「2020年10月15日」の記事一覧

東京スポーツ

J2新潟は15日、所属するFWファビオ(23)が道路交通法違反(酒気帯び運転)で任意捜査されたと公式ホームページで発表した。同乗していたFWペドロマンジー(32)も捜査対象になり、2人は19日に書類…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人5-5広島=延長十回規定により引き分け、21回戦、巨人12勝7敗2分、15日、東京D)広島の野村がコンディション不良で2回1失点、33球で降板した。松原チーフトレーナーはチーム方針で詳細は明かさず「病院に行く予定。今後は経過を見ます」とだけ説明した。

後で読む
日刊スポーツ

竜のキャプテンが決めた。中日高橋周平内野手(26)がプロ初のサヨナラ本塁打でチームを今季2度目の5連勝に導いた。8回に逆転を許し、2-3で迎えた9回2死二、三… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

<中日5-3阪神>◇15日◇ナゴヤドーム今季限りで現役を引退する阪神藤川球児投手(40)が、1軍に合流した。チームはサヨナラ負けを喫し、この日は登板機会はなか… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

再三のピンチにも巨人の左腕2人が勝ち越しを許さず、引き分けでマジックを8に減らした。6回1死二、三塁、まずは大江がマウンドへ。小園を空振り三振に切ると、続く長… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日5x-3阪神、21回戦、阪神11勝10敗、15日、ナゴヤD)中日のアルモンテが一回に適時打を放ち、21試合連続安打とした。球団記録は1リーグ時代の1949年に西沢道夫が達成した25。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム8-3西武、21回戦、日本ハム14勝7敗、15日、札幌D)日本ハムが快勝した。一回に近藤の2点二塁打で先制。二回に近藤の2点適時打と中田の適時打で3点を奪い、その後も効率良く加点した。マルティネスは6回3失点で2勝目。西武はニールが三回途中まで5失点と誤算だった。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーJ2新潟は15日、新潟市内で9月中旬に酒気帯び運転をしたとして道交法違反の疑いで、ファビオ(23)とペドロ・マンジー(32)が新潟県警から任意捜査を受けたと発表した。2人の練習参加と試合出場を禁止とし、今後処分を決定する。

後で読む
東京スポーツ

〝孤高の天才〟田村潔司(50)がエグゼクティブプロデューサーを務める新団体「GLEAT(グレイト)」の旗揚げ戦(15日、東京・後楽園ホール)でUWFルール戦が行われた。  ダブルバウト形式で行われた第…

後で読む
東京スポーツ

「リデットエンターテインメント社」による新団体「GLEAT(グレイト)」の旗揚げ戦が(15日、東京・後楽園ホールで行われ、全6試合行われ612人を集める上々の滑り出しを見せた。  これにリデット社の鈴…

後で読む
東京スポーツ

〝孤高の天才〟田村潔司(50)がエグゼクティブプロデューサーを務める新団体「GLEAT(グレイト)」の旗揚げ戦(15日、東京・後楽園ホール)では、女子のUWFルール戦も行われた。  スターダムにも参戦…

後で読む
東京スポーツ

 フィギュアスケートの平昌五輪4位・宮原知子(22=関大)が15日、自身のブログを更新し、新型コロナウイルス禍の影響で中止となったグランプリ(GP)シリーズ第2戦のスケートカナダ(10月30~31日、…

後で読む
東京スポーツ

 チームの苦境にさらなる追い打ちとなりそうだ。広島の野村祐輔投手(31)が15日の巨人戦(東京ドーム)に先発したが、2回を33球で降板。3回無死一塁で打席が回ると、代打・上本が送られた。2回1失点での…

後で読む
デイリースポーツ

「中日5-3阪神」(15日、ナゴヤドーム) 2位・中日は1点を追う九回、高橋周平内野手の6号逆転サヨナラ3ランでカード3連勝を決めた。デイリースポーツ評論家の藤田平氏(72)が終盤に大きく動いた試合を振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

延長十回引き分け、巨人の優勝マジックは8となった。巨人は1-1の三回に岡本の2点二塁打などで4点を勝ち越し。広島は五回に田中広の2点打と松山の8号2ランで4点差を追い付いた。終盤は互いに救援陣が踏ん張った。

後で読む
東京スポーツ

中日が高橋周平内野手(26)の劇的サヨナラ3ランで15日の阪神戦(ナゴヤドーム)に5―3で勝利。5連勝で2位をキープした。  ドームの竜党が総立ちとなった。1点を負う9回二死二、三塁。虎の守護神・ス…

後で読む
東京スポーツ

阪神は15日の中日戦(ナゴヤドーム)に3―5で敗戦。1点リードの9回に守護神のロベルト・スアレス投手(29)が高橋に逆転サヨナラ3ランを被弾し、痛すぎる1敗を喫した。  今季限りで現役を引退する藤川…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムが15日、西武戦(札幌ドーム)に8―3で勝利し、連勝。計13安打の猛攻を見せて快勝となった。  現在、出塁率でリーグトップを独走する近藤がこの日は5打数5安打4打点と大暴れ。初回無死一、二塁…

後で読む
東京スポーツ

粘りに粘った。広島は15日の巨人戦(東京ドーム)に延長10回を5―5で引き分けた。  先発・野村がアクシデントにより、2回33球1失点で想定外の降板。1―1の3回から登板した2番手・高橋樹が4安打4…

後で読む
東京スポーツ

中日が15日の阪神戦(ナゴヤドーム)を5―3で勝ち2位をキープ。高橋周平内野手(26)の劇的サヨナラ弾で5連勝と絶好調の中日に地元テレビ局も盛り上がっている。8年ぶりのAクラスが現実味を帯びてきたこ…

後で読む
サンケイスポーツ

 ロッテ・松本尚樹本部長は15日、同日に発売された一部週刊誌で新型コロナウイルスに感染した岩下大輝投手(24)らが札幌遠征中の9月28日に外食していたことが報じられた件について釈明した。同部長は6日の会見で「誰1人行っていない」としていたが、「伝わり方もいろいろあって多少の誤解を与えたかもしれないが、(部外者を含まない)4人以内(の外食はOK)のルールを破った選手はいないということ。そう理解していただきたい」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム8-3西武、21回戦、15日、札幌ドーム)日本ハム・中田翔内野手(31)が八回2死二塁で中越え適時二塁打を放ち、1試合3打点。今季99打点とし、楽天・浅村に3差をつけて単独トップに立った。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、ヤクルト4-3DeNA、24回戦、DeNA12勝11敗1分、15日、神宮)ヤクルトの村上が熊本・九州学院高の2年先輩の伊勢から22号ソロを放った。3-1の五回1死で、フォークボールを右翼席へ運び「その前に2打席連続で併殺を打っていたので、何とか貢献できて良かった」と安堵した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、巨人5-5広島=延長十回規定により引き分け、21回戦、巨人12勝7敗2分、15日、東京D)巨人が引き分け、優勝へのマジックナンバーを8とした。広島は4点のビハインドを追いつきながらもあと1点が奪えなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日5x-3阪神、21回戦、阪神11勝10敗、15日、ナゴヤD)阪神の藤川が今季限りでの引退表明後、初めて1軍に復帰した。この日は登板せず、試合後は中日の荒木内野守備走塁コーチから花束を贈られた。両チームのファンから拍手で祝福を受け「大感謝。ありがたいし、うれしい限りです」と喜びをかみしめた。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日5-3阪神、21回戦、阪神11勝10敗、15日、ナゴヤドーム)阪神は中日に3-5で逆転サヨナラ負け。3連敗で貯金がなくなった。

後で読む
サンケイスポーツ

バドミントンのデンマーク・オープン第3日は15日、デンマークのオーデンセで各種目の2回戦が行われ、女子ダブルスで第1シードの福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)がドイツのペアを、第2シードの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)はデンマークのペアをともに2-0で下し、準々決勝に進んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人5-5広島=延長十回規定により引き分け、21回戦、巨人12勝7敗2分、15日、東京D)主砲の一打で幸先よく先制した。今季最後の東京ドームでの巨人戦。0-0の一回1死二塁で広島・鈴木誠がサンチェスの1球目の150キロを捉え、中前へ先制打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス4-9ソフトバンク、24回戦、ソフトバンク17勝5敗2分、15日、京セラ)チームの危機を救い、自身初の4連勝へ、オリックス・田嶋が先発のマウンドに上がった。左のエースとして期待される24歳。プロ入り後、通算10試合で4勝2敗と好相性のソフトバンク打線と対峙した。

後で読む
日刊スポーツ

巨人2代目若大将・岡本和真内野手が初の打点王へ、また1歩前進した。同点の3回2死一、二塁から右中間へ一時勝ち越しの2点適時二塁打。「打ったのは落ちる系の球です… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク工藤公康監督(57)がポストシーズンさながらの「鬼采配」で勝利をたぐり寄せた。同点の6回無死一、二塁。ベテラン松田宣への代打川瀬が送りバントに成功… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ミスでピンチが拡大したことも影響したのか。守護神スアレスが今季初被弾し、虎が痛恨のサヨナラ負けだ。暗転への始まりは、1点リードの9回1死一、二塁。迎えたビシエ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「中日5-3阪神」(15日、ナゴヤドーム) 阪神が痛恨の逆転サヨナラ負けで中日戦3連敗を喫した。1点リードの九回、守護神のロベルト・スアレス投手が中日・高橋に逆転サヨナラ3ランを浴びた。移籍後初となるサヨナラ打を許し、今季登板43試合目で自身初黒星となった。スアレスが本塁打を浴びたのも今季初となる。

後で読む
デイリースポーツ

「中日5-3阪神」(15日、ナゴヤドーム) 逆転サヨナラ負けを喫した阪神・矢野燿大監督が試合後、藤浪をイニングまたぎさせたことについて説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

ローマのFWボルハ・マジョラルは、ジネディーヌ・ジダン監督が自身の残留を望んでいたことを示唆している。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ0-6楽天、21回戦、楽天14勝7敗、15日、ゾゾマリン)楽天は二回に小深田の2点二塁打と鈴木大の2点適時打で4点を先制し、六回に銀次のスクイズに悪送球が絡んで2点を加えた。岸は2安打1四球で13三振を奪い、2年ぶりの完封で4勝目を挙げた。ロッテは投打に元気がなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「ボクシング・WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(31日、ラスベガス) 米ラスベガスで10月31日(日本時間11月1日)にWBA同級3位・IBF同級4位ジェーソン・モロニーの挑戦を受ける2団体統一王者の井上尚弥(27)が所属する大橋ジムの大橋秀行会長(55)は15日、オンライン上で報道陣の取材に応じ、尚弥の近況を語った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス4-9ソフトバンク、24回戦、ソフトバンク17勝5敗2分、15日、京セラ)ソフトバンクが5連勝。2-2の六回に中村晃の適時打、代打長谷川の自身初の満塁本塁打で5点を奪った。七回に川瀬の犠飛、九回は真砂の適時打で1点ずつ追加。石川は5回2失点で8勝目。オリックスは優勝の可能性が消えた。

後で読む
デイリースポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)は15日、東京都内のジムに所属する選手1人、マネジャー2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。試合前日のPCR検査で陽性が判明し、13日の試合が中止となった選手、セコンドと同じジム所属。計5人は無症状で自宅に待機している。 15日のJBCと日本プロボクシング協会の新型コロナウイルス対策連絡協議会では、陽性が出た場合の迅速な対応のため、医療機関でのPCR検査受診を検討していくとした。コロナ対策のガイドライン違反が目立ち、継続して厳罰で対応することを確認した。

後で読む
デイリースポーツ

世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)のバンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)が15日、米ネバダ州ラスベガスでの防衛戦(10月31日)に向け「日本では納得のいく練習ができました。この調子でラスベガスに乗り込み最高の試合をみせます」と所属ジムを通じてコメントした。 17日に国内最後のスパーリングを行い、18日に出発する。オンライン取材に応じた大橋秀行会長は「新たな伝説のスタート。プレッシャーを楽しんでいる。頼もしい」と仕上がりに太鼓判。減量も順調という。

後で読む
日刊スポーツ

来年9月開幕の日本初の女子プロリーグ「WEリーグ」を運営する一般社団法人日本女子プロサッカーリーグは15日、初年度に参入する11クラブを発表した。17団体から…

後で読む
日刊スポーツ

ジェフ千葉レディースは15日、来年9月開催の女子プロリーグ「WEリーグ」参入が決定したことを受け、オンライン会見を開催した。森本航社長は「今までこのチームに携…

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟は15日、FWファビオと、FWペドロ・マンジーが道路交通法違反で当面の間、両選手のチーム活動を禁止すると発表した。ファビオは9月17日午…

後で読む
スポーツニッポン

コロナ禍では国内初のトップカテゴリーとなるJPSAジャパンプロサーファーツアー2020特別戦「さわかみチャレンジシリーズ鴨川」のプロショート部門が15日、千葉県鴨川市の東条海岸で行われ、JPSA副理事長を兼任するベテラン、小川直久(48)がファイナルデイに進出した。

後で読む
東京スポーツ

「リデットエンターテインメント社」による新団体「GLEAT(グレイト)」の旗揚げ戦(15日、東京・後楽園ホール)で〝野獣〟藤田和之(49)がDDTの秋山準(51)と初遭遇を果たした。  2人はこの日、…

後で読む
東京スポーツ

〝孤高の天才〟田村潔司(50)がエグゼクティブプロデューサーを務める新団体「GLEAT(グレイト)」の旗揚げ戦(15日、東京・後楽園ホール)でUWFルール戦2試合が行われた。  ダブルバウト形式で行わ…

後で読む
東京スポーツ

 投打がかみ合った。パ3位の楽天が15日の2位・ロッテ戦(ZOZOマリン)で6―0と快勝。この日勝てなければ自力でのCS進出が消滅するところだったが、前日に続く連勝で踏みとどまった。  先発・岸がロッ…

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は15日、大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)で観客数の上限を増やす方針を明らかにした。新型コロナウイルス対策のため、7月場所から2場所連続で通常の約4分の1となる上限約2500人だった。19日の臨時理事会で開催方式を決定する。 芝田山部長は「観客、席数を増やす予定でいるので、それに対する対策を発表する」と明言。関係者によると上限約5千人、1人だった4人用升席の使用を2人でも可能にすることが検討されているという。

後で読む
デイリースポーツ

「サーフィン・さわかみチャレンジシリーズ鴨川」(15日、東条海岸) サーフィンの国内プロツアーを管轄する日本プロサーフィン連盟の特別戦が無観客で開催された。東京五輪種目のショートボード女子1回戦では条件付きで五輪出場権を持ち、約7カ月ぶりの試合となった松田詩野(18)が2組を全体トップの12・43点で1位となり、2回戦に進出した。

後で読む
デイリースポーツ

バドミントンのデンマーク・オープン第3日は15日、デンマークのオーデンセで各種目の2回戦が行われ、女子ダブルスで第1シードの福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)がドイツのペアを、第2シードの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)はデンマークのペアをともに2-0で下し、準々決勝に進んだ。 シングルスの女子で奥原希望(太陽ホールディングス)はウェールズ選手に2-0で快勝して8強入り。男子の西本拳太(岐阜県協会)はフランス選手と対戦。(共同)

後で読む
東京スポーツ

WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27=大橋)が、ジェイソン・モロニー(29=オーストラリア)との初防衛戦(31日=日本時間11月1日、ラスベガス)に臨む。約1年ぶりとなる試合…

後で読む
東京スポーツ

ボクシング大橋ジムの大橋秀行会長(55)が15日、オンラインでの取材に応じ、WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27=大橋)が31日(日本時間11月1日)にラスベガスで行う試合に…

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス4-9ソフトバンク」(15日、京セラドーム大阪) オリックスが3連敗を喫し、優勝の可能性が完全消滅した。現12球団では最長となる24年連続のV逸となった。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムが快勝した。一回に近藤の2点二塁打で先制。二回に近藤の2点適時打と中田の適時打で3点を奪い、その後も効率良く加点した。マルティネスは6回3失点で2勝目。西武はニールが三回途中まで5失点と誤算だった。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス4-9ソフトバンク」(15日、京セラドーム大阪) オリックスが3連敗で優勝の可能性が完全消滅した。現12球団では最長となる24年連続のV逸。中嶋聡監督代行は「優勝は、なくなったわけですけど、これでシーズン終わったわけじゃないので」と残りのシーズンを見据えた。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ0-6楽天」(15日、ZOZOマリン) 楽天・岸孝之投手(35)が9回2安打無失点で18年5月2日・日本ハム戦(札幌ドーム)以来、2年ぶりとなる完封勝利を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人5-5広島」(15日、東京ドーム) 今季5度目の延長戦となった巨人は今季5度目の引き分け。マジックを1つ減らし8とした。十回、1死二塁のサヨナラ機を作ったが、中島が二飛に倒れた。

後で読む
スポーツニッポン

J2新潟は15日、FWファビオ(23=ブラジル)とペトロ・マンジー(32=スペイン)が道交法違反(酒気帯び運転、飲酒運転ほう助)で19日に書類送検されることを発表した。事案発生は9月17日午前1~2時頃。ファビオは新潟市内で会食後に、取り締まり中の警察官に止められ、酒気帯び運転が発覚。取り締まりを受ける直前まで同乗していたマンジーとともに、この日まで任意捜査が続けられていた。クラブは当面は両選…

後で読む
東京スポーツ

大阪で独走態勢に入った。首位ソフトバンクは15日のオリックス戦(京セラ)に9―4で快勝。2位ロッテが敗れたためゲーム差は4に開き、3年ぶりV奪回がはっきりと見えてきた。  2―2で迎えた6回の攻撃。…

後で読む
東京スポーツ

オリックスの24年間連続のV逸が決まった。15日のソフトバンク戦(京セラドーム)は2―2で迎えた6回、先発の田嶋が中村に勝ち越し打を許すと、一死満塁のピンチを招いて降板。代わった比嘉が代打・長谷川に…

後で読む
東京スポーツ

楽天・岸孝之投手(35)が15日のロッテ戦(ZOZOマリン)で9回115球の完封勝利を挙げ、今季4勝目を飾った。  立ち上がりからリズムを貫き、4回まで無安打投球。球威のあるストレートを主体に要所で…

後で読む
東京スポーツ

西武のザック・ニール投手(31)が15日の日本ハム戦(札幌ドーム)で2回0/3を6安打5失点。来日2年目で最短となるKO降板で7敗目(4勝)を喫した。  初回から制球の定まらないニールは、近藤に適時…

後で読む
デイリースポーツ

来年9月に開幕する日本初のサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」は15日、初年度参入クラブを発表し、基準を満たしたINAC神戸やJ1広島、J2大宮など11クラブが選出された。大宮はなでしこ2部のFC十文字が母体となり、広島はチームを新設する。当面は降格がない。 オンラインでの記者会見に出席したINAC神戸の安本卓史社長(47)は「昨晩から無事に連絡が来るか、来なかったらどうしようと、緊張感を持ちながら今朝を迎えた。率直にうれしく思い、ホッとした。チャレンジャーとして、WEリーグ初代チャンピオンを目指して頑張りたい」と参入決定の喜びを口にした。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人-広島、21回戦、15日、東京ドーム)広島・菊池涼介内野手(30)が、元阪神・和田豊氏が2013年に記録した二塁手としての同一シーズン432連続守備機会無失策のセ・リーグ記録に並んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト4-3DeNA、24回戦、DeNA12勝11敗1分、15日、神宮)ヤクルトのドラフト2位ルーキー吉田喜が6回2失点で2勝目を挙げた。二回に佐野、六回には梶谷にソロ本塁打を浴びたが、カーブを効果的に使って的を絞らせず「本塁打以外は攻めの気持ちを持って、リズム良く投げられた」と胸を張った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム8-3西武、21回戦、日本ハム14勝7敗、15日、札幌D)日本ハム・近藤健介外野手(27)が、7-3の八回2死から左中間二塁打を放って5打数5安打。プロ9年目で自身初の1試合5安打を記録した。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテが楽天岸に13三振を喫し、完封負けした。井口監督は「割り切って振るしかない。どんな状況でも自分のスイングをできなくちゃいけない。それがプロなので」と打線… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

公立の奇跡をもう1度。秋季近畿大会(17日開幕・わかさスタジアム京都)に初出場する府立の山田(大阪3位)が、17日の初戦、龍谷大平安(京都1位)へ向け、同校グ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(15日、ナゴヤドーム) 新型コロナウイルスの濃厚接触者と判定されていた阪神・岩崎優投手が1軍復帰登板を果たした。1回無安打無失点。完璧な投球を披露した。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(15日、ナゴヤドーム) 阪神・原口文仁捕手の2点適時打などで八回に逆転した。

後で読む
デイリースポーツ

「中日5-3阪神」(15日、ナゴヤドーム) 今季限りで現役引退を表明している藤川球児投手(40)に試合後、中日側から異例のセレモニーが用意された。

後で読む
デイリースポーツ

「中日5-3阪神」(15日、ナゴヤドーム) 阪神が痛恨の逆転サヨナラ負けで中日戦3連敗を喫した。1点リードの九回、守護神のロベルト・スアレス投手が中日・高橋に逆転サヨナラ3ランを浴びた。移籍後初となるサヨナラ打を許し、今季登板43試合目で自身初黒星となった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ0-6楽天、21回戦、楽天14勝7敗、15日、ゾゾマリン)楽天は二回に小深田の2点二塁打と鈴木大の2点適時打で4点を先制し、六回に銀次のスクイズに悪送球が絡んで2点を加えた。岸は2安打1四球で13三振を奪い、2年ぶりの完封で4勝目を挙げた。ロッテは投打に元気がなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は15日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京五輪・パラリンピックに向け、大会組織委員会は15日、夏季競技の国際競技連盟(IF)を対象に準備状況などを説明するセミナーをオンラインで開いた。会議の冒頭、1日付で競技運営の国際的な調整役となるスポーツディレクターに就任した小谷実可子さんは「IFとの緊密な連携が大会成功には極めて重要だ」と協力を呼び掛けた。

後で読む
サンケイスポーツ

世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)のバンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)が15日、米ネバダ州ラスベガスでの防衛戦(10月31日)に向け「日本では納得のいく練習ができました。この調子でラスベガスに乗り込み最高の試合をみせます」と所属ジムを通じてコメントした。

後で読む
スポーツニッポン

コロナ禍では国内初のトップカテゴリーの大会はショートボード2日目が行われ、女子1回戦8組が行われた。昨年9月のワールドゲームズ(WG、世界選手権に相当)日本代表の脇田紗良(18)は4組に登場。9・67点(5・50、4・17)をマークし、1位通過。あす16日の2回戦進出を決めた。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、夏季競技の国際競技連盟(IF)を対象に、新型コロナウイルスの影響で来年へ延期となった大会の準備状況を説明するオンラインセミナーを開いた。冒頭、今月就任したばかりの元シンクロナイズドスイミング(現アーティスティックスイミング)五輪銅メダリストの小谷実可子スポーツディレクター(SD=54)が自己紹介を兼ねてあいさつ。前SDの室伏広治スポーツ庁長官が築いた…

後で読む
スポーツニッポン

コロナ禍では国内初のトップカテゴリーとなるJPSAジャパンプロサーファーツアー2020特別戦「さわかみチャレンジシリーズ鴨川」のプロショート部門が15日、千葉県鴨川市の東条海岸で行われ、JPSA副理事長を兼任するベテラン、小川直久(48)がファイナルデイに進出した。

後で読む
東京スポーツ

 競泳男子個人メドレー2種目で東京五輪代表の瀬戸大也(26)が不倫騒動により日本水連から処分が下されたことを受け、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(63)が15日、都内で取材に応じ「イバ…

後で読む
東京スポーツ

 ロッテの松本尚樹本部長が15日の楽天戦前に、一部週刊誌で報じられた選手の遠征先での外出について言及。6日の会見で語った発言内容に関し「誤解が多少あった」と一部訂正し、改めてチーム内に会食ルールを破っ…

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ソフトバンク」(15日、京セラドーム大阪) オリックスのドラフト5位・勝俣翔貴内野手=国際武道大=が代打で登場。空振り三振に倒れ、デビューから8打席連続三振となった。野手では06年・鉄平(楽天)の9打席連続に次ぐ数字で、同年のG・G佐藤(西武)と並ぶ記録。新人野手はワーストとなる。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ0-6楽天」(15日、ZOZOマリンスタジアム) 2位ロッテが痛い連敗。3位楽天との差を4ゲームに詰められた。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人-広島」(15日、東京ドーム) 兄弟によるリプレー検証が起こった。

後で読む
デイリースポーツ

楽天は二回に小深田の2点二塁打と鈴木大の2点適時打で4点を先制し、六回に銀次のスクイズに悪送球が絡んで2点を加えた。岸は2安打1四球で13三振を奪い、2年ぶりの完封で4勝目を挙げた。ロッテは投打に元気がなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト4-3DeNA」(15日、神宮球場) DeNAは強力打線が機能せず、勝率5割復帰を逃した。

後で読む
スポーツニッポン

J2新潟は15日、FWファビオ(23=ブラジル)、FWマンジー(32=スペイン)が道交法違反(酒気帯び運転)で19日に書類送検されることを15日、発表した。事案が発生は9月17日午前1時頃。新潟市内でチームメートのMFシルビーニョ(30=ブラジル)と会食後に、助手席にマンジーを乗せて帰宅中だった。無灯火だったため警察官に止められ、飲酒運転が発覚。この日まで任意捜査を受けていた。

後で読む
東京スポーツ

ナゴヤドームにブラックデビルが現れた!? 15日の中日―阪神戦の試合前練習でのこと。走り込みを行う中日の投手陣の中で、黄色い耳が特徴の往年のキャラ「ブラックデビル」を思わせる風貌で現れたのは谷元圭介…

後で読む
東京スポーツ

早々に〝ビッグイニング〟を作った。楽天が15日のロッテ戦(ZOZOマリン)で序盤の2回、連打で大量点を奪った。相手先発の左腕・小島を攻め、まず二死満塁からルーキー・小深田大翔内野手(25)の右翼への…

後で読む
東京スポーツ

兄弟同士のタッチプレーに対するリクエストは兄に軍配が上がった。  巨人―広島戦(15日、東京ドーム)で巨人2点リードの5回一死一塁で巨人先発・サンチェスが一塁・田中俊(弟)にけん制球を投げた。逆を突…

後で読む
東京スポーツ

阪神・藤浪晋太郎投手(26)が15日の中日戦(ナゴヤドーム)の5回から中継ぎ登板した。  自己最速161キロを記録した13日から中1日、2点ビハインドの場面での登板となったが、この日は制球が定まらず…

後で読む
東京スポーツ

巨人の新助っ人、エンジェル・サンチェス投手(30)が15日の広島戦(東京ドーム)に先発し、6回途中5失点の乱調でKOされた。  4点のリードをもらいながら、最後までピリッとしなかった。球は高めに浮き…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム-西武、21回戦、15日、札幌ドーム)日本ハム・中田翔内野手(31)が六回2死二塁での4打席目で、西武4番手・平井から左前適時打を放った。この日2打点目で今季98打点とし、楽天・浅村に2差をつけた。

後で読む
日刊スポーツ

中日は1回にアルモンテの右前適時打で1点を先制した。中日先発松葉は阪神の拙攻もあり、3回3安打無失点と好投。中日は4回1死一、三塁で大島が適時二塁打を放ち1点… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

政府は15日、新型コロナウイルス感染症対策分科会を開き、横浜スタジアム(横浜市)で開かれるプロ野球の試合で、新技術による感染防止策を講じた上で球場の定員の8割… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「巨人-広島」(15日、東京ドーム) 巨人先発サンチェスが8勝目を逃した。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(15日、ナゴヤドーム) 先発の役割を果たせなかった。阪神の先発・岩田稔投手は3回1/3を5安打2失点。毎回走者を背負う苦しい登板となった。投手・松葉にこの日、2本目の安打を許したところで降板。15年7月28日以来となるナゴヤドームでの白星とはならなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(15日、ナゴヤドーム) 阪神・藤浪晋太郎投手が3番手で五回から登板。2イニングを1安打2四球、無失点で切り抜けた。これで5試合連続無失点とした。

後で読む
サンケイスポーツ

WEリーグ参入が決まったクラブからは15日、喜びや期待の声が聞かれた。

後で読む
日刊スポーツ

浦和レッズは選手間ミーティングの開催で上位進出への刺激を入れた。18日のベガルタ仙台戦に向け、15日にはさいたま市内で調整。練習後、オンラインで報道陣に対応し…

後で読む
日刊スポーツ

浦和レッドダイヤモンズレディース立花社長が独立採算型クラブとしてJリーグ浦和レッズと区分けして運営する方針を示した。19年度まで9年連続の黒字の男子とともに、…

後で読む
日刊スポーツ

J2の3位ギラヴァンツ北九州の小林伸二監督(60)が、4位V・ファーレン長崎へのリベンジを誓った。15日、北九州市内での練習後にオンラインで会見。17日にホー…

後で読む
スポーツニッポン

鹿児島市で合宿中の7人制ラグビー男子日本代表のバックス本村直樹(28=ホンダ)が15日、オンライン取材に応じ、今合宿中に3月以降では初めて、チーム内で練習試合を実施したことを明かした。

後で読む
スポーツニッポン

コロナ禍では国内初のトップカテゴリーの大会はショートボート2日目が行われ、女子1回戦8組が行われた。東京五輪の条件付き内定を獲得した松田詩野(18)は2組に登場。全体トップとなる12・43点(6・00、6・43)をマークし、あす16日の2回戦進出を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

条件付きで東京五輪の出場権を持つサーフィン女子の松田詩野が15日、千葉県鴨川市で国内プロ戦のさわかみチャレンジシリーズ鴨川に出場し、新型コロナウイルス感染拡大後初の実戦に臨んだ。3月以来の真剣勝負で持ち味の鋭いターンを連発し、全体トップの12・43点で1回戦を突破。「試合のイメージはできていた」と胸を張った。 序盤は波の形を気にせずに乗り「心も体も試合に集中した」という。徐々に技の切れが増し、終盤にはS字に滑る得意の「カービング」などで6・43点をマーク。実戦不足を感じさせない落ち着いた試合運びで得点を伸ばした。2回戦以降は16日に行われる。

後で読む
東京スポーツ

 阪神・岩田稔投手(36)が15日の中日戦(ナゴヤドーム)に先発し、4回途中5安打2失点の内容で降板した。  1日の同カード(甲子園)では7回途中無失点と好投したが、この日は初回一死二塁からアルモンテ…

後で読む
デイリースポーツ

日本スポーツ協会は15日、東京都内で臨時国体委員会を開き、国体での新型コロナウイルス感染拡大防止の基本方針を承認した。開閉会式などの式典は時間短縮のためにプログラムを見直し、参加人数の制限を求めた。十分な対策を取れない場合は中止する。選手らの体調管理チェックシートの事前提出や体調不良時の出場自粛も定めた。 愛知、岐阜、秋田各県で開かれる来年1、2月の冬季大会と来秋の三重県での本大会開催を見据えた指針で、既に三重は開閉会式を縮小し、複数会場をオンラインで結ぶ方式での実施を決めた。

後で読む
東京スポーツ

 コイのアンパンマンが値千金の一打だ。広島の松山竜平外野手(35)が15日の巨人戦(東京ドーム)に「4番・一塁」で先発出場し、大きな一打を放った。  初回一死一塁では併殺打、4回無死二塁に倒れた松山だ…

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会は15日、11月場所(11月8日初日、東京・両国国技館)の開催に関する理事会を19日に行うことを発表した。芝田山広報部長(元横綱大乃国)が「観客、席数を増やす予定でいるので、それに対する対策を発表させていただく」と説明。新型コロナウイルス感染予防のため7月、秋場所と観客を2500人に制限して開催したが、11月場所は増員することになる。 また、この日、秋場所前に全力士が受けた抗体検査の結果をもとに八角理事長(元横綱北勝海)ら協会理事らが感染症の専門家から説明を受けた。芝田山部長によれば今回は「個人情報」を理由に陽性者数などのデータは公表されなかった。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京五輪・パラリンピックに向け、大会組織委員会は15日、夏季競技の国際競技連盟(IF)を対象に準備状況などを説明するセミナーをオンラインで開いた。会議の冒頭、小谷実可子スポーツディレクターは「IFとの緊密な連携が大会成功には極めて重要だ」と協力を呼び掛けた。 五輪シンクロナイズドスイミング(現アーティスティックスイミング)メダリストの小谷さんは、室伏広治氏の後任として1日付で競技運営の国際的な調整役となるスポーツディレクターに就任した。IOCマコネル競技部長は「来年の大会開催に自信を持っている」と述べた。

後で読む
デイリースポーツ

バドミントンのデンマーク・オープン第3日は15日、デンマークのオーデンセで各種目の2回戦が行われ、女子ダブルスで第1シードの福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)がドイツのペアを2-0で下し、準々決勝に進んだ。第2シードの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)はデンマークのペアと顔を合わせる。 シングルスの女子で奥原希望(太陽ホールディングス)はウェールズ選手に2-0で快勝して8強入り。男子の西本拳太(岐阜県協会)はフランス選手と対戦。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

阪神の藤川が今季限りでの引退表明後、初めて1軍に復帰した。15日、広報を通じて「うそ偽りのない、今の自分の姿がそのまま出ると思う。最後までチャレンジするということを見てほしい」と話した。 試合前は投手陣の前で話をした後、キャッチボールなどで調整。ナゴヤドームでの試合はこの日が最後のため「ファンの人たちに見せたいものもあるが、自分自身が一つ一つの球場での光景をかみしめたい」と語った。

後で読む
スポーツニッポン

 日米通算905試合登板の全てをリリーフフで築いたヤクルトの五十嵐亮太投手(41)が15日、都内の球団事務所で引退会見を行った。濃紺のスーツに身を包んだ右腕は「今シーズンで引退することを決意しました。平たんな道のりではありませんでしたが、人の縁にも恵まれ、ここまで来ることができました。“プロ野球選手になれて良かったな”と心から思えるということに感謝してます。23年間、本当にありがとうございました…

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボールBリーグのレバンガ北海道が15日、17日のホーム開幕島根スサノオマジック戦(札幌・北海きたえーる)に向け練習を公開した。今季新加入で地元札幌出…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー女子プロリーグ「WEリーグ」の岡島喜久子チェアは15日、オンライン記者会見で、ファンの裾野を広げる施策を披露した。サッカーをする女子小学生の練習と重なりにくい金曜開催や、参入クラブのない北海道、四国、九州で試合をする案があるという。

後で読む
サンケイスポーツ

来年9月に開幕する日本初のサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」は15日、初シーズンの参入クラブに、プレナスなでしこリーグ5連覇中の日テレや女子チームを新設するJ1広島など、当初予定を上回る11クラブを選出したと発表した。

後で読む
東京スポーツ

ポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(35=ユベントス)の新型コロナウイルス感染を巡って、思わぬ騒動がぼっ発した。  ポルトガル代表として活動中の13日に新型コロナへの感染が判明したロナウド。…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムの近藤健介外野手が15日、西武戦(札幌ドーム)に「3番・左翼」で先発出場し、2回までに2打数2安打4打点と大暴れした。  初回無死一、二塁のチャンスで相手先発・ニールの投じた3球目、133キ…

後で読む
東京スポーツ

打点王は譲らない! 日本ハムの中田翔内野手が15日、西武戦(札幌ドーム)に「4番・DH」で先発出場し、2回に放った適時打で今季97打点目を記録。打点王争いを繰り広げる楽天・浅村を抜き、単独トップに躍…

後で読む
デイリースポーツ

サッカー女子プロリーグ「WEリーグ」の岡島喜久子チェアは15日、オンライン記者会見で、ファンの裾野を広げる施策を披露した。サッカーをする女子小学生の練習と重なりにくい金曜開催や、参入クラブのない北海道、四国、九州で試合をする案があるという。 また代表クラスの海外選手が集まるリーグを目指しており、クラブが外国籍選手を獲得する際にリーグが資金の一部を負担する可能性がある。日本は国際サッカー連盟(FIFA)ランキング11位。岡島チェアは「日本より上位の国の代表経験者がプレーするのであれば、補助ができないか検討中」と説明した。

後で読む
東京スポーツ

欧州ネーションズリーグ(NL)が14日に各地で開催された。A3組のフランスはエースFWキリアン・アムバペ(21=パリ・サンジェルマン)のゴールなどでクロアチアに2―1で競り勝ち、FWクリスチアーノ・…

後で読む
サンケイスポーツ

楽天の岡島は15日、出場選手登録が7年に達し、国内フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。「まさか自分が取れるとは思っていなかった。野球人生に関わってくださった皆さんに感謝したい」とコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

日本オープン選手権第1日(15日、千葉県紫CCすみれ=7317ヤード、パー70)2年連続賞金王の今平周吾が5バーディー、1ボギーの66で首位に立ち、1打差2位に52歳で大会2勝の谷口徹、ともにアマチュアの桂川有人(日大)と河本力(日体大)がつけた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本オープン選手権第1日(15日、千葉県紫CCすみれ=7317ヤード、パー70)プロ初戦の金谷は72とやや出遅れた。バーディー直後の4番で第2打がバンカーの縁に刺さってダブルボギー。5番は3パットでスコアを落とすなど雨で気温が落ちた序盤にペースを乱し「少しばたついてしまった」と反省した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本オープン選手権第1日(15日、千葉県紫CCすみれ=7317ヤード、パー70)2年連続賞金王の今平周吾が5バーディー、1ボギーの66で首位に立ち、1打差2位に52歳で大会2勝の谷口徹、ともにアマチュアの桂川有人(日大)と河本力(日体大)がつけた。

後で読む
日刊スポーツ

オリックスは初回、T-岡田の押し出し死球で先制。ソフトバンクは3回、周東が右中間三塁打を放ち同点。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNAは15日、withコロナにおける大規模イベントガイドライン策定に向けた技術実証として、横浜スタジアムで行う10月30日~11月1日の阪神戦で、観客数上… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

優勝マジック9の首位巨人が5位広島と対戦。予告先発は巨人がサンチェス、広島は野村。https://www.nikkansp… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「巨人-広島」(15日、東京ドーム) 広島先発の野村が三回の打席で代打を送られて降板となった。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(15日、ナゴヤドーム) 阪神が4連勝中と波に乗る中日に拙守で先制点を許した。初回まずは先頭の大島は平凡な一ゴロだったが、一塁ボーアと投手・岩田の連携がうまくいかずに内野安打での出塁を許す。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(15日、ナゴヤドーム) 阪神が1点を追う二回、同点機を逃した。1死からジャスティン・ボーア内野手がセンターオーバーの二塁打で出塁。続く原口が三遊間を破る安打を放った時だった。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(15日、ナゴヤドーム) 阪神のドラフト2位ルーキー・井上広大外野手がこの試合、2度目となる得点機での打席で凡退した。

後で読む
サンケイスポーツ

政府は15日、新型コロナウイルス感染症対策分科会を開き、プロ野球の試合で球場に満員近い定員の8割程度の観客を収容し、影響を調べる実証実験を始めると決めた。神奈川県と横浜市、IT企業ディー・エヌ・エー(DeNA)が、横浜スタジアム(横浜市)で30日から3日間行う。スポーツ分野以外でも同様の取り組みを進め、社会経済活動の一層の引き上げにつなげる考えだ。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトの五十嵐亮太投手(41)が15日、東京都内の球団事務所で記者会見を行い、今季限りでの現役引退を表明した。救援一筋で日米通算905試合に登板し「縁に恵まれて23年間もプロ野球選手をやってこられた。感謝している」とすがすがしい表情で語った。

後で読む
サンケイスポーツ

バドミントンのデンマーク・オープン第3日は15日、デンマークのオーデンセで各種目の2回戦が行われ、シングルスの女子で奥原希望(太陽ホールディングス)はウェールズ選手に2-0で快勝し、準々決勝に進んだ。

後で読む
スポーツニッポン

男子ゴルフの今季メジャー初戦が開幕し今平周吾(28=フリー)が5バーディー、1ボギーの66で回り、4アンダーで単独首位発進した。1打差の2位タイには女子プロゴルファー河本結の弟でアマチュアの河本力(20=日体大3年)、同じくアマチュアの桂川有人(22=日大4年)、ベテランの谷口徹(52=フリー)の3人。2打差の5位タイには片山晋呉(47=イーグルポイントGC)ら4人が続いた。

後で読む
東京スポーツ

 ゴルフの国内メジャー「日本オープン」初日(15日、千葉・紫CCすみれC=パー70)、今大会がプロデビュー戦となる金谷拓実(22=東北福祉大4年)は、72のラウンドで2オーバーの48位と出遅れた。首位…

後で読む
デイリースポーツ

来年9月に開幕する日本初のサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」は15日、初年度参入クラブを発表し、基準を満たした日テレ、INAC神戸やJ1広島、J2大宮など11クラブが選出された。大宮はなでしこ2部のFC十文字が母体となり、広島はチームを新設する。当面は降格がない。 7月までに17団体が入会申請。当初は6~10クラブで始動するとしていたが、11クラブが参入基準を満たしたため、異例の奇数チームでの開幕となった。

後で読む
デイリースポーツ

大阪から3番目のJリーグ入りを目指すJFL・FC大阪は15日、昨季までJ1・C大阪に所属していたMF大山武蔵(22)の加入を発表した。背番号は「34」。 北海道出身の大山は札幌大谷高から17年にC大阪に入団。J3に参戦しているC大阪のU-23で41試合に出場したが、J1での出場はなく、昨季限りで契約満了となっていた。

後で読む
デイリースポーツ

来年9月に開幕する日本初のサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」は15日、初シーズンの参入クラブに、プレナスなでしこリーグ5連覇中の日テレや女子チームを新設するJ1広島など、当初予定を上回る11クラブを選出したと発表した。 ほかは、なでしこリーグ1部のマイナビ仙台、浦和、千葉、ノジマステラ神奈川相模原、新潟、INAC神戸。同2部のちふれAS埼玉、長野と、2部のFC十文字の選手をベースに女子チームを発足させるJ2大宮。当初は6~10クラブで始動するとしていたが枠を増やした。参入基準では15選手以上とのプロ契約、5千人以上収容のスタジアム確保などが求められた。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ソフトバンク」(15日、京セラドーム大阪) 2試合連続完封負け中のオリックスが初回にT-岡田の押し出し死球で先制した。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは15日、10月30日からの阪神戦を対象に、十分な感染症対策を講じた上で観客数の上限を緩和して試合を開催し、コロナ対策に関する技術実証に取り組むことを発表した。内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室と協議し、専門家で構成される新型コロナウイルス感染症対策分科会に報告、了解を得て実施される。 現在は観客1万6000人を上限に試合を開催しているが、当日は最大収容人数約3万4000人の80%を一つの目安として開催する。また、今回の技術実証にはファンの協力が不可欠となることから、通常価格から最大35%の割引価格でチケットを発売する。詳細は球団公式ホームページで改めて発表される。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(15日、神宮球場) DeNA先発・平良が2回4安打3失点で降板した。

後で読む
東京スポーツ

広島の主砲・鈴木誠也外野手(26)が15日の巨人戦(東京ドーム)に「3番・右翼」で先発出場。初回、先頭・宇草の中前打、二盗で得た一死二塁の好機で巨人先発・サンチェスの150キロ直球を中前にはじき返し…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムの西川遥輝外野手(28)が15日、西武戦(札幌ドーム)に「1番・中堅」で先発し、初回から今季33個目となる盗塁に成功した。  相手先発・ニールが投じた4球目、142キロのカットボールを右前打…

後で読む
東京スポーツ

早すぎる降板に球場がざわついた。広島の野村祐輔投手(31)が15日の巨人戦(東京ドーム)に先発するも2回1安打1失点で降板した。  1回を三者凡退。1―0の2回も先頭・岡本に二塁打されるなどし、一死…

後で読む
東京スポーツ

首位ソフトバンクの連続無失点が30イニングでストップした。  先発・石川柊太投手(28)が15日のオリックス戦(京セラ)で、初回に二死満塁からT―岡田に押し出し死球を与えた。その後の満塁のピンチは切…

後で読む
東京スポーツ

前なでしこジャパン監督の佐々木則夫氏(62=J2大宮トータルアドバイザー)が指導者復帰に色気を見せた。  来年9月に開幕する日本初のサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」への参入が決定した大宮が15日…

後で読む
東京スポーツ

元日本代表MF香川真司(31)がイタリア2部ブレシアに移籍する可能性が出てきた。  地元メディア「TCM24」によると、2部に降格したブレシアは周囲の信頼を回復するため、ドイツ1部の強豪ドルトムント…

後で読む
サンケイスポーツ

日本スポーツ協会は15日、東京都内で臨時国体委員会を開き、国体での新型コロナウイルス感染拡大防止の基本方針を承認した。開閉会式などの式典は時間短縮のためにプログラムを見直し、参加人数の制限を求めた。十分な対策を取れない場合は中止する。選手らの体調管理チェックシートの事前提出や体調不良時の出場自粛も定めた。

後で読む
日刊スポーツ

やじに負けず、アストロズが主軸の本塁打攻勢でシリーズ初勝利を飾った。3番アルテューベが先制弾で勢いをつけ、1番スプリンガーが5回に勝ち越し2ランを放ち、レイズ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキースが14日、今季を総括するオンライン会見を行い、今オフにFAとなる田中将大投手(31)についてキャッシュマンGMらが言及した。同GMは「当然だが、これ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神のドラフト2位ルーキー井上広大外野手(19)が、プロ初失策を犯した。2戦連続の「7番右翼」で先発。1回1死二塁で、アルモンテの打球が正面に飛んだが、そらす… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

シンプルに“2分割”で連敗ストップだ。東京6大学で17年秋から53連敗中の東大は、17日から立大と対戦する。今秋はポイント制(勝利1点、引き分け0・5点)で争… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

優勝マジック9の首位巨人が5位広島と対戦。予告先発は巨人がサンチェス、広島は野村。試合は午後6時開始予定。ニッカンスポーツ・コムで試合の模様を速報します。–… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「巨人-広島」(15日、東京ドーム) 広島先発の野村が三回の打席で代打を送られて降板となった。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-DeNA」(15日、神宮球場) DeNAが4番・佐野の4試合連続となる本塁打で先制した。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(15日、ナゴヤドーム) 阪神は初回から守備が乱れ、先制を許した。

後で読む
東京スポーツ

不倫スキャンダルを起こした競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)は先日の日本水泳連盟臨時理事会で「年会の活動停止」の処分が下された。  五輪代表は維持され、国立スポーツ科学センターでの練習は可能だが、…

後で読む
サンケイスポーツ

日本オープン選手権第1日(15日・千葉県紫CCすみれ=7317ヤード、パー70)2年連続賞金王の今平周吾が5バーディー、1ボギーの66で首位に立ち、1打差2位に52歳で大会2勝の谷口徹、ともにアマチュアの桂川有人(日大)と河本力(日体大)がつけた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は15日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)は15日、都内の日本プロボクシング協会加盟ジムで所属選手らが新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。 陽性判定を受けたのは以下の5人。

後で読む
デイリースポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)と日本プロボクシング協会(JPBA)は15日、新型コロナウイルス対策連絡協議会をオンライン上で開いた。前回に「ボクシング興行再開に向けた新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」違反に厳しく対応することを確認しており、今回は例を挙げて処分の対象を認識したという。 JBCの安河内剛事務局長は「違反行為が目立つ」と話し、マスクをずらして大声を出す、チーフセコンド出ない人間がリングに入った、ラウンドガールが飲酒し酩酊状態で会場内を歩いていたことなどの事例があったという。また、この日にJBCの倫理委員会が開かれ、これらに厳しい処分が下されたという。

後で読む
日刊スポーツ

来年9月に開幕する、日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」に、INAC神戸レオネッサの参入が決定した。15日、神戸市内で公開練習後取材に応じたFW田中美…

後で読む
東京スポーツ

 ドラゴンゲートのKzy(34)が“七色の引き出し”を開けて王座を奪う。11月3日のエディオンアリーナ大阪第1競技場大会では同じドラゲー世代のEita(28)が持つオープン・ザ・ドリームゲート王座に挑…

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート女子で18年平昌五輪4位の宮原知子(22=関大)が15日、自身のブログを更新。出場を予定していたグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ(オタワ)中止について「また小さな空白が生まれてしまったような気持ちになってしまいました」と心境をつづった。それでも、12月には全日本選手権(長野)が控えているだけに「でも!わたしには全日本に向け、練習すべきこと、取り組むべきことは沢山…

後で読む
東京スポーツ

 ゴルフの国内メジャー「日本オープン」初日(15日、千葉・紫CCすみれC=パー70)、石川遼(29=CASIO)は73のラウンドで3オーバーの63位と苦しい出だしとなった。首位は今平周吾(28)で4ア…

後で読む
東京スポーツ

 ゴルフの国内メジャー「日本オープン」初日(15日、千葉・紫CCすみれC=パー70)、今大会がプロデビュー戦となる金谷拓実(22=東北福祉大4年)は、72のラウンドで2オーバーの48位と出遅れた。首位…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(11月8日初日、東京・両国国技館)で大関初優勝を目指す貴景勝(24=千賀ノ浦)が15日、東京・台東区の部屋で代表取材に応じた。  この日はすり足やスクワット、ぶつかり稽古で汗を流す…

後で読む
東京スポーツ

 米大リーグ選手会は14(日本時間15日)に選手間投票で決定する「プレーヤーズ・チョイス・アワード」の最終候補を発表した。カブスのダルビッシュ有投手(34)は最も活躍した投手を選出する「アウトスタンデ…

後で読む
デイリースポーツ

大相撲の正代、貴景勝の2大関が15日、代表取材に応じ、16日に東京・両国国技館内の相撲教習所で始まる合同稽古に参加することを明らかにした。新型コロナウイルス対策で3月の春場所後に出稽古禁止となって以降、初めて他の部屋の力士と胸を合わせることができる機会となり、11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向けた調整が注目される。 新大関正代は東京都墨田区の時津風部屋で幕下以下の力士を相手に相撲を取る稽古を再開。貴景勝は台東区の千賀ノ浦部屋で四股を踏むなどして汗を流した。

後で読む
デイリースポーツ

スポーツ庁の室伏広治長官が15日、東京・丸の内で、スポーツへの意識を高めるトークイベントに出席し、新型コロナウイルスによる「新たな生活様式」を踏まえて「健康という観点でスポーツが今、求められている。運動してもらえるように盛り上げていきたい」と意欲を語った。 1日の就任後、初のイベント参加となり、ラグビーの元日本代表、広瀬俊朗さんらとともに登壇した。五輪の陸上ハンマー投げ金メダリストの室伏長官は、新聞紙を片手で握りつぶして握力を鍛える現役時代のトレーニング法を紹介し、「家でも工夫すればいろんなことができる。日常生活で取り組んでもらいたい」と呼び掛けた。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは15日、ZOZOマリンスタジアムでスカウト会議を開き、26日に行われるドラフト会議で早大の早川隆久投手を1位指名することを決めた。松本尚樹球団本部長は「1年目から2桁勝てる投手。そんなに時間はかからなかった」と高い評価を口にした。 早川は千葉・木更津総合高出身の左投手で、2016年の甲子園大会で春夏ともに8強に入った。早大では球速が155キロまで上がり、松本本部長は「高校時代からものがいいのは分かっていた。順調に成長している」と獲得を熱望した。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグDeNA・井納-巨人・今村(横浜)

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-ソフトバンク」(15日、京セラドーム大阪) オリックスは2試合連続で零敗中。ソフトバンク先発・石川には今季2戦2敗で防御率0・00と無得点に抑えられているだけに、何とか打開したい。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテの松本尚樹球団本部長は15日、週刊新潮が新型コロナウイルスに感染した岩下大輝投手ら4選手が会食していたと報道したことを受け「(会食は)4人以内というルールを破った選手はいない」と強調した。ロッテは9月29日から10月1日まで札幌ドームで日本ハムとの3連戦があり、会食は9月28日に行われたとされる。 松本本部長はチーム内での集団感染を発表した6日に、札幌遠征で外食した選手は一人もいなかったという趣旨の説明をしていた。「言い方が悪かった。一つだけ言えるのは、ルールを破った選手はいなかったということ」と釈明した。

後で読む
デイリースポーツ

 女子ゴルフの富士通レディースの開幕を翌日に控えた15日、千葉県の東急セブンハンドレッドで各選手が最終調整し、昨年の大会でアマチュアとして史上7人目のツアー優勝を飾った古江彩佳は「この1年は早かった。今は試合を楽しんでいる」と余裕の表情だった。 昨年の優勝直後にプロとなり、今季は9月のデサント東海クラシックで優勝した。前週まで平均ストローク3位と安定感のある20歳。「今週は雨で耐えるゴルフになる。しっかり予選を通過して上位で頑張りたい」と連覇をにらんだ。

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・富士通レディース」(16日開幕、東急セブンハンドレッドC=パー72) 昨年覇者の古江彩佳(20)=フリー=は15日、コースで最終調整を完了。「しっかり予選を通過して上位で争えれば」と抱負を口にした。

後で読む
デイリースポーツ

 日本オープン選手権第1日(15日・千葉県紫CCすみれ=7317ヤード、パー70)2年連続賞金王の今平周吾が5バーディー、1ボギーの66で首位に立ち、1打差2位に52歳で大会2勝の谷口徹、ともにアマチュアの桂川有人(日大)と河本力(日体大)がつけた。 堀川未来夢、今野大喜、片山晋呉、市原弘大が68で5位。さらに1打差で藤田寛之、アマチュアの中島啓太(日体大)ら8人が並んだ。星野陸也は70の17位、プロ初戦の金谷拓実は72の48位、石川遼は73の63位。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)サーフィン女子で条件付き出場権を得ている現役高校生プロサーファーの松田詩野(18)が、1回戦から実力を発揮。12・43点をあげ、出場選…

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール日本代表の石川祐希(24=ミラノ)がホームで行われたラヴェンナ戦に先発出場し、ミラノが3-2(25-22、30-32、24-26、25-22、15…

後で読む
日刊スポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)山下泰裕会長(63)が15日、女性問題で日本水連の処分を受けた競泳男子の瀬戸大也(26)について言及した。「世間を騒がせたこと…

後で読む
サンケイスポーツ

2021年9月に開幕する日本初のサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」への参入が決まった浦和は15日、オンラインで会見を開いた。

後で読む
東京スポーツ

今季限りでの現役引退する阪神・藤川球児投手(40)が15日、出場選手登録された。  前日には矢野燿大監督が昇格を明言。8月13日に右上肢のコンディション不良で抹消されてから2か月ぶりに一軍に合流した…

後で読む
スポーツニッポン

 大リーグのア・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)、アストロズ―レイズの第4戦が14日(日本時間15日)、サンディエゴで行われ、レ軍の筒香嘉智外野手(28)は「8番・DH」で先発出場。7回にポストシーズン(PS)初安打するなど4打数1安打だった。レ軍は3―4で敗れ、対戦成績は3勝1敗となった。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは15日、千葉市内の球団事務所でスカウト会議を開き、26日のドラフト会議で早川隆久投手(早大)を1位指名することを公表した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は15日、セ・パ両リーグで6試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神のドラフト2位・井上広大外野手(19)=履正社高=が15日、中日戦(ナゴヤドーム)に「7番・右翼」で2試合連続スタメン出場する。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハム・栗山英樹監督(59)が15日、吉田輝星投手(19)を1軍に昇格させることを明らかにした。22日のソフトバンク戦(札幌ドーム)先発が有力視される。

後で読む
日刊スポーツ

カブスのダルビッシュ有投手が、選手間投票で最も活躍した投手を選出する「アウトスタンディング・ピッチャー」のナ・リーグ最終候補に入った。選手会が発表した。他にメ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今季限りで現役を引退する阪神藤川球児投手(40)が1軍に再合流し、出場選手登録された。引退表明後は初の1軍舞台。ラストシーズン残る試合は22試合となった。「も… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

16日のプロ野球予告先発は以下の通り。<セ・リーグ>DeNA井納翔一-巨人今村信貴(横浜=18時)阪神西勇輝-ヤクルト歳内宏明(甲子園=18時)広島床田寛樹-… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武が画期的な実証実験を実施する。本拠地メットライフドームでの開催試合で「禁止物を持ち込む可能性のある人の検知」を行う。入場ゲートに、入場者の過度なストレスや… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(15日、ナゴヤドーム) 今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手が1軍に合流した。練習前は中日の荒木内野守備走塁コーチ、伊東ヘッドコーチにあいさつ。練習ではキャッチボールなどで汗を流し、岩田や藤浪と談笑した。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(15日、ナゴヤドーム) 前夜は大野雄に2試合連続完封負けを喫した阪神。4連勝を決めた中日に抜かれて9月10日以来、約1カ月ぶりに3位に転落。4位・DeNAにも1ゲーム差に迫られ、Bクラス落ちも目前となった。完全V逸も最短で10月18日に迫っている。

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフの富士通レディースの開幕を翌日に控えた15日、千葉県の東急セブンハンドレッドで各選手が最終調整し、昨年の大会でアマチュアとして史上7人目のツアー優勝を飾った古江彩佳は「この1年は早かった。今は試合を楽しんでいる」と余裕の表情だった。

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルス感染拡大の影響でフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ(30、31日、オタワ)が中止となったことを受け、女子で出場予定だった平昌冬季五輪4位の宮原知子(関大)が15日、自身のブログで「また小さな空白が生まれてしまったような気持ちになってしまいました」と心境をつづった。

後で読む
スポーツニッポン

新大関の正代(28=時津風部屋)が15日、東京都墨田区の同部屋で大関昇進後初めて相撲を取る稽古を行った。幕下以下の力士5人を相手に、計9番取って全勝。それでも、最初の相撲で土俵際まで攻め込まれるなど、俵に足が掛かる場面が何度かあった。稽古後の代表取材に「ちょっと体がきつかった。僕の中ではフルでやっているけど、ちょっと体が思うように動かないなと。イメージに体がついてこないというか」と答えるなど、…

後で読む
スポーツニッポン

男子ゴルフの今季メジャー初戦となる日本オープンが15日、千葉県の紫CCすみれC(7317ヤード、パー70)で開幕し、2年連続賞金王の今平周吾(28=フリー)が5バーディー、1ボギーの66で回り、4アンダーで単独首位発進した。1打差の2位タイには女子プロゴルファー河本結の弟でアマチュアの河本力(20=日体大3年)、同じくアマチュアの桂川有人(22=日大4年)、ベテランの谷口徹(52=フリー)の3…

後で読む
東京スポーツ

 来年9月に開幕する日本初のサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」の放映権とtoto(サッカーくじ)はどうなるのか。  15日に1年目に参入する11クラブの発表会見をオンラインで実施したWEリーグ。初代…

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは15日、新型コロナウイルスに感染した8選手のうち岩下大輝投手(24)、荻野貴司外野手(34)ら5選手が、さいたま市のロッテ浦和球場で行われた2軍の練習に合流したと発表した。鳥谷敬内野手(39)、清田育宏外野手(34)、三木亮内野手(28)も練習を再開した。 球団によると日本野球機構が定めた新型コロナウイルス感染予防ガイドラインに従い、管轄の保健所の許可も得たという。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは15日、平沢大河内野手が横浜市内の病院で右肘骨棘切除・遊離軟骨除去術を行ったと発表した。 2カ月後にスローイング開始予定。今季中の復帰は絶望となった。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトの五十嵐亮太投手(41)が15日、東京都内の球団事務所で記者会見を行い、今季限りでの現役引退を表明した。救援一筋で日米通算905試合に登板し「縁に恵まれて23年間もプロ野球選手をやってこられた。感謝している」とすがすがしい表情で語った。 千葉・敬愛学園高から1998年にドラフト2位でヤクルトに入団。速球を武器に2004年に最優秀救援投手に輝き、10年から米大リーグ3球団でプレーした。13年にソフトバンクで日本球界に戻り、昨季ヤクルトに復帰。今季は1軍登板がなく「シーズン前から結果が出なければ覚悟していた」と8月には現役引退を考えたという。

後で読む
東京スポーツ

来年9月に開幕する日本初のサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」が15日、1年目に参入する11クラブを発表した。  なでしこリーグ5連覇中の日テレのほか、同1部の仙台、浦和、千葉、ノジマステラ神奈川相…

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲の正代、貴景勝の2大関が15日、代表取材に応じ、16日に東京・両国国技館内の相撲教習所で始まる合同稽古に参加することを明らかにした。新型コロナウイルス対策で3月の春場所後に出稽古禁止となって以降、初めて他の部屋の力士と胸を合わせることができる機会となり、11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向けた調整が注目される。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは15日、新型コロナウイルスに感染した8選手のうち岩下大輝投手(24)、荻野貴司外野手(34)ら5選手が、さいたま市のロッテ浦和球場で行われた2軍の練習に合流したと発表した。鳥谷敬内野手(39)、清田育宏外野手(34)、三木亮内野手(28)も練習を再開した。

後で読む
日刊スポーツ

今季限りで現役を引退する阪神藤川球児投手(40)が1軍に再合流し、出場選手登録された。引退表明後は初の1軍舞台。ナゴヤドームに姿を見せると、中日の与田監督や荒… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

10月15日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>DeNA 平良拳太郎投手阪神 藤川球児投手中日 松葉貴大投手ヤクルト 吉田大喜投… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは15日、札幌市内でスカウト会議を行い、26日のドラフト会議で1位入札する選手を大学生投手と公表した。大渕スカウト部長は「1位に関しては、投手を考えて… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽オリックス 吉田凌投手 【同抹消】 ▽オリックス 山崎福也投手、荒西祐大投手

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽DeNA 平良拳太郎投手 ▽阪神 藤川球児投手 ▽中日 松葉貴大投手 ▽ヤクルト 吉田大喜投手 【同抹消】 ▽巨人 藤岡貴裕投手 ▽ヤクルト 風張蓮投手

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りでの現役引退を発表したヤクルト・五十嵐亮太投手(41)が15日、東京・北青山の球団事務所で会見した。「今シーズンで引退することを決意しました。きょうまで平坦な道ではありませんでしたが、人の縁にも恵まれここまでやってくることができました」と安堵(あんど)したような表情だった。

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(11月8日初日、東京・両国国技館)に新大関として臨む正代(28=時津風)が15日、東京・墨田区の部屋で代表取材に応じた。  相撲を取る稽古を再開し、幕下以下の若い衆5人を相手に計9…

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪男子マラソン代表で日本記録保持者の大迫傑(29)=ナイキ=が15日、都内で行われた「Galaxy Note20 Ultra 5G 記者発表会」に米国からオンラインで出演した。 「Team Galaxy」の一員で、現在もSNSなどに投稿する際に同社のスマートフォンを「フル活用しています」という大迫。「先ほど届きました」と15日発売の「Galaxy Note20 Ultra 5G」を手にし、「ペンとか入っていてどう使うのか楽しみ」と笑顔を見せた。

後で読む
デイリースポーツ

自転車BMXレース女子の東京五輪代表、畠山紗英が15日、練習拠点のスイスに戻る前に取材に応じ「五輪でベストの走りができるように一日一日、後悔がないようにやっていきたい」と抱負を語った。17日に出発予定。 新型コロナウイルスの影響で3月下旬に帰国して以来、地元の神奈川県寒川町で鍛錬を積んだが、練習環境が整うスイスの施設を使える状況になった。現地には切磋琢磨するライバルや、オンラインでやりとりしていたコーチもおり「練習に集中できるのが楽しみ」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート女子の宮原知子(関大)が15日、自身のブログを更新。出場予定だったGPシリーズの1つであるスケートカナダ(30日開幕、オタワ)の中止が14日に発表されたことを受けて心境を綴った。 「この度、スケートカナダの中止を受け、また小さな空白が生まれてしまったような気持ちになってしまいました」と思いを吐露した。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトの五十嵐亮太投手(41)が15日、東京都内の球団事務所で引退会見を行った。 澄み切ったような笑顔で登壇すると、五十嵐はヤクルトカラーの鮮やかな花々に出迎えられた。まずは「プロ野球選手になれてよかった、23年間ありがとうございました」とあいさつ。引退決断に至った理由については「今シーズンに入る前から、結果が出なかったら引退すると決めていました」と説明した。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトの五十嵐亮太投手(41)が15日、東京都内の球団事務所で引退会見を行った。終始晴れやかな笑顔で穏やかに進められた会見。最後にはつば九郎が大きな花束を持って登場し、つば九郎節の効いた言葉が贈られた。 愛くるしいマスコットと過ごしたこれまでの多くの時間が、五十嵐の目尻を下げた。登場した際には「つば九郎は若いときから知っているけど、おなか出てきたね」とニヤリ。五十嵐はプロ野球選手として23年間、つば九郎は27年間。共に過ごした年月を分かち合った。

後で読む
デイリースポーツ

今季限りで現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が15日、1軍出場選手登録された。8月13日に抹消されてから63日ぶり。今季のナゴヤドーム最終戦に合わせ、敵地ファンに別れを告げる意味もある。藤川は今後も1軍に帯同。全国のファンと現役最後の時間を過ごす。 巨人は藤岡投手をヤクルトは風張投手を抹消。オリックスは吉田凌投手が昇格した。

後で読む
デイリースポーツ

 女子ゴルフの世界ランキング1位で、新型コロナウイルスの影響で国外遠征を控えている高真栄(韓国)が11月に米ツアーに復帰し12月のメジャー、全米女子オープン選手権出場を目指していると15日、聯合ニュースが報じた。 今年はここまでのメジャー3大会を欠場。高真栄は心配する両親への配慮を理由に挙げ「健康と安全が最優先であることを考えると、避けられない選択だった。後悔はない」と述べた。昨年はメジャーで2勝した25歳の実力者。「世界1位でいることも大切だが、自分が今やっていることは未来への投資」と述べた。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

株式会社コーセーは15日、フィギュアスケート男子の羽生結弦(25=ANA)とのとのスペシャルコラボレーションコフレ「YUZURUCollection」を11月…

後で読む
日刊スポーツ

株式会社オレンジページは15日、フィギュアスケーターの浅田真央さん(30)のイラストを柄にしたオリジナルエプロンを発売すると発表した。ライフスタイルブランド「…

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグのリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)は14日、サンディエゴなどで行われ、第4戦のア・リーグはアストロズ(西地区2位)がレイズ(東地区1位)を4-3で破り、1勝3敗とした。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハムは15日、札幌市内の球団事務所でスカウト会議を開き、26日のドラフト会議での1位指名候補を大学生投手に絞った。

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りで引退を表明している藤川球児投手(40)が15日、1軍に合流した。この後、出場選手登録される見込みだ。

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール男子のBリーグは15日、1部(B1)と2部(B2)全チームの選手やスタッフ、審判員らを対象に13日に実施した新型コロナウイルスのPCR検査で、同日に検査を受けられなかった審判員2人分を除く932件が全て陰性だったと発表した。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは15日、平沢大河内野手(22)が横浜市内の病院で右肘骨棘(こっきょく)切除・遊離軟骨除去術を行ったと発表した。スローイング再開は術後2カ月後の予定。今… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

センバツ目指し秋季東北大会。第2日はベスト8をかけ2回戦の残り4試合。花巻東、柴田、八戸西、東日本国際大昌平がベスト8入りした。準々決勝は17日に行われる。-… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクとの優勝争いを繰り広げるロッテは15日、今月18日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で「マリンフェスタユニホーム」を来場者先着9000人にプレゼントす… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「中日-阪神」(15日、ナゴヤドーム) 今季限りで現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が15日、1軍に合流した。そのまま1軍出場選手登録される。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは15日、平沢大河内野手(22)が横浜市内の病院で右肘骨棘(こっきょく)切除および遊離軟骨除去手術を行ったと発表した。術後2カ月からスローイングを開始できる見込みで、今季中の復帰は絶望的。2016年ドラフト1位で仙台育英から入団した同選手はプロ5年目の今季は1軍出場はなく、2軍で出場56試合、打率・142、1本塁打、10打点だった。

後で読む
サンケイスポーツ

1974年以来、46年ぶりとなるリーグ1位を目指すロッテは15日、10月18日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で来場者先着9000人にマリンフェスタユニホームをプレゼントすると発表した。配布はZOZOマリン外周配布ステーションで、当日の観戦チケット(ビジター外野応援席を除く)持参者を対象に午前10時から行う。

後で読む
デイリースポーツ

来年9月に開幕する日本初のサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」は15日、初シーズンの参入クラブに、プレナスなでしこリーグ5連覇中の日テレや女子チームを新設するJ1広島など、当初予定を上回る11クラブを選出したと発表した。 ほかは、なでしこリーグ1部のマイナビ仙台、浦和、千葉、ノジマステラ神奈川相模原、新潟、INAC神戸、同2部のちふれAS埼玉、長野、女子チームを発足させるJ2大宮。17団体から入会申請があり、当初は6~10クラブで始動するとしたが、枠を増やした。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトの五十嵐亮太投手(41)が15日、東京都内の球団事務所で引退会見を行った。 澄み切ったような笑顔で登壇すると、五十嵐はヤクルトカラーの鮮やかな花々に出迎えられた。まずは「プロ野球選手になれてよかった、23年間ありがとうございました」とあいさつ。引退決断に至った理由については「今シーズンに入る前から、結果が出なかったら引退すると決めていました」と説明した。

後で読む
スポーツニッポン

浦和のDF槙野智章(33)が15日、オンライン取材に応じ、10日の鳥栖戦後、リーグ終盤戦の「反攻」に向けた選手間ミーティングを実施したことを明かした。「鳥栖戦の後、個々が思ってること、どう考えてやっているか、正直に話し合いました」。時間にして約1時間、本音をぶつけ合い、雰囲気も高まったという。

後で読む
スポーツニッポン

一般社団法人日本女子プロサッカーリーグは15日、来年9月開幕の女子プロリーグ「WEリーグ」に参入する11クラブを発表した。申請したのは17団体で、内訳はなでしこリーグ所属は12クラブ、その他が5クラブだった。

後で読む
東京スポーツ

ホワイトソックス、アスレチックス、カージナルスで監督通算2728勝を挙げ、3度のワールドシリーズ制覇を達成したトニー・ラルーサ氏(76)が、ホワイトソックスの新監督として現場復帰する可能性があること…

後で読む
サンケイスポーツ

来年9月に開幕する日本初のサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」は15日、初シーズンの参入クラブに、プレナスなでしこリーグ5連覇中の日テレや女子チームを新設するJ1広島など、当初予定を上回る11クラブを選出したと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

自転車BMXレース女子の東京五輪代表、畠山紗英(日体大)が15日、練習拠点のスイスに戻る前に取材に応じ「五輪でベストの走りができるように一日一日、後悔がないようにやっていきたい」と抱負を語った。17日に出発予定。

後で読む
日刊スポーツ

初戦から3連勝したレイズが競り負け、2008年以来、12年ぶりのワールドシリーズ出場決定は第5戦以降に持ち越しとなった。今シリーズで初めて「8番DH」で出場し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト五十嵐亮太投手(41)が15日、都内で現役引退の発表会見を行った。スーツ姿で登壇。「今シーズンで引退することを決意いたしました。今日まで平らな道のりで… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは15日、「NPB12球団ジュニアトーナメント2020」に出場する北海道日本ハムファイターズジュニアチームの登録メンバー16人を発表した。最終セレクシ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、阪神-中日」(15日、鳴尾浜球場) 阪神の高山が三回に勝ち越しとなるソロを放った。

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルスから回復した阪神・陽川尚将内野手(29)が15日、ウエスタン・リーグの中日戦(鳴尾浜)に「6番・DH」で先発出場。隔離期間を終え、13日に2軍に合流。この日、実戦復帰した。

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りで引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が15日、ツイッターで自身の公式アカウントを開設した。

後で読む
日刊スポーツ

来年9月に開幕する日本初の女子サッカープロリーグ「WEリーグ」を運営する一般社団法人日本女子プロサッカーリーグは15日、リーグ初年度の参入クラブについて、日テ…

後で読む
スポーツニッポン

ネバダ州ラスベガスで来年1月31日に開催される予定だったNFLオールスター戦のプロボウル(正式名称はAFC―NFCプロボウル)が中止されることになった。

後で読む
東京スポーツ

【KJ松井のCatch&Shoot(37)】 米プロバスケットボールNBAのファイナルは、第6戦(11日=日本時間12日)でロサンゼルス・レイカーズが106―93でマイアミ・ヒートを下し、通算成績を4…

後で読む
デイリースポーツ

世界陸連の独立監視部門「インテグリティー・ユニット」は14日、2017年ロンドン・マラソンの男子を制したダニエル・ワンジル(ケニア)が禁止物質を使用したとして、19年12月9日から4年間の資格停止処分を科したと発表した。今年4月に暫定的な資格停止としていた。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

【サンディエゴ共同】米大リーグのリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)は14日、サンディエゴなどで行われ、第4戦のア・リーグはアストロズ(西地区2位)がレイズ(東地区1位)を4-3で破り、1勝3敗とした。 レイズの筒香は「8番・指名打者」でフル出場して今シリーズ初めてプレーし、七回にポストシーズン初安打を放ち、4打数1安打だった。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲秋場所で初優勝し新大関に昇進した正代(28)=時津風=が15日、都内の部屋で若い衆相手に相撲を取る稽古を再開した。16日から両国国技館内の相撲教習所で始まる合同稽古へ向け、準備を整えた。 幕下時栄、吉井ら相手に計9番で全勝。時栄には土俵際、左上手投げで逆転するなど、攻め込まれる場面も何度かあった。「ちょっと体がきつかった。とりあえず感触を確かめるようにと。(強度は)僕の中ではフルでやっているんですけど、ちょっと体が思うように動かないなと。うーん、ちょっとイメージと体がついてこないというか」と取り始めでまだしっくり来ない様子で話した。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲の大関貴景勝(24)=千賀ノ浦=が15日、都内の部屋で四股、スクワットなどで入念に汗をかき、ぶつかり稽古などで調整した。「ぶつかり稽古もしてるし、あとは実戦だけ」と順調調整。 16日から両国国技館内で行う合同稽古にも参加の予定。「こういう出稽古は初めてだし、どういう稽古になるか分からない。自分の体の調子を見て、一生懸命やっていきたい。こういう機会もなかなかないし、体ができるならやりたいなと。あとは親方とよく相談して決めたい」と話した。

後で読む
日刊スポーツ

世界水泳連盟(FINA)と一線を画す賞金総額605万ドル(約6億6550万円)の競泳国際リーグ(ISL)は14日(日本時間15日)、2季目の競技日程を正式発表…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケート女子で18年平昌五輪4位の宮原知子(22=関大)が日本時間15日、自身が出場予定だったグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ中止につ…

後で読む
サンケイスポーツ

ジェラール・モレノが負傷したことで久保建英にチャンスが訪れる可能性がある。スペイン『アス』が伝えた。

後で読む
東京スポーツ

【元局アナ青池奈津子のメジャー通信=カルロス・コレア内野手(アストロズ)】バッシングを受けるのは、当然の報い…とは思う。  ゴミ箱を叩いたりホイッスルを使ってのサイン盗みが暴かれたにもかかわらず、当事…

後で読む
サンケイスポーツ

クリスティアーノ・ロナウドの姉カティア・アヴェイロ氏が、弟の新型コロナウイルス感染に関して『インスタグラム』にメッセージを投稿している。

後で読む
サンケイスポーツ

(米大リーグ、アストロズ4-3レイズ、14日=日本時間15日、カリフォルニア州サンディエゴ)ア・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)の第4戦が行われ、レイズ(東地区1位)はアストロズ(西地区2位)に敗れ、対戦成績を3勝1敗となった。「8番・DH」で出場した筒香嘉智外野手(28)は七回にポストシーズン(PS)初安打を放ち、4打数1安打。3-4と1点差に追い上げた九回2死三塁の同点機では、右飛に打ち取られて最後の打者となった。

後で読む
日刊スポーツ

アスレチックスで長年に渡ってGMを務め、データを基に低予算の球団を強化する手法の「マネーボール」で日本でもおなじみのビリー・ビーン氏が野球界から離れる可能性が… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

レイズはアストロズに3-4で敗れ3勝1敗となり、2008年以来12年ぶりのワールドシリーズ出場はお預けとなった。レイズ筒香嘉智外野手は8番DHで今シリーズ初先… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

アストロズが競り勝ち、今シリーズ初勝利を飾った。3連敗で王手をかけられていたが、踏ん張った。1回、3番アルテューベの2試合連続となる先制ソロ本塁打で流れを引き… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神藤川球児投手(40)が15日、自身のツイッターを開設した。この日の中日戦(ナゴヤドーム)から1軍に再合流予定。最初の投稿は午前0時過ぎ。「阪神タイガースの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が15日未明にツイッターを開設した。 「阪神タイガースの藤川球児です。突然でしかも深夜にTwitterを始めました!今の自分に少しでも力を分けて下さい!!頑張ります!!!」とツイートした。

後で読む
デイリースポーツ

今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が15日未明にツイッターを開設した。 「阪神タイガースの藤川球児です。突然でしかも深夜にTwitterを始めました!今の自分に少しでも力を分けて下さい!!頑張ります!!!」とツイートした。同日の中日戦(ナゴヤドーム)から1軍昇格する。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグのリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)は14日、サンディエゴなどで行われ、第4戦のア・リーグはアストロズ(西地区2位)がレイズ(東地区1位)を4-3で破り、1勝3敗とした。

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪男子マラソン代表で、日本記録保持者の大迫傑(29)=ナイキ=が15日、「Galaxy Note20 Ultra 5G 記者発表会」に米国からリモート出演した。

後で読む
スポーツニッポン

MLSシンシナティーのFW久保裕也(26)が今季3得点目を決めた。15日、ホームでコロンバスと対戦。前半17分に先制PKを流し込んだ。チームは同じオハイオ州にあるライバルクラブに2―1の勝利。連敗を「4」で止めた。

後で読む
スポーツニッポン

J1鹿島のマスコット「しかお」が、国民的駄菓子と夢のコラボレーション!?鹿行(ろっこう)5市の地域おこしを担う一般社団法人「アントラーズホームタウンDMO」は15日、地域土産商品としてオリジナルうまい棒「アントラーズホームタウンうまい棒」の制作を発表。今月24日の鹿島対広島戦(カシマスタジアム)で先行販売し、同31日より鹿島アントラーズオフィシャルショップクラブハウス店や茨城県内スーパー、コン…

後で読む
サンケイスポーツ

 大相撲の正代(28)が、9月の秋場所後に大関へ昇進した。祝いと喜びの声が連なるなかで、新大関が口にした覚悟が耳に残る。

後で読む
サンケイスポーツ

 背中の違和感で戦線を離脱していたDeNA・平良拳太郎投手(25)が、15日のヤクルト戦(神宮)に先発する。約2カ月ぶりの1軍復帰の裏には、木塚敦志投手コーチの葛藤もあった。

後で読む
スポーツニッポン

 地区シリーズでレイズに敗れて今季を終えたヤンキースのアーロン・ブーン監督、ブライアン・キャッシュマンGMが14日(日本時間15日)、オンライン会見に応じた。ともに今季でヤンキースとの7年契約を終えた田中について言及した。

後で読む
サンケイスポーツ

(米大リーグ、アストロズ-レイズ、14日=日本時間15日、カリフォルニア州サンディエゴ)ア・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)の第4戦が行われ、「8番・DH」で出場したレイズ・筒香嘉智外野手(28)がポストシーズン(PS)初安打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグのリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)は14日、サンディエゴなどで行われ、第3戦のナ・リーグは、ドジャース(西地区1位)がブレーブス(東地区1位)に15-3で大勝し、1勝2敗とした。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグのリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)は14日、サンディエゴなどで行われ、第3戦のナ・リーグは、ドジャース(西地区1位)がブレーブス(東地区1位)に15-3で大勝し、1勝2敗とした。

後で読む
日刊スポーツ

米大リーグ選手会は14日、カブスのダルビッシュ有投手が選手間投票により最も活躍した投手を選出する「アウトスタンディング・ピッチャー」のナ・リーグ最終候補に入っ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ブレーブスのブライアン・スニトカー監督は14日、翌15日のナ・リーグ優勝決定シリーズ第4戦の先発投手に22歳右腕ブライス・ウィルソン投手を指名した。MLB公式… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発は日本ハムがマルティネス、西武がニール。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグのリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)は14日、サンディエゴなどで行われ、第4戦のア・リーグは3連勝でワールドシリーズ進出にあと1勝のレイズ(東地区1位)がアストロズ(西地区2位)と対戦し、七回表まで2-4。筒香は「8番・指名打者」の先発で今シリーズ初出場し、七回にポストシーズン初安打を放って3打数1安打。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪男子マラソン代表の大迫傑(29=ナイキ)が15日、都内で行われた「Galaxy Note20 Ultra 5G」の発表記者会に米国からオンライン出演。同日発売した最新機種を前に「日本にいたときからSNSにアップするときなどGalaxyは使っていた。今回は新しいスマホなので、ペンとかも入っていてどう使うか楽しみ」と感想を語った。

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスのIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)が注目発言だ。「G1クライマックス」14日横浜大会のBブロック公式戦で矢野通(42)を下し首位タイをキープ。史上3人…

後で読む
東京スポーツ

 最新スマートフォン「Galaxy Note20 Ultra 5G」の発売を記念したオンライン記者発表会が15日に行われ、男子マラソン日本記録保持者で東京五輪代表内定の大迫傑(29=ナイキ)が、練習拠…

後で読む
デイリースポーツ

【サンディエゴ共同】米大リーグのリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)は14日、サンディエゴなどで行われ、第4戦のア・リーグは3連勝でワールドシリーズ進出にあと1勝のレイズ(東地区1位)がアストロズ(西地区2位)と対戦し、五回まで2-4。筒香は「8番・指名打者」の先発で今シリーズ初出場し、ここまで2打数無安打。 第3戦のナ・リーグは、ドジャース(西地区1位)がブレーブス(東地区1位)に15-3で大勝し、1勝2敗とした。

後で読む
日刊スポーツ

不正発覚で組織改革を求められている国際重量挙げ連盟(IWF)は14日、理事会決議でパパンドレア副会長の会長代行任務を解いたと発表した。解任について国際オリンピ…

後で読む
日刊スポーツ

10月11日に「水泳の日2020~TOKYO~」が東京・辰巳国際水泳場で開催され、私も元競泳選手として参加してきた。競泳の種目別レッスンや、東京都水泳協会の北…

後で読む
日刊スポーツ

全国高校ラグビー南北北海道大会が15日、帯広の森球技場で開幕する。開催されれば今年度で第100回を迎える全国大会では、50、60年代に北海道の高校が名をはせた…

後で読む
東京スポーツ

ドジャースのデーブ・ロバーツ監督は14日(日本時間15日)にブレーブスとのナ・リーグ優勝決定シリーズ(NLCS)第3戦前にオンライン会見に応じて、第2戦を登板回避したエース左腕のクレイトン・カーショ…

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグのリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)は14日、サンディエゴなどで行われ、第4戦のア・リーグは3連勝でワールドシリーズ進出にあと1勝のレイズ(東地区1位)がアストロズ(西地区2位)と対戦し、五回まで2-4。筒香は「8番・指名打者」の先発で今シリーズ初出場し、ここまで2打数無安打。

後で読む
日刊スポーツ

第3戦のナ・リーグは2連勝しているブレーブス(東地区1位)とドジャース(西地区1位)が対戦した。先発投手はブレーブスがライト、ドジャースがウリーアス。ドジャー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武沿線に住む人にとって「速報板」が日常の風景であるように、田代裕大さん(31)にとって「西武」は祖父の思い出と一体となっている。昨年8月に亡くなった井沢昭也… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中日大野雄大投手(32)が、今季5度目の完封で9勝目を飾った。阪神打線を相手に9回6安打無失点。中日では01年野口茂樹以来19年ぶりとなる年間5完封で、チーム… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの米プロリーグMLS、シンシナティの久保裕也は14日、ホームのコロンバス戦で後半14分まで出場し、前半17分にPKで今季3点目となる先制ゴールを決めた。チームは2-1で競り勝った。

後で読む
サンケイスポーツ

自動車F1シリーズに参戦するアルファタウリ・ホンダは14日、今季から下部レースのF2に参戦している角田裕毅(20)=カーリン=が11月4日にイタリアのイモラでF1マシンによるテスト走行を行うと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

不正発覚で組織改革を求められている国際重量挙げ連盟(IWF)は14日、理事会決議でパパンドレア副会長の会長代行任務を解いたと発表した。解任について国際オリンピック委員会(IOC)は「非常に懸念している」との声明を出した。

後で読む
サンケイスポーツ

世界陸連の独立監視部門「インテグリティー・ユニット」は14日、2017年ロンドン・マラソンの男子を制したダニエル・ワンジル(ケニア)が禁止物質を使用したとして、19年12月9日から4年間の資格停止処分を科したと発表した。今年4月に暫定的な資格停止としていた。

後で読む
スポーツニッポン

全米大学フットボールの強豪校として有名なアラバマ大を率いているニック・セイバン監督(68)が新型コロナウイルスに感染し、自己隔離状態に入った。今季3戦全勝でAP通信の2位にランクされているアラバマ大は17日に同3位のジョージア大と対戦することになっているが、ルイジアナ州立大時代を含めて過去6回、チームを全米王座に導いている“名将”は症状は出ていないものの、戦列を離れることになった。

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスのIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)が注目発言だ。「G1クライマックス」14日横浜大会のBブロック公式戦で矢野通(42)を下し首位タイをキープ。史上3人…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(11月8日初日、東京・両国国技館)で三役復帰が確実な幕内照ノ富士(28=伊勢ヶ浜)が“同世代大関”に刺激を受けている。  元大関は7月場所で復活Vを果たしたが、秋場所は勝ち越しなが…

後で読む
デイリースポーツ

【サンディエゴ共同】サッカーの米プロリーグMLS、シンシナティの久保裕也は14日、ホームのコロンバス戦で後半14分まで出場し、前半17分にPKで今季3点目となる先制ゴールを決めた。チームは2-1で競り勝った。

後で読む
東京スポーツ

森保ジャパンの強化は新型コロナウイルスの第2波に左右されそうだ。  日本代表は11月17日午後9時(日本時間18日午前5時)にオーストリアで国際親善試合メキシコ戦を開催することが決定。先のオランダ遠…

後で読む
東京スポーツ

【藤井康雄「勇者の魂」(3)】1989年のオリックスはブルーサンダー打線が打ちまくって開幕から8連勝。左右ジグザグの打線が組めたし、相手投手からしたら1番からずっと気を使う打者ばかりが並んでいたでしょ…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。