「2020年10月1日」の記事一覧

日刊スポーツ

レッズ秋山翔吾外野手(32)が「1番左翼」で出場する。相手の先発は8月26日にメジャーデビューした22歳の右腕アンダーソン。直球の平均球速は94・1マイル(約… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム杉浦稔大投手(28)が1日、ロッテ21回戦(札幌ドーム)で6回5安打1失点の好投をみせ今季6勝目を挙げた。140キロ台中盤から終盤の直球を中心に自己最… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

▼通算1000三振=浅村栄斗内野手(楽天) 1日のソフトバンク21回戦(楽天生命パーク)の4回、石川から空振り三振を喫して記録。プロ野球71人目。初三振は西武… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

「あと1球」に負け、ロッテナインの力が抜けた。1点を追う9回2死満塁、託されたのは4番安田。カウント3-1からの日本ハム宮西の甘い直球に手が出ない。2球ファウ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-0中日」(1日、甲子園球場) 阪神・梅野隆太郎捕手がお立ち台でファンに向けて、完全復活を目指す藤浪晋太郎投手への後押しをお願いした。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-0中日」(1日、甲子園球場) 阪神・藤浪晋太郎投手が、2016年9月14日・広島戦(甲子園)以来4年ぶりに自己最速タイの160キロを連発した。今季4度目の中継ぎ登板で1回無安打無失点。2つの三振を奪い、160キロを5度計測する圧巻の投球だった。

後で読む
スポーツ報知

 ショップライト・クラシックが開幕し、日本からは6人が出場。第1ラウンドは日本時間同日午後8時30分に第1組がティーオフした。ツアールーキーの河本結(22)=リコー=は1番からスタートし、バーディー発

後で読む
スポーツ報知

 巨人の村田修一2軍監督代行(39)が1日のイースタン・楽天戦後、報道陣の取材に応じ、2軍監督代行として指揮を執った9月16日のDeNA戦(平塚)からの期間を振り返った。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクは執念で白星をもぎとり、4カードぶりの勝ち越しを決めた。

後で読む
スポーツ報知

中日は阪神の技巧派・岩田からエドワーズを挟み、最後は藤浪―スアレスの剛球リレーに抑えられ、今季8度目の完封負けを喫した。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの宇佐見真吾捕手(27)が、移籍後、本拠地・札幌D初アーチを放った。

後で読む
スポーツ報知

楽天は逆転負けを喫し、貯金が消滅。首位・ソフトバンクとの3連戦は1勝2敗で負け越した。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムはロッテに3―2で勝利し連敗を3で止めた。先発の杉浦稔大投手(28)が6回5安打1失点と好投。8月26日西武戦(メットライフ)以来の自己最多を更新する6勝目を上げた。清宮の6号同点ソロ、主砲

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムが連敗を3で止めた。0-1の四回に清宮の6号ソロで追い付き、五回に中田の適時打で勝ち越した。七回は宇佐見の3号ソロで加点した。杉浦は6回1失点で6勝目。ロッテは終盤に追い上げたが及ばず連勝が3で止まった。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球・元阪神の掛布雅之氏(65)、元巨人の槙原寛己氏(57)、元ロッテの里崎智也氏(44)が1日、大阪市内で行われた、CSスポーツチャンネル「スカイA」の「球団トップになりきって12球団の1位指名を提言する!」という新企画「第1回プロ野球仮想ドラフト会議」(初回は21日、後11・00。再放送含めて計4回放送)の収録に参加した。 26日に行われるドラフト会議に先駆け、レジェンド3氏が12球団の1位指名を相談して決める番組。各球団の戦力分析から、アマ野球アナリスト・小関順二氏による今年のドラフト候補選手の紹介、さらには各球団の野球ファンもモニターで参加し、ファン投票による1位指名も発表する。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA0-2ヤクルト」(1日、横浜スタジアム) ヤクルトが歳内の移籍初勝利、3投手の完封リレーで連勝した。チームは5位に浮上し、試合後の高津監督はこの勝利の立役者に捕手の西田を指名した。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス6-7西武」(1日、京セラドーム大阪) オリックスは1度は3点差を逆転しながら八回にヒギンスが中村に同点打、山川に来日初被弾となる2ランを喫した。九回にT-岡田の一発が飛び出すが及ばず惜しい敗戦となった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム3-2ロッテ」(1日、札幌ドーム) ロッテは得意の接戦で敗れ連勝が3でストップ。首位ソフトバンクが勝ったため、ゲーム差が1と広がった。

後で読む
スポーツニッポン

注目は久保がどう試されるかだろう。中島が招集されていないので、従来の攻撃4枚の一角が空いている。久保には絶好のチャンスだが、自チームでレギュラーが獲れていない。まだエメリ監督が意図することを100%表現できていないということだ。繊細で技術は評価されているものの、ダイナミックさが足りない。先日のバルセロナ戦では積極的にゴールに向かっていたが、そういうプレーをもっと見せる必要がある。そのあたりは日…

後で読む
スポーツニッポン

イングランド・プレミアリーグのリバプールでコーチを務めるペピン・リンダース氏(37)が、日本代表に選出されたMF南野拓実(25)を絶賛した。

後で読む
東京スポーツ

9回裏を守護神・石山が締めるとベンチで安堵の表情を浮かべた。ヤクルトの歳内宏明投手(27)が1日のDeNA戦(横浜スタジアム)に先発し7回無失点の好投で初勝利を上げた。NPBでの白星は阪神時代の20…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの石川柊太投手(28)が1日の楽天戦(楽天生命パーク)で、5戦ぶりの白星となる7勝目(3敗)を挙げた。  9月は今季初黒星を喫するなど3戦3敗。好投を続けながらも打線の援護に恵まれず、勝…

後で読む
東京スポーツ

今季初のリリーフ登板も仕事を果たせなかった。楽天・松井裕樹投手(24)が1日のソフトバンク戦(楽天生命)で1点リードの7回から2番手としてマウンドに立ったが、1イニングを1安打1四球2失点。試合を引…

後で読む
東京スポーツ

楽天が1日のソフトバンク戦(楽天生命)で1―4と逆転負け。首位・ソフトバンクとの3連戦を1勝2敗と負け越し、ゲーム差は6・5に広がった。  中10日でマウンドに立った先発・岸は6回1安打無失点で快投…

後で読む
東京スポーツ

阪神・近本広司外野手(25)が1日の中日戦(甲子園)で、自慢の快足をフルに生かし、先制のホームインに成功。拮抗したゲームを制する原動力となった。  6回、先頭打者として打席に入ると、右前打で出塁。す…

後で読む
日刊スポーツ

西武ドラフト1位右腕・宮川哲投手がプロ初勝利を挙げた。1点を追う7回。先頭に二塁打を浴びたが、後続を断ち切り無失点。直後の攻撃で逆転し、37試合目で初白星が舞… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

我慢比べは勝負球を信じたバッテリーに軍配が上がった。2点リードの7回2死、ヤクルト歳内宏明投手(27)は一、二塁に同点の走者を背負った。DeNA山下にフォーク… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島が首位巨人に敗れ、最下位に転落した。開幕時の守護神からシーズン途中に先発に転向したテイラー・スコット投手(28)が1回に先制点を許すなど、4回4失点。起用… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-0中日」(1日、甲子園球場) 阪神のスアレスも最速160キロを計測し、1回無安打無失点でリーグトップを独走する18セーブ目を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-0中日」(1日、甲子園球場) 阪神・藤浪は自己最速タイとなる160キロを連発し、今季2ホールド目を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-0中日」(1日、甲子園球場) 阪神・藤浪晋太郎投手が、自己最速タイの160キロを連発した。今季4度目の中継ぎ登板で1回無安打無失点。2つの三振を奪う圧巻の投球だった。

後で読む
スポーツ報知

 巨人が5―3で接戦を制してカード勝ち越し。優勝マジック「21」となった。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の小林誠司捕手(31)が「8番・捕手」で出場。左尺骨の骨折から復帰後の初スタメンだった9月25日の中日戦(東京D)以来の先発出場で、勝利に貢献した。

後で読む
スポーツ報知

 巨人が効率良く得点を重ねてカード勝ち越し。優勝マジック「21」となった。

後で読む
東京スポーツ

 人気タレントで元女子プロレスラーの〝鬼嫁〟こと北斗晶(53)の呼びかけで発足した、新たな女子プロレス組織「アッセンブル」が1日、東京・上野恩賜公園野外ステージで第1回大会を開催した。  今大会には賛…

後で読む
東京スポーツ

 ゴルフの国内メジャー「日本女子オープン」初日(1日、福岡・ザ・クラシックGC=パー72)、上田桃子(34)が68をマーク、4アンダーの3位と悲願のメジャー初制覇へ、好スタートを切った。首位はイ・ナリ…

後で読む
東京スポーツ

   無念の二軍降格だ。広島のテイラー・スコット投手(28)が1日の巨人戦(マツダ)で来日初先発し4回4失点で降板。初回、丸に適時打を浴びて先制されると、3、4回とも四球からピンチを招き失点…

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトの歳内宏明投手(27)が7回5安打無失点で、阪神時代の2015年9月29日DeNA戦(甲子園)以来、1829日ぶりの勝利を挙げた。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトを上回る6安打を放ちながら、先発の歳内らに要所を抑えられて得点できず。9月28日の広島戦(マツダ)以来、今季8度目の完封負けを喫して借金1となった。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス6-7西武」(1日、京セラドーム大阪) 西武のドラフト1位ルーキー・宮川哲投手が、プロ初勝利を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス6-7西武」(1日、京セラドーム大阪) オリックスがシーソーゲームの末、逆転負けで今季初の同一カ-ド3連戦3連勝を逃した。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA0-2ヤクルト」(1日、横浜スタジアム) DeNAが今季8度目の完封負けを喫し借金1となった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人5-3広島」(1日、マツダスタジアム) 巨人の原辰徳監督が10月白星発進を喜んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム3-2ロッテ」(1日、札幌ドーム) 首位ソフトバンクとゲーム差なしの2位につけていたロッテが、痛い逆転負け。ソフトバンクが勝ったため。1ゲーム差に後退した。

後で読む
スポーツニッポン

スペイン1部バルセロナは1日、アヤックス(オランダ)から米国代表DFセルジーニョ・デスト(19)を5年契約で獲得したと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

元マンチェスターUのギャリー・ネヴィル氏は、古巣の移籍ビジネスに対して不満の声を上げた。

後で読む
サンケイスポーツ

リヨンは、ACミランからルーカス・パケタを獲得したことを発表した。

後で読む
東京スポーツ

広島が1日の巨人戦(マツダ)を落とし、9月7日以来の最下位に転落。今季ワーストタイの借金13に膨れた。  来日初先発のテイラー・スコット投手(28)が初回、丸に適時打を浴びて先制されると、3、4回に…

後で読む
東京スポーツ

楽天のDJ・ジョンソン投手(31)が1日のソフトバンク戦(楽天生命)で移籍後初失点を喫した。2点ビハインドの9回からマウンドに立ったが、一死の場面で甲斐にフルカウントとしながらも高めに浮いた150キ…

後で読む
東京スポーツ

運転席と助手席のやり取りが明らかになってきた。首都高速中央環状線・山手トンネル内で今年4月12日、法定速度(時速60キロ)を89キロ超過する149キロで走行し、道路交通法違反に問われていた西武ライオ…

後で読む
東京スポーツ

首位ソフトバンクは1日の楽天戦(楽天生命)に4―1で逆転勝ち。先発の石川柊太投手(28)が7回途中1失点と好投。3試合連続クオリティースタート(6回以上、自責点3以下)を果たし、5試合ぶりの7勝目を…

後で読む
東京スポーツ

巨人が1日の広島戦(マツダ)に5―3で勝利。この日限りで二軍監督に戻る阿部慎之助ヘッドコーチ代行(41)に惜別の勝利を送った。   試合後、原監督は「順調にヘッドも回復している」と虫垂炎により離脱し…

後で読む
日刊スポーツ

先発は楽天岸、ソフトバンク石川。ソフトバンクは3回に2死三塁の好機をつくるも無得点。楽天も3回1死一、二塁を生かせず。楽天が4回に島内の8号ソロで先制。先発岸… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは2回2死三塁から西田の右前適時打で先制。3回に1死一、三塁から、村上の一ゴロの間に1点を加えた。ヤクルト先発歳内は立ち上がりから安定した投球をみせ、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-0中日」(1日、甲子園球場) 昨夜は中日・大野雄の前に12球団ワーストとなる10度目の完封負けを食らった阪神。この日も序盤は相手先発・ロドリゲスに苦しみながら、勝利を手にした。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-0中日」(1日、甲子園球場) 阪神のスアレスも最速160キロを計測し、1回無安打無失点でリーグトップを独走する19セーブ目を挙げた。

後で読む
スポーツ報知

 男子100メートル準決勝で、16年リオ五輪400メートルリレー銀メダルのケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は10秒23(無風)の2組2着で2日の決勝に進んだ。

後で読む
スポーツ報知

 巨人は丸佳浩が初回2死一、二塁で広島の先発スコットの初球、スライダーを左前適時打。3試合ぶりに先制すると3回1死一塁で坂本勇人が右翼フェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち追加点を奪った。坂本は4試合連

後で読む
スポーツ報知

 巨人の坂本勇人内野手(31)の通算2000安打達成が期待される今季。スポーツ報知では「坂本勇人2000安打への道」と題して、これまでの勇人の活躍を、当時の記事で振り返る。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の阿部慎之助2軍監督(41)が、ヘッドコーチ代行の任務を終えた。

後で読む
東京スポーツ

 人気タレントで元女子プロレスラーの〝鬼嫁〟こと北斗晶(53)の呼びかけで発足した、新たな女子プロレス組織「アッセンブル」が1日、東京・上野恩賜公園野外ステージで第1回大会を開催した。  もともとは同…

後で読む
東京スポーツ

 9月にヤクルトに新加入した歳内宏明投手(27)が1日のDeNA戦(横浜スタジアム)に3度目の先発を果たし、今季3度目の登板で7回5安打無失点の好投を見せた。  7回までにわずか83球。1イニングで投…

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの杉浦稔大投手(28)が6回を5安打1失点に抑えた。4回に先取点を与えたが、打線が逆転。2―1と勝利投手の権利を持ったまま108球で降板した。

後で読む
スポーツ報知

楽天の松井裕樹投手(24)がレギュラーシーズンでは昨年9月24日・ソフトバンク戦以来、373日ぶりに救援として登板した。

後で読む
スポーツ報知

中日先発のヤリエル・ロドリゲス投手(23)にとっては“痛恨の1球”となった。

後で読む
スポーツ報知

阪神が今季4度目の完封勝ちで2カードぶりの勝ち越しを決めた。

後で読む
スポーツ報知

DeNAの山崎康晃投手(27)が2点ビハインドの9回、6番手として登板。先頭打者の西浦の強烈なゴロが右ふくらはぎ付近に当たり、投手強襲安打に。そのまま伊勢と交代した。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天-ソフトバンク」(1日、楽天生命パーク宮城) リリーフに転向した楽天・松井が逆転を許した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人が快勝した。一回に丸の適時打で先制し、三回に坂本の適時二塁打、四回に吉川尚の2点適時打で加点。4-2の六回にウィーラーの適時打で差を広げた。サンチェスは7回3失点で6勝目。広島はスコットが4回4失点と崩れた。

後で読む
デイリースポーツ

阪神が無失点リレーで快勝した。岩田は七回途中まで4安打に封じ、今季初勝利。九回を締めたスアレスは18セーブ目。打線は六回に暴投で先制し、七回は梅野のソロ本塁打で加点した。中日はロドリゲスの好投を生かせなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「広島3-5巨人」(1日、マツダスタジアム) 首位の巨人が逃げ切り貯金を28、優勝へのマジックナンバーを21とした。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-ヤクルト」(1日、横浜スタジアム) DeNA・山崎康晃投手が、打球を右足ふくらはぎ付近に当て緊急降板した。

後で読む
東京スポーツ

阪神の岩田稔投手(36)が1日の中日戦(甲子園)に先発し、7回途中4安打無失点と好投した。チームが新型コロナウイルスに集団感染し「特例2020」で、この日に前倒しで登録され、すぐに先発起用となった岩…

後で読む
東京スポーツ

リードを守れなかった。楽天・松井祐樹投手(24)が1日のソフトバンク戦(楽天生命)で1点リードの7回から2番手としてマウンドに立ったが、1イニングを1安打1四球2失点。試合を引っ繰り返された。  前…

後で読む
東京スポーツ

楽天・岸孝之投手(35)が1日のソフトバンク戦(楽天生命)で今季6度目の先発マウンドに立ち、6回を89球、1安打2四球無失点。中10日の登板で快投を見せたが、勝敗はつかず今季3勝目は手にできなかった…

後で読む
東京スポーツ

阪神・藤浪晋太郎投手が1日の中日戦(甲子園)の8回に3番手として救援登板。自己最速タイとなる球速160キロを3球連続でマークする剛腕ぶりを披露し、1イニングを無安打2三振無失点に抑えた。  コロナ禍…

後で読む
東京スポーツ

阪神の梅野隆太郎捕手(29)が1日の中日戦(甲子園)の7回に、貴重な追加点をもたらす5号ソロを放った。 「7番・捕手」で右腹斜筋の筋挫傷から復帰後初スタメンとなった梅野。この回の第3打席、一死走者な…

後で読む
スポーツニッポン

 男子100メートルは準決勝1組の桐生祥秀(24=日本生命)が10秒27の1着で2日の決勝に進出した。

後で読む
日刊スポーツ

阪神藤浪晋太郎投手(26)が、自己最速タイの160キロを連発した。2点リードの8回表に登板。7番堂上の初球から158キロを計測。堂上をカットボールで空振り三振… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(1日、甲子園球場) 今季2度目の先発となった阪神・岩田は六回を投げ終え、2安打無失点と上々の投球を見せている。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(1日、甲子園球場) 前日は中日・大野雄の前に完封負け。12球団ワーストとなる10度目の0封負けとなった阪神打線が、六回に先制した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(1日、甲子園球場) 阪神はこの試合から甲子園の入場者数を2万席程度に上限を緩和して開催したが、入場者数が8091人と1万人を切った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(1日、甲子園球場) 今季2度目の先発となった阪神・岩田は七回途中4安打無失点、勝利投手の権利を得てマウンドを降りた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(1日、甲子園球場) 頼れる選手会長が魅せた。阪神は1点リードの七回1死走者なしから、この日スタメンに復帰した梅野が5号ソロを左中間席にたたき込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(1日、甲子園球場) 阪神・藤浪晋太郎投手が自己最速タイの160キロを投じた。

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌に来季加入が内定している長崎・国見3年のFW中島大嘉(18)が経験を糧に成長を図る。1日、札幌市内での全体練習後に取材に応じた。先月10…

後で読む
日刊スポーツ

チーム最年少MF久保建英(19=ビリャレアル)が、史上初のオール海外組ジャパンをけん引する。日本サッカー協会(JFA)は1日、オランダ遠征に向けたメンバー25…

後で読む
スポーツ報知

 女子100メートル準決勝全2組行われ、各組の3着までと、記録上位2人が進出する決勝のスタートリストが決定した(円数字はレーン番号。記録は準決勝)。

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪は川崎フロンターレ戦で収容人数をこれまでの上限8100人から50%、約2万人に引き上げる。現状では約1万席ほど余裕がある状況。現在勝ち点11差の2…

後で読む
スポーツ報知

 男子100メートル準決勝で、前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)は10秒27(向かい風0・3メートル)1組1着で、2日の決勝に進んだ。

後で読む
スポーツ報知

 男子100メートル準決勝全2組行われ、各組の3着までと、記録上位2人が進出する決勝のスタートリストが決定した(円数字はレーン番号。記録は準決勝)。

後で読む
スポーツ報知

 9月29日、英国各地ではリーグ杯(EFL CUP)の第4回戦が4試合行われ、昨季リーグ杯王者のマンチェスター・Cはアウェイでバーンリーと対戦。この日の3つプレミア対決の皮切りとなった試合、グアディオ

後で読む
スポーツ報知

 日本ハムの中田翔内野手(31)が勝ち越しの左前適時打を放った。「4番・指名打者」で先発。同点の5回、2死二塁の第3打席。5試合ぶりの安打が適時打となり、両リーグ最速で90打点に到達した。

後で読む
東京スポーツ

 競泳の日本学生選手権初日(1日、東京辰巳国際水泳場)、女子50メートル自由形決勝は白血病のため長期休養していた池江璃花子(20=ルネサンス)が25秒62で4位に入った。  本人も驚きを隠せなかった。…

後で読む
東京スポーツ

 競泳の日本学生選手権初日(1日、東京辰巳国際水泳場)、女子50メートル自由形決勝は今井月(20=東洋大)が24秒93の大会新記録で優勝した。  圧倒的な泳ぎで学生記録も更新した今井は「優勝は確実にし…

後で読む
東京スポーツ

 ゴルフの国内メジャー「日本女子オープン」初日(1日、福岡・ザ・クラシックGC=パー72)、原英莉花(21=日本通運)が68で回り、4アンダーの3位タイにつけた。首位はイ・ナリ(32=韓国)で8アンダ…

後で読む
東京スポーツ

 広島・松山竜平外野手(35)が追撃の6号アーチを放った。  1日の巨人戦(マツダ)で「4番・一塁」で先発出場すると、4点を追う4回、一死一塁の場面で巨人・サンチェスの直球を右中間席へ運んだ。  4試…

後で読む
デイリースポーツ

サッカー元日本代表MF香川真司(31)のスペイン2部リーグ・サバデルへの移籍が進んでいる。現所属の同2部・サラゴサが契約解消する選手に対し、今季年俸の大半を払って新天地入りを後押ししているという。スペイン紙・マルカが1日、伝えている。 報道によるとサバデルは香川とサラゴサとの契約解消を待っている状況。攻撃力強化の切り札として元日本代表の加入を心待ちにしているという。ただ選手に提示するとされる額は10万ユーロ(約1240万円)と現在の待遇とは大きな差がある。サラゴサは香川に対し新チームで足りない分を埋め合わせすることで契約解消を進めているため、約50万ユーロ(約6200万円)を負担することになるという。

後で読む
デイリースポーツ

J1横浜FCの下平隆宏監督(48)が1日、横浜市内での練習後にオンライン取材に応じ、次節の柏戦(3日、ニッパツ)でFWオルンガ(26)を抑えることを誓った。 下平監督が柏のGMだった2018年に獲得したのがケニア代表のオルンガだった。「4人くらい候補がいて、そこから選んだ」と当時を振り返った。「本当はもっと予算的に低いヨーロッパの選手をいこうとした」と獲得を見送りそうだったことも明かした。ただ「ずっと気になっていた。アフリカ人でスペインでもやっていて、試合を何試合か映像で見て、最終的に『こっちだ』と、金額がやや高かったがお願いした」とオルンガを日本へ導くこととなった。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの清宮幸太郎内野手(21)が右越えの6号ソロを放った。「7番・一塁」で先発。1点を追う4回1死走者なしの第2打席で同点弾を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム-ロッテ」(1日、札幌ドーム) 日本ハムの清宮幸太郎内野手が3試合ぶりの6号同点ソロを放った。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム-ロッテ」(1日、札幌ドーム) 3連勝中のロッテが4試合連続で先制点をもぎ取った。四回2死二、三塁の先制機。この場面で中村奨がフルカウントからの8球目をライナーで右前に運ぶ適時打を放ち1点を奪った。今季、先制点を取った試合は、36勝8敗1分と圧倒的な強さを誇っている。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-ヤクルト」(1日、横浜スタジアム) 元阪神でシーズン中に四国ILp・香川から加入したヤクルト・歳内宏明投手が、3度目の先発で五回まで無失点の好投を披露している。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-西武」(1日、京セラドーム大阪) 3点を追うオリックスは五回、大下、伏見の安打などで1死満塁とすると、大城の中前2点適時打で1点差に迫る。

後で読む
スポーツニッポン

FC東京は1日、今季から清水に期限付き移籍していたU―23日本代表DF岡崎慎(21)が本人および両クラブ合意のもとで復帰すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナのロナルド・クーマン監督は、マンチェスターU行きが報じられるウスマン・デンベレの状況について語った。

後で読む
サンケイスポーツ

J1で首位を走る川崎の鬼木監督は1日、練習後にオンラインで取材に応じ、2位C大阪との直接対決(3日、ヤンマー)に向け、「決勝のつもりで戦う。自分たちらしいサッカーを前面に押し出して戦いたい」と闘志を見せた。

後で読む
東京スポーツ

三度目の正直となるか。9月にヤクルトに新加入した歳内宏明投手(27)が1日のDeNA戦(横浜スタジアム)に先発。ここまで2戦に投げて0勝1敗の成績だが、この日はバッテリーを組んだ西田明央捕手(28)…

後で読む
東京スポーツ

広島のテイラー・スコット投手(28)が1日の巨人戦(マツダ)で来日初先発したものの4回4失点で降板した。  初回、安打と四球で二死一、二塁とされると、丸に適時打を浴びて先制点を献上。その後も制球に苦…

後で読む
東京スポーツ

勝利を呼ぶ先制アーチとなるか。楽天・島内宏明外野手(30)が1日のソフトバンク戦(楽天生命)で先制の8号ソロを放った。4回二死、相手先発・石川の投じた外角高めの144キロを振り抜き、右翼スタンドへ叩…

後で読む
東京スポーツ

巨人のナオキが価値ある2点適時打を放った。  1日の広島戦(マツダ)の4回二死二、三塁で吉川尚輝内野手(25)は相手先発・スコットの2球目直球を右前へ弾き返した。  そこからがナオキの本領発揮。足の…

後で読む
デイリースポーツ

J1で首位を走る川崎の鬼木監督は1日、練習後にオンラインで取材に応じ、2位C大阪との直接対決(3日・ヤンマー)に向け、「決勝のつもりで戦う。自分たちらしいサッカーを前面に押し出して戦いたい」と闘志を見せた。 7連勝中と好調だが、前節で1得点にとどまった攻撃を重点的に練習したという。大卒新人で存在感を増しているアタッカーの旗手は「(C大阪は)真ん中を締めてきて、簡単には割らせてくれない。そこをどう攻略するかが鍵になる。自分の中では整理できている」と自信を示し、守備的MFの守田は「ここをたたけば優勝に近づく」と大一番を見据えた。

後で読む
日刊スポーツ

オリックス育成の山崎颯一郎投手(22)が1日、ウエスタン・リーグ阪神戦(鳴尾浜)で実戦マウンドに復帰した。先発登板し1回無安打無失点。150キロを超える直球を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武は3回に源田の1号2ランとスパンジェンバーグの12号ソロで3点を先取。オリックスは西武今井の前に3回まで無得点。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(1日、甲子園球場) 阪神の遊撃・小幡が2試合連続の失策を犯し、12球団ワースト63失策となった。

後で読む
スポーツ報知

 池江璃花子(20)=日大=が女子50メートル自由形決勝に出場し25秒62で4位に食い込んだ。「4番は正直悔しいが、今の段階では上出来」と振り返った。

後で読む
スポーツ報知

 男子1500メートル予選が全2組(2組5着+2)行われ、第2組に出場した17、18年覇者の館沢亨次(DeNA)が3分43秒14で2着。2日18時10分に行われる決勝へ駒を進めた。

後で読む
スポーツ報知

 ツアー通算1勝の原英莉花(21)=日本通運=は7バーディー、3ボギーの4アンダー、68で首位のイ・ナリ(韓国)と4打差の3位発進となった。

後で読む
スポーツ報知

 浦和MF関根貴大(25)が1日、オンライン取材に応じ、4日のホーム・名古屋戦(埼玉)で連敗ストップを誓った。

後で読む
スポーツ報知

 CS放送スカイAの特番「第1回プロ野球仮想ドラフト会議」(初回放送21日・後11時、リピートあり)の収録が1日、大阪・ABCテレビで行われ、掛布雅之氏(65)=スポーツ報知評論家=、槙原寛己氏(57

後で読む
スポーツ報知

 巨人の榑松(くれまつ)伸介スカウト部次長と渡辺政仁スカウトが1日、26日のドラフト会議で1位候補に挙げている近大の佐藤輝明内野手(4年)と奈良・生駒市内で面談した。榑松次長は「今ドラフトにおいては、

後で読む
スポーツ報知

 巨人の坂本勇人内野手(31)が追加点を奪った。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の吉川尚輝内野手(25)が2点打を放った。

後で読む
東京スポーツ

 ゴルフの国内メジャー「日本女子オープン」初日(1日、福岡・ザ・クラシックGC=パー72)、小祝さくら(22=ニトリ)が6バーディー、ノーボギーの66をマーク、6アンダーの2位と好スタートを切った。首…

後で読む
東京スポーツ

 中日のダヤン・ビシエド内野手(31)が1日の阪神戦(甲子園)でベンチメンバーから外れ、欠場することになった。  今季スタメンから外れるのは7月21日の巨人戦(ナゴヤドーム)で菅野から左ヒジに死球を受…

後で読む
東京スポーツ

 巨人の坂本勇人内野手(31)が2000安打まで残り32と迫る適時二塁打を放った。  広島戦(1日、マツダ)1点リードの3回一死一塁で坂本はコイ先発・スコットの初球147キロ直球を右中間へ弾き返した。…

後で読む
デイリースポーツ

サッカー元日本代表MF香川真司(31)のスペイン2部リーグ・サバデルへの移籍が進んでいる。現所属の同2部・サラゴサが契約解消する選手に対し、今季年俸の大半を払って新天地入りを後押ししているという。スペイン紙・マルカが1日、伝えている。 報道によるとサバデルは香川とサラゴサとの契約解消を待っている状況。攻撃力強化の切り札として元日本代表の加入を心待ちにしているという。ただ選手に提示するとされる額は10万ユーロ(約1240万円)と現在の待遇とは大きな差がある。サラゴサは香川に対し新チームで足りない分を埋め合わせすることで契約解消を進めているため、約50万ユーロ(約6200万円)を負担することになるという。

後で読む
スポーツ報知

中日・清水達也投手(20)が2日のDeNA戦(横浜)で今季初先発する。

後で読む
スポーツ報知

西武の源田壮亮内野手(27)が、今季1号の先制2ランを放った。

後で読む
デイリースポーツ

「四国ILp、高知4-1愛媛」(1日、大方球場) 元楽天の高知・横山貴明投手(29)が先発し、7回1失点(自責0)の好投で今季5勝目を挙げ、チームの連敗も2で止めた。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-西武」(1日、京セラドーム大阪) 2連敗中の西武が、オリックス先発・田嶋から2者連続本塁打を放って3点を先制した。

後で読む
デイリースポーツ

独立リーグ、四国ILpの香川の松中信彦GM兼総監督が9月30日をもって退任したことが1日、明らかになった。 三野環球団社長が「10月1日からの1年契約でした。契約満了で退任となりました。球団の経営面の問題で、両者ともシーズン終了までと思っていましたが、コロナの影響で経営面が苦しかった」と退任理由を話した。

後で読む
東京スポーツ

巨人の丸佳浩外野手(31)が1日の広島戦(マツダ)で先制タイムリーを放った。  初回二死一、二塁で丸はコイ先発・スコットの初球135キロのスライダーを逆方向の左前へ弾き返した。二走・松原が先制のホー…

後で読む
スポーツニッポン

 白血病から復帰した競泳の池江璃花子(20=ルネサンス)が1日、東京辰巳国際水泳場で開幕した「第96回日本学生選手権水泳競技大会(インカレ)」の女子50メートル自由形決勝に進出、25秒62で4位に入った。今井月(20=東洋大)が学生新記録の24秒93で優勝した。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム田中賢介スペシャルアドバイザー(SA=39)が1日、札幌ドームで開かれた「水と食の出張教室」に登場した。ホクレン農業協同組合連合会と共同で取り組む、北… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

5位日本ハムが、2位ロッテと対戦。予告先発は日本ハムが杉浦、ロッテは岩下。https://www.nikkansports… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人は1日、ドラフト1位候補に挙げる近大・佐藤輝明内野手(4年=仁川学院)と面談を行った。8月の編成会議で、今秋ドラフトは1位で即戦力野手を指名する方針を決定… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムは1日、20日から11月1日に札幌ドームで行われる主催7試合を「FINAL GAMES 2020」と題し、来場プレゼントを実施することを発表した。 前半5試合はライラック柄をモチーフにモノトーンでまとめたシックなマチ付きトートを各日8000人に、最後の2試合でオリジナルパーカを各日1万7500人にプレゼントする。

後で読む
日刊スポーツ

鹿島アントラーズのザーゴ監督が「残り14試合で安定したパフォーマンスを示すことが重要」と、好不調の波を抑えることをシーズン後半の目標に掲げた。夏場の連戦ではメ…

後で読む
日刊スポーツ

浦和レッズのMF関根貴大(25)が1万人超えの観客増となる4日の名古屋グランパス戦でホームの連敗を止める覚悟を示した。9月30日のFC東京とのホーム戦は累積警…

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルス感染予防対策は徹底する。日本から向かうスタッフは、迅速に検出可能なスマートアンプ法を用いた検査を受け、陰性証明書を空港に持参。現地ではホテル…

後で読む
スポーツ報知

 女子1500メートル予選が全2組(2組5着+2)行われ、第2組に出場した日本記録保持者の田中希実(豊田自動織機TC)は4分25秒22で1着。2日19時43分に行われる決勝へ駒を進めた。

後で読む
スポーツ報知

 池江璃花子(20)=日大=が女子50メートル自由形決勝に出場し25秒62で4位に食い込んだ。「4番は正直悔しいが、今の状態では上出来」と振り返った。

後で読む
日刊スポーツ

J1清水エスパルスは1日、FC東京から期限付き移籍していたU-23日本代表DF岡崎慎(21)が、本人及び両クラブ合意の上、FC東京に復帰すると発表した。今年1…

後で読む
スポーツ報知

 日本相撲協会は1日、東京・両国国技館で理事会を開き、秋場所前に新型コロナウイルス感染防止のためのガイドライン(指針)に違反した松ケ根親方(元幕内・玉道力)について、「けん責」処分とした。

後で読む
スポーツ報知

 韓国のイ・ナリが8バーディー、ボギーなしで大会最少スコアに並ぶ64をマークし、8アンダーで首位に立った。小祝さくらが6バーディー、ボギーなしの6アンダー、66で2打差の2位につけた。

後で読む
スポーツ報知

 C大阪が1日、次節の川崎戦(3日・ヤンマー)に向けて大阪市内で行われた練習を報道陣に一部公開。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、4月にチームの活動を一時休止して以降では初めてとなった。

後で読む
スポーツ報知

 【巨人スタメン】

後で読む
東京スポーツ

 競泳の日本学生選手権初日(1日、東京辰巳国際水泳場)、女子50メートル自由形決勝は白血病のため長期休養していた池江璃花子(20=ルネサンス)が25秒62で4位に入った。  順調な回復ぶりを感じさせる…

後で読む
東京スポーツ

 日本相撲協会は1日、東京・両国国技館で理事会を開き、例年は3月場所後に開催される春巡業を来年は中止することを正式に決定した。相撲協会は新型コロナウイルスの影響で今年に予定されていたすべての巡業の開催…

後で読む
東京スポーツ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から中断していたレスリング男子フリースタイルの代表強化合宿が1日、都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで始まった。グレコローマンと女子は7月に一度再開し…

後で読む
スポーツ報知

【ロッテスタメン】

後で読む
スポーツ報知

【西武スタメン】

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの上原健太投手(26)が1日、先発する2日のソフトバンク戦(ペイペイD)へ向けて最終調整を行った。前回対戦した9月17日のソフトバンク戦(札幌D)は、8回まで無失点と好投したが、9回に2点を

後で読む
スポーツ報知

DeNAの井納翔一投手(34)は2日の中日戦(横浜)の先発に備えて、軽めの調整を行った。

後で読む
スポーツ報知

中日の主砲、ダヤン・ビシエド内野手(31)が1日、阪神戦(甲子園)のベンチを外れた。同選手が欠場するのは7月21日の巨人戦で左肘に死球を受け、翌22日の同戦を休んで以来となる。

後で読む
デイリースポーツ

「イースタン、巨人4-2楽天」(1日、ジャイアンツ球場) 巨人がドラフト5位・山瀬慎之助捕手(星稜)の2号ソロなどが飛び出すなどして快勝した。試合後には代行監督を務める村田2軍打撃コーチが“監督業”の難しさについて語った。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグヤクルト・高梨-広島・床田(神宮)

後で読む
デイリースポーツ

「広島-巨人」(1日、マツダスタジアム) スタメンが発表された。広島はスコットが来日初先発する。抑えで開幕を迎えたが、0勝2敗、防御率22・50と精彩を欠いた。先発転向で再起を図る。

後で読む
スポーツニッポン

日本代表に選出されたスペイン1部ウエスカのFW岡崎慎司(34)は9月30日、ホームのアトレチコ・マドリード戦に開幕から4戦連続で先発出場。3トップ中央で後半25分までプレーしたが、シュートは打てず、スペイン1部初得点はまたお預けとなった。それでも前線で体を張り、精力的に動き回って、強豪相手に勝ち点1獲得に貢献した。

後で読む
サンケイスポーツ

J1C大阪は1日、大阪市内で3日の川崎戦(ヤンマー)へ向けて練習を実施した。2位のC大阪が首位川崎との勝ち点差11で迎える一戦。この日は約半年ぶりにメディアに向けて練習の冒頭30分が公開され、選手たちはストレッチやボール回しなどで約1時間汗を流した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会は1日、オランダのユトレヒトで国際親善試合に臨む日本代表メンバーを発表し、南野(リバプール)久保建(ビリャレアル)ら欧州組の25人が選出された。9日にカメルーン代表、13日にコートジボワール代表と対戦する。

後で読む
東京スポーツ

森保ジャパンで10番を背負ってきたMF中島翔哉(26=ポルト)がオランダ遠征(9日=カメルーン戦、13日=コートジボワール戦)のメンバーから落選した。  中島はポルトで、昨季の新型コロナウイルスによ…

後で読む
東京スポーツ

巨人の村田二軍監督代行が1日、この日のイースタン・リーグ、楽天戦(ジャイアンツ球場)を欠場した陽岱鋼外野手が、脚の張りを訴えていたことを明らかにした。  試合後に取材に応じた村田二軍監督代行は「(本…

後で読む
日刊スポーツ

カブスのダルビッシュ有投手(34)が、1日(日本時間2日午前3時8分)のマーリンズとのワイルドカードシリーズ第2戦を前に、オンライン会見を行った。地区が違うマ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人は1日、「WITH FANS」プロジェクトの一環としてファンからデザインを公募していた「WITH FANSマスク」の審査を行い、応募作品1418点の中から… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

両チームのスタメンが発表された。先発は阪神が岩田稔投手(36)、中日がヤリエル・ロドリゲス投手(23)。阪神は梅野隆太郎捕手(29)が「7番・捕手」で、右腹斜… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人は9月、67年8月以来球団53年ぶりの月間20勝こそ逃したが、19勝を挙げた。この日の試合前時点で54勝27敗4分けで2位阪神とは12・5ゲーム差を付け優… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(1日、甲子園球場) 2位・阪神と4位・中日のスタメンが発表された。

後で読む
スポーツ報知

 女子やり投げ決勝が行われ、日本記録保持者の北口榛花(22)=JAL=は59メートル30で2位となり、2連覇を逃した。佐藤友佳(ニコニコのり)が最終投てきで北口を2センチ上回る59メートル32をマーク

後で読む
スポーツ報知

 女子400メートル予選が全3組(3組2着+2)行われ、第1組に出場した15年北京、19年ドーハ世界陸上代表の青山聖佳(大阪成蹊AC)は53秒29で1着。2日19時20分に行われる決勝へ駒を進めた。力

後で読む
スポーツ報知

 IBF世界スーパーフェザー級3位・尾川堅一(32)=帝拳=と同7位・西谷和宏(33)=VADY=の世界ランカー同士の対戦は2日、“聖地”東京・後楽園ホールで行われる。1日には前日計量、新型コロナウイ

後で読む
スポーツ報知

 独立リーグの四国アイランドリーグplus・香川の松中信彦GM兼総監督(46)が今季限りで退任することが1日、分かった。1年契約満了のため。

後で読む
スポーツ報知

 巨人2軍は楽天と対戦し、4―2で勝利した。1点ビハインドの5回に山瀬がレフトへ同点の2号ソロ、2死三塁から山本が勝ち越しの右前適時打を放ち、逆転した。

後で読む
スポーツ報知

 巨人は1日、10月23日~11月8日に東京ドームで開催する公式戦8試合の入場券を、1試合の上限1万9000人として、10月2日より順次先行販売すると発表した。

後で読む
東京スポーツ

 森保ジャパンで10番を背負ってきたMF中島翔哉(26=ポルト)がオランダ遠征(9日=カメルーン戦、13日=コートジボワール戦)のメンバーから落選した。  中島はポルトで、昨季の新型コロナウイルスによ…

後で読む
東京スポーツ

 巨人の村田修一二軍監督代行(39)が1日、イースタン・リーグの楽天戦(ジャイアンツ球場)終了後に報道陣の取材に応じ、二軍監督代行を任された先月16日からの期間を振り返った。  元木一軍ヘッドコーチが…

後で読む
東京スポーツ

 巨人の村田二軍監督代行が1日、この日のイースタン・リーグ、楽天戦(ジャイアンツ球場)を欠場した陽岱鋼外野手が、脚の張りを訴えていたことを明らかにした。  試合後に取材に応じた村田二軍監督代行は「(本…

後で読む
デイリースポーツ

日本サッカー協会(JFA)は1日、2020年初の日本代表活動となるオランダ遠征のメンバー25人を発表した。メンバーにはMF久保建英(19)=ビリャレアル=や南野拓実(25)=リバプール=ら常連に加え、ベテランのFW岡崎慎司(34)=ウエスカ=らが選ばれた。オール欧州組での招集となった。 岡崎は昨年6月の南米選手権以来の招集となった。森保一監督は「年齢で日本代表に選ばれないということはないということで皆さんにも選手にもお伝えできればなと思っています。岡崎の選考については、リーグの状況というか、置かれている立場は変わったかも知れないが、チーム内で結果を出している。得点という結果を。そして攻守共に存在感あるプレーをしていて、チームが変わっても存在感があるのは彼の力ということで選考しました」とベテランの変わりない力に期待した。

後で読む
デイリースポーツ

J1のC大阪は1日、川崎との首位決戦(3日・ヤンマー)へ向けた練習の一部を報道陣に公開した。新型コロナウイルス禍によるリーグ中断以降、練習公開は初めてで、冒頭の30分はボール回しなど各選手が声を出しながら明るい表情でトレーニングした。 首位独走の川崎と2位C大阪の勝ち点差は11。前回の対戦は2-5と大敗を喫し、ロティーナ監督は「ミスをできるだけ少なくすることが重要。いつも通り勝ちに行きたい」と気を引き締めた。

後で読む
スポーツ報知

◆セ・リーグ

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(34)が1日、右膝痛のため出場選手登録を抹消された。

後で読む
デイリースポーツ

日本球界への復帰を目指し、12月7日の合同トライアウトへの参加を表明している元阪神の新庄剛志氏(48)が1日、都内で行われた鑑定士育成学校「Eye job」および出張買取サービス「COYASH」のメインキャラクター就任会見に出席し、若さの秘けつを明かした。 48歳になっても現役時代と変わらない体形を維持している新庄氏。「かっこいいですね」と振られると「よく言われます」と満面の笑み。「60歳になっても、70歳になっても40代ぐらいのレベルにはいたいなと思ってます。オーラがある方が良くないですか」と続けた。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスは1日、村西良太投手が横浜市内の病院で鏡視下右肘頭骨棘切除術、骨接合術を受けたと発表した。 村西は昨年のドラフト3位で近大から入団。今季は4試合に登板し、0勝1敗、防御率9・00。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は1日、今季2度目の先発となる岩田稔投手を出場選手登録した。尾仲祐哉投手を抹消した。岩田は9月22日に抹消されており本来なら10月2日以降に登録可能だが、コロナ特例によって1日の登録が可能となった。尾仲も10日をたたずに登録ができる。 両リーグの公示は以下の通り。

後で読む
スポーツニッポン

J1鹿島が上位進出へ、勝負の10月に挑む。チームは1日、次節3日のアウェーG大阪戦に向けて調整。練習後にオンラインで取材対応したザーゴ監督(51)は「ここ(10月)で、上位陣に食らいついていくところを目指してやっていかないといけないし、そうではないと、もっと上というところにはたどり着けない」と、今月を勝負どころに定めた。

後で読む
スポーツニッポン

日本代表に選出されたスペイン1部ビリャレアルのMF久保建英(30)は開幕から4試合連続で先発から外れた。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(34)が1日、出場選手登録を抹消された。前夜の楽天戦(楽天生命)に5番左翼で出場。ゲーム中の異変は見られなかったが、宿舎に戻った後に古傷の右ヒザに強い痛み…

後で読む
東京スポーツ

日本代表の森保一監督(52)が、オランダ遠征(9日=カメルーン戦、13日=コートジボワール戦)に招集したFW岡崎慎司(34=ウエスカ)の選出理由を説明した。  岡崎は昨年6月の南米選手権以来となる代…

後で読む
サンケイスポーツ

 陸上・日本選手権 第1日(1日、新潟市・デンカビッグスワンスタジアム)男子100メートルの桐生祥秀(日本生命)が向かい風0・3メートルを受けた予選4組を10秒21の1着で突破し、午後7時半からの準決勝に進んだ。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は向かい風0・2メートルの予選5組を10秒36の1着で通過した。

後で読む
サンケイスポーツ

 DeNA・上茶谷大河投手(24)が1日、出場選手登録を抹消された。前日9月30日のヤクルト戦(横浜)に先発するも、右手の指がつり3回5失点で降板していた。

後で読む
日刊スポーツ

第5シードのヤンキースが、両軍合わせてポストシーズン(PS)最多タイとなる19四球の乱戦を制して、第4シードのインディアンスに連勝。5日(同6日)からの地区シ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

関甲新学生野球のチャンピオンシップラウンドは、3日から始まる。ファーストラウンド(1次リーグ)B組を2位通過した新潟医療福祉大は、秋季リーグ優勝を懸けて強豪大… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

10月1日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>DeNA 砂田毅樹投手DeNA 武藤祐太投手阪神 岩田稔投手広島 T・スコット投手… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは1日、本拠地札幌ドームで行われる20日から11月1日までの主催7試合を「FINAL GAMES 2020」と題して開催すると発表した。20日から行わ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今年初の日本代表活動となるオランダ遠征(5日~13日)のメンバーが1日、発表され、史上初のオール海外組ジャパンが実現した。初選出はDF菅原由勢(ゆきなり、20…

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会(JFA)は1日、今年初の代表活動となる5日からのオランダ遠征のメンバーを発表した。新型コロナウイルスの影響により国内組の招集は見送られ、史上…

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会(JFA)は1日、今年初の代表活動となる5日からのオランダ遠征のメンバーを発表した。34歳のベテランFW岡崎慎司(ウエスカ)は、昨年6月に行わ…

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会(JFA)は1日、今年初の代表活動となる5日からのオランダ遠征のメンバーを発表した。初招集はDF菅原由勢(ゆきなり、20=AZ)1人。名古屋グ…

後で読む
スポーツ報知

 男子100メートル予選1組で、16年リオ五輪400メートルリレー銀メダルの飯塚翔太(ミズノ)は10秒39(向かい風0・4メートル)の1着で準決勝(同日午後7時30分開始)に駒を進めた。

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会(JFA)は1日、今年初の代表活動となる5日からのオランダ遠征のメンバーを発表した。新型コロナウイルスの影響により国内組の招集は見送られ、史上…

後で読む
スポーツ報知

 女子100メートル予選が全5組行われ、各組の2着までと、記録上位4人が進出する準決勝のスタートリストが決定した。

後で読む
スポーツ報知

 男子100メートル予選で、前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)は10秒21(向かい風0・3メートル)の4組1着で同日午後7時30分開始の準決勝に駒を進めた。

後で読む
スポーツ報知

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)と大会主催者は1日、11月の大王製紙エリエールレディス(19日~22日、愛媛・エリエールGC松山)を新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮して無観客で開催すること

後で読む
スポーツ報知

 国内男子ツアーを主管する日本ゴルフツアー機構は1日、国際スポーツ振興協会(ISPS)との共催でチャリティーを目的とした、エキシビショントーナメント2大会の開催を発表した。

後で読む
スポーツ報知

 日本サッカー協会は1日、今年初めてのA代表活動となるオランダ遠征に向けて、日本代表メンバー25人を発表した。森保一監督は試合におけるコンセプトについても言及した。

後で読む
スポーツ報知

 ヤンキース・田中将大投手(31)が30日(日本時間10月1日)、ワイルドカードシリーズ(WCS)第2戦の敵地・インディアンス戦に先発。悪天候に苦しめられ、4回0/3で77球を投げて5安打6失点だった

後で読む
東京スポーツ

〝炎の戦士〟こと大谷晋二郎(48)率いる「ゼロワン」が1日、東京・千代田区の靖国神社で奉納プロレス「第18回大和神州ちから祭り」(11月3日)の公開記者会見を行った。当初、3月29日に開催予定だったが…

後で読む
東京スポーツ

 ゼロワンが1日、東京・千代田区の靖国神社で、秋炎の祭典「火祭り2020」(2日、東京・新宿フェイスで開幕)に向けての公開会見を行った。  毎年夏に開催されるのが通例の大会だが、コロナ禍で延期に。Aブ…

後で読む
東京スポーツ

 競泳の日本学生選手権初日(1日、東京辰巳国際水泳場)、女子50メートル自由形は白血病のため長期休養していた池江璃花子(20=ルネサンス)が予選4組で25秒87をマーク。同組3位、全体6位で決勝に進出…

後で読む
東京スポーツ

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は1日、国際スポーツ振興協会(ISPS)が主催するエキシビショントーナメント2試合を今月開催することを発表した。  14~16日に茨城・ロックヒルGCレイクコースで開…

後で読む
東京スポーツ

 いよいよ待望の活動再開を迎える森保ジャパンのテーマは〝恩返し〟だ。  日本サッカー協会は1日、新型コロナウイルスの影響により今年初の日本代表活動となるオランダ遠征(9日=カメルーン戦、13日=コート…

後で読む
東京スポーツ

 日本サッカー協会は1日、日本代表のオランダ遠征(9日=カメルーン、13日=コートジボワール)に臨むメンバー25人を発表した。MF南野拓実(25=リバプール)やMF久保建英(19=ビリャレアル)ら欧州…

後で読む
デイリースポーツ

日本サッカー協会(JFA)は1日、2020年初の日本代表活動となるオランダ遠征のメンバー25人を発表した。メンバーにはMF久保建英(19)=ビリャレアル=や南野拓実(25)=リバプール=ら常連に加え、ベテランのFW岡崎慎司(34)=ウエスカ=らが選ばれた。オール欧州組での招集となった。 岡崎は昨年6月の南米選手権以来の招集となった。森保一監督は「年齢で日本代表に選ばれないということはないということで皆さんにも選手にもお伝えできればなと思っています。岡崎の選考については、リーグの状況というか、置かれている立場は変わったかも知れないが、チーム内で結果を出している。得点という結果を。そして攻守共に存在感あるプレーをしていて、チームが変わっても存在感があるのは彼の力ということで選考しました」とベテランの変わりない力に期待した。

後で読む
スポーツ報知

日本サッカー協会は1日、今年初めてのA代表活動となるオランダ遠征に向けて、日本代表メンバー25人を発表した。オランダのAZに所属するDF菅原由勢は初めて選ばれた。

後で読む
デイリースポーツ

日本球界への復帰を目指し、12月7日の合同トライアウトへの参加を表明している元阪神の新庄剛志氏(48)が1日、都内で行われた鑑定士育成学校「Eye job」および出張買取サービス「COYASH」のメインキャラクター就任会見に出席し、現状の調整具合を明かした。 トライアウトまで約2カ月。打撃に関しては現在は「フォームを固めているところ」と新庄氏。「落合さんがやっていたような練習とイメージは一緒」と、緩いボールを打ち感覚を確かめる落合博満氏が行っていた練習法を導入しているという。本格的な打撃練習は「10日後ぐらいからやろうかなと考えている」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会(JFA)は10月1日、オランダ遠征に臨む日本代表(SAMURAI BLUE)メンバー25名を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会(JFA)は10月1日、オランダ遠征に臨む日本代表(SAMURAI BLUE)メンバーを発表した。森保一監督が、選手選考について語っている。

後で読む
デイリースポーツ

日本サッカー協会は1日、日本代表にとって今年初の活動となるオランダ遠征の招集メンバーを発表した。 MF南野拓実(25)やMF久保建英(19)らが順当に招集され、オランダ1部AZのDF菅原由勢(20)が初選出された。

後で読む
東京スポーツ

日本サッカー協会は1日、日本代表のオランダ遠征(9日=カメルーン、13日=コートジボワール)に臨むメンバー25人を発表した。MF南野拓実(25=リバプール)やMF久保建英(19=ビリャレアル)ら欧州…

後で読む
サンケイスポーツ

 今季限りの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が1日、ウエスタン・リーグ、オリックス戦(鳴尾浜)で実戦復帰。8月10日のDeNA戦(横浜)以来、引退表明後は初の登板を果たした。

後で読む
サンケイスポーツ

 米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手が、本拠地シカゴで1日午後1時8分(日本時間2日午前3時8分)開始予定のマーリンズとのワイルドカードシリーズ(3回戦制)第2戦に先発する。チームは第1戦の黒星で後がない。9月30日にオンライン会見した同投手は「レギュラーシーズンも負けないように投げているので、そこは僕の中では全く変わりない」と自然体で意気込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

 競泳女子の池江璃花子(20)=ルネサンス=が1日、東京辰巳国際水泳場で開幕した日本学生選手権(インカレ)の女子50メートル自由形予選に出場し、25秒87の全体6位で夕方の決勝に進出した。

後で読む
スポーツニッポン

 メジャーリーグのプレーオフは9月30日(日本時間10月1日)、ワイルドカードシリーズ(WCS=3回戦制)が行われ、ア・リーグでは、ヤンキース(東地区2位)の田中将大投手(31)が敵地・クリーブランドで行われたインディアンス(中地区2位)との2回戦に先発登板。初回に雨天中断をはさみ4安打を浴び4失点するなど5回途中5安打6失点で降板し、勝敗はつかなかった。ヤ軍は10―9で逆転勝利し、2連勝で地区…

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキースが2連勝でワイルドカードシリーズを突破。10月5日(日本時間6日)から始まる地区シリーズでレイズと対戦する。先発した田中将大投手のコメントは以下の通… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ツインズ前田健太投手(32)の飛躍の20年シーズンが終わった。ワイルドカードシリーズでアストロズに2連敗で敗退。「最初に負けてしまったというのはすごく悔しい気… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

株式会社DNSは1日、サプリメント「アイアンSP」が世界反ドーピング機関(WADA)から禁止物質に指定する成分が検出された事案について、最終調査を発表した。昨… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今季限りでの引退を表明している阪神藤川球児投手(40)が52日ぶりに実戦復帰し、1回を無失点に抑えた。右上肢のコンディション不良で2軍調整中の右腕は同点の7回… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

先発したJR西日本のプロ注目左腕・岡田和馬投手(25=近大)は、3回2/3を投げ8安打3失点で降板した。最速は146キロを誇るが「まっすぐの勢いがなかった。調… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「競泳・日本学生選手権」(1日、辰巳国際水泳場) 白血病から復帰した競泳の池江璃花子(20)=ルネサンス=が日大の一員として、女子50メートル自由形に出場した。25秒87で参加40選手中、6位で予選を通過。上位8人による決勝に駒を進めた。決勝は17時20分から行われる。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、阪神-オリックス」(1日、鳴尾浜球場) 今季限りでの現役引退を表明している藤川球児投手(40)が実戦復帰登板を果たした。1回1安打無失点。ストレートの最速は146キロだった。

後で読む
スポーツ報知

 フィギュアスケート男子で昨季ジュニアGPファイナル覇者の佐藤駿(16)が株式会社フジ・コーポレーションと所属契約を締結したことが1日、同社から発表になった。

後で読む
スポーツ報知

 女子100メートル予選第1組(5組2着+6)が行われ、9月に日本歴代3位の11秒35をマークした児玉芽生(福岡大)が11秒50で1着。日本選手権開幕レースでトップを飾り、準決勝進出を決めた。

後で読む
スポーツ報知

 ヤンキース・田中将大投手(31)が30日(日本時間10月1日)、ワイルドカードシリーズ(WCS)第2戦の敵地・インディアンス戦に先発。悪天候に苦しめられ、4回0/3で77球を投げて5安打6失点だった

後で読む
スポーツ報知

 巨人の山本泰寛内野手(26)が「2番・一塁」で出場。5回、山瀬の2号ソロで追いつき、なお2死三塁のチャンスで勝ち越しの右前適時打を放った。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の育成右腕・山川和大投手(25)が先発し、5回1失点と好投。勝ち投手の権利を持って降板した。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の湯浅大内野手(20)が1点リードの7回1死二塁から左翼フェンス直撃の適時二塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

日本サッカー協会は1日、日本代表にとって今年初の活動となるオランダ遠征の招集メンバーを発表した。 MF南野拓実(25)やMF久保建英(19)らが順当に招集され、DF菅原由勢(20)が初選出された。また、FW岡崎慎司(34)が昨年6月の南米選手権以来の復帰となった。

後で読む
デイリースポーツ

日本サッカー協会は1日、オランダのユトレヒトで国際親善試合に臨む日本代表メンバーを発表し、南野(リバプール)久保建(ビリャレアル)ら欧州組の25人が選出された。9日にカメルーン代表、13日にコートジボワール代表と対戦する。 新型コロナウイルスの影響で試合の中止や延期が続いた日本代表にとって今年初の活動となる。期間中にJリーグが開催され、帰国後には隔離措置が必要なことを考慮し、国内組の招集は見送った。日本協会によると、海外組だけの編成は初めて。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムは1日、2軍本拠地・鎌ケ谷スタジアムで行われる今季最終戦、11月1日のイースタン・リーグ、ヤクルト戦で来場者全員(約1100名)に「DJチャス。オリジナルTシャツ」をプレゼントすると発表した

後で読む
スポーツ報知

今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が、8月10日のDeNA戦(横浜)以来52日ぶりの実戦復帰を果たした。同点の7回から登板し、1イニングを1安打無失点に封じた。最速146キ

後で読む
スポーツ報知

日本サッカー協会は1日、今年初めてのA代表活動となるオランダ遠征に向けて、日本代表メンバー25人を発表した。

後で読む
スポーツ報知

日本サッカー協会は1日、今年初めての活動となる10月9日・カメルーン戦、同13日・コートジボワール戦(ともにオランダ・ユトレヒト)の日本代表25名を発表した。新型コロナ禍により国内組の招集は見送り、

後で読む
スポーツ報知

日本サッカー協会は1日、今年初めてのA代表活動となるオランダ遠征に向けて、日本代表メンバー25人を発表した。メンバーにはMF久保建英や南野拓実らが選ばれた。

後で読む
スポーツ報知

日本サッカー協会は1日、今年初めてのA代表活動となるオランダ遠征に向けて、日本代表メンバー25人を発表した。メンバーにはMF久保建英や南野拓実、FW岡崎慎司らが選ばれた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人軍と読売新聞社は1日、「WITH FANS」プロジェクトの一環としてファンからデザインを公募していた「WITH FANSマスク」の審査を行い、応募作品1418点の中から、グランプリ1点と優秀賞10点を決定したと発表した。 公募を発案した原辰徳監督がグランプリに選んだのは専門学校生の廣川明日香さん(19)の作品で、このデザインで製作するマスクは、今後、監督・コーチ・選手らが着用するほか、一般販売も予定している。

後で読む
東京スポーツ

ヤンキースの田中将大投手(31)は30日(日本時間1日)、プレーオフ1回戦のワイルドカードシリーズ(3回戦制)第2戦に先発し、4回0/3を6失点だった。打者22人に77球投げ、二塁打4本を含む5安打…

後で読む
サンケイスポーツ

 不倫を認めて謝罪した競泳男子の瀬戸大也(26)が30日、日本水泳連盟事務局を訪れ、東京五輪の競泳日本代表の主将を辞退する意向を伝えた。また、所属先のANAが契約解除に合意したことが判明。さらに、日本オリンピック委員会(JOC)の肖像権事業「シンボルアスリート」の契約も解除が決まった。精神面に加えて経済的損失は数千万円から数億円に上るとみられ、来夏の東京五輪金メダル候補が窮地に陥った。

後で読む
東京スポーツ

日本サッカー協会は1日、新型コロナウイルスの影響により今年初の日本代表活動となるオランダ遠征(9日=カメルーン戦、13日=コートジボワール戦)のメンバー25人を発表した。注目のMF久保建英(19=ビ…

後で読む
サンケイスポーツ

 30日のラ・リーガ第4節、ビリャレアルはホームでのアラベス戦に臨み、3-1の勝利を果たした。ウナイ・エメリ監督は試合後、MF久保建英を左サイドで起用した理由を説明している。スペイン『モビスタール・プルス』がコメントを伝えた。

後で読む
サンケイスポーツ

 (米大リーグ、ツインズ1-2アストロズ、30日=日本時間1日、ミネソタ州ミネアポリス)ア・リーグではワイルドカードシリーズ(WCS=3回戦制)の第2戦が行われた。前田健太投手(32)の所属するツインズは2連敗で敗退が決定した。ポストシーズン(PS)での連敗は18となり、メジャー史上ワースト記録を更新した。

後で読む
サンケイスポーツ

 阪神は1日、1、2軍の監督、コーチ、選手、スタッフの130人が9月30日に新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査を行い、陰性と判定されたことを発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

 プレーボール直後の四球に遊撃手・小幡のトンネルで一、三塁…。アタタタ~、相手投手が大野雄じゃ、厳しい~!! そこからとられるわ、とられるわで気付いたら五回を終わって0-8。大負けとか結果は二の次で、言いたいことは今季開幕から白星を重ねた青柳が、自ら四球で自滅して黒星を増やしたことなのだ。

後で読む
サンケイスポーツ

 日本サッカー協会(JFA)は10月1日、オランダ遠征に臨む日本代表(SAMURAI BLUE)メンバーを発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

 米大リーグのプレーオフは9月30日(日本時間1日)、各地で行われ、ア・リーグのワイルドカードシリーズ(WCS=3回戦制)第2戦で、ヤンキース(東地区2位)の田中将大投手(31)が、クリーブランドでインディアンス(中地区2位)戦に先発し、4回0/3を5安打6失点、3三振3四球で降板した。チームは10-9で逆転勝ちし、2連勝で地区シリーズ(5回戦制)進出を決めた。

後で読む
スポーツニッポン

 エンゼルスのジョン・カルピーノ球団社長が9月30日(日本時間1日)、オンライン会見で大谷の来季について言及。二刀流を支援する考えを示した。

後で読む
スポーツニッポン

 日本サッカー協会は1日、今月のオランダ遠征に臨むMF久保建英(19=ビリャレアル)らメンバー25人を発表した。

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキース田中将大投手が2連勝でのワイルドカードシリーズ突破を目指し先発。5回途中6失点で降板し勝敗は付かず。ヤンキースは10-9で乱戦を制し2連勝で地区シリ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキースが2連勝でワイルドカードシリーズを突破。10月5日(同6日)から始まる地区シリーズでレイズと対戦する。開始が40分遅延。1回表終了後から横殴りの雨が… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは1日、2軍本拠地千葉・鎌ケ谷で行われる今季最終戦11月1日イースタン・リーグのヤクルト戦で、来場者全員(約1100人)に「DJチャス。オリジナルTシ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは1日、九鬼隆平捕手(22)が9月30日に大阪市内の病院で、首の部分、「頸椎(けいつい)前方除圧固定術および自家骨移植」を受けたと発表した。手術は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(1日、甲子園球場) 阪神は1日、9月30日に監督、コーチ、選手、チームスタッフの計130名に対して実施した新型コロナウイルスPCR検査の結果が全員「陰性」だったことを発表した。

後で読む
日刊スポーツ

J2の3位アビスパ福岡は1日、福岡市内で調整し、4日の2位ギラヴァンツ北九州戦(ベススタ)に備えた。北九州とは勝ち点差2。クラブ新記録の9連勝達成でJ1昇格圏…

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪は1日、大阪・舞洲での練習を約半年ぶりに報道陣に公開した。3日にホームのヤンマースタジアム長居で、勝ち点11差で追う首位の川崎フロンターレとの直接…

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会(JFA)は1日、今年初の代表活動となる5日からのオランダ遠征のメンバーを発表した。新型コロナウイルスの影響により国内組の招集は見送られ、史上…

後で読む
日刊スポーツ

今年初の日本代表活動となるオランダ遠征(5日~13日)のメンバーが1日、日本サッカー協会(JFA)から発表され、史上初のオール海外組ジャパンが現実となった。招…

後で読む
日刊スポーツ

横浜FCの下平隆宏監督(48)が、古巣の“置きみやげ”の得点阻止へ意欲を示した。1日、3日の柏レイソルとの対戦に向けオンラインで取材に応じた。現在、リーグ得点…

後で読む
スポーツ報知

 神戸は名古屋を1―0で下し、今季初の3連勝を決めた。後半15分、華麗なパスワークから元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)が先制ゴール。主将の今季2得点目となる芸術的な一撃が決勝点となり、

後で読む
スポーツ報知

 日本サッカー協会は1日、10月9日・カメルーン戦、同13日・コートジボワール戦(ともにオランダ・ユトレヒト)の日本代表25名を発表した。全員が欧州でプレーする選手から選出され、オランダ1部・AZのD

後で読む
スポーツ報知

 F東京は1日、今季から清水に期限付き移籍していたU―23日本代表DF岡崎慎が本人および、両クラブ間の合意のもとで復帰すると発表した。

後で読む
スポーツ報知

 日体大と法大2は規定で9回引き分けとなった。法大2は3回、渡邊悠太郎(3年=清水東)の犠飛で1点を先制すると、日体大は7回、三上毅(4年=北海)の適時打で同点に。法大2は8回、日体大は9回の得点機を

後で読む
スポーツ報知

 巨人2軍は本拠地で楽天と対戦。スタメンは以下の通り。

後で読む
東京スポーツ

 阪神は30日に矢野燿大監督(51)やコーチ陣、選手、スタッフスタッフ計130人に対して、PCR検査を実施し、1日までに全員が「陰性」判定だったことを発表した。  球団では先月25日の東京遠征以降、新…

後で読む
スポーツ報知

日本サッカー協会は1日、10月9日・カメルーン戦、同13日・コートジボワール戦(ともにオランダ・ユトレヒト)の日本代表25名を発表した。全員が欧州でプレーする選手から選出され、オランダ1部・AZのD

後で読む
デイリースポーツ

西武は1日、『メットライフ生命presents ライオンズ8月ベストプレー賞』に8月27日の日本ハム戦で逆転サヨナラ打を放った山川穂高内野手に決定したと発表した。 山川は「メットライフ生命月間ベストプレー賞を受賞できたこと、とてもうれしく思います。選んでいただいたファンの皆さんに感謝したいです。ありがとうございました」と素直に受賞を喜んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

シャルケは30日、マヌエル・バウム氏を新監督に招へいしたことを発表。また、過去には同クラブでプレーしたことのある元ブラジル代表DFのナウド氏がそのアシスタントを務めることを伝えた。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターUは、バルセロナFWウスマン・デンベレ獲得を目指しているようだ。

後で読む
東京スポーツ

J1横浜FCの下平隆宏監督(48)が1日にオンラインで取材に応じ、今季のJ1で得点王を独走する〝怪物〟FWオルンガ(26)の来日秘話を明かした。  今季のJ1でここまで17ゴールを量産し、旋風を巻き…

後で読む
日刊スポーツ

阪神は9月30日に監督、コーチ、選手、チームスタッフの計130人に実施した新型コロナウイルスPCR検査で、全員が陰性判定を受けたと10月1日、発表した。チーム… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 陸上の九電工は1日、中大出身の舟津彰馬(23)が加入したことを発表した。

後で読む
スポーツ報知

 実業団のパーク24柔道部が1日、公式ツイッターとインスタグラムを開設した。今後、所属選手の大会の結果やインタビューを配信していくとしている。

後で読む
スポーツ報知

 F東京のMF三田啓貴が1日、J1通算200試合出場を達成した思いをオンライン取材で口にした。

後で読む
スポーツ報知

 東洋大が今季初勝利を挙げた。初回、本多駿亮(2年=沼田)の右越え本塁打で先制すると、3回には阿部優星(2年=岡山理大付)、松永大毅(2年=山城)の適時二塁打で3点を追加した。国学院大はその裏、森川稔

後で読む
スポーツ報知

 読売巨人軍と読売新聞社は1日、「WITH FANS」プロジェクトの一環としてファンからデザインを公募していた「WITH FANSマスク」の審査を行い、応募作品1418点の中から、グランプリ1点(賞金

後で読む
スポーツ報知

 読売巨人軍と読売新聞社は1日、「WITH FANS」プロジェクトの一環としてファンからデザインを公募していた「WITH FANSマスク」の審査を行い、応募作品1418点の中から、グランプリ1点(賞金

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのブラジル全国選手権で9月30日、本田圭佑のボタフォゴはホームでバイアに1-2で敗れた。本田はベンチ外。(リオデジャネイロ共同)

後で読む
デイリースポーツ

J1C大阪は1日、次節川崎戦(3日、ヤンマー)に向けて、大阪市内で行われた練習を報道陣に公開した。新型コロナウイルスの感染拡大以降、練習は完全非公開が続いていたが、約半年ぶりの公開となった。冒頭30分間を除き非公開となったが、秋晴れの空の下、負傷者もなく全選手が汗を流した。 勝ち点42で2位のC大阪が同53で首位を走る川崎をホームに迎える首位決戦。勝ち点差は11と開いており、逆転優勝のためには引き分けも許されない。ロティーナ監督(63)は「選手というのは、こういった試合を戦うためにプロになることを夢見てきた。いつも通り勝ちにいきたい」と決戦への心構えを説いた。

後で読む
デイリースポーツ

2日からの阪神4連戦で先発が予想される巨人の今村信貴投手、畠世周投手、戸郷翔征投手が1日、川崎市のジャイアンツ球場で調整を行った。 初戦の先発が有力な今村と3戦目が有力な戸郷はキャッチボールや外野でのダッシュなどで調整した。今村は10月30日にはブルペン入りして58球を投じるなど、万全の準備で敵地・甲子園に乗り込む。

後で読む
スポーツニッポン

 メジャーリーグのプレーオフは9月30日(日本時間10月1日)、ワイルドカードシリーズ(WCS=3回戦制)が行われ、ア・リーグでは、ヤンキース(東地区2位)の田中将大投手(31)が敵地・クリーブランドで行われたインディアンス(中地区2位)との2回戦に先発登板。初回に雨天中断をはさみ4安打を浴び4失点するなど5回途中5安打6失点で降板した。ヤ軍は4回にアーシェラが左中間へ満塁本塁打するなどし田中を…

後で読む
スポーツニッポン

C大阪は1日、約半年ぶりに大阪市此花区での練習を報道陣に公開し、元日本代表MF清武弘嗣(30)が大一番に向けて「ホームでは勝ちたい」とリベンジを誓った。

後で読む
日刊スポーツ

1回裏インディアンスの攻撃中に降雨中断した。開始が40分遅延。1回表終了後から横殴りの雨が降り始めた。先発したヤンキース田中将大投手(31)は、1死からヘルナ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今季のヤクルト山田哲人内野手(28)はビジターで打率3割3分6厘。規定打席到達者の中では村上(ヤクルト)の3割4分9厘に次ぐリーグ2位の高打率で、敵地ゲームは… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 競泳の東京五輪代表で、不倫報道を認め謝罪した瀬戸大也(26)が、所属契約を結ぶANAと9月30日付で契約を解除したことが判明した。同社の広報部は「瀬戸選手ご本人、マネジメント会社とも話し合いを続けてきた結果、本日付で双方納得の上で契約解除に合意した」と説明。「努力する姿勢をサポートしてきたが、今回の問題は当社の期待するイメージにはふさわしくない」と話した。所属契約は21年3月までだった。瀬戸からは「深い謝罪を受けた」という。 また30日午後、瀬戸はスーツ姿で都内の日本水連事務局を訪問し、東京五輪競泳日本代表の主将辞退の意向を伝えた。重ねて日本オリンピック委員会(JOC)の肖像権事業「シンボルアスリート」の契約解除も申し出て、JOCに受理された。29日にはJOC山下泰裕会長(63)が一連の報道について「軽視しているわけではない」と発言していた。

後で読む
スポーツ報知

 1980年代前半に初代タイガーマスクと激闘を展開し“虎ハンター”と呼ばれた小林邦昭氏(64)が2000年4月21日に引退してから今年で20年となった。1972年10月に旗揚げ間もない新日本プロレスに

後で読む
スポーツ報知

 東京五輪パラリンピックの新しいスポーツディレクター(SD)に就任した1988年ソウル五輪シンクロナイズドスイミング銅メダルの小谷実可子氏(54)が1日、都内の組織委員会で報道陣の取材に応じ「チームの

後で読む
スポーツ報知

 陸上の日本選手権が1~3日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われる。初日である1日は男女100メートルの予選と準決勝や男女1500メートル予選、男女やり投げ決勝などが行われる。

後で読む
スポーツ報知

 2週前のデサント東海クラシックを1988年のツアー制施行後で史上8人目となるボギーなしで制した古江彩佳(20)=フリー=は開始2ホール目の2番パー4でボギーを喫した。1番をパーで滑り出し、65ホール

後で読む
スポーツ報知

 ヤンキース・田中将大投手(31)が30日(日本時間30日)、インディアンスとのワイルドカードシリーズ第2戦に先発。過去のポストシーズン(PS)に5勝3敗、防御率1・76と大舞台に強い田中が雨の影響も

後で読む
スポーツ報知

 東京六大学野球の歴史を彩る代表的なエースナンバーに、明大の「11」がある。川上憲伸(元中日)、野村祐輔(広島)、柳裕也(中日)、森下暢仁(広島)ら、心技体そろった投手が継承してきた。今年は、最速15

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2238234/

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。