「2020年10月13日」の記事一覧

東京スポーツ

日本代表は13日、国際親善試合コートジボワール戦(オランダ・ユトレヒト)のスタメンを発表した。0―0のドローだった9日のカメルーン戦(同)からスタメンを7人入れ替え、MF久保建英(19=ビリャレアル…

後で読む
サンケイスポーツ

 カヌー・スラローム男子カヤックシングル東京五輪代表の足立和也(29)=山口県体協=が13日までにサンケイスポーツのインタビューに応じた。海外遠征にかかる費用などを捻出するため、山口・萩市内の山奥にある家賃7000円の長屋で市場大樹コーチ(43)と共同生活。貧乏生活に耐え、東京五輪の切符をつかんだ“カヌー界の風雲児”が、同種目で日本勢初のメダル獲得を狙う。

後で読む
東京スポーツ

Jリーグの原博実副理事長(61)が11月に日本代表が活動を実施した場合に、現状では国内組の招集は困難との見通しを示した。  森保ジャパンは1年ぶりのA代表活動となるオランダ遠征を現在行っているが、1…

後で読む
サンケイスポーツ

 日本水泳連盟から年内活動停止などの処分を受けた競泳男子の瀬戸大也(26)が13日、処分を受け所属事務所を通じて文書で改めて謝罪した。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表国際親善試合(13日、日本-コートジボワール、オランダ・ユトレヒト)無観客で行われ、国際連盟(FIFA)ランキング28位の日本は、同60位のコートジボワールと対戦。

後で読む
サンケイスポーツ

オーストラリア・バスケットボール協会は13日、東京五輪に出場する同国男子代表監督で米プロバスケNBA、セブンティシクサーズ元監督のブレット・ブラウン氏が辞任すると発表した。

後で読む
日刊スポーツ

来春センバツ出場校選考の参考資料となる秋季高校野球東北大会(宮城県)が14日、開幕する。初日登場で会場練習希望校は13日、石巻市民球場と仙台市民球場で約1時間… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

「大一番」に「天王山」。海外で言えば米大統領選の「スーパーチューズデー」、ゴルフの「ムービングサタデー」。勝負の世界行く末を左右する1つの「山」が必ずある。3… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島4-3巨人、19回戦、広島7勝11敗1分け、13日、東京ドーム)広島が“開幕13連勝右腕”巨人・菅野智之投手(31)を攻略し、3連勝を飾った。佐々岡真司監督(53)の主な一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表国際親善試合(13日、日本-コートジボワール、オランダ・ユトレヒト)無観客で行われ、国際連盟(FIFA)ランキング28位の日本は、同60位のコートジボワールと対戦する。

後で読む
スポーツニッポン

日本水連は13日、都内で臨時常務理事会を開き、週刊新潮に報じられた不倫を認めて謝罪した競泳男子の瀬戸大也(26)に年内の活動停止処分を科すことを決めた。日本水連の主催する公式大会への出場、強化合宿、海外遠征の参加ができない。11月の日本社会人選手権、12月の日本選手権などが対象となる。加えて、政府出資金250億円と民間からの寄付金を財源としているスポーツ振興基金助成金の20年下半期の推薦停止も…

後で読む
東京スポーツ

 日本水泳連盟は13日、リモートで臨時理事会を開き、不倫スキャンダルを起こした競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の処分を「年内の活動停止」と発表した。  前日に瀬戸から事情聴取を行っていた水連は「連…

後で読む
東京スポーツ

 何とか勝った。広島は13日の巨人戦(東京ドーム)に4―3の僅差で勝利した。  投打がかみ合った。先発の九里は8回1失点の好投。打撃陣も開幕から13連勝中だった菅野から6回までに7安打して4得点を奪っ…

後で読む
デイリースポーツ

「国際親善試合、日本-コートジボワール」(13日、ユトレヒト) 日本代表の欧州遠征第2戦・コートジボワール戦がオランダ・ユトレヒトのハルヘンワールト・スタジアムで行われる。試合に先立ち両チームのスタメンが発表された。MF久保建英(ビリャレアル)が先発する。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・山口寿一オーナーが13日、原辰徳監督に来季続投を要請する方針を示した。来季が3年契約の3年目となり、「来年、当然続投」と明言した。 これを受け、原監督は広島戦後に「もう明日のゲームのことでいっぱいだしね」としながら「チームを預かっている人間として、ありがたいお言葉であったというところですね」とした。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス0-2ソフトバンク」(13日、京セラドーム大阪) オリックスは九回2死一、二塁と森を攻めるが、頼みの吉田正は一ゴロでゲームセット。今季11度目の完封負けに終わった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト1-8DeNA」(14日、神宮球場) DeNAがリーグ記録に並ぶ一発攻勢で快勝した。

後で読む
東京スポーツ

巨人・山口寿一オーナー(63)が、13日の広島戦前に報道陣に対応し、今季が3年契約の2年目となる原辰徳監督(62)について「来年、当然続投ですね」と明言した。直接の要請はまだしていないが、試合後にそ…

後で読む
東京スポーツ

巨人・菅野智之投手(30)の連勝記録がついにストップした。開幕13連勝のプロ野球記録を更新すべく、13日の広島戦(東京ドーム)に先発したが、4回に3失点するなど6回4失点で降板。打線も9回に一発攻勢…

後で読む
東京スポーツ

球界を代表するエースに投げ勝った。広島の九里亜蓮投手(29)が13日の巨人戦(東京ドーム)に先発し8回1失点の好投で6勝目(5敗)を挙げた。相手先発は開幕から13連勝中の菅野だったが攻撃陣が奮起し4…

後で読む
東京スポーツ

体調不良のため日本代表のオランダ遠征に不参加となったDF長友佑都(34=マルセイユ)が13日、クラブの練習に復帰した。自身のツイッターに練習着姿の画像を公開し「練習復帰しました! 久しぶりの練習楽し…

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、ヤクルト1-8DeNA、22回戦、DeNA11勝10敗1分、13日、神宮)ヤクルトの高梨は1-1の六回無死二塁で佐野に勝ち越し2ランを浴びた。2球目のフォークボールの落ちが甘くバックスクリーンへたたき込まれ「それまで粘り強く投げられていたが、あの本塁打は反省点」と肩を落とした。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、巨人3-4広島、19回戦、巨人11勝7敗1分、13日、東京D)巨人は追い上げ及ばず3連敗。ここまで開幕戦から13連勝を続けていた先発・菅野は6回7安打4失点(自責3)と本来の投球ができず、今季初の負け投手となった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム0-7西武、19回戦、日本ハム12勝7敗、13日、札幌D)西武が完勝した。一回に栗山の犠飛で先取点を挙げると三回に森の適時打で1点を加えた。その後も着実にリードを広げた。高橋光が8回無失点で7勝目を挙げた。日本ハムは上沢が6回5失点と誤算。打線もつながりを欠いた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日4-2阪神、19回戦、阪神11勝8敗、13日、ナゴヤドーム)阪神は大山の本塁打争い単独トップに立つ26号2ランで先制したが、逆転負け。3位中日に0・5差に迫られた。以下、試合後取材に応じた矢野燿大監督の一問一答。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト1-8DeNA、22回戦、ヤクルト10勝11敗1分、13日、神宮)DeNAは佐野、宮崎、大和が本塁打を放ち、この試合で9戦連続の1試合2本塁打以上をマーク。1968年の広島、77年の大洋と並ぶセ・リーグ記録となった。DeNAの9試合の本塁打内訳は以下の通り ◆2日、対中日 オースティン(10号)、佐野(15号)、戸柱(4号) ◆3日、対中日 柴田(2号)、ソト(18号) ◆4日、対中日 オースティン(11、12、13号)、神里(2号) ◆6日、対巨人 ロペス(5号)、オースティン(14号) ◆7日、対巨人 ロペス(6号)、ソト(19号) ◆8日、対巨人 戸柱(5号)、オースティン(15号)、ロペス(7号) ◆10日、対阪神 オースティン(16号)、ソト20、21号) ◆11日、対阪神 佐野恵太(16号)、オースティン(17号)、ロペス(8号) ◆13日、対ヤクルト 佐野(17号)、宮崎(14号)、大和(3号)試合結果へプロ野球日程へ

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日4-2阪神、19回戦、阪神11勝8敗、13日、ナゴヤD)阪神の藤浪が161キロをマークした。七回に登板し、2死からアルモンテの打席で記録。「球速を楽しんでいる余裕は正直ないが、出ないよりは出た方がいい。そこを目指すわけではないが、良かったのかなと思う」と冷静に話した。

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトの先発高梨裕稔投手(29)は粘りの投球を見せたが、6回3失点で5敗目を喫した。高津臣吾監督は「結果的には3失点。でも、勝てる内容ではなかった」と苦言を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島の小園海斗内野手が「8番三塁」で今季初のスタメン出場を果たした。ルーキーだった昨年9月23日中日戦以来、約1年ぶりに先発メンバーに名を連ねた。打撃では4打… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

6月中旬に左膝軟骨除去手術を受け、戦列を離れていた日本ハム・ロドリゲスが実戦復帰した。イースタン・リーグのヤクルト戦(鎌ケ谷)に7回から4番手で登板。1死から… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日4-2阪神、19回戦、阪神11勝8敗、13日、ナゴヤD)中日は阪神に4-2で勝利し、6月21日以来の貯金1。2位阪神に0・5ゲーム差と迫った。与田剛監督(54)の主な一問一答は下記の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

日本水泳連盟は13日、オンラインで臨時常務理事会を開き、不倫問題で東京五輪の競泳日本代表主将を辞退した瀬戸大也(26)に年内活動停止などの処分を下した。前日12日、倫理委員会を開き事情聴取。瀬戸の口から説明を受けたうえで、処分を決定した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日4-2阪神、19回戦、阪神11勝8敗、13日、ナゴヤD)中日・勝野昌慶投手(23)が先発し、6回5安打2失点と粘投し、今季4勝目をつかんだ。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日4-2阪神、19回戦、阪神11勝8敗、13日、ナゴヤD)中日が4-2で逃げ切り、六回終了時にリードしている場合の連勝を「30」に伸ばした。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシング男子東京五輪代表が13日、鹿児島県鹿屋市での約2週間の強化合宿を打ち上げた。ウエルター級でメダルが期待される岡沢セオン(鹿児島県体協)は「国内トップの選手と練習できて充実していた。もっとボクシングを突き詰めたい。工夫できることはたくさんある」と表情を引き締めた。 新型コロナウイルスの影響で控えていたスパーリングも9月後半に再開。今回の合宿では積極的に行い実戦感覚の回復に努めた。ライト級の成松大介(自衛隊)は「県をまたいで集まって練習もできるようになった。少しずつ先に進んでいる。五輪はあると思い、考えて練習していく」と来夏の大舞台を見据えた。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシングWBA世界ウエルター級スーパー王者のマニー・パッキャオ(41)=フィリピン=が12日、自身のツイッターを更新し、米マネジメント会社「パラダイム・スポーツ」と契約を締結したことを明らかにした。同社は元UFC2階級王者のコナー・マクレガー(32)=アイルランド=とも契約しており、水面下での交渉がうわさされる両者の対戦が実現に近づいたとも見られる。 パッキャオはサインした契約書を手にした写真をツイッターにアップ。「パラダイム・スポーツと正式に契約したことに興奮しています。家族、チーム、ファンのサポートに感謝しています。私のボクシングの旅は続きます。大きな出来事がやってくる!乞うご期待!」とつぶやいた。

後で読む
スポーツニッポン

日本水連は13日、オンラインで臨時常務理事会を開き、週刊新潮に報じられた不倫問題で東京五輪競泳日本代表の主将を辞退した瀬戸大也(26)に対して年内の活動停止処分とした。五輪内定選手が問題を起こしたことに「大変遺憾」としたが、五輪内定の取り消しはしなかった。

後で読む
東京スポーツ

 日本水泳連盟は13日、リモートで臨時理事会を開き、不倫スキャンダルを起こした競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の処分を「年内の活動停止」と発表した。  前日に瀬戸から事情聴取を行っていた水連は「連…

後で読む
東京スポーツ

 Jリーグが13日に理事会を開催し、各クラブの2020年度決算において全56クラブのうち約8割が赤字、約4割が債務超過となる見通しを明らかにした。  8月時点の見込みで、新型コロナウイルスの影響により…

後で読む
東京スポーツ

 阪神は14日の中日戦(ナゴヤドーム)に2―4で敗退。3位・中日に0・5ゲームと差を詰められ、3位転落も現実味を帯びてきた。  初回に大山がセ・本塁打王単独トップに躍り出る26号2ランを放ち幸先よく先…

後で読む
デイリースポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は13日、東京都内で常務理事会後に取材に応じ、女性アスリートの性的な撮影被害や画像拡散の問題について、近日中に加盟する各競技団体から実態や意見を聞く方針を明らかにした。「JOCだけでやっても効果が薄い。どこまで踏み込めるか分からないが、みんなで知恵を出し合っていく」と述べ、関係機関と連携してスポーツ界一丸で対策に取り組む必要性を強調した。 SNSの普及で被害は悪質化し、トップ選手に限らず、中高生など若年層にも広がっている。JOCは日本スポーツ協会や全国高等学校体育連盟などとも幅広く協力したい考え。

後で読む
東京スポーツ

 3位・楽天が手痛い星を落とした。13日の2位・ロッテ戦(ZOZOマリン)で9回、3―4で屈辱のサヨナラ負け。  打線は相手先発・石川の立ち上がりを攻め、鈴木大の先制4号ソロ、足立の適時打などで2回ま…

後で読む
デイリースポーツ

卓球の女子日本代表・平野美宇(日本生命)が、腰痛のためITTFファイナルを欠場することが13日、マネジメント企業により発表された。 リリース文によると、延期された東京五輪が予定されている来年を、「大舞台を控えている来シーズン」と位置づけ、「大事をとっての判断となります。大変ご心配をおかけ致しますが、今後ともご声援よろしくお願いいたします」としている。

後で読む
デイリースポーツ

日本水連は13日、オンラインで臨時の常務理事会を開き、競泳の東京五輪日本代表で、女性問題に揺れる瀬戸大也(26)に年内の活動停止などの処分を下した。瀬戸は12日に日本水連倫理委員会による事情聴取を受け、その内容が常務理事会で報告され、処分が決まった。 この決定により、年内の公式大会への出場、強化合宿、海外遠征への参加ができなくなった。また、内定している200メートル、400メートル個人メドレーの東京五輪代表は維持した。

後で読む
デイリースポーツ

日本水泳連盟は13日、オンラインで臨時常務理事会を開き、不倫問題で東京五輪の競泳日本代表主将を辞退した瀬戸大也選手(26)に年内の活動停止などの処分を科した。12月の日本選手権に出場できなくなり、五輪への強化プランが狂うことになった。 日本水連は12日に倫理委員会を開き、本人から事情聴取。競技者資格規則に違反したとして、活動停止に加え、日本水連や日本オリンピック委員会(JOC)の教育プログラムの受講も求めた。

後で読む
東京スポーツ

WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27=大橋)が、ジェイソン・マロニー(29=オーストラリア)との初防衛戦(31日=日本時間11月1日、ラスベガス)に臨む。約1年ぶりとなる試合…

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは1-1の六回に佐野の17号2ランで勝ち越し、七回にロペスの犠飛、宮崎の14号3ラン、大和のソロで5点を挙げ、突き放した。大貫は6回5安打1失点で8三振を奪い9勝目を挙げた。ヤクルトは3連敗で借金20となった。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ4-3楽天」(13日、ZOZOマリンスタジアム) ベンチ総出の祝福を受けて、涙が止まらなかった。ロッテが九回1死一塁、7番・井上が右中間を破る一打を放ち、福田秀が一塁から生還。劇的なサヨナラ二塁打を放った巨漢は号泣で思いを表現した。

後で読む
デイリースポーツ

広島が菅野の開幕からの連勝を13で止めた。二回に併殺打の間に1点を先制。四回は松山の適時打、菊池涼の適時三塁打などで3点を加えた。九里は8回1失点で6勝目。菅野が6回4失点だった巨人は九回の反撃も届かず、3連敗。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人3-4広島」(13日、東京ドーム) 巨人・菅野智之投手が、ついに初黒星。開幕からの連勝記録は13で止まった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人3-4広島」(13日、東京ドーム) 巨人・菅野智之投手が、ついに負けた。開幕からの連勝記録は13で止まった。

後で読む
スポーツニッポン

スペイン2部サラゴサを退団した元日本代表MF香川真司(31)の新たな移籍先候補に、スペイン2部テネリフェが浮上したと、13日に地元ニュースサイトのデスマルケが報じた。

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボールBリーグのレバンガ北海道、新外国人ポイントガード(PG)、ジョーダン・テイラー(31)が13日、札幌市内で契約会見を行った。9日に合流し、約1…

後で読む
日刊スポーツ

19年ラグビーW杯日本代表FB山中亮平(32=神戸製鋼)が13日、海外挑戦に意欲を示した。三菱地所主催の「オンライントークラグビー世界大会2020」に出演。山…

後で読む
日刊スポーツ

日本水連は13日、オンラインで臨時常務理事会を開いた。女性問題で揺れる競泳男子の瀬戸大也(26)について「年内活動停止」の処分を下した。瀬戸の昨夏世界選手権金…

後で読む
東京スポーツ

ついに止めた。広島が13日の巨人戦(東京ドーム)に4―3で勝利した。巨人先発は開幕から13連勝中の菅野だったが、6回までに7安打4得点と打撃陣が奮起した。  先発・九里は8回1失点の好投で6勝目。敵…

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは13日、J1のFC東京のレアンドロに3試合の出場停止処分と罰金30万円を科したと発表した。14日の清水戦、18日の横浜FC戦、24日の横浜M戦が対象。

後で読む
東京スポーツ

日本ハムが13日、西武戦(札幌ドーム)に0―7で敗戦し、連敗。「お得意様」相手に、打線がまさかの沈黙だ。  この日の相手先発・高橋光は、今季ここまで3戦して全勝。前回対戦となった9月22日の試合では…

後で読む
東京スポーツ

今季6勝目とはならなかった。楽天・則本昂大投手(29)が13日のロッテ戦(ZOZOマリン)で今季15度目の先発マウンドに立ち、7回を103球、5安打無四球2失点7奪三振。  キレのある直球を主体に攻…

後で読む
東京スポーツ

中日の2年目右腕、勝野昌慶投手(24)が13日の阪神戦(ナゴヤドーム)で先発し、6回5安打2失点の好投を披露し、今季4勝目をマークした。  初回に虎の4番・大山に2ランこそ被弾したが、2回以降はしっ…

後で読む
東京スポーツ

阪神・藤浪晋太郎投手(26)が13日の中日戦(ナゴヤドーム)の7回に登板した。  敵地ながら大歓声で迎えられると、先頭の大島に対し、この日も160キロの直球で観客をどよめかせた。二死を取り、3人目の…

後で読む
サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、ロッテ4x-3楽天、19回戦、楽天12勝7敗、13日、ゾゾマリン)ロッテが劣勢をはね返しサヨナラ勝ちした。0-3の六回に1点を返し、七回に中村奨のソロで詰め寄り、八回に暴投で同点。九回1死一塁から井上の適時二塁打で試合を決めた。益田が3勝目。楽天は継投が決まらず勝率5割に転落。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日-阪神、19回戦、13日、ナゴヤドーム)阪神・藤浪晋太郎投手(26)が自己最速となる161キロを計測した。2-4の七回に登板。2死からアルモンテに対しての4球目。外角へボール球となったが、161キロを計測した。自己最速を1キロ更新。さらに、2017年にドリス、11日のDeNA戦(甲子園)でスアレスが計測した球団の最速記録にも並んだ。 試合速報へプロ野球日程へ

後で読む
スポーツニッポン

 巨人は3―4で5位・広島に敗れ、3連敗。最大30あった貯金が27となった。それでもマジック対象チームの2位・阪神が敗れたため、巨人のリーグ連覇へ向けた優勝マジックは1つ減って11となっている。広島は3連勝で今季40勝目をマークし、最大13あった借金は8となった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は13日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ4x-3楽天、19回戦、楽天12勝7敗、13日、ゾゾマリン)楽天・鈴木大地内野手(31)が一回に先制の4号ソロを放った。石川の内角速球を完璧に捉えて右翼席へ運び、「大事な一戦なので先制できて良かった」とうなずいた。昨オフにロッテから楽天にFA移籍。これで今季4本塁打のうち3本が古巣からのアーチとなったが、サヨナラ負けに試合後の表情はさえなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス0-2ソフトバンク、22回戦、ソフトバンク15勝5敗2分、13日、京セラ)オリックスの山本は自身最多に並ぶ124球を費やして8回を投げ1失点と好投したが、援護なく4敗目。「ボールが先行したり、三者凡退で終われる回が少なかったり、流れを引き込んでこられる投球じゃなかったと思う」と責任を背負った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ4x-3楽天、19回戦、楽天12勝7敗、13日、ゾゾマリン)ロッテの石川は7回8安打3失点で粘り、味方のサヨナラ勝ちにつなげた。二回までに3点を先行されたが、三回以降は走者を背負いながらも追加点を許さなかった。

後で読む
日刊スポーツ

プロ野球巨人の菅野智之投手が13日、東京ドームで行われた広島19回戦で先発して6回4失点で今季初黒星を喫し、プロ野球記録を塗り替えた開幕投手からの連勝は13で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは1回無死一、三塁から山田哲の併殺打の間に1点を先制。DeNAは2回1死三塁から大貫の犠飛で同点に追いついた。DeNAは6回、佐野の17号2ランで勝ち… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天は初回、鈴木大の4号ソロで先制。2回も4安打などで2点を加え、ロッテ石川を攻略。楽天則本昂は3回まで1安打無失点。5回まで無得点のロッテは6回無死、緊急昇… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「巨人3-4広島」(13日、東京ドーム) 広島が巨人菅野を止めた。今季4度目の対戦で攻略に成功し、3連勝となった。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(13日、ナゴヤドーム) 阪神・藤浪が球団最速タイとなる自己最速161キロをたたきだした。2死からアルモンテへの4球目、外角に外れた1球が161キロを計測した。

後で読む
デイリースポーツ

「中日4-2阪神」(13日、ナゴヤドーム) 阪神は逆転負けで、3位中日とのゲーム差は0・5となった。大山のリーグ単独トップ26号アーチ、藤浪の自己最速161キロなど、見どころ満載だったが痛恨の1敗を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

コロナ禍で離脱していた阪神・糸原健斗内野手(27)が14日・中日戦(ナゴヤドーム)から緊急昇格することが13日、分かった。試合後、矢野監督が明らかにした。代わって北條が2軍に降格する。試合前の練習中に腰の張りを訴えたという。 矢野監督は「ジョー(北條)を抹消する。ぎっくり腰になっちゃって。スタメンで起用するつもりやったんやけど、練習で腰をやっちゃったから」と説明し「健斗(糸原)を上げようかなと思っている」と明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は13日、東京都内で常務理事会後に取材に応じ、女性アスリートの性的な撮影被害や画像拡散の問題について、近日中に加盟する各競技団体から実態や意見を聞く方針を明らかにした。「JOCだけでやっても効果が薄い。どこまで踏み込めるか分からないが、みんなで知恵を出し合っていく」と述べ、関係機関と連携してスポーツ界一丸で対策に取り組む必要性を強調した。

後で読む
サンケイスポーツ

バドミントンで約7カ月ぶりのワールドツアーとなるデンマーク・オープンが13日、デンマークのオーデンセで開幕し、男子シングルス1回戦で西本拳太(岐阜県協会)はイスラエル選手に2-0で快勝し、2回戦に進んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

J2福岡は13日、元日本代表FWの森本貴幸(32)がギリシャ3部リーグのコザニFCに移籍することが決まったと発表した。森本は2018年から福岡に在籍したが、今季はリーグ戦3試合の出場。国外クラブへの移籍を希望し、9月29日に契約解除となっていた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は13日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
スポーツニッポン

体操男子の内村航平(31=リンガーハット)が、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった東京五輪以降も現役続行の意欲を持っていることが13日までに分かった。

後で読む
東京スポーツ

 首位ソフトバンクは13日のオリックス戦(京セラ)に2―0で零封勝ち。3連勝を飾った。    3年ぶりのV奪回へラストスパートに入った鷹が難敵・山本に黒星をつけた。ハイライトは何といっても3回だ。周東…

後で読む
東京スポーツ

 投打で粘りを見せた。広島の九里亜蓮投手(29)が13日の巨人戦(東京ドーム)に先発し8回6安打1失点の好投を見せた。相手先発は開幕から13連勝の菅野。それでも九里は「しっかり向かっていく中で勝負して…

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-広島」(13日、東京ドーム) 巨人・菅野に連勝記録ストップの危機が訪れた。6回7安打4失点でリードを許して、交代となった。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ4-3楽天」(13日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテが井上のサヨナラ打で劇的な勝利を収めた。連敗を2で止め、この日勝利したソフトバンクとの2ゲーム差を死守。対楽天戦の連敗も4で止め、3位とのゲーム差を6に広げた。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが3連勝。三回に周東の適時三塁打で1点を先制し、九回に栗原の適時三塁打で加点した。笠谷が5回無失点で3勝目。救援陣4人も無失点でつなぎ、森が27セーブ目。オリックスは8回1失点の山本を援護できなかった。

後で読む
デイリースポーツ

中日が3連勝で貯金1とした。一回にビシエドの二塁打などで追い付き、三回にアルモンテの適時二塁打で勝ち越した。勝野が4勝目。福、祖父江と救援陣が粘り、R・マルティネスが19セーブ目。阪神は大山の26号2ランも実らず。

後で読む
東京スポーツ

阪神の高橋遥人投手(24)が13日の中日戦(ナゴヤドーム)に先発し、4回5安打3失点。5回持たず降板した。  初回から明らかに精彩を欠いた。味方が2点を先制した直後に京田、ビシエドの適時二塁打であっ…

後で読む
東京スポーツ

阪神の岩貞祐太投手(29)が13日の中日戦(ナゴヤドーム)の5回に2番手として登板し、1回を2安打1失点と苦しい内容だった。  新型コロナウイルス感染から復帰しこの日、岩崎とともに一軍に合流。「チー…

後で読む
東京スポーツ

開幕から13連勝中の巨人・菅野智之投手(31)が3点ビハインドのまま6回で交代となった。  今月11日に誕生日を迎え31歳初登板となった13日の広島戦(東京ドーム)で菅野は2回無死一、三塁から併殺の…

後で読む
東京スポーツ

巨人の坂本勇人内野手(31)がチーム28イニングぶりの適時打を放った。  13日の広島戦(東京ドーム)で4点を追う6回一死二塁で坂本はコイ先発・九里の初球142キロのシュートを右前へ弾き返した。 「…

後で読む
スポーツニッポン

 阪神・大山が初回から確信の一発でナゴヤドームを沸かせた。2死三塁で迎えた第1打席。相手先発・勝野の初球146キロ直球を一閃。高々と舞い上がった打球は左翼席中段へ着弾する、26号先制2ランとなった。

後で読む
サンケイスポーツ

ブンデスリーガで指揮を執った経験のあるフェリックス・マガト氏が、ジョゼップ・グアルディオラについて厳しい評価を下している。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じた。

後で読む
サンケイスポーツ

ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督は、イングランド代表戦で途中交代したケヴィン・デ・ブライネの状態を明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

BミュンヘンはDFダヴィド・アラバに対し、最後通告を行うことはないようだ。

後で読む
サンケイスポーツ

プロボクシングWBA、IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27)=大橋=が13日までに、WOWOWのインタビューに応じ「絶対に倒しますよ! 絶対に。それだけの意気込みでラスベガスに行く」とKO宣言した。31日(日本時間11月1日)に米ネバダ州ラスベガスで防衛戦を行い、WBA2位、IBF4位のジェーソン・モロニー(29)=オーストラリア=の挑戦を受ける。

後で読む
日刊スポーツ

広島は2回無死一、三塁から坂倉の併殺打の間に1点先制。先発九里は3回まで1安打無失点。巨人菅野は3回まで3安打1失点。広島は4回に松山の適時打と敵失、菊池涼の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

最速152キロのプロ注目右腕、仙台大・宇田川優希(4年=八潮南)が最終節での雪辱を誓った。東北工大戦は4回2/3を6安打4四球2失点と不本意な投球。それでも「… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

優勝マジック12が点灯しているセ・リーグ首位の巨人が、5位の広島と対戦する。先発は巨人が菅野、広島は九里。巨人の菅野が開幕14連勝をかけたマウンド。前回登板の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(13日、ナゴヤドーム) 阪神がすぐさま同点に追いつかれた。2点先制した直後の初回。先発・高橋は無死二、三塁のピンチを迎え、アルモンテの二ゴロとビシエドの右中間を破る適時二塁打で同点に追いつかれた。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(13日、ナゴヤドーム) コロナ禍から1軍復帰登板を果たした岩貞が痛恨の失点だ。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(13日、ナゴヤドーム) 阪神の先発・高橋は今季最短4回5安打3失点で降板となった。初回、ビシエドの右中間二塁打など2失点。2-2の三回はアルモンテの適時二塁打で勝ち越しを許した。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(13日、ナゴヤドーム) 阪神・ボーアが美技を見せた。

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは13日、第9回理事会を行い、22年度の各リーグのクラブ数について、J1を18クラブ、J2を22クラブ、J3はJFLの結果次第で決定するとした。Jリー…

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは13日、第9回理事会を開催し、21年度の主な配分金の振り分けについて議論した。原資100億円で、J1からJ3の全クラブに分配される「均等配分金」は、…

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは13日、第9回理事会を行い、21年度以降のJリーグクラブライセンス判定における財務基準について、21年度末まで新型コロナウイルス禍での特例措置を継続…

後で読む
日刊スポーツ

得点ランキング2位の鹿島アントラーズFWエヴェラウドが自身の記録に挑む。14日の鳥栖戦(駅スタ)で得点すれば、昨年シャペコエンセで記録したキャリアハイの1シー…

後で読む
東京スポーツ

 卓球女子で東京五輪代表の平野美宇(20=日本生命)が13日、ITTFファイナル(11月19~22日、中国)を腰痛のため欠場することを決めた。  マネジメント会社は「大舞台を控えている来シーズンに向け…

後で読む
デイリースポーツ

大相撲の新大関正代は13日、東京都墨田区の時津風部屋で、40キロのバーベルを使ったスクワットなど筋力トレーニング中心で汗を流した。代表取材に応じ、近日中にも相撲を取る稽古を再開する見通しを示した。 看板力士となり待遇が変わっても、従来通りの姿勢を貫く面もある。横綱、大関陣は東京開催場所の際、両国国技館の地下駐車場に車で乗り入れ可能だが、11月場所(11月8日初日・国技館)について「普通に歩いて行くと思う」と明言した。

後で読む
デイリースポーツ

卓球女子で東京五輪代表の平野美宇(日本生命)が、出場を予定していた国際卓球連盟(ITTF)ファイナル(11月19~22日・中国)を腰痛のため欠場すると、マネジメント会社が13日、発表した。平野は9月のTリーグのオールスター戦も腰痛で欠場。ITTFファイナルを目指して調整していたが、マネジメント会社によると大事を取って判断したという。 大会には世界ランキング上位が集まり、日本女子は伊藤美誠(スターツ)石川佳純(全農)佐藤瞳(ミキハウス)加藤美優(日本ペイントホールディングス)が参加する。

後で読む
デイリースポーツ

東京都医師会の尾崎治夫会長は13日の記者会見で、東京五輪・パラリンピックの開催について「(新型コロナウイルスの)感染者が増えている国もあり、全世界から観客を呼んで従来の五輪ができるかといえば限りなく難しい。医療界としては、やるとすれば無観客という形が現実的には妥当な線ではないか」と述べた。 尾崎会長は「どうやって収束するのか先が見えない状況だ」と強調した。

後で読む
デイリースポーツ

「サーフィン・さわかみチャレンジシリーズ鴨川」(13日、東条海岸) サーフィンの国内プロツアーを管轄する日本プロサーフィン連盟の特別戦が、無観客で行われた。大会では医療チーム「CURE」が新型コロナウイルス感染対策や、選手のけがの対応を行った。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-広島」(13日、東京ドーム) 巨人・菅野が四回までに4失点。開幕14連勝を目指したマウンドだが、厳しい展開となった。

後で読む
デイリースポーツ

巨人の山口寿一オーナーが13日、東京ドームで取材に応じ、リーグ2連覇を目前としている原辰徳監督の手腕を高く評価し「非常にいいチーム状態が続いている。思っていた以上に強くなった。来年は当然、続投」と明言した。来季が3年契約の3年目となる。 新型コロナウイルスの影響で開幕が大きくずれ込み、過密日程となるなどした異例のシーズンでも、巧みな選手起用と采配でチームを首位独走に導いている。オーナーは「1、2、3軍をまさにワンチームに束ねてマネジメントをやってくれている。コロナの特殊な状況下でもいい運営」と満足そうに話した。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(13日、神宮球場) DeNAが主砲佐野の一発で勝ち越した。

後で読む
日刊スポーツ

来夏に延期された東京オリンピック(五輪)で卓球女子代表の平野美宇(20=日本生命)は13日、11月に中国で行われる国際卓球連盟(ITTF)ファイナルへの欠場を…

後で読む
日刊スポーツ

東京都医師会の尾崎治夫会長は13日の記者会見で、東京五輪・パラリンピックの開催について「(新型コロナウイルスの)感染者が増えている国もあり、全世界から観客を呼…

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは13日、理事会を開き、新型コロナウイルスにより債務超過や3期連続赤字に陥った場合でも、クラブライセンス交付に影響しない特例措置を2021年度決算まで延長することを決めた。債務超過の解消に猶予期間を設け、超過額が増加しなければ23年度決算分までは交付される。

後で読む
東京スポーツ

オリックス・山本由伸投手(22)にメジャー3球団のスカウトが熱視線を送った。13日のソフトバンク戦(京セラドーム)を訪れたのはツインズ、レンジャーズ、ブルージェイズのスカウトで、ネット裏から山本の投…

後で読む
東京スポーツ

粘って得点を積み上げた。広島が13日の巨人戦(東京ドーム)で巨人先発の菅野から今年初めて4点を奪った。  2回無死一、三塁で坂倉の併殺の間に1点を上げた広島は1―0の4回にも攻撃の手を緩めない。まず…

後で読む
東京スポーツ

下位打線も猛攻を浴びせた。楽天が13日のロッテ戦(ZOZOマリン)で1点リードの2回に2点を追加した。先頭の6番・田中、7番・小郷が連打で出塁すると、無死二、三塁から8番・辰己の二ゴロの間に三塁走者…

後で読む
東京スポーツ

中日のダヤン・ビシエド内野手(31)が、いきなり4番のお仕事だ。  13日の阪神戦(ナゴヤドーム)で初回に先発の勝野が大山に2ランを浴びた直後の攻撃。先頭の大島、京田の連打で無死二、三塁の好機をつく…

後で読む
東京スポーツ

中日のソイロ・アルモンテ外野手(31)の勢いが止まらない。13日の阪神戦(ナゴヤドーム)で幸運を味方につけて勝ち越し打を放ち、出場試合連続安打を「19」まで伸ばした。  2―2の3回無死一塁で相手先…

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは13日の理事会で、2022年のJ1を18チームで実施することを決めた。新型コロナウイルスの影響で今季は降格をなくしたため来季J1は20チームとなるが、再来年は現状の数に戻す。昇降格の決定法は今後クラブと協議する。 来季のYBCルヴァン・カップは1次リーグから準決勝までをホームアンドアウェー方式で行う。今季は日程上の理由で大会方式が変更された。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは13日、理事会を開き、新型コロナウイルスにより債務超過や3期連続赤字に陥った場合でも、クラブライセンス交付に影響しない特例措置を2021年度決算まで延長することを決めた。債務超過の解消に猶予期間を設け、超過額が増加しなければ23年度決算分までは交付される。 20年度決算で56クラブの約8割が赤字、約4割が債務超過となるとの見通しを受けた救済策。全クラブの平均でスポンサー収入は昨年比9割、入場料収入は6割となる見込み。現時点では資金繰りが困難で活動を継続できないクラブはないという。

後で読む
サンケイスポーツ

ボクシング男子東京五輪代表が13日、鹿児島県鹿屋市での約2週間の強化合宿を打ち上げた。ウエルター級でメダルが期待される岡沢セオン(鹿児島県体協)は「国内トップの選手と練習できて充実していた。もっとボクシングを突き詰めたい。工夫できることはたくさんある」と表情を引き締めた。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人の山口寿一オーナーが13日、東京ドームで取材に応じ、リーグ2連覇を目前としている原辰徳監督の手腕を高く評価し「非常にいいチーム状態が続いている。思っていた以上に強くなった。来年は当然、続投」と明言した。来季が3年契約の3年目となる。

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球の天理高を率いて夏の甲子園で2度優勝し、9日に死去した橋本武徳総監督(享年75)の告別式が13日、奈良県の天理教第12母屋で行われた。1986年初優勝時の主将の中村良二・天理高監督(52)、90年2度目優勝時のエース・南竜次氏(48)ら236人が参列した。

後で読む
日刊スポーツ

来春センバツ出場校選考の参考資料となる秋季高校野球東北大会(宮城県)が14日、開幕する。初日登場で会場練習希望校は13日、石巻市民球場と仙台市民球場で約1時間… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神岩貞祐太投手と岩崎優投手が13日、1軍に合流した。9月25日に岩貞は新型コロナウイルス感染が判明。直前に内規の4人を超える会食を行ったことが明らかになった… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(13日、ナゴヤドーム) 阪神がすぐさま同点に追いつかれた。2点先制した直後の初回。先発・高橋は無死二、三塁のピンチを迎え、アルモンテの二ゴロとビシエドの右中間を破る適時二塁打で同点に追いつかれた。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(13日、ナゴヤドーム) 阪神・大山がリーグ単独トップの26号先制2ランを放った。初回1死三塁。勝野の初球146キロを強振。打球は高々と舞い上がり、左翼スタンドに着弾した。2試合連続弾で巨人岡本を抜き、初めて単独トップになった。

後で読む
サンケイスポーツ

卓球女子で東京五輪代表の平野美宇(日本生命)が、出場を予定していた国際卓球連盟(ITTF)ファイナル(11月19~22日・中国)を腰痛のため欠場すると、マネジメント会社が13日、発表した。平野は9月のTリーグのオールスター戦も腰痛で欠場。ITTFファイナルを目指して調整していたが、マネジメント会社によると大事を取って判断したという。

後で読む
東京スポーツ

 巨人の山口寿一オーナー(63)が13日、原辰徳監督(62)の来季続投を明言した。  この日、広島戦(東京ドーム)前に取材に応じた山口オーナーは「こういう特殊な条件の下で、ペナントレースで、これだけの…

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ソフトバンク」(13日、京セラドーム大阪) オリックス・山本由伸の連続イニング無失点が31で止まった。

後で読む
デイリースポーツ

巨人・山口寿一オーナーが13日、原辰徳監督に来季続投を要請する方針を示した。来季が3年契約の3年目となり、「来年、当然、続投」と明言した。 監督として通算14年目のシーズンとなった今季は、新型コロナウイルスの影響で日程が不規則なシーズンとなったが、首位を独走。リーグ2連覇が濃厚な状況となっている。

後で読む
スポーツニッポン

J1鹿島のFWエヴェラウド(29)が、不敗神話弾で2連勝を誓った。チームは13日、あす14日のアウェー鳥栖戦に向けて調整。現在リーグ得点ランク2位の12得点を誇る点取り屋は「ゴールを決めるのが役割。自分自身のプレー、パフォーマンスには満足できることが多くなってきたので、その得点ができるだけチームの勝利につながれば」と意気込んだ。

後で読む
スポーツニッポン

スペイン1部レアル・マドリードの下部組織に所属する元U―15日本代表MF中井卓大(16)が、12日にジネディーヌ・ジダン監督(48)率いるトップチームの練習に初めて参加したと、複数の現地メディアが報じた。

後で読む
東京スポーツ

阪神・大山悠輔内野手(25)が13日の中日戦(ナゴヤドーム)の初回に先制の26号2ラン。この時点で巨人・岡本を抜きセ・本塁打王レース単独トップに立った。  二死三塁の場面で打席に入った大山は、相手先…

後で読む
東京スポーツ

古巣相手に貴重な先制弾を叩き込んだ。楽天・鈴木大地内野手(31)が13日のロッテ戦(ZOZOマリン)で初回に4号ソロ。相手先発の石川から内角148キロの2球目を捉え、右翼席へ。かつての本拠地を豪快な…

後で読む
東京スポーツ

4度目の対戦で意地を見せる。広島が13日の巨人戦(東京ドーム)で開幕戦から13連勝中の巨人先発・菅野から1点を先制した。  2回に先頭・松山が右翼線への二塁打で出塁。西川の右前打で無死一、三塁にチャ…

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ、ナ・リーグ優勝決定シリーズ第1戦(7回戦制)、ドジャース-ブレーブスが12日(日本時間13日)、テキサス州にあるレンジャーズの本拠地グローブライフ・フィールドで今季公式戦初の有観客試合として行われた。試合は5-1でブレーブスが勝利した。

後で読む
日刊スポーツ

3年前の17年、アストロズで組織的なサイン盗みが行われた。電子機器を使い、ベンチからゴミ箱をたたく音で球種を伝達。同年のワールドシリーズを制覇した。胴上げ投手… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本野球機構(NPB)は13日、巨人から日本プロ野球育成選手に関する特例の適用の申請を受け、ファーム公式戦で育成選手6人以上の出場を承認した。通常は育成5人ま… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

優勝マジック12が点灯しているセ・リーグ首位の巨人が、5位の広島と対戦する。先発は巨人が菅野、広島は九里。巨人の菅野が開幕14連勝をかけたマウンド。前回登板の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天鈴木大地内野手(31)が4号ソロを放ち、古巣相手に先制パンチを決めた。1回1死。1ストライクからロッテ石川の内角148キロ直球を捉えた。右翼手マーティンも… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神の矢野燿大監督は13日、ナゴヤドームでの中日戦の練習前に取材に応じ、藤原崇起オーナーが来季の続投を要請する意向を示したことを受け「いつも背中を押してもらうようなことを言ってもらっている。しっかり応えたいという思いはある」と語った。 3年契約の2年目となる今季は一時最下位に沈んだ後、立て直して巨人に次いでセ・リーグ2位につける。監督は「まだまだ成長していかないと駄目なチーム。挑戦して全員でやっていくというところを一番大事にしたい」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

コロナ騒動でチームから離れていた岩貞、岩崎の中継ぎ投手2人が13日、1軍に合流。中日戦の試合前練習にも参加した。 岩崎は9月19日に浜地、馬場、小川と名古屋市内で会食。浜地と馬場がPCR検査で陽性反応となったことで濃厚接触者に指定されていた。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(13日、ナゴヤドーム) 阪神・大山がリーグ単独トップの26号先制2ランを放った。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は13日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球のイースタン・リーグは13日、16-18日に予定していたロッテ-西武3連戦(ロッテ浦和)を中止すると発表した。ロッテのチーム内で複数の選手が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、チーム編成が困難なため。

後で読む
デイリースポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)は13日、この日に後楽園ホールで行われる興行に出場予定だった石川春樹(21)=RK蒲田=と40歳のチーフセコンドが、前日のPCR検査で新型コロナウイルス陽性と判定されたことを発表した。 試合前日のPCR検査で陽性者が出たのは初めて。予定されていた千葉開(横浜光)とのバンタム級8回戦は中止となった。

後で読む
日刊スポーツ

J1清水エスパルスの5試合ぶり勝利の鍵は、先制点だ。13日は静岡市内で、14日の2位FC東京戦(味スタ、午後7時)に向けて最終調整。冒頭15分間を報道陣に公開…

後で読む
日刊スポーツ

J2新潟は今日14日、ホームのデンカビッグスワンスタジアムで2位福岡と「勝者のメンタリティー」をかけ、ガチンコ勝負に挑む。目下3連勝中の新潟と10連勝で昇格圏…

後で読む
デイリースポーツ

東都大学野球リーグは13日、神宮球場で未消化だった第1週の1試合が行われ、東洋大が7-2で中大を下して初勝利(5敗)を挙げた。中大は2勝4敗。 東洋大は一回に小口の3ランなどで5点を先制。七回、九回に1点ずつを加えた。

後で読む
デイリースポーツ

日本ウエイトリフティング協会は13日、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた全日本選手権を12月11日から13日まで新潟県津南町の「ニュー・グリーンピア津南・体育館」で開催すると発表した。 新型コロナ対策として、無観客で実施する。参加者全員に事前のPCR検査を行い、移動手段や時間を削減するため会場併設のホテルを借り上げる。また、各階級の選手を10人から5人に、セコンドは1人減とする。

後で読む
デイリースポーツ

「サーフィン・さわかみチャレンジシリーズ鴨川」(13日、千葉県鴨川市・東条海岸) サーフィンの国内プロツアーを管轄する日本プロサーフィン連盟が実施する特別戦が無観客で開催され、ロングボード決勝までが行われた。大会は厳重な新型コロナ感染対策下で実施され、選手やスタッフが、傘とフラットフープで“社会的距離”を取る姿が目立った。

後で読む
デイリースポーツ

日本パラ陸連は13日、来年の日本選手権を3月20、21日に東京・駒沢陸上競技場で開催すると発表した。東京パラリンピックの出場権が懸かるランキングへの記録登録が4月1日に締め切られるため、アスリート委員会などと検討した上でこの期日に合わせた。 例年の日本選手権は5、6月ごろに開催。新型コロナウイルスの影響で延期された今年は9月に実施された。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスは13日、大阪市内の球団施設でスカウト会議を開き、福良淳一ゼネラルマネジャー(GM)は26日に行われるドラフト会議で近大の佐藤輝明内野手を1位指名することを明言した。 佐藤は187センチ、94キロの体格を誇る左打者で、12日に関西学生リーグの新リーグ記録に並ぶ通算13本塁打をマークした。福良GMは「野手ではナンバーワン。なかなか、ああいう選手は出ない」と高く評価した。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグ巨人・高橋-広島・遠藤(東京ドーム)

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-楽天」(13日、ZOZOマリンスタジアム) 楽天が鈴木大の4号ソロで先制した。

後で読む
スポーツニッポン

日本代表のオランダ遠征に選出されたもののコンディション不良で不参加となったDF長友佑都(34)が、所属するフランス1部マルセイユで練習に復帰したことを報告した。

後で読む
サンケイスポーツ

J1、FC東京の長谷川監督は13日、ドーハで11月24日に再開されるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)について「ベストメンバーで行くつもり」と明言した。遠征に加わる選手は、帰国後の待機措置のため12月19日のJ1最終節に出場できない可能性もあるが「そういう状況になれば、残りのメンバーとユース選手で対応せざるを得ない」と方針を示した。

後で読む
東京スポーツ

阪神・矢野燿大監督(51)が13日、中日戦(ナゴヤドーム)の試合前練習時に報道陣の取材に応対。今夏の広島遠征時に5人以上の人数で会食を行ったことについて「球団の方には事前に相談して許可をもらっていた…

後で読む
東京スポーツ

いよいよベールを脱ぐか。ロッテの井口資仁監督(45)が13日、ドラフト1位新人・佐々木朗希投手(18)を今季中に一軍で登板させる考えを示した。チームはソフトバンクとし烈な首位争いを演じている真っただ…

後で読む
東京スポーツ

期待の2年目がやっと今季のスタートを切った。広島の小園海斗内野手(20)が13日の巨人戦(東京ドーム)に「8番・三塁」で先発メンバーに入った。  11日のヤクルト戦(マツダ)でチームに今季初合流した…

後で読む
デイリースポーツ

J1横浜FCの下平隆宏監督(48)が13日、次節の仙台戦(14日、ユアスタ)へ向けてオンライン取材に応じた。攻守において課題はあるとした上で「お互い苦しい状況。勝ち点3を取るためには、どう得点を取るかが焦点になる」と語った。 前節の鹿島戦では、前半に2点リードしながら、試合終了までラスト5分のところで2失点するなど後半3失点し逆転負け。後半からは2点のリードを守りながらカウンターを狙うプランで臨み、防戦一方となってしまった。

後で読む
東京スポーツ

J2福岡を退団した元日本代表FW森本貴幸(32)が、ギリシャ3部AEPコザニに移籍することが決まった。12日にクラブ公式サイトで発表され、13日には福岡からも発表された。  すでに現地入りしている模…

後で読む
サンケイスポーツ

日本パラ陸連は13日、来年の日本選手権を3月20、21日に東京・駒沢陸上競技場で開催すると発表した。東京パラリンピックの出場権が懸かるランキングへの記録登録が4月1日に締め切られるため、アスリート委員会などと検討した上でこの期日に合わせた。

後で読む
サンケイスポーツ

イースタン・リーグは13日、複数の選手の新型コロナウイルス感染によりロッテのチーム編成が困難なため、16日からのロッテ-西武3連戦(ロッテ浦和)を中止にすると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは13日、14日の予告先発投手を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは13日、横浜市内でスカウト会議を行い、ポジション別に選手の評価を確認した。

後で読む
日刊スポーツ

ブレーブスが緊迫した投手戦を制し、ドジャースに先勝した。1-1で迎えた9回。先頭の9番ライリーがソロ本塁打、さらにオズナの適時打、アルビーズの2ランで一挙4点… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

優勝マジック12が点灯しているセ・リーグ首位の巨人が、5位の広島と対戦する。予告先発は巨人が菅野、広島は九里。巨人の菅野が開幕14連勝をかけてマウンドに上がる… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

両チームのスタメンが発表された。先発は阪神が高橋遥人投手(24)、中日が勝野昌慶投手(23)。阪神は売り出し中の2年目小幡が初の「2番」スタメン。リードオフマ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神矢野燿大監督(51)が13日、藤原崇起オーナー(68=電鉄本社会長)が来季続投の方針を示したことについて期待に応えたいと決意を語った。中日戦の練習前に取材… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神は13日、甲子園での主催試合の入場券発売を発表した。11月10日・巨人戦、11日・DeNA戦は公式ファンクラブ会員への先行発売の後、10月27日から発売する。今回の2試合は全席種1席空けた座席配置となる。今後政府などの方針により急きょ変更となる可能性もあるという。 10日・巨人戦は今季限りでの現役引退を発表している藤川の引退セレモニー開催されるため、「プレミアチケット」となりそうだ。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(13日、ナゴヤドーム) 3位・中日との3連戦。1・5ゲーム差に迫られているだけに正念場になる。

後で読む
デイリースポーツ

阪神の矢野燿大監督(51)が13日の中日戦の練習前に代表取材に応じ、藤原崇起オーナー(68)が来季の続投を要請する方針を固めていることに対して「そりゃ、しっかり応えたいっていう思いはある」などと要請受諾に前向きな姿勢を示した。 来季が3年契約の3年目となる矢野監督は「いつもオーナーが来ていただいても、すごく背中を押してもらうようなこと言ってもらっている。やっぱりその気持ちに応えたいって気持ちは強い」とオーナーの続投要請を意気に感じている。

後で読む
デイリースポーツ

阪神の矢野燿大監督(51)が13日、中日戦(ナゴヤドーム)の練習前に取材に応じた。今夏の広島遠征中に、球団へ事前申請をして許可を得ていたが、内規を超える大人数での外食をしていたことが明らかになった件で、世間を騒がせたことを謝罪した。 「球団の方には事前に相談して許可をもらっていたとはいえ、自分自身の自覚の甘さと認識の甘さっていうのがあった。俺はファンの人を喜ばせたいと言ってるのに、今回の件でがっかりしたファンの人はいると思うし、申し訳ないと思っています。グラウンドでも外でも監督としての自分自身のあり方というものを、改めて見つめ直していきます」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神の矢野燿大監督(51)が13日、中日戦(ナゴヤドーム)の練習前に取材に応じた。 藤原オーナーが3年契約の3年目となる来季も、続投を要請する方針を固めたことについてコメント。また、今夏の広島遠征中に、球団へ事前申請をして許可を得ていたが、内規を超える大人数での外食をしていたことが明らかになった件で、世間を騒がせたことを謝罪した。

後で読む
サンケイスポーツ

『NPB12球団ジュニアトーナメント2020』(12月29~31日、横浜スタジアム・神宮)に出場する西武ライオンズジュニアのメンバー16人が、10月10日に埼玉・所沢市のライオンズトレーニングセンター室内練習場で全体練習を始めた。16人の若獅子ならぬ“小獅子”は応募総勢362人の中から選ばれた。

後で読む
サンケイスポーツ

中日は13日、球団事務所でスカウト会議を開き、10月26日のドラフト会議に向けて高校生、大学生、社会人の指名候補約90人をリストアップした。1位指名候補には中京大中京高・高橋、トヨタ自動車・栗林、早大・早川、近大・佐藤など12人の名前が挙がった。

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフの渋野日向子(21)=サントリー=が13日、自身のインスタグラムを更新し、6試合出場した米ツアーについてつづった。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽巨人 吉川大幾内野手、香月一也内野手 【同抹消】 ▽巨人 増田大輝内野手、パーラ外野手

後で読む
デイリースポーツ

J2福岡は13日、FW森本貴幸(32)の移籍先がギリシャ3部のAEPコザニFCに決定したことを発表した。 森本は9月29日に福岡を双方合意の上退団。海外再挑戦を目指し移籍先を探していた。29日の退団発表の際には「今回の決断については、僕自身あとどれくらい現役でいられるかを意識する年齢に差し掛かり、ここでもう一度、これまでとは違う環境での挑戦をしてみたいという思いで、クラブに相談しました」と話している。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は13日、増田大輝内野手、パーラ外野手の出場選手登録を抹消した。球団は増田大の抹消理由について、「右ひざに痛みがあり」とした。 増田大は走塁のスペシャリストとして1軍に定着。今季は65試合に出場し打率・257、0本塁打、1打点、リーグ2位の19盗塁。8月6日の阪神戦では11点ビハインドの場面で中継ぎとして登板するなど、ユーティリティープレーヤーとして貴重な存在となっていた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は13日、出場選手登録を抹消された増田大輝内野手について、右ひざの痛みのためと発表した。 増田大は走塁のスペシャリストとして1軍に定着。12日の中日戦でも、9回2死の場面に代走で登場し、二盗を決めていた。球団によると、この後、右膝に痛みが出たという。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテの井口資仁監督は13日、ドラフト1位ルーキー佐々木朗希投手を今季中に1軍で登板させる考えを示した。首位争いを繰り広げている中でも「戦力と思えば行けるでしょうし。何とかいいところで放れれば」と期待を寄せた。 佐々木朗は5月に実戦形式のシート打撃に登板して160キロをマーク。その後は体調面の不安から調整のペースを落とし、1軍に同行しながら練習していた。2軍戦を経験させてから昇格させる方針で、井口監督は「ブルペンでもかなり力強い球を投げている。朗希がどれくらいの状態に上がってきて、試合に投げられるか」と話した。

後で読む
スポーツニッポン

 オリックスは13日、大阪市内でスカウト会議を行い、代表取材に対応した福良淳一GMが、26日のドラフト会議で近大・佐藤輝明内野手(4年)を1位指名する方針を明言した。

後で読む
東京スポーツ

巨人のヘラルド・パーラ外野手(33)が13日、右ヒザ痛が癒えないため再び出場選手登録を抹消された。  8月中旬に同か所の違和感を発症し、治療を経て約1か月後の9月18日に一軍復帰したが、完治には至っ…

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスは13日、大阪市内でスカウト会議を行い、26日に開催されるドラフト会議で、近大・佐藤輝明内野手(4年)の1位指名を決めた。京セラドーム大阪で取材に応じた福良淳一ゼネラルマネジャーが「1位は近大の佐藤でいきます」と明言した。

後で読む
日刊スポーツ

チーム内のコロナ禍で離脱していた糸原健斗内野手(27)や福留孝介外野手(43)らが実戦復帰した。新型コロナウイルスの陽性判定を受けていた糸原は「7番二塁」、球… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人香月一也内野手(24)が13日、1軍に合流した。広島戦(東京ドーム)の試合前練習に参加。ノック、打撃練習などで汗を流した。吉川大幾内野手(28)とともにこ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

10月13日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>巨人 吉川大幾内野手巨人 香月一也内野手<抹消>巨人 増田大輝内野手巨人 パーラ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神は13日、今季で引退を発表している藤川球児投手の引退セレモニーについて、11月10日の巨人戦(甲子園)で行うと発表した。 当日来場者へのプレゼントや引退グッズ、セレモニーに付随するイベントなどは後日、公式サイトなどで発表予定。万が一、当日が雨天などで中止となった場合は、同試合の振替試合(日程未定)に行う。

後で読む
デイリースポーツ

阪神の北條史也内野手が、インスタグラムを更新した。株式会社「コラントッテ社」から発売されている休息時専用「スイッチングウエア」を着用し、グリコのサプリメントを右手に持った写真を掲載。「この服着てこのサプリメントを飲んで寝たら良い睡眠が取れます」と紹介した。 「#colantotte」、「#グリコ」とハッシュタグを付けた投稿に、1万人近い、いいね!と、200件近くのコメントが寄せられた。久々の更新を喜ぶ声が多く、高い人気を証明する形となった。

後で読む
サンケイスポーツ

日本野球機構(NPB)は13日、今年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」を26日午後5時から東京都内で行うと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは13日、マリーンズストアミュージアム店にて「JUST GO FOR IT」グッズの販売を開始した。

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪は13日、DF松田陸(29)が左下腿(かたい)筋筋損傷で全治3週間の診断結果を発表した。10日の名古屋グランパス戦で負傷した。松田は今季、不動の右…

後で読む
日刊スポーツ

横浜FCの下平隆宏監督(48)が13日、14日のベガルタ仙台戦を前にオンライン取材に応じ、前節の反省を生かす考えを示した。10日の鹿島アントラーズ戦は前半は2…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」は13日、公式ユーチューブチャンネルで調印式を行い、18日東京・後楽園ホール大会のワールド・オブ・スターダム選手権で激突する王者・岩谷麻優(27)とマーベラス所属の挑戦者・…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(11月8日初日、東京・両国国技館)に新大関として臨む正代(28=時津風)が13日、東京・墨田区の部屋で代表取材に応じた。  昇進の正式決定から約2週間が経過し「まだ(『大関』と)呼…

後で読む
東京スポーツ

【赤坂英一 赤ペン!!】今週は火、水、木曜日と神宮でヤクルト―DeNA3連戦を取材する予定だ。つい最近、この球場の記者席から阪神に対して、ルール違反の情報伝達が行われていたのでは…と一部審判があらぬ疑…

後で読む
デイリースポーツ

【ニューヨーク共同】米プロフットボールNFL第5週第3日は12日、ルイジアナ州ニューオーリンズで行われ、セインツが延長の末にチャージャーズに30-27で競り勝って3勝2敗とした。ルッツの36ヤードのFGで勝ち越した。チャージャーズは1勝4敗。

後で読む
デイリースポーツ

茨城県龍ケ崎市は13日、19年ラグビーW杯で史上初の8強入りに貢献した日本代表プロップ中島イシレリ(神戸製鋼)が「ふるさと大使」に就任したことを発表した。 中島は龍ケ崎市にある流通経済大出身。W杯でスコットランド代表を破りベスト8進出を決めた日が昨年の10月13日で、中島自身が最も印象に残る試合と話している。それからちょうど1年後となる13日付の就任となった。

後で読む
デイリースポーツ

「秋季高校野球高知大会・決勝、明徳義塾6-0高知」(13日、春野運動公園野球場) 日没コールドゲームにより中1日で再試合となった決勝で、明徳義塾が高知を破り、県1位での四国大会進出を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

オリックス・福良淳一GMは、26日のドラフト会議で近大・佐藤輝明内野手を1位で指名すると明言した。 この日、大阪市此花区の球団施設でスカウト会議を行い決定した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は13日、増田大輝内野手、パーラ外野手の出場選手登録を抹消した。 増田大は走塁のスペシャリストとして1軍に定着。今季は65試合に出場し打率・257、0本塁打、1打点、19盗塁。中継ぎとして登板するなど、ユーティリティープレーヤーとして活躍していた。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのベルギー代表チームは12日、MFデブルイネが14日の欧州ネーションズリーグ、アイスランド戦のメンバーから離脱し、所属するマンチェスター・シティー(イングランド)に戻ったとツイッターで明らかにした。調整不足とし、詳細には触れていない。

後で読む
デイリースポーツ

J2福岡は13日、FW森本貴幸(32)の移籍先がギリシャ3部のAEPコザニFCに決定したことを発表した。 森本は9月29日に福岡を双方合意の上退団。海外再挑戦を目指し移籍先を探していた。29日の退団発表の際には「今回の決断については、僕自身あとどれくらい現役でいられるかを意識する年齢に差し掛かり、ここでもう一度、これまでとは違う環境での挑戦をしてみたいという思いで、クラブに相談しました」と話している。

後で読む
サンケイスポーツ

 兵庫県宝塚市は13日、柔道部員の生徒に体罰を加えてけがをさせたとして県警に傷害容疑で逮捕された顧問の市立長尾中教諭上野宝博容疑者(50)=同県西宮市=について、暴行途中に失神した生徒をビンタで起こし、その後も投げ技を繰り返していたと明らかにした。副顧問の40代男性教諭もその場にいたが、容疑者が怒っている様子に恐怖を覚え、止めに入らなかったという。 宝塚市によると、上野容疑者は柔道経験があり、体罰による処分歴が3回あった。

後で読む
サンケイスポーツ

C大阪のミゲルアンヘル・ロティーナ監督(63)が13日の練習後、オンライン取材に応じた。川崎、名古屋との上位対決に連敗。ひとつでも高い順位を目指して戦い続けることを改めて強調した。

後で読む
サンケイスポーツ

(ウエスタン・リーグ、阪神-中日、13日、鳴尾浜)新型コロナウイルス感染拡大の影響で離脱していた阪神・福留孝介外野手(43)と糸原健斗内野手(27)が実戦復帰した。

後で読む
日刊スポーツ

東京6大学野球連盟は13日、開催中の秋季リーグ戦の収容人数上限を、17日からの第5週から、5000人から1万人に増やすことを発表した。当初は第6週からの変更を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

11日の決勝戦で大会規定のため延長12回で日没コールドにより再試合となった高知-明徳義塾の一戦。明徳義塾が先手を取った。3回2死満塁から押し出し死球で先制。な… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 前代未聞の“コロナショック”から2週間あまり。阪神は9月25日に総勢19人の入れ替えを敢行した。岩貞、陽川、糸原、馬場、岩崎、小川、福留、江越、小林、木浪が登録抹消。藤浪、能見、谷川、斎藤、上本、北條、熊谷、高山、島田が「特例2020」によって緊急昇格した。 その間の15試合は7勝7敗1分け。首位巨人と13ゲーム差。リーグ優勝は絶望的だが、主力選手を欠く中、勝率5割で踏ん張った。

後で読む
サンケイスポーツ

東京六大学野球連盟は13日、開催中の秋季リーグで17日の第5週から、収容人員の上限5000人を1万人に変更すると発表した。上限緩和を予定していた第6週から1週早めた。

後で読む
サンケイスポーツ

J1のC大阪は13日、DF松田が左下腿三頭筋筋損傷で全治3週間と診断されたと発表した。10日の名古屋戦で負傷した。

後で読む
デイリースポーツ

J1C大阪は13日、DF松田陸(29)が10日の名古屋戦(パロ瑞穗)で負傷し、左下腿三頭筋筋損傷で全治3週間と診断されたと発表した。 松田は今季、開幕から全22試合に先発出場している不動の右サイドバックだが、名古屋戦では後半31分に途中交代していた。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は13日、追加日程として発表された11月10日巨人戦(甲子園)で藤川球児投手(40)の引退セレモニーを行うことを発表。鳴尾浜で2軍練習に参加した藤川は取材に応じ、意欲を語った。

後で読む
日刊スポーツ

熊本・開新が、50季ぶり3回目の秋季九州大会出場を決めた。指揮を執ったのは、8月の独自大会終了後に就任した元副部長の中川恭士郎監督(30)。「びっくりです。こ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

東洋大のドラフト候補、小川翔平内野手(4年=霞ケ浦)が途中出場で2安打を放った。夏前に左膝半月板を痛めた。今季はベンチ入りはしても、出場機会は限られていた。チ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

東洋大のドラフト候補、村上頌樹投手(4年=智弁学園)がキャッチボールを再開した。今季開幕となった9月22日の中大1回戦に先発したが、右前腕肉離れのため4回で降… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神は13日、今季で引退を発表している藤川球児投手の引退セレモニーについて、11月10日の巨人戦(甲子園)で行うと発表した。 当日来場者へのプレゼントや引退グッズ、セレモニーに付随するイベントなどは後日、公式サイトなどで発表予定。万が一、当日が雨天などで中止となった場合は、同試合の振替試合(日程未定)に行う。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、阪神-中日」(13日、鳴尾浜球場) 新型コロナウイルスの影響で離脱していた阪神の福留孝介外野手が「3番・指名」、糸原健斗内野手は「7番・二塁」で実戦復帰した。

後で読む
東京スポーツ

大相撲11月場所(11月8日初日、東京両国国技館)で新関脇昇進が確実な隆の勝(25=千賀ノ浦)が13日、東京・台東区の部屋で代表取材に応じた。先場所は大関朝乃山(26=高砂)を破るなど10勝5敗。新…

後で読む
サンケイスポーツ

東都大学野球秋季リーグ(13日、東洋大7-2中大、神宮)5連敗中だった東洋大が中大を7-2で下し、今季初勝利を挙げた。「6番・一塁」で先発した小口仁太郎捕手(2年、智弁学園)が一回にリーグ戦第1号となる3ランを左翼席にたたき込み、勝利に貢献した。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・リーグは13日、試合日程の追加を次の通り発表した。

後で読む
日刊スポーツ

来日3年目のヴィッセル神戸の主将、MFアンドレス・イニエスタ(36)が絶好調を続けている。チームは前節10日の柏レイソル戦に敗れ、同一シーズンではクラブ記録に…

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪FW豊川雄太(26)が、約2カ月半ぶりにメンバー入りする。C大阪ロティーナ監督(63)が13日、大阪・舞洲で練習後に湘南ベルマーレ戦(14日、ヤン…

後で読む
日刊スポーツ

現在6連勝中のガンバ大阪は14日、本拠地パナスタで横浜Fマリノスと対戦する。7連勝になれば、2年前に9連勝を記録して以来の連勝街道。順位もぐんぐん上げ、現在は…

後で読む
東京スポーツ

ノアのファンキーアフロ男・モハメドヨネ(44)が18日に「デビュー25周年記念大会」(東京・後楽園ホール)を迎える。藤原組の1995年8月18日南足柄大会で同期のアレクサンダー大塚(49)を相手にデ…

後で読む
スポーツニッポン

NFLは12日、ルイジアナ州ニューオーリンズで第5週3日目の1試合を行い、地元のセインツが延長の末にチャージャーズを30―27(前半10―20、延長3―0)で振り切って3勝2敗。20―27で迎えた第4Qの残り52秒、QB登録されているユーティリティーのテイソン・ヒル(30)が9ヤードのTDランをマークして同点に追いつき、先攻となった延長では36ヤードのFGを成功させ、後攻となっていたチャージャ…

後で読む
デイリースポーツ

橋本聖子五輪相(56)は9日、閣議後に定例会見を行った。 女子選手が競技会場で性的な意図で撮影される被害や、画像拡散の問題へ日本オリンピック委員会(JOC)が対策に乗り出す構えであることについて「選手が安心して競技に打ち込める環境作りがやはり一番重要」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲秋場所で初優勝し新大関に昇進した正代(28)=時津風=が13日、東京都墨田区の部屋で基礎運動で入念に調整した。バーベルを使用し上半身の筋トレ、スクワットで下半身も鍛えた。 先場所後は昇進行事、地元熊本に凱旋と多忙な日々が続いた。「空いた時間はあるんで、その日したいことをやってはいるんで。特に自分の時間がないなという感じではない」と言う。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲11月場所(11月8日初日、両国国技館)で新三役を確実にする隆の勝(25)=千賀ノ浦=が13日、基礎運動、都内の部屋で若い衆相手に立ち合いの確認などで調整した。強化ポイントを「基礎練ですね。四股、腕立てもそうだし腰割りとか基礎をしっかりやれたら体の力もついてくる」と語った。 ライバルは同年代。「輝関とか照強関、同級生には負けたくないですね。あの2人は同期で同級生なので」と今後も出世争いで負ける気はない。

後で読む
日刊スポーツ

橋本聖子五輪相(56)は13日、閣議後会見を行い、日本オリンピック委員会(JOC)が女子選手の環境を守るため、対策に乗り出す構えであることを受け、「検討を見守…

後で読む
日刊スポーツ

1990年10月12日の日刊スポーツの4面の片隅に小さな記事が載っている。見出しは「新横浜プリンスホテル スケートセンター オープン」。30年前の10月11日…

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボールBリーグのレバンガ北海道に新加入した外国籍ポイントガード(PG)、ジョーダン・テイラー(31)が13日、札幌市内で契約会見に臨んだ。北海道の外…

後で読む
日刊スポーツ

今年8月のUSA(ユナイテッド・スピリット・アソシエーション)チアリーディングコンテストで優秀賞を受賞した藤枝明誠中、高のチアリーディング部がこのほど、藤枝市…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は13日、今季限りで引退を発表している藤川球児投手(40)の引退セレモニーを11月10日巨人戦(甲子園)で開催することを発表した。この日、日本プロ野球機構(NPB)から同日と翌11日DeNA戦(甲子園)が追加日程として発表され、開催が決まった。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクは13日、板東湧梧投手(24)が12日に横浜市内の病院で手術を受けたことを発表した。右肘の「鏡視下骨棘および遊離体切除術」で、復帰まで4カ月を要する見込みだという。

後で読む
日刊スポーツ

ブレーブスが初戦を制した。1-1で迎えた9回表、9番打者のライリーがトライネンの158キロ直球を捉え、中越えへ決勝のソロ本塁打を放った。さらに1死三塁からオズ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

11日の決勝戦で大会規定のため延長12回で日没コールドにより再試合となった高知-明徳義塾の一戦が、13時30分から行われる。11日の決勝で170球を完投した高… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中大のドラフト上位候補の牧秀悟内野手(4年=松本第一)、五十幡亮汰外野手(4年=佐野日大)が、ドラフト前最後の公式戦に臨んだ。最下位に沈む東洋大に敗れるも、試… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神は13日、11月10日の巨人戦(甲子園)で、今年限りで現役引退する藤川球児投手(40)の引退セレモニーを開催することを発表した。試合終了後に行い、来場者に… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神は13日、今季で引退を発表している藤川球児投手の引退セレモニーについて、11月10日の巨人戦(甲子園)で行うと発表した。 当日来場者へのプレゼントや引退グッズ、セレモニーに付随するイベントなどは後日、公式サイトなどで発表予定。万が一、当日が雨天などで中止となった場合は、同試合の振替試合(日程未定)に行う。

後で読む
サンケイスポーツ

菅義偉首相は13日、橋本聖子五輪相と官邸で会い、来夏に延期となった東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策について報告を受けた。首相は「順調に進んでいる」と述べ、今後も対策に万全を期すよう指示した。橋本氏が記者団に明らかにした。

後で読む
サンケイスポーツ

橋本聖子五輪相は13日の閣議後の記者会見で、日本オリンピック委員会(JOC)が女性アスリートの性的な撮影被害や画像拡散の問題について競技横断的な対策に乗り出すことを歓迎した。「関係者間で検討が進められ、何よりも選手に寄り添いながらしっかりと防止につなげていっていただければと思っている」と述べた。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグのリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)は12日、サンディエゴなどで行われ、第2戦のア・リーグは筒香が所属するレイズ(東地区1位)がアストロズ(西地区2位)を4-2で破り、2連勝とした。筒香は第1戦に続き、出番がなかった。

後で読む
スポーツニッポン

関西大学ラグビーを4連覇中の天理大の主力3人が13日、1日天理警察署長に就任し、天理市内の金融機関を回る「特殊詐欺被害防止啓発活動」を行った。パトカーで各所に移動する前に取材に応じたフランカー松岡大和主将(4年)は「普段はできない貴重な経験。詐欺防止で天理警察署と地域に貢献したい」と背筋を伸ばした。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド12日(日本時間13日)発】WWEのロウ大会が配信され〝女帝〟ことロウ女子王者アスカ(39=華名)の次期挑戦者が非実力派のラナ(34)に決定した。  実に15選手が参加したバトル…

後で読む
デイリースポーツ

「秋季高校野球高知大会・決勝、高知-明徳義塾」(13日、春野運動公園野球場) 日没コールドゲームにより中1日で再試合となった決勝で、高知・森木大智投手(2年)が先発登板を回避。1番・中堅でのスタメン出場が発表された。

後で読む
日刊スポーツ

ホワイトソックスでは12日、リック・レンテリア監督が退任。アレックス・コーラ氏(44)が新監督候補となる可能性があるという。NBCスポーツ・ボストンが報じてい… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ドジャースのアンドリュー・フリードマン編成本部長は12日、長年クローザーを務めてきたケンリー・ジャンセン投手について、今は絶対的な守護神ではないとしながらも、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ホワイトソックスのギャレット・クロシェット投手(21)は左腕の手術が必要となる可能性が心配されていたが、手術は必要ないという。NBCスポーツ・シカゴが報じてい… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

プロ志望届の提出が12日、締め切られた。この日までに高校生216人、大学生158人が公示された。高校生は「プロ志望高校生合同練習会」が実施されたこともあり、昨… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 阪神・大山悠輔内野手(25)が巨人・岡本とし烈な本塁打王争いを繰り広げている。ここまで92試合に出場し、自己最多の25本塁打。昨季は143試合で14本。球団では86年・バース、日本選手では84年・掛布雅之、日本選手の右打者では75年・田淵幸一以来となるタイトル獲得が見えてきた。プロ4年目の進化とキングの可能性に迫った。(データは共同通信デジタル) 巨人・岡本が本塁打を打てば、大山もすぐさま並ぶ。コロナ禍のペナントレース終盤。セ・リーグの本塁打王争いが熱い。この2人に現在21本のDeNA・ソト、広島・鈴木誠、巨人・丸、ヤクルト・村上が続く展開だ。

後で読む
サンケイスポーツ

今年も千葉県浦安市・浦安『吉野屋』でアカメフグ釣りの乗合船が始まった。例年より少し早いスタートだが、これから冬に向かって本格シーズンを迎える。釣りを楽しんだ後のご褒美、その身は食感も良く豊かなうま味が舌の肥えた釣り人をもうならせる。東京湾で旬の味覚を先取りだ。

後で読む
サンケイスポーツ

追い込まれても動じなかった。一塁ベースで初々しい笑顔。日本ハム・田宮裕涼(ゆあ)捕手(20)が、9月27日のオリックス14回戦(京セラドーム大阪)でプロ初打席初安打を記録した。

後で読む
日刊スポーツ

J1第22節が10月14日に行われる。各カードのoptaファクトは以下の通り。※ファクト内の数字はJ1での成績サガン鳥栖 – 鹿島アントラーズ…

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレスの3冠ヘビー級&世界タッグ王者の諏訪魔(43)が天国の父に勝利をささげる。両王座の防衛戦を控える中、9日に最愛の父・諏訪間幸男さん(享年80)が急逝した。プロレス界に導いてくれ、「プロ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド12日(日本時間13日)発】WWEのロウ大会が配信され、先週のスマックダウン(SD)大会に続き、最終ドラフト(選手入れ替え)第4ラウンドの結果がステファニー・マクマホン(44)か…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド12日(日本時間13日)発】WWEのロウ大会が配信され、先週のスマックダウン(SD)大会に続き、最終ドラフト(選手入れ替え)第5ラウンドの結果がステファニー・マクマホン(44)か…

後で読む
東京スポーツ

「週刊新潮」で複数女性との不倫が報じられた競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の〝スキャンダル余波〟が、思わぬところまで広がっている。かねて瀬戸が参拝に訪れていた地元の埼玉・毛呂山町の神社が、今回の不…

後で読む
デイリースポーツ

橋本聖子五輪相は13日の閣議後の記者会見で、日本オリンピック委員会(JOC)が女性アスリートの性的な撮影被害や画像拡散の問題について競技横断的な対策に乗り出すことを歓迎した。「関係者間で検討が進められ、何よりも選手に寄り添いながらしっかりと防止につなげていっていただければと思っている」と述べた。 元五輪選手の橋本氏は「撮影行為で心を傷つけられた選手もいると思う。競技以外のことで(選手が)いろいろと不安に思うことはやはり避けなければいけない」と強調。「選手を預かる側のJOCや各競技団体が重要な問題点として受け入れていかなければいけない」と話した。

後で読む
日刊スポーツ

規格外の大きさに警察官もビックリ!? 全国大学ラグビー選手権で初優勝を目指す天理大のCTBシオサイア・フィフィタ(4年)が13日、奈良・天理警察署の一日署長を…

後で読む
日刊スポーツ

関西大学ラグビー5連覇と初の大学日本一を目指す天理大のフランカー松岡大和主将(4年)が13日、地域住民へ恩返しを誓った。奈良・天理警察署の一日署長をCTBシオ…

後で読む
サンケイスポーツ

国際連盟(FIFA)ランキング28位の日本は13日、オランダ・ユトレヒトで同60位のコートジボワール代表との国際親善試合(日本時間午後11時45分開始)に臨む。今年初戦となった9日のカメルーン戦(△0-0)は無得点に終わった日本。前日には森保一監督(52)がオンラインで会見し、攻撃のクオリティーを上げてゴールを奪取することを宣言した。アフリカの強豪から2020年初勝利を目指す。

後で読む
サンケイスポーツ

【No Ball、No Life】日本代表は9日にオランダ・ユトレヒトで行われた国際親善試合・カメルーン戦で0-0と引き分けた。

後で読む
スポーツニッポン

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)が、今月中に実戦デビューする可能性が12日、高まった。5月下旬のシート打撃で160キロを計測したが、体の張りが取れないことから、1軍に同行しながら体づくりに励んできた。既にキャッチボールでは140キロ以上の直球を投げ込み、実戦で投げられる状態にまで仕上がっている。最速163キロを誇る「令和の怪物」がいよいよ、ベールを脱ぐ。

後で読む
サンケイスポーツ

世界レスリング連合(UWW)は12日、世界選手権を当初予定通りベオグラードで12月12~20日に実施すると発表した。各国競技団体に意見を聞き、賛成多数で可決した。ラロビッチ会長は「選手、コーチ、スタッフの安全は最優先で、あらゆる措置を講じる」と決意表明した。

後で読む
日刊スポーツ

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第1戦、ドジャース-ブレーブスは12日、レンジャーズのアーリントンの本拠地グローブライフフィールドで今季の公式戦で初めて観客を入れて… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

パドレスのトミー・ファム外野手(32)が刃物で刺され、手術を受けた。同選手とパドレスが12日に発表したと、サンディエゴ・ユニオン・トリビューン紙が報じている。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

プロ志望届の提出が12日、締め切られた。この日までに高校生216人、大学生158人が公示された。高校生は「プロ志望高校生合同練習会」が実施されたこともあり、昨… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

プロ志望届の提出が12日、締め切られた。この日までに高校生216人、大学生158人が公示された。高校生は「プロ志望高校生合同練習会」が実施されたこともあり、昨… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

プロ志望届の提出が12日、締め切られた。この日までに高校生216人、大学生158人が公示された。高校生は「プロ志望高校生合同練習会」が実施されたこともあり、昨… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド12日(日本時間13日)発】WWEのロウ大会が配信され、9日のスマックダウン(SD)大会に続き、最終ドラフト(選手入れ替え)の結果が発表された。  冒頭ではステファニー・マクマホ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド12日(日本時間13日)発】WWEのロウ大会が配信され、9日のスマックダウン(SD)大会に続き、最終ドラフト(選手入れ替え)第2ラウンドの結果が発表された。  第1試合後にステフ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド12日(日本時間13日)発】WWEのロウ大会が配信され、先週のスマックダウン(SD)大会に続き、最終ドラフト(選手入れ替え)第3ラウンドの結果がステファニー・マクマホン(44)か…

後で読む
東京スポーツ

「週刊新潮」で複数女性との不倫が報じられた競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の“スキャンダル余波”が、思わぬところまで広がっている。かねて瀬戸が参拝に訪れていた地元の埼玉・毛呂山町の神社が、今回の不…

後で読む
東京スポーツ

「週刊新潮」で複数女性との不倫が報じられた競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の〝スキャンダル余波〟が、思わぬところまで広がっている。かねて瀬戸が参拝に訪れていた地元の埼玉・毛呂山町の神社が、今回の不…

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス3-0ロッテ」(2011年10月13日、京セラドーム大阪) オリックスが無失点リレーで連敗を5で止めた。先発の西勇輝は八回途中まで投げて無失点で10勝目。打線は四回に梶本勇介の適時打で1点を先制。五回に後藤光尊、T-岡田の連続適時打で2点を加えた。ロッテは5連敗。

後で読む
東京スポーツ

ホワイトソックスは12日(日本時間13日)にリック・レンテリア監督の解任を発表した。後任候補にサイン盗みで米大リーグ機構(MLB)から今季終了後まで職務停止処分を科された前アストロズ監督のA・J・ヒ…

後で読む
東京スポーツ

悩ましい問題かもしれない。中日は12日の巨人戦に3―2で競り勝ち、3カード連続勝ち越し。7月2日以来、約3か月ぶりに勝率5割復帰を果たした。それでも与田監督は「いつもと一緒。言うことは。シーズンが終…

後で読む
東京スポーツ

オランダ遠征中の日本代表は、来年3月に再開する2022年カタールW杯アジア2次予選や来夏の東京五輪へ向けて貴重な活動を行っている。13日には国際親善試合コートジボワール戦(ユトレヒト)に臨む中で、元…

後で読む
東京スポーツ

米メディアのザ・レコード紙(電子版)は12日(日本時間13日)にア・リーグ地区シリーズで敗退したヤンキースの選手や首脳陣の1年間を採点。田中将大投手(31)には「Cマイナス」と評価した。  田中はレ…

後で読む
東京スポーツ

【藤井康雄「勇者の魂」(1)】オリックス初期の“ブルーサンダー打線”の一角を担い、阪神・淡路大震災が発生した1995年には優勝を達成。「がんばろう神戸」のスローガンのもと、チームリーダーとして奮闘した…

後で読む
東京スポーツ

米スポーツサイトのブリーチャーリポートは12日(日本時間13日)に両リーグの優勝決定シリーズに進んだ4球団をワールドシリーズの優勝オッズとともに分析した。  1位に挙げたのは今年のポストシーズン(P…

後で読む
サンケイスポーツ

奈良県警天理署は13日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した天理大ラグビー部の男子部員3人に、一日署長を委嘱した。

後で読む
日刊スポーツ

プロ野球ドラフト会議(26日)に向けた志望届の提出が、12日に締め切られた。静岡県内からは高校生5人、大学生1人の計6人が、さまざまな思いを抱きながら届を出し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

プロ野球ドラフト会議(26日)に向けた志望届の提出が、12日に締め切られた。静岡県内からは高校生5人、大学生1人の計6人が、さまざまな思いを抱きながら届を出し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムが23年春に開業予定のボールパーク「Fビレッジ」と、新球場「エスコンフィールド北海道」。完成までを追う連載「Go for HOKKAIDOBALLPA… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 パドレスのトミー・ファム外野手(32)がサンディエゴ市内で刺されたと12日(日本時間13日)、地元紙サンディエゴ・ユニオントリビューン電子版が伝えた。 同紙がファムから話を聞いた2人の話を伝えたところによると、同外野手は11日夜にサンディエゴ市内で自分の車の近くにいた複数人に場所を移動するように言ったところ、口論になり、腰のあたりを刺された。加害者との面識はなく、病院へ搬送され、縫合手術を受けた。傷は皮膚、三層の皮下組織まで達したが、命に別条はなく、臓器の損傷もなかったという。

後で読む
サンケイスポーツ

矢野監督! 大山さんを1番にして、1打席でも多くのチャンスを与えてください。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ボクシング界最大の勝利」と語り継がれる世界戦から55年、伝説のチャンピオンが再会する計画が進められている。日本ボクシング黄金期のヒーロー、ファイティング原田こと原田政彦さん(77)と、史上最強の評価を受け「黄金のバンタム」と呼ばれたブラジルのエデル・ジョフレさん(84)。両雄には歳月、距離を超えた友情がある。 原田さんは「ジョフレは人間的に素晴らしい。あの試合は忘れられない。だからもう一度、どうしても会いたい」と話す。ブラジルに住む「拳友」に再び会う希望があるという。

後で読む
日刊スポーツ

オランダ遠征中の日本代表(FIFAランク28位)は今日13日、コートジボワール代表(FIFAランク60位)との国際親善試合に臨む。DF吉田麻也はカメルーン戦の…

後で読む
デイリースポーツ

 「米女子ゴルフ・全米女子プロ選手権・最終日」(11日、アロニミンクGC=パー70) 畑岡奈紗(21)=アビームコンサルティング=が1イーグル、4バーディーの64の猛攻で通算7アンダーにしたが、3位で悲願のメジャー初制覇は持ち越した。金世ヨン(韓国)が63をマークし、通算14アンダーでメジャー初優勝を遂げた。米ツアー通算11勝目。海外遠征最後のラウンドとなった渋野日向子(21)=サントリー=は70で、通算11オーバーの58位。河本結(22)=リコー=は48位、野村敏京(27)は73位だった。デイリースポーツ評論家の岡本綾子氏(69)が大会を振り返った。

後で読む
日刊スポーツ

日大男子バレーボール部で部員26人が新型コロナウイルスに感染したことが12日、複数の関係者への取材で分かった。発熱などの症状があった部員2人の感染が8日に判明…

後で読む
日刊スポーツ

カーリングのワールドツアー、軽井沢国際選手権の主催者は12日、新型コロナウイルスの影響で12月17~20日に長野県の軽井沢アイスパークで実施予定の大会を中止す…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。