「2020年10月12日」の記事一覧

サンケイスポーツ

 阪神は12日、矢野燿大監督が夏場にチーム内で決めたルールの上限を超える5人以上での会食を行ったとの一部報道を受け、球団責任者から容認を受けたもので、違反には当たらないと発表した。「事前に相談を受け、監督のチームマネジメント、強化に資する内容と判断したため、球団として許可を出しました」とした。

後で読む
日刊スポーツ

七十七銀行(仙台市)が8-4できらやか銀行(山形市)に逆転勝ちし、3時間47分の雨中の銀行対決を制した。2回裏に逆転されたが3回表に再逆転。直後に2番手で救援… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

日本代表を率いる森保一監督が12日、翌日のコートジボワール代表戦に向けた前日会見に出席した。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表は13日午後4時45分(日本時間同11時45分)から、オランダのユトレヒトでコートジボワール代表との国際親善試合に臨む。12日はアーネム近郊で最終調整し、オンラインで記者会見した森保監督は「勝利という結果を応援してくださる方々に届けたい」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

オランダ遠征中のサッカー日本代表は13日、コートジボワール代表との親善試合に臨む。12日のオンライン会見に出席した森保監督は、コートジボワール戦でも引き続き3バックの布陣をテストする意向を示した。 森保監督は「非常に個の能力を持っているチーム、そしてチーム戦術もしっかりとしている相手と高い強度で戦える。チームの強化となるようにしっかりとトライしていきたい」と意気込みを語った。

後で読む
デイリースポーツ

【アーネム(オランダ)共同】サッカー日本代表は13日午後4時45分(日本時間同11時45分)から、オランダのユトレヒトでコートジボワール代表との国際親善試合に臨む。12日はアーネム近郊で最終調整し、オンラインで記者会見した森保監督は「勝利という結果を応援してくださる方々に届けたい」と語った。 新型コロナウイルスの影響でワールドカップ(W杯)予選の延期が続いた日本は、今年初戦となった9日のカメルーン代表戦を0-0で引き分けた。同監督は「数人の選手を入れ替える。選手にはシステムを含めて柔軟に戦うことを準備してもらいたい」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

「中日3-2巨人」(12日、ナゴヤドーム) 今季7度目の1点差での惜敗となった巨人だが、八回から5番手で登板したビエイラが1回無失点の好投。成長著しい27歳のブラジル人助っ投を原監督も評価した。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトは12日、五十嵐亮太投手(41)が今季限りで引退すると発表した。救援として日米通算で905試合に登板してきたが、プロ23年目の今季はここまで1軍で登板がなかった。15日に東京都内で記者会見を開く。 五十嵐は北海道出身。千葉・敬愛学園高から1998年にドラフト2位でヤクルトに入団した。剛速球を武器に2年目からリリーフで頭角を現し、2004年に最優秀救援投手に輝いた。

後で読む
デイリースポーツ

「中日3-2巨人」(12日、ナゴヤドーム) 巨人の原辰徳監督が先発・桜井の2死からの失点を残念がった。

後で読む
スポーツニッポン

スペイン1部ビリャレアルのウナイ・エメリ監督(48)が、12日付のスペイン紙アス(電子版)のインタビューで日本代表MF久保建英(19)について言及し、特別扱いしないことを明言した。

後で読む
東京スポーツ

怒りが尽きたのか、それとも――。巨人が、12日の中日戦(ナゴヤドーム)を2―3で敗れ、今季最後の同カードを負け越しで終了した。ちなみに今季の対戦成績は巨人が12勝10敗2分け。4年連続の勝ち越しを決…

後で読む
東京スポーツ

日本代表の森保一監督(52)が試合中の選手による〝自主判断〟の重要性を強調した。  9日のカメルーン戦を含め、これまでの森保ジャパンの試合では想定と異なる状況に選手が戸惑い対応しきれない場面も見られ…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日3-2巨人、24回戦、中日10勝12敗2分け、12日、ナゴヤドーム)中日・福谷浩司投手(29)が先発。6回6安打2失点の粘投で、今季6勝目をつかんだ。

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪の自転車ロードレース代表に、男子の新城幸也(バーレーン・マクラーレン)と増田成幸(宇都宮ブリッツェン)、女子の与那嶺恵理(アレ・BTCチポリニ)と金子広美(イナーメ信濃山形)が選ばれることが確実になった。関係者が12日、明らかにした。

後で読む
日刊スポーツ

中日が7回からは福、祖父江、R・マルティネスの必勝トリオが1点差を守り抜いた。6回終了時でリードしている試合はこれで29連勝。9回を3奪三振で18セーブ目の守… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人、阪神、西武、日本ハムなどがドラフト1位候補に挙げる近大・佐藤輝明内野手(4年=仁川学院)が、立命大戦で通算13号を放ち、巨人などで活躍したOBの二岡智宏… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中日は守護神ライデル・マルティネスが9回2死二塁のピンチを作るも三振で締めて巨人に連勝した。与田剛監督は「ヒヤヒヤしなかったと言ったらウソになるけど、同点にな… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日3-2巨人、24回戦、中日10勝12敗2分け、12日、ナゴヤドーム)中日・阿部寿樹内野手(30)が「7番・二塁」で出場。二回に左翼へ同点の10号2ランを放ち、借金完済となる勝利に貢献した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人2-3中日 最終戦、巨人12勝10敗2分、12日、ナゴヤドーム)巨人・桜井俊貴投手(26)が中継ぎに配置転換される見込みとなった。

後で読む
サンケイスポーツ

日本代表MF久保建英も所属するビリャレアルのFWジェラール・モレノが、負傷により約3週間の離脱を強いられることが明らかとなった。

後で読む
デイリースポーツ

「K-1・K-1 WORLD GP 2020 JAPAN」(12月13日、両国国技館) 第1弾カードが発表され、王者・林健太(26=FLY SKYGYM)がゴンナパー・ウィラサクレック(27=ウィラサクレック・フェアテックスジム)の挑戦を受けるK-1 WORLD GPライト級タイトルマッチが決定した。

後で読む
日刊スポーツ

サッカー日本代表と13日にオランダ・ユトレヒトで国際親善試合を行うコートジボワール代表のボーメル監督が、オンライン記者会見に出席した。指揮官は日本の印象につい…

後で読む
日刊スポーツ

サッカー日本代表の森保一監督(52)が12日、国際親善試合コートジボワール戦(13日、オランダ・ユトレヒト)に向けた前日会見に臨み、9日のカメルーン戦に引き続…

後で読む
デイリースポーツ

日本大男子バレーボール部で部員26人が新型コロナウイルスに感染したことが12日、複数の関係者への取材で分かった。発熱などの症状があった部員2人の感染が8日に判明。その後、56人がPCR検査を受け、11日までに24人から陽性反応が出た。いずれも重症ではないという。部は活動を休止している。 同部は関東大学1部リーグに所属する強豪。今月3日に始まった秋季リーグの代替大会は11日から中止となった。日大は1試合を戦っており、最初に感染が判明した2人のうちの1人が出場。対戦相手に濃厚接触者はいないと保健所に判断された。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、各国のオリンピック委員会、パラリンピック委員会の選手団長を集めた会議をオンラインで開催した。新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった大会に向けて、コロナ対策や大会簡素化によってさまざまな変更が生じる中、英語、フランス語、スペイン語の3カ国語で合計8000枚にわたる資料を用意して最新情報を共有した。 30日まで計6回行われる今回の会合には201カ国・地域の選手団が参加予定。大会期間中や大会までの事務的なスケジュールを確認するほか、各国からの要望や疑問点などを情報収集した上で、政府と共に12月にとりまとめる予定の中間報告をめどに、さらに詳しい情報を各国に提供する予定だという。

後で読む
デイリースポーツ

柔道日本男子の東京五輪代表が12日、昨年12月以来となる国内での強化合宿を開始した。東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)を拠点とし、73キロ級で2連覇を狙う大野将平(旭化成)ら既に代表決定の6人と指導陣ら約15人が参加。新型コロナウイルスの影響で中断していた強化活動が、ようやく再始動した。 合宿は非公開で実施。関係者によると、12日に集合したチームは都内の大学に出稽古し、約2時間にわたって乱取りや寝技で汗を流したという。合宿は17日までで、NTCでの筋力トレーニングなども計画されている。

後で読む
デイリースポーツ

コートジボワール代表のパトリス・ボーメル監督が12日、日本代表戦(13日)に向けてオンライン取材に応じた。 日本とは2014年のブラジルW杯で戦い勝利した以来の対戦となる。ボーメル監督は「数日前には世界一のベルギーと対戦した。今回の日本はアジアでナンバー1だと思う。非常に良い機会」と強敵と試合ができる喜びを語った。

後で読む
デイリースポーツ

「中日3-2巨人」(12日、ナゴヤドーム) 巨人は逆転負けで3連戦カード負け越し。中日との今季最終戦を飾れず、マジックは「12」のままで、最短Vは20日となった。

後で読む
デイリースポーツ

「中日3-2巨人」(12日、ナゴヤドーム) 中日が巨人に逆転勝ち。7日2日以来102日ぶりとなる5割復帰を果たした。

後で読む
スポーツニッポン

イングランド・プレミアリーグのアーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(31)が、サウジアラビア1部アルナスルのオファーを拒否したと、11日付の英紙デーリー・メール(電子版)が報じた。

後で読む
日刊スポーツ

柔道事故の対応を巡り、福岡市の男性とその父親が全日本柔道連盟(全柔連)にそれぞれ165万円の損害賠償を求めた訴訟が12日、東京地裁(鈴木昭洋裁判長)で開かれた…

後で読む
日刊スポーツ

B1秋田ノーザンハピネッツは、9月10日から10月12日までの期限付き移籍となっていたエリック・ニッセン(25)が、契約満了でB3岩手ビッグブルズに戻ることを…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表は13日午後4時45分(日本時間同11時45分)から、オランダのユトレヒトでコートジボワール代表との国際親善試合に臨む。12日はアーネム近郊で最終調整。

後で読む
東京スポーツ

日本代表の森保一監督(52)が12日、オンラインで国際親善試合コートジボワール戦(13日、ユトレヒト)に向けた公式会見に臨み、先発メンバーの変更を明言した。  指揮官は先発メンバーについて「メンバー…

後で読む
東京スポーツ

コートジボワール代表のパトリス・ボーメル監督が森保ジャパンを絶賛した。  12日にオンラインで公式会見に出席したボーメル監督は、日本代表について「日本のチームはキャリアの長い選手と、新しく入ってきた…

後で読む
東京スポーツ

サッカーの欧州ネーションズリーグは11日、各地で行われ、強豪国の揃うリーグAの2組でイングランドがホームでベルギーに2―1で逆転勝ち。2勝1分けの勝ち点7で首位に浮上した。ベルギーは今季の同リーグ初…

後で読む
サンケイスポーツ

コートジボワール代表を率いるパトリス・ボーメル監督が12日、翌日に控える国際親善試合の日本代表戦に向けた前日オンライン会見に出席し、意気込みを口にした。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターUに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、同時期に加入したFWファクンド・ペリストリの力に太鼓判を押した。

後で読む
サンケイスポーツ

リヨンのフセム・アワールは、今夏のアーセナル移籍が実現しなかったものの、母国でプレーを続けることに後悔はないようだ。

後で読む
サンケイスポーツ

リバプールやマンチェスターUなどにプレミアリーグ18チーム制導入の考えがあるようだ。

後で読む
日刊スポーツ

セ・リーグ3位の中日が、首位巨人と対戦。中日は2点を追う2回に阿部の2ランと福谷の適時二塁打で逆転。継投で逃げ切り勝利した。巨人は2回にウィーラーの遊ゴロと大… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

関西国際大が天理大との全勝対決に競り勝ち、単独首位に立った。7回に関西国際大・西川颯真外野手(3年=中京)の適時三塁打で奪った1点を、武次春哉(あつや、4年=… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神藤川球児投手の1軍昇格について、金村曉投手コーチは「本人のGOサイン1つだと思っています」と話した。今季限りでの現役引退を表明している藤川は、現在右上肢の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

日本大男子バレーボール部で部員26人が新型コロナウイルスに感染したことが12日、複数の関係者への取材で分かった。発熱などの症状があった部員2人の感染が8日に判明。その後、56人がPCR検査を受け、11日までに24人から陽性反応が出た。いずれも重症ではないという。部は活動を休止している。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は12日、セリーグで1試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

フランス競馬の凱旋門賞2勝を含むGI通算11勝を挙げたエネイブル(6歳牝馬、英国)の引退が12日、明らかになった。英国のレーシングポスト電子版が報じた。

後で読む
東京スポーツ

 DDTは12日、公式ユーチューブチャンネルで会見し、シングル最強を決めるリーグ戦「D王 GRAND PRIX 2021」(11月22日、東京・後楽園ホールで開幕)の一部日程の変更について説明した。 …

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、新型コロナウイルスの影響で来夏へ延期された大会へ向け、各国・地域の選手団団長を対象にしたオンラインセミナーを開催した。各オリンピック委員会(NOC)と各パラリンピック委員会(NPC)それぞれに対し、英語、フランス語、スペイン語の3言語で、今月中に計6回開催。組織委国際局の小林亨NOC/NPC部長によると、今回は全世界206のNOCのうちセミナー登録が…

後で読む
デイリースポーツ

オランダ遠征中のサッカー日本代表は、13日にコートジボワールとの親善試合を行う。12日、DF室屋成(ハノーバー)がオンラインでの取材に応じて意気込みを語った。 今夏にFC東京から海を渡って、ドイツ2部での挑戦がスタート。速くも出場機会をつかんではいるが、初の海外移籍の現状を「環境に適応している段階。環境になれることと、試合中の言葉は感じているところ。それを最初にクリアすべき、最初の問題」と語る。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-巨人」(12日、ナゴヤドーム) 巨人の先発・桜井が5回1/36安打3失点で降板した。ナゴヤドーム初先発で対中日初勝利を狙ったが、先制してもらった直後に痛打を食らった。

後で読む
デイリースポーツ

「中日3-2巨人」(12日、ナゴヤドーム) 巨人は逆転負けで3連戦カード負け越し。中日との今季最終戦を飾れず、マジックは「12」のままとなった。

後で読む
デイリースポーツ

中日が勝率5割に復帰した。0-2の二回に阿部の10号2ランで同点とし、福谷の適時二塁打で勝ち越した。福谷は6回2失点で6勝目。その後は継投が決まり、R・マルティネスが18セーブ目。巨人は6カードぶりに負け越した。

後で読む
東京スポーツ

日本代表MF遠藤航(27=シュツットガルト)が12日、国際親善試合コートジボワール戦(13日)に向けてオンラインで取材に対応した。  初挑戦となったドイツ1部で開幕から守備的MFとして公式戦4試合連…

後で読む
東京スポーツ

   森保ジャパンでレギュラー獲りを目指すMF鎌田大地(24=Eフランクフルト)が意外な〝武器〟をアピールした。  鎌田は所属するEフランクフルトで昨季公式戦2桁ゴールに到達。特に欧州各国か…

後で読む
日刊スポーツ

来春センバツ出場校の選考資料となる秋季高校野球東京都大会(10月17日開幕、神宮球場ほか)の組み合わせ抽選会が12日、都内で行われた。9月12日から行われた1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

京大が今秋8試合目でうれしい初勝利をつかんだ。立役者は5回から2番手で登板した水江日々生(ひびき、1年=洛星)。172センチと小柄な右腕は最速135キロながら… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神は12日、矢野監督が球団の内規違反となる大人数での会食をしていたとの一部報道に対して対応した。 球団は「一部報道にあった矢野監督の会食については、事前に球団本部の責任者が相談を受け、チームの外食許可日かつ比較的感染者数の少ない広島での開催であり、監督のチームマネジメント、チーム力強化に資する内容と判断したため、球団として許可を出しました」と説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日-巨人、24回戦、12日、ナゴヤD)中日の阿部が、プロ5年目にして初めて本塁打数を2桁に乗せた。2点を先制された直後の二回2死一塁から、桜井の内角直球をすくい上げて左翼席に10号2ラン。バットを高々と放り投げて「いい感じで打てた。打った瞬間ホームランだと思った」と、納得の一発となった。

後で読む
日刊スポーツ

サッカー日本代表の主将DF吉田麻也(32=サンプドリア)が12日、合宿中のオランダからオンラインで取材に応じた。名古屋グランパスU-18の後輩、DF菅原由勢(…

後で読む
日刊スポーツ

ベガルタ仙台は12日、ホーム初勝利を目指す14日の横浜FC戦に向けて仙台市内で調整した。高卒2年目のMF田中渉(20)は、前節(10日)の首位川崎フロンターレ…

後で読む
日刊スポーツ

オランダ遠征中の日本代表(FIFAランク28位)は13日、コートジボワール代表(FIFAランク60位)との国際親善試合に臨む。先発出場が期待されるMF鎌田大地…

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪から期限付き移籍でJ2モンテディオ山形に加入したFW山内寛史(25)とMF前川大河(24)が、12日の練習後にオンライン会見を行った。FW山岸の福…

後で読む
日刊スポーツ

日本代表MF遠藤航(27=シュツットガルト)が12日、合宿地のオランダからオンライン取材に応じた。3日のブンデスリーガ・レバークーゼン戦でハムストリングを痛め…

後で読む
東京スポーツ

 国際体操連盟(FIG)は12日、新型コロナウイルス禍以降初となる国内国際大会「Friendship and Salidarity competition~友情と絆の大会~」(11月8日、東京・国立代…

後で読む
東京スポーツ

 日本代表DF吉田麻也(32=サンプドリア)が12日、オンラインで取材に応じ、名古屋U―18の後輩である日本代表DF菅原由勢(20=AZアルクマール)にさらなる奮起を促した。  今から約2年前。201…

後で読む
東京スポーツ

 日本代表DF室屋成(26=ハノーバー)が12日にオンラインで取材に応じ、初体験となるドイツ生活の一端を明かした。  8月にFC東京からドイツ2部ハノーバーに移籍した室屋。ドイツでの新生活を約1か月半…

後で読む
東京スポーツ

 阪神は12日、一部夕刊紙にあった、矢野燿大監督(51)がチーム内規に違反し、「4人以内」を上回る人数での会食を行ったという報道に対し「事前に球団本部の責任者が相談を受け、チームの外食許可日かつ比較的…

後で読む
デイリースポーツ

東京六大学野球リーグ第4週第2日は12日、神宮球場で2試合が行われ、早大が東大に8-0で圧勝し、4勝2分けのポイント5で首位に立った。明大は春季優勝の法大を5-0で破って同4・5、法大は同2・5。 早大は三回の集中打で4点を先行し、5人の継投で14奪三振の3安打に封じた。明大は竹田ら4投手のリレーで2安打に抑えた。

後で読む
デイリースポーツ

オランダ遠征中のサッカー日本代表は、13日にコートジボワールとの親善試合を行う。12日、DF吉田麻也(サウサンプトン)がオンラインでの取材に応じて意気込みを語った。 カメルーン戦では、前線からの守備をいなされる時間帯もありがらも、欧州を舞台に戦う守備陣がそれぞれ落ち着いた対応を見せて、相手の攻撃を零封した。その上でコートジボワール戦に向け、守備陣内での意見をまとめて森保監督とディスカッション。「守備のハメ方、ポジショニング、セットプレーを含めて、もう少しこうできるんじゃないか、というのを話して監督も同じ意見だったし、2試合目にトライしようと思っている」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

ステージ4の大腸がんを公表している元日本ハム監督で野球解説者の大島康徳氏が12日、公式ブログを更新し、13日に「現場」復帰することを報告した。 大島氏は「お知らせ」とタイトルで、「皆様に嬉しいご報告ができます。明日、いよいよプロ野球解説者として念願の『現場で』お仕事をさせていただきます!NHK BS1で放送です。皆様、ご覧いただけると嬉しいです!」と明かした。

後で読む
デイリースポーツ

日本高野連と全日本大学野球連盟は12日、プロ入り希望の選手に義務づけた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で374人(高校216人、大学158人)が届け出た。26日に行われるドラフト会議で指名対象となる。 今年の甲子園大会が春夏ともに中止になった高校生は、中京大中京(愛知)のエースとして昨秋の明治神宮大会優勝に貢献した高橋宏斗が目玉。最速154キロの本格派右腕が進学希望から方向転換したことで、戦略を練り直す球団も多そうだ。

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京五輪・パラリンピックで、各国・地域の国内オリンピック委員会が参加する選手団団長会議が12日、オンラインで開催され…

後で読む
日刊スポーツ

バレーボールVリーグ女子2部(V2)のアランマーレは12日、山形県庁を表敬訪問した。31日にアウェーで行われるルートインホテルズ(長野)との開幕戦を控え、チー…

後で読む
日刊スポーツ

関西学生アメリカンフットボールで、甲子園ボウル出場を決めるトーナメント戦が、17日に兵庫・王子スタジアムで開幕する。12日、大阪市内で各チームの監督が合同で会…

後で読む
日刊スポーツ

関西学生アメリカンフットボールで昨季学生王者の関学大・大村和輝監督(49)が、5年連続の甲子園ボウル出場を誓った。12日、開幕戦(17日、王子スタジアム)を前…

後で読む
日刊スポーツ

第6戦が行われ、レーカーズがヒートに106-93で快勝し、4勝2敗で10季ぶりの頂点に立った。17回目のファイナル制覇はセルティックスに並び最多タイ。チームの…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表は13日午後4時45分(日本時間同11時45分)から、オランダのユトレヒトでコートジボワール代表との国際親善試合に臨む。12日はアーネム近郊で最終調整。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表は13日午後4時45分(日本時間同11時45分)から、オランダのユトレヒトでコートジボワール代表との国際親善試合に臨む。12日はアーネム近郊で最終調整。

後で読む
東京スポーツ

中日の阿部寿樹内野手(30)がプロ5年目にして初の2桁本塁打をマークした。  12日の巨人戦(ナゴヤドーム)に「7番・二塁」で先発出場。2回表に2点を先制され、直後の裏の攻撃だ。二死一塁の場面で相手…

後で読む
東京スポーツ

日本代表MF鎌田大地(24=Eフランクフルト)がポジション適性の〝ぶっちゃけトーク〟を展開した。  先日の取材対応時に、森保ジャパンで以前起用された1トップの適性について難しさを語った鎌田だが、12…

後で読む
東京スポーツ

日本代表DF吉田麻也(32=サンプドリア)が12日、オンラインで取材に応じ、国際親善試合コートジボアール戦(13日)に向けてディテールの重要性を説いた。  今年初のA代表戦となった9日のカメルーン戦…

後で読む
東京スポーツ

日本代表MF遠藤航(27=シュツットガルト)が12日、国際親善試合コートジボアール戦(13日)に向けてオンラインで取材に対応した。  初挑戦となったドイツ1部で開幕から守備的MFとして公式戦4試合連…

後で読む
サンケイスポーツ

サンプドリアに所属する日本代表DF吉田麻也が12日、メディア会見に出席し、コートジボワール代表について語った。

後で読む
サンケイスポーツ

関西学生野球秋季リーグ第5節第2日は12日、ほっともっとフィールド神戸で2回戦2試合が行われ、京大は同大を5-2で破り、今季初勝利を挙げた。

後で読む
日刊スポーツ

早大・今西拓弥投手(4年=広陵)が先発で3回1安打無失点と好投し、首位浮上に貢献した。   ◇   ◇   ◇今季初先発の今西は、100キロ台のカーブを有効に… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日大国際関係が最終戦にも勝利し、今季を13勝1敗で終了。前日11日に決めた2季ぶり25度目の優勝に花を添えた。0-0の8回表2死三塁、代打・大坪恭輔内野手(3… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

全日本大学駅伝(11月1日・名古屋市熱田神宮-三重県伊勢市伊勢神宮=8区間106・8キロ)に出場する25チームのエントリー選手が12日に発表され、駒大の2年生エース田沢廉や青学大の神林勇太らが登録された。

後で読む
サンケイスポーツ

米プロバスケットボールNBAのファイナル(7回戦制)は11日(日本時間12日)、フロリダ州オーランド近郊で第6戦が行われ、西カンファレンス王者のレーカーズが東カンファレンス王者のヒートを106-93で下し、4勝2敗として10季ぶりの優勝を果たした。17度目の制覇はセルティックスに並ぶ史上最多となった。

後で読む
東京スポーツ

巨人・桜井俊貴投手(26)が12日の中日戦(ナゴヤドーム)で2点を先制した直後に3点を失い、あっさりと逆転を許した。  2回の攻撃で打線が2点を挙げたが、直後に暗転した。二死からシエラに四球を与え、…

後で読む
東京スポーツ

日本代表DF室屋成(26=ハノーバー)が12日にオンラインで取材に応じ、13日の国際親善試合コートジボワール戦に向けてMF久保建英(19=ビリャレアル)との〝コンビ復活〟に意欲を見せた。  森保ジャ…

後で読む
サンケイスポーツ

J2京都は12日、MFジュニーニョが左膝外側半月板損傷と診断されたと発表した。練習中に負傷し、8日に手術を受けた。全治までの期間などは公表していない。

後で読む
サンケイスポーツ

プロボクシングの三迫ジムは12日、ダイヤモンドグローブ(サンケイスポーツなど後援)を12月10日に東京・後楽園ホールで開催すると発表した。メインイベントは日本スーパーライト級タイトルマッチで、王者の永田大士(30)=三迫=が初防衛戦で同級3位の近藤明広(35)=一力=の挑戦を受ける。

後で読む
日刊スポーツ

ドジャース-ブレーブスのナ・リーグ優勝決定シリーズが12日(日本時間13日午前9時8分)から始まる。ド軍ロバーツ監督は「バランスが取れた打線でブルペンも優秀」… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ツインズ前田健太投手が、広島時代の女房役、石原慶幸捕手の引退を惜しんだ。自身のインスタグラムで「まさかの。石原さん引退か」と驚きを表し、「19歳で1軍上がって… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

BC・埼玉の田沢純一投手(34)は指名されるのか-。米メジャー通算388試合登板の右腕は、今年7月、独立リーグで日本復帰。08年に米移籍した際、ドラフト指名を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

首位巨人が、3位中日と対戦。先発は中日が福谷、巨人は桜井。今季の中日福谷は65回1/3を投げて与四球が7個しかなく、与四球率が0・96。特に、ナゴヤドームの四… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

13日のプロ野球予告先発は以下の通り。<セ・リーグ>巨人菅野智之-広島九里亜蓮(東京ドーム=18時)ヤクルト高梨裕稔-DeNA大貫晋一(神宮=18時)中日勝野… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

15日・ヤクルト戦(神宮)で先発するDeNA・平良拳太郎投手(25)が12日、残り試合を全力で戦うと誓った。背中の張りからこの日、1軍合流。2か月ぶりの先発登板で白星をつかむ。 8月20日の練習中に背中の違和感を訴え出場選手登録を抹消された。残り22試合だが今季中に1軍復帰。「試合数は少ないですが、1試合1試合、自分の役割を果たせるように」と意気込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

不倫を認めて謝罪した競泳男子の瀬戸大也(26)が12日、東京都内の日本水泳連盟事務局を訪問し、倫理委員会で約1時間、事情聴取を受けた。水連は13日、臨時の常務理事会を開き、瀬戸の処分を検討する。

後で読む
サンケイスポーツ

東京六大学野球秋季リーグ戦第4週第2日(早大8-0東大、12日、東京・神宮球場)早大は、三回に4長短打などで4点を先行し、四回には8番・蛭間拓哉外野手(2年)の左越え2ラン、六回にも2点を加え、プロ志望届を提出している左腕・今西拓弥投手(4年)が先発で3回1安打無失点に抑え、その後4投手の継投で、東大打線を3安打無失点に封じ、連勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は12日、セリーグで1試合を実施。

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレは12日、FW小林悠に第3子(三男)が11日に誕生したことを発表した。小林はクラブ広報を通じ「このたび、3人目の男の子が生まれました。また家族…

後で読む
日刊スポーツ

打ち立てた新記録更新への挑戦権は自分たちがつかむ。川崎フロンターレは敵地での14日広島戦で10連勝を達成すれば、8月に樹立したJ1での同一シーズンの90分試合…

後で読む
日刊スポーツ

J2磐田MF大森晃太郎(28)が、MF遠藤保仁(40)とのコンビでチーム状況を好転させる。12日は磐田市内での練習に参加。練習前後のジョギングでは遠藤と並走し…

後で読む
日刊スポーツ

京都サンガFCは12日、MFジョニーニョ(26)がトレーニング中に負傷したことを発表した。左膝外側半月板の損傷で、8日に京都市内の病院で手術を行った。復帰時期…

後で読む
東京スポーツ

いつも東京スポーツをご愛読いただきましてありがとうございます。前回、大変好評をいただきました秋の「東スポ プロレス格闘技担当 Twitter フォロー&リツイートキャンペーン」の第2弾を開催します。…

後で読む
デイリースポーツ

大相撲の新大関正代が12日、東京都墨田区の時津風部屋で11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向けた稽古を再開し、四股やスクワットで汗を流した。その後、報道陣の代表取材に応じ、前週に故郷の熊本県に凱旋したことを踏まえ「あとは相撲に集中するだけ。出足と下半身を強化したい」と気合を高めた。 16日からは出稽古の希望者を対象に国技館内の相撲教習所で合同稽古が実施される。参加について「体調次第。けがをしても意味がないので、体と相談になる。行けたら行く」と慎重に判断する意向を示した。帰省期間中は母校の熊本農高などを訪問し、地元の関係者らに喜びのあいさつを行った。

後で読む
東京スポーツ

 体操の五輪2連覇〝キング〟内村航平(31=リンガーハット)が11月8日に東京・国立代々木競技場で開催される国際大会「Friendship and Salidarity(友情と絆の大会)」に出場予定で…

後で読む
スポーツニッポン

雨で順延された第8節の6試合を栃木・宇都宮、群馬・高崎、横浜市の3会場で消化した。伊予銀行の新人、黒木美紀投手(23)はシオノギ製薬打線を3失点に抑え、3試合連続完投勝利。チームも3連勝で、初の決勝トーナメント進出へ大きな1勝を挙げた。女王奪回を目指すトヨタ自動車は日立に大勝し、1敗をキープ。太陽誘電、豊田自動織機、ビックカメラ高崎の2敗グループはいずれも白星を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

日本水泳連盟は12日、東京都内で倫理委員会を開き、不倫問題で東京五輪の競泳日本代表主将を辞退した瀬戸大也選手(26)を事情聴取した。13日に開く臨時常務理事会で処分を正式決定する。 昨年の世界選手権で男子個人メドレー2冠に輝き、競泳で1人だけ東京五輪代表に決まっている瀬戸選手は、夫人でない女性とラブホテルに入ったとの報道を認めて謝罪。所属先だったANAとの契約は9月末に解除となり、日本オリンピック委員会(JOC)の肖像権事業「シンボルアスリート」の契約も打ち切りとなった。

後で読む
デイリースポーツ

国際体操連盟と日本体操協会は12日、4カ国が参加して11月8日に東京・国立代々木競技場で開催する国際競技会の概要を発表した。日本、米国、ロシア、中国から男女各4選手が集い、日本男子の内村航平(31)ら計32人を2チームに分け、男女混合の団体戦を実施。来夏に延期された東京五輪のテストケースとして注目される。 昨年の世界選手権男子3冠のニキータ・ナゴルニー(23)=ロシア=ら海外選手に、出国前72時間以内のPCR検査実施など新型コロナ感染対策を徹底。入国後14日間の待機は求めないが、宿泊先と練習会場以外への移動は認めない。2千人程度の観客を入れる予定。

後で読む
デイリースポーツ

アメリカンフットボールの関西学生トーナメント開幕を前に、各校の監督らが12日、大阪市内で記者会見し、昨年の全日本大学選手権で2連覇を果たした関学大の大村和輝新監督は「例年より練習量が少なく、プレーの質は低い。言い訳をせずに一戦必勝でやりたい」と意気込みを語った。 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、今秋は通常の8チームによる1回戦総当たりのリーグ戦ではなく、トーナメント方式で17日から開催される。各校とも調整の遅れや実戦不足が懸念される中、18日に関学大に挑む同大の藤原良弘監督は「申し分ない相手。散々、暴れたい」と一発勝負での番狂わせを期した。

後で読む
デイリースポーツ

国際体操連盟は12日、11月に同連盟主催の体操国際大会「Friendship and Solidarity competition(友情と絆の大会)」(11月8日、代々木第一体育館)を開催することを発表した。日本、中国、ロシア、米国による交流大会で、新型コロナウイルスによってスポーツが中断して以降、日本では初となる国際スポーツ大会となる。 日本からは男子個人総合五輪2連覇王者で、今季から鉄棒に専念する内村航平(31)=リンガーハット=や、萱和磨(23)=セントラルスポーツ=、寺本明日香(24)=ミキハウス=が出場予定。ロシアからは19年世界選手権個人総合金メダリストのニキータ・ナゴルニー、同銀メダリストのアルトゥル・ダラロヤンのダブルエースなどトップ選手が参加する。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグ巨人・菅野-広島・九里(東京ドーム)

後で読む
デイリースポーツ

西武・高橋光成投手が13日・日本ハム戦(札幌ドーム)の先発を前に取材に応じた。 今季はここまで15試合に登板し、6勝8敗、防御率4・21の成績。投球回数は現在92回。4回以上を投げれば規定投球回数に到達する。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球・ヤクルトのマスコット「つば九郎」が12日、公式ブログを更新し、広島・石原慶幸捕手がこの日、今季限りで現役を引退することを発表したことへのショックをつづっている。 つば九郎は「ぽっかりあなが・・・。」と題した投稿で「ねっとさーふぃんしていたら・・・・・」として、石原の引退を発表した広島の公式サイトを貼り付けた。

後で読む
日刊スポーツ

日本ランニング協会は12日、「ランニング食学検定」を開始すると発表した。より安全に継続的にランニングを楽しむための「食」に関する検定で、アンバサダーには、男子…

後で読む
日刊スポーツ

第6戦が行われ、レーカーズがヒートに106-93で快勝して対戦成績を4勝2敗とし、10季ぶりの頂点に立った。17回目の優勝はセルティックスに並び最多タイ。エー…

後で読む
日刊スポーツ

女性問題で揺れる競泳男子の瀬戸大也(26)が、13日にも日本水連から処分を受ける見通しとなった。12日、都内の同連盟を濃紺のスーツで訪れて約1時間、倫理委員会…

後で読む
日刊スポーツ

国際体操連盟(FIG)は12日、11月8日に東京・国立代々木競技場で開催する国際大会「Friendship and Solidarity competitio…

後で読む
東京スポーツ

阪神・金村投手コーチが12日、甲子園球場で行われた投手練習後、報道陣の取材に応対。藤浪晋太郎投手(26)を当面の間、救援投手として起用し続けていく考えを明かした。  9月26日以降、リリーフとして8…

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部ウエスカの日本代表FW岡崎慎司(34)の雄姿を見られるのは、しばらく先になりそうだ。  岡崎は開幕から5試合連続でスタメン出場していたが、3日のエルチェ戦で左脚を負傷し、前半40分に途中…

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部ビリャレアルのウナイ・エメリ監督(48)が、日本代表MF久保建英(19)の出場時間が少ない現状について〝釈明〟した。  久保は今夏に保有元のレアル・マドリードからレンタル移籍を模索する際…

後で読む
サンケイスポーツ

関西六大学野球秋季リーグ第6節第2日は12日、大阪市南港中央球場で2回戦2試合が行われ、京産大と龍谷大が勝った。

後で読む
サンケイスポーツ

国際体操連盟(FIG)と日本体操協会は12日、4カ国が参加して11月8日に東京・国立代々木競技場で開催する国際競技会の概要を発表した。日本、米国、ロシア、中国から男女各4選手が集い、日本男子の内村航平(31)=リンガーハット=ら計32人を2チームに分け、男女混合の団体戦を実施。来夏に延期された東京五輪のテストケースとして注目される。

後で読む
サンケイスポーツ

アメリカンフットボールの関西学生トーナメント開幕を前に、各校の監督らが12日、大阪市内で記者会見し、昨年の全日本大学選手権で2連覇を果たした関学大の大村和輝新監督は「例年より練習量が少なく、プレーの質は低い。言い訳をせずに一戦必勝でやりたい」と意気込みを語った。

後で読む
日刊スポーツ

今季からツインズでプレーする前田健太投手が、ドジャース時代から目覚ましい成長を遂げ、来季ローテーションで中核の1人になるとみられている。前田は新天地でのレギュ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ツインズ前田健太投手が、広島時代の女房役、石原の引退を惜しんだ。自身のインスタグラムで「まさかの。石原さん引退か」と驚きを表し、「19歳で1軍上がってからアメ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武が仕切り直しの日本ハム3連戦(札幌ドーム)で貯金生活を目指す。楽天戦の雨天中止で8連戦を回避。今季6勝12敗と大きく負け越している日本ハムに対し、辻発彦監… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神、巨人などが今秋ドラフト1位候補に挙げる近大・佐藤輝明内野手(4年=仁川学院)の関西学生野球秋季リーグ最終戦となる18日の関大戦を読売テレビがインターネッ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

首位巨人が、3位中日と対戦。先発は中日が福谷、巨人は桜井。試合開始は午後6時の予定。今季の中日福谷は65回1/3を投げて与四球が7個しかなく、与四球率が0・9… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 競泳の瀬戸大也が12日、日本水連の事情聴取を受けた。瀬戸はデイリー新潮に、不倫を報じられ、これを事実と認めていた。 不倫報道を受けて、瀬戸はJOCの「シンボルアスリート」を辞退し、受理された。また、所属していたANAとも、契約を解除。各企業とのCM動画、広告も削除が続いた。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・高梨裕稔投手(29)が12日、神宮外苑で行われた先発投手練習に参加。先発する13日のDeNA戦(神宮)に向けて調整した。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天が12日、東日本大震災で被害を受けた、福島県南相馬市と岩手県陸前高田市に、子どもたちが体を動かせる施設「こどもスタジアム」を寄贈したと発表した。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビートップリーグ(TL)のトヨタ自動車は12日、昨年のW杯で活躍した日本代表のNo・8/フランカー姫野和樹(26)が、スーパーラグビー(SR)のハイランダーズに期限付き移籍すると発表した。期間は来年1~6月で、来季のTLには出場せずに海外挑戦することが決まった。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪の日本代表候補、勝股美咲投手(21)がバースデー星を飾った。先発の浜村ゆかりが2回途中2被弾3失点で降板。2番手でマウンドを託され、残りの回を無失点で投げきった。

後で読む
スポーツニッポン

国際体操連盟(FIG)と日本体操協会は12日、都内で会見を開き、11月8日に東京・国立代々木競技場で体操の国際大会「Friendship and Solidarity competition」を開催することを発表した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカースペイン1部リーグ、ビリャレアルのウナイ・エメリ監督が日本代表MF久保建英の起用方針について説明、周囲の雑音に惑わされず適切なプロセスを踏みながらの成長が望ましいとした。12日のスペイン紙・アスとのインタビューで語った。 エメリ監督は久保の現状について「彼は素晴らしい少年。成長を望んでおり、そうしたいという大きな意欲を持っている。日本人で最初に最高レベルに到達するという目標があり、そうなって欲しいという人たちがたくさんいて、プロセスを急ぎたいと思っている。だがスピードアップは良いものではなく、状況に適応し、あらゆるオプション、ポジションで戦うために成長すべき」と分析。プレーが考えられる3つのポジションでの日本人選手の現状を説明した上で「メディアの声は理解する。彼はピッチ外でスターだが、中でもそうなるべき」だとした。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天-西武」(12日、楽天生命パーク宮城) 悪天候によるグラウンドコンディション不良のため、試合中止が発表された。

後で読む
スポーツニッポン

ボタフォゴの元日本代表MF本田圭佑(34)がブラジル全国選手権で初ゴールをマークした。

後で読む
東京スポーツ

東スポ(東京スポーツ)のWebニュースでは、野球やサッカーなどのスポーツをはじめ、芸能・プロレス・競馬など豊富なジャンルのニュースを提供しています。

後で読む
サンケイスポーツ

 首位に6打差の10位から出た畑岡奈紗(21)=アビームコンサルティング=は1イーグル、4バーディーで64と伸ばし、通算7アンダーで3位に入った。金世●(=火へんに英)(27)=韓国=が首位からボギーなしでこの日最少の63をマークし、通算14アンダーでメジャー初優勝を遂げた。米ツアー通算11勝目。渋野日向子(21)=サントリー=は70で11オーバーの58位に終わった。

後で読む
サンケイスポーツ

テニス・全仏オープン最終日(11日、パリ)男子シングルス決勝で第2シードのラファエル・ナダル(34)=スペイン=が第1シードのノバク・ジョコビッチ(33)=セルビア=を6-0、6-2、7-5で下して4連覇し、同一の四大大会最多13度目の頂点に立った。四大大会の男子でロジャー・フェデラー(スイス)に並ぶ歴代最多20個目のタイトルとなった。シングルスで全仏通算100勝となり、優勝賞金160万ユーロ(約2億円)を手にした。

後で読む
サンケイスポーツ

米プロバスケットボールNBA決勝(7回戦制)は11日、フロリダ州オーランド近郊で第6戦が行われ、西カンファレンスを制したレーカーズが東カンファレンス王者のヒートに106-93で快勝して4勝2敗とし、10季ぶりの優勝を果たした。17度目の制覇はセルティックスに並ぶ史上最多。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽阪神 岩貞祐太投手、岩崎優投手 【同抹消】 ▽阪神 中田賢一投手、長坂拳弥捕手

後で読む
サンケイスポーツ

J1名古屋は12日、DF吉田豊が「第4腰椎左横突起骨折」で約4週間の治療期間が必要と診断されたと発表した。10日のC大阪戦で負傷した。

後で読む
日刊スポーツ

阪神岩貞祐太投手(29)と岩崎優投手(29)が12日、出場選手登録された。13日中日戦(ナゴヤドーム)から1軍に合流予定。今季はともに中継ぎの一員として貢献し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

オリックス・バファローズは12日、野球機器開発メーカーのハング(本社・大阪市)と、野球ゲーム「実況パワフルプロ野球(パワプロ)」で対戦する「eスポーツ」プロリ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人は12日、大城卓三捕手(27)のハンドパペット「オオシーサー」グッズを13日正午から球団公式通販サイト「ジャイアンツオンラインストア」で販売開始すると発表… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神は12日、岩貞祐太投手、岩崎優投手を出場選手登録した。 かわって、中田賢一投手、長坂拳弥捕手の登録を抹消した。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・笠谷俊介投手(23)が12日、ペイペイドームで行われた投手練習に参加。ブルペン投球で33球など、13日のオリックス戦(京セラ)での先発登板に備えた。託された週の頭に闘志を燃やした。

後で読む
サンケイスポーツ

米プロフットボールNFL第5週第2日は11日、各地で行われ、シーホークスがバイキングズに27-26で競り勝ち、無傷の5連勝とした。21-26の第4クオーター終盤にQBウィルソンが逆転のTDパスを通した。バイキングズは1勝4敗。

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルス感染から回復した阪神の岩貞、濃厚接触者として離脱していた岩崎が近日中にも1軍に合流する見通しとなった。12日、矢野監督は「無理をさせるつもりはないけど、本人の感覚でいけるものがあれば上げる対象になる」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

全米女子プロ選手権最終日(11日、アロニミンクGC=6577ヤード、パー70)首位に6打差の10位から出た畑岡奈紗(21)=アビームコンサルティング=は1イーグル、4バーディーで64と伸ばし、通算7アンダーで3位に入った。金世●(=火へんに英)(27)=韓国=が首位からボギーなしでこの日最少の63をマークし、通算14アンダーでメジャー初優勝を遂げた。米ツアー通算11勝目。渋野日向子(21)=サントリー=は70で11オーバーの58位に終わった。

後で読む
日刊スポーツ

柏レイソルのネルシーニョ監督が12日、14日の浦和レッズ戦に向けオンライン取材に応じ、FWオルンガの11月のケニア代表招集について言及した。11月7日にはFC…

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌DF田中駿汰(23)が12日、札幌・宮の沢での練習後に取材に応じた。14日敵地名古屋戦に向け「連勝したら波に乗れる。湘南戦に勝てたのはチ…

後で読む
日刊スポーツ

名古屋グランパスは12日、DF吉田豊(30)が第4腰椎左横突起骨折で全治約4週間の診断を受けたと発表した。10日のセレッソ大阪戦で負傷した。

後で読む
スポーツニッポン

ヒートの大黒柱として活躍したジミー・バトラー(31)は「チームとマイアミのために貢献したかった。優勝するために自分はここに来た。だからそれを成し遂げられなかったことは悔いが残る」と、45分出場しながら12得点に終わった第6戦の内容に納得がいかない様子だった。

後で読む
スポーツニッポン

17日に開幕する関西学生アメリカンフットボール1部リーグの記者発表会見が12日、大阪市内であり、全8大学の監督が新シーズンへの意気込みを口にした。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビートップリーグ(TL)のトヨタ自動車は12日、昨年のW杯で活躍した日本代表のNo・8/フランカー姫野和樹(26)が、スーパーラグビー(SR)のハイランダーズに期限付き移籍すると発表した。期間は来年1~6月で、来季のTLには出場せずに海外挑戦することが決まった。

後で読む
スポーツニッポン

日本水連は12日、都内で倫理委員会を開き、週刊新潮に報じられた不倫を認めて謝罪した瀬戸大也(26)を事情聴取した。

後で読む
スポーツニッポン

フロリダ州オーランドで行われていたNBAファイナルでレイカーズが10年ぶり17回目の優勝を決めると、4000キロ離れた地元のカリフォルニア州ロサンゼルスは騒然となった。

後で読む
東京スポーツ

 ラグビーのトップリーグ(TL)、トヨタ自動車は12日、日本代表ナンバー8の姫野和樹(26)が、スーパーラグビー(SR)のハイランダーズ(ニュージーランド)入りすると発表した。  来年1月に開幕する新…

後で読む
東京スポーツ

 日本水泳連盟は12日、倫理委員会を開催して不倫スキャンダルを起こした競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の事情聴取を行った。  昼過ぎから約1時間、瀬戸から一連の騒動の説明を受けた水連は「同委員会で…

後で読む
東京スポーツ

 J1柏のネルシーニョ監督(70)がケニア代表FWマイケル・オルンガ(26)の代表招集について語った。  柏はルヴァンカップ準決勝(7日、ニッパツ)で横浜Mを下し、7年ぶりの決勝進出。11月7日の頂上…

後で読む
デイリースポーツ

日本中学校体育連盟(中体連)は12日、来年1~2月に行われるスキー、スケート、アイスホッケーの冬季の全国中学校体育大会を予定通り開催すると発表した。 スキーは長野県野沢温泉村(2月2~5日)、スケートは長野市(1月30日~2月2日)、アイスホッケーは青森県八戸市(2月4~7日)で行われる。

後で読む
デイリースポーツ

競泳の瀬戸大也が12日、日本水連の事情聴取を受けた。日本水連が発表した。 日本水連の発表によると、事情聴取を行ったのは倫理委員会。報告は13日の臨時常務理事会で行われる。

後で読む
デイリースポーツ

関西学生アメリカンフットボール1部リーグに出場する8大学の監督による記者会見が12日、大阪市内で行われ、17日の開幕を前に意気込みを語った。 コロナ禍で、春から各大学が練習の自粛や制限があった中で迎えるシーズンは、通常のリーグ戦ではなく、負ければ敗退のトーナメント形式で実施される。18日に同大との1回戦に臨む関学大の大村和輝監督は「目指しているフットボールを最後までやる。学生が『やり切った』と言える時間を作れればと思う」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

【ニューヨーク共同】米プロフットボールNFL第5週第2日は11日、各地で行われ、シーホークスがバイキングズに27-26で競り勝ち、無傷の5連勝とした。21-26の第4クオーター終盤にQBウィルソンが逆転のTDパスを通した。バイキングズは1勝4敗。 昨季覇者のチーフスはレイダーズに32-40で敗れて今季初黒星。スティーラーズはイーグルスを下し、4戦全勝。

後で読む
スポーツニッポン

 広島・石原慶幸捕手(41)が、今季限りで現役を引退することが明らかになった。12日、球団が発表した。11月7日の阪神戦(マツダ)で引退セレモニーが行われる。

後で読む
スポーツニッポン

J1柏のネルシーニョ監督(70)が12日、オンラインで取材対応した。ケニア代表FWオルンガ(26)は11月に同国代表のアフリカ選手権予選が控え、11月7日のルヴァン杯決勝FC東京戦(国立)の出場は未定。指揮官は「彼(オルンガ)と同じ特徴を持ち、同じ働きができる選手は他にいない。代表招集されることによって、レイソル不在はあって欲しくないが、今の現状は待つしかない」と語った。

後で読む
スポーツニッポン

川崎Fの元日本代表MF斎藤学(30)が12日、ケガの影響で昨オフに引退も脳裏をよぎったことを明かした。今季2度目の10連勝が懸かった14日のアウェー・広島戦に向け、この日にオンラインで対応。ケガに泣かされた昨シーズンを振り返り「去年は夏に膝の内側を痛めて、骨挫傷にもなった。それが治らないままシーズンが終わったので、サッカー辞めるということも頭をよぎるくらい、考えさせられた」と告白した。

後で読む
デイリースポーツ

 男子ゴルフの11日付最新世界ランキングが発表され、松山英樹は一つ下げて20位だった。今平周吾は二つ下がり68位。 1位ダスティン・ジョンソン(米国)、2位ジョン・ラーム(スペイン)、3位ジャスティン・トーマス(米国)らに変動はなかった。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

女性問題で揺れる競泳男子の瀬戸大也(26)が12日、都内で日本水泳連盟の事情聴取を受けた。濃紺のスーツで日本水連を訪れて、約1時間にわたって倫理委員会で説明を…

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール日本代表の石川祐希(24=ミラノ)がアウェーで行われたモデナ戦に先発出場し、3-1(26-24、25-19、20-25、26-24)の勝利に貢献し…

後で読む
東京スポーツ

J1柏のネルシーニョ監督(70)がケニア代表FWマイケル・オルンガ(26)の代表召集について語った。  柏はルヴァンカップ準決勝(7日、ニッパツ)で横浜Mを下し、7年ぶりの決勝進出。11月7日の頂上…

後で読む
東京スポーツ

J1柏のネルシーニョ監督(70)が虎視眈々とリーグ戦上位進出を狙っている。  今季のJ1は、川崎が他のチームを引き寄せない圧倒的な力を見せており、優勝が有力視されている。ネルシーニョ監督は、12日の…

後で読む
サンケイスポーツ

 不倫を認めて謝罪した競泳男子の瀬戸大也(26)が、日本水連が開いた倫理委員会で事情聴取を受けたことが12日、分かった。

後で読む
サンケイスポーツ

全米女子プロ選手権最終日(11日、アロニミンクGC=6577ヤード、パー70)河本は後半のアウトで四つ落とし、48位に下がって終えた。顔の周りを飛ぶ虫が気になって短いパットを外すなどもったいない場面があり、「技術というより、精神面の未熟さを感じた」と反省した。

後で読む
サンケイスポーツ

全米女子プロ選手権最終日(11日、アロニミンクGC=6577ヤード、パー70)最終ホールをパーにまとめ、キャディーと拳を合わせた。3バーディー、3ボギーの70。「悔いなく戦えた。良い終わり方だった」と渋野が白い歯をのぞかせた。

後で読む
サンケイスポーツ

関西学生野球リーグ第5節第2日(立命大5x-4近大、12日、ほっともっと神戸)26日のドラフト会議で1位指名が確実視される近大の左打ちスラッガー・佐藤輝明内野手(4年、仁川学院)が第2打席で右越えに今季2号を放った。通算13号となり、二岡智宏(近大=1995~98年、現巨人3軍監督)の82年新リーグ結成以降の通算最多記録に並んだ。

後で読む
日刊スポーツ

立命大が9回に山口乃義(だいき)内野手(3年=天理)のサヨナラ本塁打で近大に競り勝ち、優勝戦線に踏みとどまった。4-4同点の9回、先頭で打席に立った山口は3球… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

投打のかみ合った明大が法大を退けた。先発した竹田祐投手(3年=履正社)が7回2死まで無安打投球。法大・村田雄大外野手(4年=横浜)に安打を許して降板となった。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天三木肇監督(43)が13日からの2位ロッテ、首位ソフトバンクとのビジター連戦へ気持ちを込めた。12日、楽天生命パークで午後5時試合開始予定の西武戦が雨のた… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 競泳の瀬戸大也が12日、日本水連の事情聴取を受けた。瀬戸はデイリー新潮に、不倫を報じられ、これを事実と認めていた。 不倫報道を受けて、瀬戸はJOCの「シンボルアスリート」を辞退し、受理された。また、所属していたANAとも、契約を解除。各企業とのCM動画、広告も削除が続いた。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲の新大関正代(28)は12日、東京・墨田区の時津風部屋で7日から故郷の熊本県へ凱旋(がいせん)し、帰京後初めて稽古場へ降り、バーベルなどの器具を使ったトレーニングで汗を流した。地元の宇土市役所などへ報告を済ませ、2月以来、実家にも滞在。父・巌さん(60)、母・理恵(56)さんと家族水入らずの時間を過ごし、「カレーをつくっていてくれた。やっぱりいいですね」とリフレッシュした。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球元広島の新井貴浩氏(43)が12日、ツイッターで同日に今季限りで現役引退すると発表した広島・石原慶幸捕手(41)をねぎらった。

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(11月8日初日、東京・両国国技館)に新大関として臨む正代(28=時津風)が12日、〝本業〟に復帰した。  秋場所の熊本出身力士初V、大関昇進を受けて7日から地元に帰省し、宇土市役所…

後で読む
東京スポーツ

 不倫スキャンダルを起こした競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)が12日、日本オリンピック委員会(JOC)と日本水泳連盟が入る「ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア」(東京都新宿区)を訪れた。 …

後で読む
東京スポーツ

 ブラジル最高峰の全国選手権で初ゴールをマークしたMF本田圭佑(34=ボタフォゴ)に絶賛の嵐だ。  11日のブラジル全国選手権1部レシフェ戦に先発出場した本田は、前半29分に相手GKのパスを奪い、強烈…

後で読む
デイリースポーツ

J1川崎が12日、FW小林悠に第3子となる三男が11日に誕生したと発表した。 小林はクラブを通じ、「このたび、3人目の男の子が産まれました。また家族が一人増えたので、これまで以上に責任感や自覚をもってサッカーに取り組んでいきたいと思っています」とつづった。

後で読む
東京スポーツ

ツインズの前田健太投手(32)が12日、自身のツイッターを更新。この日、古巣の先輩の広島・石原慶幸捕手(41)がこの日午後に引退を発表したことに驚きを示した。  ユニホームを脱ぐことは事前に知らされ…

後で読む
サンケイスポーツ

 (米大リーグ、レイズ2-1アストロズ、11日=日本時間12日、カリフォルニア州サンディエゴ)ア・リーグのリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)が開幕。レイズ(東地区1位)がアストロズ(西地区2位)に先勝した。筒香嘉智外野手(28)はベンチ入りメンバーに登録されたが、出場機会はなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

 13日の中日戦(ナゴヤドーム)で先発予定の阪神・高橋遥人投手(24)が12日、甲子園での投手指名練習に参加。今季は2戦2勝と相性のいい中日戦に向け、キャッチボールやショートダッシュなどで調整した。

後で読む
サンケイスポーツ

テニス・全仏オープン最終日(11日、パリ)ナダルの4連覇は記録ずくめとなった。四大大会の男子シングルスでフェデラーに並ぶ最多20個目のタイトル獲得で、男女通じて同一大会最多の優勝回数も13度に更新。全仏の同種目で最多の勝利試合数も100勝(2敗)に乗せた。

後で読む
サンケイスポーツ

テニス・全仏オープン最終日(11日、パリ)来年の全仏で「夜の部」を新設すると大会主催者が発表した。第1週の月曜日から準々決勝が実施される第2週の水曜日までの10日間が対象で、午後9時以降にセンターコートで1試合を行う。

後で読む
サンケイスポーツ

東京六大学野球秋季リーグ戦第4週第2日(12日、東京・神宮球場)明大が5-0で法大を下した。先発の竹田祐投手(3年)は七回2死まで無安打の好投。その後は3投手の継投で逃げ切り、法大に連勝した。田中武宏監督は「まだまだ相手があるので、技術や気迫で上回っていけるようにしたい」と気を引き締めた。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ、ツインズの前田健太投手(32)が12日、同日に今季限りで現役引退すると発表した広島・石原慶幸捕手(41)についてツイッターに思いをつづった。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは12日、15日の楽天戦(ZOZOマリン、午後6時開始)で「マリーンズサマーハット&タオル」を先着9000人に配布すると発表した。球場外周配布ステーショ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは12日、五十嵐亮太投手(41)の引退会見を15日に行うと発表した。名伯楽の小谷正勝氏(75)は、7年前の自著「小谷の投球指導論」の中でルーキー時代の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神金村暁投手コーチ(44)が12日、藤浪晋太郎投手(26)の中継ぎ起用を続ける方針を示した。同コーチは12日の投手指名練習に参加。藤浪の今後の起用について問… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神の金村暁投手コーチが12日、兵庫・西宮市内の甲子園球場で行われた投手指名練習後、藤浪晋太郎投手について、今後も当面はリリーフで起用していくことを明言した。 「日程的にも6連戦が続く形になるし、ローテメンバーはそろっている。今現在は、中継ぎとしてあまり間隔をあけないで登板できている中で、いい状態を保ってくれているので。現状は中継ぎとしてやってもらおうと考えています」

後で読む
デイリースポーツ

阪神の金村暁投手コーチが12日、兵庫・西宮市内の甲子園球場で行われた投手指名練習後、今季限りでの現役引退を表明している藤川球児投手の再昇格について、本人に一任していることを明かした。 「本人のGOサイン一つだと思っています」

後で読む
デイリースポーツ

阪神が13日、14日から始まる中日、ヤクルトとの6連戦(ナゴヤドーム、甲子園)に向けて、兵庫・西宮市内の甲子園球場で、投手指名練習を行った。 中日3連戦は、カード初戦を託される高橋遥人投手、青柳晃洋投手、岩田稔投手が順に先発する予定。3位・中日とは2ゲーム差だけに、正念場の戦いとなりそうだ。

後で読む
日刊スポーツ

J3アスルクラロ沼津は12日、2選手の期限付き移籍を発表した。FW坂本修佑(27)は、JFL奈良クラブへ移籍。3年ぶりの古巣復帰となった。18年に沼津へ加入。…

後で読む
スポーツニッポン

ファイナルで自身4回目のMVPとなったレイカーズのレブロン・ジェームズ(35)は「チームを助けるために身も心もすべて捧げてきた。だからレイカーズという組織全体をリスペクトしてほしい。そして自分もね…」と語って喜びを爆発させた。2年前のオフにキャバリアーズから移籍。ジニー・バス・オーナー(59)に「このチームがかつていた場所(優勝)に戻れるために自分はここに来ました」と語っていた“キング”は、リ…

後で読む
デイリースポーツ

【サンディエゴ共同】米大リーグは11日、ア・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)がサンディエゴで開幕し、筒香が所属するレイズ(東地区1位)がアストロズ(西地区2位)に2-1で先勝した。筒香は出場しなかった。 レイズは四回にアロザレーナのソロで追い付き、五回にはズニーノの適時打で勝ち越した。先発左腕スネルは5回1失点の好投で、小刻みな継投策で逃げ切った。

後で読む
東京スポーツ

 阪神の高橋遥人投手(24)が12日、甲子園で行われた投手指名練習に参加し、先発予定の13日の中日戦(ナゴヤドーム)に向けキャッチボールやダッシュで調整した。  前回5日の巨人戦(甲子園)では自己最多…

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー・トップリーグ(TL)のトヨタ自動車は12日、日本代表のナンバー8姫野和樹(26)=トヨタ自動車=がスーパーラグビー(SR)の「オタゴ・ハイランダーズ」へ海外挑戦することを発表した。 2021年シーズン(1月~6月)のSRでプレーする。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビーのトップリーグ(TL)、トヨタ自動車は12日、昨年のワールドカップ(W杯)日本大会の日本代表として活躍した姫野和樹(26)が世界最高峰リーグ、スーパーラグビーのハイランダーズ(ニュージーランド)で来季プレーすると発表した。来年1月開幕のTLには参加しない見通しという。 愛知県出身の姫野は帝京大から2017年にトヨタ自動車入りし、1年目から主将を務めた。日本代表は17キャップ。W杯はFW第3列の主力として初の8強入りに貢献した。ハイランダーズは日本代表のジョセフ・ヘッドコーチが過去に監督を務めたチーム。

後で読む
デイリースポーツ

広島は12日、石原慶幸捕手(41)が今季限りで現役を引退すると発表した。本人から引退の申し入れがあり、了承した。16日に記者会見を行い、11月7日にマツダスタジアムで行われる阪神戦で引退セレモニーに臨む。 岐阜県出身で県岐阜商高-東北福祉大から2002年にドラフト4巡目で広島入団。優れた守備力でチームを長年支え、25年ぶりにリーグ優勝を果たした16年はベストナイン、ゴールデングラブ賞に輝いた。17、18年も円熟のリードでリーグ制覇に貢献。18年5月には史上最年長38歳8カ月で通算千安打を達成した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は12日、大城卓三捕手のハンドパペット「オオシーサー」グッズを、13日正午から球団公式通販サイト「ジャイアンツオンラインストア」(https://store.giants.jp/store/)で販売開始すると発表した。 「オオシーサー」は大城選手の出身地・沖縄の守り神とされる「シーサー」がモチーフ。両目は背番号にちなんで「二十」と「四」、口は「大城」の「大」、鼻は「卓三」の「卓」の文字がデザインされている。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは12日、ZOZOマリンスタジアムでの15日・楽天戦(18時試合開始)で「マリーンズサマーハット&タオル」を先着9000人にプレゼントすると発表した。 プレゼントの配布はZOZOマリンスタジアム外周配布ステーションにて当日の観戦チケット(ビジター外野応援席を除く)を持っているファンに15時から行う。

後で読む
デイリースポーツ

 米男子ゴルフのシュライナーズホスピタル・オープンは11日、ネバダ州ラスベガスのTPCサマリン(パー71)で最終ラウンドが行われ、マーティン・レアド(英国)が3選手によるプレーオフを制した。この大会で11年ぶりの勝利で、米ツアーは2013年以来の通算4勝目。優勝賞金126万ドル(約1億3350万円)を獲得した。 37歳のレアドは通算23アンダーの261でオースティン・クック、マシュー・ウルフ(ともに米国)と並び、プレーオフ2ホール目で決着した。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグのトヨタ自動車は12日、19年W杯日本代表NO8姫野和樹(26)が海外挑戦することを発表した。世界最高峰スーパーラグビー(SR)のハイラ…

後で読む
日刊スポーツ

ラグビー、トップリーグのトヨタ自動車は12日、19年W杯日本代表NO8姫野和樹(26)が海外挑戦することを発表した。世界最高峰スーパーラグビー(SR)のハイラ…

後で読む
日刊スポーツ

男子立位PTS4クラスで東京パラリンピック出場を目指す宇田秀生(33=NTT東日本・NTT西日本)が1時間1分21秒で2位に入った。今年2月以来のレースで表彰…

後で読む
日刊スポーツ

女性問題で揺れる競泳男子の瀬戸大也(26)が12日、都内で日本水泳連盟の事情聴取を受けた。瀬戸は9月23日に「デイリー新潮」で女性問題を報じられた。所属先のA…

後で読む
サンケイスポーツ

サウジアラビアのアル・ナスルがアーセナルのMFメスト・エジル獲得を狙っているようだ。『TYC Sports』が報じた。

後で読む
東京スポーツ

ツインズの前田健太投手(32)が12日、自身のツイッターを更新。この日、古巣の先輩の広島・石原慶幸捕手(41)がこの日午後に引退を発表したことに驚きを示した。  ユニホームを脱ぐことは事前に知らされ…

後で読む
東京スポーツ

J1柏の東京五輪世代DF大南拓磨(22)が新天地で〝心技体〟を磨いている。  昨季はJ1磐田(当時)でキャリアハイとなる22試合に出場したが、チームはJ2へ降格。「J2に落ちてしまったので責任を感じ…

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーのトップリーグ(TL)のトヨタ自動車は12日、昨秋のW杯日本大会で活躍した日本代表のNO・8姫野和樹(26)が海外挑戦することを発表した。南半球最高峰リーグ、スーパーラグビー(SR)のハイランダーズに加入し、来年1月から6月までプレーする。

後で読む
日刊スポーツ

米シアトル・タイムズ紙が、シアトルで最高の1年を過ごした経験を持つアスリート13人を選出。その中にマリナーズで通算14シーズンプレーしたイチロー氏の名前も並ん… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

アストロズ右腕ランス・マッカラーズ投手が、12日に行われるレイズとのア・リーグ優勝決定シリーズ第2戦を前に、投球に自信を示した。MLB公式サイトが伝えている。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

2008年以来12年ぶりのワールドシリーズ出場を目指す第1シードのレイズが、第6シードのアストロズを接戦の末に振り切り、白星スタートを切った。筒香嘉智外野手(… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

プロ野球で広島ひと筋19年の石原慶幸捕手(41)が、今季限りで現役を引退することを決めた。12日、球団が発表。16日に引退会見が行われ、11月7日阪神戦(マツ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

プロ野球で広島ひと筋19年の石原慶幸捕手(41)が、今季限りで現役を引退することを決めた。12日、球団が発表。16日に引退会見が行われ、11月7日阪神戦(マツ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

12日午後5時から楽天生命パークで開催予定だった楽天-西武20回戦は、降雨中止となった。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 広島は12日、石原慶幸捕手(41)が今季限りで現役を引退することを発表した。本人から球団側に引退の意志を申し入れ、了承された。 県立岐阜商から東北福祉大を経て2001年度ドラフト4位で広島に入団した石原慶。2年目の03年には116試合に出場して飛躍への土台を築いた。翌04年には初の開幕スタメンを勝ち取ると、自身初の規定打席にも到達して135試合に出場。打率・288、6本塁打の成績だった。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグは11日、ア・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)がサンディエゴで開幕し、筒香が所属するレイズ(東地区1位)がアストロズ(西地区2位)に2-1で先勝した。筒香は出場しなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

広島は12日、石原慶幸捕手(41)が今季限りで現役引退すると発表した。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド11日(日本時間12日)発】米プロバスケットNBAのファイナル第6戦はロサンゼルス・レイカーズが106―93でマイアミ・ヒートを下し、通算成績を4勝2敗として2019~20年シー…

後で読む
東京スポーツ

広島・石原慶幸捕手(41)が今季限りで引退することが12日、球団から発表された。  石原は東北福祉大から2002年にドラフト4位で広島入りすると、2004年に正捕手の座を勝ち取り135試合に出場。0…

後で読む
サンケイスポーツ

 全米女子プロ選手権最終日(11日、アロニミンクGC=6577ヤード、パー70)米国の中継テレビ局の都合で現地午後2時ごろに優勝者を決めた最終日。そのために実質的な「最終組」より遅く下位選手がスタートする異例の組み合わせとなった。金世●(=火へんに英)らの11分後に73位から出て70で回り、58位に上がった渋野は「優勝シーンを後ろから見るというのもなかなかない経験」と苦笑いした。

後で読む
サンケイスポーツ

米プロフットボールNFLのファルコンズは11日、ダン・クイン監督を成績不振で解任したと発表した。同日行われたパンサーズ戦に敗れ、開幕5連敗を喫していた。クイン監督は2015年に就任し、17年にチームを18季ぶりのスーパーボウル出場に導いた。

後で読む
サンケイスポーツ

 トランプ米大統領が新型コロナウイルス検査で陽性だったとツイッターで公表した2日、モータースポーツでも世界に衝撃が走った。自動車レースの最高峰、F1シリーズにパワーユニット(PU)供給で参戦しているホンダが、環境技術への取り組みを理由に2021年シーズンを最後に撤退すると発表したのだ。

後で読む
日刊スポーツ

昨季ワールドシリーズ(WS)制覇を果たしながら、今季はナ・リーグ東地区最下位タイと不本意な成績に終わったナショナルズでは、コーチ陣が相次いで退団することになり… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

レイズの右腕チャーリー・モートン投手(36)は11日、来季も現役を続けるかどうかは球団次第であるとの見解を示し、求められるなら来季も喜んでマウンドに立つつもり… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ア・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)がサンディエゴで開幕し、筒香嘉智が所属するレイズ(東地区1位)がアストロズ(西地区2位)に勝ち、1勝0敗とした。レイズは… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは12日、ガブリエル・イノーア投手(27=前オリオールズ)の退団を発表した。ドミニカ共和国出身。年俸60万ドル(約6600万円)プラス出来高払いの1年… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

東京湾のシロギスが気温、海水温の低下とともに釣果が上向いてきた。今シーズンのシロギスは、なかなか数が伸びない状況が続いていたが、ここにきて群れが固まり出したのか徐々に釣果が安定してきた。サイズもアップしており20センチオーバーの良型もかなり交じるようになった。釣り場の水深は一時よりもやや深くなり、15~20メートルが中心で船下でも釣れるようになってきた。仕掛けは片天ビンが一般的だが、最近では胴突きの1、2本バリを使う人も多くなっている。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・リーグの新人王レースが最終コーナーに突入した。

後で読む
サンケイスポーツ

米男子ゴルフのシュライナーズホスピタル・オープンは11日、ネバダ州ラスベガスのTPCサマリン(パー71)で最終ラウンドが行われ、マーティン・レアド(英国)が3選手によるプレーオフを制した。この大会で11年ぶりの勝利で、米ツアーは2013年以来の通算4勝目。優勝賞金126万ドル(約1億3350万円)を獲得した。

後で読む
日刊スポーツ

静岡SSUアスレジーナが、首位のJFAアカデミー福島に1-2で逆転負けして、今季ホーム初勝利を逃した。前半17分、横パスを受けたMF乗越(のりごえ)令奈(22…

後で読む
日刊スポーツ

藤枝MYFCは0-0でAC長野パルセイロと引き分けに終わった。終盤はパワープレーで押し込むも、最後まで無得点。J2ライセンス交付の正式決定後、チームは3戦勝ち…

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪は12日、FW都倉賢(34)が、左内転筋筋損傷で全治4~6週間の診断を受けたと発表した。3日の練習中に負傷していた。長期離脱となるため、現在3位の…

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2271549/

後で読む
東京スポーツ

 カブスのダルビッシュ有投手(34)が10日(日本時間11日)に自身のユーチューブチャンネルで公開したツインズの前田健太投手(32)にカットボールとツーシームの握り、投げ方を教える動画が話題だ。 「マ…

後で読む
デイリースポーツ

男子テニスの12日付世界ランキングが発表され、錦織圭(日清食品)は前回と変わらず35位だった。西岡良仁(ミキハウス)は三つ下げて55位、内山靖崇(積水化学)は95位のまま。杉田祐一(三菱電機)は五つ下げて99位だった。 全仏オープンで準優勝のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が1位、4連覇したラファエル・ナダル(スペイン)が2位と、上位に変動はなかった。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBA決勝(7回戦制)は11日、フロリダ州オーランド近郊で第6戦が行われ、西カンファレンスを制したレーカーズが東カンファレンス王者のヒートに106-93で快勝して4勝2敗とし、10季ぶりの優勝を果たした。17度目の制覇はセルティックスに並ぶ史上最多。 レーカーズは前半からリードを奪って押し切った。ジェームズが28得点、14リバウンド、10アシストの活躍を見せた。

後で読む
デイリースポーツ

「関西学生野球、近大ー立命大」(12日、ほっともっとフィールド神戸) 近大・佐藤輝明内野手(4年・仁川学院)が、巨人・二岡3軍監督が持つ現行のリーグ通算記録に並ぶ通算13号弾を放った。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトは12日、今季から新助っ人として加入していたガブリエル・イノーア投手が退団したことを発表した。すでに帰国しているという。 イノーアは「東京ヤクルトスワローズでは活躍できませんでしたが、ファンの皆さまから応援いただき、ありがとうございました。ここでプレーできる機会を与えていただいたヤクルト球団にも感謝致します」と感謝の思いを言葉にし、「監督やコーチ・スタッフの皆さまには大変お世話になり、チームメートにも恵まれました。チームが残りの試合を頑張って戦ってくれることを祈っていります」とコメントした。

後で読む
スポーツニッポン

C大阪は12日、FW都倉賢(34)が「左内転筋筋損傷」を負い全治まで4~6週間を要することを発表した。3日のトレーニング中に負傷し、病院で精密検査を受けていた。

後で読む
日刊スポーツ

男子テニスの12日付世界ランキングが発表され、錦織圭(日清食品)は前回と変わらず35位だった。西岡良仁(ミキハウス)は3つ下げて55位、内山靖崇(積水化学)は…

後で読む
日刊スポーツ

女子50メートル自由形決勝で、オリンピック(五輪)2大会(12年ロンドン、16年リオデジャネイロ)出場の松本弥生(30、XFLAG=飛龍高出)が、25秒96で…

後で読む
日刊スポーツ

第6戦が行われ、レーカーズがヒートに106-93で快勝して対戦成績を4勝2敗とし、10季ぶりの頂点に立った。レーカーズは今季のプレーオフに特別な決意を抱いて臨…

後で読む
日刊スポーツ

第6戦が行われ、レーカーズがヒートに106-93で快勝して対戦成績を4勝2敗とし、10季ぶりの頂点に立った。◆ロサンゼルス・レーカーズ ミネアポリス・レーカー…

後で読む
日刊スポーツ

第6戦が行われ、レーカーズがヒートに106-93で快勝して対戦成績を4勝2敗とし、10季ぶりの頂点に立った。17回目の優勝はセルティックスに並び最多タイ。エー…

後で読む
サンケイスポーツ

J1のC大阪は12日、FW都倉が左内転筋損傷で全治4~6週間と診断されたと発表した。3日の練習で負傷した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神4-3DeNA、20回戦、阪神10勝8敗2分、11日、甲子園)右腕の投じる1球ごとに甲子園が大きく沸く。阪神・藤浪が中継ぎになってから初めて1点リードの場面でマウンドへ。1回を3人でピシャリと抑えてベンチに戻ると、笑顔をみせた。

後で読む
サンケイスポーツ

 全米女子プロ選手権最終日(11日、アロニミンクGC=6577ヤード、パー70)米国の中継テレビ局の都合で現地午後2時ごろに優勝者を決めた最終日。そのために実質的な「最終組」より遅く下位選手がスタートする異例の組み合わせとなった。金世●(=火へんに英)らの11分後に73位から出て70で回り、58位に上がった渋野は「優勝シーンを後ろから見るというのもなかなかない経験」と苦笑いした。

後で読む
サンケイスポーツ

関西学生野球リーグ第5節第2日(近大-立命大、12日、ほっともっと神戸)26日のドラフト会議で1位指名が確実視される近大の左打ちスラッガー・佐藤輝明内野手(4年、仁川学院)が第2打席に右越えに今季2号を放った。通算13号となり、二岡智弘(近大=1995年~98年、現巨人3軍監督)の82年の新リーグ結成以降の通算最多記録に並んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトは12日、ガブリエル・イノーア投手(27)が退団したと発表した。すでに米国に帰国しているという。

後で読む
日刊スポーツ

近大・佐藤輝明内野手(4年=仁川学院)が3回の第2打席で今季2号となる2ランを放った。この本塁打で元巨人で近大OBの二岡智宏に並ぶリーグタイ記録(82年以降の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人桜井俊貴投手(26)が、12日の中日戦(ナゴヤドーム)の先発マウンドに上がる。今季、対中日は初先発で、リリーフでは3試合に登板し、防御率0・00。7月26… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「NBA・ファイナル第6戦、レイカーズ106-93ヒート」(11日、オーランド) レイカーズがヒートを4勝2敗で退け、10年ぶり、史上最多タイの通算17回目のリーグ制覇を成し遂げた。2年前に優勝請負人として移籍してきた35歳のベテラン、レブロン・ジェームズが28点、14リバウンド、10アシストでトリプルダブルを達成し、自身4度目のファイナルMVPを受賞するとともに、自身3チーム目、4個目のチャンピオンリングを獲得。チームは5度のファイナル制覇に貢献したコービー・ブライアント氏を1月のヘリコプター墜落事故で41歳の若さで失っており、同氏に捧げる優勝となった。

後で読む
スポーツニッポン

女子ゴルフのメジャー第3戦、全米女子プロ選手権は11日、ペンシルベニア州ニュータウンスクエアのアロニミンクGC(6577ヤード、パー70)で最終ラウンドが行われ、渋野日向子(21=サントリー)は3バーディー、3ボギーの70で回り通算11オーバーの58位に終わった。首位から出た金セヨン(韓国)がボギーなしの63をマークし、通算14アンダーでメジャー初優勝を果たした。

後で読む
スポーツニッポン

今季のNBA王者を決める「FINALS」は11日、フロリダ州オーランドで第6戦を行い、レイカーズ(西地区)が106―93(前半64―38)でヒート(東地区)を退けて4勝2敗。10年ぶりにNBAの頂点を極め、優勝回数はセルティクスに並ぶリーグ最多の17回目となった。

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス「G1クライマックス」11日名古屋大会のBブロック公式戦で、EVILがIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)を撃破し、単独首位から引きずり降ろした。勢いづく…

後で読む
東京スポーツ

【ペンシルベニア州ニュータウンスクエア11日(日本時間12日)発】ゴルフの海外メジャー「全米女子プロ選手権」(アロニミンクGC=パー70)最終日、6打差を追って10位から出た畑岡奈紗(21=アビームコ…

後で読む
東京スポーツ

【ペンシルベニア州ニュータウンスクエア11日(日本時間12日)発】ゴルフの海外メジャー「全米女子プロ選手権」(アロニミンクGC=パー70)最終日、注目の渋野日向子(21=サントリー)は11オーバーの5…

後で読む
デイリースポーツ

セ・リーグの新人王争いが白熱してきた。広島のドラフト1位ルーキー・森下暢仁投手が10日のヤクルト戦(マツダスタジアム)で8勝目を挙げ、翌11日に2年目の巨人・戸郷翔征投手が中日戦(ナゴヤドーム)で6回2失点ながら5敗目を喫した。8勝で勝ち星が並び2人がデッドヒートを繰り広げる。広島OBでデイリースポーツウェブ評論家の北別府学氏に新人王争いについて聞いた。 9月以降3勝1敗の森下に対し、戸郷は1勝3敗と負けが先行している。北別府氏は「戸郷の内容が良かったり悪かったり安定しないのは、優勝がかかっていたり自分のタイトル(新人王)もある。そういうプレッシャーがかかる中で投げている。又、個人のタイトルより優勝する為にという事を最優先に投手起用をする。森下は、チームの為の投球というより、極端に言えば自分のピッチングさえすればいいのだから雑念なく、マイペースに投げられている」と、2人の置かれた状況の違いを指摘した。

後で読む
東京スポーツ

日本代表FW鈴木武蔵(26=ベールスホット)がストライカー争いを制する覚悟を示した。不動の1トップにFW大迫勇也(30=ブレーメン)が君臨する中、大迫が不在となるコートジボワール戦に向けて「まだまだ…

後で読む
東京スポーツ

【ブラジル・レシフェ11日(日本時間12日)発】サッカーのブラジル全国選手権でボタフォゴのMF本田圭佑(34)はアウェーのスポルチ戦に先発し、前半29分に左足ミドルシュートで先制点を挙げた。  これが…

後で読む
東京スポーツ

阪神・大山悠輔内野手(25)が11日のDeNA戦で決勝の25号2ランを含む3安打2打点をマーク。4―3の勝利に貢献するとともに、セ本塁打王争いのトップを走る巨人・岡本にも再び並んだ。打点も現在リーグ…

後で読む
東京スポーツ

レイズのア・リーグ優勝決定シリーズ(ALCS)のロースターが11日(日本時間12日)に発表され、筒香嘉智外野手(28)は外野手で登録された。キャッシュ監督は10日(同11日)に休養日を挟まず最長で7…

後で読む
サンケイスポーツ

女子テニスの12日付世界ランキングが発表され、大坂なおみ(日清食品)は3位で変動がなかった。日比野菜緒(ブラス)は二つ上げて70位、土居美咲(ミキハウス)は五つ下げて86位。

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナがGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンとの契約を2025年まで延長する見込みとなった。スペイン『マルカ』が報じている。

後で読む
日刊スポーツ

ア・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)がサンディエゴで開幕し、筒香嘉智が所属するレイズ(東地区1位)はアストロズ(西地区2位)と対戦し、1回に1点を先制された… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今季の楽天は97試合を消化してリーグ2位の99本塁打。楽天がチーム100試合以内に100本塁打到達となれば、17年(91試合)以来、球団2度目となる。本拠地の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今季の中日福谷浩司投手(29)は制球力が良い。65回1/3を投げて与四球が7個しかなく、与四球率が0・96。特に、ナゴヤドームの四球は9月3日広島戦で田中広に… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

新潟はホーム最終戦で福島に1-3で敗れ、今季限りで退任する清水章夫監督(45)に白星をプレゼントすることは出来なかった。清水監督は「今季を象徴するような試合だ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフのメジャー第3戦、全米女子プロ選手権は11日、ペンシルベニア州ニュータウンスクエアのアロニミンクGC(パー70)で最終ラウンドが行われ、6打差10位から出た畑岡奈紗は1イーグル、4バーディーで64と伸ばし通算7アンダー、273で3位に入った。

後で読む
サンケイスポーツ

テニス・全仏オープン最終日(11日、パリ)ジョコビッチは「ラファ(ナダル)は全くミスしてくれず、あらゆるボールを打ち返してきた。テニスの質、レベルに驚かされた」と語り、潔く完敗を認めた。

後で読む
日刊スポーツ

日本テレビで9日に放送されたサッカー欧州遠征「日本-カメルーン」(午後9時)の平均視聴率が11・7%(関東地区)だったことが12日、ビデオリサーチの調べで分か…

後で読む
スポーツニッポン

女子ゴルフのメジャー第3戦、全米女子プロ選手権は11日、ペンシルベニア州ニュータウンスクエアのアロニミンクGC(6577ヤード、パー70)で最終ラウンドが行われ、6打差10位から出た畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)は1イーグル、4バーディーで64と伸ばし通算14アンダーとし通算7アンダーで3位に入った。首位から出た金セヨン(韓国)がボギーなしの63をマークし、通算14アンダーでメジャ…

後で読む
デイリースポーツ

女子テニスの12日付世界ランキングが発表され、大坂なおみ(日清食品)は3位で変動がなかった。日比野菜緒(ブラス)は二つ上げて70位、土居美咲(ミキハウス)は五つ下げて86位。 全仏オープンを制したイガ・シュビオンテク(ポーランド)は54位から17位に、準優勝のソフィア・ケニン(米国)は6位から4位に浮上した。1位はアシュリー・バーティ(オーストラリア)、2位はシモナ・ハレプ(ルーマニア)で動きはなかった。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

ラグビーのニュージーランドとオーストラリアの定期戦、ブレディスロー杯第1戦は11日、ニュージーランドのウェリントンで行われ、16-16で引き分けた。新型コロナ…

後で読む
デイリースポーツ

 【ニュータウンスクエア(米ペンシルベニア州)共同】女子ゴルフのメジャー第3戦、全米女子プロ選手権は11日、ペンシルベニア州ニュータウンスクエアのアロニミンクGC(パー70)で最終ラウンドが行われ、6打差10位から出た畑岡奈紗は1イーグル、4バーディーで64と伸ばし通算7アンダー、273で3位に入った。 金セヨン(韓国)が首位からボギーなしで63をマークし、通算14アンダーでメジャー初優勝を遂げた。米ツアー通算11勝目。賞金64万5千ドル(約6800万円)を獲得した。朴仁妃(韓国)が5打差の2位。

後で読む
日刊スポーツ

日本フェンシング協会は11日、オンラインで理事会を開き、来夏に延期となった東京オリンピック(五輪)に向けて、より日本代表チームの一体感を持たせるため、代表監督…

後で読む
日刊スポーツ

陸上の関東学生対校選手権第3日は11日、神奈川・相模原ギオンスタジアムで行われ、女子400メートル障害決勝は日本選手権5位の小山佳奈(早大)が59秒18で4連…

後で読む
日刊スポーツ

女子で1500メートルと3000メートルの日本記録を持つ田中希実(豊田自動織機TC)が11日、高松市で行われたナイタートライアルin屋島の5000メートルに出…

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルス感染症の影響で、国内外のエリート対象大会の中止が相次いだが、今年2月の宮崎での男子大会以来、デュアスロン競技が開催された。男子は安松青葉(2…

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフのメジャー第3戦、全米女子プロ選手権は11日、ペンシルベニア州ニュータウンスクエアのアロニミンクGC(パー70)で最終ラウンドが行われ、6打差10位から出た畑岡奈紗は1イーグル、4バーディーで64と伸ばし通算7アンダー、273で3位に入った。

後で読む
日刊スポーツ

アストロズがホセ・アルテューベ内野手(30)のソロ本塁打で先制した。1回1死、レイズ先発の左腕スネルに対し、カウント2ー1から高めの96・3マイル(約155キ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

17時開始予定。予告先発は楽天が福井、西武が平井。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発は中日が福谷、巨人が桜井。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「ア・リーグ優勝決定シリーズ・第1戦、レイズ-アストロズ」(11日、サンディエゴ) レイズはア・リーグ優勝決定シリーズの出場登録メンバー28人を発表し、筒香嘉智内野手(27)がベンチ入り。シリーズ初戦はスタメンを外れた。同内野手はここまでポストシーズン7試合のうち3試合(先発2試合)に出場し、8打数無安打と精彩を欠いている。チームは12年ぶりワールドシリーズ進出を懸けて初戦に臨む。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-3DeNA」(12日、甲子園球場) 1万9274人の甲子園がドッと沸いた。4-3の八回だ。セットアッパー阪神・藤浪が先頭大和への2球目に自己最速タイの160キロをたたき出した。1日・中日戦以来の大台到達にスタンドは大喜び。ただ3球目の153キロはすっぽ抜け頭上を通過。尻もちをついた大和に鋭い眼光を向けられたが、心は乱れなかった。打席を外す間、フーッと大きく息をつくと、157キロで押し込み、右飛に打ち取った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-3DeNA」(12日、甲子園球場) ベテラン右腕が輝きを取り戻した。阪神・桑原が昨年4月17日ヤクルト戦以来、543日ぶりとなるホールドを記録。1点リード、イニング途中からの登板にも動じなかった。先発・秋山からバトンを受けた緊迫する場面。DeNAの強力助っ人2人を手玉に取った。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。