「2020年10月6日」の記事一覧

サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、ロッテ0-3オリックス、19回戦、ロッテ15勝3敗1分、6日、ゾゾマリン)負の流れを断ち切ろうと、オリックス・山本がマウンドに上がった。チームは昨季からZOZOマリンで11連敗中。今季最後の千葉での3連戦。まずは初戦必勝を目指して腕を振った。

後で読む
サンケイスポーツ

 DeNAの三原一晃球団代表が6日、オンラインで報道陣の取材に対応。アレックス・ラミレス監督が今季限りで退任する見込みという一部報道を受けて、球団としての見解を示した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、広島4-4阪神、18回戦、広島5勝10敗3分、6日、マツダ)阪神は延長十回、熊谷のタイムリーで勝ち越したが、その裏、追いつかれて、引き分けた。以下、矢野監督の一問一答。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム上沢直之投手(26)が、楽天戦(札幌ドーム)で6回1/3を7安打3失点(自責1)にまとめて、チームトップの8勝目をマークした。「全体的に調子が悪く、思… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島ドラフト2位宇草孔基外野手がプロ初出場初スタメンで初安打を放った。この日初めて出場選手登録され、1番左翼で即先発。5回2死、3打席目に青柳から左中間二塁打… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神が延長10回に一時勝ち越すも、直後に追いつかれ、4時間超の戦いは引き分けに終わった。矢野燿大監督の一問一答は以下の通り。-もったいない引き分け矢野監督 ト… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「広島4-4阪神」(6日、マツダスタジアム) 阪神が延長の末に引き分けた。1点勝ち越して迎えた十回、抑えのスアレスが1死から長野の内野安打、坂倉の右前打に右翼島田の失策もからみ、二、三塁。会沢への申告敬遠で満塁とされ、堂林の遊ゴロで同点とされた。

後で読む
デイリースポーツ

「広島4-4阪神」(6日、マツダスタジアム) 阪神・藤浪が九回、初めて同点の場面でリリーフとして登板。1回無安打無失点2奪三振、わずか9球で終わらせる完璧な投球を見せた。

後で読む
デイリースポーツ

「広島4-4阪神」(6日、マツダスタジアム) 阪神・矢野監督は小幡を「1番・遊撃」、近本を「3番・中堅」で起用する新オーダーで臨んだ。小幡は5打数2安打。六回は好投の九里から遊撃への内野安打で出塁し、一時は同点となる生還。九回はフランスアから左前打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人の菅野智之投手が6日、東京ドームで行われたDeNA16回戦で先発して7回3失点で白星を挙げ、開幕投手から13連勝として岩隈(巨人)が近鉄時代の2004年にマークしたプロ野球記録を更新した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日4-0ヤクルト、19回戦、中日12勝5敗2分、6日、ナゴヤD)中日が3位に浮上した。二回にシエラの二塁打で先制し、阿部の適時打、大島の犠飛、京田の適時内野安打で4点を挙げた。勝野は7回2/3を5安打無失点に封じ、3勝目。ヤクルトは小川の代役で先発した久保が打たれ、4連敗。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム5-3楽天、19回戦、9勝9敗1分、6日、札幌D)楽天の則本昂は6回5失点と踏ん張れず5敗目を喫した。3-2の五回1死二、三塁で大田に痛恨の逆転3ランを浴びた。

後で読む
スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 巨人6―4DeNA(6日・東京ドーム)

後で読む
東京スポーツ

 巨人・菅野智之投手(30)が6日のDeNA戦(東京ドーム)で、プロ野球新記録となる開幕13連勝を飾り、8年目で通算100勝の大台に到達した。  無双エースがまた前人未踏の域に踏み込んだ。打線の援護も…

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクは西武に競り負け、連勝が4でストップした。2位・ロッテもオリックスに敗れたため、2ゲーム差は変わらなかった。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの栗山英樹監督(59)が、一時逆転を許した4回に同点につながる失策を犯した清宮幸太郎内野手(21)にカミナリを落とした。

後で読む
スポーツ報知

広島のドラフト2位・宇草孔基外野手(23)がプロ初安打、初盗塁をマークした。

後で読む
スポーツ報知

阪神は延長10回に熊谷の適時打で1点を勝ち越したが、その裏に守護神の素アレスが内野ゴロの間に1点を失い、勝利を逃した。矢野燿大監督(51)は今季5度目のドローにも選手たちの粘りを評価した。以下は一問

後で読む
デイリースポーツ

「巨人6-4DeNA」(6日、東京ドーム) 巨人の丸佳浩外野手が100勝&日本記録となる開幕13連勝を達成した同級生の菅野の記録継続へ残り試合も援護する意欲を明かした。三回1死一、三塁。この日、初対戦の坂本の外角直球を逆らわずに左中間席へ決勝の19号3ランを放った。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ0-3オリックス」(6日、ZOZOマリンスタジアム) コロナ禍に見舞われたロッテに対してエース・山本が8回2安打無失点の好投で最後はディクソンが締める完封リレー。今季9度目の完封勝利はリーグ最多となった。

後で読む
デイリースポーツ

広島が延長十回に追い付き、引き分けた。3-4の十回に堂林の遊ゴロで同点。続く好機は、代打菊池涼が三邪飛に倒れた。阪神は八回に代打原口が同点打、十回は熊谷の中前打で勝ち越したが、スアレスが誤算だった。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクのエース・千賀滉大投手(27)が、6日の西武戦(メットライフドーム)で悔しい6敗目を喫し、チームの連勝は4でストップした。    0―0の5回一死一、二塁で源田の当たりを二塁手・周東が失…

後で読む
東京スポーツ

新たな「伝説」を決めてみせた。巨人のエース・菅野智之投手(30)が6日のDeNA戦(東京ドーム)で7回120球4安打3失点と力投。無傷の13連勝をマークした。開幕投手からの13連勝は2004年の岩隈…

後で読む
東京スポーツ

パ・リーグ首位のソフトバンクが6日の西武戦(メットライフドーム)に1―3で敗れ、連勝が4で止まった。2位・ロッテも敗れたため、ゲーム差は2で変わらなかった。  打線が6回二死まで無安打と相手先発・高…

後で読む
東京スポーツ

J2磐田の鈴木秀人強化部長(45)が、J1G大阪から期限付き移籍した元日本代表MF遠藤保仁(40)に大きな期待を寄せている。  磐田は昨季J2に降格。1年でのJ1復帰を目指していたが、9月5日の新潟…

後で読む
サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、ロッテ0-3オリックス、19回戦、ロッテ15勝3敗1分、6日、ゾゾマリン)緊急事態下で開催されたオリックス戦。1、2軍で計22選手を入れ替えて臨んだロッテは散発2安打に終わり完敗したものの、井口監督は「試合に関しては全然難しくない。しっかり入れたと思う。若手はみんな声を出して、しっかり準備してやってくれていたので、レギュラーを取れるようにアピールしてほしい」と前を向いた。

後で読む
サンケイスポーツ

 プロ野球は6日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人6-4DeNA、16回戦、巨人11勝5敗、6日、東京D)巨人の坂本が右脚に張りを訴えて、途中交代した。四回の打席で中飛に倒れ、五回の守備から退いた。原監督は「少し張っているということ。7日は元気に出ると思う」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表は6日、オランダのユトレヒトで行われるカメルーン代表との国際親善試合(9日)に向けた合宿2日目の練習をアーネム近郊で実施した。酒井(マルセイユ)権田、安西(ともにポルティモネンセ)が合流し、全23選手がそろった。

後で読む
サンケイスポーツ

テニスの全仏オープン第10日は6日、パリのローランギャロスで行われ、女子シングルス準々決勝で世界ランキング131位のナディア・ポドロスカ(アルゼンチン)が第3シードのエリナ・スビトリナ(ウクライナ)を6-2、6-4で破り、四大大会初の準決勝進出を果たした。オープン化以降の同種目で予選から勝ち上がった選手の4強入りは初めて。

後で読む
日刊スポーツ

反対方向の巨人岡本和真内野手が、菅野を盛り立てた。初回1死一、三塁から右翼線へ適時二塁打。「先制出来て、菅野さんを援護出来て良かったです」と打点をリーグ独走の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島4番松山竜平が痛恨の適時失策をバットで取り返した。1点リードの6回1死二塁、3番近本の正面への一ゴロを後逸して同点とされた。悔しさを胸に、1点リードの7回… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム清宮幸太郎内野手が試合後、栗山監督から喝を入れられた。4回の一塁守備で送球を捕れず、後逸する失策。その後の失点にもつながった。指揮官は「(試合後に呼び… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム) 阪神・藤浪が同点の場面で初めて中継ぎ登板した。1回無安打無失点で2奪三振と完璧な投球を見せた。

後で読む
デイリースポーツ

「広島4-4阪神」(6日、マツダスタジアム) 阪神が延長の末に引き分けた。1点勝ち越して迎えた十回、スアレスが1死から長野の内野安打坂倉の右前打に右翼島田の失策もからみ、二、三塁。会沢への申告敬遠で満塁とし、堂林の遊ゴロで同点とされた。

後で読む
サンケイスポーツ

中日の新助っ人、モイセ・シエラ外野手(32)が「6番・右翼」で出場。先制打を含む2安打1打点で勝利に貢献した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム5-3楽天、19回戦、9勝9敗1分、6日、札幌D)日本ハムが連敗を3で止めた。2-3の五回に大田の2試合連続となる11号3ランで逆転。上沢は七回途中まで7安打を浴びながら3失点と粘って8勝目を挙げた。楽天は則本昂が6回5失点と乱れて勝率が5割に戻った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武3-1ソフトバンク、15回戦、ソフトバンク8勝7敗、6日、メットライフ)昨季からソフトバンク戦は5連勝中の西武・高橋光が、この日も“鷹キラー”ぶりを発揮した。

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌DF石川直樹(35)が6日、札幌・宮の沢での全体練習に約3カ月半ぶりに合流した。千葉合宿中だったリーグ再開前の6月末の練習試合中に右足首…

後で読む
日刊スポーツ

「磐田のヤット」が本格始動した。ガンバ大阪から期限付き移籍でジュビロ磐田に加入した元日本代表MF遠藤保仁(40)が6日、袋井市内で行われたチーム練習に合流。日…

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会は6日、オランダ遠征中のサッカー日本代表の選手背番号を発表し、MF南野拓実(25=リバプール)が背番号「10」となった。MF久保建英(19=ビ…

後で読む
スポーツ報知

 日本水泳連盟は6日、オンラインで常務理事会を開き、女性問題に揺れる競泳男子の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の五輪競泳選手団主将の辞退届と、日本短水路選手権(17~18日、辰巳)の辞退届を承認した。倫

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会は6日、オランダ遠征中の日本代表の背番号を発表し、MF南野拓実(25)が注目の10番を背負うことが決まった。MF久保建英(19)はこれまでと同…

後で読む
スポーツ報知

 巨人の坂本勇人内野手(31)が1点リードの5回の守備から途中交代。代わって若林が入り二塁の守備に就き、二塁の吉川尚が遊撃に回った。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の菅野智之投手(30)が6日のDeNA16回戦(東京ドーム)に先発し、7回4安打3失点で開幕戦先発から負けなしのプロ野球新記録となる13連勝を達成し、平成生まれでは初のプロ通算100勝到達で花を

後で読む
スポーツ報知

 巨人・菅野智之投手(30)が平成生まれ一番乗りの通算100勝を達成した。7回3失点でDeNAに快勝し、開幕投手としては日本新記録の13連勝。開幕13連勝は1966年の堀内恒夫さんに並ぶ球団記録となっ

後で読む
東京スポーツ

 また一つ、消えた…。不倫スキャンダルを起こした競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)がセンターに収まるポスターが6日、日本オリンピック委員会(JOC)をはじめ多数の五輪競技団体が事務局を構える「ジャパ…

後で読む
東京スポーツ

 日本サッカー協会(JFA)は6日、オランダ遠征(9日=カメルーン戦、13日=コートジボワール戦)に臨む日本代表メンバー23人の背番号を発表した。  森保ジャパンで主に10番を背負ってきたMF中島翔哉…

後で読む
デイリースポーツ

卓球のTリーグは6日、理事会を開催し、来年1月以降の今シーズン後半戦は観客を入れて実施する方針を固めた。3季目となる今季は11月17日に開幕予定だが、新型コロナウイルス感染防止の観点から年内は無観客でのリモートマッチで実施する。オンラインで取材に応じた星野一朗理事長は「ファンの方が会場に足を運んで、選手と一体感を持って盛り上げてもらうような場面をつくりたい。選手にとっても声援が大きな力になる」と話した。観客席の上限は国のガイドラインや会場のある自治体ごとの方針に従うという。 また、国際卓球連盟(ITTF)がこのほど、11月に国際大会を再開し、中国で4大会続けて行うスケジュールを発表したことに言及した。

後で読む
デイリースポーツ

【パリ共同】テニスの全仏オープン第10日は6日、パリのローランギャロスで行われ、女子シングルス4回戦で世界ランキング57位のダニエル・コリンズ(米国)が第30シードのオンス・ジャバー(チュニジア)を6-4、4-6、6-4で破り、初の8強入りを果たした。 準々決勝で第3シードのエリナ・スビトリナ(ウクライナ)が予選から勝ち上がった世界131位のナディア・ポドロスカ(アルゼンチン)と対戦した。

後で読む
デイリースポーツ

日本水連は6日、オンラインで常務理事会を開き、競泳男子の瀬戸大也が申し出た東京五輪の競泳日本代表主将の辞退を承認した。17、18日に東京辰巳国際水泳場で行われる日本短水路選手権の欠場も認めた。 競泳で1人だけ来年の五輪代表に決まっている瀬戸は9月に不倫が発覚して所属先だったANAとの契約が解除となった。水連は「一連の行為は水泳トップ選手として大変に遺憾。信頼を裏切った責任は大変に重い」とした。近く瀬戸から事情聴取し、処分を検討していくという。

後で読む
デイリースポーツ

日本水連は6日、新型コロナウイルスの感染拡大で4月の開催を断念した競泳の日本選手権を、12月3~6日に東京五輪会場の東京アクアティクスセンターで実施する方針を発表した。競技日程を当初の8日間から4日間に短縮し、新型コロナの感染拡大防止に努めて開催を目指すという。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトは今季6度目の完封負けで4連敗。このカードの2年連続負け越しが決まり、火曜日の連敗は10に伸びた。

後で読む
スポーツ報知

オリックスは開幕から9連敗中だった鬼門のZOZOで今季初勝利を挙げた。絶好調の先発・山本が快投。8回までゼロを並べ、連続無失点を29イニングまで伸ばした。今季唯一、勝っていなかったロッテにも初勝利。

後で読む
スポーツ報知

楽天・則本昂大投手(29)が先発し、6回9安打5失点で5敗目を喫した。

後で読む
スポーツ報知

中日・与田剛監督(54)が6日、プロ志望届の提出を表明した中京大中京・高橋宏斗投手(3年)への高評価を明かした。ヤクルト戦(ナゴヤD)後に代表取材に応じ、「もちろん素晴らしい素材とは情報を得てますし

後で読む
スポーツ報知

DeNAは、ロペスの2ランなどで菅野から4回までに3点を奪い、1点差としたが黒星を付けることができなかった。

後で読む
スポーツ報知

日本協会は6日、オランダで行われる国際親善試合のカメルーン戦(9日)とコートジボワール戦(13日)に臨む日本代表の背番号を発表した。新10番はMF南野拓実が背負う。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムが連敗を3で止めた。2-3の五回に大田の2試合連続となる11号3ランで逆転。上沢は七回途中まで7安打を浴びながら3失点と粘って8勝目を挙げた。楽天は則本昂が6回5失点と乱れて勝率が5割に戻った。

後で読む
デイリースポーツ

「中日4-0ヤクルト」(6日、ナゴヤドーム) 高津ヤクルトが完封負けで、チーム4連敗。直面したのはコロナ渦の中で戦う難しさだ。試合後の高津監督は、大きく息を吐いた。

後で読む
デイリースポーツ

西武が4投手の継投で逃げ切った。七回途中まで2安打無失点の高橋光が6勝目を挙げ、増田が24セーブ目。打線は五回に森の犠飛で先制し、八回には森の2点三塁打で加点した。ソフトバンクの連勝は4で止まった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人6-4DeNA」(6日、東京ドーム) 巨人・菅野智之投手が7回4安打3失点の力投。開幕から無傷の13連勝となった。

後で読む
デイリースポーツ

「西武3-1ソフトバンク」(6日、メットライフドーム) 西武が高橋光、ソフトバンクが千賀という両先発が投げ合い、高橋光が6回1/3を2安打無失点の好投。七回途中のピンチで後を受けた平良が併殺で切り抜けると、森脇-増田とつないで逃げ切った。

後で読む
スポーツニッポン

国際親善試合カメルーン戦(9日・ユトレヒト)に臨む日本代表はオランダ合宿2日目の6日、練習前にオンラインで取材対応した。DF酒井宏樹(30=マルセイユ)は約1年ぶりの代表活動に「この状況(コロナ禍)で活動ができるのか不安だった。代表活動ができることの幸せを感じる」と、感謝の思いを語った。

後で読む
スポーツニッポン

日本協会は6日、国際親善試合(9日カメルーン戦、13日コートジボワール戦)に臨む日本代表メンバー23人の背番号を発表した。森保ジャパンの大半の活動で10番を背負ってきたMF中島翔哉(26=ポルト)は選外となり、新10番は南野拓実(25=リバプール)。注目された久保建英(19=ビリャレアル)は17番に決まった。

後で読む
日刊スポーツ

女性問題で揺れる競泳男子の瀬戸大也(26)が、日本水連の事情聴取を受けることになった。日本水連は6日、オンラインで常務理事会を開催。瀬戸に対して、来週にも倫理…

後で読む
日刊スポーツ

女性問題で揺れる競泳男子の瀬戸大也(26)が6日、次戦としてエントリーしていた日本短水路選手権(17、18日、東京辰巳国際水泳場)を欠場することになった。瀬戸…

後で読む
日刊スポーツ

コロナ禍で4月から延期されていた20年水泳の日本選手権が12月3~6日、オリンピック(五輪)会場の東京アクアティクスセンターで行われる方向となった。この日、日…

後で読む
日刊スポーツ

過去に強化方針を巡って大混乱に陥っていた全日本テコンドー協会が、日本最高の頭脳を誇る「赤門」とタッグを組む。6日、都内で東大のスポーツ先端科学研究拠点との連携…

後で読む
サンケイスポーツ

ローマは、イングランド代表DFクリス・スモーリングの完全移籍を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表は6日、オランダのユトレヒトで行われるカメルーン代表との国際親善試合(9日)に向けた合宿2日目の練習をアーネム近郊で実施。

後で読む
東京スポーツ

西武の岡田雅利捕手(31)が〝職人芸〟を決めた。6日のソフトバンク戦(メットライフ)、1―0で迎えた6回無死一、二塁のチャンス。ここで相手エース・千賀から是が非でも追加点が欲しい西武ベンチは、ここま…

後で読む
東京スポーツ

西武・高橋光成投手(23)が6日のソフトバンク戦(メットライフ)に先発登板し、6回1/3を2安打無失点8奪三振だった。  相手エース・千賀との投げ合いで6回一死までノーヒット投球を演じた高橋は「今日…

後で読む
東京スポーツ

エースがまたしても崩れた。楽天・則本昂大投手(29)が6日の日本ハム戦(札幌ドーム)で今季14度目の先発マウンドに立ち、6回を119球、9安打2四球5失点。チームは3―5で敗れ、自身も今季5敗目を喫…

後で読む
デイリースポーツ

日本サッカー協会は6日、オランダ遠征中の日本代表が親善試合カメルーン戦(9日)、同コートジボワール戦(13日)で着用すえう背番号を発表。今回、招集外となったMF中島翔哉(ポルト)に代わって、MF南野拓実(リバプール)が背番号「10」をつけることになった。 これまで南野がつけていた「9」はMF鎌田大地(Eフランクフルト)が背負う。MF久保建英(ビリャレアル)は「17」となった。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表が6日、オランダ合宿2日目を迎え、練習前にMF川島永嗣(37)=ストラスブール=が現地からオンライン取材に応じ、「2010年W杯以来、会うのが初めて。またこういう場所で個人的には能活さんに会えるのがうれしい」と10年南アフリカW杯のメンバーにともに選出され、共闘した川口能活GKコーチ(45)との再会を喜んだ。 川口GKコーチとは久々に練習をともにすることとなったが、W杯に4度出場している先輩の存在の大きさを改めて認識することとなった。川島は「能活さんがスタッフに入ってGK練習の中にいることで気持ち的にも大きな刺激になる」と話した。

後で読む
東京スポーツ

日本代表GK川島永嗣(37=ストラスブール)がサッカー界の変化を語った。  ひと昔前は欧州でプレーする日本人選手は珍しかったものの、今では当たり前となった。実際に、今回の日本代表メンバーはオール欧州…

後で読む
東京スポーツ

名GK同士の共闘が実現だ。サッカー日本代表は、カメルーン(9日)とコートジボワール(13日)との国際親善試合に向け、オランダで合宿をスタートさせた。  その中で、東京五輪世代のGKコーチを務める元日…

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトは今季6度目の零封負けを喫し、4連敗。火曜日に限れば10連敗となり、“魔の火曜日”は今季2勝12敗となった。

後で読む
日刊スポーツ

阪神が原口文仁捕手(28)の執念適時打で、試合を振り出しに戻した。1-3の8回。3四球でつないできた2死満塁で、広島ケムナの内角高め直球を引っ張った。打球は三… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人菅野智之投手が、偉大な節目に到達した。7回120球を投げて4安打4奪三振で3失点。プロ入り通算100勝とともに、プロ野球史上初の開幕戦からの13連勝を達成… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島先発の九里は3回を終えて2安打無失点。打線は3回、3番鈴木誠が投手強襲の適時二塁打を放ち、先制点を奪った。阪神は1点を追う6回1死二塁、適時失策で同点とし… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 日本水泳連盟は6日、オンラインで常務理事会を開催し、女性問題で所属との契約が解除されるなど影響が広がっている競泳の瀬戸大也(26)を週明けにも事情聴取することを決めた。申し出ていた東京五輪競泳日本代表の主将辞退と、次戦・日本短水路選手権(10月17、18日・辰巳)の欠場も承認された。 日本水泳連盟は「本連盟として同選手の報道を通じての一連の行為は水泳トップ選手として大変に遺憾であると共にご家族はもとより多くの水泳ファンの皆様、関係者の皆様の信頼を裏切った責任は大変に重いと考えております。ついては本連盟・倫理委員会において直ちに本人の事情聴取を実施致します。また上記の事情聴取に加えて、新たな事実等の把握、確認を含めて処分等を検討してまいります」とコメント。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム) 阪神の7番ボーアが9月30日・中日戦(甲子園)以来、20打席ぶりの安打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム) 阪神の先発・青柳は対広島戦通算4試合目で自己最長の6回を投げ降板した。6回6安打1失点。苦手のカープ相手に毎回走者は出したが、粘りの投球を見せた。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム) 阪神の2番手・桑原が痛恨の勝ち越し弾を浴びた。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム) 阪神が同点に追いついた。1-3の八回、2番手ケムナから3四球を選び、2死満塁。続く代打原口の打球は三直と思われたが、空中で回転が変わったのか、三塁・三好が捕球できず。左前に抜ける2点適時打となった。またしてもラッキーな形で得点を奪った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日4-0ヤクルト、19回戦、中日12勝5敗2分、6日、ナゴヤD)中日は二回にシエラの二塁打で先制し、阿部の適時打、大島の犠飛、京田の内野安打で計4点を挙げた。投手陣は無失点リレー。勝野は7回2/3を5安打に封じ、3勝目。ヤクルトは小川の代役で先発した久保が打たれ、4連敗。

後で読む
サンケイスポーツ

テニスの全仏オープン第10日は6日、パリのローランギャロスで行われ、女子シングルス4回戦で世界ランキング57位のダニエル・コリンズ(米国)が第30シードのオンス・ジャバー(チュニジア)を6-4、4-6、6-4で破り、初の8強入りを果たした。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人6-4DeNA、16回戦、巨人11勝5敗、6日、東京D)菅野智之投手(30)が7回4安打3失点で勝利し、開幕戦から無傷の13連勝を飾った。開幕投手としては2004年に近鉄・岩隈久志(現巨人)が作ったプロ野球記録(12連勝)を塗り替えた。菅野の通算成績もメモリアルとなる100勝目(47敗)となった。

後で読む
スポーツ報知

 競泳の池江璃花子(20)=ルネサンス=が6日に自身のインスタグラムを更新し、同じ年で親友の今井月(るな、20)=コカ・コーラ=と東京ディズニーランドを訪れたことを報告した。

後で読む
スポーツ報知

 DeNAが3日ぶりに4位に転落した。

後で読む
スポーツ報知

 巨人・若林晃弘内野手(27)が5回の守備で二塁ベースカバーに入った際に一塁走者と接触したプレーに対し、ボナファイド(bona fide slide=正しいスライディング)のガイドラインにそって打者走

後で読む
スポーツ報知

 巨人の菅野智之投手(30)が6日のDeNA16回戦(東京ドーム)に先発し、7回を4安打3失点で、勝ち投手の権利を得て降板した。チームがそのまま勝って勝利投手になれば、プロ野球新記録となる開幕戦先発か

後で読む
スポーツ報知

 巨人の菅野智之投手(30)が6日のDeNA16回戦(東京ドーム)に先発し、7回4安打3失点で開幕戦先発から負けなしのプロ野球新記録となる13連勝を達成し、平成生まれでは初のプロ通算100勝到達で花を

後で読む
スポーツニッポン

競泳の池江璃花子(20=ルネサンス)が6日、自身のインスタグラムを更新し、同学年で親友の今井月(るな、20=東洋大)と念願の東京ディズニーランドを訪れたことを報告した。

後で読む
デイリースポーツ

J1のG大阪からJ2磐田へ期限付きで加入した元日本代表MF遠藤保仁(40)が6日、磐田の練習参加後にオンライン取材に臨み「J1昇格のために全力を尽くす。簡単に諦めることはない。合流したばかりだが、強い気持ちで取り組みたい」と抱負を語った。 1年でのJ1復帰を目指す磐田は残り18試合で昇格圏の2位と勝ち点16差の13位だが、百戦錬磨の司令塔は「十分間に合う。連勝すれば一気に上に行く可能性がある」と意気込んだ。鈴木秀人強化部長はゲームコントロールやセットプレーに期待を寄せ「若手の見本になる」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは6日、クラブ代表者による実行委員会をオンラインで開き、太鼓など自席で使用できる鳴り物での応援を解禁すると決めた。17日以降の試合で適用され、主催クラブが使用の可否を最終判断する。大声を出すリスクがあるメガホンは対象から外し、席をたたく行為も認めない。 J1が20クラブに増える来季日程については、東京五輪前に十分な期間を確保する形での中断が困難という。J1開催中に五輪代表が合宿を行う可能性もあり、原博実副理事長は1クラブから五輪代表に招集できる人数について「制限をつけるかどうかも含めて話し合っている状況」と説明した。

後で読む
デイリースポーツ

日本サッカー協会は6日、オランダ遠征でカメルーン戦(9日)、コートジボワール戦(13日)に臨む日本代表の背番号を発表した。 MF南野拓実が10番、MF堂安律が11番、GK川島永嗣は1番となった。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの大田泰示外野手(30)が、貴重な逆転弾をたたき込んだ。今季初の3番起用となる「3番・右翼」で先発出場すると、1点を追う5回1死一、三塁の好機で打席へ。相手先発・則本昂の初球131キロを捉え

後で読む
スポーツ報知

中日の先発・勝野昌慶投手(23)が初完投&完封目前の8回2死二、三塁で降板したが、5安打無失点の好投で今季3勝目を挙げた。ヤクルト戦に限っては昨年5月のデビューから4連勝と、ツバメキラーぶりをいかん

後で読む
スポーツ報知

DeNAの山崎康晃投手(28)が1点ビハインドの5回から3番手で登板。

後で読む
スポーツ報知

国際親善試合のカメルーン戦(9日・ユトレヒト)とコートジボワール戦(13日・同)に向け、オランダで合宿中の日本代表GK川島永嗣(37)が6日の練習前、オンライン取材に応じた。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(6日、東京ドーム) 巨人・菅野が7回4安打3失点、無傷の13勝目の権利を手に交代となった。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ0-3オリックス」(6日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテは完封負けを喫した。新型コロナウイルスの集団感染が判明。1軍選手が大量に離脱し、2軍選手と大幅な入れ替えを敢行して臨んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「中日4-0ヤクルト」(6日、ナゴヤドーム) 緊急事態下での戦いとなったヤクルトが4連敗を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人6-4DeNA」(6日、東京ドーム) 巨人が快勝。大エースがまたも偉業を成し遂げた。菅野智之投手が7回4安打3失点の力投。開幕から無傷の13連勝となった。

後で読む
デイリースポーツ

中日は二回にシエラの二塁打で先制し、阿部の適時打、大島の犠飛、京田の内野安打で計4点を挙げた。投手陣は無失点リレー。勝野は7回2/3を5安打に封じ、3勝目。ヤクルトは小川の代役で先発した久保が打たれ、4連敗。

後で読む
スポーツニッポン

 日本水連は6日に常務理事会を開き、週刊新潮に報じられた不倫を認めて謝罪した瀬戸大也(26)について討議し、近日中に倫理委員会が事情聴取を実施することを決めた。事実確認をした上で、処分を検討する。本人から申し出のあった東京五輪水泳日本代表の主将の辞任届と、日本短水路選手権(17~18日、東京辰巳国際水泳場)の辞退届を受理することも承認した。

後で読む
スポーツニッポン

 緊急事態の中で勝利をつかむことはできなかった。ロッテはオリックス先発の山本に5回2死までノーヒットに抑えられるなど、散発2安打で零敗。1軍初昇格で「1番・左翼」で出場したドラフト3位の高部瑛斗外野手(22=国士舘大)も4打数無安打3三振に終わった。

後で読む
スポーツニッポン

国際親善試合カメルーン戦(9日・ユトレヒト)に臨む日本代表はオランダ合宿2日目の6日、練習前にオンラインで取材対応した。MF柴崎岳(28=レガネス)は、約1年ぶりの代表活動に「今回の代表活動はスポーツ界でもサッカーが先頭を立って行う活動と聞いた。スポーツ界の模範となるような活動にしたい」と意気込んだ。

後で読む
スポーツニッポン

国際親善試合カメルーン戦(9日・ユトレヒト)に臨む日本代表はオランダ合宿2日目の6日、練習前にオンラインで取材対応した。招集メンバー最年長のベテランGK川島永嗣(37=ストラスブール)は「自分は経験や年齢は上だが、今は欧州でプレーする選手が増えている。若い選手が引っ張る意識の方が伸びるし、僕は横から支えるくらいの方がいい」と、縁の下の力持ちとなる。

後で読む
東京スポーツ

巨人のゼラス・ウィーラー内野手(33)が6日のDeNA戦(東京ドーム)で10号2ランを放ち、古巣の楽天時代から6年連続の2桁本塁打をマークした。 「8番・左翼」で出場したウィーラーは、4―3との5回…

後で読む
東京スポーツ

巨人・原辰徳監督(62)が6日のDeNA戦(東京ドーム)で、過去の教訓を生かしたファインプレーだ。  場面は4―3の5回一死一塁。先発の菅野は外角へのスライダーでソトを遊ゴロに仕留めた。打球は「6―…

後で読む
東京スポーツ

J1G大阪からJ2磐田に期限付き移籍した元日本代表MF遠藤保仁(40)が6日、オンライン取材でJ1昇格への決意を述べた。  現在の磐田は、9月5日の新潟戦(デンカスタ)以来7試合勝利がなく、13位に…

後で読む
東京スポーツ

日本代表DF酒井宏樹(30=マルセイユ)が、コンディション不良のため不参加となった所属クラブで同僚のDF長友佑都(34)の無念さを〝代弁〟した。  今季は不動のレギュラーとして開幕から好パフォーマン…

後で読む
スポーツニッポン

 ヤクルトは6日、小川泰弘投手(30)が愛知県内の病院で新型コロナウイルス感染を調べるためのPCR検査を受けた結果、陰性であったことを発表した。小川は同日の予告先発となっていた中日19回戦(ナゴヤドーム)の登板を体調不良のため回避した。球団によると、名古屋市内の宿舎を出発する前の検温で37・3度の熱があったためで、その後にPCR検査を受けていた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ0-3オリックス、19回戦、ロッテ15勝3敗1分、6日、ゾゾマリン)オリックスが快勝した。三回に小田の今季初本塁打とT-岡田の適時打で2点を先制し、四回には大下の適時打で1点を加えた。山本は8回を散発2安打で無得点に抑え8勝目を挙げた。ロッテは打線が三塁すら踏めなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島-阪神、18回戦、6日、マツダ)阪神・ボーアが20打席ぶりに安打を放った。1-1の七回、先頭で九里から9月30日の中日戦(甲子園)以来の安打となる右前打。不振で5日の巨人戦(甲子園)では先発を外れ、この日は「7番」で復帰。2打席連続三振に倒れていたが、3打席目に意地をみせた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本水連は6日、新型コロナウイルスの感染拡大で4月の開催を断念した競泳の日本選手権を、12月3~6日に東京五輪会場の東京アクアティクスセンターで実施する方針を発表した。競技日程を当初の8日間から4日間に短縮し、新型コロナの感染拡大防止に努めて開催を目指すという。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・青柳は苦手の広島を相手に6回6安打1失点と粘った。三回に先制を許したが、0-1の五回2死一、三塁で主砲の鈴木から見逃し三振を奪ってピンチをしのぐと、直後に味方が同点に追いついた。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは中田が今季2度目のベンチスタート。代わって4番に入った近藤と王柏融の適時打で、楽天則本昂から2点を先制した。楽天は4回、和田の左中間二塁打などで3点… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテ石川、オリックス山本の先発。オリックスは3回、小田の1号ソロなどで2点を先制した。山本は3回まで無安打投球。オリックスは4回、大下の適時打で3点目を挙げ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武先発の高橋光は3回まで無安打無失点。ソフトバンク先発の千賀は3回2死一、三塁で森を遊ゴロに打ち取り、同じく無失点。西武は5回1死満塁から森の犠飛で1点を先… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム) 阪神打線が広島の先発・九里の前に沈黙している。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム) 阪神がラッキーな形で同点に追いついた。1点を追う六回、先頭の1番小幡が遊撃内野安打。北條がバントで送り1死二塁とすると、3番近本の一ゴロを松山が後逸。小幡が一気に本塁生還した。

後で読む
東京スポーツ

日本水泳連盟は6日、リモートによる常務理事会を開き、不倫スキャンダルを起こした競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の日本代表主将の辞退、日本短水路選手権(17日~、東京辰巳国際水泳場)の辞退をそれぞ…

後で読む
サンケイスポーツ

サーフィンの国内プロツアーを管轄する日本プロサーフィン連盟は6日、千葉県鴨川市の東条海岸で開催する「さわかみチャレンジシリーズ鴨川」の対戦表と日程を発表した。五輪種目のショートボードは14~16日に実施する。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・小川泰弘投手(30)が6日、体調不良を訴え、予告されていた中日19回戦(ナゴヤドーム)の先発登板を回避。同日、愛知県内の病院で新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査を受け、「陰性」であることが判明した。

後で読む
日刊スポーツ

オランダ遠征中の日本代表MF原口元気(29=ハノーバー)が6日、練習前にオンラインで取材対応し、代表での定位置確保を誓った。チームは5日に、今年初めての活動と…

後で読む
サンケイスポーツ

日本水連は6日、オンラインで常務理事会を開き、競泳男子の瀬戸大也が申し出た東京五輪の競泳日本代表主将の辞退を承認した。17、18日に東京辰巳国際水泳場で行われる日本短水路選手権の欠場も認めた。

後で読む
日刊スポーツ

株式会社ベガルタ仙台は6日、仙台市内で取締役会を開催した。20年度中間決算および同業績見込み、「経営検討委員会」からの提言が議題になった。上期(2月1日~7月…

後で読む
日刊スポーツ

清水エスパルスに2種登録されているユース所属のMF成岡輝瑠(ひかる、18)が、リーグ戦初先発を目指す。6日は静岡市内で行われた練習に参加。8対8のミニゲームで…

後で読む
日刊スポーツ

ジュビロ磐田の一員となったMF遠藤保仁がチームに合流した。練習前には元チームメートのDF今野らと談笑。練習ではパス回しや5対5のハーフコートなどフルメニューを…

後で読む
日刊スポーツ

オランダ遠征中の日本代表は6日、合宿2日目を迎えた。今回、オランダの地で2010年のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で共闘したGK2人が、選手とコーチとし…

後で読む
スポーツ報知

 11月27日に後楽園ホールで行われるK-1「Krush.119」の第2弾カード発表記者会見が6日、東京都内で行われ、美人美容師ファイター・菅原美優(20)=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ=と、MO

後で読む
スポーツ報知

 日本水泳連盟は6日、オンラインで常務理事会を開き、女性問題に揺れる競泳男子の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の東京五輪の競泳選手団主将の辞退届と、日本短水路選手権(17~18日、辰巳)の辞退届を承認し

後で読む
スポーツ報知

 巨人の岡本和真内野手(24)が3打席目までに3安打し、8月19日の阪神戦(東京D)以来、今季5度目の猛打賞とした。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の坂本勇人内野手(31)が途中交代した。

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスは6日、ジュニアの祭典「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア(BOSJ)」と「ワールドタッグリーグ」を年末に同時開催することを発表した。  BOSJは今年5月12日から6月6日までの開催…

後で読む
東京スポーツ

 卓球Tリーグの星野一朗理事長(65)が6日、2020―21年シーズン(11月17日開幕)は来年1月以降の試合を有観客で開催することを発表した。  この日の理事会後、オンラインで報道陣の取材に応じた星…

後で読む
東京スポーツ

 また一つ、消えた…。不倫スキャンダルを起こした競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)がセンターに収まるポスターが6日、日本オリンピック委員会(JOC)をはじめ多数の五輪競技団体が事務局を構える「ジャパ…

後で読む
東京スポーツ

 サッカー日本代表MF柴崎岳(28)が新型コロナウイルス禍をプラスに変えている。  約1年ぶりとなる代表戦を前に、6日のオンライン取材で「本当に久しぶりな感覚。この世の中の(コロナ禍の)シチュエーショ…

後で読む
東京スポーツ

 西武・高橋光成投手(23)の今季3度目となる〝ノーヒッター・チャレンジ〟は6回二死で終了した。  6日のソフトバンク戦(メットライフ)に今季15試合目の先発登板した高橋は5回まで相手エース・千賀との…

後で読む
デイリースポーツ

高校野球で世代屈指の好投手、中京大中京(愛知)の高橋宏斗投手が6日、名古屋市の同校で記者会見し、プロ志望届を出す意向を表明した。26日のドラフト会議では1位候補として注目されており「いずれはプロへという夢があった。ストレートを生かした投球をしたい」と憧れの舞台への思いを語った。 最速154キロを誇る右の本格派で8月の2020年甲子園交流試合では10回11奪三振3失点と好投した。今はチームの練習にほぼ毎日参加しており「常に追い込みの時期だと思っている。疲れない下半身づくりだったり、ウエートトレーニングを見直したり」と体の強化に力を入れている。

後で読む
デイリースポーツ

日本サーフィン連盟は6日、理事会後に都内で取材に応じ、10月31日から11月3日に五輪会場となる千葉県一宮町釣ケ崎海岸で行われる「第2回ジャパンオープン」での厳重な新型コロナ対策を明かした。 大会は無観客で行われ、選手1人に付き、コーチやトレーナーなどの帯同者を最大1人に制限する。出場選手にはチェックシートの提出、eラーニングでのドーピング講習を義務付ける。

後で読む
デイリースポーツ

日本水泳連盟は6日、常務理事会を開催し、女性問題で所属との契約が解除されるなど影響が広がっている競泳男子日本代表の瀬戸大也(26)について、東京五輪競泳代表の主将辞退を承認した。合わせて、次戦に予定していた日本短水路選手権(10月17、18日・辰巳)の辞退届も承認した。 日本水泳連盟のコメントは以下。

後で読む
デイリースポーツ

東都大学野球リーグ第3週第1日は6日、神宮球場で3試合が行われ、亜大が国学院大を11-6で下し、ともに4勝1敗となった。立正大は東洋大に延長十回タイブレークの末、6-4で競り勝ち4勝目(1敗)を挙げた。東洋大は4戦全敗。中大は駒大を相手に5-3で逃げ切り、2勝2敗とした。駒大は勝ちなしの5連敗。 亜大は15安打と打ちまくり、右田がソロ本塁打を含む5安打3打点。立正大は十回に立松由が2点勝ち越し打を放ち、救援の倉田が5回無失点でリーグ戦初勝利をマークした。中大は牧の本塁打などで四回までに5点を奪った。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルト・久保拓真投手(24)が、体調不良の小川に代わって急きょプロ初先発。2回4失点で降板した。

後で読む
スポーツ報知

DeNAのホセ・ロペス内野手(36)が7月24日の広島戦(横浜)以来、74日ぶりとなる5号2ランを放った。

後で読む
スポーツ報知

楽天・和田恋外野手(25)が「7番・DH」で出場し、4回に今季初打点となる勝ち越し二塁打をマークした。

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトは6日、37・3度の発熱で先発を回避した小川泰弘投手(30)が愛知県内の病院でPCR検査を受けた結果、陰性だったと発表した。

後で読む
スポーツ報知

シーズン残り30試合を切った西武が、グループ企業の後押しを受けて4年連続Aクラス入りを目指す。

後で読む
スポーツ報知

国際親善試合のカメルーン戦(9日・ユトレヒト)に向け、オランダで合宿中の日本代表DF酒井宏樹は6日の練習前、オンライン取材に応じた。

後で読む
スポーツ報知

ブラジルの電子メディア「カナル・ド・TF」が5日、左足首捻挫のため欠場が続いていた同国1部ボタフォゴの元日本代表MF本田圭佑(34)が、7日のブラジルリーグ第14節パルメイラス戦で復帰する見込みと報

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム-楽天」(6日、札幌ドーム) 日本ハムが清宮の今季7個目の失策をきっかけに逆転を許した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(6日、東京ドーム) 「3番・遊撃」で先発出場した巨人・坂本が五回の守備から交代した。何らかのアクシデントが起きた可能性がある。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-ヤクルト」(6日、ナゴヤドーム) プロ初先発のヤクルト2年目の左腕・久保拓真投手は2回4失点で降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-DeNA」(6日、東京ドーム) DeNAの五回の攻撃で、危険スライディングにより神里に警告が与えられた。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-ヤクルト」(6日、ナゴヤドーム) ヤクルトは体調不良で先発を回避した小川泰弘投手のPCR検査の結果が「陰性」だったと発表した。

後で読む
日刊スポーツ

日本水連は6日、オンラインで常務理事会を開いた。女性問題に揺れる競泳男子の瀬戸大也(26)が、東京五輪競泳日本代表主将の辞退を申し出たことについて、協議。瀬戸…

後で読む
東京スポーツ

広島・鈴木誠也外野手(26)が強烈な投手強襲の二塁打を放った。6日の阪神戦(マツダ)で「3番・右翼」で先発出場した赤ヘルの主砲が3回、二死一塁で迎えた第2打席で相手先発・青柳の投じたシュートを強振す…

後で読む
東京スポーツ

負け知らずのエースに〝マルオカコンビ〟が強力援護だ。開幕投手から12連勝中の巨人・菅野智之投手(30)が先発した6日のDeNA戦(東京ドーム)で、まずは主砲・岡本和真内野手(24)が口火を切った。初…

後で読む
東京スポーツ

西武・高橋光成投手(23)が今季3度目となる〝ノーヒッター・チャレンジ〟だ。  6日のソフトバンク戦(メットライフ)に今季15試合目の先発登板した高橋は5回まで相手エース・千賀との1―0の投手戦を展開…

後で読む
東京スポーツ

スタメン起用にしっかりと応えた。楽天・和田恋外野手(25)が6日の日本ハム戦(札幌ドーム)で今季初打点をマーク。2―2と追いついた直後の4回二死二塁の好機で相手先発・上沢のカットボールをとらえ、フェ…

後で読む
東京スポーツ

J1G大阪からJ2磐田に期限付き移籍した元日本代表MF遠藤保仁(40)が6日、オンライン取材でJ1昇格への決意を述べた。  現在の磐田は、9月5日の新潟戦(デンカスタ)以来7試合勝利がなく、13位に…

後で読む
東京スポーツ

日本代表DF酒井宏樹(30=マルセイユ)が、コンディション不良のため不参加となった所属クラブで同僚のDF長友佑都(34)の無念さを〝代弁〟した。  今季は不動のレギュラーとして開幕から好パフォーマン…

後で読む
サンケイスポーツ

アジア・サッカー連盟は6日、11月に再開予定のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)東地区の日程詳細を発表した。開催地はG、H組はマレーシアで、F組は未定。日本の出場クラブの1次リーグ日程と対戦相手は次の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

日本代表MF柴崎岳が6日、オランダ遠征中のオンライン取材に応じた。

後で読む
日刊スポーツ

函館大有斗が札幌国際情報を延長11回の末に6-4で下し、4強入りした08年以来12年ぶりに8強入りした。元阪神投手の古溝克之監督(56)対元日本ハム投手の有倉… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今夏の南北海道大会王者の札幌第一が2回戦で散った。3回にバッテリーミスで先制を許すなど、4点差を追う苦しい展開。1点差まで詰め寄るも、駒大苫小牧に逃げ切られた… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「日本ハム-楽天」(6日、札幌ドーム) 日本ハムが清宮の今季7個目の失策をきっかけに逆転を許した。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム) 阪神の助っ人コンビは二回の第1打席で空振り三振に倒れた。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム) 阪神・先発の青柳が鈴木誠のライナーを左足に受けるアクシデントがあった。

後で読む
サンケイスポーツ

J1鹿島は6日、ユース所属のMF船橋佑(18)が来季トップチームに昇格すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

卓球のTリーグは6日、オンラインで理事会を開き、11月から始まるレギュラーシーズンについて、来年1月から観客を入れて実施することを決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

テニスの全仏オープン第10日は6日、パリのローランギャロスで行われ、女子シングルス4回戦で第30シードのオンス・ジャバー(チュニジア)が8強入りを懸け、世界ランキング57位のダニエル・コリンズ(米国)と顔を合わせた。

後で読む
スポーツ報知

 卓球「Tリーグ」は6日、理事会を開き、来年1月の後半戦から観客を入れて開催する方針を決めた。3季目は11月17日に開幕する予定で、年内は無観客(リモートマッチ)となっている。

後で読む
スポーツ報知

 秋場所で初優勝して新大関に昇進した正代(28)=時津風=は6日、都内の部屋で11月場所(同8日初日・両国国技館)に向けての稽古を再開した。この日は四股などの基礎運動や筋力トレーニングを中心に汗を流し

後で読む
スポーツ報知

 2018年のゴルフ世界ジュニア(6歳以下)で2連覇し“天才少女”と呼ばれる須藤弥勒(みろく)さん(9)が6日、茨城・常陸大宮市のゴルフ5Cサニーフィールドで行われた「茨城県アマチュアゴルフミックスダ

後で読む
スポーツ報知

 大商大の最速147キロ左腕・伊原陵人(たかと)投手(2年)=智弁学園=が先発を任され、7回3安打無四死球1失点、12三振を奪う快投で白星を勝ち取った。「調子は良かった。チームが連勝するために先発を任

後で読む
スポーツ報知

 巨人が岡本和真内野手(24)のタイムリーで先取点を奪った。

後で読む
スポーツ報知

 巨人の丸佳浩外野手(31)が19号3ランを放った。1―1の3回1死一、三塁。DeNAの先発・坂本の初球、外角143キロをとらえ左中間席へ放り込んだ。

後で読む
東京スポーツ

 5日に終了した全日本プロレスの祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」で全勝優勝を果たし、〝5冠王〟諏訪魔(43)の持つ3冠ベルトに挑戦が決定したゼウス(38)が6日、都内の事務所で王者・諏訪魔とと…

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレス5日の東京・後楽園ホール大会で6人タッグで激突し、試合後に「アンファン テリブル」の芦野祥太郎(30)と羆嵐(29)から世界タッグベルトへの挑戦を受けた「暴走大巨人」諏訪魔(43)&石…

後で読む
東京スポーツ

 日本代表MF原口元気(29=ハノーバー)が6日にオンラインで取材に応じ、今季クラブでも同僚となったDF室屋成(26)との相乗効果を明かした。  原口は3日のブラウンシュバイク戦で1ゴール1アシストを…

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表が6日、合宿を行っているオランダ・ユトレヒトから練習前にオンライン取材に応じ、MF柴崎岳(28)=レガネス=は「久しぶりという感覚。スポーツの中でもサッカーが先頭に立ってこういった活動をすると聞いたのでサッカー界だけでなく、スポーツ界全体の模範になる活動となれば」と喜びを語った。9日にカメルーン、13日にコートジボワールと対戦する。 スペインでは無観客での試合が続いている。生活様式も変化したが、その中で再認識したこともあった。「体調管理には、これまで以上にポジティブに働いている。コロナだけじゃなくインフルや風邪、コンディション管理に気づきをもたらした」と、コロナ禍により、これまで以上に体調管理を重視した。

後で読む
スポーツ報知

DeNAの平田真吾投手(31)が7日の巨人戦(東京D)で2年ぶりに先発する。本来なら上茶谷の順番だが、抹消されたため「ブルペンデー」となる見込みだ。

後で読む
スポーツ報知

阪神・岩田稔投手(36)が7日の広島戦(マツダ)に先発する。中9日で先発した1日の中日戦(甲子園)では454日ぶりの白星を挙げた左腕。今季初対戦となる広島戦を翌日に控えた6日、「打線がつながるチーム

後で読む
スポーツ報知

ヤクルトは6日、予告されていた先発登板を回避した小川泰弘投手(30)が名古屋市内の宿舎を出発前に37・3度の微熱があったと発表した。今後、愛知県内の病院でPCR検査を受ける。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの近藤健介外野手(27)が初回に先制の中前打を放った。中田が先発を外れ、今季初めての4番起用に応えた。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの王柏融(ワン・ボーロン)外野手(27)が初回に二塁へ適時内野安打を放った。12試合ぶりに「6番・指名打者」で先発出場。代打起用で調子を上げてきたスラッガーが、先発でも結果を残した。

後で読む
スポーツ報知

国際親善試合のカメルーン戦(9日・ユトレヒト)に向け、オランダで合宿中の日本代表が6日、練習前にオンライン取材に応じた。MF原口元気は「なかなか国際的なイベントができない中、1番最初に代表がやらせて

後で読む
デイリースポーツ

「中日-ヤクルト」(6日、ナゴヤドーム) 日本野球機構は6日、ヤクルトの小川泰弘投手が体調不良のため、同日の中日戦(ナゴヤドーム)の予告先発を回避、久保拓真投手に変更になったと発表した。球団はこの日詳細を発表。登板回避について、名古屋市内の宿舎出発前に37・3度の発熱があったためと説明した。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-オリックス」(6日、ZOZOマリンスタジアム) 0-0で迎えた三回、オリックスは先頭の小田が石川の初球139キロを左翼スタンドに運ぶ1号で先制した。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球ヤクルトの小川泰弘投手(30)が6日、予告先発となっていた中日19回戦(ナゴヤドーム)の登板を体調不良のため回避した。代わりに2年目の久保拓真投手(24)がプロ初先発した。 球団によると小川投手は出発前に37・3度の熱があり、名古屋市の宿舎で静養しているという。今後は愛知県内の病院で新型コロナウイルス感染を調べるためのPCR検査を受ける予定。ヤクルトは検査結果が出る前の備えとして山田哲人、西浦直亨両内野手と石山泰稚投手をベンチ登録から外した。

後で読む
スポーツニッポン

 ロッテ・井口監督は新型コロナウイルス感染者が大量に出たことに「(6日の)朝、彼らから、申し訳ないとのメッセージをもらったが、全員が万全の対策をしていた中で起こってしまったことなので、これは仕方ない。一日も早く元気になって戻ってきてほしいと伝えました」と語った。さらに「彼らも家族のフォローをしっかりとしなくてはならないので、そのへんも含めて頑張ってくれと伝えました」と選手とともに家族も思いやった。

後で読む
東京スポーツ

NPB(日本野球機構)とセ、パ12球団は6日、ロッテから7選手を含む計11人の新型コロナウイルス感染者が出たことを受けて、臨時実行委員会をオンラインで開催した。事例についてロッテ側から概要報告を受け…

後で読む
東京スポーツ

広島・佐々岡真司監督(53)が6日の阪神戦(マツダスタジアム)でプロ初の一軍昇格を果たしたドラフト2位新人・宇草孔基外野手(23)を「1番・左翼」で、高卒2年目の林晃汰内野手(19)を「7番・三塁」…

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフ・千葉オープン(6日、千葉・平川CC=7206ヤード、パー72)ツアー外競技。国内ツアー1勝の堀川未来夢(27)=Wave Energy=は2オーバーの53位と振るわず、数週間前から首痛で治療に専念していると明かした。大岩龍一(22)=ディライトワークス=が、6アンダーで並んだ大槻智春(30)=真清創設=とのプレーオフを制して優勝。新型コロナウイルスの影響で1日競技に短縮し、無観客で行われた。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは6日、クラブ代表者による実行委員会をオンラインで開き、太鼓など自席で使用できる鳴り物での応援を解禁すると決めた。17日以降の試合で適用され、主催クラブが使用の可否を最終判断する。大声を出すリスクがあるメガホンは対象から外し、席をたたく行為も認めない。

後で読む
サンケイスポーツ

J1仙台は6日、取締役会を開いて2020年度中間決算を発表し、1億7800万円の赤字となった。新型コロナウイルスの影響で入場料収入減が響いた。20年度の決算見込みは6億6400万円の赤字で3億円超の債務超過に陥る見通し。

後で読む
日刊スポーツ

ア・リーグ地区シリーズの第1戦で、ヤンキースが15安打9得点でレイズに圧勝した。ジャッジ、スタントンら役者そろい踏みで合計4本塁打。中でも攻守で光ったのが日系… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神・岩田稔投手は7日広島戦に先発して自身2連勝を狙う。前回は新型コロナウイルス感染拡大の影響で登板日が二転三転した末、「特例2020」で1軍昇格。中9日で1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中京大中京(愛知)の高橋宏斗投手(3年)のプロ志望届提出表明を受け、地元の中日がドラフト戦略の変更を明らかにした。加藤宏幸球団代表(61)は「13日の編成会議… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

2位ロッテは選手ら11人が新型コロナウイルスの陽性と判定され、6日11選手が出場選手登録された。6位オリックスと対戦。予告先発はロッテが石川、オリックスは山本… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球ロッテは6日、新たに荻野貴司外野手、鳥谷敬内野手ら1軍の7選手を含む11人が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。球団内の感染者は、4日に判明した岩下大輝投手らと合わせて13人となった。6日のオリックス戦は千葉市のZOZOマリンスタジアムで予定通り開催された。 陽性と判定された選手は他に角中勝也外野手、清田育宏外野手、菅野剛士外野手、藤岡裕大内野手、三木亮内野手。伊志嶺翔大コーチとチームスタッフ3人も陽性だった。球団によるとスタッフの1人に熱やせきがある以外は無症状だという。感染経路は不明。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-ヤクルト」(6日、ナゴヤドーム) 体調不良で先発を回避したヤクルトの小川泰弘投手について、ヤクルト球団が6日、詳細を発表した。登板回避について、名古屋市内の宿舎出発前に37・3度の発熱があったためと説明した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・岩田稔投手が6日、先発予定の7日・広島戦(マツダ)に向けてマツダスタジアムで汗を流した。 前回は中9日、今回は中5日と不規則な登板間隔となるが、「投げる日を逆算して練習をしてきたので、普通に投げることができればと思います」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲の新大関正代(28)が6日、東京・墨田区の時津風部屋で11月場所(8日初日、両国国技館)へ向けて稽古を再開。約1時間、基礎運動で汗を流した。7日から3日間、故郷の熊本県へ凱旋(がいせん)することも明かした。所属する時津風部屋の創設者は戦前に不滅の69連勝を達成した大横綱双葉山。新大関優勝から横綱へと駆け上がった不世出の力士にあやかり、偉業の再現を目指す。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は6日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

全日本プロレスは6日、都内で会見を開き、5日にチャンピオン・カーニバル(CC)を全勝で初優勝したゼウスが、17日のエディオンアリーナ大阪第2競技場大会で三冠ヘビー級王者の諏訪魔に挑戦することを発表した。 前日に優勝を決めた後に2度目の同王座奪取に狙いを定めたゼウスは、この日も「昨日は勝った喜びに浸らせていただきましたが、今朝起きたときから気が引き締まる状態で、さあ次は三冠や、絶対獲ろうと、それしか考えてないです」と改めてアピール。「地元大阪で諏訪魔さんと、最高の舞台で、最高の相手と、最高のベルトをかけた試合ができるということで本当に気合が入っています。大阪のボクのファンのみなさん、たくさん来て下さるので、こういうコロナの時期なので、必ずベルトを獲って、喜んで帰っていただきたい」と意気込みを示した。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲の新大関正代(28)が6日、東京・墨田区の時津風部屋で11月場所(8日初日、両国国技館)へ向けて稽古を再開。約1時間、基礎運動で汗を流した。7日から3日間、故郷の熊本県へ凱旋(がいせん)することも明かした。所属する時津風部屋の創設者は戦前に不滅の69連勝を達成した大横綱双葉山。新大関優勝から横綱へと駆け上がった不世出の力士にあやかり、偉業の再現を目指す。

後で読む
デイリースポーツ

全日本プロレスは6日、都内で会見を開き、24日の後楽園ホール大会で世界タッグ王者の“暴走大巨人”諏訪魔、石川修司組にアンファンテリブルの芦野祥太郎、羆嵐組が挑戦することを発表した。 前日の後楽園ホール大会で、6人タッグ戦ながら暴走大巨人に勝利した芦野と羆嵐が挑戦を要求したことで実現した一戦。暴走大巨人はその試合で誤爆から小競り合いを演じ、試合後も口論するなど不協和音を響かせていた。

後で読む
日刊スポーツ

オランダ遠征中の日本代表MF柴崎岳(28=レガネス)が6日、ユトレヒトの合宿地でオンライン取材に応じた。9日にカメルーン、13日にコートジボワールとの対戦が控…

後で読む
スポーツ報知

 卓球「Tリーグ」は6日、理事会を開き、来年1月の後半戦から観客を入れて開催する方針を決めた。3季目は11月17日に開幕する予定で、年内は無観客(リモートマッチ)となっている。

後で読む
日刊スポーツ

ルヴァン杯は7日、等々力などで、準決勝2試合が行われる。FC東京は09年の前身であるナビスコ杯以来となる優勝を目指し、川崎フロンターレと戦う。長谷川健太監督は…

後で読む
スポーツ報知

 バスケットボール男子のB3リーグに属するさいたまブロンコスは6日、U―18日本代表経験者でガードの波多智也(23)と2020~21年シーズンの契約締結を発表した。埼玉県出身の波多はチームを通じ「ブロ

後で読む
スポーツ報知

 9年総額3億2400万ドル(約340億円)でFA移籍した右腕コールと、同じ30歳の捕手ヒガシオカが見事なコンビぶりを発揮して、ヤンキースに初戦勝利をもたらした。

後で読む
スポーツニッポン

卓球のTリーグは6日、オンラインで理事会を開き、無観客試合が決まっている今季リーグ戦(11月17日開幕)について来年1月以降の試合は観客を入れて開催することを決めた。観客数は政府や自治体の定めた上限に従う。

後で読む
スポーツ報知

 【DeNAスタメン】

後で読む
スポーツニッポン

日本サーフィン連盟は6日に都内で理事会を行い、東京五輪最終予選に当たるワールドゲームズ(WG=世界選手権に相当、エルサルバドル)出場権を争うジャパンオープンの詳細について説明した。大会は10月31日~11月3日、東京五輪会場となる千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で無観客で実施される。

後で読む
東京スポーツ

 日本代表MF原口元気(29=ハノーバー)が左サイドでレギュラー奪取を誓った。  新型コロナウイルスの影響もあり1年ぶりのA代表活動となるが「この1年ですごく伸びたのがオフザボールの動き。得点やアシス…

後で読む
東京スポーツ

 西武は6日のソフトバンク戦(メットライフドーム)に前カードのロッテ戦と変わらぬ主力選手をスタメン出場させた。  クリーンアップの並びは③森④メヒア⑤栗山。先発投手はここ3試合、勝ち星がなく対ソフトバ…

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は6日、東京都中央区晴海の組織委事務局に勤務する40代の女性職員1人が、新型コロナウイルスの検査で陽性だったと発表した。職員の感染が判明したのは5人目。 9月28日に出勤したのが最後で、29日以降は在宅勤務をしていた。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲の大関貴景勝(24)=千賀ノ浦=が6日、都内の部屋で11月場所(11月8日初日、両国国技館)に向け、稽古を再開し四股、スクワット、バーベルを使ったトレーニングで汗を流した。 「体をつくり直す。準備をしていく。攻撃力というか、体がないから全ては望めない。突き押しの攻撃力を高めていきたい。あとはパワーの上積みしかない」と攻撃力アップを課題にした。

後で読む
デイリースポーツ

【ニューヨーク共同】米プロフットボールNFL第4週最終日は5日、各地で行われ、両チームに新型コロナウイルスの陽性者が出て予定より1日遅れで行われたチーフス-ペイトリオッツは、昨季王者のチーフスが26-10で勝ち、無傷の4連勝とした。QBマホームズが2TDパスと活躍した。 パッカーズはQBロジャーズの4TDパスなどでファルコンズに30-16と快勝し、開幕から4戦全勝とした。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲の大関貴景勝が6日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋で11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向けた稽古を再開し、四股や筋力トレーニングで鍛えた。正代の新大関昇進を受け、代表取材に「強いから大関に上がった。それぞれが先を見据えて頑張ればいい。全員に負けたくない」と刺激を口にした。 両横綱が不在だった9月の秋場所は12勝を挙げたが、賜杯を正代に譲る悔しさを味わった。2018年九州場所以来、2度目の優勝を目指す来場所に向け「突き、押しの攻撃力を高めていきたい。パワーの上積みしかない。大関だから優勝しないといけない」と意欲を燃やした。

後で読む
スポーツ報知

【楽天スタメン】

後で読む
スポーツ報知

◆セ・リーグ

後で読む
スポーツ報知

【ソフトバンクスタメン】

後で読む
スポーツ報知

【阪神スタメン】

後で読む
スポーツ報知

【ヤクルトスタメン】

後で読む
スポーツ報知

国際親善試合のカメルーン戦(9日・ユトレヒト)に備え、オランダで合宿中の日本代表が6日、練習前にオンライン取材に応じた。MF柴崎岳は11か月ぶりの代表戦に「久しぶりだなと言う感覚。この世の中のシチュ

後で読む
スポーツ報知

国際親善試合のカメルーン戦(9日・ユトレヒト)に備え、オランダで合宿中の日本代表が6日、練習前にオンライン取材に応じ、MF柴崎岳が今夏、Jリーグ復帰の考えはなかったことを明かした。今夏、スペイン2部

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグ巨人・田口-DeNA・平田(東京ドーム)

後で読む
デイリースポーツ

「プロアマ交流戦、巨人2軍6-6JFE東日本」(6日、ジャイアンツ球場) 今秋ドラフト候補のJFE東日本・今川優馬外野手がプロ相手に豪快な一発を放った。3-4の七回1死一塁で左翼スタンドへ特大2ラン。「ここは長打で流れを持っていきたいな」と1軍実績もある巨人・田原のカットボールを引っ張り、狙い通りの打球をかっ飛ばした。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-ヤクルト」(6日、ナゴヤドーム) 両チームのスタメンが発表され、ヤクルトは青木宣親外野手(38)と山田哲人内野手(28)が外れた。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球のイースタン・リーグは6日、ロッテの2軍公式戦5試合を中止にすると発表した。対象試合は7日からのDeNA2連戦(ロッテ浦和)と9日からの巨人3連戦(ジャイアンツ)。1軍で複数の選手が新型コロナウイルスに感染し、2軍から選手が補充されたことでチーム編成が難しくなったため。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-ヤクルト」(6日、ナゴヤドーム) 日本野球機構(NPB)はヤクルトの小川泰弘投手が体調不良のため、同日の中日戦(ナゴヤドーム)の予告先発を回避、久保拓真投手に変更になったと発表した。現在は名古屋市内のホテルで静養中だという。

後で読む
日刊スポーツ

各界のプロフェッショナルの子ども時代や競技との出会いなどに迫る「プロに聞く」。トップアスリートは、いかにして生まれたのか? その秘密に迫った。=…

後で読む
日刊スポーツ

B1新潟アルビレックスBBは6日、第2節アウェー琉球戦(10、11日、沖縄市体育館)に向けた練習を中之島体育館で行った。初来日の新外国籍選手、Cチャールズ・ミ…

後で読む
東京スポーツ

サッカー日本代表MF柴崎岳(28)が移籍の真相を激白した。  柴崎は、昨年7月にスペイン1部から2部デポルティボに4年契約で完全移籍。しかし、チームが3部に降格したことから、2部レガネスに移籍してい…

後で読む
東京スポーツ

実業家の堀江貴文氏(47)が6日、ツイッターで新型コロナウイルスのクラスターが発生したプロ野球・ロッテの対応について言及した。  ロッテは6日に主力選手ら11人が新型コロナウイルスに感染していたとし…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日-ヤクルト、19回戦、6日、ナゴヤドーム)ヤクルト・青木宣親外野手(38)、山田哲人内野手(28)がスタメンから外れた。

後で読む
サンケイスポーツ

先発メンバーが発表され、阪神は2年目の小幡をプロ初の1番で起用した。1番を務めていた近本も初の3番。5日の巨人戦(甲子園)で先発から外れたサンズは「5番・左翼」、ボーアは「7番。一塁」で復帰した。阪神のスタメンは以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

中京大中京(愛知)の最速154キロ右腕・高橋宏斗投手(3年)が6日、同校で取材に応じ、プロ志望届を提出することを表明した。

後で読む
日刊スポーツ

1年生の貢献で、亜大が全勝の国学院大に土をつけた。8番右翼で先発した右田稜真外野手(1年=二松学舎大付)が5打数5安打3打点と大暴れした。5回の先頭打者として… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

7日のプロ野球予告先発は以下の通り。<セ・リーグ>巨人田口麗斗-DeNA平田真吾(東京ドーム=18時)中日大野雄大-ヤクルト石川雅規(ナゴヤドーム=18時)広… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

2位ロッテは選手ら11人が新型コロナウイルスの陽性と判定され、6日11選手が出場選手登録された。6位オリックスと対戦する。予告先発はロッテが石川、オリックスは… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は6日、東京都中央区晴海の組織委事務局に勤務する40代の女性職員1人が、新型コロナウイルスの検査で陽性だったと発表した。職員の感染が判明したのは5人目。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽西武 熊代聖人外野手 ▽楽天 宋家豪投手、足立祐一捕手 ▽ロッテ 佐々木千隼投手、成田翔投手、フローレス投手、宗接唯人捕手、福田光輝内野手、松田進内野手、細谷圭内野手、茶谷健太内野手、西巻賢二内野手、藤原恭大外野手、高部瑛斗外野手(以上特例2020代替選手) ▽日本ハム 郡拓也捕手 【同抹消】 ▽ロッテ 東妻勇輔投手、山本大貴投手、小野郁投手、鳥谷敬内野手、藤岡裕大内野手、三木亮内野手、荻野貴司外野手、清田育宏外野手、角中勝也外野手、菅野剛士外野手、和田康士朗外野手(以上特例2020対象選手)

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスは6日、新型コロナウイルスで陽性と判定されていた竹安大知投手(26)が大阪市のオセアンバファローズスタジアム舞洲で2軍の練習に復帰したと発表した。隔離期間を終え、5日にPCR検査を受けて陰性となった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日-ヤクルト、19回戦、6日、ナゴヤドーム)ヤクルト・小川泰弘投手(30)が体調不良を訴え、予告されていた先発登板を回避することが決まった。今季9勝を挙げ、チームで唯一規定投球回に達しているが予定されていた右腕に代わり、2年目左腕の久保拓真投手(24)がプロ初先発する。小川は試合前にグラウンドに姿を見せなかった。

後で読む
スポーツ報知

 スペイン1部のバルセロナは5日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2019~20年シーズンに9700万ユーロ(約119億円)の赤字を出したことを発表した。

後で読む
スポーツ報知

 イングランドやドイツなど欧州主要リーグの夏季移籍期間最終日となる5日、各国で大物選手の移籍が実現した。マンチェスターU(イングランド)は昨季までパリSG(フランス)に所属していたウルグアイ代表FWカ

後で読む
スポーツ報知

 F東京は6日、ルヴァン杯・準決勝の川崎戦(7日・等々力)に向けて都内で練習を行った。

後で読む
東京スポーツ

 大相撲秋場所で優勝を逃した大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が6日、東京・台東区の千賀ノ浦部屋で稽古を再開。四股やスクワット、バーベルを使ったトレーニングなどで汗を流した。  先場所は悔しい結果に終わった…

後で読む
東京スポーツ

 新型コロナウイルスへの集団感染が明らかになったロッテは6日、総勢22選手の一、二軍入れ替えを行った。出場選手登録されたのは佐々木千隼投手、成田翔投手、フローレス投手、宗接唯人捕手、福田光輝内野手、松…

後で読む
スポーツ報知

オリックスは6日、新型コロナウイルスに感染していた竹安大知投手(26)が、ファームに合流したと発表した。9月22日に実施していた定期PCR検査の結果、24日に陽性であることが判明。保健所の指導による

後で読む
スポーツ報知

中日の加藤宏幸球団代表(61)は6日、名古屋市内で代表取材に応じ、プロ志望を表明した中京大中京・高橋に「地元の選手だし考え直さないといけない。評価は高いし1位候補として考えるべき素材」と再度1位の有

後で読む
スポーツ報知

ヤクルト・小川泰弘投手(30)が、予告されていた先発登板を体調不良で回避した。代わって、2年目左腕の久保拓真投手がプロ初先発する。

後で読む
スポーツ報知

西武が球団3000勝到達を達成し、所沢が祝祭の空間と化した9月23日の日本ハム戦(メットライフドーム)。同戦を中継するBSテレビ東京のスタジオと、テクノロジーが演出したネット上の“広場”にも熱く、楽

後で読む
スポーツ報知

スペイン1部ウエスカは6日、左足の負傷で日本代表のオランダ遠征参加を辞退したFW岡崎慎司について、左足大腿二頭筋の負傷で復帰まで2~3週間の見込みと発表した。

後で読む
スポーツ報知

日本代表のオランダ遠征参加を辞退したフランス1部マルセイユのDF長友佑都が、胃腸炎で緊急入院していたと、フランスメディア「オンズ・モンディアル」が5日に報じた。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスは6日、竹安大知投手が保健所指導の下の隔離期間を終え、2軍に合流したと発表した。 5日のPCR検査にて陰性が確認された。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスは6日、新型コロナウイルスで陽性と判定されていた竹安大知投手(26)が大阪市のオセアンバファローズスタジアム舞洲で2軍の練習に復帰したと発表した。隔離期間を終え、5日にPCR検査を受けて陰性となった。 9月22日に2軍の監督、コーチ、選手らを対象とした定期検査の結果で判明した。無症状で体調に異常はなく、自宅待機を続けていた。

後で読む
デイリースポーツ

日本野球機構(NPB)は6日、ヤクルトの小川泰弘投手が体調不良のため、同日の中日戦(ナゴヤドーム)の予告先発を回避、久保拓真投手に変更になったと発表した。 小川は今季15試合に登板、チームトップの9勝4敗、防御率3・70の成績。2年目の左腕・久保は今季、リリーフとして4試合に登板。プロ入り初先発となる。

後で読む
スポーツニッポン

J2福岡は6日、J2山形からFW山岸祐也(27)を完全移籍で獲得したと発表した。あす7日からチームに合流する。山岸は16年に群馬に入団。今季は山形で23試合に出場し、6得点。J2通算159試合で26得点を挙げている。

後で読む
東京スポーツ

巨人の高橋優貴投手(23)、古川侑利投手(25)、北村拓己内野手(25)の3選手が6日、DeNA戦(東京ドーム)の試合前練習から一軍に合流した。  甲子園からの移動試合を考慮し、全体練習はなく個別調…

後で読む
東京スポーツ

コンディション不良のため三軍でリハビリ調整していた広島・西川龍馬内野手(26)が6日、ウエスタン・リーグの中日戦(由宇)で実戦復帰した。「3番・中堅」でスタメン出場し、プロ通算90勝の相手先発・吉見…

後で読む
東京スポーツ

新型コロナウイルスの集団感染が明らかになったロッテの井口資仁監督(45)が6日、ナイターのオリックス戦(ZOZOマリン)前に囲み取材に応じ、V争いの最中に直面した難局をチーム一丸となって乗り切る意欲…

後で読む
サンケイスポーツ

関西六大学野球秋季リーグ第5節第2日は6日、ほっともっとフィールド神戸で2回戦2試合が行われ、大院大と大商大が勝った。

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキースが4発の本塁打攻勢でレイズに大勝した。4回に逆転された直後の5回、ヒガシオカとジャッジのソロ本塁打で再逆転。9回にはスタントンの満塁弾で突き放した。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト青木宣親外野手(38)と山田哲人内野手(28)が、試合前練習に参加した。青木は3日の広島戦(神宮)で左ふくらはぎに死球を受け、途中交代。4日の広島戦で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

武修館が大会記録に並ぶ連打で猛攻した。2回無死から1犠打をはさんで8連続安打をマークし一挙7得点した。北海道高野連の記録では秋季全道で8連打は最多タイ。6連打… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

10月6日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>巨人 高橋優貴投手巨人 古川侑利投手巨人 北村拓己内野手広島 藤井黎来投手広島 宇… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 ロッテは6日、新型コロナウイルスの陽性判定を受けた鳥谷敬内野手ら7選手と、濃厚接触者とされた小野郁投手ら4選手の出場選手登録を抹消。代わって藤原恭大外野手ら11選手が昇格した。 チームは15年ぶりの優勝を目指し、ソフトバンクと首位争いを展開。井口監督は「主力が抜けるのは残念ではあるけど、逆に言えば若い選手のチャンス。高部、藤原に関しては1軍でチャンスあればと思っていた選手。2軍でしっかりやってきたことを1軍で出してほしい」と、背中を押した。

後で読む
日刊スポーツ

J1は10月7日に1試合が行われる。optaファクトは以下の通り。※ファクト内の数字はJ1での成績サガン鳥栖 – ガンバ大阪・鳥栖対G大阪…

後で読む
日刊スポーツ

ガンバ大阪は6日、今季初の5連勝が懸かった7日のサガン鳥栖戦(駅スタ)に向けて、大阪・吹田市内で調整した。その後、選手らがオンラインで取材に対応した。MF遠藤…

後で読む
日刊スポーツ

J2モンテディオ山形は6日、FW山岸祐也(27)がJ2アビスパ福岡へ完全移籍すると発表した。昨年8月にJ2FC岐阜(現J3)から途中加入し、昨季は14試合4得…

後で読む
スポーツ報知

 Jリーグの村井満チェアマン(61)は6日、実行委員会後にオンラインで記者会見を行い、観客によるブーイングや指笛などの禁止行為をした観客への対応はクラブ判断に委ねる方針を示した。

後で読む
スポーツ報知

 G大阪の宮本恒靖監督(43)が6日、J2磐田へ期限付き移籍したMF遠藤保仁(40)について思いを語った。交わした言葉などについては「いろいろ、移籍が決まる前にも話をしています。やり取りに関しては、ふ

後で読む
スポーツ報知

 広島の宇草孔基外野手(23)が6日、プロ入り後初めて1軍出場選手登録された。

後で読む
スポーツ報知

 昨秋の明治神宮大会優勝投手で、高校NO1投手の呼び声が高い中京大中京(愛知)の154キロ右腕・高橋宏斗(3年)が6日、プロ志望届を提出することを表明した。この日、進学を希望していた東京六大学リーグ・

後で読む
スポーツニッポン

9月の大相撲秋場所で初優勝を果たして大関に昇進した正代(28=時津風部屋)が6日、東京都墨田区の時津風部屋で昇進後初めての稽古を行い、報道陣の代表取材に応じた。この日は相撲は取らず、四股やダンベルなどを使った筋力トレーニングが中心。部屋に掲げられている木札も大関のところにつけられたが「特に変化はない。稽古始めなのでしっかり体を動かそうという意識だった」と気負うことなく取り組んだ。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲秋場所で初優勝し新大関に昇進した正代(28)=時津風=が6日、東京都墨田区の部屋で稽古を再開し、四股など基礎運動、筋トレを中心に約1時間、汗を流した。 場所後の昇進行事に加え、取材も多数。「結構忙しかった。ゆっくりできたかどうかは分からないけど、それなりに休めた。ゆっくり寝られてはないですけどね。結構忙しかったので、あっという間に1週間の休みが終わりましたね」と多忙な日々を過ごした。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムは6日の楽天戦(札幌D)の試合前、4日のソフトバンク戦(ペイペイD)で前身球団を含めて、通算1万試合を達成したことに対する記念セレモニーを行った。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は宮国椋丞投手、堀岡隼人投手、ウレーニャ内野手の出場選手登録を抹消。高橋優貴投手、古川侑利投手、北村拓己内野手が昇格した。 広島はドラフト2位のルーキー宇草孔基外野手(23)=法大=と藤井黎来投手(21)がともに初めて1軍に昇格となった。

後で読む
デイリースポーツ

千葉市の熊谷俊人市長が6日、ツイッターを更新し、千葉市に本拠地を置くプロ野球のロッテで新型コロナウイルスでこの日だけで11人の感染者が出たことに「苦境を乗り越えてくれることをホームタウンとして願っています」とエールを送った。 熊谷市長は「千葉ロッテマリーンズ球団で新たに11名(千葉市民2名)の陽性が確認され、計13名に」と切り出し「市、保健所は調査・検査・感染防止に向けた指導等を行っています」と市としての動きを説明した。

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグは6日に実行委員会を開催し、新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインを改訂を発表した。ホームクラブの判断となるが、今月17日以降から太鼓や応援ハリセンなど、自席で叩ける鳴り物の使用が可能となる。ただし、飛沫(まつ)リスクがあるメガホンの使用は対象外となる。

後で読む
日刊スポーツ

テニスのASBクラシックの主催者は6日、新型コロナウイルスの影響により、来年の大会を中止すると発表した。ASBクラシックは例年1月にニュージーランドのオークラ…

後で読む
東京スポーツ

巨人の高橋優貴投手(23)、古川侑利投手(25)、北村拓己内野手(25)の3選手が6日、DeNA戦(東京ドーム)の試合前練習から一軍に合流した。  甲子園からの移動試合を考慮し、全体練習はなく個別調…

後で読む
デイリースポーツ

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は6日、新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインの改定を発表。今月17日以降、自席でたたける鳴り物(太鼓、応援ハリセン等)についてホームクラブの許可制によって使用が可能となる。使用場所などは各クラブの試合観戦ルールに基づくことになる。 使用の可否をホームクラブに委ねたことについては、全席指定などの席割を行っているなどクラブやスタジアムの形状によって、観客の動員方法に差異があるため。また、声を出すリスクのあるメガホンの使用、座席などのスタジアム設備をたたく行為は引き続き禁止となっている。

後で読む
東京スポーツ

Jリーグが6日に実行委員会を開催し、新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインにおける応援スタイルの項目を改定した。  今月17日以降に、太鼓や応援ハリセンなど自席で叩ける鳴り物の使用が主管クラブの判…

後で読む
日刊スポーツ

世代屈指の最速154キロ右腕、中京大中京(愛知)の高橋宏斗投手(3年)がプロ志望届を提出することが6日、分かった。受験した慶大のAO入試で不合格となり、今後受… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト今野龍太投手(25)が、1軍に合流した。楽天から新加入した今季、1軍では中継ぎとして9試合に登板し、防御率は3・65をマークしている。8月31日に登録… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人北村拓己内野手(25)が6日、東京ドームでのDeNA戦前の1軍練習に合流した。今季はプロ初本塁打を含む2本塁打を放つなど、49試合に出場して10打点をマー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

J2福岡は6日、J2山形からFW山岸祐也(27)が加入すると発表した。今季は、ここまでのリーグ戦23試合で6得点。

後で読む
サンケイスポーツ

J1鹿島は6日、ユース所属のMF舩橋佑(18)が来季トップチームに昇格すると発表した。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。