「2020年10月2日」の記事一覧

日刊スポーツ

DeNA井納翔一投手(34)が4回1/3、7安打5失点で降板した。1回に四球、暴投で無死二塁のピンチを招き、1死後にアルモンテに先制打を許すなど、序盤から制球… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中日は、ダヤン・ビシエド内野手の決勝弾で3位DeNAに0・5差に肉薄した。同点の8回1死一、二塁。DeNAの左腕、石田のフォークをセンターバックスクリーンにた… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテ二木康太投手(25)が攻略至難な投手になりつつある。白星には恵まれなかったが、今季初対戦の西武打線を8回3安打無失点に抑えた。持ち前の制球もさえ、無四球… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 IBF世界スーパーフェザー級3位・尾川堅一(32)=帝拳=と同7位・西谷和宏(33)=VADY=の世界ランカー同士の対戦は、尾川が3―0で判定勝ちした。戦績は尾川が25勝(18KO)1敗1分け1無効

後で読む
スポーツ報知

 5シーズン目が開幕し、アウェーの川崎は3連覇を狙うA東京に79―85で敗れ、黒星スタートとなった。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の宮本和知投手チーフコーチ(56)が試合後、取材に対応した。先発の今村は5回途中3失点で今季2敗目。同コーチは「何とか粘ってくれたけどもう一歩かな。抜けた球を長打された」と振り返った。

後で読む
スポーツ報知

 【セ・リーグ】

後で読む
東京スポーツ

 ゴルフの国内メジャー「日本女子オープン」2日目(2日、福岡・ザ・クラシックGC=パー72)、2位スタートの小祝さくら(22=ニトリ)は終盤でダブルボギーがあったものの、69のラウンドで9アンダーの単…

後で読む
東京スポーツ

 巨人の宮本投手チーフコーチ(56)が失点が続く中継ぎ右腕・田中豊に奮起を促した。  2日の阪神戦(甲子園)で2点ビハインドの8回に5番手で登板した田中豊は代打・高山に二塁打を許すと、一死二塁から三塁…

後で読む
東京スポーツ

 勝って良かった、では終われない。広島は2日のヤクルト戦(神宮)に7―5で勝ち、一夜で最下位を脱出した。  先発・床田が6回3失点の粘投で今季3勝目を挙げたが、佐々岡真司監督(53)は「入りの悪さは相…

後で読む
スポーツ報知

オリックスの山岡泰輔投手(25)が、7回7安打無失点5奪三振、116球の粘投も救援が踏ん張れずにチームは敗れた。

後で読む
スポーツ報知

広島が、先発野手全員の14安打で7得点を挙げて快勝。転落から1日で最下位を脱出した。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムは、ソフトバンクに逆転負けを喫して自力でのクライマックス・シリーズ(CS)進出の可能性が消滅した。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA5-8中日」(2日、横浜スタジアム) 3連敗の中、ラミレス監督はオースティンの一発に光明を見いだした。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-1巨人」(2日、甲子園球場) 巨人のゼラス・ウィーラー内野手が特大の9号アーチを放ち、楽天時代からの6年連続2桁本塁打へ王手をかけた。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス0-4楽天」(2日、京セラドーム大阪) オリックスは今季9度目の完封負けを喫した。0-0の八回に登板した富山が無死二、三塁から島内に先制打を許したあと、2死までこぎ着けたが辰己に3ランを浴びた。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ0-1西武」(2日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテが痛恨の2連敗を喫し、首位ソフトバンクとのゲーム差が2に広がった。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク7-5日本ハム」(2日、ペイペイドーム) 日本ハムは首位ソフトバンクの壁に跳ね返され、自力でのCS進出の可能性が消滅。またこの敗戦で、史上5球団目となる球団通算5000敗を記録した。

後で読む
東京スポーツ

巨人が今季3敗目を喫した阪神・西勇に「やられたらやり返す」と聞き覚えのあるフレーズでリベンジを誓った。  2日の阪神戦(甲子園)で巨人は西勇の前に8回1得点と攻略できずに1―4で敗れ、マジックは21…

後で読む
東京スポーツ

楽天が2日のオリックス戦(京セラ)で4―0と快勝した。再び貯金を1とし、首位・ソフトバンクとのゲーム差は変わらず6・5。2位・ロッテが敗れたため、その差は4・5ゲームと縮まった。  7回まで両軍のス…

後で読む
東京スポーツ

西武が延長10回までもつれた2日のロッテ戦(ZOZOマリン)にエルネスト・メヒア内野手(34)の10号決勝弾で1―0の勝利。相性のいいこのカードの対戦成績を勝6敗とした。残り32試合で首位・ソフト…

後で読む
東京スポーツ

阪神がエースと主軸の活躍で首位独走中の巨人を4―1で下した。  この日の試合前まで対戦成績4勝12敗、負ければ対巨人戦9年連続負け越しが決定する中、先発・西勇輝投手(29)が「絶対に勝つという気持ち…

後で読む
東京スポーツ

フランス1部マルセイユの日本代表DF酒井宏樹(30)がブラジル代表FWネイマール(28=パリ・サンジェルマン)から「クソ中国人」発言を受けた疑惑について、自身のSNSで「ささいな出来事で差別とは全く…

後で読む
日刊スポーツ

阪神近本光司外野手外野手が2度セーフティーバントを決めた。5回1死二塁でサード岡本の前に転がし、8回1死二塁でも再び三塁前へ。5回は22個目の盗塁を決めた後、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムが史上5球団目の球団通算5000敗となった。1点を追う3、4回にそれぞれ一時逆転したがリードを守れず、最後は首位ソフトバンクに押し切られた。栗山監督は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトが一夜で最下位に逆戻りした。高梨が今季最短の2回で降板。1回先頭の四球から2失点。広島大盛に2打席続けてストレートの四球を与え、アウト6つに56球を費… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-1巨人」(2日、甲子園球場) 阪神は大山の先制23号ソロで勢いに乗り、宿敵・巨人に勝利した。

後で読む
日刊スポーツ

ガンバ大阪の高校生プロ、FW唐山翔自(18)が2日、改めてJ1リーグ戦デビューの目標を語った。宮本恒靖監督(43)がかねて「10月の日程を見て考えたい」と初起…

後で読む
スポーツ報知

 男子100メートル決勝で9秒98の自己記録を持つ小池祐貴(25)=住友電工=は10秒30の3位。スタートでの出遅れから必死に巻き返しを図ったが、わずかに届かなかった。「1位かそれ以外か、どちらかだと

後で読む
スポーツ報知

 5シーズン目が開幕し、ホームのA東京が川崎を85―79で下し、3連覇へ好発進した。

後で読む
スポーツ報知

 男子100メートルは桐生祥秀(24)=日本生命=が中盤から伸び、10秒27(向かい風0・2メートル)で2014年以来、6年ぶり2度目の優勝。2位のケンブリッジ飛鳥(ナイキ)とは0秒01差、5位の多田

後で読む
スポーツ報知

 巨人の坂本勇人内野手(31)の通算2000安打達成が期待される今季。スポーツ報知では「坂本勇人2000安打への道」と題して、これまでの勇人の活躍を、当時の記事で振り返る。

後で読む
スポーツ報知

 巨人が2位阪神との4連戦初戦に敗れた。8回、ウィーラーに9号ソロが出て連続完封は免れたが、9月4日の対戦から阪神先発・西勇に3連敗。先発した今村は5回途中3失点で降板した。2番手以降が踏ん張ったが、

後で読む
東京スポーツ

 陸上の日本選手権第2日(新潟・デンカビッグスワンスタジアム)、男子100メートル決勝は桐生祥秀(24=日本生命)が10秒27で6年ぶり2度目の優勝となった。 〝9秒台決着〟とはならなかった。前半は隣…

後で読む
東京スポーツ

 日本体操協会は2日、リモートによる常務理事会を開き、来年春に行われるW杯個人総合ドイツ大会(3月20~21日)、イギリス大会(3月27日)に2019年スーパーファイナル優勝者の橋本大輝(19=順大)…

後で読む
東京スポーツ

 2度目でやり返した。広島の床田寛樹投手(25)が2日のヤクルト戦(神宮)に先発し6回3安打3失点の粘投。7―5の勝利に貢献し、今季3勝目(6敗)を挙げた。昨年、神宮で3戦3勝の左腕。前回登板では5回…

後で読む
東京スポーツ

 エースの力投は実らなかった。オリックス・山岡泰輔投手(25)が2日の楽天戦(京セラ)に先発。走者を背負いながらも粘りの投球でピンチをしのぎ、7回7安打無失点で降板した。  しかし、2番手・富山がスコ…

後で読む
スポーツ報知

救援に配置転換された楽天の松井裕樹投手(24)が完璧な火消しを披露した。

後で読む
スポーツ報知

均衡を破ったのは“救世主”の一撃だった。0―0で迎えた延長10回、西武は先頭のメヒアが沢村の150キロ直球をジャストミート。高く上がった打球は、西武ファンの待つ左翼席に吸い込まれた。決勝の10号ソロ

後で読む
スポーツ報知

守護神のライデル・マルティネス投手(23)が自己最速161キロを計測した。自身が8月に叩き出した球団最速の160キロを、さらに1キロ更新した。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトは連勝が2でストップ。1日で最下位に逆戻りした。

後で読む
スポーツ報知

DeNAが3連敗で4位中日に0・5ゲーム差に迫られた。同点の8回、5番手の石田がビシエドにバックスクリーンへ勝ち越し3ランを浴びた。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク7-5日本ハム」(2日、ペイペイドーム) ソフトバンクが四回に松田宣の8号2ランなどで4得点し、逆転勝ちした。リーグ50勝一番乗りで、ロッテが敗れたため、2位とのゲーム差を2に広げた。

後で読む
デイリースポーツ

広島がヤクルトと入れ替わって5位に再浮上した。3-3の五回に長野の犠飛と菊池涼の適時二塁打で2点を勝ち越し、八回に代打会沢の適時二塁打などで2点を加えた。床田は6回3失点で3勝目。ヤクルトは投手陣が崩れた。

後で読む
デイリースポーツ

楽天は八回に島内の適時打で均衡を破り、辰己が7号3ランを放った。七回のピンチで好救援した松井が4勝目を挙げた。オリックスは再三の好機であと一本が出ず。7回無失点と好投した山岡を援護できなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA5-8中日」(2日、横浜スタジアム) DeNAが3連敗を喫し、4位・中日に0・5差まで迫られた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-1巨人」(2日、甲子園休場) 巨人・宮本投手チーフコーチが、再昇格後2試合連続失点の田中豊にハッパを掛けた。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの欧州リーグの1次リーグ組み合わせ抽選が2日、スイスのニヨンで行われ、久保建英の所属するビリャレアル(スペイン)はカラバフ(アゼルバイジャン)マカビ・テルアビブ(イスラエル)シワススポル(トルコ)と同じI組となった。

後で読む
東京スポーツ

楽天・松井祐樹投手(24)が2日のオリックス戦(京セラ)で4番手としてマウンドに立ち、見事にピンチをしのいで前夜に背負った汚名を払しょくした。  両軍無得点の7回一死一塁から3番手・福山がバントの打…

後で読む
サンケイスポーツ

J2磐田は2日、フェルナンド・フベロ監督(46)との契約を1日付で解除し、鈴木政一強化本部長(65)が兼任で後任を務めると発表した。

後で読む
東京スポーツ

阪神・小幡竜平内野手(20)が2日の巨人戦(甲子園)でプロ初の3安打猛打賞をマーク。4―1の勝利に大きく貢献した。  3打席連続で快音を中前へ運び「カウントや状況を意識した。しっかり間もとれていると…

後で読む
東京スポーツ

フランス1部マルセイユの日本代表DF酒井宏樹(30)がブラジル代表FWネイマール(28=パリ・サンジェルマン)から「クソ中国人」発言を受けた疑惑について、自身のSNSで「ささいな出来事で差別とは全く…

後で読む
東京スポーツ

楽天・塩見貴洋投手(32)が2日のオリックス戦(京セラ)で今季14度目の先発マウンドに立ち、5回1/3を96球、6安打無失点。今季5勝目の白星こそつかなかったもののチームは4―0で快勝し、自身の粘投…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムが2日、ソフトバンク戦(ペイペイ)に5―7で敗れ、自力CS進出の可能性が消滅した。  試合は序盤からシーソーゲームの展開。初回に川島の適時打で先制を許すも、3回には杉谷、近藤から連続で適時打…

後で読む
東京スポーツ

首位独走中の巨人がまたしても〝天敵退治〟に失敗した。  2日の阪神戦(甲子園)は前回9月17日の対戦(東京ドーム)で屈辱の4安打完封負けを喫した虎のエース・西勇と再戦。リベンジに燃えていたGナインだ…

後で読む
東京スポーツ

22日に開幕するサッカーの欧州リーグ(EL)の1次リーグ組み合わせが決定した。  日本代表MF久保建英(19)が所属するビリャレアル(スペイン)は、I組に入り、カラハグ(アゼルバイジャン)、マカビ・…

後で読む
スポーツニッポン

 コロナ禍で6月から延期された陸上日本選手権の第2日が2日、新潟市・デンカビッグスワンスタジアムで行われ、男子100メートル決勝で桐生祥秀(24=日本生命)が10秒27をマークし優勝。14年大会以来6年ぶりの短距離日本一に輝いた。ケンブリッジ飛鳥(27=ナイキ)が10秒28で2着、小池祐貴(25=住友電工)が10秒30で3着に入った。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテ二木、西武ニールが先発。二木は直球、ニールはツーシームがさえ、ともに3回まで30球少々で無失点に抑えた。ロッテ二木は5回、西武ニールは6回に得点圏に走者… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神が2回、大山の23号ソロで1点を先制した。先発の西勇は1回1死一、二塁のピンチを併殺で切り抜けると、3回まで無失点。阪神は5回に追加点を挙げた。糸井が1死… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神が逃げ切り2連勝。2回に大山の23号ソロで先制。5回には糸井の2点適時打で加点。8回にも相手守備の乱れで1点を奪った。先発の西勇は8回1失点の好投で8勝目… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(2日、甲子園球場) 阪神の西勇輝投手(29)が8回を投げ、5安打1失点で2点のリードを守って降板。8勝目(4敗)の権利を手にしてマウンドを譲った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(2日、甲子園球場) 近本がこの日、2度目のセーフティーバントを成功させ追加点をもぎ取った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-1巨人」(2日、甲子園球場) 阪神が宿敵の巨人を相手にカード初戦に勝利。連勝で貯金を4とした。先発の西勇輝投手(29)が、8回を1失点で8勝目(4敗)。エースが巨人戦4戦3勝、無敗のキラーぶりを発揮し、5番・大山悠輔内野手(25)の23号アーチが決勝打となった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-1巨人」(2日、甲子園球場) 阪神・大山が目の覚めるような一発を放った。本塁打キングを争う、巨人・岡本に1本差と迫る23号。ライバルの前で一歩、差を縮めた。

後で読む
スポーツ報知

 箱根駅伝を主催する関東学生陸上競技連盟(関東学連)は2日、第97回箱根駅伝予選会(10月17日、東京・立川市)に出場する大学に向けた「新型コロナウイルス感染症 感染防止対策等の諸連絡」を一部改訂した

後で読む
スポーツ報知

 男子400メートル障害は、序盤から積極的に飛ばした安部孝駿(28)=ヤマダ=が49秒73で2年連続3度目の優勝。終盤はペースを落とし、山本竜大(23)=日大=に迫られたが、既に東京五輪の参加標準記録

後で読む
スポーツ報知

 ジュニア女子のショートプログラム(SP)が行われ、本田紗来(13)=大阪・関大中=は37・03点で16位スタートだった。田中梓沙(14)=木下アカデミー=が60・95点でトップに立った。

後で読む
スポーツ報知

 巨人は3点を追う8回に先頭のウィーラー内野手(33)が左翼ポール際へ特大の9号ソロを放った。

後で読む
スポーツ報知

 巨人は阪神に敗れ、優勝マジックは21のままとなった。先発の今村信貴投手(26)は4回1/3を6安打3失点で2敗目。チームは阪神先発の西勇輝投手(29)に3連敗となった。

後で読む
東京スポーツ

〝打てる捕手〟が本領を発揮した。広島の会沢翼捕手(32)が2日のヤクルト戦(神宮)に5―3の8回一死二塁で大盛の代打で登場。するとヤクルト5番手・長谷川の初球、136キロ変化球をとらえて右越え適時打と…

後で読む
スポーツ報知

日本ハムのクリスチャン・ビヤヌエバ内野手(29)が、1か月ぶりの本塁打となる4号2ランをたたき込んだ。

後で読む
スポーツ報知

阪神がエースと4番の活躍で巨人4連戦の初戦を取った。

後で読む
スポーツ報知

中日のダヤン・ビシエド内野手(31)が4番の仕事を果たした。5―5の同点の8回1死一、二塁。6番手・石田から中堅左に飛び込む3ランで勝ち越した。

後で読む
スポーツ報知

不用意な1発だった。両軍無得点の延長10回、ロッテのマウンドにあがったのは沢村拓一投手(32)だ。守護神・益田が9回に登板し、その後に3番手で登板。2球目だった。先頭のメヒアに150キロのストレート

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-西武」(2日、ZOZOマリンスタジアム) 巨人からトレードで移籍した沢村拓一投手が、0-0の延長十回に登板。移籍後、10試合目の登板で初めて本塁打を浴びた。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ0-1西武」(2日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテが延長の末に敗れ、2連敗。沢村拓一投手が決勝弾を浴び、移籍後初黒星を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-1巨人」(2日、甲子園球場) 巨人が完敗を喫し、カード初戦を落とした。優勝マジックは21のまま変わらず。

後で読む
デイリースポーツ

西武が延長十回に均衡を破った。メヒアが先頭打者で3年ぶりに10号本塁打を放ち、試合を決めた。最後を締めた2年目の森脇がプロ初セーブを挙げた。ロッテは打線が4併殺打と好機を生かせず、沢村が移籍後初黒星を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神が今季初の巨人戦連勝。二回に大山が先制の23号ソロ本塁打、五回は糸井が2点中前打を放った。西勇は無四球と制球良く攻め、8回をウィーラーのソロによる1点に抑えて8勝目。巨人は今村が五回途中3失点と踏ん張れなかった。

後で読む
東京スポーツ

秋でも存在感を見せつけている。広島の〝夏男〟長野久義外野手(35)が2日のヤクルト戦(神宮)に「6番・左翼」で先発出場。1―0の初回二死一、二塁でヤクルト先発・高梨から内野安打をもぎ取り満塁として次…

後で読む
東京スポーツ

西武のザック・ニール投手(31)が2日のロッテ戦(ZOZOマリン)に先発し、7回1安打無失点で降板した。  持ち味のツーシーム、チェンジアップが低めに決まり5回までは無安打無失点の投球。6回無死一塁…

後で読む
東京スポーツ

まさかの移籍後初被弾だ。ロッテ・澤村拓一投手(32)が2日の西武戦(ZOZOマリン)で0―0の延長10回に3番手で登板し、先頭のメヒアに左翼席中段に飛び込む特大の先制弾を浴びた。1ボールからの2球目…

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(2日、甲子園球場) 阪神が小技を絡めて追加点を奪った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(2日、甲子園球場) 阪神・小幡がプロ初の猛打賞を記録した。

後で読む
日刊スポーツ

サッカーU-19日本代表候補合宿(4日~7日、千葉・JFA夢フィールド)に臨む同日本代表候補メンバーが2日、発表された。24年パリ五輪を目指す“久保世代”。J…

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会(JFA)は2日、U-19日本代表候補合宿(4日~7日、千葉・JFA夢フィールド)に臨む同日本代表候補メンバーで、鹿島アントラーズFW染野唯月…

後で読む
日刊スポーツ

J2ジュビロ磐田が新指揮官のもとで再始動した。クラブは2日、フベロ前監督(46)の退任と、鈴木政一監督(65)と服部年宏コーチ(47)の就任を発表。鈴木氏は4…

後で読む
日刊スポーツ

J2ジュビロ磐田が新指揮官のもとで再始動した。クラブは2日、フベロ前監督(46)の退任と、鈴木政一監督(65)と服部年宏コーチ(47)の就任を発表。鈴木氏は4…

後で読む
スポーツ報知

 女子400メートル決勝は青山聖佳(24)=大阪成蹊AC=が53秒55で2年連続3度目の優勝。序盤から積極的にレースを引っ張り、終盤の松本奈菜子(東邦銀行)、高島咲季(青学大)の追い上げを振り切った。

後で読む
日刊スポーツ

元日本代表の福西崇史氏(44)と巻誠一郎氏(40)が2日、サッカーe日本代表のオンライントレーニングに参加した。9日に発売される「FIFA21」を一足早くプレ…

後で読む
スポーツ報知

 女子100メートルは、昨年の200メートル女王・児玉芽生(21)=福岡大=が、中盤から一気に抜け出し11秒36(追い風0・5メートル)の好タイムで同種目初優勝。9月に同会場で行われた日本学生対校選手

後で読む
スポーツ報知

 女子1500メートル決勝が行われ、日本記録保持者の田中希実(豊田自動織機TC)が4分10秒21で初優勝した。この日行われた800メートル予選も突破し、3日の決勝を制せば2冠となる。

後で読む
スポーツ報知

 36位から出た昨季賞金女王の鈴木愛(26)=セールスフォース=は4バーディー、1ボギーの69で2アンダーの9位に浮上した。得意のパットで試行錯誤が続く名手がメジャーの難セッティングを攻略した。

後で読む
スポーツ報知

 Jリーグは2日、11月と12月に実施するリーグ戦日程の開催日や会場などを発表した。9月にAFC(アジアサッカー連盟)がACLの日程を再変更した事に伴い、横浜M、F東京、神戸の3クラブはACLと重複し

後で読む
スポーツ報知

 今季初先発だった中日の3年目・清水達也投手(20)が4回3失点で降板した。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の今村信貴投手(26)は、5回途中78球6安打3四死球3失点で降板した。

後で読む
東京スポーツ

 日本バドミントン協会は2日、国際大会となるデンマーク・オープン(13日開幕、オーデンセ)に出場予定だった男子シングルスの桃田賢斗(26=NTT東日本)ら日本代表15選手が辞退したと発表した。デンマー…

後で読む
東京スポーツ

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)に出場中のJクラブ(FC東京、神戸、横浜M)が、2チーム編成への対応を迫られている。  アジアサッカー連盟(AFC)は先月、新型コロナウイルスの影響によって変更し…

後で読む
東京スポーツ

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグの組み合わせが決まった。2季ぶりの優勝を狙う日本代表MF南野拓実(25)が所属するリバプール(イングランド)はアヤックス(オランダ)、アタランタ(…

後で読む
東京スポーツ

 およそ1か月ぶりとなる「熱男パフォーマンス」が飛び出した。ソフトバンクの松田宣浩内野手(37)が、2日の日本ハム戦(ペイペイ)で8号2ランを放った。  この日は9番で出場。1点を追いかける4回、一死…

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは2日、11月と12月の詳細日程を発表し、J1最終節は12月19日午後2時から一斉開催となった。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の新日程に伴う変更も反映された。 1次リーグ途中で中断しているACL東地区は11月中旬から12月中旬に集中開催される予定で、西地区との決勝は12月19日。参戦する横浜M、FC東京、神戸は帰国後に選手の隔離が必要で、決勝に進んだ場合も含めて2チーム編成となる可能性があるという。

後で読む
スポーツ報知

右手小指の骨折で離脱していた日本ハム・野村佑希内野手(20)が2日、2軍のJFE東日本との練習試合(鎌ケ谷)で実戦復帰した。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの杉谷拳士内野手(29)が、今季5度目の1番起用に応える一時同点の適時二塁打を放った。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルト・西田明央捕手(28)が激痛をこらえて執念の一発を見舞った。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルト・高梨裕稔投手(29)が中6日で先発し、今季最短の2回2失点で降板した。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球阪神が2軍本拠地を兵庫県西宮市の鳴尾浜球場から、同県尼崎市内へ2025年をめどに移転することを検討していることが2日、分かった。場所は阪神大物駅近くの小田南公園。尼崎市によると今後、周辺の住民に対して説明会や誘致に関するアンケートを実施する。阪神電鉄の広報部は「移転を検討していることは事実です。ただ、まだ何も決まったわけではありません」とコメントした。 この日、複数の尼崎市議がブログなどでイメージ図などを紹介。メイン球場にサブ球場、選手寮、室内練習場などを備えている。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-日本ハム」(2日、ペイペイドーム) 日本ハムは杉谷拳士内野手、近藤健介外野手の連続タイムリーで一時逆転に成功した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-広島」(2日、神宮球場) ヤクルトの西田が自打球を当てた打席で本塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(2日、甲子園球場) 巨人・今村が五回途中6安打3失点でKOされた。

後で読む
スポーツニッポン

 阪神が2軍の本拠地を兵庫・西宮市内の鳴尾浜球場から、尼崎市の小田南公園へ移転することを検討していることが2日、判明した。

後で読む
サンケイスポーツ

アーセナルGKベルント・レノが、リバプール撃破後にコメントを残した。

後で読む
サンケイスポーツ

J1・G大阪の元日本代表MF遠藤保仁(40)が今季終了までの期限付きでJ2磐田に移籍することが2日、分かった。、関係者によると交渉は大詰めで、近日中に発表される。

後で読む
東京スポーツ

楽天・ロメロの特大の当たりで試合が中断した。2日のオリックス―楽天(京セラドーム)の2回、先頭打者のロメロが山岡の高めのストレートを叩き、打球は左翼天井のスーパーリングと呼ばれる建造物に直撃。ロメロ…

後で読む
東京スポーツ

早期降板にベンチで肩を落とした。ヤクルトの高梨裕稔投手(29)が2日の広島戦(神宮)に先発し、2回3安打2失点と今季自己最短でKOされた。  立ち上がりから波に乗れなかった。初回に先頭・大盛にいきな…

後で読む
東京スポーツ

コイのプリンスが2打席連続打点だ。広島の堂林翔太内野手(29)が2日のヤクルト戦(神宮)に「7番・三塁」で先発出場した。  1―0の初回二死満塁でヤクルト先発・高梨から適時内野安打し2点目を上げると…

後で読む
東京スポーツ

やられたらやり返す……逆転2ランだ! 日本ハムのクリスチャン・ビヤヌエバ内野手が2日、ソフトバンク戦(ペイペイ)に「7番・三塁」で先発出場し、1点ビハインドの4回に逆転の4号2ランを放った。  この…

後で読む
日刊スポーツ

初回に1点を先制したソフトバンクは3回に2点を許し逆転されたが、直後に柳田の適時打、中村晃の犠飛で2得点。再逆転した。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島が1回、鈴木誠と堂林の適時打で2点。ヤクルトはその裏、青木17号2ランで同点。3回広島が堂林の適時打で1点勝ち越し。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天は初回1死一、三塁の好機をつくるも、4番島内が遊併殺に倒れるなど、3回まで無得点。オリックスも3回まで無得点。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(2日、甲子園球場) 目の覚めるような一発だった。阪神・大山が先制の23号ソロ。本塁打キングを争う、巨人・岡本の前で特大の一打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(2日、甲子園球場) 阪神・近本がヒヤリとする場面に見舞われた。

後で読む
スポーツ報知

 日本スーパーウエルター級タイトルマッチに出場する王者・松永宏信(33)=横浜光=と挑戦者の同級1位・清水優人(32)=木更津グリーンベイ=が2日、前日計量と新型コロナウイルス感染症のPCR検査などを

後で読む
スポーツ報知

 男子1500メートル決勝が行われ、17、18年大会王者の館沢亨次(DeNA)が3分41秒32で2年ぶり3度目の優勝を果たした。2位は的野遼大(三菱重工)で3分41秒82、3位は楠康成(阿見AC)で3

後で読む
スポーツ報知

 白血病から復帰した日大・池江璃花子(20)=ルネサンス=が、女子400メートルリレー予選に第3泳者として出場し、3分45秒69の全体2位で、決勝進出に貢献した。決勝は出場しなかったが、チームは3分4

後で読む
スポーツ報知

 J1浦和はホーム・名古屋戦(17時開始)が行われる4日、埼玉スタジアムで絶品カレーを楽しめる「埼スタカレープロジェクト2020」をスタートさせる。

後で読む
スポーツ報知

 投打のかみ合った青学大が快勝した。青学大は3回、小池豪(3年=青山学院)の2点適時打、塩田崇真(3年=東京都市大付)の適時打で3点を先制すると、6回には佐々井光希(2年=星稜)の適時打で1点を追加。

後で読む
東京スポーツ

 競泳の日本学生選手権第2日(2日、東京辰巳国際水泳場)、女子400メートルリレー予選は白血病のため長期休養していた池江璃花子(20=ルネサンス)が日大の第3泳者で登場した。引き継ぎタイムで56秒19…

後で読む
東京スポーツ

 ゴルフの国内メジャー「日本女子オープン」2日目(2日、福岡・ザ・クラシックGC=パー72)、3位から出た原英莉花(21=日本通運)が4バーディー、2ボギーの70をマークし、6アンダーの2位に浮上した…

後で読む
東京スポーツ

 ホンダは2日、自動車2021年シーズンを最後に自動車F1シリーズから撤退すると発表した。1964年からF1活動を開始し、通算77勝をマーク。2015年にマクラーレンへのパワーユニット(PU)供給で7…

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは2日、11月、12月の日程とアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)東地区の再延期に伴う新たな日程を発表した。 J1最終節は12月19日から変更されず、ACL決勝(12月19日)と重複することが決まった。日本から出場する横浜M、神戸、FC東京のいずれかが決勝に進出すれば、リーグ戦とACLに並行して参加する可能性が出てきた。

後で読む
スポーツ報知

阪神のジョー・ガンケル投手(28)が3日の巨人戦(甲子園)に先発する。2日は試合前練習でキャッチボールや短距離ダッシュなどを行い、準備を整えた。

後で読む
スポーツ報知

西武は2日、50代の男性の球団職員1人が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。球団によると、当該職員は管理部門に従事しており、チーム関係者との接触はなかったことから、

後で読む
スポーツ報知

ヤクルト・青木宣親外野手(38)が昨季を上回る17号2ランをマークした、

後で読む
スポーツ報知

楽天のステフェン・ロメロ外野手(31)が放った打球を巡って試合が一時中断した。

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクの工藤采配が初回、ズバリとはまった。初回2死二塁。プロ15年目で、初めて4番に座った川島慶三内野手(36)が左前に先制打を運んだ。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球阪神は2日、新型コロナウイルスに感染した浜地真澄投手(22)が兵庫県内の病院を退院したと発表した。今後は同県内のホテルで自室待機する。 浜地投手は9月24日に軽度の頭痛、倦怠感を球団に申告。兵庫県西宮市内の病院で受けた検査で同日夜に陽性と判定され、25日から入院した。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-楽天」(2日、京セラドーム大阪) 楽天は二回、先頭ロメロの打球が高々と上がり、レフト上部の天井に当たりボールが戻ってきた。その打球を持って福田が三塁ベース手前でロメロにタッチして、アウトになった。記録は二塁打となった。

後で読む
スポーツニッポン

J1横浜は2日、ユースに所属するMF植田啓太(18)とGK寺門陸(17)の来季トップチーム昇格を発表した。併せて今季のトップチームの公式戦に出場可能な2種登録も済ませた。

後で読む
東京スポーツ

幸先のいいスタートを切った。前日1日に最下位に転落した広島は2日、5位のヤクルトと対戦。すると初回に先頭・大盛が四球で出塁。田中広の打席で大盛は二盗を決めた。ヤクルト先発の高梨が田中広への3球目に暴…

後で読む
日刊スポーツ

レッズ秋山翔吾外野手(32)が、メジャー1年目の挑戦を終えた。ブレーブスとのポストシーズン(PS)ワイルドカードシリーズ第2戦に「1番左翼」で出場し、4打数無… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

レッズ秋山翔吾外野手(32)が、メジャー1年目の挑戦を終えた。ブレーブスとのポストシーズン(PS)ワイルドカードシリーズ第2戦に「1番左翼」で出場し、4打数無… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

3日のDeNA戦に先発する中日福谷浩司投手が、9月19日阪神戦以来の5勝目を目指す。「リズムよく、テンポよく、バックを信じて腕をしっかり振りたいと思います」と… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

2位阪神が、首位巨人と対戦。先発は阪神が西勇輝、巨人は今村。今季阪神は巨人相手に4勝12敗。負ければ9年連続の負け越しが決まる。阪神エース西勇輝投手は9月4日… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

右手小指関節内骨折で手術を受けた日本ハム野村佑希内野手が、JFE東日本との練習試合(鎌ケ谷)で実戦復帰した。「4番・三塁」でスタメン出場。2打席目に左安打を放… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球西武は2日、管理部門に従事する50代の男性球団職員が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。チーム関係者との接触はなく、チームの今後の予定に変更はない。 球団によると、9月28日の夜から喉に軽い痛みがあり、29日に発熱。30日に埼玉県内の病院で検査を受け、10月2日に陽性が判明したという。既に熱は下がっているが、当面の間は出勤を見合わせる。保健所の調査では球団内に濃厚接触者はいなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(2日、甲子園球場) 阪神の西勇輝投手(29)が、通算1500投球回に到達。五回で試合が成立すれば、プロ野球史上179人目の記録達成となる。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)世代となる湘南ベルマーレMF斉藤未月(21)が、同年代のMF菅原由勢(20=AZアルクマール)のフル代表入りを刺激に今季初ゴールを狙う…

後で読む
日刊スポーツ

J2ギラヴァンツ北九州の小林伸二監督(60)が、4日に対戦するアビスパ福岡へ“倍返し”を誓った。2日の練習後、オンラインで会見。開幕戦で敗れた相手に対し「勝っ…

後で読む
日刊スポーツ

J2ジュビロ磐田のフベロ監督(46)が成績不振を理由に解任されることが1日、分かった。今日2日にもクラブから発表される見込み。後任は現在クラブの強化本部長を務…

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは2日、新型コロナウイルスに関する第8回公式定期検査の結果を公表し、検査総数3237件ですべて陰性だったと発表した。検体採取日は9月25日~27日で、…

後で読む
スポーツ報知

 日本スーパーウエルター級タイトルマッチに出場する王者・松永宏信(33)=横浜光=と、挑戦者の同級1位・清水優人(32)=木更津グリーンベイ=が2日、前日計量と新型コロナウイルス感染症のPCR検査など

後で読む
日刊スポーツ

J1清水エスパルスは相性の良さを生かして3連敗を阻止する。2日は静岡市内で最終調整。3日のアウェー大分トリニータ戦(昭和電ド、午後7時)に備えた。リーグ大分戦…

後で読む
スポーツ報知

 男子100メートル決勝は20時30分に行われる。スタートリストは以下の通り(円数字はレーン番号。記録は準決勝)。

後で読む
スポーツ報知

 女子100メートル決勝は19時33分に行われる。スタートリストは以下の通り(円数字はレーン番号。記録は準決勝)。

後で読む
スポーツ報知

 2位から出て69で回った小祝さくらが通算9アンダーで首位に立った。終盤17、18番の連続バーディーで70と伸ばした原英莉花が6アンダーの2位で追う。69の酒井美紀、首位から出て76のイ・ナリ(韓国)

後で読む
スポーツ報知

 36位から出た笹生優花(19)=ICTSI=が後半の8番パー5で、ツアートップを独走する今季4つ目のイーグルを奪った。追い風を生かして第1打を280ヤード以上飛ばすと、残り約250ヤードから3ウッド

後で読む
スポーツ報知

 10月1日、英国各地ではリーグ杯(EFL CUP)の第4回戦が3試合行われ、日本代表MF南野拓実(25)が所属するリバプールはホーム・アンフィールドでアーセナルと対戦した。

後で読む
スポーツ報知

 ソフトバンクの川島慶三内野手(36)が、プロ15年目で初の4番に抜てきされた。

後で読む
スポーツ報知

 【巨人スタメン】

後で読む
スポーツ報知

 巨人の坂本勇人内野手(31)が中前安打を放った。

後で読む
東京スポーツ

 2日に配信されたWWE・NXT大会で、KUSHIDA(37)が「NXTテイクオーバー31」で対戦する因縁のベルベティーン・ドリーム(25)に対し「踏み台にさせてもらう」と勝利宣言。トニー・ニース(3…

後で読む
東京スポーツ

 2日に配信されたWWE・NXT大会で、NXT女子王者の〝暗黒の逸女〟紫雷イオ(30)がNXT北米王者ダミアン・プリースト(38)とタッグを組み、挑戦者&夫婦タッグのキャンディス・レラエ(35)&ジョ…

後で読む
東京スポーツ

 卓球男子の東京五輪代表、丹羽孝希(25=スヴェンソン)が2日、一般女性と1日に入籍したことを発表した。相手の名前、年齢などは非公表。  所属会社を通じ「私事ですが5年間交際していました、一般女性の方…

後で読む
東京スポーツ

 男子ゴルフのアマチュア世界ランキング1位の金谷拓実(22=東北福祉大4年)が2日、プロ転向を宣言した。日本ゴルフツアー機構(JGTO)によると、2日付でツアーメンバー登録も済ませたという。  金谷は…

後で読む
東京スポーツ

 IMGは2日、男子ゴルフでプロに転向した世界アマチュアランキング1位の金谷拓実(22)がマネージメント契約を締結した発表した。IMGによると、金谷は東北福祉大の卒業を目指しながらプロ活動を行うとし、…

後で読む
東京スポーツ

 西武は2日、50代の男性社員一人が新型コロナウイルスに感染していたことを発表した。  当該社員は9月28日夜からのどに軽い痛みがあり、29日夜に発熱の症状が出たことから、30日に埼玉県内の病院でPC…

後で読む
東京スポーツ

 ヤクルトの球団マスコット・つば九郎が2日の広島戦(神宮)の前にスケッチブック芸を披露した。  前日1日に最下位を脱出した5位・ヤクルトだが、広島はゲーム差なし。これにつば九郎は「おたがい なかが よ…

後で読む
スポーツ報知

【楽天スタメン】

後で読む
スポーツ報知

阪神は2日、新型コロナウイルスに感染した浜地真澄投手(22)が兵庫県内の病院を退院し、同県内のホテルに移動したと発表した。

後で読む
スポーツ報知

3日の楽天戦(京セラD)に先発するオリックスの張奕投手(26)が、島内斬りで今季2勝目を狙う。

後で読む
スポーツ報知

3日のロッテ戦(ZOZOマリン)で来日初先発する西武のリード・ギャレット投手(27)は、軽めの調整で登板に備えた。

後で読む
スポーツ報知

中日・福谷浩司投手(29)が5勝目を目指して3日のDeNA戦(横浜)に臨む。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテ・井口資仁監督が2日、戦列離脱中のフランク・ハーマン投手の故障が順調に回復していると明かした。 助っ人は、9月16日に「右手第2指伸筋腱(けん)損傷」で出場選手登録を抹消されたが、既にキャッチボールを再開。指揮官は「もうスローイングのOKが出ている。後は、どれだけ上げていけるかだと思います」と説明した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは2日、ZOZOマリンスタジアムで行われる3日の西武戦(14時試合開始)を「キシリトールスペシャルデー」として実施し、キシリトールハンドタオルを来場者先着5000人に配布すると発表した。配布は全ゲートにて開場時間である12時から開始する。 ロッテ広報室は「当日は初芝清氏と小林宏之氏による始球式などが予定されている球団設立70周年を記念したイベント『70周年チャンピオンシリーズ』も実施しており、さらなる盛り上げとしてキシリトールハンドタオルをプレゼントさせてもらいます。来場の際はぜひゲットしてください」とPRした。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグヤクルト・スアレス-広島・森下(神宮)

後で読む
デイリースポーツ

オリックス・張奕投手が3日・楽天戦(京セラドーム大阪)の先発を前に取材に応じた。 前回9月24日のソフトバンク戦では2点リードしてもらった直後にグラシアルに2ランを浴び勝利投手の権利を逃した。

後で読む
デイリースポーツ

西武は2日、管理部門の50代の男性社員が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明したと発表した。 同社員は9月28日夜からのどに軽い痛みがあり、29日夜に発熱の症状が出たことから、30日に埼玉県内の病院でPCR検査を受け、この日、陽性が判明した。

後で読む
スポーツニッポン

浦和は10月4日のホーム名古屋戦から「埼スタカレープロジェクト2020」をスタートする。同日は従来の上限7000人から1万8000人規模へ、観客動員の制限も緩和される。スタジアムで過ごす時間をより満喫してもらうためのプロジェクトとなる。

後で読む
スポーツニッポン

J2京都は2日、元クラブ指揮官の加藤久氏(64)が強化育成本部長に16日付で就任することを発表した。10年シーズン以来10年ぶりの古巣復帰となる。

後で読む
サンケイスポーツ

フランスサッカー連盟(FFF)は1日、最新のフランス代表メンバー24名を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは2日、選手、スタッフ、審判員らを対象とした新型コロナウイルスのPCR検査で、9月25~27日に検体採取した全3237件が陰性だったと発表した。

後で読む
東京スポーツ

虫垂炎の手術のため、戦列を離れていた巨人・元木大介ヘッドコーチ(48)が2日から復帰した。  広島から甲子園への移動ゲームとなったこの日は、阪神戦前の全体練習を休止。野手は屋外でのフリー打撃を行わず…

後で読む
日刊スポーツ

阪神は2日、新型コロナウイルス感染にしたた浜地真澄投手(22)が兵庫県内の病院を退院したと発表した。当面は同県内のホテルで自室待機とし、今後の動きについては、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

2位阪神が、首位巨人と対戦。予告先発は阪神が西勇輝、巨人は今村。阪神エース西勇輝投手は9月4日の巨人戦(甲子園)でプロ12年目で宿敵から初勝利。前回対戦の同1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今大会初出場のハナマウイは、ホンダに完封で敗れた。楽天松井裕樹投手を兄に持つ、松井和輝(かずき)内野手(22=明治学院大)は、9番遊撃で先発出場。3打数無安打… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 卓球男子で東京五輪代表の丹羽孝希(25)=スヴェンソン=が2日、一般女性と1日に入籍したことを発表した。所属を通じて、「私事ですが、5年間交際していました、一般女性の方と10月1日に入籍いたしました。2人で幸せな家庭を築くとともに、プロの卓球選手としても目標に向かって頑張っていきます。今後とも、皆さまの変わらぬご声援をよろしくお願いいたします」とコメントも寄せた。 丹羽は、青森山田高3年時の12年ロンドン五輪に初出場し、16年リオデジャネイロ五輪では男子団体戦で銀メダル獲得に貢献。来夏に延期となった東京五輪の代表にも決まっている。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は2日、先月24日に新型コロナウイルスの陽性判定を受け、兵庫県内の病院に入院していた浜地真澄投手(22)が退院し、同県内のホテルに移動したことを発表した。 当面はホテルの自室待機。今後について球団は「管轄の保健所や地域アドバイザーの先生方ともご相談のうえ、引き続き隔離中の者と合わせて検討してまいります」と説明した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-巨人」(2日、甲子園球場) 両チームのスタメンが発表された。阪神は西勇輝投手(29)が先発する。前回登板した9月25日・ヤクルト戦(神宮)では6回4失点で敗戦投手となった。ただ、巨人戦は2連勝中。9月17日には完封勝利を挙げている。宿敵を封じ込め、自身今季8勝目を狙う。

後で読む
スポーツ報知

 女子200メートル予選が全3組行われ、第3組に出場した前回大会女王の児玉芽生(福岡大)が24秒97(追い風0・2メートル)の1着で通過した。

後で読む
スポーツ報知

 フィギュアスケート「ジャパンオープン」は3日にさいたまスーパーアリーナで、新型コロナ禍となってから国内では初めて観客を動員して開催される。2日は会場で前日練習が行われ、2018年世界選手権銀メダルの

後で読む
スポーツ報知

 正代(28)=時津風=が初優勝と大関昇進を決め、新入幕・翔猿(28)=追手風=の活躍もあり盛り上がりを見せた秋場所。その中、晴れ舞台で苦悩の15日間を過ごした力士もいる。新十両の王輝(24)=錣山=

後で読む
スポーツ報知

 巨人の元木大介ヘッドコーチ(48)が2日、復帰した。阪神戦(甲子園)の試合前練習でグラウンドに姿を現し、選手たちと談笑する中で笑顔を見せていた。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の古川侑利投手(25)が好リリーフし、リードを守り切った。

後で読む
スポーツ報知

広島の林晃汰内野手(19)が2日、プロ入り後初めて1軍出場選手登録された。

後で読む
デイリースポーツ

虫垂炎により1軍本隊を離れていた巨人・元木大介ヘッドコーチが2日、甲子園の試合前練習に合流した。 この日は広島から甲子園へ移動。原監督らと会話した後、本塁付近で個別の守備練習などの動きを見守った。原監督は1日の広島戦後、体調について「順調に回復しているようです」と話していた。

後で読む
スポーツニッポン

J1鹿島の日本代表MF三竿健斗(24)が、自慢の右足で上位進出への突破口を切り開く。チームは2日、茨城・鹿嶋市内であす3日のアウェーG大阪戦に向けて最終調整。練習後にオンラインで取材対応した背番号20は「今はワンタッチで(相手の)背後を狙うことができている。そこで、ゴールにつなげることができれば」と狙いを見定めた。

後で読む
東京スポーツ

フランス1部マルセイユの日本代表DF酒井宏樹(30)が、ブラジル代表FWネイマール(28=パリ・サンジェルマン)の差別発言騒動について自身のSNSで言及した。  酒井は9月13日のパリSG戦中に、ネ…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの工藤監督が2日、デスパイネの登録抹消によりバレンティンに白羽の矢を立てた理由を語った。  不振でファーム降格となったバレ砲だが、二軍でも打率1割6分3厘、1本塁打、7打点。決して調子は…

後で読む
東京スポーツ

期待の若鯉が初昇格だ。広島の林晃汰内野手(19)が2日、一軍選手登録された。プロ2年目の林は、二軍で57試合に出場。打率2割5分9厘、7本塁打、32打点の成績を残している。  初の一軍舞台に林は「緊…

後で読む
サンケイスポーツ

 今月17日にシーズンが開幕するバレーボール・Vリーグの選手らによる記者会見が2日、オンラインで行われた。女子1部(V1)・トヨタ車体の主軸で、日本代表主将の荒木絵里香(36)は「(コロナ禍の中で)バレーボールを思いきりできる幸せを改めて感じている。いいパフォーマンスをして、来年の東京五輪につなげられるようにしたい」と、開幕を待ちわびる思いを表した。

後で読む
サンケイスポーツ

 ソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手(36)と岩崎翔投手(30)が1軍に昇格した。工藤公康監督(57)は「そこ(長打力)も当然あります。彼の実績も含めて。みんな(コーチ)にも考えてもらった中での答えなので。素直に尊重してそれでいこうと」と説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

 スポーツ庁の室伏広治長官が2日、就任後初めて記者会見し「国民みんなが運動することで健康を保つことが大事。社会に少しでも貢献していくスポーツ界になるように取り組みたい」と述べ、スポーツの価値向上へ尽力することを誓った。

後で読む
スポーツニッポン

 白血病から復帰した日大の池江璃花子(20=ルネサンス)が女子400メートル予選に出場して第3泳者を務めた。日大(山本、持田、池江、小堀)は3組5レーンに入った。池江はトップ東洋大と1秒69差の2番で引き継ぎ、順位をキープ。トップ東洋大との差を1秒35差に縮めてアンカー小堀につないだ。日大は3分45秒69で全体2位で予選を突破。午後4時36分スタート予定の決勝メンバーからは外れた。

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキース・ブーン監督が、5日(日本時間6日)から始まるレイズとの地区シリーズでの投手陣構想に言及した。エース右腕コールについては「第1戦に先発する」と明かし… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島2年目の林晃汰内野手(19)が、プロ入り後初めて1軍に昇格した。今季ウエスタン・リーグでは57試合で4番に座り、打率2割5分9厘ながら、リーグトップタイの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

10月2日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>巨人 今村信貴投手広島 林晃汰内野手<抹消>巨人 香月一也内野手広島 スコット投手… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

「県王者」バイタルネットは信越硬式野球クラブ(長野市)と対戦し、1-2で惜敗した。0-0の4回裏1死、4番・桜吉宏樹一塁手(27)が右中間に大会1号となるソロ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神が水面下で進めてきた「ファーム本拠地移転計画」が具体的に動きだしたことが2日、分かった。 移転候補地となるのは阪神大物(だいもつ)駅徒歩5分の位置にある小田南公園。このほど同公園を所有する尼崎市に阪神サイドが完成予想図などの図面を提案、これを受けて市が近隣住民などの意見を聞いた上で実現へ向けて検討を進めていく。

後で読む
日刊スポーツ

J2ギラヴァンツ北九州DF村松航太(23)が、4日に対戦するアビスパ福岡の強烈2トップ封じを誓った。2日に北九州市内で調整。オンラインで取材に応じた。特に先発…

後で読む
スポーツ報知

 男子ゴルフの世界アマチュアランク1位の金谷拓実(22)=東北福祉大4年=が2日、次戦のメジャー、日本オープン(15~18日、千葉・紫CCすみれC)からのプロ転向を表明した。

後で読む
スポーツ報知

 東京五輪代表候補の湘南MF斉藤未月(21)が2日、オンライン取材に応じ、4日のホーム・F東京戦(BMWス)で今季初ゴールを誓った。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の桜井俊貴投手(26)が2日、1軍に合流した。5日の阪神戦(甲子園)での先発が濃厚だ。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の高橋優貴投手(23)が先発し、5回2/3を投げて8安打4失点(自責2)だった。

後で読む
スポーツ報知

 ◆セ・リーグ

後で読む
スポーツ報知

阪神が、2軍の本拠地を兵庫・西宮市内の鳴尾浜球場から尼崎市の小田南公園に移転することを検討していることが2日、分かった。すでに移転先周辺の地域住民への説明やアンケートを行うために準備を開始。複数の尼

後で読む
デイリースポーツ

巨人は2日、香月一也内野手の出場選手登録を抹消した。ロッテからトレードで加入して3試合に出場。2打席に立ったが、安打はなかった。 広島はテイラー・スコット投手が2軍降格となった。開幕は守護神としてスタートしたが結果を出せず、前日1日の巨人戦では先発して4回4失点だった。

後で読む
スポーツニッポン

J2磐田への期限付き移籍が決定的なG大阪MF遠藤保仁(40)に対し、G大阪幹部は「最後の最後まで諦めない」姿勢を示した。遠藤は01年に京都から完全移籍で加入。20年間で手にした9タイトル(J1リーグ2回、ルヴァン杯2回、天皇杯4回、ACL)は、全て背番号7とともに獲得しているだけに「クラブにとっても思い入れの強い選手」と口にした。

後で読む
サンケイスポーツ

ユベントスの副会長を務めるパヴェル・ネドヴェド氏は、クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシが依然として世界最高であると主張した。

後で読む
サンケイスポーツ

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ・グループステージが決定した。昨季の覇者BミュンヘンはグループAで、Aマドリード、レッドブル・ザルツブルク、ロコモティフ・モスクワと同組となっている。

後で読む
サンケイスポーツ

 米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手は1日に先発予定だった本拠地シカゴでのマーリンズとのワイルドカードシリーズ(3回戦制)第2戦が悪天候のため2日(試合開始予定は午後1時8分=日本時間3日午前3時8分)に延期となり、スライド登板することになった。 ダルビッシュは1日、キャッチボールやイメージトレーニングなどで軽めに調整した。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは2日、札幌ドームで「FINAL GAMES 2020」と題して20日から11月1日まで開催する主催7試合のチケット販売概要を発表した。対象は20日か… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

1日のヤクルト戦で右ふくらはぎ付近に打球を当てて負傷降板したDeNA山崎康晃投手が、試合前練習に通常通り参加した。ラミレス監督は「ちょっと痛みが残っているみた… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手(36)が2日、1軍復帰が決まり、チームに合流した。1日に右膝痛のため登録を抹消されたアルフレド・デスパイネ外… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・日本女子オープン・第2日」(2日、ザ・クラシックGC=パー72) 笹生優花(19)=ICTSI=が、桁違いのパワーを見せつけた。

後で読む
デイリースポーツ

 橋本聖子五輪相が2日、閣議後の定例会見を行った。不倫問題が報じられ、所属との契約が解除になるなど問題が広がっている競泳男子の瀬戸大也(26)について言及し、「またさらに強い姿で、しっかりと頑張っていただけることを期待しています」と選手としての再起に期待を込めた。 瀬戸は先月、不倫問題を報じられ、事実を認めて謝罪。9月30日には所属していたANAとの契約が解除となり、競泳日本代表の主将も辞退。さらに日本オリンピック委員会(JOC)のシンボルアスリートも辞退するなど、影響が広がっている。

後で読む
スポーツ報知

 男子800メートル予選第3組が行われ、日本記録保持者の川元奨(スズキ)が1分49秒23で2着となり、3日の決勝進出を決めた。1着は根本大輝(順大)で1分48秒60。

後で読む
スポーツ報知

 女子800メートル予選第1組が行われ、1500メートル&3000メートル日本記録保持者の田中希実(豊田自動織機TC)が2分5秒14で1着となり、3日の決勝進出を決めた。

後で読む
スポーツ報知

 スポーツ庁長官に就任した2004年陸上男子ハンマー投げ金メダルの室伏広治氏(45)が2日、文部科学省内で会見。スポーツ行政のトップとして「菅義偉首相がおっしゃっている縦割り行政打破の目的を担うのがス

後で読む
スポーツ報知

 サッカー元日本代表の中田英寿氏が率いる株式会社「JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」は、世界最大の日本酒データベースを誇る日本酒アプリ「Sakenomy」の大幅なリニューアルを実施。1

後で読む
スポーツ報知

 浦和の大槻毅監督(47)が2日、オンライン取材に応じ、4日のホーム・名古屋戦(埼玉)で必勝を誓った。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の山本泰寛内野手(26)が左越えに3号ソロを放った。3点リードの4回2死から、高めに入ってきた球をとらえた。

後で読む
デイリースポーツ

J1、G大阪の元日本代表MF遠藤保仁(40)が今季終了までの期限付きでJ2磐田に移籍することが2日、分かった。G大阪のクラブ関係者は交渉を認め「時間をかけずに早めに進めたい」と話した。 プロ23年目の遠藤は今季、元名古屋のGK楢崎正剛が持っていたJ1最多出場記録(631試合)を7月のC大阪戦で更新。ここまで11試合に出場して記録を641まで伸ばしているが、先発出場は3試合で、世代交代もあって第7節以降の出番はいずれも途中出場となっている。

後で読む
スポーツ報知

1日のヤクルト戦(横浜)で打球を右ふくらはぎ付近に受けたDeNA・山崎康晃投手(28)は2日、中日戦(横浜)前の練習に参加した。離脱も心配されたが、ラミレス監督は「ちょっと痛みが残っているみたいだが

後で読む
東京スポーツ

J2磐田は2日、フェルナンド・フベロ監督(46)を解任し、後任に強化本部長の鈴木政一氏(65)が就任すると発表した。  鈴木氏は、2000年9月~02年に監督として指揮を執り、2002年にチームをJ…

後で読む
サンケイスポーツ

 ジュビロ磐田は2日、フェルナンド・フベロ監督の退任を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

 来夏の東京五輪卓球男子日本代表に内定している丹羽孝希(25)=スヴェンソン=が2日、10月1日に結婚したことを発表した。相手は一般女性。所属先を通じて、「2人で幸せな家庭を築くとともに、プロの卓球選手としても目標に向かって頑張っていきます」とコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

 米女子ゴルフのショップライト・クラシックは1日、ニュージャージー州ギャロウェーのシービュー・ベイコース(パー71)で第1ラウンドが行われ、渋野日向子は68と伸ばし22位でスタートを切った。

後で読む
日刊スポーツ

ホワイトソックスのルーキー、ルイス・ロベルト中堅手が、約148メートルの特大本塁打を放った。MLB公式サイトが伝えている。ロベルトは2回、先発マイク・ファイア… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

全30球団最高勝率のドジャースが2連勝で地区シリーズ進出を決めた。左腕カーショーが快投を演じた。8回を投げ3安打無失点。13三振を奪った。打線は0-0の5回、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神ドラフト3位の及川雅貴投手(19)が約2カ月ぶりの先発マウンドで3回1失点。不安定な立ち上がりから修正力を見せた。7月29日ソフトバンク戦(タマホーム筑後… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

駒大のキャプテンが覚醒した。1-6の8回無死一、二塁。若林楽人中堅手(4年=駒大苫小牧)が国学院大・影山から左越えに3ランを放った。今秋早くも3本塁打。3年秋… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今年から指揮を執る渡辺俊介監督(44)率いる日本製鉄かずさマジックが、南関東大会初戦を突破した。今秋のドラフト候補右腕、山本晃希投手(24=九州国際大)は、先… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「日本女子オープンゴルフ選手権、第2日」(2日、福岡、ザ・クラシックGC) 笹生優花(19)=ICTSI=が、桁違いのパワーを見せつけた。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、広島-阪神」(2日、由宇球場) 腰の張りを訴えていた阪神ドラフト3位・及川雅貴投手(19)=横浜=が先発のマウンドに上がり、3回3安打1失点。公式戦では7月29日の同ソフトバンク戦(タマスタ筑後)以来となるスターターだったが力投した。

後で読む
日刊スポーツ

J1第20節は10月3、4日に行われる。各カードのoptaファクトは以下の通り。※ファクト内の数字はJ1での成績北海道コンサドーレ札幌 – ベ…

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸は2日、元所属選手でDFだった北本久仁衛氏(39=現スクールコーチ)が、トップチームのアシスタントコーチに就任すると発表した。奈良市生まれの北本…

後で読む
日刊スポーツ

J2の2位ギラヴァンツ北九州のMF椿直起(20)が、2戦連発で勝利に導く覚悟だ。2日、北九州市内で練習後にオンラインで取材対応した。4日に対戦する堅守が自慢の…

後で読む
スポーツ報知

 東京五輪の卓球男子日本代表・丹羽孝希(25)=スヴェンソン=が2日、一般女性と10月1日に結婚したことを発表した。2012年ロンドンから3大会連続で五輪代表入り。16年リオデジャネイロ大会では団体メ

後で読む
スポーツ報知

 女性問題に揺れる競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)をCMに起用していた味の素が、2日付で広告出演契約を解除したことが分かった。

後で読む
スポーツ報知

 14年秋以来の1部復帰を目指す青学大は、1年生右腕・下村海翔(かいと、九州国際大付)が5安打1失点で完投勝ち。9回に内野ゴロの間に1点を失い、初完封こそ逃したが、堂々のリーグ戦初勝利を挙げた。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の北村拓己内野手(25)がレフトオーバーの2点二塁打を放った。0―0の初回1死二、三塁。本田の内角球をとらえ「先制のチャンスだったので積極的にいきました。優貴(先発の高橋)を援護できてよかったで

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス「G1クライマックス」1日長岡大会のBブロック公式戦で、SANADA(32)がIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)を破り公式戦初勝利を挙げた。挫折からスタ…

後で読む
東京スポーツ

【和田京平 王道を彩った戦士たち】全日本プロレス和田京平名誉レフェリー(65)の連載「王道を彩った戦士たち」。第6回は先日亡くなったアニマル・ウォリアーさん(享年60)がホーク・ウォリアーさん(享年4…

後で読む
スポーツ報知

中日は2日、6日のヤクルト戦(ナゴヤD)からドーム内に常設されているスピーカーを使って、事前に収録した攻撃時の「チャンステーマ」などの音声を流すことを発表した。

後で読む
スポーツ報知

パシフィックリーグマーケティング株式会社は2日、2020年度のパ・リーグのオフィシャルスポンサーである総合人材サービスのパーソルホールディングス株式会社とともに、パーソルグループの冠協賛試合「パーソ

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは、2日からマリーンズストアにて「70周年チャンピオンシリーズ」の一環として2005年の日本一に関連させたグッズを販売すると発表した。 「70周年チャンピオンシリーズ」は、球団設立70周年を記念して日本一に輝いた4度のシーズンに焦点を当て、70年間の歩みを振り返るイベント。なお2日から4日の西武戦(ZOZOマリンスタジアム)では、2005年の日本一を記念してマリーンズは「2005年誠ユニホーム」を着用してプレーする。

後で読む
サンケイスポーツ

 サッカーのイングランド・リーグカップ4回戦は1日、各地で行われ、リバプールの南野拓実はホームで行われたアーセナル戦にFWでフル出場した。チームは0-0からのPK戦を4-5で落として敗退した。

後で読む
サンケイスポーツ

 サッカーJ1G大阪のMF遠藤保仁(40)がJ2磐田に期限付き移籍する見込みであることが2日、わかった。期間は今季終了までの約3カ月間。

後で読む
サンケイスポーツ

 競泳・日本学生選手権第2日(東京辰巳国際水泳場)白血病からの完全復活を目指す競泳女子の池江璃花子(20)=日大=が2日、女子400メートルフリーリレー予選に第3泳者として登場した。2位でバトンを受けると、大きなストロークでグングン加速。引き継ぎ記録ながら56秒19をマークし、2位で最終4番手にバトンをつないだ。日大は3分45秒69の全体2位で夕方からの決勝に進出した。東洋大が全体1位だった。

後で読む
日刊スポーツ

カブスは、マーリンズとのワイルドカードシリーズ第1戦を1-5で落としているが、監督や選手らは、ダルビッシュ有投手が敗退の危機から救ってくれると期待を寄せている… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

メジャー生活17年をレッズ一筋で過ごし、捕手として2度のワールドシリーズ(WS)制覇に貢献するなど、輝かしいキャリアを送ったジョニー・ベンチ氏(72)が記念品… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発はソフトバンクがムーア、日本ハムが上原。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発は阪神が西勇、巨人が今村。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

前日、夕飯を食べようとしていた国学院大・川村啓真外野手(3年=日本文理)の携帯が鳴った。鳥山泰孝監督(45)からだった。「川村らしく、攻撃的に振っていきなさい… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツ報知

 新日本プロレスの最強シングル決定リーグ戦「G1クライマックス30」参戦中のKENTA(39)が1日の試合直後に自身のツイッターを更新。今大会で対戦する9人のレスラーを漢字1文字で表現して、話題を呼ん

後で読む
スポーツ報知

 WBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27)=大橋=が2日までにWBA3位、IBF4位のジェーソン・モロニー(29)=オーストラリア=との対戦に向けて、本格的な減量に入ったことを明らかにし

後で読む
スポーツ報知

 白血病から復帰した日大・池江璃花子(20)=ルネサンス=が、女子400メートルリレー予選に日大の第3泳者として出場し、3分45秒69の全体2位で、決勝進出に貢献した。

後で読む
スポーツ報知

 2打差2位から出た、午前組の小祝さくら(22)=ニトリ=は6バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの69で回り、通算9アンダー。この時点で2ホール終了で8アンダーのイ・ナリ(韓国)に1打差をつけて首位

後で読む
スポーツ報知

 中田英寿氏が率いる株式会社「JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」と、株式会社NTTデータは1日、世界最大の日本酒データベースを誇る日本酒アプリ「Sakenomy」の大幅なリニューアルを

後で読む
東京スポーツ

 プロレスリングZERO ONEは2日、#STRONGHEARTS所属のCIMA(42=OWE)が9月29日に自転車で走行中、自動車との交通事故(左折車と接触)に遭い、救急車で病院に搬送されたことを発…

後で読む
サンケイスポーツ

 先月25日、国際オリンピック委員会(IOC)と東京五輪・パラリンピック組織委員会による調整委員会終了後の記者会見。組織委の森喜朗会長は「将来にわたり東京大会が人類のレガシー(遺産)となるロールモデルを示すよう、不断の努力を続ける」と宣言した。

後で読む
サンケイスポーツ

 夢は、かなえられる-。この選手を見ていると、そう感じさせられる。ヤクルト・長谷川宙輝投手(22)だ。

後で読む
サンケイスポーツ

 米女子ゴルフのショップライト・クラシックは1日、ニュージャージー州ギャロウェーのシービュー・ベイコース(パー71)で第1ラウンドが行われ、畑岡奈紗は1イーグル、6バーディー、1ボギーの64をマークし、首位と1打差の3位と好スタートを切った。

後で読む
サンケイスポーツ

 米女子ゴルフのショップライト・クラシックは1日、ニュージャージー州ギャロウェーのシービュー・ベイコース(パー71)で第1ラウンドが行われ、畑岡奈紗は1イーグル、6バーディー、1ボギーの64をマークし、首位と1打差の3位と好スタートを切った。

後で読む
日刊スポーツ

5回にレッズが1点を奪われ、その後8回表まで両者に点が入らないという投手戦の展開となったこの試合だが、ブレーブスは8回裏に指名打者のマルセル・オズナとアダム・… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

パドレスが5本の本塁打でカージナルスに逆転勝ちし1勝1敗のタイとした。2-6の6回、タティスの3ラン、マチャドのソロで同点。7回にはマイヤーズのソロ、タティス… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

鎌ケ谷市出身で野球観戦に足繁く通う元AKB48&NMB48で女優の藤江れいな、日本ハムの大ファン本郷杏奈、AKB48宮崎美穂が、週替わりでコラムに登場します。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ガンバ大阪の元日本代表MF遠藤保仁(40)が、J2ジュビロ磐田に期限付き移籍することが2日、分かった。契約は今季終了までの実質3カ月間。正式に決定すれば、一両…

後で読む
スポーツ報知

 1980年代前半に初代タイガーマスクと激闘を展開し“虎ハンター”と呼ばれた小林邦昭氏(64)が2000年4月21日に引退してから今年で20年となった。1972年10月に旗揚げ間もない新日本プロレスに

後で読む
日刊スポーツ

J2ジュビロ磐田のフベロ監督(46)が成績不振を理由に解任されることが1日、分かった。今日2日にもクラブから発表される見込み。昨季途中に就任したフベロ監督だが…

後で読む
日刊スポーツ

この夏は雷雨によるJリーグの試合の中断や中止が例年より多かったように思える。僕が所属するYS横浜の試合でも雷雨による中断があった。雨が降りそうで…

後で読む
スポーツ報知

 プロバスケットボールBリーグ20―21シーズンが2日、開幕する。「とうほく報知」では東北を拠点とするB1、B2の5チームを特集する。

後で読む
スポーツ報知

 プロバスケットボールBリーグ20―21シーズンが2日、開幕する。「とうほく報知」では東北を拠点とするB1、B2の5チームを特集する。

後で読む
スポーツ報知

 プロバスケットボールBリーグ20―21シーズンが2日、開幕する。「とうほく報知」では東北を拠点とするB1、B2の5チームを特集する。

後で読む
スポーツ報知

 第1ラウンドが行われ、世界ランク8位の畑岡奈紗(21)=アビームコンサルティング=が1イーグル、6バーディー、1ボギーの64をマーク。7アンダーで首位と1打差の3位と好発進を決めた。「今日は100点

後で読む
スポーツ報知

 J1北海道コンサドーレ札幌への来季加入が内定している特別指定選手のFW中島大嘉(18)=長崎・国見高=が、次節仙台戦(3日、札幌ド)での初ベンチ入りを目指し鍛錬を重ねている。

後で読む
スポーツ報知

 全国高校サッカー選手権静岡県大会は3日に1次トーナメント2回戦27試合が各地で行われる。静岡商は第3シード・浜名への挑戦権を懸けて沼津西と対戦。MF曽我拓生(たくみ、3年)の突破力に注目だ。

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス「G1クライマックス」1日長岡大会のBブロック公式戦で、SANADA(32)がIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)を破り公式戦初勝利を挙げた。挫折からスタ…

後で読む
東京スポーツ

【ニュージャージー州ギャロウェー1日(日本時間2日)発】ゴルフ米女子ツアー「ショップライト・クラシック」(シービュー・ベイコース=パー71)初日、世界ランキング8位の畑岡奈紗(21=アビームコンサルテ…

後で読む
東京スポーツ

【ニュージャージー州ギャロウェー1日(日本時間2日)発】ゴルフ米女子ツアー「ショップライト・クラシック」(シービュー・ベイコース=パー71)初日、米本土3戦目となる同14位の渋野日向子(21=サントリ…

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス6-4日本ハム」(1993年10月2日、グリーンスタジアム神戸) ケルビン・トーベは8月7日・ロッテ戦の第2打席に小宮山悟から中前打して以来、無安打が続き、9月1日・ダイエー戦で51打席連続無安打となった翌日に登録を抹消された。この日は1カ月ぶりの1軍に昇格。即スタメンに復帰した。

後で読む
スポーツニッポン

J2磐田がG大阪の元日本代表MF遠藤保仁(40)を期限付き移籍で獲得することが2日までに分かった。今シーズンいっぱいで買取オプションは付いていない。近日中に正式発表される見込みだ。

後で読む
サンケイスポーツ

トットナムがベンフィカとカルロス・ヴィニシウスの期限付き移籍で合意したようだ。『Goal』の取材で明らかになった。

後で読む
サンケイスポーツ

アーセナルに所属するルーカス・トレイラのAマドリード移籍が迫っているようだ。『Goal』の取材で明らかになった。

後で読む
東京スポーツ

レッズの秋山翔吾外野手(32)のメジャー1年目が終わった。敵地でのブレーブスとのワイルドカードシリーズ第2戦に「1番・左翼」で出場し、4打数無安打だった。チームは0―5と2試合連続完封負けで敗退が決…

後で読む
東京スポーツ

メジャー30球団全ての商品を扱う米大リーグ機構(MLB)のフラッグシップストアがニューヨーク市マンハッタンで2日(日本時間3日)にオープンする。これまで各球団のグッズは球団個別のクラブストアで販売さ…

後で読む
東京スポーツ

米大リーグ機構(MLB)公式サイトは1日(日本時間2日)に「ヤンキースがア・リーグで優勝最有力とみられる5つの理由」と題し、2009年以来のワールドシリーズ制覇を狙う名門チームを分析した。  インデ…

後で読む
デイリースポーツ

J1G大阪の元日本代表MF遠藤保仁(40)がJ2磐田に今季終了まで期限付き移籍することが2日、分かった。クラブ関係者は交渉中であることを認め、近日中に正式発表される見込みとなっている。 遠藤はプロ23年目を迎えた今季、J1最多出場記録を更新し、通算641試合に出場しているが、先発出場は4試合にとどまっており、さらなる出場機会を求めて新天地を模索したとみられる。J2でのプレーはG大阪が降格した13年以来7年ぶりとなる。

後で読む
サンケイスポーツ

 10月4日に中山競馬場で行われる秋のGIシリーズ開幕戦「第54回スプリンターズS」(GI、中山11R、3歳以上オープン、定量、芝1200メートル、1着賞金1億3000万円)の枠順が2日に確定した。

後で読む
東京スポーツ

【英国・リバプール1日(日本時間2日)発】イングランド・リーグ杯4回戦が行われ、リバプールのMF南野拓実(25)はホームのアーセナル戦にフル出場したが無得点に終わった。チームは0―0で突入したPK戦で…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。