「2020年10月9日」の記事一覧

東京スポーツ

日本代表FW大迫勇也(30=ブレーメン)は〝ハイプレス〟の重要性を強調した。  0―0の引き分けに終わったカメルーン戦後に「決定的なチャンスもあったので、しっかりと決めきれればよかったけど、ただすご…

後で読む
東京スポーツ

日本代表の〝新10番〟を背負ったMF南野拓実(25=リバプール)は不発に終わった。  カメルーン戦で自身もチームも無得点に終わり「自分たちの攻撃の部分が少なかったと感じる。その中で出た課題を次につな…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表国際親善試合(9日、日本-カメルーン、ハルヘンワールト・スタジアム)国際連盟(FIFA)ランキング28位の日本代表はオランダ・ユトレヒトで同53位のカメルーン代表と対戦し、0-0で引き分けた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本代表は9日に行われた国際親善試合でカメルーン代表と0-0のスコアレスドローに終わった。この試合にフル出場した大迫勇也が、ゲームを振り返っている。

後で読む
サンケイスポーツ

日本代表は9日、国際親善試合でカメルーン代表と対戦し、0-0で引き分けた。試合後、森保一監督がフラッシュインタビューでコメントを残した。

後で読む
サンケイスポーツ

国際親善試合の日本代表(SAMURAI BLUE)vsカメルーン代表が、9日にオランダで行われた。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムはオリックス15回戦(札幌ドーム)で「魂の塊打線」を組んで臨んだが、白星は遠かった。スタメンの「2番左翼」で帝京出身のプロ4年目、郡拓也捕手(22)を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテ二木康太投手(25)に崩れる気配がない。7回3安打1失点。今季6勝目で、自身はソフトバンク戦7連勝だ。「実際は投げづらい打者しかいないです」と恐縮しなが… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト高卒2年目浜田太貴外野手の勝ち越し3号ソロで、連敗を5で止めた。4-4の6回、先頭で広島中田の直球を豪快に左翼2階席へ。5試合ぶりにスタメンを外れ、5… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク1-3ロッテ16回戦、ロッテ11勝4敗1分、9日、ペイペイD)ロッテが首位ソフトバンクにゲーム差なしとした。一回に安田の押し出し四球などで2点を先制し、2-1の六回に藤原の適時打で加点した。二木が7回1失点で6勝目。ソフトバンクは中村晃のソロでの1点に終わり3連敗を喫した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天2-5西武、18回戦、西武10勝7敗1分、9日、楽天生命)西武が3連勝とした。0-1の二回に木村の犠飛と金子の適時打などで3点を挙げて逆転。八回には山川の適時打などで2点を加えた。ニールは6回2失点で4勝目を挙げ、増田が26セーブ目。楽天は勝率が5割に戻った。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表国際親善試合(9日、日本-カメルーン、ハルヘンワールト・スタジアム)国際連盟(FIFA)ランキング28位の日本代表はオランダ・ユトレヒトで同53位のカメルーン代表と対戦し、0-0で引き分けた。

後で読む
東京スポーツ

 日本代表MF久保建英(19=ビリャレアル)が9日の国際親善試合カメルーン戦(ユトレヒト)で強烈な左足FKで見せ場を作った。  後半20分からMF堂安律(22=ビーレフェルト)に代わって途中出場した久…

後で読む
デイリースポーツ

「国際親善試合、日本-カメルーン」(9日、ユトレヒト) 日本代表MF久保建英(ビリャレアル)が、両チーム無得点が続いている後半20分にMF堂安に代わり投入された。

後で読む
デイリースポーツ

「国際親善試合、日本0-0カメルーン」(9日、ユトレヒト) サッカー日本代表の20年初戦がオランダ・ユトレヒトのハルヘンワールト・スタジアムで行われ、0-0のスコアレスドローに終わった。

後で読む
デイリースポーツ

【ユトレヒト(オランダ)共同】サッカーの国際親善試合は9日、オランダのユトレヒトで無観客で行われ、日本がカメルーンと0-0で引き分け、今年初戦を勝利で飾ることはできなかった。 新型コロナウイルスの影響でワールドカップ(W杯)予選が延期されてきた日本にとって、昨年12月以来の試合。欧州組のみで編成された日本は南野(リバプール)や途中出場の久保建(ビリャレアル)を軸に攻め込む場面もあったが、ゴールは割れなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「国際親善試合、日本0-0カメルーン」(9日、ユトレヒト) サッカー日本代表の20年初戦がオランダ・ユトレヒトのハルヘンワールト・スタジアムで行われ、0-0のスコアレスドローに終わった。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク1-3ロッテ」(9日、ペイペイドーム) 9日に32歳の誕生日を迎えたソフトバンクの柳田悠岐外野手だったが、悔しいバースデーとなった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム4-6オリックス」(9日、札幌ドーム) 日本ハムは投打がかみ合わず2連敗。借金は、今季ワーストの8に膨らんだ。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトが今季チーム最多に並ぶ17安打で打ち勝ち、連敗を5で止めた。4-4の六回に浜田の3号ソロ、青木の18号2ランなど打者一巡で6安打を集め、6点を勝ち越した。3番手の梅野が3勝目。広島は投打がかみ合わなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「広島7-12ヤクルト」(9日、マツダスタジアム) 両軍合わせて31安打の4時間16分の乱打戦を、高津ヤクルトが制した。試合後の指揮官は、ある覚悟を持って臨んでいたことを明かした。

後で読む
スポーツニッポン

男子サッカー日本代表は9日、オランダでカメルーン代表と対戦。コロナ禍の影響により今年初戦となった代表戦は0―0のスコアレスドローに終わった。注目の19歳MF久保建英(ビリャレアル)は後半20分から途中出場。試合終了間際にはフリーキックのチャンスで惜しいシュートを放つも代表初ゴールはお預けとなった。

後で読む
東京スポーツ

短縮されたシーズンでもベテランが存在感を見せている。ヤクルト・青木宣親外野手(38)が9日の広島戦(マツダスタジアム)で6―4の6回一死二塁、カウント2―2で広島3番手・中田の145キロを捉え、右翼…

後で読む
東京スポーツ

日本代表は9日、今年初のA代表の試合となった国際親善試合カメルーン戦(オランダ・ユトレヒト)に0―0の引き分けに終わった。  新10番となったMF南野拓実(25=リバプール)が、前半から積極的なシュ…

後で読む
東京スポーツ

やっと止めた。ヤクルトが9日の広島戦(マツダスタジアム)に12―7で勝ち、連敗を5で止めた。  打線が爆発した。まずは初回に4点を先制。5回に同点に追いつかれるが、直後の6回に2年目・浜田の3号ソロ…

後で読む
東京スポーツ

2年目の若燕が勝負強さを見せた。ヤクルトの浜田太貴外野手(20)が9日の広島戦(マツダスタジアム)に5回の守備で登場した。  すると4―4の6回にこの日、初めての打席が回り、広島3番手の中田から勝ち…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム4-6オリックス、15回戦、オリックス8勝6敗1分、8日、札幌D)日本ハムが今季50敗目を喫し、借金は今季最多の8となった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天2-5西武、18回戦、西武10勝7敗1分、9日、楽天生命)楽天は西武に6連敗を喫した。三回までに2点を挙げて食らい付いたが、四回以降は無得点。今季初めて1万人を超えた本拠地の観客の前で勝利できず、三木監督は「最後まで選手は諦めずやってくれた。結果として負けたのは残念」と悔しさをにじませた。

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は9日、広島市の広島サンプラザホールで行われ、3連覇を狙う東地区のA東京がB1に昇格した西地区の広島を80-71で下し、2勝1敗とした。広島は1勝2敗。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表国際親善試合(9日、日本-カメルーン、ハルヘンワールト・スタジアム)国際連盟(FIFA)ランキング28位の日本代表はオランダ・ユトレヒトで同53位のカメルーン代表と対戦し、前半を0-0で折り返した。

後で読む
日刊スポーツ

オリックス中嶋聡監督代行の“札幌凱旋(がいせん)試合”を、ナインが投打で飾った。15年10月1日ロッテ戦の日本ハム選手兼任コーチとしての現役最後の試合から同チ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム先発の杉浦稔大投手は6回7安打4失点で4敗目を喫した。3回2死二、三塁から4番吉田正を敬遠し満塁策を取ったが、続くジョーンズに押し出し四球を与えて先制… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト高卒2年目浜田太貴外野手が、勝ち越しの3号ソロを放った。同点に追いつかれた直後の6回、先頭でカウント2-0から広島中田の直球を、豪快に左翼2階席へ。5… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「フィギュアスケート・東京選手権」(9日、ダイドードリンコアイスアリーナ) 女子SPが行われ、女優と並行して競技活動をしている、シニア初戦の本田望結(16)=プリンスホテル=は43・91点で12位だった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク1-3ロッテ16回戦、ロッテ11勝4敗1分、9日、ペイペイD)凡ミスあり、横っ飛びあり。ロッテとの首位攻防戦は、初回から荒れ模様だった。先発したソフトバンク・ムーアが一回から2失点。3四死球を与え、立ち上がりを攻められた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク1-3ロッテ16回戦、ロッテ11勝4敗1分、9日、ペイペイD)190センチの長身が、さらに大きく見える。1995、96年のE・ヒルマン以来、球団24年ぶりとなるソフトバンク戦7連勝を懸け、ロッテ・二木康太投手(25)が五回まで1失点、7奪三振の力投を続けた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク1-3ロッテ16回戦、ロッテ11勝4敗1分、9日、ペイペイD)首位のソフトバンクは引き分けを挟んで3連敗。2位・ロッテとは勝率1厘差で、ゲーム差はなくなった。工藤公康監督(57)が試合後、取材に対応した。主な一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島7-12ヤクルト、18回戦、広島9勝7敗2分、9日、マツダ)鋭い打球が、左中間へ放たれた。ヤクルトの4番・村上が一回1死一、二塁から先制の2点二塁打。先発左腕・床田のスライダーを振り抜き、チームに勢いを生んだ。

後で読む
日刊スポーツ

FC東京が難敵撃破の勢いをリーグ戦に持ち込む。11日の第21節ホーム・ガンバ大阪戦に向け、9日の練習後に長谷川健太監督が取材対応。8日のルヴァン杯準決勝で、今…

後で読む
日刊スポーツ

J1清水エスパルスDFヴァウド(28)が、4連敗阻止へ闘志を燃やした。9日は静岡市内で最終調整して「自分は100%の状態。勝ち点3をとる」。10日のホーム広島…

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会は9日、日本代表対カメルーン戦(オランダ・ユトレヒト)前に選手とサポーターが交流するオンラインイベント「SAMURAI BLUEとリモートハイ…

後で読む
日刊スポーツ

FIFAランク28位の森保ジャパンは、国際親善試合で同53位のカメルーンと対戦。日本00-00-00カメルーン…

後で読む
東京スポーツ

 ついに尻尾をつかんだ。2位・ロッテが9日の首位・ソフトバンク戦(ペイペイ)で3―1と勝利。天王山決戦第1ラウンドで快勝し、首位とゲーム差なしにまで〝猛接近〟した。   試合後のヒーローインタビューに…

後で読む
デイリースポーツ

政府は9日、来夏の東京五輪・パラリンピックに向けた3回目の新型コロナウイルス対策調整会議を首相官邸で開催し、感染対策として、競技会場や選手村でのアスリートへの行動制限等について検討していく方針を固めた。 大会組織委員会の基本方針としては、アスリートと関係者の接触を最小限にするためのゾーニングを徹底するほか、競技や会場ごとに個別の感染対策を検討する。

後で読む
デイリースポーツ

政府は9日、来夏に延期された東京五輪・パラリンピックに向け、新型コロナウイルス対策を検討する調整会議の第3回会合を首相官邸で開いた。選手村での密集回避のため、食堂やフィットネスセンターなどの共有施設で利用人数を抑制する方針で一致した。競技会場については選手と関係者の動線を分けて接触を最小限にする「ゾーニング」を徹底することを確認した。 選手村のメインダイニングホールは、座席数を削減し利用時間を制限するほか、飛沫感染を防ぐためのアクリル板を設置する。食事は選手が選べるビュッフェ形式とするが、あらかじめ小分けにするなど提供方法を工夫する。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートの東京選手権は9日、東京都西東京市のDyDoアリーナで開幕し、女子ショートプログラム(SP)は今季限りでの引退を決めている永井優香(早大)がほぼミスのない演技を見せ、61・08点で首位に立った。2016年世界ジュニア選手権女王の本田真凜(JAL)は二つのジャンプで0点になるミスが出て、47・29点で9位と出遅れた。 本田真の妹の本田望結(プリンスホテル)は43・91点で12位となった。女子フリーは10日に行われる。

後で読む
デイリースポーツ

バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は9日、広島市の広島サンプラザホールで行われ、3連覇を狙う東地区のA東京がB1に昇格した西地区の広島を80-71で下し、2勝1敗とした。広島は1勝2敗。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク1-3ロッテ」(9日、ペイペイドーム) ソフトバンクが首位攻防初戦で敗れ、引き分けを挟んで3連敗となった。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは9日、1軍チームスタッフ1名が新型コロナウイルスで陽性判定を受けたと発表した。 6日に発熱の症状を訴え、37度を計測。7日に38度となり、さいたま市内の病院でPCR検査を受け、陽性となった。

後で読む
デイリースポーツ

西武が3連勝とした。0-1の二回に木村の犠飛と金子の適時打などで3点を挙げて逆転。八回には山川の適時打などで2点を加えた。ニールは6回2失点で4勝目を挙げ、増田が26セーブ目。楽天は勝率が5割に戻った。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム4-6オリックス」(9日、札幌ドーム) オリックスは三回に満塁からジョーンズの押し出し四球で先制。四回は杉本の2号で加点。投げては先発の田嶋が四回までパーフェクト、六回に近藤の2ランを浴びたが、スライド先発の中、役割を果たした。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク1-3ロッテ」(9日、ペイペイドーム) ソフトバンクは首位攻防の初戦を落とし、引き分けを挟み3連敗。首位の座はかろうじて守ったが、ロッテにゲーム差なしの勝率1厘差に迫られた。

後で読む
日刊スポーツ

競輪を統括するJKAは9日、競輪選手2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。JKAによると、1人は7日に味覚・嗅覚の異常を感じたため、翌日にPCR検査を…

後で読む
日刊スポーツ

16年世界ジュニア選手権を制した本田真凜(19=JAL)が強行出場した。先月末に右肩を脱臼し、この日の練習で久しぶりにジャンプを跳んだばかり。演技直前の6分間…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケーターと女優業を両立する本田望結(16=プリンスホテル)がシニアデビューを果たした。SP曲「My Dilemma」に乗り、43・91点で12位と…

後で読む
日刊スポーツ

世界10位、大谷桃子(25=かんぽ生命)の全仏初出場、4大大会初優勝の快挙はならなかった。4大大会のシングルスで、史上初めて実現した日本選手同士の決勝で、同2…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)・パラリンピックのメイン会場となる国立競技場(東京都新宿区)の陸上トラックが存続する公算が大きいことが9日、分かった。前日に関係各所を…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表国際親善試合(9日、日本-カメルーン、ハルヘンワールト・スタジアム)国際連盟(FIFA)ランキング28位の日本代表はオランダ・ユトレヒトで同53位のカメルーン代表と対戦し、前半を0-0で折り返した。

後で読む
東京スポーツ

8回の鬼神だ! ロッテ・澤村拓一投手(32)が9日のソフトバンク戦(ペイペイ)で2点リードの8回から2番手でマウンドに立ち、1イニングを3人でピシャリと抑えた。  まずは先頭・甲斐を内角スプリットで…

後で読む
東京スポーツ

ベンチで悔しさをかみしめた。ヤクルトの歳内宏明投手(27)が9日の広島戦(マツダスタジアム)に先発し、5回途中を3失点だった。  歳内は「今日は立ち上がりの状態はあまり良くなかったが、徐々に自分のテ…

後で読む
東京スポーツ

パ・リーグ白熱の首位攻防戦(ペイペイ)は、2位ロッテがソフトバンクに3―1で快勝し、ゲーム差なしの勝率1厘差に肉薄した。ロッテは先発・二木康太投手(25)が7回9奪三振1失点の好投で6勝目。昨季から…

後で読む
東京スポーツ

日本代表は9日、国際親善試合カメルーン戦(オランダ・ユトレヒト)で前半を0―0で折り返した。  新10番となったMF南野拓実(25=リバプール)が、積極的なシュートで得点を狙った。前半19分には日本…

後で読む
東京スポーツ

天敵攻略に失敗して首位攻防戦の第1ラウンドを落とした。ソフトバンクが9日の2位ロッテ戦(ペイペイ)に1―3で敗戦。引き分けを挟んで3連敗を喫しゲーム差0に迫られた。  工藤監督は「同じところに立たさ…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムが9日、オリックス戦(札幌ドーム)に4―6で敗れて連敗。最終回に追い上げを見せるも、結局追いつけなかった。  打線は相手先発・田嶋に4回までノーヒット。5回に渡辺がチーム初安打を放つと、0―…

後で読む
デイリースポーツ

「国際親善試合、日本-カメルーン」(9日、ユトレヒト) サッカー日本代表の20年初戦がオランダ・ユトレヒトのハルヘンワールト・スタジアムで行われ、前半を0-0で折り返した。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの国際親善試合は9日、オランダのユトレヒトで行われ、今年初戦となった日本がカメルーンと対戦し、南野(リバプール)堂安(ビーレフェルト)らが先発した。

後で読む
サンケイスポーツ

フィギュアスケートの東京選手権は9日、東京都西東京市のDyDoアリーナで開幕し、女子ショートプログラム(SP)は今季限りでの引退を決めている永井優香(早大)がほぼミスのない演技を見せ、61・08点で首位に立った。2016年世界ジュニア選手権女王の本田真凜(JAL)は二つのジャンプで0点になるミスが出て、47・29点で9位と出遅れた。

後で読む
日刊スポーツ

各球団が今季所属したFA選手に提示するQO(クオリファイングオファー)が今オフ、最高額を更新し年俸1890万ドル(約20億8000万円)になると、8日付の米メ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

先発は日本ハムが杉浦、オリックスが田嶋。オリックスは3回にジョーンズの押し出し四球で先制。田嶋は3回まで無安打無失点。オリックスは4回に1点、5回に2点を追加… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

パ・リーグ首位攻防3連戦の初戦。ロッテが首位ソフトバンクにゲーム差なしとした。一回に安田の押し出し四球などで2点を先制し、2-1の六回に藤原の適時打で加点した… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは1回無死満塁から押し出し四球と敵失で2点を先制。ソフトバンクはその裏、中村晃の6号ソロで1点を返した。ロッテは6回2死三塁から藤原の右前適時打で1点を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

チェルシーに所属するGKエドゥアール・メンディがセネガル代表から離脱することが発表された。

後で読む
サンケイスポーツ

リヨンのメンフィス・デバイは、今夏のバルセロナ行きが破談に終わったことについて口を開いた。

後で読む
サンケイスポーツ

AマドリードのFWルイス・スアレスが、元同僚であるリオネル・メッシとともに退団について語った。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表国際親善試合(9日、日本-カメルーン、ハルヘンワールト・スタジアム)国際連盟(FIFA)ランキング28位の日本代表はオランダ・ユトレヒトで同53位のカメルーン代表と対戦。先発メンバーには、南野拓実(リバプール)、堂安律(ビーレフェルト)らが名を連ねた。久保建英(ビリャレアル)はベンチスタート。

後で読む
スポーツニッポン

女子ショートプログラム(SP)が行われ、16年世界ジュニア選手権優勝の本田真凜(19=JAL)は47・29点で9位発進となった。今月3日に出場予定だったジャパン・オープン前週に右肩脱臼で欠場。今季初戦を迎えたこの日にジャンプ練習を再開し、「2週間ほどジャンプができていなかった。スケートをやってきて一番、不安な中での演技。途中で止めることなく最後まで滑れてよかった」と振り返った。

後で読む
スポーツニッポン

エポック社はこのほど、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公認商品としては国内初となる女子プロゴルファーをテーマにしたトレーディングカード「2020 日本女子プロゴルフ協会 オフィシャルトレーディングカード」を11月28日から発売すると発表した。

後で読む
東京スポーツ

 テニスの全仏オープン車いすの部は9日、パリのローランギャロスで女子シングルス決勝が行われ、2年ぶり4度目の優勝を狙う第2シードの上地結衣(26=三井住友銀行)が初出場優勝を目指す大谷桃子(25=かん…

後で読む
東京スポーツ

 高卒2年目の若武者が大暴れだ。ロッテ・藤原恭大外野手(20)が9日のソフトバンク戦(ペイペイ)で大きなインパクトを残した。  1点リードの6回二死三塁、相手左腕・ムーアの投じた外角高めストレートをは…

後で読む
東京スポーツ

 今季5勝目とはならなかった。楽天・塩見貴洋投手(32)が9日の西武戦(楽天生命)で今季15度目の先発マウンドに立ち、5回5安打2四球3失点。1点リードの2回に四球と連打を浴びて満塁とし、木村の犠飛、…

後で読む
デイリースポーツ

「国際親善試合、日本-カメルーン」(9日、ユトレヒト) サッカー日本代表の20年初戦がオランダ・ユトレヒトのハルヘンワールト・スタジアムで行われる。両チームのスタメンが発表されFW大迫勇也(ブレーメン)、MF南野拓実(リバプール)らが名前を連ねた。MF久保建英(ビリャレアル)はベンチスタートとなった。キャプテンはDF吉田麻也(サンプドリア)が務める。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球巨人は9日、3軍の20歳の選手1人とファームスタッフ2人の計3人が新型コロナウイルスの定期検査で陽性と判定されたと発表した。3人とも1軍の監督、コーチ、選手らとの接触はなかった。症状はなく、東京都内の医療機関に入院した。13日のイースタン・リーグの公式戦は予定通り開催する。 7日に1軍を含む全選手と監督、コーチ、スタッフなど230人を対象に行った定期検査で判明した。3人が拠点としていた川崎市のジャイアンツ球場の消毒作業は既に終えている。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-ヤクルト」(9日、マツダスタジアム) ヤクルトの歳内が五回途中8安打3失点。2勝目の権利まで、あと2死のところで無念の途中降板となった。お預けとなった白星。五回に3投手の継投で逃げ切りを試みたが、失敗に終わった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム-オリックス」(9日、札幌ドーム) 日本ハムの近藤健介外野手が4試合ぶりとなる5号2ランを放った。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(9日、ペイペイドーム) ロッテ・沢村拓一投手が2点リードの八回から登板。わずか9球で三者凡退に抑え、危なげなく無失点に抑えた。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-ヤクルト」(9日、マツダスタジアム) 壮絶な打ち合いとなった。開始3時間で、試合経過は六回表。両軍共に2桁安打を放つ乱打戦は、五回に広島が同点としたが、6回にヤクルトが打者10人で一挙6点を奪う猛攻を見せた。

後で読む
スポーツニッポン

男子サッカー日本代表は9日、オランダでの今年初戦となる国際親善試合カメルーン戦の先発メンバーを発表。東京五輪世代からは中山雄太(23=ズウォレ)、堂安律(22=ビーレフェルト)を起用。久保建英(19=ビリャレアル)はベンチスタートとなった。

後で読む
スポーツニッポン

日本協会は9日、日本代表戦での初めてのオンラインイベントとしてJFAユースプログラム特別編「SAMURAIBLUEとリモートハイタッチ!」を実施した。

後で読む
東京スポーツ

巨人は9日、三軍の選手1人とファーム・スタッフ2人が新型コロナウイルスの定期検査で陽性と判定されたと発表した。  球団は7日に監督、コーチ、選手、スタッフなど総勢230人の検査を実施していた。陽性と…

後で読む
東京スポーツ

広島・鈴木誠也外野手(26)が9日のヤクルト戦(マツダ)で反撃の21号2ランを放った。  3点を追う5回一死一塁の場面で打席に入ると相手先発・歳内の直球を完璧に捉え、左翼席へ運んだ。4試合ぶりの一発…

後で読む
東京スポーツ

中日・与田剛監督(54)が9日、今年1月17日に逝去した高木守道氏(享年78)の追悼試合となる10日の巨人戦(ナゴヤドーム)に向け、勝利を捧げる決意を示した。  この日、ナゴヤドームでの全体練習を終…

後で読む
東京スポーツ

森保ジャパンが9日の国際親善試合カメルーン戦前に、史上初の「リモートハイタッチ」でファンやサポーターと交流した。  新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客開催となるため直接の交流ができない代わ…

後で読む
東京スポーツ

2勝目はつかめなかった。  ヤクルトの歳内宏明投手(27)が9日の広島戦(マツダスタジアム)に先発し、4回1/3を8安打3失点で降板した。  初回に打撃陣に4点の援護をもらったが生かせなかった。4―…

後で読む
東京スポーツ

首位ソフトバンクのマット・ムーア投手(31)が9日、1ゲーム差の2位ロッテを迎えての3連戦初戦(ペイペイ)に先発した。  初回、内野安打と四死球が絡んでいきなり無死満塁のピンチを背負うと、安田に押し…

後で読む
東京スポーツ

ポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(35=ユベントス)の自宅に泥棒が侵入した。  スペイン紙「マルカ」によると、故郷マデイラ島のフンシャルにあるC・ロナウドの邸宅でガレージのメンテナンスでド…

後で読む
東京スポーツ

日本代表は9日、国際親善試合カメルーン戦(オランダ・ユトレヒト)のスタメンを発表した。MF久保建英(19=ビリャレアル)はベンチスタートとなった。  ◆スタメン  GK12権田修一(31=ポルティモ…

後で読む
サンケイスポーツ

女子ショートプログラム(SP)は本田望結(プリンスホテル)が43・91点で12位だった。姉で2016年世界ジュニア選手権覇者の本田真凜(JAL)が47・29点で9位。永井優香(早大)が61・08点で首位に立った。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表国際親善試合(9日、日本-カメルーン、ハルヘンワールト・スタジアム)国際連盟(FIFA)ランキング28位の日本代表はオランダ・ユトレヒトで同53位のカメルーン代表と対戦。先発メンバーには、南野拓実(リバプール)、堂安律(ビーレフェルト)らが名を連ねた。久保建英(ビリャレアル)はベンチスタート。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは1回無死満塁から押し出し四球と敵失で2点を先制。ソフトバンクはその裏、中村晃の6号ソロで1点を返した。ロッテは6回2死三塁から藤原の右前適時打で1点を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム近藤健介外野手(27)が反撃の1発をかっ飛ばした。4点を追う6回2死一塁から、オリックス田嶋の初球スライダーを右翼席へ運ぶ5号2ラン。「なかなかチーム… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、ソフトバンク-阪神」(9日、タマホームスタジアム筑後) 阪神ドラフト2位・井上広大外野手(19)=履正社=がウエスタン・リーグ本塁打数単独トップに躍り出る8号ソロをバックスクリーンに放った。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、ソフトバンク-阪神」(9日、タマホームスタジアム筑後) 阪神先発のオネルキ・ガルシア投手が7回4安打1失点と力投した。前回先発した9月29日のウエスタン・オリックス戦は7回5失点と苦しんでいた左腕が変わり身を示した。

後で読む
サンケイスポーツ

陸上の中部実業団選手権は9日、岐阜県の多治見市星ケ台競技場で男子1万メートル(タイムレース)が行われ、東京五輪マラソン代表の服部勇馬(トヨタ自動車)は28分16秒28で13位だった。12月のマラソンに向けた調整の一環として28分30秒を目標に走ったそうで「タイムに関しては上出来だが、それ以上に内容が良かった」と手応えを口にした。

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は9日、出稽古の希望者を対象に16日から22日まで東京・両国国技館内の相撲教習所で合同稽古を実施すると発表した。十両以上の関取10人前後を含む20人余りが参加を希望しているという。

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪・パラリンピックに向けた新型コロナウイルス対策の調整会議が9日に開かれ、国際大会や合宿のために海外渡航する日本選手が、帰国後に求められる原則14日間の待機措置を特例的に緩和する政府の方針を確認した。同日から適用される。感染対策を条件に、宿泊場所と事前登録した練習場所の往復に限って外出を認め、練習が可能になる。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人は9日、20歳の3軍選手1人とファームスタッフ2人が新型コロナウイルス感染の有無を調べる検査で陽性と判定されたと発表した。発熱やせき、倦怠(けんたい)感等の症状はなく、すでに都内の医療機関に入院しているという。

後で読む
日刊スポーツ

浦和レッズが連敗脱出へ、大槻監督が序盤からアグレッシブに攻め、局面打開する姿勢をみせた。10日の鳥栖戦に備え、さいたま市内で非公開調整。同監督は「入りのところ…

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグ・ジュビロ磐田元監督で元日本代表MFの名波浩氏(47)が9日、静岡朝日テレビの情報番組「とびっきり!しずおか」(月~金曜午後4時37分)に出演し、ガン…

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌は10日、ホーム湘南戦(札幌厚別)に臨む。9日、札幌・宮の沢で前日練習を行った。前節仙台戦で2ゴールを決めたFWアンデルソン・ロペス(2…

後で読む
日刊スポーツ

サッカーの国際親善試合は9日、オランダのユトレヒトで行われ、今年初戦となる日本代表がカメルーン代表と対戦する。試合開始は日本時間午後9時。新型コロナウイルスの…

後で読む
スポーツニッポン

女子ショートプログラム(SP)が行われ、16年世界ジュニア選手権優勝の本田真凜(19=JAL)は47・29点をマークした。右肩脱臼で10月3日のジャパン・オープンを欠場したため、今大会が今季初戦となった。

後で読む
スポーツニッポン

女子ショートプログラム(SP)が行われ、今季シニアデビューで女優と競技を両立する本田望結(16=プリンスホテル)は43・91点で12位発進となった。「すごく悔しい、明日(10日)に向けて頑張るぞという気持ちがある」と振り返った。

後で読む
スポーツニッポン

来夏へ延期された東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策を検討する調整会議が9日に官邸で開かれ、競技会場や選手村における感染防止対策が協議された。選手に対しては隔離(ゾーニング)と体調管理(モニタリング)を徹底することが確認され、滞在先を原則的に宿泊場所や練習場に制限するなど行動ルールを設ける案も示された。

後で読む
東京スポーツ

 ゴルフの国内女子ツアー「スタンレーレディス」初日(9日、静岡・東名CC=パー72)、新垣比菜(21=ダイキン工業)が浅井咲希(22=小杉CC)ら6人とともに1アンダーの71で首位に立った。  時に風…

後で読む
東京スポーツ

 楽天・銀次内野手(32)が9日の西武戦(楽天生命)で2点を追う3回二死一塁、相手先発・ニールから2球目をとらえ、右翼フェンス直撃の適時二塁打を放った。    1回にも先制打を放ち、2打席連続適時打。…

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピックに向けた新型コロナウイルス対策の調整会議が9日に開かれ、国際大会や合宿のために海外渡航する日本選手が、帰国後に求められる原則14日間の待機措置を特例的に緩和する政府の方針を確認した。同日から適用される。感染対策を条件に、宿泊場所と事前登録した練習場所の往復に限って外出を認め、練習が可能になる。 日本オリンピック委員会(JOC)と日本パラリンピック委員会(JPC)を通じ同日、各競技団体に通知された。待機期間が支障となって各競技で海外遠征を見送る状況が続き、東京大会に向けた強化が懸念されていた。

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート・東京選手権」(9日、ダイドードリンコアイスアリーナ) 女子SPが行われ、本田真凜は47・29点で9位だった。出場するはずだった3日のジャパンオープンを右肩脱臼のために欠場。この日が今季初戦だったが、予定していた通りのジャンプが跳べず、2つの要素で点数を得られないなど、不安の残る結果となった。揃って出場した妹の本田望結(16)=プリンスホテル=は43・91点で12位。トップは永井優香(21)=早大=で61・08点だった。

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート・東京選手権」(9日、ダイドードリンコアイスアリーナ) 女子SPが行われ、本田真凜(19)=JAL=はジャンプ要素2本で無得点になってしまい、47・29点で9位だった。真凜の妹で、女優業と並行して競技に挑んでいる本田望結(16)=プリンスホテル=はシニア初戦で43・81点で12位だった。SPトップは永井優香(21)=早大=で、61・08点だった。

後で読む
デイリースポーツ

陸上の中部実業団選手権は9日、岐阜県の多治見市星ケ台競技場で男子1万メートル(タイムレース)が行われ、東京五輪マラソン代表の服部勇馬(トヨタ自動車)は28分16秒28だった。12月のマラソンに向けた調整の一環として28分30秒を目標に走ったそうで「タイムに関しては上出来だが、それ以上に内容が良かった」と手応えを口にした。 9月には1万メートルの自己ベストを更新。「自分自身の力を高めていけるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

【パリ共同】テニスの全仏オープン車いすの部は9日、パリのローランギャロスで行われ、四大大会シングルス決勝で初の日本人対決となった女子は、第2シードの上地結衣(三井住友銀行)が大谷桃子(かんぽ生命)に6-2、6-1で完勝し、2年ぶり4度目の頂点に立った。四大大会は通算8勝目。大谷は初出場優勝に届かなかった。 男子ダブルス決勝で国枝慎吾(ユニクロ)グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)組が第2シードの英国ペアと顔を合わせる。

後で読む
デイリースポーツ

「国際親善試合、日本-カメルーン」(9日、ユトレヒト) サッカー日本代表の20年初戦がオランダ・ユトレヒトのハルヘンワールト・スタジアムで行われる。両チームのスタメンが発表されFW大迫勇也(ブレーメン)、MF南野拓実(リバプール)らが名前を連ねた。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(9日、ペイペイドーム) ロッテの2年目・藤原恭大外野手が、大一番でプロ初の猛打賞をマークした。

後で読む
スポーツニッポン

 阪神の揚塩健治球団社長(60)が9日、チーム内で2度に渡って新型コロナウイルス感染者を出した責任を取り、11月末日限りで辞任することを表明した。この日の午後に兵庫県西宮市の球団事務所で会見を開いた。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケーターと女優業を両立する本田望結(16=プリンスホテル)がシニアデビューを果たした。SP曲「My Dilemma」に乗り、43・91点をマークし…

後で読む
日刊スポーツ

男子長距離の服部弾馬(トーエネック)は、兄弟での東京オリンピック(五輪)出場に強い意欲を示した。この日は2組にオープン参加し、台風の強雨の中、28分26秒61…

後で読む
日刊スポーツ

16年世界ジュニア選手権を制した本田真凜(19=JAL)が47・29点の9位で今季初戦のSPを終えた。3日に開催されたジャパンオープンに出場を予定していたが、…

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボールBリーグの島田慎二チェアマン(49)が9日に来仙し、B2仙台89ERSの事務所視察やスポンサー向け講演などを行った。7月にB1千葉会長から転身…

後で読む
日刊スポーツ

来年3月7日に開催予定だった東京マラソンは来年10月17日に延期となることが9日、決まった。トップ選手らが争うエリートの部に加え、車いすの部、約3万8000人…

後で読む
サンケイスポーツ

日本野球機構(NPB)は9日、イースタン、ウエスタン両リーグの優勝チームが対戦するファーム日本選手権を、11月7日午後1時から宮崎市のひなたサンマリンスタジアム宮崎で開催すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルスの感染が収まらない中、レスリングの全国高校選抜大会が9日、新潟市東総合スポーツセンターで開幕した。日本レスリング協会によると、コロナ禍によるイベント中断後で初めての国内主要大会。接触競技の格闘技で「3密」対策などを踏まえた運営に注目が集まる。

後で読む
サンケイスポーツ

東日本大震災で被災し、昨年のラグビー・ワールドカップ(W杯)の開催地となった岩手県釜石市で9日、W杯の経験や感動を継承し、開催1年を祝う2日間の記念イベントが始まった。市中心部のホールでは、釜石鵜住居復興スタジアムでの唯一の試合となったフィジー-ウルグアイ戦が上映され、市民らが1年前の興奮を再体験した。

後で読む
日刊スポーツ

巨人は9日、新型コロナウイルスの定期検査を行った結果、3軍の選手1人とファーム・スタッフ2人の計3人の陽性判定が確定したと発表した。巨人のリリース資料は以下の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中日が8年ぶりのAクラスフィニッシュを目指し、ミスタードラゴンズの追悼試合で始まる9連戦で必勝態勢を敷く。10日からの巨人3連戦(ナゴヤドーム)の初戦は、今年… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、ソフトバンク-阪神」(9日、タマホームスタジアム筑後) “野人”のバットが火を噴いた。チームのコロナ禍により、球団独自の濃厚接触者に指定されていた阪神・江越大賀外野手が第2打席に左中間フェンス直撃の二塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

今季の阪神はまだ26試合を残し、わずかに優勝の可能性も残す。シーズン中の辞任発表は、チームに影響を及ぼすリスクも孕(はら)む。揚塩健司社長は、それでも発表へ踏み切った。 決断に至った最大の要因は、球団内で2度も新型コロナウイルスが感染したこと。ただ、12月1日付け人事まで職務を全うするにも関わらず、なぜこの時期に発表したのか。

後で読む
サンケイスポーツ

J2山形は9日、J1のC大阪からFW山内寛史(25)とMF前川大河(24)がいずれも来年1月末までの期限付きで加入すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本高野連は9日、最速154キロを誇る世代屈指の好投手、中京大中京(愛知)の高橋宏斗投手が新たにプロ志望届を提出したとホームページ上で公表した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は9日、代表による電話取材に応じ、新型コロナウイルス感染対策で禁止が続いていた出稽古について16日~22日まで期間を限定して解禁し、東京・墨田区の両国国技館内の相撲教習所で「合同稽古」のかたちで実施することを明らかにした。出稽古は3月の春場所後から見送られていた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本学生野球協会と明治神宮は9日、新型コロナウイルスの影響で、11月20日から神宮球場で開催予定だった第51回明治神宮大会を中止すると発表した。感染者の多い東京へ団体で移動することなどのリスクを考慮し、開催は困難との結論を出した。同大会の中止は昭和天皇の病状悪化で自粛した1988年以来で32年ぶり2度目。

後で読む
スポーツニッポン

女子ショートプログラム(SP)が行われ、今季シニアデビューで女優と競技を両立する本田望結(16=プリンスホテル)は43・91点だった。

後で読む
スポーツニッポン

鹿児島市で合宿中の7人制ラグビー男子日本代表の副島亀里ララボウラティアナラ(37=コカ・コーラ)が9日、オンライン取材に応じ、37歳の今なお進化中であることを明かした。16年のリオ五輪時点でチーム最年長の33歳だったがが、1年延期となった東京五輪は38歳で迎えることになる。それでも「今のところ体は付いてきている。(4年前より)足は速くなっている。ガッツと強い意志(が秘けつ)」と語ってニヤリ。リ…

後で読む
東京スポーツ

 東京マラソン財団は9日、都内で臨時理事会を開き、来年3月7日に開催予定だった2021年大会を10月17日に延期することを決定した。  新型コロナウイルスの影響で開催は来夏の東京五輪後に変更されたもの…

後で読む
デイリースポーツ

第51回明治神宮野球大会の中止が9日に発表され、全国舞台を目指す地方大学には衝撃が走った。今秋ドラフト1位候補の伊藤大海投手(4年・駒大苫小牧)を擁する苫小牧駒大は所属する北海道六大学秋季リーグ戦を制し、12日から札幌六大学リーグ優勝校・星槎道都大と同大会の出場権をかけて北海道地区代表決定戦に挑むはずだった。 苫小牧駒大・大滝敏之監督はインターネットでの情報で全国大会の中止を知り、「落ち込んでいます。目を疑いました」と突然の発表に困惑した。同大学は21年4月に北洋大へと校名変更予定。現校名で戦う最後の大会だっただけに無念さをにじませた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・原辰徳監督が9日、左脇腹痛のため出場選手登録を外れた中川皓太投手について、「ちょっと10日は難しいんじゃないかな」と復帰までの見通しを示した。 中川はここまで、チーム最多37試合に登板。2勝1敗6セーブ、防御率1・00でリリーフエースとして活躍していた。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(9日、ペイペイドーム) パ・リーグの首位攻防戦。その立ち上がりにソフトバンク先発のマット・ムーア投手が執念の素手キャッチを見せた。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム-オリックス」(9日、札幌ドーム) オリックスは三回、2死満塁からジョーンズの押し出し四球で先制。

後で読む
スポーツニッポン

サッカーJ1の9月度の月間優秀監督賞が発表され、鳥栖の金明輝監督(39)が受賞した。

後で読む
東京スポーツ

阪神の揚塩健治社長(60)の辞任発表を受け、球団トップの藤原崇起オーナー(68)が取材に応じ「コロナというより(選手の)戦列の離脱ということ、今までのことを含めていろいろ考えたけれど、辞任したいとい…

後で読む
東京スポーツ

広島・大瀬良大地投手(29)が9日、右ヒジの手術後、初めて大野練習場での練習を公開した。  室内でのストレッチ後にグラウンドで中崎や戸田とともにランニングをするなど約3時間、みっちり体を動かした右腕…

後で読む
東京スポーツ

連敗ストップへいい形でスタートを切った。5連敗中の最下位・ヤクルトは9日の広島戦(マツダスタジアム)で初回に猛攻を見せた。  先頭・エスコバー、坂口の連打などで一死一、二塁とすると、村上が左越え2点…

後で読む
東京スポーツ

日本サッカー協会は9日、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)東地区の1次リーグ残り試合と決勝トーナメント1回戦から準決勝をカタール・ドーハで集中開催することになったと発表した。  Jリーグから参戦し…

後で読む
サンケイスポーツ

巨人は9日、東京ドームで混雑を避けるために実施している開場時間の1時間繰り上げを継続すると発表した。対象は24、25日の阪神戦と31日と11月1、7、8日のヤクルト戦の6試合。また、試合後に実施している退場ゲートを指定するなどの規制は引き続き全試合で行う。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-DeNA=台風接近のため中止、9日、甲子園)先月29日から連戦が続いていた阪神には恵みの雨となった。広島から移動しての試合が中止となり、自主練習に充てられた。打ち込みに励む選手、体のケアに時間を割いた選手とそれぞれ有効に使い、矢野監督は「みんな、自分のいいことを選択してやった」と前向きに捉えた。

後で読む
サンケイスポーツ

アジア・サッカー連盟(AFC)は9日、新型コロナウイルスの影響で中断しているアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)東地区をカタールのドーハで集中開催すると発表した。11月18日~12月13日に1次リーグ途中から準決勝を実施する。F組のFC東京は11月24日、G組の神戸とH組の横浜Mは同25日が再開初戦となる。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島-ヤクルト、18回戦、9日、マツダ)ヤクルト・村上宗隆内野手(20)が「4番・一塁」で先発出場。一回1死一、二塁から、左中間へ先制の2点二塁打を放った。

後で読む
日刊スポーツ

ブレーブスは3戦連続でマーリンズに完封勝利し、19年ぶりにリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。投手陣はPSここまで5戦のうち4戦で相手を完封しており、これは1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本高野連は9日、中京大中京(愛知)高橋宏斗投手(3年)ら3人がプロ志望届を提出したと発表した。高橋は、当初は大学進学を希望していたが、6日にプロ志望に切り替… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

プロ野球阪神の藤原崇起球団オーナー(68)が9日、揚塩健治球団社長が今季限りで辞任することを発表したことについて、代表取材に応じた。「(揚塩社長から)コロナと… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

パ・リーグ首位のソフトバンクと2位ロッテが、首位攻防3連戦の初戦。先発はソフトバンクがムーア、ロッテは二木。https:… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「広島-ヤクルト」(9日マツダスタジアム) ヤクルト打線が初回から大爆発。着火剤となったのは、4番・村上の一振りだ。5安打を集め、一挙4得点と広島・床田を追い詰めた。

後で読む
デイリースポーツ

阪神の揚塩健治球団社長(60)が9日に辞任を発表したことを受け、藤原崇起球団オーナー(68)が同日、代表取材に応じた。 揚塩社長からの辞任申し出を了承したことについて「コロナというよりも、(大量の選手が)戦列を離脱するという(事態を招いた)ことで。今までのことも含めて、いろいろ考えたけれど辞任したいという話を受けました」と経緯を明かし、「彼はみなさんもご承知かと思いますけど、かなり一途でずっとやるというタイプ。いろいろ話はいたしましたけれど、これはもうやむなしと思い承認いたしました」と説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は9日、セ・パ両リーグで4試合を実施。阪神-DeNAは雨天中止となった。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人のセットアッパー、中川皓太投手(26)が9日、左脇腹痛のため出場選手登録を抹消された。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・藤原崇起オーナー(68)=阪神電鉄会長=は9日、大阪市内で代表取材に応じ、コロナ騒動などの管理責任を理由に12月1日付で退任することを発表した揚塩健治球団社長(60)について言及した。

後で読む
デイリースポーツ

K-1は9日、K-1ワールドGPスーパーフェザー級王者の武尊(29)が練習中に左拳を骨折したことにより、11月3日に福岡国際センターで予定していたレオナ・ペタス(29)との同級タイトルマッチを欠場、試合は実施不可能となったことを発表した。 両選手は以下のようにコメントを発表した。

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会は9日、AFCチャンピオンズリーグ東地区の1次リーグ残り試合と決勝トーナメント1回戦から準決勝までをカタール・ドーハでセントラル方式で開催する…

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪男子マラソン代表の服部勇馬(27=トヨタ自動車)が1万メートルの最終組に出場し、設定タイムを上回る28分16秒28の組13位でフィニッシュした。練習の一環として出場したという服部は「状態も良かったので前半抑えて後半ペースアップの予定だった。タイムに関しては上出来です」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

東京マラソン財団は9日、都内で臨時理事会を開催し、来年3月7日に予定していた2021年大会を10月17日開催に延期することを決定した。新型コロナウイルスの収束がみえない中で、一般ランナーを含め、定員3万8000人が走る同大会を春先に開催するのは準備も含め困難と判断し、断念した。 同財団の河野和久事務局長は「20年に走れなかったランナーのことを考え、通常開催を念頭において判断した」と、話した。

後で読む
デイリースポーツ

「陸上・中部実業団選手権」(9日、岐阜県多治見市運動公園星ケ台競技場) 男子1万メートルを行い、東京五輪マラソン代表の服部勇馬(26)=トヨタ自動車=は3組に出場し、28分16秒28で日本人8番目となる13位だった。ビダン・カロキ(トヨタ自動車)が27分8秒91でトップタイムをマークした。

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は9日、電話取材に応じ、16~22日、東京・両国国技館内の相撲教習所で合同稽古を行うことを発表した。関取約10人、幕下10人以上が参加予定。新型コロナウイルスの影響で3月の春場所前を最後に禁止されていた出稽古が7カ月ぶり解禁される。 当初は秋場所後、1週間の休みを終えた5日から2週間の予定だったが、参加者の取りまとめなどで日程が遅れ、期間も1週間と短縮された。参加力士は2度PCR検査を受け、感染予防を徹底して合同稽古を行う。

後で読む
デイリースポーツ

東京マラソン財団は9日、東京都内で臨時理事会を開き、3月7日に開催予定だった2021年の大会を10月17日に延期することを決めた。今年3月の大会は招待選手らエリートランナーのみで行ったが、来年は約3万8千人の一般ランナーも参加する従来の形で実施する方針。22年大会は3月6日に開催する。 新型コロナウイルスの感染状況や政府によるイベント入場、海外渡航の制限が続いていることを踏まえ、3月に通常規模で開催することは難しいと判断。東京五輪後の10月とした。五輪が近づいた時期の開催で感染が広がった場合や、中止の場合の影響の深刻さを懸念する声もあった。

後で読む
東京スポーツ

立ち技格闘技イベント「K―1 WORLD GP JAPAN 2020」(11月3日、福岡国際センター)で、レオナ・ペタス(28)を相手に防衛戦を戦う予定だったスーパーフェザー級王者・武尊(29)が、…

後で読む
デイリースポーツ

日本野球機構(NPB)は9日「ひなたサンマリンスタジアム宮崎」で11月7日に行われるファーム日本選手権の開催要項を発表し、「ファーム日本選手権特例2020」としてプロ野球初のタイブレークを導入することとなった。 延長十回で決着がつかない場合は、十一回から継続打順で無死一、二塁から始め、決着がつくまで行う。また、育成選手は原則5人まで出場できるが「新型コロナウイルスの影響により出場球団が出場選手数をそろえる上で支障が生じた場合はこの限りではない」と、弾力的な運用とする。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は10月6日のDeNA戦で通算100勝とプロ野球新記録となる「開幕戦から13試合連続勝利」を達成した菅野智之投手の記念グッズを、9日に球団公式通販サイトで販売開始したと発表した。 この試合は7回120球を投げて4安打4奪三振3失点の好投で、プロ通算100勝とともに、プロ野球史上初となる開幕戦から無傷の13連勝を達成。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスのスティーブン・モヤ外野手が首の張りを訴え9日からの日本ハム3連戦を欠場することが分かった。 8日に帰阪した。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグ中日・ロドリゲス-巨人・畠(ナゴヤドーム)

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・スタンレーレディース・第1日」(9日、東名CC=パー72) プロ7年目の新海美優(24)=城島高原GC=が3バーディー、2ボギーの1アンダー71で回り、浅井咲希、新垣比菜、宮田成華、山下美夢有、浜田茉優、イ・ナリと並んで首位に立った。

後で読む
デイリースポーツ

 スタンレー・レディース第1日(9日・静岡県東名CC=6572ヤード、パー72)通算1勝で21歳の新垣比菜と22歳の浅井咲希、未勝利の新海美優、宮田成華、山下美夢有、浜田茉優、2勝のイ・ナリ(韓国)の7人が71で首位に並んだ。1打差の8位にも小祝さくら、穴井詩ら6人がつける混戦。 前週の日本女子オープン選手権を制した原英莉花は76の46位。賞金女王の鈴木愛は78で回った後に体調不良のため棄権した。(賞金総額1億円、優勝1800万円、出場108選手=アマ3、雨、気温17・3度、北の風1・2メートル、無観客)

後で読む
日刊スポーツ

東京マラソン財団は9日、都内で臨時理事会を開催し、来年3月7日に開催予定だった21年大会を来年10月17日に延期とすることを決定した。開催規模に関しては、エリ…

後で読む
日刊スポーツ

東京マラソン財団は9日、都内で臨時理事会を開催し、来年3月7日に開催予定だった21年大会を来年10月17日に延期とすることを決定した。開催規模に関しては、エリ…

後で読む
日刊スポーツ

国際舞台でも活躍してきた永井優香(21=早大)がラストシーズンを滑り出した。SPは「エリザベート」。「母がこの曲が好きだと言っていて、1回くらい母が好きな曲で…

後で読む
東京スポーツ

巨人のセットアッパー中川皓太投手(26)が左脇腹痛のため9日、出場選手登録を抹消された。代わりに藤岡貴裕投手(31)が一軍に合流する。    中川はセ首位を走るG投手陣でチーム最多の37試合に登板。…

後で読む
サンケイスポーツ

スタンレー・レディース第1日(9日、静岡県東名CC=6572ヤード、パー72)通算1勝で21歳の新垣比菜と22歳の浅井咲希、未勝利の新海美優、宮田成華、山下美夢有、浜田茉優、2勝のイ・ナリ(韓国)の7人が71で首位に並んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球阪神は9日、揚塩健治球団社長(60)が今季限りで辞任すると発表した。春に続き、9月に新型コロナウイルス感染者が相次いで出た責任を取った。後任は未定。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・小川泰弘投手(30)が9日、マツダスタジアムで行われた試合前練習に参加。キャッチボールやブルペン投球、短距離ダッシュなどで調整した。

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスのモヤが9日、札幌ドームでの日本ハム戦を欠場した。8日に首の張りを訴え、札幌遠征に同行しなかった。

後で読む
日刊スポーツ

カブス・ダルビッシュ有投手が、自身のユーチューブチャンネルで今季や現在について語った。好調だった理由は「ナックルカーブが良かったといわれるけど、全然違う」と話… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ドジャースが14安打12得点の猛攻でパドレスを下し、3連勝で地区シリーズを突破した。スミス捕手は、11年のエンゼルスのプホルス(当時カージナルス)以来、史上9… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

アストロズがアスレチックスを3勝1敗で下し、史上4球団目となる4年連続リーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。地区シリーズの最多記録となる計12本塁打を放ち、同じ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

オリックスのスティーブン・モヤ外野手(29)が、首の張りで9日からの札幌遠征を外れた。千葉遠征中の8日に首の張りを訴え、チームを離れて帰阪していた。9日からの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天は9日、球団新グッズとして名言タオル特別版を球団オンラインショップで限定販売すると発表した。浅村栄斗内野手(29)の妻でタレントの淡輪ゆき(27)が、8日… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

両チームのスタメンが発表された。先発は阪神がオネルキ・ガルシア投手(31)で、ソフトバンクが古谷優人投手(21)。阪神木浪は「6番遊撃」、江越は「1番中堅」で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 格闘家の皇治が9日、ツイッターを更新。この日発売された写真週刊誌「FRIDAY」で、二股交際疑惑を報じられたことに「モテてしゃあない」と反応した。 皇治はこの日発売の週刊誌で元シンクロ日本代表選手とホテルへ向かったことが報じられたが、皇治はすでに女子プロゴルファーとの交際が報じられていたことから週刊誌では「二股交際発覚!?」の文字が躍った。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・矢野燿大監督が9日、揚塩健治球団社長の辞任を受け、胸中を語った。 矢野監督は「一緒に戦ってきた方なんで申し訳ない気持ちと、もちろん残念な思いもあるし、複雑な気持ちです」とコメント。今後へ「精いっぱい、社長の思いもしっかりオレらが持って戦っていくっていう決意でいる」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

阪神タイガースの揚塩健治球団社長(60)が9日、辞任する意向を固め、兵庫・西宮市内の球団事務所で会見を開いた。球団内で新型コロナウイルス感染者が相次いだことなどによる引責辞任で「3月に続いて今回、2度にわたって球界全体にご迷惑をかけた事実は否めません」と頭を下げた。 阪神では3月に藤浪晋太郎投手、伊藤隼太外野手、長坂拳弥捕手らが、新型コロナウイルスに感染。当該選手らは大阪市内で食事会に参加していたことが、結果的に大量感染につながった。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、ソフトバンク-阪神」(9日、タマホームスタジアム筑後) チームのコロナ禍により、球団独自の濃厚接触者に指定されていた阪神・木浪聖也内野手と江越大賀外野手がそろってスタメン出場する。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-DeNA=台風接近のため中止、9日、甲子園)DeNAのラミレス監督が、打率3割3分7厘と首位打者争いをリードする4番佐野のタイトル獲得の鍵に四球を挙げた。積極的な打撃スタイルもあって124安打も堂々のリーグトップだが、96試合で38個にとどまる四球について「増えれば打率が下がりづらい。4、5打数無安打という日をできるだけ無くすことだ」と説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは9日、9月の月間表彰を発表し、J1のMVPには8試合8ゴール2アシストと活躍した横浜MのFWエリキを選出した。ベストゴールはC大阪の清武が仙台戦の後半ロスタイムに左サイドからGKの頭を越して右隅に決めたシュート、最優秀監督には鳥栖の金明輝監督が選ばれた。

後で読む
サンケイスポーツ

政府は9日、来夏に延期された東京五輪・パラリンピックに向け、新型コロナウイルス対策を検討する調整会議の第3回会合を首相官邸で開き、選手村や競技会場での対応について協議した。大勢の選手、関係者が集まる環境で感染リスクを下げるため、食堂やフィットネスセンターといった共用施設での密集を避ける方策を示す見通し。

後で読む
スポーツ報知

 東京マラソンを主催する東京マラソン財団は9日、都内で理事会を開き、来年3月7日に予定されていた同大会を同年10月17日にスライドして開催することを決定した。新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑みての

後で読む
スポーツ報知

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、15年GPシリーズ・スケートカナダ3位で今季で引退を決めている永井優香(21)=早大=は61・08点。

後で読む
スポーツニッポン

東京マラソン財団は10月9日に都内で臨時理事会を開き、来年の東京マラソンを東京五輪、パラリンピック後の10月17日に通常規模で開催することを決定した。

後で読む
スポーツ報知

 巨人は9日、この日出場選手登録を抹消された中川皓太投手(26)が左脇腹を痛めたと発表した。代わりに藤岡貴裕投手(31)が今季初昇格する。

後で読む
スポーツニッポン

女子ショートプログラムが行われ、15年スケートカナダ3位の永井優香(21=早大)は61・08点をマークした。今季限りで現役引退を決めている永井は、一番近くで支えてくれた母の大好きな曲「エリザベート」を優雅に舞い、3回転―2回転の連続トーループ、3回転ルッツ、2回転半に着氷。まずまずのスタートを切り、「今できる最大限のことはできたと満足している」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

サッカースペイン1部リーグ、レアル・マドリードの下部組織所属で“ピピ”の愛称で親しまれるMF中井卓大が、英紙ザ・ガーディアンが選ぶ2003年生まれの世界の最高選手60人に選ばれた。9日までにスペイン紙などが報じた。 60人の中には、元コロンビア代表FWフアン・パブロ・アンヘルを父に持つトマス・アンヘル、PSG所属で今年夏にトップチームでデビューを果たしたU17オランダ代表MFシャビ・シモンズ、元アルゼンチン代表MFフェルナンド・レドンドの息子、フェデ・レドンドなどがいる。

後で読む
スポーツ報知

◆セ・リーグ

後で読む
スポーツ報知

日本野球機構(NPB)は9日、11月7日に開催するファーム日本選手権(ひなたサンマリンスタジアム宮崎・午後1時、予備日8日)の開催要項を発表した。今季は特例として、延長10回終了時に同点の場合、11

後で読む
デイリースポーツ

日本学生野球協会は9日、11月20日から神宮球場で開幕予定だった明治神宮野球大会の中止を発表した。6日の臨時実行委員会で協議し、決定。同大会の中止は昭和天皇がご不例だった1988年以来、2度目となる。新型コロナウイルス感染拡大がいまだに続く中、同協会は文書において「特に感染者数が多い東京都への全国各地からの団体での移動、および大会期間中の長期にわたる宿泊に伴うリスク」などを理由に決断したと説明した。 これで高校では春夏の甲子園、大学では全日本大学選手権に続いて開催が断念され、年間で一度も全国大会が行われないこととなった。毎年春のセンバツで明治神宮大会の優勝校が所属する地区に与えられる「明治神宮枠」について、日本高野連は今後の臨時運営委員会で話し合われる予定と明かした。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は9日、出場選手登録を抹消した中川皓太投手について、左脇腹の痛みのためと発表した。藤岡貴裕投手が合流する。 中川は左のリリーフエースとして、37試合に登板。2勝1敗6セーブ、防御率1・00と抜群の安定感を残していた。

後で読む
デイリースポーツ

11月20日から神宮球場で開幕予定だった明治神宮大会の中止を受け、同大会の出場権が争われる地区代表決定戦を予定する地方の大学野球連盟は対応に追われている。 札幌学生野球連盟と北海道学生野球連盟では、各リーグの秋季リーグを優勝した星槎道都大(札幌学生野球連盟代表)と苫小牧駒大(北海道学生野球連盟)による北海道地区代表決定戦が予定されていた。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球阪神は9日、揚塩健治球団社長(60)が今季限りで辞任すると発表した。春に続き、9月に新型コロナウイルス感染者が相次いで出た責任を取った。後任は未定。揚塩社長は「2度にわたり、球界全体にご迷惑を掛けた事実は否めません。いろいろな混乱を招いた球団内の最終責任者は私」と陳謝した。 阪神ではシーズン開幕前の3月下旬に藤浪晋太郎投手ら3選手の感染が確認された。その前に不特定多数で知人宅で会食していたことが判明。球団は危機管理の甘さを批判されたが、9月、陽性判定となった糸原健斗内野手らが、球団が定めた上限人数の2倍で会食していた。

後で読む
東京スポーツ

阪神・揚塩健治球団社長(60)が9日、今シーズン限りで球団社長職を辞任することを明らかにした。  同日午後に兵庫・西宮市内の球団事務所で会見に臨んだ揚塩社長は「この度はコロナの罹患により、10名の選…

後で読む
東京スポーツ

異例のシーズン途中での辞任表明となったことについて阪神の揚塩健治球団社長(60)は9日、「一日も早く混乱を収拾するため。チームが戦っている最中ではあるが私なりのケジメとしてご理解頂きたい」としたうえ…

後で読む
サンケイスポーツ

 DeNAのアレックス・ラミレス監督は9日、台風14号接近の影響による阪神戦(甲子園)が中止になったことを“歓迎”した。

後で読む
サンケイスポーツ

イースタン、ウエスタン両リーグは9日、9月の月間MVPにロッテの高部と中日の渡辺を選んだと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は9日、台風接近による天候不良のためDeNA戦が中止。甲子園の室内で自主練習を行った。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・矢野燿大監督(51)が9日、甲子園で代表取材に応じ、12月1日付で辞任することを発表した揚塩健治社長(60)について言及した。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神のジョー・ガンケル投手(28)が9日、甲子園室内で自主練習を行った。先発予定だった9日のDeNA戦(甲子園)が台風接近による天候不良のため中止となったことで、10日にスライド登板することになった。

後で読む
日刊スポーツ

関西学生野球連盟は9日、台風14号による天候不良が予想されるため、10日の第5節第1日(ほっともっと神戸)を中止すると発表した。11日、12日の2日間で、いず… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

プロ野球阪神の揚塩健治球団社長が9日、兵庫・西宮市内の球団事務所で会見を行い、9月末に複数の選手が新型コロナウイルスに感染するなどした一連の騒動の責任を取って… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

BC新潟は9日、清水章夫監督(45)が今季限りでの退任を発表した。11日の今季最終戦、福島戦(ハードオフ新潟)が新潟の指揮官として最後の試合。終了後に退任あい… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

辞任会見に臨んだ阪神・揚塩健治社長(60)は、9月末からの新型コロナウイルス感染者らにリポート提出と、球団幹部による個別面談を実施していることを明かした。具体的な処分については明らかにされなかった。 「それぞれの反省の度合いを確認し、厳しく社会人、野球人としての今後の行動を注意しています。面談は明日には終わる予定です。それをもって、内規に沿って、厳正に処分を致します。内容については控えさせてください」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神タイガースの揚塩健治球団社長(60)が9日、辞任する意向を固め、兵庫・西宮市内の球団事務所で会見を開いた。球団内で新型コロナウイルス感染者が相次いだことによる引責辞任。開口一番、「3月に続いて今回、2度にわたって球界全体にご迷惑をかけた事実は否めません」と頭を下げた。 「着任以来、いろいろな混乱を招いた球団内の最終的な責任者は私でございます。チームは戦っている最中ではございますが、私なりのけじめのつけ方としてご理解いただければと思います。申し訳ございませんでした」

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、ソフトバンク-阪神」(9日、タマホームスタジアム筑後) チームのコロナ禍により、球団独自の濃厚接触者となっていた阪神・木浪聖也内野手と江越大賀外野手がウエスタン・ソフトバンク戦に帯同した。

後で読む
サンケイスポーツ

まさかの一報が届いた。ヤクルト・つば九郎、中日・ドアラ、ロッテ・マーくん、ソフトバンク・ハリーホークによるオフシーズン恒例の『マスコットディナーショー』が中止となることが9日、発表された。今年12月、来年1月に開催予定だったが、ともに新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から決定した。

後で読む
サンケイスポーツ

9月度「スカパー!ファーム月間MVP賞」のイースタン・リーグ受賞選手に、ロッテ・高部瑛斗外野手(22)が選ばれた。9月は17試合に出場し、リーグトップの28安打。9試合連続安打を含むマルチ安打を11度も記録した。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神タイガースの揚塩健治球団社長(60)が9日、西宮市内で会見を行い、選手らチーム関係者が相次いで、新型コロナウイルスに感染したことなどの管理責任を理由に12月1日付で退任することを明らかにした。

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪FW山内寛史(25)とMF前川大河(24)がJ2モンテディオ山形へ期限付き移籍することが9日、発表された。山内はクラブを通じ、「このたび山形へ期限…

後で読む
日刊スポーツ

いずれは藤井2冠に挑戦!? セレッソ大阪は9日、森島寛晃社長(48)が将棋に挑戦すると発表した。大阪の商店街対抗で、eスポーツと将棋を掛け合わせた「e将棋大会…

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟のFW鄭大世(36)が今季初の3連勝へ、ゴールを強調した。今日10日のアウェー京都戦に備え、9日は聖籠町で最終調整。前節4日のホーム町田…

後で読む
スポーツ報知

 巨人の中川皓太投手(26)が9日、出場選手登録を抹消された。

後で読む
東京スポーツ

 ボランティアレスラーの〝邪道〟大仁田厚(62)が9日、自身のツイッターで動画を公開。電流爆破生誕30周年企画の第1弾として、11月29日に神奈川・鶴見青果市場で「爆破甲子園」を開催すると発表した。 …

後で読む
デイリースポーツ

大相撲秋場所で熊本県勢として初優勝し、大関に昇進した正代関が9日、県庁を訪れ「元気なニュースを届けられうれしい」と蒲島郁夫知事に優勝を報告した。「大関として存在感を示し、県民の期待に応えられるよう精進したい」と決意も語った。 正代関は祝福に駆け付けた県のPRキャラクター「くまモン」と記念撮影した後「かわいいと思う」と目を細めた。既にけいこに参加しているといい「来場所を良い体調で迎えられるようにしたい」と抱負を述べた。

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は9日、第57回全国大学選手権の概要を発表した。11月21日に開幕し、14チームが出場する。2回戦までは無観客試合となるが、3回戦からは有料試合(有観客)となる。 11月21日に福岡・春日公園球技場で1回戦が行われ、愛知・パロマ瑞穂ラグビー場で同29日に2回戦が開催される。12月13日の東京・秩父宮ラグビー場、大阪・花園ラグビー場で行われる3回戦から関東、関西勢が登場する。決勝は1月11日(会場未定)となった。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲の大関朝乃山が9日、東京都墨田区の高砂部屋で11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向け、25キロの重りを持ってのすり足などで下半身中心に鍛えた。筋力強化にも励んでおり「15日間闘える筋肉や体力をつける」と気合を入れた。 2度目の優勝を目指し精神面も重視。187センチ、174キロの大器は初日から3連敗を喫した秋場所を振り返り「心技体を見て、体しかなかった。技術もなかったし、1番は心。冷静な気持ちがなかった」と反省した。

後で読む
スポーツ報知

阪神・揚塩健治球団社長(60)が9日、甲子園の球団施設で会見を行い、辞任する意向を明らかにした。11月末日まで任期を全うする。後任は未定で、今後人選を進めていく。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は9日、中川皓太投手の出場選手登録を抹消した。 中川は左のリリーフエースとして、37試合に登板。2勝1敗6セーブ、防御率1・00と抜群の安定感を残していた。

後で読む
デイリースポーツ

イースタン、ウエスタン両リーグが制定する「スカパー!ファーム月間MVP賞」の9月度受賞選手が9日、決定しイースタン・リーグ受賞選手としてロッテのドラフト3位・高部瑛斗外野手(国士舘大)が選ばれた。 9月は17試合に出場しリーグトップの28安打を放ち、9試合連続ヒットを含むマルチ安打を11度マーク。さらに9月は打率・431(リーグトップ)、5盗塁(リーグ2位タイ)と好成績を残した。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAが9日、三上朋也投手の出場選手登録を抹消した。 巨人では中川皓太投手が抹消。ヤクルトは中村悠平捕手が出場選手登録された。

後で読む
日刊スポーツ

B1新潟が緊急補強を行った。9日、前三河のSFマーク・セントフォート(31)の獲得を明らかにした。同日、先だってCチャールズ・ミッチェル(26)との契約解除を…

後で読む
東京スポーツ

【赤坂英一 赤ペン!!】先日、アントニオ猪木氏がプロレスデビュー60周年を迎えたと聞いて、元巨人・清原和博氏に強烈なビンタを見舞ったことを思い出した。昔はそれぐらい、プロレスや格闘技が大好きで、観戦に…

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターUに所属するDFエリック・バイリーが代表戦で負傷した。イギリス『ミラー』などが伝えている。

後で読む
サンケイスポーツ

横浜FMのシュートは20、コーナーキックは14。怒涛の攻撃をはねかえした要因の一つは、守護神の存在にほかならない。

後で読む
サンケイスポーツ

JFA(日本サッカー協会)は9日、日本代表と対戦するカメルーン代表のメンバーを発表している。

後で読む
日刊スポーツ

元ヤンキースのアレックス・ロドリゲス氏が米FOXスポーツのテレビ番組で、ア・リーグ地区シリーズ第2戦で新人デイビー・ガルシア投手を先発登板させ、小刻みな継投で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ア・リーグ地区シリーズ(5試合制)の「レイズ-ヤンキース」は、8日(日本時間9日)第4戦でヤンキースがレイズに競り勝ち、対戦成績を2勝2敗とし、第5戦の最終決… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

東京6大学野球連盟は9日、台風14号の接近に伴う日程変更を発表した。10日の明大-法大、東大-早大の各1回戦を12日に順延する。変更後の日程は次の通り。11日… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本学生野球協会は9日、今秋の第51回明治神宮野球大会の開催を中止すると発表した。6日に臨時実行委員会を開き、中止を決定した。新型コロナウイルス感染症が拡大す… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは10日に2軍本拠地の千葉・鎌ケ谷で開催予定だったイースタン・リーグ楽天戦を中止すると9日、発表した。台風14号が接近することに伴う措置で、代替試合は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフの下部ツアー、AbemaTVツアーのエブリワン・プロジェクトは9日、栃木県のロイヤルメドウGC(7141ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、8位で出た竹内廉が64をマークして通算16アンダー、200で逆転優勝した。2打差の2位に高柳直人と上井邦裕が並んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

日本野球機構(NPB)は9日、ファーム日本選手権(11月7日、ひなたサンマリンスタジアム宮崎)の開催要項を発表。今年は「特例2020」として、延長十回終了時に同点の場合は無死一、二塁から始めるタイブレークを採用し、決着がつくまで行う。

後で読む
サンケイスポーツ

西武は9日、メットライフドームで27日から本拠地最終戦となる11月4日までに予定されている9試合の観客数の上限を引き続き1万2000人とすると発表した。

後で読む
スポーツ報知

 男子110メートル障害予選で、20年日本学生対校選手権王者の村竹ラシッド(順大)が13秒76(追い風2・6メートル)の1組1着で10日の決勝に進んだ。

後で読む
スポーツ報知

 10日に第94回関東大学サッカー1部後期リーグが幕を開ける。試合数に差はあるが、前回覇者の明大は8勝1分け2敗で暫定1位。来季札幌への加入が内定しており、8月にはJ1デビューも果たしたFW小柏剛がス

後で読む
スポーツ報知

 英BBCを始め、英メディアが一斉に報じたところによると、マンチェスターU所属のフランス代表MFポール・ポグバ(27)が10月8日、合流したフランス代表の会見に出席、記者団の質問に答える中、これまでに

後で読む
スポーツ報知

 ドジャースが投打にパドレスを圧倒し3連勝で、2年ぶりに地区シリーズを突破した。

後で読む
スポーツ報知

 地区シリーズ1勝2敗と崖っぷちのヤンキースが8日(日本時間9日)、サンディエゴ・ペトコパークで行われた第4戦で、5―1でレイズを下し、2勝2敗のタイに持ち込んだ。シリーズの行方は、9日(同10日)の

後で読む
東京スポーツ

 9日に配信されたWWE・NXT大会で、〝暗黒の逸女〟紫雷イオ(30)のNXT女子王者を巡る戦いがますますヒートアップした。  4日配信の「NXTテイクオーバー」でキャンディス・レラエ(35)を下し、…

後で読む
東京スポーツ

 9日に配信されたWWE・NXT大会で、KUSHIDA(37)が飛躍を宣言した。  この日、KUSHIDAはオープニングで強豪トマソ・チャンパ(35)とシングル戦で激突。序盤からドロップキックやアーム…

後で読む
スポーツ報知

ロッテは9日、レオネス・マーティン外野手(32)のパフォーマンスをモチーフにした「YESマーティン!」グッズを10日から販売することを発表した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは9日、レオネス・マーティン外野手の新グッズとしてホームラン後のパフォーマンスをモチーフにした「YESマーティン!」グッズを販売すると発表した。 「YESマーティン!」グッズは、筋肉隆々なマーティンをイメージしたキャラクターが、マーティンのホームラン後のパフォーマンス「YESマーティン!」のポーズをしているイラストがデザインされている。

後で読む
スポーツニッポン

C大阪は9日、MF前川大河(24)とFW山内寛史(25)がJ2山形に期限付き移籍することを発表した。期間は来年1月31日まで。

後で読む
東京スポーツ

阪神の揚塩健治社長(60)が9日、辞任することが分かった。チーム内では3月に3選手が新型コロナウイルスに感染し、さらに9月には選手、スタッフら合計9人が感染。  コロナ禍における球団の管理体制が厳し…

後で読む
サンケイスポーツ

 女子ゴルフのメジャー第3戦、全米女子プロ選手権は8日、ペンシルベニア州ニュータウンスクエアのアロニミンクGC(パー70)で第1ラウンドが行われ、昨夏の全英女王、渋野日向子は5バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの70で、首位と3打差の暫定13位と好発進した。

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルスの影響で中断が続くアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)。FC東京、ヴィッセル神戸、横浜F・マリノスのJリーグ所属3チーム(いずれも2試合を消化)が参戦している東地区のグループステージの残り試合は、10月16日から11月1日にかけて集中開催することが決定していた。場所は未定だったが、カタールに決定している。

後で読む
サンケイスポーツ

ミラノダービーが来週末の17日に控える中、インテルミラノでは新たにMFラジャ・ナインゴランおよびMFロベルト・ガリアルディーニが新型コロナウイルス陽性反応を示したと、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が8日、報じている。

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキースのゲリット・コール投手が、現地時間9日に行われるア・リーグ地区シリーズ第5戦での先発登板に向けて意気込みを語った。レイズに1勝2敗と形勢不利で迎えた… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

アストロズは3勝1敗でアスレチックスを下し、4年連続で地区シリーズ突破。2017年のワールドシリーズ(WS)におけるサイン盗み問題に揺れた同チームだが、選手た… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ドジャースが3連勝で2年ぶりのリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。1-2の3回、敵失に4安打を絡め5点を奪い逆転した。4回以降も加点。9回にはベリンジャーの満… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは9日、球団オフィシャルショップでのグッズおよびチケット(当日券のみ)、また札幌ドーム当日券売り場でのチケット購入を対象に「Go To トラベル」で使… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

つば九郎ファン、ドアラファン、プロ野球ファンへの悲報が届いた。ヤクルトの球団マスコットつば九郎が9日、自身の公式ブログを「たのしみにしていたみなさんへ」と題し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは9日、レオネス・マーティン外野手(32)の「YESマーティン!」グッズを発売することを発表した。8日現在で今季24本塁打をマークするマーティンが、本塁… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

米プロフットボールNFL第5週第1日は8日、シカゴで行われ、ベアーズが20-19でバッカニアーズに競り勝って4勝1敗とした。

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪MF藤田直之(33)が、守備の再建を誓った。前節、大一番として臨んだ首位の川崎フロンターレ戦に1-3と惨敗した。10日の名古屋グランパス戦に向けて…

後で読む
日刊スポーツ

現在4連勝中のヴィッセル神戸は、10日に柏レイソル戦(三協F柏)に臨む。勝てば5連勝となり、同一シーズン内では08年以来、12年ぶりのクラブ記録に並ぶ。シーズ…

後で読む
日刊スポーツ

G大阪宮本恒靖監督(43)が9日、大阪・吹田市内での練習後、オンライン取材に応じ、今季J1リーグ戦で上位2チームに与えられる天皇杯出場に関して言及した。基本的…

後で読む
日刊スポーツ

ガンバ大阪の元日本代表FW宇佐美貴史(28)が、MF遠藤保仁(40)がJ2ジュビロ移籍へ移籍したことに対し、「偉大な存在を失った。どしっと構えてくれていたのが…

後で読む
スポーツ報知

 大相撲の大関・朝乃山(26)=高砂=が9日、都内の部屋で11月場所(同8日初日・両国国技館)に向けて朝稽古をした。基礎運動や、ぶつかり稽古で若い衆に胸を出し、相撲は取らなかった。

後で読む
スポーツ報知

 浦和の大槻毅監督(47)が9日、オンライン取材に応じ、10日の敵地・鳥栖戦(駅スタ)で連敗ストップを掲げた。

後で読む
スポーツ報知

 G大阪は9日、6連勝を狙うF東京戦(10日・味スタ)に向けた前日練習を行い、宮本恒靖監督(43)らがオンライン取材に応じた。チームは5連勝で4位まで浮上し、ACL圏内が見えてきたが、アウェーF東京戦

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(11月8日初日、東京・両国国技館)で大関初優勝を目指す朝乃山(26=高砂)が9日、現在の実力を〝自己査定〟した。  横綱不在で迎えた9月の秋場所は優勝候補の本命と目されながらV逸。…

後で読む
デイリースポーツ

橋本聖子五輪相(56)は9日、閣議後に会見した。新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった東京五輪に向けて、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が7日、「海外からの観客がいることを前提に動いている」と無観客開催に改めて否定的な姿勢を示したことに言及。「安心・安全の大会(への準備)がしっかりなされていると確信されて発言をされたのではないか」と好意的に受け止めた。 政府としては9月から、東京大会に向けた新型コロナ対策調整会議で東京都、大会組織委員会とともに議論を進めている。「バッハ会長が『観客を入れることを前提に動いている』と発言されたということは前向きに捉えて、安心・安全の大会がしっかりなされていると確信をされて発言をされたのではないかと。多くの方に見てもらうのが五輪・パラリンピックの本来の姿。アフターコロナを見据える中でもしっかり楽しんでもらえる素晴らしい大会にするために、引き続き努力を重ねたい」と力を込めた。

後で読む
デイリースポーツ

日本フェンシング協会は9日、オンラインで会見を行い、佐賀県ふるさと納税の「施策応援コース」に「日本フェンシングを佐賀から支えよう!」を創設し、佐賀県とともにフェンシング振興に取り組むことを発表した。寄付は同日から開始した。 国内の競技団体初となるふるさと納税を通じた競技振興について太田雄貴会長(34)は「応援したいプロジェクトに直接支援することができる。太田雄貴を中心に全力で営業していきます」と意気込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が、11月中旬に来日する方向で関係機関が調整を進めていることが9日、複数の関係者への取材で分かった。菅義偉首相や東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長らと会談し、来夏に延期された東京五輪の準備を着実に進める方針を確認する見通し。開催可否の権限を握るIOCトップと開催国首脳が直接会談で連携を申し合わせれば、東京大会に向けた重要な節目になる。 バッハ氏は首相と9月23日に電話会談し「近い将来に訪日したい」と伝えていた。11月16日か17日に首相と会談する案が浮上しており、今後、最終的な詰めに入る。

後で読む
デイリースポーツ

萩生田光一文部科学相は9日の閣議後の記者会見で、東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場(東京都新宿区)について「可能であれば私は将来も陸上のできるようなグラウンドとして残すことは一つの方策だと思っている」と述べた。政府は五輪後に球技専用に改修する方針を2017年に決定しているが、要望のある陸上トラックの存続に向けた動きを加速させることになりそうだ。 萩生田氏によれば、ワールドアスレチックス(世界陸連)のセバスチャン・コー会長(英国)との8日の会談で、25年の世界選手権について東京開催を提案された。

後で読む
デイリースポーツ

【ニューヨーク共同】米プロフットボールNFL第5週第1日は8日、シカゴで行われ、ベアーズが20-19でバッカニアーズに競り勝って4勝1敗とした。 ともに後半はTDを奪えず、ベアーズは第4クオーターにサントスの38ヤードのFGで逆転した。バッカニアーズは3勝2敗。

後で読む
スポーツ報知

台風接近による天候不良のため、試合前に中止が決まった。

後で読む
日刊スポーツ

全国高校陸上2020(23日開幕、広島市)のリレー競技が16日から3日間、横浜市の日産スタジアムで行われる。7月の県高校陸上対校選手権男子1600メートルリレ…

後で読む
日刊スポーツ

日本ラグビー協会は9日、全国大学選手権の概要を発表した。11月21日に福岡・春日公園球技場で1回戦が行われ、愛知・パロマ瑞穂ラグビー場で開催される同29日が2…

後で読む
日刊スポーツ

橋本聖子五輪相は9日の記者会見で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が東京オリンピック(五輪)に海外からの観客を入れる前提で準備を進める考えを表明し…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートのブロック大会報道事務局は9日、この日から11日まで行われる東京選手権(ダイドードリンコアイスアリーナ)にエントリーしていたシニア男子の島田…

後で読む
日刊スポーツ

B1新潟は9日、B1三河のSFマーク・セントフォート(31=200センチ、95キロ)との選手契約合意を発表した。バハマ出身のセントフォートは19-20年シーズ…

後で読む
デイリースポーツ

アジア・サッカー連盟(AFC)は9日、新型コロナウイルスの影響で3月から中断しているアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の東地区について、カタール・ドーハで開催することでカタール協会との合意に達したと発表した。 AFCは9月に東地区を11月18日から12月13日に開催し、決勝を12月19日に西地区で従来のホーム&アウェー方式ではなく1試合で行うと発表していたが、開催地はいずれも未定としていた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球のイースタン、ウエスタン両リーグは9日、9月度の「スカパー! ファーム月間MVP賞」にロッテ・高部瑛斗外野手(22)と中日・渡辺勝外野手(26)を選んだ。

後で読む
日刊スポーツ

ブレーブスが2戦連続で相手をシャットアウトし、ポストシーズンにおける零封記録を球団最多の「4」とした。ブライアン・スニトカー監督らが喜びの声を上げている。ブレ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人は9日、通算100勝と、プロ野球新記録となる開幕戦から13連勝を達成した菅野智之投手(30)の記念グッズを、球団公式通販サイトで販売開始したと発表した。6… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

関西6大学野球連盟は9日、台風14号による天候不良のため10日に予定されていた秋季リーグ第6節1日目の京産大-神院大、龍谷大-大経大を12日に延期すると発表し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

9日の阪神-DeNA19回戦(甲子園)は、雨天のため試合中止が発表された。近畿地方は午前中から雨脚が強まっており、阪神の試合前練習の開始前に発表された。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神(降雨中止)DeNA」(9日、甲子園球場) 9日に甲子園で開催予定だった「阪神-DeNA」戦が、台風接近による天候不良のため中止と発表された。

後で読む
サンケイスポーツ

Rマドリードが一方的に久保建英のビリャレアル期限付き移籍を打ち切ることはできないようだ。『Goal』の取材で判明した。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。