「2020年9月16日」の記事一覧

東京スポーツ

J1FC東京が16日、ホームの大分戦で2―3で敗れ、首位・川崎がさらに遠のく痛い黒星となった。  下位チーム、しかもホームとあって勝ち点3が欲しかったが、後半8分に先制される苦しい展開。同16分にM…

後で読む
スポーツ報知

元WBC世界バンタム級(53・5キロ以下)王者・山中慎介氏がアンバサダーを務めた1月の「山中慎介presents GOD’S LEFT バンタム級トーナメント」を制した中嶋一輝(27)=大橋=が、1

後で読む
スポーツ報知

保田克也(28)=大橋=が元日本ランカーのベネズエラ人ボクサー、ピッコロ・ヴォリバー(29)=カシミ=に判定勝ち。プロデビューからの連勝を「7」(4KO)に伸ばした。

後で読む
スポーツ報知

昨年の全日本ミニマム級(47・6キロ以下)新人王・森且貴(20)=大橋=が内田勇気(27)=KG大和=に判定勝ち。2018年8月のプロデビュー以来、7連勝(1KO)を決めた。

後で読む
スポーツ報知

フェンシングで、2012年ロンドン五輪男子フルーレ団体銀メダルの三宅諒(29)=フェンシングステージ=が8月1日に一般女性と結婚していたことが16日、分かった。マネジメント会社が発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

川村 隆史氏(かわむら・たかし=プロ野球ソフトバンク3軍コンディショニング担当)16日、くも膜下出血のため遠征先の神戸市内で死去、55歳。大阪府出身。18日の葬儀・告別式は近親者で営む。喪主は妻、千重(ちえ)さん。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは16日、新型コロナウイルス感染拡大防止のためのイベント人数制限が19日から緩和されることを受け、同日の巨人戦から本拠地開催試合の観客数上限を5000人から1万6000人に引き上げると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム4-5ソフトバンク、17回戦、ソフトバンク10勝6敗1分、16日、札幌D)ソフトバンクが逆転勝ちした。2-3の七回に柳田の押し出し四球で追い付き、続くデスパイネの2点適時打で勝ち越した。3番手の高橋礼が4勝目を挙げ、森が21セーブ目。日本ハムは継投に失敗して5位に転落した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム4-5ソフトバンク、17回戦、ソフトバンク10勝6敗1分、16日、札幌D)日本ハムは1点リードの七回に救援陣が崩れて逆転負けし、自力優勝の可能性が消滅した。栗山監督は「まだチャンスはある。自力優勝は数字上の問題。最後まで必死になってやる姿を積み重ねられれば」とさばさばと話した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム4-5ソフトバンク、17回戦、ソフトバンク10勝6敗1分、16日、札幌D)ソフトバンクのスタッフで3軍のコンディショニング担当、川村隆史さんが16日、遠征先の神戸市内で、くも膜下出血のため死去した。55歳だった。監督、コーチは試合前に伝えられ、選手たちは試合後に緊急に開かれた全体ミーティングで訃報を知ったという。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島9-2中日、17回戦、広島9勝7敗1分け、16日、マツダ)広島は中日に9-2で連勝を飾り、2カードぶりの勝ち越し。広島・佐々岡真司監督(53)の主な一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人7-6阪神、15回戦、巨人12勝3敗、16日、東京D)巨人は優勝へのマジックナンバーを一気に三つ減らして「35」とした。通常は首位チームが勝ち、マジックの対象チームが負けた場合は2しか減らない。だが、この日、巨人が勝ち、今季阪神に負け越すことがなくなったためにあと35勝すれば、阪神が残り試合に全勝して82勝34敗4分けで並ばれても前年度順位が上位の巨人の優勝が決まる。

後で読む
デイリースポーツ

第100回の節目を迎えたサッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は16日に開幕して味の素フィールド西が丘などで1回戦16試合が行われ、栃木シティ(栃木)と顔を合わせた東京武蔵野シティ(東京)は終盤に3点差を追い付き、3-3で迎えたPK戦を制して2回戦に進んだ。 いわきFC(福島)は大山ク(山形)に4-0で快勝し、鹿屋体大(鹿児島)は元日本代表の高原が出場した沖縄SV(沖縄)を1-0で破った。ラインメール青森(青森)、筑波大(茨城)なども1回戦を突破した。

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、神戸0-1C大阪」(16日、ノエビアスタジアム神戸) 神戸戦で退場処分となったC大阪FW都倉賢(34)が16日、自身の公式SNSを更新し「僕の退場でチームに迷惑をかけてしまって本当に申し訳なく思います」と謝罪した。

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、神戸0-1C大阪」(16日、ノエビアスタジアム神戸) 神戸が10人となったC大阪に敗れた。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)が右足首を負傷した8月19日の柏戦(ノエスタ)以来、7試合ぶりに先発復帰したが、チームを勝利に導くことはできなかった。前半33分にC大阪FW都倉が退場処分となり、アディショナルタイムを含め60分間以上を1人多い状況で戦いながら1点も奪えなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、FC東京2-3大分」(16日、味の素スタジアム) 3位のFC東京は、ホームで大分に3失点と痛い黒星を喫した。

後で読む
スポーツ報知

楽天が7度目の完封負けを喫し、3連敗。今季76試合目で初めて借金を背負う形となった。

後で読む
スポーツ報知

広島が13安打9点の大勝で、中日戦のカード勝ち越しを決めた。試合前にはエースの大瀬良が右肘を手術したことが発表され、投打ともに奮起。16年の最多勝右腕・野村は6回途中を2失点で5勝目をマークし、打線

後で読む
スポーツ報知

【セ・リーグ】

後で読む
スポーツ報知

中日は前日に続いて赤ヘル打線に初回先制されるなど、主導権を1度も握れず、連敗を喫した。8月15日以来の借金6に逆戻り。5位・広島に1ゲーム差まで迫られた。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクの川村隆史(かわむら・たかし)3軍コンディショニング担当が16日、遠征先の神戸市内で、くも膜下出血のため急逝した。55歳だった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人7-6阪神」(16日、東京ドーム) 前夜、優勝マジック38を点灯させた巨人は、若手の活躍で阪神に連勝。今季初スタメンの田中俊太内野手と立岡宗一郎外野手がそれぞれ本塁打を放つなど、前半に大量点を挙げて逃げ切った。巨人のマジックは「35」に減った。

後で読む
デイリースポーツ

「西武3-1ロッテ」(16日、メットライフドーム) ロッテは打線が振るわず、連敗で4カードぶりの負け越しが決まった。首位・ソフトバンクに1・5ゲーム差と広げられた。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム4-5ソフトバンク」(16日、札幌ドーム) 日本ハムは首位ソフトバンクに競り負け、自力優勝が消滅した。

後で読む
スポーツニッポン

アクシデントを乗り越え、横浜が清水に3―0で勝利。5試合ぶりの白星を手にした。

後で読む
スポーツニッポン

18日に開幕するドイツ1部リーグ所属の日本代表MF堂安律(22=ビーレフェルト)と、MF遠藤航(27=シュツットガルト)が16日、同リーグの配信を行う「スカパー!」のオンラインイベントに登場した。

後で読む
東京スポーツ

西武が16日のロッテ戦(メットライフ)に3―1で勝利し3連勝。このカードの対戦成績を11勝5敗とし日本ハムに代わって4位に浮上した。  打っては2試合ぶりのスタメン復帰となった栗山が初回に9号先制ソ…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムが16日、ソフトバンク戦(札幌ドーム)に4―5で敗戦。リーグ5位に転落した。  先発した杉浦が6回2失点と試合をつくれば、打線も奮起し、2回に大田、ビヤヌエバの適時打などで3点を獲得。だが、…

後で読む
東京スポーツ

珍通訳は今季も健在のようだ。広島が16日の中日戦(マツダスタジアム)を9―2で制し、本塁打を含む2安打2打点のホセ・ピレラ外野手(30)が来日初のお立ち台に。それに伴い、独特の言い回しでファンから人…

後で読む
東京スポーツ

阪神は16日の巨人戦(東京ドーム)に6―7で敗戦。今季東京ドームで8連敗となり、今季の巨人戦は3勝12敗で勝ち越しの可能性が消滅した。  意地と粘りは見せたが勝てなかった。投手・田口も含めてスタメン…

後で読む
スポーツニッポン

プロ野球のファームは16日、イースタン、ウエスタン両リーグでナイターを含めて計5試合が行われた。

後で読む
スポーツニッポン

巨人が7点リードから8回4失点、9回2失点で1点差に詰め寄られながらも阪神の反撃をかわして7―6で逃げ切り勝ちし、2012年5月の10連勝以来8年ぶりとなる9連勝をマーク。前日15日に38が点灯した優勝マジックを一気に3つ減らして35とした。

後で読む
スポーツニッポン

【東尾修 視点】初先発の西武新人・浜屋はいいところを出せていた。先発投手としての資質の高さが感じられた。

後で読む
スポーツニッポン

ソフトバンクは16日、3軍コンディショニング担当の川村隆史氏が遠征先の神戸市内でクモ膜下出血のために死去したと発表した。55歳だった。

後で読む
スポーツニッポン

大リーグは16日(日本時間17日)、ダブルヘッダーを含め両リーグ16試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第25節第1日(16日、神戸0-1C大阪、ノエスタ)神戸は数的優位を生かせなかった。前半、こぼれ球を捕球したGK前川を蹴ったC大阪の都倉がレッドカードで33分に退場。だが、一層守備を引き締めた相手のスペースを突けず、押し込みながらゴールを奪えない。後半17分に早めのクロスを放り込まれて失点した。フィンク監督は「相手はひたすら守っていた。もう少しリスクを負って攻撃してもよかった」と悔しさをにじませた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人7-6阪神、15回戦、巨人12勝3敗、16日、東京D)巨人の岡本と坂本が欠場した。ともに前日15日の試合で途中交代しており、球団によると、今季初の欠場となった岡本が軽い腰痛、坂本は体調不良によるという。原監督は「17日は大丈夫だと思う」と軽症を強調した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人7-6阪神、15回戦、巨人12勝3敗、16日、東京D)巨人はともに今季初先発した田中俊と立岡が勝利に貢献した。この試合から虫垂炎で入院した元木ヘッドコーチの代行を務めた阿部2軍監督は「めちゃくちゃうれしい。本人たちが一番喜んでいると思う」とまな弟子の活躍に目を細めた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人7-6阪神、15回戦、巨人12勝3敗、16日、東京D)阪神は大量リードを許した終盤に粘りを見せた。0-7の八回に中谷と木浪がともに代打で2点二塁打。木浪は7月30日以来の先発落ちに発奮し「初球から積極的にスイングしていけた結果」と振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス2-0楽天、14回戦、オリックス8勝5敗1分、16日、ほっと神戸)開幕8連勝後に2連敗中の楽天・涌井がエースの威信を懸けて力投を続けたが、6回4安打1失点で降板。自身の連敗ストップはならなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武3-1ロッテ、16回戦、西武11勝5敗、16日、メットライフ)自身の“貯金”を作ることなく、マウンドを降りた。ここまで5勝5敗のロッテ・小島は、五回を投げ切ることができずに交代した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト3-2DeNA、17回戦、DeNA9勝7敗1分、16日、神宮)一歩一歩、噛み締めるようにマウンドに上がった。独立リーグ、四国アイランドリーグplusの香川から新加入した歳内が初登板初先発した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島9-2中日、17回戦、広島9勝7敗1分、16日、マツダ)中日の高橋が17試合連続安打と好調を維持している。ビシエドに続く5番を担っており、六回は先頭打者として右前打を放って得点につなげた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス2-0楽天、14回戦、オリックス8勝5敗1分、16日、ほっと神戸)オリックスはリーグ制覇した1995年の復刻ユニホームを着用して、約2週間ぶりの連勝を果たした。15日にルーキー大下のプロ初打席本塁打で得た勢いを、田嶋が初完封につなげた。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人7-6阪神」(16日、東京ドーム) 前夜自力優勝の可能性が消滅した阪神が連敗を喫し、今季の巨人戦カード勝ち越しが消滅した。13年連続の巨人戦カード勝ち越しなしが確定した。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1(16日、ノエビアスタジアム神戸ほか=4試合)変則日程で、第25節のC大阪は神戸を1-0で下して連勝を6に伸ばした。退場者を出したものの柿谷のゴールを守り、勝ち点39の2位。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム4-5ソフトバンク、17回戦、ソフトバンク10勝6敗1分、16日、札幌D)ソフトバンクが逆転勝ちした。2-3の七回に柳田の押し出し四球で追い付き、続くデスパイネの2点適時打で勝ち越した。3番手の高橋礼が4勝目を挙げ、森が21セーブ目。日本ハムは継投に失敗して5位に転落した。

後で読む
サンケイスポーツ

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は16日、菅義偉氏の新首相就任に祝意を表す談話を発表し「来年の東京五輪の安全と成功に向け、既に表明している公約に心から感謝したい。首相の継続的な支援があれば、五輪は人類が直面している暗いトンネルの先を照らす光になると確信している」と期待感を示した。

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌が10試合ぶりに勝利した。序盤からポゼッション(ボール支配率)で主導権を握り、攻守にサガン鳥栖を圧倒。猛攻から後半に均衡を破った。同16…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武3-1ロッテ、16回戦、西武11勝5敗、16日、メットライフ)西武・栗山巧外野手(37)が今季2度目の1試合4安打、2打点で勝利に貢献した。

後で読む
日刊スポーツ

清水エスパルスがクラブワーストタイとなる、24年ぶりの7連敗を喫した。前半13分に退場者が出た影響もあり、アウェー横浜戦で3失点完封負け。泥沼から抜け出せなか…

後で読む
日刊スポーツ

横浜F・マリノスは、5試合ぶりの白星をつかんだ。前半9分、FWエリキが左クロスを合わせて先制点。2-0の同29分には、この日2点目を奪った。ブラジル人助っ人の…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス2-0楽天、14回戦、オリックス8勝5敗1分、16日、ほっと神戸)リーグ最多8勝を挙げている涌井で敗れた楽天は、今季初めて勝率5割を切った。三木監督は「負けると悔しい。しっかり準備して明日の試合に向かいたい」と落ち着いた口調で話した。

後で読む
日刊スポーツ

ブラジル1部の古豪ボタフォゴMF本田圭佑(34)が立ち上げ、今季から東京都社会人4部リーグに所属する「One Tokyo」が名称変更することになった。15日、…

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトの上田が16日、出場選手登録が9年に達し、海外フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸が1人少ないセレッソ大阪に敗れ、一部サポーターは試合後、客席で足踏みして抗議の意思を示した。7試合ぶりに先発復帰した主将のMFイニエスタは「みな…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス2-0楽天、14回戦、オリックス8勝5敗1分け、16日、ほっと神戸)楽天・涌井秀章投手(34)が今季2度目の緊急降板で、チームも自身も3連敗となった。オリックス・田嶋との緊迫した投手戦で6回まで1失点と好投を続けてきたが、七回の投球練習中に左脚がつりそうな兆候を感じてベンチに下がると、そのまま降板となった。

後で読む
スポーツ報知

巨人が阪神を下した。引き分けを挟んで9連勝を飾り、セ・リーグ38度目制覇へ優勝マジックを一気に3つ減らして「35」になった。マジックが3つ減るのは、阪神が残り試合を全勝し、巨人が阪神戦全敗以外で35

後で読む
デイリースポーツ

2012年ロンドン五輪フェンシング男子フルーレ団体銀メダリストの三宅諒(29)が16日、自身のYouTubeチャンネルで結婚を電撃発表した。 三宅は練習する動画を公開。「30分ほどの練習を終えて」というテロップが流れ、話しを始めた。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は16日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長とテレビ会議を行い、菅義偉氏の新首相就任を報告した。森氏は終了後に取材に応じ、首相とバッハ氏が来週の23日以降に電話会談を行う方向だとし、バッハ氏からは、10月末に来日して菅氏や安倍晋三前首相と会談したいとの希望を伝えられたことも明らかにした。 森氏はバッハ氏とのテレビ会議で、橋本聖子五輪相と、スポーツ政策を担う萩生田光一文部科学相が再任されたことが、新政権として五輪を重視していることの「一つの表れだ」と伝達したという。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート女子で平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(20)=ロシア=が16日、ロシアフィギュアスケート連盟のホームページで、18年平昌五輪後に袂を分かったエテリ・トゥトベリゼコーチとの師弟関係を復活させたことを報告した。 「今日からエテリ・トゥトベリゼと練習を始めます。可能な限り結果を出せるように努めます」

後で読む
デイリースポーツ

【パリ共同】ロシアの組織的ドーピング隠蔽に関与した疑惑で、収賄や背任などの罪に問われたセネガル人の前世界陸連会長ラミン・ディアク被告(87)に対し、パリの裁判所は16日、禁錮4年(うち2年実刑)、罰金50万ユーロ(約6200万円)の判決を言い渡した。求刑は禁錮4年、罰金50万ユーロ。 国際手配されたが、セネガルにとどまり欠席裁判となった息子パパマッサタ被告(55)は収賄罪などで求刑禁錮5年、罰金50万ユーロ。被告らはドーピング隠蔽で世界選手権などの大会出場を可能にした見返りに、ロシアの選手らに計345万ユーロを要求もしくは受け取ったなどとして起訴された。

後で読む
デイリースポーツ

明治安田J1(16日・ノエビアスタジアム神戸ほか=4試合)変則日程で、第25節のC大阪は神戸を1-0で下して連勝を6に伸ばした。退場者を出したものの柿谷のゴールを守り、勝ち点39の2位。 第24節で、3位のFC東京は大分に2-3で競り負けて勝ち点32のまま。横浜Mは清水に3-0で快勝して連敗を3で止めた。清水は7連敗。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクがアルフレド・デスパイネ外野手(34)の一打で勝ち越しに成功した。

後で読む
スポーツ報知

DeNAは3回、村上のソロで先取点を許すも、5回、歳内を攻め梶谷の中前適時打、オースティンの犠飛で勝ち越した。

後で読む
スポーツ報知

阪神が終盤に猛烈な追い上げを見せたが、あと一歩届かず、東京ドームでは今季8戦全敗となった。甲子園での対決を含む伝統の一戦は今季3勝12敗となり、13年連続で勝ち越しなしが決定。首位・巨人とのゲーム差

後で読む
スポーツ報知

ロッテの井上晴哉内野手(31)が16日の西武戦(メットライフ)を欠場したことに関して、試合後井口資仁監督(45)が言及した。

後で読む
スポーツ報知

楽天・涌井秀章投手(34)が先発し、6回4安打1失点と好投も3敗目を喫した。右腕は「先に点を取られたらダメですね。先に点を取られたからこういう結果になりました」と振り返った。

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベントを主催する「RIZIN FF」は16日にオンライン会見し、株式会社LENDEX(レンデックス)とのソーシャルレンディング第2弾のファンド募集を行うと発表した。  ソーシャルレンディング…

後で読む
デイリースポーツ

「巨人7-6阪神」(16日、東京ドーム) 前夜、優勝マジック38を点灯させた巨人は、若手の活躍で阪神に連勝。今季初スタメンの田中俊太内野手と立岡宗一郎外野手がそれぞれ本塁打を放つなど、序盤に大量点を挙げて逃げ切った。巨人のマジックは35に減った。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人7-6阪神」(16日、東京ドーム) 前夜、優勝マジック38を点灯させた巨人は、若手の活躍で阪神に連勝。今季初スタメンの田中俊太内野手と立岡宗一郎外野手がそれぞれ本塁打を放つなど、前半に大量点を挙げて逃げ切った。巨人のマジックは「35」に減った。

後で読む
デイリースポーツ

「西武-ロッテ」(16日、メットライフドーム) 西武ドラフト2位ルーキーの浜屋がプロ初先発。6回4安打1失点の好投で、プロ初勝利の権利を手に降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「西武3-1ロッテ」(16日、メットライフドーム) 西武ドラフト2位ルーキーの浜屋が6回4安打1失点の好投。プロ初先発初勝利を飾った。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが逆転勝ちした。2-3の七回に柳田の押し出し四球で追い付き、続くデスパイネの2点適時打で勝ち越した。3番手の高橋礼が4勝目を挙げ、森が21セーブ目。日本ハムは継投に失敗して5位に転落した。

後で読む
スポーツニッポン

イニエスタのフル出場、そして数的有利も生かせず0―1で敗れ、試合後にゴール裏の神戸サポーターから怒りの足踏みが発生した。

後で読む
スポーツニッポン

FC東京は09年からJ1で7連勝中と“お得意様”だった大分に敗戦を喫し、首位・川崎Fの背中が遠のいた。0―0で迎えた後半8分、3試合連続で先に失点。同16分にブラジル人MFレアンドロのゴールで同点に追いついたものの、同37分と同40分に立て続けにゴールを許した。その後は勝ち点を得るために猛攻を見せ、同45分にMF品田愛斗(20)のプロ初ゴールで1点差に詰め寄ったものの、あと一歩が届かなかった。

後で読む
日刊スポーツ

12年ロンドン五輪のフェンシング男子フルーレ団体銀メダリスト三宅諒(29)が16日、自身の公式YouTubbeとSNSで一般女性と結婚していたことを発表した。…

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第25節(16日、神戸0-1C大阪、ノエスタ)C大阪は神戸に1-0で競り勝った。15年ぶりの6連勝をかけた一戦はまさかの展開に。0-0の前半33分、FW都倉がボールをつかんだGKを遅れて蹴ってしまい、一発退場となった。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J2第9節最終日(16日、NACK5スタジアム大宮=1試合)福岡が大宮に1-0で勝ち、4連勝の勝ち点31で5位に浮上した。大宮は4試合勝利なし。

後で読む
東京スポーツ

オリックス・田嶋大樹投手(24)が16日の楽天戦(神戸)でプロ初完投、初完封勝利を上げた。二塁を踏ませない好投で楽天打線を散発2安打に抑え、7月4日以来となる2勝目をマーク。お立ち台に上がった田嶋は…

後で読む
東京スポーツ

中日のドラフト3位ルーキー・岡野祐一郎投手(26)が16日の広島戦(マツダ)に先発したが、またも赤ヘル打線のえじきとなり、今季2敗目を喫した。  7月30日に先発した広島戦(マツダ)では勝ち負けこそ…

後で読む
東京スポーツ

評価は上々だ。ヤクルトは16日のDeNA戦(神宮)に3―2で逆転勝ちし、連敗を6で止めた。ヒーローは勝ち越し打の宮本だが、勝利を呼び込んだのはこの日がNPB再デビューとなった歳内だ。  元阪神で四国…

後で読む
東京スポーツ

まさに「阿部効果」だ! 首位独走中の巨人が16日の阪神戦(東京ドーム)に辛勝し、今季最長の9連勝。貯金も最多更新の25、マジックを「35」に減らした。  この日はアクシデントから始まった。主将・坂本…

後で読む
スポーツニッポン

優勝マジック38点灯中の巨人は7―6で阪神相手に逃げ切り勝ちを収め、2012年5月の10連勝以来8年ぶりとなる9連勝をマーク。7カード連続勝ち越しを決め、今季初の貯金25とした。また、阪神との対戦成績を12勝3敗とし、同カード9年連続勝ち越しにも王手をかけている。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテの先発・小島が4回2/3を7安打3失点で今季6敗目を喫した。

後で読む
スポーツニッポン

中日は投打揃って振るわず、広島に敗戦。

後で読む
スポーツニッポン

楽天が3連敗で今季初めて借金生活に転落した。打線は相手先発・田嶋の前に手も足も出ず。内野安打1本を含む2安打無得点で完封された。

後で読む
スポーツニッポン

初対決となった左腕・浜屋に打線は6回を4安打に抑えられ、中村奨の左前適時打による1点しか奪えなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武3-1ロッテ、16回戦、西武11勝5敗、16日、メットライフ)ロッテは西武のルーキー浜屋に苦戦し、プロ初勝利を許した。六回に加藤の中前に落ちる幸運な二塁打から、中村奨の適時打で1点を返すのがやっとで、井口監督は「左投手に差し込まれているイメージがある。もう少し考えないといけない」と工夫を求めた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス2-0楽天、14回戦、オリックス8勝5敗1分、16日、ほっと神戸)オリックスは田嶋がプロ初完封で7月4日以来の2勝目。力のある直球を軸に単打2本に抑え、二塁を踏ませなかった。五回に杉本が今季初本塁打の先制ソロを放ち、七回は伏見もソロ。3連敗の楽天は今季初めて負け数が先行した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人7-6阪神、15回戦、巨人12勝3敗、16日、東京D)左打者を並べた巨人が、阪神先発の右腕・青柳を打ち崩した。巨人は1分けを挟む今季初の9連勝。マジックを3つ減らし、「35」とした。先発の田口は今季4勝目を挙げた。

後で読む
サンケイスポーツ

テニスのイタリア国際は16日、ローマで行われ、女子ダブルス2回戦で加藤未唯(ザイマックス)と米国選手のペアは4-6、3-6でドイツ選手とルーマニア選手のペアに敗れた。

後で読む
スポーツ報知

B1レバンガ北海道の折茂武彦社長(50)は15日、鈴木直道知事(39)から「感謝状」を授与された。レバンガから初受賞で、スポーツ界では16年のカーリング世界選手権女子で銀メダルを獲得したLS北見以来

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート女子で18年平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(20)=ロシア=が、平昌五輪後に師弟関係を解消したエテリ・トゥトベリゼ・コーチの元に戻り、再び指導を受ける可能性を日本時間

後で読む
スポーツ報知

西前頭筆頭・隆の勝(25)=千賀ノ浦=が、関脇・大栄翔(26)=追手風=を押し出しで下して3勝目を挙げた。この日までに、関脇以上との対戦が終了。大関・朝乃山(高砂)を含む1大関2関脇を破り、自己最高

後で読む
スポーツ報知

体重131キロの新入幕・翔猿(とびざる、追手風)が、192キロの魁聖(友綱)を送り出して初日から4連勝とした。立ち合いは右のハズ押しで巨漢に対抗。相手の圧力をいなしながら、最後は軽快に背後に回り込ん

後で読む
スポーツ報知

東京五輪組織委の森喜朗会長が16日、菅義偉新首相の就任に伴い、組織委を通じて文書でコメントを発表。IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長が、直接会談を希望していることを明かした。

後で読む
スポーツ報知

日本トライアスロン連合は、16日に開いた理事会で今年の日本選手権(11月8日、東京・台場)をスプリントディスタンス(スイム750メートル、バイク20キロ、ラン5キロ)で開催することを決めた。従来はオ

後で読む
スポーツ報知

Bリーグの川崎は16日、オンラインで10月2日のA東京との開幕戦(アリーナ立川立飛)に向けたイベントを開いた。昨季はコロナ禍で3月に途中中断。中地区では優勝したものの、リーグ制覇の手応えがあっただけ

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は16日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス2-0楽天、14回戦、オリックス8勝5敗1分、16日、ほっと神戸)オリックスは田嶋がプロ初完封で7月4日以来の2勝目。力のある直球を軸に単打2本に抑え、二塁を踏ませなかった。五回に杉本が今季初本塁打の先制ソロを放ち、七回は伏見もソロ。3連敗の楽天は今季初めて負け数が先行した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島9-2中日、17回戦、広島9勝7敗1分、16日、マツダ)3本塁打の広島が大勝した。一回はピレラが先制打を放ち、四回は松山の2ランと磯村のソロで3点。六回は長野の2点打、七回もピレラのソロで加点した。野村は5回2/3を2失点で5勝目。中日は岡野が崩れ、救援陣も粘れなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-阪神」(16日、東京ドーム) 七回まで巨人・田口に1安打に封じられていた阪神が八回に、代打・中谷将大外野手と代打・木浪聖也内野手の連続2点適時二塁打で4点を返した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-阪神」(16日、東京ドーム) オリックスからトレード移籍してきた阪神・小林慶祐投手(27)が移籍後初登板に臨んだ。2回2安打無失点と上々のデビューだ。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人7-6阪神」(16日、東京ドーム) 前夜自力優勝の可能性が消滅した阪神が連敗を喫し、今季の巨人戦カード勝ち越しが消滅した。13年連続の巨人戦カード勝ち越しなしが確定した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は16日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト3-2DeNA、17回戦、DeNA9勝7敗1分、16日、神宮)ヤクルトがDeNAに逆転勝ちし、連敗を6で止めた。2番手の梅野が2回を無安打無失点に抑え今季初勝利。DeNAは五回まで8安打を放ちながら、以降はヤクルトの救援陣に無安打に抑えられた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武3-1ロッテ、16回戦、西武11勝5敗、16日、メットライフ)西武が3連勝した。一回に栗山の9号ソロで先制し、五回に外崎と栗山の適時打で2点を加えた。新人の浜屋がプロ初先発で6回4安打1失点と好投し、初勝利を挙げた。ロッテは六回に中村奨の適時打で1点を返すのがやっとだった。

後で読む
スポーツニッポン

男子ゴルフ下部ツアーのAbemaTVツアー開幕戦「PGMチャレンジ2」は16日、千葉県のPGM総成GC(6738ヤード、パー70)で第1ラウンドが行われ、初出場した女子の三浦桃香(21=アウトソーシング)は3バーディー、4ボギーの1オーバー71で102位と出遅れた。予選通過ラインには3打差。同じく初出場の幡野夏生(23=フリー)は73で128位。64で回った北村晃一(35=ダック技建)ら3選手…

後で読む
スポーツ報知

オリックスの杉本裕太郎外野手(29)が、先制アーチをかけた。両軍無得点の5回先頭。カウント1ボール2ストライクから、涌井の140キロを力強く捉えた。高く舞い上がった打球は、左翼ポールの遙か上空を通過

後で読む
スポーツ報知

オリックスの伏見寅威捕手(30)が、2号ソロを放った。7回2死。1ボールから、酒居のスライダーをジャストミートして左翼席へ運んだ。

後で読む
スポーツ報知

先発した中日のドラフト3位ルーキー・岡野祐一郎投手(26)が、またも赤ヘル打線に先制パンチを浴びた。

後で読む
スポーツ報知

DeNAは1点リードの7回から2番手・エスコバーを投入。しかし、今季8打数無安打4三振と抑えていた先頭の村上に四球。1死後、坂口の右前安打で一、二塁。2死から代打・荒木に同点の左前適時打を許し降板し

後で読む
スポーツ報知

U―19日本代表候補が16日、千葉県内で3日間の合宿を打ち上げた。今合宿では“新兵器”としてピッチ脇でプレーを確認できるテレビモニターが初導入された。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト3-2DeNA」(16日、神宮球場) ヤクルトが引き分けを挟んでの連敗を6で止めた。

後で読む
デイリースポーツ

「西武3-1ロッテ」(16日、メットライフドーム) 西武ドラフト2位ルーキーの浜屋が6回4安打1失点の好投。プロ初先発初勝利を飾った。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト3-2DeNA」(16日、神宮球場) 最後の瞬間にアクシデントが起こった。九回2死、DeNA山下の放った左邪飛に、左翼・上田はジャンプしながら好捕、そのままフェンスに激突して倒れ込んだ。右足首付近を気にするそぶりを見せた。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトが逆転勝ちで連敗を6で止めた。1-2の七回にともに代打の荒木、宮本の適時打で2点を奪った。4年ぶりに登板した歳内は5回2失点。梅野が今季初勝利、石山が10セーブ目を挙げた。DeNAは早めの継投が裏目に出た。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスは田嶋がプロ初完封で7月4日以来の2勝目。力のある直球を軸に単打2本に抑え、二塁を踏ませなかった。五回に杉本が今季初本塁打の先制ソロを放ち、七回は伏見もソロ。3連敗の楽天は今季初めて負け数が先行した。

後で読む
東京スポーツ

NPB再デビューも勝利はつかめなかった。元阪神で四国IL・香川からヤクルトに新加入した歳内宏明投手(27)が16日のDeNA戦(神宮)で先発マウンドに立った。一軍登板は2016年4月27日の巨人戦以…

後で読む
東京スポーツ

阪神の青柳晃洋投手(26)が16日の巨人戦(東京ドーム)に先発し、5回途中6安打5失点で降板した。チームは前日の敗戦で自力優勝が消滅し、巨人にマジック「38」を点灯させられた。この日の試合に敗れると…

後で読む
東京スポーツ

西武のドラフト2位ルーキー・浜屋将太投手(21)が16日のロッテ戦(メットライフ)にプロ入り初先発。6回打者22人に対し、92球を投げ4安打1失点だった。  立ち上がりから浜屋はテンポよく最速146…

後で読む
東京スポーツ

広島・長野久義外野手(35)が16日の中日戦(マツダスタジアム)で10日のヤクルト戦以来となる打点を挙げた。2点差に詰め寄られて迎えた6回二死満塁のチャンスに代打で登場し、藤嶋のフォークを巧みなバッ…

後で読む
東京スポーツ

オリックス・杉本裕太郎外野手(29)が16日の楽天戦(ほっともっと神戸)で左翼上段に消える大アーチを放った。5回に相手先発・涌井のストレートをフルスイング。打球は左翼ポール際に高々と上がり、杉本は打…

後で読む
スポーツニッポン

8月28日にオリックスからトレード移籍した阪神・小林が、移籍後初登板した。

後で読む
スポーツニッポン

楽天の涌井秀章投手(34)が、先発した16日のオリックス戦で緊急降板するアクシデントに見舞われた。6回まで4安打1失点と好投。7回もマウンドに向かったが、イニング間の投球練習中にベンチに退いた。そのまま交代が告げられ、酒居が2番手で急きょ登板した。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAの上茶谷大河投手が6回3安打1失点と好投した。

後で読む
スポーツニッポン

三菱パワーの155キロ右腕・伊藤勇輔投手(23=中大)はチームを都市対抗に導くことはできなかった。先発で5回5安打3失点、1三振、4四球の内容に「初回から飛ばしたけど…。球数が多くなってしまった」と悔やんだ。初回にこの日最速の151キロを計測も、中盤以降は高めに浮くなど制球が定まらず、101球に達した5回限りでマウンドを降りた。

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトがDeNAに逆転勝ちし、連敗を6で止めた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本トライアスロン連合(JTU)は16日、日本選手権(11月8日、東京お台場海浜公園周辺)に出場する選手らに対し、新型コロナウイルスのPCR検査実施を検討していると明らかにした。検査対象の範囲などを含め、今月中を目安に大会運営のガイドラインを策定して決める。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス-楽天、14回戦、16日、ほっと神戸)オリックスの杉本が五回、特大の今季初本塁打で涌井から先制点をもぎ取った。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲秋場所4日目(16日、両国国技館)三役以上でただ一人、3連勝だった正代に土がついた。照ノ富士の気迫あふれる突き、押しに後退。相手十分の右四つでつかまり、抵抗むなしく押し出された。「まわしを取られるのを意識して、腰が引けてしまった。まだ序盤なので、気負うことはない」と気持ちを切り替えた。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲秋場所4日目の16日、東前頭16枚目の旭大星(友綱部屋)が志摩ノ海に寄り倒しで敗れた一番で左足付近を負傷した。取組後は顔をゆがめ、左足を引きずりながら花道を引き揚げた。今場所は11場所ぶりに幕内復帰。この日の取組では、土俵際で下半身から崩れるように倒れた。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-阪神」(16日、東京ドーム) 阪神・青柳晃洋投手が今季取り入れているゴロ処理時の一塁へのワンバウンド送球に失敗した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-阪神」(16日、東京ドーム) 阪神打線が五回の攻撃を終え、巨人先発の田口を前に1安打無得点と苦戦している。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-阪神」(16日、東京ドーム) 今季、屈辱の東京ドーム7連敗を喫している阪神。この負の連鎖を断ち切るためにマウンドを託されたのは青柳晃洋投手(26)だ。 スタメンが全員左打者(若林だけ両打ち)が並んだ。右打者より左打者の方が相性が悪い中、粘投を続けたが、伏兵に浴びた一発、一打が痛かった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-阪神」(16日、東京ドーム) オリックスからトレード移籍してきた阪神・小林慶祐投手(27)が移籍後初登板に臨んだ。

後で読む
東京スポーツ

大相撲秋場所4日目(16日、東京・両国国技館)、大関朝乃山(26=高砂)は幕内北勝富士(28=八角)を寄り倒しで下し、今場所ようやく初日が出た。  優勝候補の一角と目されながらまさかの3連敗スタート…

後で読む
東京スポーツ

第99代内閣総理大臣に選出された菅義偉首相(71)が16日、新内閣を発足したことを受け、日本パラリンピック委員会(JPC)の鳥原光憲会長(77)がコメントを発表した。  世界的な新型コロナウイルス感…

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナのロナルド・クーマン監督は、残留を決断したリオネル・メッシとの間に問題はないと主張している。『FOXスポーツ』が伝えた。

後で読む
サンケイスポーツ

Bミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、バロンドール中止の変更を求めている。『ESPN』が報じた。

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナは、オランダ代表FWメンフィス・デパイ獲得の前に選手を売却しなければならないようだ。『ESPN』が伝えている。

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸の主将MFアンドレス・イニエスタ(36)が7試合ぶりに先発復帰した。前節12日のFC東京戦の後半途中に6試合ぶりに復帰し、最後にFKから起死回生…

後で読む
日刊スポーツ

ジュビロ磐田FW小川航基(23)が自らの足でチームを3戦ぶり勝利に導く。19日のホーム栃木戦(ヤマハ、午後7時)に備え、16日は磐田市内での練習に参加した。小…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト-DeNA、17回戦、16日、神宮)四国アイランドリーグplus香川から新加入したヤクルト・歳内宏明投手(27)が移籍後初登板。先発し、5回8安打2失点と好投を見せた。

後で読む
スポーツニッポン

昨年の九州場所以来、関脇に復帰した御嶽海が痛い連敗を喫した。立ち合いからすぐにもろ差しになったが、前に出る圧力がなく、隠岐の海に左上手をひきつけられ前に出られてしまう。土俵際で右からすくったものの、相手に体を預けられ、そのまま土俵を割ってしまった。

後で読む
スポーツニッポン

昨年1打差の2位で優勝を逃した田中雅之(63=若木)が3バーディー、1ボギーの2アンダー、70で回り単独トップに立った。田中は初優勝した2013年以来7年ぶり2度目のタイトルを狙う。1アンダーで熊本県ゴルフ協会会長を務める小杉康之(61=熊本空港)が2位、72の3位に永田満(57=北山)がつけた。この結果、79までの60人が決勝ラウンドに進んだ。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長が16日、菅首相の就任を祝福するコメントを発表した。IOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長ともテレビ会議を行い、菅首相誕生を報告したことを明かした。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート女子で18年平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(20=ロシア)が、指導を受けるカナダ人のブライアン・オーサー・コーチの元を離れ、ロシアのエテリ・トゥトベリゼ・コーチの指導を再び受けることになったと16日のタス通信などが伝えた。

後で読む
スポーツニッポン

12年ロンドン五輪のフェンシング男子フルーレ団体銀メダリスト、三宅諒(29)が16日、自身のYouTubeチャンネルで結婚したことを明かした。「家に帰るのが最近、楽しみ」と笑みを浮かべた。詳細は明かさなかったものの、結婚相手とはZoomでのオンライン飲み会で知り合ったとし、「今風ですよね」と話していた。

後で読む
スポーツ報知

巨人打線が5回に一挙5点を奪った。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が16日、菅義偉内閣総理大臣の就任を受けてコメントを発表した。全文は以下の通り。 「菅義偉内閣総理大臣就任のご就任に、お祝いを申し上げます。政府には、招致活動から現在に至るまで、オールジャパン体制の牽引者として東京2020大会を支えていただきました。安全で安心な大会開催に向けて、総理就任後にも、菅総理には一層のご指導とご支援をお願いしたいと考えています。

後で読む
デイリースポーツ

ロシアの国営通信社「タス通信」は16日、フィギュアスケート女子で平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(20)=ロシア=が18年平昌五輪後に袂を分かったエテリ・トゥトベリーゼコーチとの師弟関係を復活させた、と報じた。 18年からはカナダ・トロントを拠点とし、ブライアン・オーサーコーチの指導を受けてきたが、同メディアは「メドベージェワはトゥトベリーゼグループに戻った」との見出しで関係者の「彼女は戻ることにした。今日から一緒に練習している」とのコメントを掲載した。

後で読む
デイリースポーツ

【モスクワ共同】2018年平昌冬季五輪フィギュアスケート女子で銀メダルを獲得したエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が、五輪後に師弟関係を解消したロシアのエテリ・トゥトベリゼ・コーチの指導を再び受けると16日、国営ロシア通信などが報じた。 メドベージェワはトゥトベリゼ氏の指導を11年間受けたが、平昌五輪後から男子で五輪2連覇を果たした羽生結弦(ANA)を教えるカナダのブライアン・オーサー・コーチに師事していた。

後で読む
デイリースポーツ

2012年ロンドン五輪のフェンシング男子フルーレ団体銀メダリストで29歳の三宅諒が16日、自身の動画投稿サイト「ユーチューブ」で、8月に一般女性と結婚したと発表した。 新型コロナウイルスの影響で、今後の活動費確保のため食事宅配サービス「ウーバーイーツ」でアルバイトをしていた。「自粛期間中はアスリートとして不安な日々を過ごした。選手生活の終了も視野に入る中、妻の献身的な支えにより、新たな気持ちで五輪を目指すことができた」とコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は16日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長とテレビ会議を行い、菅義偉氏の新首相就任を報告したと明らかにした。組織委によると、バッハ氏からは祝意とともに「できるだけ早く直接お会いしてごあいさつしたいとの話があった」という。 政府は大会に向けた新型コロナウイルス対策を協議する調整会議を今月発足させ、具体策の検討を急いでいる。森氏は菅氏について「安全で安心な大会開催に向けて、就任後も一層のご指導とご支援をお願いしたい」とコメントした。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルト・村上宗隆内野手(20)が6試合ぶりの13号。これが通算223試合目で50本塁打の節目となった。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトに新加入した歳内宏明投手(27)がDeNA戦で初先発。5回を8安打2失点で降板。NPB復帰後初登板勝利はならなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(16日、神宮球場) ヤクルトは歳内宏明投手(27)が先発。阪神在籍時の2016年4月27日の巨人戦以来、1603日ぶりの1軍マウンド。走者を許しながら粘りの投球を披露したが、1点リードの五回、逆転を許しての降板となった。5回8安打2失点だった。

後で読む
デイリースポーツ

「都市対抗野球西関東地区2次予選・代表決定リーグ戦、ENEOS5-3三菱パワー」(16日、横浜スタジアム) ENEOSが三菱パワーを破って今リーグ2勝0敗とし、5年ぶり50度目の都市対抗本戦出場を決めた。1勝1敗だった東芝も西関東第2代表として12年連続42度目の出場権を獲得。0勝2敗の三菱パワーは全国大会に進めなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「都市対抗野球西関東地区2次予選・代表決定リーグ戦、ENEOS5-3三菱パワー」(16日、横浜スタジアム) 今秋ドラフト候補で最速155キロ右腕の三菱パワー・伊藤優輔投手は5回3失点とチームを都市対抗本戦へと導けなかった。「初回から、入りを飛ばしていって」とこの日最速の151キロを計測したが、制球が定まらず。高めに浮くボールが目立ち、5回で101球と球数がかさんだ。

後で読む
デイリースポーツ

「西武-ロッテ」(16日、メットライフドーム) ロッテ先発の小島が五回途中で降板した。

後で読む
スポーツニッポン

フランス1部マルセイユの日本代表DF長友佑都(34)が参加する森永乳業「ビフィズス菌トレプロジェクト」が25日から本格始動することが16日、発表された。体の内側と外側の両面から大腸の腸内環境改善を目指すプログラムで、第1弾として長友の腸内環境改善をサポートしていく。

後で読む
日刊スポーツ

関西学生アメリカンフットボールの関大が“珍トレ”で09年以来の甲子園ボウル出場を目指す。16日、大阪・吹田市の同大学内で調整。今季の公式戦はトーナメント方式に…

後で読む
サンケイスポーツ

ラ・リーガ開幕戦で戦った久保建英と岡崎慎司が、SNSを通じて互いにエールを贈り合っている。

後で読む
サンケイスポーツ

アストンビラは、ジャック・グリーリッシュと新契約を締結したことを発表した。

後で読む
東京スポーツ

日本ハムの大田泰示外野手が16日、ソフトバンク戦(札幌ドーム)に「6番・右翼」で先発出場し、1点ビハインドの2回無死二塁の場面で同点適時打を放った。  1打席目からチャンスの場面を迎えた大田は相手先…

後で読む
東京スポーツ

豪華グータッチの共演だ。16日の巨人―阪神戦(東京ドーム)で今季初スタメンの田中俊太内野手(27)が2回一死走者なしから相手先発・青柳の変化球を捉え、先制の1号ソロを右翼ポール際に叩き込んだ。  一…

後で読む
東京スポーツ

ヤクルトの村上宗隆内野手(20)が16日のDeNA戦(神宮)で4回一死走者なしの第2打席に先制の13号ソロを左翼席に放り込んだ。  若き4番打者は9日の広島戦(マツダスタジアム)以来となる6試合ぶり…

後で読む
スポーツニッポン

四国アイランドリーグplusの香川からヤクルトに加入した歳内宏明投手(27)が16日、DeNA戦に先発登板し、5回8安打2失点で降板した。阪神時代の2016年4月27日、巨人戦以来1603日ぶりの1軍マウンドで粘りの投球を見せたがリードを許し、15年9月29日のDeNA戦以来1814日ぶりの勝ち星は挙げられなかった。

後で読む
スポーツニッポン

元ヤクルトで1976年センバツ優勝投手の黒田真二(くろだ・しんじ)氏が15日、肺がんで死去した。62歳。広島県比婆郡東城町(現庄原市)出身。本格派右腕として高校、社会人で活躍し、82年ドラフト外でヤクルトに入団も、現役5年間で通算49試合に登板して0勝7敗2セーブ、防御率5・07だった。

後で読む
スポーツニッポン

東京六大学野球連盟と東京六大学応援団連盟は16日、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策ガイドラインを発表した。

後で読む
スポーツニッポン

巨人の田中俊太内野手(27)が阪神戦(東京D)の第1打席で待望の今季初安打となる1号ソロを放つと、第2打席で二塁打、第3打席ではシングル安打。一気にサイクル安打に王手をかけた。

後で読む
スポーツニッポン

東京ドームでの連敗を止めたい矢野阪神が、5回までに0―7と、大量ビハインドを背負っている。

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の関係者らは菅義偉新内閣と連携し、来夏の開催実現に向けて新型コロナウイルス対策などの検討を急ぐ方針だ。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・村上宗隆内野手(20)が「4番・一塁」で先発し、四回1死から左翼席へ13号ソロを放った。

後で読む
サンケイスポーツ

都市対抗野球大会(11月22日開幕、東京ドーム)の西関東2次予選は16日、横浜スタジアムで行われ、ENEOS(横浜市)が三菱パワー(横浜市)を延長十二回5-3で下し、2連勝で西関東第1代表、5年ぶり50度目の出場を決めた。第2代表は1勝1敗の東芝(川崎市)で、12年連続42度目の出場となる。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人・田中俊太内野手(27)が二回1死で阪神先発・青柳から今季1号ソロを放ち、先制した。

後で読む
サンケイスポーツ

2018年平昌冬季五輪フィギュアスケート女子で銀メダルを獲得したエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が、五輪後に師弟関係を解消したロシアのエテリ・トゥトベリゼ・コーチの指導を再び受けると16日、国営ロシア通信などが報じた。

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフの下部ツアー、AbemaTVツアーのPGMチャレンジIIは16日、千葉県のPGM総成(6738ヤード、パー70)で第1ラウンドが行われ、64で回った北村晃一、小池一平、小西貴紀が首位で並んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハム・大田泰示外野手(30)が0-1の二回無死二塁で、ソフトバンク先発の二保から中前適時打を放ち、10試合連続安打をマークした。9月5日の西武14回戦(札幌)から続けている。

後で読む
サンケイスポーツ

日本高野連は16日、初優勝を飾った昨年夏の甲子園大会で打線の中軸を担った履正社(大阪)の小深田大地内野手、同大会で準優勝した星稜(石川)の内山壮真捕手らが、新たにプロ志望届を提出したとホームページ上で公表した。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート女子で18年平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(20=ロシア)が、指導を受けるカナダ人のブライアン・オーサー・コーチの元を離れ、ロシアのエテリ・トゥトベリゼ・コーチの指導を再び受けることになったと16日のタス通信などが伝えた。

後で読む
スポーツ報知

広島の鈴木誠也外野手(26)が、得意(?)の変顔をNPBグッズの公式ツイッター(@npb_goods)で披露した。12球団と日本野球機構(NPB)が医療従事者や医療機関の支援を目的に発売しているチャ

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの上原健太投手(26)が17日のソフトバンク戦(札幌D)に先発し、3度目の正直で今季初勝利を目指す。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトの球団マスコット、つば九郎が、試合前恒例の「きょうのひとこと」で「こんなだいじんがやってみたい」を披露した。

後で読む
スポーツ報知

U―19日本代表候補合宿の最終日が16日、千葉県内で行われた。A代表の森保一監督(52)も見守る中、この日は30分の紅白戦を3本行い、選手たちは激しい攻防戦を繰り広げた。

後で読む
デイリースポーツ

広島は16日、大瀬良大地投手(29)が群馬県館林市内の病院で「右肘関節鏡視下遊離体摘出・骨棘切除・滑膜切除」の手術を受けたと発表した。全治までの期間は明らかにされていないが、今シーズン中の復帰は難しくなったとみられる。 2年連続で開幕投手を務めた広島のエースは、7月末に「コンディション不良」で戦線を離脱。2週間後に一度は復帰したが、8月29日の阪神戦、9月5日のDeNA戦と2試合続けて打ち込まれて6日に出場選手登録を外れた。今季は11試合に登板して5勝4敗、防御率4・41。

後で読む
デイリースポーツ

「西武-ロッテ」(16日、メットライフドーム) 西武が初回、栗山の9号ソロで1点を先制した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-阪神」(16日、東京ドーム) 巨人が今季初スタメンの田中俊太内野手の今季初安打となる1号ソロで先制した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(16日、神宮球場) 主砲の一振りで先制点を奪った。

後で読む
スポーツニッポン

イングランド・プレミアリーグのトットナムが、スペイン1部レアル・マドリードのウェールズ代表FWガレス・ベール(31)を期限付き移籍で獲得することで交渉していると、16日付の英衛星放送スカイスポーツ(電子版)が報じた。

後で読む
東京スポーツ

日本ハムの斎藤佑樹投手が16日、イースタン・リーグのロッテ戦(鎌ヶ谷)に3回から救援登板し、1回を投げて1本塁打を含む被安打2の2失点だった。  3回の先頭打者・藤原から空振り三振を奪い、平沢もニゴ…

後で読む
東京スポーツ

西武の悩める主戦捕手・森友哉捕手(25)が16日のロッテ戦(メットライフ)前にイースタン・リーグの楽天戦(カーミニーク)に出場した。  9月に入っての13試合で7試合スタメンから外れているための措置…

後で読む
東京スポーツ

入閣できず、がっくりだ。ヤクルトの球団マスコット・つば九郎が16日のDeNA戦(神宮)に試合前の「きょうのひとこと」でスケッチブック芸を披露。「さきほど かくりょうのみなさん はっぴょうされました」…

後で読む
スポーツニッポン

日本ハム・杉谷が普段いじられている主砲・中田をいじり返した。16日のソフトバンク戦前の練習中にナインが中田が通算250号達成記念Tシャツを着用してアップを行ったが、杉谷だけがアレンジを加えていた。

後で読む
スポーツニッポン

巨人の田中俊太内野手(27)が阪神戦(東京D)で待望の今季1号を放ち、優勝へのマジック38が初点灯したチームに先制点をもたらした。

後で読む
スポーツニッポン

広島・鈴木誠也外野手(26)が16日、プロ野球チャリティーグッズキャンペーンで得意の「変顔」を披露した。NPBグッズ(公式)の公式ツイッターに登場。12球団マスコットトートバッグを両手で広げ、変顔をビシッと決めてみせた。

後で読む
東京スポーツ

サッカーのスペイン1部エイバルは16日、イングランド・プレミアリーグのニューカッスルから元日本代表FW武藤嘉紀(28)を今季終了まで期限付きで獲得したと発表した。背番号は12。エイバルではMF乾貴士…

後で読む
東京スポーツ

J1柏のネルシーニョ監督(70)が16日、オンラインで取材に対応した。19日のホーム広島戦で今季のリーグ戦折り返しとなる17試合目。ここまでリーグ16試合で8勝6敗2分けで7位につけ、ルヴァンカップ…

後で読む
サンケイスポーツ

【ニューヨーク15日(日本時間16日)】男子ゴルフの今季メジャー第2戦「全米オープン」が17日(日本時間同日夜)、当地のウイングドフットGC(7477ヤード、パー70)で観客を入れず開幕。大会最多に並ぶ4勝目を狙うタイガー・ウッズ(44)=米国=が公式会見に臨み、予選落ちした2006年大会以来の最難関コースでの開催で雪辱を誓った。

後で読む
サンケイスポーツ

西武・栗山巧外野手(37)が「3番・左翼」で先発出場。一回に先制点となる9号ソロを放った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム-ソフトバンク、17回戦、16日、札幌ドーム)日本ハム・栗山英樹監督(59)が、15日のソフトバンク16回戦(札幌ドーム)で勝利投手になった上沢直之投手(26)の好投を振り返り「あそこまで投げさせちゃいけないんだけど、ナオを。でも俺はやれると思ったので、ちょっと悪いけど」と8回を4安打無失点に抑えた右腕の投球回数に言及した。

後で読む
東京スポーツ

大相撲秋場所4日目(16日、東京・両国国技館)、大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が幕内玉鷲(35=片男波)を退けて3勝目(1敗)。3日目の初黒星からの連敗を免れた。  玉鷲のノド輪にのけぞる場面もあった…

後で読む
サンケイスポーツ

スペインのラ・リーガ1部に所属するエイバルは16日、ニューカッスルから武藤嘉紀を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。事前に『スカイスポーツ』が報じていたところによれば、買い取りオプションは付随していない。

後で読む
日刊スポーツ

3連敗中で16位のJ1ベガルタ仙台は、20日に3位のFC東京とアウェーで対戦する。仙台は中6日、相手は中3日で日程面は有利だが、味の素スタジアムは過去14戦2…

後で読む
サンケイスポーツ

フランクフルトは16日、日本代表MF鎌田大地との契約を延長したことを発表。新契約は2023年までとなっている。

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会は16日、10月にオランダで開催する日本代表(FIFAランク28位)の国際親善試合をユトレヒトで行うと発表した。10月9日にカメルーン(同53…

後で読む
日刊スポーツ

なでしこリーグのマイナビ仙台は16日、FW宮本華乃(21)が9日の練習で負傷し、15日に手術したと発表した。右膝の半月板損傷で全治約4カ月の見込み。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は16日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグの湘南ベルマーレが、試合のなかった16日も、日本中の注目を浴びた。自民党の菅義偉総裁(71)が同日、衆参両院本会議で第99代首相に選出。新内閣の陣容を…

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは16日、17日の予告先発投手を発表した。

後で読む
日刊スポーツ

日本協会は16日、日本代表(FIFAランク28位)が対戦する10月9日のカメルーン(同53位)、同13日のコートジボワール(同61位)戦がオランダのユトレヒト…

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテのフランク・ハーマン投手(36)が16日、東京都内の病院で右手人さし指の「伸筋腱(けん)損傷」と診断され、出場選手登録を外れた。2週間、患部を固定し、様子をみながら投球を再開する予定。

後で読む
スポーツニッポン

大相撲秋場所は16日、東京・両国国技館で4日目を迎えた。横綱・白鵬と横綱・鶴竜の両横綱不在の中、初日から3連敗の大関・朝乃山は、北勝富士を寄り倒して初白星を挙げた。前日土がついた大関・貴景勝は玉鷲を押し出して3勝目。

後で読む
スポーツ報知

巨人2軍戦のスタメンが発表された。以下の通り。

後で読む
デイリースポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)の就職支援制度「アスナビ」で、新型コロナウイルスの影響により3月から中断していた企業向け説明会が16日、初のオンライン形式で再開され、陸上やカヌー、レスリングの5選手が採用に向けて画面越しにアピールした。 アスナビは、JOCが仲介役となって競技に専念できる環境を求める選手の就職先を探す事業。ここ数年は年間50人以上の採用実績だったが、本年度はコロナ禍で見通しが立っているのは数人と苦戦している。この日は25社ほどが参加し、競技で培った強みや将来の目標を語る選手の声に耳を傾けた。年内にもう数回開催する予定。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲秋場所・4日目」(16日、東京・両国国技館) 大関・貴景勝(千賀ノ浦)は結びの一番で前頭二枚目の玉鷲(片男波)との一番。激しい付き合いから、玉鷲ののど輪に一瞬体勢を崩すが回り込んで逆襲。再び突き返して最後は押し出した。5日目は前頭三枚目の妙義龍(境川)と対戦する。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲秋場所・4日目」(16日、両国国技館) 初日から3連敗の大関・朝乃山(高砂)は前頭二枚目の北勝富士(八角)に勝って今場所初白星。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲秋場所・4日目」(16日、両国国技館) 関脇・正代(時津風)に土がついた。先場所優勝争いを繰り広げた前頭筆頭・照ノ富士(伊勢ケ浜)と対戦。立ち合いでまわしを取れず、付き合いになった。相手のパワーの前に分が悪く、押し込まれて土俵を割った。

後で読む
デイリースポーツ

【ロンドン共同】サッカーのスペイン1部リーグのエイバルは16日、イングランド・プレミアリーグのニューカッスルからFW武藤嘉紀(28)が今季終了までの期限付きで加入すると発表した。背番号は12で、MF乾貴士とチームメートになる。数日は個人練習し、来週から全体練習に合流する。 武藤はJ1のFC東京から2015年にドイツ1部リーグのマインツに移籍。18年にニューカッスル入りしたが、レギュラーに定着できずプレミアリーグで通算25試合1得点だった。

後で読む
日刊スポーツ

カブスのダルビッシュ有投手(34)がインディアンス戦に先発し、7回9安打3失点と踏ん張ったものの、勝敗はつかなかった。本調子ではなかった。試合後は、英語で「I…

後で読む
スポーツ報知

【DeNAスタメン】

後で読む
スポーツ報知

【楽天スタメン】

後で読む
スポーツ報知

【中日スタメン】

後で読む
スポーツ報知

【ロッテスタメン】

後で読む
スポーツ報知

オリックスの増井浩俊投手(36)が17日の楽天戦(ほっと神戸)で今季2度目の先発に臨む。3日のソフトバンク戦(京セラD)は、日本ハム時代の2016年9月24日に白星を挙げて以来1440日ぶりで、17

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN.24」(27日、さいたまスーパーアリーナ)に出場する北岡悟(40)がオンラインで公開練習を行った。  1分30秒のミット打ちでするどいパンチを放ち、順調な調整ぶりをアピー…

後で読む
スポーツ報知

U―19日本代表候補合宿の最終日が16日、千葉県内で行われた。この日は午前中のみの活動で、選手たちは30分の紅白戦を3本行った。JFAの新設した「ロールモデルコーチ」として指導にあたった内田篤人氏(

後で読む
デイリースポーツ

ロッテのフランク・ハーマン投手(36)が16日、都内の病院での検査の結果、「右手第2指伸筋腱(けん)損傷」と診断された。 2週間、患部固定後に投球を再開する予定。セットアッパーのハーマンは、15日・西武戦の八回途中に登板し、スパンジェンバーグに逆転2ランを浴びた。その試合後に患部に違和感を訴えていた。この日、出場選手登録を抹消された。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグ巨人・サンチェス-阪神・西勇(東京ドーム)

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-阪神」(16日、東京ドーム) 巨人・丸佳浩外野手が移籍後初の4番に座り、巨人の第90代4番となった。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-楽天」(16日、ほっともっとフィールド神戸) オリックスのアダム・ジョーンズ外野手が腰の張りを訴えて欠場となった。この日、球場には来たものの、治療して試合前に帰宅した。

後で読む
スポーツニッポン

サッカー明治安田生命J1リーグはきょう16日、延期されていた1試合と、ACL出場チームの振り替え分3試合の計4試合が行われる。

後で読む
スポーツニッポン

MF乾貴士(32)の所属するスペイン1部エイバルは16日、イングランド・プレミアリーグのニューカッスルからFW武藤嘉紀(28)を期限付き移籍で獲得したと発表した。契約期間は今季終了まで。背番号は12に決まった。

後で読む
デイリースポーツ

 【ニューヨーク共同】男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権はニューヨーク州ママロネックで17日(日本時間同日夜)に始まる。15日は松山英樹ら出場選手が、難しいことで知られるウイングドフットGC(パー70)で調整した。 狭いフェアウエー、やっかいなラフ、起伏に富むグリーン…。「経験したタフなコース」を問われたメジャー15勝のタイガー・ウッズ(米国)は米国のオークモントCC、英国のカーヌスティ・リンクスを加えた三つを挙げ「(難度は)ここが1番か2番目。歴史的に優勝スコアが少なかったことはないし、今週も同じだろう」と警戒した。

後で読む
東京スポーツ

ロッテ・鳥谷敬内野手にカンチョーを仕掛ける猛者が出現!! 16日の西武戦(メットライフ)での試合前練習でのこと。鳥谷の背後から、気配を殺して忍び寄る〝くせ者〟を発見した。  その男の名はロッテ・清田…

後で読む
東京スポーツ

広島に激震が走った。球団は16日、コンディション不良により登録抹消中の大瀬良大地投手(29)が群馬県館林市内の病院で「右肘関節鏡視下遊離体摘出・骨棘(こっきょく)切除・滑膜切除」の手術を受けたと発表…

後で読む
東京スポーツ

巨人の主砲・岡本和真内野手が16日の阪神戦(東京ドーム)で今季初めてスタメンから外れ、開幕から続けてきた「4番・三塁」での先発出場が72試合でストップした。 「軽い腰痛」を発症した影響で前日15日は…

後で読む
スポーツニッポン

◇出場選手登録公示

後で読む
スポーツ報知

 主催者推薦出場で、異例のチャレンジとなる美人女子プロの三浦桃香(21)=アウトソーシング=は3バーディー、4ボギーの1オーバー、71で回り、出場144人中102位スタートとなった。女子ツアーのコース

後で読む
スポーツニッポン

前日の逆転負けで開幕から東京ドーム7連敗を喫した矢野阪神。チームトップタイ6勝右腕の青柳が、巨人打線に立ち向かう。

後で読む
スポーツニッポン

ロッテ・井上晴哉内野手が16日の西武戦でスタメンから外れた。ベンチには入っている。試合前の練習では別メニューで調整し、足を引きずりながら歩いている様子も見られた。

後で読む
スポーツニッポン

巨人・丸佳浩外野手(31)が、広島時代の2014年9月3日以来、約6年ぶりに「4番・中堅」で先発メンバーに名を連ねた。

後で読む
スポーツニッポン

◇セ・リーグ

後で読む
サンケイスポーツ

西武・内海哲也投手(38)が16日、ロッテ戦(メットライフ)の試合前に巨人からロッテにトレードで移籍した沢村拓一投手(32)と再会し、数分間談笑した。

後で読む
スポーツ報知

15日に行われた大相撲秋場所(両国国技館)3日目に、元気なく初日から3連敗を喫した大関・朝乃山(26)=高砂=に対して、高砂部屋の先輩に当たる元横綱・朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(39)が

後で読む
サンケイスポーツ

巨人のオーダーがガラリと変わった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は16日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスの新外国人、アダム・ジョーンズ外野手(35)=前ダイヤモンドバックス=が16日、腰の張りを訴え、同日の楽天戦(ほっと神戸)のベンチ入りメンバーから外れた。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-阪神」(16日、東京ドーム) 前夜の阪神は、伝統の一戦で痛恨の逆転負けを喫し、自力Vの可能性が消滅した。ここまで東京ドームでは今季7戦全敗。巻き返すためにも、悪い流れを断ち切りたいところだ。

後で読む
サンケイスポーツ

広島が16日、大瀬良大地投手(29)が群馬県内の病院で右肘の手術をしたと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

広島が16日、大瀬良大地投手(29)が群馬県内の病院で右肘の手術をしたと発表した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカードイツ1部アイントラハト・フランクフルトは16日、日本代表MF鎌田大地(24)と2023年6月30日まで契約を延長したと発表した。 鎌田はフランクフルトの公式サイトで「欧州、特にフランクフルトはとても居心地が良い。昨季は自分の強みをチームにうまく伝えることができたので次のステップに進みたい。クラブは僕の成長を見守り、僕を守ろうとしてくれている。良いパフォーマンスと結果で応えたい」とコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグ、アイントラハト・フランクフルトは16日、今季限りで切れる鎌田大地(24)との契約を2023年6月末まで2年延長したと発表した。 鎌田は17年夏にJ1鳥栖からEフランクフルト入り。シントトロイデン(ベルギー)への期限付き移籍を経て、チームに復帰した昨季はドイツ1部初得点を含む公式戦10ゴールと活躍した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカースペイン1部エイバルは16日、イングランド・プレミアリーグのニューカッスルから元日本代表FW武藤嘉紀(28)を期限付き移籍で獲得したと発表した。移籍期間は今季終了まで。背番号は12となる。武藤にとっては初のスペイン挑戦で、今季のスペイン1部ではFW岡崎慎司(34)=ウエスカ、MF乾貴士(32)=エイバル、MF久保建英(19)=ビリャレアル=に続く4人目の日本人選手となる。 東京都出身の武藤は15年夏にFC東京からドイツ1部マインツに完全移籍し、3シーズンで公式戦72試合23得点を挙げた。18年夏には4年契約でニューカッスルに完全移籍したが、2年目の昨季は公式戦10試合1得点にとどまるなど2年間で同28試合2得点に終わっていた。

後で読む
スポーツ報知

ロッテは16日、マリーンズオンラインストア限定で和田康士朗外野手(21)の「初オリジナルグッズ」を19日から27日まで受注販売すると発表した。

後で読む
スポーツ報知

◆セ・リーグ

後で読む
スポーツ報知

ロッテは16日、フランク・ハーマン投手(36)が都内の病院での診断の結果、「右手第2指伸筋腱損傷」と診断されたと発表した。2週間の患部固定後、投球を再開する予定。ハーマンは15日の西武戦(ZOZOマ

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(16日・神宮) DeNA・大和内野手が(32)が16日、「左膝蓋骨挫傷」で出場選手登録を抹消された。

後で読む
スポーツニッポン

ドイツ1部Eフランクフルトは16日、MF鎌田大地(24)との契約を2023年まで2年延長したと発表した。

後で読む
東京スポーツ

西武・内海哲也投手(38)とロッテ・澤村拓一投手(32)、鳥谷敬内野手(39)の元GT再会スリーショットが16日、メットライフドームで実現した。  この日の西武ーロッテ戦前のことだった。西武の練習中…

後で読む
スポーツニッポン

15日の阪神戦で途中交代した巨人・坂本勇人内野手(31)と岡本和真内野手(24)が、16日の阪神戦(東京ドーム)前の全体練習に参加しなかった。坂本は「軽い体調不良」、岡本は「軽い腰痛」で、共に大事を取った形だ。今後については体調を見ながらの判断となる。

後で読む
スポーツニッポン

広島は16日、出場登録抹消中の大瀬良大地投手(29)が同日、群馬県館林市内の病院で右肘の手術を受けたと発表した。

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルト先発の歳内は阪神時代の16年4月27日巨人戦以来の1軍登板。15年9月29日DeNA戦以来5年ぶりの白星を挙げ、6連敗中のチームを救えるか。

後で読む
スポーツニッポン

期待の高卒ルーキーが初戦勝利に貢献した。西濃運輸・住谷湧也外野手(18=近江)が3番左翼で社会人として公式戦デビュー。2打数1安打1打点で犠打を確実に決めるなど、打線のつなぎ役として機能した。

後で読む
スポーツニッポン

パナソニックが5年連続54回目の都市対抗出場を決めた。初回1死二、三塁から「4番・一塁」の片山勢三が左前へ2点打を放ち先制。この回5安打で一挙4点を奪い、試合を優位に進めた。片山は前の試合から9打数7安打で打線をけん引。「1打席目は特に気持ちを入れました。今日みたいな打撃がベスト。いい感じで打てているので、継続して(東京)ドームに向かいたい。目標はもちろん優勝です」と初の都市対抗制覇へ意気込ん…

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権はニューヨーク州ママロネックで17日(日本時間同日夜)に始まる。15日は松山英樹ら出場選手が、難しいことで知られるウイングドフットGC(パー70)で調整した。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽DeNA 伊藤裕季也内野手 ▽広島 磯村嘉孝捕手 ▽ヤクルト 歳内宏明投手 【同抹消】 ▽DeNA 大和内野手 ▽広島 中村奨成捕手

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽西武 浜屋将太投手 ▽ソフトバンク 二保旭投手 ▽ロッテ チェン投手 ▽日本ハム 杉浦稔大投手 【同抹消】 ▽ロッテ ハーマン投手 ▽日本ハム 井口和朋投手

後で読む
サンケイスポーツ

西武は16日、19日から入場者数の制限を緩和するという政府の発表、および日本野球機構(NPB)の決定を受け、22日からメットライフドームで行われる1軍公式戦の6試合で、1試合あたり1万人を上限として開催すると発表した。

後で読む
東京スポーツ

フィギュアスケート女子で昨年の全日本選手権覇者の紀平梨花(18=N高東京)が、マネジメント会社のIMGとアスリートマネジメント契約を締結した。16日、IMG社が発表した。  同社は同じフィギュア女子…

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会は16日、日本代表が10月に遠征するオランダでの国際親善試合をユトレヒトで開催すると発表した。10月9日にカメルーン代表、同13日にコートジボワール代表と対戦する。開始時間は未定で、新型コロナウイルス感染防止のため、いずれも無観客で実施する。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのイングランド・プレミアリーグ、アーセナルは15日、エースで主将も務めるガボン代表FWオバメヤン(31)との契約を3年延長したと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAの大和内野手が16日、左膝骨挫傷のため出場選手登録を抹消された。前日15日のヤクルト戦(神宮)の第2打席で自打球が左ひざ付近を直撃。一旦ベンチに戻って治療を受け、再び打席に戻り左犠飛を放ったが、その裏の守備で途中交代となっていた。

後で読む
サンケイスポーツ

オリックス・増井浩俊投手が16日、先発転向後2度目の登板となる17日の楽天戦(ほっと神戸)に向けて、心境を語った。

後で読む
スポーツ報知

巨人は元木大介ヘッドコーチ(48)が16日に腹痛を訴えて病院で診察を受け、虫垂炎と診断されて手術を受け、入院したと発表した。

後で読む
デイリースポーツ

北米プロアイスホッケーNHLのプレーオフは15日、カナダのエドモントンで東カンファレンス決勝(7回戦制)第5戦が行われ、アイランダーズがライトニングに延長の末2-1で競り勝ち、通算2勝3敗とした。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

米プロバスケットボールNBAのプレーオフは15日、フロリダ州オーランド近郊で行われ、西カンファレンス準決勝(7回戦制)はナゲッツがクリッパーズを104-89で下し、4勝3敗で決勝進出を決めた。決勝でレーカーズとぶつかる。 東カンファレンスは決勝(7回戦制)が始まり、第1戦はヒートがセルティックスに117-114で先勝した。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

エンゼルス大谷翔平投手(26)は、2試合連続で欠場した。相手の先発は左腕バムガーナーで、右打者のプホルスが「5番DH」で起用された。大谷は12日のロッキーズ戦…

後で読む
日刊スポーツ

ツインズのバイロン・バクストン中堅手が、現役選手としては最多となるキャリア3回目のランニングホームランを記録した。MLB公式サイトが伝えている。バクストンは0…

後で読む
日刊スポーツ

エンゼルスはナ・リーグ最下位のダイヤモンドバックスに痛い1敗を喫した。一時は7点差を追いついたが、8回に決勝ソロを浴び、1点差で敗戦。20勝29敗の借金9とな…

後で読む
スポーツ報知

ロッテは16日、マリーンズオンラインストア限定で和田康士朗外野手(21)の「プロ初ヒット記念グッズ」を22日から30日まで受注販売すると発表した。

後で読む
スポーツ報知

DeNAの大和内野手(32)が16日「左膝の骨挫傷」のため出場選手登録を抹消されることになった。ラミレス監督は「残念ながら抹消せざるを得ない。左膝の骨挫傷という診断が出た。(復帰時期は)まだはっきり

後で読む
デイリースポーツ

「西武-ロッテ」(16日、メットライフドーム) 巨人からトレードで移籍したロッテ・沢村拓一投手が、“恩師”の西武・内海哲也投手との再会を果たした。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-阪神」(16日、東京ドーム) 巨人・岡本和真内野手(24)が軽い腰痛のため、試合前練習のフリー打撃を回避した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は16日、元木大介ヘッドコーチが虫垂炎と診断され、東京都内の病院で手術を受けて入院すると発表した。不在の間は阿部慎之助2軍監督がヘッドコーチを代行し、村田修一2軍野手総合コーチが2軍監督代行を務める。 元木コーチは15日に東京ドームで行われた阪神戦ではベンチに入っていたが、16日に腹痛を訴え、試合前の練習にも参加しなかった。

後で読む
日刊スポーツ

ボッチャ日本代表「火ノ玉ジャパン」が、新たな強化拠点で本格的に活動を再開する。日本ボッチャ協会は16日までに、強化合宿を20~22日に福島県白河市のJR東日本…

後で読む
日刊スポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)は16日、新型コロナウイルス対策として18日と28日に予定されていた国内競技団体(NF)へのヒアリングを延期することを発表した…

後で読む
日刊スポーツ

米プロバスケットボールNBAのプレーオフは15日、フロリダ州オーランド近郊で行われ、西カンファレンス準決勝(7回戦制)はナゲッツがクリッパーズを104-89で…

後で読む
東京スポーツ

巨人は16日、阿部慎之助二軍監督が一軍ヘッドコーチ代行を務めると発表した。  球団によると、元木大介ヘッドコーチがこの日、腹痛のため病院で診察を受けたところ「虫垂炎」と診断されたという。この日のうち…

後で読む
東京スポーツ

巨人の育成選手、エスタミー・ウレーニャ内野手(21)が16日、東京ドームでの一軍全体練習に参加した。左翼、三塁の守備練習をこなすと、原監督が見守る中、自慢の打撃も披露した。  ドミニカ出身のウレーニ…

後で読む
サンケイスポーツ

現地時間17日、延期となっていたリーグ・アン第1節マルセイユvsサンテティエンヌが行われる。この試合で酒井宏樹は本職の右ではなく、左サイドバックとして出場することになるかもしれない。

後で読む
東京スポーツ

巨人・坂本勇人内野手と岡本和真内野手が16日、東京ドームでの阪神戦前の全体練習を回避した。  2人は午後2時過ぎから始まったグラウンドでの練習には姿を見せず、ノックや打撃練習を行わなかった。坂本は前…

後で読む
スポーツ報知

 主催者推薦出場で、異例のチャレンジとなる女子の人気美人プロの三浦桃香(21)=アウトソーシング=は3バーディー、4ボギーの1オーバー、71で回った。三浦のホールアウト時点で出場144人中105位と健

後で読む
スポーツニッポン

巨人は元木大介ヘッドコーチ(48)が16日、腹痛のため病院で診察を受けたところ、虫垂炎と診断されたと発表した。16日中に東京都内の病院で手術を受け、入院することとなった。

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が16日、自身のブログを更新。あやうく“やっちまう”ところだったことを反省?した。

後で読む
スポーツニッポン

DeNAの大和内野手が16日、横浜市内の病院で左膝蓋骨挫傷と診断された。全治は未定。

後で読む
サンケイスポーツ

15日からオリックス3連戦に臨んでいる楽天・三木肇監督(43)が16日、改めて復興への思いを口にした。ほっと神戸の同3連戦でオリックスは阪神・淡路大震災が発生した1995年の復刻ユニホームを着用。三木監督は「当時は高校生(上宮高)で、実家の大阪にいた。その年は『がんばろうKOBE』を合言葉にオリックスがチャンピオンになって、野球が復興への力を与えた印象が強く残っている」と振り返った。

後で読む
スポーツ報知

フィギュアスケート女子の紀平梨花(18)=N高東京=がマネジメント会社の「IMG」と契約を締結したことが16日、同社から発表された。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。