黒星となる完投負けだった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は8日、セ・パ両リーグで6試合が行われた。

後で読む
サンケイスポーツ

中日打線は巨人・菅野に7回5安打無得点に抑えられ、今季3つ目の白星を献上した。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神はDeNAに7-7で引き分けた。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-阪神」(8日、横浜スタジアム) 阪神・上本博紀内野手が、手から離れたバットにボールが当たりファウルとなる珍プレーが起きた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島5-1ヤクルト、9回戦、4勝4敗1分、8日、マツダ)先発のヤクルト・石川は5回5安打4失点で3敗目を喫し、またも今季初勝利はならなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島5-1ヤクルト、9回戦、4勝4敗1分、8日、マツダ)広島が1分けを挟んだ連敗を3で止めた。二回に松山の適時二塁打と田中広の適時打で2点を先制。四回に2点、八回は会沢のソロで加点した。九里は6回無失点で3勝目。ヤクルトは拙攻が響き、最下位に転落した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武2-0オリックス、13回戦、6勝6敗1分、8日、メットライフ)オリックスは九回に先頭打者の代打西野が中前打して無安打無得点試合を阻止するのがやっとで零敗を喫した。高橋光の前に三塁も踏めず、中嶋監督代行は「対策は立てたが、それができないくらい良かったということだし、こちらの対策がまだまだ甘かったということだと思う」と唇をかんだ。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は8日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人からトレード加入した沢村拓一投手(32)が3-2の六回から登板し、圧巻の3者三振でチームの5連勝に貢献した。

後で読む
デイリースポーツ

去就が注目されているスペイン2部サラゴサの元日本代表MF香川真司(31)が8日、チーム練習に合流した。クラブの公式SNSがランニングする香川の写真と共に伝えた。 地元紙「エル・ペリオディコ・デ・アラゴン」(電子版)は2日付で、香川は5日にスペインに到着し、新型コロナウイルスのPCR検査を経てチームに合流する見通しと報じていた。

後で読む
スポーツ報知

巨人からロッテに移籍した沢村拓一投手(32)が、8日の日本ハム13回戦(ZOZO)の6回から登板し、3者連続三振を奪うマリーンズデビューを飾った。

後で読む
スポーツ報知

オリックスの山本由伸投手(22)が7回5安打2失点と好投したが、打線が高橋光に1安打完封されて敗れた。

後で読む
スポーツ報知

中日・大野雄大投手(31)が援護に恵まれず、連続完投勝利が「5」で止まった。3回に坂本に先制の適時二塁打、8回に亀井に左犠飛で2点を失ったが、巨人・菅野と堂々の投げ合いを演じた。決して左腕が責められ

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトが広島に敗れて、再び最下位に転落した。

後で読む
スポーツ報知

中日・大野雄大投手(31)が巨人・菅野と投げ合うも打線の援護に恵まれず、9回2失点で連続完投勝利が「5」で止まった。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ3-2日本ハム」(8日、ZOZOマリンスタジアム) 首位を猛追するロッテが逆転で5連勝、貯金11とした。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテが5連勝とした。1-2の五回にマーティンの2点適時打で逆転し、五回以降は継投でしのいだ。沢村が六回に移籍後初登板して3者三振。小野が2勝目を挙げ、益田が21セーブ目。日本ハムは14三振と要所でつながらなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「中日0-2巨人」(8日、ナゴヤドーム) 首位巨人が3連勝。エース菅野は7回無失点の好投。38年スタルヒン以来82年ぶりとなる開幕投手からの無傷の10連勝を飾った。5試合連続完投勝利中の中日・大野雄との今季絶好調の両投手による投手戦は、菅野に軍配が上がった。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ3-2日本ハム」(8日、ZOZOマリンスタジアム) 巨人からトレードで移籍したロッテ・沢村拓一投手が、電撃発表から一夜明けたこの日、出場選手登録。そして、ユニホーム作製が間に合わず、打撃投手から借りた背番号「106」を背負って、いきなりのマウンドに上がった。

後で読む
デイリースポーツ

広島が1分けを挟んだ連敗を3で止めた。二回に松山の適時二塁打と田中広輔の適時打で2点を先制。四回に2点、八回は会沢のソロで加点した。九里は6回無失点で3勝目。ヤクルトは拙攻が響き、最下位に転落した。

後で読む
東京スポーツ

強力打線が猛反撃だ。DeNAが8日の阪神戦(横浜)で7点をリードされた6回に一挙7得点を奪い返して試合を振り出しに戻した。まず先頭から2者連続の四球で無死一、二塁とし、ソトが左翼への適時二塁打。これ…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル内野手(34)が、8日の楽天戦(楽天生命パーク)で豪快な一発を放った。  5回、辛島の直球を左中間スタンドの中段にまで運んだ。おなじみとなりつつあるボクシングポ…

後で読む
東京スポーツ

阪神のオネルキ・ガルシア投手(31)が8日のDeNA戦(横浜)に先発し、5回までに大量7点の援護を受けながら6回途中7安打6失点で降板した。  直近4試合でクオリティ・スタート(6回以上を自責3点以…

後で読む
東京スポーツ

西武・高橋光成投手(23)が8日のオリックス戦(メットライフドーム)で8回、24アウトまでノーヒットノーランを演じる快投を見せた。  立ち上がりから絶好調だった。3回まで毎回の5奪三振で、4回を終え…

後で読む
スポーツニッポン

中日の先発・大野雄は9回まで1人で投げ抜き6安打2失点。だが、打線の援護に恵まれず無念の完投負け。球団新記録となる6試合連続完投勝利を逃した。

後で読む
スポーツニッポン

巨人の菅野が8日、ナゴヤDで行われた中日戦に先発し、7回101球を投げ5安打無失点の好投で、開幕投手では04年岩隈久志(近鉄)以来史上6人目となる開幕からの10連勝を飾った。

後で読む
スポーツニッポン

中日は相手先発・菅野を打ち崩せず、今季5度目の完封負け。

後で読む
スポーツニッポン

広島が5―1でヤクルトを下し、1分けを挟んだ連敗を3でストップ。借金を8に減らして最下位を脱出した。連勝を逃したヤクルトは借金10とし、最下位に転落している。

後で読む
スポーツニッポン

9回2失点ながら無念の完投負けとなった中日の先発・大野雄は「(菅野は)対戦前から点を取れる投手じゃないと分かっていた。僕が先制点を取られたのが負けた原因」と振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクは8日、明石健志内野手(34)が佐賀市内の病院でCTとMRI検査を受け「右手関節炎」の診断を受けたことを発表した。この日からリハビリ組に合流している。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島-ヤクルト、9回戦、8日、マツダ)ヤクルト・中山翔太外野手(23)が、4点を追う八回1死から代打で登場。左中間席へ1号ソロをたたき込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は8日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は8日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武2-0オリックス、13回戦、6勝6敗1分、8日、メットライフ)西武の高卒6年目右腕・高橋光が惜しくも快挙を逃した。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-阪神」(8日、横浜スタジアム) 阪神は大勝ムードが一転、先発のオネルキ・ガルシア投手が7点リードの六回、6点を失うなど突如崩れて途中降板した。ガルシアは5回0/3を7安打6失点で降板。代わった岩貞が大和に中前適時打を浴び、同点となった。

後で読む
日刊スポーツ

日本代表の森保一監督(52)が8日にオンライン上で対応し、代表活動が可能な10月と11月に国内で活動することは厳しいとの見通しを示した。国際サッカー連盟(FI…

後で読む
日刊スポーツ

リーグ戦7試合連続未勝利の北海道コンサドーレ札幌は9日、敵地でセレッソ大阪と対戦する。8日、札幌・宮の沢で前日練習を行った。現在3連勝中でリーグ2位の相手との…

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪のJ1通算1000得点はだーれだ!?3連勝中で2位のC大阪は9日に北海道コンサドーレ札幌戦(ヤンマースタジアム長居)に臨む。8日は大阪・舞洲で調整…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ-日本ハム、13回戦、8日、ZOZOマリン)ロッテへ巨人から移籍したた沢村拓一投手(32)が加入から即登板し、3者三振の圧巻デビューを飾った。

後で読む
サンケイスポーツ

先発したオネルキ・ガルシア投手(31)が7-0の六回に突如崩れた。先頭の梶谷から2者連続四球。ソトに左翼線への適時打二塁打で1点を返されると、続く佐野に3ランを被弾した。その後も、宮崎、倉本に連打を許したところで1死も奪うことができずに5回0/3を7安打6失点(自責5)で降板となった。

後で読む
スポーツ報知

ロッテに移籍した沢村拓一投手(32)の巨人グッズが売り切れ続出となっていることが8日、分かった。

後で読む
デイリースポーツ

京セラ女子陸上部の佐藤敦之監督(42)が8月31日付で辞任したことが8日、分かった。後任は未定。コーチを務めていた妻、美保さん(42)も同じ日に退社した。 佐藤氏は2008年北京五輪男子マラソン代表で、ハーフマラソンの元日本記録保持者。13年に現役を引退し、女子800メートル日本記録保持者の美保さんが現役時代に所属していた京セラの監督に14年に就任した。辞任理由について、京セラは「選手育成や部の運営に関して考えが異なる点があった」としている。

後で読む
デイリースポーツ

東都大学野球連盟は8日、東京都内で理事会を開き、22日開幕の秋季1部リーグは上限3千人の観客を入れ、2戦総当たりの合計勝利数で争うことを決めた。勝率制で行う計画からの変更。優勝は勝利数が同じ場合に当該対戦成績で決め、それでも決まらない場合は決定戦を行う。新型コロナウイルスの影響で春季リーグは開催されなかった。 昨秋の初実施に続いてタイブレーク制を採用。延長十回無死一、二塁からの継続打順となる。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー7人制男子日本代表候補の坂井克行が8日、北海道での合宿後にオンライン取材に応じ、7月の合宿再開後、初めて選手が1カ所に集合して行えたことに「非常にきつい合宿がまた再開するんだなと今は思っている」と元気な様子で話した。 経験豊富な選手が五輪を断念する中、元主将で32歳の坂井は「僕らベテランが若いメンバーにいろいろ伝えていかないと」と自分に言い聞かせるように話した。

後で読む
スポーツ報知

DeNAのドラフト2位・坂本裕哉投手(23)が先発も、5回9安打7失点でKOされ、2勝目はならなかった。

後で読む
スポーツ報知

阪神が1イニング7失点の惨事で一気にリードを吐き出した。

後で読む
スポーツ報知

DeNAの山崎康晃投手(27)が0―7の6回から2番手で登板し3者凡退に抑えた。

後で読む
スポーツ報知

西武の高橋光成投手(23)が8日、メットライフドームで行われたオリックス13回戦で先発し、8回まで無安打投球の快投を見せている。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトの石川雅規投手(40)が5回5安打4失点で降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「西武-オリックス」(8日、メットライフドーム) 西武・高橋光成投手が六回まで無安打無得点を続けている。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-ヤクルト」(8日、マツダスタジアム) ヤクルトに手痛いミスが生まれた。またしても味方の失策が失点につながる。最下位・広島に痛恨の追加点を許した。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-日本ハム」(8日、ZOZOマリンスタジアム) 巨人からトレードで移籍したロッテ・沢村拓一投手が、電撃発表から一夜明けたこの日、出場選手登録。そして、ユニホーム作製が間に合わず、打撃投手から借りた背番号「106」を背負って、いきなりのマウンドに上がった。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-阪神」(8日、横浜スタジアム) DeNA打線が反撃を開始した。

後で読む
デイリースポーツ

「西武-オリックス」(8日、メットライフドーム) 西武・高橋光成投手が大記録まであと1回に迫った。

後で読む
スポーツニッポン

C大阪のロティーナ監督が、前節浦和戦でデビュー戦初ゴールを挙げたFW藤尾翔太(19)の今後について“本人次第”と語った。あす9日の札幌戦(ヤンマー)を前に、8日の非公開練習後にオンラインで取材対応。離脱中のFWブルーノ・メンデスの復帰が16日の神戸戦(ノエスタ)以降になることを明かした上で、藤尾が今後もU―23ではなくトップに帯同し続けるかを聞かれると、次のように答えた。

後で読む
スポーツニッポン

あす敵地・柏戦を控えるG大阪は8日、吹田市内で最終調整を行った。勝てば2連勝で4位浮上まで可能性がある1戦。宮本恒靖監督(43)は勝利とともに、若手のさらなる成長に期待を寄せた。

後で読む
日刊スポーツ

テニスの4大大会、全米オープン(ニューヨーク)で、2度の4大大会優勝を誇る世界9位の大坂なおみ(22=日清食品)の準々決勝は、8日午後7時(日本時間9日午前8…

後で読む
日刊スポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)は8日、オンライン形式で理事会を行った。山下泰裕会長(63)は、冒頭のあいさつで新型コロナウイルス対策に関して18日と28日に…

後で読む
日刊スポーツ

日本車いすバスケットボール連盟(JWBF)は8日、国際パラリンピック委員会(IPC)の基準に応じた選手の障がいクラス分けの再審査で、対象になった日本選手男子6…

後で読む
日刊スポーツ

米国テニス協会は、4回戦で失格となった世界1位のノバク・ジョコビッチ(33=セルビア)にコート上での行為に1万ドル(約110万円)、その後の記者会見を行わなか…

後で読む
東京スポーツ

阪神・大山悠輔内野手(25)が8日のDeNA戦(横浜)で2打席連続本塁打を放った。  初回にプロ初の満塁弾を放つと、3回二死一塁の第2打席で相手先発・坂本のスライダーをとらえ、17号2ランをバックス…

後で読む
東京スポーツ

巨人のキャプテン坂本勇人内野手(31)が14試合連続安打となる先制適時二塁打を放った。  9日の中日戦(ナゴヤドーム)3回二死二塁で、坂本は竜先発・大野雄の3球目134キロのフォークにバットを一閃。…

後で読む
東京スポーツ

伝統の「ゴロ・ゴー」で難攻不落の山本由伸から先制点だ。    西武―オリックス戦(8日、メットライフ)は4回まで両軍無得点の展開。西武・高橋光とオリックス・山本由の息詰まる投手戦の均衡を破ったのは西…

後で読む
東京スポーツ

さっそくの出番だ。巨人から交換トレードでロッテに移籍したばかりの澤村拓一投手(32)が8日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で3―2と逆転した直後の6回に3番手として登板した。  急にまとまったトレード…

後で読む
スポーツニッポン

17年6月8日中日戦以来3年ぶりの勝利を狙うロッテの大嶺祐太投手(32)が今季2度目の先発。味方の好守にも助けられ4回6安打2失点で降板。白星はお預けとなったが6奪三振をマークするなど“完全復活”へ向けまた一歩前進した。

後で読む
スポーツニッポン

阪神先発のガルシアは5回までの快投が一転、6回に滅多打ちにあった。

後で読む
スポーツニッポン

今季開幕投手を務めたヤクルトの19年目左腕・石川雅規投手(40)が広島戦(マツダ)に先発登板。5回5安打4失点(自責2)で降板し、7度目のマウンドでも待望の今季初勝利をつかむことはできなかった。

後で読む
スポーツニッポン

阪神は7点優勢の6回に悪夢が待っていた。

後で読む
スポーツニッポン

巨人からロッテに移籍した沢村拓一投手(32)が、3―2と1点リードの6回に移籍後初登板。三者連続三振の好投を見せると、スタンドからは大きな拍手が送られた。

後で読む
東京スポーツ

森保ジャパンの10、11月の活動が海外合宿になる公算が高くなった。  日本代表と東京五輪代表を兼務する森保一監督(52)が8日にオンラインで取材に応じ、カタールW杯アジア2次予選の延期により活動が未…

後で読む
サンケイスポーツ

東都大学野球連盟は8日、東京都内で理事会を開き、22日開幕の秋季1部リーグは上限3000人の観客を入れ、2戦総当たりの合計勝利数で争うことを決めた。勝率制で行う計画からの変更。優勝は勝利数が同じ場合に当該対戦成績で決め、それでも決まらない場合は決定戦を行う。新型コロナウイルスの影響で春季リーグは開催されなかった。

後で読む
スポーツ報知

東京五輪組織委の高谷正哲スポークスパーソン(SP)が8日、定例の記者ブリーフィングを行った。この日、NPBとJリーグが政府に大規模イベントの人数制限緩和を求める要望書を提出したのを受け「プロ野球、J

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-阪神」(8日、横浜スタジアム) 阪神の大山悠輔内野手が、2打席連続本塁打となる17号2ランを放ち追加点を奪った。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-阪神」(8日、横浜スタジアム) 阪神が五回、サンズの16号ソロで7点目を奪った。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J3第14節第3日(8日、白波スタジアム=1試合)台風10号の影響で延期となった試合は、鹿児島が八戸を2-1で下して勝ち点23の4位に浮上した。八戸は同15のまま。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハム入団2年目の吉田輝星投手(19)が8日のロッテ13回戦(ZOZOマリン)で開幕後初の1軍合流を果たした。8日は出場選手登録されなかったが、1軍投手陣と一緒に汗を流し「めちゃくちゃうれしいです」と笑顔をみせた。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・和田毅投手(39)が8日、ランニングなどで調整。9日の楽天戦(楽天生命パーク)での先発登板に向けて、意気込みを明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

東都大学野球連盟は8日、6校が2戦総当たり計10試合と決めている秋季1部リーグ戦(9月22日開幕、神宮)を九回を終え同点だった場合にタイブレーク制を導入し、勝利数で優勝を争うと発表した。3000人限度の有観客で行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・大山が今季初の1試合2本塁打で、第2打席までに6打点を稼いだ。一回1死満塁で先制の16号グランドスラムを放って「もっと援護できるように頑張ります」と宣言すると、三回2死一塁でバックスクリーンへの17号2ラン。有言実行の一発を「追加点が欲しかったので、打つことができて良かったです」と振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

広島・野村祐輔投手(31)が8日、マツダスタジアムでの試合前練習に参加し、9日のヤクルト2戦目に備えてキャッチボールなどで汗を流した。

後で読む
スポーツニッポン

日本車いすバスケットボール連盟は8日、国際パラリンピック委員会(IPC)が準拠する選手の障がいレベルに応じたクラス分けの選手資格の再評価について、対象となっていた日本選手14人(男子6人、女子8人)のうち、女子選手1人が不適格と判定されたことを発表した。この選手の障がいは、IPCが定めるパラリンピックの出場要件を満たさないと判断された。選手名はプライバシー保護のため非公開。日本連盟は再審査を求…

後で読む
スポーツ報知

DeNAのラミレス監督が初回から異例の交代を告げた。

後で読む
スポーツ報知

阪神の大山悠輔内野手(25)が今季初となる2打席連続アーチを描いた。

後で読む
スポーツ報知

5連続完投中の中日・大野雄大投手(31)が、28イニングぶりに失点した。

後で読む
スポーツ報知

ドラフト3位・岡野祐一郎投手(26)=東芝=が、1か月半ぶりの1軍マウンドとなる9日の巨人戦(ナゴヤD)に先発する。水曜日を任されていた小笠原の2軍降格に伴い、開幕ローテ入りも果たし2勝(1敗)を挙

後で読む
スポーツニッポン

FC東京は8日、都内で非公開練習を行った。あす9日にホームで横浜FCと対戦する。日本代表FW田川亨介(21)は「守備のところで求められることが多いが、やれているので使ってもらえていると思う。それを続けていくのはもちろん、点に絡む機会を増やしてアピールしていければ」と意気込んだ。

後で読む
スポーツニッポン

FC東京の長谷川健太監督(54)が8日、都内での非公開練習後にオンライン取材に応じた。チームはあす9日にホームで横浜FCと対戦。指揮官は「(相手は)自分たちのやり方を出せている。ビルドアップも上手いし、前線に若いタレントがいる」と警戒した。

後で読む
東京スポーツ

西武は8日のオリックス戦(メットライフドーム)で、数日前から背中の張りを訴えている森友哉捕手(25)を3試合連続でスタメンから外した。先発マスクに指名されたのは6日の日本ハム戦(札幌ドーム)に続き岡…

後で読む
東京スポーツ

阪神の大山悠輔内野手が8日のDeNA戦(横浜)でプロ初となる満塁弾を放った。初回一死満塁の場面で、相手先発・坂本がカウント2ボール1ストライクから投じた146キロ直球を一閃。打球は風にも乗って右翼フ…

後で読む
スポーツニッポン

DeNAのラミレス監督が非情采配を見せた。

後で読む
スポーツニッポン

プロ野球のファームは8日、イースタン、ウエスタン両リーグでナイターを含めて5試合が行われた。

後で読む
スポーツニッポン

阪神・大山のバットがとまらない。

後で読む
スポーツニッポン

広島が今季7度目の登板で初勝利を目指すヤクルトの40歳左腕・石川から2回に2点を先取した。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテのマーティンが初回、右翼席へ先制の20号ソロをマークした。

後で読む
サンケイスポーツ

陸上女子ハンマー投げで東京五輪を目指す米代表候補グウェン・ベリー選手は、国際オリンピック委員会(IOC)に対し、五輪での人種的な宣伝活動などを禁じる憲章を「撤廃する必要がある」と述べ、人種差別への抗議を認めるよう訴えた。ニューヨーク・タイムズ紙電子版が7日、ビデオメッセージを掲載した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本サーフィン連盟は8日、オンラインで理事会を開き、東京五輪最終予選を兼ねるワールドゲームズ(WG=エルサルバドル)の代表選考会となるジャパンオープンの参加選手数を、男女各24人から変更しないことを確認した。新型コロナウイルスの感染防止のため、無観客で開催する方針。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクは8日、アルフレド・デスパイネ外野手(34)を出場選手登録。楽天戦(楽天生命パーク)に「5番・指名打者」で先発出場した。試合前に取材に応じた工藤公康監督(57)が期待を寄せた。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAのアレックス・ラミレス監督が、二回で捕手を交代する異例の采配を見せた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハム入団2年目の吉田輝星投手(19)が8日のロッテ13回戦(ZOZOマリン)で開幕後初の1軍合流を果たした。8日は出場選手登録されなかったが、1軍投手陣と一緒に汗を流し「めちゃくちゃうれしいです」と笑顔をみせた。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-阪神」(8日・横浜スタジアム) DeNA・ラミレス監督が捕手を初回で交代した。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-阪神」(8日、横浜スタジアム) 阪神が、大山悠輔内野手の16号満塁本塁打で先制した。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシングのWBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(26)=ワタナベ=が、11月3日に大阪市のインテックス大阪で3度目の防衛戦を行うことが8日、発表された。同級11位のタノンサック・シムシー(20)=タイ=の挑戦を受ける。京口は5月9日に堺市でインドネシア選手と世界戦を行う予定だったが、コロナ禍で中止となっていた。今回は新型コロナウイルスの感染拡大後、国内で初の男子の世界タイトル戦となる。 大阪市内で記者会見を行った京口は、14戦無敗(12KO)の相手について「無敗で勝ち上がってきた選手なので油断なく、当日は(力の)差を見せられるといいと思う」と語った。タイからオンラインで会見に参加したタノンサックも「お互いにお客さんたちが喜んでくれるように頑張りましょう」と呼びかけた。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシングのWBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(26)=ワタナベ=が、11月3日に大阪市のインテックス大阪で3度目の防衛戦を行うことが8日、発表された。同級11位のタノンサック・シムシー(20)=タイ=の挑戦を受ける。京口は5月9日に堺市でインドネシア選手と世界戦を行う予定だったが、コロナ禍で中止となっていた。今回は新型コロナウイルスの感染拡大後、国内で初の男子の世界タイトル戦となる。 大阪市内で記者会見を行った京口は、コロナによる自粛期間も「トレーニング期間が増えたとプラスに考えれば、課題に取り組む時間が増えた。マイナスにはなっていない」と前向きに捉えた。14戦無敗(12KO)の相手については「無敗で勝ち上がってきた選手なので、油断なく当日は(力の)差を見せられるといいと思う」と語った。

後で読む
サンケイスポーツ

ローマに所属するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロが前十字じん帯を断裂した。ローマが公式発表している。

後で読む
デイリースポーツ

大仁田厚が旗揚げした「ファイヤープロレス」の広島大会が9月13日、広島市の広島マリーナホップ屋外駐車場で開催される。 今年は電流爆破30周年。さらなる過激な爆破が期待される中、今大会に初お目見えするのが「ファイヤーボール地雷ボード」だ。リング下に設置された地雷ボードに選手が落下すると大爆発が起こり、特殊燃料にも引火。通常の爆破の1200度をはるかに超える2500度以上の熱風が選手に襲いかかる。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは8日、9日の予告先発投手を発表した。

後で読む
デイリースポーツ

世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)が、11月3日に大阪市のインテックス大阪で同級11位のタノンサック・シムシー(タイ)と3度目の防衛戦を行うことが8日、発表された。新型コロナウイルス感染拡大後、国内での男子の世界タイトル戦開催は初めてとなる。 5月に堺市で行われる予定だった世界戦がコロナ禍で中止となっていた京口は「試合が実現できることを大変うれしく思う。(力の)差を見せられる試合ができたら」と意気込みを語った。

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは8日、新型コロナウイルスの影響で中止となっていた湘南ベルマーレ対サガン鳥栖の試合を、10月21日に代替開催すると発表した。当初8月29日に開催予定だ…

後で読む
サンケイスポーツ

東京六大学野球連盟は8日、東京都内で理事会を開き、19日開幕の秋季リーグ戦を2戦総当たり、各10試合のポイント制で争うことを決めた。勝ちは1、引き分けは0・5、負けは0とし、合計ポイントが最も多いチームを優勝とする。2校が並んだ場合は優勝決定戦を行う。

後で読む
日刊スポーツ

鹿島アントラーズのザーゴ監督が8日、オンライン取材に応じ、約3年ぶりの4連勝がかかったベガルタ仙台戦(9日、カシマ)に向けて「相手の長所を消すのも大事だけど、…

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸は9日に、首位の川崎フロンターレ戦(等々力)を迎える。現在3試合連続引き分け中で10位神戸の勝ち点は19で、川崎Fは同38。同じ15試合消化で2…

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハム・大田泰示外野手(30)と矢野謙次外野守備コーチ兼打撃コーチ補佐(39)が8日、ロッテ13回戦(ZOZOマリン)の試合前、巨人からトレードでロッテ入りした沢村拓一投手(32)と談笑した。

後で読む
日刊スポーツ

J1第15節が9月9日に行われる。各カードのoptaファクトは以下の通り。※ファクト内の数字はJ1での成績川崎フロンターレ – ヴィッセル神戸…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は一回1死満塁で、大山が16号本塁打を放って先制した。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・山中浩史投手(34)が8日、マツダスタジアムでキャッチボールや短距離ダッシュなどを行い、先発する9日の広島戦に向けて調整した。あすは自身35度目の誕生日。バースデー登板に向けて意気込みを口にした。

後で読む
東京スポーツ

女子プロレス「スターダム」は8日、オンライン会見で行い、10月3日に神奈川・横浜武道館大会を開催すると発表した。  当初、8月22、23日に2デイズで同会場でのビッグマッチを予定していたが、選手2人…

後で読む
デイリースポーツ

橋本聖子五輪相(55)が8日、閣議後に定例会見を行った。国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長が7日に「東京五輪は新型コロナウイルスに関係なく行われる」などとAFP通信の電話インタビューで発言したことに対し「1日も早くIOCから『確実に開催できる』と発信して頂けるよう、全力でコロナ対策を講じていく」と話した。 政府は4日、東京都、大会組織委員会と連携し、新型コロナウイルス対策調整会議の初会合を首相官邸で開催。IOC側にもその内容は報告されているといい、橋本大臣は「第1回の状況を聞いた上で、コーツ委員長が、必ず開催へ向けて自信を持っているという発言をされている」と説明。「来年の東京大会へ向けて、より一層緊密な連携のもと東京大会が実施できると、コーツ委員長は確信のもとで昨日のような発言があったと思っている」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

東京六大学野球連盟は8日、東京都内で理事会を開き、19日開幕の秋季リーグ戦を2戦総当たり、各10試合のポイント制で争うことを決めた。勝ちは1、引き分けは0・5、負けは0とし、合計ポイントが最も多いチームを優勝とする。2校が並んだ場合は優勝決定戦を行う。 春季は延長時にタイブレーク制を初採用したが、秋季は九回終了時に同点なら引き分けとするため、春季に採用した勝率制を見送った。ポイント制の実施は1947年秋以来という。

後で読む
デイリースポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)は8日、オンラインで理事会を開催した。日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬の一部を巡り、12年頃まで不適切な会計処理を行っていた疑いで、先月31日に同協会から提出された報告書について「不十分」として、再提出を求めた。 JOCはこの日、同協会の菅芳松事務局長らからヒアリングを行い、改めて内部調査を実施し、10日後までにその行程を示すことを求めた。

後で読む
デイリースポーツ

スケートボード男子ストリートの堀米雄斗(XFLAG)が8日、拠点とする米国からオンライン取材に応じ「自分のレベルが少しずつ上がり、トリックもどんどん進化している。それを出せれば」と、金メダルが期待される来年の東京五輪に自信を示した。 米国は新型コロナウイルスの感染拡大が世界で最も深刻だが、堀米は練習環境を優先して帰国せず、ロサンゼルスで活動を続けてきた。外出制限が厳しく、満足に滑れなかった期間もあり「自分にはスケボーしかない」と再認識したという。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表の森保一監督は8日、ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の延期で空白となった10、11月の国際試合日に海外での試合実施など代表活動を検討していることを示唆した。オンライン取材で「国内で活動するのは非常にハードルが高いと報告を受けている」と話した。新型コロナウイルスの影響で、今年は日本代表戦が1試合も行われていない。 東京五輪世代の中核となる堂安律がPSVアイントホーフェン(オランダ)からビーレフェルト(ドイツ)に期限付き移籍したことには「移籍先で輝き、存在感を発揮してほしい」と期待した。

後で読む
スポーツ報知

【オリックススタメン】

後で読む
スポーツ報知

【ヤクルトスタメン】

後で読む
スポーツ報知

DeNAは10月2日からの中日3連戦(横浜)を対象に女性向けイベントを行うと発表した。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの吉田輝星投手(19)が8日、ロッテ3連戦(ZOZO)に臨む1軍に今季初合流した。出場登録は9日以降の見込み。「めちゃくちゃうれしいです。(聞いた時は)もう震え上がりましたね」と活躍を誓った

後で読む
スポーツ報知

阪神の大山悠輔内野手(25)がプロ4年目で初のグランドスラムを放った。

後で読む
東京スポーツ

シンガポールの格闘技イベント「ONE」による日本大会「Road to ONE:3rd」(9月10日、東京・shibuya O―EAST)の会見が8日、都内で行われ、メインで11か月ぶりのMMA(総合…

後で読む
デイリースポーツ

「中日-巨人」(8日、ナゴヤドーム) 5試合連続完投勝利中の中日・大野雄と、開幕から無傷の9連勝中の巨人・菅野。今季好調の両投手による投げ合いとなった。

後で読む
デイリースポーツ

首位を独走する巨人で、松原聖弥外野手が攻守で存在感を示した。8月27日のヤクルト戦では強肩を生かしてライトゴロを完成。3日のDeNA戦では右翼席へプロ1号も放った。仙台育英時代は3年夏にメンバー外だった男が、成長を遂げた要因はどこにあるのか。巨人コーチとして松原を指導していたデイリースポーツウェブ評論家・内田順三氏に聞いた。  ◇  ◇

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表の森保一監督は8日、ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の延期で空白となった10、11月の国際試合日に海外での試合実施など代表活動を検討していることを示唆した。オンライン取材で「国内で活動するのは非常にハードルが高いと報告を受けている」と話した。新型コロナウイルスの影響で、今年は日本代表戦が1試合も行われていない。

後で読む
スポーツニッポン

阪神先発のガルシアは、7回1失点で今季初勝利を挙げた先月11日のDeNA戦から、4試合連続でクオリティースタート(6回以上3失点以下)を記録中。今季2度目の対決となるベイスターズ打線をどう封じるか。また、3番には中谷が名を連ねた。試合開始は17時45分予定。

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテに巨人からトレードで加入した沢村拓一投手(32)が8日の日本ハム戦(ZOZOマリン)でベンチ入りした。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-阪神」(8日、横浜スタジアム) 2位・DeNAと3位・阪神のスタメンが発表された。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは9月8日、明治安田生命J1リーグ第13節湘南ベルマーレvsサガン鳥栖の代替開催日が決定したことを発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天-ソフトバンク、13回戦、8日、楽天生命パーク)楽天・岩見雅紀外野手(26)が、今季初めて1軍に昇格した。

後で読む
サンケイスポーツ

9日のオリックス戦(メットライフ)で本拠地初登板初先発する西武・内海哲也投手(38)が、巨人からロッテにトレード移籍した沢村拓一投手(32)に熱烈エールを送った。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は8日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表MF柴崎岳(28)が7日、今季から加入するスペイン2部リーグ、レガネスで入団発表に臨み、チームの1部リーグ再昇格に貢献したいと抱負を語った。 会見で柴崎は「ここにいれて嬉しい。自分たちの目標を達成するために全力を尽くす」と語った。自身にとってスペイン初挑戦だったテネリフェ時代の指揮官でもあるホセ・ルイス・マルティ監督について「彼がレガネスにいることがここにいるための重要な理由の一つ。彼は僕のこと、僕の特徴、パーソナリティーを知っている。今季目標達成したいと思っている」としている。

後で読む
スポーツ報知

楽天・岩見雅紀外野手(26)が今季初めて1軍に昇格した。

後で読む
スポーツ報知

西武・内海哲也投手(38)が8日、ロッテに移籍することが決まった巨人・沢村にエールを送った。

後で読む
スポーツ報知

ロッテは8日、ハーマン投手(36)の新グッズ「ハーマント」を同日の日本ハム戦から販売すると発表した。

後で読む
スポーツ報知

【阪神スタメン】

後で読む
スポーツ報知

【巨人スタメン】

後で読む
デイリースポーツ

「中日-巨人」(8日、ナゴヤドーム) 巨人のドラフト2位・太田龍投手(21)=JR東日本=がプロ初昇格を果たし、1軍チーム本隊に合流した。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-ヤクルト」(8日、マツダスタジアム) ヤクルトの梅野雄吾投手(21)が8日、1軍に合流し、昇格した。代わって、7日にイノーアが2軍降格となっていた。

後で読む
デイリースポーツ

東京六大学野球連盟は8日、都内で常務理事会を開いて今秋リーグ戦を2回戦総当たりのポイント制での開催を決めた。勝利に1、引き分けに0・5を与え、勝ち点と表現。延長戦はなく9回で打ち切り、2校が並べば優勝決定戦、3校以上が並ぶと優勝預かりとなる。 観客は春季リーグ戦の3000人から当面は5000人へと増員する。同連盟・内藤雅之事務局長が「増やす可能性もある」としたように、今後の政府の方針次第では上限の変更も示唆。応援団も一般客と区分けして外野席の指定エリアでの活動が認められ、吹奏楽の演奏についても専門家の助言を受けながら検討していく。

後で読む
デイリースポーツ

元巨人監督の堀内恒夫氏が8日、自身のブログを更新。ロッテに交換トレードで移籍した前巨人の沢村拓一投手にエールを送った。 「沢村拓一のトレード」のタイトルでブログを更新した堀内氏は「予感はしてた。今のままじゃ巨人では頭打ちそう思ってみてたよ。ベンチの信用がないのは外にいる俺にも伝わってくる。なぜなら、ピッチングに成長が感じられないからだ」と巨人時代の姿について書いた。

後で読む
スポーツニッポン

あす9日にアウェーで柏と対戦するG大阪のMF小野瀬康介(27)が“帳消し弾”を誓った。4―1で快勝した前節・仙台戦では前半41分にエリア内でハンドを取られてPK。GK東口がストップしたことで事なきを得た。「ミスがあるスポーツなのでお互いにカバーし合うのが大事。前回はヒガシ(東口)くんが止めてくれた。今度は僕がチームを救えるようにしたい」。3試合ぶりの得点で2連勝に導く意気込みだ。

後で読む
東京スポーツ

巨人のドラフト2位新人・太田龍投手(21)が8日、中日戦(ナゴヤドーム)の試合前練習から一軍本隊に合流し、さっそく出場選手登録された。  JR東日本から即戦力として期待され入団した太田は190センチ…

後で読む
東京スポーツ

巨人からトレードでロッテに移籍したばかりの澤村拓一投手(32)が8日、さっそく出場選手登録された。同日午前にはスーツ姿でジャイアンツ球場を訪れ、お別れのあいさつをした剛腕は、ZOZOマリンスタジアム…

後で読む
スポーツニッポン

広島のエースとして通算213勝を挙げた野球解説者の北別府学さん(63)が8日、自身のブログを更新。投手陣と野手陣の間を流れる“空気感”について現役時代の経験を明かした。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテは9月8日の日本ハム戦(ZOZOマリン)からフランク・ハーマン投手の新グッズ「ハーマント」を販売することを発表した。価格は3600円(税込)で、8日午前10時からマリーンズオンラインストアで、午後1時からマリーンズストアミュージアム店にて開始している。

後で読む
スポーツニッポン

◇出場選手登録公示

後で読む
スポーツニッポン

明日9日のDeNA戦での先発が確実視される阪神・青柳は、今季3戦登板で2勝無敗のDeNAとの4度目の対決に向けて強い意気込みをみせた。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・リーグは8日、試合日程の追加を次の通り発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

米男子ゴルフの今季最終戦、ツアー選手権は7日、アトランタのイーストレークGC(パー70)で最終ラウンドが行われ、4バーディー、4ボギーの70で回った松山英樹は通算7アンダーで15位だった。36歳のダスティン・ジョンソン(米国)が68で21アンダーとして優勝。初のシーズン王者に輝き、ボーナス1500万ドル(約15億9000万円)を獲得した。通算23勝目。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハンドボールリーグ機構は8日、新型コロナウイルスの影響で22日のゴールデンウルヴス福岡-ジークスター東京(福岡市民体育館)を延期すると発表した。地元自治体が感染拡大への懸念を示したためという。代替日程は未定。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは8日からフランク・ハーマン投手(36)の新グッズ「ハーマント」(税込3600円)を発売した。

後で読む
サンケイスポーツ

本紙専属評論家の江本孟紀氏(73)が7日のニッポン放送「ショウアップナイタープレイボール」(月曜後5・30)に生出演。巨人からロッテへ移籍した沢村拓一投手(32)とロッテから巨人へ移籍した香月一也内野手(24)のトレードについて言及した。

後で読む
東京スポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソン(42)は8日、都内で会見を開き、入場者制限の段階的緩和を目指す日本野球機構(NPB)とサッカーJリーグから情報共有を提言されたことに「…

後で読む
東京スポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソン(42)は8日、都内で会見を開き、米ニューヨークで開催中のテニス「全米オープン」のコロナ対策などを組織委として参考にする意向を示した。 …

後で読む
日刊スポーツ

日本野球機構(NPB)とJリーグは8日、オンライン上で合同会見を行った。前日7日の新型コロナウイルス対策会議で協議していた通り、7月10日から実施する最大50…

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・梅野雄吾投手(21)が8日、出場選手登録された。

後で読む
スポーツニッポン

日本女子プロゴルフツアーの今季メジャー第1戦、日本女子プロ選手権(賞金総額2億円、優勝賞金3600万円)は10日から4日間、岡山県笠岡市のJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(6640ヤード、パー72)で行われる。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソン(SP)が8日、取材に対応し、プロ野球とJリーグが新型コロナウイルスの影響で現在最大5000人と定められている観客数の制限緩和を求める要望書を西村康稔経済再生担当相に提出したことについて、「社会にスポーツが戻ってくることの1つのステップと思う」と歓迎した。「リーグのご努力でスポーツのある毎日が戻ってくる様子に我々も勇気づけられながら…

後で読む
スポーツニッポン

昨年覇者でツアー通算8勝の手嶋多一をはじめジャパンゴルフツアー選手会長の時松隆光、14年賞金王・小田孔明、同17年の宮里優作、18年日本オープン優勝の稲森佑貴ら九州・沖縄のトッププロが集結して9日、54ホールの熱戦が幕を開ける。

後で読む
スポーツ報知

巨人のドラフト2位ルーキー・太田龍投手(21)が8日、ナゴヤDで1軍本隊に合流した。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソン(SP)が8日、都内で取材に応じた。 国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長が7日に「東京五輪は新型コロナウイルスがあろうがなかろうが開催される」などとAFP通信の電話インタビューで発言したことについて受け止めを問われると、高谷SPは「コーツ氏の発言を直接聞いたわけではないが、IOCはこれまでも全力準備にあたる、としてきた。改めてそのコミットメントを示してくれたものと認識している」と、話した。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲秋場所」(13日初日、両国国技館) 先場所、5年ぶり復活優勝した元大関で東前頭筆頭の照ノ富士(28)=伊勢ケ浜=が8日、都内の部屋で部屋の関取衆と相撲を11番取って調整した。朝稽古後、電話取材に応じ、「今できることをやっている。後で結果が付いてくればいい」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲秋場所」(13日初日、両国国技館) 自己最高位、西前頭3枚目の照強(25)=伊勢ケ浜=が8日、都内の部屋で部屋の関取衆と申し合いを行い、13番取って調整した。朝稽古後、電話取材に応じ、「良い感じですよね。調整はうまいこといってる」と手応えを口にした。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲秋場所」(13日初日、両国国技館) 幕内宝富士(33)=伊勢ケ浜=が8日、都内の部屋で関取衆と申し合いを行い、9番取って調整した。朝稽古後、電話取材に応じ、「番数は多くないですけどまあまあですかね。あと残り数日ですけど、集中して稽古できたらなと」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

J1・FC東京の長谷川健太監督(54)が8日、次節の横浜FC戦(9日、味スタ)に向けて都内での練習後にオンライン取材に応じた。対戦相手となるかつて日本代表でドーハの悲劇などをともに経験した戦友のFW三浦知良(53)について「同世代のカズがまだ現役としてプレーしていることは驚きです」と話した。 8月のルヴァン杯1次リーグでは2試合に先発し、同杯最年長出場記録を大幅更新したカズ。長谷川監督は「自分の体力から考えると異次元というか、信じられないぐらいすごい。J1の舞台でルヴァン杯などプレーしているのを見ると本当に素晴らしい」と1学年下の“キング”をたたえた。「最後の最後まで燃え尽きるまで、まだまだやってもらいたい」とエールを送りつつ、冗談まじりに「明日の試合は出てほしくない」と笑顔を見せた。

後で読む
スポーツ報知

巨人からトレードで移籍したロッテの沢村拓一投手(32)が、8日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で登板する可能性が浮上した。

後で読む
デイリースポーツ

独立リーグのルートインBCリーグ埼玉に所属する田沢純一投手が8日、横浜市内で取材に応じ、7日に日本野球機構(NPB)と12球団が「田沢ルール」の撤廃を決めたことに「いろいろな方に感謝したい」と喜んだ。 「田沢ルール」はドラフト指名を拒否して外国のプロリーグでプレーした選手と一定期間、NPBの球団が契約できないことを定めた12球団の申し合わせ。自身が2008年にメジャー挑戦を表明したことをきっかけに生まれたルールだっただけに「後に続く選手が出てきたとき、障害にならなくなったことがうれしい」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは、8日の日本ハム戦(ZOZOマリンスタジアム、18時試合開始)からハーマン投手の新グッズ「ハーマント」を販売すると発表した。 ハーマン選手新グッズ「ハーマント」、価格:3600円(税込み)。販売は8日10時からマリーンズオンラインストア、13時からマリーンズストアミュージアム店にて開始している。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは8日、10月2日からの中日3連戦を対象に行う女性向けイベント「YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL 2020 Supported by ありあけハーバー」において、試合後にスペシャルショー「B☆MAGIC! SHOW」を開催すると発表した。 第1戦はDB.キララによる光と花火が輝く特別ショー、第2戦は青山テルマ、第3戦は大原櫻子をスペシャルゲストとして招き、ライブパフォーマンスを実施することが決定した。出演者のコメントは以下の通り。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテはトレードで巨人から獲得し、この日入団会見を行った沢村拓一投手をいきなり出場選手登録した。チームは勝ちパターンのリリーフ投手として起用する方針を示している。 ソフトバンクはデスパイネ外野手を登録した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人から交換トレードで移籍したロッテ・沢村拓一投手(32)が8日、ZOZOマリンスタジアムで入団会見を行い、試合前の練習に参加。そのまま出場選手登録された。 背番号57のユニホーム姿でロッテ投手陣と共に汗を流し、ダッシュの合間に楽天から移籍した中大の先輩・美馬と言葉を交わしながら、野手のフリーバッティングに視線を向けた。

後で読む
デイリースポーツ

 女子ゴルフで通算23勝の横峯さくら(34)が8日、妊娠5カ月で来年後半までツアーを離れることをマネジメント会社を通じて発表した。「新しい命を授かることができました。安定期に入りましたのでご報告をさせていただきます」とコメントした。予定日は来年2月下旬という。 2014年にメンタルトレーナーの森川陽太郎さんと結婚し、15年から米ツアーを主戦場として活動。「今後も体調に気をつけて、母としてプロゴルファーとして仕事と子育てを両立していきたい」と記し、出産後の目標を「アメリカツアーでの1勝、国内ツアーでの永久シード(30勝)」と掲げた。

後で読む
日刊スポーツ

男児出産を経て、約3年ぶりに実戦復帰した32歳のツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)が初の8強入りした。母になったピロンコバが2017年ウィンブルドン選手権以来…

後で読む
東京スポーツ

コンディション不良で登録抹消中の広島・大瀬良大地投手(29)が8日、廿日市市内の大野練習場でリハビリ組の三軍練習に合流した。キャッチボールやランニングなどの練習はせず、アイシングや超音波による治療を…

後で読む
スポーツ報知

 開幕2日前の8日、前週のゴルフ5レディスで通算2勝目を飾った小祝さくら(22)=ニトリ=がリモート会見に登場した。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAは8日、10月2~4日中日戦で行う女性向けイベント「YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL 2020 Supported by ありあけハーバー」で、試合後にスペシャルショー「B☆MAGIC SHOW」を開催すると発表した。

後で読む
スポーツニッポン

現役時代に巨人のエースとして通算203勝をマークし、巨人監督も務めた野球解説者の堀内恒夫さん(72)が8日、自身のブログを更新。巨人から交換トレードでロッテへ移籍することが前日7日に発表された沢村拓一投手(32)に熱くエールを送った。

後で読む
スポーツニッポン

右肩コンディション不良から再起を目指すエドワーズが、8日のウエスタンリーグ、オリックス戦で1回を3者凡退に抑える安定感を見せた。

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が8日、自身のブログを更新。今季初勝利を懸けて同日の広島戦(マツダ)に先発登板する19年目左腕・石川雅規投手(40)へ恒例の熱烈エールを送った。

後で読む
スポーツニッポン

きょう一番の注目カードはエース同士の対決となる中日対巨人戦。中日の大野雄は球団最多タイの5試合連続完投勝利中、巨人の菅野は開幕から無傷の9連勝中だが、どちらが記録を伸ばせるか。

後で読む
サンケイスポーツ

プロボクシングのWBAライトフライ級スーパー王者の京口紘人(26)=ワタナベ=が8日、大阪市内で会見し、同級11位のタノンサック・シムシー(20)=タイ=と11月3日にインテックス大阪で3度目の防衛戦を行うと発表した。コロナ禍でボクシング興行が中断されて以降、国内で行われる男子では初の世界戦。「良い形で興行を終わりたい」と静かな闘志をのぞかせた。京口の戦績は14戦14勝(9KO)。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは8日、10月2-4日の中日戦(横浜)を対象に行う女性向けイベント『YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL 2020 Supported by ありあけハーバー』において、試合後にスペシャルショー「B☆MAGIC SHOW」を開催すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

テニスの全米オープン第8日は7日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、1月の全豪オープンに続く四大大会2連勝を狙った21歳のケニンはいいところなく敗れた。ミスはメルテンスの7本に対し、4倍近い26本を数え、本来の堅実なプレーができなかった。試合後には涙を流し「あんなに多くのミスをしてはいけない」と悔しがった。

後で読む
サンケイスポーツ

自己最高位の西前頭3枚目で臨む照強は8日、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋で関取衆と相撲を取り、調整した。秋場所では上位戦が予想され、電話取材に「目の前の一番に集中して、気負わず、挑戦するつもりでいけたら」と自然体を強調した。

後で読む
スポーツ報知

橋本聖子五輪相は8日、閣議後、都内で定例会見を行った。

後で読む
スポーツ報知

プロボクシングのワタナベジムは8日、大阪市内で会見し、所属するWBA世界ライトフライ級(48・9キロ以下)スーパー王者・京口紘人(26)が11月3日、インテックス大阪にて同級11位でタイ国同級王者の

後で読む
スポーツ報知

7人制ラグビーの16年リオ五輪女子代表主将、中村知春(32)=ナナイロプリズム福岡=が8日、オンライン取材に応じ、来夏に延期になった東京五輪を「ひとつの区切り、集大成になる」と明かした。

後で読む
スポーツ報知

大相撲で31度の優勝を誇る第58横綱・千代の富士関(故人)の優勝額が8日、JR両国駅に設置された。掲示された優勝額は1985年九州場所のもの。

後で読む
スポーツ報知

TBS系情報番組「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)は8日、全米オープンテニスの男子シングルス4回戦で第1シードのノバク・ジョコビッチ(33)=セルビア=がコート後方に打った球が線審の首元を直

後で読む
スポーツ報知

大相撲の7月場所で5年ぶりの復活優勝を果たした元大関で、東前頭筆頭の照ノ富士(28)=伊勢ケ浜=が8日、都内の同部屋での稽古後、電話取材に応じた。この日は部屋の関取衆と11番相撲を取る稽古を行い「今

後で読む
スポーツ報知

東京五輪組織委の高谷正哲スポークスパーソン(SP)が8日、定例の記者ブリーフィングを行い、五輪の準備状況を監督するIOCのジョン・コーツ調整委員長(70)が新型コロナウイルスが「あろうがなかろうが」

後で読む
サンケイスポーツ

体操女子で東京五輪ヒロイン候補の村上茉愛(まい)=日体ク=は、寄る年波に負けじと来夏の舞台を目指している。10代でピークを迎える選手もいる競技において、ベテランといえる24歳。新型コロナウイルスの感染拡大で1年延びた強化期間に、どれほど成長する余地があるのか。トレーナーの宮武誠さん(48)の話も基に探った。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターCに所属するイングランド代表MFフィル・フォーデンが、代表から追放されることになった問題について謝罪した。

後で読む
サンケイスポーツ

元ロッテ捕手の里崎智也氏(44)が8日、テレビ朝日系「グッド!モーニング」(月~金曜前4・55)に出演。女優、広瀬アリス(25)が自身にそっくりと公認したロッテのレオネス・マーティン外野手(32)との“共演”に言及した。

後で読む
サンケイスポーツ

【支配下選手登録】 ▽ロッテ 沢村拓一投手 【同抹消】 ▽ロッテ 香月一也内野手

後で読む
サンケイスポーツ

【支配下選手登録】 ▽巨人 香月一也内野手 【同抹消】 ▽巨人 沢村拓一投手

後で読む
スポーツニッポン

日本女子プロゴルフツアーの今季メジャー第1戦、日本女子プロ選手権(賞金総額2億円、優勝賞金3600万円)はあす10日から4日間、岡山県笠岡市のJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(6640ヤード、パー72)で行われる。

後で読む
スポーツ報知

DeNAのドラフト6位・蝦名達夫外野手(22)が8日、約2か月半ぶりに1軍に合流。試合前取材に応じたラミレス監督は「でスタメンで使う予定」と説明した。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-阪神」(8日・横浜スタジアム) DeNAのドラフト6位・蝦名達夫外野手=青森大=が1軍に合流した。

後で読む
デイリースポーツ

日本野球機構(NPB)と日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が8日、観客入場制限緩和を求める要望書を西村経済再生担当大臣室宛に送付した。 現状の政府方針では、9月末まで「上限5000人、または収容の50%の小さい方」という制限となっているが要望書では「上限2万人、または収容の50%のどちらか少ない方」への移行を求めた。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテに巨人からトレードで加入した沢村拓一投手(32)が8日、千葉市のZOZOマリンスタジアムでオンラインによる入団記者会見に臨み「求められるというのはうれしいこと。力になりたいという気持ち」と活躍を誓った。背番号は「57」に決まった。 ロッテはソフトバンクと首位を争い、15年ぶりのリーグ優勝を目指している。2016年に37セーブでタイトルを獲得した実績があるだけに松本尚樹球団本部長は「実績も経験もある。最高の選手に来てもらえた」と歓迎した。

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグの村井満チェアマン(61)は8日、NPB(日本野球機構)の斉藤コミッショナーと合同記者会見を行い、西村康稔経済再生担当大臣へ、連名で入場者数の制限緩和の「要望書」を提出したことを明らかにした。要望書では現在の上限5000人から「収容人数の50%か2万人の少ない方」への見直しを求めたという。

後で読む
東京スポーツ

プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)とJリーグは8日、オンラインで合同会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大によって現在上限5000人となっている大規模イベントの入場制限について、2万人または…

後で読む
スポーツニッポン

香月一也内野手との交換トレードで、巨人からロッテに移籍した沢村拓一投手が8日、ZOZOマリンでZOOMによる入団会見を行った。また、背番号は「57」に決定した。

後で読む
スポーツニッポン

レイズの筒香嘉智外野手(28)が7日(日本時間8日)、敵地ナショナルズ戦で「6番・三塁」で先発出場し、4打数無安打だった。サイ・ヤング賞3度獲得のエース右腕シャーザーに対しては3打数無安打。レイズは1―6で敗れ、筒香の打率は・194となっている。

後で読む
スポーツニッポン

広島・大瀬良大地投手(29)は8日、廿日市市内の大野練習場でリハビリ組となる3軍練習に合流した。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテに巨人からトレードで加入した沢村拓一投手(32)が8日、千葉市のZOZOマリンスタジアムでオンラインによる入団記者会見に臨み「求められるというのはうれしいこと。力になりたいという気持ち」と活躍を誓った。背番号は「57」に決まった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球元巨人監督の堀内恒夫氏(72)が8日、ブログを更新。巨人からロッテへのトレードが発表された沢村拓一投手(32)にエールを送った。

後で読む
東京スポーツ

来夏の東京五輪で金メダルを目指す柔道女子70キロ級代表の新井千鶴(26=三井住友海上)は、新型コロナウイルス禍にどう立ち向かうのか。7日のオンライン取材では五輪の1年延期に関して影響がないと強調。「…

後で読む
東京スポーツ

大相撲の第58代横綱千代の富士の優勝額が8日、JR両国駅西口の改札内に設置された。1985年九州場所で14度目の優勝を果たした際の額で、大きさは縦3・17メートル、横2・28メートル。同駅に設置され…

後で読む
東京スポーツ

プロゴルファー・横峯さくら(34)が8日、自身のインスタグラムを更新し、第1子の妊娠を報告した。  横峯は「この度は新しい命を授かることができました」と喜びの報告。  米ツアー参戦中、子育てと競技を…

後で読む
東京スポーツ

大相撲秋場所(13日初日、東京・両国国技館)を控えた8日、元大関の幕内照ノ富士(28=伊勢ケ浜)が東京・江東区の部屋で稽古を行った。部屋の関取衆を相手に11番相撲を取って調整。5日後の本番に向けて「…

後で読む
サンケイスポーツ

北米プロアイスホッケーNHLのプレーオフは7日、カナダのエドモントンで東カンファレンス決勝(7回戦制)第1戦が行われ、ライトニングがアイランダーズに8-2で快勝した。ポイントが2得点、3アシストで貢献した。

後で読む
日刊スポーツ

上位へ再浮上を狙うガンバ大阪のMF小野瀬康介(27)が8日、9日の柏レイソル戦(三協F柏)に向けてオンライン取材に応じた。この日は大阪・吹田市内で練習した。前…

後で読む
日刊スポーツ

日本野球機構(NPB)とJリーグが8日、合同会見を行った。会見にはNPBの斉藤惇コミッショナー、Jリーグの村井満チェアマンらが出席した。観客数の上限について、…

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸のトルステン・フィンク監督(52)が8日、神戸市内での練習後にオンライン取材に対応した。神戸は現在、3試合連続引き分け中で、4勝7分け4敗で10…

後で読む
日刊スポーツ

J1のFC東京は9日にリーグ第15節で横浜FCをホームに迎える。8日の練習後に長谷川健太監督がオンラインで取材に対応し、「ビルドアップもうまいし、自分たちのや…

後で読む
東京スポーツ

DDTの秋山準(50)が、来年以降の継続参戦を目指していることを明らかにした。全日本プロレスからのレンタル移籍期間は今年12月末までで、その先は古巣復帰の可能性も含め白紙の状態。抗争を繰り広げるエー…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド7日(日本時間8日)発】WWEのロウ大会が配信され、ロウ女子王者で〝女帝〟ことアスカ(38=華名)と、6度の女子王座戴冠を誇る大ベテラン、ミッキー・ジェームス(41)の王座戦が来…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド7日(日本時間8日)発】WWEのロウ大会でスマックダウン(SD)タッグ王者の〝黒いロックスター〟こと中邑真輔(40)が衝撃のロウ登場を果たした。  第2試合でロウタッグ王者のスト…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド7日(日本時間8日)発】WWEのロウ大会が配信され、レジェンドキラーの〝毒蛇〟ランディ・オートン(40)が、次回PPV大会「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」(27日)で再戦する…

後で読む
東京スポーツ

女子プロレス「スターダム」は8日、オンライン記者会見を行い、10月3日に神奈川・横浜武道館大会を開催すると発表した。  スターダムは当初、8月22、23日の2デイズで横浜武道館でのビッグマッチ開催を…

後で読む
スポーツ報知

今週の「ALL巨人」は、左アキレス腱(けん)断裂から復帰を遂げ、ファームで奮闘中の野上亮磨投手(33)を紹介する。今季は2軍で主に先発ローテーションの一角を担い、再び1軍マウンドを目指している。(取

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球とサッカーのJリーグは8日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため9月末まで最大5千人とされている観客数制限について、緩和を求める要望書を西村康稔経済再生担当相に提出した。要望書の中で、上限を2万人か会場の収容人員50%のどちらか少ない方を目安とすることを求めた。 プロ野球とJリーグでは観客のクラスター(感染者集団)が発生していない。プロ野球の斉藤惇コミッショナーは記者会見で「来場者に安全かつ安心な環境を楽しんでいただくためにガイドラインを修正しながらやってきた。それなりに効果が出ている」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

米プロバスケットボールNBAのプレーオフは7日、フロリダ州オーランド近郊で東西カンファレンスの準決勝(7回戦制)が行われ、東はセルティックスがラプターズに111-89と大勝し、3勝2敗とした。昨季王者ラプターズは突破には1敗もできなくなった。 西はクリッパーズがナゲッツに113-107で競り勝ち、2勝1敗と白星を先行させた。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

大相撲で史上3位の優勝31度を誇る大横綱千代の富士関(本名秋元貢=故人)の優勝額除幕式が8日、東京都墨田区のJR両国駅で開かれ、親交のあったレスリング女子五輪3連覇の吉田沙保里さんらが出席した。額は14度目の賜杯となった1985年九州場所のもの。千代の富士関は「ウルフ」の異名を取り、昭和から平成にかけて角界をけん引。2016年7月に61歳で死去した。 千代の富士関の化粧まわしなども秋場所(13日初日)開催中の19日から22日まで展示される。両国駅には横綱白鵬関らの優勝額も掲げられている。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲で史上3位となる31度の優勝を誇る第58代横綱千代の富士(故人)の優勝額が8日、JR両国駅に設置され、除幕式が行われた。額は1985年九州場所優勝時のもので、式には次女でモデルの秋元梢ら家族、元女子レスリングの吉田沙保里、ボクシング元王者の山中慎介らが参加した。 主催者の秋元剛氏(千代の富士の長男で株式会社秋元取締役)が以下の通りあいさつ。

後で読む
日刊スポーツ

レイズ筒香嘉智外野手(28)が「6番三塁」で出場し、4打数無安打に終わった。ナショナルズの先発は、サイ・ヤング賞3回の剛腕マックス・シャーザー。第1、第2打席…

後で読む
日刊スポーツ

パドレスのエリック・ホスマー一塁手が7日、地元でのロッキーズ戦で左手を負傷して交代した。MLB公式サイトが報じている。ホスマーは「3番・一塁」で先発出場。1回…

後で読む
スポーツ報知

巨人から交換トレードで移籍したロッテ・沢村拓一投手(32)が8日、ZOZOマリンで入団会見を行った。背番号は「57」に決定した。

後で読む
スポーツ報知

DeNAのドラフト6位・蝦名達夫外野手(22)が8日、約2か月半ぶりに1軍に合流。試合前取材に応じたラミレス監督は「スタメンで使う予定」と説明した。

後で読む
デイリースポーツ

日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナーとサッカーJリーグの村井満チェアマンは8日、合同でオンラインでの記者会見に臨み、現在5000人としている観客数の上限について、2万人か収容率50%のいずれか少ないとする制限緩和を求める要望書を連名で西村経済再生担当相に提出したことを明かした。 村井チェアマンは緩和の時期について「政府の判断に委ねる」としながら「お認めいただければ9月中にも対応できる用意はできている」と語った。さらに「(収容率)50%をいきなり求めていくのは現時点では難しい」との認識も示し、Jリーグとしては収容率30%を目安に制限緩和を進めていく考えを明かした。

後で読む
デイリースポーツ

巨人からロッテにトレードで移籍した沢村拓一投手(32)が8日、オンラインで入団会見した。背番号は「57」に決まった。 「やるしかないなという感じです。力になりたいという気持ちですね。やるだけだという感じです」

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。